議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 栗原市

平成20年決算特別委員会第4分科会 本文




2008年10月10日:平成20年決算特別委員会第4分科会 本文

    午前10時00分  開会
相馬勝義会長 御起立願います。
 皆さん、おはようございます。
 御着席願います。
 ただいまの出席委員は11名であります。定足数に達しておりますので、ただいまから決算特別委員会第4分科会を開会いたします。
 本日の審査日程はお手元に配付のとおりであります。
 ただちに会議を開きます。
───────────────────────────────────────────
    日程第1 付託された議案の審査報告について


相馬勝義会長 日程第1、付託された議案の審査報告についてを議題といたします。
 お手元に配付しております資料1の審査報告書の案について御説明をいたしますので、よろしく御協議願います。なお、資料2は特別委員会における分科会会長報告要旨の案となります。
 報告書案の説明は皆さんの手元の資料1、2を副分科会長に説明いただきます。
 それでは、副分科会長、説明願います。


小野寺善孝副会長 どうも皆さんおはようございます。3日間大変御苦労さまでございました。
 それでは、私の方から皆さんのお手元に配っておる案につきまして、資料1から朗読をもって御報告申し上げます。
 資料1。
 栗原市議会決算特別委員会委員長、大関健一殿。
 栗原市議会決算特別委員会第4分科会会長、相馬勝義。
 決算特別委員会第4分科会審査報告書。
 本分科会に平成20年10月1日付け付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので報告します。
記。
1 審査日、平成20年10月7日、10月8日、10月9日の3日間であります。
2 審査内容、事件の番号、件名、審査の結果について御報告申し上げます。
 認定第1号、平成19年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について〔歳出2款(3項)・3款・4款・10款〕賛成多数、認定。
 認定第2号、平成19年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、賛成多数、認定。
 認定第3号、平成19年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、全会一致、認定。
 認定第4号、平成19年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、賛成多数、認定。
 認定第9号、平成19年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認定について、全会一致、認定。
 認定第11号、平成19年度栗原市病院事業会計決算認定について、全会一致、認定。
3 審査意見。
 (1)認定第4号、平成19年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について。
 平成19年度については、介護保険運営協議会が一度も開催されていないが、介護保険に関する施策に市民の意見が十分に反映され、また、適切に実施されるための定期的な開催に務めること。
 次に、資料2であります。
 分科会長報告要旨。
 認定第1号、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第9号、認定第11号。
 去る10月1日の栗原市議会決算特別委員会において、当分科会に付託されました認定第1号平成19年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定についての歳出第2款総務費第3項戸籍住民基本台帳費、第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、議案第2号、平成19年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、議案第3号、平成19年度栗原市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、議案第4号、平成19年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、議案第9号、平成19年度栗原市診療所特別会計歳入歳出決算認定について、議案第11号、平成19年度栗原市病院事業会計歳入歳出決算認定について、以上、6案件について、10月7日、8日、9日に分科会を開催し、関係職員の出席を求め、詳細な説明を聴取し、慎重に審査いたしましたので、その結果について御報告申し上げます。
 審査の過程で、各委員から質疑がありましたが、採決の結果、いずれも認定すべきものと決定いたしました。
 なお、認定第1号、平成19年度栗原市一般会計歳入歳出決算認定について、認定第2号、平成19年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第4号、平成19年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての3案件については、賛成多数により認定すべきものと決定し、その他の3案件については、いずれも全会一致で認定すべきものと決定いたしました。
 また、審査の過程で次の審査意見を付すことといたしました。
 認定第4号、平成19年度栗原市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、平成19年度については、介護保険運営協議会が一度も開催されていないが、介護保険に関する施策に市民の意見が十分に反映され、また、適切に実施されるための定期的な開催に務めること。
 以上が、当分科会に付託されました6案件の審査結果であります。以上であります。


相馬勝義会長 ありがとうございました。
 今副分科会長の方から訂正があります。


小野寺善孝副会長 大変申しわけございません。訂正をお願いしたいと思います。
 資料2であります。議案第2号から議案第11号とありますが、これは議案でなくて、認定第2号から認定第11号ということであります。大変申しわけございません。


相馬勝義会長 ありがとうございました。
 説明が終わりましたので、それでは質疑、御意見等があれば発言をお願いいたします。
 質疑、御意見等ございませんか。字句の訂正とかありましたらお願いいたします。
    (「なし」の声あり)


相馬勝義会長 ないようですので、お諮りいたします。
 付託された議案の審査報告については、ただいま協議したとおり報告することに御異議ありませんか。
    (「異議なし」の声あり)


相馬勝義会長 御異議なしと認めます。よって、付託された議案の審査報告については、ただいま協議したとおり報告することに決定いたしました。
───────────────────────────────────────────
    日程第2 分科会長報告に対する質疑の回答について


相馬勝義会長 日程第2、分科会長報告に対する質疑の回答についてを議題といたします。
 本分科会に対する質疑の通告はありませんでしたので、御報告を申し上げます。
 よって、報告をもって日程第2は終了いたします。
 お諮りいたします。
 本日の日程はすべて終了しましたので、これをもって閉会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
    (「異議なし」の声あり)


相馬勝義会長 御異議なしと認めます。よって、本日の分科会は、これをもって閉会することに決定いたしました。
 御起立をお願いいたします。
 御苦労さまでございました。
    午前10時11分  閉会