議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2015年3月11日(水):平成27年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届け出がありますので、報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言を許します。(「議長」の声あり)大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。3番大沼忠弘であります。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 質問に入る前に、本日3月11日、東日本大震災発災より4年目を迎えるに当たり、犠牲になられた方々へのご冥福を、改めて申し上げる次第でございます。
 それでは質問に入ります。
 1.地方創生へつなげる地域振興策についてであります。
 (1)まち・ひと・しごと創生法案及び地域再生法の一部を改正する法律案の地方創生関連2法案が昨年可決・成立いたしました。12月定例会においても地方創生についての質問がありましたが、本法案では都道府県や市町村に地方版総合戦略をつくる努力義務を課されております。個々の地方自治体が地域の特徴を生かして取り組むものであり、本法案における財政的支援は、いわゆるばらまき型ではなく、国任せではなく、志の高いやる気のある自治体に国からの支援が得られるものと理解しております。
 既に策定されているNext大河原ゆめプランは本町の長期計画を示したものであるので、整合性を図りながら地方創生法に基づく戦略の策定が行われるものと思われます。本町の特徴を生かした具体的戦略を確認するとともに、これまで私が一般質問で取り上げてまいりました事柄でも、地方創生に関連の内容で「検討する」と回答をもらった件の、その後の進捗確認、追跡とあわせて伺います。
 1)地方創生に関する総合戦略を策定予定であり、プロジェクトチームを組んで、その作業に当たると1月議会の際保育事業の関連で答弁があり、なおかつ広報おおがわら2月号で町長の町政覚え書きの欄では、本町では「大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定することとし、A.住みたい町、B.産み育てたい町、C.時代に合った町の3つのテーマを掲げ、庁内に検討チームを設けるとありました。さらには、本戦略は町の将来を左右する重要な計画であり、町民のご意見をしっかりお聞きし、議会との協議の場をしっかり確保しながら計画を練ってまいりたいとの記載がございました。
 このことから、検討チームの編成はどういった構成になるのか、町民の意見をどういった手法で集約するのか、また議会との協議をしっかり確保とあるが、どれぐらいの時期、期間を想定しているのか伺います。
 2)地方創生の後押しとして、税制改革で2015年度からふるさと納税に関しては拡充が図られ、納税額の上限が2倍になりました。手続も簡素化され、今後ますます注目されることが予想されます。以前質問した際には積極的な情報発信とPRに努めるとともに郷土の振興を含めた理解と協力を求めることが必要であると考えているとの回答を得ましたが、その後の具体的取り組みはどうなっているのか。
 3)昨年3月議会において地域ブランドの創出についての質問では、地域に対する信頼と良好な共通認識の確立が重要であるとの答弁をもらっています。ブランドとは信頼のストックであるということが大前提であり、特徴的かつ魅力ある地域というイメージを定着させることが大きなポイントとの回答でもありましたので、質問後に取り組んでいる具体的な取り組み並びにその成果について伺います。
 4)観光ボランティアガイドの設立については、現在協力をいただいている協力団体のほかに他団体への声がけや地域住民への声がけをして仕組みづくりを検討と回答を得ましたが、その後どうなっているのか。
 5)フィルムコミッションについての質問において、桜のほかの景勝地や撮影ポイントを探す努力を重ねながら県内のフィルムコミッションに積極的にアピールするとともに連携の強化を図ると答弁いただきましたが、その後の経過はどうなっているのか。
 6.フェイスブック等SNSの活用による情報発信についてはどうなっているのか。
 (2)前回12月議会において原付バイクや小型特殊自動車に交付されるナンバープレートを自治体独自の形状やキャラクターを装飾したもので行う、いわゆるご当地ナンバーの導入の質問がございました。近隣市町でも行われておりますが、その目的は、その町の郷土愛を深めてもらう、全国にその土地の魅力の発信や地域振興・観光振興を図ることなどを掲げておりますが、原付バイヤや小型特殊自動車での行動範囲としては、実際問題としてそのエリアを広げることは難しいと思われます。宮城県内でも現在6市町が導入を行っておりますが、ナンバープレートの大きさや取りつけ位置に起因するのか、余り目にする機会がないように思われます。
 しかしながら、その目的は的を得ており、前回質問者への回答も、現在の在庫がなくなったら検討する旨の答弁であったことからも全くその考えがゼロではないと解します。手法を変えることによって、その目的を果たす効果は期待されることから、以下伺います。
 1)例えば自動車後部バンパー部やワンボックスタイプ車のリアガラス等にステッカーを張ることによってのPR効果は大きいと思われます。原付バイクに比較すれば格段に移動範囲は広域にまたがり、台数も劇的にふえることから、こうした取り組みを行う考えはあるか伺います。
 以上、答弁によりましては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町の総合戦略の策定について、検討チームの編成はどういった構成になるのかとのご質問であります。
 策定の主体として庁議のメンバーによる「大河原まち・ひと・しごと創生本部」を2月5日に設置いたしましたが、その下部組織として関係課及び若手職員により構成する「庁内プロジェクトチーム」を今後設置いたします。また、第三者機関として公募による町民のほか、産業界、学識経験者、関係行政機関、労働界、金融界、報道機関等からの委員により構成する「大河原町まち・ひと・しごと創生会議」を設置し、策定に取り組むこととしております。
 次に、町民の意見をどういった手法で集約するのかとのご質問でありますが、前述の創生会議での議論のほか、住民意識調査のためのアンケートの実施、住民懇談会の開催、パブリックコメントの実施などにより幅広く意見を聞き、集約したいと考えております。
 また、議会との協議につきましては、6月会議にあわせ策定中の中間報告についてご意見を伺い、9月会議にあわせ素案について意見を伺い、12月会議において総合戦略の案について説明し、最終的にNext大河原ゆめプランの重点プロジェクトの一つとして位置づけし、後期基本計画を変更する提案を行い、議決いただくといったスケジュールを想定しております。
 次に、1年間のふるさと納税に関する一般質問回答後の具体的な取り組みについてであります。
 昨日の佐藤貴久議員からの一般質問への回答と重複いたしますが、ふるさと納税の情報発信については町ホームページ及び市町村のふるさと納税が集約しているホームページ、また総務省のホームページ参加など掲載を徐々にふやしてきております。
 郷土の振興を含めた理解と協力を求めていくことについてですが、町の施策に応援いただける本来のふるさと納税の趣旨により情報発信を行い、納税いただける方には返礼品のほかに広報紙や観光パンフレットなど町の現状がわかる内容を送付するなど、丁寧に対応していきたいと考えております。
 また、全国的にふるさと納税に対する返礼品の競爭が過熱する内容となっており、規模の大きい自治体と同様にはできませんが、返礼品の選択の種類をふやしながら大河原町の特産品のPRに努めてまいりたいと思います。
 次に、地域ブランドについての具体的な取り組みについてであります。
 昨年3月議会のご質問にお答えいたしましたとおり、地域ブランドは産業振興面だけにとどまるものではなく、環境先進都市おおがわらなどの地域の総合的なイメージと結びつくものであります。重要政策の一つである環境先進都市に関しましては、電気自動車用の充電設備整備や太陽光発電パネルの設置、そして林業の6次産業化による再生可能エネルギーの推進にも力を入れており、今後とも環境を町のイメージ、ブランドとして、さらに広く情報を発信していくよう考えております。
 産業振興面では、現在まだ地域ブランド化と銘した具体的な事業はございませんが、日ごろの取り組みの中で大河原らしさや町のイメージアップなどについて配慮しているところであります。この件につきましては、地域創生総合戦略に位置づけするよう考えております。
 次に、観光ボランティアガイドの設立につきましては、検討いたしましたが、本町の観光のメインである一目千本桜の開花が短期間で天候に左右されることや観光の拠点となる施設がないことから、観光ボランティアガイドを常設することは難しいと考えております。
 しかしながら、今後ともさまざまな場面でボランティアを募ってまいりますとともに一目千本桜など本町あるいは周辺地域についての知識を習得するボランティアを育ててまいりたいと思っております。また、ことしの桜まつりのボランティアガイドにつきましては、これまでご協力をいただいている団体や駐車場の設置を計画されている商店街の皆様などとより連絡を密にしながら対応するよう考えております。
 次に、フィルムコミッションにつきましては現在一目千本桜が登録されておりますが、やはりこれに次ぐ候補のインパクトがどうしても弱くなることや私有財産の登録、例えば神社・住宅・商店街等の街並みなどには事前に承諾を得る必要があることなどから新しいポイントの登録申請には至っておりません。
 続いて、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用による情報発信についてのご質問であります。
 昨年11月に策定いたしました新行財政改革大綱の実施項目、情報発信の強化の中でメール配信やSNS等の多様な情報媒体を活用した情報発信を検討することとしておりますので、今後実施に向け引き続き検討してまいります。
 続いて、さきの12月議会で佐久間議員よりご質問のありましたご当地ナンバーに関連しまして大河原町をPRするステッカー作成のご質問でございます。質問の趣旨からしますと自動車にも張ることができるステッカーの作成と理解いたしましたが、そのデザイン、例えば「さくらっきー」なのか「桜」なのかも含め、今後関係団体でグッズ等を作成する機会があれば候補の一つとしていただくようお願いしたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは再質問いたします。
 まず、創生、地方創生に関するプロジェクトチームに関してでございますけれども、全員協議会のほうでも説明受けましたので、大分理解は進んだところでございますけれども、その資料ですね、こちらですか、こちらのほうの資料拝見しますと、原案を提示するのが庁内のプロジェクトチームということになる説明でありました。PDCAサイクルで言いますとP(プラン)がここに当たるというふうに思うんですけれども、協働のまちづくりという観点からしますと、きのうの答弁では創生会議は、きょうの答弁ときのう答弁でも創生会議は公募の人間も入ることのようですけれども、庁内、庁内のプロジェクトチームに役場以外の町民の視点・観点も入れるべきだと思うんですけれども、そのプロジェクトチームに庁舎外の人間を入れるというお考えはございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 原案を策定する段階で庁内のプロジェクトを中心にまとめていきたいと思っております。こういったことにつきましては、幅広く町民の声をお伺いしながら、その庁内プロジェクトの皆さんによってですね、いろいろ検討していただきたいと思っておりますので、こういう作業をしてるということをお知らせするということを通じまして町民の方々からご意見をお聞きする機会をふやすように努めてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。この総合戦略なんですけれども、やはり全国的に同じタイミングで、まあ大体どこの自治体も同じようにつくると思うんで、やっぱりいろんなこの策定の段階で発想なり視点の要素入れないと、どこの市町村も似たりよったりというような感じで独自性や地域の特徴を反映したものが出てきづらいんでないかなというふうに懸念しております。その中で、いかによそと違って大河原の独自性を出していくかというのが、まさにここに書かっているといっても過言ではないというふうに私は考えておりまして、町長よく経営感覚というふうなお話しされるんですけれども、経営感覚はまさにこうしたところに取り入れるべきだと申し上げたいと思います。
 私が言った経営感覚というのは、企業会計導入するですとかそういうことではなくてですね、例えば他社との競合しないマーケットを創造することで安売り競爭しなかったり、しないことで利益を確保するとか、そういう感覚のことなんですね。まさに原案作成のプロジェクトチームが肝になってくるわけですから、シンクタンクの機能を庁舎内だけに求めるよりも、広く門戸を広げたほうが可能性の幅が広がるというふうに思うんですけれども、やはりどうしてもプロジェクトチーム、庁舎内だけの人間になってしまうんでしょうか。重ね重ねの質問なんですけれども、もう一回お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この大河原版創生戦略を総合戦略を策定するに当たりまして、私が一つの大きな期待をしておりますのが役場内の政策イノベーションであります。その政策イノベーション、各プロジェクトチームを3つつくります。各チーム8人であります。その人たちを中心に検討していただくということでありまして、確かにいろんな発想は大事でありますけども、発想の数が多すぎても大変難しく、まとめるのが、取りまとめするのが大変だと思っております。原案を作成するのは、やはり庁舎のプロジェクトチームにさせていただいて、その検討の過程で、過程でも先ほど申し上げましたとおりですね、町民の声も聞くことができます。それを参考に策定するというのがプロジェクトチームの使命ではないかと思っておりますので、そういったことを総合的に勘案して、やはりこの方法で私はよいかなというふうに思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それではそのチームなんですけれども、若手職員中心というふうに答弁いただきましたけれども、大体年齢層的にはどれぐらいになるのか、構成になるかということと、あとそのチームは手上げ方式でやりたい人がやるのか、それとも指名制になるのか、その辺ちょっと確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。プロジェクトチームの年齢構成につきましては、二十歳台から30代を考えてございます。で、一番は手上げ方式でやりたいという人間を積極的に採用していきたいというふうに考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、今手を上げられている職員の方はいらっしゃいますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まだ現在そこまで事務が進んでおりませんので、まだそこの手上げというところまでいっておりませんので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。続けます。その検討チームのメンバーなんですけども、女性の比率はどれぐらいになりますでしょうか。クォーター制の導入とか考えているかということでございます。特にBの産み育てたい町というテーマに関しては、女性の視点を欠くことができないはずでございますので、まさか男だけが寄り集まってなんていうナンセンスなことはないと思うんですけども、確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。ちょっと割合までは、まだ考えてございませんが、女性の若手職員または現在子育て中の職員等々からの意見も重要だと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。女性目線というのは非常に、まあ何するにしても大切な視点だと思いますので、そういったところは積極的に枠を設けて取り入れていただきたいというふうに申し上げます。
 ちょっと質問変えます。全員協議会での資料拝見しますとですね、住みたい町、産み育てたい町、歩きたい町というフレーズが出てきます。いずれにしても何々したいというような具合で未然形の言い方といいますか、そういうような形になっています。言わんやとしていることは十分私も理解しておりますので、そういった言葉じりをつかまえての議論はちょっと余りあれなんですけども、プロジェクトチームの中で意識をより深く掘り下げて1歩も2歩も進んで考えるという意味では、例えば歩きたい町になった結果ですね、人々が歩き、行き交う町というような具体的な目指すところを、何々している町という具合で完了形で思考していくような設定が必要じゃないのかなというふうに思います。その歩きたいという、歩いてみたいという心理状態までもっていっても、なかなか実際歩くという行動までつなげていくことができなければ、やはり不十分ではないのかなとふうに思うんですけども、いかがでしょうか。この考え方については。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。歩きたくなる町というのは、今ご指摘のプロジェクトのチームで申し上げますと時代に合ったまちづくりということで、これは高齢社会を展望する中で健康寿命を延伸するということが極めて大事であるということから発想した課題でありまして、これは地方創生戦略を策定するという国からの努力義務が課される以前から町としてやろうとしておりました。その努力義務でやることになりましたけれども、それ以前から検討しておりました歩きたくなる町を、その時代に合った町という形にプロジェクトチームの中の検討事項とさせていただきました。
 これはですね、歩きたくなる町というのは、ほかのいろんな自治体でやられておりますのが歩いて暮らせるまちづくりというのは、ほかの市町村でたくさんやっております。で、なぜ歩きたくある町をやったか、という発想したかといいますと、健康のために歩きなさいといってもなかなか歩かないのが実態であります。なぜ「歩きたくなる町」という言葉を使ったかといいますと行政が、あるいは医療機関が健康は大事ですよと言わなくても自然に家から自発的に歩きたくなるような、景観をよくするとか、歩きやすく道路を整備するとか、そういった発想でですね、考えておりますのでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。続けます。プロジェクトチームにちょっとまたあれですけれども、話し戻りますけども、役場以外の顔ぶれが入らないということであればですね、まあ答弁にありましたけども、町民の意見のとり方でパブコメとるふうに思うんですけども、今現在ですね、パブコメは町のホームページやお知らせ版などで告知しているのは十分理解しております。
 しかしながら、実際どれぐらいの町民の皆さんが告知されていることを認知しているかというのは、ちょっと常々疑問視しているところがございました。告知をしている体裁はできていますから、実際どれだけの町民が投げかけたかに対して反応を示すか、これがいま一つのような気が実はしています。体裁上周知もしていますから、その上で反応がないということはオッケーだということで、もしかすると町は受けとめるんでしょうけれども、果たしてこれで本当にいいのかと。言いたいことはあるんだけれども面倒だとか無駄だとかというふうな、いわゆるサイレントマジョリティが存在するんではないのかなというふうに思ってます。町長は今のこのパブコメのとり方のあり方に対して、本当に真に町民の意見に耳を傾ける体をなしているかどうか、ちょっとお伺いさせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。パブリックコメントも実施いたしますが、その前に中間案をまとめた段階で町民の方にお示しをし、そして住民懇談会も開催するということをさっき、全員協議会でもご説明したとおりでありまして、パブコメだけで町民の声が十分すい上がるか、そんことは全く考えておりませんけれども、パブコメも大事であります。まあパブコメの効果ということは考えますとこれまで今現在いろんな計画策定中でありますけども、ほとんどパブリックコメントを寄せる住民がいないということでそういった実績からすると効果がないというふうに指摘されても仕方ありませんけども、これは大事なことでやっておりますけれども、一番大事なのはさっき申し上げましたとおり今町の将来を左右するような大きな計画を立てようとしてるということでありますので、そういったことを広報でお知らせをし、幅広く町民の声を聞きたいということでありまして、その声が全く届かないという意味のご発言がありましたけれども、そんなことは私は全くないし、ないと思いますし、さらに努力をして広く町民の声を拝聴するようなことに努めてまいりたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それではちょっと質問のまた切り口変えたいと思います。
 この総合戦略の成果が出てくるまでに、ある程度結構時間が要すると思います。成果があらわれる、どっかで推しはかることも必要だと思います。例えばなんですけども、今の子どもたちがちょうど世に出て仕事につくころに成果が出てくるぐらいの時間というふうに置きかえられる考え方ができるんではないのかなと思ってまして、例えばなんですけど、本町ですと中学校2年生、立志式ございますよね。その中で2年生の生徒は将来への展望を文章に起こして見るわけですけれども、毎年それぞれが真剣に考えた、どれもすばらしい今の思いをつづってると思うんですけども、その中に今どれだけ自分、将来社長になりたいとか自分で起業してみたいだとか思ってる生徒さんがいらっしゃるんでしょうか。ちょっとその辺を教育長に聞いてみたいと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 通告外だな、今のは。大沼君(「はい」の声あり)ただいまのあれは通告以外の質問でございますので、別な角度から聞いてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。まあこれはですね、通告外といわれたらしようがないんですけども、実際今の子どもたちが、例えばこの総合戦略の中で町政を運営していったときに、いざ自分の町に対してそうやって将来起業してみたい、社長になってみたいとかいう、そういう思いが生まれてこない、この政策がやはりうまくいってるなというふうな判断に移しかえられないのではないのかなということで質問したんですけれども、そういうことでしたらしようがないんで、ちょっとこれはなしにします。
 では、ちょっと取り直して次の質問に移ります。ふるさと納税です。
 きのうも同僚議員の議論があったところでありますけれども、町長の考えもわかったんで、ちょっとあえて少し掘り下げてみたいと思うんですけれども、1月19日の河北新報の紙面では県北の加美町が協定を結んだ業者に業務の一括代行行ったところ、その後わずか、たった20日間で件数で前年の6倍に達したと、そういう記事がありました。また、メディアでも取り上げられてる長崎県のとある市では収入が昨年末の段階で初の10億円超えをしたことが話題になっておりまして、前年比でもその時点で何と26倍というような値になっております。年を明けて1月の末の段階では、さらにふえて13億円を突破して前年度の法人市民税と法人税の、法人の市民税の収入をしのぐ額を収入としていることが話題だというのは、もう当然ご存じだと思いますけども、そのとき当町でもやっぱりこういうのやるべきではないのかなという考えには達しなかったのかということを、ちょっと質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。きのうもお答えしたとおりでありますが、このふるさと納税、大変過熱をしております。で、本町がもしふるさと納税を積極的に推進することになれば、町民の中でも他の自治体にふるさと納税をしたいという人が大量に出てくればですね、町の財政負担が大きくなるということを私は懸念しておりますので、そういったことから町の、魅力ある町をつくることによって、結果としてふるさと納税に結びつくようなことを考えていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。まあきのうからの答弁でも町長はこの制度にやっぱり、あのまあ否定的なのは理解してるんですけども、国の制度がこうしてある限りはですね、納税側の、どうせ同じ納税するんだったらなるべく得したいというような消費者心理は、もうとめられないですね。この事実はもう、どういうふうに受けとめるか、ちょっと所感をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 制度自体、私は困ったもんだというふうに思ってるところは正直なところであります。全国的にどんどん盛んなればですね、自治体の職員が忙しくなるだけだと。結果としてですね、ふるさと納税した人がプラスになると。確定申告すればお礼品を合わせるとプラスになるわけですね。そういったことがあおってしまいますと、ふるさと納税をした方が住んでいる自治体の財政を圧迫するという結果になるわけでありますから、日本全体をとってはプラス・マイナスなんてほとんどありません。そういった制度をですね、プラスになるというふうにだけ考えるんでなくてマイナスもあるということを考えれば、トータルで果たしてこの制度がいいのかどうか、一考を要する問題だと私は思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。しかしながら、この制度をもちましてプラスに転じているという実例、成功例もあるわけですから、やはりそれに倣わないのは先進のまちづくりとは言えないのではないのかなと思うんですけども、違いますかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これをやらないことによって先進の町ではないというのは、私は当たらないと思っております。先進の町というのは、やはりこの町に住んでよかったと思う人がふえるかどうか、またこの町を訪れたい人がいかにたくさんあるかどうか、こういったことであります。
 ふるさと納税に関連していいますと、例えば桜の町ということで大河原は知られておりますけども、それを応援してあげる人、これは自然にふえてくればいんです。桜の町だから納税してくださいというんではなく、桜の町は我々自身、町民がですね、育てていくのが基本でありまして、それをしないで町外の方から応援をもらうというのは、これは本末転倒ではないかと思われますので、そういったことからですね、プラスになっている町がたくさんあるからといって日本全体をとったら私はマイナスと思っております。プラスになる町もあればマイナスになってる町もあるはずです。本町もそうです。だからこの制度はどうかというふうに思うということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。でも、この制度は国の制度ですので、この制度が続く限りは現状だと、じゃずっともう当町は赤字が膨らむばかりということになっちゃうと思うんですけども、これでいんでしょうか。果たして。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) どなた答えるかな。町長しかいないな。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 税収を上げるというのが我々に課せられた基本であります。そのために昨日申し上げましたとおり、まあこれは役場職員のいわゆる政策イノベーションの大きな一つだと思っておりますけども、今年度、滞納額は1億5,000万円も下がったわけであります。ということは今までよりも1億5,000万税収がふえております。そういったことをですね、地道に税収をふやすということを努力するということで考えてまいりたいということで、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。今の滞納額というのは、それはもうもともと税収というのは本来入って当然のものなので、どういう考え方すればと思うんですけども、わかりました。
 ちょっともうこのままいってもちょっと並行線でなかなか時間くってしまうばっかりなると思うんで、次に進みます。地域ブランドについてであります。
 初めに地域、ブランド化について、ちょっと見解の相違の出ないように共通認識図りたいと思うんですけれども、地域ブランドというのは、やはりご答弁いただいたようにモノだけではなく大河原町という町そのものや大河原町町民全てを含むものと考えますが、その考え方で相違はございませんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。地域ブランドというの考えそのものはですね、物産の振興ということよりも、もともと地域の価値を高めると、その価値を高めるのがブランドであるということでございます。そこんところを基本に据えながら、その結果として物産振興にもなると、こういう発想をしてるのが地域ブランドの考えでありまして、基本的にこの大河原町をどういうコンセプトで他市町村にアピールするかという、他の市町村の方々からの印象を高く、高めるというのがブランド政策の基本でありまして、そういう政策の一環として私は環境先進都市も一つの方向ではないかというふうな思いで町政に当たってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。言いかえますと、じゃ大河原ブランド、大河原ファンをふやすといったような考え方でよろしいでしょうか。はい、わかりました。じゃそういったところで共通認識を図りたいと思います。
 とは申しましても、町長も今おっしゃいましたけれども、ブランド化の定義というかそういうものは非常に実に難解でありまして、新しい価値をつくる戦略でありますから、その価値を数値化したりですね、するのは非常に困難であるがゆえに効果を図るのが難しいことであるといふうにも言えると思います。
 例えば今環境のお話しありましたけれども、どのような状態になったらというか、どいな状態をブランド化のゴールとするのか。そういう設定がある程度必要だと思うんですけども、ゴール、どういったところを、大河原町、ブランド化されたと、こう認識するような、設定するようなものありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そこまで詳しくは考えたことございませんが、今ご質問聞きながら少し考えたのですね、町民一人一人がこの大河原町が環境の町であるという認識をするということは大事であります。その私は第一歩を進めたいということで努力をしておりまして、例えば昨日ですね、電気自動車の充電機を本町に設置いたしまして、それを一般無料開放しております。で、実は先月、役場庁舎の2階の屋上に太陽光パネルが設置され、もう既に発電を行っております。で、蓄電池もございます。ということは、その蓄電池で電気自動車が走ることになりますので、言ってみればこれはもうソーラーカーと同じなんですね。大河原町で役場で充電するということは、燃料源が太陽なんですね。ソーラーなんです。
 というようなことで、これが第一歩になるかどうかわかりませんけれども、そういう環境政策をですね、これからも充実することによって環境先進都市を発信していくということで、多くの方が地球温暖化をしっかりと認識していただいて、少しでも電気の無駄遣いをやめるとか、水の出しっぱなしはやめるとか、そういったことにですね、あるいは3R、環境の改善を図っていくとか、そういった町民の数がふえるということ、そして全町民が環境政策をやった結果、地球温暖化、要するに国際社会に貢献してるということで誇りを持てるような町民をつくるということ、これが大変大事でありまして、それができれば大河原町は全国に環境先進都市として発信できるのではないかと思っておりまして、これは何年かかるかわかりませんけれども、そういう方向で進めてまいりたいということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。では、少し地域ブランドということで一例を挙げて申し上げます。
 総務課長と企画財政課長には、ことしに入ってから山形県の朝日町というところの取り組み事例をお伝えしてあります。
 簡単に申し上げますと、あさひまちブランド大学と銘打ちまして全国が注目する「かっこいい田舎」をつくるというビジョンを掲げまして昨年の春から始まったプロジェクトであります。実は私も大変興味を持ちまして、ことしになってから月2回の講座を毎回受講しておりまして、昨夜も議会終了後に山形県まで行ってきたところであります。
 全国で市民大学といわれるものは増加傾向にあるんですけども、この朝日町の注目すべきところはですね、コンサル業界では有名な村尾隆介さんという方がいらっしゃるんですけれども、町長たっての願いで、この方はほぼ一年中全国飛び回ってコンサルして歩って、アポ取りつけることさえ困難な方なんですけども、その方をですね、本当に熱心に口説き落として町のブランド化推進プロジューサーというポストをつくりまして迎え入れたということ、なおかつですね、依頼された村尾氏も本気でやるからにはということで朝日町にわざわざ住民票を移して一町民としてブランド化に取り組み、町長の旗振りのもとに役場職員のみならず町民を巻き込んでさまざまなブランディングについて講座を行っているということであります。
 あの時間の都合もございますので、詳細については深くこれ以上申しませんけれども、町長初め執行部の皆さんにはネット検索等ですぐ出てきますので、ぜひ知っておきたい、知っていていただきたい取り組みですので、後で調べていただければというふうに存じます。
 まず、総務課長、企画財政課長、お二方あるいはどちらかで結構です。私がこの取り組みをお知らせして、その後調べていただけましたでしょうか。そしてまた調べ、お調べでしたら、どういう所感お持ちなられましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。1月ですね、確か情報提供いただき、ありがとうございました。で、それについてネット等々でちょっと若干調べさせていただいて、なかなかいい取り組みだなというふうには考えてございます。で、こういう取り組みが大河原町でできるかどうかにつきましては、今後ですね、総合戦略の中で検討していきたいというふうに考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。町長よくおっしゃる行政に経営感覚取り入れるという町長の考え、私も本当に共感しておりまして、賛同の立場です。それは。ですから、経営経験のないところへですね、やっぱり言葉で経営感覚というふうにいってもなかなかそうなるものではありませんし、ビジネスショー呼んだからといって身につくものでもありません。
 この事例の注目すべきところはですね、まさにプロ中のプロの経営感覚を持ち込んで、なおかつ役場庁内にとどまることなく町民に広くそのノウハウを共有する場を設けて、全、町全体、町民ぐるみでブランド化に取り組むということであります。町長の目指すところを、プロの力をかりながら本当に伝えて伝えて伝えるということで、意識の共有、これですね、これを本当に実に楽しみながら意識改革を行っているのが本町でもまねるべきではないのかなというふうに感じております。
 町長、今私の説明と課長の答弁を聞いたところで、本町でもですね、朝日町のものとは違う、ちょっと毛色違うんですけども、町民学園というものを、ございます。どういった今所感お持ちになられましたでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。まず、お答えする前に私が経営感覚を大事にすることは大事だと思っておりますけれども、あえて経営感覚ということを振りかざして言った覚えはありません。私は行政を携わるに当たりまして、行政運営という言葉を意図的に使っております。確かに経営という感覚は大事でありますけれども、経営と行政とは違うということを意識しながら行政に携わっておるということをご理解、まず賜りたいと思います。
 そこで、ブランド推進のためにプロの力をかりるということでありますけれども、究極的にブランドというのはですね、その地域を一言で町民全体が例えば大河原町であれば大河原町民がこの町をどういうふうにして表現できるかというところ、そこが大事なのでありまして、要するに大河原町が町民全体の中で一つのあるコンセプトを、大河原町を説明するときにどういう言葉で説明できるか、その共通認識を持つことが大事でありまして、外部のプロが入ってやるようなもんでは私はないと思っております。
 町民の総合力が試されてるのがブランドでありまして、町外の方からの応援も、それは必要と企画課長は答えたとおりでありますけれども、そういったことも大事かと思いますけども、私はブランドをつくるに当たりまして大事なのは町民の志だということを理解しておるつもりでございますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、その共通認識を高める、その町民の志を高めるためにどういったことを考えられますでしょうか。どういうことやっていき、やっていけばいいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それはやはり試行錯誤、かなり要すと思います。私は環境先進都市ということを一つの柱に掲げようとしておりますけども、もっとほかのアイデアがあるかもわかりませんし、どういう町のイメージをつくったらいいのか、これは皆さんの英知によるところでありますので、試行錯誤をしてるということで、まずご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、ちょっとまだまだ議論したいところでありますけども、時間も迫ってまいりましたので、次の質問に移ります。観光ボランティアガイドについてであります。
 その前に12月の議会の町長答弁によりますと、一般質問の取り扱いについては、イエスかノーでも書面か口頭で質問者に対して報告するというふうにおっしゃられております。そのとおり質問者に対して「検討」というような返事をしたものに対して回答されているんでしょうか。このボランティアガイドについても、私、この前「検討します」というような回答をいただいて、その後まだこのとおり具体的な返答がなかったもんですから、こういった質問したわけなんですけども、その辺どう、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) ただいま大沼議員から12月の議会でというふうに、えっ、10月の議会ですか、ということですが、この要綱ができたのは、たしか12月の議会からというふうなことと認識しておりますので、ご理解を願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) わかりました。では、しっかり今後はそういった対応をしていただくことをお願いを申し上げます。
 ボランティアガイドは答弁いただいたところをみますと常設することは難しいということなんでありますけれども、まあ常設しなくても最後に知識を習得するボランティアを育てていきたいというふうな答弁いただいております。まあ育てていくためには何かしらのそういった講習であるとか、そういったセミナーであるとか、何かしらの取り組みをしなくはいけないわけなんですけれども、そういったものは具体的にどのように今後やっていくんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) この取り組みにつきましては、今後ですね、生涯学習課といいますか、それぞれの機関とですね、事業の一環として商工観光課もかかわりながら、その講座なりで進めてまいりたいなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それでは、質問を続けます。少し、フィルムコミッションについては、もう飛ばします。
 6番、SNSについてでありますけれども、今近隣の町村見ますとフェイスブックなんかは町の公式ページがほぼ整備されております。ないのは大河原町だけでございますけれども、この状況をどのように受けとめておりますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。回答の中にもありますように今後SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)等を活用していきたいと考えてございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。例えばフェイスブックなんかに関しては、これに関しては一切予算は発生しません。やるかやらないか手間暇だけの問題です。本気度の問題だと思います。まあ確かにSNSっていうものも10年後には、もうどうなってるかわかんなんですけども、今現在は間違いなく有効なツールの一つとなっています。使わないのはやっぱりもったいないと思うんですけども、やっぱり今すぐでもやるべきだと思うんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。先ほど申し上げましたように、実施に向けて検討させていただきたいので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。ついこの先日もですね、総合体育館に新しいトレーニングマシーン入りました。町民の財産ですから、こうしたツールを使ってスピーディにお知らせをして、なおかつ利用促進につなげるアナウンスをすべきだと思います。そういうものですと画像もあわせて載せられるわけですから、そういうのをどんどん積極的にスピーディにやるべきだと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。おっしゃるとおり情報の発信というのは大変大切だと思ってございます。ですから、先ほども申し上げましたように今後実施に向けてですね、検討させていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。検討ですね。これ今申し上げたように予算は一切かからないわけなんです。だから例えば今私質問してるんですけれども、この間にもですね、もうつくろうと思えばつくれるので、例えばこの私の質問終わるぐらいにはもう、いや実はこの間につくりました、休憩時間にもう「いいね」ボタンを押して、ぜひ登録してくださいぐらいのスピード感ある対応がありますと、きょう傍聴の皆さんもいらっしゃいますけども、そういう対応には本当に、あっ役場やるな、さすがだなという期待値も上がるんではないかと思うんですけれども、それでもなかなか「検討」で、先には進まないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。あくまでもしないという話ではなくて、実施を前提です。ので、すぐにというわけではありませんけれども、実施するという形でご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。もう大分時間も迫ってまいりましたので、次の質問に移ります。ご当地ナンバー、ご当地ナンバーなんですけれども、これはですね、これも同じく余りお金がかからなくて、お金かからなくてできる手法なんです。本町にもですね、トラック事業を営まれてる法人さんから営業車両をお持ちになられてる事業所も少なくありません。そうしたところに仮に無償でステッカーを配布してPRの協力を依頼したとしても、いわゆる費用対効果としても効果のほうが費用を上回ると思います。ですから、これはぜひ積極的に、まあグッズ作成の中で候補の一つとして取り上げるということなんですけども、これはぜひやったほうがいいなと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、費用対効果というお言葉が出ましたけども、果たして効果がどのぐらいあるのか。そのステッカーを見て大河原町に来て幾らお金が落ちるかということになると思いますけれども、果たしてそれを計算するといかがかと思いますので、まあ宣伝にはなるけれども、それほど効果がないものだと私は認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。でも、やはり宣伝というのは大事なんですね。よく流通で有名な話で、もともと同じ商品なんだけれども商品のキャッチコピーだとかパッケージ変えたら途端に爆発的なヒット商品になったというのもありますので、まず知ってもらうということが大事ですので、そういった意味では、ぜひこういったこともですね、取り組みとして前向きな検討をしていただきたいということを申し上げます。(「議長」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども申し上げましたけれども、ブランドと関係するんですけれども、ブランドというのは宣伝費をかければそれだけの効果があるということではありませんので、そういったこともご理解をしていただいた上ですね、これから取り組んでまいりたいと思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。本当に町長今言われたとおりで、そもそもの話になりますけど、ステッカーでPRしても、いざPRして、いざ大河原に興味に持ってもらっても、じゃそれで大河原町に行ってみようかとなったときに、じゃいざ大河原町ってどごにあんの、何あんのってなったときに、やはりそれこそブランドにつながる話なんですけども、何もないよっていうんではやっぱりだめなのは、これはやっぱりPRとブランド化とはあわせて両輪でやっぱり進めていくものだと思いますので、これはどちらかということだけではなくて、例えば町長が環境先進都市ということであれば、それをですね、積極的にもうどんどん推し進めて、それも町民を取り込んでですね、巻き込んでですね、しっかり着実に前に進めていただきたいということを申し上げます。
 それでは、次の質問入ります。2番に入ります。公衆無線LAN(公共Wi-Fi)の整備についてであります。全国的に自治体規模の大小にかかわらず公共施設や一定のエリアに公衆無線LAN(公共Wi-Fi)アクセスポイントを設置する事例が増加傾向にあり、各議会において一般質問で取り上げる事案も同様にふえております。
 目的としては、災害時の通信インフラの確保や、特に観光地などでは外国から訪れるお客様に対する受け入れ環境の充実を旨としております。来月には桜まつりも控えており、昨年は累計26万3,000人の来場があり、外国からの訪問者も多々お見受けしたところであります。桜まつりは一定期間に限られるものでありますが、無線環境が一たび整備されれば効用は一定期間だけにとどまらないものと見込まれます。
 一例として、防犯用監視カメラや独居家屋の見守り等での活用、技術の進化により安価でもスペックを保ったままの機器も購入できるようになってきており、今後の進歩を考えれば通信インフラさえ整備しておけば活用の範囲がさらに拡大する可能性が高いと予想されることから、以下伺います。
 (1)町内公共施設や一定のエリアに公衆無線LAN(公共Wi-Fi)アクセスポイントを整備する考えはあるか。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。公衆無線LAN(公共Wi-Fi)の整備についてのご質問であります。
 現在、役場・総合体育館・東部屋内運動場・オーガにおいてソフトバンクの携帯電話、または役場と世代交流いきいきプラザのみではありますが、ドコモの携帯電話向けに無料で使える環境が整っております。
 議員ご指摘のとおり、外国人観光客が困っていることの一番として挙げられるのが無料の公衆無線LAN環境についてでありますが、通年観光ができる観光地などでは有効活用ができるものと考えますが、本町の場合、通年を通した観光地とはなっておりませんことから、費用対効果もございますので、当面は現状の環境で対応してまいりたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。それではもう時間ももうほぼありませんので、簡単に、今設置してるものタイプの接続範囲、エリアはどれぐらいの設定になっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。エリア的には二、三十メーターだと記憶してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。こうしたものが設置されてますよというようなアナウンスは十分されてるというふうに判断されてますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ホームページ等々ではちょっとアナウンスはしてございません。ただ、役場に入ってくる玄関のところにWi-Fiのマークがたしかあったかと記憶してございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。こういった公衆無線環境が整ってるところにやっぱり人が集まるというような今効果もあるようでございます。例えばファミリーレストランであったりコンビニエンスストアであったり、そういったところによく営業マンが立ち寄ってパソコン開いて通信してるというのもありますので、そういったところもどんどん町の中にふやしていけば交流人口増加につながるということも見込まれますので、そういった取り組みをですね、どんどんどんどん進めていっていただければというふうに思います。
 以上で、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時09分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。2番須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問を行います。
 まず、冒頭、きょう3月11日はあの超巨大地震と大津波、そして原発事故に襲われた東日本大震災から4年であります。改めて震災でお亡くなりになられました方々に心から哀悼の意を捧げますとともに被災された皆様にお見舞い申し上げます。
 それでは質問に入らせていただきます。私は大綱2点でございます。
 1点目、地方版スポーツツーリズムを地域活性化の一助に。
 近年、スポーツツーリズムという言葉を耳にすることが多い。これはプロスポーツの観戦者やスポーツイベントの参加者と開催周辺、開催地周辺の観光等を融合させ、交流人口の拡大や地域経済への波及効果などを目指す取り組みで、観光庁が観光立国戦略の一環として着目し、2012年4月には産学官の連携組織の「日本スポーツツーリズム推進機構」が設立されました。政府の成長戦略「日本再興戦略」でも、世界の多くの人々を地域に呼び込む社会の重要施策の代表例として明示されています。
 しかし、国際大会等はハード・ソフト両面を兼ね備えた都市だからこそ開催可能であり、我が町はなかなか簡単にできる環境ではないことから、可能な範囲で大きな大会を開催していただくことが極めて重要です。スポーツ大会開催が地域活性化の一助につながることは注目すべき点であり、我が町も積極的にスポーツ大会を開催していただけるための環境整備が必要と考え、以下伺います。
 (1)2020東京オリンピック・パラリンピック誘致の応募要綱がことし1月に示され、既に2月24日の説明会には160を超える自治体参加、3月2日までに残り2回の説明会で400を超える自治体が参加予定、さらに3月には意思表明申請書の受付が開始されます。宮城県では栗原市がホッケー競技の海外選手団事前キャンプ地として、村田町が射撃の事前キャンプ地として誘致するとの報道があったことから、
 1)県より事前キャンプ地誘致に関する文書が全市町村に通達されたと聞きますが、このとき庁議や政策企画会議、さらには担当課等において検討されなかったのか伺います。検討されたのであれば、どのような内容だったのかもあわせて伺います。
 2)確かに施設整備費や費用対効果を考えれば二の足を踏む自治体が多いことは予想されますが、我が町の総合体育館を活用すればバレーボールやバスケットボール、バドミントン、卓球等々さまざまな室内競技種目のキャンプ地を誘致することは不可能ではなかったと考えます。
 国内でのオリンピック開催というのは、一生に一度あるかないかというこのような機会に地域活性化や子どもたちが一流の選手に間近で触れ合える機会を設ける夢を、希望を持てるというような波及効果も期待されるという観点から、町としてぜひ積極的に検討してほしかったが、可能性を探ることもできたはずと考えますが、所見を伺います。
 (1)大河原町体育施設においては、年間を通して町内の各種スポーツ大会をメインに、中体連、高体連バドミントン大会や卓球大会、テニス大会、空手の県大会や東北大会等を開催していただいております。さらには、今年度には県中学春季選抜バレーボール大会が3月14日・15日に初めて総合体育館を会場に開催されるようであります。これらの県大会や東北大会が我が町を会場に開催していただけるということは、大変ありがたいことであり、これが地域活性化の一助になると確信しています。ぜひ今後も継続して我が町で開催していただきたいという気持ちを込め、以下伺います。
 1)大河原町体育施設条例施行規則第6条関係別表の大河原町体育施設の使用料減免について、(1)から(4)の大会事業に当てはまらない場合の減免割合が不明確であります。(5)に「前各号に掲げるもののほか教育長が特別の事由があると認めた場合、教育長が定める割合」とありますが、26年度に開催された以下の各種大会の減免割合を伺います。さらに、これらの大会は(1)から(5)のどれに当てはまるものなのかもあわせて伺います。
 26年4月27日:T-1綱引き大会、5月31日:中体連テニス大会、6月15日:2014東北硬式空手道選手権大会、9月13日・14日:仙南高体連バドミントン県新人大会、9月27日:中体連バドミントン新人大会、10月13日:シニアソフトボール仙南大会、10月26日:剛柔会宮城大会、27年1月25日:柴田郡柔道大会、3月14日:県中学春季選抜バレーボール大会。
 2)1での減免割合の基準がどのようになっているのかも伺います。
 3)大会を開催する規模(参加人数等)によって主催者側に補助金を出してまで大会開催を呼びかけている自治体もあることを考えれば、我が町はまさに逆行していると言わざるを得ません。子どもたちの運動離れや生涯スポーツを推進していること等を考慮すれば、今の減免割合を拡充するとともに現行の減免制度を見直すべきと考えますが、見解を伺います。
 4)大河原町体育施設条例施行規則第5条(3)について伺います。使用する日の10日前とした理由を伺います。
 屋外スポーツ大会、陸上競技やサッカーを除いて開催する際には雨天の場合を想定して予約を行いますが、雨が降らず予定どおりに大会を終えた場合には雨天を想定して予約した日がキャンセルとなります。しかし、それがわかるのが最短でも7日前であり、10日前というのは余りにも現実離れした利益優先の設定の仕方であります。10日前から7日前に変更するのが当然であると考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、2020東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ誘致のご質問でございます。関連がございますので、1、2あわせて回答させていただきます。
 2020東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ誘致につきましては、スポーツ推進にとどまらず多岐にわたる分野がかかわることから地域活性化や国際交流など、さまざまな効果が期待できる大事業であります。
 しかしながら、応募には各競技の国際連盟が求める水準のトレーニング施設と宿泊施設を提供できることなど厳しい条件があり、2020年まで条件どおりに施設を整備することが難しいと考えておりますことから、今回誘致はできないと判断いたしましたので、ご理解いただきたいと存じます。
 次に、体育施設の使用料の減免についてのご質問であります。
 まず、お示しの各種大会の減免割合の状況でありますが、減免基準についてもあわせてお答えいたします。
 中体連テニス大会、中体連バドミントン新人大会は中学校の学校行事ということで100%の減免、剛柔会宮城大会はスポーツ少年団が主催するということで80%の減免、T-1綱引き大会、東北硬式空手道選手権大会及び柴田郡柔道大会は体育協会が主催するということで70%の減免、仙南高体連バドミントン新人大会は高校の学校行事ということで50%の減免、シニアソフトボール仙南大会は体育協会の主管ということで40%の減免、県中学春季バレーボール大会は学校行事ではあっても対象者が町外ということで30%の減免となっております。
 また、教育長が定める割合につきましては、使用の区分によりそれぞれ減免の割合を内規により定めております。
 次に、減免制度の拡充や見直しについてのご質問であります。
 生涯スポーツを推進する中で体育施設については、あくまでも町民と町外利用者とのバランスを図るためにも引き続き現在の減免制度で利用していただきたいと考えておりますので、ご理解を願います。
 次に、返還されるべき使用料は使用する日の10日前とした理由のご質問でございます。
 大河原町体育施設条例施行規則第2条において、使用の申請は使用しようとする日の3月前から10日前まで申請書を提出しなければならないとなっており、それに連動して使用料の返還についても10日前としたものでございます。
 次に、10日前を7日前に変更すべきとのご質問でございます。
 多くの団体が予備日を取った場合、新たに申し込んでも入るスペースがなく、なくなってしまうことが考えられることから、このような制度をとっております。ただ、利用者の利便性を優先的に考えたとき、さまざまな工夫をすることで7日前に変更しても大きな支障はないものと思われますことから、7日前に変更する方向で関連団体と協議してまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。それでは、再質問いたします。
 まず、(1)の東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ地誘致についてですが、ご案内のとおり3月2日に3回目の説明会は既に終了しているんですけれども、あえて再質問をさせていただきます。
 まず、初めに申し上げておきますが、今回のこのキャンプ地の応募は大会期間前の事前キャンプ候補地としてNOC、NPC向けに紹介するために作成するガイドに掲載してもらえるかどうかの申し込みだということを、まずつけ加えておきまして、その上で恐らく12月中に説明会開催のお知らせが市区町村宛てに届いたかと思うんですが、この応募要綱は担当課では目を通されたのかお聞きしたいと思います。さらに、担当課が生涯学習課になるのか企画財政課になるのか、その辺もちょっとお聞きしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。それではお答えいたします。
 まず、説明会っていうか連絡会議が昨年の11月10日に行われまして、オリンピックの全体の説明やら事前キャンプ地の誘致の説明がございました。それをもって課内のほうでいろいろ検討いたしましたが、先ほど教育長が言いましたとおり条件っていうのがありまして、大分厳しい条件がありまして、ちょっと無理かなということで考えたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。私も、まあ130ページぐらいの応募要項でして、私もはしょって印刷して目を通してみたんですけれども、具体的に細かい基準、ああいう国際競技連盟の基準だったり推奨事項が具体的に競技ごとに示されているわけですけれども、具体的に何の競技を見て厳しいと思ったのか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。まず、一番先に考えたのが大河原町でする場合は総合体育館というのが一番頭にありまして、室内競技、バレーボール、バドミントン、バスケット、ウエイトリフティング、あと卓球とかいろいろ考えましたところ、それぞれ、例えばですね、バレーボールであれば床はタラフレックスっていうんですか、塩化ビニール製で弾力製のものとか、あと支柱とかネットは全てセノー社という会社が指名されておりまして、室温は16度から25度、空気調節のできる環境という形。あと、宿泊施設につきましては、身長が大きいのでベットは別に設けるという形。それから、あと卓球につきましては湿度も関係ありまして、湿度は40%から50%という形になってまして、いろいろ細い条件がありました。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。おっしゃるとおりで、すごい、物すごい基準なんですけれども、私はこれ不可能じゃないと思うんです。確かにあそこに空調入れるのはちょっと難しいですけれども、タラフレックスとかっていうのは床の上にただ敷けばいいやつで、セノーもバレーボールの一般的な用具ですので、現在体育館にはないですけれども、ここはあのですね、やりようなんでしょうけどもチャレンジする、私は価値はあったのではないかなと、私は個人的に強く思います。
 で、いたし方ないんですけども、東京オリンピック、前回、1964年、昭和39年ですかね、私は生まれる前なので映像等でしか見たことないんですけども、39年生まれの方、今50歳か51歳ぐらいでしょうかね、ちょっと年代の違う町長とか課長さんを代表して総務課長にお聞きしたいんですけども、東京オリンピック、昭和39年の、どのような記憶があるかちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、じゃ私のほうから記憶をたどってお話をさせていただきたいと思いますけれども、31年の私は生まれでございまして、8歳、9歳なんですかね、小学校の2年だったと思います。で、当時はなかなかテレビも普及していないような状況だったと思います。私の家庭も東京オリンピックのために白黒でしたけれどもテレビを購入してですね、バレーボールの東洋の魔女ですかね、あれを見た記憶はですね、私もまだあるところでございまして、非常に記憶に残るオリンピックだったというふうには思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。私は16歳だったので高校1年と記憶しております。当時東京に住んでおりまして生徒に割り当てがきましてですね、水球とグレコローマンの何だっけ、レスリングですね、あれを見ることができまして、大変鮮明に覚えております。駒沢競技場あたり、あるいは水泳は代々木あたりだったですかね、と記憶しております。ちょっと場所も定かで、もう50年、51年前でございますので、大変スポーツのすばらしさ、私もスポーツ少年でございましたので、喜んで見ておったのを、きのうのように覚えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがとうございます。56年ぶりに国内で開催されるこのオリンピック、通告の中でも申し上げたんですけども、一生に1度あるかないか、中には2度の方もいらっしゃいますけども、町としてこのオリンピックにどのようにかかわっていくのか、かかわることができないのかということを、今まで庁内で議論されたことはあるのかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。正直に申し上げますと議論はいたしておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。残念なんですけれども、先ほども言ったんですけども、無理だとか新たに仕事が膨大にふえるというようなことで大変なのもわかりますし、状況的に厳しいのも重々承知をしております。
 皆さんの記憶にもあると思いますが、2002年に開催されたFIFAワールドカップ、日韓サッカーワールドカップです。このときに大分県の旧中津江村、現在は合併して日高市となったようでありますが、この中津江村がカメルーン代表のキャンプ地に選ばれまして、当時マスコミにも大きく取り上げられて全国に有名になりました。
 その理由の一つとして、選手団が5日間おくれて現地入りしたということもあるようですけれども、これをきっかけにして2002年の流行語大賞も受賞と、ワールドカップ(中津江村)ということですけれども、翌年の2003年にカメルーンの南部にある都市メヨメサラ、こういう都市と友好親善協定を結び、現在の日高市になっても友好協定は継承してるようでもあります。
 友好協定については、後ほど質問しますけども、私が言いたいのは、この募集要項が出たとき、もしくは出る前から東京オリンピックに町が何としてもかかわろうとする気持ちを持つことがあってもよかったのではないかなと思います。私は、オリンピックにかかわるのであれば被災地でもある宮城県、サッカーの予選も開催される、仙台空港もある、東京から新幹線で2時間弱、絶好の立地条件と気象条件であり、さらに町の活性化や子どもたちへの夢や希望を与えるという観点からもキャンプ地の誘致が一番オリンピックにかかわれる絶好のチャンスだったと考えます。
 今後ですね、町としてオリンピックにかかわっていく気持ちがあるのかどうか、ちょっとお聞かせをください。私はぜひかかわるべきだと考えますし、今後どのような形でかかわれるものなのかも含めて、ぜひ検討していただきたいと思いますけども、所見をお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も2月だったと記憶しておりますけども、須藤議員からこういったものがあるよということで担当課にお話したんですけども、大変厳しいということで、あえてそれをやるようにという指示はいたしませんでした。
 ただ、今、須藤議員の議論をお聞き、拝聴してる中でですね、やはりスポーツ振興のみならず、またカメルーンの例ございました。国際化社会において子どもたちの国際教育にも役立つんではないかということを考えましたので、大変厳しいと思いますけども、若干は考えてまいりたいと思っておりますので、お許し願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。何かかかわれるような機会があるかもしれませんので、ぜひその際は積極的に取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いします。
 次に、使用料の減免に移りたいと思います。
 まず、通告をした後に内規があるという資料いただきまして、後から知ったんですけれども、まずお聞きしたいのは町の体育施設、これを町外の方、町内の方は当然ですけれども、町外の方々にも利用していただくことがありがたいという立場に立てるかどうかだと考えますが、当然ありがたいでしょうけども、その辺のお考えをちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。体育施設をですね、町外の方に利用していただくことは大変いいと思いますが、あくまでも町の施設ということで減免関係をそのように決めております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがたいという立場であるならばこの減免割合はありがたさが全く伝わらない減免制度に私は感じるんですけども、規則の(2)の100分の30、内規の(5)、カ、100分の40、エもです。そのほか県大会や東北大会、全国大会等通告でも申し上げましたけども、県大会、東北大会、全国大会我が町で開催していただけるということは本当にありがたい話で、宿泊も伴えば町への経済効果も大きいと私は考えます。
 例を挙げれば、ことしから開催していただく初めて開催していただく県の中学校の春季選抜バレーボール大会、これは2日間の開催です。準備も合わせると3日間、これ名取市民体育館と岩沼市民体育館と大河原総合体育館、3カ所で同時開催される大会です。県内、北は仙北、北は気仙沼、松岩中学校・大島中学校合同で出るみたいですけども、あと志津川中学校も大河原体育館を使って大会が行われるようであります。さらにですね、気仙沼の中学校は前日から来て泊まるそうです。志津川中学校は勝ち残れば泊まるという教頭先生の話でした。で、この泊まる場所がですね、実はですね、両方とも大河原町外なんですね。一つの中学校は名取市、一つの中学校は柴田町に泊まるということのようです。
 何が言いたいかというと、スポーツ大会開催助成金というが今いろんな市町村で出してます。例えばですね、私が調べた富山市なんですけれども、富山市では宿泊する方、大会の規模にもよるんですけども、一般の方でその市内に泊まっていただければ参加人数、宿泊人数×1,000円の助成、中学生以下の場合、宿泊人数×700円、これを選手の方々に補助すると。その市が。ただ、全国大会規模とか県外から来た方というちょっと厳しい基準もあるんですけれども、やっぱり中学生とかはお金、まあ親が出すんですけれども、安いにこしたことはないですし、やっぱり大河原町の場合、泊まるところが少ないですので、少しでも泊まってもらうような方策を私はとる必要があるんではないかなと考えます。その辺、町長、話聞いてどう思われますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) スポーツ振興に限らず観光振興の観点では、例えば秋田県が観光客に1,000円出してるというようなこともやっております。そういった意味で、交流人口をふやす手段として宿泊費の補助なりそういったことは極めて有効かと思いますので、これも検討させていただきたいと思いました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。やっぱりですね、どこの町村も何とか我が町で、我が市で大っきな大会を開いてくださいというような自治体が物すごく多いです。だからそこからみんな選んで、より条件のいいところを選んで大会を開いてるような現状もありますので、ぜひですね、他町村を参考にしていただいてこういう制度も取り入れていただければなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 ましていずれ柴田町にも新しい体育館ができます。できる予定になってます。このままですと大河原で開かれてる大会が全て柴田町に移る可能性もなきにしもあらずだと私は思ってます。全国大会とか東北大会とか、ですのでそれに、まあ勝ち負けじゃないでけども、よりよい制度をつくっていただいて、より使いやすいようなシステムを、もう一度考えていただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。
 あと、次に移ります。一つ提案なんですけれども、バレーボールの話ばかりで恐縮なんですが、今宮城県初のVリーグ女子クラブチーム、仙台ベルフィーユっていうチームがあります。これV・チャレンジリーグっていうリーグ戦なんですけども、一番上がプレミアリーグ、その下がチャレンジリーグというリーグで、このベルフィーユが試合をしてます。県内でですね、県内のスポーツ施設を会場に年間6試合程度、これ開催されてます。ことしは富谷スポーツセンター、宮城野体育館、ゼビオアリーナで2日間ずつ開催されます。ベルフィーユの担当者に話を伺ったところ、地方でも開催可能なようでして、去年は栗原市でも大会を開いてもらってるそうです。
 いろんな条件はあるんですけども、観客席が1,000人程度とか、調べたら大河原体育館は500超、500ぐらい、その1,000というのは余り厳密な基準じゃないらしいです。あとフロアに椅子を、パイプ椅子を敷いたりすると600か700、800ぐらいになるということで、その辺は可能なのかなと思うんですけども、これですと町活性化、あとは子どもたちのためにも関係団体と連携をして開催していただけるように、ぜひ町長に働きがけしていただきたいんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変魅力のある提案だと受けとめております。いろんな条件もあろうかと思いますので、その辺クリアできればやりたいなと思っておりますので、働きかけはさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。多分ですね、若干バレーボール、縦に3面とれるんですけど、今、あれを横にとんなきゃいけないとかっていう、支柱を、穴をあけたりしなきゃいけないのもちょっと出てくる可能性もあるんですけれども、その辺も含めて、ぜひ検討していただければと思います。
 実はですね、大河原町というのはバレーボールと縁の強い町でして、非常に、私はそう思ってます。残念ながら亡くなられたんですけれども、女子バレーボールの元日本代表佐藤伊知子さん、この方を育てた東北福祉大学バレー部監督の大和田先生、これらの方を筆頭にですね、バレーで活躍されてる方が多々おられますので、その辺のパイプも使ってですね、ぜひこれ可能な話ですので、強く進めていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。
 それではここまでにしまして、次の質問大綱2点目に移らさせていただきます。
 2.学力調査の結果と外国語必修化に伴う国際交流事業について。
 26年4月に国語、算数・数学の2教科で小学校6学年及び中学校3学年の全児童生徒を対象とした全国学力・学習状況調査が実施され、仙台市を含む宮城県の参加状況は、小学校395校・1万9,961名、中学校202校・1万8,835名であったようであります。県の義務教育課が発表した調査結果の概要を見ると、小学校、中学校の国語「知識」に関するA問題、中学校の「活用」に関するB問題で全国平均を上回り、小学校B問題では昨年より差が小さくなったものの、全国平均を下回りました。算数・数学については、昨年度と比較して差が小さくなっているものの、A問題、B問題とも全て全国平均を下回っているという課題が見られたようであります。
 また、23年度より小学校において新学習指導要領が全面実施され、5・6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。学習指導要領の目標には、外国語を通じて言語や文化について体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、外国語の音声や基本的な表現になれ親しませながらコミュニケーション能力の素地を養うと示されていることから、以下伺います。
 (1)今回実施された学力調査について。
 1)町内の小中学校では全国平均、宮城県平均と比較してどのような結果であったのか伺います。
 2)今回の結果を踏まえて、教育長として率直な感想をお伺いします。また、今後の課題と対策についてもあわせて伺います。
 (2)必修化された外国語活動について。
 1)町内小学校の外国語活動の現状と課題を伺います。
 2)南小学校では震災の関係でイギリスの学校とのつながりができたようであることから、これらの経緯と現状がどのようになっているのか伺います。今後、現地へ子どもたちを派遣して交流活動等を行うことも町として行う重要な施策の一つと考えますが、見解を伺います。これらをきっかけに姉妹都市や友好都市締結を行うとともに定期的に現地に派遣することや交換留学等を行うことのできる体制づくりと予算の確保が必要と考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、平成26年4月の全国学力・学習状況調査の小学校の結果につきましては、国語、算数を総合して全国、宮城県より上回った学校が1校、全国、宮城県とほぼ同程度の学校が1校、やや下回った学校が1校となっておりますが、3校とも大河原管内2市7町の平均を上回っている現状でございます。
 次に、中学校は国語、数学を総合して全国、宮城県、そして大河原管内を上回った学校が1校、やや下回った学校が1校となっております。
 今回の全国学力・学習状況調査の結果につきましては、大河原町独自で行っている標準学力テストの成果が徐々にあらわれてきていると考えております。つまり、テストを行うだけでなく、その結果を分析し、その都度課題を洗い出し、学校挙げて課題を克服するために努力を行ってきた結果、思考を要する活用問題も少しずつではありますが、できるようになってきたということでございます。
 今後は、この結果に甘んじることなく、教職員や保護者と力を合わせ、実態を分析しながら、さらに上を目指してまいりたいと考えております。
 次に、外国語活動の現状と課題についてのご質問でございますが、各小学校では5・6年生が年間35時間の英語による外国語活動を行っており、その全てに町雇用のALTが入り、担任とのティーム・ティーチングを行っております。担任が主の指導者となり、ALTが発音練習や英語によるアクティビティ、活動・働きの説明などを行い、ALTのネイティブな発音に触れることにより、児童は外国語に対する興味・関心が大変高まっているようでございます。
 課題としては、教師が授業を進めていく上でALTとの事前の打ち合わせ時間を、どう確保するのか。また、中学校英語にどう接続させていくのかなどが考えられます。
 次に、大河原南小学校とイギリスの学校とのつながりについてのご質問です。
 平成25年10月に震災後の宮城県に寄附金・義援金・こども基金として支援を行っている英国ダラム州キングスレー・スミス氏が宮城県内の小学校との交流を望んでいることを知り、大河原町教育委員会が手を上げました。ジャパン・イギリスライブという日本とイギリスの学校交流を支援するためにつくられたウェブサイトを利用した交流を図りながら、最終的には大河原南小学校児童の英国訪問を目指すことを確認しております。
 現在はジャパン・イギリスライブを通しまして大河原南小学校と英国ダラム州のエスコム小学校との交流が進んでおります。と同時に、児童の英国訪問についての計画を練っているところでございます。
 現在進めている活動は、あくまでも学校間の交流ですが、今後町として交流活動を行えるようになれば本町の国際理解教育の大きな発展につながると考えております。
 なお、大河原南小学校とイギリスの学校の交流が始まって間もない時期でありますことから、現時点では今後の交流の深まりやお互いの機運の盛り上がりなど、推移を見守りたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。今の教育長の答弁だと、学力調査は全体的におおむねよかったという認識でいいのかどうか、その辺改めてもう一度お聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。ただいま答弁させていただきましたように、向上の循環が見られております。さらに、昨年10月に宮城県独自の学力・学習状況調査を行いました。
 その結果につきましては、大変良好な成績をおさめまして、県内34、仙台市を除きます市町村教育委員会の中で小学校につきましては、国語・算数の平均をとりますと、点数でどうのこうのとは言えませんが、34市町村教育委員会の中で1番目の成績をとっております。中学校におきましては、同じく34市町村教育委員会の中で国語・数学・英語の平均では13番目の成績ということで中学校の学力向上については、やや課題を残してるなと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがとうございます。先生方の努力、ご努力にも敬意を表したいと思いますし、今後もぜひ子どもたちのために先生方と保護者の方、教育委員会が力を合わせて頑張っていただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。
 そこで、改めて教育長に伺いますけども、35人学級、弾力化、あとは教員補助者、これ学力向上の要因の一つとこれもなっていると私思うんですけども、当然これだけはありませんが、この成果もあらわれてるという認識で教育長、よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。昨年この議会でもお認めいただきまして大河原中学校の35人学級実現させていただくことができました。そのために大河原中学校の2年生と3年生を少人数で指導することが可能となっております。一昨年から現在の3年生は大きな課題を抱えておりました。
 しかし、昨年、2年生のときに学校挙げてこの課題の克服に取り組みました結果、現在3年生でおりますが、かなり生徒指導上も落ちついてまいりまして、さらに成績も徐々に徐々に向上を見る結果となりまして、この35人学級は大きな成果があるという実感を持っているところでございます。
 また、教員補助者につきまして、これも各学校からたくさんの要望が出ておりまして、全てに応えることができない現状にございます。しかし、できる限りの要望に応えることを通しまして気になる子ども、手のかかる子どもに、より手厚い支援をすることによりまして着実な成果を上げてるという自負を持ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ありがとうございます。教育補助者、今各学校に二、三名ぐらいずついると思うんですけども、新年度予算でも計上されてたと思うんですが、これ現実問題として今この各学校二、三名という状況で足りているのか、その辺ちょっとお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) さまざまな調査によりまして特別に支援を要する子どもたちが年々ふえてきてるというのは、ご承知のとおりでございます。本町におきましても、特別に支援を要する子どもが特別支援学級以外普通学級の中に多く存在するようになってきております。その中で教員一人でこれまでは何とかやってきておりましたが、なかなか教員一人でそういった子どもまで手厚く指導するというのが厳しい状態になってきておりますので、一人でも多くそういった支援をいただける方がいれば大変助かるというのが現状でございまして、まだまだ学校からは要望が上がってきてるのが現状でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。全ての学校を35人学級にするというのも、これ大変なことなんでしょうけども、講師一人当たり年間600万弱ですか、人件費として。教員補助者ですと1人大体81万6,000円ですかね、1名で。これやっぱり今の状況を聞くと、もう少しいてもいいのかなって私思うんですけども、これ執行部はどう理解してますかね。ふやす予定、もしくは教育総務課から、ぜひふやしてほしいという声は上がってるんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その前に、きょうの須藤議員の一般質問、スポーツと学力、見事に文武両道の質問でバランスのとれた質問だと思っております。
 今の教育補助でありますけども、教育長さんからは、もっとふやしてもらいたいということをお伺いしておりますし、また学級編制弾力化事業もですね、ふやしてもらいたいということでありますけども、厳しい財源の中で精いっぱいのことをしてるということで、今年度はちょっと我慢していただきたいということで、何とか次年度はもう少しふやしたいなというふうに思ってるところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひですね、これ執行部のほうもふやす方向で考えていただければなと思います。やっぱり子どもたちのためですので、やっぱりかかるところにはかけていただきたいなと私は強く思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、次、(2)の外国語のほうにいきたいと思います。
 このイギリスとの交流、これ大変とてもありがたいことだと思うんですけども、これ具体的にもういつ行く、何年度に行くというところまで話は決まってるのかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。こちらのほうでは平成28年の1月と考えておるところでございますが、まだ具体的に先方との打ち合わせがすんでおりませんので、もう少し時間を要するかなというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。28年1月の予定、今のところはその予定だということで、これお金はどうなんでしょう。町からのお金で行くんでしょうかね、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) キングスレー氏からは8,000ポンドのご支援をいただきまして、それに使うようになっておりまして、既に金が振り込まれております。
 ただ、8,000ポンド丸々ではなくて、そのうちの5,000ポンドが大河原南小、そして3,000ポンドはイギリス滞在中の費用ということに使わせていただきたいと考えております。その中で全部賄うということはかなり厳しいのでございますが、子ども、保護者のほうにもある程度の負担をしていただくということを考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。今の段階でいいんですけども、大体子どもたち、南小の6年生になるのか、その辺学年と、わかれば人数、おおよそでいいので教えていただけますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。5年生の児童数名程度ということになると思います。
 ただ、まだ学校としてはそこまで具体的に絞り込んでいないこともありますので、不明確な点があることはお許しいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。引率、ちなみに引率者は南小の先生になるのか、教育長、齋教育長も行かれるのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。小学校の教員1名とそれから校長1名、そして私は自費で参りたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ということは、南小の先生方はそのお金で行けるということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。できるだけそのようにしたいなというふうに考えておりますが、これから検討を要する課題だなというふうに考えております

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。今、教育長が自費という話もしたんですけれども、これやっぱり公務ですので、これ町で予算、まあ教育長からは言いづらいでしょうけど、まあ全額とは言いませんけども、ある程度やっぱり町から出すという気持ちは持っていただけていいんじゃないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。前向きに検討したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ちょっと時間なんですけども、ちなみにですね、村田町、村田町、これみやぎ蔵王三源郷推進協議会というところで、村田と川崎と蔵王町と各2名ずつ毎年6名、高校生以上がイギリスに行ってるそうです。柴田町、これは平成15年度から20年度まで各中学校2名ずつの計6名、これが年間の予算大体200万円でアメリカのシアトルに1年行って、あと1年は向こうから来てという事業を、まあ柴田町は終わったんですけども、こういう事業もされてるそうです。
 柴田町の場合は、やめた理由が、それよりもALTを1人ふやそうということで、今2名態勢なんですかね。柴田町、ALT。ということで20年度でやめたそうなんですけれども、これからやっぱり国際交流、急ぎますけれども、近隣市町村でほとんど友好都市、姉妹都市結んでいますよね。多分岩沼、名取、白石、私の記憶ですけども角田もですか。丸森、柴田、川崎はなかったかな。村田、ほとんどの町村で姉妹都市もしくは友好都市を締結して何らかの交流を行ってる。いろんな理由で行えない、やってないところもありますけども、これ今後この、まあ答弁の中にもありますけども、いずれその方向に向かっていくべきではないかなと。それが絶好の機会、チャンスかなと思うんですけども、その辺の町長の考えをお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変国際化時代でございます。そういった観点から国際教育が大変大事であります。また、先ほど来議論のあります地方創生戦略の中にもですね、教育を重視するという姿勢を打ち出させていただいております。そんな観点の中の一つとしてこういったものを加えられないかということを、私の頭にあります。まあ若い職員が最終的に考えてもらうということになると思いますけども、今の須藤議員のご指摘の方向で国際化時代にふさわしい教育ということで、まず今回のダラム州・エスコム小学校との交流をきっかけにですね、交流協定を、あるいは姉妹都市を協定を結び、また小中学生の、中学生の交換留学生などもやっていきたいと思っております。
 これまでずっと周辺市・町でやってることに大変私自身うらやましいと思ってきましたので、就任早々教育長さんとの話の中でそういった方向を確認はしておりますけども、財政の問題もあり、なかなか進まなかったということでありますけども、これを絶好の機会と捉えて前に進めていきたいというふうに考えを持っておりますので、ご理解賜りたいと思います。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。子どもにとってはとても貴重な経験になると思いますので、ぜひいろんなことを学んでほしいなと思います。
 最後になりますけども、クリスハートというアメリカ人の歌手がいるんですけども、この歌手は日本に来たきっかけが本当のショートのホームスティ、これをきっかけに日本に来るようになり、日本が好きになり、そしてあれだけ有名な歌手になり、まあわかる方はわかると思うんですけども、どういったきっかけでああいうふうになるかわかりませんので、ぜひ子どもたちの夢を持たせるためにも国際交流事業、しっかり力を入れていただきたいということを強く望みまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時から再開します。
     午後 0時04分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。5番岡崎 隆です。通告に従って大綱1点を質問いたします。
 窓口業務にコンプライアンスを。
 我が町では長年にわたり町民生活課窓口において臨時自動車運行事務(仮ナンバー)の取り扱いを行ってきました。この業務は東北運輸局整備部の登録資材課からの手引書に倣って許可制度をとり行っているが、以前から貸す側の責任、借りる側のコンプライアンスに大きな問題点が隠れているのではないかと考えるので、以下質問いたします。
 (1)窓口業務としていつから始まったのか。
 (2)成果説明書にあるとおり年間1,500台分・120万円程度の手数料収入を町としてどう捉えているか。
 (3)ここ数年他の町民サービスに支障が出るようなトラブルが唯一この業務では起こっているが、執行部は把握しているか。
 (4)ほとんどは大河原町民のための役場窓口サービスであると町民は捉えている中で、この業務は大河原町民に役に立っている業務なのか。
 (5)自動車の臨時運行許可事務の取り扱い手引書に、3.許可に関する実務(1)申請者の審査で、1)に法人の場合、2)に個人経営の工場等の場合と記載があるが、個人に対して許可が出ている現状はなぜなのか。
 (6)ほとんどの自治体は運行する日の1日間を含め5日以内での返却をうたっているが、期日を守らない利用者はどの程度いるのか。同じ利用者が繰り返し返納期限を守らない例が他の自治体でも数多く発生してるので伺います。
 (7)法人と個人経営の工場以外への仮ナンバーの貸与は、どのような弊害を社会に及ぼすと考えられるか。
 (8)国土交通省が動かなければ何も変わらないという考えではなく、(7)までで質問したとおり町として明確な規則を示して継続的な取り扱い業務が不可欠と考えるがどうか。
 9)およそ自治体の業務とかけ離れたこの煩雑な業務は国、国交省で取り扱うような要望を出してはどうか。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えします。
 初めに、1から4までのご質問に一括してお答えいたします。
 窓口における仮ナンバー業務は本町に残っている記録からでは少なくとも昭和37年からは国の法定受託事務として行われております。これによる手数料収入は他の手数料収入同様経常的なものと捉えております。また、この業務が申請者の理解の相違により説明等に時間を要する場合もありますが、他の町民サービスに影響を及ぼすようなトラブルは起きていませんので、おりませんので、町民への窓口サービスには役立っているものと考えております。
 次に、5と6の質問にお答えいたします。
 自動車の臨時運行許可が個人に対して出されている現状につきましては、臨時運行許可事務の手引き質疑応答にもありますように、一般ユーザーが車検切れ自動車を整備工場へ車検整備のため回送するとき臨時運行の許可はできるとありますので、取り扱い規則に基づき許可を出しているものであります。
 なお、個人も含めて返納期限を守らない利用者は1割強ほどありますが、議員ご指摘のような繰り返し守らない例はほとんどございません。
 次に、7と8のご質問にお答えいたします。
 法人と個人経営の工場以外への仮ナンバーの貸与とは個人を指すものと理解しますが、この業務は法定受託事務でありますので、道路運送車両法に基づき町が自動車の臨時運行許可業務取り扱い規則を定めて行っているものであり、規則に基づき許可したものは正当に利用されているものと考えております。
 最後に、この業務を国、国交省で取り扱うような要望を出してはどうかとのことでありますが、臨時運行の許可を行う町村の指定は国土交通大臣が一方的に行うものではなく、町村の長が地域住民の利便向上のため国土交通大臣に指定の申請を行い、許可を受けておりますので、今後におきましても引き続き現状維持を考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。今回ですね、私は一般質問別な形で2つ用意してたんですけども、これは一般質問の通告期限の2日前に職員の方からいろいろ声が聞こえてきたので急遽差しかえてこの質問を私今回させていただいてるんですけども、昭和37年ころから調べて支局のほうに調べたところ、それ以前の使用についてはちょっとわからないということの返事だったんですけども、(1)について、これは私ももうおとといで47になりましたので、私のそんな一回りぐらいの先輩しかいない中で、そんな昔のことを聞いてもわからないと思うんですけども、自治体がこの業務を担うようになったのは、制度上警察とか公安委員会とかが適当かなというふうに私は感じてるんですけども、この業務が法定受託事務として自治体に振られるようになったのは、当時の総務省とか運輸省とか、そういうところの絡みで自治体に担わせるという方向になったと解釈してよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。町長の答弁にもありましたように、国のほうから一方的に押しつけてということではなくて、この業務に関しては自治体のほうで手上げ方式によってですね、それを国のほうがその地域の状況なんかを、状況見まして、それで許可するものでありますので、一方的な国からの事務、業務ではないということを理解しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。わかりました。じゃ、(2)なんですけども、去年、平成25年度、おととし、25年度ですね。成果説明の124万9,500円の手数料収入があって、全体の手数料収入が1,200万強ですから、10%程度の収入がこの仮ナンバー業務において得てるわけですけども、経常的にやっていくと、これからもそのように捉えていることということなんですけども、(3)の再質問も兼ねて震災以降ですね、震災前もなんですけども、東南アジア系ですかね、いろいろ車を海外に輸出したりとか、中古の日本の機器を、車を、重機とかをするということで大変窓口のほうにそういう方が来てですね、片仮名で名前をお書きになって、言葉も通じるのか通じないのかわかんないんですけども、ナンバーを借りてる方を見たときに、実際私もそこの方がいつも常駐されてるような場所を見たときにですね、明確に安全な車両ではないものに対して動かすのに使ってるなというか、その日数も何日間借りるかというのに関しても、もうちょっと借りられないかとか、そういうふうな規定にないことまで窓口で要望されたりとかっていうのはなかったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。議員おっしゃるようにですね、基本は5日という期限、5日を限度とするということで、基本的には回送するのに要する時間ということで1日が基本でありまして、遠方からというようなことも考えて5日を限度ということでありまして、それを町長の答弁にも申し上げたとおりですね、お互いの、申請者側の理解の相違ということで5日とか6日とかという話になってますが、それを窓口のほうでは基本的に説明をしてですね、5日以内ということで理解をしていただいて許可を出している現状であります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。わかりました。見たところ町外の場所だったんですけども、ほとんどの町民はですね、役場っていうのは町民のために、大河原町民のための業務を行ってるというふうに認識してると思うんですけども、町長、役場っていうのは、まあ簡単になんですけど、役場は誰のためにあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 役場は大河原に住んでる住民だと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。全くそのとおりなんですけども、広域的に利便性がよくて中心として栄える大河原町の特性を考えても町民生活課長、仮ナンバー利用してる方の大河原町民の割合ってどのぐらいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。ここ二、三カ月で見まして、まあ年間を通して大体変わっていないんですが、3割程度が大河原町民の方の申請であります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。蔵王町が去年から始めたんですけども、角田にもあって、大河原も当然あって、川崎もあって、県内でも多くの市町村は取り組んでんですけども、柴田とか村田はやってないんですね。運行収入が120万強あるにしても町民の利用が3割程度、柴田が突出して多いと思うんです。その次村田で我が町と同様ぐらいなのかなということで、このような業務、我が町にだけ収入があるというのではなくて、町民の利便性を考えたら各町にあってしかりだと思うんですけども、その点についてはどういうご認識でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。先ほども申し上げたようにですね、受託事務ということでありますので、各町の考え方があるものと思います。担当者会議なんかでですね、機会があれば話題としてお話しすることは可能かと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。これからそのリスク等について説明はするんですけども、町長も何かあったときですね、そのようなことを2市7町とかそういうところでやってない地域の首長さんに、ちょっとお考えだけでも聞いていただくことはできないですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 可能でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。わかりました。
 じゃ、(5)の再質問に入りますが、個人、この手引書には個人への貸し出しが書いてないということは平成7年の4月の法改正で、平成、10年ぐらい前か、ユーザー車検っていうのがなってから、この解釈が変わったという認識でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。そのように理解しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。ちなみに、担当課ではユーザー車検というのはどのようなご認識でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。個人で検査場に持ち込んで、それで車検を受けるものと理解しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。ちょっと専門的なことなので、余り質問してもあれかなと思うんですけども、車検っていうのは2つのことなんです。イベント的には。
 まず、継続検査の場合は24カ月の法定の点検を受けます。それで精密検査を受けるということなんですね。それと車検場に、本当の車検っていうのは環境的に排気ガスが環境基準を上回ってないか、駆動装置とか動くとこが動くか、これは基本的な学校では身体検査とか健康診断でも軽いものだけを通れば車検っていうのは通ったことにはなるんですけども、24カ月の法定点検っていうのをきちっと受けないと、例えば人間でいうと健康診断は受けたんだけども体調悪くして間もなく残念ながらお亡くなりになったとかっていう方も多く聞かれると思うんですけど、精密検査、こういったことをしっかりしないと安全に車が走らないという認識とあるんですね。車検ってのを、ただラインを通ってくるだけって考えていただくと非常に間違いが起きてしまう部分もあるので、これは仮ナンバーを貸す側の認識として、ぜひお持ちいただきたいんですけども、このこと課長、わかっておられましたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。そのユーザー車検と、その点検整備検査の車検というのは、違いはあるというのは薄々は気づいておりましたが、基本的に町のほうで扱ってる業務は臨時運行許可証、仮ナンバーを許可するというのみの業務でありますので、貸し付けした仮ナンバーが正当に利用されているものと理解しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。実例としてですね、この仮ナンバーの使用に当たって全国的に逮捕者が出たりとかですね、ちょっと利用者の側のコンプライアンスの乱れというのが報道でかなり今大きく取り上げられている部分もあって、これユーザー車検代業者っていうのも今すき間産業で出てきてるんでね。あなたの車、車検を通してあげるから安くあがりますよ、整備も何もしませんよ、本当に車検通してあげますよということで車検だけをクリアする。その後、平成7年の4月に改正、道路運送法が改正になりまして定期点検というのは車検内で検査を受ける、後でもいいですよというふうに変わったんですね。要は点検整備記録簿をきちっと出して車検を受けて、きちっとした精密検査が終わった車以外でも、もう車検を通って世の中を走ってるということで、何にもしないで車検だけが通った車が走ってるというのも、これ事実です。そのために仮ナンバーが使われてるという事実もご認識いただくと、非常に窓口でですね、貸す場合の責任感というもの出てくるかと思うんですけども、その点窓口のほうでそのようなコンプライアンスについてお話しされたことはあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。基本的には、この議員もお持ちかと思いますが、この手引書に沿って許可しておりますので、職員は承知してるものと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。私も窓口で聞いたんですけども、申請に当たっては申請用紙があって町宛てにですね、運行の経路ですとか車体番号ですとか、どこどこに行って、目的経路っていうのを書くんですけども、例えば私も職員さんの資質は十分あると思うんですけども、昭和37年から記録に残って続けてるこの業務は、担当課に配属された方は空気のように、ただこういうことだけやればいいんだなと思って業務に当たってるような部分も見られてるんですね。
 例えば、運行の5日間というのは、なぜ5日間というと金曜、月曜日に使いたくて金曜日に申し込んで、土・日挟んで月曜日いっぱい使ったときに、役場の閉まる時間に返すのが間に合わない最悪の事態を想定しての火曜日まで返すのの金・土・日・月・火の5日間という解釈なんですね。窓口では最短の日にちでお返しいただくようにとか、運行の経路はきちっと守ってくださいとか、同乗者は絶対無理ですよとかっていうことを、きちっとコンプライアンスをもって貸すときに取り扱っていただかないと、何かのときに、問題起きたときには役場にも瑕疵が出かねないから、私今回この質問をしてるんですけども、自動車賠償責任の証書も確認しますよね。必ず、これは。自賠責っていうのの保障能力って課長、どのぐらいかご存じでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。詳細は詳しく調べてはいないんですが、基本的には3,000万が限度かと記憶しております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) けがで120万、重度の障害で最高4,000万で死亡で3,000万まで保障するこの保険を掛けて、掛けたことを認めて仮ナンバーっていうのが貸し出されるという形なんですけども、例えばこれは一般の方にも貸してユーザー車検ができ、するということで、必ずしも車に詳しくない方もこの車を借り、ナンバーを借りて整備が行き届いてるかどうかわからない車を運転するわけですね。で、そうなった場合に、例えば3,000万の命の保障をするという保険で十分足りるとお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 通常的には3,000万では不足かと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。そうなんです。3,000万では皆さん任意保険とか入ってると思うんです。これがあくまでも私らの考える保険であって、強制保険の自賠責というのは、あくまでも最低限度の一番根っこの保険なんですね。ですから、言葉悪いんですけども、無保険と私変わらないぐらい、自賠責だけでは間違っても事故は起こせないですけども、もし万が一ですよ、自治体によっては担当課が物すごく根掘り葉掘り聞く町もあるそうなんです。こういうことでこうですからこうできっちり守って返してくださいねということでお客さんに貸し出す、町民の方とか利用者に貸す出す場合にきちっとそのことを告げてやってる自治体と、割と簡単にすっと貸してしまう場合では、やっぱり利用する方のやっぱり責任を感じるというか、そういうことで大河原行くと割と簡単に借りれんのかなっていって7割も借りてんのかなとか、やっぱり利便性高いから他町村の方が来るのもわかるんですけども、私はそこできっちり職員の方にも、負担は大きくなりますけども、きちっとちゃんとそこは守ってくれということでやってほしいんです。
 例えば、ディーラーさんなんか借りにこないと思うんですね。ディーラーナンバーってありますから、それにはディーラーさん独自に任意保険掛けてですね、何かあったときのための保険っていうのを掛けてあんです。町でやってるのはそういうものが掛けてない、ただ自賠責だけの保険に万が一ですよ、簡単に貸して、うちの町では業務だからって貸して小学生の列に突っ込みました。本人補償能力ないですよ。何であんな素性もわかんない人、名前書いて住所書いて本当かどうか、まあ免許証だって確認するわけですけども、もしその子たちの親なり学校側とか、そういうことになったときにやっぱり安易に貸してれば行政に対して瑕疵を求めるような裁判が出てきても私おかしくないのかなと、そのことを一番危惧したんで今回質問してるんですけども、もしそういうことがあった場合に大きくまた財調減らすような結果になっても非常に残念ですし、やはり業務は業務としていんですけども、窓口に携わる人にきちっとその辺のことを、コンプライアンス、お互いに利用者にも伝わるように取り扱っていただきたいと思うんですけど、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。これまでもですね、この業務に関してはその申請者に説明をしながらですね、許可証を出しておりますし、その申請内容をきちんとですね、守るように口頭では話をしながら許可を出しております。今後もですね、なお一層窓口のほうではそういう説明をして許可を出していきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。そういうことで保険がそのぐらいしか掛かってないということも、これも庁舎内聞こえてるんでしょうから、まあわかるんでしょうけども、何ていうんですかね、安易にユーザー車検代行業者というのが横行するようになると、本当に車社会の安全性が根本から崩れていくようになるんですね。124万円の収入が町にあるかもしれないんですけども、例えばその辺を課長、厳しく窓口で取り扱っていただいて、大河原町、ああしっかりやってで、あそご厳しいんだな、やっぱりいい加減に使えないんだなとなれば、やっぱりディーラーさんなり、そういう工場さんなりを使うことによって経済効果も出てくると思うんですね。
 (7)ですか、法人と個人経営の工場以外に貸した場合の弊害ということで、例えば災害時に協力するよっていう工場が700ぐらい宮城県内でもそういう整備関係のところありますし、災害時においては600弱の工場さんが協力いたしますよということで、その業界のホームページには載ってますし、これからもそういうことで提携することも町長にはお勧めしますけども、町長、今の課長とのやりとり聞いてですね、どのように感じました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議員のご指摘、大変重要なご指摘と受けとめ、それもそれを課長もしっかりと受けとめたように思いますので、今後なお一層ですね、しっかりと対応してまいるように頑張ってまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。例えば、私もふっと、職員の方にちょっと伺うまで気づきもしなかったんです。今回このようなことは。で、ふっと深く考えたときにさまざまちょっと調べたらですね、このような案件が出てきて今回このような質問に至ったんですけども、女性の方とかでも、やっぱり相手の方、やっぱりごつい男性の方とかだとなかなか言いづらいときは、例えば課長が必ず男っては限らないんですけども、そういう説明するとき、なるべく男性の職員だといいと思うんですけども、そういう対応っていうのはでぎるんでしょうか。女性が多いような窓口に見えたんで、お年寄りとかね、普通の方には女性の方でいいんですけど、仮ナンバーに限ってはそういう対応っていうのはできませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) はい。対応はですね、男性・女性に限らずですね、きちんとこの手引の手引書に沿ってですね、きちんと説明して対応してますので、女性だからどうのこうの、男性だからどうのこうのというような状況ではなく、窓口では現在きちんと説明しながら対応しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。特にやさしい女性が町民生活課にはいるのかなと思ってちょっと心配で聞いたまでなんですけども、ちょっと話はあれなんですけども、ディーラーナンバーと同様のナンバーがですね、普通の一般の工場にも、法改正である条件をクリアすれば持てるような法改正が3月に行われるようなので、できればそういうことで一般のそういうところ、ユーザーでやるのもいんです。
 ただ、ユーザーのそういう制度には代行業者とかいろいろある中でいろいろこれ問題になってるので、公の報道機関でも取り扱われることですから、私も特定の業界での意見ではなく、本当にそこに危険が潜んでるということで、私看板見て受けたんだけども、実際そういうちゃんとしたものじゃなかったのねって、後からびっくりされて工場に駆け込んでくる方とかも今出てるんですね。ある意味、被害者でもって私は受けとめているんですけども、3月20日までですね、そのような形で自治体で扱ってる仮ナンバーに特化したことではないんですが、そういう一般の工場さんでも、もっとハードル下げてくれということを要望とかも出てる中で、そういう、まあ町としてはナンバー取り扱い業務の収入は減るかもしれないんですけども、国に対して現状とかをですね、パブコメという形で20日まで出てる部分があるので、ぜひこれ町も何かのときパブコメって反応してほしいですよね。反応してほしいはずなんです。パブコメ出したときは。企画財政課長。うん。ちょっとそういう形でパブコメ発信できるような我が町にもいいのがありましたので、これ後からあれなので、これちょっと反応してみるつもりはございませんか。後で私、趣旨は説明しますので、ぜひ取り扱ってるところのことなので企画財政課長に、ぜひ答弁を。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。ちょっと中身を見させていただきまして対応を考えたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。きょうはメジロ押しに日程もあるものですから、最後にですね、行財政改革に当たってまち・ひと・しごと地域総合戦略とかを1年間きちっと町長やる中で、私もこういった役場の業務の中の一つ一つ疑問を持ってですね、きちっとやる中のコンプライアンスを確立して、そういうことをきちっと考えながら、まあ執行部ですから議員からどんなに批判されても私もテーゼの肯定ではないんですけども、夢のあるまちづくりというのが非常に大事だと思います。夢だから夢で終わるのかどうか、いろんな批判にも負けることなくですね、やっぱり全協でも言って、まあ聞いてない課長さんもおられるので、少子高齢化というのが非常に地域が疲弊させるということでマイナス面に捉えられてますけども、ぜひこういった仕事の精査をきちっとしていただいて、子どもが少子化になって町長が生まれたときは200万人、それで今の子どもたちは100万人しか生まれない中でも、その子どもたちは2倍の大人の目と大人の手と大人の心をかけて育てるわけですから、2倍すばらしい子どもが成長する世の中になると私は町長とともに確信してますので、ぜひまち・ひと・しごとの地域創生の戦略会議においては、その部分もきちっと踏まえていただいて、特に子どもたちのための教育というものに関して取り組んでいただきたいと思います。この質問もいただいた中で総括で町長に最後にいただいて終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回岡崎議員におかれましては、当初予定しておった質問を、まあ出したわけじゃないけども変更していただいてこういうご質問をいただいたということ、大変感謝申し上げたいと思います。危険が潜んでるということもわかりました。それで、今回まち・ひと・しごと創生事業をこれから検討するわけでありますけれども、その中の一つとしてですね、昨年11月に策定いたしました行財政改革大綱を定めております。その中で事務事業の見直しなども含めておりますので、そういったことで事務事業全般をですね、やはりこの際この機会に改めて洗い出してですね、見直しも必要があれば思い切って進めてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって、一般質問を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。
 これから、諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて採決をします。
 人事案件は先例集120により、投票により表決を行います。
 議場の出入り口を閉めます。
     〔議場の閉鎖〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ただいまの出席議員数は13人です。
 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2公の規定によって、立会人に大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
 投票用紙を配ります。
     〔投票用紙の配付〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 念のため、本諮問に賛成の方は「賛成」と、反対の方は「反対」と記載願います。会議規則第83条の規定により、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、「否」とみなします。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票箱を点検します。
     〔投票箱の点検〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異状なしと認めます。
 ただいまから投票を行います。
 事務局長が氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。
     〔点  呼〕
     〔投  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れはありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終わります。
 開票を行います。大沼忠弘君及び高橋芳男君、開票の立ち会いをお願いします。
     〔開  票〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 投票の結果を報告します。
 投票総数 13票
  有効投票 13票
 有効投票のうち
  賛成 11票
  反対  2票、うち白票が1票です。
 以上のとおり、賛成が多数です。よって、諮問第1号は適任と答申することに決定しました。
 議場の出入り口を開きます。
     〔議場の開鎖〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 報告第1号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大商工26
                -1)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、報告第1号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大商工26-1)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって、報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 報告第2号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下
                (災)25-8)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、報告第2号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下(災)25-8)を議題とします。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって、報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第1号 大河原町まち・ひと・しごと創生会議条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第1号大河原町まち・ひと・しごと創生会議条例の制定についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。それでは、議案第1号大河原町まち・ひと・しごと創生会議条例の制定につきまして詳細説明を申し上げます。
 まず、このまち・ひと・しごと創生につきましては、平成26年11月にまち・ひと・しごと創生法や平成26年12月に閣議決定されました「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」または「まち・ひと・しごと総合戦略」を踏まえまして国・地方が一体となって人口減少に歯どめをかけ、地方の再生、創生を行うことで将来にわたって活力のある社会を維持することを目的といたしてございます。地方におきましても、これを受けまして地方版総合戦略を策定することといたしております。
 本町といたしましても、本年11月をめどに策定を行うことといたしておりますが、策定に際し、策定及び検証に当たり必要な事項を調査審議する機関として「大河原町まち・ひと・しごと創生会議」を設置するというふうにいたしたものでございます。
 条例に沿って説明をいたしますので、条文に沿って説明をいたしますので、お開きを願いたいと思います。
 まず、第1条設置につきましては、先ほど来申し上げておりますようにまち・ひと・しごと創生法の第10条第1項の規定により「大河原町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定するに当たりまして策定及び検証に必要な、検証に当たり必要な事項を調査及び審議するために創生会議を設置するというふうな形になってございます。
 第2条の所掌事務につきましては、総合戦略の策定及び検証に関し、必要な事項について調査審議を行うというふうな形でございます。
 第3条の組織につきましては、創生会議につきましては委員15名で組織するということで、第2項のほうに委員は次に掲げる者のうちから町長が委嘱するというふうになってございます。基本的には産業界、または行政機関、教育機関、金融機関、あと労働団体またはメディア関係からの専門的な知識または公募による町民等々を考えてございます。
 委員の任期につきましては、2年間とさせていただいてございます。
 第4条につきましては、会長及び副会長を置くというふうな形で、互選により決めるというふうな形の規定でございます。
 第5条会議につきましては、創生会議の会議は会長が招集し、議長となるということで、年間4回から5回程度開催するというふうな形で考えてございます。
 第6条庶務につきましては、企画財政課において処理するというふうな形でございます。
 基本的に、あと施行規則につきましては、公布の日から施行させていただくということ、そのほかに特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正をあわせて行うというふうな形にさせていただいてございます。まち・ひと・しごと創生会議委員につきましては、まず学識経験者につきましては日額報酬で1万円、その他委員につきましては5,600円というふうな改正をあわせて行うものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけ確認になると思うんですけども伺います。
 この設置、第1条の中に今この前も全協でありましたし、今もありましたけど、ここに書かれてあるように策定及び検証の当たり必要な事項を調査及び審議するためとありますね。それでこの総合戦略の計画期間は5年とされてて、仮にその審議がですよ、終わるっていうか、この条例にはある程度いったらこの条例は廃止するっていう方向が出てくるんですか。それともずっとこれが、条例ですから制定されれば、この審議っていうのはずっと続くもんなんですか。その辺がちょっと見通しとして、いまいちわからないので伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。この創生会議につきましては、審議及び検証もやるということで、その策定した内容について、どのような形になっているかという検証も行うというふうな形になりますので、この総合戦略が続く限り、この委員会も続くというふうな形になると思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第2号 大河原町職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第2号大河原町職員の配偶者同行休業に関する条例の制定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。それでは、議案第2号職員の配偶者同行休業に関する条例について、ご説明をさせていただきます。
 まず、今回のこの条例の制定につきましては、地方公務員法の一部を改正する法律が平成25年11月の22日に公布され、その中で外国で勤務等する配偶者と生活をともにすることを希望する有為な地方公務員の確保と、それから継続的な勤務を促進するために配偶者の同行休業制度が設けられたものでございます。この法律の改正を受けまして、本町においても同様な規定内容とする配偶者同行休業に関する条例を今回制定するものでございます。
 それでは、条例内容についてご説明をさせていただきたいと思います。
 まず、第1条の趣旨でございますけれども、先ほど申し上げた内容であり、地方公務員法の規定に準拠するものでございます。
 なお、対象となる者につきましては、職員の常勤の一般職であり、臨時職員あるいは任期付職員、それから非常勤の職員等については対象外というふうになるものでございます。
 それから、第2条の承認でございますけれども、基本的には任命権者の承認になりますけれども、国の方針とすれば積極的な姿勢で承認というような形になってるようでございます。
 しかしながらですね、いろいろ業務があることになりますので、その判断については公務の上に支障がないと認める場合というような規定になってございます。具体的には、その職員の業務量であったり業務内容であったり、そういったことを勘案して、例えば配置がえで可能であるのか、あるいは臨時職員で可能であるとかっていうようなことが一つの基準になるかというふうに思ってるところでございます。
 それから、第3条の配偶者同行休業の期間でございますけれども、これも法律で決定してございまして3年以内、つまり最高で3年ということでございます。
 第4条の休業となる外国の規定でございますけれども、1号から3号までございます。全て先ほど来申し上げてます外国での勤務、それから外国での活動、それから外国での大学の修学というような形の中で、外国というような形が当然のことになっております。
 それから、第6条につきましては、期間の延長でございまして、3年以内の範囲内で原則1回に限って延長はできるというような法律の趣旨に基づいて同じような改定をしたもので、規定をしたものでございます。
 それから、第7条につきましては承認の取り消し事由ということで、2ページのほうに1号から3号までございますけれども、当然に1号については配偶者が外国に滞在をしなくなったとき、それから2号、3号については、配偶者が配偶者同行休業してる職員が例えば産休産前の休暇を得ると、それから育児休業の申請をすると、そういった場合については、この休業制度を一旦、まあ休業制度から復職という形になるんですね。そして新たな職員として休業等の申請をして承認をもらうという形になります。
 それから、第8条につきましてはその届け出の内容を列記したものでございます。
 第9条につきましては、職務復帰後における号俸の調整ということでございまして、これにつきましては復職後に休業した期間の100分の50以下の換算率で勤務をしたものとみなすというような形の中で継続的に職員の確保というようなことにつながっていくだろうというふうに思っております。
 それから、附則になります。この条例については新年度、4月1日から施行するという形になってございます。
 それから、この制定条例につきまして3つの関係条例も改正をすることになってございます。1つ目は大河原町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正ということで、これにつきましては、毎年、職員の任命であるとか職員数であるとか休業の状況をですね、公表してるわけでございますけれども、この条例の中に新たに今回の職員の休業というような形の中でつけ加えるものでございます。
 それから、3ページの育児休業につきましても同様な形の中で、今回条ずれをしてるような形もありますし、そんな形で追加をするものでございます。
 4項目の水道事業職員については、新たにですね、この休業の制度を設けるというような形の中で追加をするものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議いただきますよう、お願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第3号 大河原町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第3号大河原町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) それでは、議案第3号大河原町新型インフルエンザ等対策本部条例について、ご説明を申し上げます。
 この条例等につきましては、全員協議会の中でもちょっとしたお話をさせていただいておりますけれども、実は平成25年4月から施行されました新型インフルエンザ等対策特別措置法、特別措置法と呼ばせていただきますけれども、この法律の制定に基づきまして本町においても対策本部の条例を制定するものでございます。
 具体的につきましては、全員協議会の中でもお話しております要綱で決定、示して、示すことになってございます。今回の条例につきましては、設置の条例というような形の中でご理解うしていただきたいと思います。
 それでは、条例内容についてご説明を申し上げます。
 まず、第1条でございますけれども、趣旨の新型インフルエンザ等対策特別措置法、これにつきましては、「第37条において準用する第26条の規定」というような書きぶりにしてございますけれども、実はその特措法第22条においてですね、都道府県の対策本部の設置規定があります。第22条ですね。で、その設置については、特措法の26条で今度は条例で定めなさいということになってございます。そして、この第37条においては、準用規定として、その都道府県を市町村に読みかえるというようなことになってございますので、こういったような書きぶりにさせていただいたものでございます。
 それから、第2条の組織でございますけれども、本部長、副本部長、本部員等で構成するものでございまして、具体的には全員協議会の中で要綱でちょっとお示ししておりますけれども、本部長には町長を、それから副本部長には副町長と教育長を、それから本部員には各課長及び消防団長というような形の中で説明をさせていただいたところでございます。
 第4条につきましては、部を置くことができるということで、これにつきましては本町の災害対策本部条例、これにもですね、例えば総務部あるいは福祉部というような形で設置することができます。これと同様な考えでございますので、ご理解のほどをお願いしたいと思います。
 附則につきましては、公布の日から施行するとするものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第3号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第4号 大河原町保育所条例の制定(全部改正)について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第4号大河原町保育所条例の制定(全部改正)についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、議案第4号大河原町保育所条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 現行の保育所条例第5条事業の運営、第7条経費、第8条職員につきましては、大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例に規定されておりますこと、また第6条保育所における保育を行う基準につきましては大河原町保育の必要性の認定に関する基準を定める条例に規定されておりますことから、これらの所要の整理を行い、全部改正といたしたものであります。
 それでは、条文についてご説明申し上げます。
 まず、第1条の目的につきましては、地方自治法第244条の2第1項の公の施設の設置及び管理に基づく施設としたものであります。
 第2条の設置につきましては、児童福祉法に基づく保育所の設置を規定いたしております。
 第3条につきましては、名称、位置、定員を定めております。
 第4条委任につきましては、条例の施行に関し、必要な事項について町長が別に定めるものとしたものであります。
 施行期日につきましては、平成27年4月1日から施行するものといたしております。
 よろしくご審議、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、課長の説明で新たにこの保育所条例が制定されるという中身は理解、理解というか、わかりましたけれども、この第1条のですね、目的の中に、現行の条例にはですね、この244条の2第1項、この後にですね、「及び児童福祉法第24条第1項」というのが今まで記載されてたんですけど、これがなくなってますけども、これは新たに条例を制定するに当たってなくなったのはなぜなのかと、これによって何か大きな意味というか、何か今後の運営に影響というのは出てくるんでしょうか。以上、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) ちょっと24条の件につきましては、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準の中に入っておると、おります。で、そのほかに第2条でこの児童福祉法の条文を適用させておりますので、従来の詳細説明で申し上げましたとおり特定教育・保育施設の運営に関する基準を定める条例、また大河原町保育の必要性に関する基準を定める条例、これに重複する部分について整理を行ったものということでございます。以上でございます。(「はい、わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第4号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩いたします。
     午後 1時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第5号 大河原町行政手続条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第5号大河原町行政手続条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。それでは、議案第5号大河原町行政手続条例の一部を改正する条例について、ご説明をいたします。
 本議案につきましては、行政庁の処分等の手続を規定しました行政手続法の一部を改正する法律が平成27年4月1日から施行されますことに伴い、本町の条例も改正するものでございます。
 行政手続条例につきましては、申請に対する処分、つまり許可であるとか認可であるとか、それからその許可の取り消しなどの不利益処分、そして行政指導というような形の中で条例の内容が構成されているところでございますけれども、今回の改正につきましては、行政指導等行う場合の根拠法令等の明示あるいは中止等を定める規定を盛り込むものでございます。
 それでは、条例内容についてご説明いたします。新旧対照表をごらんなっていただきたいと思います。
 第33条につきましては、行政指導の方式ということで、行政指導に係る趣旨でありますとか内容でありますとか責任者を示すような形になってございますが、今回第2項といたしましてさらにその指導の根拠法令の条項なども明示するような規定を新たに追加するものでございます。
 また、次のページ、2ページになりますけれども、35の、35条の追加規定につきましては、行政指導の中止等を求めることをですね、追加するものでございまして、これまで行政指導に対して中止を求めることは、手続はありませんでした。この規定によりまして、法令等に適用しない行政指導を受けたと思う場合には、指導を受けた相手方は町に対して、その指導の中止を求めることができるものでありまして、第2項につきましては、その手続の関係を規定したものでございます。
 それから、2ページの最後のほうに第5章として処分等の求めということで新たにですね、1章を追加したような形になってございますけれども、これにつきましては処分町とその相手の関係だけではなくて何人も、つまり第三者においてもですね、法令違反の事実を発見した場合には是正のための処分等を町に対して求めることができるというようなことで新たに36条に規定をいたしまして、2項にはその手続内容を規定したものでございます。
 それから、附則になりますけれども、この条例につきましては、法律同様27年の4月1日から施行するものでございます。
 2項の大河原町町税条例の一部改正につきましては、適用除外の部分になりますけれども、今回こういった条項、条をね、追加したことに伴う条ずれに伴って改正をするものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第5号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第6号 町長等の給与に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第6号町長等の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。それでは、議案第6号町長等の給与に関する条例の一部を改正する条例について、ご説明を申し上げます。
 本議案につきましては、平成26年度の人事院勧告並びに国の特別職の職員の給与に関する法律の一部改正が行われまして、それに準拠した改正を行うものでございます。
 それでは、条例内容についてご説明をさせていただきます。
 第4条、100分の140を100分の147.5に、それから100分の155を100分を162.5に改めるような改正でございますけれども、これにつきましては期末手当の率を改正するものでございます。これまで年間2.95月でございましたけれども、0.15月アップをいたしまして3.10月とするものでございます。人勧に基づくような形になってございます。
 それから、別表の改正でございますけれども、町長、副町長の給料額を減額するものであります。その減額率につきましては、職員の給与の改正と同率の2%の減というような形で今回上程をしてるところでございまして、勧告等に基づくような形の中で職員と同様に特別職もということになってございます。
 それから、その関係につきましては、附則という形の中で27年の4月1日からとなります。4月分の給料から適用ということになります。
 なお、この件につきましては、報酬等審議会への諮問という形になってございまして、2月の13日に会議を開催いただき、しまして、諮問・答申というような形で得ている状況にあるものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第6号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第7号 教育長の給与・勤務時間等その他勤務条件に関する条例の
                 一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第7号教育長の給与・勤務時間等のその他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。議案第7号教育長の給与・勤務時間等その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、ご説明を申し上げます。
 本議案につきましても、先ほど町長等の給与の関係で申しましたけれども、準拠するような改定を行うものでございます。
 第2条の給料額につきましては、町長の給与同様2%の減というような形の中で55万1,000円を54万円に改めるものでございまして、第4条の規定につきましては、これも町長等で申し上げました期末手当の率をですね、改正をするものでございまして、町長同様の改定とするものでございます。
 これの条例につきましても、平成27年4月1日から施行するものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第7号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第8号 職員の給与に関する条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第8号職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。議案第8号職員の給与に関する条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましても、平成26年度の国の一般職に対しまする人事院勧告に準拠する内容で行う、条例改正を行うものでございまして、平成27年4月1日から施行するものでございます。
 それでは、条例の内容についてご説明を申し上げます。
 1ページをお開きいただきたいと思います。
 まず、第3条の改正でございますけれども、今回新たに災害対策基本法、それから復興法に基づく災害派遣手当及び新型インフルエンザ特措法での地方自治法の一部改正がありまして、新たな手当をですね、追加するような形にしてございます。災害派遣手当といたしまして武力攻撃災害等派遣手当及びインフルエンザ等緊急事態派遣手当というような形の中で対応をするものでございます。
 それから、次に参ります。11条の2地域手当でございますけれども、これにつきましては本町でも対応するようなことになってございます。経済産業省及び宮城県庁への派遣職員が該当することから改正を行うものでございまして、基本的には増率ということになります。
 ちなみに、1級地は東京、それから2ページになりますけども6級地が仙台市というような形になるものでございます。
 それから、2ページ目の単身赴任手当、第11条の5、これにつきましても現行2万3,000円のところを3万円というような形の中で引き上げを図るものでございまして、これにつきましても経済産業省等の職員に対する手当というふうに考えてるところでございます。
 なお、交通費関係の4万5,000円を6万円に改めてございます。これにつきましては規則の中で細い、細くですね、規定をする形に考えてございます。限度額の引き上げということでございます。
 それから、その下の18条の2管理職員特別勤務手当でございますけれども、これにつきましても現行規定がありますが、今回新たに改正をするものでございまして、第1項として休日や祝日の場合の勤務、それから第2項は改正してございますけれども、平日の深夜の勤務というような区分を新たに設けております。それで3ページ目になりますけれども、3項としまして1項での勤務、あるいは2項での勤務の場合の手当をですね、1号、2号というような形の中で今回規定するものでございまして、例えば休日等の勤務につきましては、1回につき1万円を超えない範囲、これが1号になります。それから3項の第2号につきましては、平日の深夜の勤務につきましては勤務1回につき6,000円を超えないというような形の中で支給の規定が改正されているような状況でございます。
 それから、第20条勤勉手当でございますけれども、今回加算率を100分の7.5減ずることになります。つまり0.075月減額ということになりますけれども、年間すると100分の150というような形になってございまして、実は平成26年度の年間支給額と、率とですね、同じになるような改定になっているものでございます。
 それから、新たに第21条に災害派遣手当を追加したものでございまして、内容につきましては、本町の職員に支給するものではなくて他の市町村等から派遣された職員に対しまして本町に滞在する場合でいろいろ災害手当、災害の対応に追われた方に対して1日6,620円を超えない範囲で手当を支給するというような状況になっているものでございます。
 それから、附則に参ります。附則の20項になりますけれども、現在特定職員として6級の管理職で55歳以上の職員につきましては、給料月額から1.5%を減額する措置が行われております。で、この措置を制定当時は当分の間というような形で規定しておりましたけれども、今回人勧のほうでもこの改正を行いまして「平成30年の3月31日まで」というようなことになりました。これを受けまして本町としても当分の間のところを平成30年の3月31日まで、つまり29年度まで1.5%を減ずる同じような措置を引き続き対応するということでございます。
 それから、ページ6ページ以降につきましては、済みません。それでですね、あっいんだね。6ページ以降につきましては、新たな給料表を今回お示しするような形になります。昨年11月議会の中で新たな給料表をお示ししたところでございますけれども、その額から約平均2%の減額をしたような形の中で今回新たに規定をするものでございまして、3級以上の最高号俸に近い50歳代後半の職員については、最大で4%も減じてるような状況になっているものでございます。
 それでは、9ページをお開き願います。
 附則になります。まず、施行につきましては先ほど来申し上げます、ております27年の4月1日から施行するものでございます。
 それから、第2項といたしまして給料の切りかえに伴う経過措置ということで、先ほど来11月でお認めいただいた給料額から今度の給料については減額するというようなお話をさせていただいてるところでございますけれども、この2項の規定によりましてですね、今、4月1日以前の給料を保証するような形になってございます。ここに書いてありますけれども、つまり3月分の給料を4月以降も同じ額でもって支給するというような形になります。給料月額はこうなんですけれども、差額分を新たな給料というような形の中で支給するということでございまして、この期間も平成30年の3月31日までということで29年度までは現給を保証するというような附則を今回経過措置として設けたところでございます。
 それから、5項、6項の地域手当、単身赴任手当につきましては、額の変更はありましたけれども、これも29年度までの間で段階的に上げていくようなことも考えるというような形の中で対応するものでございます。
 それから、10ページの第8項につきましては、水道事業職員の給与の一部改正でございますけれども、これまで申し上げましたとおり、新たな管理職手当等々が追加されましたことに伴って水道事業会計の職員に対する条例も一部改正をするものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきました。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず、第1点目ですが、現在の職員のラスパイレス指数は幾らぐらいになってるのかというのがまず第1質問でございます。
 それから、第2点は管理職特別手当なんですけども、多分ほとんどの課長さんたち、多分ボランティアでほとんどもらってないかと思うんですけども、やはり課長さんが積極的にこう、今まで何件くらいもらった人がいるのかね。やっぱりここにある以上はきちっと課長さんが率先して管理職の特別勤務手当を、やはり私は請求すべきだと思うんですけども、その取得率は何%ぐらいになってるのかということ、それからですね、特定職員の給与等の減額の部分なんですが、今通称げた履きがなくなってきておりまして、我々のときは若干あったんですけども、大変厳しい職員の給与体系だと思います。柴田、柴田町では、もう既に6級から7級になってるわけでありまして、大河原町においてもね、やはりその辺職員のやる気を起こさせるためにも、やはり7級制の導入ということも今後考えていぐ必要があるんではないかと思うんですけども、その辺の見解をお聞かせください。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) まず、1点目のラスでございますけれども、26年度につきましては94.7ということでございます。ちなみに25年度が95.8というような形の中で当町の状況から見ますとちょっと下がってきてるような状況にあるのかなというふうに思っております。
 それから、今回管理職の特別勤務手当の改正をしたところでございますけれども、これまでもですね、この規定はありました。6,000円という規定もあったんですね。この取り組みについては、手当額を支給するということではなくて代休をですね、とるというような庁舎内の申し合わせといいますか、そんな形でずっときたところでございます。つまり災害等で管理職が出た場合については、たしか6時間ぐらいだったですね、一つの基準で、そういった場合については手当ではなくて代休をとるというような形でこれまで対応してきたところでございますが、その代休もなかなかとれないというような状況もあるのも事実でございます。それで今回もですね、こういった制度が新たにできたこともありますので、再度ですね、もう一度職員間で検討してみたいというふうに思ったところでございます。代休制度は残る可能性があるかもしれませんけれども、こういった休日等の場合もございますので、いろいろな形で職員間でちょっと協議してみたいというふうに思っておりました。
 それから、7級制度の件につきましては、もちろん今回の改定に当たりましては職員組合との協議といいますか、意見交換もしたところでございまして、その中でもそういった7級制度の検討という話をいただいたところでございます。今回特定職員として30年、あっ29年度までですね、現給保証がされるということです。その後はされないということになりますので、7級はちょっと難しいかもしれませんけれども、まず少し検討すべき時期に来てるのかなというふうには思ってるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この人勧の場合なんですけども、結局国家公務員を100とした場合というふうな形で基本的にはやっぱり国家公務員の給与くらい、100%ぐらいもらった時点での人勧の発行だらわかるんですけども、それよりね、90何%、96%、95%ぐらいの推移でいってる今の状態であればね、ますます職員の賃金がね、安くなってくるというふうなことだと思うんです。
 ですから、そういった意味におきましても、何ていいますか、7級制の導入を図って、そして職員の全体のやる気を起こさせるようなことをやっていかなければ、ますます職員離れが続くんではないだろうかと。昔は公務員はいがったね、給料高くていいねとかなんとかって言われましたけども、今は公務員はひどいですねって言われるような状況になってくる場合もありますので、やっぱりいい人材を採用するためには、それなりの保証をやっぱりしていく必要があるんではないかというふうに私は思います。
 そういった意味で7級制導入も踏まえながら、柴田町でもやってますので、いろいろ町村課からはいろんなことは来るかもしれませんけども、やはり職員のやる気を起こさせるために、やはり昇給をきちっとさせてやるというふうな方向で今後考えていただけないかということと、それからやっぱり管理職手当、特別管理職、管理職特別手当ですか、これについて代休っていわれても、言われたとおりね、なかなか代休とれるかっていうとなかなかとれないと思うんです。まして町長の施政方針や何かにもありますけども、今後いろんな出前型の説明会やなんかかんかっていうと夜だの、今度土曜日だの日曜日だのっていうような形になっていきますと、ますます職員にとって負担がかかるんではないだろうかと。そういった意味から見ても、まあ代休制も残しておくのはいいんですけども、基本的にやはりきちっとした給料を払っていくという、手当を払っていくというふうな方向で検討できないかどうかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の見るところ、大河原町職員は本当に志の高い職員で本当に一生懸命やっていただいております。
 ただ、今ご指摘のとおりですね、だんだんと公務員の給料の水準もまあこれありということでありまして、志ばかりで支えられてるのも私も心苦しく思いますので、今ご指摘のありました7級制度導入などについては、重要な指摘と私も受けとめさせていただいておりますので、そういった方向で検討をさせていただくことを、お約束申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1ページのですね、第8条の今まで勤勉手当というのありましたけど、その後に今回「災害派遣手当」というものが加わりまして、その中に「武力攻撃災害等派遣手当」という新しい項目がここに入ってきたんですけど、具体的に国からはどういう、事態のときの派遣ということになってあるのか、示されてあるんであればちょっと示してほしいなというのが1点です。
 それから、6ページですけども、先ほど堀江議員からも給料に関して出ましたけれども、我が町は類似団体と比較しますと、先ほど7級制の導入という話出ましたけども、大河原町っていうのは類似団体と比較しますと安いんですか。その辺どういう状況になってるのか、参考までに教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まず、1点目の災害派遣手当の中の武力攻撃につきましてはですね、ちょっと内容をまだちょっと確認してございませんでした。後ほどですね、ご報告させていただきたいと思います。
 それから、給料に関しまして他町の比較といいますか、の件でございますけれども、ほかの自治体におきましてもですね、基本的には人事院勧告に基づく、この給料表を使ってるというふうに思っております。県とか市になりますと独自に人事委員会は持ってるところでございませんけども、市町村、町レベルですと国の給料表に準じたものを使用してるというふうに思います。
 ただし、先ほど堀江議員がおっしゃったように6級どまりの組、それから7級どまりの組、あるいは8級までというような市町村があると思いますけれども、基本となるベースについては、町レベルですと国の給料表に基づいて、給料表に基づいて給料が支給されてるというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほどの災害派遣手当の中の武力攻撃云々ですけども、これは後で結構ですけども、当然これ研修とかも今後、なかなか公務員も大変になってきてるので、こういうふうに明記されてるということはこういうことも起こり、まあ何つうんでしょうか、派遣されるということなので、そうしますと通常の災害、東日本大震災のような災害のとちょっと違って特殊な派遣なりますので、そのときに役立つというか、そういう何か研修というのも今後出てくるんですか。まだそこまでは示されてはいないんですか。わからなければ後で結構ですので、ちょっと気になりましたので伺っておきたいというふうに思います。
 それから、人勧に基づいてどこでもやっているんですが、自治体によってはこの級がですね、あるんでしょうけども、これは町独自でできるということなんですか。こういうふうにしたいといえば、そして議会の議決があれば引き上げることが可能であれば、先ほど堀江議員からも7級制の導入って出ましたけども、できるということなんですね。そういうふうに判断していんでしょうか。もう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まずはその災害派遣手当でございますけれども、基本的に4ページの21条のところでもお話しましたけれども、町の職員に手当を支給するものではございません。相手から派遣、ほかの自治体から派遣された職員に対して手当を支給するような形になります。当然研修っていいますか、そういったことにも取り組むことにはなるかというふうに思ってるところでございます。
 それから、給料表の取り扱いといいますか、適用につきましては、基本的には町で選択できるのかなというふうに思っておりますけれども、やはり近隣市町とのバランス等も当然考えななければならないですし、当然県の意向も図らなければならないということで、そういった調整はあるかと思いますけれども、町がですね、みずから判断することは可能だというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと、じゃ私の理解が間違ってたのかどうか、ちょっと再確認させていただきます。
 この条例は職員の給与に関する条例なので、職員、災害派遣手当、まあ勤務、勤勉手当はもちろん職員ですけど、今、課長の武力に関することでの今お答え、答弁では、他の自治体からの派遣された職員、例えば我が町に派遣された、そのとき払う手当ということですか。これは町職員の給与ですから職員がどこかに派遣されて行くというふうに私実は理解したんですけど、全くそれは間違いということですか。もう一度お願いいたします。職員に関する条例ということになってます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。答弁させます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。この災害派遣手当は4ページの第21条をちょっとごらんになっていただきたいと思いますけれども、第1項にですね、国または他の地方公共団体から派遣される職員が住所または居所を離れて町の区域に滞在する場合に支給するということで、町の職員ということではなくて町にほかの自治体から派遣された職員という形になります。つまり、他の自治体の職員でございますけれども、派遣という行為で町の職員になるということになるというふうに理解をしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第8号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。
 暫時休憩いたします。
     午後 2時43分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時47分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第9号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正す
                 る法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第9号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。議案第9号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例について、ご説明を申し上げます。
 本議案につきましては、3月5日の全員協議会の中で法改正に伴う概要を説明させていただいておりまして、教育長の身分が変更となるという形でお話をさせていただきました。そのことから、教育長に係る関係条例を一括の手法で今回一部を改正するような形になったものでございます。
 なお、教育長はこれまで教育委員としての特別職の身分と地方公務員法や地方公務員特例法が適用される一般職員の身分というような、位置づけというような形の中で2つの身分がありましたけれども、このたびの改正により教育長は町長が議会の同意を得て直接任命する特別職のみの身分というふうになるものでございます。
 それでは、条例についてご説明を申し上げます。1ページをごらんいただきたいと思います。
 まず、第1条につきましては、大河原町議会委員会条例の一部改正でございまして、今回教育長がですね、教育委員会の組織を総括するというような形になってございます。したがいまして、教育委員長という存在がなくなることになります。したがいまして、議会委員会条例につきましては、教育委員会の「委員長」を教育委員会の「教育長」に改めるというような形で改正を行うものでございます。
 それから、第2条につきましては職員定数の条例の一部改正でごさいまして、先ほど一般職という話もさせていただきましたけれども、一般職としての位置づけはあるものの定数には入らないことで「教育長を除く」というような規定してございました。今回もうそこから外れるということで、この部分を削るというような手法にしたものでございます。
 それから、第3条につきましても教育委員会の委員長が存在しなくなることで改正を行うものでございます。
 4条から次のページの6条までにつきましては、教育長が特別職になることで関係条例を改正するものでございまして、第5条につきましては町長等の給与に新たに教育長の給与をつけ加えるような形の中で町長等の給与に関しては町長、副町長、教育長というような形の規定が生まれるものでございます。
 それから、第7条につきましては、2ページになりますけれども、教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の廃止というような形にさせていただいたものでございます。これにつきましては、一般職としての身分があったことからこういった条例を制定したところでございますけれども、特別職になるということで今回この条例の廃止をするものでございます。
 附則に参ります。
 附則については、第1項で、この条例の施行を4月1日からとしております。
 それで、この第2項に旧教育長に関する経過措置ということで規定をさせていただきましたけれども、現行の現在の教育長の在任期間についての規定でございます。
 内容については、現在の教育長は教育委員とする期間、つまり教育長の任期の期間ですね、この期間については、今まで法律の改正があったわけですけども、その法律の改正の附則の中で旧教育長が存在する期間については改正前の法律の適用を行うということになってございます。で、それを受けまして、この第2項に同様な内容を規定したものでございまして、現在の教育長が教育委員とする期間、いわゆる教育長の期間については、これまでどおり在職するというような形にしたものでございます。
 それから、その下の3項につきましては、2項でそういった状況があった場合については、これまで、今まで、今回いろいろ改正をしましたけれども、この改正をする前の規定を適用するということでございます。つまり、旧教育長が教育長として在職する期間については、条例改正前の規定を適用するということで今までどおり何ら変わりないということで考えていただいて結構だというふうに思っているところでございます。
 以上、4項、5項、6項というような形の中で経過措置がございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議願いますよう、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第9号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 議案第10号 大河原町教育長の勤務時間等に関する条例の制定につい
                  て

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、議案第10号大河原町教育長の勤務時間等に関する条例の制定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。議案第10号大河原町教育長の勤務時間等等に関する条例の制定について、ご説明をさせていただきます。
 本議案につきましては、先ほど第9号で説明をいたしましたけれども、新たな教育長に対する勤務時間等の条例の制定でございます。今回特別職であるというふうな形で何回も申し上げましたけれども、実は新たな地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正の中でですね、教育長は常勤として、その勤務時間及び職務上の注意力の全てを職務遂行のために用いるというような規定が新たに設けられました。つまり、常勤ということになりますといろいろ勤務時間等の制定もしなければならないという形の中で今回新たに制定をするものでございます。
 条例内容については、3条立てになってございますけれども、内容については一般職の職員の勤務等に準ずるというような形にさせていただいております。さらには、附則で第2項に経過措置として設けておりますけれども、先ほどの第9号の条例と同様に新たな教育長が、現教育長が存在するについては、この新たな条例を適用しないというような形の内容の経過措置でございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ちょっと教えていただきたいんですけれども、教育長っていうのは土日すごく多忙で、見てるとすごく忙しそうなんですけど、一般の職員と同じように特殊勤務手当っていうのはついてるのか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この新教育長につきましては、あくまでも特別職というような身分は変わりません。ただし、勤務は常勤とするような法律の規定があったということでございますので、特別職については時間外手当のような支給はされないということで考えてるところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。
 ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第10号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午後 2時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 3時09分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第16 議案第11号 大河原町社会教育委員の設置に関する条例の一部改正に
                  ついて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第16、議案第11号大河原町社会教育委員の設置に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。それでは、議案11号大河原町社会教育委員の設置に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 本条例の一部改正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたが、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により、社会教育法の改正が行われたことに伴い所要の改正を行うものであります。
 これにより、これまで社会教育法で定められていた社会教育委員の委嘱の基準が削除されるとともに当該基準は文部省、文部科学省省令で定める基準を参酌して市町村の条例で定めることとなりました。これを受け、委嘱の基準として必要な事項を新たに条例中に規定するため大河原町社会教育委員の設置に関する条例の一部改正をするものであります。
 それでは、裏面の新旧対照表をごらんください。
 第2条の見出しを「組織等」に改正し、2項に省令で定める基準を参酌し、委員の委嘱に当たり新たに基準を設けるものでございます。
 また、5条に見出しを追加し、2条で規定しておりますとおり、以下「教育委員会」とするということで大河原町を削除したものです。
 なお、施行期日は平成27年4月1日といたします。
 よろしくご審議を賜りたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この第2条に4項目あるわけですけども、学識経験者って皆学識経験者はまず曖昧なんですけども、この(1)(2)(3)、具体的にはどういうふうな方々を想像してるんですか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。まず、学校教育の関係者ということで現在ここでいいますと中学校の校長を充てております。それから、2番目の社会教育ということで文化協会関係等を充てておる形になっております。(「(3)は」の声あり)(3)は何だっけな。(3)、済みません。(3)につきましては社会教育グループっていうんですか、笑(えみ)っていうところありますけども、子育て支援団体を充てております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっと認識不足なんであれですけども、今の社会教育委員は3月31日で終わって、新たにこの4月1日からその中から選ぶというふうな考え方なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。選定はですね、先ほど説明したとおり教育、社会教育法で定められていたもので、これを町の条例に落としたものですんで、従来どおりということです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第11号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第17 議案第12号 大河原町体育施設条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第17、議案第12号大河原町体育施設条例の一部改正についてを議題とします。
 詳細説明を求めます。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。それでは、議案第12号の詳細説明を申し上げます。
 本条例の一部改正につきましては、町長の提案理由で申し上げましたが、国民の祝日に関する法律においてハッピーマンディと言われる月曜日が国民の祝日となる日が年に4回ございます。現在総合体育館では休館日が毎週月曜日のため、体育の日も含めて月曜日の祝日は使用できない状況であります。
 そこで、月曜日の祝日を開館し、利用者の利便性やサービス向上を図るため、また総合体育館だけが使用できないことになっていることから他、ほかの体育施設との統一した運用を図るため今回本条例の一部を改正するものであります。
 では、新旧対照表をごらんください。
 第5条の表中大河原町総合体育館の休館日等の1.毎週月曜日の後に「ただし、月曜日が国民の祝日に関する法律に規定する祝日に当たるときは、その直後の休日以外の日」の字句を加したものでございます。
 なお、施行期日は平成27年4月1日といたします。
 よろしくご審議賜りたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) ほかの体育施設に比べて大分これフットワークが悪かったなというのが印象なんですけども、想像なんですけども、委託をしてるところの都合もあったのか。町民の利便性というか、ハッピーマンディができてきたにもかかわらず、きょう今回の4月1日まで施行できなかったという、この大きな原因について教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。実はですね、昨年、昨年ですかね、須藤議員からも質問いただいて検討しておりましたが、今回4月1日からという形で進めてきたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。須藤議員もあのとき、もう業を煮やしての質問だったと思うんですね。声が上がってるにもかかわらず、なかなか使いたい町民と委託をしてる、イニシアティブをとらなくてはいけない町側の意見がなかなか運営する側に伝わらなかったということで、この点については、さらにいろいろな面で改善すべき点もあると思うんですけども、お答えできれば、単年度の委託という形になりましたが、次年度以降については、NPO法人についてどのようにお考えるか、お答えできればでいいのでお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。実はこれまで休日は管理人ということで2名態勢でした。それでちょっといろいろ苦情やら出てた形ですけども、今度4月1日からは管理人とNPOの職員を配置する、配置しよう、するように協議しております。その他いろんなことがありますんで、NPOといろいろ相談していきたいと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。運営を任せてる以上は、町民には何かしら負担がかかってはうまくありません。例えば電話で応対を求めたときに非常によくなかったりとかあるんですけども、どのようにそういうことをね、チェック、町側としてチェックできるのかというのはちょっと聞きたいんですけども、苦情が出て初めてわかるのか、その前にそのようなことを町側として把握するすべというのは何か考えてるのか。ここまで来ていろいろ課長からも契約のときにですね、いろいろ問題がありましたという答弁、課長の口から直接あったわけですから、そのようなことをどのように改善していくのか答弁いただいて終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。そのようにいろいろあったと聞いておりまして、私が来てからというとおかしいんですけども、NPOとは月に何回か打ち合わせをいたしましていろんな問題点を、今、NPOの理事長もかわったこともありますし、いろいろ調整してるところです。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。この点について新聞でも大きく取り上げられて載ったかと思いますけども、今岡崎議員から話もありましたが、時間はかかったものの私はこれは高く評価したいし、感謝申し上げたいと思います。
 その上で、27年度、たしか10月12日だったと思うんですけども町民体育まつり、済みません健康まつりを開催予定してるかと思うんですけども、これを開催するに当たって何か体育館を開けると思うんですけども、支障は出ないのかどうかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。先ほどご説明したとおり、ハッピーマンディということで体育の日はもちろん開けますが、態勢が一応管理人とNPOの職員2名という形でありまして、多分支障がないかと思いますが、細かいところにつきましては今後協議していきたいと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。
 ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第12号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第18 議案第13号 大河原町介護保険条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第18、議案第13号大河原町介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第13号、大河原町介護保険条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたとおり、平成27年度から平成29年度までの3年間の第6期介護保険事業計画に基づき事業実施に伴う介護保険料を改正するものです。
 内容につきましては、保険料の改正、段階の追加であり、第2条で規定しております65歳以上の第1号被保険者の区分ごとの保険料を改めるとともに9段階といたすものでございます。
 金額につきましては、第1号から第9号に掲げる金額でありまして、年額で示しております。
 概算を申し上げますと、3年間に係る介護給付費を44億9,5890万4,000円と試算し、これに第1号被保険者の負担割合22%を乗じ、介護給付費準備基金(現在高2億13万9,000円)から7,000万円を取り崩し、繰り入れ分といたし、そのほかの財源等を差し引き、見込み被保険者数1万8,526人で除した額が基準額といたしております。
 介護保険料は介護給付費や介護予防、相談などの地域支援事業に充当されますが、今後の高齢者数、認定者数の増加を初め、施設誘致に伴うサービスの増加や、これまでの第1号被保険者の保険料の介護給付費に対する負担率が21%から22%に引き上げられたことなどにより改正するもので、これまでの6段階を9段階とするものでございます。
 基準となる額につきましては、第5段階となり、年額4万9,200円で月額にしますと4,100円になるものでございます。
 そして、この基準額をもとに介護保険法施行令第38条で定める割合により第2条第1項第1号から9号までにより、第1段階については0.5を乗じて、第2段階・第3段階につきましては0.75を乗じ、第4段階は0.9を乗じるものといたしました。次に、第6段階は1.20、第7段階が1.30、第8段階が1.50、第9段階が1.70を乗じて算定したものでございます。
 なお、非課税世帯の保険料の軽減につきましては、国の省令が未成立のため成立により決定するものと考えております。
 次のページでございますが、済みません。ページの下の附則第1条により、施行期日につきましては平成27年4月1日といたすものでございます。
 次のページをお開きください。
 附則第3条により新しい介護予防日常生活支援総合事業につきましては、体制整備の必要性から平成27年4月1日から町長が定める日であります平成28年3月31日までは行わず、平成28年4月1日から行うものといたしたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点はですね、今回低所得者に対する軽減というのはお話、これありましたけど、実際これあったんですか。そのことが1点です。あれば、その中身を教えていただきたいというのが1点です。
 それから、これは国の介護保険法に基づいて第6期の介護計画が基礎になってるわけですけども、6段階から9段階あるんですが、特に税もそうですけども、応能負担というのが私は原則だと思ってるんですね。だからない方は、まあ低い方は低いなりに、うんとある方はあるなりに設定するのが望ましいという観点から、特に一番高い第9段階ありますね。この第9段階というのは所得額290万以上ですか、その上の方っていうのは幾らの所得があっても決まってくるんですが、どのぐらいいるんですか。その以上の方ですね。そのこと、もしわかれば教えていただきたいと。
 それから、何でもそうですけれども、先ほど課長の中には国から示されてるものが結局引き上げざれないような状況になっているんですけども、今回基金から7,000万円取り崩している、これはどこの自治体でも基金を崩してるようです。それで結果的には我が町は全体として引き上げになっていると、全部見てるとそうなんですけれども、そういうふうに判断していいのかどうか。以上、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。まず、第1点の低所得者に対する措置といいますか、軽減につきましては、国のほうのまだ省令が成立しておりませんので、今回の改正には間に合わなかったということでございます。で、今月、あぁそうですね、今月末に成立予定ということで、その予定されている内容につきましては、第1段階については標準額に0.5を乗じるということで額を算定しておりますが、これを27・28年度においては0.45を乗じた額とするということで、さらに29年度については0.3を乗じた金額にするというふうなもので、さらに2段階、3段階につきましては0.75を乗じることになっておりますが、29年度から0.、あっ第2段階については0.5を乗じるもの、それから第3段階については0.7を乗じるものというような、要するに非課税世帯でございますけども、そのような内容の改正の予定になっているというものでございます。
 それから、第9段階の該当する方の人数につきましては、介護保険計画において、一応3年間で982名、27年度においては317名というふうに試算をしております。
 それから、引き上げについては、1人当たりにしますと200円程度の増になるというふうな内容になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の軽減ですけども、今回間に合いませんでしたけれども、今後これは当初の予定どおり軽減策というのは低所得者に出てくるということですよね。そういうふうに理解していいですか。もう一度確認させてください。
 それから、9段階以上の方が982人ですか、その後317人ということで、これ国では6段階から今までの6段階から9段階にしたわけですけども、これあくまでも国はそういうふうしてるわけですけども、町としてさらにこれを細分化をして特に9以上、所得のある方をもう少し細かく段階を分けてそれなりに負担をしていただければ全体の引き上げはしなくても済んだんでは、要するに引き下げになる、全体的になるんではないかと思うんですけど、そういう協議というのは提案するまでに当たってされたのかどうか伺います。
 その際、やはり今何でも物価は上がる、まあ年金も削減される、もう生活本当に今給料も上がらないとかっていうことで私たちの暮らしを取り巻く情勢というのは本当に厳しいだけに、やはりできるだけ上げない、例えば据え置く、引き上げをしないと、そういう意気込みでその際取り組んだということはあったのかどうか、その辺のどうだったのかもお伺いしたいというふうに思います。
 それから、基金は7,000万円を取り崩しましたけれども、2億1,300万でしたかしら、そうですよね、あっ2億13万9,000円、そん中から7,000万、これは7,000万以上を取り崩しして、もっと下げるということは検討されたんですか。無理だったんですか。もう少し私は増額をして、とにかく据え置きか引き下げるというふうにはできなったのか、基金の取り崩しに当たっても伺いたいというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。軽減の措置については、国のほうの改正が成立した後に条例の改正、それから補正予算等について対応するような形になると考えております。
 それから、引き上げを抑えるようにというような協議をしたのかということでございますが、一応これは国から9段階ということで示され、さらにこれまでは基準額に対して0.5から1.5までの範囲での8段階、特例を入れた8段階の設定でありましたが、今回は低いほう、まあ1段階については、そのまま0.5というようなことで据え置いてありまして、所得の高い方については1.7というふうな引き上げをされておりますので、そのような状況からこの9段階をということで採用というか、したものでございます。
 それから、基金につきましては、特に金額は決まって、取り崩しの限度額というか、そういうものはございませんが、将来的、将来にわたって基金の活用といいますか、あくまでも保険で賄えなくなるような状況とかそういう場合に基金をとっておくというか、確保しておかなければない、なりません、なりませんので、そのような観点から5,000万といたしたものでございまして、県内のですね、状況等を、まあ仙南地域について申し上げ、ちょっと申し上げますと、一番低いところでは蔵王町が4,050円程度です。あと、七ヶ宿についても4,050円、その次に低いのが大河原の4,100円。で、あとは柴田町が4,900円、その次が丸森の5,060円とか、そういうふうなまあ近隣の状況との均衡といいますか、そういうものも考えて金額の設定を、協議をしながら金額の設定をしたということでございます。よろしくご理解をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) まあ近隣の状況もわかりましたけれども、要するにわずかな引き上げ、たから今回は何ら問題はないという考えでいるのか、町長にも今回の提案、まあ国の方針に基づいて第6期計画が基本にあるわけですけども、今回9段階でこういうふうな金額が設定されたわけですけれども、全体的にはですね、課長が今申し上げました、最後はこれあくまでも標準額を言っているんですね。
 ただ、その1段階から9段階を見ますと、確かに上に7、8、9といけば一概には言えないんですけど、この前ちょっと担当課の職員にも聞きましたら、第4段階では、年間ですけどもね。3,660円って言ってましたね。それから、9段階では1万2,000円なんですが、年間ですよ。それで、私はやっぱしとにかくさっきも言いましたけども、できるだけ引き下げをしないで据え置きという観点があったのかどうかということを聞きたいんですけども、そういう点で基金にはこれ、何ていうんでしょうか、限度額、取り崩しの限度額がないということですから、仮にもしこれをもう少し増額したら大河原町の場合は引き上げは全体的にしなくても済んだんではないかというふうに私は理解してるんですけども、その判断が間違いなのかどうか、どうなのかということですね。それと、提案する町長として据え置きとか、あるいは引き下げ、そのことをという考えでこれは取り組んだ結果こうなったのか、全くそういう考えがなくて結果的にはこうなったのか、その辺を提案者として伺いたいっちゅうふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。先ほど課長が答弁したことに尽きるわけでありますけども、極めて合理的な判断に基づいて私は最終的に決断したのだというふうに思っております。
 また、低所得者に対して下げるというご要望あって、また逆に所得の高い人は上げろということでありますから、国の基準が9段階でありますので、9段階を超えてですね、やることは私は合理的ではないというふうに思っておりますので、その範囲の中でやるということで、さっき課長がちょっと間違って5,000万って言いましたけども、その前は正しく7,000万って言っておりましたけども、実は最初5,000万程度取り崩すということでありましたけども、検討して結果、基金のほうも少し増額してきておりますので、今回は7,000万、まあ2,000万取り崩しを大きくしたということであります。
 なお、今後ですね、やはり高齢化が進みますので介護保険料が、給付がふえると思いますので、この基金をですね、ある程度残しておかなきゃいけない、そういった総合的な判断でやったものでございまして、基金といってもあくまで介護保険料を皆さんから、町民からいただいたお金でありますから、いわば貯金であります。その貯金の使い方を、今使うか将来使うかということにかかってくるわけでありますので、今回のこの判断は、私は正しかったんではないかというふうな思いでご提案をさせていただきましたので、ぜひご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。(「はい」の声あり)
 まず、原案に反対者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第13号、大河原町介護保険条例の一部改正について、非常に悩みました。悩みましたけれども、今質疑をして答弁いただく中で、やはり反対の立場で討論しなきゃいけないなということで今ここに立っています。
 改正の内容は先ほどから出ておりますように介護保険の改正に基づいて今回現行の6段階から9段階になっています。それで料金の、介護保険料の設定については基金から7,000万円取り崩して先ほど提示されたような金額にそれぞれなっておりますけれども、私は今本当に私たちの暮らしが大変になってる中で、国保もそうなんですけど、何でも引き上げるんじゃなくて引き下げてほしいと、この声というのはやはり町民の中に根強くあります。そういう点で、やっぱり7,000万円はしたけれども、私はもっとこれを引き上げるか、場合によったら一般会計から繰り入れて引き上げはすべきでなかったという、なかったのではないかというふうに今思っております。
 それと、この軽減策が今回間に合わなかったということで国では考えているようでありますけれども、どうも話によりますとこの第1段階と第2段階に軽減をとるような状況を聞いております。その中でこれ前から言われてることですけども、国は社会保障のために増税をしてるんだと、あるいは消費税は社会保障のためだといいながら、実際は今回この軽減にいずれ出てくるんだろうと思いますけども、消費税増税の1%しか使わないというふうに言われてるんですね。現に来年、再来年の4月から消費税10%になりますけれども、この10%になると何か全体で国に入るお金は13兆円だといわれてます。その中のわずか1%しか軽減に充てないという、こういうことも今これから具体化されるようでありますけども、今回間に合いませんでしたけど、実際はそういうことも明らかになっているようであります。
 こういうことを考えますとね、本当に、苦しむのは自治体なんですよね。今回だってかなり苦労されたいうふうに思います。しかしながら、やはり縦線の中でこういう自治体があって、背景にそういうことがあるっていうことは、私は本当に許せないし、やはりこういうことに対しては、今後国に対してやっぱり国庫負担を介護保険にもって使いなさいということを、やはり町長もいろいろ機会あるごとに、ぜひ声をかけていただきたいなということも非常に今感じております。
 以上のことからですね、とにかく介護の引き上げしないでほしいという、その町民の声を私は代弁して、この議案には反対せざるを得ません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に原案に賛成者の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい。大河原町介護条例の一部を改正する条例に賛成の立場で討論いたします。
 私も在宅で16年、介護の生活をしております。確かに保険料払うのは大変ですが、今、大河原町はですね、間もなく高齢化率、65歳以上が25%を超えようとしております。その中でも男性の平均寿命は82歳、女性は85歳なんですけども、健康寿命が11年それよりも短いということが非常に私は悲しくてなりません。介護保険の引き上げ、基金のもっと取り崩し、ましてや一般財源の繰り入れ、最後は財調まで使い切って払いたくても払えない人を助けることが果たして議員として正しい提案なのでしょうか。
 私は、おおがわら町民学園等で社会参加や今回もアンケートであったような生活習慣病の予防や転倒防止など、さまざまな介護保険計画に盛り込まれた中から町民にとって健康寿命を、さらにさらに延ばすべく提言をしていくのが議員の立場であると考えます。
 どうぞ、議員各位の賛同をよろしくお願い申し上げ、討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第13号を採決します。
 この表決は起立によって行います。
 この際申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日は、これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時47分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年3月11日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------