議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2014年9月12日(金):平成26年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、堀江一男君、枡 和也君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き、一般質問を行います。
 万波孝子さん、発言を許します。万波さん、済いません。万波さん。議長にちょっと見せてください。議長の許可なければ配付できません。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) おはようございます。万波孝子でございます。
 通告順に従って一般質問を行います。私の質問は3問です。
 1点目、「非核・平和の町」を宣言している町として。
 8月15日は69周年目の終戦記念日を迎えました。戦後、日本国民は「政府の行為によって再び戦争の惨禍を起こることのないやうにする」(憲法前文)ことを誓って、戦争を放棄しました。二度と戦争は繰り返さないという不戦を誓った憲法9条を持つ国である日本は、今、戦争か平和の重大な歴史的危機に立たされ、日本国憲法は生まれてから今最も危機的状況にさらされていると考えています。
 戦後生まれが国民の大部分になっても、310万人以上の日本国民と2,000万人を超すアジアの人々の命を奪い、国土を荒廃させた第二次世界大戦の傷跡は今なお消えていません。
 7月1日に安倍内閣は集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行いました。憲法9条のもとで歴代首相誰一人できなかったことであります。何よりも平和が一番です。平和であり続けることを願い、「非核・平和の町」を掲げている町として、次の点について町長に伺います。
 1、安倍政権が集団的自衛権行使容認に向けた閣議決定は、自衛隊が活動する地域を後方地域、非戦闘地域に限定するという従来の枠組みを廃止し、これまで戦闘地域とされてきた場所であっても支援活動ができるとしています。戦闘地域での活動は、当然相手からの攻撃に自衛隊をさらすことになります。必要最小限の実力の行使と言っていますが、一旦海外での武力行使に踏み切れば相手からの反撃を招き、際限のない戦争の泥沼に陥ることは避けられず、集団的自衛権には、事の性格上、必要最小限などということはあり得ないと考えます。他国の戦争に参加する集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことについて、「平和の町」を宣言している町長としてどう考えますか、伺います。
 2、「非核・平和の町」を宣言している町として、平和の取り組みを例えば戦争体験を語る集いなど、地域や学校の現場で実施していく考えはないでしょうか。こうした取り組みを通じて、町民に「非核・平和の町」をもっともっとアピールしていってはどうでしょうか。
 3、今、憲法9条を守る会は全国至るところにつくられ、聞くところによりますと7,000を超しております。大河原町ではちなみに120大河原町じゃなくて、県内124、この大河原町にもあります。活発な今活動が行われ、ますます広がっているのが現状であります。一般市民初め、弁護士、それから文化人、ジャーナリスト、芸能人、宗教など幅広い人たちが、思想信条や党派を超えて一点共同で宣伝行動、集いなどが繰り広げられております。
 元白石市長の川井貞一氏もそのお一人であります。元首長に呼びかけて9条を守る会を立ち上げて活動しています。町長も現職の首長らに呼びかけて行動していく考えはないでしょうか。
 4、日本非核宣言自治体協議会に当町も参加しておりますが、協議会の事業内容と会の存在を住民に知らせることは重要と考えますが、いかがでしょうか。
 5、船岡自衛隊協力会の事業内容はどうなっていますか。近年、事業内容に変化が出ているのかどうか。
 以上伺って、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議員の皆様、おはようございます。傍聴者の皆様、グッドモーニング。
 それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、集団的自衛権の行使容認を決定した閣議決定についてのご質問であります。
 集団的自衛権の行使容認問題については新聞報道でも大きく取り上げられたところであり、現在でもさまざまな議論が行われているところであります。私といたしましても、国際社会における日本として日本国民の生命や自由と幸福を追求するための手段であったとは理解する一方、日本が紛争に巻き込まれる可能性が高まることが懸念されることもあり、判断は難しいところであります。
 しかし、閣議決定に至るまでの経過は拙速であり、説明不足であると感じており、肝心の十分な国民理解が難しい状況にあるのでは考えておるところであります。今後、国会審議の中で慎重かつ十分な審議を期待するものであります。
 次に、「非核・平和の町」とした町民へのアピールについてのご質問であります。
 本町は昭和61年3月に、将来を担う子供たちの未来が永遠に戦争のない平和な社会であるようにと「非核・平和の町」を宣言しております。こうした中にあって本町としても、宣言看板の設置を初め、町ホームページでの宣言文掲載、広報紙での周知などにより、平和の大切などを訴えてきたところであります。また、学校教育の中でも被爆国の歴史と平和についての授業も行われており、今後におきましても戦争の悲惨さと生命の尊さ、平和の大切さをさまざまな形で町民の皆さんに訴えたいと考えております。
 次に、憲法9条を守る会に係るご質問でありますが、この件につきましては個々の判断として各首長が決めることと考えておりますので、私が主導的な立場になることはないと考えております。
 次に、日本非核宣言自治体協議会事業内容の町民への周知のご質問であります。
 この件につきましては、2点目でお答えいたしました今後の取り組みの中で考えたいと存じます。
 次に、自衛隊協力会の事業内容についてのご質問であります。
 この事業については特に変更等はございません。これまでどおり自衛隊員の募集協力を初め、陸上自衛隊船岡駐屯地との親睦や融和を図る事業となっているようであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 再質問いたします。来年に向けて、閣議決定はされたものの関連法案ということで自衛隊法初め16の法案が今度審議ていうか、一括で出てくるちゅうことが今既に報道されていますね。仮にですよ、これが本当に閣議決定がされるとどういうことになるのかなって、実は多くの方が今懸念をしています。これは党派を超えてですね、自民党でも有名だった元大蔵大臣の武村さんとか、それから元財務大臣だった藤井さんでしょうかね、あとはいろんな方がそういう点で危惧してるわけですけども、日本への武力攻撃がなくても他国のために武力行使するものであり、日本を海外で戦争する国にするものだということが、とにかくいろんなところで今言われております。
 そいで、日本の自衛隊てのはことしでちょうど60年なるそうですね、つくられてから。そいで、あくまでも入隊するとき言われるそうですが、専守防衛と災害救助だということで宣誓文も書かれて、それで入隊しているようであります。しかしながら、仮にこれが今私たちが心配するなことが起きればすね、イラクに日本は自衛隊を派遣しましたよね。しかしながら、本当にうれしかったですよ。1人も殺さず殺されもしないで帰ってきました。これはやっぱり憲法9条があるから守られてるんだなということですよね。それで、イラクで残念ながら派遣されて帰還した自衛隊の中に、NHKでもやっていました。40人だそうです。既に自殺です。それから、精神的ストレスかなりいるそうです。現に、アメリカではいろんなアフガンとかイラクでやっていますが、60万人がですね、この心的外傷後ストレス障害を患って、1日22人が今も自殺しているようです。そいで、戦争ていうのはそういう軍隊さんだけが亡くなるんではないんですね。現にイラク戦争では何と12万から13万人の尊い罪のない人たちが殺されてるんですよ。こんなことが日本で本当に起きてはならないというふうに私も平和を願う1人として思っております。
 町長は、仮にこれが閣議決定が実際実行されますとね、本当そういうことが起きると思うんですが、今の私がちょっと述べた点で何か考えることはありますか。私は一層だからこそ憲法9条を守って、自衛隊は本当に3・11のときもう献身的に、本当に頭が下がります。あの姿こそ本来の自衛隊の姿だろうと。そういう人たちを殺したり殺されることは絶対してはならない。そういう点では今世論をいかにつくってこれを阻止しなくちゃならないかということで、平和を皆さん本当に誰でも平和願ってると思うんですね。そのことを心から私の気持ちを訴えながら、町長の見解を伺いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も平和については極めて大事だというふうに考えておるところで、万波議員と何ら変わるところはないものと思っております。今回の閣議決定により、私としては紛争に巻き込まれる可能性が高いものと思っているところであります。それゆえにですね、もう少し慎重な議論をしてもらいたかったということで、これも万波議員と共通認識を持ってるつもりでございます。今後、国会でですね、慎重な審議を重ねることによって、この閣議決定がもう少し修正されるような方向も私は考えておくべきだというふうに思っておりますけれども、あくまで今の段階ではどうなるかわからないというふうに思っておりますので、国会の議論の審議の行方を注視してまいりたいというのが、私の今のスタンスでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 大河原町では戦没者446人だそうです。本当に私たちは戦後の人間ですけど、本当の戦争知らないんですよね。読んだり聞いたりしてわかってるんですよ。しかしながら、446人です。戦没者の方は二度と戦争してほしくない。これはもう本当に今でも遠い国からですね、そういうこと訴えていると思うんですよね。こういう人たちの、この亡くなった方のこれをちゃんと私たちは引き継いで、今の時代を生きる者として本当に憲法9条守っていかなきゃならないちゅうふうに思っています。
 町長はこの憲法9条についてどのように考えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は憲法9条は世界に誇るべき条文だというふうに思っておりまして、この日本が被爆国で会ったり、いろんな形で近隣の諸国にも迷惑をかけたということでありますので、戦争は放棄すべきだということは極めて私は大事だというふうに思っております。それを守っていけるかどうか、今大変厳しい状況にあるというふうな状況も考えていかなきゃいけないということでありますので、いろんな方策を使って、特に外交を充実する形で日本が戦争に巻き込まれないように、そして9条が守られるように、今後とも見守ってまいりたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 私も一緒です。そういう点では本当にやれるところでやはり日本を守る。そして世界中からこの核戦争のない平和な社会、これは世界どこの国でも共通ですね。そういう点で、実はこの憲法9条というのは、町長も世界の誇るべき宝、まさに世界の宝なんですよね。そいで、今憲法9条がノーベル平和賞の候補になっているの、挙がってるのご存じでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 申しわけありません。存じ上げておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実はですね、この憲法9条がノーベル平和賞の今候補に挙がっているんです。それで、ことしの10月の10日に発表されるようですが、これだけ今世界からも、戦争放棄を戦争した国で憲法9条持ってる国はここしかないんですよね。そういう点ではやはり、何ていうんでしょうか、これを本当に守り育てていかなくちゃいけないと思ってるんですが、町長にですね、こういう国だからこそ子供たちに戦争のことに、平和について取り組むということが大事だろうといふうに思うんです。先ほどの答弁でも、今後ということですが、現状学校ではどんな授業になっているんでしょうか。戦争あるいは平和について。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 小学校では6年生の歴史の授業の中で行われております。中学校におきましては歴史教育の中で行われております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 具体的にもう少し内容を教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 戦争放棄につきまして憲法の条文の理解ということで、歴史教育及び憲法の授業の中でも勉強しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) こういうときだからこそ戦争を体験した方のお話を聞くとかですね、そういうことを一層していかなくちゃならないと私は、学校だけでありません。地域です。その点はどのように考えていますか。従来と変わらない考えなんでしょうか。町長と教育長両方に伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今初めてそういうことをお聞きしましたので、どのように答えていいかわかりませんので、まだこれについては改めて考えてまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 従来と変わりございません。これまでと同じように、またこれからも同じような教育を続けてまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この9条、9条というも、戦争を語るていうのはいろんなとこでやられておりますけど、今後広報でですね、戦争体験者の記事を載せるとかそういうことを今後この「非核・平和の町」の紙として、そういう今後取り組みというのは、取り組みというかそういうことは今後できないでしょうか。ぜひと思うんですが、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 実はですね、来年戦後70周年ていうな節目の年になることでなっておりまして、来年ですね、この70周年を節目に原爆パネルの展示でありますとか広報での特集というな形で考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) よろしくお願いしたいちゅふうに思います。いずれにせよ、この項はこれで終わりますけども、今現に生きている私たちが本当に、何ていうんでしょうか、これからの日本の将来をほんと考えた場合、やっぱし平和の道に本当に進むように、やっぱ1人1人が改めて子供たちを守るためにも考えていかなくちゃならないという、今大きな課題が私たちの前に突きつけられていると思っております。町長、ご一緒にやれるところでぜひ平和の取り組みしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 では、2番目に入ります。介護保険法の改正を受けてであります。
 来年度から介護保険が大幅に見直され、要支援者のサービス削減、特養入所対象の限定など「保険あって介護なし」という深刻な事態が拡大しないか懸念されております。各自治体では介護保険法の改正を受けて第6期介護保険計画の中で具体化されます。当町では来年3月に議会に提案されると聞いております。
 今回の改正は、「介護の社会化」の理念を投げ捨て、「介護の自己責任」を本格的に推進するもので、各地から怒りの声が上がっています。そこで今回は、その中で要支援者の訪問看護、通所介護削減と打ち切り、特養の入所対象を原則要介護3以上に限定したことを受け、以下、町長の考えを伺います。
 既にこの件については前に2回ほど取り上げていますので、その流れの中で今回取り上げております。
 1、要支援者1・2が利用している訪問介護、通所介護を介護保険給付から外し、市町村の地域支援事業に移行することになりました。3月議会の時点では「町に移行されても引き続き同じ事業所で同じサービス内容の継続提供が可能かどうか、サービス提供に当たって地域資源の活用がどの程度必要になるか、その受け皿も見通しができない状況にある」との回答がありました。
 1、要支援者1・2の人が今までどおり訪問介護、通所介護サービスが受けられるための支援策はどうなったでしょうか。国補助、町負担はその後どうなっているんでしょうか。
 2、サービスを必要とする方の実態を正確に把握しているケアマネジャーの役割は一層重要であると考えています。連係プレーはどのように行われていくのでしょうか。
 3、移行により要支援者の負担割合はどうなるんでしょうか。
 4、サービスの提供者として介護専門職は考えているんでしょうか。育成についてもお願いいたします。
 5、事業所への委託は考えていますか。
 6、町が行う新しい総合事業に必要なスタッフは何名と見ていますか。町担当者の増員も考えていますか。
 2、特別養護老人ホームの入所対象は要介護3以上となりました。要介護1・2の待機者に対する対応策は考えていますか。
 2、やむを得ない事情がある場合は、要介護1・2でも入所を認めるという項目があるようですが、どういう場合のことなのか。
 以上伺います。お答えによって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、万波孝子議員の大項2点目、介護保険法の改正を受けての一般質問にお答え申し上げます。
 初めに、1点目の要支援者1・2の人が今までどおり訪問介護、通所介護サービスが受けられるための支援策と国補助、町負担についてでありますが、訪問介護、通所介護サービス事業所は現在、県が介護保険事業所として指定しておりますが、今回の改正では総合事業を行う事業所として一斉に指定され、利用者は引き続き訪問介護、通所介護サービスと同等のサービスが利用できるようになるものであります。
 補助については、事業費用の歳出は介護保険特別会計の地域支援事業への計上となり、現在の介護予防費の負担率と同じく50%が保険料で賄われるほか、国庫負担金が25%、県と町の負担金が12.5%ずつで変わらないものであります。
 2点目は、サービスを必要とする方の実態把握とケアマネジャーの役割についてですが、要支援1・2の方については現在町の地域包括支援センターのケアマネジャーがケアプランを作成し、介護サービス事業につなげてサービスの利用を図っているところであります。訪問介護、通所介護サービスが地域支援事業へ移行した場合においてもケアプランの作成は行われ、基本的にはサービス利用まで今まで同様の手順となるものであります。サービスを必要な方の把握につきましては、健康福祉課の窓口で相談を受けて、職員が身体の状況や利用したいサービスの聞き取りを行いながら必要に応じた対応を行うものであります。
 3点目は要支援者の負担割合についてであります。
 サービス料金に対する1割負担、ただし今回の改正で一定の基準以上の所得がある方については2割負担となるものであります。
 4点目はサービスの提供者として介護専門職と育成についてでありますが、訪問型・通所型サービスは引き続き介護サービス事業所の介護専門員がサービスの提供を行うものであります。人材育成につきましては、県の支援策を含め、新しい総合事業を円滑に実施することができるよう、町の実情に応じた施策を考えてまいります。
 5点目は事業所への委託についてであります。
 初めにお答えいたしましたとおり、基本的に、訪問介護、通所介護サービスが地域支援事業に移行した場合においても訪問型・通所型サービスが利用できる事業所として指定されますので、委託手続は不要であります。
 6点目は町が行う新しい総合事務に必要なスタッフ数と町担当者の増員についてであります。
 現時点において新しい総合事業の事務量がどの程度になるのか見通しがつかないところではありますが、現在に比べて事務量がふえることは確実な状況です。特に、地域包括支援センターの負担が増すものと考えております。今後、計画策定を進める中で具体的に職員の増員を考えてまいります。
 次に、特別養護老人ホーム入所対象者についてのご質問であります。
 1点目は要介護1・2の待機者の対策についてであります。
 改正に伴い、これらの方への働きかけを強めていきたいと考えております。具体的には、入所申請に至った経過、介護認定調査の内容、現在受給している介護サービスの状況などをトータル的に勘案し、それぞれの状況に応じて在宅あるいは入所に関する支援を行ってまいりたいと考えております。
 2点目はやむを得ない事情がある場合の要介護1・2の方の入所判断についてであります。
 特例入所ということになり、公平な運用を図ることから、入所要件について今後国から示される見込みの特例入所に係る指針により施設で判断することになるものと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 先ほども言いましたけれども、3月議会で取り上げたときの回答で「受け皿も見通しができない状況にある」ということでしたけども、その後、今の時点で見通しが出たということは、これまでの回答の中だと思うんですけども、もう一度その後どういうふうに進展してるのか伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 3月議会以降の経過につきましては、国のほうから新しい改正の内容のガイドラインが発表されまして、それによりまして今までの要介護支援1・2の方についても、総合支援事業というようなことで国が事業所を一斉に指定をいたしまして、今までと同じようなサービスを利用できるということになったものでございます。その利用料等についてはまだ示されてはいないものでございまして、そのようなことからただいまの町長の答弁になったものでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 担当課も本当に大変だちゅふうに思います。とにかく今までの事業を、要支援1・2でいえば使えるんですが、ただ保険から外されますのでね、利用料がどうなるのかということですよ。それから、ちょっと見てますとその事業所についても、報酬単価ですか、これ引き下がるんですよね。そうすっと事業所も大変なんです。保険から外されるということは。そういう点ではやっぱ両方に支援が必要だなと。水準を下げない、維持するということから考えますと、その辺の対策てのは非常に大事だと思うんですが、どんなふうに考えていますか。あとは、町長にも、わかる範囲で結構です。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) サービスの利用料金につきましては、ただいまも申し上げましたが、今後国から示される予定になっております。で、今の現在と同等の上限額が設定されるというような、そういうような情報がありますので、極端に利用料金が高くなるとかというふうには今のところ考えておりません。
 それから、事業所の報酬につきまして、介護職員の報酬等につきましては、国のほうで設定するものでございまして、町のほうではできるだけその職員の確保といいますか、そういうものについて努めてまいりたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、課長が答弁したとおりでありますけれども、まだはっきりしてない部分もございます。で、さほど心配することもないというような趣旨の答弁をさしていただいておりますけれども、万が一、そんなことがなければ、介護を切り捨てるような国の方針が出てきた場合はですね、しっかりと対応していきたいというふうに思っておるところでございます。社会保障と税の一体改革をやるその背景には、消費税3%が上がったということもありますので、しっかりとこの社会保障と税の一体改革が国民のために資するような運用になされるように、町としても国に対して意見を申し上げていきたいと思っておりますけれども、そうならないように国のほうにしっかりやってもらうように期待しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 恐らくですね、国ももちろんあるとは言いますけれども、とにかく介護保険から外すわけですから、「介護あって保険なし」とも言われかねないような状況なんですよ。今まではずっと介護保険で1割だったですよね。例えば1回300円だったのが、今度は保険外ですから例えば1,000円とかかかるわけですよ。だから、今までどおり同じ事業所で受けられるにしても、そこにはやっぱし負担がふえるんだと思うんです。ですから、絶対町で横出し、維持するためには横出しが絶対出てくると思うんですね。堀江議員の質問にもありましたけども、ぜひそれはですね、もっともっと具体的になれば見えてきますので、ぜひそこの辺は確保していただきたい。いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは大事な問題でありますので、町単独でこの横出しを対応できるということにはなりませんので、こういったことについては県の市町村会とかですね、そういったところと連携しながら国に対してしっかりとものを言っていきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 3番目の質問の中でも、一定の基準以上の方は1割から2割になるわけですから、当然負担がふえるわけですね。ぜひその点しっかりと財政措置をしていただきたいということをお願いしておきます。
 それから、市町村にこの要支援1・2が移るわけですけれども、国のあれを見ますとNPOとかボランティアという言い方をしてるんですよね。でも、私やっぱし介護は専門職が絶対必要です。そういう点では増員というのは、これはもちろん地域包括必要ですし、それから、役場の中の課長初め職員おりますけどそこにも私は必要になってくるのではないかと思ってるんですけど、その点はどう考えているのかです。
 あとは、もう一つ、専門職ですね、これを育成するために今講座とか受けてるんでしょうか。お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 職員の増員につきましては、健康福祉課、それから地域包括支援センターの状況、それから今後の改正の状況を見ながら考えていきたいということで、今現在何名とかというような具体的な数字は申し上げられませんので、ご了解をお願いしたいと思います。
 また、専門職につきましてですけども、専門職の方もなかなか確保するのが今難しい現状ではありますが努めて、確保に努めていきたいと思います。
 それから、専門職の講座とかを受講して育成に努めているかということにつきましては、認知症の方が今後高齢者の増加に伴いふえるというようなことで、その認知症の対策の推進員の研修については、地域包括支援センターのほうで既に2名だったと思いますけども、受講しておりまして、今後さらにそのような研修については積極的に受講するように働きかけてまいりたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今後NPOあるいはボランティアの活用ということについてお答え申し上げたいと思います。
 確かに、専門職も含めこの介護の分野において人材が不足している実態は私も把握しております。そこで今後ですね、この人材不足を確保するためにも、ボランティアあるいはNPOなどの力もお借りできるような仕組みをつくっていく必要が私はあると考えおります。例えば子育て関係で申し上げますと、今、集中豪雨で時々出てきます大阪府の池田市、きのうもテレビ出ておりましたけども、あそこで10年以上前に子育ての、有償でありますけども、有償ボランティアのサークルがですね、子育て、子供さんを預かっているという仕組みをつくっております。それと同じように、今あらゆる分野で人手が足りません。介護の分野もそうだし保育の分野も足りません。そういった観点から今後の方向としてですね、有償ボランティアあるいはNPOなどの活用もですね、これから極めて大事になってくるんではないかと私は思ってるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 要支援1・2でいいますと、とにかく全国的な統計でも認知を抱えてるる方が6割以上だっちゅふうに言われています。そうしますと、やはり国では市町村に総合事業として移すと言っていますけど、非常にそういう点では受け皿をきちんとね、整備するような状況には具体的になってないんですね、読むと。だから、これはもうやっぱり福祉向上を目指すこの自治体としてこの、何て言うんでしょうか、受け皿をどうつくっていくかということは、これは本当にね、やらざるを得ないんですね。そういう点ではやっぱしプロなんですよ。プロでないと私はだめだというふうに思います。だから、有償ボランティア、だから、しっかりと育成をしていくということにね、ぜひ力を入れていただきたいというふうに思います。そういう点では、そういう構えでいるようにも伺えますので、ぜひ町長、お願いしたいというふうに思います。よろしいですか。その点では。(「答弁」の声あり)はい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) しっかりと受け皿をつくるということについては私も考えておりますので、今後十分に検討してまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) それから、この特養ホームですけれども、要介護1・2に今度は、これから希望する方は基準を満たさなければ入れないという、今まで本当に施設を利用して、でもなかなかあきませんよね。それは絶対数が足りないからですね。399、たしか全部で、大河原町でもこの前、3・4・5が67名、残りは49名が要介護1・2の方で今待機してるという実態です。こういう方についてはですね、町ではこれからもっともっと実態を把握して、だって施設を望むということはそれなりの理由があるんですよね。どういうふうにその辺は把握していますか。あとは家族にはいつごろ説明というかいくんでしょうか。新たなやっぱし家族だって考えなきゃいけないですよね。どうでしょう。課長、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 要介護1・2の方で入所の待機をしている方についてでございますが、原則といたしましてはその申請をした施設で対応することにはなりますが、その要介護1・2の方の状況によりましては町のほうで意見書を提出するとか、あるいは施設のほうから要請があれば入所の審査会のほうにも出席するようなことも考えられるかと思います。この辺については、今後国から具体的に示されるのを待っての判断になるかと考えております。
 それから、在宅でのサービス等については相談があれば随時その相談にお答えしますし、場合によってはこちらから働きかけるということも考えたいと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今ずっと町長と意見の交換やってきましたけれども、いずれにしろ第6期の介護計画の中にやっぱり盛り込まなくちゃいけないですね。これ、今開いてないつうけど、いつごろ開く予定ですか。開けなかった理由もお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 第6期の介護保険事業計画委員会ですか。はい。それについては第1回目につきましては既に開いておりまして、その時点での改正の内容等の御説明をいたしております。今後、回数を重ねて開催をして計画を煮詰めていきたいというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いずれにせよ「介護あって保険なし」という状況だけは絶対つくってはいけないなというふうに思います。たとえ寝たきりになっても大河原町に住んで本当によかったと、長生きしてよかったと言える、やはり高齢者に優しい、そのためにも、この介護保険始まって14年でしょうか、経過したの。最悪の事態だっていうふうに介護専門家なんかも言っています。そういう点では本当に末端の自治体として大変でしょうけども、ぜひお年寄りのために全力で取り組んでいただきたいと町長にお願いしておきます。
 では、最後の質問に入ります。「絵本のへや」についてであります。
 町長は今でも「絵本のへや」を廃止して、機能を分散する姿勢でおります。そこで伺います。
 1、14年前に駅ビルオーガが完成すると同時に、中央公民館の2階にあった図書室を廃止して、駅前図書館がオープンしました。その4年後に絵本のコーナーを拡充させ、現在の「絵本のへや」が開設されましたが、開設に至った経緯についてまず伺います。
 2、機能を分散するとして、駅前図書館本館、それから世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ヶ瀬公民館の施設に絵本のコーナーを設けることとしています。これはこれで、特に中央、金ヶ瀬、プラザは、これ当たり前のことで当然だちゅふうに思います。そして、本は分散できても、「絵本のへや」の機能は幾ら考えても持っていけないというのが、今もって私が確信していることです。機能が分散できるということをぜひわかりやすく証明していただきたいと思います。
 3、最近高齢者と絵本の出会いが重要視されております。「絵本のへや」の存在、役割は一層求められているのではないかと考えますが、どうでしょうか。4施設初め、各学校、児童センター、保育所、老人施設、ブックスタート事業を実施している社協などなどは、核になる「絵本のへや」があればこそ、連携してよりよい絵本の事業が前進するものと確信していますが、どうでしょうか。利用者に喜ばれ親しまれ育まれてきた施設をなくす、要するに宝をなくすことはこれまで育ててきた、もう一度言います、宝をなくすことになります。そうはならないですか。
 4、来年3月まで「絵本のへや」を延期して開設することになりましたが、契約は既に済んでいるんでしょうか。
 以上伺って、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、3項めの「絵本のへや」についてのご質問にお答えいたします。
 まず、「絵本のへや」の開設に至った経緯についてのご質問であります。
 平成15年5月にオーガのテナントを運営する大河原商業開発株式会社より、ファル撤退後の空きスペースの活用に関する要望書が出されました。当時、駅前図書館では閲覧スペースや資料をふやせる棚、読み聞かせの場所、ボランティアや職員が作業及び倉庫として使用できる場所がないなどの課題があり、相互利益のため平成16年8月4日「絵本のへや」がオープンいたしました。
 次に、「絵本のへや」の機能を分散できることを照明してほしいとのご質問にお答えいたします。
 「絵本のへや」の機能として1)親子で、またボランティアが読み聞かせができる、2)絵本の蔵書が十分で、その選定や調達を司書に相談できる、3)安心して絵本に親しむことができる、が考えられます。この中で1つ目の読み聞かせができるかどうかにつきましては、駅前図書館、世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ヶ瀬公民館とも十分に可能であると考えます。2つ目の蔵書数については、各施設の蔵書数は駅前図書館には及びませんが、貸し出しの機能は果たせるものと考えます。また、住んでいる地域に近くなった地区においては、これまで以上絵本が身近になるプラス面もあるものと思います。ただし、司書と相談する機能については駅前図書館のみですので、これまで同様駅前図書館をご利用願いたいと思います。3つ目の安心として絵本に親しむ機能については、4カ所とも機能が果たせるものと考えております。
 次に、これまで育ててきた宝を失うことにならないかとのご質問でございます。
 高齢者と絵本の出会いについては、例えば世代交流いきいきプラザにおいては常に幼児、児童がおり、町民を対象にしたおおがわら町民学園も始まることから、高齢者が読み聞かせや昔話を行えるなど、その環境はできつつあります。
 連携につきましては、本館において学校司書や各施設とこれまでどおり対応できるものと確信しております。
 4月に開設された世代交流いきいきプラザにおいては徐々に利用人数が増加しており、絵本の読み聞かせに集まる人数も「絵本のへや」を大幅に超えており、新しい宝が生まれたものと考えております。
 最後に、「絵本のへや」に係る賃貸契約のご質問でありますが、大河原商業開発株式会社との間で基本的な了解は受けておりますので、現在、契約書の取り交わし等の事務処理を進めておるところでございます。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、再質問をいたします。
 先ほどちょっと私の単独で資料を配ってしまいました。今後注意いたします。
 町長と、それから教育長、それから生涯学習課の課長に配ったというのは、この(1)番で私が質問しています、なぜ4年後に「絵本のへや」ができたのかということで、この大河原町誌通史続編に載っているんです。これに、ちょっと私読みますので、ちょっと町長に再考、考えていただきたいちゅふうに思います。
 この駅前図書館にはですね、駅前図書館の基本方針というのがあります。駅前図書館を生涯学習の拠点と位置づけ、幼児から高齢者まで全ての町民がよりよく生きたい、より文化に触れたい、学びたいという要求を満たせる機能を持ち、利用者が施設を運営していく住民主体の自立した図書館を目指している。まさに10年間これやってきたということです。また、誰もが気軽に立ち寄れる立ち寄り型の図書館として新鮮で多様な図書ということで、にぎわいの中で人々の交流、この中心として果たしてまいりました。基本方針どおりです。
 特に平成16年度です。今から10年前、この「絵本のへや」ができたときのことです。「絵本のへや」の整備など子どもの読書活動の推進に努め、成長の過程の中で豊かな人間形成を図れるよう環境づくりを進めていくとして8月の6日、これ最後のページになりますが、8月の6日にですよ、今のこれまでの駅前図書館に加え、同フロアの、今のところでです、絵本と紙芝居の専用スペース「絵本のへや」を開設したんです。この施設は親子で気軽に絵本を読んだりお話会を開催できるじゅうたんコーナーや絵本、紙芝居を1万冊収納できる低い書架、さらに職員やボランティアの業務に利用する部屋で構成され、これまでの図書館とは違った憩いや交流を大切にしている。この専用スペースの設置の狙いです。こういうふうに書いてあります。集中力や創造性を養うため、子供に本を小さいころから親しませようとするものであり、また一般利用者の快適性を求めつつ、親子も周りに気兼ねすることなくゆっくりと絵本を読める空間が欲しかったためである。読み聞かせコーナーもじゅうたんに座りながらの読書が親子にリラックス感を与え、ボランティアによる読み聞かせも絵本だけでなくエプロンシアターなどさまざまなことができるようになった。なお、子供の読書環境の配慮のほかにも地震対策など利用度に応じた施設拡大を目的に開設したものであると。
 まさに10年間こういうふうにして、しかもボランティアのこともですね、この822ページに載ってるんですよ。図書館のボランティア活動、このレールというボランティアがどういうふうにして名前ができてかかわってずっと来たかということですね。あと、ほかの団体もありますけど、こういうふうにしてみんなでまさにつくり上げてきた絵本のこのへや、それは、町長、今私読み上げましたけれども、どういうふうにお感じになりました。町長が答弁いただいたのと全く、全くというか、私は比べにならないと思うんですよ。これご存じでしたか。と、あとは感想をお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この記述については初めて今目にしたところでございます。この「絵本のへや」を開設するに当たりましていろいろな目的が書かれております。大変高い目標を掲げております。そういったことで、こういった町の税金を使って施設を運営する以上、当然こういった方針を掲げんのは常の習いでございます。そういった意味で当然のことかなというふうに受けとめております。
 10年たってこの宝がなくなるんではないかというご懸念でありますけれども、もう既に、先ほど申し上げましたとおり、読み聞かせについてはいきいきプラザで相当の人数の読み聞かせもできております。そういった意味で、この確かに生涯教育の拠点と位置づけたとありますけれども、10年たって今その拠点として機能してるかどうか、これについては少し検証をさしていただきたいというふうに思ってるところでございます。今申し上げました読み聞かせの人数についてもですね、もうほかのとこでたくさん「絵本のへや」よりもたくさんの人数が来てるというふうな状況も、もう既に新しい宝が発生しております。そういった意味で、今後この生涯学習拠点を分散するということがこれからの町政にとって進むべき道だというふうに今感じたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) いや、町の歴史に載っているんですよ。この宝をなぜ壊すんですか。町長の今の私は納得ができません。それで、各施設、いきいきプラザで今なってるていうけど、あれは子供の子育て支援センターですよ。支援センターの役割と今私がここで歴史に載っているこれを読み上げたのとは違うんですよ。図書館の役割と、町長がふえている云々というのはそれは子育て支援センターなんで、そこを一緒にしちゃだめだと思います。どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それはちゃんと認識しております。その子育て支援センターでやっている人数がふえているということを申し上げたわけでございます。
 また、今回答の中で3つの機能を申し上げました。それ以外の機能として宝という機能でありますけれども、その宝であるかどうか、10年たって10年前と比べてですね、果たしてその宝の機能を果たしてるかどうか、これについてはしっかりと検証しなきゃいけないというふうに思っております。入場人数とか、私も時々「絵本のへや」に参ります。ほとんど利用してる人がいないという状況でありますので、果たしてあの場所が適切であったかどうかということも検証しなきゃいけない。2階にあるということでなかなか入りにくいとか、逆に1階のプラザのほうが入りやすいとかそういった、あと駐車料金もかからないとか、いろんなことでですね、町民の多くの声を聞いております。果たしてこの生涯、特に幼児教育の段階でですね、この拠点をどのようにしたらいいのか、まさにこれから町に与えられた課題であると思いますので、これは真剣に考えていきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 各施設は必要なんです。だからいきいきプラザにも絵本のコーナー必要なんです。これから始まりますけど。至るところに必要なんですよ、子供のいる施設は。そこと、やっぱし中心になる、核になるのが図書館です。あればこそ相乗効果が生まれるんだと思います。私は、この駅前図書館の連絡協議会ぜひ設置していただきたい。情報を共有して、ほいで、意外と自分のところしかわからないんです。私も施設歩きましたけども。でも、本当に相乗効果するにはそういうのつくって、いつも情報交換して、「じゃ、そっちで読み聞かせれば、こっちと」、その兼目になるのが私は駅前図書館、駅前図書館というのは、私が駅前図書館だとしたら、町長が言ってんのは、「絵本のへや」をとると言ったら、私の例えば両腕をね、とるようなもんでしょう。私はそう思う。ちょっとたとえが悪いですけど、私はそう思ってるんですね。
 それで、いきなり町長にこれお示ししたので、ぜひ再考していただきたい。そして、本当に機能が持っていけないちゅうのは私ははっきりしましたね、今回のことで。本は持っていけるんです。でも、方針として掲げられた歴史に残っているこれが持っていけないちゅことがはっきりしたんじゃないですか。ゆったりして云々てのはできないでしょう、ここで。読み上げたけど。もう一度ね、再考、お願いしたいと思います。それから、連絡協議会、ぜひつくっていただきたい。以上、いかがでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子育て、幼児教育の拠点となるのは図書館であるということは先ほどもお答えしたとおりでありますので、そのような認識でございます。また、連絡協議会については今後検討さしていただきまして、設置できるようにしながら幼児教育の充実を図ってまいりたいというふうに感じているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 協議会については検討する、前向きですよね。それと同時に、町長は町政の覚え書きの中でもこの経費削減が出てきました。つくったときはお金がかかるからちゅことはもちろん書いてないんですけども、まちづくりというのは今まで培ってきたものをより発展させていくっていうことがまちづくりじゃないですか。ほいで駅前図書館を中心にした文化を前に進めていく、その拠点になるのが私は駅前図書館だちゅふうに思います。ですから、拡充してあっちにもこっちにもこれから絵本コーナー設ける、それはもう私は前から言ってます。当然なことなんですよ。それを思ったら、核になるものがなかったら、ここに書かれてある歴史が語ってましたね。これがあってこそ初めて、町長、生きるんですよ。ぜひ再考して存続の方向で検討していただきたい。
 私は伊勢町長とこうして仕事させていただいてありますけれども、町長はまだ就任して丸2年でしょうか、ことしの10月で。町長なら理解できると信じています。確信しています。それだけこうして長い間仕事、させていただいて本当に思っています。歴史を壊さないでください。宝です。ぜひそのことを訴えると同時に、町長の相当なる決断だと思うんですね。(「時間でございます」の声あり)それも含めてお答えいただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この方針については基本的には今のところ変えるつもりはございません。その1つとして、広報おおがわらの私の拙文の中にも書きましたけれども、費用対効果も念頭に置きながら町政に当たっていかなければいけないという立場もご理解賜りたいというふうに思うところであります。その中で、新しい宝をつくる、今駅前図書館が核になると申し上げましたけれども、その核が4つ5つできるような方向にですね、取り組めるように、いろんな団体の方々と連携を図りながら新しい宝をつくるという方向で、せっかく世代交流プラザもできましたので、第2の宝となる場所としては世代交流いきいきプラザではないかという、そういう方向で政策を展開していきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。(「終わります」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時02分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 次に、丸山勝利君の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番丸山勝利です。通告に従い、一般質問いたします。
 私の一般質問は1つ、「絵本のへや」の今後についてです。これは6月議会でも一般質問しましたけども、また再度質問さしていただきます。
 6月議会の一般質問でも「絵本のへや」について質問しましたが、聞き逃した部分やまだわからない部分、理解できない部分、また状況が少し変わったことなどから、もう一度一般質問いたします。
 前回と同じになりますが、今後廃止ではなく、さらなる充実が図られてもいい施設だと思われ、大河原町の未来を担う子供たち、特に未就学児や児童の読解力向上と情操教育にとって必要不可欠な重要な施設なので、以下お伺いします。
 1、再度、「絵本のへや」が廃止されるのはいつどのように決められたのか。決められた経緯は。
 2、6月議会で「絵本のへや」を守る会より請願が出され、9対4の圧倒的多数で可決されているが、請願をどのように受けとめてどのような対応をしたのか。また、今後の対応は。
 3、6月議会で議会で中断して全員協議会を開催して、「絵本のへや」の跡地利用について説明がされたが、なぜ議会を中断してまで全員協議会を開催したのか。
 4、「絵本のへや」にあった除籍本が世代交流プラザに移されて貸し出しされているが、貸し出し体制と貸し出しの状況は。
 5、「絵本のへや」の本を図書館内に移動するために図書館の本を除籍にし無料配布しているが、今回の「絵本のへや」の本を入れるために何冊の本を除籍にして無料で町内外の方に差し上げたのか。また、本以外に処分したものはあるのか。
 6、「絵本のへや」を守る会より陳情がされ、町長は文書で返答するとあったが、文書で返答したのか。また、返答した内容は。
 7、8月12日の全員協議会で「絵本のへや」を廃止を3月まで延期して利用者に周知するとのことだったが、もう一度延期の理由と、どのように周知を行っていくのか。
 以上、7点質問いたします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、「絵本のへや」が廃止されるのはいつどのように決められたのか。決められた経緯はどういうものであったかという質問であります。
 6月議会の一般質問でもお答えいたしましたとおり、平成16年に駅前図書館に「絵本のへや」を設置するために締結した10年間の賃貸借契約が平成25年度末で切れ、大河原商業開発株式会社との契約で撤退の時期が決まっていなかったため、平成26年3月に「絵本のへや」の機能の一部を世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ヶ瀬公民館に移して、図書館の絵本利用者の利便性を極力損なうことなく、予算の効果的な執行を図るために決定した措置であります。
 次に、請願をどのように受けとめどのように対応したのか。今後の対応についてのご質問でございます。
 請願については貴重な意見として受けとめているところであり、読み聞かせを長い間行っていただいたことには感謝を申し上げるものであります。ただし、これまで申し上げましたとおり、新しい施設である世代交流いきいきプラザ、公民館等に機能を分散しながら、子育て環境の整備に努めていく考えであります。なお、図書館利用者には早急に閉鎖することでの戸惑いもあることから、今後は町の考えを広報などでお知らせしながら、平成27年3月までは「絵本のへや」を継続してまいりたいと考えております。
 次に、なぜ議会を中断してまで全員協議会を開催したのかというご質問であります。
 新年度予算において「絵本のへや」に関する予算を計上し議決された以上、平成26年度中の「絵本のへや」の利用は守らなければならないと判断いたしましたが、既に8月末で「絵本のへや」の移転を予定する旨「おしらせばん」で周知していたため、短期間の跡地利用ではありますが、その後の活用案について説明したものであります。しかし、「絵本のへや」継続に対する請願が可決され、学習室などの跡地利用も需要が見込めず現実的ではなかったため、その後、平成27年3月まで「絵本のへや」を継続と決定いたしました。
 次に、世代交流いきいきプラザでの貸し出し状況についてのご質問にお答えいたします。
 世代交流いきいきプラザ及び中央公民館、金ヶ瀬公民館での絵本の貸し出しについて、各公民館への書架の移動や新刊絵本の登録の作業のため、3施設同時に10月1日から開始いたしますのでご理解願います。
 次に、駅前図書館の本の除籍と無料配布についてのご質問にお答えいたします。
 「絵本のへや」の本を本館へ入れるための除籍及び無料提供は約2,300冊であります。また、本以外で処分したものはありません。
 次に、「絵本のへや」を守る会よりの陳情に対する返答についてのご質問であります。
 陳情に来られた面談の冒頭部分で文書で回答すると申し上げましたが、面談終了後、回答は特に求めないとの趣旨が発言がありましたので、回答を控えておったところであります。また、さまざまな経緯があり、今後も発達段階ごとの言語教育の充実を検討することとしており、検討した内容が固まり次第、議会にもご説明し、広報などでお知らせすることで返答にかえさせていただきたいと考えております。
 最後に、「絵本のへや」の延期の理由とどのように周知を行うかとのご質問であります。
 延期の理由につきましては、住民への事前説明や周知が不足していたことに加え、本年度予算についても1年間の事業として計上していたことなどの事情により、平成27年3月まで「絵本のへや」は延期することとしたものであります。なお、「絵本のへや」の延期の理由については、前にも述べたとおり、広報などで町民への皆様へ行ってまいりたいと思っております。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) まず、廃止される、廃止ていうか移転されるという最初の話、何回も二転三転してるんで、ちょっとその趣旨がよくわからなくなってる部分があるんですけども、万波議員の回答でも再考する考えはないっつうことだったんで、なかなかどう話を聞いていいかあれなんですけども、結局、最初、一番最初の段階ですよね、駅前のオーガ内にある「絵本のへや」、結局10年契約がわかった時点で、なぜ移設って考えたのか。結局、再契約は考えなかったのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 世代交流いきいきプラザができたのでそちらに移設したいという担当課の話もあり、経費節減にもつながるということで判断して私はそれを認めたということで、理由としては世代交流プラザに「絵本のへや」の機能を移転したいということが理由でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 機能移転であれば、あんなロビーのところにちょこっとだけ置くんじゃなくて、やっぱ部屋としてやっぱつくるべきじゃなかったんですかね。子育て支援室、もちろん子育て支援室が移るというのはもう前々からわかってた話ですよね。なぜそのときにその移転一緒に、であれば世代交流いきいきプラザに持っていくというような話は出なかったんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子育て支援センターがいきいきプラザにできることによって、そのときに最初からそのような考えでやれば事前の説明も十分だったというふうに思っておりますので、その点については若干遅きに失したかなという気持ちは今でも持っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 基本的にもう子育て支援室が世代交流いきいきプラザに移転することで利用者が重複して、重複が見込まれるので一部世代交流いきいきプラザに移すっていう説明だったんで、であれば、結局「絵本のへや」の重要性ですよね、子育て支援の部分で「絵本のへや」が情操教育にどれだけ寄与してるのかっていう部分を考えれば、ロビーにではなくてもう少し充実したものにしていかなければならないんじゃないですかね。ですから、やっぱその観点でいくと、結局、もう今の状態でもちょっと非常にオーガの2階入りづらくなってるんで、一旦もとに戻しても少しゆっくり考えて、できるかどうかあれですけども、世代交流いきいきプラザに「絵本のへや」を増設するとか、そういった考えでいかなきゃだめなんじゃないですかね。その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) いきいきプラザのほうには、これまでの「絵本のへや」の約3分の1の蔵書を移設したわけであります。残りは引き続きですね、図書館のスペースを利用して絵本を配置するというふうに決めておりますので、機能は十分維持できるというふうに思っておりますし、また読み聞かせをするグループの方にはですね、私直接申し上げました。イベントホールでも研修室でも使っていただいても結構ですというふうに申し上げておりますので、その申し上げたことを実行しながらですね、これまで「絵本のへや」でやっておられたことが機能を分散することによって継続できるものと今でも確信しておりますので、今町が定めてる方針でこれからも進んでまいりたいというふうに思っておりますので、ぜひご理解願いたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その前段階、一番最初の段階からちょっと余りにも何だろ、急ぎすぎて「絵本のへや」を廃止する、もう廃止ありきで行っているのが、ここまでちょっとこじれた理由なのかなと思うんですけども、まずもってこの10年契約が切れるっていうのがわかったので、結局閉鎖っていう考えになったわけですよね。結局、それ以前であれば、世代交流いきいきプラザにその機能を移すという選択肢もあったわけなんで、結局それがおくれて10年がわかって、それで再契約もすることなくもう閉鎖っていう決めたわけですよね。基本的に「絵本のへや」が大事なものであるならば、拙速に決めないでやっぱり2年3年ゆっくり考えてからでもいいんじゃないですか。その辺、なぜそんなに拙速に「もう10年契約だ。じゃあ、もうやめる」という判断になるんですかね。ならば1年2年延長してゆっくりまたほかの施設でも、世代交流いきいきプラザの横だったら子育て支援室を隣り合わせなんで一番利用者が見込まれるかもしれないですけども、ほかにいい施設があるかどうか、そういった形の、何でしょう、計画立てた移転ていうのも考えられるわけですよね。なぜすぐさま閉鎖にっていう考えになるのか。やっぱり1年2年延長してゆっくり考えるというのがやっぱり持っていき方じゃないんですかね。その辺どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどもお答えしたとおり、最初の出だしがまずかったということは反省をしております。ただ今後のことを考えた場合、1年2年余裕を持って検討するということはまたお金もかかることであります。で、ここでですね、世代交流プラザができましたので、それを今までの機能をそこで補っていただきながら新しい宝をつくっていきたいと、新しい歴史をつくっていきたいということを今思っておりますので、1年2年検討する期間があったというお考えでありますけども、それはやっぱり費用対効果を考えた場合ですね、いかがなものかと私は今でも思っておりますので、確かに出だしはまずかったんでありますけども、政策判断として今後どのようにやっていったらいいのかということを考えた場合、今の町の考えに間違いはないものというふうに今でも強く思っておりますので、再考する余地はないというふうにお答えさしていただきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 再考する意思はないという、なぜそこまでかたくなにあれするのかがわからないんですけども、基本的に世代交流いきいきプラザに今ロビーに並んでますけども、結局、こうゆうように無理矢理並べてもやっぱり親子で読み聞かせできるような状況ではないですよね。やっぱあそこで、この間もありましたけども、じゅうたんスペースつっても何かちょっと囲まれたところのとこで、囲まれたじゅうたんつうんですかね、あの角にちょこっと置いてあって、あそこんとこではやっぱりゆったりして読み聞かせっていうのはできないですよね、親子で。やっぱり読み聞かせっつうと、お母さん方が子供を連れてきて、やっぱそこのところに置いてゆっくり隣同士で読み聞かせするのが読み聞かせですよね。それがあそこではやっぱり結局児童クラブとか子育て支援室の子供たちがやっぱ行き交うところですよね。トイレに行ったり、またいろんな来たときにワイワイ、やっぱり子供なんて一番動き盛りですし、やっぱ子育て支援室であったり児童クラブなんていうと、やっぱみんな友達同士でワイワイしながらあそこは歩くスペースですよね。そこんとこで落ち着いて読み聞かせなんかできないと思うんですけど、どうお考えですか、その辺。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) なぜかたくなに方針を変えないということにつきましては、先ほど来繰り返し述べておるとおりでございまして、費用対効果を考え、そして新しい宝をつくりたいということであります。確かにご指摘の点はわからないわけでありませんけれども、新しい文化をつくるにはそれなりの努力も必要だと私は考えております。そういった読み聞かせの場所にふさわしいように今後考えていきたいということもこれから大事な課題だというふうに思っております。
 また、基本的には読み聞かせする場所としてですね、やはり親子で読み聞かせをするわけでありますから、親子が集中して読める場所は家庭であると私は思っておりますので、そういったことも考えながら、家庭で読み聞かせがさらに深まるように、今検討しておりますボランティア養成講座ですね、読み聞かせのボランティア養成講座のその講座の中にですね、一般の家庭のご両親たちも勉強できるように、すばらしい読み聞かせが全家庭で行えるように、そういったことも新たな文化として定着できるように、新しいものを、新しい歴史をつくっていきたいというふうに考えておりますのでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) もちろん家庭で読み聞かせできれば一番いいんでしょうけども、やっぱり日々の生活の中でやっぱいろんな家事があるわけじゃないですか。で、またいろんなやっぱり落ち着けないスペースというのもありますし、やっぱそういった非日常なところでやっぱ子供と向き合う施設というのは非常に大事だと思うんですよね。そのためにやっぱ「絵本のへや」があって、あのじゅうたんスペースというのが置かれたと思うんですけども、であれば、家庭でやるんであればわざわざ金かけて分散して4カ所も、じゅうたんスペースとか置くスペース考える必要もないと思うんですよね。わざわざあのじゅうたんスペース置いて金かけて費用対効果を考えるんであれば、家庭で、「じゃ、借りてって家庭で読み聞かせしてください」っていうことですよね、町長言ってることは。家庭でやればいいんじゃないのって、そういうものは。結局そんなの町がやるものじゃないよって、そういう考えですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の発言の一部を捉まえて発言されたことでありまして、家でやればいいということは全く申し上げておりません。家でやるのも大事であると。そういう雰囲気のある場所でも必要だということで、で、費用対効果を考えた場合にですね、じゅうたんスペース云々がぐあい悪いということであればですね、それを改善していくということもですね、十分考えられますので、その辺改善を重ねながら新しい歴史、新しい宝をつくっていきたいというふうに考えておりますので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そもそも「絵本のへや」の利用者がほとんど未就学児や子供を持つ親御さんなんですよね、ほとんどが。結局、町民みんなが本当に、2万3,000、約2万4,000みんなが使う施設ではないっていうことは私もわかるんですよね。だからこそやっぱり分散じゃなくてやっぱ1カ所に集約して、使いやすい施設にするのがやっぱり費用対効果を考える分で非常に大きい面だと思うんですよね。やっぱり「絵本のへや」に来るやっぱ利用者のほとんどっていうのがやっぱ若いお母さん、やっぱ子供を持つお母さん方で、やっぱその方々がやっぱり入るのに、やっぱ今の「絵本のへや」の状況では入りづらいですし、結局機能分散してもやっぱみんな誰もいないところにぽつんといてもさみしくて、1人じゃあ本当にさみしい状況ですよね。やっぱり逆に集約して誰かがいる、そこんとこで親同士のつながりもできるわけですし、そこに誰かがやっぱり管理してるっていうか、管理している職員がいることによって、やっぱり親御さんも安心感がありますし、逆に今度その職員でも、やっぱそういった集まったやっぱり若いお母さん方なんで子育てに関してもいろいろ悩みとかいろいろあっと思うんですよね。ですから、そのときにいろんな情報交換、親同士の悩みの情報交換の場にもなりますし、やっぱ職員とのつながりでこういった悩みを打ち明ける場所にもなり得ると思うんですけども、なぜそれを分散してしまって、集まれる場所にしないのか。その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子育てのいろんな悩み、相談する場所として子育て支援センターがあるわけでありますから、そこを利用していただきたいと。本来のその絵本の目的というのは、丸山議員と同じであります。幼児の言語教育を充実するということでありますから、そういった大目的を考えた場合にですね、費用対効果を考えながらどのようにやったらいいのかということをですね、もう少し幅広にこれから検討しながら、改善も重ねながらですね、努めてまいりたいというふうに思っておりますので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱもちろん子育て支援室でいろんな悩み相談だったり受けるのはわかるんですけども、結局そこだけじゃなくて、いろんなやっぱり部分での子育てに関してのいろんな悩みを聞く場所があってもいいんじゃないですかね。それが結局「絵本のへや」だからそんな親の悩みとか聞けないというのじゃなくて、本当にいろんな部分で聞けるような状況をふやしていけば、それにこしたことはないですよね。それにはやっぱり結局分散しても職員は張り付けできないわけですよね、いろんな施設で。だったらやっぱり集約して1カ所で職員1人つけられるような状況に置いて、費用対効果そっちのほうが高いと思うんですけども、また、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 専門の職員を置いてやる方法も大切かと思いますけども、費用対効果を考えた場合、例えばですね、世代交流プラザ、高齢者もたくさん来ております。そういったところでですね、若いお母さんが相談することも可能であります。そういった意味で世代交流いきいきプラザができたものというふうに認識をしておりますので、町のいろんな政策を考えた場合、そのいろんな機能をそこに集中させていくということで、世代交流いきいきプラザをですね、ご理解賜りたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと費用対効果の部分で考えれば、やっぱり集約して1カ所でやっていくのが一番ベストかなとは思うんですけども、あとは、請願が9対4で可決されたわけですよね。したら、なぜ結局「絵本のへや」を廃止するんですか。また、前に戻りますけども、なぜ議会、町長にとって議会って何なんですか。ちょっとその辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 議会は私の認識は、町民の代表であり町民の意思を体現する場所であるというふうに考えております。基本についてはそのとおりであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その議会で、結局請願が可決され、あの「絵本のへや」はあそこのオーガの2階であるべきだっていう判断がされたのに対して、なぜ閉鎖を決めるわけなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そこが二元代表制のあるところでございます。執行部の考えと議会の考えが当然異なる場合が当然あります。そういった場合にどのようにするかにつきましては、その時々の判断をさせていただきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 議会軽視としか言いようがないんですけども、もう少し議会を尊重していただきたいというのが私の意見ですけども。
 また、6月議会で中断して全員協議会で「絵本のへや」の跡地利用をという形で出たわけですけども、ということは、逆に全員協議会で説明されたのが予算執行ということであれば、その自習室ですか、自習室も結局9月で、9月以降の跡地利用ということで自習室にした場合でも3月で閉鎖っていう考えだったんですかね、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 自習室の場合も3月で廃止というふうに考えておりました。あくまであの提案はですね、予算の執行を守ろうということで急遽提案したということでございますけれども、そのことが議会ではお認めをいただけなかったというふうに私は理解をしておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) すっと、あくまでも3月で全部打ち切るという話だったんですかね。ちよっとその辺、全員協議会でもその辺の話は聞かなかったような気がしたんですけども。やっぱ、私的には、自習室でもずっと続けていくのかなっていう話だったのかなって思って、ならば別に3月で予算執行ってそんな中途半端なことやるよりは、もう9月で打ち切ったほうがそれこそ費用対効果の面でもやっぱいいんでないですかね。なぜ予算が3月まで、もちろん予算委員会で認められたことなんで執行は大事かもしれないですけども、あれはあくまでも「絵本のへや」の継続っていう形で予算が認められたもので、結局現状で3月までやるならわかりますよ。それを結局8月いっぱいで、8月いっぱいでねえ、もう無人になって、結局4月から無人で誰もいない状況で、あの使いづらい状況でどんどん減らしてってという状況での予算執行はおかしいんじゃないですかね。その辺どうお考えなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 当初、「絵本のへや」を8月末で予定をしておりましたので、その旨もう広報などでお知らせしてしまった経過がありますので、基本的には1年間の予算を計上したということを守るとともに、「絵本のへや」を廃止するということがお知らせしたということを考えまして、あと残りの半年はですね、別の形の使い方を有効な使い道はないものかというふうにして考え出したのが読書のコーナーということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 本来であれば、予算執行するんであれば、もう来年の3月までもとの状況に戻してやっぱりやるのが本当だと思うんですけども、今の状態ではもう本当に入りづらいし、逆にあんな状態で置いといても結局予算の無駄遣いのような気がしないでもないんですけども。
 また、今後機能分散して貸し出しを行うわけなんですけども、貸し出しの状況って、登録とかどのように考えているんですかね、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 貸し出しにつきましては10月1日から、いきいきプラザ、各公民館ですね、する形ですけども、基本的には貸し出しカードを駅前図書館でつくっていただいて、あと各所で貸し出しという形になりますが、最初はなれてないということもありますんで、最初行っても借りられるようにして、あと指導していきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) その貸し出しカードっていうのは従来の駅前図書館で借りるようなカードなんですかね。それとも新たにつくらなきゃないということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 従来のカードであります。一応新しい本も入れますんで、管理上つくっていただくという形です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) と、今までどおり駅前図書館のカード持ってればそのまま借りられるっていう状況なんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすっと、各施設、何か今ですと、結局金ヶ瀬公民館の図書館ですかね、あれとはオンラインでつながってるんですけども、そのような形で全部つながるっていう形で考えていいんですかね。理解していいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 中央公民館といきいきプラザにつきましてはオンラインつながっておりませんので、手書きでという形になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、中央公民館と、今つながってんのは金ヶ瀬公民館だけですよね、ええ。じゃ、やり方的にはそのやり方ではなくて、結局オンラインでつなげるわけじゃなくて、手書きでという形、中央公民館といきいきプラザに関しては手書きで貸し出しっていう形になるっていうことでいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっとその辺中身がよくわからないですけども、そうすっと、その手書きっていうのは新たにその、何だろう、今まで金ヶ瀬公民館と駅前図書館はつながってたんで、そのカードで全部貸し出しとか把握できたわけですよね。そうすると、中央公民館といきいきプラザの貸し出しの把握というのはどのようにされるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 貸し出し簿をつくりまして、それで把握するという形です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすっと、中央公民館といきいきプラザは丸っきり別個で、紙資料で貸し出し簿をつくってそこ等で管理するっていうことですね。すっと、駅前図書館で一括管理はできないっていうことでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) はい、そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、駅前でその2カ所に関しての管理はできないというかたちになるんですね、はい。
 あと、除籍本無料配布して、何冊だ……2,300冊ですか、の本を皆さんに無料配布して差し上げたっていうことだったんですけども、結局、本以外に処分したものは全然ないっていうことでよろしいですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) ありません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) すっと、あの中にあった、結局備品とかも全然いじってない、出したっていうものはないんですか。結局、本棚とかいろんな備品あったわけですよね。結局それはそのままであん中に入れるっていう考えでよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 「絵本のへや」が3月までと延長になりましたんで、これから移動するか、3月終わってからですね、移動する形になっています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あと、この間、「絵本のへや」を守る会より陳情なされて、あん時文書で回答するっていう記憶があったんですけども、それは回答は要らないっていう話だったので回答しなかった、その認識でよろしいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 回答しようと思う心はずっとあったんですけれども、その後いろいろ方針変更とかありましたので、書いては何回も回答の内容が変わってきますので、最終的に確定した段階でお答えしたいと思っておりますけども、今その中身的に例えば生涯、発達段階に応じた教育についてのあり方について教育委員会でご検討をお願いしておりますので、そういったことを含めてですね、今後の幼児言語教育についての方針も含めてですね、「絵本のへや」の守る会の皆さんにはお答えしたいとは思っておりますけれども、中身的には広報でお知らせすることになりますんで、その同じ内容をもってお答えをすることはやぶさかではございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) これ、「絵本のへや」の守る会の方々が町長に陳情に行かれたのがやっぱり7月9日ですか、やっぱもう2カ月以上たってるわけなんですよね。結局、やっぱりせいぜい1カ月ぐらいでやっぱり中間報告、その結果決まってなければ中間報告っていうような形で、「今このように考えてて、このような形で進んでます」というような、そういったきめ細やかなやっぱ回答あってもよかったのかなと思うんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) あればこしたことないんですけども、先ほども答弁の中で申し上げましたとおり、回答は要らないという話も、そのような趣旨のご発言もありましたので、控えておったというのが実態でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、今後その回答を文書でその方々にやるという考えはあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それについては今後また考えたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) いや、考えたいっていうのはどのような考えですかいや、文書で回答する意思があるのかないのか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それは相手もおありのことなので、最終確認をして文書で必要ですかということを聞いてですね、必要であればお答えしたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 今回の措置ですけども、3月まで延長……結局、「おしらせばん」には2月までっていう形ですか。2月で閉めて、あと移動とかで3月いっぱいっていう契約になると思うんですけども、やっぱ何でしょう、この「絵本のへや」の2月まで継続しますっていう「おしらせばん」ですけども、もう少し丁寧に中身を書いたほうがいいと思うんですけども、ちょっとこれではどういうふうに予定が、「2月まで継続しますのでご利用ください」って書かれても、内容的によくわからない状況ですよね。また、この前段階の機能移転のお知らせでも余りにもうちょっと短絡的で中身がよくわからない状況になってるんですけども、これもう少し詳しく書いてもいいと思うんですけども、その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その中身を何を意味しておっしゃってるのかわかりませんので書きようがないというのが答弁になるかと思いますけども、我々としてはそれで意が通じるものと思ってそういう文章にさしていただきましたので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱ結局「絵本のへや」機能分散についてでも、要はそこで貸し出しするのにも、結局登録の仕方であったりいろんな部分それも載せて、やっぱ機能移転した部分で、その3カ所でやっぱり絵本借りられますって、その登録は結局駅前図書館に行かなければ登録できないっていうことですよね。その別々の会場では貸し出し、登録受けなければ貸し出しできないですもんね。ですから、駅前図書館に行ってそのカードをつくって、その各会場で各3カ所の部分で貸し出しを行うっていうことですよね。もっときめ細かな部分書かないと、結局行っても駅前図書館に行ってやっぱそのカードつくんなきゃだめだということにもなりかねないわけですよね。だから、その辺をやっぱり「おしらせばん」とかに載せてやっぱきめ細かにやんなきゃだめなんじゃないですかね。その辺どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) それにつきましては、9月15日号「おしらせばん」に詳しく載せております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) じゃ、今度の「おしらせばん」でその辺は詳しく載せてるっていうことですね。その理解でよろしいですね。はい。
 今回の件は本当にちょっと、ますます再考がするつもりは全然町長にはないっていうことなんですかね。もう「絵本のへや」のあの機能は失われていくだけっていう形なんですかね。非常に残念でならないんですけども、やっぱ「絵本のへや」は、万波議員も切々とできた状況からいろいろ話しましたけども、結局「絵本のへや」やっぱり非常に大事な部分で、子供たちにとって非常に大事な部分だっていうのはいろいろとこれまで言ってきたと思うんですけども、それが失われるというのが非常に残念でならないんですけども、最後に、再考するつもりはないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどから繰り返し述べておるとおり、再考する考えはございません。確かに今ある「絵本のへや」がなくなるというのは寂しいお気持ちは十分私も理解しております。ただ先ほど来申し上げておるとおりですね、新しい時代に合った費用対効果を考えたですね、幼児の言語教育などを拡充しながら新しい文化、歴史をつくっていきたいという考えに変わりありませんので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 非常に残念ですね。やっぱり再考していただいて、「絵本のへや」の継続を非常に望むところですけども、やっぱこれは町長がかわらないとできないっていうことなんですね。はい。
 私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、休憩いたします。午後1時より再開します。
     午前11時54分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 午前に引き続き一般質問を行います。
 須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番の須藤 慎です。通告に従いまして一般質問をいたします。
 1、学校生活にふさわしい環境を。
 住宅のトイレ環境が向上し、商業施設や公共施設などにおいても快適なトイレづくりが進められてきました。また、既存学校施設の老朽化に伴い、「汚い、臭い、暗い」の3Kともやゆされる学校トイレも、和式便器を洋式タイプに改修する工事が広がっています。生活スタイルの変化でなれない和式で用を足せない子供が増加。また、排せつ行為自体が恥ずかしいと無理に我慢する子やからかわれるので学校のトイレに生きたくないと考える子もおり、学習の集中力が低下するほか健康を損なうおそれが指摘されています。学校トイレが学習、生活の場としてふさわしい快適な環境で、長く使われ続けることが望まれます。
 我が町においても同様で、緊急性の高い早急に改善すべき課題と考えます。さらには、保健室や図書室のエアコン設置の必要性についても、以下、伺います。
 (1)25年度9月補正で交付金を活用し、南小学校800万、金ヶ瀬小学校450万円が一部洋式化されましたが、現在の町内の小・中学校の洋式化がどの程度進んでいるのか。学校別、さらに体育館、児童・生徒用トイレ、職員トイレ別に伺います。
 (2)南小学校、金ヶ瀬小学校、金ヶ瀬中学校においては、職員用トイレがいまだ全て和式であり、早急に整備する必要があると考えますが、見解を伺います。また、大河原小学校体育館もいまだ和式のままでありますが、体育館改修工事の際に一緒にトイレ改修を行わなかった理由を伺います。
 (3)町内の全ての小・中学校が水をかけてデッキブラシで清掃するウェット式の床ですが、においが大幅にカットされるドライ式に改修することも検討すべきと考えますが、見解を伺います。
 (4)我が町ではシルバー人材センターが小・中学校のトイレ清掃を週3回行っているようですが、各学校の児童・生徒のトイレ清掃の実施状況について伺います。
 (5)本来、トイレ洋式化の整備については、補正予算ではなく当初予算でしっかり予算を確保すべきと考えますが、見解を伺います。また、補正予算で行われなければいけない理由もあわせて伺います。
 (6)トイレ改修整備計画を立て、計画的に整備していくべきと考えますが、見解を伺います。
 (7)町内の小・中学校には現在、校長室、職員室、事務室にはエアコンが設置されていますが、最低限、保健室、図書室へのエアコン設置が早急に必要と考えますが、現状と見解を伺います。
 以上、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、町内小・中学校トイレの洋式化の状況についてのご質問でありますが、全体数に対する洋式トイレの数の比率を申し上げます。児童・生徒用、職員用、そして体育館と順に申し上げます。
 大河原小学校、67%、66.7%、0%。大河原南小学校、34.8%、28.6%、33.3%。金ヶ瀬小学校、38.7%、0%、33.3%。大河原中学校、25.5%、33.3%、0%。金ヶ瀬中学校、14.8%、0%、100%となっております。
 次に、職員用トイレの整備についてのご質問ですが、洋式トイレがないという状況はできるだけ早く解消すべきと考えております。また、平成25年度に行った大河原小学校屋内運動場安全対策工事は、災害発生時に内壁、外壁、開口部、照明灯の落下防止を目的に行ったもので、トイレの改修は補助対象ではなかったことから実施しなかったものであります。
 次に、トイレの床をドライ式に改修することにつきましては、大河原小学校の一部を除きまして町内全ての学校でウェット式になっておりますが、全て洋式便器に改修される段階におきまして、つまり大規模改修をするときに検討すべきと考えております。
 次に、各学校のトイレ清掃は、小学校については児童の手の届かないところなどを清潔に保つために、シルバー人材センターに業務委託しておりますが、大河原小学校の児童は毎日、南小学校の週3回トイレを清掃しております。金ヶ瀬小学校児童は児童数と清掃範囲の関係から、児童はトイレ清掃を行っておりません。また、大河原中学校、金ヶ瀬中学校とも生徒が毎日清掃を行っております。
 次に、トイレ洋式化に係る事業費は当初予算で確保すべきではないかとのご指摘でございますが、当然そのようにすべきと考えております。しかし、平成25年度は地域の元気臨時交付金の事業として実施することになったのが年度途中でしたので、9月補正での対応となったものでございます。
 次に、トイレにつきましては、現在の整備状況と各学校の整備規模を考慮いたしまして、今後の改修計画を立ててまいる所存でございます。
 最後に、保健室、図書室のエアコン設置状況につきましては、金ヶ瀬小学校図書室に設置されている以外は、ほかの学校は設置されておりません。保健室につきましては、夏季の体調不良に対応するために早急に設置をする必要があると感じておるところでございます。また、南小学校の図書室はガラス張りであることから、夏の間図書室内の気温が非常に高くなり、図書室にいることさえ困難な状況にあります。したがって、早急に空調設備を整え、読書環境を整えたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私の質問と数がちょっと違っていたところがありますけども、それは多分私の記載ミスだったかと思いますので、ご理解お願いしたいと思います。
 それで、今答弁いただいたんですけども、大河原小学校以外、大河原小学校は大規模改修のときに洋式化を大幅にしたかと思われるんですけども、それ以外の学校はほとんどが、私の数えた中では1つずつぐらいしかないんですね。答弁ではパーセントで出てきましたけども。私、全部の学校を回らしてもらって見させていただいたんですが、大体1つのスペースに1つの洋式しかないということです。で、大河原中学校、金ヶ瀬中学校も多分6つあって、女子トイレですね、6つあって、そのうち1つしか洋式がないという現状だと思うんですけども、話聞いた話によると、休み時間女子生徒並ぶときもあるという話を聞いてるんですが、これにちょっと教育長に現状をお伺いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まさにそのとおりでございます。特に、女子トイレにつきましては数が1個しかございませんので、そこに行列ができるという状態で、大変申しわけない状況だなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) あとですね、男子トイレ、今男子トイレも全て個室にするという学校も中には出てきてますけども、私もそうだったんですけども、思春期の男の子がトイレに入ったときに大便のところに入るのはすごい抵抗を感じた覚えがあります。そして、上からのぞかれたりという場合も時にはあったのかななんて今思い出してます。全て個室にするということと、あと、きょうのちょうど朝日新聞にもトイレの記事出てまして、これ業者の宣伝というかあれなんですけども、ドアを天井まで全てすると、上からのぞけないようにといいますか、個室の空間をしっかりつくるというような話も出てましたけども、その辺について、教育長、どのようなお考えでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員おっしゃるとおり、私も子供のころを考えますと、大便所に行くのが非常に恥ずかしい状況でございました。その状況は今も変わっておりません。したがいまして、議員おっしゃるとおり、全国の学校を見ますと男子トイレでも全て個室にしている学校が出てきております。それはやはり大便所に入りたがらないというか入るのが恥ずかしいと、そういう状況が非常にあるわけでございますが、今議員ご指摘のように、天井まで塞ぐ、そのようなアイデアも非常にすばらしいものと考えております。大規模改修のときにそういった考えもぜひ取り入れさしていただきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それとですね、職員トイレもですね、これ、パーセンテージで見ると、金ヶ瀬小学校0%、全く洋式がないと。金ヶ瀬中学校も0%。大河原中学校は多分職員の先生方の数がすごく多いんですけども、たしか職員トイレ2つしか、男子が1つしかないんですね。で、女子のほうは2つあって1つが洋式と。これもかなり狭くて、先生方すごく苦労されてるんじゃないかなと推察するんですけども、この辺ですね、全体的に考えて、この問題、教育長は教育関連予算の中で優先度はどうなんでしょうかね。高い問題と教育長は捉えていますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子供でも大人でも同じでございまして、トイレに行けないっていうのは、これ体罰に等しいことでございまして、非常につらいものでございます。大河原中学校におきましては、男子職員トイレが和式1個のみでございます。したがいまして、けがをしたらばトイレにもう行けなくなるという状況で、緊急事態だと私は考えております。そのような状況をしっかりと捉えまして、予算要求していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今、教育長の話を聞いていると、緊急事態だと、私からすると優先度が高いというふうに捉えたんですけれども、しかし、今年度予算では全く予算化されてない。9月補正で一部洋式化するようですけども、この辺は、企画財政課長、どのように捉えてますか、予算の関係で。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 財政との絡みもございます。で、今後教育委員会のほうで整備計画等々つくるということですので、それと財政をあわせながらですね、計画的にできればと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、優先度が高い課題だということを頭に入れていただいて、優先的に予算をつけていただきたいなと、要望をさせていただきます。
 で、今までの話聞いて、町長、どのように見解お持ちですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 洋式トイレが少ないということで生徒がいろいろ悩みを抱えているということも、私も自分の子供たちの経験から理解をしているところでございます。そういった意味で、今教育長、そして企画財政課長が答えましたとおり、優先度は高いものと思っておりますので、ただ計画的にということでございますんで、一気にできる予算が取れるかどうかは別にいたしまして、あくまで計画的にしっかりと取り組んでまいりたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 一気にとは言わないので、ぜひですね、少しずつでもいいので改善していただきたいなと思います。
 それで、25年度補正で南小と金ヶ瀬小学校洋式化されましたけども、これ、南小学校はウォシュレット付のトイレが整備されて、同時期にされた金ヶ瀬小学校は普通の洋式トイレということで、片やウォシュレット付方や普通の洋式トイレ、これはウォシュレットがいいかどうかはちょっと置いておきまして、今後これ整備していくんであれば、ウォシュレット付でいくのであれば、その方向で統一すべきと思うんですけれども、片やウォシュレット付で片や違うというような感じになってってはうまくないと思うので、その辺ちょっと見解をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) どこの学校もウォシュレットをつけてあげたいところでございますが、なかなかできない状況にございます。金ヶ瀬小学校につきましては、職員トイレとは違いまして、特別支援学級用の障がい者用の大きなトイレがございます。そこを職員あわせて一緒に使っていただきたいという願いがございまして、ウォシュレットを入れなかったところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その辺はいろいろ議論がちょっとあると思うんで、子供たちが果たして学校にウォシュレット付がいいかどうかはいろいろ議論があると思いますので、その辺ぜひですね、考慮していただければと思います。
 次に、床のドライ式なんですけども、一部大河原小学校がドライ式になってるということで、これも大規模改修の際に検討していきたいということなんですけれども、大規模改修っていうのは今のところ予定はいつの予定なんですか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 金ヶ瀬小学校、南小学校につきましては、計画の中で財政のほうに示している部分はありますが、その次に大河原中学校の大規模改修、そして金ヶ瀬中学校の大規模改修ということになりますけれども、時期的に明確にはまだ決めているところではありません。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) これもですね、大規模改修を待ってると10年20年先という、それ以上なのかちょっとわからないですけども、大規模改修を早くしてほしいのはやまやまですけど、お金のことも関係してますので強くは言いませんが、床のドライ式も含めて早急に検討をしていただきたいと思います。
 (4)のトイレ清掃についてですけども、子供たちがトイレ清掃を行うということも大事な教育の1つかなと思うんですけども、教育長はどのような見解をお持ちでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 全くそのとおりでございまして、やはり汚いところをきれいにするということで道徳の授業にも関連してくると思いますので、非常に大事だというふうに捉えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今後ともですね、子供たちのトイレの実施状況考慮していただきして、で、シルバーの方にもぜひ今後とも学校の面でのご協力をぜひともお願いしたいと思いまして、トイレ清掃についてはこのぐらいにしておきたいと思います。
 続きまして、エアコンですけども、これも物すごく少ないかったんですけども、ことしの夏も暑い日が続きました。この暑い夏にぐあい悪い生徒がエアコンもない蒸し暑い保健室で休むことを想像した場合、皆さん、どのように感じるでしょうか。同様に、読書をする場所が蒸し暑い状況で集中して本を読むことができるんでしょうか。この辺、町長、どういうふうに受けとめてますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 真夏の暑いときに冷房がなければ読書の集中力も欠けるものと思っております。それゆえ、今後ですね、これについても教育委員会と相談の上、できる限り皆さんの希望に沿えるように進めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 私たちの時代はですね、「暑い夏は水を飲むな」、あとは「我慢しろ」、そういう時代でしたけども、今はそうではありません。昔と暑さの質も違ってるんだとは思いますけども、子供たちが、生徒・児童、より過ごしやすい環境で勉強や運動に集中して取り組める環境を整えることも町としての役割の1つと考えますけども、町長、その辺もう一度見解お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど申し上げたとおり、できる限り学習環境を整えてまいりたいと思っておりますので、これも予算があっての話ですので、計画的に可能な限り進めてまいりたいというふうに考えておるところであります。(「あと、先ほど保健室の件も答弁お願いしていいですか」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 答弁漏れで恐縮であります。図書室も含めて、保健室も同様でありますので、快適な環境にしてまいりたいというふうな思いは持っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、教育長はやりたい気持ちはすごく強いのを感じたので、問題は町のその予算の関係もあると思いますので、ぜひですね、ちょっとずつでいいですので、前向きにといいますか、来年度からぜひちょっとずつやっていただきたいということを申し上げまして、次の質問に移らさしていただきます。
 2、広島市土砂災害を受けて。
 まず、冒頭、このたびの土砂災害でお亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
 過日、広島市北部の土砂災害で多数の死者、行方不明者が出ました。国内では各地で土砂災害が頻発しており、大河原町でも平成21年に土砂災害警戒区域等指定箇所として、稗田前、上谷前、堤、新寺地区の12カ所が指定されていることから、以下、伺います。
 (1)総務省消防庁の「避難勧告等の具体的な発令基準の策定状況等についての調査」(平成25年11月1日現在)では、水害、土砂災害について大河原町は策定済みとなっており、大河原町地域防災計画第4節避難・誘導対策の中で、避難準備情報及び勧告・指示の基準、時期が記されています。
 1)現在の大河原町地域防災計画には、土石流危険渓流34カ所が記載されていますが、この後に土砂災害警戒区域等指定箇所12カ所が指定されたと思われます。この12カ所の直近に箇所番号別の人口及び人家戸数を伺います。
 2)現在、見直しが行われている防災計画の中でも当然再検討されているものと推察しますが、現段階での追加、変更点を伺います。
 3)避難勧告等の伝達方法として、緊急速報エリアメールも有効な伝達方法の1つでありますが、これを採用すべきと考えますが、見解を伺います。
 (2)気象庁の防災情報提供システムや国土交通省の川の防災情報では、市町村向けにリアルタイムの降水量や水位などの情報が配信されています。仙台市では新たに県のシステムを活用し、1時間ごとの雨量と土に含まれる水分量の予測値に基づいて独自に準備情報を発令する。空振りになってもいいから、早めに避難を呼びかける方針を徹底するとの報道がありましたが、我が町も仙台市のような方針と徹底が必要と考えますが、見解を伺います。
 (3)26年度、内閣府は平成13年に策定した「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」の全面的な見直しを行いました。これをもとに町地域防災計画とは別に、避難勧告等の判断・伝達マニュアルを策定すべきと考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁により再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、須藤 慎議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、本町の土砂災害警戒区域12カ所における直近の人口及び戸数についてのご質問にお答えいたします。
 それでは、指定箇所名の直近の人口、戸数を説明いたします。まず、区分の初めに第1番目の区分として土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域について申し上げます。稗田前沢1番、人口98人、戸数36戸。次に上谷前沢1、36人、8戸、上谷前沢4-1番、9人、2戸、続きまして、上谷前沢4-2、39人、13戸。続きまして堤地区でありますが、南岸沢26人、8戸、南角沢2、16人、5戸、南沢1、93人、21戸、南沢2-1番、84人、19戸であります。続きまして新寺地区1カ所、洞秀山沢、7人、4戸であります。
 続きまして、区分の2つ目、土砂災害警戒区域を申し上げます。稗田前沢2、0人、0戸、南沢2-2、80人、18戸、それから続きまして新寺地区洞秀山沢2、9人、4戸。以上であります。
 次に、土砂災害警戒箇所の追加、変更につきましては、今後県が住宅5戸以上のランク1地区について再調査を行う予定とのことですので、本町においても警戒箇所の追加、変更の可能性はあるものと考えております。
 続きまして、緊急速報エリアメールの活用についてでありますが、情報化の社会にあって非常に有効な手段であると考えております。本町としましても、通信事業者各社に情報提供ができる環境が整備されているところであり、有事の際に活用することとしております。
 続きまして、避難準備情報等の発令方針のご質問にお答えいたします。
 枡 和也議員にもお答えいたしておりますが、現在見直し中の地域防災計画の中でも水害、土砂災害を対象にした具体的な基準を示す方針であり、これらの基準に合わせて宮城県土木部総合情報システムの活用や気象庁防災情報提供センターからの情報を参考に、住民の生命と財産を守る観点からも適切かつ迅速な判断を行いたいと考えております。
 続きまして、避難勧告等の判断・伝達マニュアル策定についてのご質問であります。
 このことにつきましては、住民の迅速かつ円滑的な避難行動を確保するためにも、議員ご指摘のとおり、地域防災計画とは別に作成する必要があると考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) まずですね、きのうも北海道や宮城県でも局地的な大雨に見舞われました。記録的短時間大雨情報が発令されるなど、石巻市では土砂崩れも発生しました。さらに、昨夜20時45分に大河原町も土砂災害警戒情報がテレビ、ラジオ等で発表されましたが、まず、大河原町の被害状況をお伺いします。また、土砂災害警戒情報が発表された前後、町としてどのような対応をとったのか、お伺いします。さらに、同時刻、携帯電話にエリアメールを受信しましたが、これはいつどこの携帯電話会社と配信の契約を行ったのかを伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 昨日の土砂災害警戒情報につきまして3つほどご質問でございますけれども、あわせて回答させていただきたいと思います。
 まず初めにですね、土砂災害警戒情報がきのうの夜8時45分ごろにエリアメールとして発信されました。この発信はですね、本町に整備されてます平成22年度に設置いたしました全国瞬時情報警報システム、いわゆるJアラートです、これを通して発信されたような形になってございます。で、昨年度ですね、自動で起動するような装置も行いまして、それもうまく作動して瞬時の警戒情報システムがエリアメールとして皆さんのほうに届いたというふうになってるかと思います。
 で、こういったものを受けまして、町職員がいわゆる大雨時の警戒配備態勢ですね、をとったところでございます。副町長初め、関係各課約21名ほど参集したところでございまして、対応に回ったということでございます。具体的な対応につきましては、昨日来一般質問で出ております、きょうも須藤議員のこの12カ所ですね、土砂災害の警戒区域ランク1、この12カ所を主に職員でパトロールをしたところでございました。で、あわせまして、その行政区の区長さんにも電話等で情報の確認と災害等のその後の相談というような形の中で電話をしたところでございます。こういった中で9時41分にはこの土砂災害の警戒情報が解除されております。その後、10時23分には今度は大雨警報が解除されておりまして、終息を見たというところでございます。災害被害につきましては、一部道路の冠水はあったと思いますけれども、土砂災害及び床下床上の被害はなかったというふうに思ってるところでございます。
 今回、土砂災害警戒情報というちょっと私も初めての経験をしたところでございましたけれども、この情報がですね、今度新たな防災計画の見直しに伴います避難勧告の基準というな形にもなっておりますので、非常に重要な部分だというふうに思っております。こういったことも町民の方にしっかりとですね、周知をしなければならないということで改めて感じたところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 夜遅くまで役場の職員の方々、どうもお疲れさまでございました。被害もなく安堵しました。ちょっと確認ですけど、このエリアメール、NTTドコモ以外、au、ソフトバンク、これ全てに行ったか、確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 大変、言い忘れました。申しわけございません。実はですね、今回残念な結果といいますか、本来ならばこのJアラートでドコモ、au、ソフトバンクというこの通信業者全てにですね、配信をされるべきというふうに思ってたところでございました。しかしながら状況を見てみますと、ドコモさんだけにしか入ってない状況がわかりまして、au、ソフトバンクの方にはこのエリアメールが届かなかったというような状況を確認してございます。そんなことから早急に業者のほうに連絡をいたしまして、来週の17日にこちらに来ていただいて再度確認をしていただくような段取りをとってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) では、全ての機種に対応するということでよろしいですね。
 これなんですけども、他町村見てみると、やっぱりホームページで、どこどこ市では平成何年からエリアメールの災害情報等の配信を開始しましたと。また、何々会社とも開始しましたと。で、この説明がですね、されてるんですね、多くの市町村で。多分、私もきのう来てびっくりして、「あっ、されてたんだ」という感じで驚いたんですけれども、この周知も「おしらせばん」も含めて、やっぱり「こういう情報が出ますよ」というのはやっぱり周知するべきだと思うんですけども、いかがでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) このJアラートを通じた自動で配信できるものにつきましても、実はメニューがあるらしいんですね。ですから、全てのメニューを皆さんにということではなくて、今、須藤議員がおっしゃいましたような住民の方にとってですね、有力な情報となる部分については、改めまして私のほうで確認をしながら「こんなメールが届きます」というな形の中で周知することは、今後考えていきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その情報内容も多分、避難準備情報、避難勧告、避難指示、警戒区域情報、指定河川洪水警報とかいろいろ種類があると思うので、それはどの辺がエリアメールの対象になるのか、その辺は執行部というか町にお任せっていうか、しますので、テロに関する情報も出すところもあるんですね、市町村によっては。その辺も含めて今後検討していただきたいなと思います。
 では、次の質問に行きます。あと、でもちょっとダブるかもしれませんが、先ほど人口及び人家戸数お伺いしましたけども、これは土砂災害警戒区域の避難対象となる人数、戸数と理解してよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいまの件でございますけども、これにつきましてはその区分というな形の考え方でございます。今現在、急傾斜及び土石流危険渓流の中で危険度の区分を5人以上というな位置づけをしてございますんで、それが直ちに警戒区域に当たるという考え方ではございません。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) では、例えば避難準備情報を出す、避難勧告を出す場合、この人数、戸数にして、どの辺に何世帯に出すっていうのは町として把握してるのか、ちょっとお聞かせください。把握してるかしてないかで構いません。詳しい人数は別。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まず、今回のですね、土石流に伴う部分、あと急傾斜に伴う部分でございますけども、警戒区域の指定につきましては、土砂防災法の中でですね、警戒区域に指定された地域、家屋・人数にかかわらず、警戒区域に対して避難命令を出すような形、及びにですね、町の防災計画の中で避難対策を検討するということになってございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) わかりました。防災計画、私も今回すごく見さして勉強さしていただいたんですけども、大変よくできていてすばらしいなと思いましたので、ぜひこれに基づいて行動していただきたいと思います。改善するべき点はまたあるんでしょうけども。
 それで、その中で、災害時要援護者避難行動に要する避難行動に時間を有する方、これは高齢者、幼児、傷病者、障がい者等としていますが、これは先ほどの人数の中にこれらの方はどれぐらいいるかをお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 土砂災害警戒区域等の人口の中にですね、そういった要援護者の方が何名いるかについてはちょっと把握はしておりません。
 実は、今回ですね、これもちょっと前にお話ししたかもしれませんけれども、要援護者という言葉ではなくて、配慮者、それから行動要支援者というな形の中で災害対策基本法が改正されまして、そんな形で地域防災計画は見直しをしていきたいというふうに思っております。基本的な位置づけはこれまでの災害の要援護者ですね、と同じような方ですけれども、一応法律の定義によりますと、例えば妊婦さんであるとか幼児であるとかそういった形までも含まれるようになりますが、それらについては今後ですね、防災計画で位置づけて対応していく必要があるのかなというふうに思っておるとこでございます。人数については把握をしておらないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 昨日の質問の答弁の中で、要援護者台帳という話もちらっと出てきたんですけども、それとはまた別になるんでしょうかね、この場合、その避難に要する方っていうのは。この台帳の人数だとまた全然関係ないものなんですか。ちょっとお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 要援護者台帳につきましては、大河原町の取り組みとしてちょっと、健康福祉課サイドになりますけれども、民生委員のご協力をいただきましてそういった方を登録してることになります。この要援護者の制度につきましては、平成18年にガイドラインでこんな取り組みをしましょうって1つの方針、指針に基づいて取り組んでまいりました。その後、やはり東日本大震災等が起きまして、このガイドラインを変えなければならないというような検討がなされたんですね。それを受けまして、昨年の5月だか6月だとちょっと忘れましたけれども、災害体制基本法が改正されまして法的な位置づけとして、要配慮者、行動要支援者というような位置づけがなされました。つまり、要援護者っていう言葉は今後なくなっていくのかなというふうには思っております。台帳に関しては健康福祉課、健康福祉課長のほうにお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 要援護者台帳につきましては、今度名称が変わったということでございますが、毎年更新の作業を行っていただいておりまして、それは各地区の区長さんを中心に所持しております。さらには、民生委員協議会のほうで行っております救急安心カード等の活用とかも考えられるところですが、要援護者台帳につきましてはそのようなことで区長が把握しているというような状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 呼び方は、私、そのまま言ってしまいますけど、お許しください。
 それで、何が言いたいかというと、この避難のときにその要援護者の方をやっぱり付き添ってといいますか、避難させるときにその人数を把握していない状態で手助けできないですよね。それは町として、行政区でわかってるということなので、町としてその警戒区域のところにその要援護者が何人いるのか、寝たきりの方とかひとりで歩けない方、これはやっぱり把握しておくべきではないかなと。万が一避難するときにはその方たちをまず優先に避難させるんですよね、これを見ると。そこはやっぱり把握しておくべきなんではないかなと思いましてお聞きをしました。これ、区長さん、人数わかってるということなんですけれども、それはちょっと後でまた触れます。
 次に行きます。2)の防災計画ですけども、防災計画の82ページの予防対策のところで、危険箇所の周知。パンフレットの配布、説明会の開催、地区住民の周知徹底、イ、土砂災害防止月間及び防災週間、毎年6月は土砂災害防止月間で6月1日から7日は崖崩れ防災週間、町は県の協力を得て、住民に次のような広報活動を実施する。ポスターの配布、土砂災害に関するる説明会の実施、住民に対してのチラシの配布、広報車による巡回広報活動となってますが、これまでのこれらの実施状況を伺います。
 また、9月3日の河北新報に「国交省は9月2日土砂災害危険箇所の住民に危険性を周知するよう全都道府県と関係市町村に緊急要請し、自治体が1週間以内に取り組みを始めるよう求めている」とありますが、これはどのように行ったのか伺います。さらに、「全ての危険箇所について発令基準や伝達の方法、避難場所の通知なども1カ月以内に点検開始を求めた」と報道もありましたが、この点についても伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) まず初めに、6月の土砂防災月間でございます。これにつきましては、県の大河原土木事務所とタイアップをしながら、今回の土砂危険渓流34カ所、これ毎年ですね、ローリングをかけながら直接該当するですね、住民の方にですね、説明をして回ってます。ただ34カ所一度に回ることはできませんので、1年にですね、各3カ所から4カ所程度のエリアを設定しまして、それでその危険箇所にお住まいの方の住民にですね、直接「こういう今月間ですよ」と、「雨が降った場合はこういう状況には注意してくださいよ」というような直接のお話をさせていただいているところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町民の方へのですね、避難勧告等の基準の周知につきましては、実は10月1日号の「おしらせばん」にですね、新たなその防災計画の基準もありますので、今回のその土砂の関係もエリアメールというな形で発信してございますので、町民の方にお知らせするという意味で10月1日号の「おしらせばん」に掲載することを現在、今考えておるところでございますので、そんな形で対応さしていただきたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) まずはですね、その町民の方が自分が住んでる場所が警戒区域なんだということをやっぱり理解していただくことから始めるのが必要なのかなと思いますので、ぜひその辺どのような手がいいのか、自分がわかるように周知していただきたいと思います。
 次に、今のところとも関連しますけども、(2)なんですけども、基準のところ、昨日からの答弁でありますけれども、見直しをしているということで、県の土砂システム、宮城県土砂災害警戒情報システム、これをもとに多分基準をつくるんだろうと思いますけども、5キロメッシュごとの土砂災害危険度を記している自治体もあります。で、これ仙台市も今度、仙台市はもともと避難準備情報、避難指示、勧告なかったから、今回初めて策定すると思うんですけども、仙台市もそれを新たに採用するというような話も聞きました。基準の中にこれを入れる予定はありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 新たな防災計画の見直しの中では、避難勧告の1つの基準といたしまして、大雨特別警報が発表されたとき、それから土砂災害警報情報が発表されたとき、今回ですね、それからもう一つは、宮城県土砂災害警報情報システムにおいて土砂災害危険度判定が警戒レベルに達している状況で2時間後に危険基準位線に到達すると予想される、というな形の中の基準を今回規定を定めたいというふうに思っておりますので、基本的には仙台市と同じような情報システムを大河原町も活用して勧告等の基準になるというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------