議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2014年9月11日(木):平成26年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元の配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告書の順序によって行います。
 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 4番の高橋芳男でございます。一般質問通告書に従いまして質問させていただきます。
 初めに、雨水の利用促進についてであります。
 平成26年4月2日に2つの法律が公布されました。1つは雨水利用の推進に関する法律、いわゆる雨水利用推進法、もう1つは水循環基本法です。水循環基本法は、2008年から学識者、市民、超党派の議員などにより設立された水制度改革国民会議が、縦割行政の弊害を超えた水行政の統合的な推進を目指して検討を進めていたものであります。そのポイントは、水を国民共有の貴重な財産と位置づける。政府は水循環基本計画を定め、5年ごとに見直す。内閣に総理大臣を本部長とする水循環政策本部を置く。政府と自治体は、森林・河川・農地・都市施設などを整備する。政府は水循環に関する研究開発を推進し、研究者を養成する。8月1日を水の日とし、政府と自治体はその趣旨にふさわしい事業を実施するというものであります。また、雨水利用推進法のポイントは、雨水利用の促進に関して国や地方公共団体の責務を明確化、国土交通省は基本方針として推進の意義、利用方法、健康影響等雨水利用に際し配慮すべき事項、推進に関する施策の策定を定める。都道府県は、国の基本方針に即して都道府県方針を定める。市町村は、国及び都道府県方針に即して計画を定める。国、独立行政法人等及び地方公共団体、地方独立行政法人による自らの雨水利用のための施設設置に関する目標設定等を公表。国及び地方公共団体は、災害時における身近な水源としての雨水の有効性を含め、雨水利用推進に関する普及啓蒙、国による雨水利用設置施設の税制上または金融上の措置。地方公共団体による助成制度と国による財政上の支援などがあります。この2つの法律が公布・施行された背景には、近年の地球温暖化に伴う気候変動が要因である渇水、豪雨などが与える生態系に及ぼす影響が挙げられます。
 そこで、これまで余り意識がされていなかった水が人類にとって貴重な財産であることを再確認し、再認識し、健全な水循環を維持することで、またその一環として雨水の利用が果たすべき役割が重要であることを法律に明記し、国・地方公共団体等その活用を積極的に推進することが求められています。近年頻発している集中豪雨への対応として、雨水タンクにためれば一挙に下水道に流れ込むのを防ぎ、洪水の抑止が期待できます。例えば東京の墨田区では公共施設、民間施設などへの雨水タンクの設置に取り組んでいます。墨田区にある両国国技館の場合は、屋根に降った雨を1,000トンの地下タンクにためて、都市型洪水を防ぎます。興業時にはためた水を館内の水洗トイレや冷房用冷却水に活用しています。さらに東京スカイツリー一帯には都内最大の2,635トンの雨水タンクが設置され、地域の洪水防止に貢献するとともに、トイレの洗浄水や太陽光電池の冷却水などに利用されています。この法律の目的である雨水利用を推進し、水資源の有効な利用を図り、あわせて下水道、河川等への雨水の集中的な流出の抑制に寄与するためのタンクを設置し、ためられた雨水を水洗トイレや散水に使用することが必要と考えます。
 そこでお伺いいたします。雨水利用の推進に関する法律が施行され、地方公共団体は自らの雨水利用のための施設措置に関する目標設定と公表が求められている。今後新設あるいは大規模な改修が行われる建築物等に貯留タンクの設置を図るべきと考えますが、町長のお考えをお伺いします。
 答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えします。
 初めに、雨水の利用の推進に関する法律や水循環基本法が施行され、それに伴い今後新設及び大規模改修が行われる建築物への貯留タンク設置についてのご質問であります。議員ご指摘のとおり、地球温暖化に伴う地球環境の変化により近年頻発している集中豪雨などの対策として雨水の貯留は有効な手段と考えておりますが、貯留タンクの設置となりますと改修等の費用が増大いたしますことから、費用対効果などを考慮しながら、どのような方法がよいのかを考えていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 例えば今後企業誘致とかそういうところがありましたらですね、これを含めて国の支援とか財政支援とかいただけますように、そういう誘致についてもそういうのをなされてはいかがかなというふうに考えられますけれども、町長のお考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これについても大変有意義なご指摘かと存じますけれども、費用対効果を考え、企業の判断にもよりますので、できる限りのお願いはするということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、次の質問に移ります。
 ヘルプカードの導入についてであります。
 ヘルプカードとは、障がいのある方が緊急時や災害時などに周りの方の手助けを必要とする場合にカードを掲示し、支援をお願いしやすくするものであります。カードに書き込む内容は氏名、緊急時の連絡先、障がい・病気の名前・特徴、血液型、かかりつけ医、服用している薬についてでありますが、そのほかに苦手なこと、できないこと、例えば耳が不自由な方であれば手話か筆談でお願いしますなど、具体的に手助けする内容が記載するものであります。外見上障がいの内容がわからない場合にも、カードを見れば必要な支援がわかるようになるものです。既に導入している自治体では、カードを持つことで安心して外出もできるといった声も聞かれているところであります。
 ここで、仙台市で作成したものがございます。ヘルプカードというふうなものでございますけど、これ小さいやつを大きく拡大しましたので、はい。これにおいてもこのカードは災害時における要介護支援者、例えば災害時における要介護情報というふうなことで、今、広島で大災害が起きておりますけれども、こういうふうなものを整備してれば被害に遭った方どういう方だっていうふうなことを随時わかるというふうなことで、というふうなことでございます。そこで、また、東京では、これまでそれぞれの区や市で作成していたのを平成24年の10月に統一したガイドラインを策定し、普及を図ってまいります。本町でもこのヘルプカードを導入し、必要な方が安心して生活を送られるようにすべきと考えます。
 そこでお伺いいたします。障がいのある方が緊急時や災害時に周囲の方に手助けをお願いしたいときに提示するヘルプカードを導入すべきと考えますが、町長の考えはいかがか。
 回答によりまして再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ヘルプカードの導入についてのご質問にお答えいたします。
 現在、災害時のために高齢者、障がい者を対象にした要援護者台帳の整備や高齢者救急あんしんカード事業を実施しておりますが、これらの事業との関連づけで実施する方向で関係団体等と協議してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) さっきのヘルプカードについてですけども、喫緊の問題でございますんで、早急に取り組んでいただくというふうなことで、次の質問に移らさせていただきます。
 次の質問事項は、自治体スマートフォンアプリの開発についてであります。
 先進地である福井県鯖江市では、自治体が持っている地理空間情報、防災・減災情報、統計情報などを二次利用しやすい形で公開するいわゆるオープンデータ化に2012年1月から取り組み、現在では80以上のアプリが民間の手で開発されております。この鯖江市の取り組みは、オープンデータとして行政の持っている情報を積極的に提供することであり、あとは民間の手でそれを活用するというものであります。そもそもオープンデータの取り組みというものはそういった民間活力の推進であり、国もオープンデータを推進しているものでありますが、大事な点は、例えばその民間の手で開発されたアプリが市民の方あるいは観光情報であれば訪れた方にとって便利で役に立つものでなければならないと考えます。東京都杉並区では、防災マップなどの情報をスマートフォン向けに提供しています。事前にダウンロードしておけば、災害時に通信ができない場合であっても避難所や避難行動情報を確認することができるものであります。また、愛媛県松山市では観光、防災、健康の3つの分野を一括して利用できるアプリを開発してするなど、各自治体では特色あるアプリを開発し、提供しております。
 本町でも町民や町を訪れた方にとって便利で使いやすい情報を提供すべきと考えます。そこでお伺いいたします。今、各地方自治体では地域住民や観光で訪れる方に役立つ地域情報等を提供するスマートフォン用のアプリ開発をしている。本町でも取り組むべきと考えますが、町長の考えはどうか。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、自治体スマートフォンアプリの開発についてのご質問にお答えいたします。
 オープンデータとは、行政機関が保有するデータを行政機関だけでなく民間の企業や個人の手で活用されることによって、行政改革や経済の活性化につなげることを目的として、利用しやすい形で公開されるデータのことであります。国や一部の先進的な自治体が積極的に取り組んでおり、他の自治体でも取り組みが拡大している状況であります。町といたしましても、オープンデータの公開につきましては、ICT情報通信技術の活用及び情報公開の取り組みの一環として積極的に取り組みたいと考えております。また、議員ご提案のスマートフォンアプリの開発につきましては、先進的な自治体の取り組みを参考しながら、費用対効果を含め研究してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これはなぜ、今ご質問したのは近々的な問題でございまして、今後ですね、どうして急がなければいけないっていうことも情報社会でございますので、2025年度には団塊の世代が70歳を超えると、2050年には65歳超えるのが約40%になっていくというふうなことでございますけれども、やはり費用対効果を考えるならばそういうふうなものを開発しながら、いかに効率的に、いかに住民に情報提供またはサービス提供ができるかというふうなことでございますので、そこのお考えがありましたら町長、お考えお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 誰にでも活用できるようなアプリの開発ということに心がけて研究してまいりたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、次の質問に移らさせていただきます。
 次の質問は、健康マイレージ制度導入についてであります。
 最近全国の自治体で健康診断の受診やスポーツ活動など、スポーツ活動への参加などでポイントをためると特典利用しやすいことができる健康マイレージの取り組みが注目されている。狙いは住民の健康診断率を上げ、健康づくりに励むことで医療費や介護費の適正化につなげるほか、地域コミュニティの地域経済活性化などが期待できる施策である。そこで本町でも健康づくりへの機運醸成と動機づけ支援としてこの制度を導入すべきではないか。町長の考えをお伺いいたします。
 回答によりましては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 健康マイレージの導入についてのご質問にお答えいたします。
 10月1日に開始を予定しておりますおおがわら町民学園事業は、生きがいづくりや健康づくりなど幅広い観点から町民がいきいきと暮らすことができるようにするための動機づけとなる事業であり、おおがわら町民学園事業を推進することで健康マイレージ制度の趣旨を組み入れたものになると考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 参考まででございますけれども、行田市ございますね。行田市のほうではこのマイレージについてはですね、健康診断の必要条件としての健康づくりの事業イベントとするものでございますけれども、このポイント制度というのはあくまでも自己申告制度というふうなことがありますので、一番肝心なのは、参考までですけれども、自己申告の目標とか、例えば1日30分以上のウオーキングやると、あとは買い物は散歩で歩いてとか、あるいは間食をしなかったとか、っていうふうな、これをポイント制度になっているというふうなことでございますので、今後、さっき町長がご答弁になりました中においてもこういうふうなものを取り入れながらも少し精査的にして、そういうものをどういうところへ限定とかいうふうなございますので、やっぱりそいなところに取り組んでいただければ計画の中に取り組んでいただければと思いますので、もしこの考えございましたごったらご答弁のほうをよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 健康づくりは極めて大事な課題ととらまえておりまして、このおおがわら町民学園もその観点からスタートすることになりました。そんなことからですね、ぜひ町民が、多くの町民が健康づくりにいそしむようなシステムをつくりたいということでございます。また10月1日ということで年度途中の開催ということになりましたので、この半年間の推移を見ながら、来年度、27年度からはですね、事業をふやすということで今検討中でございます。その対象の中に健康診断も含まれております。またいろんな自治体でですね、ウオーキングに対するポイント制度もあるということを存じ上げておりまして、そういったことについては、申告制という問題もありますので、その辺の若干の課題もあろうかと思いますけども、いずれにしてもこの町民学園をつくってそれでおしまいということではありません。これから事業を拡大する、あるいは本当に町に出て歩きたくなるような町をつくるということがこれから極めて大事な課題だというふうに思っておりまして、そういったことで家から1歩でも歩いていただく町民の方をふやしていくような魅力あるまちづくりも含めながら、総合的に健康づくりに取り組んでまいりたいというふうに思っておりますので、また議員のご指導を得ながら、すばらしい町民学園をつくり上げていきたいというふうに思っておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 早急に、喫緊の問題ですけれども、取り組んでいただければというふうに思いますので。
 これで私の一般質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番堀江一男でございます。議長のお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問は、1項のみでございます。
 介護保険事業計画について。
 3年ごとに見直される介護保険事業計画が来年3月には議会に提示されることになっており、現在その計画を策定中と思われるが、ことし6月に地域における医療及び介護の総合的な確保を進めるための関係法律の整備等に関する法律、これ少し長いですけども、が一部改正されたことにより、第6期介護保険事業計画は前回策定された第5期介護保険事業計画とは大幅に変わるものと思われます。ことし3月14日付でNPO法人介護サービス非営利団体ネットワークみやぎと、5月21日付で宮城県社会保障推進協議会より議長宛ての介護保険制度次期見直しに当たっての陳情書が提出されております。町では現在策定中の時点でどのような考え、どのような方針で第6期介護保険計画を策定していく考えなのか。
 (1)介護保険制度の改正点の主なものとして次のような点が挙げられるが、このような点をどのように把握し、どのような対応を考えているのか伺います。
 1)一定以上の所得のある利用者の自己負担の引き上げとして利用者負担を2割とするとありますが、26年度と比較した場合、何%の人が該当するのでしょうか。
 2)特別養護老人ホームの重点化として、入所要件を要介護3以上を原則とするとありますが、まずア、現在の入所待機者中、該当者は何%で何名ぐらいになっているのか。イ、町の介護保険計画に特別養護老人ホームなどの施設サービスの記載が簡単にしか記載されていません。まあ説明程度ぐらいですね。介護における究極な場所であるのになぜなのかお答えを願いたいと思います。ウといたしまして、町長の公約に町立特別養護老人ホームの建設というふうにありますが、現実問題として町立の特別養護老人ホームの建設は厳しいものがあると考えております。そこで、地域密着型特別養護老人ホームの誘致を考えたほうがよいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。
 3)予防給付の見直しとして要支援者の予防給付の見直しと訪問介護と通所介護に限って地域支援事業に移行するというふうにありますが、要支援者については多様なサービスが必要であり、それに応えるには財政的にも人的にも多大な費用負担が出てくると思われるので、今後の計画についての考え方をお伺いいたします。ア、利用料は町が決めるとありますが、利用者の負担増とならないのか。イ、サービスメニューの削減にはならないのか。ウ、各町でのサービス格差が出てくると思われるが、どのように考えるのか。エ、このような制度に町として十分な対応ができると考えているのか。
 4)補足給付の見直しとして、資産や預貯金のある方を保険給付の対象外とするとあるが、問題点はないのか。
 (2)介護保険計画とおおがわら町民学園との関連をどのように結びつけるのか。
 (3)角田市にサービス付き高齢者向け住宅暖暖の里が開設をされました。大河原町の町民も何人か入所されておりましたが、施設は立派で、サービスも充実してるように思いましたが、利用料が若干高く、国民年金だけの受給者には無理がございます。大河原町にもこれに似た施設はありますが、もっと低額でできるような高齢者向け住宅建設の考えはないかお伺いをいたします。
 町長の答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、介護保険制度の改正についてのご質問であります。
 一定以上の所得のある利用者の自己負担を2割とした場合、何%の人が該当するのかとのご質問でありますが、平成26年度の本町の状況で試算した結果、90人で11%の方が該当すると見込まれております。
 次に、特別養護老人ホームについてのご質問でありますが、現在の入所待機者は、8月28日時点でありますけれども、町内の特別養護老人ホームに入所待機されている方のうち本町に住所がある方は116名で、要介護3以上の方は67名おり、率にいたしますと約58%であります。
 次に、町の介護保険計画の中で特別養護老人ホーム等の施設サービスの記載がなぜ簡単であるのかとのご質問でありますが、3年間の給付費等の見込み額を推計するものであり、次期計画におきましてはできる限り詳しく記載できるよう検討しながら進めてまいりたいと考えております。
 次に、地域密着型特別養護老人ホームの誘致についてのご質問にお答えいたします。地域密着型は本町の町民の方だけが入所でき、入所待機者解消が図れることから、地域密着型特別養護老人ホームの誘致については有力な選択肢の1つと考えております。
 次に、要支援者の予防給付の見直しと、訪問介護と通所介護に限って地域支援事業に移行することについてのご質問にお答えいたします。要支援者に対するサービス形態が変わり、大きく分けて3つございます。訪問型サービス、通所型サービス、その他生活支援サービスの3種類であります。そのうち訪問型サービスと通所型サービスにつきましては、現在の介護報酬で定められている訪問介護、通所介護の単価と同等の額を国が新しいサービスの上限額として定め、町はその基準により利用料を設定いたすこととなり、また、その他生活支援サービスにつきましては町が独自に決めることとなるものであります。なお、利用者の負担については、移行後においては給付費の1割負担または一部2割負担を勘案して定めることになっておりますので、おおむね利用者の負担増とはならないと考えております。なお、地域支援事業に移行した場合も今まで同様地域包括支援センターにおいてケアプランを作成し、個々の心身の状況に合った適正なサービスを提供していまいります。
 次に、サービスメニューの削減にならないのかとのご質問にお答えいたします。訪問介護と通所介護は、訪問型と通所型サービスとして、今まで同様のサービスが介護保険事業所において継続されるものと考えております。また、改正ではこれら従来のサービスに加え買い物、調理、清掃の家事支援や外出支援などその他生活支援サービスについても実施できることとなっておりますので、サービスメニューの削減にはならないものと考えております。
 次に、各町でのサービスの格差についてのご質問についてお答えいたします。新たに各市町村が社会資源等を活用し、独自に地域の特性に合ったサービスが展開できることとなり、サービスの特色により違いが出ることはやむを得ないものと考えております。本町においても特色あるサービスが提供できるよう努めてまいりたいと考えております。
 次に、このような制度に対して町としての対応でありますが、訪問介護と通所介護の地域支援事業への移行は、平成29年4月までに移行しなければならないとされておりますので、十分な対応ができるように準備を進め、移行したいと考えております。
 次に、補足給付の見直しとして、資産や預貯金のある方が保険給付の対象外となることについてのご質問にお答えいたします。補足給付は、施設入所等に係る費用のうち食費及び居住費について本人の全額負担となりますが、非課税世帯の場合、負担限度額により負担が軽減され、差額分について特定入所者介護サービス費として保険給付しているものであります。事務処理方法について現在国で検討中ですが、預貯金や有価証券等について正しく申告していただくことが必要であると考えられております。
 次に、介護保険計画とおおがわら町民学園との関連についてのご質問でありますが、おおがわら町民学園事業の対象メニューに介護予防事業などを取り入れて対応してまいりたいと考えております。
 最後に、低額で利用できるような高齢者向けの住宅建設の考えはないのかとのご質問にお答えいたします。角田市に所在しますサービス付き高齢者向け住宅暖暖の里については、土地と建物のオーナーが施設の運営会社と賃貸借契約を結び経営する形態であります。町が生活相談や緊急時の対応等を付加した高齢者向け町営住宅の設置事例は、県内では加美町が建設を予定しているところであります。現状では財政面などから、在宅介護が低額で利用できる高齢者向け住宅を町で建設することは難しいものと考えておりますが、施設の誘致には取り組んでまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ある程度理解をしました。
 (1)の1)については90人ということで、11%程度ということで、意外と少ないなというふうに感じたところでございます。これは理解をいたしました。
 2)の特別養護老人ホームの件でございますけども、本町に町内の特別養護老人ホームに入所が待機されている方が116名で、要介護3以上の方は67名で58%。これ大河原町の老人ホームだけということなんですけども、ほかの、大河原町以外の特老、特別養護老人ホームの待機者っていうのはわからないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 正確な数字はちょっと資料を持ち合わせておりませんのでお答えできませんが、前の議会のときに、ちょっとあと調べてお答えします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) なぜ聞いてるかっていうと、この介護保険計画を立てるに当たって、やはりこの特老に入る人の、を希望する方々が何人いるのかという、町全体でですね、やはりそれは介護保険計画を立てる上では非常に私は大切なんではないだろうかというふうに考えてるわけです。そういった意味で聞いておりますので、その点ご理解をいただきたいと思います。
 それで、3以上の方は67名、大河原町の場合だけですけども、約58%ということですが、残りの42%、結局この方は老人ホームに入りたいということで入所申し込みをしてるわけですけども、結局これらの人たちが該当がならないとなった場合は、その町の在宅サービスを受けるような形になるかと思うんですけども、実際問題としてこういう待機されている48%の人の生活状況っていうのは健康福祉課として把握してるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 状態、その要介護1・2の方の状態については、施設に入所の申請をしているというようなことで、施設とのやりとりで状態は把握、ある程度把握をしていると考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そうしますとね、施設で把握してると思いますっていうことなんですけども、実際要介護、老人ホームを希望する方の中で42%の人がだめだと、今度から入れませんよというふうになった場合、これらの通知っていうのは町で行うんですか。施設で行うんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 先ほどのですね、施設のほうで状態を把握してるということを申し上げましたが、地域と、町の地域包括センターにおいてそれぞれ情報交換を行って把握しているというふうに考えております。それから、事務的な問題で、制度が変わった場合のその介護1・2の方について入れない、今後要介護3以上になったというような通知等については、国からのそういう詳細についてまだ通知が来ておりませんので、その国の今後の通知等に従って行いたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大河原だけでも結構な人数になります、大河原の老人ホームに入所される、希望される方だけで。これがほかの老人ホームも含めると相当数の数になるんではないかというふうに思いますので、どうか説明については丁寧な説明をお願いをしたいというふうに思っております。
 それから次に移りますと、アは、イはわかりました。それからウのその地域密着型の施設について、有力な選択肢の1つと考えるというふうなご答弁をいただいたわけですけども。地域密着型の特別養護老人ホームには単独型とサテライト型があるというふうに思うわけですけども、もし、その誘致を考えるのであれば、どちらを基本に考えているのか、その考え方をお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。ごめんなさい。どっちだ。総務課長。町長。どっちなの。健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 地域密着型特養ホームの誘致につきましてですけども、この形態につきましては、この参入を希望なりする事業所のそのどういうところかというようなことによっても変わるかと思います。で、そこら辺を見極めて検討いたしたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 大河原町に誘致をするんであるならば、やはり例えば単独型とかサテライト型とか、どちらがいいかっていうのもやはり内部でやっぱり検討してですね、こちらのほうをぜひお願いしたいっていうふうな方向で呼びかけをしていくべきではないかと思います。ただあっちからこいなのやりたいからというふうな形で待ってるっていうふうな形ではなくて、逆に大河原町としてはこういうふうな、例えば単独型とかサテライト型、こちらのほうをできればやっていただきたいっていうふうな形でやるのが筋ではないかと思うんですけども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 単独型かサテライト型、余り今までちょっと考えたことないのが事実でございます。私としては単独型が望ましいんではないかと思っておりますけども、なお庁内で十分検討しながら対応していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私個人とすればサテライト型のほうがいいんじゃないかなっていうふうには思うんですけども。それはいずれにしても地域密着型の特別老人ホームができるということになれば一歩前進ですので、ぜひそちらのほう、どちらでもいいですけども、町の中で検討していただいて、一歩でも二歩でも先に進むようにお願いをして、次に移ります。
 3)に移ります。
 答弁にもちょっとあったんですけども、地域で多様なサービスが提供されるようになるため、利用料は市町村がサービスの内容に応じて設定するというふうなことであり、基本的には変わらないような内容でございましたけども、住民主体の生活支援サービスは実費のみを負担してもらうということが考えられているようでございます。それで、自己負担が今より安くなるというふうにも厚生労働省のホームページを見ますと出てきているようでございますが、大河原町に合わせると具体的にどのようなサービスになるのか、また、国で一定のガイドラインを策定し、町村の取り組みを支援というふう、支援するというふうにありますけども、具体的にはどのような支援策があるのか、お金なのかどうなのか、その辺についてお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 今実施しております軽度生活、何だっけ、援助事業といいます、いうようなものが該当すると考えております。買い物ですとかあと外出の補助とかあと病院への通院の付き添いとかそういうものが該当するというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) このサービス、サービスっていいますか、この法律の中では市町村の準備期間を考慮して平成27年、それから28年度は可能な市町村から新しい相互事業を実施すると、することとしており、平成29年4月末、4月までには全ての市町村で実施するというふうにございますが、本町はいつから実施できるのかお伺いをしたいと思います。それと、新しい相互事業の財源構成はこれまでの介護予防給付と変わらず、財政力の差によって取り組みに差が出ることはあるとなっておりますが、独自のサービス、つまり横出し分ですね、横出し分は該当にならないのかどうなのか、その辺ちょっとお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) まず、2年間の猶予があるわけでございますけども、先ほど町長の答弁にもあったと思いますが、できるだけ早く移行はしたいと考えております。それから、その国の補助については、その町独自の事業、サービスについても国の補助等があるものと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 国が25%くらい、都道府県が12.5%、じゃないかと思うんですけども。まず、できるだけ早くということなんですけども、やっぱり介護保険計画を立てる上で、これらのめどをきちっと介護保険計画の中に明記をしていただきたいというふうに思います。
 それからですね、エの部分でございます。今回の見直しによって町は多様なサービスを用意することになると思いますが、その内容に応じて人的配置、サービス単価、利用者負担を設定することとなりますが、町としてこれらの分については十分対応できるのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 予防給付の見直しのところでも町長が申し上げましたように、訪問介護ですね、ヘルパー事業とあと通所介護、デイサービスについての新しいサービスの上限額というのが国のほうからまだ示されておりませんので、その上限額を見て、それによってその他のサービスといいますか生活支援サービス等についての利用料についても設定をいたしたいと考えてます。これにつきましても介護保険事業計画策定委員の中で協議をいたしたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まだ国で示されないということなんで、あと出てきたら教えていただきたいと思います。
 それでですね、今後ますます高齢化が進む中で、やはり福祉の専門職の充実っていうのが私は必要だと考えております。今現在社協からの派遣職員というふうな形である程度賄っているようでございますけども、今後ますます高齢化が進むというふうな中では、町職員としての専門職の増員っていうのが私は必要ではないかと思うんですけども、町長いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 堀江議員のご指摘のとおりに私も考えておるところであります。役場職員は全ての分野におきましてスペシャリストであってもらいたいということも常々考えておりますけれども、この福祉分野については本当に高度な専門知識を有するということも存じ上げておりますので、それに対応できるような高度なスペシャリストを養成できるように取り組んでまいりたいというふうに思っておるとこであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ぜひ、年次計画を立ててもらって結構ですので、一挙にというわけにはいきませんので、ぜひ優秀な人材を採用していただいて、町の高齢化社会に対応できるような職員の育成をしていただきたいというふうに思います。
 それからですね、この介護保険計画の中で、施策の展開、介護保険福祉計画を見てるんですけども、大変重要であると私は考えております。特に2の介護予防と地域包括ケアの充実に私は注目を置いております。しかし、第5期介護保険事業計画では、ページ36ページにですね、地域包括ケアの基盤強化というふうにあって、下段に高齢者一人一人の状況やその変化において必要な介護、医療、住まい、生活支援サービスが切れ目なく包括的かつ継続的に提供される地域包括ケアを目指し、云々とあります。最後に、こうした取り組みを定期的に点検するため、大河原町地域包括支援センター運営協議会を引き続き開催しますというふうに記載されております。とありますけども、25年度の成果説明書の、よりますと、1回開催と。決算書を見ても、11万2,000円の予算に対して執行額が5万400円、予算の半分も使っていない。年1回の開催が定期的というふうな言葉で考えているのでしょうか。25年度の運営協議会でどのような点を点検したのか、その内容を教えていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 大河原町地域包括支援センター運営協議会につきましては、1回開催でございますけども、内容といたしましては、前年度の実績報告、それから当該年度の事業計画等についてご説明をいたしまして、委員の皆様からご意見を頂戴いたしたものでございます。ここに高齢者一人一人の状況や変化に応じて対応するような、というような文言がありますが、この運営協議会とは別に地域ケア会議というものを毎月月例で開いております。これについては各大河原町を初め近隣市町の事業所等の皆さんに集まっていただいて、そこでいろいろな課題について検証したりするというような場を設けております。さらには、個別の相談につきましては毎日10件以上、20件ぐらいの相談は電話なり窓口で受けておりまして、その都度ケース会議を開いて個別に対応しているところでございます。よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ただね、この福祉計画の中から見ると、定期的に点検するというふうになってるわけですよね。そうしますとね、地域ケア会議が毎月1回開かれてるということですけども、大河原町地域包括支援センター運営協議会ってのはただ事業計画と事業の報告だけをやってるっていうことだけなんですか。んだらこんなの要らないんじゃないすか。どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 地域包括支援センター運営協議会につきましては、メンバーが医師ですとか、あるいは事業所の代表の方とか、あとは被保険者の代表の方とか多彩なメンバーになっておりまして、毎月開いているケア会議とかそういう、あるいはケース会議を総括するような形でのご指導、ご助言をいただいているというようなことでご理解をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) そしたらね、指導を仰ぐんで、地域ケア会議も私はもちろん重要だと思います。ただ、この運営協議会もせっかく医師とか専門職、専門の方々がおられるんだったらば、定期的にってありますので、私はね、その地域ケア会議に出たことの内容とかそういった問題をこの運営協議会にね、2カ月に1回、3カ月に1回ぐらいの割で、地域ケア会議での問題点や何かというふうな部分を、こう話をして理解してもらう、助言をもらうというふうなやり方っていうふうなことは考えられないんですかね。単なる事業計画と事業報告だけ終わってはい終わりということであるならばね、私はあんまり必要ないと思うんです。せっかく医者がいて、それから事業主が出てきてるっていうことであれば、ケア会議で出たような内容のことの主な点を、こいな点が出ています、大河原町は今こういうことになってますよっていうようなことを私はね、この運営協議会の中でね、話すべきだと思うんですけども、いかがなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 先ほど事業、前年度の事業報告、新年度の事業計画だけと申しましたが、その他いろいろなデータ等をお示しいたしましてご説明はいたしているところでございますが、今後議員おっしゃるような方向で、回数についてもより多く開き、また運営協議会の委員の皆さんの意見を反映できるような形でしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) ぜひともね、せっかくある運営協議会ですから、活用していただきたいというふうに思います。
 それとですね、大河原町の65歳以上の高齢化率は24.3%、それから75歳以上は12.2%となっております、現在。団塊の世代が高齢者になってきておりまして、あと10年もたてば75歳以上の高齢化率は大幅に伸びてくるものと考えているわけでございます。それと同時に、大河原町の行政区別の高齢化率、これは市街地から遠いところ、市街地から遠いところっていうとあれですけども、では、それとですね、旧町営住宅の払い下げを受けた地区で、アパートなどが建っていない行政区が高くなっているようでございます。特に、行政区挙げますと堤においては65歳の高齢化率が41.7%、それから上大谷が38.2%、それから注意すべき点が、3番目が保料が37.89%というふうに、あそこ、保料地区は払い下げ住宅になるわけですけども、あそこアパートがないから高いんだと思います。牛越とかは緑町があったり、さらにはあと稗田前につきましては高砂、ああ高砂じゃない、何つったっけ、山崎町ですか、山崎町があったりして、その辺であそこのアパートもあります、新築住宅もありますから若干流動的になってるのかなと思うんですけども。やはりその、こういう地区ですね、特に山沿い側、金ヶ瀬の山沿い側と、それから大河原町でも小山田とか福田とかっていうふうな部分も非常に高齢化率が高くなってるわけですけども、このようなその地区ごとにね、非常に高い部分が出てくるわけなんで、今後のね、その高齢化、ほの介護保険事業計画の中に、その地域を考えた地域別のサービスのあり方っていうのも私は考えていく必要があるのではないかと思うんですけども、それを盛り込めるようなことはできないでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時04分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時14分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休息前に引き続き、一般質問を行います。
 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 各行政区ごとの支援の計画を全体の計画に盛り込めないかというようなご提案でございますが、それぞれ高齢化率確かにまちまちでございます。と同時に各地区の地域性とか、あるいはいろいろな人的な構成ですとか資源の問題とかいろいろありますので、ちょっと計画にはなかなか盛り込むというのは難しいのではないかと思いますが、何かそのような地域の高齢化率の違いを勘案した、してのその計画のようなものを組めないかどうか、介護保険事業計画のほうにも問題を提起いたしまして今後検討をしていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 地域別っていうことであれなんですけども、先ほども申し上げましたけども、結局町の専門職の人間、職員が多ければいろんなことができると思うんですよね。例えば栄養士にしても、それから保健師にしても。ですから、きょう、区長さん方たまたま後ろにいるようですけども、せっかく各地区に集会所もありますし生活センターもあるわけですよね。そうしますと、やはり区長さん方の協力も得ながらですね、その集会所なり、まあ集会所まで歩ってくるの大変なお年寄りの方もいるかと思いますけども、その辺なども考慮しながら、区長さん方とよく相談をされて、その地域での、何も立派なその事業、おっきな講演会とか何とかどがっていうんじゃなくて、お茶飲み会的なものの中で、そして健康の話を聞くとか、そういうふうな、食事の話を聞くとか、そういうふうなものでも私はいいと思うんですよ。まず1つ1つ各地区、特に高齢化率の高い部分について、それからひとり暮らしの多い方々について、どうしても食が偏重になる場合がありますので、そういったところからね、まずコツコツとやっていくことが私は必要だと思いますので、この辺もぜひ考えておいていただきたいというふうに思います。
 それでは、(2)の町民学園のほうに移らさせていただきます。
 回答では予防事業のメニューに取り入れるとあります。町民学園について全員協議会などで説明を受けましたが、趣旨としては町民の健康と生きがいづくりを目的とし、健康増進や学習活動、奉仕活動に参加することによって生きがいと医療費の抑制につなげたいということでございますが、10月から開始するとありますけども、いまだに具体的に煮詰まっていない感が私はいたします。対象事業も、先ほど言われた予防事業もメニューに加えたということなんですけども、大半が現在行われている公民館事業を中心とした既存のものが大半で、新規事業としては気功教室とマージャン教室ぐらい。ただマージャンだってまだやれないような状況になってるようでございますけども。高齢者が生きがいを持って健康で暮らすということは介護保険と非常に深く結びつくというふうに私は思っておりますので、高齢者向けのメニューをもっと考えられないのか、ぜひその町民のニーズに合ったような、高齢者のニーズに合ったようなメニューを考えていただいて、そして、10月からスタートということなんでございますけども、最初が肝心でございます。ただ、見切り発車的なものにならざるを得ないと思いますけども、ぜひともその高齢者向けのメニューを考えていただきたいということと、それから、この前の説明では実施、事業実施体制の中で顧問を置くことができるというふうになっていますけども、肝心の福祉の最前線で活動している社会福祉協議会の会長が入ってないんですね。体協とか文化協会の会長は入ってますけども、社会福祉協議会の会長が入っていない。これはね、ぜひ私は入れるべきだと思うんですけども、その考え方をお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、何点かについてご質問がありました。答弁漏れあったらご指摘いただきたいと思いますけれども。
 まず社会福祉協議会の会長さんを学園の役員ということでありますけれども、これについては庁内でそういった方向で今検討してるところでございますので、お願いをするつもりでおりますので、個別には私もそのようなことで動いておるところでございます。
 それから、高齢者、介護対策を念頭に置いた事業、メニューを考えろということでございます。確かにご指摘のとおり10月の時点では事業も大変少なくて、何だというご意見もあることは存じ上げておりますけれども、検討期間が少なかったということもありますので、来年度、27年度からはもっともっと多くの事業をやりたいと。その中でですね、特にこの学園というのは大河原町全体を学園と見立てておりますので、その、今お示ししているメニューはいろんな公的な施設でありますけども、例えば集会所で健康教室やるとか、食の改善とかですね、食改員とか、そういったテーマについての勉強会とか、そういったものも対象にしていきたいなと私は思っておりますので、その辺についてはまた区長さんともいろいろご相談しながらやっていかなければいけない問題がありますので、その辺のことをクリアしながら事業の数をふやして介護予防にもつなげていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まだまだ町民に対してこの町民学園の内容が周知されてないというふうな感が受けますので、ぜひとも町長なり、それから教育長なり、いろんな場でぜひこの内容等について周知を図っていただくようお願いをしたいと思います。
 最後に、高齢者、サービス付き高齢者住宅についてお伺いします。
 暖暖の里のパンフレットによれば、入居者の毎月の費用は10万8,000円から13万5,000円、これ電気料金それから介護保険料の自己負担分は除くというふうにあります。それで2014年6月10日の厚生労働省保健局の平成24年度家計調査、これを見ますと、高齢者、無職の高齢者世帯2人以上の収入と支出の状況について載っておりました。それで、それを見ますとですね、平均の実質収入、これを見ますと、1人当たり月にすると10万9,000円、2人で21万8,000円というふうになっております。年間の実質収入が1人当たり月6万9,000円、全体の、月6万9,000円が全体の12%を占めております。そして、月9万4,000円から13万ですか、これが37.2%、月13万以上の収入ある人が50.8%というふうになっております。つまり、月1人当たり13万以下の世帯が半数となってるわけでございます。これでは暖暖の里にはとても入れないというふうな状況になっているわけでございます。これ厚生労働省のやつ多分ホームページに載ってるはずなんですけども。それでですね、年を重ねるに伴って、介護認定に至らないまでも炊事、洗濯など家事が厳しくなっている高齢者は利用したくても利用できない状況にあると言わざるを得ないんではないかというふうに思います。このような状況をどのように考えているのかね、せめて大半の高齢者が年金で利用できるような施設が私は町にも必要なんではないかというふうに思います。それでこの前の河北、河北っていうか、新聞の折り込みに入りましたけども、大河原町にあるある住宅メーカーが、今度蔵王町ですか、蔵王町のほうにサービス付き高齢者向け住宅を建設したようでございます。このあれも見てみますと、基本的には暖暖の里と変わらない、入居料も変わらないっていうふうな状況になってるわけですけども。答弁によれば、そういったものを誘致したいというふうな考え方でございますけども、できればね、加美町のように町でできるような方向でこう検討できないもんなのかどうなのか、その辺も含めて、ぜひ高齢者向け住宅、町営と、それから民間のやつも必要だと思いますので、それも含めて考えていただけないでしょうか。
 そのお答えをいただいて、終わりにしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 加美町、あ、それからさっき答弁漏れありました。もっとPRしろということでありましたけども、あれについては9月15日号の広報、お知らせ版にあわせてですね、A4で4ページものお配りする予定にしておりますので、それをもって周知ということでご理解賜りたいと思っております。また機会を捉えていろんなとこで話はしておりますけども、まだまだ不十分であることは反省しております。
 それから、サ高住の町での建設ということありましたけれども、相手があってのことでありますので、そういった誘致をする際にですね、例えば角田の暖暖の里であれば幾らかで事業者に貸しておりますけども、そういったことで採算がとれるようであればですね、そういったことも検討は可能でありますけども、果たしてそれが可能かどうか見極めながらですね、総合的に検討していきたいというふうに考えておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) よろしくお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君、答弁をいたしたいということでございますんで。健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 一番最初にご質問がございました町民で他町の施設に入所している方の数につきましてでございますけども、各施設と、あと各保険者ですね、からデータを収集しておりまして、県のほうで今、調査を行っております。年内には県のほうから結果が示されると思いますので、その時点でお示しをさせていただきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番枡 和也です。議長のお許しを得たので、通告順に従い一般質問をいたしますが、質問の前に、去る8月19日から20日にかけて広島市北部での大雨による土砂災害で亡くなられた方々、そして8月24日にも礼文町で土砂災害で亡くなられた方々のご冥福を心より、衷心よりお祈りを申し上げますとともに、残る行方不明者の方々の早期の発見、また、被害を受けた方々の早期の復旧・復興を心よりご祈念を申し上げたいというふうに思います。
 それでは、一般質問に移らさせていただきます。
 今回の一般質問は2項でございます。
 まず第1項、当町の少子化対策・子育て世代支援についてであります。
 平成25年3月定例会(6月会議)の一般質問でも、少子化対策の一環で第三子以降出生児祝い金制度の導入など、近隣市町の事例を挙げて質問をいたしました。また、国の平成26年度第12回経済諮問会議の中でも、人口急減・超高齢化に対する危機意識を共有し、少子化危機ともいうべき現状を突破していかなければならない。第三子以降の出産・育児・教育への重点的な支援など、これまでの少子化対策の延長線上にない政策を検討していく。また、新たな少子化社会対策の大綱を平成26年度中に作成するとともに、子ども・子育て支援制度を平成27年度4月に施行する方針のもと取り組むと打ち出しました。町長は、日本創成会議が試算発表した2040年に896市町村が消滅というショッキングな内容に当町が今現在は含まれていないことに安堵したと思います。当町の人口は、今は震災関連などで沿岸部からの転入などでふえているので、多分微増しているのではないかと推測されます。たが、いずれ近い将来減少する時期がやってきます。だから、今からいろいろ検討し、対策を講じることが必要であると思います。以下質問いたします。
 (1)質問してから1年以上たちますが、当時は町長、町執行部から一時的な経済支援では効果が出にくいと一蹴された。この1年3カ月の間、執行部の会議などで少子化対策についてどのような意見が出ていて具体的な政策などを検討されているのか伺います。
 (2)敬老会の季節でもありますが、お年寄りを敬って敬老祝い金があるように、子育て世代にもこれから頑張れの意を込めた出生児祝い金があってもよいと思うが、どうか。
 (3)以前の町長の答弁の中に子育て環境をよくするにはいろいろな角度から検討するとあったが、町内の子育て中の親の方たちが集まって子供たちと親を対象にしたいろいろな事業(例えば8月26日河北新報にも掲載されましたが、子どもアートフェスティバル2014など)を開催することは子育て環境をよくする事業と捉えるが、今後こういったさまざまな子育て世代を対象にした事業に対して町として支援制度を新たに設置したらどうかと考えるが、どうか。
 以下答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、お答えする前に、日本創成会議の試算結果について私が安堵したと思うとおっしゃられましたけれども、全く安堵しておりません。そうではなくて、これから、たまたまその対象にならかっただけでありまして、傾向としては同じことを考えておりますので、それに対してですね、子育てがしやすい町とかいろんな住みやすい町をつくることによって人口がふえるようにですね、努力をしていきたいということをまず申し上げたいというふうに思っとるところであります。
 初めに、少子化対策の具体的な政策などの検討についてのご質問でありますが、既に本年度より少子化対策の1つとして大河原町家族に優しい働き方支援助成事業を実施しているところであります。また、平成27年4月より子ども・子育て支援新制度が施行されますことから、保護者の方を含む子供・子育て支援の当事者などの意見を聞く大河原町子ども子育て会議において、大河原町子ども子育て支援事業計画を策定しているところであります。この会議の中で待機児童の解消を中心にさまざまなご意見をいただいており、計画策定に当たりましては本町の子供や子育て家庭の実情を踏まえ、少子化対策につながる具体的な施策の展開が図られるような子育て支援策について検討を重ねておるところであり、新たな課題として仕事と家庭の両立支援についてもしっかりと取り組むように考えておるところであります。
 次に、出産祝い金についてのご質問についてお答えいたします。前段の大河原町子ども子育て支援事業計画の策定に当たりまして、小学生以下の子育て世帯へのアンケートを実施いたしましたところ、保育所等の費用負担の軽減や子供連れでも出かけやすい場所の確保、また、養育費用の補助等の回答が多くあり、出生時の一時的な経済支援より継続的な子育て支援が重要と思われますことから、こうした施策に力を入れてまいります。
 次に、子育て世帯を対象とした事業に対する支援制度についてのご質問についてお答えいたします。今回開催されました子どもアートフェスティバルにつきましては、私も見学に行ってすばらしいというふうに感じたところでありますけども、元気なまちづくり活動支援補助金を活用した「アートのたからばこ」さんが主催され、町内の各団体や企業の共催により開催されたものと聞いております。子育て支援を目的とした補助金といたしましては、児童館や児童センターを拠点として活動する子育てサークルに対し地域組織活動補助金を設け、自主的な子育て支援事業について支援を行っているところであります。今後におきましても子育て支援センターを中心に世代交流いきいきプラザ等を活用し、子育て世代を対象とした支援体制を強化してまいりたいと考えております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) しつこいように質問をさせてもらいましたが、前回と、祝い金については前回と同じ回答でゼロ回答ということで認識したところでございます。
 ここで、一番初めに大河原町家族に優しい働き方支援助成事業ということで実施しているということでございますが、本年度から始めたばっかりの事業で、現在どういった状況になっているのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) この大河原町家族に優しい働き方支援助成制度につきましては、ことしの、町長が先ほど申しましたようにことしの4月から実施されたというふうなことでございます。そしてまた、これは国のですね、上乗せ補助金ということで、国のほうに申請して、それでもって確認されましたら町のほうに申請というふうなことで、国のほうもなかなか国のほうにも申請が宮城県内でもされてない状況に見受けられます。本町におきましては今のところまだ提出はされておりませんが、一応お知らせ版、そして9月の上旬にですね、商工会を通じまして各企業さんにですね、この家族に優しい制度をお知らせをしておるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) これっていうのは、例えばよく言われるワーク・ライフ・バランス、仕事と生活の調和ということで、そういったことに当てはまるような事業というような解釈でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) これにつきましては要綱にもございますように、子育て期のですね、方、女性、そしては寡婦、男の方でもいいんですけども、あくまでも雇用保険被保険者であって、そしてまた事業主の方がですね、労働協約または就業規則を協定して結んでいないと対象外というふうになりますので、あくまでも子供が生まれまして、そこから小学3年までですかね、対象になるというふうなことになってございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何というかいろいろ、ちょっと要綱を私読んでこなかったんですけども、何か課長、その制度、使い勝手のいい制度だと思いますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 国のほうでこのような制度を制定してございます。町で新たな制度となりますとどのようにしてですね、その就労関係、就労とか、それからその子育て期とかどのようにして判断するかというふうなこともございますので、とりあえずは現段階では国の施策にのっとってですね、やっていきたいというふうに考えまして、今後どのようになるかは経過を見ましてですね、経過を見て研究して、そして考えてまいりたいというふうに考えてます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 経過を見ながらということで、やっぱりもちろん町の財政にも関係してくることなんですけども、町独自のこういったやっぱり支援とかを考えていかないとですね、今後だめなんではないのかなというふうに思うんですが、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは国の上乗せ補助ではありますが、もともとは町単独でやりたい事業と私は位置づけております。と申しますのはこの制度の中身ですね、子育て期間の間、短時間勤務で正社員を続けられるような企業に対する助成制度でございます。そういった企業がなかなか出現できないということで、使い勝手が悪いというよりも、なかなかそういったことのPRも足りないというふうに思っておりますので、9月にその商工会を通じて企業さんにPRの文書を出したのもそういう背景がございます。必要に応じて今後ですね、この事業を進めるためにもいろんな形でPRをする場面をつくっていきたいというふうに考えておりまして、少子化対策の私は1つの決め手になる政策だと私は信じておるところであります。子供が生まれれば当然保育所が必要でありますけども、それ以前にですね、少子化の一番大きな原因が未婚率の上昇であります。1970年代から始まった未婚率の上昇と、それから少子化っていうの全くパラレルに動いてきましたので、そういったことから鑑みてですね、仕事を続けながら育児もできるような、そういった社会にしていきたいということで、大河原町として、町としては全国的にも珍しい取り組みだというふうに思っておりますけども、これを何とか進める形でPRしていきたいと。国のほうもそんなにPRしてないもんですから、なかなか企業さんの目にとまらないようでありますけども、これについてはしっかりと対応していきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えばここにワーク・ライフ・バランスに関する情報開示というようなことがあってですね、これ東証一部上場企業の1,750社を対象にしたアンケート調査なんですけども、その調査対象でも1.7%の企業しかまだやっていないということなんで、まして、例えば当町、大手企業ですらこうですから、中小企業の多い例えば小さい市町村ではなかなかこういった支援事業、事業主にしても大変だというふうに思うんですが、今後周知してくというような話なんですけども、これは企業を訪問しながら周知するのか、そういったほうをちょっとお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 企業さんを訪問すること、あるいはいろんな企業団体の集まりの場面において少しお時間をいただいて説明をするとか、そういった工夫をしながら効果的なPRに努めてまいりたいと思います。今んところまだ申請されたのはゼロ件でありますけども、関心を持って問い合わせあったのは1件あったというふうに聞いておるところであります。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ、ちょっとね、使い勝手いい補助かどうかわかんないんですけども、アピールしていってですね、何ていうか、子育て環境を変えていくような努力をしていただければなというふうに思います。
 あとここに、2番目の、例えば前は第三子以降出生祝い金というようなことで出させてもらったんですけども、今回は出生祝い金、まあ一時的なものなんですけども、何ていうか、もちろんこういった一時的な、祝い金欲しくて子供つくる方はいないというふうには思うんですけども、幾らかでもですね、やっぱり経済、みんな、多分子供を多くつくらないというのはもちろん晩婚の話もあるでしょうけども、経済的な関係で子供をつくらないというような方々も結構多いというふうに聞いております。その中で、ほんのわずかな金額でしょうけども、こういったこともですね、点でしかはないんですけども、点とか例えばあと子育て環境のいろんな事業、先ほども子育て会議の中で出てますけども、そういったことをつながれば線になるというふうに思うんですけども、もう1回聞きますけども、出生時祝い金ではなくて、結局第三子ってこの間も質問させてもらったんですけども、多分400人かそのぐらいなのかな、対象になる方がですね。んでそういったこともほとんど、絶対考えられないのか、その辺ちょっともう1回お答え、執行部ではこういったことは、今ね、たゆまざる行財政改革っつって新行財政大綱作成してる中でですね、金ヶ瀬出張所の廃止などご検討されてる方々に言ってもなかなか、寝耳に水のような逆行してるような話ではございますが、ぜひともですね、こういったことを検討してもらいたいと思うんですが。こういう政策っていうのはやっぱり世の中どこの町村見ても逆行してる政策ですか。その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の聞くところによりますと、こういった制度、やめて廃止していくところが多いというふうに聞いております。それで、子育て環境をよくするということに力を入れていきたいと思っておりまして、先ほどのアートのたからばこさんのフェスティバルありましたけども、ああいったことをですね、いろいろ実現することによって子育てが楽しいような町、こういったことにつなげていってですね、子だくさんになるようなことを誘引するといいますかね、そういった方向に持っていきたいというふうに思っておりまして、一時的な経済援助よりも継続的に子育てがしやすいような町のほうに重点的に、限られた財源ですので、費用対効果を考えながら考えてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そこがですね、認識の違いっていうか。例えば、ばっと出したっけネットで出てきたのがいわき市の出生祝い金の創設ということで今年度より開始したというようなところもあります。で、例えば第一子に5万円、第二子には6万5,000円、第三子以降は8万円ずつというような政策も、だからほんとに少子化っていう危機感を持ってっか持ってねえかの差、行政単位でね、差だと思うんですが、その辺町長いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほども日本創成会議の感想を申し上げたとおりですね、本当に少子化が今一番大きな課題だということは私も重々認識しております。がゆえにですね、政策のありようをやっぱりもっともっと真剣に考えていきたいというふうに思っておりますので、今のところはそのさっき申し上げました子育てがしやすい、また子育てが楽しい、そういったまちづくりのほうに重点的にですね、限られた財源を投入していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 子育てが楽しい、いろいろなね、こういった時間を見つけて、自分の合った時間にいろんな事業に、子育ての事業に参加して子育てしていくというようなのはわかるんですけども、やっぱり、町長もわかってるとおりですね、家庭の収入が少ねえから共働きしているというんで少子化になる。やっぱり経済的支援っていうのはやっぱり必要だと思うんです。先ほど言った子育て会議の中でも、ここにちょっとあったんですけども、ネットからちょっと引用させてもらったんですけども、ニーズ調査って多分子育て会議の中で就学児と未就学児の親を対象にそれぞれやったと思うんですが、65%、当町の子育て環境についてそれぞれ65%、60%の方が満足しているというような回答。あとまた今後も当町で子育てを希望している方がそれぞれ83%、85%となっていてですね、そこの調査結果にも子育てに優しい町という調査結果が出てるというような結果がそういった言い回しで載ってだったんですけども。このことから判断しても、例えば、民間も含まれますが、保育園、幼稚園や、例えば児童館などの施設、あと各種健診、子供ですね。あと子育ての相談、放課後児童クラブ、放課後子ども教室とか子育て支援センターなどでの各種事業、先ほど町長が言った子育てサークルなどの事業、これが一体となって実を結んでっから多分こういう高い結果になってるというふうに思うんです。でも、その中のニーズ調査の中でも課題として取り上げられていたのが、教育・保育事業への利用ニーズを喚起するための事業の質の向上と特色づくりとか、その町独自の教育環境つくりという意味なんでしょうね。あとは、長期休暇中の教育・保育事業の拡充策、そして3番目に先ほどここに出てたように、町長の答弁にもございましたが、養育費用の補助とか保育所などの費用負担の軽減というような子育て支援に対する費用の負担策といったような、あと雨の日に遊べる場所の模索なんていうのも挙げられていたんですが、やっぱりこの中にも3番で経済的支援、ほの学費とかそういったことを言ってるんでしょうけども、があります。例えば今、町の保育、保育園の保育料なんですが、これは一子が、もちろん収入での、所得でもありますけども、2人目が半分で3人目がただっていうことですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) そのとおりでございます。この第二子2分の1、第三子無料というのは町の施策としての軽減策ということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やっぱりその中でも、結局3人いないと3人目は無料でないっていうことなんですよね、現在。保育。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) そのとおりでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) でもなかなか3人ね、毎年産んでいくどがっていうんであれば3人保育園とかにいるという家庭はあるんでしょうけども、なかなか難しいんでないんですか。今どれぐらいの人がほの3人目無料ってなってるのかその辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 第三子のちょっと入園者数についてはただいま詳しい数字持ち合わせていませんので、後ほどお答えさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ここにニーズ調査の中でも出てた1つの案ですけども、子育て支援に対する費用負担策ということで、現在育てる子供が3人とも保育園に通ってるっていうとこいづはなかなか難しいから、やっぱり3人目のね、例えば第三子の方を無料にするとか、そういった今こう町でできるような、町でできるっていうか、考えられるような施策っていうのは、もちろん今、子育て会議の中ではもんでるんでしょうけども、何というかできるような施策っていうのはないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 子ども子育て会議の結論あるいは枡 議員のご提言などを踏まえてですね、今私の頭の中にありますのは先ほど申し上げました少子化、消滅可能性都市にならないような少子化対策をしっかりやっていきたいと思っておりまして、毎月役場では政策調整企画会議というのをやっております。その中でこの若い職員を中心にですね、私のような年の人間の発想ではなく若い人たちの、特に若い職員を中心とした検討チームをつくって総合的に子育て世代に対する支援策などを検討する場をつくっていきたいというふうには考えておりますので、その行方を注視していただければというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何ていうんですか、少子化初めこの人口減少、国のほうでも、町長もご存じでしょうけども、1989年、1.57ショックって特殊出生率が1.57、過去最低を下回ったときから例えばエンゼルプランとかっていうのを国ではやってきたと思うんです。そっからこう今まで来て、そんでも2048年には1億人を切るということの統計が出てるもんですから、ここに来ていろいろ第三子以降の子供たちの子育てとか教育に補助的なものをしていくというようなあって、子供をふやして人口をふやすというようなことを政府ではここに来て盛んに言っているような状況であるんですけども。やっぱりどうしてもお金かかるんですよね。例えば、国レベルのこと話しても仕方ないとは思うんでしょうけども、例えばフランスなんかでも、例えば1993年に1.66まで合計特殊出生率が低下して、んでその後19年、20年かけて2まで回復させたと。ドイツも、スウェーデンか、スウェーデンもそいった感じである。で、一番最初に何をしたかっていうとやっぱり経済的支援が中心だったんですね。して、持ち上げてった。やっぱり日本とこの補助、手当なんかもフランスとかとスウェーデンを比較すると全然、後で、ここで細いことは言いませんけども、もちろん全然違うというような、どうしてもやっぱりお金がかかる。んで、長い年月がかかる。んでも、やっぱり国のことでなくて、我々末端の市町村がそういった感じで町独自でも頑張っていかないとなかなか少子化対策もなんないし人口もふえないのかなというふうに思うんですが、その辺、町長の考えというか、今ちょっと国レベルの話させてもらったんですが、町としての意気込みっつうか考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 1.57ショック、私も覚えております。当時の試算では西暦3400年に日本人が1人になるという試算も示されておりました。そんときから私は危機意識を持っておりまして、で今フランスの例を挙げられましたけども、フランスでは確かに子供手当をすごく優遇したということがあって回復したことは存じ上げておりますけども、その他のヨーロッパ諸国で回復した理由は、いわゆる第二次オイルショックの後にやりましたいわゆるワークシェアリング、その結果副産物として少子化が解決したと、回復してるということを聞いております。すなわち、ワークシェアリングすることによって働く時間を分かち合って、1人当たりの労働時間が短くなった、その分家事・育児に手が回せるようになったと。その結果、特にオランダなどでは1.5稼ぎというような言葉も出るぐらいですね、ワークシェアリングの結果、ワーク・ライフ・バランスも進んだ結果ですね、上昇したということもこれ統計上数字出ておりますので、そういった観点から先ほど申し上げました企業に、家族に優しい働き方をする企業に支援をするというのも、それも1つの形であります。まだ、そのほかいろいろこれから考えられますので、若い職員を中心にですね、そういった新しい制度を設計していきたいと思っておりますけども、ただ、町の財源が限られておりますので、その国がやるべき思い切った子ども手当などのようなことは不可能だと思いますので、不可能っていうか困難だと思われますので、そうでないいろんな政策をですね、知恵を出し合いながらこれから進めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時より再開します。
     午後0時00分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 先ほどの枡 和也君の発言に対しまして、子ども家庭課長のほうから答弁漏れがありましたので、まず答弁漏れに対して答弁させますので、よろしくお願いいたします。子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 先ほどの枡 議員のご質問いただきました3人目の入所の児童数につきましては9名ということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 質問ちょっとあちこちになって申しわけなかったんですが、確認なんですけども、先ほどの(2)番の質問の中で、今おっしゃられた保育所などの費用負担の軽減ということで、さっきから言ってるんですけども、3人がいないとだめだということなんですけども、この辺、やっぱりこの、今の子ども子育て会議の中でですね、議論してることにどうこう言うわけじゃないんですけども、ここにもこういった答弁の中で出てきてるもんですから、ぜひ3人じゃなくても、例えば途中から引っ越してきて二子、三子目を大河原で産んでですね、その三子目の方について保育料を無料にするとかその辺のご検討をいただけるのかどうかほの辺ちょっとも1回ご質問します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 現在27年度からの新制度に向けまして公定価格というものが、保育及び教育の公定価格というものが示されてございます。その中で今後町の保育料等につきまして規則化していかなければならないところでございますので、その辺、財政状況等とあわせてどのような保育料設定にするか検討させていただきたいと思っております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長はいいんですか。
 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、課長のほうからぜひとも、財政を踏まえた中で検討していくということなんで、ぜひとも検討していただくことを約束してください。
 あと(3)番目に入ります。先ほど子育ての親たちが集まってやってるサークル、そういったサークルで行ってる事業についてですね、今後どういった支援をして、新たな支援制度ということで質問させていただきましたが、ここの最後なんですが、子育て世代を対象、子育て支援センターを中心に世代交流いきいきプラザなどを活用し、子育て世代を対象とした支援体制を強化してまいりたいと思いますということなんですけども、例えば別にここの団体がどうのこうのじゃないんですけども、先ほど出たアートのたからばこというような団体さんをちょっと取り上げますと、そこは先ほどの答弁にもありましたが、元気なまちづくり活動支援補助金ということで1団体3回、で同じ事業は2回までということで、今後例えばそういったことをやればですね、違う補助制度ないとそういったことを開催できないというようなことなんですけども、この中で言ってる支援体制を強化していくということは、そういったことと同じような例えば補助額だったり、金額のことばっかりで大変申しわけないんですけども、その辺ちょっともう少し詳しくご説明いただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、子どもアートフェスティバルにつきましては期間限定つきといいますか、回数限定であります。こういった事業につきましては、今回の事業は確か日曜日か、土曜日か、日曜日ですね、日曜日開催されまして、親子があの東部屋内運動場に200人ぐらいが一堂に会しておりました。恐らく1日通じて300人ぐらい集まられたんではないかと思っております。こういった親子で楽しめる機会をですね、土日などやってくのは大変有意義なことだと私は感じましたので、このような事業をほかにもできないものか、また継続的にどのようにやっていったらよいのか、また回数をどうしたらいいのか、予算との関連もありますけれども、できる限りのことをして、子育てが楽しいまちづくり、さっきから繰り返しておりますけども、その一環としてこういった事業に対する促進を図ってくような、奨励策を図ってくようなですね、支援体制をつくっていきたいという趣旨でございますので、ご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 具体的なほの補助の内容とかの金額的な回答はなかったんですけども、私もたまたま行ってですね、ここの、たまたま菓匠三全さんが提供してるあき箱で、パッケージクラフトで恐竜つくって、ほんとは孫を連れてけばよかったんでしょうけども、集中して20分ぐらいやって、そこで見てるとやっぱり子供の目つきとか顔つき、あと親御さんどかの笑顔っていうか、そういうのが非常によくてですね、いい事業ではないのかなというふうに私も行って感じたもんですから、こういった事業をですね、やっぱり一時的な支援で終わらせるんではなく、こういった多分いろんなサークルが今後また出てくると思うんで、ぜひともですね、そういった方々に支援を広げていただくような施策をとっていただきたいと思いますが、もう1回。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) こういった事業はすばらしいと私も子供たちの顔を見てつくづく感じたわけでありますので、こういったことを単発的ではなくて継続的にやるという仕組みをつくってまいりたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それでは、第2項に移らさせていただきます。
 質問の2項めは、当町の土砂災害についてであります。
 8月26日の新聞各社の記事に、広島で起きた大規模土砂災害に関し、宮城県は土石流や地滑りが発生しやすい場所は県内に8,482カ所あるが、土砂警戒区域の指定がおくれていて、指定率14.3%で、北海道に次いで全国でワースト2位であると掲載されました。危険箇所を3つのランクに分類し、ランク1の警戒区域に指定されていない2,279カ所を優先調査し、22年度までに終える考えを県は示したところでございます。このことを踏まえ、以下質問いたします。
 (1)宮城県でいう土砂災害警戒区域、特別警戒区域に該当する地区があるとすれば何カ所で、どの地域なのか。ランク1から3に区分できるのであれば、ランクごとの箇所数はどうか。
 (2)当町は、土砂災害発生時の避難勧告・指示発令基準は作成が終わっているのか。
 (3)広島市、そして礼文町の豪雨に伴う土砂災害を踏まえ、広島では時間当たり降雨量101ミリ、積算雨量256.5ミリ、13時間での積算雨量です、を記録した。この降雨量は現在町ホームページよりダウンできる防災マップ、ハザードマップというんでしょうか、を作成したときの想定雨量をはるかに超えていると思うが、今後勧告・指示発令基準や防災マップの、ハザードマップの大幅な見直しが必要と考えるが、どうか。
 以下伺います。答弁によっては再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、土砂災害警戒区域、特別警戒区域の指定箇所並びに危険ランクについてのご質問にお答えいたします。平成20年度の県調査により、本町は土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域が9区域、土砂災害警戒区域が3区域となっております。合計12の指定となっているものであります。それでは、地区ごとの箇所数を申し上げます。まず最初の区分の土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域については4地区ございます。稗田地区が1カ所、上谷前地区が3カ所、堤地区が4カ所、新寺地区が1カ所となっております。続きまして土砂災害警戒区域は3つございまして、稗田地区1カ所、堤地区1カ所、新寺地区1カ所でございます。次にランク区分でございますが、ランク1は人家が5戸以上、5戸未満であっても官公署、学校、病院、社会福祉施設等災害弱者関連施設等のある場合も含む、この場合の当該地区に流入する渓流であり、本町の指定は全てランク1の12カ所となっているものであります。なお、ランク2及びランク3についての該当はございません。
 次に、土砂災害発生時の避難勧告・指示発令の基準についてのご質問にお答えいたします。この件につきましては、現行の地域防災計画の中でも避難準備、避難勧告、避難指示の区分に応じた基準が設定されておりますが、現在計画を見直す中でさらに水害、土砂災害に区分した基準を示すことといたしており、また、大雨洪水警報、氾濫警戒情報等との関連や県土砂災害警報情報システムなどを活用する基準の設定を行う予定であります。なお、見直し中の地域防災計画につきましては、現在計画素案を全課で確認中であり、確認後、防災会議を経て議会でもご説明する予定であります。
 最後に、防災マップについてのご質問にお答えいたします。防災マップにつきましては、当初予算でも説明しておりますが、地域防災計画の見直しに合わせて新たに作成するものとしております。作成の方針としては、ハザードマップ機能を初め、住宅地図をベースにした災害発生時に役立つマップづくりに努めたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、警戒区域そして、の説明が、土砂とですね、あったんですけども、この中で、新寺とか福田地区っていうのは入ってないんでしょうか。ああ違う、ごめんなさい、福田地区とか小山田地区のは入ってないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 君、答弁させますんで。地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 土砂警戒特別区域及び土砂警戒区域でございますけども、今回の区域の設定につきましては県で設定したものでございます。それで、小山田、福田地区につきましても町の防災計画によりますと箇所数は該当してございますが、ランク区分1という場合でございます、1の設定だけを優先して設定をしたものと理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすると、これのこと、これでいいんだよね。これでいくと小山田、福田も若干入ってるということになって、例えばこういった災害時は今回説明があった12区域と同じような扱いっていうか、避難勧告初め避難指示、そういった扱いは同じということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 町の土石流危険渓流という形で危険箇所の設定はなされているものと理解してございます。それで、福田地区、小山田地区も土石流の危険渓流の該当地区はございますが、先ほど町長答弁の中にもございましたようにランク1ということで、人家が5軒以上張りついた部分を県としましては最優先で区域の設定をかけてるものでございます。今後県のほうとしましては残る場所につきましてもランク1の部分を早急にやりたいということで、平成30年までにですね、土石流危険区域につきましては2カ所、急傾斜地崩壊危険箇所につきましては4カ所、合計6カ所をですね、区域の設定を予定しているものでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) わかりました。
 あとですね、全部関連があるので質問させていただきますけども、先ほどですね、防災計画の中で、例えば避難準備、避難勧告、避難指示の区分に応じた基準が設定され、ちょっと防災計画の中でちょっと探せなかった部分があるんですけども、どういったときに避難勧告で、どういったときに避難指示なのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難勧告等の基準ということになるかと思います。現行の地域防災計画の171ページにですね、掲載されてございまして、例えば避難準備情報でありますと、ちょっと具体性には欠けておりまして、例えば災害の発生する可能性が高まった状況というのが避難準備情報という基準になってございます。で、その次の段階の勧告になりますと災害の発生する可能性が明らかに高まった状況っていうようなこれまでの規定になってございます。で、これをですね、先ほど町長がお答えしましたとおり、水害、それから土砂災害という区分の中で新たにですね、今回、水害でありますと白石川あるいは荒川、こういった危険の氾濫水位を基準といたしまして準備、勧告、指示というような形の中で今回新たに想定したいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今回新たに想定したいっていうことで、広島のこの、とかの豪雨を受けてもう1回この基準を変えるというような解釈なんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 新たにっていうことにつきましては、今回の広島っていうことではなくて、いろいろ今回の見直しに当たりまして適切な情報っていう形の中で考えたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 基準を明確にとかっていうんでこれ読売新聞8月27日の、あったんですが、国土交通省によると土砂災害警戒区域が指定されている全国の市町村のうち、地域防災計画で警戒情報が発表されたときに避難勧告を出すことになっている自治体は4%しかないというような統計が出てるんですが、この大河原町はこれには入ってるんですか。この具体的な、何ていうか発令基準というか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 河北にもですね、記事が載ってございました。県内の35市町村中20市町村は土砂災害の避難勧告発令準備の基準を持ってるというようなことでございまして、実はこれは昨年の11月だか12月に消防庁が状況を調べたところでございまして、これにつきましては先ほど現行の勧告等の基準を申し上げました。これでもって大河原町は基準を満たしているというふうな形で回答しておるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ここの、結局警戒情報が発表されたときに避難勧告を出すっていう基準には沿ってないっていうことなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 冒頭申し上げました現行の基準の中で発生する可能性が高まった状況、さらにはその発生する可能性が明らかに高まった状況っていうことにつきましては、これらの情報につきましては今議員さんが申し上げましたような情報をもとに判断をするというような形になってございますので、当然そういった情報をもとにこういった勧告等の指示がなされるものというふうに考えているとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 言いてえのは、私が言いたいのは、結局ほれ、避難勧告出したんだけど何でもねがったと、こう空振りのこの、とか信頼性低下の恐れがあるっていうことでなかなか避難勧告出すのがおくれたのも、礼文でもそうだし、礼文は避難勧告出しても職員が避難所に行く体制が整えなかったから避難勧告を出さなかったということなんですけども。だからその基準を明確にしておいて誰もがわかるような基準にしといてね、避難勧告なり避難指示を出すようにしたほうがいいんではないかなというような意味で言ったんですが、その辺どうですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 避難勧告等の、何ていうんですかね、ガイドラインていいますか、そういったことにつきましては、須藤議員からもですね、ご意見があったとこでございまして、防災計画とはまた別に、勧告等の、マニュアルといいますか、そういったものをつくりたいというふうに思ってるとこでございまして、計画とあわせてそんな形の準備をしていきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひここにもあれ、知事も新たな指針に応じ避難勧告の発令基準を作成済みの団体にも見直しを勧めるということですので、ぜひそういった指示が来たら早期に対応していただければというふうに思います。
 あと(3)番なんですけども、何か質問に対して答えになってはないんではないかと思うんですけども。結局、つくんのはわかるんですけども、今作成中という。だから、こういった例えば今、何ていう、町で言ってるこの防災マップ作成したときのやつは白石川の2日間の総雨量が273ミリで100年に一度の確率とかって、あと荒川については1日間の総雨量が205ミリということで。この想定さってるよりもものすごい、この間雨が降った、いろいろな地形とかそういったものに左右されるんでしょうけども。でも、きょうのニュースじゃないですけども、北海道の札幌あたりでも70万人に避難勧告というようなことが取り沙汰されてる中、ないとは限られないんで、だからそういうふうに、今まで想定してたよりも多い雨量になった場合の検討を今このハザードマップつくってる製作中の中でするのですか、しないのですかということを俺はここで聞いたつもりなんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) マップにつきましては、基本的に県のですね、土木と、あるいは河川課のほうの情報をもとにまず今回新たにつくりたいというふうに思っております。町長が申し上げましたようにこれまでは1枚もののですね、図面1枚だっていうことですけれども、私のほう今考えてございますのは、ゼンリンさんの住宅地図を活用した中で、ちょっと冊子のような形になるんですけれども、そこに危険区域であるとか浸水区域であるとか、そういったものを盛り込んで作成してみたいというふうに思っております。で、情報につきましては、町が単独で調査をするっていうことは非常に難しいというふうに思っておりまして、県あるいは国交省のデータを生かしながら作成したいというふうに思ってるとこでございます。当然新たなデータの中で作成していきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ほんとにこのごろ想定外の雨が皆さんご存じのとおり続いてるもんですから、そういったときでも大丈夫なような、こういった、そういったことを参考にした、ぜひとも何というか、意味のあるっていうか、そういった防災マップにしてほしいなというふうに思います。
 あと結局防災計画も今各課で協議中ということなんですけども、例えばこういう今避難場所が、例えば柴農だったり、川のそばの避難場所が結構あるんですけども、そいな、そういった避難場所についても今後、防災計画今策定中であるんでしょうけども、そういったことも考慮してこの避難場所の変更も、水害の場合はここは使ってだめだよとか、地震のときはいいけども水害はだめだと、そういった、細いこと言って申しわけないんですけども、そういった検討も今後されるということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 指定避難所につきましては、昨年にその災害対策基本法が改正されました。で、これまでの指定避難所のほかに指定緊急避難所というような施設の区分も今回新たに出ておりまして、当然今回の見直しの中でそういった指定の緊急避難所も新たにですね、指定したいというふうに思っとりまして、いろいろな避難の拠点が町内にでき上がるものというふうに考えてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まああと今の、最後になりますけど、地域防災計画つくってて、今回もちょっと見たんだけど、この分厚くて、あいづ見てるうち災害終わってしまうんではないかのような防災計画なんですけども、もし住民向けに配付するようなことであればほんとに要点、危険を感じたらここに逃げろとか、ここが避難経路だよとこう、要点をほんとにまとめた、ぜひそういった防災マップなんかをつくって今後ですね、いただければなと。で、できるんであれば早くですね、今こういう状況ですので、していただきたいなということをお願いして一般質問を終わらせていただきたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、大沼忠弘君の発言を許します。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘であります。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 今回私の質問は2項でございます。
 では最初の質問をいたします。1、防災士資格取得の推進、支援による地域防災力の強化についてであります。
 防災士とは、阪神・淡路大震災での教訓から設立された特定非営利法人日本防災士機構が認証した人であり、自助・共助・協働を原則として社会のさまざまな場で防災力を高める活動が期待され、そのために十分な意識と一定の知識・技能を習得した人のことであります。あくまでも民間資格であることから特別の権限や義務を有するものではありませんが、東日本大震災を経験した教訓からも、さらにその役割に期待がされるものであります。災害の発生は時や場所が限定されることはありません。そのことからも、生徒・児童を守る立場から学校・児童施設の教職員は防災に関する適切な実践力を備えるべきでありますし、役場においても防災担当職員に限定されることなく、東日本大震災時に経験したように全職員が通常の業務を超えて災害対応に当たりますことからも、一定レベルの防災の知識を身につけることが求められます。防災士の理念として、日ごろから地域のコミュニティ形成に積極的にかかわり、多様な団体と連携を心がけるとともに、地域密着型の防災・減災意識の啓蒙に努め、お互いの顔が見える関係性をつくり上げることが掲げられていることからも、防災だけに限らない地域のキーパーソンとしての活躍が期待されることから、以下お伺いをいたします。
 (1)学校・児童施設の教職員、また役場職員についても防災士資格取得を積極的に推進する考えがあるか。
 (2)消防団、婦人防火クラブにおいて防災士資格取得についても推進し、必要費用を補助する制度の確立などの支援の考えはあるか。
 (3)上記(1)、(2)以外にも町民への防災士資格取得を推進、支援すべきと思うが、その考えはあるか。
 (4)現在町内で防災士資格を取得し、登録している実態、人数はつかんでいるか。またそれはどのような方が資格をとられているか確認できるか。
 以上について質問をいたします。なお、答弁によりましては再質問をいたします。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 まず初めに防災士資格に関するご質問でありますが、1点目から3点目の内容につきましては一括してお答えいたします。
 防災士につきましては、NPO法人が認証する民間資格であり、資格を取得するためには講習受講料、受験料、登録料など4万円から6万円ぐらいの経費が必要となるようでございます。今後、社会のさまざまな場所で活躍が期待される資格とは思われますが、現在は消防署が主催する各種の講習や県の防災指導員養成講座の受講、消防団の充実強化を図ることで災害時の自助・共助を進めており、現段階では町として防災士の資格取得を推進する考えは持っておりません。
 次に4点目の本町における防災士の人数についてお答えいたします。人数については把握しておりませんが、NPO法人日本防災士会の宮城県会員名簿には住所が大河原町の方が1名いるようでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ではまず(1)であります。学校・児童施設の教職員についてでありますけれども、学校の教職員、資格の有無にかかわらず常日ごろよりやっぱり児童生徒の安全安心についてはもう熟慮しているのはもう認識しているところでありますけれども、こういった、何ていうんですかね、民間資格とはいえ資格を得ることで今まで以上のやっぱり保護者であり町民からの信頼感が増すことであったり、有事の際やっぱり学校は避難所として運営されますので、それに携わる教職員はやはり資格を持っていることで町にとっては有益であるというふうに思うんですけども、その辺の見解はいかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 各学校におきましては、防火管理者を1名必ず置かなければならないということになっておりまして、防火管理者が非常時のときに主体となって行動するようになっております。また、大河原中学校と金ヶ瀬中学校には防災主幹教諭という教諭が、平成24年度からだと思いますが、新たに設けられまして、この防災主幹教諭を中心に金ヶ瀬中学校、大河原中学校のみならず、小学校あるいは地域も含めての防災計画を立てておるところでございます。さらに、金ヶ瀬小学校、大河原南小学校、そして大河原小学校におきましては防災主任が置かれておりまして、この防災主任を中心に防災の検討をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まずじゃあ学校についてはそういった形でしっかり防災に対して対応しているということが認識を今したところであります。
 次の(2)の消防団、婦人防火クラブについてでありますけれども、本町の消防団はですね、県下でも充足率で上位のほうに位置してありますので、そういうことからも町民の防災意識、地域貢献意識というのが非常に高いことをあらわしている一環だというふうに私は感じているところであります。こうした意識が高い集団でありますので、支援する制度があればですね、資格取得を希望される方もいるでしょうし、消防団、婦人防火クラブにしっかりとした支援制度を確立することが防災・減災力の向上はもとよりですね、消防団、防火クラブのイメージアップであったりより100%に近い充足率につながる効果など期待がされるわけですが、消防団についてはどういった見解をお持ちでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 消防団につきましては、研修という場があるかと思います。消防学校での入校におきましてさまざまな研修をされてくるものというふうに感じております。その中に防災・減災、そういった講義の時間があると思いますので、そういった形の中で消防団もそういった防災の取り組みをされているだろうというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この防災士の資格につきましてはですね、消防団員の場合ですと、退職者を含む分団長以上の場合に限定されるんですけども、資格取得において特例制度が認められているそうであります。ですから有事の際、最も最前線で指揮をとる消防団幹部にはですね、積極的に資格取得を推進すべきではないのかなというふうに思うんですけど、まあとるとらないはあくまでも個人の判断ということだと思うんですけれども、そういったところで積極的にやはり推進すべきではないかと思うんですけども、やはり今答弁されたとおりでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 町長が答弁したようにですね、消防団の充足率の拡充、それから県の防災指導養成講座、これにつきましても毎年私のほうで参加してる状況がございまして、こういったことを踏まえましてこういった災害に備えるような形を推進していきたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まあ答弁の中にですね、受験、資格取得するための費用のこと、受験料、登録などで4万から6万円ぐらいの経費が必要となるようですというような答弁あったんですけども、私が調べたところですと研修費は除きまして、防災士教本が3,000円、機構のほうで実施する防災士資格取得試験実施受験料が3,000円、防災士認定登録申請料で5,000円の合計1万1,000円ということだったんですけども、この数字は具体的にちょっと説明していただけますでしょうか。4万から6万というのを。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 私もですね、ホームページでちょっと調べたんですけれども、防災士養成研修講座っていうのがございまして、防災士研修講座受講料が3万2,000円、それから資格取得受験料が3,000円、登録料が5,000円ということで、4万円ぐらいかかるのかなというふうに思ったところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 恐らくその取得の研修費とかそういった部分なのかなというふうに思うんですけども。まあ今年ですと11月の5日、6日の2日間にわたって資格取得に関する第1ステップである防災士研修講座っていうのが仙台でも開催されるようなスケジュールになっているようです。そうしたことからも資格取得を希望する人にはですね、やっぱりこういったものがやっぱりありますので積極的にどんどん推進していくべきかなと思うんですけども、これは(3)のほうになりますけれども、消防団とか防火クラブにかかわらずですね、やっぱり希望される町民、そういった意識のある方には積極的に支援をすべきだというふうに思うところでありますけれども、これは町民に対しても同じような見解でございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 消防団あるいは学校の先生以外の方につきましても、これは議員がおっしゃりますようにあくまでのその民間の資格ということになるかと思います。そういったことで、そういった受講のお知らせは可能かと思いますけれども、自分でですね、受講していただくというような形にならざるを得ないかなというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 生徒の資格でございますが、町内におきましては金ヶ瀬中学校の生徒、2年生の生徒でございますが、毎年普通救急救命講習修了証というのをいただくための3時間講習を受講しております。したがいまして、金ヶ瀬中学校におきましては2年生以上の生徒は普通救急救命講習修了証を全員が持っておりまして、防災訓練のときにしっかりと自覚をして対応してるところでございます。大河原中学校におきましては、平成26年度は20名の受講者がございまして、各部活の部長、生徒会役員、復興支援委員会などの生徒が受講しまして、この普通救急救命講習修了証を得ているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今教育長からも細かい実例について説明いただいたわけですけども、この防災士は全国的に見ると小学生も実際資格を取得していたりですね、またあるいは最近の傾向としては定年後、地域貢献として資格の取得を目指す例がふえてきているようであります。こうしたことからもですね、町長が推し進める町民学園ではないですけれども、そういったところでやはりこう町民の方に何らかのやっぱり地域貢献に対する補助というのは必要だと思うんですけれども、これはどうでしょうか、もしこれが1つのプログラムを受けることが町民学園の例えばポイントの対象になるとかということはありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その資格取得に関するそのポイントについては検討さしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それではですね、(4)に移ります。
 町内ではお一人ということでしたけれども、この方はどういった関係の方だというのはそこまでは把握できているでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この方につきましてもですね、あくまでもそのホームページから私のほうで宮城県というような探りの中といいますか、絞り込んだ中でわかったものでございまして、詳細についてはわからない状況でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 私もいろいろとですね、リサーチをしまして、この防災士につきましては一例を挙げますと全国の約2万名の郵便局長全員がですね、地域の大きな力となることを目指して10年間で全て防災士になることを目標に掲げ、毎年2,000名が資格の取得に挑戦をして続々と資格を得ているようであります。こうしたことからもですね、町内には郵便局は数カ所ありますので、組織的に資格取得を推進してきてるところもふえてきてるというのは事実であります。既に資格とられている方は当然有事の際には協力体制とるというような意識のある方でございますので、そういった方はですね、事前に町のほうでも、もう事前に、何ていうんですかね、しっかりと手を組んで把握しておくべきだというふうに思うんですけれども、いかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) こういった災害につきましては、自主防災組織、行政区長、行政区にもかかわりますけれども、そういった組織の一員としてですね、ボランティア活動も含めて活躍をしていただければというふうに思っとります。こういった防災士の資格の取得につきましては、先ほど申し上げましたけども、こういった受講ができますよというお知らせはですね、町としても可能だというふうに思っておりますけれども、そういった中で資格をとられた方につきましては、ぜひともその自主防災組織の重要な役割を担うような形の中で活躍をしていただきたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 決して防災士の資格を持っているから防災・減災につながるというわけではないんですけども、やはりそういったことが町内にふえることによってそういった周りの人間にいろいろ啓蒙していくということは大切なことでありますので、さまざまな形でこういった防災・減災につながることを町としては進めていただくことをお願いをし、次の質問に移りたいと思います。
 2、読書による教育並びに生涯学習の取り組みと環境整備についてであります。
 (1)当町における読書教育の取り組みは、社会福祉協議会が主体となって4カ月児、1歳6カ月児の健診時に絵本をプレゼントするブックスタート事業から始まります。研究機関の読み聞かせによる効果の科学的実証も行われているところであります。また、小中学校の教育では読書の励行とともに学校図書館の整備・充実、読書活動の習慣化と図書館の利活用の促進などが挙げられております。例えば大河原小学校の桜花児童プラン(重要)というような表記をしてございました、を拝見いたしますと、朝の10分間読書を励行するなど読書環境の整備がうたわれており、教職員は国語科を研究し、子供たちに読みを深める力をつけさせますとの記述がございます。読書は学力向上に密接に関係しており、情報があふれる社会の中で自分なりに的確に選択し、活用する能力を育む上でも必要であり、生涯学習を論ずる上でも町民全般にわたり書物に触れ、調べ、学ぶ環境の整備が文化的にも重要であります。生後間もなくから生涯にわたり一貫した読書環境を整えることは豊かな人間性を育み、知性や教養を得る上でも不可欠でありますことから、以下お伺いをいたします。
 1)ブックスタートから小学校へ就学までの間、幼稚園、保育所での本に触れる機会の提供はどのように行っているのか。
 2)小、中各学校図書室の校舎内での配置、室内の環境、図書の充足率はどのようになっているか。また、司書は十分機能できているか。
 3)8月12日の全員協議会において、駅前図書館の絵本のへやについて、廃止時期を当初の8月末から本年度いっぱいまで変更するとの説明がありました。廃止後は町内施設4カ所へ機能の分散化をさせる意向も伺いました。町内各所へこうした場所は絵本のへやの存続に関係なく必要なものではありますが、既存の施設では十分にこれまでの絵本のへやでの役割をカバーしきれず、拡大の伴わない機能の分散ともなりかねません。現在の場所を廃止するとしても、読み聞かせや本に触れることを行う上で核となる場所の確保、環境整備が必要と思うが、どう考えているか。
 4)現在、駅前図書館での自習、学習スペースが十分ではなく、一旦は町長より絵本のへや閉鎖後、自習スペースとして利用するといった説明もあったが、これから先こうしたスペースの確保はどう考えているか。
 5)駅前図書館の雑誌関係充足率はどのようになっているのか。拡充を図るために雑誌のスポンサー制度の導入の考えはないか。
 (2)世代交流いきいきプラザが開館して事業が開始されました。児童クラブ、子育て支援センターの機能のほか、全員協議会で説明を受けたおおがわら町民学園の活動拠点の1つを担う施設としてなど、これから生涯学習の役割を大いに果たされる場所であると認識しておりますことから、以下お伺いをいたします。
 1)現在までの利用状況、今後の予約状況も含め、稼働状況はどのようになっているか。
 2)施設の効果的活用につながる催事等の企画、計画はどのようになっているか。
 以上質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 初めに、幼稚園・保育所での本に触れる機会の提供についてのご質問であります。幼稚園・保育所では各施設に絵本が整備されており、保育士やボランティアの方が読み聞かせを行っております。また、子育て支援センターにおいてもボランティアの方のご協力をいただき、絵本の読み聞かせを行っております。
 次に、小中学校の図書室の配備、室内の環境及び充足率についてお答えいたします。学校別に申し上げます。まず大河原小学校には、低学年用図書室が2号校舎1階南側に、また中・高学年用図書室が1号校舎3階東側にございます。充足率は107%です。次に、大河原南小学校につきましては南校舎の3階にございまして、充足率は116%でございます。次に、金ヶ瀬小学校は校舎2階の東側にございます。充足率は65.6%であります。次に、大河原中学校は、一般貸し出し用図書室が2階、調べ学習用図書室が4階にございます。充足率は93%であります。金ヶ瀬中学校は校舎の2階にあり、95.3%であります。いずれの図書室も読書に適した環境づくりに努めておりますが、空調施設は金ヶ瀬小学校のみに設置されております。図書司書の配置につきましては、大河原小学校と大河原中学校2校兼務で1名、南小学校、金ヶ瀬小学校、金ヶ瀬中学校の3校に兼務で1名、計2名が計画的に図書の整理やよりよい読書環境をつくる作業を行っているため、各学校から大変役に立っていると評価をいただいております。
 次に、読み聞かせや本に触れる上での核となる場所の確保、環境整備が必要ではないかとのご質問にお答えいたします。子供の読書活動の推進のためには、身近な場所に絵本や読み聞かせの場所があることが必要であります。そしてそこに地域のコミュニティも生まれてくるものであり、機能の分散を図ったものであります。しかし、読み聞かせや読書活動の核となる場所は駅前図書館本館であります。ここでは読み聞かせ団体や学校司書等からの相談や必要な絵本の提供、そして専門性を持った司書の指導はこれまでどおり継続していけると考えております。また読み聞かせについても、駅前図書館を中心に絵本コーナーを設置する各施設とも連携しながら、活動できる団体や個人についての公募やその育成と活動場所の提供に努めるなど、これまで以上の活動が展開できるものと考えております。
 次に、自習スペースの確保についてのご質問にお答えいたします。駅前図書館では、一般利用者の閲覧及び調べ学習については一時は資料持ち込みによる個人学習への対応も検討しましたが、オーガで毎年夏・冬休みの期間行っている小中学生対象の個人学習の利用も1日10人前後となっており、今後は公民館等ほかの施設でも学習室への対応ができないかなど、十分な議論を踏まえて慎重に検討してまいります。
 次に、雑誌のスポンサー制度の導入についてのご質問であります。雑誌については、近隣図書館などの所蔵や利用者の貸し出しの状況を見ながら、各分野にわたる雑誌を現在は74種類購入しており、特に利用者からの不満はないようであります。雑誌のスポンサー制度ですが、最近都市部で導入されている、主に企業広告を図書館の雑誌や書架に添付し代金を負担してもらう制度のようです。駅前図書館では現在年間約65万円、1種類当たり約9,000円の雑誌購入費用がかかっております。最近蔵王町でも雑誌スポンサー制度を導入したということもあり、今後検討してまいりたいと考えております。
 引き続き、世代交流いきいきプラザの利用状況についてのご質問にお答えいたします。26年4月からすまいる児童クラブ、わくわく児童クラブ、定員各40名で2つの放課後児童クラブを開設しております。また、子育て支援センターでは8月末までの自由来館者は2,024組、4,512人の方々からご利用をいただいております。さらに5月から新たに子育て相談支援室を開室しており、これまで41件の子育て相談がありました。また、一般開放の元気サロンは5月から利用を開始しておりますが、高齢者福祉サービスの事業の1つである生きがい活動支援通所事業や子育て支援センター事業の遊びの広場、趣味のサークル活動などでご利用いただき、8月末で186件、延べ人数で4,060人の方々からご利用をいただいております。さらに今後の予約状況につきましてのご質問でありますが、元気サロンの予約状況につきましては、現在のところ9月から11月までの3カ月間で合わせて140件ほどの予約をいただいております。
 最後に、施設の効果的活用につながる計画についてのご質問でありますが、前のご質問の利用状況でお答えいたしましたおのおのの事業などにつきましては今後も利用が継続されることと思いますが、自主事業といたしまして10月に開校予定となっておりますおおがわら町民学園の対象事業となりますいきいき気功教室や講座などの開設、また交流ロビーにあります絵本の貸し出しなどを行うこととしております。さらにはおおがわら町民学園で現在募集しておりますボランティア講師などを活用した教室、講座などについても検討を行い、効果的な活用を図ってまいりたいと考えております。現在のところ、ボランティア講師で申し込みあったのは8件というふうに聞いております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは……。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後1時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時09分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは1)でございます。幼稚園・保育所での本に触れる機会ということであります。各施設に本が整備されていて、保育士やボランティアの方が読み聞かせを行っているというようなご答弁いただきました。幼稚園・保育所で本に親しむ土壌をつくるということは非常に重要だと思います。そした中で今の状況は、質と、量と質は十分か、そうではないか、どのように今把握されておりますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 量と質についてでございますが、量も質も保育所においては十分に機能されているというふうに考えとります。ちょっと幼稚園のほうについては十分に把握しておりませんので、ご理解をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) では理解しない部分については追ってというか、しっかりと検証といいますかですね、確認をしてください。
 それでは2)に移ります。小学校の図書室のまず配置ということでございますけど、回答のほうで校舎の何階どの部分というような回答いただきました。その場所というのは常に生徒が行き交う場所かどうか、お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 必ずしも生徒が行き交う場所というふうにはなっておりません。その学校の、校舎の事情等もありまして、また伝統的にその場所に図書室が設置されているものですから、子供たちが一番通りやすいところという観点では必ずしも設置されてないのが現状でございますが、ただ、中身につきましては子供たちが行きやすいような環境にして、努力していることは間違いございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今回答いただきましたけれども、さらにですね、やっぱり踏み込んで、常にやはり生徒が行き交うような場所、そうしたとこで普段読書を敬遠してるような生徒でもちょっと入ってみようかなと、何か興味を持って本、手に触れてみようかなというような環境づくりが必要ではないかと思うんですが、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まさにそのようなお考え、大事だというふうに思っております。校舎を建築する場合に、どこに図書室を持ってくるかということは非常に重要なことであるというふうに考えております。今議員言われるとおり、新しく校舎をもし建築するのであれば私は校舎の一番真ん中に持ってくるべきだとは思いますが、既に大河原町の学校は建築されておりますので、今の校舎のその環境の中で子供たちが行きやすい場所ということで極力考えてまいりたいというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 配置は簡単にはなかなか変えられないというのも理解しておりますので、その今度は中身、環境について質問します。そこの場所というのはリラックス、子供たちがですね、リラックスして本に向かい合える環境になっているというふうに今思われますか、教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員にぜひですね、図書室に行って見ていただきたいんですが。きょう8時30分に私、大河原小学校に行って確認してまいりましたが、日々進化しております。1年前とは全く、いや、1年前がだめだということではなくてですね、日々子供たちが足が向くように、図書司書がですね、努力して、ほんとにああこのようにすれば子供たちが図書室に足が向くんだなと思うような環境になっておりますので、どうかぜひ図書室をごらんいただければありがたいなというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ぜひお伺いさしてもらいます。
 そこはですね、例えばソファが置いてあったりとか、まあちょっとお行儀悪くなるかもしれないんですけれども、寝っ転がって本を読めたりするようなふうにはなっておりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 各学校によってそれぞれ違うわけでございますが、大河原小学校の場合は高学年と下学年に分かれておりまして、下学年のほうにはソファのような施設がございます。また、ほかの学校におきましてソファのようなものが必ずしも置いてはございませんが、リラックスできる環境を整えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 普段我々もですね、自宅で本を読むようなときはですね、ほんとにまあソファであったりとか、ほんとに行儀悪いかもしれないですけどやっぱり寝っ転がったりして読むのがやはりほんとに読みやすい環境だと思いますので、そういったところを実際やることによって今までよりも利用率がふえたという実例もあるようです。ちょっとあの詳しいデータはちょっと私ちょっとど忘れしてしまって今申し上げることできないんですけども、実際そういったところも実例があるようでございますので、そういった改革というかですね、取り組みはどんどん積極的に行っていただきたいと思います。そういったところにはほんとに惜しむことなく労力、お金は実際かかるですけども、やっぱりかけていただきたいと思いますけれども、こういった考えに町長は同調していただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 具体的な事例を参考にしながらですね、よりよい環境をつくりたいと思っておりますので、教育委員会のほうでいろいろ検討したことについて全面的に予算措置をしていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) ただいま町長からもお墨つきをいただいたというふうに思いますので、そちらのほうはですね、ぜひ教育長、積極的な取り組みをお願いを申し上げます。
 次、司書ということなんですけども、司書はですね、兼任で学校のほうを見ているというようなご答弁がございました。文科省の設定でありますと、学級数が合計12以上の学校には必ず司書教諭を置かなくてはいけないということでありますけれども、今後司書をですね、ふやすというようなお考えはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。あ、教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 司書教諭につきましては、12学級以上の学校に必ず1名置かなければならないという法律がございます。しかし、現実にはその司書教諭がどれだけ図書館の仕事ができるかということでございますが、なかなか司書教諭が実際にその子供たちの本の貸し出しまでできないのが現状でございます。したがいまして、大河原町では特に町の予算をいただきまして2名の司書を定数外に雇わせていただきまして、その2名が専門に図書室の仕事をしているという現状でございまして、おかげさまで非常にすばらしい働きをしておりまして、これはその司書がつくったお便りでございますが、このように1人でも多くの子供たちが図書室に来るように図書便りをつくったり、あるいは新刊の紹介をしたりですね、そういうことを毎日やってるところでございます。課題は、2名しかいないということでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 2名しかいないということですので、できれば多いほうが好ましいということの理解でよろしいですね。では、司書に関することで続けます。本の充足率は非常に高いようでありますけれども、質の問題として司書さんが読んでもらいたいと思ってるような本はきちんと読まれてますでしょうか。二、三年そのまんま貸し出しもされないようで眠ってるような本があるのかどうか、もしそのデータがお示しできるんであればお示しいただきたいと思います。もし今出せないんであれば後日それは教えていただけますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 先ほど金ヶ瀬小学校の充足率出ましたけれども、65.6%ということでございますが、これは司書がですね、古い本あるいは子供が見るにたえないような本を廃棄したためでございます。そのほかの学校につきましては昨年度廃棄が終了しておりますので、充足率がそんなに下がってないという状況でございますが、そのようにですね、司書がしっかりと働くことによりまして、使われない本につきましては除斥をするというような形をとっておりますが、その数につきましては後日調べましてご提示さしていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今金ヶ瀬小学校の充足率65.6%という内容についてのお話あったんですけども、特に金ヶ瀬についてはもと町議で大場氏が発起人の中心となって新しい本を寄贈する活動がなんか行われているようでありまして、ほんとに篤志家さんの皆さんの存在が大きく影響しているようであります。ほんとに読書に対する町民の意欲、意識は高い町だと思いますので、そういったところでしっかりと応えられるような町としてやっぱりこうどんどん手助けはすべきだと思うんですけれども、こういった考え方にどんどん、何ていうんですか、町としてはかかわっていくってことでよろしいですね、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 読書の大切さについての認識については大沼議員と同じ考えでございまして、この本に親しむような文化をこれからもどんどんと強化してまいりたいということで、図書の充実も含め、対応してまいりたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 続けます。8月17日のですね、河北新報の朝刊でございますけれども、色麻町の教育委員会での取り組みが記載されてございました。それは学校図書に関するもので、色麻小学校のですね、五、六年の生徒さんが養成講座を受講してこども司書として認定されまして、図書館業務や低学年の児童に読み聞かせを行うというものでありました。これは大変見習うべき取り組みとして私は受けとめたんですけれども、この記事は、教育長、お読みになられましたでしょうか。もし読まれましたらそれ読んだ感想をお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 読みました。大変すばらしいと思いましたが、我が町では既に色麻町と同じ、あるいはそれ以上のことをやってるなと思って読ましていただいたところでございます。こども司書という名称は使っておりません。しかし、図書委員会の子供たちが、読み聞かせボランティアの皆様を講師といたしまして読み聞かせ講習をしていただきます。で、ボランティアの皆様方からこれでいいというお墨つきをいただいたところで、今度はその図書委員会の子供たちが下級生の子供たちを集めて図書、読書週間のときに読み聞かせをやります。いかにもですね、大人のように、本をこう横に置いて読む姿は非常に魅力でございまして、子供が子供に読み聞かせをするということによって、なおその1年生の子供たちは図書委員のお兄さん、お姉さんのように自分も読みたいということで、その読み聞かせの輪が広がっているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今答弁を聞いて、我が町でも大変すばらしい取り組みが行われていると確認したところでありますので、今後とも継続したそういった取り組みをですね、続けてほしいと思います。
 それでは3)に移ります。まず絵本のへやでございますけれども、直近の広報おおがわら、こちらのほうの町長の町政覚え書きのページのコーナーで町長はですね、絵本のへやの機能を移転し、拡大・拡充を図っていくと述べられておりました。そしてまた現在の場所の賃借料でかかっていた経費年間約860万円が削減になることを掲載しております。確かにですね、機能を拡大・充実が履行された上で経費も削減となれば、それに越したことはほんとありません。ほんとはそれはいいことだと思います、私は。それを踏まえた上でお聞きしますけれども、きちんとですね、今後、絵本のへやがなくなったとしても絵本のへやの機能が担保できるという検証作業はどのように行うのか、お聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 生涯学習課を中心に行ってまいりますが、それぞれ、10月1日にそれぞれの施設におきまして絵本のコーナーがオープンいたします。そのときに、どのようなその方々が月に何名おいでになるのか、そしてどのような利用状況なのかということをつぶさに調査いたしまして皆様方にご報告をさせていただいて、検証にかえさせていただきたいと思っとります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) もし仮に、仮にというか町長はお決めになってると思うんですけども、廃止するということであればしっかりその理由がですね、裏づけをもって説明しないとなかなか納得していただけないような今状況にあると思いますので、その検証作業は怠ることなくしっかりとしたものをお示しいただければと思います。絵本のへやというところが今後なくなる方向では今あるんですけれども、端的に、核となる絵本のへやという、分散ではなく核となる絵本のへや、場所は必要ですか、必要ではありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 町長の答弁の中でも申し上げましたとおり、大河原町の図書に関する施設の核は、あくまで駅前図書館でございます。その駅前図書館には専門の司書がおりまして、その専門の司書を中心に学校の支援あるいはボランティアの支援、そういったものをやっていこうというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 核となる、必要か必要でないか、イエスかノーかでお答えをいただきたかったとこなんですけどちょっとわかったようなわかんないような答えになりましたけども、まあいいです。場所の確保ですね、核たる場所の確保イコール私は質の問題と思って質問させてもらったわけですけれども、質を落とさずして今まで以上の機能の充実・拡大というのはきちんと担保していただけるのか、再度確認の意味でお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 努力してまいります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 例えばなんですけども、あき家ですとかあき店舗対策の1つとしてそういった場所をですね、絵本のへやとして活用するようなことは選択肢の1つとしてなり得ますでしょうか。あき家対策ということとちょっと今回の質問の趣旨と異なってしまいますので、あくまで絵本のへやという部分に特化してお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) すばらしい発想だと思います。ただ、今のところですね、中央公民館、金ヶ瀬公民館、そしてプラザのほうに今まさに開設しようとしているところでございまして、軌道に乗りましたならば、またそういったことができるかどうか考える必要があるなというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そういった場所がですね、確保できればまたちょっと違った展開もある、それはまさに拡大・拡充というふうにつながると思いますので、それは後の検討になるかもしれませんけども、希望としては並行したそういった検討もぜひお願いできればというふうに申し添えておきます。
 では4番のほうに移ります。
 駅前図書館でのスペース、学習スペースということでありますが、何だ、答弁ですと、公民館等ほかの施設でも学習室への対応ができないかというようなことでしたけれども、やはり自習室は図書室と一緒、セットになってやっぱり初めて機能が発揮できると思うんですけれども。離れではなく、同じくした場所、それはもうほんとに将来的には独立した、絵本のへやも含めて図書館としての設立というのが望ましいと思うんですけれども、将来的な展望も含めて、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 白石市の図書館には自習室がございます。また、岩沼市にもあるというふうに聞いておりますし、角田市にもございます。図書館と自習室というのはつきものでございます。しかし、なかなか大河原町にすぐそういったものができるかというと、いろいろな事情がありましてなかなかできかねておるところでございますが、もし余裕が出てきたならば、受験生等からもですね、何で大河原にその自習室がないんですかということを何度も聞かれておりまして、受験生はほんとに勉強する部屋がなくて困ってるんだなという実情はよく理解しております。将来そういったものもぜひ必要になってくるんだなというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 図書館のあり方についてこれは町長にお聞きしたいと思いますけども、佐賀県武雄市の図書館が非常に注目浴びて全国的にも注目されておりますけれども、県内でも多賀城市が同じように民間に運営を委託する形で開設に向けて今動き出してるとこであります。そのことについては町長、どのような所見をお持ちかお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 武雄市、多賀城市、私も存じ上げておりますけれども、ああいったものがほんとに理想だというふうに思っておりますので、その理想は実現できればよろしいんですけども、今の段階では少しまだ実現は難しいものだというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 実現するのはちょっと難しいかなと私も思ってるとこですけれども。話題性ということで確かに利用者、武雄市はつながってるところは否めないところですが、それはやっぱり本質的に図書館というものに潜在的にそういった需要があることをやっぱり証明してる裏づけだというふうに思います。大河原の図書館の利用者がやっぱり今以上にさらにふえるようにですね、何か取り組みとして今なさっていることはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 例年行われている図書まつりっていうんですか、そういったものとかやっておりまして、あるいは、今、読み聞かせにつきましてはお休み……、あ、ただ継続するんですね。3月末までは継続、読み聞かせはしております。これまでどおりイベントは続けておりますが、なお今後もいろいろなその町民に親しまれるイベント等を工夫してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 読書を促進するという意味で町民学園の場を活用したのも取り組みとしてあり得るのではないかというふうに考えておりまして、例えば読書サークルなどをつくっていただいて、そういった活動もですね、対象事業にするようなことも研究してまいりたいというふうに考えてるとこであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、次の雑誌スポンサーのほうに移ります。
 現在はですね、特に利用者の不満もないようで、現状維持というようなふうに受けとめました。ただですね、今雑誌とはいえさまざまな分野に細分化されてまして、より趣味に関するような雑誌でもより専門性の高いものが今どんどん今ふえてきてるというふうに受けとめております。そうした今多様性のあるニーズに対応できているとは認識されてますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 他町村と比べても、近隣のですね、大河原町のほうは、大河原町のは十分だと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) このスポンサー制度を利用することによってさらに充実するんではないかと思うんですけども、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) ここに蔵王町ということ書いておきましたけども、蔵王町でも去年スポンサー制度を導入いたしまして、今、2社、約10万円ぐらいなんですけども、最初募集したんですが、なかなか応募がなくて、結局は職員で各企業を回りましてしたという形です。そのようなこともありますんで、今後慎重に検討していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) あと県内でいいますとあと登米市の迫図書館、こちらのほうでもスポンサー制度をことしからですね、導入してるようであります。これはあくまでも予算を削減するためではなくて、今までプラスアルファの部分でスポンサー制度を導入するものでありますので、今まで購入できなかった専門性のより高い雑誌等を購入、充てるということで、やっぱり図書館の充実という観点からすると相当な効果があるんではないのかなと思いますので、今検討という回答いただきましたけれども、ほんと踏み込んだ検討をお願いします。
 あとはですね、雑誌にかかわらず充足率という点からちょっとお聞きしますけども、調べてみますと全国的に電子書籍、こちらを取り扱う図書館も徐々にではありますけどもふえてきているようであります。当町で電子書籍を取り扱うような考えは今ありますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 当町ではまだそこまでは考えておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 大分そういった紙媒体ではないデジタル媒体でのやっぱり、紙とデジタルっていう違いはあるんすけど読むという行為は変わりませんので、そういったふうにどんどん今シフトしてきてるような状況ですので、そういったとこもですね、しっかりとまた検討していただきたいというふうに思います。
 時間もなくなってきましたので、次の質問に移ります。
 いきいきプラザでありますけれども、答弁いただいた内容ですとそれなりに利用があるようでございますけども、世代交流いきいきプラザであります。異なる世代間の交流につながってるような利用は実際この利用の中のどれぐらいに、割合になるか把握はできてますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 現在の利用状況におきましては、世代間の交流、子育て支援センター部分、これは交流というよりもご利用という形で、実際には利用の例としては世代間交流につながってる利用はないということで。今後、まだ保育所にも入所してない未就学の児童と保育園児等との世代間の交流などを今後検討していきたいというふうには考えてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今回答いただいたんすけども、実際に今のとこなかなかないということなんすけども、交流につながる取り組みっていうのは絶対これは町としては考えていかなくてはいけないと思います。今、具体的に何かそういったものはありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) ただいまお答えいたしました子育て支援センターに来てる母子の方たちと、あと保育園の園児たちとの交流、あと児童クラブも設置してございますので、その就学児と保育園児の未就学児との交流等を具体的には計画してございます。で、今後ですね、やはり世代間ということでございますので、未就学児から65歳以上の高齢の方までの世代間交流を目指して今後事業検討をさせていただいていきたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) やはりそういった部分は町が旗振り役を担うべきでありますので、今回答ありましたようによろしく取り組みをお願いします。
 それでは最後2)でありますけれども、施設の効果的な活用ということで、企画段階から住民がですね、加わるような参画型の仕組みづくり、やっぱりこういったものがないとなかなか実際のいろんな募集かけても人が集まらないとかそういった問題が発生してくると思うんですけども、こういったものの取り組みに関しては今どのようなお考えでいらっしゃいますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) まさに協働のまちづくりということで住民参画の企画づくり、これは大変重要なことだと考えてございます。ですが、現在のところこういうものをやってみないかというような提案等もいただいてございませんので、今後実施されます町民学園事業のボランティア講師さんの方たちとの連携を図りながらですね、いきいきプラザとそのボランティアの講師さんとの中でどのような企画がいいのか、参画できる人たちがどれほどいるのかということを調査検討してまいりたいと思っております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 町民学園のボランティアなど今募集しているということだったんですけども、こちらから、町側から、行政側からこういうことをやるので募集しますではなくて、最終的には町民側からこういうことをやりたいので町民学園に採用していただけませんかと、そいなのがほんとに理想的な形だと思いますので、そういったスキームづくりといいますか、そういうふうになるようにですね、ぜひ町のほうでもいま一度ちょっと視点を変えるなり何なりしてちょっと取り組み方をですね、より町民の皆さんとともに協働のまちづくりができるような施策を組んでいただきますことをお願いして、私の質問を終わりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 次に、佐藤貴久君の発言を許します。佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 議長のお許しが出ましたので、一般質問させていただきます。
 ちょっと気になる施策を突き詰めてチェックする。
 平成26年10月某日、大河原町からボランティア活動が消えるのか。町民の健康と生きがいづくりを目的に行われる健康増進事業、学習活動、奉仕作業など対象事業参加者に参加ポイントを付与するという大河原町民学園実施計画を策定した責任者は誰になるのか。事業内容、事業の仕組みを大いに疑問視している。学園に入園する場合、入園金免除、授業料免除は自治体運営なので理解できる。しかし、社会通念上、参加者に1ポイント50円相当を付与してまで事業展開を図ることはいかがなものか。この事業は町民に生徒手帳を配付する。健康と生きがいづくりに対して町民の意識がまだ成熟していないと行政が判断しているということなのか。事業のあり方の方向性を問いただしたい。
 2項、今後の財政基盤に関して質問します。
 平成25年12月4日に示された1枚のペーパーの財政シミュレーションは、当面やり過ごすための内容の薄いものと断じざるを得ません。国庫補助率の内示の低下により起債充当が当然予想され、さらなる財政の悪化が懸念されます。また、6月会議における一般質問において、町長公約と重点プロジェクトを達成するためにはトータルでどれだけの事業費を試算しているかと質問したところ、試算しておりませんとの発言がありました。町長は、財政に対する認識の甘さと経営感覚のバランスの欠如があるのではないかと思えてなりません。行財政改革大綱策定の中では各年度の取り組み内容を具体的に示した実施計画を策定すると明言しております。限られた財源を有効に活用するために、将来的な財政需要をしっかりと示しながら、今後の長期的な財政見通しを改めて提示すべきではないか。
 以上でありますが、答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、佐藤貴久議員の一般質問にお答えいたします。
 おおがわら町民学園事業についてのご質問が第1点目であります。まず、おおがわら町民学園事業が開園することでボランティア活動がなくなることはないかとのお考えをお示しになりましたけども、町民の町民による町民のための学園においては、ボランティア講師の活用も重要な取り組みとなり、ボランティアが増すとともに、協働のまちづくりが前進できるものと考えております。次に、おおがわら町民学園の実施計画の策定を含め、全ての事業において町長が責任を負うということは言うまでもありません。また、多くの町民が健康づくりや生きがいづくりのために健康増進活動、スポーツ・文化活動、地域活動への関心を高めることや参加をさらに促していくためには、ポイントの付与は有効策の1つではないかと考えております。先ほど高橋議員にお答えいたしましたとおり、健康マイレージ制度等近隣では柴田町や角田市等でも実施しておりますが、最近全国の自治体でも特典としてポイントや商品券などを贈呈するなどさまざまな工夫をして、長寿健康社会の実現に向けた取り組みが広がっております。本町が本年7月に加入しました「歩きたくなるまち」をメーンテーマに掲げている「スマートウェルネスシティ首長研究会」に加入している伊達市では、健康教室への参加市民の医療費は、事業開始後5年目にして1人当たり年間11万円の抑制効果を挙げるなどの成果が報告されております。健康と生きがいづくりに町民の意思が成熟しているかはさておき、成熟の有無を問うのではなく、実際に健康づくりにいそしむか否かが重要であると考えております。おおがわら町民学園事業の方向性についてはこれまでも述べ、また、今述べた健康づくりにいそしむ人口をふやすということと考えております。
 続きまして、今後の長期的な財政見通しを改めて開示すべきではないかとのご質問についてお答えいたします。
 まず、公約及びNEXT大河原ゆめプランの5カ年の重点プロジェクトの総事業費は試算しておりませんでしたが、本年3月に皆様にもご提示いたしました平成26から28年度の3カ年の実施計画書では、全ての事業の年度ごとの事業費を試算しております。このうち重点プロジェクトに係る事業費総額は38億3,900万円であります。公約と重点プロジェクトの5カ年の事業費を試算しなかった理由は、第一に、実施計画書では3年間で150万円が計上されているおおがわら町民学園は、既に今年度の補正予算で100万円を追加計上しております。今後も町民学園など公約にない事業を随時追加する可能性があるとともに、事業内容が固まらない段階ではその後の事業費は変動する可能性があるということ。第二に、社会経済情勢等の影響、税収や国県の補助金の変動などにより、計画期間中においてもあらゆる事業に関し内容、規模などの見直しが必要不可欠であること。第三に、ゼロ予算の事業もあり、事業の具体化を待って初めて事業費が明確になるものもあること。第四に、今後給食センターなど町の施設を初め仙南クリーンセンター、柴田斎苑の広域的施設など巨額を要する事業を念頭に財政運営に当たっていくことは言うまでもないものの、現時点では事業費の算出が困難な事業もあること。以上の実態から事業費総額の予測を毎年見直す必要があり、3年を超える事業費の詳細な試算は行わなかったものであります。一方、プライマリバランスを保ちながら常に行財政改革に意を用い、財源確保に努めながら、町民の声が届くとともに最大多数の最大幸福を追求し、費用対効果を財政運営の基本に据え、開かれた先進的な町を目指し、時代の先を見据えた先進的な政策を実現することこそが経営感覚を持った町政運営になるものと信じております。
 以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) それでは、再質問させていただきます。
 私の質問は2項です。できる限り町長と議論することを希望します。
 それでは、まずはおおがわら町民学園事業に関してです。現時点での対象事業、従来行われている各教室、各講座にはどれぐらいの参加者があって、どれぐらい楽しまれて参加しているのか、調査しましたか。さらに、対象事業に挙げるからには、参加者のポイントカードに関する考えを当然事前調査したということでよろしいですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 事業に掲げておる、対象としております事業についての参加予測については、私自身は具体的には詳しくはわかっておりませんので、担当課がもし答えられたら答えていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 担当課。生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 事業につきましては、ちょっと把握しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今回の議会で皆様に配付さしていただきました平成25年度の主要施策の成果説明書、あれに書いてあるんですけども、私の頭の中には入ってないということで、主な事業についてはそういったところをご参考にしていただければというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 質問に答えていただきたいんですが、参加者にポイントカードに関する考えを事前調査しましたかとお尋ねしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ポイント付与することに対して事前に調査したかということでありますけども、詳細な調査をいたしておりませんけれども、事前にですね、こういう事業をやるということをNEXT大河原ゆめプラン策定のときの重点プロジェクトに掲げたときにですね、いろんな場所でご説明をしております。そういったことについては歓迎の意向を示す住民が多いというふうに把握してるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 対象事業に衣類回収が入っています。衣類回収は私が提言して実現した事業ですが、提案の趣旨からかけ離れています。この事業はボランティアの精神で成り立っていると考えています。ポイントを付与するにはなじまないのではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 事業の大ぐくりとして環境改善促進なども掲げたところでありまして、その一環としてリサイクルが進むということで環境改善につながるということで、その環境貢献に対するポイントといった観点からも町民学園の対象事業にしたいというふうに思っておりますので、私としてはなじむものだというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 認定事業にボランティア活動が入っています。どのようなボランティアグループからぜひポイントを付与してほしいと要望があったのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ポイントを与えてもらいたいという要望については、そのボランティア活動を含め、町のほうには要望は上がっておりません。基本的には、何度も申し上げますけども、健康増進のためにスポーツ・文化、地域活動あるいはボランティア活動、環境改善、そういったもろもろのものを対象事業にしていきたいというふうに思っておりまして、これからふやしたいというふうに思っておりまして、もちろん要望があったものについては検討をしていきたいと思っておりますけども、基本的な方向はふやすということでご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 講師の方がボランティアで、生徒の方が500円相当をいただく。これって逆じゃありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ボランティア講師の方にも当然ポイントは差し上げる予定であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) その件に関しては認識不足でした。
 質問を続けます。衣類回収は400人から500人の住民の方が参加してくれます。ポイントカードの実務的処理で担当職員の方の負担増になることは明白です。参加証明書で対応しましても、片手間でやれるものではありません。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は、私もですね、衣類の回収のときに一度立ち会っておりますけれども、整然と回収されておりまして、来た人に対していろいろアンケートをとったりしております。そういったことで十分来た人にもですね、ゆとりを持って来ていただいておりますので、その交付する証明書をですね、渡す時間については十分あると思いますので、担当職員もそれによってですね、忙しすぎて困難な事態になるとはちょっと考えにくいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 当日現場で参加証明書を渡すのは、これは問題ないと思います。ただその方たちが判こをいただきに来ます。その実務的処理が職員の方の負担増になるのではないかと申しております。このポイントカードの管理運用は職員の方が担当します。職員の方のかかわる労力は、どのぐらいの労力をつぎ込むことになるのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 衣類回収に来られた方が、一遍にその500人なり600人が役場に来るとは想定されません。なぜならば、ポイントが10個たまってから来られますので、9個目たまったら10個目としてその衣類のリサイクルに来たという証明書を持ってくればそれで10個なりますので、そのことについても対応は十分可能だというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 現場の担当課長にお尋ねします。それは衣類回収に限らないんですが、ほかの事業全てですが、負担増になるとは考えておりませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 生涯学習課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯生涯学習課長(佐藤政弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯生涯学習課長(佐藤政弘君) 一応各事業ごとに担当がおりますんで、事業を行うついでというとおかしいんですけども、その際にポイントを押す形になり、そんなに負担にはなると思いません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 事業計画を策定したということは、職員の方との、今課長のお話もありましたが、コンセンサスが十分にとれていると認識してよろしいのですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) この件につきましては政策企画会議あるいは庁議で何度も職員の皆さんと相談しながら、また各課に持ち帰ってですね、この対象事業をどういうふうにしたらいいのかということを検討いたしました。そのために検討チームをつくって進めてまいりましたので、コンセンサスは得られているものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
397:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) コンセンサスが得られているということで、大変安心しております。ただ、対象事業の認定を行うとありますが、誰に認定行為の責任があるのか、認定行為の基準はどこにあるのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
398:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
399:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これから認定するということでよろしいですね。ということで、来年、27年4月からのことを想定してのご質問だと思いますけれども……、(「認定したの誰の責任だ」の声あり)失礼しました。ポイントを押すということの行為の責任ですね。事業の認定、それともポイントの認定。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
400:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長、座ってください。
 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
401:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この認定行為のまず責任は誰にあるのかというのを1つ聞きました。もう1つは、この認定事業の認定基準はどこにあるのかと。つまり、それは現在のここで示されています対象事業を含めて、次年度拡大する事業を含めて。その2点です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
402:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
403:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 対象事業の選定につきましても、今後追加する事業につきましても、庁議に諮りながら進めてまいりたいというふうに考えております。それから、その責任については最終的には町長にありますけれども、各部署で検討したことを私としては尊重して、最大限対象事業をふやしていきたいという考えでおります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
404:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
405:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 基本的には町民学園の精神にのっとった事業ということで、健康増進につながる、あるいは文化活動、それからボランティアに貢献する、あるいは環境改善に貢献する、地域貢献をする、そういったことで、基本的には、一番大きな目的は健康・生きがいづくりでありまして、健康を促進するようなことで考えますならば、極端な例を言いますと、家に引きこもりがちな人を少しでも少なくするということで、1歩でも家の外に出て活動するということについては認定をしていきたいと思っておりますし、また活動しなくても、その健康診断も対象にしたいと思っとりますので、健康診断などは健康増進に役立つことにもつながってまいりますので、そういったことを基準にやっていきたいというふうに思っております。なお、どっからどこまでの線引きということで申されますと、そういった基準は今のところございませんけれども、基本方針にのっとった事業であれば対象にしていきたいということは大前提でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
406:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後3時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時13分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
407:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
408:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 認定判断基準が明確でないと、5人以上の団体が恣意的な利用をする可能性があるのではないか。例えば健康づくりに関しても、ただ判こをもらうために参加して、教室の本来の趣旨から外れていくのではないか。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
409:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
410:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 確かにそのような懸念を抱かれるのもわからないわけではございませんけれども、町といたしましては公正に取り扱われるようにしっかりと認定をする場合に注意をしていきたいというふうに思っております。基本的には区長さんなどが認定する5人以上のグループに限るということも1つの基準になっておりますけれども、その事業の内容につきましては役場のほうで、町のほうで精査をしながら進めていきたいと思っておりますと同時に、そういったグループに対しては公正に扱うようにお願いをしながら進めてまいりたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
411:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
412:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 質問を続けます。
 認定事業がふえすぎますと、物理的に運営が不可能になるということはありませんか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
413:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
414:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そういったことになればうれしい悲鳴ということになろうかというふうに思っております。本会議でも何度か議員の皆さんにお答えしておりますけども、プラザが開館してどれだけの人手が必要なのか、そういったことに対しても精査をしながら人員配置をしていきたいというふうにお答えしておりますとおりですね、事業のボリュームに合わせて配置人員も検討していきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
415:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
416:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 9月補正の予算措置における対象人数2,000掛ける500円は、この事業内容を精査した結果なのか。その根拠を示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
417:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
418:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 正確な積算をしたということではないということは率直に認めざるを得ないところでありまして、半年間でそのぐらいの発行になればいいなあということの考えから100万円という金額を設定したものであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
419:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
420:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この事業に係る予算措置は、現時点で150万、さらに事業の認定を拡大させる上に、加えて来年度は実施期間が12カ月、来年度の事業費の概算はどれくらいに膨れ上がるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
421:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
422:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これはまあ来年、27年度の当初予算編成時点でのポイント発行件数などを勘案しながら、また、事業もふやしたいという考えもありますので、その辺を総合的に勘案しながら金額を設定していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
423:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
424:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 確認します。じゃ現時点では、拡大した事業の概算はしていないっていうことでよろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
425:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
426:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 拡大ということは来年の4月以降でありますけども、今の時点では試算はできない状況にあります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
427:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
428:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 答弁にもございましたが、当然モデルケースがあると思います。ただ、マイレージ制度は趣旨を異にすると考えております。ひょっとして、このスタイルでいったら、大河原は自主財源が豊富ですねって地方交付税に影響を及ぼすなんてことはありませんよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
429:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
430:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのご心配はないものと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
431:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
432:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 質問続けます。
 この事業は、町長公約町税5%カットの代替施策と判断していいのか、お尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
433:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
434:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 代替というには余りにも金額的に小さいものでありますので、代替と言えるかどうかは町民のご判断に委ねたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
435:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
436:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 町税5%カットは町民全員が恩恵を受ける施策でありました。おおがわら町民学園事業は参加できる人にしか恩恵がありません。つまり、町が恣意的に選んだ人にしか効用の及ばない事業です。公平性が担保されません。いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
437:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
438:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 減税の場合は確かに全町民に影響を及ぼすわけでありますから公平性がありますけども、町民学園のポイントにつきましては参加した人、誰でも参加できると私は考えておりますので、そういった意味で、現実的には偏りがあることも予測されますけれども、参加できるのは町民二十歳以上は全員が参加できますんで、そういった意味で公平性は確保できるものと考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
439:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
440:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) この事業は、町民の自主的活動、町民が主体的にまちづくりに共同参加する意欲が高まる方向にいかない施策ではないのか。行政区での住民が議論を積み重ねて、見守りとか健康教室とか、子供たちやお年寄りを支えてきています。住民の自主的・主体的活動意欲を減ずる施策と断じざるを得ません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
441:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
442:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その辺については私は、その意欲をそぐものではないというふうに考えておりますので、これは感覚の相違ではないかというふうに思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
443:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
444:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) もう町長と全く一緒で、例えば議論平行線になっても、私たち議会人は町から提案された施策を議会で議論します。そして、よりよい着地点を目指して議論しておりますので、当然そういう考え方があったとしてもまちづくりに関しては1つの方向性を向いてると思ってるので、いいと思います。
 それで、最後、介護予防、健康増進に特化した事業認定ならば総体的な医療費、扶助費の抑制、生活の質の向上に効用が高いと考えます。学園の方向性をきっちりと定めて、認定基準を明確にし、推進すべきと提案します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
445:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
446:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご提案は、効果の大きいと考えられるのが介護予防事業などということで、その他についてはその効果がそれほどではないと、こういう前提にお立ちのご質問かと思いますけれども、先ほど伊達市で申し上げましたとおり、5年目のその事業においてですね、年間11万円の医療費が削減できてると。こういったことは年代がある程度若い人が対象に、中心になってくるというふうに思っております。積極的に歩くことによってですね、医療費が下がってると。あるいは健康教室に、これは伊達市は健康教室に参加した方が対象でありますけども、そのほか歩きたくなるまちということでもう既に50ぐらいの自治体が加入した団体でありますけども、伊達市以外にもいろんなところで成果が上がってるということで、団体数は忘れましたけども、統計がございまして、やはり5年間やってきた自治体については年間10万円ぐらいの医療費が削減できてるという統計がございますので、そういった成果を上げるには幅広い年齢層がこういった事業に参加しない限りこういった大きな成果を上げることはできないと推測されますので、介護予防は確かに効果が大きいと思いますけども、その他の事業についても年を追うごとに健康増進につながるものではないかと思いますので、ご理解を賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
447:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
448:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 年間の成果が10万円が高いか低いか別としまして、やはり僕は、私は、事業は特化して行うべきだと思います。そうすれば、先ほど申し上げました、町長と見解が若干異なりますが、公平性の担保もしっかりとされます。ですからもう一度提案さしていただきますが、事業を特化して推進すべきと提案します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
449:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
450:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これもさっきお答えしましたとおり公平性を確保する観点からもですね、幅広い年齢層が参画できるような事業ということになりますと、特化した事業ということではなしに、あらゆる活動に対して事業の対象にしていきたいというふうに考えておるところでございまして、町民学園という名前をつけましたのも、先ほどの高橋議員のマイレージ、何マイレージでしたっけ、マイレージはわかってる、(「健康マイレージ」の声あり)健康マイレージはあれはまあ歩く人を推奨するということだけに特化しておりますけれども、それ以外に、例えば団塊の世代であれば家に閉じこもりがちな方が多いということで成人病にかかる割合も高いというような統計もございます。そういった意味で、あらゆる方が参加できるように幅広い事業を展開することこそが公平性を確保しながら事業の成果を上げていくものに、上げるというふうに考えて、これからも進んでまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
451:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
452:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) わかりました。それでは今後の事業展開を見守らしていただきたいと思います。
 それでは、財政基盤に関して質問します。6月会議での一般質問で、将来的財政需要を示した10カ年財政シミュレーションを新たに提示すべきと提案しました。その後、協議されたとしたらその内容を確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
453:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
454:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 前回お示ししたシミュレーションについての検討は改めて行ってはおりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
455:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
456:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ただいまの町長答弁に、ただいまというのは最初の町長答弁にございました、給食センター、仙南クリーンセンター、柴田斎苑など、広域的施設など巨額を要する事業を念頭に財政運営に当たっていくことは言うまでもないものの、現時点では事業費の算出が困難な事業であることとありましたが、12月4日の段階では間違いなくこの仙南クリーンセンターと柴田斎苑はこの財政シミュレーションに組み込まれていると説明されております。と同時に、12月4日に示されたシミュレーションには扶助費の増大、鷺沼雨水排水整備事業は組み込まれていたのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
457:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
458:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 鷺沼雨水の対策については入っております。あと何でしたっけ。ちょっと待ってください。クリーンセンターも柴田斎苑も入っておりますけども、ここで、最初の要弁で申し上げたかったのはそういった巨額の事業もあり、また現時点では試算はできないものもあるということでお示ししたということでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
459:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
460:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 起債に関する後年度交付税措置が今後も継続されると考えているのか。借金は借金として残り、町負担はさらに増加するのではありませんか。前回も質問しましたが、明確な答弁がいただけなかったので、改めて確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
461:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
462:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 交付税措置については現在のところ変化ないものと私としては考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
463:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
464:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 例えば鷺沼雨水排水整備事業は全体事業費が示され、起債予定も示されています。しかし、どのような起債返還計画になるのか。さらに後年度交付税措置がなされるのであればどのような推移になるのか、示されていないので確認します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
465:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
466:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ちょっとあの、私で具体的な数字把握しておりませんので、担当課から答えさせます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
467:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
468:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 鷺沼排水整備事業に関しましての起債関係の償還関係なんでございますが、一応全体事業費、今の時点で65億に対しまして、大河原町負担分56.6%で約36億8,000万ほどになりますけれども、うちその半分が国庫補助ということで、2分の1、18億ほどになりますけども、一応施工期間といたしましては平成25年から39年の15年間ということで期間を設定いたしましてですね、各実施計画に基づいてですね、26年度から28年度の実施計画、その後についてはある程度事業の箇所等を、事業費を年数で案分したというような格好で一応試算いたしましてですね、あと起債につきましては5年据え置きの30年償還というような試算のもと、ピーク時におきましては平成45年から55年の11年間ほどがピーク時になりまして、一応約8,900万ほどの元利償還が発生するというような格好で試算してございまして。なお、今までの企業債とも合わせまして、当然50年当初から始まった下水と汚水の関係の起債が結構ウエートを占めておりましたけれども、その償還につきましては平成30年過ぎごろでやや償還が終わるということで、今後のほかの雨水整備、汚水整備を含めた中でもその時期に関しては2億から3億ほどの償還金が発生するのかなというような試算はしてございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
469:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
470:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 町長、数字にかかわることはもちろん担当課長にご指示してもらって結構です。
 ということは、償還計画は、もう25年度からこの雨水排水始まってますから、償還計画はもう策定してあるということでよろしいんですね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
471:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 上下水道課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
472:◯上下水道課長(遠藤 薫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯上下水道課長(遠藤 薫君) 試算してございます。そのとおりでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
473:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
474:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) じゃあ機会あったら私たち議員に提示してください。
 仙南クリーンセンター整備事業が27年度より建設が始まり、当町の負担金も26年度に比べてどのくらいの負担増となるのか。また、この事業の元利償還金がピークになり始めるのは何年後からですか。お尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
475:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
476:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 今手元に資料ございませんので、後でお示ししたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
477:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
478:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) ここ数年の町税の予測は、微増するとの執行部見解です。この見解の根拠はどこにあるのか。また、地方交付税は減額が続くことが見込まれます。財政構造の硬直化はさらに進行するのではないのか。お尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
479:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
480:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 町税が今後どのようになってくるかというご質問でございますが、基本的に税収が、所得が伸びてまいれば個人町民税が伸びてまいるというふうな形になってまいりますが、今後の景気動向次第でどうなるかちょっとまだ不透明な部分があるというのが現実だと思われます。また、地方交付税につきましても、交付税される所得税、法人税、たばこ税等々の原資がどのように変わってくるかによってまた変わりますので、ここも何とも言えないところでございます。で、そういうふうな不確定要素がございますことから、今後ともですね、財政の硬直化は今の状態か、もしかするともう少し進む可能性があるのではないかというふうに思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
481:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
482:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 将来的財政需要は、ここ数年間より6年後以降にピークを迎え始めます。当然先ほどご説明がありました鷺沼雨水排水整備事業の元利の償還も始まります。限られた財源を有効に活用するためには、きっちりとした財政計画が必要不可欠です。町長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
483:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
484:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今も企画財政課長が答えましたけども、不確定要素も結構あるものですから、確かにこれからの財政需要が大きくなるってことは念頭にありますけども、詳細にですね、金額を今の段階で確定はできないということから、4年以降の計画は立ててないということでありますけども、そいった今後の財政需要はもちろん念頭に置きながらですね、きちっと財政運営に当たっていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
485:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
486:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 12月4日に示されました財政シミュレーションでは、財政調整基金取り崩し額は1億8,900万と示されました。ところが、26年度は3億2,900万。1億4,000万増の当初予算です。12月に示して3月。たった4カ月で取り崩し額がふえています。これでは次年度以降も先が思いやられると思ってますが、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
487:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
488:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 確かに財政シミュレーション上は議員おっしゃるとおりの状態になってございます。で、今後もですね、事業の精査等々は行いながらですね、この財政シミュレーションに近づけながら行っていきたいと考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
489:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
490:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 25年度決算で財政調整基金を2億5,000万キックバック、26年度も同様の流れと考えているという発言が続いております。この見解は余りにも不透明で、余りにも不確実でありませんか。財政に対する見通しはもっとシビアに判断するのが行政の姿勢ではないのか。町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
491:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
492:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 当初予算を組むときにはプライマリバランスが保たれてないような予算でありましたけども、まあ例年ですね、その予算の組み方として、歳出は低目に抑えております。で歳出はある程度多目にとっております。そんな関係から最終的にはプライマリバランスが25年度はとれております。そういったことにこれからも意を用いながらですね、健全な財政運営に当たってまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
493:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
494:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) たゆまざる行財政改革で、新たな財源の確保を図ると説明しています。今後どの程度の財源確保を見込んでいるのか。また、12月4日の説明では新たな財源確保を26年度3,000万と予測しています。見込みどおり順調に推移しているのか示してください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
495:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
496:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 税収確保につきましては、歳入のほうで申しますと地方税等の伸びが若干期待できるところ、あとは、土地売払収入関係をちょっと考えておるところでございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
497:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
498:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) じゃああの、十分3,000万円に到達すると捉えてよろしいんですね。はい、いいです、答えなくて。
 若年女性人口マイナス35.5%の変化予測率は警鐘と受けとめるべきでしょうが、生産人口の減少は少子化と高齢化に比例して確実に進行しています。里山資本主義で指摘されるように、物が売れなくなった、経済が停滞している根本は景気ではなく、人口の波にある。つまり、生産年齢人口の減少が原因にあります。当然町税に影響を及ぼします。当町の今後10年間の生産年齢人口の推移をどう予測しているのかお尋ねします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
499:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
500:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 生産年齢人口につきましては、当然高齢化が進むということで減少をたどるのではないかと思ってございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
501:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
502:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) その程度ですか、答弁は。といいますのは、行財政改革大綱の基本計画で、この生産人口年齢の減少について触れてますよね。ですから、私てっきり当町のこの予測データの構築があってのことだと思って質問しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
503:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 答弁するんですか。
 企画財政課長。どっち。町長ですか。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
504:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 生産人口の予測については私は試算はしてないというふうに理解しておりますけども、間違ってたら答えていただきたいと思います。
 で、先ほどの質問にもお答えしましたけども、生産人口が減るということを念頭にですね、やはり若い女性の人口をふやしていくということが、人口ピラミッドを維持するということが持続可能な社会になるというふうにつながってまいりますので、そういった観点からですね、魅力あるまちづくりがこれからの大きな課題だというふうに認識しながらですね、人口も減るにしてもなるべくソフトランディングできるようにですね、人口が流入するような施策に結びつけていきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
505:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
506:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 生産年齢人口の将来推計でございますが、平成25年度から31年度にかけて毎年100名ずつ減少する予想と、今後の子ども支援事業では推測してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
507:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
508:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 重点プロジェクトにかかる事業費総額は38億3,900万という数字をきょう示されましたが、この町長公約とこの重点プロジェクトはお金のかかる事業が多いです。維持管理、運用を含めて、当町にふさわしい事業なのか。人口減はとまりません。2040年の人口減の町の未来図、将来像を描いてみてはいかがでしょうか。だからこそ施策に対する財政的根拠を明確にし、せめて10カ年財政計画を提示することを改めて提案します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
509:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
510:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 財政についてはこれまでの答弁で3カ年程度の予測しか立てておりませんけれども、今後、膨大な財政需要が予測されるものも含めまして、上限、下限の範囲を示しながらですね、シミュレーションをしていきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
511:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
512:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 町長もご存じのように、広域ではこうやって10カ年の財政計画はきっちりつくっております。これ、あの後の修正版です。ですから当町でもつくれないわけはありません。つくってくださいますね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
513:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
514:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 研究してまいりたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
515:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 佐藤貴久君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
516:◯9番(佐藤貴久君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯9番(佐藤貴久君) 前回みたいに、つくらないのか、つくれないのかとは今回言いませんので、期待しております。
 以上で一般質問を終了します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
517:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日は、これで散会します。
 ご苦労さまでございました。
     午後 3時41分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年9月11日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------