議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2014年12月18日(木):平成26年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、枡 和也君、佐藤貴久君を指名します。
 これから諸般の報告をします。
 休会中の委員会活動予定は配付したとおりであります。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 選挙管理委員及び補充員の選挙

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。
 選挙管理委員4名、補助員4名は、12月25日で4年の任期が満了になりますので、地方自治法第182条第1項及び第2項の規定により選挙を行うものであります。
 お諮りします。
 選挙の方法は地方自治法第118条の第2項及び大河原町議会先例集55及び56の規定により指名推選により行い、議長が指名する者となることにしたいと思います。
 ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。選挙管理委員は、佐藤嘉代子さん、目黒星子さん、太田良喜君、佐藤幸栄君、以上の方を指名します。
 お諮りします。
 ただいま、議長が指名しました方を選挙管理委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました佐藤嘉代子さん、目黒星子さん、太田良喜君、佐藤幸栄君、以上の方が選挙管理委員に当選されました。
 補充員には、藤田秀明君、加藤正明君、佐々木美恵子さん、小形裕子さん、以上の方を指名します。
 お諮りします。
 ただいま、議長が指名しました方を補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました藤田秀明君、加藤正明君、佐々木美恵子さん、小形裕子さん、以上の方が補充員に当選されました。
 次に、補充員の順序についてお諮りします。
 補充員の順序は、先例集55の規定により、議長が会議で諮って決めることになっておりますので、ただいま議長が指名しました順序にしたいと思います。
 ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、補充の順序は、ただいま議長が指名した順序に決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第70号 大河原町デイサービスセンターふれあいホームに係る指定
                 管理者の指定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案第70号大河原町デイサービスセンターふれあいホームに係る指定管理者の指定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) おはようございます。
 議案第70号大河原町デイサービスセンターふれあいホームに係る指定管理者の指定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にありましたように、社会福祉法人常盤福祉会に平成18年度から3期9年間にわたり指定管理者の指定をいたしてまいりました。その間、通所介護サービスを行う事業所が町内外に多数参入したというようなこともあり、利用者の選択の幅が広がりました。
 このような状況に伴い、常盤福祉会を指定管理者に指定するという考え方も当時に比べて後退してきたものでございます。今後とも多様な事業所の参入が見込まれる中で、今回指定管理者の指定期間を1年間といたし、その期間内に常盤福祉会と特別養護老人ホーム桜寿苑の建物と一体となっておりますデイサービスセンターふれあいホームを常盤福祉会に譲渡する協議を進めたいと考えております。
 そのようなことで、指定管理の期間を1年というふうにいたしたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、それから町長の説明でも、なぜ1年にしたのかということがよくわかりました。あえてお伺いしたいのは、1年間ですから、要するに27年、28年からこの常盤福祉会に全て任せると、建物もですね。そうしますと、既に全てがもう協議終わっているんですか。まだ課題となっている件とかですね、そういうのはないんでしょうか。どこまでその話が進んでいるのか。その辺1つお伺いしたい。
 それから、もちろん建物なんかも全てというと当然その中には今後修理等も全部相手方でやるということなんでしょうけれども、そんなことも含めて検討課題というのがもうないのかどうかですね。
 それから、経営の状況というのは一般にも公開となっていますけれども、経営はよろしいんですか。この間どういう経営状況になっているのか、恐らく黒字だと思うんですけれども、思ったよりもそういう経営状況がよいのかどうかですね、その辺も伺いたい。
 そうしますと、指定管理者というのは公募ということもあるわけですけども、このふれあいホームに関してはそういう考えは、まあ一体的にあそこはなっていますので、ないということでいいんでしょうか。確かに利用している方にとったら、全く公募してかわるということは大変なストレスなりスムーズにいかないわけなので、その点も含めて確認方々もう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 私この選定委員会の委員長なもんですから、お答え申し上げますけれども、今お話あった課題でございますけども、ご指摘の修繕ですね、これに要する費用が今後想定されるものですから、それらを27年度1カ年の中においてつき合わせまして28年度で譲渡をしたい。このようなことで今回1年としたものでございます。
 従前からこれらについては、桜寿苑と建物が一体になっておるというような格好の形で常磐会のほうで運営等をやっていただいて、支障はきたしておりませんし、経営上も黒字、このような格好でございます。こうした観点から今回公募によらないで指定期間を1年、このような格好にしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) もう一回お伺いしたいのは、確かに我が町は非常にそういうデイサービスふえていますよね。他町と比べるとかなり選択肢がかなりあるなというふうに思います。
 この間、先ほどの課長の中で、利用の選択の幅が広がったということですけれども、実際問題としてこの利用している方というのはどのぐらい今いて、やっぱりこの間減ってきているんですか。その辺、担当課長でしょうね、状況をお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 利用人数のご質問でございますが、直近の25年度につきましては延べ利用人数が6,439名でございます。1日平均にいたしますと20.8人ということでございまして、さかのぼりますと24年度が7,135人、1日平均23.1人。23年度つきましては6,880人でございまして、1日平均22.1人。それから、22年度につきましては、6,739人で1日平均にいたしますと22.6人ということで、若干ではございますが減ってきているというような状況でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかりました。最後にですが、相手の常盤福祉会から今回の話の中で、協議のなかで、向こう側にとっての課題といいますか、そういうのは相手ないんですか。向こうからぜひこの点でもう少し検討させてくれとかですね、そういうのはないということでいいんですか。そこだけ確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 先ほど申しましたとおりですね、ヒアリングを行った際には、相手方でも建物の修繕、これに対する経費も伴うことでございますので、できるだけ町側での考慮をお願いしたいというような格好で、そういう意向であるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第70号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第70号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第71号 大河原町福祉作業所さくらに係る指定管理者の指定につい
                 て

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第71号大河原町福祉作業所さくらに係る指定管理者の指定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第71号大河原町福祉作業所さくらに係る指定管理者の指定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にありましたように、大河原町福祉作業所さくらは、大河原町社会福祉協議会に平成18年度から3期9年にわたり指定管理者の指定をいたしてきたところでございます。福祉作業所さくらの運営に当たっては、作業所職員及びボランティアの協力が不可欠であり、これまでに培ってきた職員等の信頼関係を今後も継続することにより、円滑な運営を行うことができると考え、引き続き大河原町社会福祉協議会を指定管理者として指定するものでございます。
 以上、詳細説明といたします。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) これからも引き続きということで、私もこれには賛成です。その立場からですけれども、これから向こう3年間の中身というか、委託の中身というのは全く変わらないんですか。例えば職員、職員の配置というのはこの間ずっと同じなんでしょうか。
 それから、職員の処遇の改善というのは、何でもそうですけれども、それは一向に変わっていないんですか。今回また新たにするに当たってそういうのも検討事項の中に入っているのかどうか確認方々お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 今後3年間の委託の内容につきましては、おおむね従来どおりと考えておりますが、職員体制につきましては、今所長以下4名ということで運営を行っている状況でございます。今年度26年度から臨時職員お1人がおやめになるということで、後任の方については嘱託員ということで、全員嘱託員でございます。処遇改善につきましては、27年度の予算等にも一応担当課として計上していたしておりますが、指定管理先の社会福祉協議会との協議により、職員についての処遇改善を図っての予算計上をしたいというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにしても、障害者の福祉作業所です。この職員をきちんとやはり処遇改善しながら配置するということは、とても指定したからもういいというんじゃなくて、やっぱり中身をやっぱよく検討して、安心して利用する人も利用ができる。それから働く人たちも本当に安心して働けると。これはやっぱりセットとして絶対不可欠なものですので、その点で十分また新たに3年間するに当たって検討したのかということが私の一番聞きたいところで、今伺ったところです。それは私が今言ったとおりで受けとめていいのかどうか再度確認方々お願いします。
 それから、ボランティアですけど、社会福祉協議会ですからボランティア友の会もありますし、結構活発に我が町はされていますが、現に高齢化という問題もあります。このボランティアの方というのは十分、何ていうんでしょうかね、保管できるくらいの体制になっているのかどうか。心配はないのかどうかその辺も伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、内容の検討ということで、職員につきましてはただいま申し上げましたように、職員の処遇については十分今後とも町といたしましても社会福祉協議会と協議しながらよりよい環境というか、そういうようなつくりで臨みたいというふうに考えております。
 それから、ボランティアの数につきましては正確な数はちょっと把握しておりませんが、今議員ご指摘のとおりボランティア友の会の方とか、あるいは民生児童員の方とかが障害部会の方ですか、何といいますか、ローテーションといいますか、決めてやっていただいているというようなことで、特にそのボランティアのに関して足りないとか、そういうようなお話は町のほうでは聞いておりませんので大丈夫だというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回この指定管理について後でも出てきますけれども、ここでちょっと聞いておきたいのは、指定をお願いしますね、そうしますと町との相手のいわゆる委託先との協議っていうのは、これは定期的に持たれるんですか。必要に応じて持っているっちゅうことなんですか。それとも、全くないのか、ちょっとその辺改めてここで教えていただきたいんですけれども、どういうふうになっているんですか。
 私は必要だと思っているんですね。定期的とか、あるいは何かあれば当然町側に来るでしょうけれども、あればなのか、その辺お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) まあ、あの協定書を締結するわけですから、その前段で今回ヒアリングをして、相手がふさわしかどうか選定をして協定書を結んだ中で、月に1度ですか、担当課とすればそれぞれ逐次連絡を取り合いながら、その辺の運営状況等々を精査しながら、お願いをするという形になるものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 福祉作業所さくら、通所されている方なんですけれども、以前に送迎用の車がちょっと不具合になってしまって送迎をもうしなくなったということで、利用者の方不便感じて、さまざま今対応に苦慮されていると思うんですけれども、その辺のお話というのは出なかったんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 指定管理者制度の指定の際のその協議の場では、そこまでの話はありませんでしたが、作業所にかかわっている方、あるいは所長さんなどの話を聞きますと、やはり不便を感じているというようなお話は承っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 多分さまざまな事情があって、通所されている、行っている、作業所に通われている方いると思うんですけれども、その点ですね、やっぱり壊れた車をまた新たに更新できなかったり等々いろいろ経済面での課題というのもあるからこそ送迎というか通所に対する送迎も窮屈になっていると思いますので、その辺の充実も含めて今後検討をお願いしたいと思いますけれども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。指定管理先であります社会福祉協議会、あるいは福祉作業所さくらの所長等々を交えて一度協議をしてみたいと考えます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 福祉作業所さん、こちらのほうも利用所の方々、こちらのほうで労働して、少ないですけれども、本当に生活の足しにならないくらいの収入のあてにもなっていると思うんですけれども、そうした中でやはり切れ目のない仕事の供給が必要だと思うんですけれども、なかなかやっぱり今不景気ということもありまして、なかなか仕事のあっせんも難しいところあるのかなと思うんですけれども、そちらのほうの切れ目ない仕事のあっせんという働きかけは大丈夫なんでしょうか。その辺確認させてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 今は菓匠三全とか、あるいは齊藤製作所の仕事をお引き受けしているというような状況で、所長さんにおかれてはいろいろ仕事、何ていうんですか、その仕事をお願いできるというか、福祉作業所のほうにお願いできるところを企業を訪問して探しているというような状況を聞いております。
 ただ、なかなか現実的には数多くの企業からそういう仕事をもらえるというような状況ではないようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうした社会的事情も十分わかりますけれども、社会貢献という意味でそういったところに積極定期に参画しようという企業もあるやと思いますので、そうした働きかけ、引き続きやっていただければと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第71号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第71号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第72号 大河原町駅前コミュニティセンター及び大河原駅前立体駐
                 車場に係る指定管理者の指定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第72号大河原町駅前コミュニティセンター及び大河原駅前立体駐車場に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) それでは、議案第72号大河原町駅前コミュニティセンター及び大河原駅前立体駐車場に係る指定管理者の指定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にも述べましたように、株式会社まちづくりオーガ、これにつきまして今まで指定管理をしたものでございます。平成18年の4月から9年間ということで管理運営を行っているものでございます。業務内容を十分熟知しており、今後とも効率的な管理運営ができるということで、今後3年間指定管理者ということで本市施設の管理をまちづくりオーガに管理を指定するものでございます。
 なお、指定委員会におきましては、大河原町の施設に係る指定管理の指定手続きに関する条例第5条第1項の規定により、公募によらないということで選定を行っているものでございます。
 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この株式会社まちづくりオーガ、これは町もかかわっているわけですけれども、今もここに働く職員3名でしょうかね、ちょっと何名なのかよく、3名だったと思うんですけれども、その辺のちょっと何名なのか確認をさせていただくのと同時に、身分というのは公務員に準じてというお話ありましたけれども、そうしますと夜間、夜もですので、そういう点で例えば5時15分以降になりますと時間外というふうに、通常役場ですと町職はなるんですけれども、そういうことも含めて全てが公務員に準じてという労働条件になっているのかどうかですね、その辺あえてまた再度指定管理者ということなので、ここで確認をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まちづくりオーガの職員でございますけれども、職員につきましては1名という形になっております。(「えっ」の声あり)1名。ただし、大河原商業開発ということでビル全体の管理ということでございますので、管理業務というような形で委託を一部しているということになってございます。職員の身分でございますけれども、職員の身分につきましては役場職員、公務員に準ずるというような対応で考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 済みません。ちょっと最初1名ということでしたよね。ちょっとよく聞き取れかったんで、もう一度、その辺もう一度お願いします。済みません。
 1名だけれも、要するに公務員に準じている職員は1名ということですね。そうしますと、あの方なのかなと実はわかるんですが、そのほかの方についてはそうでないっていうふうにしますと、何を基準になっているんですか。
 そうしますと、先ほど1名ということですから、1名の方が5時15分以降出勤した場合は当然時間外ということで、こちらの町職とおんなじような対応になっているのかお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 職員につきましては、まず1名という形になってございます。それで、まちづくりオーガの職員は1名なんですけれども、業務というような形で大河原商業開発、ビル全体の業務という形になりますので、ビル全体の業務に係る部分を大河原商業開発に委託をしていると。当然その中で職員も当然入ってございますけれども、業務形態としましては、業務を外注をすると。まちづくりオーガから商業開発のほうに業務という形で提携をしているものでございますので、その中で全ての業務をやっていただくという形で考えてございます。
 職員につきましては、当然商業開発につきましても3名ほどの職員はいますけれども、職員に対する報酬という形じゃなくて、あくまでも業務を一部外注するようなスタイルをとってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第72号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第72号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第73号 大河原町体育施設に係る指定管理者の指定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第73号大河原町体育施設に係る指定管理者の指定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) それでは、議案第73号の詳細説明をいたします。
 大河原町体育施設に係る指定管理者ということで、本施設の管理運営につきましては、特定非営利活動法人大河原町スポーツ振興アカデミーにお願いするもので、アカデミーにつきましては当初平成20から年7年間にわたり管理運営を行っているものでございます。
 今回はいろいろ利用者の対応等ありましたので、今後1年間の指定管理ということで定めました。よろしくご審議お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 1年にしたこの理由、いろいろな事情があるということですけれども、その辺もう少し詳しく教えていただきたいのと。
 1年ということは来年また更新をするということになるんでしょうけれども、その辺の現時点でのお考えお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 先ほど課長が申しましたとおり、若干利用者の皆さんからの対応等について、幾ばくかの取り組みの改善が必要かと判断したものでございますので、本来であれば3年というような指定期間を設けるわけでございますけれども、今回は1カ年というような格好で、ご指摘ありましたとおり来年度の状況を見定めまして、再度また指定に諮るという考え方で、今回は公募によらず1年間というような格好の期間を設定したものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1年間にしたという意味、理由、今わかりましたけれども、要するに1年間してその後、その後はどういうふうになるんですか。1年間をやって、27、28年度以降はよければそのまま行くの、それとも公募ということですか。その辺がちょっとよくわからないということです。
 もう一度、確かに利用者の対応についてはいろいろとこの間、この間というよりも最近のことはよくわかりませんけれども、出てたことは私も聞いてはおりますけれども、あえて1年間してその後はどうなるのかというのがちょっといまいち今の回答ではつかめませんので、もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 今回については、先ほど申したとおり利用者の対応で若干の改善が必要だということでございますが、このアカデミーのほうでもそれぞれ改善の考え方をお示しがあったわけでございます。職員の配置の刷新等々、処遇の改善を図るというような形もございましたので、今回は1年間という格好にしたわけでございますけれども、その1年間が過ぎれば再度もう一回選定委員会に諮ってその期間を今度は3年間にするのか、通常であれば3年間でございますので、今回は1年でございますけれども、期間を3年間にするとか、さらには公募によらないとか、そういうことをこの28年の4月でございますかね。そちら1年間経過した後に再度またこれを選定しまして、また議員の皆様にお諮りするものでございます。以上です。(「はい」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、要するに1年間改善をして、まずどうなるかわかりませんけれども、精いっぱい、精いっぱいというか十分改善されたとなったら、そのときは28年から3年間するということでいいんですか。
 私が心配するのは、先ほどの一番最初のデイサービスのふれあい、これも1年ですけれども、ちょっと中身が違うわけですね、同じ1年でも。それで、この体育館というのは指定管理者をするときに、私もそのとき当時おりましたけれども、協働のまちづくりの観点から地元の方がこのNPOを立ち上げてするということで実はスタートいたふうに私は記憶しておりますし、そういう指定管理者でするんであれば、私は賛成ということで賛成をしております。
 ただ、今私が心配するのは今後改善されなかったと、仮にですよ、したけれども、そのときはその公募も視野に入れるということですか。そうすると、例えばですよ、公募になれば私が最初に言った協働のまちづくりで進めたという、公募になりますと、例えば企業、営利企業も入ってくるわけですよね。そういうこともともすると、改善されなかったその以降についてはあるということですか。ちょっとそこまで踏み込んで再度伺いたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) まず、冒頭、最初のあれについては、ふれあいセンターについては譲渡、これをもとに1年という格好でございます。
 今回、アカデミーにつきましては、先ほど3年と申し上げましたけれども、ほかの期間が大体3年なもんですから、今回2年でほかのとサイクルを合わせるという形もございますし、3年というような格好にすることもあるのか、今後さらに検討したいと思いますし、さらに来年度以降でございますけれども、アカデミーからまず応募があるのかという問題もあります。こちら側サイドだけでなくて、相手方が応募しなければこれはどうしようもない話でございますし、当然これらの利用者等々の皆様に対する手続等については当然アカデミーほうでも改善を申し上げる形を、お話もありましたものですから、十分この利用者の方々には納得いただける形になるものと思いますけれども、仮にそれらが改善なされなければご指摘いただいたような公募というような格好も選択肢の1つになってくると思うところでございます。
 まず、本年1カ年間行って、応募がなされなければ今回のやつが発生しませんもんですから、その辺のやつも見定めながら対処してまいりたいと思うところです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 3回目でしょう。(「3回終わった」の声あり)ほかに質疑ありませんか。丸山勝利君。まだ2回か、ごめんなさい。(「もう一回あると思いますよ、違いますか」の声あり)万波孝子さん。11番、間違えました、はい、どうぞ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、いや、とにかく改善をしていただきたいというのが私の希望です。
 それで、例えば先ほど副町長のお話の中で公募するか否かということがありましたけれども、仮にその時点でアカデミーが身を引くと、公募に参加しないということはですね、そういうことであればまたちょっとどっかをしなくちゃいけないですね。
 しかしながら、討論ではありませんけれどもね、今は。質疑ですけれども、やはり協働のまちづくりでスタートした指定管理者です、ここは。それで、私はここは絶対譲れない。やっぱり企業をね、仮にそうなったとき、営利企業を入れるというのは私はですよ、ほかの皆さんはどうだか、私はだめです。公の管理。
 ですから、そういう点では最大限その改善をしていただいて、引き続き、何つうんでしょうか、いわゆる地元で町民が立ち上げたそういう、もしかすると状況が変わってもう一つの団体ね、町内から生まれてくる。そういうことも私もそれは期待はしたいと思いますけれども、そういうことで、ぜひ改善、今回の議案を提案するに当たって改善することを強く私は要望しておきたいなと。質疑ではなんだかないようになってしまいましたけれども、そういう点でこの協働のまちづくりの観点から、改めて副町長、町長ですね、あわせてちょっとご意見伺いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この指定管理者制度を導入した狙いの1つとして協働のまちづくりがあるということは私も承知しております。
 もう一つ民間活力の導入ということもありました。協働のまちづくりをするのに町と町民という協働もありますけれども、いろんな民間団体も優秀な団体もあります。そういった関係で民間活力の導入ということもありますので、できる限り町民との協働が理想的ではありますけれども、民間活力の導入という観点もあったということも念頭に進めてまいりたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと1点のみ確認なんですけれども、今まで3年間の委託から1年に変更したことによって、年間の委託料の変更というのはあり得るのかどうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 年度契約ということでやっておりますんで変わりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第73号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第73号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 議案第74号 大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、議案第74号大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条例の制定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、議案第74号大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条令の制定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由でも申し上げましたが、平成25年9月に施行されたいじめ防止対策推進法に基づき、大河原町が実施する施策としてことし3月に大河原町いじめ防止基本方針を策定しましたが、今回いじめ防止等の対策のための組織である大河原町いじめ問題対策連絡協議会、教育委員会の付属機関としていじめ防止等の対策を実行的に行ういじめ問題専門委員会、重大事態の再調査を行う町長の付属機関としていじめ問題再調査委員会という3つの組織について条例で定めるものであります。
 まず、第1章総則は、第1条で本条例の趣旨を定めております。
 第2章は、いじめ問題対策連絡協議会に関して、第2条から第7条で設置、所掌事務、組織などについて定めております。
 第3章は、いじめ問題専門委員会に関して第8条から第14条で設置、所掌事務、組織、会議などについて。
 そして、第4条は、いじめ問題再調査委員会に関して第15条から第17条で設置、所掌事務、専門委員会の組織等の規定の準用について定めております。
 附則は施行期日と報酬に関する規定を定めております。
 この条例の制定により、いじめ防止に関係する機関、団体の連携を図り、いじめ防止対策を推進していく体制を設けることができるものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今回新しくいじめ問題に関する条例が制定されるわけですけれども、1つは町内におけるいじめ問題というのは、やっぱりかなり深刻な状況なんですか。やっぱりこれがつくられるということは、やはり対応しなきゃいけないということが背景にあるからなのかと私は思っているんですけれども、まずそのこと、状況を教えていただきたいというのが1つです。
 それから、第4条ですけれども、連絡協議会の委員は15人以内をもって組織するとありますけれども、(1)から(4)までありますけれども、それぞれ何名ぐらいずつなる予定なのか。
 それから、その他教育委員会が必要と認める者とありますけれども、例えばどういう方がこの委員になる考えでいるのか伺います。
 それから、次のこれは第6条会議ですけれども、これはどういうふう、会議というのは年間を通じてどんな割合で行われるのか。
 それから、第10条です。組織ですけれども、専門委員会、これも10人以内となっていますけれども、教育、法律、医療、心理等になっています。それぞれの立場からこれも何名なのか。
 それと、このいじめ問題対策連絡協議会条例というのは、これは今回燐町も一斉にこれ出しているんですか。その辺のちょっと状況わかりませんけれども、あえて第10条に関連してですけれども、これ町内からですか、選ぶのは。町内からなのか、あるいは町外になるのかなと思ってますが、その辺も伺いというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、ご質問いただいた第1点目。町内のいじめの、いじめ問題の状況ということになりなすが、深刻ないじめが発生しているという報告は今のところありません。全くないというわけではなくて、やはり子供たちの間でいじめと判断される事案については逐一学校から報告をいただき、学校がそれに対して適切な対処を行って問題を大きくならないように対処しているということが今の状況であります。
 なお、この条例を制定するに至った背景といたしましては、やはり国全体においていじめがもとによる子供たちが最悪身体的な問題を起こされるというようなこと、あるいは死に至らしめられるようなことがあったことから、やはり全国的に対策の方針を定め、それぞれの機関において何をなすべきかを明らかにするための法律の制定であり、今回の条例の制定に至っているというふうに考えております。
 次に、第4条関係でありますが、この組織につきましては、まず第1号の関係行政機関の職員といたしましては、法務局として仙台法務局にお願いをする予定であります。それから、警察関係として警察の生活安全課の課長さんなどをお願いしたい。それから、児童相談所として県の中央児童相談所の職員の方をお願いしたいと考えております。2号の、町立の学校の職員ということになりますと、大河原町の校長会の会長さんお1人、それから校長会の副会長さん、そして大河原町生徒指導主任小学校代表、それから生徒指導主任中学校代表という4名になります。児童または生徒の保護者ということで、これは小中学校父母教師会連絡協議会の会長さん及び副会長さんということで2名になります。それから、その他教育委員会が認める者といたしまして青少年団体育成団体の子供会育成会協議会の会長さん、それから児童員として大河原町の主任児童員の代表の方、それから臨床心理士としてスクールカウンセラーとして派遣されている方の代表の方を考えております。そして、町の機関としては、行政機関として子ども家庭課長、それから教育委員会は教育総務課長と在学青少年教育相談員ということの15名を今のところ予定しております。
 次に、会議でございますが、第6条関係ですが、今のところ年1回ないし2回は開催をしたいと考えております。
 次に、第10条の関係でございますが、専門委員会の組織、こちらのほうにつきましては、今案の段階ではありますが、仙台大学の教授の方、それから仙南中央病院の精神科の医師の方などですね。それから、仙台弁護士会、臨床心理士、それから公益社団法人宮城被害者支援センターの支援員の方などを候補に考えております。一応10名以内としておりますが、5名を予定しております。その人選につきましては、当然町内だけではなく近隣の方々というか仙台の方という方でお願いすることになるものと思われます。
 それから、近隣の市町の動向でございますが、今のところ条例を設けるということで考えているのは角田市であります。そのほかの仙南の市町についての動向についてはまだ条例を制定ということには聞いておりません。以上です。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第74号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第8 議案第75号 大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正につ
                 いて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第8、議案第75号大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第74号大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正の詳細説明を申し上げます。
 今回の一部改正につきましては、6月より工事を行っておりました仮称西地区交流センターが来年1月末に完成いたしますことから、正式名称を橋本交流センターとして新たに追加するものでございます。施行期日につきましては、平成27年2月12日といたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 1つですけれども、橋本交流センター、前は最初は西地区交流センターですか、それが橋本交流センター、また橋本集会所じゃなく交流センターにした意味っちゅうかわけというのをちょっとお知らせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、橋本交流センターという名前にした経過でございますが、基本的にその場所が特定しやすいということで橋本というふうな形にさせていただいたと。それと、交流センターというのは今まで西地区交流センターというところがありましたので、そこを合わせて橋本交流センターという形で表記させていただきました。というふうな形でさせていただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 交流センターの意味がいまいちちょっとよくわからないですけれども、結局こちらは橋本集会所的な意味合いっていうか、そういった機能ということでいいんですかね。前は西区交流センターで結局小山田、福田あたりもっていう、視野に入れたような形で聞いていたんですけれども、これは単独で橋本の集会所的な意味合いでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) あの、あくまでもあの橋本地区だけが使うというわけではなくて、小山田、福田、橋本、あと小島ですかね。当初、そのような形での使い方というふうな形でしておったかと思います。それを含めまして交流センターという形で表記させていただいたということで理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすっと、最初の西交流センターみたいな形で使われるという形でよろしいんですかね。その場合、今後のあれなんでしょうけれども、投票所等の変更もあり得るという形なんですかね、その辺いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。投票所等の話がございました。基本的には世代交流いきいきプラザなんかも施設として出ておりますので、まだ投票所については全体的に見直したいというふうに思っておるところでございますが、橋本交流センターにつきましては、ちょっと今のところはそういった構想には入っていないということでご理解していただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、課長からの説明と前からそれは説明があったわけですけれども、この仮称西地区交流センターということで進めてきて、今回は橋本地区にあるから橋本、これは地元の橋本区長さん並び役員の方、住民の代表ですね、あるいは住民も含めてですけれども、ぜひこの橋本にしてほしいと、こういう要望があったからなんですか。それとも、その辺、何でもそうですけれども、町も進める場合、必ず地元の区長さんはじめ区の方に相談しながら進めているので、そういうところから私は出てきたのかなと思ったんですけど、その辺の経緯どうだったのか。
 それから、小山田、福田、橋本と小島、要するに西地区全体ですね。避難所としての位置づけ、これ当然なっていますけれども、そうですよね。そういう位置づけになっているんですよね。そうすると、私は個人的には西地区交流センターのほうがいいんではないのかなと。まあ、中身が一番大事で、あんまり名称にはこだわらないですけれども、あえてなんかやっぱり全体、西地区の本当になんかかなめになる今までのセンターとか、また集会所と違ったような役割も持っているので、あるいは避難所、そういう点では西地区のほうがよかったんじゃないかとか、あくまでも私の個人です。そういう点でちょっとお伺いしたかったんですね。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 大変申しわけございませんでした。橋本地区のほうからも橋本というふうな形でのご要望もございました。その関係も含めまして橋本交流センターというふうにさせていただいたということでご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難所のお話が出ました。あの、この前の全員協議会の中で新たにという話をさせていただいておりまして、基本的には今総合体育館のほうに数多くの行政区が避難という形でなっているわけでございまして、そういったことを解消したいということでお話を申し上げているところでございます。
 今後、橋本につきましては、橋本、福田、小山田ですか、そんな形の中の避難所ということで今考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今の質疑を聞いていて感じたんですけれども、地元から要望あったからということで、その地域の特定の区の名前にするということは、もしあったとすれば強く働いたりするということは私はあんまり好まないです。1つの行政区に1つの集会所という考え方ではないと私も認識しておりますので、広く避難所とか使い勝手を考えたときに、例えば上町集会所とあるんですけれども、1区の中にあるものですから、なかなか1区の方が使うと2区の方たちが敷居が高くて使いにくいということで中央公民館を使ったりとか、いろんな弊害とかもありますので、名称によっては。そういうことはちょっと私は要望として今区長さん、地元からも要望があったということであれば、広く西地区というところのほうが非常に私は好ましかったと個人的に考えますけれど、どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。あくまでも要望があったことと、あと皆さんが西地区というとどこかという部分がわからないという部分があるんではないかということで、橋本というふうな地区をわかりやすく感じたということで、名称を決めたというふうになってございますので、ご理解をいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 西地区交流センターで下に文字が小さくなって小島、橋本、福田、小山田生活センターそういうふうにつけても別に全然私らは違和感ないと考えますけれども。要望です。終わりです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 要望ですか。ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第75号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第75号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午前11時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第76号 大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部
                 改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第9、議案第76号大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第76号大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 この改正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたとおり、平成26年10月1日付で大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例で引用する母子及び寡婦福祉法、この名称が母子及び父子並びに寡婦福祉法に改称され、同法に規定する条文の字句が改正されたこと。また、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の名称が中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に改称されたことに伴い、大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例を改正するものであります。
 なお、この条例につきましては、交付の日から施行することとしております。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 現在ですね、25年度の決算もこの前終わったわけですけれども、現在母子家庭、それから父子家庭何人いらっしゃいますか。それで、この医療費を対象する方、恐らくふえていると思うんですけれども、そのことも関連して伺いたいと思います。
 それから、これ母子・父子になっていますけれども、いわゆる両親がいなくて、祖父母に育てられているとか、そういう方も実はずっとふえているんですよね、全国的に。そういう方もこれは該当になっているんでしょうか。この条文からすると、該当するんであればどこを引用してなのか教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) ただいま手元にその何人いるかという資料がございませんので、後でご提示したいと思います。条例では、親御さんがなく祖父母ということでありますが、その該当するかもあと調べて説明したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第76号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第76号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 議案第77号 大河原町敬老金支給条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第10、議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正についてを議題といたします。
 これから、失礼しました。詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正についての詳細説明を申し上げます。
 本改正につきましては、本町の財政改革の一環として、敬老事業の見直し案が議論のテーブルに上がったものであり、所管課である健康福祉課がたたき台として幾つかの見直し案を作成し、これを政策企画会議で協議をいたしまして本提案議案の内容となったものでございます。現在実施の88歳と99歳の方への祝い金をなくし、また100歳の祝い金を30歳から、30万円から、失礼しました、20万円に減額するものであります。
 なお、本案につきましては、10月22日の行政区長と町との懇談会において、さらに12月5日に行政区長への説明会を開催をいたし、ご理解を求めたところでございます。
 それから、本案に関連いたしまして、全員協議会でご説明いたしました77歳以上の方1人当たり3,000円を支給いたします地区敬老事業補助金につきましては、区長会のご意見を十分に勘案させていただきまして、12月5日の説明会で3,000円のまま継続いたすことにいたしておりますので、つけ加えさせていただきます。
 この改正案により、失礼しました、それで祝い金のほうでございますが、この改正案により平成27年度から平成32年度までの6年間でおよそ1,968万円が減額となるものでございます。
 以上で、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 議長より、本案に対して堀江一男君より、ほか1名から、議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正についてに対し修正の動議が提出されております。この動議を議題とすることに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、修正の動議を議題とすることを決定いたしました。
 暫時休憩をいたします。
     午前11時22分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時23分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 これより、提出者の趣旨説明を求めます。
 提出者、堀江一男君登壇を願います。
     〔7番堀江一男君 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。
 私は、議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正についての提案につき、承認しかねる部分もありますので、動議の中で一部修正案を提案をいたします。
 先日の私の一般質問でも話しましたように、町民の暮らしは大変厳しい生活を強いられている状況にあります。このような状況時こそ本来なら町としての福祉の充実が必要と思うのです。
 しかし、この条例改正案はお年寄りが大変楽しみにしている敬老金の88歳、99歳、米寿、それから白寿の敬老金の廃止、100歳の30万から20万への減額については町長のスローガンと異なると思われるような提案と思います。町長の施政方針や全員協議会で敬老金の見直しについて示されていますが、財政が厳しい中子育て対策をより充実するため高齢者の方にも若干のご協力をいただくことは心が痛むところでありますがやむを得ないとも思います。
 しかし、敬老金はお年寄りにとって何年に1回かのささやかな町からのボーナスであり、大変楽しみにしているものであります。たとえ額が若干減額になったとしても、お年寄りのささやかな楽しみを、88歳、99歳の方々から奪うような条例改正には福祉の充実を訴えてきた私には承認できるものではなく、せめて減額となっても支給されるよう願うものであります。
 そこで、皆様にお配りいたしました改正案でございますが、町のほうで執行部のほうで出しておりました部分を一部訂正させていただきまして、88歳を1万円、90歳、2万円から1万円に減額、そして99歳を3万から2万に減額、そして2項の20万、100歳についての20万についてはそのままというふうな形でとりあえず80歳、88歳、90歳、99歳、これらの方々にも全て少額であっても敬老金の支給をお願いするものでございます。
 附則といたしましては、4月1日から施行するということになっております。
 どうか同僚議員の賛同をお願いいたしまして、提案理由にさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 最初の執行部案の6年間で約1,960万財源確保ができる。この修正案になるとその数字はどのように変化しますか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい、修正案での6年間での減額につきましては、1,569万円です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 当町の新規事業の拡大において、この事業が6年間で1,560万ですからね、この事業がターゲットになったということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 今どちらにですか。提出者ですか、今の質疑は。(「執行部でしょ、当然」の声あり)執行部じゃないですか、提案者にですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) あの、議長判断で結構です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 動議の中だから、(「両方のほうにできるんで」「両方にお願いします」の声あり)まず執行部のほうは、総務課長、誰だこれは。(「答えられない、動議だもん。の声あり)(聴取不能の声あり)ちょっととめてください。ちょっととめて。執行部答えられるの。答えられますか。はい、じゃ町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回提案いたしました第77号議案でありますけれども、これは行財政改革の一環というよりも私は福祉を考えた場合、また高齢化が急速に進んでおるということも勘案する際に、この敬老祝い金が今後相当大きくなっていくということを考えますと、ある程度縮減をし、そして子育て対策にしっかりと財源を回すというような方向性で今回提案させていただいたということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 将来的に、例えば団塊の世代の方は相当ふえていらっしゃいます。ところが、食生活が欧米化しております。現在のような長寿社会になるとは私たちは想定しておりません。さらに、現在のこの事業の対象者になる人たちは日本国をつくり上げたヒーロー、ヒロインたちです。その人たちをターゲットにして財源確保を図るのはいかがなものかと考えております。動議者にお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私もまったくそのとおりでございます。戦争の中、苦しい中、我々を育ててくれ、そして国を盛り上げてきたそういう方々、そしてまして年金が今のように充実してない中でのわずかな年での生活者が大半だというふうに思われております。
 ただ、私らもこの前の文教のほうでも視察に行きましたが、文教の視察の中でもその滑川町ですか、の中でも町長が言われておりましたけれども、このやはり若い世代を何とかしていかなきゃならないと。そういうことの中でやはりお年寄りにも少し我慢してもらわなきゃならない部分も出てきていますというふうなこともありました。我々といたしましても、これから我々も老いていくわけでございますけれども、子供の環境整備をするためにも、ましてこれから子育て支援関係が多分重要になってくるだろうと思いますので、そういった部分では若干の減額もやむを得ないんじゃないかと。
 ただ、全てをここで言う、つまり傘寿、米寿、卒寿、白寿、百寿ですか、その上は茶寿っていいますか、そういったこの昔から節目、節目のときに祝っていただいた人に対しては、何とか少しでもいいから町から御苦労さんでしたという意味での、その敬老金の支給というのを私はすべきではないか。本来なら私はこれは全面的に反対なんですけれども、ただやはり町の事情も考えれば、これからのことも考えれば若干の減額というふうな形でご理解を得たいといううふうに思っているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと議長に確認なんですけれども、修正案というか、こういうのはちょっとそう多くないっちゅうか、なんか初めてなので、ちょっとよくわかんないんですけども、修正案を出すということは、これは議員として特権ですからそれはいいんです。それで、修正の動議について2分の1でしたっけね、賛成があればそれが出るっちゅうことで今その段階なんですね今、違いますか。
 それが終わって、先ほど私も賛成といったので、恐らく動議が可決したから今提出者である堀江議員に対して、これを通すかどうかということですか、そういう判断でいいんですか。動議は終わっていますよね。だから、中身ですね。中身について提出者である堀江議員に対してしていいわけですね。ちょっと確認。いいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 暫時休憩します。
     午前11時34分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時38分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、質疑をさせていただきます。両方できるということなので、最初執行部に、提案した執行部に対して質疑をさせていただきます。
 とにかく、この敬老金というのは、今超高齢化の中で本当に80歳、88歳、90歳、99歳、100歳ということで、本当に長生きをされている超高齢者の方ですよね。この事業にメスを入れるという、私はその考えがわからない。わからないっちゅうか、ここがねなぜこういう弱者の、この事業にメスを入れなきゃいけないのか。これはどこから出たんですか。先ほど担当課長から財政改革の一環ということで出ました。議論のテーブルに着いたということですけれども、ここまでなぜ歳出見直しをしなきゃいけないのか。それはもう一度私お聞きしたいですね。
 それから、今の説明の中でありませんでしたけれども、とにかくこういう超高齢化社会の中で対象者がどんどんふえていく、これはふえるということは当然なことで大変喜ばしいことだと思うんですよね。健康だからこそふえるわけでしょう、この対象者が。本当喜ばしいことなのに、なぜここまで最初の執行部が提案したのも88歳をなくす、あるいは99歳をなくす、100歳を30万から20万にするということですよね。修正案も堀江議員は大変こう苦渋の気持ちで話して、本当は反対だけれどもやむを得ないということをしましたけれども、私は修正でもやっぱし納得がいきません。
 そもそもこのこういう高齢者にメスを入れること自体、ここが非常に私は納得がいかないんですけれども、どれだけ検討したんですか。ということで、まず質疑を伺いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この案件につきましては、今年度の施政方針の中で見直すということを掲げておりました。それに基づいて担当課でいろいろ案を出していただきました。その案に基づきまして政策企画会議、最終的には庁議で検討をした結果でございます。
 それから、なぜこういったところにメスを入れるのかということでありますけれども、こういう制度つくったときと比べてはるかに高齢化しております。高齢化率も65歳以上、現在2カ月前調べたところ24.5%、毎年0.8%程度ふえていっております。そういったことで、想像もしなかった超高齢化社会ということでありますので、その辺も勘案しなければいけないということが1つございます。
 それから、この案件を出してから何人か高齢者とお会いしていろいろ現状を聞いております。私の耳に届いているのは、ほとんどの方が賛成していただいております。確かに年金暮らしで厳しい人もいらっしゃいますけれども、中にはやっぱり結婚できない人もいっぱいいらっしゃるとか、それから子育てにお金がかかるとか、そういったところに回してもらったら我々の我慢もできるんではないかというご意見も多々あるということもございます。そういった意味で、町全体の福祉を考えた場合に、今後のあり方として、一つの方向性として出させていただいたということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
 まず、本案に賛成者の発言を許します。
 次に、本案に反対者の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 最初本案ですよね。(「執行部のほうの」の声あり)執行部ですね。
 議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正について反対の立場で討論いたします。
 大河原町敬老金支給条例の目的として、第1条、この条例は高齢者の社会的貢献に対する感謝の意と合わせて敬老の意をあらわして、福祉の増進を図るため敬老金を支給することを目的とするとあります。
 長年、大河原町や地域社会に対して貢献された方々に対して、大河原町として感謝と敬老の意をあらわすのに対して、単に削りやすいところから削るとしか思えません。敬老祝い金は改正のたび減額され、これでは長生きすることが悪いことのように捉えられてしまいます。
 また、人生の、そして長生きの1つの目標である100歳に対しても減額することは健康長寿に対する意識の低下につながりかねません。
 財政状況は厳しいのはわかりますが、安易に削りやすいところから削るのではなく、無駄や効率化を実践してから削るべきで、今早急にやるべきものではないと思われます。
 以上のことから、議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正について反対いたします。議員各位のご賛同をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 反対者の発言ですか。(「はい」の声あり)万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 賛成して反対じゃなくていいんですか。(「本案に対しての」の声あり)
 議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正について反対の立場で討論を行います。反対の理由は、これまで支給していた88歳の1万円をこれをカットすること。それから、99歳を3万円だったものを2万円に、1万円カットですね。それから、100歳30万(「本案、修正案でない」の声あり)あ、ごめんなさい。大変失礼しました。
 ええと、(聴収不能の声あり)では、わかりました。敬老金のいわゆる支給した修正も出ましたけれども、そして100歳を30万円を20万円に引き下げる内容になっているからです。この理由として、超高齢化を迎えて敬老金支給対象が1つはふえるということを町長みずからもそういうふうなお話ありました。
 それから、財政改革の一環ということですけれども、私にしたらとんでもないことだというふうに思っています。なぜ、こうした社会的弱者を対象にした事業にメスを入れるのか納得できません。老いは誰にもやってきます。長生きすることはすばらしいことです。本人だけでなく家族や地域社会、ひいては日本にとっても大変喜ばしいことです。
 敬老金支給の目的は、高齢者の社会的貢献に対して感謝の意と合わせて敬老の意をあらわして福祉の増進を図るため敬老金を支給するとしています。この目的は地方自治体の役割である住民の福祉の増進を図るそのものであり、これに照らしても敬老金の引き下げは福祉の交代に私はつながるものであり、到底認めることはできません。従来どおりの支給額を強く求めて討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 最後に、修正案に賛成者の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 議案第77号修正案に対する賛成の立場で討論いたします。
 現在我が町には77歳以上のお年寄りが2,500人ほど暮されております。例外なく我が町も少子高齢化が加速度を増して進んでおります。現在、55歳の方が平均寿命を迎えるであろう今後、約30年間は敬老金を受け取る対象者が年々増え続くことが人口統計上明白であります。
 そこで、今定例会の直前に開催された執行部からの全員協議会での説明では、77歳以上の方に行政区を通して1人当たり3,000円補助されているものが2,500円に減額され、あわせて米寿の祝い金1万円と白寿の祝い金3万円が廃止、さらに100歳の祝い金が10万円減額との説明がありましたが、本定例会では前期の2つの祝い金のみの廃止が提案され、1人当たりの500円の減額が据え置くこととなったことは執行部に対して私は評価をいたします。
 今後3年間、祝い金で敬老金助成金の受け取る対象者がますます増加し続け、こんな言葉は言いたくありませんが財政が圧迫されることは明白であります。
 しかし、人生の節目節目で長寿を感謝の形として頂ける祝い金は何よりもその対象者にとって喜びであることは私も町長も敬老会に参加することで肌で感じておることは事実であります。
 この修正案は人生の中で一番多くの方が祝われる機会が多いとされる米寿の祝い金を復活させ、2年後の卒寿の祝い同額に引き下げる違和感の薄いものへと修正されており、妥当なものであると考えております。
 しかし、この減額は単純に30年間で約7,000万円の祝い金が支払われなくなることと試算され、この削減分は今後の子育て支援等、次世代のために役立つ施策として実現するための政策提言をしていくという認識は当然この町の議員の方たちはお持ちのことと考えます。
 また、先日開校しました町民学園事業では元気で長生き健康寿命を1日でも長くとの願いから始まった事業であり、次年度以降ますますの充実を図り、町民への浸透がかなえば、町民1人当たりがいただく祝い金は逆にふえるのではないかと私は強く考えております。
 以上のことを深くご理解いただき、議員各位の賛同をよろしくお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) さっき修正案の事言いましたよね。ですから、いいんですね。わかりました。いいんですよね。
 先ほども……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波さん。(「はい」の声あり)修正案に反対なんですか。(「はい」の声あり)はい、わかりました。(「よろしいですか」の声あり)はい。発言してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほどの執行部が提案したあれにも反対討論しましたけれども、中身は同じです。いずれにせよ、先ほど子育て支援に回すとありましたけれども、子育て支援も高齢化福祉も今あるものを後退させては私はだめだというふうに思います。現状維持か、よりいいものにしていく、それが今の社会、我が町にも求められている私は姿でなないかというふうに思います。
 ですから、修正案を出すということは、この敬老金祝い金にも要するにメスをいれることですから、私はメスを入れること自体がだめなんです。ですから、先ほど述べた理由と同じですが、この修正案にも反対です。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 修正案に対しても残念ながら反対の立場で討論させていただきます。
 熟慮して出されたものだと思われますけれども、やはりこの案でも高齢者になればなるほど、長生きすればするほど減額になるという形になっております。
 また、100歳、イッセキ、1つの節目である100歳に対しても減額されることは非常に残念なことであることから、修正案に対しても反対といたします。
 議員各位のご賛同をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 修正案に反対の立場で討論いたします。
 6年間で1,569万の削減。単純に計算しましたら1年で約250万、その程度の減額です。
 ならば、例えば重点プロジェクトの方向性を縮小したほうが、この日本国をつくり上げたヒーロー、ヒロインの財源確保、減額して財源確保するのであれば、わずか250万であれば、そちらを修正したほうが町民の理解が得られると思いますので、反対いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論は終わります。
 これから議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部改正についてを採決します。
 まず、本案に対する堀江一男君、ほか1人からの提出された修正案について採決します。
 お諮りします。提出された修正案にご異議ありませんか。失礼しました。
 この表決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 提出された修正案に賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、修正案は可決されました。
 これから、議案第77号を採決します。(「いや、違います」の声あり)済みません。失礼しました。
 10分間休憩します。昼食のため休憩します。
     午前11時54分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 議案第78号 大河原町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条
                  例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第11、議案第78号大河原町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第78号大河原町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例の制定についての詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にもありましたように、今回の改正は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次一括法の成立により介護保険法が改正されたことに基づき、これまで厚生労働省令により全国一律に定められておりました包括支援事業を実施するために必要な基準について条例で定めるものであります。
 内容につきましては、大河原町地域包括支援センターの職員体制についての基準を定めるものでございます。1条から5条までの構成となっておりまして、第4条の3項以外の条項につきましては国の基準通りの規定となっております。
 主な内容について申し上げますと、4条におきましては地域包括支援センターの職員に係る基準及び当該職員の員数ということで、第1号被保険者がおおむね3,000人以上6,000人未満の場合には保健師、その他これに準ずる者1人、それから社会福祉士、その他これに準ずるもの1人、それから主任介護支援専門員、その他これに準ずる者1人を配置しなければならないというような規定でございます。
 それで、第4条第3項につきましては、大河原町独自の規定ということで、現在大河原町の第1号被保険者数が5,732人でありますので、現在今申し上げました基準を満たしておりますが、今後高齢者の増加が予想されますことから、6,000人を超えた場合の基準につきまして規定をしたものでございまして、先ほど申し上げました保健師、それから社会福祉士、主任介護支援専門員、各職種のうちのいずれかの職種において1名、または2名を増員するものという基準を規定したものでございます。
 施行期日につきましては、平成27年4月1日からでございます。
 また、この条例案につきましては、去る12月3日に開催いたしました大河原町地域包括支援センター運営委員会においてご説明を申し上げ、ご承認をいただいておりますので、申し添えて詳細説明といたします。
 よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初に第1条の中に、今回の条例の名称にもありますけれども、包括的支援事業というふうになってますが、これは来年から介護保険が大きく変わりますよね。総合支援事業になります。そのことを指しているんですか。そのこと、確認方々お願いいたします。
 それから、第2条の(2)地域包括支援センター、これは法の第115条の46第1項云々ってありますけれども、これは従来のこの法に基づいてのセンターということでいいんですか。
 知らないところでいろいろ介護保険のほうとか変わっておりますので、あえてこの辺も同じなのかどうか伺います。
 それから、第4条ですけれども、これちょっと小さいことなので恐縮なんですが、この第4条1のと読むんですか、これ。1の地域包括支援センターって、この1って、どこを指しているんですか、1つのっていう意味、1つのって読むんですか。あ、ごめんなさい、つが抜けてた。ちょっとこれどういうことなのかよくわからなかったので。
 それから、同じ第4条で、それぞれ(1)から(3)まで職員の区分がありますけれども、現在地域包括支援センターでは(1)から(3)までにかかわる職員というのが何人いるんでしょうか。それで、これは全員地域包括支援センター、イコール社協の職員、それから町職員というふうに分けられると思いますが、その辺も詳しく示していただきたいというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、第1条の包括的支援事業につきましてでございますが、これは現在行われているサービスを総称しているものでございまして、例えば高齢者の介護や健康福祉に関する総合相談事業、それから要介護状態になる恐れの高い高齢者を支援する介護予防マネージメント事業、あと虐待等の早期発見や成年後見人後見制度の紹介などの権利擁護事業、それから介護支援専門員への支援や地域のネットワークづくりなどの包括的継続的ケアマネージメント事業などを総称して言っているものでございます。現在行われている事業でございます。
 それから、2条の第2号の地域包括支援センターにつきましては、現在ある地域包括支援センターを指しているものでございます。
 あと、4条のこの最初の1つの地域包括支援センターといいますのは、地域包括支援センターの設置の目安といたしまして、中学校学区に1つというような基準を示しているものがありますが、大河原町の場合には非常にコンパクトな地域であるというようなことで、大河原町全体を1つの担当区域というふうにみなしているもので、地域支援センターが担当する区域のことでございます。
 それから、4条のそれぞれの専門職につきましては、現在の包括支援センターにおります保健師については1名、それから社会福祉士につきましても1名、それから主任介護支援専門員については2名おります。それで、そのうち主任介護支援専門員2名につきましては、社協からの出向の職員となっております。上の保健師、それから社会福祉士については町の職員ということでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) わかりました。ちなみに第4条の職員ですけれども、この地域包括支援センターっていうのは、このほかに何名で体制つくているんでしょうか。
 それと、この包括支援事業は、先ほども言いましたけれども、来年度から介護保険が変わって総合支援事業に要支援1、2とか移りますけれども、そのためにこの条例が出てきているということ認識でいいんでしょうか。もう一度お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。まず、現在の地域包括支援センターの職員につきましては、臨時職員も含めまして8名でございます。
 あとは……。済みません。この第3次一括法につきましては、25年に成立した法律でございまして、それに基づいての今回改正で、26年度中に改正をしなければならないというか、そういうような国の方針に基づいて改正するものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、法案に基づいて今回の条例制定が来ているわけですけれども、私が先ほどから言っています、これはあくまでも介護保険法に基づいてなので、介護保険改正、いつされたのかわかりませんけれども、具体的には来年から、さっき冒頭に申し上げましたような状況が出てきていますよね、変わって。そういうふうに理解していいんですか。
 それと、臨時職員も含めて8名ということですが、来年からその新しい事業に移行しても、この体制で十分にやっていけるっちゅうことなんでしょうか。
 その辺、これ最後ですので、十分であればいいですけれども、事務量がふえて云々という場合はやはり来年また新規採用に当たっては、町長にそのときは担当課と話し合いを密にしていただいて、増員も含めて考えていただきたいと思います。
 それでは、ご答弁お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 済みません。先ほどですね、各職種で保健師については社協の出向職員でございましたので、済みません訂正をさせていただきます。
 それから、来年度からの第6次の介護保険計画の実施につきましては、この包括支援センターが中核となって事業を進めていくとような考えでおります。おりまして、この体制でやっていけるかということにつきましてですが、やはり事業量がふえるということから職員の、職員じゃない、一応臨時職員というようなことでこれまで補充についての募集をしておりましたが、なかなか人が来ていただけないような状況ですので、その辺の処遇改善をいたした上で募集をして人員の増員を図り、体制の強化をした上で、体制の強化をしていきたいというふうに考えています。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 同じく第4条なんですけれども、私もこれ気になっていたんですが、まず第1点は、この第3条の1号、2号、3号ですが、保健師、その他に準ずる者、その他に準ずる者とありますけれども、その他に準ずる者というのはどの範囲までの人を指しているのか、これがまず第1点。
 それから、第2点目は、この職員体制ですけれども、社協の職員がね、保健師、それから主任介護の専門員、これが結局基本となる人たちのうち、4人のうち3人が社協から派遣というか、やっているということなんですけれども、今も課長の答弁にありましたけれども、臨時職員を含めて8名体制だっていうんですけれども、臨時職ではなかなか集まる人がいないということなんですけれども、町の包括支援センターとして町職員でやれないもんなのかどうなのか。大きなやっぱり事業でありますので、この部分については社協に委託とか、社協からの派遣とかという形でなくて、町職員が責任を持ってやれるような体制にすべきではないかと思うんですけれども、これについてはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、これに準ずる者の解釈でございますが、これについてはちょっとよく調べておりませんが、同等の役割をこなすことができる者というふうに一般的なお答えしかできませんけれども、そういうようなことでございます。
 それから、社協の職員でなくて町の職員でということでございますが、これはこれから予算のヒアリング等が実施されるわけでございますが、来年度に向けて地域包括支援センターのその体制の強化ということで、専門職についての増員を、職員の増員を求めていきたいというふうに担当課のほうでは思っているところでございます。
 あと、済みません、保健師については、社協1名と職員も1名おりました。大変申しわけございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、お2人の議員から地域包括支援センターの職員の体制についてのご指摘がございました。確かに町職員が中心を担うべきだというふうに考えておりまして、これについては根本的な課題だと私も受けとめておりましたので、これにつきまして来年度から間に合うかどうか別にいたしまして、しっかりと検討していたいというふうに思っております。
 これまでも担当課から臨時職員では対応しきれないとかいうことを聞いておりまして、その都度対応しようとしておりましたけれども、それではまだまだ私も不十分だと思っているところがございますので、抜本的な体制を構築すべく、少し幅広く検討していきたいと思っておりところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず、その職員体制について、町長の前向きな答弁がありましたので、その辺よく担当課長さんと話していただいて、増員といいますか、しっかりした体制でもってやっていただきたいというふうに思います。
 それから、先ほどの答弁の中で、例えば保健師、その他これに準ずる者ということについて同等の役をこなせる者と。例えば看護師だとか、それから社会福祉士でなくて社会福祉主事の資格を持ってとか、そういうなこと言われるんだらわかるんですけれども、同等な者というと、何がどこでもって同等な者なんでしょうかね。普通でしたら、保健師でなくても例えば、助産婦が上なんだか下なんだかわかりませんけれども、助産婦の資格を持っているとか(「助産師」の声あり)助産師ですか。それから、介護士とか、あと社会福祉士でなくて社会福祉主事の資格を持っているとか、そういうふうなあいづだと思うんですけれども、同等の役をこなせる者というと何の資格もなくてもやれれば、例えば車の運転やるのに無免許でも車の運転できればいいのすかっていうことにはなんないんでしょうかね。この辺ちょっとお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 大変曖昧なお答えをして、大変申しわけございませんでした。
 これにつきましては、あと詳しく調べまして議員のほうにお示しをさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから議案第78号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第78号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 議案第79号 大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並び
                  に指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な
                  支援の方法に関する基準等を定める条例の制定について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第12、議案第79号大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定を議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第79号大河原町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定について詳細説明を申し上げます。
 本議案につきましても、前議案同様に地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律第3次一括法の成立により本町において条例を定める必要があることから提案をいたすものでございます。
 主な内容についてご説明をいたします。
 1ページ、2ページをお開きください。
 第4条につきまして、暴力団の排除という規定がされておりますが、これにつきまして先ほども申し上げましたが、一応国の省令に準ずるような形でつくっておりますが、この第4条につきましては、町独自に規定したものでございまして、指定介護予防支援事業者から暴力団を排除するというような規定でございます。
 それから、第5条でございますが、基本方針を定めるもので、指定介護予防支援の事業は、その利用者が可能な限りその居宅において自立した日常生活を営むことができるように配慮して行うものでなければならないというような規定をいたしております。
 次に、第6条、2ページでございますが、これは従業員の員数につきまして、1事業1名以上の保健師、その他の指定介護予防支援に関する知識を有する職員を置かなければならないというふうになっているものであります。
 また、第7条につきましては、常勤の管理者を置かなければならない規定になっております。
 あと、次の第4章運営に関する基準、第8条以降については、実際の運営手続に関する基準を定めたものになっております。
 それで、少し飛びまして、7ページ、8ページをお開き願いたいと思います。
 8ページでございます。第32条でございまして、記録の整備につきましては、これも町の独自の規定したものでございまして、記録の整備につきまして、利用者に対する指定介護予防支援の提供に関する記録の整備については、国の基準では2年保存ということになっておりますが、介護報酬との返還を求めることができる期間が5年であるというようなことで、本町では5年としたものでございます。
 それから、第33条につきましては、指定介護予防支援の基本取り扱い方針を定めたもので、2項におきまして、指定介護予防支援事業者は介護予簿の効果を最大限に発揮し、利用者が生活機能の改善を実現するための適切なサービスを選択できるよう目的志向型の介護予防サービス計画を策定しなければならないというふうに規定したものです。
 第34条でございますが、第34条、それから12ページにあります第35条につきましては、具体的な運営に係る取り扱い方針、それからサービス提供に当たっての留意点等を規定したものとなっております。
 施行期日につきましては、平成27年4月1日でございます。この条例案につきましても前議案同様に去る12月3日に開催いたしました大河原町地域包括支援センター運営委員会において、委員の皆様にご説明を申し上げ、ご承認をいただいておりますので、つけ加えさせていただいて詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけですけれども、第4条、これは町独自でということですけれども、その今課長の説明の最後に、これは委員会でも了承していただいたっちゅうことですけれども、そこから出たことなんですか。それとも、この暴力団の排除というのは、こういうことというのが実際、例えばどこかでそういう事例があるのか。だからこういうふうに第4条を設けたのでしょうか。その辺の経緯について伺います。
 これを設けたこと自体は大変私は大事だというふうに思っています。その立場から質疑させていただいています。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。12月3日の運営委員会におきましては、既にこの第4条を盛り込んでご説明をいたしております。
 それから、実際どうしてこれを盛り込んだのかということですが、今後多様な事業者の参入が考えられるというようなことで、町のほうでも暴力団排除条例というものをつくっておりますので、そのような多様な事業者の参入に当たりましてこのような規定を設けたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この中でですね、いろいろあるわけですけれども、例えば先ほど説明ありましたページ8ページの記録の整備とかいろいろあるわけなんですが、これの罰則規定とかっていうのはないんですか。もし、この記録を5年保存しなければならないっていうのを例えば3年でなげてしまったとか。ほかの要綱でいろんなのさ引っかかった場合の罰則規定といいますか、そういうふうなものはこの条例にはないんでしょうか。条例で罰則決めないとちょっとまずいんじゃないかと思うんですけれども、その辺のところをちょっとお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) これにつきましては、この条例につきましては、基準を定めたものでありまして、基準を満たすというようなことを求めている条例、あるいは運用に当たるマニュアル的なものを定めたものでございますが、罰則まではこの条例ではうたっているものではございません。
 上位法令等にちょっと罰則等の規定があるかどうかについてはちょっと確認をしておりませんでしたので、ちょっとそれについてはお答えできません。大変申しわけございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私もちょっと上位法令ちょっと詳しく見てないんでわからないんですが、ただ普通はですね、何々しなければならない、しなければならない、何々に努めなければならないっていうふうなことがいっぱい出てきているもんですから、それをしなかった場合どうするのかというふうなことについて、普通は載せるんでないかなと思うんですけども、もちろん町独自で罰則規定つってもなかなか厳しい部分もあるんですけれども、この辺のところもし、あとわかりましたら教えていただきたい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。あと調べてみます。あとは指導機関による指導というものもございますので、そういうようなものも活用していくものとは思います。あと確認をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私は2点ですね。第4条なんですけれども、町独自に、万波さん同様、この暴力団について盛り込んだというのあるんですけれども、実際にこういう暴力団等も業界に狙いをつけて、だんだん裏で参入してくるということもマスコミ等の報道では言われているんですけれども、実際にですね、説明をする前にすでに町がそういうことを盛り込んでいるからやったというのあったんですけれども、実際これを入れる際にそういう危険性があるとか、そういうことで十分もまれて盛り込んだというふうに認識していいのかというのが1点と。
 各、今堀江さんも言いましたけれども、何々するようにしなければいけないとかっていう文書が各所に目立つんですが、例えば4ページの14条の介護予防サービス計画費の額との間に、不合理な差額が生じないようにしなければならないとかあるんですけれども、例えば整備業界でいうと、お客様に車を預かったときに概算見積書というものを見せて、このぐらいですよということで必ずお見せするんですね。それで、例えば終了している際にまた余計な部品がかかって若干数千円でも変わるんであれば連絡をして、こういうことで金額が上がりますよという了承を得て、それで代金を収受するという方向じゃないと法的にこれは抵触するようなことになっているんですけれども、例えばこういうときにしなければならないというとき、例えばこうですよと言ったときに実際に請求してきたときに金額がちょっと返りがあって、ちょっと利用者間にとっては理不尽なケースというのも私出てるというのも聞いてはいるんです。違うとこなんですけれども、そういう場合どういうふうな指導とかペナルティーとか、あるのかないのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 第4条を盛り込むに当たって十分検討したかどうかということでございますが、やはり昨今の情勢、介護だけでなく広い意味で状況を見てこの条文第4条を盛り込んだものでございます。
 それから、しなければならないということで義務規定になっております。これはやはり時々あるんですが、事業所からのサービスの料金の間違いとかそういうものが時々ありますので、そのような過誤請求っていうんですか、そういうものを防止するという観点からも文章としてはしなければならないという文章になったものというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 1点目はいいんですが、ちょっと2点目はよくわかりません。例えば、これだけいろんな事業者が参入してくれば、ちょっと言い方どうかわかんない、いろんなカラーの事業者さんが出てきているっていうのは認識されているとは思うんですけれども、間違いとかではなくて、例えば法改正を見越して特養とかでは利益が大きくそがれるとかあるときに、例えばこういう介護予防なり何なりというところで例えば利益を上げようとしたときに、そういうことを日常的にやる業者さんとか、そういうとこが多い業者さんとかに対しての抑止力というのはどのようにして働かせていけばいいのかということをお聞きしてます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 例えば居宅介護支援事業所は現在宮城県の指定を受けている事業所になっておりまして、その指定を受けるためにはそれ相応の基準を当然満たすことはもとより、その的確であるかどうかの判定もなされての事業所になっていると考えられます。その指定を受けるということも1つの抑止力になっていると思いますし、また町のほうで請求については当然チェックをするというようなことですとか、あるいは何か事故があったときには当然報告義務がありますので、そのようなときに厳正な対処をするというようなことになるかと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ちょっと私のほうからこの議案につきましても法令審査会という形の中でちょっと審議をした経緯がございます。参考になればということで私のほうからお話をさせていただきたいと思います。
 提案理由にも申し上げていますとおり、これは第3次の地域主権一括法ということで、極端な話権限移譲というふうな形になります。つまり、これまで政省令で決まっていたことを市町村の条例で定めなさいということになったんですね。その中で政省令で3つの区分がありまして、従うべきもの、それから参酌するもの、それからもう一つあるんですけれども、そういったものについては、多分従わなければならないものにつきましては、しなければならないという形にならざるを得ないという形の中で条例の制定になったはずです。
 基本的にその罰則等につきましては、ちょっと私も確認をしてございませんけれども、法律という形の中でそういった規定があるというふうに思っているところでありますので、参考になればということでお話をさせていただきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) あくまでも利用者目線というのを第1としてことに当たってほしいと思うんですけれども、権限移譲されたんであれば、例えば介護サービス計画費ということでお客さんにお示ししたものと実際に収受した料金の例えば領収書とかを見たときに、金額に返りがあるということを一目でわかると思うんですね。そいういうのが多い業者さんは町独自に指導を入れてはいいんではないのかなということなので、その点を含みおかれて今後進めていただければと思います。答弁いりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第79号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第79号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第13 議案第80号 大河原町国民健康保険条例の一部改正について

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第13、議案第80号大河原町国民健康保険条例の一部改正についてを議題といたします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第80号大河原町国民健康保険条例の一部改正について詳細説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、町長の提案理由でも申し上げましたとおり、出産一時金につきまして平成21年10月から基本額を39万円、加算額を3万円として合計42万円を支給しておりましたが、平成26年4月21日に改正されました社会保障審議会医療保険部会におきまして、産科医療保険制度における掛金の額を見直すことが決定されました。なお、平成23年4月に出産一時金の額を原則42万円を恒久化するということが決定されておりまして、このことに伴い大河原町国民健康保険条例で定める出産育児一時金の額を1万4,000増額し、40万4,000円に。加算額を1万4,000円減額して1万6,000円に改めるものであります。
 なお、この条例につきましては、平成27年1月1日から施行することとし、施行日前日に出産した被保険者に係る大河原町国民健康保険条例第5条の2の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例によるものといたすものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろいくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の課長の説明でよくわかったんですけれども、あえて1万4,000円、一時金をトータルで42万円になっているわけですけれども、これがこういうふうになったっつうのは何か私が、理由でもあるんですか。トータルで42万ですけれどね。なぜこういうふうに一時金がふえて、こっちの加算を減らしたのかという、その意味がよくわからないのでわかれば教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) その掛金なんですが、産科医療保障制度というのがありまして、その産婦人科など出産の関係の医療の関係で、その医療施設のほうが前もってその個人に変わって保険を掛けるということになっています。その保険、前もって保険を掛けまして、その分も含めてその出産された方が支払いをするということになっているんですが、その保険料が今までかなり蓄えがあったということで3万円では高いということで、それを1万6,000円まで下げたということで、それで1万6,000円まで下げたので、その保険料を含めて本人に請求なんですが、しかしその42万円というのが固定されていますので、それでその差額の1万4,000円を逆に増額をするということで、合わせて42万円は本人に支給するという中身になっております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。これから議案第80号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第80号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第14 議案第81号 平成26年度大河原町一般会計補正予算(第6号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第14、議案第81号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第81号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第6号)の詳細説明を申し上げます。
 まず、初めに債務負担行為の補正についてご説明をいたしますので、5ページをお開き願いたいと思います。
 初めに、追加といたしまして、デマンド型乗り合いタクシー管理運営委託につきまして、3カ年の契約をいたすということでの債務負担行為の補正、または町税等の収納窓口業務委託といたしまして、現在職員が直接税金または料金等を収納する割合がかなり高くなってきておりますことから、本来の業務が十分できなくなっているとの事情があり、民間のほうに町税等の収納の窓口を委託したいということでの債務負担行為でございます。
 次に、集金業務委託等につきましては、現在指定管理金融機関のほうで集金に来ていただいているわけでございますが、この業務がだんだん縮小してまいります。それに伴う代替といたしまして集金業務の委託をしたいということでの債務負担行為でございます。
 変更といたしまして、障害者通所援護施設運営委託といたしまして、指定管理を行うに当たりまして、再度事業内容等を精査したところ、限度額に不足が生じるということで今回補正をいたすものでございます。
 続きまして、事項別明細書によりご説明をいたしますので、9、10ページをお開き願いたいと思います。
 まず、初めに歳入といたしまして、1款6項1目入湯税につきましては、事業者の休業による減額ということで261万5,000を減額させていただいてございます。
 12款1項2目2項の児童福祉負担金につきましては、まず保育所児童保護者負担金につきましては、入所児童数の増、または所得階層の変動により増という形になってございます。
 その下、小規模保育児童保護者負担金につきましては、今年度から徴収という形になりますが、町でこの分について徴収するという形で今回計上させていただいてございます。
 13款2項2目の1節居宅介護支援手数料につきましては、要支援1、2の方に対するケアプランを作成する部分でございますが、件数の増加という形で18万4,000円を増額させていただいてございます。
 14款1項1目1節の障害者福祉負担金の障害者自立支援給付負担金につきまして350万円増額してございます。これにつきましても利用者の増というふうな形でございます。
 その下、保育所運営費負担金につきましては、2節の保育所運営費負担金につきましては、民生費負担金のところでもお話ししましたように入所児童の増加、または所得階層の変動というふうな形での増というふうになります。
 11、12ページをお開き願いたいと思います。
 14款2項1目の3節児童福祉費補助金につきましては、1,326万6.000円、保育緊急確保事業費補助金ということで、当初県補助金ということでメニュー出しをしておりましたが、今回補助メニューの変更によりまして、国と県に補助金の内容が変わり再編をさせていただいたということで、新しく保育緊急事業補助金ということで1,326万6,000円を計上いたしております。
 その下、総務費国庫補助金につきましては、9月補正で歳出といたしまして中間サーバーという負担金というものを計上させていただいてございました。その中間サーバーの負担金につきまして補助金が満額来るということで98万1,000円を計上させていただいてございます。
 15款1項1目の民生費県負担金1節障害者福祉費負担金の175万円につきましては、利用者増というふうな形でございます。
 その下の2節保育所運営費負担金、これは国庫負担金と同様に入所児童の増、また所得階層の変動による増ということでございます。
 2項の2目2節障害者福祉費補助金で15万5,000円の減額をしてございます。これにつきましては、補助対象事業所がなかったことによる減額というふうな形でございます。
 4節児童福祉費補助金につきましては、まず延長保育促進事業費補助金と放課後児童健全育成事業費補助金につきましては、補助基準額の改正や児童数の増によるものでございます。
 その下の乳幼児家庭全戸訪問事業補助金、養育支援訪問事業費補助金、一時預かり事業費補助金、地域子育て支援拠点事業費補助金、小規模保育運営支援事業費補助金につきましては、国庫補助金の中で申し上げました保育緊急確保事業補助金のメニュー変更ということで、ここで再編をさせていただき、国と県のほうに振り分けをさせていただいていることでございます。それに伴いまして、この一番最後に保育緊急確保事業補助金ということで643万3,000円を計上させていただいてございます。
 次のページに移らせていただきたいと思います。
 3目衛生費県補助金の6節宮城県自殺対策緊急強化事業補助金につきましては、新たに補助の決定があったことから50万円増ということにさせていただいております。
 16款2項3目の1節出資金精算残余収入につきましては、仙南土地開発公社が解散したことに伴います精算という形で244万円を計上しております。
 18款の特別会計繰入金につきましては、25年度の精算に伴う繰り入れという形になってございます。
 19款1項1目1節の繰越金につきましては、財源手当てという形で1,092万8,000円を計上いたしてございます。
 次のページをお開き願いたいと思います。15、16ページです。
 雑入といたしまして、まず所得税源泉徴収不足金ということで、個人事業主の方へ委託料という形で支払っていた分につきまして、本来源泉徴収をしなければならないということになったことから、個人の事業主から返還をいただく源泉所得税分ということで239万8,000円。むつみ学園事業費負担金精算金については25年度の精算という形でございます。公営住宅防火施設整備補助金62万円につきましては、消火器を整備するという形での補助というふうな形です。東京電力福島第一原発事故賠償金につきましては、放射能測定器の購入に対する賠償という形で483万円を計上させていただいてございます。
 次に、歳出のほうに移らせていただきますので、17、18ページをお開き願いたいと思います。
 まず、2款1項1目の5節災害補償費につきましては、緊急雇用の臨時職員が今回公務災害の認定を受けたことに伴います補償という形で32万円。
 また、その下委託料の例規整備業務委託料につきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正や社会保障税番号制度に伴い、条例の整備が必要となってまいります。その整備の調査支援等を行っていただく委託料という形になってございます。
 22節補償補填及び賠償金並びに27節の公課費につきましては、先ほど歳入で申し上げましたように、個人事業主から返還をいただいた源泉徴収の納める部分と延滞税、不納付加算税がかかるということでの予算措置というふうにさせていただいてございます。
 7目企画費の13節委託料につきましては、イントラネットサーバー補修、またはサイト管理システム補修につきましては、当初予算で消費税分の予算計上漏れがございました。その分を今回補正させていただくということで、今後このようなことがないように十分注意してましりますのでよろしくお願いをしたいと思います。
 2項1目税務総務費の8節報償費につきましては、税に関する作文に応募された中学生に対する記念品ということで図書カード等を考えてございます。
 その下の償還金及び利子割引料につきましては、法人町民税等で今後還付が見込まれますことから350万円を増額してございます。
 次のページ、19、20ページをお開き願いたいと思います。
 20の扶助費で心身障害者医療費助成につきましては、診療件数等の増加により100万円の増額。障害福祉サービスにつきましては、利用者の増または報酬単価の増により700万円を増額させていただいてございます。
 償還金利子割引料につきましては、平成25年度の障害者自立支給給付費等の精算という形で国県への返還金という形になってございます。
 5目老人福祉費の19節負担金補助及び交付金につきましては、社会福祉協議会への人件費補助ということで18万4,000円でございます。
 その下、繰出金、介護保険特別会計繰出金につきましては、制度改正がありますことから、介護システムの改修並びに社会福祉協議会への人件費補助等として248万9,000円を計上させていただいてございます。
 6目世代交流振興費の7節賃金につきましては、思ったより休日等の利用が少なかったことにより、臨時職員75万円を減額させていただいております。
 11需用費の光熱水費につきましては、水道の使用が見込みより多かったことにより20万円。また、消耗品につきましては、降雪対策ということで雪かき用のスコップ及び融雪剤の購入というふうになってございます。
 15節工事請負費につきましては、工事が終了したことによる減額ということでございます。
 2項の1目13節委託料につきましては、子ども・子育て支援事業システムが稼働いたしましたことから、そのソフトの保守を委託するということで83万9,000円を計上いたしてございます。
 5目の保育所運営費の13節委託料につきましては、1,830万6,000円増額してございますが、入所児童数の増加により増額という形でございます。
 次に、21、22ページをお開き願いたいと思います。
 7目の児童館費の4節共済費、7節賃金につきましては、職員の産前産後休暇がございますことから臨時職員という形で措置をさせていただいてございます。
 8目児童センター費の18備品購入費、エアコンにつきましては、事務室のエアコンが故障しておりますことから、買いかえという形でございます。
 次に、4款1項1目の4節共済費と7節賃金につきましては、保健師の育児休業により臨時の保健師を探しておりましたが、見つからなかったことから、短時間勤務の臨時職員で対応するということでの減額になってございます。
 その下、8節報償費、11節需用費、12節役務費、次のページの14節使用料及び賃借料につきましては、自殺予防講演会等々の経費というふうな形になってございます。
 6款1項3目の19節負担金及び交付金で、生活センター維持費補助金ということで、これにつきましては、新田町生活センターにおきましてシロアリの被害や雨漏りの補修がありますことから助成するということで310万円を計上させていただいてございます。
 その下、農地費の16原材料費につきましては、水路等の補修ということで、U字溝等の支給を行うとふうな形で30万円でございます。
 7款1項3目19節負担金補助及び交付金で57万円増額してございます。これにつきましては、上大谷川の土手に桜の木を植樹する際の実施主体が大河原町観光物産協会という関係で、こちらのほうに補助するというふうな形でございます。
 4項5目28節繰出金の公共下水道事業特別会計繰出金の76万円の減額につきましては、受益者負担金の増額があったということから今回減額をさせていただいております。
 25、26ページをお開き願いたいと思います。
 5項1目11節のまず消耗品につきましては、町営住宅の消火器の更新という形で134万円。また、修繕料につきましては、町営住宅の募集を行うための修繕や団地内の遊具の修繕ということで200万円を計上させていただいでございます。
 10款1項2目の1節報酬と7節賃金につきましては、学校図書司書の方が産前産後休暇に入ります。その関係で新しく図書司書を探したんですが見つからなかったために、臨時の職員という形で対応するということでの予算の組みかえでございます。
 19節負担員及び交付金の私立幼稚園就園奨励費補助金につきましては、第2子、第3子の所得制限の撤廃による対象者の増や補助額の増額によるものでございます。
 10款2項3目大河原南小学校管理費の需用費16万2,000円につきましては、教室の暖房機が故障したことによる修繕という形で16万2,000円を計上させていただいております。
 5目の11需用費の光熱水費55万6,000円につきましては、水道使用料や電気使用量の増加によるものでございます。
 3項1目11節、この光熱水費につきましても水道や電気の増加というふうな形になってございます。
 次のページをお開き願います。
 3項3目15節工事請負費の金ケ瀬中学校屋外大時計改修工事ということで、大時計自体が壊れたということがありましたので、今回工事をするということで17万9,000円を計上させていただいております。
 5項2目の15節工事請負費、総合体育館給湯ボイラー熱交換器改修工事につきましては、当初予算でも87万円を計上してございます。今回工事を行うに当たり再度見積もり等を行ったところ不足額が生じるため、今回30万円を追加いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 これから質疑を行います。質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず、5ページの債務負担行為の補正の部分ですけれども、変更という部分ですね。これも先ほど説明で再度精査の結果変更ということだったんですけれども、これ当初の積算がちょっと不十分だった、甘かったということはなかったでしょうか。それとも後からこの指定管理業者から価格、値段、金額ちょっと合わないんでというような相談があっての変更だったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 5ページの障害者通所施設運営委託費に関する負担行為の変更につきましては、職員の処遇改善といいますか、ベースアップ、給料のベースアップ等、そういうものを反映したものということでの変更でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) あくまでベースアップということでしたけれども、これは指定管理を受ける側の業者事情であって、こちらが町側としてはあんまりそこは加味する必要ないんじゃないかと思うんですけれども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) この指定管理先につきましては、大河原町社会福祉協議会でございまして、作業所さくらについての指定管理をして、お願いしているものでございます。そのような関係で、先ほどの議案の中にもありましたが、所員の方、職員の方についての給与についての人事院勧告等を踏まえてのそういうような処遇改善でございますので、ご理解をお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、5ページから質疑をさせていただきます。
 債務負担行為の補正です。最初にデマンド型乗り合いタクシーですけれども、先日、過日運営協議会も開かれて、町民の何ていうんですか、要望なりで大分、大分じゃないですけれども、一部変わったところのように聞いていますが、中身はこれから向こう3年間ですけれども、変わりは出てきたんでしょうか。それが、限度額に反映されているのかどうか、それが1点です。
 それから、その下の町税等収納窓口業務委託ですけれども、これは要するに公金横領事件を受けての新たなこれ取り組みと受けとめていいんですか。これどこに委託するんでしょうか。
 それから、町税、中身ですね、業務委託の中身を詳しく教えていただきたいのと。町税等、等というのはこれは何を意味するんでしょうか。税だけではないということなんでしょうか。公共料金いろいろありますけれども、その辺も伺います。
 それから、その下の集金業務委託、これについてももう少し詳しくお知らせしていただきたい。それが5ページです。
 それから、ページ10ページです。
 10ページの12款分担金及び負担金の2の節児童福祉費負担金の小規模保育事業、これの133万3,000円、町で今年度より町で徴収とお話ありましたけれども、これは今年度からと初めてなのでなぜそういうふうになったのか伺います。
 それから、12ページです。一番上ですね。3節児童福祉費補助金1,326万6,000円。これは、先ほどの説明ですけれども、県の補助だったけれども、補助のメニューの変更でこうなったということですけれども、こういうふうになった理由は何なのか。この変わることによって何かいろいろ影響というのが出てくるのでしょうか。そのことを伺います。
 それから、12ページの同じ下ですね。4児童福祉費補助金、先ほどの説明ですと、延長保育と、それから放課後児童、これ補助基準の改正というふうにありましたけれども、いつこれ改正になったんでしょうか。どういうふうに当初と違って改正されたのか伺います。
 それから、16ページですね。16ページ、この所得税の減税、所得税厳正聴収不足金、これはこの前担当課から説明あったそれとのこれ関係ですよね。それで、もちろん今後こういうことはないということですけれども、この前示された金額とこれは全く変わりはなかったでしょうか。ちょっと、済みません。
 それから、この一番下、雑入の下、東北電力、これもこの前説明があって東京電力ですね。測定器ですけれども、大河原町では放射能問題が起きてからかなり原発事故による支出というのをしていますけれども、あえてこの測定器だけが賠償金の対象になった。これまでもありましたけれども、その理由と、それから総額でこれ幾らだったでしょうかね。既に我が町で事故に関する歳出どのぐらい出てるのかちょっと全てこの時点で合計金額も教えていただきたいっちゅうふうに思います。
 それから、16終わったので、18です。18ページです。5の節災害補償費ですけれども、先ほど緊急雇用で公務災害補償費となりましたけれども、ちょっともう少し詳しく教えていただきたいと思います。
 それから、20ページですね。13節償還金利子及び割引料ですけれども、さきほどちょっと私が聞き違ったんでしょうか。国県の負担金と精算返還金、これ障害者というお話しなりましたけれども、これは通常の返還額ですか。ちょっと金額が多いように思うんですけれども、この点は私の考え過ぎなのかちょっと確認をさせてください。
 それから、24ページですね。真ん中、農林水産費の中の19節負担金補助及び交付金の中の生活センターです。先ほどシロアリ、雨漏りということで新田町センターということでしたけども、ここ地区は築は何年になったでしょうか。かなり老朽化が進んでいるんではないかというふうに思うんですが、今後維持費だけで対応できるのかどうか、そのちょっと今後の見通しも伺いたいっちゅうふうに思います。
 それから、その下の商工費の19節負担金補助及び交付金、先ほどの説明ですと、上大谷の桜の木の植樹ということありましたけれども、この12月にこれが57万出てきてますけど、来年の3月まで、この寒い時期になのかちょっとよく、植木というのはもっとよくわかりません、専門でないのでどうなのか、ちょっと教えていただきたいというのがそうです。
 それから、26、26、ごめんなさい、26ページ。26ページの教育費の1報酬、それから賃金に関してですけれども、この報酬の減というのはこれは先ほど説明あったでしょうか、もう一度ちょっと、ごめんなさい。(「見つからない」の声あり)見つからないということで、これは労働条件が、もちろん正職ならあるんでしょうけれども、補助としてしているからなんでないですか。もう少しやっぱ理労働条件を改善すればここは確保できるんではないかと思うんですけど、その辺の考え方どうなのか伺います。
 それから、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず、5ページのデマンド型乗り合い型タクシー管理運営委託の債務負担行為についてでございます。これにつきましては、事業内容の変更はございませんので、よろしくお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 同じく5ページのその下、徴税等収納窓口業務委託につきましては、万波議員さんがおっしゃるとおり公金横領再発防止、それから町の町税収納対策本部専門チーム等で定義されたもので、こちらの事業を行いたいということで上げました。業者につきましては、心当たり2、3ございますけれども、まだ決定はしておりません。
 公金の種類なんですが、公金として銀行とか大河原町の担当の窓口のほうに収めていただくもの全てを扱ってもらう予定でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 10ページ、小規模保育保護者負担金でございます。これは平成26年7月より県の補助事業を……。(「いいから、そのまま来たんだから、あと指すから」の声あり)よろしいですか。県の補助事業を採択いたしまして平成26年度より実施しております。10月現在ゼロ歳児のお子さん3名、1歳児のお子さん1名、2歳児のお子さん1名をお預かりしておりまして、この間保育料につきましては、町の保育料に順じ階層別に保育料を徴収させていただいております。今後3月まで本事業が続きますことから現在の保育5名が継続されるということで133万3,000円計上させていただきました。
 12ページでございます。12ページの国庫補助金の児童福祉費補助金についてでございますけれども、同じ12ページ15款2項2目4節児童福祉費県費補助金が安心こども基金から出されておりましたが、安心こども基金ではなく補助メニューが安心こども基金から国庫補助金となったことから、国庫補助金として1,326万6,000円を計上いたしまして、その半分、その2分の1を同じく県費補助金ということで、保育緊急確保事業補助金という形で措置させていただきました。
 あと児童クラブの補助基準額の中身についてでございますけれども、補助基準額につきましては、各児童クラブの単位の定員、定員ごとにその補助基準額が決まっておりまして、個別にでございますけれども、上谷児童館については23万2,000円の増、児童センター児童クラブについては29万1,000円の増、金ケ瀬第1、第2児童クラブについてはおのおの13万4,000円の増、あとスマイルプラザのスマイル児童クラブ、わくわく児童クラブについてはおのおの22万6,000円ずつの増という形で、40名規模の児童クラブが最も高い補助基準額となってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 会計管理者。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯会計管理者(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯会計管理者(加藤正明君) 5ページのほうに戻っていただきまして、集金業務委託の債務負担行為でございますが、これにつきましては、、指定金融機関である七十七銀行さんなんですが、集金業務として今も現在も来ていただいております。具体的に申しますと、集金のバックを各課で今調整したものを毎日とりに来てもらって、収納してもらって、その日報と一緒に届けてもらうと。そうした業務を今はサービスでやってもらってます。それが、業務の縮小ということも銀行さんの都合であるわけでございますが、ある程度の負担金額をいただければ同じように続けてもいいですということがありましたので、上のほうの窓口の業務とこれはいわゆるセットにある程度考えていただいた方がわかりやすいかと思いますが、窓口の業務で受け取った金額を集金業務として銀行のほうで直接収納してもらうと。そういったことで、同じように来年の4月から3カ年新たに委託をしたいということでの債務負担行為ということでございます。
 それから、16ページの所得税の源泉徴収の不足につきましてございますが、改めてこういった徴収漏れがあったということにつきましては、おわびを申し上げたいというふうに思います。今後そうしたことのないように、関係法令等確認いたしまして、さらには適切な事務処理に努めてまいりたいということでございます。
 なお、過日の11月26日だったと思いますが、全員協議会のほうでお示しをさせていただきました金額と同額でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 同じく16ページの雑入の一番最後の項目、東京電力福島第一原発事故賠償金483万円ですけれども、これにつきましても、12月の10日の全員協議会の中でお話をしてございます。2つほどあったと思いますけれども、請求合計金額、そしてまたその測定器だけが、測定器のみの交付がなぜかということでございますけれども、全協の資料から申し上げますと、これまでに23年度、24年度分といたしまして賠償金という形ので請求した額が3,610万6,549円というような形でお話をさせていただいております。こういった中で東京電力がみずから被災者支援のために自治体が東電に変わって負担した費用、それから食品衛生法に基づく食品検査、学校給食等の検査費用については賠償責任をみずから認めますということでございました。こういった形の中で、今回その放射能測定器の483万円が交付されたという形になったと理解しているところでございます。
 それから、次のページ歳出になりますけれども、18ページ、5節の災害補償費32万、公務災害補償費でございますけれども、これにつきましては詳細説明にもあったように臨時職員、緊急雇用の職員でございました平成24年度に農政課で雇用したところでございますけれども、公務災害中に頭の関係で、基本的には病名から言いますと右髄骨動脈乖離という形の中で血管が破れるというような症状になってしまったんですね。こういったことで公務災害の認定になりました。今回、32万円につきましては、病気休暇で休んだ期間、78日間、この期間の休業補償ということで24年の11月から25年の3月までの分ということで、もう既に期間も過ぎておりますので、この分だけでも早く支給したいということで今回予算計上させていただいたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 20ページの23節、償還金利子及び割引料について、返還金の額が多いのではないかというようなご質問でございましたが、25年度の決算については470万というようなことで、その理由についてはちょっとあと確認をさせていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) ページ、24ページの生活センター維持費補助金で、今回新田町でございますけれども、建築年度で申しますと昭和51年度建築でございます。
 あと、維持費だけで維持できるのかというところでありますが、これまでも何とか補正予算を組んでこういった修繕工事などに対応しておりまして、今後もこういった形で当面やっていけるのかなと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 同じく24ページの商工費の桜の木の植栽の時期は適時なのかということですけれども、特に植木ですか、植木につきましては、葉っぱが落ちると冬眠に、休眠に入りまして、休み、それから春先3月末までには活動するんですけれども、根っこが活動し、それから芽が吹くといふうな感じになりますとなかなか根づくのが難しいということで、11月末から3月の中旬頃までが植栽時期というふうになってございますので、2月の28日を今回設定させていただいたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26ページ、10款1項2目の事務局費の1節報酬と7節賃金につきましては、図書司書補助員の産前産後に伴い図書司書を探しましたが確保できなかったことにより、臨時職員での採用となったことからこの報酬と賃金についての組みかえが行われた補正予算でございます。
 なお、労働条件の件につきましては、いわゆる図書司書の資格を持っている方ということで探したものですから、限られた期間、短い期間の中での採用に応えていただける方をどうしても探せなかったというのが実際でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 最初の5ページです。先ほど税務課長、違う、まずデマンドですけれども、内容に変更ないということですが、時間、たしか時間が、朝の時間が、同じですか。お昼の台数が2台だった、なんかそういう変更ありましたけれども、そういうことで私はこの限度額に変更が今後生じるのかなと。要するにふえるのかなと思ったところです。そういうことでお伺いしたんですけれども、もう一度、なんか.後でいいです。課長お願いします。
 それから、2番目の町税等ですけれども、この等ということについて税務課長から公金全てというふうになりましたが、そうしますと、例えばですよ、よくわからないから聞くんですけれども、水道使用量とか下水とか、そういうのも含まれるということですか。もう少しですね。とても簡単に説明ですけれども、要するに横領事件が発覚して、その後特別委員会も議会つくりましたね。それで、今弁護士を依頼して云々ということありますけれども、あの事件を受けてのこの業務委託じゃないんですか。もう少し、あの何っちゅうんでしょうか、窓口業務、窓口ですから窓口のあそこに委託された、よくわからないけれども、職員がそこに座って対応ということなんですか。もう少しちょっとリアルに、もう少し説明していただきたいっちゅうふうに思います。
 それで、公金の、専門チームから提案されてということなので、やはり財政、企画財政課がお断りするんでしょうけれども、その辺をもう一度お願いします。
 それから、集金業務の委託については、今までも七十七銀行やってましたけれども、前は毎日だけれども、今は週に、減ってきていますね。それの今までの委託というのはなかったけれども、今回委託として改めて債務負担で出てきたんですよね。それは理解するんですけれども、このなんでしょうか、今言った町税とのかかわりもあるということですけれども、なんかわかるような、ちょっといまいちわかんないので、このかかわりもう一度教えていただきたいと思います。
 それから、18ページですけれども、ちょっとごめんなさいね。18ではありません、間違えました、ごめんなさい。26ページです。最後の教育費に関する質疑ですけれども、この賃金、学校図書整理員賃金、これは33万8,000円ですけれども、今学校図書っても学校図書いろいろありますけれども、これは大小でよね。今の毎日でなかった、大中と一緒じゃなかったかと思うんですけれども、その配置時間というか、この33万8,000円で学校の要望に応えられるような賃金になっているんですか。これで十分なのかということです。もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 初めに5ページの債務負担行為のデマンド型乗り合いタクシー管理運営委託につきまして、事業内容ということで大変申しわけございませんでした。基本的に、総枠的には変わりません。ただ、運行時間帯の中で、現在8時の便がございます。これ1台で運用を行っているわけでございますが、この便につきましては、乗車人数が極端に少ないという関係で、ちょっと込み合っている時間帯のほうにこの分を振り向けるというふうな形を考えてございます。その時間帯が12時の便という形で、総枠的には変更はないんですが、細部に見た場合、運行時間の変更があるということでご理解をいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) まず、町税等ということで、町税等というのは何かということなんですが、名称として収納対策本部も町税等収納対策本部ということで、町税という言葉をどうしても使いますので、もちろん水道料金、上下水道料金、それから何ていうんですか、町営住宅の使用料であったり、保育料だったり、全て公金としてこの窓口業務で受領してもらう、収受してもらうというふうなことで考えております。
 これが公金横領事件からこういったことを実施するのかということですけれども、公金横領事件の再発防止の中で議会の中でも再三ご指摘受けましたけれども、徴収嘱託員をもう置かないほうがよいのではないかということの提案を何度かされていおりまして、徴収嘱託員、実際事件がありましたけれども、必ずしもそれだけが理由でありませんけれども、集金業務、ここでいう集金というのは訪問徴収ですね、訪問徴収から本来税金を納めてもらうために来てもらって納めてもらうというのが本来の形ですので、今そのように努力して、訪問徴収から納税に来てもらうというふうな切りかえをやっておりました。当初、事件が発生したときに300世帯ほどの訪問徴収してたんですけれども、いろいろと嘱託の職員の皆さんに努力してもらいまして、現在50世帯弱ぐらいまでに減っております。どうしてもそこまでゼロにはならないところは、やはり行かないと納めない方もいらっしゃいまして、そこのところは今後嘱託職員が廃止を考えておりますので、そちらが廃止された場合は職員でも対応しなくちゃならないというふうに考えております。そうなると、少ない職員の中で窓口に来たお客さんからの税の収受、ほかの課もそうなんですけれども、そのほかに訪問も行って徴収もしてこなくちゃならないということは人員的にかなり難しいところがございます。
 もともと七十七銀行、指定金融機関ですけれども、こちらが大河原町役場、この現在の場所に立ったときに七十七銀行の指定金融機関は毎日平日来ていただいていました。公金ももちろんなんですけれども、私的な何ていうんですかね、預金等もいろいろ取り次いでいただいたんですけれども、それがどんどん縮小されまして、その下にある集金業務委託ということも関係してくるんですが、なかなか町側としては公金を扱うについて使い勝手が悪いといいますか、そういう状況になってきたものですから、こういったところを先進地というか近隣市町全て調べましたところ、ある市町村にこういったことをやっておりまして、実績を挙げているところがあったので、そこをモデルに行いたいということでやっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 会計管理者。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯会計管理者(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯会計管理者(加藤正明君) 今、税務課長申しました窓口業務と絡めてもう一度ちょっとお話しを申し上げますと、平成19年の7月までは、七十七銀行の派出があったんですね、そこで収納して、派出ですから銀行の方が収納したものを銀行、支店のほうに持ち帰って全て処理して次の日持ってくるという、そういうふうな業務の流れになっていたのが、派出業務が19年に廃止されました。今残っているのが集金業務だけなんですね。集金業務も徐々に縮小したいというのが銀行さんの考え方なんですが、やはり公金横領等、それから収納の効率的なことを考えますと、派出業務というのがあったほうが当然いいということになりますので、それを窓口業務は銀行さんやりませんので、民間のほうでやってもらえるところを探して、集金業務は銀行さんに直接集金してもらって収納してもらうと。そういうことをセットで今回考えたということでございます。
 つまり、昔の派出業務を窓口業務と集金業務に分かれるんですけれども、やることは同じような内容で業務をしてもらうことで効率性につなげていきたい。さらには、安全性につなげていきたい。そういうことでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26ページの報酬及び賃金の関係ですが、今回図書司書補助員で産休に入る方は金ケ瀬小中学校及び南小学校を担当していただいている方であります。
 それで、産前産後の休暇を3カ月間ということに捉えておりまして、まずその3カ月分の代替となる図書室補助員の方、資格を持っている方が見つかればこういった予算の補正は必要はないわけなんですが、あいにくその3カ月間という期間だけ司書として協力をいただける方をやはり探せませんでした。そこで、学校のほうの勤務経験のある臨時職員の方にお願いをし、図書司書という、補助員という形ではなかなか難しいかもしれませんけれども、それを補助するような形での図書業務に携わっていただくということで、この方に3カ月間協力をいただくことになりました。
 そこで、賃金という形で予算を組みかえなければいけない。そのための今回補正を行ったところであります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) デマンドについてはわかりましたけれども、前に私一般質問したときに、燃料の高騰等で非常にタクシー会社がやっぱり経費がかなり増大しているというお話で、今後たしかデマンドの中に専門部がありまして、タクシー業者の方と担当課が入っていろいろ協議する部門がありますね。そこでもぜひ検討してほしいといったときに、たしか今後ということだったんですけれども、その中身というのはここの中に全く入っていないんですか。相変わらずそれは加味、何ていうんでしょう、現状のままで行っているということなんですか。あえてそこのところ確認させてください。
 それから、この町税の云々についてはわかりました。町の考え方ですね。特にここで気になったのは、財政課長から今の人員的体制では難しいというお話ですよね。これはこれを委託するに当たってもう一つ考えるのはやっぱり職員をちゃんと配置して公の仕事ですから、税金とは、そういうことは全く考えなかったんですか。最初からこの1本で検討できたんですか。できたら、私は本当にやっぱり公の仕事は公の職員でしていくということが筋ではないかと思うんですがその点では検討されたのかどうか伺います。
 それから、最後の26ページの学校図書、これは金小、金中ということでしたけれども、関連してあえてお伺いします。大河原小学校でやっぱし先生方といいますか、ぜひ毎日学校図書員を配置してほしいと。やっぱり人数が多いんですね、利用者。そういう点では今の体制では不十分。ぜひという声が正直言って出ています。私に直接ありますので、学校に行ったもときその話出ました。ぜひ現状、学校に出向いて確認する中で今後の補正の中でぜひそれは検討していただきたい。以上です。お答えいただいて、3回ですので終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 5ページのデマンド型乗り合いタクシー管理運営委託につきまして、前の質問の中で燃料高騰について今後どのようなという形でございました。それにつきまして、今年度4回ぐらいの小委員会、タクシー業者さんを交えての委員会を4回ぐらいたしか開いているかと思います。その中での話題には現在なってございませんが、今後ますます高騰するという形になれば、当然改定等々見込んでいかなければならないかと思ってございます。その際にまた検討させていただければと思いますので、よろしくお願いをしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 2点目の関係でございますけれども、お金を扱うのが専門的な金融機関というような格好でもございますので、そちらを利用するという方向で検討をしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 議員のご指摘についてはさまざまな状況をちょっと確認してみながら確かめてみたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) それでは、18ページの2項徴税費の中の報償費ですが、中学生の税作文応募記念品、図書カードということであったんですが、これは補正で初めて出てきたんですけども、これはこういうふうな応募作品を募集するということは当初では考えられなかったのかどうなのか。なぜ当初で、もしあれだったら当初で予算をとるべきではなかったのかなと思うんですけれども、この辺の考え方1つ。
 それから、同じ18ページの一番下の社会福祉費の負担金補助及び交付金ですけれども、生活介護事業特別収入支援費補助金、これ31万当初でとって、今回31万減額になってゼロというふうになったわけですけれども、これは歳入でいう生活支援費補助特別処遇支援事業費補助金、これの関係なのかどうなのか。関係ないとすれば、なぜ当初が31万で、今回31万のゼロになったのかということを教えていただきたい。
 それから、次の20ページですが、世代交流振興費の中の工事請負費です。これでプラザ児童連絡、児童クラブの連絡網の整備なんですが、当初330万とって、そして20万6月に補正をして、今回37万6,000円減額しているんですね。6月で補正をして6月の補正額を上回る減っていうのはちょっととり方がちょっとおかしいんじゃないかなと思うんですけれども、この辺のところをお願いしたいと思います。
 それから、24ページの保健衛生費の中の病院運営費ですが、負担金補助及び交付金、これ13万5,000円、宮城県南中核病院企業団負担金、これ企業団負担金7つの負担金の中身があるわけですけれども、中身がどいづを減額したのかちょっと、この辺もう少し詳しくお知らせをいただきたいと思います。
 あとは26ページの教育費の小学校費なんですが、南小学校の管理費、修繕料の、需用費の中の修繕料、これ教室の暖房の故障ということだったんですけれども、何といいますか、校庭側っていうんですか、校庭側で2階に上がるとこありますよね。あそこの下のタイル、ボロボロなんですよね。俺、あれあたりが出てきたのかなと思って喜んだらば、そうじゃなくて暖房だというんで、新しい小学生が今度入ってくるっていうのに、皆あのばらばら、ばらばらでね、壊れているんですよね。あれはやっぱり早急に直してほしいなと思うんですけれども、今後そのような考えあるのかどうなのかお聞きしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時08分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) ページ18ページ、中学生税作文応募記念品の6万5,000円の予算、補正予算計上した点につきましてなんですが、もともと租税教育という事業が税務課のほうでありまして、子供たち、小学生、中学生に対しての教育事業を行っております。小学生に対する租税教育、授業に赴いて税の大切さというものをやってるんですけれども、そちらについては毎年きちんとやっていたんですが、中学生につきましては町のかかわりとして税の作文というのを毎年募集はしているんですが、ここ数年全くございませんで、ちょっとこれではだめだなということで、今年度かなり力を入れまして、教育長のお力添えもございまして、中学校のほうにお声がけをしていただきましたら、予想をはるかに超える126人の応募がありまして、これは大変喜ばしいことなので、これを機に中学生にも税についてきちんと考えてもらおうということで、補正ではありましたけれども、計上いたしました。来年度はきちんと当初から計上したいと思います。
 ちなみに、小学校のほうにことし12月の9日にうちの職員が2名行っておりますけれども、そちらを授業いたしまして、復命なんですが、その職員が書簡として、講師を終えての書簡を記載していますのでちょっと読み上げたいと思います。(「いい、時間ねんだ」「時間、時間」の声あり)よろしいですか。残念ですが。ということです。(「削除してください」の声あり)よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 18ページの生活介護事業特別処遇支援費補助金につきましては、当初でも31万円計上いたしておりまして、今回31万円の減額でございますが、さくらの風オープンということで、そこを想定いたしておりましたが、実際には該当しなかったということでこのような減額になったものでございます。
 続きまして、24ページでございます。負担金補助及び交付金の宮城県南中核病院企業団負担金の内訳につきましては、まず管理費における、建設整備起債分、利子分がマイナス24万1,000円でございまして、あとは旧建設負担金管理費負担金元金分ということで医療機器、それから院内服装等の経費について10万6,000円を増額し、合わせて13万5,000円の減額となったものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 20ページ、世代交流振興費の工事請負費についてでございますが、当初予算330万につきましては、平成25年度の県単価で設計をいたしました。入札に当たりまして、26年度4月発行の県単価を反映させた数字を補正させていただいたところでございます。実際の入札に当たりまして、受け差が37万6,000円生じたということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26ページ南小学校の修繕の関係ですが、確かにタイル、階段のタイルの補修の必要性については教育委員会でも、そして学校のほうからも要望として上がってきております。
 しかし、全体的に古い校舎となってきておりまして、特に屋内の修繕の課題となっている場所を優先せざるを得ないということから、優先順位、まだ実施に至るところに至っていないというところが実際のところであります。今後できるだけ上げて行けられればと考えてはおりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 1点のみなんですけれども、26ページの教育費、需用費の光熱水費なんですけれども、これは金ケ瀬小学校と大河原中学校が2つなんですけれども、ほかのところは足りているのかと。この光熱水費、灯油とかの高騰なのか、灯油代なんかも入っているのか。今落ち着いてきているようですけれども、その辺お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 26ページの小学校、中学校の光熱水費につきましては、この2つの学校からは不足したので補正をという要望がありまして、今回計上させていただきました。ほかの学校については今のところ当初予算で間に合うというような見込みでございます。
 その中身的には、水道料、それから電気代というのが、夏場かなり想定していたよりも多く支出せざるを得ない状況になっていたということ。特に金ケ瀬小学校の場合、水道料については漏水の疑いがあったために工事などを行って対処はしております。
 それから、灯油代という形の燃料費ついては今回は含まれてはおりません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 大河原中学校管理費だったんですけれども、灯油代含まれてないということだったんですけれども、この間PTAの役員会等で灯油代が不足しているということでPTAの部活動費のほうから流用という形で出て、PTAのほうで、役員会で認められたものですから、そういう話が出てなかったのかなと。
 結局部活動で使うのと同時に体育の授業でも暖房をとるのに使うという話だったもんですから、そっちのほう来てなかったのかなと思って質問したんですけれども、その辺確認して、来年度からは十分なような予算組等お願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 中学校のほうからは夏場の先ほど申し上げた理由が理由として上がっては来ております。ただ、年間の予算、当初予算に対してこれから支出する見込みがこれぐらいなので不足するのはこれくらいの金額というのを補正で上げております。ですので、やはり灯油代等について不足するというようなことはこれから出てくるというのは当然あったのかなというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ございませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5ページですね。デマンド型乗り合い、これ商工会さんとの委託ということで、町と商工会の中でのお話かと思うんですけれども、年度またいで複数年度の契約という形なんですが、年度ごとの見直しというのは地域公共交通協議会等で行われるはずなんですが、2回開催されても傍聴していただいた課長さん、出席していただいた課長さんたち、ただぼうっといて、ただ聞いていただくだけで大変高い報酬の方たちには申しわけないなという協議会であったんですけれども、そういう見直しもせずに複数年度こういう予算組をしてしまうというのは、単年度ごとの見直しっていうのはないんでしょうか。
 例えば町長公約でいえば、循環型のバスだけで町長であれば十分だと判断が出れば、このデマンドというのは必要なのかどうなのかというのはトップの判断にもよるところもあると思いますし、随分役人さん強いんだなという印象を私ここで受けたんですけれども、例えば家賃にしても273万円かかっているということがあれば、タクシー会社とかそういう通信する場所というのは確かにランドマークのポイントとが高い駅前のデマンドの事務所でありますけれども、ほかのところに委託したり、直通電話を置いたりとかすれば代替等は可能だと思うんですね。例えば電波状況のいい山の奥にそういう配車基地があっても何ら支障が出ないというものだと私はそういう業界におりますので、常々感じております。
 会議をするに当たっても大変商工会さんにもお手間をかけますけれども、例えば年間100万円というのは運行の月7割方になっている1社が運行によって得られる委託料なわけです。そのぐらいのことを年数回の会議で払ってるのがどういうふうにそういう業者が受けとめてるかということもわかってもらいたいです。うちらは町から商工会を経由してでも町の大切な。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑者に申し上げます。職業的なあるもんですから、簡潔に。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) それは商工会からの委託ということで、私の会社が直接委託を受けてれば発言を控えるべきですけれども、商工会を介してということで発言に至っているわけですが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 関連していますので、その辺を考え方。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) もし、そういうことで直接の委託ということであれば、私は代表者を退いていなければいけないわけですけれども、そういうことは規定上ないということで認識を得て発言しておりますが、そういう認識ではいけないということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 直接でなくてもちょっと関連性が強いもんですから。質疑者に申し上げます。改めて質疑者には控えていただきたいと事務局のほうから申し出がありますので、その辺をご了承いただければ幸いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) じゃ、地域公共交通協議会というものもありますので、その会議というところで、地域公共交通協議会というのはさまざまな問題点を改善するために行っているんですけれども、報告のみでほぼ終了で何ら次年度の運行改善使用等々の改善が見られない協議会になっているのが非常に残念なものですから、その辺の改善も含めて一番近くで、一番手にとるようにわかる、私は自分の会社に利益を誘導するような形ではなくて、乗っている町民の方たちに公共性があるお金の使い方がどうなのかということを含めて発言しているつもりであります。
 何も我が会社を利益を上げるための発言でないということを、やっているというのはわかると思うんですけれども、いいです。じゃ、議事録から抹消してください。この項は結構です。今のは議事録から抹消してもらって結構です。
 じゃ、1点質問いたします。
 ページがですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再度、岡崎議員どうぞ。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) いいですか。(「はい、どうぞ」の声あり)ページ26ページ、土木費5項1目11節の修繕料、町営住宅っていうのはこれは募集をかけるために、次の年度募集をかけるために部屋を修繕してとあるんですけれども、ここ詳しくちょっと教えていただけないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 修繕料の内訳でございます。修繕につきましては、例年7月と2月に募集をかけておるものでございます。今年度につきましては、7月に4戸既に募集をかけてございます。9月に2戸ということで、9月にも募集をかけてございました。今後11月現在で3個の空き家がございます。3戸の空き家を修繕をいたしまして2月の募集に間に合わせていきたいということで修繕料を計上させていただいておりますので、よろしくご理解を賜りたいと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 明らかに老朽化していますから、修繕といっても私は本当に限界があると思うんですけれども、入られてから明らかにそれ以前に修繕がちょっと余り雑だったなというところで住民の方からクレーム出たりしていると思うんですけれども、そういったときの対応というのをすぐ、入居してすぐで何年もたっていないんであれば、すぐそういうこと指摘を受けたときはそのような修繕もまめにやっていただきたいというふうに町民のほうから要望も出ているんですけれども、その辺の対応はどうなっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 今、ただいまご質疑ございましたように住宅そのものにつきましては、当然十分な老朽化が進んでるという理解はしてございます。それで、入居に際しましても一定の修繕をかけて入っていただくというスタイルをとっているものでございます。それで、入居してすぐに欠陥といいますか、修繕が必要になったという場合でございますけれども、それにつきましては、今後入居された方と十分はお話をさせていただいて検討していきたいということで考えてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば女性の方が1人でお住まいになったりすると、その後手直しが必要でもなかなか中に職員の方入って見ていただくの遠慮したりとか、さまざまなケースがあるわけで、奥の奥までとかあんまり細かいところまでは言わないんですけれども、建具とかふすまとか、目に見えるところで明らかにこれはというところに対しての対応がちょっと不十分な点がありましたので、その点ちょっと対応のほう今後どのようにしていただけるか。速やかな対応をいただきたいんですけれども、どのような見解かお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 大変申しわけございません。今どのような状況なのかっちゅう具体的な例を確認はしてございません。ただ、今入居された方からそういう要望等があるということでありましたら、当然入居されている方と十分なお話をさせていただきたいということで考えてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。議案第81号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第6号)に反対の立場で討論を行います。
 反対の理由は1点です。町税等収納窓口業務委託事業は新たに民間委託で実施するようになっているからであります。徴収嘱託員による公金横領事件を受けて、また収納の効率化のためにということがありました。今後収納業務はどうあるべきかということで十分な検討を重ねた結果だということがわかりましたけれども、なぜ民間委託にしなければならないのか。それは安上がりで経費削減が根底にあるからではないかと私はそういうふうに受けとめています。そういう点で、この点については容認できません。
 町税等収納窓口業務はあくまで公の業務であり、公の責任において対応すべきものです。この業務を民間にゆだねることは公の責任放棄であると同時に、しいては庁舎内に民間委託を広げていく突破口になりはしないか懸念されます。
 また、プライバシーの保護の面からも私は懸念しています。12月10日に配付された大河原町新行財政改革大綱の中で、税、保険料等の収納方法の改善として、収納業務を民間委託に、そして徴収嘱託員の廃止を掲げておりますが、公金横領事件後、一貫して徴収嘱託員による臨戸訪問、集金業務はすべきでないことを主張してきた者として、徴収嘱託員の廃止の方針を打ち出したことについては評価いたします。しかし、新たに民間委託で町税等収納窓口業務、公の業務であるこの業務を民間にゆだねることには冒頭にも申し上げましたけれども、賛成できません。公の業務であることから私は正職員で対応することを強く求めます。
 最後に、今回の民間委託の動きは国が協力に推進している官から民への方針に沿ったもので、既に当町では保育所や給食センター等の民間委託に加え、一層の自治体のスリム化、いわゆる人員削減を進めるもので、この点についても認めることができません。
 以上の点を指摘して討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから、議案第81号を採決します。
 この表決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第81号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第15 議案第82号 平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算
                  (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第15、議案第82号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第82号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 それでは、事項別明細書により歳入歳出補正予算のご説明を申し上げますので、6、7ページをお開き願います。
 初めに、歳入でございます。4款1項1目の繰越金355万1,000円につきましては、前年度の決算に伴い増額補正するものであります。
 次に、歳出についてご説明申し上げます。
 8、9ページをお開き願います。
 3款2項1目の一般会計操出金につきましては、平成25年度繰越金を一般会計へ操り出すものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第82号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第82号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第16 議案第83号 平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算
                  (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第16、議案第83号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) それでは、議案第83号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 それでは、事項別明細書により歳入歳出補正予算のご説明を申し上げますので、6,7ページをお開き願います。
 初めに、歳入であります。10款繰越金につきましては、歳出に係る費用の財源といたしまして、平成25年度決算による繰越金の一部2,953万4,000円を予算計上するものであります。
 次に、歳出についてご説明を申し上げます。
 8、9ページをお開き願います。
 1款1項1目一般管理費の18節備品購入費で32万4,000円を増額。同じく2項1目賦課徴収費の3節委託料で7万6,000円を減額するものであります。
 6款1項1目介護納付金につきましては、社会保険診療報酬支払金からの概算納付金の変更数値により938万5,000円を減額するものであります。
 11款1項3目の償還金の3,286万3,000円につきましては、平成25年度における災害臨時特例補助金及び療養給付費等負担金の額の確定により交付された分について精算し返還するものであります。
 11款2項1目の一般会計操出金580万8,000円につきましては、25年度の一般会計繰入金のうち特定健康診査等の実績が確定したことにより操り出しするものであります。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第83号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第83号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第17 議案第84号 平成25年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第4
                  号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第17、議案第84号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第84号大河原町介護保険特別会計補正予算(第4号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正予算の主な内容は、介護保険法の改正に伴う介護保険システム改修委託料と大河原町地域包括支援センターに出向している社会福祉協議会職員の人件費の増分を計上するものでございます。
 事項別明細書により説明をいたしますので、6ページ、7ページをお開き願います。
 まず、収入の3款国庫支出金の3目介護保険事業費補助金182万円につきましては、介護保険法改正に伴うシステム改修費に係る2分の1の国庫補助でございます。
 次に、7款繰入金3目その他一般会計繰入金につきましては、事務費等繰入金を増額補正するものでございます。
 続いて、歳出に移ります。
 8ページ、9ページをお開きください。歳入のところで申し上げました1項一般管理費の13節委託料といたしまして、法律改正に伴うシステム改修委託料364万2,000円を計上いたしました。
 また、4款地域支援事業費の13款二次予防高齢者把握事業委託料につきましては、桜寿苑で実施予定でした事業でございますが、職員不足というような理由で実施することができなかったために12万円を減額するものでございます。
 生活管理指導短期宿泊事業委託料は、につきましては、養護老人ホーム入所者の準備を行うための訓練期間が長引いているために、47万5,000円を増額するものでございます。
 19節負担金補助及び交付金につきましては、地域包括支援センターに出向していおります社会福祉協議会職員の人件費増により27万2,000円を増額いたしたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第84号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第84号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第18 議案第85号 平成25年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                  (第4号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第18、議案第85号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第85号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由でも申し上げましたとおり、地方債の借り入れ限度額の補正と歳入における財源構成を行うものでございまして、歳入歳出予算の総額は変更ございません。
 それでは、2ページをごらん願います。
 第2表地方債の補正につきましては、借入額の精算により借り入れ限度額を10万円増額補正いたすものでございます。
 事項別明細書によりご説明いたしますので、4ページ、5ページをお開き願います。
 まず、歳入の1款1項1目の下水道事業受益者負担金の現年度分につきましては、支払い猶予の解除、あるいは分割納入から一括納入方法の変更等により66万円を、飛びまして、7款1項1目の公共下水道事業債では、先ほど地方債の補正でご説明申し上げましたとおり借入額の精査により10万円を、合わせて76万円を増額補正し、その結果4款1項1目の一般会計繰入金を76万円減額し、財源構成をいたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第85号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第85号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第19 報告第27号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大住改
                  26-1)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第19、報告第27号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大住改26-1)を議題とします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第27号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年9月19日の平成26年第3回議会定例会9月会議において議決をいただき、株式会社斎藤工務店と契約いたしました大住改26-1町営稗田前住宅外壁等改修工事の工事請負契約金額を383万8,320円増額し、8,262万円から8,645万8,320円に変更し、平成26年12月11日に専決処分をいたしましたのでご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、足場を設置し、外壁の状況を調査確認したところ、A-1棟、A-2棟ともに補修が必要となったことから補修費などを計上したものであります。
 工期につきましては、21日間延長し、平成27年2月20日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。これをもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第20 報告第28号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下
                  (災)25-7)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第20、報告第28号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下(災)25-7)を議題とします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第28号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年1月16日の平成25年第5回議会定例会1月会議において議決し、さらには平成26年3月20日において、消費税率改正による契約変更の専決処分を行った大公下(災)25-7 23都災第2701号外下水道災害復旧工事の工事請負契約金額を422万4,960円増額し、4,730万4,000円から5,152万8,960円に変更し、平成26年12月11日に専決処分いたしましたのでご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、工事着手前における下水道管渠の再調査の結果、復旧延長が増となったこと等による変更であります。
 なお、工期につきましては、27日間延長し、平成26年12月25日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第21 報告第29号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下
                  (災)25-10)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第21、報告第29号専決処分の報告について(工事請負契約の変更 大公下(災)25-10)を議題とします。
 町長より報告を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 報告第29号専決処分の報告について申し上げます。
 平成26年1月16日の平成25年第5回議会定例会1月会議において議決し、さらには平成26年3月20日において、消費税率改正による契約変更の専決処分を行った大公下(災)25-10 23都災第2717号外下水道災害復旧工事の工事請負契約金額を25万7,040円減額し、1億260万円から1億234万2,960円に変更し、平成26年12月11日に専決処分いたしましたのでご報告申し上げます。
 変更の主な内容といたしましては、工事着手前における下水道管渠の再調査による復旧延長の減と舗装復旧面積の増との相関関係により減となったこと等に伴う変更であります。
 なお、工期につきましては、27日間延長し、平成26年12月25日までに変更しております。
 以上、ご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。以上をもって報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第22 議案第86号 平成26年度大河原町一般会計補正予算(第7号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第22、議案第86号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第7号)を議題とします。
 本案件に対して提案理由の説明を求めます。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議案第86号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第7号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算につきましては、現在実施しております側溝清掃土砂収集等に係る費用について予算の不足が見込まれることから追加の補正を行うものであります。
 初めに、歳出につきましては、衛生費において委託料として側溝清掃土砂収集等に係る費用710万6,000円を増額しております。
 次に、歳入でありますが、繰越金において713万6,000円を増額しております。
 この結果、本年度の予算総額を歳入歳出それぞれ710万6,000円増額し、79億443万8,000円とするものであります。
 詳細につきましては、企画財政課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 議案第86号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第7号)の詳細説明を申し上げます。
 町長の提案理由にもありますように、東日本大震災以後、1回行った以外、放射能等の問題で側溝清掃ができませんでしたが、受け入れ可能な処分場が見つかりましたことから、12月7日と来る12月21日に側溝清掃を実施、または実施するものでありますが、12月7日に実施いたしました側溝清掃において、収集処理した土砂の量が予想より多く収集されたこと、さらに21日に実施する予定の側溝清掃においても収集される量が多く見込まれますことから、その処理についての費用を補正するものでございます。
 事項別明細書によりご説明をいたしますので、6、7ページをお開き願いたいと思います。
 まず、歳入についてでございます。歳入につきましては、財源といたしまして繰越金713万6,000円というふうに計上させていただいてございます。
 次に、歳出のほうに移らせていただきます。8、9ページをお開き願いたいと思います。
 4款2項1目13節委託料で、側溝清掃土砂収集委託料といたしまして683万6,000円。重金属調査委託料として30万円。この重金属につきましては、処分する土砂に重金属が含まれていますと処分ができないということから今回計上させていただいたものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の件について、なんか量が多いということですが、仮にですよ、この2日間、これ指定ですけれども、できなくてその後というのはこれは全くだめということの認識でいいんですか。その辺ちょっと確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 7日と21と予定しておりますが、21日この天候ですので、どういう状況になるかはやってみないとわからないということですので、最終処分場のほうには3月31日までということで、申し込み可能な契約を結ぶ話になってますので、3月31日までの間で各行政区のほうで、今回21日の日できない地区において日を改めて、年を明けてやるというところがあれば対応はできるものと考えております。最終処分場のほうには3月31日までということで契約を結んでおりますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、12月7日は既に終わっているわけですけれども、よくわかりませんけれども、仮にそこできなかったときは21日。できなくって今後したいという方は全くいないということですか。7日で指定がありましたね、地域。そのときできなかった方はこの21日、あるいは21日が悪天候でできないときは、した場合は町に通報、連絡すればちゃんとそれは処分していただけるという認識でいいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 7日の日の実施エリアでは全て実施されていますので、7日の分の取り残しといいますか、清掃してない区域はありませんので、今後実施される21日に限って、この天候ですのでその状況を見て年明けということがあれは対応ができるといおうことであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありません。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 1件だけ今の件で確認をさせていただきたいんですけれども、21日に実施予定の行政区、今のお話の3月31日まで契約延長しているということで、その21日できない場合に延期をする、していいよというお知らせは行っているのかどうかだけ確認お願いします。各その地区に。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 特に知らせはしてないんですが、区長さんのほうから問い合わせがありましたので、個別に対応しますという回答はしてあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これどうなんでしょうかね。やっぱり21日実施予定の区長さんにはこういうことも可能ですよと連絡はするべきなんではないでしょうかね。どうでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 21日の実施状況を見まして、やらない行政区があればその区長さんのところに確認をしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) もちろんこの費用についても東電のほうに請求されるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 請求できるものと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) この間の全協の中での資料でも今別な項目の中でもですね、東京電力と協議中でございますとあるんですけれども、その協議の中で土壌が放射能に汚染されているというバックデータというか試験表みたいなのをしっかりとっておかないと、後でその疎明資料というか、だめになると思うんで、その辺どういった方法で汚染土壌だというようなことを証明されるのかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 町内を6地区に分けまして、一番最初にセシウムの、どれぐらい含まれているかということで調査をしてます。その調査が最終処分場の受入れの2,500ベクレル以下ということでしたので、これはやれるという判断になりましたので、その調査結果はそれなりの調査会社のほうから公印のついた調査結果表をいただいていますので、それは証拠になると思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑。よろしいんですか。ほかに質疑ございませんか。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 12月7日の収集量は何トンんくらいだったのかということと。最終処分場が仙台市なんで、運搬料は1トンでどれぐらいかかっているのか教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 12月7日の収集量ですね。トン数で初めての経験なんですが、57.39トンという数量でありまして、汚泥ですので水分も含まれていますので、かなり水分も含まれた重量かと思われます。
 最終処分場までの運搬という形になるんですが、その処分場の処分費と収集運搬の経費を含めますと、トン当たりという形になるんですが、トン当たり6万2,000円という総額になります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第86号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第86号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第23 請願第2号 通学路東橋本1号線の時間帯規制に関する請願書

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第23、請願第2号通学路東橋本1号線の時間帯規制に関する請願書を議題とします。
 紹介議員の趣旨説明を求めます。紹介議員、佐久間克明君演壇にお進みください。
     〔1番佐久間克明君 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 新東橋本1号線のすぐそばには並行する幅員約7メートルの小山田幹線があり、通学時間帯には幅員4メートルしかなく、車両同士がすれ違えない新東橋本1号線を児童生徒たちを危険にさらしながら通行する必要性はなく、また新東橋本1号線を通行する車両のほとんどは隣接する農地に向かうものではなく、新東橋本1号線を通過する車両です。せめて朝の通学時間帯だけでも車両通行禁止にして、児童生徒の安全を確保していただきたくお願いいたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 紹介議員は自席にお戻りください。
 お諮りします。この請願については総務文教常任委員会に審査を付託し、閉会中の継続審査とすることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、この請願は総務文教常任委員会に審査を付託し、休会中の継続審査とすることに決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第24 委発第1号 大河原町議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正に
                 ついて

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第24、委発第1号大河原町議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正についてを議題とします。
 本案について趣旨説明を求めます。提出者、議会運営委員長佐藤貴久君、登壇願います。
     〔議会運営委員長委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議会運営委員長(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議会運営委員長(佐藤貴久君) 委発第1号大河原町議会政務活動費の交付に関する条例の一部改正についての趣旨説明を申し上げます。
 本条例の改正につきましては、政務活動費を充てることができる経費の範囲について、これまで交付規則により規定していた使途基準を地方自治法に基づき、条例により規定、明確にすることで、政務活動費の使途についての透明性、適正性の確保に努めるものです。
 議員の皆様にはこの趣旨をご理解いただき、ご賛同くださるようお願い申し上げ、趣旨説明といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 提出者は自席にお戻りください。
 これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから委発第1号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、委発第1号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第25 議発第2号 安心・安全の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求
                 める意見書案

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第25、議発第2号安心・安全の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める意見書案を議題とします。
 本日の会議時間はあらかじめ延長します。
 朗読及び趣旨説明は議会先例集69の2の規定により省略します。
 提出者万波孝子さんは質問席へ着席願います。
 これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
  これから討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議発第2号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議発第2号は原案のとおり可決されました。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。今定例会はあす12月19日から3月3日まで75日間休会としたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。
 よって、今定例会はあす12月19日から3月3日まで75日間休会とします。
 本日これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時01分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年12月18日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------