議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第4回定例会(12月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2014年12月10日(水):平成26年第4回定例会(12月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 ただいまから平成26年第4回大河原町議会定例会12月会議を開会します。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、須藤 慎君、大沼忠弘君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職氏名は、配付したとおりであります。
 「議会及び議長の動向について」及び「一部事務組合議会及び企業団議会について」配付のとおりで報告します。
 「議員派遣結果報告書」及び各常任委員会より「所管事務調査報告書」並びに監査委員より「監査・検査結果報告書」が提出されておりますので配付します。
 株式会社まちづくりオーガより、「経営状況を説明する書類」が提出されておりますので配付します。
 仙南地域広域行政事務組合及びみやぎ県南中核病院企業団から、平成25年度決算書等、関係書類が提出されておりますので配付します。
 請願1件、陳情4件が提出されておりますので配付します。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 会期決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。
 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付している日程により、本日から3月3日までの84日間にしたいと思いますが、異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議がなしと認めます。よって、会期は本日から3月3日までの84日間に決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 提案理由の説明

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、議案70号から議案85号までの提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、提案理由の説明を申し上げます。
 最初に、議案第70号大河原町デイサービスセンターふれあいホームに係る指定管理者の指定についての提案理由を申し上げます。
 大河原町デイサービスセンターふれあいホームの管理運営につきましては、現在、社会福祉法人常盤福祉会を指定管理者として介護等のサービス給付を行っております。
 本議案につきましては、現在の指定期間が平成27年3月31日で終了することから、指定管理者の候補者として社会福祉法人常盤福祉会に、これまでの9年間の実績を踏まえ、指定管理者として引き続き1年間、施設の管理運営を行わせるものであります。
 続きまして、議案第71号大河原町福祉作業所さくらに係る指定管理者の指定についての提案理由を申し上げます。
 大河原町福祉作業所さくらは、大河原町障害者通所援護施設条例に基づき設置された施設であり、障害者の日常生活の支援や社会参加の支援などの事業を行っております。
 これらの事業の運営及び施設の維持管理につきましては、指定管理者制度を導入し、平成18年度から3期9年にわたり、大河原町社会福祉協議会を指定管理者として指定してきたところであります。
 本議案につきましては、現在の指定期間が平成27年3月31日で終了することから、これまでの実績を考慮し、平成27年度から3年間、引き続き大河原町社会福祉協議会に指定管理者として施設の管理運営を行わせるものであります。
 次に、議案第72号大河原町駅前コミュニティセンター及び大河原駅前立体駐車場に係る指定管理者の指定についての提案理由を申し上げます。
 本施設の管理運営につきましては、株式会社まちづくりオーガが指定管理者として、平成18年4月1日から9年間にわたり管理運営を行っているものであります。
 今回、平成24年4月1日からの指定期間が平成27年3月31日で終了となることから、公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき候補者の選定作業を進めてまいりました結果、業務内容を熟知し、効率的な管理運営が期待できる株式会社まちづくりオーガに、今後も引き続き3年間の指定管理者として、本施設の管理を行わせるものであります。
 次に、議案第73号大河原町体育施設に係る指定管理者の指定についての提案理由を申し上げます。
 本施設の管理運営につきましては、特定非営利活動法人大河原町スポーツ振興アカデミーが指定管理者として、平成20年4月1日から7年間にわたり管理運営を行っているものであります。
 今回、平成24年4月1日からの指定期間が平成27年3月31日で終了となることから、公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例に基づき候補者の選定作業を進めてまいりました結果、業務内容を熟知し、効率的な管理運営が期待できる特定非営利活動法人大河原町スポーツ振興アカデミーに、今後も引き続き1年間の指定管理者として、本施設の管理を行わせるものであります。
 次に、議案第74号大河原町いじめ問題対策連絡協議会等条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 平成25年9月に施行されたいじめ防止対策推進法に基づき、ことし3月に大河原町いじめ防止基本方針を策定しましたが、今回、この法律で設置が求められているいじめ問題対策連絡協議会、いじめ問題専門委員会、いじめ問題再調査委員会について、設置、所掌事務、組織など必要な事項を定めるものであります。
 次に、議案第75号大河原町集会所設置及び管理に関する条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 今回の改正につきましては、橋本地区に設置しております仮称西地区交流センターが、来年1月末に工事完了予定となっておりますことから、正式名称を橋本交流センターとし、別表に追加するものであります。
 次に、議案第76号大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。
 平成26年10月1日付で、引用する法律の名称及び条文の字句が改正されたことに伴い、大河原町母子・父子家庭医療費の助成に関する条例を改正するものであります。
 次に、議案第77号大河原町敬老金支給条例の一部を改正する条例についての提案理由を申し上げます。
 今回の改正につきましては、施政方針にもありますとおり、これから高齢者の急激な増加が見込まれますことから、今後とも安定した財政運営を行う観点により、敬老金の支給等について見直しを行ってまいりました。その結果、現在支給対象とされております88歳及び99歳の高齢者への支給を廃止とし、100歳の誕生日を迎えられた高齢者への支給額を10万円減額し20万円とさせていただくものであります。
 続きまして、議案第78号大河原町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例についての提案理由を申し上げます。
 このことにつきましては、平成25年6月14日に公布されました地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次地域主権一括法が制定され、その中で介護保険法の改正が行われました。
 改正内容につきましては、従来、厚生労働省令で定めることとされていた地域包括支援センターの包括的支援事業を実施するために必要なものに関する基準について、地方自治体の条例で定めることとされたものであります。
 なお、条例で規定いたします基準につきましては、厚生労働省令で示されている基準に基づくものであり、また、町独自の基準として、職員数の基準の規定に1項目を追加しているものであります。
 次に、議案第79号大河原町指定介護予防支援等の人員及び運営並びに指定介護予防等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例についての提案理由を申し上げます。
 このことにつきましても、議案第78号で申し上げました地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次地域主権一括法が制定され、その中で介護保険法の改正が行われたことにより、指定介護予防支援に係る人員基準等についても、これまで厚生労働省令で定めることとされていた基準を地方自治体の条例で定めることとされましたことから、条例制定を行うものであります。
 なお、条例で規定いたします基準につきましては、議案第78号と同様に省令で示された基準に基づくもののほか、町独自の基準を追加しているものであります。
 次に、議案第80号大河原町国民健康保険条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。
 健康保険法第101条の規定による政令で定める出産育児一時金の額が40万4,000円に引き上げられることに伴い、国民健康保険条例の条文を改正するものであります。
 次に、議案第81号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第6号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳出につきまして主なものを申し上げます。
 まず、総務費において、個人事業者への委託料として支払った料金等において、所得税の源泉徴収漏れがあったことから、税務署へ納付する源泉徴収所得税等として258万4,000円を計上しております。また、町税還付金及び還付加算金では350万円を増額しております。民生費においては、障害福祉サービス費等として800万円、平成25年度事業の精算による国県負担金精算返還金として1,248万1,000円、介護保険特別会計繰出金として248万9,000円、私立保育所に対する保育所運営費委託料として1,830万6,000円を増額しております。衛生費においては、保健推進に係る臨時職員賃金等で240万3,000円を減額しております。農林水産業費においては、生活センター維持費補助金として310万円を増額しております。商工費においては、上大谷土手の桜の植樹への支援として大河原町観光物産協会に補助金を57万円増額しております。土木費においては、町営住宅に係る修繕料等として334万円を増額しております。教育費においては、私立幼稚園就園奨励費補助金として934万5,000円を増額しております。
 次に、歳入の主なものでありますが、町税の入湯税において261万5,000円を減額しております。分担金及び負担金においては、保育児童保護者負担金等で919万1,000円を増額しております。国庫支出金及び県支出金では、先ほど歳出で説明いたしましたとおり、障害福祉サービス費、保育所運営費委託料の増額等により、国庫支出金で2,364万6,000円、県支出金で225万6,000円を増額しております。財産収入においては、仙南土地開発公社が解散したことによる出資金清算残余財産収入として244万円を計上しております。繰入金においては、平成25年度事業の精算による後期高齢者医療特別会計及び国民健康保険特別会計からの繰入金935万9,000円を増額しております。繰越金においては1,092万8,000円を増額しております。諸収入においては、雑入に東京電力福島第一原発事故に係る賠償金や歳出で説明いたしました所得税の源泉徴収漏れに関して、個人事業者から納付いただく所得税不足金等として988万5,000円を増額しております。
 これらの結果、今年度の予算総額を歳入歳出それぞれ6,527万4,000円増額し、78億9,730万2,000円とするものであります。また、債務負担行為の補正をあわせて行うものであります。
 次に、議案第82号平成26年度大河原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳入について申し上げます。繰越金では平成25年度分の後期高齢者医療特別会計予算の繰越金として355万1,000円を増額いたすものです。
 次に、歳出について申し上げます。諸支出金につきましては、一般会計への繰出金として355万1,000円を増額いたすものであります。
 これらの結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ355万1,000円を追加し、2億4,435万4,000円とするものであります。
 次に、議案第83号平成26年度大河原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳入について申し上げます。第10款繰越金につきましては、平成25年度決算による繰越金の一部を計上するものであります。
 次に、歳出について申し上げます。第1款総務費につきましては、国保システム関連で24万8,000円を増額するものであります。第6款介護納付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの額の変更通知により減額するものであります。第11款諸支出金では、平成25年度災害臨時特例補助金及び療養給付費等負担金の額の確定により、返還金を増額するものであります。
 これらの結果、平成26年度国民健康保険特別会計の予算は、歳入歳出それぞれ2,953万4,000円を増額し、補正後の予算総額を23億7,471万6,000円とするものであります。
 次に、議案第84号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第4号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、介護保険法の改正に伴い、来年4月から一部制度内容に変更が生じることで、変更内容を介護保険システムに反映させるための改修費等として430万9,000円を追加補正を行うものであります。
 歳出としては、システム改修委託料として364万2,000円、地域支援事業費として66万7,000円を追加計上するものであり、歳入については、システム改修等に伴う国庫補助金として概算ではありますが182万円の計上と、一般会計からの繰入金として248万9,000円を計上しております。
 この結果、予算総額につきましては、歳入歳出それぞれ15億7,256万7,000円とするものであります。
 次に、議案第85号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入において、財源更正を行うものであり、下水道事業受益者負担金現年度分を66万円、公共下水道事業債を10万円、合わせて76万円増額し、一般会計繰入金を76万円減額いたすものであります。
 以上、議案16件の提案理由を申し上げましたが、詳細につきましては担当課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって提案理由の説明は終わりました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午前10時21分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年12月10日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------