議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大崎市

平成25年  議会運営委員会 06月28日−01号




平成25年  議会運営委員会 − 06月28日−01号







平成25年  議会運営委員会



          議会運営委員会会議録

1 会議日時

      平成25年6月28日(金)

      午前10時04分開議〜午前11時19分散会

2 場所

 委員会室1

3 付議事件

 (1)議会報告会について

4 出席委員(8名)

     佐藤和好君       相澤久義君

     遊佐辰雄君       齋藤 博君

     青沼智雄君       高橋憲夫君

     大友文司君       佐藤清隆君

5 欠席委員(なし)

6 出席議員(5名)

   議長       栗田 彰君    副議長      木村和彦君

   委員外議員    横山悦子君    委員外議員    豊嶋正人君

   委員外議員    佐藤 勝君

7 議会事務局出席職員

   事務局長     高島利光君    次長       遠藤睦夫君

   係長       平澤 隆君    係長       手島 明君

   主査       中嶋慎太郎君   主査       加藤浩司君

          午前10時04分 開議



○委員長(佐藤和好君) 出席委員定足数に達しておりますので、委員会は成立いたしました。

 これから議会運営委員会を開きます。

 本日の委員会に委員外議員として豊嶋正人議員、横山悦子議員、佐藤勝議員の出席をいただいておりますので、御報告をいたします。

 この際、お諮りをいたします。

 本委員会の傍聴については、これを許可したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 御異議がないようですので、傍聴を許可することといたします。

 本日の付議事件は議会報告会についての1カ件であります。

 それでは、会議に先立ちまして、議長から御挨拶をいただきます。

 栗田議長。



◆議長(栗田彰君) 皆さん、おはようございます。

 6月の定例会も終わりまして、もう半年がなくなるのだ、過ぎ去るのだと日がたつのが早いものでございます。7月に入りますと矢継ぎ早に会派の研修あるいは常任委員会の研修等がございます。また、7月の後段には委員長お話しのきょう御検討いただきます議会報告会、7月末から4日間にわたってあるわけでありますが、きょうは最終の段取りといいますか、手順を整えるということだと思いますが、何分ひとつよろしくお願い申し上げまして、簡単でございますけれども挨拶にさせていただきたいと思います。御苦労さまでございます。



○委員長(佐藤和好君) ありがとうございました。

 それでは、審査に入ります。

 議会報告会について、事務局から説明をお願いいたします。

 高島事務局長。



◎議会事務局長(高島利光君) 改めて、よろしくお願いいたします。

 配付させていただいております議会報告会関係、資料の配付枚数確認を含めまして手島係長より説明を申し上げます。お願いいたします。



○委員長(佐藤和好君) 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) それでは、まずお手元にお配りいたしました資料の確認からさせていただきます。

 まず一点、参加いただいた方に配付といたしまして「議会のしくみ」が1つ、基本条例が1つ、それから各部の重点施策一覧としまして両面物のものが1つ、それから議員用資料といたしまして1冊、それから議運の委員の皆様のほうには班長副班長資料といたしまして、また一つお手元のほうに配付させていただいておりますが、資料のほうございますか。

 それでは、「議会のしくみ」の資料のほうから簡単に御説明させていただきたいと思います。

 こちらのほうは昨年度も議会報告会のほうで使用しているものでございますが、後段の決算部分以外につきましては最新の情報のほうで修正しておりますので、1年間、新しい数字が載っているというふうな内容のものになっております。もう一つ、昨年度も使っておりますが、大崎市議会基本条例につきましては昨年度と一切資料が同じ内容になっております。それから、ことし、前回、開催要項のほうでも御確認いただいておりますが、各部の重点施策についての報告事項が要項のほうにも示させていただいているところでございますが、各部の重点施策の一覧表というものを参加の皆様に配付する予定にさせていただいております。この資料の説明事項の説明事項につきましては、議員資料にも掲載しております。次に、議員用の資料のほうを簡単に御説明させていただきたいと思います。

 1枚お開きいただきまして、目次の欄、ごらんになっていただきたいと思います。

 日程等から始まりまして、大崎市議会要覧、この議会要覧につきましては25年度の新しい情報のものを掲載しております。その後段になりますが、平成24年議会報告会の記録、それから平成25年度各部の重点施策につきまして追加という形で資料のほうをつけさせていただいております。この重点施策につきましては、議会報告会の中で各常任委員の皆様から御報告いただく部分になりますので、熟読といいますか、内容のほうを御確認いただいて御説明のほうをお願いしたいと思っております。

 それから、1ページ目となりますが、日程、1ページ、2ページのほうに掲載しております。今回の資料といたしましては、班長副班長の表記のみとなっております。実際に役割分担といたしまして、進行、それから記録を御担当する方等々必要となりますが、その役割分担につきましては初日、7月24日、次に集まる機会というのはなかなかないと思いますので、7月24日の始まる前、1時間程度です、早い段階で会場のほうに足を運んでいただきまして、その中で役割分担等を各班のほうでお決めいただければと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 なお、記録のほうの仕方につきましては、各班なるべく統一した形で記録がとれるような部分が必要かと思っておりますので、本日資料としてはお示ししておりませんが、当日までに記入の仕方等の部分を事務局のほうで一度精査させていただいた形で議員の皆さんにお示ししたいと思っておりますので、その点につきましてもよろしくお願いできればと思います。

 なお、こちらのほうに100ページほどの資料になっておりますが、必要のない部分がございましたならば、後日配付する資料等から削除等して、必要な部分だけお渡ししたいと思っておりますので、その辺の御確認もいただければと思っております。よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(佐藤和好君) 概略について説明がありました。

 まず、資料の関係ですが、一つずつ決めていきたいと思います。

 市民に対する資料、2部と1枚物、これを御来場いただいた市民の皆さんに提示するということでありますが、これについてお気づきの点がありましたらお出しください。

 遊佐委員。



◆遊佐辰雄委員 各部の重点施策ですけど、総務部、この2つだけでは……。私らほうが決めるわけではないのだけれども、何だこれしかないのかと言われる気がするのでもうちょっとつけ加えたほうがいいと思うのですけれども、これ。済みません、総務担当なものですから。



○委員長(佐藤和好君) 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) この各部の重点施策一覧につきましては、政策課のほうで各部のものを取りまとめたものになっておりまして、こちらのほうで、事務局のほうでつくったものでないという部分、御理解いただければと思っております。各常任委員会のほうでお話しいただきたい部分等がお示しいただけるのであれば、その中に情報の中に盛り込むという形も考えられる部分かなと思っておりますので、その辺もちょっと御確認をいただければと思います。よろしくお願いしたいと思います。



○委員長(佐藤和好君) 大友委員。



◆大友文司委員 今の遊佐委員の質疑ですが、総務部はたしか2つですが、市民協働推進部ということがあって、その担当部としては総務にかかわることが相当入っていると思います。それも包含してというふうに解釈すれば決して少ない数でないというふうに思います。



○委員長(佐藤和好君) 手島係長、どっちみち議会報告会、市民意見交換会に行ったとき、常任委員会委員さん方が所管のことをやるわけですが、これは並びかえできないのですか。総務常任委員会という形にして、総務部、市民協働推進部、教育委員会という感じで。そのほうがより市民の皆さんがわかりやすくなるのかなと思うのですが。事務局の手腕からすれば、これだけの字数を打つのはぱたぱたぱたと、表のつくりかえも含め、事業の名前等々については政策課でよこしたものでしょうからこっちで勝手に変えるわけにいかないだろうから、それはそのまま写すということで、そのような方法でいかがなものですか。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 今、委員長からお話がありましたとおり文言の修正はききませんが、これを常任委員会ごとの部分に区分けした形で資料のほうをさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○委員長(佐藤和好君) そのような形でよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) なお、そういうわけで25年度各部の主要施策については常任委員会ごとに簡単に御説明いただきますが、7月1日から市のほうで住民説明懇談会が始まるということがきょうの大崎タイムスに載っていました。したがいまして、我々の議会報告会は7月末になります。市の住民説明懇談会に一度出た市民の方々については、議会報告会に対する質問の内容についてもある程度、もしかしたら精査された質問が出てくるかもしれませんので、各常任委員会の皆様におかれましては所管の事業等と、常日ごろ研さんを積んでいることでしょうが、もう一回復習してきていただければと思っております。

 それでは、市民向けの資料についてはこれでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、資料につきましてはよろしいということで。

 次に、議会報告会用の議員用資料についてを話題といたします。

 このクリップでとまっている1冊が全議員にお渡しする資料となるようであります。ちょっと一回お目通しをください。それで、現段階で考えていますのは、全議員が集まる機会がもうないものですから郵送という方法でしか伝達方法がないなと思っておりますので、とりあえずこの資料そのものを御一読願います。

 暫時休憩します。

          −−−−−−−−−−−

          午前10時16分 休憩

          午前10時19分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(佐藤和好君) 再開をいたします。

 議会報告会の議員用資料について、皆様方から御意見等々がありましたならばお出しください。

 遊佐委員。



◆遊佐辰雄委員 去年初めてやって、その分の資料もつけるということはいいことだと思うので、結構膨大ですが来た人に全て渡すのではなくて、我々の資料としてはせっかくつくったので、私はいいと思います。



○委員長(佐藤和好君) よろしいのではないかという御意見でありますが、よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、大変な量の資料でありますが、よろしくお願いしたいと思います。

 議会報告会の議員用資料につきましては、一通りの御了承をいただきましたので、先ほど事務局からお話のありました未定の部分、いわゆる進行や記録担当のことについてでありますが、まず前段の打合会は、この後に議員全員が集まる機会が現段階でないようでありますので郵送することにしました。当日はそのことも含め、進行の役割、記録の分担等々あるいはさまざまな形でのミーティングがあろうかと思いますが、委員長といたしましては初日の24日につきましては1時間前、午後6時に全員に集合いただいて、そこで綿密なミーティングをしていただきたいと考えておりますので、そのような方法はいかがなものでしょうか。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、初日、24日につきましては1時間前の午後6時集合ということで、事務局を通じて各議員に周知を図りたいと思います。

 なお、各班での対応で進行、記録担当等がおのおのなるわけでありますが、24年の議会報告会を経験して、記録のあり方であります。議員の個性が出て大変よろしいかと思っているのでありますが、できましたならばその個性をもう少し生かしていただいて、もうちょっと統一したような記録のとり方にしていただくと後日に市民に対する議会報告会の議会だよりを出すときに意見をまとめやすいということもありますので、その辺のことにつきましては後ほど事務局のほうからこのような形であればよりベターかなと……。試案についてを現段階でお話しできますか。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 現段階ではまだそこの部分まで手を加えていませんので、まとめ方については未定でございますので、お示しすることはできません。申しわけございませんが、よろしくお願いいたします。



○委員長(佐藤和好君) ということで、議員さん方にお配りする資料の中でその部分についても触れさせていただきたいと思ってございます。

 それから、済みません、私のほうで懸念事項というか、クエスチョンマークがついていたこと、一定の整理をしてきましたので後ほど、委員長、それでは不足ではないかという部分についてお尋ねしたいのですが、もう一つは議会報告会の冒頭に班長から軽い御挨拶がございます。続いて、昨年は第1回でしたので議会基本条例の簡単な説明等々もあわせて行いましたが、その同じパターンでいいと思うのですが、実は今回、24年の議会だよりで議会報告会の特集を載せました。その部分の中で、健康・病院に関することというところで新本院の交通アクセスはどうなるのですかとの市民からの問いかけに対しまして、バスについては三本木、岩出山、鳴子温泉地域からは直接の乗り入れ、ほかの地域からは古川駅からシャトルバス運行となりますという文言があるのですが、この部分なのですが、要するに三本木、岩出山、鳴子温泉地域からは直接乗り入れはありませんので、議会報告会始まってから、たまたまこの議題が出て、要するに不公平だろうという話になってくると案外収拾がつきませんので、各班長さん、開会の冒頭の御挨拶の中でこの辺をやんわりとちょっと誤りがありましたということを一言触れていていただければなと思ってございます。なお、ただいまの文言の訂正につきましては25年度の議会報告会の特集記事を出しますが、この中で正式な形で訂正ということで載せさせていただきたいと、こう思っておりますので、その辺のことを各班長さん方、開会の御挨拶をする方、篤と頭に入れておいていただきたいなと思ってございますので、よろしくお願いいたします。



○委員長(佐藤和好君) 齋藤委員。



◆齋藤博委員 今、そういうことがないのだとの話だけれども、間違いだと言っておりましたけれども、間違いというのはどこから来ているのですか、それ。



○委員長(佐藤和好君) 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 実際に業務を担当しております執行部のほうから、今はまだその動きがないということをいただいておりますので、実際の担当課のほうから事務局のほうに連絡があったところでございます。



○委員長(佐藤和好君) 齋藤委員。



◆齋藤博委員 その原稿を書いたのは私なのですけど、現場で説明したのも私、現場というか、答えたのも私なのですけれども、私の記憶では公式の場で執行部のほうから私が話を聞いたときにそういうふうな返事をいただきました。たしか、それが本会議ではなくて多分建設常任委員会か何かだったと、私は記憶しているのですけれども。ただの雑談で話したのではなくて、こういう委員会なりのところで正式に聞いた話ですから、うそというか、でたらめだということはどういうことなのか。



○委員長(佐藤和好君) 暫時休憩します。

          −−−−−−−−−−−

          午前10時27分 休憩

          午前10時32分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(佐藤和好君) 再開いたします。

 そのほか、皆さんから何かございませんか。

 なしですか。

 資料関係については、そのようなことで大体大まかに決めさせていただきましたが、何か皆さんのほうから懸念事項とか心配すること等々がありましたらお出しをください。

 齋藤委員。



◆齋藤博委員 今回の人集めというか、皆さんへの周知というのは特別に議会広報とか広報おおさき以外はないわけでしょうか。



○委員長(佐藤和好君) 事務局。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) それ以外につきましては、議員の皆様方が地域のほうにお示しいただくようなチラシは前回確認させていただいている資料を準備しておりますので、何かの機会のときに資料を使っていただくと。また、こちらのほうといたしましても各実施機関ではございませんが、総合支所等のほうには呼びかけ等はしていきたいとは思っております。



○委員長(佐藤和好君) 24年は行政区長さんに別枠で御案内しなかったでしょうか。今回は、そのことは考えていませんか。

 手島係長。



◎議会事務局係長(手島明君) 今のところは行政区長様宛ての文書という部分は考えてはいなかったところでございますが、必要等であればその辺も考えていきたいなと思っております。



○委員長(佐藤和好君) 暫時休憩します。

          −−−−−−−−−−−

          午前10時34分 休憩

          午前10時38分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(佐藤和好君) 再開をいたします。

 各行政区長さん、それからまち協の会長さんなり役員の方々については、24年度と同じような対応を事務局にしていただきますので、よろしくお願いいたします。

 そのほか、ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) では、議会報告会についてはこの辺で終了してもよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) それでは、議会報告会につきましては以上のようなことにさせていただきたいと思います。

 なお、全議員が一堂に会する機会はないのでありますが、各会派で何かにつけてお集まりのことがありましたならば積極的にこの話題を持ち出していただきまして、一般市民への呼びかけも含め、先ほど議運でお話ししましたような記録担当等々、ことしは平成25年の市の主要施策が入りますということについてもお話をしていただければありがたいと思ってございます。

 以上で、本日の案件については、これで終了いたします。

 その他についてお諮りをいたします。

 その他につきまして、何か皆さんのほうからありましたら。

 青沼委員。



◆青沼智雄委員 去る一般質問の中で、我々の共同責任みたいなものだと思っているのですが、加藤善市議員の一般質問の通告、さらに質問内容等々について特定の個人を、ちょっと調べればわかるような、そういう発言だったと思っています。私のときもあったような気がいたしましたが、実は質問の通告については出す方の権利もありますからそれはいいとは思うのですが、いわゆる特定の個人がわかるような、そういう質問、いわゆる国会の予算委員会みたいなものは何でもありですが私らの場合はそういうものではないだけに、はっきり言って私はあれは一般質問にはちょっと向かないと思います。それはどの場面でチェックして、あるいは発言をやめてもらうかと、そうした問題もあるのですが、まずもって質問が始まってしまうと私らには議事進行という手はありますが、それは全てが終わった段階ですので中継が終わってしまうと。唯一、制止できるのは議長しかない。あなたのその発言、個人がわかるようなことだからだめだと言って制止できるのは議長しかないわけです。それはどういうところまで原稿を書いて出されているものならば、これはだめだと言えるかもしれませんが、書いていないものであったならばなかなかこれを制止することはできません。議長しかできないのです。一つの判断として、この間の事情について議長さんはどのように受けとめておられたかと。それから、議運のメンバーとして、これからはやっぱり通告が出されてここで順番を決めるのが私らの仕事ではなくて、事前に締め切った段階で事務方に質問の項目をチェックしてもらって、さらに問題があるような箇所については議長の判断でも構わないでしょうし、これはみんなに知ってもらったほうがいいということであれば議運にかけていただくなり、そういうふうにやったほうがいいのではと思っております。これは、議会中、閉会にならない時期でしたが、あの質問を聞いての関係者だと思うのですが、関係者から……。



○委員長(佐藤和好君) 青沼委員、休憩に入ります。

 前段の部分の議会運営委員会の役割と一般質問の通告のチェック、議長さんのことについては確かにお聞きしました。後段の今からの話は、休憩に入りたいと思いますが。

     〔「いいです」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 暫時休憩します。

          −−−−−−−−−−−

          午前10時44分 休憩

          午前11時10分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(佐藤和好君) 再開をいたします。

 青沼委員から提起されました発言のあり方については、休憩時間内に原則、基本に返って、議会基本条例等々もできたことですし、それを遵守、推進しなければなりません。

 なお、この発言通告書につきましては、やっぱり皆さんで注意するのはもちろんですが、議会運営委員会といたしましても後々市民の皆さんに不信を持たれないような方策を講じていくべきということに相なりました。そのような方向に進ませていただきます。

 なお、議会運営委員会の結びにはいつも、本日の決定事項につきましては各会派へ御周知を願いますとせりふを言わせていただいておりますが、きょうの、ただいままでの議論につきましてはなおさらに各会派で取り上げていただきまして、お互いに議員としての資質がより向上するように、なお一層の研さんをお願いしたいと思います。

 以上のようなまとめでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) そのほかにありませんか。

 大友文司委員。



◆大友文司委員 この間、久しぶりだと思うのですが、旧古川市時代から久しく議会運営委員会の視察がなかったものですから、大崎市になって初めてのこの間の視察をさせていただきました。三重県2カ所、東京都町田市のトータルで3カ所、それぞれの議会で議長が記者会見をやるスペースがあったのです。その記者会見、後で聞いたのですが、議会が終わったごとにもやるけれどもタイムリーにもやっているのだと。それをいろいろ市民の方にもそれを言ったら、大崎市は何でそれをやっていないのかという話をいただきました。今までやっていなかったからやってないのですと言ったならば、いや気づいたらやるべきでないですかということでしたので、議運のメンバーはこの間の記者会見場も見たわけですけれども、ぜひ気づいたときから始めてはいかがかなというふうに思いましたので、きょうお話をさせていただきました。



○委員長(佐藤和好君) ただいま、大崎市議会始まって以来、おかげさまで議運の調査視察を認めていただきました。早速、先進地に学べという御提言があったわけですが、これにつきまして皆様方の御意見をお出しください。

 よろしいですか。

     〔「検討課題として」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 検討課題にしましょうとのことですが。

 大友委員。



◆大友文司委員 その検討課題というのは、なぜそういうふうになるのですか。簡単に検討課題で片づけられる問題ではないような。



○委員長(佐藤和好君) 青沼委員。



◆青沼智雄委員 詳しくは、聞き落としたのかもしれませんが、当局ならば、執行部であればそういったことというのはいっぱいあると思うのですが、例えばそれを定例にするのか、何かあったときに記者会見をするのかとかです、そういったものから吟味していかなければならないのではと思うのですが。議会が定例の会見というのは、あそこはあったかもしれないけれども余りなじまないような気もするのです、私は。ですから、それは定例にするのか、あるいは何か事件があって議長の見解を申し述べなければならないというのであればですが。だから、もう少し検討したらいいのではないのかなと、こう思うのです。



○委員長(佐藤和好君) 大友委員。



◆大友文司委員 それはある程度うなずけますが、例えば今議会でも大きな話題が2つあるわけです。一つは減額修正しました。その減額修正のことも市民には、一部の人は知っているかもしれませんが記者会見の中で話せばもっと取り上げてもらえる。もう一つは、先ほどまで議論していた議会報告会、これも今年度はこういうふうに、こういう日程でやるように段取りしていますと。それに向けて議員の皆さんは勉強しておりますという、そういうことも含めて記者会見の中で話してもらえれば、議会はそういうふうに動いているのだなというふうに市民の方は思ってくれるのかなと思いまして、ぜひそういうチャンスをつくっていただきたい。いわゆる議長から市民に対して広報していただければなというふうなことでございます。



○委員長(佐藤和好君) ただいまの大友委員の発言につきましては、委員長としてはこの前の議運の調査視察の調査項目でございませんでした。なお、大友委員はよりよい議会運営を目指してという趣旨でありますので、これは先ほど検討したらというお話も出ましたが、あわせて当該市の実態等々について一回調べさせていただき、実現性について検討するということでいかがなものでしょうか。調査をさせてもらいたいと。

 高橋委員。



◆高橋憲夫委員 やったほういい、やんなくてもいいという、検討しなきゃといういろいろな話があります。確かに、議長がぼこっと出ていっていろいろなことを言ってしまうというのも問題なので。いろいろな記事が必要だとは思うのです、そういうことを吟味してやるということもありますので、やはり検討課題にしたいのだけれども、まあ考えていくとのことでいいのじゃないでしょうか。



○委員長(佐藤和好君) ほかの委員の皆さん、御意見はありませんか。

 遊佐委員。



◆遊佐辰雄委員 やれる方向で検討をしたらいいのではないでしょうか、前向きに。



○委員長(佐藤和好君) 委員外議員の皆さん、御意見がありましたら。

 佐藤勝議員。



◆佐藤勝議員 それは議会が大きく変わるときとか、議会の考え方がきちっとしたときに、だから変則的になるとは思うのだけれども議長が何も記者会見、呼んで、議会はこうだと言えばいいのですからここで決める問題でもないし、議長がこうだと、議会が大きく変わるときに、では私が議会を代表してと、こういう方向に行くというときにはやっていいとは思う。定例なんかやったら何もないときどうするか、執行部と違って。だから、あとは議長の判断でいいのではないですか。あと、議運に諮って、ではこういう会見やりますかとか、みんなでどうのこうのする問題でもないと。



○委員長(佐藤和好君) そのほか、委員外議員の皆さんでも構いません。

 ないですか。

     〔「もう一つあるのですが」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 別な案件ですか、ちょっとお待ちください。

 議長の記者会見につきましては、もう少し検討をする、調査も含めてと、そのようなことにさせていただきます。

 それでは、本日の議会運営委員会を終了したいと思います。これでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤和好君) 以上で、本日の議会運営委員会を散会いたします。

          午前11時19分 散会

大崎市議会委員会条例第29条第1項の規定によりここに署名する。

 平成25年6月28日

   委員長  佐藤和好