議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成19年第1回定例会(4日目) 本文




2007.03.07 : 平成19年第1回定例会(4日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は19名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、4番佐藤一郎議員、5番森繁男議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 7番宍戸幸次議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔7番宍戸幸次議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ウィズの宍戸幸次です。
 風邪のため、質問の途中、せき込むかと思いますので、よろしくお願いします。
 それでは、通告していました、岩沼行財政改革について質問をいたします。
 地方分権法の成立以降、地方への権限移譲が進み、地方行政の運営も大きな転換期を迎えました。地方への権限移譲は、基本的には望ましい姿かもしれませんが、自主財源の乏しい市町村にとっては、権限の移譲は逆に重荷になって、将来に向けた行政運営に不安を増殖させているように思っております。抜本的な税財源の移譲など、地方の自立を促す視点を国策でしっかり構築することの必要性を強く感じているところです。
 さて、自主財源だけを見れば県内でも比較的高い比率の岩沼市でも、財政的には厳しい行政運営になっていることは、ここ数年の予算、決算でも明らかです。税収の伸び悩みに加え、経常経費は増加の一途をたどり、行政運営を一層厳しくするものと危惧しています。
 岩沼市は、平成17年度から平成21年度までの5年間を岩沼市行財政改革大綱の改革推進期間とし、具体的な取り組み内容を集中改革プランに掲げています。その集中改革プランも3年目を迎えましたので、取り組みの進捗状況が気にかかるところであります。集中改革プランでは具体的な取り組みの概要を7項目掲げていますが、私は3項目に絞って質問いたします。
 初めに、中項目(1)の行政の担うべき役割の重点化についてでありますが、具体的な改革項目を五つ掲げていますので、順次質問します。
 では、改革項目一つ目の、民間委託等の推進についてであります。
 1点目は、提携業務委託の検討として、平成19年度までに計画を策定することになっていますが、これまでの取り組みと内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)前段、地方分権についての総括的なお考えを承りました。心してまいりたいと思います。
 御質問の内容が行財政改革全般にわたる事項でありますので、初めに、集中改革プラン行動計画の全体的な進捗状況を申し上げ、後で具体的な取り組み状況等について、吉田副市長からお答えを申し上げたいと思っております。
 御承知のとおり、集中改革プラン行動計画では、積極的に改革を進める項目として52項目を掲げており、そのうち、17年度につきましては、職員研修や行政評価制度の構築など22項目について取り組み、単年度で見た達成率は82.7%とおおむね順調に推移しております。
 また、18年度は、52項目のうち、ほとんどの47項目について取り組んでおり、まだ年度途中ということでありますので、詳しい実績等について申し上げることはできませんが、全体としてはおおむね順調に推移しているものと考えております。中でも、さきの12月定例会でお認めいただきました基金制度の見直し等につきましては、非常に大きなポイントでありますので、達成の見通しがついたということは大きな成果であると考えております。また、基金に次いで大きな財政効果を生む人件費の抑制に関しましても、団塊の世代の大量退職にあわせて、職員数の削減や給与等の見直しに努めており、おおむね順調に進捗しているものと考えております。引き続き、19年度におきましても、施政方針で申し上げましたとおり、全体的な歳入増を図るための未利用市有地の売却処分や市税等の収納強化に向けた収納対策本部並びに収納対策室の設置、人事評価制度の試行による給与の適正化などに取り組み、岩沼市行財政改革大綱に掲げる目標が確実に達成できるよう取り組んでまいりたいと思っております。
 詳細は吉田副市長からお答えをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)1点目の提携業務の委託の検討につきましては、これまで労務職員のプロジェクトによります道路除草作業などを行う提携業務、そういった委託経費の削減に努めておったところでございますが、近々に、仮称ではございますが、民間委託等の推進に関する指針を作成して、直営と民間委託のメリット・デメリットを比較検討し、その結果を踏まえて、19年度に提携業務全般にわたる委託計画を策定する予定としております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)基本的に、19年度から実質入ると思うんですが、これまでの検討の中で、メリットあるいはデメリット、そういうことを踏まえての19年度へのスタートということになるかと思うんですが、大きくメリット・デメリット、その辺、こういうことがありましたということがあれば、お聞かせ願いたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)今までは、除草作業などについては業者の方にお願いをしてそれぞれやっていただいていたんですが、時期的に、夏場ごろには非常に伸びが早いということで、市民の方々からも要望をいただいているところでございますけれども、そういったところにつきましては、職員でつくったプロジェクトチームであれば適宜に実施ができるということと、それから、経費の面で節約ができるというふうなことが考えられると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)委託の内容について、今までの検討事項の感覚は、委託する立場での方向での考えであったと思うんですが、委託する相手方、いろいろケースはあると思うんですね。純然たる民間の場合、それから、最近で言うと障害者の方々が立ち上げたNPO法人、そういうものがあります。ただ、岩沼にはわかりませんけれども、多分ないと思うんですが。そういうことでいくと、検討事項の中には、市が今までやっていた概念をちょっと超えて、請け手になる方々の受け皿対策もこれからは考えていかないと、いろんな形で、障害者の方も仕事の先がなくて困っている状態もありますし、あるいはまた、シルバー人材センターもありますけれども、そういう場で市の方からいただいている仕事もありますでしょうし、あるいは、民間の方に清掃業務をたくさん頼んでいるのがありますよね。そういうことを踏まえると、これからは健常者も障害者の方も、ある意味での委託先の選定に少してこ入れをする何かも必要なのかなと見ているんですが、その辺、検討されたかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)業務内容につきましては、市で民間委託にしている数は相当の数になっております。そういったことから、ただいまお話しいただきましたように、委託が可能かどうか、そういったものも十分に検討していかなければならないということで、この委託計画を策定する際に、そういったこともあわせて検討していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)もう一つ確認します。今まで委託している施設が相当ありますけれども、結局は、今回の見直しというのは、一部委託あるいは全面委託というふうな形になるのでしょうけれども、それは今までの委託した分も含めてということで理解してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)内容によりましては、全体的な見方をせざる得ないと思うんですが、専門的な技術を要する業務とか、そういったものについては恐らく無理だろうと思っていますので、そういったものをすべて精査をしながら、計画を策定していかなければならないというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)では、この件については、先ほどの、健常者、それから障害者の方も含めた、請け手側の組織体のとらえ方、それもこの検討の中で十分とらえていただきたいということを申し添えて、この質問は終わります。
 それでは、2番目の質問に入ります。
 平成20年度から、一部学校給食調理業務の委託を段階的に実施することになっていますが、これまでの取り組みと内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)総体的な行革の取り組みをしておりますので、私の方からまずお答えをさせていただきたいと思います。
 一部学校給食調理業務の委託等の実施につきましては、現在、教育委員会において、調理業務を民間委託する際の課題とか問題点とかといったものについて内部検討を続けているところでございまして、平成19年度以降に本格的な検討を行い、その結果に基づいて委託計画を作成していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)教育長の方にお伺いします。17、18年で民間委託によるメリット・デメリットの把握をすることになっていたわけですね。そのメリット・デメリットについて教育委員会の方で把握したと思うんですが、内容をちょっと教えてほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)給食調理業務の委託関係でございますけれども、18年度までにおきまして、先ほどの答弁にもございましたけれども、委託する際の課題あるいは問題点、こうしたものの情報収集をしながらまた検討を行ってきたというところでございます。
 メリット・デメリット関係でございますけれども、メリット面につきましては、経費面のことがまず考えられるのかなと思っております。それから、調理業務を委託するという内容からいたしますと、そこに勤務をする職員を仮に休暇等で欠くような状態になった場合には、その委託先から、すぐ補充といいますか、いわゆる短い日にちの休暇であっても補充はしていただけるというようなメリットは考えられるのかなと思っております。
 それから、デメリット関係ですけれども、こちらにつきましては、これまでの単独調理校方式は当然堅持をするという基本的な考え方のもとで進めたいと思っておりますので、そうしたことから、各学校におります栄養士については、これまで同様、各校にそれぞれ栄養士がいて、そちらでメニュー等の献立をつくりながら、材料等の調達をして、それに基づいた調理をするというような委託内容になろうかと思っておりますので、そうしたことを前提に考えれば、デメリットいう部分についてはほとんどないのではないかなというふうに現時点では考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)きのう、教育長は、県内一の学校給食ということを言われました。そのとおりだとは思うんです。そういう状況の中で、あえてこの業務の委託を取り入れるということになった場合、何となく、方向性として何か起きはしないのかなという心配もあったわけですが、今の次長の話では、そういうことは全くありませんということなのですが、例えば、委託する条件によっては、いろいろまた内容が変わるのだろうと思うんですよね。それはこれから考えると思うんですが、いずれ、今までやってきた条件を上回るような内容であれば何ら問題はないんだけれども、それを下回らない、必ずいい方向で委託する内容をしっかり検討してほしいと。そのことだけは申し添えておきたいと思います。
 それと、4小4中の8校があるわけですが、この8校の取り組み体制というものは、21年度までの間に実施する方向で考えていいのか。それとも、それ以降も逐次進めていくというやり方をとるのか。その辺の考え方は今時点でどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)現在、8校でそれぞれの単独調理校方式で給食を行っているわけでありますけれども、ここに勤務している職員の問題が当然発生をしてくるということがございます。現在、正職員としましては小・中合わせまして27名、それから臨時職員が6名、合わせて33名の職員で調理を行っているわけですけれども、正職員につきましては、まだ年齢的に若い職員もかなりいるということもございますので、すべてを民間委託するというような考え方で仮にいってしまえば、これらの方々の配置転換という大きな問題も含んでまいりますので、そうした状況にならないようにと。例えば、臨時職員については当然期限を切っての雇用でありますので、期限が来れば、その方の雇用は終了するということから考えまして、大きな条件の変更になるようなことのないような範囲で委託できる学校の部分を選定していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。それで、例えば、33名のうち27名の正職員の問題は、首にはならないと思うんですけれども、配置転換の問題でこれは考えざるを得ないということなんですよね。それで、先ほど言った委託する条件といいますか、その中で、今まで全くしたことのない人たちが民間の方から出向いてやるわけですから、結局、今までの人たちの行き先といいますか、そういう問題については、検討事項の中でもしっかり保障されて進められるのかどうか、その辺、ちょっと心配なものですからお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)先ほどの答弁の中で説明が足りなかった部分があるいはあるかもしれませんけれども、現在の正職員につきましては、できるだけ配置転換とかがない状態のままで給食はできる。そうしますと、委託できる学校の数というのはおのずと限定をされてくるのかなというふうに現時点ではとらえております。そうした状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)学校の方はこれからまた煮詰めることがいっぱいあるので、折を見てまた聞くなり何なりしますけれども、いずれにしても、給食問題は、これまで順調に来たということであれば、それがマイナスにならないような体制づくりでしっかりやってほしいということでございます。
 次に、改革項目二つ目の指定管理者制度の活用についてであります。
 まず1点目は、平成18年度で管理委託施設等の25施設を指定管理者の管理に移行することになっていますが、どの施設かまずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)指定管理者につきましては、岩沼市における指定管理者制度の導入についての基本方針に基づいて、可能な施設について指定管理者の方に移行いたしたところでございまして、17年度、施設の選定及び指定管理者の公募を行いまして、26施設について、18年4月1日から指定管理者による管理運営体制へ移行をいたしております。26施設ですので、個別的に申し上げますかね。個別的でよろしいですか。いいですか。
 では、主なものだけをお話し申し上げます。一つは、岩沼駅西の自転車駐輪場でございます。それから、老人福祉センターの千寿荘、デイサービスセンターの4カ所、くろまつ荘、ほほえみ荘、たけくま、たてしたの4カ所。それから、老人憩の家、これは3カ所ですが、東部地区、北部地区、西部地区ということになります。それから、市で持っております集会所、11カ所ございます。それから矢野目地区の運動広場。主なものを申し上げましたけれども、これらを含めて26施設お願いをいたしたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)それはわかりました。
 2点目なんですが、平成21年度までに、グリーンピア、公民館、体育施設等の直営施設の指定管理者指定を段階的に実施することになっていますが、これまでの取り組みと内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)ただいま26施設について御回答申し上げましたが、これらの施設につきましては、職員が配置されていない施設、あるいは、既に業務委託をしていた施設ということになりますが、今お話がありますように、グリーンピア、公民館、体育施設等の関係については、職員を配置しておりまして、直営施設の指定管理者への移行というようなことになるかと思いますが、現在、移行に伴ういろいろな課題等について検討を行っているところでございまして、それらの検討結果を踏まえて、19年度に指定管理者へ移行できるかどうか、そういった施設の選定を行いたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この件の改革項目の具体的な行動計画の中に、19年度実施施設の指定作業を平成18年度でやる予定になっているんですよね、この計画表からいくと。それには、具体的な取り組み計画を検討することが17年度にスタートして、18年度でさらにまた具体的な取り組み計画を決定し、なおかつ、19年度導入の施設の指定作業を18年度でやるというこの予定表なんですね。それらの施設は、先ほど言った3施設のほかに、農村環境改善センターあるいは公設市場、公民館、市民会館、体育施設などということがしっかり明記されているわけですね。この中から、19年度指定管理にする施設を現に確定しているのかどうか、その辺はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これらの施設につきましては、先ほど申し上げました職員が配置されている施設というようなことで、内部で、これらの施設について、移行が可能かどうかというのを検討いたしました結果、18年度の検討結果といたしまして、もう少し時間をかけて検討すべきであるというようなことになりましたので、改めて、19年度に再度それらの施設について検討を行い、移行が可能かの判断をすると、18年度はそういったことで進んでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)結果としては、19年度でやるというのは今のところ決めていなかったということになるわけですね。そうすると、1年ずれると、はっきり言えば。そういうことですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)19年度に予定をしておりました施設の移行につきましては、指定管理者による管理運営は、19年度の予定としては、もう少し検討する必要があるので、該当施設はないというようなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 では、次に、改革項目の三つ目のPFI手法等の推進についてであります。
 1点目の、平成18年度中にPFI等活用の基本方針を策定することになっていますが、基本方針の内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)PFI等活用の基本方針の策定につきましては、現在、事業導入に関する情報収集や調査研究を行っているところでありまして、近いうちに市としての基本方針を定める計画といたしております。
 その基本方針の中で、PFI手法の導入を検討すべき施設の条件等を定め、この条件に照らしてメリットが見込める施設について、具体的な導入可能性調査を行いたいというふうに考えております。ですから、通常言われるのは、初期投資といいますか、建設等を行うにしては、例えば10億円ぐらいかかるであろうと見込める施設で、また、運営には毎年1億円以上はかかるであろうといったのが通例でありますので、そういった例等を、そして、それが岩沼にどう合致するかといったようなことを十分検討した上で、基本方針を定めたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この方針を策定しても、最終的に財政的な面から取りやめるということもあり得るのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは、一部昨日も一般質問でいただいたわけでございますが、当面は、今申し上げましたように、条件に合致する施設について、導入できるかどうかということを十分精査するわけでございます。しかしながら、その結果として、費用対効果といったようなものをにらんだ上で、余りメリットがないとか、むしろ直営の方がいいという形になれば、PFI方式はとれないということになるかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、この計画でいきますと、21年度の最終年度で最低でも1施設以上はやりたいという計画があるんですよね。その時点までにはその辺のしっかりした考えは出るんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)導入をするということではなくて、導入の検討ということを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 次に、改革項目四つ目の、公営企業・公社等の健全経営の推進についてであります。
 1点目の土地開発公社の経営健全化で、平成18年中に保有地の処分計画を策定することになっていますが、具体的な内容についてお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)公社保有財産の処分計画の策定等につきましては、その取得に多額の資金を要するということから、現在のところ一括取得が困難な状況になっているところでございますので、まずは、取得に当たって、土地利用計画を定めた上で、公社と十分な協議を進めてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この計画でいきますと、18年度で処分計画の決定をすることになっているんですよね。公社理事会での処分計画案の承認、処分計画の決定、これは18年度で。あと1カ月ないですわね。だから、これも計画が若干ずれているのかなと思うんですが、このずれが、また1年ずれたりすると、結局、引き受ける段階では利子に利子というふうになります。そういうことのためにもこの計画が出たと思うんですね。ですから、公社の土地は、岩沼市から依頼をされて、公社はお金を借りて買って利子がついているという状況なわけですから、早く引き受けるのが当然だろうと思うんです。ですから、この計画というものは、やはり年度年度でこの計画に沿ってしっかり進捗してほしいし、そうしないと、この計画以降にずれた場合、また余計な税金が支出になるわけですから、その辺、この計画に沿うように……、もう一度お願いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)お話しのとおりでございますけれども、市で計画しておりますそれぞれの施設建設計画といったものもございまして、それらにあわせて取得する部分もございますので、そちらの計画とあわせながら今準備をしているところでございますが、18年度につきましては、処分決定をするまでには至らない。今後の施設建設も含めたいろんな状況を踏まえながら計画をしていかなければならないというふうな考えでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ぜひ早目早目に進捗してください。
 2点目に入ります。平成19年度中に第三セクターの整理見直しの指針策定ということになっていますが、これまでの取り組みの内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)第三セクターの整理見直し指針の策定につきましては、対象となりますのは株式会社エフエムいわぬまと思いますが、それらの経営体質の強化策なり改善策等を十分見きわめた上で、19年度に市としての考え方を取りまとめて、その後に整理見直しの指針を策定していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この件は3点目と重複しますから、3点目に入って、株式会社エフエムいわぬまの経営体質強化を図るということで、これについては、平成21年度までに取り組みたいということの計画が載っています。それで、経営体質の強化、これは文言では、しっかりするということはわかるんです。例えば、これまでの経営体質の中で、何か足らないところがあってこうなるんだろうというふうに私は思うんですね。その辺、今までの経営体質で直さなければならないとか、そういうものがあるところがあれば、まずお聞かせ願いたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)経営体質の強化ということに関しましては、2点目と密接に関連してくるわけでございますけれども、エフエムでは、経営体質の強化に向けて、取締役の強化、増員をいたして経営体質の強化に取り組んでいるということ。それから、やはり大きいのは、自前の収入を、広告収入を多く……、歳入ができるような方法を考えていかなければならないだろうと思うんですね。そういったことで、新たなスポンサー募集に向けて、各事業所にお伺いしていろいろとお願いをしていると伺っておりますし、市といたしましても、その努力が実を結ぶことを期待したいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)確かにそのとおりだと思うんですが、平成21年度の段階では、今、副市長がお話しされたように、委託放送及び放送委託料の縮減を図っていくということになれば、今まで委託した内容からずんずん目減りして、最終的には自助努力でやってくださいという方向づけをするんだという考え方は理解できます。ただ、現状によっては、なかなかそうもいかない場合もあるかと思うんですね。そのときには、市としては今までどおりを継続する考えでいくのかどうか、その辺はいかがなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)エフエムいわぬまでは、先ほど吉田副市長からお答え申し上げましたとおり、いろいろと努力をしているわけでございますので、できるだけ努力が実を結んでほしいと思っております。市といたしましても、せっかくの第三セクターでありますので、市の丸抱えみたいな形での経営体質ではなくて、できるだけいろいろと頑張っていただいて、市からの支援がより少なくなればなというふうに思っておりますが、しかし、そうはいっても、実際のところ、成り立たないような形というのは現時点におきましては望ましくないということでありますので、全く市が支援をしなくなることはほとんど難しいのかなと。しかし、できるだけ努力はしていただきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)委託するときの条件もいろいろあると思うんですが、金銭面のほかに、エフエム放送は岩沼市民の緊急時の発信基地ということでもありますし、ただ、そうはいいながらも、では何人聞いているのかというと、これもまた数字的に低い数字かもしれませんね。多くの人が1日に1回2回エフエムを耳に通すような形をつくるという何かしらをしなければ、エフエムの本当の機能は果たせないんだろうと思うんですが、その辺は、委託する立場に立っての考えとしては、市長、どうでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)宍戸議員がおっしゃるとおりであります。会社としても、番組審議会等を通じて番組の内容についていろいろ努力をしていただいているものと思います。市としては、まずは、緊急時での対応をしてもらいたいということが主眼でありますので、それは十分やっていただかなければならないと思いますが、最終的には、せっかくの放送でありますから、より多くの人たちに聞いていただけるように会社自体も努力していただきたい。この機会に、さらにまた会社の方に御意見を申し上げたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 次に、改革項目の五つ目の地域協働の推進についてであります。
 1点目は、平成19年度までに市民参画を促進する制度構築を掲げていますが、これまでの取り組みと制度の内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)市民参画を促進する制度構築につきましては、これまでも、協働についての意識を高めるために、職員研修あるいは行政区長さん、町内会長さん等の研修を進めてきたところでございます。19年度に、市民との協働に関する検討会、これは仮称でございますけれども、協働促進検討会みたいな組織を立ち上げまして、そういった中でいろいろ御意見をいただいて、それらに基づいて、協働のための仕組みづくりといったものを行い、その後に、市民参画条例等を制定するようなことに持っていきたいというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。18年度ではその策定準備を進めてきたと思うんですね。それで、19年度からは、その条例の制定、さらには自治組織の機能強化制度創設という二つを行動計画に載せているわけなんですが、その辺の見通しとしては、そのとおり履行されるものかどうか、その辺、いかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これにつきましては、協働に関する検討会の中で、計画に盛り込んでおります組織を含めて、いろいろと意見をいただきたいというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 次に、中項目(2)の定員管理及び給与の適正化についての質問に入りますが、具体的な改革項目を三つ掲げていますので、順次質問を行います。
 初めに、改革項目一つ目の定員管理の適正化についてであります。
 1点目は、平成17年度中に定員適正化計画を策定し、平成21年度までに28名を削減することにしていますが、定員適正化計画に基づく21年度までの各年度ごとの削減はどのようになっているかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)定員管理の適正化につきましては、定員適正計画を17年度に策定いたし、それに基づいて、各年度における退職者の一部不補充等によって職員数を削減しているところでございます。
 18年度につきましては、計画どおり4名の削減を行い、これまでにトータルで10名の削減を行っております。また、19年度以降も計画どおり職員数の削減ができるものと考えており、目標年度の21年度には、大綱に掲げております職員数 390人以下という数値目標が達成できるように努力をしてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)削減数は21年まで順次載っていたんですが、この数字は、いわゆる定年を迎えて自動的に市役所をおやめになっていく方の数字と一致するかどうかわかりませんが、現実的に4名、8名、7名、9名と21年までいくんですが、60歳で定年を迎えてやめていく方は、実際これの数字を上回るのかどうか、その辺、どうなんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)示しております計画人数につきましては、退職者と同数ではなくて、退職者についてはこの数字をかなり上回ると。ただ、先ほど申し上げました、一部不補充といったものをここで見ているということの数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)私もいろいろお世話になるとき困るんですが、この人数が実際削減されると、結果的には、残された人たちが兼務という形にならざるを得ないと思うんですよね。その辺で一番懸念しているのは、今まで一人一役ではありませんけれども、一人二役で対応しなければ、当然、事務能力ができないんだろうと思うんですが、その辺、現実的にはそうなるんだと思うんですが、どうなんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)兼務という場合でも、一人で処理ができる能力を超えるような兼務は好ましくないということでございますので、そういったことがないように努力をしていかなければなりません。ただ、実際のところ、国の方でも、全市町村に対して、いわゆる適正化という言葉ではありますけれども、削減をできるだけやるようにと。削減しないところにつきましては富裕団体だとみなすといったようなことも実はとられるような状況でありますので、我々としても、できるだけ最小限度の人数でしっかり行政運営をしていかなければならないと。
 ただ、宍戸議員からもお話をいただいておりますように、行財政改革というのは、実際のところ、少なくするということが行財政改革の主眼ではありません。何といっても、行政サービスをしっかり維持し、そしてまた、高めていくということでございますので、それに支障のないような定員管理をなお心がけ、そしてまた、人事配置等につきましても、そういったことにしっかりと対応できるように努力していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)話は重複するかもしれませんが、結局、この28名の減に対しては職員採用は行わないと。28名相当にかかわる不足分ということでの人事採用は行わないということで理解してよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)退職される方はこれよりもはるかに多い人数であります。ですから、毎年毎年、着実に必要な人数については採用すると。しかし、実際のところ、退職される方引く28といいますか、そういう形で、この部分については補充をしないという形。ですから、吉田副市長から申し上げておりますように、退職者の一部不補充ということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 では、2点目に入ります。平成19年度までに配置職員数の枠配分制度(部付)等を構築することになっていますが、これまでの取り組みと枠配分制度の具体的な内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)職員数の枠配分制度(部付)等ということの構築になると思いますが、主査及び主事クラスの職員を部付として、柔軟な人事管理により業務の平準化を図る。そして、効率的な行政運営を目指すことが目的でございます。
 現時点での職員構成は、御承知のように、50歳以上の職員が50%を占めているところでございますので、それらを見ますと、枠配分制度での導入時期については、もう少し早いのではないかというふうに考えております。なお、導入時期等も含めて、これについては少し時間をかけながら、さらなる検討を進めてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)計画では19年度からということになっていますが、今の話ですと、これも当然1年ぐらいおくれる可能性はあるわけですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)今の職員の年齢構成から見れば、少し先送りになる可能性はあるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 では、3点目に入ります。平成19年度から任期つき短期期間職員の採用を掲げていますが、その具体的な内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)この任期つき短期期間職員の採用につきましては、御承知のとおり、団塊世代の職員が数多く在職している中で、現時点では、任期つき短期期間職員の採用あるいは民間からの管理職登用といったようなことについては、具体的な検討が進んでいない状況になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ちょっと計画がとんざしているのかなと思うんですが、ただ、この計画そのものが平成21年までの行動計画になっていますから、例えば、今のように1年2年とおくれてしまうと、最後の21年度にぶつかって、それ以後の行動計画がまたさらに延長されるのかわかりませんが、この行動計画に沿って果たしてやれるものかどうか、その辺、ちょっと不安なんですが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)21年度までの計画ということでございますので、最大限努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ぜひそのようにしてください。
 次に、4点目に入ります。平成17年度から労務職員担当業務の効率的運営を掲げていますが、具体的な内容についてまずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)労務職員担当業務の効率的運営につきましては、行政の担うべき役割の重点化の民間委託等の推進で前に御回答申し上げしたものと関連するわけでございますが、17年度に引き続き、労務職員のプロジェクトによる道路除草作業などを行いながら、効率的な運営を図ることによって、委託経費の削減に努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)実際、労務職員の人数ですか、何人くらいいるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)プロジェクトでお願いしている方々につきましては、17名の方々にお願いをしているところでございますが、学校の給食とか保育所の調理員の方とか、いろいろいらっしゃるわけでございますが、そういった方々につきましては、最初から無理だというような判断で除いてございまして、除草作業というようなこともございますので、比較的、男性の職員の方々をお願いしているような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、学校関係は除いて、いわゆる先ほど言った除草とか道路の維持管理、それらに関係する労務職の方々に限定してやるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)学校関係の調理員の方々はなかなか難しいということで、業務員の方はお願いしているというようなことになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 次に、改革項目二つ目の給与の適正化についての質問に入ります。
 1点目は、平成18年度から高齢層職員の昇給抑制を掲げていますが、具体的な内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)高齢層職員の昇給抑制ということにつきましては、国の給与改定に伴いまして、これまでの58歳昇給停止にかえまして、55歳以上の昇給について、その昇給幅を通常の半分に抑制するというものでございまして、18年度から実施をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)58歳から55歳まで下げたということで、これは労使協定の関係というのは全く考えずに、国の方針に沿って独自にやれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これらの給与改定は大きな改定でございますので、これらについては、人事の方と、あと組合の方とも十分にお話を何度かさせていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 では、2点目に入ります。昇給運用の適正化を掲げていますが、適正化とはどのようなことなのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)昇給運用の適正化につきましては、年功的な給与制度の見直しというふうなことになりまして、給料表の各級における最高号俸を超える給料月額に、決定し得る枠外昇給制度というものを18年度から廃止をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)多分、この制度に該当する人はそんなにはいないと思うんですが、現にいるからこうなるのでしょうけれども、何人と聞けば失礼になりますか。人数だけでも、もしわかれば。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)岩沼市としましては、適用する職員はいないというようなことです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。さもいるかのように私は受けていましたから、あえて聞いたのですが、いないということなんですね。
 では、次の3点目に入ります。級別職務分類表に適合しない給与の格付等の見直しを掲げていますが、具体的な内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)この級別職務分類表に適合しない給与の格付につきましては、規則で定めております級別職務分類表に沿って厳格に対応をいたしておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。
 では、4点目に入ります。平成20年度までに諸手当の総点検の実施を掲げています。これまでの取り組みとその内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)諸手当の総点検の実施につきましては、16年度に特殊勤務手当の見直しをいたしたところでございます。管理職手当につきましては、国においても19年4月から定額化を実施することを受けて、職員で組織する検討委員会の中で、国の制度を参考にしながら検討を進めてまいりました。19年2月に同委員会から管理職手当のあり方についての報告を市長あてに受けたところでございまして、その内容を踏まえまして、管理職手当の見直しを行いたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ここで何かすごく問題になりそうな感じというのが、副参事への管理職手当について、責任の度合いを勘案して手当のあり方を検討すると。この責任の度合いというのは、数字的にはあらわせないでしょうし、すごく難しい話だなと思うんですよね。与えられた仕事を与えられた人は、しっかりこなせば、しっかりやったと思うし、そのチャンスを与えられなくて、そんなに形にあらわれなければ、責任の度合いに触れなくて、しなかったのかというとらえ方にもなるわけですよね。その辺の考え方というか、この検討事項の中で、責任の度合いたるものに対して、これはこうなんですがというはっきりしたのがもしあれば、お聞かせ願いたいのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)責任の度合いというものは、それぞれ個別に職務によってあるわけでございまして、部長、課長、副参事ということで、それぞれの職階によって責任の度合いがあるわけでございます。検討委員会の中でも、業務の範囲、あるいは責任の度合いといったものの意見はいただいておりましたけれども、ここからここまでといったような、明確に度合いを示すというのはなかなか難しいということになっておりまして、これらについては、改定をする際に、十分にその辺も含めて検討していく必要があるだろうというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)やはり職場は和が大切ですから、あの人がよくてあの人がだめでと単純にはかれない、差がないような形はぜひ守ってほしいし、そういうことを遵守しながらやってほしいなと思いますね。
 それから、5点目に入ります。時間外勤務手当の縮減として、各年度、前年比5%を掲げていますが、取り組み状況と達成率についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)時間外勤務の縮減につきましては、当初予算対比で前年度比5%という目標をお願いいたしているところでございますが、それらについては、おおむね達成をいたしているところでございますけれども、実績を見てみると、なかなか削減ができない困難な状況にあるというのも一つの課題だと思っておりますが、機能的な組織体制の整備なり、職員の意識改革を図るというようなことで、今後とも時間外勤務の縮減に取り組んでいかなければならないというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)私は、この5%削減というのはすごく厳しい数字だなと見ていますよ。なぜならば、一方では人員を削減しますよね。そうすると、さっき言ったように、兼務辞令が発令されて、一人の人が今まで一つやっていたのが 1.5ぐらいになります。そうすると、どこかに必ず残業にかかわるしわ寄せが来ますよ。そうすると、本来なれば5時で帰れる時間帯でも、1時間なり2時間がオーバーしてしまうと。それは通念だと思うんですよね。この5%削減は、これは目標はいいです。特別委員会の中で私も聞いたりもしますけれども、本当にこの達成がされているかどうかというのが疑問なんですよ。それと、これだけ削減していけば、財政的にも相当に浮くわけですよ、単純に5%が残るわけですから。その辺、本当に妥当にとらえていいものかどうか私もちょっと疑問なんですが、とにかく、この目標を設定した以上は、しっかりやってくださいという以外にないので、今のところそれだけにとどめておきます。
 次に入ります。次に改革項目三つ目の定員・給与等の状況の公表等について質問します。
 毎年度、職員の任免、給与、分限、懲戒等の状況について、広報、ホームページで公表すると掲げていますが、どの程度まで具体的に公表するのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これらの公表等につきましては、毎年、広報いわぬま及びインターネット等を通じまして公表をいたしております。18年度についても、広報いわぬまの12月号で、職員の給与等のあらましを公表いたしております。
 公表の内容につきましては、18年の4月1日現在での人件費の状況なり、あるいは給与の明細とか、そういったものを公表いたしております。また、分限、懲戒等の部分についても、あわせて広報等に掲載をいたしておるわけでございまして、これらについては、今後ともインターネット等についても公表していきたいし、国から示された内容について、それぞれ今は公表しているというようなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)特に、分限、懲戒等について、他市ではいろいろもめたことがあるんですね。酒飲み運転などで名前まで表示するかどうかとか。その関係について、例えば、岩沼で公表するとはいうものの、どの段階まで名前まで公表するものか、その辺はしっかり規定づけがあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)公表の中身につきましては、処分の件数ですね。例えば、心身の故障による休職が何件あったとか、あるいは、懲戒処分が何件あったとかというようなことで公表をしているわけでございまして、個々の氏名といったものについてはしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)問題になったのは、結局、明らかに酒を飲みましたと。交通事故を起こさないように頑張りましょうとみんなが一生懸命言っているさなかに、どこかの市町村であったでしょう。それでもって、氏名まで公表する云々のことも議論されたわけですよ。岩沼ではそういうことはないように思うんですが、でも、そういう戒めはしっかりしておかないと、今後、だらだらだらだらいって、その程度かと。それもまた戒めにならないような気もするんです。ただ、何でもかんでも出せばいい問題ではないですよ。だから、その辺、もう少し内部的にしっかり詰めて、市民に理解の得られる内容で対応してほしいなと、そういうことをお願いしたいんです。どうですか、市長。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)宍戸議員のおっしゃるとおりであります。社会的に許されないような行為につきましては、残念なことではありますが、当然、実名まで含めての公表ということは考えていかなければならないことであります。しっかりとした基準を設けるようにして、残念なことではありますが、そういった事例があった場合については、市民の皆さん方にお知らせをするということはしっかりやっていかなければならないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)では、次に、中項目(3)の自主性・自律性の高い財政運営の確保についてでありますが、具体的な改革項目を四つ掲げていますので、順次質問します。
 初めに、改革項目一つ目の財政健全化についてであります。
 1点目は、平成18年度までに公共料金等の全般的な見直し、改定計画作成を掲げていますが、改定計画の具体的な内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)公共料金等の全般的な見直し、改定計画策定につきましては、平成18年度内に、仮称でございますが、公共料金の見直し指針を策定することにより、各種公共料金の定期的な見直しにつなげていく計画というようなことでございます。
 具体的な使用料金の全般の改定、見直し等につきましては、現段階では計画の策定までには至っていないというような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この計画も1年おくれのように思うんですが、前に私は、どちらかといえば非課税団体に属するような町内会、あるいは、子供たちが使うような場合の使用料について、減免あるいはそのたぐいでお金を取らなくてもいいんじゃないかという提案をしたことがあったんですね。まさに今回はそういうことも含めた使用料なりの検討事項だと思うんですよ。今回、この計画は18年度で作成予定だったんですが、1年おくれるようなんですが、ぜひそのことも含めて検討してほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)全体的な検討はしていかなければならないと思っておりますので、努力をしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)特に、町内会でもいろんな公共施設の利用もあります。その折には、営利団体でもありませんし、お金を払えと言えば払えない団体でもないんですが、ただ、利用の内容からして非課税にしてほしいなというのが本音でありまして、そういう判断もしっかりこの検討の中でしてほしいと、そういうことであります。回答は要りません。
 次に、2点目に入りますが、平成19年度までに収納専門機関設置と負担と給付の適正化を掲げていますが、これまでの取り組みと内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これまでの取り組みにつきましては、18年度におきまして、市税等の収納強化対策について、専任の担当者を配置して検討を行ってまいりました。その検討結果に基づいて、施政方針で申し上げましたとおり、4月1日から副市長を本部長とする収納対策本部の設置並びに税務課内に収納対策室を設置するというようなことをいたしました。収納対策本部並びに収納対策室の設置によりまして、市税等の滞納額の縮減に努めるとともに、税負担の公平性の確保と納税意識の高揚を図ってまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)これは当然納めるべきを納めないからこうなるんですが、副市長を本部長としてしっかりした体制づくりをやると。私は、ここまでの組織を立ち上げてやる以上は、しっかりここまではやるというはっきりした目標たるものを数字上で私たちも示してほしいなと思うんですよ。結局、議会においても、決算に当たっては、そういうものの審査をしなければならないんです。我々としても、あの手この手の作戦があるならば、議員一人ひとりがいい知恵を出せば、何かしら取り立てるいい方法もあるわけですから、事前にそちらで示した数字を私たちにもお示しいただいて、そして、我々議員も一緒になって収納に努める体制づくりをしなければならないと思うんですが、その考え方についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)大変ありがたいお話をいただいたのですが、議員の方々にいろいろとお願いをするということはなかなか難しいとは思うんですけれども、体制的に。具体的な数字目標を掲げてということになりますが、今まで滞納されている額があるわけでございますから、そういったものは当然目標になると思っております。それらの目標を掲げて、幾らかでもその縮減を図っていくというような方法をとりたいというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ちょっと私の言い方が悪かったかもしれません。私たちは行動で、取りにいくという判断ではなくて、そちらでそういう体制の中で数字的に目標を掲げた内容を教えてもらい、それを踏まえて、私たちは議員の立場で、決算時期の問題、あるいは新年度予算の検討事項の材料にしながら、こうしたらああしたらという21人の知恵が何かしら出る可能性もあるでしょうという意味合いなんですよね。決して現場に行って取ってくるということではないですから、その辺は誤解しないでください。では、そのように体制づくりをしっかりお願いしたいと思います。
 次、3点目ですが、平成20年度までに予算配分方式の見直しを掲げておりますが、なぜ見直しをするのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)予算配分方式の見直しにつきましては、各部の創意工夫によりまして事務事業の実施方法等を見直すということで、予算執行額を節約した場合には、その一定割合を当該部に再配分すると。そして、翌年度以降の他の事業に活用できるという仕組みづくりを進めたいと思っているところでございまして、この見直しによりまして、予算の質的転換を図ることができ、そして、事務事業の再構築を目指していきたいと思っているところでございます。そういう意味での予算配分方式の見直しというようなことで掲げておりました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 4点目に入ります。給与口座振り込みの促進と振込率を毎年10%増を目標に掲げていますが、これまでの取り組みと実績についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)給与振り込みの促進につきましては、18年度目標を、全額振り込みの率というようなことになるわけでございますが、10%を掲げておるところでございますけれども、達成は今のところは非常に難しいかなというような状況でございます。これについては、職員の意識改革に努めたことによりまして、いろいろとお願いをいたしておるところでございますが、前年度比で10ポイント程度の伸びを達成することができるのではなかろうかと思っております。ほぼ計画どおりの数字には持っていけるのではないかと思っておりますし、なお、引き続いて振り込みについてお願いをしていきたいというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)行財政改革を市長を筆頭に職員みんながやろうとしているのに、私は情けないなと思ったんですね、50%、60%しかしていないということは。意識改革はそうなんでしょうけれども、これが 100になれば、事務的な問題で大分緩和されて、いろんな面で余計な仕事が割愛されるのだろうと思うんですよね。これは内部の問題ですから、もう少し手がたくというか、やってほしいなと思います。それが市民に対するお手本にもなると思うんですよね。回答は要りません。ぜひ進めてください。
 では、5点目に入ります。平成19年度から各種基金の活用を掲げていますが、どのように活用するのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)基金の活用につきましては、12月議会で基金制度の見直しについて議決をいただいたところでございます。基金活用の内容といたしましては、一つは、果実運用型の基金につきましては、それらを廃止して、元本取り崩しが可能にできるような基金に見直しをしたということ。それから、二つ目としまして、特定目的基金の処分対象の範囲、充当事業になるわけでございますが、そういったものをもう少し拡大するということで、これらが挙げられると思っておりますし、果実運用型基金につきましては、利子で事業を展開するということは期待できない状況でございますので、それらを整理しながら、元本を取り崩しながら、幅広く基金が活用できる事業を展開していきたいというようなことで、今回、有効な活用を図りたいということから見直しをしたところでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)元本取り崩し方式となりますと、いずれは戻さなければならないというわけですが、戻す場合は、取り崩しをする段階で、何年間で戻すという、そういうふうなことはしっかり明示されているんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)それぞれ事業計画の中で、この基金を充当しながら事業を展開するという計画が出ておりますので、それらについては、その計画どおりに事業に充当をしていくという予定でおります。ですから、特定目的基金というようなところで、目的に合った活用をしていくというようなことで予定をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。
 では、次に入ります。改革項目二つ目の補助金等の整理合理化について質問します。
 平成17年度から補助金の評価基準設定による見直しを掲げていますが、内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)補助金の整理合理化等につきましては、17年度に補助金評価基準を定めております。これらに基づいて、補助金等の適正化会議の中で、補助金の廃止、減額あるいは中止決定、継続についての評価を行いまして、その評価に基づいて整理合理化を図っているところでございます。毎年これについては継続して評価を行うことによって、財政の健全化に努められるのではないかというようなことで、実施をいたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。
 次に、改革項目三つ目の公共工事の適正な推進について質問します。
 入札制度の見直しを掲げていますが、内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)公共工事の適正な推進ということにつきましては、18年度内に、入札制度検討委員会の中でその制度の見直しに係る基準等の取りまとめを行いたいと思っておりますし、それらに基づきまして、19年度から施行したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。時間がないのでちょっと早めてしまいましたが。
 次に、改革項目四つ目の、公的施設の設置及び維持管理等の見直しについて質問に入ります。
 1点目は、平成19年度までに全公共施設のライフサイクルコスト分析と整備計画作成を掲げていますが、これまでの取り組みと進捗状況についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)全公共施設のライフサイクルコストの分析、あるいは整備計画作成ということにつきましては、現在、ライフサイクルコストの分析のための情報収集を行っておりますし、施設のデータを入力中でございます。19年度において全公共施設の点検を行い、施設の修繕等のコスト分析を行いたいというような計画で進めているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、データが出てしっかりこの計画が作成されると、次の段階の計画行動というんですか、それは今お話しできますか。こういうふうに持っていくんだとかという。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)これは後々いろいろと検討を加えていかなければならない部分があると思うんですが、これらの計画ができれば、年次計画でもってやっていくことにもなるでしょうし、あるいは委託という部分も入ってくるでしょうし、そういったものについては、今お話しいただいたように、いろいろと検討を加えて、進めて、取り組んでいかなければならないなとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。
 では、2点目に入ります。平成19年度までに同種施設の統廃合を検討することにしていますが、これまでの取り組みと検討の内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)同施設の統廃合の関係につきましては、先ほど回答申し上げました指定管理者の活用に関連するために、一体的に検討を進めているところでございますけれども、どの施設を統廃合するかといった部分への検討までは、今のところ進んでいないというような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この行財政改革の中で、これまでも統廃合を進めた部分もありましたし、恐らく、いずれやらざるを得ない部分もまた何カ所かあるのだろうなと思うんですが、これも早目早目に検討していただいて、この計画に早目早目に対応してほしいと、そういうことを申し添えておきます。
 次の質問ですが、3点目に入ります。平成18年度から市集会所の譲渡を検討することとしていますが、検討の内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)市集会所の譲渡の検討でございますが、これにつきましては、地域の方々の御理解をいただくことが先決だと思っております。慎重な対応が必要と考えておりますことから、現在のところ、まだそこまでは至っていないというふうな状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の回答ではまだということなんですが、行動計画では、平成18年度で施設の譲渡の条件検討とか、具体的な内容まで突っ込んだ計画になっているのですが、多分進んだろうと思って、私もこの質問をしながら聞いているんですが、中身を見ますと、全町内会に該当するわけではなくて、市有物の集会所ということの限定なんですからそんなにはないと思うんですが、例えば、こういう施設は市内に何カ所ぐらいあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)市所有の集会所については、前段で御回答を申し上げました、今のところ11カ所ございます。その集会所について譲渡の検討を行っていくという計画になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今からこういう譲渡の話がされて、町内会において新たな負担をもって購入するかは疑問なんですが、例えば、買いたいと言いながらも、それなりにお金もかかるでしょうし、その場合の助成というか……、普通、集会所を初めて建てる場合は 500万でしたかね、市の助成金がありますよね。今回はそういうことが重複するからということでなくなるのかどうかわかりませんけれども、こういう計画に伴う新たな支援制度みたいな、補助制度みたいなものも、今回の計画では少し吟味していくのかどうか。その辺、もしわかれば。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)市の集会所につきましては、指定管理者で5年間、各地域にお願いをしている状況でございます、今のところは。ですから、これらの関係につきましては、やはり地域の方々の御理解をいただくことがまず先決というようなことなります。そういったことから、我々といたしましても、慎重な対応が必要だろうと。十分な御理解をいただいた中で、いろいろと話をさせていただくということで努力をしていかなければならないというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)一つだけ確認させてほしいのですが、集会所の指定管理者に、集会所の維持管理費については管理者負担であることの理解を得るということなんですが、管理者負担ということは、町内会で維持管理をするという考え方のことなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)指定管理者制度の中で、市の方で示した協定書の中では、そういうふうに明確にうたって、地元で管理をしていただくということになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。
 最後の質問です。第4点目に入ります。平成18年度から開発行為帰属用地等未利用地処分を検討することにしていますが、検討の内容についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)未利用地の処分関係の検討につきましては、内部でいろいろと検討をいたしているところでございますが、18年度に処分対象地の選定及び処分条件の整備を行いながら、19年度に処分が行えるかどうかというふうなものを含めて計画を立ててまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の話ですと、今のところは、具体的に土地の表示を、明示できる状態ではないということなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)現段階では、まだお示しするというようなことには至っていないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、19年度の中で再度その内容を調査、吟味をして、それでもって最終的に処分できる状況を公示していくと、そういう考えになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

副市長(吉田勝)現在の未利用地の利用計画あるいは長期的な計画といったものも、当然見ていかなければなりませんので、そういったことも含めて、しっかりと精査をしながら選定をしていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)はい、わかりました。大分多岐にわたって質問させていただいたのですが、総じて、私の質問の中では、経費節減予定額が行動計画に示されていまして、一番最初の質問の「行政の担うべき役割の重点化」では5億 2,400万、それから、最後の質問に入りました「自主性・自律性の高い財政運営の確保」の中では、経費節減予定額22億 8,600万という数字が出ています。つまり、これを足して割ると、年間5億から6億ぐらい節減を図る計画なんですよね。これだけ節減するということなんですからいろいろな面で障害が出ないということもないと思うんですが、ただ、出ないように行政の方で頑張るということなのですけれども、とにかく、今やらなければならないことははっきりしていることですから、この行動計画を見ても明らかですから、この目標達成のために全庁一丸となって取り組んでほしいし、そして、この目的を達成しないと、本当に絵にかいたもちでは何にもなりませんから、今後の市の財政運営にもいろいろ支障を来すもので、ぜひ 100%達成に向けてやりますという、最後の市長の力強い言葉を聞かせてほしいのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必ずやらなければならないのと、検討しなければならないのと、さまざまでございます。宍戸議員にお話をいただきましたように、できるだけ計画したものは 100%実現するように努力はしなければなりませんが、実際にやっている最中におきまして、例えば、市の集会所の譲渡につきましても、相手方のあることでございますので、こちらとしては譲渡をしたいといっても、無理やり譲渡ということは当然できませんので、そういったことが行革に反するというふうには必ずしも言えないわけでありますので、ケース・バイ・ケースでいろいろ考えなければならないことが出てくると思いますが、目標を達成してこそ意味があるということでございますので、しっかり努力をしていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時35分といたします。
    午前11時26分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時35分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番渡辺真多議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔16番渡辺真多議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私の一般質問は、通告のとおり2点であります。前の質問者と質問項目が重複しております。角度を変えることができるかどうかわかりませんが、御容赦をお願いしたいと思います。
 初めに、まち(コンパクトシティ)づくりについてということでお伺いをいたします。
 市長も当然御存じだと思いますが、コンパクトシティは、ここ二、三年、非常に使われるようになってきた言葉でございます。行政、商業、教育、医療、住宅など、まちの基本的な機能が一定地域内に集中した、暮らしやすい、住みやすいまちということであります。
 今回、岩沼市も岩沼市中心市街地活性化基本計画を立てました。ここの基本理念が「歩いて暮らせるまちづくり」と。非常にいい目標であるというぐあいに思っております。ここで、市が策定した中心市街地活性化基本計画の目的が非常によく書かれているなということで、ちょっと読ませていただきます。
 今後、少子高齢化を確実に迎えるに当たり、本市においても、市民が安心して安全に生活を送れる体制を構築していくことが求められています。少子・高齢化社会では、高齢者のみの世帯の増加に伴い、従来のように郊外の大型店に単に買い物に出かけるということを前提とした消費環境だけは、生活が立ち行かなくなる可能性があります。国でも、中心部の衰退と郊外の大型店の展開などにより、地方都市中心部の衰退がますます進んでいる実態から、平成9年に設けられた「まちづくり3法」、中心市街地活性法、大規模小売店舗立地法、改正都市計画法を見直し、中心市街地の再生を目指したコンパクトなまちづくりが検討されています。
 こうしたことから、本市の基本計画策定の理念である「歩いて暮らせるまちづくり」を進めることが時代の要請ともなっており、本市の顔となる中心市街地の活性化を進めるために、市民、商業者、行政が一体となって取り組む中心市街地活性化基本計画を策定したものです。
 非常にいい内容だなと思っております。これを読ませていただきまして、岩沼市がコンパクトシティを目指すことを意思表示したというぐあいに私は理解をいたしました。過去に、行政機関、商業施設が郊外に出て空洞化をした。これは岩沼だけでなく、日本各地に起こってきた現象であります。それを街の中に戻してこようと、空洞化をとめようという動きが、国にもあるし、我々にもあるということであろうと思っております。
 市は、今回の施政方針の中で、まずは関係者の共通理解と意識共有が大切ということで、中心市街地活性化ワークショップ、そして、推進母体となるまちづくり協議会の設立に向けて取り組んでまいるということです。これは民間に頼むということでありますけれども、さて、行政は何をするかと。行政は、行政施設、そして教育を担っているわけですが、それをどこに打つかということでいろんな効果が違ってくると思っております。
 そこでお伺いいたしますが、岩沼市中心部に公共施設設置の用地を確保してはどうかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)人口減少あるいは少子高齢化ということは、社会経済など、国民生活のあらゆる面で大きなさまざまな影響が出ているわけでありまして、当然のことながら、都市の変化、あるいは都市への影響というものが大きくなってくるであろうと。そんな中で、都市空間全般について考えたとき、最近は、いわゆる開発圧といいますか、そういったものは低下してきていると。そういう意味では、ゆとりのある居住空間の都市だとか、自然環境に恵まれた調和のとれた都市だという形に変貌する可能性は高いのではないかと。ですから、そういったことをにらみながら、まちづくりをしっかりと進めていく。その中でコンパクトシティという考え方が出てきたのかなと思います。
 コンパクトシティといいましても、例えば、郊外の住宅地と中心市街地によっては取り組み方が全く違ってくるわけでございますが、今回は、特に中心部につきまして、渡辺議員からいろいろと御意見をいただいたわけでございます。
 その中で、中心部の公共施設設置の用地を確保してはどうかということであります。基本的には、歩いて暮らせるまちの中では、いろいろな需要があるわけでございますし、今お話をいただいたようなことも行政でしっかり対応していかなければならないわけでありますので、それに必要な施設は、当然のことながら確保していく必要があると。
 ただ、先ほども宍戸議員から行財政改革の中で御質問をいただいたわけでございますが、岩沼の未利用の公共用地が市内全体に結構あるわけでございます。その上で、必要だからといってどんどん市の方で買っていくことができるかどうかといったことも、市全体としてある意味では考えていかなければならないと思いますので、必要だからといってどんどんというか、あるいは、これまである土地をどういうふうに活用するかということも改めて考えていかなければならないわけでございますが、基本的には、必要な施設の用地ということは、今までの公共用地の転用が可能なものにつきましては、それを当てますし、ふさわしいものがないとすれば、当然のことながら、新しい用地の確保ということは考えていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)昨日の佐藤一郎議員の質問への答弁の中にも、図書館ですか、図書館の有力候補地ということで、現在市が所有している岩沼公民館跡地を当てたいということですけれども、将来を見た形で、将来を見て、一番いい場所に、ここがいいなというところに打っていく。今、未利用地の処分ということもありましたけれども、今から行政は、運営ではなくて、経営をしていかなければならない時代に入ってきたと。そのためには、例えば、今言った岩沼公民館跡地とか、それから桜の場所、そして、今市長が言いました未利用地の処分等で1点に集中させると、整理していく。そして、岩沼の将来を見たときに、非常に使いやすい場所だというようなところに集中させると、転用をしていくということが必要ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)将来を見て考えるということは非常に重要だと思いますので、当然のことながら、できるだけ将来を見ながら、そして現実を踏まえて、対応していかなければならないというふうに思っております。
 コンパクトシティというか、そういったまちづくりを進める中での都市自体のリフォームということも当然必要になってくると思います。その意味では、集中がいいのか、あるいは分散がいいのかといったことにつきましても非常に大きなテーマだというふうに思います。ただ、コンパクトなまちで歩いて暮らせるというからには、歩いて暮らせる範囲内に最低限度必要な公共施設等はそろえることが望ましいわけでございます。余り遠いところでは行っていただけないということはもちろんあるわけでございます。ただ、言えることは、人口減とか高齢化がますます進んでいくということでございますので、そのあたりを踏まえながら、必要な公共用地については、渡辺議員からお話をいただきましたように、いろいろと検討が必要だというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長も御存じでしょうけれども、今の岩沼公民館跡地というのは、昔、岩沼中学校でありました。そして、桜の中央集会所は名取高校跡地であります。これを、あの程度の土地を残してあとは売却をしてしまった。過去の首長が売却をしてしまったと。私から見るとこれは失政だったなと。当時の状況等はわかりませんが、今から見ると失政だったなという思いをしております。その組み直しというんでしょうか、戻すというか、そういうことも必要なのではないかなと。
 そして、岩沼公民館というのは4万 3,000人ぐらいの利用があったわけです。耐震度の結果、あそこからいろんなところに移ったわけですけれども、場所が遠いとか、バイパスを越えなければいけないとか、そういうような事情で、とてもいろんなサークルができないということでやめていった方もかなりおられるんですよね。岩沼公民館の場所というのは非常に使いやすかった場所だったのだろうなというぐあいに理解するわけです。
 そこで、提案させていただきたいんですが、去年の12月議会が終わった後に、産業建設常任委員会と商工会との意見交換会があったわけですが、その中で、商工会側からも出された話でありまして、今の商工会のところ、それから次に駐車場があるわけですが、いろいろ運動があった後、渡兵さんのあそこ、それから、道路一本挟んで桜側に駐車場の土地が広がっているんですよ。これは面積等も調べようと思ったんですが、市長は毎日毎日見ている場所ですのでイメージがわくと思いまして、それは調べてまいりませんでした。あそこのロケーションを考えていただきますと、前は旧4号線に面している。後ろは、桜藤浪線というんでしょうか、そこに面している。前の方の懐も広いですし、裏側の桜の方の懐も非常に広い。非常に使い勝手がいい場所だなと思っているんですね。商工会の方もぜひあそこを何とかしてほしいと。隣の隣も私有地ですから、いろいろ交渉とかお願いとかというのが出てまいりますが、市としてあそこがいいなと。私も街の中のいろんな場所を見せていただきました。ここしかないなというのが私の結論であります。市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共用地を具体的に求めるに当たりましては、当然のことながら、利用目的を明確にした上で検討していかなければなりません。確かに、今後のまちづくりの視点としては、今お話をいただいておりますように、都市内部の再編 ── 先ほど私はリフォームと言いましたが、それも当然考えていかなければならないということは確かなことであります。しかしながら、今のところ、新総合計画でも具体的な計画等がありませんし、確かに、50年先、 100年先を見越しながら考えていかなければならないことでありますので、せっかく御提案をいただきましたので、いろいろと検討しなければならないというふうに思いますが、民有地もありまして、土地所有者の意向もあると思いますので、軽々には申し上げることができないということを御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私有地、民有地ですよね。私が今示した場所は、教育長、私は図書館とかと固有名詞では指定しなかったんですが、意識的に公共施設というぐあいに書いたんですけれども、今から建てる図書館とか、きのうは複合施設とかいろいろ出てまいりましたけれども、あの場所は、教育委員会から見て、教育長から見て、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私の立場から言えるものではないなと思っているところでありますが、私ども何回かの検討委員会を重ねてまいりました。その中の選定のポイントの一つに財政上の問題がございます。その中で、今ある施設を有効活用したらよしという提案もなされました。したがって、きのう佐藤一郎議員にお話ししたそのとおりでありまして、岩沼公民館跡地がベターではないかなというふうな提案でございますので、御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長、私の話をきちっと聞いていただきたかったのですが、財政的なということは、当然私も考えた形で言っております。ですから、岩沼公民館の跡地とか、桜の集会所の土地、それから、未利用地等の処分等によってその財源に充てていくんだということを踏まえた形で今お話を申し上げました。執行部と教育委員会というのは別なものです。教育委員長として、あの場所に……、今、図書館の場所は決まっていないわけですよね、有力候補はあるけれども。あの場所ならどうですかと。民有地ですからどうなるかわかりませんよ。単にあの場所でいいとか悪いとかとお答えいただければいいわけですけれどもね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その土地をしっかりと見きわめながら見ないと、私としては、はっきりといい悪いは言えない状況でありますので、ここでは差し控えさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)きのうも定住とかまちづくりについての一般質問等もあったわけですが、暮らしやすいまちづくり、住みやすいまちづくりをまずつくっていく。これは市長がきのうも答弁でお話ししましたけれども。それでやっぱり足腰の強いまちになるだろうと私も思っております。きのうの例で、コンパクトシティのいい見本ということで伊達市の話になっていましたけれども、布田恵美議員が伊達市出身で、どうなんですかとお聞きしましたら、「私が小さいころから、伊達市はああいうまちづくりをしていた」と。10年前なのでしょうか、20年前なのでしょうか。要するに、コンパクトシティという名前がない前から、伊達市というのはこういうまちづくりをして今脚光を浴びている。そして、人口がふえてきている。それはやっぱり暮らしやすいまち、住みやすいまちだから人が集まってきているのであって、そういうまちを岩沼市も目指すべきだと。今言った民有地というのは、市長も隣近所ですから、いろんな情報等も入っていると思います。これをやるのには今回が最後のチャンスかなというのが私の思いでありまして、ぜひ御検討をいただきたいものだと。お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これまでも、実は岩沼の中央部の北部の方に一定面積の土地がありまして、そのあたり公共施設用地としてどうなのかということで、内々に部長たちで見させていただいて、いろいろ検討したわけでありますが、なかなかうまい活用ができないということでありましたし、今回は、また、渡辺議員からこの土地を利用したらいいのではないかという御提言をいただいているわけでございますが、繰り返しになりますけれども、一応、個人の所有地等もありますので、その方々の御意向等もあると思いますので、軽々に十分検討しますといったようなことはお答えしていいのかどうかということでございます。渡辺議員からのお話ということで承らせていただきますが、ただ、この土地を含めまして、この地域につきましては、もう御承知のとおり、渡辺議員のお父様が中心になりまして、これまでいろいろまちづくりの計画等を練っていただき、一部実現してきたこともあるわけでございますが、行政と民間でうまくかみ合わないといったような面もありますし、なかなか難しいことであります。まずは、用地の買収もさることながら、どんな公共施設をこの地域につくらなければならないのか、そして、その施設にこの場所がふさわしいのかといったようなことも十分検討しなければならないと思いますので、この土地について、市として確保するといったようなことにつきましては、なかなか明確にお答えができないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ぜひ、歩いて暮らせるまちづくり、暮らしやすいまちづくりを着実にやっていただきたいなと思っております。
 私はあるセミナーに個人的に出席してまいりました。そこで、これと関係があるかはわかりませんが、宮城県は今、北から南にシフトしてきていると。そこの中では、仙台の東二番丁通の中央警察署の跡地の問題とか、学院中学校、JTとか、そのほかに円達駐車場とかというのもあったようですけれども、それから、長町のあの広大な土地の開発、そして、ダイヤモンドシティということで、北から南にシフトしてきていると。それはそのとおりだなと。岩沼にもいい影響があればなと。必ず ── 必ずというと問題がありますね、あるのではないかと私も期待をしておりまして、そのときにいいまちづくりができていれば、たとえ空港から岩沼まであの線がつながっていなくても、人口は間違いなくふえてくるのではないかなと思っておりますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実は、御承知かと思いますが、4市9町の首長で県南サミットというのをやっておりまして、その中で、県知事には、県の施設等につきましては、どうも仙台の中央部から北の方に行っているのではないか。例えば、図書館にしても、大学にしても、宮農が一緒になって今度は北の方に持っていくというので北の方に行っていると。もう少し南の方に目を向けろというお話をしているわけでありますが、「いや、そんなことはありません。南の方にはかなりいろいろと公共投資をしております」といったような話があったわけでありますが、今、渡辺議員からお話をいただきましたようなこともあろうかなと思っております。いずれにしても、仙台より南の地として、これからも人々から「岩沼はいい」と言っていただけるようなまちをつくっていかなければならない。そのためには、これからの時代をしっかりと見据えて、コンパクトシティとか、あるいは、歩いて暮らせるまちづくりをしっかりと進めていくと。その意味では、必要な公共用地は十分確保しなければならないというふうに思います。
 今の時点におきましては、図書館につきましては、教育委員会の方としては、中央部での二木の公民館跡地といったようなことを有力候補地として考えておられるようでありますので、そういったことを踏まえましても、例えば、市役所とか、そういったもの、あるいは学校機能とか……、確かに高齢者の施設というのは遠いわけでありますので、これからはそういったこととかを考えていかなければならないのかなとは思いますが、今の時点では、公共用地を新たに取得するようなところまで果たして踏み切っていいかどうかといったことにつきましては、十分検討していかなければお答えが出せない状況であります。いずれにしても、北の方から南の方に目が向いているとすれば、さらによいまちをつくっていくという意味では、渡辺議員の御提案は真摯に受けとめなければならないと思っておりますが、繰り返しになりますが、民間の土地の問題につきましては、軽々に「はい、わかりました」ということは申し上げることができないということも御理解をいただきたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)公共施設をどこに置くか、そういうことで人の流れが変わってまいります。市長の地元ですから、前、あそこは徳陽相互なんですよね。徳陽相互がなくなっただけで人の流れがガラッと変わってまいります。ですから、どこに公共施設を置くかということは非常に大きなポイントだということを肝に銘じられていろいろ御検討をいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午後0時2分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)第2の質問に移らせていただきます。
 ごみ分別のあり方についてということで質問させていただきます。
 今回のといいましょうか、今冬は異常な暖冬ということで、地球温暖化が非常に心配されております。今回の一般質問の中でも地球温暖化の話が出ております。地球温暖化対策は、世界各国の行政が、企業が、個人が、できることを一つ一つやって積み重ねていくことしかないんだろうと、非常に時間のかかる話だなと思っております。でも、そんなにゆっくりもできない非常な時代なのかなというぐあいにも考えております。今回の質問のごみの分別についても、ごみの減量化とか、そういう意味で、この地球温暖化防止への効果は非常に大きいものだと思っております。
 そこで、お伺いをいたしますが、今、製紙業界とか、ごみ処理施設の、焼却施設の技術が非常に進んできておりますが、市の方ではこの技術の進歩をどのように見ているのかお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)資源の有効活用あるいは省資源化、環境への負荷をできるだけ少なくするといったようなことを踏まえつつ、技術の進歩というのは大変すさまじい、あるいはまた、すばらしいものがあるなというふうには思っております。
 製紙業界の技術の現状ということで、地元の製紙会社からの情報によりますと、紙類の再利用に関し、現在は感熱紙を除いたすべての紙類が再利用できる技術が確立されており、地元製紙会社でもそのような技術を導入し、再生紙製造を行っているということであります。
 また、さらに、ごみ処理施設につきましては、これは実は渡辺議員から折に触れていろいろとお話を聞かせていただいているわけでございますが、従来からの施設である直接焼却する方式に加えまして、最近は、外部エネルギーが不要な熱分解方式が、次世代技術というか、そういった形でクローズアップされているということも理解はいたしております。この熱分解方式では、高温度で燃焼させるために、例えば、廃プラスチック類を混入しても大丈夫だということでありまして、当然のことながら、ごみの分別のあり方にも影響してくるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長がお答えになったとおりでありまして、去年の暮れでしょうか、工場を見学する機会がございまして、今言った古紙の扱い、その技術について、古紙を使うと、インクを落としたりとかいろんな工程がふえて、紙の質が悪くなるし、コストも高くなるんだというような私の今までの認識だったんですが、工場の方のお話ですと、古紙をどのくらい混入できるか、混入比率をどのくらい高められるかが、この業界で生き残れるかどうかの柱なんだというようなお話をいただいて、えーっと思って一時帰ってまいりました。これはいろいろ調べないとだめだなということで、ことしになってもう1回行ってまいりまして、どういう紙を入れられるのかと。今、市長はすべての紙ということで言われましたけれども(「感熱紙を除く」の声あり)感熱紙ね、それは除くと言っておりましたね。それはだめなんですと。それ以外だったら何でもいいですよと。きれいでも汚くてもいいんですというような言い方でございました。きのうの一般質問の中にもありましたけれども、我が家のごみを見ても、かなりの紙くずが入っておりますよね。これが抜けたらどのくらいごみが減るんだろうかというぐあいに思っております。
 大変申しわけないんですが、プラスチックごみ処理の施設と紙のやつを分けて質問させていただきますが、ここに岩沼市のごみ出し方ということであるんですね。これを見ますと、紙製容器包装類ということで、紙箱、紙袋、包装紙、利用できるのはここまでと、あと雑誌、新聞ということなんですね。紙くずについては燃えるごみの中に入っているんですよ。こういう形では、やっぱりぐじゅぐじゅしてぽんと入れてしまうという形になりますね。日本製紙の方といろいろお話をしたときに、「圧縮された形でないとだめなんですか。きれいでないとだめなんですか」と聞きましたら、「そんなのはありません」と。「では、紙袋にごそごそと紙だけ入っていても大丈夫なんですね」「それは大丈夫です。それで十分です」と。汚いやつでも、技術の中でごみを皆落としてしまう。例えば、一般ごみですから、金属片とか重いものとかいろんなものがまじってくる場合がある。それは選別のやり方で除いてちゃんとできるということなんですね。分別のあり方を変えればかなり違うと。そして、日本製紙の方とは、岩沼方式という形で全国に情報が発信できればいいですねというようなお話もしてきたわけですけれども、この分別のやり方について、市長は組合の方の管理者でもあるわけですけれども、その辺の立場も踏まえて、ちょっとお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)亘理名取共立衛生処理組合議会の議長さんから管理者が質問を受けたわけでありますが、渡辺議員からかねがね私もいろいろとお話を聞かせていただいているわけでありまして、今お話しいただいたとおりであります。技術も相当進んできているわけでありますし、新聞紙などは、聞くところによりますと、4分の3は古紙でというような状況でありまして、ほとんど再利用できる状況になっていると。したがいまして、お話をいただきましたように、ごみ分別のあり方にも当然影響してくるということであります。そういう意味では、一応、御承知のとおり、平成14年から2市2町によって広域処理をしているわけでございますが、16品目の分別だということでありますが、これは当然のことながら見直す必要があるのかなというふうに考えております。
 御承知のように、今、新たな廃棄物処理施設を整備するという、そのための基本計画を策定中ということでございますし、整備する施設内容とか規模等に検討を加えまして、さらに、御質問をいただいて、御提言をいただいております、ごみ分別のあり方についても十分検討していかなければならないと。そういう時期もそろそろ来ているのかなというふうには感じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)紙類については、はっきり言ったら、こういう形に変えますよと市民にお知らせして徹底が図られれば、今すぐにでもできるというところであります。ですから、ぜひそういうことをやっていただきたいなというぐあいに思います。
 ところで、岩沼市では、保存年月の過ぎた書類の処理はどうやっておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長事務取扱。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長事務取扱(吉田勝)市役所内の文書の廃棄の関係でお答えを申し上げたいと思うんですが、廃棄書類は毎年いろいろ整理をしながら廃棄をするんですが、見ていますと、毎年2トンから3トンぐらい。直接職員が焼却場に持ち込んで、直接炉に投入して焼却をお願いしているというふうな状況です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)これは一つ情報としてお知らせしておきますが、日本製紙の方といろいろしゃべっているうちに、角田市では、廃棄書類というんでしょうか、それを日本製紙に持ち込むんですと。当然、個人情報等がありますので、ホッパーというんでしょうか、入り口に市の職員が投げ入れて再利用を図っているという形なわけですが、岩沼市ではやる気があるのかないのか。ぜひやっていただきたいと思いますが、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)このたび渡辺議員の方から質問をいただきました中で、地元の製紙会社の方にいろいろ情報をお伺いいたしました。その中で、角田市での取り組みといいますか、これについてもお話しいただきました。何か3年ぐらい前に一度、角田市の方で保存年限の過ぎた公文書を持ってきたと。それについて、今御指摘のような形で処分した経緯はあったようであります。その後につきましては、どういう事情か、持ち込みはないということであります。
 今、話をいただいております保存期限の過ぎた文書の扱い方の一つの考え方として、地元製紙会社の方からは、今質問いただいたような形で、何でも処分できる、処理できるという話をいただいております。ただ、そのものについては、地元の製紙メーカーではなかなか難しい面もあるので、いろんなもの、何でもかんでもというものについては、岩手県にある製紙メーカーの方を紹介して、そちらに持っていっていただくといいますか、そちらで処分するような方向でも考えているという話をいただいております。要するに、地元の製紙会社で受け入れられるものと、あとは、その系列の岩手県にある製紙メーカーの方に処分していただく方法と、二通りの方法があるというような話をいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)地元の工場でありますし、岩沼市にも多大な貢献をいただいている工場であります。そこと連携のできるような形、これはお互いにメリットが出るということですので、その辺、もうちょい詰めていただいてぜひやっていただきたいなと。今、部長の答弁では、こういう方法があるとまでしかお答えいただけていないんですよ。やるのかやらないのかまでちょっとお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実は、通常でいきますと、紙類は特に最終的には資源ごみというふうになってまいります。それは、2市2町につきましては、亘理名取共立衛生処理組合の方で処分をし、収入になっているということであります。ですから、市の公文書はそのたぐいとは若干違うことはわかるわけでありますが、やはりその関係を十分整理しながら、そして、いずれにしても、せっかくのものでありますので、個人情報とかプライバシーの保護ということに留意しながらも、できるだけ生かすということは、世の中全体のニーズにもかなうことでありますので、これにつきましては十分検討しなければなりませんし、2市2町の担当での話し合いといったようなことも必要になってきますので、この点につきましては、十分話し合いをし、検討したいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)岩沼市も地球温暖化対策に前向きに積極的に取り組んでいるわけですので、その辺も踏まえていろいろ対処をお願いしたいと思います。
 それで、プラスチック類ですけれども、市長の答弁の中にもあったわけですが、新しい炉、要するに、平成25年供用開始の炉ですね、そこに灰溶融炉をつくるということで、燃料にプラスチック類を使った灰溶融炉だと。これはおもしろいなということで、議会開会中でしたが、2日、3日にわたってちょっと見てまいりました。ここは組合の方ではありませんので、分別ということに限ってしゃべらせていただきますが、プラスチック類をここは燃料にいたしますので、例えば、もう1回ごみの出し方でプラスチック類関係を見ると、プラスチック類の出し方として、軽く水洗いをする。油分の多いものであれば、ぼろ布等でふき取ってきれいにしてから水洗いをする。納豆のトレーはこすらずに水に漬けておくと、ぬめりも臭みもとれる。水や洗剤を多量に使わないときれいにならないようなものは燃えるごみへ投げてほしいと。出し方にも非常に手間暇を食うんですね。分別するにも非常に力が必要だし、ごみを出す側の立場から見れば、面倒くさくなってしまうような状態になるんですね。燃料にするということは燃やしてしまうわけですから、こういうことは一切お構いなしなんですよ。汚くても構わないんです。納豆のぬるぬるがついていても構わないんです。油分がついていても、油分は燃料になりますので構わないんです。非常に分けやすい。
 市長も自分の家のごみ袋に何が入っているかなと、きょう帰ってごらんになっていただきたいと思いますが、プラスチック類のものの混入も物すごく多いです。前言った、紙とこれを抜けたらどのくらいごみが減るんだろうと。きのうの後藤議員の話ですと、紙類だけで4割だと。プラスチック類で2割あると、3割とかそこらしか生ごみ類としては残らないんじゃないかと思うぐらいの形になるのではないかなと思っているんですね。もしやるとしたら、これは平成25年供用開始の部分でしか入れられないわけですが、これのいいところは、燃料を地域内から集められると、買う必要がないと。これだけで燃えるわけではありませんが、非常にいいメリットもあるなというぐあいに思ってまいったんですが、その辺、25年のやつをどうするとも今の状態では言えるわけがないので、御感想だけお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)感想ということでありますが、最終的には、2市2町、亘理名取共立衛生処理組合で手続を踏んで決められるということは、御承知のとおりであります。やはり考えなければならないのは、今御披瀝をいただきましたように、技術も相当進歩してきているわけでありますし、また、今の現実のごみの状況ということも御紹介いただいたわけであります。これからの社会を考えたときに、高齢化がますます進む、ひとり暮らしの人たちも相当ふえてくると。そういった中では、できるだけ簡便な方法でごみを出すことがてきるということは非常に大切なことですし、恐らくそういった方向に進むであろうと。そして、もちろん、そういったもので十分処理ができるような方式をとれるような炉の選定が当然行われていくだろうというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ごみの分別は、今は16分別ですか、私の考え方は、分別を一切しないできちっとごみ処理ができるというのが一番すばらしいごみ処理の仕方だと思っておりますが、これは究極で、こういうことはあり得ませんので、なるべく少ない分別の数にして、ごみの分別のしやすいように、出しやすいように工夫していくことが非常に大事だと思っております。組合の管理者という立場もありますので、その辺、ぜひ御配慮をいただいて、お願いをしておいて終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員の一般質問を終結いたします。
 5番森繁男議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔5番森繁男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)5番、ウィズの森繁男でございます。
 私の今回の一般質問は、自然災害に強いまちづくりと環境についてということで通告をさせていただき、中項目五つに分けて、細部について質問をしてまいりたいというように考えております。
 自然災害というと、いろいろな自然災害があるわけでありますけれども、当市においても、当議会においても、地震に対してとか自然災害についての議論、論議がこの場においていろいろと行われていると思います。地震については、公共物の箱物についての弱いか強いか、耐震度については、ある程度、これは弱い、これは補強が必要だとか使えないとか、そういった一定の方向はついてきているのではないかというように思いますけれども、ただ、自然災害に強いまちといえば、まち全体がやっぱり強くなければならないというように感じております。そういう意味からすると、このことについての課題がまだまだ残されているのではないかと常々感じております。
 特に、太平洋沿岸に面する当市といたしましては、海からなる自然災害というものには、本当の意味でまだ強くはなっていないのではないかと感じているわけであります。16年の9月に、台風による、そして、海岸侵食による砂浜の減少から、波が防波堤を直撃して破壊したということがあって、それ以降、市長も大変御苦労をされながらこの復旧に努めていていただいているわけでありますけれども、このことには、住民、市民の代弁者として、また、リーダーとしても、ありがたく厚く御礼と常に敬意を表しているわけであります。
 同時に、その破堤でありますけれども、市長の施政方針にも触れておりましたけれども、現在までの進捗状況について、もう一度、この場で説明していただければありがたいと思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)昨年の10月6、7の台風並みに発達した低気圧の影響によりまして、堤防ののり面が洗掘された蒲崎海岸 189メートルの被災箇所につきましては、国土交通省において早速、のり面復旧、消波ブロック設置工事を行うことになりまして、3月23日に入札が行われるというふうに伺っております。また、二の倉海岸 310.1メートルの被災箇所につきましては、宮城県において工事を3月末に発注することになっております。さらに、施政方針で申し上げましたとおり、国の厳しい財政状況にもかかわらず、要望活動の効果もあったのか、補正等でも十分対応していただき、蒲崎海岸におきましては、無堤防 1,000メートル区間のうち 600メートルとその近接箇所 192メートルの消波工設置工事が行われております。なお、今後とも整備促進について関係機関に要望を行ってまいりたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)ありがとうございます。同時に、砂浜の減少ということから、将来的にはヘッドランドということを検討されてきているはずでありますけれども、このことについての現在の進捗状況と今後の計画について御説明をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市といたしましては、森議員からもお話をいただいておりますとおり、地域住民の皆様の生命や財産を守るという非常に重要な役目を担っておりますので、まず、現在も進めていただいております無堤地区の一日も早い解消、そして、海岸侵食対策として有効であろう恒久的な措置としてはヘッドランドということでありますので、その整備促進についても並行してお願いをしているところではありますが、まずは無堤防地区を解消したいということで努力をしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)したがって、ヘッドランドについては、同時並行というわけにはいかず、今後の計画ということになるのでありましょうけれども、先ほども申し上げましたように、近い将来の宮城県沖の地震、必ずやって来るだろうと言われている地震の問題。あるいは、先ほども挙げられていましたけれども、地球温暖化による海面水位の上昇というようなことも、住民にとっては大きな不安材料になってきていて、このごろでは、お会いすれば、そういった話が頻繁に出るようになっております。また、ことしなどの暖冬、私自身も50年強生きていて初めて味わうような暖冬ということからしても、相当の不安を隠し切れないほどになってきているのも現状だと。一刻も早い砂浜の取り戻しというか、ヘッドランド化に向けてのさらなる御尽力をいただければありがたいというように考えるわけであります。
 次に移りますけれども、私は今まで美観、景観という観点から海岸林の整備というようなことを何度か申し上げてまいりました。きょうは自然災害の視点から質問をさせていただきたいと考えております。
 市長はお忙しいですから、余り海岸に行ってみるというようなことはないかもしれませんけれども、私は海岸にしょっちゅう行くわけでありますけれども、我々が幼いとき暮らしてきた時代からすると、まちの中のシャッター街のように、松の木が元気がない、活気がないように見えるわけでありますけれども、市長、もしお気づきであれば、どんなふうに見られて、どんなふうに感じられているか、お話しいただければありがたいというように思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)海岸林を見て、森議員がおっしゃったように、確かに、以前と比べたら、相当元気がないといいますか、また、松くい虫の被害を相当受けているといったことで、そういう意味では、以前と比べますと大変な状況になりつつあるなというふうに感じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)あの海岸には国有林、県有林も多くあると聞いておりますけれども、昔から、いろんな農作物も含めて、自然災害に対する防潮林、防風林という役割を大きく果たしてきたということからすれば、今、多くの市民が自然災害を不安に思っている現実の時代からすれば、国に対して、県に対して、もっと急がれて防風林、海岸林の整備を働きかけていただくというわけにはいかないでしょうか、その辺についてお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、国有林、県有林につきましては、それぞれ国、県なりの考え方があるわけでありまして、そういった中では、とりわけて岩沼の海岸林をどうするかということには言及されていないわけであります。ただ、我々といたしましては、岩沼市の市有林のみならず、海岸林は大変な状況にあるということは十分把握しております。このことにつきましては、以前からも松くい虫の被害ということで大変な状況にありますので、それぞれしっかり対応していただくようにという働きかけはしているわけでございます。実際は、枯れる松と新たに植える松の数では開きがあるわけでございますが、現在は、特に抵抗性松苗という形で植林を行っているということでありますので、これをできるだけ多く対応できるように努力をしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)その抵抗性松でありますけれども、お聞きしたところ、今現在では岩沼に約 500本と。海岸林に対しては 150本ぐらい植樹をしているということでありますけれども、市民の生命と財産という観点からすれば、非常に大切な松でありますから、国や県に対してもっと強い働きかけをするべきではないだろうかなというように考えております。
 同時にまた、岩沼市の市有林と私有林など、いわゆる契約会とか町内会でも持っているかもしれませんけれども、こういった松林があるわけでありますけれども、少なくとも岩沼市でできることぐらいは、岩沼市の責任において、いろんなボランティアや、あるいは何かの植樹の日でもつくって、一刻も早く、そして少しでもふやしていくというようなことをしていただきたいと思うわけですけれども、こういった点についての考え方をお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)海岸林につきましては、先人たちの苦労、御労苦によって、今のような海岸林が誕生したということもあります。また、海岸林につきましては、景観とか、我々にとって憩いの場になるとか、いろいろな機能もありますし、当然のことながら、防潮林とか防風林といった形でも十分機能しているわけでございまして、しっかりと守っていかなければならないことは当然のことであります。
 先ほど御紹介いただきましたが、実は、県の補助事業である海辺の松の子育て事業というのを取り入れているわけでありますが、平成17年度は、市民提案もありまして、相野釜地区に 350本。それと、海岸林ではありませんが、南長谷山小屋地区でありますが、 200本植えております。18年度におきましても、3月25日に、二の倉地区の市民プールの西側に約 500本の抵抗性松苗の植栽を予定しております。今後も、こうした補助事業等を活用しながら、市民の貴重な財産でありますので、海岸林をしっかり維持管理するように努力はしていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私は海岸林には 150本と聞きましたから、少し私の調査不足もあったわけでありますけれども、いずれにしても、毎年、そして、できるだけ早い時期に、多くの松あるいは多くの木を植樹していただくということをお願いしておきたいと考えるわけであります。
 では、次に移ります。
 3番目の貞山堀の整備計画についてでありますけれども、貞山堀は、岩沼市全体の水の……、もちろん山の方から、まちの方から来る水の受け皿。あるいは、万が一にも津波という自然災害の発生時には、あのあたりを仮に飲み込むとしたら、大きな重要な受け皿になろうかというように考えるわけであります。しかし、御案内のように、行ってみれば、堤防などは何十年も改修工事に着手することもなく今日に至っていると。私は、自然災害の視点からも、あの堀をもっと現代らしく改修すべきではないかと思いますけれども、市長、そういう考えはございませんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)貞山堀の改修計画ということにつきましては、建設部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)貞山堀の堤防の改修につきましては、五間堀川の総合的な治水対策計画において押分排水機場が設置された。それから、現在、五間堀川の河道拡幅が矢野目周辺で行われていると。それから赤井江の遊水地の計画があると。それに合わせたポンプによる海への放流もあると。また、川内沢川の空港の北側へのつけかえ計画があるということから、貞山堀の堤防改修ということにつきましては、現在の河道で流量配分的に間に合うということから、これ以上の拡幅計画はないというふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)部長も多分わかると思いますけれども、相野釜から納屋まで約10キロ弱の距離であります。この距離の貞山堀の堤防を見ますと、確かに、五間堀川の改修工事とかポンプアップとか、いろんなことは手がけてしていただいているわけでありますけれども、素人目でございますけれども、堤防そのものは相当傷んでいると私には映るわけでありますが、部長にはどういうふうに映っているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今申し上げましたのは、改修計画として拡幅計画はないということでございますので、堤防が崩れるとか、どこか危険性があるということであれば、それは当然のことながら維持管理はしていくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私は、堤防の整備ということも含めた上での話だという感覚でおしゃべりしましたから、少しずれたのかなというように思いますけれども、満潮時などに行ってみますと、堤防なんですけれども、自然的災害が発生して水がどっと来るようなときがあったら、ポンプアップという話も聞いてはいますけれども、間に合うのかというくらいに、あるいは崩れないのかなというぐらい来ている箇所もあるわけであります。そういう部分だけでも、例えば、長谷釜から南浜の間とか、あるいは海側の堤防と申し上げますけれども、二野倉には何かの会社があるわけでありますが、あのあたりからはもう相当傷んでいるように私の目には映るわけであります。そういったところは直すべきではないかというように、私は常々通りますから見ているんですけれども、大丈夫だという判断をされているのかどうか、そういった箇所について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ところどころと申しますか、例えば相野釜地区あたりでは、地元の方々から、少し崩れてるよみたいなお話をいただいて、市の方でも現地を見て、県の方に連絡をしながら直していただいているなどということをしている経緯はございます。ただ、今、議員おっしゃっるように、長いスパンの中でそこの部分をどうかというような検討は、実は市の方としてはしたことがございませんので、その辺のことについて、県の方に少し問いかけをしてみたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)できればそういう働きかけもしていただきたい。
 この部分の(2)番でありますけれども、貞山堀も何年となく底をしゅんせつしていないのではないかと私は思っているわけでありますけれども、ある人に言わせれば、観光にも利用できるような運河であるというような話も聞くときに、貞山堀のしゅんせつということも必要なのではないかと思っておりますし、自然災害の観点から見ても必要だと思いますし、いろんな方向からいっても必要ではないかというように考えております。これも県の管轄といえば、このこともあわせて働きかけをしていただけないかどうか、この辺の考え方についてお聞かせいただきたいというように思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)これも県の方にお伺いしたところ、治水上は河川機能を著しく阻害している状況ではないことから、現在のところ、しゅっせつの予定はないというお話を伺っているわけでありますが、また一方では、例えば、岩沼市と名取市で運河フェスティバルなどもやっていると。そういう観点も踏まえながら、県の方と少し話し合いをしてみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)きょうは自然災害ということで申し上げておりますけれども、地域の住民からすれば、記憶にあるうちで貞山堀のしゅっせつを行ったとか、そういったことは余り記憶にないという年配者もいるわけであります。やっているんでしょうけれども、いるわけであります。岩沼市にある水の受け皿、あるいは押し寄せる水の受け皿ということからして、もう少し重要視して見ていただければありがたいというように考えるわけであります。
 それでは、次に移ります。
 自然災害で宮城県沖の地震などが想定される中、津波の影響度についてお伺いしたいと思っております。
 あの海岸周辺地域、また、多くの市民に及ぼすような津波の高さというのは、市、防災課などではどのような想定をしているのかお伺いしたいというように思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)潮の干満、地形だとか、あるいは堤防の有無ということによってそれぞれ異なりますし、また、地震の震源域の遠近だとか、あるいは大きさ、強さといったことによっても、津波の規模は当然違ってくるわげでありますので、軽々に申し上げることは難しいわけではありますが、一応、堤防のある地区ではおおむね8メートル以上、無堤防地区についてはおおむね3メートル以上の波高の津波が押し寄せるとすれば、被害が生じる可能性は高いというふうに予想していると聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)それでは、もし想定される宮城県沖地震が発生したら、その高さはどれぐらいに想定しているのかお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長事務取扱。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長事務取扱(吉田勝)再来が確実視されている宮城県沖地震における岩沼市沿岸部での津波の高さは、今予測をされているところでは、連動型で 2.4メートル、それから単独型で 1.4メートルという予想が出ているようでございます。この津波が到達した場合には、避難が完了していれば人的被害はないというふうなことで見ているところでございますけれども、そんなような予測値が出ているようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)実は、この部分をお聞きしたのは、次の2)の住民に対する啓発に結びつけたいという考えからお聞きしたわけでありますけれども、オホーツクの地震でも、北海道南西沖地震でも、テレビ報道では高さが20センチとか40センチというようなことがよく報道されるわけであります。津波というものは、20センチの津波でも40センチでも、ところによっては、その数倍、数十倍になるというようなことを伺っているわけであります。しかし、住民感覚からすると、10センチ、20センチ、40センチという高さはさほど怖い高さではないというようなことから、案外楽観したムード。地元近くにいる人は案外怖さを知っているのでありますけれども、時々行っている人とか、たまたま遭ったとか、そういう人は余り感覚がないと。そういった感覚にないことが将来非常に恐ろしくなるのではないかということからお聞きしたわけでありますけれども、今後、それらも含めて、行政からの啓発をどのようにしていこうとしているのか、考えがあればお聞かせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)津波に対する対応、あるいは津波の予測は難しいということは、今、森議員からお話をいただきましたように、高さが何センチとか何メートルといっても、地形などによっては全く違うような形だということ、そのとおりだと思います。ですから、しっかり対応しなければならないということもお話のとおりであります。特に、津波の体験がある人が多い地域については、意外と警報でも注意報でもしっかりと対応していただけるわけでありますが、岩沼地域におきましては、少なくともこの何百年間かというのは津波の被害がほとんどないというふうに把握しておりますので、その意味では、こういうことを言っては何ですけれども、津波常襲地とは違うのかなというふうに思っております。それだけに、住民の皆さんにしっかり啓発をしていかなければならない、それはお話しいただいたとおりであります。
 ですから、例えば、去る11月、そして、ことしの1月、千島沖の地震によっての津波注意報の発令時の対応、これはそれぞれの地域によって対応が分かれたわけでありますが、岩沼市といたしましては、早速、海岸周辺地域の自主防災組織の本部長さん ── 町内会長さんへの連絡体制の強化を図ったということでありますし、また、消防本部におきましては、消防団員の方々による現地把握とか広報活動を行ったということでありまして、比較的スムーズに対応はできているのかなというふうに思っております。
 これからさらに大切なことは、市民お一人お一人が津波に対するしっかりとした意識を持つ。そしてまた、自主防災組織等にも、地域の皆様方にしっかりと対応できるような心構えをより啓発することでお力をいただきたいというふうに思っておりますし、当然のことながら、地震が発生したら津波が伴うんだといったようなことをしっかりわかっていただくように、そして、津波が起これば必ず避難しなければならないということであります。津波はそれこそ1分1秒でさっと来るようなものはほとんどないわけでありますので、落ちついてしっかりと対応すれば、先ほどの想定におきましても、もしある程度越えてくるようなことがありましても、被害がないような状況にもできるわけでありますので、なお、我々といたしましては、自主防災組織を含めて、しっかりと住民の皆さんに御理解をいただくように努力をしていきたいと思います。
 おかげさまで、岩沼市では担当者がいろいろとネットワークを築いておりまして、気象台等との連携も密にして、正直言いまして、よそよりも早く情報をつかむというような努力をしておりますので、せっかくいただいた情報をしっかりと必要な方には伝達をするということで、また、さらに防災講演会等も通じまして、一層啓発に努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)防災課などから、私も、私の町内会もそうでありますけれども、防災組織をつくるに当たっていろんなアドバイス、御指導をいただいて、訓練も含めて行うようになってきているわけでありますけれども、市長がおっしゃられるように、この地には何百年も津波がないというようなことで、津波に対する意識は本当に低いと私は見ております。今後も、市行政あるいは防災課などには、津波に対する怖さの感受性というか、を高めていただくような根強い活動展開をお願いできればありがたいし、たしかきのうもインドネシアの方で地震が発生して多くの被害が出ているようでありますし、スマトラ島の地震のときも20万人以上も犠牲になっている。北海道でも南西沖のときには 230人以上の人が犠牲になっているわけでありますから、いざ来たというときに対する感受性というものはもっともっと……、この地域、当市は特に太平洋に面した地域でありますから、その点の御指導をしていただくようにお願いできればなと思っております。
 では、次に移りたいと思います。
 自然災害には、海岸の整備も大切だし、まち全体の整備は大切でありますけれども、その中で、いざ何かが起こり避難というときには、道路網や橋というもののしっかりとした安定した管理あるいは補強というものが行われていればこそ、無事に避難もできるのではないかと。同時に、今は車社会でありますから、人間の心理上、どうしても車に物をつけてということになるのではないかなと感じております。予算の中にも橋りょうの補強の工事とかが入っておりますけれども、今、特に、貞山堀、五間堀川等にかかる橋については、耐震ということではどの程度確認されているのか、補強されているのか、その辺お伺いしたいと思いますけれども、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)お話をいただきましたように、災害に強いまちづくりのポイントの一つとしては、耐震性の高い橋りょうをということでありまして、それにつきましては、年次計画で進めていきたいと思っております。
 具体的なことにつきましては、建設部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)主な橋について申し上げます。
 まず、市内の一、二級幹線市道にかかっております橋というのが25橋ございます。そのうち6橋については落橋防止などの対策が済んでおります。また、そのうち、貞山堀、五間堀川にかかっております橋は17橋ございます。そのうち4橋が対策済みでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)あとの橋については、例えば、比較的新しいから大丈夫だとか、そういうことではなく、補強が必要だという橋があるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)残りの橋については、基本的には補強が必要だと思っております。ただ、補強をする前に、1橋ずつ耐震調査をした上で、必要性を認めれば補強をするという方法をとってまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)橋というもの、ともすれば、生きるか死ぬかの分かれ道になるということもありますから、もっとスピーディーに、多少予算はかかってもやっておくべきだと思うわけであります。
 次に、道路のことについてお尋ねいたします。道路道路というと嫌われるように思いますけれども、逃げるに当たっては道路も非常に大切だと。逃げようとすれば、陥没したの、割れたのということになっても大変でありまして、とはいっても、全体的に道路をすべて完璧にしろというわけにも、できればいいんですけれども、急いでというわけにもなかなかいかないだろうというように思うわけであります。少なくとも、例えば、海沿いから市街地に避難しようとしたときに、この道路だったらという、あるいは、山手の方から避難するというときに、この道路だったらという主要道路のようなことで、想定される宮城沖地震の震度ぐらいには耐えられると自信の持てる道路というのは何カ所ぐらいあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)道路についての耐震設計というのはございません。道路をつくる際には、道路の強度については大型車の交通量によって、幅とか車線数などというものについては全車両の交通量によって設計されるというふうになっております。しかし、現実的には、都市計画道路だとか幹線市道については、今申し上げましたような基準で整備をいたしておりますが、旧来からの生活道路などにつきましては、現道拡幅とか現道舗装とかということによって整備しているというのが一般的でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)道路に耐震度はないと。それはわかるんですけれども、道路網は大切であり、何本もある道路もすべてがだめというようなことになれば、これは大変なわけであります。したがって、各地域、町内会などに少なくともPRできる、技術的に何かできるというような、地震に対しての、ここだったらというPRができるような道路というのはつくれないものなんでしょうかね。家はつくれる、道路はつくれないということなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)森議員の言われるのも、なるほどなと思うところが実はあります。確かに、建物は耐震度調査をし、耐震改築、耐震改修を行う。橋についても耐震度調査をして落橋防止を行う。あるいはまた、上下水道についても、管路はできるだけ耐震性の高いものをということで計画的に備えていくということだとすれば、我々が生活する上で絶対必要な道路については、しっかりと耐震度が備わっていなければならないということもよくわかるわけではありますが、これまでのところは、先ほど来、建設部長から申し上げておりますように、そういった視点はなかったわけでありますが、しかし、道路をつくるに当たっては、当然のことながら、簡単にクラックが入るとか、そういうことがいいのかどうかというふうに言われますと、これはそういったことではいけないと思います。現実には、実はどういうふうに対応するかわからないわけではありますが、何とか建設部長とか土木課長とかの英知を結集して、少しでも耐震度の高いようなことを心がけていきたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私はきょうはずっと自然災害に関した話をしてまいりました。本当に低レベル話に聞こえるかもしれませんけれども、ごく普通の一般の人間がごく普通に心配していることであります。したがって、決して冗談でもなければ、本気な意見として大まじめに言っているつもりであります。できることならば、今並べた五つのことについては御検討いただいて、できることがあれば、市民のため、市民の生命と財産を守るために行っていただきたいものばかりではないかなと、市民の声でありますから。そういうことを申し上げて、一般質問を終わります。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)5番森繁男議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時15分といたします。
    午後2時3分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 6番長田忠広議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔6番長田忠広議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)6番、二十一世紀・公明クラブの長田忠広です。
 さきに通告していたとおり、子育て支援と市営住宅について質問いたします。
 初めに、子育て支援についてです。
 本格的な人口減少社会が到来し、日本は社会構造の大きな転換点に差しかかっております。新聞各紙でも、国家的な取り組みが必要、将来への備えを怠るわけにはいかないなどと述べられているとおりであります。公明党は、今日まで、児童手当などいち早く少子対策を主張し、総合的な施策として「少子社会トータルプラン」を発表するなど、常に将来を見据えた政策を掲げ、与党の中で着実に実現してまいりました。私も、今日まで議員生活で子育て支援を最優先課題と位置づけ、一般質問などでさまざまな提言をしてまいりました。そこで、さらなる支援の拡充を目指して質問いたします。
 1点目は、妊婦無料検診についてです。
 その(1)は、妊婦無料検診回数の拡大についてです。
 妊産婦検診は母子保健法に基づき実施されており、公費による無料検診の回数は、現在全国平均で2.14回です。費用は地方交付税措置ですが、これまで国の予算に計上されてきた妊婦検診助成はおおむね2回分とし約 130億円の財政措置でした。これが平成19年度には、子育て支援事業と合わせて約 700億円に拡充になります。
 今回の地方財政措置の拡充は、地方自治体が地域の実情に応じて少子化対策を拡充することができるよう枠が拡大されるもので、妊産婦検診費用助成の拡充のほかに、例えば、児童虐待防止対策の推進であるとか、地域における子育て力の強化、さらにはファミリーフレンドリー企業の普及促進などにも充てられるとなっております。
 妊産婦検診は、厚生労働省の通知ですと、妊娠初期から分娩まで14回程度の受診が望ましいと言われております。そこで、今回予算が拡大になりましたので、出産世帯の負担軽減のためにも無料検診の回数の拡大を望みますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)妊婦検診につきましては、平成9年度から宮城県医師会に委託をし、2回分の検診無料券を交付して実施しております。国では、子育て支援の一環として、ただいま御紹介いただきましたように、妊婦検診の充実を推進するということにいたしております。
 まず、拡大を図るためには、検診を行う県医師会の協力が不可欠でありますので、今後、県、市町村及び県医師会との協議の場で検討していくことになると思われますので、市といたしましても、御要望に沿うよう、動向を踏まえて対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今、御要望に沿うような形でと。あとは医師会との話し合いだと思います。
 この回数なんですけれども、国の方では現在の2回から5回程度という試算をしておりますが、回数のことは、各市町村によって決めることができると。公明新聞などに載っていたところだと、愛知県の大府市などは、ことしの4月から、これは極端なんでしょうけれども、15回が無料だと、ほとんど全部が無料になると。これは特別な例でありますけれども、回数の部分に関しても、一概に、県全体として5回とかという部分ではなくて、その部分の弾力性もあると思うんですが、その件に関してはどのように受けとめますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)確かに大体十四、五回受けられていると。ですから、すべての回について公費負担をされているところもあるということは伺っておりますが、県内におきましては、今のところは、そういったところまで見直しを図るというところは余り聞いておりませんが、ただ、二、三見直しを図りたいという自治体等もあるわけでありますので、岩沼市といたしましては、先ほどお答えをしたように、今後の動向を見なければならないと思いますが、最低でも県内としては並みのところの支援はしなければならない。そうなりますと、今の状況としては、四、五回はできればなと思っておりますが、財源などを見合いながら、そして、県全体の状況をよく踏まえて対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)では、次にまいります。その(2)は、検診医療機関の拡大についてです。
 当市は、先ほど市長から答弁がありましたように、2回の無料検診を行っております。委託医療機関は県内となっております。この状況は、県の医師会との兼ね合いもあってそのようになっているようであります。しかし、さまざまな理由で、早くから県外の実家などに行って生活をし、県外の医療機関で検診を受けるという場合もあります。でも、現在のシステムでは県外の医療機関での検診は該当になっておりません。そうしますと、本当は2回無料なんですけれども、県外にいるので有料で受けたり、宮城県にまた戻ってきて検診を受けるという二通りしかないわけです。ところが、各市町村をちょっと調べますと、県外で受けても、償還払いで該当になっているというところもあります。
 そこで、今の段階では2回、今後さらに拡充していきますので、そのように無料検診をしておりますので、県外で妊婦検診を受けたとしても、例えば、領収書などの証明書で該当になるようにしたらいいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これまで、妊婦検診にかかります、県外の医療機関で受診できないかとという問い合わせが年数件ほどあります。御質問のことにつきましては、前の質問にお答えしておりますとおり、今後、妊婦検診の拡大について、このことにあわせながら検討してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今、部長答弁で、年に数回そういう問い合わせがあったと。実際、私もこういう相談を受けて今回このような質問をしているわけですが、年に何回かあったという場合に、では、担当課では……、今回を一つのきっかけとして拡大してほしいんですけれども、今までこういう相談があったときに、それができるのかできないのか、その部分に関しては今まで検討をされてきたのかということをお伺いしたいと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)具体的に実施に向けての検討まではしておりませんが、一つのやり方として、御指摘の償還払い方法になろうかと思います。これは事務的にそう難しいものではないとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)前向きという部分のことで私も意見を言うんですが、今、事務的に難しくはないということであれば、質問がなくても、今までいろんな要望があった段階で、どうしていくかということを考えていただいてもよかったのかなと思いますので、県外で受けるにしても償還払いでできるような体制でぜひともよろしくお願いをしたいと思います。
 では、次にまいります。2点目は乳幼児医療費助成制度の拡充についてであります。
 当市は、通院費は昨年4月から4歳児まで無料になり、大変に喜ばれております。そんな矢先、宮城県は、財政難を理由に、一部自己負担を導入する方針を打ち出しました。公明党宮城県本部として、自己負担導入反対とともに、さらなる拡充の署名活動を展開し、4万 2,668名の署名を村井知事に提出しました。その結果、村井知事も、2月議会の冒頭で、多方面からの意見が寄せられたということで、平成19年度の導入は見送られることになりました。
 国は、医療制度改革関連法の中で、平成20年4月から、乳幼児医療費の負担軽減対象を3歳未満児から義務教育就学前までに拡大するというふうになりました。施政方針にも、市独自に対象年齢の引き上げや所得制限のあり方について検討すると書いてありました。うれしいことであります。
 当市は、3歳児、4歳児は市単独の助成であります。その割合が3割から2割に1割減ります。そこで、その差額の財源を利用し、対象年齢を拡大してはどうか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)このことにつきましては、施政方針で申し上げておりますとおり、まず、引き続き市長会等を通じまして国、県に制度の拡充を働きかけることと同時に、今年度中に、市独自に助成対象の年齢の引き上げ、あるいは所得制限のあり方等について検討をして実施したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今年度中に検討して実施したいなどという話があったんですが、私は今から財源の部分でちょっとお聞きしたいと思います。通告で、差額の部分が出ましたので、もし試算をしていれば……、来年4月から負担割合が2割になります。先ほども述べましたが、当市は3歳児、4歳児は市単独の助成をします。そうすると、3割から2割になった場合の差額というのは幾らになるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)御質問の件につきましては、約 1,000万程度と試算してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広) 1,000万程度がこの改革によって財源が浮くというふうになります。では、今は4歳児までですが、5歳児まで1歳拡大した場合には、負担割合も2割になりますけれども、財源が幾ら必要になりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これにつきましても、今18年度の年度途中でありますが、助成実績から試算してございます。現行の自己負担が3割の場合になりますが、1歳引き上げることによって約 1,600万を要すると試算してございます。これが3割から2割になれば、それの3分の2ということになってまいりますので、約 1,070万程度と試算してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今、差額が 1,000万程度、また1歳拡大した場合も 1,070万程度という部分で、大体同額だということがありました。今、具体的に財源を示しながら提言させてもらいましたので、このことも参考にしていただきながら、1年間といいますか、新年度に検討するということがありましたので、十分検討していただいて、ぜひとも拡大の部分でよろしくお願いをしたいと思います。
 では、次にまいります。
 3点目は、マタニティマークのバッジかストラップの配付についてです。
 マタニティマークは、妊産婦が身につけたり、ポスターなどで掲示して、妊産婦への配慮を呼びかけるものです。見た目では妊婦だとわかりにくい妊娠初期などに、満員電車で押されるとか、近くでたばこを吸われるなどの苦情を訴える声が多いことから、一目で妊婦だとわかるよう全国共通マークが決められたわけです。
 昨年6月議会においてバッジかストラップの配付について質問いたしました。その際、市長は、「マークの普及と啓発に努めていきたいと思っております。バッジとかストラップ等の作成、配付につきましては、現在のところは予定はありませんが、今後、関係者などの意見を伺いながら検討してみたいというふうに思っております」と答弁されておりました。
 そこで、検討の結果について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御意見をいただいた後、アンケートをとらせていただいたわけでありますが、大体4の3の方々から利用意向が出されたわけでございます。したがいまして、19年度から、母子健康手帳の交付時にマタニティマークが入ったキーホールダーを配付し、活用していただくということで準備を進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今年度からと。宮城県の中でもマタニティマークのキーホールダーを配付する地域はそんなに多いわけではありませんので、これも先進的に取り組んでいるという部分があります。そうしますと、今回配付しますということを市民の皆様に周知徹底するのが必要なのかなと思います。そういう意味から、広報などを通しながら、また、健診のポスターなどが小児科などによく張られておりますけれども、そのように市民の皆さんに広報するような形も必要だと思いますが、その点はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)当然、19年度の新規事業になってまいりますので、予算をお認めいただいた以降に、今御指摘のようなことを、これは妊産婦の方のみならず、市民全体の方々にこのマークの普及啓発のPRをしてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)では、次に、2項目は市営住宅についてです。
 1点目は、バリアフリー対策についてです。
 平成14年12月議会において、市営住宅のバリアフリー化について質問をいたしました。あれから4年が経過をいたしました。4年前に比べて、入居者の高齢化も進んでいると思われます。
 そこで、計画的に階段に手すりをつけるなどのバリアフリー対策をとってはどうか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)高齢者や障害を持った方々に優しい、すべての人に優しい、ユニバーサルデザインに基づいた市営住宅としては、御承知のとおり、15年度から3カ年でシルバーハウジング24戸を建設、整備をいたしました。さらに、既存の市営住宅のバリアフリー対策につきましては、18年度から国において新たに創設された地域住宅交付金制度の採択を受け、住戸改善事業として、まず阿武隈住宅の階段施設の手すりの取りつけを含めた改修工事を行っております。
 なお、安全性確保の観点から、手すりの取りつけ方につきましては、限られたスペースの中で取りつけ場所の工夫を行い、救急救助活動や引っ越し等の際にもできだけ支障とならないような配慮をいたしております。今後とも、建築後30年以上を経過した住宅をまず対象に、順次計画的に同様の住戸改善を図っていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)わかりました。前向きの答弁をいただきましたので、これで終わりたいと思います。
 2点目は、連帯保証人についてです。
 岩沼市営住宅条例には、設置の目的として第3条に、「住宅に困窮する低額所得者等に低廉な家賃で住宅を賃貸し又は転貸することにより、市民生活の安定と社会福祉の増進を図るため市営住宅及び共同施設を設置する」とあります。さらに、連帯保証人については、第10条第1項で「入居予定者は、2名の連帯保証人を立てなければならない」と。2項では「前項に規定する連帯保証人は、市内に居住し、独立の生計を営み、かつ、入居予定者と同等以上の収入を有するもので、市長が適当と認めるものでなければならない」とあります。「ただし、特別の事情により、市内に居住する連帯保証人を立てることが困難な場合は、市長の承認を得て、市外に居住する者を立てることができる」とあります。
 現在、他人の方といいますか、他人に保証人になっていただくのは本当に厳しい状況であります。そうしますと、親戚の方に頼るわけでありますが、やはりエリアが狭まりますので、市内にだれもいらっしゃらないという方もいるわけでございます。伺うところによると、当市は緩和策をとっておりまして、必ず2人が市内にいなくても、1人がいれば対応しているという話も伺ったわけでございます。
 私なりにほかの市町村を調べました。そうしますと、角田市などは2名の連帯保証人なんです。原則、市内に居住するということはあるんですけれども、どうしても2人とも市内にいない場合には、弾力的に市外2人でも認めていると言うんですね。名取市も同じでした。多賀城市も同じでした。特に、多賀城市などは市内というふうに決めないで、多賀城市、仙台市、塩釜市、七ケ浜町、利府町、松島町というふうに、近隣の市町村で保証人になればいいというふうに規定しているんです。そういう意味から、現在、岩沼市は、1人は必ず市内でなければいけないと。そうでないとお断りしているという現実がありました。
 そこで、他の市町村の状況も改めて紹介させてもらいましたので、基本的には市内にいる方を探してもらうのはもちろんのことなのですが、どうしても探してもいないという場合には、市外の部分に関しても認める緩和策をとってはどうか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市営住宅条例におきましては、入居予定者は2名の連帯保証人を立てて、連帯保証人は市内に居住し、独立の生計を営み、かつ、入居予定者と同等以上の収入を有する者と規定しております。これは御紹介いただいたとおりであります。2人連帯保証人を立てることが困難な場合は、1名については市外居住者を連帯保証人として認めるということで、ただし書きを適用して運用していると。しかし、それでも市内居住者で連帯保証人になる方がおられない場合につきましては、運用マニュアルを制定して、災害に遭った場合とか、土地収用法等の事業認定による住宅の除却を受けた場合とか、あるいは、建築基準法に基づいて危険建築物と認定を受けた場合などは、弾力的に運用するということにいたしております。
 しかし、御指摘をいただいておりますように、それでもなかなか大変だということは確かにあるわけであります。市といたしましては、できるだけルールどおりやっていただきたいというふうに思いますし、余り申し上げては何でありますが、最近、特に、家賃の滞納ということもふえてきておりますので、できるだけ市内居住の方が連帯保証人になっていただく方が、そういった場合でも対応しやすいのかなと思っております。ですから、できる限り本則のルールを適用すべきではありますけれども、公営住宅の目的あるいは本来の利用等を踏まえつつ、他にすべがないなどの場合については、やはり血の通った対応は必要だということで、そういったことで指示をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)今の答弁の中での、確かに滞納の問題もありますので、お願いしやすいのには保証人がいるわけですので、なるべく岩沼市に近い方にというのはわかります。それで、本当にどうしてもいない場合、探しても探してもいない場合には、その部分も該当するような雰囲気の答弁をいただいたわけですが、今いただいた答弁は、きょう、今の段階から、市長のただし書きの該当の条項に入れていただくのかどうか、その件をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)改めて法令とか条例という条文について当たらなければなりませんので、今この時点でと言えるかどうかわかりませんが。あるいはまた、いろんな交付手続などを必要とする改変をしなければならないとするならば、一定の時間は必要かなと思いますが、せっかくでありますので、できるだけ早く弾力的運用ができるように努力はしたいというふうに思っております。(「終わります」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員の一般質問を終結いたします。
 15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔15番五十鈴川みよ子議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)通告に従って、2項目について一般質問をいたします。
 まず最初に、男女共同参画についての一番最初の項目ですが、憲法で掲げる男女平等に対する見解を伺いたいのですが、憲法には、まず最初に、すべての人に基本的人権を保障するという11条の項目。個人として尊重されなければならないということをうたった13条。そして、14条では性による差別を禁じた条項があります。24条には個人の尊重と両性の平等を基本とする家族関係のあり方をうたっています。男女平等の直接の条項は24条だと言われていますが、私は、11条も13条も14条も24条も男女平等を掲げうたったものだというふうに思っています。この憲法の条項を市長はどのように考えているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)五十鈴川議員がおっしゃるとおりだとまず思います。おっしゃるとおりで終わってしまうわけにはいきませんのでお話しをさせていただきますと、法のもとの平等を定めて、その中で、性別による社会的・政治的・経済的差別を禁止するということと同時に、参政権について、当然のことながら、性差別を禁止したと。そしてまた、家族に関する法律については、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならないということで、憲法でそう定められているわけでありまして、行政も含めて、すべての人たちは、そういった方向で憲法を尊重して努めていかなければならないということは当然なことであります。
 ただ、私は、実は余り勉強したことはないんですが、憲法を制定する制憲議会において理解された男女の本質的平等というのは、今考えているのとやや違うのではないかと。当然のことながら、男女の役割の差異があるとか、役割分担があることは自明のものであるといったようなことを、当時の司法大臣とか、あるいは小委員長を務められた芦田均氏が述べているわけでありまして、そういう意味では、今日的に考えますと大分古い考え、つまり、形式的平等を定めているんだという解釈につながっているということでありますが、私は、やっぱり実質的な平等を必要としているのではないかというふうに思うわけであります。ですから、当然のことながら、合理的な差別、区別は容認されるんだということをよく言われるわけでありますし、判例等でもそういう判決が出ていることはよくわかるわけでありますが、改めて今、男女共同参画という中では、形式的な平等ということではなくて、本質的な平等を求めて、そういった立場に立って行政施策は講じていく必要があるのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)市長の考え方については、11条も13条も14条も24条についても、個人の尊重や両性の平等ということで基本的には考えているということですが、私は、この憲法が尊重されて、名実ともに男女平等がきちんと実生活の中でも繰り広げられていくということが本当に必要だと思っているわけです。今まではそうではなかったので、いろいろな弊害が出てきているということも、市長が言われたとおりです。
 この24条で家族とか共同体の価値を重視する余りに、ここのところの観点から見直すべきだというふうに言っている人たちがいるわけなんですけれども、市長はその辺をどのように考えていますか。24条についてだけで。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)24条にあるとおり、個人の尊厳、そして、両性の本質的平等に立脚して、例えば、家族に関する法律は制定されなければならないということでありますので、当然のことながら、本質的平等に立脚しなければならない。それを余りにも形式論的にとらえて形式的な平等だけを求めてはいけないと。今の法令等の考え方としても、本質的平等を目指すような形で進められているのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)この24条だけに限らないで、憲法そのものを変えたいと思っている勢力がいるわけでありまして、安倍総理などは今最大の意欲をもってここに集中しておるわけで、私は、ここの条項のところをきちんと守り尊重しないということは、人権を尊重しないということにもつながるというふうに思っているわけであって、それを本当に美しい国を標榜する安倍首相が言うのかどうかというのは大変疑問です。
 今、大変活躍している編み物研究家の広瀬光治さんという男性の方がおりますけれども、この方は小さいときから編み物が大好きで、けれども、周りからは編み物というのは女の子がやるべきものだから編み物なんかしない方がいいというか、するのはおかしいと言われて育ったようです。でも、大変関心があって、結果的には編み物研究家になったわけですけれども、その人が、大変関心を持っていることとか自分が本当に好きなことを自分らしく生きるためにも選択したというような言い方をしていました。それから、高橋尚子さんにしても、有森裕子さんにしても、今、スポーツ界で大活躍の女性のマラソンランナーですが、前は、体力がないから42キロは走れないからということで、女性は半分のハーフマラソンにしか出られなかったという、そういう状況があります。今はスポーツ界でも経済界でもいろんなところで女性が活躍している。それはやっぱりここの憲法に立脚しているからだというふうに思っています。女だからとか男だからとこだわらないで、本当に個人のやりたいことや、関心や思いを十分大事にして個性や能力を発揮すると、それが本当に大事だというふうに私は思います。
 そのことを言って2に入ります。
 現代日本のジェンダーをめぐる問題についてですが、バックラッシュの背景にあるものは何なのかなというふうに思っているわけですけれども、第2次大戦後に、多くの国々で男女平等の理念に基づく法律等の整備がずっとされてきたんですけれども、なぜか実際には、男女平等の世界が、あるいは男女平等を尊重した社会が築き上げられていない。
 1911年の6月に、東京の駒込の小さい家に女性5人が集まって、平塚雷鳥(らいてう)が代表になって青鞜社をつくりました。そして、3カ月後に、「青鞜」という、ブルーストッキングという本を出したんですけれども、そこのところの趣意書に平塚雷鳥はこういうふうに書いたんです。「婦人もいつまでも惰眠をむさぼっているときではない。早く目覚めて、天が婦人にも与えてある才能を十分伸ばさなければならない。ここからすぐれた女流天才の生まれ出ずることを望み、かつ、信ずる」と。私たちなどはこれを見たとき、若いころでしたけれども、本当に感激もしました。そして、青鞜の創刊の辞のところに、大変有名な「元始女性は太陽であった」から始まる言葉があります。
 こういうことからずっと歴史を考えたときに、私たちの運動が今にもずっとつながってきていると私は思っているんです。けれども、なかなかそうはいかない。男は外でばりばり働いて妻や子供たちを支えていくと、それから、女性は家の中で家事をやっていくと、そういう性別の役割分業を考えている人がたくさんいるわけですよ。だから、いつまでたっても男は責任のある仕事、女性は補助的仕事。それから、男性は昇格も昇給もあるけれども、女性はなかなかそうはいかない。女性は男性の給料の半分と。実際、今社会的にそういうふうになっていますでしょう。このような差別を支えているのは、女らしさ、男らしさというふうに断定しているところにやっぱりあるんですよ。断定すると、広瀬光治さんもいない、高橋尚子さんも有森裕子さんもいないということなんですよ。だから、そういうのではないんだということです。
 ようやく憲法に基づいて男女平等が具体化されるかなと思ったらば、バッシングですものね。2000年ごろからですよ、バッシングが始まったのは。ジェンダーフリーという言葉が徐々に国民の皆さんに知れ渡るようになったころに、この流れを押しとどめようとする強力な勢力ですよね、バックラッシュがここからやってきたわけです。そういう意味からすると、このバックラッシュの背景にあるものは何なのかと思うんです。市長はどのように考えますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私は、元始ではなくて、今でも女性は太陽だというふうに思っておりますので、むしろ、バックラッシュなどということは全然考えられないわけであります。ただ、レーガン大統領のときに、揺り戻しというか、後退をしたというときに、バックラッシュという言葉が使われるようになったというふうに聞いております。日本でも、残念なことではありますが、男らしさ女らしさということを余りにも強調し過ぎたり、役割分業、分担だということが強調されたりする中で、極端にいったと。ですから、例えば、ひな祭りとか、そういった伝統文化は否定するのかと。全然そういう意図はないわけでありますが、そういったような、言葉が悪いんですけれども、難癖をつけるといったような形で、条例とかといった中でも反対をするという意見が出たということでありまして、そういう意味では、非常に残念なことでありますし、これはすべての男性に当てはまるということではないわけでありますが、一部男性においてはそういった考えを持っている人がいまだにいるということであります。
 非常に残念ことだと思っておりますが、岩沼市では、そういう意味では、男女共同参画に向けて、歩みは決して早いわけではありませんが、一歩一歩着実に進めていかなければならないと思っておりますし、当然のことながら、役所の中でも、もちろん女性の管理職というのは非常に少ないわけではありますけれども、決して女性にチャンスを与えていないとかということではありませんので、これからは、なお意識して、役所自体も、さらにまた岩沼市全体としても、そういったことで、本当の意味の男女共同参画が一日も早く実現するように努力はしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)総括的にお答えいただいた。私が聞いているのは、バックラッシュの背景にあるものは何ですか、何だと思いますかと。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)五十鈴川先生にテストを受けているような感じがいたすわけではありますが、背景というのは、私は岩沼市ではバックラッシュはないと思います。ですから、お答えを私が求められても実は困るわけではありますが、一般的に言われているのは、男らしさ女らしさを余りにも強調するとか、あるいは、男はこういうんだ女はこういうんだというふうに、古い考えといったらいいか、凝り固まったような考えでやるということ。それを披瀝して、また、それについてそうだという一定割合の人たちがいて、バックラッシュが起こっていくというふうに思いますので、そういうようなことは絶対あってはいけないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)日本の歴史的な、社会的な形成の中にも私はあると思うんですよ。そして、男女共同が本格的に進んだときに、福祉国家をつくっていかないとだめなんですよ、やっぱり。そういう意味では、お父さんが働いて家族を養っていると、そういうのが崩壊をして、共働きになり、核家族になったりすると。今の現象もありますが、介護制度ができたのはそこのところから来ているんだと思うんですよね。要するに、核家族になって、高齢者が多くなったときに、じゃお嫁さんや女性が仕事をやめて介護をするか、そうするしかないということで、女性にだけうんと負担がかかるということでは、そうではだめなので、やっぱり福祉的な、社会保障的なものをしっかりと整備していかなければならないという福祉のニーズが高まってくるわけです。共働きになれば、もちろん学童保育も保育所の充実もしていかなければなりませんので、福祉のニーズがしっかりと高まってくるというのと並行してきているというふうに私は思うんですよ。そういう意味では、福祉には金をかけない、高齢者にお金をかけると枯れ木に水をやるようなものだなどと自民党のある人が言いましたけれども、そういう観念で見ていると。結局は、市場主義で、元気な人は、強い人はどんどんどんどん強くなる。ますます強くなる。弱い人はますますますます弱くなる。だから、今で言う格差社会が出てくるわけです。では、政治的にそういう人たちが何と言っているかというと、新自由主義という勢力だというふうに今言われているわけです。そういう考え方が根底にあるのではないかと私は思っているわけです。
 市長は、私が今試験をやっているみたいだと言ったけれども、私は一般質問だから市長にしているんですよ。だから、市長の見解をとっているわけです。けれども、岩沼にはそういうのはないよと。でも、バックラッシュは本当に残念で仕方がないと言われましたけれども、本当にそうだと私は思うんです。ただ、このバックラッシュの根底にはそういうところがあると私はうなずけるわけですけれども、市長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)憲法で高らかにうたっているわけでありますが、私、実は、制憲議会の様子をできるだけ細かく知ろうと思ってちょっとだけ勉強したことがあるわけでありますけれども、生物学的差異はもとより特性上の差異の存在も当然のことと、当時のほとんどの議員が理解したと。男女には役割の差異があり役割分担があるということは自明のことであると。これは女性議員のほとんども同様な見解であったという話があります。ですから、その意味では、形式的な平等だけを求めたという当時の背景があって、そのことがやはり影響していないかなと私は実は思っているところもあります。
 しかしながら、そのことは別といたしまして、経済の状況とか、あるいは政治の状況とか、いろいろなことが影響して、いわゆるバックラッシュが起こってきたということも各地であるわけでありますので、そういったことがもちろんないようにしていかなければなりませんし、その根底には、今御指摘をいただきましたような点は、残念ながらあるわけであります。私といたしましては、例えば、我々が幸せを求めてより住みよい社会というのは、簡単な言葉で言えば、福祉社会、福祉国家ということであると思います。そういった福祉社会、福祉国家、福祉市を目指してこれからも努力していかなければならないと思いますが、そういった施策、方向性を具現化していくためには、当然のことながら、女性の皆さんの力、考え、経験、知恵といったものを十分生かさなければ実際のところはできないわけでありますので、そういった意味では、本当の意味の男女共同参画がなければ福祉国家はできないということは、私もそう感じておりますので、バックラッシュというようなことがないようにしっかりとやっていかなければならないなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今市長の話を聞いて安心しましたが、先日、議会事務局の私のボックスの中に日本時事評論……、私は今まで男女共同参画の一般質問をずっと繰り返してきましたし、あと、布田恵美議員がずっと今までやってきましたので、するつもりはありませんでしたけれども、日本時事評論という、A4判のやつなんですけれども、みんなのところにもきっと入っていると思うんですが、ここに、千葉県の市川市の男女共同参画社会基本条例と、それからジェンダーフリー条例、男女平等基本条例の比較が入っていたために、本当に根本的なことをただしていかなければだめだということで、今回一般質問をやろうということで上げたわけです。
 こういうものなんかもどんどんどんどん、だれだかわかりませんけれども、岩沼にどのくらい来たかわかりませんけれども、私のボックスに入っていたと。千葉県の市川市というのはバックラッシュも大変なところでしたので、そういう意味では、岩沼にも実際あると。みんな一人ひとりの考え方や気持ちの中にはなくとも、実際、こういうので攻撃をかけてきているというのはやっぱり言っておかなければなりません。それから、もう一つは、バックラッシュの勢力というのは、今さっき言ったような24条の見直しをやると。教育基本法は去年の12月に改正されましたけれども、教育基本法を変えろ、憲法を変えろ、歴史教科書の見直しをやれという勢力と名前が重なっています。そういう意味からしても、大変政治的なものだと思ったものですから、私は一般質問に上げることにしたんです。
 そういうことをわかっていただいて、教育長にお伺いします。
 次の、学校現場におけるバックラッシュをどうとらえているのかということですけれども、教育現場においても同じことが今各地で行われています。1966年に日本教職員組合の教研集会で家庭科の分科会を発足させたんですよね。家庭科の分科会です。そして、74年には家庭科の男女共修を進める会を発足させたのです。家庭科に焦点を当てたのです。それまでは、男子は体育、女子は家庭科というふうに男子と女子の教育の中身を変えていたんです。それをここのところで、男子も女子も家庭科を一緒に学習させた方がいいということで発足させたんです。私は、家庭科というのは、人間の毎日毎日の生活に関することですから、男性の方も女性の方も学ぶ必要があるという家庭科の共修運動は、この時点で発足させてもらってよかったなと思っているわけなんです。そして、その後に、自主的な教育実践が長野とか京都で始まってきているわけなんですけれども、そういう意味では、家庭科の位置づけがここで重視されたということなんです。
 男女別の教育課程というのは、差別であると述べている……、国連で女子差別撤廃条約の批准をしましたけれども、これがきっかけになって、男子も女子も生徒は家庭科を習うというのが出てきたわけです。そういう意味からすると、性教育もそうですけれども、1982年の人間と性教育研究協議会が設立されて、その後、性教育が全国的に急速に広まったわけなんですけれども、でも、しかし、2000年にバックラッシュが起こりました。例えば、家庭科の教科書を見直す、性教育は寝た子を起こすようなものだからやめろ、混合名簿はおかしい、そういうバックラッシュが2000年あたりから始まりました。そのことについて、教育現場におけるバックラッシュを教育長はどのようにとらえているかお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)どのようにとらえているかということでございますが、ジェンダーフリーの意味のとらえ方から端を発しまして、実態調査やその結果から、学校における伝統行事の否定、あるいは、発達段階を踏まえない同室着がえや同室宿泊、男女混合騎馬戦等の事例が報じられました。これらの事例がジェンダーフリーの考えに起因しているということでバックラッシュする動きがありまして、全国には混乱している学校もあると認識しております。
 ただ、岩沼市では混乱しておりません。基本的には、今おっしゃった家庭科あるいは性教育、混合名簿については、一つは、発達段階に応じてやらせておりますし、また、安全面を考え、あるいは子供の意識を考え、嫌がることはやはりしたくございませんね。例えば、小学5年生で合宿訓練がございます。蔵王少年自然の家に行っているわけでありますが、同室ではございません。これについては、発達段階、子供の思惑といったものをかんがみながら行っているわけであります。それと、もう一つは親の思い、これもしっかりと聞きながら行っているところでありますので、心配は御無用でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)家庭科の教育というのは、毎日毎日生活をしていく上で欠かせないことが含まれる学習内容ですので、私は生きるために必要な教科だというふうに思っているわけです。今、団塊の世代の方たちが退職をして、何もすることがなくて、奥さんからは「うちのお父さんはテレビの前から全然動かない。御飯は三度三度上げぜん据ぜんで食べて本当に困る」という意見なども。団塊の世代の方たちは、意識をしないと台所に入らなくともいいという教育を受けたわけです。そういう意味では、毎日毎日の生活の学習というのは身をもって大事だというふうに思っているわけです。
 岩沼市内においての教育は、性教育についても、混合名簿についても、それから家庭科の教育についても、ずっとやっておられるようなので大変安心していますけれども、この流れを押しとどめようという人たちもたくさんおられるわけで、憲法をしっかりと守るという状況からすると、今の家庭科教育や岩沼市内の学校の現場でやられている教育をしっかりとやっていただきたいということを申し上げておきたいと思います。
 次に移ります。
 3の(仮称)男女平等促進条例の制定に向けてということですが、私は、6年前、平成13年に男女共同推進についての質問をしています。私は、条例をちゃんとつくって具体的な取り組みをした方がいいよというふうに言いました。それから、相談窓口をきちんと設けて女性の人権を守ってほしいということなども言いましたらば、そのときに、どういうふうに井口市長が答えたかといいますと、市長はこう答えているんですね。「男女共同参画社会の実現に向けての具体的な方策を一つ一つとっていく方が、名をとるより実をとる格好になるのではないかと思っております。今、条例を制定してきちっと具体的な取り組みをする方がいいという御指摘でございましたので、改めて検討する」と。窓口の設置についても、これも検討しますということを言っているんですけれども、その後、布田さんも質問をしていますので、現在の到達についてお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)平成13年6月議会で御質問をいただいて、私も当時の答弁書を見させていただいているわけでございます。男女共同参画社会の促進ということにつきましては、当時もお答えをいたしているわけでありますが、新総合計画の中で、男女平等の意識を啓蒙し、男女が平等に参画できる社会の充実を図るということで、その方向に向かって一歩一歩取り組んでいるところでございます。
 相談業務を所管するさわやか市政推進課にまず市民参画係を配置し、男女共同参画社会実現のためには、まず意識改革が重要であるということで、これまで、講演会を開催したり、あるいはフォーラム、そしてまた、意識改革は地域からということで、地域のリーダーを養成するための勉強会等を開催してきております。
 相談体制についてでありますが、人権相談、心配事相談によって対応いたしております。特に、心配事相談員につきましては、18年度より男女共同参画関係相談の研修を受講して対応に備えるということでやっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)相談窓口についてはわかりました。研修を重ねて、それの対応を進めているということでしたけれども、条例制定については、今やる時期に来ているのではないかと私は思っているんですよ。というのは、早ければそれにこしたことはないんですが、あのときは、まず何がやれるのか岩沼で具現化、具体化しつつ、そして、条例制定も考えるとかというふうにお答えいただいたような気がするんです。審議委員への女性の登用だとか、市職員の役職への登用だとか、ずっと言ってきましたけれども、私は、条例制定をして、事業をやる上での土台に条例はなるというふうに思っているわけです。だから、そういう意味では、おくれているとは言いませんけれども、岩沼としての条例制定の時期に来ているというふうに私は思っているんです。岩出山町では随分早かったですよね。名称も私が大好きな男女平等推進条例でした。男女共同参画条例ではなかったですよ。佐藤仁一町長でしたけれどもね。そういう意味では、岩沼は、市として、今、条例制定をする時期でもあるのではないかなと思っていますけれども、条例制定をする意思はあるのかどうかお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)条例を否定しているということは当然ありません。ただ、13年6月議会でもお答えをいたしておりますが、条例制定よりも、あらゆる分野への男女共同参画を促進させる観点から、まずはできることから行いたいというような答弁をさせていただいておりまして、当時も、例えば、各種審議会委員等への女性の登用といったようなお話をいただき、その関係についてもお答えをしたわけであります。歩みがのろいという指摘を受けるかもしれませんが、例えば、審議会等の女性の占める委員の割合というのは、県内ではトップクラスに今なってきているということでありますし、また、市民の皆さん方の意識も高まってきているということでありまして、勉強会、講座等で学習をし、そして、リーダーづくり等も進めつつあるわけでございますので、そういう意味では、条例制定につながる仕組みづくりはしっかりと取り組んでいっているわけでございますので、当然のことながら、次の段階におきましては、条例制定ということに向かうのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)ここ6年でさまざまなことをやってきましたし、講座も毎年してきたし、そういう意味では、審議会だとか、そういうところへの登用なども結構進んでいるというふうに思います。だから、進んでいる状況だから、条例制定をしてもいい時期ではないかと私は言っているんです。条例制定を否定はしていないというわけであるから、では、いつごろまでに制定しようかというふうに考えているわけですか。それは全然考えていないわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いずれ制定はしなければならないと思っておりますが、その時期につきましては、またいろいろと御意見をいただきながら考えていきたいと。ただ、せっかく五十鈴川議員からお話もいただいておりますし、大分高まってきているということでありますので、できるだけ早いうちに条例化できればなと思っております。そのためのいろいろな条件等をしっかりと整備していきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)条例制定したからそれでいいということではありませんので、私は仮称を言っているわけですけれども、岩沼らしい男女平等促進条例をしっかりとつくって、そして、男女平等を推進していただきたいというふうに思っています。1項目めは終わります。
 2項目めは、消防力の整備・充実ということで3項目にわたって質問します。
 消防水利の現状と今後ということの中で、防火貯水槽の耐震性の今後の取り組みについてお伺いしますが、火災が発生すると、初期消火によって消火しなかったときには消防活動を行うわけですが、このときに、消防署の位置だったり、風の向きだったり、それから消防自動車の能力だったり、消防水利がどこにあるか、近くにあるかどうかということで違うわけですけれども、国の消防水利の基準では防火貯水槽の国の基準はないんだけれども、岩沼市の管内における消防水利の整備の中の一つに貯水槽の耐震化と。平成12年度につくった防災計画がありますが、随分たつんですがその後はつくっていないようなのですが、このときの防災計画を見ると、防火貯水槽の耐震性は13カ所、耐震性以外のところは11カ所と記載されてあります。この数字というのは、岩沼市内の面積でどういうふうな意味を持っているのかなと思いますけれども、この13カ所と11カ所のところから、その後ふえたとか、ここは壊れたとかというふうに変更になったところがあれば教えていただきたいし、今後どういうふうに取り組むのかということも教えていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)防火貯水槽の設置状況については、平成19年の3月1日現在で26カ所設置されております。その中で、耐震性を有する防火貯水槽については16カ所となっております。
 今後の取り組み方についてということでありますけれども、まずもって、耐震性を有しない防火貯水槽については、現在10カ所あるわけでありますけれども、その部分については、老朽化や漏水等に伴う整備、あるいは移設等の必要が生じた場合に、耐震性を有する防火貯水槽を設置したいと考えております。そういうことで、今後の防火貯水槽の計画については、消火栓と自然水利など、消防水利として重要なものでありますから、今後においても計画的な整備を進めてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そうすると、12年につくった防災計画よりも耐震性の部分では3カ所多くなっているということがわかりました。もちろん、消防水利は貯水槽だけではありませんので、地域的にどうかということは、消火栓とのかかわもありますけれども、防火貯水槽の26カ所で、今後、貯水槽を設置していかなければならない地域はあるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)現在、26カ所の防火貯水槽を設置してあるわけでありますけれども、その区分については、中央部が15基、西部地区においては7基、東部地区においては4基という現況になっております。そういうことで、防火貯水槽については、限りなく高い確率で宮城県沖地震が発生すると予測されていますから、そういう部分においても、市街地ばかりではなくて、東部、西部の密集地についても、当然、防火貯水槽の設置ということで計画していかなければならない部分があるものですから、玉浦、東部地区において今4カ所なものですから、東部地区の密集地にも今後計画していこうという考えでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)先ほど耐震性貯水槽とそうでない貯水槽の話がありましたけれども、当然、これから設置されるだろう東部の貯水槽にしては耐震性でいくということを確認させていただいてよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)はい、結構だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)中央が15カ所で、西部が7カ所で、東部が4カ所で、東部は不十分だという今御答弁をいただいたのですが、東部のどこの目標を立てながらふやしていくわけですか。何基というか、何カ所にするわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)東部の設置計画につきましては、まだ全体的な計画は出ていないんですけれども、4カ所の設置箇所については、里の杜が3カ所、矢野目地区に1カ所ということで、玉浦地区についてはこの4カ所ということであります。そういうことですから、当然、各行政区単位に計画ということの考えからすれば、詳細については、今後、消防力の基準に沿って消防水利を計画するということなものですから、もう少し時間を要するのかなと、そういう考え方でおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)国の基準で消火栓の距離などは決まっていますけれども、大地震とか大災害が起こったときに、消火栓が使えないということが、使用不可能になったということが全国各地で起きています。ですから、消火栓に頼ることだけではなくて、防火貯水槽が大変大事だということが今言われているわけですので、そういう意味からすると、やはり計画を立てながら、地域に偏ることなく市内全域について設置すべきところは設置していくという計画を立てるべきだと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)議員おっしゃるとおり、市内全域を網羅できるようにという前提のもと、設置計画を立てていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)次に移ります。
 (2)消火栓の耐震性の今後の取り組みについてですが、地上部に出ている消火栓と地下に埋設してある消火栓とがありますけれども、これを見ると 880カ所、地下式が 815カ所、地上部が65カ所で 880カ所となっていますけれども、これの耐震性というのがあるかどうかわかりませんが、地下式のやつについてはそういう要素が含まれているということなんですが、地上部の消火栓については、今後そのままにしておくのか。それとも、壊れたりぶつかったりなどしたときに、修理のときに地下に移すのか。その辺も含めて、地下にある消火栓については耐震性があると言われていることもあって、今後の取り組みについてお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)現在、水道消火栓については、 909基の水道消火栓が設置されております。その内訳といたしまして、地上式が78基、地下式が 831基となっております。
 この消火栓、水道配管の本管から立ち上げられている部分でありますけれども、消火栓部分については、鋳鉄性の耐震性を有する品物ということで認識をしております。それで、地上式についてはどうなのだということでありますけれども、地上式の78基については、道路の側面ですか、そこに道路より40センチか50センチぐらいの高さに設置してあるものですから、当然、交通量が多いところにおいては、事故等で破壊されることもしばしば発生しております。そういう部分においては、水道事業所の方と連携をとりながらすぐ修繕ということに入るわけでありますけれども、そういう部分についても、地上式から地下式の方に転換しております。今後についても、そういう部分も踏まえて、できるだけ地上式から地下式の方に移行していきたいという考え方であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)次に移ります。
 空き家、空き地の火災防止のための指導、援助をどう行っていくかということですが、空き家にしても空き地にしても個人所有のところがほとんどです。つい二、三カ月前に吹上でも火事がありまして、その後また火事があったということで、周辺の住民から不安の声が聞かれています。そういうことで、空き家の調査を行っておりますけれども、空き家の調査を行った上で、個人所有ですのでどういう指導、援助ができるのかということは私もわからないわけなんですけれども、どういうふうに考えているのかをお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)空き家対策でありますけれども、空き家対策については、消防法で設置しておる防火対象物、事業所なりが対象物となっておりますけれども、この部分について、昨年10月5日と12月7日に所有者の立ち会いのもとに空き家の調査をしております。その中で、当然、空き家なものですから、一般人の侵入防止対策と周囲の燃焼のおそれがある物件の除去等について、所有者、管理者等に指導しております。
 一般住宅の空き家はどうだということでありますけれども、一般住宅については、消防団という組織があるものですから、市内全域 350名の団員、それから町内会等と連絡を密にしながら、空き家ということで認識されれば、消防の方にその情報をもらいまして、その情報のもとに、所有者に火災予防上必要な措置を講じてもらうと。今後、そういう部分で指導をしてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)消防法に基づいて、塗料とかシンナーとか危険物の設置については届け出義務があって、きっと追跡調査もやっているとは思うんですが、危険物の追跡調査の結果、指導だとか、強制的な撤去だとかということもきっとあるでしょうけれども、吹上の場合はシンナーとか塗料が燃えたわけですよね。だから、とんでもない煙が出たということがありました。ああいうふうに空き家になった場合の危険物の処理の指導というのはどのようにしているのでしょうか。空き家になった場合の危険物、塗料とかシンナーは危険物ですから、その指導というのはどういうふうにしているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)消防法で定めている防火対象物の事業所であれば、消防法に沿って定期的に予防査察をして、危険物の種類によって指定数量があるわけでありますけれども、その時点でその数量より多く所持している場合においては、危険物規制に基づいて届け出を出してもらうということなものですから、当然、消防で内容を掌握している部分でございます。それで、もしその事業所が操業をやめて空き家になったということで、そういう部分で承知できれば、そこで立入調査を実施いたしまして、所有者、管理者等にその危険物の撤去という形で指導しているところであります。
 今回のエコー電気等については、消防の方では危険物の貯蔵というのは承知していません。そういうことで、今回の火災になった時点において、保管していた危険物が燃え上がって黒煙が発生したという状況かと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)危険物の所有量によって、少量であれば、申請も、それから追跡調査もしないということですが、そういうふうになると、地域の消防団とか、町内会とか御近所の方たちの目というものが本当に大事になってくる。そうすると、そういう人たちから、こういう状況はこういうふうになっているよという意見があって、ようやくどうしようかと考えるということになるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(星徳雄)当然、消防だけでは、届け出がない事業所、空き家については、内容を掌握することがなかなか困難な場合があります。そういうことで、消防団なり地域の方々からそういう部分に対しての情報をもらえれば、すぐ措置ができるということであります。そういうことですから、そういう情報があれば、消防の方に御一報をちょうだいできれば、すぐ指導に入るということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)次に移ります。
 消防職員の充実についてです。いよいよ消防庁舎が新しくなって、目に見えてきたなと思いましたけれども、これに関連して、救急体制だとか通信体制がより充実するのではないかと、消防業務なども充実されるのではないかと思いますし、より高度で確実な業務をやってもらわなければなりません。また、そういうことが要求もされるというふうに思います。防災センターを兼ね備えた新消防庁舎ですので、防災課も含めて、防災センターの運営もしていくのではないかと私などは思っているわけなのですが、それにしても、消防職員の職員増をやっていかなければいけない時期に来ているのではないかと思っています。条例定数が今は50名ですけれども、消防力指数基準は 110名を超えているということも考えたときに、今度1人退職して46名になるわけですから、その補充をしっかりと行っていく必要があると思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、現有人員はできるだけ確保したいというふうに思っております。しかしながら、採用試験も行ったわけでありますが、完全に4人補充するというところまではできないわけでありますので、1人ぐらいは欠員が生ずるのかなと思っております。欠員を生じないようにするためには、いわゆる有資格の職員の再配置ということも緊急対応で考えられるわけではありますが、しかしながら、まず現職員でしっかりと消防災、救急活動等に対応していかなければならないと思っております。
 しかし、今後、さらに出動件数等はふえてくるというふうに思われるわけでありますし、救急業務にしても、あるいは通信業務にしても、それぞれ専門化あるいは高度技術化といいますか、当然のことながら、専従化という方向が望ましいと思われます。新庁舎完成のころがタイミングだというふうに思われますので、職員の増員のための条例改正等につきましても十分検討していかなければならないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)わかりました。実は、この間の火事で、救急車が道路にとまっているのに、救急隊員が救急車の中にいず、周りの方は「救急車であそこの人を運ばなきゃなんないのに何で救急隊員の人がいないんでしょう」ということで大騒ぎしたという経過がありました。私は何で運ばないのだろうと思っていたらば、経過的には間違ってはいなかったんですが、救急隊員の方が救急車を要請した人のところに行って、落ちついたから救急車で運ばなくともいいですということで、何軒か隣に避難をして落ちついたと。だから、救急隊員の方は消防服に着がえて消火活動に当たったと、そういう経過がありました。そのときの話を聞いて、それはそれで、対応は間違ってはいなかったとは思うんですが、そのときに救急出動があったらどうしたのだろうとふと思いました。そのときは無我夢中であれだったんですけれども、後から考えたら、そのときに救急出動があったらと、もう1台はあったかもしれませんけれども、そういうふうに思ったわけです。だから、消防力指数で 113人だったですかね、の人数でいますけれども、条例定数が50名。それから条例をまた改正してふやすようになるのだろうとは思うんですけれども、そういう意味からすると、本当に専門性を持った方が必要なわけですので、そこのところは、消防職員の充足ということをきちんと考えた上で、市民の命を守るというふうにぜひ考えていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)職員全体としては、御承知のとおり、集中改革プラン等におきまして、職員の数を減らすということが全国的に取り組まなければならない状況であります。岩沼では最小限度でしっかりと行政運営をしていかざるを得ないという状況の中で、消防職員だけを増員するということはなかなか御理解いただけない向きもあろうかと思いますが、これにつきましては、議員各位は篤と御承知だと思っております。したがいまして、先ほど申し上げましたように、庁舎完成ごろをタイミングとして、どうにか増員ということで議会にお諮りをするようにしなければならないのかなと思っております。
 理由としては、もう申し上げるまでもなく、救急一つとりましても、今、救急救命士の養成も一生懸命やっているわけでございますが、救急救命を行うに当たっては、相当な知識とかが必要になってきておりますし、相当な訓練を受けていないと、なかなか十分な対応ができないということでありますので、当然、行く行くは専従化にしていかなければならないと思いますし、通信指令装置につきましても高度化をするという中で、専門的な知識、技術が必要とされるわけでございますので、これからは、そういう意味では、消防職員といっても、救急だ通信だといったような形で専門化していかなければならないというふうになってくると思います。そうなりますと、当然のことながら定数が不足するということでございますので、そのあたりはしっかり検討し、消防職員の職務が十分力を発揮できて、市民の皆さん方に迷惑がかからないような消防本部をつくるために努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私も新消防庁舎建設の機会がベターだと思います。そして、防災センターも兼ね備えるということもあるわけで、そのことを考えたときに、条例定数も変えなければならないわけですけれども、この機会にぜひ消防職員の増員を図っていただきたいということをお願いして終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を終結いたします。
 これをもって一般質問を終結いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は明日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さんでございました。
    午後3時42分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成19年6月8日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 佐 藤 一 郎

                   議 員 森   繁 男