議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文




大河原町議会会議録
2014年6月18日(水):平成26年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、万波孝子さん、佐藤 巖君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、前日に引き続き、一般質問を行います。
 安藤征夫君の発言を許します。安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) おはようございます。13番安藤です。通告にしたがって一般質問をさしていただきます。
 私の一般質問、まず1番目は、さくらによる町おこしについてということです。
 ことしのさくらは天候にも恵まれ、4月中には9日間の開花であった。来町者も26万人と昨年より1万人増と聞いており、全国でも有数の桜の名所との評価が得られたというふうに思います。舟下りやライトアップなど種々の工夫がされており、実行委員会の方々に敬意を表します。年々多くなるお客様に受け入れ態勢の強化など、さらなるバージョンアップが必要と思われますが、これらのことから以下のことを質問いたします。
 まず、1)ですけれども、随分古い話でございますけれども、道の駅、町長がですね、道の駅、「ストップ・ザ道の駅」を掲げて立候補したかと思うんですけれども、道の駅があったらこんなときによかったのかなというふうに思うんですけれども、その後、考え変わったかどうか、お伺いしたいと思います。
 2)駐車場の確保で民間の庭っていうか、空き地っていうか、空き駐車場っていうかね、そういったものを活用して、さらにはいきいきプラザ、ことしは鍵が閉まって、しんとしてね、誰も通らないで、周り、車でいっぱいだったんですけれども、特に土日とかですね、あるいは満開の日の晴天の日、そんなにないんですね、土日で、満開で、晴れているなんていう日は滅多にないんで、その日はぜひ土日開放したらいいでしょう。いかがでしょうかということです。
 3番、しだれ桜の名所、弘前市との桜姉妹都市、今提携といいますか、相手もあることなんですけれども、災害の援助なども含めて相互協定はいかがでしょうか。
 4番目、土手の休憩所、必要思うが、3~4年前まであったんですけれども、ちょっと事件があって、あの後、廃止というふうになりましたけれども、夜なんかはやっぱりね、寒いので、あったらいいなという声が随分聞かれました。
 それから、5番目、ミス、ミセス、ミドリミセスコンテストや桜マラソンなどのイベントはいかがでしょうか。
 以上、質問いたします。答えによりまして再質したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、安藤征夫議員の一般質問にお答えいたします。
 さて、ことしの桜まつりは、昨年度の来場者を上回る約26万3,000人と新記録を達成したところであります。
 この背景には、町民の皆様の「おもてなし」の心がより広まったからと実感しておるところでございます。
 初めに、「道の駅があったら」とのご質問でありますが、私もことしの桜まつりを通じて多々思うところはありましたが、大変申しわけございませんが、道の駅があったらと思い及ぶことは、申しわけありませんがございませんでした。桜まつりや桜による町おこしとは直接結びつかないものと考えますので、答弁は控えさせていただきたいと思います。
 次に、桜まつりにおける駐車場の確保ですが、ことしから中央通り商店街において私有地を有料駐車場として利用する取り組みが始まりました。利用者にも好評で、渋滞緩和にも大きな効果がありました。
 なお、ちょっと美談をご紹介したいんですけれども、竹川さんの工務店の手前あたりの民家でですね、ずっと渋滞がひどくて、子供さんがトイレ行くのを我慢できずに民家にお願いして入ったら、ついでに自分の軒下の駐車場を貸すから、どうぞとめていってくれということで、2週間たったら栃木県からギョウザのパックが2パック届いたということもご紹介しておきたいと思います。町民の本当のおもてなしの心が広がっているという実感をしたところでございます。
 続きまして、来年は休憩所(お休みどころ)等の設置も含め、事業を拡大したいとの意向がございましたので、町としても協力してまいります。
 いきいきプラザにつきましては、利用者や管理方法等が徐々に見えてくると思われますことから、ご提案について検討してまいります。
 次に、「さくら」つながりでの弘前市との姉妹都市並びに災害相互協定のご質問でございます。
 私自身が弘前市との災害時相互応援を検討するよう指示いたしておりましたところ、これはNHKテレビでですね、120年ぐらいのソメイヨシノを、死にそうになっていたやつを復活させたというすばらしい技術を持っているということを見たものですから、ぜひさくらつながりということで災害協定を結べばいいなというふうに思ったところでございます。そんなところ、ことしの桜まつりにおきまして弘前城ミス桜のご訪問を受けたところであります。これをきっかけとて弘前市と災害時の相互応援協定について検討を急ぎたいと考え、打診をいたしておるところでございます。
 なお、姉妹都市の締結につきましては、災害時相互応援協定をまずは優先すべきと考えており、さまざまな交流の実績の上に、その後の課題として検討してまいりたいと考えておるところであります。
 次に、休憩所でございますが、昨年の6月議会での桜まつり関連のご質問にもお答えしましたとおり、桜まつり会場内での無料休憩所は、スペースと管理上の問題から難しいと考えております。
 ことしは、桜並木(白石川高水敷き)にベンチを設置し、大変好評でした。来年もこのようなベンチなどの設置を検討してまいります。
 また、さきにお答えしたとおり、商店会などで店先や私有地を駐車場や休憩施設に活用することをお願いするとともに、支援を行いたいと考えております。
 続きまして、ミスコンテスト及び桜マラソンのご提案についてお答えいたします。
 ことし4月19日に弘前市の観光大使である「弘前城ミス桜」が桜まつり会場を訪れ、弘前市の観光PRをされながら会場を盛り上げていただいたところであります。観光PRや地域のブランド化に効果的な取り組みと考えております。
 つきましては、今後、商工会や観光物産協会等の関係機関とさまざまな角度から検討をさしていただきたいと思っております。
 次に、「桜マラソン」につきましては、唯一、一目千本桜の観光資源を持つ大河原町にとって貴重な考えであると思います。
 平成26年度は、桜開花1週間前に第1回一目千本桜「ノルディックウオーキング」を開催し、約50名の皆様にご参加いただき、好評をいただいたところでありました。この事業は次年度も桜の開花直前に継続して開催したいと考えております。
 議員ご指摘の「桜マラソン」については、ご承知のとおり、大河原町では11月23日に桜が植樹されている白石川堤防をコースとして「クロスカントリー大会」を企画し、1,000名からの皆様に親しんでいただいております。
 そこで、関係者の皆様と「クロスカントリー大会」と桜を結びつけることはできないかどうか、今後検討してまいりたいと思います。
 また、桜を利用してさまざまな催し物を検討してまいりたいと思います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 町長から道の駅の話を聞けるとは思ってないんですけれども、道の駅、今どこも盛況でね、結構いっぱいなんですね。町長の言う諸悪の根源みたいなね、大赤字になっから町民1人当たり何ぼの負担でっていうふうに考える考え方もあると思うんですけれども、逆に旅行者が来て、お金を落としていく。そして、例えば桜まつりに来るときもね、1回、道の駅に寄って情報を得ながらこう来るというね、何ていうのかな、ワンクッション置いたような、そういうオアシス的な存在というのが結構あると思うんですよね。このときじゃなくても年中そうですけども、やっぱり道の駅の大なき問題はやっぱり情報を提供される、特に道路関係ですね、そういったものの災害、そういったものの情報を提供されたり、それから農商工連携ですか、きのうの大沼君の話にもちょっとありましたけれども、そういったものの町の名産品の販売なんていうのもですね、やっぱり農業だけ、商業だけというふうにはいかないと思うんで、それの拠点としてはやっぱり私はいいと思うんですね。赤字だけ考えると、赤字、赤字って言うと何もできないんですけれども、黒字になるように、あるいはせめてとんとんぐらいにやって町の活性化にもつながる、しかも距離的にちょうど大河原がね、いい位置にいるというので、ぜひそういったのも含めてね、再考をしていただけないかというふうに私は思うんですけれども、これはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 道の駅についてのご提案でありますが、その中で例えば農商工連携、6次産業化とかですね、あるいは前回の構想の中に盛り込まれておりました防災拠点にするとか、あるいはソーラーを設置するとか、いろんな付加をしていこうという考えがございました。
 確かにこれらのものについては必要であります。それはそれとしてやっていくということで、道の駅を拠点にやるという発想ではなくて、それはそれとして、6次産業化も取り組んでまいりたいと思いますし、再生可能エネルギーも取り組んでまいりたいし、防災の拠点化も強化していきたいというふうに考えておるところでございますので、道の駅がなければこういったものができないわけでもございませんので、ご趣旨はよくわかるんですけれども、道の駅は4号線バイパスに果たして必要かどうか、この観点から私はこの場所にふさわしくないということで、道の駅を諸悪の根源とは思っておりません。道の駅で発展するような地域もありますけれども、大河原町としては商業が集積しているところに、なおかつまた商業施設を公費を投入して設置するということについて私なりに疑問に思ったもんですから、道の駅は反対をさしていただいたところでありまして、その考えには変わりなく、今ご提案のいろんな諸政策については、それはそれとして頑張ってまいりたいというふうに思っているところでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 道の駅の話をするとね、これ切りがないぐらいいろいろあるんですけれども、とりあえずね、ことしの冬、大渋滞したのはですね、これは通告してないんで、答えできる範囲でいいです。できなければ結構ですけれども。ある道の駅があってですね、情報が的確に入ってくると、私は引き返す人もいるしね、それから何時間待ちとかって、そういう目安かあれば対応できるのが非常に楽だったんではないかというふうに思うんですけども、ドライバーにですね、どのような方法で情報を、例えば何時間待ちとかなんとかというのは、あれはどういう組織になってて、どういうふうに今回は伝えたんでしょうかね。もしわかれば、わがんなげればいいですよ。ついでだがら、ついでだがらって。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) その辺、確かなものは存じ上げてないところでございますけれども、今回のこの渋滞については高速道路そのものが通行どめになる、さらには国道4号がこの大雪でとまってしまうっつう格好でございまして、国のほうでの、国交省のほうでの情報伝達がスムーズにドライバーに伝わらなかったために、あのような渋滞になったものと理解してございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 何キロぐらいで、何台ぐらい渋滞したかもわがんないですかね。わがればお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) あのときのあれですと、岩沼から白石の県境までですか、が、白石の県境のほうのあの坂道がスリップで上れなくて、次々渋滞が延びていったという格好で、たしか岩沼あたりまでの手前あたりまでですかね、渋滞したように記憶しているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 要するに、町でもよく掌握というか、把握していなかった部分というのはあると思うんですね。ですから、ドライバーには当然伝わんないわけでして、極端に言うと、仙台からまだ向かっている人もいたと思うんですね。いたって、何十時間もだから、もちろんいっぱいいだわけですけども、そういう人たちの情報もね、いち早く流れれば、道の駅があると全部スムーズにいぐなんていうわけじゃないでしょうけども、そういう意味では、何ていうんだな、災害って突然来るわけですから、ねっ、後で考えると、そういえばああだった、こうだった、地震のときもいっぱい出てきたと思うんですけども、その時点では何となぐ、私も国道に行ってびっくりしたんですけども、運転手いないんです、誰も、大型のトラックがとまってで。運転手いないでどうなんのと思ったら、とにかぐ何時間もなんで、みんな諦めでどっかに行っちゃったというんです、飯食いに行ったりなんか。そういうふうになるなんて普通、ねえ、びっくりして警察に電話したんですけども、そんなときは、もうとっくに遅いんだね、俺の話はね。交番に電話したんです。そうしたら、交番もわからない、何のこったか。そういうふうな状況で、やっぱり、ああいうときいち早く対応すればね、まだまだ対応できたのかなというふうに思います。そういった意味でも、道の駅、非常に大事なのかなというふうに思うんで、これからも道の駅はしつこく頑張っていきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。
 それから、2番目の、2番目、何でしたっけな。いきいきプラザの開放ですけども、町長、おもてなしの心とよく、いろんな会合でも言っていますけども、あそこ本当にもったいなくていたんです。吉野君にもちょっと開けだらっちゅったんだけどね、管理者がいないのでだめだぞってごしゃがったんですけども、やっぱりね、ああいうのもったいないんだね。私の家もあのすく奥のほうなんですけども、20台、20~30台とめられるんですけども、土日あいているんで、無料って書いて、段ボールに書いてね、あそこにごみ投げのあの看板に張っておいたんですけども、やっぱりいっぱい入ってきて、それこそさっきの話じゃないけれど、だんごをもらったんです、ただだからって言ったっけね、んで、だんご。あど、来年予約しますっていう人もいだんです。すごい感謝してた人、感謝って、もう当たり前です、置くどこなくてうろうろしているわけだから。そういう意味ではね、空き地、あと極端に言うと、ほら税務署だのね、保育所なんかもいっぱいあいでるわけですよ。貸すかどうがはわがんないですけども、やっぱり1回ね、同じ公共団体として、おもてなしの心であれば、そういうのもぜひね、本当に悠々として、鍵締まって誰も入られなくている、いっぱいあるんですね。それはどういうふうに思いますかね。あと、いきいきプラザのあの正面玄関の空き地っつうのは何っていうの。すごい大きい土地あいでんですけども、駐車場でもない、赤いコンクリートされているわけですけども、あれなんかは、ねえ、何かもったいなくて、何すんのっしゃという気持ちなんですけども、あれはどういうふうな、最初からああいうふうになってんですかね。その辺、ちょっとお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 実は、安藤議員さんと、たしか土曜日か日曜日ですね、私、あのあたりを歩いて通っておったときにばったり会って、記憶しているんですけれども、そのときに私自身も安藤議員と同じようにですね、あのスペースの有効活用をもっと検討すべきであるというふうに感じたところであります。今回、最初の答弁でもお答えしたとおり、検討したいというふうに思っておりますので、ぜひ実現するように検討してまいりたいというふうに思っておるところでありますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 末広の税務署関係というふうなことですけども、税務署につきましては相談に行ったわけです。ですけども、税務署につきましては開放はできないというふうな答えをいただきました。そしてまた金融機関、七十七銀行、仙台銀行等々につきましては、貸すことはできませんが、開放してます。で、使用につきましては別に支障がないんで、勝手にって言ったら失礼ですけども、自由に使ってもいいですけども、責任は負いませんよというふうなご回答はいただいておるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 懸命な答えで、すごぐね、いいと思うんですね。公民館でいろんな行事あっと、日曜日朝から行くと、七十七銀行の駐車場いっぱいなんだね。実行委員会の中でも話しすっと、断ってけろと、すと大きい顔してとめられっからってみんな言うんですけども、断ったらやっぱりね、あそこは商業施設なんで無理だと思うんです。今みたいに、ねっ、お客さんに開放しているんで、あんだもお客さんだよという一部にとれれば、そんなのでいいのかな。ただ、朝からいっぱいになってっからね、確かに気の毒は気の毒なんですけども、あれはあれでしようがないのかなと思っているところです。
 一番問題になんのはね、駐車場っていうよりも、例えばお花見んときは村田のインターがら、もう国道もずっといっぱいになるんですけども、3本の橋ね、あれ両方いっぱいなんですね。一回りしてくんのに3時間ぐれかがんですから、本当に。あれは救急車とがかね、例えば消防車とが走れるスペースはないよね、絶対に。歩道の上でも走れば別だげっとも。そういう意味では、その緊急時の対応っていうのはどういうふうに考えているんでしょうかね、橋、3本しかないんだから、ともかく。ずっとあっちのほう回ってくる人は大変なんで、どんなもんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 確かに大渋滞してございます。で、ことしですね、救急車、午前と午後に2回、1日で2回来たことがございました。そのときは、実はそれぞれの橋を、尾形橋を渡りながら桜土手に入ってきていただいて、応急措置をして搬送をさせていただいたということで、渋滞してても救急車につきましては、やはりサイレンを鳴らしまして入ってこれるのかなというふうに実感したところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) ああ、そうですか。隙間なくて通れないんだと思ったら、じゃ何とか通れんですね。はい、んでわかりました。
 それでは、3番目の弘前の姉妹都市というか、桜姉妹都市みたいな形ですけども、さっきから町長から何か進めているような話もちょっといただいたんですけれども、弘前の桜は大河原よりも少し、少しって、あっちのランク、ずっと上ですけれども、有名なんですけれども、特にあのリンゴを活用した桜樹の保護なんていうのも盛んにやっているようですので、そういうのも、こっちはリンゴはないですけども、見習ったらどうかなというふうに思います。
 ミス桜、ことし来町したという話、今聞いたんですけれども、やっぱりそのお返しみないなのね、来年あたり、来年でも、再来年度もいいんですけども、大河原にもめんこい人いっぱいいるんで、お返しをしたらどうかなというふうに思います。
 災害協定するときは、やっぱり同じ地区どかだと一緒に災害を受けるんで、ちょうど、ちょうどいい距離っていうのはわからないんですけども、ちょうど弘前あたりぐらいがいいのかなというふうに思うんですけど、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おっしゃるとおりでございまして、余り近くても効果がない場合はありますので、ある程度距離は必要かなということもあります。
 それから、今、リンゴの剪定というお話ありましたけれども、あの技術を生かして120年の桜を、ソメイヨシノを復活さしたということがテレビで紹介されたということでありまして、あと去年の3月議会か6月議会でお答えしたと思うんですけれども、三重県の津市と進めたいということで、それも今現在、進めておるところでございますので、それもやはりある程度距離を考えてのことだということでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) それでは、4番目です。土手の休憩所につきましてはね、スペースがないっていうさっき話、ちょっといただいたんですけど、土手広いんでね、そんなにスペースないとは思えないんですけれども、要するに10年も15年も続けてやってきたわけだね。これがいいと思ってずっとやってきたんですけども、1つの事件で、ガラス割って何かけんかしたとかなんとかという、それ1件があって、あとやめたというと、10何年も恩恵をこうむった人がいっぱいいるわけですよ。やっぱり夜んなっと寒いし、日中でも風が吹いたり、雪降ったりすることもたまにあるんで、そういう意味では、スペースがないなんていうのはね、ちょっと違うのかなっていう思うんですけれども、実行委員会で決めることなんでしょうけれども、いかがでしょうか。何とかね、夜の桜訪問者にも救いの手があったらなっていうふうに思うんですけれども。ただ、やっているときはいっぱいでね、入らんなくて、ちょっとまたもめたりすんのもあんですね。場所とったり、あとはずっといたり、ある程度飲んだりすると少し酔っぱらったりするのもあるんで、境界なんかもないんでね、そういう意味では確かに難しいかもしれませんけれども、何十年もやっきたっていう経緯もあるので、その辺、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 商工観光課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯商工観光課長(鈴木 勉君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯商工観光課長(鈴木 勉君) 土手の河川敷におきます休憩所につきましては、大分前から安藤議員さんがご指摘したように事件がございまして、今のところは実施してございません。また、その休憩所がありますと、やはりお酒が入りますので、どうしても長くなるわけですね。で、その方だけがずっとその場所を占用してるというふうなことでもありますが、実際、桜まつりの会場は、出店者も多くなったところもございますが、土日のですね、会場に来ていただきますと足の踏み場もないくらいですね、皆さん、その花見のする場所をとっているんですね。で、朝8時ごろ行ってみますと、どうせまだ場所もとってないだろうというふうに、イベントするときに前もって金曜日に、前の日にイベントする特別イベントありますよね、そのときにロープを張っておくんです。これまでしなくても朝は大丈夫だろうと思って行きますと、もう既に青い、ブリーシートが幾つも敷いてありまして、それがそのようにイベントするところを前もって確保しておかないと、もうこれは無理だなというふうに思いまして、で、また日中の会場につきましては、もう足の踏み場もないと言ったら語弊がありますけれども、それぐらい大勢の人が来られまして、それ以上大きく、広く休憩所をとりますと、やはり来られるお客様にご迷惑をかけるのかなというふうに感じているところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 痛しかゆしの部分はあると思うんですけどね、そうは言っても助かってる人のほうが明らかにというか、絶対数多いと思うんですよ、9対1ぐらいで、問題あるのは1ぐらいで、9のほうは多分喜んでる人が多いのかなというふうに思います。そういう問題起きんのもね、お客さんいっぱい来たといううれしい悲鳴になるわけですから、あながち歓迎しないわけでもないと思いますけども、ぜひご一考いただきたいということで、この質問を終わりたいと思います。
 それから、5番目のこのミス、ミセス、ミドルマラソンみたいな、各種挙げましたけれども、何やってもうまぐいんか、うまぐいがないがは、その情熱の問題もあるし、それからお金、何でもかければいいという問題でもないので、その辺、頭のいい人がそろっているんでね、ぜひ、そこで終わるとおかしくなる、ぜひ知恵を絞っていただいて、やっていただきたいと思います。
 柴田町では4~5年ぐらい前から一目千本桜マラソンというね、大河原のお株取っけしたみだいなマラソン大会やってんですけども、季節、あの人もみんなが走ったりは無理ですけれども、何か先にそんなことをしているんですね。いつの間にか一目千本桜、何かこのごろ柴田でもよぐ使うし、何だべど、こっちが専売特許なのにと思ったんですけども、相乗効果からいうと仕方ないのかなというふうに思いますけれどもね。そんな意味で、あっちのまねごとしろというわけじゃないんですけども、何か工夫して、さっき、いろんな答え、秋にやるあのクロスカントリーですか、あれはもう大河原はね、まさに日本でもトップクラスの早い時期からやっている大きな大会ですし、仙南ではもちろんどこもながったのに、ずっと継続してきた大会ですので、あれに何かちょっとね、かこつけたような格好でぜひやっていただきたいというふうに思います。これは答えは結構です。
 柴田ではこのごろ、何ていうの、花のまち柴田みたいに何か、ちょっと新しい政策でやっているみたいなんですね。今度は何とか桜歩道橋ですか、あれも8億だかお金をかけてやっている。今、アジサイかなんかで結構ね、あるし、あとカタクリ、4月の中ごろに咲くんですけども、カタクリの花、それなんかも結構売り出しているみたいで、やっぱりね、あの館山の上に結構人来てんですよね。5月の連休とかなんとかもね、いっぱいまではいがねげど、結構、そこそこというかね、来てるんで、大河原は桜一発だけですから、一発勝負ですから、あっちのまねはする必要ないと思いますけども、ぜひ桜にかこつけてですね、いろんなイベントを催してもらえばというふうに思います。
 それでは、2番のほうに入ります。
 公民館等に指定管理者制度を導入する気はないかということで、町では行政のスリム化と効率化に重点を置いた取り組みとして、年内に新・行政改革大綱の策定を予定しているが、この一環として公民館等の指定管理者制度の導入はいかがでしょうか。
 少子・高齢化や住民ニーズの多用化など、今後さらなる財政状況が厳しくなることが想定されます。また、職員の定数適正化も大きな課題と受けとめています。このような中で民間の経営手法を活用すべきと考えますが、いかがでしょうか。幸い我が町には古くから各種文化団体があり、公民館事業に深くかかわるとともに、町民からの信頼も得ていると思います。この時期に公民館、そして金ヶ瀬公民館を指定管理者に移行する考えはないか、お伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 続いて、公民館を指定管理者に移行する考えはないかとのご質問でございます。
 町では、既に導入しております総合体育館の指定管理の状況を見ながら、また近隣市町の公民館運営の状況を考慮しながら、行革大綱の一環として検討してまいります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 公民館もそうですけれども、一時、体育館が指定管理者んなったときに、次は公民館という話があったんですけども、何かいつの間にか立ち切れになってなくなってしまった。この立ち切れになった理由、ちょっと私もわからないんですけども、自然消滅みたいな形になったんですね。やっぱりこの時期、こういったものをすごく行政改革では必要ではないのかなと。体育館、アカデミーも、ことし5年目ですか、着々とその成果を上げているようですので、ぜひ公民館も指定管理者制度になればいいのかなっていうふうに思っております。また、まだなってないところっていうか、例えばいきいきプラザとか、シルバーセンターなんかもそうですかね、そういう意味では今後そういう計画はどうなるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご提案の指定管理者制度につきましては、私が就任後ですね、公民館、その他いろんな施設におきます、協働のまちづくりの観点から、いわゆる民間活力を導入するということからこれをやるようにということで、庁議でも随分提言しているところでございまして、ぜひ実現したい施策だというふうに思っておりまして、今年度行革大綱、検討するということでありますので、その中の大きな柱として検討をさしていただきたいということで、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 検討ということで、今からなると思うんですけれども、そうすっとまだ、例えば時期とかですね、あるいは担当課とか、そういったことについてはまだこれからということですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これ行革大綱の所管は企画財政課で検討することになりますので、当面、その時期とかですね、対象とか、やり方について、もろもろ検討をしていきたいというふうになると思いますけれども、できる限り早急に実現したいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 公民館ね、例えばそういうふうにするにしても、今公民館はまさに重度身障者みたいなもんで、末期症状なんですね。1つのボイラーがいつ壊れっかわがんない、直すのに何ぼかかるのやって言ったっけ、5,000万円ぐらいだっていう話なんです。
 それから雨漏り、これ入梅時期ですけども、今、職員いないんですよね。何してんのって言ったら、今、2階に上って雨漏りやってますどがってね、シート敷いたり、バケツ持ったりしてやってたんですけれども、これでは本来の仕事をね、なかなか大変なのかなというふうに思いました。ちょっと風と雨吹くと、もうだめなんだね。それで例えば指定管理者を移行すると言っても、これ雨漏り直すのに1,500万とがっていう話だから、あっ、1,500万でねえ、すごぐお金かかるんですね。1,500万って、1億5,000万の、ボイラーが5,000万円で2億すか、大体2億という話なんで、身体障害者をっていうか、全体的にね、壊れているもので指定管理者というのはどうかと思うんですけども、この辺はいかがなもんでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 指定管理者制度にする場合は契約をするわけでありますけれども、その契約の仕方、いろいろあるかと思います。アカデミーの場合は、ある程度金額以上については町が負担するというふうに決まっておりますので、公民館についても巨額の修繕費を要するものは町が負担すると、軽微なものについては指定管理者のほうでやっていただくと。ただし、その、ある程度の財源を加味した契約金額んなるというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) それはね、まだこれから壊れる、あるいは壊れるかもしれないという状況の場合はそれでいいんですけれども、今壊れているんだから、完全に、完全にっていうか、雨漏りしているわけですから、これはですね、このままの状況で移行するというのはかなり難しいかなと。しかも、大金かかるんで、最悪っていうか、直すが、新しく建てっかみたいな形になると思うんですけれども、どっちかしなくちゃないと思うんです。しかも、早急だと思うんですね。雨降っと毎日漏るんですから、毎日漏るっていうか、バケツ置いで、それいっぱいになったらくんで上げると。そういう原始的なことやってるんで、この辺はいかがでしょうか。
 町長もね、そのほがいろいろ公約いっぱいしているんで、皆金かかるごどばっかしなんで大変だと思うんですけれども、その辺、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 中央公民館における雨漏りの現状について、どのような状況なのか、あるいはどのような修繕を行うべきかというようなことについて、専門家のほうの診断を受けた上で対処を考えていきたいというふうに現在考えております。
 その辺につきましては、今回の補正予算の中で要求をさせていただいておりますので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 補正予算は100万だか200万でしたっけ、あるカーテン落っこったやづの補充みたいだと思うんですけれども、どんちょう、あれ落っこってね、大変だったらしいんですけれども、下に人いだら、かなり大けがっていうか、本当にね、物すごぐ重いんで、どんと落っこったわけですからね、全体がこう、かなりこう、何ていうの、総点検みたいのをしなくちゃないのかなという、そういう時期なのかなというふうに思います。あるいは、壊して新しぐ建でっか、どっちかしかないのかなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それでは、次の3番目に入ります。
 町の昆虫標本1,200箱あるわけですけれども、一部を売却する気はないか。
 渡部 篤氏より寄贈された昆虫標本は量が非常に多い、12万匹と言われていますけれども、そして同じ種類の昆虫がたくさんある。昆虫展などで使用するのは350箱から400箱もあれば十分なので、その他の標本、いわゆる宝の持ち腐れになる可能性がある。これ何十年、買ってがら何年たづがわがんないんですけれども、ともがぐ何十年もあのままにして、これからも標本展示するということないですから、ぬすっとあのまま、まさに没になってしまう可能性あります。標本、100年ぐらいもつと思うんですけれども、その間、1回も出てこないというふうになりますので、これ売却する気はないかどうか、お伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 続いて、町の昆虫標本の一部を売却を検討してはどうかというご質問であります。
 渡部 篤氏より寄贈された昆虫標本につきましては、一部、町で購入したものもございます。現在、入手困難な標本もあり、貴重な町の財産と捉えております。他方、現状の施設を維持していくことも困難な状況にあることも事実であります。そこで、標本の売却等に関しましては、ご寄附をいただきました渡部 篤氏の親族の方のご意見もお伺いするとともに、ご指摘されたことにつきましても、一部売り払いも含め、検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) あの標本はいつごろもらったっつうか、買ったっていうか、わがんないすか。何ぼだったかね、何ぼって、幾らでしたか。これ8ついた数字を、800万じゃないような気はする、ちょっとわがんないんですけれども、私の記憶では、20年ぐらい前、800万だと思ったんですけども、いかがですか。わかれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 昆虫標本をご寄附いただいたのは平成5年であったかと思います。ですので、もう20年以上、保管させていただいていると思います。一部購入した部分については、確かに800万円ぐらいだったかと思います。800万円。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 安藤征夫君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯13番(安藤征夫君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯13番(安藤征夫君) 今、800万出せって言ったら、多分出さないと思うのね。大変な金なんだね。あのころ随分景気よかったんだね、町はね。俺、後で考えて、ぽいっと出したがら80万かなってちょっと錯覚したんです。800万ていう大金出したんで、元ぐらい取んなくちゃないっていう気はあると思うんですね。実は同じ標本いっぱいあるんです。斜め差しっつって、標本にならない、展示にならない在庫用の標本箱、いっぱいあるんですね。これ一番高いのは1匹70万でなくて、何か随分高いのもあるんですけれども、70万で売れなくても、そこそこでは売れると思うんで、うちの昆虫同好会のほうもね、実はネットで売り買いしている人いっぱいいるので、そのような形でね、ぜひ売ってみたいと。ただ、売れるやつと、売れないやつ、あんですね。モルフォとかね、トリバネアゲハとか、ああいう世界に冠たる、今持ち出し禁止みたいなのも結構あるんで、そういったものは何ぼでもというかね、例えば3万円のやつ、1万とがぐらいだったらいっぱい売れるんです。買う業者もいるんです、実は、そっくり。例えば、800箱そっくり全部、売れんのも、売れないのもまとめて買うっていう業者もいるんで、そんなのちょっと当たりながら、もしそちらでいいって言うんであれば進めてみたいと思います。
 以上で私の質問を終わります。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君の発言を許します。庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) 10番、庄司 充であります。
 議長のお許しをいただきましたので一般質問をいたします。
 私の一般質問は1項でありまして、仮称大河原、ここに町を入れるの私忘れてしまったんで、大河原町となります。新・町民体育まつりの復活を考えるということであります。
 長い冬の寒さから解き放され、戸外でスポーツを楽しむにはよりよい季節になりました。スポーツの多用化に伴い各種スポーツ大会も活発に行われており、学校での運動会が実施されるのも春・秋の季節であります。我が町では戦後、町民のイベントとして最高の楽しみは年に一度の町民体育祭でありました。呼び名は町民大会と言ったり、まちまちでありましたが、昭和30年代から昭和50年代あたりまでの20年間がピークであったように記憶します。
 その後、我が町の人口は年々少しずつ増加しているものの、少子・高齢化の波はとめることができず、その影響もあってか、いつしか町民体育祭の灯は乏しくなっていきました。確かではありませんが、平成15年度以降、数年間、長い空白があったように思います。さらに、行政区レクリエーション補助事業に擦りかえられ、大河原の名物が消滅寸前であります。最近とみに町民の間から町民体育祭復活の声が聞かれます。そこで、次のことについて伺います。
 (1)仮称町民体育祭は以前何と言っていたのか。
 (2)町民体育祭は過去何回実施され、第何回で中断しているのか。
 (3)近年最後に行われたのはいつだったのか。
 (4)そのとき、以後の大会の実施はいつに設定されていたのか。
 (5)近年最後の体育祭に要された直接経費は幾らか。また、費用内容は主に何だったのか。
 (6)現在の「行政区レクリエーション補助事業」になったのはいつからか。また、現在実施している行政区は何区あるのか。
 (7)町民体育祭を行政区レクリエーション補助事業に切りかえた理由は何か。
 (8)町長は町民体育祭をどのように感じ捉えているか。
 以上でございまして、答弁によっては再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、庄司 充議員の一般質問にお答えいたします。
 (1)から(5)までのご質問につきましては、関連いたしますので一括してお答えいたします。
 町民体育祭の正式名称につきましては、「大河原町民体育まつり」という事業名でございます。
 町民体育まつりは、昭和33年に第1回目を開催いたしております。これまで実施した回数は25回であります。また、天候不良などで中止となった回数は4回であります。
 平成15年の開催の後、中断となり、その後、平成23年に開催したものであります。
 平成23年10月10日に開催した「大河原町新・町民体育まつり」は東日本大震災からの復興を願い、実施いたしました。
 体育まつりの直接経費は218万円で、主な支出経費内容は、参加賞や運営協力御礼の報償費で88万円、需用費で46万円、グラウンド整備等の委託料で73万円であります。
 この大会実施後に次の開催につきましては実行委員会等でも決めておりませんでした。
 次に、(6)から(8)のご質問につきましては、関連いたしますので一括してお答えいたします。
 平成17年度から町民体育まつりにかわる事業として「行政区スポーツ・レクリエーション活動事業」を実施しております。また、現在実施している行政区は、43行政区のうち29行政区が実施いたしております。
 しかし、これまで行ってきた町民体育まつりは、行政区長初め区の役員やスポーツ推進協力員に選手集め等で大きな負担をかけているという現実がございました。
 そこで、行政区長や区の役員の負担を少しでも軽減し、行政区の都合に合わせて区民の健康増進と親睦を目的として開催できるよう、行政区スポーツ・レクリエーション活動事業に切りかえたものであります。
 なお、活動事業に対して補助を行うことで区費の負担軽減を考慮いたしているものであります。
 私といたしましては、町民体育まつりは、大河原全町民が一堂に会して、健康増進や交流、親睦の場として活動できる、とても重要な事業と捉えております。
 なお、今後、町民体育まつりを開催するかどうかにつきましては、行政区の事情等を考慮しながら検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ただいまの町長の答弁で大体わかったんですけれども、ほぼ私が調査したのと大体同じなんですけれども、近年実施された平成23年以降、ちょっと長い間行われなかった理由は何でしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 平成23年に実施いたしました後、いつ開催するかという計画、あるいは約束というものを決めずに現在に至っているためというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) さまざまな、この体育祭はプログラムのさまざまな競技で競い合い、選手の真剣な姿と、それを応援する観客の興奮が相まって感動のシーンをつくり上げている、この体育祭なんでございますが、今行われている、まさに行われているサッカーのワールドカップ、またプロ野球のセ・パ交流戦などに見られる迫力あるさまにオーバーラップするものがございます。さらに、大会で、今、目の前で競技をしている選手が自分の家族だったり、友人だったり、区を代表する人たちであるから、その興奮と感動はプロの大会にまさるものがあると思います。スポーツを通じて心と心の交流、お互いの力と人格を認め合い、大きな輪に盛り上がっていく最高のステージだと思われます。
 そこで、1つ提案がございます。この行政区のレクリエーション大会、レクリエーションですね、あっ、その前にですね、この行政レクリエーションを行っている区がですね、43区のうち29ですか、実施しているのは。これに出しているお金っていうのは各区にまちまちなんですか。同じ金額を出しているんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) これに対する補助金でございますが、一律2万5,000円以内でございますが、ただし1人当たり50円を加算した額ということになっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) この復活のですね、最初のきっかけといいますか、私が毎日のようにウオーキングしたり、ジョギングしたり歩いているんですが、そこで、ごく少数の方なんですけれども、体育祭っていうのはなくなったのがいわとか、それから今後しないのがいわっていうような声をときどき聞くんです。そんな多い数ではありません。また、区長さんからなんかも、区長さんの一部の人も、町民体育祭があると非常にいいねとか、なかなかやっぱり、さっき町長言ったように選手が集まりにくいとか、学年別の選手が集まりにくいとかっていう話はあるんですけれども、やっぱりあれがあればいいねという、そういった声も聞きます。で、少数意見のこういった声も反映するのも行政の1つの仕事ではないかなと思うんですが、そこで最後に提案があります。
 町民体育祭を復活していただけるなら、4年に一度、オリンピック形式で行ってはどうか。そして、4年に一度の大会に当たった年は行政区レクリエーションはお休みとすると。各行政区は4年に一度の町民体育祭に向けて全力を傾注して参加をするのではないかと思われます。こんな方法で再開されれば必ずや町民の最高の楽しみとしてなるのではないかと思われます。ぜひ町、関係担当課が中心になってプロジェクトチームを編成して、もう一度広く町民の声、行政区長、各学校などの意見を聞き集めて、来年か再来年あたりから実施、復活できるよう検討をいただきたいと思うんですけれども、その辺いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、庄司議員のほうから少数意見ではあるというご紹介でありましたが、私はこれは少数意見ではないと。私の耳にもたくさんの方が、やはりあったほうがいいというご意見が届いておりますので、少数か多数かは、それは別にいたしまして、必ずしも少数ではないと私は捉まえておりますし、また今回のワールドカップ、あるいはことしの冬のソチオリンピック、私もテレビの前でくぎづけになって大変感動したところであります。
 それがお互いに町民、仲間が、あるいは家族が目の前で活躍しているということであれば、その感動たるや、すごいものがあるというふうに思っておりますし、また、きのう、正式名称を答えられなかったんですけれども、スペシャルオリンピックスという名前で、これケネディ大統領の妹さんが始めたようであります。1968年というふうに記憶しておりますけれども、そういった、そのオリンピックというのは、ただ能力を競うだけではなく、あらゆる、スポーツ能力の低い方も参加できるというような仕組みでありまして、それも、きのう感動したと申し上げたんですけれども、そういう誰でも参加できるという本当の、昔はよく言われましたけれども、参加するのがオリンピック選手と言われておりましたけれども、本当のオリンピックはそこにあるというふうに感じておりますので、この庄司議員のご提案については、私もずっとそのようなことであれはいいなと思っておりましたので、これを検討していきたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 庄司 充君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯10番(庄司 充君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(庄司 充君) ありがとうございました。これで私の一般質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前11時01分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時12分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き、一般質問を行います。
 その前に、先ほど安藤征夫議員の質問の中で不適切な言葉が出ましたことにつきましては、削除の申し出がありましたので、これを削除させていただくということでご了承をいただきたいと思いますが、異議ございませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) はい。
 堀江一男君の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 7番、堀江一男でございます。議長のお許しを得ましたので、一般質問をさせていただきます。
 私の一般質問の内容は2項でございます。
 まず、第1項目でございますが、側溝などの汚泥処理についてでございます。
 東日本大震災による津波被害などにより、東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故に伴い、福島県や宮城県を初め多くの市町村・国民が多大な被害を受けました。
 大河原町においても、農作物や土壌などが汚染されるとともに人体への影響も懸念され、町としてさまざまな対応を行ってきたことは承知しているところでございます。
 しかし、原発事故が起きてから側溝などの汚泥処理が、3年3カ月経過しても、いまだ解決せず、いつになったら側溝の汚泥を上げられるのかとの町民からの苦情が相次いで出ていることは町としても承知していることと思います。
 そこで、現状と今後の対応についてお伺いをいたします。
 まず、第1点目、雨期を迎えておりますが、側溝は土や枯れ草などで埋まり、その上に草が生えたり、甚だしいところでは野草の花が咲いているところもございます。気象庁の長期予報によれば、ことしは5年ぶりでエルニーニョ現象が起き、台風の多発、大雨が予想され、さらには梅雨が長引くというふうに予想されており、側溝があふれ、冠水被害が心配されるが、いつになったら側溝清掃ができるようになるのか、お伺いをしたいと思います。
 2点目、現在の側溝における汚泥の放射能検査はしているのか。しているとしたら、検査場所と、その数値を示していただきたいと思います。
 3点目、近隣市町の側溝清掃の状況について示してほしいと思います。
 4点目、汚泥の仮置き場の問題は、その後どのように進展しているのか。住民なら誰しも近くに置いてもらいたくない気持ちは十分理解はできますが、いつまでもこのままの状態では済まされないと思いますが、今後の対応を示していただきたいと思います。
 5点目、通常の埋め立てが可能な国の基準、1キログラム当たり8,000ベクレル内の汚泥だけでも処理を先行することができないのか。
 この5点についてお伺いをいたします。答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 まず、いつになったら側溝清掃ができるようになるかとのご質問でございます。
 これまでも申し上げておりますが、現在のところ側溝の土砂の保管場所が設置できないでいることから、今すぐに土砂を回収することは困難であることをご理解願います。
 また、土砂の上の草や枯れ葉等の処理につきましては、6月の町民一斉清掃の際にもお知らせいたしておりますが、取り除いて可燃ごみとして排出していただくよう、町民の皆さんにご協力をお願いしたところであります。
 次に、側溝土砂の放射能検査についてでありますが、本年4月から5月にかけて町内数十カ所の堆積土砂を採取して検査しておりますが、国の処理基準値を超える地点が数カ所ありました。なお、この結果につきましては、側溝の形状や水の流れなどが影響であると考えております。
 次に、近隣市町の側溝清掃の状況でありますが、ほとんどの市町が従来どおりの道路側溝の維持管理として行っており、特に回収した土砂置き場については困っている状況にないようであります。
 なお、本町と同様に土砂の処分に苦慮し、側溝清掃を中止している自治体は、岩手県や茨城・栃木・群馬県等に多いようであります。
 4点目の汚泥土砂置き場につきましては、堀江一男議員もご承知のとおり、平成23年度の一斉清掃で回収した土砂を旧さぎ沼荘敷地内に一時保管中であります。町としても仮置き場の設置に関しては、平成25年2月に地域住民への説明会を開催し、現在の場所から仙南広域所有の旧大河原衛生センター跡地にアスファルト舗装等を施工し、移動する計画を説明したところでありますが、近隣の方々の反対により計画を撤回した経緯があります。その後についても町有地や民有地を含め設置場所を検討しておりますが、住居や農耕地、水源等から十分な距離が保たれ、設置に賛同を得られるような適地はなかなか見当たらないのが現状でございます。
 今後におきましても、引き続き仮置き場の設置に関して継続的な検討をしてまいります。
 最後に、8,000ベクレル/キログラム以下の汚泥土砂の処分についてのご質問であります。
 議員ご指摘のとおり、国の基準としては8,000ベクレル以下の放射能廃棄物である下水汚泥、稲わら等ついては、焼却、埋設など一般的な処理が可能であるとしているところであります。
 本町の側溝土砂につきましては廃棄物でないことから、放射性物質を含む土砂であっても特に処理基準がありません。しかしながら、放射性物質を含む土砂であることで、回収した土砂の管理場所の確保ができない状況にあり、側溝土砂がそのままになっている状況にあります。側溝土砂の処理につきましては、これまでもお答えいたしておりますとおり、回収した処理場所の確保が必要でありますことから、今後も場所の確保に関し、継続的に検討してまいります。
 なお、地域によっては地区内で処分している状況もあるようですので、さらなる協力をいただくとともに、そのようなことについての相談にも応じたいと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) まず第1点目ですが、保管場所が設置できないということでございます。そして、土砂の上の草や枯れ葉の処理については、取り除いてというふうな形で、可燃ごみに出してくださいということなんですけども、実際もう枯れ葉と土がごちゃごちゃごちゃごちゃにまざっていて、それを枯れ葉だけ取れということは非常に私は難しいと思うんですけども、そのような形でやっているとこってあるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ご指摘いただきました土砂とか草がまじっているような状況の確認でございますけれども、直接私のほうでも確認してございませんけれども、草、あるいは枯れ葉を取っている地区のお話は聞いていることでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 現実的にその土砂と、側溝の土砂と草、土、それをまざっていんのを、それを一々取って出せっつっても、なかなかこれは難しいことだと思うんですよ。やはりこの側溝の処理につきましては、やはりきちっとした仮置き場がやはり私は必要だと思います。
 それで、1から5まで皆、似たような質問ですから、まとめて質問させていただきますが、白石あたりなどは業者に頼んで、そのまま処理しているというふうな形で、柴田、村田についてはそのまま側溝をやっているというふうなことですよね。
 それで、大河原だけがね、なぜできないのかっていうことで非常に町民の方々から早く何とかしてくれと。まして、雨が降ると側溝が詰まっている、さらには、後のお話にも出てきますけれども、区画整理組合などでやったその土地の部分の側溝の傾斜っていいますか、傾斜と水の流れる量、それのほうの計算が何か、当時はそれでいがったのかもしれませんけども、今になってみると、最終の排水溝まで行くのに非常に排水溝が狭いというふうな形の中で、どうしてもあふれてしまうというふうなことで、ちょっとしたスコール的なものが来ると、すぐあふれてしまうというふうな状況になっているのが今の現状だと思うんですよね。
 特に大河原町については、区画整理が昭和40年代から50年代にかけて大いにやられたわけですけども、特に古い部分については、側溝については非常に、何ていうのか、不備があるって、今から言うと不備がある部分があるんではないかと思う。ただ、不備があっても、それは町が区画整理組合から後引き受けたわけですから、町としてやはりきちっと管理すべきだと思うんですけども、側溝がどうしても詰まる、またには雨が降っと水があふれてくると。すと臭いというふうな形になっているわけでございます。
 それで、大河原町の長期総合計画の実施計画の中でも環境政策の推進というふうなことで、公衆衛生・美化に加えて3Rや環境教育などを推進しますというふうな形とか出ているわけですけども、果たしてこれでね、環境が十分なのかと、環境の都市大河原というふうな形で掲げている状態の中で、これでいいのかどうなのかということについてお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 側溝土砂の処分ということで、白石、あるいは近隣のお話もいただきましたけれども、本町においても3年3カ月というような状況でございます。今後、堆積場所の確認をさせていただきまして、その量であるとか場所を確認しながら、業者との協議も含めまして検討さしていただきたいと思います。
 それから、側溝の話も指摘されましたけれども、昔、現場ぶちというような側溝の整備がなされているようでございまして、そういったものについても担当課のほうで整備をするというような形になっているかというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この中で側溝の置き場に対してね、継続的に検討していくというふうにあります。検討して、検討してね、実質的に何もやらないこったら検討するというふうな形にはならないと思うんですよ。やはり町民としては、すぐやはり何とかしてほしいというのが実態なんですね。今新聞で、新聞やテレビでもにぎわっていますけども、県内の指定廃棄物の処分場、国のほうが栗原市とか、この大和町とか、加美町等についての視察をやっているわけですけども、皆どこでも要らないと。その気持ちはわかるんですけども、わかるんですけども、ただ町民全体のことを考えた場合には、やっぱり県民全体のことを考えたりすれば、やはりどっかがそれをやんなきゃならない。それをやっぱり説得しなきゃならないというのがやっぱり国なり県、または大河原町の場合は町だと思うんですよ。その辺をね、どのように考えているのか。やはり私はこのある程度きちっと目安を決めて、これまでやりますっていうふうな、ようなやはり町の考え方っていうのを示してほしいと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどのご質問の中で、環境先進都市大河原を掲げておりながら、このような放射能の実態を続けていいのかということでありますけれども、全く同感でございます。これまでも努力をしてきておりますけれども、なお一層、仮置き場の設置に向けて全力で取り組んでいただきたいと思います。
 それで、周辺の市町と事情が違うのは、大河原町が汚染地域に指定されているということもありますので、その辺を総合的に今後どう考えていくのかとかいうことについても検討してまいりたいというふうに思っているところでございますので、いましばらく努力をさせていただきたいので、お時間をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 柴田町の放射能のモニタリングなどもずっと見てみますと大河原と違わないんですよね、さほど。まして白石なんか大河原より高いと思うんですよ。確かに大河原、汚染状況重点調査地域というふうな形で指定を受けまして、そのことをやってるわけですけども、やはりこのような地域指定を受けているならば、受けたなりにやはり対応を、きちっと住民に対して対応しなきゃないと思うんですよ。それを、いや検討している、話はしたけれどもだめでした、物別れでしただけで果たして済ませていいのかどうなのかということ。それで多くの町民の方々が困っている。甚だしいところは、これの答弁にありますけれども、地区によってやっているっていうふうなことなんですけども、ある地区では公園の中に、公園にね、ユンボとか何かで穴掘って、そしてそこに土砂を埋めたと。それで責任は私、区長があっからいいんだと。そういう問題でいいのかどうなのかということがね、私はね、あるんですよね。単なるその地区で埋めたがらほんでいいんだということじゃなくて、公園の中にですよ、公園の中にユンボでやって、そこに土砂を埋めて、埋め戻して、それでこれは私、区長の責任だからこれでいいんですっていうふうな、そういう問題ではないと思うんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 堀江議員のご指摘のとおりだというふうに思っておりまして、できる限りそういうことをしないで済むような対策を講じられるように、これから頑張ってまいりたいと思っておりますし、また、今改めてご指摘いただきましたけれども、汚染地域の重点地区ということで指定されておりますので、それに対してどのような対応ができるのかということも含めて検討をしていきたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この前、ことしの初めですか、1月の末に大河原町の放射能問題連絡協議会のほうから要望書が出たと思います。それには、その要望では、要望書の中には町内の放射線量測定結果ということで独自で調べた結果が添付されていたと思うんですけども、その数値を見ると非常に高いわけですね。これが果たして正しいかどうかというのは私はわかりません。でも、非常に高いです。ただ、その中で、先ほどの答弁の中にありましたけども、本年4月から5月にかけて町内数十カ所の土砂を採取してやったというふうな形なんですけども、国の処理基準値を超える地点が数カ所ありましたっていうふうなことですけども、これはホームページで公開していますか。ちょっと私は見なかったような気しているんですけども、どうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 側溝土砂の測定結果につきましては、ホームページでの、さらには広報紙でのお知らせはしてないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 何でしないんだかわかりませんけども、やはりね、毎月の各地区での放射能の、シーベルトの方向は載ってはいますけども、だからなぜね、これが出さないのかね。やはりきちっとやって、やはり開かれた役場だったら、やはりきちっと住民にきちっと説明をして、こいな状態で、こうなんだけども、何とか安全なふうな処理施設をつくるから何とか理解していただけないでしょうかというふうな交渉の仕方っていうのはないんでしょうかね。どうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 側溝につきましては、2つの方法の検査してございます。空間線量、それからその堆積土砂に含まれるベクレルというような形の中で検査をしておりまして、広報紙等に掲載しておりますのは空間線量のみになっておるところでございます。こういったことにつきましては、さらなる不安の材料にもなるということもありますので、少し検討をさせていただきたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) いずれにいたしましてもね、早ぐやっぱり側溝の土砂をね、やはりやってもらうように、検討する、検討するで検討、机の上だけで検討したって進まないわけですから、やはり町有地なりをきちっと、ここだらどうだというものをね、きちっと検討してね、一日も早くやはり側溝の汚泥が上げられるようにきちっと日程を決めてね、いつまでもっていうわけにはいきませんから、もう3年3カ月たっているわけですから、その辺のところをきちっと決めてね、やっていただきたいということを要望しておきます。
 それでは、次の第2問目に移ります。
 第2点目は、空き家などの対策についてでございます。
 近年、町内における空き家などがふえ続けている傾向にあると思われます。空き家は持ち家にかかわらず古い借家にも見受けられます。これらの空き家が放置され、老朽化し、台風などの自然災害による倒壊のおそれがあるものや、防犯・防火の観点からも心配されるとともに、敷地内の草木が著しく繁茂し、害虫などの影響で近所の住民の生活環境に悪影響を及ぼしたりしているものも多々見受けられます。これらの現状について町としての対応について伺います。
 (1)町として空き家の状況をどのように把握しているのか。
 1)町内に持ち家の空き家と借家の空き家(入居が不可能と思われる物件)は、それぞれ何件ぐらいあるのか把握しているのか。把握しているとすれば示していただきたいと思います。
 2)空き家などに対する町民からの苦情はあるのか。あるとすれば、どのような内容で、年間何件くらいあるのか。その対応はどのようにしているのか。
 (2)空き家などに対する町の今後の具体的な対応策は考えているのか。
 美里町では平成25年12月24日に美里町空き家等の適正管理に関する条例を制定し、ことしの4月1日から施行されましたが、大河原町としてもこのような条例が必要と思うが、町長の考えはどうか。
 (3)大河原町は区画整理事業などにより宅地が整備され発展してきました。このような状況の中、さまざまな理由があることはある程度承知はしていますが、住宅地の中に田畑があったりして何となくアンバランス的に思えます。田畑があっても適正に管理されているならばいいんですが、中には管理不十分で草木が繁茂し、近所の住民が迷惑している土地もあります。住民の生活環境の確保の面からも、町として土地の所有者に対して改善を呼びかけるなり何らかの対応をすべきと思いますが、どのように対応しているのか。また、今後の対応策について伺いたいと思います。
 答弁によっては再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、堀江一男議員の一般質問にお答えいたします。
 2項目目の空き家等の対策についてでありますが、この件につきましては、独自の調査を行っておりませんので、昨年12月の高橋芳男議員及び大沼忠弘議員の一般質問にお答えした内容とさせていただきますのでご了解願います。
 初めに、空き家の状況確認として、1点目の件数並びに2点目の町民からの苦情についてであります。1点目の空き家件数につきましては、平成20年「住宅・土地統計調査」データでは1,110戸となっております。なお、このデータはアパートの空き家も含まれているとのことであります。
 次に、2点目の苦情内容につきましては、敷地内の樹木や雑草等の生活環境に関するものが平成25年度に6件あり、家屋所有者に適正管理を依頼した経緯があります。
 次に、今後の本町における具体的な対応策についてのご質問であります。
 この件につきましても、昨年12月の高橋芳男議員のご質問にお答えしておりますが、第1は所有者の責任で対策を講じるべきと考えます。また、町としても防火・防犯などの面並びに家屋倒壊の危険防止などの面からも修繕、解体といった指導・要請などの対応を行う必要性もあると考えます。
 今後の具体的な取り組みについては、議員ご指摘の空き家対策条例の取り組み事例を参考にするとともに、本町にとって最もベストな対策を検討してまいりたいと考えております。
 最後に、区画整理地内での管理不十分な土地に対する町の対応のご質問でございます。
 この件につきましても、空き家対策同様、基本は所有者の責任で対応すべきであると考えます。しかしながら、近隣所有者からの苦情連絡もあることから、町としても所有者への連絡、要請などを行っているところであります。
 今後の対応につきましては、管理の適正を初め、有効な土地利用についても所有者への理解を求めることを検討したいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) この空き家対策について、昨年12月の高橋芳男議員及び大沼忠弘議員の一般質問にお答えした内容とさせていただきますということなんですけども、結局ね、高橋芳男議員にしても、大沼忠弘議員にしても質問したわけですよ。質問したことに対して、その後の対応策が何にもとられてないと私は思えるんですけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) そのご指摘につきましては、今回、美里町での空き家対策条例が制定されました。その以前にも仙台市、あるいはほかの自治体でもこういった取り組みをしてございます。総務課としてもそういった空き家対策条例の資料を集めるような形の中で検討してきたところでございますので、ご理解願いたいと存じます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 美里町、これ4月19日の新聞なんですけれども、美里町ではですね、2012年8月から10月にかけて行政区を通じて行った調査で158件が確認されているというふうなことで記載をされております。つまり、区長さん方にお願いをして、何件ということを調べてるんですよね。ですから、例えば高橋芳男議員にしても、大沼忠弘議員にしても、そういった形の中で一般質問をしているとすれば、やはり町としてね、きちっとした調査っていうのをまず先にすべきではないのかなというふうに思うわけです。条例を準備している。それはそれで結構だと思います。ただ、その条例をつくるにしても、何件があってという実態がわからないで条例をつくったってしようがないと思うんですけども、これいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ご指摘のとおりでございまして、調査は独自で行うべきだというふうに理解しているところでございます。この件につきましては、国のほうでもですね、法制化に向けた対応をしてございました。今国会の提出ということになっているようでございますけども、ちょっとそれが難しいような状況でございます。町としましても、そういった国の動向があるものですから、そこら辺でちょっと国の動向を見てという形に考えたものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 国の動向を見る、それから近隣の市町の動向を見る、これは非常に必要なことだと思うけども、これではね、後手だと思うんですよ。やはり町としてね、これが必要だと思う、まして2人の議員が12月に一般質問をしているわけですから、そういう形になれば、それなりの何らかの対応策っていうのを先にとらなければならないと私は思うわけです。
 美里町の空き家等の適正管理する条例も見ました。それから、それらの施行規則なども取り寄せて見ております。ただ、国のほうからの資料によりますと、これは空き家対策等の推進に関する特別措置法の概要というふうな形の中で、手元にありますけれども、平成25年10月では272の自治体が空き家条例をもう既に制定しているわけですよね、資料によりますと。そして、これには適切な管理が行われていない空き家などが防災、衛生、景観などの地域住民の生活環境に真剣な影響を及ぼしており、地域住民の生命、身体、財産の保護、生活環境の保全、空き家等の活用のための対応が必要だというふうな形の中でこういったものを、今国会は難しいらしいんで、次回の国会に出すようでございます。
 そして、この中にはですね、これが制定されますと、市町村によるこの計画の策定、基本指針、国による基本指針の策定、それから市町村による計画の策定等が義務づけられます。この法令を見ますとですね。特別措置法の空き家対策等の推進に関する特別措置法案要綱を読んでみますと。そうしますと、空き家に対する措置といたしまして、特定空き家等に対しては撤去、修繕、立木、竹などの伐採等の措置の指導、助言、勧告、命令が可能になるというふうになってございます。これはもう既に美里町のこれの中にもこれはうたっているわけですよね。だから、ほかの町がまだ、美里町は県内で町としては初めてのようですけども、やはり前に2人の議員が一般質問していることであれば、そういった部分から見た場合に、やはり何らかのね、条例があれするまで待っているというふうな形じゃなく、何らかのアクションを私は起こしてしかるべきだと思うんですけども、どうなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) ご指摘のとおりでございまして、まず現地の調査をしなければなりませんと思います。実は、固定資産台帳のほうから調べることは、これは個人情報保護の条例違反ということでまかりならんというふうになっているようでございます。したがいまして、現地を調査をしなければならない状況だと思います。美里町のように行政区長さん等のご協力を得ながら実態調査をしてみたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 今度の法律案ではね、空き家等の所有者等を把握するための固定資産税の情報の内部利用は可能だというふうに今度出ます。多分この法案がそのまま通ればの話ですけども。だから、いずれにしても、まずは区長さん方にとりあえず、区長さんにも迷惑ですけども、一番把握しているのは区長さんですので、区長さんなりが把握して、どこがどのようになってますというふうなところを把握していただいて、さらにそれを町の職員が全部チェックしていくというふうな形の中で、この空き家対策をやはり講じる必要が私はあるんではないだろうかというふうに思うわけです。
 私ごとですけれども、私の地区の私の班ですよ、班の中に2軒あるんですよ、2軒、空き家が。私の前の家なんても屋根は崩れてる、背丈以上の草はぼうぼう生えてる、このごろスズメバチが飛び始まってきてます。公園がすぐそば、通学路に回っています。そういうところでスズメバチが多発、発生した場合に、子供たちに被害が出た場合、一体誰が責任負うんですか。家主なんですか。その辺、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 責任の所在になるわけですけれども、基本的には持ち主の方の責任だというふうに思います。この制定条例なんかも見ますと、そういったことにならないような適正な管理をするような形の規定もされている状況になっているかと理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 確かにその持ち主の責任だというのは私も十分わかります。ただ、ここに今度は指導、助言、勧告、命令が可能だというふうな形にもありますし、それからこれが出る、国のあれが出る前に、もう既に仙台市とか美里町がやっているわけでございますから、大河原町でやれないということは私はないと思うんですよ。それで責任は持ち主でございますっつっても、持ち主が誰だかこちらがわからない。そして、いや、ここに蜂がありますよという。そうなった場合にどうやって対応するんですか、住民は。対応の仕方がないと思うんですよ。だから、きちっとしたやはり対応というものをね、事故が起きてからやるんじゃなくて、その前にやはり対応策をとんなきゃないと思うんです。今ここで私が私の家の前に蜂がぶんぶん飛び始まりましたよというふうなことを申し上げました。巣も1つありました。スズメバチの巣です。ですから、それをわかった時点でですよ、仮に何も対応策をとらない、あと極端な話、小学校の裏側のほうにもありますよね、借家のほうも、母屋のほうもね、ばんばん、ばんばん上げてっとこね。あれだって、この助言、指導したっていう、あれしたっていうふうに答弁にはありますけども、この敷地内の樹木は1番の中の答弁の中にね、25年に、最後のほうですけれども、家屋所有者に適正管理を依頼した経緯がありますとありますけれども、依頼をしたその結果はどうなったんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 多分昨年の話だと思います。それで、昨年、所有者の方に何回も文書なりで催促は行った経過がございます。ただ、その際に、その方、所有者の方が入院をしていて、なかなかできないというふうなご回答もいただいておるところでございました。雑草とあと害虫ですかね、アメリカシロヒトリがたしか大量発生したという状況がございましたので、緊急的に町のほうで一時的に害虫駆除をさせていただいた経過がございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) 私の家の前もね、今柿の木もやんまのくれうわあっとなっていますけども、もう虫つき始まってます。あそこも、もうすっからかんなるくらいアメリカシロヒトリがついて、それが風が吹くと皆吹っ飛んでいくんです、近所のほうに。ぜひね、私の家の前のあれを見ていただきたいんです。道路さもう、木はがつっ、草はがちっと入ってますし、そういった現状をね、やはり見ていただいて、そしてやはり依頼をしたけども入院してっからどが、ぐあい悪いがらって、んでそのままにしておくんですかっていうふうになるんではないかと思うんですよ。もし、ですからあそこ通学路になっててね、西桜第一公園、通称交通公園、あそこで子供たちがいっぱい遊ぶわけです。そこで例えば通学路の子供、通学路になってで、通学時の子供たちが、この蜂に刺されたとなったら、教育長、どうなります。どう対応します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 過去にも通学路の中に蜂が出たという通報がございました。そのときに直ちに、所有者ははっきりわからなかったことがありましたけれども、しかし子供たちの通学の安全を第一にということで蜂を駆除した経緯がございます。したがいまして、通学路に蜂がもし出ていると、しかも所有者が不明だという場合は緊急に対応したいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) いや、私ごとですけどね、結局、この前の日曜日なんです、たまたま。日曜日の夜にピンポンなったんで、うちの女房が出ていったんですけれども、そしたらワイシャツ着た、20代って言ってたけども、20代くらいの男性が来て、前の家は空き家なんですかと。4年前にも蜂の巣1つありましたけれども、ことしもまたありましたね、ことしもまた出ましたねって言われたんですよ。ところが、私ら見ても、その蜂の巣がどこさあるんだかわからないんです。ただ、あっ、たまにぷんぷん飛んでくるなっていうふうなのはあれしたんですけども、よっくよっく、よっくよっく、人の家だから入れませんので、道路がらしか見られませんが、よっくよっく見たら、徳利をひっくり返したようなのが、何でいいますか、ベランダのあそこさくっついているんですね。まだこんなもんですけれども。俺、スズメバチの巣っていうと、もうこいなものばり思ったら、そうでなくて、だんだんそれが大きくなるらしいんですね、インターネットで調べたら。それから、土の中にある、土の中にその巣をつくるオオスズメバチどがっていうのもあるんだということで、俺すっかりスズメバチってこいなのばりがなと思ったらそうでないと。だから、そだにまだぶんぶんってなるくらいは飛んでないんですけれども、ぷうんぷうんとたまに飛んでくるんですよ。ただ、その人が業者だかなんだかは私はよくわかりません。よぐめっけだなと思うくらい、私ら見てもわかんながったんですけれども。
 ですから、いずれにしても危ないわけですので、そういった場合のためにもね、やはりきちっとした対応をやはり町としてしていただきたい。そして、さらには空き家の条例ですね、これを一日も早くつくっていただいて、資料等はね、国のほうに言うともらえると思うんです。大体素案出てますから、あの空き家等対策の推進に関する特別措置法案要綱だとか、それから空き家対策等の推進に関する特別措置法案3項のって、行政代執行法とか、建築基準法とか、行政手続法とかありますので、これらを見ればね、ベテランの方々ですから条例はできると思うんですよ。ですから、その条例に基づいてきちっと対応していただけば担当職員だってやりやすいと思うんで、その辺、町長、最後にどうでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、おわびを申し上げますが、12月議会で2名の議員からご質問あって、検討すると言ったことを今日まで、形に見える形では、見える形では何もしておらなかったわけでありますけれども、条例の検討は庁内でも、庁議でもやっておったところであります。
 なお、調査につきましても早急にやるということと、一日も早い条例の制定を検討さして、検討じゃなくて、もうやるということで進めてまいりたいと思います。
 なお、議会でいろいろ答弁する中で、検討すると言ったことに対する進行管理も徹底するようなシステムをつくって対応していきたいというふうに考えておりますので、よろしくご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯7番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(堀江一男君) よろしくお願いをしたいと思います。特にこれに対する費用に対する補助は地方交付税で拡充するというふうな形になってますので、どれだけ来っか、それはわかりませんが、交付税の中でも見られるという部分もありますので、できるだけ早くこの空き家等の条例をつくっていただいて、住民が安心してやれるような対応策をお願いして終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時より再開いたします。
     午前11時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議長より、先ほど岡崎議員より昨日の一般質問での一部訂正の申し出がありました。ご案内のとおり「採択されます」が「上程されます」に訂正願いたいという本人の申し出がありますので、これを議長として許可いたしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 異議なしですね。はい。
 須藤 慎君の発言を許します。須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 2番、須藤 慎です。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして大項2点について一般質問をいたします。
 1.公園などへの複合遊具、健康遊具導入を。
 町の公園は1970年以降、遊び場確保のため整備が進みました。遊具は滑り台、ブランコ、砂場、または鉄棒が三種の神器とされ、画一的になりがちでしたが、近年、少子・高齢化を背景に公園に新しいタイプの遊具がふえ、子供の運動能力向上を目的に開発された、1基で複数の遊びができる複合遊具や大人向け健康遊具の導入が進んでいます。
 国土交通省の2010年度調査によりますと、複合遊具は全国で約2万8,600台が設置され、また健康遊具も2万台を超えるなど、1998年度調査から4倍になりました。
 少子・高齢化が進んだこともあり、現在は幅広い世代を対象にした公園整備が行われるようになり、中でも高齢者を中心に体力づくりができるような健康遊具が急増中であります。
 2002年には公園遊具について国の安全指針が策定されましたが、現在老朽化した遊具の刷新が進み、公園遊具の安全指針も改訂中のようであります。
 今後、限られた予算の中で公園の改修や遊具の入れかえなどが少しずつ行われていくことから、以下伺います。
 (1)今年度、修繕料として343万3,000円、遊具改修工事として300万円の予算を計上し、8カ所程度の公園、中島公園、緑町公園、高砂公園、小島3号公園、南桜町公園、東原町公園、東青川公園、山崎公園などの工事、修繕を予定しているとの説明でありましたが、具体的な工事、遊具改修内容を伺います。
 (2)複合遊具の販売元の1つでもあるボーネルンドという会社によると、1歳から15歳の子供の遊び方を科学的に分析し、多様な動きを取り入れ、成長に合わせた遊び方ができるように設計され、安全面にも配慮されているようであります。現在、広表第1、第2、第3、末広公園には大小さまざまな新しいタイプの複合遊具や健康遊具が、中部8号公園には新しいタイプの複合遊具が設置されていますが、厳しい財政状況下、限られた予算の中で今後、順次計画的に複合遊具や健康遊具を設置していくことを望みますが、見解を伺います。
 (3)東京都千代田区では10年ほど前に区内の2公園を介護予防公園に指定して、さまざまな遊具を設置、また北九州市では4月から、5人以上の高齢者グループで申し込むと、公園に専門家を派遣して健康遊具の使い方を指導するなど、それぞれの自治体が工夫を凝らして健康遊具を活用し、公園の有効利用と健康づくりの一助として取り組んでいるようでありますが、我が町も積極的に健康遊具を設置し、活用すべきと考えますが、見解を伺います。
 (4)世代交流いきいきプラザ入り口南側に何もない大きな空きスペースがあります。担当課の話では、イベントの際などに活用したいとの話でありますが、このスペースに末広公園にはない3歳から6歳用の幼児向けの複合遊具や健康遊具を設置し、小さい子供が遊ぶことができる場所や高齢者の健康づくり、介護予防のためなどに有効活用すべきと考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁によって再質問をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、須藤議員の一般質問、大項1.公園等への遊具についてお答えいたします。
 初めに、今年度予定しております公園遊具及び施設の修繕及び改修工事の内容についてのご質問であります。
 修繕につきましては、小島3号公園、緑町公園、高砂公園の複合遊具の木部の腐食、亀裂、ロープ及びチェーンの磨耗箇所の修繕、台部児童遊園のブランコの支柱腐食箇所の修繕、大河原公園、西桜1号公園、南桜公園、中部2号公園、東原町公園ベンチの老朽化のため、それぞれ2基ずつ、合計10基の修繕などを予定しております。
 また、改修工事につきましては、東青川公園のジャングルジム、南桜公園、中島公園、東原町公園の回転ジャングルジム、山崎公園の藤棚の建てかえを予定しております。
 次に、今後、順次計画的に複合遊具や健康遊具の設置を望むとのご質問でございます。
 公園管理につきましては、専門業者による遊具点検及び毎年職員による遊具・施設の安全点検を実施し、緊急性の高いものから計画的に修繕及び建てかえを実施しているところでございます。近年、全国的にも設置数の増加割合が高い遊具は健康遊具と複合遊具となっておりますが、これらの遊具は他の遊具に比べて費用が高額となっております。
 しかしながら、少子・高齢化の時代、これからの公園の役割を考えたときに、高齢者が集う場所として健康遊具設置の必要性も理解しておりますので、建てかえの際には既存の遊具改修との調整を図り、あわせて費用対効果等を含めて設置の検討をしてまいります。
 次に、公園等への健康遊具を設置し活用すべきではないかとのご質問でございます。
 健康遊具につきましては、遊び感覚で気軽に体を動かすことで高齢者の健康づくりや介護予防にもつながることから、全国でも導入する市町村がふえていると認識いたしております。本町におきましても、高齢者の健康づくり等を図るため、特に指導員を必要としない、健康増進に効果のあるシンプルなつくりで、町民の方が手軽に利用できる健康遊具について設置を検討してまいりたいと考えております。
 次に、世代交流いきいきプラザの空きスペースの有効活用についてのご質問でございます。
 健康遊具につきましては、既に末広公園に設置されておりますこと、また幼児向けの複合遊具につきましても遊具等の管理上、末広公園に設置するのが合理的と思われます。
 このスペースにつきましては、イベント等の際に活用するほか、当該施設につきましては防災拠点としての機能もあわせ持ちますことから、駐車場以外に一定程度のスペースの確保が必要と考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今答弁に今年度の工事修繕について答弁がありましたけれども、予定もあるでしょうから、しっかり安全面も含めて修繕工事していただければと思います。
 それで、話をちょっと健康遊具と、あと複合遊具と、あと世代交流と分けてちょっと話をさせていただきますので、ご了解願います。
 まず、健康遊具についてですが、これから順次導入していただくという話がございました。これ健康遊具の購入費は公園整備費の遊具改善、遊具改修工事費、これから支出されるのか、それともまた補助金の活用があったのかをちょっとお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 既設の公園の健康遊具の設置につきましては、広表公園でございますけれども、これにつきましては社会資本整備交付金で対応したものでございます。補助金の活用をしてございます。
 あともう一つ、保料公園でございますけれども、これにつきましては平成21年度に改修したものでございます。これにつきましては総務費の国庫補助金ということで、地域活性化・生活対策臨時交付金ということで補助金を利用したものでございます。以上でございます。(「末広公園は」の声あり)
 末広につきましては、単費で平成18年度に整備したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 補助金を一部、一部というか使った施設もあるということですけども、これ補助率100%で補助金が使えるものがあったんですけども、それは活用しなかったのか、把握してなかったのか、多分担当は健康福祉課になると思われますけども、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 健康遊具の設置につきましての補助金、交付金につきましては、地域介護・福祉空間整備推進交付金というのがございまして、この末広公園に設置するときには、この交付金については活用はされなかったものと考えておりますが、今後設置する場合にはこのような交付金を活用して設置してまいりたいと考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 今課長さん言われた、そうですね、厚労省の地域介護・福祉空間整備推進交付金、これを使えば100%補助、設置費とかは別なんでしょうけども、ちなみに私が調べた範囲では、24年から26年、この3カ年でこの補助金が出ているそうです。仙台市では24年度で2,600万、25年度で1,000万、26年度で860万、計4,400万をかけて健康遊具、84公園のうち既に仙台市では60公園でこの健康遊具を設置しています。お隣、柴田町、柴田町はですね、24年度、300万、25年度、200万、今年度、300万、計800万、3年で補助金を活用して健康遊具を設置してます。お隣、村田町、村田町も今年度、200万、補助金、これを活用してます。
 これ残念ながら今年度で終わりのようでして、もう申請も終わって、今年度はもう終わりだそうです。27年度からは、もしかすると名前を変えて同じような形態で補助金が出てくるかもしれないという話です。終わるかもしれません。これですね、この補助金、大いにこういう補助金、うまく活用すべきと考えるんですけども、そのための情報収集といいますか、アンテナを高くするということが極めて重要と考えるんですけども、これは担当課長、総務課長なのか、企画財政課長なのか、この辺ちょっとお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) ご指摘のとおりだと思います。さまざまな補助メニュー等について今後、いろいろご指摘のようなアンテナを高くして情報収集に努めてまいりたいと思うところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 一応確認ですけど、これ、あるのがわかってて申請をしなかったのか、それとも後から気づいたことなのか、ちょっとそれだけお聞かせ願えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 健康福祉課におきましては後から気づいたものでございまして、今後の継続については今の段階では未定だというようなことなので、継続であれば活用していきたいというふうに考えております。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひ、27年度も出て、これは活用していただいて設置を進めていただければと思います。
 では、次に健康遊具の有効活用という点から質問をさせていただきますけども、今公園に置いてある健康遊具、これ町民に、何ていうんですかね、このような遊具が設置されましたよというその告知、もしくは何かお知らせのようなものはされたのか、ちょっとお伺いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 健康遊具につきましては、特に告知はしてございません。公園そのものとしまして街区公園ということで、利用範囲、200メーター前後の利用範囲を想定しておりますので、特段のその告知はしてございませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) やはりですね、これ、まず健康遊具という名前の周知が必要と思うんですけども、たしかに広表第2公園とかに置いてあってすごいいい、私も行って使ってみたんですけども、うまく使えば物すごくいい遊具だと思うんですけども、今の状態だと、ただこう置いてあるというだけで、私も使ってみたんですけども、正直、末広公園には説明書きがあって、こういうふうに使いますよ、こういう効果ですよってあるんですけども、そのほかのところには全くなくて、非常に使い方が私も正直わかりませんでした。せっかく置いてあるので、ぜひこれホームページでもいいですし、広報もいいのかどうか、ちょっとあれですけども、その横に末広公園のように説明書き、設置すべきとも考えますが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 健康遊具の利用の説明書きということでございます。末広公園につきましては、当初からメーカー仕様の説明書きがあったものでございます。それを一応利用したものでございます。広表につきましては、メーカー等のそこの説明書きの仕様がなかったということで設置はしてはおらなかった経緯がございます。当然その利用方法がわかればもっと有効に利用できるというところを鑑みますので、今後利用の方法の説明書きの設置は検討していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) よろしくお願いいたします。
 ちなみにですね、仙台市ホームページの中に健康遊具の説明が出てまして、どこの公園にこういう遊具が置いてありますよ、ぜひご活用くださいというようなことも載ってますので、その辺もあわせてぜひ検討していただければと思います。
 次ですけども、通告の中にもありましたけども、健康教室、これ介護予防教室、こういうのを開催している市町村もあると。これ、せっかくどんどん入れていくのであれば、ぜひですね、この教室などを開催していただいて、健康遊具の利用者がふえていくこと、イコール公園を利用する方もふえるということにつながると思いますので、いかがでしょうか。また、町民学園の中にでも取り入れたりして活用を図るということも考えられると思うんですけども、町長、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民学園の入学生といいますか、入園生といいますか、活用をいただく方につきましては学生手帳なるものを発行する予定にしております。その学生手帳はポイントをもらえる欄のほかに、健康増進のためにこういう活動をしましょうというようなPRもしたいと思っておるところでありまして、その中に公園の健康遊具があるぞというようなこともPRして、より多くの方に公園で遊んでいただければというふうに、遊びながら健康を増進していただければというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひお願いしたいと思います。町内には健康運動指導士という資格を持った方もいらっしゃいますし、その辺、指導できる方もおりますので、ぜひそういう方を活用して、そのような教室を開催することも考えてみていただければなと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 答弁もれがあったので、また、再々質問でございますけれども、ぜひですね、その指導者の方にですね、これから予定をしておりますが、町民学園の講師といいますか、教授、名前、ちょっとまだ決めてはいないんですけれども、講師になっていただくようにボランティアとして募集をしたいというふうに思っておりまして、その中にぜひ健康教室、遊具を使った健康教室もメニューの1つにしていければというふうに思っておりますので、ぜひ前向きに検討させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) よろしくお願いいたします。
 それでは、続きまして複合遊具についてちょっと話を移させていただきます。
 答弁の中にも話あったんですけども、何か金額が高いと。そして、維持費にもお金がかかるということを前提にしてお話をさせていただきますけども、今町内にある公園、児童遊園などの遊具はどちらかというと、まさに一昔前の遊具と言ってもいいと思うんですが、この辺、担当課ではどのような認識でおりますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) 公園の遊具につきましては、須藤委員さん、お話がありました一番当初につきましては単独、ブランコ、滑り台、砂場という、まさに三種の神器ということでございます。ただ、それ以降、当然時代が変わりまして、あとその公園の利用形態につきましても児童を対象にしておったものが、少子・高齢化に伴いまして高齢者の皆さんの利用もふえるということを判断しまして、当然複合遊具の設置数がふえているものとは認識してございます。当然、単独遊具につきましても老朽化があるものという認識はしてございます。
 当然、先ほど町長の答弁にございましたように、当然その修繕をしながら遊具を存続させるのも1つの方法でございます。それと同時に、やっぱり新しい遊具の利用方法を検討するのも1つの方法だということでは認識しておりますが、やはり今の健康遊具につきましても相当高い値段でございます。1基数百万というような遊具、材質によりますけども、そういう状況の中ですぐに複合遊具に切りかえるということは、当然費用対効果を考えた場合、難しいものという判断はしてございます。ただ、やっぱりそういう形での利用、子供から老人まで利用できるような複合遊具、そういう遊具の必要性は認識しているものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) やっぱりですね、この町内歩いてみますと、きれいな公園、そして新しい複合遊具が置いてある公園には、やっぱり子供たちが多く遊んでて、親子でこういっしょに楽しんでいる姿が多く見られます。まさに、今の一昔前の遊具っていうのは、皆さんもご存じのとおり、こうかたい金属パイプみたいなものでできていまして、今の遊具ですと高密度ポリエチレンのパネルとか、あと特殊強化ナイロンとか、あと対紫外線ポリウレタン樹脂とか、屋外でも耐久性にすぐれ、そして安全面にも配慮され、さらには子供たちが遊んでみたいという興味を引くようなカラフルな健康遊具が今出てきております。
 町長にちょっとお伺いしますけども、今現在、修繕料で今年度340万、遊具改修で300万、これで現実問題、新しい遊具に買いかえるというのはなかなか厳しい状況にあるということは重々認識しております。話に聞きますと、村田町では、去年かな、塩内公園というところに補正予算で500~600万円かけてすごい大きな健康遊具を入れて、見てきたんですけども、やっぱりすごい、子供たちが楽しそうに遊んでいる姿が見えまして、これ何とかですね、何か遊具入れかえ費というような予算をしっかり確保することも1つではないかと思うんですけども、ちょっと見解をお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) すばらしい遊具ということで私も塩内公園、ぜひ、おくればせながら見てきたいと思っております。その上で費用対効果もあろうかと思いますので、議員の意に沿うかどうかわかりませんが、検討はさせていただきたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) よろしくお願いします。
 それで、さっき日下課長からもちらっと話出てたんですけども、社会資本整備総合交付金、これ多分もともとのまちづくり交付金ていうんですかね、旧まちづくり交付金、22年度から社会資本整備総合交付金に統合されて、都市再生整備計画事業、これらを活用して公園整備をしている自治体もあるそうです。柴田町もそのようでして、新しく大きな公園、ヨークベニマルの裏あたりにできて、物すごい、結構広い、新しい公園つくってくださいというわけではないんですけども、そういう補助金の活用の仕方もあるのかなと思ったんですけども、今年度予算に計上されてる社会資本整備総合交付金4,840万、今回の補正で990万減額と。3,850万。これはほとんど道路の関係ということで、確認だけお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) これにつきましては、病院西線の社会資本整備総合交付金の減額ということです。
 それで、先ほどちょっと申しましたように、広表1号公園、3号公園ですね、それにつきましては、金ヶ瀬地区の中東線の歩道整備事業がございました。これを道路事業でやったわけでございますけども、道路事業の附帯施設の整備というような補助メニューがございましてで、道路本体と一緒に公園を整備したものでございます。そういう経過で補助の対象になったものということで理解してございます。
 それで、あとまちづくり交付金、柴田につきましては都市再生のまちづくり交付金ということで、町全体のまちづくりを考えた上での公園整備というような位置づけをしておりますので、今回、うちのほうでやりました道路事業の附帯事業というような位置づけではないようでございますので、ご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 何回も申し上げますけれども、新しい公園ではなく、既存の公園をいかに整備して、そして利用者に、町民の方に安全に楽しく利用してもらう施設、これを目指してしっかり取り組んでいただきたいなということを要望しておきます。
 続きまして、世代交流についてですけども、答弁では、あっ、そうですね、イベントなどに活用するほか、当該施設につきましては防災拠点としての機能をあわせ持ちます。ただ、駐車場以外に一定程度のスペースの確保が必要と考えておりますと。はい。
 あの空きスペース、このような使い方もあるのかなとは思うんですけど、私、何回も通るんですけど、すごいもったいないような気がするんですけども、あのスペース。ちなみに、そのイベント、地区のイベント等ですか、これで年間何回ぐらいあそこの場所を使う予定でいますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 現在のところ、開館した間もないものでございますので、各地区のほうからの利用のお話はいただいておりません、ところでございまして、今後、その施設関係などの状況をよく地域の方が把握してくれば、こういうものに使わせてもらいたいとかというようなご意見が、ご要望が出てくるものと思われますので、その際に活用させていただきたいということと、また……、以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 地域の方々の声を聞いてということなんでしょうけども、基本的にはああいう有効なスペースがあって、それを町民の方にどういうふうに使いますかというようなことよりも、やっぱり町でこういうふうに使いたいんだと。それで町民の方にこれでどうですか、何か意見を聞くんだったらわかるんですけども、最初から町民の方の話を聞いて、それを取り入れてつくるということですか。町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 基本的には町民の要望に沿う形になろうかと思いますが、それを待ってるのではなく、ある程度町が一定の方向を示した上でやる方法のほうが望ましい場合もありますので、そういった手法でできればと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 日下課長にちょっとお聞きしたいんですけども、町内の公園に、遊具なんですけども、ゼロ歳児とか、ゼロ歳児から3歳児とか、そういう幼児向けの遊具の置いてある公園ていうのはありますか。もしわかればでいいです、教えていただければ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ゼロ歳児から3歳児という限定された利用でございますけども、当然、公園の遊具の中で複合遊具につきましてはですね、おおむね3歳から12歳というような言われ方はしてあるようでございます。それで、ゼロ歳児から3歳児までの遊具というと、なかなか掌握はしてございませんけども、利用の方法については難しいのかないうことで理解してございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) それでですね、ほとんどないという認識でよろしいですよね。今の遊具、新しい遊具の中には1歳から4歳用とか、あと2歳から6歳用とか、物すごい小さい子供さん向けの遊具が出てまして、値段もそんなに高くないんです。10万円台ぐらいからあるんですけれども、ここに、会社の宣言するわけじゃないですけども、遊具があるんです。例えば馬に乗って、あのシーソーみたいなのが10何万円からとかですね、そういうのもありますので、もしですね、町内の公園、児童遊園、もしくは私はあそこの世代交流のスペースにちっちゃい子供向けの遊具を置けば、まさに絵本も使う、読み聞かせもする、そしてあの場所で運動もする、うってつけの場所だと思うんですけども、吉野課長、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 町長答弁でもございますように、まず本施設につきましては、災害時の防災活動の拠点ともなり得るというような機能もあわせ持ちますことから、一定程度のスペースは、空きスペースは必要だというふうに認識しておりまして、なおかつ隣接地に末広公園がございますことから、そちらのほうにゼロ歳児から3歳児用の遊具を設置して、あわせて管理していただくのが適当ではないかというふうに考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ということは末広公園に幼児向けの複合、複合じゃない、その遊具を、でもあそこは狭いと思うんですよね、もうあれでいっぱい、いっぱいだと思うんです。その辺は、吉野課長、地域整備課長と皆さんでしっかり相談していただいて、ぜひ、小さい子供向けの、本当にその遊具、ぜひ町内のどこでもいい、私は世代交流を要求しますけども、ぜひそれも含めて検討していただければと思います。よろしくお願いいたします。
 それでは、最後に、繰り返しになりますけども、既存の公園、これをしっかり、よりよく整備して、親子、そして高齢者、今3世代公園ていうのもありまして、小さい子供たち、親子で遊ぶ、おじいちゃん、おばあちゃんも遊ぶ、そういう3世代公園ていうのもふえてますので、ぜひそういう公園にしていただきたいと、町民が安心して楽しく健康づくりをしながらできる公園の要望を強く願ってこの質問を終わります。
 それでは、続きまして2点目の質問に入らさせていただきます。
 2.職員研修に積極参加を。
 少子・高齢化、人口減少による人口構造や地域の社会経済構造の変化、そしてコミュニティー基盤の弱体化、さらには公共施設の老朽化など、我が町も含め全国の自治体で諸課題が山積しています。26年度の宮城県が目指す職員像の中に、「職員が今まで以上に能力を発揮し、職員一人一人の政策力や現場対応力の向上を図ることが必要とされる。また、従来とは違った新たな制度設計や思い切った手法を取り入れていくことが不可欠であることから、職員には住民ニーズや課題に対応した独自の政策を企画・立案し、遂行していくことが求められており、職員一人一人が柔軟な発想でみずから創意工夫をし、地域の振興・発展に貢献していく姿勢がますます大切となる」とあるように、これからの自治体職員は町の将来ビジョンを描くことができる職員、幅広い視野と判断能力を持った職員、住民の安心・安全を確保するための職員、また高齢社会へ対応できる職員、さらには住民窓口などの多用化する住民サービスへ対応できる職員など、これまで以上に専門的な能力を持つことや的確な対応が求められます。職員は行政のプロフェッショナルとして、今後さらなるレベルアップが必要であり、職員の自助努力はもとより、研修などへ積極的に参加し、より高い専門性のスキルを身につけることが重要と考え、以下伺います。
 (1)町長は26年度施政方針も含め、幾度となく「役場組織は町内最大のThink Tankであり、Do Tank」と表現していますが、役場職員に対する町長の思いを伺います。
 26年度研修旅費として対前年度比100万円増の150万円の予算が確保されています。予算委員会においても増の理由を「今まで抑制していた研修機会をふやす」との説明でしたが、人材育成の観点からも極めて重要なことから、この経緯について伺います。
 (3)富谷町の東北自治研修所で行われている階層別研修(管理者研修・中堅職員研修・初任者研修など)には当然参加していると思われますが、それ以外の専門分野の研修の25年度の参加人数、研修内容及び26年度の参加予定者数、研修内容について伺います。
 また、全国市町村職員中央研修所(JAMP)や全国市町村国際文化研修所(JIAM)などへの県外への宿泊を伴う研修には余り参加してないようですが、この理由と25年度の参加人数と26年度の参加予定者数についてもあわせて伺います。
 (4)宿泊を伴う県外への研修に参加する際には、基本的には職員による手挙げ方式のようでありますが、現在の仕事の状況や今までの通例などを考えれば、なかなか積極的に手を挙げることができない雰囲気があると感じますが、この理由と現状及び課題を伺います。
 (5)今後職員が県外への宿泊を伴った研修に積極的に参加できる体制づくりと環境整備及び仕組みづくりがぜひとも必要であると考えますが、見解を伺います。また、多くの自治体でも職員研修計画を策定していますが、大河原町も策定すべきと考えますが、見解を伺います。
 以上、答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 引き続き、須藤 慎議員の一般質問、大項第2、職員研修に関するご質問にお答えいたします。
 初めに、役場職員に対する私の思いについてのご質問であります。
 私は、まず第一に役場職員は勤勉であり、高い課題解決能力を有する最大の行政資源、そして財産であると考えております。また、役場の使命は、住民の皆さんに多様なニーズへの対応と質の高いサービスを最大限に提供するものであると考えております。そして、そのためにも役場の組織力の維持、強化が必要であり、組織がもたらす効果こそが住民サービスにつながるものと確信しております。つまり、組織を構成する職員は住民サービスのための人材であり、可能性を秘めた資源であり、まさに課題を解決する頭脳と行動を起こす集団であると考えているところであります。
 そして、なお一層、職員みずからの意識改革や資質の向上などが図られる政策イノベーションへの取り組みを期待するものであります。
 次に、研修旅費の増額に関する経緯でありますが、大沼忠弘議員の一般質問にお答えしておりますとおり、重要性と必要性の面から本年度に増額計上したものであり、専門分野等の研修を含め県内外の先進地視察研修など多種多様な参加として柔軟に活用できるものと考えたものであります。
 次に、階層別職員研修以外の実績と予定者の数並びに県外宿泊研修の少ない理由についてでありますが、まず研修実績等についてお答えいたします。
 専門分野における実務的な研修としては、OA研修4人、条例・規則作成研修7人、民法入門講座1人、契約関係研修1人、その他財務担当者研修、労務管理研修等、延べ23人が受講いたしております。
 また、本年度につきましては、7月までの専門分野研修受講者は23人を予定しているところであります。
 さらに、県外宿泊研修の少ない理由につきましては、特に予算を計上していない状況があったことや、次の4点目でもお答えいたしますが、通常業務の関係などから参加しがたい状況などによるものと考えております。しかしながら、県内での同様のテーマ研修につきましては積極的に参加している状況にあります。
 なお、本年度につきましては、JAMP(市町村職員中央研修所)での専門研修の受講を検討しているところであります。
 次に、職員の積極的な研修参加ができない理由や課題等に対するご質問であります。
 1つに、職場環境にも課題があると考えます。地方分権に伴い地方自治体の責任と役割が求められ、さらに国や県からの権限や事務が移譲され、対応する職員にとっては通常勤務時間の中では対応できない状況もあり、このようなことが職員の研修参加意欲の抑制にもなっているものと考えております。
 最後に、今後の職員研修体制等についてのご質問であります。
 1点目でも申し上げましたとおり、組織が成果を生み出すためには組織を構成する職員自身の自己啓発、業務への意欲と行動力などが欠かせないと考えております。
 そのためにも人材、資源とする職員の能力を高める研修は非常に重要な事業であり、職場内コミュニケーションや組織横断的な協力体制などの環境づくりとあわせ、職員研修計画の策定、さらには職員の人材育成に係る基本的な方針などについても検討すべきと考えているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 町長の職員に対する思い、聞かせていただきました。私も共感する部分、多々ございます。ぜひですね、この大河原町をよりよい町、そしてより住みよい町にしていくために、今も当然懸命に努力はされておりますけども、さらにレベルアップしていただきたいと強く思います。この研修旅費、増額したのはすごく私はいいことだと思っております。ちょっとお聞きしたいんですけども、総務課長、今までに総務課長自身で宿泊を伴った研修に勤続、この何年間かで参加されたことはございますか。ちょっとお聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 私自身のことになるかというふうなご質問でございますけれども、実は私も接遇の講師の研修を受けたことがございまして、1週間ほど、仙台だったんですけれども、そこで研修を受けて資格を取りましたといいますか、そんなことの研修を受けたこともございます。それから、以前に行革の絡みで協働というような形の中で担当したときにも、ちょっと宿泊、3泊4日ぐらいだったんですけれども、そういった勉強をさせていただいたところでございまして、それは階層別の研修とは別の研修ということで参加した記憶がございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) その感想もお聞かせ願えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 研修といいますと、いろんなとこから職員が集まってまいります。富谷の研修でもそうですけれども、研修が終わった初日は交流会をしましょうというような形の企画もあるようでございます。最近では管理者研修の最後の研修という形の中で講師の先生も、研修の中でいろいろ学ぶことも大切だけれども、やはりこういった職員の交流がもっと大切だっていう話をされた記憶が今でも残っておりまして、いろいろな方と向き合いながら情報提供、情報交換、そういったことも非常に大きな人材づくりに、つながりになっていくものというふうに感じているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ありがとうございます。実は、私も5月にJIAMの研修、新人議員研修、4泊5日の研修に自費で参加してまいりました。大変有意義でして、今藤田課長さん言われたとおりすごい、私の場合は北は北海道から南は九州、沖縄までの議員が集まってきてまして、いろんな交流をして、そして意見交換もできて、やっぱりそれをすることによって意識の向上にもすごくつながりましたし、そして、何ていうんですかね、視野がすごく広がった感じ、それを実感してます。今後も私は1年に1回ぐらいは自己研さんのために行きたいなとは思ってるんですけども、総務課長、今の職員に、どうですかね、そういう富谷町のアカデミー、もしくは千葉にあるJAMP、そういう研修に今の若い職員に参加してほしいと、どうですか、思いませんかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) この職員研修につきましては、昨日といいますか、先日、村田の総務課長からもどういった取り組みをしているかというお話をいただきまして、残念ながら私のほうではアカデミーへの出席は、私の記憶の中ではないというようなこともございました。お話を聞きますと、村田町さん、あるいは柴田町さんも参加しているような状況でございまして、実は、まだ確定はしてございませんけれど、本年度、先ほども町長のほうで答弁させていただきましたけれども、今調整中でございますが、何とか市町村アカデミーのほうに、行ってこいとは命令はできませんけれども、お願いというような形の中でちょっと今調整をしているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ちなみに、ちょっとお聞きしたいんですけども、今現在、その研修の、何ですかね、職員に対する周知というか、その案内というのは、案内があった場合は職員に、「どうですか、行きたい方どうぞ」というような感じであれしているのか、ちょっとその辺、お聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 研修の情報につきましては、私のほうから、総務課のほうから各職員のパソコンのほうにメールなんかを配信しているところでございまして、基本的なスタンスとすれば希望をとるというような形になっているかと思います。ただ、私のほうでも、例えば条例の作成でありますとかですね、そういった部分については、例えば法令審査員なんかも任命されているところもありますので、そういった方には積極的に呼びかけをしたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 答弁の中にもあったんですけども、実際の仕事の現場を考えるとなかなか難しい状況にあると。それは私も重々承知してますし、わかります。
 今藤田課長、村田町の話と柴田町の話をしましたけども、村田町は手挙げで、そういう行きたい人っていう感じという話でした。済みません、逆です、柴田町です、柴田町は手挙げ式で、村田町は総務課のほうで指定をして行きなさいといいますか、名前まで指定して行かせてるという状況のようです。ことし、今年度1人行かれるという話ですけれども、アカデミーとかは、もう年間のスケジュールがざあっともう決まってまして、先ほど堀江議員の空き家の質問もありましたけども、たまたまそれを見てたら、空き家対策からまちづくりを考えるという研修が12月3日から5日まで3日間というのもあります。この辺の、何ていうんですかね、ことしはどういう形で行ってもらうようになったかあれですけども、今後、やっぱり総務課のほうで若い職員に行ってこいと、勉強してこいというようなことも必要と思うんですけども、その辺ちょっとお考えをお聞かせ願えますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) その件につきましては、町長が最後の答弁で話しております職員研修というような形の中で対応すべきなのかなというふうに思っております。私のほうでも、なかなか手挙げ方式では参加が進まない状況があるのかなということでは危惧してございます。いろいろな研修のメニューも前もってわかるような状況がありますので、経験年齢等を加味しながら指名というような形の中でも対応したいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) ぜひですね、新しく入ってくる職員、当然初任者研修等は受けるんでしょうけども、これからのやっぱり若い人、若い職員にぜひともですね、周りの町に負けない能力を持った職員にぜひなっていただきたいということで、この辺は町長も含めてぜひ町を、担当課といいますか、庁議ででもしっかり対応していただきたいということを強く要望させていただきます。
 職員研修計画なんですけども、インターネットで調べるといろんなところの職員計画が出てきまして、私が参考にしたのは、何だ、大阪府の富田林市というところの職員計画を見さしていただいたんですけども、初任者、新入職員ですか、の育成制度とか、今言われているOJTとか、メンター制度とか、そういうのも導入をして、やっぱり上司と部下がしっかりと意見交換、助言、アドバイスできる、その信頼関係もしっかりつくれるというような制度もその中には入ってるようでして、その辺も含めて職員研修計画についてちょっと改めてお考え、お聞かせ願います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 何か後ろでも手挙げたようでありますけども、今、須藤 慎議員から職員研修のあり方についてるるお話を聞いたところであります。大変参考になる、魅力あるご提言だというふうに承っております。庁議でも、例えば先ほどお答えした中で政策イノベーションの文化をこの役場でつくっていこうということで、こういった研修のほかに先進事例、いわゆる先進の開かれた町を、開かれた先進のまちづくりのためにも新しい政策をいろいろ研修をしていただきたいというようなことから、政策イノベーションという文化をこの役場につくっていただきたいということを庁議でも申し上げております。
 そんな観点から、ぜひ、今お話しいただいた提言を前向きに捉えて、本当に町役場の職員というのは町の大きな財産でございますので、すばらしい能力を持ってますので、この潜在力をもっともっと引き伸ばすように研修は大事にしたいというふうに思っております。今年度、150万でありますけれども、予算執行の残りないぐらいに頑張っていきたいというふうに思っております。もし足らなかったら補正を、今後はちょっと余分なことを言いますけれども、予算をきちっと執行して、今、一番大事な問題は何かというようなことを、手挙げ方式も大事ですけども、今大河原町で研修を受けるとしたらどういうテーマで受けたらいいのかということを決めるならば、当然担当課が決まってきますので、そういったことで年齢等を加味すると当然固有名詞が挙がってくるわけですから、そういった形で町の将来を考えながら研修を十分に生かしていきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 今から研修計画の構築というふうには私のほうでは考えたいと思います。ご指摘にありましたOJT、あるいはOFFJTですね。そしてまた自己を磨くような研修、こういった取り組みが研修計画の中でちょっと示されていくものだっていうふうにはちょっと個人的に思っておりますけれども、あわせて職員一人一人が育つような人材の育成なんかも必要というふうに思っているところでございまして、そういったものについて今後計画づけしたいというふうに思っているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 須藤 慎君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯2番(須藤 慎君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(須藤 慎君) 計画をつくることが大事なのではなくて、今まさに町長と課長おっしゃられたように、ぜひ若い、若い職員だけではないですけども、私たち議員も含めて、やっぱり同じ町をよくしていきたいという気持ちは変わらず一緒ですので、ぜひ一緒になってですね、努力をして、よりよいまちづくりのために頑張っていきたいし、職員にもぜひ頑張っていただきたいということを申し上げまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後 1時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 丸山勝利君、発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 6番、丸山勝利です。議長の許可を得ましたので、通告書に従い一般質いたします。
 私の質問は1つ、「絵本のへや」廃止についてです。
 駅前オーガ内の大河原駅前図書館に併設する「絵本のへや」が4月1日より無人化になり、9月1日から30日まで全館休館にして絵本や備品を本館に移動し、10月1日より完全に絵本のへやが廃止になるとあるが、絵本のへやは平成16年8月のオープン以来、未就学児や児童たちの本に対する、なれ親しむ情操教育の絶好の場所でした。図書館本館とは違い、未就学児の親子などが絵本のへやで、読書や情報収集、知的蓄積などで図書館を訪れる利用者に気兼ねなく、じゅうたんコーナーなどのスペースで子供たちに絵本を見せながら読み聞かせする絶好の場所として町民の方々から愛され、利用されてきました。また、施設がオーガ内にあることから、雨などの日でも駐車場から建物内にぬれずに入れ、小さいこども連れの親にとっては大変利便性がよく、施設内にはデマンド型乗り合いタクシー「さくらっきー号」の事務所もあり、さくらっきー号の利用にも便利で使いやすい施設となっております。今後、廃止ではなく、さらなる充実が図られてもいい施設だと思われ、大河原町の未来を担う子供たち、特に未就学児や児童の読解力向上と情操教育にとって必要不可欠で重要な施設なので、以下お伺いします。
 (1)絵本のへやが廃止されるのは、いつ、どのように決められたのか。決められた経緯は。
 (2)絵本のへやの廃止を利用者にどのように周知してきたのか。また、これからの周知は。
 (3)3月議会の予算委員会では絵本のへやの予算組みがされ、議決されているが、今後の対応は。
 (4)絵本のへやにあった除籍本が世代交流プラザに移動されたが、何冊移動されたのか。また、今後世代交流プラザでは絵本をどのように活用していくのか。
 (5)世代交流プラザに移された本以外に現在、絵本のへやにある本は何冊になっているか。また、今、絵本のへやにある本が本館に移動された場合、絵本を置くスペースは十分確保されるのか。本館に親子で読み聞かせできるスペースは確保できるのか。
 (6)現在、絵本のへやは無人になり、本館から職員が見回りする程度になっているが、町長は4月24日の全員協議会で、無人になっても絵本などの盗難や紛失などはないと言っていたが、現在の管理状況で本当に1冊も盗難や紛失はないのか。
 (7)大河原町内の小・中学校では読解力の向上と読書の重要性から図書室の充実を図り、図書の充足率向上と読書の推進などに取り組んでいるが、絵本のへやの廃止は取り組みに逆行しているのではないか。また、未就学児が本になれ親しむことは情操教育に非常に重要で意義のあることだと思われるが、どのように考えているか。
 以上7点、質問いたしまして、答弁によっては再質問さしていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、丸山勝利議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、絵本のへやが廃止されるのは、いつ、どのように決められたのか。決められた経緯はというご質問であります。
 万波孝子議員の一般質問でもお答えいたしましたとおり、3月の当初予算で絵本のへやの施設賃借料を計上した際、本来であればここでご説明申し上げるところ、説明していなかったことに改めておわび申し上げます。
 平成16年に駅前図書館に絵本のへやを設置するために締結した10年間の賃貸借契約が平成25年度末で切れ、大河原商業開発との契約で撤退の時期が決まっていなかったため、絵本のへやの機能の一部を世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ヶ瀬公民館に移して図書館の絵本利用者の利便性を極力損なうことなく、予算の効果的な執行を図るために決定した措置であります。
 次に、廃止を利用者にどのように周知してきたか。また、これからの周知はというご質問であります。
 岡崎 隆議員、万波孝子議員の一般質問でもお答えしましたとおり、第1回目は3月25日に読み聞かせボランティア「レール」5名の方に、2回目は4月30日に読み聞かせボランティア「レール」6名の方と家庭文庫1名の方に説明会を開催し、今後は広報等さまざまな形で町民の皆様にお知らせし、絵本とのへやの一部移転についてご理解をいただきたいと考えております。
 次に、絵本のへやの今後の対応についてのご質問でありますが、絵本のへやの跡地利用につきましても、町民の皆様のさまざまなご意見があることから、議員の皆様ともご相談させていただきながら、その利用についても検討してまいりたいと考えております。
 次に、世代交流いきいきプラザに移管された絵本関係のご質問であります。
 移管された冊数は3,316冊でありまして、現在ロビーに展示しており、子育て支援センターや児童クラブをご利用の母子や児童が利用しており、大変好評を得ているところであります。
 今後につきましては、絵本の貸し出しや読み聞かせ等も行い、子育て支援環境の充実に取り組んでまいります。
 次に、絵本のへやの現在の絵本の蔵書数と図書館本館に移動された場合、絵本を置くスペースは十分確保されるのか、本館に親子で読み聞かせできるスペースは確保できるのかという質問であります。
 現在、絵本のへやは、蔵書数が6,464冊となっております。
 今後、駅前図書館の本を精査し、絵本を展示してまいります。また、駅前図書館に絵本を置くスペースにつきましては、蔵書等を再整理し、計画的に進めますので、十分確保できるものと考えています。
 また、駅前図書館で読み聞かせを行うと声と音が他の来館者に影響が出るため、場所を改めて研修室や、人数が多い場合はイベントホール等を利用していただきます。
 次に、絵本のへやの現在の管理状況で本当に1冊も盗難や紛失はないのかという質問であります。
 盗難や紛失等につきましては、蔵書点検時で全資料の点検後に判明いたしますが、現在は30分置きに職員が見回りを行っており、熟練の職員がその都度、本の整理をしておりますので、現時点では紛失等はないと報告を受けております。
 次に、町内の小・中学校で読書活動の推進に取り組んでいることと今回の措置は逆行しているのではないかという質問であります。
 図書の充足率向上への取り組みについて評価いただきましたことに感謝申し上げます。
 未就学児に対し、絵本になれ親しませ、情操教育に役立てることにつきましては全く同感であります。したがいまして、駅前図書館では現存しております6,464冊の絵本を貸し出し、本の読み聞かせについてもこれまで同様、継続して行っていきたいと考えております。さらに、これまで町内で絵本の貸し出しを行っていたのは絵本のへや、ただ1カ所でしたが、今後は駅前図書館のほかに世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ヶ瀬公民館でも絵本の貸し出しができるようにし、4カ所に拡大していきたいと考えておりますので、ご理解願います。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) これ、いつ、どのように決められたかっていう質問だったんですけども、3月議会で当初予算で本来であれば節ので説明ということだったんですけども、これは、何だ、結局駅前図書館の絵本のへや、平成16年かな、に借りたときに10年契約というのはわかってたはずですよね。10年契約ということで契約してて、もう契約がことしの、本来であればことしの3月いっぱいで切れるという形は、これ、いつわかったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 10年契約であったということをわかったのが、ことしの2月ごろだと記憶しております。ということで、本来3月で絵本のへやを、子育て支援室を、あそこで終わりますので、いきいきプラザに持っていくことにあわせて絵本のへやも移行しようという考えはあったんですけども、その10年契約が切れるということの時期について私自身がわかったのがちょっと遅かったもんですから、予算審議を、予算の庁内で検討、当初予算の査定などをする段階でわかったものでございますので、2月ごろに私としては把握したという実態でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 契約内容の、10年契約でもう切れるというのがわかったのが2月ということですか。子育て支援室が世代交流いきいきプラザに移るっていうことで、絵本のへやも一緒に移るというふうに考えられたのはいつですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 庁内で予算を査定する作業において担当課のほうから、このほうが合理的であるということもありましたので、私もそれに賛同してですね、絵本のへやを廃止して、オーガでは廃止するけれども、一部をいきいきプラザに持っていく、残りは図書館に設置するという話で庁内全体でまとまったということで、2月あたりに決まったというふうに認識しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすっと、絵本のへやも世代交流いきいきプラザに移動するっていうのを決めたのは2月ということなんですか。2月の段階で全て、その前はもう絵本のへやを移動するっていう話はなかったということなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の耳にはそういうことの方針については伝わっていなかったということで、2月にわかったというのが実態でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 2月にわかって、結局世代交流いきいきプラザが4月にオープンして、そのときに、要はそのときにあわせて絵本のへやもそこに移動するっていうふうに決めたのが2月っていうことですか。もう一度確認お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 2月に決めたのは、いきいきプラザに絵本のへやの一部を移管することと、それから現在の絵本につきましては、2月の段階でその10年契約切れたと、契約更新のためには6カ月前の申し出が必要であるということで、で3月1日から8月31日までの半年間ということで、8月末に絵本のへやは終了するということを2月に確認しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 何回も同じことになると思うんですけれども、ちょっと確認なんですけども、結局2月にその絵本のへや、10年契約が切れる。絵本のへやをいきいきプラザに、それは子育て支援室が移るんで、それを移すということだったんですけれども、絵本のへやも一緒に移さなければならない理由というのをもう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは何度もお答えしておりますが、子育て支援室並びに児童クラブが1クラブふえて、合計、児童の子育て支援の施設が3カ所、いきいきプラザに集約されるということで、ある意味、大河原町の子育て支援の中心的な場所になるということで、子供たちが利用する絵本のへやもそこにあったほうがいいということで一部を移管し、残りは図書館に戻すと、こういうことで2月に決定しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 2月に決定して、すぐさまっていうか、余りにも何だか計画性がないですよね。本来であれば、子育て支援室が移るというのは、もう前々からわかってた話ですよね。もう世代交流プラザつくるときに、それをあそこから、オーガから、何でしたっけ、あそこのオーガに借りたのが23年4月ですか、23年4月から2年間で、25年3月までの予定で、ただ長引いたんで26年3月まで、要は3年間ですね、移すという形のものであそこに、オーガに借りたと思うんですよね。それで、世代交流いきいきプラザを建てて、そこに移動するという形で。だから、子育て支援室が移るっつうのは、もう前々からわかってた話ですね。そのときには絵本のへやも一緒にっていう話はなかったんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、私がお答えしているのは、私が把握していることを申し上げておりますので、それ以外のことについては別の方がご答弁させていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 子育て支援室が世代交流いきいきプラザのほうに移設するということは、もう既に既定のことでございまして、それに伴いまして絵本のへやが附属してついてくるというような計画はございませんでした。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 結局、計画が全然なかったところにもってきて、2月で、あれですよね、10年契約切れるんで一緒にじゃ絵本のへやも移してしまえというような形で持ってったんですかね、これ。本当にもう何だろう、その場しのぎっちゅうか、単に思いつきっちゅうか、その理由が明確にわからないんですけども、その辺もう一度お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私は、担当課長などから、絵本のへやはいきいきプラザに持っていったほうが合理的であるという説明を受けて私も納得しました。確かに急遽そういうふうに決定したということは否めませんが、これは合理的であるというふうに判断したゆえに私も判こをついております。そういった経過がございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 合理的っていえば、その合理的な理由っちゅうのがいまいちわからないんですけども、何をもって合理的だと思われるのか、お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これも先ほどもお答えしております。何度もお答えしておりますが、子育て機能の中心がいきいきプラザに移行するもんですから、その利用者と絵本のへやの利用者が相当重複するということで、絵本も幼児の教育環境でありますから、子育て支援センターにあったほうがいいというのは私は自然、妥当であるというふうに判断したものでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 合理的、一緒にあったほうがいいという話だったんですけども、もちろん同じ施設内にあれば一番、何でしょう、相乗効果っていうのを見込めるのかなとは思ったんですけども、ただ、絵本のへやは10年前からですよね、あそこのオーガの中のコーナーに絵本のへやっていうふうにつくりまして、図書館の中でも貸出数の一番多い部分でもありますし、また先ほど言ったように、子育て支援室はその後、約3年間やってたわけなんですけども、貸出数を見ても、結局子育て支援室が入った3年前から、3年前以前のほうが絵本のへやの貸出数は多いんですよね。2万冊を超えて貸し出ししてまして、結局子育て支援室が入った23年かな、からは若干減りまして1万8,000冊、その3年間、子育て支援室があった3年間は大体1万8,000冊ぐらいで推移していると思うんですけども、だからまるっきり、何だろう、子育て支援室がある前から貸し出し数が多いですし、利用も全然、全く別のものだと思うんですよね。結局、子育て支援室とこの絵本のへや、読み聞かせ、読み聞かせもあれなんですけども、まるっきり、全然別なもので、別な利用状況だと思うんですけども、その辺、どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 子育て支援室に行って子供たちの様子を見ておりました。大変好ましい状態で、子供たち、母親とともに過ごしておりました。その子育て支援室がオーガからなくなって非常に寂しい思いをしておったわけですが、今度いきいきプラザのほうに子育て支援室並びに児童クラブが入ったということで、子育ての殿堂があそこに移ったというふうに捉えておりました。したがって、私としましては、その殿堂のところに絵本のへやを、機能の一部を持っていくということにつきましては、これは大変すばらしいことだなというふうに考えたところでございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 世代交流プラザ、いきいきプラザのほうに絵本のへやを移転という形で集約して同じく持っていくのが望ましいっていう考えだと思うんでけども、であれば、あんなロビーのところにちょこっと絵本を置くだけじゃなくて、本来であれば絵本のへやとして、結局今の、何ですか、研修室みたいなぐらいの広さをとって、絵本のへやとして機能を移すんであれば本も移して、また読み聞かせできる、また親子で来て、親が子供に座りながらじゅうたん上で読み聞かせできるようなスペースっていうのをとるべきじゃないんですか。その辺、どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まさに親子がだっこしながら絵本を読むということは大変すばらしい光景であると同時に、そういうことは非常に大事だというふうに捉えております。したがいまして、そういった親子が本を読んだり、あるいは読み聞かせをしたりする場所がですね、駅前の図書館、絵本のへや1カ所だけではなく、せっかく新しい施設ができた、そのいきいき交流プラザのほうにも、あるいは中央公民館のほうにも、そしてまた金ヶ瀬公民館にもそのような子供と親が一緒に絵本を読まれるようなスペースが同時にできたならば、これまで1カ所だったそういった施設が拡大すると、そういうふうに捉えて、より町民にとっては身近なところに絵本に親しめる場所ができるものというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと順番がぐちゃぐちゃんなってしまうんですけども、ちょっと、結局、先ほど言われた金ヶ瀬公民館と中央公民館ですね、今度、今回の補正予算で、何だ、絵本のコーナーの予算組みされているみたいですけども、それどのぐらいの規模で、どの大きさで、どの公民館の、どこの部分に、どのような形でつくるのか、わかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まず、中央公民館でございますが、かつて中央公民館にも図書館があったことはご承知のとおりでございますが、中央公民館に上ってすぐのガラスの部屋がございます。現在ロビーとして使っているところでございますが、あそこは非常に日当たりもよく、子供たちにとって和やかに本を読める場所であるというふうに捉えております。そこにじゅうたんを敷いて、子供と親と、あるいは町民等がそこでゆったりと本を読めるスペースができるのではないかというふうに捉えております。
 金ヶ瀬公民館におきましては、既存の図書館がございます。その既存の図書館を活用させていただきまして、より充実した場所、さらに、今残念ながら古い本がたくさん、多うございます。したがいまして、本を新しくし、またじゅうたんなどを新しくすることによって、より快適に過ごせるようにすることによって魅力ある絵本のコーナーにできるのではないかというふうに考えております。
 また、交流プラザのほうにつきましては、当初そのような計画はなかったわけでございますが、しかし交流ロビーというところをつくっていただきましたので、そのロビーにじゅうたんを敷かしていただきまして、そこで親子ともども絵本に親しむ場所をつくれるものというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 中央公民館並びに金ヶ瀬公民館の絵本のコーナーですね、そちら管理はどのように、ここでも貸し出しをするんですか、それともそこに図書司書なり1名ずつ張りつけて管理しておくのかどうか、その辺もお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 新たに1名をつけるということは今のところ考えておりません。ただ、利用状況によりまして、たくさんの方々がそこを訪れるというふうになった場合は、また相談いたしまして、その場合は1名をつけるとか、そういう措置をとる必要があるかと思いますが、状況を見ながらそこは判断させていただきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 本当にどういう計画なのかがちょっとわからないんですけども、これ機能を分散すればいいっていうものではないと思うんですよね。逆に機能を集約して、そこをより使いやすいような施設にするのが絵本のへや、これからの絵本のへやだと思うんですよね。まして、今、オーガ内に絵本のへやがあるわけですよね。非常に使いやすい部分になってると思うんですよ。
 まして、先ほど言ったように、子供連れで来た場合なんかは、本当に雨の日なんかはぬれずに入れ、子供連れでやっぱり行くと子供、大変なんですよね。だっこして、今度傘差して、また施設に入ってというような形だと、かなり親にとっても大変なのが、結局あそこですと車で行って、ぬれずに中に入って、エレベーターでおりて、絵本のへやを使える。子供と同時にあそこに座って、またあそこに、今は本当に誰もいなくなってますけども、本来であれば図書司書なり職員がいれば、やっぱり親子して安心してあそこで読み、子供に読み聞かせできるわけですよね、本を選んで。あそこのじゅうたんのスペースに座って、そういった光景、私も絵本のへや、なかなか行ったことがなかったんですけども、先月行ったときなんかも若いお母さんが子供を連れて、あそこに座って、子供に本当に読み聞かせ、見せながらですね、本当にいい光景で、やっぱこういう光景がやっぱ大河原にも大事なのかなっていうふうには随分思ったわけなんですよね。それが結局、あそこに誰もいなくなって、結局、30分に一度、職員が回っているって言いますけれども、なかなか管理されてないような状況ですよね。
 本来であれば、やっぱそういう若いお母さん方がやっぱ子供で読み聞かせ、あそこのスペースに誰もいないときでも入ってやっぱやるときには、やっぱ職員がいると、その安心感っていうのはかなりあると思うんですよね。それが各施設で結局、世代交流プラザで中央公民館、金ヶ瀬に分散してしまうと、そこでのやっぱり経費もかかるわけですし、管理状況だって、やっぱ管理する人が、誰が管理するのかっていうふうになりますし、そうしたら逆に経費の無駄遣いだと思うんですよね。逆に、今せっかくあるんですから、それをもう少し有効活用できるような、やっぱ年間、この間の全員協議会、4月24日のですね、そのときに絵本のへや縮小の理由という形で出していただいた関係予算もわかりますけども、施設賃借料620万に、あと嘱託職員の報酬等々合わせれば850万ていう形で、逆にこれを分散した場合はもっとかかるような気するんですよね。
 結局分散して、管理だ何だかんだもかかりますし、いろんな施設、今回予算組みされましたけども、そこんとこでやっぱ分散して、それだけの利用者があるかっていうと、逆にそんな、こじんまりしたところって言ったらおかしいですけども、取ってつけたようなどごではがなが読み聞かせもできないですし、まして中央公民館とオーガなっつったら目と鼻の先ですし、別段、散歩で歩っても行けるような距離ですよね。なぜそこに分散させる意味があるのか、ちょっと非常に疑問なんですけども、その辺、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のように、現在ある絵本の図書館、大変好ましい状況で運営されております。本当にこれ、もったいないなという気は私もいたします。ただ、数億円かけたその新しい施設というものができまして、しかもどこかでその経費を節減しなければならないというときに、860万近くのその経費をどうやって節減していくのかということを考えたときに、今と全く同じようなサービスは残念ながら恐らくできないとは思うんですが、しかしそれに近い、あるいは近づくような努力をしてですね、より、お住まいと身近なところに絵本のロビーなり、あるいはコーナーなりを設けて、短い時間でそういったところに行けるようにすれば町民の皆さんにも喜んでいただけるのかなという考えでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱり財政状況厳しいのはわかるんですよね。夢プランを見ても、夢プランがいいのかどうかはわかんないですけども、かなり厳しい状況なんで削減しなければならないのはわかるんですけども、削減するとこが違うんじゃないかなと思うんですよね。あらゆる分野でやっぱり精査して、内容を精査して、もう本当に削れるとこは削んなきゃないと思うんですけども、ただ、本来であれば、まず内容を精査して、細かいところで切れるどごろはないかって見てって、でどうしてもやっぱりそこんとこで見直しができないってなってから、やっぱりじゃ廃止なり、分散なりっていうふうに持っていくのが流れだと思うんですよね。それをいきなり、もうその内容を精査することなく、もうじゃ廃止だっていうのは余りにも拙速で、本当に内容を見ているのかっていう形になるんですよね。
 見直しって言うけど、今本当にデマンド型乗合タクシー、年間これ2,100万以上かかっているわけですよね。デマンドタクシーはもう本当に大事な部分で、やっぱり重要な部分だと思いますけども、今現在、商工会に委託して、もう本当に丸投げしてるような状態ですよね。人件費なんかも3名で450万以上かかっているわけですけども、デマンドタクシーも始めて約2年にそろそろなるわけですよね。そろそろこういうのもやっぱ精査して見直す時期でもありますし、そういった見直しも考えて、削れるところは削れる、デマンドタクシーが削れるっていう部分ではないと思いますけども、そういったあらゆる分野で削って、それでなおかつだめであれば廃止とかっていう部分に持っていかなければならないんじゃないですかね。それを拙速に切りやすいどごから切るというような考えでは、なかなかやっぱりこの教育の部分というのはなかなか見えない部分でもあるんですけども、これ小泉総理時代に有名になった話で、米百俵の精神っていうのがありますよね。長岡藩の藩士が、教育にまつわる故事で、百俵の米も食えばたちまちなくなるが、教育に充てればその1万、百万俵になる、こういったこともありますし、やっぱり教育の部分、やっぱり教育、結局教育の名のもとに湯水のごとく予算を使うんではだめなんですけども、結局、これから大河原町を担う子供たちのためには、やっぱそういった絵本になれ親しんで、本になれ親しんで、結局そういう下準備っちゅうか、小学校、中学校あたりは図書室の図書の充実とかで図られて、教育長も校長時代、かなり読書に関しては力を入れて、もうそれが今の小学校の教育のレベルアップにつながったとも思われるし、やっぱり本になれ親しむっつうのは重要なことだと思うんですよね。そこの部分で、なぜ一番先に絵本のへやを切らなければならないのか、その理由が全くやっぱりわからないんですけども、その辺、どうお考えですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 経費削減の関連でデマンドタクシーが引用されました。このデマンドタクシーにつきましても、いろいろこれから検討課題はあろうかと思っておりますけれども、まだ3年もたたないということでありますので、これは当分切るわけにいかない事業だと思っておりますので、ご理解を賜りたいと思っております。
 そこで、米百俵の例もありましたけれども、サッチャー首相の後を引き継いだイギリスのブレア首相が一に教育、二に教育、三に教育と言ったこともございます。私もそのような観点からずっと政治家やってきまして、教育には大変、一生懸命取り組んできたところであります。きのうも岡崎 隆議員に答弁申し上げましたとおり、幼児期の言語教育っていうのは大変大事だという観点から、これは大事に、例えばブックスタートの延長でですね、しっかりとブックスタートが家庭でですね、しっかりと定着しているかどうか、そういったことを立証しながら、大河原の町民がしっかりとこの言葉を大事にしていくような町民性をぜひ拡大していきたいというふうな観点から、これは教育は大変大事だというふうに思っております。
 その上で、今教育長が財政の面で答弁されましたけれども、きのうも私は申し上げましたとおり、この移行につきましては財政が、財政削減ありきで始めたものではありません。たまたま子育て、今教育長が子育ての殿堂がいきいきプラザにできると、しかも世代交流ということでありますので子供たちがたくさん集まる、そこに高齢者の方も集まる、そんでその場所に絵本が置いてあればですね、当然絵本を通じた世代交流も盛んになっていくということで、そういった意味でですね、確かに今まであったものがなくなるというのは私も寂しい思いはいたしますけれども、新たに3カ所で絵本のコーナーを設け、そして読み聞かせのボランティアも今後たくさん募集をする中でですね、やってきたいと。しかも、今、議員ご指摘あったとおり、1カ所にしたほうがいいんではないかということでありますけれども、これは私はちょっと違うんではないかと思っております。というのは、やっぱり金ヶ瀬からオーガに来る、大変遠いわけですね。そういった意味でですね、なるべく近くにあったほうがいいということで、分散したほうが私は利用者はふえるというふうに思っているところでございます。
 また、これも4月の全協で申し上げましたとおり、蔵書については幾らでも予算措置をした、幾らでもという表現はしませんでしたけれども、充実をしていくということをはっきり申し上げております。そういった意味で、読み聞かせができる環境、そして本がたくさん借りられる状況、これをですね、新たにつくっていくということがこれから大事だというふうに思っておりますので、その点は何とかご理解していただきたいと思っておりまして、今、雨が降っているということありましたけれども、オーガの場合、2時間以上、駐車料かかりますけれども、公民館だったら無料でございます。そういったこともあります。
 私もこの問題を契機に何度も足を運んでおります。町民の方とお話をしております。そんな中で、あっ、公民館にできんなら、あそこのほうがいいですね、金ヶ瀬公民館できんだったら、あそこのほうが近いからいいですというようなことも聞いております。今申し上げました駐車料もただだしというようなことでですね、いろんな声があります。その跡地どうするのというような話で、例えば、きのうも答弁の中で申し上げましたけれども、図書館には読書のコーナーがない。これは図書館として極めて欠陥であるというご指摘も受けました。そういったことで、あの絵本の後をどうするか、それこそこれからの大河原町のリテラシーを高めるために、あそこに読書コーナーを置くということは、これがまた同じ読書、あるいは言語機能を充実させるためにという目的において費用対効果を考えた場合に総合的に判断すべきであるというのが私の立場であります。町民の声を聞く政治をしてないという昨日ご指摘ありましたけれども、私はもう一方では、最大多数の最大幸福ということを言っております。そういった観点から、より多くの人の声を聞きながら衆知を集めた町政を進めていきたいということで、この問題を考えていきたいと思っておりますので、何とぞご理解を賜りたいと思うところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと、いろいろと何かわけのわからないっちゅうか、結局あれですよね、10年で契約が切れるっていうことで絵本のコーナーであれば世代交流プラザのほうに、いきいきプラザと分散してっていう形になんですよね。何か今の答弁だと、行く行くはあそこの、何だ、絵本のへやを読書のコーナーにするってことでいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今私がお答え申し上げましたのは、私が絵本のへやを訪れた際に、いろんな町民とお会いしております。その中でご意見をいただいた、それをご紹介したということで、何もこれから読書のコーナーにするとは決まってはおりません。また、昨日の岡崎委員への答弁の際に、これからいろんなご意見を参考にしながら跡地の利用については検討をさしていただきたいというふうに考えております。それも私がそういった町民の声を聞いておりますので、より多くの声を聞いて判断をしていくというのが私の役目だというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいということで申し上げたところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) ちょっと確認なんですけども、10年で賃借契約が切れるということですよね。跡地の利用っていう、どういうことなんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほどから10年ということでありますけれども、たまたまことしの3月で10年は来たという、たまたま一致したわけでありまして、何も10年が切れるからどうしようかと、その後、絵本のへやをどうするかという発想なんか全くなかったわけです。いきいきプラザが4億8,000万かけて子育て支援の一中心に、センターになるわけです。だから、これもきのうから議論しておりますとおり、跡地というと、後のへやですね、絵本のへや、あいた部屋をどのように利用するかということを昨日、検討したいということでご答弁を申し上げたんです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) だから、10年で賃借契約が切れるんで商業開発にあそこは返すっていうことなんですよね。じゃないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 昨日の答弁の中で、今ご紹介したとおり、岡崎議員に対して後の利用も考えたいということをご答弁申し上げました。それにつきましては、きょう皆様に全員協議会を開いていただいて、それを検討したいということで、きょう文書を配ったということを今聞いたんですけども、あした全員協議会で詳しい説明を行いたいということでございます。
 確かに8月に、今の段階では8月に契約切れますけども、その後どうするか、使うか、使わないか含めて、利用するか、しないかも全部含めてですね、それこそ財政を優先するご意見であれば、そこはもうストップすべきだというご意見もあろうし、今ご紹介したようないろんな使い方がある、きのうご紹介したいろんな利用の仕方があるということで、時間の関係でもう省略いたしますけども、いろんなご意見は聞いております。その中からよりよい利用の方法を検討したいということで、あす、全員協議会で詳しくご説明をしたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あそこの後、結局、私の理解が悪いのかどうか、10年間の賃借契約が切れる、それと同時に2月の段階でわかって、世代交流いきいきプラザもできるんで、あの絵本のへやを移転する。結局いきいきプラザに移転するのはいいですけども、その後、また利用で考えるんであれば、別段絵本のへやを、あそこ廃止する必要はないと思うんですよね。あのまま置いといて、なおかつ、もちろん世代交流プラザにあってもいいですよ。機能分散っつうんであれば、そっちのほうにも絵本を持ってって、絵本のへやなりなんなりつくるのはいいですよ。その絵本のへやの今の場所をまた賃借料、結局600何十万かかるわけですよね。であれば、何もあれを移動したり、本をまた無理やり今の、結局今の図書館内でも結局手狭な形ですよね。そこに無理やりまた絵本をぶち込むような形で、ますますほかの蔵書の置く場所も狭くなるわけですよね。こんなことするより、結局絵本のへや、またあの跡地を利用する、また再契約の余地があるんであれば、何もあそこの絵本のへやを廃止する必要はないと思うんですよね。なぜ、結局その余地があるんであれば、また再契約してあの跡地を利用するっていう、あした説明されるっちゅうことですけども、どういう説明なんだか、今は説明されないんであれば、あした聞ぐしかないんですけども、ここで何で絵本のへやをあそこからなくす、なくさなきゃいけないのか。絵本のへやの充実、何だ、重要性がわかるんであれば、もちろん世代交流プラザに絵本のへやの機能があってもいいと思いますけども、なぜじゃ絵本のへや、あそこを廃止するのか。ちょっとその理由もわからないし、また交流いきいきプラザに絵本のへやの機能を移転した場合、きのうの答弁で、結局請願が出されたときに土日もやってないということで、じゃ土日をやりますよっていう話をしたんですけども、その場合の世代交流プラザの人員配置っていうのはどういうふうに考えてんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 絵本のへやをオーガからなくすのはなぜかというご質問、これで何回かわかりませんけども、同じことをまた繰り返してご答弁するしかありません。
 子育て機能の中心、センターがいきいきプラザに行くのに伴って、絵本のへやも利用者が重複するということで、あちらに持っていったほうがいいということは理の当然であります。
 それから、オーガの絵本のへやをまた引き続き続くなら絵本のへやでいいということでありますけども、これはその機能を分散、今後拡大発展させていきたいという、そういう目的もございまして3カ所に分散をするということで、これも私からは、立場からは理の当然だというふうに思っておりまして、先ほど申し上げました図書館の、1つの例でありますけども、読書するコーナーがない、図書館としてはもう一大欠陥図書館であるというようなご指摘もあり、検討する余地があるんではないかということで、きのう岡崎 隆議員のご質問に検討はしたいと。財政を優先させるならば、そのまま廃止で、ままで、へやは全く使わないということも選択肢に置きながら、今後どのようにしていくかについてご相談をさしていただきたいということで、あした、全協を開かしていただければというふうに思っているところでございます。
 土日が利用できないという請願書の中に文言があるんですけども、これ請願されたご本人に私、お電話で土日もオープンできるようにしますと、条例を改正して対応しますというような趣旨のことを申し上げてご理解を得たところでありますので、あのような文面になったのは私には理解ができないということでございまして、人員配置につきましては、ローテーションをうまく組んでやるとか、いろいろこれから工夫をしながら人員を配置して万全を期していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) そうすると、今の人員配置で十分やっていけるという考えでよろしいんですかね。土日も、オープンした、結局、土日も普通どおりあけて、結局あそこで、何だ、絵本のコーナーなり、ほかの施設も使えるようにして、人員的には今の人員で十分やっていける。また、あと12月議会において条例制定されてますけども、あそこには絵本へやっていう形、絵本のコーナーっていうのはないですけども、それもプラスするということでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 人員配置につきまして、もう少し詳しく申し上げますと、今回、97万円の補正予算を組ましていただいている中で、臨時ということで対応したいということで予算措置をさしていただいております。それから、条例を改正した段階では、さらに強化すべき点があればですね、それで足りなければ、もっと強化して人件費もふやしていきたいというような考えを持っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 世代交流いきいきプラザ内の、結局、要は、あそこの、何だ、ロビーのところに本棚を置いて、あそこが結局絵本のコーナー、絵本のへやになるっていうことでよろしいんですかね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 入ってすぐのロビー、あそこを絵本のロビーというふうに捉えております。ただ、子育て支援センターと同居しておりますので、親子でおいでになった方につきましては、入って左の子育て支援室のほうにはどなたも入っていけますので、そちらも両方利用できるということで理解しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 世代交流いきいきプラザのあのロビーに関して、全協で数回、説明がありまして、あそこは結局地域の方々が自由に入って、ロビーでくつろいだりする場所だっていうふうに説明あったんですけれども、それとの整合性、どのように考えていますか。子ども家庭課長、よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 世代交流いきいきプラザの建設中において、いろいろ議員の皆さんにご説明しましたとおり、ロビーについてはどなたでもご自由にお使いいただけるというようなその趣旨は変わってございません。その中に今度、絵本のコーナーということで設置されましたので、本当の世代交流ですか、ご老人の方から、あと未就学のお子さん、未就学のお子さんの保護者の方というような形でロビーを使っていただけばというふうに考えております。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 何か、何でもかんでもひっつけて、何か世代交流いきいきプラザに何か皆持っていくような形で、最初は本当に子育て支援室と児童クラブですばらしい施設になんのかなと思ったですけども、もう何もかにもくっつけて何か、何がなんだかわがんないような施設になるような形になってますよね。本来であれば、会議室と多目的ホールまではわかりますけども、ここのところに最初から計画ない絵本のへや持ってったって十分を機能を発揮できるとは思えないんですよね。本来であれば、絵本のへやをつくるんであれば、この会議室あたりのスペースぐらいのスペースをとらないと、囲ってあって、結局親子してそごんとごで気兼ねなく、周りに気兼ねなくですね、本当にそんな周りの人たち、いろいろ来て、ごちゃごちゃんなったら何がなんだか全然わがんなぐなんじゃないですかね。その辺、どうお考えですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 子ども家庭課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯子ども家庭課長(吉野健一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯子ども家庭課長(吉野健一君) 子育て支援室については、月曜日から金曜日まで開かせていただいております。絵本のコーナーで読みたい絵本を抜き出しまして、あと子育て支援室のほうでご利用していただいてもよろしいかというふうに考えております。現在、結構会議室等ですね、予約が入っておりまして、会議室のほうに絵本のコーナーを移設するということはちょっと難しいというふうに考えてございます。以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) やっぱ世代交流いきいきプラザでもやっぱ手狭なんですよね。であれば、やっぱりオーガのあの絵本のへやをやっぱ移すべきではないって考えるんですけども、また、何回も同じ質問になるって、同じ答弁って言いますけれども、結局、何だ、重複で、重複者が見込まれるって言うんですけども、さっき言ったとおりに、結局子育て支援室ができてからでも絵本のへやの貸出数はふえてないですし、逆に減っているような状況ですよね。その前のほうがふえてる状況ですし、全然、全く子育て支援室の絵本のへやは別物なんですよね。まるっきり別ですし、全然利用者、重複するかもしれないですけども、それによって増減というのは、もう資料からも全然違いますし、やっぱあそこに絵本のへやを充実させて、やっぱ子育て支援室は子育て支援室で、もともと一緒じゃなかったものですからね、なぜ一緒にする必要があるのかっていうことですよね。
 その辺、また答弁は一緒なのかなと思いますけども、あと、きのう岡崎議員の一般質問の中で本議会に上がっている絵本のへやの存続に関する請願に対しての、可決された場合どうのこうのっていう文言があったんですけども、ちょっと私も少し聞き逃したんで、もう一度その辺、いや、町長の答弁をもう一度聞きたいんですけども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 確認しますが、今のご質問は、絵本のへやの存続を求める請願が採択された場合ということでございますね。もし採択されるということであれば、町民の希望として、ほかの利用よりも絵本のへやを継続してほしいということになりますので、もしそれが採択された場合には、ほかの使い道を検討するということは矛盾することになりますので、そういったことは検討することはできないと、こういうふうに申し上げました。
 それから、同じような答弁になるんだろうとおっしゃったんですけども、いきいきプラザがごちゃごちゃになるという表現があったんですけども、もう少し整理して申し上げますと、プラザに入って正面に今、3つほどの児童書が、絵本が書架に並べています。一番奥のところに3メーター四方ぐらいでしたかね、そこにマットを敷いて、膝枕で子供さんに絵本が読み聞かせできるようなスペースもつくりますし、それから午前中は児童クラブがあいておりますので、そこを利用したい人は利用はできるということで考えておりますし、また土日は児童クラブ、それから子育て支援室も、3つともあいておりますので、基本的には子育て支援室を利用していただくことになると思いますけども、両方で可能になってまいりますので、もし地域の高齢者がいっぱいロビーに来たときに子供さんたちが追いやられるのではないかという心配はないものと私は考えておりますが、ごちゃごちゃになるということは想定しておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) あと、絵本のへやの廃止の周知ですけども、張り紙が3月議会終わってすぐに張り出された経緯がありますよね。それに関しては、町長、何か、何で張り出したんだかというような形で言われましたけども、張り紙が、今剥がされてますけども、これ、何だ、張り紙の内容がだめだったんですか、それとも勝手に張ったのがだめだったのか、その辺、お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 張り紙を読んでいただくとわかるんですけども、タイトルが「絵本のへやの廃止について」ということでありました。その文字が大変大きいんですね。それだけで帰ってしまわれますと誤解を生んだということであります。中身全部読んでいただきますと、8月31日には図書館でも貸し出しできるし、それから4月からは、いきいきプラザでも読み聞かせ等ができますというようなことの内容になっていたと思いますので、そこを読んでいただければ完全な廃止というよりも、「絵本のへやの移転、機能移転」というタイトルがよかったんではないかということで、きのうも岡崎議員の質問にご答弁申し上げましたとおりですね、そういった張り紙をするときは1人の職員ではなく、複数の職員の目で見て表現をやっぱり精査する必要があるんではないかということで、これは今後課題として徹底してまいりたいというふうに思っているところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 私見る限り絵本のへやは廃止ですし、結局あの内容を見てもあれなんで、別段あの内容でいいのかなとは思ってたんですけども、結局廃止になるわけで、あの張り紙剥がす必要もなかったのかなと思いますし、なぜ剥がさなければならないのかがちょっと理由がわからないし、何でしょう、私もこの問題が出てからいろいろと調べるのに図書館に行ったり何だかんだして聞いてたんですけども、最初はやっぱり丁寧に説明受けたんですけども、あるいっときから全然情報を出してくれなくなりまして、行って聞いても教育長の許可がないと出せないっていう話を言われまして、町長と副町長に絵本のへやに関して聞きに行って打ち合わせしてから、その後っていうのがなかなか情報、全然出してくれなくなったんですよね。図書館において情報、出せない情報って何なんですかね。そういったのがあるんですか、情報的に、我々に出せない情報っていうのは何なんですかね。その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 私が把握していない情報といいますか、細かい情報たくさんございます。どういう方々がおいでになっているとか、そういうことについてはたくさん情報を出して構わないと思います。しかし、今まさに議会でも問題になろうとしているときに、こういう情報を出しましたっていうふうに言われたんですが、それを私、全然知らないでいたんですね。そうすると、私より丸山議員さんのほうが早く知ってて、私は全然知らないでいるということはやっぱりおかしいんですね。つまりですね、やはり今問題になっていること、いや、日常的なことにつきましては、それは構わないんですが、今議会で問題になっていることにつきまして、やはり私も承知したいし、またみんなも承知したいということで、私だけが知らないでいる情報、実はありました。それはちょっとおかしいなというふうに思いましたので、そのようにお話をいたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その他のことについてお答え申し上げます。
 なぜ張り紙を外したのかということでありますけども、今、さっき申し上げましたとおり、よく新聞を読んだりするときにタイトルだけで見終わるということで、中身見たらちょっと違っているということいっぱいありますよね。廃止というよりも、私、さっき機能移転だと申し上げました。なぜ外したのか。すぐ教育長さんが外すように指示されたわけでありますけども、それはですね、それと、張り出した相前後して誤解を生むような町民からのご意見が多々ありました。これで読み聞かせできなくなるとか、貸し出しできなくなるとか、そういったこと、まだ何も決めておりませんし、今後機能移転ということで充実をどうするかということ、まだ十分検討しておりませんでしたので、誤解のないようにということで外したということでございます。
 それから、利用者数は重複してるというふうに申し上げました。これかなり重複していると私は思っております。にもかかわらず何で貸出数が減ってるのか。これ別途精査する必要があると思います。全体的な貸出数が減ってるということもあり得るということもやっぱり想定しながらですね、精査していかなければいけないと思っておりますので、重複して借りている人はかなりいるというふうに把握しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯6番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯6番(丸山勝利君) 重複して借りてる人はいると思うんですよね。ただ、だからといって移せばいいというもんじゃないと思うんですね。もともとあそこに10年前からあるんですから、そして10年間やっぱ蓄積したものっていうのはかなりあるんですよね。それで、子育て支援室が行ってから貸出数は減ってますけども、ただやっぱり1万8,000冊、図書館の中でも一番貸出数が多い部分であるし、結局利用しやすいところ、まして減っているって、町長もおわかりのとおり、絵本になれ親しむっていうのは十分重要なことだってわかっているんであれば、もっともっとやっぱ利用してもらえるような形の、何だ、周知であったり、いろいろやって、使ってもらうような形にしなければならないと思うんですよね。それに対してやっぱり、絵本のへやはやっぱあそこにあることによって、やっぱ貸出数も、十分機能が発揮できると思うんですよね。それをわざわざ何で移す必要があるのか、全然私には理解できないですし、またさっきの張り紙に関しても、やっぱあれは廃止ですよね。もともと廃止で、何か後づけのように、世代交流プラザに除籍本を移したがら、やっぱあっちの機能移転だ。そしてその後、またあの町内、機能分散で中央公民館であったり、金ヶ瀬公民館に取ってつけたように、何かコーナーを設けるっていうふうな形で持っていきましたけども、本当にその場、その場で、何だろう、もう行き当たりばったり、思いつきの政策としか思えないんですよね、この政策っていうのは。だから、もう絵本のへやは廃止じゃなくて、あそこのオーガ内に残すことを(「丸山議員、時間でございます」の声あり)ええっ、お願いして私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時17分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年6月18日

         議長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------