議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2015年1月27日(火):平成26年第4回定例会(1月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 本日1月27日は休会の日ですが、議事の都合により、平成26年第4回大河原町議会定例会1月会議を再開いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、庄司 充君、万波孝子さんを指名します。
 これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の氏名・職、配付したとおりであります。
 これで諸般の報告は終わります。
 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 私からは行政報告2件行います。
 まず1点目、平成26年12月9日に大公下26-3神山マンホールポンプ等設置工事の入札を執行しましたので、その状況についてご報告申し上げます。
 この入札執行結果及び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上、ご報告申し上げます。
 続きまして、火災が発生しておりますのでご報告申し上げます。
 1月15日午前4時10分ごろ、大河原町金ケ瀬字中川原75番地1、株式会社こんの仙南営業所において、鉄骨造工場1棟を部分焼する火災が発生しております。1月15日午前5時59分に鎮火いたしました。出火原因につきましては、現在、警察と消防にて調査中でございます。
 この火災に際して、消防署よりポンプ車6台、指揮車1台、水槽車1台、救急車1台、署員29名、消防団からポンプ車1台、小型ポンプ積載車8台、団員40名が出動しております。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長から行政報告の申し出がありました。これを許します。教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 私のほうから行政報告をいたします。
 学校給食において異物が混入する事案が発生しましたのでご報告いたします。
 1月20日の給食で、大河原小学校4年3組で配膳していたガーリックポテトの中に金属片(長さ約1.5センチメートル、太さ約1ミリメートルの針金状のもの)が混入していたものであります。配膳中に発見し、けが等はありませんでした。
 異物は、厨房機器や器具を扱う専門業者が関係する全調理器具の調査を行った結果、給食センターで使用している「すくい網」の一部が破損したものと特定されました。ほかの調理器具には破損等はありませんでした。
 今後はこのような事故が起きないよう、使用する調理器具等の日常点検の強化等に努めてまいります。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。
 質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 日程決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、日程決定の件を議題といたします。
 お諮りします。1月会議は本日1日にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、日程は本日1日と決定いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 報告第30号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 (仮称)
                 大河原町西地区交流センター整備工事)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、報告第30号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 (仮称)大河原町西地区交流センター整備工事)を議題といたします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第30号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年6月19日の平成26年第2回大河原町議会定例会6月会議において議決をいただき、株式会社枡建設と契約いたしました(仮称)大河原町西地区交流センター整備工事の工事請負契約金額を427万5,720円増額し、5,994万円から6,421万5,720円に変更し、平成26年12月22日に専決処分をいたしましたので、ご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、試験くいを施工し支持層の確認を行った結果、くいの長さが変更となることや外構駐車場部分の舗装工事ほかの追加変更を行ったものであります。工期につきましては36日間延長し、平成27年1月30日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 報告第31号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下
                 (災)25-9)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、報告第31号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下(災)25-9)を議題といたします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第31号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年1月16日の平成25年第5回議会定例会1月会議において議決し、さらには平成26年3月20日において消費税率改正による契約変更の専決処分を行った大公下(災)25-923都災第2715号外下水道災害復旧工事の工事請負契約金額を482万9,760円減額し、1億6,092万円から1億5,609万240円に変更し、平成27年1月19日に専決処分いたしましたので、ご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、工事着手前における下水道管渠の再調査の結果、復旧延長が減となったこと等による変更であります。なお、工期につきましては36日間延長し、平成27年1月30日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 報告第32号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 仙南夜間
                 初期急患センター整備工事)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、報告第32号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 仙南夜間初期急患センター整備工事)を議題といたします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第32号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年8月12日の平成26年第2回大河原町議会定例会8月会議において議決をいただき、株式会社武藤工務店と契約いたしました仙南夜間初期急患センター整備工事の工事請負契約金額を255万2,040円増額し、9,050万4,000円から9.305万6,040円に変更し、平成27年1月19日に専決処分をいたしましたので、ご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、利用者を誘導するための案内看板の設置や内部の電気温水器設置の追加変更を行ったものであります。工期につきましては28日間延長し、平成27年2月27日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の説明で変更後増額なった理由はわかったんですけど、これは当初の段階では、これはどうだったんですか。やっている中でというよりもなんか聞いてますと、これは当初から重々わかってた、わかってて当然でないかなと思ったんですけど、ちょっと私の受けとめ方がよくなかったのかどうか、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、案内看板の設置につきましては、急患センターの前に看板を掲げるというような当初の計画でおりましたが、中核病院の救急患者との混乱を避けるために、敷地の角、それから正面玄関、あと北側の救急外来のところにも案内看板が必要であるというような協議の中でそのような提案がなされ、それに基づいての設置を増設といいますか、することになりました。
 あと、電気温水器の追加につきましては、当初診察室のみというふうに考えておりましたが、やはり診察室に限らず全館を温水にすべきというような協議によりまして、全館を温水器を設置するというようなことに決まったものでございまして、それに伴う変更でございます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 変更というのはよくあることなので驚いてはいないんですけれども、看板についてはわかりましたけど、この全館温水、これは私は最初からあって当然だったかなと実は思います。そいで、できるだけ、何つうんでしょうか、精査をして、何つうんでしょうかね、今財政も困難なのでそういう観点から当初から厳しく、設計する段階でそうだったのかどうなのか、もう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議員ご指摘なとおり、当初につきましては、極力経費を削減するというような方針のもとに必要最小限の温水箇所を想定したわけでございますが、やはり診察室に限らず、医師等が使う場所はさまざま全館にわたるわけでございまして、そのような観点から今回の変更となったものでございまして、その点ご理解をお願いしたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これ、場所の選定からかなり急ぎ足で試運転から本営業に向けて進んでると思うんですけども、大分ちょっと業者さんにも負担かかってるようなんですけども、その点、企画財政課も毎日のように行ってるかとは思うんですけども、本当に試運転から間に合うんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 担当のほうでは建設業者等と打ち合わせをしておりまして、1月末竣工というようなことでほぼ予定どおりというようなことになっております。
 ただ今回の看板とこの温水器につきましては2月27日でございますが、診療開始日につきましては3月9日ということで決定しておりまして、看板のほうは若干おくれる、その27日までの間では終わるんですけども、若干おくれるというようなことでございますが、温水器については十分間に合うというようなことを聞いております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 温水器とか看板とかいいんですけど、最初から掘ったっけボックスカルバートでできたとか、いろんな形で支障のあるものが事前にどうしてわかんなかったのかとか、さまざまおくれの原因とかあっと思うんで、労働災害等々起きないように業者さんの負担も踏まえて、オープン3月9日ですか、に向けて、その辺よく執行部には配慮していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第87号 大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運
                 営に関する基準を定める条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第87号大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第87号大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に係る基準を定める条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 平成24年8月、子ども・子育て関連3法が国会で成立し、法の施行日を平成27年4月1日とする子ども・子育て支援法の施行期日を定める政令が1月23日に公布されたところであります。
 このことに伴い、国の基準を踏まえまして、子ども・子育て支援法第34条第2項及び同法第46条第2項の規定により、本条例を定めるものであります。
 詳細につきましては子ども家庭課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、議案第87号大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 条例制定の趣旨でございますが、町長提案理由で申し上げましたとおり、平成24年8月22日に子ども・子育て関連3法が公布され、平成27年4月から子ども・子育て支援制度が開始となります。この関連3法の子ども・子育て支援法第34条第2項の規定により特定教育・保育施設の運営に関する基準及び同法第46条第2項の規定により特定地域型保育事業の運営に関する基準を条例により定め、良質かつ適切な内容及び水準の特定教育・保育及び特定地域型保育の提供を行うことにより、全ての子供が健やかに成長するための適切な環境が確保されることを目的とするものでございます。
 内容につきましては、去る平成26年11月26日に開催されました全員協議会において、不十分ではございましたが、ご説明させていただいたところでございます。
 それでは、条文について説明させていただきます。
 まず、第1条(趣旨)でございますが、これは子ども・子育て支援法第34条第2項及び同法第46条第2項により条例を定めることとしたものでございます。
 第2条は、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準でございますが、本条例は基本的に国に準じることとされ、地域の実情から必要がある場合にのみこれに上乗せなどを行えることとなっております。当町におきましては省令に準じた規定といたしますことから、省令に準拠するという内容でございます。
 それでは、省令の概要について若干ご説明させていただきます。
 省令の構成は52条に及び、2つの類型、1つは第2章で規定しております特定教育・保育施設、いわゆる確認を受けた幼稚園、認定こども園及び保育所の施設の運営に関する基準並びに第3章で特定地域型保育事業者、いわゆる小規模保育事業者等の運営に関する基準を定めてございます。
 まず、第1章(総則)は趣旨、定義、一般原則の3条から構成されております。
 第2章は特定教育・保育施設の運営に関する基準を定め、第1節においては各施設における就学前子供の第4条第2項各号における利用定員を定めることと規定しております。第2節運営に関する基準では、第5条から第12条まで設置者の責務を定め、第13条においては利用者負担額の受領、第14条施設型給付費の保護者への通知を定めております。第15条より第34条まで特定教育・保育に係る施設の運営指針を定めてございます。第3節は、第46条第2項各号の認定を超えた施設利用の基準を第35条、36条において定めてございます。
 第3章特定地域型保育事業者の運営に関する基準につきましては、第2章特定教育・保育施設の運営に関する基準に準拠した内容となってございますので、説明は省略させていただきます。
 次に、条例第3条につきましては、この条例に定めるもののほか必要な事項は町長が定めるといたしました委任規定でございます。
 次に、附則の施行期日でございますが、町長提案理由でも申し上げましたとおり、この法律の施行日につきましては平成27年1月23日に政令が公布され4月1日から施行されることとなりましたので、本条例(案)を提案させていただくものでございます。今後、新制度の施行に当たりまして本法及び省令の改正も予想されますことから、その改正に時間差なく対応すべきものと考えましてこのような条例の構成としたものでございます。
 なお、昨年11月10日より12月1日までの間、子ども・子育て支援新制度に係る基準を定める条例(案)のパブリックコメントを募集を行いましたが、町民の皆さんからのご意見、ご提言はございませんでした。
 以上申し添えまして、詳細説明とさせていただますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今提案されておりますこの条例の制定ですけれども、子ども・子育て新制度ということですが、1つはこの前の全協でもいろいろ、先ほど課長から不十分ですけどもということで説明、膨大な資料をいただいて説明があったんですけど、その中でちょっと大事なことなので伺いたいていうふうに思います。
 1つは、この認定こども園というのが今度出てくるんですが、我が町はこれから、27年28年と今後ですけども、これ出てくるんですか、認定こども園というのは。それが1つ、伺います。
 それから、この新制度というのは待機児童の解消というふうに、これ言われていますよね。この前12月で議会で私取り上げたときに、待機者あのときで581人、500人に対して81人がふえていたわけで、入れないというか、その後、今の現状で何人ぐらいいるのか。そして、待機児童の解消にこれが本当に役立つ制度なのかということを、実際の問題として2点目に伺いたいと思います。
 それから、この前いただいた資料の1-2の4番、No.4ですけれども、ずっとこれ見ますと、国の基準に町は全部参酌するということですよね。全部、町独自のものっていうのが1つも見当たらないんですけれども、その中でこの4番の中にですね、1号認定とか2号認定、3号認定ちゅふうに今度子供たち、それぞれの必要量、保育の量とかによってこうなるんですよね、分けられるんですね、3つにね。こういうのも初めてなんですけど、この中でなんか認定こども園になった場合ですね、これ幼稚園も含んでるちゅうことなんですけど、わからないから聞くんですけど、これ抽選とか先着順とかですね、何かいろいろこう選考するに当たってのその設置者の理念というのがあるんですが、こういうものもまだ町では、今のところ把握しているんでしょうか。これ、提案するに当たって。ちょっとわからないので伺いたいちゅふうに思います。
 それから、No.9の中にこの上乗せ徴収等の取り扱いというのが改めて出てくるんですね。これは認定こども園がなればそれも該当します。それから幼稚園、それから保育所というのも対象になってくるんですが、これも我が町では国の基準と同様となってますが、こういうことも町、何て言うんでしょうか、方向としては出てるんですか。これもこのように出てくるのかどうかですね。それもちょっと次に伺っておきたいちゅふうに思います。
 それから、あと2つなんですけど、もう一つは26番目の事故発生防止、発生時対応というのが出てくるんですね。これまでにも大きな事故っていうのは聞いたこと、小さな、子供ですから事故というのはよくあるんですけれども、この中に事故発生防止のための委員会というの出てくんですね。この委員会というのはどういう方でつくるんですかね。もう条例の制定なので、その中にこれが全部入ってるので伺いたいちゅふうに思います。
 それから、ページの6ページのですね、今回この中に特定地域型保育事業者の運営ということもこれも盛り込まれておりますが、要するに小規模保育ですよね。で、この中で大河原町では、お知らせ版、広報にも載ってましたけども、小規模事業これやっていくんですよね。実際問題として何事業者になんすか。これ27年度からスタートするんですか。そのことも、そしてこの中にAとかBとかCとかという、これまた小規模が3つの型に分かれているんですが、その辺の該当、何型になるのかも教えていただきたい。
 そいから最後です。この認定こども園が仮になるとしますと、小規模もそうなんでしたけど、今まで保育所というのは全部窓口で入所申し込みをして、そして調整してましたね。これは児童福祉法に基づく、町が責任を持ってやるということなんですよ。これが認定になりますと直接なんですよね。直接町を通さないでいくんです。そうしたことでこれも時々そうなっていくのかどうか。そうしますと、例えば町から離れますとね、いろいろ懸念されるんですが、保育料、いろんな事情でおくれたり滞納っていう方が実際おりますよね。認可保育所でも今まであったのかどうかわかりません。町立の場合はありましたね、桜のときも。だから、そういう人たちも、今度は事業者にとってはやはり経営も厳しくなるので、やっぱり守る、何て言うんでしょうか、いろいろとそういう点も、何て言うんでしょう、子供、親の経済状況でこう、ある面で視野に入れて、誰を利用者を確保するかということもなんか出てくるようなことが非常に懸念されております。現にやっているとこでもそういうことが全国的には起きているので、こんなことが町でも起きてくるのかどうかですね。突然これ出てきて町も非常に担当課も大変だということは、直接お話も何度かしましたけれども、本当に感じている中での質問です。質疑です。お答えできる範囲で結構ですので、よろしくお願いしたいちゅふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) まず、第1点目の認定こども園の動向についてでございますが、27年度は本町において認定こども園を設置する動きはございませんが、既存の民間保育所2園が28年度から認定こども園に移行を計画しておるということは聞いてございます。
 第2点の待機児童の解消に役立つ制度か、並びに現在の待機児童の状況についてでございますが、まず、現状の待機児童の状況につきましては、1月末現在、26年度の1月末現在では現在33名の待機児童がいらっしゃるということで、0歳児の方が18名、1歳児の方が7名、2歳児の方が6名、4歳児の方が2名というような形でございます。また、新年度、平成27年度からの待機児童の見込みでございますが、これについては39名という数字になっておるということで、この中でもやはり0・1・2歳児の待機の方が多く発生するというような現状でございます。
 で、この新制度がこの待機児童解消に役立つ制度かというようなことにつきましては、現在この待機児童につきましては認可保育所の中での利用調整を行った結果ということでございまして、今後後段のご質問にも関係ございますが、小規模保育事業、これを27年度から1カ所実施することがおおむね決まっておるところが1カ所ございます。この小規模保育事業所で15名程度の0・1・2歳児の待機児童の解消を図りたいというふうに考えてございまして、あと、ただいま計画段階ではございますが、年度途中で小規模保育事業を大河原町で実施したいという事業者がちょっと現在話を進めておる途中でございます。で、この小規模事業保育等を活用いたしまして0・1・2歳児の待機を解消させたいというふうに考えてございますことから、現状では認可外の保育所いわゆる託児所ということで国等、町からの給付はございませんでしたが、これが町の確認した施設ということになれば町からその事業費について給付されるということで、大変既存の施設にとっては運営上も安定するというようなことで、安定した保育の供給ができるというふうには考えてございます。
 第3点、基準が国の参酌でということで認定こども園の区分でございますが、認定こども園につきましては、これは1号認定の子供たちも保育園に入れるというような考えでいていただいて結構だと思います。本来であれば3歳以上の保護者の居宅にいるご家庭、保育が必要でないお子さんは幼稚園に参るわけですけども、認定こども園はその幼稚園の子も入れる枠を定員枠を設置いたしましてそこのところに入れると。ですから、1号認定、2号認定、3号認定の子供が全部この認定こども園でお預かりできるというようなことで、その選考の基準につきましては、本来であれば町が保育認定を受けたい保護者のほうに支給認定書というものを交付いたしまして、保護者が直接施設とのほうに申し込むというような形でございますが、それではなかなか施設、保護者、全体的な町の保育の必要性から鑑みました場合弊害が生じると考えておりまして、今後とも町のほうで積極的に利用調整にはかかわっていきたいというふうに考えてございます。
 ただし、1号認定、教育部分につきましては、現状の幼稚園のとおり直接施設との申し込みというようなことで考えてございます。2号認定、3号認定の保育部分については、町が積極的に利用調整にかかわっていくというようなことで考えてございます。
 次に、4点目、上乗せ徴収の件に関しましてですが、上乗せ徴収に関しましては、これにつきましては、保育の質の向上等に資する場合ですね、上乗せ徴収が認められるというようなことになっておりまして、それも認められるということですから、誰が認めるのかということになります。それにつきましては、各施設のほうでこの金額が妥当であるかということを町と協議しまして、町がそれを認めるというようなことになるものでございます。
 で、この上乗せ徴収の現状ですが、実体的には今の延長保育が上乗せ徴収の対象になろうかと思います。あと、またそのほかに実費徴収というものがございますが、この実費徴収というのも、現在、第一光、第二光では主食ご飯もお子さんたちに提供しておりまして、その主食分については実費をいただいておるというようなことで、基本的には現状と変わらない負担になるというふうに考えてございます。
 あと、第5点目、事故発生防止の委員会の構成ということでございますが、今度の新制度におきましては、その特定保育・教育施設等においてそのサービスの内容等を評価する評価委員会というものを設置しなければならないということになってございますので、その評価委員会と併任させるのかどうかというようなこともあろうかと思いますので、今後各施設とその構成等については均衡のとれた構成にしていきたいというふうに考えてございます。
 第6点目、小規模保育の大河原町における方向性でございますが、第2点目の待機児童の解消についてもお話しいたしましたが、27年度当初から1カ所定員約15名を計画してございます。年度途中からもう1カ所ということでございます。この27年度当初から開始されますのが、標榜しておるのはA型ということで計画しておるとなっております。で、年度途中につきましては、今何型にするかというのは調整中でございまして、事業者のほうではB型を標榜したいというような話でございました。今後協議の進めていく中でまたご報告できればご報告させていただきます。
 認定こども園の保育と町の関与についてということでございますが、先ほどご説明いたしましたとおり、認定こども園の保育の部分、2号認定、3号認定については町が利用調整については積極的にかかわってまいります。
 あと、保育料の滞納関係ですが、保育料につきましては、認定こども園の2号、保育園、私立保育園は自治体と保護者が契約するということになりますので、あと公立保育所は保護者と施設が契約するということで、保育につきましてはあくまでも町と保護者の契約ということで、その保育料の徴収も町が行いますよということとなります。ただ認定こども園のその1号認定、教育部分については施設との契約となろうかと思いますので、その辺は、今後28年度からその第一光、第二光の子がどのような定員枠で認定こども園に移行していくのかということは、今後協議をよく進めさせていただきたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、課長から答弁いただいてわかった部分と、なかなか聞けば聞くほどこの新制度っていうのは大きな転換だなと、ちょっとこれまでとは違うんですよね。解消、待機者解消ということなんでしょうけども、町長、どういうふうに考えてんのか、ちょっとお伺いしたいのが、それは最後でいいですけどもね。
 待機で、さっき私580、これ518だったかしらね。(「一般質問」の声あり)……のときは。(「580です」の声あり)やっぱ580ですよね。定数が……こっちだ、ごめんなさい。議長に言わなきゃ。さっき33人の待機ということで、やっぱり我が町も、これ全国的にですけど、2歳児までがやっぱし多いんですよね。そういうことがここにも大河原にもあらわれてるなと。だから、こういう人たちが解消されるということがやっぱりとても大事なのですが、1つはですね、先ほど町で小規模をしたいという方がもう1者、事業者出てきてるということですけども、これは現在どこかでやっている方が、先ほど大河原で1カ所出てきてるちゅふうにありましたけども、同じような規模なんですか。規模はどのぐらいのが今予定されているのか。そして、Aですか。Aというのは保育士全員ということなんですけど、その辺もちょっと教えていただきたいちゅふうに思います。
 それから、この事故の発生防止に関するNo.26でありますけれども、これは家庭的なものもこれからわかりません、この条例が制定されたら将来家庭的な小さな5人以下とかも出てくると思うんですが、そういう意味でこの再発防止策については第三者を入れてということは町ではそういう考えはないんですか。ぜひ私はそういうのも、事故は起きないのにこしたことないんですけども、結構ベビーシッターとか小っさなとこでいろいろあるので、今後町が例えばそういうことが出てきたときにね、この委員会ちゅのがどういうふうに構成でなってるかということは非常に大事になってきてますので、そのこともあわせてここでお伺いしたいちゅふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、小規模保育に関する新たな事業者のその内容についてということでございます。今協議をさせていただいておりますのが、今まで託児事業をやっていた事業者ということで、県内では名取のほうに小規模保育事業所を設置ということで、名取のほうではもう話がかなり進んでおるということで、大河原町においても設置したいということで、先ほどご説明いたしましたようにB型を標榜しているということでございます。で、定員規模につきましては、小規模保育の中で認められてる最大19名というようなことで、2カ所できれば34名の0・1・2歳児のお子さんを新たに保育を実施できるというようなことでございまして、今後現在大河原町子ども・子育て支援事業計画というものを策定しております。その中で量の見込みと量の確保というような、各方策というような計画もつくっておりまして、その小規模保育2カ所34名ということになれば、平成29年度の待機児童の解消を目指してまいりたいというような事業計画としてございます。
 あと、事故発生防止の委員会の構成ということにつきまして第三者も入れてということでございますが、これにつきまして各施設ごとにその発生防止委員会を設置、本来は設置すべきだとは思いますが、なかなか施設ごとにその委員会を設置するというのが難しければ、町として1つの全体的な事故防止の委員会を設置しまして、何かあった場合はその1つの委員会で町の保育の全体的な再発防止につなげていくというような手法もあろうかと思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 済いません。町長のお答えいただかなかったので、まず伺ってからもう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私に対するご質問の趣旨は待機児童の解消ということでよろしかったと思うんですが、それでいいですか。はい。
 今回消費税税率10%先送りということで、今回福祉の拡充が思ったよりも伸びてないということもございます。今後ですね、国からも消費税10%上がった後には、子育てを初め、介護や保険そういった分野に重点的に投入するという計画を聞いております。そんなことで、これからですね、国のほうも例えば介護ではマンパワーの確保のために1人1万2,000円を出すとかそういった方向をお伺いしております。そういったことでですね、今後どういう国がメニューを出してくるか、そういったことも考えながら、町として何ができるのか、こういったことを総合的に勘案しながら対応していきたいというふうに思っております。
 そんな中で特に今回新しい方法として小規模保育事業所ということを拡充したいということで、町内にも今1カ所ありますけども、2カ所にふえていくと、こういったことが期待できるというふうに思っておりますので、その辺の状況も、事業者の動向あるいは国の動向も踏まえながら、町として何ができるのかを考えていきたいと思っておりますし、また、地方創生総合戦略をことしの11月までに検討したいというふうに思っておりますけれども、その中で住みやすい、住みたくなる町、あるいは子供を産み育てたい町、あるいは時代に合った町という3つのテーマでですね、今検討しようということで、庁内にプロジェクトチームをつくる計画を今立てておるとこでございまして、その中で当然子育てしやすい町ということをですね、大きな柱にして、町としても人口が維持できる、持続できるようなまちづくりをするためにも、子育て、待機児童の解消というのは大事だと思っておりますので、そういった方向で考えておるということをご紹介しておきたいと思います。
 私からは以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほど課長の答弁の中で地域型の保育事業の中でB型の今度っていうありましたけども、後で議案の第88号にも出てきますけども、このB型というのは、町の資料にもあるんですけど、国と同じで保育士は半分でいいっていうことなんですよね。B型。町は、そして半分は、これから、後で聞こうと思うんですけども、町で研修を何かいろいろ基準があってそれを受けた方ということで、今までは保育ちゅうのは保育士だけだったですよね。ちゃんとした国家試験を持った方。そうでない方も、半分あればいいんだと、Bは、B型は。そして、あと半分はそういうふうにちょっと、ちょっとじゃないすけど、ある程度の何時間だかあるんですけども、その決められたのを受けた人でもいいという、何か非常にそういう点では今までと違ったようなものがここに盛り込まれてるんですね。その点では町はもう少しこれを2分の1だけど3分の2に上げていくとか、そういうことっていうのは考えていないんですか。やっぱし安全です。この小さい子供預かるわけですから、0から2歳までですよね。その点ちょっとどう思ってるのか、課長、お答えいただきたいと思います。町長もですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 先ほどもご説明いたしましたように、量の確保を平成29年度までに確保を図りたいというような観点から、まず待機児童の解消というものが優先する課題というふうに捉えてございます。その後に質の改善部分について取り組んでまいりたいと思ってまして、その基準を2分の1から3分の2に上乗せすることによりまして、新たな事業者が参入できなくなってしまうということでは量の確保が難しいこととなりますので、今後質の改善のためには指導・監査等、これは町が行うことになりますので、指導・監査等を通じましてその保育内容についてしっかり確認させていただきまして、必要であれば町独自の基準を設けるため本条例(案)を改正することが必要であろうということは念頭に置いてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今のにちょっと関連してお聞きしたいんですけども、新しくB型を希望されてるということで、年度途中ということですが、今の段階で大体どのぐらいの時期になりそうなのか。わかればでいいです。場所も含めて、お願いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 設置場所につきましてはまだ決まってございません。
 で、開始の時期でございますが、これにつきましても国・県の補助を使う関係上、県のほうからの補助の内示の出る時期によりましてということになりますので、今月中にまた事業者と協議いたしますので、とにかくその事業計画については4月、27年度当初に直ちに事業計画を町のほうに提出する準備は進めてほしいということで要請をしていきたいと思ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第87号大河原町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について、反対の立場で討論を行います。
 待機児童を解消する、これは非常に大事なことで、その姿勢、町も突然国からこういう方針出たわけですけれども、その児童を解消するというその姿勢がですね、物すごく私も現実問題としてこれ深刻になってるだけに、その姿勢については本当によくわかりますし、その点は評価したいちゅふうに思います。
 しかし、今この国が進め、この地方自治体に今実施しているこの中身というのは、正直言って全国の保育関係者からもですね、いろいろ問題ありということで、これからいろいろまた問題に運動化していくのかなということが、私も保育者といろいろ話してるんですけど、あるということです。それで、今質疑をいろいろさせていただきましたけれども、やっぱし懸念されることがですね、やっぱ多々あるということです。
 その1つは、この自治体としてこの準備期間が、先ほど法がつくられてこの自治体に来るまでの間が非常に短くて、そしてこの施設との調整が大変無理のある、また計画になっているということ、そいで担当課も大変この件については、この事業については相当苦慮してるなということで、非常に私もその点察知していることです。
 それで、No.4とかずっといろいろ質疑させていただきましたけれども、とにかく今度施設がですね、全部ではありませんけども、施設がこの契約相手を今度選ぶことになって、施設とこの保護者との間のトラブルが起きないんだろうかということが懸念されますし、それから、先ほども言いましたけれども、過去に保護者が保育料をこう滞納した経緯のある子供さんがいると思うんですが、そういう人たちがやっぱ排除されないのかどうかというこの懸念がですね、非常に払拭、私はできないでおります。それは事業者が云々でなくて、事業者がそういうふうに追い込められるんですよね、この制度というのは。そこで非常に経営者の方も大変な制度だなというふうに私は思っています。
 さらに、保育時間は保護者の勤務形態、今までもそうだったんですけども、今度は新しくその保育の必要量、要するに時間の数ですよね、それから保育の標準時間、それから保育の短時間というふうにこう出てきてるわけですけれども、午後から保育の子供さんもおりますし、それからおるんですよね。そうすると集団保育における大きな、私は支障が出ることが何かこう懸念されてしょうがありません。子供は呼ぶときは1号認定、2号と呼びませんけれども、実際は手続上は1号認定の方、2号認定の方、3号認定の子供というふうにこう振り分けられるんですね。これは認定こども園になりますとそうなります。そうすると、同じ施設の中でこうしたこの差異、違いとか差というのは、私は集団保育を行う上でどうなのかなと。やっぱり望ましい環境と言えるのかどうかっていうことがね、非常に懸念しております。
 それから、先ほど上乗せ徴収等の取り扱いのこともお伺いいたしましたけれども、これは町が定める利用者、そのまま読みますと、負担額のほか、教育・保育の質の向上に図る上で特に必要と認められる経費や食費とか日用品等の実費を徴収可能とするというふうに、いろいろ国のあれも見ますと書いてあんですよね。そうしますと、結局親の、その保護者の経済的条件によってはそういうふうに、何とかわかんないですけど、教室とか、わかりませんよ、そういうのが出てきたときに、保護者のそういう経済的な条件によって子供に格差が生じないのかどうかということが、それも何かちょっと今後ほんなことあったらどうするのかなというのがあります。現に認定こども園とかやっている、全国では何カ所かあるんですけれども、いろいろちょっと調べる中でそういうことも現に起きているので、我が町もそんなふうにならなければいいんですけども、非常にそれがまた懸念されるということです。
 それから、事故発生の再発防止対策についてでありますけれども、これは行政の事故調査とそれから再発防止策については細かくここでは書いてはいないんですけれども、やっぱし私は第三者機関の設置というのがないのっていうのがね、非常に1つは不安です。で、仮に重大事故が起きた場合に、町の事故調査とともに、それから第三者機関をやっぱり設置して町の調査を検証して、そのときは抜本的な防止策を講ずると。こういうことがこの制定の中でいろいろこうあるんですよね、多岐わたって。だから、ここでやっぱ触れておかないと私はまずいなと思ってあえて触れさせていただいております。
 最後に、先ほども言いましたけれども、保護者の保育時間量のこの管理も発生するし、それから保育士の廃止もどうもこう複雑になるんではないのかなと。そうすっと、今でも正直言って過密ですよね、それが施設の現場にさらにこういう負担を強いることになって、本当に事業者というのは大変だなと。基本的には待機者解消をするんであれば、私は公立の保育所をやっぱり建てることがね、本当はそれが一番の愛じゃないかなというふうに思います。
 そういう点でいろいろ問題が多いということで、この条例の制定については反対をさせていただきます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論は終わります。
 これから議案87号の採決をします。
 この表決は起立によって行います。この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第87号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩いたします。
     午前11時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第88号 大河原町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を
                 定める条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第88号大河原町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第88号大河原町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 平成24年8月、子ども・子育て関連3法が国会で成立し、法の施行日を平成27年4月1日とする子ども・子育て支援法の施行期日を定める政令が1月23日に公布されたところであります。
 このことに伴い、子ども・子育て支援新制度により新設されます家庭的保育事業に係る確認の基準を児童福祉法第34条の16第1項の規定により、本条例を定めるものであります。
 詳細につきましては子ども家庭課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、議案第88号大河原町家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 条例制定の趣旨でございますが、平成24年8月22日に子ども・子育て関連3法が公布され、平成27年4月より子ども・子育て支援新制度が開始となります。この関連3法によりまして、児童福祉法の一部が改正されまして家庭的保育事業等が新設されることとなり、原則3歳未満の保育を必要とする乳幼児に対して行われる事業でございまして、5人以下の子供を保育する家庭的保育事業、6人から19人までの子供を保育する小規模保育事業、これには保育士の人数等によりましてA型、B型、C型の区分がございます。また、事業所内の保育施設で従業員のお子さんと地域の子供を保育する事業所内保育事業、保護者の自宅で1対1で保育する居宅訪問型保育事業の4つの類型がございます。この家庭的保育事業所等の施設及び運営の基準は市町村が条例により定め、市町村が確認の事務を実施することとなっております。
 それでは、条文についてご説明させていただきます。
 まず、第1条(趣旨)でございますが、これは児童福祉法第36条の16第1項の規定により条例を定めることとしたものでございます。
 第2条は、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準でございますが、基準につきましては、先ほどの議案第87号と同様に国の省令に準じることとされておりまして、地域の実情から必要がある場合にのみ上乗せ等を行えることとなってございまして、町としては省令に準じた規定といたす内容でございます。
 第3条につきましては、この条例の定めるもののほか必要な事項は町長が定めるといたしました委任規定でございます。
 次に、附則の施行期日でございますが、この施行期日につきましては平成27年4月1日から施行させていただくということになりますので、本条例(案)を提案させていただくものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 簡単に質疑します。
 要するに、ページは20……小規模ですので、このA型、B型、C型、Aは問題ないんですよね、保育士全員で保育に当たるわけですけど。このB、ましてやCは全く保育士はいなくとも、町が行うその研修っていうふうにあるんですが、どういうふうに研修を行っていくんですか。そのことをお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 町が行う研修という表現になってございますが、各全国の市町村がそのおのおの研修の内容をつくるということはまず大変難しいものであろうというふうに考えてございます。で、現状、今後につきましては県のほうにその研修の実施をお願いしまして、その県のほうの研修に参加していただきまして、その県の研修資格認定等に合格した方を町のほうでは追認していくのかなというふうには、頭の中でうすらぼんやり考えておるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、ちょっとくどいようですけど、Bはやる予定ですよね、さっきの話ですと。そうすっと、Bは2分の1は保育士だけども、今言った研修を受けた方がその一緒に仕事するということでね、ここが私は非常に問題だと思ったから、さっき3分の2はできないのかということをお話ししたわけです。で、このCというのは全くその研修を受けた方がそこに当たるちゅうことですね、5人以下と。これは町では、条例は定めますけども、Cというのもやっぱりやるんですか。それとも、条例は国から来たから定めるけれども、我が町としてはしないということなんですか。私はぜひそれはね、やっぱし条例は定めるかもしれないけど、やってほしくないというふうに思います。その点ではどうですか。考え方あります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) さきの12月議会の万波議員の一般質問でもお答えいたしておると思いますが、家庭的保育事業の事業者参入につきましては、待機児童が存在する間はこれは町は拒めません、ということになってございます。で、先ほども申し上げましたが、量の見込みと保育の確保という観点から、そのA型、B型のほうできちんと27年度から走り出せば、29年度には待機児童を解消できる計画になっておるというようなことで、待機児童さえ解消できましたら、C型や居宅訪問型の申し出がありましてもなかなかその辺は確認までには至らないというようなふうには考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第88号を採決いたします。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第88号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第89号 大河原町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する
                 基準を定める条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第89号大河原町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第89号大河原町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 平成24年8月、子ども・子育て関連3法が国会で成立し、法の施行日を平成27年4月1日とする子ども・子育て支援法の施行期日を定める政令が1月23日に公布されたところであります。
 このことに伴い児童福祉法が改正され、児童福祉法第34の8の2第1項の規定に基づき、放課後児童健全育成事業の設備及び運営について条例で基準を定めることとされたことから、本条例を定めるものであります。
 詳細につきましては子ども家庭課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、議案第89号大河原町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 条例制定の趣旨でございますが、平成20年8月22日に子ども・子育て関連3法が公布されまして、平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が開始となることとなっております。この関連3法によりまして児童福祉法の一部改正され、これまで放課後児童健全育成事業につきましてはガイドラインとして示されておりました本事業の設備及び運営の基準が、平成26年4月に省令として示されましたことから本条例を制定するものでございます。
 それでは、条文についてご説明させていただきます。
 まず、第1条(趣旨)でございますが、これは児童福祉法第34条の8の2第1項の規定により条例を定めることといたしたものでございます。
 第2条は、放課後児童健全育成事業等の設備及び運営に関する基準でございますが、本条例は基本的に国の省令に準じることとされておりまして、地域の実情によりまして必要がある場合は上乗せ等を行えるということになっております。本町におきましては省令に準拠するという内容でございます。
 第3条は、この条例に定めるもののほか必要な事項は町長が定めるといたしました委任規定でございます。
 次に、附則の施行期日でございますが、法の施行が平成27年4月1日より施行されることとなりましたので、本条例(案)を提案させていただくものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 放課後児童クラブのことですけれども、あえてここには利用料とか云々というのはもちろん出てはきてないんですけれども、この前の議会でも取り上げたように、この利用料については今の時点で公定価格というのがですね、町にもう示されているんでしょうか。示されれば料金の改定という、値上げということが出てましたけども、それがどうなったのかということをお伺いしたいちゅふうに思います。
 それから、この放課後児童クラブについては、今まで我が町の児童クラブ、それから新しく世代交流プラザでも拡大してやっておりますけれども、このままでこの条例が出ても同じように現状が推移するということなんでしょうか。何か変更が今後この条例を受けて出てくるのかどうか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 放課後児童クラブの利用料の公定価格はいまだ示されておりません。多分、今示されてございませんので、今後も示される見込みはないものと考えてございます。で、放課後児童クラブの実費負担金につきましては、平成27年度におきましては現状のとおりということで考えておりまして、今後さまざまな検討をさせていただいていろいろ考えさせていただくということでご理解をお願いいたします。
 また、この新制度において児童クラブの何らかの変更があるのかということでございますが、この基準につきましては明確に児童1人当たりの床面積の1.65平米確保しなさいよということと、あと指導員はどうゆう資格の人を複数名配置しなさいよということと、あと1クラブの単位活動単位は40名程度が望ましいというような基準になっておりまして、今の児童センター、児童クラブにつきましては、その基準に当てはめますと、現在定員60名ということでなっておりますが、60名は今の基準で面積は確保できないというようなことになろうかと思います。その辺、プラザのほうの児童クラブの面積が一定程度確保されておりますので、その辺での対応を今後検討していきたいということで考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の利用料ですけれども、公定価格が示されない。今回は今んとこ引き上げは考えてないということですね。今後、出てきたときは具体的に議会に出てくるということでいいんですか。そのことを確認させていただきたい。
 それから、確かにこの資料の中に、今課長がおっしゃったように、おおむね40人以下するとか平米当たり何か基準がありますよね。そうしますと、要は、利用している人たちにとって何らその心配なく今までどおりちゃんと学童クラブが受けられると。基準からするとその確保できない、今60ですよね、大河原は。多く利用してる方もいるようですけども、そういう点では今後町はどんなことで、確保できないのでどういうふうに今後動いてくんですか、この条例に基づいて。その方向性だけ教えていただきたいちゅふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 利用料に関しましての変更でございますが、これにつきましても前回私のほうでの保護者説明会と、あと議会報告会の間にそごがあったようでございますので、あらかじめ検討する段階、具体的な数字等が出ましたら、議会のほうには報告をしてから一般の方たちに伝えていきたいというふうには考えてございます。
 あと、その児童センター、児童クラブが今60名から45名、60名まで収容できないということで、そのフローしたお子さんたちをどのように対処するかということにつきましては、1.65平米の中で確保できる40名、プラザのほうが各定員40名ということでございますので、1割程度45名程度までの弾力運用を行って何とか対応したいなというふうには考えてございます。
 ただ今回の申し込みにつきましては、相変わらず3年生までの方が大部分、4年生の方が1名2名というような申し込みの状況だというふうに聞いてございます。ただ今後この制度が浸透してまいりますれば、やはり3年生じゃなく4年生までとか5年生まで預けたいとかというようなご家庭も出てくると思いますので、そのときは新たな施設、賃貸か何かで施設の確保を図って、それに対応していかなければならないのではないかというふうには考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第89号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第89号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第90号 大河原町保育の必要性の認定に関する基準を定める条例の
                 制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第90号大河原町保育の必要性の認定に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。
 本案件に提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第90号大河原町保育の必要性の認定に関する係る基準を定める条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 平成24年8月、子ども・子育て関連3法が国会で成立し、法の施行日を平成27年4月1日とする子ども・子育て支援法の施行期日を定める政令が1月23日に公布されたところであります。
 このことに伴い、子ども・子育て支援新制度により保育の給付を受けようと希望する保護者の申請に基づき、保育の必要性並びに保育必要量の認定を行う必要がありますことから、その認定基準を本条例に定めるものであります。
 詳細につきましては子ども家庭課長より説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) それでは、議案第90号大河原町保育の必要性の認定に関する基準を定める条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 条例制定の趣旨でございますが、平成27年4月より開始となります子ども・子育て支援新制度におきまして、子ども・子育て支援法第19条第1項第2号及び第3号の子どもの支給認定をする際、同法第20条第3項の規定により、市町村が保育の必要性及び保育必要量の認定を行うこととされておりますことから、その基準を条例により定めるものでございます。
 それでは、条文についてご説明させていただきます。
 まず、第1条(目的)でございますが、保育の必要性の基準、その他の支給認定に関し必要な事項を条例により定めることとしたものでございます。
 第2条は、本条例において使用する用語の定義を定めております。
 第3条につきましては、保育の必要性に係る認定基準でございまして、第1号におきましては月の就労時間の下限を定めております。以下、第2号産前産後、第3号疾病、けが、障害の有無、第4号同居親族の介護・看護、第5号災害復旧等、第6号求職活動等、第7号就学、第8号職業訓練、第9号虐待防止のための支援措置、第10号はドメスティックバイオレンス等への支援措置、第11号では育児休業中の当該児童以外の子の利用の弾力運用、第12号におきましては前各号と同様と認められる子の特定措置でございます。
 以上、認定基準につきましては、基本的には第1号の就労下限時間以外は従来の運用と同様と考えてございます。
 第2項につきましては、第1項の要件を基準表を用いまして数値化いたしますが、各家庭の状況等を考慮し調整点を加減できる規定としたものであります。この調整点の加減する際に、基準項目を明示化する方向で検討してございます。
 第4条は、保育の必要量を定めたものでありまして、一月の就労時間が120時間を超える就労状況の家庭の子は保育標準時間の保育が受けられること、あと、一月の就労時間が64時間以上120時間未満の家庭の子は月212時間までの保育短時間の区分を規定したものでございます。
 第5条につきましては、この条例に定めるもののほか必要な事項は町長が定めることといたしました委任規定でございます。
 次に、附則の施行期日でございますが、この法律の施行日が27年4月1日からとなりましたことから、本条例(案)を提案させていただくものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を……ごめんなさい。失礼しました。これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 第4条の保育必要量の区分ですけれども、この保育の必要性の認定というのはこれ新しく出てきてるわけですけど、既に27年度の入所については終わってますが、これは保護者、子供を預けたいというその保護者にとってはどうなんですか。このこういう第4条がこういうふうに設けられることによって何か問題ちゅうのは起きてないんですか。今までのように保育も申請してやってましたよね。うんと簡素化だったと思うんですよ。今度物すごく複雑化になってるんですよね。ですから、そういう点では、担当課も大変でしょうけども、預ける側にとったら何か今までと違った状況というのがこれ起きてないんですか。その辺の状況を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) この保育短時間、標準時間の取り扱いにつきましては、今各施設、保育所4カ所の保育所と、その11時間の始期終期、その間に保育短時間8時間の始期終期をどのように定めて、子供たちを保育標準時間児と保育短時間児童の保育のありようをどうするかというようなことで話し合ってございます。町のほうとしましては、今後、保育所条例等々のこれらを盛り込んだ内容として3月議会に提案させていただこうかとは考えておりますが、保育標準時間内の短時間8時間の保育は弾力的に運用していきたいなというふうには考えてございます。この辺につきましては、各施設とも考え方がいろいろございますので、町としてのこうしなさいということでのまだ確定してございません。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) まだ確定してないということで、これが27年の4月からもうこれスタートするわけですけど、去年のその私も申込書ここにあるんですけど、これはこれに基づいてしたわけではないんですか。通常の、これ入所申し込み書なんですか。その辺でちょっとどうだったのか、確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 入所の申し込みにつきましては、詳細説明の中で申し上げましたとおり、就労の最低時間が設けられた以外は従来の基準を固執しておりますということでございます。で、その認定の区分にもよりますけども、大河原町ではかなりゆるやかな保育の認定基準を運用してございましたので、今回の制度改正におきましてもすんなり入っていけるというようなことでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第90号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第90号は原案のとおり可決されました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で本日の日程は全部終了しました。
 議長より、念のため申し述べておきます。あす1月28日から3月3日までの間は休会となっておりますので、ご承知願います。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さまでした。
     午前11時41分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成27年1月27日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------