議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文




大河原町議会会議録
2014年9月5日(金):平成26年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 会
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 ただいまから平成26年第3回大河原町議会定例会9月会議を開会します。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、大沼忠弘君、高橋芳男君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     諸般の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから諸般の報告をします。
 説明のため出席を求めた者の職・氏名は、配付したとおりであります。
 「議会及び議長の動向について」及び「一部事務組合議会及び企業団議会について」、配付のとおり報告します。
 議員を派遣しております。派遣議員から「議員派遣結果報告書」が提出されておりますので配付します。
 総務文教常任委員会及び産業建設常任委員会より「所管事務調査報告書」、議会広報編集特別委員会より「所管事務の視察研修報告書」が提出されておりますので配付いたします。
 「監査・検査結果報告書」が提出されておりますので配付します。
 要請書7件が提出されておりますので配付します。
 これで諸般の報告を終わります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     行政報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長から行政報告の申し出がありました。これを許します。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 行政報告、2件ございます。
 まず、火災が発生しておりますのでご報告申し上げます。
 8月15日午後11時25分ごろ、大河原町新寺字北185番地1、おおがわら天然温泉いい湯において、店舗1棟697.03平方メートルを半焼する火災が発生しております。
 8月16日午前6時34分に鎮火いたしました。
 出火原因につきましては、使用済み炭の取り扱い不備とのことです。
 この火災に際して、消防署よりポンプ車4台、指揮車3台、水槽車5台、救助工作車1台、救急車1台、署員39名、消防団からポンプ車1台、小型ポンプ積載車18台、団員110名が出動しております。
 以上、ご報告申し上げます。
 続きまして、平成26年8月8日から平成26年9月2日までの発注工事執行状況をご報告申し上げます。
 平成26年8月8日から入札を執行した工事は、大道改26-1中核病院西線道路改良工事外1件となっております。
 入札執行結果並び工事箇所につきましては、配付説明資料のとおりです。
 以上、ご報告申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これから発注工事執行状況に係る行政報告に対しての質疑を行います。質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 質疑なしと認めます。
 これで行政報告は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 会期決定の件

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。
 お諮りします。本定例会の会期は、お手元に配付している日程により、本日から12月9日までの96日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月9日までの96日間に決定いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第3 提案理由の説明

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第3、報告第21号から認定第7号までの提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、まず報告第21号平成25年度決算に基づく大河原町健全化判断比率について報告いたします。
 本町の健全化判断比率の4指標の状況でありますが、実質赤字比率及び連結実質赤字比率は赤字がないので、比率はありませんでした。
 また、実質公債費比率は3.8%、将来負担比率28.7%で、政令で定める基準の健全な範囲内の比率となっております。
 なお、報告に当たりましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 次に、報告第22号平成25年度決算に基づく大河原町地方卸売市場事業資金不足比率についてご報告いたします。
 大河原町地方卸売市場事業資金不足比率につきましては、資金不足は生じておりませんので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 続きまして、報告第23号平成25年度決算に基づく大河原町公共下水道事業資金不足比率について報告いたします。
 大河原町公共下水道事業資金不足比率につきましても、資金不足は生じておりませんので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、報告第22号と同様に算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 次に、報告第24号平成25年度決算に基づく大河原町水道事業資金不足比率について報告いたします。
 大河原町水道事業資金不足比率につきましても、資金不足は生じておりませんので、比率はありませんでした。
 なお、報告に当たりましては、報告第22号及び第23号と同様に算定に係る書類について監査委員より審査を受けておりますので、その意見をつけて報告するものであります。
 続きまして、議案第52号訴えの提起についての提案理由を申し上げます。
 本議案は、公金横領事件について元徴収嘱託員に対し、国家賠償法第1条第2項の求償権に基づく求償金請求訴訟を提起することについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第53号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての提案理由を申し上げます。
 大河原町仙南夜間初期急患センターの開設に当たり、仙南夜間初期急患センター条例第5条により、急患センター診療管理者を置き、報酬を支払うことといたしておりますことから、別表に追加改正を行うものであります。
 次に、議案第54号大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計条例の制定についての提案理由を申し上げます。
 大河原町仙南夜間初期急患センターにつきましては、町が公の施設として平日夜間診療所を運営しますことから、一般会計の歳入歳出と区分し効率的で透明性のある経理をすることが必要となりますので、特別会計を設置するものであります。
 続きまして、議案第55号平成26年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算についての提案理由を申し上げます。
 大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計条例の制定に伴い、今年度中に見込まれます予算額を計上いたすものでございます。
 歳入の主なものは、県からの運営費補助金、一般会計繰入金等であります。次に、歳出の主なものは急患センター運営費であります。これらの結果、予算総額を歳入歳出それぞれ1,423万2,000円といたすものでございます。
 次に、議案第56号平成26年度大河原町一般会計補正予算(第3号)の提案理由を申し上げます。
 初めに、歳出につきまして主なものを申し上げます。
 今回、各款にわたる職員人件費の補正につきましては、新規採用職員、退職職員による給与費の増減及び異動に伴うものであります。
 次に、総務費においては平成27年10月から付番が始まります番号制度に対応するため住民情報システム改修等の費用として1,458万1,000円、元嘱託職員による公金横領事件に対する民事訴訟に係る弁護士委託料として50万円、電気自動車充電設備の追加工事費として400万円を計上しております。
 民生費では、年金生活者支援給付金に係る住民情報システムの改修費用として113万4,000円、桜保育所において0歳児の入所者の対応等で臨時職員を増員することにより、臨時職員賃金242万2,000円を計上しております。
 衛生費では、新たに特別会計として設置する仙南夜間初期急患センター事業特別会計への操出金として960万3,000円、平成26年10月より予防接種法施行令が改正され、定期の予防接種項目に水痘と肺炎球菌が追加されることにより、予防接種委託料1,094万8,000円を計上しております。
 農林水産業費では、農地法改正に伴う農家台帳システムの改修費用として216万円を計上しております。
 商工費では、川根工業団地用地の一部を売却するため、土地開発基金からの土地取得費用等として237万円を計上しております。
 土木費では、下水道受益者負担金の増収が見込まれますことから、公共下水道事業特別会計繰出金の額から96万5,000円を減額しております。また、町道上大谷線の交通量増加に伴う舗装補修等、道路補修が増加し道路側溝維持管理委託料の不足が見込まれますことから740万円を計上しております。
 教育費では、コカ・コーラ財団のエコ支援事業助成金を受けて大河原小学校に太陽光発電設備を設置するための工事費用等として3,092万8,000円、大河原中学校の備品購入費を127万円減額し、生徒用机の天板購入費用として120万6,000円、校舎内トイレの一部を洋式化及び相談室を改修するための工事費として224万7,000円、金ケ瀬小学校の電気室の雨漏り修繕料として108万円、本年10月から開講する「おおがわら町民学園」のポイント交換のための商品券代として100万円を計上しております。
 公債費では、地方債の償還利率の見直し及び前年度までの地方債の借り入れ先の確定などにより、1,141万3,000円を減額したところであります。
 次に、歳入の主なものでありますが、歳出でありました事業に関連し、国庫支出金の総務費国庫補助金では896万6,000円、農林水産業費国庫補助金では214万1,000円をそれぞれ増額、繰入金では平成25年度の精算による介護保険特別会計からの繰入金604万2,000円を増額、財政調整基金繰入金の額から542万5,000円を減額、諸収入ではコカ・コーラ財団からの助成金2,995万円を増額、町債では臨時財政対策債3,800万円を増額しております。
 これらの結果、本年度の予算総額を歳入歳出それぞれ8,004万1,000円増額し、78億1,797万2,000円とするものであります。
 続きまして、議案第57号平成26年度大河原町介護保険特別会計補正予算(第2号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、主に平成25年度の精算に係る補正を行うものであります。
 歳入につきましては、事務費などの繰入金として一般会計から20万5,000円を追加し、また、平成25年度精算分として5,275万4,000円を前年度繰越金として追加いたすものであります。
 歳出につきましては、地域支援事業費として20万5,000円を追加し、精算に伴う基金積立金として3,527万8,000円などを増額するものであります。
 これらの結果、本年度の予算総額は、歳入歳出それぞれ5,295万9,000円を増額し、15億6,771万3,000円とするものであります。
 続きまして、議案第58号平成26年度大河原町地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算は、歳入歳出予算に49万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を415万6,000円とするものであります。
 まず、歳入につきましては前年度繰越金49万3,000円を増額するものであります。
 歳出につきましては、需用費の修繕料に49万3,000円を増額するものであります。
 続きまして、議案第59号平成26年度大河原町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ31万6,000円増額し、予算総額を歳入歳出それぞれ13億9,611万7,000円とするものであります。
 その内容といたしまして、まず歳入につきましては受益者負担金現年度分を128万1,000円増額し、一般会計繰入金を96万5,000円減額するものであります。
 次に、歳出につきましては人事異動に伴い職員の人件費等で218万4,000円を減額し、また公共下水道整備に伴う実施設計委託料で250万円増額するものであります。
 続きまして、議案第60号平成26年度大河原町水道事業会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正予算は、収益的収入の水道事業収益で営業外収益を12万2,000円増額し、7億307万6,000円とするもの、収益的支出の水道事業費用を556万3,000円減額し、6億4,836万円とするものであります。
 補正の内容としましては、営業外収益において、強風により公用車のドアがあおられ破損したことによる車両保険の共済金の受け入れによる増、営業費用において人事異動により人件費の142万9,000円の減、法定福利費等の167万8,000円の減、総係費において修繕費の12万3,000円の増、営業外費用において3条予算計上の消費税を223万7,000円の減を行うもの、新会計制度移行により、6月支給の期末手当の対象月である前年度の12月から3月までの分を今年度だけ特別損失で計上処理していたもののうち、人事異動により34万2,000円の減を行うものであります。
 次に、資本的収支については、支出においては配水管布設がえ工事及び舗装復旧工事等で3,000万円の増、人件費で13万8,000円の減を行い、水道事業資本的支出を2億8,364万5,000円とするものであります。
 なお、補正による資本的収支不足額1億8,845万5,000円は、当年度分損益勘定留保資金、建設改良積立金等で補填することとしております。
 続きまして、認定第1号平成25年度大河原町一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、地方自治法第233条第2項及び第3項の規定により監査委員の審査を受けましたので、監査委員の意見書と主要な施策の成果を説明する書類を付して提出するものであります。
 まず、歳入でありますが、歳入総額は82億7,660万5,000円となり、最終予算額と比較しますと3,058万1,000円、0.4%の増、前年度決算額との比較では5億4,521万8,000円、7.1%の増となっております。
 その増減内容といたしましては、町税で5,945万1,000円、2.2%の増、地方交付税で8,446万6,000円、4.4%の減、国庫支出金では1億1,007万7,000円、15.2%の増、県支出金で2,384万3,000円、4.1%の増、繰入金で1億7,742万6,000円、291.2%増、繰越金で7,098万円、24.7%の減、諸収入で2,088万2,000円、8.9%の減、町債で3億4,570万円、68.6%の増などであります。
 次に、歳出でありますが、歳出総額は77億9,875万2,000円となり、最終予算と比較しますと4億4,727万2,000円、5.4%の減、前年度決算額との比較では5億3,421万円、7.4%の増となっております。
 その主な増減内訳といたしましては、総務費で4,283万1,000円、4.1%の増、民生費で3億1,641万7,000円、13.9%の増、農林水産業費で2,144万1,000円、14.1%の減、土木費で2億4,690万円、52.4%の増、消防費で7,219万4,000円、19.5%の減、教育費で7,156万8,000円、8.8%の増、災害復旧費で3,218万9,000円、20.6%の減などであります。
 決算の状況を性質別内訳の構成比で見ますと、義務的経費は41.5%で前年度比3.5ポイントの減、物件費等その他の経費では43.6%で前年度比1.4%の減、投資的経費は14.9%で前年度比4.9ポイントの増となります。
 実質収支につきましては、歳入歳出差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた額は4億4,148万8,000円となり、このうち2億5,000万円を地方自治法第233条の2の規定により財政調整基金に繰り入れました結果、平成26年度に繰り越しすべき純繰越金の額は1億9,148万8,000円となりました。
 経常収支比率では、前年度比で3.5ポイント上昇し93.6%となりました。これは、経常的支出一般財源で物件費、扶助費、補助費等、操出金において増額となり、経常的収入一般財源の地方譲与税及び地方交付税などが減額になったことで上昇したものであります。
 厳しい財政状況が続く中、議会を初め関係機関並びに町民の深いご理解とご協力により、所期の目的を達成することができましたことをご報告申し上げますとともに、今後ともなお一層のご指導とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 なお、監査意見書の中でご指摘のありました種々の事項につきましては、改善を図りながら今後の行政執行の中で生かしてまいりたいと考えております。
 続きまして、認定第2号平成25年度大河原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 後期高齢者医療制度が施行されて6年を経過し、制度に対する理解なども一定程度進んできたと考えております。このような中、適切な資格の確認や保険証の発行、各種申請の受付事務、未納者対策を中心とする保険料徴収事務などを行い、制度の円滑な運営に努めてまいりました。
 その結果、決算額については、歳入総額が2億2,908万3,000円、歳出総額が2億2,553万1,000円となり、355万2,000円を平成26年度へ繰り越すものであります。
 歳入の主なものは、保険料収入が1億7,948万円、一般会計繰入金4,690万円となっております。
 歳出の主なものは、広域連合納付金が2億1,677万円などであります。
 続きまして、認定第3号平成25年度大河原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 本会計の決算につきましては、歳入総額24億8,000万2,000円、歳出総額23億1,135万9,000円となり、歳入歳出の差引額は1億6,864万3,000円となりました。このうち8,499万5,000円を財政調整基金に繰り入れし、残りの8,364万8,000円を平成26年度に繰り越すものであります。
 まず、歳入の主なものについて申し上げます。
 国民健康保険税は歳入総額の21.9%で5億4,366万8,000円となり、前年度比で1,811万3,000円の増となりました。
 国庫支出金につきましては、歳入総額の22.7%、昨年度より244万5,000円増の5億6,257万6,000円となりました。
 続いて歳出でございますが、保険給付費は前年度に比べ3.3%増の15億5,516万7,000円となりました。
 国民健康保険を取り巻く環境は、医療技術の高度化に伴う保険給付費の増大、国保加入対象者の所得水準と国庫負担の収入バランスなど、国民健康保険が抱える構造的な問題により、依然として厳しい状況ではあります。
 今後とも被保険者が安心して医療を受けることができる制度として普及・周知を図るとともに、特定健康診査や特定保健指導はもとより、町が行う各種健康診査などにより疾病の予防に向け引き続き努力してまいりたいと考えているところでございます。
 続きまして、認定第4号平成25年度大河原町介護保険特別会計歳入歳出決算認定の提案理由を申し上げます。
 平成25年度の介護保険事業につきましては、第5期介護保険事業計画の2年目として計画事業の執行と保険給付の円滑な運営に努め、資格管理や介護認定などの各業務について適正に行われるよう努めてまいりました。
 平成25年度の決算につきましては、歳入総額が12億5,747万7,000円、歳出総額が12億472万2,000円となり、実質収支は5,275万5,000円となったものであります。
 それではまず、歳入の主なものについて申し上げます。
 保険料としての1号被保険者からの介護保険料につきましては2億6,313万2,000円、2号保険者からの保険料としての支払基金交付金が3億2,547万円、合計5億8,860万2,000円となり、歳入総額に割合は47%となったものでございます。
 次に、歳出につきましては、介護サービスとして保険給付費が11億99万5,000円となり、前年度と比較しまして2,706万7,000円、2.5%の増、歳出総額の占める割合は91.4%となったものでございます。
 続きまして、認定第5号平成25年度大河原町地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について提案理由を申し上げます。
 平成25年度の歳入総額は457万1,000円、歳出総額は363万8,000円となり、歳入歳出差引額は93万3,000円であります。
 歳入については、市場使用料の357万8,000円と繰越金の99万3,000円であります。
 歳出については、市場運営協議会委員報酬が3万3,000円、施設管理に伴う修繕料などの需用費等75万2,000円、一般会計への繰出金285万3,000円が主なものであります。
 続きまして、認定第6号平成25年度大河原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について提案理由を申し上げます。
 本会計の決算につきましては、歳入総額19億52万8,000円、歳出総額18億474万5,000円となり、歳入歳出の差引額は翌年度へ繰り越す財源7,042万2,000円を含めて9,578万3,000円となるものであります。
 東日本大震災の災害復旧事業の進捗により、前年度と比較しますと歳入で5億552万2,000円、歳出で4億6,563万5,000円の増となりました。
 事業の内容といたしましては、通常分の補助事業として汚水管渠築造工事を金ケ瀬川根地区で3件、雨水事業として鷺沼1号雨水幹線築造工事及び鷺沼排水区雨水整備の実施設計業務を実施いたしました。
 また、単独事業として汚水枝線管渠築造工事を稗田前地区外1件実施いたしました。
 災害復旧補助事業といたしましては、上谷前地内での災害復旧工事の外9件、総額7億7,438万2,000円の工事を実施いたしました。
 なお、平成26年度に繰り越しいたしました高砂町地内外3件につきましては前払い金のみの支払いとなっております。
 災害復旧単独事業といたしましては金ヶ瀬地区外で舗装復旧、マンホールのふた高調整等、合わせて8件、総額1,448万2,000円の災害復旧工事を実施いたしました。
 続きまして、認定第7号平成25年度大河原町水道事業剰余金の処分及び決算認定について提案理由を申し上げます。
 本決算の業務の概要でありますが、給水戸数は1万113戸で対前年度比36戸の増、給水人口は2万3,818人で対前年度比106人の増、普及率は前年同様の99.8%となりました。
 総配水量は272万1,359立方メートルで対前年度比0.4%減、1日平均給水量は7,456立方メートル、1日最大給水量は8,687立方メートルとなりました。
 なお、総有収水量は、前年度比0.6%減の241万7,337立方メートルとなりました。
 建設改良事業につきましては、配水管布設工事では住吉町地区外配水管布設工事が1件、配水管布設がえ工事では東桜町地区配水管布設がえ工事外3件、舗装復旧工事では住吉町5号線外舗装復旧工事外2件、下水道災害復旧事業に伴う配水管移設工事1件の配水管整備等を実施しました。
 次に、収益的収支につきましては、税抜きでの収入の決算額は6億2,581万円で、前年度と比較して1,058万1,000円の増となりました。その要因といたしましては、平成26年4月からの消費税率改定に伴い、駆け込みの住宅新築等がふえ、加入金の増収があったことによるものであります。
 また、支出の決算額は5億1,781万4,000円で、前年度と比較して1,391万7,000円の減となりました。主に資産減耗費の固定資産除却費が、前年度に比べ1,164万6,000円の減となったことによるものであります。
 その収支は純利益で1億799万6,000円となり、前年度と比較し2,449万8,000円の増となりました。
 資本的収支につきましては、税込みでの収入の決算額は8,956万3,000円で、支出の決算額は3億779万7,000円となり、収支の不足額2億1,823万4,000円については、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額856万3,000円、当年度分損益勘定留保資金1億2,095万5,000円、建設改良積立金8,871万6,000円で補填したところであります。
 以上の結果、前年度繰越利益剰余金と当年度純利益を合わせた当年度未処分利益剰余金は1億9,231万1,000円となり、その処分内容は積立金として減債積立金に1,000万円、建設改良積立金に9,000万円を積み立てし、残りの9,231万1,000円は翌年度に繰り越したいと考えております。
 以上、報告4件、議案9件、認定7件の提案理由を申し上げましたが、詳細については担当課長から説明させますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって提案理由の説明は終わりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第4 決算審査意見の報告

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第4、決算審査意見書の報告を求めます。代表監査委員永井昌利君。
     〔代表監査委員 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯代表監査委員(永井昌利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯代表監査委員(永井昌利君) おはようございます。
 議員の皆様方には、日ごろからの町政発展のためのご尽力に対し、心より敬意を表する次第であります。本年度もまた、決算審査の結果につきまして本席よりご説明申し上げる機会を得ましたことに対し、御礼申し上げます。
 さて、平成25年度は町税の徴収事務に関する一部事故などもありましたが、その後の事務処理等も適正に行われており、お手元に配付されてる本書面のとおり報告したものであります。これもひとえに、議員諸兄はもとより町長を初め職員皆様のご労苦の結果でありますことを申し添えておきます。
 それでは、上から読まさせていただきます。
 大監第31号。
 平成26年8月11日。
 大河原町長 伊勢 敏殿。
 大河原町監査委員 永井昌利。
 大河原町監査委員 安藤征夫。
 平成25年度大河原町各種会計決算及び基金運用状況審査報告について。
 地方自治法第233条第2項及び第241条第5項並びに地方公営企業法第30条第2項の規定により、町長から審査に付された平成25年度大河原町各種会計決算及び基金運用状況について審査を終了したので、次のとおり意見を提出します。
 何か、目を通していただいたと思いますが、何かことしはですね、この印刷書の文面ね、私もらったとき「あっ、薄くて見えない」と思ったんですよ。何かやっぱり年のせいなんでしょうか。それで、きょう初めて、きのう相沢行って、あっ、すいません店の名前は……、眼鏡屋さんに行って老眼鏡買ってきました。何か、これから先読まさせていただきますが、ふなれなもんですから時々間違うかもしれません。ご容赦願いたいと思います。
 目次については省略させていただきます。
 1ページをお開き願います。
 一.審査の概要について申し上げます。
 審査の対象は、平成25年度一般会計歳入歳出決算並びに平成25年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算から平成25年度公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成25年度町有財産に関する調、平成25年度基金の運用に関する調並びに平成25年度水道事業決算であります。
 審査した書類について申し上げます。
 平成25年度各種会計歳入歳出決算書及び事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書並びに企業会計決算報告書、損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書、貸借対照表、事業報告書、収益費用明細書、固定資産明細書、企業債明細書並びに土地開発基金、高額療養費貸付基金及び出産資金貸付基金運用状況報告書、関係諸帳簿、証書類でございます。
 3.審査の期間は、平成26年7月14日から8月11日までの実質15日間でございます。なお、この中には現場調査に要した1日間、財政健全化に関する審査に要した1日間を含みます。
 4番目の手続につきましては、説明を省略させていただきたいと思います。
 3ページをお開き願います。
 二.審査の結果について申し上げます。
 平成25年度の一般会計、特別会計並びに企業会計の決算の計数は、関係諸帳簿、証拠書類及び町の指定金融機関の日報等と符合しており、正確であることを確認した。
 また、予算の執行及び関連する事務処理については、一部改善を要すると思われる点が見られたが、そのほかは適正に行われているものと認められた。
 なお、今後の財務に関する事務の執行並びに経営に係る事業の管理については、既に実施した定期監査、例月現金出納検査等において指摘し、あるいは意見を提出し、または口頭で指導した事項に留意されるとともに、下記の事項について留意されたい。
 記。
 記の1.公金横領事件への対応について。
 元徴収嘱託職員によって平成20年4月ごろから平成25年6月までの間に公金が横領された事件については、その未弁済部分について既に訴訟を提起する方向で作業が進められている。
 徴収嘱託職員等による訪問徴収については、将来的には廃止し、窓口納付、口座振替納付、郵便振替納付へ切りかえていくこととされているが、現在もなお実施されている。訪問徴収ではその成果を勘案し、現金の授受による納付も行われている状況にある。訪問徴収は2人体制を原則とし、定期的に担当職員を変更する等の改善策も実施されているが、なお一層注意を喚起し、今後かかることのないよう十分に配慮されたい。
 記の2.財政構造の健全化について。
 財政の健全化判断比率については、平成26年8月11日付大監第32号「財政健全化審査意見書」のとおりであり、健全性は保たれている。一方、財政力の弾力性を判断する指標とされている経常収支比率は93.6%で、前年度よりも3.5ポイント増加している。
 今後の財政運営に当たっては、これらのことに十分配慮されて財政政策を立てられるよう配慮されたい。
 3.町税等の収納対策と欠損処分について。
 一般会計と特別会計の不納欠損額合計は、対前年比393万3,000円増の5,469万1,000円で、1,516件となっている。
 税務課の収納係配置人員は正職員3名、徴収嘱託職員3名の計6名である。
 滞納整理事務については、平成23年度以降は情報システム化がなされているが、それ以前のものについては担当者による、いわゆる紙面の整理による作業にならざるを得ない状況と見受けられる。そのような状況の中で1,500件を超える不納欠損処理がなされており、その処分に係る判断のさらなる妥当性を確保し、より公正、公平な処分がなされるよう不納欠損処分に係る組織、例えば審査機関みたい、審査会ですかね、そのようなものを設ける等の検討をされるよう配慮されたい。
 記、4.介護保険料の不納欠損処分と納入催告について。
 介護保険料の滞納については滞納処分の実績はなく、介護保険法第200条第1項(時効)、2年でございますが、その規定による不納欠損処分が行われている。
 不納欠損処分を受けると、そのペナルティーとして利用者負担が一定の期間、1割から3割に引き上げられる等の措置が講じられる。
 利用者保護の観点からも、納入催告を強化されるよう配慮願いたい。つまり、ペナルティーがあるから滞納処分しなくても、というふうな考えに陥りやすいので、利用者保護の観点からも、やはり催告を一生懸命やっていただきたいということでございます。
 5.水道料金等の徴収について。
 上水道及び下水道の料金並びに使用料の高額滞納者(10万円以上)は、前年より7件増の78件となっている。うち前年よりも増額になった滞納者は39件で、減額滞納者は20件にとどまった。
 料金等の徴収に関しては、「大河原町水道料金滞納整理事務取扱要綱」に基づき確実に事務処理を行うべきであり、特に営業での水使用は厳しく対処してほしい。このことについては、昨年でも指摘したとおりでありますが、要綱を100%確実に実施されている状況にはない。なかなか、いろいろ難しい面があるものだと考えております。そのような中でも営業については、いわゆるお目こぼしっていうか、そういうことはないと思いますが、やると、営業は競争してるわけですから、そのようなこともありまして、これはひとつ公平にやらないと、うまくないのではないかというふうに考えて、あえて意見を呈させていただいたものであります。
 三の、次のページをお開き願います。
 三の決算の概要について申し上げます。読まさせていただきます。
 一般会計及び特別会計を合わせた歳入決算額は141億4,827万円で、前年度より12億299万6,000円、9.2%増加した。これは、一般会計と下水道会計での国庫支出金3億1,034万3,000円、繰入金2億8,683万5,000円、町債5億5,260万円等の増加によるところが大きい。
 不納欠損額は、393万3,000円増の5,469万1,000円となった。また、収入未済額については、前年度より6,996万6,000円減の4億5,818万3,000円となっている。
 歳出決算額は、予算額に対してその執行率は92.6%で133億4,874万7,000円となって、前年度より1.4ポイント下回った。
 なお、不用額は4億8,844万3,000円で前年度より7,559万4,000円増加している。このことにつきましてはですね、繰越明許費で事業を中止したものがあります。途中でもうたくさんだということで、やめたものがあるんですね。執行残とか、そういった関係で予算が余って、そのまんま事業は中止したものであります。それに伴うものが4,827万6,000円ございますので、実質的な不用額は2,731万8,000円というふうに把握してございます。
 次に、各種会計の実質収支額は、一般会計で4億4,148万8,000円、特別会計で2億5,124万6,000円の合わせて6億9,273万5,000円となり、前年度より100万と5,000円の増となっている。
 財政力指数は0.57で、県内町村平均を上回っている。経常収支比率は93.6%と前年度よりも3.5ポイント増加している。地方交付税が減少し、病院事業への補助費や他会計への操出金等が大きくなっていることが要素になっており、前年度より財政構造の硬直化が進行しているというふうに見受けられます。
 一般会計については、歳入は前年度に比べ7.0%、5億4,521万8,000円増の82億7,660万5,000円となり、歳出は前年度に比べ7.3%、5億3,421万円増の77億9,875万2,000円となった。その結果、形式収支で4億7,785万3,000円、実質収支で4億4,148万8,000円の黒字となったが、基金の取り崩し1億4,380万7,000円があったことにより、実質単年度収支は1億1,071万円の赤字となっています。
 歳入増の主な要因は、子育て支援施設建設や公営住宅等ストック総合改善事業等の投資的事業がふえたことに伴って、国庫支出金や県支出金、町債等が増加したことによるものであります。
 町税は前年度に比べ2.1%、5,945万1,000円増の28億126万1,000円となっている。
 不納欠損額は前年度に比べ4.4%、100万と7,000円増の2,387万円となっており、全体の98.7%、2,357万7,000円を町税が占めている。
 収入未済額は前年度比15.5%、4,277万3,000円減の2億3,292万5,000円となっており、前年度に引き続き減少傾向にある。そのうち、町税の収入未済額は全体の81.4%を占めている。また、収納率は前年度より0.7ポイント上がって97.0%となっている。
 歳出についても、子育て支援施設建設等の投資的経費の増加により前年度比7.4%、5億3,421万円増の77億9,875万2,000円となっている。
 総務費は、西地区交流センター造成工事等で前年度比4.1%、4,283万円増の10億7,536万1,000円となっている。民生費は、世代交流いきいきプラザの建設により13.8%、3億1,641万6,000円の増となった。衛生費は、放射能対策関連経費の減により0.9%、1,002万5,000円減の10億498万4,000円となった。農林水産業費は、仙南広域農道整備事業負担金等の減により14.0%、2,144万円減の1億3,112万3,000円、土木費は、公営住宅等ストック総合改善工事、下水道会計操出金等で52.4%、2億4,689万9,000円増の7億1,789万6,000円、教育費は、大河原小学校屋内運動場安全対策工事等により8.8%、7,156万8,000円増の8億8,858万9,000円となった。
 特別会計については、5つの特別会計がございます。後期高齢者医療特別会計については、歳入決算額が2億2,908万3,000円に対し、歳出が2億2,553万1,000円となり、差引収支額は352万2,000円の黒字となっている。
 国民健康保険特別会計については、歳入決算額が24億8,000万2,000円に対し、歳出が23億1,135万8,000円となり、差引収支額は1億6,864万3,000円の黒字となっている。また、収入未済額は前年度より13.2%、2,910万7,000円減の1億9,099万4,000円、不納欠損額は2,845万3,000円で前年度より11.3%、291万1,000円増加している。国保税の収納率は71.2%となり、前年度より3.1ポイント増加している。
 介護保険特別会計については、歳入決算額が12億5,747万7,000円に対し、歳出が12億472万2,000円となり、差引収支額は5,275万5,000円の黒字となっている。
 地方卸売市場事業特別会計については、歳入決算額が457万1,000円に対し、歳出が363万8,000円となり、差引収支額は93万3,000円の黒字となっている。
 公共下水道事業特別会計については、歳入決算額が19億52万8,000円に対し、歳出が18億474万4,000円となり、差引収支額は9,578万3,000円の黒字となっている。
 下水道使用料及び手数料については、前年比2.5%、901万5,000円増の3億6,624万2,000円となった。また、不納欠損額は45万7,000円で前年度より42万7,000円減であるが、収入未済額は2,411万4,000円で57万6,000円増加している。
 企業会計については、水道事業の1会計であるが、収益的収支では純利益額が前年度比2,449万8,000円増の1億799万5,000円となっている。
 水道使用料については、前年度比218万9,000円増の5億9,101万5,000円となっており、未納額は前年度比212万3,000円減の5,727万6,000円となった。不納欠損処分については、前年度比19万円減の93万9,000円となっている。特に、水道の料金の徴収に関しては前年度も厳しいご意見を申し上げたところでありますが、いわゆる私的な債権ということで不納欠損処分を廃止してから収入未済額がですね、前年度よりも下がったのは初めてのことでありますので、その点なかなか収入の督促についてはいろいろ厳しいこともあるのだろうと思いますが、よく努力されたことではないかなというに思っております。先ほどの記で申し上げたのは、そのようなことを踏まえた上での、なお営業についてはやっぱりもう少し厳しくしてもらいたいというふうなことでございます。
 以上、決算の概要であります。文中の数字、主に金額でありますが、7ページ以降の各種資料とか表をですね、参照していただきたいと思います。
 以上で報告、説明とさせていただきます。終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) これをもって決算審査意見の報告は終わりました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     午前11時00分  散 会
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年9月5日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------