議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成27年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2015年3月10日(火):平成27年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 安藤征夫君より欠席の届けがありましたので、報告します。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐久間克明君、須藤 慎君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告の順序によって行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) おはようございます。8番枡 和也でございます。
 議長のお許しを得ましたので、通告順に従い一般質問をさせていただきます。
 今回の一般質問は2項についてであります。
 まず初めに1項目、町の農業政策についてであります。
 国の農業政策が大きな転換期を迎え、米の直接支払交付金(旧戸別所得補償制度)の2018年度までに廃止、1970年以降米価を維持するための生産調整を実施しており、これまでは生産数量目標を設定し各都道府県に配分する形で主食用米の過剰生産を抑制してきた。2018年をめどにこれを見直し、行政による生産数量目標の配分を行わず需要に応じた主食用米生産を行うことになるなど、農業を取り巻く環境が大きく変わろうとしております。また、地域の農業を見ても、後継者不足、兼業農家の高齢化及び農業従事者の減少など、未利用農地や耕作放棄地がふえている現状であり、わが町にも言えることであります。大きく変わる国の農業政策に対応し、遊休農地の利活用、耕作放棄地の拡大防止など地域の農業を守っていく上で期待されるのが、地域で頑張っている認定農業者初め営農集団などの担い手農家が今後ますます重要になっていくものと考えます。そこで以下伺います。
 (1)大河原町の農業政策、農地利用などを考えた場合、今後どれぐらいの認定農業者及び組織経営体の数が必要なのか。また、農業経営基盤の強化促進基本構想にある年間農業所得目標(1人当たり年間480万円程度、1経営体当たり600万円~720万円程度)を達成できる経営体はどれぐらいを町では見越しているのか。
 (2)遊休農地の活用や耕作放棄地解消などはどのような施策を考えているのか。
 (3)認定農業者や営農集団が農作業の省力化、効率化を図るための農作業機械の導入は、農業経営面で高負担となっております。経営基盤の強化に少しでも寄与するため、今後町独自の補助制度などの事業を行う考えはないか。
 (4)平成26年度主食用米の生産調整結果で転作面積127.59ヘクタールの約60%弱を占める集団転作に取り組んでいる農業組合法人かながせに、平成22年3月から当初農業畜産人材労働力確保支援事業から始まり平成26年度緊急雇用事業での人材の支援があったが、平成27年度は緊急雇用事業などでの人材支援はどうなるのか伺います。
 以下、答弁により再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、農業政策、農地政策等を考えた場合、今後どのぐらいの認定農業者及び組織経営体が必要になるのかについてのご質問であります。
 農地利用等を考えた場合の経営体の数を、農地のうち水田についてお答えいたします。
 本町の水田面積は約465ヘクタールございます。それを農業経営基盤の強化促進に関する基本構想にお示しをいたしました営農類型が稲作のみとする個別経営体の経営規模を18ヘクタールとしておりますことから、465割る18の商26、26の個別経営体が必要となります。一方、経営組織体の場合は、経営規模を45ヘクタールとしておりますので、同じ計算方法によりますと組織経営体は11必要となります。また、年間農業所得目標を達成できる経営体についてでありますが、目標年次は平成32年、経営体数は25としておりますが、その全ての経営体が年間農業所得目標を達成できるのは難しいのではないかと考えているところであります。
 次に、遊休農地の活用や耕作放棄地解消などの施策についてのご質問でありますが、耕作放棄地の利活用については、各関係機関とも協議・検討しておりますが、農業振興地域内の農用地であれば、農地中間管理事業を活用することも考えられますが、山間地等にある畑となりますと、その土地の傾斜・形状等の立地条件から見て農地中間管理事業の活用は難しいと考えているところであります。今後も、仮称農業再生化会議などでも協議してまいりたいと考えております。
 次に、認定農業者や営農集団の農作業機械導入に対する補助制度などを行う考えはないかとのご質問でございますが、機械導入に限らず、中小農家を守りながらも今後の方向として重要となってくる経営規模の大規模化を促進する観点から、積極的に大規模化を目指すやる気のある団体や農家への支援について、各関係機関とも相談しながら検討を進めてまいりたいと考えております。
 最後に、農事組合法人かながせへの人材支援についてでありますが、緊急雇用事業での委託事業は平成26年度で終了し、平成27年度はございません。しかし、先ほども述べましたが大規模化の促進の観点から、農事組合法人かながせに限らず、意欲のある団体や農家については、国の制度を活用する方法など、相談や町独自の支援を行ってまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ざっとまずまずの回答を得たというように思うんですけれども、例えば農業基盤経営の強化促進の、この間冊子をいただいたったんですけども、例えば先ほど所得の達成というのは、全部のやつは難しいんでないかというような話でありました。もちろんこの年間1人当たり480万円程度というのはなかなか今の、例えばサラリーマンの世帯でも250万円とか200万円って言ってる中で、これを確保するのはなかなか難しいんではないのかなというふうに考えるところでございますが、この中でこの冊子の中で、例えば個別経営体、いろんな経営体の組み合わせ、例えば水稲と大豆大麦のこの転作の組み合わせとか、あとバラとか水稲の組み合わせなんかこういろいろあるんですが、この組み合わせをやっていくと、この今の段階で大体目標としている年間所得に近づく組み合わせなのかどうなのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 現在、今ある経営体は大体水稲をメーンに、それと組み合わせてやっておりまして、このような段階ではそういった方法もということでありますが、昨年のそういった米価、そういったところからもちょっとまだ見通しがかなり厳しくなっているところでございます。そういった状況に変化が出ているということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 国の政策からいって、先ほどから出ている農の大規模化、例えば農地の集約化が今後ますます進んでいくというふうに思われるんですが、例えば町として、農家同士のお見合いではないんですけれども、例えば野菜つくりを得意にしている農家、あと水稲を得意にしている農家、こういった方々を一つの経営体として、今後何ていうか一緒に共同経営じゃないですけれども、そういった仲人役というか、今までそういったことをしてきて集約に努めるとか所得を上げていきましょうというような取り組みは町独自ではしてきたのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) これまでそういった担い手さんのほうの組織、そういったメンバーの組織がございました。そういった中での組み合わせといいますか、そういった提案を受けたりお互い情報を共有というようなこともやってきておりました。それに今からも次の世代といいますか後継者、そういった方も交えてやっていかなければならないというような話し合いなんかは進めておりまして、今後さらにそういったところがもっともっと重要にといいますか、大事になってくるのかなと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、やはり農業所得を上げるためにも、そういった企業でいえば企業間合併みたいなことになると思うんですが、そういったことも必要になるのかなと。どうしても、今の国の方針でいけばそっちのほうに少し町としても応援していかなくちゃいけないのかなというふうに思いますので、その辺の町としての役割を今後とも十分果たしていっていただけたらなというふうに思うところでございます。
 続きまして、遊休農地でありますが、先ほど農地中間管理機構の話も出ておりますけども、この農地中間管理機構というのはこの全ての農地を受け入れるとかそういった機関ではないんですか。0.5ヘクタール未満だと30万円とかというような何かあったようですけども、そういったのは全ての農地を、例えばもう後継者がいなくてできないとかリタイアするからできないというようなことで預ける、全部引き受けてくれるというような機関ではないんでしょうか。その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) その農地中間管理事業ということですけども、趣旨的にといいますか、農地を全て耕作できないわという場合はじゃあ預けてくださいわと、あと預けていただいたそういった支援組織の管理機構というところが預かりまして、担い手さん、つくってくれる人を探しますよというような概略、そういったところではあるんですけれども、なかなか貸手がつかない農地といいますか、そういった条件が不利なところといいますかそういったところはなかなか、今スタート段階ですけれども、そこはちょっとお待ちくださいというようなあんばいで、なかなかそこまではい来たというぐあいになっておりませんで、そういったところがまだ制度初年度ばたばたと進みまして、そういったところがちょっとまだ対策が十分でないっていった面はございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) いろいろこの農家、農業関連の補助ってなかなか複雑なもので、今回私もちょっと勉強したったんですけれどもなかなか理解し切れない分もあったんですけれども、結局中山間の耕作不利な土地というのはやはり引き受け手がいない、でもやっぱり引き受け手がいないということはもちろんお金がかかるからで、ある程度国、先ほども言ったんですけれども、後のほうで出たんですけれども、国のところでできない分を、全て町でできることではないと思うんですが、ある程度そういった、例えば中山間の耕作不利な地域に対してやっぱり町独自の補助とかを出しながら農地の受け入れ先を探すのも一つの方策と思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) いろんな制度がありまして、本当に1月にふっと湧いてきた稲作安定といいますかそういった制度も出てきまして、なかなか対応に追われておりましたが、そういった国の事業の対象とならないような、ちょっと補完するような感じで町の支援というところを、そこを力を入れていきたいなというふうに今思っているところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、先ほどと一緒になるんですが、町のできることをしっかりと町でやっていただければなというふうに思うところでございます。
 あと、この耕作放棄地の拡大の防止に多分これもなるんではないのかなというふうに思うんですが、今までだと、平成27年度から日本型直接支払制度とかっていって、この間たまたま農家組合の総会に出たら、大河原地区だけこの、これ平成19年度から農地農業用施設など資源の保全管理と農村環境の保全向上の取り組みに対して支援する農地・水保全管理支払交付金事業って19年度からやっているんですけれども、今平成27年度で、ここに来て大河原町ぱたぱたとやるようにということで、各農家組合とかに声をおかけしているんですが、平成19年からこの27年まで、これに対してどうして積極的に取り組んでこなかったのか、これを受け入れられない何か、例えば農家の事情があるのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今おっしゃられたのは、日本型直接支払制度の中でも多面的機能というような名前の、昔で言えば農地・水というような事業だったわけなんですね。ほかの町ではいち早くそういった平成十年度代から取り組んで、地域でもって草刈りや江払い、そういったところをメーンに、あとは地区での花いっぱいとか、そういった非農家も含めた事業というのを地域で取り組んでおりました。そういった事業、実は大河原町は実施地区というのはこれまでございませんでした。そういった、どうしてかというとなかなかこれは難しいですけれども、実は平成17年にも、あと平成23年にもそういったことで推進したいということで地区説明会なりを重ねてもおりました。なかなか地区の方の実情といいますか、後継者がもう地元にいなかったり、そういったのが顕著にあらわれていまして、なかなか新制度に取り組むというんですか、そういったところの面がなかったといいますか、あともう一つは、どうしても国費、国の補助金というのが交付金の中に入っておりますので、いろんな書類整備、そういったところもまた必要ですし、そういったところをじゃあ誰がというぐあいになるといざ声が出なかったり、そういったこともございました。ですけども、今こういった集団化といいますか、担い手さんに集約する補完的なものとして、やはり多面的機能という名前のそういった草刈り・江払い、そういったところ、圃場周りの水路とかそういったところを保全していく組織、やはりそういうのが必要だろうということで、26年度年末からいろいろ地域にまた再度お話しをしまして、こういったことで農地保全みんなでやっていきましょうというようなことで進めておったところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) その組織づくりに核となるのは、やはり大河原町でいうと、多分27の農家組合があると思うんですが、それがやっぱり母体にして進めていったほうがいいのかどうなのか、その辺確認したいのと、あとその組織の中に、例えば農家だけではだめだというような何か縛りがあったように思うんですが、その辺どういう考えで町のほうではいるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 現在、27の農家組合ございます。ただ、その農家組合も今回の事業というのはそういった保全する地域ということで、エリアというような面積といいますか地区なもんですから、結構出たり入ったりという、その27ですとございます。そういったことから、ちょっと大河原町のプラン的には10ぐらいに、ある程度エリアを広い範囲といいますかそういったぐあいにプランをつくりまして、そうするとちょっとそういった出作・入作みたいなそういった農家組合の枠を超えた、それが吸収されるあんばいですから、そういったプランでもって、あとしかも活動するにはある程度の面積を対象面積にして、それなりの交付金をもらわないと通年事業に対応というのもなかなかメリットといいますかね、そういったところが生まれないものですから、事業規模、エリア的にはそういった27ではなく10ぐらいのエリアというのを見まして進めております。
 あと、先ほど農家だけのというような、そういったちょっと制度が実は変わっております。25年度までの農地・水というのは農家だけではだめということで、必ず地域の団体、組織、メンバー、そういった方も含めた状態でないとだめですよというのがありました。それが平成26年度、今年度からはそれはじゃあ農家だけの組織、それでもってもいいですよと。ただそのメニューもまだ3つぐらいありまして、そういった農地維持というようなそういったメニューを農家だけでやるんでしたらそれも対象にしますというぐあいに、柔軟に変更されてきております。そういったことで、農家だけでも取り組めるのでどうですかということで、お話を進めておりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ありがとうございました。
 次、(3)なんですが、町独自の補助制度ということで、検討を進めてまいりたいということでありましたのでぜひとも、やっぱり大変なんですよね、この間8日の日に江払い、私もやってきたったんですけれども、なかなか土側溝上げるの大変で、どうしても機械に、老齢化、やっぱり年齢の高い層の人たちが出てきても大変なんで、こういったどうしても機械に頼らざるを得ない、そしてましてや大きい大規模になればますます機械に頼らなくちゃいけないんで、ぜひともこういったやつを支援をしていっていただければなというふうに思うところであります。たまたまこの間、農業生産法人かながせで6台の高速深耕機を入れたということなんで、やっぱりそういったやつにも今後積極的に、大規模だけじゃなくそういった小さくやっている認定農業者の方々にも、いろんな機械を導入する際はぜひとも積極的に考えてほしいんですが、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今議論を聞いておりまして、本当に日本の農業っていうのは難しいなということを、また改めてつくづくと感じたところでありまして、今具体的にかながせ農事法人の話が出ましたけれども、それに限らず、今後の方向としてはやはり大規模化というのは避けて通ることはできません。ただ、大規模化すればいいわけだけではよくなくて、中小の農家も守りながら、町としてどういう独自政策をできるかを考えるとともに、やはり基本的には大規模化そして多角経営化だと思っておりますので、それには相当の資本力もなければ進めないということもわかっております。そういったことで町としてそういった大規模化等を推進する団体に対しては何らかの形のご支援を申し上げたいと思っております。
 ことし、仮称農業再生化会議をつくりますけども、設置いたしますけども、そこには農業が持っている多面的な機能もあることから、農家だけではなく農業関係者だけではなくて、いろんな農業関係者あるいは一般の町民の方々からもお声を聞きながら、今後の大河原の農業のあり方についてしっかりと検討してまいりたいと思っておりますので、ぜひその際にはいろいろお知恵をおかりできればというふうに思っておりますので、よろしくご指導賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、隣町の例えば柴田の例をとりますと、町独自で収穫用の乾燥機だとか機械を取り入れる、導入するときに、それに対して町独自で補助を出しているというような近隣の例もありますので、ぜひその辺はしっかりと検討していただいて考えていただければなというふうに、大河原町独自でもよろしくお願いしたいなというふうに思います。
 次に4番目の、やっぱり緊急雇用が今年度からなくなったと、27年度からなくなるということで、担当課に確認すれば以前からいつまで続くかわからない、なくなるよというような話はされていたというように思うんですけれども、やはりなくなるかもしれないと言ったんですけれども結局補助がついたからやりますというようなのが何年間か続いて、やっぱり今回も多分なくなるんでないかというような話されたんですけども、少しの期待は多分あったと思うんで、今回多分ゼロというような話で、ゼロになったと。やっぱりそういった場合は、ソフトランディングさせるのが必要ではないのかなというふうに思うんで、前年度のようにはいかないんですけども、そいつの例えば半分とか3分の1ぐらいに減らしながら、やっぱり町独自のソフトランディングさせるために対策も必要ではないのかなというふうに思うんですが、再度町長のお話を、見解をお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ソフトランディングということのご指摘ありましたけれども、これについては少し時間をかけて検討させていただきたいと思っておりまして、また別の形でのご支援なども考えたいと思っておりますので、多角的に検討はさせていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やっぱりそういったことですね、検討していただいて、なかなか人件費をそのまま出すっていうのは難しいんでしょうけども、いろんなそいつに見合うような、見合うようなって言ったらおかしいけれども、いろんな面からの支援があると思いますのでその辺を、やっぱり転作大規模にやっている人たちから転作しないって言われるのがなかなか大変だと思いますので、その辺もしっかりと考えていただいて進めていただければなというふうに思います。それをお願いしまして、1項目の質問を終わらせていただきたいと思います。
 続きまして、2項目に入ります。
 2項目は、子供たちの甲状腺検診を求める署名と要望に対する当町の対応についてであります。
 昨年12月24日、大河原町放射能問題連絡協議会、以下協議会から、町に対して「子供たちの甲状腺検診を求める署名」4,104筆と要望書が提出されました。要望書の内容は、署名用紙に記載されたものと同様のもので、内容については、1福島第一原発事故当時18歳以下の子供(胎児を含む)の甲状腺検診を早急に実施すること、2検診は一定期間ごとに長期にわたって実施すること、というものでした。
 これに対し、町は1月16日に協議会に対して回答を行いました。回答の要旨は、甲状腺検診の実施については検討を必要とする事項が多数あることから、回答を平成27年3月末までお待ちいただきたいというものでありました。したがって、町はこの際4,137(追加提出33筆を含む)の署名をされた多くの方々のご要望に対してできるだけ応えるべきと考え、以下にその趣旨を述べたいと思います。
 まず、今回4,137筆もの署名が集まった背景には、チェルノブイリ原発事故後の6,448件に及ぶ子供たちの甲状腺がん発症(ウクライナ政府報告書)や、福島第一原発事故後の86名に及ぶ子供たちの甲状腺がん発症(2015年2月16日河北新報オンラインニュース)など、子供たちの将来における甲状腺がん発症の不安が町民の間に広くあり、それが多数の署名を可能にした要因になっているものと推察されます。
 そこで、これほど多数の方々が不安に思っている甲状腺がんとは一体どのようなものなのか理解する上での参考とするため、1996年から5年間ベラルーシ共和国の国立甲状腺がんセンターやゴメリ州立がんセンターにおいてチェルノブイリ原発事故後の医療支援活動を行ってきた菅谷 昭氏(お医者さんで現長野県松本市長)の著書『原発事故と甲状腺がん』の一部を紹介しますと、甲状腺は喉仏の下にあってチョウが羽を広げたような形をしており、体の発育や基礎代謝、新陳代謝などを促す甲状腺ホルモンを分泌していること、そしてこの甲状腺ホルモンの分泌が足りないと疲労感を覚えたり、何もやる気が起きなくなったり心身ともに不調を来し、全く分泌されなくなると人は1カ月ぐらいしか生きられないと言われていること。このように生命を維持する上で不可欠な甲状腺ホルモンを合成する材料がヨウ素であり、主にワカメや昆布などの海藻類に多く含まれる栄養素であります。そして、これと似た性質を持つ放射性物質が放射性ヨウ素であり、それが体内に入ってくると甲状腺は本来のヨウ素と区別がつかず取り込んでしまうこと。すると、取り込まれた放射性ヨウ素は甲状腺内に沈着して放射線を発し、周囲の細胞内の遺伝子などを傷つけること。傷つけられた病的な細胞が複製を繰り返し、やがてがんを誘発すると考えられていること。これが内部被曝による放射線誘発性甲状腺がんの発症メカニズムであります。したがって、放射性ヨウ素で被曝すれば誰でも甲状腺がんを発症する可能性が高まるということ、そのため自然発生率が100万人に1人か2人と言われている小児甲状腺がんがチェルノブイリ原発事故で急激にふえたことなどについて書かれております。
 次に、昨年12月21日日曜日午後9時15分から放映されたNHKスペシャル「メルトダウン・知られざる大量放出」によりますと、福島第一原発事故により放出された放射性ヨウ素は、その後の調査検証により、当初の放出のほかに、3月15日の午後8時から翌日の午前1時の間に集中的に放出されたことが判明していると言われております。したがって、このようにして放出された大量の放射性ヨウ素の一部が大河原町にも風に乗って飛来し、町民も被曝したのではないかと推察されているところです。
 現に、大河原町は福島第一原発事故当時、役場付近の空間線量が1.56マイクロシーベルト(県原子力安全対策室安全対策班の記録発表資料より)で現在の国の基準値0.23マイクロシーベルトの6.78倍あり、国から汚染状況重点調査地域に指定されたこと、事故当日、多くの人たちが飲み水を求めて給水車の前に長時間立ち続け、ガソリン不足のため徒歩や自転車で食べ物の買い出しに出かけ、子供たちは外で遊んだりしました。このとき外にいた多くの人たちが放射性ヨウ素を呼吸により体内に取り込み、被曝したことが推察されると考えられます。
 これを踏まえ、以下伺います。
 (1)世間では子供たちの甲状腺検診に対し「上が不要と言っているのだから、町もする必要がない」と主張される向きがあるやに聞いております。しかし、このような主張は、放射性ヨウ素による汚染状況を調べ子供への影響を考えた上での主張とは思えません。なぜならば、福島第一原発事故後の放射性ヨウ素による汚染状況の測定データは福島県にもなく(前述のNHKの放送の中で言われておりました)、また、放射性ヨウ素の半減期が8日間のため、今となっては測定が不能であり汚染の実態がわからないのです。このような中で、数値の検証もなく、町も行う必要がないなどと主張されるのは、適切ではないと思います。したがって、良識のある当町においては、子供の健康を守ることを基本に判断されると思いますが、町長の見解を伺います。
 (2)当町では、一部の子供たちへのガラスバッジ着用により子供たちの外部被曝線量調査の実施への協力、また、ホールボディカウンター検査による内部被曝調査を実施するなど、放射線による健康被害調査に取り組んできたところは、多くの町民の方が評価していることと思います。したがって、町は現在、協議会から提出された要望書の検討をされているということですが、ぜひ町執行部には、町による子供たちの甲状腺検診を願った4,137筆の署名と要望書に対してでき得る限りの方策をもって応えるべきと考えるが、町長の見解を伺います。
 以下、答弁によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、枡 和也議員の一般質問について、1点目と2点目あわせてお答えいたします。
 本町における放射能に関する健康調査につきましては、これまでも一般質問でお答えしておりますとおり、宮城県の健康影響に関する有識者会議の科学的・医学的に健康への悪影響は考えられず、健康調査の必要はないとした報告結果などをもとに対処してきたところであり、現在においても基本的には同様の考えで対処しております。
 今回提出されました甲状腺検査の実施を求める要望書につきましては、4,000人以上の署名が添えられており、放射能による健康影響を不安に思う町民の声であると受けとめております。また、これまで本町においてはガラスバッジによる積算線量の調査やホールボディカウンター検査を実施してきたところですが、それらの結果から見ても町内では健康被害が起きるレベルの汚染はなかったものと考えているところであります。
 甲状腺超音波検査につきましては、福島県で約30万人に検査を実施、また比較のため青森・山梨・長崎でも約4,000人の検査を実施しておりますが、その結果、どちらも約50%の方から結節やのう胞が発見されており、専門家からは「治療対象にならない病変を高い確率で発見し、受診者に過剰な心配を与えてしまう」という問題が指摘されており、施策として一律に実施することは慎重になるべきであると言われております。
 このような中で、昨年12月の河北新報にも掲載されましたが、仙台市にある放射能問題支援対策室いずみが周辺自治体において甲状腺検査を行っている状況もあり、白石市で実施した際は、本町の「おしらせばん」昨年の8月1日号に掲載し、広く町民にお知らせしたこともあります。このような事例なども参考に考えてまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) きちっとした、やるというような返答にはなっていないんですけれども、以前同僚議員も質問したとおり、県の有識者会議が必要ないということがあるということでそれを基本に考えているということでありますから、でもやっぱり、例えば丸森町のことを捉えさせていただきますと、結局町長のところに、丸森も放射線量が高かったんですけども、町長が何回も県に足を運んで検査してほしいというようなことを再三お願いした結果、ようやく県のほうでは特に線量が高かった筆甫と多分耕野地区、一部の地域では県はやりますが、それ以外はしないというような県のお話でございました。じゃあそれではだめだということで、結局丸森の町長は、町民からの不安の声を排除するためにも、当時18歳以下の子供対象、丸森でいうと2,323人おりましたが、全ての人を対象にして実施したというような経緯があります。
 今回も4,000人を超える署名が、あしたで東日本大震災発災以来4年が暮れようとしていますが、それぐらい期間がたっても4,000名の署名が集まるということは、いかに町民が不安に思っているかのあらわれであるというふうに思いますが、ぜひとも町長には丸森の町長同様の対応をしていただきたいと思いますが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この4,000筆以上の署名は本当に重く受けとめております。特に、チェルノブイリでは四、五年後に発症したという事例もございます。ですから、お上が言っているから云々ということで回答させていただいてはおりますけれども、今後のことについては全くわからないわけであります。そういったことで大きな不安があるということで4,000筆集まったと私は認識しておりますので、先ほどもお答えいたしましたとおり、どのような方法でやったらいいのか、可能なのか、こういったことをちょっと検討させていただければという趣旨でお答え申し上げましたので、今月末ごろまで検討結果をしっかりとお伝えをしたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えば近くの町の、例えば今丸森も例に挙げましたけれども、結局対象者が2,323人いて検査希望者が1,996人当時いて、実際検査をしたのが1,982人であったということで、そのうちの259人がのう胞が認められたものの再検査や治療の必要がないものというふうに説明があって、経過観察が必要だということで、その259人については25年度に再検査を行ったというようなことでございます。その259人中231人が受診されて、受診された結果はどこにも異常が認められなく、普通の生活をしてもいいよというようなことだったということであります。ただ、そういう結果が出ても、丸森の担当課の話だったんですけれども、丸森では今後おおむね3年ごとに1回行っていくということで、来年度2回目を実施するというような、検査で悪い結果が出なくてもやっぱり心配だから丸森ではもう一回、2回目を実施するというような方向というか考えでいるんですから、やはり県の有識者会議言うから大丈夫だとか、今まで検査してきたから大丈夫だというような結果が出てますけども、隣町ではこういったことで検査を実施している例もあるもんですから、ぜひ大河原町においても前向きな本当に検討をしてほしいと思うんですが、再度伺います。町長いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) やり方についてはいろいろあると思いますので、少し検討の時間をいただきたいということで、何らかの形でやるということはお約束したいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほど菅谷先生の著書の中でも、被曝量がどうのこうのではなくて、放射性ヨウ素が体内に入ってしまえば、少しの放射性ヨウ素でも細胞が壊されてそれが増幅してがんになるというような書き方もされておりますので、少ないからいいんだではなくてですね、やっぱりその辺しっかりと考えていただきたいのと、やっぱり3月16日、ほかの例えば周りの隣町、ここに測定の数値があるんですけども、山元、白石、亘理、大河原、岩沼、名取の中で、3月16日は山元町と大河原町が突出して線量が高かったんですね。こういったデータもあるもんですから、ぜひとも町長初め担当課、町執行部にはしっかりと検討していただいて、何とか子供たちの、この4,000筆異常の署名をいただいた要望書に対して真摯に応えていただくことをお願い申し上げまして、私の一般質問を終わらせていただきたいと思います。
 ご清聴ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 議長の許しを得ましたので、一般通告書に従いまして質疑をさせていただきます。
 初めの質問事項は、地方創生戦略の推進についてであります。
 我が国の人口は減少局面に入っています。また、若者の地方からの流出と東京圏への一極集中が進み、首都圏への人口集中度は諸外国に比べて圧倒的に高くなっています。このままでは、人口減少を契機に、消費市場の縮小、人手不足による産業の衰退などを引き起こす中で、地域のさまざまな社会基盤を維持することも困難な状態に陥ってしまいます。
 このような状況を踏まえ、政府は昨年11月に成立したまち・ひと・しごと創生法に基づく、日本全体の人口減少の展望を示した長期ビジョンと、地方創生のための今後5年間の総合戦略を、昨年12月27日に閣議決定しました。さらに都道府県や市町村には、2015年度までに地域実情を踏まえた地方版総合戦略の策定が努力義務として課されています。まち・ひと・しごと創生法の主な目的として、「少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯どめをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し」と第1条に記されています。その上で、国民が出産や育児に前向きになれるよう制度の整備が地域における社会生活のインフラの維持、地域における雇用創出、国と地方自治体の連携などが基本理念として掲げられています。
 このような地方創生のかぎは、地方が自立につながるよう地域の資源を生かし、責任を持って戦略を推進できるかどうかと言えます。しかし、自治体によっては、計画策定のためのノウハウや人材不足しているところが少なくありません。政府は、戦略づくりを支援するために、国家公務員や大学研究者などの派遣する制度を設けるとしています。また、地域の実情をよく知るNPO法人や民間団体とも連携していくことも重要と考えます。
 町長の見解を尋ねます。
 その中において、1番目は、まち・ひと・しごと創生の戦略を立てるための人材の確保についてお伺いします。
 2番目は、周囲市町村との連携のあり方について問います。
 3番目には、地方移住の推進について、現状と今後について問います。
 4番目には、結婚・出産・子育て・教育の環境整備の現状と今後について伺います。
 地域産業の競争力強化や企業誘致への取り組みについて問います。
 回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 質問にお答えする前に、地方版総合戦略の策定に当たり、私の基本的な考え方を申し上げます。
 人口流出を防ぎ流入をふやすため、雇用創出や企業誘致、生産年齢層にとって魅力ある政策、特に子育て・教育環境の充実や、欧州諸国の合計特殊出生率を2.0前後にまで回復させた最大の原因とされておりますワークライフバランス、つまり仕事と家庭の両立を重視し、結婚・出産・子育て世代にとって希望を実現できる環境を整えること及び「歩きたくなるまち」への取り組みを中心として、町民の健康寿命を延伸できるような施策を盛り込むこと、また、役場における政策イノベーションの一環として、若手職員を中心に政策づくりを行ってまいります。
 以上の考えのもと、本町が有する潜在力を最大限に引き出し、人口が持続可能な町を実現したいと考えております。さらに、政策の過程では、幅広く町民などからご意見を拝聴し衆知を集めることを重視して取り組みたいと考えております。
 その上で、以下ご質問にお答え申し上げます。
 初めに、総合戦略を立てるための人材の確保についてのご質問であります。
 国から策定を求められておりますのは、地方人口ビジョンと地方版総合戦略でありますが、地方人口ビジョンにつきましては長期的な人口やその構成の目標であります。その分析のための基礎データは国から提供されるほか、住民への意識調査をアンケートにより実施することとしており、分析の作業については調査分析業務を専門とする業者に委託することを予定しております。
 また、地方版総合戦略の策定につきましては、私が本部長となり庁議のメンバーで構成する「大河原町まち・ひと・しごと創生本部」を2月5日に設置し、全庁的に取り組むこととしております。そのほか第三者機関として、公募による町民のほか産業界、学識経験者、関係行政機関、労働界、金融界、報道機関等からの委員により構成する「大河原町まち・ひと・しごと創生会議」を設置するほか、庁内の関係課及び若手職員からなるプロジェクトチームにより策定することを考えております。
 次に、周辺市町村との連携のあり方についてのご質問にお答えいたします。
 国の総合戦略の中で、基本方針として地域間の連携を推進することとされておりますので、本町の総合戦略を策定する上で、総合戦略に盛り込む施策が広域的に取り組む必要があるまたは広域的に取り組むほうが効果があると判断された事業については、積極的に周辺市町と連携したいと考えております。
 特に、林業の6次産業化、つまり間伐材から水素製造及び電力販売を可能にする企業誘致、仙南広域のブランド推進などを提唱してまいりたいと考えております。
 次に、地方移住の推進についてのご質問であります。
 現状といたしましては、平成25年の人口移動のデータによりますと、転入者が年間に1,086人、転出者が1,081人でありほぼ均衡しておりましたが、そのうち東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県など首都圏からの転入者は83人に対し転出者は128人と、45人転出者が多いという状況であります。また、仙台市からの転入者は165人に対し仙台市への転出者は241人と、76人転出者が多いという現状であり、地方移住という観点から見ますと進んでいないと言える結果になっております。
 しかしながら、年代別の内訳を見ますと、例えば20歳から35歳の若年層は首都圏では転入者が68人に対し転出者が39人と29人転入者が多く、仙台市について見ますと転入者が126人に対し転出者が90人と36人転入者が多いという状況であり、若年層では本町への移住が多いと言えます。
 今後につきましては、人口ビジョン及び総合戦略を策定する中でさらにデータを分析し、町内に他の地域から移住していただく、また現在の居住者に住み続けていただくために、例えば子育て世代には子育て・教育環境の整備、老年層には安心して暮らせる医療・福祉の充実といったライフステージに合わせた居住環境を整備するなど、総合的な戦略を考えることになるものと思っております。
 次に、結婚・出産・子育て・教育の環境整備についてのご質問であります。
 まず、結婚・出産の現状についてでありますが、本町における未婚率は平成22年の国勢調査によりますと、30歳から34歳の男性は46.4%と10年前の平成12年と比較いたしますと8.2%上昇しており、女性におきましても平成22年の30.8%と平成12年と比較しますと5.8%上昇しており、男女とも晩婚化、未婚化傾向となっております。このことが少子化の要因の一つと捉えており、地方版総合戦略の策定のため設置いたします庁内プロジェクトチームの中に、産み育てたいまち創造チームを設置いたしまして、若い世代が希望どおりに結婚・出産・子育てできる環境づくりを検討してまいります。
 また、子育て環境につきましては、現在子ども・子育て支援事業計画を策定中であり、平成27年度より待機児童の解消や子育て支援の各種施策を実施いたしまして、子育てを楽しむことができるまちづくりを目指してまいります。
 次に教育でありますが、長い時間をかけて培った教育環境を維持するとともに、その時代にふさわしい教育環境の整備を図ってまいります。
 このことから、結婚・出産・子育て・教育が切れ目のないサービスの充実を総合的に検討してまいります。
 最後に、地域産業の競争力強化と企業誘致についてであります。
 まず、農業も含め地域産業の競争力強化につきましては、何よりも経営者の姿勢によるものが大きいと言えます。また、競争の範囲もグローバルな展開の中で考えなければならないと思います。その中で、町の支援には限界がありますが、地域間の連携や町の支援制度の活用、県や国の支援制度の周知などを進めてまいりたいと考えております。
 また、企業誘致につきましては、金ケ瀬川根工業団地に町が所有する工業用地約27,000平方メートルへの企業誘致が中心となります。なるべく地元企業を優先したいと思いますが、27年度におきましては東京と名古屋で開催される企業誘致説明会にも参加するよう、予算を計上しているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再質問ですけれども、今回一般質問させていただいたのは、あくまでもこの制度は当面市町村にて、まち・ひと・しごとの創生戦略ですけれども、5カ年計画の中で平成27年から31年まで制度となっておりますけれども、これはあくまでも地方創生を目指す、目指すのは地域に住む人々がみずからの地域の未来に希望を持ち、また個性豊かな潤いのある生活を送るということが地域社会の形成することであるというふうなことでございますし、また、人口拡大期の全国一律というふうなことでねくて、ジャッキアップ型の取り組みでなく地方みずからの地域の資源を掘り起こすというふうなことで、それらを活用するという必要性ってありますので、町長の見解を伺いまして次の質問に移りたいと思いますので、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この創生総合戦略は、これまでの流れを振り返ってみますと、これまでいろんな内閣で総合計画がありました。田園都市構想とか多極分散型ということで、地方を大事にする政策だと思っております。基本的なのはやはりそこの地域に住む人たちの意欲だと私は思っておりまして、先ほどの答弁の中でも政策イノベーションということを掲げましたけれども、これは私が町長就任してからずっとテーマにしてきた課題でありまして、いかにその町の持っている潜在力をいかに引き出すかということをしっかりと掘り起こすということの作業を地道にやっていく必要があるということの一環でずっとやっておりました。そこに、たまたまと言ったらいいんでしょうか、国のほうから総合戦略を策定することを努力義務と課せられましたけれども、その以前から人口は持続できるにはどうしたらいいか、私毎月人口統計気になっておりまして、最近ではややピークになってしまわないかということを心配しております。そういったことで、常に町長就任後、人口の動向には本当に神経を使ってまいりまして、その人口を減らさないためにはどうしたらいいか、また、町の町民の方々がどのようなことを望んでいらっしゃるのか、どういう町づくりをしたいのかということで、常に政策について考えてきたところでありまして、その一つが「歩きたくなるまち」ということを考えたわけでありますけれども、これは高齢化社会において少しでも健康寿命を延伸してもらいたいということで、健康づくりの一環としてこういう発想をしたわけでありまして、これは創生戦略の以前からそういうテーマで取り組もうというふうにしておりました。そういったことで、町の職員の能力も生かしながら、町の潜在能力を最大限に引き出すようにこれから一生懸命ことしの11月をめどに策定をしてまいりたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 今伺いましたので、そのようにやっていただければというふうに思います。
 2点目ですけれども、コンビニ健診というふうなことでございます。
 私たち、生活習慣病を予防する推進する上で、現在幾つかの自治体でコンビニエンスストアと連携して住民が近所のコンビニで買い物ついでに健康診断を受け、自分の健康状態を把握できるようにする取り組みが進められています。近年、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病が増加傾向にある中、健康診断の重要性が改めて指摘されています。企業などに所属している人は職場で健康診断を受ける機会がありますが、個人事業主や専業主婦などは定期的な健康診断を受ける機会が少ないと言われております。近年、特に若い世代の専業主婦の健康診断受診の低さなどを指摘されています。
 そのような中、最近では地域ごとで健診率向上に向けた取り組みなどが行われているようになっています。
 兵庫県尼崎市では、これまで健康診断を受けたことのない潜在的な生活習慣病予備群や重症者の掘り起こし、若者の健診受診率の向上など健康協定を締結し、それに基づき2013年10月20日から12月15日までにかけて、全12回、全国で初めてローソン店舗の駐車場を利用した出前型のいわゆるコンビニ健診を実施しました。市民の健康寿命の延伸を目指し、生活習慣病の発症予防と心筋梗塞や脳卒中などの重症化予防の取り組みとして、平成17年度2005年からヘルスアップ尼崎戦略事業を実施している尼崎市と、「マチの健康ステーション」をうたい各種健康支援事業を展開するローソンの目指す方向が同じであることを受けて、全国初の試みとして実施することになりました。具体的には、受診希望者が実施スケジュールから希望日時を選択し、インターネットや電話、または実施する各店舗で事前に予約した上で受診します。当日は店舗の駐車場にテントを設けるなどし、健診を実施します。2013年度に実施したコンビニ健診の結果では、16歳から82歳までの248人が受診し、そのうち若い世代(16歳~39歳)が半数となり、また受診者の8割が市の健診を初めて受けた人で、そのうち約7割の人が血糖高値や高血圧など、検査結果で何らかの所見がありました。
 受診した人からは、「身近なローソンだから健診を受ける気になった」「初めて健診を受けたけど、こんなにいろいろわかるとは思わなかった」などの声が寄せられました。尼崎市では、2014年にも5月から7月、10月から11月にかけて実施し、今後も引き続き取り組んでいく予定です。なお、このようなコンビニ健診は、尼崎市を皮切りに石川県の野々市市やあと佐賀市など幾つかの自治体で実施され、生活に身近なコンビニが生活習慣病対策を担う存在として注目されています。
 当町においても、町民の健康増進を図る取り組みの一環として、当町も取り組むべきと考えますが、町長の見解を尋ねます。
 ご回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 現在実施しています健康診査は、青年期健康診査、特定健康診査、後期高齢者健康診査となっております。
 青年期健康診査は、宮城県成人病予防協会に委託し集団健診で実施しております。
 特定健康診査は、同じく宮城県成人病予防協会に委託している集団健診と、柴田郡医師会に委託している個別健診の方法により実施しています。平成26年度につきましては、集団検診が8月26日から9月3日までの土日を含む9日間、うち夜間健診2日間、9月13日の土曜日及び町内医療機関において個別健診で1カ月間にわたり実施いたしました。
 後期高齢者健康診査は、柴田郡医師会に委託し、個別健診の方法により6月1日から8月31日までの3カ月間にわたり実施し、受診率は宮城県第1位となりました。
 このような状況を踏まえ、コンビニ健診実施の可否につきましては、今後、他自治体の実施状況やその効果を見きわめる必要があると考えるものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 宮城県第1位ということは立派なことでございますけれども、やっぱり延命、我々の健康は日々の健康でございますので、やはりこういうふうな何らかの機会で受診の機会を多くしていただければというふうな思いでこういう案がありますよというふうなことを提案させていただきましたので、重々ここのところをお含みの上、答弁がありましたらひとつよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今お答えしたとおりでありますけれども、他の自治体の実績などを踏まえ、また今やっております制度もありますので、それを実施する中で受診率上げていきたいというふうに思っておりますので、その費用対効果もありますので、そういったことも考えながら総合的に検討してまいりたいというふうに思っております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、3点目の質問事項に移ります。
 介護マークについてでございます。
 介護認定を受ける方が年々増加の傾向にあります。今後も増加が見込まれます。それに伴い、介護する方もふえてきています。認知症の方の介護は他人から見ると介護をしていることがわかりにくいため、誤解や偏見を持たれて困っているとの声が介護家族から多く寄せられ、介護中であることを表示するマークを作成するようタウンミーティングにおいて要望があった静岡県では、これに応え、全国に先駆けて介護する方が周囲から誤解を受けないよう、介護マークを作成、配布しています。厚生労働省も全国の自治体にこの介護マークを普及、周知を図るよう推進しています。案としては、こういう名札につけるやつなんですけどもね。例えば、奥さんの介護をしているご主人が女性の下着を購入するときや、駅やサービスエリアなどでトイレに付き添わなくてはいけないとき、病院や診療室に付き添って入るなど、介護中にさまざまな場面で介護中であることを周囲の人たちに理解してもらうためのものです。
 この介護マークを取り入れ、当町も普及していくべきと考えますが、町長の見解をお尋ねします。
 回答によりましては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 それでは、3点目の介護マークの質問についてお答えいたします。
 ご質問にありますとおり、介護マークについては、静岡県が全国に先駆けて作成、配布し、国においてはそれを後押しするように全国的に周知を図り普及を目指しているところですが、いま一つ普及が進んでいない状況であります。
 本町におきましては、高齢化が進む中、要介護者の増加が見込まれることから、介護する方、介護を受ける方について周囲の人たちに理解をいただくためには介護マークの利用は有効であると考えられますので、今後、具体的に取り組んでまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 過去に認知症サポートというふうなことで、当町でやりましたけれども、腕のところにオレンジのやつなんですけれども、なかなかわかりづらいというふうなことで、知る人ぞ知るというふうなことで、知らない人は知らないというふうなことでございますので、やっぱり付き添う、やっぱり自分のお母さん、女房とかおじいちゃんおばあちゃんに付き添うとき、やっぱり女性のトイレに男の人が付き添うと変に思われる、誤解されることもありますのでね、やっぱり精神的な面からおいて、今介護中でありますよというふうなことで、当町でも考えて取り入れていくというふうなことでございますので、最終的にこれどうか町長、入れるかどうかちょっと確認したいなと思ったんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今お答えしたとおりでありますけれども、具体的に取り組むということはやり方について検討したいと。予算も必要であります。予算もかけてやる可能性もあります。そういったことを総合的に含めて検討させていただきたいと、前向きに検討させていただきますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、万波孝子さんの発言を許します。お座りください。挙手願います。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。通告順に従い、一般質問を行います。
 3点についてです。
 1点目は、介護保険制度の見直しを受けて伺います。介護保険制度は、平成12年4月に介護の社会化の理念のもとにスタートいたしました。介護保険法第1条では、要介護状態となっても「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行う」としております。しかし、今回改正された介護保険制度の内容はこの理念を放棄し、介護の自己責任化というべき方向で、さまざまな困難を抱える利用者や介護現場に視点を当てた見直しではなく、要支援1・2の方が利用している訪問・通所介護を介護保険から外し、また特養老人ホームの入所者については、原則的に要介護3以上の方に限定し、「施設から在宅に」を進めるものになっております。
 昨年の3月議会でも一般質問いたしましたが、平成27年4月から改正法が具体化されますので、次の点について町長に見解を伺います。
 (1)要支援1・2の方が利用している訪問介護、通所介護を現在の予防給付から切り離し、市町村が実施する新しい総合事業に移行されることになりました。当町では、28年度から実施と聞いております。
 そこで伺いますが、1)新しい総合事業の受け皿の進捗状況と確保される見通しなのか、また、現時点での課題となっているのは何なのか伺います。
 2)新しい総合事業では、ボランティアなどの活用が可能となりましたが、今と同等のきめ細かな専門的支援が十分保障されるように考えているんでしょうか。そのための財源確保の見通しについても伺います。
 3)国から示されております新しい総合事業に要する財源はどうなっていますか。
 4)利用者の負担や受託する事業者に支払われる事業単価はどのようになるのか伺います。
 (2)特養老人ホームの入所対象者は、原則要介護3以上の方に限定し、要介護1・2の方はやむを得ない事情がある場合は除き、入所の申し込みができなくなりました。
 1)入所待ちの待機者である要介護1・2の方には、現在どのように対応しているんでしょうか。また、今後の支援策について伺います。
 2)低所得者への負担限度額を設けた補足給付の要件の見直しで、施設入所を退所せざるを得ない人も出てこないか懸念しておりますが、現状はどうでしょうか。
 3)これまで定率1割の利用者負担が、一定以上の所得がある場合には2割に引き上げられることになりました。したがって、今後サービスの利用を控えたり中止することが起きないか懸念しておりますが、この心配はないのか。
 4)介護報酬は2.27%削減されることになりました。介護職員の処遇改善はあるものの、介護報酬の大幅削減で事業所経営が苦しくなり、労働条件の悪化や利用者のサービス低下につながらないか懸念しておりますが、どうなのか。
 以上、伺います。
 答弁によって、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、介護保険制度の見直しを受けてのご質問で、新しい総合事業への移行に関して、1)新しい総合事業の受け皿の進捗状況についてのご質問であります。
 新しい介護予防、日常生活支援総合事業の実施については、本町では1年後の平成28年4月1日から実施することといたしております。新しい総合事業の受け皿として、移行後も現行の訪問介護予防・通所介護予防事業所が該当いたすことから、引き続き同等のサービスを受けることができるものであります。また、生活支援サービスについては、関係事業者等による会議を開催し、地域資源の活用について協議をしております。
 そのほか多様なサービスについては、現在町内外の事業所を対象にアンケートをとり、どのようなサービスが提供できるかや参入意向についてヒアリングを行っております。今後、サービス提供の内容や課題を整理しながら、事業実施に向け取り組んでまいりたいと考えております。
 2点目と3点目は関連がございますので、一括でお答えいたします。
 新しい総合事業でのボランティアの活用に関してのご質問でありますが、きめ細かな専門的な支援が必要な方については、今までどおり現行の訪問・通所介護予防事業所を利用することが可能でありますので、引き続き専門的な支援を受けることができるものであります。ボランティアなどの活用については、主に専門的な介護サービスを必要としない方に対してのサービス提供に活用することをイメージしているものであります。
 また、新しい総合事業の事業費については、介護保険特別会計の地域支援事業の枠で実施することから、50%が保険料で賄われるほか、国庫負担金が25%、県負担金が12.5%、町負担金が12.5%で賄われることとなり、従来と変わりないものであります。
 4点目の、利用者負担や受託事業者に支払われる事業単価についてのご質問であります。
 現行の訪問・通所介護予防相当のサービスの事業単価は、国が定める額を上限とし町で定めることとなっていることから、国の基準等を参酌しながら単価を設定いたすこととなります。
 また利用者負担については、給付と同じく1割または2割負担となるものであります。
 次に、特別養護老人ホームの入所対象者が原則要介護3以上の方に限定されることで、入所待ち待機者である要介護1・2の方には、現在どのように対応しているのかというご質問であります。
 昨年4月時点の要介護1・2の待機者については、66人でございます。昨年の9月会議の万波孝子議員の一般質問でもお答えしておりますが、入所申請に至った経過、介護認定調査の内容、現在受給している介護サービスの状況等をトータル的に勘案し、それぞれの状況に応じて在宅や施設入所による支援を行ってまいりたいと考えております。
 次に、低所得者への負担軽減を設けた補足給付要件の見直しについてのご質問であります。
 補足給付については要件が見直され、課税所得以外に一定金額以上の預貯金等がある場合には非課税世帯であっても補足給付が受けられなくなるもので、本年8月からの実施予定であります。一定金額以上の預貯金等については、単身で1,000万円以上を想定していることから、見直しにより施設を退所する方はいらっしゃらないものと考えております。
 次に、介護サービス利用料負担1割の見直しについてのご質問であります。
 制度改正により一定の所得を有する方については、本年8月より1割負担から実質的に2割負担となる予定ですが、高額介護サービス費等の償還払い制度があることから、対象者全員が2割負担になるものではないと考えております。
 今後、サービスの利用を控えたり中止することが起きないかについては、現時点では予測がつかないところではありますが、利用者または事業者等から相談があった場合には、おのおのの要介護状態を見ながらサービスの実施状況等を勘案し、適切に対応してまいりたいと考えております。
 次に、介護保険報酬が引き下げられたことで、サービスの低下につながらないかとのご質問であります。
 介護報酬が平成27年度から平均2.27%の引き下げとなる一方、人材確保に向けた改定では、処遇改善加算が拡充されることとなっております。引き下げにより事業所の経営に影響が出ることも考えられますが、それが利用者のサービス提供に影響を及ぼすことがないよう、十分に状況を見守り、必要に応じて指導してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、町長からご答弁をいただきまして、いよいよこの4月からこの法改正に基づいてこの介護保険が具体的に動いていくわけですけれども、最初に要支援1・2の方というのは、今度保険から外されるんですよね。外されるわけですけれども、引き続きこの同等のサービスを継続して受けることができる。これは受けるんですけれども、今までですと保険ですと1割負担でしたよね。今度これが町が行う総合事業になりますと負担金はどうなるんですか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 負担金については、給付から外れるものでございますので、本人の負担ということになるかと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 本人の負担は今まで1割でしたけれども、当然、どのぐらいですか、額は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 一例を申し上げますと、ホームヘルプサービスにつきましては20分未満ですと1,710円、20分から30分ですと2,550円、30分から1時間までですと4,040円というような現在の介護報酬になっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) これは確認です。1割負担ということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 済みません、利用者負担については今までどおりでございました。それで先ほど言ったのは介護報酬の額で、それの1割か2割でございますので、例えばホームヘルプサービスが20分未満利用されれば1,710円でございまして、本人の利用については171円とかそういうような金額になるかと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) もう一度確認です。今までは、1割が本人負担して9割は介護保険から出てたわけですよね。これがそうじゃなくなるっちゅうことは、20分は今度本人同じ事業所でも1,710円利用できるという、そういうふうになるということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 済みません、最初の答弁がちょっとまずかったんですけれども、4番目に利用者の負担や受託する事業者に支払われる事業単価についてはどのようになるかということの町長答弁の中で、利用者の負担については従前と同じ1割2割の負担でございます。ですから、ホームヘルプサービスの例を申し上げましたが、1,710円の全体の利用だとすれば利用者本人の負担については171円とか、1割であればそういうような金額でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、介護事業所、今までAという事業所を使ってたら9割入ってましたね。事業所はどうなるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 事業所については、今までどおりです。9割あるいは今度2割負担という方も出れば8割とかいうことで、おんなじでございます。同様でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと何かよくわからなくなったんですが、そうすると介護保険からですかこれ。何ら変わらないんじゃないですか。要支援1・2を介護保険給付から外すということからすると、どこが違うんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 今まではその事業所について県が指定をして、事業所として県が指定をしてその事業所は運営をしていたんですけれども、それが今後は町の指定ができるような形になるんですが、それが28年度からなんですけど、27年度については今までどおり、経過措置で今までどおりの考え方で運営されるというようなことでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、要するに今までどおり、27年度は移行しないから今までどおり、28年になったらどうなるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 財源のことでも申し上げましたが、この新しい介護予防日常生活支援総合事業についても、国が25%、県が12.5%、町12.5%で50%です。それから1号被保険者の保険料がこの22%になるわけですけれども、あと2号被保険者、40から64歳までの人については28%ということで、折半でその財源が賄われるというようなことで、それについては同じということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと何かよくわからないんですが、いずれにせよ町が28年からは独自にやりますので、とにかく保険から外れるっていう点では、ちょっと課長の答弁違うんではないかと思うんですけど、後でちょっとまた教えていただきたいっちゅうふうに思います。
 それからさっきの回答の中で、(1)のところで引き続き同等のサービスを継続して受けることができるということと、それから今関係事業者等と会議を開催して地域資源の活用について協議をしているということですが、その協議の状況どうなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 会議につきましては、地域支援事業の中で今後重点的に取り組んでいかなければならないということで、在宅医療と介護の連携の促進、それから認知症施策の推進、それから生活支援サービスの体制の整備というようなことで、この3点についてそれぞれ会議を行っております。それで、まず在宅医療と介護連携推進協議会につきましては、昨年の11月26日に開催いたしております。メンバーとしては医師2名、それから歯科医師1名、薬剤師1名、ソーシャルワーカー、看護師などの方に集まっていただきまして、準備会ということで開催をいたしました。それから地域支援サービス体制整備事業ということで、これは研究会でございますけれども、26年の7月30日に1回目を開きまして、ことし1月22日に2回目を開いております。これのメンバーにつきましてはNPOそれから生協、シルバー人材センター、あと民生児童委員、それから事業所、それらのメンバーに集まっていただいて、具体的にどのような、大河原町として大河原町の中でどのようなサービスができるかというような研究会を立ち上げております。それから認知症対策につきましては、認知症施策推進会議準備会ということで、2月19日に1回目を開催いたしております。メンバーにつきましては医師2名、それから認定心理士、あと県の保健師、あとグループホームの方等に集まっていただきまして、それぞれ検討いたしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、28年から我が町は実施ですけれども、スムーズにそこまで行けるということなんでしょうか。あわせて、今度はその総合事業の中でボランティアなども活用が可能となっておりますけれども、我が町もやっぱりボランティアを育成するということなんですか。その際有料ですか、無料ですか。そのことも教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 28年の4月から移行するということで、27年度いっぱいをかけて28年の4月からスムーズな移行ができるように取り組んでまいりたいと考えております。
 それから、ボランティアの活用についても当然考えておりますが、有料無料につきましては一概にどちらにするというのは現時点では言えませんし、そのサービスの内容とかそういうものをよく吟味してその辺のところを考えていきたいと、今後考えていきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 当然、サービスの内容やそれからその価格というのは自治体任せになるんですよね、これ。だからかなり地域によっては温度差が出るのかなと思ってますが、その辺の自治体任せの価格についてはどのように今なっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 上限につきましては国のほうで指針といいますか基準的なものを示すというようなことになっております。それについては今後、担当者会議等がございまして、その中で明らかになってくるものでございまして、その国の基準に基づいたその中で設定していくものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 次に入りますけれども一つだけ、この中で今まで要介護認定の手続というのありましたね、調査員が行って。これ今度基本チェックリストというふうに何か変わるようでありますが、どういうふうにここなるのか教えてください。伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 窓口に相談にいらっしゃったときに、そのチェックリストでまずその方の状態を判断するというようなことでございまして、その方が状態が介護とかのサービスが余り必要でないという方であれば、そのまま予防サービス等のマネジメントをするというような形になり、ある程度要介護の認定が必要であるという方については、今までどおり要介護認定のほうに進むというような、そういうような流れになるかと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実はここが大きく一つ変わることなんですよね。今まではそんなことありませんでしたね。申請をまず出す、そうすると調査員が行って、そして現況を見て医師の診断書もして、そして審査会で判定が来ると。これがもう窓口でなるということは、相当この窓口の職員がどういうふうに判断するかということは、非常に私は大きな重責を担うのかなと思っています。その辺では私が心配するようなものでなくてきちんとした体制ですね、その実態に合った対応というのがきちんとなれるように私は望みますが、そのようになっていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、チェックリストの項目等については、ある程度国のほうで示されたものに準拠して行うものでございますので、職員が自己の判断で判定するといいますか判断をするというようなことは考えにくいのではないかというふうに考えます。それから、このような相談におけるこのチェックリストという事務といいますか、こういうことがふえることについての体制は十分かということでございますが、これにつきましては今後予算の中、今回の予算にも計上させていただきましたが、地域包括支援センターのほうに一応嘱託員という形で2名の予算を計上しております。予算のほうがお認めいただければ、募集をかけたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 要するに、大きく変わるわけですよね、今度介護保険が。こういう、後で介護老人ホームの特養の3以上ということも後でちょっとまた質問しますけれども、全体を町民はどのように今周知しているんですか。あるいはどんな考えでいるのか、やっぱり十分周知しないといけませんけど、その辺はどのようになっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、第6期の介護保険事業計画について今年度で策定するというようなことで、この前の全員協議会でもご説明させていただきましたが、最終的には3月25日に委員会を開きましてそこでご承認をいただくという形になりますが、これまで3回ほど委員会を開き、2月5日から18日まで計画のパブリックコメントをやっております。今の段階ではまだ計画についてそのような状況で推移しておりますが、今後計画が策定ということになれば、その内容について広報やホームページなどでお知らせするほか、事業所の方に集まっていただいて会議を開催するなど説明会を考えたいと思います。それから、この新しい6期の計画についての説明会について、各地区とかあるいは有志の方の団体などから出前講座というようなことで教えてほしいというようなことで、包括の職員あるいは課長補佐等が出向きまして内容について、変更になる内容についてご説明をいたしているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、特養老人ホームのほうに入りますがいいんですか、引き続き。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開します。
     午後0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 佐藤 巖君より早退の届けがありましたので報告します。
 直ちに会議を開きます。再開します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、特養ホームのことについて伺います。
 大河原町にも特別養護老人ホームありますけれども、今回、これ(4)ですけれども、介護報酬が当初6%って言われていたんですね。しかしながら、いろいろ関係団体からもかなり国に向けてのすごい反発がありまして、そういうこともあったんでしょう、2.27%に削減されることになりました。しかしながら、この2.27%でも現状は経営が非常に危ぶまれるというふうに言われております。町内の特養にも行ってきましたけれども、年間1,500万円の収入減になるそうであります。これはここだけじゃなくて、全国的に言われているんですね。国は内部留保、よく大企業の内部留保といいますけれども、社会福祉法人についても内部留保という言い方国はしてますが、この内部留保っていうのは企業と違いまして、やはり必要なことなんですよね。建物が古くなれば当然改修出てくる、そういうために積み立てておくんですよ。そういう中で非常に今大変な状況にあるということを町長ご存じでしょうか。まずそのことを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 施設ごとによって経営状態が違います。厳しいところもあるというふうに判断できますけれども、余裕のあるところもあるというふうなことで、国としての2.27%の判断基準は全体的に考えてまだ余裕があるんではないかというふうな判断をしたと、私は受けとめておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 国はそういうふうに見てましたようですね。しかしながら、さっき言ったいろんな関係団体とかからのかなり抗議がありまして、その結果2.27に下げたようです。しかしそれでも、1,500万だそうです、特養。それで東京でも、実は新聞でもこれ報道されたようですけれども、東京の北区というところで計画していたんだけれど撤退するという、もうきちんと住民に説明の段階になっていたんだけれど撤退せざるを得ない。2.27になっても再三計算収支をやったけれども、どうもやっていけないということだそうです。宮城県でも、私の知るところではそういうところも出てくるやに聞いております。そういう点で、これは国の方針ですから非常に町としてはなかなか大変だと思うんですが、町長にお願いがあります。やはりこの介護報酬をやっぱこう引き下げるんでなくて、もっとやっぱし逆に引き上げていく。この働きかけを私は議会でも今後さらにしていかなくちゃいけないと同時に、町長にもぜひそういう働きかけをしていただいて、この社会保障のためと言って消費税は増税導入されて、平成元年に導入されて今やもう8%です。今度は10%になろうとしていますが、本当に社会保障のためっていうのは全く違うということがもう明らかだし、やはりその財源を国として十分こういう介護のために確保する働きかけは、これは絶対避けては通れない道だというふうに思います。そういう立場で今後、こういう現状があるだけに、そのことを強くお願いしたいと思いますがいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 我が国から外へ目を転じますと、高福祉高負担というような国がたくさんございます。そんな観点から、国民の負担を求めながら高福祉の社会をつくっていく方法もありますので、その辺消費税は払わないわ、その一方で介護報酬を引き上げると、こういったことではなかなか立ちいかなくなっているのは今の日本の現状ではないかと私は思っております。特に、高齢化社会を支える若い人の労働力人口が減っております。そんな中でいかに国民が負担を分かち合うかということを考えながら、国に対しては当然財源の措置を求めてまいりますけども、そういったことを総合的に勘案しながら町政に当たっていきたいと考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) とにかく今度の介護保険の改正というのは、施設から在宅、そして特別養護老人ホームをこれから増設するっていうことも非常に全国的には厳しい状況にやっぱり追いやられてるんですね。確かに施設がふえれば介護保険は高くなるような今仕組みになっていますよね。しかしながら、今全国でも施設を求めてる人がいっぱい、我が町にも、先ほどの課長の答弁でもいるわけですよ、待機者って。そういう方っていうのは、本当に施設を求めざるを得ない。これは現場の人たちと私話もしてきましたけれども、周りも結構介護の従事者がおりますのでね。そして今回は1万2,000でしたかしら、加算処遇措置がされると。しかしそれも基準があって、どこもかこも皆これがなるわけじゃないという現場の声でした。非常に厳しい状態に今追いやられてる、そういう点ではやはり地方から私は声を本当に上げていかなくちゃならないことを強く感じてますので、町長にもそういう答弁もありましたので、ぜひそういう立場で望んでいただきたい。そのことを申し上げて、介護については終わります。
 2点目に入ります。
 2点目は、放射能から住民を守るためにです。先ほど枡議員よりもありましたけれども、私からもさせていただきます。
 昨年12月24日、大河原町放射能問題連絡協議会から町長に対して、「子どもたちの甲状腺検診を求める要望書」が4,104筆、その後若干加えられましたけれども、これだけの署名が添えて町長に提出されました。要望の内容は、1)当時18歳以下の子供(胎児を含む)の甲状腺検診を早急に実施すること、2)検診は一定期間ごとに長期にわたって実施すること、そしてこれに要する必要経費については東京電力と国への請求をも含めて検討することとしております。
 この要望に対しての回答が1月の16日、協議会にありました。その内容は、「甲状腺検診の実施については検討とする事項が多数あることから、平成27年の3月末までお待ちいただきたい」というものでありました。この回答を受けて協議会では、町の回答に対する解明を求める要望書を提出しましたところ、2月13日町長からの回答は、「予算は事業の実施が明確になってから計上するものなので、現時点では新年度予算に計上できない。回答を無期限に先延ばしせず、年度内に回答する」ということでありました。
 そこで伺います。
 町長は署名に託された町民の思いをどのように受けとめていますか。年度内に回答するとしていますが、実施の方向でいると私は思っておりますがどうでしょうか。
 それから、2)東京電力福島第一原発の子供の健康への影響を調べるため、希望者を対象にした甲状腺エコー検査を無料で実施している日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ、仙台市にありますけれども、と大河原町放射能問題連絡協議会の代表の話し合いでは、協力可能と聞いております。請願に託された町民の願いに応えるために、早急に連絡をとり、実施の方向で検討していくことはできないでしょうか。
 (2)南小の児童を対象にガラスバッジ装置による年間外部被曝線量検査とホールボディカウンターによる内部被曝線量検査が実施されてきましたが、その結果はどうだったのか。今後の計画の見通しも伺います。
 (3)福井地裁は、昨年5月21日関西電力大飯原発3と4号機の運転差しとめを求めた訴訟で、「運転してはならない」と言い渡しました。福島原発事故後、初めて命じた画期的な判決と注目されております。その内容は、「国民の安全よりもコストを優先する考え方をきっぱりと退けて、極めて多数の人の生存そのものにかかわる権利と電気代の高い低いの問題とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体法的に許されない。原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根をおろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」としたことであります。
 そこで伺います。
 町長は、昨年9月の私の一般質問で、「福島原発は原因不明で抜本的な対策もとられていない、憤りを感じる」と答弁しています。そして、全原発廃炉については、再稼働を認めるべきでないと明言しています。この姿勢を私は高く評価しております。いま、大河原町から80キロ圏内にある女川原発の再稼働が強まっています。こうした中、福井地裁の大飯原発差しとめ判決を町長はどのように受けとめていますか。
 2)環境先進都市を高らかに掲げる町長として、女川原発再稼働反対の立場を町民に表明し、放射能から住民を守る取り組みを一層進めていくべきじゃないかというふうに思っております。
 以上、お答えいただいた後に再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、甲状腺検診の実施についてのご質問でありますが、枡 和也議員の一般質問でお答えしましたとおり、署名については健康に不安を抱いている町民の声として重く受けとめております。甲状腺検査の実施については周辺自治体での事例などを参考にしたいと考えているところであります。
 また、日本キリスト教団東北教区放射能問題対策室いずみによる甲状腺エコー検査につきましては、大河原町放射能問題連絡協議会が事業を実施される場合は、町として会場の手配や広報誌への掲載など、協力できるものと考えております。
 次に、南小学校の児童を対象として実施したガラスバッジによる被曝線量調査につきましては、最終の読み取り結果は、対象者91人のうち正しく装着していた方は44人で1カ月当たりの平均値は0.05ミリシーベルトとなっており、ほぼ自然界からの放射線のレベルとなっております。この調査は東北大学大学院薬学研究科の事業であり、平成26年4月で終了しております。
 また、ホールボディカウンターによる内部被曝検査につきましては、合計99人が受診し、どなたからもセシウムは検出されておりません。内部被曝検査につきましてもセシウムが検出される可能性はほとんどなく、また希望者も少なくなってきておりますことから、平成26年で終了としております。
 次に、大飯原発運転差しとめ訴訟についての福井地裁判決でありますが、経済活動よりも人格権が優位であることや、国富について論じていること、また危険性が万が一でもあれば運転差しとめが認められるなど画期的な判決であったと思っております。今後、名古屋高裁の判断もありますことから、推移を注視してまいりたいと思います。
 また、町長として女川原発再稼働反対の立場を表明した取り組みをとのことですが、改めて声明文を発表するという考えは持ち合わせておりません。私としては、平成25年一昨年9月の議会定例会で述べておりますが、原子力発電そのものを稼働すべきでないと考えているところであります。その理由といたしましては、福島第一原発がいまだ収束していないこともありますが、最大の理由は核燃料の処理費を考えますと、原子力発電のコストは他の発電方法と比較して高くつき、後世に負担をかけることであります。本町としては、再生可能エネルギーの促進に邁進する所存であります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 一つだけ、一つだけじゃなくて、最初に町長の答弁の中で、周辺自治体での事例などを参考にしたいということですが、もう少し詳しくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この件につきましては、先ほどの枡議員のほうにもお話しをしておるところでございますけれども、まずは昨年の8月に白石市のほうでこのいずみが独自の事業としてとり行われたようでございます。その際に、これも町長答弁してございますけれども、大河原町としては「おしらせばん」に掲載いたしまして周知を図ったところでございます。最近では、柴田町でもそういった取り組みを行うというような情報がございまして、周辺自治体の取り組みの参考事例というふうな形で町長は答弁したものと考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) とにかくやらないんではなくて、やる方向でいるということは確認していいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの枡 和也議員に対する答弁でも申し上げましたが、何らかの形でやる方向で今検討をしているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 要は、そのいずみという民間がやっているわけですけれども、ここで中心になってやってもらうのか、あるいはもう一つの方法、町民は町に要望したんですよね。町長にぜひしてほしいということで、いろいろ話を聞いてますと、とにかく町で実施してほしいということですが、その考えはどうなんですか。ありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 費用対効果も考えながら、あらゆることについての検討をしたいということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、私はぜひ、協議会としては町としてぜひ実施していただきたい、町主催でしていただきたいということですが、そのことも含めて今後検討ということでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) あらゆる可能性を排除するものではございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、先ほども紹介ありましたけれども、この略称いずみですよね、連絡をさせて私もいただきました。そうしましたら、ぜひというか、いろんな面で協力はしていただけるようであります。それで、町で計画を立てていただければ当然予算措置とかいろんな経費がかかりますね。そういうのも含めて検討をされるというか、そういうような私とのやりとりではそういう話もなったんですけれども、ぜひ町でやることを中心に据えて今後検討というわけにはいかないんでしょうか。その際、そのハードルになっているのが予算なのか何なのか、もう少し詳しくお答えいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども申し上げましたとおり、多方面からの検討をさせていただきたいと思っております。そんな中で、問題協議会のほうから出されました回答期限を3月末までお待ちいただいたということは、場合によっては予算措置も必要かもしれないということもありましたので、1月20日までの回答期限には間に合わないといったことでございますので、その辺のことでご判断を願えればと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 確かに民間で本当にボランティア精神でやっているところは、恐らく全国にいっぱいあると思うんですね。私の知っているお医者さんも個人でやっておりますけれども、しかしながら、住民の安全、命を守るっていうのは町の使命であります。だから、町がまずやるという姿勢、やるというか町としてやるんだという構えが私は非常に大事だというふうに思うんですね。そういう点で、ありとあらゆる角度からということなんですが、もう一度町長、すとんと落ちるようなご回答いただけないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) すとんと落ちるかどうかは別にいたしまして、再度申し上げますならば、町が主体となってやることも考えられますけれども、これはいろんな国や県、自治体の検査も調査もやっております。そういったことを参酌するならば、本当に懸念があるのは事実でありますけれども、実態として本当にそういうことがあるかどうかということが若干まだ立証されておりません。ただ、何らかの形でやりたいとお答えしたのは、チェルノブイリの甲状腺発症の時期が発災後四、五年たってからということもありますので、この時期を捉まえて何らかの形でやる必要はあるというふうに強く感じておるところでありますので、何らかの形でやりたいというふうに答弁させていただいたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) くどいようですけども、ぜひ町、町が中心になってやっていただきたい。その上で民間の力もかりると、そういう姿勢で臨んでいただきたいことを強く要望したいというふうに思います。
 それで、(3)ですけれども、この福井地裁の判決を先ほど私読み上げさせていただきました。町長は9月議会と同じように、原子力発電そのものを稼働すべきでないということを明確にして非常に心強い町長です。そういう点で、今福島ではもうあれから4年たちましたけれども、今なお大変な状態が続いているのは皆さんご承知のとおりであります。そして、最近ではこの高濃度の放射能汚染水が外洋に漏れ出していることが明らかになり、そして重大なのは、この汚染水の漏れというのは1年以上もわかっていたにもかかわらず、東京電力はそれを隠し続けて原子力規制委員会も何の対策もとってこなかったということですよね。だから、町長も先ほどありましたけども、事故の収束などは本当にほど遠い、そういう中での今、県内にあります女川原発の計画というのも意外とこれ強く進められようと今しているんですよね。それで、我が町だけじゃなくて80キロ圏内ですよね全部の市町村が、女川。それで福島が今こういう状況にありながら、私は再稼働なんて本当によくぞ安全規制委員会というのを設けてやっているなと思って、非常に納得いかないんですが、やはりそういう中で本当に再稼働はさせていかない、何ていうんでしょうか、一たび事故が起きればこういう問題が起きるっていうのが本当明るみになったと思うんですよね。先日、仙台でここを設計した設計士の博士が来て講演会がありました。お医者さんと歯科医師会が主催だったんですけれども、本当に首の皮1枚でぶら下がったと、本当に破壊してもおかしくないような状態だということを言っていました。そういう中で、再稼働は本当にあってはならない、論題だということも言っていましたので、ぜひ町長に、その環境先進都市を目指している町長として大河原町でそういう宣言をすると、原発ゼロの宣言の町とかそんなふうなことは考えていませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えしたとおり、改めてそういう宣言をするつもりはございません。この問題につきましては、いろんな立場の方がいろんなお考えをお持ちであります。町がそのような宣言をしていいのかどうか、私は疑問に思うところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは再稼働エネルギーにとにかく重心置いて進めるということなので、そのことに大いに期待をして、最後の質問に入りたいというふうに思います。
 最後は、ひとり親家庭(非婚)にも寡婦控除のみなし適用ということであります。
 夫や妻と死別したり離婚したりした後、結婚せずに子供を育てている場合に、所得税や住民税を軽減する所得税法上の寡婦(夫)控除という制度があります。しかし、諸事情により結婚せずに子供を育てているのに、婚姻歴のないひとり親家庭は寡婦控除は受けられていないのが現状であります。その結果、中には収入も子供の年も同じなのに、保育料などに違いが出ていることがわかっております。
 共産党が調査した結果、現在県庁所在地、これは東京を除きますが、政令指定都市の計51市のうち、2014年度で仙台市を含む21市が婚姻歴のないひとり親家庭に寡婦控除をみなし適用する制度を実施しております。27年度実施予定や検討中も14市となっております。県内では美里町も実施していると聞いております。当町でも先進地に学び、こうしたひとり親家庭を支援し負担軽減をしていくことはできないでしょうか。あわせて、例えば年収167万で年間所得100万円の母と2歳児の二人世帯の場合、寡婦控除ありと寡婦控除なしの保育料と公営住宅使用料も合わせてどのぐらいになるのか示していただきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 最後に、婚姻歴のないひとり親家庭への保育料に係る寡婦控除のみなし適用についてのご質問でございます。同じような家庭環境下において、公的負担に違いが生じるということは改善すべきであると考えます。
 現在、新制度の施行に伴い、保育料についての規則改正に着手しておりますので、寡婦控除のみなし適用については前向きに検討いたします。
 また、ご質問の所得においての寡婦控除適用の有無による保育料の額でありますが、適用ありでは月額保育料はゼロ円となり、適用なしでは2万7,500円となります。町営住宅使用料につきましては、一番低い階層の使用料となり、寡婦控除適用の有無にかかわらず同じ使用料となります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 前向きにするということですが、今これを実施する動きが広まっているようです。それで、私も今回正直言って、私も母子家庭でいろいろ母子福祉会のほうの活動をさせていただいているんですが、会員でなくとも周りにそういう方が正直言っておりました。既にその方は子供さん大きくなりまして保育園はもう卒業しておりますけれども、本当にこれちょっと紹介しておきますけど、2013年の9月に最高裁の判決を受けて、同年の12月に結婚していない男女の間に生まれた子の相続差別を撤廃する民法の改正が行われているようであります。これを契機に、婚姻歴の有無によるひとり親家庭の差別を解消する動きが進んでいるようです。ぜひ、もうこれから保育料ですけれども、27年度もこれからスタートしますけれども、ぜひ一人でも二人でもこの適用を受けて、先ほどの答弁では比べますと2万7500円、適用なしではですね寡婦控除、これが適用されますとゼロになるということで、実際本当にこういう状況になるんだということも担当課できちんと計算してくれましたので、ぜひこのことを前向きにすることを評価いたしまして、私の一般質問を終わります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。議長のお許しを得ましたので、通告順に従って一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問は2項でございます。
 まず1項目でございますけれども、「おおがわら町」の正しい名称をどのように普及させるか。
 先月の2月7日、えずこホールで第35回北方領土の日という宮城県大河原集会が開催されました。会場が大河原町ということもあり、私たち議員にも案内が来ましたので参加をいたしましたが、主催者である北方領土返還要求宮城県民会議会長の挨拶や来賓である国会議員の祝辞を聞いてがっかりをいたしました。開催地である「おおがわら町」を「おおかわら町」と呼んでいたのです。県議会議員や宮城県選出の国会議員の方々が、宮城県にある町名を間違えるとは情けないとすら感じました。それだけ、我が大河原町の存在は薄いのでしょうか。大河原町に生まれ、育ち、生活をし、ふるさと大河原を愛する一人の町民として残念でなりません。自分の名前を間違えて言われているような感じになりました。
 この集会だけでなく、町内の各種会合の席上でも、「おおかわら町」と言われる方もおります。自分が住んでいる町名を間違えていることは残念でなりません。
 ぜひ、正しい町名の普及が必要と思われますので、今後の町の対応について伺います。
 (1)この集会に町長も、この集会とは北方領土の集会でございますけれども、この集会に町長も参加していましたが、どのように感じられましたか。
 2点目、大河原小学校や大河原中学校の校歌にも、「我がおおがわら小学校」とか「我がおおがわら中学校」とあり、町民憲章にも「ふるさとおおがわら」とあります。また、JRの駅名も「おおがわら」とございます。
 そこで、1)小学校や中学校では「おおがわら」の町名をどのように教えているのか。
 2)点目、町民の中にも「おおかわら」と呼んでいる方々もいるが、町として正しい町名を普及させる考えはないのか。あるとしたらどのような方法で普及させる考えなのか示していただきたい。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、1項目の「おおがわら町」の名称についてのご質問でありますが、関連がございますので一括でお答えいたします。
 議員のご指摘されるとおり、北方領土の日宮城県大河原集会での主催者及び来賓の挨拶の中で、本町を「おおかわら町」と呼んでいた方がおりました。このことは私も堀江一男議員同様、大変落胆したところであります。
 議員ご承知のように、本町の町名の由来は「多くの河が合流する(逢う)原」という地形によるものであり、古くは戦国時代から呼称され、明治また昭和の町村合併においても引き継がれてきた歴史がございます。
 しかしながら、町外の方だけでなく町民の中にも「おおかわら」と呼んでいる方々がおります。
 小学校や中学校における町名の呼称につきましては、各学校の校長先生を初め先生方においても「おおがわら」であることを共通認識として、式典や集会において司会や挨拶、来賓紹介などを行う際は「おおがわら」と呼称することを常に意識しております。また、学校の校歌の歌詞についても「おおがわら」と振り仮名を付したり、さらには授業の一環として生徒が外部に電話させる際にも「おおがわら町立」と名乗らせるように指導しております。このような指導により、児童・生徒の間では「おおがわら」が定着していると考えております。
 最後に、「おおがわら」の呼称の普及につきましては、町の広報誌やホームページによる啓発のほか、町が使用する封筒等日常的に目にするものにも漢字だけではなく平仮名表記で「おおがわらまち」と記載するなどの周知を行ってまいります。また、各種団体等にもこの呼びかけを行いまして、「おおがわら町」と呼んでいただくように周知をしていきたいと思っております。なお、「おおかわらちょう」でなく「おおがわらまち」と、「まち」が正式名称でありますので、そこも含んで各種団体、特に司会をするような方々を中心にお願いに上がりたいというふうに思っておるところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この前の2月28日ですか、桜の植樹事業でも来賓の方の中には「おおかわら町」と言われた方もいらっしゃいます。そういった中で、なぜこのような質問をするかというふうなことなんですけれども、私も役場の職員だったわけですけれども、私の先輩からよく言われました。周りの人が「おおかわら」って言うと「おおかわらでない、おおがわらだ」って再三注意されたのを見ておりました。我々議員の中にも、また職員の中にも「おおかわら」と間違って言う方もいるようにも見受けられます。こういった中でここできちっと「おおがわら」っていう自分の町の名前を正しく言えるような、何かこうアピールができたらいいなというふうな形でもっての実は質問に立ったわけでございます。
 3月の7日、大河原中学校の卒業式がございました。それ見て、校長先生初め皆「おおがわら」と確かに言っておりました。この字だけを見ると「おおかわら」と読みたくなるのも私はわかるわけです。ただ、子供たちの名簿を見ると名前が、よく校長先生あれだけいろんな名前、特に女の子ですか、女の子の名前がどうやって読むんだろうっていうような名前が、きちっと卒業証書1枚1枚に対してきちっと校長先生が読んで、間違いなくその名前を呼んでいたのには私は感心したんですけれども、やはりそういった意味で自分の名前が、例えば教育長が「齋 イッシさん」って言われたらやっぱり嫌だと思うんですよ。だから子供だって名前、卒業証書を間違って言われたときとか、やっぱり嫌だと思うんですね。ちょっと言葉で話して間違ったってんなら話はわかるんですけれども、公の場でやっぱり話をするときはやはりきちっとした「おおがわら町」の名称を、やはりきちっと私は言ってほしいなというふうに思いますし、町長におかれましても何ていうか、柴田郡のある町長さんも「おおかわら」って言ってました。私も一旦注意しました。そしたら自分は「おおかわら」だと思ってたって言っていたんですけれども、そのくらい何かこの柴田郡の町長でも間違えられるということについては、やはりその会議の席上であんたここ違うよってはなかなか言えないと思いましょうけども、その終わった後で正式な名称はこうですから今後よろしくお願いしますとか、やはり話をしていただきたいと思うんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご指摘のとおり、そのようにしたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それから、町長の答弁の中、校歌、学校の校歌、振り仮名をつけたりっていうふうにありましたけれども、父兄の中には大河原生まれでない方も結構いると思うんですね。ですから卒業証書、卒業式や入学式で校歌歌いますよね。そのときに、できればその渡す入学式の名簿のとこさ校歌ありますね。そこにあえてつけていただければ、なお普及するのかなというふうに私は思うんで、これ要望です。それとあと、何ていいますかね、広報も「おおがわら」ってきちっと、「広報おおがわら」ってなっているんですね。ですからそのところをもう一度、学校においてもそうですけれども、子供たちに正しい名前は「おおがわら」ですよと、「おおがわら町」ですよということ、それから広報にもやはり自分の町は「おおがわら」、「おおかわら」でなくて「おおがわら町」ですよということをぜひお願いしたいんですけれども、教育長と町長から答弁いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 当然、「おおがわら」というふうに思っておりますが、しかし間違う方がおられるということであれば、そのように振り仮名を振って、正しく「おおがわら」と読めるようにしていきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 総務課におきましても、先ほど町長が申しました町の広報誌、それから封筒ということも考えたいというふうに思っておりまして、先日課長の中では更新の際にぜひとも「おおがわら」という表記の中で更新していただきたいということをお話ししたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長はいいんですか。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おっしゃるとおりでございまして、今課長も答えたとおり、広報誌でさらに周知徹底できるように、私なりにも毎月書くことありますので、その中で折りに触れ、触れることができればというふうに、これから頭の片隅じゃなくて頭のど真ん中に置いて進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 広報おおがわらを読んでみても、さっと流すんですね。ですから、意識づけに何かこう一発、一発というと語弊がありますけれども、やっていただければ、町民としてもやはり再認識するんではないかと思いますので、ぜひお願いを申し上げまして、次の2項に入りたいと思います。
 2項目は、緊急雇用創出事業についてでございます。
 昨年12月の議会で、緊急雇用創出事業の今後の対応について、主に直接雇用関係の一般質問を行いましたが、その中で27年度も継続されるようほぼ同じ程度の本事業の要望を県に提出しているという回答でございました。しかし、27年度の当初予算にはまだないんで、多分27年度の内示が来ていると思われますので、その内容について伺いたいと思います。
 1番目、26年度では9,236万5,000円の95%に当たる8,770万円が交付されるようになっていたんですけれども、27年度は幾ら交付される見通しなのか。
 1)として、交付される場合の内訳について、直接雇用分とその他、観光物産機能強化事業、農業畜産業人材労働力確保支援事業、農業畜物加工提供施設労働力確保支援事業、これについて教えていただきたいということと、この事業は平成20年度から始まっていますけれども、そろそろもう終了する事業ではないかと思われておりますが、これまでのこの事業の成果はどのように町として評価しているのか、お伺いしたいと思います。
 それから2つ目、事業費の減額が予想されるわけですけれども、その対応について。
 1)直接雇用分についての対応策について、2)観光物産機能強化事業の対応策について、3)農業畜産業人材労働力確保支援事業の対応策について、4)農畜産物加工提供施設労働力確保支援事業の対応策について、町としてどのように考えているのかお示しをいただきたいと思います。
 お答えによっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、緊急雇用創出事業についてのご質問にお答えいたします。
 まず1点目の、平成27年度の緊急雇用創出事業補助金についての質問でございます。
 平成27年度につきましては、事業の見通しが極めて不透明であったことから、当初予算には計上いたしませんでした。しかしながら、先般、県より配分予定額が示されましたので、追加議案として3,276万円の補正予算を提出させていただくよう考えております。平成27年度の緊急雇用創出事業につきましては、平成26年度に雇用した方の雇用期間を保障するための経過措置的な内容に大幅に縮小されており、平成27年度における新規事業や新規雇用は認められません。つまり、本事業は平成27年度で終了する見通しと考えております。
 次に、1)の平成27年度の交付金の内訳といたしましては、町直接雇用分で2,226万円、委託事業では観光物産機能強化事業といたしまして1,050万円を見込んでおります。
 また、2)の緊急雇用創出事業の成果についてのご質問でありますが、さきに申し上げましたとおり、本事業は平成27年度で終了すると思われます。その成果につきましては、町直接雇用分におきましては、雇用の創出が図られるとともに、公共施設の維持管理できめ細かな対応が図られたと考えております。また、委託事業におきましては、観光物産機能強化事業、農業畜産業人材労働力確保支援事業、地域人材育成事業など多様な雇用が生まれ、それぞれの事業分野の充実につながっていると捉えているところであります。
 次に、事業費の減額への対応についてのご質問であります。
 初めに、1)の町直接雇用分につきましては、さきに述べましたとおり、平成27年度は事業終了に向けた経過措置として減額されておりますので、次年度に向けて今後の対応について検討し、可能な限り激変緩和に努めてまいります。
 次に、観光物産機能強化事業の対応につきましては、平成27年度は予算面では現状維持が可能となりましたが、今後は事業を整理しつつ縮小の方向で考えてまいります。
 次に、農業畜産業人材労働力確保支援事業につきましては、平成26年度は2団体に対する委託事業でありました。平成27年度につきましては、事業の大幅な縮小により配分されませんでした。これにつきましては、事業の性格上、将来は縮小、廃止になる場合があることを以前より申し上げていたところであります。
 最後に、農畜産物加工提供施設労働力確保支援事業でございますが、こちらは事業の見通しが立たないため、要望いたしませんでした。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 概要はわかりました。3,276万円の補正を組むというふうなことで、大分大幅に減ったようでございますが、町直接雇用分で2,226万、委託事業では観光物産機能強化として1,050万を見込んでいるというようなことなんですけれども、これ当初予算で組まなかったということで補正で組むということなんですけれども、そうしますと、例えば観光物産協会だとか、それから各27年度の予算における臨時職員の雇用分ですか、その分の金額っていうのはこれを見込まないで出したものなのか、これを見込むことによって、入ることが決まったことによって当初予算の金額が減額されるのか、その辺についてちょっとお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 27年度の当初予算につきましては、緊急雇用自体がどうなるかわからないということで一般財源を使いまして、地域整備課、あとは農政課、あとは総務課関係等の臨時職員または委託という形で予算を計上させていただいてございます。で、今後27年度の1号ということで追加補正をさせていただく中で、まずこの緊急雇用分につきまして計上させていただき、6月補正でその分について減額をさせていただければと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 2,226万でも結構大きな金額になりますので、それだけでもありがたいなというふうに思うわけですけども、ただ問題はこういった直接雇用分がなくなると、前の12月の議会でも質問したんですけども、職員が少なくなって、ことしも定年退職者が十何人もいるわけですけれども、そういった中で、職員が少なくなって臨時職員がふえてくるというふうなことだけは、できるだけ避けていただきたいなというふうな気がするわけです。人員適正化計画、これも結構なんですけれども、やはり役場として緊急事態とか何かあった場合の最低限の人数というのを、私はやはり確保しておくべきだと私は思うんですけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この件につきましては、12月の議会の中で私もお答えさせていただきましたけれども、適正化計画につきましては削減計画ではないというようなお話もさせていただいております。したがいまして、やはり必要なところにはそれなりの人数の体制を確保しなければならないというふうに思っているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この緊急雇用についてもソフトランディングする必要があろうかと思いますけれども、役場職員の人員構成を考えた場合、これもソフトランディングする必要があると思っております。ここ10年以内に、3割4割の職員が退職されるということで、それを全て100%補充しておりますと、また採用が10になったりゼロになったりそういう繰り返しでありますので、そのソフトランディングを考えながら、必要に応じて臨時あるいは再任用制度、嘱託とかですね、そういったことも活用したいと。特に、役場職員のOB、ノウハウ持っておりますので、OBの活用も必要になってくるということで、正職員の数は減るかもわかりませんけれども、仕事の能力としては維持できるように努めてまいりたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ぜひとも優秀な職員を採用していただいて、いい仕事をしていただきたいというふうに思っているわけでございますので、その辺のところもあわせてお願いしたいと思います。
 それから、観光物産機能強化事業、これについては27年度は現状維持というふうな形ですが、縮小の方向で考えているというふうなことなんですけれども、去年かおととしの観光物産協会の総会だったかな、そのときには正式ではなかったんですけれども、観光物産協会を独立させたいみたいなような話もあったように私は聞いているんですけれども、今後、やはり大河原町にとっても観光物産というのは非常に重要な役割を果たすと思うんですけれども、今後のあり方としてこの縮小の方向というのはどういうふうな意味なのか、この辺についてお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 観光物産協会のこの緊急雇用に伴います縮小につきましては、この観光物産機能強化事業の事業ということで取り組んだ内容につきましては、観光物産の紹介、それから観光客の誘致、そして観光物産の販路拡大と、それからいろんな観光の保護というふうにありますので、それらを今後精査しながら規模縮小というふうになります。一つ例をとりますと、今回の観光物産協会への機能強化緊急雇用で、東京の池袋にある宮城県のアンテナショップで1週間にわたり販売を、地元の特産品を販売するわけですけれども、そうしますと宿泊が伴いまして、それに伴います経費が50万円ほどかかっておりますし、またそれから毎日ツイッターとかそれからインターネット更新、ブログ等々で更新等も結構ありますのでそちらの、緊急雇用がなくなりましたならばそちらの回数も徐々に減らしていくというふうなことで、その辺の縮小というふうなことでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大河原町を発信していく、そういった中でやはり観光というのは非常に重要だと思うんですね。よく町長は6次産業というふうな形で話をいたしますけれども、農家の6次産業というふうな言葉をよく言われますけれども、6次産業を進めていく上で、一方ではやはり販売ルートといいますか、宣伝ルートっていいますか、そういった部分もやはり強めていかなければならない部分があると思うんですよ。そういった意味からした場合に、やはり大河原町にはこういう名産があります、こういう名所がありますということをやはりきちっとうたっていく、伝えていくということが、大河原町の観光物産協会にとって私は必要なんではないだろうかというふうに思うわけです。ですから、この部分についてはできるだけ町民の要望に合ったような形での指導を行っていただいて、大河原町の発信の源になっていただくように努力していただくようお願いをしたいと思います。これお願いでございます。
 それからあと、次に農業畜産業人材労働支援とそれから農畜産物加工提供施設労働力、これは事業名、会社名言ってあれですけれども、とんとんというかいい湯の部分がまだ火災であれだっていうふうな形で多分これがなくなったのかなと思うんですけども、その前の農業畜産事業っていうのは、かながせ法人っていうんですか、あそこではないかと思うんですけれども、結局あの部分がなくなったということによって、やはりある程度のダメージっていいますかがあったんではないかと思うんですけども、その辺の指導はどのようにされていたのかお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 農業人材につきましては、毎年選考委員会、業者の事業計画を上げていただいて、そこでヒアリングなりやるんですけれども、去年、おととしですか、平成25年は3名採用でしたけれども、26年度につきましては国の交付金も少なくなったということで2名というふうなことで採用というふうなことにしてますので、徐々に毎年、もうなくなりますので、ぜひともこれが、緊急雇用がなくなっても継続雇用できる体制をつくってくださいというふうにはお願いしているところでありまして、昨年3名から2名というふうに1人減となってますので、その辺は重々その方々もわかっているものと感じているところでございます。また、そのように指導しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 農家のほうも大分厳しい、大規模農家集約とかっていろいろ言っていますけれども、農家のほうも大分厳しいようでございますので、この辺のきめ細かな町の対応をお願い申し上げまして、一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 佐藤貴久君の発言を許します。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 佐藤貴久です。議長のお許しが出ましたので、一般質問をさせていただきます。
 ふるさと納税に着目せよ、地域再生のために。
 ふるさと納税は、地域再生、地域活性化の切り札、特効薬になり得る土壌がある。後発にはなるが、ふるさと納税市場に本格的に参入してはいかがか。納税システムの構築を政策イノベーションの一端として取り組んではいかがか。
 (1)平成24年度から26年度、ふるさと納税の件数と金額を示してほしい。また、5万円以上は何件になるのか。
 (2)真逆のパターン、町内から町外へほかの自治体にふるさと納税をした方は何人いるのか。総額は幾らになるのか。
 (3)ふるさと納税の場合、所得税、個人住民税控除基準を示してほしい。
 (4)特典の内容と周知方法は、どのような手段を活用しているのか。
 (5)自治体間において、特典の基準が加熱している。その結果、町税歳入を超えるふるさと納税の実績を誇る自治体もある。当町の今後の展開はどうか。
 (6)魅力ある施策づくりで、全国からの納税を呼びかける取り組みを実践してはどうか。
 (7)地域再生、地域活性化の関連性より質問します。若手職員を対象としてリーダー育成の実効的なセミナーを開催している地域がある。ひな形どおりの職員研修の効果よりはるかに効用の高い研修内容である。実効的な研修にこそ、職員を派遣すべきではないか。
 以上でありますが、答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 まず1点目の、ふるさと納税の件数と金額につきましては、平成24年度は6件52万2,175円、平成25年度は6件72万円、平成26年度につきましては、2月末日現在で2件45万円となっており、うち5万円以上の寄附をいただいた件数につきましては、平成24年度5件、平成25年度6件、平成26年度では2件となっております。
 2点目の、町内からの他の自治体へのふるさと納税をされた方についてお答えいたします。
 ふるさと納税として寄附をされた方は、平成24年中では11人で総額は249万7,000円、平成25年中では16人で総額は141万2,000円となっております。
 3点目の、ふるさと納税された方の所得税、個人住民税の控除基準についてでございますが、税の控除を受けるためには確定申告が必要となっております。寄附金から2,000円を引いた金額に住民税所得割の1割を限度として、所得税と個人住民税が控除されます。
 次に、4点目の特典や周知につきましては、本町におきましては、5万円以上の寄附をいただいた方に対して5,000円程度の町の特産品をお礼としてお送りしております。また、周知の方法につきましては、町のホームページのほかに民間のふるさと納税を紹介しているサイトにも掲載しているほか、宮城県や総務省のふるさと納税のホームページからも閲覧できるようになっております。今後においては、総務省の郵便局で使用可能な払込取扱票を活用したふるさと納税手続きの利便性の向上に係る事業に参加し、総務省のホームページを通じて情報提供を行っていく予定となっております。
 5点目と6点目は関連がありますので、一括してお答えいたします。
 議員ご指摘のとおり、最近のふるさと納税の現状につきましては、高級食材などの返礼品で寄附金を募るなど、本来のふるさと納税の趣旨とは違う方向に進んでいる状況が見られます。このことがマスコミ等でも取り上げられ、さらに返礼品目的の寄附へと過熱する方向にあると感じております。
 このような状況の中で、本町といたしましては、ふるさと納税を政策イノベーションに位置づけることはいたしませんが、結果としてふるさと納税がふえるような対策として、まちづくりに共感し応援したい自治体に寄附をすることがふるさと納税の本来の趣旨であると考えておりますことから、魅力ある施策の展開とその情報発信を行い、大河原町を応援していただける方をふやしていけるよう努めてまいりたいと考えております。
 また、返礼品の面においても、大河原町を知っていただく良い機会でもありますので、返礼品の額をふやすのではなく、種類をふやす取り組みを通じて、大河原町の特産品のPRを進めていきたいと考えております。
 最後に、職員研修についてのご質問にお答えいたします。
 本町の職員研修状況につきましては、階層別研修を初め専門分野の研修とする実務研修が主となっていますが、全職員を対象にした職場内研修も企画しているところでもあり、職員の意識改革や資質の向上を図っているところであります。
 研修の目的は、行政組織力の維持と能力の開発、職員の職務遂行能力の向上などにあると考えます。そのためにも、さまざまな研修やセミナーへの積極的な出席を初め、政策イノベーションに結びつくような先進地視察などにも参加できるよう努めるものといたします。なお、ご指摘の若手職員を対象にしたリーダー育成のための研修につきましても、市町村職員研修所を初め、公益財団法人東北自治研修所や市町村アカデミーなどが企画する研修に積極的に参加するものといたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは再質問します。
 当町におきましては、ふるさと納税をした方はふるさと寄附をした方と比較しまして2倍以上の開きがあります。どこの自治体に納税しているか、調査したことはありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 調査というかこちらで把握はいたしておりますけれども、個人情報の保護の観点から公表は控えさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 24年度はマイナス200万、25年度は70万、これに特典を加算しますとマイナス分はさらに増加します。この3年間、対策を講じてきましたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) この3年間の対策につきましては、ホームページでの広報または民間サイトへの、町長の答弁でもありましたように、民間サイトでの活用ができるような方策等々をとらせていただいております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 当町の特典は、5万円以上のふるさと納税に対して一律5,000円程度の特産品を御礼として贈呈、つまり特典は10%以下ということになります。加えて、5万円以下は特典なし、ふるさと納税を軽んじていたのではないか。努力をせずにとんとんの収支ぐらいになると考えていたということですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まずふるさと納税の趣旨につきましては、町長が答弁いたしましたように、大河原町を応援していただくというのが趣旨でございます。で、それに対する感謝という形で過剰なものとならないような形での返礼というふうな形にさせていただいておりますので、今後このような金額でいいのかどうか、もうちょっと大河原町にも特産品等々がございますので、それらを含めながらもう少し金額低い段階から差し上げるような形で、大河原町をPRしていきたいというふうに考えてございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 例えば、500万円の給与収入の方が、独身者ならば3万4,000円、夫婦ならば3万円以下の寄附であれば、2,000円を除く全額が税控除の対象となります。控除に加えて特典を加算すれば、寄附者本人は収支がプラスになります。ふるさと納税が地方活性化の切り札となり得る理由がここにあります。この仕組みを最大限に利用する。当町では270万の赤字です。特典に魅力がない、魅力的な政策も発信していない。現状ではふるさと納税のデメリットのみが生じてしまいます。静岡県のある自治体でも当町と同様の症状が出ており、改善治療に現在鋭意専念中です。まずは、赤字解消から始めましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 赤字解消になるかどうかはわかりませんけれども、大河原町の政策または特産品等をPRを図りながら、大河原町を応援していただける町外の応援者をつくっていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 課長は、ネットショッピングとかカタログショッピングはお好きですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 好きというわけではございませんが、利便性がよいということで利用はさせていただいてございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) アマゾンなんか、多々利用しているんじゃないですか。
 ふるさと納税の情報雑誌も発刊されております。自治体によっては特典のカタログ、パンフレットを準備し、還元率も納税の金額にかかわらず50%以上、30%以上、50%を還元している自治体があります。納税者には主婦が多いそうです。ネットショッピングの感覚で縁もゆかりもない自治体にふるさと納税を行っております。当町が特典の風潮に否定的であっても、納税者は消費者と受けとめるべきです。消費者心理に歯どめはかかりません。先ほど答弁にもありましたが、当町にはほかの地域に誇れる地場産品が多々あります。27年度予算も6人分しか計上しておりません。これではふるさと納税を軽視していると断じざるを得ません。還元率を含めて特典の充実に思いっ切り着手すべきです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 確かに平成27年度予算では3万円分しかとっていなかったかと思います。それで今後につきましては、先ほど来申し上げておりますように、特典をもうちょっと低い寄附から返礼品をちょっと考えていきたい。それは大河原町の特産品を中心に考えていきたいということと、あと政策をちょっと出しまして、一過性で終わるのではなく、リピーターという形で何回も同じ人がその政策に対して応援をしていただけるような情報発信を行って、ふるさと納税に対応してまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 済みません、課長、政策に関しては6目から質問する予定なので、質問したことにお答えしていただければ結構です。
 さらに今後は、生産年齢人口が減少し年金受給者が増加し、町税の減少は明白です。納税増収の工夫をすることです。マンパワーが不足ならば民間活力を導入したらいかがか、町長にお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は、この制度自体余り歓迎すべきものではないと思っている立場からお答え申し上げます。
 議員もご指摘のとおり、今般大分このふるさと納税が過熱しているというご指摘もありましたし、また納税をした本人の自治体は持ち出しになるといったことで、これは日本全体で考えたら何をしているのかわからない。人手不足ということでありますけれども、これをやればやるほど自治体の職員が忙しくなるばかりでありまして、プラスマイナス何のこともないと私は思っておりますので、そういった意味で先ほどから答弁を申し上げておりますとおり、正攻法で町の物産振興を図ることによって、ふるさと納税を結果としてふえるように、逆に大河原町がふるさと納税をやりますと太鼓をたたけば、町民の方はほかの市町村に寄附をすることに走ることになります。余り私はあおりたくないというふうに考えているところでありまして、特に人口二万三千七百数十名の自治体と何十万といるような自治体では、財政力も違うし物産の種類、量も違います。そういったことから考えて、最初からスタート地点においてそれほど勝ち目のあるものではないと思っておりますので、このふるさと納税制度を政策イノベーションに位置づけることなく、これからも地道な政策でこれから大河原町の発展を考えていきたいと思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 済みません、まだご理解が足りないので、さらに質問を続けます。
 北海道や長崎県のある自治体では、町税市税歳入を超える実績を誇っております。還元率50%やポイント制で加算する仕組みを導入した結果です。当然1億円とは言いません。例えば1,000万円の納税で50%還元しても500万円の歳入として残ります。新たな自主財源確保の切り口となり得ます。それも自由度100%の歳入です。もう「絵本のへや」復活の財源ともなり得ます。町長はふるさと納税に否定的ですが、重ねてもう一度問います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 重ねてお答え申し上げます。先ほど答えたとおり、ふるさと納税システムそのものについて疑問を感じておりますので、これを町の主要な政策として掲げることはこれからも考えるつもりもありませんし、それから税収をふやすのであれば、もっともっとたくさんの方法がございます。今年度は特に滞納金額1億5,000万円を解消することができました。そういったことから考えますと、「絵本のへや」の財源云々を議論するよりも、もっともっと正攻法で税収を上げるようなことに取り組んでまいりたいと思いますし、また産業振興を通じてしっかりと納税額が上がるように、また今回の地方再生総合戦略の中で魅力ある町をつくることによって多くの町外の方が町に来ていただく、そして高齢社会を支えていただく、そういったことによって税金をふやしていきたいということでありまして、町の職員の仕事がふえるだけに私は終わらざるを得ないと思っていますので、そんなことから否定的であるということを申し上げたわけでありますので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 徴収業務だけで財源が豊かになるんだったら、どこの自治体だって県だって、もうとっくにこんなに財源に困ってません。新たな自主財源確保に加えて、その工夫をすることが大事なんです。町長が否定的であっても、先ほど言いましたように消費者の、納税者は消費者なんです、その消費者心理を侮ってはいけないと言っているんです。その結果、何よりも大河原の地場産業や6次産業の活性化、そして雇用に直結してきます。
 町長は否定的ですが、ふるさと納税で地域再生を図るラストチャンスだと考えております。知恵を出せ、そして行動する。何よりも雇用の拡大です。特典を侮ってはいけません。課長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 特典につきまして、地場産品等々を贈呈するというふうな形でそこの中でその地場産品が売れるというふうな状況になってくれば、当然地域活性化につながっていくものとは考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは6目質問します。
 埼玉県のある自治体では、自治体によるクラウドファンディングの取り組みを実践し、長年取り組み続けている環境保全活動への個人参加を呼びかけたものです。財源不足で手つかずの状態になっていた森の再生に、目標金額500万円を設定し賛同者を募りました。ホームページやフェイスブックで情報を全国の不特定多数の方に発信し、ふるさと納税を呼びかけて実績を上げております。このような政策的取り組みは、当町でも可能でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 多分政策的な何かを打ち出しまして、それに対する賛同者を募るというふうな形のやり方だと思います。大河原町といたしましてもそのような何か施策的なものを打ち出しまして、それに対する寄附を募るということはかなり有効な手段なのかなとは思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ただし、先ほどの事例は特典と政策の2本立てです。最初に物に関心がいくことは当然ですし、皆さんの興味を引きつけるという意味では大変いい入り口だと思います。でもそれは入り口に過ぎないわけで、先ほど町長もおっしゃってますように、本来の趣旨は物の背景にあるその自治体のあり方への関心を持ち、共感を持ち、その地域が今後どうなっていくかを参加者として、当事者として加わっていただく、その方向性を当町は打ち出せますか。町長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは一昨年暮れにお認めいただきましたNext大河原ゆめプランの第1項目めに、環境先進都市と掲げております。そのことによりまして、環境に先進的な町をつくる、あるいは第5次長期総合計画の開かれた先進の町をつくる、そういった趣旨でこれまで2年数ヶ月、町政に携わってきたわけでありまして、そういった全国に名前を発信できるような政策を念頭に置きながら日々毎日努力をしているところでありまして、その結果ふるさと納税に結びつけばいいと思っておりまして、正攻法で産業振興、地域発展、それをさらに突き進めていきたいというふうに、今改めて決意を新たにしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 2月28日にソメイヨシノの植樹祭がありました。町補助金は57万円、協賛金を含め事業費は約290万円、この事業はふるさと納税を促進する絶好の機会だったと捉えておりました。事業内容の結果のみを全協で報告されたのでどうにもなりませんでしたが、庁議や政策調整会議では納税の対象にしてはどうか、提案、協議はなされなかったのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) そこまでの議論にはなりませんでした。ただ、今思えば確かにそのふるさと納税の役割の一つというふうな形で、大河原町を応援していただけるものになるものと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 政策を打ち出したとしても、特典の充実が必須アイテムです。同時に、桜まつりは26万人を超える観光客がおいでになります。老樹の治療とか新たな植樹とか、桜樹関連の事業によるふるさと納税を呼びかける仕掛けを構築することです。ぜひクラウドファンディングを募ってはいかがでしょうか。一目千本桜のネームバリューを活用しない手はありません。また、堤神楽や小山田やすとこの伝統文化を対象にしてはいかがでしょうか。町長、否定的でしょうが、取りかかってみましょうよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 2月28日の植樹祭に関しましては、当初町民の有志を募る形で町はスタートしたわけでありますけれども、団体がご協力をいただけるということで、団体が一括してある程度まとまったお金をいただいたということで、話を進めていただきましたので、そのような結果なったわけであります。いろんな考え方がございますけれども、一目千本桜の町の住民である町民が基本的にそれを支えていこうということを、まず基本的には考えておったわけでありますけれども、それが間接的に団体を通じて大きなお金がまとまったということでございます。結果論でありますけれども、そのふるさと納税の対象にすべきであったかということについては考え及ばなかったわけでありますけれども、今後とも桜まつりあるいは小山田やすとこ、堤神楽、こういったものを活用しながら町の地名度を上げていきたいということについては、全くこれまでと同じように考えておりますので、否定的ではございませんので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは7目を質問します。
 ふるさと納税とは直接的なかかわりはありませんが、地域活性、地域再生の観点から質問します。
 まずは、私たちが研修に訪れました富山県氷見市の取り組みです。
 氷見市の若手職員は、ホワイトボードを活用した可視化によるディスカッションやディベートを交わし会議を進めています。アイデアをすぐにホワイトボードに書きなぐり、ワークショップ方式で議論を深めていきます。自立心、責任感を培うための訓練も日常的に実践しております。ここで生まれたアイデアが、地域活性化に貢献しているということになります。流山市も同様です。私もこの取り組みの実効性に大いに共感を覚えております。氷見市は、日本で初めて不要となった体育館を市役所に変身させた、極めて先進性の高い自治体です。10億円も歳出を削減しております。そこで、ホワイトボードを活用した可視化の取り組みを提案します。町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先進事例のお話をいただいたというふうに思っております。
 先ほど来申し上げてます、今度若手のプロジェクトチームをいろいろな形で設定をして会議を行うような形になるかと思います。そういったプロジェクトチームの会議の中で、ホワイトボードを使ったり、いろいろな形の中でワークショップ形式の会議が行われるようなことをまず期待したいと思いますし、そういった職員が育つような町としての研修にも取り組みたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) じゃあ今度のプロジェクトチームはぜひホワイトボードも取り入れてみてください。ポストイットもできるし、欧米の民間企業では当たり前のことですからね。
 質問を続けます。
 先進地事例に精通している町長のことですから、やねだんをご存じですよね、やねだん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) わかりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それじゃあほかの執行機関の方でもやねだんのことをご存じない方がいらっしゃると思いますので、やねだんのすごさを示したいと思います。
 やねだんは、鹿児島県のある自治体の地域にあります。全国から参加者が集まっております。やねだんの取り組みは補助金に頼らない、つまり住民自治で地域再生、地域活性化を推進することをメーンテーマに、若手職員や地域住民の意識改革を徹底して図ることにあります。今までの自治会館での職員研修は効用は低いのではないか、新しいものは生まれないのではないか懸念を私は抱いておりました。先ほど申し上げました地域活性化施策の先進地である氷見市の職員も派遣されております。当町におきましても、やねだんに若手職員を派遣していただきたい。きっとやりがいが生まれますよ、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) やねだんを理解しておりませんので、答えようがございませんので。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それじゃあもう一回、やねだんの取り組みだけをご説明します。
 例えば、やねだんのセミナー内容は、補助金には頼らない、とにかく住民自治に徹する、そして徹底して自主財源の確保にこだわる、それに邁進しているところです。そして、若手職員が将来的にリーダーに成長するための当然実践的な訓練を行い、確保した自主財源を地域住民に還元している現状を参加者が検証してきます。やねだんは、300人のエリアだけでも4,000万円の医療費が削減、さらにお葬式の無料化まで計画しています。この行動力、発想力を若手職員が自分の目で、自分の足で体感できる機会を提供していただきたい。町長、派遣してノウハウを吸収しましょうよ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 趣旨が何となく理解できました。今本町がやっております協働のまちづくりの最先端を行くような形ではないかと思っておりまして、本町といたしましては、これまでどおり協働のまちづくりをする中で、民間の住民の皆さんのお力を得ていろんな公共事業に携わってもらえないかということは検討したいと思いますけれども、いきなり最先端のとこ行って果たしてそれが町にふさわしいかどうかということも、私は検証していかなければいけませんので、当面どういう方法でより住民の方々が行政に参加して協働のまちづくりが進むかどうか、そういったことをこれから研究課題にして進んでまいりたいと思いますので、その研究の中でそのやねだんのことも一つの対象として進めていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 施政方針で、政策イノベーションを促進するため先進地視察を実践するとございましたよね。ぜひ、やねだんを検証して、一考に掲げてください。
 以上で一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先進地事例をこれまで2年数ヶ月相当ふやしてまいりました。それは、町の政策テーマに合ったところを選ぶということでありまして、何もかもあらゆる分野の先進地事例を見ても収束つかないことありますので、それはやっぱり先進地事例の取捨選択もさせていただく中で、政策イノベーションを進めてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 正攻法で結構ですので、まずはふるさと納税、赤字解消だけは図ってください。
 それでは、一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問いたします。
 私の質問事項は1つ、当町の農業の今後についてです。
 当町の農業については、以前も「農業の振興について」や「イノシシなどの有害鳥獣について」など、一般質問をしてきましたが、農業を取り巻く環境は年々日々厳しくなっているように思われます。質問の中で幾度も述べていますが、就業者の高齢化、後継者不足、有害鳥獣による被害、米価の下落、資材肥料の高騰、不安定な燃料費、そしてTPPと将来の不安定要素を挙げたら切りがありません。また、農業従事者は前段述べたとおり高齢者が多く、近年の農業を取り巻く環境の変化には大変苦労しています。食管制度の崩壊以来、減反制度の見直しや戸別保障制度の見直しなど、農政の転換にはなかなかついていけるものではありません。
 当町は、他町に比べて農地面積は小さく収穫高も少ないですが重要な産業だと思われますので、今後の当町の農政について、以下お伺いします。
 (1)町長の目指す当町の農業とは。
 (2)農地集約化が求められているが、当町ではどのような集約をすれば効率のいい農地にできるのか。
 (3)有害鳥獣、特にイノシシ対策は。
 (4)前段述べたとおり農業従事者は高齢者が多く、農政の変化に対応し切れない方へのきめ細やかな対応が必要ではないかと思われるがどうか。
 (5)町長みずからトップセールスになって当町の農産物を広める努力はしているか。
 以上、5点お伺いして、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えします。
 初めに、町長の目指す本町の農業とはとのご質問でありますが、さきの平成26年第4回定例会12月会議でお答えしておりますが、本町においては、立地条件を生かし、水稲を中心に野菜、果樹、畜産等を組み合わせた複合経営を主に推進してまいりました。農業者の高齢化や後継者問題、遊休農地や耕作放棄地の問題などとあわせ、政府の農業政策の改革など、農業を取り巻く環境は変化しており、これら政策を考慮した場合、大規模化や複合経営にシフトしながら中小農家も守っていくことが大事だと考えております。目指すところは環境と人にやさしい農業でありますが、国の経営所得安定対策を基本に、意欲ある農業者が農業を継続できる環境を整え付加価値を高める取り組みの推進等を行ってまいりたいと考えておるところであります。
 次に、農地の集約化についてのご質問でありますが、人・農地プランと農地中間管理事業において、町を一つの地域と定めております。これは、本町の特色でもありますが、耕作する圃場が近いので、集積プランの範囲は地域を区切らず、町を一つとしたものであります。これまでも、担い手への農地の利用集積は進んできました。効率のいい農地となると、小さい区画よりは大きい区画、飛び飛びの耕作地よりは連続している区画となりますが、これらの対策は直ちにできるものではありません。担い手への農地集約化は進んだものの、効率的とはなっておりません。農地の利用には、水稲だけではなく施設園芸もございます。農業委員会や農協、土地改良区等、関係する機関や仮称農業再生化会議などとともに、農家や集落での話し合いなどを通じ、課題解決に取り組んでまいりたいと考えているところであります。
 次に、有害鳥獣、特にイノシシ対策のご質問でありますが、鳥獣被害については仙南地域でも拡大しており、イノシシ等はかなり捕獲はしておりますが、減少傾向とはなっていないところであります。地元猟友会の協力を得ながら対策をしておりますが、会員の高齢化や処分方法等、大変厳しい状況ではありますが、大河原町農作物有害鳥獣対策協議会とともに、被害の減少に努めてまいりたいと考えております。
 次に、農政の変化に対応し切れない方へのきめ細やかな対応についてのご質問でありますが、これまでも生産調整集落説明会や農協の座談会などの場で、制度の説明や相談に応じるとともに、窓口での懇切丁寧な相談に努めてまいりましたが、今後ともきめ細かな対応をしていきたいと考えております。
 次に、トップセールスとなって農産物を広める努力をしているかとのご質問でありますが、販売を広めるということになれば、それに応じた生産体制ができていないと成り立ちません。また、どの作物でもいいということでもありません。むしろ、消費者にとって魅力あり付加価値が高く売れるものをつくらなければならないと考えております。トップセールスということでありますが、本町が単独で実施することよりも、例えば仙南あるいは蔵王という広域で取り組む体制が有効な手段ではないかと考えており、これまでもさまざまな機会を通じ、さまざまな方とお話しさせていただき、広域という話を進めてまいりました。引き続き、幅広いご意見をいただきながら、効果的な振興策を考えていきたいと考えているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 前回も同じような質問をしているんですけれども、その中でもあったんですけども、その当時はTPPに対して反対の請願が出されまして、全会一致でたしか決まったと思うんですけれども、その中で町長も前回のを見ますと、やはり国益を守るために早急な参加は反対ということを表明されたようですけれども、昨今大分その状況が変わりまして、今の状況でいきますとTPP参加やむなしというような状況の部分がほとんどなのかなと思いますけれども、その中で今町長TPPに関してどのようなお考えを持っているか、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) TPPに加入するということは、大変国益を守る上で難しい問題があるということでそのような見解を出したわけでありますけれども、もっと目を世界に転じますと本当にグローバル化の時代であります。そういった中で日本だけが我が道を行くではなかなか済まないという面があるんで、政権も国益を守りながら参加をしていくということでやむを得ない選択だと私は思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やはり今の状況でいきますと、なかなかもうやむを得ない状況に走ってんのかなと思いますけども、その場合、大河原町にどの程度影響あるのか、そういったシミュレーションはなさっていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 輸入輸出といいますかそういった面ですので、当然燃料費といいますかそういった原油価格、あとは円安による飼料の高騰、それもありますし、あとこういった貿易ですから畜産関係への関税を段階的に下げるというぐあいに言われております。そうするとなかなか世界を相手にした畜産ってなりますとこれもまた大変になってくるなと、そういった面、畜産で申せばそういったところと感じております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱりこのTPP参加するとなると、やっぱり当町にもかなりの農産物等でも影響が及ぶのかなと思っているんですけども、また米の自由化になれば、やっぱり稲作農家にとってはかなりの大打撃になるのかなと。その前段としてではないんでしょうけれども、最近の米価の下落というのは本当に今後米農家どうしていくのかなという、本当に不安要素は切りがないところなんですけれども、その中で先に枡議員が質問された中でも、今当町の農業の面積でいくと大体265ヘクタールほどで、農業従事者といいますか農地、農業っていうと約500から600戸あるんですかね、その中でやっぱり中小のほうがかなり比率的に高いのかなと思いますけれども、その中で集約化をやっていくとなると、大体26団体から経営団体でいくと11に絞り込まれていくというような先ほどの回答でしたけれども、その場合、そのほかの農家っていうのはどのように今後なっていくのか、展開をお知らせ願いたいんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 今のこういった政府や県のほうでも、そういった集約というのはある程度8割集約を目指してというぐあいにやっております。当然全部の農地の利用を考えれば、100%集約されてそういった全部利用されてそして効率いい経営をやっていただくというのがいいんでしょうけれども、それぞれやはり小規模農家、早くいえば土地持ち農家っていうんですかね、土地の権利は持っている、ただ使用収益権のそういった担い手さんにじゃあ10年契約でお貸しします、そういった農家という方も当然残ると思います。あとほかには、当然自然農法といいますか、そういったので私はやっていくというような方も当然おりますし、いろんな多種多様といいますか、経営、小規模農家もやはり存続して共存していくんだろうと思います。そういう意味で、そういった集約化というのは8割ぐらいがおおむね妥当な線っていいますか、共存としては今の段階でそのようなことが将来像といいますかね、というふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり集約化していかないと、なかなか難しい状況にはあるんですけれども、やっぱその中で今の試算でいくと今の農家の10分の1くらいでなっていくのかっていうような形の部分ですよね、計算上は。そうなってくるのはありますけれども、その中でやっぱり集約化するには、やっぱ飛び地ではなかなか難しいものがあって、やっぱまとまった土地、やっぱりせいぜい沢ごととか一つの部落とか、そういった単位でやっていかないとなかなか難しいのかなと思いますけれども、その中でやっぱり先ほど言われたとおりに無農薬で有機栽培等々をやる方がいるとなると、そこはどうしても飛び地になったりしてくるような状況に陥るわけですよね。そうするとそこのところだけ、そこがあることによって集約化できないという部分も出てくる可能性があるんですけれどもその辺の、農政としてかかわってその辺の橋渡しをするようなことをこれからやってく、町としてやってくつもりなんですかね。それともその辺はある程度農家に任せて、集約できるところをどんどんやっていくような形でもっていくのか、その辺お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 実は、新しい制度の農地中間管理事業の中で、そういった貸し手・受け手だけじゃなくて、そういった土地の隣の土地をお持ちの方もそういった制度に、「じゃあ私場所を交換しますから、してあげます」というような、そういった協力者に対する交付金という制度も今回の農地中間管理事業では出ております。そういった集積をさらに加速させるということで、お隣の方に声をかけてというぐあいにもうそういった仕組みもあるんで、さらに今までと違うまたさらに集約化ができるんじゃないかというふうには思っております。ただ、いかんせんその土地に関しての愛着というんですかね、それぞれこれまでそれぞれ生産の仕方が違っております。いろんな肥料や成分やあとつくる品種、あとはこだわりぐあいというようなところ、そういった違いも圃場ごとに経営者ごとに違っておりますので、なかなかそういうプランを、お金といいますか交付金ありますよというものの、これもまたすぐに場所交換してけらいんっていうようなこともなかなか言えませんで、そういったのをやはりコーディネートしていく方、そういったところの推進といいますか、そういうのが必要になってきてある程度集約が進んでいくということで、そんなにすぐに短期間でというわけじゃなく、そういった制度もやはり、「では協力します、大変だよね」というぐあいに理解を得ながら進めて、そういった集約化も進まっていくのかなというぐあいに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 集約化に関してですけども、やっぱり今農家でかなり収入も、米価が下がったことによって収入が大分下がってもう意欲を失っている農家もかなり多いんですよね。そうしていくと、この集約化の前に耕作放棄の部分がふえてしまうと、これは1年2年荒らしちゃうとこれを田んぼに戻すのが非常に大変になってくるわけなんですよね。ですから、荒れる前に集約していかないと、一旦荒れた部分をまた田んぼに戻してまた集約化ってなってくると、そこが置いていかれるとますます集約化に難しくなる状況になってくると思うんですけれども、だからやっぱ早目早目にそういった部分を取り組まなきゃないんですけれども、その取り組みというのどうなっていますかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) そういったところの対策ということでありますが、そういったなかなか国の事業もそういった箇所までは及ばないという、対象にならないということで、この辺は以前からもいろいろ対策をというぐあいに言われておりましたが、際立ったそういった対策は本当に見出せていないところであります。そういったところを各方面とそういった地域の方ともいろいろ話し合いを進めながら、こんな手はどうでしょうかとかそういったプランをいただいたり、反対に試験的なそういったモデル地区、そういったところなんかもいろんな検討で出ておりましたが、そういった打つ手はいろんなところを、これだというのはございませんが、その地域その地域でもっての対策というのを、小さい対策になりますけれども相談しながら見出してちょっと解消、耕作放棄地にならないそういった手を早目に打っていきたいというぐあいにというふうには、各いろんな組織ともどもそういった考えでいるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ぜひとも、そんな耕作放棄地がどんどんふえてく状況にならないように、前もってやっぱ手は打っていかなきゃないのかなと思いますし、またあと農家に対しても結局さっきのきめ細かな情報を発信していかないと、なかなかわからない農家も多いんで、また高齢者だとそういうプリントよこされてもなかなかそれを見たりしないもんですから、やっぱそういった座談会とかを積極的に開催して、これからの農業っていう形でやっぱり取り組んでいかないと、なかなか皆さんにわかってもらえないのかなと思いますので、その辺ちょっときめ細かにやっていただきたいと思うんですけれども、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えいたしましたとおり、集落座談会などきめ細かく開催しておりまして、その中で全ての方に農業をしっかりと続けてもらえるように、これからもきめ細かい対応をしていきたいということは変わりなくやっていきたいと思っています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 続けてもらうというよりは、ちょっと集約化していかなきゃないんで、なかなかその辺を提供してもらえる人には提供してもらって集約を進めていかないと、なかなか大規模化にもならないし、これからの担い手も育っていかないと思うんですよね。ですから、そういった座談会の中でもこういったものがあるんで提供してもらえる人は提供してください、また意欲のある方は積極的に支援しますよという形で支援策とかこういったメニューがあるとかっていうのを積極的に出していただきたいんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これも先ほどの私の答弁の中で答えておりましたとおり、これからは集約化あるいは大規模化あるいは複合経営、こういったことを町として掲げておりますので、そういうことに対して積極的に皆さんになっていただけるように、十分な説明を加えていきたいということに邁進していきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) それから今度、多面的機能支払交付金なんですけれども、こちらのほうちょっとなかなかわかりづらい部分がありまして、今この大体こちらのほうの農地維持支払という形だと、枝払いとかまた水路の草刈りが主な仕事になってくるのかなと思いますけれども、そちらのほう今大体は支部でやっているような状況で、支部のほうに町より事業委託金また黒沢尻用水のほうからの委託金なんか出てると思うんですけれども、結局その分がなくなって、この多面的機能支払交付金でその構成団体をつくればそちらのほうに委託するというような考えでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) そのとおりであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その場合、この構成員の名簿とかまたその活動する団体ですね、それを新たにつくらなければならないのか、それとも支部がまるきりそれを請け負っていいのか、その辺をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 先ほど枡議員さんのところでもお答えしましたが、27のそういった農家支部がございまして、私どもの推進としては10のエリア、10の地区というようなことで進めておりましたが、そういった実施団体といいますか実施体としては、その小さい農家支部であっても可能というぐあいになります。あと構成員としましては、当然そういった地権者の方の賛同、そういった土地の方のところに入るので地権者の方、あと実施体、実際にその作業をする方、そういった方が構成員というぐあいになります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうするとこの多面的機能支払交付金の団体というのは、支部の団体でもいいということなんですかね。支部がそのままこの団体になって、その場合委託の部分っていうのはその支部の管轄の部分ていう形になるんですかね。その委託、結局水路の草刈りであったり枝払いという範囲ですね。その辺はどのような形になっていくのか。その辺もお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 実はこれまでそういった支部のほうには、例えば江払いや草刈りといいますと幹線なりそういった線なんですね。この線をやってくださいみたいな感じで、それに対して交付しておりました。今後こういった多面的というようなことになれば、そのエリアの水田といいますか農地を維持していくというぐあいになりますので、その農家支部というようなことでも体制はいいんですけれども、じゃあどの範囲までしましょうかというとなかなか、先ほどもちょっと申し上げましたが、そういったAの支部さんからBの農家支部さんへの出作・入作とか、そういった関係がちょっとあったりするので、一概にA農家組合の範囲というのを線引きを決めるのもちょっとなかなか難しいところでして、そしてその線引きを決めましたらその中のをもうすっかりやっていく、そういった排水路、あとは道路脇のとか、そういったぐあいにちょっと今までとはまた違ってきます。今までは線ていいますかね、路線でしたのが、今度は維持する面、範囲というぐあいになるんで、そういう面なかなかきれいに27、例えばお宅の農家支部でしたらここまでというようなご提案もなかなか難しいですし、その辺が構成組織、体制としてはいいんですが、じゃあどこまでしようかというところで難しい面がございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっとわからなかったんですけれども、結局面はわかるんですよね、エリアっていうか支部を超えても結局こっからここまでの範囲というのを、決め方といいますか、結局この構成団体つくった場合、結局その構成団体に委託するのはどういう決め方で委託するのか、どのような形で、エリアを決めて委託するのかそれともその団体を決めたところの中での委託なのか、その辺ちょっとお聞かせ願いたいんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) そのエリアについては、町のほうでここまでやってくださいっていう形でのご検討をいただくというぐあいになります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうするとその団体、今であれば支部が一番手っ取り早いんでしょうけれども、その支部にその支部の部分を委託するような形が一番望ましいと思うんですけれども、そのような形の考え方でよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 実は、そのなかなか今までやってもらっている路線というのは、かなり今入り組んでといいますかなんかがありまして、その辺この条件も今度また変わってきますと難しいんですんで、でもそういった支部として取り組みたいということであれば、じゃあここまででお願いしますっていうような区分け、そういったところではきっちりこちらで明示してといいますかね、していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その辺がちょっと一番やっぱり今後問題になってくるのかなと思うんですけれども、受け入れ先としてみればどの辺までやんなきゃないのか。また支部なんかも高齢化進んでますんで、やっぱり団体つくったはいいわ、高齢化で今度誰も人出てこねくなった、じゃあどうするんだっていう部分が出てくると思うんですよね。やっぱその場合、結局27の団体を10ぐらいっていうのはわかるんですけれども、それどことどことをくっつけるのかとか、そこのところでくっつけていいのかっていうのも今後出てくると思いますので、農政課のほう大変でしょうけども、それをちょっと主導的にやっていかないと、今後なかなかくっついていかないのかなと思いますんで、その辺よろしくお願いしたいと思います。
 あとは、今年度も塩化カリウム配布するような形になったと思うんですけれども、その場合、これ農家にまいてもらって材料的には仙南全農を通して配布されると思うんですけれども、この代金ちゅうのはやっぱり、今後東電に求めていくような考えなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) この辺、実は始まってから3年間は国の交付金対象というようなこともございました。あと、その後は今特別交付税みたいなそういうのもございますし、あと当然そういったものが措置なければ、東電のほうに請求と言う形で考えていきたいと思います。あとは、あわせまして来年度どうするか、そういったところについては、また今年土壌検査も実はやっておりますので、そういった結果を見て来年は判断したいというふうにしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 土壌検査もしっかりやっていかなきゃないんでしょうけれども、やっぱりこの風評被害というのはかなりありますんで、近隣と合わせていかなきゃないのかなと思いますけれども、やっぱ近隣と合わせてまくものはまく、そしてやっぱりかかった経費はやっぱり東電に請求するのが当然だと思いますので、その辺安全対策室もありますし、その辺で検討していただきたいと思います。
 あと、イノシシの問題ですけれども、やはりこれなかなか前回も言っていますけれども、ちょっと余り進んでないように思われるんですけども、やっぱりこのイノシシ駆除していくのが一番いい方法、やっぱり駆除するしかないのかなと思いますけれども、これ大河原単独でやってもなかなか、やっぱりほかから入ってきますしほかに逃げていきますし、なかなか大変な問題あるんで、本来であればやっぱ広域で取り組むべきものだと思うんですけれども、その中でやっぱ広域、特に町長、ほかの首長同士でどういった話し合いなされてますかね。そういった形の話は出てないんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これまでのところ、連携して取り組むというようなことの話はなかった、ありません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱこれ連携して取り組まなきゃない大きな問題だと思うんですけれども、やはりどんどんふえてってるわけですよね。やっぱり有害駆除の被害状況、現状、また捕獲目標でもかなり、大河原町は60頭ですかね、また村田町も60頭、柴田あたりは目標頭数100頭、やっぱりその辺まで目標しているわけですから、この3町合わせてももう220頭ぐらいの捕獲目標を掲げているわけですよね。その場合、やっぱりこの処理方法というのはかなり問題になってくると思うんですよ。やっぱり今捕獲して殺処分しても、その場に埋設するような形をとってるのがほとんどだと思うんですけども、やっぱそれじゃやっぱりまたほかの野生動物に荒らされたり、結局掘り起こされてまた散らばったりして、非常にその二次被害も出てるようですので、やっぱこれ処理加工場、今蔵王町と白石に予定があんですかね、それなんかは多分カットして処理できるような大きさにして焼却処分場に持っていって処理するような形だと思うんですけども、事あるごとに言ってるんですけれども、いつも引き合いに出しますけども、栃木県の那珂川町、ここでやってる加工場ですね、こちらはイノシシをとって肉として加工して売って、その収益で事業を行っているような状況ですけれども、これ前行ったときの資料なんでかなり古くはなってますけれども、やっぱこれ見てもやっぱ総事業費3,765万円、約4,000万弱の事業で、2,800万の補助事業でやってるわけですけれども、やっぱその中でやっぱ200頭前後で前はとんとんなったみたいなんですけれども、収支ですね、歳入と歳出で200頭前後でちょうどとんとんかなっていう形の部分でやってたみたいなんですけれども、最近はやっぱり値段が下がってるし、やっぱ放射能の影響で全頭検査とか経費がかかるんで、今や赤字の部分が多いみたいですけれども、ただやっぱり200頭以上だとそれなりの収入があって、やっぱり町の持ち出しなんかも200万前後で済んでるようなんですけれども、それをやっぱり3町でやったりすれば、本当に1町の負担というのは少ないと思うんですよね。やっぱ広域的な取り組みで、3町であったり、また多くとるんであれば角田、丸森なんかと共同でもいけるのかなと思いますし、やっぱ範囲的に見ると那珂川町500キロだったのかな、250ですかね、大河原の10倍か20倍ぐらいの面積だったと思ったんで、それの中で結局生きた状況でとりに行って、その場で殺処分して、その場で冷凍庫で運んで加工して売れる肉をつくるというような形で、あと売れない部分はもちろんカットして処分するんでしょうけれども、やっぱその中で200頭を超すとそれなりの収入になってそんなに赤字は出ないという部分であるんで、やっぱそういった検討も必要かと思うんですけれども、町長どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 本町あるいは柴田、村田の捕獲したやつを食肉として売るということでありますけれども、これ売れるもんなら検討はしてもやぶさかではないとは思うんですけれども、売れる保証は今のところ全くありませんので、放射能の影響で。ということで、これはまだ現段階では検討もしておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) もちろんこの那珂川町も結構放射能の影響があったところみたいで、やっぱその後全頭検査をして、やっぱり放射能が出ない、そこどこで張ってるやつ、ちょっと古いやつですけども、検査機関、栃木県で放射性物質検査済み、こういったのを張ってラベルを張って売ってるみたいなんですけども、売り先なんかもやっぱり大分いろんなところに出さないと、またあと部位によってかなり値段がばらつきがあるみたいで、やっぱいい肉の部位は早く売れてしまって、やっぱ残る部分はなかなか売れない部分もあるんですけれども、そういった形でやっぱりいろんなところに、大河原町なんかもいろんな飲食店もあることなので、その中でブランドとして大河原でイノシシ、安全なイノシシだっていう形で売り出し、また肉なんかも最終段階として本当にこれイノシシの対策なんで、ある程度費用かかっても安く、本当に下手すりゃただみたいな値段で提供して使ってもらうのも手なのかなと思うんですけれども、その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 風評被害を考えますと、たとえ全頭検査をして安全だと言ってもこの地域でとれたもの、もともとの大河原町出身のイノシシではなくて、原発周辺からも逃げてるということを考えますと、この辺でとれたやつ売ろうとしても、もうこの地区から売るということは私はもう現実的ではないと思いますので、それは控えておきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうするともう、今つくってる蔵王町また白石みたいに、まるきりカットして焼却処分するような施設をつくらないといけないと思うんですよね。今現段階でも埋め立てっていったってなかなか難しい、それが60頭100頭になってくると埋める場所もなくなってくるんですよね。そうなってくると、そういった加工場は必要になってくると思うんですけれども、その辺の検討もされてないということなんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 捕獲したものについてはその場で埋めるか、今後は細かく切って角田の衛生センターにお願いをして焼却するということを検討しておりますけれども、イノシシの対策だからといって売れるようなことになればこんなありがたいことはありませんけれども、現実的な問題では全くないと私は思っておりますので、これまでどおりの方法でやりたいというふうに思っておりますし、大量にふえれば分割するところが必要になるかもわかりませんけれども、今のところ頭数もそれほど多くないということでありますので、現在のところはそういう処理場は一切考えてないところでございますので、理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ふえてないと言いながらも今後ふえる予定は非常に多いわけですよね、イノシシ。また分布もかなり広がってますし、これは先手先手でいかないとなかなか難しい部分があるので、本来であればそういった検討もしていただきたいんですけれども、町長にはその検討の意思もないみたいなので非常に残念でありますけども、今後よりよい農政をお願いしまして、私の質問を終わりたいと思います。
 ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時35分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年3月10日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------