議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第4回定例会(4日目) 本文




2006.12.13 : 平成18年第4回定例会(4日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、14番長田健議員、15番五十鈴川みよ子議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 13番長田雅裕議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔13番長田雅裕議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)13番、新政クラブの長田雅裕です。
 通告に従いまして教育長に質問をいたしたいと思いますので、簡潔に誠意ある回答を願いたいと思います。
 きのう、おとといと、議会有数の論客が教育問題についてるる話されましたから、私につきましては、ある意味では少し割愛する部分がありますが、質問の順に従って質問いたします。
 まず、教育問題についてですが、開かれた学校の意義と内容。
 学校が、子供の学習、教育という機能だけではなく、地域のコミュニティーのための複合施設として活用されていく必要性も高まっている。こうした状況を受けて推進されてきたのが「開かれた学校」づくりである。家庭・地域等に開かれた学校を実現するために、さまざまな考え方が注入、制度化されてきたと思いますが、どういうアプローチがあり、それはどのような考え方、内容なのかをお伺いしたいと思います。
 開かれた学校とはどういう内容かを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)開かれた学校とは、地域や学校の実態に応じまして、家庭や地域の人々の協力を得るなど、家庭や地域社会との連携を図ることで実現すると考えております。
 具体的には三つございます。
 1点目は、家庭・地域との間の相互理解に基づきまして、家庭・地域の意向を反映する学校運営であります。例えば、学校評議員制度や地域の方々の学校評価への参加、あるいは、学校だよりやホームページでの情報交換等も含まれております。
 2点目は、学校教育に地域の資源や教育力を活用することであります。その中には、施設設備の活用や学校支援ボランティアや外部講師などの人材活用、あるいは、職場体験でいろいろな施設との交流、地域の自然環境の活用が含まれているところであります。
 3点目は、学校の保有する資源や教育力を地域社会に開放するということであります。地域の人々との交流の場や地域コミュニティーの拠点として学校が機能することであります。体育館や校庭等の施設開放や教職員が地域に貢献することなどがそれであります。そのほかにも、学校行事や授業参観などの教育活動の公開、広い意味では、地域の行事への児童・生徒の参加、演奏、意見を発表するなどもこの中に含まれております。
 大まかでありますが、このようにとらえているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)教育長の返答で、それはしかりですが、ややもすると、一般の市民からしますと、後段の方の、校庭を借りるとか、あるいは体育館を借りるとか、それだけが開かれた学校かななどという誤解ではありませんけれども、今、いろいろ話されたことにつきましては、一応、理解といいますか、どこの小・中学校に行っても、例えば、大きな行事、卒業式、入学式ももちろんですけれども、いつも私が感心するのは、町内会長さんあるいは区長さん、教育民生児童委員ですか、そういう方々が常に呼ばれて、みんな喜んで出席しているさまを見た場合に、そういう部分でも岩沼の場合はかなり進んでいると思うんですね。今お話しされたようなことが今後さらに充実していくことを期待いたしたいと思います。
 次に移ります。
 家庭・地域と連携した学校運営とその制度はどういうものなのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)地方分権や教育委員会の裁量権の拡大によりまして、学校運営にかかわる家庭・地域との連携の方策がいろいろと研究されておりまして、成果や課題が報告されているところであります。
 2点ほど方策について申し上げます。
 一つ目は、学校運営協議会 ── 制度であります。これはコミュニティースクールと呼ばれるものでありまして、保護者や地域の皆さん方の声を学校運営に直接反映させ、関係者、学校、教育委員会が一体となってよりよい学校をつくり上げていくことを目指すものであります。この制度の特徴といたしましては、法律に基づき、学校運営、教職員の人事についても関与する一定の権限が付与されておりまして、校長は学校運営協議会が承認する基本的な方針に従って学校運営を実施することになります。
 二つ目は、みやぎらしい協働教育の推進であります。
 岩沼市では現在、玉浦小学校が研究いたしておりますコラボスクールであります。県内では22市町村で実施されております。これは教育委員会と学校と地域が一体となって行う教育活動であり、地域住民が学校を支える仕組みをつくり、地域と学校が協働した教育活動を展開する方法であります。この方法は大変大きな成果を上げておりますので、市内の全小・中学校にも広げ、今後にもつなげたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)教育長がお話しされているような制度で運営されるということ、それはかなりいいと思いますけれども、今話を聞いてもちょっと難しいから次に移らせていただきます。
 次に、学校評価とはどういうものなのかを伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校評価につきましては、小学校の設置基準等におきまして、自己評価の実施と結果の公表が努力、義務化され、保護者等に対する情報提供についても、各学校は積極的にこれを行うものとされたところであります。本年の4月には、これまでの学校評価の効果をより一層高めるために、学校評価のガイドラインが示されました。
 その内容につきましては、一つは、自己評価を保護者や地域の方々の評価を参考にしながら進め、公表すること。これが1点目であります。
 2点目は、自己評価の結果を外部評価委員会で評価すること。
 3点目は、評価結果を教育委員会に報告すること等できることから、我々は、できることから改善を図るべく、各校で工夫が求められているところであります。
 具体的な評価内容につきましては、教育課程、学習指導、生徒指導、安全や保健、組織運営、研修、保護者や地域との連携、施設設備など、学校運営の全般にわたることになります。この一連の評価と公表によりまして、今までよりも一層、保護者や地域の方々の学校運営への理解と参画が得られ、信頼される開かれた学校づくりが進められることになりますので、さらに、このことを通しまして教育の質の向上も図れることになると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)そうしますと、外部評価についてはまだ研究段階なわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)自己評価につきましては、保護者のアンケートをとっております。全保護者のアンケートをとっておりますが、これはあくまでも自己評価であります。
 外部評価につきましては、現在あります学校評議員制度を十分活用しているところでありますので、学校評議員、PTAの役員、あるいは有識者も含まれておりますが、それぞれ学校ごとに考えて学校評価をしているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)外部評価が重要というのは当然なわけで、内部だけで、自己満足ではこれはおかしいんですが、そうしますと、PTA、地域住民などによる外部評価、地域の場合は学校評議員の方ということがありましたけれども、そのように進んでいる、それが始まっているということで評価したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員、マイクのそばで話してください。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)学校評議員制度について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほど御説明いたしましたコミュニティースクール、学校運営協議会は、学校運営、教職員人事について関与する一定の権限を有する合議制の制度でありますが、学校評議員制度は、学校教育法施行規則に基づきまして、校長の求めに応じて、個人としての立場で学校運営に関する意見を述べるものであります。校長や教育委員会の学校運営に関して直接関与したり、拘束力のある決定を行ったりするものではございません。
 岩沼市では、各学校で四、五名の学校評議員が推薦され、個別あるいは集まって意見をいただいております。これまで、学校評議員の意見によって提案された活動や、学校評価の進め方などについての提案が実際の学校運営に反映されたり、さまざまな教育活動へのサポートもありまして、徐々に活動の幅が広がっているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)前回も、このことについて、一部の評議員らしき方から、我々のことが入っていないということを教育長さんにお話を聞いたことがありましたが、今後、これにつきましては、評議員は、あくまで校長によっての学校運営への協力を求められるものであって、単なるアドバイザーであることは否めないのですね。評議員は単なるアドバイザーであるということでいいんですね。
 例えば、後段に教育長が話されましたけれども、評議員の意見が強い場合、校長の学校運営に支障、制約を来すことがあるということがありますが、その辺は十分に注意しているかと思いますけれども、その辺についてもあわせてお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そこが学校運営協議会との違いでございまして、評議員制度は、あくまでも個人としての立場で学校運営に関する意見を述べるということ。これは校長の特色ある学校づくりの方針に基づいてサポートしていただく組織でありますので、決してそういうことはございません。
 なお、学校運営にいろいろな形で反映させていただいております。決して、意見というだけではなくて、学校運営の中でかなりの部分で反映させていただいているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)取り上げてもらって非常に喜んでいるような評議員の方も私の友人におりますので、さらにその制度を活用してすばらしい学校にしてもらいたいというふうに考えます。
 次に、地域の拠点としての学校の開放についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)地域の拠点としての学校のあり方は一様ではございません。いずれも、目標を共有し、地域の方々の要望や学校を支えようとする意識が原動力になります。
 一つの例を挙げますと、先ほどの答弁の中にもありました玉浦小学校でのコラボスクールの実践は、その一つの形を示しているものと考えております。その成果の今後のほかの学区への波及を期待しているところであります。
 また、玉浦学区のコミュニティー運動会、これは地域と学校がまさに一つになって進められておりまして、新たな伝統になっていくと考えているものであります。これも一つの例であります。
 また、学校施設の開放の面では、このごろでは、中学校の校舎の一部を利用して一般市民を対象にした木工教室が行われ、大変好評を得たのであります。今までですと、どちらかというと、体育館とか校庭だけ、体育的な分野でありましたが、文化的、芸術的な活動の場としての活用も可能となってまいりました。これらはいずれも地域の方々の発想と熱い思いによって実現できるものであります。学校を拠点とした開放が市民協働の考え方に立ってより一層進められるよう、情報提供や支援に努めてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)学校の開放は、今の質問の中身で、さらに開放されていく。そうした場合に、教頭先生とか校長先生とかがかなりの部分でこの分野でいろいろと事業をされていると思いますが、一般教員にはこの部分についての負担はかからないんでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)開かれた学校づくりは「三つの "いかに" 」と言われております。いかに学校が地域に発信するか。二つ目は、いかに学校が地域の人材活用、物的資源を活用するか。三つ目は、いかに学校が地域に貢献するかと。この三つ目でございますが、いわゆる学校の教職員が地域に出向いたりしながら貢献をするということが今望まれているところであります。
 これは、今までですと、開かれた学校は管理職がやるものだというふうな意識のもとでやっていたようでありますが、それぞれの教員の意識を改革しながら、やっぱり外に出ると。いつも地域の皆さん方に助けてもらうのは片思いでありまして、相思相愛の仲になるのが魅力ある信頼される学校づくりでありますので、今後、教職員一人ひとりが学校から地域に出向くと、いかに貢献するかということを、口を酸っぱくしてこのごろでは校長会では言っているつもりでありますので、なお、一人ひとりの意識高揚のために全力を挙げて取り組みたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)それは非常にいいことでありますけれども、たまたま先日テレビの座談会等を見ておりましたら、偉いというのかわからないんですけれども、あるコメンテーターの方が、どこかの大学で1時間半の講座を1週間に一度持っているらしいんですね。そのときに話しされたことですが、その1時間半、90分の授業をやるのに3日間いろいろ……、大学の教授だからですけれども、90分の部分で3日ぐらい授業の資料を集めたりいろいろやらなければならないと。ところが、今の公立小・中学校の先生方は、三十五、六人、30人というのは低学年でしょうけれども、その中で1週間びっちりやるのにかなりの負担があるんだと、この一連する諸問題に対して。そういうことを言っていますけれども、その辺は心配ないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)開かれた学校づくりのベースは、あくまでも学校教育に支障のない限りということが限定版であります。したがって、今おっしゃったような負担があるのであれば、これは問題でありますので、あくまでも支障のない限り派遣する、学校を開放するという形をとらせていただいておりますから、その心配は今のところございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)そういうことで、今は一連のあれですが、例えば、開かれた学校という中で、これは当然この辺にはない事例でしょうけれども、悪意を持った者によって子供たちが襲われる事件が立て続けで起こったことがあったわけです。そのたびに学校は警戒を余儀なくされたり、その結果、来訪者の記名や名札の装着、閉ざされた門扉というのが学校通常の形になり、本来の教育活動に加えて危機管理の能力をより要求されるようになっていると言われておりますけれども、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろな市町村の子供の安全・安心対策を見ますと、ほとんどが閉じて守れであります。私の方針としては逆の発想であります。閉じて守るより開いて守れと。子供の安全・安心に一番大切なのは人の目、地域の光る目であります。したがって、その発想の転換で、錠をかけるのではなくて、どんどんと入れなさい、開かれた学校づくりをして、いつでも子供たちを見守る体制をとりなさいと。これを私の第一の方針としてやっているところであります。したがって、今、長田雅裕議員がおっしゃった点と同じでありますので、これからも開かれた学校づくりの中で子供の安全・安心対策を考えていきたいなと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)よくわかりました。私も、PTA等でいろいろと学校のあれに携わって、いろいろなことで学校運営がどんどんどんどん変わっていくので、改めて聞いたわけです。
 経営が開かれ、情報が開かれ、施設が開かれ、そして教育が開かれるというのが、開かれている学校だと思います。学校、地域、家庭の役割を見直し、また、分担するため、そして、地域の教育力を回復し、学校教育、家庭教育と連携するため、各学校、教職員が協力して取り組んでいただきたく思い、次の項目に、食育の方に移らせていただきます。
 食育の推進についてでありますが、初めての食育白書が11月にまとまったわけです。不規則な食事や栄養の偏りなどで、最近は食に関していろんな問題が指摘されております。先日、NHKの世論調査の中で、「飽食」、今までは豊かな食物の飽食だったんですが、それが「放食」、それから「崩食」ということでいろいろと評論した人がおりました。健全な食生活が失われつつあるとき、白書によると、「食育は、食をめぐるさまざまな問題に対処し、解決を目指す取り組み」とのことでした。きちんとした食生活で健康な体と豊かな心をはぐくむということ。白書は、朝食を食べない人の割合がふえていることなどを挙げております。朝食抜きは特に男性の20、30代が3割前後と高く、別な調査でも、子供も2割近いという結果もあるわけです。
 そこでお聞きいたしますが、市内の小・中学校において、子供たちが給食で残す量は、1人1回当たりどのぐらいになっているのか。それで、どのようにその残飯を処理するのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)まず、残量でありますが、平成18年10月における残量は、1カ月平均で小学校では13.7%、中学校では13.2%になっております。これを1人当たりの残量に換算いたしますと、1人1日当たりの給食量は 380グラムから 400グラムでありますので、1人当たりの残量は50グラムから55グラムとなっております。これはケース・バイ・ケースであります。卵に置きかえますと、卵1個分の重さに当たるわけであります。
 どのように処理されているかということについてでありますが、残量は燃えるごみとして処理させていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)白書で示されているいろんなことを見ても、岩沼の自校方式は……、先日も同僚議員がいろんなことをお話しされて聞いておりましたが、岩沼の給食については、非の打ちどころがないとか、今、食育の中で盛んに言われている栄養士の派遣などいうのは、岩沼は既に全部の学校に栄養士さんもそろっているし、言うところはないんでしょうけれども、今、問題がありますのでいろいろお尋ねしているわけでございます。
 2番目は、食育に関してはどのような指導がなされておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)食育に関してどのような指導がなされているかについてでありますが、児童・生徒が正しい食事の取り方や望ましい食生活を身につけるなどによりまして、生涯にわたって健康で生き生きとした生活を送ることができるよう、次の5点の目標を持って食に関する指導の充実を図っているところであります。
 一つは望ましい食習慣の形成、二つは、食品の安全性等に対する判断能力の育成、三つ目は地場産物等への理解、四つ目は食文化の継承、五つ目は、自然の恵みや勤労の大切さへの理解、この5点であります。
 具体的にどのような指導を行っているかと申しますと、まずは、生きた教材であります、給食を通しての指導であります。栄養士による栄養指導はもとより、献立に郷土料理を取り入れたり、地場産品の紹介なども行っているところであります。
 また、本年度は全国に先駆けて文部科学省の委託事業を引き受けました。それは、岩沼西小学校におきまして、児童・生徒の生活習慣と健康等に関する実践調査研究であります。その成果を次年度以降、市内の学校に広げていこうと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)すばらしいと思います。
 次に、今のと大体答えが同じになると思いますけれども、食育は授業のカリキュラムの中でどう取り扱っているのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろな分野で取り入れているところであります。例えば、小学校の教科の「家庭の食物」領域で調理や食材の栄養素について扱っております。また、教科「体育の保健」領域における健康な生活、中学校の教科「保健体育の保健」分野における健康と生活にかかわる食の学習、それから、教科「技術家庭の食物」の中では調理や食の安全を扱っております。社会科でも扱っておるんですが、社会科では食料生産や環境問題など、また、学級活動の中でもマナーについて取り扱っているところであります。総合的な学習の時間等では、学校田や学校の畑を活用してモチ米、サツマイモなどの作付、収穫作業、さらに、収穫したものを調理して食べたり、生産者の御指導をいただきながら行っているところであります。このように、教科領域の内容に応じて幅広い食に関する指導が現在行われているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)すばらしい教育をしているようですが、(4)番目の、食育は他人任せの意識ではいけない。食育は全職員で取り組むべきと思うが、いかがですか。
 今までのを聞きますと、全職員がそのように向かっていると思いますけれども、一言お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)全くそのとおりだと思っております。学校の授業はもちろんのこと、学校の行事の中でも食育を行っておりますので、全職員で取り組んでいるというところでございます。食育はすべての教育活動のもとになるものであります。その意義や児童・生徒の学習面への影響などを含めた「食育に関する全体計画」に基づいた指導をさらに充実させるなどの取り組みを全職員に促していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)教育長は、別な席でいろいろそういうお話をしますと、「早寝、早起き、朝ご飯」をモットーにとよくお話しされるわけですが、私も孫に「早寝、早起き、朝ご飯」というと、朝起きてくると、私の顔を見て「じいちゃん。早寝、早起き、朝ご飯」ということで、すぐご飯に飛びつくようなことをやっていますから、教育長の常日ごろの食に対する考え方が全市民に伝わるようにさらに御健闘をお願いしたいというふうに思います。
 次のいじめ問題ですが、これは、きのうの布田恵美議員、前の日の五十鈴川議員のあれで篤とわかりましたので。ただ少しだけ、私は、持論と今の動きなどを聞きながらお話ししたいと思います。
 報告はきのうわかりましたからいいです。それで、きのう布田恵美議員が石巻のことでお話しされたので、そのことでちょっとお聞きします。
 石巻のアンケート調査の中で、 581人ですか、の子供がいじめに悩んでいたと。岩沼の方は、聞き取り調査の結果、数件だということがあったんですが、こういうものこそ無記名でアンケートをとれば、かなり潜在的……、潜在的というのはどこまでをいじめというのかわかりませんが、例えば、石巻の中では、言葉による身体的な悪口、デブ、チビ、ふけ、シラミ。それから人格に対するもの、うざい、きもい、死ね、嫌いのほかに、殴られる、金を持ってこいと言われる。こういうことが出ているんですね。いろんなことがあります。アンケートをやってみる気はまだないんですか、やっぱり、教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)子供の気持ちを吸い上げる方法ということでありますが、きのう申しました、相談体制の充実等をもとにしながら、アンケートももちろん行っておりますし、聞き取りも行っていると。両刀遣いと言われますが、両方を使いながらやりたいと思っております。ただ、一斉にというふうなことは今のところは考えてございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)いじめというのはなくなると思いますか、教育長は。私はいじめはなくならないと思うんだけれども、教育長はどういうふうに考えますか。いじめというのは絶対なくならないと思うんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)教育者としては、ゼロを目指したいと思います。それを目指さないと、これは大変なことになります。絶対なくならないと思うとなくなりません。したがって、我々の意気込みとしては、ゼロを目指してやるということが大前提の教育課題であります。したがって、私としては、いずれ春が来ると思います。ゼロになることを我々は期待をしながら取り組んでまいりたいと考えております。ただ、裏を返せば難しいと思います。昔からありました。昔からありました。我々の時代もそうであります。これからも続くと思いますが、不登校ゼロを目指して今努力しております。これも、目指すものがなければ、取り組む威力がありません。したがって、目標は掲げますが、これについては非常に厳しい部分はあると思って、答弁も少し、何といいますか、はっきりした部分ではありませんが、私の意図するところを酌み取っていただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)今、ある新聞でずっと、「いじめられている君」へということで、有名というか、作家とか、アルピニストとか、大リーガーとか、そういう方々が書いていました。このごろは「いじめている君へ」ということで出ています。ただ、これは成功した人たちが書いていることですから、思い出として書けるんだと思います。
 いじめという概念ですね。昔、私たちが子供のときは、殴ったりなんだりするのがいじめでした。ところが、今は、さっき石巻のあれで話したように、昔もデブとかがあって、そんなのは単なる悪ふざけの話であって、ただ、これが命に結びつくとなると大変なんですね。基本的には、大人の社会も3人寄れば派閥ができると。これも3人の中で一種のいじめがあるんですね。どちらかに1人が動くから。それから、著名な経済学者、ミラーマン、が電車に乗るときポケットに鏡を入れていて、のぞく。これもいじめの一種なわけですね。いろいろありますけれども、今、教育長が言うような、たかりとか、そういういじめをなくすのか、あるいは、集団で殴ったりするのをなくすのか。目に見えるのがそうなんですね。ただ、バカとかなどというのは目に余り見えないんですよね。そこから始まって大きくなりますので、その辺、今後……。教育長はゼロを目指すと。当然ゼロですが、ゼロにはなり得ない部分があるので、お互いに気をつけて、安全も同じですが、こういう問題は常に問題化しておいて喚起しておかないと、なくならないと思うんですね。その辺、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いじめは三つ定義されました。これは文科省からの話であります。一つは弱い者いじめ、いわゆる自分より弱い者。二つ目は、継続して一方的であると。三つ目は、深刻に苦痛を感ずるものと。そうすると、1カ月続かなければいじめではないのかというふうなことになりますが、そうではございません。我々の受けとめとしては、受けとめる側がいじめと感じたら、いじめと感じて対処しなさいと。即、対処しなさいということを言っているところであります。
 このごろ言われておりますのは、いじめの3層構造であります。いじめる子、いじめられる子、そして傍観者であります。周りの子が今注目されています。我関せずであります。怖いからもありますが、タッチするとまたいじめられるからというふうなこともあります。でも、この社会というのは大人の社会であります。我々も電車などに乗っていて迷惑者を注意しますか。そうではないと思います。我関せずであります。これを子供は見ているわけであります。したがって、いじめ問題というのは、学校だけではありません、子供の問題だけではありません。我々大人の姿勢が問われると言っても過言ではございませんから、我々も子供に後ろ姿で示さなければならないんです。それをしっかりとやることが大切だと思います。傍観者の態度が大切であります。同罪だと決めつけられておりますが、それをいかに持っていくか。きのうも話しました。ある中学校で生徒会が立ち上がりました。いじめをなくそうというふうな風潮を持つということが、いじめをゼロにすると。これは我々の期待でありますので、それにつながるのではないかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)教育長の熱意は十分にわかりました。学校、教職員挙げて、市民も挙げて、そういう風潮になりますように私たちも啓蒙に取り組んでいきたいと思います。
 きょうの新聞にことしの漢字は「命」と。皆さんもけさ見ただろうと思いますが、「命」。これは悠仁親王様が生まれたからばかりではなくて、全体的には、虐待あるいは自殺といったものをあらわしたということですから、命を大切にすると。びっくりするのは、きのう、ここの帰りに寄ったら、「今、人間が生き返るなんていう子供もいるんだもんね」と言ったら、ゲームだからなんて。まして、大学生にまで「もう1回再生できるんだ」などということを言われて私はびっくりしているんですが、命というものを改めて皆さんで真剣に……、子供の、少子化であることを大事にして。そういうことを願って、私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)13番長田雅裕議員の一般質問を終結いたします。
 5番森繁男議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔5番森繁男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)ウィズの森繁男と申します。
 今回の私の質問でありますけれども、水稲につく害虫(カメムシ)対策という題目と、もう一つは、ごみも含めた市郊外の環境対策と、この2点について質問をさせていただきたいと考えております。
 以前から、水稲、いわゆる稲につく虫の種類は豊富であります。いろんな形で防除がやられてきているわけでありますけれども、ドロオイムシとか、あるいはハモグリといった虫は、どちらかというと、稲の生育、茎を食い荒らしたり葉を食い荒らしたりして生育をおくらせるといったような害。結果としては、質にも影響はあるんでしょうけれども、収穫、収量というか、そちらの方に大きく影響が出る害虫であると認識しております。
 今回、私が対策が必要ではないかということで問題にしているカメムシというのは、どちらかというと、米そのものの質に大きく影響すると。大分昔から、私たち、そして農家の人たちはカメムシの存在そのものは知っていたわけでありますけれども、昨今、この被害が非常に多くなってきている。昨年でありますけれども、特に、県内でも、農政局とかJAとかも含めて、カメムシの被害注意報とか警報が出されておりました。昨年は、当市においても相当の被害があったと認識しておりますけれども、まず1点目、お聞きしたいんですけれども、県内各市町村とも被害がクローズアップされたわけでありますけれども、宮城県内では、どの市町村、どの地域で一番多く発生したということなのかその情報、あるいは把握という面で市が行っているのかどうか。この辺についてまずはお伺いしたいと。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)稲作を中心とする岩沼市の農業にとりましては、米の収量とともに、高品質でおいしい米、売れる米をつくるということは、今後の新制度を踏まえましても極めて重要なことであります。したがいまして、お話をいただいておりますように、カメムシなどの病害虫の発生によって、収量が減少したり、あるいは品質 ── 等級が低下したりということがないように、当然のことながら、最善の努力をしなければならないと受けとめております。
 カメムシの大量発生のメカニズムなどはいまだ十分解明されていないようでありますが、御質問いただいております被害の状況等につきましては、産業部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)昨年度の県内でのカメムシによる被害状況でありますが、宮城県の病害虫防除所の発表によりますと、仙北の方で栗原、登米、古川、今の大崎地区で被害が大変大きかったと。それに次いで仙南地区でも被害が多かったという状況でありました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)それでは、2点目でありますけれども、当市でも相当の被害が報告されているというように認識しております。当市としては、どこの地区が、あるいはどこの町内会でも結構ですけれども、多く報告されたのか、把握しているのであればお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)昨年度の市内の発生の状況でありますが、特に阿武隈川堤防沿いの地区の中で、東部の早股、寺島地区で多く発生したようであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私の調べたところによりますと、カメムシというものは、山間地であったり、河川敷であったり、放置田の近くであったりといったところに多く発生しているということを調べてきたわけでありますけれども、今、産業部長は特に河川敷にかかわる地域を挙げられましたけれども、河川敷にかかわるところが多いんだということについて、やっぱり部長もそう思われているのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)岩沼市内だけではなくて、県内のカメムシの発生状況などのいろんな資料なども含めて考えますと、河川敷、道路ののり面とか、そういうところでの、つまり、雑草がたくさん生える部分、その中が多いのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)わかりました。後でまたいろいろ聞かせていただきますが、昨年は非常に多くて、市長もおっしゃっておりましたように、カメムシがつきますと、収穫にも影響があるんだろうと思いますけれども、特に品質に影響が出るようであります。しかし、このカメムシも、よく田を観察していれば見えるわけでありますけれども、もみすりの時期に初めて、我々としては、どれほどついているかどうか、被害がどういう状況であったのかということに気づくわけであります。一たんつきますと、等級間の値段において1等米と3等米では 1,250円ぐらいの差があるわけでありますから、大きく出荷をする人には相当響くわけであります。そういうことで、私としても農家全体としてもこの件は重要視して見ているわけであります。時期ももう12月でありますから、いろんなことで把握できているのだろうと思いますけれども、ことしについてはどうだったのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)ことしの、18年産米におけるカメムシの被害の状況でございますが、県全体としては、昨年度に比べて大幅に被害が少なかった状況であります。当市においても同様に被害が少ない状況でございます。
 ただいま等級のお話がありましたので、等級で比較しますと、1等米の比率でありますが、JA名取岩沼管内では、昨年度、17年産が72%に対しまして18年産は89.7%であり、JA岩沼市の方では、17年産が53.9%に対し18年産は98%ということで、ともに昨年度に比べて等級が高いという状況にございました。
 原因としましては、カメムシの発生のピーク時期、たくさん発生する時期が出穂時期とずれたのではないかということと。それから、畦畔などからの水田への侵入量が少なかったのではないか。それから、先ほど話がありましたように、河川敷とか道路ののり面とかの草刈りなどについても、適時に実施されたことの効果があったのではないかというふうに受けとめております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)確かに昨年は非常に多かったということで、ことしについては、私もずっと農家を見ていたわけでありますけれども、農家の人たちの虫に対する管理も、慎重にというか、行っていたようであります。また、河川敷の草刈りの時期を若干ずらしてくれたのかなという思いでいるんですけれども、その点については、市としてお願いしたり、あるいはJAや農政局あたりからの依頼というものによってずらしたのかどうか、その辺についてちょっとお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)昨年たくさん発生したということもあるので、今年度につきましては、農家の方々については、JAの機関紙でカメムシ対策に対する適期草刈りということをしていますが、河川敷とか道路ののり面などについては、県もしくは農水省の方から河川や道路を管理する機関の方に直接お願いをして徹底していただいたということがございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)以前は、5月、6月あたりか、あるいは時期といって8月過ぎてから刈っていたものが、確かに、ことしについては、最初か2回目か、5月30日に1回。それで、阿武隈川の堤防の話なんですけれども、河川敷なんですが、2回目は7月12日前後に刈られているわけであります。いつもですとこの時期は刈らないということで、私としては市の農政課あたりから要請でもしたのかなというように考えていたわけでありますけれども、今の答弁でありますと、市ではなく、別な、農水省とか、そっちからの要請だということであります。
 次に移りますけれども、発生と生態調査ということでは、カメムシが多く発生する月ということでは何月ごろからなのでしょうか、この辺、把握しているのであれば。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)カメムシの発生でありますが、水田周辺の畦畔や雑草地においては、6月中旬から始まって9月ごろまで続いているようであります。水田内への侵入につきましては7月中旬から9月中旬まででありますが、ともにピークという時期は7月下旬から8月上旬でありまして、ちょうど水稲の穂の出る時期に重なるということでございます。なお、ここ数年、県内で発生が一番多く見られる種類としましては、アカスジカスミカメというのが多いというふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)それでは、カメムシの種類は非常に多いらしいんですけれども、米以外のカメムシもいると聞いております。その種類も教えて出していただいたわけでありますけれども、実際、岩沼市の農政課とか産業部として、生態についての調査などをやったことがあるのか、あるいはやっているのか。それとも、JAや農政局あるいは防除所などの調査のものをいただいているのか、その辺についてお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)市としての調査はいたしておりませんが、生態調査とか研究につきましては、今お話がありましたように、宮城県病害虫防除所が中心となって、農業共済組合、県の農業改良普及センターにおいて行っております。そのほかにも、東北農業研究センターというのがございまして、そこと東北大学などの研究機関が共同で、ハンテンコメカメムシの発生の予測とか被害抑制の研究に今年度から3年間かけて取り組むというふうな情報もございます。市としましては、それの調査、それから研究結果によって、情報提供を受けたら、JAとともに農家の方々に連絡をするというような形で今対応しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)市としては、そういう機関で調査をしたものを受けていろんなアドバイスとか御指導をしていきたいということであります。
 3番目の対策と農家への指導ということについてお話をさせていただきますが、カメムシは、先ほど来申し上げておりますように、米になるまでなかなかわからないと。米になって初めて品質に影響が出るということがわかって、生産者の収入や、あるいは消費者から見ても、物そのものは、味とかにはそんなに影響はないと言いながらも、美観というか、見た目が悪いというか、そういうことで……、今は、自由化ということで、特に農協を通さずに直接販売したりすると、袋は農協の袋に詰めて今まではやっているということで、生産者に、あるいは農協関係者の人たちにも、消費者からも、買った方からも「これは何」という問い合わせがあると。そういうことでは、今後も岩沼の地で発生したとすれば、県産の米、それよりも岩沼の米のブランドにも大きく傷がついてくるわけであります。こういったことからすれば、市の産業部、農政課あたりが中心になっていろいろと研究、対策が必要なのではないかと、どこかの機関でやったものをいただいてというよりは必要ではないかというように思うわけでありますけれども、ことしについての対策と指導などについては、市としてはしてこなかったのかどうか、この辺についてお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)水稲につくカメムシの被害に対する技術的なことについてのノウハウは市の方では持っていないということもあるものですから、市で助成をしておりますJA発行の営農情報誌というのがございます。これまで、先ほどお話し申し上げました各機関でアドバイスいただいたいろんな情報を的確に情報誌に掲載していただいて、特に、現在、対策としてとれるのは三つほどあると思うんですが、水田の畦畔、それから周辺の雑草地などの草刈りが一つ。二つ目としては、水田内の雑草がありますといけないものですから、その防除。それから、カメムシが大量に発生した場合については薬剤による防除と、この三つの方法で現在は防除の対策をとっているわけですが、農家の方々に、その時期時期に合わせた適期の草刈りとかその防除について周知をしているということが現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)カメムシ対策の一番最後でありますけれども、今後の対策として、市といたしましても、市の広報や、あるいは独自でパンフレットをつくるなどしたりして、強い指導対策を促していただきたい。なぜならば、岩沼市にとって、農家はまだまだ多いわけでありますし、そして永遠に続いてもらわなければならない。生産者にとっても米はまず主流の作物でありますから非常に大切であると。この虫を何とか発生させないようにするためには草刈りとかもやるわけでありますけれども、農家にとっては自信がない、結果がどう出るか自信がない。そうなってくると、やっぱり薬剤に頼るほかないと。
 しかし、一方では、消費者から見れば、今、残留農薬の問題とかが大きくクローズアップされている時代であります。残留農薬の0.01ppmがどの程度なのかと調べたところ、深さ1メートル、幅12メートル、長さ25メートルのプールに塩一つまみ、約3グラムほどで残留農薬ということで、それすら厳しく見詰められる量になっているというのが実態であると。この米がいろんな都市部あたりに出ていくということは、我々農家が、主流として、生活の最も大切な収入源としている岩沼の米のブランドが、厳しいまなざしで見詰められますから、ますます悪くなる可能性というものを秘めていると。そういうことからすれば、大きな、あるいは重要な対策の一つとして、もちろんJAでも、農政局、農水省あたりからも来るんでしょうけれども、市としても、市民の生活や市でできた米のブランドの大切さということから考えれば、市を挙げて独自で対策、研究をするなどして、市独自の指導、PRも必要ではないかというように考えるわけでありますけれども、市長も含めてこの件に関して回答をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)カメムシの発生につきましては、メカニズムがまだ十分解明されていないと。しかしながら、御指摘をいただいておりますように、畦畔あるいは周辺の雑草地の刈り取りをしっかりやると。そしてまた、水田内についても雑草の防除に力を入れると。効果があるのは一斉に草刈りを行っていただいたり、一斉に薬剤防除を行っていただくと。しかし、今、一方では、薬剤の人体とか環境に与える影響といったことも考慮していかなければならないわけであります。かといって、一斉にやることが効果がありますし、今の時点におきましては、ほかによりよいすべがないといったようなことを考えますと、やはり薬剤を用いること、最小限度そういった対応もしなければならない。そうした中で、しっかりと防除をしていかなければならないのは当然ではありますし、また、今お話をいただいておりますように、岩沼産の米を守るということは市にとっても非常に重要なことでありますし、また、農業の収穫量とか販売量につきましては市内の産出高の多くを占めるわけではありませんが、しかし、農業を直接営み、そしてまた農家と関連のある岩沼市でありますので、市としても非常に重要なことだと。かといって、調査、研究につきましては、技術的なこともありまして、市ではなかなか難しい。ですから、関係機関の指導をいただき、その中でいろいろと資料等がありました場合は、JAと連携をしながら、できるだけ速やかに農家の皆さん方にお知らせをするようにしたいと。ですから、いつの時点でどういう行動をしてもらいたいという指針があるとすれば、それらをお示しするということも非常に重要だと思っておりますので、なお、対応につきましては強化をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)ありがとうございます。
 私が思うには、少なくとも、関係機関と協力し合っていろんな調査、研究も含めて進めていくとするならば、できれば、岩沼の土地を使って、河川をきれいに、畦畔をきれいにしたところはどうなのか。今、減反が多くあるわけでありますから、そういった土地を多少利用して、幾つかの箇所を利用して調べると。あるいは、本当に薬剤で防除しなければだめなのかというようなことを一緒に調べてもらえば、一番早くわかるのではないか。あるいは、岩沼の地に合った虫に対する適切な防除方法もつかめるのではないかということを申し上げておきたい。参考にしていただければありがたいなというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩をいたします。
 再開は11時20分といたします。
    午前11時5分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)続いて、「市郊外の環境改善について」と題して質問をさせていただきたいと思います。
 岩沼市の南北10キロを横断して東部道路ができて、大変便利がよくなった。あそこを利用するのには非常に便利がいいというように思うんですけれども、きょう質問したいのは、あそこの足周りというか、下。特に農道から農道への連絡道、隧道を調べたところ ── トンネルとありましたので隧道という表現をさせていただきますけれども、特に出入り口が非常に汚れていると。心ない者に荒らされている。捨てられているごみについては、ペットボトルからタイヤといったものまでも捨てられている現状であります。あの隧道付近の管理についてはどのように取り組んでいるのか。例えば、町内会にお任せしているのか、あるいは、市として、月に何回か、週に何回か、1日に何回かというようなことでごみ回収でもしているのかどうか、その辺からお聞きしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)大変残念な状況であります。ごみ処理についてでありますが、各町内会には、ごみを捨てないような啓発活動、さらには、町内会一斉清掃などの御協力をいただいております。しかしながら、隧道付近は決してきれいな状態ではないということであります。引き続き、ごみを捨てないように現地へ看板を設置するなどの啓発活動を行ってまいりたいというふうに思っております。
 また、粗大ごみ等につきましては、市の方で対応したいと考えておりますが、一般ごみ等につきましては、地域住民の皆様方の御協力をいただいて対応したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)この前、地域の方から「非常に困ることがある」ということを聞かされまして行ってみました。何が困っているのかというと、その人は、既に職場を退職されて、今は家のおじいちゃんという立場でいるわけでありますけれども、低学年の小学生も含めて、隧道付近、特に阿武隈川の上り口あたりのところで子供たちが遊ぶと。孫もやっぱり遊ぶんだと。そうすると、あのあたりは、夕方、夜になると若い男女間の遊びの場にもなっているようで、教育上にも非常に説明しにくい、おじいちゃんの立場で説明しにくいものも捨てられているときがあると。したがって、多く神経を使って管理をしていただけないかと。そういう中でも、先ほど市長もおっしゃっていたように、町内会の皆さんの御協力というようなことでは、町内会も確かに缶拾いやごみ拾いは年に何回かはやりますけれども、もっと頻繁に必要なのではないかと。市の職員とか、あるいは市が頼んだ業者などよりも、私としては、区間を決めて、ここからここまではどこの町内会で、あるいは老人会でもいいと思いますけれども、週1ぐらいは徹底した掃除をお願いできないかというようなことで依頼したらいいのではないかというように思っています。もちろん手袋代ぐらいの助成は必要だろうと思いますけれども、こういった考えについては、市長、どうでしょうか、お答えいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)関連の道路があり、そしてまた、隧道があるからこそ、非常に利便性が高まっているという反面、今御指摘をいただいておりますような問題が生じているということでございます。先ほど申し上げましたように、町内会、関連地域の皆様方の御協力をいただかなければならないわけでありますし、また、そういったことのお願いを十分すべきだという御意見でございますが、関係部署といろいろ連携を取り合いながら、どこまで町内会の皆さん方にお願いができるのか、また、市としてはどこまでやれるのかといったようなことにつきまして、検討していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)実は、ついこの間、同僚議員と亘理の鳥の海のところで芋煮会をいたしました。公園のように少しなっているわけでありますけれども、水道、トイレなどもついております。やっている途中で、御老人というか、御年配の方が3人ほど来ました。何をするのかなと思ったら掃除をしているわけであります。聞いたら、交代交代でやっているんだというようなことで、内容的には余り突っ込んで聞かなかったわけでありますけれども、そういうようなことで、町内会にでも依頼したら……。それも、月一度とか年に何回かではなく、週のうち1回ぐらいやっているようで、確かにきれいになっています。隧道付近のみならず、いろんな場所が汚くなっている状態でありますから、そういうことで依頼をすれば、町内会としても、自分たちの周辺もきれいに、環境がよくなるにわけでありますから、案外、協力してくれるのではないかなと思いますので、先ほどの市長の答えでいいと思うんですけれども、関係部署と話し合いを進めていただいて、私は特に美観、景観を大事にする議員でありますから、やれることであればぜひお願いしたいなというように思うわけであります。
 続いて(2)番目、同じような質問でありますけれども、隧道内の落書き、もちろん許可なく書くわけですから落書きでいいんだろうと。非常にうまい絵もあるわけでありますが、落書きについてですけれども、隧道の中の落書きについてはどこが管理しているのか、まずはお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)隧道の内空管理につきましては、岩沼市が管理するというふうになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)これも、心ない、特に若い人材が、夜中や、あるいは人通りが悪いですから、あのあたりで遊びながら、よくもこんなふうに書くなと思うくらい書いているわけでありまして、そして、その上をペンキで消していただいているということもあるわけでありますけれども、下野郷から阿武隈沿いまでは、隧道の中を見てもらったらわかりますが、まだ書かれているわけであります。
 ああいったものについても、私もあそこを見ていて感じるんですが、何らかの関係機関というか、もちろん町内会だって関係機関なんですけれども、市の関係機関が一生懸命やると、若い者はかえって反発するのかなと。むしろ、市民全体の目を向けるという意味でも、先ほど申しましたように、ペンキと手袋代の助成ぐらいして、むしろ、市民の手、町内会の手ということで、管理を委託というか、お願いを、協力要請をかけていったとしたら、逆に、なくなるのではないかなというような思いでもいるわけでありますけれども、そんな試みもしてみたらどうでしょうかと申し上げたいんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)東部道路周辺の隧道につきましては、今までも大分落書きがされました。今まで対応してきたところにつきましては、11カ所ほど落書きがありまして、その都度、東日本道路株式会社と協議をしながら消してきたところであります。しかし、それでもその後にすぐ書かれまして、今現在9カ所ぐらいに落書きがされている状況にあります。もちろん消さなければならないわけでありますが、対応に苦慮しているというのが現状であります。
 ただ、今、地元でというようなお話でございますが、実は、二木立体交差の下の部分でありますが、あそこにつきましても落書きが大変ひどくて、実は、地元にいろいろお願いしまして、町内会の皆様にこちらで材料を提供しながら消していただいたというような経緯がございました。もしも地元でそういうことができるのだとすれば大変ありがたいということでございますので、その辺も踏まえて、地元の方とお話をしてみたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)地元の目というものは暗黙の鋭さというような感じがありますから、そういう面では、地元に対しては大変迷惑にもなるんだろうというように思いますけれども、むしろ、別な意味、いわゆるまちの美観を保つために協力していただくというようなことで、きょうは東部道路を中心に挙げておりますけれども、市全体至るところでこういったことがあるわけでありますから、そういった要請もかけながら、きれいなまちを守り通すという行動をしていただければいいのではないかなと思っているわけです。
 それでは、次に移ります。
 次は、東部道路ののり面、相当高いのり面になっていて、あののり面を利用して、草ではなく、あるいは松の木やいろんな木を植えるよりも、私としては私の持論である花でも植えていただければありがたいなと思うんですが。今は枯れていますから草も案外少ないように目には見えるわけでありますけれども、6月あるいは7、8、9月あたりまでについては、あのわきの草が相当伸びてくる。市道の両側に側溝が入っている、側溝というか、雨水の排水溝が入っているわけです。結構深いわけですね。私も話を聞かされていますけれども、あそこに自転車で入ってしまったと、けがには至らなかったけれども。あと、車が来たのでよけようとして乳母車の車輪が入ってしまったとか、事実、そういうことを聞いております。なぜかというと、草が覆いかぶさってしまうと。そういうことでは、あそこの管理については、のり面の管理はどこでするのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)市が管理を行うことになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)市で管理するというのであれば、今は季節外れな質問のようにも思いますけれども、季節的に巡視していただいて、ぜひ一遍見ていただきたい。
 私は必要だと思うんですけれども、ふたをかけるなり、それが無理だとするのであれば、何らかの……、もちろんきれいにすれば一番いいんですけれども、ポールを立てるなり、何かしないと、実は、いつも歩いている人でも、気が抜けるといったようなことで事故につながることもありますので、その辺について検討していただけないか。まず、草は伸ばさないということであれば、それはそれで結構なんですけれども、それにしても若干深いですから、気が抜けるといったときのためにも、何らかの安全帯を考えるというようなことはないかどうかお聞きしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)東部道路周辺ということでございますが、主に、本町早股線とか、前條線とか、そのような幹線道路との交差点の歩道とか路肩部、それから、特に見通しが悪くて危険な場所などにつきましては、除草などの管理に努めているところではございます。ただ、すべての路線について除草を行うとかということにつきましては、なかなか困難だという状況でございますので、地元の方々に御協力をいただきながら、草刈りなどについては協力をしていただければ大変ありがたいというふうに思っているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)確かに部長がおっしゃるとおりだとは思うんですけれども、ただ、地元で草刈りをするといっても、それは春先あるいは夏あたりまでの限られた回数。私が言っているのは、危険なんだと、危険を伴うと。部長も多分記憶にあるかもしれませんけれども、魔が差す、気が抜けるという事実はあるわけであります。例えば、千貫の平等に上る付近で、10年ぐらい前ですかね、歩道の側溝のふたがとれていたのか、あるいは、そこが穴になっていたのか、新聞配達をされている方が、雪の降った日に、歩道をバイクで歩いたのがいけないとしながらも、毎日歩いていても、そこに入って即死しているわけです。それと一緒で、草がかぶっている、ここはということで頭に入っていても、例えばトラクターが入るとか、そういうことだって考えられると思うんですけれども、そういった感覚も含めた管理をぜひお願いしたいんですけれども、できないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)岩沼市全域の中で、御指摘を受ければ、いろんな危険な箇所とかが多々あろうかと思います。そういう中で、特に危険だというようなところについては、当然のことながら対処していかなければならないと考えておりますので、そういう中で対応をしてまいりたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そういう言い方もあるんでしょうけれども、私は危険だと思いますので、検討、あるいはやることを強く要望して、次に進みたいと思います。
 次は、昨年の9月の定例会で一般質問をさせていただいた件なのでありますけれども、海岸の中について、不法投棄というか、ごみの不法投棄イコール廃棄物の不法投棄というか、そういったものも含めて汚れていると。したがって、何らかの対処をしていくに当たっては、流れの中で、ボランティアも含めて一斉掃除の方向とかということを検討できないかという話をさせていただいた記憶があります。そんな中では、不法投棄については、二の倉排水所から南については若干きれいだと。北の方にはかなりあると。したがって、「関係した土地の所有者とか、そういった人との協議の中で検討する」というような民生部長の答弁がありましたけれども、私はよくあの海岸に散歩がてらに行ったりするわけでありますけれども、南の方にも不法に投棄された車もまだそのままでありますし、いろんな意味で進歩がない、進展がないというように見ております。このことについてどういうふうな検討がされてきたのか、しているのか、その辺についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)保安林につきましては、国有林、県有林、市有林、民有林というふうにそれぞれ種類がありまして、管理区域が定まっております。その中で、不法投棄された粗大ごみや空き缶及び空き瓶等の処理につきましては、基本的には、それぞれの管理者に清掃していただくようにいたしております。
 そこで、国有林に不法投棄されたごみにつきましては、管理している青森営林局仙台森林管理所と協議をいたしましたところ、今後、処理計画をつくり進めていきたいとの回答をいただいておりますので、適宜、その状況を確認してまいりたいと思います。また、県有林、市有林、民有林につきましては、県から監視依頼を受けている名取地区海岸林保護組合連絡会で、年間を通して松林の保護と不法投棄防止パトロールや海岸保安林の清掃等を行っていただいておりますが、なお一層のパトロールや清掃等の強化についてお願いをいたしているところであります。また、地域の町内会や衛生組合の方々で年1回から3回程度の清掃活動を行っていただいておりますので、今後とも引き続き継続していただきますようにお願いをいたしております。しかし、実際のところは、ごみの不法投棄は依然としてなくならない状況にありますので、さらに具体的にどう対応すべきか検討してみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)長い間、不法投棄ごみというものがあそこにはあると。そういうことから心ない者がやっぱりいるということから、昨年の9月、市民を挙げて何らかの掃除行動でも一遍は起こして、その後に、きちっとした……、今、我々の仲間同士で立法研究会をつくってそういったものも話し合っておりますけれども、条例化なども進める中で、このまちを隅から隅まできれいにしていきませんかというお願いをしたんですが、市長からは、今現在も、保護組合とか、いろんな形で行うというような答弁はいただいておりますけれども、市としても、もっと積極的にというか、あるいは、意識づけのためにも市民を交えた行動を起こしたらいいのではないか。
 次の(2)番目も、市長からは答弁をもらったようでありますから、いいのかなと思うんですけれども、ただ、海岸侵食も含めて、阿武隈川や名取川を流れたものが打ち上げられて相当ひどい状態。そして、もっと保安林の中に入りますと、不法投棄によって非常に汚れているのは事実でありますから、市長からも、各市町村に対しても、ごみの管理というものを強く今後訴えていただきたいし、そういう行動をぜひお願いしたいものだと。そして、まずは打ち上げられるごみを少しでもなくす。海岸の生物や魚にも相当影響するわけでありますから、そういう行動を展開していただくことと。あと、市としては、どうのこうの言っても岩沼市にある土地でありますから、管理はどこであっても、岩沼市という感覚のもとに、きれいにしていただく何らかの行動を展開していただきたいということを申し上げたいと思うんですが、最後に、市長、各市町村へ発することなども含めて、ありましたら聞かせていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、ごみの問題あるいは落書きの問題等をいろいろ御指摘をいただき、また御意見をいただいたわけでございます。大切なことは、市民の皆さんの目が結果的には一番抑止力になるのかなと思っております。しかしながら、市民の皆さんにどこまで御協力をいただけるのかといったようなこと、あるいはまた、市としてどこまで具体的に責任を果たしていけるのかと、そういったことにつきましては、また改めていろいろ検討したいというふうに思っております。
 最後に御質問をいただきました、海岸に流れ着いた流木だとかごみ等についてどう対応するかといったことでありますが、これは既に仙台広域都市圏におきましても県あるいは東北整備局にお願いをいたしておりますし、阿武隈川の下流の整備促進に当たりましても、同盟会としても国の方に申し入れをしているわけでございます。また、阿武隈川全体の会議等におきましても、もちろんこれは洪水等によってもあるわけでありますが、いずれにしても上流からごみ等が流れてくると。もう少し上流も気を使ってもらいたいという話をしております。また、海岸、これは大体亘理の方の海岸になってくるわけでありますけれども、整備局では、国としてもいろいろ対応をしていただいているということでありますが、岩沼海岸につきましては余りそうした対応はしていただけないということも事実であります。そのあたりを含めまして、さらにまた機会を通じて、まずはごみ等を流さないようにしてもらうと。しかし、海岸ではよそから漂着するといったような問題等もありますので、そういったことにつきましては、やはり国の責任も十分果たしていただけるようにお願いをまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)強い信念を持って、美観と景観の議員でありますから、よろしくお願いをいたしまして、質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)5番森繁男議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午前11時46分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番渡辺真多議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔16番渡辺真多議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私の一般質問は通告のとおり3問であります。執行部の明快なる答弁をお願いいたします。
 初めに、入札制度の考え方についてお伺いをいたします。
 今、官製談合が頻発しているというか、新聞紙上をにぎわせているわけです。福島、そして和歌山、今は宮崎、宮城県内においては村田、松島町。松島町長はここの35周年記念式典に参加されて2日後に逮捕というようなことがあったわけですが、談合防止についての、ならないように、各自治体、行政は入札制度にいろいろ見直しをかけてきたということではありますが、それでもこのように頻発をしているというような状況を踏まえ、市長の入札制度についての考え方をまずお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、質問とは別なんですが、松島の前町長は35周年記念式典にはおいでいただいておりません。
 あってはならない犯罪行為が各市で多発しておりまして、非常に残念に思っております。一人の為政者の行為がその自治体行政全体の信頼を損ねるということになり、決して許されることではないと。その意味では憤りの念でいっぱいであります。
 そこで、岩沼市の現在の入札制度につきましては、岩沼市契約業者指名委員会を設置して、厳正な審議のもとに、制限つき一般競争入札、指名競争入札、随意契約等を行っております。特に、予定価格 7,000万以上の工事につきましては、平成12年度より制限つき一般競争入札を導入し、透明性、競争性、公平性の確保に努めてまいりました。今後とも、入札制度につきましては、より透明性を高めていく必要があろうかなというふうに思いますが、改善の必要があるとすれば、適時、助役を長とする入札制度検討委員会において見直し等の検討を行ってまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)岩沼では制限つきの一般競争入札と指名競争入札の二本立てでやっていると。談合防止には、一般的には一般競争入札が有効であるとされております。まず、制限つきをしたということの理由についてお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)3原則であります「透明性、競争性、公平性」の確保の観点から行ったものというふうに聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)今申されましたように、制限つきにするにはそれなりの理由があるわけで、私もそれはわからないわけではないんですが、このくらいいろいろな官製談合が起きるような状況、官製談合だけではありませんが、談合が起きるような状況下では、制限というのもちょっと考慮する必要があるのではないかなと思っております。
 そこで、岩沼では制限つきの一般競争入札を 7,000万にしていますよね。1億 5,000万から 7,000万に下げたと。要するに、その数が多くなるようにということでそうしたわけでありますけれども、去年度実績ベースで、何件ぐらいの入札があって、制限つきのやつがどのくらいあったのか。できれば、建築関係というか、土木、水道、下水道両方を入れた形でお答えいただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)平成17年度で2件を一般競争入札で行っておりまして、両方とも下水関係の業務でございます。御承知のように、今現在、新拓排水路事業をやっておりますので、それらに関する工事が2件というようなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)総トータル、要するに、総数の中の何件かというのを知りたいので。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)失礼いたしました。17年度の全体的な発注件数が 101件でございまして、そのうちの2件が一般競争入札というようなことになってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)これを見ますと、約2%という形になっているわけですが、私の記憶によりますと、県の方は 1,000万に下げたと記憶しておりますが、 7,000万から対象の金額を下げるということも必要かと思いますけれども、その辺、どうお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)価格の上限、予定価格等につきましては、先ほど市長が御答弁申し上げましたように、必要があれば見直しをしていくというのが基本的な考え方ですが、「公共工事の入札及びその契約の適正化の促進に関する法律」といったものがありますが、そういったものを遵守していくというのがまず一つでございます。あと、それらに基づいて、その中身につきましては、それぞれ工事の、あるいは入札の適正化の基本原則があるわけでございますので、それらをしっかりととらえていかなければならないということ。それから、もう一つは、その方策として、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」といったものがございます。そういったものを十分に遵守しながらこの制度を運用していかなければならないというように思っておりますし、 7,000万の額につきましても、そういったことが必要であれば、入札検討委員会の中で十分に検討し、見直しが必要であれば見直しをしていく必要があるだろうというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)確認をいたしますが、 7,000万の分については見直しをしていくと、検討していただくということの理解でよろしいのかどうか。まず確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)この点につきましては、ただいま総務部長からお答えをしたとおりでありますが、例えば、今まで議会のお話もいただいているわけでありますが、地元企業への配慮というお話もいただいてまいりました。しかし、そういったことが競争性を損なって、結果として談合を誘発するのではないかという指摘もあります。ですから、できるだけ額のハードルを低くして、原則としては一般競争入札の方に向かえばいいと。しかし、一方では、品質をどう確保するかとか、ダンピング防止、あるいは下請へのしわ寄せとか、もろもろの視点ということもある程度考慮しなければならないと思っております。したがいまして、渡辺議員からの御要望でもありますし、入札制度検討委員会の中で、できるだけ御期待に沿うような方向で検討してもらうように進めたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)後段で聞こうかと思ったようなところまで御返事をいただいたんですが、総務部長のお答えの中に「予定価格」という言葉もございました。この予定価格についてはどのような形で決定されるのか、お知らせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)それぞれ担当工事課におきまして設計を精査いたしまして、それらに基づいて、最終的に市長が決定をするというようなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)予定価格については、その決定に当たり、数字には根拠があるということですよね。現在、予定価格よりも何%下がった、安ければ安いほどいいというような風潮がある。これはある意味で間違いだなというぐあいに私は思っております。例えば、談合とは関係ないんですが、仙台市の地下鉄の工事で、予定価格の60%とかで余りにも下なので、審査会を開いて、やれるだろうという決定がなされたと。これはどういうことかなと。一番最初の予定価格について、行政としてどういうプライドを持っているんだと。別な面からいえば、予定価格を決めるに当たっての根拠が非常に希薄なんだという見方をされてもしようがないのではないかなと、仕方がないのではないかなとも思うわけです。私の今の考え方について、市は、予定価格を決めるに当たって、これは適正価格なんだというような、岩沼の行政には自信を持ってもらうぐらいの積算能力なりを持ってもらいたいというぐあいに思っております。これは、総務部長ではなくて、その辺について、市長からお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的には、予定価格についてというか、最初にそれぞれの担当が積算してきますので、その積算というのは十分しっかりしたものであると。ただ、いろんな状況から見まして、実際の価格よりは予定価格を多少低く設定させてもらうとかということは行われているわけではございます。ですから、一概に予定価格から何%だから、何%だとすれば談合の疑いがあるということにつきましては、果たしてどうなのかなというふうに思うところもあります。いずれにしても、我々としてはしっかりとした積算に基づいて出されたもので予定価格を設定しているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長の答弁にもありましたけれども、一般競争入札、岩沼では制限つきだけということなわけですけれども、今言った地産地消、地元をどう使っていくかということと非常に相反する面というのがあるわけですけれども、その辺はいろいろ工夫をしていただいて、競争性、透明性を確保していただかなければならないと思いますが、例えば、どのようなことをお考えなのかお知らせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的には、入札制度検討委員会でいろいろ検討していただいて、適時、必要なことにつきましては改善を加えるという形で進めてきております。今御質問いただきましたように、地元への配慮といったことが、ある意味では談合を誘発しかねないという指摘もあります。そのあたりを踏まえなければなりませんし、繰り返しになりますが、一方では、品質の確保だとかといったことも十分踏まえていかなければならないと。ですから、どうぞ御自由にどなたでもということになりますと、やはりいろいろと懸念もあるのではないかと。ですから、今のところは制限つき一般競争入札を導入したのかと。しかし、今これほど談合についていろいろ試みが行われている中でありますので、岩沼市としては、適時いろいろ改善を加えてきたわけでございますが、そのあたりも踏まえて、よりよい方策があるかどうかにつきましては、委員会の方で十分検討してもらいたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)けさの日経新聞によると、福島県の入札制度のあり方を検討する検討委員会というのがありまして、ここの答申というのが、全件一般競争入札にするようにと。そして、地産地消、要するに、地元をどう使うかということについては、地元の業者もなるべく数多く入れた形での一般競争入札にすると。そういう形にしますと、例えば、評点何点とか、Aランク、Bランクとかというようないろんな形が出てきて、そういう制限で入札に参加できないというようなところも、岩沼市内ということになりますと、出てきてしまうわけですが、その辺は、例えば、共同でやるとか何をやるとかというような形での膨らみを持たせることも可能かなというぐあいに思うんですね。
 今、いざなぎ景気を超えるロングランの好景気だと言われておりますが、我々、この地域にしても、その景気のよさというのは感じられないわけです。建設業というのが打撃をこうむっている最たるもののような形になっているわけですね。建設業がある程度頑張っていただかないと、簡単な日雇いにまで影響してしまうというような幅広い、すそ野の広い業種ですから、その辺もいろいろ御検討いただいて入札制度のあり方をやっていただければなと希望しておきます。
 次に、市民バス運行についてお伺いいたします。
 これは9月議会でも一般質問させていただきましたけれども、運行経路の見直しについては検討会からどのような報告があったのか、まずお知らせをいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市民バス運行体系検討会で運行体系の見直しを行うに当たりましては、まずは、スクールバスのあり方に関する教育委員会の見解を踏まえ、また、市民バス運行に関する検討課題を掌握した上で、見直しのための基本方針を定め、検討を重ねていただき、11月1日に検討結果報告を提出いただきました。今後、この報告内容を十分尊重しながら、運行体系の見直しを進めてまいりたいと思います。
 内容につきましては、民生部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)報告内容の主なものであります。一つは、武隈地区への通院とか買い物客の足を確保するための路線の一部の変更ということでございます。もう一つは、南小学校児童の通学の利便性を図るために、現在の運行時刻の変更についての提言がございました。
 運行効率の面でありますが、現在、南北線、南回り、北回りがあるわけですが、利用者が比較的少ないということでこれの統合。さらには、グリーンピア岩沼への乗り入れ時間帯の調整、それから日曜・祝日の運行の効率化などの提言をいただいております。
 さらには、通学に市民バスを利用することができるような運行体系の見直しについての御意見等も伺いましたが、これにつきましては、現状の市民バスの運行状況から、難しいものと判断されると。ただ、今後の課題として、小学校での放課後児童対策のあり方や市民バス車両の更新などの課題を加味しながら、そのあり方については、検討してはどうかということの、今後の課題という形での提言もいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育委員会からの見解 ── 要望ということなのでしょうけれども、そういうのがあったということですが、これはどういうような要望があったのか、具体的にお知らせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)まず、スクールバスについてでありますが、これは分校の統廃合に当たっての地元との覚書に基づいて運行しているので、今後も継続して運行する方針であると、教育委員会としてはそういう方針であるということであります。そこで、市民バス運行に当たっては、スクールバス運行を最優先してほしいという見解をいただいております。
 もう一つは、遠距離通学児童のすべてにスクールバスで対応することは、バスの台数確保、それから運行経路、運行経費等もろもろの問題もある中で、対応できる状況にはないという教育委員会の見解も踏まえながら、本年2月の関係者からのスクールバス延長に係る陳情に応じられる状況にはないという旨の意見もいただいております。運行体系検討会では、この内容を踏まえながら、いろいろ検討をいただいたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育委員会からは、陳情には対応できないというような御意見をいただいたということでいいんでしょうか。確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)教育委員会の見解も踏まえながら、市、いわゆる担当部と申しますか、市の考えもお示ししながら御判断いただいたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私はそういうことを聞いていないので。教育委員会からはどういうような要望がございましたかと。要するに、執行部側の、ここの議会の場とかでいろんな意見があって、それを勘案してもらった部分を聞いているわけじゃない。というのは、9月時点で、教育委員会からは、分校廃止に伴うスクールバスをそのまま維持してほしいということと。南長谷線と下校時の時間帯が合わないので、南長谷線の運行の時間帯を見直してほしいと、二つついているということなんですね、9月時点では。その後に、一般質問の中での答弁に、「所要時間、その他いろんなことを考えてみて、検討して執行部の方に要望を出します」というぐあいになっているんですが、そういう要望をしているのかどうかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)ただいま御指摘いただきました3点については、要望と申しますか、意見としてはいただいております。
 改めて申し上げますと、一つはスクールバスの運行のあり方、先ほど回答を申し上げたような見解でございます。もう一つは、南小学校の児童の利用に関係する部分でありますが、これは、教育委員会もさることながら、父兄の方からもそういう要望をいただいておりますので、そこをあわせもって検討を加えていただいております。三つ目が、要望、陳情といいますか、これに対する見解をいただいてございます。これについては、具体的には、2キロ以上の通学については基本的には歩いてというようなこともあるので、その陳情どおりに対応すれば、すべて4小学校に及ぶ問題で、現状としては難しいので、今までどおりの方向でという趣旨の意見といいますか、これをいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)わかりました。
 そこで、教育長にお伺いしますけれども、こういう意見が出たときに、当然、教育委員会にかかって、そこの中で意見を集約して執行部の方に申し上げるんだという私の認識がございまして、情報公開の方を使って会議録の開示をお願いしたんですよ。こここういう部分があるはずだから出してくれと。そしたら、そういうことはないと言われました。それで、こういう要望はどういうぐあいにやったんだと。決裁事項でやりましたと。担当者が、教育長なり、内部でいろいろ検討して、この二つについて書いて、教育長までの承認をもらって執行部の方に提出したということだそうですけれども、教育委員会にはこの陳情書も諮っているのかどうか、まず。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この件については、定例教育委員会では諮っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ということは、きつい言い方になりますが、教育長独自の判断で握りつぶしちゃったという判断でよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)握りつぶしたという言葉はちょっとふさわしくないのではないかなと思っているわけですが、私どもに任された部分ということで解釈しております。そういうふうな解釈でありますので御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ちょっと理解できませんので。じゃ、なぜ教育委員会に陳情等を諮らなかったのか、その理由をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)スクールバスに関しての陳情につきましては、こうした陳情が出されているという部分については教育委員会の方に報告をしております。教育委員会で審議をする事項でございますけれども、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」がございまして、これの26条に委員会の権限が記されているわけですけれども、その部分を教育長に委任できるというふうな規定になっております。このスクールバス関係につきましては、その委任された範囲の中の案件ということで、議案として審議をいただくという状況にはないわけでありますけれども、こうした状況があるということについては報告をいたしておりますし、また、議会では、3月議会、それから9月議会にも一般質問をちょうだいしましたけれども、その内容につきましても、委員会で報告をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)この問題は、スクールバスの運行なりということは手段の問題でありまして、子供たちの安全にかかわる問題なんですね。ある意味で根幹にかかわる問題なわけで、そこについて、教育委員会から教育長は委任を受けた。だから、教育委員会の中で意見を聞かなかったと、そういうことにはならないかと思いますが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)意見を聞かなかったということではなくて、報告をして、意見等もいただくというスタンスでございます。特に、委員の方からこれについて意見があったということはなかったわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)これは個別的に教育委員のところに行っていろいろ聞かなければいけない問題ですが、このことについて、教育委員の方からは一切意見がなかったということでよろしいわけですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)先ほどと同じ答弁になりますけれども、報告したその委員会において意見はなかったということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育委員会から執行部の方に、南長谷線の下校時の見直しについて、保護者なりからも要望があったから見直しをしたと、要望をしたということですよね。玉浦の辺についても、例えば、二野倉、長谷釜についても時間帯が合わなくて使えないんですよ。あの陳情というのは、保護者からも同じことを言われているんですよ。南長谷線にだけこういう対応をして、なぜ二野倉、長谷釜あたりには同じような対応ができなかったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)二野倉、長谷釜地区の子供たちがアイバスを利用できるようにするには時刻の変更というようなただいまの質問でございますけれども、このバスにつきましては、その路線に周行する前については、相野釜の地区の児童を学校まで運行する部分に周行しております。したがいまして、その時間を約20分ぐらい早めないと、学校の始業時間に間に合うように二野倉なり長谷釜の子供たちが乗る時間帯にはならないということでございます。したがいまして、現在の運行ダイヤの関係から、他の地区に時間的な影響が当然あるということになりますので、そうしたことも加味しながら、そういう判断をしたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)手元に運行表を持ってきていないのでわかりませんが、記憶でお話ししますと、二野倉、長谷釜にはバスが入っているんじゃないですか。5分か10分ぐらい早くしてもらえると多分乗れるということだなという理解をしていたんですが、その辺、見直せないのだったら、相野釜のやつを回せというようなお話をしたような気がいたしますけれどもね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)御質問の関係でございますけれども、二野倉線につきましては、藤曽根を8時15分に出発しまして、各停留所を回って市民会館まで来るという便になるかと思います。これを学校の始業時間に間に合うようにするためには、ぎりぎりというわけにはいきませんので、8時ぐらいには学校に到着できるような時間帯になる必要があるのかなというふうに思っております。このバスのその前の周行部分につきましては、現在、7時50分に相野釜を出発しまして、玉浦小学校に8時に到着するスクールバスとして運行しております。したがいまして、二野倉地区等の生徒たちがこのバスに乗ってこれるためには、約20分ぐらいは早めないと、その時間帯には間に合わない状況になるのかなということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)スクールバスを、二野倉、長谷釜地区、藤曽根ですか、あの辺の子供たちを乗せるのに使えないと。要するに、分校廃止の条件だからということであれば、南長谷線と同じように、子供たちが乗れる、使える時間帯になぜ変更できないのか。20分が必要なら、20分なぜ早くできないのか。父兄から、保護者からの時間帯の見直し等も陳情等の中には酌み取れるわけで、なぜ配慮できないのかちょっと理解に苦しむんですが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)20分早めるということは、現在、相野釜地区で利用しておりますバス時間帯を早めるということになってまいりますので、そうした場合には、当然ながら、現在乗っております相野釜地区の方に説明をして了解をいただかなければならないということになってこようかと思います。
 それらとあわせまして、先ほども答弁がありましたけれども、遠距離通学でバス等が必要だと思われる地区につきましては、玉浦小学校だけではなくて、岩沼小学校にもありますし、西小学校にもありますし、南小学校にもあるという状況でございます。現在アイバスが走っておりますので、乗れる地区につきましては、当然、時間が合えば利用していただいて差し支えないということにはなろうかと思いますが、それ以外の、バスの路線がない地区もたくさんあるという状況も踏まえながら、全体的な対応を念頭に置いて考えていかなければならないというふうな考え方のもとで、今回のような教育委員会としての考え方をまとめ、市長部局の方にお願いをしたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)距離の問題が理由だということなわけですが、前回もお話をしたと思うのですが、距離だけの問題ではないと。通学路の状況にもよる。藤曽根とか長谷釜というと、田んぼの中をずっと歩いてくるような、何もないところを歩いてくるような状況になるわけです。例えば、ちょっと遠くても、そこにずっと街なみがあるとかというところとは全然状況が違うと思うんですけれども、岩小にもそういう地区等があると。それはわかります。梶橋とかね、別な言い方をすると、南竹をどうするかとか、そういうところも岩小で受けているわけですから、配慮しなければいけないというのも十分わかるわけですが、まずやれるところからというのがあるわけで、全体を一気にやるという形になったらこれは非常に難しい。当然、台数もふやさなければいけないでしょうし、経費のいろんな負担が出てくると。市長も言っておりますけれども、現有のバスでどういう活用をしていくのかという形で検討をしていかなければ成り立たない話ですよ。何回も申し上げますが、これは安全の問題ですからね。その辺を第一義的に考えて、スクールバスなり市民バス(アイバス)の運行を考えていただきたい。
 そして、利用者の面からいって南北線を統合したと。すると、ここでバスが1台余るわけですけれども、これの利用とかも教育委員会から執行部の方にお願いすべきだと。学校の先生が、例えば、子供たちを帰りに一人ひとり送っていきますよ、頑張りますよといっても、これは無理な話で、現実は、父兄の人たちが、なるべく時間をさいて無理をして迎えなり送ってくるなりいろいろしているわけですよ。それをどうカバーしてやるか。これはある意味での行政の一つの責務かなというぐあいに思うんですが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)子供の安全を守るという点についていろいろお話をいただきましたけれども、それは議員がおっしゃるとおりかというふうに思います。ただ、できるところからというお話もちょうだいしましたけれども、できるところをした場合、当然、それ以上に条件の厳しい地区が、先ほども申し上げましたけれども、西小については、例えば小川地区とか、南小については押分の地区とか、玉小でも早股上地区とかがありますし、そういったように、すべての小学校に非常に厳しい条件の地域があるということがありますので、当然ながら、そうした地区のことも十分考慮した上で、その考え方については構築をしていかなければならないのかなというふうに思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私は、経費がかからないように……、玉浦の陳情は早股上の方が中心になっていろいろ上げてくれているわけですよ。ここの方にも、「ここの地区は非常に難しいね。別枠でジャンボタクシーなりを回すしかないよね」と。「いや、おれんところは我慢させる。でも、やれるところからやってほしい」というのがあるんですよ。岩小学区についても、どういうところが厳しいとか、そういうのはわかります。でも、現有勢力でお金を使わないでやれるところから、カバーできる人はカバーしてやってほしいというのが私の意見でしたが、そこまで言われると、じゃ全部カバーするように教育委員会としたら頑張ったらどうですか、執行部に要求したらどうですか。そういう話になってしまいますよね。安全はお金にかえられないと教育長も言っているんですから。そういうことでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)子供の安全・安心は最重要課題だとは考えております。ただ、今、次長が申しましたように、全体を見ながら考えなければ、これは解決できない部分がございます。したがって、我々としての基本姿勢は曲げないと。スクールバスについては、分校廃止の条件、これだけであります。
 それに伴って、もう一つ問題になっておりますのは、いろいろなところから御提案をいただきました。何人かの議員にいただきました。でも、すべてを賄うことはできないと。やれるところからというと、今の次長の話になります。したがって、これについては、私ども線は変えられませんので、現状維持で、二つの要望を市長部局に投げかけたわけでありますので、この点を御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長にお伺いしますが、保護者の方はこのことについては非常にぴりぴりしておりまして、当然、玉小の方だけではなくて、岩小も、西小も、南小も、その地区にいる方はこの問題については非常にぴりぴりしているのはおわかりになっていただけると思うんです。市の財政状況等を私なりに考えて、なるべくお金のかからないような形で安全を確保してほしいという思いを教育長に今いろいろぶつけて、市長は聞かれていたわけですが、市長からも前回、柔軟にいろいろ検討していきたいというような答弁もいただいておりますので、その辺も踏まえて、御見解をお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)2月に多くの皆様から陳情をいただいたと。渡辺議員に御同行いただいていろいろと御意見をいただきました。保護者の皆様方の思いもよくわかるわけでありますし、また、折に触れて、議員の皆様からも、あるいは住民の皆さんからもいろいろと御要望いただいているわけでございます。できるだけ御要望にこたえたいということは当然のことであります。しかしながら、岩沼の市民バスにつきましては、今、教育委員会とやりとりがありましたように、スクールバスにつきまして、分校廃止の条件として設けられたという大前提があるわけでありますし、また、そのスクールバスのあいている時間を市民バスとして使わせていただいているというような形があります。そういった枠がある中では、いろいろと検討した結果、教育委員会としては現状維持以外はないというお話でございますし、それをもとに、市民バス運行体系検討会にお諮りをしたところ、答申をいただいた中では、大筋として、現状はやむを得ないといただいているわけでございます。
 ただ、その中でも、今後、小学校での放課後児童対策のあり方とか、あるいは市民バス車両の更新等において、また改めて十分検討する必要があるのではないかという御要望もいただいているわけでございます。ですから、今の時点におきましては御要望にこたえられないわけではございますが、引き続きまして、次の見直しの機会におきましては、またこれについて教育委員会としても検討していただき、議会の皆さんからも御意見をいただき、そして、こうした検討会等を設けて、その中で十分議論をしていただき、その中で、市としてまたその時点において判断をしていくべきものというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長からも、教育長からも、スクールバスというのは分校廃止の条件なんだと、だからスクールバスなんだというような話でありますけれども、私はその視点はもう変えるべきだと思います。というのは、分校廃止の条件のスクールバスというのは非常にナンセンスだなと。要するに、子供の安心と安全を確保するためのスクールバスという視点に立たなければ、私と教育長の今のお互いの立場での意見の一致はなかなか見られないなというぐあいには思ったわけです。
 分校廃止のためのスクールバスというのは、今の時代ではですよ、ナンセンスになったなと。要するに、子供の安心と安全を確保するためのスクールバスというような位置づけにしていかなければ、はっきり言ったら、危ないところがごろごろごろごろ……、安心・安全が大事だと言うけれども、穴だらけの状態になってしまう、そういう結果になるんだろうと思います。このことについて、市長と教育長からの御見解をお伺いして、このことについては終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)教育長もお答えをいたしておりますとおり、安全・安心というのは一番重要なことだと。これはすべての人たちについて言えることだというふうに思います。
 ただ、せっかく、岩沼市といたしましては、学校関係者あるいは地域の皆さん方の御協力をいただいております。地域ぐるみで安全を守るためにいろんなお力をいただいております。そういった皆さん方の御努力によって、一番大切なことは、地域全体で、犯罪のない、あるいは問題等が生じないようにしていくこと、そのことが抜本的な対策でありまして、危険だからといって簡単にスクールバスを出す。あるいは、学校にだれか入ると困るからといって鉄条網で閉める。遊び場が大変だからといって遊び場にガードマンをつけるというような形が、果たして社会全体としていいのかどうかと。このあたりも十分踏まえますと、今すぐにスクールバスという選択にはいかないと。しかし、もちろん諸外国の例もありますし、日本の国内でもどこかがやっているという形もありますので、地域の皆さん、議会の皆さん、それぞれの皆さんの合意ができるとすれば、それは経費がかかってもやっていかなければならないことだと思いますが、まずは、地域ぐるみで、そして学校ぐるみで安全のために大いに御努力をいただいておりますので、多少遠かったりとか、いろいろ御要望等もあるわけでございますが、現時点におきましては、検討会で御検討いただいた結果を尊重して対応したいと。
 しかし、もう一方では、スクールバスのあり方については、確かに、渡辺議員御指摘のように、いつまでも分校廃止の条件ということだけでスクールバスは出さないといっているのはどうかと言われますと、それもそれでありますので、時代的な流れ等も踏まえて、これにつきましては別な形での議論も必要かなというふうに思いますが、当面は、地域ぐるみで安全・安心を守っていただくようお力をいただいて、何とか子供たちの安全通学、そして、しっかりとした教育が受けられるようにできればなと。市民バスにつきましては、とりあえず市民バスの目的がありますので、その中で、少しでも利便性を高めるような形で、来年度からは、今回の検討結果をもとに、運行体系をしっかり構築できればなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、市長が申したとおり、同じでございます。ただ、現在言えることは、分校廃止の条件、この線を崩すと、すべて崩れていくということがありますので、当面という言葉がありますが、この原則に沿って行いたいと考えているところであります。地域ぐるみで子供を育てる体質、これが何といっても一番であります。ただ、それだけでもなかなか守り切れない部分はありますが、今後、検討課題として与えられております、小学校での放課後児童対策のあり方などを検討する中で考えさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ちょっとだけ意見を言わせていただいて、次に移らせていただきます。
 この陳情をしたり、子供の安全を心配している保護者というのは、地域の中でいろいろ活動をして地域の安心と安全を守ろうという意識の高い方々でございます。岩沼市民は全員高いんです。その中で頑張っている人たちであります。ですから、ただ行政任せにしているということだけではないので、その辺も、市長、十分配慮いただきたい。
 あと、教育長に申し上げますが、この前提を壊すとすべて壊れてしまうと。壊れていいんじゃないですか、もう1回構築すれば。というぐあいに思います。
 次に移ります。
 岩沼中学校屋内運動場の改築工事についてということで、耐震結果を踏まえて、ことしの8月から使用しなくなったわけです。耐震の結果というのは、1階部分については十分に耐震の安全度がとれると、2階部分について危ないよというような耐震結果だったわけですけれども、これを早くつくり直して、全員協議会の説明の中では、 400平米以上広くしてもっと立派なやつが出てくるわけですが、8月から再来年の3月ですか、目標は多分、新しい体育館で卒業式ができるというような段取りで進められるのだろうと思うんですね。要するに、来年の3月いっぱいまでは授業なり行事なりでは使用できなくなるということになるわけです。
 なぜ私がこの質問をするかといいますと、昔、私もPTA好きでありまして、岩小とか岩中のPTAをやっておりました。そのころ北中と西中が大変荒れていまして、私は北中ではなかったものですから、でも、そこのPTAなり学校の先生がいろいろ苦労されたというのを非常に近くで見ておりました。巡回をしたり、父兄が授業の途中に行って子供たちと将棋を指してきたとか、ある校長は辞任をされてとか、いろんなことがあったんです。今の岩中の校長先生は、その当時、教務主任かなにかをされていたはずなんですね。荒れた北中で大変御苦労をされて北中をたて直した方だと認識をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)傍聴の方、カメラは使用しないでください。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)(続)そのときいろいろ思ったことがございます。例えば、学校校舎を建築する。北中の場合は、プレハブを建てて、校庭をつぶして建てていったわけですよ。すると、ある意味で、子供たちの行動量というか、運動量というんですかね、そういうのが制限された形になってしまって、それがストレスになり、全部とは言いませんが、学校荒廃というか、学校が荒れる一つの原因になるなという認識を持っておりました。それは今でも変わりません。
 今、学校にもお伺いをしたり、教育委員会に行ってちょっと聞いたりして、来年の4月まで、何とか学校なりで頑張っていくというのは十分にわかるわけです。しかし、もう少し便宜を図ってもらえないものかなと。例えば、直接部活を指導したりする先生などは、場所をとるにしても、学校単位でとっているわけではないんですよね。部活の先生などが個別にとっているんですよ、あいているところを。学校内でとれたところを調整したりなんかするんでしょうけれども、基本的には個別にとっているんですよ。そういうところ、何とか便宜を図ってもらえないのかと思っているんですが、教育長、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校、生徒には大変不便をかけております。その中でもできるだけのことはやってあげたいと考えております。当初はそういったこともあったと思いますが、今はスムーズにいっているというふうに解釈しているところであります。
 何といっても、我々の努力の一つは、新しい屋内運動場をいいものにするというふうなことで、予算面でも当初よりかなりアップして、施設設備面でも充実したものができるようでありますが、二つ目の、代替施設の優遇措置もとっております。現在では、南小学校、体育センター、総合体育館、南長谷コミュニティーセンター、これは優先的に確保しているところであります。ただ、問題の、その手続については、なお実態をつかみながら、スムーズにやれるように我々も配慮していきたいなと考えているところであります。
 それから、授業についても考慮しておりまして、これからは冬の時間であります。外で体育はできない。体育館はない。未履修になっては大変であると。したがって、室内で行われるバレー、バスケについては、総合体育館を優先的に、メインとサブを優先的に使わせ、それも、総合的に判断して、送迎バスもすべてセットして行うというふうなことも計画しておりますので、学校の言い分といいますか、学校の要望にかなりこたえてきているのではないかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)優先的にということで、ちょっと安心をしたところではありますけれども、一般開放というのがございますね、その辺の絡みはどうなっておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)岩中では授業なり部活なりで総合体育館あるいは市民体育センター、南小学校等の施設を使っているわけですけれども、この使用に当たりましては、当然、中学校と、それから体育センターなりを所管する部署と、南小であれば南小の先生と、私どもと、協議の場を設けまして、いついつ岩中ではここのところを使いたいので、ここに入っている部分についてはどこに動いていただくとか、岩中の使用を優先するという考え方のもとに調整を行って、現在に至っているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)要するに、優先的にということは、今言った、一般開放の部分においても優先的に使わせていただけるということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)一般開放をすべてシャットアウトして岩中にというわけにはまいりませんので、その辺は、一般開放に必要な部分と岩中で必要とする部分が仮に同じ日にち同じ時間帯に当たった場合には、両方で協議して、どちらにするかというような決定の仕方をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)岩中で必要としているというのは、そこには部活も入っておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)部活についても当然、市民体育センターなりを使用しておりますので、部活の分も含まれております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)何名かの部活員の保護者なり外部からのコーチなりからいろんな話を伺ってまいりました。今の古積次長の話とちょっと食い違うなと思って聞いておったわけです。私、体育センターの9月の予定表をここに持っているんですよ。岩中の部分がそれなりに入っているんですが、部活は、日曜日か月曜日、休みにしろということになっているみたいですよね。部活としたら土曜日に使いたいと、体育センターについては。9月を見ますと、土曜日の午後からとかというのは結構あいているんですけれども、岩中は入ってきていないんですよね。この辺は、一般開放だから岩中が団体で使うのは認めないよとか、はっきり言うと、そう言われるんだと言っているんですよ。今の話だと、送迎バスも含めて優先的に使わせてもらっているというんですよね。現状の、岩中の体育センター利用の予定は多分入っているでしょうから、その辺はどうなっているか、おわかりになれば教えていただきたい。
 それと、ここに11月のビッグアリーナのやつがあるんですよ。現在、名取高も使えない状態で、北中も使えない状態なんですよ。だから、施設に集中しているというのはわかるんです。ビッグアリーナのを見たときに、これはすごい過密であるというか、施設整備点検日、施設修理日というのが月に2回、24時間全部ぴたっとなっているんですが、この辺も少し使えないのかと思ってしまうぐらい過密なんですよ、これを見ていると、行事がいっぱい入っていて。その辺も含めてちょっとお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)先ほどの質問の中に送迎バスというお話がございましたけれども、この送迎バスについては、部活ではなくて、学校の授業として体育の授業を来年の1月から3月にかけて総合体育館で集中的に行いたいということで、学校の方から実施計画が出ておりまして、それに伴います生徒の移動手段としてバスを確保するということでございます。部活にはその部分はございません。
 それで、体育センターあるいは総合体育館の使用の関係ですけれども、これにつきましては、当然、施設ごとに学校以外の使用申し込みとかがいろいろございますので、その辺の調整も必要だということから、前の月に翌月分の使用、学校とそれ以外で使用申し込みがある部分を関係者で調整して、学校の部分についてはここのところを使わせていただきたいとか、そういった調整を行ってきているということで、毎月状況は変わるという部分はあろうかと思います。
 それから、お話にもありましたけれども、現在、名取高の体育館も耐震工事中ということで使えない状況にあるというところから、岩沼市の体育施設を名取高でも使用したいというような使用申し込みがございますので、その辺との部分もありまして、使う時間がなかなかとれにくい状況はあろうかと思いますけれども、先ほども申し上げましたが、翌月分の調整をする中で、岩中の部活なりで十分に確保できるような調整の仕方を今後とも行ってまいりたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ちょっと確認をさせていただいて終わらせていただきますが、一般開放のところについても、教育委員会が入って岩中と利用者間の調整をしていただいているということかということと。一般開放についても、優先的な使用をさせてもらえるような調整をしていただけると、こういうことの理解でいいのかどうか確認をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)一般開放との調整の関係ですけれども、すべて部活が優先できれば、それにこしたことはもちろんないかとは思いますけれども、一般開放もまるっきりなくすというわけには……、一般開放で使いたいという利用者の方もたくさんおられるということもございますので、その辺は、その状況に応じた調整をしていくということになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)岩中が一番長いのでここを中心にお話しさせていただきますが、岩中の部活で使いたいのは土曜日ですね。それから各平日の3時から5時ごろまで、要するに、学校が終わってから使いたいというのが大体明確なんですよ。使う種目も結構ございますので、ある意味で、場所を確保というか、一般開放と調整していただいて。そこに全部しわ寄せしろというような無理を言っているわけでもございませんので、調整していただいて、あとは、岩中の各部活の中で調整してうまく使ってもらうような形で進めていただきたい。これをお願いして終わらせていただきます。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時20分といたします。
    午後2時9分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 2番布田一民議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔2番布田一民議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)2番、市民参画の会の社民党の布田一民でございます。
 通告をしております、にぎわう「まち」を取り戻す施策について、提案を交え3点にわたり質問をいたします。
 今年度の当初の定例会において地方分権に係る質問を行ったわけでありますが、地方分権の動きは急速に推し進められております。これは単に国と地方の役割分担だけではなく、地域のことは、地域住民の、自分たちの判断で決定をし、その責任をも自分たちで負うといった行政システムを構築していくという、地域主権への流れが制度化されたと考えていいのだろうというふうに思います。しかし、これが決してよい結果につながるとはわからないわけでありますが、しかし、各自治体は、地域独自の個性を生かしながら、みずからの責任のもと、主体的にまちづくりに取り組むことができる真の地域主権を確立することが求められていることは言うまでもないと思っております。そうした中で、市民の目線に立って施策の選択と集中を図り、先人から受け継いできた市民共有の貴重な財産を次世代にしっかりと残す、そういうことが今まさしく求められていると思いますし、市民満足度の高い効率的な行政運営が必要なのだろうというふうに思います。
 中心市街地活性化基本計画にもあるように、本市の特徴を生かし、にぎわいのある「まち」を取り戻す、つまりは、まち育ての施策が求められているんだろうと思うわけでありますが、本市の現状をどうとらえ、そして将来像をどう見ているのか、井口市長の考え方をお聞きしたいわけでありますが、初めに、本市の全体の特徴をどうとらえているのかお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市は、申し上げるまでもなく、かつて竹駒神社の門前町として栄え、また、宿場としての役割も担ってきておりまして、県南部の中心地の一つとしてにぎわった歴史あるいは伝統というものがある、また、ある意味では、いろいろな条件に恵まれた暮らしやすいまちではないかなというふうに思っております。また、鉄道、道路、さらには空港といった、利便性の高い、交通条件のよいまちだと。その意味では、横文字は余り使いたくありませんが、ポテンシャルの高い岩沼ではないかと思います。
 したがいまして、まだまだ発展可能性はあるかなと思っておりますし、場合によっては、未発掘だとか、あるいは未活用の資源がかなりあるのではないか。その意味では、我々が知恵を絞って開発可能性の高いものをできるだけ引き出して、岩沼のよさというものをさらに高めて、そしてまた、よそにも売り出していく必要があるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)人のとらえ方、感じ方はさまざまであるわけでありますが、改めて岩沼市の全体を観察いたしますと、JRから西、そしてまた、バイパス4号線、6号線から東を見ますと、山なみが非常にきれいで、田園風景といった環境にも優しいまちもあると。また、土地区画整理事業の手法でもって一つのまちとしての展開をしている。そして、JRからバイパスの間、旧市街地と言われる中心市街地の中には、南部に旧奥州街道が真っすぐに延びている。そして、まちの中には蔵が点在をしたり、昔ながらの門構えがまだ残っているという状況であると思いますし、どこか懐かしいといいますか、ほかの市町村にはない、岩沼としての風景がそこには非常にあるのではないかなと思うわけでありますが、その部分について市長はどういうふうに思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは、布田一民議員と同様に、私も感じております。例えば、グリーンピアの展望台から見た岩沼の街なみ、そして、太平洋がはるかに見え、阿武隈川の川筋がある。そしてまた、収穫の秋には黄金色に広がった田んぼがありますし、市街地があるという形でありますし、西の方には蔵王が開けるといったような形で、岩沼としては大変自然に恵まれていると。また、風景的にも結構落ちつくような感じであるということは思います。ただ、まちの中ではまだいろいろと課題等があるということは考えておりますので、知恵を出し合いながら、しっかりと一つ一つ目標を立てて、よりよい方向に進めていく必要があるのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)もう一つの特徴としては、西部地区、東部地区には、公共施設、また建物も並び、高齢者でも歩いて買い物ができる大型店舗も点在をしているというのが現状であります。しかし、一つとしての形成ができ上がっている中で、中央部分でありますけれども、特徴を生かし切れずに寂れていくばかりではないのかなと思うわけであります。そのようなことからいえば、中心市街地活性化基本計画は恐らくはそういったことで作成されたのだろうと思うわけでありますが、それを踏まえて、次の質問に移るわけでありますけれども、その特徴を生かしどのように再生を進めるかでありますが、前の質問に対して市長から、本市の特徴をとらえている回答をいただいたわけでありますけれども、市長はその特徴をどのように生かして今後再生を進めていくのかお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市の特性、特徴を生かした、いわゆる岩沼らしさというものを探し出し、つくり出し、それを高めていく。その中で新たなものをつくっていくということが必要だと思います。結果として、そういった形で行われて、まちににぎわいを取り戻すことができるのかなというふうに思っております。
 具体的には、岩沼市の持つ歴史だとか、文化だとか、伝統だとか、あるいは岩沼市民の市民性といったようなものを十分とらえて、その上で、岩沼特有の地域ブランドといったものを開発すると。一方では、そういったことが行われることによって、さらに、市民の皆さんが岩沼に住んでいることを誇りに思えるような形になるというふうに思いますし、大切なことは、行政だけではなくて、市民の皆さん、商業活動になれば商業者の皆さん、消費者の皆さん、すべての人たちが知恵を出し合い、そして連携をして実現していくべきだというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)前の質問で私なりに本市の特徴について言ったわけでありますが、旧市街地と言われる中心市街地は、特徴を生かし切れずに寂れていくばかりではないのかなというふうに話をしたわけでありますけれども、そのことからすると、今、本市が本当に進めるべきことは、JRからバイパスまでの間 ── 旧市街地、そしてまた駅前整備を含めて、しっかりと特徴をとらえてにぎわいを取り戻すということこそ、本市のまちづくりの効用の起爆剤にしていきながら、そして、市全体の活性化に何といってもつなげていきたいと、そういう思いでありますけれども、そのことからすれば、市街化活性化基本計画の中に「人通りのにぎわいづくり」があるわけでありますが、私は、これのスピードアップを図って、最重要課題として、施策として、にぎわいの再生を行うべきではないのかなと思うわけでありますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)何といっても、今お話をいただいておりますように、中心市街地の活性化ということは、岩沼において最も重要な課題の一つだということでありまして、その基本計画に盛り込まれた事業を着実に実施すると。そのためには、まず、関係の皆様方あるいは市民の皆さん方の共通理解、そして協力を得ることが何よりも大切だと。こうした中で、お互いにやろうとするような意識を高めていくことによって、着実にまちづくりを進めていきたいと。
 にぎわいというふうになるかどうかはわかりませんが、コンセプトとしては「歩いて暮らせるまちづくり」だと。ですから、その地域に住む人たちができるだけまちの中に出ていただいて、その中で買い物をしたり、あるいはいろんな遊びができるとか、そういった形になれば非常にいいのかなと。そういう意味で、まず一つ、基本計画を具現化するように一つ一つ努力をしていく必要があろうかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)私が平成16年の第5回の12月定例会で提案をいたしました「路の駅」の創設については、前回の議会においても市長の前向きの回答を聞かせていただいたわけであります。そしてまた、16年の12月の定例会においても、市民また地域住民が課題を共有しながらその将来像をつくり上げていくんだということで、育てていくための必要性から、パネルで促進活動について提案をさせていただいた経過があります。
 促進活動の提案として8点ほど挙げているわけでありますが、1点目としては、他分野でのリーダー層によるまちづくりのワークショップ、2点目には、まちの色彩、環境の研究活動や意向の把握、3点目には模型によるまちの全体像の把握、4点目には歴史、文化的資源の発掘のイベント、5点目には、伝統的な祭りと連携をしたまち育てのプロモーション、6点目には空き店舗などの利活用の検討。6点、7点、8点ほどこういった形の中で挙げさせてもらったわけでありますが、このときの市長の回答には、「一つでも二つでもこれが取り入れられるのであれば、岩沼市として一歩でも前進するのではないか」という話をいただきましたし、「検討もしていく」ということも言われました。
 その後、中心市街地活性化基本計画ができ上がったわけでありますが、中身を拝見させていただきますと、若干取り入れられているものもあるのかなというふうに思うわけでありますが、しかし、岩沼市のまちの活性化を再生させるためには、まず何か行動を起こすということが重要だと思うわけですが、その点についてはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行動につきましては、いろいろな行動があるわけでありますが、一つは、活性化の基本計画をできるだけ具現化していくと。その中で、商業者の皆さんとか市民の皆さんに御協力をいただく部分、あるいは行政が単独でやるべき部分、それぞれあると思います。行政の守備範囲につきましてはやはり一つ一つ具現化していかなければならない。ただ単に、例えば、中心市街地というならば道路を広げるという形では、正直言っていつの話になるかわからない。そうだとすれば、最低限度、歩道だけでもしっかり歩けるようにしなければならない。その点においては、例えば、電信柱をどうするかとかといったような形でありまして、こういったことを、できるだけ早いうちに具体的な計画を立てて、それを進めていきたいと。そのためには、役所の中にだけ閉じこもっているわけにはいきませんので、当然のことながら、物によっては、トップセールスという言葉が当てはまるかどうかわかりませんが、市にとって、現在あるいは将来にわたって必要と思われることの実現に向かっては、先頭に立って行動活動をしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)次に、にぎわいのある「まち」の創造事業の提案を行いたいと思うわけでありますが、前の質問でも何度も言っておりますが、やはり何といっても活性化を図ると。そのことには、旧市街地の特徴をしっかりと生かし、そして、どのように再生をさせるか。先ほども言いましたように、促進活動をしっかりと通した中で、旧市街地ににぎわいのあるまちを取り戻し育てていくための施策をどのようにしていくのかということを、具体的に提案させていただきたいというふうに思います。
 今回は、中心市街地の活性化を、どのようにしてにぎわいを取り戻すかを考えたわけでありますが、今回もパネルを用意しておりますので、説明をしたいと思います。
 今回、この提案に当たって、分野があるんだろうということで、まちづくりの分野、二つ目に商店街活性化の分野、三つ目には芸術文化の分野ということで、三つの分野に分けてつくってみました。その中で、具体的に、岩沼にある特徴を生かした中での提案を今回させていただきたいというふうに思っております。
 まず、一つ目のまちづくりの分野でありますけれども、一つの事業として、まちのにぎわい創造事業ということで、一つ目には、本陣跡地があるわけでありますし、また、蔵も非常に多いということから、本陣跡地や蔵の建物の再生を図り観光資源にできないのかと。また、そういった中でのイベントも必要になってくると。そういうことからいえば、まずは再生を図るということが必要だというふうに思います。
 二つ目に、岩沼は水路が非常に多い、丸沼堀、外矢来、内矢来、並柳。その部分についてはコンクリートででき上がっているわけでありますから、コンクリート壁に描く大壁画祭、お祭りをしてみてはどうかと。こういったことも一つのまちづくりのにぎわい創造事業なのではないのかなと思いまして、この2点を挙げてみました。
 もう一つのまちづくりの分野での事業でありますが、地域の魅力発信事業。当然、地域の魅力を再発見するということが必要でありますし、それを地域内外に発信していくんだということがまず1点目であります。
 そして、2点目は、先ほど特徴をとらえての部分で言ったわけでありますが、奥州街道が、生協から神社周辺あたりまでいくと3キロぐらい、3キロ以上にもなっているということから、奥州街道の仮装リレー大会の開催をしてはどうかということで、まちづくりの分野の部分について事業を2点挙げさせていただきましたが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御提案をいただいておりますが、例えば、蔵の再生につきましては、これまでもほかの議員の皆様からもいろいろと御提案をいただいているわけでございます。市といたしましても、実は、市の方で蔵を買い上げさせていただいて、どうにか活用できないのかということについても内々に検討したことがありましたが、いろいろな条件からしてそう簡単にはいかなかったということであります。ただ、岩沼の特に中央部、中央線の沿線に蔵が残っていると。せっかくのものですから、まちを生かす何らかの形でできないのかということにつきましては、大分前からも言われてきていることであります。そしてまた、今回の中心市街地活性化基本計画をつくっていく中でも、大分そういった議論、御意見もいただいているわけでございます。ただ、具体的にどうするかということにつきましても、実は相当苦慮するわけではありますが、これも、今お話をいただいておりますように、岩沼のまちの特性、特徴、そして魅力であるかなというふうには思っております。
 丸沼堀等の壁に絵を描くと。この話はなかなかユニークでありまして、中には、例えば、先ほども森議員がお取り上げになったわけでありますが、落書きがあると。先手を打って、落書きではなくて、子供たちとかに絵をかいてもらってというような形で利用しているところもありますし、丸沼の堀の側面ということは考えられなかったわけではありますが、しかし、なかなかユニークな御提案だなというふうに思っております。ただ、市がやっていくのが果たしてどうなのかなと思いますが、相当おもしろい御提案であることは確かだというふうに思います。そのあたりが具現化できれば、結構楽しく暮らすことができるのかなと思いますし、例えば、子供たちにかいていただくとすれば、子供たちの夢も広がっていくであろうということも言えるのかなと思います。
 魅力を発信すると。これは非常に重要なことでありますし、例えば、よそからお客さんに来ていただくにしても、やはり魅力がなければならないということであります。改めてそのあたりを再発見するということは、有識者の皆さん方の御意見をいただきながら、そしてまた、議員の皆さん、多くの市民の皆さんを巻き込んで御意見をいただくような場が設けられてそこで、改めて岩沼の魅力は何か、また、よそに発信するのはどういったことなのかといったようなことを検討する場があれば、非常にいいのかなというふうにも思います。
 奥州街道の仮装リレー大会、なるほどなというふうに思いました。ただ、中央通りの交通規制とかいろんなことを考えてしまうと、つい二の足を踏んでしまわけではあります。しかし、こういったものにつきましては、市の方が具体的にやるよりは、いろんな市民の皆さん方のグループとかなんかの中で大いにやっていただいたらいいのかなと思いますが、いずれにしても、岩沼にせっかくいろいろなものがあるとして、今の段階では、まことに申しわけありませんが、十分生かせていないということでありまして、ただいまのような具体的な提案をもとにして、何らかの形でアクションを起こして、一つ一つ実現していくということが非常に重要な視点だというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)次に、商店街活性化の分野であります。
 一つの事業といたしまして、商店街にぎわい創造事業ということで、すべてが空き店舗を活用したまちづくりになるわけでありますが、一つとしては、空き店舗を活用したまちづくりの拠点づくり。これは先ほど言っております「路の道」の開設であります。
 二つ目には、空き店舗を活用した和菓子店、また、昼食づくり教室の開催。岩沼には和菓子店が非常に多いわけでありますから、和菓子店の職人さんたちから教えていただきながら教室を開いていく。そしてまた、昼食づくり、お昼のお弁当であります。おじいちゃん、おばあちゃん、おんちゃん、おばちゃんたちが集まって、昔の懐かしい弁当をつくりながら、一緒にお弁当を食べる。そしてにぎわいをつくっていく教室でありますが、こういった教室の開催を活用してはどうかということが2点目であります。
 3点目には、空き店舗を活用した駄菓子屋懐かし館の開設であります。岩沼には駄菓子屋が稲荷町に唯一1軒あったわけでありますけれども、それもやめてしまいまして、子供は楽しみがなくなったということを言っているわけでありますが、そういった懐かし館を開設をしてみてはどうかというのが3点目であります。
 もう一つの事業でありますが、特色ある商店街づくりの事業であります。
 これも空き店舗を利用するわけでありますが、高齢者や地域の人々が集う託老所の開設であります。高齢者が集まってお茶飲み話をしてもらう。地域で介護をして非常に疲れているおじいちゃんやおばあちゃんが多分いると思います。そういった方々に来ていただいて、託老所を使っていただいてお茶飲み話をしてもらう、そういった部分の開設をしてみてはどうかというのが1点目であります。
 そして、二つ目の、特色ある商店街づくりとすれば、子育て世代、また、障害者にも優しい商店街づくり。託児所の開設などをしてみてはどうかと。当然、障害者に優しいと。その中では、授産の商品を販売してみるといったこともまず必要なのではないかなというふうに思います。
 3点目には、子供や学生を巻き込んだ商店街のにぎわいづくり。子供でありますけれども、商売体験をさせる。先ほども促進活動の中にあったわけでありますけれども、学習の面でもしっかりとまちを使って体験をさせていくと、そういったことが必要なのだろうと思います。学生の部分については、いろいろなパイロットビジネスなどがあるわけでありますから、学生なりの考え方での商売をやっていただくと。そういったにぎわいづくりが必要なのだろうと思います。
 提案の部分については載せなかったわけでありますが、当然、ブランドづくりとか、また、ここの店でしか買えないという商品などもやらなければならないわけでありますが、それは中心市街地活性化基本計画の中にも入っているようでありますから、その部分については今回提案をしませんでしたが、この二つの事業の部分について、市長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)中心市街地の活性化というのは、もちろん、商業者あるいは消費者の皆さんにとってもいいことではありますが、そこに住む人たちの環境、暮らしの快適さとか、そういったことの向上も非常に重要だと。その意味では、単なる商業活動の活性化ということではなくて、いろいろ知恵を絞って具現化していくと。その中で、今御提案をいただきました「路の駅」につきましては、いろいろな形で検討が必要だというふうに思っておりますし、高齢社会にあっては、憩いの場だとか交流の場だとかといったようなものを踏まえながら、路の駅的なものをつくる必要があるのかなというふうに思います。
 昼食づくりの教室だとかということにつきましては、ただ単に物をつくるのではなくて、みんなで集まってつくることの楽しさとか、いろいろなものがあると思います。最近、各地でそういった催し等が行われております。空き店舗を利用しての活用ということも一方策なのかなと思いますし、また、和菓子とか駄菓子とか、懐かしいもの、子供たちにぜひそういったものを引き継ぎたいということは確かにあるわけでございます。3世代交流の場という形も考えたときには、非常にいいことなのかなというふうに思いますが、ただ、具体的に言いますと、役所の方でそういった商業ができるのかといいますと、なかなか難しい。ですから、役所と例えば商工業、特に商工会の皆さん方と話し合う中ではこういった提案をして、具体的には商業者の方々に考えていただければ非常にありがたいのかなというふうに思います。
 後段の方の託老所とか託児所、確かに重要なことでありますし、特に、中心市街地で安心して買い物ができるという中では、場合によってはそういった施設もあった方がいいのかなと。ただ、役所の方でいいますと、高齢者保健福祉計画とか次世代育成支援計画にあって、その中で託老所がどうなのかとかという議論をしてしまって、ついつい商業活動と結びつけたような形での建設というのは今までは考えられなかったわけではありますが、やはり時代の趨勢とか、これからの人口減社会とか、少子高齢社会が格段と進む中では、そういった視点も大切なのかなと思って聞かせていただきました。
 また、商売体験といったことにつきましては、社会体験とか、学生などは特にインターンシップだとかということで行われておりますし、また、小学生、中学生につきましても、いろんなところでの学習を行う中で、いろいろな職業を体験してみるという形で進められておりますので、それをぜひ岩沼の例えば中心商店街において子供たちにやっていただけるような形になれば、この点はいいのかなと。そういう意味では、教育委員会の方でもこういった提案を今聞かせていただいたので、一つの参考にしていただいて、何らかの形で……。何しろ、小さな子供を含めて、お年寄りの皆さん方が集って楽しく暮らしていただかなければ、中心市街地、特に、歩いて暮らせるまちづくりは具現化できないということでありますのすので、もろもろの提案がすぐ具体的に全部できるかどうかはわかりませんが、一つ一つお聞かせをいただいたことを頭の中に入れて、場合によっては、話し合いの場でお伝えをしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)最後になりますが、芸術文化の分野であります。
 一つ目の事業といたしまして、芸術文化にぎわいの創造事業ということで、まちのにぎわいにつながる芸術文化のイベントの開催をする。そしてまた、まちの音楽祭、街角コンサートの開催ということで、来年、岩沼でも音楽祭が開かれるということであるわけですけれども、一つとして、まちの中で音楽祭をやっていくんだと。ただ単なる、市民会館に集まるだけではなくて、まちに出ていって音楽祭を開催していくんだと、そういうことがまず必要なことなのかなというふうに思っております。
 二つ目としては、芸術文化活動への支援事業。アマチュア芸術家や、また、若者たちによるストリートパフォーマンスといった形のものへの支援。芸術家はいっぱいいるわけでありますから、そういった形の支援をしてみてはどうなのかなというふうに思うわけであります。
 二つ目としては、空き店舗の部分を練習場として貸し出しをする、そういったことも一つの空き店舗対策なのかなと思っております。この2点が芸術文化の分野であります。
 今回、3点提案をさせていただいたわけでありますけれども、何といっても、商工会、そして商店街、行政が力を合わせた中心市街地活性化基本計画でなければならないと思うわけでありますが、やはり本市の現状、特徴を互いにまずしっかりと見据えること。そして、商工会や商店街、市の職員の中からも、まちづくりとしてのリーダーシップを発揮できる人材を育成するということが当然だろうと思いますし、担い手づくりもこれまた行わなければならないわけでありますが、ただ、今、商店街で閉めないで頑張っている方がたくさんいるわけですね。当然、情熱もありますし、若い人たち、私の年代あたりも多くなってきています。そういった中で、今こそしなければできない問題なのだろうと私は思うわけでありますが、先ほどの芸術文化の分野の分も含めて、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)人の精神的な満足感といいますか、心の充足感といいますか、そういったものを得るにはいろんな方法があるかと思いますが、芸術文化の果たす役割は、そういう意味では非常に大きいのかなというふうに思います。岩沼でも少しでも音楽をというようなことも考えまして、市民健幸音楽祭というのを来年計画しているわけでございますが、この場所につきましては市民会館ということであります。確かに、中心市街地の活性化を考えた場合には、街角のコンサートだとかといったことも必要だというふうに思いますし、定禅寺ジャズフェスティバルみたいなことは無理だとしても、ストリートパフォーマンスを取り入れるとか、そういった意味では、活動のメニューというのはいろいろそろえることができるのかなと。
 ただ、実際にどういうふうに行うかでありますが、行政が主導するということは、いろいろな点で難しいのかなと思います。その意味で、後段お話をいただきましたように、担い手を含めた人材の育成ということは非常に重要だと。役所の方の担当者としても大いに勉強していかなければなりませんし、実際に支えていただく商業者の皆さん、場合によっては消費者の皆さん、関係の皆さん方にもしっかりとした人材がたくさんおられますので、そういった方々に汗を流していただいて、知恵を出していただいて、そこで行政も一体となってやっていくという必要があるのかなというふうに思っています。
 ただ、今たくさん御提案をいただいたわけでありますが、一朝一夕にして実現することは非常に難しいのかなと思いますが、民間のグループが簡単に、例えば、今いただいたようなコンサート等につきましても、やる気かあればやれるのかなといった面もあると思いますので、できるだけそういった形で実現できるように、市としてもサポートをしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)井口市長も御存じのとおり、商工会の方では「ほろ酔いウオークラリー」なども行っております。ことしも大盛況であったわけであります。そして、中心市街地の商店街の方ではお稲荷さん通りまつり、また、よい市なども行っているわけです。本市において商売している方々は、先ほども言ったように、精いっぱいやっているんだろうというふうに思うわけであります。しかし、空き店舗は依然として減らない、また、空き店舗が活用されていないということからすれば、行政が何としても本腰を入れて、例えば、空き店舗を借りて行政出張サービスをするとか、そういったこともするべきなのだろうと。まずは行政がみずから見せるべきなのだろうというふうに思いますが、その点についてはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行政としてやるべき部分についてはしっかりやるべきだということは、御指摘のとおりであります。空き店舗対策につきましても、商工会といろいろ協議をしながら進めているわけでございますが、なかなか借り手も少ないといったような状況でありますし、また、貸していただく方にもいろいろと条件等がありまして、そのあたりが難しいということであります。布田一民議員からお話をいただきましたように、幅広く活用できるような方策ということもこれからはとっていかなければ、実際のところは空き店舗を活用できないのかなというふうに思いますので、このあたりにつきましては、商工会の方と十分詰めながら、もう少し使い勝手がいいといいますか、大いに借りていただくようできるだけ壁が低いようにやっていって、そのことが少しの中心市街地の活性化に役立つことだとすれば、大いに力を入れていかなければならないのかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)名取、隣のまちでありますけれども、JR名取駅から空港まで鉄道をつくって、その中には都市空間が非常にでき上がってくると。そういった中で大店舗ができ上がり、あそこには、 2,500人以上と言われる被雇用でありますけれども、時間当たり約 1,000円の賃金で働けると。それは岩沼市、本市にとっても非常に脅威であるというふうに思うわけです。そこの中で、例えば、岩沼も空港からJRまでアクセス鉄道をつくり、そして、隣のまちと同じようにその中に都市空間をつくっていく、そんなことはできるわけないわけでありますから、どうしてもJRとバイパスの間の中心市街地と言われる部分については何とかしなければならない。これが今の岩沼の現状でありますし、岩沼がやるべきなのだろうというふうに思うわけです。名取には負けたくありませんし、ほかの市町村にも負けたくない。今は、まさしく、生き延びることの部分についてはそういったことをしっかりとやっていかないと、次世代の子供たちに伝えるようなまちが本当にでき上がっていくのかと。そういうことからいえば、非常に不安であるわけですが、先ほども言ったように、市長がとにかく動かなければならない。まちに出て動かなければならないというふうに思うわけです。そのためにも恐らくは二人制にしたんでしょうから、その中からいえば、今後の提案を含めて、どのようにして市長が活動していくのかお聞かせを願いたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)中心市街地の活性化のみならず、御指摘をいただきましたように、トップセールスというのは非常に重要だということでありますし、また、新たなトップセールスの時代に入ったということだと認識をいたしております。当然のことながら、待っているだけではなくて、みずから求めて行動するということが非常に重要だと、御指摘のとおりであります。例えば、国、県への働きかけにいたしましても、じかに行って行うことが成果を上げるにとって非常に有益でありますし、また、地方分権が進展する中で、自治体としての役割、責任は非常に増大をしてきていると。
 そんな中で、ちょっと中心市街地活性化とはずれますが、岩沼での当面の課題である、例えば、海岸侵食だ、あるいは河川の整備だとか、いろいろあるわけでございますが、こういったことにつきましても、ただ単に紙で要望するのではなくて、じかに行って要望するということが非常に大切なことだと思いますし、また、制度的な改善だとか、あるいは、議会でもいろいろ御意見をいただき、岩沼市として国、県に働きかけるべきだといったような御指摘をいただいているわけでございますが、そういったことにつきましては、みずから行って、じかに出向いて堂々と岩沼市の主張をお話をしてくるということが非常に重要だと。ぜひそういったことで進めていきたいと思っておりますし、また、中心市街地活性化等を進めるに当たりましても、種々アドバイスを受け、識者の皆さんの適切な御指導をいただく、あるいは知恵を出していただくと。何とか委員会でおいでをいただくというだけではなくて、こちらの方からもトップとして十分行動をしていくことが大切なことだというふうに改めて私としては認識をしているところでございます。
 そしてまた、実際に、例えば、企業誘致だとかいろんな課題があるわけでございますが、民間企業等への働きかけにつきましても、時と場合によってはトップとして積極果敢に行動していかなければならないと。そういうことが成果を得る道になるのかなと思って、この際、思いを新たにして、何としても内部の管理体制をしっかりと強化をし、サポート体制を構築して、そして、長として、最高経営責任といいますか、そういったことを全うしていきたいというふに思っております。
 人口減社会だとか、あるいは少子高齢化が進むといった中で、これまでとは違った行財政運営をしていかなければならないということであります。その意味では、ダイナミックな行動といいますか……。また、今までとは違って、新しい成長を追い求めていかなければならない。何もかも少なくなってくる。しかし、少なくなってくるからこそよいと。例えば、教育の問題でいえば、少人数学級というのは非常にいいと言われておりますので、すべてが数が多くなるということだけがいいのではなくて、数によっては、今言いましたように、新しい成長ということをこれからは視点にしていかなければならない。そういう意味では、今は厳しい状況でありますし、中心市街地の状況も大変な状況でありますが、知恵を絞って、少しでも明るい未来が開けるように、将来の夢がつながるような形で一歩一歩行動していきたいと。その意味では、思いを新たにして行動していかなければならないと思っております。
 経済の安定性の確保といったような中で、何が大切なのかということを、今も御提案をいただいたわけでございますが、多くの皆さん方から御提案いただき、その何かを見つけ出して、そのためにはどういった戦略が大切なのかということを構築した上で対処していきたいと。そのために職員の先頭に立って努力をしていきたいというふうに思いますので、いろいろと御指導、御提案をいただければ幸いでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)3点ほど提案をさせてもらったわけでありますが、先ほども言いましたように、隣のまちは 100億以上かけている。私が提案しているのはそんなにかからないわけですから、どうか1点でも2点でも商工会と話をしていただいて、一つでも二つでも実現をしていただきたいと思いますし、トップの責任をしっかりと果たすようにお願いを申し上げたいと思います。
 そこで、次に、にぎわい「まちづくり」事業補助・支援の創設であります。
 本市において、市民まつりへの補助事業、また、いろいろな制度資金の融資、商業者育成の支援事業、街なみを生かした商店街づくり事業などのいろんな補助があるわけでありますけれども、まちににぎわいを呼び戻すことに実際につながっているのかなというふうに実は思っておりまして、例えば、市民まつりなどは当然にぎわっているわけでありますけれども、これは毎日するわけにはいかない。そういったことからいえば、ハード面、ソフト面からも、にぎわいをつくるためのアイデアを作成し、そして、それを実現した団体に対しての事業補助、支援の創設をしてはどうかと思うわけでありますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)補助金のあり方につきましては、役所の中で補助金の検討を進めてきているわけでございますが、ただいま新たな御提案をいただいたということでございますので、関係機関等と十分協議をしながら、前向きに検討していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)補助は金を出せばいいわけでありますが、しかし、問題は、岩沼市ににぎわいをつくりたいと、新しい発想を持ってつくりたいという方が本当にいっぱいいるんです。そういう人たちの場合に、例えば、商工会、商店街、そしてまた、先ほど言った資源を持っている所有者とか、あとは国や県、そういった方々とももしかすると話し合いとかを持たなければならない場合もある。そういった支援が非常に必要なんだろうというふうに思うわけでありますが、その点について、全面的に支援をしていただけるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)新たな御提案があって、そのことが岩沼の中心市街地活性化に大いに役立つということだとすれば、大いに支援をしていかなければならないと思っております。いろいろと御提案をいただいておりますが、例えば、市民の方々から予算への提案をいただいております。その中で、岩沼のお稲荷さん通りの中心になっている方々から、神社ゆかりのグッズとか、新しい商品を開発したいという御提案をいただいておりますので、 120万ほど支援をさせていただいて開発に取り組んでいただいているということがあります。そういった形で、いろいろ御提案をいただく中で、市としてこれならばいいと。また、実は、御提案をいただきましても、市の方でこれまではやってきましたが、今は、提案をいただいた方々に入っていただいて、具体的に計画を進めていただくように市の方で支援をしているという形でありますので、共同作業としてこれからは進めていかなければならない。その意味では、種々の御提案をいただければ、そしてまた、できることならば、予算を伴うものだとすれば、ある時期までに御提案をいただく。そして、もちろん、いい御提案だとすれば、補正予算などを講じながら、議会の皆さんの御承認をいただいて予算化できれば、大いに進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)今回、にぎわいを取り戻すということで提案をさせていただきました。今まで私は岩沼に学んで、そして、この岩沼でしっかりと生きていきたい。そういうことからいえば、やはりにぎわいを取り戻すということが必要だと思います。質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)2番布田一民議員の一般質問を終結いたします。
 9番村上智行議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔9番村上智行議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)9番、ニューフロンティアの村上智行です。
 ことし最後の一般質問をさせていただきます。
 それでは、地域経済活性化について。
 日本経済における今回の景気回復は、昭和40年10月から続いた戦後最長のいざなぎ景気をしのぐ長さで景気拡張を続けております。東証一部上場企業の決算では、全体の経常利益額が2004年度決算から3年連続で過去最高を更新し、新卒採用数を大幅に拡大するなど、大企業の好調さがうかがえます。しかし、地域経済においては、戦後最長の好景気の中にありながら、一向に実感することができません。これは岩沼に限ったことではなく、全国的に言えることだと思います。
 一般的に、地域経済の疲弊の要因としては、郊外への流出による中心市街地の空洞化、少子高齢化による過疎化、画一的な産業政策による競争力の喪失等が挙げられますが、地域経済が抱える問題は、その地域の規模や地理的特徴によってさまざまです。どの地域にも共通するのは、これからの局面を改善するために、従来までのように国からの援助はもう期待できる時代ではないということでしょう。地方交付税の削減、国庫補助・負担金の削減、税源移譲という、いわゆる三位一体の改革が進められる中では、各地域がそれぞれに自分の力で地域経済の形を創出し、独自の地域づくりを目指して地域経済の活性化を実現していかなければならないと考えます。以上のことを踏まえ質問いたします。
 まず最初に、観光行政について。
 現在の観光客の人数をどのように集計しているのかお示しください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)前段お話をいただきましたような形で、自分たちの力で独自の地域づくりを進めると、そして経済の活性化を図っていくと。大変大切な視点だというふうに思います。岩沼で現在、観光客はどうなのかというお話でございますが、県が中心となって、調査対象観光施設を定め集計をしていると。それによりますと、平成17年の調査では、岩沼市を訪れた観光客数は約 220万人と言われております。ただ、実際のところ、それが観光と言えるのかどうか。研修等を含めてよそからおいでをいただいている方なのかなというのと、それと、実は、 220万人のうち、4分の3というのは竹駒神社に参拝をされる方であります。そういった方々を観光客と言っているわけでありますが、そういうふうになりますと、実際のところは、いわゆる観光振興には余り結びつけていないということでありますので、このあたりが岩沼市としても大きな課題なのかなというふうに認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行) 220万ということは、県内でも有数の観光地に挙げられると思います。松島あたりですと 350万ですとか、仙台は飛び抜けておりますけれども、そういった意味では物すごい数だなと。竹駒神社、それから金蛇神社の二つが、そのうちの大半というか、ほとんどを占めているのではないのかなと。
 統計によりますと、宿泊数も3万 3,000人を超していると。岩沼市としてはかなり人数が多いのではないかと。過去から、この 200万を超す人たちにいかに財布からお金を出させるかとか、さまざまなことが議論されてきたとは思います。これが今まで課題だったんですけれども、できなかったんですよね。観光客を「活用する」というような言葉はあれですが、その人たちによって地域経済の活性化を図っていくということが、この数値の上からも課題として見えてくると思います。
 続いて、次にいきます。現状で岩沼市に及ぼす経済効果をどう見ているか。これは観光客ですけれどもね。これはどういうふうな調べ方をしているのかわかりませんが、わかる範囲で結構ですので、示していただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)観光客による経済効果ということでありますが、市としては具体的に計算しているわけではございません。そういうことで確かなことは申し上げられませんけれども、平均的な観光客1人当たりの消費額というのは、県外から来た場合についての宿泊ですと4万 7,500円程度、日帰りですと 9,600円程度。それから、県内の方が中で観光という形で、宿泊の場合については2万 4,600円、日帰りですと 7,800円程度となっておりますので、当市を訪れる観光客の方々は 220万人ほどおりますが、そういう方々に滞在していただければ、条件が整っていって整備ができれば、その効果は大変大きいものではないかというふうに思っていますが、先ほど市長が申し上げましたように、当市を訪れる観光客のうちの75%、4分の3、 160万人の方々は竹駒神社の参拝客ということなものですから、この方々をどう観光振興につなげていくかで経済効果が大きく変わってくるのだろうというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。今の数値を聞くと、 160万日帰りで計算していっても、かなりの金額にはなるのかなと思いますね。集客力のある竹駒神社さんで使うようなさまざまな、お酒ですとかも市内業者さんから入れているわけですから、そういった意味では物すごい経済効果になるのかなというふうに思います。
 ちなみに、岩沼あたりですと、小売販売額ですか、それなんかですと 330億ぐらいですよね。今のを計算していくと恐らくこれに匹敵するような金額になってしまうのかなと思うんですね。ということは、もう既に効果が上がっているのかなというふうな一面も言えるとは思うんですね。製造品の出荷額にしても、県内では岩沼はかなり上位の方で、これでも 1,600億近くですよね。ですから、1人1万円を使っていただければ、とんでもない波及効果が出るのかなと改めて実感いたしました。
 それでは、次の(3)番目、市の各種イベントの市外に向けてのパブリック・リレーション(PR)活動をどのように行っているのかお示しください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)当市の観光行事、各種イベントなどのPRでございますが、一応、観光パンフレットを何種類か作成しておりまして、それを各地に配送して見ていただく。それからイベントのポスターを送付する。市のホームページでと。それから、各種のイベントの情報誌もございますので、それに掲載をすると。できるだけ積極的にマスコミへ情報を提供するという形で、年間を通じてPR事業を行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)パンフレットというのはこちらですよね、恐らく。そうですよね。「花と稲荷と空港のあるまち・岩沼」。これを見ていくと、今ともう既にかなり変わっているのかなというふうなところもありますね。実際、なくなったところもありますし、この地図を見ていくと、JA玉浦中央支店という、私の実家の近くの方なんですが、今はないんですが、こういったことも載っております。これは、平成14年の9月に私が観光行政について質問させていただきまして、こういうふうなリーフレットがあるんだと。こういうものは、印刷の関係上、すぐには変えられないけれども、やはり正確な情報は伝えるべきではないのかということで、そのときに、しっかり変更していくという話もいただいておりましたので。これによってだれかに被害が出るとかということではないんですが、これ一つを見ても、PR活動に対する熱意というものが推しはかれるのではないのかなというふうに私は感じるんですね。
 それと、ポスターを配布していると。ポスターはどちらに配布しているのかひとつお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)前段のパンフレットでありますが、古いパンフレットということで、現在、新しいものにつくりかえる作業をしているところで、間もなくでき上がると思います。
 イベントポスターですが、市が直接イベントをするということでのポスターというのは、実はございません。ですから、観光物産協会であるとか、商工会さんが主体になっている市民まつりとか、そういう形でのポスターということで、主に市内、それから、求められるときは他市町村ということになるかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)各種すべての事業、イベントにおいてポスターを作成しているというか、そういったこともないでしょうけれども、私も、岩沼、名取ですとか亘理、仙台を含めましていろいろ回ってはみますが、市外の方では余り岩沼のイベントポスターですとかは……、あとは、仙台のタウン情報誌ですか、そういったことでも情報を目にすることが少ないんですね。いろいろお配りになってはいるし、マスコミ関係に流していると言われたものですから。ちなみに、マスコミというのは、地元の新聞記者がいる河北新報さん以外では、いろんなところに出しておられるんですか。こういうイベントがありますよというふうな感じでプレス・リリースみたいなこともやられているのかどうかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)御意見のとおりやっているつもりでございます。あと、各種イベント情報誌も何種類かございますが、今、情報誌の名前は手持ち資料がないので答えられませんが、幾つかの情報誌でPRしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そのPRを担当しているのは商工観光課なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)さわやか市政推進課の広報とは連携をしてやっていないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)市の広報を使う場合についてはそういう調整はしますが、マスコミとか情報誌には、問い合わせもございますので、直接やる場合の方が多いかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今御質問をいただいておりますのは観光とかといった部門でありますので産業部担当であります。それぞれいろんな行事があって、主管課がありますので、そちらの方で……、それこそ、マスコミに取材を申し込んだり、あるいはPRをしてもらうような形では、それぞれ担当課が行うというふうになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)岩沼市内で毎月のように各種イベントを開催しております。パブリシティー(publicity)というのは料金が発生しないんですね。有料広告ではないんですよ。お金をかけて広告をしてもらうということではなくて、雑誌社だったりですとか、新聞もそうですし、テレビもそうです、そういったところに、こういうイベントをやっていますよ、こういう催しがありますよということを出してやると。それで、出す出さないは受け取った側の裁量ですから、そちらの方なんですけれども、これが数多く出されることによって……、予算はゼロなんですよね。マスコミの各種担当者に、こういうことがあるのでぜひともお願いしますと。今、市長も言われましたように、各事業によって恐らくばらばらだとは思うんですね。それを一元的にPRを扱うとかというのはなかなか難しいとは思うんですけれども、そのあたりの調整をうまくし、マスコミ各社ですとか、雑誌社ですとか、皆さんで情報を共有してやれば、より効率的にこういうイベントなども伝わるのかなと。イベントが伝わることによって、岩沼ってこんなこともやっているのかと。人を呼ぼうとか、決してそういう意味でのパブリシティーではないんですよ。市内、市民向け、そして市外向けなんですが、結果的に、いい事業をやっているわけですから、受け取る側によっては、すごく魅力的なまちなんだなと。内部的な魅力を上げていくと。観光資産をつくるとかということではなくて、やっているソフトに対して魅力を感じていただくということも必要なのかなと思いまして、このパブリシティーに関しては、今後、戦略的にもより必要なものなのかなと思いましたので、ぜひとも御検討いただければと思いますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)お話しいただいたとおりだというふうに思います。情報発信力といいますか、そういったものが少し弱いのかなという反省をいたしております。市民の皆さん方あるいは内外にお知らせをするという形で、今御指摘をいただきましたように、正直言いましてお金をかけないでPRできるという面もありますので、できるだけそういった方向で努力をしたいと。
 観光資源につきましては、例えば、神社だとか、あるいはモンタナリゾート等につきましては、会社独自でいろいろPRをしていただいているわけでございまして、市の各種イベントというのは、それらと比べると、かなり弱いのかなと。
 次に御質問いただくわけでありますが、デスティネーションキャンペーンというのがあるわけでございますので、そういった中でも、ぜひ岩沼の各地を回っていただくようなコースの設定もお願いをしたいと思っておりますが、そういったときとあわせて、より高めていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)あと、こちらはPR活動についてなんですけれども、仙台空港のPRビデオはまだやっておられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)継続して実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)途中変更して改変したやつを流されていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)昨年度、内容を精査しまして、改正をしたものを流してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)もう一つなんですが、KHB、東日本放送の「ふるさとCM大賞」というのを皆さんは御存じだと思います。こちらは、各自治体が特色あるCMをつくりまして、それでコンテストをやると。これも一つの大きなパブリシティーになるのかなということなので、いつ締め切りなのかどうかわかりませんが、そういったことにも一つ力を入れてやってみるのもいかがなものかなと思います。岩沼のCMは見たことがありませんので、そのあたりは頑張っていただきたいと思います。
 次の質問に移らせていただきます。
 (4)番、平成20年10月から12月までの3カ月間、仙台・宮城デスティネーションが行われますが、岩沼市はこれにどうかかわっていくのかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今の質問の前に、ふるさとCM大賞でありますが、岩沼も毎年応募しておりますが、どうも選に漏れていると。ただ、何回かは放送されております。
 さて、今の御質問でございますが、デスティネーションキャンペーンというのは地域振興のチャンスだと。観光資源の活用ということについてもチャンスだというふうに岩沼市としては考えておりまして、県のデスティネーションキャンペーン推進協議会に参画をすると。このキャンペーンの取り組み、その中で岩沼市の魅力を少しでも県内外にアピールできるような具体的な資源の発掘、整備というものを行っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)これは宮城県単独では初めてのキャンペーンなんですね。東北では何度か開催されており、かなりの経済波及効果を生んでいるというか、出しているものなんですね。JR各社、6社が、デスティネーション、目的ですから、その目的地を宮城、仙台に設定をして一斉に広告をやるわけですから、おのずと露出度も高くなって、皆さんの関心も高くなってくるのかなと。
 ちなみに、会津でやったときには 320億円の経済波及効果。そして、山形ですね、山形はちょっと数字が多いんですが、 2,900億円というふうな形になっております。会津はエリア的に限定されていたのかもしれませんが、これは十二分に一つの大きな起爆剤になり得るものだなと思います。スケジュール的にも、協議会がつい先日設立されて、今後、各自治体の方で手を挙げて提案していくというふうな流れになっていくと思いますが、そのあたりで、岩沼もこういういい機会を逃さず提案をしていくおつもりなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)せっかく加わるわけでありますので、実を上げなければならないというふうに思っております。ただ、実は、懸念されるのは、仙台、松島、栗駒のひとり勝ちだという形になっては困るわけでありまして、岩沼としても、加わるからには、できるだけ岩沼の観光資源に足を運んでいただいて、経済効果が上がるようにしなければならない。その意味では、我々も知恵を絞らなければなりませんし、また、コースの中にしっかりと位置づけられるような形で努力をしていかなければならないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。これを契機にやっていただきたいなと。観光とかというのは単独ではやはり難しいですから、岩沼の持っている観光資源といっても、単独でその人たちを満足させられるのかといったら疑問が残りますから、以前、市長も言っていましたが、設立までにはいきませんでしたが、宮城のみなみ魅力いっぱい観光連絡協議会ですか、そういったものをいま一度働きかけてみると。仙南の各市町村ですとか、一緒に組めるところは組んでと、そういうふうな手もありなのかなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いろいろ模索をしていかなければならないと思います。当時提案をさせていただいたのは、先ほどお答えをいたしましたように、竹駒神社にこれだけのお客様が来ると。だとすれば、そのお客さんに例えば白石のホテルに泊まってもらう、温泉に泊まってもらう。逆に、蔵王に来た人が岩沼に泊まってもらうとか、いろんな形で仙南地域でそれぞれ担当するというか、お客さんに、できるだけ、表現は悪いですけれども、回っていただくというような形でできないものかということで提案をさせていただいたわけでありますが、なかなか御理解をいただけなかったと。今度は、県南地域ということも非常に重要でございますが、何としても岩沼をどうにか組み入れていただいて、岩沼の観光資源の再活用という格好になれば非常にいいのかなと。そういう意味で知恵を絞りたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)次に移ります。今後の観光行政の方向性をどう考えているのかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)観光ということの持つ意義というのは、いろいろとらえ方があると思いますが、特に、今日的な見方としては、人口減社会という中では、定住人口をふやすということよりは、流入人口だとか交流人口に着目をしなければならない。そしてまた、日本のよさ、岩沼のよさというものを引き出す意味でも、よそからお客さんにおいでをいただくということが非常に大切な視点なのかなというふうに思います。そういう意味で、観光行政というものに改めて力を入れていかなければならないと思いますが、今後の方向性ということを考える中では、従来、ただ単に、横文字で言うと、サイトシーイングといいますか、見るという観光だけではなくて、何らかの形で参加、参画ができるような観光が求められると。そういう方がニーズが高いというふうに言われます。そうなりますと、具体的にどうするかといいますと、今すぐにこういったことをやればということは思い当たらないわけではありますが、こうした今日的な観光客の皆さん方のニーズに沿う形で、市内の観光資源の発掘、そして活用。そしてまた、大切なことは、ルートをつくるという形も必要だと思いますので、できるだけ多くの人たちに回っていただいて、そして、1回だけではなくて、再び訪れていただくようなお客さんを確保したいと。その意味では、観光客とはちょっと違いますが、岩沼でちょうどおさまるようなくらいの全国レベルのスポーツ大会とかといったことも、お客さんを呼ぶにはプラスだということでありますので、昨年からいろいろ全国大会等もやっていただき、また、年明けにも大会等が開かれるという形でありますが、そういった方々も何らかの形で岩沼を歩いていただくような形でつなげていくことができればなというふうに思っております。
 先ほども布田一民議員からもいろいろと御指摘、御提案をいただいているわけでございますが、岩沼につきましては、それこそ1000年の歴史を誇る神社もありますし、店の蔵もあります。また、日本一長いと言われる貞山運河とか、あるいは、今ウオーキングをしていただいたり、健康増進の場、生涯学習の場として、NPOあるいはボランティアの人たちにいろいろと守っていただく里山ウオーキングができるグリーンピアだとか、千貫山、志賀高原といったような観光資源があります。そういったことを多くの人たちにおいでをいただけるような形にどう高めていくかということは、いろいろ力を入れていかなければならないわけでございますが、こうした資源というものをできるだけ活用しながら、そしてまた、観光につきましては、岩沼単独ということよりは、広域連携というような形で振興を進めていければなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。私、前にも言いましたが、平成14年の9月にやったときも、ルート設定ですとか、連携。同じような答弁だったものですから、この4年間、いろいろと試行錯誤をなさっていたのかなと心中お察しいたします。
 従来ですと、竹駒神社ですとか金蛇神社といったところの参拝客の人たちをどう取り込むかというふうなところに力点が置かれていたと思うんですね。竹駒神社さんですと、参道を整備したりですとか、駐車場をどうのこうのとかというふうな話もありましたが、今、岩沼にある、商店街にあるいいもの、私などはすごく大好きなんですけれども、市長の家の近くにあるお菓子屋さんの揚げパンですとか、岩沼には隠れた名品というのがいっぱいあるんですよね。そういうものをうまく発信して、それで、来たついでに買っていただくとか、自然と足を向けていただくですとか、そういうふうな知恵を絞っていただければいいのかなと。余り今までのやり方に固執せず、また違った方向性で……。あとは、だんご屋さんのくるっと巻いたしょうゆだんごですとか、そういうのもすごくおいしいものですから、今まで岩沼の中にあって市民はみんな知っているんですよね、おいしいとか。そういうようなものに対してスポットライトを当てて、来る人たちに少しでもわかっていただくというふうな視点などもおもしろいのかなと思いますし、一つ知恵を絞ってやれば、お金をかけずともすごい効果が出るかもしれませんので、もうちょっと頭を柔らかく観光行政なども考えていただければ。観光というのは、いろんな意味で楽しいところに来ますからね。余りがちがちに計画書とか、そういうものは必要なんですけれども、やはり皆さんに楽しんで来ていただけるというふうなことがにじみ出るような、そういうプランニングをしていただければと思いますが、どうでしょうか。最後にもう1回、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そのとおりだと思いますが、ただ、行政でやろうとしてもなかなか難しいことでありますので、関係される皆さん方、例えばお菓子だとすれば、お菓子をつくられる方々、商う方々、そういった方々の御協力がなければなかなか進められないことだと思っております。そこで、昨年から全国大会を開いているというお話をさせていただきましたが、御承知のとおりだと思いますが、菓子工組合の方々にお菓子をその場で売っていただいたわけでありますが、そういった形で、わずかではありますが、全国に発信できつつありますので、これからもそういった形で、市としてもいろんなところでぜひ御協力をいただきながら進めていかなければならないと思っております。
 また、竹駒さんでありますが、実は、あの門につきましては、御承知のとおり、市の指定文化財だと。耐震診断をいたした結果、補強しなければならないということで改修をすると。文化財ですから、仙台市ほど岩沼市としては支援はできないわけでありますが、新年度予算で、議会の皆さんの御協力をいただきながら、文化財の修復に市としても支援をしていかなければならない。その中で、あれは実は江戸時代後期の建築でなかなかすばらしいと言われておりますが、これも知られていないわけでありますので、これを機に、江戸時代の貴重な門だということを少しでも知っていただくといったような形で、一つ一つ何らかの形でできるだけ多くの人たちに知っていただけるように努力をしてきいたいと思いますし、ちょうど市制35周年を機にいたしまして、例えば、文学作品の中で岩沼市がどのくらい取り上げられているのかなということで、図書館の方でも展示をさせていただいたこともあるわけでありますが、司馬遼太郎とか、ミステリーで西村京太郎だとか、古くは島崎藤村と。特に、畑正憲、ムツゴロウ先生というのは、実は岩沼に来られて、本人は死のうと思って来たそうですが、岩沼の旅館の方にそれこそお金までいただきながら、そこで思い直してあれだけの人になったということで、岩沼の人の優しさだとかといったことがわかるような作品等もあるわけでございます。そういったこともまた再発掘をし、特に、好きな人たちとか愛好の方々にとっては非常に有益な情報でもあろうかと思いますので、一つ一つそういったことを……、どうやってそれを知らせていくかということはなかなか至難なことではありますが、そういうものでも少しずつ努力をしていただいて、多くの人たちにおいでをいただくような形で努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)それでは、次に移らせていただきます。
 次は農産物です。農産物の産直販売所について。
 (1)番、現在、市内には何カ所の産直販売所があるのかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)現在、市の方で把握しております産地直売所の数でありますが、一応、6カ所であります。近日中にもう1カ所できるというふうにも伺っております。それができれば7カ所になるのかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)この6カ所というのはすべて有人ですか。無人の販売所とかということはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)全部有人ということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)無人の販売所なんかはどうなっているんでしょうか、把握しているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)無人までは今把握しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。今、西地区というか、ハナトピアと北長谷ですね。あと、玉浦の方に4カ所ですね。かなり岩沼市内にもふえてまいりまして、各店盛り上がっているのかなと。つい先日ですけれども、玉浦地区は2店舗ほどオープンしましたし、みんな一生懸命やっておられるのかなというふうにお見受けしました。あと、各道路サイドでキュウリの自動販売機ですとか、卵ですとか、いろんなことをやっておられる方も見受けられますので、かなりふえてきたのかなという印象を受けます。
 それでは、次にいきます。
 地域振興、食の安全・安心を推進する上からも大きな可能性を持っていると考えられるが、販売所設置の際に土地規制の緩和や優遇措置などは考えられるのか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)産直販売所というのは、特に、食の安全・安心ということが叫ばれている中では、新鮮なものが、そしてまた生産者の顔が見えるということで、非常に安心感を増すということで注目されることでありますし、地産地消にもかなうということでありまして、市としては大変結構なことだと思っております。
 そこで、今御質問をいただきました、販売所設置の際の土地利用の規制の緩和ということでございますが、設置する場所あるいは規模、内容等によりまして、関係する法令もいろいろ変わってくるわけでございます。これにつきましては、例えば、法令でいいますと、農地法だとか、あるいは農振法、都市計画法、建築基準法等がありまして、県の指導をいただいて設置されております。ですから、市としては、法律的なものでは制約がいろいろあるわけでございますし、範囲は限られているということであります。したがいまして、現時点においては、岩沼市としては関係法令の基準の中で対応せざるを得ないというふうに思っております。
 優遇措置につきましても、現在のところ、特に考えていないわけではありますが、産直販売所というのは、消費者と生産者の交流の場、あるいは地産地消を進める上で非常に役立っている。さらには、地域の活性化に少しでも結びついていくということだとすれば、その支援策については、必要に応じて調査、研究が必要だというふうには感じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)宅地のところにやるとか、市街化区域で、それであれば建築基準法に合わせてやっていけばいいのでしょうけれども、市街化調整区域とか農振区域の場合にはなかなか建てられないんですよね。産直をやりたいと、でも、農地に構造物はつくれないという農地法の4条ですとか、都市計画法だったら34条の中にもありますが、それに照らし合わせれば絶対無理なんですが、ある一定の条件ですとか、農家の人たちとかに限定をして、特区まではいかなくとも、こういうものの規制緩和とかといったことはできないんでしょうか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)いろんな対応策といいますか、先ほど市長が申し上げましたように、一つ一つ条件が違うということがあります。例えば、土地一つをとっても、農地であったり、雑種地であったり、宅地であったり、それから、市街化区域なのか、農振区域なのかというのもありますし、それから、販売店をどのような構造にするか。例えばビニールハウスであるとか、きちっとした建物にするかということでもまた違ってきますし、それから、営業の形態をどうするか。例えば、一時的に土、日だけやるのか、ずっと継続してやるのか。取り扱う法律がすべて違ってくるということなので、トータル的に判断しなければいけない。その場所場所によって、中身によって、クリアする条件が全部違うということなので、一概に、市としてこの辺までというのはちょっと難しいのかなと。ですから、具体的な計画があったときには、ぜひ市の方に足を向けていただいて御相談いただければ、いろんな関係するところと、どのようになれば実現できるかということは、相談は受けられるかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)はい、煩雑なのは理解しております。それをわかった上で、できないだろうかと。いろんなケースがあると思うんですね。今後ふえていくのが予測されておりますので、一つ一つのケースを、いろんな蓄積をして、将来的には特区申請といったことも視野に入れられるのではないのかなと私自身思うんですね。私自身、玉浦地区の産直販売所の方に行きまして、お母さんたち、地域の女性の皆さんは物すごく生き生きとしてやっておられるんですよね。玉浦地域ですと、大きな企業があるわけでもない、決して産業があるわけでもないというふうな農村地域ですから、でも、その中で、ふだんは畑仕事をやっているお母さん方がいろんなアイデア持って生き生きとやっておられるんですよね。あれを見たら、地域の起爆剤になり得るのではないのかなと。その可能性が感じられたんです。地域コミュニティーの場所として、通常の集会所ではなく、そういう中で、皆さんとの情報交換ですとか、あとは、消費者を目の前にしていろんな情報を交換しながら、共有しながら、その中で情報が蓄積されて、商品開発だったりとか、今度はこういうものをつくってみようとか、話を聞いているだけでもいろんなものが出てきているんですよね。それというのはすごいことだなと。
 確かに、農業とかといっても、今までは、補助金ですとか、助成だったりとか、そういうのがあって成り立っていたところもありますけれども、それがどんどん減らされていって、自分たちで何かをしなければいけないという状況になって、それで、産直などが全国各地で広げられているんですね。自分たちで何かをしなければいけない。そうなってくると、気持ちが前向きになってきて、商売などでも活力を持ってやられているんですね。そういうふうな女性の人たちの姿を見て、私は、こういうこともあるんだというふうなことがあったものですから、法律の壁はありますが、今は特区もございますので、いろんなケースを勘案しながら……、多少もうかってくれば、ちょっとした構造物を建ててやりたいとか、農地なんだけれどもやってみたいとか、いろんなことが出てくると思うんですね。そういうふうなことを研究していただきたいなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)法の課題がいろいろあるんですが、農地を守るという視点がどちらかというと多いのかなと思うんですが、その農地を守る前に、その農地でもって農作業をする農家の方々のやる気というのがまず先にあるだろうということなので、その辺も含めますと、今提案いただいたことについては、特区としてやれるかどうかはわかりませんが、いろんな角度から研究してみたいと思います。県の方から聞きますと、法律の方も少し変わってきているということもあるようです。日本全国のいろんな産地直売所の特徴などもあると思うので、そういう意味で、少しずつ現実的に変わってくるのかなと思うんですが、もう少し時間をいただければ研究してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。
 村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね、そうやって頑張っておられる皆さんですから……。産直に関する特区申請を出しているところもあるんですね、そういう地域も。あとは、隣接して加工場をつくったりですとか、そういうふうな特区申請をしている地域もありますので、いろいろとそのあたりを研究していただきたいと思います。
 それでは、(3)番、産直販売所に対して、今後の支援策等はあるのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)産直販売所の利点というのは、今もお話をいただきましたように、かなりあるわけであります。ただ、商店街が形成されているような地域でない場所の場合は、比較的課題等が少ないわけではありますが、場合によっては、産直所と、いわゆる商店といいますか、そういったこととのトラブルにもなりかねない面も実はあるわけでございますので、このあたりを考えながら、市として、どこまで、そしてまた農家経営、あるいは商業の活動等に対して圧迫にならないとか、いろいろな条件をクリアしなければならないわけではありますけれども、非常に利点も多いということでございますので、支援策については、適切なものがあるかどうかということの研究をしたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)はい、そうですね。既存の商店とかと競合するわけですから、農家の方がだれでもかれでも売れるとか、すべてもうかるということではないとは思うので。ただ、いい意味での競争は必要かなと思います。既存のスーパーですとか商店にはない売り方、消費者のニーズをじかで感じて、それを生産物に反映するというふうなメリットがあります。それに負けないで、今度は、スーパーとか商店などもお互いいいところを競い合う、そういう競争であれば、私はなおいいのかなと思います。
 一つここで提案なんですが、支援策といってもお金を出してくれとか補助金を出してくれということではなくて、ハナトピアの方の産直ですと、ふれあい市場とか、あちらの方はかなりメジャーなものですからいろんなところに露出しますよね。ですが、市内各所にも産直市がありますので、そういうもののマップをつくったりとか、今度これを改定するのであれば、こちらの方に載せていただくとか、そういうふうなものがあってもいいのかなと思いますが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)今の提案については、産直の方々はどう思っているかわかりませんが、一応、その辺を聞いた上で、ぜひそうであれば、マップしかり、それから市のホームページも含めて、検討してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)よろしくお願いします。これもPRになりますので。本当に女性の力はすごいなと実感しますので、ぜひとも皆さん一度お足運びをしていただければと思います。
 次に移ります。若年層の就業支援について。
 こちらの方も私は過去に何度も質問をしておりました。平成15年の12月、16年の9月とやってまいりました。しつこくまた質問させていただきます。
 (1)番、市内企業の職場体験活動等の事業を始めてみてはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)若い世代にとって、職場体験というのは極めて大切な経験になると、生きた学習になるということであります。その意味で、岩沼市におきましても、小・中学校の総合学習等の中で取り組んでいただいておりますし、また、高校生あるいは大学生等におきましても、インターンシップということで何校からか岩沼に依頼が来て、実施をされているわけでございます。また、いわゆるニートの方を対象とした「若者自立塾」というのが、厚生労働省の委託事業として県内では栗駒に開設されておりますので、当面は、こうした事業を通じて若年層の就業支援を行っていきたいと考えておりますが、御提案をいただいております、市内企業の職場体験活動につきましては、商工会と連携をしながら、市内企業の受け入れ態勢も含めて、どのような形でできるのか調査、研究をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)職場体験といってもさまざまな種類があって、働きながら学ぶ、学びながら働くという日本版デュアルシステムの方は厚生労働省ですとかでもやられておりますし、あと、みやぎジョブカフェですか、そちらの方でも、就職のトライアウトといって、研修をして、企業の人の面接を受けたりですとか、それからプレゼンテーションを行ったりとか、それでもしよければ採用されたりということを継続的にやっておりますね。岩沼ではそこまでというにはなかなか難しいものですから、一つ、学生に限らず、20代、30代のニートだったりとか、ニートの人はおれはニートだとは言いませんけれども、フリーターの人で就職をしてみたいとかという、そのための就職の窓口とかがあって、その先に、自分の住んでいるまちの近くで体験ができるとすごくいいんですよね。仙台まで行ってとかというと、もともとやる気のない人が、面倒くせえからもういいやみたいなふうにもなりかねないときがありますので、やはり身近なところでそういうものがよりできたら、なおいいかなと思いますので、こちらに関しては、ぜひとも研究をしていただければなと思います。
 (2)番、市内の空き店舗をトライショップやトライ事業所として活用して、起業家育成を図ってはどうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)当市では、平成16年度より空き店舗活用支援事業ということで実施しておりまして、現在まで3店、1年に1軒程度なんですが、活用していただいております。
 御質問のような、トライショップとかトライ事業所としての活用については、今のところ想定しておりません。中心市街地を活性化する意味でも、空き店舗活用のための規定というのを見直しまして、事業実施主体をどこにするかということも含め検討したいと。そして、できるだけ幅広い活用ができるようにしていきたいというふうに今は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。16年から中心市街地空き店舗活用支援事業というのをやられています。今現在、3店舗ですよね。それで、市の方には、何店舗、空き店舗を活用していいですよと登録なさっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)現在は12店であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ということは、今現在3店舗ですよね、12引く3で9店舗、9店舗があいているというふうに思っていいんですね、登録をされて。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)登録が15店舗ありまして、そのうち3店舗が活用されて、残りが12店ということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ということは、12店舗あいているということですよね、貸してもいいですよと。ただ、入る人がいないというふうになるんでしょうね。それで、空き店舗活用支援事業の中身を見ていますと、ちょっと難しいところも出てくるんでしょうけれども、基本的に、1年間の家賃補助が出てくるんですが、3月30日が一応末なんですよね。だから、4月1日から借りて3月31日までいけば1年間の家賃補助が出ると。でも、12月に事業を開始したら、基本的に、12月、1月、2月、3月と4カ月分しか補助されないと。それは会計の関係なのか、そういったところでの区切りになっているのか、どうなんでしょうか。その辺、もうちょっと使いやすいような改善というのはできないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)一応、会計年度ということで、当該年度の申請については、その年度内までの期限で補助をするということで要綱をつくってございます。実質12カ月の場合もあるし、申請によっては短い期間もあるということなので、先にも、年度にまたがっても1年分の補助をすべきではないかという手もあったんですが、今のところ、そこまで改正をしておりません。債務負担にするのか、それとも、実績が出たところで予算措置するのか、その辺の財政上のテクニックもあるかとは思うんですが、今のところそこまで詰めておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ということは、可能なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)詳細に検討をしておりませんので、何とも言えませんが、不可能ではないだろうというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)どうせやっていただくのであれば、3年間継続してやってくださいという条件があるわけですから。そもそも、1年間は家賃補助をしましょうという頭があって、そして3年間やっていただくというふうなことなので、こちらの制度は、私は1年間やっていただきたいのかなと。そういうこともあり、それで、今15のうち12店舗があいているということです。
 先ほど言ったトライショップ、これは、基本的に20代、30代の人が行って、今12店舗あいているわけですから、3カ月間でもいいですから無料で貸してやると。それで、一たん商売をしてもらうと。そこで合う合わないですとか……。最初から全部内装を変えて、ここでこの補助要綱に合わせて全部やって、それでやってみたが、商売がうまくいかなくなって、仕事を探しに行ったんだけれども、逆に、借金だけを背負って帰ってきたみたいになるのではちょっとあれなので、20代、30代の人に限りは、あいているのであれば、内装などはいじくらないで、自分のやりたい商売をそこでちょっとやってみようと、3カ月でもいいから。それでよくなったら、あとは正式にこちらの方に移行してもらうとか、そういったこともあっていいのかなと。商売だけではなくて、事業所。何かの商売をしたいんだと、ここで事務的な仕事がしたいんだということに対しても門戸を広げてやってもいいのかなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)このたび作成しました中心市街地活性化の基本計画の中でも、同様の趣旨の事業を展開をしたいという構想がございます。トライショップといいますか、チャレンジショップといいますか、そういう形で、その事業主体をどうするかと。どこの店を使うかというのもあるんですが、その事業主体、例えば、商工会さんが窓口になってそういう企画をしていただいて、そこに支援をするという形であれば、可能性はあるのかなというふうには思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)商店街の人で、家の前の店舗を使っていいですよと。ただ、借り手がいないと。そういうものじゃもったいないと思うんですよね。ですから、12店舗あいているわけですから、3カ月間くらいの家賃補助くらいは財政負担していただいて、それが埋まっただけでもすごく変わってくると思うんですよね。先ほど布田議員も言っていましたように、にぎわいをつくっていくと。店があいていれば人が寄ってくるし、それでにぎわいができてくるというふうなことにもつながっていくと思いますので、ぜひとも検討していただきたいと思います。
 それでは、次に移ります。産業振興について。
 岩沼健康食との連携により、健康食に特化した農産物の地域独自ブランドの開発に取り組んでみてはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほども布田一民議員から御提案をいただいておりますが、岩沼ならではの独自のブランドの開発というのは大変重要なことであって、議員の御提案を踏まえつつ、関係の皆さんの御意見等も伺いながら、何らかの形で具現化できるように研究をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ただ、ここで一つポイントがありまして、ただ体にいいからといって売れるものではないんですよね。若返るというのはちょっとあれですけれども、老化をアンチエインジングですね、そういうものにきくですとか、あとは、体の、今はメタボリックとなっていますけれども、そういうものにいいですよとか、成分を研究するべきだと思うんですよね。飯塚議員がヤーコンとかをやっていますように、そういうものにより付加価値をつけて……、うそじゃないんですよ。うそじゃなく、宮城大学に学部がありますよね、食物学部というか、そういうところですとか、研究機関とかに成分を調べていただくと。この野菜は体のここにきくんだとかということで何か見つけ出し、そして、せっかく健康食コンテストなどをやっているんですから、そこに使ってまた付加価値をつけていくというふうな形でやれば、すごく広がっていくのではないのかと。
 だれでもやはり歳はとりたくないですし、健康でもいたいと。市長がよく言われるウエルビーイング(well-being・福祉)ですとか、よく生きるですとか、そういうふうなことを実現できるのかなと。それのブランドですよ。それのブランドをつくってみると。ちょっとしたことなんですけれども、ほかとの差別化を図りながらやってみるというのもいいのではないのかなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)なるほどなということで聞かせていただきました。ただ単に品物をつくっても売れないということも確かでありまして、今お話をいただきましたように、成分の研究だ、あるいは付加価値をつけるということは非常に重要な視点だというふうに思っております。場合によっては、やろうとする方がおられた場合に、大学とか、研究機関、先生方の御協力をいただくという部分につきましては、市の方では支援ができるのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そういうものをぜひとも調べてみたいというときには、窓口となっていただいて、研究機関とかを紹介してあげるだけでも物すごい支援になると思いますので、そちらの方もお願いしたいと思います。
 健康食、せっかくいいものをつくっているわけですから、家庭で食べて健康になっていただくだけではなくて、飲食店との連携とか、普通の食事を出す飲食店、食事を出す飲食店というのもちょっとおかしいんですけれども、どっちかというと、お酒がメインの飲食店さんの方で、お酒を飲んでこれから肝臓が疲れる時期になっていますので、そういったときに、岩沼の健康食のこういうものをお通しとして出してくださいよとか、そういうアプローチの仕方もあると思うんですが、どうでしょうか。そうすることでかなり広がると思うんですが、市長、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的な御提案をいただきましたので、どこまでできるか、そして、やろうとする人に恵まれるか、いろいろ必要な条件もあるわけでございますが、具現化できたら本当にすばらしいなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)余り既成概念、固定観念に縛られずに取り組んでいただければなと思います。
 それでは、次の質問に移ります。
 今後、企業誘致活動をより積極的に推進すると言っているが、どのような戦略を持って取り組んでいくのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)企業誘致活動につきましては、可能な限り進められればなというふうに基本的に思っております。そこで、岩沼市におきましては、御承知のとおり、臨空工業団地、矢野目工業団地の未利用地は、平成17年4月末で合わせて19.5ヘクタールだったものが、おかげさまで企業の進出あるいは拡張等によりまして、平成18年11月末現在までに 8.5ヘクタールが分譲されまして、今後分譲可能な面積は残り11ヘクタールとなっております。
 今後の企業誘致の主な取り組みでありますが、まずは岩沼市の特性を生かす。例えば、航空路がありますし、陸路あるいは鉄道等も整っているという交通の優位性も強調し、そして、企業立地セミナーというのを県が行っておりますので、こういったものに参加をしてPRをすると。また、県の東京事務所等の御協力をいただきながら、関係企業の本社等を訪問して、岩沼市なりの状況の説明をし、進出等の計画があるのかどうかということを具体的に伺ってみたいと思っております。それと同時に、大切なことは、せっかく岩沼市内に立地している企業があるわけでございますので、こういった方々に例えばより業務を拡張していただくとか、そういう意味でのフォローアップということも非常に大切だと思っておりますので、両面で対応していく必要があるのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね、そのとおりだと思います。臨空ですとか、矢野目地区の方にはまだまだ用地が残っておりますので、大企業にとらわれず、今後成長が望める企業ですとかを、リサーチですよね、注意深く見ていていただければなと思います。
 市長が企業誘致と言っておりますけれども、どういった分野が具体的に構想の中にあるのであれば、ちょっとお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的に申し上げることはちょっとできません。ただ、私といたしましては、市内にあります企業の関連業種等について目を向けることがまず一つ考えられるのかなと思いますし、あるいは、仙台での学問的なバックアップ体制のある企業、業種ということも岩沼市としてはねらい目なのかなということと、先ほど申し上げておりますように、空を使えるという優位性も発揮できるようなものといったことが、検討といいますか、具体的に本当に可能なのかどうかという検討の当面の対象になるのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)今、どの地域においても、産業の集積が図られると物すごく効果が上がるというふうなところもあります。自動車産業などもそうですよね。本当に集積率が高いところですし、あとは、三重県の亀山工場ですとか、クリスタルバレーですとかもそういうふうになっておりますから、今ある、既存の企業さんに関連するようなものを集積するというのも大変有効な手だと私は思います。
 そこで、一つ、16年の4月に、中国の大連市の錦州区ですか、こちらの方といろいろ交歓会的なものもあったんですが、こういったものは活用できないんでしょうか、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)大連の錦州区につきましては、日本から錦州区に企業を立地してもらえないかというような一つお話がありました。ただ、岩沼市内の企業ではなかなか難しかったということがありました。私も大連に行ってきたわけでございますけれども、日本企業が物すごい数で立地され、働く人たちが大変な数に上るということでありまして、これは日本にとって強敵といいますか、追い越されるのかなと。そして、次には、今度はインドだと言われているわけでありまして、その意味では、かなりの衝撃を受けてきたわけでありますが、そのあたりから逆に日本に戻ってくるということがあったり、あるいは、中国の方から日本にということが考えられればいいわけではありますが、そのあたりになりますとなかなか難しいのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)錦州区の方では、空港ができて、それを契機にというふうなことがその当時言われていました。こっちから企業は難しいかもしれませんし、向こうから何らかの事業所が来たりとか、空港が近いんですからそういうものがあってもいいのかなと。それに付随して観光客を呼んでくるですとか、いろんなやり方があると思うんですが、国内に限らず、国外にもやはり……、市長は今度、産業政策というか、産業振興とかを物すごくアクティブにやっていくわけですから、そういったことにもトライをしていただきたいな思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現実としてはなかなか難しいわけではありますけれども、場合によっては、岩沼に錦州区との交流を取り持ってくださろうとした方がおられますので、そういった方の知恵のいただきながら、打診をするというところまでいくかどうかわかりませんが、視野には入れたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)それでは、最後の質問にさせていただきます。
 市長のトップセールスマンとしての今後の展望をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)企業誘致ということで主に御質問をいただいているわけでございますが、先ほどこれも布田一民議員にお答えをしているわけでございますが、これからの社会を考えているときに、今、積極果敢な行財政運営が求められているわけでございます。その中で、結局、ダイナミックに行動をしなければ新しい成長は得られないのであろうと思います。その意味では、しっかりと先頭に立って努力をしていかなければなりませんし、ここで努力をしなければ、将来への夢がないというふうにも言えるのかなと思っております。
 そこで、ある識者が言われているわけでありますが、バブル崩壊などに直面した時期を「失われた10年」というふうに言っているわけでございますが、実は、これからの10年は「残された10年」だと。ここの10年間に、例えば、人口減だとか、いろんな事象が起こってくるわけでございますし、大変な課題があるわけでございますが、そうした中で新しい成長を実現すると。そのためにはもろもろの改革が必要でありますし、取り組まなければならないことが多く、道は険しいわけではありますが、しっかりとそこでチャレンジをするということは、岩沼の持つ魅力、あるいは岩沼の力というもの、潜在的な力というものを再発掘し、そしてまた、あらゆる分野で岩沼のよさを生かす、そのためにチャレンジするということで、そういった中で、すぐに具体的にどうかということは、成果が得られるかどうかわかりませんが、明るい未来が少しでも開けるように、今、トップとして責任を持って具体的に動いていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)まさしくそのとおりだと思います。私も、「残された10年」、それから「失われた10年」と、最後に言葉を取っておいたんですが、先取りされてしまいまして。10年というか、バブル崩壊後15年ですよね。「失われた15年」と近ごろは言われています。そして、これからの15年をどうやっていくのかと。団塊の世代が後期高齢者になっていく75までの15年間、本格的な人口減少社会になってまいりますから、この間に、いかに持続可能な地域づくりをしていくのかというところに今後の将来がかかってくるのかなと私自身思っております。その辺は、市長と考え方は同様ですので、ぜひともトップセールスマンとして頑張っていただきたいと思っております。
 最後に一言、地域経済活性化への至る道のりはたやすいものでないことは言うまでもありません。しかし、地域経済活性化を実現していく過程、結果として、各地域は本当の意味で自治を実現することになることも事実であります。これまで行われてきた国による一元的な産業政策から脱皮し、その地域が持つ産業特性、立地条件、人材、技術の集積という比較優位をしっかりととらえて、独自の戦略的産業政策を実現することができれば、その地域の経済活性化とあわせ、税収の増加による財源の確保も結果としてついてくるでしょう。ぜひとも、地方分権、自立した経済基盤、みんなが喜んで住めるような地域社会を築いていければなと思います。これで私の質問を終わらせていただきます。まことにありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)9番村上智行議員の一般質問を終結いたします。
 これをもって一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は明日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さんでございました。
    午後4時17分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成19年2月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 長 田   健

                   議 員 五十鈴川みよ子