議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大河原町

平成24年第1回定例会(第5号) 本文




大河原町議会会議録
2012年3月15日(木):平成24年第1回定例会(第5号) 本文

---------------------------------------------------------------------------------------------------
1:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
     午後1時  開 議
◯議長(佐藤 巖君) これから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第1 会議録署名議員の指名

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
2:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定によって岡崎 隆君、丸山勝利君を指名します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第 2 議案第27号 平成24年度大河原町一般会計予算
     日程第 3 議案第28号 平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
     日程第 4 議案第29号 平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算
     日程第 5 議案第30号 平成24年度大河原町介護保険特別会計予算
     日程第 6 議案第31号 平成24年度大河原町地方卸売市場特別会計予算
     日程第 7 議案第32号 平成24年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
     日程第 8 議案第33号 平成24年度大河原町水道事業会計予算

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
3:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第2、議案第27号から、日程第8、議案第33号までの7件を一括議題とします。
 日程第2、議案第27号から、日程……33号までは、予算特別審査委員会に審査を付託しておりましたので、本案について委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長半澤敏美君、登壇を許します。
     〔予算審査特別委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
4:◯予算審査特別委員長(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯予算審査特別委員長(半澤敏美君) 予算審査特別委員会委員長の報告を行います。
 去る3月9日の本会議において、予算審議特別委員会に審査を付託されました
 議案第27号平成24年度大河原町一般会計予算
 議案第28号平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算
 議案第29号平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算
 議案第30号平成24年度大河原町介護保険特別会計予算
 議案第31号平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算
 議案第32号平成24年度大河原町公共下水道事業特別会計予算
 議案第33号平成24年度大河原町水道事業会計予算
 の以上7件について、3月9日予算審議特別委員会を開催し、15日まで実質5日間にわたり、関係課長等の説明を聴取し、細部にわたる慎重な審査を行いました。
 審査の結果、議案第27号から議案第33号までの平成24年度大河原町各種会計予算7件は、いずれもこの原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 少数意見の留保はございませんでした。
 なお、詳細については配付したとおりですので、ごらん願います。
 以上、報告といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
5:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ただいま議案第27号から議案第33号までの審査結果について、委員長より報告がありました。
 本案に対する委員長の報告はいずれも可決です。
 委員長報告に対する質疑は、議会先例集88の規定により省略します。
 これから討論を行います。討論は一括で行います。討論はありませんか。
 まず、報告に反対者の発言を許します。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
6:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 第10番佐々木守伸です。
 議案第27号平成24年度一般会計予算に係ることに関して、反対の立場から討論いたします。
 このことは総括質疑の第1番で質疑いたしました。平成24年度は第5次長期総合計画の第2年度目になりますが、この長期総合計画との整合性はあるのかとのことを質疑いたしました。町長は、この質疑に関しての回答はありませんでした。逆に、下段の東京電力の福島原子力発電所の放射能漏洩する件について、災害時の迅速な対応や災害に強いまちづくりを定めているので、特に見直しの必要はないとの回答でした。
 第5次長期総合計画の第2年度に当たる今年度は、少なくともこの長期計画を遵守する施政方針が必要不可欠として、議会人として信じているものであります。この計画を遵守する方針のない予算については賛成することはできません。
 また、町長は今回の一般質問に対して、各所に道の駅なる構想があり、この要望は常任委員会に審議付託となり、議会での採択が決定していない時点で、そして第5次長期総合計画で10カ年計画ではその建設の片鱗すらないことを十分承知する当事者にもかかわらず、産業振興の起死回生の手段だといわんばかりの方針は、議会決議を無視する暴挙であり、議会民主主義と議会の権威を守る立場から、平成24年度一般会計予算に反対の立場から討論といたします。
 以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
7:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、報告に賛成者の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8:◯2番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(丸山勝利君) 2番丸山勝利です。
 議案第27号平成24年度大河原町一般会計予算について、賛成の立場から討論いたします。
 平成24年度大河原町一般会計予算につきましては、町長の施政方針にその考え方が示されておりますとおり、町民の安心と安全を最優先にした政策を盛り込みながらも、さらに広域的な視点も踏まえた上で、大河原町経営計画の基本理念であります「認め合い、支え合い、生かし合いながら、開かれた先進のまち大河原」を目指す覚悟は十分に伝わってくる予算であると考えます。
 したがいまして、これも町長の施政方針にありますとおり、予算の執行を通じまして、被災した沿岸部自治体の復興支援にもつながるような大河原町の役割を果たしていただきたいと思い、最後に、議員各位の賛同をお願い申し上げて、賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
9:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、報告に反対者の発言を許します。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
10:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。
 議案27号平成24年度大河原町一般会計予算に反対の討論を行います。
 平成24年度の当初予算は、東日本大震災と福島原発事故後初めての予算となりました。昨年度に引き続き、震災復旧・復興、原発事故による放射能汚染への対応が盛り込まれていますが、町民は新年度予算に自分たちの思いがどれだけ反映しているか注目しています。同時に、町政と密接な関係にある国・県の政策が町政にどういう影響を及ぼしているのか、この点についても明らかにする必要があります。
 そこで、今盛んにいわれております「社会保障と税の一体改革」とはどういう内容のものなのか。町政運営と町民生活にどういう影響を及ぼすのか。国の予算を通じ明らかにすることが大事であります。
 反対の理由の第1は、国の予算は、消費税を前提とした内容になっており、私たちに消費税を増税し、社会保障を充実させるどころか削減する、まさに「一体改悪」の内容で、町政及び町民生活に悪影響を及ぼすということであります。
 具体的には、野田内閣は「社会保障、税一体改革」と称して、消費税10%への大増税を進めようとしています。消費税増税は社会保障のためと言っておりますが、消費税増税分5%のうちわずか1%だけが社会保障に充てられると、野田総理も岡田副総理も国会で答弁しております。
 一方、一体改革の名のもとに社会保障切り捨てのメニューが目白押しであります。年金支給額は物価スライドを口実に過去最大の削減となります。70から74歳の医療費の負担増や、この4月からは後期高齢者医療制度、介護保険制度の保険料がともに値上げされ、年金生活の高齢者を直撃する内容になっています。
 子ども手当も大幅に削減されます。その一方で、年少扶養控除の廃止により住民税が増税になります。町に入る税収はふえますが、住民税の増税でひとり親家庭の生活を支える命綱と言われる児童扶養手当も、昨年の0.4%に引き続いて削減されるなど、子育て世代にとっても厳しい予算となっております。
 社会保障の財源は消費税に頼らなくとも、欧米では当たり前になっている富裕層や大企業を優遇する公平性税制を是正すること、国民1人当たり250円の政党助成金320億円を廃止すること、軍事費にメスを入れることなどで賄うことができます。健全な町政運営や何よりも町民の生活を守るために、消費税増税で社会保障という国の政策は改めるよう、国に働きかけることを町長に強く求めます。
 2点目は、国の農林水産予算はTPP参加を前提とするものになっていることです。
 このことは町の町政にも大きな打撃を与えることは必至です。農林水産省は、国の第4次補正と、具体的には今年度の予算が、我が国の食と食料漁業の再生のための基本方針、行動計画を推進するとして、農業者戸別所得補償制度に対して、新たに農地集積の仕組みを導入いたしました。
 基本的考え方では、平地で20から30ヘクタール、中山間地域で10から20ヘクタールの規模の経営体が大層を占める構造を示すとしています。土地利用型農業、すなわち水田です。稲作農家の平均経営面積を20ヘクタールから30ヘクタールにしたら、必要な農家数は大河原町ではどうなるんでしょか。現在の稲作農家のうち9割以上の農家が必要ないことになります。日本の農業は家族経営によって支えられ成り立ってきました。国の農政は一層農業破壊の道に突き進むものであり、町の農政を後退に導くもので許せません。
 3点目は、福島原発の放射能汚染から子供たちを守るための健康調査に対する町長の姿勢についてです。
 町長は、健康に被害がないとする県の方針に準拠し、実施しないとしています。県は丸森町の筆甫と耕野の6年生までの子供を対象に健康調査を実施しましたが、丸森町の保科町長は、町独自で18歳未満の子供全員を対象に、希望者に健康調査を実施することを決めました。当町も見習うべきであります。
 なぜなら、町内には今でも0.23マイクロシーベルトを超える比較的高い箇所が点在していること、昨年を振り返っても、政府による放射能汚染の正確な情報が後手に回り、私たちのもとに迅速に伝達されなかった期間に、細胞分裂が活発な子供たちはふだんと変わらぬ学校生活で野外活動も行っていたこと、校庭では風の吹く中運動会も実施されたことなどを考えますと、県の方針に従わずとも、子供を守るために速やかに健康調査を実施すべきと考えます。あわせて妊婦や一般町民の希望者にも実施するよう強く要望いたします。
 第4点は、町立不動保育所を廃止し、民間保育所に移行したことで明るみになった問題についてであります。
 唯一となった町立桜保育所の4月1日現在の入所予定者は111名で驚きましたが、そのうち中度、重度の障がい児13名が含まれていることが明らかになりました。一方、6月1日に開園される定員200名の大規模第一光の子保育園には、軽度の障がい児が数名入所することも明らかになりました。言うまでもなく、保護者の判断で入所先を決定するわけですが、説明の中で、町立を廃止し民間委託に移行した影響が出ているものと考えます。
 町立保育所が公的責任を果たし、保護者の願いにこたえて障がい児13名を受け入れて保育する姿勢には、当然のことと受けとめます。しかし、受け入れのためには職員の配置が十分保証されることが前提になります。しかし、質疑でも明らかになりましたが、その体制が不十分です。保育現場に足を運び、専門職である保育士の話をよく聞いていただきたい。そして、子供、保護者、保育士にとって安心・安全の保育環境をつくるために、現状に見合った正職員の十分なる配置を強く求めます。
 さらに、民間活力導入により、保育の質の低下、保護者への負担などなど保育行政にさまざまな問題が生じてこないか、今後も懸念されるので、この点も指摘しておきたいと思います。
 最後に、今のところ桜保育所の民営化は打ち出されていませんが、安心していますが、公的責任を放棄する民営化は絶対しないよう強調しておきます。また、政府による民間保育所の運営費補助金廃止の動きも無視できない状況にあります。仮に実施されれば、町は保育にどう責任を果たしていくのでしょうか。実施しないよう国に働きかけるよう、町長に強く求めて討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
11:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、報告に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕
 次に、報告に反対者の発言を許します。堀江一男君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
12:◯3番(堀江一男君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯3番(堀江一男君) 議案第27号平成24年度大河原町一般会計予算に反対の立場で討論を行います。
 反対の理由につきましては、7款商工費の中の川根工業団地整備計画策定委託料2,500万円についてであります。
 工場誘致で工業団地を整備することは、私は大いに賛成するところでありますが、この川根団地の件につきましては、去る2月13日の全員協議会である程度の説明を受け、総事業費約3億8,600万円で、今回道路計画設計等業務委託料として2,500万円の予算を計上されました。全員協議会でも、どこの企業が進出してくるのか明確な説明はありませんでしたので、今回の予算委員会で担当課長及び副町長にも質問しましたが、企業名はついに言ってもらえませんでした。
 一方、一部の議員や建設業者が企業名を知っているといううわさや、道の駅建設という絡みもあるといううわさが流れています。議員として予算を認めるに当たっては、何にどのように使用されるのか見きわめることが基本であります。どの企業が進出するのか、議会という公の場で公表されず、一部の人たちに企業名が流れているという議会を軽視したこの事業に対し、裏に何かあるのか不審を抱かざるを得ません。
 よって、不本意ではありますが、川根工業団地整備計画委託料が計上されている平成24年度一般会計予算に反対するものです。何とぞ、同僚議員の賛同をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
13:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
14:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 8番松井美子です。
 私は、議案30号大河原町介護保険特別会計予算に反対の立場で討論いたします。
 この平成24年度の介護保険特別会計予算は、介護保険料引き上げをもとに予算が組まれているということです。これが反対の理由です。
 制度の改正や介護サービスを使う人がふえることに対応するなどの理由を挙げて、平成24年度から26年度まで適用される大河原町介護保険条例を改正し、介護保険料を引き上げました。生活保護受給者または老齢福祉年金受給者でかつ世帯全員が住民税非課税の所得段階が第1段階の人で月額300円。それから、第2段階、第3段階、第4段階と値上げされて、第6段階の本人の前年の合計所得金額が190万円以上の第6段階で月額900円引き上げられました。
 公共料金や社会保障費の負担がふえている中で、物価スライドで年金額が減らされています。2011年度では0.4%引き下げられました。高齢者の暮らしは一層厳しくなっています。無年金者、無収入者でも支払わなければならない介護保険料の引き上げは、ますます納められない人をふやすことになります。
 今、政府は、社会保障の充実につながらない消費税を5%から10%に引き上げる動きも強めています。これ以上の負担には耐えられないという町民の声にこたえて、保険料負担をふやさずに、介護を必要とする人だれもが必要な介護を受けられる事業運営に転換することを求めます。そのためにも、今まで以上に国の負担割合をふやすよう国に働きかけることが重要です。機会あるごとの町執行部の努力を求め、反対討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
15:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
16:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 1番岡崎 隆です。
 議案第27号平成24年度大河原町一般会計予算に反対の立場で討論いたします。
 まず、社会教育費におきましては、生涯学習またスポーツを通した児童・生徒の健全育成とそれをサポートする方々への配慮が足りないこと、震災復興元年であり、いまこそ次世代を担う子供たちへの配慮、工夫の跡がほとんど見られないものは非常に残念でありました。
 第2に、総務費、民生費、特に商工費における執行部の姿勢は、デマンド型交通システムの運行はすべての課題解決につながるという夢物語的な答弁が多く、非常に近い将来を危惧するものであります。担当課の職員の皆様には今こそしっかりと足元を見直し、魅力ある政策を成功させるために、あらゆる面で相乗効果を作り出すためにも、新たな知恵を集結できる仕組みを再構築していただきたいものであります。
 あわせて、放射能除染についても、日本で初めて直面する国難でありますから、大河原の持つ狭いということの特異性を考えて、予算にとらわれない町民にとってベストの大河原方式といわれる成功例を生み出す気概が、予算委員会では感じ取ることは私にはできませんでした。
 最後に、前議員もおっしゃいましたが、金ケ瀬川根地区の工業団地計画策定委託料2,500万円の予算立ての明確な根拠、進出が内定しているのか、企業名の公開は議員間の間でも大きな情報の格差があり、不信感を抱かざるを得ませんでした。一連の流れは、3月8日の私と町長の一般質問でのやりとりでもおわかりのとおり、齋町政には偏りが見られることは明らかであります。
 以上のことから、一部ではありますが、平成24年度予算において町民に対する説明責任が一議員としては果たすことができない、納得できないものがありますので、大変不本意ではありますが、反対するものであります。
 最後に、一人でも多くの議員の賛同をお願いしまして、討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
17:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
18:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで討論を終わります。
 これから採決を行います。
 議案第27号平成24年度大河原町一般会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
19:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第27号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第28号平成24年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
20:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第28号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第29号平成24年度大河原町国民健康保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
21:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第29号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第30号平成24年度大河原町介護保険特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
22:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第30号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第31号平成24年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
23:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第31号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第32号平成24年度大河原町公共下水道事業特別会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
24:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第32号は委員長の報告のとおり可決されました。
 議案第33号平成24年度大河原町水道事業会計予算を採決します。
 本案に対する委員長の報告は可決です。
 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
25:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、議案第33号は委員長の報告のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第9 議案第34号 平成23年度大河原町一般会計補正予算(第13号)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
26:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第9、議案第34号平成23年度大河原町一般会計補正予算(13号)を議題とします。
 本案について提案理由の説明を求めます。町長。
     〔町長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
27:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 議案第34号平成23年度大河原町一般会計補正予算(第13号)の提案理由を申し上げます。
 今回の補正につきましては、国庫補助金などの額の確定に伴う財源更正が主なものとなっております。
 まず、歳入の主なものを申し上げます。
 国庫支出金では、昨年9月に発生いたしました台風15号に伴う農業用施設の災害復旧事業補助金で1,820万円の増、寄附金で150万円の増、町債では農業用施設災害復旧事業の外1件で1,080万円を増額した結果、財政調整基金からの繰り入れを2,862万4,000円減額しております。
 次に、歳出予算でありますが、教育費では各種全国大会の援助金22万円を計上しております。
 これらの結果、本年度の予算総額は86億3,508万3,000円となるものであります。
 さらに、繰越明許費の追加、地方債の追加及び変更をあわせて行っております。
 詳細につきましては企画財政課長より説明いたさせますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げ、提案の理由といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
28:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 詳細説明を求めます。企画財政課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
29:◯企画財政課長(加藤正明君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯企画財政課長(加藤正明君) それでは、議案第34号平成23年度大河原町一般会計補正予算(第13号)の詳細について申し上げます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ22万円を追加し、あわせて繰越明許費及び地方債の補正を行うものであります。
 それでは、3ページをお開き願います。
 まず、第2表繰越明許費補正でありますが、無線システム普及支援事業につきましては、昨年の9月議会において追加補正をいたしました堤地区の北石、南石テレビ共同受信施設組合に対しての地デジ化に対応するための補助金であります。この地デジ化に対応するための工事自体は3月12日、つまり今週の月曜日に完了となっておりますことから、地デジ化そのものへの影響はないところではありますが、工事完了に伴う実績報告書の提出が3月10日までに間に合わない場合につきましては、補助金の交付を来年度に繰り越す旨の依頼の通知がデジサポ統括本部よりありましたことから、予算上の手続として今回追加補正するものであります。
 次に、第3表地方債補正でありますが、追加しました農業用施設災害復旧事業につきましては単独事業に係る起債で、充当率は65%となっており、また、その下の防災行政デジタル無線整備事業につきましては、これも単独事業分の増額に伴う変更で、充当率は100%となっておりまして、いずれも元利償還金に対しての後年度交付税措置がなされることになっております。
 それでは、事項別明細書により歳入予算について申し上げますので、7ページ、8ページの方をお開き願います。
 まず一番上になりますが、14款2項6目1節の消防防災通信基盤整備費補助金の187万6,000円の減額及びその下、7目1節の農業用施設災害復旧事業費補助金1,820万円につきましては、事業費の確定によるものであります。
 次に、17款1項1目1節の一般寄附金につきましては、それぞれ1件ずつの申し出があったものであります。
 その下の18款2項基金繰入金でありますが、まず財政調整基金繰入金につきましては、歳入歳出予算の関係から2,862万4,000円を減額いたしました。この結果、現時点での現在高につきましては13億4,488万円となっております。
 また、スポーツ振興基金から22万円を繰り入れしておりますが、これにつきましては歳出に計上しました各種全国大会への援助金に充当するものであります。
 次に、21款町債でありますが、先ほど地方債補正で申し上げましたとおり、農林水産業施設災害復旧事業債は単独事業に係る分で、充当率は65%。
 9ページ、10ページに移りまして、防災対策事業債につきましても単独事業に係る分で、充当率は100%となっているものであります。
 次に、歳出に移りますので、11、12ページの方をお開き願います。
 まず、9款1項5目の災害対策費と11款1項1目の農業用施設災害復旧費につきましては、歳入における国庫補助金並びに地方債の関係からの財源更正、つまり財源の組みかえとなっているもので、10款5項1目19節の各種全国大会援助金22万円につきましては、全国大会等に出場されました23名の方に対しての援助金となっているものであります。
 以上で詳細説明にかえさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
30:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
31:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) ページは、3ページの地方債のこの変更、防災行政デジタル無線整備事業に関してです。歳入では、7ページ、8ページ、ごめんなさい、10ページに出ておりますけれども、これ、補正前は1,880万、今回補正後2,440万円になりまして、560万ほど増額になっておりますが、これはこの前説明あったとき、1台たしか50万円相当のものということでしたけども、増額になるということは、さらに機種のいいものが各行政区に配置されるということなのか。増額による機種の変更ですね、それがあったのかどうか伺います。
 それから、前にも質疑しましたけれども、行政区の区長さんだけじゃなくて、それぞれの区の方で配置されれば、区によってはいろいろ、区長さんだけじゃなく別な方にその、この無線がですね、整備されると思うんですけど、その辺の検討はその後どういうふうに進んでいるのかですね、補正なので再度伺わせていただきたいちゅふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
32:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
33:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) 3ページの地方債の変更に伴います防災デジタル無線の方の整備関係というふなことでございますけれども、これにつきましては補助対象事業関係で一部、町の考えとしましては行政区、全行政区に配備する計画で補助対象事業としてきたところでございますけれども、この集会所等の1次避難所の施設がない地区につきましては補助対象にならないというふなことが、単独事業の方に変更になったところでございます。
 それで、この地方債につきましては、単独事業分をこの地方債で対応するというふなことから、まず560万円増というふなことでございまして、機種関係につきましては現在、当初計画どおりの機種で検討しているところでございます。
 あと、各行政区への配備関係、無線機の配置関係でございますけれども、あくまでも1行政区1台というふなイメージで、これにつきましては予算委員会等でもお話がございましたけれども、区長というふなことに限らず、この自主防災組織の中で検討していただきまして、その中で使いやすい方法で配備をしていきたいというふなことでは考えておるところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
34:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
35:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そうしますと、確認ですけれども、集会所、町内にたくさんございますが、どの地区でもですね、あるいは集会所なくても生活センター、生活センターはもうなくなったのかな、ちょっとその辺も含めていずれにせよ各行政区にありますけれども、そこのいわゆる集会所あるいは生活センターがすべて該当に、該当ちゅうか、なるということの理解でいいんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
36:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 総務課長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
37:◯総務課長(長山光一君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯総務課長(長山光一君) 防災デジタル無線を全行政区に配備するというふな流れの中から、補助対象事業として採択を受けるために、各集会所、生活センター関係をその地域の1次避難所というふな扱いで補助申請をしとるというふうなことで、全部の施設が1次避難というふなことでの考えで、今回の補助事業を受けるというふなことで申請しておるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
38:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
39:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで質疑を終わります。
 これから討論を行います。討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
40:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 討論なしと認めます。
 これから、議案第34号を採決します。
 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
41:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第10 請願第2号 国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願審査報告書

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
42:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第10、請願第2号国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願審査報告書を議題とします。
 本請願は産業建設常任委員会に審査を付託してありますので、審査の結果を産業建設常任委員会委員長より報告願います。報告者は登壇願います。
     〔産業建設常任委員会委員長 登壇〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
43:◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君) 請願第2号国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願書に対する審査の結果を報告いたします。
 平成23年12月15日の本会議におきまして、産業建設常任委員会に審査を付託されました本請願の審査に当たりましては、議会改革の一環として、総務文教常任委員会委員も交え大河原町議会始まって以来、連合審査会方式で審査を行ったところであります。
 第1回目は平成24年1月18日に執行部の各関係各課長より、2回目は紹介議員の平間孝士議員と請願提出者各位に出席をお願いいたしまして、請願の趣旨説明と経緯等の説明を受けた後、質疑を行いました。3回目は、議員間で自由討議をした後、討論、評決、まとめを行ったところであります。
 反対討論の中で出されましたことは、1番目として、2年前に提出された(仮称)道の駅おおがわら整備事業の撤回を求める請願での5,275名の署名を大切にすべきこと。2番目は、請願を採択した議員が改選されていないこと。3番目は、オーガのようなことになってはほしくないという住民の声があること。4番目は、事業の選択と工夫が必要であること。5番目は、予定地の土地の条件が心配することなどが出されました。
 賛成討論では、1番目として、さきの署名簿は圧倒的多数と言えないのではないか。2番目は、東日本大震災があっての今であり、今回の請願が出された経緯と今後の町発展のためにも改めて考える必要があるのではないか等の討論がありました。
 評決は、賛成・反対が同数となりましたことから、委員長裁決により本請願は採択と決定しました。
 以上申し上げ、審査結果の委員長報告といたします。よろしくお願いをいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
44:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 報告者は質問席にお着きください。
 これから会議規則第42条の規定により、委員長報告に対する質疑を行います。
 なお、質疑ができるのは、議会先例集88の規定により産業建設常任委員以外の議員のみとなっています。
 質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
45:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 質疑というよりも、ちょっと確認なんですけども、今、議長の方から山崎委員長にということでしたけれども、これはもちろん町長にはできないことですよね。その辺、ちょっと、何か町長もできるという話、ちょっと一時ありましたので、ちょっと確認をまずさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
46:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) それにつきましては、この件について終わりましたら、執行部の方への質問もできると、こういうふうになっております。
 質疑はありませんか。
 ちょっと暫時待ってください。
 済みませんでした。
 これから質疑を行います。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
47:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 佐々木守伸です。産建の委員長にお伺いします。
 地方議会では、会議の長は現状維持の原則を守るということのがあります。現状維持の原則とは、可否同数のときは委員長採択なんですけども、現状をそのまんま維持するという原則があります。現状とは何かというと、一つは、道の駅の請願それを道の駅をつくらないという5,275ですか、その票数でさきの議会で採択したことが一つあります。二つ目は、第5次長期総合計画では道の駅は建てないという町長の方針を議会で議決したばかりです。この二つの現状がある中で、会議の議長は3対3、可否同数のときは現状で議決するというのが本来の議長の筋ではないかとこのように思います。以上、質問とします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
48:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 産業建設常任委員長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
49:◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君) ただいま佐々木議員から質疑をお受けいたしました。
 確かに現状維持の原則は理解しております。しかし、法的拘束力がないというものはご案内のとおりでございます。また、3対3の評決の中で、委員長裁決という形の中で私は採択を選んだところでございます。以上です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
50:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
51:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) これは大河原の議会の解釈ではなく、はっきりいうと法治国家である日本の議会の慣習が現状維持でございます。ですから、本来は現状維持の原則は遵守すべきと、そういうふうに思います。で、ここでそれをそのときそのときで決めると、議会史上にそういう解釈なんてのはあり得ないということになるんではないかと思って、再度質問します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
52:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 産業建設常任委員長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
53:◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯産業建設常任委員会委員長(山崎 剛君) 先ほど答弁いたしましたとおり、現状維持の原則は理解しているところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
54:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
55:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで報告書に対する質疑を終わります。報告者は議席へお戻りください。
 次に、議会先例集89の1の規定により、委員会の報告に関連して執行機関に対する質疑を許します。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
56:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 執行部ちゅうと、町長にということになるんですか。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
57:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) そうです。執行部ですから。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
58:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) そう。えっ、執行部っても、執行部たくさんおりますけど、担当課長になるんですか、町長ですか。町長ですよね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
59:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長ということで。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
60:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) はい。じゃ、町長にお伺いします。
 請願者のこの趣旨は、この前も議会に来ていただきましてお話を伺いました。ここにもありますように、この国道4号線利用者の休憩施設とかあるいは仙南地域の広域連合拠点施設ということですけど、これについて言いますと、要するに場所は今指定されてるのは金ケ瀬のあの部分ですけれども、大河原町の町民、町民としてですよ、町民のためにまあ私たちはこうして議会活動をさせていただいてるんですが、この国道4号線の利用の休憩というのは、もちろん大河原町民も利用することはあると思うんですね、あれば。しかしながら、いわゆるあそこを通るドライバーの方が多くなるんだろうなと、これはどこの道の駅に行ってもそうですよね。
 それから、仙南地域の広域連合、連携ですね、これも仙南というと2市7町を言っているのかどうかわかりませんけれど、いずれにせよどこの町でもですよ、今特売所とかですね、そういうところは物すごくあるんですね。そういう中で、今TPPとか、残念なことに放射能の問題があって、非常に農業を巡る状況というのは、農業分野でもですよ、大変な今状況にある中で、果たしてこの仙南の広域連合というふうになりますと、そのためにですよ、我が町の町民の税金をそこに投資するということが私はいかがなもんかと。
 それで、前にも町長にお話ししたことありますが、仙南の広域連合を言うんであれば、やはり2市7町の首長にですね、話をするとか、そういうことっていうのは、請願者の方にもちょっと聞たら、これから事業者にもいろいろお話をするという、質疑の中でそういうお答えもあったわけですけども、これはですね、私はそういうふうに2市7町の首長が頭をそろえて仙南のこのいわゆる産業をどうしていくかということをしていくということはね、大事なことではないかと思うんです。これは道の駅云々でなくともですよ。でも、そういう話は一つも常時て聞こえてきませんし、私もこういう仕事長いことさせていただいて、いろんな方ともお話ししますけども、なかなかこういうその例えば道の駅、これに道の駅を結びつけたときに、そういう話は本当に出てきておりません。そういう中でこういうふうに請願の中にも出ているということで、私は非常に何か現実問題としてなかなか難しいんではないかというのが一つです。
 それから、災害時においても避難場所、それから資機材車の支援拠点、これはこれとして非常に大事な、私は課題だというふうに思っております。まちづくりの観点からも。それで、この間、去年思わぬ大震災に遭いまして町も、それから仙南広域も、中核病院もですね、とにかく我が町だけではありません。どこの自治体でも今災害に強いまちづくり、安心安全のまちづくりが強調され、それなりに独自にそれに向かって強化してるんですね、強化策を。そういう点では、我が町も今度行政区に1台ずつ、あるいは消防の団員、班長クラスにもですね、1台ずつその無線機が配置されるなどですね、本当に今こういうふうに一生懸命取り組んでいる中で、私はそれでも完全、100%ではないと思うんです。今後、もっともっとこれを充実強化していく方がですね、一番今の現状に見合った、皆さんにこういうふうに心配されてる方にはこたえる道ではないかと。何もそれを道の駅に求める必要はないと。多額の税金を投入してですね。そういうふうに私は思っております。この間ずっとこの問題についてありましたけども、再度請願が出された時点で、町長に改めて伺いたいというふうに思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
61:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
62:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) まず、道の駅を利用される方々につきましては、道路を利用する不特定多数の方ということになりますので、大河原町の人の、いわゆる道の駅機能の一部について問題があるという話にはならない、あるいはそういう視点を別に持つ必要はないのではないかというふうに、まず考えます。
 それから、広域連合という言葉は、産業振興のあり方を議論する上で、私はそういう言葉を現実に使ってはおりません。そしてまた、仙南広域のような一部事務組合の中で、産業振興が取り上げられて具体的に議論されているということにもなっておりません。つまり、産業振興をどう諮っていくかの議論は、全体の理解、全体の理解が得られることが最も好ましいことではありますけれども、しかし、その役割をどこの町かが担っていくという、そしてまた、そういった役割を担うことで新たな連携というようなものが生まれてくる、あるいは新たな情報発信、そういうことが生まれてくるというふうに考えるべきで、どこがその役割を担ったらいいのかということについて理解を求めていく、あるいは協力を求めていくということでいいのではないかというふうに思います。広域連合という言葉で縛られたり、あるいはだれかが反対したら前に進めないという理解でなくてもよろしいのではないかというふうに思います。
 それから、災害でございますが、私の受けとめということだけではなくて、例えば国が、国土交通省のくくりの中で道路のあり方検討委員会というものを昨年立ち上げておりました。震災の件も絡めて道路のあり方のさまざまな議論がなされたところでございますが、そういった場におきましても、道の駅が災害時果たした役割、例えば救助の拠点であったこと、あるいは支援の拠点であったこと、さらには生活が復興していく中での中心的施設であったこと、こういうことが改めて認識されることになって、道の駅の機能、役割についてこれまでとは違う視点がさらに広がったのではないかというふうに私自身は受けとめております。
 具体的に金ケ瀬拡幅、そして仙南広域農道金ケ瀬さくら大橋が完成するという状況が間近に迫ってきて、例えば仙南あるいは沿岸部も含めた県南全体の中でも、医療一つ、救急医療一つとってみても、非常にこの道路が大きな役割を果たしていくことは間違いのないことでございまして、そういった中で、例えば中核病院に救助された方がヘリコプターで運ばれてきて、そこでトリアージを受けてたくさんの命が救われた。しかし、そこですべてのことはかなったわけではないんですね。もっと広いところにヘリコプターの発着地点があって、そこからもっとスムーズに患者の誘導がなされる、こういうことが想定される議論、こういうものを私は、私の意見ということではなくて、道路にかかわるさまざまな議論の中で聞かせていただく機会がございました。トータルで考えて、仙南地域全体の災害時の拠点あるいは、ある意味安全安心の広い意味での拠点、それが大河原の担う役割としてですね、必要なのではないかというふうにも私自身は受けとめているところでございます。大変長い答弁になりましたが、ご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
63:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 10分間休憩します。
     午後 2時03分  休 憩
───────────────────────────────────────────
     午後 2時10分  再 開

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
64:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 再開します。
 休憩前に引き続き、委員会の報告に関連して執行機関に対する質疑を許します。質疑はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
65:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 今、町長から答弁をお伺いして、初めてではありません。前にも随分ね、先ほど、仙南連合と言ってましたけど、私、ごめんなさい、連携と言ってるつもりでしたけど、広域連携ですね。要するに、やっぱりこの仙南の地理全体を見ますとね、大河原町が確かに中心なんですよね、仙南のへその部分なんですよ。官公庁もあり、そういう点では交通の中心でもありますしね。そういう点からやっぱしそういう考えが出てくるのかなと思います。
 しかしながら、私たちは大河原の議員として、大河原の町民の命と暮らしを守るためにこうして仕事をさせていただいて、やはり私たちの血税がどういうふうに使われるのか。大河原町の町民のためにやっぱり使われると。町長のお話ですと、町民だけじゃないんですよね。仙南地域の広域連合、これについては、広域連携については、やはり私は2市7町の首長たちとゆっくり話をしてですね、そして、今後のこの広域連携、町長が言う農商工連携、これはこれでとても大事なかで、それは独自に進めていただければいいふうに私は思います。
 そういう点で、やっぱり町民がなぜ怒るかというのは、ましてや昨年震災が起きまして今大変ですよ、生活は。そういう中に、町も決して財政は健全ではありません。かなりそういう中努力をされて今健全化のために日々努力されていますよ。そういう中で何億もいわれるそのお金をですね、なぜ今ここにつぎ込まなきゃ行けないのかと。それはすぐではありませんよ。これは請願ですから、いずれまたそういうふうな動きが出てくれば税金投入になるわけです。そこがやっぱし納得いかないという。それで、町が勘違いしないでほしいのは、道の駅というのは決して悪い施設ではないです。いろんなとこにありますが、ただ大河原町にはですよ、大河原町には道の駅は必要ないということです。そういう点で、町長の考えと並行するとは思いますけれども、私の意見を述べて終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
66:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに質疑はありませんか。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
67:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 一つだけ確認の意味で質問させていただきます。
 例えばこの間、秋山議員の一般質問の中でも、町長3選目出馬ということでお話をいただきました。例えば今回この請願が可決採択された場合、次の町長選挙の公約に道の駅の設置を上げるのかどうかだけお聞かせください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
68:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
69:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) いや、ここ議場でございますので、この場で今の枡議員のご質問に私が答えを差し上げる必要はないのではないかというふうに感じておりますので、ご理解を願う次第でございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
70:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
71:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 町長はこれまでも、道の駅に関連して農商工連携ということを強調してきました。そういう姿勢からすると、平成24年度の予算を見ますと、農業費並びに商工費を見ましても、町の予算の農林水産業費で言いますと平成24年度の当初予算は2.2%、商工費は2%ということになっていますが、その予算の多くは補助事業並びに事業費ということですね、ものをつくったりするという中身になっています。本来ならば、町の商工業者を元気にするとか、農業者をやっぱり育てていくなどの姿勢をこの予算の中で示してもらうことが大きなかぎだというふうに思っていたわけですけど、そういう予算組みにもなっていない。つまりは、農商工連携とはいうものの、予算的には違う方向に向かっているというふうに受けとめざるを得ない状況があります。ですから、そこの点について……(「議長、却下だ、却下」の声あり)町長は……(「はずれてる、はずれてる」の声あり)道の駅に絡んで、何ていうの、農業者を元気にするとか農産物を出すなどのそういうことも含めて前には提案されているわけですけど、予算から見てもそういう姿勢は見られないということに関して、町長にお答えいただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
72:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 松井議員さん、ちょっと一つのこの問題の質疑からはちょっと外れてるような気がしますけども。松井美子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
73:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 私は、この道の駅に絡んで町の産業の振興ということに関してやっぱり歩みを進めていく、そのことの前提がなければ、町長の言っていることは違うんじゃないかというふうに思うので、予算に絡んで質疑をいたしました。(「議長、判断」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
74:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) それでは、あれですね、要するに答弁は要るんですか。(「要ります」の声あり)町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
75:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 産業振興のあり方を議論する上での農商工連携等の議論と、道の駅の設置の議論にかかわる話とは、これ一致して一つにして話すべきことではないわけでございまして、あくまで農商工連携については産業振興の切り口として、そしてまた本町らしい進め方の中でお話をさせてきていただいてるところでございます。予算につきましては、具体的な仕組みづくり等ができない中で予算だけつけるということもないわけでございますので、当然さまざまな角度からの議論を踏まえ、そして一定の仕組みづくりの中で具体的な農商工連携が諮られる。そのときには国の予算の活用等も十分かなうわけでございますので、具体的に現状の農政にかかわる予算云々という指摘は当たらないのではないかというふうに考えるところでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
76:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 松井美子さん。(「いつまで同じことやってもしょうがない」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
77:◯8番(松井美子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯8番(松井美子君) 道の駅というのは国の施設としてはトイレと情報を提供する施設ということになっています。そのほかに、何ていいますか、地域においては地域の活性化のためということで物産販売などをするわけで、どこの道の駅を見ても主たるものは地域の物産販売が中心になっているように私には思えるんです。そういうことから考えますと、はい、道の駅の方向性が定まりました。それだら、農業者の元気を取り戻す政策とか、それから町の商業者の元気を取り戻す政策に取り組みましょうと、そういうことではないと思うのですね。今の状況やっぱり解決するというところに足場を置いて、その先を考えなくちゃいけないんだろうというふうに思いますが、そういう状況が現実的な政策としてないんじゃないかというふうに心配があるもので伺っております。(「答えるとまた長く答えるから……」の声あり)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
78:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 町長。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
79:◯町長(齋 清志君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯町長(齋 清志君) 政策として私が議会にその可否を求めているという状況ではないですよね。これまでは議会が認めてくださった予算の中で道の駅の可能性について基本構想の取りまとめを図ったということでございまして、それから先につきましては、前回の設置反対にかかわる請願の可決等を踏まえて、私もそれは真摯に受けとめさせていただきますということで、私の町民の皆さんに対する呼びかけは、大いに議論していきましょうと。それは産業振興の切り口であったり、これからの大河原町らしいまちづくりの切り口であったり、そういうことで大いに議論をしていきましょうということを申し上げてるだけでございますので、具体的な話は当然何もないわけでございます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
80:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで、国道4号線金ケ瀬道の駅設置に関する請願審査に関しての執行機関に対する質疑は打ち切らせていただきます。
 これより討論を行います。討論はありませんか。岡崎 隆君。
 まず本案に反対者の発言を許します。岡崎 隆君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
81:◯1番(岡崎 隆君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯1番(岡崎 隆君) 1番岡崎 隆です。
 国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する今回の請願に反対の立場で討論いたします。
 本日に至るまで道の駅設置に関して議員間での真摯な質疑、討論はなかったと、私は考えております。
 道の駅設置に賛成の議員の方々からは、震災後町民を取り巻く環境が激変した、防災の観点から設置すべきである、前回の道の駅の採択は8対7と拮抗していた、町民の意見は二分されていた。署名簿については、署名をした人の中に本当に反対ではなかったが義理で書いた人が多数いる、署名はしたが、後からよくよく考えると態度を変えた町民も多い、この考えは町長さんも全く同じ考えであるとなどと、当時署名活動を手弁当で、本当に町の将来を思い子や孫たちの住みよい大河原町にしなければと思い、多くの町民が流した汗を踏みにじる意見を述べる議員に対して、町民の皆様は大きく落胆しておることと思います。
 あわせて先ほど、あわせて震災後の大河原議会の1年間の動向は、後世にまで多くのさまざまな方々より注視され、今後検証されることと思います。私も一議員として、この震災後の大切な1年間は議長選のゴタゴタから本日までの政争に暮れる議会に対して、町民からレッドカードを突きつけられるような住民運動が起こることは大いに予想できることと、同僚議員にもご自覚をしていただきたいと考えます。
 そして最後に、このたびの請願は12月の1日に大河原町の未来を考える会の皆様より提出されました。しかし、議会への請願のタイミングを見計らったかのように、齋 清志町長は1月に町の公式ホームページを利用してティータイムで触れてみたり、2月の町政報告会では道の駅を重点施策と掲げたご自分のパンフレットを配布し、議会が請願を審査しているさなかに、町長が公式の場で道の駅を推進している趣旨の二元代表制を無視した介入が行われたことも非常に残念でなりませんでした。一議員として私にも大きな責任があることを深く認識し、反省しております。
 しかし、今回の請願を不採択とすることは、大河原町の未来を考える会の皆様のすべてを否定し、当町の産業振興を減速させるものではないと私は考えます。私も今回反対する議員も、大河原町の未来を考える会の皆様のために、また多くの町民の皆様のために、政治生命をかけて全力で産業振興策に取り組むことはお誓い申し上げます。道の駅だけにとらわれず、大局に立った産業振興は早急に打ち出すべきと、議員一人一人は強く感じております。拙速であったこのたびの請願に対しては反対していただくことを一人でも多くの議員さんにお願い申し上げまして、討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
82:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次、本請願に賛成者の発言を許します。半澤敏美君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
83:◯7番(半澤敏美君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯7番(半澤敏美君) 7番半澤敏美です。
 賛成の立場から討論いたします。
 私は、請願第2号国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願書に賛成の立場で討論いたします。
 昨日は震度5強の地震が千葉県、茨城県、また三陸沖では太平洋沿岸に一時津波情報も出されました。また、毎日のように地震があり、町民の不安があり、安全安心に暮らせるまちづくりが必要だと思われます。
 私は前回、道の駅設置に反対いたしましたが、その後、内容をよく検討してみて、ぜひ必要との結論に至った次第です。道の駅の果たす機能につきましては、東日本大震災を契機に災害時の拠点としても大きな役割を果たすこととなりました。防災や災害時の救助や情報発信機能を備えた避難施設として、また復旧・復興の拠点としても一層重要性が増し、全国的に道の駅を見直す動きが広がって来ております。本町におきましても道路行政の進展とあわせ、国と一体型の道の駅設置を求める声が高まってきているところです。国道4号線金ケ瀬拡幅や仙南広域農道金ケ瀬さくら大橋が完成することで、大河原の持つ文化、行政、経済、流通、医療といった都市機能を持つ拠点都市の位置づけはさらに高まることになります。本町らしい産業振興政策を考える上でも、また今回の大震災で改めて確認された防災上の観点からも、その必要性は今後大いに議論を重ねるべき問題だと考えております。
 第1に、4号線を利用する車は1日3万台ともいわれ、交通量です。この車が道路情報、非常資材、非常用電源、災害時の緊急避難所等国道防災の拠点となることです。第2に、ドライバー等のオアシス的役割です。トイレ休憩、お茶等のサービス、観光マップの配布、または食事を提供するレストランの開設であります。第3に、仙南の地場産品や新鮮野菜、地元特産品の販売等であります。地元の雇用、特に女性と高齢者の雇用の創出のメリットも生まれます。民間の運営とすることで財政的負担も拡大する不安もなくなるものと考えます。
 以上の観点から、町の将来の発展のために、ぜひ請願第2号国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願書に賛成いたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
84:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、本請願に反対者の発言を許します。枡 和也君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
85:◯4番(枡 和也君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯4番(枡 和也君) 今回の請願に対しまして反対の立場から討論いたします。
 今回の請願は、大河原町の未来を考える会からの提出であり、会を構成する会員の方々を見ますと、私の地元金ケ瀬の方々で常日ごろから地域のことに対し大変ご尽力をいただいている方々からの提出で、私も大変熟慮いたしましたが、これまでの経緯、今から2年前の2月10日に、当時の金ケ瀬道の駅調査特別委員会の半澤敏美委員長の報告にもありますとおり、町民5,275名の署名簿を添えた道の駅事業の撤回を求める請願が提出され、既存の道の駅は地域全体にとって産業の振興に結びついていないのが現状であり、また、税金は真の産業振興及び今後の時代を見据えた福祉、環境、教育に優先配分するのが望ましいとの意見の結果を、全員一致で請願の趣旨採択という結論に至りました。その報告がなされた後に、本会議において採択となったわけでありまして、議員任期中の議会の意志が前回で示されたと思います。
 また、東日本大震災後の状況が変わったとありますが、状況が変わったのは多くの尊い命が奪われたことと沿岸部に甚大な被害をもたらしたこと、また我々が住む大河原町にも大きなつめ跡を残したということでありまして、今は皆が一丸となり復旧・復興に向けて取り組まなければならないときだと思います。
 今回の委員会に付託され審査した中でも、まだ具体的な考え、構想も示されなかったように見受けられますし、未来を考える会の方々が設置を要望されている場所、例えば一たん町が土地を収用し、道の駅よりももっと税収が上がり、そしてもっと多くの雇用を生む方策がないのかを含め、じっくり考えなければならないと思いますし、税金を使うのであれば優先順位は、町の例えば体育館建てかえなど教育施設などの老朽化対策、そして福祉施設に使用されるべきではないのかなと思います。
 あと、やはり町民5,000、どういった署名であれ、町民5,275名の署名は重く、もしこの状況を大きく変えるのであれば、例えば3期目出馬を表明されました首長選挙の公約に対して道の駅設置を掲げ町長選挙に勝利するとか、また前回提出された署名簿を上回る数を集めることがなければ、この請願の採択は厳しいと判断せざるを終えませんでした。
 そういった結果から、今回の請願に対しましては、まことに心苦しいところはありますが、反対したいと思いますので、議員各位の賛同をお願いして討論とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
86:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 次に、本請願に賛成者の発言を許します。丸山勝利君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
87:◯2番(丸山勝利君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯2番(丸山勝利君) 2番丸山勝利です。
 請願に賛成の立場で討論いたします。
 道の駅は休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設で、道路利用者のための休憩機能、道路利用者の地域の利用者や地域の人々のための情報発信機能、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する地域連携機能という三つの機能をあわせ持つ施設とされております。
 現在、国道4号線の二本松市と大崎市三本木間の約140キロの区間に道路休憩施設がなく、大河原町に道の駅ができた場合、道路利用者の長距離運行による過労運転やそれに伴う事故等の防止などに、利用者にとって大変便利な施設となります。また、大河原町にとっても情報発信の場として一目千本桜など観光、農産物や加工食品、産業など大河原町の特産物の広報、販売の場として大変有効な場所となります。
 施設ができることによって雇用が生まれ、特に女性や障がい者雇用などが見込まれ、就職難の現在にとって働く場として大いに期待されます。道の駅ができることにより、大河原町の観光や産業の波及効果が大いに期待されますし、大河原町のブランド化が期待され、大河原町の発展につながると思います。大河原町の商業、農業、産業が活性することにより、元気な大河原町になることによって、大河原町の発展、福祉の充実が図られることと思われます。運営方法については今後議論が必要ですが、大河原町の発展と将来を見据えて道の駅は大河原にとって必要と思われることから、賛成討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
88:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。万波孝子さん。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
89:◯11番(万波孝子君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯11番(万波孝子君) 11番万波孝子です。
 請願第2号国道4号金ケ瀬道の駅設置に関する請願に反対の立場で討論を行います。
 第1は、道の駅おおがわら整備事業の撤回を求める請願が5,275名の署名を添えて議会に提案されたのは、平成21年12月議会のことです。請願に託した町民の声は、一つは、道の駅に何億も使うお金があったら福祉や医療、暮らし応援に使うべき、税金のむだ遣いはやめよ、借金してつくる箱物行政の時代は終わった、赤字経営の場合その責任をだれが取るのか、町が責任を取るようになるのか、大河原町には道の駅は要らないなどでした。
 この請願は既に、平成22年3月18日のここ本会議において採択されています。にもかかわらず、このことを無視し、昨年の23年3月議会に提案された第5次長期総合計画、平成23年度から32年度までの10カ年計画でありますが、この計画に道の駅事業が入っていたことが判明。議会で厳しく指摘され、町長は白紙撤回を迫られ取り消さざるを得ませんでした。このように道の駅事業は否決され、10カ年の第5次長期総合計画からも姿を消しているのに、また同じ議員のメンバーで今度は道の駅設置の請願を審議することは、通常は私はあり得ないことではないかと思っています。議員の一人として納得できません。町民の中にも同じ思いで、大河原議会は一体何を考えているんだと、既に驚きと怒りの声が出されております。
 しかし、請願が議会に提案されましたので、紹介議員や請願者から請願の趣旨について説明を受けましたが、その理由は、国道4号線利用者の休憩施設、仙南地域の広域連携拠点施設、災害時における避難場所及び被災者支援拠点としての利用や情報の受発信場所を上げています。しかしだからといって、莫大な税金を投入する道にこのことを求めることについて納得できません。現在、町や仙南広域事務組合で進めている事業の中で、大河原町民としての要望にある程度はこたえられる現状になっていると考えております。
 当町の産業振興について、町長は24年度の施政方針の中で、農商工連携による商品開発や地域ブランドの開発、そして販路拡大に向けた事業にも積極的に取り組む方向でいると述べています。
 また、東日本大震災から教訓として、消防防災と地震対策については、町は各行政区に1台60万円相当の防災行政デジタル無線設備を整備し情報伝達手段を確立いたします。班長以上の消防団員70数名おりますけれども、こうした消防団員にも1台6万円相当のデジタル簡易無線機を配置することになっています。さらに、仙南広域行政事務組合では既に消防救急無線システムを整備し、通信手段の強化が図られております。県南中核病院では患者搬送のためにヘリコプター場外離発着場の整備が24年度で計画されています。災害時にも十分対応できるものです。今後のさらなる充実強化は町や広域行政の中で十分検討し、住民にこたえられる施策を一層推進することを私は望むものであります。以上の状況から、大河原町には道の駅は税金のむだ遣いであり必要ないと考えます。
 農業を取り巻く情勢は、国の農政のもとでかつてなく厳しい状況に追いやられています。高齢化が進み、後継者が育たない現実に加え、追い打ちをかけTPP参加の動きや福島原発事故による放射能汚染で風評被害も拡大しています。近隣市町の露地物のシイタケは白石市、角田市、丸森に続き、きのうの新聞報道によりますと、今度は蔵王産も基準を超え出荷自粛になったことが報道されています。このように農業の生産者を初め、地域住民を一層苦しめている現実は、野菜を初めとする地場産品の出品を経営の柱とする道の駅に大きな損害を与えているのではないでしょうか。
 最後に、地権者は町の発展のために土地の有効活用を求めております。この点を直視し、こたえていくための努力を町に求めます。同時に、震災の復旧・復興や福祉、大河原町の農業振興、暮らし優先にこそ税金を使うことを多くの町民が切望していることを強調して、私の討論を終わります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
90:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。秋山 昇君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
91:◯12番(秋山 昇君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯12番(秋山 昇君) 12番秋山でございます。
 今回提出されました請願書につきまして賛成の立場から討論いたします。
 本町は仙南におきまして行政、商業機能が集積し、交通の利便性も高く、インフラ整備も進み、確実に発展しているところであります。このたびの提出されました大河原町未来の会の趣旨を理解をし、また過日の経緯を得て今後の説明責任のもと、当町の役割、重要性を認識し、産業、防災などの含めた経済活性化につながる議論の中、このたびの請願の案件につきまして賛成の立場から各議員のご理解をいただき、賛同をよろしくお願いをいたします。以上であります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
92:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。佐々木守伸君。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
93:◯10番(佐々木守伸君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯10番(佐々木守伸君) 10番佐々木守伸です。
 この議案に対して反対の立場から討論いたします。
 さっき手続について委員長に質問したわけですが、委員長は現況を守るということで、遵守するという回答でございました。
 これはですね、2年前ちょうど道の駅つくるなという5,275票の請願で、議会はその請願を受けてつくらないというわけで町長に進達をしたわけです。今回は、同じようにつくるということで進達したわけです。で、執行部っていうか町長としては施政方針、そして第5次10カ年計画ではつくるっていうことは一言も言ってないという中で、町長は2年前はつくるなということを守り、今度はつくれということを守り、町長に対してそういう議会で無責任な要請とか回答をしていいものだろうかと。そういう意味では、現実つくるなといったことをきちっと守って町長に進達すべきでないかと思います。
 町長としても両方の要請あって、つくったらいいのか、つくんないの方がいいのか、5,200は重みがあって、今回の場合は重みがないのかというような問題がありますんで、やっぱり現況をきちっと確保する、そのような責任をもって議会というのは町長に進達すべきでもって、これははっきりいって議会の権威でございますんで、そう簡単にこの右行ったり左行ったりというグラグラしたことを議会としては取るべきではないと。
 そういうことで、前に5,275の署名簿でつくらないと言って、町長にそれを進達したわけですから、それはきちっと議会としても遵守するように町長に求める、または議員そのものもその決議に対して重みを持たせるべきだと私は思い、その考え方から今回の問題に対しては反対の立場という、手続含めて反対の立場といたします。討論といたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
94:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
95:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) これで討論を終わります。
 これから、請願第2号を採決します。
 本請願に対する委員長の報告は採択です。この採決は起立によって行います。
 この際、申し上げます。起立しない者は反対とみなします。
 請願第2号は、委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     〔賛成者起立〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
96:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 起立多数です。よって、請願第2号は委員長報告のとおり決定することにしました。
 本請願は、関係執行機関(町長)に送付することにします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第11 開かれた議会づくり調査特別委員会の設置

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
97:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第11、開かれた議会づくり調査特別委員会の設置についてを議題とします。
 お諮りします。この件については、二元代表制の一翼を担う議会としてこれまで議会運営委員会や全員協議会で協議を継続してきましたが、大河原町議会委員会条例第5条の規定に基づき、さらに調査研究を進める必要があるとの判断から、議長を除く全員で構成する特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。また、この期間はおおむね11月末まで継続して行うことにしたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
98:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、議長を除く全員で構成する開かれた議会づくり調査特別委員会を設置し、これに付託の上、調査終了まで継続して行うことに決定しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     日程第12 放射線から住民を守る特別委員会の設置

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
99:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 日程第12、放射線から住民を守る特別委員会の設置についてを議題とします。
 お諮りします。この件については、町民の健康及び生活環境に係る大変重要な案件でありますことから、当議会としてもこれらについて調査し執行部へ必要な提言を行うなど、二元代表制の一翼を担う議会としての役割も大変重要でありますので、議長を除く全員で構成する放射線から住民を守る特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。また、期間はおおむね来年2月末まで継続して行うこととしたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
100:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、この本件については議長を除く全員で構成する放射線から住民を守る特別委員会を設置し、これらに付託の上、調査終了まで継続して行うことに決定しました。
 これで本日の日程は全部終了しました。
 お諮りします。本定例会は、あす3月16日から平成24年6月5日まで82日間休会としたいと思います。異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

---------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------
101:◯議長(佐藤 巖君)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◯議長(佐藤 巖君) 異議なしと認めます。よって、今定例会はあす3月16日から平成24年6月5日まで82日間休会としたいと思います。
 これで本日は散会します。
 大変ご苦労さんでございました。
     午後2時52分  散 会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
  平成24年3月15日

         議  長

         署名議員

         署名議員

---------------------------------------------------------------------------------------------------