議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 栗原市

平成21年決算特別委員会 本文




2009年10月08日:平成21年決算特別委員会 本文

     午後1時30分  開議
佐々木嘉郎委員長 御起立願います。
 大変御苦労さまです。
 御着席願います。
 欠席の通告があります。鈴木道夫委員、所用のため欠席です。それから当局の欠席通告があります。病院事業管理者、公務のため欠席しております。
 ただいまの出席委員数は28人であります。定足数に達しておりますので、ただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 本日の審査日程はお手元に配付のとおりであります。
 直ちに会議を開きます。
───────────────────────────────────────────
     日程第 1  認定第 1号  平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定につ
                    いて
     日程第 2  認定第 2号  平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘
                    定)歳入歳出決算認定について
     日程第 3  認定第 3号  平成20年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算
                    認定について
     日程第 4  認定第 4号  平成20年度栗原市後期高齢者医療特別会計歳入歳
                    出決算認定について
     日程第 5  認定第 5号  平成20年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算
                    認定について
     日程第 6  認定第 6号  平成20年度栗原市下水道事業特別会計歳入歳出決
                    算認定について
     日程第 7  認定第 7号  平成20年度栗原市農業集落排水事業特別会計歳入
                    歳出決算認定について
     日程第 8  認定第 8号  平成20年度栗原市合併処理浄化槽事業特別会計歳
                    入歳出決算認定について
     日程第 9  認定第 9号  平成20年度栗原市簡易水道事業特別会計歳入歳出
                    決算認定について
     日程第10  認定第10号  平成20年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認
                    定について
     日程第11  認定第11号  平成20年度栗原市水道事業会計決算認定について
     日程第12  認定第12号  平成20年度栗原市病院事業会計決算認定について


佐々木嘉郎委員長 お諮りいたします。日程第1、認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についてから、日程第12、認定第12号 平成20年度栗原市病院事業会計決算認定についてまでの12案件を一括議題とすることに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、12案件は一括議題といたします。
 本特別委員会に付託された12案件は4分科会における分担審査が終了し、委員長あてにその報告書が提出されたので、各分科会長の報告を求めます。
 最初に第1分科会長の報告を求めます。佐々木脩君、登壇願います。
     〔第1分科会長 佐々木脩登壇〕


佐々木脩第1分科会長 第1分科会の報告を申し上げます。
 栗原市議会決算特別委員会第1分科会審査報告について。
 栗原市議会決算特別委員会委員長佐々木嘉郎殿。
 栗原市議会決算特別委員会第1分科会会長佐々木脩。
 去る9月30日の栗原市議会決算特別委員会において当第1分科会に付託となりました認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について、歳入全款及び歳出第1款議会費、第2款総務費のうち第3項を除く第2款、第3款民生費のうち第5項2目復興支援費、第9款消防費、第11款災害復旧費第5項その他公共施設公用施設災害復旧費、第12款公債費、第13款諸支出金、第14款予備費について10月5日、6日、7日の3日間にわたり分科会を開催し、関係部長、課長ほか関係職員の出席を求め詳細な説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その審査の経過と結果について御報告申し上げます。
 認定第1号について当第1分科会に付託になりました決算審査について、初日の5日には歳入全般について説明と質疑を行いました。質疑の主なものは歳入全般にわたる収入未済額の理由と不能欠損処分に至った経緯に関する質疑がございました。6日は歳出のうち第1款議会費と第2款総務費、第3款民生費のうち第5項2目復興支援費まで、最終日の7日は第9款消防費、第11款災害復旧費のうち第5項その他公共施設公用施設災害復旧費、第12款公債費、第13款諸支出金、第14款予備費まで説明と質疑を行いました。最後に総括質疑を行い、審査を終了し採決したところ、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。
 なお、審査意見としては特に付すべきことはありませんでした。以上が第1分科会に付託になりました認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についての審査の経過と結果であります。以上、報告いたします。


佐々木嘉郎委員長 分科会長報告が終わりました。分科会長報告に対する質疑の通告はありませんので、質疑を終わります。
 次に第2分科会長の報告を求めます。瀬戸健治郎君、登壇願います。
     〔第2分科会長 瀬戸健治郎登壇〕


瀬戸健治郎第2分科会長 栗原市議会決算特別委員会第2分科会報告について。
 栗原市議会決算特別委員会第2分科会会長瀬戸健治郎。
 去る9月30日の栗原市議会決算特別委員会において当分科会に付託となりました認定第1号平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についての中の第8款及び第11款第2項、認定第6号 平成20年度栗原市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第7号 平成20年度栗原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第8号 平成20年度栗原市合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第9号 平成20年度栗原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第11号 平成20年度栗原市水道事業会計決算認定についての6案件の決算認定について10月5日に事業箇所の現地調査を行い、10月6日、7日には関係部課長などの出席を求め詳細な説明を聴取し、3日間にわたり慎重に審査いたしましたので、その結果について御報告申し上げます。
 当分科会に付託されました6案件について、滞納繰越の収入未済となった理由は何か、平成20年度各会計決算概要(主要施策の成果)の内容が具体的ではなく子細に掲載されていないためわかりにくいことから内容の充実を図るべきではないかなどの質疑がありましたが、それぞれ採決の結果、次の意見を付し、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。
 審査意見。認定第6号 平成20年度栗原市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第7号 平成20年度栗原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第8号 平成20年度栗原市合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第9号平成20年度栗原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第11号 平成20年度栗原市水道事業会計決算認定についての5案件の歳入に関し収納率低下が懸念されることから、栗原市市税等徴収対策本部を中心にさらなる収納率向上に努力すること。以上が当分科会に付託になりました案件の審査の経過と結果であります。
 以上、報告申し上げます。


佐々木嘉郎委員長 分科会長報告が終わりました。分科会長報告に対する質疑の通告はありませんので、質疑を終わります。
 次に第3分科会長の報告を求めます。阿部貞光君、登壇願います。
     〔第3分科会長 阿部貞光登壇〕


阿部貞光第3分科会長 栗原市議会決算特別委員会第3分科会審査報告。
 栗原市議会決算特別委員会第3分科会会長阿部貞光。
 去る9月30日の栗原市議会決算特別委員会において当分科会に付託となりました認定第1号平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定の中の歳出第5款、第6款、第7款、第11款第1項について、10月5日、6日、7日の3日間にわたり分科会を開催し、関係部長、課長等の出席を求め詳細な説明を聴取し、現地調査を実施の上慎重に審査いたしましたので、その審査の経過と結果について御報告申し上げます。
 審査の経過において質疑がありましたが、採決の結果、賛成多数により原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。
 なお、次のとおり審査意見を付すことといたしました。
 1、林業振興費において保育事業には積極的に取り組まれている。今後栗原木材の利用拡大に努め、さらなる林業振興を図られたい。
 2、災害復旧には速やかに対応され評価するものである。なお、早期の復旧復興を図られたい。
 以上が当分科会に付託となりました認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についての審査の経過と結果であります。以上であります。


佐々木嘉郎委員長 分科会長報告が終わりました。分科会長報告に対する質疑の通告はありませんので、質疑を終わります。
 次に第4分科会長の報告を求めます。佐藤優君。
     〔第4分科会長 佐藤優登壇〕


佐藤優第4分科会長 栗原市議会決算特別委員会第4分科会審査の報告を行います。
 栗原市議会決算特別委員会第4分科会会長佐藤優。
 去る9月30日の栗原市議会決算特別委員会において当分科会に付託されました認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についての歳出第2款総務費第3項戸籍住民基本台帳費、第5項2目を除く第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、第11款災害復旧費第3項文教施設災害復旧費、第4項厚生労働施設災害復旧費、認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第3号 平成20年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、認定第4号 平成20年度栗原市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、認定第5号 平成20年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、認定第10号 平成20年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認定について、認定第12号 平成20年度栗原市病院事業会計歳入歳出決算認定について、以上7案件について10月5日、6日、7日に分科会を開催し、関係職員の出席を求め詳細な説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その結果について御報告申し上げます。
 審査の過程で各委員から質疑がありましたが、採決の結果、いずれも認定すべきものと決定いたしました。
 なお、認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について、認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定についての2案件については賛成多数により認定すべきものと決定し、その他の5案件についてはいずれも全会一致で認定すべきものと決定いたしました。
 また、審査の過程で次の審査意見を付すことといたしました。認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についてでありますが、文教民生所管の公共施設及び附帯施設の一部が民有地に建設されている状況が見受けられます。用地を取得するなど、公有財産として管理に努めること。認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、平成20年度末の国民健康保険財政調整基金残高は1カ月の療養給付に満たない約3億 700万円となっている。給付費の不測の事態に備えて財政基盤の安定強化に努めること。以上が当分科会に付託されました7案件の審査結果であります。以上、報告します。


佐々木嘉郎委員長 ただいまの決算特別委員会の各分科会審査報告書の5ページに一部字句の誤りがありますので、訂正したものを後ほど配付いたしますので、差しかえをお願いいたします。
 分科会長報告が終わりました。分科会長報告に対する質疑の通告はありませんので、質疑を終わります。
 以上で12案件に対する質疑を終結いたします。
 これより1案件ごとに討論、採決を行いますが、討論の際は申し合わせにより賛否の表明とその趣旨を自席にて述べていただき、詳細な討論の内容については本会議で行っていただきますように御協力をお願いいたします。また、採決の際、反対の意思表明のあった案件については起立採決を行い、ない場合は簡易採決を行いますので、あわせて各委員の御協力をお願いいたします。
 これより日程第1、認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。1番菅原勇喜君。


菅原勇喜委員 1番、日本共産党栗原市議団の菅原勇喜でございます。
 私は認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について、日本共産党栗原市議団を代表し反対討論いたします。
 先ほど各分科会長から報告ございましたが、私ども日本共産党栗原市議団は第1分科会、第3分科会、第4分科会で反対の意思を表明しております。なお、詳細については本会議において討論の中で申し上げます。以上でございます。


佐々木嘉郎委員長 次に原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 次に原案に反対者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 次に原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 ほかにありませんね。討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第1号を採決いたします。この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。本案に対する各分科会長報告は認定であります。本案は各分科会長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕


佐々木嘉郎委員長 御着席願います。起立多数であります。よって、日程第1、認定第1号 平成20年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定については原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第2、認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。最初に原案に反対者の発言を許します。21番佐藤文男君。


佐藤文男委員 21番佐藤文男でございます。
 私は認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、日本共産党栗原市議団を代表して反対の意思を表明いたします。
 滞納者に対する資格証明の発行が機械的に行われているのではないかといった異論を唱えながら、詳しくは本会議で討論をいたします。終わります。


佐々木嘉郎委員長 次に原案に賛成者の発言を許します。14番相馬勝義君。


相馬勝義委員 相馬でございます。
 認定第2号に対しまして賛成の立場で、あす詳細については討論いたします。以上でございます。


佐々木嘉郎委員長 次に原案に反対者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 次に原案に賛成者の発言を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第2号を採決いたします。この採決は起立によって行います。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕


佐々木嘉郎委員長 御着席願います。起立多数であります。よって、日程第2、認定第2号 平成20年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第3、認定第3号 平成20年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第3号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長の報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第3、認定第3号 平成20年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第4、認定第4号 平成20年度栗原市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第4号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長の報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第4、認定第4号 平成20年度栗原市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定については原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第5、認定第5号 平成20年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第5号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長の報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第5、認定第5号 平成20年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第6、認定第6号 平成20年度栗原市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第6号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第2分科会長の報告は認定であります。本案は第2分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第6、認定第6号 平成20年度栗原市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第7、認定第7号 平成20年度栗原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第7号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第2分科会長の報告は認定であります。本案は第2分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第7、認定第7号 平成20年度栗原市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第8、認定第8号 平成20年度栗原市合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第8号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第2分科会長の報告は認定であります。本案は第2分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第8、認定第8号 平成20年度栗原市合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第9、認定第9号 平成20年度栗原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第9号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第2分科会長の報告は認定であります。本案は第2分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第9、認定第9号 平成20年度栗原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第10、認定第10号 平成20年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第10号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長の報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第10、認定第10号 平成20年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第11、認定第11号 平成20年度栗原市水道事業会計決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第11号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第2分科会長の報告は認定であります。本案は第2分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第11、認定第11号 平成20年度栗原市水道事業会計決算認定については、原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 次に日程第12、認定第12号 平成20年度栗原市病院事業会計決算認定について討論を行います。討論ありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。
 これより認定第12号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案に対する第4分科会長の報告は認定であります。本案は第4分科会長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、日程第12、認定第12号 平成20年度栗原市病院事業会計決算認定については原案のとおり認定すべきものと決定されました。
 お諮りいたします。各分科会長から報告のあった審査意見の集約、文言整理等は委員長・副委員長に一任願い、分科会長の意見を参考とし委員長報告にしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、審査意見の集約及び文言整理については委員長・副委員長に一任されました。
 お諮りいたします。以上で本特別委員会に付託になりました12案件の審査はすべて終了いたしましたので、これをもって閉会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


佐々木嘉郎委員長 御異議なしと認めます。よって、これをもって閉会することに決定いたしました。
 御起立願います。
 大変御苦労さまでございました。
     午後2時08分  閉会