議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2014年12月16日(火):平成26年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、高橋芳男君、岡崎 隆君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は既に配付してあります通告の順序によって行います。
 万波孝子さんの発言を許します。一旦お座りください。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。
 通告順に従って一般質問を行います。11番万波孝子です。
 1点目は、子ども・子育て支援新制度の導入に関してであります。
 2012年の8月、社会保障と税の一体改革の一環として、消費税増税法とセットで、子ども・子育て関連3法案が成立しています。これを受けて、来年4月から保育・幼稚園、学童保育など子育て支援にかかわる制度を根幹から転換する子ども・子育て支援新制度がスタートします。新制度はさまざまな問題、課題を抱えており、保育団体や保育関係者からも納得できない声が上がっています。
 当町では、広報おおがわら10月号で、これまでの制度との変更や新制度による町の新たな取り組みについて紹介しています。また、町民や保護者を対象に新制度の説明会を開催し、周知に努めております。
 そこで、今までどおり子供たちが等しく保育を受ける権利を保障する観点から、以下の点について町長に伺います。
 1.来年4月実施を目前に、町長は子ども・子育て支援新制度をどのように受けとめていますか。
 2.新制度についての説明会での町民の反応はどうだったのか。また、どんな意見が出されているのか。保育関係者との協議で出されている意見や課題についても伺います。
 3.27年度の保育所入所申し込み受け付け期間が終わっておりますが、1.入所受け付け状況について、2.待機児童数と対応について、3.たとえ小規模保育などで保育を受けるようになっても、引き続き保育所入所の権利があることを確認することになっているのか。
 4.町は小規模保育事業を実施する予定でおります。平成27年4月から入所の利用調整の対象となるとありますが、その内容について。
 5.保育時間は保育標準時間と保育短時間の2区分となりました。保育所ではこれまで認められていなかった実費徴収や上乗せ徴収ができるようになりましたが、保護者の負担が増大することをどのように考えていますか。保護者の負担軽減策は考えているのか伺います。
 6.児童福祉法第24条第1項に基づき、保育所は市町村が保育を実施し、それ以外は利用者と施設が直接契約することになりました。どの施設に入っても少なくとも現行の保育所最低基準以上の条件が保障されるように町はしていくべきと考えますが、その点どうなっていますか。
 7.子ども・子育て支援事業計画の策定に当たり、就学前児童と就学児童の保護者を対象にアンケート調査を実施し、子育て支援に関するニーズ調査を踏まえ、来年3月まで計画策定が義務づけられております。1.保護者や保育関係者の要求が全て反映されている事業計画になって今進めているのかどうか。出されている意見や要求についても伺います。2.保育所の整備目標はどのように明記されるようになっているのか。3)この計画に必要な財源はどのくらいと見込んでいるのか。
 8.新制度の財源の一部を消費税10%引き上げを前提としていますが、県の説明会では財源についてどのような説明を受けているんでしょうか。
 最後です。子供たちが等しく保育を受ける権利を保障し、現行保育制度を基礎に現状の改善を進めることを、国に対してあるいは県に対しても要望していくべきではないかと考えます。
 以上伺います。答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、平成27年度より施行予定の子ども・子育て新支援制度についてでありますが、全ての子供たちが健やかに成長でき全ての家庭が安心して子育てできることを目的に、潜在的な待機児童の解消を図るためニーズ調査等を行い、今後の保育等の安定的な需給バランスを均衡させることにより、子育て世代の女性の社会進出を促し、仕事と家庭の両立支援を図り、我が国の経済成長を支える制度と捉えております。
 次に、説明会においての町民の反応、また出された意見等についてのご質問でありますが、10月6日より19日までの期間、町内8カ所で説明会を実施いたしましたが、特段の反応、ご意見はなく、新制度は町民におおむね受け入れられていると感じているところであります。
 次に、平成27年度の保育所入所申し込み状況でありますが、継続申し込み児童402名、新規申し込み児童179名であり、昨年より44名多い581名となっております。年齢別等は集計中でございます。
 次に、待機児童への対応でありますが、今後、各施設との調整の中で明らかとなりますので、現状ではお答えできるデータはございません。しかし、0、1、2歳児の入所希望が多くあるやに聞いております。よって、平成27年度より確認施設となる予定の小規模保育事業を活用し、支給認定を受けた子供が1人でも多く保育サービスを受けられるよう対応いたしたいと考えております。
 次に、支給認定を受けた子供が小規模保育事業のサービスを受けられるということでありますので、保育の必要性に変更が生じない限り、支給認定証の効力は継続することとなります。
 次に、小規模保育事業の内容でありますが、小規模保育事業は施設の設備、運営について市町村が確認を行い、定員6名から19名の0歳児から2歳児までの子供、いわゆる3号認定子どもが対象でありまして、基本的には満3歳を超えた2号認定子どもとなった場合、小規模保育事業者が連携いたします認可保育所等に切れ目なく保育サービスを給付する内容となっております。
 次に、実費並びに上乗せ徴収についてのご質問であります。
 給付外費用の利用者負担につきましては法によりその費用は特定されておりまして、本町の保育・教育施設においては、新制度への移行に伴う新たな保護者負担は限定的であると思われますことから、軽減策等については考えておりません。
 次に、保育施設の設備、運営等の質の保持とのご質問と捉えましてお答えいたします。
 また、議員ご質問のとおり保育の実施は市町村が担うこととなっておりますことから、今後特定教育、保育施設や特定地域型保育事業並びに家庭的保育事業の設備、運営に関する基準を条例化いたしまして、良質な保育サービスの提供を図りたいと考えております。
 次に、大河原町子ども・子育て支援事業計画についてのご質問にお答えいたします。
 本計画は、現在、子ども・子育て会議に諮りながら策定中でございまして、来年2月には確定いたしたいと考えております。この計画策定に当たりまして事前にニーズ調査を行っており、その結果を反映させた計画づくりを進めております。この子ども・子育て会議の中で委員の皆様よりさまざまな意見が出されており、会議の内容等については町のホームページに公開いたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 また、保育施設の整備目標は定めておらず、教育・保育の需要に対する供給の目標を定めているところであります。
 さらに、財源につきましては、平成27年度より着手予定の小規模保育事業において、向こう5年間で約2億8,000万円程度の支出が新たに必要と考えられます。財源の内訳につきましては、国庫負担金が2分の1、県費負担金が4分の1、町単費が4分の1となります。
 次に、財源についての県での説明会でありますが、計画策定初期に消費税等を財源とし、国において7,000億円を予定しているとの説明はございましたが、消費税等の引き上げが先送りとなりました現在、財源に関する情報はございません。
 次に、国への要請でありますが、今般の新制度につきましては現行の保育制度から待機児童解消のための方策について踏み込んだ計画となっており、そのための財政保障もされた利用者にとりましては有益な政策であると考えておりますことから、現行制度継続について国への要請は必要ないものと考えます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、再質問いたします。
 最初にですね、(2)の8カ所で説明会をして、特段意見がなかったあるいは特段の反応がなかったちゅうことで、おおむね受け入れられているというようなご答弁ありましたけれども、これはよく何でもそうですけれど、わからなくてどういうふうに質問したらいいかわからないっていうのもあると思うんですけども、担当課は参加してどうだったんでしょうか。あわせて関係者、保育の施設長とかあるいは保育関係者からのご意見や課題っていうのはどうだったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 説明会での皆様の反応、質問でございますが、説明会は非常に丁寧に説明させていただきました。その後に質疑応答という形をとりましたが、なかなか質問が出てこなかったことがありまして、こちらのほうから質問を促して説明会質疑応答を行ったということで、特段、新制度に関しましての特段の質問等はございませんでした。
 また、保育関係者との協議でございますが、現在、保育の、万波議員の質問にもございました保育標準時間11時間、保育短時間の8時間、これの始期終期をどうするかというようなところで、現在調整を図っておるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私も実は施設の方とか、あるいはその関係者とも話しましたけども、よくわからないと。町の担当課ももう本当一生懸命説明したけれどもなかなか、不透明な部分がですね、財源も含めてですけど、あるっちゅう点では非常に国はなんか来年も4月スタートというふうにもう法で決まってるっていうだけにですね、非常に戸惑いがあったようです。今後新たな情報が入ればですね、やっぱきちんと説明をして納得できるということを改めて再度お願いしておきたいですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 今後国・県のほうから新たな情報が入りましたら、保育関係者等々に速やかにその情報を流すとともに、あと、新たな平成27年度入所に当たりまして支給認定証の交付等々手続がございますので、その際にも説明、保護者のほうにも説明をさせていただきたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ここで改めてお伺いしたいんですけども、町も法に基づいてやるわけですけど、町としての課題とか問題というのは今どんなふうに捉えてるんでしょうか。全くないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 現在、事務上の課題はございますが、大きな制度的な課題というのはまだ特に見つかっていないというようなところでございます。その事務上の課題と申しますのが、支給認定と、あと27年度の保育所入所の申し込み、それに対応する新たな保育の量の確保が課題と考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) じゃ、待機に入りますけれども、先ほどの説明では44名多い581名。そうしますと、定数が今500ですよね。どうなるんでしょうか。小規模保育事業も実施しますけれども、十分皆さん入所できるという状況なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 現在581名の申し込みということで、なおかつ0歳児、1・2歳児の申し込みが非常に多いという中で、各保育施設の保育士の確保の状況にもよりますが、小規模保育事業を新たに開始いたしましても、もしこの581名のお子さんたちが全て保育給付ができるということになれば、待機児童が生じるということはまず出る問題だというふうに捉えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 必要だからこそ申し込むのでありますので、ぜひ皆さんが入所できると、ちゃんと保育が受けれるような状況に全力で努めていただきたいということをお願いしておきたいちゅふうに思います。
 それから、町はですね、小規模保育事業を実施しますけど、もう少し、先ほど設備、運営について市町村が全部やるんですけど、もう少し詳しく、初めての事業になりますので、教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) この小規模保育事業に関しましては、現在町内で1カ所、県の補助金を利用しましてやってございます。これがですね、現在5名のお子さんを受け入れていただいております。これを27年度から15名の枠に拡大をしていただくというようなことで、小規模保育事業につきましてはA型、B型、C型というのがございます。A型というのがですね、おおむね認可保育所と同じような基準、保育士、給食等をですね、それらがおおむね認可保育所と同じ基準で運営されます。B型につきましては、保育士が2分の1というような形で若干その基準が緩和されてございます。C型につきましては、家庭的保育者、いわゆる市町村、県などが行う研修を受けた保育士と同等以上の知識及び経験を有する者で市町村長が認めたものというような形でございまして、現在、行っております小規模保育事業、事業所名はぽこぽこさんなんですけども、それらはA型に移行すると、27年度から。新たにもう一施設をちょっとお話がございます。そのお話の中ではB型の小規模保育事業所を設置したいというようなお話をいただいておりますが、まだ確定したお話ではございませんので、27年度につきましてはまず小規模保育事業の受け入れは15名から始めたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今の課長で、A、B、C型、これはあるわけですけれども、当町は27年度から、これは19名以下なんですけど、A型でいくということですか。これから、先ほどB型とありましたけれども、B型は保育士の割が2分の1、ここでこれが新しく出てきてるんですけれども、この子育て支援員制度というのがありまして、保育士というのは普通ちゃんと資格を持って有資格でやるんですけれども、ちょっとした町とか県の講習、講座を受けるとできるという点で、私は非常にこの制度に疑問を持っています。町はどうですか。やはり子供の安全、命を守るわけですから、できるならこれは国の基準じゃなくて、町独自でちゃんとした保育の資格を持っている人を配置すると、そういうことはできないでしょうか。ぜひ強く要望します。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 確かにA型、B型、C型となりますと、A型は認可保育所に準じた運営内容ということになりまして、B型、C型となりますとだんだんその質が落ちてくるというような感じにとられますが、実際にですね、認可保育所におきましても、何度も申し上げてございますけども、施設の整備的には定員500名ですが、保育の弾力運用を活用いたしますと600名まで受け入れられる施設整備は整っておるというようなことでございますが、これがなぜ600名に満たない中で待機児童が生じているかと申しますと、保育士の確保、これが非常に難しいというような現状で、ある程度の保護者の皆様に待機をお願いしているというような状況でございます。
 まず、B型、C型とございますけども、まずはこの待機の状況を解消することが先決であるということと、あと、待機児童が生じている期間において事業者から確認の申請があった場合、それを基準に従っておれば確認しなければならないということでもございますので、その辺については今後ですね、C型の家庭的保育事業者、これも県とかの講習を1回受ければというようなことではなくて、かなり専門的な研修ということになりますので、保育士ほどではございませんけども保育にふさわしい事業所ということで確認をさせていただきたいと思います。当然に保育は町で実施する事業でございますので、その内容については、逐次指導、監査等を通しまして平準的なサービスを給付できるよう指導いたしたいと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この国はですね、保育所不足、それはちゃんと認めているんですよね。こういうことを口実に子育て支援員制度というのを実はしているんですが、やはり保育士の処遇改善をきちんとやっぱしていく、やっぱ労働条件をよくしないと、なかなか地元にいないでいいとこに移ってしまうんですね。そういう点では非常に深刻です、この問題は。ぜひ町長にも県や国にも働きかけていただきたいとあわせると同時に、その点は、町長、どうなんでしょうか。やっぱし処遇改善についても町でぜひ積極的に取り組んでいただきたい。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 実は一昨日、第5回目の子ども・子育て会議がございました。先ほどの議員の質問にありましたとおり、課題はないのかということでありましたけども、異口同音にですね、やはりマンパワーの不足が大きな課題となっております。そこで、町としてこのマンパワー不足に対してしっかりと対応していこうということをですね、これから検討していきたいというふうに思っております。その中で国や県に対してマンパワーの確保に向けてしっかりと要望していきたいと同時にですね、町として何ができるか、これは今後の検討課題として取り組んでいきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、0歳、1、2というのが非常に今保育を求める方が多いんですけれども、厚生労働省の調査でも、この有資格者の少ない認可外保育施設での死亡事故が認可保育所の2倍発生しているということをきちんと認めているそうです。そういう点では、きちんとした保育所をやっぱ配置していくということを基本に据えて、この制度に向けてもしていただきたい。そのことを町長に強く要望しておきたいちゅふうに思います。
 それから、この保育、(5)ですけど、保育時間と短い時間ということで標準と分けられたんですが、延長保育も今後お金が実費なんですけど、これ、どのぐらいになる予定ですか。我が町でもやはりそうなるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 延長保育につきましては現在も実費負担ということで、各施設で定めております。多分1時間100円程度だと思いますが、いただいておるところでございます。
 この新制度におきましても、延長保育につきましては公定価格の給付対象外というようなことでございますので、その程度のご負担は継続していただかなければならないというふうに考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、従来と変わらない、1時間当たり100円ということでいいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) この実費負担金につきましては、各私立保育所のほうでその額を定めさせていただいて、それを町が適当であれば承認するというようなことになろうかと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 認可については全て、保育料は全て町と協議して決めているわけですけど、それも当然同じということでいいですか。実費についても。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 保育標準時間、短時間の部分については、保育料については町が定めた保育料をご負担していただくということと、あと、実費負担につきましては、町が定めるのではなく、各私立保育所が定めた額が適当であればそれを町が承認するという形になるものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひですね、引き上げにならないように、そういう点で臨んでいただきたい、そのことをお願いします。
 最後にですが、来年からこども園というものも今度入ってくるんですけど、我が町は27年度じゃないけど、28年からなんですか、その辺の動きについてどういう状況になっていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 認定こども園につきましては、現在、大河原町にはその施設はございませんが、28年度から二施設の保育所が認定こども園への移行を計画しておるというふうに伺ってございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この項の最後ですけれども、こども園に移行するというなお話今ありました。いずれにしても、この制度ですね、十分各自治体でも周知もしていない、あるいは関係者、保育団体では反対の態度を表明しています。どういうことかというと、保育士資格の規制緩和は子供の命にかかわる大問題で認めることはできないということで、声高らかにそういう声明を発表しています。そういう点で、ぜひこれからも注視しながら、とにかく子供が安全に保育が受けられるというためにもですね、ぜひその観点で臨んでいただきたいのと同時に、担当課に職員をぜひ増員していただきたい。次から次といろんな業務がふえてくるんですけれども、その点、長長は考えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 認定こども園に移行する際に気をつけなきゃいけないのは保育の質の低下だというふうに思っておりますので、そういったことのないように注視をしていきたいというふうに思っております。
 また、2番目のご質問であります担当課職員の増員でありますけども、今まで考えたことはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 考えてないということですが、ぜひ担当課と話し合って、今後採用の中でぜひ配置職員を増員していただきたい。そのこと、どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご質問の趣旨ですけども、保育所の担当者、それとも子ども家庭課、これまでさっき申し上げたとおり考えてはいないと申し上げましたけれども、これについては担当課と話し合いをしていきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いして、2点目に入ります。
 放課後児童クラブの利用料についてであります。
 現在、放課後児童クラブの利用実費負担金は要綱で月額3,000円と定められ、児童のおやつと教材代のみ負担となっております。来年4月から子ども・子育て支援新制度がスタートしますが、この制度導入とは関係なく、現在担当課では、来年度から利用実費負担金月額3,000円を改めて、2倍以上の受益者負担を導入して引き上げを検討している最中と聞いております。新制度の保護者説明会の席上でも説明されております。議会報告会でも引き上げの件について参加者から意見が出されました。担当課の話によりますと、まだ決定ではなくこの方向で現在検討中であるということですが、このまま引き上げられれば利用することが経済的に大きな負担になり、利用をあきらめざるを得ない、他の方法を考えなければならないなどの声が既に出されております。そこで伺います。
 1.負担金額を引き上げたい根拠として受益者負担を考えているようですが、なぜなのか、詳細に説明を求めます。また、利用者の上記のような声をどう受けとめていますか。
 2.消費税導入以来、一般町民の家計状況は一層苦しくなっている中で、将来を担う子供たちの利用負担増を家庭に押しつけるのはどうなんでしょうか。町の将来を担う子供たちは大河原町の宝であり、社会の宝でもあります。子供たちの健全な育成をはぐくむためにも、白紙撤回を要求します。町長の見解を伺います。よろしくご答弁いただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、第2項めの放課後児童クラブの利用者負担金についてのご質問にお答えいたします。関連ございますので、一括でお答えいたします。
 この利用者負担金についての経緯につきましては、さきの全員協議会において担当課長が説明いたしておりますが、改めてご説明いたします。
 去る10月に各小学校単位に、新制度での放課後児童健全育成事業について、児童クラブの保護者に対して説明会を実施したところであります。その際、おやつ代等の実費負担金として現在月3,000円いただいておりますが、保育料としては無料となっており、今回新制度において国より設備、運営の基準が示されたことに伴い、受け入れる児童の量の拡大、持続的な質の確保を図る観点から、施設型給付、地域型保育給付と同様に、本事業においても公定価格が示されることを前提に説明をいたしましたが、公定価格が国より示されない場合は、町が公費負担と受益者負担の考えに基づき保育料を定めなければならないと考え、例えば公費負担5割、受益者負担5割とした場合、保育料として月6,000円程度になると仮定の説明をいたしましたのが、6,000円という数字のみがひとり歩きとなったようであると、担当課長より報告を受けております。
 つまり、何ら決定をしてない段階であり、白紙撤回といったようなことは考えておりません。今後とも、そのあり方については多方面より幅広く調査、研究を進めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 確かにこれはまだ決定はしていないんですね。ただ、説明会で、子ども・子育ての中で、そういう話があったことは事実です。ほいで、議会の報告会でももちろん出ましたけれども、直接実は私のところにもお話がありまして、その議会の報告会に行く前に担当課に寄って、事前にその状況を伺ったところです。
 そいで、確かに白紙撤回というのは既に決まったことを白紙に戻しなさいということですけど、私は、それはわかってるんですけどもあえてなぜこういう表現をしたかというと、決定はしてないけど検討をしてるわけですから、その検討をするなということです。
 それで、今のところ確かに決まっておりませんけれども、いずれこの方向でいくということなんですか。ひとり歩き6,000円と言いますけど、あのときに7,000円という人もいましたし、9,000円ぐらいになるなんていう人も、ほかではですよ、出てきて、とにかく3,000円が、子供さん3人いる人は、「えっ、どうしよう、我が家は」って、こういうふうに当然なるわけなんですよね。だから、その話が出たことは事実なので、そういう混乱をしてるというのが実際あるので、あえて今回は、絶対それはしないでほしいと、子育て支援の観点からも引き続き現状でいっていただきたいという思いで、今回取り上げさせていただきました。課長、もう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 確かに各小学校単位で児童クラブの説明会をいたしまして、仮定の話でございますけども、現在は保育料という形ではいただいておりませんよということで、今後この新制度において公定価格なり公費負担、受益者負担の指針が示されればそのようになりますけども、もし示されない場合ということで、公費5割、受益者負担5割とした場合に6,000円程度になるという話をいたしましたところでございまして、ただ、今後ともその実費負担金でいいのか、それとも保護者負担金なのかという、まず基本的なところから検討していかなければならないというふうには考えてございます。
 もしですね、そういったことで負担がふえるようなことになった場合、公費負担が何割にするか、受益者負担が何割にするかというその割合はまた別ですけれども、その負担がふえるようなことになった場合は、当然に保護者負担金でございますので減免制度等も取り入れながらですね、本当に収入の少ない非課税の方の家庭とか、あとひとり親の方の家庭とか、あと多子世帯の方の家庭とか、その辺も十分に考慮しながら、そのありようについては検討を進めさせていただきたいと考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 確かに公定価格が示されること前提って、今の段階ではまだ示されてない。今後恐らくこれは出てくるというふうに思います。国のこれまでの動き、私もずっと見てますけど、恐らく来ると思うんですね。そうなったときに、できるだけその抑えに抑えて負担を加重負担にならないようにしていくっちゅうことは、これは町として子育て支援の観点からも非常に重要だと思うんですが、町長、出てきたときはどういうふうに対応しますか。その点はどういう心づもりでいるかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどのご発言の中で、検討するなという趣旨というふうにおっしゃいましたけども、最初の質問の趣旨と若干違ってますので、改めて考えてお答えさせていただきたいと思います。
 検討もしないで結論は私は出せないというふうに思っておりまして、検討はさせていただきます。今、吉野課長が答えたとおり、検討をしたいというふうに思っております。その中でですね、検討した結果ゼロになることも私は念頭に置きながら、幅広くですね、検討をしていきたいというふうに私は考えておるとこでございます。幅広く検討さしていただきたいと思っております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今のは据え置きということも含めてということであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 本当に子供さん、今少子化ですよね。本当に安心して出産ができる、そして子育てができるという観点から、この学童保育が果たしている役割非常に大きいですよね。そういう点で、ぜひ今町長がおっしゃったようなことを私は信じながらも、なおかつ本当に負担を強いるようなことがないように、検討に検討を重ねていただきたいというふうなことを強く要望して期待をしておきたいというふうに思います。
 次の質問に入ります。
 3点目です。駅前図書館「絵本のへや」の閉鎖についてであります。
 町長は、「絵本のへや」存続を求める請願採択に背を向けて、来年3月末で閉鎖する方針でおりますが、町長は議会の結果を真摯に受けとめて方針を改める考えは今でもないんでしょうか。
 2.閉鎖後は、駅前図書館に絵本のコーナーを設ける考えでおりますが、これまで10年間という長い歳月をかけて、乳幼児教育に欠かせない施設としてみんなの力で守り育ててきた「絵本のへや」は、子育ての宝庫であります。閉鎖に残念がる子育て世代や児童や町民は今でも少なくありません。「絵本のへや」は、1.親と子がゆったりと絵本に親しむ空間、2.読み聞かせや紙芝居、エプロンシアターもできるスペース、3.ボランティア団体、個人、職員が作業するスペースなど、憩いの交流を大切にする施設として10年前に誕生いたしました。これらの条件は本当に確保されるのでしょうか。具体的に示してほしい。その責任が町当局にあると考えますが、どうでしょうか。
 これまでの説明では、代替としてオーガ2階にある研修室、催事場を利用という話が町長みずからありましたけれども、場所を定めればいいという考えが根底にあるのではないかと、私は正直言ってそんなふうに思っています。改めて町長の見解をお伺いいたします。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、駅前図書館「絵本のへや」の閉鎖についてのご質問にお答えいたします。
 請願の結果につきましては、重く受けとめております。ただし、というよりも、むしろそれゆえに、これまで申し上げましたとおり、新しい施設である世代交流いきいきプラザ、公民館等に機能を分散しながら、子育て環境の整備に努めていく考えであり、予定どおり平成27年3月をもって閉鎖することといたしましたので、ご理解願います。
 次に、絵本のコーナーについてのご質問にお答えいたします。
 「絵本のへや」にかわる設備として、10月より金ヶ瀬公民館、中央公民館、世代交流いきいきプラザでも、絵本の貸し出しはもちろん、親子で絵本を読んだり、気兼ねなく読み聞かせや紙芝居もできるようじゅうたんや閲覧テーブルも配置しております。また、広い場所を必要とするエプロンシアターなどは金ヶ瀬公民館等でも可能ですので、いろいろな方にご利用いただけるものと考えております。
 次に、「絵本のへや」にある倉庫兼作業室に関する質問ですが、確かに職員やボランティアが常時利用できる場所はなくなりますが、オーガには多目的ホール等がありますので、これらを有効に活用し業務に支障のないよう心がけていきたいと考えております。
 また、以前から申し上げておりましたように、読み聞かせ団体等が利用する場合は研修室なども利用可能ですが、広々と使える本館に近いイベントホールにおいて開催を予定しております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 再質問ですけれども、公民館、いきいきプラザ、それはそれで私は、以前も言いましたけども、それはそれでよかったというふうに思います。また、必要な施設なので今後、今町長が答弁したように、期待をしておきたいというふうに思います。
 私はここの中で特に、駅前図書館というのは「絵本のへや」も含めて駅前図書館なんですよね。本館である駅前図書館でやってた絵本のコーナーは、駅前図書館ではどういうふうに機能するんですか。できるんですか。先ほど催事場とか研修室って言ってましたけれども、10年前につくられた、1から3まで先ほど申し上げました。憩いの広場として。それは駅前図書館ではできるんですか。そのことをここであえて聞きたかったんです。もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) お答えいたします。
 駅前図書館につきましては、絵本のコーナーというよりは、絵本の貸し出し機能は残すということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、駅前図書館、要するに「絵本のへや」を含めた駅前図書館の縮小ですね。駅前図書館そのものは。どうですか。そんなふうに受けとめますが、私、教育長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 今、町長が申し上げましたとおり、「絵本のへや」につきましてはそっくりと機能を移転するということでございますので、絵本のコーナー等は公民館あるいはプラザのほうに移転するということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今までやってきた駅前図書館の機能を充実させて、そして分散というならわかるんですけど、それが本当の姿じゃないですか。この前、12月10日の全員協議会で、発達段階に応じた文字に親しむ教育環境構想というのが説明ありました。私だけじゃないと思います。何人かの議員からもちょっと出たと思うんですけど、これを読みまして、乳幼児教育、それから学齢期とかですね、中学校と分かれて、具体的な事業がここに網羅されております。例えばブックスタート、これは前から社協でやってるわけですよね。4歳児あるいは1歳6カ月で。こういうの、やっぱりどこを拠点にするかっつったら、駅前図書館というその拠点になるところがあって初めてこの構想が生きると、ますます私は確信持ちました。なくすということがやっぱし理解できないですね。むしろ充実させればこそ、ここに書いた構想も生きるんじゃないですか。どうですか。町長にも改めて、教育長と伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これまで幼児に関する絵本など言語教育につきましては、今万波議員が指摘されたとおり、例えばブックスタートは社協でやっていただいておりますし、拠点となる1カ所集中ではなくて分散型でやっておりました。これからもやはり絵本にあるいは本に幅広く親しんでいただける場所として分散をしていきたいというふうに思っておりまして、一極集中的な、何て言うんですか、センター的なものを今のところは考えておりません。むしろ分散させながら、分散した場所場所で充実をしていくというのが我々の執行部の考え方でございますので、ぜひご理解を賜りたいというふうに思っておるところでございます。
 それから、先ほどの質問にありました「絵本のへや」がなくなったことによって機能がなくなるということがありましたけれども、教育長がお答えしてましたとおり、貸し出しも駅前図書館でやりますし、もちろん本も読めるスペースもございます。そういった意味で、これまでの機能を存続しながら、今後はむしろ拡充をしていきたいというふうに考えておりますので、今後にご期待をいただきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この分散というのは、私の分散は違うんですよ。いきいきプラザ、公民館、それといわゆる拠点になる、そこにもあって分散です。町長のは、ここをなくして分散ですよね。でも、何でもそうです。拠点になるとこがやっぱ必要なんですよ。今まで10年間やってきたわけですから。それが先ほどの話でも、お話し会する場合は研修室や催事場、イベントにおいてする予定ですって。そんな場所があればできるっていう問題じゃないんじゃないですか。それは携わっている人たちが一番わかってるし、あるいは子供たち、あそこに私も行ったときに若いママが来たときにお話するんですけど、「なくなるんですか」って、「どうして」って、本当にこう、何つうんでしょうね、素直なそういう気持ちでお話何人かとしてますけど、あそこにもあって分散、これが本当の姿じゃないでしょうか。先ほどから言っているこの構想をよりいいものにするために、私は再考していただきたいということを申し上げたいんですが、全くだめですか。
 それから、そのオーガで研修室、これっていうのはね、どうも私は納得いかないんですよ。本当にできるんですか、これ。場所あるからそこでやってください。ただ部屋があって。できますか。親子がゆったりと落ち着いてできますか。場所与えればいいってもんじゃないと思うんですけどね。平行線ですけども、もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 以前の答弁でも申し上げましたとおり、「絵本のへや」の機能というのは非常に大事な役目を持ってきたというふうに理解しております。しかし、町のさまざまな事情によりまして、新しいいきいきプラザを大金をかけて立派なものをつくったということでありまして、そちらのほうに新しい「絵本のへや」の機能を移転するという考えでございまして、今議員ご指摘のとおり、場所さえあればできるのですかということですが、限られた場所を有効に生かして、今までと全く同じ活動はできないものの、これまで同様の読み聞かせあるいは本の貸し出し等につきましては努力してまいりたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、駅前図書館の管理規則に基づいてあるわけでして、その中にですね、事業として(7)にこういうことがうたわれています。ほかの図書館、恐らくこれは県立図書館だと思うんですよね、今でも連携とってますけど、学校、公民館などと関係機関の連携に関する、連携してく、連携するということは、今まであった「絵本のへや」、それが図書館の一部で、さっきから言ってますけど、こことあればこそ連携できるんじゃないんですか。そこに価値だけだけに、あるいは増刷してく、それはそれで大事なことですけど、そういうところで連携っていうんじゃなくて、「絵本のへや」があってこそ連携できるんじゃないですか。その辺はどういうふうに思いますか。書かれてあるんですよ、ここに。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) その連携まことに大事なことでありまして、例えば小学校で調べ学習をするときにですね、大河原の駅前図書館には本がないというときに、駅前図書館を中継いたしまして、駅前図書館のお世話をいただいて県立図書館から本を貸し出しするというような連携をしておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにしても、やっぱり何でもそうですけど、核になる施設が絶対必要、そこを充実させて初めて分散、文字どおりそれで地域に根ざしたもの、私は生きるし、ここの規則でも言ってることが本当に生きるんだろうというふうに強く思っています。今後もう少し検討する余地があればですね、町長と教育長にお願いして、この項は終わります。
 最後の質問には入ります。
 町長としての政治姿勢についてであります。
 町長は公約の中で、脱原発と低炭素社会に貢献するため、クリーンエネルギーの推進を掲げ、その実現に向かって環境先進都市を目指しています。町長の意欲的姿勢には共感できます。
 しかし、最近の一連の町長の施策の進め方は拙速で、町長が大事にしている町民の声が届く町政、町民の望む行政、そして町職員の知恵と総意をまちづくりに生かす理念に逆行し、残念ながら町長の政治姿勢に疑問を抱かざるを得ません。そこで伺います。
 具体的には、1.水素エネルギーの活用に向けての動きについてであります。6月の議会全員協議会で1回説明があっただけなのに、既に担当課に事務局がつくられ、この事業の調査が始まっているということです。水素エネルギーについては専門的知識がないとメリット・デメリットの判断や放射能問題など難しい問題です。組織を立ち上げる前に庁舎内の議論はどれだけされたんでしょうか。必要だったんでしょうか。事前に町民への説明は必要だったと思いますが、見解を伺います。
 2.福田地区の町有地にメガソーラーの設置についてです。11月26日の全協で、事前通告もないまま突如としてこの件について町長から説明がありました。町には1カ月前に相手から話があり、全課長には前日の11月25日に話があったばかりと聞いて一層驚きました。庁舎内でも十分議論を尽くしての提案とは思えません。町有地は町の大切な財産でありますとともに、町民にとっても貴重な財産です。事を進める前に町民に周知し意見を求めることは、自治体の長として当然のことではないでしょうか。見解を伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、水素エネルギーの活用についてのご質問にお答えいたします。
 まず、水素エネルギーについてでありますが、トヨタ自動車が今月世界で初めてFCV(燃料電池自動車)を市販するといった報道がありましたので、既にご存じのことと思いますが、FCVは水素を燃料とする自動車で、化石燃料を使用せず、排出するのは水だけという究極のエコカーであります。国もことし6月に水素燃料電池戦略ロードマップを策定し、現在、国を挙げて進めております。エネルギー政策の1つであります。
 8月の全員協議会のときにご説明いたしましたブルータワー計画でございますが、木質バイオマスによる再生可能エネルギーの推進ということで、森林の間伐材を原料として、発電と同時に水素も製造できる施設を本町につくりたいという企業からの提案を受けたことで、この計画の実現が可能かどうかを調査するため、県の補助事業であるエコタウン形成実現可能性調査等補助金を活用するものであります。
 しかしながら、この補助は町も構成員に含む団体が対象となるものでありますので、仙南地域の各森林組合等で構成する協議会を立ち上げ、町が事務局となりまして、原料となる間伐材の組成調査や供給体制等種々の課題を調査するものであります。
 以上のことにつきましては、本年8月12日の議会全員協議会においてご説明いたしたところであり、水素エネルギーの推進につきましては、昨年策定されました大河原町環境夢プランに掲げられ、また、再生可能エネルギーの推進につきましては、同じく昨年に策定されましたNEXT大河原ゆめプランの重点プロジェクトの1つとして掲げられており、その実現に向かって粛々と進めております。また、これらにつきましては担当課はもとより政策企画会議、庁議等でも折に触れ報告あるいは協議事項として取り上げてまいりました。
 以上のように、私が大切にしております町民の望む行政、町職員の知恵を生かす理念に沿って町政運営に意を用いることに努めてまいりましたし、今後とも各方面のご意見を生かす、つまり衆知を集めた町政に取り組んでいく所存であります。
 なお、先ほど述べましたエコタウン形成実現可能性調査等補助金につきましては、11月12日に知事の採択を受けております。今後のブルータワー計画につきましては、8月12日の議会全員協議会においてご説明いたしましたとおり、事業課農政調査を踏まえ、民間がSPC(Special Purpose Company)、いわゆる特定目的会社を立ち上げ、町民への説明ができるものと考えております。
 次に、福田地区の町有地にメガソーラーを設置することへのご質問にお答えいたします。
 まず、ご質問にお答えする前に、ご質問の趣旨に誤解がありますので事実を申し上げます。
 メガソーラーにつきましては、11月6日、設置の検討を行うという事業者が役場を訪問、私ほか副町長、関係職員が同席の上、面会し話を聞いたものであり、11月26日の議会全員協議会へのご説明内容については、前日の25日に緊急庁議を開催し、庁議で時間をかけて検討した結果、土地の貸し出しをすることが可能であるという証明書の発行を承認するとの方向を確認した上で、ご報告いたしたものであります。
 メガソーラーを設置するに当たりましては、経済的メリットが最大限に発揮できる時期に行わなければならないとの、急がなければいけないという特殊な事情がございました。
 今回の証明は、あくまで貸し出しすることが可能な土地がありますとの証明でありますので、調査等の結果次第では貸し出すことを断ることができることから、早急な決断をいたしたものであります。
 また、私は、もとより町政運営で公共性及び有権者の声を大切にする政治を心がけておりますので、今後の計画の推移の中で具体的なものが見えてきた段階で、地域に対する説明を行う所存であります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時05分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それでは、再質問いたします。
 町長がとにかくこの環境問題に力を入れてるちゅうことでは、私も非常に大事な重要課題なので、その姿勢には本当に期待をしておる一人でございます。しかしながら、今回私が町長の政治姿勢について取り上げましたけれども、この拙速ということは間違いですか。
 それと、職員の中でも企画調整会議とか、あるいは庁舎でもしたということですが、これ十分職員の中でも自由闊達に意見ができて、これはすぐやるべき、すぐというか、ゴーサインが出てのことなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 拙速であるかどうかというお尋ねでありますけども、それはご判断は議員にゆだねるといたしまして、私なりに手順を踏んで十分に議論をしながら進めてきたつもりでございます。そういったことで……以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 町政は町民のためにやっているわけですけども、町民のサイドから見たら、こういう問題つうのはなかなか難しいと思うんですけど、どうですか、その辺は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この水素エネルギーにつきましてはなかなかまだ周知徹底はされてないというふうに、私は理解しております。それゆえに、例えば広報おおがわらで「エコ育て」というコーナーを設けていただいて、家庭用燃料電池とか太陽光発電とかそういった環境の、町が取り組んでいる環境政策についてPRする機会をふやしていただいたり、なるべく町民の皆さんに理解が行き渡るように努力をしているところでございまして、まだ十分ではないと思っておりますので、今後ともその理解が広まるように努力を重ねてまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっとお答え、済いません。ストップです。お答えなかった、庁舎内のその職員とやりとりしたその状況ってどうだったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは先ほど答弁でもお答え申し上げましたとおり、庁内で政策企画会議あるいは庁議等で話をしておりますので、時間をかけて検討してきておりますし、また、関係課などとは随時頻繁に連絡をとりながら進めておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この町民目線から見てなかなか難しい面では町長も今おっしゃいましたけれども、やっぱり国政とか県政レベルなら何かあれですけど、あるいは県のほうからぜひ大河原っていうふうな話があったとかならいいんですが、そうじゃないですよね、これ見てますと。そういう点では、もっとやっぱし私は住民目線で時間を十分かけるべきだというふうに思います。いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいま申し上げましたとおり、住民に理解が広まるようにこれからも努力を重ねてまいりたいと思います。ただ、この政策というのは極めて大事でありまして、ほかの市町村ではどんどん進んでおります。そういったことで、先んずれば人を制するではありませんけれども、先にやるほうが有利であるという面もございますので、その町民の理解を深めながら先に進めていきたいという両方の思いがございますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 他の自治体で進んでいるちゅことは教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 例えば気仙沼でも同じようにバイオマスから発電をしようということで、約800キロワットの程度で、これは気仙沼の森林組合さんの協力を得ながらやっております。それと類似したことでございますし、また、今ブルータワーというふうにご説明申し上げましたけども、これを導入しようとする自治体は岩手県の宮古市、石川県の輪島市、それから群馬県のみなかみ市だったと思います。あと、宮崎県の串間市で取り組もうと、今特定目的会社までつくって実施設計まで終わっておる段階でありまして、最後に申し上げました串間市では着工の運びとなっておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 済いません。このブルータワーは場所が必要になりますけども、どの辺か考えてるんですか、もう既に。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、この事業の可能性調査で一番大事なのは、木質バイオマス、すなわち間伐材の入手ができるか否かにかかっております。それを今年度中に、できれば今年度中に把握して、その上で実施できるかどうかを検討するために、特定目的会社をつくったりするような動きがあるというふうに聞いております。そのときにですね、町のどこがいいかということを決めたいと思っておりまして、今のところ、どこを予定してるということはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにせよ、場所は絶対決めなきゃいけないですし、そうなるとその地域住民あるいはいろんな、果たして放射能の問題とかいろんな問題が出てきて、なかなかこの問題はそう簡単ではないちゅうか、非常に複雑なやっぱし専門的要素がいっぱいあるんですよ。だから、私は住民サイドから言うと非常に拙速だというふうに今でも思っています。もっとですね、難しいこういう問題については十分時間をかけるということを、今後もまたいろんな問題出てくると思いますが、その点では改めてそう思いませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、諸課題の中で放射能問題がありましたけども、3月までの可能性調査の中に放射能の調査も進めるということで、それから、放射能の処理の技術今大変進んでおりまして、それを受け入れてくれるところがあるということで、話が進むものというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この福田のメガソーラーについてもですね、この前資料でいただきました。20年間の定期借地とするとか、これは終わった後、もとのように原状回復というか、何かそんなこともやっぱり考えないと、これは手も足も出ないと思うんですけど、その辺も十分なんでしょうかね。町長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 契約期間は20年であります。その後も多分発電能力ありますので、その場合は待ちに寄贈をするという話も聞いておりますし、また、撤去しても構わないということでございます。
 それから、メガソーラーを設置する場合、現状の傾斜が厳しいわけでありますから、少しなだらかに造成作業もするというふうに聞いております。その後は、町が利用しやすいように造成をしてもらいたいというな要望も出せるというふうに私は認識しておるところでありまして、その後についてはより今よりもですね、さらに有効に使えるようなことも念頭に置きながら、話を進めてまいりたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いや、実は福田の住民とも話しました。驚いてました。「えっ、何、それ」って。だから、いろんな課題があるでしょうって。だから、今町長と短い時間の中で今質問しお答えいただきましたけど、やっぱり町長はこういう点では非常に精通した方だなと。しかしながら、町民との間で私は乖離があると。それは私も含めてです。ですから、こういう難しいっていうか、なかなか理解してもらうのに時間かかります。やっぱ十分時間をかけて、本当に内部でも十分検討して、すぐやっぱ何かちょっとすぐ飛びついて、町長だけがひとり歩きというふうには捉え方もせざるを得ません。今後、やっぱり町の長ですので、ぜひ町民の代表として十分意見を聞いて、そして進めることを強く要望して終わります。町長に最後にお答えいただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私1人が突出してやってるものではございません。庁内で十分議論をしております。
 それから、福田の町民のある方のご意見としてびっくりしたということであります。であるからゆえにですね、なるべく事前に町民の皆さんに理解が得られるように、先ほど申し上げました土地の利用、跡地の利用の方法についても町の要望を出していきながらですね、町に有利になるように進めたいということで、町民の方がより理解を得られるように進めていくということでご理解を賜りたいと思います。
 以上です。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5番岡崎 隆です。議長のお許しが出ましたので、通告に従って2項質問いたします。
 1項めは、婦人防火クラブの活動への支援拡大を図れということです。
 全国的に婦人防火クラブは、いつの時代も地域における純粋なボランティア精神にあふれた女性たちの集まりであり、その組織と活動は常に地域と家庭を愛する心に支えられてきたからこそ、きょうまでがあると考えます。
 我が町でも昭和57年4月23日に婦人防火クラブが正式に結成されて以来、きょうまでふだんの家庭における予防消防、火災予防運動(防火査察)、消防演習等において大きな役割を果たしていただいております。今後の分権型社会における婦人防火クラブの役割は、地域密着型非営利組織として、ますます重要性が高まっていくと考えます。
 宮城県内にも1,967の婦人防火クラブが組織され、クラブ員数32万2,133人とともに全国一を誇っております。その活動も活発で、みずから積極的に地域の防火啓発に貢献されており、仙南地区婦人防火クラブ連合会の中での大河原婦人防火クラブの活動も、ホームページ等で紹介されておるところです。しかし、県の取り組みと我が町では行政の理解という観点では温度差があると感じております。
 そこで、今後婦人防火クラブが我が町においてさらに大きな発展を遂げるべく、行政の支援も必要であると考えますので、以下質問に入ります。
 (1)婦人防火クラブを構成する人員は、町内在住の成人女性という認識なのか。区の代表として名簿に載ったクラブ員、代議員という認識なのか、お聞きいたします。
 (2)名称は婦人防火クラブのままでいいと考えているか。一般的に「婦人」という響きがなじまなく「女性」と改めている自治体も多い。
 (3)婦人防火クラブの意義、役割、一般的活動、今後の町における位置づけについて、どのような認識を持っているのか。
 (4)屋外での活動において現在支給しているかっぽう着で十分であると考えているのか。12月、2月の防火査察では100名以上の婦人防火クラブ員のご協力をいただくが、町より支給されたかっぽう着では寒さはしのげない。何よりも使命感を喚起する服装ではないと考える。
 (5)決算のときの成果説明書に、婦人防火クラブの概況についても掲載すべきと考えるが、どうか。
 以上、答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、婦人防火クラブにおける組織の構成についてのご質問とご理解いたします。
 まず、本町の婦人防火クラブ組織は、議員ご指摘のとおり、昭和57年に発足したものであり、規約第4条に「大河原町に居住する婦人をもって組織する」とあります。この「婦人」の定義については特に規定しておりませんが、世間一般に「ご婦人」と呼ばれていることを考えますと、社会通念上、議員ご指摘の「成人女性」と認識しているところであり、この規約からは本町の全ての成人女性と理解することもできるものと考えております。しかしながら、実際は活動できるクラブ員として代議員制度を利用している状況があるものであります。
 次に、婦人防火クラブの名称についてのご質問にお答えいたします。
 近年、「婦人」の名称を「女性」に改めているクラブ組織もあるようですが、仙南圏域については婦人防火クラブの名称となっている状況にあります。名称の変更につきましては、今後、クラブ員の意見や近隣市町の対応を見てまいりたいと思います。
 次の婦人防火クラブの意義、役割、そして活動に係る町としての認識につきましては、まず、火災発生件数の5割以上が住宅火災と言われており、住宅火災を減らすことが生命と財産を守ることにつながるものと考えるものであります。したがいまして、このことは家庭での防火対策が必要と考えられ、家庭防火という観点から見れば、常日ごろ家庭で火気を取り扱う機会の多い婦人の果たす役割は極めて大きいと思いますし、基本的には、個人の責任において防火の意識を高めることが大切ですが、地域の婦人の方々が一緒に防火に関する知識を学び地域活動をすることになれば、より効果的な成果が得られるものと考えます。町といたしましても、今後も防火クラブの活動に関し支援並びに応援をしてまいります。
 次に、防火クラブ員の服装であるかっぽう着についてのご質問にお答えいたします。
 婦人防火クラブといえばかっぽう着と直ちにイメージできるのは私だけではないと思いますが、現在、かっぽう着の支給については婦人防火クラブの事業となっていることもありますので、防火活動に係る服装については防火クラブの中で検討していただきたいと考えているところであります。
 次に、5点目の決算に係る成果説明書への婦人防火クラブ活動報告の掲載についてのご質問にお答えいたします。
 本年度分より、活動内容等について成果説明書へ掲載するものといたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 世帯数、区によっても世帯数とかあると思うんですけども、私、担当課聞いたところ、各行政区ごとに代議員ということで選出なんですが、数に大きなばらつきがあるのはこれはどうしてなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 代議員数のばらつきの件でございますけれども、確かにですね、私のとこにも資料あるわけでございますが、20を超えるような代議員数がございます。これにつきましては、行政区での考え方もあるかというふうに思っております。平均的には大体5から4というような代議員数の数でございまして、ある地区においては20を超えるような代議員数の数になっているものでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今、答弁に時間かかったのもそうなんでけども、県内で32万2,000人いるっていうのは成人女性の約3人に1人がもう婦人防火クラブ員で、私も庁舎内の職員の方にですね、「婦人防火クラブ員ですか」って聞いたら「えっ、わかりません」、「いや、私は婦人防火クラブ員だと思うんですけど」って言ったら、そういう認識はなかったようなんですね。この数字というのは、代議員をもって婦人防火クラブ員ということで町は認識しているのか。答弁にもありますが、町内の成人女性全てが防火クラブのクラブ員であるかって、どちらの認識なんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この婦人防火クラブの運営につきましては、あくまでもその防火クラブの会費といいますか、そういった形の中で運営してございまして、基本的には、全世帯数にある程度の割合を掛けて単価20円というような形の中で各行政区からいただいているところでございます。そういったことを考えますと、基本的には構成員とすれば世帯数の女性の方が全員というふうになるというふうに思っております。しかしながら、実際の活動につきましてはいろいろな諸事情がございますでしょうから、代議員数というふうな形の中で活動に担っていただいているような状況があるというふうに理解をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私、これ拡充が必要だということですから、行政区に任せっきり、婦人防火クラブに丸投げっていう形を改めてやってほしいという趣旨で、私、今回質問してますからね。
 代議員数の枠を決めないで、その七千七百数十世帯が区会費を納める中から20円をいただいて、防火クラブの予算が年間15万円程度で賄われてるっていうことがあれば、その世帯に1.何人かの成人女性がいるわけですね。その方たちを巻き込んで婦人防火クラブへの加入の活動ということをしなくちゃいけないと私は捉えているんですけれども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 確かにですね、防火クラブの加入につきましてはPRを不足しているというふうに思っておるところでございます。防火クラブの総会もございますし、そういった形の中で、会長含めてですね、町内に広めたいというふうに思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 本当に我が町は消防団の活動も活発で、消防団協力事業所表示制度等々も他町に先駆けてやられている自治体ですから、この婦人防火クラブに関してもさまざまなサポート体制もできると思いますので、今後ですね、底辺を広げることはもとより、まず介護業界でありますとか、さまざまな女性が進出しているような業界も踏まえてサポート体制も考えることも必要だと思いますけれども、そのような考えはありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 先ほど町長が申しましたように、火災のほとんどが、5割以上が住宅火災だということで、常日ごろ家事に携わる機会の女性の方のですね、家庭防火ということでは非常に大きな力を発揮していただいているというふうに思っております。本町におきましても、建物火災は今現在ゼロというふうな状況でございまして、非常に仙南でもですね、火災が少ない状況になっております。そういったことを踏まえましていろいろな形で、広報紙あるいは町ホームページ等で婦人防火クラブ等の活動、そしてまた意義についてもですね、PRをしていきたいというふうに思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 火災ゼロの要因は何だとお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) これにつきましては、先ほど町長が申し上げましたとおり、家庭での婦人の火気を取り扱うことで、家庭防火といいますか、そんな形が一番大きなものというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これはあとまた触れますので。
 (2)の再質問に。名称は、「婦人」というのは答弁にあっとおり「女性」の方を、「成人女性」を指すことでありますが、ずばり、税務課長さん、唯一女性なので「婦人」ということで、「婦人」ということでどういうイメージ持たれますか。済いませんが。簡単でいい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 個人的にはちょっと少し古い呼び方かなとは思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 突然済いませんでした。
 大正時代、「婦人」というのは意識の高い女性との響きを持っておりました。「婦人」という響きは、後に既婚女性、年配の女性という意味合いを持つようになってきまして、だんだん使われなくなりました。現代の日本語において一般化した呼称が「女性」であり、「婦人」は古めかしいイメージを持つ古語ということになってるそうです。
 我が町の婦人防火クラブも、今のままで私もいいとは思うんですけども、何か転換期があったりさまざまな機会があったときに、町長も総会などに出ているわけですから挨拶の折にちょっと触れてみたりですとか、たまたま私がこの先進事例とかを婦人防火クラブの中で調べる中で、名称が「女性防火クラブ」ってしてるとこが本当に盛んに活動をやってるという傾向も見られましたので、町内も含めて各女性の団体が今後発足する場合には、「婦人」ということも確かに悪いとは言いませんが、「女性」ということを執行部のほうも認識いただきたいと思いますが、いかがでしょうか。町長、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、税務課長がお答えしたとおり、「婦人」という言葉の響きは本当に古いものがございます。きょうは小学生が傍聴にお見えでありますけども、この小学生に聞いてみりゃ「もう婦人防火クラブだったら嫌よ」と、多分「女性防火クラブだったら入る」というような声が圧倒的に私は多いと思っておりますので、その趣旨をいかす形でなるべく早めに改定、私が変えるわけいかないので、婦人防火クラブの皆さんのご意見も拝聴しながら取り組んでまいりたいというふうに思っておるところでございます。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) じゃ、(3)の再質問に入りますが、まず、一般的活動、婦人防火クラブの、お聞きしますが、年間通じてどのような活動をしているか、執行部のほうは認識されてますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 毎年総会をやってございますけれども、主なものを申し上げますと、研修会、講習会についてお話をさせていただきたいと思います。
 まずは、婦人防火クラブのリーダー研修会等につきましては会長、副会長が出席しておりますし、それからあと、議員もご指摘のありました春夏の火災予防運動、消防団と一緒にですね、防火チラシの配布、防火査察の実施を行っているとこでございます。
 さらには、年1回でございますけれども、移動研修会といたしまして防災学習会、ことしも山形でございましたけれども、そういった形の中で防災知識の学習も努めてるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そうですね。25年度の婦人防火クラブの事業報告について説明いただいたようですが、この婦人防火クラブのクラブ員の方々ですね、ボランティアってくどく言ってるわけですからあえて確かめますけど、報酬というのはいただいてるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 報酬は支給してございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほど申し上げたとおりに、区会費の中から20円ずつをいただいて15万円程度の年間総予算でやられてるのが婦人防火クラブですよね。そのクラブ員が、その中からかっぽう着とかを買ったりですとか移動研修の予算を割いたり、消防団の幹部新年会には3名様大枚のご祝儀持って毎年お見えになっておられます。感謝の気持ちに私はたえませんが、総会に参加されてる町長はおわかりと思いますが、余裕のある運営状況だとお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 余裕があるとは私も思っておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 後からこれもまた質問で触れますので、婦人防火クラブの意義と役割について答弁のほうではよくおわかりのようで、火災ゼロも消防団よりも家庭防火に努める婦人防火クラブの力が絶大であったという課長答弁もございましたところから、先ほども言いましたとおり、町内の成人した女性というの、町が数字を把握してますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町のほうで毎月発行しております人口分布表から集計をさせていただきましたけれども、二十歳以上の女性につきましては、11月30日現在で1万と20人でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そうですね。1万……20歳から108歳までですか。全員がもう火の前には立たないと思いますけども、実際にこの中から主婦としての活動をされてる主婦としての方は7,000人から8,000人ぐらいいるのかなと私は考えておりますけども、婦人防火クラブの意義と役割をこの火の前に立つ方、家の周りを掃除する方、例えば婦人防火クラブの意義を大きく理解して実際に資する、先ほどの見解で言ったように、町内全員の成人女性が婦人防火クラブ員であるという認識なのか、代議員なのかというところにも立ち返るかと思うんですけども、この婦人防火クラブの意義をこのような家庭で火を扱う方々が深く理解して実践されたときに、婦人防火クラブのこの事業計画の中で私一番着目したのは、各行事に参加することではなくてですね、クラブ組織の拡大・強化、無火災達成の地域の推進ということ、通年ということで下から2段行っておりますね、ここが私一番重要だと考えております。
 究極は、町内の女性の方が無火災達成地域を達成するために全戸加入というのが、全女性のクラブ員になることが私は理想と考えますが、この点、今後、先ほどの質問とも関連するんですけども、広報が足りなかったということで、例えば広報おおがわら等に二十歳以上の女性は全員が婦人防火クラブ員ですよというようなPRをするというふうに受けとめてよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 婦人防火クラブの、何ていうんですかね、PRにつきましては、まずですね、組織のあり方というな形の中で説明したほうがよろしいんではないかというふうに思っております。全ての女性がですね、構成ということよりは、こういった事業の活動でもって現在の活動状況はこうであるというふうな形の中で、まずは活動状況をですね、知っていただくことが先だというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば活動状況を知っていくために、どのようなことを具体的にお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 例えば議員もご承知のとおり、先ほどクラブ組織の拡大・強化っていう形になりました。内容については、自主防災組織への積極的参加というコメントもあるかと思いますけれども、そういった地域の安全はみずから守るような形の中で、消防団、それから行政区の役員の方、そして婦人防火クラブ、こういった組織の中で地域を守っていくというようなことで、1つPRができるのではないかというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) もうちょっと予算があれば、オータムなんかでも消防団と同じように1つのブースを設けてですね、婦人防火クラブの紹介や加入の促進に向けて広くPRするということも、今後私は必要だと考えております。婦人防火クラブの底辺がふえていけば、例えばボランティアでやられてる団体でしたら、例えば消防団が年に2回防火査察の出動ということで、1回当たりこれ200名出動すると40万単純にかかるわけですよね。もし婦人防火クラブがこれ1回でも担ってくれれば、40万というお金も婦人防火クラブにやることも私はやぶさかでないと考えております。多少の消防団員のご協力もいただきますけども。
 極端な私の今の質問ですけども、建物火災についての答弁も先ほどありまして、5割ということでだったんですけども、予防消防の点から家庭防火は極めて重要であると、これは答弁でいただいたところですが、平成25年の1月から12月まで4万8,095件の火災が全国で発生し、5割じゃなくて、これ6割が建物火災ということで私の資料にはございました。総死者数のまた6割も建物火災によるものであり、去年は残念ながら1,625名の方が火災で亡くなって、997人が建物火災で亡くなっているという痛ましいデータもございますが、昨年我が町での火災は4件、ボヤが1件と成果説明にありましたが、予防消防の観点から、課長、組織内でも今いろんな会社でもこういう事例取り上げられてるんですけども、ヒヤリ・ハットというのはご存じでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) これはですね、私もちょっとインターネットで調べてみましたけれども、ハインリッヒの法則ということで、重大な事故の影には29倍の軽度の事故と300倍のニアミスが存在するということで、1対29対300というような形の中で、基本的に重大事故の影にはですね、小っちゃなミスが多くあって、そういったことを情報の収集であったり、そこから改善することで未然に防げるというようなことで、交通事故防止等々にですね、活用されているようなことでちょっと理解をしてるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 優秀な課長さん、よくすっかりすばらしいご答弁でございました。
 そうです。ハインリッヒの法則というものがありまして、1つの大きな災害や事故の影に隠れている29の小さな軽微な事故で、飛行機でたとえればその下にはヒヤリ・ハット、300のニアミスが飛行機事故ではあるというようなことが言われています。
 ここで大事なのがその数を知ることで、先ほども答弁の中にちょっとありましたけども、例えばきょう小学生来てますからたとえで言いますけども、小学生が、児童がジャングルジムから落ちて1人大けがをしてしまったという事例があったとすると、29人の子供が偶然落ちてしまったけど、低いとこから落ちてすりむいたりあざができたぐらいで保健室で処置をしてもらって事なきを得たというのが29件。あとのその影の300というのは、高いとこで手が滑って汗で滑って落っこちそうになったけども、片手が引っかかって助かったというヒヤリ・ハット体験してるというのが301件の、重大事故の影にはこのようなことが隠れてるということがこのハインリッヒの法則なんですね。
 こっからが一番大事なのがその事故があってヒヤリ・ハット体験というのを蓄積して共有して、例えばクラスに帰って、夏になって暑くなってきた。走っててそのままジャングルジム上ったら汗で手滑っから危ねえよな。気をつけねっけねえど、いつもクラスではそういうふうに言ってるけど、いつも5年生のあの子真っ先に行って上ってっけども、危ねえから、あいつ教えてやんなくちゃいけないなということで、情報の蓄積と共有っていうのをきちっとしていかないと事故防止につながらないということが、このヒヤリ・ハット・キガカリ活動ということで企業内ではよく用いられてることなんですね。
 ここで火災におけるヒヤリ・ハットというのも、例えば家の周りに燃えやすいものを置かないとか、放火が火災原因の1位ですから、そういうことを共有して婦人防火クラブ員の底辺が広くなれば、そういうヒヤリ・ハットの蓄積や共有をして、家庭内のコンセントの上にほこりが積もってるのはだめだよと、そこでショートして発火することもあるとか、そういう底辺を広げることによってヒヤリ・ハットの共有をして、放火を防ぐという意味で底辺を広げていくことは私大切ということで、代議員で縛るんではなくて底辺を広げてほしいという提案をしてるんですけども、そういう認識にはなりませんかね、総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 当然火災につきましては全町挙げて、全町民が挙げてですね、みずから責任のもとで取り組むことになるかと思います。そういったことにつきまして、今お話いただきましたことにつきましても、広報とかでですね、お知らせすることは十分できると思いますので、冬の期間のような時期にですね、お知らせしたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 町長、通告外かもしんないですけども、議員が大きく騒いだり、さまざまな大きなお騒がせになる事例があったとすれば、その影にはこのヒヤリ・ハットまでのいろんな現象もあるということもご承知いただきたいと思います。
 (4)の再質問に入りますが、この婦人防火クラブには、これは年2回防火査察のときにお手伝いをいただいてるというのは、このお手伝いいただくようになった経緯というのは、私、ちょっとこれはわからなかったんですけども、ご存じであればお答えください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ちょっと調べたわけではございませんけれども、私も小さいころにはですね、かっぽう着を着た赤いたすきをかけたお母さん方がうちに来て、火の用心ですかね、かまど検査っていいますか、そういった記憶がございます。したがいまして、歴史は随分古いんではあるというふうに思っておりました。そのときもかっぽう着を着ていた記憶はございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これはお願いしたし、敬老会とは趣旨違うんでしょうけども、やっぱり何らかから町からの働きかけもあったからこそ、婦人防火さんのお手伝いもなったのかなっていうふうに、私の中では考えてます。さっきからかっぽう着かっぽう着って言ってますけども、でも、あれですか、婦人防火クラブの予算の中であれ支給してるんですから、どうぞ婦人防火クラブさんでかっぽう着のままやってくださいということなんですかね。課長、さっきからかっぽう着ってやたら多いんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) かっぽう着につきましては、町長の答弁もございましたけれども、クラブの中でですね、検討していただきたいというふうに思います。当然かっぽう着1枚では寒さ対策にはならないと思いますし、クラブ員の中で総会等でいろいろなご意見があればというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) でも、かっぽう着って買えば、しまむら、誰でも買える、買えますよね。かっぽう着って誰でも着れると思うんですよ。ご自分で。消防はっぴとか勝手に着れないですからね。かっぽう着って誰でも着れると思うんですよ。世の中の女性の方は普通に。見ればかっぽう着というのは家庭で着ますよね。多分誰もが着てると思うんですけども。
 さっきから婦人防火クラブの活動は存在も含めて大切だということですけども、私は若い世代を巻き込むためにですね、かっぽう着、今若い女の人かっぽう着着たいと思いますか。課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 何ですかね、炊事をするときに、かっぽう着というのはなかなか今は見れないのかなと。エプロンといいますか、そういった形の中ですりかわってるような状況があるかというふうには思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私もちょっと見たことあるんですけども、ネットでも写真等々載ってるんですけども、愛知県の蒲郡市では、もう物すごいデザインのいい活動服を婦人防火クラブに貸与という形で市がやって、帽子と防寒具というものも貸与してます。ここも物すごく盛んでですね、幅広い年代の婦人防火クラブ員が活躍されております。私、かっぽう着悪いと言ってんじゃないですからね。たまたまこの……いいです。(3)のさっきの婦人防火クラブの予算に関しての再質問でも聞いたとおり、予算も窮屈でかっぽう着っていっても、婦人防火クラブの方、消防団の脇に並んでも今かっぽう着みんな着てこないですよ、もう。ええ。現実的に。現場を見ていただければおわかりと思いますけども、寒いんでジャンバー着てきたり、そういう形でたすきだけかけてやってるような形で、消防団の我々が統制とれた服装の脇に並ぶにしてはちょっと統一感がなくて、私は残念だって現場で肌で感じて、直接「いいご、あんだらね」って言われる機会もたびたびありました。
 ここでですね、ちょっと制服というものでご理解が、私、答弁の中でも余り私、執行部前向きじゃないのかなという印象あったのでですね、ちょっと事前に、埼玉県の春日部市立の江戸川中学校というところの大澤校長先生という方文章紹介しますんで、これ事前に電話で許可をいただいてますので、ちょっとご披露させていただきます。「桐の葉」という学校だよりなんですけども、「制服とユニフォームの効果」校長大澤裕之。
 さわやかな秋風が吹き、コスモスの花が咲き始め、何をするにもやる気の出るすがすがしい季節になりました。9月25日金曜日から行われた新人体育大会では、1・2年生が日ごろの練習の成果を十分に発揮して、真剣に競技に集中する様子がとても印象に残りました。中でも男子ソフトテニス部は個人戦で市内優勝を果たし、県大会出場を決めました。また、女子卓球部は個人戦シングルス3位で、代表決定戦に駒を進めました。ユニフォームに身を包んだ選手はいつも以上に自信ありげな頼もしい姿でした。
 今月は衣がえの時期です。冬服を着て登校する生徒が少しずつふえてきました。ところで、「制服感情」、これは「せいふく」というのは相手を征服するじゃなくて、学校の制服の「制服感情」という言葉であります。「制服感情」とは、制服を着た人が味わう組織への所属感や仕事への使命感などのことです。アルバイトをしている大学生が「制服を着た途端にしゃきっとなって、「いらっしゃいませ」などとふだん使わないような丁寧な言葉を自然と出てくる」と話しているのを聞いたことがあります。警察官や消防士の方は「制服に身を包むと使命感が高まる」という話をよくされます。どちらも制服を着るということが、気を引き締めたりプラスに働いたりということだと考えてよいと思います。
 部活動の試合のときにユニフォームを着ると「さあ、頑張るぞ」という気持ちの高まりを感じた経験があると思います。「制服感情」には、自分への効果だけでなく周囲の人の受ける印象や人物評価も含まれます。きちんとした身なりの人を見て真面目そうな人だなと感じたり、だらしない服装の人に信用できる人だろうかという気持ちを持ったりすることがその一例であります。たとえどんな服装であろうときちんとするという本人の決意があっても、周囲の人々は身だしなみが悪ければそのことを理解してくれないということです。本校の制服やジャージにきちんと着こなすことで、一人一人の江戸中生としてのプライドが高まっていくのだと思います。
 今月25日土曜日には、保護者の皆さんや地域の方々をお招きして合唱祭が行われます。きちんとした服装で、学年として、そして江戸中生としての一体感をぜひ見て聞いていただきましょう。また、3年生は進路決定に向けて高校の説明会や体験入学に行く機会も多くなります。身だしなみを整え、江戸川中の「制服感情」で自信を持って行動してください。休日のリラックスした服装は、心を解放させ日ごろの疲労をとるのに適しています。しかし、制服を着るとスイッチが入ります。登校するときにふだん何気なく着ている制服やジャージには、江戸中生としての所存感や使命感があることを忘れないでほしいと思いますという文章があります。
 あと、お聞きしますけども、同じ教育者として、教育長、この文章についてどのように、全然婦人防火の制服とは関係なく、この文章自体どのようなご感想をお持ちですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 今、お話を聞きまして、制服とユニフォームの効果といいますか、やはり制服を着ることによって気持ちがきりっと引き締まる、そういう効果はあるんだなというふうに再認識したところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今、ちょっと町長も感心して聞いてたようなんですけども、町長も感想ありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も制服は大好きであります。大学4年まで学生服に身を包んでおりまして、大変引き締まった学生生活をしておったと自負しております。サラリーマンになってもやはり背広でちゃんと通勤をしておりまして、制服を着ればやはり気持ちも高まるということは事実であるというふうに思っております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時から再開いたします。
     午後0時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほども蒲郡市等の当たり前の事例ですね、制服、防寒服、帽子を支給してるてのもご紹介しましたけども、お隣の白石市もですね、9支部102隊のクラブがあり7,000人の会員で活動しているということで、1人当たり250円という予算を立ててですね、175万円ほど予算を市のほうで単費で応援されてるそうで、本当に潤沢な運営がされてるということも、きょうちょっと電話で職員として調べて、私確認したところなんですけども、文章を先ほど紹介したとおり、使命感、所属感を高揚させる効果というのはユニフォームにあってですね、婦人防火クラブの人たちも寒い中たびたび防火査察等の応援をいただいてる中で、防災訓練にもご協力いただいたり消防演習にも並んでいただいておりますよね。誰にでもかっぽう着って着れるもんですからそこを考えていただいて、防火クラブの拡大・強化への後押しを今こそ私が図るべきであるということでこのような質問をさせてもらってるわけですが、例えば婦人防火のリーダー研修、先ほど課長おっしゃってましたけども、そういう折にも仙台なり、遠くは研修だと山形に平成20年度も研修なりに行ってるようなんですが、幹部の方とかそういう方には、例えばですよ、我が町の象徴する観光の宝、桜、そのようなのをイメージしたはっぴをそういう幹部の方たちにはぜひ公の席で着るように、幹部に限ったことで申しますと、私はあったほうがいいのではないのかな。あと、防寒用の後ろに防火クラブと入ったようなジャンパーなり統一感のあるユニフォームを、私はぜひとも用意することが望ましいと信じております。入会促進にはこれに似たようなことは、オータムフェスティバルの先ほども言ったようなそういうようなことをね、きちっとやってもらいたい、くどいようですが、ちょっと課長答弁は、町長、どのように受けとめますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答え申し上げましたとおり、制服は極めて大事なものであると認識しております。また、本町のいわゆる連担度といいますか、住宅密集地であります。1つ火事があれば大変な惨事になりかねません。そういった意味で防火思想の普及というのは本当に大事だと思っておりまして、これまでも防火思想の普及に婦人クラブの皆さんが懸命にご尽力をいただいた結果、他町と比べて火災が少ない町だというふうに思っておりますけども、やはり万全を期すという意味でさらに防火思想を図っていきたいと思っております。
 また、その士気を高めるためにも制服は極めて大事だというふうに思っております。はっぴがいいのか、先ほど例示されました蒲郡市のような制服がいいのか、その辺はですね、先ほどもお答え申し上げましたとおり、防火活動にかかる服装については防火クラブの中で検討していただきたいと、検討していただきたいと言うからには勝手にやれという意味ではないというふうに捉まえていただきたいと思います。周辺の市町を参考にしながらということで思っておりましたけども、今白石の例が挙げられましたのでそれも参考にしながら、今後この防火思想が普及するように、さらにこの婦人防火クラブの活動、あるいは名前を改称して女性防火クラブになるかわかりませんけれども、若い人たちも入りやすいような体制をつくることが極めて大事だと思っておりますので、いま一度ですね、庁内で検討をさしていただきたいということでお答えを申し上げたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 前向きの答弁でしっかり状況を認識されたものと確認いたします。
 (5)の成果説明書には載せるという答弁でしたので、これも今事業報告に載せられてる行事のとこなるべく詳しく載せていただきますように、担当課には成果説明の中で記載のほうよろしくお願いしたいと思います。
 今、この前衆議院選挙あったわけですが、駆け込みで、まち・ひと・しごと創生法ということで可決された法案もありますし、消滅可能性都市というのが開示されてから慌ただしく各自治体が回避に向けた動きをする中で、若い女性を巻き込んだこのような活動ていうのが、今から私、協働のまちづくり、これ町長よくおっしゃりますね、地方分権型社会で特に期待される活動がここで、それが見えない費用対効果を生む、やっぱり消滅可能性都市を免れるための私は一助になるということを疑ってやまないので、このような質問をしてるわけでございます。
 我が町での存在意義、婦人防火クラブが存在する存在意義、町での位置づけというものを再認識していただいて、小さな組織ですが、本当に全員が名前だけ加入しているのではなくて実働できるひとが1,000人規模ぐらいになれば、私は町が後押ししてそのような1,000人規模が実働できるような組織にしていくことが私は大切だと考えております。ふだん火の前で、先ほども言いましたが、調理をして、家の周りにも燃えやすいものがないか、掃除をしているときにコンセントのプラグの周りは大丈夫かとか、婦人防火クラブの活動の実践というのが実を結んでいるからこそ、無火災地域の達成ということが見えると思います。
 残念ながら火災というのは我が町でも大きな施設が火事になったとおり起きているわけですから、私も実は消防団の一員であります。火が起きたら火消せるんです。でも、どれほど私らが頑張っても300人の消防団員が頑張っても、その婦人防火クラブの広い底辺の中の予防消防というのには力は及ばないんです。しっかりそのことは町側にも認識していただきたいと思いますが、私は消防はっぴ脱いでも、今何かサイレンあったら何かなと、この一般質問の最中にどっか火が見えたりしたら、私を初め、大沼君も丸山さんも消防団なんですから、ここ捨ててでも使命感に燃えて駆けつける、それはどの消防団員も同じだと思うんですけども、それは今はっぴ着てなくても私らは心にはっぴ着てるんですね。常にそういうことで意識、使命感を持っております。
 くどいようですが、婦人防火クラブも幅広い年代が予防消防の確かな実践に取り組む、まず初期消火の訓練もされておるようですが、その足がかりとして心にユニフォームも着てもらうことが、私はしっかり無火災地区の達成の大きな力になると思いますので、再度、課長、ご認識のほどをお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 制服の話から、今議員さんがおっしゃいましたが、心にユニフォームというお言葉がありました。婦人防火クラブとしても家庭の防火、そして地域の安全というふうな形の中で、しっかりとそういった認識と意識を持っていただくような形で努めてまいりたいというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) はい、わかりました。
 では、2項の質問に移ります。
 政策形成・政策決定はプロセスを重視。
 私は、政策とは、町が抱える問題の解決、または町民のよりよい生活環境の維持、創造のために示す方向性、対応策と考えております。今後どのような状態にすべきかを決定し創造していく中で示す方向性がビジョンではないのか。ビジョンにのっとり政策を実行に移す際には、大切な2つのプロセスがあります。1つ目は、役場組織内部で意思統一を図り、住民とともに協働の政策を展開すること、2つ目は、政策の根本的な立案から住民合意に至るプロセスである。
 しかし、最近の町政運営を見ると、政策を実現するためのプロセスがおろそかにされているように私には映る。合意形成はものが相手でなく人であり、幾つかの政策を進める上で、町長のやり方は庁舎内でも住民からも唐突さという声を耳にしたことは残念でならない。微力ながら町長の後押しをさせていただいたが、町長には今後、広義においても狭義においても首長の判断が重要ではありますが、ますます地方自治体を取り巻く環境が厳しさを増し、住民のニーズや要望が増していく中で、結果オーライだけではなく、ゆめゆめプロセスを重視していただく姿勢を大切にしていただきたいと考えるので、町長の認識をお聞きいたします。答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、岡崎 隆議員の2点目の政策形成におけるプロセスの重視について私の認識についてお答えいたします。
 まさに、議員ご指摘のとおりであり、さまざまな課題解決に向けその課題を解決できる政策を考えること、つまり調査、立案、議論などを行うこと、これらのことが政策形成プロセスであると考えており、非常に重要で必要なことだと認識しているところであります。
 本年度においても、役場のシンクタンク機能の向上につながる職員からの政策提言などを訴え、日々の職務を通じた気づきを大切にした政策イノベーションをテーマにしているところであります。
 これからも課題解決に向け、今年度より設置いたしました政策企画会議や政策形成ヒアリング、または緊急庁議等を開催して、さまざまな視点から町職員との議論を重ねるとともに、住民参加促進のためのガイドラインを作成して、町民の方との接する機会を創造し、最良の政策形成プロセスに努めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 先ほどの質問でも、ヒヤリ・ハットのときですね、やっぱり何か事が起きたときの影にはどういうことが隠れてるかということをしっかり、政治ですから急ぐときには急がなくちゃいけない、私も理解はしておりますけども、庁舎内での職員の負荷がかかる、そういうことがなるべく避ける中で、急ぐべきときにはしかるべき処置でしっかりやっていただきたいということと、さきの前任の質問の万波さんにもあったとおりですね、後任の質問者も質問するようですから、私が本当に後押しした伊勢町長に対して今回なぜこのような質問をしたのかということを深く、この質問を通告してから町長もお考えになったと思いますので、その点を十分踏まえて今後の町政運営をよろしくお願いしまして、私の質問を終わりといたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 4番高橋芳男でございます。一般質問通告書に従いまして質問させていただきます。
 まず初めに、質問事項は季節型インフルエンザワクチン接種の助成拡大(中学3年生)であります。
 毎年各種予防接種の推進があり、毎年実施されております。季節型インフルエンザの予防接種の件で、冬場の11月ころから接種を開始するわけですけれども、ワクチンの予約等についてこの今ごろがちょうど一番いい季節になります。いいタイミングだと思います。インフルエンザ予防ワクチンは既に65歳から助成の対象になっております。免疫力の弱いお年寄りにとっては大変効果的な予防注射となっております。大変に喜ばれております。
 今回さらに一歩進めて、高校受験を控えた中学生も助成の対象としてはいかがでしょうか。その理由は、高校受験を控える間から2月インフルエンザ流行のピークに達します。家庭では大変気を使います。手洗い、うがいはもちろんですが、家族全員がマスクをかけて受験生をインフルエンザから守ってあげたいと思います。毎年何人かはインフルエンザにかかり、受験を前に体調を崩す人もいるようです。
 近隣の亘理町では、日本ユニセフから100%助成をいただき、幼児から中学3年まで全員のインフルエンザ予防接種を実施しております。また、蔵王町では、少しでも受験生や家庭に安心していただきたいと、平成19年度より中学3年生を対象に実施しております。川崎町でも中学3年生に予防接種を実施しております。我が大河原町としても中学3年生に安心安全の先駆けをつくってあげたいと思いますが、町長のご見解をお伺いします。回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、中学3年生への季節性インフルエンザワクチン接種への助成についてのご質問にお答えいたします。
 季節性インフルエンザの予防接種は、予防接種法では65歳以上の方及び60歳から64歳のうち内部障がい1級相当の障がいを有する方が助成の対象になっております。
 中学3年生につきましては任意接種となりますので、現在のところ助成は考えておりませんが、来年度に向け準備を進めておるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再質問ですけども、来年度に向けて準備を進めているというふうなことですけども、十分に鑑みて、やっぱり高校受験をするために体調に一番万全を期すためにもよろしくお願いいたします。
 続いて、2点目の質問に移りさせていただきます。
 2点目の質問は、胃がんリスク健診であります。
 がんの中でも日本人に最も多い胃がんの患者数は約21万人とされ、年間5万人の方が亡くなっております。胃がんとピロリ菌の関係は長年研究されてきましたが、1994年WHOは疫学的調査から、ピロリ菌が確実な発がん物質と認定していました。また、中国で行われた大規模な比較的臨床試験でピロリ菌除菌による胃がん予防効果が確認されました。日本でも幾つかの調査が行われ、除菌により胃がんの発生率が3分の1に抑制されたことが発表されております。ピロリ菌の感染は生まれてから10歳ぐらいまでに感染し、現在、感染率は10代で10%以下に対し、50代では50%、60代以上では80%の方が感染と言われております。
 この胃がんについての審査の先進的に取り組んでいる自治体に群馬県高崎市があります。平成8年度により血清ペプシノゲン法による胃粘膜萎縮検診を、平成18年度よりピロリ菌感染の有無をあわせて検査するABC検診、胃がんリスク検診を実施しております。
 この胃がんリスク検診は採血による血液検査法であり、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜萎縮の程度を測定し、被験者が胃がんになりやすい状態かどうかをAからDの4群に分類する検診法です。この検診は胃がんそのものを診断するものではなく、胃がんになりやすい胃かどうかを検診し、胃がん発症リスクの高い人に対してピロリ菌の除菌や定期的な精密検査を推奨するものであります。この検査方法では、従来のバリウムを飲むレントゲン法と比べ、食事の制限もなくわずかな血液をとるだけで診断が可能であり、検査費用も安価であることが特徴です。
 検査の結果、ピロリ菌の感染もなく胃粘膜萎縮もない方をAタイプとし、精密検査の対象から除外する。萎縮はないが、ピロリ菌が感染している方をBタイプ、萎縮もありピロリ菌にも感染している方をCタイプ、ピロリ菌が検出できないほど胃炎が進み、胃がん発症の可能性が高い方をDタイプと分類します。
 この検査により胃がん発症のリスクが高い方が、ピロリ菌の除菌や定期的に胃の内視鏡検査を受けることで胃がんなどを大きく減らす効果があることから、近年、胃がんのリスクの検診を実施する自治体がふえてきております。この胃がんリスク検診を導入するべきと考えます。そこで2点目の質問です。
 胃がんはピロリ菌による感染由来のがんで、ピロリ菌を除菌することで胃がんの発症を3分の1に減らすと言われています。そこで、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜萎縮の程度を測定する胃がんリスク検診を実施する自治体もふえているが、本町でも実施するべきと考えますが、町長のご見解をお伺いいたします。答弁によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、胃がんリスク検診実施についてのご質問にお答えいたします。
 本町の胃がん検診は、国のがん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針により、科学的根拠に基づき推奨されているバリウムを用いたX線検査で実施しております。
 なお、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜萎縮の程度を判定するなどの胃がんリスク検診につきましては、国のがん検診のあり方に関する検討会におきまして、その有用性、安全性、コストなどについて検討が進められているところであります。町といたしましては、現段階での実施は考えておりませんが、今後国の動向を見きわめながら対応してまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 今現在、国の動向というふうなことですけれども、やっぱり長寿国日本というふうなことですので、なるべく早急にそういうことを進めていただきたいなというふうに思いますので、もし町長の考えがありましたら、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど申し上げましたけれども、今、国のほうで有用性、安全性、コストを検討しております。有用性、一番大事なのはやっぱり安全性であります。安全性の確保を万全にしたいという国の意向もございます。そういった意味で、先行の自治体はありますけれども、若干まだ国としては課題があるんではないかというふうに考えておりますので、その課題解決の後には実施を検討してまいりたいということでございます。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 国の見解が出ましたら早急に取り組んでいただくというふうなことで、よろしくお願いします。
 3点目の質問でございます。
 3点目の質問事項はイノシシ被害と安全対策万全であります。
 イノシシ被害は、地球温暖化、人口減少と高齢化による里山、山林が荒廃し、田畑の耕作放置等が挙げられます。町内全地域でイノシシ被害が確認されていることから、被害対策をあきらめて農家が作物をつくらないという深刻な事態になりかねない。また、イノシシ出没による小学校、保育園、児童館の安全対策が望まれるが、以下にお伺いいたします。
 当町の被害状況と対策はどうか。
 2番目、鳥獣捕獲と担い手の育成はどうか。
 3番目には、被害農家に対して防護柵、電気柵の補助の考えはどうか。
 4点目には、被害農家がみずから行える対策の普及啓蒙はどうか。
 5番目、専門家を招いての研修会開催してはどうか。
 6番目、イノシシ出没による児童・生徒の安全対策はどうか。
 7番目には、被害防止計画を作成してはどうか。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 初めに、本町の被害状況と対策はどうかとのご質問にお答えいたします。
 町境付近の山間部を中心に被害が拡大・深刻化しております。特に、水稲、野菜等への被害が多く、収穫前の水田においてヌタウチ被害や畦畔への被害が大きく、また、春先のタケノコや収穫前の馬鈴薯の食害が多く見られます。
 対策としては、やはり防衛だけではおのずと限界があることから、あわせて捕獲を行うことによりイノシシの個体数そのものを減らしていくことが重要なことだと考えております。引き続き地元猟友会の協力を得ながら、捕獲に力を入れてまいる所存であります。
 次に、鳥獣捕獲と担い手はどうかとのご質問にお答えいたします。
 11月末現在、イノシシの捕獲は31頭になっております。担い手の育成につきましては、現在、捕獲隊員は12名でありますが、来年度から2名ふえる予定であります。
 次に、被害農家に対して防護柵、電気柵の補助の考えはどうかとのご質問にお答えいたします。
 これまで宮城県鳥獣被害防止総合支援事業交付金を活用し、電気柵約4キロメートルを設置いたしました。補助の要件として、農家3戸以上の共同設置で上限単価方式となっております。柵の設置に対する補助に限らず、支援策を農作物有害鳥獣対策協議会等とも相談し、考えてまいります。
 次に、被害農家がみずから行える対策の普及啓蒙はどうかとのご質問にお答えいたします。
 各集落座談会等において、「イノシシから農作物を守りましょう」等のチラシ配布を行うなどPRを行っているところであります。
 次に、専門家を招いての研修会を開催してはどうかとのご質問でありますが、これまでは有害鳥獣駆除隊を対象に地方振興事務所や共済組合等主催で開催されておりますが、農家を対象とした研修会開催を要望する等、本町としても考えてまいります。
 次に、イノシシ出没による児童・生徒の安全対策はどうかとのご質問にお答えいたします。
 各小中学校では、イノシシに限らず危険動物が出現した場合には、児童・生徒に確実に知らせ、安全に下校するよう指導するとともに、教員が引率下校や巡回を行うようにしております。また、保護者に対して一斉メール配信により情報を伝えるとともに、注意喚起を行っているところであります。
 最後に、被害防止計画を作成してはどうかとのご質問にお答えいたします。
 平成25年度に大河原町鳥獣被害防止計画を作成しております。対象鳥獣は、イノシシ、ドバト、キジバト、カルガモ、ハクビシンです。計画期間は平成27年度までの3年間となっているものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 1つの例を挙げると児童というふうなことなんですけれども、10月の2日のところに南小のほうでイノシシ出られましたんですけれども、そういうことを考えるとやっぱり安心安全というふうなことで、里山に近いとか、例えばこちらほうでは金ヶ瀬カトリック幼稚園とか、あと桜寿苑とか、あと第一ひかりのとこと山里がありますので、やはり一部分をしているんでなくて、やっぱり大河原町全体としてそういう安全対策を万全を期していただきたいという旨がございます。
 もう一つなんですけども、町長のお考えでいいですけど、ヒカワのほうに視察研修に行きましてですね、そのときにあったのはイノシシ対策と専門にあったんですけれども、やっぱり大河原町だけではなく、2市7町と広域行政的なことでやっぱりイノシシ対策をやっていかなければいけない部分が出てくるし、福島県においてはイノブタが発生しておりますので、やっぱり山から山を越えてこられますので、県境のところに電気柵なんかできませんのでね、やっぱりそういうふうなところも今後行政とかそういうふうなものを通じて今後行っていくかどうか、お考えを聞かせてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) このイノシシ対策につきましては、県南2市7町で連携し、県に対しても要望をしてるところでございます。今後、いろんな具体策についてご提言をいただく中でしっかりと進めてまいりたいと思っておりますので、町だけではなかなか対応できませんので、広域の課題として捉まえて取り組んでまいりたいというふうに考えております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) イノシシ対策なんですけども、やはり今町長が言われたように、やっぱり1町だけでなかなかできませんので、広域行政とそういうふうなことも含めて今後ますますそういうふうなものふえておきますので、もう事故が起きたら大変なことになりますので、安心安全で暮らしやすい大河原にしていただくようにお願い申し上げまして、私の一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問をいたします。
 私の質問事項は1つ、町長の町政についてであります。
 町長に就任して2年が過ぎ、町内外において積極的に町長として公務に励まれていると思われます。また、人事、財政面でも独自のカラーが出せる状況になり、今後町長として大いに手腕が発揮できるものと期待されるところですが、2年前、町長選挙において町長が掲げた公約、短期、中期、長期と期間も区切り、県議会議員を2期8年務められ、県の予算、決算審議もされてきて行政の財政にも詳しい中で、詳細に掲げた公約の総括として、任期の半分2年が過ぎ、どのように思われているのか、以下お伺いします。
 1.緊急(1年以内)で個人町民税一律5%減税は就任して早々と撤回しましたが、公約に掲げるに至った経緯と早々と撤回に至った経緯を、いま一度伺います。
 同じく、緊急(1年以内)で高校卒業まで医療費無料化(入院・入院外とも高校卒業または18歳未満まで医療費を無料にします)とあったが、いまだ実行されてはいません。公約に掲げた経緯と実行に至らなかったのはなぜか、伺います。
 3.短期(1年から2年)で町内循環型町民バスの運行とあるが、いまだに実行されていない。公約に掲げた経緯と今後の実効性は。
 4.同じく短期で攻めの農業とあるが、進捗状況と大河原町の農業の今後の展望について伺います。
 5.中期(2年から4年)で公共施設の老朽化対策とあるが、今後の対策を具体的に伺います。
 6.同じく中期で児童クラブの施設の充実とあるが、どのように充実していくのか。また、児童館のあり方もあわせて伺います。
 7.公約緊急(1年以内)、短期(1年から2年)、中期(2年から4年)と期限を区切り掲げたからには詳細な調査をされてきたと思いますが、公約を掲げるに当たって支援者や支持者の助言をもらって掲げたのか。それとも、単に自分の夢を掲げたのか、伺います。
 以上7点伺います。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、個人町民税の一律5%減税を公約に掲げた経緯と撤回に至った経緯についてのご質問でありますが、公約に掲げた経緯につきましては、町民の声をもとに必要な施策との判断により掲げたものであります。
 また、撤回を行った経緯につきましては、減税を行う上での調査検討を行ったところ、減税を行うのに徴収システムの改修に巨額の費用がかかることや、東日本大震災の被災地復興のため増税が行われる状況の中で被災地の町が減税を行うことへの問題、さらには、減税は低所得者へは波及効果が少ないことなどから撤回を行ったものであります。
 次に、高校卒業まで医療費無料化についてのご質問であります。
 医療費の無料化につきましては、財政の健全を保って段階的に実施し、今年度か子ども医療費の助成を中学校卒業まで延長いたしております。
 公約に掲げた経緯といたしましては、さまざまな福祉政策の1つとして、高校生までの医療費の無料化を掲げたところでありますが、限りある財源を有効に活用するためにも、今後政策企画会議等で協議を行ってまいりたいと考えております。
 次に、町内循環型町民バスの運行についてのご質問であります。
 私の掲げた公約は、町内循環型町民バスを運行し、町民のニーズに合った使い勝手のよい公共交通システムを確立するというものでありますが、掲げた経緯としては、多くの町民の皆様から要望があったためであります。
 実現に至っていないのは、デマンド型乗合タクシーの運行開始から間もない時期であったことに加え、財政的に厳しい中でデマンド型乗合タクシー運行事業にかかる経費のほかに、町内循環型町民バスの運行にかかる財源を捻出することは難しいためであります。今後は、町民のニーズ、町の財政状況及び財政効果等を勘案しながら、公共交通施策について検討してまいります。
 次に、攻めの農業の進捗状況と大河原町の農業の今後の展望についてのご質問であります。
 NEXT大河原ゆめプランでお示しいたしました項目についての状況を申し上げますと、まず、環境と人にやさしい農業事業でありますが、水稲での取り組みでは、化学肥料や農薬を抑えた取り組み(環境保全米)を水稲作付面積の約37%まで広めており、環境にもやさしく消費者にとっても安全な取り組みを進めているところであります。
 次に、梅の特産化事業でありますが、金ヶ瀬地区の梅生産農家等とも梅の加工品づくりや付加価値を高める取り組みなどを進めているところであります。
 次に、人・農地プラン推進事業でありますが、ことし3月にプランを作成いたしました。その後に、農地中間管理事業の推進に関する法律による農地中間管理事業が始まっており、その事業ともあわせ、地域の中心経営体への農地集積支援や、新規就農者への助成等担い手対策等もさらに進めてまいります。
 次に、(仮称)農業再生化会議事業につきましては、町内にはさまざまな分野で活躍されている方々あるいは活躍された方がおられます。本町の農業についてともに考え検討していくとしているものであります。これまでも各種会議を開催し、人選等を検討し、会議の設置に向け進めているところであります。
 最後に、大河原町の農業の今後の展望についてでありますが、本町においては立地条件を生かした水稲を中心に野菜、果樹、畜産等を組み合わせた複合経営を主に推進してまいりましたが、農業従事者の減少、高齢化、農業所得の激減など危機的な状況になっております。
 このようなことから、国の経営所得安定対策の導入により、意欲ある農業者が農業を継続できる環境を整え、付加価値を高める取り組みの推進等、農業の再生を図ることで、農業の有する多面的機能が将来にわたり適切かつ十分に発揮されるよう推進してまいりたいと考えているところであります。
 次に、公共施設の老朽化対策についてのご質問であります。
 私の公約としては、学校体育館、学校給食センター、桜保育所、上谷児童館、中央公民館等の老朽化対策を検討するとの内容であります。
 まず、金ヶ瀬中学校屋内運動場につきましては、現在設計中であり、来年度に着工し、完成する予定であります。また、学校給食センターにつきましては、移転建設について庁内に設置した検討会議で検討中であり、今年度末までに結論をまとめることとしております。中央公民館につきましては、建築から35年を経過し老朽化が著しいため、利用者の安全にかかわる部分の修繕を行いながら、今後のあり方を検討しているところであります。そのほかの施設につきましては、来年度策定することとしております公共施設等総合管理計画の中で検討してまいりたいと考えております。
 次に、児童クラブの施設の充実についてのご質問でありますが、就任以来、大河原小学校学区並びに金ヶ瀬小学校学区に各1クラブを増設し、定員の拡充を図ったところであります。
 また、児童館のあり方につきましては、今後におきましても、放課後児童クラブはもとより、自由来館における各種行事や母親クラブ等の育成、子育て相談等、これまでの事業を継続しながら機能の充実を図ってまいります。
 最後に、私の掲げた公約に対する支援者あるいは支持者からの助言等に関するご質問にお答えいたします。
 私の政治姿勢として、「公正・公平・クリーンな政治」、そして「希望と誇りを持って暮らせる福祉の町」、「町民の声が届く町政」を掲げ、また先進的な政策により町勢、町の勢いの発展を願いながらまちづくりを展開しているところであります。つまり、人を大切にする町民本位の心豊かな安心して暮らせるまちの実現を目指したものであります。
 そして、その実現に向けた具体的な取り組み、つまり私の掲げた公約となるものであり、掲げた公約の実現こそが私の夢であります。
 また、公約の策定に際しては、長期間にわたり実現に向け多くの町民の方々からのご意見、要望等もあったものであり、このことは支援者、支持者としてのご助言として理解しているものと考えているところであります。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) まずちょっと(1)の部分なんですけども、まず、そうですね、撤回に至った個人町民税一律5%の公約の撤回に至った経緯というのは、減税を行う上で調査検討を行ったところってあるんですけども、普通は調査検討を行ってから公約って掲げるものじゃないんですかね。これ、とりあえず言ってみて、その後に調査検討するものなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、財源について公約を掲げる前にいろいろ検討しました。ただ事務的なことについてはわかっておりませんでした。そのことについては2年前にも反省してると申し上げたところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) またさらに、減税、低所得者には普及効果が少ないというのは、これはもうわかりきってますよね、最初からね。これが撤回に至った理由っていうのもちょっと理解しがたいとこなんですけども、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 理由はいろいろここに記載さしていただいておりますけども、それらを総合的に判断して撤回したものであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 個人住民税一律5%ちゅうのは、私もいかがなものなのかななんて思ってましたんで、これは特別それほど恩恵があるものでもないし、掲げた経緯っていうのがちょっとわからなかったので聞いた部分なんですけども、この高校まで医療無料化ですね、(2)番目の。こちら、けさの新聞見られたと思いますけども、女川町も検討に入りまして、今県内でやってるのが2村町ですかね。あと、今検討に入ってるつうから来年度からですかね、色麻町が、高校まで医療無料化ということで。女川町が入れば4町目になるのかなと思いますけども、具体的に、今後の展望というか、どうお考えなんですかね。町としてはやるつもりのがあるのかどうかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 中学卒業までことし実施いたしました。去年は小学6年生までやったんですけども。それらの実績を踏まえながら、どの程度の財源が必要なのか、大体予測はつきますけども、実際にやってみないとわからない部分がありますので、それを判断材料といたしまして、そのときの財政事情を勘案し決断をしたいというふうに考えております。今後のことについてはこれからの検討に委ねたいと思っております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) これはまあ今年度から中学校まで、去年は小学校までやってきたわけですけども、これは既定路線で前から決まってた部分ですよね。それに対して、町長の公約、その上を行こうっていう形で掲げたのかなとしか思えないような状況なんですけども、高校までというのが。結局、中学校までなってるんで、選挙公約でその上を掲げれば当選できんではねえかなって、その程度の考えだったんじゃねえのかなと思えるくらい、結局全然できてないわけですよね。財政状況的にも、前回ですか、ほかの議員質問したときにある程度のシミュレーションは、高校までで2,000万プラスぐらいですか、その程度という答えはありましたけども、では、今は、今現在で、今現在出てないですかね、中学校まで無料化にしてどの程度の財政的に負担があるのか。今わからないですかね。まだ集計はしてないですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 6歳までが四千数百万だったと思います。それから、小学校まで拡大して6,000万ちょっと。それから、中学まで拡大して、まだ推計でありますけども、恐らく7,000万ちょっとということで、高校卒業まで拡大して約9,000万ぐらいになるんではないかというふうに試算しておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 今後財政状況を見てっていうことなんですけども、今は12歳、12歳でねえ、中学校卒業までに見た場合、どの程度だったら可能なのかっていう腹案はあるんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その腹案は今のところありませんが、ただ今盛んに言われております消滅可能性都市を防ぐためには、20代、30代の女性にとって魅力あるまちづくりをしなければいけない。そのためには保育とか教育環境を整えるということは大きなテーマであります。ことしの5月9日に日本創生会議が発表した直後に、役場庁舎内では、来年度その人口維持可能な都市を目指そうという若手職員を中心とするプロジェクトチームをつくるということをもう既に決定いただいております。そんな中で若い人たちの意見を聞きながら、その限られた財源をどのように使うのか、その1つの重要なターゲットとして、目標としてですね、この医療費の高校卒業まで無料化があるものだと私は認識しておりますので、そのような総合的に考える中で実施していければというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 高校無料化ですね、こちらのほう、やっぱり県内でも自治体があちこち手を挙げてやってるような状況ですんで、公約に掲げたんであればそれに向かって邁進していただきたい。高校まで無償化、私個人としてはどうなのかなという部分もありますけども、財政状況を見ての判断になり得るんでしょうけども、やっぱり掲げたからにはやっぱ町長としてはその掲げたことに全力で取り組むのが当たり前だと思いますので、また、先ほどのクリーンエネルギーで先んずればってありますんで、やっぱり掲げたものがほかの自治体より大分おくれてその後追いになるようでは、ちょっと掲げた理由がないのかなと思いますし、また、ぜひともこの高校無料化、親の負担軽減という形にもなりますんで、その親の負担軽減というのが高校まで無償化がいいのかどうかも今後検討していただいて、よりよい町政に努めていただきたいと思います。
 次、循環型町民バスですけども、こちらのほう、先ほどデマンド乗合タクシー事業とですね、重複するんでその財源を捻出するのが難しいとあるんですけども、こちら両方やったらそれこそお金幾らあっても足りないんで、やっぱりどっちがいいかっていう判断になると思うんですけども、その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は多くの方の要望に基づいて公約、掲げた公約の1つでありますけども、今デマンド型タクシーを運用していく中でいろんな課題が聞かされております。例えば遠いところ、なかなか電話しても満杯で乗れないということがありますので、そういった今そのデータを集めるためにも今回デマンドタクシーでいろいろ実証してるとこでありますけども、そのデータに基づいてどのような運行形態がいいのか、2つ同時並行でやるってのもちょっとなかなか難しいんでありますんで、そのミックスの形もあるんではないかと私は思っておりまして、公共交通政策として本町にとって一番ふさわしいものを今後検討していきたいということで、この前もたしか第2回の公共交通協議会があったんですけども、できる限り無駄を省く中でより町民のためになるような公共交通機関をつくってもらいたいという意見がありましたので、そういったことを参考にしながら、新たな時代にふさわしい公共交通機関を構築していきたいというふうに考えておるところでございますので、検討に少しお時間かかりますので、今こうあるべきだということではなくて、いろいろデータを集めながら検討を幅広くしていきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) こっちはデマンド型タクシー乗り合い事業というのも出ましたんであれなんですけども、本来であれば、交通弱者である中心部から遠いところを本来はカバーするのが本来の役目じゃないかなと思うんですよね。近場の人たちは、言い方悪いかもしんないですけども、ちょっと歩っていただいて、健康のためにもこれ歩くのは一番いいんで、天候の悪いとき使ってもらって、あと天気のいい日はやっぱり歩って買い物等医者とか行ってもらって、健康づくりにまた役立てていただいて、やっぱり地域、町から遠いところの買い物だったり、やっぱり医者通いなんていうとやっぱ片道1,000円近くかかって、2,000円とか往復でかかっちゃうわけですよね。そういった方々のために本来はあるべきものだと思うんですよね。それが何か遠いから逆にそっち行かねえとかっていうふうになってくっと、本末転倒じゃないかなと思うんですよね。まず、またそういった逆に遠い地域ですね、遠い地域を循環型でカバーするっていう手もあると思うんですけども、そっちはどのようにお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) さっきお答えの中でミックスということを申し上げましたけども、その辺のことを展望いたしておるところであります。
 それから、現在のデマンドタクシーの利用者のほとんど8割以上が80歳、90歳という高齢者であります。歩くことは大変健康にいいわけでありますけども、歩くことを推奨するのにはちょっとご高齢過ぎるということで、しかも利用の場所はですね、病院とか駅とかですね、そういったところでありますので、ちょっとした近くで買い物するというようなことではなくて、いわゆる福祉タクシーに近いような機能を果たしておりますので、これはこれで継続していかなきゃいけませんし、今丸山議員ご指摘の遠い地域の人々も十分利用できる、遠いから、健常者であっても遠いから利用したいという人に応えられるようなそういうシステムをつくりたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ぜひその辺は検討していただきたいと思います。なかなか検討ばっかしで、ちょっと実行しに至らないのが多いような気もするんですけども。
 また、次、攻めの農業推進でありますけども、町長もご承知のとおり、米価が下がり続けてまして、農家にとってはもう跡継ぎもいないような状況っていうか、親なんかも跡継ぎにさせるのがちょっと大丈夫なのかなっていうような状況の農業に至っております。また、大河原町もやっぱ面積的には狭い町なんで、田んぼなんかも本当に集約できるような状況にない田んぼなんかもあるんで、やはり近くでもやっぱ本当の高齢化になってまして、逆にあと5年、10年すればほとんど農業従事者がいなくなるような状況の部分も多いかと思うんですけども、その辺、町長、率直にどうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 現在でも既に耕作放棄地、遊休農地がどんどんふえてきております。ただ農地は、私は基本的に守るべきだと思っております。農地のいわゆる多面的機能がございますので、そういった意味で維持したいわけでありますけども、ただ、今回国が示した中間管理機構に大規模集約ということでありますけども、日本の農家の構成を見てみますと圧倒的に中小、零細が多いわけであります。そういった方々に光が当たるような政策もですね、この農業再生化会議の中でぜひ検討してもらいたいというふうに思っております。
 また、米の値段が急激に下がってきております。これは消費者が少なく消費量が少なくなってるからということも大きな原因であります。そういった意味でですね、消費者のニーズに合わせた作物の転換を図っていくべきだというふうに思っておりまして、付加価値の高い農業に転換できるような誘導策がないものかというふうに私自身は考えておりますけども、専門家会議でその辺のところをじっくり検討していただけるものというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 本当に農業に関してはなかなか難しい部分がありまして、あとはちょっと国策の部分もあるんで、国の持っていき方によって大分自治体としても変わるんでしょうけども、やっぱり自治体でできることっていうとやっぱ付加価値をつけてという形になると思うんですけども、農家でもそうなんですけども、付加価値っていっても各個々の農家ではやっぱり付加価値つけるっていってもたかが知れてると思うんですよね。やっぱ町ぐるみ、また地域ぐるみでやっていかなければならない部分だと思うんですよね。その中でブランド化っていうと、やっぱり大河原町の名前を売っていくしかないのかな。今はサクラッキーが頑張って大河原町をPRしてますけども、やっぱりPR効果、やっぱ農業を中心に考えると、やっぱ道の駅あって、そこんとこで物産を売って地域ブランド力を高めるのが今は一番、やっぱりテレビなんか見てても道の駅という部分でピックアップされてる部分もありますし、かなりそのウエイトが大きかった。これが町長が撤回した、道の駅構想撤回という部分で農業の先行き、また大河原の農業の先行きは少し暗くなったのかなと思うんですけど、その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この問題につきましては何度もお答えしております。私は、売る場所をつくるよりも売れるものを先につくるべきだというのが基本にあります。また、国道4号線、商店がいっぱい立ち並んでおります。そういった方々に邪魔になるようなことをしたくないということで、あくまで生産物を先につくると。売り場所はないくらいにつくれるあれば、道の駅も必要だと思っております。ほかの道の駅見ても、どの道の駅でもですね、地元の産物を売ってるのは本当何割か程度しかないと。ほかの地域から持ってきたものが売られております。それでは単なる商業施設に過ぎないというのが私の論点でありまして、そういった意味で、売れるものをつくるために町の名前を上げていくと、町そのものをブランド化していくということのために、いろいろ努力をしていきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) さっきの農業の売れるものをつくるというのは、売れる場所がないと売れるものもつくれないんですよね。まず、売る。やっぱり売る場所があってこそ売れるものをつくれるわけですよね。結局、やっぱり皆農家もそうなんですけども、やっぱ売る場所が余りにもなさ過ぎるんで、結局つくるものが限られてくる。結局、水稲なんかもそうですよね。やっぱりブランドもの、ブランドだって、やっぱ今一律にその買い取り価格が高いものに皆行っちゃうというのもそのせいがあるんですよね。結局、新しいもの新しいものとそうやって売れるものをつくるんですけども、結局そこんとこで売れてくとみんながつくるんで値段が下がってくる、その悪循環が今農業にとっての、米なんかも非常にその部分が多い部分で、やっぱ水稲がやっぱり値段が下がっているんで、ほかに畑で何かつくろうと思っても、結局売る場所がない、持ってく場所がないという形で、やっぱり水稲に頼らざるを得ないというのが現状になってるわけなんですけども、やっぱ売れる場所をやっぱりいろいろと持ってかなきゃだめだと思うんですけど、その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今例として水稲、要するにお米の売れる場所がなくては困るということでありますけども、売れる場所がなくて困っているという農家、今、例としてお挙げになりましたので申し上げたんでございますので、いずれにしても売れるものという意味を少しご説明申し上げたいと思います。
 要は、高く売れるブランド化志向のようなものをつくっていきたいと、付加価値の高いものをつくりたいということでありまして、そういったブランド性、付加価値の高いものについては、ということはおいしいということでありますけども、そういったものをつくれば売れる場所はおのずとルートは開けるものだと私は思っております。いい商品であればいいバイヤーが目をつけて買ってくれるという社会のシステムもございますので、売れる場所がなくて困っているということは私はないと認識しておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと認識がずれがあるようなんですけども、結局、今米でもやっぱ農協主導で今つくってるわけなんですよね。ブランド米でもこだわり米なんかも結局農協の主導で、その減農薬ですか、そういった形でつくってる部分があるんですけども、1俵当たり普通のより500円高いぐらいなんですかね、その形でやってるわけなんですけども、そういった結局うまいものをつくるというのはわかるんですけども、それを持ってってやっぱ「これ、うまいから」ってつったって、誰も彼もが高く買ってくれるわけじゃないですよね。そこに至るまでのプロセスというのがあるわけですね。それ、農家が勝手に努力してやれっていうんであればそうなんでしょうけども、やっぱ町としても援護をするんであれば、そういったそのこだわってつくったものであったり、やっぱうまいものをつくったときに提供できる場所というものを町としてもサポートしていくべきではないのかなと思うんですけども、その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 販路開拓についてはご協力をさしていただきたいというふうに思っております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 販路拡大、やっぱりその辺、拡大協力してくには、どういった協力体制があると考えてますかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 全国各地で各自治体がいろいろブランド化に取り組んでおります。一例を挙げれば、例えば青森県がある大手スーパーと提携して関東のスーパーで売っておるというようなこともあります。そういったことをやって、その地域の方々のニーズなんかも把握しながら、キャッチボールしながらおいしいものをつくっているということも事実としてありますので、そういったことがもう一つの参考になるというふうに思っております。例として申し上げました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) じゃ、町長としてはどういうふうに持っていきたいとお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 農業再生化会議という場所におきまして、今後いかに付加価値の高いものをつくるか、品目をどうするのか、いろいろ検討課題が多々あります。私がこういうふうに持っていきたいと言っても、それはもう私ははっきり言って農業は余り専門ではありませんので、その専門家のご意見を聞きながら、大河原町にふさわしい産物は何か、より付加価値を高めるためにはどのような方法があるのか、そういったことでですね、さっきお尋ねのありました道の駅でありますけども、道の駅も1つの選択肢ではあるかもしれませんけども、それを町が大金をかけてつくるものでは私はないと思っておりまして、もっとやるべきことは先にあるというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっとかみ合わないみたいなんで。
 次、公共施設の老朽化ですね、こちらやっぱり大分大河原町の施設も老朽化が激しいようで、一番やっぱり危惧してるところのはやっぱり給食センターですよね。やっぱ子供たちに安全安心のやっぱ給食提供するにはやっぱそれなりの施設が必要ですし、やっぱり壊れて子供たちにいい給食を提供できないっていうふうになれば、本当に町としても教育としてもマイナスになるのかなと思いますし、この給食センター検討中ということですけども、具体的にどの辺まで進んでんのか、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 教育総務課のほうが一応作業進めておりますが、役場庁舎内のまず用地に関する部会というものを組織しまして、適切な場所はどこかというふうなところを現在検討中です。
 それから、施設部会というものを設けまして、給食センターの施設の内容、それから機器等について今後検討していくというような作業を進めております。
 それから、財政的な部分については企画財政課と協力してもらいながら計画を立てている、そういった作業を行っているとこであります。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱ給食センターなんかも試算だと10億ぐらいかかんですかね。ですから、かなりの高額になるんで財政面でもかなり厳しいのかなとは思いますけども、やっぱり子供たちの給食を考えればやっぱ最重要課題なのかなと思ってるところなんですけども、その辺、町長、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) よりおいしくかつ安全なものをつくるために適切な財政を考えていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 児童クラブのほうですけども、あわせて子育て等についてもちょっと伺わせるんですけども、今回子育て支援という形で、この間も、前議員からも話ありましたとおり、ちょっと負担がふえたりどうのこうのという部分があったんですけども、3,000円から7,000円、金額がひとり歩きしたっていう部分もあるんですけども、結局子育て支援、今回の国の政策なんでしょうけども、やっぱ国の政策としてみれば子供を産み育てやすい環境づくりという部分が根源にあると思いますし、そこが一番だと思うんですけども、これが結局今のこの説明内容と予定では現在より確実に保護者の負担がふえるという考え、現状維持か、もしくはふえるっていう考えですよね。そうなると、子育てしやすい環境というよりは逆行してるように思うんですけども、その辺、町長、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどのご質問にもお答えいたしましたとおり、これから検討をしたいというふうに考えておりまして、その際、ゼロを含めてですね、負担をお願いするのかどうかも含めてですね、検討したいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ゼロというのは、町長言ったとおり現状維持という形なんですよね。結局、今から、今現状の負担より減るってことはないということなんですよね。結局、国の国策では子供を産み育てやすい環境づくりっていう部分のになると、今よりはよくなるのかなとみんな思うところですよね。その辺、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今いただいております3,000円はおやつ代ということで、これは受益者負担ということでありまして、その施設運営とか人件費に対する負担とかそういったことでありませんので、それは応分の負担だと思っておりますので、3,000円を減らすという考えはないので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) もちろんそれは3,000円まで減らせっていうあれではないですけども、結局、今より産み育てやすい環境ですね、であれば、やっぱり少しでも多くの人たちを子育て支援にしやすい環境であれば、やっぱり今より結局ふえるようでは子育て支援になるのかなと思うんですけども、その辺をどうお考えなのか、聞いたんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子育て支援でありますけども、児童クラブも待機もいらっしゃるというふうに聞いておりますので、そういったものも解消するということも大事な子育て支援だというふうに思っております。金額的にどの程度ご負担願えるのかどうか、これからは検討していきたいと思っておりますけども、子育てがしやすいまちづくりという観点からは、限りなく負担増にならないように検討していきたいというふうに思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり子育てしやすい環境で、今より負担がふえるようではやっぱ逆行なのかなと思いますし、その辺十分検討していただきたいと思います。
 また、最後掲げた「町民の声が届く町政」というふうに掲げられて、町長にとって町民というのは誰なのかがちょっとわからない状況になっているところなんですけども、やっぱり何か自分の本当に都合のいい周りの町民だけの声しか聞いてないのかなと思える節が多々ありますし、また、この間の請願に関しても議会をどう思ってるのかなかなか理解しがたいとこもありますし、議会の議決というものをちょっと軽視してるような部分もありますし、議員各位の声なんかもなかなか届きづらい町長、町政になっているのかなって非常に危惧してるところです。ぜひとも1つ1つ町民の声を大事に検討されて、それに対しての回答というものを真摯に回答していただきたく思い、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番庄司 充であります。議長のお許しをいただきましたので、通告順に従って一般質問を行います。
 私の一般質問は2項でございます。
 まず、最初の一般質問を行います。
 一般質問の意義と効力。
 議員必携の133ページ、5.質問という項があり、1.質問とは、の冒頭に次のように記されております。質問とは、議員がその町村の行財政全般にわたって、執行機関に疑問点をただし、所信の表明を求めるものである云々とあります。
 これをもとにして、我々議員は、行財政の運営の中から不審な点、疑惑な問題など不明を正し、さらに、議員独自の提案提言として、または、町民の声を代弁し行政に反映させるべく一般質問を行ってきました。しかし、一般質問をした事項や提案が必ずそのままの形で採用されるとは限りません。質問内容が単なる事務的な見解をただすに終わってしまうものや、町の問題からかけ離れ国家レベルの問題だったり、特定の地区の道路改修などの要望だったり、一般質問として適当でないことを、我々は時としてそれを行ってしまいます。
 しかし、我々議員は誰しもが町の発展を願い、町民が安心して豊かな暮らしができるように一般質問を通して活動しております。しかるに、我々議員が行った一般質問は、その後、どこを通ってどこに行き、どのように検討され活用されているのか、いまだ明快ではありません。そこで次のことを伺います。
 (1)一般質問された事項は、担当課でどのような議論がなされ、どのような結論を出し、どのように処理されているのか、具体的にお伺いをいたします。
 (2)以前、同僚議員から一般質問の結果を報告もしくは公表してほしいとの要望がありましたが、それをしっかりと実行しておりますか。
 (3)町長初め、担当課は、一般質問の意義を真剣に受けとめ、自分の仕事の1つと認識して対処しておられますか。
 このことをお伺いいたします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、一般質問された事項についてどのように処理されるのかというご質問でございますが、質問事項に係る担当課及び関係各課での内容確認、そして対応策とうの方針を決定しているところであります。また、最終的には、庁議の中で再度質問内容並びにその対応策等について協議を行っているところであり、実現が可能かどうかまでの議論を尽くしている状況にあります。
 次に、一般質問に対する結果報告もしくは公表についてでありますが、一般質問に対する答弁も責任が伴うことでありまして、さきの9月議会において、答弁に対する責任管理を実施するような方針を説明させていただきました。
 方針といたしましては、例えば「検討します」と回答させていただいた事項につきましては1カ月以内、遅くとも次の議会までには質問された議員本人に回答をさせていただくとした内容になっております。また、あわせて、一般質問に限らず、さまざまな要望等に対する回答などを含めた進行管理も実施することにいたしております。
 最後に、一般質問に対する私並びに議員の認識についてのご質問にお答えいたします。
 一般質問は、議員各位におかれましても最も意義のある発言の場であり、議員活動の重要な場であると認識いたしております。その質問内容についても、住民が安心して暮らせるまちづくりにつながるものであると理解しております。町といたしましても、厳しい財政状況の中でありますが、私を含め全職員が一丸となった真剣な対応を行っていると考えているところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) お答えありがとうございました。
 私、おかげさまで議員生活5期目をさせていただいておりまして、今さら何でこんな一般質問をするんだろうかということでございますが、なかなかずっと一般質問をやった過程の中で、我々の一般質問が生かされていないのか、あるいは町の町長の計画あるいは町の考えてる目標などと一致した場合は、「あっ、これは何か実現したな」なんていう手応えがあるんですが、どうもいま一つきちっとした形で見えませんので、改めてこんな質問をさせていただきました。
 一般質問に対する職員の皆さんの姿は実に真剣に仕事をしっかりなさっているなと認識しております。ご承知のとおり、一般質問の内容は事前に通告しているので町長答弁はきちっとされておりますが、しかし、一般質問は再質問、再々質問の討論の中にこそ一番大事なことがあるのではないかと思います。そんな点について、もう一度、この一般質問を受けとる側としてですね、お考えをいただきたいんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、庄司議員から5期目の心境というものをお聞かせいただきました。大変議員としての責任感あるお立場からの発言だと私は理解をしておるところでありまして、私も経験がございますのでわかりますが、一般質問というのは議員のいわば花ではないかと、議員活動の花のようなものだと私は思っておりまして、大変そういった意味で議員各位の質問については本当に真剣にお答えをさしていただいてきたつもりでございますし、また、今後ともそういう姿勢で臨みたいというふうに思っております。
 また、たびたびご指摘受けまして、検討すると言っても言いっ放しではないかというようなご指摘を受けましたので、ことしの9月から進行管理をしっかりするということで、庁議で一致してそのフォームを決めてですね、取り組んでおりますので、そのフォームさえ見れば、今この検討事項はどうなっているのかということが庁内全てわかるようなシステムになっておりまして、それでも検討の結果知らせてなければちょっと催促していただければ、大変恐縮でありますけども、なるべく催促のないようにですね、しっかりと対応していきたいと思っておりますので、今後とも一般質問を大事に受けとめて頑張ってまいりたいと思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございました。
 この(1)の件なんですが、質問事項の担当課では具体的に、町長からはその経緯が、一般質問を受けとってそれを処理するまでの経緯を簡単にお話しいただいたんですが、担当課ではこれを、一般質問がありました、議会が終わりました、その後どのようにこれを受けとめているか。そして、どのような結論をしているのか。また、我々の非常に、この一般質問の中でも勉強不足の不明瞭な一般質問もございまして、特に私などは毎回、何か自分でもこんな一般質問が果たしていいんだろうかといつも自問自答してるんですが、そんな中で、各課でこの一般質問をどのように受けとめてどのように討議されて、そして、なるものはなる、ならないものはならないというような経緯ですね、それを代表して、総務課長、お願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 一般質問に対する各課の進行管理といいますか、取り組みでございますけれども、各課においても同じような取り組みだと思います。総務課の事例をちょっとお話をさせていただきたいと思いますが、最近、空き家対策の一般質問はございました。1年前にもあって、そのような質問した中で、調査もしていなかったというおしかりもいただいたとこでございますけれども、そういったことがありましてですね、当然非常に重大な問題であるというふうに担当課でも認識をしておりまして、再度の一般質問の中で新たな取り組みを進めるというお話をした記憶がございます。
 そういった中で、総務課としてはですね、町民生活課とも関係しますけれども、やはり調査をしようというふうに検討したところでございまして、実は区長さんを通じてですね、各行政区の空き家の状況を調査をお願いしたところでございまして、各区長さんからはご報告をいただいている状況でございます。そういった状況を踏まえまして、再度確認作業を行いながら、あとはどういった形で町が取り組むべきか、具体的な取り組み事例をですね、作業を進めたいというふうに思っておりまして、今申し上げましたように、町としてすべきの事項につきましては各課でもって真剣に捉えている状況でございますので、総務課に限らずほかの課も同じような取り組みをしているというふうに思ってるとこでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ただいま空き家対策の話がございましたけれども、私は中央商店街に住んでおりまして、我が家でもささやかな商店をやっておりますけれども、以前にですね、商店街の選出の先輩議員または同僚議員から、商店街の活性化なんていう問題がたびたび一般質問で出されました。これは永遠に答えられない、あるいはどうやったらいいのかわからないところまで来ておりまして、その商店がですね、バイパスには大型店がどんどんと立ち並んで、専門店、さらにはヨークベニマルのような大きな食料品店専門店がありまして、商店街の活性化、いろんなイベントを展開しておりますけれども、この活性化を商店街復活ということをどのようにしたらいいのかななんていう一般質問が随分出されました。その中で、町側としては「検討いたします」、また、「商店街の人が何か新しいものをやる、あるいはお客さんを集めることができるイベントをやるときには必ず後押しをします、協力をします」というような程度で終わっております。
 これは一例でございますけれども、こういうどうにもならない一般質問、どうにもならないことを提出された場合ですね、総務課長は課内ではどのようにやっているんでしょうか。これはどうにもならないから、とにかく検討するって答えてんのか。その辺真剣にですね、ちょっとお答えいただきたければ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 商店街の活性化、確かにですね、昔あったような記憶がございます。担い手の不足とかですね、そういった話で答弁もしたような気がございますけれども。基本的には、できるものはできる、それからできないものはできないというような形の中でお答えすべきだというふうに思っておりまして、検討するという、期待を持たせるようなこともですね、いかがなものかというふうに思っております。はっきり答えるべきだというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) これはある例でございますけれども、非常に難しい、こちらでもわかっているようなことを質問して、そちらでもどうしようもないことを答弁してるわけですから、これは例でございますけれども。
 それでは、2番目のですね、一般質問に対する報告なんですが、これなんですけれども、これはですね、今後どういった形で、例えば本当に重要なこと、あるいはこれは今から実現しそうだ、さらに議会のほうでももんでもらいたい、そういったものがですね、実現しそうだ、あるいはこれは到底だめですよというものでも結構でございます。その我々一般質問した議員に対してですね、報告といって語弊あるんですけれども、その具体的な方法はどのように考えておられますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 一般質問をされた議員の方には、基本的に口答で「このようにしたい」または「このようになります」。今総務課長が言いましたように、「ちょっとこれは無理です」とかというふうなことを口答で差し上げるというふうに形にさせていただいております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) それではですね、わかりました。我々の一般質問が無にならないようにですね、今後ともしっかりとやっていただきたいのでございます。
 そこで、じゃ、この一般質問の件はこのくらいで、次の2項めに移ります。
 2項めの一般質問でございますが、町の象徴白鳥の行方でございます。
 大河原町に飛来する保護及びふさわしい環境づくりを目的として、平成4年に「白鳥を守る会」が設置され、それは大河原町を象徴する鳥に白鳥を定め、白鳥が飛来する期間中に餌づけをしたり、住みよい環境をつくったりしてきました。当初、このあたりでは白鳥は蔵王町宮に飛来し、やがて白石川を下り、大河原町の柴田農林高等学校裏周辺に来るようになったときに、町民の人たちが餌づけをしているうちに、年々その数がふえていったものであります。10年前当たりの最盛期には、白鳥がシーズン中に700羽、カモが1,000羽以上飛来したものであります。
 鳥インフルエンザ発生から、野鳥に近づくのは危険、餌づけをしてもいけないということから、町民は白鳥を敬遠するようになり、町の象徴である白鳥への関心も薄らいできました。さらに、期せずして白鳥の飛来数も減ってまいりました。そこで次のことをお伺いします。
 1.鳥インフルエンザと白鳥飛来の因果関係をどのように捉えておりますか。
 2.白鳥を守る会の現状はどうなっておりますか。
 3.白鳥を守る会への補助金が予算にも決算にも上がってきませんが、どうなっておりますか。その理由は何でしょう。
 4.町の鳥は白鳥とうたってきたが、今後町はこのテーマをどう考えておりますか。
 5.白鳥飛来の減少対策と白鳥飛来の重要性、将来を町はどのように考えておりますか。
 お伺いいたします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、鳥インフルエンザと白鳥飛来の因果関係についてであります。
 鳥インフルエンザウイルスは野生のカモ類を自然宿主、宿の主として存在しており、腸管で増殖し、水中のふんを媒介して白鳥等に感染するようであります。そのことから、餌づけをすれば白鳥やカモ類が多く集まり、感染の確率が高くなるものと考えております。
 次に、2点目及び3点目の白鳥を守る会のことにつきましては一括してお答えいたします。
 守る会につきましては、鳥インフルエンザの影響と会員の高齢化のため、平成25年度から活動を休止しております。そのため、白鳥観察小屋の設置費用等の補助金についても発生しておりません。
 次に、町の鳥(町鳥)としての今後の対応というご質問でありますが、これは町村合併30周年記念事業の一環として、昭和61年に町民憲章とともに定められたものであります。後の回答と重複しますが、現在は鳥インフルエンザを考慮し餌づけ等を控えざるを得ませんが、町のシンボル(町鳥)として白鳥を大切にしていく方針は変わらないものと考えております。
 ちなみに、サクラッキーの顔が白鳥でございます。
 最後に、今後の白鳥飛来についてのご質問です。
 白鳥飛来地の観光資源としての活用につきましては、養鶏業者等周辺市町への影響もあることから、鳥インフルエンザという脅威がある限り、餌づけや触れ合いの場の設置などは極力控えざるを得ません。このことに伴い、白鳥の飛来数が減少してしまうということは大変残念なことであると考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございます。一時下火になった鳥インフルエンザが再燃して、ここ二、三カ月また猛威を振るっているようでございます。我が町の白鳥は一体どこに行ったんでしょう。鳥インフルエンザも静かになってきたなと感じておりました矢先、この新聞等では随分そちらこちらで、県内県外でも鳥インフルエンザの被害が多くなっております。鳥取、島根、千葉、県内では栗原、鳥インフルエンザの陽性が出ております。
 そこで、11月の11日に、町長もご存じのとおり、県大河原地方振興事務所が、鳥インフルエンザや口蹄疫の発生を想定した防御の演習を合同庁舎の駐車場で行いましたね。私も見学をしました。主に家畜、鶏に接するときの注意や防護服の着脱の仕方などを指導したり、家畜伝染病の発生状況などの現状なども話されました。
 このとき、係官の人にお聞きをいたしました。大河原町に飛来する白鳥と鳥インフルエンザの関係を聞いてみましたところ、数百羽の白鳥の中には病原に冒されている鳥もいるだろう。また、病原菌を運んでくる危険性もあるということでございます。それで、餌づけをしたり観察したりするときは十分気をつけてほしい。むしろ当分は近づかないでほしいというようなことでございましたが、今、町長がおっしゃったように、町の鳥と制定して白鳥をかわいがってきた大河原としては、今後この鳥インフルエンザと白鳥の関係、ますます数も減っております。白鳥を観察に来たり見に来たりする人の数もめっきり減っております。このことを今後どのようにお考えでしょうか。町長でも誰でも。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も、先ほど答弁の中で申し上げましたけれども、本当に残念な事態であります。鳥インフルエンザが収まるのを待ってですね、その後また再び白鳥が来るような町にしていきたいと、今のところはそんなふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 白鳥を守る会でございますが、この白鳥を守る会の人々が高齢化になったり、それからこの鳥インフルエンザによって白鳥の数が少なくなったことで、白鳥の会が消滅寸前になっていると思うんですが、現状はどうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 白鳥を守る会につきましては、平成24年度からですね、25年度で観察小屋の設置を今んとこはしてございません。それで、平成24年の会員数につきましては30名弱ということで、ただ会費につきましてはそれ以降集めてございませんので、そのまま継続していくというふうなことには変わりありませんが、ただ30名といっても今後それがふえるか少なくなるかはまだ予測はできませんが、そのまま残していくというふうなことでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この白鳥を守る会なんですが、私も十五、六年前ですか、議員になってからですけれども、白鳥の会の人たちに誘われましてこの会に入りました。当時秋山議長さん、それから山崎 剛さんなんかも白鳥の会で活躍しておりまして、一緒に米とか豆とかを、パンなどを餌づけしたものでございます。その白鳥の会がですね、全盛期には高橋 守さん、それから三浦今朝松さんが正副会長でおられまして、白鳥の数も1,000羽近く来ました。お客さんも県外からも随分来たものでございます。その後、若返りを図って、多分岩間さんか誰かだったと思いますが、会長になりまして、そこにこのインフルエンザが来た。ということは、インフルエンザのこの猛威が完全に去って解決するまでは、いわゆる手がつけられないということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 確かに平成15年あたりですかね、は大変、700羽ほど飛来しまして、そしてまた、観察会ということで芋煮もですね、振る舞った観察会を実施してございます。今後、白鳥を守る会、そして白鳥の餌づけにつきましてはどうなのかということですが、やはりこの鳥インフルエンザの猛威がですかね、猛威といいますか、脅威がぬぐい去らない限りは、やはり大河原町での白鳥の餌づけにつきましては控えざるを得ないのかなというふうに存じます。近隣に、先ほど町長がお答えいたしましたように、近隣市町には合わせまして100万羽近いですね、養鶏ていいますか、それがおりますので、やはりそちらへの影響を考えますと控えざるを得ないのかなというふうに考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 非常に残念なことでありますけれども、今の白鳥の会そのものはまだあるんですね。その鳥インフルエンザで白鳥が数が少なくなった、そばに寄りつけない、白鳥小屋も撤去してしまった。その後について、町とこの守る会でそういったお話し合いとか今後どうしようというような、何ていうんですかね、対策っていいますか、そういうことは語られたんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 現在、白鳥を守る会の事務局は観光物産協会で行っておりますので、会長さんとも連絡をとりながら、今後どうしていくかということをお話ししていきたいというふうには考えております。今まではまだしてございませんでした。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) わかりました。いずれにしても、我々の先輩たちが努力や工夫をして白鳥を大河原に定着させ、桜とともに町の名物にしていただいたわけでございます。鳥インフルエンザで減少した白鳥、危険だから扱えない、だけでは済まされないと思います。今後、この鳥インフルエンザの動向を見守りながらですね、町としても守る会の人たちとたびたび会合を持ってお話をしていただいて、これを存続させるように努力をしていただきたいと思います。
 これで、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘であります。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず最初の質問でございます。
 1.シンクタンク、ドゥタンクとして役場の基盤形成についてであります。
 全国の自治体におきまして、職員からの提言を施策に取り入れる政策提言制度を設けている例がございます。多くは若手職員の政策形成能力の向上や意識啓発、プレゼンテーションスキルの向上などを旨としたものでありますが、若手に限られることなく、現場で職務を遂行する中で職員おのおのからの発案、提案はあってしかるべきであります。
 町長は、町役場は町内最大のシンクタンクでありドゥタンクであると発言していることからも、職員の発案が実際の施策に直結する土壌基盤を構築することは重要であります。定期的な政策提言を制度化することで、常日ごろから発想を巡らすなどの意識改革、また施策にみずからがかかわり責任感をより強く意識すること、事業の組み立て、予算組みも含め、想定した上で提案するプレゼンテーション力のアップにつながるなどの効果が見込まれます。
 また、本年度は職員研修にかかわる予算を厚くし、ひいては住民サービスの向上により力を注ぐ姿勢であることが伺えます。このことからも住民参画のまちづくりを強く意識したものと理解しております。住民が中心になって地域の課題を解決しようとする場合に、ワークショップの手法がよく用いられるようになってきております。その際のファシリテーター役を行政職員が担う事例などもあり、職員研修ではこの事例のような役割を果たせるようになるプログラムなども行われることが望まれることから、以下伺います。
 (1)これまで職員による提案から実施に至った施策はどれぐらいあるのか。
 (2)本年度行った職員研修の内容はどういったものか。対象職員と人数、研修の目的はどういったことに重きを置いているのか。
 (3)協働のまちづくりの視点から、例えば西原集会所の移築がこれから具体化していく中で、地域住民の意見を集約していく作業としてワークショップ形式での議論は大変効果的と思われるが、その考えはあるか。
 (4)定期的な政策提言が行われやすい環境整備についてはどのように考えるか。
 以上でございます。なお、答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、職員による提案から実施に至った施策はどれぐらいあるかとのご質問でありますが、例えば環境ゆめプランなどプロジェクトチームを設置して取り組んだ計画等には、チーム員として職員が提案をしており、その意味では相当な数がありますが、特に職員提案に関する制度としては整備しておりませんでしたので、数は把握しておりませんので、ご理解をお願いいたします。
 次に、本年度の職員研修についてのご質問でありますが、まず、研修内容についてお答えいたします。
 本年度の研修につきましては、従来の階層別研修を初め、専門分野における実務研修が主なものでございます。階層別研修につきましては、勤務年数、職務により段階的に行われている研修で、本年度は36名が参加予定であり、また、専門分野研修につきましては29名の参加となっております。
 職員研修の目的に関しましては、まず、執行能力の向上を図るスキルアップがありますし、また、さまざまな情報収集を経た中での政策形成のための企画立案など、まちづくり技法能力の習得につきましても考えられるものであり、今後さらに複雑化、多様化する住民ニーズや社会制度の改正などに対応できる職員の能力を高めるための非常に重要な事業であると考えているものであります。
 また、職員が先進事例などを視察することは政策イノベーションの契機ともなることから、視察のための予算を年々ふやしてきたところであります。
 次に、西原集会所の移築計画につきましては、現在、行政区と具体的な計画を煮詰めている段階にありますことから、今後具体的にどのような形で決定していくか、さらに行政区と協議を進めてまいりたいと考えております。
 次に、定期的な政策提言が行われやすい環境整備についてのご質問にお答えいたします。
 職員による政策提言を積極的に取り入れるため、本年11月に策定いたしました大河原町新行財政改革大綱の実施項目として、職員による提案制度を今年度中に整備し、来年度実施することとしております。内容といたしましては、有効な提案制度の導入に向け職員提案制度実施要綱を制定し、提案内容を検討することといたしております。
 また、これまで同様、必要に応じ庁内横断的な政策プロジェクトチームを設置し、検討する中から秀でたアイデアも出てくるものと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、まず最初の職員提案による施策ということでございますけども、答弁によりますと、プロジェクトチームの中としては相当な数が出たというふうなご回答でしたけれども、この数に対しては多いと思われますか。少ないと思われますか。それとも妥当な数だというふうに判断されますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 数として私はある程度多いものと受けとめておりますし、また、数よりも内容が大事だというふうに思っておりまして、内容についてもすばらしい提案をいただいたものだというふうに認識しておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今はチームとして提案ということだったんですけども、職員おのおのからの提案というのももっと行われるべきだというふうには思うんですけども、その辺のお考えはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど来、イノベーションという言葉を使わしていただいておりますけども、これは就任以来ずっと役場の中で、折に触れ政策イノベーションに取り組んでいこうということを言っております。そんな中から期待をして、今後すばらしい提案が出てくるものというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まずですね、町長が役場がシンクタンク、ドゥタンクであると言われてから、このチームとしても、例えばそれがシンクタンクの結果です、ドゥタンクの結果だと何か提示できるような実例というのは何かありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 実例というとすぐ思い浮かばないんでありますけども、毎年予算を策定しております。新規事業多々提案、提出さしていただいておりますけども、それらの多くが役場職員の発想によるものだと私は理解しておりまして、かなりの数があったものというふうに思っておりまして、数的に幾らかということはなかなか把握できないものというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) チームとしては大分シンクタンク、ドゥタンクの機能が働いているというふうな解釈だと、私は町長の答弁で受けとめたんですけども、また、チームとしてはなくてですね、やっぱりこれだけの数の職員がおるわけですから、個々人がシンクタンク、ドゥタンクとしてもっと機能していくためにはどのようなことが必要だというふうに町長はお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 答弁の中でもお答えいたしましたとおり、今年度中にですね、職員による提案制度を整備することとしておりまして、職員提案制度実施要綱を制定して、新規提案を促してまいりたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その制度でございますけれども、10日の全協で説明もらいました新行財政改革大綱の中にも制度の中身が記載がございました。これはあくまでも制度ということですので、制度という事実にとどまってしまうのか、それとも、しっかりと制度を設けて職員の提案制度をもう義務化して、例えばですね、年1回各課から提案を出し合ってプレゼンコンテスト実施するなど、徹底したそういった実施に向けた意識改革というかそういうことが、ただの制度で終わらせないために何かしらの仕掛けが必要だと思うんですけども、その辺はどのように考えられますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 各課から提案するとなりますと、なかなかそれを義務化するのは私は困難だというふうに思っております。分野別によっては2つ3つ新しい提案も可能であると思いますので、また、課によってはなかなか提言しにくいような課もございますので、それを義務化するということは私は考えておりません。
 ただ、毎日ですね、終礼を行っておりまして、気づきがあればお互いに報告するという中で、また、お互いにですね、そういった終礼の中で気づいたことをお互いにそういった報告を受け合うことによって触発されてですね、新しい知恵が生まれるものだというふうに思っておりまして、あらゆる場面で政策イノベーションを進めるということを、これから大事に取り組んでまいりたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 出にくいところもあるということだったんですけれども、あえてその中でも出にくいところからでも義務化というか、それぐらいのことをハードルを設けてやらせることで、今まで出てこなかったようなことも出てくるようなことにつながるというお考えはありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そういったお考えもあるかと思いますが、これまでもですね、新年度予算を編成するときに、今までいろいろ職員のほうから新たな提言がなされておりました。義務化せずとも私は、自然にある程度は出ておりましたけれども、今後町政を考えた際にですね、自治体として生き残っていくためには新たな政策も大変大事になってくるということから、政策イノベーションをますます進めていきたいというふうに思っておりますんで、義務化をする以前にですね、職員それぞれ自発的に提言されてきておりますし、今後ともそれをより一層提案できるように新たな制度を設けたということでご理解賜ればありがたいというところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、(2)のほうに移ります。研修の目的は執務能力の向上、スキルアップというふうなことでしたけれども、その研修の中身はどういう研修なのかというのはちょっとわかりづらかった。ただお話を聞くだけの受け身の研修なのか、それとも何かその中でワークショップみたいなことを行う研修なのか。ちょっともしお答えできるのであれば、その研修の中身具体的にちょっとご提示いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町長の答弁にもありましたけれども、階層別研修がございます。勤務年数、職務によって研修が行われるわけでございますけれども、基本的に3泊4日という宿泊を伴う研修でございます。したがいまして、4日間の研修内容につきましては、講義形式、それからグループでの討議というな形の中で研修が行われている実態があるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) せっかく予算をつけての研修ですので、研修したからにはその研修を受けた人間が研修受ける前と後ではどういうふうに変化したかというそこの見きわめが大事だと思うんですけども、なかなかそこって判断はつきづらい部分だと思うんですけども、その見きわめる部分として、例えばレポートの報告があるのか、それともふだんの就業の姿を見て、ああ、変わったなというふうに変化を感じるのか。その辺はどういうふうな基準で判断しているのか、お答えをお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 基本的には、各管理者、課長のほうでですね、評価をするような形になるかと思っております。研修が終わりました際には復命というふうな形の中で、自分の感想を踏まえた中での復命書をいただくことになっておりまして、さらには、その研修の内容につきまして課長からですね、アドバイスするようなコメントもしているような状況でございまして、そういったコメントを見ながら、さらにその研修に携わった職員がですね、新たな形で何かを気づけばというふうに思っております。研修後の成果につきましては、担当課長のほうで評価をしているというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 研修の中身についてもお聞きしましたけれども、やっぱ研修というとどうしても一方的な受け身な研修というのがやっぱりこう感じるとこなんですけども、やはり研修というとですね、やっぱりどうしてもインプットがメーンになっちまうんですけど、今はどちらかというとインプットしたものをいかに自分の中で消化してアウトプットするかという、そちらのほうの作業がやはり大事だと思うんですけども、この考え方、町長、どうですか、ご同意いただけますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は、個々の職員が研修を受けた後どのように変わったかということについては、残念ながら把握できる立場にはございませんが、ただ、職員、年数を積めば積むほど優秀な職員になっておるというふうに実感しておりますので、その研修の成果があらわれているものだと認識しているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) いろんな私自身も研修というものを受けるんですけど、ただやはり座学で話聞いてるだけというのはなかなかちょっと身になりづらいものでして、その場で、何ちゅうんですかね、ブレーンストーミングですとかマインドアップという手法を使ったものがやはり自分の中に実際身になりやすいというふうな経験があるんですけれども、そういった研修は今後やっていくようなおつもりはございますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) これも町長の中で、答弁の中でお話ししてございますけれども、階層別研修のほかには専門分野というふうな形の中で、自分が例えば自治法を勉強したいときにはそういった講座に申し込む、あるいはもう少しパソコンに強くなりたいということにあればそういった研修を申し込むということもやってございまして、さまざまな研修がございます。これまでは手挙げ方式というなことで、以前にもお答えしておりましたけれども、今後はですね、より広く参加していただくようなことを考えてございますので、さまざまな研修に、ご指摘のあった研修等につきましても参加をするような形で考えていきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、集会所のほうの話に移ります。
 まず、具体的な計画を今煮詰めている段階にあるということなんですけれども、その中でやはり地域の住民の方としっかりと膝詰めたお話していくことが必要だというふうに思って、それが本当の意味での協働のまちづくりだなというふうに思うんですけれども、そういった場の中で、町の職員がファシリテーターとなって町民とのワークショップを行えるような研修ってもやっぱり必要じゃないのかなというふうに思うんですけども、その辺は、その今行ってる研修の中にはプログラムとして入ってくる余地はあるのかないのか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ファシリテーター、案内役っていうんですかね、そんな形の研修は確かにあったかと思います。なかなか難しい研修だというふうに思いますけれども、そういった研修があることをまず職員のほうにお知らせをするとともに、参加するような形で促していきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 西原地区の方から実際、いろんな集会所建設に当たってですね、いろんなお話しする場があればぜひ参加したいと、そういったとこに出て意見を出したいという声も預かっております。そうした地域の声を吸い上げることが住民参画のまちづくりでありますし、10日の全協で、地区に集会所レイアウトでの話を出してもらって、要望を詰めていきながらその中で具体化していくというな説明も受けました。それっていうのは、もう全て西原区さんのほうに、区長さんに投げてしまうのか。しっかり町の職員もコミットしていくのか。その辺お答えをお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 今回の西原集会所の移築に関しましては、このワークショップ形式はとってございません。あくまでも西原地区さんのほうに案を出していただくということで、こちらからいろんな今までの図面等々を差し上げまして、その中でもんでいただくというふうな形にさせていただいております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ワークショップは行わないということでしたので、ある程度は旗振り役は区長さんにお任せになるのかなというふうに思うんですけども、そうするとやはり直接町の人間がその中にコミットしていかないと、やはり意見の漏れですとか、いや、実はそういうニュアンスじゃないんだよなとかいうような、少し若干の認識のずれみたいなのも生まれてきたりですとか、やはりいろんな意見の吸い上げというのがちょっと、協働のまちづくりという中ではちょっと何かうまく出てこないんじゃないのかなというふうに思うんですけれども、その辺はいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 行政区さんとは何回もその中でやりとりを行いながら区のほうでちょっとまとめていただいて、うちのほうとのまたすり合わせをしながらやっていきたいというふうに考えておりまして、この前の全員協議会でお示しした資料につきましても、区のほうから上がってきた分についてうちのほうで簡単な作図をしたものというになっております。徐々にあのような形で今後進めていきたいというふうに考えておりますので、ご理解いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、町側の考え方はお聞きしたとおりだと思うんですけども、やはりそういうやり方と若干の意思のずれというか、いや、そうじゃないんだよなというような部分も出かねないと思うんですね。やはりそういうやり方で対面方式っていうんですかね、町側、町民側とどっか一つ隔たりができてしまうような、心理的な隔たりというのができてしまうと思うんですけども、やっぱり車座になって、ブレーンストーミングみたいなことで、それぞれの思うことをどんどん附箋なんかに書き出してって、1つのペーパーにどんどん出して寄せ合っていくその中で、町の職員がしっかりとかかわっていく。それが本当の協働のまちづくりじゃないのかなというふうに思うんですけども、町長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これまで何回かそういう場面に遭遇しておりますけれども、そういった場合にはですね、各地区ごとの、いわゆる行政区ごとに懇談会をなさっております。何回か足を運んだ案件もございます。そういった意味で、各地区の皆さんの声を十分に吸収しながら進めてるというふうに思っておりますので、今後もそういう場面があるんではないかというふうに私は思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず、なぜ私、こういうブレーンストーミングみたいな意見を出すかというと、出すこと、書くことによって意見の見えるかっていうのがやはり共通認識として一番皆さんわかりやすいんです。やっぱり声で意見について出しちゃうだけじゃなくて、目に見える、ビジュアル化して意見を出し合うということが本当に共通認識として皆さん持てるので、それが一番大事なことで、それが本当に協働のまちづくりにつながるというふうに思うんですけれども、やはりなかなかそういうことはやっていくのは難しいんでしょうか。できないんでしょうか。今後検討の対象にはならないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 集会所につきましては今回はこのような形をとらせていただきましたが、今後ですね、また別な集会所というふうな形になってくるかと思います。その際には、ワークショップまではいくかどうかはわかりませんけれども、そのような形式でやっていきたい。または、今まで計画策定の段階におきましても、各種住民の方から参画をいただきまして計画づくり等を行っておるという実績もございますので、ご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) では、ちょっと視点を変えて質問を変えます。町長は役場が最大のシンクタンクと申されていますけれども、最大でなくとも、町民そのものもシンクタンクの一部というような考えで解釈してよろしいでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどの一般質問の答えの中にもありましたとおり、私は衆知を集めた町政に努めたいということでありまして、団体としてのシンクタンクとしては町役場が最大だと思っておりますけれども、町全体もシンクタンクというふうに捉まえて、いろんな方々のご意見を聞くというふうな気持ちには変わりございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) だとしますと、そういった町民からの発想や考えを吸い上げる場も必要かと思うんですけども、そういった場はどういったことをお考え、想定してますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 課長答弁にもありましたとおり、これまでも町からですね、行政区に対してボールを投げかけ、それに対していろんなご意見を吸収しておりますし、これからもですね、最終案がまとまる段階の中でそういう町民の皆さんの、地区住民の皆さんの声を最大限吸収するようなことに心がけてまいりたいと思います。それで、手法としてですね、そのブレーンストーミングとかワークショップ形式がいいのか、そういったことはどれがいいかということの先入観なくですね、幅広く意見を聞くということに主眼を置いて、これからも取り組んでまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) じゃ、確認といいますか、協働のまちづくりは、町と町民が協働、そして町長は職員と協働というような、基本的にこの考えで間違いはありませんね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私が、町長と協働ではなく、私は役場の代表として役場と町民の協働というふうにご理解を賜ればというふうに思っており、私は役場だけ見て仕事するわけにまいりませんので、それは当たり前のことだというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その辺はそのように、はい、理解しました。
 それでは、次の質問のほうに移ります。4番ですね。
 政策提言につきましては、行財政改革大綱のほうでも触れられてあったんですけれども、この中でですね、その中、私、ちょっといろいろ目を通させてもらったら、町の施設ネーミングライツ導入の項目がありました。ことしの3月に私、一般質問でこの件に触れさせてもらったんですけども、お伺いした際には、今後検討という返答ではなく、今のところ考えはないと、そのような明確な答弁をされたにもかかわらず、推進プランの中に組み込まれておりました。取り組んでいただくことは本当にありがたいことだと受けとめておるんですけれども、3月にその考えはないと言われたにもかかわらず、11月、12月にはプランとして上がってきたことで、議場で受けた答弁の方向性ががらっと変わってしまったことに正直戸惑いを隠せません。これと同じようなことが庁舎内で頻繁に起きているのではないのかなという疑念が私にはございます。前者、一般質問での議員の質問の意義についての質疑ありましたけれども、議場での質問に重きは置かれているんでしょうか。この場合、一度考えはないと答弁したが、再度検討の結果取り組む方向にしたと、発言者に対して何らかの連絡があってもよかったんではないのかなと思ってんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の記憶では、ネーミングライツについては検討する方向でお答えしたように私は記憶しております。その辺ちょっと議事録を精査しなければなりませんけれども、私としてはそのように答弁した記憶がございますので、ぜひ大沼議員さんの関係する企業におかれましても、ネーミングライツ募集した際にはよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それこそ見解の相違というやつだったのかわかりませんけども、議会だよりのほうにも私、その質問をしてその考えはないと言われたということで、そのように記載してたと思いますので、今の答弁のようであれば、見解の相違ということで解釈しますので、これはぜひ進めていただければというふうに思います。
 役場はシンクタンクというからには、これ行財政改革大綱にも明示していただいたとおり、政策提言をやっぱりしやすい環境整備は、やっぱり今後もっとますますしていく必要はございますよね。確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) これまでの庁議は、課長会議の中でですね、町長の提案、お考えはきちんと理解されコンセンサスが図られているとお思いでしょうか。私の前の各議員の質問の中にも似通った質問あったんですけども、ちょっと再度ご確認というか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の提案については、理解を得た上で前に進めさしていただいております。理解のないものについて、私は1個も実現した覚えはございませんので、その辺はご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 私だけがそう思ってるのかどうかわかんないですけど、11月26日のあの全協でですもね、の中でも太陽光のお話出てきましたけれども、悪い話では決してないと思います、その太陽光の話は。でも、そういうふうに受けとめてはいるんですけど、唐突といいますか、見切り発車とまでは言いませんけれども、何かこうちょっと拙速というか急ぎ過ぎてるのかなという印象を受けてしまいました。執行部の中でも、もしかしたらまだそういう理解が不十分な部分あるんじゃないのかなというふうな受けとめ方をしちゃったんですけれども、例えば、一例挙げますと「絵本のへや」ですとか、このところ事案、いろんなそういった事案見ますと、町長はもちろん執行権者ですので、トップダウンっていったらあれなんですけども、町長の権限はもう一番あれなんで当然といえば当然かもしれないんですけれども、ややちょっとその色合い強すぎるんじゃないのかなと思うところがあるんですけども、やっぱしそれはもういたし方ないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) やり方についての受けとめ方はさまざまだと思っておりますが、私は極力ですね、庁内で合意を得ながら進めるということが基本でありまして、今回、「絵本のへや」あるいは太陽光の問題がありましたけれども、それなりの事情があって即断をしなければいけなかった部分があると私は思っておりまして、なおかつ、その26日の前日には数時間、緊急庁議を開催して数時間議論をさしていただいておりますし、また、全員協議会では1カ月前と表現しましたけども、正確には11月6日にですね、副町長初め、関係課長全員がそろった中で話を、私もその場で初めて聞いたわけであります。そこでその提案した事業者が帰った後もですね、その関係者と方向を確認しながら、これをぜひ進めていこうということを合意の上でですね、進めておるということでありますので、私としては役場庁舎の中で合意を得たものだというふうに認識しておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 庁議なんかそういった場でですね、うまくコンセンサスが図られていないがゆえに、それが強いストレスになってしまって職員の体調に影響してしまったりとか、そういうような状況になってしまっているような印象があるんですけども、そういったような何かストレスにつながっているようなことになってるっていう思いはどこかありますか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の視野が狭いのかどうかわかりませんが、そのような病気に陥るとかですね、といったような報告は受けておりません。もしそんなことあれば……ないとは思っておりますので、ぜひですね、今後ともなるべく多くの役場職員と連携をしながら進めていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑者に申し上げます。簡潔に質疑してください。
 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 仕事とはストレスがあるものだというような言い方する人もいます。つまり仕事には大小、多かれ少なかれストレスはついて回るというような前提で考える必要があると思うんですけども、その考え方はご理解いただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) いろいろ町の職員におかれましては課題を抱えておることは承知しております。そんな中でいろんな悩みもあるというふうなことは私も承知しておるところでございます。いろいろ新しいことをたくさん導入、政策として導入しているようなつもりもありますので、そういった意味で十分全職員が理解してるかというとそうではない部分もあるかと思いますけども、主要幹部におかれましては皆さん同意の上ですね、合意の上で進めておりますので、今後ともですね、全庁舎が同じ方向を向けるように、さらにこの政策についてはですね、幅広く議論ができるような場面をつくっていきたいというふうに考えているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、ストレスということについて触れたんですけども、ストレスマネジメントということがありますので、そういった意味でも、庁議のような場でそれこそ本当はワークショップみたいなことを重ねてもらってですね、議論を重ねてしっかりコンセンサスを図って、物事進めていくことが必要だと思うんですけれども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 新たな政策展開する際には、人員の配置についても私は配慮しております。人が足りなかったら申し出てくださいということでありまして、何件かにつきましては人を補充したり配置転換をしたり、そういった対応を私なりに配慮しながら進めておりますので、できる限りストレスのないような職場にこれからも努めてまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうしたメンタルケアの観点からも、いろいろご配慮は十分お願いしたいと思います。
 我々がちょっと視察で行ってきた富山県の氷見市というところがあるんですけども、そういったところでストレスマネジメントという観点を非常に重要視して、職場環境、職場空間づくりに本当に市長みずからが十分な配慮を行っているというのが大変印象的でしたので、そういったところを考慮していただきまして、職員が本当に疲弊してしまっては町にとっても大きな損失につながってしまいますので、そういったストレスマネジメントというな概念を意識した環境整備に努めていただきたいということをつけ加えて申し述べておきます。
 世間なんかで今ブラック企業なんていうのが社会問題となっているんですけれども、役場がそういうふうに決して絶対ならないようにですね、さらにもう一つつけ加えておきますので、ご配慮のほうお願いしたいと思います。
 それでは、次の質問に移ります。
 2.蔵王山噴火を想定した備えについてであります。
 御嶽山の噴火による人命にもかかわる災害が記憶に新しいところであります。国内火山活動活発化傾向、蔵王山の火山性微動関知の知らせも聞かれ、その兆候にますます気がかりなところであります。宮城県では蔵王山噴火の想定をもとにハザードマップを作成しており、それによれば、気象条件にもよりますが、当町においても少なからず降灰の予想がされております。ひとたびこのような災害が発生すれば、ライフラインにかかわる深刻な事態が発生することは避けられません。災害の種別にかかわらず、あらゆる災害をあらかじめ想定して備えておくことは重要かつ必要であることから、以下伺います。
 (1)蔵王山噴火が起きた場合、どのような被害が発生すると想定しているのか。また、それに対応する防災体制、備えはどうなっているのか。
 (2)噴火があった場合降灰の処理が最も課題とされると思われるが、相当な量の灰をどうやって処理するのか、対策はされているのか。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、蔵王山噴火に伴う被害の想定並びに防災体制等のご質問でありますが、まず、被害想定につきましては、あくまでも宮城県が公表している蔵王山火山防災マップ降灰分布図等の情報による被害想定のみであり、防災体制につきましても、現在は特に蔵王山噴火に限った体制整備を整えている状況にはございません。
 なお、基本的な方針といたしましては、災害応急対策としての配備体制基準にのっとり対応すべきものと考えているところであり、今後、宮城県や山形県を中心に進められております防災協議会などからの積極的な情報入手を図り、防災体制整備につなげてまいります。
 次に、噴火降灰処理のご質問でありますが、前段でもお答えいたしておりますとおり、現時点においては防災体制を整えていないことで、具体的な取り組みをお答えすることはできませんが、噴火時の降灰処理については、現在見直し中の地域防災計画に特殊災害対策として新たに追加しており、各家庭から排出された灰の回収と処分については町が実施する方針としているところであります。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、答弁受けまして、意外と噴火に対しては無防備なのかなというふうな印象を受けたのがまず1つであります。県が想定しているハザードマップの降灰範囲には当町も十分含まれているんですけれども、そのことについては何か県と事前に何か対策について話し合いはされているのか。それと、あるいはこれから話し合いされるような予定はあるのかお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今回の蔵王山の噴火の関係につきましては、特に県からもですね、会議の通知もないところでございまして、私のほうからも特に県に関しまして連絡もしている状況にはございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 大分蔵王山噴火もですね、この前も吾妻山ですか、そちらのほうも火山性微動が大分活発化してるというような報もありまして、ちょっとたらればの話ではなく、本当もうちょっと真剣に取り組んだほうがいいのかなというふうに思うんですけれども、もし万が一噴火してしまえば取り組むレベルとしては相当高いものと思うんですけども、町長はその辺はどのようにお感じになられておりますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまわかっている範囲では、噴火すれば大河原町も1センチないし10センチというところで区域が指定されておりますけども、大体二、三センチではないかというふうに言われております。そういったこともわかっておりますので、これまではご質問でお答えいたしましたけども、十分な対応をとっているわけではありませんでしたけれども、今回県もいろいろ方向を考えておりますので、それにあわせてですね、町としても万全の対策を講じていきたいということで、地域防災計画の中にもしっかりと盛り込んでいきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 火山対策についてももうちょっと突っ込んだ取り組み、もうちょっと、何ちゅうんですかね、取り組みもっと強化していただきたいというふうに思うんですけども、白石では火山防災マップなるものを作成している、ちょっとこれネットからちょっとペラッと引っ張ってきたんですけども、このようなものを作成しているんですけども、大河原町ではどのような備えを考えておりますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 私もですね、白石のホームページからそのマップを見たところでございますけれども、基本的には県が公表してるマップと同じなんですね。私のところでも白石の例を参考にですね、ホームページで紹介する方向で今考えてるとこでございますので、情報は同じになるかもしれませんけれども、住民の方に今あるべき今の状況をホームページでお知らせしたいというふうに考えてるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) あわせて防災マップのほうも近々完成するというふうに思うんですけれども、実際有事の際は、それどういう状況になるかわかりませんので、例えばスマホとかタブレットに対応した準備をしていくことが、より効果を発揮できるのではないのかなと思うんですけども、そういった対応はお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今全国で24時間体制で監視してるのが47火山あるかと思います。その中で、実際その噴火レベルが蔵王山入ってないんですね、今。基本的にはJアラートも今受信できないような状況になってると思いますけれども、今後、今蔵王山の噴火の状況があることで、常時監視するような体制とともに、警戒レベルの山というような形の中で多分設定されると思います。そうなりますと、Jアラートの中で町として受信ができるようなことになりますし、そこからいろいろな情報をエリアメール等で町が発信できるような状況が生まれるのかなというふうに思っておるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、(2)のほうに移りますけれども、万が一、降灰あった場合は相当な量が降ってくると思うんですけども、まず道路、生活道路とか、各家庭の分は各家庭で処分するということのようなんですけども、ことしの2月も大雪で大変苦労したのは記憶に新しいんですけども、例えばそういった道路に積もったものは誰が処理をしてどこに持っていくのかというのを、それはある程度の決まってるというか、お考え、想定してるところはあるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 降灰につきましては、雪と違いまして多分溶けないんですね。したがいまして、ある程度処分するような場所の確保は必要だというふうに思いますが、今の時点で、先ほど町長も申し上げましたけれども、具体的なことをちょっと考えてございませんので、そういった場所については今からですね、協議をしなければならないというふうに思っております。
 それから、生活道路といいますか、今回の雪でもそうでしたけれども、業者のほうにお願いをするような状況になるかというふうには思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、時間も少なくなってきましたので、次の質問に移ります。
 3.学校給食センターの早期新築着工の急務についてであります。
 柴田町、村田町を含めた3町による共同給食センターの構想が破談となり、当町単独での建設に方向性が変わりました。現在の給食センターは昭和53年から利用で老朽化も目立ち、安全安心を確保する上では、建屋、設備を含め万全とは言いがたい状況であり、食物アレルギー児童への対応など新しい給食センターの整備は急務であることから、以下伺います。
 (1)食物アレルギーを抱える児童の割合とその対応はどうなっているのか。
 (2)現在の給食センターの施設状況を安心安全の観点からどのように評価しているか。大量調理マニュアルに沿った適正な運営は行われているか。
 (3)新たな給食センター整備に向けて検討状況、素案、タイムテーブルはどのようになっているのか。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 引き続き、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、食物アレルギーを抱える児童の割合とその対応についてのご質問であります。
 平成26年10月31日現在、食物アレルギーを有する児童・生徒は、大河原小学校が児童880名中51名(5.8%)、南小学校254名中18名(7.1%)、金ヶ瀬小学校217名中7名(3.2%)、大河原中学校生徒数633名中24名(3.8%)、金ヶ瀬中学校90名中5名(5.6%)であります。合計では、2,074名中105名が該当し、全体の割合が5.1%となります。
 また、食物アレルギーの対応につきましては、中学生1名が牛乳停止とし、小学生1名がパンの代替をしております。また、小学生1名がおかずの代替食を家庭から持参しております。
 基本的には、食物アレルギーを有する児童・生徒に、毎月、給食食材チェック献立表と該当する食材の詳細成分表を給食主任者を通して配付し、おかずが配食された際、本人等が除去を行っております。
 次に、現在の施設状況の評価につきましては、昭和53年4月の開設から36年が経過し、建物や施設の老朽化が進行していること、スペースが狭いことによる作業効率の悪さがございます。さらに、学校給食衛生管理基準に示された設備・施設に適合できない部分があること、気密性、耐震性の改善、特にボイラー設備の維持への不安等の課題があることから、早急な施設整備が必要と考えております。
 次に、大量調理施設衛生管理マニュアルは、集団給食施設等における食中毒を予防するため定められており、原材料受け入れ及び下処理段階における管理を徹底すること、加熱調理食品については中心部まで十分加熱し、食中毒菌等を死滅させること、加熱調理後の食品及び非加熱調理の食品の二次感染防止を徹底すること、食中毒が付着した場合に菌の増殖を防ぐため、食材料及び調理後の食品の温度管理を徹底すること等を示したものでございます。
 学校給食センターでは、このマニュアルに沿った運営に努めておりますが、施設設備の関係で及ばないところもあり、それを職員の工夫と努力で補いながら、適切なセンター運営を行っているところでございます。
 最後に、新たな給食センター整備に向けた検討状況につきましては、建設検討委員会を立ち上げ、用地、施設、財政の部会でそれぞれ調査検討を行っております。年度内には、タイムスケジュールを含めた建設基本構想を作成したいと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の会議時間はあらかじめ延長いたします。
 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず、食物アレルギーについてでありますが、思ってた以上に意外と多いなというのが正直な感想であります。これまで実際にアレルギーにより何か問題が起きた事例なんていうのはありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 本年度3件発生しております。小・中学校それぞれでございますが、アレルギーについて細かく調査しておりますが、調査している範囲を超えたといいますか、想定していない児童・生徒に突然アレルギーが発生したという状況がございまして、その都度対応してるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
518:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今の給食センター大分老朽化が進んでるわけですけれども、今の設備で十分なアレルギーに対する対応が図られるというふうに考えてますでしょうか。それとも、やっぱり設備がよければもっと質のよい対応ができるというふうにお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
519:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
520:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 文部科学省もこのことにつきましては大変頭を悩ましているところでございます。各地の給食センターにおきましては、アレルギー対応の給食室をつくっておるところでございますが、しかし、その対応給食にも対応しきれないというのが現状でございます。想定外の事故といいますか、事例が発生、次々と発生しますので、なかなかその事例に追いつかないというのが現状でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
521:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
522:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) やはり想定外というのも出てくるというふうになると、なかなか今の古い給食センターでは対応もさらに厳しいのかなと思いますので、やはり一日でも早い新しい給食センターの新設がやはり急務だなというふうに改めて感じたとこであります。
 2番の質問に移りますけれども、今の状況で、これ答弁の中にも、施設設備に、衛生管理に基準に示された施設設備に適合できない部分があるというふうにあるんですけれども、これで安全安心だと言えるでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
523:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
524:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 教育長のほうで答弁させていただいた内容の中の基準に適合しない部分というものにつきましては、いわゆるドライ方式を採用すべしというのが今の施設の基準なんですか、大河原町の給食センターはやはり従前からウェット方式が基本という形で運営されています。ただし、それでもドライ方式の運営といいますか、それを努力しなさいというふうにはなっておりますので、施設内においては職員がそのような対応ができるように工夫して行っていると。決して衛生的な分について問題が起きるようなことのないように、十分配慮しながら行っているというふうには考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
525:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
526:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、このような答弁いただいたんですけれども、実際私も現場をこの目で確認させていただきました。大分現場の栄養士さんもかなり相当な苦慮しております。答弁もありましたけど、大分知恵を絞って努力されております。ですけれども、やはりもう、方式、ドライ・ウェット方式の問題もありますけども、それ以前にですね、もう建物自体がもう相当な老朽化、給食センターですと、もうほとんど今は新しいとこ見ていただければもう一方通行、余計なものが入っていかないというのが基本なんですけども、なかなかそういう状況にはならないですけれども、この現場を、町長、副町長、実際足運ばれたことございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
527:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
528:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 運んでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
529:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
530:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) その状況を見て、やはり相当な優先順位高いものだと思うんですけれども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
531:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
532:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのような観点から、昨年まで3町共同ということで考えて急ぐつもりでおりました。3町共同ができなくなりましたので、単独で整備を急ぎたいというふうに思っておりますので、今年度末にはタイムスケジュールもお示しできるというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
533:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
534:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、検討員会のほうで大分進捗があるようなんですけども、今お示しできる段階でどれぐらい話が進んでいるかっていうの、ちょっともし提示できるものありましたら、お示しいただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
535:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
536:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 現在、庁舎内、それから関係する方々に協力をいただきながら、まず、用地部会というものが庁舎内の各課の課長さん等々に参加いただいておりますが、もう3回、4回ほど打ち合わせを行いながらいろいろな考え方について整理をし、そして、やはり給食センターを建てられる場所が工業用地でなければいけないという制約がありますので、町内でそれをクリアできる場所はここであろうとそういったところを幾つか出しながら、あるいは用途指定の関係で問題がないところをやはり探し出して可能性を探っている、そういったところを何カ所か今いろいろと整理をしてる段階というふうに言えるかと思います。
 それから、施設関係につきましては、やはり新しい給食センターをつくる上での基本となる指針というのが既に出されておりますので、それに基づいた基本構想の素案というものを給食センター所長がつくっております。それをもとに、給食運営審議会の会長さんやら、あるいは各学校の保健関係の方、あるいは給食センターの栄養士を含めた職員等々、学校の校長先生、PTAの関係の方、そういった方々にいろいろな意見をいただきながら、それをいろいろと検討しているという段階ではあります。
 財政関係につきましては、ある程度の方針が見えてきた段階で、従来どおりの建設方式で行くか、あるいは財源を民間に求めるような方式についても検討していくというようなことを確認してはおるところです。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
537:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
538:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 用地についても何カ所か今候補があるようですけれども、今大体何カ所ぐらい予定に挙がってて、もし場所、差し支えあって言えないんであれば、何カ所ぐらい今候補として挙がってるのか、教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
539:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
540:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 担当課長申した物件でございますけれども、その選定要件にしましてはライフライン、水道、下水が整っておるエリア、さらには道路の幅員がですね、安全に配慮できるエリア、そういう等も含めて、さらには、今課長申し上げました用途の制約の問題等々を踏まえて、四、五カ所ぐらいでいろいろ検討をしてるところでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
541:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
542:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) あとは、建設するとなれば当然ながら費用がかかるわけですけども、財政の部分で、給食センターについては私も調べたところ補助メニューいろんなものあるようなんですけれども、どれぐらい使える補助メニューあるんですかね。まだこれはこれから具体的になっていくので、全然まだ今提示できるものないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
543:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
544:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 施設の建設に関しては余り多くないというふうに認識しているんですが、あと、例えば米飯をということになればまた別の形で補助がつくようなことじゃなかったかと思います。ただ補助率は非常に低くて、余り期待できないほどではないかなというふうには思っています。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
545:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
546:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まだ今検討委員会で調査検討段階だと思いますので、補助メニューについてもですね、使えるものは極力もう何でも使って手出しは少なくということで、後から、つくってから、手をつけてからこういうのがあったというふうにだけならないように、その辺の調査だけはしっかりしていただきたいと思います。
 以上をもちまして、私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
547:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問はこれをもって終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
548:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後4時09分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年12月16日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------