議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 東松島市

平成24年  議会運営委員会 09月03日−20号




平成24年  議会運営委員会 − 09月03日−20号







平成24年  議会運営委員会





               第20回議会運営委員会会議録
                                          
日時 平成24年9月3日(月曜日)
場所 本庁舎3階 第2委員会室
                                          
     出席委員(6名)
      委 員 長  大 橋 博 之
      委  員  小 野 惠 章
      委  員  小 野 幸 男
      委  員  滝   健 一
      委  員  五ノ井 惣一郎
      委  員  古 川 泰 廣
                                          
     欠席委員(1名)
      副委員長  八 木 繁 次
                                          
     その他出席者(なし)
                                          
     地方自治法第105条により出席した者
      議  長  五野井 敏 夫
                                          
     委員外議員(1名)
      副 議 長  菅 原 節 郎
                                          
     傍聴者(なし)
                                          
     事務局書記
      議 会 事 務 局 長    松  谷  善  雄
      議 会 事 務 局 次 長    青  山  幸  次
                                          
     <次  第>
 1 開 会
 2 開会あいさつ
 3 協 議
  (1)平成24年第3回定例会について
    ? 一般質問について
    ? 議事日程について
  (2)その他
 4 閉会あいさつ
 5 閉 会



    午前10時30分 開会



○委員長(大橋博之) ただいまより平成24年第20回の議会運営委員会を開会いたします。

  本日の出席委員は6名でございます。八木 繁次副委員長より欠席の連絡を受けております。それでは、定足数に達しておりますので、直ちに会議を開きます。

  本日の協議事項であります。(1)、平成24年第3回定例会についてということでございます。次第にのっとりまして進めてまいります。

  それでは、一般質問についてでありますが、事務局のほうから一般質問の通告の内容についてご説明をいただきたいと思います。



◎議会事務局長(松谷善雄) 委員長、済みませんが、ちょっと資料をコピーしますので。



○委員長(大橋博之) 休憩します。

    午前10時32分 休憩

                                          

    午前10時45分 再開



○委員長(大橋博之) 再開をいたします。

  ただいま一般質問の詳細についての資料、お手元にお渡しをいたしました。こういった具体的な質問の項目と内容等をまとめたのであります。従前テーマの重複等の調整、それから各会派での調整及び会派間、議員間の調整につきましては、非常に私も中間で状況を聞きましたらうまく調整がされたというような報告でありました。事務局のほうから、傾向として一般質問のテーマについて、内容について総括的な報告なりをいただきたいと思います。

  では、青山次長、お願いします。



◎議会事務局次長(青山幸次) 今回一般質問、傾向的に多いのが移転に関することが件数的に非常に多いのですが、やっぱり質問の角度が、微妙に内容が違うということで、そのまま重複なしということで記載しておりまして、それであと、1問目にいじめ問題、これ3件か4件ぐらい出てまいりました。それで、こちらに挙げていただく前に取り下げというか、もう見て取り下げという前の段階の方が2名ほどいました。あと、1問目、既に通告した上で古川議員の部分で第2問目を取り下げて、いじめ問題取り下げております。2人間の調整をしていただいて、古川議員が取り下げをして、阿部 としゑ議員さんがいじめ問題についてやっていくという状況になります。

  それで、今回会派調整というか、していただいたこともありまして、ほとんど重複なしで通告どおりに通告書に載せております。



○委員長(大橋博之) はい、わかりました。

  要旨通告ということでありますので、全文ではないという部分も含めて、その後の指示等、明確になっていたという部分についてはどうでしょうか。青山次長、いいですか。



◎議会事務局次長(青山幸次) また、全文通告でなされている方、通告書見ていただければわかりますけれども、2ページにまたがるぐらいの原文どおりに書いている方も、この方にもお話はしておりますので、今後要旨通告していただける方向では考えております。長谷川議員さんですね、全部通告で、一番最後ですけれども。



○委員長(大橋博之) 2問目ですね。



◆委員(小野惠章) いや、1問目も。



○委員長(大橋博之) はい、1問目もか。了解です。

  では、各委員の皆さん、何かお気づきの点がありましたら。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、質問につきましては一応3日間日程をとっておりますので、うまく3日間配分をさせていただいて、議長にはお進めをいただきたいというふうに思います。6、6、5ですか、その辺は議長さんにお任せをということで。

  それでは、続きまして協議事項?の議事日程についてであります。お手元に議事日程(第1号)ということでお配りをさせていただいております。この部分につきまして事務局より説明を願います。



◎議会事務局次長(青山幸次) 議事日程第1号から第5号まで今回載せております。

  それで、まず議案69号と70号については東松島市一般職員の任期付職員の採用等に関する条例の制定、あと東松島市職員の公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の制定ということで、人事に絡む新規条例ということでここの部門を一括議題にしております。これについては、一応復興特別委員会のほうに付託というような感じで出しております。

  あと、議案71号から73号については復興に絡む新規の条例ということで、これも復興特別委員会のほうに一括で付託という形に案をとっております。

  議案74号の特別会計については、後で出てまいりますが、2特別会計が新しく新設されるということで条例改正ということで、その場で採決、その日に即決という形にしたいと思っております。

  議案第75号の市防災会議条例の一部を改正する条例と災害対策本部条例の一部を改正する条例については、上位法の改正に伴う一部改正ということで、即決という形をとっております。あと、市税条例についても即決という形をとっております。

  議案78号、これは新しい中学校と小学校の校名が変わるということでの条例改正でございます。これについても即決という形をとっております。

  議案79号から81号までについては、西小学校の改築及び防護工事でございます。工事が3本に分かれておりますので、この工事の3本を一括して議題としまして、一括採決を行いたいと考えております。

  あと、補正予算でございますが、議案82号から88号まで7補正予算、提案理由の説明を受け、質疑後、議事中止という形になります。一応考えとしましては、後に出てきます89号、90号に出てきます復興絡みの特別会計への繰り出しが一般会計に関連してまいりますので、議決月日を14日にそろえるという形にしたいと思いますので、これを議事中止をしまして、14日の89号、90号の採決の日にちに合わせるという形で、補正予算についてはすべて議事中止を考えております。

  議案89号、90号については、野蒜北部の土地区画整理事業の特別会計の予算、あと東矢本駅北地区土地区画整理事業の特別会計の予算、これについては新規予算という観点から、委員会付託というふうに考えております。

  あと、決算につきましては、認定1号から8号までについては提案理由を市長のほうから説明を受け、直ちに議事中止という形に入りたいと思います。



○委員長(大橋博之) はい、わかりました。



◎議会事務局長(松谷善雄) ちょっとよろしいですか。



○委員長(大橋博之) 局長。



◎議会事務局長(松谷善雄) 済みません、原稿つくっていてあれなのですけれども、議案73号、一括議題ということなのだけれども、提案理由説明は単行だよね。これ一括ではないのか。71号、72号を一括議題にして、73号というのは単行で持っていくのでないの。この辺も、すべて提案理由が渡されていて、提案理由の中では71号、72号が同時提案なのですが、でも73号はまだ単行で出てきているのだよね。だから、一括というわけにはいかないと思うのだけれども。そのために、この箱書を書いたのではないのか。



◎議会事務局次長(青山幸次) 執行部とすれば、議運の意思に従うということで……



◎議会事務局長(松谷善雄) いや、いずれにしてもつじつまが合わないね。



◎議会事務局次長(青山幸次) 72の下の説明書きが消えます。



○委員長(大橋博之) 72号の括弧書き要らないのだ。



◎議会事務局次長(青山幸次) 要らないということになります。



○委員長(大橋博之) 一応一区切り、ここでいいですね。

  それでは、皆様にお諮りを申し上げます。それでは、1議題ずつということでご意見をいただきます。

  それでは、日程第5、議案第69号、日程第6、議案第70号、この部分につきましては条例の制定についてということで、提案理由の説明、そして質疑、委員会付託ということで、復興まちづくり計画調査特別委員会への付託ということでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第7、議案第71号、それから日程第8、議案第72号、日程第9、議案第73号、以上この3件の議案については提案理由の説明及び質疑、委員会付託、復興まちづくり計画調査特別委員会への付託ということで、一括で議題とさせていただくということでよろしいですか。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) では、続きまして日程第10、議案第74号 東松島市特別会計条例の一部を改正する条例についてであります。この部分につきましては、提案理由の説明があり、質疑、付託を省略し、討論、採決ということで、即決ということでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第11、議案第75号 東松島市防災会議条例の一部を改正する条例、日程第12、議案第76号 東松島市災害対策本部条例の一部を改正する条例についてでありますが、この部分につきましても提案理由の説明、質疑、付託を省略し、討論、採決、即決ということで進めてよろしいでしょうか。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第13、議案第77号 東松島市市税条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明、そして質疑、付託を省略し、討論、採決ということで、即決でよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それから、日程第14、議案第78号 東松島市立学校の設置に関する条例の一部を改正する条例についてということで、これは名称変更の条例ということになりますね。提案理由の説明、質疑、付託を省略し、討論、採決ということでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第15、議案第79号……



◆委員(滝健一) 名称変更でないど。変更されねっちゃ。統合して新名称という意味だ。



○委員長(大橋博之) 統合して新名称についての提案、失礼いたしました。訂正をいたします。

  では、続いて日程第15、議案第79号、日程第16、議案第80号、日程第17、議案第81号ということで、これは工事関係の議案ということになりますが、一括議題ということで、提案理由の説明及び質疑、付託を省略し、討論、採決ということでよろしいですか。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第18、日程第19、日程第20、日程第21、第22、第23、第24、この7議案一括の議題ということで、24年度の一般会計の補正予算及び特別会計の補正予算についてであります。この部分につきましては、提案理由の説明、そして質疑後、議事中止をかけるというふうなことでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 基本的には、これ14日の議決ということになりますよね。



◎議会事務局長(松谷善雄) そうですね。



○委員長(大橋博之) 次に、日程第25、議案第89号、日程第26、議案第90号、こちらも一括議題ということで、野蒜北部の区画整理、そして東矢本駅北地区の土地区画整理事業についての特別会計の予算についてであります。この部分につきましては、提案理由の説明、質疑、特別委員会、復興まちづくり計画調査特別委員会への委員会付託ということでよろしいでしょうか。いいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第27、認定第1号、第28、認定第2号、第29、認定第3号、そして次のページであります日程第30、認定第4号、日程第31、認定第5号、日程第32、認定第6号、日程第33、認定第7号、日程第34、認定第8号ということで、23年度の一般会計決算認定について、そして以下各特別会計決算認定については、提案理由の説明があり、議事中止をして特別委員会への審査に進めていただくということになります。これでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それでは、9月6日の議事日程については以上で終わらせたいと思います。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) では、続きまして14日の分も一緒にやっていいですよね。



◎議会事務局次長(青山幸次) そうですね。



○委員長(大橋博之) はい、わかりました。

  続きまして、日程第2号の分ですね、これは一般質問の分であります。9月の7日、日程第3号、9月の10日、日程第4号、9月の11日ということで、3日間の一般質問の日程になります。よろしいですね。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、議事日程第5号であります。平成24年9月の14日の分であります。この分につきましては、事務局から審議の流れについて説明をいただきます。

  では、事務局、青山次長。



◎議会事務局次長(青山幸次) 日程第5の議案第69号と日程第3の議案第70号については、先ほど特別委員会のほうに付託になっていましたので、委員長報告、特別委員長報告の質疑に対しては議長を除く全員による委員会ですので質疑を省略し、討論、採決というふうに進めていきたいと思っております。

  議案71号から73号も付託になっておりますので、ここの部分も一括して委員長報告、討論、採決という形で進めたいと思います。

  あと、日程第7、議案82号から日程13、議案88号までは質疑まで行っていましたので、議事を再開し、討論、採決という形で進めたいと思います。

  あと、日程第14、議案第89号及び日程第15、議案第90号、土地区画整理特別会計予算でございますけれども、これについても委員長報告、あと質疑を省略し、討論、採決という形に進めたいと思います。

  あと、日程16、認定第1号から日程第23、認定第8号の決算の認定関係につきましては、議事を再開し、事前通告の順位に基づきまして総括質疑を行った後、決算審査特別委員会を設置し、それを付託の議決をしたいと思います。

  以上でございます。



○委員長(大橋博之) それでは、議事日程第5号のほうについて皆様への審議をお願いしたいと思います。それでは、日程のとおり進めていきたいと思います。

  まず、日程第2、議案第69号、日程第3、議案第70号、この2件でありますが、復興特別委員会に付託をされておりますので、ここで特別委員長からの報告、それから特別委員長に対する質疑は省略ですね、全員の委員会でありますので、討論、採決という流れでよろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 続きまして、日程第4、議案第71号、日程第5、議案第72号、日程第6、議案第73号、この3件につきましても同じように復興特別委員会の付託でございますので、委員長報告、そして質疑は省略、討論、採決という流れになります。よろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) それから、日程第7から日程第13でありますが、一括議題ということで、一般会計の補正予算、それから特別委員会の補正予算について議事を再開し、討論、採決ということでよろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) では、続きまして日程第14、日程第15、こちらも一括の議題であります。この部分につきましても復興特別委員会へ付託をしておりますので、委員長の報告、そして質疑を省略し、討論、採決という流れでいきたいと思います。よろしいでしょうか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) 次に、日程第16、認定第1号から日程第23、認定第8号まで一括議題ということで、これは議事中止をしておりますので、議事を再開し、総括質疑を受け、決算審査特別委員会を設置の上、付託を議決するという流れになります。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) ここの流れについては、従前どおりの流れでよろしいですよね。設置、それから委員会の中での人事の部分についてもそういうような流れで。正副の委員長に関しても推薦方いただいておりますので、そういう流れでやらせていただければというふうに思います。

  以上、ここまで9月6日から9月の14日までの日程についていろいろご審議をいただきました。この日程について何か取りこぼした点、それからご不明な点等ちょうだいできればと思いますが、何かございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) もしなければ、その他ということで移りたいと思いますが、ただいまの一般質問、そして日程以外の部分につきまして、今回の定例会について。

  では、青山次長。



◎議会事務局次長(青山幸次) 前回の議会運営委員会で決算審査の正副委員長を選んでいただいたのですが、内定者と1度打ち合わせをさせていただきました。それで、さきの日程でちょっと変わってきたところ、新しい正副委員長予定者との打ち合わせで、決算の審査の通告、当初13日を予定していたのですけれども、これを11日に、2日繰り上げまして、その内容を14日の日に示すようにということで、2日間ほど繰り上げました。これも議運で皆さんの了承を得れば、きょう議長名でもう文書出しましたけれども、11日に締め切りをして、14日の日にどのような質問しているかというのを各委員に明示して、18日に全体の調整をするという日程で進めていきたいと思っております。



○委員長(大橋博之) ただいま事務局から決算審査特別委員会正副委員長内定者の調整で、今申し上げたように決算特別委員会の質疑通告の分の受付を前回の議会運営委員会で9月の13日ということで決定をいただいておりましたが、内定者の調整によりまして、11日に通告受付の締め切りということにさせていただきたいと思いますが、この点についてはいかがですか。よろしいですか。

  文書では11になっていた。

  これ皆さんにお配りしているので、いいのだね、これね。では、それは連絡方しなくてもいいということですね。当面気にしない人もいるでしょうから、とりあえず話が出たら11だよということを申し上げてあげたほうがいいと思います。それで確認をいただきたいと思います。よろしいですか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) あと、ほかに何かありますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(大橋博之) なしという声がございますので、以上で第20回の議会運営委員会を閉じたいと思います。

  それでは、副委員長が欠席でございますので、閉会のあいさつを委員長が申し上げます。いよいよ決算議会始まります。非常に膨大な審査量になると思いますが、効率のよい審査に心がけていただいて、しっかりこの決算を見届けていただきたいというふうに思います。それでは、きょうは大変ご苦労さまでございました。

    午前11時13分 閉会