議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第4回定例会(5日目) 本文




2006.12.14 : 平成18年第4回定例会(5日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、諸報告について事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。3件についてであります。
 第1、市長から、別紙お手元に配付のとおり、議案第83号の1件が追加議案として提出されております。
 第2、別紙お手元に配付のとおり、意見書案1件が会議規則第13条後段の規定に基づき議長あて提出がありました。
 第3、別紙お手元に配付のとおり、情報化対策特別委員会の閉会中の継続調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定に基づき情報化対策特別委員長から議長あて提出されております。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、16番渡辺真多議員、17番安住文彦議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 推せん第1号 岩沼市農業委員の推せんについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、推せん第1号岩沼市農業委員の推せんについてを議題といたします。
 市長から、中央部・西部地区推せん委員でありました星隆男委員が、一身上の都合により11月1日付で辞任した旨の通知があり、議会が推せんする後任の委員の推せん依頼がありました。
 お諮りいたします。後任の農業委員の推せんにつきましては、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により推せんによる方法とし、第2選挙区、中央部・西部地区から1人を議会が推せんする委員といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、選任の方法につきましては、そのように決しました。
 お諮りいたします。別紙お手元に配付の指名推せん名簿のとおり、議会が推せんする岩沼市農業委員とすることに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、指名推せん名簿のとおり、議会が推せんする後任の岩沼市農業委員とすることに決定いたしました。
       農業委員(第2選挙区)
      ┌───────┬────────┬────────────┐
      │ 氏   名 │ 生 年 月 日│  住      所  │
      ├───────┼────────┼────────────┤
      │大 元 一 顕│昭和9年11月13日│岩沼市中央四丁目9番13号│
      └───────┴────────┴────────────┘
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 議案第65号 岩沼市農業パイオニア援助条例を廃止する条例について
     議案第66号 岩沼市市民交流基金条例等を廃止する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、議案第65号及び議案第66号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第65号及び議案第66号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第65号及び議案第66号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第65号及び議案第66号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第65号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第65号岩沼市農業パイオニア援助条例を廃止する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第66号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第66号岩沼市市民交流基金条例等を廃止する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 議案第67号 岩沼市交流促進基金条例の制定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、議案第67号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第67号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第67号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第67号岩沼市交流促進基金条例の制定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第68号 岩沼市生涯学習振興基金条例の制定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第68号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第68号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第68号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第68号岩沼市生涯学習振興基金条例の制定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 議案第69号 岩沼市社会福祉基金条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、議案第69号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第69号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第69号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第69号岩沼市社会福祉基金条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 議案第70号 地方公務員災害補償法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例につい
           て

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、議案第70号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第70号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第70号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第70号地方公務員災害補償法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第9 議案第71号 岩沼市監査委員条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第9、議案第71号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第71号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第71号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第71号岩沼市監査委員条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第10 議案第72号 岩沼市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を
           改正する条例について
     議案第73号 岩沼市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条
           例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第10、議案第72号及び議案第73号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第72号及び議案第73号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第72号及び議案第73号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第72号及び議案第73号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第72号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第72号岩沼市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第73号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第73号岩沼市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第11 議案第74号 岩沼市特別会計条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第11、議案第74号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第74号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第74号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第74号岩沼市特別会計条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第12 議案第75号 宮城県後期高齢者医療広域連合の設立について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第12、議案第75号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第75号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第75号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)議案第75号に対して、反対の立場から討論をさせていただきます。
 この75号議案は、さらなる高齢者への負担増にかかわってくる制度の問題として議案が提案をされております。
 反対の理由は、最大の問題として幾つか挙げたいと思いますけれども、75歳以上の後期高齢者の医療給付費がふえればふえるほど保険料の値上げにつながると、そういうシステムになっているものでもあります。そのことが受診抑制につながり、健康悪化を招くというのが一つです。
 二つ目については、広域連合には議会の設置が義務づけられておりまして、各自治体から1人議員を選ぶということになっております。この間の答弁の中でも市長は、首長で構成する協議会を設置するようだということを言っておりますけれども、何せ住民の意思がなかなか反映できないシステムになっているというのが二つ目です。
 三つ目は、保険料の賦課や徴収についてなんですが、国保算定と同じように、応能割とか応益割が50・50になっています。08年の全国の平均は、激変緩和を含まないで考えると、新聞の報道などによると、保険料は平均すると月 6,200円になるだろうと推定されているということです。それも徴収するのには介護保険と同じように年金から引き落としになるというふうにシステム的にはなっています。それも大変な負担になるというふうには思っています。
 四つ目ですが、広域連合は独自財源を持っておりません。ですから、例えば、減免を行うというようなことがあっても、大変困難な事態になるのではないかと思っております。
 これらの四つの点を挙げて、この75号議案に対して反対の立場を明確にしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第75号宮城県後期高齢者医療広域連合の設立については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第13 議案第76号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第3号)について
     議案第77号 平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第78号 平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第79号 平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について
     議案第80号 平成18年度岩沼市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第81号 平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計補正予算(第2号)について
     議案第82号 平成18年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第13、議案第76号から議案第82号までの7件を一括して議題といたします。
 初めに、議案第76号に対する補足説明を求めます。吉田総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)議案第76号平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第3号)について補足説明を申し上げます。
 4ページをお開きいただきたいと思います。
 第2表繰越明許費でございますが、3款1項社会福祉費の高齢者福祉施設整備事業につきましては、社会福祉法人が整備いたします小規模多機能型居宅介護施設等に対し、国の地域介護・福祉空間整備等交付金による補助を受け、岩沼市もこの施設整備に対して補助を行うものですが、整備地の決定等に時間を要したため、社会福祉法人における工事着手がおくれたことに伴い年度内完了が困難となりましたことから、繰り越ししようとするものでございます。
 8款4項都市計画費の駅前市街地整備事業につきましては、国庫補助事業であるまちづくり交付金事業に必要な都市再生整備計画書の策定業務でありますが、地権者協議等に時間を要したための年度内完了が困難となりましたことから、繰り越ししようとするものでございます。
 5ページの第3表債務負担行為補正の追加でございますが、農業経営基盤強化資金貸し付けに伴う新たな利子補給の限度額を定めるものでございます。
 6ページをお開きいただきたいと思います。
 第4表地方債補正(変更)でございますが、空港整備事業、公営住宅整備事業及び義務教育施設整備事業につきましては、事業費の変更により、また、減税補てん債及び臨時財政対策債につきましては、発行可能額の決定に伴い、それぞれ限度額を変更いたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳入について御説明を申し上げます。
 10ページをお開きいただきたいと思います。
 1款市税1項市民税につきましては、税法改正の影響などにより、個人市民税を 3,976万 7,000円増額補正し、法人市民税につきましては、1号法人の課税標準額が当初見込みに対して大きく落ち込んだことにより、 8,638万 5,000円を減額補正いたすものでございます。
 2項、3項及び5項の固定資産税、軽自動車税及び都市計画税につきましては、滞納繰越分の収入増により、それぞれ 1,180万円、20万円及び 190万円を増額補正いたすものでございます。
 12款分担金及び負担金1項負担金の51万 4,000円につきましては、シルバーハウジング新規入居者の個人負担金の増額及び私立保育園入所者の変動等による保育料の増額でございます。
 13款使用料及び手数料につきましては、グリーンピア岩沼のプール、体育施設及び入浴施設の利用者増や緑地占用料の増により、 1,067万 4,000円を増額いたすものでございます。
 12ページをお開きいただきたいと思います。
 14款国庫支出金1項国庫負担金につきましては、私立保育園運営費負担金の増額及び小学校耐震補強に係る国費の交付金化等により、 1,355万 3,000円を減額いたすものでございます。
 2項国庫補助金につきましては、地域介護・福祉空間整備等交付金及び小・中学校の耐震補強に係る安全・安心な学校づくり交付金等の交付内示等により、 7,066万 9,000円を増額いたすものでございます。
 15款県支出金1項県負担金につきましては、障害者自立支援法施行に伴う、個人負担軽減措置として新たに取り組む社会福祉法人等利用者負担軽減に対する助成事業に対する負担金等により、 183万 4,000円を増額いたすものでございます。
 14ページをお開きいただきたいと思います。
 15款県支出金2項県補助金につきましては、朝日地区の丸沼堀改修調査事業の実施主体が市から県土地改良事業団体連合会に変更になったために、団体営調査設計事業費補助がなくなったこと等によりまして、 532万 1,000円を減額いたすものでございます。
 3項県委託金につきましては、来春実施予定の県議会議員選挙執行費の増等により、 109万 4,000円を増額いたすものでございます。
 16款財産収入2項財産売払収入につきましては、法定外公共物用途廃止後の土地の譲渡が確定したものとして 419万 6,000円を増額いたすものでございます。
 18款繰入金2項基金繰入金につきましては、4億 6,273万円という大きな金額を増額しておりますが、内容といたしましては、集中改革プランに基づく基金見直しにより廃止いたしました果実運用型基金からの全額繰り入れが5億 1,132万円に上り、これに今回の予算調整による財政調整基金繰入金の減額が 6,359万円、高齢者福祉施設整備事業に充当する社会福祉基金の増額が 1,500万円となっております。
 16ページをお開きいただきたいと思います。
 20款諸収入1項延滞金、加算金及び過料につきましては、市税の延滞金を 200万円増額するものでございます。
 5項雑入の 174万 4,000円の増額につきましては、市道において発生した事故に係る保険金及び廃止した農業パイオニア積立金でございます。
 21款1項市債につきましては、中学校債の追加や起債対象事業費の変更等により 2,360万円を増額いたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳出について御説明を申し上げます。
 初めに、人件費つきましては、各費目で補正をいたしておりますので、まとめて申し上げます。
 34ページをお開きいただきたいと思います。
 人件費につきましては、34ページの下から4段目の欄右側にありますように、市長等の三役に係る給与費及び共済費が4万 9,000円の増額であり、その他の委員報酬が5万 9,000円の増額であります。
 一般職員の給与費及び共済費は、退職、人事異動等に伴う精算によりまして、35ページの上の表比較の欄右側にありますように 6,379万 4,000円を減額しております。
 なお、内訳につきましては36ページ以降に記載をいたしておりますので、御参照いただきたいと存じます。
 戻っていただきまして、18ページをお開きいただきたいと思います。
 ここからは人件費以外の補正内容の主なもののみを申し上げます。
 2款総務費1項総務管理費につきましては、基金の見直しに伴う積立金として、交流促進基金に 5,000万円、財政調整基金に 1,070万 4,000円、公共施設整備基金に3億 4,857万 6,000円をそれぞれ計上しており、ほかに、6目企画費において、体育館屋根全面塗装等のためグリーンピア管理事業に 440万円増額補正をするものなどが主なものでございます。
 2項徴税費につきましては、差し押さえのための不動産鑑定委託料の増額に伴う組み替え補正でございます。
 20ページをお開きいただきたいと思います。
 4項選挙費につきましては、県議会議員選挙の投票日が来年4月初旬となる見込みにより、本年度中の支出経費を 108万 5,000円増額補正するものが主なものでございます。
 22ページをお開きいただきたいと思います。
 3款民生費1項社会福祉費につきましては、社会福祉法人等が行う障害者福祉施設利用者負担軽減に対する助成事業及びサービス利用者への個人負担に対する助成制度創設や過年度国庫支出金の返還等により、2目の障害者福祉費を 1,252万 1,000円増額補正し、また、社会福祉法人による高齢者福祉施設整備事業への助成費などにより、3目の老人福祉費を 4,831万 6,000円の増額補正をいたすものが主なものでございます。
 24ページをお開きいただきたいと思います。
 2項児童福祉費につきましては、私立保育園の運営費助成費の増などにより、4目の児童措置費を 430万 4,000円増額補正するのが主なものでございます。
 26ページをお開きいただきたいと思います。
 4款衛生費1項保健衛生費につきましては、後期高齢者医療広域連合負担金の創設により62万 4,000円増額、また、老人保健事業特別会計繰出金を51万 3,000円増額補正するとともに、保健センタートイレ修繕等に充てるため組み替え補正をするものでございます。
 6款農林水産業費1項農業費につきましては、丸沼堀改修事業の事業主体変更等により5目農地費を 475万 6,000円減額補正し、また、7目農業集落排水事業費において、前年度繰越額の確定及び人件費精算等により、農業集落排水事業特別会計繰出金を 875万 1,000円減額補正するもの等が主なものでございます。
 28ページをお開きいただきたいと思います。
 8款土木費2項道路橋りょう費につきましては、1目道路橋りょう総務費で市道において発生した事故に係る賠償金4万 1,000円を計上し、2目道路維持費及び5目交通安全施設整備事業費では、安全対策上、緊急性の高い市道7路線の舗装などの経費 1,000万円及び道路照明等経費 144万円を増額補正するものでございます。
 30ページをお開きいただきたいと思います。
 8款土木費5項住宅費につきましては、市営住宅の雨漏りなどに対応するため、修繕費として 360万 6,000円を増額補正するものでございます。
 10款教育費1項教育総務費につきましては、幼稚園就園奨励費に係る 768万 5,000円の増額補正が主なものでございます。
 2項小学校費及び32ページの3項中学校費につきましては、光熱費の不足等に対応するための組み替え補正並びに国庫支出金や市債の変更等に伴う財源補正が主なものでございます。
 4項社会教育費につきましては、基金見直しに伴う生涯学習振興基金への元金積立金として1億 374万 4,000円を増額するのが主なものでございます。
 41ページをお開きいただきたいと思います。
 41ページは、債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額及び当該年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。
 42ページをお開きいただきたいと思います。
 42ページは、地方債の前前年度末及び前年度末における現在高並びに当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を一括して行います。7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)2点についてお伺いします。
 まず1点目なんですが、繰越明許費、土木費の駅前市街地整備事業で 400万円繰り越しということになるわけですが、これの事業に係る内容。それから、繰り越しに至った詳しい経過を御説明お願いします。
 2点目、収入役が今月をもって満了となって、その後は置かないということになります。さらには、過日の議会において可決をしたわけですが、いわゆる助役1名が実質2名ということになっているわけで、1月1日から2名体制という話になっています。そこで、収入役の配置に伴っての減額があり、さらには、助役1名増に伴う分のプラスの歳出が出てくるわけですが、その辺の中身ですね、減額、さらには増額、その辺の詳しい中身について御回答を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)繰越明許の中の都市計画費、駅前市街地整備事業の 400万の繰り越しでありますが、駅前整備につきましては、まちづくり交付金という国の補助事業で事業を行う予定で進めております。まちづくり交付金の採択になるためには都市再生計画書というものをつくる必要がございまして、それのコンサル委託を現在行っているわけであります。発注は当然しているわけでありますが、成果品を得るためには、今、地権者の方々とか関係者の方々と駅前の形づくり、絵柄づくりについて詰めの段階でいろいろお話をしているところであります。そういうところがきちっとでき上がらないと、計画書の成果品としてまとまらないということがありまして、その分で成果品の提出を来年度まで延ばす必要があるということから繰り越しとさせていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)人件費の関係につきましては、先ほど補足説明でも給与費明細書の中で三役の増減額をお示しいたしたところでございますが、全体的には、共済費なども含めてでございますが、差額として24万 9,000円が給料の部分、それから、ただいま申し上げました共済費なり退職手当負担金なりを含めますと、トータルで34万 7,670円になる見込みと見ております。
 なお、先ほど条例につきまして原案可決していただきました三役、教育長の給与の減額を引き続き実施いたしておりますが、それぞれ、市長については5万円、助役については2万 3,000円、収入役 ── 現在ですが、2万円、教育長については1万 9,000円の減額を引き続き行うということにしておりますので、全体的に、給料そのものでは24万 9,000円が増額すると見込みと見ております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)再質問をします。
 駅前の方なんですが、明許繰り越しで、結局、国からのまちづくり交付金ということですよね。そうしますと、来年は間違いなく消化しないと、それは国への返還ということになるのかどうかもあるんですが、これからの地権者との交渉次第によって時間的な調整のあれが崩れてしまう部分があるのではないかなというふうに懸念するんですが、その辺、大体いつごろまでに地権者との合意をなし得て、その後、しっかりした計画がいつごろにはちゃんとできる上がるという、その見通しをもう一度お聞かせ願います。
 それから、収入役が廃止、助役が新年度から1名増ということで、現実的に、月々の云々ということによりも、1月から3月までにかかることとして、1カ月当たり幾らかかれば3カ月でどれくらいになりますよということは当然出てきますよね。その辺で、トータル的に数字上どうなっているのかなというのが実はお聞きしたかったところだったんです。
 先ほど、個別に2万 4,000円とか1万何がしというお話は聞いたんですが、いわゆる収入役は廃止したと。廃止されると、1、2、3月までにはこれくらいの減額がありますよと、なくなるんだから基本的には減額ですよね。加えて、助役が1名増になったことによって、1、2、3カ月分はこれくらい増額されるんですという、何かはっきりした数字として聞きたかったなと思ったんです。その辺もう一度お願いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)現在、地権者の方々とか関係者の方々とかと説明会とか懇談会とか、また戸別訪問をさせていただいたりしていろいろ御意見を伺っているところであります。これにつきましては、18年度中には形として決定したいというふうにこちらの希望としては思っています。19年度で都市計画決定を打ちたいと。補助事業に関しましては、平成20年度から補助事業でこの仕事を本格的にしていきたいというふうに考えておりますので、それに向けた準備として進めているというところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)先ほど3カ月分のトータルで申し上げたところでございますが、年間を通してということになりますと、この3カ月分で、助役の給料等については 222万円、収入役については 197万 1,000円を見込んでおりまして、先ほどその差額を24万 9,000円ということでお話を申し上げたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第76号から議案第82号までの7件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第76号から議案第82号までの7件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第76号から議案第82号までの7件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第76号についての討論を行います。初めに、本案に対する反対討論の発言を許します。
 17番安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)収入役の廃止で、副市長2名制の条例改正があったわけです。それは可決をされておりますが、私は反対をしております。副市長2人は要らない。これは市民の声でもありますから、きのうの議運でも申し上げましたが、もう少し、3月議会までの継続審議にしてもらえば、ある程度、よその市町村、名取などの状況が出ると思うのでお願いしたんですが、議運ではだめでしたけれども、きょうの本会議場では予算が計上されていますので、増額になっておりますし、反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第76号平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第77号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第77号平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第78号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第78号平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第79号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第79号平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第80号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第80号平成18年度岩沼市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第81号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第81号平成18年度岩沼市特別都市下水路事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第82号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第82号平成18年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第14 議案第83号 岩沼市助役の選任につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第14、議案第83号を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。井口經明市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)議案第83号岩沼市助役の選任につき同意を求めることについての提案理由を申し上げます。
 本案は、収入役を置かないこととし、本定例会において議決をいただきました岩沼市助役定数条例に基づき、新たに助役を選任しようとするもので、略歴をお手元に配付してあります吉田勝さんが、人格及び経歴等からして適任と存じ、御提案申し上げます。何とぞ御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)呼称が変わり助役が副市長となるわけでありますけれども、副市長への外部エキスパートの登用について、市長はどのようにお考えになっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今回は現下の緊急課題等に対応するためベストの人選をいたしておりますが、次のステップでは当然そのような方向になるものと思われます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま市長から外部登用の道が示されたわけでありますから、そのような答弁と受けとめまして、質疑を終わりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今回のこの人事の問題につきましては、多くの市民の皆さん方は反対のようでございます。先般の人事条例案に関連する案件につきましては賛成11、反対9。2名の方が反対に回ったら、この議案は否決でございました。しかし、条例は成立しました。賛成された議員の11名の中に、当初は、半数以上の方が反対、小さな声もあった、大きな声もあった。しかし、最終的にはこういうふうな結論になったと。私は、この辺の関係を考えますと、今後の井口市政運営に当たって大変な問題が発生してくるおそれもあるんじゃなかろうかと。したがいまして、この関係については、今提案中でございますけれども、勇気を持ってこの提案を取り下げる考えはないかどうかお尋ねをいたしたい。そしてまた、どうしてこの案件について取り下げることができないのか。取り下げができない場合は、具体的に考え方を示していただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、多くの人たちがいろいろお考えをお持ちだと。市民の皆さんには賛成反対いろいろあろうかと思います。最終的には市民の皆さんを代表される議員の皆様にお決めをいただくと。その中で、いろいろ御意見はあったわけでありますが、最終的には、助役を2名置くということについては、賛成多数ということでお認めをいただきました。
 提案をするからには、当然、2人が欲しいということで、これにつきましては質疑等でいろいろ申し上げてきたわけでありますが、トップマネジメントをしっかりとするために2人が必要だと。また、法律改正の中で、政務とか企画について副市長の役割というふうに新たに加わってきたわけであります。そして、これまで収入役に担っていただいた部分等を加えますと、三浦助役1人にお願いするよりは、もう1人副市長をお願いしてやる方が非常にスムーズに市政運営ができるのではないかと。ですから、いろいろ懸念されることがあるとしても、2人にしっかり支えていただく。そして、職員と一緒になって仕事をすることによって、市民福祉の向上は今まで以上にできると私は思っております。当然のことながら、2名が必要だということで出させていただいておりますので、できるだけ早いうちに置きたいと。その意味では、今回、議会でお願いをして、何とかお認めをいただきたいと。
 今、一番大切な部分についていろいろ考えました。民間起用とか、そういったことは当然考えるべきことでありますが、現下の課題としては、やはりその道の……、今の段階では、例えば行財政改革にしろ、いろいろやっていくにしても、内部でしっかりと経験を積んだ職員を副市長として登用する方が、これからの岩沼にとって非常にいいのではないかと考えて出させていただくわけでございます。一日も早く皆様方の御理解をいただいて、認めていただき、しっかりと市政運営をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今後の市長の市政運営についての基本的な考え方については、私は理解できます。しかしながら、副市長2名、これでなければできないはずはない。まして、内部の起用でしょう。何も変化はないでしょう。その方にその意識をきちっと申し上げたらできるはずです、これは。そして、市長の任期は3年と数カ月、今、後藤議員に対して、外部の起用は次にということだけれども、三浦助役の任期は3年何ぼあるんですよ。あなたの責任が持てる答弁ではないでしょう、それは。よく真剣に考えて、私も市長を支持している立場から考えると、慎重に考えてほしい。勇気を持って、再度、取り下げをお願い申し上げたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必要があって複数制を提案させていただいて、お認めをいただいた。ですから、当然のことながら人選をするということで、今の状況として、岩沼市として何が必要かということを考えた時点では、今回提案がベストだと考えております。
 内部起用だと変化がないというふうに言われておりますが、そうではないわけでありまして、むしろ、変化ということよりは、継続をしっかりやっていくと。ですから、例えば、御承知のとおり、岩沼市の内部を考えてみましても、団塊の世代の人たちの退職が大量に来ると。その中でしっかりと事務を運営していくに当たっては、その間に立ってしっかりと職員と一緒になって仕事をしていくと、そういうことがなければ、岩沼市役所としては市政運営が弱体化する懸念があるということで、私は今回2名制ということで今お願いをしているような形であります。むしろ、梶谷議員には、私がこれからしっかりと市政運営をすると、その意味で、お支えをいただくという意味で、今回、まげてぜひ御承認をいただければ非常にありがたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ここで、市長の4月以降の副市長2名制について、他自治体において、今回の平成大合併で、しない都市の中でだよ、4万、5万の人口の都市で2名の副市長を置く市はほとんどないだろうと思う。それでもやるのかと。重ねて取り下げの考えを持っていただきたい。最後の質疑にします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず今の場で議論することではないわけでありますけれども、いずれにしても、よその例というのはまだ出そろっていないということでありますし、例えば、名取にしろ、亘理にしろ、山元にしろ、柴田にしろ、岩沼を取り巻くところは相変わらず収入役がおられるわけであります。ですから、岩沼はいち早く収入役ではなくて副市長ということでお願いをしているわけでございます。これからのことでありますから、よそがどうなるかということはわからないわけではありますが、いずれにしても、しっかりとした市政運営をしなければならない。そしてまた、トップとしてやるべきことがたくさん出ているわけでございますので、その点を分担しながらしっかり支えていただくと。まずその体制を確立した上で、職員とともに、市民の皆さん方の御期待に沿うような市政運営、行政運営をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私も岩沼市助役定数条例については反対をいたしました。市長から、ほかの質疑等で、2人欲しいといういろんな御説明を受けたわけですが、私にはまだ理解できない。市民の方も、夕張市等の問題がありまして、この問題については物すごく関心がある。賛否両論があると市長は言われましたけれども、そのとおりでありますが、なぜだろうという疑問の声が、なぜ2人必要なんだと。例えば、助役が収入役で担っていた部分、それは職員の方で十分間に合うのではないかとか、その辺について市民の方の理解が得られていない。私は将来わかるかどうかわかりませんが、せめて市民の方にも2人制ということを理解してもらう。初日に提案されて、きょうもこういう形にまで進んできているわけですよ。せめて市民の方に2人が必要だということがわかる時間が私は必要だと思う。要するに、条例が、自治法が変わるのは4月からですから、3月議会でもこの人事案件の提案は間に合うのではないかなと。私は吉田勝氏は有能な方だとは認めますが、市民にもっと理解が必要であると、その時間が必要だと思いますが、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)もちろん、できるだけ市民の皆さんに御理解をいただいた上でいろいろ準備をすべきだということはあろうかと思います。しかし、今お話の中でありましたように、収入役が担っていただいた部分は職員で十分カバーできるのではないかという御指摘もいただいたわけでございますが、それはすべてができるわけではありませんし、まして、政治的なつながりのある問題、あるいは、そういった場につきまして私が出られない場合、あるいはまた助役も出られない場合については、今まで収入役に担っていただいておりますが、職員ではそういったことは不可能だということも御理解いただけるのではないかと思います。
 できるだけ市民の皆さんの御理解をいただかなければなりませんが、要は、しっかりとした役所の体制を築くことによって、市民の皆さん方のニーズに十分こたえるような行政をするのが責任でありますので、私ができるだけ市民の皆さんの御期待に沿えるような市政運営のスタッフをそろえたいということでございますので、この点については何とか御理解をいただきたい。そして、結果として市政運営がどうだったのかということで市民の皆さんの御審判を仰げるのではないかなというふうに思っておりますので、性急だという御意見もいただいておりますし、むしろ次の議会に延ばすべきだということもあると思いますが、いろいろ緊急課題等もありますので、そういったことを淡々としっかりとやるためには、ぜひ今回お認めをいただき、しっかりと仕事をさせていただく。その上でいろいろと御批判を仰ぎたいというふうに思いますので、まげて御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)初日の議案の質疑の中で、議員から外部登用の話がありました。そのときに市長からは、その次の段階で外部登用という話は一言もなかったんですよ。内部に精通したという話があったんですね。それを我々は聞いて、その中であの議案に対しての賛否を決めたわけでございます。ところが、今回、突然に、今回に関しては内部起用であると、ただ、次に関しては外部登用も考えていくと急に変わっているんですね。なぜあのときに……、外部登用はどうなんだとなったときに、初日のときにそのような話を言えばよかったと思うんですけれども、そのことは一切なかったんですよ。ところが今回出ていると。その部分が、私は前回出なかった部分が不思議でならないと。また、そのことを受けて、質疑ではそうだったのに、賛成討論の中で、外部登用を条件に賛成するという賛成討論もあったんですよ。期間の短い中で、そのときの質疑の答弁がなかった部分の状況をお知らせしていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今回につきましては、まず、いろいろと今やらなければならない課題等があると。それにつきましては、内部で精通した職員の方が非常にうまくやれるということでございますので、それで申し上げたわけであります。ただ、実は、先ほども、質疑かどうかわかりませんが、御意見をいただいた中でも御指摘がありましたけれども、次のステップというのはわからないということであります。私の一応残された任期はありますが、いつどうなるかわかりません。ですから、確実に外部登用をするとかしないとかとかと申し上げられる立場ではないということであります。ただ、その時々のいろんな課題がある。
 例えば、県とかでやっているのは、企業誘致が重要だとすれば……、

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)静粛に願います。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)(続)そちらのエキスパートということで民間人が登用されたり、あるいは福祉の方に力を入れようとすれば福祉の専門家を入れるとかと。その時々の判断、そして岩沼で一番必要とする人材を得るということでありますので、一般論としては、次のステップでは、その時点での重要課題がある。その中では民間のエキスパートを登用するということも十分必要である、可能性があるであろうということを申し上げたのでありまして、私がそれをやるとかやらないということについては、さっき御指摘がありましたように早計でありますので、そういうことは言っておりません。明確にしているわけではありませんので、そういった選択肢もあるであろうという意味で申し上げているわけでありまして、今回、そういう意味では、私は変わったというふうには全然思っておりません。出したのは、一部一般質問等でもいただき、そしてまた、議案提案の質疑の中でもお答えをいたしているように、今岩沼では何が必要かということを考えたときは、民間ではなくて内部登用が一番ベストだということで申し上げているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)内部登用がベストであるというのは前回と変わらないと、それはわかりました。そうすると、先ほどの話では、その次には外部ということで、議員の方からわかりましたという力強い言葉がありましたけれども、今の市長の話では、次のことに関しては自分の任期中なのかわからないので責任を持って言えないと。その状況に応じて、そのときの市長が判断すべきことということになりますよね。その理解でよろしいですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的にはそうでありますが、私に例えば選任のチャンスが訪れるとすれば、そのときに、岩沼において一番必要なものは何かということを考えて選択する。その中では、当然のことながら、民間登用ということも十分考えられるということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この関係についての、初日の案件ではもう既に通ったわけですが、私は当然反対ということにさせていただいたんですが、これから、改革集中プランの中では、しっかりとあらゆるところで必要最小限にしながら、あるいは人件費を削減したり云々、すべてについて網羅している計画を一覧表に掲げています。そのことをやるから2人という市長の考えなんでしょうけれども、私らが言っているのは、この計画の中の一つをとっても、平成18年から21年までの計画の中で、現に職員は28名減らしますよということを明示しているんですよ。しかも、毎年、18年では4名、19年では8名、20年では7名、21年では9名、計28名の職員をしっかりと減らして人件費の抑制に努めますと一方ではやっているんです。つまり、この職員を減らすということの裏づけには、事務形態の中にも必ず支障はあるでしょうと私は思います。底辺の土台がしっかりしない中で、上の指示系統だけがああしろこうしろというしっかりしたスタンスができたとしても、結果としては、働いてもらう土台づくりもまた一考すべきことが十分あるであろうと私は思うわけです。
 さらには、今一律5%の削減もやっているわけですよ。そしてまた、我々議会サイドにおいても、5%の削減の中で何ができるかということもあわせて今議論中なんですよね。そうすると、2人制はあったらあったでいいんですが、今現在、本当に必要性があるかという考え方に立てば、もろもろの諸情勢を踏まえた節約行政をやろうとしているときに、本当に必要だろうかということには疑問を抱くわけですね。その辺について、今の部長制を取り入れた経過、今のこの人数が減らされる状況、そのことにあっても、今の4部長が芳しくなくて助役なのか、場合によったら、部長を1人ぐらいふやしてもしっかりした機構改革がとれないものか、その考えだってあるわけなんですよ。トータル的に、最後に行き着くところは、いかにして市民の血税をちゃんと使うかということきりほかならないわけですから、この考え方に対しては、市長、助役云々の2人よりも、機構改革の中においてもっと一考すべきではなかったかということについてどう考えたかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)機構改革につきましては、必要な場面においてはきっちりやっていかなければならないと。中には、助役を置かないで部長を倍にしたというところは確かにあります。しかし、やはり特別職と一般職というのは法律的な限界等もありますので、簡単にはいかないということでありまして、私としては特別職として複数欲しいということであります。
 職員が減というようなことがありますが、もう一方では、御承知のとおり、市役所においては団塊の世代が幹部をほとんど占めているわけでありまして、そういった職員の退職を目前に控えた場合、かといって、再任用ということにつきましてはいろいろ影響もあるということでありますのでできないわけでありますので、何とかその部分、何年間の間でもレベルが落ちないように、市民の皆さん方に迷惑がかからないようにしっかりと行政運営をするためにも、この際は、行政に明るい人材を登用することによって、そのあたりをしっかりとカバーしていきたいというふうに思っております。
 お金の面でいいますと、助役と収入役の差額がふえることは確かではあります。ですから、我々といたしましては、引き続いて少しでも減額をさせていただいて、そのあたりはカバーしたいというふうに思っておりますが、トータルで行政をやっていく場合においては、ここで2人おいてしっかりとそれぞれの分野を担っていただくことによって効率的な行財政運営がより進むと思いますので、トータルからいけば、市民の皆さん方に迷惑はかかりませんし、しっかりとした市政運営ができるのではないかというふうに思っております。そして、そういった議論よりは、今回、一応ルールとして2人を認めていただいておりますので、その中で、今の中で一番ベストな人選だと思いますので、その点につきましては、ぜひ今回の人選については賛成をいただきたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)再質問します。
 市長の締めくくりではないですが、まとめというか、総括的に考えますと、いわゆる2人置いても市民の皆さんに迷惑はかかりませんという今のお答えなんですよね。では、例えば、現時点の体制でやった場合、果たしてどれほどの市民に対する迷惑というものがつきまとうのだろうかという疑問も私は抱いてしまいます。場合によったら、今の体制をもっとしっかり締めつけて、しっかりやろうじゃないかということで。それだって一理ある考えですから、市長と私の考えには相当な隔たりもあるんですけれども、じゃ現体制ではどれほどの市民に対する行政からのアフターフォローがおろそかになるんですかということ対して、市長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)仕組みとしては、もちろんしっかり機能するにようにしてきているわけでございますが、もう一方では、団塊の世代の人たちが退職する。ですから、今の部長クラスを見ても、ここ一、二年でほとんどが退職してしまうという状況であります。かといって、実は、部長、課長はほとんどその年齢の人たちが占めているわけでありますので、課長経験が非常に少ない人にこれからもちろん部長等で力を発揮してもらう形になりますが、そういった状況の中で、少しでも行政のレベルがダウンしないように、今回2人を置いてしっかりとその部分を支えながら、もちろん私もしっかり支えていただいて、そしてまた、三人寄れば文殊の知恵ではありませんが、お互いに知恵を出しながら、しっかりトップとして機能していくように努めたいというふうに思っております。そういうことをすることによって、市民の皆さんに少しでも岩沼市に住んでよかったと思えるようなよりよい市政運営が図れるものというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)市長の言う緊急課題とは何か具体的に説明していただきたいんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず一つは、実は先ほど来申し上げておりますように、団塊の世代の幹部職員が大量に退職する中で、まず行政のレベルを下げないことと。今、行財政改革に取り組んでいるわけでありますし、評価の問題とかいろいろあるわけでございますが、そういったことに精通しておりますので、その部分を責任を持ってやってもらうことと。これからの法律改正の中で、副市長の任務として、政策だとか企画について責任を持って取り組むようにという方向が来ておりますので、そういった面をしっかりやっていくことがまずもって目下の課題だというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私もそうなんですけれども、団塊の世代がここ二、三年で退職します。しかし、退職は退職なんです。今後の日本を担うためには、それはそれとして、市の職員も継続しなければなりません。若い職員の能力を引き出して働かせる場をつくるのもトップの責任ではないかと思うんですが、その辺、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まさにそれはそのとおりだと思います。しかしながら、レベルを低下させないようにしていくということも大きな責任でありますので、副市長2人よってしっかりそのあたりを支え、そして、職員の教育に取り組んでいただいて、今まで以上のレベルの高い市政運営をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)若いといっても40代、50代の前半。明治維新のときは20代が天下国家をつくったんです。それを考えると、四、五十代に能力がないような……、これではやはり職員がやる気をなくします。やる気をなくさないようにしていただきたい。どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)やる気をなくすかどうかわかりませんが、ただ、経験が浅いということは確かであります。ですから、そのあたりでのレベルを低下させない。職員の持った能力からいけば、もっともっと若い世代で有能な職員がどんどんいますから、ですから、むしろ、その間をどうつないでいくかということが私の非常に大きな責任の一つだというふうに思っておりますので、この際は、しっかりと次の世代の職員にもっともっと伸びてもらうことを期待しながら、まず2人制をお認めをいただいて、しっかりと支えて、最終的には市民の皆さん方によかったなと思っていただけるような市政運営をしていきたいと思っておりますので、飯塚議員にも、今回の人選につきましてはぜひ御賛成をいただければ幸いであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)20番加藤政勝議員。

-------------------------------------------------------------------------------

20番(加藤政勝)今回、この問題について賛否両論いろいろあるかと思うんですが、市民からも、出してから採決に至るまで早過ぎるのではないかという意見も随分ありますし、我々同僚の中にもそんな意見があります。
 12日の河北新報の社説の中に、「第2市長を置く自治体があらわれてくるかもしれない。けれども、その第2市長を選ぶ場合、行財政改革をするために新たにそのポストを設けるということであれば、これは悪い冗談にもならない」と。かつて、去年だかおととし、サラリーマンの川柳があったんですが、「むだ会議 なくするために また会議」ということで、行財政を進めるためにまた新たなそういうものを設けるということは、逆行するのではないかと、ある面では。だから、こういうことを慎重に……、私は井口市長さんの支持者の一人でございます。だから、今後、安全な市政を運営していくためには、もう少し考える時間を設けて、今回、これはちょっと見合わせてはいかがかなと思うんですが、市長、どんなお考えでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)新聞の論説、社説につきましては、それはそれで私も読ませていただきましたし、いろいろと反省をしたり、これからの市政運営を考える上では、参考にしなければならないことだと思っております。しかし、必要性があって2名制を提案させていただいておりますので、できるだけ早く2名お認めをいただいて、その中で市政運営をしていきたいというふうに思っております。市民の皆さん、とりわけ議員の皆様方に説明をする時間が短かったということにつきましては、その点については重々反省をいたしておりますが、ただ、今回、2人を置いていただいて、しかも、しっかりとした2人をそろえることによって、岩沼市政運営がよりよくなるというふうには自信を持っておりますので、その点について信頼をいただいて、何とかお認めをいただきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)1点だけお尋ねしたいと思います。
 議会で条例が決まりまして、この間、いろいろ市民の皆さんの話題になり、私のところにも少なくても7人ぐらいの方々から電話が来まして、「何だ、共産党、むだ遣いに賛成するのか。賛成する議員はビラつくって脅してやっど」と、そういう、脅迫とは思いませんが、適切な声もあったんです。不適切ではなくて、本人とすれば適切だと思うんでしょうけれども。私は「そうですか。なぜですか」と聞いたところ、副市長2人制ということはみんなわかっているんですね。収入役を廃止するということはわからないんですよ。 1,200万から 100万ぐらいふえるんじゃないかという質問が来たんですね、私のところに。そうではなくて、地方自治法が改正されて、収入役を廃止して副市長制をとるんだということで説明をしたんですけれども、私も余り頭がよくないので、もし副市長2人制が決まれば、今回の2人制というのは、地方自治法が改正されたのも一つあると。厳しい財政状況を乗り切るためと。厳しい財政状況というのは、岩沼市が悪いのではなくて、政府が地方交付税を削減したり、高齢者医療、住民税負担、そういうことをやっているから厳しいんですよ。そのためにもぜひ必要だと私は思うので、市民の皆さんに広報等でなぜ副市長2人制にしたのかということを納得するような説明をしてほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できるだけ御説明申し上げなければならないと思いますが、広報等につきましては、政治的にどうだという誘導をするような形になるのもいろいろ難しいところがありますので、市政報告等で申し上げたことについては、広報で従来どおり掲載をすると。私が発言のできる場とか、説明をした方がいいような場につきましては、積極的に説明をしなければならないというふうに思っております。
 第1、2人制ということだけがクローズアップされて、今御指摘をいただきましたように、収入役を廃止するんだということにつきましては、意外と御理解をしていただけない部分もあります。それと、自治法改正の中でなぜ、自治体で定数を決めるようにというのは、これまでは原則は1名だったんですが、今回は、正直言って、法律の中でも副市長の仕事としていろいろふやしてきているという形になっておりますので、状況に応じて定数は定められるということは、法律では複数を置くということも前提に考えているといった面もあるわけでありますので、岩沼市の行き方というのは必ずしも間違っているというふうには思っておりません。したがいまして、そういったことにつきましては、できるだけわかりやすく説明することも大切なのかなと思いますし、また、市民の皆様方を代表されておられる議員の皆様方には正しくお伝えをいただいて、そして、いろいろと御批判を仰ぎたいというふうに思っております。(「動議」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)大変重要な問題でございますから、同僚議員と調整もいたしたいし、ちょっと休憩をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)暫時休憩をいたします。
    午前11時24分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時32分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第83号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第83号については委員会付託を省略することに決しました。
 議案第83号については、先例の定めるところにより、討論を省略いたします。
 これより採決いたします。議案第83号岩沼市助役の選任につき同意を求めることについては、これに同意することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立多数であります。よって、本案は同意することに決しました。
 ここで暫時休憩いたします。
    午前11時33分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時34分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 ただいま岩沼市助役選任について同意をいたしました吉田勝氏より発言の申し出がありますので、これを許したいと思いますので御了承願います。
 それでは、吉田勝氏、登壇の上、発言願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)ただいま議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。
 ただいまは、私の助役選任につきまして、皆様方より御同意を賜りまして、身に余る光栄に存じております。改めて厚く御礼を申し上げたいと思います。
 もとより微力ではございますけれども、与えられた職務に精励をし、市民福祉向上のために努力をいたす覚悟でございます。議員皆様方には引き続き御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げ、御礼のあいさつにかえさせていただきたいと思います。まことにありがとうございました。(拍手)
─────────────────────◇─────────────────────
日程第15 意見書案第11号 障害者自立支援法に関する意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第15、意見書案第11号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。15番五十鈴川みよ子議員、登壇の上、説明願います。
    〔15番五十鈴川みよ子議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)意見書案を朗読して提案理由にさせていただきます。
意見書案第11号
                             平成18年12月14日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  五十鈴川みよ子
               賛成者  岩沼市議会議員  松 田 由 雄
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「障害者自立支援法に関する意見書」を別紙のとおり提出する。
             障害者自立支援法に関する意見書
 障害者自立支援法が昨年10月に成立し、本年4月から一部施行、10月から本格施行され、新事業体系サービスへ移行した。
 しかしながら、この法律施行後7カ月を経過した実態を見ると、利用する側にとっては、原則一割の利用負担や給食費・光熱水費の実費負担を理由に、通所施設等のサービス利用を控えたり、入所施設からあてもなく退所する傾向が顕著になっている。これを施設側から見ると、先が見えないままの「社会福祉法人減免」の多用、業務の多忙化と事務経費激増の中、報酬単価の減額と日額計算の導入により、施設の財政基盤を著しく悪化させ、今後の経営に対する不安が高まるなど、障害者を初め施設事業等の環境は大変厳しいものになっている。
 また、サービスの内容と関係する障害程度区分の認定が必ずしも実態と合っていない。区分と実態が合わないことは報酬単価、サービス内容、施設の受け入れ等に大きな影響を及ぼすものであり、早急な改善が求められている。
 さらに、障害者自立支援法が就労に重点を置いている点については評価できるが、就労支援の具体的手法や仕組みが将来の課題として先送りされているため、より実効性のある法整備が求められている。
 10月から新体系サービスに移行したグループホームや、地域活動支援センターに移行できる無認可の小規模作業所は、報酬額等が十分でないことから、今後の運営について不安が高まっている。
 よって、政府におかれては、入所施設利用者の地域生活移行をも含めて、法の整備や受け入れ社会基盤整備の不備による問題等について、早急に解決されることを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
   平成18年12月14日
                        宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  内閣総理大臣、内閣官房長官、厚生労働大臣、財務大臣
 備 考  地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第11号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第11号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第11号障害者自立支援法に関する意見書については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第16 委員会の閉会中の継続調査中間報告について
     (情報化対策特別委員会の調査事件)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第16、委員会の閉会中の継続調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定により、情報化対策特別委員会に係る閉会中の継続調査中間報告の件を議題といたします。
 本件に関し、情報化対策特別委員長から報告を求めます。
 高橋孝内情報化対策特別委員長、登壇の上、報告願います。
    〔高橋孝内情報化対策特別委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

情報化対策特別委員長(高橋孝内)
                               平成18年12月14日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                            情報化対策特別委員会
                              委員長 高 橋 孝 内
              委員会調査中間報告書
 本委員会に付託された調査事件について、会議規則第44条第2項の規定に基づき別紙のとおり中間報告します。
 別紙
┌─┬─────┬────────────────────────────────┐
│I│調 査 地│東京都中央区(人口99,937人 面積10.064km2 H18. 3.31現在)   │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査月日 │平成18年10月24日(火)                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査事件 │議会の情報公開について                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │概   要│1.本会議のFM中継について                  │
│ │     │ (1) 概要について                       │
│ │     │  開かれた区議会を目指すため、本会議の一般質問及び区長所信表明│
│ │     │ の模様を生中継でラジオ放送している。             │
│ │     │  これまで傍聴ができなかった方にも議員及び区長の生の声を届ける│
│ │     │ ため、中央エフエム株式会社に番組制作及び放送を委託し、平成13年│
│ │     │ 第2回(6月)定例会から放送を開始した。           │
│ │     │  生中継の方法は、録音室においてアナウンサー及び技術者が実況中│
│ │     │ 継をし、電話回線により中央エフエム株式会社のスタジオに送信して│
│ │     │ 放送する。                          │
│ │     │ (2) 放送費用等について                    │
│ │     │  議会放送  3,996,877円                   │
│ │     │  放送時間  33 時間(一般質問:4時間×2日×4定例会、   │
│ │     │            所信表明:1時間 午後2時〜3時)   │
│ │     │  内訳 電波料  1,716,000円                 │
│ │     │     製作費  2,090,550円(中継機材、技術料、人件費)   │
│ │     │     消費税   190,327円                 │
│ │     │ (3) 今後の課題について                    │
│ │     │  放送時間が契約上限定されているため、一般質問が時間内に収まら│
│ │     │ ない場合は途中で打ち切られる問題がある。また、区で調査したアン│
│ │     │ ケートの結果を見ると、聴取率が1〜2%と非常に低いため、今後、│
│ │     │ ケーブルテレビ及びインターネットを活用した中継が必要である。ま│
│ │     │ た、土日曜日に再放送を行うという意見も出ており、検討中である。│
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│ │委員会の │ FM中継については、区長の所信表明は時間が決まっているので問題│
│ │     │ないが、一般質問は、会派ごとに放送時間を考慮して配分した時間制限│
│ │ま と め│がある。                            │
│ │     │ 区で調査したFMの聴取率も1〜2%と低い状況にある。     │
│ │     │ 当市においても、録音によるFM放送を行った経緯があるが、今後、│
│ │     │再度行う場合は慎重に検討すべきである。             │
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│II│調 査 地│東京都三鷹市(人口 171,261人 面積 16.50km2 H18. 3.31現在)  │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査月日 │平成18年10月25日(水)                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査事件 │議会の情報公開について                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │概   要│1.本会議のインターネット中継について             │
│ │     │ (1) 概要について                       │
│ │     │  平成15年12月に議場システムに障害が発生したことに伴い、「議会│
│ │     │ のあり方検討委員会」にインターネット中継の実施等について諮問し│
│ │     │ 答申を得る。平成18年2月にインターネット中継を開始し、ライブ方│
│ │     │ 式による全日程を生中継するとともに、VOD(ビデオオンデマンド)方│
│ │     │ 式で録画中継を行う。あわせて、庁内有線テレビも継続して放送して│
│ │     │ いる。                            │
│ │     │ (2) インターネット中継の長所・短所について          │
│ │     │  長所としては、普及率は、ケーブルテレビが50%に対して、インタ│
│ │     │ ーネットが60%であり、インターネット接続環境が整備されていれば│
│ │     │ 閲覧者の都合のよい場所・時間で視聴することができる。     │
│ │     │  短所としては、現時点では、画像、音声の品質が劣る。     │
│ │     │  ケーブルテレビと比較すると経費(放映料)が高い。      │
│ │     │   ケーブルテレビによる放送:約 120万円/年。ただし、1回のみ│
│ │     │     の放送である。                    │
│ │     │   インターネット中継:約 200万円/年。ただし、録画放送により│
│ │     │     何度でも視聴することができる。            │
│ │     │ (3) 今後の課題について                    │
│ │     │  閲覧者をふやすために、ホームページに設置しているライブ中継の│
│ │     │ 閲覧ページの改善を図るとともに、ホームページの全体的な体系の再│
│ │     │ 構築を行う。                         │
│ │     │2.議会だよりの編集について                  │
│ │     │ (1) 編集一般について                     │
│ │     │  発行回数は、年5回(定例会4回、臨時会1回)である。市民の視│
│ │     │ 点に立った、わかりやすく、より親しみやすい議会報を作成するため│
│ │     │ に、平成17年から文字を大きくし、一般質問者の顔写真を掲載した。│
│ │     │  紙面づくりや代表質問の原稿案は、事務局が作成の上、各議員が一│
│ │     │ 般質問分の内容を確認、調整する。議長決裁後、印刷会社へ入稿し、│
│ │     │ シルバー人材センターの会員が各戸配布する。          │
│ │     │ (2) 一般質問ページにおける質問者の写真掲載について      │
│ │     │  市民満足度の向上を目的に、より親しみやすいものとするため質問│
│ │     │ 者の顔写真を掲載した。                    │
│ │     │  掲載することにより一般質問がふえ、傍聴者も増加した。    │
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│ │委員会の │ 市民のニーズに対応した情報の発信としては、タイムリーですばらし│
│ │     │いと思う。しかし、インターネット中継に係る経費、つまり工事費等と│
│ │ま と め│これに携わる職員の配置も必要であり、岩沼市全体の姿勢や財政力を踏│
│ │     │まえて、現在の状況に応じた発信等を慎重に検討すべきである。   │
│ │     │ 議会報については、市民の視点に立った、わかりやすく、親しみやす│
│ │     │い紙面づくりを心がけ、一般質問者の顔写真を掲載することにより、市│
│ │     │民と議会との乖離をなくそうとしている。             │
│ │     │ 当市においても、一般質問者の顔写真を掲載することで議会に対して│
│ │     │親しみを持つのであれば、検討する必要がある。          │
└─┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 情報化対策特別委員長の閉会中の継続調査中間報告の件については、委員長報告のとおり了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第17 議員派遣の件

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第17、議員派遣の件を議題といたします。
                議 員 派 遣 の 件
                             平成18年12月14日
 地方自治法第 100条第12項及び岩沼市議会会議規則第 157条の規定により、次のとおり議員を派遣する。
                    記
 件 名  亘理名取地区市町議会連絡協議会議員研修会
     (1) 派遣目的  研修を通して議員の資質向上を図る。
     (2) 派遣場所  山元町
     (3) 派遣期間  平成19年1月22日(月)
     (4) 派遣議員  全議員

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。お手元に配付の文書表のとおり議員を派遣することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 よって、平成18年第4回岩沼市議会定例会を閉会いたします。
 それでは、皆さん御起立願います。 ── どうも御苦労さんでございました。
    午前11時45分閉会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成19年2月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 渡 辺 真 多

                   議 員 安 住 文 彦