議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第3回定例会(6日目) 本文




2006.09.26 : 平成18年第3回定例会(6日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は20名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、諸報告について事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。5件についてであります。
 第1、別紙お手元に配付のとおり、平成17年度決算審査特別委員会審査報告書が、会議規則第 101条の規定に基づき、決算審査特別委員長から議長あて提出がありました。
 第2、別紙お手元に配付のとおり、意見書案3件が会議規則第13条後段の規定に基づき議長あて提出がありました。
 第3、別紙お手元に配付のとおり、各常任委員会の閉会中の継続調査報告について、会議規則第 101条の規定に基づき、各常任委員長から議長あて提出がありました。
 第4、別紙お手元に配付のとおり、議会運営委員会の閉会中の継続調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定に基づき、議会運営委員長から議長あて提出がありました。
 第5、地方自治法第 180条第1項の規定により、別紙お手元に配付のとおり、損害賠償につきその額を定めること及びこれに伴う和解契約についての専決処分を行った旨、市長から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、6番長田忠広議員、7番宍戸幸次議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)この際、お諮りいたします。渡辺真多議員から、9月12日の一般質問における発言で、会議規則第63条の規定により、不適切な発言の理由により、2の防災対策についての岩沼公民館の今後の予定はどうかの質問の3回目の発言中、市長と私の見解が違う発言の一部を取り消したい旨の申し出がありました。この取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、渡辺真多議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決しました。
 この際、お諮りいたします。高橋孝内議員から、9月13日の一般質問における発言で、会議規則第63条の規定により、不適切な発言の理由により、収入未済額の実態と対策についての3保育所の保育料の収入未済額とその対策についての発言中の一部を取り消したい旨の申し出がありました。この取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、高橋孝内議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決しました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 認定第1号 平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第3号 平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第4号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第5号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ
           いて
     認定第6号 平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第7号 平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算
           認定について
     認定第8号 平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成17年度岩沼市水道事業会計決算認定について
           決算審査特別委員長審査報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、認定第1号から認定第9号までの9件を一括議題といたします。
 これより、付託をしておりました平成17年度一般会計、各種特別会計決算についての審査結果を決算審査特別委員会委員長から報告を求めます。
 決算審査特別委員会委員長、登壇の上、報告願います。
    〔高橋孝内決算審査特別委員会委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

決算審査特別委員会委員長(高橋孝内)
           平成17年度岩沼市一般会計及び各種特別会計
           決 算 審 査 特 別 委 員 会
                審 査 報 告 書
認定第1号 平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
認定第2号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第3号 平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第4号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第5号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第6号 平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第7号 平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第8号 平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
認定第9号 平成17年度岩沼市水道事業会計決算認定について
 本委員会に付託された上記の認定の件については、審査の結果、部会審査報告書のとおり認定すべきものと決したので、会議規則第 101条の規定により報告する。
    平成18年9月26日
                           決算審査特別委員会
                             委員長 高 橋 孝 内
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これまでの全体会議において十分質疑を尽くされたと思いますが、これより委員長の報告に対し、一括して質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより認定第1号から認定第9号までの9件を1件ずつ討論、採決いたします。
 これより認定第1号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第1号平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第1号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第2号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第2号平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第2号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第3号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第3号平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第3号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第4号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第4号平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第4号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第5号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第5号平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第5号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第6号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第6号平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第6号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第7号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第7号平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第7号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第8号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第8号平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第8号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
 これより認定第9号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第9号平成17年度岩沼市水道事業会計決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第9号は委員長報告のとおり認定することに決定しました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 意見書案第8号 どの地域でも格差のない、ゆきとどいた教育を保障するため
             に、義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、意見書案第8号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。15番五十鈴川みよ子議員、登壇の上、説明願います。
    〔15番五十鈴川みよ子議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)
意見書案第8号
                             平成18年8月31日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  五十鈴川みよ子
               賛成者  岩沼市議会議員  松 田 由 雄
                             布 田 一 民
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「どの地域でも格差のない、ゆきとどいた教育を保障するために、義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書」を別紙のとおり提出する。
      どの地域でも格差のない、ゆきとどいた教育を保障するために、
          義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書
 義務教育費国庫負担制度は、憲法・教育基本法に定められた国民の教育権を保障するため「国が必要な経費を負担することにより、教育の機会均等とその水準の維持向上を図ることを目的」としている。
 国はこの目的を達成するために、教職員給与費をはじめとする各費目を一貫して保障してきた。
 しかし、昭和60年度の国の予算・義務教育費国庫負担金から旅費・教材費の費目が除外されて以来、現在の国庫負担金は教職員の給与費・諸手当の費目等が適用対象とされている。しかも、「三位一体改革」の中で、「義務教育費国庫負担制度の見直し」が余儀なくされている。
 平成18年度の義務教育費国庫負担金は「2分の1」から「3分の1」負担に引き下げられ、約 8,500億円程度減額し、削減分は税源移譲予定特例交付金により措置されることになっている。
 「三位一体改革」では、削減額の全額を地方に税源移譲すると言われているが、移譲されたとしても40道府県で現在の国庫負担金額により税源移譲額が下回る試算がなされている。ほとんどの道県では深刻な財源不足に陥り、現行の教職員配置が困難になる。45道府県まで広がってきた少人数学級の取り組みも、後退を余儀なくされてしまう恐れがある。
 よって、政府におかれては、憲法・教育基本法に規定された「教育を受ける権利」「義務教育は無償」「教育の機会均等」を保障するために、義務教育費国庫負担制度を堅持するよう要望するものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
   平成18年9月26日
                       宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、文部科学大臣、総務大臣
 備 考 地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
 よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第8号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第8号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第8号どの地域でも格差のない、ゆきとどいた教育を保障するために、義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 意見書案第9号 学区の撤廃に反対し、学区制問題での公聴会開催を求める意
             見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、意見書案第9号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。8番松田由雄議員、登壇の上、説明願います。
    〔8番松田由雄議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)意見書を提出します。内容については、文章を読み上げて提案させていただきます。
意見書案第9号
                             平成18年8月31日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  松 田 由 雄
               賛成者  岩沼市議会議員  五十鈴川みよ子
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「学区の撤廃に反対し、学区制問題での公聴会開催を求める意見書」を別紙のとおり提出する。
       学区の撤廃に反対し、学区制問題での公聴会開催を求める意見書
 高等学校入学者選抜会議は、宮城県教育委員会(以下「県教委」という。)から「通学区域(学区制)の今後のあり方について」の諮問を受け、10月に最終答申をまとめようとしている。
 県教委は早ければ、現在の中学2年生以降が対象となる2008年度から、新制度の導入を意図している。
 今年7月に発表された「中間素案」では、「特定の地区・学校への志願者の集中や学校間格差の助長などの懸念はあるものの、現在の通学区域については撤廃し、全県一学区が望ましいと判断した」として、通学区域の撤廃の方針を打ち出している。その根拠として、平成17年11月〜平成18年2月に県教委が実施した「県立高校の通学区域(学区)に関する意識調査」のデータを利用し、学区があることを前提とする学区拡大と、学区をなくす学区撤廃の回答数を合計し、あたかも学区撤廃が民意であるように描いている。「学区撤廃を希望する県民が少数」だったという結果とかけ離れた恣意的な分析を行っている。学校選択制の自由を拡大する方向で見直すとし、学区制の拡大か、撤廃かのいずれかを盛り込む方向で、答申をまとめようとしている。
 現在でも学校間格差が存在し、それが教育の諸矛盾の根源であると中教審答申も指摘している。さらなる拡大が進めば、高校間の競争を激化させ、序列化が一層進むことになる。その結果、次のような心配が生じることになる。
 第一に、希望者が仙台圏に集中し、現在でも 1.5倍の受験率である仙台圏の受験競争はますます深刻になる。そのため、仙台圏に居住しながら仙台圏の高校へ入学できない生徒が増えていくことが予想される。その結果、不本意入学、遠距離入学が強いられる生徒の増加で、不登校や中退者が予想される。
 第二に、仙台圏以外の高校では、志願者が今まで以上に減少する高校が増加する。定員にほど遠い人数の入学しかない状態が続いた場合は、廃校とするのが県教委の方針である。
 第三に、多くの生徒が遠距離通学を強いられる事になり、その結果、親と生徒の負担が増え、授業料未納などの問題が出ている今、通学費が払えず高校進学を断念せざるを得ない場合も生じてくる。一方で、バスの廃止路線が増えるなど、通学にバスを利用できる地域や本数が削減されている現実がある。通学に困難な生徒が増えるもとでの学区撤廃は大きな矛盾である。
 第四に、県立高等学校の通学区域の撤廃は中学生以下の義務教育における競争の激化と学校間格差の拡大を進め、宮城の教育全体に大きな影響をもたらす事態となる。
 保護者・国民が求めているのは、すべての生徒たちの「学ぶ権利の保障」と「基礎学力の保障」である。学区撤廃は、今日の生徒と教育の危機打開というものではなく、より一層生徒たちを苦しめるものである。
 よって、宮城県知事、宮城県教育長におかれては、通学区域の撤廃、生徒たちの進路や地域のあり方などに切実な影響を及ぼす決定を迅速に出すことのないように求めるとともに、県教委主催での意見交換のできる公聴会を県内各地で開催することを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
   平成18年9月26日
                       宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  宮城県知事、宮城県教育長
 備 考 宮城県議会議長、地元選出県議会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
 十分な御審議をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。2番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)今回の学区の問題について、当然ながら、公聴会を開催することについては確かに必要であるというふうに認識をしているところでありますが、今現在、普通高校の普通科の部分については3%枠があるわけでありますが、その中で、5%とか10%とする枠組みが必要になってくるんだろうということから考えれば、学区の撤廃にすべて反対をするのではなく、そういった議論を含めた中でやるべきだと思いますが、3%からふやす部分についてどのようなお考えを持っているのかお伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、布田一民議員が言われたことについて答弁したいと思います。
 私が意見書を提案する中で、一般質問でもいろいろ聞きましたけれども、今日、学区撤廃を提案しておきながら、一つは、前提として、公聴会も開催する予定がない。学校も含めて、保護者の人たちの意見もなかなか通らない中で学区撤廃をするのはいささか早過ぎるのではないかと。やはり公聴会を開くこととか、県民、保護者の意見もとらえると。ひいては、今、布田一民議員も言われたように、3%枠を弾力的に例えば4%とか5%にふやすということも含めて検討することが大事であって、そうすることによって、一定程度の効果はあるし、一度に学区を撤廃した場合に競争だけが広がってしまうと。今は、議論が不十分な中であれば、むしろ公聴会を開催する。そして、3%枠についてもどうするか議論をすることが最も先決な考え方なのかなというふうに私は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)2番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)もう一つあるわけですが、当然、中学校においては適切な進路指導が必要になってくるんだろうと思うわけですが、そういった部分の中の意見書であるべきだと思いますし、そしてまた、県としての施設だけではなく、各市町村にある学校施設、高校施設でありますから、市町村の中で、ある一定の特徴ある高校をつくっていかなければならないんだということも含めながら、この意見書を提出すべきではないかなと思いますが、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私がこの意見書を提案するに当たって一つ考えたのは、まず、撤廃の前に考えるべきことがいっぱいあるのではないかと。例えば、今議会の一般質問で櫻井議員が入試の推薦について質問しましたけれども、推薦のあり方、3%の問題、むしろ特色ある教育、生徒や保護者が望んでいるような、わかるまで教えてもらう授業、興味を引き出してくれる授業、その辺をあわせて考えていかないと、どこに入るかだけの問題ではないというふうに私は理解をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私の高校時代というのは学区がない時代でありまして、学区を撤廃すると、想像なんですけれども、こんなに悪い制度の中で我々世代は育ってきたのかなと思いながらこの意見書を見ていたわけですが、学区撤廃をした場合に何かいいことは想像できませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)学区を撤廃した場合に何かいいことがあるかどうかというのは、そういうことを考えてこの意見書を提案したのではないんで、渡辺真多議員自身が考えてもらえば一番いいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)学区を撤廃した場合に、仙台に集中するというような、競争が激化するというような言い方になっているわけですけれども、今の学区に分かれている公立高校の状況を見ると、仙台に二つの学区が入っていると。要するに、女だったらここの学校は岩沼とかこの辺、別なところは北の方と仙台に入っているわけですが、そういう意味では、撤廃しようがしまいが、仙台に集中しているのであれば、同じように集中するんだろうなと思うんですけれども、今現在、仙台にどのくらい集中しているのか。2点お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)どのくらい集中しているとかについては、わからないです。自分で調べてください。
 仙台の影響というのは今でもあると。確かにそれはあるんですけれども、これは一極集中になるということの反面、仙台市内で枠に入れない子供たちが郡部に集中するということもこれは想定されるし、例えば、滋賀県とか秋田県、撤廃したところではそういう状況が起こっているし、むしろ、福島県などは磐城高校とか、中規模の都市がいっぱいあるところはそういう傾向はないんだけれども、宮城県みたいに仙台大都市があるところは郡部の方におりてきて、逆に、郡部の方のいろんな矛盾が出てくるというふうに理解しているんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)仙台に集中することを懸念されているのであれば、当然、現在どのくらい集中しているのかというのをわかった上で、こういう意見書は書いてほしいものだなと。1点。
 それから、私、名取高の生徒を連れて岩手の方に行って、帰りにぐるっと送ってきたんですが、ほとんど仙台、名取とかの子供なんですね。岩沼にある名取高も本当に広い地域から生徒を集めているし、松田議員が心配するほどの話ではないなというぐあいに思いますけれどもね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が心配するのは、いわゆる進学校に集中すると。渡辺真多議員みたいな優秀な人たちがいっぱい集まる。優秀な人だけが集まってしまうと。均等化がやっぱり必要であって、その場合は、お金がなければ行けないと、例えば遠距離通学は。古川から入りたくても、新幹線の特急は割引がきかないので1カ月4万 2,000円、お金持ちだけが一極集中で入るというように理解しているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)学区の見直し問題につきましては、いろんな背景から出てきているものだと思います。宮城県の現状、学力の状況はどうかというと、大変厳しい状況にあるなどから、それと学校経営の問題等、それから、どんどんどんどん子供が少なくなり学校に入る方が少なくなっていくという状況から出てきた問題だろうと思います。
 この学区の見直し問題につきまして、先ほど、布田一民議員の質疑に対しまして、松田議員の答弁では非常に柔軟性のある方向を出されました。3%の問題を4なり5なりに、場合よっては10%ぐらいで緩和されるんじゃなかろうかというふうなことについても、その考え方も松田議員は示されました。
 そこで、私はここで申し上げておきたいんですけれども、「学区の撤廃に反対し」というここの文言について、後を残した形の中で修正して提案する考えはございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)十分に理解してほしいんですけれども、冒頭の見出しは「学区の撤廃に反対し」となっていますけれども、私が意図しているのは、さっき述べましたけれども、いろんな影響を及ぼすので、決定を迅速に出すことのないように、早くすることのないようにということで反対しているのであって、十分な議論を進めてほしいというふうに私は理解して提案したつもりなので、ぜひ御理解を願いたいなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第9号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第9号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。初めに、本案に対する反対討論の発言を許します。3番櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今回、私が一般質問で取り上げました推薦制度、また学区制が、今問題となっている学力低下の一因であると私は考えている次第です。また、仙台圏が北学区、南学区に分かれて約30年経過しておりますけれども、その間、地元出身高校卒業生の国立大に入っている入学者数ですか、関東圏の学生に押されてかなり減っております。以上の点を踏まえまして、私はこの意見書に対して反対いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)意見書案第9号についての賛成討論を行います。
 今、櫻井議員が、学力低下と国立大に入る人が大変少ないというようなことを言われましたけれども、例えば、大学の進学率については、低迷だということが学区の全廃をするという一つの理由に挙げられています。しかし、私はそうは思っていません。私は何も根拠がないと思っているんですが、総合選抜制で高校間の格差のない京都とか兵庫などは進学率でも上位を占めているわけですから、国立大への進学率が低い、学力の低迷だというのが、学区があるからだという根拠は全然ありません。
 それから、もう一つは、公聴会のことがよく言われますけれども、最終答申が出ていないということがありますけれども、ここに来るまでの議論が大変不十分だと私は思います。昨年の11月に県教委が実施した意見調査がありますけれども、ここの中では、現在の学区制を維持してほしいというのが6割から7割ぐらいになっています。学区全廃というのがたったの2割です。それで、2割あるから全廃した方がいいというような議論になっている、少数そういう人たちがいるから全廃した方がいいという、そういうようなものには私はとても賛成できない。県民とか中学生、保護者、教員の意見をしっかりと改めて聞いて、公聴会も含めてやって、私はやるべきだというふうに思っています。そういう意味からして、この意見書第9号については大賛成です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、反対討論の発言を許します。12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)学校選択制の自由は、子供の自由な意見が尊厳されるものだと思います。加えて、今後も少子化傾向が進むことを考えたとき、先ほど梶谷議員の質疑にも「この意見書の修正をしてはどうか」ということもありましたけれども、いずれにいたしましても、「学区の撤廃に反対する」というこの文言を含む意見書には反対であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論。10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私は、高校の役割、公立高校と私立高校があると思います。公立高校には原則として学区制は必要であると。5%枠、10%枠への拡大もありますけれども、そういう意味で、この意見書に賛成か反対かと言われましたらば、賛成せざるを得ないと思いますので、賛成です。(笑う者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、反対討論。16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私も梶谷議員の言われたことに非常に賛成で、現在の状態で学区の撤廃というぐあいに固定するべきではないと。五十鈴川議員も意見を聞くことがまだまだ不十分だと言われております。学区制の問題で、公聴会等、もっと意見を聞いて、それから決めるという形のものであるべきだなということで、この意見書には「学区の撤廃に反対し」と固定してあるので、私は反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)私は賛成の立場での討論ということですが、たしか1977年に学区制が打ち出されたやに記憶しているんです。もともとは学区制がなかった。それをこの年に学区制をしいて、教育のあり方全般について、地域性を踏まえたりしながら今までの経過があったと思うんです。今現在は、少子化とかという流れの中で、男女共学化とか学校が統廃合されています。そうすると、地域によっては、枠の拡大が広がれば広がるほど流れも変わるだろうし、そうすると、いいところはいいんだけれども、そうでないところは逆の面に発展してしまって、今までの学区制をとっていた意義が失せるのではないかという嫌いも私自身は持つんですね。その見方には紙一重の部分もありそうな気はするけれども、でも、今現在、地域そのものは、学校もバランスよく配置された経過もあると思うんです。全県の子供たちがくまなく勉学できるように隅々に、市町村一単位ではないけれども、そういう配置をされた経過もあると思うので、そういうことからすると、一つの枠の中で、学区制の中で学校入学ができるように今の内容を維持された方がいいのかなと。そういう意味では、この意見書に対して私は賛成ということにさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に反対討論。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第9号学区の撤廃に反対し、学区制問題での公聴会開催を求める意見書については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立少数であります。よって、本案は否決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 意見書案第10号 道路特定財源の堅持を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、意見書案第10号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。10番飯塚悦男議員、登壇の上、説明願います。
    〔10番飯塚悦男議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)
意見書案第10号
                             平成18年8月31日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  飯 塚 悦 男
               賛成者  岩沼市議会議員  森   繁 男
                             渡 辺 真 多
                             平 塚 兵 六
                             高 橋 孝 内
                             梶 谷 洋 夫
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「道路特定財源の堅持を求める意見書」を別紙のとおり提出する。
             道路特定財源の堅持を求める意見書
 道路は、豊かな生活や活力ある経済・社会活動を支える最も基礎的な施設であり、その整備は全国民が長年にわたり熱望してきているところである。
 本市域においても、朝夕の幹線道路における車両の慢性的な交通渋滞が年々ひどくなっており、幹線道路網の整備を早急に図ることが最重要課題となっている。
 一方、本格的な少子高齢化が進展しているなか、活力ある地域づくり・都市づくりを推進するとともに、地球規模での環境問題に対処し、安全で安心できる国土の実現を図るためには、地域間を結ぶアクセス道路の整備が、より一層重要となっている。
 よって、国においては、道路整備の重要性を深く認識され、次の事項について特段の配慮をされるよう強く要望します。
                    記
1.受益者負担という制度の趣旨にのっとり、道路整備を強力に推進するため、重量税を
 含む道路特定財源は、一般財源化にしないこと。
1.都市の再生と地域連携を図りつつ、自立した特色ある地域づくりを行うため、その基
 盤となる道路整備を一層促進するとともに、広域的幹線道路網の早期形成を図ること。
1.急速に進む少子高齢化に対応するため、地域間・地域内の交流・連携を支える道路網
 の支援を行うとともに、歩行空間のバリアフリー化、交通安全・防災対策等安全で安心
  できる道路整備の施策の充実を図ること。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
    平成18年9月26日
                       宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、国土交通大臣、内閣府
       特命担当大臣(金融経済財政政策)
 備 考  地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
  以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)6点についてお伺いします。ゆっくり読み上げますのでひとつよろしくお願いします。文章上の表現についての理解も含めてです。
 まず第1点は、「受益者負担という制度の趣旨」とありますけれども、どういうものなのか教えていただきたい。
 二つ目は、急速に進む少子高齢化対策と道路整備は整合性がないのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。
 第3点は、なぜ一般財源化がだめなのか、その理由を。
 4番目は、今、国会の中では、小泉首相はいつまで首相かちょっとわからないんですけれども、小泉首相、民主党も一般財源化を求めていると思いますけれども、そうであるならば、一般財源化に反対するのはだれなのか、もしわかっていれば教えていただきたい。
 5番目、道路特定財源はガソリンにかかる揮発油税や自動車重量税などですが、1953年に、国道・県道の舗装率が5%という中で、整備を進めるためにつくられた制度でありますけれども、今日、舗装率が96%を超えている中で、この制度を続ける理由はないというふうに私は思います。役割を果たしたのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。。
 最後に、今日の道路特定財源の使い道は、高速道路整備や大型開発が主なものではないかと思います。むしろ、厳しい財政状況の中、一般財源化して、道路優先の固定的な配分を改めて、生活密着型事業、社会保障事業への配分に転換することが大事だと思いますけれども、いかがでしょうか。以上、6点について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)提出者飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)1点目の、「受益者負担という制度の趣旨」は何かということで、原因者負担の考えに基づき、自動車利用者、受益者が道路整備の費用を負担するということです。
 2点目、交通弱者と言われる子供、老人を守るため、バリアフリー化、歩道などの整備が必要であります。
 3点目、公共交通機関が未発達な地方では移動手段の大部分が車に頼っており、市民の道路整備に対する要望は依然として強いものがあります。要望にこたえるためにも、道路特定財源制度に基づき、全額道路整備に使うべきであります。
 4点目、だれが反対しているかと。特定の名前は出せませんが、政治家で、特に国会議員、地方の声を大事にする、反映する政治家は反対しております。小泉首相が一般財源化と言ったのは、確かに国民受けいたしました。特に、道路公団の問題、あるいは道路族議員と言われることを小泉首相が排除したいということで、国民の喝采を受けたことも事実であります。
 5点目、道路特定財源は道路整備とその安定的な財源の確保のために創設されたものであり、自動車利用者が利用に応じて負担する制度であり、地方自治体においても重要な財源であります。
 6点目、受益者である自動車利用者が、利用の対象に応じて道路整備の費用を負担するため、合理性、公益性が高く、また、計画的な道路整備のために必要な財源を安定的に確保することが必要であります。
 生活密着型事業や社会保障への転換ということなんですが、転換するならば、税金を下げてほしいというのも国民の中にはあります。また、地方の道路の整備がまだまだ残っている段階では、財源の堅持が必要であると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)では、2番目から、もう一度理解を深めたいと思うんですけれども、飯塚議員は、少子高齢化対策として道路整備がおくれていると。バリアフリー化とか歩道の整備とかと言われたんですけれども、地方自治体には、歩道整備とか、厳しい財政状況の中でなかなか国からお金が来ていないんじゃないかというふうに私は思うんですね、いわゆる道路特定財源の予算が。むしろ、高速道路、例えば、東部道路とか、三陸道とか、常磐自動車道とかに。どういうふうに道路、歩道整備というふうに言われたのか、もう1回確認をしたいと。
 4番目の、小泉首相は国民受けをと言われたんだけれども、いわゆる小泉首相の考えを、構造改革をより一層推進すると述べた安倍新総理がきょう誕生するようですけれども、だとすると、小泉首相が言っているということは、結局、自民党が支えた、ここにも支えた方がいるんですけれども、矛盾じゃないかなというふうに思うんですけれども、その辺はどうなのか教えてほしいと。
 あと、5番目の、道路舗装は96%を超えた現在、当初の趣旨との関係で役割は終わったのではないかというふうに思うんですけれども、その辺について、もう一度見解を。
 最後に、だとすると、岩沼にはどういうふうに道路特定財源から予算等が配分されているのか、もしわかれば報告していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)1点目の、道路特定財源は舗装ばかりではなくて、今後は、交通安全対策上も、歩道の整備、またバリアフリー化と。1953年当時とは道路に対する意識も大幅に違うと思うんです。当時は、舗装すればいい、砂利道をなくしてほしい。今は、バリアフリー化とか歩行空間の整備が必要であるということで、必要であると思っています。
 2点目の、小泉首相ですね。確かに、先ほど申したとおり、小泉首相の一般財源化は国民の喝采を浴びました。自民党内でも構造改革に反対することはできないんです。というのは、この前の郵政民営化でも、反対して、対立候補を立てられた、離党させられたとか、除名させられた。そういう意味で、時の総理大臣は絶大な権力がありますので、小泉首相が一般財源化と言えば、表面切って反対すると、抵抗勢力と言われまして、抵抗勢力と言われると選挙に弱いという面もあるので、そういう意味で、財源化がいいのかどうか、悪いは抜きにして、そもそも政治家は抵抗勢力と言われるのが一番つらいこともありまして、そういうのが事情ではないかと思います。
 5番目ですね、1953年当時と比べて、舗装率が96%。それ以降の道路整備といいますと高速道路の建設。先ほど申したとおり、その当時は歩道もなかった、交通安全対策もほとんどなかったんですね。それが、現在では、通学路の安全確保のためにも歩道の整備、そして、障害者が将来的に自由に買い物ができるような道路の整備が必要であります。そういう意味で、現段階においては一般財源化は必要ないのではないか。
 特に、一般財源化されれば、中央にお金が行きます。今、地方分権が騒がれている中、地方には税源もないのに、地方分権だ分権だと。中央に金が集まりますと、中央の、先ほど公立高校でも出たんですが、有名大学出身のキャリア官僚が一手に握ってしまうと。すると、我々の選んだ井口市長はそのために中央官庁にお金をもらいに行くと。そのような状態が、一般財源化すれば、これは当然必要でありますので、とりあえず、税制論議の中で、将来的には一般財源化も必要かもしれませんが、そのとき考えればいいと思います。
 あと、岩沼市の税金ですね、平成17年度の歳入歳出決算書によれば、自動車重量譲与税が1億 2,866万 8,000円、これが市町村に3分の1。それから、地方道路譲与税が市町村に 100分の42、指定市に 100分の58、岩沼市には 4,492万 6,000円。自動車取得税交付金、市町村に10分の7で 8,305万 7,000円です。総額2億 5,665万 1,000円が岩沼市に入っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)じゃ最後に、提案者の飯塚議員も本当は一般財源化すべきだというふうに思うのかなと。苦しい立場の答弁、見ていて本当につらい思いがするんですけれども、先ほど話した中で、国会の中で、小泉首相、民主党、経済諮問会議が、一般財源化すべきという議論を大々的に打ち出して、政策化してきたんだけれども、そうすると、小泉首相を支えた自民党の国会議員の方々とか、応援した人は、小泉首相が郵政民営化とか道路特定財源の一般財源化をすると、中身に関係なく、応援してもらいたいがために応援したというふうに理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)お答えします。
 私は自民党の中身はわかりませんが、確かに、言われるとおり、小泉首相は、郵政民営化を初め一般財源化というので、国民の喝采を浴びることは天才的でありました。中身は実際は郵政民営化でもわからなったと私は思います。ただ、それが国民の支持率に大いにつながりまして、本来的に考えれば、冷静に考えればわかるんです。そして、道路特定財源の一般財源化は、今の段階では私はやはり堅持しなければならないと。将来的には、税金を地方で自由に使える税制論議の中で、地方分権と税制論議が一体化して本当の地方分権になれば、やはり一般財源化も必要かと思いますが、とりあえず、現段階においては堅持する方が地方にとっては必要であろうと思います。
 特に、9月19日の河北新報に大々的に出ていました。皆さんごらんになったと思いますが、見出しだけ御紹介します。「道路特定財源の一般財源化、反対の署名活動活発、東北JCなど次期政権に提出予定」ということになっております。JCというのは日本青年会議所で、議員の中にも現会員もおるし、またOB会員もおりますので挙げて、本来であれば、青年会議所というのは改革派であるべきなんですが、反対の署名を集めているということで、松田議員には理解してもらいたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第10号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第10号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。初めに、本案に対する反対討論の発言を許します。8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は、日本共産党を代表して、道路特定財源の堅持を求める意見書について反対討論を行います。
 反対の理由の第1は、先ほども述べましたが、道路特定財源はガソリンにかかる揮発油税や自動車重量税などですが、1953年に、国道・県道の舗装率が5%という中で、整備を進めるためにつくられた制度であります。舗装率96%を超えた現在、この制度を続ける理由はなく、役割は終わったと認識するものであります。
 二つ目は、今日の道路特定財源の使い道は、高速道路整備や大型開発が主なものではないかと思います。むしろ、厳しい財政状況の中、一般財源化して、道路優先の固定的な配分を改め、生活密着型事業や社会保障事業への配分に転換することが大事であると思います。
 第3点は、政官財の癒着、天下りについて改革できないのは、道路特定財源が一つの温床になっていることも指摘されています。
 以上の理由から、道路特定財源の堅持を求める意見書については反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)この意見書に賛成の立場から意見を述べさせていただきます。
 日本自動車連盟の「道路の満足度と今後のあり方」に関するアンケートに示されているとおり、自動車利用者の約6割が道路の改良を希望し、特に、生活道路の改良を最優先に進めてほしいという結果が出ております。加えて、地方にとりましては、社会資本の整備、特に道路の整備については十分に進んでおらず、二十一世紀を東北の時代とするためにも、道路特定財源の堅持を求める意見書には、現時点の状況では賛成であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、本案に対する反対討論の発言を許します。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第10号道路特定財源の堅持を求める意見書については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 休憩をいたします。
 再開は11時25分といたします。
    午前11時11分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時25分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 委員会の閉会中の継続調査報告について
     (総務常任委員会の特定事件)
     委員会の閉会中の継続調査報告について
     (教育民生常任委員会の特定事件)
     委員会の閉会中の継続調査報告について
     (建設産経常任委員会の特定事件)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、委員会の閉会中の継続調査報告について、会議規則第 101条の規定により、総務常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告の件から建設産経常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告の件までの3件を一括議題といたします。
 初めに、総務常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告を求めます。
 後藤一利総務常任委員長、登壇の上、報告願います。
    〔後藤一利総務常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務常任委員長(後藤一利)
                               平成18年9月26日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                          総務常任委員会
                            委員長 後 藤 一 利
              委 員 会 調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│山口県光市(人口55,567人 面積 91.94km2 H18. 3.31現在)    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月17日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │防災対策について                        │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.防災センターの機能について                 │
│  │     │  住民が防災知識を気軽に学べ、一人でも多くの人が、過去の災害の│
│  │     │ 教訓を踏まえて「自分の身の安全は自分で守る」という防災意識の向│
│  │     │ 上を目的として建設され、子供から大人まで住民のだれもが気軽に利│
│  │     │ 用でき、地域コミュニティーの役割を兼ね備え、防災全般について知│
│  │     │ 識を習得できる施設である。                  │
│  │     │ (1) 体験機能                         │
│  │     │   初期消火体験コーナー、地震体験コーナー、 119通報体験コーナ│
│  │     │  ー、試乗コーナー                      │
│  │     │ (2) 訓練機能                         │
│  │     │   災害遭遇バーチャルシアター、防災クイズコーナー      │
│  │     │ (3) 研修機能                         │
│  │     │   救急・救護レッスンコーナー、展示コーナー         │
│  │     │2.災害時の情報伝達マニュアルについて             │
│  │     │  特に情報伝達マニュアルはないが、職員に対する伝達はマニュアル│
│  │     │ 化され、通信規程に織り込んでいる。災害時には、市長が災害対策本│
│  │     │ 部のトップとして、各課が班構成を組み対応する。        │
│  │     │ (1) 職員へは携帯メール等で常時情報を流し、30分以内で集合でき │
│  │     │  る。                            │
│  │     │ (2) 市民に対して、テレホンサービスの提供を行っている。    │
│  │     │ (3) 発信地表示、地図検索システムにより、 119番発信元を検索し │
│  │     │  ディスプレイ上に地図表示できる。              │
│  │     │3.コミュニティホール、多目的ホールの活用について       │
│  │     │ (1) 平常時                          │
│  │     │   防火・防災の体験学習、研修の場として、防災啓発、普通救命講│
│  │     │  習、応急手当等講習及び救急啓発に利用される。        │
│  │     │ (2) 非常時                          │
│  │     │   大規模災害時の一時避難場所、県内外からの災害ボランティア等│
│  │     │  の活動拠点、支援物資の集配拠点として使用される。      │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 新消防庁舎を理想に合わせた形で、将来を見据えた建設をすれば、職│
│  │     │員、団員そして住民までもが消防、防災(予防を含む。)に関する意識│
│  │ま と め│が高まってくるとの指導があったが、本市としては、当然のことである│
│  │     │が、建設当初の投資額だけにとらわれることなく、将来展望を明確にし│
│  │     │た無理、むだのない機能性の高い消防庁舎建設を行い、ハード面はもと│
│  │     │よりソフト面での防災対策の向上にも寄与すべきと考える。     │
│  │     │ 特に、消防緊急情報システムとしては国庫補助II型が望ましいと考え│
│  │     │る。                              │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│山口県柳井市(人口36,602人 面積139.87km2 H18. 3.31現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月18日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │行財政改革について                       │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.策定方法について                      │
│  │     │  市長を本部長として行政改革策定本部を設置し、庁内からの意見聴│
│  │     │ 取等を行いながら策定した。また、策定案を住民の有識者で組織する│
│  │     │ 行政改革推進委員会に諮り、住民の意見を取り入れながら調整し策定│
│  │     │ した。                            │
│  │     │  さらに、策定後においても委員会に推進状況の報告等を行い、計画│
│  │     │ 実施、検証、見直しの体制を整え、必要に応じ検討協議会を開き、な│
│  │     │ お一層の行政改革の推進を図っている。             │
│  │     │2.目標数値の設定及び公表方法について             │
│  │     │  市の役割、全行政施策、人件費の削減、遊休資産の売却、適切な市│
│  │     │ 民負担等81項目の事務事業の改善を、17年度を基準として18年度から│
│  │     │ 21年度までわかりやすく明示して目標数値を設定し、市の広報やホー│
│  │     │ ムページで公表している。                   │
│  │     │3.民間委託の推進について                   │
│  │     │  これまで、民間でできることは民間で行うという考えのもと、業務│
│  │     │ の一部を民間に委託したり、指定管理者制度の導入を行ってきたが、│
│  │     │ 今後はさらに検討を重ね、施設の管理運用方法等について見直しを行│
│  │     │ い、さらなる指定管理者制度や業務のアウトソーシングについて積極│
│  │     │ 的に活用することとした。                   │
│  │     │ (1) 指定管理者制度                      │
│  │     │   平成17年度までに導入している施設が3箇所、18年度から導入す│
│  │     │  る施設が3箇所、19年度までに導入を検討する施設が15箇所であ │
│  │     │  る。その他の施設についても、サービス水準の向上と業務の効率化│
│  │     │  を図る視点から、施設管理のあり方について継続して検討する。 │
│  │     │ (2) PFI制度の活用                     │
│  │     │   大規模な公共施設の整備の際には、PFI制度の導入の可能性に│
│  │     │  ついて調査・検討する。                   │
│  │     │ (3) アウトソーシング                     │
│  │     │   現在、清掃、休日夜間警備、福祉サービス、ごみ収集の一部、道│
│  │     │  路維持等さまざまな業務について委託方式を取り入れているが、今│
│  │     │  後も民間で行う方がサービス水準を今以上に保て、効率的であると│
│  │     │  思われるものについては積極的にアウトソーシングを取り入れる。│
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 形だけにとらわれることなく、中身の充実を図ることが最重要と位置│
│  │     │づけている。人口減少時代を迎え、財政改革は急務と言える。    │
│  │ま と め│ 本市においても、行財政改革は意識改革なくして成果を上げることは│
│  │     │できない。いかにして職員の意識を改革するか、職員みずからが創意と│
│  │     │工夫を凝らし改革への挑戦を涵養することが不可欠と思う。     │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│兵庫県尼崎市(人口 461,438人 面積 49.77km2 H18. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月19日(金)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │行政評価について                        │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.導入の目的について                     │
│  │     │  評価内容を情報開示することにより、行政として説明責任を果たし│
│  │     │ 透明で開かれた行政を推進すること、行政サービスや成果を市民の視│
│  │     │ 点から客観的に評価し、改革改善を推進していくことである。   │
│  │     │  現在の事務事業評価は、行政活動自体の改革改善を目指し、3項目│
│  │     │ を目的として導入している。                  │
│  │     │ (1) コスト評価機能の強化                   │
│  │     │ (2) 行政の体質改善・職員の意識改革              │
│  │     │ (3) 行政経営システムの改革                  │
│  │     │2.評価方法について                      │
│  │     │  限られた行政資源の効率的活用を図るため、必要性(公共関与の必│
│  │     │ 要性、市関与の必要性)、効率性(単位当たりコストの経年、他都市│
│  │     │ 等の比較)、有効性(上位施策への有効性)を総合評価ABCDであ│
│  │     │ らわし、所管課長が評価している。               │
│  │     │3.導入の効果について                     │
│  │     │ (1) 事業目的の明確化                     │
│  │     │   施策別に全事務事業(約 1,000事業)を棚卸しすることによって│
│  │     │  事業目的、求める成果・効果を明確化した。          │
│  │     │ (2) フルコストの把握                     │
│  │     │   事業別決算評価書の取り組みにより人件費、間接費の配賦や発生│
│  │     │  主義会計における費用の概念を一部適用することで、事業に要する│
│  │     │  正確なコストを認識できるようにした。            │
│  │     │ (3) 行政資源のデータベース化                 │
│  │     │   施策体系データ、コストデータに加えて評価指標データ等を一元│
│  │     │  化することで、行政経営システムに係る共通データベース化が図ら│
│  │     │  れた。                           │
│  │     │4.評価結果の活用について                   │
│  │     │ (1) 事務事業の改善                      │
│  │     │   業務改善運動(YAAるぞ運動)              │
│  │     │ (2) 予算・政策への反映                    │
│  │     │   一部枠配分予算編成                    │
│  │     │ (3) 新たな財政分析                      │
│  │     │   施策別、欲求段階別、受益者別、法定別区分         │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ コスト意識を高めるために、各課の取り組みにおいてフルコストを事│
│  │     │業別に算出して、 1,000項目の事業の目的、求める成果・効果を明確に│
│  │ま と め│し、市民にわかりやすい行政評価と思う。具体的には、住民票1通に │
│  │     │1,520 円のコストがかかるが、手数料として 300円の負担としている。│
│  │     │ 本市でも、事務事業評価に具体的な数値と原価意識が必要と思う。 │
│  │     │ 今後、フルコストベースによるコスト把握をすることはもちろんのこ│
│  │     │と、事務事業の改善に努め、間違いのないツールとして大いに活用すべ│
│  │     │きと考える。                          │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘

 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、教育民生常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告を求めます。
 長田忠広教育民生常任委員長、登壇の上、報告願います。
    〔長田忠広教育民生常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(長田忠広)
                               平成18年9月26日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                          教育民生常任委員会
                            委員長 長 田 忠 広
              委 員 会  調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│北海道旭川市(人口 357,367人 面積747.60km2 H18. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月23日(火)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │高齢者世帯の福祉行政について                  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.在宅高齢者福祉サービス事業の内容について          │
│  │     │ (1) 緊急通報システム(ホットライン 119)           │
│  │     │   家庭で火災・ガス漏れ・事故等の緊急事態が発生したとき、小型│
│  │     │  無線発信器やセンサーにより消防指令センターへ自動的に通報し、│
│  │     │  救急車、消防車の早期出動で、速やかな救援・救護体制を確立する│
│  │     │  とともに、在宅介護支援センターと直接つながり、相談できるシス│
│  │     │  テム。                           │
│  │     │ 【無料設置対象者】                      │
│  │     │  1) ひとり暮らしで65歳以上の身体の病弱な方         │
│  │     │  2) ひとり暮らしで身体に重度の障害のある方等        │
│  │     │  3) 高齢者(65歳以上)のみの世帯で、いずれかの方が寝たきりの│
│  │     │   世帯等                          │
│  │     │ 【助成制度】                         │
│  │     │   下記の条件にあてはまる場合は、購入費用の1/3(40,000円を│
│  │     │  限度)を助成(予算内で件数に限りがある。)         │
│  │     │  1) 65歳以上のひとり暮らしの高齢者の方           │
│  │     │  2) 65歳以上の身体病弱な高齢者が属する世帯の方       │
│  │     │  3) 身体に障害のある方(1級〜3級まで)が属する世帯の方等 │
│  │     │ (2) ひとり暮らし訪問サービス事業(ほのぼのサービス)     │
│  │     │  1) ほのぼの電話                      │
│  │     │    電話を利用して防火などの相談を受けたり、からだの様子や訪│
│  │     │   問日を確認する。                     │
│  │     │  2) ほのぼの訪問                      │
│  │     │    自宅を訪問し、防火の点検や避難の方法、あるいは不安や悩み│
│  │     │   事の相談等を受ける。                   │
│  │     │  3) ほのぼの手助け                     │
│  │     │    暮らしの中の不安や危険を少しでも解消するための手助けや助│
│  │     │   言、関係機関への連絡、福祉に関する情報等を提供する。   │
│  │     │ (3) 訪問健康相談等推進事業(あんしん訪問)          │
│  │     │   ほのぼの訪問のときやホットライン 119の緊急通報装置点検のと│
│  │     │  き等に、持参した訪問端末(テレビ電話等)を通して、測定した血│
│  │     │  圧等の値を見ながら、消防本部センターの保健師が健康に関する相│
│  │     │  談をする事業                        │
│  │     │2.事業の効果と苦慮した点について               │
│  │     │  通報が直接消防本部に行くため、すぐに対応できる。しかし、予算│
│  │     │ 的に厳しく対象者全員に対応することができない。        │
│  │     │3.今後の方向性について                    │
│  │     │  現施策を充実させるために、地域の防火防災ボランティア(FSレ│
│  │     │ ディース)を中心に各種団体・町内会などの協力を呼びかけ、全市の│
│  │     │ 取り組みとしてさらなる展開を図ろうとしている。        │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 一般的には、在宅高齢者福祉サービスの窓口は民生部門で、災害は防│
│  │ま と め│災部門ととらえがちであるが、旭川市は、防災も含めて消防本部が窓口│
│  │     │となり縦割り行政から脱却し、縦と横の関係がうまくできている。さら│
│  │     │に「防火防災ボランティア(FSレデース)」や「安心協力員」等地域│
│  │     │密着型を推進している。                     │
│  │     │ 当市においても、今後、ひとり暮らしや高齢者だけの世帯の施策を考│
│  │     │えるとき、まずは地域のボランティア育成を行うとともに、行政として│
│  │     │も、日常の安否確認、災害時の緊急対応等福祉と防災の両面を一体的な│
│  │     │体制で行う必要性があると思われる。               │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│北海道江別市(人口 123,070人 面積187.57km2 H18. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月24日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │食育について                          │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.「江別市食育推進協議会」について              │
│  │     │  平成17年6月に「食育基本法」が成立するに当たり、江別市では、│
│  │     │ 平成17年5月30日に「食育推進協議会」を設立した。       │
│  │     │ 設立目的:I 食育推進ボランティアの育成           │
│  │     │      II 地産地消の推進                 │
│  │     │      III 「食」の体験学習等地域の特性を生かした食育活動の│
│  │     │       支援                       │
│  │     │ 会の構成:農業生産者、食品事業者、消費者及び農業・行政・教育関│
│  │     │      係者等                       │
│  │     │ 事務局:江別市経済部農業振興課                │
│  │     │2.学校における食育の取り組みについて             │
│  │     │  農業振興課が食育の担当課となっていることから、教育委員会と連│
│  │     │ 携をとり、水稲・畑作物・野菜の農作業体験や、食品加工施設での加│
│  │     │ 工体験を行っている。さらに、小学生が江別農業応援ビデオCMをつ│
│  │     │ くり、その中で地域の農産物の特色や加工品を紹介したり、地元の小│
│  │     │ 麦「ハルユタカ」を取り上げ、新製品のパッケージ等に児童が書いた│
│  │     │ イラストを載せている。また、学校の先生・市の職員には、農業体験│
│  │     │ や農業研修を実践させている。                 │
│  │     │3.今後の方向性について                    │
│  │     │  協議会が中心となり、保護者や市民が食育への関与ができるような│
│  │     │ 事業を展開し、農業普及員等、農業関係に精通した方々の協力が今後│
│  │     │ 必要である。また、行政からの働きかけではなく、行政・市民の共感│
│  │     │ →共鳴→連鎖→感動→協働の流れが今後の課題である。      │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 食育の推進については、市、農業関係者、食品製造関係者、学校教育│
│  │ま と め│関係者等がそれぞれの分野のノウハウを生かしながら連携を図り、地産│
│  │     │地消の推進といった多様な活動を総合的に展開することが重要である。│
│  │     │ また、学校における食に関する指導としては、生産のみならず製造、│
│  │     │流通分野をも含めた体験学習が必要と考えられる。         │
│  │     │ このような事業を実施することにより、社会全体としての「食の安全│
│  │     │・安心」の実現が図られるものと考える。             │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│北海道千歳市(人口91,242人 面積594.95km2 H18. 3.31現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月25日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │図書館行政について                       │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.事業内容と効果について                   │
│  │     │ (1)  移動図書館「ブックくん」・・・図書館から離れた地区の住民│
│  │     │  対象に対応している。(月2回の割合、巡回ステーションは36箇所)│
│  │     │ (2)  情報システムの構築・・・ホームページの開設(蔵書検索)、│
│  │     │  インターネットによる予約制度(平成17年度から開始)     │
│  │     │ (3) 学校図書館利用・・・図書館が市内の中心部にないため、学校 │
│  │     │  図書館を地域に開放し、分館の役割を果たしている。      │
│  │     │ (4) その他、上映会(年75回実施)・童話創作講座・文学創作講座・ │
│  │     │  学校週5日制対応講座等多岐にわたる行事を開催        │
│  │     │  全国初で来年度より指定管理者制度を採用予定         │
│  │     │  委託するときは、司書数等きめ細やかに指定する予定      │
│  │     │2.蔵書配置の工夫点                      │
│  │     │ (1) 日本十進分類法に基づいている。また、空港がある市にちなみ │
│  │     │  空港コーナーを設置している。                │
│  │     │   一角に郷土歴史がわかるコーナーを設けている。       │
│  │     │   一般図書・児童コーナー・参考図書コーナー・AVコーナーのス│
│  │     │   ペースをとっている。                   │
│  │     │   「親子向けスペース」の隣に「幼児用トイレ」が整備されていた│
│  │     │ (2) 図書館2階に「つどいの広場」を設け、保育士が2名常駐し来 │
│  │     │  館した子育て世代の家族との交流を持つとともに、相談業務も行う│
│  │     │   さらに「ブックスタート事業」は、現在検討中だが(財政的にな│
│  │     │  かなか難しい)、そのことより、図書館に「つどいの広場」を置く│
│  │     │  ことで、乳幼児と絵本をつなげる役目を持っている。      │
│  │     │3.千歳市こどもの読書活動推進計画について           │
│  │     │  子どもが自主的に読書のできる環境づくりのため、家庭・地域・学│
│  │     │ 校・保育所・行政が共通認識を持ち、地域社会が一つになって子ども│
│  │     │ の読書活動の推進を図ることを目的に策定した。         │
│  │     │  計画期間は、平成17年度から平成21年度の5年間。必要に応じて計│
│  │     │ 画の見直しをする。                      │
│  │     │  策定窓口は図書館職員が担当した。              │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 当市は、平成20年度に図書館建設が予定されている。現在準備委員会│
│  │ま と め│を立ち上げて検討されているようである。             │
│  │     │ 千歳市図書館は、明るく開かれた図書館を目指し努力しており、事業│
│  │     │等もきめ細やかな対応をしているが、市街地から離れて設置されている│
│  │     │不便性もある。                         │
│  │     │ 当市においては、まず利便性のよい場所に建設するとともに、文化財│
│  │     │展示室等の複合施設とともに、子どもと親が一緒にいることができる工│
│  │     │夫が必要と思われる。                      │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘

 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、建設産経常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告を求めます。
 飯塚悦男建設産経常任委員長、登壇の上、報告願います。
    〔飯塚悦男建設産経常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

建設産経常任委員長(飯塚悦男)
                               平成18年9月26日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                          建設産経常任委員会
                            委員長 飯 塚 悦 男
              委 員 会 調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│滋賀県彦根市(人口 110,210人 面積 98.15km2 H18. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月9日(火)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │中心市街地活性化について                    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概  要 │(1) 基本計画の内容と現状について                │
│  │     │  中心市街地は、市域の北部で琵琶湖に面した彦根城の旧城下町に位│
│  │     │ 置している。彦根城の南東・南西の中濠から、JR東海道本線と芦川│
│  │     │ に囲まれたV字形の区域で、城下町が形成されて以来、これまで人口│
│  │     │ や商業等の都市機能が集中し、さまざまな活動の中心的役割を果たし│
│  │     │ てきた。                           │
│  │     │  12の商店街があり、区域は東西・南北約 1.5キロメートルで、面積│
│  │     │ は約150ヘクタールである。人口が近年20年間で約30%減少し、高齢 │
│  │     │ 者の割合は24%と市全体の16%に比べて高い割合になっている。  │
│  │     │  郊外への大規模店舗の立地等により商業購買力が低下し、まちの活│
│  │     │ 性化が乏しくなる等、空洞化という事態に直面している中、平成10年│
│  │     │ 7月に「中心市街地活性化法」が施行されたことに伴い、「市民アン│
│  │     │ ケート調査」や「経営者アンケート調査」を実施し、近隣住民・商業│
│  │     │ 者・商工会議所・行政等の代表者で構成する「彦根市中心市街地活性│
│  │     │ 化基本計画策定委員会」を設置し、調査研究を行い、「み・未来を開│
│  │     │ く快適で魅力的なまち、わ・輪を結び和気がただよう美しいまち、 │
│  │     │ く・クリエーティブで文化の香り高いまち」を目指して、平成11年1│
│  │     │ 月に「彦根市中心市街地活性化基本計画」を策定した。      │
│  │     │  年次ごと、商店街ごとにファサード事業(店舗前面部統一化事業)│
│  │     │ ・アーケード改修事業・空き店舗活用事業・駐車場整備事業・歩行空│
│  │     │ 間の確保等を土地区画整理事業(街なか再生土地区画整理事業)や道│
│  │     │ 路整備事業を活用し事業を推進している。            │
│  │     │(2) TMO事業について                     │
│  │     │  基本計画を実現していくために、彦根商工会議所をTMO(タウン│
│  │     │ マネージメント)機関として認定している。行政と情報交換や連絡調│
│  │     │ 整を行い、総合的なプロデュース業に徹し、収益的な事業は行ってい│
│  │     │ ない。将来は、精力的な活性化事業を展開するため官民一体の第三セ│
│  │     │ クターの設立を検討している。                 │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 当市においても彦根市同様、郊外への大規模店舗の立地等により商業│
│  │ま と め│購買力が低下し、中心市街地の活力が乏しくなる等、空洞化により大変│
│  │     │厳しい状況下にある。                      │
│  │     │ また、中心市街地活性化法は改正され、事業の認定が難しくなる。市│
│  │     │民協働のまちづくりの視点に立ち、商店街等の発想を引き出し、新法で│
│  │     │も事業認定が受けられるような支援をすべきではないかと考える。  │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│石川県金沢市(人口 452,892人 面積467.77km2 H18. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月10日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │土地区画整理事業について                    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概要   │(1) 保留地の処分・販売について                 │
│  │     │ 1) 地域高規格道路、都市計画道路建設に当たり、事業を進めるため│
│  │     │  に区画整理事業を活用する。市が公共用地(市営墓地、文教施設、│
│  │     │  ガス施設、出張所、駐車場等)として保留地を事前に買い上げる約│
│  │     │  束をして組合設立を働きかけ支援している。          │
│  │     │ 2) 居住人口増を目指し、市に定住促進部を設置している。木造住宅│
│  │     │  協会、JA等で金沢定住促進ネットワークを組織し、官民挙げて保│
│  │     │  留地販売に努力している。                  │
│  │     │ 3) 市で毎年1回保留地実態調査を行っている。         │
│  │     │(2) 組合に対しての助成及び支援について             │
│  │     │ 1) 定住促進部区画整理課職員16名中4名の職員が専任で区画整理組│
│  │     │  合を担当し、委託契約により工事の発注及び施工管理をしている。│
│  │     │ 2) 幹線道路等整備助成金、保留地処分金対象工事助成金制度を設け│
│  │     │  ている。                          │
│  │     │(3) 今後の課題について                     │
│  │     │ 1) 人口減、地価下落の中で今までの施策ができるかどうか。   │
│  │     │ 2) 旧市街地の住宅街を土地区画整理組合方式で整備できるかどう │
│  │     │  か。                            │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 金沢市は、土地区画整理事業を市の発展政策、まちづくりの一環とし│
│  │ま と め│てとらえており、市と組合が十分協議の上、積極的に事業を推進してき│
│  │     │た。                              │
│  │     │ 公的資金投入の観点から、認可申請においても、事業計画及び資金計│
│  │     │画等のチェック体制に市が指導的立場をとり万全を期している。   │
│  │     │ 当市においても、公的資金を投入する以上は、組合の自主性を尊重し│
│  │     │ながらも、さらに指導、管理等に力を入れる必要がある。      │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│石川県河北郡津幡町(人口36,523人 面積110.44km2 H18. 3.31現在) │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査月日 │平成18年5月11日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │調査事件 │農業振興対策について                      │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│(1) 町からの支援について                    │
│  │     │ 1) 集落営農組織を立ち上げることを条件に、県営中山間地域総合整│
│  │     │  備事業(ほ場整備)地元負担5%から 2.5%に軽減される。   │
│  │     │  県営中山間地域総合整備事業                 │
│  │     │   主要工事                         │
│  │     │    農業用水地施設整備 40ヘクタール            │
│  │     │    区画整理 27ヘクタール                 │
│  │     │    農業集落道整備  1,330メートル             │
│  │     │    農村公園整備 1カ所                  │
│  │     │   事業費  1,228,172千円                  │
│  │     │    国:55%、県:32〜20%、町:25〜10.5%、地元: 2.5%  │
│  │     │ 2) 地域農業集団育成事業(高生産性農業機械施設整備事業)   │
│  │     │   事業内容                         │
│  │     │    トラクター(60psクローラ) 2台            │
│  │     │    コンバイン(4条) 1台                │
│  │     │      同  (3条) 1台                │
│  │     │    乗用田植機(6条) 1台                │
│  │     │      同  (8条) 1台                │
│  │     │    格納庫(162平方メートル)  1棟            │
│  │     │   事業費  53,269,646円                  │
│  │     │    内訳 県費   25,269,000円              │
│  │     │       町費    5,326,000円              │
│  │     │       地元負担 22,674,646円              │
│  │     │(2) 組織化について                       │
│  │     │  従来、農機具は各戸で所有していたが、以前から集落営農への取り│
│  │     │ 組み意欲が高く、農業機械の共同化だけでは将来に不安を残すことか│
│  │     │ ら協業経営という方向へ進展し、水田の基盤整備事業の実施によるほ│
│  │     │ 場の大型化を契機に、平成9年3月に17戸の農家で市谷営農組合を設│
│  │     │ 立、その後2戸の加入で現在19戸にて、組合員全家族が楽しく農作業│
│  │     │ ができるようにと心がけており、大型家族農業のような運営として取│
│  │     │ り組んでいる。                        │
│  │     │  集落営農の概要                       │
│  │     │   名称 市谷営農組合                    │
│  │     │   所在 石川県河北郡津幡町市谷ル73             │
│  │     │   構成農業集落数 1集落                  │
│  │     │   構成戸数 19戸                      │
│  │     │   出資金  570万円                     │
│  │     │   組織運営のタイプ 共同作業型               │
│  │     │  土地利用の概要(集落全体)                 │
│  │     │   水田面積 42ヘクタール                  │
│  │     │   営農組合 31.4ヘクタール                 │
│  │     │   集積率 75%                       │
│  │     │   畑面積  5.1ヘクタール                  │
│  │     │   営農組合員所有の畑 3.9ヘクタールは個人管理        │
│  │     │  市谷集落                          │
│  │     │   集落総世帯数 33戸                    │
│  │     │   営農組合加入 19戸                    │
│  │     │   営農組合全面委託 8戸                  │
│  │     │   個人で営農 5戸                     │
│  │     │   非農家 1戸                       │
│  │     │(3) 活動内容について                      │
│  │     │ 1) 有機・減農薬栽培                     │
│  │     │   JAいしかわの指定栽培米(東京三越百貨店へ全量出荷)の産地│
│  │     │  で、「土づくり、有機質肥料、減農薬栽培」によって生産される超│
│  │     │  良食味米として市場評価が高い。               │
│  │     │ 2) 園芸複合化                        │
│  │     │   女性・高齢者の余剰労働力活用を目的に、平成10年度いしかわ花│
│  │     │  き産地整備事業によりパイプハウスを導入し、ストック等の切り花│
│  │     │  栽培、ミディトマト等の園芸作物栽培にも取り組んでいる。JAコ│
│  │     │  ープで直売、学校給食にも提供している。           │
│  │     │ 3) 生産調整・中山間地域直接支払いの取り組み         │
│  │     │   平成13年度水田高度利用促進事業により播種機を導入し、大麦3│
│  │     │  ヘクタール、大豆 1.8ヘクタールの作付を行い、ブロックローテー│
│  │     │  ションによる団地化を行っている。平成12年度から実施している中│
│  │     │  山間地域直接支払い制度についても、当組合が集落の担い手として│
│  │     │  位置づけられており、農地、農道、水路等の管理を行うとともに、│
│  │     │  冬期の鳥類の餌場確保(水田の溜水化)にも取り組んでいる。  │
│  │     │ 4) 都市・農村の交流の取り組み                │
│  │     │   平成13年度には「ふれあいハウス」を新設し、平成14年度から、│
│  │     │  メロン、イチゴ、トマト等の農作業体験や山菜、キノコとり等の体│
│  │     │  験、餅つき等のイベントを通して、都市住民との交流により地域活│
│  │     │  性化を図っている。また、平成15年度より「市谷たんぼ塾」を実施│
│  │     │  している。                         │
│  │     │(4) 課題と今後の取り組みについて                │
│  │     │ 1) 営農組合設立時に、農家全戸に参加願うため、粘り強く説明を続│
│  │     │  けたものの、残念ながら営農組合に参加してもらえない農家が発生│
│  │     │  した。今後も参加を働きかける。               │
│  │     │ 2) 平成21年度に農業生産法人を目指す。            │
│  │     │ 3) 近隣集落の農作業受託を進め、営農規模を50ヘクタールに拡大す│
│  │     │  る。                            │
│  │     │ 4) 高齢化に伴い農業従事者が減少すると予測されるため、専業の人│
│  │     │  を配置し、農作業に従事してもらうようにしたい。       │
│  │     │ 5)消費者、都市住民との交流を充実する。            │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │委員会の │ 米価の下落による収益減や高齢化に伴う農業従事者の減少により、耕│
│  │ま と め│作放棄地は増加することが予想される。農業の収益性向上のため早急な│
│  │     │対策が必要である。                       │
│  │     │ 基盤整備事業の実施によりほ場を大型化しているところは、転作ブロ│
│  │     │ックローテーションはやりやすく集落営農の組織化に進みやすい。  │
│  │     │ 当市においては、地域の実情にあわせ、集落営農組織・認定農業者等│
│  │     │の個別経営・法人経営の共存する体制が望ましいと考える。平成19年度│
│  │     │から、新たな経営安定対策の導入を盛り込んだ「担い手経営安定新法」│
│  │     │が成立したことから、JA等の農業団体と協力し積極的に指導、支援す│
│  │     │べきであると考える。                      │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
 初めに、総務常任委員長の報告について質疑を行います。8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)1点だけお尋ねしたいんですけれども、2ページの光市の委員会のまとめの中で、「消防緊急情報システムとしては国庫補助II型が望ましい」とありますけれども、国庫補助II型とはどういう内容かちょっと教えていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤一利委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務常任委員長(後藤一利)これは国の補助メニューでありまして、条件がありまして、I型については人口が10万人未満、II型については30万人未満、いわゆる10万人以上30万人未満、それから30万人以上がIII型ということで、補助対象としてはII型以上ということになっております。
 したがいまして、今の段階で岩沼市は、人口規模から見ますとII型というのはほど遠い話なんですが、申請の仕方というんでしょうか、名取はまだ6万 7,000ということなんですが、II型を設置していると、近隣の亘理、山元の部分はI型だというふうなことなので、これから広域消防というものを視野に入れながら、10万人以上を目指すということで、一応、II型を申請した方がいいだろうというふうな指導がありました。
 それから、中身的には、これは細かい話になりますけれども、具体的な話になりますけれども、指令装置として、指令台がI型の場合には2台まで、II型の場合には3台まで、III型の場合には5台までというようなことで、一例を出しましたけれども、そういう中身の違いになっておりまして、II型、III型は、I型に比して、当然ことですが、質的なアップが見られるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ほかに質疑ありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 総務常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員会の報告のとおり了承願います。
 次に、教育民生常任委員長の報告について質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 教育民生常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員会の報告のとおり了承願います。
 次に、建設産経常任委員長の報告について質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 建設産経常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員会の報告のとおり了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 委員会の閉会中の継続調査中間報告について
     (議会運営委員会の調査事件)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、委員会の閉会中の継続審査・調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定により、議会運営委員会に係る閉会中の継続審査・調査中間報告の件を議題といたします。
 本件に関し、議会運営委員長から報告を求めます。
 長田雅裕議会運営委員長、登壇の上、報告願います。
    〔長田雅裕議会運営委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

議会運営委員長(長田雅裕)
                               平成18年9月26日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                          議会運営委員会
                            委員長 長 田 雅 裕
              委 員 会 調 査 中 間 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続審査・調査事件について、会議規則第44条第2項の規定に基づき別紙のとおり中間報告します。
 別紙
┌─┬─────┬────────────────────────────────┐
│I│調 査 地│埼玉県久喜市(人口72,383人 面積 25.35km2 H18. 3.31現在)   │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査月日 │平成18年7月19日(水)                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査事件 │議会運営について                        │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │概   要│1.議会改革について                      │
│ │     │ (1) 久喜市議会活性化検討委員会での検討項目について      │
│ │     │  1) 第一期検討委員会(平成11年9月〜平成12年11月)     │
│ │     │   ・会議開催回数14回 58件について協議           │
│ │     │   主なものは                        │
│ │     │   ・市民の傍聴の便宜を図るため委員会の重複開催の撤廃    │
│ │     │   ・年1回程度の日曜議会または夜間議会の実施        │
│ │     │   ・傍聴者のための手話通訳の実施              │
│ │     │   ・委員長手当の廃止、議員の日当・費用弁償の廃止等     │
│ │     │  2) 第二期検討委員会(平成17年2月〜平成17年8月)     │
│ │     │   ・会議開催回数9回 64件について協議           │
│ │     │   主なものとして                      │
│ │     │   ・一般質問の回数制限の撤廃や時間制限の導入        │
│ │     │   ・本会議のインターネット中継等              │
│ │     │ (2) 同委員会での検討結果について               │
│ │     │  1) 第一期議会活性化検討委員会での決定事項14件、実施状況12件│
│ │     │   主なものは                        │
│ │     │   ・対面式一問一答の実施                  │
│ │     │   ・委員会を1日1委員会として大会議室で行う。       │
│ │     │   ・年間議会日程の告知(ホームページに掲載)        │
│ │     │   ・手話通訳の実施等                    │
│ │     │  2) 第二期議会活性化検討委員会での決定事項11件、別途協議12件│
│ │     │   主なものは                        │
│ │     │   ・一般質問の回数制限の撤廃                │
│ │     │   ・議員提出議案(意見書を含む。)の質疑の通告制      │
│ │     │   ・政務調査費の使途報告書のホームページへの掲載等     │
│ │     │(3) 今後の課題について                     │
│ │     │   第一期                          │
│ │     │   ・ 本会議の様子を市役所1階のロビーや公民館において、テレ│
│ │     │    ビモニターで中継することを将来的に実現させていく。   │
│ │     │   ・ 議員及び部長以上の在庁プレートを1階ロビーに設置する。│
│ │     │    実施については、財政状況を見ながら実施できるようお願いす│
│ │     │    る。                          │
│ │     │   第二期                          │
│ │     │   ・ 本会議を録画によりインターネット配信することについて、│
│ │     │    可という方向性で確認する。               │
│ │     │2.予算・決算審査について                   │
│ │     │ (1) 審査方法について                     │
│ │     │  1) 当初予算(2月定例会に上程)              │
│ │     │    所管の常任委員会に付託し、審査を行っている。(一般会計は│
│ │     │   所管部門ごとに分割付託)                 │
│ │     │  2) 補正予算                        │
│ │     │    所管の常任委員会に付託し、審査を行っている。(一般会計は│
│ │     │   所管部門ごとに分割付託)                 │
│ │     │    ただし、12月定例会については、当初予算の審査に重点を置く│
│ │     │   などの理由から、委員会付託を省略している。        │
│ │     │  3) 決算                          │
│ │     │    決算特別委員会(9月定例会)、継続審査案件として付託をし、│
│ │     │   9月定例会〜11月定例会の間に、4日間の期間で審査を行い、11│
│ │     │   月定例会で委員長報告と議決を行っている。         │
│ │     │ (2) 今後の課題                        │
│ │     │  1) 決算審査において、議案を不認定とした場合の対応策について│
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│ │委員会の │1.市議会の年間日程等を公表し、市民に開かれた議会をめざす方向で│
│ │ま と め│ 検討する必要がある。                     │
│ │     │2.手話通訳できる体制をとること等、障害者にやさしい議会をめざす│
│ │     │方向で調査・検討する必要がある。                │
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│II│調 査 地│埼玉県戸田市(人口 116,865人 面積 18.17km2 H18. 3.31現在)  │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査月日 │平成18年7月20日(木)                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │調査事件 │議会運営について                        │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │概   要│1.議会改革について                      │
│ │     │ (1)  検討項目について                    │
│ │     │  1) 市民に開かれた議会のあり方               │
│ │     │   ・ ホームページの充実                  │
│ │     │   ・ 国内・海外視察の実施方法、基準            │
│ │     │   ・ 議会開催日時(日曜議会等の開催)           │
│ │     │   ・ 一般質問の実施方法                  │
│ │     │   ・ 政務調査費の使途等                  │
│ │     │  2) 委員会体制のあり方について               │
│ │     │   ・ 常任委員会の数と所管                 │
│ │     │   ・ 常設的な特別委員会の見直し              │
│ │     │   ・ 委員会交付金について                 │
│ │     │  3) 議員の服務について                   │
│ │     │   ・ 審議会への参加                    │
│ │     │   ・ 倫理規程                       │
│ │     │   ・ 議員互助会事業の見直し                │
│ │     │  4) 議会事務局の体制について                │
│ │     │   ・ IT化に伴う事務内容の見直し             │
│ │     │   ・ 政策立案機能向上のための職務内容           │
│ │     │   ・ 図書室の整備                     │
│ │     │ (2) 同委員会での検討結果について               │
│ │     │  1) 委員会傍聴の見直し(平成15年12月定例会から実施)    │
│ │     │   ・ 定例会中の常任委員会の議案及び請願を公開対象に    │
│ │     │  2) 政務調査費の見直し(平成16年4月1日から実施)     │
│ │     │   ・ 透明性を高めるため、領収書写しを添付して提出     │
│ │     │   ・ 使途基準を明確にするため、「使途基準等に関する細則」を│
│ │     │    制定                          │
│ │     │  3) 一問一答方式に変更(平成16年6月定例会から実施)    │
│ │     │  4) 常任委員会の所管と名称の見直し(平成16年2月臨時会から実│
│ │     │   実)                           │
│ │     │  5) 陳情等の取り扱いの見直し(平成16年6月定例会から実施) │
│ │     │   ・陳情は議場配付に改める。                │
│ │     │  6) 議員定数の見直し(平成17年2月から実施)        │
│ │     │   ・ 県内各市との比較、社会経済状況、民意の反映、議員1人当│
│ │     │    たりの人口、議会の権限等広範な検討を重ね、「1名減」と決│
│ │     │    定する。                        │
│ │     │  7) 定例会の回数について(平成17年6月定例会で委員長報告) │
│ │     │   ・ 当面は現行の年4回とする。なお、専決処分した際の早期臨│
│ │     │    時議会開催と最終補正予算の早期提出を市長に要請     │
│ │     │  8) その他                         │
│ │     │     議決事件の追加、常設的な特別委員会の見直し、議会中継、│
│ │     │    委員会傍聴の拡大等                   │
│ │     │ (3) 今後の課題について                    │
│ │     │   ・倫理規程の検討                     │
│ │     │   ・長時間議員活動ができない場合の報酬減額の規定の追加   │
│ │     │   ・議会から選出されている附属機関委員           │
│ │     │   ・さらなる委員会傍聴を現在検討中             │
│ │     │2.予算・決算審査について                   │
│ │     │ (1) 審査方法について                     │
│ │     │  1) 一般会計予算・決算                   │
│ │     │    歳入は、全般について一括質疑。歳出は、款ごとに質疑。  │
│ │     │   ・ 一般会計当初予算・一般会計補正予算          │
│ │     │     歳入は、総務常任委員会に一括付託。歳出は、各常任委員会│
│ │     │    に分割付託。                      │
│ │     │     特別会計・企業会計予算は、各常任委員会に付託     │
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│ │委員会の │1.専決処分した際の早期臨時議会の開催時期について検討すべきであ│
│ │ま と め│ る。                             │
│ │     │2.市民に開かれた議会をつくるために、インターネットによる議会中│
│ │     │ 継について、財政等を考慮し慎重に検討すべきである。      │
│ │     │3.指定管理者制度に関して、委員会の中で議論を行う機会を設ける必│
│ │     │ 要性がある。                         │
│ │     │4.議会運営委員会の中で議員の「倫理規程」について、調査・検討す│
│ │     │ べきと思われる                        │
└─┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 議会運営委員長の閉会中の継続審査・調査中間報告の件については、委員長報告のとおり了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第9 議員派遣の件

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第9、議員派遣の件を議題といたします。
              議 員 派 遣 の 件
                             平成18年9月26日
 地方自治法第 100条第12項及び岩沼市議会会議規則第 157条の規定により、次のとおり議員を派遣する。
                    記
 件 名  宮城県市議会議長会議員研修会
     (1) 派遣目的  研修を通して議員の資質向上を図る。
     (2) 派遣場所  角田市
     (3) 派遣期間  平成18年11月10日(金)
     (4) 派遣議員  全議員

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。お手元に配付の文書表のとおり議員を派遣することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 よって、平成18年第3回岩沼市議会定例会を閉会いたします。
 それでは、皆さん御起立願います。 ── 長い間、御苦労さんでございました。
    午前11時50分閉会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年12月1日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 長 田 忠 広

                   議 員 宍 戸 幸 次