議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成26年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文




大河原町議会会議録
2014年6月17日(火):平成26年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午前10時00分  開 議
◯議長(秋山 昇君) おはようございます。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって、佐藤貴久君、庄司 充君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第2 一般質問

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 日程第2、一般質問を行います。
 一般質問は、既に配付してあります通告書の順序によって行います。
 高橋芳男君の発言を許します。高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 議長の許しを得ましたので、4番の高橋芳男が一般質問を通告書に従いまして質問させていただきます。
 東日本大震災からきょうで3年3カ月が経過いたしました。国土交通省では昨年3月に「災害時・緊急時に対応した避難経路等のバリアフリー化と情報提供のあり方に関する調査報告」を発表いたしました。それによれば、東日本大震災による人的被害について死者の半数以上、53.4%が65歳以上であったこと、障がい者の死亡率は総人口に対する死亡率が約2倍であったことが報告されております。
 さらに、報告書では、避難における施設整備と情報提供の課題と求められる対策、今後の災害に備えたバリアフリー化されたまちづくりを普及推進していく上での必要な事項について示されております。
 本町でも今回の災害を教訓とし、次に備えた対策が求められております。そこで、災害等への対応を含め、高齢者や障がい者を持つ方々への支援について質問いたします。
 初めの質問事項は、認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)についてであります。
 厚生労働省は認知症施策検討プロジェクトチームを設置し、平成24年6月19日に取りまとめた「今後の認知症施策の方向性について」や、8月24日に公表した認知症高齢者数の将来推計などに基づいて、平成25年度から29年度まで認知症施策推進5カ年計画(オレンジプラン)を策定いたしました。
 先ほどの認知症高齢者数の将来推計では、平成22年の2010年で認知症高齢者数は280万人とされております。ただし、この要介護認定データをもとに算出しておりますので、要介護認定申請を行っていない認知症高齢者は含まれていないことから、実際の数はもっと多いと思われます。この280万人は高齢者の9.5%に当たり、平成27年度には345万人、10.2%、平成32年には410万人、11.3%、平成37年には470万人、12.8%と増加することが見込まれております。
 そこで、オレンジプランでは、認知症になっても住みなれた地域で生活を継続するため、医療、介護、生活支援を行うサービスが連携して認知症の方への支援を行うことが重要とされております。
 また、計画では具体的な対応について示されておりますので、その取り組みについて伺います。
 認知症ケアパスについてであります。
 オレンジプランでは、具体的な対応方策の1番目に、標準的な認知症ケアパスの作成・普及とあり、認知症の人ができる限り住みなれた自宅で暮らし続け、また、認知症の人やその家族が安心できるよう標準的な認知症ケアパス(状態に応じた適切なサービス提供の流れ)の作成と普及の推進を図るとしております。
 認知症の人やその家族が、認知症と疑われる症状が発生した場合に、医療、介護サービスへのアクセス方法やどのような支援を受けることができるかを早めに理解することが、その後の生活に対する安心感につながります。このため、標準的な認知症ケアパスの作成を進めていくこととしております。すなわち標準的な認知症ケアパスとは、認知症の人が認知症を発症したときから生活機能障害が進行していく中で、その進行状況に合わせていつどこでどのような医療、介護サービスを受ければよいかをあらかじめ標準的に決めておくものであります。
 また、その作成に当たっては、認知症の人は施設に入るか精神病院に入院するかという従来の考え方を改め、施設の入所や精神病院への入院を前提とせず、認知症になっても本人の意思尊重がされ、できる限り住みなれた地域のよい環境で暮らし続けるという考えを基本とする必要があるとされています。
 なお、認知症ケアパスの作成は、平成25年から26年までに各市町村において作成となっております。
 そこで、1点目の質問です。認知症ケアパス(状況に応じた適切なサービス提供の流れ)の作成・普及を早急に取り組むべきと考えますが、町長の見解を伺います。
 2番目に、認知症地域支援推進員についてであります。
 認知症施策の推進に当たっては、住民にとって最も身近な自治体である市町村が、各地域の実情に応じた認知症の人への支援体制を構築することが重要であります。しかし、その取り組みは現時点では十分とは言えない状況にあります。
 そこで、オレンジプランでは、地域での日常生活、家族の支援強化について、市町村において医療機関や介護サービス及び地域の支援機関をつなぐコーディネーターとしての役割を担う認知症地域支援推進員を配置し、その推進員を中心として地域において認知症の人を支援する関係の連携を図ると求めております。また、その考え方として、5つの中学校区当たり1人配置しており、各市町村で地域の実情に応じて認知症地域支援推進員を中心として認知症の人やその家族の人を支援するため各事業を実施するとあります。この基準によれば本町でも1人の配置が求められることになります。
 そこで、2点目の質問です。認知症地域支援推進員を設置し、認知症の方やその家族を支援する事業に取り組むべきと考えますが、見解をお伺いいたします。
 3番目に、市民後見人育成であります。
 この市民後見人育成について、その際は老人福祉法第32条の2に、市町村は後見人の育成とともにそれを活用するために必要な措置をとることが規定されております。この市民後見人育成や支援体制の構築については国としても推進しており、市民後見推進事業の実施市区町は、平成23年度の37市区町から平成24年度は87市区町まで広がっております。
 オレンジプランでも、市民後見人の育成と活動支援について全国の自治体で実施されるようその取り組みの強化を図るとしております。
 そこで、3点目の質問です。市民後見人の育成取り組むべきと考えますが、町長の見解をお伺いいたします。
 答弁によりまして再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) おはようございます。
 それでは、高橋芳男議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、認知症ケアパスの作成・普及についてのご質問であります。
 高齢者の認知症の方の相談につきましては、現時点では、地域包括支援センターで総合的に行っております。認知症の状態に応じた支援先等の内容が目に見える形で標準化したものが認知症ケアパスと理解いたしております。
 認知症ケアパスについて、国では平成25年度から平成26年度までの作成を推進しており、平成27年度以降の介護保険事業計画に反映させ、修正を繰り返しながら、最終的には団塊の世代が75歳以上となる平成37年度を目途に完成版を目指すというものであります。
 本町におきましても、平成26年度に策定いたします第6期介護保険事業計画に認知症ケアパスについて盛り込み、3年に一度の事業計画の見直しにあわせて修正を行いながら、平成37年度までに完成した形の認知症ケアパスを構築してまいりたいと考えております。
 次に、認知症地域支援推進員の設置についてのご質問であります。
 認知症地区支援推進員につきましては、推進員になるための専門研修を受講する必要があり、本町におきましては昨年地域包括支援センターの職員3名が受講いたしております。現在は、その職員によりまして認知症の方の相談の受け付け、支援機関とつなぐ活動等を開始しております。今後は、相談・支援業務の体制づくりについて整備してまいりたいと考えております。
 次に、市民後見人の育成の取り組みについてのご質問であります。
 平成24年4月1日に新たに創設されました老人福祉法第32条2の規定では、市民後見人の育成及び活用を図るための必要な措置を講ずるよう努めることとされております。具体的な内容につきましては、研修の実施、後見等の業務を適正に行うことができる者の家庭裁判所への推薦等について示されております。これらの内容を踏まえ、本町についてどのような形で育成・支援ができるか検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 再度、お願いになるんです。お願いっていいますか、市民後見人ですけれども、今後480万人と高齢化が進むにういてなかなか難しい方々がおられると思いますので、相談窓口といたしましてやはりこういうことの方々の一人一人のやっぱりスキルアップっていいますか、職員さんの、すぐそういうふうなことに対応できるように今後計画的に進めていただきたいというふうに思います。何かあれば。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そのとおり努力をさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、2項めに移りさせていただきます。
 難病関連2法についてであります。
 難病関連2法案は、難病や子供の難病(難病医療法・改正児童福祉法)に対する医療助成を大幅に拡充し、総合的に支援する。難病は1972年に国が難病対策要綱を策定して以来、法律に基づかない研究事業として医療助成を続いていたが、初めて法制化されました。施行は来年の1月に予定されておりますので、本町といたしましても具体的な対応の取り組みについてお伺いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 難病関連についてのご質問にお答えいたします。
 難病患者への医療費助成については、医療費の自己負担分の一部を国と都道府県が公費負担で助成しており、難病医療法が施行されることで対象疾患の拡大等がされ、財源の確保等で制度の安定化が図られるものと考えております。医療費の助成の申請・決定、医療費の助成等一連の流れは県の負担により行われております。
 町といたしましては、障害者総合支援法に定められる障がい児・者の対象に難病が加わり障害福祉サービスや相談支援等の対象となったことで、居宅介護や短期入所、共同生活介護等の障害福祉サービスの利用希望があれば、障害程度区分認定を行い、サービスの支給を行うこととなっております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) この難病2法というのは、助成についてですけど、今最大56疾患のほうで約78万人というふうなことで、今度300目の疾患が加わるというふうなことで150万人というふうになっておりますので、やはり今後高齢化とかそういう方々がおりますので、やっぱり住みなれた大河原というふうなことで、安心な大河原と言われるようにこういうふうなことにも力を入れていっていただきたいというように思いますので、もしありましたら。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ご要望につきましてできる限り努力をさしていただきたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) それでは、3項めの改正鳥獣保護法についてであります。
 被害防止の捕獲を強化し、狩猟者を増やし、規制緩和、改正鳥獣保護法は、増えすぎたシカ、イノシシなど農作物や生態系深刻な被害を与えている事態を改善するため捕獲を強化する内容。個体数が著しく増加したり生息地が拡大している有害鳥獣を減少させる。計画を都道府県が策定するよう規定した。国による自治体の財政支援や夜間銃猟の安全対策徹底などを求め附帯決議採択されたが、当町としての具体的な取り組みについて伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、改正鳥獣保護法と本町の取り組みについてのご質問にお答えいたします。
 法律の一部改正が今国会で5月23日に成立いたしました。内容は議員ご承知のとおり、被害に対処するための措置を法に位置づけるため、法律の題名に「管理」という語句を加えることなど、鳥獣の管理を図るための措置及び鳥獣の生息状況を適正化するための対策についての改正となっているようであります。
 ですが、法律改正による政省令等はまだございませんので、今後各市町の状況も見ながら、有害鳥獣駆除隊等の関係機関ともご相談申し上げながら対応したいと考えておるところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) 参考までですけれども、この鳥獣保護法について年齢が二十歳から18歳まで引き下げられるというふうな部分がございますので、町民生活課とかあと農政課というふうな方々が高齢者が多いもんですから、そういう方々が資格を持っている方がおりませんので、ぜひこの、もし決まりましたらですね、そういうふうなことのPRとか兼ねて進めていただきたいなというふうに思いますけれども、町長、見解よろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 高橋議員ご指摘のとおりですね、なかなか今猟銃持っている人が高齢化してるという実態も把握しております。このこういう人たちがふえるように、年齢も下がりますので、これを機会にたくさんふえるように町としても努力を、PRをして努力をしていきたいというふうに思っております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 高橋芳男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯4番(高橋芳男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(高橋芳男君) これをもちまして4番高橋芳男の質疑を終わらせていただきます。質疑っていいますか、質問を終わらせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君の発言を許します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 3番大沼忠弘であります。議長のお許しを得ましたので、通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず最初の質問から参ります。1.大河原町として取り組むべき学校教育環境の整備についてであります。
 (1)学校教育は文科省の定める学習指導要領に沿い、国民である全ての学童が公平に等しく正しく受けられるものであります。
 では、昨今、隣国との緊張感が高まっている領土・領海問題について学習指導要領の中ではどのように指導するようになっているかというと、小学校では北方領土について、中学校では北方領土に加えて竹島問題について、それぞれ発達段階に応じて教えるとなっております。
 また、ことしに入ってから文科省より学習指導要領の解説書改訂の発表があり、各自治体に通達されたと伺っております。これは、中学社会科と高校の歴史・公民で「竹島と尖閣諸島を我が国固有の領土」と教科書に明記するものであり、特に尖閣については「領土の問題は存在しないを理解させる」発表でありました。
 このような社会情勢の中にあり、熊本県では議会からの提案で、子供たちに正しい日本地図を見て図形から日本を学んでもらおうということで、国土地理院の地図を、このようにA1サイズにして、昨年の4月から県立中学校・高校初め、各教育関係機関1,200カ所へ掲示する取り組みがスタートいたしました。また、続いて岐阜県や東京都でも同じような取り組みが始まると聞いております。
 こうした流れをくみ、近隣市町村でも白石市、川崎町で同件が一般質問で取り上げられ、即座に同様の取り組みが行われることが決まったようでございます。間違いなくこれから全国に広がるものと思われます。
 これは単に領土・領海の問題だけではなく、一般に汎用されている離島や沖縄県などが枠線に囲まれて別の場所へ記載されたものではない、もう一度、このように北方領土との位置関係を含めた北端から南鳥島、失礼しました、沖ノ鳥島の南端、中国、台湾との位置関係を踏まえた上での尖閣諸島の西端、南鳥島の東端、そして朝鮮半島と竹島との位置関係などを踏まえた上で、大小含め6,800以上の島からなる広範囲に国土を有する国であることを示した正しい日本地図をふだんから目にする環境をつくり、おのずと「日本」いう我が国を近隣諸国との位置関係も含め図形としてしっかり覚えてもらうことが目的です。
 このすばらしい取り組みを、先進のまちづくりを掲げる当町においても行うべきであるので、その考えを伺います。
 (2)それぞれのまちにはそれぞれの成り立ちや歴史があり、文化が形成されております。絶やすことなく後世へ伝えていくことも町の教育が担うべき役割であります。大河原町には、佐藤佐太郎、尾形亀之助、村井江三、「大河原町文人三人衆」と称される文人が出身しており、そのことは町のホームページ上でも紹介がされています。
 また、現在の一目千本桜のルーツであります高山開治郎氏についても、当町で育っていく子供たちにはきちんと教育の一環として我が町の歴史とともに教えていくことが大切でありますことから、以下、伺います。
 1)学校教育の中で町史について触れる時間はあるのか。
 2)大河原町出身の佐藤佐太郎、尾形亀之助、村井江三、「文人三人衆」について触れる時間はあるのか。
 3)高山開治郎氏について触れる時間はあるのか。
 4)前目に挙げたほか、町独自に学校教育の中で取り上げていることはあるのか。また、それは何か。
 以上であります。答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、大沼忠弘議員の一般質問にお答えいたします。
 初めに、学校に日本地図を掲示する動きが各地で行われていることへの町としての考えについてのご質問でございます。
 まず、小学生が社会科の授業で地図を使って日本の姿を学習するのは4年生から6年生で、使用する地図帳は4年生のときに配付されております。大河原町が採用しているこの地図帳には、南北に広がる日本列島の姿を三つ折りの3ページを使って表示しております。
 また、日本とその周りの国々との位置関係と排他的経済水域をあらわす地図では、隣国との境が明示され、課題となっている島の名前も見ることができます。平成26年4月に検定済みの新しい地図帳では、新たに尖閣諸島、竹島、国後島の写真も掲載し、学習指導要領の改訂を反映したものとなっているようでございます。
 議員のご紹介いただきました、子供たちに正しい日本地図を見て図形から日本を学んでもらおうという日本地図の掲示につきましては、全国的な広がりと同時に、近隣の2つの市町でも行われていることに認識を新たにしたところでございます。
 町内の各小中学校では、子供たちの発達段階に応じた学習計画の中で、日本の国の姿を知ることや世界の中の日本の位置や世界の広さ、国々の位置を、教科書と地図帳などの資料を使用して学習します。社会科などの授業で掲示する大きな地図を使って目的の場所を教師が指し示して教えることから、子供たちは地図の見方を学びます。子供たちは地図の上と実際の距離や広さを頭の中で想像し、その中から地図から学ぶことへの興味・関心を育て、地図を調べて知識の世界を広げていけるような指導を各学校の教師は行っているところでございます。
 議員ご紹介の地図を学校現場の指導に使用できるかについては、学習計画の中での活用と、世界の中の日本を学ぶことにつなげることなど、さまざまな形で検討してまいりたいと考えているところでございます。
 続いて、大河原町出身の文人、偉人も含めた歴史教育についてのご質問でございます。
 初めに、学校教育の中で町史について触れる時間はあるのかというご質問でございます。
 町の歴史を学ぶことについては、町が作成した社会科副読本「わたしたちの大河原町」を使って、小学校3・4年生で学習しております。
 次に、大河原町出身の佐藤佐太郎、尾形亀之助、村井江三について触れる時間はあるのかというご質問でございます。
 まず、小学校では、4年生で学ぶ社会科副読本「わたしたちの大河原町」の中で、大河原の生んだ歌人として佐藤佐太郎の業績について学習しております。また、中学校では、国語の時間に短歌を味わう単元があり、佐藤佐太郎の短歌を紹介し学習しております。
 また、今年度、大河原町教育委員会で新たに、大河原町のために尽くした先人の業績を学ぶために、(仮称)「大河原の先人集」を作成することになりました。
 この3人の文人は多くの先人の中に含まれておりますので、しっかり学習することができるようになります。
 次に、高山開治郎氏について触れる時間はあるのかというご質問でございます。
 こちらも「わたしたちの大河原町」を活用し、4年社会科の単元「郷土を開く」で、高山開治郎を学習しております。昨年度から、小学校6年道徳でも「みやぎの先人集 未来への架け橋」を活用して学習するようになっております。
 次に、町の歴史について独自に学校教育の中で取り上げていることはあるのか。また、それは何かとのご質問でございます。
 まず、金ケ瀬小学校、金ケ瀬中学校では、「大河原の先人集」にも掲載予定の、地域医療に貢献し、県民の母ともなった松山京子先生について調べ学習などを行います。また、大河原南小学校では、4年社会科の単元「郷土を開く」で、六沼干拓に貢献をした尾形安平翁を取り上げております。そして、各小学校では、民俗資料収蔵室の見学や収蔵品を活用した授業の実施など、工夫を凝らした授業が行われております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、まず最初の正しい日本地図についてでございますが、地図帳という形で授業の中できちんと学習が行われているというようなご説明を受けましたけれども、やはり地図帳という形になりますとどうしてもやっぱりみずから開いて見てみないと見れないということでありますので、やはりこのようにですね、常に掲示して無意識というか、常にやはり目に見える環境をつくるということが大事だというふうに思うんですが、そうした部分に関してはいかがお考えでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 議員ご指摘のとおりでございます。日本の地図あるいは世界の地図につきましては、常に子供たちの目に触れるところで表示しておく必要があると私は考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい。全くそのとおりでございますので、検討するというような回答はいただいたんですけれども、これ具体的にですね、こういった形でA1サイズの形で今後学校の教室でありますとか、例えば児童クラブ、そういった教室の中に掲示されるというようなことは具体的に実施されるというふうに受けとめてよろしいでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それにつきましては、今後できるだけ地図が掲示されるよう努力してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) なるべく早い段階でですね、実現していただくように誠意努力していただくようにお願いして、この1番は終わりたいと思います。
 続きまして、2番大河原の町史、そしてまた大河原の偉人についてでありますけれども、しっかりと副読本も含めてですね、学校の授業の中で教育の一環として触れられているということでありましたので、しっかりと今後も継続して続けていただきたいというふうに思います。このほかに、私質問したほかに、「大河原の先人集」というものが今後作成されると。そしてまた、松山京子先生についても地域金ケ瀬の偉人そういったものについていろいろ触れられるということですので、大変いいことだというふうに受けとめておりますので、今後ともですね、子供たちの教育に関しては引き続きご尽力のほうをお願いしたいというふうに思います。
 質問多いですので、次の2項の質問に移ってまいりたいと思います。
 2.平成26年度施政方針についてであります。
 3月定例会において平成26年度の施政方針が提示されました。各分野において種々の事業方針を示したものであり、これに従い町政運営に反映されるのは当然のことでありますが、より詳細な内容をお聞きし、事業内容を明確にした上で、議会としては町政運営のチェックを果たすべきでありますことから、以下お伺いいたします。
 (1)資源リサイクルについて、4月6日に行った古着回収事業は大変好評であったと報告がありました。今後の継続はどのような考えでいるのか伺います。
 (2)地域防災力の強化について、大規模災害時における企業との相互協定も推進していく記載があるが、どういった企業とどのような協定を結ぶのか。また、自治体により、災害時の生活用水(飲料水を除く)を住民の協力を得て確保する災害時協力井戸の推進が行われている自助・共助の事例があるが、当町では取り組む考えはあるか。
 (3)ICTの活用、情報共有の重要性として町ホームページのさらなる充実に努めるとあるが、現在行っている水曜日の窓口業務時間延長のせっかくのサービスの案内も見当たりません。今後どのような見せ方をしていくのか。また、窓口業務延長についてどれぐらいの利用者があるのか。今以上のサービスの拡大の考えはあるのか。
 (4)「町政意見箱」にはどれぐらいの意見が寄せられているのか。意見に対しての応答はどのように行っているのか。
 (5)「おおがわら町民学園」の開催がうたわれているが、その具体的な内容、組織はどのようになっているのか。主として健康づくりや生きがいづくりの事業と受けとっておりますが、長期総合計画で示されている総合型地域スポーツクラブとのすみ分けはどうなるのか。
 (6)障がい者の雇用の場の確保を重視し、衆知を集めた施策について検討とあるが、すぐにでも検討の結果が反映されて実施されるべき事項であります。現在どれぐらいの就労希望があり、受け手側はどういった状況か。また、町当局での雇用はどれぐらいできているのか。
 (7)総合的な産業の底上げを図るとして、農商工連携、地域新商品の開発や販路拡大を推進し、地域ブランドの創出に努めるとあるが、この内容を達成するには相当な腹をくくった覚悟がなければなせるものではありません。その具体策はどういったものなのか。
 (8)町民スポーツの振興に努めるとあるが、当町で障がい者が行えるスポーツの施設、種目、用具の整備状況はどのようになっているのか。
 (9)スポーツ少年団の強化策を検討とあるが、今、スポーツ少年団では何が課題であるかなど実態の把握が正確に行われていなければ的確な策は講じられません。現在、町はスポーツ少年団の状況をどのように把握しているのか。
 (10)財政の健全化は行政の使命であり、達成の一手法として民間企業等の経営感覚も必要と考えますと記載があります。間違いなくその感覚は必要であります。そこで、どのように経営感覚を導入するのか。そのためには外部から経営にたける人材を採用するなどを実践しなければ達成は難しいはずであるが、見解を伺います。
 (11)職員の人材育成と能力向上に向けて努めるとし、職員研修にもきちんと予算化されております。それは非常に重要であると認識するものでありますが、その研修の内容はどういったものかをお伺いいたします。
 以上であります。答弁によりましては再質問をいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 9番目のスポーツ少年団につきましては教育長からお答えをさしていただきます。
 次に、資源リサイクル、古着の回収事業についてのご質問であります。
 4月6日に実施いたしました古着の回収事業につきましては、今年度初めて実施したわけでございます。午前8時30分から正午までの短時間にもかかわらず、約500名の方にお越しいただき8,470キログラムの古着等を回収することができました。
 また、当日実施いたしましたアンケートによりますと、実施回数につきましては年に二、三回との回答が最も多い結果でございました。次回の開催を7月26日土曜日に予定しているところでございます。
 なお、今後は季節の節目ごとに実施できるよう検討してまいります。
 次に、大規模災害時における企業との相互応援協定並びに災害時協力井戸のご質問についてお答えいたします。
 災害時の応援協定等については、これまでも13社の企業及び団体と締結しているところであります。今後につきましても、さまざまな視点から新たな企業と協力協定することを検討してまいりたいと考えております。
 なお、具体的な企業等については現在申し上げられませんが、お互いの調整等が図られた段階でお知らせしたいと考えております。
 また、災害時の協力井戸の推進につきましては、地域の暮らしを支える重要な水利の一つでありますことから、井戸保有者への呼びかけと自主防災組織等との協議を行い、地域の力とする共助の醸成と推進を図ってまいりたいと存じます。
 次に、水曜日の窓口業務延長サービスの案内についてお答えいたします。
 サービスの案内につきましては、以前より「おしらせばん」に掲載しており、町のホームページにはことしの5月より掲載しているところであります。情報提供につきましては、広報誌及びホームページ等に適時掲載するよう努めてまいります。
 また、利用者数につきましては、平成25年度では窓口業務延長日数が51日で、町民生活課での証明書発行件数が347件、税務課での収納件数が177件、納税相談件数が27件となっているところであります。
 また、今以上のサービスの拡大の考えはあるかとのご質問でありますが、年間の利用者数を考慮いたしますと現状維持を考えております。
 次に、「町政意見箱」についてお答えいたします。
 まず、「町政意見箱」の設置につきましては、平成26年1月から本庁舎及び外部施設4カ所に設置いたしております。これまでに寄せられた件数につきましては、本庁舎分で平成25年度が3件、本年度分が5月までで2件となっております。外部施設では、中央公民館、総合体育館で平成25年度に各1件、駅前図書館で本年度5月までに6件となっております。
 ご意見に対する対応につきましては、例えば環境に関することは町民生活課、デマンドタクシーに関することは企画財政課といったように、事業課において意見に対する対応を行っているところであります。
 次に、「おおがわら町民学園」の具体的な内容、組織と総合型地域スポーツクラブとのすみ分けはどうなるかとのご質問にお答えいたします。
 まず、「おおがわら町民学園」は、町民の生きがいづくりと健康増進を図ることを目的に町内各施設においてさまざまな分野で体験や学習を行うもので、その活動の励みになるものとしてポイント付与制度を取り入れ、取得したポイントにより「さくらカード商品券」を交付するという事業を予定しております。今年度は10月開始を目標に現在準備中でありますが、町が主催する健康教室、検診の受診、文化活動、スポーツ活動、公民館活動、さらには世代交流いきいきプラザで行われる事業などを、学園の対象事業としていく予定であります。生涯学習課が取りまとめ役になりながら、対象事業を行う関係課が連携してこの事業を進めてまいります。
 次に、総合型地域スポーツクラブとの住み分けはどうなるかとのご質問ですが、まず、総合型地域スポーツクラブとは、人々が身近な地域でスポーツに親しむことのできる新しいタイプのスポーツクラブで、子供から高齢者までさまざまなスポーツを愛する人々が初心者からトップレベルまでそれぞれの志向、レベルに合わせて参加できるという特徴を持ち、地域住民より自主的・主体的に運営されるスポーツクラブをいいます。
 長期総合計画にある総合型地域スポーツクラブはこれから設立を目指す組織ですが、町民学園とは競合するものではなく、相乗効果を発揮できるものであると考えております。
 次に、障がい者雇用の就労希望などの状況はどうかとのご質問ですが、障がい者が働く場の確保としては、ハローワークでの企業への障害者雇用と障害福祉サービスの就労支援施設での就労があります。それらの障がい者の雇用に結びつける相談機関として、障害者就業・生活支援センターがあります。障がい者が就業希望で町へ相談に来所されるケースは数件ございます。おおむね障害者就業・生活支援センターと連携することにより、相談者に合った障害者雇用か障害福祉サービスの就労支援施設の利用かどちらかにつなげる支援を行っております。
 平成25年度に障がい者が就業・生活支援センターに相談し、企業へ雇用されている件数は24件ほどあり、就労希望全体の相談件数は26件となっております。
 受け手側の状況はどうかとのご質問ですが、障害福祉サービスでの就労支援施設や就労のための訓練施設については定員があり、現在待機状況であります。
 また、役場における障がい者の雇用状況につきましては2名で、雇用充足率上では1名不足となっている状況にあります。このようなことから、今年度も職員採用試験で募集しているところであります。
 続きまして、産業振興と地域ブランドについてのご質問です。
 初めに、地域ブランドにつきましては、地域に対する信頼と良好な共通認識の確立が重要であると考えております。つまり、ブランドとは信頼のストックであるということは大前提であります。地域に対する信頼を確立するため、特徴的かつ魅力ある地域というイメージを定着させることが大きなポイントであります。そのためには、例えば「環境先進都市おおがわら」を実現するなどの方法により、本町への良好なイメージを確立する必要があります。こういったことに取り組みは相当腹をくくった覚悟が必要というご指摘、そのとおりでございます。
 また、個々の産品のブランド化により高付加価値を図る努力も重要であります。このこともかねてより深く認識しているところであります。
 今後とも地域で丁寧につくり上げた商品を少しでも高く買っていただくために、行政サイドから農商工連携や大手デパートへの進出などの積極的な支援を行ってまいります。
 なお、現在、大河原商業高校商業研究グループが本町特産の梅を利用した「梅味のポテトチップス」をプロデュースしておりますが、この製造企業が「梅のロゴ」を作成し、大河原町の梅製品に無料で提供されるとの情報もあるところでございます。
 また、本年の桜まつりにおいて、ハーブ菓子研究会の皆さんが「さくらっきースイーツバック」を企画・販売し、大変好評をいただきました。大変小さな事例ですが、このような事業支援の積み重ね、そして、例えば「蔵王ブランド」のような広域的な取り組み、さらには、国の補助金等の活用支援などにより、ブランド化による産業振興を推進してまいります。
 次に、障がい者が行えるスポーツの施設、種目、用具の整備状況はどのようになっているかとのご質問であります。
 現在、障がい者用の施設・機器・用具は整備されていないのが実態でございます。町内の市町村でもまだ整備が整っていない状況でありますので、今後検討いたしてまいります。
 次に、10番目に参ります。
 財政健全化の達成の一手法として民間企業等の経営感覚をどのように導入していくかとのご質問でありますが、施政方針でお示しした部分といたしましては、企業会計方式を導入し、町全体の資産と負債状況や行政サービスに要したコストを把握することで財政の健全度を保っていくとともに、わかりやすく公表していく公会計制度の定着を進めるものであります。
 まずは、単年度の現金の動きだけを見る役所特有の感覚から、通常民間で行っている複式簿記を活用した資産や負債状況、損益計算などをもとに判断する経営感覚を取り入れる趣旨でございます。
 ご指摘いただいた外部からの人材採用による民間企業等の経営感覚の導入を図るという手法につきましては、利益追求に収まらない自治体政策という理念もございますことから難しいものと考えております。将来のまちの姿を描き、財源を確保しながらどのように実現していくか、その一環として行財政改革を進める中で、定員適正化等による人件費の削減、また、PFIなどの民間活力の導入にも取り組みながら、財政の健全化を含めた自治体運営に努めていく所存であります。
 最後に、職員研修についてのご質問であります。
 議員ご指摘のとおり、私も、人材を育成する手段、そして能力を高める手段として非常に大切で重要であると考えているところであります。したがいまして、これまでの研修予算も少なかった状況もありますことから、本年度予算に増額計上を支持したものであります。
 なお、増額を図った研修の具体的な内容につきましては、専門分野や実務分野への研修を含め先進地への視察研修などを考えたものであり、例えば昨年度は延べ13人の職員が、資源エネルギー庁燃料電池推進室あるいは燃料電池の関連の先進機器の視察を行ったり、ことしもバイオマスプラントを視察いたしておるところであります。多種多様な研修に参加することで、本町が掲げる「開かれた先進の町」への取り組みにもつながるものと考えたものであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) (9)スポーツ少年団の状況をどのように把握しているのかというご質問でございます。
 少子化や子供たちを取り巻く環境が変化してきている中、スポーツ少年団の団体や団員の登録数が年々減少傾向にあることは認識しております。本町ではスポーツ少年団として、野球、剣道、柔道、空手、サッカー、水泳、バスケット、ミニバスケット、バドミントンなどが活動しております。
 現在、スポーツ少年団の課題として、指導者の減少問題と親のスポーツ少年団活動への理解不足による入団者の減少等が上げられます。今後、その環境を踏まえながら、団体としての組織の強化及びスポーツ少年団が充実していく方策を検討してまいりたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午前10時57分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午前11時11分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、資源リサイクルについてでございますが、こちらはですね、資源リサイクルについては私どもの会派のほうでですね、研修を行いましてそれを町のほうに提案して実施に結びつけていただいたということでもありますんで、成果は十分認めているところでございます。ただ我々研修してきた内容ですと、常時回収ボックスというものが設置してありまして、そしてまたなおかつ穴のあいた衣類でありますとかちょっとまあ少し着古したものも回収するということであります。今回、町のほう、大河原町のほうではまだ再利用可能なものだけというような限定が付いているようでございますが、穴あいた衣料とかでもですね、ウエスですとかフェルトの原材料というようなリサイクルの方法があるということで、視察先のほうでは回収を行っていたようでございますが、そういった回収についてこれから門戸を広げていくというようなお考えはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 今後につきまして予定している回数の内容などを検討してですね、検討してまいりたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 十分ご検討いただきたいと思いますが、今回行った上で何か結果、問題点等、そういった改善点などございましたらお示しいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) アンケートをとらせていただいたんですが、その中でですね、回収していただきたいということで、布団とかそういう粗大のごみに該当するようなものも入ってましたので、そこは回収にはちょっと問題があるということで、いろいろこれから皆さんにそういうところの周知はしていきたいと思っております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 極力、町民のそういった声があるようですので、対応できるように検討を進めていただきたいと思います。
 次の2番目の地域防災力に移ります。こちらのほうも現在13社の企業及び団体と協定を締結しているということでございますけれども、恐らくこの13社は大型店であったり、そういうな大規模な企業さんであったり団体だというふうに思います。ただですね、大規模な災害となりますと、当然そういった企業さんのほうも被災されるということは当然予想されますので、リスクを分散するという意味でもですね、町としては当然ながら町の商工業者は支援、そしてまた守っていくという立場がございますので、できればですね、町の本当に町内にある個人商店ですとか飲食店、そういったところがその地域、エリアエリアの備蓄というような考えをしてですね、災害の際にはそういったとこも、当然電気ストップすればある程度食材はもうすぐ使えなくなりますし、商売ももうなかなかちょっとできなくなりますので、実際震災のときもそういった方々の「こういうときはお金取れない」というようなことで良心的にですね、率先して自発的に無償でそういったもの提供があったと思うんで、今後はですね、そういった町内にある、町内に拠点を置いているですね、そういったところと協定を結んでいくことも必要かなと思うんですけれども、そういったお考えはいかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 災害時の応援協定につきましては、近々にちょっと考えている部分がございます。それにつきましては、災害時の緊急救援輸送ということで、まず町内のタクシー業者さんと締結をお願いしたいというふうに思っておりますし、さらには、仮設住宅ということにはなりませんけれども、生活の居住の確保という意味では大河原町の建設職組合さん、こういった形での協定も考えてございます。それから、本町には大型店舗バイパス沿いにありますけれども、こういった土地柄も考慮しながら町内企業との締結を考えていきたいというふうに思ってるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そういった災害のときこそですね、町がそういった町の業者を守って行かなくてはなりませんので、積極的に、協定という形になるかどうかわかりませんけれども、町内の業者を守り支援していくような態勢を整えていっていただきたいというふうに思っております。
 そしてまた、災害時井戸ですね、こちらのほうは推進を図っていくというような答弁いただきましたので、ぜひこちらのほうも積極的に進めていただきたいというふうに思っております。
 次の3番目、ICTの部分でございますが、答弁聞きますと、5月よりサービスの案内は掲載してるということで、私もよく町のホームページのほうはチェックはしているんですけれども、なかなかちょっとこれ見せ方なんでしょうけれども、なかなかちょっと目的のところにたどり着かないというとこもありますので、こちらはですね、肝心な情報がやっぱりすぐ見れるというような形、やっぱりホームページ見せ方も大事だと思うんで、どういった方針でちょっとホームページに運営に当たっているのか、方針のほうをちょっとお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) ホームページにつきましては平成24年か5年に更新をしてございます。その際に、各部署からのご意見等々をいただきながら現在のホームページというふうな形になってございます。
 それで、新着情報、あとはお知らせというふうな形で、必要な事項はその都度見れるような形にしております。
 また、各課のほうでこれは重要だとかという部分については、トップページのところに見れるような形にしてございます。
 ただ、ご指摘のとおりですね、一部見づらい部分、検索しにくい部分等ともありますことから、今後その部分につきましては検討を加えていきたいとも考えてございますので、ご理解をいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今のことに関連しまして、今以上のサービスの拡大の考えはあるかということに関しましては、現状維持を考えているというような答弁いただきました。まず、これもですね、今申し上げたとおり、なかなかやはりそのサービスの内容が周知されておりませんと、せっかくそういったことでやってても、なかなか知らなかったということで今の現状があるということがありますので、これはですね、もう少しわかりやすいような形で周知をしていただいた上で、この現状を維持するのか、それとも拡大するのかということを、もう一度再検討していただきたいんですが、いかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町民生活課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯町民生活課長(平間信造君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町民生活課長(平間信造君) 再検討してわかりやすい、その窓口業務の内容を表示してわかりやすいようにしていきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) はい、そのように対応をお願いいたします。
 それでは、次の4番でございます。「町政意見箱」、こちらのほうはですね、いろいろ答弁いただいたんですけども、実は私のほうに相談というか、こちらの意見箱のほうに投書して返事を欲しいというようなことを書いたんですけど、いまだにちょっと返事が来てないんでどうしたもんかねというような、実はご相談というかお話を受けました。当然ながらできるものとできないものは当然あると思うんです。ただできないものに関してはしっかりとできない理由というものをお伝えしなくてはいけないと思うんですけれども、そういった対応についてお答えをいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯総務課長(藤田秀明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(藤田秀明君) 意見箱につきましては、町長がお答えしてますとおり、本年の1月から設置をさせていただきました。で、具体的にその対応につきましても、環境は町民生活課、デマンドにつきは企画財政課という形の中で現在対応しております。回答がおくれてる部分につきましては、早急に対応を図ってまいりたいというふうに思ってるとこでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) こちら、本当に意見箱、本当に何か求めることがあって投書しているものですから、そういった部分に関しては十分、先ほども申しましたけれども、できないものはあると思うんです、その部分に関してはしっかりできない理由を説明して納得をいただくことをお願いしたいと思います。
 続いて、5番の町民学園でございますが、10月開始を目標に今現在準備中ということでありますけれども、今もう6月ですので、ある程度はもう形になってなくては10月にはもうできない、スタートできないかなと思うんですけども、現在の進捗ぐあいはいかがなものなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 町民学園につきましては、教育委員会の生涯学習課が一応担当する形で、庁舎内の各関係する課の事業等を取りまとめ打ち合わせをしながら、10月に向けてどういった事業にどういったポイントなどを付与するか、そういったところを今検討中です。
 あと、町民の皆様へのお知らせ等につきましては、7月8月辺りになると思いますけれども、「おしらせばん」等を使いながらお知らせすること。さらには、町民学園に、ボランティアという形ですけれども、指導するあるいはリードする形で何らかの学習活動を行っていただけるような方を募集するというようなことも今回の町民学園の中では大きな部分を占めておりますので、そういったところも期間の中でできるだけ早くお知らせしながら募集をかけていきたいというふうに考えているところです。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 質問の中で、町民学園と総合型地域スポーツクラブは競合するものではない、別の組織だというような回答をいただきました。ということは、総合型地域スポーツクラブも同時進行としてある程度、もう総合計画に載っているものですから、組織なり何なり準備という形で進行しているはずだと私は思っているんですけれども、その辺の進捗はいかがなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 総合型地域スポーツクラブにつきましては、今回のゆめプランの計画の中に当然載せさせていただいたんですが、まだその準備を今進めているというところで、具体的に組織についての作業が始まっている状況ではありません。
 なお、総合型地域スポーツクラブが設立する日が来た段階でおおがわら町民学園につきましては、そのスポーツクラブのほうで行われているスポーツ活動などに参加した方々についても町民学園に参加しているというような扱いからポイントを付与できると、そういうな意味合いでは相乗効果を得られる、そういう関係になっているものと一応考えています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 私はですね、今別なものだというような回答なんですけれども、大分重複する部分がありますので、これは別なものというよりもある程度一緒のものとして同時進行して進めたほうが、それこそ相乗効果というものがあらわれるのではないのかなというふうに思っています。総合型地域スポーツクラブ、どちらかというと競技性というよりも楽しむ、やはり町長が町民学園で訴えられているような、やはり子供から高齢者までスポーツをやっぱり愛好するというようなそういった部分のやっぱり意味合いが強いので、分けるのではなくて、やはりそれこそ相乗効果でやはりある程度重なった部分で検討を進めてたほうがいいんではないのかなというふうに思うんですけども、それでもやっぱりこれは別なものとして扱いになるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民学園の趣旨についてもう一度お話しさせていただきますと、健康増進あるいは文化振興、それから地域活動促進、からボランティア活動促進、あるいは環境への協力、環境美化とか地球温暖化対策、さまざまなことに取り組む町民を広めていこうということで、大河原町全体が町民学園とこういうにみなしまして、一つの考えられるスローガンとしては「町民の町民による町民のための学園」という精神でですね、町民お互いにボランティア精神で健康増進などに努力をするそういう組織をつくりたいということでございまして、地域スポーツクラブにおきましては、そのスポーツ部分と町民学園の事業は全く重なることにはなろうかと思いますけれども、ポイント制を付与するというところが一つのみそといってはみそだと思っておりますので、そういった形で町民学園をまずスタートさせる。で、スポーツクラブにつきましては、例えば人材が少ないとか大変大きな問題ございますんで、まず人材を確保するということは極めて大事でありますので、その辺は少しお時間をいただいて、これからスポーツクラブの実現に向けて努力してまいりたいと思いますけども、まずは町民学園、ことしの10月に向けて精いっぱい頑張っていきたいということで、相乗効果を発揮できるように、ゆくゆくは総合型地域スポーツクラブをつくってまいりたいというふうに考えておりますので、ぜひご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 優先順位ということではないんですけれども、総合型地域スポーツクラブは近隣市町村でもどんどん今取り組みが進んでいるところでございます。そしてまた、これもずっと長期計画の中に載って続けていることで、なかなか実施に至ってない事業でありますので、こちらのほうもですね、今町長からお話ありましたけれども、後回しにならないような形で、こちらのほうもなるべく早く実現に取りつけるような形で努力をお願いしたいというふうに思います。
 時間もあれですので、次のほうに進みたいというふうに思います。
 障がい者雇用でございますけれども、また、今受け手側の状況も、希望があるのになかなか今定員があり待機状況ということがあります。それで、町のほうの雇用も現在2名で充足率では1名不足というような状況のようです。この質問はですね、昨年の4月の障がい者の法定雇用率が国・地方公共団体で今までの2.1%から2.3%に引き上げられた段階でですね、昨年もこの一般質問で万波議員のほうが質問の中であったと思うんですけれども、そこでやっぱ努力するというようなお話あって1年たってるわけですから、大分もう進捗で充足率は満たしているのかなというふうな期待もあったんですけれども、まだということだったので、今現在どのような具体的な取り組みされてるのか、ちょっとお答えいただきますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 障がい者の雇用についての具体的な取り組みということでございますが、仙南2市7町の自治体あるいは社会福祉協議会、それから事業所、ハローワーク等で構成いたしました仙南地域生活福祉就労支援協議会というものを組織しておりまして、26年と27年度につきましては大河原町が事務局になったわけでございますけれども、そのような協議会を通じて広域的な取り組みとして今協議等をして取り組んでおるところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 受け手側の状況もあると思うんですけれども、働く意欲のある方はしっかりと働ける環境できるように努めていただければというふうに思います。
 次の質問に移ります。
 7番地域ブランドの創出ということでございますけれども、今説明受けたんですけれども、イメージを定着させるなどというようないろんな答弁いただきましたけれども、これはですね、やはり本当に一朝一夕では決してできることではございませんので、もう具体的にきちんとした本当にスキームまで組まないと、これはなかなか先に進まないというふうに思うんですけども、これ具体的な組織というか、それこそスキームというのは今どこまで組み立てられてるんでしょうか。今答弁いただいたそのような「推進してまいります」というような、ちょっとなんか絵に描いた餅といったらあれなんですけれども、具体的なまだ枠組みはできてないんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは具体的な枠組みあるいは組織といったらいいですかね、そういったものをつくるということは想定をいたしておりません。で、漠然としたというようなご印象を持たれますけれども、産業振興にですね、特効薬はないということはもう議員もご承知のとおりだというふうに思っております。それで6次産業化とかですね、例えば梅のブランド化を図ると、こういった努力をもちろんしております。その個々の産品の努力も大変大事でありますけれども、それと同時にですね、町のイメージをアップするってことが極めて大事であります。
 例えば最近報道大きくされました消滅可能性都市、こういったことを避けるためにもですね、やはり先進的で魅力のあるまちをつくっていかなきゃいけない。そういうまちづくりが全国にですね、まちづくりの姿勢が全国にアピールできるような特色のある、本当に特色のある町を目指すということが必要でありますので、そういった観点から今回「Next大河原ゆめプラン」を策定させていただきまして、6つの重点プロジェクトを設置さしていただきました。
 その中で1番目に環境先進都市大河原をつくるということも、そういった大河原町の特色を打ち出す、何らかの特色を出したいという思いがあって、そういう意識で1番目に掲げさせていただきました。もちろん福祉とか教育とかですね、産業とかそういったものも大事でありますけども、その大河原町の特色をいかに打ち出していくか。今回「Next大河原ゆめプラン」策定のときにいろいろ町民から、皆さんからご意見いただいてアンケートもとらしていきました。その中で大きな要望としてですね、やはり再生可能エネルギーとかそういったことに対して、それから企業誘致こういったものについてはまだ達成度が低い、そして必要度が高いということのことであります。
 そんな観点から、この環境先進都市大河原をつくるに当たりまして、例えば再生可能エネルギーをしっかりと取り組んでいくという町にする。そして、環境先端産業あるいはそういうプロジェクトそういったものを企業誘致するという努力を今しているところでございまして、それが実現すれば私は大河原町は全国に名をとどろかせる町になるというふうに信じて、これを取り組んでいきたいというふうに思っておりまして、漠然としてると言われればそのとおりでありますけども、そういったことの実現のために私としても腹をくくってこの事業を推進してまいりたいというふうに思っておりますので、何とぞお時間をいただいて温かい目で見てければありがたいなというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、町長からも腹をくくってというような答弁いただきましたので、まさにそのとおり腹をくくって取り組んでいただきたいというふうに切にお願いを申し上げます。
 それでは、次の8番でございます。これ8番の障がい者スポーツなんですけれども、残念なことに今の状況ではされてないというような回答がございました。これはですね、先進のまちづくり、そしてまた、福祉の町を掲げる町長としてはかなりこれはちょっと痛いところではないかなというふうに思うんですが、これはですね、本当にすぐにでも、先ほども申し上げましたが、やっぱり障がいのある人でも等しくですね、働いて、そしてまた、スポーツをして人生を豊かにするということは大変重要なことだと思うんですが、町長、いかがでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 痛いところを突かれましたけれども、一生懸命頑張ってまいりたいと思っております。
 実は先週の土曜日ですか、えずこホールで「天心の譜」というドキュメンタリー映画を鑑賞いたしました。その中で、何だっけ、障がい者のオリンピックス、何だっけ……パラリンピックとは違うんですね。名前ちょっと忘れました。何とかオリンピックスということで、あれを見て本当に感激した次第でありまして、障がい者がですね、スポーツに親しめるような環境づくりに邁進していきたいというふうに決意をいたしたところでございますので、これもまた温かい目で見ていただいて、皆さんとともにですね、障がい者が豊かに暮らせような地域をつくってまいりたいと思っておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) そうしたことがですね、実現されますと、まさに地域ブランドにつながりますので、これはですね、本当に早い段階で取り組んでいただければ幸いでございます。
 そして次、スポーツ少年団でございます。
 スポーツ少年団も、私自身もスポーツ少年団に長らく携わってまいりまして、本当に今こういった施政方針の中にスポ少のことも触れていただくことは大変ありがたいことだというふうに思っております。ただ、今一筋縄ではいかないようなさまざまなやはり課題というのがございまして、やはり強化策を、もう強化策というふうな表現で書いてございますので、やはり現状をいかに正確に把握していただかないとその強化のしようもないということなんでございますけれども、これですね、我々スポーツ少年団のほうとも具体的にやはり膝を交えてといいますか、そういった話し合いの場もやっぱり持っていただかないと、我々もやっぱりこちらのほうの訴えもそうですし、状況も把握していただけないのではないかなというふうに思っているんですけれども、そういった場をですね、ぜひ設けていただくようなことは可能でございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) まさに議員ご指摘のとおり、スポーツ少年団、平成19年度から年々団員数が少なくなってきておるのが現状でございまして、何とかこれを改善しなければならないと考えているところでございます。したがいまして、皆さんのお知恵を拝借しながら改善していくつもりでございますので、どうかそういった場をぜひ計画し、また皆さんのお知恵を借りていきたいというふうに考えているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 昨年、大中の柔道部が全国大会に行ったんですね。選手のほとんどがやはり子供のころ、小っちゃいころからもう、幼稚園ぐらいからもう町のスポーツ少年の柔道のほうに通って、そして、その成果がやっと大中の柔道部のほうで全国大会というような形で花開いたというようなことございます。スポーツ少年団、本当に今オリンピックとか見ても十代の選手の台頭が今本当に目覚ましいところでありますので、スポーツ少年団ぜひともですね、将来的に大河原出身の子供が凱旋して、何か大きな賞を取ってですね、凱旋してパレードもできるような環境をつくるために、これは絶対ですね、スポーツ少年団ぜひとも力を入れていただきたいところでありますので、今後ともさらなるですね、強化策を講じていただければというふうに思います。
 続きまして、10番、これ重要なとこですね、財政の健全化ということでございます。
 答弁いただいた中で、企業会計方式などいろんなそういったところで健全化を図っていくと。「利益追求に収まらない自治体政策という理念もございますことから難しいものと考えております」というような答弁もあったんですけども、私が、私も一応一商売人の一人としてですね、申し上げるならば、会社というのも利益追求は、利潤の追求ってのはもう命題なんですけども、その先に何があるかというと、やはりお客様にいかに喜んでもらうか、そこがやはり経営感覚の根っこだと思うんです。まさにそういった企業会計方式とそういとこも大事なんだと思うんですけども、いかにやはり職場の皆さんが、例えば役場であるなら町の皆さんに喜んでいただくか、そういう感覚を持っていただくことが、私は経営感覚の一番大事なところだと思うんですが、町長、いかがお考えでございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
102:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
103:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町民に喜ばれる政治するっていうことは私どもの一大使命だというふうに認識しております。それと、町にですね、経営感覚ということでですね、おっしゃるんですけども、やはり行政と経営は若干、民間の経営とは違うということをですね、やっぱり理解した上でですね、例えばお答えのありました外部の人材登用でありますけども、これはそうやったところで果たして行政がわかったような人が来ればいいですけども、行政も両方民間の経営もわかるというような人材ってのは滅多にいないわけでありまして、また経営が職種が変われば、畑が変われば全然うまくいかないということありますので、そういった民間活力も大事でありますけども、やはり我々としては町の置かれた状況をしっかりと把握しながら今後、それこそさっき申し上げました消滅可能性都市にならないように、魅力ある政策をいろいろ打ち立てるということが基本的な戦略、戦術だというふうに私は思っておりますので、もちろん費用対効果を考えたり、それから無駄なものをはぶるとかそういったことは当然であります。そういう感覚は持ち合わせておりますので、ご理解を願いたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
104:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
105:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 外部の人間を取り入れるとなるとなかなかやはり反発とかもあるとは思うんですけれども、やはりそれぐらいの劇的な変化とまでは言いませんけども、そういうことをしないとなかなか変化という、やはり変化を起こすということが非常に大事で、そういった変化はなかなか起きない。やはり同じ人が同じテーブルを囲んでいてはいつまでたっても変化は起きないというふうに思うんですけれども、やはりどこかそういった今までにない取り組みは必ず必要だというふうに思うんですけれども、いかがお考えなりますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
106:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
107:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町において大事なのはやはり計画を策定し、それを進んでいくことであろうかというふうに思っております。そういった意味で、町民の方々に声をかけて、昨年も、人数は少ないとはいえですね、町の方針を決定さしていただいております。それもですね、いろんなご意見をいただきまして、それを実現すれば町民の喜ぶ町政になっていくということを信じて策定さしていただいたわけでありますので、そのような今ご提案あったですね、町民が喜ぶような政治、これを貫いていきたいということでご理解を賜ればというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
108:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
109:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) この部分はたくさんちょっとあるんですけれども、時間もあれなんで、感じるところで、このところ何か役場の中で何か不都合な部分がありますと何か余りそれはもう表に出したくないというような部分を、事柄が非常にまだもしかしたらまだ出てこないような不都合な部分があるんじゃないのかなと思わざるを得ないようなことが、少しそういう懸念が実は私はございます。経営感覚というのはまさにそういった部分ですね、それはいかに負の部分というか、本来なら見せたくない部分、例えばリスクの部分だって、そういう部分をいかに隠さずに出して、やはり現場の皆さんと共有してその問題に対してどう対処してどうクリアしていくか。それが本当の経営感覚だというふうに思うんですけども。そういった……何て言うんですかね、経営、経営とは言わないのかもしれない、そういう運営感覚ですか、そういった感覚は持ち合わせることはできないんですかね。何かこの前もちょっと全員協議会の中でいろんなお話出た、具体的には言いませんけども、あったんで、そういった何か、少し表に出さないような部分があって、それはなかなかよろしくないというふうに感じてるんですけれども。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
110:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
111:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 表に出したくない部分が何であるかということがわからない限り、私はこのお答えはできかねますので、ご了解願いたいと思います。(「議長」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
112:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
113:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私の中ではそういったものは、表に出したくないものはないというふうに認識しておりますので、それもご理解願いたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
114:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
115:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) それでは、この前、新行政改革大綱というものを策定し、そういった説明があったんですけれども、その中でですね、ちょっと私感じた部分が、「職員に対してアンケートを実施、日ごろ職員が感じている非効率な点、改善を要する点、新たな住民サービスなど具体的な提案を募ることとします」ていうのが記載がございました。私、ちょっとこの辺、「うん、クエスチョン」と思ったんですけども、非効率、改善を要すると感じているんであれば、そんなのはもう即通常の業務の中で自主的に修正しながら効率を上げていくのが当然でして、承諾が必要なものであればすぐにその部署部署の職長なりに相談をして改善を図っていくのが当然だと思うんです。役場っていうのはそういうことが、何かものをなかなか言えないような組織なのかなというふうにふと疑問に思ったんですけども、どうなんでしょうか。役場っていうのは、そんな風通しの悪いところなんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
116:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) どなたに質問してるんですか。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
117:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) この前全員協議会の中で、新行財政改革大綱の基本方針というところで、職員に対するアンケートを実施するというふうなことをご説明させていただきました。で、確かに大沼議員おっしゃるとおり風通しが悪いのかという話になってくるかと思いますが、ここで言っている「職員が感じている非効率的な点」というのは大きな点ではなくて小さな点等々、日ごろなかなか上のほうでは感じ入れない部分とかそういう部分を集めましてやっていきたいという部分、または、その改善を要する点というのは確かになかなか上のほうに言えない部分もあるかとは思いますけれども、そういう部分も取り入れながらですね、進めていきたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
118:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
119:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) まず、わかったのか、いいです。次の、時間もあれなんで、次の最後の11番に移ります。
 非常に職員研修については私も非常に大切な、これはもう本当に町長と私は同じ考えでありますので、ぜひとも積極的にこれも推し進めていただきたいというふうに思います。
 そして、研修するからにはですね、やはりその職員が研修をしたことによってどう変わったか、ここが一番大事だと思うんです。このどのような形でその検証を行うのか、これが大事だと思うんですけど、どのようなお考えでいるのか。これだけ最後お聞かせいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
120:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
121:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 例えば昨年、例として申し上げました延べ13人の職員がですね、資源エネルギー庁の燃料電池推進室あるいは具体的にいいますとエネファームこういったものの先進事例を見てきたところでありまして、そういった方向がですね、生かされる形で町の方向が決まっております。そういった意味で情報を、13人ほとんど全ての各課から1人ずつぐらい出ていただいておりますので、そういった意味で今後の町の政策のあり方についても理解が深まったということがもう実証されておりますので、大変いい研修ではなかったかと思っておりますし、それから、今燃料電池推進室に1人派遣しておりますけれども、1回私視察行ってきたんだけども、もうすごい働きぶりでですね、上司も感服しておられまして、「この書類をあと1時間でつくっとけ」と言われたもんで、私お昼ごろ行ったらですね、「お昼一緒に食べよう」と言ったら、「もうそれもできない」というすごい働きぶりでですね、この職員が帰ってきていただければ、これは職員派遣という形でありますけれども、研修に派遣してんです、我々の、向こうは研修の受け入れと、こちらは研修の派遣でありますので、そういった2年間の研修を積んだ職員すごいスキルを身につけていただく、ついて戻っていただくことがもう自信を持って帰ってきたということで、大変な成果があったと私は思ってるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
122:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
123:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) 今、13名の職員のそういった研修の成果があらわれたというような回答いただきました。それは何か例えばレポートなり何なりそういった形で確認したのか、それとも、ふだんのやはりそういった業務の姿勢そういったものを目で見て確認したものなのか。どういった、検証の部分についてだけちょっと最後お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
124:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
125:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 昨年ですね、環境ゆめプランという委員会を立ち上げました。これも職員各課から代表が集まっていただいて若手を中心にやりました。で、1年で終わったんですけども、私が指示するまでもなく、ことしもですね、その委員会を継続して、今後の大河原町の環境政策をどうしてやっていいのかということを1年かけて検討しようということは、これ職員の考えから生まれたもんでありまして、それは本当にすばらしいことだと私は思ってるとこでございますんで、レポート書いてなんぼではなくて、実際に具体的な行動で示していただいたということはね、本当に私としてもうれしい限りだということをご紹介しておきたいというふうに思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
126:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 大沼忠弘君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
127:◯3番(大沼忠弘君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(大沼忠弘君) わかりました。職員が変われば役場が変わると思います。ぜひともよい成果が今後とも続くような研修を行っていただきたいと思います。
 これで私の質問を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
128:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
129:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 5番岡崎 隆でございます。議長のお許しが出ましたので、私は1項一般質問いたします。
 円滑な行財政改革を継続的に図るべき。
 これまでの一般質問で何度も取り上げてまいりましたが、国、地方を通じた厳しい財政状況の中、急激に進む少子高齢化と人口減少社会に地方分権の推進並びに循環型社会への転換など、地方自治体を取り巻く環境は大きく変化し、年々厳しさを増して降ります。
 これまでの法令遵守、事業執行の手続、予算分配型が重視される行政管理型の手法には限界があり、確たる理念に基づいた経営手法を取り入れた「行政経営」という考え方も必要であります。
 そこで、あるものを生かし、また、サービス低下を極力招かずに事業を合理化していく取り組みがより多く求められる中で、町長施政方針、長期総合計画等の中身をより一歩掘り下げた改革プランを今後策定する「新大河原行政改革大綱」に広く反映されることを期待するとともに、職員の意識改革、仕事改革につながる取り組みもあわせて必要であると考えますので、以下質問いたします。
 (1)町長施政方針にある「公共施設の利用状況や老朽化等現状を把握し、長期的な視点を持って更新、統廃合、長寿命化などを計画的に行い、公共施設の最適な配置の実現を図る」とあるが、公共施設総合管理計画策定に取りかかる最中に、既に取り組まれた事業、取り組む予定のある事業があればお示しいただきたい。
 (2)(1)の事業の中で、オーガ2階の「絵本のへや」もその一つであると捉える。議会にもおくればせながら説明があったが、一部町民とのやりとりはどうなったのか、経過を詳しく説明していただきたい。
 (3)新行政改革大綱の策定に関する基本方針が先日議会に示された。しっかりと達成のための進行管理が必要との説明がなされたが、具体的にお示しいただきたい。
 (4)行政改革には、住民、企業、その他団体等との協働の取り組みも不可欠と考える。町長のまちづくりの理念について改めてお示しいただきたい。
 以上、4点について質問いたします。答弁によって再質問いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
130:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
131:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、岡崎 隆議員の一般質問にお答えいたします。
 まず初めに、私の施政方針にも示しております公共施設総合管理計画についてのご質問でありますが、今後公共施設が一斉に更新時期を迎えることから、限られた財源の中、将来的な人口減少や利用需要等の変化を把握し、長期的な視点を持って最適な公共施設の配置を計画的に行うことが全国的な課題となっております。
 本町においても公共施設の老朽化対策は喫緊の課題であり、本年度に計画策定に取りかかる予定としております。
 しかし、平成26年4月22日付で国からの計画策定の要請は出されたものの、公共施設の評価を初め、将来人口や施設利用の推計、維持管理・修繕・更新等の実施方針、さらには公会計の固定資産台帳を活用した中長期的な施設経費の算出など、計画策定としては都道府県や政令指定都市の大規模な総合管理から取りかかるレベルであり、市町村においては趣旨の周知徹底を受けこれから検討する段階となっております。
 今後、県内市町村の動向を見ながら計画策定に着手する方向には変わりありませんが、議員ご質問の取り組まれた事業、取り組む予定の事業もお答えできる段階にはないと考えております。
 次に、「絵本のへや」で一部町民とのやりとりはどうなったかのというご質問であります。
 平成26年3月25日に、読み聞かせボランティア「レール」5名の方に、平成26年度の駅前図書館についての運営内容の変更について説明会を持ち、また、2回目の話し合いとして、4月30日、オーガ2階多目的ホールにおきまして、読み聞かせボランティア「レール」の6名の方と家庭文庫1名の方に、オーガの駅前図書館、世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ケ瀬公民館に「絵本のへや」の機能移転に関する理由及び読み聞かせの今後の進め方などについて説明会を行いました。
 説明会の中では、「絵本のへやは大切な施設なのになぜ廃止するのか、その理由がわからない」など厳しいご指摘をいただきました。しかし、事前の説明が遅くなったことをおわびしながらも、先ほどの機能移転についてご説明をしたところであります。
 3点目の行財政改革大綱を達成するための進行管理についてのご質問であります。
 新行政改革大綱の策定に当たっては、大河原町行財政改革推進本部を設置し、これから策定に取り組むこととなりますが、策定後もこの本部を継続して設置し、大綱の進行管理に取り組むこととしております。
 その方法につきましては、大綱に掲げる取り組みについてできるだけ定量的な目標を設定し、目標とする数値に対する到達度をはかる評価を定期的に行うことにより、修正を加えながら目標達成を図ることを考えております。
 最後に、協働のまちづくりへの取り組み、私のまちづくりの理念についてのご質問であります。
 第5次長期総合計画「大河原町経営計画」基本構想におきまして、まちづくりの基本理念として「認めあい・支えあい・活かしあい」ながら、全員参加のまちづくりを展開することとしております。また、まちづくりの3原則として、「(住民)全員が経営者(協力、協働)の原則」を掲げているところであります。
 それに基づき、これから策定に取り組む新行財政改革大綱につきましても、策定の基本方針の5つの柱の1つとして「協働のまちづくりの推進」を掲げているところであります
 今年10月の開設を目指して検討を進めております「おおがわら町民学園」の講師に町民ボランティアを活用するなど、町政のあらゆる機会を捉えてまちづくりへの町民参加を促進してまいります。
 私は、以上のような協働の推進を中心とした理念、原則に沿ってまちづくりを進めることを基本としながら、これまでの「開かれた先進のまち」「希望と誇りを持って暮らせる福祉のまち」を初め、いわゆる消滅可能性都市を回避し、持続可能な社会の実現のため、若年層の流入を促進できる魅力のある都市形成を目指してまいります。先進的な事業を数多く打ち立てることが、町政運営における経営感覚を高めてゆくものと思料いたすところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
132:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 昼食のため、午後1時より再開いたします。
     午前11時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 1時00分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
133:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
134:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) (1)の再質問につきましては後の質問と関連しますので、(2)からの再質問から入りたいと思いますが、事実関係についてですね、「絵本のへや」の初動から現在までね、確認させていただきたいんですけども、まず、説明がなされないままに予算審議にも間に合ったはずじゃないかという声とか、「絵本のへや」の現状を変えることを議会に、また町民に説明されることが遅かったって、これ1つ目の大きな町民とのボタンのかけ違えだったんですが、これについて町長のほうからこの見解をお示しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
135:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
136:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご指摘につきましては全くそのとおりでございまして、4月の全員協議会において、その点について私からもおわびを申し上げたところでございまして、特に、予算審議の中で説明すべきであったということを、それをしなかったということで大変ご迷惑かけたということにつきましては改めておわびを申し上げたいというふうに思うところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
137:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
138:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 一連の、私も議員5年目なんですけども、なかなか議員というものは、先に聞いてたことと後から聞いたことでは全然反応も対応も違いますし、町長、このときですね、「絵本のへや」の現状を変える前に、町民の声が届く町政をということで、今後町民向けにこういうことする場合には周知、パブリックコメントとかですね、そういうことをやったほうがいいと思うんですけども、その点についての反省というか、そういうことはございますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
139:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
140:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これにつきましても岡崎議員のご指摘のとおり、もう少し町民に対して説明をすべきであったというふうに反省をしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
141:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
142:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 「絵本のへや」を変えるときの周知の方法だったんですけども、一方的に廃止という内容を盛り込んだ、「廃止」という2文字入ってたんです、3月24日に張り出されましたが、機能移転を目指す取り組みが反映されずに、町民には乱暴な声が役場によって行われたという事実になってしまいました。職員への周知の手段、またはこういう張り紙をする際に当たっての行動の管理ていうのは正しかったんでしょうかね。無神経な行為と言っても過言ではありませんし、その経過についてどのような経緯でこのようなことになったのかというのを説明お願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
143:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
144:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まず、張り紙でありますけれども、これは私も知らない、それから、教育長も知らないという段階で張り出しをされたということで、これは本当に反省をする点が多々あります。特に、張り紙のタイトルにですね、「廃止」という文言が入っておりまして、執行部としてそれまでに検討した内容につきましては2つの場所に移転をするということで、2つと言いますのは、いきいきプラザと、それから図書館に2つに分散をするということでありますけれども、ただ張り紙の中身を最後まで読みますとそのことはわかるんですけれども、まずタイトルにですね、「廃止」ということが一番上に大きな字でありましたので、それで大きな誤解を生んだということでございます。
 今後の反省点といたしまして、こういった文書を張り出すときにはですね、特に多くの町民に触れる文書につきましては、やはり1人の目ではなく複数の職員の目で確認してですね、もちろん上司の了解を取りつけた上で張るようにするようなことを今後徹底していきたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
145:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
146:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この「絵本のへや」については、私の次の議員もあしたも質問するわけですが、大変厳しい言葉も出ると思うんですけども、私も知らないということでは済まないということで意見は出るはずです。私も会社を例えば経営して、あるサービスをやめるとかっていう場合にはやっぱりユーザーであるお客様には必ず説明して納得をいただくということも必要でありますし、「絵本のへや」という現状を変えるということで、私はその職員がやってしまったではなくて、やっぱりきちっとそういうことが二度と起きないように、庁舎内でどの程度話し合いがあってそこまで下りてっての張り紙になったのか、誰の許可を得てとかっていうの必ずあると思うんですけども、その辺でどのように詳しくそこは、何なんでその行為に至ってしまったのかというのを詳しく経緯を突き詰めないと、再発っていうのはなかなか防止されにくいと思うんですけど、その点について事情がわかればお示しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
147:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
148:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) ただいま町長が申し上げたとおりでございます。私の管理する範囲でございましたが、残念ながら私もこのことについて把握していない状況にございました。
 したがいまして、今後そういうことがないようにですね、意思決定をする際にはきちっと手順を踏んで意思決定をするよう、今後努めてまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
149:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
150:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これは後からも触れますけども、その「廃止」という張り紙出た直後から、町民がすぐさま反応されたと思うんですけども、町長とはお会いしてお話されたのか、電話があったのか、どういう形で声が寄せられたりしたのかっていうのをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
151:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
152:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私はある個人から、「貸し出しが不可能になるんではないか」とか、あるいは「読み聞かせができなくなるんではないか」と、さらには、「その「絵本のへや」をなくしてしまうんでは困る」というようなご意見を直接お聞きしておったり、あるいは私宛てに文書で応対をいただいた方もおりますので、そういった方には私から直接お電話差し上げて説明をして、私なりに納得を得たというふうに理解をしてるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
153:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
154:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 例えば町長が、今からも今後もですが、例えば納得したと思ったと言っても、実際請願の中でさまざまな不満があり、この答弁書の中にも「大切な施設なのになぜ廃止するのか」など厳しい指摘をいただいたという形でありますから、懇切丁寧に最初から物事が図られていればここまで最初からこじれなかったとは思うんですけども、例えば現場を管理する課長なり、担当現場でそういうことが起きたということで、町民に対して確かに瑕疵はあったのは事実だと私は認識してますので、その職員さんに対してとか、その張り紙した方とかっていうのは、自分がこういうことで町民に対して無礼があったということを認識して、その後の指導とかというのは行われたんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
155:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
156:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) このことにつきましては、きちんと上司の許可を得てこういったことについて行動するようにという指導をしたところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
157:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
158:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 補足さしていただきますと、私も説明をした中でですね、例えば土日にですね、読み聞かせをできるようにプラザも開館しますということでご本人にお話しして、ならばということでご理解をいただいておったんですが、今回の請願の中身を見てみますと、土日も閉館だというふうに書いてありますので、私としてはちょっとその辺については理解に苦しむところであることを申し上げたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
159:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
160:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 話もとに戻すようで、私も行財政改革っていうことで質問してるんですけども、そもそも2月ごろに町長のほうで検討されたって言うんですけども、この事業をスクラップとして捉えた事業だったんですか。その点の見解だけお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
161:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
162:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) そもそもの発端がですね、いきいきプラザができることによりまして、子育て支援センターあるいは放課後児童クラブを1つふやして2つ、合計3つの子育て支援機能を持つ施設をそこに集約させたということで、1つの子育て支援センターのような働きをする施設ということで位置づけて、その結果ですね、子育て支援室の隣にあった絵本も利用者が重複するということで、それが一番の原因で一部移転をすると。残りは図書館に本はもちろん存続するわけでありますけども、そこが発端でありまして、スクラップするという発想で物事を進めたんではないと。要するに、財源削減のためにあの「絵本のへや」を廃止しようということではなくて、「絵本のへや」の機能を別の場所に移して機能移転、さらには、全員協議会の場でも申し上げましたとおり機能を拡充・発展させるということをこれを機会にですね、考えたということも事実であります。もう一度申し上げますと、財源削減が目的ではなくて機能移転を、あるいは機能を拡充・発展をするということを念頭に最初移転するということで説明を受け、私も納得したということであります。結果として財源の削減になるというようなこともあり得るというふうなことも聞いております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
163:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
164:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) その最中に、4月の24日に全員協議会が開かれましたが、もっと早い時期の開催が望まれたんですけども、現在、オーガとの契約というのはどうなっているしゅか、現実問題として。現在、オーガとの、オーガじゃねえ、大河原商業土地開発さんとの契約というのはどうなっているんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
165:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
166:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) 本年4月から8月いっぱいまでの契約を結んでおるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
167:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
168:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 8月での契約満了をするということでもう契約を交わしてるということでしたら、これ、減額なり何なりの補正っていうのはなぜしないんでしょうかね。今後するんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
169:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
170:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 繰り返しになりますが、4月の全員協議会で申し上げたことをはっきり記憶しておるんですけども、実は、その8月いっぱいまでの契約とするということは、この部屋を借りるという契約をですね、変更する場合は、半年前に申し出をしなければいけないということで、申し入れをしたのが2月になったということで、3月にやめるんであればもう去年の9月にはしなきゃいけないと。それが2月になったということで、それで確定したのがもう3月ぎりぎりだったもんですから、で、26年度当初予算を作成をする段階の後になったもんですから、もう印刷をしてしまったということで、本来、印刷した後にもう減額するんであれば3月の当初予算の予算特別委員会審議の場においてそのことを説明すべきであるというふうに思うということを、これも4月の全員協議会で私申し上げたところでございまして、その説明を忘れておったということに対して、先ほどもおわび申し上げたとおりでございますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
171:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
172:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これ契約満了で、最初やっぱりその施設なりの整備ということをお願いしての入居という形になったわけですから、これを返す場合にはまた原状に戻すということでお金がかかるんでしょうか。幾らぐらいかかるのでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
173:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
174:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) まだ見積もりをとっておりませんでわかりませんが、……300万ぐらいかかるというふうに聞いておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
175:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
176:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) わかりました。特に今の議論のやりとりでですね、何となく昔と違って役場の縦の関係っていうのが非常に甘くなってるような印象がします。例えば私も通りすがりに、庁議が終わった後の担当課で課長が説明してる場面とかあると、一生懸命管理職なされてる方ですから立派な課長さんたちだと思うんですけども、中には課長さんの話も聞かないでおられる方や管理職とかにはならずに漫然と仕事をされてる方が、ごくごく一部だとは思うんですけどもおられる中で、そういう方がやっぱり課長さんを君付けして呼んでたりとかっていうのも私も目の当たりにしてます。副町長さん、就任するときに、役場をしっかり現場を見てきて、伊勢町長を支えるという立場で副町長なられたんでしたら、しっかりその辺ですね、ざしきかけてお灸を据えるとかそういうようなことをしてもらうことが副町長の務めだと思うんですけども、この点について副町長の見解をお聞きします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
177:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
178:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) ご指摘いただいた点につきましては、今後十分職員にその辺については徹底をしてまいりたいと思います。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
179:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
180:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 「絵本のへや」も大変大事なことですが、議員として言いにくいんですけども、こういうことをしっかり言うことも私も議員の務めだと思ってますので、よろしくお願いします。
 それでは、視点を変えまして、「絵本のへや」の利用状況についてお聞かせ願いたいんですが、成果にあるとおり年10回から11回、年間110名から120名のお話会のほかにも読み聞かせ等の事業が行われているのか。また、蔵書9,707冊の絵本、紙芝居299の貸し出し状況を教えていただきたいと思います。主に利用されてるのはどのような方が多かったのかもわかれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
181:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
182:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) それでは、貸し出し状況についてのお問い合わせだと思いますが、まずですね、平成25年度の貸し出し状況でございますが、個人で借りた方が1万8,435冊、失礼しました、1万7,535冊、団体で借りた方が900冊。平成24年度、同じく個人で借りた方1万7,918冊、団体で借りた方が961冊でございます。
 それから、読み聞かせについてでございますね。読み聞かせにつきましては、平成25年度10回、集まった方が94人、1回当たりおよそ9.4人でございます。平成24年度10回、124人、1回当たり12人でございます。平成23年度が9回、111人、1回当たりおよそ12人という方々がご利用されているようでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
183:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
184:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 多いか少ないかの判断は後ほど触れますけども、「絵本のへや」の年間の賃料というのはどのぐらいになってるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
185:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
186:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 委託料、職員、保守等一切含めまして859万5,000円となっております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
187:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
188:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私も成果説明見てわかってながらお聞きしたんですけども、「絵本のへや」単体で町民1人当たりのサービス効果というのはなかなか出しにくいと思うんですが、1点、ちょっと教育総務課長にお聞きしたいんですけど、毎年成果説明書にある図書館サービスの指標欄の表示の中で、資料購入平均単価云々て、職員1人当たりの奉仕人口割る町民1人当たりの図書館費掛ける町民1人当たりの所蔵資料数マイナス職員1人当たりの貸し出し資料数ということで算出してるわけで、これっていうのはどのような見方というか、わざわざ成果に載っかってるっていうのは、どのように私は解釈すればよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
189:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
190:◯教育総務課長(尾形 彰君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育総務課長(尾形 彰君) ご質問いただきました、成果説明のほうに年間の図書館に関するさまざまな数値について計算を行いまして、最終的に幾ら予算の中で図書費にかかっている経費がかかっているか、それを人口で割った数字が町民1人当たりのサービス効果という形で表の中にあらわされているものだというふうに思っております。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
191:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
192:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この図書館に限ったことではありませんが、この数値がどうだからという、存続を決める指標にはならないとは思うんですけども、例えば今回10年を一区切りとか、後々町民に説明するということでは、さまざまなこういう町のいろいろな事業に関しては、細かい住民サービスの効果っていうのは蓄えておいていただければと思いますので、続いて、絵本の読み聞かせということで議論したいと思うんですが、まずは、当町でもやってるあのブックスタートですね、我が町では平成16年度からスタートしました。日本では、町長県議時代にお会いしたこともあると思うんですけども、恵庭市、北海道恵庭市の当時図書館長を勤めてた、後の市長さんとなる中島興世さん、興世氏が平成12年から始めたものですが、この事業の趣旨について町長はどのような見解お持ちでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
193:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
194:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいま岡崎議員が触れられました中島興世氏、恵庭市長でありますが、10年ほど前に鳥取市において面会したことがあります。親しくお話をすることができまして、その当時市会議員さんだったんですけども、ブックスタートについて日本でも初めのころに導入したということで、大変熱意を持って語られたのを今でも鮮明に覚えてるところでございます。
 そいで、そのときの話では、ブックスタート始まったのは1990年代ごろの初めごろだということと、イギリスで始まったそうだということも聞かされたとこであります。で、調べてみますと、イギリスでは「Share books with your kids」、ブックスタートというのは日本の呼び名だそうです。そいで、子供と一緒に本を分かち合おうという運動でございます。
 そういった話を聞かしていただいたのを今覚えてるところでございまして、そいで、いろいろ私もブックスタート、当時まだ子育て世代でありましたので、読み聞かせをやっておりましたけども、改めて考えて、ブックスタートあるいは読み聞かせ共通する部分があると思いますけれども、やはり親子の関係のきずなを結びつける、あるいは子供の言葉の発達を促すものだというふうに考えておりまして、今後町のこの施策におきましてですね、このブックスタートなりを強化していきたいと常日ごろ考えておるところであります。
 特にブックスタートというのは町で1冊差し上げるわけでありますけども、スタートということは後も続けてくださいということでありますので、その町からあげた本がしっかりと読まれて、そして、さらに別の本を図書館で借りるなりしてご家庭でしっかりと続けてもらいたいというようなことをですね、これから周知徹底をしていくのがこれからの大事な仕事ではないかというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
195:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
196:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そうですね。大河原ですと社会福祉協議会のホームページにブックスタート事業ってありまして、絵本を介して、赤ちゃんのときから絵本の読み聞かせを通して親子の触れ合いの機会をつくり、地域ぐるみで子供たちの健やかな成長を願うことを目的としている。子育てをしている家庭にお祝いメッセージと絵本を。健診時、4歳児、1歳6カ月児に本を進呈してるということ、プレゼントしてるっていうことなんですけども、例えば今町長さんのほうから親子とありましたが、これ、おわかりであればいいんですけども、マザータング、このことについて、町長、もしご見解あればお示しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
197:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
198:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) マザーは母ですね、タングというのは牛タンのタン、ベロ、舌であります。母の舌ということで、昔は母国語というふうな言葉使っておりましたけども、複数民族の多種人種の民族国家もありますことから、母国語という言葉は今は使われなくて、母語というふうに言われておりますけども、母語はマザーランゲージあるいはマザータングというふうに言われておりまして、本当はマザーアンドファザーズタングといってもらったほうが私はいいと思っておりますけども、要するに、一般的には子供が言語を習得するのは母親の口を、発音を通じて覚えるということで、繰り返しですね、読み聞かせをするというようなことも大事だということをこのマザータングから連想するところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
199:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
200:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) そうですね。母親の舌ですか、それのなせる技ということで、しっかり読み聞かせにはブックスタートの小さい子供のお母さんからの読み聞かせが大切だということなんですけども、今、マザーアンドファザー、町長もファザーと言うからには読み聞かせもしたのかなと受けとめましたけど、わたしたちの幼少期は主に家族とか保育所の先生、たまに友達のお母さんとかから読み聞かせってしていただいたんですけども、家にも保育所にも数冊から数十冊ぐらいしか絵本とかはなかったと記憶してるんですけども、同じ本でも心を込めて何度でも読んでもらうほうが、私は五、六冊しかなかったんですけども、毎日母親に読んでもらった記憶あるんですけども、この本というのが多ければ多いほどいいということではないっというふうにも私は思うんですけども、それは各自の受けとめ方だと思いますので、そもそも本というのは質の問題であって、図書館も貸し出しの冊数が多いとか少ないとかにこだわることはないと思うんですね。
 唐突ですが、ここでまた教育長にお尋ねしたいんですけども、大河原小学校の校長先生をお務めにもなられてて、大河原小学校の校歌の3番、3番の歌詞を、歌わなくてもいいのでご披露願いますでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
201:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
202:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 歌ってもいいのですが。「理想は高く道広く、健康自由友愛に、文化の日本築くべき、我が大河原、我が大河原小学校」。
 以上でございます。よろしいですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
203:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。本題のほうによろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
204:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 突然済いませんでした。はい。
 最後から2行目の「文化の日本築くべき」という歌詞が歌われて、長年歌われて久しいわけですけども、我が町の生涯学習から見た読書の取り組みについて、これ私の偏見もあるかもしれないんですけども、平成12年に駅前図書館がオープン、4年後に突然「絵本のへや」がオープンしました。我が町は、勝手に私が評価しますと、長年文化という観点からですね、読書等に強く力を入れてきたっていうイメージはなかったんです。当時の執行部の方はこのような現状を変えて、読書に特に多くの予算を割いて、絵本への取り組みを強化しようと考えて「絵本のへや」というのを開設したのでしょうが、当時この「絵本のへや」のオープンに当たった経緯というのをおわかりであれば、私には唐突にオープンしたように思ったんで、この「絵本のへや」の設置に至った経過というのわかる方がいればご説明願いたいのですが、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
205:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
206:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 今ご指摘いただいたとおりですね、図書館が先にオープンしまして、いろんなスペースの問題等々もありまして、拡充等の要請が町民の方々からおありになって、それに応える形でこの読み聞かせのこの場、これの増設した形と認識してございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
207:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
208:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 町民から「ぜひともつくってほしい」という要望があったということでよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
209:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
210:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) 具体に「絵本のへや」というな形っていうこととは捉えてございませんけれども、図書館のスペースの問題等々もありまして、何とかこれに拡充する形っということのお話をいただいた中で、いろいろ検討した中で、このような形になったものと理解してます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
211:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
212:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 覚えてればで結構なんですが、例えば今図書館に行きますと、日曜日とか来館者が多いときには本が読むスペースがなかったりいろいろあってですね、踏み台に座って本を読まれてる方がかなりいて、高いとこの本とるのに結構気遣ってどけてもらって本とったりするんです。ちょっとそういうスペースでは絵本ていうのが自然だったのか、私としたら、自習スペースなりそういうふうな要望っていうのはなかったんですかね。もう突如絵本という形に行っちゃったのはちょっと私には不自然に思えるんですけども、その辺わかればお示しください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
213:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 副町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
214:◯副町長(大野千富君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯副町長(大野千富君) ご指摘いただいたとおりですね、自習するような、図書館ですので、静かなところ、これも望まれた方も確かにございました。そうした中でいろいろ検討した中で現状の形になったものと理解してます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
215:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
216:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 10何年もたってますので、はい、大体理解をしました。
 先日、6月6日の日ですね、3月以降この問題を受けて、図書館こういうことを取り巻く大きな問題が我が町でも発生したと私も受けとめまして、急遽、会派の皆さんと北海道の江別市の江別情報図書館というところに視察研修に行ってきました。
 この地域は先ほど話題に出た恵庭市に負けないっていう形で読書への取り組みが本当に盛んな地域なんですけども、人口は我が町の5倍強、江別市は5倍強です。本館分館を合わせた蔵書数は我が町の8倍弱、39万冊を有しておりました。読み聞かせ等のボランティアは14ほどの団体があり、毎週のように読み聞かせのイベントが本館、2つの分館、情報共用を行っている小学校でも開催しているとのことでしたが、その現状もさることながら、この自治体江別市では読書活動の推進を常に図ってきたというのが特に目を引くところでしたね。子供たちに読書というものになれ親しませようということを強化しようということで、平成19年から25年まで江別市子ども読書推進計画をことしの3月まで進めてきて、さらには、ことし今年度から第2期江別市子ども読書推進計画ということで、平成30年までの7年間取り組もうということを取り組むんだということを、友人である江別の市議会議員さんから私お聞きしたので、早速この取り組みについては学ばさせていただいたんですけども、江別市は子供たちの読書活動、読み聞かせの意義を深く理解して、現況を正しく把握し細かな目標を立てながら、生活環境がどんどん変わって活字離れが進む子供社会を変えようということで、きのうきょう始めたわけではなくて長年取り組んできたわけです。我が町もこの読書の取り組みということで子供たちの読書、特に子供に限った読書の推進ということをするには、一朝一夕にできるようなことではないなということを肌で実感して帰ってきました。
 約2時間、3人の職員さんがついて懇切丁寧な説明を受けてまいりましたが、まず、先ほどもなぜ「絵本のへや」ができたのかというのも経緯についても若干お聞きしましたけども、今までの町政ていうのは、卓郎町長時代から齋町政と伊勢町政と来てるわけですけども、さきの町政はやっぱり施設があればそういうことが強化されるだろうということで、なかなか読書推進計画とかってつくってる自治体多い中でも、そういう絵本の取り組みがありながら我が町もそういう施策の策定に対しては至ってなかったわけですね。例えば私が携わってるサッカーのようにグラウンドがあれば上手になるというものではなくて、やっぱりしっかり小学校なり教育の現場と図書館と執行部が連動して子供たちのための環境をつくってあげたり、そういうことを密にすることで私は読書というものになれ親しむ子供っていうのもふえてくると思いますし、特に町長には施策も相まっての施設整備というのも大変重要だと思いますから、ぜひ読書推進計画のようなものを、今担当課も忙しいようなので折を見て、タイミングを見て策定に至る前向きな検討いただきたいのですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
217:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
218:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重要なご指摘をいただいたと思います。先ほどブックスタートの推進の上で、本当にその後ちゃんと親子で読まれてるのかどうかということもフォローしなきゃいけないし、そっから、ブックスタートから始まって小中学生が文字に親しむということは極めて大事であります。今、文字離れというお話がありましたけども、最近の文化をディスプレイ文化というふうに呼ばれております。要するに画面ですね、コンピュータとかパソコンとかですね、スマホとか、そういったもので使う時間が圧倒的に長くて、これも学力を比較するときですね、1日ディスプレイに何時間向かってるかというようなことで、はっきりとそのディスプレイ時間が長ければ長いほど学力が低いということもわかっております。これはすなわち文字に親しんでないということでありますので、文字に親しむように、これからもですね、幼児期から小中学生の段階でしっかりと文字に親しむようなことを目的とした読書計画になるように、これから教育長、先生と話も、これはもう既にやっております。小中学生の国語の読み聞かせを、音読の時間をつくったりですね、そういったことでずっと進めていただいております。小中、特に小学生の早い段階で国語教育っていうのは大事だということで、認識を共通にしながらそういった方向で進んでいくということは確認しておりますので、今のご提言を受けて、なお一層その方向で進めてまいりたいというふうに思っておりますところであります。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
219:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
220:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) この「絵本のへや」の反響が多少なりあったということで、あわせてその推進計画なりをつくる折には住民との協働というのも非常に大事になってきますので、このことは不可欠ですから、今回読み聞かせのボランティアさんとの接点もありましたし、例えば、賛否はわからないですが、議員さんたちもこのことには大きな関心を寄せているということで、恐らくそういうものをつくるときには本当に議員さんのほうから「こういう条例つくれ」とかということも出てくるかもしれませんし、そのことも期待しながら、そういう子供の読書推進に対する取り組みを大事にする方も巻き込んでつくっていただくということをご配慮願いたいんですが、いかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
221:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
222:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 配慮してまいりたいというふうに思っとるとこであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
223:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
224:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) これまで大きく3点について議論させていただきました。ちょっと副町長さんにも厳しく言ってしまったんですけど、説明責任と執行部の町民に対する不手際ということで改善と反省ということ、2点目は「絵本のへや」の現状と読み聞かせの本質について、3点目は、我が町の読書、読み聞かせの取り組みは施設整備への偏りがあり、施策が伴ってないことでありました。
 今回、補正の中で、「絵本のへや」の機能を分散し、機能移転するためのいきいきプラザ等への備品購入費が計上されておりますが、明後日、「絵本のへや」の現在の場所の存続に対する請願が採択されます。その中に、土日の対応について不手際があるようなことがありましたが、今後条例規則等を改正して、土日の対応に対して万全を期す所存があるかどうか、町長にお伺いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
225:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
226:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) このプラザが開館する相当前に担当課ともお話をいたしました中で、多くの町民が利用する施設でありますので、土日の閉館は基本的によくないんではないかという意見を申し上げて、ならば規則を変えるということで、公民館あるいはプラザそういった公共施設の開館時間について統一的な条例をつくるなり、もちろんその施設ごとによって利用のされ方が違うという実績もありますのでそれを踏まえながらも、基本的にはやはり土日も利用できるということを基本に規則を変えていこうということで、既に話をしたところでありますのでご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
227:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
228:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 1点だけ前に戻って確認なんですが、8月31日をもって契約満了するということは、町長の中でもう撤退するということは、今のところやむなしということで、今の時点でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
229:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
230:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ただいまのご質問の趣旨は8月31日をもって「絵本のへや」を廃止するということは、これも既に6月15日の「おしらせばん」でもお知らせしたとおりでありまして、その方針には変わりないということであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
231:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
232:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) このことについてですね、町民の声も私ら聞いてまいりましたが、町民の税金の使い道の公共性を責任ある立場で議論しなければならない私たち議員の立場の重さを考えたときにですね、「絵本のへや」のみに特化して存続を決める今回の請願というのに、私は個人的に疑問を持っております。オーガビルから撤退するという町長への反対がための反対でないとすれば、議決する議員は、あの場所っていうのは単体で見た場合にはすごいポテンシャルを持ってる、私、場所だと強く感じてます。まず、町民本位にそういうことでは新たな利用法もあるんじゃないのかなということは強く前々から考えておりました。撤退するなということはここで言わないんですけども、一連の議論から、町長にはいま一度、私、考え直してほしいんですね。この場所は公共性の高い施設にさらに進化させていくっていうこともご一考願えないかということも、あえてこの場で提案さしてもらいます。
 「絵本のへや」のスペースを一部残すというか、ことも視野に入れながら、図書館には自習するスペースもないんだよって、何で今まで片手落ちの図書館なんだとか、そういう不自由さを訴える声もあると同時に、30万人も桜を見に来てる中で、五、六万人は桜が散ってから来たり咲く前に来たりとかする中で、パネル展のようなものをして大河原の桜のビジターセンターのようなものも時にはあってもいいんじゃないかとか、我が町の駅前にあるということで歴史民俗資料の一部をそこに展示したりできないのとか、声を聞く中でいろんな声がこれ上がりました。もちろん800万もかかるんだからそんなのやめてしまえという声もあったんですけども、やはりあの場所で町民の利便性が高いということであれば、「絵本のへや」だけに特化した使い方ではなくて、やっぱり公共性の高い利用方法っていうの、私は議員として提案すべきじゃないかなと強く考えております。
 町長には撤退で突き進むんではなくて、やっぱり柔軟になっていただいて、唐突にこのような議論にはなったんですけども、まず進化した形で、いま一度町民の有効利用ができるスペースじゃないかということをお考えいただきたいんですけども、ここはいかがですか、町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
233:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
234:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重大なご指摘を受けたというふうに受けとめております。私も図書館ができた当時から、なぜ読書をするスペースがないのか、図書館としては致命的な欠陥があるというふうに思っておりましたので、「絵本のへや」よりも読書コーナーがあったほうがいいと思っておりましたし、また、オーガから町の施設が撤退することに関連いたしまして、地域の方からは賑わいを維持するためにもいろんな、例えばスポーツができるようなジムの機械を置いたらいいとか、いろんな提言を去年の終わりからことしの初めにかけて聞かされていたところでありますので、それについては頭の片隅にございました。ただいま議員のほうからそのような提案がありましたので、これについては一考する余地があるということで検討をさしていただければというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
235:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
236:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 今もう議事録残りましたので、本当にあの場所っていうのは町民にとって利便性が高くて確かにいい場所ですし、先ほどもう既に頭の中にはある図書推進条例とかいろいろなものが進む中で、いずれですね、もっともっとオーガ内のスペースを図書のスペースに割けた、あの「絵本のへや」以上に割け、もしくは町民のほうからいろんな事業の優先順位の中で大きな図書館が欲しい、いろんなことになってくっかもしれないと思うんですね。今後わかりませんけども。ただ、現状を進化させた形でなるべくお金もかからない形で町民に有効利用できるようなスペースということでご一考いただくというお約束を得ましたので、明後日採決がありますが、もう一点だけ、私、確認したいことがあります。
 「絵本のへや」の存続を求める請願というのが明後日採択されますけども、請願がされるような、一応進行上そういう形にはなってるんですけども、その存続を求める請願がかけられて採択されたとしたら、町長はこの進化した考えではないこの考えに対して同調できないということで、それはどういう対応とられるか、ここだけ確認さしてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
237:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
238:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 請願が採択されるということは大変私にとっては残念であります。というのは、請願の趣旨にも書いてありますとおり、土日が閉館だということを前提にですね、書かれております。私はその請願者ご本人に、土日もオープンできる、それから、いきいきプラザのほうですね、それから、オーガのあいてる会議室もお使いいただいて結構ですと、そのようにはっきりと申し上げました。それが請願書の中には土日が閉館であるということを前提に書かれたっていうことは、私は本当に残念で、その請願が採択されるということは私にとっては少し弁明の機会を与えていただきたいぐらいに思っておるとこでございますけども、これは議員の皆様のご判断に従うしかないと思っております。
 仮にその「絵本のへや」の存続を求める請願が採択されるということは、これは議会を尊重するということから基本的にはそれを認めなきゃいけないんですけども、もう既に町としては方針決定をしております。そこで仮に別の方法で利用するということになれば、「絵本のへや」を存続を採択するということと別の使い道を考えるということは相矛盾しますので、それはあり得ないということで、請願がもし採択されたらその検討をするということが果たして合理的であるかどうか、これは議員の皆さんのご判断にゆだねたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
239:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
240:◯5番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯5番(岡崎 隆君) 私が15人の中の1人で、私だけがこのような進化したものに資すればいいということが、議員各位の私も討議もしたわけでもなく、私が今独断で申したことなので、それは明後日までとして、私は大変あの場所にとっては公共性の高い町の事業で町民の豊かな暮らしの一助になってくれればという思いがありますので、例えば今回声聞く中で「絵本のへや」にこだわらずにっていう意見がある中で、自習のスペースなり、それを今から一緒に考える、そういうことでいけばということを議員のご理解を得ることも節にお願いしてですね、(3)(4)に対しては長野県上田市の市長さんの取り組みをご披露しようと思ったんですけども、時間も5分程度となりましたので、これは9月の一般質問でやりたいと思いますので、総括的に何かあれば、町長、よろしいですけども、私のほうからは終わりますんで。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
241:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
242:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私も読み聞かせも大事だしブックスタートも大事だと思って、絵本、たまたまこの間勘定したら80冊ぐらいありましたね。中には変わったものございまして、ワシントンで買ってきた英語の絵本もありますし、また、関西弁の絵本もありまして、マザータングよりもファザータングの場合は関西弁の絵本もあるということで、今絵本の大事さを思っているところでございますが、その「絵本のへや」の機能をさらに充実すべく、オーガの図書館、それから、いきいきプラザ、中央公民館、金ケ瀬公民館にそれぞれ絵本のコーナーを設けてですね、絵本を推奨、普及させていきたいというふうに思っておりますし、先ほどの読書計画にも前向きに取り組んでまいりたいと思っておりますし、また、町民の多くの方から駅前のあの、いわば大河原の駅前の顔でありますから、そういったところにたくさん人が集まります。そこに大河原の町をPRする場所があってもいいんではないかとか、さまざまなご意見をお聞かせいただいております。
 それにつけても、もしそれを形を変えて使うということになれば、スムーズな流れがあったほうがいいと思いますので、8月いっぱいまでには議員の皆様、そして、町民の多くの皆様から、どういう使い道があるのかを総合的に判断しながら、あの部屋の利用方法を考えてまいりたいというふうに思っておりますので、ご理解賜りたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
243:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さんの発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
244:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。
 今問題になっております「絵本のへや」の閉鎖についてと、それから、あと2点ありますけれども、これから一般質問を行いたいと思います。
 初めに、「絵本のへや」の閉鎖についてであります。
 3月議会閉会の数日後、「絵本のへや」をいつも利用している町民から「絵本のへやが廃止される話が出ているが、町の考えに納得いかない。ぜひ話をしたい。会いたい」という連絡があって、初めて「絵本のへや」が閉鎖される動きがあることがわかりました。正直、私自身寝耳に水で、驚きと町執行部に対して不信感を抱きました。
 4月24日の全員協議会で、「絵本のへや」についてこれまでの一連の経過と閉鎖になるその理由について町長と教育長から説明がありましたが、なぜ突然閉鎖しなければならないのか、今なお疑問が残り払拭できないでおります。利用もしている町民も納得できないでおります。
 「絵本のへや」の存続とより一層の発展を願い、次の点について町長及び教育長にお伺いいたします。
 (1)全員協議会では、閉鎖(8月末)にする理由について、4月にオープンした世代交流いきいきプラザに子育て支援室と児童クラブが新設され、子育て支援の中核施設として誕生したので、利用者が重複するため「絵本のへや」の利用者が減少するものと判断した。さらに、いきいきプラザの新しい機能も有効に活用することも見込まれたため、「絵本のへや」の一部を世代交流いきいきプラザに移管し、貸し出しも行うこととしています。
 その後に、今明らかになっておりますのには、公民館、金ケ瀬と、それから、中央公民館にもその一部を移すという、そして、そこでも貸し出し、読み聞かせができるということに今なっております。
 そこでですが、1.これまで議会や議員には一度もこの話がなかったこと、しかも、26年度の当初予算は通常どおり1年間の施設賃借料等が計上されていたのに、いつの時点で閉鎖の話が出てきたのか。経費削減が大きな原因でしょうか。先ほど来の町長の答弁聞いてますと、経費削減は第一にそれじゃないんだということでしたけれども、私はこれが大きな要因なのではないかなというふうに実は捉えておりましたが、この辺も含めてですね、納得がいかないので、経過と理由を私からももう一度詳しくお伺いいたします。
 2.今回の進め方は、議会軽視、町民無視で、町民が主役のまちづくり、協働のまちづくりの理念から逸脱していると考えます。この点もどうなのか、全協でも伺いましたけれども、ここで改めて伺います。
 3.「絵本のへや」の閉鎖に関係なく、プラザには読み聞かせや貸し出しもできるコーナーが私は必要であると考えます。加えて、先ほど来も申し上げましたけれども、中央公民館、それから、金ケ瀬公民館についても、その施設に見合ったこういうコーナーは必要だというふうに考えております。この点はどうなのか、伺います。
 (2)ですね。河北新報の5月4日付で、町長は、読み聞かせボランティア団体からの「絵本と出会う場が失われる」「読み聞かせの重要性が指摘される中で逆行する」等の意見が出され、強く存続を要望されたのに対し、場所は移るが機能は変わらず、さらに拡充していくと答弁しています。
 1.「絵本のへや」を廃止しても機能は変わらないというのは理解できません。わかりやすく説明をしていただきたい。
 2.利用している町民やボランティア団体の人たちと、この廃止について事前に全く説明がなかったのはなぜなのか。絵本の貸出冊数は年間1万8,258冊、これは2013年度でありますけれども、一番多く貸し出しの中で多く利用されております。せっかく根づいた「絵本のへや」、みんなで守り育てた「絵本のへや」を、経費削減というふうに私、表現しておりますけれども、こういうのも当然入っているわけなので、なくすとしたら機能は変わらず拡充ということと相反することではないでしょうか。この点についても伺います。
 3.「絵本のへや」の存続とより一層の拡充に応える姿勢こそ、今町がとるべき態度であり、利用者や町民のニーズ、そして時代の要請に応える道ではないかと、今もって、また改めて私はそう考えております。この点についても答弁をいただきます。
 答弁後、必要によって再質問いたします。よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
245:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
246:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、万波孝子議員の一般質問にお答えいたします。
 (1)のご質問につきましては関連いたしますので、1)から3)まで一括してお答えいたします。
 「絵本のへや」の取り組みにつきましては、3月議会当初予算の説明が不適切でありましたので、改めておわび申し上げます。
 予算については、大河原商業開発との賃貸契約の関係により撤退時期の見通しが定まらず、1年分を計上したものであります。
 また、子育て支援センターの移転等も踏まえ、「絵本のへや」の機能を世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ケ瀬公民館で活用することにより、図書館での利用者の利便性を損なうことなく、効果的な取り組みができるものと判断したものであります。
 議員の皆様には、この考えを4月24日の議会全員協議会においてご説明さしていただいたものであります。また、さきの岡崎 隆議員にお答えしたとおり、読み聞かせの皆様とは2回にわたり説明会を行うとともに、町民の皆様には広報等で「絵本のへや」の一部移転をお知らせさせていただいたものであります。
 ご指摘の世代交流いきいきプラザでの読み聞かせについては、従来から子育て支援センターの事業として実施しておりますが、絵本の貸し出しや絵本のコーナーにおいては、施設利用者の皆様にもかかわっていただき、読み聞かせを実施してまいりたいと考えております。
 次に、(2)1)2)と(3)のご質問について、関連いたしますので一括してお答えいたします。
 今回の「絵本のへや」の機能移転につきましては、駅前図書館の本館に閲覧、貸し出し用の絵本を再配置し、絵本を利用できる状態を整備するとともに、読み聞かせなどの活動をオーガの研修室やイベントホールで行うことができるようにしていくものであります。あわせて、世代交流いきいきプラザ、中央公民館、金ケ瀬公民館に絵本を配置して、より多くの施設で絵本に親しむことができる環境を整備していくことで、「絵本のへや」の機能を維持・拡大していきたいと考えてるものであります。
 しかし、駅前図書館の活動でご協力いただいているボランティア団体の方々に対して、今回の「絵本のへや」の機能移転についての説明が早い段階で行われなかったことにつきましては、深くおわび申し上げます。
 また、「絵本のへや」の存続を希望するご意見もいただいておりますが、施設についての状況が変わる中で、効率的、効果的な事業実施を図るために総合的に判断したものでありますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
247:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後1時58分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後2時09分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
248:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
249:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、再質問させていただきます。
 1番から3番まで一括してということだったので、ちょっと漏れているところもありましたので、伺います。
 最初にですね、この話が出たのはいつですか。予算に、説明が不適切であり、違う、撤退の時期の見通しが定まらなかったために1年間計上ていうですけど、いつからこの話が出たんですか。そして、そのメンバーは何人でこの話が進められたのか、伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
250:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
251:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) いつの時点でこの話が出たかということでありますが、私が存じ上げてることを申し上げますならば、これは全員協議会の場でもはっきり明言したとおりですね、2月の段階で予算編成をする最終段階で、まだ大河原商業開発との契約が定まってないということで、当初予算には1年分の予算を計上したというふうに聞いておりますので、2月の段階で検討したということで理解をしております。(「メンバー」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
252:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
253:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これは役場で検討したということで、メンバーについては全部覚えておりません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
254:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
255:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 2月の段階で、何人かわからないって、わからないはずないと思うんですよね。
 実は、3月の25日にボランティアの方に説明をしてますね。議会には4月のたしか30日だったと思うんですよ。こんなに大事なことをなぜこんなにおくれて説明したのかちゅことが私はわからないのと同時に、本来は、答弁でも明らかになってますけれども、とにかく一方的なんですよ。そして、本来だったらそこに現場にいる職員、それから、利用してる町民そういう、あるいは携わってる専門家もおりますね、そういう方と一緒に相談をする、このテーブルに着くということが全くないんですよ、これは。一方的に決めて上意下達でしょう。要するに、決まったことをこうだから従いなさいと、なりましたからということじゃないですか。
 こんなまちづくり、町長がよく言います、町長が、町は協働のまちづくりを進めている、そして皆さんの声を大切にしている、そういうことをよく強調します。全く言ってることとやってることが相反してる。本当にね、ごめんなさいで済まされますか。町民は怒っています。私も、本当に町長はいろいろそういう点ではわかる方だというふうに私も思ってました。しかしながら、今度のことについては非常に、私だけじゃないです、町内歩きますと「どうして廃止なの」ということで、非常に今回請願出てますけど、当たり前だって、ああいう請願が出て。ということで、至るところで納得いかない方がかなりおります。ですから、そういうことも含めて、私は、今後まちづくりを進めるトップとしてこういうことがないように釘を刺しておきたいと思います。じゃ、以上のことも含めてお答えいただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
256:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
257:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 私について勘違いをしておったというようなご発言のようでありますけれども、私はちゃんと町民の声を反映する町政をやっておるつもりでございます。何人で相談したのか覚えてないということでありますけれども、これは当初予算を編成する段階でありますから、案は担当課が計算をしておりますし、庁議でそれを確認をいたしておりますので、人数については正確んところはわからないということで、庁議で決めたと申し上げたほうが正確かというふうに思っております。
 それから、「何で廃止するんかわからない」ということでありますけれども、これは庁議でなぜそれを認めたか。確かに町民の皆様、そして、議会の皆様にご説明するのはおくれたということを先ほどの岡崎議員に対するご質問でもおわびを申し上げておりますし、また、全協でもおわびを申し上げておるところでございます。ただ、これは費用対効果を考え、そして、いきいきプラザができるわけでありますから、そのいきいきプラザの有効利用こういったものを考え、しかも、いきいきプラザの前に「世代交流」というのがついております。世代交流をするにふさわしい事業が読み聞かせではないでしょうか。そういった観点からもですね、合理的に考えて、どうしても「絵本のへや」の一部を、あるいは読み聞かせの機能をいきいきプラザに持っていくのがこれは合理的であるという判断から、自信を持って町民の声を体現できるような政治ということで、自信を持って変更をさしていただいたわけであります。
 説明がおくれたということについては重々おわびを申し上げたいと思いますけども、なお、最近も時々「絵本のへや」に参りますけれども、利用者とお話しする中でですね、「公民館にもできます」と言ったら「ああ、それはすばらしいことだ」と。あるいは「金ケ瀬公民館にできる」と言ったら、「その金ケ瀬の人は喜びますね」と。それから、読み聞かせもですね、多くの人に参加してもらう、あるいは、今検討しております「おおがわら町民学園」のポイントの一環として読み聞かせをするような方にもですね、ポイントを差し上げるとか、そういったことで読み聞かせが今までよりも何倍もあるいは何十倍にも膨らまして実現できる可能性があるものでありますので、執行部としては自信を持ってこの方針を決めたということであります。内容については自信を持っておりますので、そのところは理解をいただきたいというふうに思うところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
258:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
259:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今もまだ町長の答弁の中に、町民の声を反映させる、反映させてないでしょう、これは。内部で決めて、町民の声を反映させんだったら、利用者の声を聞く、図書司書もいる、それから、図書館に働く職員もいる、それから、ボランティアの方もいる、そういうふうに現場、現場主義ってもよく言いますけど、現場にそういう方も含めてやって初めて、町民の声を反映させるまちづくり、今回の「絵本のへや」についても同じですけど、そうなんじゃないですか。全くそうなってないっていうところに、私は非常に問題があるって言ってるんです。その点、もう一度。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
260:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
261:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) その点がおそくなったということは、これは何度もおわびしておるところであります。それで、町民の声を聞いてというのは、この問題が発生してから、私は多くの町民の方とお会いしております。その中で、執行部の考えが正しいという方が圧倒的に多いわけでありますから、私は多くの町民の声を聞いて町政を進めるのが大事だということで、確かにそういう声もありますけれども、数的に考えたら、多くの方が機能分散に賛同してるというふうに自信を持っておるところでございますので、そこんところはご理解賜りたいというふうに思って、そんな観点から町民の声を聞く町政をということで申し上げた次第でありますので、誤解のないようにお願いできたらと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
262:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
263:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ちょっと町長と、町長は圧倒的にこれがいいんだと、多いというふうに言いますけど、私はそうは、町民との話とかいろんな声が出てます。町外からも出てますけども、「なぜ」「なぜ、あんなにいい絵本コーナーを廃止しなきゃいけないの」、こういう声が私には圧倒的です。そういう点で、ここを言ったってしょうがない。
 それで、実は町長はあそこを廃止して機能分散するから決して、今まで以上に拡充するんだと、発展するんだつうけど、この発想ですね、考え方は、私はね、本当に「絵本のへや」この10年間の実績評価、これまで10年間果たしてきたこの役割、どういうふうに捉えてるんですか。私は、場所変わったからその機能が十分できるんだというふうには思っていないんです。その辺、町長がそういうふうに確信するのはどうしてなのか、もう一度伺います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
264:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
265:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これ以上ご説明しても理解が得られないというふうに私は思わざるを得ません。この議論は平行線をたどるばっかりであります。私といたしましては、読み聞かせ、そして、幼児の読書の大切さを十分理解をしながら、これから新しい時代にふさわしい幼児教育のあり方なども考えながら進めてまいりたいと思います。
 確かに今できてるものをなくすのには反対の声もあるのは、それはもう百も承知でありますけども、限られた財源をということを考えた場合にですね、やはり新しい使い方も今岡崎議員から提案がありました。新しい方法でという声もかなり多くの方からも聞いております。ということで、私としては、あらゆる方の声を聞きながら総合的に判断をしながら町政を進めていくっという立場にありますので、ぜひご理解を賜ればと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
266:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
267:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この10年間今まで築いてきたこの「絵本のへや」の存在をどういうふうに見てますか。どういうふうに町長は、何て言うんでしょうか、現状の認識ですね、これまで果たしてきた役割、どのように捉えてますか。教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
268:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
269:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 数字が示すとおり1万8,000冊余りの本が借りられておる。それから、月1回30分間土曜日に読み聞かせが行われてるということで、大変意義のあるものだというふうには認識しておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
270:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
271:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 実は、この「絵本のへや」ていうのは、岩沼も私行ってきましたけど、どこでも今新しく建ててるところは必ず図書館の中に絵本コーナーがあるんですね。ほいで、岩沼行ってきましたけれども、要するに開閉できるんです、ドア、こう扉がね。それで、必要なときに薄い曇りガラスの戸が閉められ、そして、そこでゆったりと読み聞かせの方と若いお父さんお母さん、子供と一緒に読み聞かせ集中してんですね。終わるとまた扉を開けて開放されるんですよ。
 それで、オーガの場合は、私もこの図書館をしたときにまだ議員をさせていただいてましたのでわかるんですけども、あれは最初ね、お年寄りの入浴施設だったんです。最初あのビルを建てたときは。その計画のときは。ところが、メニューになかったんですよ、駅ビルの事業の中の国の補助事業に。そしたら、突然ですよ、これも3月議会が終わるか終わらないうちに、図書館てなったんですよ。びっくりしたのを覚えています。しかしながら、町ではその選択、私は間違いではなかったちゅふうに思います。アンケートの中で多かったんですよ、この図書室が、図書館が。そのために図書館になったんです。それで、その後の4年後に今の絵本コーナーがあそこに設けられたんですよ。だから、本来であれば、最初からだったら、図書館だったら、そこの絵本のコーナーも絶対つくったと私は思うの。しかしながら、その流れの中でああいうふうにまた別なところにあるということです。
 そいで、この絵本というの、「へや」というのはとにかく読み聞かせする、あるいは若いお父さんお母さんが来る、本館にお父さんお母さん行ってっとき、そこにいるボランティアの方とかあるいはその図書司書の方が子供の本を一緒に探してやったり、そして、子育ての応援をしながらその間読み聞かせもやってるんですね。それと、とにかくこういう読み聞かせの今の絵本のコーナーつうの、まず広くて落ち着ける場所、それから子供が集中して話が聞ける、そいから絵本の世界に入れる空間があると、こういうことがやっぱしどこでもこの絵本コーナーが設置されてるというのは皆そういうふうな条件、何て言うのか、クリアしてるんですよ。
 だから、町長は、今度はなくなるけれども、駅前では研修室とか催事場使っていいとか、何か人が行き来する、あるいは隣の研修室を使ったって、あそこは椅子と腰かけがある単なる研修室、会議室じゃないですか。ああいうとこで読み聞かせするっても、果たしてこれが本当にそのまま機能が移るちゅうことは私ははなはだ疑問です。
 しかし、あとプラザにしても今置いてありますね、本が、こちらから移動されて。あれはあれで私は必要だと思うんです。それから、公民館。公民館は本来はあったんですよね、図書室。しかしながら、駅前図書館できると同時に廃止して向こうに移ったんです。そして、金ケ瀬は既に図書室ありますけど、あそこにまた絵本のコーナーを充実する。だから、それぞれは皆、私は必要なものを今こういうことを機会にやるということなので、私は廃止を考えなくともそういうことはあって当然、これがまさに絵本コーナーあるいは図書の充実、発展じゃないですか。そういうふうに私は捉えてるんです。
 ですから、「絵本のへや」の今まで10年間果たしてきた役割というのはも少し言いますと、学校に通う、小学校、大小ですね、1・2年生毎日読み聞かせやってるんですよ。そして、それから、あそこでもやってますね。そして、子供たちが「おばちゃん、ありがとう」、学校の帰りに覚えてるんです。先生方も学校教育の中でこの「絵本のへや」のコーナーを中心に果たしてる役割っていうのは十分わかっています。教育長はわかっていると思います。私も、教育長、本当にいろんなことお話ししますけれども、わかってると思うんですよ。それなのになぜこの拠点になってる駅前図書館のこの一部をなくすんですか、この絵本を。
 そして、やっぱ小さいときから絵本に親しむ、先ほども出ましたブックスタート、4カ月と1歳と半ですね、大河原町は、2冊配ってますね。小さいときから絵本に親しんでほしいと。で、渡すだけじゃなくて、今後やはり絵本のコーナーを拠点にしながら、まさにこれからもっともっと連携していくということも必要だというふうにある方言ってましたけども、私もそう思います。そういう点では、あそこをなくして充実・発展つうのはあり得ないと思います。その辺もう一度町長に声を大にして訴えると同時に、伺いたいちゅふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
272:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
273:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 何度お答えしても理解を得るのは難しいように聞いておりました。オーガできたときにお風呂が図書館になったということをお聞きいたしましたけども、その結果、10年間あるいは12年間かわかりませんが、図書館と「絵本のへや」ですばらしい機能になっているのはわかります。ただ10年たてばまた別のものもできるということも当然考えていいんではないかと。
 新しいものをつくっていく、今万波議員が指摘されたとおり、ブックスタートということをスタートにですね、子供の読み聞かせをどんどん発展させる、先ほど岡崎 隆議員に答弁したとおりでありまして、そういった方向をこれをきっかけに私もいろいろ考えたわけであります。そういったことで幼児教育をこれから重視していく中で、今のある現有の施設を最大限利用しながらどういったことが可能なのか、これは皆さんのご判断もいただきながら、よりよい方向を目指してまいりたいと思います。で、「絵本のへや」をなくすということで、それによって失いっぱなしということでは私はないというふうに信じておりますので、そういった方向でですね、ぜひよりよい方向を見つけていただければありがたいというふうに思っておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
274:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
275:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 年間六百数十万係ってますけれども、私はやっぱし子育て支援、これからももっともっとやっぱし充実させていかなきゃいけない。で、今少子化でしょう。どの子もいい子に本当に健やかに育ってほしい。その重要な一端を担ってるのが、私はここだちゅうふうに思います。それで、子供への、子供は町の宝、未来の宝、やっぱ未来に投資をすると、そういう考えはないんですか。これから継続するちゅうことは未来に投資をしていくという、そういう考えも毛頭ないんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
276:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
277:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 未来に投資するという考えはございます。例えば先ほどの大沼議員に応えたとおり、スポーツ少年団あるいは総合型地域スポーツクラブをつくる、そういったもろもろの方法によって何がベストミックス、どういうのをやるのが一番いい組み合わせなのか、そういったことも総合的に考えていきながら、この「絵本のへや」についても考えてまいりたいと思っておりますので、未来に投資するという気持ちでこれからも町政に携わらせていただきたいというふうに考えておるところであります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
278:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
279:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) この今回の未来の投資というのは、私は今の絵本のコーナーの存続ということでの未来の投資です。でも、町長は何か考えを変えるつもりがないと言いますが、これ最初の出だしが悪いんですよ。町でこういうふうに決まったら、関係する人に集まって「こういうふうに町はしたいんだけど、どうですか」と。そのときにオッケーになればそれはってけど、ならなかったとき、恐らくね、こんな形で急いで出てくるはずがないと思います、私は。そこを急ぎ足で一方的に進めて、決まってからするからこういうことが私は、何つうんでしょうか、なかなか後に引けないんだろうなというふうに思います。
 それで、とにかく町民に喜ばれる政治を進めていきたいと。これは町長は本当によく言うことですね。今そういう状況じゃないんですよ、この問題は。喜ばれて政治になってないでしょう。再考を求めますね、私はぜひ存続という形で、一旦提案したもの引っ込めるつうことはこれは大変なことですけど、ぜひとも存続ということで再考していただきたい。考えていただきたい。この案をですね、案というか、今出されていること、もう広報にも出てますけれども、もう一度本当考え直して存続の方向でしていただきたいちゅうこと強く訴えたいことと、それから、私は図書館運営審議会なるものをぜひつくっていただきたい。そして、今後ここの駅前図書館を中心に、やっぱし学校や子供、児童センターやら、いっぱいありますね、施設。そういうとこと本当にまさにネットワークで連携がきちんととれて、本当に  町が子育てで本当に一体となって町ぐるみでできるようにつくるために、ぜひこういう一方的な判断で進めることなくすためにも、私は図書館運営審議会ぜひつくっていただきたい。そのこといかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
280:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 教育長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
281:◯教育長(齋 一志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯教育長(齋 一志君) 現在、図書館運営審議会というものはございません。そこでですね、議員提案、大変すばらしい提案をいただきました。これができるかどうか、前向きに検討さしていただきたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
282:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
283:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひ前向きに、そして、私はできるなら早急にしていただきたいんですね。この問題も、そしてぜひしていただきたいなちゅふうに思います。結論は出ていますけれども。そして、しかる専門家、学校の代表も、それからボランティアも町民代表もですね、もちろん教育長あるいはその担当課、何か職員の方たちもですね、今回のことで何か私見てると非常に元気がないんです。何か本当に庁舎内でこれも検討されて出したというけれども、何か非常にね、何かこう空気が何かあんまりよろしくないように感じてます。そういうことも町長にわかっていただきたい。こういうことないようにしていただきたいちゅふうに思います。
 じゃ、2点目の質問に入ります。デマンド型乗合タクシーについてであります。
 高齢者を中心としての日常生活や通院や買い物等の交通手段に困っている町民の足を確保するために始まったデマンド型乗合タクシーは、平成24年7月に運行開始してから7月で丸2年を迎えます。
 住民運動が実を結び実現したデマンド型乗合タクシーですが、利用者からは便利で大変喜ばれている一方、苦情や改善を求める声が出されております。利用者の声に一層応えていくために、次の点について町長に伺います。
 利用者から出ている苦情や改善点、意見などに内容についてであります。アンケート調査結果も含めてお願いいたします。
 これまで運行小委員会で協議された内容と改善された点と検討課題について。
 3.利用者の声として例えば、1.「昼前後に申し込んだけれども、いっぱいでだめ。その次の便もだめ、その次の便もいっぱいでと断られた。たまたま知り合いがその時間帯に利用していたけれども、1人しか乗っていなかったと聞いた。もう利用しない」。これはある方の言葉をそのままここに書きました。載せました。
 それから、2.また、「時間どおり、30分ぐらいならいいけれども、どおり来なかった」のでタクシーを利用せざるを得なかったという嘆く声も利用者から出ております。こういう声についてはこちらにも届いてると思いますが、こうした声あります。このままではせっかくの住民の足として出発した公共交通機関としてのデマンドタクシーは、住民の要求に沿う形で存続できるのか。さらに、利用者の声1)2)になぜなのか答えてほしいと同時に、改善できるのかも伺います。
 4.昼間時間帯の台数をふやすなどの手段を講ずるべきではないでしょうか。できるのかどうか。
 5.運行事業者であるタクシー2社の通常の営業に支障は起きていないのかどうか。燃料費も高騰しています。町、商工会、事業所との協議は必要と考えますが、いかがでしょうか。
 以上伺います。答弁よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
284:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
285:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 続いて、デマンド型乗合タクシーについてのご質問にお答えいたします。
 まず、利用者からの苦情や改善点、意見などの内容についてのご質問であります。
 デマンド型乗合タクシーは、自家用車を利用できない主に高齢の方に利用いただき、好評を得ております。平成24年12月から翌年1月にかけて実施したアンケート結果でも、回答いただいた方のうち半数以上の方から好意的な意見をいただいております。
 ただし、デマンド型乗合タクシーは既存のタクシーと違い、乗車を希望する時間の30分前までに予約は必要なこと、複数の利用者が乗り合いで利用するため時間に余裕を持っていただく必要があることから、この特徴に起因する苦情を多くいただいている状況にございます。
 具体的な苦情といたしましては、主に予約がとりにくいとの苦情、運転手の対応についての苦情が多い状況であります。運転手の対応につきましては、その都度タクシー会社に改善を求めるなどの対応をとっております。
 また、予約がとりにくいとの苦情につきましては、徐々に利用者数が多くなっていることに加え、比較的遠距離の利用者が多くなってきている傾向があるため、一部の時間帯で30分間隔の運行では無理が生じてきているとの事情があります。また、1週間前から予約を受け付けているため、常連の利用者が早めに予約してしまうために、後から予約しようとしてもとれないという傾向もあります。
 その他、改善してもらいたい点として、帰りの待ち時間が長くなるので何とかしてほしい、運行時間を延長してもらいたい、乗降時にステップが高くて困るなどのさまざまな要望をいただいております。
 次に、これまでに運行小委員会で協議された内容と改善された点と検討課題についてのご質問でありますが、運行小委員会はタクシー業者、商工会、予約センター、役場企画財政課により、運行上の課題があった場合の対応について協議する場として、運行開始後9回開催いたしております。
 運行開始当初は、制度が安定しないことによるさまざまな問題点の協議が多くありましたが、運行が安定してきてからは、多く寄せられる苦情への対応策のほか、利用者アンケートの実施や運転手と予約センターの職員の打ち合わせの実施などの運行改善に向けた取り組みや、利用者増加策について協議してまいりました。
 また、車両が交通事故に巻き込まれた場合の対応マニュアルや悪天候時の対応など、安全確保策についても協議いたしております。
 また、今後の課題としては、収益の改善策や利用者増加策、サービスの向上などが検討すべきことと考えられます。
 3点目の利用者の声についてでありますが、1)は次項(4)と関連しますのであわせてお答えさせていただきます。
 昼時間帯の予約のとりにくさにつきましては、運転手の休憩時間の関係で正午から午後2時までの間は、通常4台の車両を2台で運行している影響があると思いますが、タクシー会社と協議の上、改善していきたいと考えております。
 また、2)の時間どおりに来ないとの声があるとのことですが、デマンド型乗合タクシーは乗り合いのため、予約した時間どおりに迎えに行ったり届けたりということはできない、どうしても時間がずれてしまう乗り物ですので、その点を理解していただいた上で利用していただくよう、継続的にお知らせしたいと思います。
 最後に、タクシー会社の通常営業に支障は起きていないかとのご質問でありますが、商工会とタクシー会社の今年度の契約で、時間借り上げ単価を消費税の増税分に加え、若干の上乗せをした単価で締結されておりますので、協議は特に必要ないものと考えております。しかし、要請等があった場合には、町の予算を考慮しながら対応したいと考えております
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
286:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
287:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、再質問いたします。
 24年の11月にですね、始まって、7月からこれスタートしましたので、5カ月後にこのアンケート調査をした結果、私も見せていただきましたけれども、それについて1つ1つ小まめにですね、これは改善できる、これはちょっとなかなか今後の課題だなということで、かなり細かに検討して、それでいろいろ改善されているなという姿が大変読み取れました。
 それで、2社のタクシー業界もですね、本当にやはりこれを存続してもっともっとやっぱり喜ばれるデマンド乗合タクシーにするという点で、非常にそういうことが本当に、何つうんでしょうか、地域に貢献する、町に貢献する、そういうこの思いがですね、とても私は、ある会社の方とお話ししましたけれども、大変伝わってきました。
 そういう中で、今それでもなおかつよりいいものにしたいということでいろいろ検討されていると思いますが、その中にですね、この土曜日の運行についてはどうなんですか。というのは、利用してる中で病院がとても多いんですよね。ほいで開業医の先生方は土曜日はやってるんですね。もちろん午前中で終わる方もいますし、2時ごろで終わる方もいるんですが、そういう点では土曜日の運行というのはこの課題になっているでしょうか。ぜひ私は検討していただきたいというふうに思うんですが、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
288:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
289:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 土曜日も運行してほしいという要望でございますが、基本的に月曜日から金曜日にしているというのは、業界、タクシー業界なり何なりの圧迫をしないような形をとらせていただきたいというのが一番というふうに考えてございますので、ご理解をいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
290:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
291:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 圧迫と、確かにこれがスタートしたら経営にもね、通常の経営にも大きな支障を来すちゅうことは私はあってはならんことなので、やはりそこはやっぱ常に進めて、何ていうんでしょうか、意識しながらですね、現状を把握しながら進めていかなくちゃならないと思うんですけど、これは今課長から圧迫ということで難しいような話ありましたけど、これは協議しなくとも難しいという判断なんですか。全く余地はないんですか。今後、検討、いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
292:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
293:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 地域公共交通会議の中で、いろんな意見が出されている中の1つといたしまして、国の関係の方から、土曜日、その圧迫というふうな形になるかと思いますが、行うことは好ましくないのではないかというふうなご意見をいただいているところでございます。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
294:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
295:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 課長の答弁はわかりましたけれども、なおよりいいものにしていくために、町はこれからも検証しながらやっていくのでね、ぜひそのことも議題に乗せていただきたいのが1つです。
 それから、特にいろんな声聞くのは、大変喜ばれてる反面ですね、この午後から、朝車は8時から11時半まで4台だったのが、途中、状況を見て8時は1台に、4台から1台にしましたね。その後、あと4時、11時半でしょうか、12時ごろまで4台ですが、午後は12時から1時半まで2台になっています。当然働く方は休まなきゃいけないんですけど、ここがね、意外と、何つうね、利用したくともできないという声が、ここが意外と集中してるんですね。町もこの点はつかんでますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
296:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
297:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) 確かにお昼休み2台になるということで、なかなか乗れないということは存じてございます。それで、町長答弁申し上げましたように、今後小委員会なり運行委員会の中で協議をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
298:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
299:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ぜひ事業所とですね、もちろん入りますけど、小委員会でやっていただきたいと思います。できるんならこの時間、ふやすためにやはりその分経費もいろいろ人もかかると思うんですけど、そこは町民の要望に応えるためにはどうしたらいいのか、ぜひこれもですね、検討課題としてしていただきたい。よろしいですか。はい、お願いします。
 最後にです。今、燃料費高騰しています。いろいろとこういう業界だけじゃなくて、特にタクシー業界だけじゃなくて、関連する会社は大変ですよね。話にちょっと聞きましたけれども、倍だそうです。1カ月、倍。それで、ぜひこれも含めて検討していただきたい。いかがですか。そのことを確認して次の項に入ります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
300:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
301:◯企画財政課長(佐藤 公君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(佐藤 公君) タクシー会社等々とご協議させていただきながら検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
302:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
303:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) では、最後の項に入ります。公私の減免についてです。
 減免できる公私の扶助の活用促進についてであります。
 長引く不況、相次ぐ物価の値上げ、年金の削減等に加え、消費税増税が暮らしと営業を一層脅かしています。失業者や非正規労働者もふえています。こうした状況は税や公共料金の滞納にも大きな影響を及ぼし、町財政を悪化させている要因になっていると私は考えています。
 町は滞納者に対して実態把握に努め、分割納入などできめ細かな収納対応をされておりますけれども、暮らしが大変だからこそ減免制度を積極的に活用して、生活困窮者に救済の手を差し伸べていくべきではないかと考えます。
 そこで伺います。
 1.地方税法で定められている公私の扶助の「公」について、町はどのように解釈していますか。国からの通達は来ていますか。
 2.公私の扶助の積極的な活用を図る姿勢が町当局に必要であると思いますが、同時に、町民への周知は徹底されているのか、伺います。
 3.地方税法の減免規定を受けて条例で具体化しておりますけれども、1つ、国保税条例にある「生活保護法の規定による生活扶助以外の扶助を受けることとなったとき、または社会福祉事業団もしくは親族から生活扶助を受けることとなった者」としておりますが、この棒線をですね、わかりやすく説明していただきたい。加えて、これに該当する減免者はここ数年間で何名いたんでしょうか。
 2.町税条例にある「慈善団体から生活の扶助を受ける者」とありますが、具体的にどういう団体のことなのか、改めて示していただきたい。加えて、これに該当する減免者はここ数年で何名いたんでしょうか。
 4.厚労省から「離職者に係る国保税(料)の減免の推進について」の通知が既に来ていると思いますが、町民への周知は十分されているんでしょうか。また、減免者数も示していただきたい。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
304:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
305:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、公私の扶助についてのご質問にお答えいたします。
 地方税法に規定する公私の扶助を受けている者に対する町税等の減免で、公的扶助とは、生活保護法第11条の規定する扶助を受けることとなったもので、1)生活扶助2)教育扶助3)住宅扶助4)医療扶助5)介助扶助6)出産扶助7)生業扶助8)葬祭扶助を示すものであります。
 また、国からの通達等具体的に示された通知などはございませんので、ご理解願います。
 次に、町民への周知は徹底されているかとのご質問でございますが、周知につきましては、発想する納税通知書に説明を記載したチラシを同封しているほか、町のホームページでの紹介を行っておりますが、公的扶助に関する情報については把握に努めておりますことから、不足するものではないと考えております。
 次に、地方税法の減免規定からの町税及び国民健康保険税における減免についてですが、1.国保税条例第26条第1項第2号、同施行規則第3条別表の2の「生活保護法の規定による生活扶助以外の扶助を受けることとなったとき」は、さきにお答えいたしました、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の内容となっております。
 また、これらに該当する減免者については、平成21年度に医療扶助を受給された方1名の住民税、国民保険税の減免を行っております。
 次に、町税条例にある「慈善団体から生活の扶助を受ける者」とは具体的にどういう団体かとのご質問でありますが、日本ユニセフや日本赤十字社等を指しているものと捉えております。
 また、これに該当する減免者についてはここ数年ございませんでした。
 次に、自己都合や自己の責めに帰すべき理由に寄らない企業の倒産や解雇等で失業し、雇用保険の特定受給資格者、または特定理由離職者である方、いわゆる「非自発的失業者」に対する国保税の軽減につきましては、町民への周知、軽減者数についてお答えいたします。
 制度の趣旨、内容については十分周知されたものと考えておりますが、国保加入時に軽減に該当するかの確認はもちろん、国保税納税通知等送付時にも周知しており、さらに町のホームページにおきましても紹介しているところであります。
 なお、平成26年4月1日現在における軽減者数は47人であります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
306:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
307:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 担当課は非常に、特に窓口でやっている職員はもう鋭意努力されているんですけども、このせっかくある減免を本当に利用してもらうちゅうそういう姿勢というのは、近年にましてどうですか。高くなっていますか、その意識は。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
308:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
309:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 税の賦課という、そもそものそこのところに帰っていくと思うんですけれども、税は考え方として公平に公正に賦課しております。減免が必要になったっていうことは、それなりの理由で結局発生してくるものというふうに捉えております。ですから、減免ありきの賦課ではございませんので、その何て言うんですかね、町税ですので、町民の皆さんがどうしてももう担税力をこの方は逸したというふうに判断した場合に減免を実施しております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
310:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
311:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) とにかくこの制度がありますので、やっぱり応援に積極的に活用という姿勢を本当に持ち続けてほしいなと改めて思いますので、よろしく、町長にもご指導のほどお願いしたいというふうに思います。
 それと、この「公」なんですけれどもね、「公」。町は先ほど言ったような中身で条例で定めてますけれども、この「公」の解釈はですね、国の今の総務省からしますと、結局、就学援助も受けている方とかですね、あるいは保育所の入所世帯とか老人医療や児童扶養手当とか特別扶養手当とか福祉年金とか、こういう受給世帯も「公」の扶助の対象になるということ言ってるんですから、国会で。だから、その点での捉え方はしたことありますか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
312:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 税務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
313:◯税務課長(佐々木美恵子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯税務課長(佐々木美恵子君) 公私の扶助のうちの「公」の扶助を考えた場合なんですけれども、過去に総務省の答弁でですね、就学援助そちらのほうまで拡大した解釈をして答弁をしたことがございました。で、正しくは現在のところなんですが、その扶助、扶助というか援助、そちらを扶助と捉えるかどうかということよりも、個々のその生活状態において援助を受けているから減免しなさいというような考えではなく、結局、貧困によって生活のため援助を受けたり扶助を受けてる場合に、その世帯の生活状況ですね、そちらをきちんと勘案して減免しなさいというふうな捉え方になっておりますので、そういう理由があるから減免というふうな考えではございません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
314:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
315:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 課長の言うとおりなんです。就学援助制度受けてる人みんなそうかと、そうじゃないのね。そういう人も、でも、生活援助も、就学援助も受けてる人も含むというふうに言ってるんです。ただし全部無条件でじゃないんですよ。だから、それは個々、我が町の場合は生活保護の1.2倍がまでよということで就学援助なってますので、そうするとかなり大変ですよね、生活保護の本当すれすれですから。
 だから、そういう点ではそういう方にもっと、生活の実態もこちらで把握してるでしょうから、この「公」ではそこまで言ってますので、指摘、言ってますので、も少しその辺で視野を広めていただいて、該当できるように内容を充実していくと、拡充していくということを私は今回のこの場で申し上げたいと思います。
 あとはいずれ消費税も年内中には10%になるような動きも決まるてことも出てますので、いかがでしょうか、町長。積極的に活用するちゅうことで、内部でもっと検討していただきたい。そして、救済に手を差し伸べていただきたい。
 以上、申し上げまして終わりますけども、答弁いただいて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
316:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
317:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 万波議員に答えたことについては検討させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
318:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
319:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 10分間休憩します。
     午後2時56分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後3時07分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
320:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 再開します。
 休憩前に引き続き一般質問を行います。
 枡 和也君の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
321:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 8番枡 和也でございます。議長のお許しを得ましたので、通告順に従い、一般質問をさせていただきます。今回の一般質問は2項でございます。
 まず初めに、1項め、介護保険施設入所待機者の解消に関する町長の施策姿勢についてでございます。
 平成26年5月12日の河北新聞の社説に、特養待機者増の記事が掲載されました。特別養護老人ホーム(特養)への入居を希望する待機者の数が、厚労省の昨年秋の時点での集計が、全国レベルではありますが52万4,000人で、全国約8,000カ所の特養で暮らす約51万人を上回っている状態です。4年前の前回調査よりも約10万人もふえております。
 近い将来、団塊の世代が利用することになれば需要は飛躍的に多くなる。厚労省は昨年4月以降、新たに入居できる人を原則要介護3から5の中重度者に絞り、特養の利用を抑制する方針であるが、既にその段階に達している入居待ちが約34万人で、在宅で暮らす人が各15万人に上ると言われております。
 当町も人口は微増はしているものの、高齢化率が県内では低いほうであるが、平成26年3月末で24.1%と年々着実にふえていることは確かで、近い将来、今述べた傾向になることは想像できると思います。
 そんな背景の中、町長は平成24年10月に就任してから既に1年8カ月が過ぎようとしております。町長の公約の1つでもあった福祉政策に関する1案件への取り組み姿勢、意欲についてでありますが、町長は、介護保険施設(特養など)入所希望者が常に既存施設の入居可能者数を上回る状況、すなわち入居待機者の解消こそが優先すべき課題であろうと捉え、町みずからが施設を設置して充実を図ろうとの思いが強かったものと認識しております。
 当時は、町民約138名(平成23年4月現在)が待機者数と把握していたようでありました。宮城県長寿社会政策課が公表している老人福祉施設など入所状況調べによれば、大河原町の特別養護老人ホーム入所希望者数、いわゆる待機者が2年前の平成24年4月では249人(いつも言われてる重複計上)となっております。また、平成25年4月では341人、平成26年4月では422人の入所希望者数(待機者)となっており、この数字を見ても年々増加の傾向にあります。
 その後、本年度より桜寿苑の30床の増床により待機者数の若干の改善は図られるものと思いますが、町長の所期の思いを達成するにはほど遠い現状と考えられます。町長は今後残された任期の中で、この切実な課題に対してどのように取り組もうとしているのか、その考えを伺います。
 (1)Next大河原ゆめプラン(後期基本計画)実施計画の中で、老人ホーム設立検討事業、26年から28年の3年間予算ゼロ、老人ホーム設立に関しては次期高齢者福祉計画を策定する中で検討しますとあるが、本当にこれで形になるのか。
 (2)第6期介護保険事業計画策定の中で、アンケート調査、ニーズ調査を行いながら検討していくと思いますが、介護保険施設設立というのは町長の公約の中でも特に重要なことですから、事業計画策定と同じペース、早さとかマンパワー、人員で進めるのではなく、保健施設設置などを含め待機者数の改善の専門のチームを編成して進めていくようなことは考えられないか。
 以上2点を伺います。答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
322:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
323:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) それでは、枡 和也議員の一般質問にお答えいたします。
 1番目のNext大河原ゆめプラン実施計画の老人ホーム設立検討事業についてのご質問であります。
 本年度平成27年度から平成29年度までの3年間の高齢者福祉計画並びに同計画と一体として策定する第6期介護保険事業計画の策定を行います。事業計画策定に当たって、この3年間の介護サービスの見込み量及び金額と被保険者数の推計を行い、最終的には来年3月の議決を経て、新たな介護保険料を設定いたすこととなります。
 また、給付費等の推計に当たっては、介護保険制度改正の内容や老人ホームの新規入所者数等も考慮いたしますので、計画と老人ホーム設立が関連いたしております。
 このことから、高齢者福祉計画を策定する中で、老人ホーム設立について検討を行ってまいりたいと考えております。
 次に、保健施設設置などを含め施設入所待機者数の改善の専門チームを編成して進めていくことは考えられないかとのご質問であります。
 1点目でお答えいたしましたとおり、高齢者福祉計画を策定する中で老人ホーム設立について検討してまいる考えで、施設につきましては、介護保険適用の特別養護老人ホーム等の施設、施設という位置づけではないものの、サービス付高齢者向け住宅のような家賃を支払い入居し、家事、排せつ等の介護サービスをサービス事業者から提供を受けるというような形態もあります。また、地域密着型サービスとして、通所介護を基本として短期入所や訪問介護を組み合わせて利用できる小規模多機能型居宅介護の形態もあります。
 今後、第6期介護保険事業計画を策定の際実施するアンケート調査の中で、施設に関する住民の希望についても調査いたしますので、アンケートの結果やどのような形態の施設が有効なのか、また、複数の施設が必要か等、介護保険制度改正の内容も考慮しながら、保健施設設置などについて検討してまいりたいと考えております。
 また、専門チームの編成につきましては、課長等で構成される政策企画会議等の場を利用して検討するとともに、高齢者福祉計画、第6期介護保険事業計画を策定する中で、介護保険等運営委員会委員からのご提案もいただきながら進めたいと考えているところから、専門チーム編成については考えないところであります。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
324:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
325:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ことし第6期介護保険事業計画の策定の中で進めていくというような答弁をいただきましたが、先ほど言ったように町長が就任して1年8カ月間、この間、例えばほの今までの老人施設に向けてのですね、どのような取り組みをしてきたのか、その辺をお聞かせ、まず最初にお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
326:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
327:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 例えば土地を提供する人とか、また介護事業をやりたい、やっていただけるような人、こういった方と接触しながら、よりよい方向を見つけていきたいということで努力を重ねてきておるところでございます。
 なお、基本的には、今お答えしたとおりですね、今年度介護事業計画の見直しの年に当たっておりますので、その27から29年度の計画をつくるということを前提にですね、これまで作業をしてきましたので、時期的な問題があって確かに就任後1年8カ月たってるから遅いんではないかというご指摘はそのとおりでございますけども、計画上そういうふうに時期的にスケジュールも勘案せざるを得ないという状況もありましたので、そのスケジュールにのっとり、しっかりとした方向を出していきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
328:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
329:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今後の、ちょっと議論がかみ合わないっていうか、今後策定していく中で検討するという答弁がほとんどなんですけども、例えばですね、先ほどサ高住の話が出ましたけども、結局、サ高住単独ではですね、運用できないっていうか、介護度が高い人っていうのはなかなか、そこに例えばデイサービスとか訪問介護サービスが併用されてる施設であるからサ高住が成り立ってるんであって、サ高住単独ではできないというような私のほうに認識はあるんですが、もし、サ高住、サービス付高齢者住宅をやっていくというんであれば、結局、今やってる人たちにお願いしてやるような方向付けにしていくのか。その辺、ちょっとお聞かせいただければと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
330:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
331:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 今、具体的にサ高住の話が出たわけでありますけども、サ高住をやるに当たって単なる住宅、位置づけは住宅でありますけども、そこにいかに介護の機能を付加するかということにつきましては、これは介護やってらっしゃる事業者たちと相談の上ですね、大河原町としてはこういうサ高住を希望してるというようなことをですね、住民のアンケートなどを踏まえながら、あるべき理想的なサ高住を検討していきたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
332:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
333:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 今、サ高住って、ここで答弁の中でサービス付高齢者向けの住宅ということで話が出たもんですから、そういった話をさせていただいたんですけども、結局、サ高住は多分ことしで国土交通省から補助が出る4年目、最初2年間補助が出る期間を設けて、その後1年ずつ更新してきたんではないかというふうに頭ん中ではあるんですけども、この補助が例えばことしで打ち切られる可能性があるとなった場合に、例えば町単独としてこのサ高住をやる事業者に対して何か補助とか何とかを考えてるのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
334:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
335:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 町としてそういう事業者を誘致したいという考えは基本的にあります。それをより実現可能性を高めるためには、町としても何らかの財源措置をしていかなきゃいけない場合があるんではないかというふうに考えております。公約でも5億円という金額を示しておりますけども、それは議会とご相談しながらですね、財源についても協議をさしていただければというふうに思っておりますけども、何らかの財源措置は必要であるということは念頭に置きながら進めてまいりたいということは間違いないところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
336:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
337:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何となく町長の公約のニュアンスからいけば、私の頭ん中では、多分町民も一緒だと思うんですが、特老のような介護施設を希望してるんではないのかなというふうに思ってる1人なんですけども、例えば特養老人ホームでも、皆さんご存じのとおり、80人以上の規模でなければなかなか成り立っていかないんですけども、地域密着型の29人型の29人以下の特養老人ホームというような考え方もあると思うんですが、その辺、町長の考えをお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
338:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
339:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) これも本会議場でご答弁申し上げたかと思いますけれども、サ高住に限らず、ケアハウス、ことし60万世帯を、人分のですね、ケアハウスをつくろうという政府の方針もあります。また、スケールメリットから言いますと、特養は80人ぐらいが最適だというふうにお聞きしておりますけれども、ただそういう80人のやつをつくって終わりということではなくて、ケアハウスとかサ高住とかいろんなタイプのですね、地域密着型も考えながら、介護の程度に応じた需要、ニーズに応えられるように、小規模ながら2つ3つあるいは4つ、そういった複数のですね、場所についてもなるべく分散型がよかろうとは思いますけれども、そういった種類の多様化を図りながら介護施設も整備していくということを前提に検討をしていきたいというふうに思っておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
340:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
341:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) いろいろ検討していくということでございますが、例えば厚生労働省もこの施設から在宅へのこの政策を推進しているというのがわかるんですが、ただ現実、例えばその在宅への政策を推進する中で、例えば自宅で安心して暮らせる基盤の整備が欠かせない。これには何が必要かと言えば、質の高い介護の人材が必要だというふうに確保が重要であると。ところが、実際当町の施設でもなかなか人材確保が難しいではないのかなというふうに聞いているところでございますが、現実、例えば運用が効率的な施設に、そういった人材確保が難しいという観点から、人材が少なくても済む効率のよい施設に頼らざるを得ないような状況であると思うんです。だから、いろんないろいろ介護サービスの中でもいろいろあるんですが、結局、この在宅にしてしまうとそのマンパワーがかなり必要になってくるっていうのは多分みんなもわかる。ところが、施設に1つに集めてしまえば人数もいろいろ兼務できることもありますので、その辺の経費削減もできるんではないのか。だから、施設型がいいんではないのかなと私は考えるんですが、町長の考えはいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
342:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
343:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ニーズはたくさんの種類があろうかと思います。できる限り家族で介護したいという方もいらっしゃいますし、働きながら介護するのは難しいというような方もいらっしゃいますので、そういった詳しくニーズをですね、把握しながら、どちらがいいのかということを考えてまいりたいと思っております。その中で、財源を使うということをさっき申し上げましたけども、施設に対しても若干考えたいし、また、マンパワー確保の上でもですね、そういった町の財源を有効に使えないかどうか、こういったことも合わせて勘案していきたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
344:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
345:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほどですね、桜寿苑さんの話も出てあったんですが、30床で前よりは軽減されたというふうに言ったんですけども、今ほのマンパワーというか職員、結局、この間のちょっと聞いたら、桜寿苑さんの定員30人増床したんですけども、今現在20人しか入っていない。それは職員の人数確保が難しいから入れることができないんだというようなことでございました。
 そういったことからも、なかなか在宅で介護サービスを行うぐらいのマンパワーも、この施設つくってでさえこういうふうな状態ですので、やはりある程度地域密着型の特養じゃないですけども、そういった施設に頼らざるを得ないというふうに、最終的には現実を考えるとそうなってくると思うんで、その辺町長にもう一度伺うんですけども、大きいやつじゃなくてもいいですから、地域密着型29床ぐらいのやつをですね、1カ所か2カ所ぐらいですか、そういった今後考えはないのか、その辺もう一回お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
346:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
347:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 先ほど施設の種類、組み合わせ、ベストミックスということを申し上げましたけれども、今の枡議員の提案については十分参考にしながらですね、その3つ4つのうち1つはやはり特養が必要だというふうな受けとめをしておりますけれども、これもやはり幅広くニーズを調査した上で結論を出したいと思っておりますけれども、私の現段階では特養と、間に合えばですね、サ高住、そういったものの組み合わせでやっていきたいというふうなことを考えておりますけれども、補助金の関係とか事業者の関係とかマンパワーの関係とか、そういったいろいろ課題もありますので、それを総合的に勘案しなきゃいけないというふうに思っておりますので、ご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
348:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
349:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 先ほど、例えばサ高住やる事業者がいた場合町の単独での補助云々という話させていただきましたが、もちろん桜寿苑が開所された平成5年ごろにはですね、いろんな介護施設がなくて、ようやっと当町にも特養できたんではないのかなというような経緯がわかるんですけども、そのころはその事業者に対して土地の例えば購入と無償貸与、あと土地の造成費の支援、そして、施設工事の補助が当時の開所時にはあったんです。これはもちろん当時の社会情勢から言ってそういった施設がないからこういった町も援助したんでしょうけども、今回30床ふやすに当たり土地の無償貸与というような、社会福祉法人に対してそういった支援を行った経緯があるんですが、例えば新たにですね、どっかわかんないですけども、社会福祉法人が大河原町で例えば小規模多機能デイサービス併用、小規模多機能型のですね、老人福祉施設、特養をやりたいというようなどっか事業所が出てきた場合に、どういった町としての支援を、今の段階ではなかなか難しいんでしょうけども、どの辺まで支援してやるような考えがあるのか。結局、企業誘致するつたって何誘致するつたって、やっぱりある程度の町行政のですね、援助がなければなかなか企業も来ないし、こういった老健施設、そして、特養施設でも一緒ではないのかなというふうに思いますので、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
350:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
351:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 大変重要なご指摘と受けとめさせていただいております。また、ことし4月にですね、旧不動保育所の跡地に「さくらの風」という重度障がい者の施設、それも町が土地をお貸ししてるという実績もございます。今後ともですね、そういった方向は大事なご支援の、企業誘致をするときに、企業じゃなかった、施設誘致をするときのですね、大事なインセンティブになるようなことだと考えておりますので、それも大事な検討課題として取り組んでまいりたいというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
352:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
353:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 例えば、開設に当たってそういったハード面もあるんですが、例えばそれが難しいんであればですね、ソフト面というか、ほの例えば開設に当たりお医者さんが必要であればお医者さんを紹介するとか、あと、機能訓練指導員などの縛りがあればそういった方を町があっせんするとかというようなソフト面の支援も考えられると思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
354:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
355:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) マンパワーあるいはソフト面の支援、こういったことも重要なことと考えておりますので、支援の対象にしていきたいと考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
356:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
357:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 何となく先ほどから重複ちゅうか、何回も同じことを言うようですけども、結局、執行部の中でですね、特養などっつうのはどうしても経費がかかりですね、町財政に大きな負担がかかるので、初めからあきらめというか、しないほうがいいのではないかというような雰囲気があるのではないかと感じる、何でそう感じるかというと、先ほども言ったんですけども、実施計画の中で3年間予算ゼロ、普通調査費などを計上してですね、町長の公約であれば積極的に検討していくのが重点施策ではないのかなというふうに、もちろん近々介護、高齢者福祉計画の中で計画するつうのはわかってるんですけども、それとは別にですね、重点施策というくらいですから、調査費など計上して本当は積極的に検討していかなくてはならないと、そういうなことも結局予算がゼロでですね、計画も最終的には町長判断になると思うんですが、例えば町職員から、課長、ここに、庁議に参加されてる人なんですかね、その辺の職員から積極的なね、意見が出ればもう少し早くこういった政策が進んだんではないのかなというふうに思うんですが、その辺の町長が感じる職員この意識というか、そうなふうに言ってしまうと町長のですね、ほの指導力もないっていうようなあいづにとられるかもしれないんですけども、何となくそういったお金がかかるから最初からやらないほうがいいんじゃないかというような雰囲気があるんではないのかなというふうに感じるんですが、その辺いかがですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
358:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
359:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) ちょっと認識が違うようでありますので、お改めいただきたいのはですね、公約にですね、町が資金を用意して施設をつくるんだという趣旨のことをうたわせていただきました。で、それをぜひ使いたいというふうなことを役場の中でも申し上げたら、それはやりやすいですという判断でございますので、決して消極的ではないということをご理解いただければというふうに思う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
360:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
361:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ぜひ町長のですね、大事な公約の1つであると思いますので、その辺しっかりとやっていただけたらいいのかなというふうに思ってます。
 あと、1つ確認だったんですが、高齢者福祉計画、第5期介護保険事業計画の中でですね、サービス利用者の推計の中の介護保険サービス(特養、老健施設など)の推移の表があるんですが、この計画を作成したとき特養の欄を見ると、2年続けて75人から平成26年で急に113人に推移を予測してるんですが、この数字の出し方はちなみに何をもとで一気に113人までふえたのか、その辺を伺いたいのと、そういった同じ手法で次期計画もそういった推移で載せるのか、その辺お聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
362:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
363:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 施設入所者等の人数の推計につきましては、3年間の計画を立てる段階で設定をするものでございますが、実績として、入所者が例えば町民の方が亡くなって他町民の方が、桜寿苑とかの特養の場合入れますので、入ったりすれば要するに大河原町のその人数というのが増減いたしますので、今言ったのは一例でございますけども、そのようなことを勘案しての推計であるというふうに考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
364:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
365:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) わかったようなわかんないようなんですけども、わかりました。
 それでですね、この次期介護保険制度に対してですね、結局さっきも言ったんですが、重複で待機者の数がどうしても出る。これの正確な数字をつかむには何か方法がないのか。この正確な数字をつかむことによって、地域密着型がいいのか、そうでない施設がいいのか、そういった選択にも多分なると思うんです。
 今例えば桜寿苑の入所者なんですが、多床室の定員58人てなっているんですけども、大河原町の入所者数が24、大河原町以外が34、あと個室ユニット定員30名の中には、先ほど20名の中で大河原町が7、あと大河原町以外の人が13というような内訳になってるんですね。今の現状がこうですから、ほの待機者数が大河原町の人が多いのかそうでないのかを、大河原町の人が多いんであれば大河原町の人が優先で入られる地域密着型の29床が適する、そういった施設が適すると思うんですが、その辺のこの正確な人数のつかみ方しっかり押さえないと今後の計画にも随分ぶれてくると思うんで、その辺の人数のつかみ方をどうやってつかむのか、その辺を教えてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
366:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
367:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 138だったか、さっき3年ほど前の待機高齢者であったのが134だと私記憶したんですが、それはどっちでもいいです。これはですね、県の保健福祉部長寿社会政策課ですかね、そこの課でまとめておりましたので、介護の程度に応じてランク別にですね、何人何人ということを教えてもらいまして、それを合計して138か134というふうに記憶しておりますので、これは県に問い合わせればわかることになっておりますので、後でまた調べたいというふうに考えておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
368:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
369:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) ことしの3月議会において万波議員の質問にお答えしておりますけども、1月末現在の桜寿苑の入所希望者の方が399名おりまして、そのうち大河原町に住所を有する方については53名の待機待ちをしているというようなご答弁を申し上げております。それで、53名というような大河原町の待機者の方がいらっしゃるというようなことでございまして、地域密着型の特養であれば29名というようなことになります。ですから、53名中29名は入所ができるわけでございますが、約半数の24名は引き続き入所待ちをするような形になります。それで、やはりその施設をつくるだけではなくて、それと並行してその入所待ちをしている方にどのようなケアをできるか、サービスをできるか、そういうことを総合的に考えていく必要があるのではないかというふうに考えております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
370:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
371:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) ありがとうございます。確認ですけども、前回の万波議員の質問の中でも出てあったんですが、この53名というのは要介護度3以上の方が53名ということの認識でよろしいんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
372:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
373:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 内訳につきましては、要介護1の方が12名、それから要介護2の方が10名ということで、それ以外の方はちょっとお答えはしておりませんでしたが、この1・2の軽い方、軽い方というと失礼なんですが、要介護1・2の方について22名いらっしゃるというようなことでございます。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
374:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
375:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) そうすると、次の制度設計によると、53から22名を引くと31名ですので、29床の地域密着型をつくれば2人の待機者というような認識になるんでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
376:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 健康福祉課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
377:◯健康福祉課長(安孫子裕司君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯健康福祉課長(安孫子裕司君) 次期介護保険計画については、介護3以上の方というふうに限定されることが決まりつつありますので、そのような考え方も成り立つのではないかというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
378:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
379:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) やっぱり今の数字とか答弁からいくと、地域密着型が適するんではないのかなというふうに思いますので、もしこの検討をするんであればですね、そういった形の方向で検討していただければと思います。
 あと、また先日全協で行財政改革大綱の策定に関する説明がありましたが、結局、行財政推進本部のその下に専門部会を置きいろいろ策定されるというようなご説明がございました。ぜひこの介護保険施設もですね、この専門部会の中でしっかりと検討していただき、早期の実現をお願いいたしまして、この項についての一般質問を終わらせていただきます。
 続きまして、第2項であります。第2項町内の農業用施設、ため池、用排水路などの安全施設の再チェックについてであります。
 毎年この時期になると、農業用水などに使用するために町内の用排水路などが満水の状態で流れております。水田の区画の中の用排水路が満水で流れることや小さな断面の用排水路が満水で流れることなどには、それほど問題がないが、町の中や通学路になっている箇所、小さな子供たちが比較的多く遊んでいる地域を流れる大きな断面の側溝が満水の状態で流れているところなどは、非常に危険であります。
 道路に面しているところは側溝にふたをかけている箇所、また、ネットフェンス、ガードパイプ、ガードレール、また、危険箇所を知らせる注意喚起の看板などが設置されているところも見受けられます。
 また、これからの時期は暑くなることから、子供たちの水難事故が発生することが多くなる季節になります。ため池、用排水路などに対する安全対策、管理などについて、以下伺います。
 (1)町内に町管理のため池は何カ所あり、管理は今どのような管理を行っているのか。
 (2)断面が大きい用水路が流れている地域で、これまで各学校のPTAや通学路検討委員会などから、また一般の方から、町に危険箇所の指摘や改善を要請されたことなどはないのか。
 (3)小中学校の児童生徒、保育園・幼児園の園児など未就学児、そして、それぞれの保護者の方々に水難事故、危険箇所に関する注意の喚起はどういった方法で行っているのか。
 (4)同じ用水路でも、水路への侵入防止・落下防止の柵が、ガードパイプだったりネットフェンスだったりさまざまである。適材適所で設置していると思うが、設置の基準などがあるのか。
 以下、4点伺います。答弁によって再質問させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
380:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
381:◯町長(伊勢 敏君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(伊勢 敏君) 次に、ため池の箇所数と管理についてのご質問でございます。
 町管理のため池は26カ所ございます。管理についてでありますが、機能維持としての草刈りは各地区に委託し、修繕等が必要な場合、また安全管理上対策が必要な場合は、その都度地域の方々と相談しながら対応しているところであります。
 次に、危険箇所の指摘や改善の要請についてでありますが、通学路検討委員会や区長さん等からフェンスの設置や立入禁止措置等の要望があり、その都度それぞれの管理者により対応措置いたしております。
 次に、児童生徒、園児や保護者への注意喚起についてのご質問でございます。各学校や施設あるいは施設管理者において、それぞれガードレール、ガードパイプ、フェンス等の設置や立て札の設置等を行っております。
 次に、用排水路での侵入防止、落下防止等の設備についてのご質問でありますが、道路に面する箇所では基準に準拠する形で設置をする等、それぞれの管理者ごとに対策に努めておりましたことから、さまざまな種類になっておりますことをご理解願うものであります。今後もそれぞれの管理者と協議しながら危険防止に努め対策をとってまいりますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
382:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
383:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) まず最初に、ため池の箇所数で26カ所ということでありました。たまたま農業生産基盤整備状況図って1冊の冊子あったんですが、それから抜粋して、大森地区、そして観音沢と日向地区と、あと大志田、そしてあと小不沢、中ノ内と5カ所、たまたま車で見てきたったんですけども、その中で、前にも多分ため池で、しばらく昔なんでしょうかね、もったいない水難事故が多分大河原町内でもあったと思うんですけども、そういった観点から今回夏休みも入る前ですし、こういった質問をさせていただいたったんですけども、例えばこいつで言うと、福田の観音沢地区なんですかね、入り口ていうか、どこさため池あんのかわからない状態で、こんなこったら人も、子供たちも入っていかないんでしょうけども、やっぱりきちっとですね、ため池の名前って、ところで、このため池の名前ってそれぞれ箇所あるんでしょうかね、名称。最初に、済いません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
384:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
385:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 私どもで管理しております26カ所については、それぞれ今申されました、例えば大森ため池とか、そのようなぐあいで字名がついて名称ございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
386:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
387:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) それで、たまたまさっき言った箇所行ったんですが、例えば大志田ため池にも行かせてもらったんですけども、ネットフェンスとこにちゃんと「大志田ため池関係者以外立入禁止」と「あぶないのであそばないでね」っていうような表示があったんですけども、ネットフェンスの端っていうか際が、多分木ぐいを打って安全のトラロープで押さえてたったんですけども、腐れて全部倒れててですね、侵入可能だっていうか、どうせ、せっかくフェンスやってるんですからこの端のほうもですね、壊れたらしっかりとやっぱり直すような、だからどういった維持管理してるのかというのを聞いたのが1つと、あと、やっぱり看板全部さびて何て書いてあっかわかんない看板がほとんどなんで、その辺も例えば町で管理してるんであれば、大河原町の町名入った、やっぱり先ほど課長が言ったような、ここはどういったため池だよというような表示をしっかりしといたほうがいいのではないのかなというふうに思うんですが、その辺のパトロールというか管理、もちろん草刈りとかは地元の人に管理してるということで、あと修繕については町のほうでやってるということだったんですが、修繕がされていないような状態なんですけども、こういったところはどういった頻度でパトロールしてるのか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
388:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 農政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
389:◯農政課長(加藤照男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯農政課長(加藤照男君) 決まった回数といいますか、定期的にというのはなかなかできておりませんで、主にシーズン前の4月ごろに、各地域の支部長さんといいますか、農事連絡員さんがため池なんかを見てもらって、少し水がたまらないとかそういった、あと、そういったフェンス類がもう壊れているとか、そういったのは話を伺ってその都度直している箇所もございました。
 なかなか今度草刈りということで、その時期もこういった今の6月5月そういった時期になってから実施と、回数なかなか何回もできないもんですから、そういう時期になって初めてフェンスの今ご指摘あった不備が見られるとか、そういったところも見られることもございます。なので、子供たち、こういった特に夏休みシーズン前というのも大分今から心配されます。
 そういうことからも、私どもでも今回ため池、これまで看板、なかなか私らも行ってわからなかった箇所もございました。なので、そういう点はきちんと設置し、管理者が誰であるとわかるようなそういうのもやっていきたいということで、ちょっと今ある原材料費で何とか工面して、そういうのも改善、あとは、今緊急雇用の方がいるんで、看板を自作でつくってもらったりとか、そういうのも工夫しながらやっていきたいと思っておりますです。今後ともまたよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
390:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
391:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 丁寧な答弁ありがとうございます。そんで、やっぱりせっかくネットフェンスとかしてるんですから、壊れたとこは直してですね、今回の項目じゃないんですけども、もう一回、夏休み前にため池等々のですね、ネットフェンス、その辺の安全施設をチェックしていただきたいというふうに思っております。
 あと、水路関係なんですが、なぜこういった質問出させていただいたかと思うと、例えば県営の完廃事業で昭和50年ごろから大型水路に入れかえをずっとやってきたと思います。その当時は町の中でなかったんですけども、やっぱり広表の宅地整理とか区画整理なんか進んできて、町の中にですね、大きな断面の側溝が流れているとで、その中でこの間たまたま落ちたというような話を聞いたからですね、何か重大な事故があってからの対応ではなく、もう少し早い対応をするべきではないのかなというふうなことを思ったんで、今回こういった質問をさせていただいたったんですけども、やっぱり通学路、例えば合庁に行くとこ、私よく、自分の話して申しわけないんですけども、選挙のときに辻立ちする上川原からのT字路の交差点、そっから合庁のほうに下通学路なってますよね。あそこは岡崎さんの前辺りだとフェンスされてるんですけども、あの下から合庁んとこまで全部フェンスがなく、危険喚起の「あぶないから入ってはいけません」という看板だけなんです。で、見てると、やっぱりそばまで行ってですね、道路の舗装から1メーター二、三十路肩あるんですけども、そばまで行ってのぞき込む。結構深い側溝ですので、あの辺県の管理になってるのか町の管理になってるのかその辺わからないんですが、今後あそこに柵とか設置する。あとは、広表の内にガードパイプは設置されてるんですけども、どうしても子供がくぐっていくというか、未就学児なんですけども、そういった小さい子供が住んでいる箇所もう一回再点検をしていただいて、やっぱり必要なとこにはネットフェンス、あと、先ほど言ったとこには落下防止柵なんかをですね、今後検討していただけるかどうか、その辺をお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
392:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 地域整備課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
393:◯地域整備課長(日下正信君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯地域整備課長(日下正信君) ただいまの危険箇所の防止でございます。先ほど具体的にお話がありました広表地区内、当然水路につきましては住宅の近くを通ってるところも当然ございます。基準に従いまして、ある一定の防護柵の設置はしてるもののですね、今後ネット等の設置、またはふたがかりということで、当然ケースバイケース、危険度の高いとこについてはいろいろな検討をさせていただきたいと考えております。
 以上でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
394:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
395:◯8番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(枡 和也君) 最後になりますけども、もう一回、きのうちょっと上谷のほう行ってきたら、水路あふれるくらい満水にやっぱり用水路流れてるような状態なんで、もう一回、大河原町そんなに広くないんで、25キロ平方なもんですから、もう一回再チェックを水路関係、ため池関係していただくことをお願い申し上げて、一般質問を終わらせていただきたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
396:◯議長(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(秋山 昇君) 本日の一般質問は、これをもって終わります。
 以上で本日の日程は全部終了しました。
 本日はこれで散会します。
 ご苦労さまでした。
     午後3時58分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成26年6月17日

         議長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------