議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 大崎市

平成24年  総務常任委員会 05月15日−01号




平成24年  総務常任委員会 − 05月15日−01号







平成24年  総務常任委員会



          総務常任委員会会議録

1 会議日時

      平成24年5月15日(火)

      午後2時44分開議〜午後2時53分散会

2 場所

 全員協議会室

3 付議事件

 (1)正副委員長の互選について

 (2)情報化対策特別委員の選出について

4 出席委員(8名)

     富田文志君        遊佐辰雄君

     佐藤講英君        只野直悦君

     相澤孝弘君        山田和明君

     佐藤和好君        佐藤清隆君

5 欠席委員(なし)

6 議会事務局出席職員

   主査       中嶋慎太郎君



○臨時委員長(佐藤清隆君) 大崎市議会委員会条例第9条第2項の規定により、私が臨時委員長の職務を行わせていただきますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時44分 開議



○臨時委員長(佐藤清隆君) 出席委員定足数に達しておりますので、委員会は成立いたしました。ただいまから総務常任委員会を開きます。

 これから委員長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 委員長の選挙は、指名推選の方法により行いますか、それとも投票のいずれの方法によって行いますか、お諮りいたします。

 山田委員。



◆山田和明委員 ここは指名推選の方法でいかがでしょうか。



○臨時委員長(佐藤清隆君) それでは、指名推選という声がありますので、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時委員長(佐藤清隆君) 御異議ないものと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 それでは、どなたを指名いたしますか、お諮りいたします。

 山田委員。



◆山田和明委員 富田委員を推薦申し上げます。



○臨時委員長(佐藤清隆君) ただいま富田委員の推薦が発言されましたが、ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時委員長(佐藤清隆君) それでは、指名推選の方法により、私から指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時委員長(佐藤清隆君) 御異議ないものと認め、富田文志委員を委員長に指名いたします。ただいまの指名に御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時委員長(佐藤清隆君) 御異議ないものと認めます。

 よって、富田文志委員が委員長に当選されました。

 ここで委員長と交代をいたします。

     〔臨時委員長、委員長と交代〕



○委員長(富田文志君) ただいま皆様方からの御推挙をいただきまして、総務常任委員長に就任をしました。先輩皆様方の御指導をいただきながら、2年間、常任委員会の活動を活発に行いたいと思います。よろしくお願いをいたします。

 それでは、これから副委員長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 副委員長の選挙は、指名推選の方法により行いますか、それとも投票のいずれの方法により行いますか、お諮りをいたします。

 佐藤和好委員。



◆佐藤和好委員 指名推選でよかろうかと思います。



○委員長(富田文志君) それでは、指名推選という声がありますので、指名推選により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) 御異議ないものと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 それでは、どなたを指名いたしますか、お諮りをいたします。

 佐藤委員。



◆佐藤和好委員 委員長の職務を補佐するわけでありますから、委員長がこれぞと思う方を委員長指名してよかろうかと思いますが、いかがでしょうか。



○委員長(富田文志君) ただいま佐藤委員のほうから委員長の指名でという発言がありました。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) 御異議なしと認めます。

 それでは、暫時休憩いたします。

          −−−−−−−−−−−

          午後2時49分 休憩

          午後2時49分 再開

          −−−−−−−−−−−



○委員長(富田文志君) 再開をいたします。

 総務常任委員のメンバーは私を含めてここにおります8人ですので、これまでの各常任委員会においていろいろな役職をされた方が大勢いるわけですけれども、遊佐辰雄委員を副委員長に指名したいと思いますが、いかがでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) 私からの指名は遊佐辰雄委員で、皆様方から御異議なしの発言をいただきましたので、遊佐辰雄委員を副委員長に指名いたしたいと思います。ただいまの指名に御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) 御異議ないものと認めます。

 よって、遊佐辰雄委員が副委員長に当選されました。

 それでは、ここで副委員長からごあいさつをいただきます。



◆副委員長(遊佐辰雄君) ただいま委員長の推薦により副委員長の指名をいただきました遊佐辰雄でございます。

 突然の御指名で慌てておりますが、委員長を補佐する立場で皆さんと御協力して、よりよい総務常任委員会をつくってまいりたいと思います。皆さん、御協力よろしくお願いします。



○委員長(富田文志君) 次に、総務常任委員会から情報化対策特別委員2人を選出することになっておりますが、どのような方法で選出いたしますか、お諮りをいたします。

     〔「まず希望者を。なければ推薦でしょうね」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) ただいま佐藤委員のほうから希望者があれば希望者、なければ推薦という発言がありました。そのような方向でよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) 御異議ないものと認めます。

 それでは、どなたか希望者はありませんか。−−希望者はないようですので、指名推選の方法によりたいと思いますが、どなたかございませんか。

 相澤委員。



◆相澤孝弘委員 前期でこれをやられた方を、まず参考までにちょっと御披露していただければと思うのですが。−−そうですか。では、私、指名する立場で今手を挙げましたので、只野委員と佐藤講英委員を指名したいと思います。お二人、よろしくお願いいたします。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) ただいま相澤委員のほうから、只野委員と佐藤講英委員を指名という発言がありましたが、ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) それでは、ほかにないようですので、このお二人を指名いたします。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(富田文志君) それでは、総務常任委員会からの情報化対策特別委員は只野委員と佐藤講英委員のお二人に決定いたします。

 以上で、お諮りをする案件が終了いたしました。

 これをもって、総務常任委員会を散会いたします。

          午後2時53分 散会

大崎市議会委員会条例第29条第1項の規定によりここに署名する。

 平成24年5月15日

   臨時委員長  佐藤清隆

   委員長    富田文志