議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成25年  広報常任委員会 08月20日−05号




平成25年  広報常任委員会 − 08月20日−05号







平成25年  広報常任委員会





      平成25年 第5回広報常任委員会会議録
                                          
日時 平成25年8月20日(火曜日)
場所 本庁舎3階 第2委員会室
                                          
     出席委員(6名)
      委 員 長  上 田   勉
      副委員長  阿 部 勝 ?
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  大 橋 博 之
      委  員  熱 海 重 徳
      委  員  古 川 泰 広
                                          
     欠席委員(1名)
      委  員  佐 藤 富 夫
                                          
     その他出席者(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者(なし)
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     事務局書記
      議 会 事 務 局 主 事    菅  原  寛  之
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 議題事件
  (1)議会だより(第30号)について
 3 その他
 4 閉 会



    午後 1時29分 開会



○委員長(上田勉) 広報の常任委員会、忙しい時期なのですけれども、きょうは大変な日ですけれども、余り時間かけないで、方向性だけきょうは決めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  熱海君と佐藤さんは遅参ということですので、定足数に達しておりますので、会議を始めたいと思います。よろしくお願いいたします。

  まず、議題に入りますけれども、議会だより30号、菅原君頑張ってくれたので、ちょっと概要を説明をしてもらいたいと思います。

  では、事務局、お願いします。



◎議会事務局主事(菅原寛之) それでは、まず議会だより30号割付案1という、こちら見ていただきたいと思うのですけれども、こちらですが、今までの議会報などをもとにちょっと、前回の常任委員会もなのですけれども、そういった内容をもとに素案という形で今回つくらせていただきました。内容に関しては、今後の議案の内容であったり、あと今後の本会議の内容であったり、定例会の内容次第で若干レイアウト自体は変わってくるかと思うのですけれども、おおよそこういった形で、こういった内容で次の議会だよりを作成できればと思っております。このレイアウト自体は、本当に素案ですので、今回掲載する記事、どういった記事を載せるかについてご検討いただければと思います。こちら私としてはどういった記事を載せるか、ちょっと検討しなければいけないなと思っているのが決算の部分になります。今までの議会報、震災以前のものを見ますと、3ページほど使っているようでございます。1ページ目にあらまし、2ページ目に総括質疑、3ページ目で決算審査の内容のピックアップしたものを載せているようだったのですけれども、今回ちょっと16ページの議会だよりですと全議員さんが一般質問した場合、2ページしかちょっと決算部分でページ数がとれない状況になりますので、その場合にはこの資料のような形で決算の前文、あらまし、決算額の一覧表、あと歳入歳出の決算のグラフと総括質疑、あと決算審査の内容と審査の結果、こちらが掲載されることになるのではないかと思っております。ちょっとその部分に関しては、今後の状況を見ながら、また委員さん方と内容を詰めていければと思っております。あと、補正予算に関しては、ほぼ前回と同じようなレイアウト、あと掲載内容でちょっと考えております。議案の部分に関しては、付託議案が何件になるかちょっとまだ不明なところではあるのですけれども、こちらも前回のレイアウトを踏襲しながら作成していければと思っております。でも、ちょっと今後議運などでも話が出るかと思うのですけれども、今現在で十五、六件の議案が上がってくるという情報がちょっと入っておりますので、恐らくその他の議案の部分に関しては前回のように5行、6行で詳細説明したのですけれども、今回もしかするとどういった議案があったかの紹介だけになってしまうかなというところでございます。あと、6ページのところで、委員会の活動報告、こちらと、あと前回常任委員会でもお話がありました新人議員さんの紹介、こちらの、震災以前は議員さんたちの紹介ということでやっていたと思うのですけれども、そちらのレイアウトといいますか、内容をもとにといいますか、同じような形で進めていければと思っております。あと、次の、こちら前回常任委員会でもお話ありました、コラムということで、こちらも議員さん方に募集をかけまして、その中で載せるコラムを決定できればと思っております。あと、一般質問以降に関しては、前回と同じような形で考えております。

  以上で概要ということなのですけれども、ご説明を終わらせていただきたいと思います。



○委員長(上田勉) 今説明受けましたけれども、多分決算が2ページで、今までで済むかどうかというのはちょっとあるのです。これ多分ひょっとしたら3ページぐらいになるのかもしれません。では、そうすると、あともう一つが、付託の問題が出てくる、あるいは今ちょっと言ったように、議案のところです。そうすると、これが1枚ずつ出る可能性が。多分問題が1つ、2つほど委員会の報告、これ今回大分やっていますよね、委員会。だから、大小構わず、やっぱりある程度大体載せておかなければいかぬと思うので、これ多分1ページぐらい使わなければいかぬのではないかと思うのだけれども。それと、あともう一つ、並行していくと、一般質問、やりますか、何か今もう話ししましたか。ひょっとすると、少なく……これ今17名ぎっちり入れていますよね。



◎議会事務局主事(菅原寛之) はい、17名で。



○委員長(上田勉) だから、2人減ると1ページ余るので、その分スペース……



◆委員(大橋博之) うちの会派もそうなのです。微妙に今調整しているのです。



○委員長(上田勉) そうすると、今だから16ページあるいは20ページという話になってくると、16ページぐらいでいいのではないかなという気がしないでもないのです。



◆委員(大橋博之) 一般質問でちょっとへこむかもしれません。



○委員長(上田勉) だから、20ページはちょっとかなりいろんなものもうちょっと入れて、盛りだくさんにしないとできない話なのだけれども、今の時期は余りやりたくないのです。16ページぐらいがいいところだと思うのだけれども。



◆副委員長(阿部勝?) ちょっと話それるのだけれども、議会基本条例で主要な議題の賛否、議案の賛否を公表するという項目あるのだけれども、公表する手段というのは広報ですよね。



◆委員(大橋博之) 今のところ。



◆副委員長(阿部勝?) 広報しかない。やっぱりそういうの……



○委員長(上田勉) それは、載せるというのは、一表にして何号議案は……



◆委員(古川泰広) 何人が誰が賛成とかということ。○とか×でね。



◆副委員長(阿部勝?) これ南あわじ市に行って議会報もらってきたのだけれども、一覧表になって出していました。



○委員長(上田勉) 1ページ使っているのでしょう。



◆委員(古川泰広) 一覧で○×で。



◆副委員長(阿部勝?) 全部公表してるんだね。



○委員長(上田勉) だから、今回だったら、今から載せるとしたら今回の議会の分だな。前の、6月は過ぎてしまったから。



◆委員(大橋博之) 決算の分とというのもあるのでしょう、やっぱり。決算の分の。



○委員長(上田勉) 決算の分だから。



◆副委員長(阿部勝?) 決算とか例えばこの間の臨時議会のやつとか。やっぱり……



◆委員(大橋博之) 臨時議会あたりのやつから載せたほうがいいかもしれない。



○委員長(上田勉) あれもあとの、6月以降のいわゆる臨時議会では20ページになりますか。



◆委員(大橋博之) もしかすると2ページぐらいかかるかもしれないから。単純に考えても1ページはふえるでしょう。



○委員長(上田勉) 一般質問のあれであれば大丈夫なのです。



◆委員(古川泰広) 一般質問次第ですね。



○委員長(上田勉) そうそうそう。



◆委員(大橋博之) 1ページくらいだったら多分一般質問が減った分ではめ込めるかもしれない。



○委員長(上田勉) 今委員会のやつがどれだけ成果が出ているかというところはあるのだけれども。



◆委員(古川泰広) 委員会は成果というのないのだけれども、報告だけですね。



○委員長(上田勉) でも、写真なんか載せるとやっぱり1委員会半ページは使うのではないですか、内容的には。



◆委員(小野惠章) でも、まだ調査の段階なので、別段結論を求めているわけではないし。



◆委員(大橋博之) 所管の例えば調査のテーマを何と何について各委員会が調査をスタートしていますよというくらいのテーマの紹介だったら。



◆委員(古川泰広) だったらできるけれども、今の調査の段階でそんなに細かいところまで。



○委員長(上田勉) そうすると、半ページで間に合うかな。了解。では、今の副委員長の言った分のところは、載せる方向でちょっとやりましょう。やり方は、こっちのをまねしていいから、条例をずっと入れて、○、×でやれば、縦に条例ですね。縦に条例というか、項目をやっていけば全部、名前が横だな。



◆委員(大橋博之) 横が議案で縦が議員。



○委員長(上田勉) 縦が議員ですね。17名できるかどうか。



◆副委員長(阿部勝?) 議運に話ししなくていいのですか。



◆委員(大橋博之) だって、これ前から決まっている。



◆副委員長(阿部勝?) やると決まっているけれども、主要なとかなんとかと文言あるのです、最初に。



◆委員(古川泰広) 基本条例にね。



◆副委員長(阿部勝?) 基本条例に。



◆委員(大橋博之) ただ、議運に諮らなければだめという話ではないと思います。



○委員長(上田勉) だから、付託された案件も案件なのだけれども、一応全部載せる方向で、ピックアップしてくれますか。それで、これやめようやとか必要ないな。要するに条例の改正とか何かというのは大したあれではないので、新規条例とか何かは別だけれども。主としてこういう付託案件とか、今まで載せた部分だけはきちっと。



◆委員(大橋博之) いいのではないですか、おもしろいですね。



○委員長(上田勉) では、一応それをまず16ページを基準にして、だめな場合は18ページ、切れページになるかと、足していきましょう。委員会条例、委員会の報告も状況を見ながら。今、だから項目だけで済んでいますか。もうちょっと、これは4分の1以上は書かないかぬぐらいにならないですか。今半ページしか使っていないけれども、この半ページは使うのではないのですか。



◆委員(大橋博之) だから、例えばぶっちゃけて言うと、決算の審査で全常任委員会というのがあるけれども、実際には今後の方向も記載しないといけないと思うのです、議論の内容。例えば広報の話、議会だよりの話だけではなくて、今この辺を検討していますよとか、報告会はこの予定ですよとか、こんなことも載せられると、半ページは使えるな。



◆委員(古川泰広) 常任委員会だからな。



◆委員(大橋博之) ですよ。委員会報告5つは載せるのです。



○委員長(上田勉) では、ちょっと休憩して。

    午後 1時43分 休憩

                                          

    午後 2時00分 再開



○委員長(上田勉) では、再開します。

  30号につきましては、20ページということで、コラムについては佐藤 筐子さん、それから編集後記は副委員長と。あと、ページ数については、20ページなので、一般質問等の兼ね合いで行数等をちょっと広げて見やすくするということでいきたいと思います。新人議員については、木村 清一君ということで、この次からは改選前やっていなかった人をちょっと、これについては何らかのときに私から全員にまた連絡しますので、ご了承くださいということで。みんながみんなやりませんよ、いいかなと思うので。



◆委員(古川泰広) 広報担当とすれば、この次のことの議論なのだけれども、2ページ目のいろいろレイアウト見たのだけれども、こいつ2ページ目の非常に大胆でいいなと、決算タイトル見開きにだっと載っけるというのは格好いいなと思って見てたのだけれども、ただその辺は少し考えてみたいと思うのですが、ただグラフが上になっているのはまずいなと思ったのだけれども、そんなこと思いました。



○委員長(上田勉) それは、見ながらやりたいと。次のときは、大体状況わかるので、原稿だれ書くかというところまでやりたいと思いますけれども。

  後ろがあるのでこれで閉めたいと思いますが、あと何かございますか。ちょこちょこ皆さん集まったときにまた集まってやっていきたいと思いますので、全体的には、申しわけないですけれども、古川さんと副委員長にお願いしていきたいと思います、申しわけありませんが。



◆委員(古川泰広) 何ぼか変わったでしょう、今回。良かったなと安心しました。



○委員長(上田勉) では、副委員長、お願いします。



◆副委員長(阿部勝?) 以上で終わります。どうもご苦労さまでした。

    午後 2時03分 閉会