議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第3回定例会(9月会議)(第4号) 本文




大河原町議会会議録
2014年9月16日(火):平成26年第3回定例会(9月会議)(第4号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐藤貴久君、庄司 充君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 議案第56号 平成26年度大河原町一般会計補正予算(第3号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、議案第56号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 改めましておはようございます。
 議案第56号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第3号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由にもありますとおり、歳入歳出予算それぞれに8,004万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を78億1,792万7,000円といたすものでございます。
 それでは4・5ページをお開き願いたいと思います。
 まず第2表といたしまして、債務負担行為の補正を行ってございます。これにつきましては、議案第52号でお認めをいただきました訴えの提起による弁護士の委託料につきまして債務負担行為を追加しているものでございます。
 第3表地方債の補正の変更につきましては、臨時財政対策債の起債額の確定に伴います地方債の変更を行ってございます。
 次に、歳入についてご説明をいたしますので、8・9ページをお開き願いたいと思います。
 12款1項2目の民生費負担金につきましては、新たに養護老人ホームに入所される方がおりますことから、老人福祉施設入所者負担金として36万7,000円を計上いたしております。
 14款2項5目の総務費国庫補助金につきましては、平成28年1月より利用の開始がされます社会保障税番号制度に伴いますシステムの変更に係る補助金として896万6,000円を計上いたしております。
 15款2項5目の1節農業委員会補助金につきましては、農地法の改正により農地台帳システムの改修に伴います補助金で、205万4,000円を計上しております。
 18款1項3目の介護保険特別会計繰入金につきましては、平成25年度に繰り出した介護保険特別会計への繰出金の精算として繰り入れるものであります。
 10・11ページをお開き願います。
 まず20款5項5目の雑入につきましては、コカ・コーラ復興支援基金より大河原小学校へ太陽光発電設備設置の助成が決定いたしましたことから、2,995万円を計上するものであります。
 21款1項4目の臨時財政対策債につきましては、発行額の確定により3,800万円を増額し、計3億6,390万円といたすものでございます。
 なお、今回の補正におきまして歳入が多くなりましたことから、18款2項1目の財政調整基金繰入金を542万5,000円減額し、繰入総額を3億2,407万5,000円とするものでございます。
 次に、歳出についてご説明いたしますので、12・13ページをお開き願います。
 初めに、各款にわたり職員人件費の補正を行っております。これは人事異動等に伴うもので、各課において増額または減額を行ってございます。
 2款1項1目の一般管理費の13節委託料の弁護士委託料につきましては、公金横領事件に伴います未弁済分について民事訴訟を起こす費用でございます。
 6目の財産管理費では、13節委託料で庁舎の床暖房の漏水調査を行う費用として20万円、15節工事請負費では電気自動車充電設備工事で400万円を増額し、計707万8,000円で工事を行うことといたしました。これは当初、急速充電設備1基の設置として予算措置をしておりましたが、県との調整の中で普通充電設備も必要というふうなことになり、普通充電設備1基を追加するものでございます。
 7目19節社会保障税番号制度中間サーバ利用負担金につきましては、平成28年1月より利用の開始が始まります社会保障税番号制度に伴います番号を使い照会を行う場合の安全性等を図るため中間サーバを利用することとなりますことから、この整備利用に伴う費用負担でございます。
 2項1目の賦課徴収費の13節委託料、社会保障税番号制度地方税システム改修と、3項1目の13節委託料の戸籍住民基本台帳費の社会保障税番号制度住民基本台帳システム改修及び、次のページになります、一番上の社会保障税番号制度番号連携サーバ整備につきましても、社会保障税番号制度による番号利用のための改修等委託料でございます。
 3款1項2目の国民年金事務費の13節委託料の国民年金システム改修につきましては、年金生活者支援給付金支給準備のため、支給判定に必要となる所得情報等を支給事務を行う日本年金機構と連携するためのシステムの改修が必要となりますことから、113万4,000円を計上いたしました。
 4目の老人保護措置費につきましては、養護老人ホームに新たに1名の入所がありますことから、そのための費用でございます。
 16・17ページをお開き願います。
 5目の老人福祉費の28節繰出金では、介護保険の地域支援事業の費用として介護保険特別会計繰出金20万5,000円を計上いたしております。
 2項1目の児童福祉総務費では、7節賃金で子ども・子育て支援制度開始に向けた準備として臨時職員1名分の賃金を計上いたしております。
 6目のさくら保育所費では、7節賃金でゼロ歳児保育の増加や職員の病休等に伴い2名分の臨時職員経費を計上しております。
 18・19ページをお開き願います。
 8目の児童センター費では、当初嘱託職員として採用を予定しておりましたが、扶養控除などの関係から本人の申し出により臨時職員として採用といたしましたことから、1節報酬等を減額いたしまして、7節賃金で200万円増額とさせていただいてございます。
 4款1項1目の保健衛生総務費の28節繰出金につきましては、仙南夜間初期急患センターの運営費の一部といたしまして仙南夜間初期急患センター事業特別会計への繰出金として960万3,000円を計上してございます。
 2目の予防費では、予防接種法施行令の改正に伴い、水痘及び高齢者の肺炎球菌感染症が追加されたことに伴う予防接種費用合計で1,112万7,000円を計上いたしております。
 20・21ページをお開き願います。
 6款1項1目の農業委員会費の13節委託料につきましては、農地法の改正に伴いまして農地台帳システムの改修が必要となりますことから、その費用として216万円を計上してございます。
 7款1項2目の商工振興費では、土地開発基金で取得をしております川根工業団地整備用地の一部を売り払うこととなりましたことから、買い戻す費用などとして合計で237万円を計上しております。
 22・23ページをお開き願います。
 8款2項2目の道路維持費の13節委託料では、町道上大谷線の交通量増加に伴う舗装補修等道路補修が増加していることから740万円を増額し、合計3,250万円といたすものでございます。
 4項5目の公共下水道事業特別会計繰出金の減額につきましては、受益者負担金の収入増が見込まれますことから、繰出金96万5,000円を減額するものであります。
 24・25ページをお開き願います。(「もう少しゆっくり読んでけねがや」の声あり)はい、済いませんでした。
 10款2項1目の大河原小学校管理費では、コカ・コーラ復興支援基金より次世代を担う子供たちへのクリーンエネルギーを通じた環境教育を行うための助成が受けられることとなりましたことから、太陽光発電設備の設置費用といたしまして13節委託料で284万8,000円、15節工事請負費で2,808万円を計上しております。
 5目の金ヶ瀬小学校管理費では、電気室の雨漏りがありますことから、その修繕料として108万円を計上しております。
 3項1目の大河原中学校管理費では、11節消耗品で102万6,000円を計上しております。これは生徒用の机の天板の交換費用として計上しております。なお、交換作業は生徒と保護者が一緒になって行う予定であります。
 14節のバス賃借料につきましては、料金の改定があったことから40万6,000円を増額するものでございます。
 15節の工事請負費につきましては、相談室の設置費用並びにトイレの洋式化の工事費用として224万7,000円を、18節備品購入費につきましては、駅前図書館の書架を学校で活用できるということから127万円を減額を行ってございます。
 26・27ページをお開き願います。
 4項1目の8節報償費につきましては、10月より開園いたしますおおがわら町民学園のポイント交換の商品券代として100万円を計上してございます。
 12款の公債費につきましては、借り入れ10年目で利率の見直しを行うこととして借り入れておりました臨時財政対策債につきまして、低金利での利率見直しとなったことや、平成25年度の借入金利の確定により増額または減額をいたしてございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 24ページ、25ページです。ちょっとお聞きをしたい、お尋ねしたいんですけども、10款2項1目11節需用費、大河原小学校修繕料となってますが、何の修繕料なのかを教えていただければと思います。
 その次、同じく13節、15節、これ太陽光だと思うんです、太陽光ですが、要綱によると、毎年維持管理費として定期的な点検の費用、あとは8年から10年ごとの蓄電池やパワーコンディショナーの更新に要する費用、これは自費、町で出すという要綱になってるんですけども、どの程度これ金額を見込んでいるのか、教えていただきたいと思います。
 続きまして10款3項1目15節工事請負費ですけども、トイレ洋式化改修工事、これ間仕切りにして多分トイレを1つか、幾つトイレを追加するのか、これは一般生徒が使える、普段使えるトイレなのか、その辺お聞かせ願います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) それでは、大河原小学校管理費の需用費、修繕料の内訳についてご説明いたします。暖房機修繕といたしまして、FF式暖房機の部品交換を2台行います。それから、公務用のネットワークLAN配線修繕といたしまして、先生方が使っておられるパソコンの配線あるいは校舎内でめぐっているさまざまな配線が大規模改修等以降かなり複雑になっておりまして支障が出てきたところもあるものですから、修繕を行い、改修するというものであります。それから、校舎北側舗装路の修繕を行います。そしてもう1つ、プールのろ過装置の修繕を行いまして、トータル42万2,000円の修繕料を計上いたしたところであります。
 次13節の委託料の太陽光発電に係る今後かかる維持費についての見積もりということでございますが、現時点でまだ積算をしておらないところでございます。
 次に、大河原中学校の15節工事請負費のトイレ洋式化改修工事につきましては、その上にあります相談室間仕切り設置工事を2階のあき教室を相談室とするということの工事になりますが、それに伴いましてその階で使います支援の必要な子供、生徒たちに配慮するために、和式を洋式化へ直す工事を2カ所、それから、便座を暖房便座に交換するものを2台ということで工事請負費を計上しております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。
 ちょっと私勉強不足でわからないんですけども、その定期点検、1年間に1回でどれぐらいかかるのか、その蓄電池、パワーコンディショナー交換でどれぐらいかかるのかを見込んでないんでしょうかね。それちょっと確認だけ。
 あとですけども、これ多分目的の中に子供たちにクリーンエネルギーの教育を推進すると、促進するという中もあるんですけども、その辺子供たちは何年生でどういう、どの教科でどういう勉強をすんのかちょっと教育長教えて、わかればでいいですけども、教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず太陽光発電設備のパワーコンディショナーなり、あとは蓄電池関係の維持管理の経費というふうな形でございます。多分一般家庭でもそうですけれども、パワーコンディショナーにつきましては10年間くらいはノンメンテナンスでいくはずでございます。ただ蓄電池につきましてはある程度見ていかなければならない部分があるかと思いますが、現時点でちょっとそこまでの積算は多分してないかと思いますので、ご了解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 太陽光発電導入後の学習に関する計画につきましては、今回の工事に合わせて教育プログラム作成という業務を業者を選定いたしまして委託する予定になっております。具体的にどの学年にはどのようなプログラムを設けるかというようなことについては実際はこれからということになるかと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず初めに、9ページの、8・9ページの14款国庫支出金の2項国庫補助金、5総務費国庫補助金ですが、社会保障背番号制度システム整備費補助金ということで896万6,000円が計上されております。28年1月より開始ということなんですけども、これ補助率ちょっと、支出見てもちょっとわかんなかったんで、補助率は何%で支出の総額は幾らになってるのか教えていただきたいと思います。
 それから2点目の14・15の民生費の社会福祉費の中の4目老人保護措置費ですけども、新たに1名増ということなんですけども、これ総合的に現在、これ3名なんですか、4名なんですか、その辺ちょっと教えていただきたいと。
 それから、次のページの16・17の3款1項5目老人福祉費、微々たることなんですけども、この23節の償還金利子及び割引料なんですが、基本的にこういったもの必ず返還金というのが出てくる場合があるんで、当初予算で名目計上だけでは、名目計上だけすべきではなかったかと思うんですけども、担当者の考えをお聞かせ願いたいと思います。
 それから、20ページ、21ページ、6款農林水産業費の農業費の4目転作推進対策費です。これの19節の負担金補助及び交付金ですけども、直接支払推進事業補助金ということで、当初の説明では農業推進協議会への事務費として出すと。この8万7,000円プラスになったっていうのはその上積みというふうな形と理解していいのか、お聞かせ願いたいと思います。
 それから、22・23ページの教育総務費の中のまず事務局費ですけども、この19節の負担金補助及び交付金で大河原地区教科用図書採択協議会負担金、これ当初8万2,000円から6万4,000円減額をして1万8,000円になったわけですけども、この大幅減になった理由は何なのか。さらにその下の学校支援事業費、この9節の旅費ですけども、これが倍以上になって増額になった理由をお聞かせ願いたいと思います。
 それから最後は、26・27ページ、10款教育費の4項社会教育費の中の3目金ヶ瀬公民館費、これにつきまして消耗品が10万円と修繕料が20万、修繕料当時20万だったのが40万になったわけですけども、倍にふえた理由、どこを修繕するのか教えていただきたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ページ8ページの総務費国庫補助金の社会保障税番号制度システム整備補助金の補助率につきましてまず申し上げたいと思います。まず住民基本台帳関係のシステムについては10分の10、税番号制度に関するものにつきましては3分の2、となってございます。今後もまた来年度以降も若干費用がかかってまいります。それについてはちょっと今、資料持ち合わせておりませんでしたので、全体の費用額につきましては後ほどご回答させていただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 15ページの民生費4目老人保護措置費の20節の扶助費の養護老人ホーム措置費の関係で、現在の入所者につきましては4名でございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 16・17ページの償還金利子及び割引料の老人保健交付金(「マイクちょっと」の声あり)ああ、老人保健交付金等返還金に名目計上されてはどうかということであります。今後検討したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農林水産課長。農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) おっしゃるとおり上積みの補助金でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 教育総務費の事務局費の19節負担金補助及び交付金の関係ですが、これは教科書採択協議会という組織が現在白石市が事務局で、その採択のための事務業務を行っておりますが、当初予算ではその業務を行うためにパソコンをリースするための予算を計上しておりました。ただ、年度に入りましていろいろ内部で協議をした結果、パソコンについては白石市が、白石市で持っている廃棄を前提として保有しているパソコンを使用することで経費を削減できるという提案があり、そのために各市町において、大河原においては6万4,000円を削減する形で補正を行ったものでございます。
 次に、学校支援事業の旅費、普通旅費の増額の理由ということなんですが、これにつきましては、その上の報償費とも関連する部分があるんですが、学び支援事業で大学生を支援員として各学校での事業にご協力をいただいておりますが、その大学生が居住地が町内及び近隣の居住者を予定しておりましたが、実際にはなかなか協力いただける状況がない中で、仙台市在住の方をお願いをしたため、その方が多かったために旅費が不足したために今回予算の組みかえを行いながら普通旅費を増額したものでございます。2万5,000円を7万円に増額しております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 26ページ、金ヶ瀬公民館の需用費ですけども、消耗品と修繕料ですが、上半期に修繕料及び、修繕料で使ったということで今回上げましたが、詳しい資料についてはちょっと持ち合わせておりませんので、後から答えたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この法改正に、社会保障の、9ページですけども、国庫補助金の社会保障税の制度システム関係なんですけども、住民基本台帳関係は10分の10、これは委任事務だから10分の10で、税のほうが3分の2というふうにこう差がつくのは何でなんでしょうかね。これが1点。
 それから、22・23ページの教育総務費の事務局費の中の教科書採択協議会負担金ですけども、2市7町というふうな形で考えていいんだと思うんですけども、大河原教育事務所管内というふうな形になりますと、そうすると結構の負担金の金額になるかと思うんですね。私も非常に懸念しったのは、今度なくなりましたけども、仙南土地開発の事務が、仙南土地開発でいいんだっけ、柴田町になったときに、大した仕事もしてねっつうと語弊ありますけども、に対してね、非常に町でいろんな負担金を出すんで、それに対して人件費やら車代のあれどがっていろんなのかって実質的は多分柴田の町で使ってるんでないかと思うんですけども。こういった協議会をつくって、結局自分、簡単な話ですよ、この教科書のほの選定、どのくらいの事務、パソコンいっぱいになるくらいの事務なんてないと思うんですね。ほんの少しだと思うんですよ、基本的には、使うのは。それなのにパソコンの使用料までこう考えでくるっていうふうなね、何かそういうふうなことを考えた場合に、もうちょっとね、こういったほの協議会をつくる場合の中の支出というのをね、やはり、何ていうか、自前のっていうと語弊ありますけど、その事務局請け負った市町村のパソコンのちょっと一部を借りるくらいどか、そいな形ならわかるんですけども、そういうふうなこの考え方をね、やはりきちっと持ってぐべきだと思うんですけども、いかがなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 税番号制度の補助率の違いにつきましてご回答させていただきたいと思います。まず住民基本台帳システムにつきましては、国からの機関委任事務みたいな形になりますので10分の10、また、地方税につきましては町としても独自で利用する部分がございますということから3分の2となったものと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 大河原地区教科用図書採択協議会のパソコンの件でございます。教科書を採択する場合、2市7町からそれぞれの教科ごと委員が出まして教科書を採択するわけでございますが、これは秘密事項でございますので、自分のパソコンを使うことができないということで、基本的に担当者分だけリースをし、そしてお返しするときにはまっさらな状態でお返しするという形をとる関係上、多くのパソコンをリースするという基本的な考えで予算を組むということで大きなお金がかかるということでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 1点だけなんですが、16・17ページの3款民生費の6目世代交流振興費の共済費なんですけども、この6月補正で臨時職員賃金が出てきて社会保険料ということで15万5,000円補正計上されておったんですが、ここに賃金こう出てこないんですが、社会保険料こう計上されるわけをちょっと教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 6款の、6目ですね、世代交流振興費の4目共済費26万7,000円につきましては、再任用職員ということで1名配置してございますが、その者が役場の共済に入れる資格内の時間ではなくもう少し少ない時間で勤務していただくというふうな形になってございます。その場合、社会保険のほうに入るというふうな形になりまして、今回そちらのほうちょっと予算要求漏れがあったことから今回補正させていただいたということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そすと賃金とか給料どかの変更はないということ、中だけの処理ということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) はい、そのとおりでございます。(「ありがとうございます」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ページ9ページです。14款の国庫支出金、それから5目の総務費国庫補助金の、先ほど来も出ました1節総務費国庫補助金のこの社会保障税番号制度に関してですけれども、財源がどういうふうになってるのかわかりましたけれども、この制度が今回こういう形で今予算化されていますけれども、これは字のごとく社会保障税、税と、それから社会保障をこの番号に、その個人のですよ、個人を番号づけてしてしまうということのようですけれども、これは歳出にも先ほども出ましたけれども、随分出てくるんですよね。13ページにも具体的にこの国庫補助金の中身が歳出で、13ページの19の負担金補助及び交付金にも負担金として出てきます。それから委託料ですね。2款の総務費の賦課徴収費にも出てきます。それから、先ほどの戸籍住民基本、それからもう1つが15でしょうか、委託料とそれぞれ出てくるんですが。これはですね、町長自身、国の方針でこれ来てるんですけど、ほんとにこれ必要だと思っていますか。そのことちょっとお伺いしたいというふうに思います。いろいろ問題視されているだけに、町長自身本当に必要だと思ってるのか。国から来たからやむを得ずしなくちゃいけないと思ってるのか、まずお伺いしたいと……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑者、万波さん、一般質問になっておりますので。一般質問になっておりますので、質疑を変えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) あそうですか。まずでもそのこと聞きたいなというのが1点ですけど。議長の判断で、お答え、町長にしていただきたいっていうのが1点です。
 それから、これは歳出に出てきますけど、この委託というのはこれどこにされるんですか。その委託先をこの件でもう一度伺います。
 それから同じ9ページの県の支出金の1節農業委員会のこの補助金ですけれども、これは農地法の改正に伴ってということです。この改正の中身について伺いたいというふうに思います。
 それから、ページ11ページです。雑入です。エコの支援事業補助金ということで、コカ・コーラからという説明がありましたけれども、これは大河原町だけじゃなくて各町村にもこれ来ているということですか。教えていただきたいということです。
 それから、ページ13ページです。財産管理費の15節工事請負費ですけども、この電気自動車の充電設備設置工事400万ですけれども、これは環境に優しいということで町長の公約どおりですが、町内でのこの普及率っちゅうのはどうなんでしょうか。一般町民、それから事業所。これ県のは出ているんですが、町内はどれだけの普及率なのかなと。わかればちょっと教えていただきたいということです。
 それから、ページ25です。あ、25じゃ、その前に19ページです。予防費の13節委託料、予防接種委託料ということで水痘、それから高齢者のその肺炎球菌ですけれども、これは、やることはほんとに結構だと思いますが、現にこの肺炎球菌というのは既にされてる方もいらっしゃるし、それから、一度これすると後は、学者によってちょっと違いますけども、5年間なのかな、有効というか何かその辺もあるんですが、これはそういう方も含めて、やってない方が対象ということなんですか。それともそういう既にされた方も何か基準があってされるのか、その辺ちょっと中身を教えていただきたいです。
 それから、25ページです。25ページのですね、これは、先ほど出ましたのでいいです。失礼しました。
 もう1点は、27ページです。教育費の中の11節需用費、金ヶ瀬公民館ですけれども、あ、違う、間違いました。社会教育総務費の8報償費です。町民学園の商品券ということで100万円計上しました。るるその説明は、町民学園の説明これまでいただいてますが、これに関連して、これは障がい者も参加できる事業というのはあるんでしょうか。その点伺いたいっちゅうふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 社会保障税番号制度に伴いますシステム改修の業者という形でございますが、これにつきましては現在使用しておりますシステムを改修するということで、現在日立システムズ等々の業者になるものと思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 9ページの県補助金でありますけども、農地法改正の中身については、これまで農地台帳を整備しておりましたが、それを今回の改正では公表というぐあいになりまして、それに合わせての費用ということになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) エコ支援事業助成金についての、他の市町への補助についてのご質問ですが、これについてはことしで、今回で3年目になるわけですけれども、今回大河原町は申請をいたしまして、その審査を経て採択内定したということになります。ほかの市町においてもこれは申請を行い採択される、あるいは採択されないという例もあるようですので、そういった、近隣ですと白石あるいは山元町などがここ2年間の間は補助を受けているようではあります。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 13ページの工事請負費、電気自動車充電設備設置工事に関します電気自動車の普及率でございます。たしか県は発表されておりますが、市町村単位での数値は発表されてございませんので、ご了解いただければと思います。不明という形、わからないという形でよろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 19ページ、衛生費予防費の委託料の関係で、肺炎球菌の予防接種について、一度受けた人については受ける必要がないかということなんですが、これについては93種類の血清型があり、そのうちの23種類の血清型に効果があるというようなことで、その23種類の血清に効果がある接種をした方については今回は対象に、定期接種の対象にはならないというようなことでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 27ページ、社会教育総務費の報償費関係ですけども、障がい者の参加できる事業ということですけども、10月から一応事業決めて行っておりますが、一般参加できる方、衣料回収やらクロスカントリー、あと河川敷事業とかありますが、とりあえず今回は10月からということで、27年度に向けて検討していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと答弁漏れてましたので。最初の社会保障税番号制度ですけれども、これ委託は、歳出にかなり出てきますけど、どこに委託するんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁したよね。答弁してますが。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうですか。ちょっと、言いましたっけ。システムを改正するという、今まであるものを改修、改正というお答えはありましたよね。ちょっと済いません、もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長、はっきりね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 大変申しわけございませんでした。日立システムズというとこでございます。(「ああ、ごめんなさい。わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私が悪かったです。済いません。わかりました。んじゃ、これについては、そういうことですか。
 それからですね、ページが、この13ページの先ほどの電気自動車の充電、わからないんじゃなくて、やはり400万をね、町長公約でもありますし、その400万計上してやるわけですから、それはわかってる人は設置されればそれだけ利用するんでしょうけども、わからないっていう答弁じゃなくて、大体これぐらいはいるだろうという答弁がないと、いやわからないっていって設置っちゅうのは普通ちょっと答弁としては私はいかがなもんかなとちょっと思いましたので。正直言って、聞かれたとき私たちもわからないという、町民にはそういう返事できないじゃないですかね。後でいいので、やっぱり調査を、どういうふうにできるのかわかりませんけれども、何かタクシー業界ではあるというふうに、1台、私自身走ってるの見たことがありますけどもね、町ではつかんでるのかなと思いました。その点でやっぱある程度つかむ必要があるんではないかちゅうふうに思います。
 それから、最後のですね、この町民学園の商品券、これから始まってこれからずっとこの事業は続くわけですけども、やはり健康な方だけじゃなくて、障がい者には重度の方、中度あるいは軽度の方いらっしゃいますけど、そういう方もやはりこういう事業にですね、参加できるっていうその配慮っていうか、絶対これ必要だと思うんですね。今課長が答弁いただきましたけれども、町長がこの事業提案して実施されるので、その観点がどうなってたのかということと、今年度は半年分ですけどね、来年また引き続きありますので、ぜひ検討していただいて、車椅子に乗ってる方も障がい者も参加できるような事業にしていただきたいということで、町長のお答えもいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 大変申しわけございませんでした。電気自動車の普及関係につきましては、私も確かに町内で何件か、10件なるかどうかちょっとわかりませんけれども見てございます。で、現実的に県のほうの数値しか出ておりませんので、町内というふうになりますと推計して何%というふうな形で見るしかないのかなというふうには思ってございます。また、この充電設備につきましては普及を促進させるという意味合いもございますので、ご理解をいただければと思います。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民学園の対象事業につきましては今年度10月からスタートするということで、当面はですね、町の事業を中心に対象事業を選定さしていただきました。今後、例えば区長さんなどが認める5人以上のグループとかですね、そういったことも加えていきたいと思っております。区長さんなどでありますので、いろんな団体からの申請についてもですね、対応できるものと思っておりますので、その中には当然障がい者の方もですね、いろんな団体を、活動をなさっておりますので、そういったことに対してもポイント制を付与する方向で検討したいという考えは持ってることを申し上げたいと思います。以上です。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 24ページ、25ページであります。10款教育費の3項中学校費の1目大中管理費の11節需用費、先ほど課長のほうから消耗品費生徒用机の天板交換という説明いただきました。これ具体的に何台だったのか、そしてまた買いかえではなく交換だった理由、そしてまた年度の途中にこうした補正でこいな金額が出てきたのは何か事情が、特別な事情があっての交換だったのか、その辺を具体的にお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 大河原中学校の生徒用机の天板の購入についてのご質問ですが、まず購入するのは620枚を予定しています。620台、つまり、1年生から3年生までの全ての机を交換することになるかと思います。やはり代々使われてきた天板自体は先輩方がいろいろと、いろんなものを残していたりすることが多いものですから、それを新た、全く新しいまっさらな形にするということ、そして、その作業を親子で行うということから、共同作業による親子のつながり、あるいは学習環境を整えて学力向上につなげるということが大きな目標の1つにはなっております。そして、これが年度途中で出てきたということにつきましては、新しい学校の体制が4月から始まった中で、学力向上についての、あるいは生徒たちの落ち着いた学校生活を送るために、これは過去において他の学校で行って非常に効果のあった手法だということを提案があったそうで、今回、備品購入費として図書館の書架を購入する予算を計上しておりましたが、それを駅前図書館からの提供を受ける形で予算を落とし、その分をこの需用費、消耗品費のほうに充てるというようなことで内部でやりくりをしたというようなことから実現を図るというふうに考えたものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 内容はわかりました。年度の途中で急にこういうことが出てきましたんで、まだ、例えばなんですけども、学校のやっぱり状態がよくなくて、何ていうんですか、学校が荒れてて急にこう机が交換しなくちゃいけないような状況になったのかなっていう懸念があったんで質問したんですけども、そういうことはありませんね。大丈夫ですよね。改めて確認です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) そういうことではございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 歳出の、まず26・27ページの町民学園の商品券だったんすけども、これは額面どおりの買い取りで、またさくらカードにこれからも、さくらカードの商品券で買い取るっていう形でよろしいのかと、あと、電気自動車の充電施設設備なんですけども、これ県との協議でもう1台増設っていうことだったんですけども、これはそれでは財源措置をされるっていうことでよろしいのか。以上2点お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) まず電気自動車の財源関係でございます。これにつきましては今一般財源で補正を行ってございますが、国の補助がつくのか、県のみやぎ環境交付金のほうを活用できるのか、ちょっと今不明な部分があります。どちらにしろどちらかは使えるということで、それがわかった段階で補正させていただければと思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 27ページの社会教育総務費の報償費関係ですけども、さくらカード会の商品券、500円の商品券です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 商品券の部分だったんですけど、さくらカードの500円の商品券なんですけども、額面どおり買い取って、これからもさくらカードでずっといくのか、その辺お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい、そのとおりでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 議案第56号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第3号)について、反対討論を行います。その理由は、社会保障税番号制度システムに関する予算が計上されていること、これは私は認めることができません。確かに国の方針でこの制度が今回具体化されてきましたけれども、今どういうことがこれで問題になってるかといいますと、いわゆる税とこの社会保障の個人情報をこう一括管理して、徴税強化、それから給付の抑制を狙うということが実は言われております。これは国会でも質疑の中で明らかにされております。そして、権力による監視やプライバシーの漏えいなどが危惧されているということも指摘されております。そういうものを、確かに国の方針で各自体はせざるを得ないんでしょうけれども、やはりこういうものが導入するっていう必要は、今、私たちがこうして暮らしていてて、全く私も必要ないというふうに思っていますので、そのことを指摘して反対討論いたします。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 原案に賛成の立場で討論させていただきます。
 先ほど万波議員より社会保障税背番号システム整備の補助金等の絡みの中での一般会計補正予算の反対討論をされたわけでございますけども、私といたしましてはやはりその国で決められたことにつきまして、これはいろいろ先ほど給付の抑制云々とか必要なしというふうなことでございますけども、これを使わないとやはり住民に対する影響が出てくるというふうに思われます。特にやはりほの町民の社会福祉の向上のためにも、そしてスムーズな給付活動を行うためにも私は必要と思いますので、この一般会計補正予算については賛成の立場で討論させていただきました。どうか同僚の皆さんのご協力をよろしくお願いしたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで討論を終わります。
 これから議案第56号を採決します。
 この評決は、起立によって行います。
 この際申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 起立多数です。よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。
 10分間休憩します。
     午前10時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 先ほど、堀江一男議員の答弁に対して、生涯学習課長のほうから答弁をさせますので、よろしくお願いいたします。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 失礼しました。先ほどの堀江議員の質問にお答えいたします。
 27ページ、金ヶ瀬公民館の需用費関係ですけども、金ヶ瀬公民館では図書館の雨漏りがありまして、これに修繕費を全て使ったということで、これから行われます水道管の漏水等に全然なくなったということで今回補正したものです。
 以上です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 議案第57号 平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2
                 号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから、日程第3、議案第57号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 議案第57号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。
 今回の補正の主なものにつきましては、平成25年度分の精算に係る補正を行ったものでございます。
 事項別明細書によりご説明をいたします。6ページ、7ページをお開きください。
 まず歳入についてご説明をいたします。
 歳入の7款繰入金の1節事務費等繰入金20万5,000円は、地域支援事業において補助のつかない事務費分について増額をしたものであります。
 8款繰越金につきましては、平成25年度精算に伴い、前年度繰越金として5,275万4,000円を増額するものでございます。
 次に、歳出に入ります。8ページ、9ページをお開きください。
 3款基金積立金につきましては3,527万8,000円を積み立てるもので、これによりまして基金残高は2億13万9,000円になるものです。
 4款地域支援事業費につきましては、地域包括支援センター職員人件費として期末勤勉手当17万円及び旅費3万5,000円を増額するものでございます。
 6款諸支出金の償還金につきましては、国県支出金等の25年度返還金1,143万4,000円を増額計上し、同じく6款諸支出金の一般会計繰出金604万2,000円を繰り出すものでございます。
 これらの結果、今回の補正は、歳入歳出それぞれ5,295万9,000円増額し、本年度の予算総額を15億6,771万3,000円とするものでございます。
 以上詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第57号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 議案第58号 平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算
                 (第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、議案第58号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) それでは、議案第58号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)の詳細説明を申し上げます。
 今回の補正につきましては、大河原町地方卸売市場事業特別会計繰越金及び需用費の補正でございます。
 それでは、事項別明細書でご説明いたしますので、6ページ、7ページをお開き願います。
 まず最初に歳入でございますが、2款1項1目1節繰越金であります。当初予算で20万7,000円を計上しておりましたが、平成25年度の繰越金額が確定いたしましたので、49万3,000円を増額するものでございます。
 次に、8ページ、9ページをお開き願います。
 歳出でございます。
 1款1項1目11節需用費の修繕料の増額でございます。これは重量シャッター1カ所のモーターが故障したため、モーター交換によります49万3,000円の増額でございます。
 その結果、歳入歳出それぞれ49万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ415万6,000円とするものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 堀江一男君。失礼しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 繰越金が49万3,000円、して同じく修繕料が49万3,000円と、数字がまるっきりおんなじなんですね。当初で修繕料60万を計上しておりましたけども、今回のはモーター交換だということで、モーター交換にちょうど繰越金の金額のようでございますけども、この当初の60万の修繕は何だったんだかね。してちょうどこの金額が49万3,000円と49万3,000円っていうのが、何かびったり合うっていうのも何か余りにもちょっと不自然っていうか、不思議だなあっていうふうに思うんですけども、その辺のところをちょっとお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 修繕料につきましては既にこの60万近くのですね、修繕を消火栓、消防設備とか、それから別なとこのシャッターとか、結構修繕料を支出してございます。で、今回この重量シャッターの見積もりもとりまして、その結構な値段になってございますので、そのまま49万3,000円を繰越金……、そのまま49万3,000円を増額し、できるだけその今後補正しないような範囲での増額というふうなことでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 修繕料当初からと足すと109万3,000円になりますよね。そして消火栓、消防用設備等とか直したっていうことなんですけども、49万3,000円プラスその当初予算の残額金額でモーター交換を行うっていう見方でいいんですか。そしてモーター交換には幾らかかるんでしょうか。49万3,000円ちょうどなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 一応49万3,000円はかかりませんが、その近くはかかるというふうなことでございます。(「ちょっとおかしい」の声あり)いや、繰越金の49万3,000円の、をそのまま繰り越すということで。一部です。(「堀江議員、よろしいんですか、それで」の声あり)そうです。済いません、失礼しました。繰越金の一部です、今回のは。以上です。(「いいですわ」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第58号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第5 議案第59号 平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算
                 (第2号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第5、議案第59号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第59号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の詳細についてご説明申し上げます。
 今回の補正につきましては、提案理由でも申し上げましたが、歳入歳出それぞれに31万6,000円を追加し、歳入歳出の予算総額を13億9,611万7,000円といたすものでございます。
 それでは、事項別明細書によりご説明申し上げますので、6ページ、7ページをごらん願います。
 歳入の1款1項1目の下水道事業受益者負担金の現年度分につきましては、受益者負担金の支払い猶予の解除あるいは分割納入から一括納入へ納入方法の変更等により128万1,000円を増額補正し、4款1項1目の一般会計繰入金につきましては、受益者負担金の増額補正に伴い96万5,000円を減額補正いたすものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げますので、8ページ、9ページをごらん願います。
 1款及び2款の人件費関係につきましては、人事異動等に伴う補正でございます。
 次に、2款13節の委託料につきましては、川根地区等における公共下水道未整備箇所の実施設計委託料として250万円を増額補正いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 1点だけです。今回のこの補正の中で、歳出ですね、8から9ですけども、この人事異動というお話ですけれども、9月に来てこの人事異動っていうのは、どういう人事異動なんですか。例えばほら産休とかいろいろね、出た場合によく人件費云々っつうのはありますけれども、ここに来ての人事異動ってのは、どこか配置になってまた新しい人がここに来るということなんですか。その辺ちょっとよくわからないので、課長、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 職員の配置につきましては、予算上1月1日付で予算を計上してございます。したがいまして4月の人事異動になりますと、例えば水道課の会計職員から一般会計の職員に移るようなこともあります。そうしますとこういった補正をしてですね、適正な予算を組むというような形になってございますので、いつの、9月の段階で今回そういった人事異動の1月1日の配置に伴う人事異動に伴いましてこのような措置をしたものでございます。(「わかりました」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第59号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第6 議案第60号 平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第6、議案第60号平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。
 詳細説明を求めます。上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) それでは、議案第60号平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)の詳細についてご説明申し上げます。
 補正予算説明書によりご説明申し上げますので、8ページをごらん願います。
 それでは、収益的収入についてご説明いたします。
 1款2項3目雑収益の12万2,000円につきましては、提案理由でも申し上げましたけれども、強風にあおられ運転席側ドアが破損した水道の業務の軽ワゴン車の修繕に対する宮城県町村会の自動車損害共済保険から支払われた保険金でございます。
 次に、収益的支出についてご説明申し上げます。
 まず1款1項1目原水及び浄水費の補償費の補正につきましては、当初予算での科目設定の錯誤により、4目目総掛費から1目原水及び浄水費に科目更正いたすものでございます。
 次に、1款1項4目総掛費及び資本的支出、1款1項2目配水施設拡張費の人件費関係につきましては、職員の人事異動等に伴う補正でございます。
 なお、修繕費12万3,000円につきましては、先ほどご説明申し上げましたが、水道業務用軽ワゴン車の修繕費用でございます。
 次に、1款2項2目消費税及び地方消費税につきましては、後ほどご説明申し上げますが、資本的支出の工事請負費で3,000万円の増額補正等に伴い仮払消費税が223万7,000円増額となりますことから、その分を消費税納税予定額より減額いたすものでございます。
 次に、3項3目のその他特別損失につきましては、平成26年度より公営企業会計の新制度移行に伴い、本年度6月支給の期末手当の対象月でございます前年度の12月から3月までの4カ月分を今年度に限り特別損失で予算計上しておりました額から、人事異動に伴い34万2,000円減額いたすものでございます。
 次に、資本的収入及び支出につきまして、今回は支出のみの補正となっております。
 2目配水施設拡張費の工事請負費の追加補正につきましては、現在高砂、西原地区等で施工中の下水道災害復旧工事における舗装本復旧等の関係で、手戻り工事とならないよう、その工区内での水道管布設がえ予定箇所の施工時期を今年度に変更し施工いたしたく、その布設がえ工事費用として1,700万、それから、前年度で水道管の布設がえ工事を施工いたしました東桜町、上谷団地内等での舗装本復旧等の区間と面積の確定による舗装工事費用等1,300万、合わせて3,000万円増額補正いたすものでございます。
 なお、補正後の資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億8,845万5,000円につきましては、当年度分消費税資本的収支調整額1,218万1,000円、当年度分損益勘定留保資金1億2,413万1,000円、建設改良積立金5,214万3,000円で補填いたすものでございます。
 以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 討論なしと認めます。
 これから議案第60号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって議案第60号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第7 認定第1号から日程第13 認定第7号まで

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第7、認定第1号から日程第13、認定第7号までの7件を一括議題とします。
 これより決算認定について執行機関に対しての総括質疑を行います。総括質疑は、認定案件が一括議題でありますので、一括して行います。
 質疑はありませんか。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 大沼忠弘です。私は、2項総括質疑いたします。
 1、徴収業務についてであります。
 (1)公金横領事件への対応について。嘱託職員等による訪問徴収については将来的に廃止し、窓口や各種振替納付に切りかえていくこととされているが、具体的に廃止のタイムリミットを設けているわけでもなく、現在も2人体制を原則としていながらも続いております。現行の体制では公金横領事件の反省が不十分であるように感じているところであります。再発防止のための新たなシステムの方向性を構築すべきではないでしょうか。
 (2)上下水道の料金並びに使用料について。高額滞納者は24年度より新たに7件増、総件数では2件の減となっており、適切な滞納整理事務処理を行ったと思います。新たに増加した原因は何であるのか、最も滞納している金額はどれぐらいなのか、また滞納者に課すべきペナルティは実施しているのか。
 2、一般会計決算について。
 (1)鷺沼雨水排水整備事業の起債額は産業建設常任委員会の所管事務調査で示されたが、起債償還計画についてもその具体的な償還計画を示してほしい。
 (2)一般会計82億4,602万4,000円の予算現額に対し2億1,765万6,347円の不用額が生じております。この比率をどのように判断しているのか詳細について伺う。
 1)決算書の内容を見ると、要因として委託料あるいは負担金などの毎年同様に計上されているものでおおよその金額の見当がつくであろうもの、また、決まっているものでの不用額が発生していると読み取れる部分が散見されております。一例を挙げますと、10款教育費の5項保健体育費3目学校給食センター費13節委託料について、前年度では31万9,790円の不用額を出しており、25年度はほぼ同様の予算組みをしており、昨年より多い42万1,458円の不用額を出しております。備考に記載されている委託料のほとんどが前年度と同じ額であり、精査に欠ける予算組みと読み解けることになるが、なぜこのような不用額になったのか。行財政改革の観点から予算組みの段階より精度を高め、それに従って履行することは重要であります。この不用額はどのような要因によるものなのか、またどのように判断しているのか。また、委託料等の契約の際に金額の交渉などは行っているのか。来年度以降の考え方も合わせて詳細説明を求めます。
 2)約2億円の不用額が出ました。決して少ない額ではありません。この不用額があれば予算要求段階で削られた事業あるいは新規事業も幾つかは実施可能だったと考えられるが、どうか。予算組みの精査も行財政改革の大切な一部と認識するが、どうか。
 (3)財政力指数0.57、経常収支比率は93.6%で、24年度よりも3.5%増加しています。主な要因は地方交付税が減少していることだと思うが、減少額分の新たな財源確保のために行った取り組みを具体的に示して欲しい。
 (4)地方債の現在高が24年度107.7%、25年度112.7%と5ポイント増加しています。今後国庫補助率の低下が続くものと考えられる。さらに柴田斎苑の建てかえ事業、仙南クリーンセンター、宮城県南中核病院がん腫瘍センターの起債償還が増加することから、町の財政構造の硬直化を懸念しています。その対策は十分か。
 (5)25年度の町税収入は2.1%増の微増ですが、当町の将来的若年女性減少率で35.5%減との予測を日本創成会議から26年度に公表されたが、25年度においても将来的なその予測データを予想していたと思う。国は地方再生、人口対策を打ち出していますが、その対策が半恒久的なものとは考えにくい。町は町として人口減イコール町税減の独自の対策を、将来的財政需要を踏まえて25年度はどのような計画を実施したのか。
 以上を総括質疑いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大沼忠弘議員の総括質疑にお答えいたします。
 まず再発防止システムの構築につきましては、平成25年10月に策定いたしました公金管理適正化基本方針に基づきましてチェック体制の確立に努めており、訪問徴収時に納税者本人による納入金額の確認及び署名をしてもらうなど、確実な収納を行っております。訪問徴収した金額は、帰庁後、職員が領収書との確認を行い、二重三重のチェックを行っており、税務課窓口では預かり金とつり銭のチェックを2人体制で実施しております。さらに、領収証書のつづりの保管も使用時以外には鍵つき保管庫に保管するなど、職員も含めて不正ができないシステムをとっております。また、公金横領事件があったことにより、臨戸徴収を将来的になくすための努力として、税務課窓口への来庁納付や口座振替及び郵便振替納税への切りかえに説得を重ねた結果、事件発覚時250世帯余りあった訪問世帯を約50世帯までに減少させることができました。徴収嘱託員による訪問徴収の廃止につきましては、現在、収納対策本部滞納整理専門チーム会議や行財政改革専門部会の中でも検討しており、収納窓口の民間委託並びにコンビニ収納及びクレジット収納等の導入を検討し、納税環境整備が整った段階で廃止することを考えております。
 次に、上下水道料金の滞納に関する質疑でありますが、まず10万円以上の高額納税者件数の増加要因につきましては、水道料金滞納者に対する最終手段のペナルティであります水道給水停止処分の執行に際し、25年度におきましては滞納者からの納付確約書による停水処分の回避措置件数のうち不履行件数が多かったことによるものと考えられます。また、最も多く滞納している額につきましては、水道料金で100万円台、下水道使用料で90万円台となっております。今後は滞納者の生活状況等を十分調査の上、本町の水道料金等滞納整理事務取扱要綱に基づき厳正に対処してまいる所存であります。
 次に、鷺沼排水区雨水整備事業の起債償還計画についてのご質疑でございます。まず、事業計画期間を平成25年度から平成39年度の15年間とし、総事業費約65億円に対する本町の負担率56.6%で負担金は約36億8,000万円、その財源内訳といたしましては国庫補助金と起債がおのおの2分の1であり、起債総借入額は18億4,000万円ということで、NEXT大河原ゆめプランの平成26年度から平成28年度の実施計画等の年次計画に基づき起債の償還計画を作成いたしました。なお、起債償還条件は、地方公共団体金融機構等の元金5年据え置き30年償還ということで、以上の結果、最終償還年度は平成69年度で、元利償還金のピークは平成45年度から平成55年度の11年間で年間約8,850万円となりまして、同時期における既往債の元利償還額を加味して2億円ないし3億円くらいで推移するものと判断いたしております。
 続きまして、平成25年度一般会計決算における歳出の不用額についてのご質疑にお答えいたします。
 まず例といたしまして学校給食センターの委託料については、年度ごと同じ委託料に対し同じように不用額はあることに対する要因といたしましては、予算要求が精査に欠くものとなっていたことによるものと考えております。委託料の契約の際の交渉金額は行っており、老朽化施設点検等により増額の提示もある中で現状維持の額に交渉している部分はあります。改修、修繕や備品購入など新たな予算項目に偏った予算ヒアリングだったことも否めませんので、来年度の予算編成に際しましては各課に見積書を確認、また契約金額の交渉も進める中で予算編成の精査を行ってまいります。また、ことしから10月に各課ごとに第1次ヒアリングを行うことを検討しており、より精度の高い事業選定、予算編成に努めてまいります。
 次に、不用額の新規事業等への流用は可能ではないかとのご質疑にお答えいたします。一般的に、歳入は100%あてにできない可能性もある側面もあることから、歳入は厳しく、つまり少な目に見積もる必要があります。一方歳出は不足額が発生する可能性も想定しておく必要があることから少な目に見積もることは危険であり、どちらかというと多目に見積もる傾向があります。つまり、厳しく見積もった歳入の範囲内で、余裕を持った歳出を前提に予算編成することが肝心であります。それゆえ予算編成時においてはプライマリバランスを確保することは難しいと考えられます。一方、予算年度の期間中には歳入のさらなる確保及び歳出の抑制により、決算時点においてプライマリバランスを確保するように努めることが今後の財政運営において極めて重要であるふうに思料いたしております。この考えは、少しニュアンスは異なりますが、儒教の経典「四書」、「五経」というのがあります。四書は「論語」、「大学」、「中庸」、「孟子」であります。五経、そのうちの1つ「礼記」、お礼の礼に記と記しますけど、ここに出てくる「入るを量りて出を制す」という財政運営の哲学に相通ずるものがあります。今後ともこれらの考え方を念頭に健全な財政運営に努めてまいります。したがいまして、不用額が発生しそうだからといって年度途中に新規事業などを実施する、このような考えに基づく財政運営では財政規律が損なわれる可能性があることから、そのような財政運営をできる限り避けてまいりたいと考えるところであり、ご理解願いたく存じます。また、これまで繰り返し述べてまいりましたが、魅力ある町の創造並びに持続可能な社会を目指し、生産人口の流入をふやす、言いかえれば町税の増収につながるような魅力ある政策を幅広く検討してまいります。
 次に、地方交付税減少による経常収支比率の上昇に対し減少分の財源確保に取り組んだかとのご質疑ですが、主に町税収納率の向上及び公有財産の処分を進めてまいりましたが、新たな財源確保までには至っていないところであります。
 次に、地方債現在高の上昇、国庫補助率の低下、病院及び広域への負担金の増加などさらなる財政構造の硬直化に対する対策は十分かとのご質疑ですが、現段階では普通交付税及び臨時財政対策債が減額傾向にあり、収入の財源確保が進まない状況であることから、歳出の経費削減として人件費や事務事業の見直しなど行財政改革をもとに進め、歳出の一般財源の圧縮に努めてまいります。なお、財源不足が生じた際には財政調整基金による基金活用を想定しております。
 次に、人口減少による町税の独自対策を将来的な財政需要を踏まえて25年度にどのように実施したかとのご質疑ですが、新たな雇用の創出づくりとして工業団地の整備のほか、町内企業が転入者雇用を行ったときの雇用促進奨励金制度を進め、定住の促進を図っているところであります。しかし、人口減少、労働人口・若年女性人口の減少はやがて訪れることが予想されますので、安定的な財政運営のためにも時代の先を見据えた政策を取り組んでまいる必要があると考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 万波孝子です。私も総括質疑をさせていただきます。
 1、25年度を振り返ってです。町長が就任して以来2度目の25年度決算議会であります。25年度の施政方針で掲げた数々の施策が実施されてきましたが、町長自身1年間をどのように振り返って総括していますか。町長として町政運営で最も大切にしてきたことは何でしょうか。次年度に生かすべき教訓は何か、伺います。
 次に、監査委員による審査意見書を受けて、以下伺います。町長は、監査委員からの指摘については真摯に受けとめて改善していく姿勢を示しましたが、これを踏まえて以下伺います。
 公金横領事件の対応についてであります。公金横領事件後、徴収嘱託職員による訪問徴収については将来的に廃止し、窓口納付、口座振替納付、郵便振替へ切りかえていくこととし、さらに2人体制を原則とし、定期的に担当職員を変更するなどの改善策も実施してきたとあります。
 (1)将来的に廃止はいつごろを考えているのか。先ほどの議員にもお答えありましたけれども、私も通告してたので、私にもお答えいただきたいと思います。それから早い時期に正職員が担える体制を整えていくべきと考えますが、どうでしょうか。
 (2)再発防止策を具体的にとってきましたけれども、その効果と、今課題になっているのは何でしょうか。
 3、財政構造の健全化についてであります。財政の健全化判断比率については、健全性は保たれていると評価されています。しかし、経常収支比率は93.6%で前年度比3.5ポイント増加となり、今後十分配慮された財政政策を立てられるよう監査委員から指摘されております。この指摘をどのように受けとめていますか。これまでの財政政策の見直しが求められておりますが、今後の改善策で特に力を入れていく点は何でしょうか。具体的に伺います。
 4、介護保険についてであります。不能欠損処分を受けますと、そのペナルティとして利用者負担が一定の期間1割から3割に引き上げる等の措置が講じられるとありましたが、
 (1)不能欠損処分を受けた被保険者はいたんでしょうか。いたとすれば何名いたのか教えていただきたい。
 (2)そのうちペナルティとして利用者負担が3割に引き上げれた人はいたのでしょうか。
 (3)あわせてこうした該当者を出さないために、弁明の機会を生かして守るための対策はどのようにとってきたんでしょうか。
 (4)次年度以降、介護保険の減免規定に新たに「町長が認める特別の事情」を加え、減免の拡充をしていく考えはないか。このことを今回の決算を見て強く感じました。お答えいただきます。
 5、減免制度の活用状況についてです。生活困窮者等を救済する策の1つとして減免制度が設けられております。25年度において町税、保育料、町営住宅使用料、国保税、介護保険料、後期高齢者医療保険料などで、経済的な理由などで減免制度を活用した件数は何件あったんでしょうか。担当職員のアドバイスを受けずみずから申請に来た人、担当職員からの声がけで申請した方に分けて示していただきたいと思います。町民に対する減免制度の周知は十分だったんでしょうか。制度を十分町民に周知することは行政の役目であり、さらなる周知を図るためにわかりやすく書いた冊子、例えば知っていますか、知って得するなどを町民に配布していく考えはないでしょうか。ぜひ次年度以降検討していただきたいというふうに思います。
 最後です。
 6、健康保険税についてです。平成25年度の国民健康保険特別会計の実質収支は歳入総額24億8,000万2,559円に対し歳出総額23億1,135万8,760円で、差引額は1億6,864万3,799円の黒字となりました。ここ二、三年をさかのぼってみましたが、黒字で推移しています。よって国保の財政調整基金残高は1億9,500万円ほどにも膨れ上がっております。健全な財政状況と言えないのか。この辺のまず見解を伺います。これは担当職員の努力の成果と思いますが、一方、努力はされているものの依然として不能欠損処分や滞納者が多くいる要因は、今の政治情勢が払いたくても払えない状況をつくり出していると考えています。町はどのようにこの辺考えていますか。そして基金を一程度取り崩して国保税引き下げにつなげていく考えはないのか、またこのことも検討したのかどうかもあわせて伺います。
 以上、私の総括質疑を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の総括質疑にお答えいたします。
 初めに、平成25年度を振り返ってとのご質疑であります。これまでの長期総合計画にあわせ、新たな視点に基づき先進的・戦略的な計画を盛り込み、本町が「希望と誇りを持って暮らせる・開かれた先進のまちおおがわら」を目指して策定したNEXT大河原ゆめプランや、地球温暖化防止を図るため本町が取り組むべき事業等の目標となる「環境夢プラン」の策定等、今後の進むべき方向性を打ち出せたことは大変よかったものと考えております。また施策面では、環境においてリサイクルステーションを設置したことによるリサイクル意識の向上、子育て世代への支援として世代交流いきいきプラザの建設、小学校卒業までの医療費無料化、学び支援といたしまして中学校3年生を対象にした学習の支援などを行い、町民の福祉に努めてまいりました。町長として町政運営で最も大切にしたことにつきましては、私の政治姿勢であります公正・公平・クリーンな政治、公共性及び有権者の声を大切にする政治、将来を見通し、未来に備える政治であります。次年度に生かすべき教訓につきましては、町民の皆様の声を十分に反映させ、その声に基づき町民の福祉の向上につなげる努力をなお一層図っていく必要を感じております。
 次に、公金横領事件後の対応についてのご質疑についてお答えいたします。
 徴収嘱託員による訪問徴収の廃止につきましては、先に大沼議員にもお答えしておりますが、現在、収納対策本部滞納整理専門チーム会議や行財政改革専門部会の中でも検討しており、収納窓口の民間委託並びにコンビニ収納及びクレジット収納等の導入を検討し、納税環境整備が整った段階で廃止することを考えております。
 次に、再発防止策の具体的効果につきましては、納税者本人による納入金額の確認及び署名に加え、同行する別の徴収嘱託員の確認により確実な集金を行っており、さらに収納金額については職員が領収書との確認を行い、二重三重のチェックを実施いたしております。また、課題としては窓口収納時の待ち時間の解消でございますが、今後、納税環境整備を具体的に実施することで改善してまいりたいと考えております。
 次に、経常収支比率が上昇し、財政政策の見直しを進める中で改善策として特に力を入れる点は何かとのご質疑でありますが、大沼忠弘議員にもお答えしたとおり、町税の収納率向上や公有財産の処分など歳入確保に努めますが、普通交付税や臨時財政対策債が減少していく想定でありますので、歳入の財源確保が特段に進む方向にありません。具体的な改善策としては、歳出の経費削減に向け人件費や事務事業の見直しなど行財政改革をもとに進め、歳出の一般財源の圧縮を進めてゆき、財政の健全化に努めてまいります。
 次に、介護保険についてのご質疑にお答えいたします。一括してお答えいたします。
 平成25年度に不能欠損を行った被保険者につきましては、59名であります。そのうち利用者負担が3割に引き上げられた人は1名でした。また、こうした該当者を出さないための対策といたしましては、納入の催告について強化いたすとともに、納付相談などにより必要に応じて分納などで対応するほか、相談を通じて生活の実情を聞き取り、その必要性に応じて生活保護相談や地域包括支援センターでの相談等につなげて対応しているものでございます。介護保険の減免規定に新たに「町長が認める特別な事情」を加え減免を拡充することにつきましては、介護保険制度を維持していくためには、被保険者間の公平性の確保や健全な介護保険財政の運営と財政規律の保持が非常に重要である観点から、考えていないところであります。
 引き続き、各会計における減免状況についてのご質疑であります。各種減免を受けた方は、一般会計のうち、個人住民税4人、うちみずから申請の方が4人、軽自動車税45人、うちみずから申請者4人、保育料ゼロ人、町営住宅使用料ゼロ、特別会計では、国民健康保険税17人、うちみずから申請者が4人、介護保険料ゼロ人、後期高齢者医療保険料ゼロ人となっており、全会計合計では66人が減免を受けております。また、国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料につきましては軽減制度を設けております。
 次に、減免制度の周知についてのご質疑にお答えいたします。納税通知書等送付時にも周知しており、さらに町のホームページにおきましても紹介しているところであります。また、保育料につきましては減免制度がございませんので、ご了知願います。
 次に、国民健康保険につきましてのご質疑にお答えいたします。国民健康保険財政調整基金は、高齢化率の急激な上昇、新型インフルエンザの大流行や医療の高度化など医療費の急激な伸びによる財源不足などに備えるために保有しておく必要があります。現在健全な状況とは言えませんが、比較的安定はしていると考えております。しかし、黒字の理由は医療費の減少ではなく、今年度はいわゆる社会保障と税の一体改革の断行等による補助金、負担金、交付金の増によるもので、今後とも安定的に措置されることは期待するものの、保証されたものではないこと、並びに医療費は依然として増加傾向にあり、今年度も、25年度も5,000万円増加しております。推移を見守る必要があります。また、景気回復が言われ始めておりますが、地域においては経済情勢、雇用情勢が依然として厳しい情勢の中、財政基盤の安定確保は非常に難しい状況にあります。基金の一定程度の取り崩し、国保税の引き下げにつきましては平成28年から平成30年度の3カ年の第2期大河原町国民健康保険事業運営計画の策定時に考えたいと思いますが、あくまで国保会計の健全な運営を大前提に考えてまいりたいと思っております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) ほかに質疑ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これで執行機関に対しての総括質疑を終わります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第1号から認定第7号までについては、議会先例集106の2及び109の規定により、議員選出監査委員及び議長を除く全委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して会期中の審査とすることにしたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号から認定第7号までについては、議員選出監査委員及び議長を除く全員の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して会期中の審査とすることに決定いたしました。
 本会議は本日から9月19日、決算審査特別委員会終了時まで休会とし、決算審査特別委員会終了後、会議を再開します。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、本会議はただいまから決算審査特別委員会のため休会とすることに決定いたしました。
 本日はこれをもって散会します。
     午前11時59分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年9月16日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------