議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成25年  議会運営委員会 11月08日−23号




平成25年  議会運営委員会 − 11月08日−23号







平成25年  議会運営委員会





           平成25年改 第15回議会運営委員会会議録
                                          
日時 平成25年11月8日(金曜日)
場所 本庁舎3階 第2委員会室
                                          
     出席委員(6名)
      委 員 長  大 橋 博 之
      副委員長  木 村 清 一
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  多 田 龍 吉
      委  員  阿 部 勝 ?
      委  員  五野井 敏 夫
                                          
     欠席委員(なし)
                                          
     その他出席者(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者
      議  長  滝   健 一
                                          
     委員外議員
      副 議 長  上 田   勉
      議  員  佐 藤 富 夫
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     事務局書記
      議 会 事 務 局 長    松  谷  善  雄
      議 会 事 務 局 次 長    大  槻     敦
      議 会 事 務 局 主 任    渥  美  勝  夫
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 開会あいさつ
 3 協 議
  (1)平成25年第4回臨時会について
 4 報 告
  (1)議員ファクシミリの更新について
  (2)平成25年第3回定例会の検証について
 5 その他
 6 閉会あいさつ
 7 閉 会



    午後 2時58分 開会



○委員長(大橋博之) 皆さん、こんにちは。定刻よりちょっと早いのでありますが、全員おそろいのようですので、ただいまより平成25年第15回の議会運営委員会を開会をいたします。

  朝晩めっきり寒くなりまして、皆さん体調管理には十分ご留意をなされて、議員活動なりをお願いしたいと思います。

  ただいまの出席委員は6名でございます。定足数に達しておりますので、直ちに会議を開きます。

  それでは、本日の協議事項に入らせていただきます。まず初めに、平成25年第4回の臨時会についてということで、議案の説明については事務局のほうからお願いをしたいと思います。松谷局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、議案の説明をします。

  議案につきましては、議案第103号 平成25年度東松島市一般会計補正予算(第4号)、それから議案第104号 平成25年度東松島市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。

  まず、一般会計の補正予算でございますけれども、既定の予算総額に2,885万円を追加し、総額を805億5,935万円として編成をするものでございます。歳入につきましては、市たばこ税において収入見込額を勘案して増額をいたしてございます。それから、国庫支出金につきましては震災復興官民連携支援事業補助金を計上、県支出金においては県補助金で保全松林緊急保護整備事業費補助金を増額、大曲保育所災害復旧事業補助金は減額をしております。

  それから、歳出についてでございますけれども、まず総務費については復興推進費に分散型エネルギーインフラ事業の導入可能性調査支援業務の委託料を計上してございます。それから、水産業復興費には室浜地区及び月浜地区の下水道処理施設及び雨水排水路整備などに係る漁業集落防災機能強化事業費を計上してございます。商工費につきましては、観光費に今後の三陸縦貫自動車道矢本パーキングエリアの活用を検討するための官民連携事業導入計画策定業務委託料を計上しております。災害復旧費につきましては、民生施設災害復旧費において大曲保育所増設事業が2カ年事業となることから翌年度支払い見込み分を減額をいたしてございます。

  まず、今言いました大曲保育所の関係でございますけれども、繰り越しせざるを得ないという中で、現行予算の中では913万5,000円を計上してございましたけれども、これは管理業務の委託料でございますけれども、この部分が26年度に繰り越しされるということで減額をいたしてございます。

  それから、同様に工事請負費の中で大曲保育所の園庭改修工事、この部分も予算上は見ておったわけでございますけれども、この部分も26年度に繰り越しを行うということで、増築工事と合わせて1億3,714万3,000円を減額しているところでございます。

  それから、水産業復興費、漁業集落防災機能強化事業設計施工監理業務という部分で600万計上してございます。さらには室浜の下水道処理、これ管渠の部分でございます。それから、月浜の下水道処理は雨水施設、この部分で工事請負費1億2,937万5,000円を計上しているところでございます。

  さらには、債務負担行為の補正、追加部分でございます。ただいま説明のとおり、大曲保育所増築工事、限度額3億1,100万円でございますけれども、これの期間が25年度から26年度まで、同様に漁業集落防災機能強化事業、限度額1億4,000万、期間が25年度から26年度までというものでございます。

  それから次に、下水道の特別会計補正予算(第3号)についてでございます。大曲排水機場整備事業の事業計画の変更に伴う東松島市流域関連公共下水道事業共同工事負担金に係る債務負担行為の補正の追加でございます。変更内容といたしましては、平成24年度に協定を締結し、東北農政局及び宮城県と共同で実施しております大曲排水機場における機場と排水路の取りつけ構造の変更、河川協議による新機場の計画堤防の構造変更、旧排水機場撤去に係る仮設の計画の変更等によるものでございます。

  資料のほうがワンペーパーで出ておりますけれども、これが負担割合なり、あるいは変更後の負担額が出てございます。三者共同の大曲浜排水機場につきましては、当初東松島市の負担額5億3,700万でございました。トータルの事業費が15億4,000万でございます。そのうち34.9%ということで、5億3,700万の市の負担でございます。これが変更負担額としまして、変更後の負担が6億2,700万、差額が9,000万でございます。総事業費が17億9,800万に増加したための負担額の増ということでございます。下段の部分につきましては、当初の予定どおりでございます。

  以上が補正予算の内容でございます。



○委員長(大橋博之) 今事務局のほうから補正予算についての議案の説明がございました。

  休憩します。

    午後 3時07分 休憩

                                          

    午後 3時10分 再開



○委員長(大橋博之) では、再開をいたします。

  ただいま休憩中に各委員からおのおの今回の補正予算についていろいろご意見をいただきました。そういった形で議案の審議についてはお諮りした流れで審議をするということでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 日程等云々は、これ即決案件なのでしょうから……先にこれやればいいのかな、議事日程もやればいいのですよね。では、議事日程の説明を。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、議事日程を説明します。

  会議録署名議員の指名、会期の決定は1日限りということで、議案第103号、104号につきましては一括議題といたしたいと考えてございます。提案理由の説明、それから補足説明の後、質疑、委員会付託の省略、討論、採決については1件ずつということで予定をしてございます。



○委員長(大橋博之) ただいま議事日程についての説明が事務局からありましたが、このとおりの審議の流れでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) ということで、この流れでの審議になるということが決定されました。

  それでは、続きまして報告事項でございますが、よろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、まず1番目の議員ファクシミリの更新についてということでございます。これは前回の議運でこの部分については提案があり、各会派に持ち帰っていただいて、各議員の要望をお聞きした上で方針決定をということでございましたので、その辺調査が済んでいるようでございますので、事務局のほうからその報告をさせていただきたいと思います。

  では、事務局お願いします。



◎議会事務局長(松谷善雄) 前回も若干ご報告いたしましたけれども、その後結果的にはファクシミリ更新に当たりまして、現在8名の方が今後ともファクスを更新をして使いたいということで、それでいろいろご協議させていただきまして、うち6人については個人で購入するという報告でございます。それから、お二人については政務活動費の中で、これは事務局のほうからも若干のお願いをしまして、何とか政務調査費の中でお願いをしたいということで、8名についてはファクスを更新をするということで、今後更新に向けた準備を進めたいと考えてございます。

  それで、個人で購入される方6人、それから政務活動費2人ということで、8台を更新するわけでございますけれども、更新に当たりましてはいろいろタイプもありますし、それからそれぞれ個々に電気屋さんと調整するのも大変でしょうから、その部分については事務局側である程度手伝いをしようかということで今進めてございます。そうした中で、これは対象者の方とも協議しなければならないのですけれども、機種の問題ですとか、もしかしたら同じ機種を使ったほうが使いでがあるものなのか、その辺も含めて今後協議をいたして、手続を進めたいと考えてございます。

  それから、前回も説明しましたけれども、今後利用する上では消耗品、特にインク代の関係でございますけれども、大体年間3,000円前後なのかなということで想定していますけれども、この部分については消耗品ということで、恐縮ですけれども、活動費の中で何とか処理をしていただきたいという、これはお願いでございます。

  それから、全ての更新が終わった段階、もしくは年度末までにはその作業をしたいと思っていますので、更新後に年度末までの間に既存のファクシミリの貸与規程につきましては廃止という形で手続を進めさせていただきたいと思います。よろしくお願いをいたします。



○委員長(大橋博之) 今議員ファクシミリの更新についてということで、各議員からの意向を調査した上で方針を決定をさせていただいたということでございます。

  各委員の皆様、ただいまの報告内容でよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、(2)に参ります。平成25年第3回定例会の検証についてということで、皆様のお手元に検証についての各議員、そして会派からの取りまとめていただいた内容について集計をしておりますので、全体の流れ、そして改善実施内容ということで皆様からご意見をいただいたのを集約しまして、このような方向性である程度今後検討していったらどうだろうというふうに取りまとめをさせていただきました。その部分につきまして、ざっくりと事務局から内容について皆様にご報告をお願いいたします。大槻次長。



◎議会事務局次長(大槻敦) それでは、私のほうから説明させていただきます。

  集計結果ということで、第3回定例会検証をまとめさせていただきました。左端に番号がありまして、それで一番上、会期は能率的な運営で妥当な期間であったという検証事項につきまして、第3回定例会におきましては14人の議員さんからはいということでお答えをいただいております。はいにつきましては、前回の第2回と比較しますと、前回17だったので、3人ほど下がっているわけですけれども、今回もかなり高い数字となっております。これについては意見も出ておりまして、主なものとしましては期間の短縮についての意見、それから議案調査の休会についての意見、それから一般質問の日程に関する意見ということで出ております。

  それから、次の平成25年第3回定例会の一般質問について伺いますということで質問させていただいたものにつきまして、これについては2―1から2―6まであるわけですけれども、2―1から2―5までにつきまして、はい、いいえの数字を見ますと、おおむねはいの回答が多い結果となっております。そして、最後の段の2―6の質問事項、全般的に能率的に必要な再質問が展開されたと感じましたかというような質問については、ばらつきがあるのかなということで、これについては1回、2回のほうではある程度はいのほうの数字が多かったわけですけれども、大体はい、いいえということでの同じぐらいの数字がこの2―6については出ているのかなというふうな状況になっております。それから、意見の中には再質問の内容についての意見ですとか、それから質問に当たっての調査の必要性についてということでの意見が出ております。

  それから、次に裏の面になりますけれども、平成25年第3回定例会の議案等審議について伺いますということで、左端の3―1から3―9までということで質問ありますけれども、はい、いいえの数字につきましては大体はいのほうの数字が多いわけですけれども、特に3―6について、今回の定例会は討論1件ということで、改善の必要はないでしょうかという問いに対しましては、はい9人、いいえ7人、どちらでもない2人ということで、これについては1、2回ともある程度ばらつきがあったということで、今回もこういった数字にはなっているわけですけれども、その辺で議案等審議についてに関する意見ということですけれども、意見については決算質疑の必要性に関する意見、それから質疑の仕方についての意見、それから時期について、それから賛成討論、反対討論の定着化ということについての意見、それから総括質疑の検証、それから答弁内容についてということでの意見が出ております。

  以上で大体まとめたものの概要なのですけれども、右端、改善実施内容(案)となっておりますけれども、こちらのほう、意見を大体まとめてみたものが改善実施内容(案)ということで、大橋委員長さんのほうに相談いたしまして、こういった感じでまとめてみましたので、その辺大橋委員長さんのほうから確認といいますか、お話し合いをお願いしたいと思います。

  以上です。



○委員長(大橋博之) 休憩します。

    午後 3時22分 休憩

                                          

    午後 3時57分 再開



○委員長(大橋博之) 再開いたします。

  ただいま休憩中に25年第3回の定例会の検証について、各委員から忌憚のないご意見をいただきまして、この部分についてはまた会派のほうに持ち帰っていただいて、本日まとめさせていただいた改善実施内容ということで、案として出していた部分を皆さんにご議論いただいて、これを改善するためにはどんな課題を克服していかなくてはいけないか、問題を議論していかなくてはいけないかという部分をしっかり会派の中で協議いただきたいというふうに思います。

  ということで、本日の協議事項、そして報告事項については全部終了いたしました。

  それでは、その他について何かございましたら、各委員から、また事務局からお願いをしたいと思います。局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) 12月定例会の最初の議運、今のところ21日を想定していますので、まだ案ですけれども、スケジュールに入れ込んでおいていただければ。



○委員長(大橋博之) 21日ですね。午前、午後……



◎議会事務局長(松谷善雄) どちらになるのか……



○委員長(大橋博之) 21日、木曜日ね。



◎議会事務局長(松谷善雄) 皆さん、どちらがよろしいでしょうか。



○委員長(大橋博之) どうですか。

     〔「先に決めてもらったほうがいいな」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 21日というのは、何も予定ない日だな。



◎議会事務局長(松谷善雄) 何も予定がなければ、午後からお願いしたいのですが。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 2時ですか、3時ですか、1時半……1時半がいいね。ということで皆さんよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) あとは案内出しますよね。



◎議会事務局長(松谷善雄) 出します。



○委員長(大橋博之) 11月21日、午後1時半。

  ほかにありますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) では、本日の協議事項、全て終了いたしました。

  それでは、閉会の挨拶を副委員長、よろしくお願いします。



◆副委員長(木村清一) どうも大変ご苦労さんでございました。3回定例会の検証関係等については、物によりけりというのは確かにあると思いますし、議員の個人の考え方という部分等を考えますと、組織でどうのこうのということでない、個人と組織の部分の命題的な部分もあるわけでございます。ただ、全体的にはこういうふうに議論を重ねることによって前進するというような傾向が顕著でありますので、会派と議運との取り扱いも調整をしながら進めていくことによって、より円滑的な議会ができるものというふうに思いますので、ぜひ今後ともそういう姿勢で臨んでいきたいというふうに思います。

  きょうはどうも大変ありがとうございました。

    午後 3時59分 閉会