議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成25年  財務常任委員会 09月25日−08号




平成25年  財務常任委員会 − 09月25日−08号







平成25年  財務常任委員会





      平成25年 第8回財務常任委員会会議録
                                          
日時 平成25年9月25日(水曜日)
場所 議場
                                          
     出席委員(18名)
      委 員 長  佐 藤 富 夫
      副委員長  熊 谷 昌 崇
      委  員  菅 原 節 郎
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  小 野 幸 男
      委  員  木 村 清 一
      委  員  阿 部 としゑ
      委  員  多 田 龍 吉
      委  員  上 田   勉
      委  員  大 橋 博 之
      委  員  熱 海 重 徳
      委  員  阿 部 勝 ?
      委  員  長谷川   博
      委  員  古 川 泰 広
      委  員  五野井 敏 夫
      委  員  五ノ井 惣一郎
      委  員  佐 藤 筐 子
      委  員  滝   健 一
                                          
     欠席委員(なし)
                                          
     その他出席者(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者(なし)
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     説明のために出席した者
   《市長部局》
      総   務   部  長    櫻  井  清  春
      市 民 生 活 部 長    大  友  利  雅

      保 健 福 祉 部 長    村  上     修
      兼 社 会 福 祉事務所長

      建   設   部  長    佐 々 木  哲  也
      産   業   部  長    涌  澤     晃
      総 務 部 防 災 課 長    小  林     勇

      復 興 政 策 部 参 事    三  浦     薫
      兼 復 興 政 策 課 長

      復 興 政 策 部 参 事    小  林  典  明
      兼 復 興 都 市計画課長

      保  健  福  祉  部    大  丸  美 恵 子
      子 育 て 支 援 課 長

      建 設 部参事兼建設課長    菅  原     博
      産 業 部 商 工観光課長    勝  又  研  一

      産  業  部  参  事    亀  山  寿  夫
      兼 農 林 水 産 課 長

      産 業 部 農 林 水 産課    石  森  久  浩
      農   政   班  長

      建設部建設課技術副参事    小  野  英  治
      兼 道 路 公 園整備班長

      建 設 部建設課技術主任    東  城  良  昌
                                          
     事務局書記
      議 会 事 務 局 次 長    大  槻     敦
      議 会 事 務 局 主 任    渥  美  勝  夫
      議 会 事 務 局 主 任    佐 々 木  智  恵
      議 会 事 務 局 主 事    菅  原  寛  之
      議 会 事 務 局 主 事    佐 々 木  智  哉
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 議題事件
    (1)平成24年度決算審査に係る現場調査について
    (2)その他
       ・追加案件(審査日程の変更について)
 3 その他
 4 閉 会



    午前 8時52分 開会



○委員長(佐藤富夫) 本日の出席委員は17名であります。菅原委員のほうからは無届けの遅参のようですので、ご承知をしておいていただきたいと思います。それで、定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議題は、平成24年度決算審査に係る現場調査についてであります。現場調査については、前回の委員会において既に決定したところでありますが、産業建設分科会委員長より調査場所の変更の申し出がありましたので、早速の説明を求めます。産業建設分科会委員長、古川泰広さん。



◆委員(古川泰広) 前回皆さんに承認いただきました野蒜の不動橋の件なのですが、実はいろいろ重要橋梁ということもあって、そこを見ようということになったのですけれども、よく調査しましたら実は、申しわけなかったのですが、平成22年度の調査だったということで、今回の全部で224橋のうちの107橋が平成24年度の調査です。その中の補修必要な橋梁が8橋ありますという報告になっていましたので、その8橋の中から選んで、見た目は非常に現場見ますとすぐ、ああこれでは大変だなと思うような橋なのですが、7メーターそこそこの小さな橋ですが、松ノ木橋といいまして、赤井の照井中というところで、これは旧県道だったのですが、その中にかかる部分で、余り交通量のない場所なのですが、1つのそういった非常に悪い橋の見本のような橋ですから、そこぜひ見ていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○委員長(佐藤富夫) ただいま産業建設分科会委員長より、不動橋から松ノ木橋に現場調査地を変更することに対しご意見があれば……ないですか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 意見なしと認めます。

  それでは、産業建設分科会委員長から申し出のあったとおり不動橋から松ノ木橋に現場調査地を変更することでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) よって、不動橋から松ノ木橋に現場調査地を変更することに決定しました。

  次に、現場調査の順番でありますが、事務局と調整した結果、配付しました工程表のとおり実施したいと思います。調査に当たっては、関係部課長がバスに同乗し、バスの中で説明をしてもらう場合もありますので、よろしくお願いいたします。バスは本庁舎前に駐車ありますので、早速現場に向かいます。

  それから、本日の日程でありますが、可能であれば各分科会委員長よりの報告を受け、委員会採決までしたいと思います。この件については再開後皆さんにお諮りする予定でありますので、よろしくお願いしたいと思います。これは複数の委員からの申し出ということで、私の独断ということではありませんので、ご承知おきを。

  それでは、暫時休憩をいたします。再開は13時30分といたします。それでは、直ちに出発いたします。

    午前 8時57分 休憩

                                          

    午後 1時30分 再開



○委員長(佐藤富夫) 再開します。

  午前中の現場調査に対する意見等は、それぞれの分科会でまとめを行い、結果は分科会委員長報告の際に意見を付していただきます。

  では、分科会審査でのまとめをお願いしたいと思いますが、分科会に入る前に、私が午前に説明をした日程についてお諮りをします。これから行う分科会での取りまとめが早目にできるようであれば、当初予定していた分科会委員長報告、そして委員会としての結論採決をあす9月26日に予定しておりましたが、本日の分科会審査終了後に変更し、行いたいと思います。これについて異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 異議がないようですので、そのとおりにさせていただきたいと思います。

  時間は、分科会審査を14時30分まで行い、その後運営調整会議を15時まで行いますので、委員会は15時15分ごろとなります。これについても異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) それでは、この日程を変更し、本日15時15分から委員会としての結論採決を行うことに決定します。

  暫時休憩をいたします。再開は15時15分といたします。

    午後 1時38分 休憩

                                          

    午後 3時18分 再開



○委員長(佐藤富夫) それでは、再開します。

  本委員会に付託されました認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定について、認定第2号 平成24年度東松島市国民健康保険特別会計決算の認定について、認定第3号 平成24年度東松島市後期高齢者医療特別会計決算の認定について、認定第4号 平成24年度東松島市介護保険特別会計決算の認定について、認定第5号 平成24年度東松島市農業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定第6号 平成24年度東松島市漁業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定第7号 平成24年度東松島市下水道事業特別会計決算の認定について、認定第8号 平成24年度東松島市野蒜北部丘陵地区土地区画整理事業特別会計決算の認定について、認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定についての9件は関連がありますので、一括議題とします。

  ただいま議題とした9件については、総務、民生教育及び産業建設の分科会を設置し、慎重な審査をお願いをしておりました。これよりその審査内容について各分科会の委員長より報告していただきます。

  初めに、総務分科会委員長、小野 惠章さん。



◆委員(小野惠章) それでは、総務分科会から財務常任委員会委員長、佐藤 富夫様にご報告申し上げます。

  付託事件、認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定について、認定第8号 平成24年度東松島市野蒜北部丘陵地区土地区画整理事業特別会計決算の認定について、認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定について、上記のうち総務部総務課、選管含みます、行政経営課、防災課、工事検査室、復興政策部における復興政策課、復興都市計画課、市民協働課、会計課、議会事務局、監査委員事務局の所管に関する事項の付託事件であります。

  審査の方法につきましては、市長から提出されました平成24年度東松島市一般会計並びに特別会計歳入歳出決算書及び主要施策の成果説明書及び財務常任委員会説明書、資料等を参照しながら審査を実施しました。

  調査の経過ですけれども、9月17日、総務部行政経営課、防災課、総務課、選管を含みます、工事検査室の所管に属する審査、9月18日、復興政策部復興政策課、復興都市計画課、市民協働課の所管に属する審査、9月19日、監査委員事務局、会計課、議会事務局の所管に属する審査、復興政策部復興政策課の所管に属する再審査、そして本日9月25日、現場調査を行いました。

  各委員から寄せられました事前質疑につきましては、お手元の配付資料に記載されている記録書どおりですので、この場にては割愛させていただきます。

  それで、特段決算に係る記録として、また課題等の記録についてご説明申し上げます。まず、総務部行政経営課でございます。1つ目ですけれども、これは決算に係る記録としてとどめておくべきとするものでございます。市役所本庁舎管理事業につきましては、庁舎の傾きを知っているようでありますが、それに起因する雨漏りについて特にひどい状態の3階部分については、平成25年度に繰り延べされております。市有財産利活用推進事業につきまして、市有財産であるミニ公園の売却はなかった。また、防災集団移転事業用地買収につきましては被災元地の目標管理を明確にすべきとしております。また、国有提供施設等所在市町村交付金の増減要因については明確さが求められると思っております。

  続きまして、総務部防災交通課でございます。とどめ置く記録としましては、消防団活動運営事業におきまして消防団員の確保は今後努力すべき。また、本日行われました大塩倉庫、矢本西小学校倉庫につきましては在庫のファイル管理はなされておりましたが、わかりやすい表示が必要、また棚卸表も必要、特に大塩倉庫は整理、管理を十分にしてほしいという記録でございます。

  特段ないものについては割愛させていただきます。

  総務部総務課におきまして、人事管理事業、人事管理は計画性を持って配置すべき。

  復興政策部復興政策課におきましては、これは特に必要と思われる事項ですけれども、これは調査ナンバー43から46番について出されたものですけれども、ある程度広い範囲にわたる部分でこういうことが必要だと思う意見でございます。復興政策課では、国の補助メニューを扱い、復興のために事業採択をしておりますが、その過程、目標管理、また事業が復興政策課の手から離れることもあり、成果については責任の所在があやふやである。補助金、委託金の多少にかかわらず、その手段については正確な手段を踏むべきである。

  復興政策部復興都市計画課におきまして、決算にとどめ置く記録としまして、本日現場調査を行いました野蒜北部丘陵地区防災集団移転地について、平成24年度分決算についてはほぼ予定どおりに進捗しております。今後、これは財務としても、またなおかつ総務としての意見ですけれども、定期的に委託契約の中身、支払い、出来高、現場等調査をしていくことが必要との記録でございます。

     〔「委員長、休憩お願いします」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 暫時休憩します。

    午後 3時23分 休憩

                                          

    午後 3時24分 再開



○委員長(佐藤富夫) 再開いたします。

  小野 惠章さん。



◆委員(小野惠章) 先ほどの復興政策部復興政策課につきまして、決算に係るとどめ置く記録としまして訂正をしたいと思います。訂正分でございます。復興政策課における国補助の委託事業においては、目標設定や目標管理に甘さが見られる。また、事業の成果を求める手段も同様である。事業の意思決定においては、行政としてあるべき正規の正確な手順を踏まえて決定されるべきで、事業の方向性を見誤ることないように慎重にされたい。以上、訂正いたします。

  これにて決算に係る記録と所管事務に係る課題等の記録についての委員長としての報告を終わります。

  以上です。



○委員長(佐藤富夫) それでは、これより総務分科会委員長報告に対する質疑に入ります。質疑は分科会委員長が行った内容に対する質疑にとどめ、各委員が事前通告により質疑を行った様式第2号、分科会審査委員記録書に対する質疑は各分科会で確認をし、会派等で意見交換をしていただいたと思いますので、ここでは原則行わないことといたします。

  それでは、総務分科会委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) ないという声がございますので、それでは質疑なしと認め、総務分科会委員長報告に対する質疑を終結します。

  以上で総務分科会委員長の審査報告を終了します。大変ご苦労さまでした。

  次に、民生教育分科会委員長、熱海 重徳さん。



◆委員(熱海重徳) それでは、財務常任委員会、佐藤 富夫委員長に民生教育分科会審査の報告を申し上げたいと思います。

  付託事件、認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定について、認定第2号 平成24年度東松島市国民健康保険特別会計決算の認定について、認定第3号 平成24年度東松島市後期高齢者医療特別会計決算の認定について、認定第4号 平成24年度東松島市介護保険特別会計決算の認定について。上記議案のうち、市民生活部市民課、税務課、納税推進課、環境課、保健福祉部福祉課、子育て支援課、健康推進課、教育委員会教育総務課、学校教育課、生涯学習課の所管に属する事項について審査いたしました。

  2、審査の方法。市長から提出された平成24年度東松島市一般会計並びに特別会計歳入歳出決算書、主要施策の成果説明書及び財務常任委員会説明書、資料等を参照しながら審査を実施いたしました。

  調査の経過。9月17日、市民生活部市民課、税務課、納税推進課、環境課の所管に属する審査、9月18日、保健福祉部健康推進課、子育て支援課、福祉課の所管に属する審査、9月19日、教育委員会生涯学習課、学校教育課、教育総務課の所管に属する審査、9月25日、現場調査を行いました。

  次に、市民生活部市民課の決算に係る特に留意すべき記録について申し上げます。これは特にございませんでした。所管事務に係る課題等の記録も特になしでございます。

  次に、市民生活部税務課の決算に係る特に留意すべき記録でございますが、特にございませんでした。所管事務に係る課題等の記録も特にございませんでした。

  次に、市民生活部納税推進課の決算に係る特にとどめておくべき記録は特にございませんでした。所管事務に係る課題等の記録につきましては、法人市民税に関してはかなり古い年度の未収もあります。経営難で収納も苦慮していることから、納税意識のさらなる向上に努められたいという記録でございます。

  次に、市民生活部環境課の決算に係る特に留意すべき記録は、特になしでございます。所管事務に係る課題等の記録につきましては、火葬場維持管理事業におきまして火葬場に関しては老朽化が進み、経年劣化も激しい。よって、従前にも増して保守管理に気を用い、不測の事態が生じないよう心がけていただきたい。

  次に、花の香るまちづくり事業は大きな成果を上げております。しかしながら、地域によって苗の代金やその後の生育に差が生じている。よって、今後は苗や管理の差が生じないよう指導監督されたいという記録でございます。

  次に、保健福祉部健康推進課の決算に係る特に留意すべき記録でございますが、特になしでございます。所管事務に係る課題等の記録につきましては、生活習慣病予防対策事業におきまして保健推進員への指導と助言を徹底されたい。保健推進員の活動と福祉課の介護予防事業の対象がほぼ同じであることから、関係課でよく連携して効率よく事業を推進されたいという記録でございます。

  次に、保健福祉部子育て支援課の決算に係る特に留意すべき記録は、特になしでございます。次に、所管事務に係る課題等の記録でございますが、子育て支援センター事業におきまして、鳴瀬子育て支援センターの現在の運営については集会所との併設でも支障はないとしているが、集会所としての機能に支障を来していると考えられるので、場所変更による事業推進を早期に考えるべきであるという記録でございます。

  次に、保健福祉部福祉課の決算に係る特に留意すべき記録では、特になしでございます。次に、所管事務に係る課題等の記録でございますが、先ほどの健康推進課のご報告と同じような内容になりますが、保健推進員の活動と福祉課の介護予防事業の対象がほぼ同じであることから、関係課でよく連携して効率よく事業を推進されたいというのが記録でございます。

  次に、教育委員会生涯学習課の決算に係る特に留意すべき記録は、特になしでございます。所管事務に係る課題等の記録については、市内遺跡発掘調査事業におきまして、赤井遺跡においてはなるべく早期の国史跡指定を目指すよう努力されたいというのが記録でございます。

  次に、教育委員会学校教育課の決算に係る特に留意すべき記録は、特になしでございます。次の所管事務に係る課題等の記録も特になしでございます。

  次に、教育委員会教育総務課の決算に係る特別留意すべき記録は、特になしでございます。次の所管事務に係る課題等の記録でございますが、鳴瀬未来中について、平成26年1月に適地の確定をする予定で作業が進められております。選定に当たっては震災の教訓をもとに、安全最優先で作業に当たられたいというのが記録でございます。

  以上、民生教育分科会の審査報告を終わります。



○委員長(佐藤富夫) ご苦労さまでした。それでは、民生教育分科会委員長報告に対する質疑に入ります。質疑は分科会委員長が行った内容に対する質疑にとどめ、各委員が事前通告により質疑を行った様式第2号、分科会審査委員記録書に対する質疑は各分科会で確認をし、会派等で意見交換をしていただいたと思いますので、ここでは原則行わないことといたします。

  それでは、質疑ありませんか。佐藤 筐子委員。



◆委員(佐藤筐子) 報告の中で、子育て支援課の鳴瀬子育て支援センターのところの2行目なのですが、集会所としての機能に支障を来していると考えられるという表現があります。それで、あのあたりは随分住宅もふえてきておりまして、子育て支援センターと、それから地域の方が使う集会所で、いつごろから支障を来していて、今発覚したということではなく、前々からそういうことが出てきていたのかどうかというのは聞かれていましたか。



○委員長(佐藤富夫) 菅原副委員長。



◆委員(菅原節郎) 端的に申しますと、設立当初からでございます。子育て支援センターが建って、集会所と一緒の施設だということで建って、その時点からもう既にそういう問題は起きておりました。



○委員長(佐藤富夫) 佐藤 筐子委員。



◆委員(佐藤筐子) これ建設されてどれくらいになって、それ何年も寝かしておいたというのはどういう感じでしょうね。



○委員長(佐藤富夫) 菅原副委員長。



◆委員(菅原節郎) 行政の不作為です。以上。



○委員長(佐藤富夫) よろしいですか。



◆委員(佐藤筐子) はい。



○委員長(佐藤富夫) ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) ないようですので、その他の質疑はなしと認め、民生教育分科会委員長に対する質疑を終結します。

  以上で民生教育分科会委員長の審査報告を終了します。ご苦労さまでした。

  次に、産業建設分科会委員長、古川 泰広さんの報告を求めます。産業建設分科会委員長、古川 泰広さん。



◆委員(古川泰広) それでは、産業建設分科会審査報告いたします。

  平成25年9月25日、財務常任委員会委員長、佐藤 富夫様。財務常任委員会産業建設分科会委員長、古川 泰広。

  分科会審査報告書。平成25年9月12日付で本分科会に付託された事件は下記のとおり審査したので、報告します。

  付託事件、認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定について、認定第5号 平成24年度東松島市農業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定第6号 平成24年度東松島市漁業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定第7号 平成24年度東松島市下水道事業特別会計決算の認定について。上記議案のうち、移転対策部(生活再建支援課、用地対策課)、それから建設部、これは建設課、下水道課、産業部、農林水産課、商工観光課、それに農業委員会事務局の所管に属する事項。

  審査の方法。市長から提出された平成24年度東松島市一般会計並びに特別会計歳入歳出決算書、主要施策の成果説明書及び財務常任委員会説明書、資料等を参照しながら審査を実施しました。

  調査の経過。9月17日、建設部建設課、下水道課、移転対策部生活再建支援課の所管に属する審査、9月18日、産業部農林水産課、商工観光課、農業委員会事務局、移転対策部の所管に属する審査、9月25日、現場調査、裏面のとおり。

  分科会審査記録書及び分科会審査委員記録書のまとめ。次に、分科会審査記録書を報告しますが、下水道課の決算に係る記録書、これは特にございません。さらに、所管事務に係る課題等の記録も特にございません。

  次に、建設課の決算に係る記録としては、特に留意事項として対策が必要な8橋、きょう最後に現場見ましたが、8橋の中に下部工劣化橋もあり、今後橋梁長寿命化計画の中で優先順位を決定し、修繕すべき。それから、所管事務に係る課題等の記録は特にございません。

  次に、生活再建支援課の決算に係る記録は特にございません。所管事務に係る課題の記録もございません。

  次に、商工観光課の決算に係る記録でございますが、矢本パーキングエリアの施設は開設以来、将来の展望を見据え、国土交通省と折衝を重ねてきたことを踏まえ、4車線完成を考慮して将来ビジョンを示すべきだと。所管事務に係る課題については記録は特にございません。

  次に、農林水産課の決算に係る記録もございません。それから、所管事務に係る課題も特にありません。

  それから、用地対策課の決算に係る記録については特にございません。所管に係る課題も特にございません。

  最後ですが、農業委員会事務局の決算に係る記録も特にございません。さらに、所管事務に係る課題の記録も特にございません。

  以上、報告でございます。以上でございます。



○委員長(佐藤富夫) これより産業建設分科会委員長報告に対する質疑に入ります。質疑は分科会委員長が行った内容に対する質疑にとどめ、各委員が事前通告により質疑を行った様式第2号、分科会審査委員記録書に対する質疑は各分科会で確認をし、会派等で意見交換をしていただいたと思いますので、ここでは原則行わないことといたします。

  それでは、質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) なしの声がありましたので、質疑なしと認め、産業建設分科会委員長に対する質疑を終結いたします。

  以上で産業建設分科会委員長の審査報告を終了します。大変ご苦労さまでした。

  これをもちまして各分科会委員長からの審査報告を終了します。

  これより議題としております認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定についてから認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定についてまでの9件について一括して討論を求めます。討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより議題としております認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定についてから順次採決を行います。

  認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第2号 平成24年度東松島市国民健康保険特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第3号 平成24年度東松島市後期高齢者医療特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第4号 平成24年度東松島市介護保険特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第5号 平成24年度東松島市農業集落排水事業特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第6号 平成24年度東松島市漁業集落排水事業特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第7号 平成24年度東松島市下水道事業特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第8号 平成24年度東松島市野蒜北部丘陵地区土地区画整理事業特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  次に、認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定についてを起立により採決します。

  本件は認定すべきものと決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○委員長(佐藤富夫) 総員起立であります。よって、本件は認定すべきものと決しました。

  これより審査報告書の準備をいたしますので、暫時休憩をいたします。

    午後 3時53分 休憩

                                          

    午後 4時03分 再開



○委員長(佐藤富夫) 再開をいたします。

  これより審査報告書案について報告します。お手元の報告書案を参照願います。

  それでは、報告します。東松島市議会議長、滝 健一様。平成25年9月25日、東松島市議会財務常任委員会委員長、佐藤 富夫。

  財務常任委員会審査報告書。本委員会に付託の議案は、慎重審査の結果、次のとおりとすべきものと決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。

  記、付託された議案、審査結果意見の順で朗読いたします。認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第2号 平成24年度東松島市国民健康保険特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第3号 平成24年度東松島市後期高齢者医療特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第4号 平成24年度東松島市介護保険特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第5号 平成24年度東松島市農業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第6号 平成24年度東松島市漁業集落排水事業特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第7号 平成24年度東松島市下水道事業特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第8号 平成24年度東松島市野蒜北部丘陵地区土地区画整理事業特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定について、認定すべきもの、意見なし。

  以上、報告いたしました件について案を削除をして、このとおり議長に報告書を提出いたします。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) それで、この報告書はあくまでも組織上のでありますから、審査の質疑応答、各分科会からの提言等も添付することになります。

  なお、本会議での委員長報告はこれらを基本として、要約したものを口頭にて執行部に知らせる意味で報告をすることを先ほどの調整会議で了承いただいておりますので、よろしくお願いいたします。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 以上で本委員会に付託された認定第1号 平成24年度東松島市一般会計決算の認定についてから認定第9号 平成24年度東松島市東矢本駅北地区土地区画整理事業特別会計決算の認定についてまでの9件の審査を終了します。

  これをもちまして本日の財務常任委員会を終了いたします。それでは、閉会の挨拶を副委員長、お願いいたします。



◆副委員長(熊谷昌崇) 本日は8時50分の朝より皆様お疲れさまでした。あしたは休みになりましたので、ゆっくり休んでください。お疲れさまでした。

  以上です。

    午後 4時06分 閉会