議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2014年12月17日(水):平成26年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、丸山勝利君、堀江一男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き、一般質問を行います。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。7番堀江一男です。議長のお許しを得ましたので、一般質問をさせていただきますが、その前に議長にお願いがございます。(「はい」の声あり)
 本日、小学生の皆さんが授業の一環として議会傍聴に来られていますので、質問の趣旨につきましては、通告どおりですが、小学生の皆さんにも理解できるように、できるだけわかりやすく説明を加えながら質問したいと思いますが、許可をいただけないでしょうか。(「許可いたします」の声あり)ありがとうございます。
 それでは、一般質問させていただきます。私の一般質問は2項、つまり2つであります。
 1項目、町民税減税の対応について質問いたします。
 町長が町長に立候補した際に、町長になったらこのような事業や対策を実行しますと町民に約束をする町民公約の一つである町民税減税、つまりお金の収入のある人が町に納めなければならない税金の一種を安くすることでございますが、さまざまな問題から実現が困難な状況にあり、それらの代替対応として町民の健康や医療費の削減などを目指す一方、その事業に参加する方々にポイントを与えてさくらカードと交換できる「町民学園」事業を10月からスタートさせました。町民学園とは20歳以上の町民を対象に、主に町が主催する健康増進事業や学習活動、奉仕活動に参加することができる仕組みとして町民学園と名づけて参加するたびにポイント、スタンプを与え、そのポイント・スタンプが10ポイントになるとさくらカード500円分の商品がもらえて、町の商品で、商店でカードを使ってもらうというものでございます。
 しかし、この、まだこの事業は町民に十分に浸透されていないことやポイントとなる事業内容が不十分と考えられます。この事業が進展していくことを期待してるところですが、現実問題として町民にとっては、消費税はことし4月から8%に上がる。物価も上がる。一方、賃金は上がらない。お年寄りがもらう年金は減額されるなど町民に生活は大変厳しいものになっております。町長公約の町民税減税を期待する町民は多いものと考えております。町民税減税分をさらに実現するために、それで前にも提案している町民税源税の代替策として町民学園は一部の人に限られると思われるが、全町民がひとしく恩恵を受けられる水道料の一部減額を仙公水、つまり仙南仙塩広域水道の略で、七ヶ宿ダムから水を買っている市や町のことで、負担金とはその水代で、去年の大河原町で買った水代は税抜きで約2億3,900万円になっております。この負担金の減額を活用して行う考えはないか。
 1、新聞報道によると仙公水の負担金が大幅に減額されるとありましたが、大河原町は幾らぐらい減額になるのか。また、仙公水負担金の減額の今後の見通しはどのようになっているのか。1回限りなのか、それとも今後も続くのか。
 2、一般会計、町には一般会計と特別会計、企業会計があります。一般会計とは町を運営するために必要な基本的経費で、税金や国・県からの補助金で運営されているものであり、特別会計とは特定の事業を行う場合で国民健康保険会計や介護保険会計、公共下水道事業特別会計など5つの特別会計でございます。これと水道の企業会計、これは民間の会社と同じで補助金はなく、水道使用料で運営されているものでございますが、これとは会計区分が異なることや水道会計における起債、つまり借金の残高も多くあることは承知しております。まあ25年度末の水道会計の起債総額は約14億3,900万円、返済期間の長いものは平成54年までのものもございます。
 町民にとっては、いずれの会計であっても合法的な、つまり法律に違反しない限り、手段であれば公共料金が少しでも下がることは喜ばしいことと思われますので、再度伺いますが、仙公水の減額分の一部を利用して町民税減税分の代替策として、せめてことしの4月から上がった消費税3%分ぐらいの水道料の一部減額の考えはないか。
 2)、仮に水道料を減額する場合、コンピューターフソトの変更は必要なのか。町民税減税の場合、これが大変、5,000万円以上もかかるというふうなことだったので、この変更は必要なのか。必要とした場合の経費は幾らぐらいかかるのか。
 また、3点目といたしましては、このシステムを変更した場合、水道料と同じ請求書となる下水道の使用料のシステムとのかかわりはあるのかお尋ねいたします。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、仙公水負担金改正による本町の軽減額と今後の減額の見通しについてのご質問にお答えいたします。
 平成27年4月から、4月からの仙公水供給料金改定に伴い、新年度における受水費の軽減額は平成25年度実績額を参考に算出いたしますと、消費税抜きで約2,300万円になります。なお、今後の仙公水受水費の料金改定、改正につきましては、平成2年4月1日からの給水開始以来おおむね5年ごとに改正を行ってきており、これまで同様引き続き定期的に見直しが図られていくものでございます。
 次に、仙公水負担金の減額に伴う水道料金の減額等のご質問につきましては、一括でお答えさせていただきます。
 まず、供給料金改正に伴う受水費の減額により、その一部をもって本町水道料金の減額改正の考えはとのご質問につきましては、私にとっては魅力的であり、貴重なご意見として受けとめ、あらゆる面から検討を重ねてまいりたいと思います。また、仮に水道料金の減額改正になった場合の料金システムソフトの変更料につきましては、水道料金ソフトのみとなりまして、約50万円になります。
 なお、下水道使用料システムソフトにつきましては、かかわりはございません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。それでは、再質問させていただきます。一括での答弁でしたので、一括で再質問させていただきます。
 この町長の公約であります町民減税の件につきましては、先日の一般質問の中にも若干触れられておりました。その中で、町長の答弁の中では、つまり町民税が、を納めてない人には恩恵がないと、町民税を納めてる人だけだということの答弁もあったようでございますが、この水道料金の減額、水道料金の減額、一部減額につきましては、間にもこの議会の中で町長のほうにも水道料金どうなのかというふうな形で話をしましたけども、いい返事が何か得られませんでした。今回ですね、この仙南広域水道の負担金が230万円減額になるということでございます。あっ2,300万円、そして25年度の水道使用料が税抜きで5億6,280万円、これの3%上がった分を、消費税分を計算しますと1,688万4,000円になるわけです。まあ仙公水の、仙公水の水道料は大体7割、自己水が3割というふうに聞いておりますけども、この1,688万4,000円を給水戸数である1万113戸で割りますと年間、これ大ざっぱな計算ですけども、年間平均の減額額が1,760円になるわけです。つまり2,300万から1,688万4,000円を引くとまだ611万6,000円残るというふうな計算になります。それで1,68万4,000円を仮に3年間やったとしますと5,065万2,000円になります。町長公約の5,000万になるわけです。まあ消費税10%の引き延ばし、消費税10%は引き延ばしとなりましたけども、いずれなりますけども、地方の経済効果があらわれるまでの3年間ぐらい減額してはいかがなもんなんでしょうか。まあ検討を重ねてまいりたいということなんですけども、その辺の答弁をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今お答えいたしましたとおり、検討はさせていただきます。その内容につきましては、時限的にやるのがいいのか、それとも今後ずっと継続してやるのか、やり方はさまざまだというふうに思っております。まあ下げたり上げたりするということについての是非もありましょう。といったことで、やり方については少し幅広にですね、検討させていただきたいということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。ちなみにですね、こんなこと聞いていいのかどうなのかわかりませんけども、町長の家の水道料、1カ月幾らですか。わかりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 月によって大変変動いたしますが、高いときで約1万円、安いときで6,000円ぐらいだというふうに記憶しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 6,000円っていうのは随分使いますね。下水道料と合わせての金額じゃないですか、それ。1万なんぼ、6,000円も、水道、上下水道課長、1万も使う、民間で1万も使う家ってありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 多分今の町長の単価につきましては、上下水道使用料というような格好で1万何がしというような格好で答えたと思います。多分そのくらいの、例えば1万を超すということになりますと使用料ではですね、約27トン以上というような格好になろうかと思います。以上です。
 ですから、水道料につきましては、仮に27トン使いますと消費税込みで、これはメーター口径にもよりますけども、13ミリのメーターですと6,123円というような格好になります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。我が家のね、水道料見ますと11月、10月分の使用料ですけども、水道料だけで3,596円であります。下水道料2,397円で合計で5,993円、つまり6,000円くらい下水道も合わせて10月分になるわけですが、我が家の12月請求分を見ますと3,590円で、3%減となれば約108円で、12カ月分にしますと1,296円になります。まあ微々たるものでございますけども、特に年金で生活をされてる方々にとりましては、この1,296円でも非常に私は重要な金額になるのではないかと思うんですけども、町長の見解はいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今ご指摘の数字、金額でありますけども、確かに額的には少ないものがあるかと思いますけども、高齢者世帯などにとっては大変恩恵があるものだというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 答弁ではですね、幅広い面から検討を重ねてまいりたいというふうに、の答弁でございますけども、これが27年から適用されるというふうなことなので、27年度までに導入するかしないか、その辺の検討は新年度予算に生かされるというふうな形で考えてよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。その実施時期についても、を含めて検討させていただきたいと思います。早ければ27年度ということも考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。町民税減税が厳しいというふうなこと、さらにはその代替策の一環として町民学園をやってる。しかし、これもなかなか機動に乗らない。そういう中だと、やはり全町民が恩恵を受けるのは私は水道料だと思うんですね。して、しかも50万ぐらいしかソフト料のあれがかからないということになれば、これ3年間やりますと町長の公約どおりになるわけです。別に税金でなくても公共料金の何かが安くなれば、それで減税というふうに受けとめられると思うんでね、この辺についてはね、ぜひ実現に向けてやっていただきたいと思いますが、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。改めてお答えさせていただきます。この検討については、前向きに検討させていただきたいと思っておりまして、町民税減税の代替案としていろいろ考えてまいりましたけども、これがふさわしいのではないかという思いから、先ほどお答え申し上げましたとおり私にとっては魅力的なご提言というふうに受けとめさせていただきました。
 なお、町民学園については、私は代替案として断定的に申し上げたことはなく、それについては皆さんの判断に委ねるというような表現はしましたけれども、それをもって代替案と申し上げたつもりはありませんので、その辺のところはご理解賜りたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。じゃ、この件についてはよろしくお願いをいたしまして、2点目に入らせていただきます。
 2項の緊急雇用創出事業の今後の対応についてでございます。
 緊急雇用創出事業は、不況などで解雇された、つまり会社を首になった失業者を救済する目的で実施されており、事業費の全額が国から交付される事業で、大河原町にとっても行政運営、町の運営に大変重要な事業であり、今後も継続していただきたい事業であるが、今年26年度で終了との話もございます。今年度の緊急雇用創出事業は昨年より約600万円少ない8,770万円となっております。25年度の緊急雇用対応事業では役場の臨時職員として直接採用した人数が58名、資料によりますと、もらった資料によりますと58名、実雇用数は39名となっており、来年度の27年度からはこの事業がなくなるといわれておりますが、そのことにより町政、町の行政運営に大きな影響を与えるものと思われますので、今後の対応についてどのように考えているか伺いをしたいと思います。
 (1)本年度は直接役場の業務に携わる直接雇用の人数は前にいただいた資料どおりなのかどうなのか。何人なのか。各課ごとの雇用、つまり採用人数と業務仕事の内容について示していただきたいと思います。
 2点目、これも以前にも指摘しておりますが、職員を減らして効率的な業務運営を行うための人員適正化計画に従って職員の人数を減らしてきており、その穴埋め的存在として緊急雇用創出事業における直接雇用、つまり臨時職員で対応してきた各課もあると思われます。この事業がなくなれば直接雇用分の仕事が職員の肩にかかってくることとなりますが、その対応はどのように考えているのか。
 1)この事業がなくなることにより町としてどのような影響があると考えているのか。
 2)現在直接雇用を行っている各課では具体的にどのように対応していくのか。
 3)町長や課長たちの町幹部の会議である庁議や職員間での対応策は協議しているのか。
 4点目、25年度の直接雇用分の実績は5,176万8,766円で、このうち人件費は58名で4,709万2,838円となっていますが、26年度の実績見込み額はどのように見込んでいるのか。
 5点目、直接雇用がなくなることにより、その分職員の仕事量がふえることになるが、十分な対応ができるのか。
 6点目、直接雇用分の補充策として臨時職員をふやすなどの安易な考えは持っていないか。
 7点目、直接雇用では単純労務業務が多かったが、町にとって町民サービスの面では大変重要な業務を担ってきておりましたが、この事業がなくなることによりサービスの低下にならないのか。
 8点目、町として国に対してこの緊急雇用創出事業の継続を働きかける考えはないか。
 以上、質問といたしますが、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、今年度の直接雇用人数と業務内容につきましては、8課延べ15事業に29人の雇用となっております。中途退職や中途採用などにより現在まで延べ45人を採用しております。このことから、緊急雇用創出事業がなくなれば本町には大きな影響があると考えております。
 本年度の緊急雇用創出事業の直接雇用の内訳を申し上げます。課ごとに人数を申し上げます。
 総務課3人、生涯学習課3人、地域整備課1人、農政課1人、議会事務局1人、町民生活課2人、農政課及び地域整備課で合計6人、教育総務課5人、子ども家庭課6人、あっ7人です。以上、合計29人となっております。
 次に、緊急雇用創出事業がなくなった場合の町への影響に対するご質問でありますが、一括してお答えいたします。
 まず、緊急雇用制度につきましては、平成20年度から国の制度として始まり、本町といたしましても現在も事業の活用を図っているところであります。そして、近年は震災後の震災対応後で、失礼しました。震災後の震災対応等で被災求償者を臨時職員として雇用している状況にあります。雇用職員については、勤務形態はさまざまでありますが、住民サービスに係るマンパワーの一人として働いている現状にあり、この制度がなくなることは町にとっても影響があると考えているところであります。
 なお、制度がなくなることに対しましては、事業の見直しを含め、当初予算編成の中でも緊急雇用創出制度前との事業量等を比較するなど安易な臨時職員での対応を抑制している状況にもあり、職員でカバーをしなければならない状況もあると考えております。
 しかしながら、現場の業務によっては住民サービスの低下にならないようにするため臨時職員での対応もやむを得ないものと考えております。
 また、26年度の直接雇用の実績見込み額につきましては約5,300万円、うち人件費は約4,850万円を見込んでおります。
 さらに、国に対する働きかけにつきましては、9月に宮城労働局を通じて地方創生に関する労働行政への要望事項において本事業の継続を強く要望いたしました。また、大変厳しい状況とは思われますが、27年度においても26年度とほぼ同程度の本事業の要望を県に提出いたしております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。一括での答弁ですので、一括で質問させていただきます。
 この26年度、最後の答弁になりましたけども、労働基準局を通じて云々、それから27年度においても県に提出したということなんですけども、今の現状で緊急雇用のこの事業の見通しっていうのはどういうふうに考えて、感触としてどういうふうな感触になってるんでしょうか。27年度からもうないほうなのか、それとも何とか望みがあるのか、その辺についてお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) はい。私たちも大変危惧してるところですが、平成26年度の事業につきましては、県の基金が約159億円ございました。で、現在県の見込みで26年度末で基金が残るとすれば多分30億ら40億ぐらいかなというふうな県の見込みでございます。そうしますと、その残った金額、国のほうが上積みがなければその基金を利用できるかどうか県の、国の考え方もありますが、それをもしできるんであればその30万から40万からも基金、あっ40億ですね、済みません。40億の基金で活用できるところもあると。
 ただし、それにつきましては、多分主に沿岸部のですね、津波被害があったところが主となるのかなというふうに考えておりますので、今のところ本町にもその基金が来るかどうかは定かでないというのが現状であります。それでもって新年度予算につきましては、ゼロベースでということで各課にお願いしたところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。私が11月の末にもらった、この実績の表と若干数字が違ってるんで、答弁書の数字が違ってるんで、ちょっとかみ合わない部分もありますが、再質問させていただきます。
 我々が仕事をするときには、5人である仕事をして仕事の量が100%とすると、それが7人でやっても100%と受け取りやすいわけです。一方、人数が減って4人となると、その仕事の量が120%どころか150%にも感じるときがございます。
 このような中、人員適正化を旗印に職員を削減し、その補充策の一環として緊急雇用創出事業による一時雇用を行って行政運営を行ってきたと思えてなりません。この事業がいずれなくなることは執行部としてもわかっているはずだと思います。これが急に来年度からなくなった場合の対応は考えておくべきではなかったかと思うのでございます。例えば、ことしの11月1日現在、この資料でいえば、学校でいえば学校図書整備業務事業の、学校図書整備業務及び校舎等清掃業務に実雇用人数6人で執行見込み額が827万円、子育て支援のための保育所開放に伴う保育事業に4人で288万円、児童館及び放課後児童クラブ活動の支援事業に1人で168万円、それから児童館及び放課後児童クラブ活動延長支援事業3人で284万円、公共施設環境整備には12人で1,330万円、さらに震災対応臨時職員16人で1,512万円など、などありますが、これらの仕事を現在の正職員でこなせると思っているのか。まして、ことしは定年退職者が多く出るし、今後も多くの退職者が見込まれる現状でスムーズな行政サービスができると考えているのか、お答え願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあこういった制度がなくなったときの今後の行政運営でございますけれども、先ほど来定員適正化計画のお話がございました。基本的に町とすれば人員を削減するという計画ではないというふうに理解をしてるところでございます。必要な部分については、そういった職員の配置は当然のことというふうに思ってるところでございます。そういった今回ですね、この緊急雇用につきましては、あくまでも地方公務員法の22条の臨時職員というような形の中で対応してきたところでございまして、つもりその職務については恒久的でないという職で捉えたような形になってるかと思います。
 なお、子ども家庭課あるいは児童センターとかですね、そういった職員につきましては、どうしても有資格者の部分はあると思いますので、継続的な雇用っていいますか、採用もですね、やむを得ない部分も出てくるかというふうに思っております。
 なお、今後多くの職員が退職することは私のほうでも見込んでるとこでございまして、再任用制度もございますし、新規採用等も今後行政運営に支障がないような形の中が計画立てて採用していきたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 人員適正化計画は必要な人数を確保するんだというふうな答弁でございましたけども、現実問題として職員の人員適正化計画に従ったような形で現在進められていると思うんですよね。そういった中で、例えば今度の子育て支援関係でのあれも変わりました。変わってきます。そうなってきますと学童保育や、学童保育って児童館とか放課後児童クラブに携わる職員、ほんでなくても少ないのに、またさらに減らさなきゃならない、これを確保でるんですか。正職員にするんでしょうか。その辺についてお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。職員の任用っていいますか、採用につきましては、これまた公務員法で規定されてございまして、競争試験あるいは選考試験というような形の中で対応しなければならないというふうに思ってるところでございます。今後、確かにその基準を満たすようなことで人員を確保しなければならないことにつきましては、当然先ほど申しましたけれども、新規採用職員、あるいは何ていうんですかね、中途の採用もあってもいいのではないかなというふうに思ってるところでございまして、そういった形の中で人員を確保したいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ちょっと教育長にお伺いしますが、例えばですね、先ほど言いましたように学校図書整備とか、それから校舎整備事業、実際に、まあ私の前の資料では6人というふうな形で臨時職員というか、緊急雇用で採用してるわけですけども、この人らがいなくなった場合、学校運営ってどうなりますか。誰がこの業務をやるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。学校の中で大変重要な職、役割を果たしていただいておりまして、この方々がもし学校の中で、からいなくなったというときは非常に困るわけでございます。まあ誰がその職務を代行するかについては、これから考えるということでございますが、衆知を集めてですね、何とか代替を探していかなければならないということを考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) えっとですね、代替を探すっつっても結局臨時職員になるか学校の先生方になるか、今学校の先生方っていうのは大変忙しいと思うんですよ。そういった中でね、これ以上学校の先生方に雑用っていうと変ですけども、そのような業務までさせるということは私は非常に負担増になると思うんです。そうした場合に6人いました。これを6人で採用できますかと、今の答弁だとできないと思うんですよ。この辺をね、やはり例えばまあ先ほど教育長には質問しましたけども、子ども家庭科だって同じだと思うんです。して、職員の意見は町長聞くとはいいますけども、現実問題、私も役場の職員にいたときは、どうしても自分の課を守りたいというふうな気持ちがね、優先してしまうわけですね。ですから、自分の課を何とか職員は減らしてもらいたくないという気持ちになるのは、皆ここにいる課長さん方だと思うんです。それで年々年々減らされる、あげくの果てには年々年々仕事の量がふえてくる、こういった矛盾した問題を町長としてどのように考えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今後職員の適正配置を真剣に考えていきたいというのが、まず1点目であります。で、これまでの一般質問でお答えしておりましたけれども、役場は町の中で最大のシンクタンクでありドゥータンクであるというふうにいっておりましたけれども、今私は庁内で申し上げてんのは、シンクタンクに比重を置きつつ、ドゥータンクのほうは軽くしていきたいということも言っております。すなわち、できるものについては民間委託の方向を探りながら、経費削減を図りながら必要なところには人員を正職員として配置する、そういう基本方針を持ちながら適正人員配置をしていきたいと。特に今50代以上の、50代の職員が約4割強占めております。あと10年すれば採用しなければ5割、半分ぐらいに減ってしまうわけでありますけれども、かといって例えば10人退職したら10名補充するということになりますと未来永劫職員のピラミッドといいますかね、年齢別の構成員がいびつな形でありますけれども、それがずっと繰り返すわけでありますから、ある程度採用人数を適正人員に応じてですね、固定的にしていく必要があろうというふうに思っております。そこで、当面足りない部分については再任用をふやしたりしていただければ大変ありがたいと思っておりまして、それでも足りない場合はいろんな形で模索をしていきたいというふうに考えておるところであります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まあ総務課長も話してましたけども、再任用の活用というふうな形ですが、まあ定年退職者に対してもう一度職員として勤めてもらうというこの再任用制度ですけども、これだって現実問題として、確かに年金がもらえるまでの間、私は必要な措置だとは思います。しかし、現実問題として再任用された人たち、今まで課長やってた人間がほかのところにいって、はいここの、はい係長クラスですっていわれて、課長さんたちは非常に私はやりづらいと思うんです。ですから別な形でね、再任用するなら別な形でこう部署につくとかなんとかだら話しわかるんですけども、安易にね、臨時職員を使ったり、また再任用で、この人は希望あっからっちゅうことで、いわゆるこの再任用、私は重要なことは十分わかってます。だけど、その使い方をね、やっぱりきちっとしていくことと、それから退職者ね、ことし10何人ですか、総務課長、わかればことしの3月で退職する人数。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。本年度の退職者につきましては、11名となっています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 退職職員がね、11名、来年も多分またこのくらいに近い人数だと思うんですけども、これに対してのね、やっぱり採用、やっぱり計画的にやっぱりやっていかないと逆三角形になってみたり寸胴になってみたり、そいな形になるわけですので、そうしますと結局なかなか後輩が上に上がれない、課長になれない、我々の時代はまあ40そこそこで課長になりましたけども、今の職員からすると55になっても課長になれないっていうふうなね、そういうふうな形になってるかと思うんです。
 ですから、今後の採用人数、採用計画をきちっと立てて、そして事業も見合わせて、さらには課長さん方とね、よく話をしていただいて職務内容をもう一度ね、精査をして、きちっとした人員配置をしていただきたいと思うんですけども、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。議員ご指摘のとおり、そのような方向で適正人員配置を考えていきたいと思っております。必要なところには当然配置してければいけないし、場合によっては見直しもするということで今後町民のニーズに合った形でやっていきたいと思っておりますけれども、庁内で十分議論を深めながら進めてまいりたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) はい。えっとですね、臨時、緊急雇用創出事業、これに対して一つのやはり町に対しての試練もあるかと思いますので、十分にね、庁舎内で話していただく、いただいて、行政サービスに落ち度がないように今後ともよろしくお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。2番須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。私は大綱1点でございます。
 蔵王山噴火を想定した取り組みを。
 9月27日、御嶽山が噴火し、多くの方々が犠牲となりました。改めて亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
 仙台管区気象台によれば、蔵王山では2013年1月に火山性微動が発生して以降地震活動がやや活発な状況が継続していて、10月8日にはお釜の湖面に白濁した部分が見られるなどの様子も大きく報道されました。さらに、11月19日夜、ことし最大規模の火山性微動が発生したとの発表があり、気象台は、直ちに噴火するおそれはないが、火山活動が活発化している可能性があるとして登山客らに注意を呼びかけたとの報道もありました。また、宮城山形両県周辺6市町・国機関等でつくる蔵王山火山防災連絡会議の実務者会議が行われるなど年度内に対策をまとめるようでもあります。さらに、東北地方整備局が新たなハザードマップ作成の資料となる火山噴火緊急減災対策砂防計画を年度内に策定し、これを受け、蔵王山火山防災協議会が2002年作成の現ハザードマップの更新作業に入るとの報道でありました。
 (1)宮城県の蔵王山火山防災マップ降灰分布図によれば、上空の風の向きにもよりますが、大河原町も1センチから10センチの降灰が到達する可能性がある範囲に示されていることから、以下伺います。
 1)町としてどのような認識でいるのか伺います。2)庁内で対策会議等は実施したのか伺います。実施したのであれば、その内容もあわせて伺います。3)町としてどの程度の被害を想定してるのか伺います。4)噴火しないにこしたことはないが、万が一噴火した際に国や県からどのような伝達ルートで町に知らされるのか伺います。5)噴火した際に町としてどのような対応をとるのか伺います。6)全国瞬時警報システム「J-アラート」で伝達される情報の中に火山情報3種類、噴火警報、火口周辺警報、噴火予防も含まれていますが、大河原町も設定すべきと考えますが、見解を伺います。
 (2)11月8日(土曜日)蔵王山の火山活動と防災体制(巨大地震発生後の火山活動に備える)と題した防災基調講演会が蔵王町で行われ、多くの関係者が出席していましたが、当町職員の出席者数を伺います。
 (3)町内の小中学校において蔵王山の火山に関する防災教育も必要と考えますが、見解を伺います。
 (4)現在作成中の大河原町地域防災計画の中に新たに火山災害の項目も入れるべきと考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、1項目の蔵王山噴火に係る認識、庁内協議等のご質問にお答えいたします。総括してお答えいたします。
 まず、蔵王山噴火に係る本町での被害想定、防災体制等につきましては、大沼忠弘議員にもお答えいたしておりますが、蔵王山火山防災マップによりますと過去2000年間の最大規模の現象では、本町も降灰が1センチから10センチの範囲に入っておりますし、また想定外の噴火状況も考える必要もあることで、何らかの防災対策は必要と認識してるところであります。
 しかし、現在までにそれらに関して庁内で会議等を開催していない状況となっております。今後、国によるハザードマップの作成や国、宮城県、山形県及び蔵王山周辺市町による蔵王山火山防災協議会が組織されることとなっているようであり、それらの動向を見ながら災害の、あっ被害の想定や本町として必要な対策を検討してまいりたいと考えております。
 次に、万が一噴火した場合の情報の伝達ルートでありますが、現在進められている火山防災会議などの、などでの検討結果によるものと考えますが、伝達手段については既存の衛星系、地上系の通信手段の使用になるものと思われます。
 次に、噴火した際の町の対応につきましては、ハザードマップ等の完成を受けて蔵王山火山防災協議会等から情報をいただきながら検討することとなっていくと思われます。
 次に、J-アラートの、アラートにつきましては、火山情報も消防庁より配信されることとなっており、本町においても情報の受信と発信する設定となっております。
 次に、蔵王町で開催された講演会には町職員は出席しておりませんでした。
 小中学校における蔵王山に関する防災教育でありますが、火山活動の状況を見守りながら、いざという時に身を守るために必要な対処方法を児童生徒に伝えたいと考えております。また、小学校で毎年実施している蔵王での野外活動につきましては、状況を見ながら安全を第一に考えて対応していきたいと思っております。
 次に、地域防災計画への火山防災を加えることにつきましては、新たに特殊災害対策として盛り込んでおりますが、現時点では国において新たなハザードマップの策定中であることや、被害想定も困難なことから具体的な対策の検討も難しい状況にあります。今後、記載できる内容ができれば、随時改訂の中で対応してまいりたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。それでは再質問いたします。
 まず、初めにですね、今月11日に東北整備局が第2回蔵王山噴火緊急減災対策砂防計画検討委員会を開き、新たなハザードマップを作成する上で基礎データとなる被害想定の素案が提示されました。その中で降灰は西からの風に影響され、主に宮城県側に流れると予想、マグマ噴火では約20キロ離れた地点でも灰が1センチ積もると示されたと12日に新聞報道がありました。
 またですね、きのう、山形大学の伴教授、この伴教授というのは(2)の基調講演会で講演された先生なんですけれども、その先生と電話でお話をさせていただきました。先生の話によると2002年度作成のハザードマップは、まあちょっと答弁書とあれなんですけれども、過去3万年前までさかのぼった噴火を想定してつくったもので、今回つくるものは過去1万年前まで噴火を想定したものでつくるということで、降灰の被害想定が若干変わったというお話でした。
 ここから私の話なんですけれども、私が地図上ではかった距離、ナビで検索するとお釜まで大体33.6キロと出たんですけど、それは山道をずっと行くからそのような距離になると思うんですが、地図上で直線距離ではかると約大体大河原町と蔵王町の町境がちょうど大体20キロ、20キロを若干超えるかなというぐらいだったんです。ということは、1センチの降灰が到達する可能性が我が町にあるということです。この1センチも風向きとか風の強さ、あとは噴火の規模、それによっても変わってくるんでしょうけど、そこで答弁ではまだ対策会議等は実施していないということですが、私は万が一噴火した際にはいち早くこれを町民にお伝えをする、知らせることが重要だと思うんですけど、この点について総務課長と町長の所見をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。噴火等の情報につきましては、1項目の6番にありますJ-アラートの情報伝達という形になっていくかと思います。町長も答弁で答えておりますけれども、この噴火警報、火災周辺、あっ火山周辺警報、噴火予防、こういったものはもうメニュー化されておりまして、自動で配信するようなことになっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。そういう通信系の情報伝達、大変大事であります。ただ、そういう情報が漏れる場合が、方が多いわけでありますから、そういったことを想定しながら例えば広報車を回すとかですね、緊急に避難をするように、そういった対応も必要かと思われますので、そういった方向で検討していきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ということは、確認ですけども、噴火した際にはエリアメールがなるという理解でよろしいですか。一応再度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。蔵王山の噴火につきましては、ちょっときのうも申し上げましたけれども、噴火警戒レベルの活火山とそうでない火山という2つに分かれてるみたいなんですね。それで蔵王山は噴火警報レベルには、まだそのレベルにはいってないような状況にあるようでございます。これは気象庁のホームページからちょっと見たんですけれども、今回こういった活動があることで1段階上がっていくような、なのかなというふうに思っておりますし、こういったことにつきましては全てJ-アラートのメニューに全て入っておりますので、エリアメールで噴火の際には伝達することができるというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。一応確認ですけど、気象庁のホームページに、このページでいいのかあれですけれども、火山登山者向けの情報提供ページというページがあって、その中には蔵王山は載ってるんです。対象の火山として。それで「平常」にはなってるんですよ。えぇ。白丸で「平常」にはなってるんですけども、登山者向けの情報提供としては出てるということをつけ加えておきますけども、そこで確認ですけども、J-アラートで伝達される情報、これちょっと確認をしたいんですけども、調べて見ると地震情報6種類、この6種類の中には東海地震関係が3種類含まれていて、項目は述べませんけども、地震情報6種類、津波情報3種類、火山情報3種類、気象情報2種類、有事関連情報4種類、土砂災害警戒情報、竜巻注意情報、記録的短時間大雨情報、指定河川洪水予防、その他の国民保護情報となっているんですけども、項目は。この大河原町はこの中のどの情報が町として伝達されてくるのか。イコール・エリアメールとして発信されるのか、ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。基本的にはですね、今申し上げ、おっしゃられました項目全てが受信するような形になります。ただし、発信につきましては、町で選択するようなことも可能というふうになっておりまして、受信されたものが全てですね、エリアメールで発信することもないことも一つ考えられるところでございます。(結局どれがエリアメールなんですか」の声あり)いやぁ、現在はですね、ちょっとあのたくさんあるんですけれども、例えばこの前土砂災害警戒情報なんかもエリアメールで発信しましたけれども、基本的には全項目発信できるような状況になってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時59分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。それでは、今小学生もちょうど入ってきたので、再度確認ですけども、蔵王山が噴火したときには携帯電話、エリアメールに噴火の情報が一斉送信されるということが確認できました。
 それでですね、次に、2009年1月6日以降、このJ-アラートを受信できる機関が拡大されて、公立学校、小中学校ですね、あと病院などでも受信可能となったようですが、町内の小中学校及び病院は受信可能となっているのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。このJ-アラートであります全国瞬時警報システム、これにつきましては、本町においては大河原町の役場のみでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ではですね、教育長にお伺いしますけども、噴火したときは学校にはどういう形でこう知らせがいく、県教委からいくようになるんですかね。町からどのようなルートで情報が入ってくるんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。県教委からということではなくて、町から学校のほうに連絡がいくというシステムとなっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。これ学校に配置するのはやっぱり難しいんでしょうかね。どうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。このJ-アラートにつきましては、デジタル防災行政無線、これにもですね、発信するようなことになります。つまり、学校にもそのデジタル防災行政無線が配備されておりますので、受信と同時に、そういったことであれば学校のほうにも送信されるというふうに理解してるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ちょうどその話を今からしようと思ったところでして、ではですね、今話し出たんですけど、では確認としてJ-アラートとして受信が役場に入ると、そうなると防災行政無線を通じて町内小中学校に同時にいくと今理解したんですけども、まずですね、町内に、あっまずですね、この防災行政無線についてお聞きしたいんですけども、どのようなものなのか。きょうはちょっと小学生も来てますので、わかりやすくですね、説明をしていただきたいんですけども、町内にどこに何カ所、スピーカーですよね、それとはまた別なんですかね。その辺も含めてちょっと、私も知りたいのでお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。現在防災行政無線、まあデジタル化ということで平成何年でしたっけ、22年か3年ですね、更新したところで、したんですけれども、それ以前まではアナログということで普通のやっぱり無線ですね。それをデジタル化ということで、例えばまの携帯電話と同じような双方とのやりとりができるということで、ひとつご理解をしていただきたいというふうに思っております。
 それから、そういったデジタル系の無線につきましては、一応基地局等々含めまして、それから移動局、これが84あります。役場の公用車であるとか消防団員であるとか、さらには行政区長さん、さらには学校、それから公の施設というような形の中で移動系として84を整備したところでございます。J-アラートの受信があったときに、そういったデジタル行政移動系の無線にも発信されるということでございます。
 それから、町内には屋外拡声装置、スピーカーのやつがですね、基本的には4カ所、堤、金ヶ瀬公民館、南小、稗田前というような形で整備してございます。これにつきましても、直接ですね、そこに行ってアナウンスすることはできます。今回の総合防災訓練で金ヶ瀬におきましては、堤と金ヶ瀬公民館で朝のアナウンスをした状況になってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。その町内4カ所にある拡声スピーカーというか屋外スピーカー、それはJ-アラートと連動できるという話も聞いたんですけども、その辺ちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。ちょっとJ-アラートの直接の連動というのは確認しておりませんけれども、現在使ってるデジタル無線と、これはですね、工事費もありますけれども、無線で飛ばせることは可能だというふうに伺っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。で、私が思うのは、その拡声スピーカー、屋外スピーカー4カ所あって、J-アラートが、まあ噴火だけじゃないですけども、その他の災害時においてもJ-アラートが受信されて、それが防災行政無線に一斉に同時に送信させれると。イコールそこに、その4カ所のスピーカーにも一斉に配信されたほうが地域の方、携帶では持ってない方で外にいた方とか、そういう方もやっぱり、何ですかね、スピーカーから出てくる声で、あっこういうことが起きたんだっていうのがわかるような状況、より効率的、住民に知らせるためには一つの手段かなと思うんですけども、その辺、まあ費用もかかることですから、どのぐらいかかるかもあれですけども、ぜひそれもですね、検討してみていただけないかなということで答弁をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。屋外拡声装置の今後の活用につきましては、まあ私どもでちょっと幾らぐらいかかるのかということで見積もりを取った経緯はございまして、3,000万ぐらいかかるというようなお話をいただいたところでございまして、まあちょっと金額が金額でございますんですけども、必要に応じてですね、直接その場でアナウンスということも可能でございますので、そういった形で対応できる分については対応したいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひですね、これ補助金とかはないんですか。接続するに当たっての補助金というのは、まあわかればでいいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ拡声装置に無線で飛ばすような補助金について、整備についての補助金については、まあないものというふうに理解をしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。ぜひですね、再度になりますけども、いち早く町民にそういう情報を知らせるということも災害被害を少なく済ませるということで重要な手段だと思いますので、ぜひ検討していただけたらなと思います。
 それで、この防災行政無線を調べてみると大津波、まあ津波は大河原は被害が考えられませんが、火山警報緊急受信速報、有事関連情報については、防災行政無線を自動起動することが原則となっているようですけども、この認識でよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。議員のおっしゃるとおりに自動という形になってるものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。そのほかの情報については、自動起動させるのは市町村が決定できることとなっているようですけども、そのデジタル無線、先ほど答弁あったように全ての情報が防災無線で飛ばされるという認識でよろしいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。全てということが、例えばJ-アラートに全部入ってきたこと全部ということなんでしょうかね。それにつきましては、先ほども申し上げましたけれども、町である程度の絞り込みということもできますので、受信したものが全てデジタル行政無線に発信されるということではないということでご理解をしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい、わかりました。
 それでは、次にいきたいと思います。再質問の順番が逆なってしまいましたが、次にですね、(1)の3)想定される被害についてなんですけれども、富士山の降灰及び対策の中で交通、1つ目が交通、2つ目にライフライン、3つ目に2次・3次産業、農林水産、健康、生活の項目ごとに被害状況が想定されているんですけれども、我が町を考えた場合、まだ考えてないということなんですけれども、特にきのうもちらっと話し出ましたけれども、除灰の問題とか道路の被害が想定されるんですけども、いろいろ調べてみると、ちなみにですよ、この対策の中では1日5センチ以上で道路が通行不能になると。で、1.3センチで交通規制が5日間、さらには1ミリから2ミリの降灰でさえ対向車が巻き上げる火山灰に視界が遮られ、4歳児がはねられるというような事故も実際に起きてるようであります。また、農作物、これでいきますと畑作物は2センチ以上の降灰で1年間収穫ができないと。稲作は0.5ミリの降灰が1年間収穫ができないと。さらには、桜島の事例では1センチから3センチの降灰で作物の種類によっては壊滅的な被害を受けるということも記されてあります。ほかにも数センチで停電、あとは取水停止、水質の低下、健康障害などさまざまな被害が想定されるようでもありますので、やはり我が町もすぐ隣の町ですし、直線距離にして20キロちょっとのところですので、やっぱり危機管理意識をもっていただきたいと思いますが、その辺町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今、議員がご指摘された懸念が本当にあるというふうに思っております。安全安心を確保するためにも少し真剣にですね、この問題については取り組んでまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひお願いをしたいと思います。
 次にですね、(3)の小中学校の防災教育についてですけれども、ちょうど今小学生が来てます。まあ学校にいるときは放送で指示できるというような範囲にあるからいいと思うんですけど、万が一子どもたちが朝学校に行ってるとき、あと帰ってるとき、あと休みの日で外で遊んでるとき、そういうときにどういうふうに行動しなければいけないのか、最低限の防災教育は必要と考えます。まあ低学年は難しいと思うんですけれども、中学年以上の子どもたち、自分たちで身を守る行動をとってほしいと思いますが、その辺教育長、どのようにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。火山に限らず日ごろからですね、避難訓練等行っておりますが、基本的に自分の命は自分で守るという指導をしているところでございます。また、通学路等におきましてそのような災害にもし遭ったときは、自分で自分の命を守ることは当然でございますが、「こども110番の家」が町内に何カ所かございますので、そういったところに助けを求めるという指導をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。議長、ちょっと小学生に聞きたいことがあるんですけど、どうでしょう。(「小学生にですか」の声あり)いいですか。(「ちょっとそれは……」の声あり)難しいですか。じゃ、やめます。(「許可は出せませんので」の声あり)
 あのですね、ホームページいろいろ調べてみると、これ北海道の有珠山の副読本、小学生の山に関する、その中で火山が降ってきたらどうしなきゃいけないか。まずは、鼻や口から吸い込まれないようにマスクをしましょう、帽子をかぶることも大切です。コンタクトレンズは外しましょう、スキーのゴーグルや眼鏡をかけましょう、目に入ったらこすらずに水でそっと流しましょう、こういうような副読本があって教育もしてるようなんですけれども、実際今の子どもたち、火山っていうとテレビではよく最近報道されますけども、どの程度、何ていうんですかね、噴火の可能性があるのかとかそういうことはわかってるんでしょうかね。どうでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。新聞、ラジオ、テレビ等で報道されておりますので、そういったものを通して子どもたちは認識していると思いますが、学校教育の中で火山灰が降ったときにどのような対応をするか等については、これから検討するという段階でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。ぜひですね、最低限の口を覆うとか、あと室内に入るとか、そういう程度でいいと思いますので、ぜひその辺のですね、瞬時の行動ができるように教育をしていただければなと思いますので、お願いをいたします。
 それですね、例えばですけども、栃木県の那須町ですと全国で初めてこの間教育委員会と気象台が一緒になって教育プログラムを作成するというようなこともニュースになってました。まあ大河原町は幸い噴石とかそういうのが飛んでくる可能性は少ない状況にはありますけども、ぜひですね、その辺も含めて子どもたちの教育をよろしくお願いしたいと思います。
 次にですね、防災計画の件ですけども、(4)番、全協で示された新しい防災計画、この中に特殊災害対策という項目が加わって火山降灰対策、まあ答弁にもありましたけども、その中であらゆる手段を活用して情報提供を図るというようなことになってました。それはそのとおりなんですけれども、これはこの辺も含めて具体的にやっぱり記す、どのように、まあ町長答弁で多分ほかの災害と同じような感じで情報提供図るよなというような話もきのうありましたけども、やっぱりこの情報伝達の町民に、私は町民に対してなんです。町民に対してやっぱりどういうふうに情報伝達するか、いち早くということを、あらゆる手段を活用するんですけども、そこを具体的にやっぱりする必要があると思うんですけども、総務課長でも町長でもいいですけども、答弁ちょっとお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。基本的には計画の中にですね、例えば具体的な伝達手段を盛り込むのかいいのかどうかというのはちょっと検討させていただきたいと思いますけれども、一つは警戒配備体制といいますか、ある程度災害対策本部のような形の中で対応することになるかと思います。そういったときには、当然何をすべきかというようなマニュアル的なものをですね、作成しなければならないというふうに思いますので、その際、そのマニュアルの中にこういった手段を盛り込んでもいいのではないかというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) はい。お願いをしたいと思います。
 多分ですね、予想されるにあくまで噴火しないにこしたことはないんですが、噴火して降灰が落ちてくるまで多分1時間、40分から1時間、風の強さにもよるんですけども、そのぐらいの時間がかかるのではないかという情報が、これ平成27年3月より気象庁のホームページであるんですけども、量的降灰予報を始めますというのが気象庁で始めるみたいなんです。27年3月から。
 その中に、量的降灰予報の説明の中に情報発表の流れとして、1)噴火予報、これは定時で噴火を予報すると。2)として降灰予報、これは速報で出るそうです。ポツマル3つあるんですけども、噴火の発生を通報する。噴火に関する火山観測法を受けて発表します。2つ目、事前計算された降灰予報結果から適切なものを抽出することで噴火後速やかに(5分~10分程度)で発表しますと。3つ目、噴火発生から1時間以内に予想される降灰量分布や小さな噴石の落下範囲を提供しますということで気象庁のホームページで27年3月からこれが始まるということが載っておりました。
 この辺も含めてですね、やっぱり何度も繰り返しになりますけども、いち早く噴火したことが町民にわかるように、そして万が一噴火した際には降灰がこれぐらい来るんだよというのを最低限知らせる、町として、行政として義務があるんではないかと思いますので、その辺も改めて検討していただければと思います。お願いいたします。
 最後にですね、11月8日の蔵王町で行われた基調講演会、大河原町職員は誰も出席されなかんたということですけども、大変勉強になりました。もう満杯で入り切れなくて立ち見も出るぐらいの講演会でした。その中で仙台管区気象台の方、噴火は予兆があって噴火する場合、火山性微動が発生して噴火する場合と、あと御嶽山のように、まさに突発的に噴火する場合も大いにあり得るということがおっしゃってました。さらにきのう、その伴先生、伴教授も、蔵王山の過去の噴火を調べてみると突発的な噴火の可能性は低いと。低いと。ただ、その突発的な噴火は想定をしておくべきだと、必ず想定をしておかなければならないということを強くおっしゃってました。まあ大地震と火山の関係も話、何ていうんですかね、話もあります。何度も言いますが、噴火しないことが一番ですけども、噴火した際に迅速な対応、そして特に町民にいち早く知らせることができるような仕組みづくり、これを早急に行うことを強く要望して私の一般質問を終わりますけども、町長、最後に一言お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。きょうの議論を通じて大変感じたところがあります。よく言われておりますとおり安全は全てに優先するということを基本に据えて、しっかりと町民の安全を守るために今おっしゃられた町民に早く情報を伝えるということであります。で、例えば拡声器を使った方法もあろうかと思いますし、そういったことを検討したいと思っておりますけども、すぐにできることとしては、例えば拡声器で噴火が起こったということを知らせるような暗号で送るとかいうことをやって、それでその4カ所に行ってですね、具体的にこういう状況だということを声で説明するということは当面はできると思います。できることからやっていきたいというふうに思っておりまして、また先のことについては、もっともっと安全確保するようなさまざまな角度から検討したいというふうに思っておりますので、今後とも皆さんのお知恵をおかりしたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐藤貴久君の発言を許します。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。佐藤貴久です。議長のお許しが出ましたので一般質問させていただきます。
 教育環境と防犯教育に注力する。
 1項、きめ細やかな学習環境を整備して学力向上のボトムアップを図るべきではないか。
 1)小学校の教科書改訂により27年度は主要教科書のページ数がさらに30%増加する。学習指導計画の見直しは実施するのか。
 2)英語の教科化が32年度に予定されている。グローバル化に対応した当町の小学校英語教育の現状はどうか。
 3)理科教育の目に見えない世界、生物地学分野におけるビジュアル活動に、活用に十分取り組んでいるのか。
 4)大河原中学校での放課後学習会の現状はどうか。また、25年度のみで土曜ゆめ教室が休止となった。今後の事業展開はあるのか。
 5)8月に公表された全国学力調査のアンケート結果分析と10月に実施された県の学力調査、また町独自の学力テスト結果分析で当町では何が指摘されているのか。改善事例はあるのか。
 2項、今般の子どもたちへの犯罪は手口が巧妙化している。当町の防犯システムで対応できるのか、再点検すべきではないか。
 1)「いかのおすし」では対応できないほど犯罪が高度化している。対策は講じているのか。
 2)前回提案したCAPトレーニングは授業に取り入れているのか。
 3)子どもたちへの防犯マニュアルの内容は何か。防犯教育で特に力を入れている内容とは何か。
 4)小学校の防犯不審者対策として閉門は有効だと思うが、開かれた学校づくりを目指すべきではないか。
 5)登下校における見守り隊の現状はどうか。また、課題点で指摘されている事例は何か。青色回転灯を整備した車両は何台あるのか。
 以上でありますが、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、小学校の教科書改訂により学習指導計画の見直しを実施するのかというご質問でございます。これは教科書改訂にあわせて指導計画を見直し、授業を進めていくことになりますが、学習指導要領は変わらないので大幅な見直しはございません。
 次に、小学校英語教育の現状についてですが、各小学校とも5・6年生に年間35時間全ての時間にALTを配当し、担任とのチームティーチングにより充実した外国語活動が行われております。また、電子黒板や音声カードなどの教材・教具を活用してネイティブな発音に触れたり、アクティビティを行ったりしております。
 次に、理科教育におけるビジュアル活用の取り組みについてでございますが、これを視覚に訴える活動と捉えれば宮城県総合教育センターから発信されておりますミヤギサイエンスウェブ、NHK理科デシタルコンテンツ、教科書の資料集、視聴覚教材センターの映像、ウェブ上のフリーソフト等を大型テレビやスクリーン等へ投影し、授業に活用しております。
 また、金ヶ瀬小学校におきましては、地層、岩石の授業などに外部講師を招き、実際に現場に行き、大河原町の数千年前の地層を学び、大きな成果を上げているところでございます。また、中学校理科教育では可能な限り直接体験させることを重視し、水中の生物などは実物を顕微鏡で観察させるなどの取り組みをしております。
 次に、大河原中学校での放課後学習会については、毎週木曜日に数学の計算問題を中心に実施しております。4月から9月までは毎年放課後の時間帯20分くらいの時間で実施し、10月からは部活動単位で1・2年生を中心に同じ放課後に実施しております。その際、大学生一、二名が学び支援員として来校し、指導支援をもらっておるところでございます。現在、帰りの会を10分延長して全学年で学習会を実施しておるところでございます。
 土曜ゆめ教室の今後の事業展開につきましては、生徒一人一人の発展的な学習を支援する目的ではありましたが、土曜日という自由な選択の中での試みのため、成果が思うように見られませんでした。そこで、本年度は放課後と長期休業中の学習支援に力を注いでいるところでございます。
 次に、全国学力・学習状況調査のアンケート結果の分析と県の学力調査、町の学力テストの分析についてお答えいたします。
 まず、今年度の全国学力調査結果についてですが、小学校はほぼ全国平均並み、中学校は国語で全国平均をやや下回り、数学では全国平均を下回っているという結果が出ております。特に数学では知識・技能等を活用する力、いわゆるB問題において課題があるという結果が出ております。
 次に、本県の学力調査の結果についてですが、現時点で結果が出ておりませんのでお答えすることはできません。
 最後に、4月に実施した町の学力調査についてでございますが、小学校・中学校ともに全国並みという結果になっております。本町の学力向上の課題として挙げられる点については、学力調査ごとに各学校ごと成果と課題を分析し、課題については克服するための手だてを工夫して取り組んでおります。特に大河原中学校におきましては今年度から県の学力向上研究指定校として指定を受け、家庭学習とのサイクル形成を図る授業づくり通して課題克服に向けて取り組んでいるところでございます。
 次に、高度化している犯罪への対策についてのご質問でございますが、学校と地域が連携して子どもたちを守る取り組みを継続しているところでございます。学校では、道徳の授業、学級活動、防災教育の中で子どもたちの、子どもたちが命を大切を学び、危機に遭遇した際に自分自身を守る行動がとれるよう指導するとともに従来から行っている防犯教室や防災訓練に加えて不審者対策を想定した訓練などを行いながら危機対策を進めておるところでございます。
 次に、CAPトレーニングにつきましては、以前議員の一般質問の中で紹介いただきましたが、先ほど申し上げました自分自身を守ることを学ぶ活動そのものであると理解しておりますので、CAPという言葉は使わないものの実践しているところでございます。
 次に、子どもたちへの防犯マニュアルについてでございますが、各小学校では不審者侵入時の対応マニュアルについて、年度初めに教職員全員で研修を行い、危機管理意識をしっかり持つようにしております。また、校内では不審者侵入時の緊急防犯ブザーと校内放送による児童の避難と安全確保について防犯訓練を実施し、命を守るための非常時の対応を徹底しておるところでございます。
 家庭や地域では防災標語の「いかのおすし」の、ついていかないの「い」、乗らないの「の」、大声で叫ぶの「の」、すぐに知らせるの「す」、知らせるの「し」を、すぐに逃げるでございます。すぐに逃げるの「す」、知らせる、この「いかのおすし」を基本に校外での安全な暮らしについて指導するとともに保護者へも協力を依頼しているところでございます。
 次に、小学校の閉門についてのご質問でございますが、各小学校とも児童生徒の安全を守るために校地に入る門と校舎に入る昇降口は防犯対策として授業中閉鎖しております。そのような中でも地域に開かれた学校を目指した取り組みはこれらの安全対策が実施された上で行われていくべきものと考えております。
 最後に、登下校の見守り隊の現状と課題についてのご質問でございます。大河原小学校で組織している大河原小学校見守り隊は本年度65名で活動いただいております。また、見守り隊以外の民生児童委員、主任児童委員、交通安全補導員、各地区防犯連絡所協議会委員、自衛隊OB隊友会等々9団体の「登下校安全パトロール隊」の皆様に大変お世話になっておるところでございます。また、日中に見守り活動を行える方々が仕事を退職された方々に多いことからメンバーの高齢化が課題となっております。
 なお、青い回転灯については、警察の許可を得て設置して活動いただいてる方1名と役場の交通指導隊車の2台がございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは、再質問させていただきます。
 23年度に学習指導要領改訂後も年間学習指導計画が作成されているにもかかわらず学校間や学級間で授業進度にばらつきがある理由は何ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。議員おっしゃられるとおり、学級間でのばらつきはございます。それは同じ指導計画を使ってもそれぞれの教え方が異なりますように、それぞれの進度はそれぞれの環境あるいは条件等によって多少異なるというふうに捉えております。しかし、学期末等におきまして教務主任を中心に調整を行っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。確認します。このことは先生の指導力の能力差によるものですか、それともクラスごとの子どもたちの学習習熟度によるものなのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。さまざまな条件でその違いが出てくるものというふうに思っておりますが、やはり子どもたちのつまずきの状態等につきましては、それぞれ子どもの実態が異なりますので、当然進度が多少ずれてくるものと捉えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。特に中学校で顕著な傾向が見られます。11月から1月の間はプリント学習や基本のみの指導に終始し、教科書の内容が消化されておりません。単元によって習熟度の密度が低くなっているのではないか、同時に子どもたちの学力格差が生じているのではないかと危惧しております。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。11月から1月、プリントのみということでございますが、どの教科のどの授業を指してるのかちょっとわかりませんけれども、プリント学習することが悪いというふうには捉えておりません。むしろ学習したことを繰り返し学ぶためにはプリントを大いに活用すべきだとも考えておるところでございますが、しかしそのことによって学力格差が開くのではないかと懸念されているところでございますが、学力格差が出ないように各学校で調整を図りながら進めているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 反復して復習するためにやっているのではなくて、教科書の内容が消化されてなくて、教科書を年度末までに消化するためにやっているんだと私は思っております。そっちを今聞きました。
 それと含めて27年度は主要教科のページ数が増加します。学習指導要領の改訂はありませんので、授業時数は当然変わりがありません。指導計画をどこまで綿密に作成できるか、大変重要な課題であると考えます。また、指導計画の中に15分のお昼寝タイムを組み入れてはいかがでしょうか。まったりとなる午後の授業の前にリセット効果があると考えております。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。3点でございます。先ほどの教科書を学ぶためにプリントを使ってるということでございますが、さまざまな考え方がございまして、プリントにまとめたほうが教科書を短い時間で習得させるという考えもございます。しかし、教科書を全く使わないというのは問題がございますので、そこにつきましては調べたいなというふうに思っております。
 それから、2点目は何でしたっけ。まず、お昼寝タイムの件でございますが、ユニークな発想だなというふうに思っておりますが、いわゆるどのように能を活性化させるのかということでお昼寝タイムが出てきているのかなというふうに思われます。いろいろな活性化のさせ方があると思いますが、一方では数学、算数の授業の前に運動を10分間取り入れたならば能が活性化するという研究もございまして、さまざまな研究がありますので、ただ一考に値するなというふうに考えております。
 2点目の質問、済みません、ちょっと失念しました。(「学習指導計画を綿密に作成する」の声あり)学習指導計画につきましては、綿密に作成するといいますと綿密に作成はしておりますが、新しい学習指導要領ができるまでは、学習指導要領は10年に一遍、およそ10年に一遍変わるわけでございますので、内容は異なりません。議員ご指摘のとおりでございます。
 今回ですね、教科書が新しくなりますが、そこにつきましては、調べましたところ多くて18%のページ数が増加しております。しかし、その増加したページはどういう内容かということで調べますと、それは活用問題あるいは参考資料ということで、今年度までの教科書と異なる点は、そういった問題活用問題等の資料がふえたという点でございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。お昼寝タイムはお薦めです。もうかなり実践してる学校ありますよ。残念ながら小学生の方が退席してしまいましたけど、いたらきっと賛同してくれたと思いますよ。
 続きまして、小学校英語教育を質問します。小中連携による中学校の教員による出前講座は3つの小学校で実施しているのか。月に何回ほど実施しているのか。また、子どもたちや保護者の反応はいかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。ALTの講座につきましては、大変好評でございまして、やっぱりネイティブなイングリッシュは教員ができないものですから、それぞれの学校にそのALTが行くことによって担任とチームティーチングをしておるところでございまして、子どもたちからも大変好評を博しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。ALTに依存している体質は相変わらず変わってないんですね。それで小学校専科教員養成研修として担任教員英語指導力向上研修は参加しているのか確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) さまざまな研究に積極的に参加しているものと思っておりますが、その英語実力研修でございますか、(「専科教員養成研修、要するに担当教員の英語指導力の研修」の声あり)専科教員養成研修につきまして、今ちょっと調べておりませんので、調べた後に報告させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。大規模校におきまして校内研修の充実を図るため小学校英語教育推進リーダーの加配措置とか、また養成研修は行う予定はありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 加配の要請というところまでは今考えておりませんが、しかし小学校英語教諭のリーダー養成は考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。小学校英語教育の取り組みとしまして外国語活動の標準授業時数35コマに上乗せして実施している小学校が増加しております。当町では協議したことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。現在のところ週に1時間、5・6年生35時間、年間35時間外国語活動に取り組んでおりますが、それをふやすかどうかについては、まだ検討しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。先進的な取り組み促進としまして英語教育強化地域拠点の指定を受けるよう手を上げてみてはいかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 参考にはさせていただきますが、大河原町として現在取り組んでおりますのは学力向上の基本は読解力の向上だというふうに捉えておりまして、国語の読解力を向上させるために今頑張っているところでございまして、これ以上授業時数をふやすということについては、いろいろさまざまな角度から検討しなければいけないなというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは外国語活動は、このグローバル化に対応したね、外国語活動はまだまだ道半ばということでよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。まさに文部科学省も外国語活動を教科化にしようと今しているところでありまして、まさに道半ばというふうに私も捉えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは3目を質問します。25年度12月定例会におきまして、目に見えない領域の教材の整備の充実を提案しましたが、まだ手つかずの現状のようです。これは学校側から整備の要望がなかったということなのか、確認します。特に中学校です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。特に整備の要望はございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。目に見えない領域は学力定着の低いジャンルです。天気宇宙に関して視聴覚教材センターより教材を借り入れて授業に取り入れております。ただ、VHSなど教材が古く、現実的な対応が難しい。DVD、CDROMの充実をしてほしい。私は調査したところ現場では、ぜひ整備してほしいという、近々現場からの要望があるかもしれません。じゃ、もし理科教育のボトムアップのため、もし整備の要望があったら、ぜひ現場の声に応えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。予算要求における教材、備品等の購入に関しての要望という形であれば、可能な範囲で整備に努力したいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 近々要望があると思いますので、よろしくお願いします。
 それでは4目を質問します。放課後学習会の取り組みは学力定着の低い子どもたちのボトムアップに役立っております。さらに25年10月より課題は多々ありますが、全学年を対象にドリル学習会を実施しており、その点は大変評価しております。ただ、単元の難易度によって受講生が44人を超えることがあります。25年度は教員と学び支援員が中心となり指導しておりました。それでも子どもたちに手が行き届かない課題がありました。26年度は教員のみで開講してるはずです。このままだと形だけの取り組みになってしまうのではないかと。以上でしょうか。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。学び支援につきましては、今、議員ご指摘のように成果を上げてるところでございます。で、なかなか成果が上がらないということで、ことしは少し途中から趣向を考えまして部活単位での学習会ということで切りかえたところ、部活の先輩から指導をもらいながら部活ごとに競争して学習する姿が見られておりますので、こちらから教え込むということも必要ですが、子どもたちがみずから学習するという姿を求めていきたいなというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 放課後学習会に関連しまして、ちょっと学び支援員に関して質問させていただきます。学び支援員の学生が確保できない原因に、当町の事業内容に学生がなじめなかったということはありませんでしたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。えっとですね、まず実績から申し上げます。学生の確保ができなかったのではないかということでございますが、25年度大河原町に来てくれた仙台大学の学生は221名ございます。他町と比べますと、柴田町「44」、川崎「0」、村田「0」、丸森「0」ということで他町に比べて断然大河原町の支援が多い現状になっております。したがいまして、必ずしも学生が集中して来ない時期もございます。例えば、1学期の4・5・6・7月に関しましては学生の、何ていいますか、試験とかあるいはいろいろカリキュラムの都合上なかなか集めるのが難しい現状でありますので、仙台大学だけではなくて東北福祉大学、宮城教育大学、福島大学、他方面から学生を集めて、今、学習支援をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため休憩いたします。午後1時より再開します。
     午後 0時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 冒頭に、先ほど佐藤貴久議員より質疑あった件につきまして教育総務課のほうから答弁がありますので、答弁。教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。先ほど英語の専科教員養成の研修についての参加があるのかというご質問いただきましたが、その場でお答えできず、申しわけございませんでした。調べてみましたところ、本年度各小学校においては参加している者はございません。
 なお、教員の中には外国語指導の長期研修に参加してる者がおりましたり、あるいは小学校で行っております外国語の指導についての担当職員の研修に、教育事務所で行ってるものですが、そちらに参加しているというようなことで、英語教育に関しての研修は行われているというふうに捉えているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。昼食後のアンニュイな時間帯に一般質問続けますので、よろしくおつき合いください。
 学び支援の実施要綱に、事業概要の配置または募集する人材は退職教員、学生、地域人材などと規定されております。学び支援員は学生にこだわらなくてもいいのではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。確かに学び支援員の募集に関しては、退職教員あるいは地域の方という方も参加いただけるように要綱のほうは定めております。ただ、他の大河原小学校においての放課後子ども教室として行われております寺子屋に関するスタッフの関係と、やはり差別というよりもそちらと調整する関係で、こちらの学び支援の関係につきましては、主に学生を中心に募集をして行っているというふうに考えております。
 なお、確かに地域の方々あるいは退職教員という方々についての参加については、今後考えていくことは可能かというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 27年度、学び支援配置事業が実施されない場合でも教員の負担増にならずその上で子どもたちに目が届きやすい指導を行うために、ただいま答弁でもありましたように寺子屋学習教室のように地域人材の活用、学歴のある支援ボランティアの方にサポートを依頼する取り組みを行うしか方法はありません。このままではせっかくの放課後学習会の存続意義が薄れてしまいます。確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。平成27年度のこの学び支援事業の実施については、まだ確定しているわけではありませんが、継続して実施するべく現在は準備を進めているところではあります。ただ、実施されない、補助事業でなくなった後のことにつきましては、改めていろいろな方法について考えていくようになるかというふうに思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 質問続けます。ゆめ教室に関してであります。参加人数は中央公民館においてはマックスで15人、金ヶ瀬公民館においては5人、ゆめ教室事業の効用を、どう評価しておりましたか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。土曜ゆめ教室につきましては、月曜から金曜までの学習会に参加できない生徒を対象としたものでございましたが、その評価といたしましては答弁の中でも申し上げましたとおり、なかなか土曜日の自由時間帯の中での募集ということで、さまざまな生徒たちの計画がございましてなかなか集まらない。また、集まってほしい層の子どもたちではなくて、もう勉強が十分できている子どもたちが集まってくるといいますか、なかなかこちらの願いとは違う方向に向かっていたというのが感想でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私もゆめ教室に関する子どもたちの評判と関心は低かったと実感しております。ただね、実施回数が少ないとか実施日が不規則というのが子どもたちの結構の理由でした。で、ただし、半年だけの開講では評価基準は定まりません。ゆめ教室を25年度半年だけ、つまりシステムの構築がないままに見切り発車した事業だったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 見切り発車ということではなくて、初めての事業ということでありまして、場所、講師、時間帯、そういったものを熟慮した結果でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。ゆめ教室も地域人材を活用する。実施回数は土曜日でいいと思います。週1回は開講する。経済的理由から塾に行けない子どもたちに学習機会を提供する、その事業趣旨に間違いはないと思います。教育の機会均等の観点から、この27年度より再開すべく力を尽くすべきです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。えっと、まあ昨年度の反省をもとに、今年度は実施を見送った経緯がございまして、そこの点熟慮して考えたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは5目を質問します。
 全国学力調査のアンケート回答結果から、みやぎっ子は勉強時間は短めだけど予習や復習は積極的、さらに学力を支える規則正しい生活習慣への子どもたちの意識は高い、このことは当町にも当てはまっていると捉えていいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。まあおおむね当てはまっているというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 教員から授業の狙いが的確に示されていたかについて、子どもたちの理解度は低く、教員の意識との間に温度差があります。教員の指導力に問題があるのか、授業理解を高めるため、当町において課題は何が指摘されているのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。まさに教員が「狙いを示した」といっているにもかかわらず、生徒は「狙いは示されていない」という、そのアンケートのずれがございます。言われるとおりでございます。
 したがいまして、教員に対しては授業の初めに授業の狙いを明確に言葉で言うだけではなく、黒板に明示すべきであるという指導をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 県の学力調査に関してです。教育長は今回の学力テストのテスト内容はご存じですよね。はい。じゃその上でですけど、今回のテスト内容の難易度を、どう評価してますか。(「宮城検定」の声あり)はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まあ教科によって違います。算数・数学と国語と異なります。国語につきましてはですね、かなり難易度が高いというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) じゃ、算数・数学に関してです。今回のテスト内容のレベルは、この算数・数学の課題点を抽出して学力定着に結びつく内容だと考えておりますか。また、算数・数学は授業の進め方に関して教員の研修会が実施されます。学習指導改善に結びつくと期待してもよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 児童生徒の課題を解決するために、この学力テストは役に立ってるかというふうに理解したわけでございますが、特にですね、宮城県あるいは大河原町の傾向といたしましてB問題、いわゆる活用問題に大きな課題が見られます。学校によっても多少異なりますが、その活用問題を克服するためには、この学力調査は非常に役に立っているというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) じゃ、質問続けます。町の標準学力テストは全国学力調査の2教科に歩調を合わせ、実施しております。県の学力テストは3教科です。テスト結果の分析を学習指導改善に十分に反映するために、さらに学力のボトムアップにはテストが大きな指標となります。選抜入試の実績を伸ばすためにも、せめて中学校の3教科は町費で負担してはいかがでしょうか。プラス54万円の予算化で実現可能です。サードブック事業に投資より、よっぽど教育環境の整備に役立つと確信しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 町のほうで行っております学習、テストにつきましては、春と秋という形になりますけれども、27年度県のほうで4月に行うということ、11月に行う分については、これまで保護者が負担していただいていた分なんですけれども町のほうで負担することが、これで可能になるかなというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 確認させていただきます。それってある中学校がやったみたいに5教科で3教科が保護者負担ということですか。それとも2教科から3教科にして1教科分をふやして町費負担ということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) これまで町で負担していた分を、そちらに充てるということになると思います。(「3教科実施するってこと。5教科実施するってこと」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) その件に関しては、後で直接お伺いします。
 続きまして、防犯教育に関して質問します。児童連れ去り事件が94件発生しており、増加傾向にあります。さらに、子どもたちへの犯罪が多様化・高度化しております。その対策は犯罪の事前抑止と防犯教育に注力し、徹底して犯罪機会をつぶしていくことです。この形だけの「いかのおすし」では、鮮度が落ちて食べてもおいしくありません。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 形だけと言われますけれども、まず「いかのおすし」ということを警察署と協力しながら、あるいは防犯協会と協力しながら自分の命は自分で守るということで、特に小学校につきましては劇なども交えながらですね、やることによって自分の命を守るという意識をしっかり高めていく。さらに、それだけではなくてそれぞれの授業時間の中で、あるいは道徳の中で、学級活動の中でしっかりと自分の命を守る、あるいは防災意識を高めるという事業をやってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 「いかのおすし」が防犯教育の大前提であることは理解しております。ただ、本町がやってる現在の状況だけでは子どもたちの身につきづらいのではないかということを申し上げております。それで、子どもは一人のときに狙われやすいです。この徹底した防犯教育の一環として防犯声かけ紙芝居を有効活用していただきたい。防犯声かけ紙芝居は、もともとVHSでありました。それを金沢市のご好意でDVDにダビングしていただきました。制作者のこども見守りボランティア協議会の会長からも、ぜひ有効活用してくださいとのことであります。よろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。子どもたちによい影響を与えるものであれば積極的に活用させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。毎朝散歩している方によりますと、登校中におはようございますと声をかけても、うつむき加減に返事のない子どもが多いのではないかと実感しているそうです。子どもたちが自衛力を身につけることが重要であります。いざという時に反射的・瞬間的に大声を出す。同時に逃げるためには学校内だけでなく、つまり登下校中や家庭内でも、まずは大声が挨拶をする習慣づけを日常的に徹底することです。大声出す訓練と逃げる訓練があって自衛力となり得ます。当町では実践しておりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。挨拶運動につきましては、どの学校も学校挙げて運動しているところでございます。小学校、3つの小学校、そして2つの中学校、児童会あるいは生徒会、PTAも交えまして、時間帯を決めてみんなで力を合わせて大きな声で挨拶運動をしているところでございます。南小学校におきましては、挨拶通りという通りをつくりまして、そこにPTA、教員、そして児童、児童会の児童ですね、そういった方々が集まって大きな声で挨拶をするように運動を展開しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。防犯声かけ紙芝居にもありますが、さらにNGワードを覚えてもらうということです。お母さんがけがしたので迎えに来たよ、妖怪ウオッチゲームを一緒にしようよ、この帰宅後の対策としまして現状の事例で想定できるNGワードを家庭に配布し、子どもと保護者が身につける訓練を行うことです。当町では実践しておりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そういったところまでは実践しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。防犯マニュアルを子どもに押しつけて指導するのではなく、危険な場面に出会ったときに子どもたちならどう対応するかを子どもたち自身で考えて発言してもらう、その意見をみんなで考える、そして行動する、その訓練を行います。身近な意見なので身につくスピードが速い。前回も提案しましたが、どの程度当町では防犯教育に取り入れてるのか確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。何度も申し上げますとおり、年2回程度の防災訓練、避難訓練、あるいはその事前・事後の学級指導、そして道徳特別活動、そして各教科の中で子どもたちには防犯教育をやっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 当町では先ほどから道徳の時間とかに取り入れてっておっしゃってましたけど、年にどれくらいの時間で取り入れてるかということです。週に1回家庭科という名称で授業に取り入れてる小学校があります。自発的・自主的に子どもたちがみずからで防犯・防災を考える授業を実践しております。道徳の時間は標準時数で34から35コマあります。当町では月に1回程度は道徳の時間にこの課題で話し合う授業に充当することは可能だと思うんですが、それくらいはやってるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 年35時間の道徳の授業につきましては、価値項目がございまして、その価値項目を年間35で均等に割り振っておるところでございますので、防犯だけ特に取り上げてやるということではございません。
 しかし、学級活動が毎日ございます。その中で挨拶あるいは防犯等について、交通事故があった場合には交通事故について、その都度指導する時間を毎日とることが可能でありますし、またそのように実践してるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。先ほど申し上げましたが、徹底的に犯罪機会をつぶしていくことです。防犯教育は年2回だけの実施ですよね。子どもは一人になった時に狙われます。この体験型不審者防犯訓練を子ども一人一人に体験させる試みを実践することも取り組むべき課題だと考えてます。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 今議員のお話を聞きましてですね、本町において、まだ課題があるとすれば、やはり登下校中における突然襲われる災害等に対して、どのように自分の命を守るか、そういったことについては、まだまだ不十分であると考えておりますので、今後その点についての指導を強めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。それでは、4目を質問いたします。3つの小学校で開門・閉門・施錠など不審者対策がばらばらです。その理由は何ですか。確認します。
 ちなみに、教育長が校長のころは施錠してませんでしたよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。おっしゃるとおり、私が校長していたときには施錠しておりませんでした。しかし、その後社会的な情勢が非常に厳しくなってまいりまして、やはり児童が登校した、完了した時点で施錠することが必要と考えて町内全ての学校で施錠するようにしたところで、あっ、できないところも、構造上できないところもございます。できるところは施錠しているというところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 私は小学校に訪問機会が多々あります。閉塞感を感じてるのは私だけでしょうか。近隣自治体、例えば村田町、柴田町は小学校を開門し、もちろん施錠はしておりません。オープンな学校づくりを実践しております。当町では前向きに協議したことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) そういった防犯の事情につきましては、各学校それぞれの事情を抱えておりますので、一律に統一できないところもございます。まあしかし、門を閉めたから閉ざされた学校というふうには捉えてないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。スクールガードリーダー制度が事業仕分けで廃止になりました。当時のスクールガードリーダーの方は今でも子どもたちの安全や防犯教育にかかわりをもっているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。当町のスクールガードリーダーの方は1名いらっしゃいました。その方は防犯協会の会長として現在活躍されておりまして、児童生徒の登下校にご尽力をいただいております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。学校内の安全確保は侵入防止、抑制と来訪者を確認することです。小学校にスクールガード、スクールサポートの方を校内常駐するシステム構築を協議したことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。校内に常駐させるという緊急な事態は想定しておりませんので、そこまでは検討してないのが現状でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。閉門や施錠などせずに、開かれた学校づくりを目指す上で登下校の見守り隊の方々から常駐ボランティアの希望者を募ります。20人の参加者があれば2人の校内常駐でも月2回のシフトで常駐が可能になります。3校同時に実施するのはハードルが高いので、まずはモデル校でこのシステムを立ち上げてはいかがでしょうか。スクールガードリーダーだった方には常駐ボランティアの方の指導になっていただく。結果、開かれた学校づくりに直結します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。先ほども申し上げましたように、緊迫した事態は差し迫っていないというふうに理解しておりますが、常駐、スクールガードリーダーですか、そういう方ももちろんでございますが、教員補助者とかそういった方々につきましても子どもたちとともに活動しているということでございますので、あわせて考えていきたいなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ということは、現時点では校内常駐は考えていないと。私は先ほどから2度ほど言いましたけど、徹底して犯罪機会はつぶす、そのためにはこういった手段も、こういった手法もぜひ取り入れていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。一つのすばらしい方法だなというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。5目質問します。「防犯パトロール実施中」のステッカーを装着している車両は何台登録されてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。実際の数につきましてはちょっと把握してございません。基本的には町内に東部・西部といった防犯協会がございまして、そういった協会のほうにステッカーをお配りしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。自主防犯パトロール車の巡回による安全確保、ステッカーだけではなく青色回転灯を取りつけて地域を不定期に巡回する、子どもの安全確保に加えて刑法犯減少の相乗効果にもつながります。当町でも積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。青色回転灯につきましては、教育長が答弁したとおりでございまして、本町につきましては町の指導隊車が1台、それから町の防犯指導隊員の方がみずから自家用車に青色回転灯をつけて活動していただいております。現在のところは防犯指導隊という絡みの中でこういった形で活動しておりますけれども、今後各防犯協会もございますので、そういった方にこういった制度の衆知と広く申請というような形の中でお話をしてみたいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。じゃ、質問続けます。南小学校、金ヶ瀬小学校で見守り隊が組織化されておりません。その理由は何でしょうか。この現態勢で子どもたちの安全は十分に確保されてるということでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。先ほど申し上げましたように、見守り隊のほかに民生児童委員さんがおります。それから主任児童委員さん、交通安全補導員さん、各地区の防犯連絡所協議会員さん、そして自衛隊OB隊友会の方々がいらっしゃいます。したがいまして、その方々にお願いしているということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) その組織、そういうやり方は当町に限ったことではありません。もうあくまでベーシックなラインですね。ですから、その上でほかの大河原小学校ブロック以外でも見守り隊の結成はしてはいかがかということを聞いております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。まあ参考にさせていただきたいと思いますが、それぞれの学校の事情等いろいろ考えながら検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、大河原小学校に限ってになりますが、この見守り隊の方の返金年齢ってどの程度ですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 詳しく調べたわけではございませんが、60は超えてるものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。見守り隊の方や防犯協議会の方々は高齢化が進んでおります。この将来的にはチームが維持できなくなり、なくなってしまうのではないか。先日研修させていただきました金沢市でも消滅の危険性を訴えておりました。下校時の見守りはPTAや保護者の方がやる、見守り隊を継続するにはそれや、見守り隊や防犯協議会を継続するにはそれしか方法が見当たりません。自分の子どもは自分で守る意識を持つ、そして行動する、当町では可能だと考えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。おっしゃるとおり、PTAの皆さんが自分たちの子どもは自分で守るという気概を持っていただくことは非常に大事であるということでPTAの会合等ではお話をするわけでございますが、現実的にPTAの皆さんがなかなか街頭に立っていただくことが難しい現状にございます。それに対しまして職をリタイアされた方々につきましては、確かに高齢という問題はございますが、しかし次々とリタイアしてこられますので、その方々を募集しますと大変喜んでですね、見守り隊に入っていただきまして、ご高齢とはいえ街頭に立っていただくだけで大きな抑止力があると考えておりますので、今後はそういった見守り隊の方に期待を寄せていきたいと考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) まあ当町はすばらしいそういった環境にきっとあるんでしょうね。自分たちが研修した金沢市では、もう平均年齢が77歳、なかなか次の担い手の方が出て来ない。それで自分たちが見守り隊を継続するには、もう自分の子どもは自分で守るということで自分たちの孫とか守ってるわけです。だから、娘とか息子を守るために普通の会社に勤めていれば、初めから日程がわかれば、シフトがわかれば遊休も取れるということで、そういう方向に結構移行する形があるんですよ。改めて。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) はい。私は決して悲観しておりません。見守り隊を最初大河原小学校で結成したときに職員から、募集しても誰も集まらないんでないですかというお話をいただきました。しかし、今の時代はボランティアをしたいという方々がかなりの数おられます。したがいまして、募集したところ、当初は20人、30人でございましたが、結果的に100人近くの方に見守り隊に入っていただいたことを覚えております。したがいまして、募集をすれば集まってくれるというふうに私は考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。安心しております。あのおっしゃるとおり見守り隊の方は、やりがいと情熱で、そのボランティア精神で成り立ってますよね。大河原も緊急の事件がない。金沢市でもおっしゃってました。何もないのが成果だと。つまり、徹底的に犯罪機会をつぶしていけば何もない、それが成果だと。110番も同じです。誰も来ない。でも、誰も来ないからいいんだと。それが何もないから成果、そういう状況を大河原も徹底して構築していっていただきたいと思います。
 数々の私、提案しましたけど実践できますか。しますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) どのことを指して実践できますかと言われたか、よくわからないんですが、できる範囲でですね、大変すばらしいご提案いっぱいいただきましたので、その中で取捨選択しながら無理のない範囲で実践していきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) はい。以上で、一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。8番枡 和也です。議長のお許しをいただきましたので、通告順に従い一般質問させていただきます。今回の一般質問は、2項でございます。
 まず1項目、消防団の充実強化(消防施設、備品など)についてであります。
 昨年の9月定例会で、当町の生命・財産を守る上で非常に大切な消防水利について一般質問をいたしました。あれから1年が経過した。その後の検討結果・対応について。
 また、10月12日に行われました大河原町消防団消防演習に参加というよりも参観ですね、参観し、気がついた点があったこと。さらに、消防団関連の質問は3月定例会で同僚議員堀江・高橋の両議員が消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律の施行に伴い質問したところであります。報酬についても触れられておりました。また、日本消防協会が発刊している冊子の中でも消防団の報酬は極めて低額ですので、低額ですので経済的にはほとんどボランティアであるというような書かれ方もされております。そのようなことを踏まえ、以下質問いたします。
 (1)当町の貯水量が40トンに満たない防火水槽10カ所については、消防署、行政区長、地元消防団の方々と協議し、検討するということでしたが、協議検討の結果どうなったのか伺います。
 (2)無蓋の防火水槽については、蚊など害虫が発生することから2年に1回程度訓練を兼ねて清掃していることですが、住宅に近い防火水槽については鋼材などでふたをする考えはないか、再度伺います。
 (3)いまだ、金ヶ瀬小学校の裏にある防火水槽が、何の対応もなく水が抜けたまま放置されているが、昨年の質問の中で地下に80トン級の防火水槽を設置し、地上を駐車場として使用したらよいのではと提案させてもらったが、その後の検討の結果はどうなったのか。
 (4)番、軽四輪小型動力ポンプ付積載車が各班に配備完了したのが平成20年、最も古い車両ポンプは取得年が平成4年と、もう20年以上も経過しております。取得年が新しい車両はワンボックスタイプで団員が乗車しても安全で、古いタイプはいまだ荷台の上に乗車しているという状態で危険であると思う。そろそろ計画的な買いかえの時期と思うが、どうか。
 (5)消防演習時の婦人防火クラブの服装は白の割烹着での参加となっているが、消防団協力事業所などは作業服のようなものが支給されている。これまで婦人防火クラブからは、はっぴなどの被服の支給の要望がなかったのか。また、近隣市町の状況はどうか。また、これから冬の乾燥する時期に火災の発生が多くなると思うが、経済的には先ほど述べましたようにほとんどボランティアである消防団員の防寒服の支給の考えはないのか。
 (6)今度の法律の中で消防団員確保の観点から公務員が入団できるようになったが、この特例ができてから当町の職員の中に入団した職員はどれぐらいいるのか伺います。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、貯水量が少ない防火水槽区域の消防水利確保についての協議検討のご質問にお答えいたします。
 この件につきましては、具体的に関係者がテーブルを一緒にした協議等は行っておりませんでした。今後、早目にそのような機会を設定したいと考えております。
 次に、住宅付近の無蓋防火水槽への有蓋整備へのご質問につきましては、緊急時における消火水源確保の可能性を確認しながら検討したいと考えております。
 次に、金ヶ瀬小学校裏の防火水槽に係るご質問につきましては、昨年撤去も含めて検討する旨の回答をいたしており、基本方針としては撤去し、整地した後に学校職員の駐車場として活用したいと考えているところであります。この地域については、消防水利確保上既存の消火栓での対応が可能であると判断しているところでもあります。
 次に、小型動力ポンプ積載車等の更新計画についてのご質問にお答えいたします。
 火災等の災害時における機動力を発揮するものが小型動力ポンプ積載車であると認識しております。災害時における機動力の確保、そして向上に向け、計画的な更新を考えてまいります。
 次に、婦人防火クラブ員のはっぴの状況並びに消防団員に対する防寒服の支給についてのご質問にお答えいたします。
 婦人防火クラブ員の活動につきましては、岡崎 隆議員にもお答えしておりますとおり、家庭防火から地域防火活動と、その果たす役割について感謝しているところであります。
 なお、防火クラブそのものから活動に際してのはっぴ支給要望は特にありませんし、近隣の状況についても割烹着での活動状況であると伺っております。また、消防団員の防寒服の支給につきましても近隣市・町の状況を確認し、検討したいと考えます。
 次に、6点目の消防団に町職員が入団している状況のご質問でありますが、現状はゼロとなっております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まず、(1)番目なんですが、1年たっても検討してないと、まあいろいろほかに忙しいことがあるんでしょうけども、やっぱりどうしてもこの辺、まあ確認なんですが、消火栓で結局何ていうか、防火対象物までの距離というのは消火栓で賄い切れ、この10カ所については賄い切れてるのかどうか、その辺ご確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。基本的には消火栓を設置する場合に、例えば300メーターでしたかね、エリア、直径で、そういった形の中で全て町内に整備してる状況がありますので、まあ防火水槽がなくても大丈夫だというような基準になってるというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 防火水槽がなくても大丈夫というようなことなんですけども、やはり初期消火というか大型のポンプ車来るまでの、例えば消防団、先ほど後に出てきますけども、小型ポンプ車ついたやつで消火するときには初期消火に本当に有効だと思うんです。防火水槽についてはね。だから、このいまだなお検討してないというのはちょっとどうかなと思うんですが、その辺町長どうお考えなのか、その辺お聞かせださい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。1年検討してなかったことについては、おわびを申し上げたいと思いますので、今後検討をさせていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。やはりどうしても消防水利って大切なもんですから、早期の検討をしていただいてですね、まあなくすのか、その辺ですね、新しく新設するのか、その辺も含めてしっかりと検討していただきたいなというふうに思います。
 続いて、(2)番なんですけども、ちょっと済みません。緊急時における消火水源確保の可能性を確認しながらっていう、この言い回しなんですが、ちょっとよく、何ていうか、理解できないので、ちょっとその辺、総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。町長の答弁が、答弁にあったわけですけれども、基本的にふたをすることでですね、初期消火に多少時間がかかるのではないかというような考えもあるというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。もちろんべたっとすれば、やっぱりストレーナー入れる、ポンプの先っちょ入れる部分の角っこはすぐに開けられるような小ぶたをつけておく意味で言ってるんですけども、その辺やはりどうしても害虫、蚊が多くなるもんですから。して、2年に1回の清掃では、あとそのままにしておくとアオミドロとかになってで、例えばもちろん火事になれば汚れるとかなんとか言ってらんないんですけども、例えば何ていうの、ボヤ程度で済む火事なんかであれば汚さなくていいどごまで汚してしまうんですよね。例えばアオミドロどが泥かけてしまう、そういったこともあるんで、その辺しっかりとですね、ふたがけを検討していただきたいと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。この件につきましても、まあ1点目で防火水槽の件がございました。含めましてですね、検討をしてみたいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。次に、金ヶ瀬小学校の裏の防火水槽の件なんですが、まあ撤去し、撤去するということでございますが、水利も確保できてるということですけども、この辺の撤去の判断は、もちろん町、消防署、消防団、その辺の協議の上で撤去するって判断したのかどうなのか。こう何だか撤去して、まあ何ていうか今まであったものをなくすということに、やっぱり抵抗がある。この防火水槽だけじゃないんですけども、この防火水槽があればなって後から言わんないようにだけ、やはり各関連機関としっかりと協議するのが大切だと思うんです。そしてあの辺このごろ建売住宅が結構建ってましてですね、まあこの時期になると結局黒沢用水も水が流れてない状態ですから。今は。きのうもちょっと、たまたま保育園に迎えにいくとき見たんですけども、空のような状態なんで、だからその辺も多分常に満水でこうね、流れてるという認識があるんでしょうけども、やっぱり黒沢用水だって、もう今水のないような状態ですから、やっぱりあそこの防火水槽については、俺は必要ではないのかなというふうに思うんですけども、あともし何ていうか、もう少し初期消火を早くするんであれば、あの防火水槽の近くまで消火栓を新しく設置するとか、そういうんであれば防火水槽2基入れるよりも消火栓1基のほうが経費的には安く済むというように思うんですが、その辺ご検討をされるのか。
 ごめんなさい。もう一回戻りますけども、なくすことについて関連機関と協議したのかということからお聞かせします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 防火水槽廃止、まあ撤去することについては、具体的に消防団等に説明はまだしてないかというふうに思っています。ただし、町長の答弁でも申し上げましたとおり小学校付近の消火栓の設置の状況から申し上げますと、Aコープ金ヶ瀬のところに1つございますし、それから明増寺っていうんですかね、このお寺のところにもあるような状況にございます。さらには、もっと北のほうにもあるような状況でございまして、まあ初期消火の際にそういった消防の水源は確保できてるのではないかなというふうに思っております。
 もちろん撤去する際には、工事の内容とあわせましてですね、関係団体のほうには説明したいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 撤去する説明をするんでなくて、撤去しても大丈夫なのかという協議をしてほしいということを言ったんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。結局ゼロからのスタートということになるかと思います。今おっしゃられました撤去することの協議からですね、説明をしていきたいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。ぜひですね、先ほど言った明増寺のほうにもあるというんですけども、陰側の黒水側の側溝のほうのそばにはあるんでしたっけ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ黒水、まあ小学校の脇の黒水の関係ですけれども、基本的には消防水利というような形で町で考えてございます。それで今回はですね、4号線の拡幅かなんかで一旦とまってるような状況になってるはずなんです。ということになってるんだね、確かね。そいな状況でございますので、先ほど、昨日確認されて空っぽだというような状況になってるかと思いますけれども、基本的には工事の関係で今水が流れてないような状況になってるということでご理解していただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) だから、その水を流れてないときどうすっかということを考えた場合に、やっぱり消火栓ぐらいは近くに必要ではないのかなというふうに思うんですが、多分防火水槽つけるよりも新規に新たに消火栓設けたほうがお金かからないと思うんですけども、その辺検討するかどうかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ町内一円のですね、消火栓の状況をさらに確認をさせていただきまして、状況によって検討してみたいというふうに思ってます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。ぜひ検討していただければと。そして早く方向性を決めていただいてですね、駐車場として使えるようにしてください。お願いします。
 続きまして、(4)番ですけども、小型動力ポンプ積載車、計画的な更新を考えてますと。もちろんなんですけども、ところで今役場の公用車の中で20年以上過ぎて使ってる公用車ってあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい。ユニック車、地域整備課で使ってるユニック車が1台、多分20年超えてるかと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 多分そのほかは全部5年とか、リース終われば取りかえているというような、と思いますけども、やはりどうしても大切なもんですから、20年以上、平成、一番古いんだと平成4年ですからねは。やっぱり順次、平成4年、平成6年、平成7年って3台あるんですね、平成一桁代。その後になると平成11年に1台というふうなものがあるんですけども、この辺やっぱり消防団と協議してですね、ぜひ早目の入れかえをお願い、入れかえっていうかね、お願いしたいんですが、その辺どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあこれにつきましては、町長が計画的な更新という形でお答えしてますとおり、今後ですね、消防団と協議をしながら、まあ年次計画になるかと思いますけれども、まあ機動力をさらに発揮できるような形で計画立てしたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。まあ行政ってやっぱりお金かかる話しなんですけど、お金かがることばりでいっぱいなんですけども、やはり生命・財産を守るのを優先順位をつけてですね、ぜひその辺やっていただきたいなと思ってます。例えばこういう冬の日だってキャビンないっていうか、ワンボックスでないところでは雪の中、後ろさ乗ってこうやって行かなきゃないんですよね。そういったことを考えっと、やっぱりその辺ワンボックスでないタイプ何台あるかちょっと把握してませんが、なるべく早くですね、団員の安全の面からも計画的な入れかえが必要ではないのかなというふうに思いますので、その辺お願いしたいなというふうに思います。
 次、(5)番ですけども、きのうも岡崎議員の答弁の中にもありましたが、ここの近隣市町の状況を確認し検討したところって、割烹着での活動状況であるっていう答弁だったんですけども、ちらほら違う意見が聞こえてくるんですけども、例えば蔵王町あたりなんかははっぴを着てるというような話も聞こえてきてますし、その辺いかがなものかなと思うんですが、どうでしょうか。
 そして、あときのうもまあ答弁の中で婦人防火クラブで検討するというようなことだったんですが、婦人防火クラブ、きのうの答弁の中で15万円程度の年間の活動費しかない中でですね、そこで検討しろったってなかなか難しいことなんで、その辺役場のほうでもですね、どういった、どれぐらいまでの、例えば支援ができるのか、その辺検討する余地はあるのかどうかお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まず近隣市町の割烹着の確認でございますけれども、これは一応確認はしたところでございますけれども、再度確認をさせていただきたいというふうに思います。
 それから、婦人防火クラブ内での検討でございますけれども、まあ私のほうからでもですね、話題というような形の中で、きのう、婦人、女性というような話もありました。そういったことも含めまして話題の提供をさせていただいて内部でもんでいただきたいというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。もんでいただいて、役場に要請があれば考えるっていうことの答弁ですか。それ、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ結果を想定してるところではございませんけれども、まあ本当に近隣の状況がどうであるかというようなことも踏まえましてですね、まあ十分な協議をしてみたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) たまたま11月でしたよね、かまど検査、金ヶ瀬地区でもあったんですが、たまたま中学校のグラウンドで朝野球してたら3人の知ってるお母さんたちが、きょう何っしゃって聞いだっけ、かまど検査でだって。婦人防火クラブでやってるんですって。私服での活動でしたから、やっぱりどうしても若いお母さんたちは割烹着って、やっぱり着て町なか歩くっていうのは抵抗あるんですかね、やっぱりその辺もしっかりと考えていただいて検討いただければなというふうに思います。
 あと、同じ項の中で消防団の防寒服の件だったんですが、たまたまきょう、こういう天気だったから、こういうとき、出動するとき、やはり、でもこの消防団の防寒着の中でこう、何ていうか、前も法改正の装備の基準などの一部改正ということでずっと見だったんですけど、防寒着についてはないんですよね。多分この中には。ライフジャケットとか、この間の法改正の中ではっしゃ。だから、単費での、もし支給するとなれば単費での支給にはなると思うんですが、その辺やっぱりこういう天候の中で、もし火災があればすぐ出動しなくちゃいけない。それも屋根のない車で出動するんですから、その辺の防寒着の支給についてもどうなのか、お考え、ご検討いただけるのかいただけないのかだけお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。現在消防団員、たしか10月1日付で291名というような形になってるかと思います。確かにこういった時期に火災が起きればですね、まあはっぴというような形の中で活動していただいてる状況でございます。そういった状況から見れば寒いというようなことも私のほうでも感じてるところでございますが、まあ1年にどのくらいそういった防寒着をですね、実際着用するかということも考えなければならないのかなというふうに思っておりまして、まあよく言われる費用対効果といいますか、そういったこともやはり一つは考えるべきだというふうに思っております。まあ今後そういったことも含めましてちょっと検討させていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。確かにそのとおりなんですが、ただ分団によってはね、分団でそろえてる分団も多分防寒着で買ってるところもあると思うんですけども、そうばらばらになってるんですね。こう話を聞くと。だから、例えばもし防寒着必要であるならば全額でなくても半額補助とかそういった、3分の1補助とか、最初そういったことから進めていってはどうかなと思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ一つの手段というような形の中で参考になる意見という形で考えてみたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。ぜひともよろしくお願いいたします。
 次、(6)番なんですけども、今度の法改正の中で、前は兼職の禁止ということで公務員はだめだというような話しだったんですが、今度許可制に、まあ入りたいというんであれば入れるというような許可制になったと思うんですけども、まあ若い職員の方々、やっぱり行政マン、行政マンということで強制とかそれではないんですけども、そういった地域に根差して町民の福祉増進のためにですね、消防団に入んなくてねぇのがなっていうような、何ていうか、意識の高揚っていうか、そういったことを例えばしていかなくてはないのかなというふうに思うんです。
 まあ今のとこ、先ほど大河原町の消防団員290何名ということで結構いるほうではないのかなというふうに思うんですけども、いろんな地域でやっぱり消防団員不足で、地域でも、当町でも一緒なんですけども、ほかの町からここに働きに来てる人でも今は入られるような状態になってる。で、例えば大災害あったときに町にですね、災害対策本部とかそういったやつつくれば各職員さんはいろんな役割あってです、それどころじゃないと思うんですけども、たまたま火事の現場とか、ある程度水が浸水したとがっていうようなところにですね、そういったことなから対応でぎんのかなというふうに思うんですが、その辺、公務員の消防団員の入団の必要性っていうのは、町長、どう考えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。まさに協働のまちづくりという観点からも町職員が団員になっていただくことは大変ありがたいことだとは思っております。ただ、本来の災害時のときの業務などもありますので、その辺は庁内で十分検討しながら対応していきたいというふうに思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まあ「職務の遂行に著しい支障があるときを除き」ってうたってますから、その辺で消防団協力事業所もですね、消防団に入る人たちに優遇するとか、そういったことも協力してることもあるもんで、その辺もやっぱり町もですね、少しずつ考えていってもらえたらなというふうに思います。
 で……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 休憩。10分間休憩入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。1項目は、これで終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) はい。
     午後 2時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時13分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。それでは、質問事項2項目に移ります。2項目の質問はインフルエンザ予防接種助成制度についてであります。
 この季節になるとインフルエンザが流行し、保育園や幼稚園、そして小中学校で学級閉鎖が行われるような状況になることも考えられます。高校受験を控えている中学生、中学3年生にとっては本人はもちろん親御さんたちも感染には注意をしている時期だと思います。また、平成21年・22年度に低所得者の方々が対象でありましたが、新型インフルエンザワクチン予防接種助成金があったように記憶があります。以下、伺います。
 今現在、町では65歳以上の方々を対象に予防接種の助成をしているようですが、今後子育て世代の経済的負担の軽減を考慮し、未就学時から中学生に相当する年齢の方に予防接種費用を助成する考えはないか。
 (2)番、そのときの感染の状況により積算検討することは困難かと思うが、予防接種を助成、例えば今行っている65歳以上の方々に対する助成程度をして感染を防げば学級閉鎖をしなくて済むことや、医療費の抑制につながり、助成した費用よりも効果があると思うが、どうか。
 以上伺いまして、答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。引き続き枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、インフルエンザ予防接種費用の助成制度についてのご質問にお答えいたします。
 まず、未就学時から中学2年生につきましては、現在のところ助成は考えておりません。なお、中学3年生の費用助成につきましては、高橋芳男議員のご質問にご回答申し上げましたとおり、来年度の実施に向けて準備を進めております。
 次に、インフルエンザの予防接種費用の助成を行った場合の効果についてのご質問にお答えいたします。
 正確な患者の発生数や医療費等の調査は困難であり、助成による効果についてを明らかにすることは難しいものと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。来年度からは中学3年生のは考えてるということで、きのうの高橋議員の答弁でもあったんですが、できるんであれば、例えば、ところで今の学級閉鎖どがインフルエンザでなってるというのはあるんでしょうか。その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) はい。本日現在、大河原小学校で4つのクラスが学級閉鎖を行っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。まあそういう状況の中で結局この学齢にもよるんですが、低学年の方たちが例えばこうやって休んでしまうと親御さんも仕事を休まなくちゃならないような状況になることもあるんで、できるんであればやはり小学生あたりからのインフルエンザについての助成も検討できないのかなというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。子育て世代にとって大変大事な視点かというふうにも思われます。ただ、相当の費用もかかることでもございますので、その辺どのような助成の、助成をするにしてもどのようなやり方があるのかを含めてですね、厳しい状況でありますけども、それをご理解の上、検討するということを申し上げたいと思います。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。例えばこう、例えば町でも職員共済組合みたいのがあって、そういった組合から例えばインフルエンザ予防接種するときに控除というか、補助をもらってる方ってやっぱりいると思うんですが、例えばそういった方を除くっていうか、大っきい例えば企業あたりでも、扶養に入ってる人にですね、多分共済組合になると思うんですけども、扶養に入ってる人たちに1名、1人当たり3,000円出してるというような企業も話に聞くところにあるんですか。だから、例えばそういった方たちをどうやって把握するかっていうの難しいと思うんですけども、そういった人たちを除いてですね、今ネットとかで調べてみますと大体1,000円、1回1,000円ぐらいの補助を出してる行政が結構多いもんですから、その辺を、ちょっと最初に、その共済組合などから補助をもらってる人たちをつかむっていうのは難しいことなんですかね。この数というのは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。それぞれの社会保険等に入っている方について、それぞれの企業等で補助を行っているとかということはあると思いますが、それを把握することはなかなか難しいことであると考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) はい。難しいんでしょうけども、自己申告制にしたらね、これはもう収拾つかないことですから、でもまあ1,000円でなくてもいいんですけども、例えば500円とかから始めれば、子ども3人いれば結局中学生だと、まあ病院によって違うらしくて3,000円から3,500円ですから、例えば3人いる家庭で500円の補助もらえば1,500円浮くということですので、その辺まあ最初から1,000円といわずですね、少額でも構わないので、その辺とっからもう一度検討できないのかということと、この間も新子育て支援制度の中で一番してほしいということは、やっぱり経済的な支援だというようなアンケート調査あることですから、その辺もしっかり今後考えていかなくてはいけないなと。
 まあ今、先ほどお金のかかる質問ばっかりで本当に大変申しわけないんですけども、行財政改革に逆行することばっかりで。ただ、削るものは削り、やらなくちゃないものはやらなくてないというような感覚できちっとやっていかなくちゃいなないと思うんで、少額でもいいですから、その辺もあわせてですね、今後ご検討してほしいんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。先ほどお答えいたしましたとおり、どのような助成の仕方があるのを含めということを申し上げましたけれども、まさに今枡議員がおっしゃったようなことも含めてというふうに考えております。また、20代、30代の女性にとって魅力あるまちづくりということもこれから町の大きな方針として掲げ、まあ来年度若手職員を中心にプロジェクトチームをつくるということであります。この一般質問、議場の模様については職員も聞いてると思います。恐らくそれを参考にして議論をしてもらえるものというふうに私は受けとめておりますので、そういったことを総合的に判断をさせていただきたいというふうに思います。また、いろんなアイデアが出てくると思いますけども、そのときは取捨選択をするということも大事になってきておりますので、ここで必ずやるとかということはなかなか申し上げにくいこともありますので、やり方について、また対象にするかどうかについてもですね、幅広くいろんな選択肢の中の一つとして、大事な選択肢の一つとして考えていただけるものと私は思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) はい。まあ学童の助成について、今お話しされているわけでございますが、この質問で未就学児から中学生ということでございましたのでお答え申し上げますが、未就学児につきましては、予防接種をして、その抗体ができる有効性というか、その有効となる割合というのは2割から3割というようなふうに、これは国のほうの報告で言われているということでございますので、そこら辺の効果については、十分検討しなくてはないと思います。
 また、これは町長の答弁したとおりではございますが、医療費の助成を中学3年生までやっているというようなことなども踏まえてのことであるというふうに受けとめております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ちょっと専門的なことまでちょっとわからなかった、わからなくてですね、二本松市のやつを参考に、二本松市だと生後6カ月から中学生に相当する年齢の方というふうになってたもんですから未就学児というような表現をさせていただいたったんですけども、今後ですね、今も4クラスで学級閉鎖ということで、いうことなんで、そういったこともなくなるようにですね、ぜひご検討いただくことを、ご検討いただくというか庁舎内の議題に乗ることをですね、ご期待申し上げまして、一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、山崎 剛君の発言を許します。山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。14番山崎 剛であります。議長の許可を得ましたので、一般質問をさせていただきます。私の質問事項は2項でございます。
 1.地方創生についてであります。
 少子高齢化や人口減少への対応、東京一極集中の是正、各地域における住みよい環境の確保により活力ある日本社会の維持を目指す「まち・ひと・しごと創生法」の制定後、制定が見込まれております。法案では都道府県や市町村、まち・ひと・しごとに関する目標や施策に関する基本的な方向性等を総合戦略として策定することが定められてることから、法案等についての理解を深め、各地域における人口減少の克服、地方創生につなげようとするものである。そこで、本町の取り組みについて伺います。
 (1)再生エネルギーの製造プラントの町内建設の実現可能性はあるのか。
 2.まち・ひと・しごと創生の好循環を確立し、個性豊かな地域社会づくりに効果の高い政策と思うが、町長の見解をお伺いいたします。
 (3)人口減少問題に対処するため総合的な少子化対策に取り組み、若い世代の就労、結婚、子育て、保育の受け皿の確保など待機児童の解消を目指すプロジェクトチームをつくる考えはないか、お伺いをいたします。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、山崎 剛議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、再生可能エネルギーの製造プラントについてのご質問にお答えいたします。
 万波議員からのご質問にお答えしましたとおり、この計画が実現可能かどうかを調査するため県の補助事業であるエコタウン形成実現可能性調査等補助金を活用するものであります。この事業は今年度の補助事業でありますので、平成27年3月までの期間で調査を行い、実現可能か否かの結果を出すものでありますことから、調査結果を踏まえまして改めてご報告をさせていただければと考えております。
 次に、地方創生についてのご質問にお答えいたします。
 先月成立しました「まち・ひと・しごと創生法」につきましては、地方が成長する活力を取り戻し、人口減少を克服することを主な目標としており、若い世代の就労・結婚・子育ての希望の実現、東京一極集中の歯どめ、地域の特性に即した地域課題の解決に国、地方を挙げて取り組み、50年後に人口1億人を維持することを目指すものであります。本町もいわゆる消滅可能性都市には入らなかったものの、近い将来人口が減少すると予測されておりますので、国の政策に呼応し、本町の特徴を生かして町の魅力と活力を高める総合戦略を策定し、人口減少にと歯どめをかけたいと考えております。
 次に、少子化対策のためのプロジェクトチームをつくる考えはないかとのご質問にお答えいたします。
 人口が増減する要因は自然動態と社会動態に分類されますが、人口が増加するということは自然動態では出生者数が死亡者数を上回ることが必要となり、社会動態では転入者が転出者を上回ることが必要となります。出生者を増加するためには結婚奨励、子育て支援、雇用促進などが必要となりますし、転入者を増加させるためには福祉の充実、住宅政策、産業振興、交通環境の整備、観光などにより町の魅力を高めることが必要となります。つまり、人口減少問題に対する対策は広範な分野にわたる総合的・戦略的な対策となります。まち・ひと・しごと創生法第10条において、市町村はまち・ひと・しごと創生に関する施策についての基本的な計画、いわゆるまち・ひと・しごと創生総合戦略を定めるよう努めなければならないと規定されておりますので、町職員によるプロジェクトチームをつくるなど役場を挙げて取り組んでまいります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。ことし職員をですね、経済産業省に派遣されて資源エネルギー庁ですか、に派遣しておりますが、町長はクリーンエネルギーの推進に向けですね、公約のとおり情報の収集や関連企業との人脈づくり、並びに交流を働きかけてきたと思いますが、職員のですね、資源エネルギー庁に、まだ月日はない、短いですけども、その成果は上がってきてるのかお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。まず、職員派遣の一番大きな目標は職員の能力の向上であるというふうに思っておりまして、研修に行ってるということで取り扱われております。そんな中でいろんな情報、それから企業やいろんな団体との接触を通じて人脈づくりをするとか、そういったことであります。まだ半年余りでございまして目立った成果はありませんけれども、今一生懸命本当に深夜を、日夜を分かたず働いてくれてますので、能力アップそれからいろんな人脈づくり、そういったことはこれから成果が上がってくるものというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まだ半年ですからなかなか大変でしょうけども、まあ町のためにですね、一生懸命情報収集とかいろんなことで勉強してるとは思いますけども、ことしですね、8月に間伐材を原料の再生可能エネルギーの製造プラントの町内建設を目指すということで実現可能性を調査する方針を明らかにしました。水素ガスなどを生産できる木質、あるいはバイオマス発電施設を想定、発電施設の技術を持つ、会社名も新聞には載ってるんで公表させていただきますけども、ジャパンブルーエナジー、これは東京の会社ですね。のほか、大手企業あるいは金融機関、林業団体などが入り、立地場所やプラントの規模を検討するということで、協議会の経費は、たしか全員協議会の中でも町長が県の補助金を活用できる見通しがあるというような説明もあったように記憶してございます。
 ジャパンブルーエナジーがことしの3月にですね、町に立地を打診。町は5月、7月に勉強会を開くなどしてる経緯もあったようですけども、町長はですね、確かに全員協議会で再生可能エネルギーは成長分野の一つで、環境先端産業の誘致につなげ、町内の産業振興に結びつけたいと説明をいたしました。これは先ほど、去年、きのうですか、万波議員も質問されてるようですけども、その後エネルギー関連企業などとの協議、検討は前に進んでいるのかお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回の再生可能エネルギーの枠組みになりますけども、基本が原料提供のですね、森林組合、林業課が中心でありまして、プラントメーカーはベンチャー企業、今ご紹介いただきましたジャパンブルーエナジーが中心となってやります。で、ジャパンブルーエナジーが開発したブルータワーという名前の製造装置に合わせて燃料電池あるいはガスエンジン、発電機、こういったものをセットで考えていただいておりますので、そういった企業も一緒にですね、この町に入ってくるということで、そのために実現可能性調査が可能となれば特定目的会社をつくるという段階でそういった企業も入ってもらえるということで今打診をしておりまして、前向きの考えを持っていただいてるというふうに私は受けとめております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。きのうの質問の中でですね、トヨタ自動車、トヨタ自動車が何かの新しい水素ガスを使った車を発売すると。ちょっと、実はプラントはですね、管財、間伐材を燃料水素ガスや電気、熱を生み出す。水素は燃料電池車を家庭用燃料電池で利用、電気は売電し、熱は大型園芸施設を整備して使うなどとの理由価値もあるすぐれものだと私も思います。きのう、先ほど話したトヨタ自動車ですね、まあ議員の方々も河北新聞をお読みの方はご存じだと思うんですけども、あえてここでちょっとだけ、燃料電池車を国内でも発売しましたね。燃料電池車は走行中に水しか出さない究極のエコカーとされる、これはもう顧客からの引き合いが多くてですね、増産への調整を進めているものの当面は生産台数が限られて納車が数年先ということのようでございます。価格は1台723万、一般的にはちょっと手の出ない高級車だと思うんですけども、ただこれに何か国の補助金もつかるようなんですね。それを利用すると消費者の実質的な購入負担は520万ぐらいになると、大分軽減されるようなんですけども、それがやはり顧客の人から注文がどっと来てるような状況だと思うんですけども、これに対して独自の補助金を支給する自治体もあるっていうことはあるんですね。これは。当面は確かに燃料電池車に水素を補給する水素ステーションのインフラ整備も随分進んでるようでございます。何かイワタニ産業なんかもね、ガスのボンベつくってる会社なんかは積極的に取り組んでるというような新聞報道もあるようでございますけども。
 ただ、ここでちょっと苦言なんですけども、町長は再生可能エネルギーの製造プラントに執着してるというと語弊があるかもしれませんけども、でもあえて言葉にさせていただいているように見えるんですが、これは制度設計に問題があるとですね、どんなよい試みでもですね、弊害が増大する方向性も危うくなると思うんです。まあ経済産業省もですね、この自然エネルギーに関して一時見直しに着手したなんていうことも報道された経緯もあったように記憶してるんですけども、きのう、きょうですか、太陽光の、には見直しを、また、また見直すというような報道もあったようでございます。これは再生可能エネルギーの固定価格買取制度をめぐるっていうことで混乱を招いたということが、結局は明らかな見通しの甘さあるいは曖昧さを抱えたまま滑り出した制度で、欠陥によってももたされ、欠陥によってもたされたものであると。再生エネ促進の機運が揺らぐことはあってはならないとは私も思います。思うからこそ町長の、それは大丈夫なのかということの明快な答弁を求めます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。まず、その機械の何ていいますか、性能といいますかね、それに心配がないのかということでありますけども、これは実証試験を、もう10年以上やっております。徳島県阿南市、それから島根県出雲市でやっております。そして新型のタイプを群馬県水上市でやっております。水上市につきましては、職員10名ほどで視察に行っておりますし、それから島根については、10年ほど前にここに、この議場にもおります2人が視察に行ってるところでございます。それから、きのうも申し上げましたけども、全国で4カ所でプラントが計画されております。もう既に特定目的会社をつくり、実施設計まで終わっておりまして、1県、宮崎県の串間市では林野庁の補助金も下りてスタートするという段階でございます。私は安心して利用できる技術だというふうに私は思っておりまして、この技術については大手、超大手ですね、世界的に有名な電気会社、あるいは国内の世界的に有名を自動車会社、これも目をつけておりまして、経済誌の、一流経済誌と呼ばれてる週刊誌にも二度も三度も引き合いに出されております。そのベンチャー企業とその大手企業のコラボ、それに自治体も絡んでるというような報道もされております。その自治体というのも大河原町も指しているということでございまして、そういった超一流企業も目をつけるほどの会社でございまして、技術的には何ら問題はないものというふうに思っております。
 それから、いわゆるフィットですね、電力価格、固定価格買取制度でありますけども、確かに枠を、まあきのうの新聞では51.3%ですか、制限するという報道がありましたけれども、これは太陽光発電に限っての話だと私は受けとめております。
 それから、今まさにその政府の中で検討しております委員会の中でですね、審議会の中でフィットの価格についても検討しておりまして、ソーラーについては、現在32円をですね、恐らく数円、5円ないし8円ぐらい下げるという方向を今情報得ております。それから、逆にバイオにつきましては太陽光と違って、設備をつくって「はい、終わり」ではなくて、間伐材を切る人手、それから運送費もかかります。そんなことから枠をある程度つくって、しかも32円を数円上げるという方向で聞いておりますので、その枠組みは今後有利になってくると思っております。
 また、バイオマス、特に間伐材につきましては、今土砂災害の抑止にもなるとか、あるいは林業の振興にもなるということで一石二鳥・三鳥というようなことでありますので、政府もそのような判断をして、バイオマスについてはフィットの価格を上げる方向で今検討してるということでありますので、まさにこれについては逆に追い風ではないかというふうに思ってるところでございまして、それについての心配は全くないというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まあ今町長から答弁いただきましたけども、一つ確認の意味でですね、会社名のジャパンブルーエナジーの会社、企業とは、これはずっとあれから続いているのか。また、答弁でもですね、平成27年3月までの期間で調査を行い、この3月まで確実に調査はできるんだか確認をしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。JBEC社との関係でありますけども、実はきのうも社長と連絡をとっております。頻繁に連絡をとりながら3月までに調査が終わるように努力をしたいということで話をしておりまし、またさっき申し上げましたいろんな関連する企業などもこれから働きかけをしてですね、特定目的会社に入ってもらうとか、あるいはここの大河原町内に企業誘致をするとか、そういった話を詰めていこうということまで話をしておるところでございまして、JBEC社とはずっと引き続き関係をもって進めてまいっておるところであります。
 もう一つ、2点目何でしたっけ。(発言者あり)あっ、3月までに、3月までというふうに区切らせていただいた理由は県の補助金の対象期間が3月ということでありまして、その300万円をリミットに使えるということで、その中身については、きのうもお答えいたしましたとおり木材の組成成分とか、あるいは問題になっております放射能の問題とか、あと灰、焼却灰についての処理の仕方とか、そういったことについての調査はできると思っております。
 ただ、一番大事な間伐材はどの程度集まるかどうかについては、フィットの価格が決まらない限り林業関係の方々の協力の度合いを変わってきますので、その辺はですね、少し時間がかかると思いますけれども、基本的に問題がないということは、多分3月までには結果は出ると思います。最終的に、このブルータワーという機械の大きさはですね、フリーサイズでありますので、集まった間伐材に応じてできるということも社長さんから聞いておりますので、その辺のサイズもどういう設計をするのか、そういったことを最終的に確認できるのは3月を越える可能性がありますけども、基本的な方向は3月までに出していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まあ1番につきましては、2と3のほうにも関連しますので、ただ町長ね、やはり再生エネ促進は国も十分に認めてる事業でございますので、今から話させていただきます。絶対に、先ほども言いましたけども機運が揺らぐことのないようにですね、一生懸命取り組んでいただきたいと思います。
 続いて、2に移らさせていただきます。
 まず、衆議院選挙も終わりましてですね、安倍政権の継続が決まったわけでございます。地域活性化に向けた地方創生の総合戦略策定も本格化させようとしております。11月21日閉会した臨時国会では人口減少対策や地域経済活性化の基本理念を示した「まち・ひと・しごと創生法」が成立いたしました。政府は地域の実情に応じた総合戦略を求め、効果的な政策を示した自治体に交付金を出す方針で、これは明言しております。市町村がよくなる方策は市町村しかわかりません。わかりませんが、自治体の財政が硬直する中、町長も毎度答弁しておりますが、魅力あふれるまちづくりの計画を作成して、いかにこのひと、まち・ひと・しごと創生、これは私の地方創生についてのかがみでございますが、今後重要な視点と思いますが、町長のお考えをお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。魅力ある町をつくるために自治体が創意工夫をする中でいろんな事業をやることに国も応援しようということであります。この事業はぜひとも活用したいというふうに思っております。そこで庁内にも関係するプロジェクトチームを立ち上げることといたしておりまして、すばらしい案が出てくるというふうに私は期待しておりますので、皆さんもぜひいろんなお知恵をいただければありがたいなというふうに思ってるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。3番のプロジェクトチームをつくる考えはないかにも答弁をいただきましたので、実は政府の重点政策といたしましてですね、シルバー人材センターの、まあいろいろあるんですが、重点目下の政策としては、例えばシルバー人材センターのさらなる活用や高齢者の方の雇用ルールに、見直しにより働く意欲のある高齢者の方々が生涯現役として働きやすい環境を整える、これも政策の一つ。
 また、消費の喚起と商店街などの地域経済の活性化を図るため地域商品券の発行、地方の自主的な取り組みを支援する交付金の交付、地域の資源・特性を生かした農林水産あっ、ちょっと失礼。商店街等の地域経済の活性化を図るための地域商品券の発行、言いましたっけ。また、地方の自主的な取り組みを支援する交付金の交付、地域の資源・特性を生かした農林水産業の活性化、ふるさと名物の販売・促進、観光や都市農村交流の拡大等による地方ににぎわいを取り戻す政策を地方創生を規制改革により実現すると。新たな発展モデルを構築しようとするやる気のある、志の高い地方自治体を国家戦略特区における地方創生特区として早期に指定することにより地域の新規産業並びに雇用を創出していくとあります。本町もですね、このたびの政府の重点政策としての考えを、これはチャンスをね、これはチャンスだと思うんですよ。見逃しては、もっとあるんですけども、見逃す手はないと思うんですけども、その取り組み方の見解をお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。11月の29日だったと思いますが、宮城県議会が主催して、当時の石破創生大臣をお招きして勉強会があったというふうに聞いております。その資料もいただいております。そんな中にも今申された案もあったり、また大河原が取り組もうとしているバイオマス、これもですね、岡山県の真庭市が例として挙がっておりました。いろんな事業があろうと思います。で、今ちょっとバイオマスのことを言ってしまいましたけども、これは企業が中心としてほとんど100%出してもらえますが、これは対象外にすることはできます。
 いろんな事業がありますので、町にとってふさわしい事業は何か、これは時間をかけてですね、検討する必要があろうかと思います。いろんな事業の中から選んでいかなきゃいけませんので、結論をすぐ出すというわけにはいかないので、十分時間をかけて皆さんのご意見も聞きながら、よりよいものをつくって魅力あるまちづくりをしていきたいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まあ前向きな回答いただきました。まあこの地方創生についてはですね、やはりこれからですね、各担当の課長、いろいろ考えもあると思いますので、ぜひともこの地方創生についての国の方針、政策についてですね、情報を入れていただきましてですね、まあもう一つあるんですけども、子どもが健やかに育つよう、また若い世代が孤立しないでですね、安心して妊娠、出産、子育てができるような切れ目のない支援も行うと言ってます。これは子ども家庭課長もこれから新しい制度もきのうですか、随分質問受けたようでございますけども、子ども・子育て支援新制度については来年4月に施行し、保育所、放課後児童クラブの待機児童の解消、保育等の質の改善に取り組むなど政策をやるという、断言してございますので、ぜひともですね、ちょっと前に言ってしまいましたけども、庁議で各担当の課長の方々、自分の課の問題点とか要望などをぜひとも出してですね、総合的なプロジェクトチームをつくっていただきたいと思って(3)に出したわけでございますけども、もう一度町長、そのプロジェクトチームに関しまして、もう一度回答いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。昨日だったと思いますが、お答えいたしましたが、5月9日に日本創成会議が出しました消滅可能性都市、これは私は本当に衝撃な言葉でありました。ことしの日本をあらわす一文字、漢字は「税」でありましたけども、私はその5月以来ずっと消滅の「消」というのが頭から離れなかったので、私が選ぶなら「消」という字というぐらいに思っておりまして、まあそういったことから役場の中でも夏ごろか、たしか秋口にはですね、消滅可能性都市ならないように人口が持続可能になるようなまちづくりということの発想でプロジェクトチームをつくっていきたいということで庁議でもお話しさせていただいておりまして、そういった方向で考えております。
 ただ、この法律で言う「ひと・まち・しごと」の創生法とは、また別に検討はしますけども、そういったものを含めてですね、総合的に検討していきたいというようなことで、山崎議員ご指摘のとおり、これは大変チャンスだというふうに思っておりますので、ぜひ皆さんのお知恵もかりながら進めてまいりたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まあ本町もですね、それぞれの独自性をしっかりと発揮して元気な町をつくりましょう。そして、国のですね、国家戦略特区、地方創生特区にですね、指定されるように努力をしていただきたいと思います。
 それで(1)の項目を終わらせていただきます。2に移らさせていただきます。まあ皆さんもお疲れでございますので、さっとします。
 2の項目、防犯カメラを設置すべきと。
 毎日報道番組で、新聞ももちろん含みますけども、事件事故等が報道されております。特に小学生の連れ去り事件、高齢者の殺人事件が多発しております。ほかにも悪質なひったくり、危険ドラッグの飲用、窃盗などの平穏を生活を揺るがす事件や問題が起きております。安全で安心して暮らせる町、誰でもこれは願っておるところでございます。一歩進んだ安全安心対策が必要と思われるので、以下お伺いをいたします。
 (1)児童の連れ去り事件が起きるなど保護者もかなり神経質になっていると聞いております。通学路の安全性はもちろんでございますが、犯罪が起きないように、また万が一起きても早期に解決できるような対策は講じているのか。
 2.高齢者を地域で見守るのは基本ではあります。超高齢化社会では見守る側も高齢化が進んでいる現状であります。新たな取り組みが必要と思いますが、見解はいかがでしょうか。
 (3)犯罪の抑止、子どもたちの登下校の安全・安心、高齢者の方の徘徊時の捜索、さらには町民の心理的な安心感、そして防犯対策の充実、重要度につながる防犯カメラの設置を早急に検討すべきだと思うが、いかがでしょうか。
 答弁によっては、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。引き続き山崎 剛議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、児童等の登下校時の対策について申し上げますと、まず町内に「こども110番の家」があり、登下校時の駆け込み寺的な制度となっておりますし、また地域の方や各種団体の皆様の協力による見守り隊の組織など、犯罪から子どもたちを守る仕組みを強化してまいりました。
 次に、超高齢社会での高齢者の見守りについてのご質問にお答えいたします。
 高齢者の見守りに関しまして、孤立死・孤独死などの発生を未然に防止に、未然防止につなげるため、通常業務中に高齢者のお宅などで何からの異変を察知した場合に町に通報していただく内容の協定を昨年1月みやぎ生協と締結したのを初めといたしまして、昨年11月に町内4カ所の郵便局と、本年10月には河北新報大河原販売所と締結し、民間事業所から高齢者などの見守り活動についてご協力をいただいているところであります。
 また、高齢者地域巡回見守りネットワーク事業として協定を締結した事業所、介護事業所・ケアマネージャー連絡会、認知症サポーターのオレンジリングの会、民生委員、児童委員、地域包括支援センターなどで組織する長寿みまもり隊の活動を通して高齢者の見守りを行っているところであります。
 最後に、防犯カメラの設置についてのご質問にお答えいたします。
 現在、公の施設に町が設置監視している防犯カメラは全部で54台となっております。主に教育施設及び保育施設への設置となっており、通学路等には未設置の状況でありますが、1点目でお答えしておりますとおり、こども110番の家などの制度がありますことや、高齢者の見守りについても、2点目でお答えいたしました民間企業との見守り協定を初め長寿みまもり隊などの活動が行われている状況にありますことから、現在、防犯カメラを町内数カ所に設置する予定はありませんが、今後、大河原警察署と、警察署とのさらなる連携を深めながら児童生徒、高齢者に限らず全町民が安全・安心な暮らしができるまちづくりを目指したいと考えているところであります。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後 3時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 3時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。通告のですね、通告の防犯カメラに、設置についてでありますが、これは関連が、1、2がございまして回答もいただきました。ただ、3番目のですね、この防犯カメラ設置についてでございます。これは答弁にもありますが、防犯カメラは全部で54台と。これは公の施設のみだと思うんですが、これは恐らく、その防犯カメラの設置場所は室内なのか、あるいは玄関口に備えてあるのか、この辺もちょっと私定かでございません。この辺を、答弁をいただきたいと思います。例えば、学校関係はいかがなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) はい。まあ54台ということで公の施設に設置してる状況にございます。実は先日ですね、生活安全課の課長が来ましてですね、町の設置状況ということでちょっと総務課のほうで各課の状況をまとめたので、私のほうから簡単にご報告をさせていただきたいと思いますけれども、まず子ども家庭課といいますか、保育所、児童センター、カミヤ児童館、プラザ、こういったものにつきましては外には設置しておりますけれども、基本的に入ってくる人のような形の中で対応してるということでございます。同じように学校についても、それぞれの小学校、中学校、さらには体育館、それから地域整備課については駐輪場であるとか大河原の立体駐車場であるとか自由通路、全てですね、不審者対応のような形の中でカメラの向きがされてるようでございます。生活安全課からいえば外向きにという話もあったんですけれども、とりあえず町の施設だということで状況に、現在の状況については不審者対応というか、そういう施設に入らないような状況の中での管理をしている状況になってる状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。今、総務課長から答弁をいただきました。確かにね、出入り口にカメラの向きが向いてると、実は犯罪を抑止する、まあ効力もあるんですが、実際、実は私も警察のほうに行ってまいりました。確かに抑止力はあるんだけども、例えばコンビニエンストスアあるいはガソリンスタンド、これは外側にも向いてございまして、すごく検挙するに当たりましての証拠物件となる効力が非常に高いと。ただ、町には確かにコンビニであろうが公の施設であろうが出入り口には設置はしてあるとは、あるとは思っておりますと。
 ただ、警察のほうもですね、やはり外側、要するに道路、例えば商店街あるいは駅前等々についてですね、駅前なんかは夏場になりますと、まあ今でもそうなんですけども、オートバイのやからが、暴走族ですね、結構たむろして、何が起きるかわからない状況の中で、ただ注意はするが何か起きたときの証拠になる、やっぱり防犯カメラが、これは必要だという答えをいただいて帰ってきたところでございます。
 ただ、この防犯カメラもむやみやたらにつけても、あそこに防犯カメラが写ってっから今度からおとなしくしてよなというような弱点もあるようでございますけども、実際でもやっぱり検挙するに当たりましては、すばらしい効力を発揮するものでございますので、ぜひとも町のほうのお力添えでですね、駅前広場あるいは商店街、あるいは多発するようなところ、交番のほうにも行ってまいりました。交番は巡回、ミニパトカーで巡回してるような状況もありますが、そんなにそんなに防犯カメラも安くはございませんので、予算化できる範囲の中でですね、1台ずつでもぜひとも防犯カメラを設置していただくこと、町長、いかがにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。防犯カメラ、大変高いそうでありますので、その辺も勘案しながら検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 山崎 剛君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯14番(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯14番(山崎 剛君) はい。まあ最後には高いということの回答が返ってくるのかなと思ってたところでございますけども、高い安いではね、何かあったときには、これは大変な問題が生じますので、高い安いじゃなくて、私さっき言ったとおり1台ずつでもいいですから、例えば随道ですか、あの辺のところとか、これはまあ言うとあれなんですけども、ぜひともですね、防犯カメラの設置を、これは大事な一点だと思いますので、その辺も加味含めてお願いを申し上げて、一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐久間克明君の発言を許します。佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。1番佐久間克明です。議長のお許しをいただきましたので、一般通告書に従い一般質問させていただきます。質問事項は、3項です。
 1つ目、水道料金等の徴収状況と対応は。
 過日、平成25年度決算審議特別委員会が開催され、執行部より各種会計主要施策について詳細説明を受けました。その際、監査委員より水道料金等の徴収について上水道及び下水道の料金並びに使用料の高額滞納者(10万円以上)は前年より7件増の78件となっている。うち、前年よりも高額になった滞納者は39件で、減額滞納者は20件にとどまった。徴収料金の徴収については、関しましては、大河原町上水道料金滞納整理事務取扱要綱に基づき、確実に事務処理を行うべきであり、特に営業での水使用は厳しく対処してほしいとの意見書がありましたので、以下伺います。
 1)平成26年度今現在、滞納額は現年度分、過年度分でどのくらいなのか。
 2)件数で見た場合、どのくらいか。また、前年度より高額になっている滞納者は現在もいるのか。
 3)大河原町上水道料金滞納整理事務取扱要綱に基づき停水などの処理を、どのような手順で行っているのか。
 4)意見書であった、特に営業での水処理は厳しく対処してほしいとあったが、どのような取り組みを行っているのか伺います。
 答弁により、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。それでは、佐久間克明議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、滞納額のご質問についてお答えいたします。
 現段階でお示しできる額ですが、10月末現在の滞納額で現年度分1,299万円、過年度分4,549万円、合計5,848万円となっております。
 次に、高額滞納者数のご質問につきましては、前年度末と同数の78件でありますが、その額が増加した方もおりますことから、今後も滞納額の減額に向けて努力してまいります。
 続きまして、停水処理の手順のご質問につきましては、水道料金等滞納整理事務取扱要綱に基づき、督促状通知、催告状通知、給水停止予告通知を順次行い、全く連絡のなかった方については給水の停止処分を決定し、停水を実施いたしております。
 最後に、営業用での使用者への対応のご質問につきましては、訪問指導及び窓口相談等を行い、分割納入等での滞納誓約書により計画的に納入していただけるよう取り組んでおります。ただし、納入誓約書が履行されない場合には要綱に基づき給水の停止を行っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。今ご答弁いただきました。停止の処理を行っているということだったんですけども、何ていうんでしょう、停水されてすぐに支払って、また給水始まりますよね。同様の方が、またそのまま支払いしないということも実際あるんですかね。その辺を、済みません。お聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) はい。ただいまのご質問につきましては、当然料金納入の滞っている方ということで要綱にのっとって処理、執行しておるわけでございますが、年間を通して常にこうやっておるわけでございませんので、一応今の段階、今の段階では年4回っちゅうような格好で、6月・9月・11月・2月というような格好でやってございます。その都度ですね、滞ってる方につきましては納入誓約書等で対応して毎月当月分プラス過年度分というような格好で幾らかでも減、滞納額が減額するような対応を行ってございますが、その期間があいた時点でですね、お約束を守られない方もおるような状況なもんですから、なかなか同じ方が繰り返すというような格好で、それが現実でございまして、今後回数的にはね、進めて、はいはい。はい。はい。あっ、はい。同じ人が繰り返すという状況はございます。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。実際先日お話し伺いにいったときもそうだったんですけど、感じたんですけど、間違いなく役場職員の方がそういう部分で手抜きしてるとは思ってはいないんですよ。思ってはいないんですけど、ただやっぱり何ていえばいいんですか、まるっきり町民の方からの目線でというか、考えたときに、私たちは払ってるのに、何でその特定の人ばかりというのもあるでしょうし、あと例えばですけど民間の支払いといいますか、例えば電力であったり携帯電話とか本当に生活に必要な、とめられて困るものは多分最優先で払う中で、公共関係の支払いというのは水道であったりそういうものであっても、生活に必要であったとしても、やっぱり役場だと何とかしてくれるというんですかね、何ていうんですかね、こう救済されるというところが、もしかして強く甘えてしまうのかしれないんですけど、そういうところをこう、何ていうんでしょうね、もっと役場として、行政としてだめなものはだめだという、もうちょっとこう強く促すというか、言い方悪いんですが、何ていえばいいんですかね、見せしめではないんですけど、こう絶対だめだという町としての強い立場というか、びちっとした、毅然とした、済みません。毅然とした態度というのを示したりというのはできないものですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) はい。あの料金の滞ってる方への滞納ということで先ほども町長も答弁したとおりでございまして、手順にのっとってやっておるわけでございます。ただ、中には納めたくても納められない方とかいろいろございましてですね、その辺の判断と、あとうちのほうでも課としてもですね、要綱にのっとって最終手段の停水というような格好で行っておるわけでございますが、ただ停水処分を通知を出した段階でいつ、いつかに納めますというような約束のもとでですね、停水解除というような格好になる場合もございますが、今後につきましては、期間をあけないようにしてですね、進めてまいるのが最良の手段なのかなということで考えてございますので、その点ご理解していただければと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長、よろしいんですか。はい。
 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ぜひそのようにしていただければと思うんですけど、やっぱり一般家庭の水道料金って先ほど答弁等々でもありましたけど、やっぱり1件当たり3,000円とか4,000円くらいだと思うんですけど、それが実際過年度分等と合わせて5,800万円ってなるとかなりのやっぱり金額とその年数といいますか、一般家庭だけではないんだろうなというのも当然わかるんですけど、そういう部分もあるので、なおのことこう……(発言者あり)はい。頑張っていただいて、はい、これからもどんどん徴収とかそういう何ていうんでしょうね、勧告したりとか、あとはもちろん支払いできない方には、その他のそういう給付金等々保護、生活保護とかそういうのも含めてちゃんと適正にこう指導をしていっていただきたいと思います。お願いします。をお願いして、2つ目の質問に入らせていただきます。
 2つ目、大河原町の観光PRについて。
 近年、大河原町のゆるキャラである「さくらっきー」は大河原町を発信するのに絶大な効果があることは、ゆるキャラグランプリでの順位やCMの出演依頼、また各地イベントへの「さくらっきー」の出席状況から間違いないと確信できます。大河原町のブランド化を図るに当たり、今後さらに「さくらっきー」を前面に押し出し、大河原町PRに有効に活用できるすべを考えていく必要があると思いますので、以下伺います。
 1)今年度で国からの緊急雇用補助金が終了しますが、商工観光課にかかわる部分でどのような影響が考えられるのか。また、今後どのように対応していくのか。いく考えであるか伺います。
 2)ご当地ナンバープレートは市区町村で全国的に導入が進められています。導入を決めた自治体では観光振興と結びつけて、ゆるキャラなど独自性のあるものを採用しているようです。近隣では川崎町が、川崎町がチョコえもんを取り入れた原動機つき自転車への導入を行っております。大河原町においても、さくらっきーを取り入れたご当地ナンバーを導入してみてはどうかと考えます。
 答弁により、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。引き続き佐久間克明議員の町の観光PRキャラクター「さくらっきー」に関連したご質問にお答えいたします。
 初めに、緊急雇用補助金の終了が商工観光振興に及ぼす影響についてお答えいたします。
 議員もご承知のとおり、さくらっきーに関する事業は人件費を含めその経費のほとんどを緊急雇用補助金を活用し、観光物産協会への委託事業として展開してまいりました。緊急雇用補助金がなくなりますと観光物産協会の運営を維持できる程度までは町の負担、補助金を増額したいと考えておりますが、緊急雇用補助金の全額分を負担することは難しいと考えております。
 今後、さくらっきーを含んだ観光物産振興事業につきましては、事業の必要性や収益性を考慮しつつ、観光物産協会の理事会等と十分な協議を重ねながら具体的な方向性を見出してまいりたいと考えております。
 次に、オリジナルバイクナンバープレート導入についてのご提案、ご提言についてお答えいたします。
 佐久間克明議員もおっしゃるとおり、大河原町のゆるキャラ「さくらっきー」は、町内外の皆様から大変人気があり、町のPRに大きく貢献しております。ご当地ナンバープレートとも呼ばれておりますオリジナルバイクナンバープレートにさくらっきーの絵柄を使用することは大きなPR効果があると考えております。
 ただ、現在、大河原町で新規に登録される50ccから125cc未満までのバイクの台数は平均で90ないし100台程度ですので、数年分をまとめて作成し、交付しております。在庫もまだ相当数残っておりますので、次の購入時期に合わせて検討いたしたいと考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。順番にいきます。済みません。実際本当にさくらっきーのナンバープレートっていうんですかね、済みません。先日許可をいただいて皆様にお配りさせていただいた、本当に形とかこう色とかデザインも自由であると思うんですけど、宮城県内だと気仙沼、松島、白石、川崎、登米ですか、5カ所でやってるかと思うんですけど、ぜひ進めてほしいなと思うんですけど、ちなみにこの在庫っていうのは、済みません。もちろんまとめてつくるかと思うんですけど、何枚くらい残っていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) はい。在庫なんですが、一番出ます50cc以下の白の通常のバイクナンバープレートは現在150枚ほどです。それから、黄色になるんですが、51ccから90ccまでの分、それが大体60枚ぐらいで、あと91から125までの分が83枚ほど残ってるんですが、この黄色と、桃色なんですね、125までというのは。これについては、年間10枚も出ないような状況で、まあ一般的には白の分をご当地ナンバーにするのがどこでも多いのかなと。ただ、市町村によっては3種類全て出しているところもございます。はい。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ありがとうございます。えっと、ちなみになんですけど、隣町の川崎町のほうで導入が決まったとき等々のお聞きしたんですけど、作製して交付するまでというのが大体金額でいうと10万円前後らしいんですが、あとは作製する枚数でもということだったんですけど、ちなみに大河原町だと1枚単価ってお聞きしても大丈夫ですか。(「はい」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) はい。現在、普通のシンプルなものをお願いしてるんですが、そちらにつきましては税抜きで1枚248円で購入しております。まあこれも数年分といいますか、まとめてなんですが、これをオリジナルナンバープレートに変えてお願いするとなると1枚当たり550円になるということで、税抜きですけれども、まあこれも一応500枚を一応見積もっております。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 例えばなんですけども、このご当地ナンバー採用したほうがいいんじゃないかなと思ったのに幾つか、もちろん目立つとかそういう振興、観光振興という部分もあるんですけど、例えばデザインをどうしようというのを、もちろん発行するのは税務課のほうで発行すると思うんですけど、さくらっきーだと観光物産協会とか商工観光課の部分もあるので、その課をまたいだ状態でみんなでデザインしたりとかっていう、何ていうんですかね、何か形つくっていくときって、こう子どもでも大人でもやっぱり楽しみってあるじゃないですか。そういう部分でコミュニケーションとれたりするんじゃないかなというのも、あの庁舎内ですか、というのもありました。
 あとは、それをもしナンバープレートつくれたしたら、郵便局であったり、バイク乗ってるとこだと電力さんとか警察署等々あると思うんですけど、そういうところに協力をお願いして、例えば来年の4月、お花見の時期のちょっと前にでも交付式みたいなのを報道関係呼んだりとかそういうのをやって、桜バックでさくらっきーのナンバープレート交付しますというのは、すごいこう一気に大河原町というのを発信できるイベント事っていうんですかね、そういうのをこう、そこまでトータルで一セットでやれたらいいんじゃないかなと思ったんですけど、はい。既存の投げるわけにはいかないですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) はい。全ての方がご当地ナンバープレートをというわけでもないと思いますので、ある市町村によっては通常のもの、で私、自分はそのオリジナルのものをっていうところも希望者によっては交付すると。現在使っているナンバープレートを新しくオリジナルナンバープレートに変えたいということもできるところもあるんですが、その場合、事務的には町側で行いますけれども、ご本人が自賠責保険の手続をきちんとしていただかなくちゃならないというところはございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。済みません。私もちょっとそっから先詳しく調べなかったんですけど、例えばなんですけど、町長よくおっしゃるように大河原町のブランド化という部分だとして、さくらっきーのナンバープレートをそこまでお金出しても変えたいなっていうくらいのものに仕上げてなんですけど、例えば普通のナンバープレートは当然無料というか、交付してもらう側は発生しないじゃないですか。それを例えば先ほどいった520円くらいだったとして、その二、三〇〇円の1枚プレート当たり1枚二、三〇〇円払ってでも欲しいなっていうような形っていうのはできるもんなんですかね。無料じゃなく有料っていう形っていうのは難しいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) あのプレートの料金についてなんですが、例えばオリジナルナンバープレートが1,000円であっても無料で交付することに一応決まっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。済みません。ちゃんと調べておかなくて失礼しました。無理、無理なんですね。はい。でも、実際本当その今そういう在庫数とかそういう問題というか、あるかと思うんですけど、絶対にやらない理由っていうんですかね、というのはないかと思うので、絶対にやったほうがいいと思うので、それがいつになるかはあれですけども、ぜひ。で、絶対やるときは何ていうんでしょう、イベントというか、そういうところまで一くくりでやったほうが関心を集めるきっかけというか、人が集まるきっかけになるかと思うので、ぜひそこまで一セットでやっていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどお答えいたしましたとおり、在庫がさばけてから検討するということで、その検討する際において今佐久間議員がご提案あったようないろんなイベントも企画しながら、またいろんな人の知恵を集めながらですね、よりよいデザインにしていきたいというふうに思っておりますので、まずは在庫をさばくのをお待ちいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ぜひうまくこう同時進行とかなんか、50ccだけとかでも構わないので進めていっていただきたいと思います。
 3つ目の質問に入らせていただきます。3番、おおがわら町民学園の今後は。
 ことし9月30日に世代交流いきいきプラザにおいて盛大におおがわら町民学園の開校式が行われました。事業自体はすばらしいものだと考えております。ただ、余りに事を急ぎ過ぎたのは明白であり、執行部担当課のご説明どおり、順次対象事業を拡大していくことは必要だという説明をいただいたとおりだと思います。より町民が参画しやすい事業にしていくためにも今後早急に改善すべきところがあると感じております。年数を経過するにつれ、フル活用できると考えておりますが、その時期と内容が余りに不明確であることから、以下伺います。
 今現状での町民の参加状況や反応はいかがか。
 2)来年度以降の生徒手帳へのポイント付加事業拡大に向け、どのような検討を行っているのか。
 3)今現状町の一斉清掃活動などを対象事業にはできないのか。
 4)ポイントを商品券と交換するとあるが、商品券以外で考えられるものはないか。
 答弁により、再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。次に、おおがわら町民学園についてのご質問にお答えいたします。
 初めに、おおがわら町民学園の参加状況や反応についてのご質問であります。
 10月1日からスタートした町民学園は現在2カ月で過ぎましたが、これまで21事業に約600名、延べ人数で約1,300名に参加いただいております。当初は事業の内容が町民に浸透していないこともあり、事業開催時にその都度内容を説明し、生徒手帳を作成しておりました。最近は少しずつではありますが、スムーズな運営ができるようになっております。
 次に、来年度以降の事業の検討についてのご質問にお答えいたします。
 平成27年度においては、文化・体育事業に加え各種健康診査・がん検診事業、行政区で行う健康教室等各種事業やボランティア講師による講座や新たな事業がふえるほか、ボランティア活動や環境貢献活動などについても新たに加えることを検討いたしたく、関係各課連携の上、よりよい事業を展開していきたいと考えております。
 次に、町民一斉清掃を対象事業にできないかというご質問にお答えいたします。
 町民一斉清掃につきましては、当初対象事業の候補に挙がりましたが、参加者の確認が非常に困難であり、ポイントの付与方法が確定できないことから対象事業から除外いたしましたので、ご理解願います。
 最後に、商品券以外で考えられるものとのご質問にお答えいたします。
 現在、ポイントが10個に達すると交換品として町内の加盟店で使用できる500円のさくらカード商品券と交換しております。これは地元商店の活性化になることから、さくらカード会商品券で対応していきたいと考えておりますので、ご理解願います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。えっと、町民学園のこの参加数、延べ1,300人ということだったんですけど、世帯数とか人口からいうともっともっとこう広がらないとだめだと思いますし、やっぱり27年度4月ですか、の時点からはもう一気にスタートダッシュ切れるようなびちっとした格好っていうか、体制をつくんないとだめだと思うんですね。で、それで先月10月ですか、総務文教常任委員会の視察で埼玉県のときがわ町のほうに視察にお邪魔したんですけど、ときがわ町はですね、似たような事業でスモールチェンジ活動及びポイントキャンペーンということをやっていたんですね。で、ちょっと質問が分けていたんですけど、何かくっついたりしてしまうと思うんですけど、ときがわの場合は一気に全世帯にポイントカードを配っているんですね。で、自分で自己申告というか、やって、参加したら参加したっていうのは自己申告なんですけど、それで15ポイントたまると商品券とかではなく、ときがわ町のそのつくってるTシャツというんですかね、オリジナルのTシャツがもらえるようになっていたんです。
 で、何が言いたいかというとですね、商品券とか金券にしてしまうと、やっぱり一斉清掃とかちゃんと出た出ないという、その確認ができないと、不確かだと大きな事業とかでのポイント対象ってできないと思うんですけど、商品券とかでなく、例えば前後してしまうんですけど、例えばさくらっきーの何かだったりとか、こう町、大河原町の何かオリジナルのものをつくってしまえば町民学園用の品物っていうんですかね、そういうのをつくってしまえば商品券ではなくなるので確認とかそういう参加したかしないかという確認も楽になるかと思いますし、と思うんですけど、絶対にやっぱり商品券じゃないとだめなもんなんですかね。交換するものが金券、金券といえばいいんですかね、金券だからそういう支障が出るかと思うんですけど、金券以外のものにしたりっていうことはできないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。今、埼玉県の例が、ときがわ市ですか、町ですか、例がありましたけども、まあTシャツということであります。これは一つのアイデアでありますけれども、一回Tシャツもらったら、その後は継続性は私はないんではないかというふうに聞いておりました。やはり継続性のあるポイント制にしていかないとこれから、最大の狙いが健康なまちづくりでありますので、何年もかけて健康づくりに参加する町民の数をふやすということが大変大事であります。そのふやす一つのきっかけに過ぎません。で、これからその実際にですね、健康づくりに活動するような仕掛けもまた別に私は今の段階で必要だというふうに思っておりまして、そういうまちづくりもこれから考えていきたいと思っております。
 いずれにしましても、今回さくらカード会でスタートいたしました。これは一つは地元の商店会の活性化ということもあり、ほかの商品、景品的なことではなく継続的なことを考えると、継続性を考えますと、やはり商品券の方が有利な制度になるんではないかというふうに考えてるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
518:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) 今の何ていうんでしょう、商店街の活性化とか継続性という部分で商品券というのもいいと思うんですけど、逆にボランティアっていう感覚っていうんですかね、そういうボランティア精神という部分で引っかかる部分というか、お金のためにってなる部分も出てくるかと思うんですけど、その辺の対応というのはどのように考えていらっしゃいますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
519:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
520:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) はい。この学園の基本的な考え方が健康づくりであります。で、健康になるために少しでも学園の事業に参加してもらいたいということが趣旨でありますので、そこんところをご理解いただければいんではないかと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
521:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
522:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。そのちょっとまたときがわ町になってしまうんですけど、町の重点施策に対して参加した場合でもポイント対象になっていたんですけど、例えばときがわ町で河川維持工事ですかね、県の補助金でやって造成した、整理した河川があるんですけど、そこまではやっぱり補助金なので費用はかからなかったそうなんですね。ただ、その後の除草とか草刈りであったりごみ拾いっていうのは、やっぱり町の職員の方であったり、いろいろ業者さんにお願いしたりしてやっていたそうなんですけど、ちょうど大河原町も河川があって、ちょうどあっちの名前だと「川の応援団活動」っちゅうのがあるんですけどですね、年に1回あって獲得ポイントが2ポイントなんですけど、これ大河原町であれば、例えば桜の時期であったり花火大会の前後ですか、ああいう清掃したりする時期っていうのもあると思うので、もしその、何ていうんでしょう、どうしてもやっぱり商品券、金券という部分なので、ごまかされたりしないように、ちゃんと来たか来ないかという確認が絶対に必要だと思うんですね。でも、それを少し緩めてやればそういう大規模な事業というんですかね、まさか200人とか参加いただいて一人一人判こもらうのに並んでたんではスタートの時間もおくれますし、そういう部分もっと緩くしてあれば、こういう河川の清掃であったり大きいことにもできると思うので、その金券じゃなくてもほかの方法もあるんじゃないかなっていうのを考えるんですけど、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
523:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
524:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど、この前のご質問に十分答えておらなかったので改めてお答えいたしますけども、ボランティアでなくなるんではないかというご指摘がありましたけれども、有償ボランティアという言葉があるぐらいであります。一つポイントもらってもそんなに大した、まあ50円程度でありますので、まあそれがボランティア精神に反するということで私はないと思っておりまして、あくまで健康増進に貢献するということで、1ポイント50円というのは、私は費用対効果を考えたら極めて安いと。で、こういった制度をつくって5年間たって、それにそういった事業に参加する人としない人を比べたら年間医療費が11万円下がったと、こういうデータも5年間で出ておりますんで、そういったことで健康づくりを中心にいろんな費用対効果を考えた場合、こういったポイントは極めて有効であるというふうに思っております。
 というふうにお答えしたら、2点目の質問何でしたっけ。(「河川の関係じゃないすか」の声あり)あっ、河川、わかりました。大人数で来た場合に、そのポイント押すの大変だということでありますけれども、これにつきましては、そういった事業に参加した人に対して紙に書いたやつで参加証みたいなやつをお配りするということで、判こを押すっていうことは大変時間かかりますので、来れば、その事業に参加したということで来た人にお渡しして、で、9枚たまったら10枚目を押してもらうように持っていけば、役場持ってくれば10個目のポイントで、で、商品券もらえると、こういったことも今考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
525:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
526:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい。今、町長が申したとおり参加証明書というのがありまして、今回も3月に白石川河川清掃活動があります。これも町民学園の対象事業ですが、その際は参加者に参加証明書を配る予定であります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
527:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
528:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。わかりました。健康増進のためのということだったので、これも多分配らせていただいてますよね。あっ、行ってないんですか。(「やってなかった」の声あり)あっ、行ってますね。はい。あの「TOKIGAWA体操」っていってアルファベットで体操するんですけど、「TOKIGAWA」っていうアルファベットの形を人がやるんですけど、はい、いいなぁと思いまして、済みません。何ていえばいいんでしょう、大河原とスペルが結構アルファベットにすっと似てるので、それに音楽、オリジナルの音楽をつけて、こうみんなで楽しくやると世代間のそういう交流にもなるでしょうし、何か人集めのきっかけにもなるかと思うので、そういうのも含めて今後もっと大人数の、何ていうんでしょう、事業もポイントにつけられるような、本当にこうみんなが出れるような事業にもっとこう、はい、膨らませていっていただければと思います。はい。が、はい、済みません、資料行ってなかったんですね。大丈夫ですね。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
529:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
530:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご提案を受けましてそれも検討したいと思っております。で、そういった音楽ができるまで待ってるわけにはいきませんので、当面はですね、地区ごとに、例えばラジオ体操の会とかつくっていただければ、そういったものも区長さんが5人以上での会として認めればオッケーということになっておりますので、そういったことも奨励していきたいというふうに考えておりますので、行く先はそういったことも視野に入れながら検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
531:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) よろしいですか。生涯学習課長。いいの。答えなくていいの。はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
532:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐久間克明君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
533:◯1番(佐久間克明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(佐久間克明君) はい。ぜひ何ていうんでしょう、こうポイントがなくても、将来ですけど、ポイントがなくてもこうみんなでこうどんどん出てきていただけるようなことをどんどん発信していっていただければ、お金も余りかからず健康づくりっていうのがみんなの意識高まるかと思うので、はい、ぜひ進めてしっかりとやっていただきたいと思います。
 済みません。私の一般質問、終わります。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
534:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって、一般質問は終わります。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。
 本日は、これで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後 3時58分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年12月17日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------