議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成25年  議会運営委員会 06月03日−11号




平成25年  議会運営委員会 − 06月03日−11号







平成25年  議会運営委員会





      平成25年 第3回議会運営委員会会議録
                                          
日時 平成25年6月3日(月曜日)
場所 本庁舎3階 第2委員会室
                                          
     出席委員(6名)
      委 員 長  大 橋 博 之
      副委員長  木 村 清 一
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  多 田 龍 吉
      委  員  阿 部 勝 ?
      委  員  五野井 敏 夫
                                          
     欠席委員(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者(1名)
      議  長  滝   健 一
                                          
     委員外議員(3名)
      副 議 長  上 田   勉
      議  員  古 川 泰 広
      議  員  佐 藤 筐 子
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     事務局書記
      議会事務局長     松  谷  善  雄
      議会事務局次長    大  槻     敦
      議会事務局主任    渥  美  勝  夫
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 開会あいさつ
 3 協 議
  (1)平成25年第2回定例会について
    ? 一般質問について
      17人 28件
    ? 議事日程について
    ? 議員派遣について
     ア 友好姉妹都市「北海道更別村」議員交流事業
      (ア) 目  的  友好姉妹都市である北海道更別村と議会議員相互交流を実施
                するもの
      (イ) 派遣場所  北海道更別村
      (ウ) 期  間  平成25年7月2日(火)〜7月4日(木)
      (エ) 派遣議員  滝  健一  議長
                木村 清一  議員
    ? 陳情について
     ア 国民年金法等の特例水準の解消を実施しないよう求める意見書提出についての陳
       情書
 4 その他
 5 閉会あいさつ
 6 閉 会



    午後 3時28分 開会



○委員長(大橋博之) それでは、定刻よりちょっと時間早いのでありますが、委員の皆様おそろいのようですので、ただいまから開会をしたいと思います。

  まず初めに、6月に入りました。いよいよ夏に向けての衣がえの6月1日からの時期ということで、議会のほうもクールビズということで、後々その他で議題にはなりますが、それを前提に6月の議会も含めて進める形になろうかと思います。

  そういうことで、本日の出席委員は6名であります。定足数に達しておりますので、直ちに会議を開きます。

  本日の協議事項でございます。まず、協議事項に入る前に、皆様のお手元に議案書をお配りしております。中身についてちょっと確認を、お話ししていただいて、きょう使う資料もございますので、よろしくお願いをしたいというふうに思います。

  それでは、まず初めに一般質問についてということでお諮りを申し上げます。お手元にA3の資料をお渡ししております。今回、全18名の議員のうち議長を除き17名の通告をいただいております。件数にしては28件ということで、皆様に一覧で、一般質問の通告の内容について件名ごとに一覧表を作成いたしておりますので、ごらんいただきたいというふうに思います。

  実は、この一般質問の協議についてでありますけれども、歴然としてダイレクトな件名の重複等については、通告を受ける時点で事務局も含めて提出者との調整なりの部分は議論していたのでありますが、おおむね大きな項目に関しては、まず大きな重複はないというような状況になっております。ただし、順位第1位から第17位までのうち、右側の摘要の欄をごらんいただきたいというふうに思います。毎回一般質問で、この部分で重複しているということがいろいろ議論になっておりますが、まずその辺で各質問者同士の配慮、それから市長答弁等についてしっかり執行部側にも申し入れをするということで、無駄のない質問と答弁という流れにさせていただければというふうに思っております。実際に通告順位がどうしても優先されるという部分もございますので、この辺、一覧をちょっと見ていただいた上でその辺の配慮をお願いできればというふうに思っております。

  では、事務局、ここでかいつまんで重複箇所、それから調整できる範囲、可能かどうかという部分、それから各議員との調整の状況とか、その辺をもし各委員の皆さんにご報告いただければと思います。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、この一覧にありますとおり、まず第1位、第3位の五ノ井 惣一郎さん、五野井 敏夫さんの部分の質問なのですけれども、非常にこのとおり間口が広いというか、非常に多面にわたる質問になった状況でございますので、中身、ただ見ますと、まず五ノ井 惣一郎さんにつきましては、いわゆる25年の市長の市政執行についての所信を捉えた質問でございます。それで、この1番の復興まちづくり計画の重点施策に問うということで、ただ質問の内容を見ますと重点施策の進捗状況はどうなっているのだというのが質問のメーンでございます。非常にテーマが大きいのですけれども、そういった意味ではこのように3問出していますので、結構時間的にも余りある意味では深く追及というのは難しいのかなという思いがしました、通告を読んでいて。

  それから、五野井 敏夫さんにつきましては、いわゆる復興絡みの質問ではあるのですけれども、まだ現在進行形のような状態で動いている事業、全て動いている事業ですので、事業期間も結構長くかかる事業ですので、その政策の指針なり考え方なり、あるいは将来展望をどのように見込んでいるのかというふうな、そういった質問になってございます。そういったことで、このお二方の質問が、非常にエリアが広いと申しますか、今の復旧、復興絡みの事業をほとんど捉えていますので、そういった意味ではその順位以降に出てきます皆さんと一部重複が見えるところではございますけれども、それぞれそれ以降の通告を見ますとある程度ピンポイントで捉えている節もございますので、前段執行部の答弁で了解できる部分については割愛をしてという、その場での形になるのかなということで、受け付けの際には、一応各議員にはこのような形でタイトルから見ますと若干ダブりがございますよという説明はしてございますので、そういった意味では本会議場で答弁を聞きながら再質問に入っていくのかなという思いで見ていました。特にこれとこれは絶対難しいよねというのは、私の見た目ではございませんでした。あとそれぞれ通告書をごらんいただいて、関係する議員にあっては調整をできればお願いしたいということでございます。



○委員長(大橋博之) 今事務局長からこの通告の部分の重複についての部分での説明をしていただきました。一覧を見ていただければわかりますように、特に清風さんのところの会の方が、議員の方がちょっと多いなという感じもしましたので、当然会派の中で本会議が始まる前に微調整をしていただいたり、その辺でダブった部分については割愛でというふうな今の文言どおり打ち合わせをしていただければスムーズにいくのかなというふうに思います。それ以外のほかの会派の皆さんに関しましても、そう大きく類似しているところはございませんので、そこは議員同士、一回ちょっとお声がけをしていただいて、そういう形でどうでしょうというお声がけをしていただければ非常に効率のいい一般質問になろうかと思いますので、そういう形で調整をしていただいてよろしいですか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) ということで、今皆様にご説明をし、お諮りした部分に関しての一般質問の通告に関しての協議は以上とさせていただきます。よろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それから、以前の議運で日程、3日間ぎりぎりという部分と、それから4日目に、一般質問の進みぐあいで4日目にも進んでいくという可能性がありますよということでお認めをいただいた形になっております。これは、議長の采配にお任せをする部分もあるのですが、議運でもそのとおり日程をある程度……

     〔「13」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 予備日4日目まで考えていくということでご承認いただいてよろしいですか。



◆委員(小野惠章) 絶対無理だ、このボリュームだと。



○委員長(大橋博之) 実際のところ17件、予想していたのですけれども、もうちょっと少なければ余裕のある日程になったと思うのですが、どうしても3日で終わらせようとなると1議員当たりの、やっぱりご自分の裁量でついついはしょって短目にという質問内容になってしまうおそれもございますので、4日目もあるということで、各議員、手持ちの自分の持ち時間、しっかり使い切っていただく形で取り組んでいただければというふうに思います。この件もよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) これ以前に議論しましたから。五野井委員。



◆委員(五野井敏夫) この12日の予定はどうなったの。県議会の建設企業委員会視察というのが13時から入っていて、そのとおりなの。



◎議会事務局長(松谷善雄) 予定はそのとおりでございます。ただ、こちらからの出席議員の関係ですけれども、県の常任委員会ということでございますので、正副議長と産業建設常任委員会の委員の出席ということで計画は持っています。



◆委員(五野井敏夫) それ以外は、あといいのだな。



◎議会事務局長(松谷善雄) それ以外は……



◆委員(五野井敏夫) その人たちのためにこれ半日なのだよな。本当に……



○委員長(大橋博之) 別に制限するものではございませんから、出席していただいて結構なのですけれども、現場の視察等もございますので。



◆委員(五野井敏夫) 違うのさ、俺言っているのは、議会中に何ぼ県議だといえども。逆に、13日にずらしてほしいの。



◎議会事務局長(松谷善雄) 日程については、結構中で変わっていまして、最初はこの日程ではなかったのですけれども、いろいろな都合でこの日、もう指定になってしまったのです、最終的には。



◆議長(滝健一) 時間割り、ちゃんと予定表も。



◆委員(五野井敏夫) うん、だから。



◎議会事務局長(松谷善雄) よろしく。



○委員長(大橋博之) 五野井委員からいただいた意見というのは、もっともな話でありますので……そうなのです。県議会に合わせる必要は基本的にはないのですけれども、あとは来ていただいて、視察していただいて、復興のプラスになるということでご協力をするということで、よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



◆委員(五野井敏夫) 午前中、うちのほうの傍聴でもするのだったらまた別だ。



○委員長(大橋博之) それでは、一般質問については以上で終了いたします。

  次に、議事日程についてであります。お手元の資料、議事日程第1号の案ということで皆様にお配りをしておりますので、事務局、説明をよろしくお願いします。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、議事日程の第1号でございます。

  それで、まず開会前に全国市議会議長会表彰の報告ということで、先ほど議長室において今回受賞になりました五野井 敏夫議員、古川 泰広議員、それから前議員の新貝 貢一議員に対しまして10年以上の部ということでの表彰、伝達を行ったところでございます。先例に従いまして本会議場でそれらをご報告することになります。その後市民憲章の朗読、開会宣言という流れでございます。

  まず、日程第1から入りますと署名議員の指名、会期の決定、諸般の報告、市長の行政報告もございます。

  それで、議案でございますけれども、まず議案第58号でございます。東松島市子ども・子育て会議条例の制定についてということでございますが、新規条例の制定でございます。これにつきましては、子ども・子育て支援法という法律が昨年の8月に施行されたことに伴いまして、各自治体でその条例の制定を行うものでございます。

  内容につきましては、保育施設あるいは保育事業の利用定員並びに支援に係る事業計画について、必要な調査、審議を行う会議ということで、いわゆる子育て支援絡みの部分の諮問機関と申しますか、等実践に当たって、その運営についてもそういったさまざまな選出された議員からのご意見を聞きながら子育て支援事業を行うという形を整える部分でございます。委員につきましては15人以内ということで予定されているようでございます。子供の保護者なり、あるいは事業主を代表する者、労働者を代表する者、事業に従事する者、それから学識経験等々、こういった各界から委員さんを委嘱いたしまして、この会議を、子育て会議を設置する内容となってございます。

  それから、議案第59号でございますが、東松島市個人情報保護条例の一部を改正する条例ということで、これにつきましては一部改正でございますが、開示請求に当たりましてやむを得ない事情により本人にかわって代理人が開示請求を行う場合、それから遺族等が開示請求を行う場合の取り扱い等々につきまして一部改正がございまして、これを明文化するものでございます。いわゆる代理による開示請求という部分が追加になるという考え方でございます。

  それから、議案第60号 東松島市職員定数条例の一部を改正する条例ということでございますが、震災からの本格的な復興業務を行うに当たりまして不足している職員を確保すべく、さらなる派遣職員及び任期つき職員の採用を執行部側では計画しているところでございますけれども、受け入れ側の、これらの派遣職員なり、あるいは任期つき職員につきましては、受け入れ側も職員定数に含めるという取り扱いをしている関係上、現在の職員定数410人では将来的に不足を来すということで、今回430人に定数を増員させるものでございます。実際この部分につきましては、まだ記憶があろうかと思いますけれども、24年の第1回定例会で1回、一部改正を行ってございます。この際には390人から410人にということで20人の増員をしているわけでございますけれども、復興の事業が進むにつれて、やはり職員不足というのが結構表立ってまいりまして、今後も協力、全国に協力をいただくわけですけれども、そういった中で作業を計画しているということから、現在の定数410人から430人に増員をするものでございます。

  それから、議案第61号でございますが、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例、それから教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例ということで、国のほうからは国家公務員の給与の削減7.8%ですか、あれを捉えて、ぜひ各自治体でもというふうな通知をいただいておるところでございますけれども、この部分につきましては市長から議長、直接協議する時間がございまして、その際にもいろいろ説明は伺ってございます。それで、本市につきましては、職員の部分については、もう既にそういった削減等々も実施しておりますし、今回については、職員の部分については見送るという考えを持っておられるようでございます。ただし、現在派遣職員も含めまして95人の協力をいただいてございます。国の通知なるものが全国の自治体に行っていますから、各自治体では国のそういった考え方に従って削減する自治体も当然出るだろうという考え方もございまして、市長としてはこういう状況なものですから、まず職員はそのようなことで見送るという姿勢は変わらないわけでございますけれども、市長、副市長、教育長にあってはこういったことも、心情的な部分も踏まえて今回削減の議案を出すということで、市長で10%、副市長8%、教育長5%の削減の案でございます。

  それから、62号でございますけれども、東松島市復興産業集積区域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例でございます。これにつきましては、東日本大震災復興特別区域法に基づき、国の同意を受けた復興産業政策区域について、対象施設等に係る固定資産税の課税免除の申請時期を変更するために今回改正をするものでございます。内容につきましては、賦課期日の属する年の1月31日を、いわゆる納期の問題でございますけれども、これまで1月31日のものを免除を受けようとする年度の第1期の納期限前7日ということで、具体的には1月31日から6月30日、1月31日を6月30日に改めるものでございます。いわゆる課税免除の申請期間の延長ということでございます。約5カ月ですか、5カ月延長するという措置でございます。

  次に、議案第63号でございますが、東松島市鷹木の森運動公園内倉庫新築工事(繰越明許)(建築工事)請負契約の締結ということになります。運動公園内に防災用品などを保管する倉庫を新築する工事に係る請負契約の締結でございます。入札につきましては、既に5月28日に執行してございまして、業者、株式会社加賀田組東北支店が落札者となってございます。契約金額1億4,547万7,500円ということで仮契約を締結してございますけれども、議決を受けて本契約化するものでございます。

  それから、64号でございますが、コミュニティセンターの指定管理者の指定についてでございます。これは、これまで進めてきてございます施設関係の指定管理者、今回はいわゆるコミセンに指定管理者制度の導入を行うという内容になってございます。特定非営利法人東松島市芸術文化振興会にこの指定管理をお願いするといったような内容でございます。指定管理の期間につきましては、議決後、本年10月1日から平成29年3月31日まで3年6カ月でございます。指定管理料は3年6カ月分として1億5,128万8,000円となってございます。それで、議事日程のほうをちょっと見ていただきたいのですが、まず日程第5の議案第58号でございますけれども、子育て会議条例の制定、あくまでも条例の新規制定でございますので、この部分につきましては、案としましては委員会付託をお願いしたいと。所掌が民生教育常任委員会となってございます。そして、審査の期限でございますけれども、会期日程上は21日まで会期をとっておるわけでございますけれども、本会議最終日20日ということで予定をしてございます。ですから、審査の期限としましてはその前日、6月19日までの期限を付して民生教育常任委員会に付託してはという案でございます。

  それから、もう一本ですが、議案第64号、ただいま申し上げましたコミセンの指定管理者の指定に係る部分でございますけれども、これもこれまで指定管理関係につきましてはそれぞれ付託をしている経緯もございますので、この部分につきましても民生教育常任委員会に付託をすると、同じように6月19日の期限で付託をするという内容になってございます。

  それから、最後のほうでございますけれども、議案第65号から70号につきましては一般会計並びに特別会計の補正予算でございます。一括議題として捉えてございますけれども、提案理由の説明、質疑、付託省略ということで、その後1議案ごとに採決をいたしたいと考えてございます。それ以外の議案につきましては、条例の一部改正等でございますので、提案理由説明、質疑、それから付託の省略、討論、採決という流れで審議を行いたいと考えてございます。

  以上でございます。



○委員長(大橋博之) ただいま事務局から議事日程第1号案ということで説明をいただきました。ということで、休憩いたします。

    午後 3時53分 休憩

                                          

    午後 4時01分 再開



○委員長(大橋博之) それでは、再開をいたします。

  休憩中にいろいろご意見をいただき、方向性を頂戴しましたので、まずお諮りを申し上げます。それでは、日程第1から日程第4までは、先ほどの説明のとおりでよろしいですね。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第5、議案第58号 東松島市子ども・子育て会議条例の制定については、提案理由の説明、そして質疑、これは委員会付託ということで民生教育常任委員会へ付託させていただき、期限は6月19日までの期限というふうにさせていただきます。よろしいですね。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第6、議案第59号 東松島市個人情報保護条例の一部を改正する条例について、これについても提案理由の説明、質疑、付託を省略し、討論、採決ということでお諮りをいたします。よろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第7、議案第60号 東松島市職員定数条例の一部を改正する条例について、これは提案理由の説明、そして質疑、付託を省略し、討論、採決ということでお諮りをいたします。よろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第8、議案第61号 東松島市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び東松島市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例については、提案理由の説明、質疑、付託を省略し、討論、採決で進めます。よろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第9、議案第62号 東松島市復興産業集積区域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例については、提案理由の説明、質疑、付託を省略し、討論、採決ということでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第10、議案第63号 平成24年度東松島市鷹来の森運動公園内倉庫新築工事(繰越明許)(建築工事)請負契約の締結について、提案理由の説明、質疑、そして付託を省略し、討論、採決ということで進めてよろしいでしょうか。



◆委員(五野井敏夫) 委員長、待って。ここ倉庫を建てることは、鷹来の森の敷地の中に建てるというのは聞いたけれども、この場所に建てるという説明してもらっていたか。



○委員長(大橋博之) 休憩します。

    午後 4時03分 休憩

                                          

    午後 4時14分 再開



○委員長(大橋博之) 再開します。

  議案第63号につきましては、ただいま担当課での確認作業でございますので、これは最後の審議にします。

     〔「来た」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 来た。それでは、今事務局のほうが担当課へ確認をしに行きまして、その状況、今戻ってまいりましたので報告をさせます。では、局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) おっしゃるように鷹来の森運動公園内で整備をするという説明まではしていますけれども、場所の決定はこれまでしていなかったという、今回、今回が最初というか、案でございます。それと、あと議決の翌日に本契約を結ぶということですので、仮に20日でもそれは問題ない。



○委員長(大橋博之) ただいまこの議案について担当課での聞き取りをした結果を今報告いただきました。

  休憩します。

    午後 4時15分 休憩

                                          

    午後 4時16分 再開



○委員長(大橋博之) 再開をいたします。

  ただいま休憩中にいろいろご意見を調整させていただきまして、日程第10、議案第63号でありますが、平成24年度東松島市鷹来の森運動公園内倉庫新築工事(繰越明許)(建築工事)請負契約の締結については、提案理由の説明、質疑の後、委員会へ付託をさせていただく。付託先は、総務常任委員会へ付託をするということでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) ということで、議案第63号については総務常任委員会への委員会付託ということになりました。

  では、次に日程第12、議案第65号から日程第17、議案第70号まで、平成25年度東松島市一般会計補正予算並びに特別会計補正予算については、提案理由の説明、質疑の後、付託を省略し、1議題ずつ討論、採決ということでよろしいでしょうか。

     〔「休憩をお願いします」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 休憩いたします。

    午後 4時17分 休憩

                                          

    午後 4時20分 再開



○委員長(大橋博之) 再開をいたします。

  休憩前に皆様にお諮りをいたしました日程第12、議案第65号から日程第17、議案第70号までの東松島市一般会計補正予算及び各種特別会計補正予算の審議について再度お諮りをいたします。

  提案理由の説明、質疑の後、付託を省略し、1議題ずつ討論、採決ということで進めさせていただくということでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、ただいま議事日程、皆様にお諮りした部分、提案どおり……1つ変更がございましたが、全て可決をしていただきました。そういうことで、議事日程については以上のとおりで終了いたします。

  次に、議員派遣についてをお諮りいたします。この点につきまして、では事務局のほうから説明を願います。



◎議会事務局長(松谷善雄) 毎年北海道更別村との議員交流事業でございますけれども、この件につきましては前回も改選期を捉えて、いわゆる表敬も含めての交流事業でございます。

  それで、今回につきましては議長と、それから新人議員、木村議員の2人ということでの派遣の計画でございます。これは、執行部側から、実は執行部も、市長も同様に改選期でございますので、表敬も含めて同道するといったような内容になってございまして、このスケジュールにつきましても執行部の案に合わせた形でのスケジュールのとり方をしてございます。7月2日から4日ということで、2泊3日の行程でございます。前回も議長と、それから新人議員、あのときは3人だったか、4人だったか、いずれそれも改選期後に行っていると思いますけれども、あと同じ内容でございます。よろしくお願いします。これは、最終日に、20日の日に、最終日に議決をとりたいと思いますので。



○委員長(大橋博之) 議員派遣ね。



◎議会事務局長(松谷善雄) はい。



○委員長(大橋博之) それでは、ただいま友好姉妹都市の北海道更別村への議員派遣についてお諮りを申し上げます。

  ただいま事務局から説明を受けましたように、今回の派遣議員については滝 健一議長、そして木村 清一議員ということでお二人、派遣をさせていただくということでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、ご決定をいただきましたので、議会の最終日にこの議員派遣については本会議でお諮りをするということになります。ここの部分についてはいいですか、何もほかに。よろしいでしょうか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、次に陳情についてであります。これは、議案書の中に入っておりますが、国民年金法等の特例水準の解消を実施しないよう求める意見書提出についての陳情書ということでございます。ごらんいただきたいと思います。



◆議長(滝健一) 中に入っているのね。



○委員長(大橋博之) そうですね、工事契約内訳書の前に入っているやつ。陳情者が東松島市赤井字南新町8―2、全日本年金者組合宮城県本部東松島支部、支部長、杉山 啓治様ということで。

  休憩をいたします。

    午後 4時25分 休憩

                                          

    午後 4時27分 再開



○委員長(大橋博之) では、再開いたします。

  この協議事項の?、陳情についてでありますが、議員各位へ配付ということでよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、本日の協議事項は以上であります。

  4番のその他であります。事務局のほうからその他について説明をお願いいたします。局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) それでは、まず1点目ですけれども、クールビズの関連でございます。これは、国のほうからの要請がございますし、市としても、市としては6月1日ということで対応するということになってございまして、例年6月議会から各議員にはノーネクタイでということでお願いをしてございます。それで、通知につきましても例年同様に議案と一緒に各議員に通知をしてございます。

  それから、2件目でございますけれども、姉妹都市の東根市との関係でございますけれども、関連でございますが、従前から事務レベルでは、事務局サイドでは、いわゆる交流会的なものを、タイミングとすれば改選後ですので、そのときどうかなというお話はしてございます。それで、一応予算措置上もこちらから東根市さんにお伺いするということで予算措置はしてございます。ただ、あとはいつの開催という、一般的には9月議会が終わってから10月なり11月の時期なのかなという思いはしてございますけれども、まだ正式には相手方にも申し上げておりませんので、その辺、今すぐここで云々というのではなくて、いかがでしょうねということで皆さんにお諮りをしたいと思います。お願いしたいと思います。



○委員長(大橋博之) 今その他の中でクールビズ、それから東根市議会との議会としての交流会ということの今打診ということが、水面下でいろいろ調整していたようでありますが、新しい体制の議会として交流をという考え方なのでしょうけれども、議長、いかがですか。



◆議長(滝健一) 予算措置もしてあることだから、いずれ都合のいい時期に。みんな7月までにね。議員さんたちね。やっぱり9月ごろだな。



◆委員(五野井敏夫) 暑くて。



○委員長(大橋博之) 9月定例会があるので、10月でしょうね、時期的には。



◆委員(五野井敏夫) 10月末から11月でいい。今行ったら、もう暑くて。



○委員長(大橋博之) ちなみに知り合いのところなのですけれども、メンバーが1人市会議員がいらしてということがあって、友好姉妹都市のきっかけづくりをさせていただいたというあちらの議員の方の思いもあるようですから、ひとつその辺もあわせて。



◆副議長(上田勉) 何ていう人。



○委員長(大橋博之) 河村議員。



◆議長(滝健一) いずれ早く決めないと各議員さん。全員でね。



○委員長(大橋博之) 全員でね。



◆副議長(上田勉) ライオンズの会、ライオンズ。



○委員長(大橋博之) ライオンズの。



◆委員(五野井敏夫) できるだけ復旧、復興が進んでから歩くということにしたほうがよい。今こうやって歩くと何だっけと……。



○委員長(大橋博之) たまたま3人……3人か、3人……

  そんなことで、多分この議員さんにもいろいろ取り上げていただいていてね。議会内部でも。新貝さんが一般質問で友好都市の締結と大分言っていたのです。向こうの議員さんも向こうの議会で一般質問でやっていたと、そんな10年ぐらい前からやっていた分もあったので、多分そういう思いはあちらでも強いとは思うのですけれどもというところです、流れとすれば。そういうお話が出たのです。



◆議長(滝健一) では、秋口。



◆副議長(上田勉) ちょっと蛇足だけれども、23日、私6師団に呼ばれているので行ってきますので、個人的に。



○委員長(大橋博之) えっ。



◆副議長(上田勉) 6師団。東根。



○委員長(大橋博之) ああ、神町。



◆副議長(上田勉) そのとき、もし議長が来ている、あるいはほかの人がいればお話しします。だから、今河村さん……23、日中。



○委員長(大橋博之) 今月。



◆副議長(上田勉) うん。



○委員長(大橋博之) では、それまで情報を流します。



◆副議長(上田勉) ちょっと話で、秋口がいいです、こういう話が出ましたと伝えます。



○委員長(大橋博之) わかりました。

  ということで、ではその他、以上でよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、本日の協議事項は以上で終了をいたします。

  議長、副議長、そして各委員の皆様からその他のその他、その他何かありますか。よろしいですか。

     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、副委員長、これからの日程等も含めて閉会のご挨拶をお願いしたいと思います。



◆副委員長(木村清一) どうも大変皆さんご協力ありがとうございました。

  本当に想定されたとは言いながら、18人中17人の一般質問と、しかも途中では県議会の企業常任委員会のほうでおいでになるということもございます。言ってみればちょっと不規則的な対応になります。ただし、我が議会が本分でございますので、全力を挙げてそういった調整等も含めて進めていければよろしいかなというふうに思います。改選後初の定例会でございますので、皆様のご協力をひとつよろしくお願い申し上げます。

  なお、本日でございますが、6時からということでございますけれども、実は委員長のほうが商工会のほうで若干法要がございまして、30分ほど遅参するということでございますので、開会は定刻どおり開催させていただきたいと思いますので、ひとつご協力をお願い申し上げます。

  以上でございます。

    午後 4時34分 閉会