議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第4回定例会(3日目) 本文




2006.12.12 : 平成18年第4回定例会(3日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、12番後藤一利議員、13番長田雅裕議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 1番布田恵美議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔1番布田恵美議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)1番、リベラル・ひまわりクラブ、布田恵美です。
 さきの通告に従って質問を進めてまいります。
 では最初に、学校現場の課題と対策についてお伺いいたします。
 未来を担う子供たちをはぐくむ学校現場では、昨今、いじめによる痛ましい自殺やいじめから来る不登校などが多発しており、私たち大人もその現状を見聞きして学校が一人ひとりの児童・生徒が安心して意欲的に生きる力をはぐくむ場であることを願い、その支援を考えているところです。
 昨日行われた一般質問と同じ趣旨の項目については一部割愛して行います。
 (1)政府の教育再生会議が11月29日にまとめたいじめ問題の緊急提言を受けて岩沼市では現状をどのように認識しているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いじめ問題につきましては、昨日の議会でも議論したところであります。岩沼市としてのこれまでの取り組みということですが、教育委員会といたしましては、大きく四つの点で対応してまいりました。
 一つは、学校や関係機関との情報の共有を図ることであります。いじめの実態や対応のあり方などに関する情報を取捨選択して学校に提供していじめ対策に役立ててもらっているところであります。
 二つ目は、各学校や教職員への研修指導や指示を出しているところであります。これまで担当者会議の実施、校内対策委員会の開催と報告、そして校内職員研修の視点を提示したり対応マニュアルの点検などを指導してまいりました。これが2点目であります。
 三つ目は、相談事業の充実であります。教育委員会内の学校困り事相談窓口や岩沼市の青少年室、教育相談センターの紹介、24時間対応等の各種相談窓口の紹介をすることと、岩沼市独自に進めております岩沼市内の全小・中学校に配置されております子供と親の相談員、スクールカウンセラーの活用であります。
 四つ目は、家庭、地域への指導や関係機関との連携であります。岩沼市では平成13年度から家庭教育の手引書であります小学校版と中学校版をそれぞれ入学時に全家庭に配布して、その中で子育て一般のことやいじめのことについての記載もありますので大変参考になる手引書であります。また、各学校からは学校だより等を通しましていじめ発見のポイントや個人情報に配慮しながら学校での実態なども広報されているところであります。これで十分とは言えませんが現在までの取り組みの概要は以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)では、具体的ないじめ対策の取り組みをこれまでどのように展開してきたのか伺います。
 学校に対していじめの聞き取りを行ったということはきのうの答弁の中でありました。昨日の答弁では、小学校3件、中学校2件というような具体的な数値が報告されております。これは学校側に対しての聞き取りだったんだと解釈したんですが、市内の児童・生徒、教師へのアンケート調査は行ったのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)実態調査については二通りありまして、聞き込み、これが一つであります。もう一つはアンケート調査、アンケート調査が半数、聞き取りが半数でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今、アンケートと聞き取りと半数ずつという答弁だったんですが、岩沼市にはことしの5月1日現在、小学生で 2,602人、中学生で 1,314人の児童・生徒が在籍しております。この児童・生徒に対して聞き取りとアンケートと半々に行ったということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりでございます。学校にこれは任せておりますので毎月、報告の義務がございます。その都度、学校サイドで聞き取りをする、あるいはアンケートをするということを決めているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)学校サイドで聞き取りをするとかアンケートをするとか、その判断に任せているということでしたが、12月1日の河北新報にも載りました。たまたまいじめに悩んで自殺を予告した県内の石巻消印の中学生の手紙が文部科学省に届いたことから、市内の全小・中学校の児童・生徒にアンケートを実施したとありますが、一斉にそのアンケート調査をするということも同じ条件で同じ聞き取りということで大変有意義なことではないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かにアンケートをするにこしたことはございません。ただ、岩沼市の現状といたしましては、現在のところ、しっかりした聞き取りをしております。アンケートもしておりますので、今のところ、その必要はないのかなと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)実際石巻市でも学校側からの報告といいますか、市教委が報告を受けていた数というのは16件でありまして実際はそのアンケートを実施したときに、その報告を受けていた16件の6倍を超える 100件以上のいじめがあったというふうに新聞に報道がありました。そういったことから聞き取りですからなかなかその場で言い出しにくいというか、表面に見えてこないいじめの実態というのもあると思うんです。岩沼市内では、きのうの答弁にもありましたし、先ほどの教育長の答弁にもありましたが、各中学校にスクールカウンセラーを配置、小学校には親と子の相談室、また保健室にいる養護教諭の先生などに相談するケースも多くあってそこからの情報把握もあると聞いていますが、全市の児童・生徒、保護者、教員を対象に一斉にアンケートを実施するということはいかがでしょうか。その中から実態がより浮き彫りになりより的確に、そして早期に問題解決の糸口につながるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども申しましたが、各学校ではいろいろな聞き取り等を通しながら綿密な情報を手に入れているわけであります。実際の問題を申しますと、学校サイドに聞き取り等で来たいじめの件数は18件であります。ただ、その中でも誤解があったり、あるいはすぐ解決するというのはかなり多いわけです。これも聞き取り、実態調査の結果だと思っているところであります。その中でも5件だけ市教委に報告がありましたのがそういうことであります。したがって、アンケートも大変いい方法ではないかなと思うんですが、現時点では校長会での聞き取り、あるいは校内での聞き取り、あるいは保護者とのやりとりの中でいじめ問題について吸い上げていくということが今現在、適当なところかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)聞き取りの中から実際は18件があってさらに細かく聞き取りをして5件だったということのようですが、きょうの朝刊にたまたま盛岡市の教育委員会の取り組みが紹介されておりました。恐らくごらんになられたかと思います。こちらの新聞によりますと、いじめの早期発見と根絶を目的に盛岡市では市立の全小・中学校を対象にアンケートを行ったとあります。それは実態調査、もちろんいじめの実態があるとかない、いじめられたことがある、いじめを見たことがあるという実態調査のほかにいじめに対する提言なども書き込んでもらっている、コメントも書き込んでもらっているということです。これはやはり問題意識を児童・生徒、そして保護者、みんなで一緒にすることによっていじめを許さないんだ、いじめを見たら声をかけようとか、みんなで守ってあげようとか、そういった全体での意識の啓蒙にもつながることではないのかなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かにいいとは思うんですが、岩沼市の現状を踏まえますと、相談体制は大変充実していると思います。これは手前みそになりますが、いわゆる言いやすい体質をたくさん選択肢としてつくっているということがあります。したがって、言いやすい。いじめが入りやすい体質にあるというふうに考えているところであります。確かにアンケート調査を全戸あるいは子供たちにやれば、さらに細かい事実が上がるのは確かでありますが、この件につきましては校長会を通しながらいい方法はどれであるか、どの方法がいいか、その件については研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)ぜひ前向きに研究してください。
 それでは、先ほど家庭に対する配布物を行っていると、入学時ですか、大変内容がいじめに関する記載もあって対処の仕方というのもあってとてもいいものだということでしたが、家庭教育の点で配布物を配布するだけではなくて実際に学校現場だったりいろいろな催し物の中でどのような指導を行ってきたのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)一つは学級懇談会の折、授業参観の折、あるいはPTAの行事等によって開催される会議等については、いろいろと学校等はいじめについて啓発していると考えております。それから、うちの方で今話題になりました家庭教育の手引書、この二つであります。小学校向けと中学校向け、さらに学校でもPRしております。入学時に渡されても意外と見ない家庭が多いわけでありますので、つい最近であります、それぞれの学校だよりにPRを載せたところであります。この中にいじめについての対処法、あるいは見分け法ということがしっかりと書いてあります。こういった形で家庭の啓発を行っているというところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)家庭に対してもいろいろな角度からいじめに対しての啓発を行っているという答弁でした。特に学校の学級懇談会とかPTA行事とかいろいろな場に出てくる保護者の方々というのは、自分の子供や学校、地域などに関心を寄せてくださっている方々ですので、例えば何か問題が発生したときにも、学校でいじめの問題が発生したときにもお互いに同じ思いで取り組んでいくことができるんですが、とかく子供に無関心な家庭の子供というのがいじめに関与するケースも見聞きしておりますが、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)おっしゃるとおりでありまして、例えば授業参観、学級懇談、PTAの会合、来てほしい人が来ないと、こういう現状がございます。したがって、私たちがねらうところは就学時健診 ── 1年生に入る前の健診、あるいは一日入学の折はほとんどの家庭が来ております。この機会をとらえながらいじめについて啓発しているところであります。機会をとらえながらいじめというのは絶対許されない体質である、思いやりの気持ち、協調する気持ち、それをしっかりと入学前に植えつけてくださいということを言っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)いろいろな機会を利用して親として子供に対して責任を持ってしつけをする、愛を持って接するということをお話ししていただいて、いじめに対しても同じ目線で取り組んでいただければと思います。
 そして、地域に対しての情報公開ということでお伺いいたします。先ほど教育長の答弁にもありましたが、学校、PTA役員、地域住民が構成メンバーとなっているいじめ対策委員会を学校ごとに年2回程度行っているようですが、その中で実際にどのような報告がなされているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いじめ体質だけでなく問題行動が起きるのは、学校あれど魅力がない、家庭あれど愛がない、地域あれど我関せず、私には関係ないと。こういう態度が今の子供たちを生んだと私どもは考えております。したがって、どこが悪いということでなくそれぞれの分野でしっかりと努力するということが大切、その中でも地域ぐるみという言葉がありますが、学校としても地域の皆さん方を集めましていじめ対策委員会をやっております。ただ、これはすべての学校ではございません。うちの方では今現在、八つの学校のうちの五つの学校がいじめ対策委員会を設けております。ほかの学校にもこれからするように指導していくわけでありますが、中身については学校としての現状を把握していただいております。そして、地域でできること、地域ぐるみで解決できるところはどうかというふうなことの提案をしているわけであります。実際18件の学校サイドでのいじめ問題があるわけですが、きのうも申しましたが、プライバシーの問題がございます。名前は出せません。具体的に出すとどこであるかということがわかってしまいます。その辺がいじめ対策委員会の課題かなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今、教育長の答弁の中にいじめ対策委員会は市内の4小・4中の8校のうち5校で実施しているとありましたが、今実施していない3校はどんな理由で実施していないんでしょうか。いじめの実態がないからとか、何か学校側で特に考えがあるのであればお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)実はこのいじめ問題がクローズアップされるのは10年前、10年前、いわゆる20年前から10年刻みで来ております。10年前に一斉にいじめ対策委員会をつくりました。ところが、その後、沈滞ムードでありました。かつて20年前は15万件あったいじめが今は2万件であります。したがって、それが形骸化されてまいりました。ただやらないということではございません。学校に組織されている校外の委員会はたくさんございます。その中でいじめについて話し合うという機会を設けているということです。厳密に言いますと、いじめ対策委員会という名前はなくてもそれと同じような機能を有するところがあるというふうに解釈していただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)それぞれの学校の考え方でやっているところとやっていないところがあるということでした。とかくそういった地域の方をお招きして学校とPTAと地域住民の方々との情報交換の場というのは、うちの学校では問題はありませんよといった報告をすることが多くあります。きのうの答弁にもありましたし、今、教育長もおっしゃいましたが、県教委ではいじめ問題を校外に情報提供するのはプライバシーの問題もあり難しさがあると分析する一方で、平常時からいじめに備えて関係機関とのパイプをつくっていくことが重要であるとの認識にも立っているとあります。そこで、きのうの答弁にもありましたが、民生委員さんの活用ということも述べておられました。確かに地域に民生委員さんという役職の方がおられますのでその対応というのも一つ効果的なのかなと思いますが、その辺について実際に市内で発生したいじめのケースで民生委員さんに対応してもらうようなことはこれまでにあったのでしょうか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そこまではつかんておりません、はっきり言いまして。ただ、民生児童委員の皆さん方は地域を知っている、家庭を知っている、子供を知っているという民生児童委員でありますので、何らかの形で学校は相談しているのではないかなと思っております。現に年に一度でありますが民生児童委員会を開いているところも多くあるわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)民生委員の活用というのも一ついろいろなこれからの地域ぐるみでという点では効果的なのかなと思いますが、なお民生委員さんもいろいろな方がおりますのでいろいろな講習の場、研修の場を持っていただいていじめの問題に関しての認識を統一していただければと願っております。
 次の質問に移ります。以上を受けてですが、(2)です。今後のいじめ問題への取り組みは教育委員会、学校現場では具体的にどのように展開していくのかお伺いいたします。特に緊急提言、先ほどの11月29日に発せられた緊急提言の中で一番に児童・生徒にいじめについて考える場、問題意識を共有する場をどのように工夫していくのかという点でお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今後でありますが、今後もこれまでの取り組みをいじめはいつでもどこでも起こり得るものという認識のもとで児童・生徒の理解を進め、実態に応じたケース会議の充実等きめ細かな対策について指導していきたいと考えております。発達段階に応じまして児童・生徒同士の集団を生かした学び合いの場を設定したり、教員の研修を深めたりするとともに、家庭、地域や関係機関の連携を図りながらいじめを許さない環境づくりやいじめのない学校づくりに子供を取り巻くすべての方々の総がかりでの対策に努めたいと考えております。
 そこで、子供たちにでありますが、実は八つの学校の中のある中学校でありますが、いじめに立ち上がりまして生徒会が中心になりましていじめは絶対許さないというスローガンのもとで昼休みの放送等で子供たちに訴えております。こういった気風が各学校に盛り上がることを私は期待しているところであります。いじめがこれだけクローズアップされております。各クラスでも話し合いを持っております。学級指導でもしっかりした話し合いは持っておりますので、あとは子供自身の気運を高めるということが今後の方策かなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今、ある中学校で生徒会の自主的な取り組みでいじめ問題について昼休みの放送とかいろいろな取り組みを広げていって、それがほかの学校にもいい影響を及ぼせばという教育長の答弁でした。そういった取り組みはぜひ広く発信してほかの学校ではお互いにいじめを許さないという意識を持ってみんなで取り組んでいるよということも知らせていってはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは水の輪的に波及効果を及ぼすと考えておりますし、また教育委員会としても力強く話をしていきたいと思います。いじめはしない、させない、許さない。この合言葉で今後も対策を講じてまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)緊急提言の2と4に当たるのですが、いじめにかかわった子供、教師の処遇についてどのように考えているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いじめにかかわった子供の処遇、今、いろいろ論議を呼んでいるところであります。これは今、論議中でありますので私からは力強いコメントは出せませんが、一つ不安なところがあります。出席停止というふうな方向で緊急提言がなされましたが、私はこれが本当に教育的にいいのかどうか、疑問であります。子供を隔離したり、あるいはほかの場所に移すということが本当に教育的に許されるかとか、例えばきのう申しましたが、虐待の要因の中で急浮上しているのが母親に虐待を受けて子供が学校に来て虐待をするという、その子に出席停止を与えたらまた家庭に戻されるともっと悲惨な事件、事故が起きやしないか。教育的にこれがいいのかどうかという不安を持っております。これについては私は反対でございます。そのほかについては、教師については随時指導、校長あるいは教育委員会の指導、これは行っていきたいと思います。
 今、一番問題になっておりますのは、なれあい学級にいじめが多いというふうな都留文科大学の川村教授の研究があります。あちこちの新聞をにぎわしている。いわゆる友達感覚でつき合うなれ合いの学級、若い先生が多いと思いますが、そこにいじめが多いというふうな理論であります、検証であります。確かにそのとおり言えるかもしれません。ただ、我々としては、そういう教師であるだけでなくて毅然たる態度をとる指導をしたいと思います、毅然たる態度。ルール違反もそのとおりであります。言うときは言う。昔、我々が子供の時代は非常に教師は権威があったと言われています。今の教師は権威がない。スズメの学校からメダカの学校という5年前の論争でありますが、むちを振った、チョークが飛んでくる、頭を小突かれた。家に帰って母親に言ったら、あんたが悪いんだから、ごめんなさいと教師に謝りに行ったというふうなケース、今は逆であります。今はちょっとしたことでもすぐ教育委員会に来ます。いいか悪いかは別としてでありますが、そういう体質になったということです。したがって、教師に指導はしっかりしますが、行き過ぎの指導はしっかりとしますが、やはり毅然たる態度で望むという学級経営がなければ、ますますいじめはふえるということに感じているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)教育長の答弁を聞いて安心しました。この対処について、その処遇についてはまだはっきり力強い答弁が出せないということでしたが、私もやはりいじめにかかわった子供たちを現場から離してしまう、授業を受けさせないということはすべきではない。しっかりと教育を受ける権利を守ってほしいと願っております。
 一方、いじめにかかわった教師がいたとしたら、やはりその教師は大人です。しっかりと教師として資質を高めるような指導をしていただくのも教育委員会、教育長の仕事だと思っておりますのでこれからに期待しております。
 次に移ります。緊急提言の5番にかかわりますが、いじめがあった場合、現場はもちろん、教育委員会も学校をサポートする、スキルを高めるとありますが、それについて教育委員会で何か今、取り組んでいこうとしていること、取り組んでいることがあればお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)教育委員会としてはいろいろと考えているところでありますが、何といっても校内の相談体制が整っていると。それで間に合わない場合はほかの学校のカウンセラー、あるいは親と子の相談員を派遣すると、こういったことも考えているところであります。現在のところはそのような形でありますが、教育委員会としては随時いろいろな生徒指導関係の担当者、あるいは校長、教頭を随時招集しましてその都度、指導しているというところが現状であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員に申し上げますけれども、今、緊急提言の質問でなくて学校現場での具体的な展開ということでの質問であると思うんです。そういう中で緊急提言が通告にある面では沿っていないんではないかと思われます。そういうことで通告に沿った質問をするようにお願いしたいと思います。
 布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)次に移ります。公立学校職員評価について移ります。以前から実施されていた公立学校職員勤務評定にかわり宮城県が県立学校職員並びに市町村立学校職員に職員評価を実施しているが、その実施要領の中の特に岩沼市立の学校に関して質問いたします。市内の学校での実施状況はどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校職員の職員評価につきましては、従来の校長による勤務評定にかわるものでありまして昨年度まで2カ年間、試行してまいりました。本年度から実施しているところであります。これまでの勤務評定との大きな違いは、職員自身が学校の教育目標を受けましてみずからの目標を設定し、それを自己評価した形で校長が最終的な評価をし、その結果を本人に対して提示するなど向上の循環が図られる点にあります。一つは、公正な人事管理に役立つこと。二つ目は、職員の自己評価を通すことによってより公正で客観的な評価ができ、能力開発や資質向上を図ること。三つ目は、そのことによって学校組織の活性化につながることが主な目的であります。市内の学校におきましても1学期中に一人ひとりの教員が自分の校内の分掌や経験に応じまして校長との面談のもとで適切な目標を設定し、目標達成を目指して公務に取り組んでいるところであります。現在は学年末に向けて校長や教頭の授業参観や指導、声がけを受けながら創意工夫や試行錯誤を重ねながら一人ひとりへの児童・生徒への指導に当たっている段階であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)本年より実施しているということでしたが、一人ひとりの教員が目標を掲げ校長と面談が行われていると伺いました。その各自が申告しているものと校長の掲げている学校経営方針との整合性はきちんと図られているのかどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今までやられていました勤務評定と今回の教員評価の違いがそこにあります。面談であります。校長と一人ひとりの教員が面談をするということ。この面談の中で共通点を達するということでありますので、その辺の整合性は十分に図られているものと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)これは教職員ですから学校の校長先生も当然、学校職員評価に含まれることになります。学校の校長に対しての面談はだれがどのように行っているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは三度、私が行っております。8名の校長に対して校長自身にも目標を立てさせます。先日、中間報告を受けたところです。そして、自己評価のもとで次年度につなぐということで教育委員会で三度、面談を行っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)生徒や保護者からの評価をどのように受けているのかお伺いします。実施要領によると、自己評価の項目に職員は評価の観点及び児童もしくは生徒、児童もしくは生徒の保護者、または他の職員の意見などを参考にして自己評価を行うものとありますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)生徒や保護者の評価につきましては、発達段階や担当する学年などで多少の違いはございます。学校評価の一環として取り入れておりますし、また中学校では生徒による授業評価を実施している教員もございます。保護者からの評価につきましては年に数回の授業参観時に質問式で行われる学校もございます。教員の授業や指導を見直す要素の一つになっている面でもあります。しかし、反面、児童・生徒や保護者の評価は主観的になったり教員の表面的、断片的な評価になったりするなどの弊害も予想されますので、ふだんの授業では校長や教頭の観察、あるいは職員同士の校内の授業研究会などを通しての評価、さらには子供の育ちの状況による評価など総合的に評価することにしておるところであります。現在、取り組みに留意しながら児童・生徒や保護者による評価を参考にする取り組みも徐々に進められている段階であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美委員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)授業参観や生徒に直接評価を受けているという方もおられるようですが、生徒や保護者の評価を受けるということによって教職員が萎縮するということはないのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)弊害がそこにあると思います。心配されることがそこにあります。各大学では学生による教授の授業に対する評価をやられております。これはそれなりの年齢に達していろいろ考える力がついて初めてできるというふうな部分がございます。それが、例えば小学校1年生に評価されても、それはなかなか厳しい部分がありますよね。好き嫌いで判断したり、おもしろさだけで評価されたり、あるいは利害関係だけで評価されるという部分があります。それによって教師はへつらったり、あるいは人気とりに走る、そういった懸念があるわけです。だから、これについては慎重にすると。したがって、どの部分で評価してもらうかとかを考えながら進めていきたいと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)先ほどのいじめの問題にも関連していますが、先生が児童・生徒から評価を受けることによって生徒になれ合うというのか、友達感覚になっていくというか、生徒に対してよく思われようとするがための行動とか、そういう心配はないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども申しましたようにそういう心配はございます。したがって、どういう形で行ったらいいのか、どの部分で評価を行ったらいいかは今後の検討の課題です。基本的には、やはり校長、教頭あるいは同僚の教員の授業評価、これが正解でありまして、だからといって生徒の評価がまずいとかということではございません。確かに入れなければならない部分がございますのでその辺も十分取り入れたい。基本的には参考であります、参考にさせていただくという部分でいろいろ考えさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)この評価制度が教職員のストレスになることはないのでしょうか、その辺をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これについてのマイナス面ということであります。やはり保護者からの目、それを非常に気にする教師はあるわけであります。それについてのストレスもたまることもあるかもしれません。これは人によってまた違うわけでありますが、その辺については先ほどから何度も答弁していますが、今後、検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)心の健康という点からも、もちろん目標を持ってそれに対して実際に取り組んだことに対する評価というのはとても大事なことで、それが次への向上につながると思います。ただ、心のケアといいますか、現場で先輩の、特に若い先生方に対して先輩の先生方から、管理職の先生方もしっかりとしたフォローだったり、温かい励まし、そういう体制づくりが必要だと思いますが、その点については教育長は何か配慮されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)特に心配されるのは岩沼市で今年度いただきました4人の新任であります。新任の教員4人に対してはきっちりとした初心者研修会というところで先輩教員もしっかりとサポートする体制もとっています。このごろ、非常に教員採用が厳しいわけであります。20代の教員が非常に岩沼市でも少ないわけです。その先生方をターゲットにしまして初任研、5年研、10年研、ここまでの研修を重圧にする。しっかりとサポートしながら一人前の教師にしていくという制度はこのごろ、しっかりととられているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)次の質問に移ります。具体的にこの評価制度をどのように今後、活用していくのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)評価の生かし方につきましては、先ほども申し上げましたように、教員の資質能力の向上の循環が図られるように努めているところであります。すなわち教員一人ひとりの持つ能力、取り組み方などのよさや改善点に気づき、一段高い次の目標を設定し改善を図っていく営みであります。したがって、評価結果につきましては、教員一人ひとりに提供してプラン・ドゥ・シー・アクション、向上の循環を図っているところであります。教員の指導力の向上につながりますとともに、そのような取り組み自体が児童・生徒のよい見本になると思っているところであります。また、そのことを通しまして学校の活性化にもつながるようこの制度を積極的に生かしていきたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)次の質問に移ります。子供の居場所づくりについてお伺いします。平成16年度から平成18年度、「地域子供教室推進事業」として開催してきた「のびやか教室」が平成19年度から文科省、厚労省連携した「放課後子どもプラン」として再スタートいたします。
 1番、現在、放課後の子供の居場所として児童館、児童センター、そして市内東部、市内中央部での「のびやか教室」などがあるが、今後の展開についてお伺いいたします。まず最初に、この2年間にわたって事業を実施してきたわけですが、その事業の成果はいかがなのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)教育委員会部局といたしましては、「のびやか教室」でありますので「のびやか教室」についての成果を説明したいと思います。平成17年度より岩沼小学校及び玉浦小学校において実施してきました「のびやか教室」の成果といたしましては、まず子供たちが学校生活においても余り経験することのない異年齢集団の中で活動することにより、自主性、協調性が身についたことに加えましてさまざまな活動を体験することにより、心豊かな人間性を養うことができたと感じております。また、子供たちが放課後の時間を安全に、そして安心して過ごせる場所を地域の力でつくるという趣旨で行ってまいりましたが、これら所期の目的は達成されているものと受けとめております。
 加えまして、「のびやか教室」の活動を展開していく中で地域の方々や学校関係者、保護者など多くの方々の御理解、御協力のもとで子供たちの活動支援をいただきながら地域に根ざした活動の場として広がってきていると考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)2年間の実施の中で一定の成果があるんだということはよく理解いたしました。それでは、2年間、実施してきた中で課題は何かあったのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)「のびやか教室」の課題といたしましては、まず第1に地域の支援者やボランティア等の不足に伴う人員確保のために地域・家庭・学校及び各種団体等の協力体制の整備が最重要課題と考えております。課題解決のために各種団体等へのこれまで以上の積極的な呼びかけをしながらボランティア等の人数などの協力体制を図る必要があると考えております。
 二つ目の課題といたしましては、小学校高学年の参加者が非常に少なかったことであります。今後は参加児童の学年に偏りがあることから、参加してみたいと感じるような魅力的な居場所づくりを目指すとともに、「のびやか教室」に参加している子供の保護者の方にも地域の一員として子供たちを育てていくという意識の啓発と積極的な参加を促す必要があると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)先ほどの答弁にもありましたが、市内の東部、玉浦小学校、そして中央部、岩沼小学校で「のびやか教室」を開催してきましたが、例えばほかの地域、西部、南部地区などでの開設は検討しているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)本事業の実施に当たりましては、参加を希望する児童数や小学校の余裕教室等の活動場所の問題のほかに学習アドバイザーや安全管理、ボランティアとして協力いただける地域の支援者の確保などの問題がありますことから、「のびやか教室」を実施していない、例えば西小学校、南小学校における実施の可能性につきましては、現在、研究を行っている段階であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)ニーズ調査は行っているということで解釈してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりでありまして、これからアンケート調査を実施するところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)放課後、地域の中で、家庭でなかなか異年齢の子供同士で遊ぶ機会というのは、私が子供だったころに比べると随分少なくなったなと最近思います。こういった学校の敷地の一部だったり、公共施設の一部だったりを活用しながら異年齢の子供同士が安全に遊べる環境、学び合えるいろいろな世代間の交流が図れる場所というのはとても貴重な場で大切なことだと思っております。ぜひ私は積極的に開設を推進すべきではないのかなと思っております。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)事業の趣旨からいたしまして市内すべての小学校において放課後子供教室を開設することが望ましいと考えておりますが、ただいま申し上げましたように活動場所、支援者の確保、需要等の課題がありますことから、この可能性につきましては研究を行っている段階であります。結論はいましばらくお待ちいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今研究を行っているということでしたので、なるべく早く岩沼市の子供たちの放課後、子供の居場所づくりということで積極的に推進してください。
 次の質問に移ります。平成19年度からの「放課後子供教室」、これは文科省、それから留守家庭児童を対象とした「放課後児童クラブ」についてお伺いいたします。まずはどのように行うのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これまで小学校の空き教室などを活用して行ってきました「地域子供教室」と児童館などで行ってきました「放課後児童クラブ」につきましては、実施場所や開設日数、運営体制などが異なっておりますことから、これらを「放課後子供プラン」という一つの補助制度により、いかに一体的に連携して取り組むべきかという大きな課題がございます。したがいまして、これまでの実施形態を踏まえながらよりよい子供の放課後対策のあり方をいかにすべきかということにつきましては、関係機関と連絡を密にしながら今、研究を行っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)研究を行っているということですが、「放課後子供教室」と「放課後児童クラブ」というのは似ている趣旨のような気がするんですが、この二つをばらばらに行うような方向で考えているのか、その辺はいかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その辺が研究の課題であります。今後、検討させていただきたいと思います。これがばらばらで行われても「放課後子供プラン」につながるとも聞いておりますので、どのような形がいいかを今研究しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)県では推進委員会の設置、市町村では運営委員会を設置して「放課後子供プラン」を策定するとなっていますが、その立ち上げについてはどうなっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)やるとなりましたら運営委員会を早急に設置しなければなりません。その点についても現在、研究中であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)この事業は平成19年度からの事業ですので、今12月です。19年度からスタートということはあと数カ月で19年度、4月以降ですからタイミング的にどうなのかという気がいたします。積極的に研究して進めていただければと思います。なお、運営委員会の構成メンバーについてはどのように考えておられるのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)まだそれについては考えてございません。やるかやらないかというふうなことが先決だと考えておりますので、やるとなりましたら、早速その人選に移らせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)やるかやらないかを考えているということですが、その考えている中で運営について具体的にどのような方向性を目指しているのかお伺いいたします。特に「放課後子供教室」に関しては学科面の強化を中心に据えるのではなくて現在の子供たちに不足していると思われるような体験型学習とか伝承遊びなどを積極的に取り入れたものにしてほしいと思っておりますが、その辺についてはどのようなビジョンを描いておられるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、子供たちに必要なのは体を通しての学習であります。座学というよりも体験学習を通しながら生きる力をはぐくんでいくということが理想でありますので基本には体験学習。そしてもう一つ加味されるところは、学習機会を与えようという部分が来年度から付加されます。いわゆる学習に関して宿題について解決するとか、あるいは予習復習についてもその場で機会を与えるというところが入ってきているところでありますのでその辺も含めまして今後、研究をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)次の質問に移ります。「放課後子供教室」の開設における学習アドバイザーの配置についてどのような方々を考えているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今お話ししました学習機会もこれから復活されるというふうな時代であります。この辺につきましては「放課後子供プラン」の制度におきまして意欲のある子供たちに学習機会を提供するということにつきましても視野に入れております。学習アドバイザーにつきましては、退職教員や地域における学習支援にふさわしい方々が想定されております。しかし、現在、市として実施することについての可能性につきまして研究を行っておりますと何度もお話をしているわけで、具体的な学習アドバイザーの検討には至っていない状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)いろいろな角度から今、検討されて、研究されているようですが、教育長の答弁の中にその学習の指導に当たっては教職員退職者の活用も一つの選択肢というような答弁があったように思います。開設する場所は特に学校の敷地内、教室内だったりすることもあると思うんですが、現場の現職教職員、特に若い世代の先生方にとってベテランの退職した先生方からいろいろな助言 ── 助言だったらいいんですが、指導だったりするとすごくストレスを感じると思うんですが、そのようなことがないような配慮もしてほしいと思っております。いかがでしょうか。(「もう一度お願いします」の声あり)
 教育長の答弁の中に教職員の学習アドバイザーについて、教職員の退職者を活用していきたいというようなお答えがあったようです。「放課後子供教室」が学校の教室内で開催された場合、そこには当然、学校の現職の先生方もかかわっておられます。ですので、若い先生方に退職された大ベテランの先生方からの助言というか、指導というか、何かそういうことで現場の先生方に対してストレスが生じないようなことを配慮してほしいと思っていますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それはそのとおりであります。趣旨が違います。退職教員を使う場合はあくまでも「地域子供教室」、「放課後子供教室」専従でありますので学校に対するアドバイザーではございません。その辺はしっかりと使い分けしなければならないと考えております。また逆に現場の教師をここにつぎ込むということも趣旨が違いますのでしない方がよろしいのかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)これまでボランティアで「地域子供教室」などにかかわっておられた方もあると思いますが、その方々の活用などはどう考えておられるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今年度の「地域子供教室」の実施に当たりましては、北部「のびやか教室」43名、東部「のびやか教室」28名、計71名の方がボランティアとして登録されておりまして各種指導や安全管理に御協力をいただいているところであります。大変ありがたいことでありました。現在、来年度からの事業実施の可能性についていろいろと研究を行っているところでありますが、事業の推進に際しましてはボランティアの方々の御協力が不可欠であります。したがいまして、今年度登録をいただきました71名の方には引き続き御協力をお願いしたいと考えておりますし、またボランティア募集の広報掲載やチラシの配布などを行いまして新たな方々の登録をお願いするとともに、教室に参加している子供たちの保護者の方々にも御協力をいただけるよう声がけをしてまいりたいと考えておるところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)この事業は、異年齢、学年を越えた活動を通して、また地域の方々との交流によって放課後を安全に過ごすことはもちろん、子供たちの心のはぐくみにもつながると思われます。ぜひ積極的に推進してください。
 次の質問に移ります。浸水対策についてお伺いいたします。
 昨日来の一般質問の中でも他の議員が浸水対策について取り上げております。私は特に里の杜地区の浸水対策について特化してお伺いしたいと思います。
 数年来の異常とも言える集中的な降雨によりことしの9月末、10月と市内数カ所の道路が冠水、また浸水している。この原因を考えていくと、宅地開発により貯水機能を果たしてきた田んぼが少なくなったこと、都市化とともに地面がアスファルトで覆われ雨水が地下に浸透しにくくなっていることなども考えられます。特に岩沼市が宅地開発をしてきた里の杜地区でも貯水池はあるものの、当初設計段階には想定していなかった気象の変化などで計算値以上の降雨があり、里の杜二丁目から三丁目の間では貯水池に入り切れない雨水が周辺道路にあふれ宅地内に入ってきているという現実があります。
 (1)これまでどのような対策をとってきたのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、この地区につきましては、以前はほとんど水田でありました。そして、降雨時の排水計画というのは名取川国営かんがい排水事業で算定された流出量で計画した排水量によって処理される地区でありました。したがいまして、三軒茶屋排水路を通りまして藤曽根の五間堀川、通称貞山堀に放流するという内水地域になっております。
 したがいまして、こうした地域を宅地開発すれば、排水量が多くなるということでありまして既存の施設での機能保全を図るということは大変難しいわけでありますので、当然のことながら県の方での防災調整池設置指導要綱が定められておりましてその県の要綱に従って防災調整池を設置したわけであります。調整池自体につきましてはいろいろ計算がありましてそれに基づいて設置はしているわけでありますが、今御紹介いただきましたように、特別強い雨が長く続いた場合とか、あるいは比較的低い場所、あるいはコンクリートとかアスファルトで覆われている部分が非常に多い区域等につきましては、一時的な浸水を生じる場合があるということでございます。道路などにあふれるというふうに予想された場合にはしっかりとパトロールをし、できるだけ早いうちに仮設ポンプの運転等を行って御迷惑がかからないように時間をできるだけ軽減するように対応してきております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今、答弁の中で、雨が降った場合に見回りをしたりその状況によっては仮設ポンプを設置するという対策をとってきたという答弁がありました。確かに貯水施設やそこの能力に限界があってあふれてしまっているんだと思います。対策の一つとして雨水浸透ますというものを設置することによって雨水を地中にしみ込ませるということも考えられますが、そういった雨水浸透ますの設置などの推進についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できるだけ有効なことだとすれば、それはいろいろと研究をしてみる必要があるかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)特にこの地区に関しては今後、今の気象がすぐに改善をして、例えばいろいろな要因が考えられますが、地球温暖化のこととか、異常気象になっていると言われることの原因がありますがすぐには気象に関しては状況は改善しないでしょうし、またいつ集中的な雨が、予想していない雨量がそこの地域、市内全域に降るかもしれません。今後、どのように対策をとっていくのかお聞かせをください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)調整池の機能を十分発揮できてそれで調整できればいいわけでございますが、なかなかこれまでの経過から見ても難しい状況にあるということでございますので、これまで同様、早期に仮設ポンプの運転などでできるだけ御迷惑がかからないようにしなければなりませんし、また局部的に強制排水ができないかどうか検討していきたいというふうに考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)雨水といいますか、浸水対策についてはこの地区に限らず持続可能な雨水処理計画の挑戦に取り組み、市民の安全・安心を高めていくべきではないのかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今御提案をいただきましたような方向で進めていかなければならないというふうに思います。この地域につきましては、先ほど申し上げましたように、なぜか三軒茶屋の方の排水路を使って貞山堀に排水をするという形になっております。市内の中でもう少し近くで排水ができる場が実はあるのではないか。しかし、これにつきましてはいろいろ計算がありますし、これまでのルールがありますのでそこに排水ということはなかなか不可能だということであります。このあたりにつきましては当該の河川の状況、整備の状況等を踏まえていずれ改善ができればと思います。具体的な話になっていなくておわかりいただけないかもしれませんが、何しろ近くではなくて東の方まで持っていかなきゃないということであります。ですから、そのあたりをどう改善するかということにつきましては、今でもその河川についてはいろいろ改善が加えられておりますが、その改善が進む段階、そしてまた市内全体としては御提案をいただいておりますように、例えば五間堀川から阿武隈川に排水をするとかいろんな方式がありますし、また貞山堀に行ったものについては水門等でどういうふうになるかとかいろいろ課題があるわけでございますが、そういったことにつきましては総合的にいろいろ検討するということは必要なことだというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)以上で終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時20分といたします。
    午前11時7分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 8番松田由雄議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔8番松田由雄議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)日本共産党の松田です。私は、第1に、宮城県後期高齢者医療広域連合について、第2に、ことしの10月6日から7日にかけて発生しました大雨暴風雨による影響についての2点について質問いたします。
 初めに、宮城県後期高齢者医療連合について質問します。この問題につきましては、11月27日に行われました議員全員協議会において詳しく説明を受けました。その中の説明資料では、平成18年6月21日に公布された医療制度改革関連法において現行の老人保健法に基づく医療制度を廃止をして新たに後期高齢者医療制度を創設するものと記載されてありました。
 医療制度改革関連法とありますが、私たちはこれを医療改悪法と思っています。この制度は75歳以上の後期高齢者を国民健康保険や組合健保から脱退させて後期高齢者だけの独立した保険をつくるものであります。これを受けて家族に扶養されている人も含めてすべての後期高齢者が保険料を年金天引きで徴収されることになります。私たちの調査だと、天引き対象は年金月額1万 5,000円以上で全国平均額は介護保険料と合わせると年間7万円程度と聞いております。
 なお、今回の制度の改正に伴い現役労働者が支払う保険料も現役労働者に使われる一般保険料と高齢者医療の支援に使われる特定保険料に分けられるということも聞いております。
 後期高齢者医療連合そのものの目的は、現在の現役世代と高齢者が同じ医療保険に加入して各保険者が同時折半の拠出金を出し合って高齢者医療を支える現行制度に異議を唱え、高齢者医療を現役世代の保険から分離せよとたびたび要求してきた財界などの声をのんだものと私たちは認識をしております。
 さきに行われました議員全員協議会で明らかになったことは、この医療広域連合との関係で市町村長が何らの関与もできないことや被保険者の意見がなかなか反映されないことなどが出てまいりました。広域連合そのものの自主財源がないために保険料の引き上げが行われやすい危惧があることも指摘されてあります。
 それでは、以上の点を踏まえてお伺いしたいと思います。
 第1点は、広域連合が設立された場合、自治体が行う住民基本健診を廃止をして特定健診が義務づけられると聞いておりますけれども、これらに関してはどのような説明があったのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)広域連合設立準備委員会からの説明は直接受けておりませんが、医療制度改革に関する情報の一つとしては承知しております。詳しくは民生部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)現在承知しております内容について御回答申し上げます。
 国を挙げまして新たな視点での生活習慣病予防対策に取り組むということでありまして、保健指導にメタボリック症候群の概念を導入しまして平成27年度までに平成20年度と比較して糖尿病などの生活習慣病の有病率、これについては予備軍も含めてのようでありますが、25%削減することを一つの目標に掲げて事業を展開するということのようであります。また、医療保険者に健診とか保健指導を義務づけまして、現行の老人保健事業の基本健診の部分は各医療保険者が実施するようになる模様であります。具体的には各広域連合が実施主体者になるということのようであります。
 このようなことから、具体的な内容につきまして現在進められております広域連合の設立準備委員会事務局の方に照会いたしました。その結果、現在、厚生労働省の方で制度内容について具体的に検討中ということで来年の1月ごろまでに一つの指針を出す予定になっているようでございます。そういった中で準備委員会の方でも内容は十分承知しないこともあるようでありまして、具体的な内容が示されれば各市町村にも情報提供するというふうなお話もいただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が危惧しているのは、さきに行われた全員協議会のときもいろいろ意見が出されたんですけれども、議会としての意見を言う場、市町村長が発言をする場、市民の声が反映する場というのは、極力広域連合ができていった場合に少なくなるということで、今の時点で広域連合が考えていることについてお尋ねしたわけですけれども、そうしますと、今、民生部長が言ったことを理解しますと、基本健診を廃止をして特定健診を義務づけて、いわゆるメタボリックシンドロームなどの予防改善が大きな柱になるというふうに推測していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)老人保健でやってきております基本健診というものがあります。これにいろいろ身体的な計測、身長とか体重とか、それからいろいろ理化学的な所見、血圧測定でありますが、こういったものとか血液検査というものをやっています。今回の特定健診といいますのは、従来のものに新たに胴囲 ── 腹回りといいますか、腹囲ということがありますが、この辺の計測、さらには糖尿病の把握に関係しますヘモグロビンのA1cというような項目があるんですが、これは今は必要な方にだけやっておりますが、こういったものがすべて血液検査の対象になるとか、そういう健診項目の充実を図って生活習慣病の改善に努めるということのようであります。そのようなことで健診内容が変わる方向だということの理解をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、民生部長からも出ました特定健診についてなんですけれども、これは広域連合の方からどのような説明があったのかもう一度聞きたいんですけれども、この場合、特定健診の受診率や保健指導による改善率が悪い保険者が出た場合は、高齢者医療に支出する支援金に対してペナルティーが科せられると、このような考え方を厚生労働省が都道府県の広域連合等に通達を出しているというふうに聞いているんですが、そういう説明はあったのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)直接的な説明はありませんが、資料としては承知しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)次に移ります。第2点は、療養病床の削減についてですけれども、厚生労働省から広域連合に求められると聞いてます。これにつきまして具体的に平均在院日数の短縮、在宅看取り率の向上などの計画を作成して必然的に削減目標にしているのではないかと思いますけれども、このような説明はあったのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御質問いただきましたような趣旨の説明は受けておりません。この点につきましても担当から確認をいたしておりますのでそのことについて民生部長からお答えいたしたいと思います。
 なお、療養病床の削減につきましては、医療制度全体の見直しの中の一つとして行われるわけでありますし、これにつきましては国の方としては先日、介護保険サミットということで市町村長の意見を求めるという場が設けられたわけでございますが、とりわけ大きな意見というものはなかったというふうに記憶しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)御質問の件に関しまして設立準備委員会の方に確認いたしましたところ、厚生労働省が広域連合に対しましてそのような削減を求めているということは承知していないということの話をいただいております。当然、市の方でもその辺は承知していないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今述べた中で在宅看取り率の向上と言いましたけれども、これはがんにかかった方々、いわゆる終末期の患者さんは入院させないという、そのような行為が出てくるだろうと思うわけなので、これから事務当局もしくは広域連合等の打ち合わせ等がありましたらぜひ確認をしていただきたいというふうに思います。
 第3点について。ただいま厚生労働省が考えている広域連合のあり方等についてお話をさせていただきましたけれども、要はこういうことが出されても市町村はなかなか手も足も出ないというのが現実だと思いますので、改めて今お尋ねした点については認識をしていただいて今後は事務当局もしくは設立総会等においてぜひ発言の場の中で政策提言をしていってほしいなという立場から次の点について行います。
 一つは、後期高齢者、家族の意見の反映についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在は設立準備委員会におきましては広域連合設立のための規約を制定して知事からの設立許可を受けるための作業を中心になって進めてきているわけでございまして、実際には設立された後で広域連合運営のための多くの具体的な事項について一つ一つ定めていくというふうになるのではないかと思っております。そこで、今、御提言をいただいておりますが、必要に応じて適正な事業運営に向けた意見は述べなければならないと思っておりますし、会議あるいは事務局の方に対してもいろいろと意見を申し述べていかなければならないと思っております。今、具体的に御質問いただきました広域連合に対する後期高齢者御自身や御家族の意見の反映につきましては、市民の代表である岩沼市議会から選出された議員が広域連合の議員となって議会を通じて行うということになり、そこで十分反映をしていただくような形になるわけでございますが、市としても別に設けられるであろう協議会あるいは事務局の方に対して適正に執行されるように意見は述べていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私がここで市長に提案をして、今後の事務当局もしくは選出された議員の方々が反映するという話をしましたけれども、この問題が一番重要だなと思いますのは、今後、保険料の設定等について広域連合で設定をして市町村が徴収の窓口になると。そうなった場合、一番問題になってくるのは意見の反映の場がないと6月に地方税法が改正されて市民税、所得税が負担増になって5倍、10倍という形になって、岩沼市でもそうですし、仙台市でも石巻市でも 1,000人、 2,000人、 800人近い人たちが市役所の窓口に何でこんなに上げたんだと。市役所の窓口で言われても市役所が決めたわけでないのにという気持ちがあってもなかなか言えないと。国が悪いんだというふうに言いたくても言えないというのがありますので私が言っているんですけれども、そういうことを考え合わせると、そういう納得を図る意味でもこれは重要だなと。そういう意味では今後、設立された後に規約の改正、もしくは改正を含めて何らかの対応を図って後期高齢者の意見が反映されるような仕組みが担保されなければ、広域連合そのものが宙に浮いてしまうような高齢者との関係では私はそう思いますので、再度そういう対応をしていってほしいなと思います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)前段お話がありましたように、税の関係につきましては、例えば所得税が住民税に移譲されるという形で、しかも時間的なずれがあるということで、所得税の方は余り見ないで住民税がふえたということだけを見て重税を課すというような御質問、御意見等は当然予測されるわけでございますので、こういったことにつきましてもできるだけ十分担当職員を中心としてしっかりと学習をし、そして住民の皆さん方にお答えができるように準備をしていかなければならない。その意味では実際にこの広域連合におきましても市として携わる部分につきましてはしっかりと制度的な面を含めて熟知をし、十分な説明ができるようにということで基本的には進めていかなければならない。その中で今お話をいただきましたように、とりわけ当事者であります後期高齢者、その御家族の方々の意見というのは十分反映できるようにしていかなければならない。しかし、大きくなればなるほどなかなか難しいところもあるわけでございますが、先ほどお答えをいたしましたように、岩沼市を代表して出られる議員の方にはその分を十分踏まえていただくと同時に、我々といたしましても別な形で首長に対する意見といいますか、そういった場は設けられるというふうに聞いておりますのでそういった場を通じ、あるいはそういった発言の機会がないといたしましても事務局の方に対してはこういった岩沼市からの意見があるということは十分伝えていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そういう意味では、今市長が述べられたように、広域連合の議員の役割というのは大変重いものがあるなと。提案されたものは何でも「はい、わかりました」、「異議なし」ということではだめだということも今の市長の言葉で理解できました。
 次に移ります。二つ目は、市民を代表する市町村長の広域連合への関与についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先日の全員協議会でも御質問いただき、お答えをいたしたわけでありますが、市町村長の意見というのは十分反映できないのではないかと危惧するお話がありましたので、仮称の市町村長協議会というのが設立されるというふうに伺っておりますので、こうした場を通じまして一応首長としての関与といいますか、意見を述べる場はできるのかなというふうに思っております。そして、実は多くの広域連合におきましては、議員の中に市町村長の議員枠というのを設けているところもあるわけでございますが、宮城県の広域連合につきましては議会の代表、すなわち県民、市民の皆様方の代表という形で進められるということでございます。もちろん、議会と執行部というのは違いますので我々としてはある意味では執行部の一員になる面もありますので、そういった面も踏まえながらできるだけ岩沼市の意見というのは反映できるようには努力はしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は今の市長の答弁を聞いてふと思ったんですけれども、協議会だけではなかなか反映する場がないなと。そういう意味では井口市長におかれては東北市長会副会長、仙南13自治体のまとめ役として思い切って広域連合長への立候補を検討すべきだと。何も仙台の梅原市長だけがトップに立つというふうには私は思っていないんです。そういう意味ではこれまでの施策の実行を含めて思い切ってそういうことも選択肢の一つとして関与していくべきだと思うんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明) 100%考えていないことでありますし、私といたしましては岩沼市長として岩沼市政に全力を注ぎたいと。もちろん、広域連合というのも非常に市民生活にかかわりのあることですから重きを置かなければならないというふうに思いますが、さっきも申し上げておりますように、代表される議員の方とまた私が発言のできるであろう市町村協議会等においてお互いに努力をしながら市民の声というものを生かせるように努力をしていくということでありまして、必ずしも連合長になるということだけが市民の皆さん方の声を十分反映できるものだというふうには思っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市長は考えられないことだと言いましたけれども、自民党政府においても小泉内閣から安倍内閣にかわってあっと思う考えられないことが起こっていることでもありますし、ぜひ選択肢の一つとして考えてほしいと思います。
 三つ目に移ります。三つ目は、保険料の設定に当たって、これは国保の算定方式を参考にしてやるのかなと思うんです。例えば頭割の部分 ── 応益割と所得に応じた部分、応能割等で設定するのではないかと推測しております。そういう中で減免制度を設けるなど、後期高齢者の所得実態に合った認定を行うような提案をすべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)保険料の関係でありますが、前の全員協議会でも御説明申し上げております。まずその設定に当たりましては被保険者個人単位で算定賦課するということ。これは税率については県内一律の保険料であるということ。それから応益割、均等割1人当たりということになりますが、これは50%応能割、いわゆる所得に応じて50%ということ。所得に応じた形、いわゆる低所得者対策になりますが、ここに軽減措置、さらには減免措置というものが講じられる。基本的には保険料については年金天引きということのようであります。
 こういった中で保険料の減免のことにつきまして触れましたが、まず広域連合設立準備委員会の方では国民健康保険と同様の減免制度を設ける予定であるということを聞いております。ただ、これについては具体的なことは連合設立後に具体的に規定するということのようであります。
 もう一つの保険料の軽減につきましては、これは制度上、できることになっておりますのでそれぞれの被保険者の所得に応じた形で軽減措置がされるということ。さらには、国保以外の被用者保険の扶養者につきましては、保険料がこれまで負担なかったわけでありますが、今回負担が出るということでその対象になった段階から2年間、応益負担分については半減されるというふうに制度上はなっております。そのような形で適正に保険料の設定がされるものと理解しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)四つ目に移りたいと思います。
 四つ目は保険料を滞納した場合には丁寧な相談調査を行って機械的な短期保険証、資格証明書の発行を行わないようなシステムを構築することについて提案すべきだと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)保険料の滞納者に対する対応につきましては、まずは制度の理解が得られるように懇切丁寧な説明を行うこと。そして、納付相談等において個々の滞納者の状況を把握することに努めて相談者の立場に立った対応を心がけていくことは非常に重要なことだと思っております。しかし、実際のところ、納付相談にも一切来られず、しかも納付に対して誠意が見られない滞納者がおられるとするならば、やはり負担の公平性の観点から何らかの措置というものはやむを得ないというふうに考えております。こういった部分につきましては今後の検討になるというふうに思いますので、今の段階としてはこれ以上、お答えはできないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうしますと、岩沼市での国保の場合は岩沼市が判断をして、今、市長が言われたように何らかの対応は今でもしていると思うんですけれども、広域連合になった場合は保険料を設定をして徴収は市町村の窓口と。資格証明書、例えば短期保険証等の発行の考え方といいますか、判断は広域連合が有無を言わせずやるのか、それとも市町村の意見を聞いて、先ほど言いましたように、例えば払えるのに払わない人、最近もテレビ等でやっているんだけれども払えるのに払えない人、払いたくても、例えば倒産をしてどうしようもないという場合もあると思うんだけれども、その判断についてはどうなんでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私といたしましては、できるだけそういった措置はとるべきではないと思っておりますが、しかし、どう見ても世間の常識から見ても許されないような形での滞納があるとすれば、これにつきましては広域連合全体としての対応ということで岩沼市としても対応せざるを得ないのではないかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、先ほど民生部長にも説明していただいたんですけれども、算定も含めて国保の徴収に準じて対応するとした場合に、国保の対応というのは特別な事情がない限りにおいてそういう短期保険証の対応をするとなっておりますけれども、やはり特別な事情というのを当然、考慮するわけですかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)それぞれ滞納される方には理由があるわけでございまして、やはりやむを得ない事情というのもあるというふうに思われますので、一律にすべて滞納した場合はこういうふうにするということにつきましてはいかがなものかなということは思うわけではありますが、やはり先ほど申し上げましたように、どう見ても払えるのに払わないとか、そういった形でおられるとすれば、やはりこれは広域連合のルールによって措置せざるを得ないというふうに思っております。しかし、これはどうしてもやむを得ない選択だということでありまして、こういったことはできるだけないように、そして当然のことながらしっかり納めていただくようにこちらとしても努力をしていく必要があるのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)一定程度理解できましたけれども、ここで言う特別な事情ということについてはどのように認識しているかちょっとお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いろいろケースがあるというふうに思いますが、例えば短期保険証とか資格証明書の発行というのは例外的なことだというふうに思いますし、やはり払えるのに払わないとか、そういった方、そしてこちらの方でぜひ相談においでくださいと言ったにもかかわらず一切相談等に来ないといったようなことにつきましてはやむを得ないのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうしますと、それにプラスして、例えば倒産をしたり、自宅が火事で焼けたとか、地震で崩壊したとか、リストラに遭ったとか、そういうことも特別の事情の中に入るわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)一概には申し上げられませんが、大体常識的にはそういったことも含められるのかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、いろいろ出しました保険料滞納した場合の対応について、この間、広域連合準備会だけではなくて大分前から事務方では県庁に行って話し合いをしていると聞いていますけれども、事前に規約案が提案されるまでに保険料の対応等についてはどのように話し合われたのか紹介してほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)質問の趣旨は、規約を制定する際に県との調整……。設立準備委員会の方で規約をまとめるに当たって各市町村の担当課長が幹事になりましてそこでいろいろ詰めてきた経緯がございます。さらに準備委員会の中には県職員も2名、それから国保連合会の方からも職員が派遣されていまして、そういった中でトータル的に調整されて一つの規約をまとめられたというように理解しています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が聞きたかったのは、その調整をする中で保険料の滞納に対する対応について話し合われたのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)御質問のことにつきましては、まだちょっと具体的には詰めておらないようです。設立準備会の考え方としては、まず連合を組織してその後に具体的な対応、御質問のことを含めた具体的なことを詰めていくという段取りを組んでいるようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうしますと、これからいろいろ話し合いが出てくるというふうに認識していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)そのとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)次に移ります。例えば保険料の滞納の問題、医療給付に対する高齢者の方々の意見、いろいろ出てくると思うんですけれども、これらも含めて広域連合の議会にかかわってくると思うんですけれども、やはり意見の反映というのは地方自治法で認められているように、例えば岩沼市議会と同じように住民による請願権についてですけれども、広域連合議会について、私は本来、広域連合の議員というのは直接市民による選挙が望ましいと思っていますけれども、今回こういう形で決まったわけなので、それをカバーする上でも住民による請願権もきちっと制度化するように提案すべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは自治法上、明確にされておりますので広域連合も自治法に基づく公共団体でありますので法律的に見ても当然、請願権は認められるということでありますので、広域連合についてもこの自治法上の規定によって対応されるのではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)理解できました。次に移りたいと思います。
 六つ目は、条例制定の直接請求についてでありますけれども、これも同じように地方自治法に準じて対応するように提案すべきと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)この件につきましても自治法上、直接請求につきまして規定がございますので、広域連合についても当然適用されるということであります。規約云々ではなくて自治法上、保障された権利だということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。
 この項目の最後ですけれども七つ目、以上のような、例えば制度上の問題、広域議会の問題で自治法と準じる形で直接請求、そして請願権、これはあるだろうという認識で理解しました。足りないのは、やはり高齢者の意見の反映、自治体首長の関与だと思いますけれども、そうしますと、これらを総合的に考えますと、最後なんですけれども、どうしても市町村は窓口で業務を行うと。その都度の広域連合での方針とかいろいろ内容について情報が本当に開示されるのかなというふうに心配しているわけですけれども、やはり情報公開についても市町村議会と同じ、市、自治体と同じような形で対応するように提案すべきと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)情報公開につきましても県あるいは市町村と同様な対応が当然、考えられるわけでありますが、一応この部分につきましては条例とか規則等を制定して行うというふうになっておりますので、そのあたりにつきましてはしっかりと取り組んでいただけるように市としては意見を述べていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、規則等については広域連合が直接設立されて広域連合の中の広域連合長等が広域連合の議会に提案をして質疑をして決定するという形に理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)条例につきましては当然、そういう形になろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、設立準備会とかこの間の会合との関係で別な角度からいいますと、例えば広域連合の議会の中で情報公開等についての議員提案というのも可能であると理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)自治法上、市町村議会と同様の権限は議会に与えられているわけでございますので、当然、そういった形が法律上は認められるものというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひ法律上は認められると。地方自治法上との関係では可能だということについて、今後の集まりの中で市長もしくは事務局担当の方で広域連合が設立される前に発言の場がありましたらぜひ意見を述べてほしいなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午前11時55分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)第2点目は、大雨・暴風雨による影響について質問します。
 御存じのように、10月6日から7日にかけて発生いたしました低気圧の影響、記録的な大雨とも言われておりますけれども、雨は7日の昼過ぎにピークを越えましたけれども、御存じのように、岩沼市内では道路や地下道の冠水、JR在来線の麻痺による多くの利用者の方々への影響も出ました。岩沼市においても10月6日午後6時に警戒本部の設置、7日午前7時12分、押分排水機場ポンプ運転開始、同じく12時30分に運転停止、7日午後2時に警戒本部解散と聞いております。これらはことしの9月26日の低気圧による道路の冠水被害に続くもので、特に特徴的なのは、きのうの質問の中でも出ましたけれども、二野倉、下野郷、里の杜などの道路の冠水なども発生しています。
 それではお伺いしたいと思います。
 第1点は、10月6日、7日の大雨・暴風雨による市内の道路や地下道の冠水の状況についてどのように把握しているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話をいただきました低気圧の発達による大雨でありますが、降り始めの5日午後11時から翌々7日午前9時にかけての累計の雨量は 165ミリを記録したと報告を受けておりますが、それによりまして各地での冠水等の被害が発生をいたしております。その箇所等につきましては建設部長からお答えをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)具体的な場所でございますけれども、6日午後には玉崎の地下道、三色吉の梅、鶴地区の市道、二野倉地区の県道から工業団地1号線の市道に冠水があり、7日午前には長岡上根崎の交差点、それから下野郷の新拓地区、それから海岸線であります市道二野倉新浜線、蒲崎の川向地区が冠水したところでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)特にこの中で地下道の冠水を今、部長、言われましたけれども、どういう状況だったのかちょっとお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)地下道につきましては、玉崎のJRの地下道が冠水をしまして通れなくなったということで通行どめをしたという経緯がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)2点目に移りたいと思います。10月7日午前7時12分に阿武隈橋付近の水位が4.73メートル、志引橋付近の水位が2.35メートル、累計雨量が 151ミリで押分排水機場のポンプが稼働したと聞いていますけれども、どのような状況だったのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)5日からの大雨で7日午前2時には阿武隈川の指定水位であります4メートルを超えたということであります。また、五間堀川、志引橋の水位が2メートル15を記録しております。午前5時には阿武隈川の水位が4メートル57、五間堀川、志引橋の水位が2メートル31というふうになりましたことから、午前5時20分に排水機場を管理しております国土交通省仙台河川工事事務所へポンプ運転を依頼いたしまして6時38分に運転指示を受け、7時12分にポンプの運転を行ったということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)3点目なんですけれども関連しますので。阿武隈川の水位が警戒水位及び危険水位になった場合、押分排水機場の稼働についてなんですけれども、状況を見ますと、危険水位は 8.2メートル、警戒水位は5メートルと聞いておりますけれども、稼働についての対応についての取り決めというのはあるのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)基準がございまして志引橋の水位が2メートル50を超えた場合にポンプ運転による強制排水をするということになっております。阿武隈川につきましては危険水位であります8メートル20を超えさらに上昇するおそれがある場合にはポンプを停止するということになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)この件については9.22水害以降にできたわけですけれども、局部的な水位ではなくて、例えば宮城県内全体、福島も含めてそういう危険水位になった場合、8メートル20を超えた場合は運転を停止すると言われましたけれども、なおかつ内水対策としてこういう状況が出た場合はどのような判断になるのか、いわゆる五間堀川から強制的に稼働できない場合、何らかの対応というのはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)阿武隈川の危険水位が8メートル20ということで、その上の堤防をつくっておりますそこからいく計画降水というのがありますが、これが8メートル24でございます。この水位を超えると堤防の決壊のおそれがあるということになるわけでございます。したがいまして、8メートル20を超えてもポンプ排水によって阿武隈川に排除をするということが適当かどうかということについては甚だ疑問がある。やはり阿武隈川の堤防が決壊しないようにするというのがまず第1であろうというふうには考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)4点目に移りたいと思います。
 特に今、阿武隈川の水位との関係、後の治水対策とも関連すると思うんですけれども、特に東部地域について今回大雨・暴風雨の影響についてですけれども、昭和61年8月の豪雨による浸水被害を契機に国、県、岩沼市によって今後の治水対策の一環として五間堀川の総合的な治水対策が進められて、その一環として押分分水路及び分派水門、押分排水機場などの整備を行ってきたと理解していますけれども、このことによって平成14年3月議会の市政報告で井口市長は、低地における雨水の早期排水を図るために当該河川の下流部及び赤井江周辺の治水対策事業について関係機関に働きかけていくと述べています。また、平成14年9月議会の後藤一利議員の一般質問に答えて、台風6号による里の杜、二野倉、長岡地区などの浸水被害対策として浸水の多い箇所においてはポンプによる排水を行うと答えておりますけれども、ここで言う五間堀川の総合的な治水対策、進捗状況について今の時点の状況についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)現在の五間堀川につきましては、完成断面としては農政サイドで改修が行われたこともありまして治水安全度が5分の1程度であります。それを現在、10分の1を目標にして県の方で改修を進めているわけであります。その改修の進捗状況でありますが、貞山堀の合流点、藤曽根から上流、志賀沢合流点近くまでの 2,600メートル区間について平成10年度から用地買収、築堤工事が進められているところであります。その区間につきましては平成27年度完了というふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)それを踏まえて私は抜本的には二野倉地域も含めて一つの解決策としてきのうから議論されておりますけれども、それではまだ不十分だなと。建設省のあそこに行っていろいろ資料をもらってきたんですけれども、赤井江遊水地から太平洋への排水などについては今の時点ではどのような計画になっているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)総合的な治水対策の中では赤井江の遊水地、それから外洋へのポンプでの放流ということが述べられておりますが、具体的な計画については今のところはないというふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今は引退した大内英男議員のライフワークとして本人はしゃべっているようですけれども、そのときは調査費の予算は計上されたかのような話もしていますし、早くて50年、遅ければ 100年とかという話も聞いているんですが、その辺の情報というのはあるのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)具体的にはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、見通しというのはまだ決まっていないというふうに理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)五間堀川の総合的な治水計画というものの中には当然、盛り込まれております。その中には今お話しいただいたような赤井江から海へ抜く、ポンプアップをする考え方や遊水地にする考え方、それから押分排水機場からの排水なども総合的治水の中には計画として盛り込まれているわけでありますが、いつからやるというようなことについてはまだ具体性はないというところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)国土交通省のホームページを見ますと、名前は出ているんですけれどもいつごろやるというのは書いていないんですね。それだけに住民の方々は相当不安も持っていますので、今後もこの話については対応していくべきだなと思っております。特にそういう中で排水機場は県、国も含めてこの間、いろいろ対応してきたと思うんですけれども、要は展望がどうなのかというのは重要だと、これからの治水対策の展望ですね。重要だと思っているんですけれども、浸水面積というのは確かに減少しているのは事実ですし、抜本的な対策は長期的な展望が必要であると今の建設部長の答弁で改めて認識しました。しかし、道路の冠水や急傾斜地の崩壊などの危険性は決して減少していないというのも国土交通省のホームページでも書いてあるところです。これらのことについては市街地の拡大なんかによって土砂災害危険個所が多くなってきたということもありますので、要は住民の安全確保を保つために今後とも治水施設などの整備を始めて安全な社会基盤の形成を強力に推進していくと国土交通省は述べておりますけれども、改めて長期的な展望に立って岩沼市内の東部地区、特に二野倉も含めた浸水対策のかなめは五間堀川の総合的な治水対策だと思いますので、今後も関係機関に働きかけていってほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)松田議員のお話のとおりだというふうに思っております。 8.5あるいは9.22水害を受けまして五間堀川の改修、激特事業等で相当な巨費をつぎ込んで整備はしていただいているわけでございます。したがいまして、五間堀川の排水能力といいますか、それは排水機場を使うことによってかなりアップをしたのかなというふうに思っております。しかしながら、阿武隈川も増水した中でどういうふうに対応するのかといったような問題等もありますし、また地域によっては排水の系統がかなり下流の方に行かなければならないといった地域があるわけであります。そうしますと、できることならば五間堀川に排水できればいい。しかし、五間堀川がいっぱいになったときどうするか。県の方で今、矢野目地区等でいろいろ改修工事等を進めていただいているわけでありますが、かなり時間がかかるということでありますし、また貞山堀に流れた水がどうなるかというと、両方の水門でどういうふうに働き、どういうふうに機能を高めていくかといったようなこともあります。
 最終的には今も御意見をいただき、また建設部長からお答えを申し上げておりますとおり、赤井江からの排水といったようなことを当然考えていかなければならない。これは前からの課題ではありますが、しかし、順序といたしましては、やはり激特事業をやっていただいた、そして排水機場の機能がどうなるのかということを見きわめなきゃならなかったりいろんなこともありますし、また岩沼市としては一応国土交通省に要望しているのは、当面、まず海岸侵食等に対応といったようなこともありますし、また部門は違うわけでありますが、国土交通省にお願いしているのは県内で唯一の末広の地下道の工事等を進めていただいているということでございますので、岩沼市だけに相当の国費がさらにつぎ込まれるかということにつきましては、我々としてはできるだけつぎ込んでもらいたいということで進めていかなければなりませんが、そのあたりも踏まえながら将来の見通しとしてある程度の目安等が示されるまで要望活動を続けていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)第5点目に移りたいと思います。特に二野倉地区の道路や民家の庭先まで雨水が冠水したと聞いております。一つ目は、これらの問題については、すべてではないにしても一つの要因として海浜緑地公園が建設されましたけれども、その東側に住んでいる方々は、例えば9.22水害とか、この間の豪雨被害よりも浸水、床上はならないまでも畑とか庭が浸水したと聞いたわけですけれども、公園が建設された影響というのはなかったのかどうかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今まで調整池的な役割を果たしてきたことは間違いないというふうに思われますので、そこが造成されましたので影響が全くなかったとは言えないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)建設部長の言うとおりだと思います。だとすると、海浜緑地公園が建設されるとき、当然県の方もわかっていると思うんですけれども、県の方から公園が建設されるに当たっての対策等については意見なり対応というのは市の方に連絡があったのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)あそこに公園がつくられることによって地域の排水の水があそこに流れ込まなくなるというものに対しての相談というのはございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)特に二野倉の場合は貞山堀との関係、あの周辺というのは9.22、その後も床下、庭には相当雨水が流入していると。さらに二野倉の場合は松林の方からも流れ込んでくると。なおさら公園ができて本当に大変だという話があったんですけれども、そういう意味では県なりに抜本的な調整池能力がなくなったとか、そういう話は全然なかったということで理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今申し上げましたように、この分についての特別な話はなかったわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、二つ目に移りたいと思うんですけれども、その辺も含めて当然いろいろ雨水等の問題についてどのような対策を講じてきたのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)二野倉地区の冠水対策といたしましては、集落の南側でありますが、そこに2カ所の調整池が設けられております。これをポンプによりまして五間堀川とさらには二野倉排水管理場から海の方へも排出をしているという対策をとっております。さらには暫定的に仮設ポンプをつけまして二野倉橋のところから排水しているというふうなことも行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)前に私が一度落選してその前に質問したことがあるんですけれども、そのときの記憶だとポンプだけではなくて松林に調整池的な役割を果たす側溝みたいなところをつくる可能性とかあったかに聞いているんですけれども、そういう話はなかったのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)局部的には松林の低いところに流れるようなことを地元の方で方策としてやっている場所もあるやに聞いております。ただ、市の方として、例えば水路をつくって松林に放流するということは今のところは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)特に海浜緑地公園の後ろだけではなくて、いわゆるあの道路は二野倉新浜線というんですか、道路と松林、それに接する民家は相当床下まではいかないまでも庭先に雨水が流れ込んで、私、直接見てきたんですけれども、何とかしてほしいという声はあったと思うんですがそういう声はあったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今お話しいただいたあたりが松林の中に流れていくような形で措置をしているというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今回は対策は講じたんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)地形をそのような形に直しておりますので、それでもって今回改めてどこかを掘ったとか側溝を入れたという特別なことは今回はいたしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)何軒かなんですけれども不安だったと。床下、床上になるのではないかということでブロック塀があったんだけれども、そのすき間から流れてきたと。当然、側溝も何も松林のそばというのは何もないものだから自然に流れ込むと。そういう不安をぜひ今後、長期的ではなくて、ポンプというのは出張ではなくて仮設ポンプというんですか、仮設ポンプ等の対応もこれからはやっていくべきだと思うんですが、いかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)いろいろ地元のお話をお伺いしながらできることについての対応はしていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そういう意味ではできる限りの対応と言われましたけれども、三つ目、今後、どのようなできるだけの対応をするのかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)先ほど申し上げましたように、調整池がございます。調整池につきましては機能が十分発揮されるような維持管理というのをまず十分にやっていかなければならないだろうというふうに考えております。さらには暫定ポンプについても動きやすいというか、動かしやすい形でもって設置していかなければならないというふうに考えております。なお、やはり抜本的な対策というものにつきましては、先ほどから申し上げておりますように貞山堀の排水機能を高めるということが絶対条件でございますので、そこについても力を入れていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今建設部長が述べられたとおりだと思うんですけれども、いわゆるできるだけの対応というのは、私が考える対応というのは物理的に対応するだけではなくて住民の皆さんに説明というか、長期的な展望、当面の対応、その都度でなくてもぜひ現地を見て、特に海浜緑地公園の東側、松林の隣、もちろん、二野倉の工業団地の問題もあると思うんだけれども特に民家の場合、折に触れて説明をしていただければ、特に高齢化社会の中でお年寄りだけがいる場合もありますので自主防災組織との関係も絡んでくると思うんだけれども、つくるだけではなくて情報提供という面からも対応してほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)そのように心がけていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)6点目に移りたいと思います。これも9月26日に続いて道路の冠水等が起こったわけですけれども、下野郷新拓地区の道路の冠水についてです。私が行って長靴を脱いで裸足で歩いていった範囲では膝まで水があったんです。両方が通行どめで車は入れない。私の車は軽なのでどうしようもない車なんですけれども、そういう意味ではおよそ2日ないし3日間、排水等が悪いために通行どめになって車も出し入れできなかったとか、この世帯は比較的高齢者の方々が多いんで、いわゆる後期高齢者と言われる方が結構多いんですけれども外に出れなくて不安だったと。そういう声を発しているわけですけれども、どのような対策を講じたのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいま申されましたところにつきましては、現在、下水道計画に基づいて抜本的な排水対策事業を実施しているところであります。平成19年度からはポンプによる強制排水が可能となる区域ではあります。ただいまそれの工事中だということで今回につきましては交通の安全の確保という観点から余儀なく通行どめにせざるを得なかったというような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)緊急的な対応というのはできなかったんですか、例えば仮設ポンプとか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)貞山堀の水位が非常に高かったということもあって、それから区域的にも非常に広い区域だったということから、仮設ポンプというところまでには申しわけありませんが至らなかったとういところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、建設部だけの問題ではないと思うんですけれども、車が出し入れできなかったとか、あとは外に出れなかったとか、防災対策との連携はあったのかちょっとお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)建設部の方でいろいろ動けなくなったというか、孤立した方のところに行っていろいろ御説明などを申し上げながら言いわけをしたようなところで御理解をいただいたところでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は苦しい対応だったなというのは理解できるんですけれども、そうなった場合、建設部だけでなくて防災課なんかと連携をとって、車が入れないのであればこの車、高齢者とかひとり暮らしの人がいるとすれば、歩けば大したことないと思うんだけれども、そういう対応も来年には下水道等について完備されると思うんだけれども、例えば新拓地区も含めた形でそういう連携プレーというものも当然、必要だなというふうに思うんで、建設部の方からそういう発信をしてほしいと思うんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今後、そのように気をつけます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)別に気をつけてもらわなくても対応してもらえばいいんで、そういうことをぜひ理解してほしいなということで質問したんです。
 第7点目なんですけれども、ここも常習というか、蒲崎の川向地区、道路の冠水についてなんですけれども、この件について町内会より陳情、早期にやってほしいと。ここも高齢者の人たちが多いということで陳情書も出されているわけですけれども、今後の対策についてどのように考えているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)蒲崎川向地区の道路の冠水ということにつきましては、自然排水による排水路の整備というのは完了しているわけでありますが、大雨の際には当然、貞山堀の水位が上がるということになりますので、そういう場合には排水しにくい状況にはございます。今後につきましては、仮設ポンプの排水などを検討してまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今回はどういう対応をしたんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)特別はいたしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、今回は特別な対応をしなくても浸水状況を判断してということなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいまお話しいただいたように、地元から陳情がございましてその際に地元の方々が見えられました。道路が一部水に浸水して庭先まで来て不安だったというお話は伺っております。そういう状況だったというふうに把握しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)どこもそうなんですが、直接被害が受けないまでも被害が起こるのではないかという不安感ですね。特に高齢者になるとささいなことでも危惧をするということもあるんですけれども、地元の人たちが来たときにどのような説明というか、納得するような説明はしたのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)いろいろ心配なされる、不安になったという方に対して抜本的なこのような解決方法でこのようにしますという言い方をすれば、皆さん安心して帰られるんでしょうけれども、実際のところ、そういう対応をするまでには至っていないというのが現状でありますので、現在でやれる範囲の中でのお話をいろいろ申し上げて御理解をいただくというふうな形で対応している状況であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)次に移りたいと思います。
 8点目は里の杜地区について今後の対策ということについて質問を出しているんですけれども、先ほど同僚議員の質問でるる説明をいただいたわけで詳しくは聞かないつもりでいたんですけれども、出した以上、一言。特に里の杜の場合は10月7日午前8時15分、調整池が満水になったと。市の土木からいただいた資料を見るとそうなっているんですけれども、その時点での累計雨量は 160ミリ、時間雨量は9ミリなんですけれども、特に里の杜をつくることには私たちも賛成したんですけれども、そこまでは私も余り勉強不足でわからなかったんですけれども、例えば当時、調整池の能力、排水の流れがこのことによって里の杜ができて周辺の水田が冠水しているという話も聞いているんですけれども、その辺も踏まえて総合的な対応というのはどうなのか、もう一度お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)調整池の能力につきましては、県の防災調整池の設置要綱に基づいた形で調整池の能力、大きさというのが決められております。それに従って設置をいたしております。では、それで万全かというと、なかなかそうではない。かなり強い雨が長時間続くと調整池ではのみ切れなくなって周りが浸水するなどということが起こるわけであります。そういう分については、前にもお話し申し上げておりますが、別の強制排水の方法を考えながら局部的に浸水している状況が見受けられますので、そこのところについて何とか解消策を考えていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)最後に9点目なんですけれども、市内地下道等の今後の冠水対策についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)地下道、現在7カ所あるわけでありますが、当然のことながらいずれもポンプがついております。当面はこのポンプの能力が最大限活用されるような維持管理に努めていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)これは玉崎地下道だけではなくて桜地下道、末広地下道も今度できると思うんですけれども、これらを考え合わせると、改めて地下空間浸水対策というのも念頭に置く必要があると認識しています。例えば住民、通行人への情報伝達、例えば岩沼ではないんですが地下鉄で東京とかあっちの方では商店街が浸水したということもあるので、例えば情報伝達方法とか地下に雨水を入れない対策、玉崎地下道よりもむしろ末広地下道とか桜地下道なんかが交通量が多いと思うんだけれども、そういう浸水を想定した対応というのは今後、考える必要があると思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)地下道の浸水というものにつきましては、一番多いのは確かにJRの玉崎の地下道であります。こちらでも当然わかっておりますので、強い雨が降りそうだという場合にはいち早く地下道に駆けつけて状況を見ながら通行どめの措置などは行っております。ただ、無視して入っていって車が動けなくなるというのが今回も1件あったわけでありますが、そういうのがありまして、その辺のところをもう少し考えなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、いろいろ地下空間浸水対策という話をしたんですけれども、特に玉崎地下道を一つとった場合、具体的な対策というのはどのようにやれば対応できるのか、今の時点での考え方についての認識をお伺いしたいと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)一言で言うと、ポンプ能力をもっとアップして地下道に浸水する水を全部くみ上げるだけのポンプをつければ、これはかなり解消すると思いますが、なかなかそこまでいけるかどうかということについても検討が必要かなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)桜地下道、末広地下道についての対策というのは認識はしているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)桜地下道については、今のところ、浸水によって通行どめをしたとかというのはございません。それなりに十分なポンプ能力があるのかなと思っております。末広地下道についても同じような形でできてくるのだろうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)特に末広地下道と桜、その場合は例えば公民館、公共的な施設もあって子供たちも相当数通るということもあるので、その場合の住民への情報伝達、危ないよと、いわゆる温暖化現象でどういう災害が起こるかわからない状況の中で情報伝達方法、地下に雨水を入れない対策、それこそ防災課とも連携をとってそういう対策、対策というのは物をつくるだけでなくて訓練も含めてだと思うんですが、訓練はいいですけれども、そういう対応も考えておく必要があると思うんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)雨水の侵入につきましては、すべてを屋根を覆うとかということにすればまた話は別ですけれども、今のような形態の中ですと、どうしても雨水が地下道の中に侵入するということについてはなかなか防げない状況にあります。そういう中でいかに管理をよくするか、パトロールなどをして危ない箇所がないかどうかという点検をするかということにかかってくると思いますので、その辺のところを十分進めていきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員の一般質問を終結いたします。
 7番宍戸幸次議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔7番宍戸幸次議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ウィズの宍戸幸次です。通告しておりました2点について質問いたします。
 初めに、1点目の治水対策についてであります。岩沼市は1級河川の阿武隈川の最下流に位置し、過去を振り返ってみましても幾度となく水害に見舞われ、貴重な財産の流失など多くの方々が二度と味わいたくないつらい経験をされました。昭和61年8月5日の水害は、市域全体が水につかり、仙台空港初め公共交通機関は完全にストップし、パニック状態でありました。山間地域では土砂崩れや家屋の流失、市街地では床上浸水など対策を講じるいとまもない出来事でした。被害総額も60億円ぐらいと記憶しておりますが、岩沼市の一般会計予算の約半分に相当する財産をたった1回の大雨で失いました。このときは国の激甚災害の指定を受けるなど、いかにひどい状態であったかということであります。
 これを機に、行政当局や議会はもとより民間を巻きこんだ排水対策が市の最重要課題として取り組まれました。県や国への陳情はもちろん、地元国会議員にも強く働きかけました。このような取り組みのさなか、平成6年9月22日に 8.5ほどではなかったと思いますが大雨による災害が発生しました。このときから災害は忘れないうちにやってくるという言葉に変わりました。たび重なる水害発生で排水機場の早期完成に一層の拍車がかかり、ようやく国の直轄による五間堀川分水路事業で進められることになり、平成12年3月に完成し、翌4月から稼働が始まりました。市民の長年の不安がやっと解消されたのであります。
 しかしながら、温暖化の影響なのか、市内の至るところで大雨による浸水箇所が見受けられ、さらなる心配は現実のものとなっています。完璧な対策は無理としても、日常生活と余りにもかかわりの多い場所については優先して計画的に取り組まなければと思うのであります。叫ばれている宮城沖地震や津波、大雨、竜巻などいつ起きるかもしれない現実と、公助が行う行政の役割は重荷を背負った状況と認識をしています。長い年月を抱えてやっとできた排水機場の経験を踏まえ、岩沼市の抜本的な治水、排水対策をもっと明確な計画で進めていかなければならないと強く認識しております。以上のことを踏まえ質問します。
 1点目は、ことしじゅうの災害状況と復旧経過についてお伺いします。昨日、そしてきょうの同僚議員も質問しており重複することが多々ありますが、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ことしじゅうの災害状況ということでございましたが、既に申し上げておりますように、9月27日の大雨の際、のり面崩壊が4カ所、土砂堆積3カ所、浸水箇所が26カ所ありました。また10月6日、7日の大雨の際は浸水箇所は9カ所ありました。これらの災害箇所につきましては公共施設災害としてではなく、通常の維持修繕の範囲内ですべて補修工事が完了いたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ただいま何カ所か災害箇所がありました。私の地域でもわざわざ市長さん初め、たしか助役さんも含めて現場を見に来ていただいたということがありました。確かに地域ではいろんな民間の土地を含めていろんな災害があったりというふうに私も見ております。
 そこで、これら現実起きた災害箇所について、これは自然排水なんかでもとに戻ったところも多いと思うんですが、中にはこれから復旧というような箇所も現実あるのかどうか、その辺、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)公共関係についてはございません。ただ、民地の部分でいろいろ土砂崩れとかということについては、それは対応する部分があろうかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)民地の場合については、一般的にはそれぞれの所有者の責任においてということが前提になるかと思います。これらについて公共の立場で云々は申せませんが、例えば今回のこうした災害の箇所について金額的に果たしてどれぐらい被害額として集計されているのか、もしその辺の数字があれば教えてほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)公共分しか把握はしていないわけでありますが、公共分としては先ほど市長が申し上げましたように維持管理の中で補修が完了しております。その金額についてはおおよそ37万 8,000円程度の金額を要したというふうにとらえております。民地の方についてはわかりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)市行政の方では来ていただいたのはわかっていましたし、それから警察とか県の方でも各地区の災害箇所を見て回られているということも聞いておりました。それで、例えば岩沼市が管理する部分については恐らく間違いなくチェックして、それを今のような形で説明を受けたと思うんですが、例えば県管轄あるいは国管轄の中で市の方には何か詳しい資料あるいはデータとか、そういう災害に対するアドバイス的なものは何か入っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)阿武隈川の堤防の部分で一部あるというふうに国土交通省から受けております。それから、県関係でございますが、実は県には治山事業とか砂防事業とかというような事業をする部署がございます。これは公共に限らず民地についてもそのような工事をすることができる機関でございます。そこでは先ほど申し上げましたような長谷寺の山のがけ崩れ部分について現地を見た中で、その分についていろいろ申請があれば採択できるのではないかというようなお話も伺っております。ただ、いろいろルールがあって復旧の方法があって、その工事で行うのが一番いいのかどうかということについては、いろいろ検討しなければならない項目だと思います。その辺のところをよくよく地権者なり関係者なりと話し合いをしながら、この方法が一番いいということであれば、そういう方法がとれるというふうには認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)次の質問に入ります。2点目なんですが、これも前段質問された内容とほとんど似通うわけですが私なりに質問させてもらいます。
 まず、恒常的な浸水箇所の対策と復旧状況について、重複するかと思いますがよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)浸水箇所の対策につきましては、強い雨が予想されるというふうになった場合には水門の開閉の確認を行ったり、それからまた仮設ポンプの準備をしたり、また降雨時には随時パトロールなどを行って必要に応じた対応をしているつもりでございます。今回の復旧につきましては、ことしにつきましてはただいま申し上げましたようにのり面崩壊とか道路への土砂の堆積などがありましたが、これらにつきましては災害復旧工事で行うまでもなく通常の維持管理の範疇で補修を行ったわけであります。それから、道路の浸水箇所などにつきましては一時通行どめを余儀なくされたところもございましたので看板を設置するなどということにして周知に努めたところでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)きのうの質問者の回答の中に、年1回程度の浸水箇所が市内には数カ所あるという説明をいただきました。この場所は以前から再三、いろんな形で議員がその災害があるたびに質問した場所なわけです。私の前の方の質問にも市長は答弁されていたんですが、要するにこういう場所、今、町内会が自主防災組織を立ち上げていろいろ取り組んでいるわけです。毎年毎年、年に1回や2回とはいえ仮に予想しがたい雨が降って床上とかになった場合、これは安全・安心が崩れるわけでございます。やはりそういう恒常的な場所の対策はとりわけ何か住民に安心を与えるような行政としてやらなければならない、いわゆる公助としてやらなければならない対策のはっきりした形をお示しをしておかないと、やはりこれは自主防災のためにもならないんでないかと、こう思うんです。毎年いろんな箇所が追加されるかもしれませんけれども、とりわけ今話の中にあった数カ所について、重複する回答になるかもしれませんけれども、私は個々の場所によって全部条件も違うと思うし、この場所についてはこういう対策をしてここまでは何とか補えるんですよという地域住民に対する説明責任を持って対応するような形をとってほしいと思うんですが、その辺いかがなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的には宍戸議員言われるとおりだというふうに思っています。しかし、現実問題といたしましてどのように具体的に安全・安心を確保できるように、そしていざというときには緊急対応ができるかということにつきましては苦慮しているところであります。例えば仮設ポンプを準備したりというときに行政の方で行うということと、地域の皆さんに自主的にやっていただくとかいろいろあるというふうに思います。そういった場合につきましては、できるだけ速やかな対応をするためには地域の皆さん方の御協力をいただかなければならない。具体的に今すぐ思い当たることも少ないわけでありますけれども、抜本的な対策としては、先ほど来、申し上げておりますように、例えば最終的な五間堀川あるいは貞山堀、あるいは阿武隈川といったところでの治水能力といいますか、安全度といいますか、それを高めていくということが大切なことではありますが、しかし、今、お話をいただきましたように、毎年1回2回、冠水するといったことに対して無策でいるということは非常に心苦しい次第でありますので、宍戸議員からもいろいろと御意見をいただきながら、そしてこちらとしても十分検討していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)確かに事を起こせば全部財政につながる問題にぶつかるわけなんですけれども、ただ精神的な面のいやしを考えた場合、本当にその地域において雨が降るたびに床上の問題とかそういうことで心配されるわけです。これはいたし方ないと思うんですが、それであってもやはり今後、極力その地域に合った行政がやられる範疇の対策はこれこれこうですというしっかりした計画を持ってつくっていただいて、そして一、二年ではできないと思いますけれども、そういうことをお示ししながら地域の理解あるいは市民の理解を得てお互いに自助努力、その役割をしっかりと補えるような体制づくりはとってほしいと、こう思うのです。回答は要りません。
 次の質問に入ります。3点目ですが、防災計画に基づく危険箇所の新たな指定と今後の対策についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)危険箇所といたしましては、地すべり、土石流、急傾斜地崩壊危険箇所、3種類がございます。御承知のとおりであります。これらの指定につきましては宮城県が行うと。これらの防災工事及び災害復旧工事につきましても当然のことながら県が行うというふうになっております。現在、指定されている以外にも危険な箇所が発生した場合は市から宮城県への対応の要請を行ってまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)直接は県ということでありますけれども、地域にあってはやはり一番身近な岩沼市が市民の窓口でありますから、いろんなことの情報伝達は当然、市の使命としてやらなければならないと思います。そこで、この防災計画は以前からもありまして、去年からでしたか、新しい防災計画の立ち上げ、そしてまた各町内会においての自助努力にそれを結びつけるという対策に切りかわっています。
 そこで、いろいろ県の管轄なんでしょうけれども、私が今まで岩沼市民として考えてきている中に、例えば平成3年か4年ころから海岸清掃までやりましたね。平成15年までだったか、あのくらいの年までずっと継続してやっていたんですが、やらなくなった理由は砂浜が侵食されて、結果的にはごみを拾う場所がなくなってというのが原因だったと思うんですが、たった10年そこそこで 100メートルぐらいあった砂浜がなくなってしまったという現実があるんですよね。それで国あるいは県の方で築堤していろいろ努力してもらっています。
 しかしながら、最近の台風等で何回となく侵食されて夜も眠れない地域住民の不安というのを目の当たりにしたわけですが、そういうことを考えていくと、本当に治水あるいは排水は一夜の洪水で全財産をなくすという恐ろしい災害だと思うんです。そんなことからすると、押分の排水場をつくるのに何十年もかかっているんですよ。それを考えると、あれは私から言わせると第1期工事の完了であって本物の完了は、先ほどもお話があった玉浦地区のどこかに抜本的に排水する、それが完了して初めて一応の区切りみたいに思うわけなんです。それに加えてそこには例えば市、国、県の役割分担があると思うんです。
 貞山運河の場合は農水省だかもしれませんけれども、貞山堀と太平洋側の間に混在するそれぞれの地域があるわけですが、あそこの場合を一つの例にとりますと、結局大雨で堤防からあふれたと。もう逃げ場がないですよね。多分今回の雨では警戒水位はどの程度まであったかわかりませんけれども、今のこういう気候条件を考えると超える大雨は想定できるんですよ。そうすると、単なる道路に浸水した程度では済まない。それを考えるともっと貞山堀は貞山堀の改修工事の具体的な計画、それから排水は排水でやらなければならない具体的な計画、そういうことを一つ一つもう一度、岩沼市の立場で精査してもらってこれは地道に押分ができたようにみんなで協力して国、県、市、国会議員も含めて努力するということをスタートしないと、また手おくれになるのかなという心配があるんです。計画はあることはあるんだけれども、私が言いたいのは、押分の分水路が下にもできるような姿を一日でも早くするために、要するにもう少し強力な計画にのっとって行政と議会もそうですけれども民間も交えて一挙に進めるような計画をとるべきではないかなと思うんですが、市長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市の治水対策としての最終的な目標というのは、今、宍戸議員からお話をいただいたような形で実現していくことだというふうに思っております。今、お話をいただきましたように、国、県、市としてそれぞれ役割があるわけでございますが、最終的には国に大きな力をおかりして国の方の責任でやっていただく部分が非常に多いというふうに思っております。そしてまた、具体的には県の方で国の方にどういう働きかけをしていただくかということもありますので、関係機関とできるだけ緊密な連携をとって、先ほども御質問いただいて建設部長からお答えをいたしているわけでございますけれども、赤井江から直接放流につきましてもいろいろ構想等はあったわけでございますが、具体的にどうなるかということについては全然触れられておりませんので、一日も早くそういった形で方向づけをできるように努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)治水をしっかりやればまだまだ安全度が高まりますから、その辺は早急に計画を練ってほしいということをお願いしたいと思います。
 次の質問に入りますが、大きい項目2番目の本市農業施策についての質問に入ります。本年2月議会でも関連した質問をし、回答をいただいておりますので、そのことを踏まえ再度質問させていただきます。
 ことしは天候不順で農作物への影響が相当あったと伺っております。農業を取り巻く環境が大変厳しい折、農業主体で生計を立てている方にとってはさぞかし腐心の日々かと拝察いたしております。第2種兼業農家がほとんどの状況下で平成19年度から始まる新たな「食料・農業・農村基本計画」が進められておりますが、岩沼市の地域事情などを考えますと、地域のコンセンサスや条件整備など高いハードルに苦慮しているのではと拝察しています。外国からの安い輸入物との厳しい競争に負けない新たな国の施策とは思うのですが、現実には言うはやすく、行うはかたしと払拭できない不安が先に来ます。
 では、質問に入ります。
 1点目は、平成19年度から始まる経営所得安定対策の取り組み経過と実施団体の状況についてお伺いします。昨日の高橋議員と重複するかと思いますが、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)経営所得安定対策のうち、品目横断的経営安定対策と農地・水・環境保全向上対策につきましては、農協、土地改良区などの関係機関、関係団体とそれぞれ対策ごとに集落座談会あるいは担い手育成総合支援協議会主催による新制度研修会などを通じて昨年度末から新たな制度の周知に努めてきております。
 実施団体の状況につきましては、品目横断的経営安定対策の加入対象となる20ヘクタール以上の特定農業団体の設立や集落営農の組織化にはまだ至っておりませんが、おおむね4ヘクタール以上の認定農業者として加入を希望される農業者の方につきましては、今月中に加入手続の説明会を開催し、来年4月から6月の受付期間に円滑に加入申し込みできるよう準備を進めてまいります。
 また、農地・水・環境保全向上対策への申請希望集落数は、一般質問でもお答えを既にいたしておりますとおり16集落というふうになっておりますが、この関係につきましてはまだ国のガイドライン等が示されておりませんので数字は多少動くものと思われます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この件についてことしの6月に地域懇談会というのか、座談会というのか、そういう形で説明を受けました。そのときには国の方のはっきりした指針がまだわからなくてということで大枠の話ということで聞かされたんです。そうであっても聞く方は当然、そうであろうというふうに受けたものでしたから、それが数カ月後には話が大分変わっていまして、どうも条件を整えるにはそぐわない地区もあるような話になってきたわけです。
 そこで私が再度お聞きしたいのは、6月の説明を受けた時点と現時点でどこがどのように変わったものかということに疑問を抱いているんです。その辺の違いをお聞きしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)6月の説明の件につきましては農地・水・環境保全と特定していいでしょうか。
 6月の時点では国のガイドラインがまだ示されないという段階で国、県、土地改良区、市も含めてなんですがその時点では一応農地の基盤というものですから、土地改良区が主体となって東北農政局が制度の説明をしたという中で、あの時点では特に補助単価の10アール当たり ── 1反歩当たり 4,400円というのが示されて、その2分の1を地方ということで県と市で4分の1ずつとなりますか、それが一番基本になっていまして、特に対象エリアとしては農振農用地というふうに限定されています。それ以外については、もちろん集落全体で取り組む共同活動に対する支援ですよということだったんですが、基本的にはその三つで説明されたわけですが、その後、すぐ説明の1カ月もしないで各集落での差し当たっての取り組みの希望というのを伺ったところ、国のガイドラインは示されないけれども今の説明の中では取り組めるんじゃないかというところが19集落がありましたけれども、その後、県の方で国のガイドラインは示されないけれども今のまま、県内の農振農用地すべてをすると大変な財政負担になるということになりまして、そのために県としては何とかして財政的な裏づけができる範囲内に対象面積をしたいということになったやに受けとめています。そのために10月、11月と2回にわたって県の方で差し当たって国から認められた地方裁量というのを最大限利用してといいますか、活用されまして6月と全く基準が違う、宮城県ならではのハードルをたくさん出してきました。
 県の方では、財政的な裏づけができるのは2万 7,000ヘクタールというふうにもくろんでいたようですが、県内すべての希望を聞くと、どうも3倍ぐらい、7万ヘクタールぐらいになるということでこれでは大変だということでいろいろ、例えばさっきもあったように補助単価の10アール当たり 4,400円を10アールでなくて20アール、つまりわかりやすく言えば半分、10アール当たり 2,200円という半分までにしたいとか、それから圃場整備を面工事を終わったところにするとか、田んぼの整備が2反歩以下のところは対象にしないとか、いろんなハードルをつけてきたということで、そのままいきますと、どこの市町村でも、例えば岩沼市で19集落が手を挙げていたけれども、そのまま適用されれば一つか二つぐらいの集落しか残らないんじゃないかという状況になりました。それがさきの新聞に出たように大崎地区、栗原、登米地区、その方で新聞に載りましたけれども、市議会の方に県の方、また国の方にもあわせて要望を出したようでありますが、それでもとても法の趣旨どおりのことがなってはいないんじゃないかということで再検討の要請を出すということで、県の方ではもう一回、改めて法の制度に基づくように検討し直しているということで、その結果によって大分当初示されたよりは県としては、まだ最終的ではありませんが、実はきのう県の担当が来まして今の段階での考え方というのを示されました。それは大分緩和されております。そうしますと、大体の希望とすれば、計画の中身にもよりますが大体のものは採用されるようになってきたのかなと思います。そんなところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)何か長くて内容がわからなくなりました。もう一回質問させてもらいますが、県の方で一番財政難で大変だということで実施面積を縮小するという基本的な考え方に立った市町村への説明だと思うんですが、岩沼市をこうやって分析しますと、当初24地区説明あって19地区が参加して現在では16地区が手を挙げているというわけですよね。県が余りにも面積が大きくて困っているさなかでありますが、岩沼市がこの16地区で、きのう聞いた数字が、間違っていたらごめんなさいね、 997ヘクタール、これは岩沼の与えられた面積かどうかわかりませんがクリアできる状況にあるのかどうか、まずその辺もお聞きしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)この前の16集落の手を挙げた集落の総面積が 997ヘクタールということですが、あくまでもこれは手挙げ方式ということなものですから、集落ごとに制度にのっとった共同活動という計画書を出しまして、その中で計画書を出してクリアできれば該当するということになります。ですから、計画書を県の方に出してみないと最終的にはわからないということですが、きちんとした活動内容であれば採用されるというふうになると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、書類が完璧に整いましたということで採用された場合、当初、一番懸案とされていた10アール 4,400円が財政難の折からその半分ということで 2,200円、農振農用地の田を基準にしてということなんでしょうけれども、その 2,200円もそのとおりでその計画に沿ってということは大体ほぼ確定なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)その点については、計画の中身と実績で 2,200円から 4,400円の間でというふうに今のところは考えているというようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、場合によったら今16地域の中からやめるということも決してないわけではないというふうに理解してもよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)補助対象作業がどういうものかということで自分たちが共同活動する対象の中でそれが補助単価に合わないとかいうときがあれば、そういうことで手を下げるということがあるかと思うんですが、これまで一番大きかったのは共同活動の中で集落の中の道路とか水路のいはらいの日当、賃金なんかについては、最初はそういうのも該当しますよというのが一番最初の説明でしたが、その次の県の説明のときにはそれはもう該当しないんだということで、実は集落の中で一番補助対象の経費として考えられる部分が補助対象にならないんであればもう手を挙げてもしようがないんじゃないかということになったんですが、そこについても一応個人の田んぼの部分でなくて共通して使う水路とか農道であれば、それは対象にしてもいいのではないかというふうにもなってきたということですから、そういうことであれば、今度、集落としても年に何回かすれば当然、補助単価で作業ができると思うんで、そういう場合については計画どおり参加されるんじゃないかというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)最後にもう1点だけですが、この16地区に限られると思うんですが、今後の説明会がまたあるのかどうかと、それから手を挙げて参加する云々の最終締め切りについてはいつをもって最終とするか、その2点だけお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)まだ国のガイドラインが示されておりませんが、一応今月中には示されるだろうということで、それからあとガイドラインに示されるだろうの先取りという形でないんですが、国と協議をしながら県の指針も進めてきたという経緯があるので間もなく示されるものというふうに私たちは受けとめていまして、手を挙げた部分の16の集落の方に対しては今月の後半に改めて説明会を開くというふうに予定しております。ですから、年明け早々には計画書の作成の仕方、個々の集落ごとに違っていると思うんですが1月、2月中に具体的な計画書の作業をつくっていただく。本来の計画ですと、もう12月に計画書ができていなきゃいけないというスケジュールではあったんですけれども、そういうことでおくれているという現状であります。一応4月までには間に合わせることになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)それでは、次の質問に入ります。
 2月議会で具体的なスケジュールを産業部長から回答をいただき庁舎内部の調整、農業委員会、農協からの意見聴取など事務手続など進捗状況が気にかかっていました。
 質問に入ります。2点目は、農地法施行規則の一部改正に伴う本市の取り組み経過と結果についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)農地法施行規則の一部改正をも含む岩沼市の農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想見直しにつきましては、原案を農業委員会及び各JAの意見照会を行い県との協議を経てことし8月から施行しております。今回の基本的な構想見直しは、経営所得安定対策などの新たな制度、施策体系のもとで農地流動化、担い手育成施策などについて総合的な計画として平成26年度を目標年次とした農業経営基盤の強化の促進に関する目標を示すものとして策定いたしました。見直し後の基本的な構想の遊休農地の農業上の利用増進に関する事項では、遊休農地の農業上の利用増進に関する基本的な事項について示しております。ただし、遊休農地の農業上の利用増進については、当面、その実態把握に努めることとしております。
 農地の実態調査につきましては、農業委員会においてこれまで概要調査を行っておりますが、別段面積を定める場合などにも必要になる本格調査を11月初旬から中旬にかけて実施しておりますので、その調査結果の報告を受けましたら改めて別段面積の設定の必要性等について検討してまいりたいというふうに考えております。
 なお、平成19年度から経営所得安定対策が始まり品目横断的経営所得安定対策に加入対象となる担い手や集落営農組織への農用地の利用集積がますます進むものと考えられますので、50アールの下限面積にかわる別段面積を定める場合には、その農地の所在状況にもよりますが、農地の細分化につながる担い手への利用集積の利用に支障を来すことにならないよう十分検討を加える必要があると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の回答は、例えば市の方で計画を練ったやつの回答と受けとめたらいいのか、あるいはこの施行規則の下限面積のとらえ方には農業委員会、あと農協、そういう農業に関係する団体等の意見も聞く云々の回答であったわけです。このフローについてはいろいろ来年の4月をめどに、私が議事録を読み返してみると順序立てていつまでには何を、いつまでには何をと部長からお話は受けていたわけですね、回答の中で。それを見ながら私もこの質問を今回再度させてもらっているんですが、そうすると、私がさきの質問で一番気にかかったのは、遊休農地がふえることを心配してその遊休農地を今までですと50アールの下限面積で普通の人は農地は取得できなかったんだと。それをせっかくの改正であるから、いわゆる10アールでもという計画が市町村から出されて、それが承認されればこれは買えますよという内容だったものですから、岩沼市がその計画を立てて関係機関の意見を求めて県の方に計画を出すと。その順序立てというものが順調に推移していればいいなと思ったんですが、なかなかいい回答を耳にしなかったものですから、その辺がどういうことでそういうふうな考えに立ったのかなというのを具体的に聞きたかったわけなんです。どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)3月の時点で説明したとおり、一応農業委員会、JAなど関係機関と協議しながら農業経営基盤強化の促進に関する基本的構想については一応つくったわけですが、当初は5月ごろまでという目標だったんですが、今言いました別段面積をどうするかということもありましたので、農業委員会の方でも十分検討していただいて協議をしながら進めたんですが、別段面積を決めるには要活用農地、つまり遊休農地の中で岩沼市の中の農地の中で遊休農地が1筆ごとにどこにあってどのような状況にあってということをすべて調査した上で、その中でさらに遊休農地を要活用農地、やっぱりきちっとして農地として生かすべきだというところの面積をすべて把握して数値化した後でなければ別段面積を出せない、つまりそれをもってでなければ県知事の方の申請ができないということがありましたものですから、その部分についての農業委員会の方で調査しました、さきに報告しました概算調査では無理だろうということで詳細な調査をした後でなければ要活用農地の面積を1筆ごとに出せないということになりましたので、それまで待っていたんでは構想がずっとおくれるということでまずはその部分だけを除いて構想をつくりましょうということで、少しおくれましたけれども8月につくったというふうになります。ですから、先ほど市長の方から御説明申し上げましたように、11月に詳細を説明して今取りまとめをしておりますのでそれを待って検討したいと、二段構えでやりたいとなった次第でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)10アール要件についてここに絞って再度質問しますけれども、確かに10アールで買えるという要件には、これにはメリット、デメリットがあると私も理解するわけです。ただ、同じ遊休農地をひもといても、いわゆる農振の農用地にある農地、それからどちらかといえば除外されている区域内の農地と大きく二つに分かれるわけです。つまり農振農用地から外れている農地というのは、連担性がなくてむしろめくら地であったり、あるいは耕作に不便な土地であったりというのがほとんどだと思うんです。そういう土地が結果的には遊休農地として最終的には出てくるものですから、それをどうにかして有効に活用できる方法はないものかというのが一つの改正のポイントであったように受けるわけです、すべてではないにしても。岩沼市はやはり遊休農地率がはっきりしたものでないということのお話でもあったようですが、県の平均数値あるいは岩沼の数値の整合性もあると思うんですが、これがことしも調査したかどうかわかりませんが、来年調査によっては県の数値と比較してその遊休農地がさらにふえた場合、当然、何かの対策を講じるということが必要になると思うんです。そうした場合、これはおくればせながらでもその改正に準じた岩沼市の計画を県に出す用意はあるかどうか、その辺、いかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)11月の集計結果を見ないと何とも言えないんですが、具体的に例えば農振エリアでない、つまり連担性がないとか、例えば耕作が不便であるとかに対する一つの方法ということも考えれば、十分それは検討しなきゃいけないのかなと思っております。当然、農地集積の方向で行っているわけですが、細分化を避けたいというのも一つあるんですが、当然、遊休農地のままで耕作されないままずっといくというのは一番問題だと思うので、ぜひその土地を農地として生かすということが一番最初だと思うので生かせる方法として50アール以下ということが具体的な方法としていい選択ではないかというふうに議論が進めば、結果を待ってそういう方向で検討したいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)最終結論めいた話というのは、産業部よりはどちらかというと農業委員会とか農業団体のJA、そちらの意見が重要視されるんだろうと思うんですけれども、大枠で農地の拡散というとらえ方も一理はありますけれども、いわゆる除外区域、その他の区域にある農地の虫食い状態あるいは遊休農地を防ぐ手段としては、連担性もないような、そういう場所もいっぱいあります。そういうことも十分加味した判断は当然必要であって、それがむしろ遊休農地をなくす手段にもつながると思うんです。という理由の一つには、これから団塊世代の人たちが皆さん、自分の趣味をどうやって起こそうかとなってくるわけです。そうしたときに、テレビなんかで見ますと、御夫婦そろってしたことないくわとか、かまを持って農業に精を出している姿がよく映るんです。そういうことからすると、本当に10アールで分散という考えでなくてやっぱりきれいにつくってもらって、そして市長が提唱している元気で長生きの源なんですよね、そういう働けるという条件をつくってあげるということは。だから、そういう意味でも必要なのかと私は強く思っている一人なんです。このことを最後に強く訴えて質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時40分といたします。
    午後2時28分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時40分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 4番佐藤一郎議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔4番佐藤一郎議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)岩沼政策フォーラムの佐藤一郎です。今回は東部地区内水水害浸水対策について、三世代住宅についての2項目にわたって質問いたします。
 最初に、東部地区内水水害浸水対策について。これに関しては私の前に4人の議員が質問しております。大変申しわけないんですが重複する点もございますのでよろしくお願いしますということもありますが、このぐらい岩沼市は水害に対する重要課題でもあると私も思います。よろしくお願いします。
 岩沼市は古くから水害と闘ってまいりました。最近では 8.5、9.22の大水害に見舞われ、激甚災害対策特別緊急事業で毎秒40トンの排水をする押分分水路が完成しました。そして、岩沼市民に安全・安心を与えてまいりました。まだ未完成の部分や地球温暖化のもとで地形の変化やいろいろな課題が発生しております。仙台管区観測所の発表によりますと、9月27日、 154.5ミリ、10月6日、 101ミリ、10月7日、58.5ミリの大雨により市内各地で雨水水害がもたらされました。特に東部地区では高低差が小さく排水機能がない地区が内水水害発生が多くなりました。地球温暖化のために1990年を基準として4度以上上昇すると海面の高さが約1メートル上昇すると言われております。東部地区には五間堀、貞山堀、志賀沢川、川内沢川、葉の木堀など河川改修途中や改修工事計画のみで一向に進まないところもあります。そこで、東部地区内水水害浸水対策について11項目にわたりまして質問をいたします。
 大雨洪水注意報は1時間の雨量が40ミリ以上、3時間の雨量が60ミリ以上、そして総雨量が 100ミリ以上の場合、大雨洪水注意報が出されます。それは9月27日、10月6日、7日はそのとおりでございます。当然、この日は五間堀、貞山堀は満水状態になっておりました。
 1点目でありますが、二野倉工業団地付近の道路は冠水し、通行どめとなりました。二野倉工業団地付近の水害、浸水対策はどのようになっているのか、再度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)通告をいただいておりますほとんどの地域等の対策につきましては、まずは暫定的にポンプ等によって排水を行う、あるいは抜本的な対策といいますか、五間堀川の新たな改修が不可欠であったりということで、そういった意味では引き続き県に強く要望していかなければならないというふうに思っております。詳しくは建設部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)二野倉工業団地付近の内水水害対策につきましては、2カ所の調整池を設けてポンプにより五間堀川とさらには二野倉排水管理場から海への排水を行っております。それからまた暫定的に仮設ポンプを設けまして、それによりましても五間堀川へ排水を行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)10月7日なんですが、大水が来てからそういう対応をしたんですか、時間的にはどういうふうになっていたでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)時間的には冠水する前から暫定ポンプでの対応をしております。もちろん調整池からもポンプでもって排水をしております。ただ、10月7日、8日、9日にかけては海水が、蒲崎海岸の無堤地区から海水が侵入しまして、その水が長谷釜の前川を通り西側を通って二野倉工業団地の道路まで達したという経緯があって、二野倉工業団地の道路についてはなかなか排水できなかったという経緯がございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)高波の影響もあって浸水が思うほど解決できなかったということですね。そういうことは今後も考えられると思います。そういうことも踏まえてここの部分については将来的にどのように考えているかお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)抜本的な対策というものにつきましては、今までも申し上げましたとおり、五間堀川の新たな改修が必要だと考えております。したがいまして、県に対して要望活動を続けてできるだけ早く五間堀川、貞山堀川の抜本的な改修をしていただくというところに力を注ぎたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)貞山堀もということですね、五間堀という位置づけなんですが、今の流れは五間堀というのは赤井江の手前まで五間堀という方と、貞山運河を南に下っても五間堀川と位置づけがあります。ですから、私が言いますのは、貞山堀という位置づけと五間堀の位置づけでどこまでということを県の方にお願いするということになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県の方の総合的な五間堀川の対策という言い方がなされておりますが、当然、俗に言う五間堀の水は貞山堀に入りまして主体的には北へ流れて名取の広浦に達するというのが排水本線となっております。その中で県の方で総合的に直さなければならないのは何かというと、今現在、矢野目周辺で行っております堤防拡幅というのが一つございます。それから、もう一つ大きくは赤井江の遊水地、それから海への排除というものがございます。それを行うことによって俗に言う貞山堀川の負荷を軽減するというような対策をした中で総合的な対策という言い方がなされております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)はい、わかりました。次のこともありますので触れるかもしれません。次に移ります。
 2点目でありますが、二野倉の北部地区は東側に小高い丘があり西側に海浜緑地公園があります。そして、北側には赤井江がありましてその松林からの内水が入ってまいりました。そこの二野倉北部地区内水水害対策についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)二野倉北部対策として特別なことはいたしておりません。前回も申し上げましたように、二野倉周辺一帯の排水対策といたしまして調整池、それからポンプによる排水をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)一つは、赤井江、それから松林越えて二野倉にという流れもありますので、できれば松林、北の部分なんですが、昔はそちらへ流れていったのがそうなんですけれども、そこら辺に小高い堤防とかそういうものを築くとかという考えはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)その辺のところについてはもう少し現地踏査した上で検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)水害が少しでもなくなるように検討してお願いしたいと思います。
 3点目に移ります。長谷釜南部地区は水田があって貯水槽の役割をしました。いつも南部地区の道路を走りますと冠水、または冠水すれすれの地区でもあります。雨が降るたびに不安を感じております。長谷釜南部地区内水浸水対策についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)長谷釜地区南部の集落内につきましては、ほかと比べて特段ひどく浸水するというふうにはこちら側では、申しわけありませんがとらえてはおりません。ただ、長谷釜地区の北部、要するに工業団地との境付近についてはなかなか水はけが悪いというふうにとらえております。その箇所につきましては調整池を1カ所設置いたしております。その調整池からはポンプによりまして二野倉排水管理場から海の方に排除するという方策をとっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)長谷釜の南部地区というのは、私もその日、通ったんですけれども満水状態です。これ以上に雨が降った場合はすぐ道路が冠水すると思われます。そうなったときに対応するのでしょうか。事前にこういう状態になりますと、少しでも冠水を防ぐという工夫が必要だと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今回の長谷釜南部につきましては、10月7日、8日、9日と先ほど申し上げましたように海水が南側を通って裏側に回ったという経緯がございまして、その辺で田んぼがいつもよりは水が多かったのかなというふうには思われます。今までの経緯で道路に水が上がって通行どめになったとか、屋敷に水が入ったとかいうことは今のところはございませんので様子を見させていただきたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そのときは対処願いたいと思います。
 4点目ですが、蒲崎川向地区は、ここも同じように東側に小高い丘があり西側には貞山堀があります。10月7日、私も行ってみたんですが、確かにここは車が入れない状態でありました。陳情書も出ております。蒲崎川向の内水水害対策はどのようにするのか、地元の意見等も聞いていますが、その回答にありましたが仮ポンプとかできるだけのことをするということでありますが、ここも不安になっておりますのでできるだけのことを形にしてお願いしたいと思うんですが、そのほかありましたらお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)前にもお話し申し上げておりましたが、自然排水による排水路というものについては一応完了したというふうになっております。ただ、貞山堀の水位が上がりますと、当然、自然排水では排水できなくなりますので、その分につきましてはやはり仮設ポンプ対応が一番効果があるのかなということでその辺のところを検討してまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)仮設ポンプでその能力に合ったのをお願いしたいと思います。
 次に、5点目に移ります。
 新浜川向地区は貞山堀と住宅、その間に水田がありまして水田は貯水池の役割をしております。10月7日も水田は湖状態でありました。新浜川向地区内水水害対策はどのようになっているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)新浜川向地区につきましては、自然排水による排水については完了いたしております。今お話しいただきましたように、人家連檐部分と貞山堀の間には水田が少しございます。その分が調整池的な役割を果たして、今のところは道路が冠水するとか屋敷に水がたまるということは今のところはございません。なおかつあの地域には暫定的にポンプを貸し出しいたしております。それでもって道路が冠水しそうだとか、屋敷に水が入りそうだとか、もしもそういう状況になった場合には自分たちで何とかしてくれということで実はポンプの貸し出しをしております。そのような対策をとっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)この民家、南北に並んでおりますけれども、南の方には雨水のための側溝がある。北部の方は側溝がないと聞いておりますが、どのように雨水対策の側溝はなっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)雨水対策関連としての側溝については、とりあえず充足したかなというふうにこちら側としてはとらえております。しかしながら、家庭の雑排水の問題とか、道路の排水の問題とか、いろんな問題がございまして引き続きできるだけ継続できればということを考えておりますが、いろいろ財政的な部分も含めまして検討課題だというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)雨水対策というのは側溝があると安心な面があります。何で南側は側溝があるのに北の方はないんだということになると、自然排水しか頼みの綱がありませんので、その辺も安心して住宅に住むということは南も北も関係なく排水をする側溝が必要ではないか。できればそこの住宅地と貞山堀の間の水田が調整池のようになっていますのでそちらに当面は流すと、そういうふうに考えてはどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)確かに地元とすれば側溝があると安心というか、そういう気持ちになることは十分理解ができます。いろいろ財政的な部分もございますのでその辺も踏まえながら検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今後、検討いただくということでお願いしたいと思います。
 今の箇所は太平洋と貞山運河の間に挟まったここは集落であります。この集落は海は海面が4度C上がれば1メートル上がりますよと。今、海岸侵食もあります。いつ来るか宮城沖地震もわかりません。そのときは津波の心配もあります。せめてこの地区は浸水対策が少しでも解決すればと思います。全体的なこともありますのでここはこの辺にしておきます。
 6点目、矢野目地区は南側に五間堀、北側に川内沢川、中央に葉の木堀、また五間堀と合流する志賀沢川がある地区であります。昔から水害の絶えない地区でもあります。矢野目地区の排水路は、五間堀の矢野目橋手前からほぼ矢野目中央を走り、工業団地手前で矢野目中央線沿いを走り北上して葉の木堀へと流れておりますが、排水機能が悪く葉の木堀が満水になりますと矢野目中央線沿いは冠水状態になります。矢野目地区内及び矢野目中央線沿いの内水浸水対策についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)矢野目地区内及び矢野目中央線の内水水害対策ということでありますが、今現在は排水路とか道路側溝の整備を行っているところであります。これらにつきましては、今お話しいただきました葉の木堀に排水されて、それがポンプでもって貞山堀に排出されるというのがメーンの排水路になっているところでございます。ただ、川内沢とか五間堀につきましては水位の低い場合にはそのまま流下できるわけでありますが、水位が高くなるとどうしても排水ができなくなるという部分でございます。そういう中で今、名取地域排水対策検討会というのが設立されております。これは宮城県の河川改修計画と農政局による排水施設の改修計画を総合的に調整しようというような検討会でございます。これでもって関係する機関がいろいろ情報交換をしながらよりよい排水機場のあり方などを検討していくというふうに伺っております。これでもって改善されるのではないかというような期待もしているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今まで質問をずっとしていて同僚議員の回答に、矢野目の排水路は五間堀に強制排水したらなと単純に私たちは考えていました。でも、今までの回答を聞きますと、治水安全上、10分の1ということで強制排水はできませんということですよね。建設部長も御存じのとおり、葉の木堀というのは堤防があってないような高さでございます。当然、道路と一緒といっても過言ではありませんがそのぐらいの低さでございます。ですから、葉の木堀がいっぱいになれば本当に矢野目は浸水状態が免れないということになります。そういったときに本当に強制排水があったらなと地区民は思っております。今、名取地区の計画の総合的な見直しということでありますのでぜひそういうことを強く要望して、そこには工業団地のこともありますし、矢野目住民の 500戸余りがありますのでよろしくお願いします。
 次に移ります。7点目。里の杜は言うまでもなく市が分譲した住宅地でもあります。市で分譲されたことよりこんなに排水が悪いとは思わなかった。10月7日の大雨で道路が冠水し、駐車場まで行くのになぜうちだけが長靴を履いていかなければいけないんだ。雨が降るたびにいつ改善するんだろうかと。また既存住宅地からは里の杜が分譲する前は前は水田で少々の雨で心配はなかった。しかし、里の杜が分譲されて排水が悪くなった。大雨の都度、不安が募っているということであります。里の杜三丁目、ひまわりホーム付近内水浸水対策はどうなっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)里の杜地区のこれまでの浸水を見ますと、時間雨量が多く、それが長時間にわたった場合、調整池付近の道路が冠水するというふうになります。それからまた、今お話しいただいたひまわりホーム付近の北側あたりですが、その辺につきましては比較的低い土地で排水不良を起こしているという状況にございます。側溝の清掃をしたり、それからまた個人的に土のうを要請があったりした場合、お配りをしたという経緯もございますが、対策としては、やはり局部的に強制排水するという方策を考えないとなかなか対応できないというふうに思っておりますので、その辺のところで対応ができないか検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)強制排水ということは、三軒茶屋排水路の方に抜くという考え方でよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)その辺も含めて検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)早い時期に検討して実行願いたいと思います。
 次に移ります。8点目なんですが、里の杜集会所付近もよく水害対策が言われるところであります。ここも仮のポンプで対応していると思いますが、できれば仮のポンプでなくて常時流れやすいようにここは工夫はできないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県の方の防災調整池設置要綱というのがございまして、新たな開発をする場合には新たな開発をする区域全体の水を一度調整池に集めてそれから許容排水量だけを排出することとなっておりますので、最初からそこの部分を除外した形でほかに抜くというのはなかなか難しいかと思ってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今、仮のポンプという対応がずっと続くということなんでしょうか、その辺を県にここだけはどうしてもたまるんだとか、何かそれで終わりだということになれば、いつも仮ポンプでやるということになりますのでその辺はまだ再度検討願いたいんですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)再三申し上げておりますように、五間堀川の排水計画というのが農政サイドで計画されてそれが今の形であります。そこのところにこの分だけ特別という言い方を正式にすれば、これはなかなか厳しい部分があろうかと思いますのでその辺のところを御理解いただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)わかりました。また別の問題がありますので次に移ります。
 9点目、志賀沢川は志賀地区より名取市を経由して矢野目大橋で五間堀と合流する川であります。志賀沢川は 8.5、9.22の水害により上流部は改修工事が終了しておりますが、下流部についてはまだ改修工事をしておりません。志賀沢川、通称は二間堀といいまして五間堀よりも狭い川でもあります。流量は逆であります。これは昭和44年、川の排出量を示した数字でありますが、五間堀川の流量は毎秒36.9トンに対しまして志賀沢川は毎秒48.8トンであります。川幅が狭いのに対しまして流量が五間堀より大きい川です。志賀沢川下流域の改修計画はどのようになっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいまお話しいただきましたように、五間堀川とか志賀沢川については農政サイドで改修が一たんなされております。その中で今お話しいただきましたように、五間堀川の志賀沢川との合流点では五間堀川の計画流量が1秒間に36.9立方メートル、志賀沢川の計画流量が1秒間に48.8立方メートルということになっております。これは志賀沢川をもっと流量の大きいものに改修するとした場合には、逆に今度は合流した下流側で非常に危険な状況になります。したがいまして、今現在、合流した先の矢野目の五間堀川を改修しているわけでありますが、そこの改修がまず第一だというのが県の考え方だというふうに思います。これを改修した後に五間堀川と志賀沢川の総合的な改修順位というものに従った形で改修されていくのだろうというふうに私どもは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)私、昭和44年度の流量の数字を言いました。ただ、そのとおりの数字が出てきましたんですが、最近もそういう数字の流量なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今でも同じ流量でございます。要するに治水安全度5分の1で農政局サイドで改修した流量というのが今申し上げましたように五間堀川の志賀沢合流点で36.9立方メートル、志賀沢川が48.8立方メートル、それが合流されて今の矢野目地区の南側の付近では85.7立方メートルというような数字が今も5分の1の安全率で生きている数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)同僚議員が質問した中に、五間堀の改修工事がいつごろ終わるんだという計画で平成27年で改修工事が終わるというのは、どこまでの付近が27年で終わるということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県のお話によれば、貞山堀との合流点、藤曽根の貞山堀との合流点から正確には矢野目橋までという言い方がなされております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)矢野目橋というと、今は大橋もあるんですけれども、矢野目大橋の上に志賀沢川があります。そうしますと、27年プラス矢野目橋から矢野目大橋まであってその上ですから見通しが全然見えないんですが、その辺は全く見えないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)改修計画年次については見えないというか、聞いても発表されません。ただ、先ほどから申し上げておりますように総合的な排水対策を考えていかなければならないという言い方でございます。総合的なというのがどこにあるかというと、五間堀や志賀沢に流れた雨水がすべて下流側に行って広浦に流れていくという計画かというと、決してそうではない。やはり途中途中でショートカットしながら流れる流量を少しでも少なくしよう、下流側に負担を軽くしようというのが総合的な計画としてなされているわけであります。そうしますと、上流側でいけば柴田町と岩沼市の境で農政サイドで計画していますように阿武隈川に排水しようと。それから押分排水機場で排水しようと。それからまた赤井江に遊水地をつくってあそこからもポンプで排水しようというようなところを総合的に見た上で排水計画を立てていきたい。下流側の負担を少なくしたいというのが総合的な考え方として県から示されている部分でございます。年次については何も言われておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)総合的といいますか、両方進めてほしいというのが地区民の願いだと思います。あとそのほかにもありますので進めていきます。次に移ります。
 10点目、それを含めまして志賀沢川と五間堀と合流して貞山堀に流れています。阿武隈川の増水になりますと、貞山堀の防潮水門は閉鎖されます。そして、閖上港に流されます。地球環境の変化に伴い海水面上昇、志賀沢の水量が多少なりともアップしているのではないかと思います。貞山運河、五間堀流域の浸水対策は今後、どのように進めていくのか確認の意味でお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今までるる御回答申し上げてきたことの総合的な部分になろうかと思いますが、貞山堀、五間堀流域の浸水対策につきましては、五間堀川の総合的な治水対策、それから名取地域の排水対策検討会というところで検討を進めていただいておりますので、それに基づく計画策定というのがまずあるというふうに思っております。それからまた、現在行われております五間堀川の改修につきましても県の方に対して要望を強くしていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そうしますと、今、名取の方では土地区画をやっていまして 180ヘクタールほど水田が開拓されます。その辺のこともありまして影響も大きくなると思います。その辺の影響はどのようになるかわかればお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)計画書を見せられているわけではありませんので細かいところはわかりませんが、一般的な部分として名取の分につきましても当然のことながら県の防災調整池設置要綱というのが適用になります。そういう中で名取の開発区域については増田川流域になりますので増田川の排水能力の分だけについては排除できると。残りの分については調整池でため込むという計画になっていると、常識ではそのように考えられます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)わかりました。もう一つ確認したいんですが、確かに貞山堀と五間堀排水の強制排水はできないということであれば、先ほど私、矢野目のことでは葉の木堀というのがあります。葉の木堀に行きますと、貞山堀に相の釜排水機場があります。そしてまた、下野郷排水路からは藤曽根排水機場があります。いずれも昭和46年、47年に建設されておりまして既に耐用年数は終わっております。どちらかちょっと忘れましたんですが 8.5、9.22のときに排水ポンプが余り急な水かさで機能しなかったということがあります。それも含めてどのように考えているのか。たまたま私の前に質問した内容もありますけれども、押分分水路の阿武隈川の水位が 8.246メートルになりますととまります。当然、その水は岩沼地区内はもとより東部の方に流れます。対応できなくなると思います。そういったときにこの全体の排水機場の方も考えているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)先ほどから申し上げております東北農政局で治水安全度5分の1程度で改修したと。その改修の計画の中には五間堀側より東の分、特に東部地区については内水域という位置づけになっておりまして、この分はポンプで排除しなければ排除できない区域となってございます。そういうことでこの5分の1の治水安全度の中で藤曽根には1秒間に 7.5立方メートルの排水をするだけのポンプが設置されております。相の釜、要するに葉の木堀の一番下流側には1秒間に7立方メートルの排水をするだけのポンプが設置されております。これでもって排水をしていると。これが五間堀川の計画にマッチしている分でございます。したがいまして、これ以上のポンプでの排水はできないということでございます。それから、阿武隈川に排除できなくなった場合についてはどうなのかということでございますが、雨の降り方にもよりますが、五間堀、貞山堀につきましても堤防の一番天端から水が漏るような状況の中でポンプで排除できるかというと、これはなかなかできないだろうということでございますので、そういう場合には、言葉が悪いですが、岩沼市全域が水没するというような状況もないとは限らないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そうしますと、相の釜の機場と藤曽根の排水機場2カ所あるんですが、それも含めて考えるということでよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)済みません。少し回答漏れがございましたので、その排水機場の今のポンプ能力、それから老朽度、その辺も含めまして名取地域排水対策検討委員会でそれらも含めまして検討していくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)進めてほしいと思います。次に移ります。
 11点目なんですが、これも前の議員が質問した内容でございますけれども別な観点から聞きたいと思います。というのは、押分分水路建設事業というのがありましてこのパンフレットなのです。このパンフレットは阿武隈の分水路の会館でいただいてきました。表は国土交通省、そこの中をめくりますと、押分分水路が書いていまして今お話ししました五間堀、志賀沢川、貞山堀が書かれています。それで五間堀の一番最後には赤井江遊水地が書いています。押分分水路にもPというアルファベットがある。赤井江遊水地にもアルファベットのPがあります。これは何かといいますと、先ほど来、話しています分水路のPでございます。ですから、だれが見てもこの分水路は押分分水路と同じものが赤井江、ここにPというのがあるということは分水路ができるのかなと思うと思うんです。同じことなんですけれども、11点目、赤井江ポンプ設置の計画はどのようになっているのか、今までの経過と今後の見通しというものを再度お願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県の方にお伺いいたしましたところ、遊水地には 100万立方メートル程度の水をためるようなことを考えていると。それから外洋へは1秒間に30立方メートル程度のポンプの設置を考えているということでございますが、今のところ、計画年次を示せるような状況ではないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今までの全体の質問をずっとしました。太平洋側と貞山運河の間の各集落はいつも内水で悩んでおりますし、そしてまた、阿武隈川というのは分水路があって岩沼市民を守るんだというのがあります。しかし、台風は南から来ます、北から来ません。当然、福島県が大雨になれば阿武隈というのは 8.2メートルまで来るのはなかなかないと思いますが、そういうおそれもあります。ずっと流れを見ましても志賀沢川の改修がまだ見通しがついていない。五間堀の拡幅が優先だと。強制排水はできないとするならば、せめて赤井江の遊水地から強制排水がどうしても不可欠ではないでしょうか。市長、再度強く国、県に要請、要望をお願いしたいと思いますが、市長から一言お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ぜひ実現できるように努力はしたいというふうに思いますが、ただなかなか巨額の費用もかかる状況でありますので、そしてまた、五間堀川等につきましても年次計画で進めている中でそれと並行して赤井江にということは相当難しいのかなというふうに思いますが、折に触れて努力をしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)ぜひ岩沼市民の生命財産、命を守るためにお願いしたいと思います。
 最後の質問に移ります。三世代住宅について。昨年の国勢調査によりますと、日本の人口は減少傾向に転じました。本市は 6.6%の増加となりました。平成元年より平成18年の人口推移は東部、中央部、西部といたしまして里の杜の世帯を中央部に計算しますと、東部の人口推移は元年は 8,130人でありました。18年11月末現在では 7,147人、 983人の減少です。中央部、1万 9,174人から2万 1,225人、 2,051人の増であります。西部は 9,955人から1万 5,811人、 5,856人の増であります。それで、1世帯当たりの人員を見ますと、東部は平成元年が4.23人、18年11月では3.39人、中央部は3.35人から2.68人、西部は3.99人から2.94人、全体では3.67人から2.87人になりました。これは社会環境と構造の変化に伴い核家族化が進んだ結果だと思われます。そのため、老人ひとり暮らし、2人暮らしが増加しました。
 三世代は家庭内ではぎくしゃくすることもあります。祖父、祖母からはいろんなことを教えられます。あいさつの仕方、言葉遣い、身だしなみ、態度、食事の仕方を教えられます。今後も少子高齢化時代が進むと思われます。三世代家族の一つの例でありますがこんなことがありました。祖父を10年余り両親が介護をする姿を見て孫は命の大切さを感じ、介護士になるということでありました。三世代の家族の思いやりや優しさを感じると思います。三世代暮らしは孫に老人の大切さ、命の大切さを自然と教えられ、両親が共働きの世帯は老人が留守番をすることで保父さん、保母さんの役割もします。家のセキュリティーにもなります。孫が帰ったときおかえりと声をかけることにより家族愛が生まれます。また、老人がいれば子供たちの安全・安心につながります。老人がいる地域は古くから長いつき合いのために地域連帯が強く子供たちの登下校を見守っております。子供たちは安全に保たれております。また、じいちゃん、ばあちゃんがいると若夫婦の人生の先輩として子育てを教えたり家庭の潤滑油の役割もします。核家族化が進み少子高齢化時代を迎え三世代住宅啓蒙を促進してはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)住居の形態といいますと、その人の人生観あるいは価値観、あるいは暮らし方とか生き方とかといったことにかかわりが出てきますので、一概にどういう形がいいかということは明言できないわけであります。しかしながら、実際のところ、ただいま御紹介をいただきましたように、例えば三世代同居ということは非常に利点が多いということも確かでございます。ですから、岩沼市といたしましても、例えば長い人生を考えたとき、子供の育ち、あるいは老後の暮らし方、もろもろの観点からしてある意味では理想的な方向の一つと言えるかもしれません。ですから、そういう意味では何らかの形で啓発をするということも一考かなというふうに思っております。しかしながら、繰り返しになりますが、なかなかその人の暮らし方とか人生観、本当に考え方によると思いますので、強くどうこうということはできないのかなと。そこで、税制面の特例措置として二世代住宅に対する新築住宅の固定資産税の軽減措置というものを行っておりますので、まずこの点をPRしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)きのうの同僚議員の質問の中にいじめの問題がありました。いじめの要因は何ですかということで教育長は、家庭環境、少子化とモラルの低下、生活習慣の違いとあります。ということは、家庭の役割も大きいと思います。また、このことは市長が目指す健幸都市・岩沼は、健康で幸せは一つの家で成長する孫を見てじいちゃん、ばあちゃんが微笑む家庭、孫がじいちゃん、ばあちゃんに寄り添う家庭、家庭で楽しく長生きすることを目指していると思います。このことも含めてこういうふうなことだと思うか市長にお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)三世代同居というのは状況が許せば望ましい形ではないかと思っております。先ほど申しましたように、子供を育てる段階、あるいは子供が育つ段階におきましても、あるいは生活を送っていってそしてまた老後の状況というふうに踏まえた場合、もろもろの観点からして望ましい形ではあろうかというふうに思っています。
 ちなみに市長会でも実は三世代同居世帯については介護保険や就学支援などで負担が重くなることなどから税制等の優遇措置を講じるなど三世代同居の推進支援策を推進してほしいということを国の方に要望しております。ですから、今のところは税制の優遇措置というのは一部あるわけでございますが、もっと国全体として取り組んでいくとすれば、佐藤一郎議員からお話をいただきましたような何らかの支援策をしっかりと構築していかなければならないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)何らかの施策ができるようにお願いしたいと思います。健康で安全な三世代家族が住み楽しい家族がふえることを願い、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)4番佐藤一郎議員の一般質問を終結いたします。
 10番飯塚悦男議員の一般質問を行います。直ちに発言席において発言してください。
    〔10番飯塚悦男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)10番リベラル・ひまわりクラブの飯塚悦男です。学校給食米粉パンについて質問いたします。平成16年第2回定例会で小麦粉パンにかえて米粉パンを導入すべきであると提言を行いました。それらを踏まえて質問いたします。
 1点目、米粉パン給食の現状と今後の取り組みについて教育長に質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)平成16年2月議会におきまして飯塚議員から小麦粉パンから米粉パンにすべきではないかという御提案をいただきました。その後、学校栄養士会で研究いたしました結果、平成18年度は岩沼産の米を使い米粉の割合 100%のパンを月1回の割合で導入することになりました。平成19年度につきましても12回は使用する予定であります。値段的には小麦粉パンに比べまして約15円ほど高いのですが、児童・生徒には大変好評でありほとんど完食の状況であります。今後は値段の問題等課題は幾つかありますが、使用回数をもっとふやしていけるようにするための方法を検討していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)約3年間でこれだけの取り組みに熱意と努力が感じられます。教育長、栄養士初め現場の皆様にはさらに頑張っていただきたいと思います。
 そこで、今現在、小麦粉パンはパン協業組合から米粉パンは栗原市にあるパン工場から納入しているんですね。これは学校給食会との関係で小麦粉パンと米粉パンは学校給食会を通して納入しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりでありまして、小麦粉パンは学校給食会を通しております。米粉パンにつきましては今おっしゃった仙北の業者からであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)確認しますけれども、米粉パンは学校給食会を通さないで納入しているということでいいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私は、初当選以来、学校給食について随分質問いたしました。学校給食会の関係でなるべくなら学校給食会を通せというような指示とか圧力があると思うんです。私も南国市に行って勉強したり調べましたたらこの学校給食の関係は大変難しかった。そこで、影山教育長初め皆さんが学校給食会を通さないで米粉パンを通しているということは本当に素晴らしいと思います。そこで、協業組合でも米粉パンはつくっているんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)つくっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)熊谷パン工場は地元産の米でパンをつくっていると。私が調べましたら、協業組合でつくっている原料は政府の備蓄米ですから古米でつくっているということで教育長も御存じでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)存じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)岩沼の子供たちは幸せだなと。その年度の米でパンを食べているんですから、この協業組合でつくっている米粉パンは古米でつくっているということでこれは味にも相当な、やはり新しい米でつくった米粉パンはおいしいと思うんですが、教育長、その辺の認識はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)認識は同じでありまして、パン協業組合の米の割合、これは最大限努力して70%であります。仙北の業者は 100%であります。おのずから 100%の米のパンはおいしいということになると思うわけであります。比べたこともございます。やはりもちもち感が違う、甘いということで、どちらかというと 100%のパンの方がおいしいというふうな結論であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)今の答弁でも努力している様子が議会の皆様にも伝わったのではないかと思います。
 そこで、このおいしいパン、米粉パンを保護者がどの程度理解しているのか、例えば説明しているのか、例えば授業参観日に試食会をするとか、米粉パンについてのアンケート調査するとか、そういうのはしていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この具体的な例はつかんでおりませんが、給食だより等ではPRしているようでございます。子供の口からおいしいということは保護者にしっかりと伝わっているというふうに聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)子供から伝わっているということでありますが、実際に親の方にも食べてもらって、米の消費が落ちている現在、やはり米の消費拡大のためにも日本国内でとれたもので我々は生きなくてはなりません。輸入に頼らないで我々生活するように米粉パンの普及においても試食会等々を授業参観日にやっていただきたいと思います。
 そこで、地元の米で製造している原料の確保については大丈夫なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それも仙北の業者にお願いしてやっていただいておりますので大丈夫です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)子供たちの食の安全性、農業の大切さを学ぶ食教育の一環にもなると思うんです。例えば今、学校では総合学習等々で田んぼもつくっております。それで生産された米でパンをつくるということは考えられないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いずれはということにとどめたいと思います。これは現実的にできるかどうかというのは今後の研究次第でありますので、その辺も見ながら研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)食教育、食農教育が子供たちの成長を助けるのに大変だと思いますので、検討していただきたいと思います。
 2点目、地産地消の上で米粉パン給食をどのような考えで支援していくのか市長にお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず米粉パンに象徴されるように地場産品を使った学校給食の導入というのは、今どこでも取り入れられる状況になってきております。先ほど教育長から答弁がありましたように、子供たちには非常に好評だということであります。今、御承知のように、孤食とか、あるいは朝食を食べないといったような子供たちがふえている。これをどうにかしなければならないという中でおいしいものを給食で食べていただけるということは子供たちの健康な食、健全な食を守るという意味では給食の果たす役割が非常に大きいのかなというふうに思っております。その意味では飯塚議員が以前から米粉パンということをぜひ導入というふうに叫んできた一つの成果かなというふうに思っております。そこで、地産地消という意味と食の安全・安心の確保、さらには米の消費拡大といったもろもろの観点からしてぜひ学校給食には岩沼産米による米粉パン、大変結構なことだというふうに考えております。
 ただ、実際のところ、学校給食に岩沼産米 100%の米粉パンを定着させるには、やはり小麦粉パンとの価格差、あるいは米の保管輸送費といったような課題がありますので、教育委員会あるいは生産者、JAとも研究を重ねてその研究の成果を踏まえて市としてどのような支援策がとれるか考えてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)JAとの話し合いの場を持つと市長は言われました。大いにやっていただきたいと思います。今、減反が19年度は34から35%になろうとしているんですね。そういう意味では転作には加工米が認められています。そういう意味で価格の面もありますし、加工米が 3,000円でほかの市場に出る米が1等米で 6,000円という価格差もありますし、そういう意味でJAとの十分な協議も必要でありますし、もしパンで15円の差があると。ある自治体なんかはJAからその差額分、米の消費拡大ということで支援していただいているところもあるんですね。市長は常々、トップセールスだと。やはりやっていただきたい。そして、岩沼市内のあるJAは剰余金が毎年出ていると。そういう意味でトップセールスして支援していただくのも一つの手だと思うんですが、その点、市長、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)教育委員会あるいは生産者、JAとの話し合い、そして研究ということは非常に重要だと思っておりますので、そのあたりにつきましては十分研究、検討が必要かなと思っております。特に実際のところ、ある専門誌の報道によりますと、米粉パンが導入されるのは全国ではもう 6,000校以上導入されているというお話でありますし、大手のY製パンでは米粉入りあんパンを全国で販売していると。特に新潟においては、地産地消というねらいで新潟県産の米粉を配合したロールパンの販売とかということを行っておりますし、S製パンでも今月から米粉入りのロールパンを全国的に展開中だという話になりましたし、ファミリーレストランにおきましても来月から米粉パン 100%のパンを加えるといったような動きがあるわけであります。しかしながら、実は国民がどのくらい認知しているかといいますと、米粉パンを認知しているというのは20%弱だということであります。そしてまた、パンに使われている小麦粉の量に比べて米粉パンというのは1%にも満たないということであります。そういう意味ではまだまだ限定的な使用ではありますが、しかし、ある意味では企業等が取り組むような状況ということは市場としては十分やっていけるのではないか、そしてもちろん、国民の健康志向、そして大切なことは実は価格差もありますが、ですからそれをどうにかしていくということは非常に重要な課題ではありますが、一方では日本人好みで意外と食感を知ってもらうとおいしいというふうに思ってもらえるんでないかといったようなこともありますので、そのあたりを踏まえまして生産者の皆さんとか関係の方面とお話し合いをしていきたい。ただ、飯塚議員から言われましたように、トップセールスでただで提供させろとか、お金を出してもらうというのは果たしてトップセールスかどうかはわからないわけではありますが、担当の方、教育委員会の方とかもろもろ連携をとりながら少しでもいい方法ができればなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)これを詰めれば価格差という問題はかなり出ると思うんです。今、地元産の米の価格というのは恐らく相当低い価格で提供しているだろうと。私たち、政務調査費で新潟県の胎内市、今、市長が新潟県ということで先進地だということで大切な政務調査費を使わせていただきました。そこで学んだことは、米が、さっきは新米と古米で味が違うんだということだったんですが、1等米とまたその下の規格外米というんですか、それでつくった場合に物すごく味も違うし、品質も違うと言われたんですね。将来的にはその価格差を何とかしなくてない。御飯炊く米でパンをつくった場合、相当な赤字になるということで、それも踏まえてやはり今から世界の食糧事情、日本の食糧自給率の向上を考えた場合、米粉パンの普及は我が国の食糧政策に不可欠であると思うんです。そこで、先ほど市長も言われたとおりですが、やはり教育委員会初め農業委員会、農業団体などと協力関係を構築して岩沼型米粉パン給食を全国に発信していくと。発信していくということはトップセールスだと思うんですよ。その辺、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)この点につきましては飯塚議員の意気込みということはよくわかりますし、先見性についても敬意を表しているわけでございますが、教育委員会とのまず調整も必要でありますし、先ほど来、御提言をいただき、またお答えを申し上げておりますように、農業関係団体等とも十分詰めていかなければならないというふうに思いますし、実際に給食費で給食を行っているに当たりましては、やはり価格の差というものをどうするかということも非常に大きな課題だと。ただ、それ以外の部分につきましては、最近、相当技術もよくなってきておりますし、食べていただいた子供たちから非常に好評だということでありますし、またさっき申し上げましたように、市場に出回りつつありますのでその点はいいのかなと。ですから、価格差というのをどこで出せるか、そのあたりを十分検討していかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)会議時間は議事の都合によりあらかじめこれを延長します。
 飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私は市民の皆様に支援され市議会に議席を得てから7年になります。学校給食に関しては砂金収入役、当時の教育長と大いに議論いたしました。地場産品の使用、地元産米による米飯給食、学校で御飯を炊く自校炊飯方式など議論を通じ議員として成長させられました。感謝申し上げます。現在の地元産米による米粉パンを子供たちが給食で食べているということ、政策を提言してよかったと実感しております。これからも市民の声に耳を傾け理解を得、自信と誇りを持って執行部に対し是々非々の立場で市民のために政策提言を行ってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。
 本日の会議はこの程度にとどめ延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さんでございました。
    午後3時57分延会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成19年2月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 後 藤 一 利

                   議 員 長 田 雅 裕