議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大崎市

平成25年  議会運営委員会 08月30日−01号




平成25年  議会運営委員会 − 08月30日−01号







平成25年  議会運営委員会



          議会運営委員会会議録

1 会議日時

      平成25年8月30日(金)

      午後1時30分開議〜午後2時56分散会

2 場所

 委員会室1

3 付議事件

 (1)議会報告会について

4 出席委員(7名)

     佐藤和好君       相澤久義君

     遊佐辰雄君       齋藤 博君

     青沼智雄君       大友文司君

     佐藤清隆君

5 欠席委員(1名)

     高橋憲夫君

6 出席議員(5名)

   議長       栗田 彰君    副議長      木村和彦君

   委員外議員    八木吉夫君    委員外議員    山田和明君

   委員外議員    豊嶋正人君

7 議会事務局出席職員

   事務局長     高島利光君    次長       遠藤睦夫君

   係長       平澤 隆君    係長       手島 明君

   主査       中嶋慎太郎君   主査       加藤浩司君

          午後1時30分 開議



○委員長(佐藤和好君) 出席委員定足数に達しておりますので、委員会は成立いたしました。

 これから議会運営委員会を開きます。

 本日の委員会に高橋憲夫委員より欠席する旨の届け出がありまして、同会派の八木吉夫議員が委員外議員として出席しておりますので、御報告いたします。

 遅刻する旨の届け出がありましたのは相澤久義委員ですので、御報告をいたします。

 この際、お諮りをいたします。

 本委員会の傍聴については、これを許可したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 御異議がないようですので、傍聴を許可することといたします。

 本日の付議事件は議会報告会についての1カ件であります。

 なお、本日は議会運営委員会と正副議長のみによる協議となりますことを御了承願いたいと思います。

 また、本日午後3時30分から議会改革特別委員会も予定されておりますので、本委員会は午後3時ころをめどとして散会としたいと思いますので、よろしく御了承願いたいと思います。

 それでは、会議に先立ちまして、議長から御挨拶をいただきます。

 栗田議長。



◆議長(栗田彰君) どうも皆さん、御苦労さまでございます。

 早いもので、8月も明日のみということになりました。どうも台風15号が本土上陸というような線が濃くなっておりますし、秋雨前線も相まって、今、田んぼも黄色味を帯びてきたのに大きな被害が出なければなということを念じております。

 さて、ただいま議運の委員長からのお話ございましたけども、議会改革特別委員会も本日をもって最終というか、終結を迎えるということでございまして、長い間大変御苦労をいただいたことにねぎらいと感謝を申し上げたいと思います。

 その議会基本条例に基づいての議会報告会ということで、いろいろな御意見を集約した最後の、いわば総括といいますか、取りまとめということでございます。何とぞ、寄り寄り御検討いただきながらお願いをいたしまして、簡単でございますけれど御挨拶にさせていただきます。大変御苦労さまでございます。



○委員長(佐藤和好君) ありがとうございました。

 それでは、審査に入ります。

 議会報告会について、事務局から説明をお願いいたします。

 高島事務局長。



◎議会事務局長(高島利光君) きょうもよろしくお願いをいたします。

 資料1と2をお配りいたしておりますが、その内容について御説明を申し上げます。

 7月24日から27日までの4日間、議会報告会終了いたしました。大変お疲れさまでございました。16会場、197人の御参加をいただいたところでございます。その内容がまとまりましたので、ただいまから御説明をさせていただきたいと思います。その内容について、後刻御協議をいただければと思います。

 まず1ページでありますが、上段に開催日、会場、担当班、御案内の内容を記載いたしております。中段に班編成、そして下段に所管委員会の凡例ということでそれぞれ表記をさせていただいております。

 2ページ、3ページでありますが、ここは各班の運営や会場等についての反省、改善等の意見を集約したところでございます。主な意見を御紹介いたしますと、1つ目は時間の配分についてでございます。できるだけ説明時間よりも意見交換の時間を長くとるべきではないかと。今回、基本条例、議会の仕組み、市の重点施策と説明をいたしているわけですが、そのような御意見がございました。2つ目は、広報の仕方ということであります。ことしは市の広報紙、区長、まち協へのチラシ、議員のチラシ配付と、あわせまして大崎タイムスへの掲載、そして防災無線の活用もさせていただいたことでございますが、出席の状況を見ますとまだ不十分ではないかという御意見がございました。3つ目は会場についてであります。長時間に及ぶ関係もございまして、椅子がよいのではないかという御意見がございました。これにつきましては、事務局といたしましても今後参加しやすい環境づくりというところで心がけていきたいと考えております。4つ目は、この時期、7月の時期での土曜日の夜の開催は各種会合と重なる時期ではないかということもございまして、これも今後の検討事項かなということでありますが、ただいま御紹介いたしましたのは、各班からの報告のほんの一部でございまして、これらの各班の意見も踏まえまして、この後、今回の総括、そして次年度への反省、改善を含めまして報告会のあり方について御協議をいただくことになります。

 めくっていただきまして、4ページから25ページ。大変こまい文字で見づらい内容もございますし、ただいま初めて委員の皆様方にお示しをした関係上、きちっと目を通していただく時間が本来は必要だったのかなと思いますが、御了承をいただきながらこの中身で意見に対する回答の要旨を、整理をさせていただいたところであります。それで、回答欄が空欄になっておりましたところについては、市民からの御意見、提言と捉えたところでございまして、御意見として伺うという記載に統一をいたしておりますし、また網かけ表示が随所にございます。これは後日回答をしますと答えたところでございまして、各班長におかれましては市民との約束事項でもございますのでこの内容を班ごとに再度点検いただきながら市民に返していただきたいと思います。委員会が複数にまたがるものにつきましては、25ページ、最終ページに記載いたしておりますので、各委員会への振り分けや担当部分の区分け等の精査はこの後、各委員会等での議会だより別冊第2号発行の原稿作成の際にお願いをしたいと思います。

 それで、資料2、表が中心の資料でありますが、1ページは各会場での参加数及びアンケート提出者数ということで、冒頭申し上げましたとおり参加者数が197人ということでありました。アンケートは76.6%の回収率、提出率になっております。

 2ページに参加者アンケート集計表がありますが、参加者の年代を拝見いたしますと、60以上の方が78.2%と、8割弱の方が60歳以上の市民でありました。問1から順次要点をかいつまんで説明させていただきますと、問1は議会報告会をどのような形で知りましたかということでありましたが、広報とかチラシとかという声が多く上げられたわけでありますが、広報おおさきでの周知では38.7%ということで、なかなか広報そのものが見られていないのではないかという傾向があったのかなというふうに考えております。問2番では、2年間で小学校区を一回りとする報告会のあり方についてであります。半数以上の55.6%の方が適当ではないかという御意見をいただく一方、さまざま毎年開催あるいは2回以上開催という意見もあったことを御報告申し上げます。問3につきましては、議会報告会の内容でありますが、わかりやすかったと答えた方が5割近くございまして、どちらとも言えない等々もございましたが、この数字をどう見るかというところも分析されるべき一つかと思います。問4、報告会の開催希望日です。先ほども触れましたように、平日の夜を希望する方が62.1と一番多いのですけれども、次に土曜の夜が4分の1というような傾向が見られたわけであります。それから、議会報告会の開催時間ですけれども、約8割の方、78.1%の方がちょうどいいのではないかと答えていただいておりまして、1割ちょっとの方は短かったとの御意見もございました。資料の分量でありますが、これも78.1、8割近くの方がちょうどよいということで、大体市民の意識と配付した資料が一致したのかなと、分量的に、ということで捉えております。問7では、議会報告会の参加については83.4の方がまた参加したいと、非常にありがたい御意見を頂戴いたしまして、参加された市民の皆様の議会への関心の高さがかいま見られたものでもございます。それで、資料2の3ページでありますが、各問いでのその他等の記述内容を記載したページであります。その中では、大崎タイムスを見て参加したという方が6人ほどおりましたし、問3の内容での記述では、議会からの報告事項を具体的に詳しく聞きたいという意見もいただいたところでございます。そして、4ページ、5ページにまたがりますが、自由記述、何でも記載してくださいというところにつきましては、アンケートの提出者の4分の1の方が記載していただいております。詳しくは後ほど目を通していただきたいと思いますけれども、議会報告会への持ち方への御意見といたしまして、テーマを具体的にしてはというところとか、あるいは分野別、常任委員会ごとに実施してはと、行政視察では視察受け入れ状況等の資料も欲しいなと、などの御意見もございましたし、報告会の実施について高く評価をいただいているところではございませんが、昨年よりも参加者が少なかったということについては残念な現象でもございました。周知方法をしっかりとしてほしいとの意見も多くあったわけであります。これらを含めまして、総括をしていただくということでございますが、1つは開催時期、日程、会場、2つ目には報告会の内容、時間、3つ目には周知方法の仕方、そして配付資料等々、こういう観点によって総括をお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(佐藤和好君) ありがとうございました。

 ただいま総括的にデータ等々について御説明がありました。

 きょうは、まず最初にこの議会報告会の総括をしていきたいと思います。総括する項目でありますが、大まかにまとめますと5つあたりに分類できるのかなと思ってございます。

 1つ目は、開催時期、日程、会場について。それから、報告会の内容、時間について。最大の懸案であります参加の呼びかけ、周知、広報について。配付資料、議員資料について。それから、その他ということでございます。

 項目ごとに御意見を出していただいて、内容を整理しながら次年度の方向性などを見出していきたいと思いますが、この進め方でよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、御賛同いただきましたので、そのような進め方にさせていただきます。

 暫時休憩いたします。

          −−−−−−−−−−−

          午後1時49分 休憩

          午後2時47分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(佐藤和好君) 再開をいたします。

 休憩中に総括いたしました内容につきまして、改めて確認をさせていただきます。

 1つ目の開催時期、日程、会場でありますが、開催時期については第2回定例会後、7月20日の前、要するに学校が夏休みに入る前に終了するような日程を組むこと。それから、日程、曜日的なことでありますが、今年度は土曜日も入れましたが、平日開催とする、土日は避けるということ。会場は、これまでどおりの施設を利用するということであります。

 次に、2つ目についてでありますが、テーマあるいはタイトルなどの報告会の内容については次年度に検討していただくということに決定させていただきます。なお、時間につきましては現行に行っている午後7時から9時までがベストだというように解釈するということで伝えたいと思います。

 3つ目の参加の呼びかけ、周知、広報についてでございますが、まず一等先には地元の議員を張りつけるということ。その狙いについては、ここであえて申し上げません。それから、開催会場にかかわるのでしょうか、開催地区については先ほど申し上げましたように、例えば鳴子地区、要するに狭い範囲に集中してその日、その地区を重点的に行うことも一考に値するのではないかということについて、我々のまとめとして申し伝えたいと思います。それから、なお防災無線はちょっといかがなものかという結論にいたしましたが、広報車につきましてはこれも検討課題とさせていただきたいと思います。

 それから、4つ目の配付資料、議員資料についてでありますが、これも報告会の内容等同様に次年度において検討していただくというふうにいたします。

 5つ目、その他についてでありますが、議会報告会、意見交換会時には議会事務局が印刷になった封筒も、A4版が入る封筒を用意するということでまとめさせていただきたいと思います。

 以上のようなまとめでよろしかったでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、そのように申し伝えをするようまとめさせていただきます。

 次に、先ほどお示ししました質問、要望等々に対する回答の整理につきましては次回に−−手島係長、どういう段取りにするんだっけ。

 平澤係長。



◎議会事務局係長(平澤隆君) 次回の議運の日程ですが、定例会の日程調整の議運を9月10日火曜日、午前10時からを予定しております。こちらの中で、昨年度の反省を踏まえまして取りまとめを行っていきたいと考えております。

 以上です。



○委員長(佐藤和好君) ただいま……。

 手島係長、食い違いがあれば。



◎議会事務局係長(手島明君) 今、委員長のほうの確認事項というのは、議会のこの部分の取りまとめの部分の形をどうするのかと、形で捉えたんですが、その内容でよろしかったのですか。



○委員長(佐藤和好君) そういう趣旨で聞きました。いわゆる、先ほどおかげさまでまとめていただいたやつを各常任委員会ごとに割り振りすることの取りまとめというのですか、結論はどうしますかということです。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 今の形につきましては、今後、本日の資料といたしましたものを近々全員協議会がございますので、その場で議員の皆様にお示しする、本日のアンケート結果、それからまとめの部分を配付させていただきたいと考えております。

 また、今後、議会だよりを発行する関係がございますので、各常任委員会、委員会等につきましては、本日の資料の各委員会にまたがる部分を一度整理していただく場面を設けさせていただいて、その中で精査等を含めまして内容の確認をしていただき、なお今、9月の定例会終了の10月4日になりますか、最終日までの提出期限という形で早速常任委員会等の委員長宛てに依頼のほうを出させていただきたいと考えております。



○委員長(佐藤和好君) 確認ですが、その各常任委員会の委員長宛てに、提出までは議会事務局でやってくれるということでよろしいですか。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) そうですね、依頼、それからにつきましては議会運営委員会の名で出させていただきたいと考えております。



○委員長(佐藤和好君) 事務局の案ではそのように進めたいということでありますが、委員の皆さん、それでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、各常任委員会、所管委員会についての伝達については、そのようにさせていただきたいと思います。

 なお、先ほど次の全員協議会という話が出ましたが、それは9月5日の全員協議会のときに出すということですか。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 9月5日の全員協議会を予定させていただいております。

 なお、全員協議会前に委員会を開催する旨の情報も入っておりますので、その委員会等につきましては逐次、それを待たずにまとめのほうのデータをお渡しさせていただきたいと考えております。



○委員長(佐藤和好君) では、そのようにさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、次回の議会運営委員会を9月10日午前10時から開催いたしますので、あらかじめ御予定をお願いしたいと思います。

 それでは、ほかにということで、皆様のほうから何かございますでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) そのほかということで、皆様から何もありませんですので、それでは議会運営委員会での決定事項につきましては各会派へ御周知を願いたいと思います。

 以上で、本日の議会運営委員会を散会といたします。

          午後2時56分 散会

大崎市議会委員会条例第29条第1項の規定によりここに署名する。

 平成25年8月30日

   委員長  佐藤和好