議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成24年  決算審査特別委員会 09月26日−06号




平成24年  決算審査特別委員会 − 09月26日−06号







平成24年  決算審査特別委員会





        平成24年 東松島市決算審査特別委員会会議録(第6号)
                                          
平成24年9月26日(水曜日)
                                          
       出席委員(19名)
   委員長  上 田   勉          副委員長  新 貝 貢 一
   委 員  八 木 登喜雄          委  員  大 橋 博 之
   委 員  多 田 龍 吉          委  員  阿 部 勝 ?
   委 員  阿 部 としゑ          委  員  滝   健 一
   委 員  熱 海 重 徳          委  員  小 野 惠 章
   委 員  古 川 泰 廣          委  員  五ノ井 惣一郎
   委 員  丹 野 幸 男          委  員  佐 藤 筐 子
   委 員  八 木 繁 次          委  員  熊 谷 昌 崇
   委 員  小 野 幸 男          委  員  菅 原 節 郎
   委 員  佐 藤 富 夫
                                          
       欠席委員(なし)
                                          
       地方自治法第105条により出席した者
   議 長  五野井 敏 夫
                                          
       委員外議員
   議 員  長谷川   博
                                          
       説明のために出席した者
   《市 長 部 局》
      会 計 管理者兼会計課長    手 代 木     均
      会計課副参事兼会計班長    加  藤  文  吉
   《教育委員会部局》
      教   育  次   長    小  山  直  美
      教育委員会教育総務課長    三  浦  養  一

      教 育 委員会教育総務課    ?  橋  ひ さ 子
      教 育 総 務 班 長

      教 育 委員会教育総務課    松  本     強
      復 興 調 整 班 長

      教 育 委員会教育総務課    小  野  英  治
      教 育 施 設 班 長

      教 育 委 員 会 参 事    横  江  信  一
      兼 学 校 教 育 課 長

      教 育 委 員 会 副 参事    舛  田  育  久
      兼 学 校 教 育 課
      学 校 教 育 班指導主事

      教 育 委員会学校教育課    ?  松  美  信
      学 校 教 育 班 長

      教  育  委  員  会    青  木  忠  之
      学 校 給食センター所長

      教育委員会生涯学習課長    菅  野  利  一

      教 育 委員会生涯学習課    佐  藤  敏  幸
      社 会 教 育 班 長
      兼コミュニティセンター所長

      教 育 委員会生涯学習課    柏  木  淳  一
      社 会 教 育 班 主 任

      教 育 委員会生涯学習課    齋  藤  敏  文
      ス ポ ー ツ 振 興 班長

      教 育 委員会生涯学習課    赤  澤  靖  章
      文  化  財  班  長

      教育委員会奥松島縄文村    菅  原  弘  樹
      歴 史 資 料 館 長

      教 育 委 員 会図書館長    熱  海  修  一
      教育委員会図書館副館長    加  藤  孔  敬
   《監査委員部局》
      監 査 委 員 事 務 局長    樫  崎     正
                                          
   《議会事務局》
      議 会 事 務 局 長    松  谷  善  雄
      議会事務局副参事兼次長    勝  又  研  一
      議 会 事 務 局 次 長    青  山  幸  次



    午前 9時58分 開議



○委員長(上田勉) 審査を開会いたします。

  本日の審査は、教育委員会に係る審査でございます。教育総務課、学校教育課、生涯学習課ということで、順次進めていきたいと思います。

  それでは、教育次長から出席職員の紹介、それからその後に順次説明をお願いをしたいと思います。

  それでは、教育次長、お願いします。



◎教育次長(小山直美) おはようございます。それでは、まず午前中になりますか、教育総務課と学校教育課の職員の紹介をさせていただきます。

  まず初めに、教育総務課長、三浦 養一です。



◎教育委員会教育総務課長(三浦養一) おはようございます。三浦です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 教育総務班長、?橋 ひさ子です。



◎教育委員会教育総務課教育総務班長(?橋ひさ子) ?橋です。よろしくお願いいたします。



◎教育次長(小山直美) 復興調整班長、松本 強です。



◎教育委員会教育総務課復興調整班長(松本強) 松本です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 教育施設班長、小野 英治です。



◎教育委員会教育総務課教育施設班長(小野英治) 小野です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 続きまして、学校教育課、学校教育課長、横江 信一です。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) おはようございます。よろしくお願いいたします。



◎教育次長(小山直美) 副参事兼指導主事、舛田 育久です。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) 舛田です。どうぞよろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 学校教育班長、?松 美信です。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) ?松です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 学校給食センター所長、青木 忠之です。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 青木です。よろしくお願いいたします。



◎教育次長(小山直美) 私、教育次長の小山 直美です。よろしくお願いいたします。

  それと、きょう皆様のほうのお手元に、大変申しわけありませんが、成果資料の訂正の部分で、口頭で申し上げますと数字等が間違いが出ますので、両面刷りで黄色いマーカーをしておりますので、数字的なもの、ご訂正お願いしたいなと思います。よろしくお願いします。



○委員長(上田勉) それでは、教育総務課長のほうから概要説明をお願いしたいと思います。

  課長。



◎教育委員会教育総務課長(三浦養一) それでは、教育総務課から説明させていただきたいと思います。

  まず初めに、先ほど次長から訂正の分ありましたけれども、主要施策の47ページをお開きいただきたいと思います。47ページでございます。訂正でございます。それで、真ん中辺あたりに5,111番で各小中学校・幼稚園備品整備事業という項目があると思いますけれども、国県支出金が1,419万6,000円が2,781万3,000円でございます。それから、その他でございます。1,284万2,000円でございます。一般財源が4,216万に訂正方よろしくお願いしたいと思います。大変申しわけございませんでした。

  それでは、早速教育総務課分の概要について説明をさせていただきたいと思います。平成23年3月11日に発生した東日本大震災により例年と違った事業展開をしたわけでありますが、大きく例年と違う部分は災害復旧に多額の予算を執行いたしました。特に震災により多くの学校の備品が地震及び津波被害を受け、購入せざるを得なくなりました。主要施策47ページにもあります各小中学校・幼稚園備品整備事業につきましては、例年の3倍以上の事業費の執行となっておりますけれども、その中には特定防衛施設周辺教育整備事業で矢本西小、矢本二中のパソコンの更新と地震や津波被害を受けた小中学校の備品を災害復旧費負担事業や国内、国外からの寄附金で備品の購入を行っております。

  また、48ページの私立幼稚園就園奨励事業につきましては、従来の私立幼稚園就園奨励事業のほかに、東日本大震災によりまして被災した新たに幼稚園就園支援の対象となった世帯の幼児に対して、宮城県被災幼児就園支援事業により補助されておるものが新設されております。

  また、主要施策には記載しておりませんが、半壊以上の世帯の私立幼稚園児は私立幼稚園授業料減免事業の対象となっておりまして、私立幼稚園が宮城県に直接申請し、市内の園児約300名がこの補助の対象となっております。

  さらに、災害復旧事業につきましては、おかげさまで学校では矢本西小、小野小、赤井南小、矢本一中、社会体育施設では赤井地区体育館、鷹来の森運動公園の災害復旧事業が完了しております。

  なお、平成23年度決算審査特別委員会審査におきましては、質疑事項及び一般会計主要施策の説明書の内容につきましては、担当班長が出席しておりますので、質疑事項に従いながら説明いたしますので、よろしくお願いいたします。

  簡単ですが、概要の説明とさせていただきます。終わります。



○委員長(上田勉) それでは、ただいまから質疑を始めます。質疑は、前回と同様一問一答で行います。

  初めに、通告分からお願いをしたいと思います。なお、課長の説明についての質疑については後ほどということでお願いいたします。

  それでは、順次開始をいたします。

  まず、48ページの下段ということで、阿部 としゑさんからお願いいたします。



◆委員(阿部としゑ) 48ページの下段の奨学金貸付事業についてお尋ねします。

  申請者全員に貸し付けすることができたのかお知らせください。



○委員長(上田勉) ?橋さん。



◎教育委員会教育総務課教育総務班長(?橋ひさ子) それでは、阿部 としゑ委員の質問にお答えしたいと思います。

  13人申し込みがあり、全員対応できました。内訳的には、大学生が9人、短大生1人、専門学校1人、高校生が2人でございます。それで、23年度の貸し付け者、新規合わせまして58名、貸し付けが1,998万円でございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは次に、災害関係ということで、丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 昨年の震災、大変ご苦労さまでした。避難所に対しまして、弁当やパン配られました。それも私も何食かいただきました。ありがとうございました。それで、なかなか大変だったと思うのですけれども、チェック体制、要するに弁当の数とか、そういう避難所が多過ぎて恐らく大変だったのではないかなと思うのですけれども、どのようなチェック体制でやられたか、まずお願いします。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 質問にお答えします。

  避難所への弁当、パン等の配食につきましては、前日の午前10時までに翌日の朝食、夕食及び翌々日の朝食の数量を各避難所からご連絡をいただきまして、正午までに納入業者に発注を行っております。また、朝食につきましては納入業者が避難所に直接納品し、避難所へ配送しております。昼食及び夕食分は、納入業者が集積所に1度納品しまして、各避難所の配送数量を確認し、避難所へ配送しております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 避難所かなりの数なのですけれども、私聞きたいのは、そんなことはないと思うのですけれども、過剰請求とか、例えば数量が恐らく行ったり来たりしてと思うのです、避難所が。出入りが激しいものでしたから。だから、その点どういう、要するに自主防災組織の方が恐らく担当してやっていたのですよね。中下地区とか、浅井地区とか、野蒜地区については。だから、そういう人が行きながら恐らく数とか出したのかなというふうに思っているのです。その点いかがですか。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 今丹野委員おっしゃったとおりで、毎日弁当の数を確定するのが大変な作業でした。117カ所から翌日の予測数をこちらによこしていただきまして、それでやるわけなのですが、1.5次避難で温泉に行った方が20人出たとか、あとはきょうは弁当が要らない人が10人だとか、また逆に弁当要る方が10人ふえたとか、そういうので、これがその当時のデータなのですが、きょう市民協働のほうから1枚物で出たと思うのですが、3課にまたがりましてやったものですから、うまくデータ処理はしていたのかなとは思うのですが、まず最初はファクスがつながらない段階では電話で、あと避難所によっては防災無線でやりとりさせていただきました。それで、前日のお昼までに次の日の注文をやって業者にやると。その業者も、そこに書かれていますが、市長の考えで、市内の業者さんが復興できましたらなるべく市内でやってほしいという気持ちもあったのですが、3月11日段階では宮城県の全ての給食配食できる業者がおりませんので、私が山形国体でちょっとわかっていたのがありまして、山形に応援を求めたわけです。それで、山形から持ってくると。最初は新潟を考えたのですが、1日目ちょっと持ってきていただいたのですが、こちらに夜御飯が10時、11時に着くということで、山形ですと早く着いたということでやっていったと。それで、なるべくこれも血税でございますので、この誤差をなくすために、担当を決めまして毎日電話でやりとりさせていただいたと。その後に、このような形でファクスを送っていただいて、それを皆さんが持っているものの後ろのページですね、ちょうど横のやつですか、それを業者のほうに発注書として送って、業者と私のほうで誤差がないように、間違いがないように送らせていただいたと。そこで確認していると思うのですが、そういう形でやらせていただきました。

  ただ、日々避難所も、丹野委員おっしゃったように自主防のリーダーさんがいるうちはいいのですが、みなし仮設に移られたり、だんだんリーダーがいなくなっていくのです。仮設に動いたりということで。それで、8月まで食事は出させていただきましたが、とにかくリーダー、副リーダーを5人も6人もつくってくださいと。それで、いなくなったらその方がリーダーになって、お弁当をきちっと出していただく連絡を誰にしていいかということで、こちらとやりとりさせていただいたと。

  あとは、避難所だけではなくて避難所認定というのがありました。要するに特に大曲地区が多かったのですが、在宅してはいるのだけれども、避難所には入らないのだけれども、2階で頑張っていると。その方たちは、そこで区長さんとか自主防の会長さんがほとんどご高齢なために、仙台とか、あとは入院していたり、あとけがをなされたりということでリタイアしているものですから、そこでリーダーを決めていただきまして、区長さんがいるところはいいのですが、そこにどこどこのうちまでに何食持ってきてくれということで、そういうのが20カ所ぐらいたしか大曲ではあると思うのですが、そういうところも毎日数量が変わってきていますので、それをまとめて、それで足りなくならないようにということで、予備で10個ぐらいは必ず取っておいて、それでやっていたというのが現状でございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 最後になりますけれども、やはりこの人手が大変だったと思うのです。想像するに。それで、3課、要するに防災交通課、市民協働ですか、それと給食センター連携してやったということで、うまくいったのですか。

  もう一つ、あと恐らく業者から申告どおり請求書来ていると思うのです。それもやっぱり信頼して、市内の飲食店から出されたと思うのですけれども、給食のほう。それのチェック、間違いなかったのか。2つだけお願いします。



○委員長(上田勉) 次長。



◎教育次長(小山直美) まず、3課の連携はうまくとれまして、本来ならば教育委員会は給食支援物資の担当ではありません。防災マニュアルでは、そこは入っていなかったのですが、たまたま教育委員会というのは学校がとまって、社会教育施設がとまりますと、目立った復興、復旧ができないものですから、ではたまたま物資も、弁当も、教育委員会の施設にありましたので、では教育委員会がやりましょうと。だれかがやらなければだめなのですから、ほかは福祉なり、防災なり、もっと忙しい仕事が入ってきますので、教育委員会がやりましょうということで、6月1日からはすっかり教育委員会の所掌としてやらせていただきました。ですから、すごくうまくいったと思います。

  あと、請求書なのですが、これは毎日うちのほうで何食出したというのを、相手にもこのファクスを送ったということで、必ずどちらにも証拠書類を残したのです。それで、相手からの請求書には、その日付によって個票で、6月1日は注文数が2,459、それでこちらの確認が2,459であれば、それを確認し合って、請求書と個票を、合計ではなくて個票を見比べて、最初の契約が山形、それで仙台、市内となっていますので、結局そこで最終的にはぴたっといかないのです。12万食頼んでいて、11万九千何ぼだと、あと残り。だから、12万食を頼むのであれば、残りの分を、そこで契約がちょっとダブるのですが、仙台の業者にその足りない部分をお願いして、前の業者はそこでストップかけるというようなやり方で、これは全部担当がその当時は尾形 千恵子がやっていましたけれども、見比べまして、全て請求書どおりでございました。

  以上です。



○委員長(上田勉) それでは次に、小野 惠章さん、お願いします。



◆委員(小野惠章) 今の丹野委員さんの質問と関連しての質問なのですけれども、決算書103ページの中で、避難所配食配達業務委託料、また避難所給食運搬業務委託料という形で、ちょっと似ているような感じの委託料ですけれども、このいただいた配付資料の中でつくっている業者というのはあらましわかったのですけれども、その業者が配達まで行った内容なのか、また裏面見ると使用者として車は佐川を使っているということで、別個運搬だけは佐川がやったようにも感じるのです。それで、この山形給食センターがつくるだけだったのか、配達もしたのか、それぞれに関してのお答えを求めると同時に、各業者当たり、1食当たりの単価はどうなっているのかということをお聞きします。



○委員長(上田勉) ?松さん。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) ただいまのご質問についてですが、まず決算書の103ページにございます避難所配食配達業務委託料につきましては、この1,156万8,375円の内訳としまして、各避難所への弁当等の配送経費につきましては、そのうち1,056万8,250円となっております。そのほかに、パンを集積所まで配送していただく経費としまして100万125円、こちらのほうが合算されまして、1,156万8,375円となっております。こちらのほうの業務につきましては、先ほどご質問の中でお話しありましたように、佐川急便のほう、こちらのほうが主なものとなっております。佐川急便につきましては、単価につきましては1日1台当たり3万1,500円の単価設定となっております。あとそのほかに、佐川急便のほかに、佐川急便だけでは足りない部分ということで、実際給食センターのほうで通常委託していました配送車のほうも利用しております。こちらのほう2台ございまして、こちらのほうにつきましては1台2万5,200円ということでお願いをしております。もう一つが、あと市の給食センター車ございまして、こちらのほうを運行してもらう部分ということで、そちらのほうの費用も含んでおりまして、こちらのほうは運転のほうの業務の委託という部分になりますが、こちらのほうは1万1,020円の単価でお願いしているところでございます。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 食事の単価なのですが、夕食は600円、朝は350円、それで基本的には佐川さんと、今言ったように給食センターと業者の車でやりましたけれども、一番早いところは宮戸地区で5時までに持ってきてくれと、朝は。あと一番遅いところは、余り早く来るなということで、7時くらいですか。そういうのに対応するために、1日数台は佐川の便と、それで仙台で佐川の中継基地がありますので、そこで山形から持ってきて佐川に積み込みまして、朝は佐川と業者の4台だけで回しました。あと、夜は今?松が言ったように給食センターの車も。あと、朝を持っていくとき、朝と昼の分を必ず持っていくのです。それで、あと夜は夜でまた持っていくというような形で、単価的には600円と350円でございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 松本さん。



◎教育委員会教育総務課復興調整班長(松本強) 引き続き、今給食センターのほうから避難所配食配達業務ということでのご説明をしたわけですが、続きまして下の方の業務の名前なのですけれども、避難所給食運搬業務委託料についてちょっとご説明させていただきたいと思います。

  これにつきましては、先ほど給食センターで行っていた業務、これは各学校が2学期、8月の下旬から給食が開始するということで、まず給食センターも震災に遭って結構被災があったということで、工事もしなければならないということで、今度7月からの各避難所、それから物資の配送ですか、教育総務課のほうでこれを担って、再度これは佐川急便と車両1台当たりの単価契約ということで行っております。それで、前まで給食センターで佐川急便と契約した車なのですが、これは2トン車のみということなのですけれども、今度どうしても7月、8月と、暑くなってくるということで、保冷車もこの台数の2種類、2トン車のパネル車というのですか、よく宅急便屋さんが運んでくるジュラルミンの箱を積んだような車、これとあと2トンの保冷車、それから物資を運ぶための4トンのウイング車というのは、荷台が羽のように上がるようなやつで、よく演芸でもできるようなやつです。それが4トン車と10トン車、これをそれぞれどのような物資を積んでもいいように単価契約をして業務をお願いをしました。まず、この金額848万1,900円が総額なのですが、そのうちやはり給食の配達、これは保冷車を使っていますから、これで約500万ほどかかっております。まず、台数としましては保冷車で125台を大体がもう7月、8月で、これは1日多くて3台を走らせていましたので、500万ぐらいかかっていると。あとは、物資の運搬で活躍をしていただいています。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 小野 惠章さん。



◆委員(小野惠章) 確認ですけれども、今保冷車を使った夏場の対応ということだったのですけれども、やはり保冷車だと単価的にぐんと高くなるのですか。



○委員長(上田勉) 松本さん。



◎教育委員会教育総務課復興調整班長(松本強) 通常のパネル車、2トン車、これは3万掛ける消費税なのですけれども、保冷車につきましては1台当たり4万円掛ける消費税と、約1万高くなってくるということになります。やっぱり保冷車を使わないと、夏場の皆さんの健康、そういうことがあるものですから、そこに最善のをさせていただいたということになります。



○委員長(上田勉) それでは次に、小野 幸男さん。



◆委員(小野幸男) それでは、決算書163ページの保守点検の部分ですが、昨年はなかったのですけれども、ことしは新設したのかどうかお聞きします。



○委員長(上田勉) 小野さん。



◎教育委員会教育総務課教育施設班長(小野英治) 小野小学校の冷温水発生機の保守点検なのですけれども、これにつきましては小野小学校は平成21年度に大規模改造を行いまして、冷房暖房については冷温水発生機を設置しております。21年の11月に完成したのですけれども、その後22年から保守点検を22年度、23年度と行っております。ですから、22年度以降からは保守点検を行っているということでございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 小野 幸男さん。



◆委員(小野幸男) それで、この点検委託料で東小学校が270万で、小野小学校が160万なのですけれども、これは機械の大きさ等々で委託料が変わるのか。保守点検というけれども、どういった形で、この機械の大きさだけで本当に委託料が変わるのか、業務する機械の中身の違いでこのように開きが出るのか、その辺をお伺いします。



○委員長(上田勉) 小野班長。



◎教育委員会教育総務課教育施設班長(小野英治) 冷温水発生機なのですけれども、小野小と矢本東小を比較した場合、生徒の人数も東小のほうがずっと多いわけなのですけれども、そういうことで機械の規模も違います。あと、それに伴ってフィルターの交換とかもありますので、機械の数、それから点検する箇所の数も多いものですから、どうしても金額的には矢本東小学校のほうが金額が多くなっております。

  以上です。



○委員長(上田勉) それでは、これで通告分についての審査を終わります。

  次に、教育総務課長の説明に対する質問があれば許したいと思います。質疑ありますか。

  佐藤 富夫さん。



◆委員(佐藤富夫) 成果の48から49ページの奨学金貸し付け、それで一般会計分と基金会計分の返還率のほうに記載してあります。14.87%と74.01%ですか。この数字だけでは、これはちょっとわからない部分があるのです。23年度までの貸し付けた分の返還率ですね、トータルの返還率ですから。返還期間のうちに払えばよいことになるのですが、返還が滞っているもの、全く払う意思がないもの、この状況がよくわからないのです。ですから、今までの貸し倒れを含めてどのような状況になっているかわかりますか。



○委員長(上田勉) ?橋班長。



◎教育委員会教育総務課教育総務班長(?橋ひさ子) お答えしたいと思います。

  一般会計が6人の今貸している方がいるのですけれども、残っている方。23年度で1人全額返していただきました。それで、この方々に一応督促の通知は出していますけれども、なかなか難しい状態ではありますけれども、少しでも返していただいております、金額的には。なので、貸し倒れにはならないようにしたいと思いますけれども、督促の通知を23年度はかなり出したので、このくらい集まったのかなと思っております。

  以上でございます。

     〔「基金のほうは」と呼ぶ者あり〕



◎教育委員会教育総務課教育総務班長(?橋ひさ子) 基金のほうが、過年度分が336万9,000円納付されております。それで、23年度の過年度分といいますと、22年度震災に遭いまして3月分が全部過年度分に入っていますので、その分でふえているのですけれども、その分の基金の過年度分も督促状を何度も出すようになりまして、すごく払っていただけるようになりました。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) すごく払っていただきましたということなのですが、中身は払わない人もいるのですよね。ですから、かつてはこういう奨学金は100%返還だったのです。しかし、ここ10年ぐらいでだんだん、だんだんモラルの低下といいますか、それで返さない人も多くなってきたのです。それで、前に議論したことがあるのですが、要するに保証人がいるでしょうと。保証人の義務はどうなのだということで、なかなかその義務も履行してもらえなかったということなのです。ですから、本人に督促状を出すのはいいのですが、これは責任持って保証人になったわけですから、やっぱり保証人にもこれは通知をすべきだと。そういうことはしているのですか。



○委員長(上田勉) ?橋班長。



◎教育委員会教育総務課教育総務班長(?橋ひさ子) まだ保証人にまでは督促の通知はしていませんけれども、今後一般会計の随分長いもので対応していきたいなと思っております。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 基金会計のほうについてもゼロではないはずですから、基金会計のほうもぜひ保証人のほうにアプローチをしてもらうということでお願いしたいと思います。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 決算書にはないのですけれども、支援物資、これ昨年の9月の定例会終わってからかな、会派で見に行ったのですけれども、何か契約等があると、残高。9月下旬でそのぐらいあったような気がするのですけれども、その後どうなっているのかちょっとお聞きします。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 皆さんご存じのとおり、最初は1,700トンぐらいはありました。それで、会派で見てきていただいたときは、確かに900トンぐらい。それで、今あのテントが鷹来の森に16メーター24が5棟に36メーター、30メーターが3棟、プレハブが3棟、あと復興絆管理事務所ということで管理保管させていただいています。これは緊急雇用含めました事業で、一括佐川と契約を結びまして、ことしはやっております。それで、3週間ぐらい前にも監査委員さんが一応検査に来ていただきましたが、その後厚生労働省のほうからも来ていただいたのですが、今現在は大体300トンぐらいかなと。食料は余りありません。何があるかというと、震災備蓄と言われるもの、簡易トイレだとか、あとは毛布、水。水は期限がありますので、いろんな復興祭あるときに、期限がもう迫ったものについては、今まで出しているのが西、東、野蒜、宮戸、小野、赤井、大曲、みんな出しています。市民センターごとにそういう大がかりなもので出していますが、今はきちんと賞味期限のものは、やはり佐川さんなので、全部バーコード管理で腐らせないように、無駄にならないように出していると。

  あと、市報でもご存じだと思うのですが、必要な方に必要なものが行くようにということで、何点か、備蓄としてはとっておかなくてもいいのかなと思うものがあるわけです。支援物資で来ているもの、そういうものは市報の中で皆さんに各世帯1枚のはがきで出していただいて、抽せんでお渡しし、公平、公正を期してやっているというのが現状でございます。11月もやりますが、11月は大体プーマとか、そういうところからダウンジャケットが来ていましたので、そういうものを、子供用が多いのですが、大きいものは余りないのですが、そういうので出させていただきたいなということで、今度で6回目ですか、そういうのは。それも全部佐川のほうに、今まで震災前までは職員がやっていたのですが、大体4,000通ぐらい来る。それを全部をチェックして抽せんしているというのが現状で、今あと管理しています。

  それで、この夏は一番ひどかったのは、管理の中でネズミ最初大変だったのです。ネズミの被害です。今はカビとの戦いです。土の上に砂利敷いてパレット敷いているのですが、やっぱり湿気上がるので、今はみんな風を入れて製品を全部干しているというような状態でございます。

  以上、そういう状態です。今大体300ということでご理解いただければなと。



○委員長(上田勉) それでは、ここで教育総務課に係る質疑を終了します。

  このまま、関連あるところがあるかもしれませんので、学校教育課のほうをそのまま続けたいと思います。委員間討議については、その後に行いたいと思います。

  それでは、学校教育課長、概要説明をお願いします。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 学校教育課、横江でございます。日ごろより大変お世話になっております。よろしくお願いいたします。座って説明をさせていただきます。

  23年度の事業につきましては、学校教育課の事業、予定どおり実施できました。これにつきましても、議員皆様のご理解とご支援により初期の目的をほぼ達成することができました。心より感謝申し上げます。

  では、学校教育課の事業と決算について、一般会計並びに特別会計主要施策の成果説明書に基づいてご説明申し上げます。49ページをごらん願います。初めに、中体連助成事業として中総体の地区大会、県大会の選手輸送費など313万4,000円の決算となっております。

  次に、一番下のほうでございますが、語学指導助手業務委託事業として4人のALT、外国語指導助手について市内全ての小中学校と幼稚園に配置し、コミュニケーション能力の向上と国際理解教育の充実に取り組みました。決算額は1,569万5,000円となっております。

  次に、就学援助事業につきまして説明をさせていただきます。これにつきましては、経済的理由により就学困難な児童生徒及び特別支援学級に所属する児童生徒の保護者に対する就学援助事業として1億4,145万6,000円の決算となっております。小中学校の内訳については、50ページの事業内容一覧表をごらんいただきたいと存じます。ちなみに、就学援助件数は、小学校につきましては1,236件、中学校は588件、合計1,824件になっております。特別支援就学奨励費は小学校13件、中学校5件、合計18件となっております。

  次に、災害用スクールバス運行事業として、震災により避難所等で生活する児童生徒の就学に支障を来さないよう通学の足の確保に取り組み、9,105万円の決算となっております。

  次に、51ページをごらん願います。食育の充実についてでございます。児童生徒の心身の健全な発達を目指し、栄養バランスのとれた安全でおいしい給食を提供するとともに、児童生徒の食に関する関心を高めるため、学校給食事業に取り組み、2億5,059万1,000円の決算となっております。給食提供数については、52ページの事業内容をごらんいただきたいと存じます。

  引き続き、52ページをごらん願います。旧学校給食センターの老朽化に伴い、その統合、新設のためPFI事業の手法による新学校給食センターの整備運営事業に取り組み、9億5,187万2,000円の決算となっております。本体工事は完了し、2月29日に引き渡しを受け、平成24年4月より現在給食の提供を開始し、順調にスタートしているところでございます。

  以上で学校教育課の主な事業についての説明を終わります。ご指導のほどよろしくお願いいたします。



○委員長(上田勉) それでは、学校教育課に係る質疑を始めたいと思います。

  最初に、49の上、小野 惠章さん。



◆委員(小野惠章) 決算書の167ページの謝礼の部分であります。中学校剣道実技指導者講師謝礼となって26万5,050円、これについては剣道を教えるということなのだろうけれども、各学校でそういう剣道の部活をやったことない先生がいる場合に、こういったことは指導者を呼んでやっているものなのか、もしくはそういうカリキュラムがあって、わざわざ外部の講師なり、そういうものを呼ばないと授業ができなかった状況であって執行したものなのか。本来であれば、前教育長はあれだけの有段者なので、教育長にやっていただければ費用面ではかからなかったのかなという思いもあるのだけれども、ちょっとその辺のことで、指導者が何回行ったことに対しての謝礼なのかという部分もついでによろしくお願いしたいと思います。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) こちらの中学校剣道実技指導者講師謝礼につきましては、講師のほうは2名に依頼しております。こちらのほうの指導日数につきましては、矢本第一中学校が17日、矢本第二中学校が8日、鳴瀬第一中学校が9日、鳴瀬第二中学校が12日となっております。こちらのほうは、日数で一応ただいま申し上げましたが、あとは各学校謝礼のほうは1時間当たりの謝礼を設定しておりますので、各学校との調整を行って、その指導の時間数等の調整を行っております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) これにつきましては、今?松班長のほうから話あったところでございますが、ご承知のことだと思いますけれども、本年度から中学校で武道必修化、それに伴いまして剣道を本市で取り上げたという、その背景がまず一つございまして、これにつきましては昭和63年から平成2年までの間、これは文部省の指定で矢本第一中学校、その前に鳴瀬第一中学校が昭和50年から60年まで文部省の指定による武道指導の指定を受けていたという、そういう経緯で継続した指導をされてきたというところで、あと剣道の地域連携推進事業、そのときに各関係者にも入っていただいたときに、現在指導していただいているお二人の指導者の方にも入っていただいてという経緯ございますので、その中で継続的に現在指導いただいているというようなところでございますので、お願いしたいと思います。

     〔「先生の名前」と呼ぶ者あり〕



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) お一人は菅井吉秀先生でございまして、菅井吉秀先生は、今お話ししました矢本第一中学校にもご勤務された、そのときの指導にも携わっていた先生でございます。そして、鳴瀬第一中学校でも同様でございます。そして、佐藤 幸雄先生もそのときの会議等でいろいろなご提言いただいたというようなところ、過去の資料の中でそのように入っておりました。ちょうど私も矢本東小学校に勤めているときに、矢本第一中学校が指定事業であったということで、鮮明に覚えております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 小野 惠章さん。



◆委員(小野惠章) 今継続的に指導いただいたそのまた流れ的なものでという感じに聞こえたのですけれども、それで継続といっても昭和61年までとかとおっしゃいましたよね。それから随分長い年月があいているにもかかわらず、何で継続的でその方をどうのこうのという扱いをしたのかというのが疑問なのと、先ほど申しましたけれども、各学校にはそういう剣道の部活の経験者がいないということの理解でよろしいのですか。



○委員長(上田勉) 舛田さん。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) 今の点、お答えいたします。

  まず、継続的な部分については、鳴瀬一中については、公開を受けた後全校剣道ということで、今現在も剣道指導は行っております。それから、矢本一中につきましては、公開を受けた後防具をそろえましたので、防具が高価なのですが、矢本一中には防具がたくさんそろっているということで、効果的な活用、それから継続的にという部分では、鳴瀬一中については今も現在地域の方から応援いただいている状態であります。

  それから、指導者についてなのですけれども、剣道の必修化に向けて、2年前に菅井先生、それから仙台大学の齋藤先生をお迎えして、体育の先生方中心に指導を行っております。なかなか専門家でないとできない部分があるのですが、県のほうでも専門家でなくても剣道の指導ができるという講習を随時行っております。それを受けて、講習を受けた先生方が学校での指導という形で、剣道は対人的な部分もあるのですが、安全面でもいろいろほかの武道よりもという部分がありますので、そういう点で剣道の指導者でない体育の指導者も剣道の講習を受けて学校のほうで指導しているという部分があるということです。

  以上で説明を終わります。



○委員長(上田勉) 今そういうことではなくて。もう一回、ちゃんと……



◆委員(小野惠章) 剣道の経験者は学校にいないのですかと。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) 剣道の経験者は、今現在矢本一中にもおります。矢本二中にもおります。あと、鳴瀬二中にもおります。鳴瀬一中については、剣道経験者でない方ということです。

  以上です。



○委員長(上田勉) 小野さん。



◆委員(小野惠章) 今後のことになってしまうのだけれども、いずれそういう剣道の指導ができないような状態の場合もあるわけですよね、学校の先生というのは入れかわりが常にあるわけだから。そうなった場合は、常にこういう外部講師を委託という言い方はおかしいですけれども、ご足労願って謝礼を出して、そういう教科指導をしていくということが必要になるわけですから、その対応というのは常に教育委員会のほうで考えていなければいけないのではないかなと思うのですが、その考え方について。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 部活動も同じなのですが、多分後で部活動派遣のほうが出てくるようなのですが、先生たちが剣道をやってきたといっても、専門的にその部分だけやってきたわけではありません。体育大出てきて体育の先生になっても、私もそうなのですが、1年間剣道の授業を子供に教える程度しかわからないわけです。この2人は、教師7段でございます。やはり必修化になったということで、7段の先生に、生徒もなのですが、教える先生のほうも勉強していただくという意味でこういうふうにやっております。それで、この方たち1時間当たりの謝礼は2,790円というような形で、矢本一中ですと40時間、鳴瀬一中で19時間、クラス数ありますから、矢本二中24時間、鳴瀬第二中学校12時間というような形でやっておりますが、やはりすばらしいそういう技術的なものを含めまして、礼儀作法まできちんと教えていただくということで、このような形で、学校に今後もそういう方たちがきちっとそろえばいいのですが、なかなかそうはいきませんので、こういう形で派遣するというような形で今後も考えています。



○委員長(上田勉) ちょっと、いいでしょう。

  それでは、暫時休憩します。

    午前10時55分 休憩

                                          

    午前11時05分 再開



○委員長(上田勉) それでは、再開いたします。

  休憩前に引き続いて学校教育課の質疑を続行したいと思います。

  次に、49の中ということで、語学関係、熱海さん。



◆委員(熱海重徳) 週何時間の英語指導で矢本第一中学校など生徒数の多い学校と少ない学校の充実度の開きはないかということと、あと震災後にたしか議員説明会でALTの方が皆さんそれぞれ帰国したということを聞いていたのですが、その後いつごろまた戻られたのか、授業に影響ないようにできたのか、その辺のご説明をお願いいたします。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) ただいまの語学指導助手業務委託事業についてのご質問について回答申し上げます。

  週何時間の英語指導かと、あと矢本一中の生徒の多い学校と少ない学校との充実度の開きはないかというところがご質問にあったかと思いますが、こちらのほうにつきましては年度初めに委託業者のほうと、各小中学校の主任等と、あと幼稚園の教諭が集まりまして、事前に翌年度の配置の打ち合わせを行っております。それで、年間の各学校ごとの配置日数ということで割り当てをいたしておりまして、その中で実施を行っております。それで、震災によって23年度につきましてはスタートのほうがおくれております。震災後5月からALT2名を配置して業務を開始しております。本来は4名でスタートするところですが、5月において2名で開始しております。それで、6月22日からもう一名ふやしまして3名体制で、7月19日から4名体制で業務のほうを行っていただいております。平成23年度の業務委託額につきましては、当初1,890万円支払い予定となっておりましたが、配置人数、ただいま申し上げたとおり震災の影響で4月は実施がゼロ、行えませんでしたので、5月以降の配置人数等の変更、あと場合によっては配置日からの日割りというところが発生しまして、320万5,490円の減額契約を行い、実施しているところでございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは次に、その下段ということで、菅原さん、お願いします。



◆委員(菅原節郎) 先ほどの課長の説明で、昨年度のことは大体わかったのですけれども、昨年度ご存じのように震災があって、多分対象者がかなりふえたと思うのですけれども、その状況についてお知らせいただきたい。



○委員長(上田勉) ?松さん。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) 通告いただいております菅原委員さんのほうからの質問についてですが、平成23年度におけます就学援助者数につきましては、震災等の被災理由等もございまして、先ほど課長のほうから説明させていただいたとおり、小学校につきましては1,236件、中学校については588件、合計で1,824件となっております。このうち、震災の理由で就学援助のほうを認定した件数としましては、1,236件中1,029件になっております。中学校については588件中453件、合計でいいますと、1,824件に対し1,482件となっております。震災以外での就学援助認定者数につきましては、こちらのほうについては大きな変動はございません。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 菅原さん。



◆委員(菅原節郎) わかりました。こんなことはないと思うのですけれども、明らかに対象になるのに申請漏れというケースはなかったのですか。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) 教育委員会のほうで学校教育課から各学校を経由して保護者等に周知させていただいております。あと、昨年度は市報等においても何度か掲載させていただいて、周知いたしているところですが、一応基本申請主義という部分が若干ございますので、基本的には広報等でお知らせを昨年度も行いながら、あと学校等にも申請がまだの方については、該当する方については申請を受け付けたら出していただきたいということで、昨年度は働きかけを行っていたところでございます。



○委員長(上田勉) それでは次に、50ページの上ということで、多田さん。



◆委員(多田龍吉) 災害用スクールバスの運行事業について伺いたいと思います。

  決算額9,105万円、これ全額が国県支出ということになってございますが、契約に当たって、当たり前のことなのですけれども、例えば分散している部分をどのように回るかとか、たまたま苦労されたかと思うのですが、留意した内容について伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) ただいまのご質問についてですが、市内外で被災して、避難所等で生活しておりました児童生徒の通学手段を早期に確保するため、昨年度から災害用スクールバスの運行を行っております。運行に当たりましては、やはり児童生徒の安全を優先に車内及び車両周辺では児童生徒への配慮等を行うように業者へ指導を行っております。また、ただいまご質問にもありましたように、いろんな地域からというお話ありますけれども、昨年度におきましては15ルート設定しまして、一応できる限り網羅できるようにということでルート設定を行いながら、あと場合によってはルートの見直し等も随時行いながら実施に至っております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) 決算額が九千百何ぼということで、国県分であっても本市で執行したわけなのですけれども、業者さんをまず確保するに当たっての手配の問題から、それから運行経費の算定の問題等々、どういうような経緯で設定されたのか伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) まず、学校始まる際に、この石巻管内ではやっていただける業者はおりませんでした。それで、管内ではないのですが、涌谷の富士交通さんとお話ししまして、この辺であれば三和交通さんとか、畳石さんとか、いろいろあるので、そういう方たちも巻き込んだ中で災害応援してもらえないかと。やっぱり1社で15台、16台持っているというのはなかなかないものですから、そういうので富士交通さんとやったわけなのですが、富士交通さんから見積もりもらった際に、あともう一社とりまして、値段の交渉、国交といえどもやはりちょっとこの辺は高いのではないかとか、安いのではないかとか、あとは問題的には事故が起きたときすぐ代替車出せるかとか、そういうこまい打ち合わせをさせていただきまして、契約に至ったというのが現状でございます。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) 震災当初、この管内ではなかったということで、涌谷の富士交通さんと、富士交通さん中心になっていろいろ確保したと、こういうご苦労な話なのですけれども、当該年度に富士交通さんのほかに何社が入って、15ルートそれぞれにどのようなバスの配置をされたのか伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 先生。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) お答えします。

  仙北富士交通、それから畳石観光さん、あとアスカ観光さん、駒井観光さん、合計4社が入っていただいて、14コース、15台でそれぞれ運行させていただきました。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) さっき次長から富士交通の見積もりと、もう一社から見積もり合わせして、いろいろ単価を決めたということなのですが、例えばその中でも若干見積もりの訂正もしたというようなお話みたいなことあったのですが、実際にはその見積もりの基本となるものはどういう、例えば1日当たりの単価契約なのか、それが今度はバスの大きさ等々も当然絡んでくると思いますが、その辺を伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 中身については、舛田指導主事のほうからやりますが、やはりその際に市で委託バス使っておる、ほとんどが畳石観光さんだと思うのですが、そのほうと1日の単価、ただスクールバスの場合は行って、別なことやって、また戻ってきてという話ではなくて、そこで待っているのです。委員さんご存じのとおり、小野に送っていくと、そこで何時間も待って、あと帰り送っていくというような形になりますので、そういうところも考慮しながら単価契約をさせていただいていますが、あと中身については舛田指導主事のほうからお願いします。



○委員長(上田勉) 舛田さん。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) 実際に動いているバスが大型バス、中型バス、小型バス、それからワゴン車が動いております。大型バスについては1日4万円、中型バスについては1日3万5,000円、小型バスについては1日2万5,000円、ワゴン車につきましては2万円という契約を結ばせていただいていました。



○委員長(上田勉) では次に、52ページの上ということで、引き続き多田さん。



◆委員(多田龍吉) 新学校給食センターの整備運営事業について伺いたいと思います。

  落成のときに我々も実際見てなかなかいい状態のスタートだなと思ったのですが、問題は実際に給食を受けた生徒がどのような受けとめ方といいますか、そういったことも当然調査したのだろうなと思います。その内容と、それからだんだんにいろんな調理方法を工夫しても、子供によってはどうしても口に合わないとか、いろいろなことで食べ残しなんかも多分あるのかなという、その辺の部分を伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 今学校から毎週1回給食感想ノートというものを出してもらっております。その中身にどういうものがまずいとか、おいしいとか、サラダで言えばドレッシングがどういうものをつけてほしいとか、いろんなものの要望等があります。それについて、うちのほうのセンターで協議しまして、それを各学校さんに回答を出している状況でございます。

  あと、残食量なのですけれども、今年度の6月現在なのですけれども、小学校で平均23%の残食率、中学校で21%の残食率となっております。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) ただいま週1回いろんな、具体的には調味料的な部分なんかも聞いているようなのですが、これを当然業者さんのほうにお伝えしながら、そのとおりにするというのでなくして、その辺のところでさらに味つけの工夫なり、調理の仕方の問題についての栄養士さんも含めた協議ということも当然あって、最終的に決定されて、何日後あたりからそれが調理に反映されてくるというようなスタイルなのかなと思っているのですが、その辺の部分をまず伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 今の質問ですけれども、暫時運営会社と、あと栄養士と常に相談し合って、早急に対応できるような状態にしております。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) 今度は残食の関係なのですけれども、ちょっと驚いたのですが、23%と、それから中学校では21%の残食ということで、結構あるなということで、いわゆる2割は残しているというような形だと思うのですが、これの主なる原因というものは、まずおいしくなければ残されてしまうし、それが量が多くて腹に入らなくて残したということもあるかもしれないし、どのようにその辺は思っておりますか。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 今毎日の残食量、結果を入力しているのですけれども、給食のメニューの中身によって残す日も多いし、あとカレーとかハンバーグとかであれば、残食率のいい学校ですと5%とか10%未満で済んでいます。あとは、特定するとすれば学校によっては10%から30%の残食率なのです、分けますと。結構メニューによって残食率が変わってきています。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) いわゆる食育的な部分の配置から、結果的に物を無駄にしているということになりますね。それが学校の現場でも残すことが当たり前な部分の風潮になっていくのも、ある意味では困ったことなのかなということから、業者側と、それから栄養士さんも含めた部分で、残食をなくすような工夫という部分にもっと鋭意力を注いでいく必要があるのかなというふうに私は思っているのですが、どのように思っているでしょうか。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) これにつきましては、私も委員さんと同じ考えで思っておりますので、今後は残食率の減になるよう努力していきたいなと思っております。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 私のほうからちょっと補足をさせていただきますと、各学校、その中でも学年の中の学級間でも若干の差が出てくると。この根底にありますのは、常日ごろの担任の先生含めた学年、あるいは校長の経営方針に基づいたその指導体制もかかわっているのかなというようなところがございます。それを含めますと、各学校の給食主任が一堂に集まったところで共通理解を図ったところで各学校で一斉に、例えば給食センターのほうで給食一口メモというのを昼の放送で流してございますが、それだけではなくて朝の会、あるいは給食を食べる前の放送を迎えるときの学級担任での指導、その常日ごろの日々の指導もやはり大事になってくるのかなと、こう考えております。給食だよりにはカロリーも入っておりますので、それを今度PTAも含めて家庭への啓発も図っていくことが日常の指導を通しながら好き嫌いなく食べる、そしてそれが食育指導につながっていくのかなと、こう考えているところでございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは次に、古川さん。



◆委員(古川泰廣) 主要施策の52ページなのですが、言いたかったのはこの表現なのですが、成果の部分で最後のところに、決算なのに率で5.32%、金額で2億、それで大分金額大きいと思って質問したのですが、2億1,150万2,000円、特に聞きたいのは見込まれていると、決算だから見込まれているという表現はどうなのかなと。確定額でないのかなということと、それと多分この算出根拠、ここに2億を出した根拠というのは直営の場合との比較で出したのかなと思うのですが、その辺お伺いしたいのですが。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 2億1,100万の件なのですけれども、これは落札当時から支払期限となる平成43年までの間に、市で直営でやった場合の支出額とPFIでやった場合の支出額の差で2億1,000万が見込まれる、予想されるということと思います。



○委員長(上田勉) 古川さん。



◆委員(古川泰廣) これ決算だから、当初計画はそう見込んだと思うのです。しかし、決算だから、やっぱり書くにはこれだけ効果ありましたと、それが成果の表現だと思うのです。

  それともう一つは、それなりの2億と出した根拠は、当然直営の場合と、では今回こうなったこうだよと、だから2億も効果ありましたよという表現だとわかるのですが、その辺の根拠も含めた説明をちょっとお願いしたいのですが。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) こちらの成果の表記としまして、古川委員が申し上げられたように、見込まれるという表現についてはどうかというお話なのですが、確かにこちらの表現につきましては、こちらPFIの導入する際の節減効果としての以前導入する際にご説明申し上げている表現部分でございまして、昨年度の成果としましては、PFI事業として昨年度においては本体工事が完了して引き渡しを受けて、24年度に向けての供給体制が整ったという形の表現であればベストだったのかなと感じております。前任の担当として、大変申しわけございませんでした。



○委員長(上田勉) どうぞ、古川さん。



◆委員(古川泰廣) そうすると、これはこれだけの金額で成果あったと理解してよろしいですね。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) こちらのほうにつきましては、新センター整備運営事業の総事業費、先ほど青木所長のほうから説明いたしましたが、PFIと市直営でやった場合のシミュレーションということでした際の効果として見込まれる部分ということでの表現で、こちらのほうの総合的な事業が最終年次までいった場合のシミュレーションということの金額となっております。これで、この部分が単年の昨年度の23年度決算としてこの効果が生まれたかというと、大変申しわけございませんが、そうではありません。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 古川さん。



◆委員(古川泰廣) そうしたら、ではさらなる効果のために何か試算がありますか。ちょっと決算でないかもしれないけれども。



○委員長(上田勉) ?松さん。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) 効果としましては、こちらのほうにつきましては、PFI事業を導入することによって行政サービスの質の向上ということも目的としております。今後につきましては、施設整備のほうは昨年度おおむね完了いたしておりますが、今後につきましては運営において、要するに行政サービス、給食の提供の部分になりますが、先ほどの食育だったり、残食量の低減といいますか、そういう部分についてのソフト面の部分の向上を目指していくような形を目指していきたいと考えております。



○委員長(上田勉) 決算書関係、小野 幸男さん。



◆委員(小野幸男) それでは、ここに書かれているとおり増額になった理由についてお伺いします。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) 特別支援教育支援員の賃金について、増額になった理由ということでございますが、特別支援教育支援員の配置につきましては、平成22年度におきましては6校、6名で配置を行っておりました。昨年度は、通常学級で支援が必要な児童の実情に鑑みまして、平成23年度は11人を配置しております。学校数につきましては、8校、11人ということで配置しております。財源につきましては、緊急雇用創出事業や光をそそぐ交付金事業を活用し、財源を充てております。



○委員長(上田勉) 小野 幸男さん。



◆委員(小野幸男) ということは、特別支援を要する子供がふえたということでよろしいのかな。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 特別支援学級に在籍している子供のほかに、通常学級に在籍している子供の障害、具体的に申し上げますと、LD、学習障害、あとADHD等、特別支援学級に入級するときは保護者の承諾が当然必要でございます。保護者の中には、通常学級で学ばせたい、ともに学ぶ教育という視点から通常学級の中に障害をお持ちの子供さんもございます。その子供に子供のよさとか可能性を最大限に伸ばすためには、一斉指導だけではどうしても伸ばし切れない、そのときには同じ教科の内容を学びながら、そこに配慮が必要だと。その配慮が必要な子供さんが通常学級にどうしても多くなっているところでございます。就学指導の認定で学習障害、あるいはADHDだけではどうしても認定されない子供さんも当然ございますので、その中での配慮をするというようなところでの支援員の配置というようなところで多くなっているところでございます。



○委員長(上田勉) それでは、これで通告分の審査を終結します。

  次に、課長が説明した分についての質疑を許します。質疑ありますか。

  八木 繁次さん。



◆委員(八木繁次) 前の鈴木課長さんの説明のときにも聞こうと思ったのですけれども、今度西小と二中のパソコン買いかえの話ありましたけれども、決算書には廃棄の分だけしか載っていませんけれども、当然買いかえとなればそれなりの成果があったのだと思うのですけれども、そのパソコンの子供たち、高学年のほうからやっていらっしゃると思うのですけれども、指導方法がいいのか悪いのかわかりませんが、私の孫を試したわけではないのですけれども、うちで遊びに来たとき何ぼ知っているかと思ってやらせたのです。さっぱりわからないから、私怒りつけたら泣いてしまって帰ったのだけれども、そんな程度の勉強しかしないのかと思って、私がっかりしたのです。余りいい娘ではないのですけれども。だから、せっかく買ったパソコンをそんな程度の学習では、費用対効果というのはどうなのかなという、私も一瞬考えてしまったのです。どう思いますか。



○委員長(上田勉) 個人差もあるかもしれませんけれども。では、学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) それでは、私のほうから各学校の状況というところでお話をさせていただきたいと思います。

  各学校では、情報教育の一環として、その手段としてパソコンを活用していると。その中での情報を選択して活用していくというところで生かしているのですが、小学校が6カ年の中で、高学年に特化したものではなくて、段階的に低学年から順番にキーボードの使い方、そして3年生、4年生、中学年になりますとローマ字を習いますので、今度は初めて仮名入力からローマ字入力の学習、それにつきましても一人一人に応じた指導をしていかなければならないものですから、これは各学校で総合的な学習の時間、3年生以上ですと総合的な学習の時間で何時間かとっておりますが、あるいはテーマ学習で40時間とか50時間とっている場合は、最初のときにパソコンの使い方を指導して、そしてこれは1人の先生が教えるだけでなくて、その学級の中で友達から教えてもらったりとか、あるいはわからなかったときには教えてもらったり教えたりとか、そういうところから学んでいく、そして学校の中ではやはり興味関心を持つというところがどうしても必要で、学校だけではなくて、また家庭との連携も必要になってくるのかなというようなところで、その技術面、スキル面としては必要かなと考えているところでございます。



○委員長(上田勉) 八木 繁次さん。



◆委員(八木繁次) 私も余り堪能なほうではございませんので、余り大きなことは言えませんけれども、そういう人の孫だから、本当は恥さらすようなことで申しわけないのですけれども、本当にがっかりしたのです。専門の先生はいらっしゃると思うのですけれども、買いかえてまた新しくなれば、機種も変わるだろうし、操作もまた別になってくると思うのです。そういう指導、教育というのか、それもやっぱり充実させてもらわないと、宝の持ち腐れになる可能性もなきにしもあらずだと思うのです。たまたまうちの孫も無事卒業して高校に入ったからよかったのですけれども、やはり費用対効果というのを考えますと、冗談は言っていられない部分があると思うのです。ぜひそういうことのないようにお願いしたいと思います。どうですか。



○委員長(上田勉) うちの孫の話は後で。

     〔「別な質問」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 八木 繁次さん。



◆委員(八木繁次) あと、さっきの剣道の先生のことをお話しされました。文科省で必須授業としてやるようになったわけですけれども、時間数の報告によりますと、各学校のほうのばらつきがあるように私承ったのですけれども、必須科目となると1カ月に何時間、1週間に何時間と授業割りというのですか、時間割りに入るはずなのですけれども、何でそのようにやったのか。



○委員長(上田勉) これ、学校のやつはことしだね、授業数は。

     〔「必修は」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 必修はね。柔道、剣道はね。

     〔「去年からじゃないの」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 24年度からだね。これに書いているのは、どんどん話すので黙っていたけれども、いわゆる支援をしてくれる先生の話だから、その辺のところをちょっとわきまえながら質問してもらいたい。

     〔「委員長そんなこと説明しなくていい。職員に説明させて」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 職員にさせて。わからない質問してはだめなのだ。23年度の話ししていますからね。いいですか、それわかって質問するのだったらいいですけれども。

  では、それを踏まえて答えてください。舛田さん。



◎教育委員会副参事兼学校教育課学校教育班指導主事(舛田育久) それでは、指導の時間ということでございましたが、先ほど?松のほうからも話があったのですけれども、矢本一中の場合40時間、17日となると、これはクラス数多いですので、大体1日行って2時間という計算になっていると思います。同じように、鳴瀬一中も9日、19時間ですが、これもやっぱり1日2時間となります。矢本二中が多くて8日間で24時間、これは1日行って3時間ということになります。鳴瀬二中については、12日、12時間ですので、1日1時間ということになりますが、1時間といっても、少ない学級だと1年生、2年生合同という指導方法もありますので、そこら辺学年によって少ない、多いというところがないように、学校のほうでも体育の先生方考慮しておりますので、この時間から見るとそのように大体同じような指導はされているというふうな判断はできると思います。



○委員長(上田勉) それでは、五ノ井 惣一郎さん。



◆委員(五ノ井惣一郎) 災害救助関係でお聞きしたいのですけれども、学用品の給与のということで、昨年支援物資倉庫を会派で見てまいりましたけれども、そのときランドセルの話で前回出したのですけれども、きょうの関係だというので、そのランドセルが今使っているのはほとんどA4なので、当時相当のランドセルの支援いただいたということですけれども、使えないということで、処分ではなくどこかにという話だったのですけれども、その後どうなったのかなと思って、そのランドセルの件で。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 震災当時ランドセルがないということで、全国から、きちんとした数字はわかりませんが、大体1,500個ぐらい、新古、中古のランドセルが参りました。いろんなところに置いてあったので、私たち6月以降に全部荷物を集めた際にようやくわかったのもあるのですが。ただ、メーカーが今年度からA4のランドセルに切りかわったものですから、前のA4のサイズが入らない新しいランドセルが新品のがメーカーで余っているので、この震災で全部出してくれたのです。そうすると、やっぱりA4入らなくても新品のランドセルのほうがいいものですから、それを希望者のほうに各学校を通じまして希望をとりまして、あと教育委員会に来ていただきまして、色とか何種類かあったのです。赤、紺とか、黒とか、それでお渡ししたと。それで、1,300個ぐらい余りました、ランドセル。それで、これを全国からお手紙まで入ったランドセルが来ているので、無駄にしたくないものですから、また石巻、女川でランドセルとか、そういう食料品だけでスクープされまして、ちょっと新聞に出たことあるので、やはりこれをごみとして投げるのはもったいないということで、1年かかりましてフィリピン、バングラデシュ、そういうところにいろいろやったのですが、送料こっち持ちなら受け入れてくれるよということで、送料を全部計算しますと約500万かかるのです。なかなか難しいというわけで、それでいろいろ考えまして、何かあったら応援しますよと白鵬さんが言っていったものですから、モンゴルで使わないかなと。馬に乗って学校に通うということを聞いていましたので、ランドセルちょうどいいのかなと。それで、宮城野部屋に電話しまして何回か打ち合わせして、結果的にはモンゴルのほうに1,300個全て、白鵬さんが輸送費を出して送っていただきました。中国経由でモンゴルに入りまして、あとそのときウランバートルで白鵬さんがランドセルの贈呈式やったみたいですけれども、全国からいただいた中古のランドセルなのですが、無駄にしなくてよかったと思って、今はモンゴルで活躍しております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは、熱海君。



◆委員(熱海重徳) 済みません、先ほどの私の質問でちょっと聞き漏らしがあったものですから、再度質問したいのですけれども、49ページの中の語学指導助手業務委託事業なのですけれども、先ほどの説明で5月に2人、6月に1人ふえて3人、7月からは4人になったということなのですが、その2人から4人にふえるまでの間、矢本一中など生徒の多い学校で、ほかの学校と比べてちゃんと影響なく授業が受けられたのかどうか、また4人そろってから以降も学校の生徒の少ないところ、多いところで支障なく充実した授業が受けられたのかどうか、再度お願いします。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) ただいまのご質問についてですが、5月におきましてはやはり指導等できる学校というのが、実際入った校数というのが限られております。ただ、6月、7月以降、要するに人数がふえていく中で、全体のほうを調整していただきながら、学校のほうとの調整を図りながら実施しております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 熱海さん。



◆委員(熱海重徳) それは学校ごとに何時間とかという振り分け方ではなくて、あくまでも東松島市の生徒全員が同じようにALTの授業を何時間ずつということで理解してよろしいのですよね。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) さっきの説明でお話しした部分ではあるのですけれども、23年度始まる前に全体計画といいますか、震災前の状況での計画は立てております。基本的には、そちらのほうに沿いながら実施はしているところでございますが、4月以降、4月は全然実施できなかった部分、あと5月、6月、7月あたりまで影響を受けておりますので、配置のALTの関係で影響を受けておりますので、そちらのほうでの影響はありますが、全体計画の配置日数までは、当然ながら減額等の変更契約も実施しておりますので、至っておりませんが、学校の授業等との調整を行いながら実施しているところでございます。当然ながら学校によってクラス数も違いますので、あと小学校と中学校の時間とかという部分も違ってきますので、その辺は全部が同じ時間数というわけではございません。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 4名の配置でございますが、今年度は新学習指導要領、中学校でございますが、その前年度は小学校のほうでスタートし、小学校では5、6年生で外国語活動、年間35時間の配当になります。かつて中学校1年生で学習していたコミュニケーション能力の育成が小学校のほうに今おりてきたというようなところで、ネーティブスピーカーである外国語指導助手、その外国の方から直接耳から入る音声言語の指導ということで、小学校この4名の中で均等に配置するというのが必要でございます。中学校では、英語の免許を持っている指導者が当然おりますので、英語の免許を持っている指導者がみずから研修を積んで指導力の向上、そしてALTのネーティブの部分も含めて、やっぱり学び続けるというところが中学校の先生の指導力も必要になってくるのかなというところでございます。ちょっと補足で話をさせていただきました。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 災害用スクールバスの運行事業についてお聞きします。

  前教育長、木村教育長、災害対策本部で私と去年話ししたのです、この件について。それで、仮設ができまして、児童生徒通学をしなくてはならないということで、約1億円かかるということで大変だと。しかし、初年度は混沌としているので、仕方がないなという話。もう一人いたと思うのですが、その方はちょっと忘れたのですが。では、そういったルートも含めて、それからバスの種類なんかも含めて、それからあと通学、仮設のブロックも含めて考えなくてはいけないなという話をしていたのです。今木村教育長はいなくなってしまったので、その改善のためにどういう話をされたのか、その辺を聞かせてください。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 今のお話は、教育長からも聞いております。それで、やはりふぐあいが生じてきていることは事実でございます。というのは、同じ仮設の地域と、今まで通常通っていた地域、仮設に住んでいる中学生はスクールバスで、その地域に住んでいる方は自転車というのもあるわけでございます。それと、中学校、小学校が体力的に低下しておりますので、なるべく徒歩なり自転車で通学していける距離を考えていかなければだめだなということは話ししております。それで、ことしの反省も踏まえて、来年いろんな問題が出ていますので、それも含めて学校、保護者と話詰めていきたいなとは思っていました。1つは、改善できるのは、同じ地域から通う中学生が、片方がバスで片方が自転車という、こういう矛盾したところはやはり直していきたいなとは思っていますし、ただ仮設の方たちは自分の自宅もなくし、心の部分でも被害を受けているわけですので、やはりそういう方には、前鳴瀬ではあったらしいのですが、自転車の部分を配付するとか、そういうことはしていかないとだめかなとは思いますが、支援で自転車は相当来たのですが、もう一台もありませんので、そういう部分も含めて当初でいろんな形で考えていきたいなとは思っていました。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) これからいろんな協議をされるということなのですが、当時は国、県からお金が来るというのは確定していなかったのですよね。それで、これは市自身の持ち出しで1億も出すのに大変だということで、そういう話になったのですが。ですから、国、県から来ればいいというものではありませんので、その辺はきちんと協議するようにお願いをしたいというふうに思います。

  それで、別な質疑ですけれども、成果の51ページの先ほど出ました学校給食事業の関係なのですが、先ほどの説明では食育の充実についても取り組んだという話なのですが、実はきのう健康推進課の食育推進事業21万6,000円しか使っていないのですが、上がっていたので聞いたのです。それで、教育委員会との連携はどういうふうになっているのだとお聞きしましたら、学校のほうで取り組もうとしたのですが、なかなか人が集まらなくて、とりあえず健康推進課のほうで取り組んだ経緯があるということで、これについては母子、成人、高齢者などの対象なのですが、文科省の指針によりまして食育教育をするということになっていますから、これは当然学校のみならず家庭、それから地域と一体になってやるということになっておりますので、その辺若干先ほどの説明と、健康推進課の説明と、ちょっとニュアンスが違うようだなということなので、その実態についてまずお伺いしておきたいと思います。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 今日的な課題から申しますと、児童生徒への食育指導の充実を図っていくというようなところは重要でもありまして、策定しております東松島市の食育推進計画がございます。この中で、策定されてから健康推進課との連携は今後さらに充実して、いろいろな面で児童生徒の義務教育の9年間だけではなくて、乳幼児から、そしてあと義務教育が終了して、その後のことも含めての食育指導というようなところで考えていかなければならないのかなと思っているところでございますが、小中学校につきましては、例えば望ましい食習慣のあり方を知るというようなところを各学校では学級活動、あるいは学校行事、そして先ほど申し上げました給食指導の中で指導しているところではございますが、それもこの中に含まれているところなのですが、連携部署というようなところに学校と、そして健康推進課との連携のあり方については、今後具体的には進めていかなければならないのかなと考えているところでございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) もう一つですが、さっき食べ残しの関係説明ありました。小学校が23%だと、中学校が21%ということで、これも学校、学年による差があるということなのですが、これもやはり直接間接的に食育に関係あるのですよ。ですから、これに力点を置けばかなり効果があるのではないのかなというふうに思います。23年度の決算ですから、そういったことを含めて事業に取り組んできたのかということをお聞きしたいということです。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) 各学校では、学校保健委員会というのを年間の中で校医さん、そして各学校では給食主任、保健主事、そして校長の指導のもとで、知徳体のバランスのとれた成長を目指しているのでございますが、心も頭も基本的には体づくりが必要なのかなというところでございます。その中での給食を残さず食べていく、そういうところの指導については、学校保健委員会の中には当然PTAの代表の方も出席いたしますので、保護者あるいは地域の方々との連携を図っていかなければならないのかなと思っているところでございます。それも含めて、校長会あるいは教頭会、そして養護教諭、そしてあと保健主事等の研修会の折に指導しながら、各学校に働きかけて継続的にいかなければならないのかなと、こう考えているところでございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) これは前教育長も、前々教育長も、給食は大事な学校教育の一環だという位置づけを随所で述べられているのです。ですから、考え方というのはさんざん聞いていますから、あとは行動だということになります。せっかく文科省の指導で食育の指針もできたわけですから、それはやっぱり活用しない手はないというふうに私は思います。ですから、23年度にこういった食べ残しの結果が出たということ、私非常に残念なのですが、昔はこんなになかったのです。最近偏った食事をするようになってくるということなので、これも一つの食育だということなので、その辺をぜひお願いをしたいというように思いますし、これはこれからの問題ですけれども、今その考え方お伺いしたいと思います。



○委員長(上田勉) 学校教育課長。



◎教育委員会参事兼学校教育課長(横江信一) これにつきましては、実は食育の問題はアレルギーの問題ともかかわってまいりまして、やはり食べ残しがあったりとか、好き嫌いがあるというようなところ、それがいろいろな面で成長の妨げになっているというようなこと、あるいはさまざまな疾病を起こしているというようなところも現実にわかってまいりましたので、これについては先ほど申し上げましたとおり、各学校への指導だけではなくて、研修会への積極的な参加、これは教育委員会、学校教育課としましても全面的に指導していくだけではなくて、私たちもその辺認識を深めてまいりたいなと、こう考えているところでございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 阿部 勝?さん。



◆委員(阿部勝?) 決算書の47ページ、毎年話題に出るところですけれども、給食の未納です。平成23年度は、多分それの対策どころではなかったと思うのですけれども、どのような対策をとられたか、そしてまた震災の影響はなかったかお聞きします。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 23年度におきましては、48世帯で221万3,721円の滞納がありました。ことしに入りまして7世帯ほどが完納しておりますが、現在42世帯、214万4,000円ほど滞納になっております。現在滞納の方につきましては、納税推進課のほうに一元化といたしまして徴収のほうをお願いしております。

  あと、滞納の年度なのですけれども、平成14年から滞納が発生しております。

  以上です。



○委員長(上田勉) 阿部 勝?さん。



◆委員(阿部勝?) 震災との関連というのは。



○委員長(上田勉) 青木所長。



◎教育委員会学校給食センター所長(青木忠之) 震災につきましては、23年度におきましては6世帯で11万9,000円ほどの滞納となっております。ですから、通年よりは減少になっております。

  以上です。



○委員長(上田勉) ?松班長。



◎教育委員会学校教育課学校教育班長(?松美信) 給食費の未納に関して補足でご説明申し上げます。

  昨年度につきましては、震災ということで、学校教育班のほうの担当部署でもあります就学援助費のほうで、震災対応ということで就学援助に該当している児童生徒さんがかなりふえたということで、先ほども申し上げておりますが、そちらのほうでの給食費助成分がございますので、現実的には震災影響分ということでの影響部分については少なかったのかなと感じております。実質助成分についてはそのまま、その分については保護者より、例えば委任払いとかの承諾等をいただきながら、市の会計のほうに納入をそのままいただいているという形をとっております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) では、これで学校教育課に係る審査を終了します。皆さん、ご苦労さまでした。

  委員の方は、ちょっとお待ちください。

  暫時休憩します。

    午後 零時04分 休憩

                                          

    午後 零時06分 再開



○委員長(上田勉) それでは、再開します。

  ちょっと時間過ぎていますけれども、すぐ終わると思いますので。

  これから委員間の協議をしたいと思います。2課にわたる、教育総務課と、それから学校教育課の2つについて協議をしたいと思いますが、何か意見ございますか。

  さっと出ないので、私のほうから。先ほど皆さんのほうからたくさん質問にあった分、最後に私のほうから教育次長のほうには申し上げたいと思いますが、内容につきましては実技指導者の件については、十分これから検討するようにということと、語学助手関連です。それから、3つ目が学校給食センター。実は、学校給食センターの件はできただけで、中身の話は今年度になっているのです。ただ、運営に関しては今後重要ですので、しっかりと体制を整えてやるようにというお話は、項目として挙げたいと思います。

  それから最後には、成果報告の書き方、まだまだ震災があったにもかかわらず、それが第一義と、それから復旧、復興というのがどうもいわゆる通年の場合のやつと、それから震災に向けてのものがやっぱりちょっと抜けているということでありますので、この辺については次長のほうに最後に申し上げたいなというふうに思います。大体そういうようなことは、私のほうから申し上げたいなというふうに思っています。

  あと次に、現場審査、現場調査、どこかございますか。

  休憩をして、ちょっと調整をしたいと思います。

  暫時休憩します。

    午後 零時08分 休憩

                                          

    午後 零時10分 再開



○委員長(上田勉) 再開します。

  それでは、先ほど申しましたように、私のほうから教育次長のほうに今回の審査に当たっての我々の助言というか、コメントということで、剣道の実技指導者の件、それから教育のあり方、それから語学指導助手業務委託事業の件、それから学校給食センター運営事業については私のほうから口頭で、それから加えて成果報告書は、やっぱり毎回そうですけれども、今回の状況に合っていないということを申し上げたいと思います。

  あと、現場調査の候補地として倉庫、備蓄倉庫に行きたいというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。申し上げません。

  暫時昼食休憩としたいと思います。

    午後 零時11分 休憩

                                          

    午後 1時29分 再開



○委員長(上田勉) では、1分前ですけれども、皆さんおそろいですので、再開をしたいと思います。

  休憩前に引き続いて審査を続行したいと思います。

  生涯学習課に係る審査を始めたいと思います。

  まず最初に、次長のほうから出席職員の紹介をしていただいて、その後生涯学習課長のほうから概要説明、質疑ということで進めたいと思います。

  では、次長、お願いします。



◎教育次長(小山直美) それでは、午後の部、よろしくお願いいたします。

  説明員の出席者をご紹介申し上げます。生涯学習課長、菅野 利一です。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 社会教育班長兼コミュニティセンター所長、佐藤 敏幸です。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) 佐藤です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 社会教育班主任、柏木 淳一です。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班主任(柏木淳一) 柏木です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) スポーツ振興班長、齋藤 敏文です。



◎教育委員会生涯学習課スポーツ振興班長(齋藤敏文) 齋藤です。よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) 文化財班長、赤澤 靖章です。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) 赤澤です。よろしくお願いいたします。



◎教育次長(小山直美) 奥松島縄文村歴史資料館長、菅原 弘樹です。



◎教育委員会奥松島縄文村歴史資料館長(菅原弘樹) 菅原です。どうぞよろしくお願いいたします。



◎教育次長(小山直美) 図書館長、熱海 修一です。



◎教育委員会図書館長(熱海修一) よろしくお願いします。



◎教育次長(小山直美) ちょっとおくれますが、図書館副館長、加藤 孔敬があと出席させていただきます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは、生涯学習課長、概要説明お願いします。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) それでは、私のほうから生涯学習課にかかわります概要の説明を申し上げます。

  平成23年度の生涯学習課事業につきましては、震災の影響で多くの社会体育施設並びに社会教育施設の被災がありましたり、また関係団体、社会教育団体、社会体育団体の団員の中でもかなりの犠牲者とか被災者おりましたり、また多くの事業等が縮小された現状でございました。そのような状況の中で、生涯学習課といたしまして事業を展開してきたわけでございます。

  それでは、事業の内容につきましては主要施策の成果説明書に基づきまして説明申し上げたいと思います。成果説明書の52ページをお願いいたします。52ページの下の段でございます。協働教育推進事業でございますが、これにつきましては事前通告の質疑ありますので、そちらのほうで説明したいと思います。

  次に、53ページ……よろしいでしょうか。



○委員長(上田勉) はい、どうぞ。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) 生涯学習情報提供事業でございます。これは、主には生涯学習カレンダーを作成いたしまして、情報の提供を行っております。

  次に、市民センター配本サービス事業でございますが、これも事前通告質疑ありますので、そちらのほうで説明したいと思います。

  次に、読書啓発事業、それから次のページでございますが、図書館管理運営事業につきましては、図書館業務でございます。図書館につきましても今回の震災でかなり多くの被害を受けました。その中で、施設の仮復旧、それから地震のため散乱した図書の片づけ等を早期に行いまして、6月1日から一応仮開館、そして7月1日から通常開館を行いまして、皆様方に図書の提供をしているところでございます。その中で、特筆される事業といたしましては、いろんな事業がありますが、その中で移動図書館車、これは熊本市からの貸与でございますが、これを利用いたしまして巡回図書を行いまして、また小さな図書館ということで、11月下旬から宮戸、それから野蒜の各市民センター、それから応急仮設等を回りまして、図書館事業を行っております。

  次に、55ページ上段でございます。コミュニティセンター管理事業でございます。コミュニティセンターにつきましても被災を受けまして、当初は避難所として活用いたしまして、その後8月からは清掃業務、それから軽微な補修等を行いながら、ホール以外の各部屋、会議室等を開放いたしまして、最終的には平成24年3月、ホールのほう修理を行いまして、貸し出しを行った状況でございます。

  次に、青少年育成事業でございます。これは、1つはジュニアリーダーの養成等でございますが、これにつきましては事前通告がありますので、そちらのほうで説明いたします。

  次に、2番目、立志式でございます。これにつきましては、記載のとおり各中学校4校につきまして実施しております。ただ、震災の関係で会場が矢本二中は赤井南小学校の講堂、それから鳴瀬二中につきましては鳴瀬一中の講堂を利用して実施しております。

  次に、成人式実施事業でございます。55ページ、次のページ、56ページをごらんください。23年度の成人式につきましては、24年1月8日実施しております。新成人は362人の出席でございました。ただ、会場につきましては例年コミュニティセンターで行っておりますが、コミュニティセンターホールが使えないために、会場を宮城県東松島高校の講堂を利用して実施しております。

  次に、スポーツ関係でございます。社会体育指導員の設置事業でございます。これは、社会体育指導員を設置いたしまして、主に幼児教育の指導等に派遣しております。

  次に、市内中学校部活動指導者の派遣事業でございます。これにつきましては、事前通告の質疑がありますので、そちらのほうで説明したいと思います。

  次に、スポーツ関係団体の自主活動推進といたしまして、社会体育団体の助成事業でございます。57ページのほうには実施した内容でございますが、今回はかなり震災の関係で多くの大会等が中止になっておりますので、このような規模の助成となっております。

  次に、スポーツ団体業務でございます。これにつきましては、体協のNPO法人化取得、いわゆる体協の体質向上のための措置でございますが、このための職員体制を整えるということで実施しております。ちなみに、平成23年11月にこのNPO法人の設立準備会を発足いたしました。その後、数回の会議を経まして、平成24年6月6日設立総会を実施しているところでございます。

  次に、社会体育施設内受傷者等の見舞金交付事業でございます。これは、社会体育とか学校施設において、その活動中にけがをした場合の見舞金でございます。23年度は、3件の3万6,000円の支給でございました。

  次に、各種全国大会等の参加者助成事業でございます。これにつきましては、全国大会等に出場した方の助成でございますが、23年度は24件、42万の交付でございました。

  次の58ページをお願いいたします。社会体育施設の管理運営事業でございます。これは、当課で管理しております体育館、市民体育館、それから各地区体育館、それから運動公園につきましては鷹来の森運動公園とか矢本運動公園、市営プール施設の維持管理に向けた事業でございます。

  次に、学校体育施設の開放事業でございます。これにつきましては、事前通告質疑がありますので、そちらのほうで説明いたします。

  芸術文化活動の支援につきましても、同じく事前の通告質疑がありますので、そちらのほうで説明申し上げます。

  それから次に、文化財の関係でございます。文化財保護事業、それから次のページ、文化財の維持管理事業、それから市内遺跡の発掘調査事業等を実施しております。今回特に震災の関係もありましたので、文化財の震災の調査、それから応急措置等が大きな事業となっております。それから、開発事業に伴いまして、特別名勝松島の保存管理のあり方に関する検討とか、そのようなことも実施しております。

  また、維持管理につきましては、これも災害に関係いたします個人住宅の建てかえ等の調査等も実施しております。

  次の60ページをお願いいたします。里浜貝塚の保存管理事業、それから奥松島縄文村管理運営事業でございます。こちらにつきましては、奥松島縄文村資料館がかなりの被害を受けました。当初は、宮戸地区の避難所の対応とかやっておりました。その中間につきましては、今度は施設の補修、修繕とか、それから内部の展示物の修復とか、そういうようなことをしておりまして、ことし3月18日、やっと開館ということで開館をいたしました。その間、いろいろとボランティア活動とか、例えば里浜貝塚等でございますと、里浜貝塚の保存管理につきましてはボランティアの活動とか、それから遺跡の保存につきましても各種の団体の援助をいただいているところでございます。

  生涯学習課については以上でございますが、次に交流事業の関係で73ページをお願いいたします。この中の一番下の段でございます。地域間の多彩な交流の推進の中の友好都市交流推進事業がございます。これは、北海道更別村との友好姉妹都市の交流でございます。これにつきましては、詳細は事前通告がありますので、そちらのほうで説明したいと思います。

  次に、災害関連の事業でございます。101ページをお願いいたします。ここで生涯学習課関連の災害復旧でございますが、番号でいいますと68番からでございます。68番は、社会体育施設の災害復旧事業で544万2,000円の決算額でございます。これは、被災しました各施設の調査、それから清掃及び備品等の購入となっております。

  次に、69番でございます。これも同じく社会体育施設の災害復旧事業514万8,000円でございます。これにつきましては、記載のとおり市民体育館、矢本運動公園、鷹来の森運動公園、赤井地区体育館、大塩地区体育館等の応急補修を行っております。

  次に、70番でございます。県指定文化財月観の松の支柱の修繕14万8,000円を実施しております。

  次に、同じく71番でございます。平成23年度市内文化財等の復旧業務でございます。これにつきましては、野蒜築港の黒澤敬徳の紀功之碑とか、それから東薺塩場の碑等の津波で流されましたものをもう一度現地に復旧いたしました。

  次に、72番の同じく23年度市内文化財の復旧事業のその2でございます。これにつきましても、野蒜築港の石のローラーとか、それから測候所跡のれんがとか、このようなものの一部復旧を行いました。

  以上が主要施策につきまして、生涯学習課の説明でございました。以上で終わります。



○委員長(上田勉) どうもご苦労さまです。それでは、課長の説明が終わりましたので、逐次通告されている項目から質疑を開始をしたいと思います。

  まず、52ページの下段ということで、八木 登喜雄さん、お願いします。



◆委員(八木登喜雄) 協働教育推進事業、これ非常に成果説明書にまでに書かれているのですが、確認も含めて説明を願いたいと思います。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) 平成23年度のプラットホーム事業でございます。この目的等につきましては、記載のとおり家庭、学校、地域が協働して地域の特性を生かした活動を実践して、子供たちの生きる力の育成を図るということで取り組んできたわけでございますが、その事業等につきましても記載のとおりでございます。内容につきましては、今回は23年度中盤から国、県の補助を受けまして、各8つの地区センター、自治協に話しかけたのですが、実施可能な大塩コミュニティー協議会、それから矢本西コミュニティー協議会、赤井地区自治協議会の3地区の方々の実施をいたしました。事業内容については、そのような記載のとおりの事業内容でございますが、この中でイベント事業を実施していただきました。それで、既存の事業を利用しながら連携を図るような方向で事業を実施していただきまして、それなりの成果はあったと確認しております。ただ、平成23年度はこの事業の走りの段階でございますので、これを受けまして平成24年度にはさらに充実した事業展開していこうと考えております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 八木さん。



◆委員(八木登喜雄) 目的と、あと1つは事業内容の中の協働教育講演会の開催は何回やって、あるいは学校でも取り組んだのかどうか確認したいなと。



○委員長(上田勉) 佐藤所長。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) 協働教育プラットホームの協働教育講演会のほうについてご説明いたします。

  協働教育講演会のほうは、資料52ページの内容のところに載せましたように、C.W.ニコルさんの講演会を全市的に1本で行ったところです。

  なお、3地区の自治協、コミュニティー協のほうにお願いして行ってもらっている事業に関しては、23年度はそれぞれの既存の事業を中心にして、今までも行われてきた地域協働の教育事業として位置づけていただいて行っております。



○委員長(上田勉) 八木さん。



◆委員(八木登喜雄) 協働教育講演会の内容と、それから次の目的というか、来年度以降の学校の現場を踏まえた、そういういろいろなことを考えたときに、鳴瀬地区で今後考えているか、取り組む、あちらでの講演、該当者が鳴瀬地区ですから、それを確認をしたいのですが。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) 昨年度、23年度はまず初めということで、これまでの市民センターさんにご説明して取り組めるところから、今までも地域協働の教育事業として地元に密着した事業を展開していただきましたので、それがこのプラットホームに位置づけられるというふうに教育委員会でも把握しておりましたので、それを主に行っていただきました。24年度、今年度ですが、3地区で市民センター中心に行ってきましたが、今年度はかなり難しい地区もございましたが、8地区全ての市民センターさんで36事業を上げていただいて展開していただいております。そのほかに、協働教育に関連する講演会を市の全域として生涯学習課で扱うというふうに考えております。主には、その地域に密着した協働教育ですので、各センターさんを核にしまして展開していただく方向を今検討して展開してもらっているところです。



○委員長(上田勉) 八木さん。



◆委員(八木登喜雄) 実は、人口流出というか、学校が立派な学校であれば例えば勤め人が3年間、今仙石線がとまっている関係で、移動してアパートを借りてでも、子供たちが仮に今後ああいう学校で学ばせたいなという目標があれば今後のまちづくりにも影響すると思うので、本来であれば予算的な形になるのですが、そういう取り組みをぜひやってほしいという要望して、終わらせていただきます。



○委員長(上田勉) では、そういうことですので、よろしくお願いします。

  次に、滝さん、お願いします。



◆委員(滝健一) 市民センター配本サービス事業なのですが、この一覧表によりますと、各市民センターの蔵書冊数に対する貸出冊数の割合に著しい差があります。これはその関係ばかりではないのでしょうが、このことと、それから蔵書と利用状況について説明いただきたいと思います。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) ただいまの質問でございます。まず最初に、各市民センターの蔵書に対する貸し出しの割合の著しい差ということでございますが、1つは各市民センター全般は避難所等になったことと、それから被災した方の特殊な環境の変化、これは被災のための読書に対する意欲の減退かなと考えられておりますが、そういう意味で本年度は全体的には貸し出しは少なくなったのではないかと感じております。

  それから、各市民センターの貸出冊数の開きでございます。これは、小野市民センター、赤井市民センターが少なく、大塩市民センターが多いということは、恐らく震災の関係で、いわゆる被災した地区の方々が貸し出しの冊数が少なかったのではないかと、そのようなことの影響を考えております。



○委員長(上田勉) 加藤副館長。



◎教育委員会図書館副館長(加藤孔敬) お答えさせていただきます。

  蔵書の数につきましては、各市民センターの蔵書能力の部分において、置ける冊数が違ってきておりますので、そういった部分で冊数の開きが出ている状態です。



○委員長(上田勉) それでは次に、55ページの中ということで、佐藤 富夫さん。



◆委員(佐藤富夫) 青少年育成事業ということで、ジュニアリーダーの初級研修参加者7名は少な過ぎる。募集に関し学校の協力等、学社連携が希薄ではないか。現在の数と活動状況はということなのですが、これは震災にかかわらず、近年ジュニアリーダーの初級研修の参加者が減少傾向にあるのです。この窓口といいますか、各小学校の卒業予定者を対象に募集しているのですが、学校のほうにお願いしています。しかし、学校のほうでは協力的な学校もありますし、非協力的な学校もあります。ですから、そういった関係で学社連携が希薄ではという問いです。ということで、この設問に対して答弁をお願いしたい。



○委員長(上田勉) 生涯学習課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) それでは、ただいまの質問に対してお答えいたします。

  まずもって、現在の活動状況についてお話しいたしますと、現在のジュニアリーダーの登録人数につきましては、中学校1年生から高校3年まで、合計34名の登録者がございます。今年度の主な活動状況につきましては、4月にジュニアリーダーの合宿につきましては27名の参加、それから7月にはイン・リーダー研修13名の参加、それから9月20日現在の状況でございますが、各子供会行事派遣等の要請に対しまして7回派遣しておりまして、延べ17人のジュニアリーダーを派遣しているというのが現在の取り組みの状態でございます。

  次に、学社連携といいますか、学校の協力体制でございますが、今回のジュニアリーダーの初級研修の募集につきましては、当然学校のほうの協力をお願いいたしまして、募集チラシを学校を通じて配付させていただいたところでございます。また、朝とか夕方の少しの時間をおかりいたしまして、ジュニアリーダーが直接学校のほうに出向きまして勧誘活動を行いまして、そのようなことで実施しておりまして、小学校のほうには理解と協力をいただいているということで解釈しております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 大体想定した答えのとおりです。それで、昔から、冒頭に言いましたように、これは学校教育課長に本当は聞かせたいのですが、協力的な学校もあるし、非協力的ということは、要するにジュニアリーダーというのは何だというのを理解していない学校があるのです。ですから、その辺の学社連携をきちんとやってくださいよということでずっとお願いをしてきましたし、議会のほうでもいろいろ議論してきたわけです。それで、青少年育成事業にとってジュニアリーダーというのは何なのかということを理解をしていただかないと、なかなか協力的にはならないだろうというふうに思います。かつては、私も講師で花山に行ったことあります。たった5,000円の謝礼なのですが。そのころはかなりいたのです。ですから、今のところ34名登録者がいるという、随分いるなというような感じですけれども、本当に役に立つのは何人いるかというと、何人もいないのです。10人そこそこではないのかなというふうに思いますけれども。ですから、震災にかこつけてもらっては、これは困るのですが、ずっと歴史的な背景がありますから、生涯学習課何とかしてください、これ。どうですか。



○委員長(上田勉) 課長。

     〔「課長でない、次長だな、これは」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、教育次長。



◎教育次長(小山直美) 一番歴史をご存じな方からのご質問なので、大変答弁も難しいのですが、ジュニアに入る前にイン・リーダーそのものがもう減っているのです。それで、イン・リーダーの研修が減って、ジュニアが減って、シニアにいく方が減ると。それで、子供会活動も昔のように余りどの地域も子供会として活動も活発化していないのかなと。実際生涯学習課でやっていますので、詳細の内容についてはわからないのですが、教育委員会として見ている中では。ただ、今佐藤委員言われたように、またプラットホーム事業とか、そういうので昔に戻らなければだめな部分がいっぱいあると思うのです。社会教育、生涯学習で。やはりそういう面では、校長会、教頭会、学校、学社連携をしまして、また養成に力を入れていきたいというように考えています。

  当初たしか昭和52年ぐらいですか、花山の合宿を始めたのは。そのときは、2泊3日で泊まれるということで、逆に40人ぐらいの定員のところに70も80も来ていたのですが、後から出る更別のほうもそうなのですが、今家庭でいろんなところに泊まりに行ったり、また民間のやっているそういう各研修が多くなりまして、余り珍しいものでなくなったせいもあるのかなとは考えていますが、ただそれだけ言っていられませんので、とにかく学社連携を含めまして、あと子供会、市子連の会長さんもおりますので、その辺ときちんと連携を組みながら生涯学習課のほうで養成していくように指導したいと思います。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 確かに次長が言われるとおり、地域のそういった社会教育の体力も弱っているのです。当時のように、例えば子供会育成ばかみたいな大人がいまして、その人たちが旗振ってきたのです。しかし、今現実の問題として、そういう方がいなくなってしまったということになれば、勢いこれは行政のほう、あるいは学校のほうにお願いせざるを得ないと。もう一回もとに戻して、そしてそこから再スタートするというような体制が私は必要だと思います。ですから、これはお願いしているわけなのですが、これからの問題ということで、お答えは、答えたいような感じなので、答えてください。



○委員長(上田勉) 次長。



◎教育次長(小山直美) まず、ジュニアを養成する前に、やっぱり成人のリーダーなのです。本当に地域でそういう一生懸命やっていただく方がどれだけいるかなのですが、地区センター活動もそのとおりだと思うのですが、今は市子連も会長さんだけがずっとやっていて、あとの副会長さんたちは持ち回りみたいなので、育成会もそのとおりなのでしょうけれども、どうしても自分の子供のいるときだけ頑張るという方しかいなくなりましたので、その辺もこのプラットホーム事業、協働教育事業を取り入れた一つの目的がありますので、そういう中で今後進めさせていただきたいと。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) もう一点、成果としてジュニアリーダー養成、成人式についてどうであったかということなのですが、これは私も出席してわかっているのですが、大橋委員の質疑ということで、私が代理で今質疑しておりますけれども、かつてはジュニアリーダー出身者が代表挨拶したこともあるのです。ですから、今ジュニアリーダーの出番も少なくなってきたという現実もありますので、その辺についての質疑ではないのかなというふうに思います。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) ただいまの成人式の関係でございますが、現在成人式につきましては実行委員会体制をとりまして、その中で成人式の運営ですが、行っております。その中の実行委員には、ジュニアリーダー出身者も多く含まれておりまして、中心的な役割を担っております。実行委員の募集ですが、そういうときの仲間の声かけとか、それから会議におきましても行政と成人のパイプ役として積極的に会議等に参加している状況でございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 社会教育の一つとして、生涯学習の一つとして、ジュニアリーダーが高校を卒業すると役目なくなるわけですけれども、かつてはシニアというのがあったのです。それで、いろんな局面で、いろんなイベントとか、そういうところでも活躍していたのです。ですから、23年度でシニアの関係がどうであったかというのは、私はちょっと存じ上げておらないのですが、そういった活用というのはしているのでしょうか。



○委員長(上田勉) 柏木主任。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班主任(柏木淳一) ただいまのシニアリーダーの関係ですが、震災前のイン・リーダー、過去2年ですか、前の酒井派遣社会教育主事がいたときに、卒業して2年くらいのジュニアリーダーを集めてシニアリーダーを組織しまして、イン・リーダーの引率、それをしていただいていたということでございます。一応震災を挟みまして、今年度はちょっと声かけていなかったのですが、ジュニアリーダーの合宿を昨年11月にしたときに、またジュニアの卒業生、シニアを正式に結成し直したわけではありませんが、その卒業者に声をかけて、後輩の指導をしていただいたということでございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 次長。



◎教育次長(小山直美) 今県の中央児童館も閉鎖されてないのです。それで、昔であればジュニア卒業しまして、大学、専門学校に行ってシニアになって、それであと中央児童館などで活躍の場があったわけです。ところが、今そういうのがないものですから、市で今言ったように活躍の場でもつくってあげないと、なかなかシニアリーダーというのは育っていかないと。組織的なあれがうまくいっていないのかなと。中央児童館がなくなったのが一番響いているのかなと思いますけれども。



○委員長(上田勉) それでは次に、56の中段で、滝さん、お願いします。



◆委員(滝健一) 市内中学校部活動指導者派遣事業、民間人指導者の選定はどのようにして行っているのか。これは、選定対象を幅広くつかめるといいのです。よりよい人材を求めることができるのですが、適当な人がいるのだけれどもということで、教育委員会では把握していない方々もいらっしゃるような気がしてならないのですが、その辺と関連してお伺いしたいと思うのです。

  それから、鳴瀬二中、これはたまたま派遣なかったのですが、これはどんな理由によるものかお伺いしたいと思います。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) まず、民間指導者の選定の方法につきましてでございますが、これにつきましては専門知識を持っているといいますか、市の体育協会、それからスポーツ指導者協議会等に問い合わせ、あるいは協議いたしまして、その人材を選定して教育委員会が委嘱して派遣しております。そのような状況でございまして、現在のところ体協とかスポーツ指導者協議会にお願いしていると、そういう状況でございます。

  それから、もう一つ、鳴瀬二中に対して派遣しなかった理由でございますが、これにつきましては各学校から希望をとっている部分がございますが、ただ学校におきましては部活動に対しまして、例えば顧問の先生の中に専門的に競技を行った経験がある指導できる先生がいますと、そのような部活については要請がない場合もございます。そのようなことで、鳴瀬二中については顧問の先生方が、指導者がいるというので、要請がなかったのかなと感じております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 滝さん。



◆委員(滝健一) 今要請がなかったのかなと感じているというような疑問符若干ついているのですが、確かなところをお伺いしたいのですが。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) これは、当初から各学校については要望を出しているところでございますが、今ちょっとお話ししたとおり、鳴瀬二中のほうからは要請がなかったということで。済みませんでした。



○委員長(上田勉) では、次にまいります。58ページの中段で、熱海さん。



◆委員(熱海重徳) これは、震災の影響で大分利用者の数が減ってしまったと思うのですけれども、当初の予算よりも削減されているので、大分数は減ったと思うのですが、当初どれぐらいの人数を見込んでいて、結局利用者はどれぐらいだったのか、その辺の説明をお願いします。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) 学校体育施設等の開放事業でございますが、本年度は結局震災の影響がありまして、かなり開放する施設が少なかったということが一つの利用者が少なかった原因でございます。あともう一つは、震災の関係で利用する体育関係団体が被災受けたために、その団体も少なかったということが考えられます。

  ちなみに、23年度の利用者でございますが、延べにいたしまして182団体、回数では3,331回、それから利用した人数でございますが、7万9,582人の方々に対して開放しております。

  以上でございます。

     〔「前と比べて」と呼ぶ者あり〕



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) 前と比べて……

     〔「22年度」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 齋藤班長。



◎教育委員会生涯学習課スポーツ振興班長(齋藤敏文) 前年度と比べている部分については、現在資料手元にございません。それで、前回と違っている部分は、先ほど課長が言いましたとおり、7月から一般開放を、学校開放をしているという部分で、さらに地域の部分でいろいろ施設が被災を受けまして、例えば地域の説明会、仮設住宅の説明会、また各種支援のイベント等もこの各学校で実施しておりますので、合計が7万9,582人という部分については、結構なイベントの数もあるということで、前年との比較とは若干ならないと思っております。



○委員長(上田勉) それでは次に、同じく58の中段で、芸術文化ですね、大橋さん。



◆委員(大橋博之) この事業の詳細と、ざっと見て決算額が3,000円の事業だということで、実はこの事業が成果なかったというふうにありますし、それから今後も継続していくのであれば現状の形でいくのか、それとも拡充をするのかというふうなところの基本的な考え方だけお聞かせいただきたいなというふうに思います。



○委員長(上田勉) 課長。



◎教育委員会生涯学習課長(菅野利一) 芸術文化活動支援事業でございます。本年は、記載のとおり9月20日に鳴瀬第一中学校で音楽会イン東松島ということで実施しております。これにつきましては、鳴瀬一中の講堂を利用いたしまして、これは宮城県主催の地方音楽会事業の追加募集ということで募集いたしました。申し込みあった鳴瀬一中の実際は鳴瀬一中、二中の合同の鑑賞会となっておりまして、全体で2中学校合わせまして290人方がおります。

  3,000円の成果でございます。これは県の主催でございまして、3,000円は事務経費でございまして、主体的には宮城県のほうの経費で賄っている事業であります。

  今後の継続ということでございますが、本年度もこのような事業がございますので、それにつきましては応募いたしまして、また継続的にこのような事業を展開していく考えでございます。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) それでは次に、73ページの下段ということで、多田さん、お願いします。



◆委員(多田龍吉) 成果説明書の中には、本市の小学6年生10名が更別村を訪問されたようでございますが、そのホームステイ交流の詳細について伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) それでは、更別村との交流事業につきまして説明させていただきます。

  平成23年度友好姉妹都市として北海道更別村と交流事業を展開してまいりました。本市は、教育委員会と、それから海と大地子ども交流実行委員会という団体を主体にして東松島市側の体制をとっております。更別村のほうでは、もちろん教育委員会と、それからどんぐり子ども交流の実行委員会と、実行委員会組織を中心にしまして市教育委員会が共催という形で展開してまいりました。平成22年度は例年どおり、震災前でしたので、更物村から迎える形で事業を実施しまして、23年度はそのホームステイを受けたこちら側、東松島側の新6年生と、それから新たに5年生を募集して、合わせて計画では20名、例年ですと20名の児童を更別村に送るという計画事業でございました。震災によりまして、もちろん被災を受けたご家庭がたくさんございますし、震災直後から更物村からはかなり支援いただいておりまして、連絡調整をこの実行委員会並びに市のほうでとって、実施するかどうかかなり危ぶまれましたが、6月の段階で実施、ここで途絶えさせることは大変市にとっても今後のために続けたほうがいいというふうな結論になりまして、6月の段階で23年度も実施するということになりました。6月末の段階です。6月末ですと、新しい5年生、被災に遭っている市の状況から、7月末にもう出発しますので、新しい5年生を募集することはちょっと困難であるというふうに判断いたしまして、昨年度更別村からホームステイで受け入れたご家庭の10名、新6年生をこちらから連れて向こうの更別を訪問ということになります。ですから、その5年生分が23年度欠けてしまった事態ではありましたが、その事業は例年どおり更別村に向かいまして、共同合宿、それから向こうのご家庭にホームステイをするという形で交流を深めて帰ってまいりました。

  今年度は、その経験も踏まえまして、継続する学年が抜けてしまいましたので、5年生、6年生を対象にして募集しまして、更別村のご厚意で、例年ですと迎える立場なのですが、送り出して、向こうのご厚意で今年度も訪問させていただきました。さらに、もとに戻すといいますか、復活させながら前と同じように事業展開していけるように、今年度も進めているところでございます。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) 決定は6月末だったということで、対象についても前年度に受け入れしたところのうちでという10名に絞ったということでございます。これは絞ったというよりも、絞らざるを得なくなったのかなと。つまり募集をかけたのだけれども、なかなか予定人数が確保できなかったと、こういうことでしょうか。



○委員長(上田勉) 佐藤班長。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) 昨年度の6月末の段階では、7月末まで募集しても応募は困難であろうということで、募集を向こうの教育委員会並びに村、実行委員会と協議をした結果、募集をしないで、こちら側では昨年度対象とした児童さんだけにしましょうと、募集をしなかったということです。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) それでは、このホームステイの関係なのですけれども、向こうのほうの状態なのですけれども、10名がどういう形で、分散してホームステイしたと思うのですけれども、どういう形でホームステイしたのでしょうか。



○委員長(上田勉) 佐藤班長。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) ホームステイの形態ですが、23年度は歓迎式向こうで行った後に、初日は共同合宿で、それぞれの学校といいますか、市と村の子供さんたちを一堂に集めて、まず仲よくなるといいますか、アイスブレイキングをしまして、2日目の班活動、農業体験の後に各ご家庭の方と子供さんたちが対面式をして、そこから各ご家庭に行くと。そのホームステイする先のそれぞれのご家庭の選定は、向こうの更別村の実行委員会のほうで計画していただいております。3日目も同じく一緒に昼間は集まりますが、夕方からは家庭に戻って、また2日間ホームステイするという形で、それぞれの家庭で家庭に合わせて生活してもらっております。

  23年度の状況のホームステイ先の具体的なところは、今ちょっと資料がありませんので、ちょっとお答えできません。申しわけございません。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) 通常ですと、ぴったり20対20であれば何も問題ないのですが、男女比も違う場合もあるのです。それで、そのときはこちらで受け入れの場合は、2人で受け入れて、2人の家庭に1泊ずつとか、あと1人のときは2人を受け入れるとか、そういう工夫はお互いの教育委員会でさせてもらって、ちょっと23年度の行ったメンバーがここに誰もいないのでわかりませんけれども、そういうふうに今まではやってきました。ですから、今回はルールで前の年に受けた子供が10人必ず行くことになっていますので、そうするとあっちでは20名いるわけです。そうすると、そういう形で、多分お友達のうちに集まる場合もありますし、交互に1泊ずつする場合もあるということでご理解いただきたいと思います。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) なぜそれを聞いているかといいますと、たしか過去に本市で受け入れしたときに、なかなかホームステイを受け入れるうちがやや不足気味だったということで、あるうちには何人もお泊めをせざるを得なかったという部分があったやに聞いております。それで、いわゆる交流ですので、お互いさまです。それで、向こうの交流、そういう受け入れ側の状況と本市の状況が極端に違ったのでは、ある意味では失礼にも値するという判断から、それで今そのことをお聞きしているのですけれども、その辺の部分の考え方を伺いたいと思います。



○委員長(上田勉) 教育次長。



◎教育次長(小山直美) この事業始まりまして、旧矢本のとき、派遣のメンバーと受け入れのメンバー別々に募集したのです。そのとき、派遣のときは競争率たしか2倍か3倍ぐらいで、受け入れのときは20名に対して5名か6名ぐらいしかなかったと。要するに、受け入れは余り誰もしたくないと。それで、これではだめだろうということで、1サイクル終わった段階から海と大地実行委員会とお話ししまして、5年生で受け入れたら6年生で行くと、今度は5年生で行ったら6年生で受け入れるということで、行った家庭は受け入れる、受け入れた家庭は行くというルールを決めまして、それからずっとそのルールどおりでやってきたのですが、どっちかというと農村部のほうが受け入れ体制がよくて、町場のほうはどうしてもアパートとかそういうもので遠慮がちだということで、なかなかそういうのにご理解いただけないと。問題としては、アパートでも何でもいいのだよということで言っているのですが、そういう面では行くのはいいのですが、受け入れがやっぱり問題があると。

  あと、どうしてもホームステイとなりますと、共稼ぎのご家庭ですと、やはりホームステイの2日間、夜は面倒見てあげなければだめなものですから、そういう問題もいろいろあって、なかなか受け入れに対しての家庭というのは少なくなってきていることは事実だと思います。



○委員長(上田勉) それでは次に、決算書関連ということで、大橋さん、お願いします。



◆委員(大橋博之) 私聞きたかったのは、体育協会のNPO法人化の件だったので、先ほど課長からその辺のスケジュール等も説明いただきましたし。ということで、別につけ加えることもないのであれば、答弁はいいです。



○委員長(上田勉) それでは、通告分については質疑を終了したいと思います。

  次に、課長が説明した分についての質疑に入りたいと思います。どなたかおりますか。

  古川さん。



◆委員(古川泰廣) 文化財保護事業なのですが、59ページの成果の中に応急的な措置を図るとともに復旧、整備のための検討を行う。それで、関係部局と協議と調整を重ねるというだけに終わっているのですが、そうすると一つも復旧、復興はしなかったということなのですか。



○委員長(上田勉) それでは、赤澤さん。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) 今の質問にお答えさせていただきたいと思います。

  東日本大震災で文化財等大変被害を受けました。その結果、我々としましては被災状況の調査を実施し、そして各方面の支援とかいただけるところはぜひいただいて、直していこうというような姿勢でいろいろと対応してまいりました。結果的に言いますと、昨年度の3月末で予算を頂戴いたしまして、文化財の修理、復旧等をさせていただくことができました。



○委員長(上田勉) 古川さん。



◆委員(古川泰廣) 被災件数は幾らになっていますか。それで、今言ったように一つも復旧は手つけなかったと理解してよろしいですか。被災件数が幾らあって、その被災した件数の中に一つも全然復旧には手をつけることなくソフト面だけやったという理解してよろしいですか。



○委員長(上田勉) 赤澤さん。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) 被災しました件数としましては15件ほど、きちっとした数字はちょっと出せないのですけれども、約15件ほどがあります。今回その中で、昨年度の末に予算等もつけまして、12件ほど復旧等をすることができました。ですから、直すこともできております。例えば文化財であります石碑類を津波で流されたものを戻して、また設置するとか、それから標柱とか説明板も随分壊れましたので、直したりとか、そういうようなことで対応をすることができました。



○委員長(上田勉) 古川さん。



◆委員(古川泰廣) それで、関連で今浜市堤防、災害堤防で7.2の大きな堤防をつくろうとしているのですが、あそこにも埋蔵文化財があるのですけれども、よく工事の隘路になっているのが文化財なのです。早目にやっぱり調査をして、工事に対応できるようにしてほしいのですが、その辺はどうなっているのでしょうか。



○委員長(上田勉) 赤澤さん。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) おっしゃるとおりで、海岸堤防だけではなく、いろいろな部分で復旧、復興する場合には、今まで計画が上がっておりますけれども、埋蔵文化財がその下にあるとかというようなところがございます。おっしゃるとおり復旧、復興は一日でも早く急いでやるというのが鉄則ですし、私どももその姿勢で対応しております。例えば先ほど挙がりました野蒜築港周辺にも新鳴瀬川や、それから北上運河、東名運河、それから鳴瀬川に堤防が築かれるわけなのですけれども、場所によっては今の堤防よりも20メートルも内側に入るとかというようなことを国の機関、それから県の機関と協議、打ち合わせをした中でいろいろ聞いております。埋蔵文化財の手続も今進めておりまして、連絡を密にしてできるところからどんどん、どんどん確認調査といって、下に何があるのか、そういうような調査も進めていきましょうということでお話をしております。その埋蔵文化財がそういうような復旧、復興に支障の来さないように我々は努力して、それに向かって対応してございます。よろしくお願いします。



○委員長(上田勉) 五ノ井 惣一郎さん。



◆委員(五ノ井惣一郎) 決算書の186ページ、体育施設管理費の工事費、15節の工事請負費、ページ数で187ページになりますけれども、パークゴルフ場整備工事、これは繰越明許になりましたけれども、あと10日ぐらいで完成すると、昨年完成する予定だというふうに聞いていますけれども、この繰越明許、ここの場所は今仮設住宅が建っていますけれども、これからこのパークゴルフ場をまだやるという、よく聞かれますけれども、仮設住宅撤去後繰越明許というところその辺ちょっとわからないので、お願いします。



○委員長(上田勉) 齋藤班長。



◎教育委員会生涯学習課スポーツ振興班長(齋藤敏文) 今のご質問ですけれども、パークゴルフ場の整備工事約500万ほどですけれども、これはご存じのとおり当初整備をするというお話だったのですけれども、震災でできなくなったということで、これは落とすことで、今後やるということではございません。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) さっきの古川委員の質疑の関係なのですが、被災した箇所が16件で12件復旧したと。あとの4件はどうなったのだということと、それから件数はわかりましたが、被災の程度わかりません。私も震災中宮戸へ10回ぐらい行ったのですが、水道だけ気になって文化財のほうはちょっと見なかったのですが、被災もされたということなので、その被災の程度がよくわかりません。それで、よろしければ後で資料をいただければいいのかなというふうに思いますけれども。

  それとあと、101ページ、102ページのほうに文化財班の関係の震災対策費載っていますけれども、これ全て一般財源なのです。ですから、国のほうからいただけないのか、後でいただけるのか、あるいはさっき言った16件のうちの4件については予算的なものはどうなのか、その辺を答えていただきたいのですが。その資料については後ですね。ですから、予算の関係をお願いします。



○委員長(上田勉) 今資料の請求がございましたが、お諮りします。

  これ資料の要求について、いただくということでよろしいですか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) では、今の質疑に対する説明を。赤澤班長。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) お答えいたします。101ページの震災対策費の予算の件をお答えいたします。

  財政のほうとずっと相談しまして、何とかいろいろな支援とか、そういうようなところがないかどうか、財政のほうとも相談してまいりました。それからあと、県のほうにも担当者に相談したり、あと各財団なんかもありましたので、そういうところで使えないかどうかいろいろ相談したのですけれども、なかなかいいものがございませんでした。それで、今回挙げましたこれらにつきましては、最終的には震災復興の特別交付税のほうでほぼ100%つけられるのではないかというような予算がありまして、その中に何とかこれらを入れて、市の財源を使わなくても直せるような、そういうようなことで昨年度の末に財政とかけ合いまして、上げて通ったというようなことでございます。ですから、そちらのほうでこれらが国のほうからの予算でお金が出るものと私ちょっと思っていたところがございます。ちょっと変な説明で申しわけございません。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) ではないかというのは、これは希望的観測ですけれども、文化財保護のほうは、いわゆる復旧、復興でなくて、保護のほうは国からお金出るのですよね。ですから、震災で被災をしたと。しかし、これは保護に通じることですから、私は十分クリアできるのではないのかなというふうに思うのですが、その辺はあと押しですね。どうですか、財政当局との協議の中ではどうだったのですか、その辺。



○委員長(上田勉) 赤澤班長。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) ではないかというような返事をさせていただいたのですけれども、一応大丈夫だろうというようなところで予算をつけていただいておりました。



◆委員(佐藤富夫) いやいや。だから、その私の見解はどうですかということです。文化財保護費は国から出るのだから、復興もここではないかということです。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 意味がわからないようなので、もう一回。

  この決算書を見れば、文化財保護費は国から出るのです、出ているのです。一般財源の持ち出しもありますけれども。文化財の被災をして、復興するのも、これは文化財の保護です。ですから、同じようなことでできるのではないですかということを私の見解を言っているわけです。ですから、そういうことで押したらどうかということなのです。今までは、それは押しが足りなかったのだろうという話になっているわけですから、その見解はどうなのですかということです。



○委員長(上田勉) 赤澤さん。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) いろいろご指導ありがとうございます。おっしゃるとおりで、もっともっと押して予算の獲得のほう努力したいと思います。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) コミュニティセンター、矢本コミセンと、それから図書館の管理についてお伺いしますけれども、震災前に大分目的外に利用している人がおりました。というのは、ホームレス風の人だとか、そういう方々が結局休憩のために訪れて、四六時中いらっしゃったということで、少し問題だと。少しですよ、問題になりました。その後、23年度ではどうだったのか、その辺の状況ですが、実は先日コミセンに文化祭の打ち合わせで行ったら、堂々といびきをかいて昼寝をしている人がおりました。ですから、まだまだそういう状況があるのかなと想像をしたのですが、23年度ではいかがでしたか、その辺をお聞きします。



○委員長(上田勉) 柏木さん。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班主任(柏木淳一) 23年度ですけれども、23年度の8月1日までは避難所でしたので、そういったことはなかったのですが……

     〔「どこですか」と呼ぶ者あり〕



◎教育委員会生涯学習課社会教育班主任(柏木淳一) コミュニティセンターです。昨年度は、後半、開館してから本を読みに来るとか、そういった程度はありましたが、昼寝をするとか、一日中食べるとか、飲むとか、そういう状況は昨年度はありませんでした。



○委員長(上田勉) 加藤副館長。



◎教育委員会図書館副館長(加藤孔敬) 図書館の部分になりますけれども、23年度の分に関しましては6月1日から開館しました。それで、若干居眠りをしている方とかいらっしゃいますので、そういった方々はぐあいが悪いという場合があるので、大丈夫ですかということで起こしました。その都度図書館としては指導をさせていただいております。

     〔「救急車呼んだことはあるのか」と呼ぶ者あり〕



◎教育委員会図書館副館長(加藤孔敬) 何件か呼んだことがあります。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 先日もコミセンでそういう事実がありましたので、恐らくまだそういう方がいらっしゃるのではないかということで、23年度までいろいろご指導されたと思います、そういうお客さんには。同じような指導をされるのかどうかお聞きします。



○委員長(上田勉) 佐藤班長。



◎教育委員会生涯学習課社会教育班長兼コミュニティセンター所長(佐藤敏幸) コミュニティセンターについてお答えいたします。

  コミュニティセンター、委員ご指摘のとおり先日も24年度に入ってから、震災後ご自宅から離れてコミュニティセンターの入り口のソファーのところで半日くらい座っては寝ている方が見受けられるのは事実です。こちらとしましては、コミュニティセンターを利用している事業に支障のない、座っていらっしゃって30分、1時間休むとか、そういった方々には、フリーなスペースですので、そこに座っていらっしゃってもお声がけは今までしてきませんでしたが、長くいらっしゃる方については、ご指摘のとおり声をかけながら、目的もなく一日中いられるようなことのないようにしていきたいと思います。



○委員長(上田勉) 図書館副館長。



◎教育委員会図書館副館長(加藤孔敬) 図書館のほうに関しましては、指導していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。



○委員長(上田勉) 多田さん。



◆委員(多田龍吉) 成果説明書の59ページの下段に市内の遺跡発掘調査事業がございます。その中に、室浜貝塚出土人骨の年代測定等分析で49万9,000円を決算してございます。成果の中に縄文時代後期中葉と推定されるというような表記がされておるわけなのですけれども、素人でもわかるように、どうしてこういうことの推定に至るのかお知らせ願いたいと思います。



○委員長(上田勉) 菅原さん。



◎教育委員会奥松島縄文村歴史資料館長(菅原弘樹) 放射性炭素年代というのがありまして、骨の中に放射性炭素というのは時間たつごとにどんどん、どんどん減っていくのです。そういう性質のものなのですけれども、その人骨を調べることによってどのぐらい減ったかというのを調べてやりますと、一千九百七十何年かからさかのぼって何年前という数字が出るのです。そうしましたところ、これら8体、室浜貝塚で平成22年、震災前に調査したときに8体見つかっていたのですけれども、今回そのうちの3体測定いたしまして、みんな大体3,500年ぐらい前の人骨だということがわかりました。3,500年前というのは、縄文時代でいいますと後期と呼ばれる時代です。その時期の人骨ということがわかったということになります。



○委員長(上田勉) 丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 先ほど多田委員の更別村との友好姉妹、それ聞いていてちょっと思ったのだけれども、ホームステイ、最初からどんとやってしまったのだね。一番難しいと思うのだけれども、ホームステイというのは家族を巻き込むものだから、やっぱり一番難しいのです。それで、向こうが20名来るのにこっちが5名とかなんとかと、数合わなかったから難しいという話だったのだけれども、それは当然のことであって、最初からどんとやるのではなく、これからはやはり学校の教育の一環としてお互いのビデオ交換したり、あと手紙を書いたり、そこから始めればこんなことないのです。ですから、やっぱりやり方の問題があると私は思います。いかがですか、次長。



○委員長(上田勉) 次長。



◎教育次長(小山直美) そのために、共同合宿という形で1日目は2日目と一緒にやるのですが、ただホームステイはなかなか、やっぱり丹野委員が今おっしゃったようなことをして、研究はさせていただきますが、派遣の場合はいいのですが、この東松島は受け入れの土壌がないというのは昔からそういう状況でおりますので、なお一層そういう何かの手法、方法を考えながら、気楽にホームステイ受け入れしてもらえばいいのですが、そういうふうなムードづくりをしていきたいなと考えています。



○委員長(上田勉) 丹野さん。



◆委員(丹野幸男) 最後になりますけれども、これはあくまでも公金を使った交流です。一握りの交流であってはならない。ですから、そこを十分気をつけて、楽しい交流を続けていってほしいなと思っています。

  以上です。



○委員長(上田勉) 次長。



◎教育次長(小山直美) そのように前向きに考えて進めさせていただきます。



○委員長(上田勉) 八木 繁次さん。



◆委員(八木繁次) さっきの佐藤 富夫委員の文化財保護の件の中で、事業内容の中に文化財保存団体支援という文言があります。これ何団体くらいあるのでしょう、支援した団体。



○委員長(上田勉) 赤澤さん。



◎教育委員会生涯学習課文化財班長(赤澤靖章) お答えいたします。

  今回津波等で被害を受けた団体を中心に支援をいたしました。一通り市内にあります、私のほうで把握しております民俗芸能支援団体声をかけましたところ、やはり一番大きな被害を受けたのは大曲浜獅子舞保存会です。それから、もう一つ、宮戸にありますえんずのわり保存会、この2つが海岸縁にある集落の中で伝承を続けてきましたので、この2つが大変大きなものでございました。報道とかでご存じのとおり、両方ともことしのお正月に再興することができ、何とか今活動を進めているところです。まだまだ集落がなくなったなど、いろいろ検討していかなければならない、それから続けていくためにはいろいろな課題がありますので、そういうところを我々としても支援していきたいなと思っております。

  なお、そこばかりではなく、市内にありますいろいろな保存団体もありますので、これからもっともっと手を広げて、ほかの保存団体にも支援していけるような、そういう体制づくりが必要なのかなと思っております。

  以上です。



○委員長(上田勉) 八木さん。



◆委員(八木繁次) わかりました。これからまた事業続けていくということで、確認をさせていただきました。

  それから、一番下の宮戸・野蒜地域の文化遺産の再生・活用検討事業対応ということなのですけれども、どのような再生、活用の対応をしたのか、内容を教えてください。



○委員長(上田勉) 菅原館長。



◎教育委員会奥松島縄文村歴史資料館長(菅原弘樹) これにつきましては、文化庁の100%事業で実行委員会形式で行っております。教育委員会のほうは事務局といたしまして、宮戸、野蒜地域の文化遺産がどんな被災状況だったのかと、それを踏まえてそれらをどういうふうに復旧、再生、活用していくかということを学識経験者の方々に、いろんな分野の先生に入っていただいてご意見等をいただいております。それから、これらを踏まえまして、特色ある地域の復興ということで、特別名勝松島の関係もありますので、そういった中でいろんな角度からこの地域のまちづくりのためにどういうふうに文化財を活用していけるのかというようなことを提言していくような形の委員会を開催いたしまして、昨年の3月までということでやっております。ただし、これにつきましては文化庁のほうで継続事業にしてくれるというお話があったものですから、不足の部分、例えば民俗調査ですとか、それからいろんな被災の記録等につきましても、映像の記録につきましても、今後やっていく予定でおったのですけれども、ちょうど文化庁のほうでうまく処理ができなかったようで、まだ報告書もできていない状態なのですけれども、これらについては来年度文化庁のほうで予算をつけてくれるということがございますので、その中で成果としてきっちりまとめていきたいというふうに考えております。

  ただ、この委員会の中で検討した内容が野蒜地区、宮戸地区の高台移転等の検討をする中で十分生きておりまして、そのあたりを文化庁のほうに強く申し上げて、構想段階ではあるのですけれども、高台移転の現状変更の許可をいただいていると実行委員会でもんだことがそういったような成果できちっとまとめることができたというようなことでございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 八木 繁次さん。



◆委員(八木繁次) ご苦労さまでした。いいチャンスだと思うのですけれども、遺物の保存、前々から私質問させてもらったのですけれども、この際ですから、遺物の保存管理なんかの施設とかも、やっぱり大分今回被災したと思いますし、また縄文村だけで対応できない部分も私はあると思うのです。ですから、一目でわかるようなメーン的な施設も必要になってくる可能性はあると思うのですけれども、その点の考えを文化庁に理解してもらえる部分もあると思うのです。こういうチャンスにぜひ提言してもらいたいのですけれども、いかがでしょうか。



○委員長(上田勉) 菅原館長。



◎教育委員会奥松島縄文村歴史資料館長(菅原弘樹) 今回補正でも上げさせていただいたのですけれども、3次の復興交付金事業の中で市内遺跡埋蔵文化財発掘の効果促進事業ということで、収蔵施設の整備を認めていただきました。実際に野蒜地区の野蒜小学校の前、旧野蒜保育所のところに里浜貝塚資料館に置いていた資料を管理しておったのですけれども、ああいう状態なものですから、それらと、それから今回発掘調査で出てくるであろう遺物をきっちり管理すると。さらには、議会の中でも再三にわたってご指摘いただいていた部分につきましても十分収納できるような施設を文化庁のほうに後方支援していただきまして、何とか今回交付金事業で認めていただくことができまして、それで資料館、結局は職員がいないところに置いても活用できませんので、やはり公開活用ができる場所、今現時点では資料館しか現実的にないものですから、資料館の収蔵庫にくっつける形で、増設するような形で整備をいたしまして、整備が終わったものを今ある公開施設の中で公開展示していくと、活用していくというようなことを今考えているところです。

  以上です。



○委員長(上田勉) 八木さん。



◆委員(八木繁次) 大変前向きのご答弁をいただきましたので、その努力に敬意を表するとともに、ぜひ実現していただくようにお願いをして、終わります。



○委員長(上田勉) あとございませんね。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、質疑をこれで終了いたします。

  教育委員会の全ての質疑をこれで終了したいと思います。

  なお、追加であるかもしれませんので、その点はよろしくまたお願いします。

  それと、今まで各委員から出た問題につきましては、来年度に係るものがかなり多いので、十分検討されて、実技指導とか、語学関連とか、学校給食関連とかいうようなところは十分検討をお願いしたいと思います。

  なお、成果報告書に関しても十分内容についての精査を今後お願いしたいと思います。

  以上で教育委員会分の全ての審議を終わりたいと思います。

  暫時休憩します。

    午後 2時52分 休憩

                                          

    午後 2時55分 再開



○委員長(上田勉) それでは、再開します。

  教育委員会の分の委員間討議に関しましては、生涯学習課だけ残っていますけれども、ここに関して何かございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) では、休憩をして、現場調査の関連ありますので、それに入りたいと思いますが、もう一つ、休憩に入る前に通告書の後ろに書いてあるのですが、会計課、議会事務局、監査委員事務局、この3つの課局に対する審査でございますが、委員審査が終了しているということでよろしいかということです。呼ぶかどうかということで、皆さんのご意見を伺いたいと思います。審査終了ということであれば、このまま一応全部通告分も含めて審査を終了するということで、休憩の後に現場関連の調整をしたいと思います。よろしいですか。

  佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) これで終わりということでなくて、これは全ての部門について全員で審査することになっていますから、出席をしていただいて、なければそれでよろしいということでないと、これは審査になりませんので、そういうふうに取り計らいをお願いします。



○委員長(上田勉) 今佐藤さんのほうから一応呼べということでございますが。

  では、ちょっと休憩します。

    午後 2時57分 休憩

                                          

    午後 3時12分 再開



○委員長(上田勉) 再開いたします。

  後ほど会計課等については来次第審議、審査を行うということにしたいと思います。

  27日に行う現場調査についてを議題といたします。

  暫時休憩をいたします。

    午後 3時12分 休憩

                                          

    午後 3時21分 再開



○委員長(上田勉) それでは、再開をします。

  今ご討議いただきました現場調査でございますが、あさって27日9時から現場調査開始したいというふうに思います。それで、午後からまとめということでやりたいと思います。

  なお、さきに挙がっておりました東矢本駅の北側と野蒜、宮戸地区に関しては、特別委員会のほうにお任せをしたいというふうに思います。

  現場調査のための委員派遣というのをしなければいけないということで、委員派遣を文書で提出するということで、その手順に入りたいと思います。

  それでは、本特別委員会に付託された認定第1号から認定第8号のうち、ただいま皆さんにお諮りして決定いたしました現地調査について、議長に対し特別委員会休憩中の委員派遣承認要求をしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) ご異議なしと認めます。

  そのように決定をいたしたいと思います。

  なお、委員派遣は特別委員会の特別委員全員といたしまして、その他については細部については委員長に一任していただきたいというふうに思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) では、9月27日はこの会場で特別委員会を開会した後休憩し、現地調査に出発いたします。

  まず、委員の皆さんの服装等でございますが、作業服、夏服、靴、長靴、帽子着用、よろしく参集を願います。くれぐれもお間違えのないように、夏作業服、長靴、帽子。

     〔「長靴履かなきゃないのどこなんだよ」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) 私が決めました。長靴にしていただきたいと思います。ばらばらはだめです。よろしくお願いをいたしたいと思います。

  暫時休憩をいたします。

    午後 3時24分 休憩

                                          

    午後 3時27分 再開



○委員長(上田勉) それでは、再開いたします。

  次に、会計課から決算に関する説明を受けたいと思います。

  まず、会計管理者のほうから出席職員の紹介をしていただいて、その後概要説明ということで、説明あればやっていただくと。なければ質疑に入りたいと思います。

  では、会計管理者、お願いします。



◎会計管理者兼会計課長(手代木均) どうもご苦労さまでございます。それでは、会計課の職員の紹介をさせていただきます。副参事兼班長の加藤でございます。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) 加藤です。よろしくお願いします。



◎会計管理者兼会計課長(手代木均) 私、会計管理者兼会計課長の手代木です。よろしくお願いいたします。

  それでは、平成23年度の会計出納業務についてご説明申し上げます。決算書の56ページ、それから成果説明書は84ページでございます。成果表の目的、事業内容に記載のとおり、会計の業務はご承知のとおり適正な出納及び基金の管理により効率的運用を図っております。会計出納業務の決算額につきましては、平成23年度は52万4,000円でございます。全額一般財源でございます。決算額52万4,000円の内訳でございますけれども、事務経費といたしまして消耗品25万9,611円でございます。これにつきましては、一般会計、特別会計の用紙代でございます。また、証紙販売機、台紙、修繕につきましては、証紙用紙といたしまして10万2,900円、それから証紙券売機の修繕料といたしまして16万1,700円支出いたしております。

  なお、会計業務の資金状況等につきましては、9月6日に本会議の議場にて説明申し上げましたとおりでございますので、説明は割愛させていただきます。

  大変簡単で申しわけございませんが、以上で会計業務の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○委員長(上田勉) どうもありがとうございました。

  会計課に対する通告はございません。今会計管理者のほうから説明があった分に対する質疑を許したいと思います。質疑ありませんか。

  佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 効率的資金運用を図るというふうになっているのですが、これちょっと具体的にどのような中身なのかお聞きします。



○委員長(上田勉) 加藤さん。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) 効率的資金の運用となっておりますけれども、まずは定期預金などにおいて一般の歳入歳出内現金については普通預金の中にございますけれども、これは利子のつかない普通預金ですけれども、それを定期預金などをしまして、できるだけ利子を歳入に入れていって、それでできるだけその運用に回したというところでございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 歳入については、有利な方法で運用しなければならないというのがありますから、そのとおりやっているというふうに理解したいと思います。

  それで、歳入の科目への収入処理を適正にしたということなのですが、この歳計現金については当日にしなければならないということになっていますので、その辺の遅滞はなかったのか。

  それから、債権者に対し正確で遅滞ない支払い業務を行うということなのですが、これは当然支払い義務のある担当部門のほうから会計課のほうに請求が来て支払いをするということになりますから、その辺の連携をきちんとされていたのか、いわゆる担当部門の請求のおくれによって支払いの遅滞がなかったのかどうか、その辺をお聞きします。



○委員長(上田勉) 加藤さん。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) まず、歳入のほうなのですけれども、いろんな歳入金が一旦仮の通帳に入ってきますけれども、そこからその当日中に先ほどの歳計内現金の通帳の中にシフトするということは、毎日随時行っております。それで、さらに先ほどの定期預金とかは、銀行が午前中でないとできませんので、その入った分については翌日定期預金などにできるだけ回して運用しております。

  それと、歳出なのですけれども、歳出については遅延法とかありますけれども、そのルールに従って適正に支出しているところでございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) かつて税務課の職員が使い込みをした経緯がありまして、そのときに歳出の決済をする公印がありますよね。それで、公印を勝手に使ってお金を引き出して使い込んでしまったという例あるのですが、今その公印の管理についてはどういうふうになっていますか。



○委員長(上田勉) 手代木さん。



◎会計管理者兼会計課長(手代木均) 会計事務につきましては、公印の管理は会計管理者が全部管理いたしております。それから、各課の金につきましては、多分総務課に公印が備えつけられて、総務課長もしくは総務課の職員がその公印を使用するということで、承認をしてから公印を使用するというような形をとっていると思います。あと、各担当課につきましては、ちょっと私どもで詳しくは掌握しておりませんが、公印の管理につきましては適正に管理しているというふうに認識いたしております。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) そうすると、歳計現金が仮の通帳に入るということになれば、公印をもってその担当課といいますか、担当職員が、歳入歳出を担当できる資格のある職員が出し入れをするということになりますから、当然その公印については会計管理者がきちんと管理をしているということ、要するにどういうふうなプロセスでやっているのか、その辺をちょっと説明してください。



○委員長(上田勉) 加藤さん。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) 先ほど説明した仮の通帳に入った公金等につきましては、銀行のシステムの中で正式な歳計内現金の通帳のほうに移動できるようになっておりますので、それをもって移動をして、現金等、数字等についてはそれで動かしているところでございます。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) それで、銀行から東松島市の会計管理者のほうに入るときはどういうふうな、自動的に来るのですか、それともそういった公金を取り扱うときに公印をもってやるということになっているのですか、どっちなのですか。



○委員長(上田勉) 会計管理者。



◎会計管理者兼会計課長(手代木均) まず、歳入につきましては、補助金申請とか、いろんな交付金関係につきましては、担当課でまず補助申請をいたしまして、交付決定通知書をいただいてから、各担当課のほうにその通知書が参りますので、それで私らのほうに各担当課から納付通知書が参ります。それで、その中で歳入を納入するという形をとらせていただいています。



○委員長(上田勉) もう一度どうぞ。加藤さん。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) まず、歳入金なのですけれども、各指定金融機関、あと収納代理機関で収納した金額は、全て指定金融機関のほうに入ります。それで、その歳入金については、うちのほうの指定の口座のほうに全て入れていただくという形で、1つの通帳の中に全部入るという形になっております。あと、国庫金とか県支出金とか、その他振り込まれている金額については、先ほど説明した仮の口座に入ったそれを銀行のシステムの中で、先ほどの同じ全て統括する通帳の中に入るような形で、歳入金はそこから出ていっております。

  あと、歳出に関しては、財務規則でうちのほうは必ず小切手で支払わなければならないという規定がございますので、それは当座になりますけれども、そのお金については先ほどの統括する一本の通帳から当座のほうに移しかえまして、それで小切手で決済しているというようなお金の流れになっております。

  以上です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) どうしても現金を扱わなければならないケース出てきますね。いわゆる前渡金とか、そういったどうしても現金を扱うという用務についてはどういうふうなシステムになっているのですか。小切手ではないはずです。



○委員長(上田勉) 加藤さん。



◎会計課副参事兼会計班長(加藤文吉) 資金前渡といいますけれども、それについてはまず各課からその資金前渡の要望する調書が上がってきまして、前日に銀行にその資金を持ってくるようにシステム化されていまして、その支払い指定当日にその現金を銀行から持ってきてもらって、それからそれぞれの担当課のほうに支給しているところです。

  以上です。



○委員長(上田勉) ほかにございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、ないようですので、会計課に係る審査を終結いたします。どうもご苦労さまでした。

  それでは次に、議会事務局……

     〔「監査事務局」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) では、先に監査やってくれということですので。それでは、監査委員事務局のほうから説明を求めたいと思います。

  よろしくお願いします。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 監査事務局長の樫崎 正です。よろしくお願いいたします。座って説明させいただきます。

  まず、決算書のほうですが、82ページになります。説明書のほうは、同じく82ページになります。主要施策の説明書のほうで説明を申し上げます。人件費を除く監査に係る決算につきましては、234万2,000円となってございます。昨年度実施した監査業務は、例月現金出納検査、毎月1回実施しておりまして、12回、定期監査につきましては事務局組織9課実施しております。第1次、第2次、第3次と3つのパートに分けまして実施しております。

  簡単な内容でございますが、監査事務局の内容は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(上田勉) 局長、ご苦労さまでした。では、監査に係る質疑をこれから行いたいと思います。質疑ございますか。

  佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 監査委員の出動、年間の出勤日数を教えてください。ここにありますか。ないですよね。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 持ち合わせてございません。申しわけございません。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 持ち合わせていないということは、答えられないということですか。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 1年間の実日数ということになろうかと思います。詳細な部分については、ちょっと今手元に資料ございませんので、明確なところはお答えしかねますので、後日出勤表という形でお示しをしたいと思います。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) では、後日ということでお願いをしたいと思います。



○委員長(上田勉) ただいま資料の提出、それから監査委員事務局のほうから提出するということでございますので、提出を求めたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) では、後ほど提出をお願いいたします。

  佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) それから、例月現金出納検査、これは年に12回あるわけですが、定期監査については、これは29課等とありますが、回数は書いておりませんので、そのほかに臨時もありますよね。臨時の監査もあるのですが、それを含めて大体年間何日ぐらい、それもわかりませんか。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 23年度におきましては、震災の対応が一段落した後に監査が始まりました。そういった関係で、定期監査をするのが精いっぱいで、そのほか財政援助団体監査など、その他の監査については実施しかねたところでございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) さっき監査委員の出動回数聞いたのは、今代表監査委員と、それから議選の監査委員と2人おります。それからあと、事務局は今2人ですよね。それで、市になって大変過重な業務になっていないのだろうかということで、今の体制で間に合うかということから来ているのですが、その業務の内容についてどうなのですか、事務局としては。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 定期監査につきましては、実質6カ月要しております。そのほかに、決算審査のほうでは実質2カ月を要します。残り4カ月という中で、必要に応じた行政監査だとか、財政援助団体監査というのがあるかと思いますけれども、ことしは財政援助団体監査を間もなく開始するところですが、行政監査とか工事監査というところまでは、なかなか及んでいないというのが実態です。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) なかなか物理的に難しいということなのですが、それについては監査委員の中ではいろいろ議論して、例えば事務局を定員1名ふやしていただくとか、そういったものについてはいろいろと話し合いしているのでしょうか。今まで仕方がないから我慢して、とにかく超過勤務でも何でもやってしまおうということなのか、その辺状況はどうなのですか。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) まず、震災の復旧、復興に邁進している中で、なかなか人員が確保できないというのがまず1つございます。また、県内のほかの市では、監査事務局の中に技術者を置いて工事監査をするとか、または外部委託、外部監査を委託してやるというもございます。まだ私どものほうでは、そこまでの環境に至っていないということもあるのでしょうか、なかなかちょっと踏み込めないでおります。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 市になってかなりなるわけです。ですから、事務体制で手が回らなければ外部監査をお願いすると。しかも、技術的なものについては工事監査をしてもらうと。当然予算がかかることですけれども、その辺はやっぱり今から議論していかなければ、23年度の監査体制を踏まえた提言をしていかなくてはならないのかなというふうに思いますけれども、その辺、事務局としてどういうふうに考えますか。



○委員長(上田勉) 局長。



◎監査委員事務局長(樫崎正) 今全国的な監査の体制の動向なのですけれども、複数の町で構成する監査事務局を設置するというようなことなどもあります。それから、外部監査、いろんな専門知識とか欠落している場合は、外部委託というような方法とか、いろんな改革策が出されているのですけれども、私どものほうでも代表監査委員、議選の監査委員さんと最近話しているところですが、もし技術者がいるのであれば、監査事務局にその方を配置しながら、工事監査というのもできるのかなとか、また外部監査というのもいよいよ前向きに検討しないとだめかなというようなことの意見交換は、23年度、震災あって、その復興事業とか、かなり広範囲な工事、膨大な工事が発生してくるわけなので、それに対応するためにも必要ではないかなということは話が出だしたところでございます。



○委員長(上田勉) どうもありがとうございました。ほかにございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、監査委員事務局に関する質疑をこれで終結いたします。

  次に、議会事務局の審査に入りたいと思います。

  暫時休憩します。

    午後 3時51分 休憩

                                          

    午後 3時51分 再開



○委員長(上田勉) 再開します。

  では次に、議会事務局の審査を始めたいと思います。

  事務局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) 最後になりましたけれども、大変ご苦労さまでございます。

  では、出席の説明員の紹介をします。勝又次長と青山次長、局長の松谷でございます。よろしくお願いします。

  では、私のほうからは主要施策の成果説明書によってご説明をいたします。76ページ、77ページに記載がございます。まず、議会費全体でございますが、決算額につきましては23年度決算で2億2,026万円となってございます。重立った事業ということで、まず議会広報・広聴事業関係でございますけれども、議会だよりの発行につきましては、昨年震災といったことから9月定例会以降発行いたしてございます。9月定例会と申しても実質10月初旬から会期が始まったものですから、実質的には1カ月ずれの形の中で議会報については取り組んでいるといったような状況でございました。

  それから、77ページに入りますが、重立った事業ということで、特に議会基本条例等々のかかわりもございまして、各種情報の提供、もろもろの情報公開も含めまして、まず会議録の関係でございますけれども、会議録につきましては現在筆耕翻訳ということで議事録の調製作業を委託をしてございます。それから、できました会議録につきましては、第三者でも即座にと申しますか、容易に検索できるようにシステム化の関係も進めてございます。それから、議会のホームページ設けてございますので、そういった中で議会関係の情報を発信しているという状況がございます。

  さらには、23年度の場合は議会報告会ということで、2日間実施をいたしました。市内4会場で実施をいたしまして、出席者延べ80人ということで記載がございます。

  それから、議会運営事業の関係でございますけれども、ここに記載されているとおり議員報酬、それから共済会の負担金なり費用弁償等々の決算額が載ってございます。本会議の開催状況につきましては、定例会年4回と、それから臨時会につきましては年度内都合5回の臨時会を開催してございます。それで、議案等の審議につきましても、その結果につきまして表のとおりの結果となってございます。

  なお、一般質問、それから会派代表質問につきましても、各定例会ごとにこのような形でそれぞれ通告を受けております。

  それ以降につきましては、各委員会関係の活動状況を掲載してございます。3常任委員会の関係、それから特別委員会につきましては、発災直後となりますが、23年4月5日に設置をして災害対策の調査特別委員会、この部分につきましては都合9回の開催をいたしまして、一旦廃止をしてございます。その後、現在の東松島市復興まちづくり計画に関する調査特別委員会を設置をいたしまして、23年度中は5回を開催いたしました。引き続き現在もこのような形で行っているというような状況でございます。

  以上、簡単でございますけれども、議会の報告とかえさせていただきたいと思います。



○委員長(上田勉) それでは、局長の説明に対する質疑を始めたいと思います。質疑ございますか。

  佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 議会改革の一環として議会基本条例を制定しました。それで、それをもとにして議会報告会を行ったわけですが、その会場でいろんなパブリックコメントもいただきました。しかし、後でいろいろ反省点もあったのですが、それについて検証しなかったように思うのです。ですから、これらについて事務局ではどのようにまとめて、議長のほうに報告をしたのか、その辺お伺いします。



○委員長(上田勉) 局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) 先ほど報告しましたように、議会報告会につきましては4会場で2日間に分けて実施をいたしました。しかしながら、結果的には限られた期間の中で準備作業を初め住民に対する周知なり、あるいはPRの部分、若干不足しているということで、不足したという結果の中で、このように延べ80人という非常にある意味では残念な、もう少し集まってほしいなという思いが確かにございました。ただ、この部分につきましては広聴広報委員会の中で検討いただきまして、実施に踏み切ったわけでございますけれども、そういった反省点も踏まえて、当然これは毎年報告するということに基本条例上はなってございますので、今後も反省点を生かしながら、反省点を検証するいろんな考え方をいただきまして、周到な準備の中で今後は取り組みたいなということで、事務局としては、総括までにはいっていないと思いますけれども、そのような方向で今後も取り組みをいたしたいと考えてございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 総括まではいかなかったと言うのだけれども、これは総括すべきだったのです。しなかったということですから、これは事務局ばかり責めるわけではないのですが、我々の責任もあるのですが、事務局は今当局の職員ではありませんから。議会の職員ですから、当然議会の仕事に専念してもらわなくてはいけないということになります。ですから、当然この議会報告会についても、これは事務局が責任の一端を負うということになりますから、その結果を、パブリックコメントもいただいたわけですから、その辺についてもやっぱりまとめる義務あったと私は思うのです。それをしなかったというのはどういうことなのですか。それをもとに、事務局としてはただ事務方でなくて、事務処理だけでなくて、議会に対してアドバイスしなくてはいけない、助言をしなくてはいけないのです。その辺を説明してください。



○委員長(上田勉) 勝又次長。



◎議会事務局副参事兼次長(勝又研一) お答えをいたします。

  今回行っております報告会については、議員報酬、定数の関係で、佐藤委員おっしゃっているパブリックコメントについては、基本条例のときにはやっているのですが、今回の条例改正に伴う場合のパブリックコメント自体は実施していないはずです。事務局のほうで見た記憶はちょっとございませんので、前回とのちょっと勘違いなのかなというふうに思います。

  それから、今回の条例改正に伴う資料関係については、事務局のほうで報告のまとめという前段で参考事例等を提供するという体制で情報提供させていただきまして、それらを市民説明ということで、アンケート等もその場ではとられたと思うのですが、アンケートそのものの集約については事務局のほうには回ってきておりませんで、まとめる内容までに至らなかったのかなということで、事務局としては認識しているところでございました。

  以上でございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) これは勘違いでないのだ。口頭で意見をいただいたこともパブリックコメントなのです。アンケート用紙を出して、さあ、書いてくださいという、これだけがパブリックコメントでないのです。ですから、勘違いではないということになる。あなたのほうがかえって認識が違うということですから。

  それで、議会のほうからそういった情報についてはいただかなかったということなのですが、それでは議会事務局の仕事というのは何ですか。議員が団体で行動するときの全ての事務をつかさどることになっているのです。ですから、来なかったというのは、要するに出席しなくてわからなかったということと同じことですから、これは改めていただきたい。今いろんな事務処理を省略している部分もあります。例えば復興特別委員会の中で分科会やったときに、事務局は来て、これは書記としての役目をなしていない。理由は来なくてもいいと言われたからだと。誰もそれは言っていません。ですから、やっぱりこれは23年度の報告会もしかり、それらを踏まえて事務局の原点に返ってもらいたい。それはちゃんと事務規程にありますから。例えば会派の研修でここに連絡をとってくれと言ったときも、あなた方何と言ったと思いますか。それは自分でやっているから自分でやってくださいと。これはちゃんと事務規程の中にあるのです。会派の事務に関することとちゃんとありますから。ですから、基本をちょっと縮小解釈しているような感じがします。少し反省していただきたい。いかがですか。



○委員長(上田勉) 局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) 事務局としましては、当然各議員の議会活動につきましては全面的にサポートも必要ですし、さまざまな面での支援、これは当然かと思います。ただ、お話ありました、例えば特別委員会の分科会の活動でございますけれども、分科会設置の際に、特別委員会の第1回目で皆さんに委員長のほうからお話しして、進め方なりを確認されたことと思いますけれども、その際にも分科会の活動そのものについては、位置づけからすれば作業部会としての協力をお願いしたいということで、いわゆる議員活動の一環として調査のお手伝いをしていただきたいという位置づけの中で作業が始まったと私は理解してございます。そういった意味では、なかなかこのとおり職員不足ということも否めない事実でございますし、でき得る限りの支援は当然必要でございますけれども、常時分科会の際に職員をその会に出すということはなかなか現状ではきついと私なりには思ってございます。



○委員長(上田勉) 佐藤さん。



◆委員(佐藤富夫) 休憩して。



○委員長(上田勉) 暫時休憩します。

    午後 4時05分 休憩

                                          

    午後 4時10分 再開



○委員長(上田勉) 再開いたします。

  局長、佐藤さんに対する事務局体制あるいは事務に対する意見について答弁をお願いします。



◎議会事務局長(松谷善雄) いろいろご意見いただきました。事務局としてもスムーズな、円滑な議会運営を行うためにも最大限のバックアップは当然していきたいと考えてございます。

  ただ、言いわけではございませんけれども、やはり現行の中でなかなか手が回らない部分もございます。そういった部分は、ある意味ではご容赦いただく場面も出てくるかと思いますけれども、基本的には協力体制の中で取り組んでまいりたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。



○委員長(上田勉) そういうことで、後日またやると。この件については、これで閉めたいと思います。

  ほかに質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、議会事務局に対する質疑をこれで終了いたします。

  暫時休憩します。

    午後 4時11分 休憩

                                          

    午後 4時16分 再開



○委員長(上田勉) 再開をしたいと思います。

  ただいまから会計課、議会事務局、監査委員事務局に関する質疑等に対する委員間討議をしたいと思います。

  先ほどの部分については割愛させていただいて、ほかにございますれば皆さんでお話し合いをしてもらいたいと思います。

  暫時休憩します。

    午後 4時16分 休憩

                                          

    午後 4時16分 再開



○委員長(上田勉) 再開いたします。

  なしということですので、全般を通して各部課、もう一度聞きたいというところがあれば、今承ったほうがいいかなと思いますので。なければちょっと考えていただいて、27日まで持ち越すということになります。いずれにしても、やるのは27日にやりたいなと思いますが。なければ考えていただきますか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(上田勉) それでは、そのようにしていただきたいと思います。

  長い間ご苦労さまでした。本日の会議はこれで終了して、散会をしたいと思います。

  では、閉じますので、散会をします。

  副委員長、挨拶。



◆副委員長(新貝貢一) 5日間にわたる内部審査、きょうをもちまして無事終わることができました。大変膨大な内容でありましたが、皆様のご協力によりまして予定どおり終了することができました。そういうことで、あしたは予備日ということで休みになります。あさっては、先ほど委員長が言いましたような服装、間違いないように、午前9時までにこの議場にお集まりください。

  以上できょうの分は終わります。ご苦労さまでした。

    午後 4時18分 散会