議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成25年  財務常任委員会 09月05日−05号




平成25年  財務常任委員会 − 09月05日−05号







平成25年  財務常任委員会





      平成25年 第5回財務常任委員会会議録
                                          
日時 平成25年9月5日(木曜日)
場所 301会議室
                                          
     出席委員(18名)
      委 員 長  佐 藤 富 夫
      副委員長  熊 谷 昌 崇
      委  員  菅 原 節 郎
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  小 野 幸 男
      委  員  木 村 清 一
      委  員  阿 部 としゑ
      委  員  多 田 龍 吉
      委  員  上 田   勉
      委  員  大 橋 博 之
      委  員  熱 海 重 徳
      委  員  阿 部 勝 ?
      委  員  長谷川   博
      委  員  古 川 泰 広
      委  員  五野井 敏 夫
      委  員  五ノ井 惣一郎
      委  員  佐 藤 筐 子
      委  員  滝   健 一
                                          
     欠席委員(なし)
                                          
     その他出席者(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者(なし)
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     事務局書記
      議 会 事 務 局 長    松  谷  善  雄
      議 会 事 務 局 主 任    渥  美  勝  夫
      議 会 事 務 局 主 任    佐 々 木  智  恵
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 議題事件
    (1)平成24年度決算審査について
       ・審査方法について
       ・様式について
       ・委員長の分科会審査出席について
    (2)その他
 3 その他
 4 閉 会



    午後 6時33分 開会



○委員長(佐藤富夫) それでは、皆さんご苦労さまです。ただいまから財務常任委員会を開催いたします。

 今まで第4回の委員会を踏まえて、委員会運営要領を整備して皆さんにお示ししております。それで、そのほか分科会の委員長と、それから副委員長がさまざま協議を重ねて、今回の決算に備えてきたわけでありますが、9月2日には事務連絡として皆さんのほうに質疑事項の事前通告の準備についてを配付しておりますね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) それで、おのおのの会派の中で話し合われてきたと思いますが、改めて今回委員会審査に備えての会議を開催するということになります。

  それでは、早速ですが、2の議題事件の(1)の平成24年度決算報告審査についてということで、これは事務局でまとめてありますので、事務局のほうから説明をしたいと思います。お願いします。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、資料につきまして一通りご説明をさせていただきたいと思います。

  この資料作成につきましては、調整委員会を経まして、何回か正副委員長との打ち合わせの結果、案ということでまだ実質的には付託を受けてございませんので、現段階では案ということでご認識をお願いしたいと思います。

  初めに、大きいA3判のやつをちょっと開いていただきたいと思いますが、全体的なスケジュールの案でございます。白いこのA3判の縦長のやつですね、これちょっと見ていただきたいと思います。蛇腹折りになっていますから、中のほうに入っていると思います。

  本日、9月5日本会議ということで、現在財務常任委員会を開いている状態でございます。それで、挨拶にもございましたように、既に決算の質疑の事前通告ということでそれぞれご通知を差し上げておりますけれども、受け付けにつきましては来週月曜日、9日の月曜日の夕方5時までということでございますので、よろしく準備をお願いいたしたいと思います。

  それから、次の本会議、9月12日を予定してございますけれども、本会議におきまして、本会議では決算の総括質疑、その後、財務常任委員会の審査の付託という本会議でございます。本会議終了後に早速財務常任委員会を開催いたしまして、審査期間中のさまざまな調整作業を行いたいと考えてございます。

  それで、きょういろいろ様式なり資料を用意しましたけれども、これは12日に最終的に決定するものでございますけれども、あらかじめそれぞれ目を通していっていただきまして、もし不都合な部分なり改善点があれば、その際にもご意見をお願いいたしたいと思います。

  それで、分科会審査につきましては、9月17日から内部審査は3日間ということで想定してございます。17、18、19の3日間でございます。なお、分科会単位で若干ボリュームの多いところもございますので、9月20日の金曜日につきましては、一応ここでは財務常任委員会という表示になってございますけれども、9月20日の午前中につきましては一応予備日ということで入れてございますので、仮に3日間の内部審査でどうしても終わらなかったという部分については、この9月20日の金曜日午前中まで予備日ということでとってございますので、この中でお願いをいたしたいと思います。

  それで、9月20日の、ちょっとまだ時間は未定ですけれども、一応午後ということで、内部審査でそれぞれ現場調査の候補地を各分科会で候補地を挙げていただきまして、それを持ち寄って財務常任委員会において現場調査の箇所の決定をしたいと思います。9月20日の午後からの予定でございます。

  それで、週が明けまして、1日休会を入れまして、9月25日に、これは午前中の予定でございますけれども、現場調査を予定してございます。その後、まとめの作業に入っていくといったような全体のスケジュールでございます。

  その裏のページ、A4判ですけれども、横のやつをちょっと見ていただきたいと思います。これも審査日程の案でございます。総務、民生教育、産業建設ということで、3日間のそれぞれの所管に係る部分のスケジュール案でございます。それで、通常ですと議会の時間帯というのが午前10時ということでこれまで行ってきた経緯もあるのですけれども、このように3日間でできればお願いをしたいということから、この時間につきましては午前については9時から、午後は同様に1時30分からということで、通常のイメージしている時間より1時間早まりますけれども、この部分についてはご協力をよろしくお願いいたしたいと思います。

  こういった現段階では審査日程案ということでもってございます。ただ、これを執行部側に情報として流した場合に、若干担当課によっては、できれば入れかえをしてほしいとか、順番変えてくださいというような申し入れもあるかもしれません。その際には、また各分科会の委員長にご協議を申し上げますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

  それから、様式、書式の関係につきましては渥美のほうからご説明を申し上げます。



◎議会事務局主任(渥美勝夫) それでは、様式関係のほうについてご説明させていただきます。

  まず、A3判蛇腹折りの大きいものを使って説明させていただきますので、あともう一つがホチキスどめをしております様式集ですね、こちら2つごらんになっていただいて、比較しながら説明させていただきます。

  まず、現在なのですが、既に通知出しております事前通告書ということでこの様式ですね、記入例のほうをご覧になっていただきたいのですけれども、A4のほうですね、こちらになります。こちらのほう、現在各委員さん方にお配りしていると思うのですが、記入例を入れておきましたが、様式の一番左側の部分、区分のところになりますが、こちらの部分、今現在記入例の中で「主」と書いてあるところあるのですけれども、この「主」という部分が主要施策の成果説明の様式で質問をしたいという部分で記入させていただいております。ですので、例えば決算書のほうで質問したいという場合については、ここは「主」ではなくて、決算の「決」という部分を表記して、質問のほうを記入していただきたいと思っております。

  そして、この記入例なのですけれども、見ていただくとわかるのですが、今回は特に事業名、事業に対しての決算、どのような成果をしたのかという部分を中心に質疑のほうをお願いしたいと思っております。ですので、必ずこれでないといけないというわけではないのですが、事業ベースの中で当初予算可決させていただいているという部分がありましたので、決算についても事業に対しての成果を求めるような形の審議をお願いしたいと思っております。

  次に、次のページ、2ページ目になります、様式集です。様式につきましては、こちら重複調整用ということで書いてありますけれども、この部分につきましては各議員さん方から質問出たものを事務局側で一覧にいたします。結果がこういう形で出てきますので、これをもとにして重複調整をさせていただくということになります。左側のほうをごらんになっていただくのですけれども、質問する方が○○委員ということで、今一番上のほう、産建とあります。これ実は質問内容が総務分科会のほうで審査する内容になりますので、一番右側のほうに「総務」と書いてあります。これは事務局のほうであらかじめ表記するのですが、実際に重複会議のほうが終わりましたら、産建の委員さんのかわりに総務委員の方がかわりに質問していただくという調整がありますので、実際にはこの一番右側の総務の下に質問していただく委員さんのお名前を書いていただくという作業が今後出てきます。これが終了しましたら、各分科会のほうでの審議ということになりますので、この会議につきましては9月12日、委員会に付託終了後、財務委員会を開催いたしますので、その開催のときに各分科会、3分科会に分かれていただいて、誰の質問を誰が行うのか、かわりに行うのかというのを調整していただくという部分がメーンになってくると思いますので、その辺をよろしくお願いいたします。

  そして、次に3ページ目になります。3ページ目につきましては、結果に基づきますと、実際に当日の審査する様式なのですけれども、重複用で使ったものを事務局のほうでちょっと編集をかけまして、質問に対する回答欄、記入欄のところを設けるような様式に一部編集させていただきます。当日はこの様式のほう、3ページの様式を使っていただいて、執行部側のほうに質問していただいて、質問した議員さんがこの回答欄に記入していただくということになりますので、その辺のほうよろしくお願いしたいと思います。

  そして、4ページ目のほうですね、4ページにつきましては、審査当日の分、各担当課ごとにまとめていただくようになるのですけれども、記入例この部分、農業委員会の部分でちょっと記入例を出させていただいたのですが、特に課の中で特記事項、特にこの辺は注意して今後も監視していきたいという部分を書いていただくような形になりますので、ここの部分、審査終了後、夕方のまとめということになるのですが、分科会副委員長さんのほうに書記をしていただくような形で、委員長さんのほうが取りまとめをしていただくというような形で作業のほうをお願いしたいと思います。

  5ページ目になります。5ページ目につきましては、候補地の一覧、現場、内部審査終わった後に、その日の中から現場の調査をしたいという部分ありましたら書いていただくということになりますので、これにつきましても分科会の副委員長さんのほうに書記をお願いしまして、書いていただくということになります。内容につきましては昨年と同じような形になっておりますので、特に変更とかございませんので、何かありましたら、お気づきがあればこちらのほうに申し出お願いしたいと思います。

  最後に、6ページになります。6ページにつきましては、分科会審査の経過を記入していただくようになりますので、これにつきましては事務局のほうで直接内容のほうを、審議している内容を、形式的なものになりますので、あらかじめつくらせていただくような形で段取りさせていただきたいと思います。あと作成後、各議員さん方に確認をしていただいて、修正なり肉づけをしていただくということでお願いしたいと思います。



◎議会事務局長(松谷善雄) なお、内部審査の際に、いわゆる質疑に対する答弁の部分をメモしてくださいという様式がありますけれども、3ページですね、この部分につきましては各分科会のまとめなり、あるいは委員長の報告というのがございますので、そういった際の参考資料的な役割を果たせるのかなということで、別に几帳面に事細かく全部書く必要はございませんので、要点筆記でお願いをしたいと思います。

  それから、議題のほうの委員長の分科会審査出席についてというテーマがございますけれども、委員長の場合、分科会からしますと産業建設分科会ということにはなるわけでございますけれども、ただそのほかのトータル3分科会のそれぞれの審査の内容確認等もございますので、今回は産業建設分科会の委員を外れていただきまして、フリーにしていただきたい。委員長については、各分科会の審査の様子を確認して、それぞれ回っていただくということで皆さんのご協力をよろしくお願いいたしたいと思います。

  以上でございます。



○委員長(佐藤富夫) ただいま決算審査についての3つの方式について、皆さんに提案を申し上げました。あらかじめ皆さん会派の中で協議しておりますので、余りないかと思いますが、なおあれば今ここでお話をしていただければと思います。ありますか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) 何しろ初めてという委員会ですから、パーフェクトがあるはずはありませんので、皆さんの意見を頂戴していい方向に運営していきたいというふうに思います。

  では、この件についてはよろしいですね。副委員長。



◆副委員長(熊谷昌崇) 私はこの3ページの件で局長から言われて、ちょっと違うのではないかなと、私はニュアンスで思ったのですけれども、回答、課題、要望の欄を簡易的に書くような形でいいのですか。調整会議のときは、各自責任を持って、その質問した人のものは質問、あと頼まれた人のものは頼まれた人がちゃんと書くという話だったので、簡易的でいいのか。



○委員長(佐藤富夫) これ広報の委員会でいろいろ言っていましたので。それで、副委員長はいないので、わからなかったと思うのだけれども、結局今3番目の提案のほうに、委員長は、要するにあちこち歩かなければならない。全部はできないということなのだよ。では、それは副委員長が調整会議の座長になって、お願いしようということで広報でお願いすることにしたわけです。だから、さっき事務局から説明あったように要点を書いていただければと。あとは事務局でまとめますから。

  それから、(2)のその他についてですが、事務局のほうから。



◎議会事務局長(松谷善雄) なお、総括質疑の関係なのですけれども、ちょっとその他のその他ということでお聞きしてほしいのですけれども、総括質疑の通告の関係ですが、来週月曜日、10時までということで若干時間を延ばしましたので、よろしくお願いいたしたいと思います。



○委員長(佐藤富夫) あと皆さんのほうからその他ないですね。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) それでは、私のほうから。これは、打ち上げ賛否両論なのですが、予定どおり、決算でありますから打ち上げをするということにしたいと思います。皆さんにはよろしいですか、ありませんね。

  ご了承いただきたいというふうに思います。ですから、賛否両論と言いました。そういうことで、各分科会のほうから通知をするようにしますので、よろしくお願いしたいと思います。極力参加をしていただくことでお願いいたします。

  それでは、その他のその他ということで、皆さんのほうからないですね。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(佐藤富夫) なければ、これで閉じたいと思います。



◆副委員長(熊谷昌崇) 本日は本会議を初め長い時間お疲れさまでした。

  以上です。

    午後 6時53分 閉会