議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第3回定例会(5日目) 本文




2006.09.14 : 平成18年第3回定例会(5日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、4番佐藤一郎議員、5番森繁男議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 議案第51号 消防組織法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、議案第51号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第51号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第51号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第51号消防組織法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 議案第52号 岩沼市在宅障害者デイサービスセンターの設置及び管理に関する
           条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、議案第52号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第52号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第52号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第52号岩沼市在宅障害者デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 議案第53号 岩沼市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例
           について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、議案第53号を議題といたします。
 これより質疑を行います。8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)議案第53号についてなんですけれども、第4条で「当該資源物を収集し、又は運搬してはならない」と改めたわけです。これは各町内会で、特に新聞紙とか段ボール等を黙って持ち去る方々が多いわけですけれども、一つ、この条例を見て考えたのは、「運搬してはならない」と、いわゆる注意喚起になると思うんですけれども、条例を制定するに当たって、罰則、罰金まではいかなくとも、例えば、氏名を公表するとか。こういう人たちというのは酔っぱらい運転と同じで、一度やると何度も繰り返すというふうに推察するわけですね。だとすれば、一定の抑止力として、例えば、ホームページなり何かに、何度も注意してもだめな場合は公表しますよと、条例などで市長からの通達を出して、従わなかった場合は。その辺は考慮、検討もあった上でこうなったのかどうか、ちょっとお聞きしたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)今回の条例の中には一応罰則規定は設けておりませんが、この条例でもって持ち去りの抑止効果になればよろしいと思っております。さらに、悪質な状況になれば、警察に対しての告訴、告発と申しますか、法的に見ますと、刑法上の窃盗罪にも当たるようでありますので、そういった対応になろうかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)確かにそうなんですけれども、こういう方々というのは、ごみ置き場で金になりそうなやつだけを持っていって、ほかのやつはばらばらにしたり、市だけじゃなくて近隣のごみ置き場の周辺の人たちも大変困っているわけです。今回はこういう条例を制定したんですけれども、この条例だけを、例えば、ホームページなり広報いわぬまに出しても、注意だけだなというふうにとられやすいので、今回については、部長が先ほど述べられたように、広報などに掲載する場合は、何だかの形で「悪質な場合は警察等にも連絡しますよ」と、今回の条例との関係では。将来、改正して氏名を公表するというのは別なんだけれども、抑止力というのは、やっぱりその辺まで一定程度広報などに書いておかないとだめだなというふうに私は思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)今回の条例改正の趣旨につきましては、広報とか、あと、ごみ集積所にそのような旨の掲示をすると申しますか、そういったことで注意を喚起していきたいと思っております。
 先行して、亘理町とか山元町でも実施されておりますが、結果的に、持ち去りのケースがなくなってきたという実態もあるようでありますので、市といたしましても、監視を強化しながら、その辺の効果を見ていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)3条中の「不燃物又は粗大ごみ」を「資源物、粗大ごみ等」というふうに改めるということなんですが、以前は「資源ごみ」というような表現などもかなり使われてきて、議会でも資源という表現にしたらどうだというようないろんな意見等もあったわけですけれども、これによって、分別のやり方とか、市民にかなり定着はしてきているものと思いますが、その辺等の変更等は出てくるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)資源物を含めたものの分別の方法につきましては従来どおりでありまして、特に、今回条例改正に伴っての変更はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)前に言いましたけれども、「資源ごみ」を「資源物」というように明確にしたということだろうと思うんですが、これは市民の方に周知徹底していくことが非常に必要かと思いますけれども、その辺はどうされるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)今回の条例改正について広報でお知らせする際に、今御指摘のようなこと、いわゆる資源物というのは資源の循環型社会構築の大きい手段の一つになりますので、このことについては十分に訴えていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第53号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第53号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第53号岩沼市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 議案第54号 岩沼市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、議案第54号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第54号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第54号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第54号岩沼市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第55号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第2号)について
     議案第56号 平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
           について
     議案第57号 平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)につ
           いて
     議案第58号 平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につ
           いて
     議案第59号 平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に
           ついて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第55号から議案第59号までの5件を一括して議題といたします。
 初めに、議案第55号に対する補足説明を求めます。吉田総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)議案第55号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第2号)について補足説明を申し上げます。
 4ページをお開きいただきたいと思います。
 第2表債務負担行為補正の追加でございますが、障害者地域活動支援センターやすらぎの里管理料につきましては、本年10月より、やすらぎの里を障害者自立支援法に基づく障害者地域活動支援センターに位置づけし直して、指定管理者に管理委託を行うもので、平成18年度から平成22年度までの期間において、管理料2億 361万 6,000円を限度とする債務負担行為を設定するものでございます。
 また、シルバー人材センター用事務所リースにつきましては、耐震面で危険なため解体を予定している旧岩沼公民館内に事務所を有するシルバー人材センターの暫定的な移転先として、プレハブの事務所を賃借するもので、平成18年度から平成21年度までのリース料として 4,037万 9,000円を限度とする債務負担行為を設定するものでございます。
 次に、事項別明細書の歳入について御説明を申し上げます。
 8ページをお開きいただきたいと思います。
 1款市税2項固定資産税及び5項都市計画税につきましては、調定減によりまして、それぞれ 2,460万 1,000円及び 1,069万 6,000円を減額いたすものでございます。
 9款1項地方特例交付金につきましては、交付決定により 352万 5,000円を減額するものでございます。
 10款1項地方交付税につきましては、7月初めに普通交付税の本算定を行い、7月26日付で県知事から交付決定の通知がありましたことから、 8,612万 2,000円を増額いたすものでございます。
 内容といたしましては、基準財政需要額が前年度比 4.0%増の68億 7,246万 1,000円、基準財政収入額が 4.9%増の54億 7,152万 6,000円という算定結果となり、この差し引き額から地方交付税法に基づく調整率により調整額 1,681万 3,000円を差し引いた13億 8,412万 2,000円の交付決定となったものでございます。前年度より 700万 9,000円、 0.5%の減となったものでございます。
 この要因といたしましては、基準財政需要額では、児童手当等の負担割合変更に伴う単位費用の増及び国勢調査人口の増や投資補正の新規算入等により、社会福祉費や下水道費等が増加しておりますが、基準財政収入額では所得譲与税や市民税所得割及び法人税割の増加したことなどにより増加率が大きくなったため、相対的に交付額が減となったものでございます。
 8ページから14ページの14款国庫支出金1項国庫負担金及び2項国庫補助金につきましては、障害者自立支援法施行及び児童手当法の改正等に伴う国、県の負担割合の変更などにより、国庫負担金を 8,898万 2,000円減額し、国庫補助金を 1,520万 5,000円増額いたすものでございます。
 14ページから18ページの15款県支出金1項県負担金及び2項県補助金も国庫支出金と同様、制度改正による増減及び市町村振興総合補助金の増などにより、県負担金で1億 2,234万 9,000円増額し、県補助金で 1,683万 5,000円減額するものでございます。
 20ページをお開きいただきたいと思います。
 18款繰入金2項基金繰入金は、今回の予算調整によりまして、財政調整基金繰入金 6,679万 9,000円を減額し、また、私立保育園建設補助に充当すべく社会福祉基金に 4,156万 8,000円繰り入れするものでございます。
 なお、財政調整基金の18年度末現在高につきましては、17年度決算に係る基金繰入額1億 4,000万円を加え、17億 4,690万 3,000円の見込みでございます。また、社会福祉基金繰入金の18年度末現在高につきましては4億 9,189万 8,000円の見込みでございます。
 19款繰越金は、平成17年度決算の歳入歳出差し引き額から翌年度へ繰り越すべき財源及び財政調整基金繰入額を除いた剰余金を18年度予算に繰越金として1億 3,833万 5,000円を計上いたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳出について御説明を申し上げます。
 22ページをお開きいただきたいと思います。
 2款総務費1項総務管理費は、グリーンピア岩沼ホテル等の各種修繕や中央集会所の解体工事などにより、 2,342万 7,000円を増額いたすものでございます。
 22ページから24ページの3款民生費1項社会福祉費は、障害者自立支援法の施行等制度改正による財源補正及び地域活動支援センター関連経費の増などにより、 539万 1,000円を増額いたすものでございます。
 24ページをお開きいただきたいと思います。
 2項児童福祉費は、児童手当法の改正による児童手当費の増や私立保育園建設に対する補助金等により、1億 6,208万 9,000円を増額いたすものでございます。
 26ページをお開きいただきたいと思います。
 3項生活保護費は、過年度精算による国庫金返還のために 285万 1,000円を増額いたすものでございます。
 4款衛生費1項保健衛生費は、老人保健事業特別会計の医療費精算による支払基金償還金の増などにより、一般会計からの繰出金 1,389万円を増額するものでございます。
 また、2項清掃費は、亘理名取共立衛生処理組合に係る普通交付税算入額が確定したことから24万 1,000円を増額するものでございます。
 5款1項労働費は、中央集会所跡地に暫定的にシルバー人材センター用事務所を設置するための賃借料として 479万 2,000円を増額するものでございます。
 7款1項商工費は、案内表示板の整備範囲を中心市街地活性化区域全体に広げるため、80万円を増額いたすものでございます。
 28ページをお開きいただきたいと思います。
 8款土木費2項道路橋りょう費は、狭隘市道整備事業の増額及び橋りょう耐震補強工事の減額により40万円を減額いたすものでございます。
 また、4項都市計画費は、三軒茶屋西土地区画整理事業に対する保留地販売活動支援助成金の増額及び公共下水道事業特別会計繰出金の減額により、 2,476万 8,000円を減額するものでございます。
 9款消防費1項消防費は、新消防庁舎に設置することとなる消防指令装置の実施設計業務委託料などで 318万 4,000円を増額いたすものでございます。
 10款教育費3項中学校費は、岩沼北中学校の外部階段塗装など修繕工事費の組み替えを行うものでございます。
 30ページをお開きいただきたいと思います。
 4項社会教育費は、市政報告でも申し上げましたように、新規事業となる岩沼クラシック健幸音楽祭の関係経費及び岩沼市民ゴルフ大会からの寄附金を受けた児童用書籍の整備費用として、67万 9,000円を増額するものでございます。
 32ページから37ページまでは給与明細書でございます。
 38ページをお開きいただきたいと思います。
 債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額及び当該年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を一括して行います。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)24、25ページにわたっての2項児童福祉費の中の児童措置費の私立保育園助成事業 8,300万の内訳ですが、建設費用なども含まれているんでしょうが、その内容をお知らせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これは、御存じのとおり、西部地区のチアフル岩沼内に保育所を整備するのに対する補助金でございます。国の方からの補助金が 4,156万 8,000円ほどございます。これは国の方の規模に応じた交付基準がございまして、それで 4,156万 8,000円になったものでございます。これに、市の方で待機対策上保育所の整備は緊急課題でありますので、経済的支援ということで国の交付金同額を補助するということで、その合計額が 8,313万 6,000円ということになったものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そうしますと、国の補助額と同額を市でも補助をするということであって、ここにこういう金額を使うというような内容のものではないというふうに考えていいわけですか。国の基準というのはどういうふうになっているんでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これは建設費に対する補助でありまして、定員が60人の規模で、本体に対して 3,180万といういう一つの交付基準がございます。さらに、すべり台、ブランコ、保育室とかという加算基準もございまして、こういったものをプラスしますと、トータル 4,156万 8,000円というものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)わかりました。国の基準では60人定員以上でないと補助できないということがありますが、60人の定員で、市内各地で今待機者は何人いるか、八十何人ぐらいと私は聞きましたけれども、それでほぼ解消できるとは思わないんですけれども、その後どうするのかということも、今後のことも含めてお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)現時点で待機が八十数名ございます。定員60名でありまして、国の方では、一応、定員の25%までの枠の拡大といいますか、定員枠の拡大は可能でありますが、それでも現時点での待機のすべての解消にはならないと思います。そういった中で、今後の児童の人数の推移といいますか、この辺を考慮しながら、今後どうしていくかはさらに考えていかなければならないなと。そういったことで、今後の課題としては残っているかとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)2番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)私も、24ページと25ページの、先ほどありました私立保育園建設事業費に充てる部分だと思うわけでありますが、当然、建設助成をするわけでありますから、この保育園の今後の健全な運営を図ること。そしてまた、当然重要でありますから、幼児教育にも努力をしていただきたいというふうに思います。
 そこで、先日、私の一般質問の中で一部回答にあった、昭和54年からあります幼保小連絡協議会、この施設の理事長か職員がこの協議員になるんだろうと思います。今回、助成をする保育園の事業運営を、そしてまた、子供たちの育成をしっかりとしていただくためにも、幼保小連絡協議会 ── 幼稚園とか保育所、保育園、小学校、その中での連絡協議会があるわけでありますが、要綱なり規則なりをしっかりと定めていただいて、今後、建設をする保育園の推移をしっかりと守っていただくとともに、見守っていかなければならない問題なんだろうと思います。ですから、幼保小連の規則なりを、今現在は定められていないわけでありますから、ぜひ定めて、大変な金でありますから、今後とも助成をしている保育園を見守らなければならないと思いますが、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ただいまお話をいただきました連絡協議会につきましては、事実上の存在として長い間活動をしてきたわけでありますが、今御指摘をいただきましたように、規則あるいは要綱等を定めてルール化をし、そして、わかりやすく運営をする方がいいのかなと思いますので、できるだけ早い時期にしっかりとルール化をして運営に努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)まずは4ページですか、シルバー人材センター用事務所リースについてお伺いいたします。これは暫定的なリースということで、平成18年度から21年度の期間という限定のようですが、なぜリースなのか。それから、事務所の規模、建坪などはどのようなものなのか。また、3年間のリースの終了後、その建物はどうするのか。また、シルバー人材センターはどのような形になっていくのかお伺いいたします。
 それから、もう1点です。社会教育費ですか、市民音楽祭の事業がありました。これはどのような実施形態で、どのような経緯でこの事業が出てきたのか、その点についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)1点目のシルバー人材センターの関係でございますけれども、これにつきましては、債務負担行為の補正をお願いしているところでございますが、現在、先ほど申し上げましたように、旧岩沼公民館の中にまだ事務所を構えているわけでございますが、解体の予定もございますので、なるべく早く移転をしていただくというようなことから、当初、場所についていろいろ検討いたしましたけれども、市内の中心部をということから、中央集会所の建物そのものが老朽化して非常に危険だというようなことで早速解体せざるを得ないというようなことから、あそこの敷地を活用しながら、暫定的に事務所を移っていただくというようなことで予定をしたわけでございます。
 リースというのは、恒久的にあそこに事務所を構えて入っていただくということはまだ考えておりませんので、とりあえず市の用地に一度移っていただいて、暫時ですね、それから3年後に、改めてまたその間に検討しましょうということでお話し合いがついておりますので、そういったことで暫定的に移っていただくというようなことで、恒久的な建物ではないのでございますので、リースというふうなことで進めたいと思っております。
 その後の利用については、リースが終われば解体をしたいと思っております。そんなところで現在予定をいたしておりますし、面積といたしましては、シルバー人材センターでの作業とか、待合室というか、皆さんが休む場所とか、そういったところも必要だということでございましたので、そう大きな面積はとれませんけれども、 225平方メートルぐらいのもので予定をしたいと思っておりまして、これらについてはシルバー人材としても了解をいただいているというようなことから、プレハブでとりあえずお願いをしたいということで、今回補正をお願いいたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)音楽祭の関係でございますけれども、まず一つには、クラシック音楽のすばらしさを広く市民の方々に知っていただこうというもの。それから、クラシック音楽が持っております健康保持、あるいは幸福感に浸る、こうした効果、効用を通して、健幸先進都市・岩沼の実現に寄与できればということが二つ目。それから、三つ目には、市制施行35周年という節目の年でもございますので、この年を契機に音楽祭を開催し、今後継続をしていって、岩沼市からできれば世界に向けた著名な音楽家が輩出できればというような期待。それから、クラシック音楽を日ごろ行っている市民の方々に、日ごろの活動の成果を発表していただける場を提供したいと。こうした考え方でこの音楽会を開催しようということで、今回予算の計上をお願いしたものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)市民音楽祭について今説明いただきましたが、これはどのような方々が実施運営に当たられているのか、例えば、何か実行委員会などがあるのか。また、その出演者については、どのような基準といいますか、オーディションといいますか、そういったことをされるのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)現在考えております音楽祭の内容でございますけれども、参加いただこうとする方々につきましては、市民の方々、年齢的には3歳以上と考えております。それから市内に通勤、通学している方。それらの方々を広報等で募集をいたしまして、実際に出場して演奏していただける方には時間的にも限りがあろうかと思っておりますので、15人、もしくはグループも含めて15程度を考えております。
 開催部門でございますが、実際に発表していただける部分ということで考えておりますのは、一つには声楽、二つにはピアノ、三つには管楽器、四つ目に弦楽器を想定いたしております。応募に当たっては、その方の演奏しているものをカセットテープあるいはCD、MDといったものに記録をしていただいて提出をしていただく。そちらを審査しながら、実際に出演をしていただける方を決定していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)概略については理解いたしました。大変いい内容だと思います。ただ、審査をするときにどなたが審査をされるのか、実施する、運営する委員会とかなにかも既に準備されているのか、その辺をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)当然、審査に当たりましては、音楽に詳しい方でないといけませんので、そうした方にお願いをしていくわけでありますけれども、現在、具体的にどなたにお願いするということで決定しているところまではまだいっておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)私は、24、25ページの私立保育園助成事業の件でありますが、定員は60名というのはお伺いしましたけれども、一時保育の部分をどのように考えているのかということが1点と。2点目は、特別延長保育の部分でありますけれども、その部分の予定がどのようになっているかと。
 一時保育に関しては、待機者80人のうち今度は60名ですから、1.25ということで70人ぐらいは受け入れられると思いますね。そうすると、一時保育の方で、保育所に入れないので一時保育を利用されている方もいると思うと、一時保育もある程度弾力も出てくるんじゃないかという部分で、一時保育の受け入れの規制を見直す時期もあるのかなと思ったりしたわけですが、どのように考えるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)今回の建設に当たりましては、社福法人で一時保育も実施する予定にしてございます。そのための国の方の交付 ── 補助金といいますか、これもいただいておりますので、来年度から予定どおり一時保育は実施されるものと思っております。
 さらに、延長保育の方は、7時までの特別延長保育での対応をしてまいるようになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)20番加藤政勝議員。

-------------------------------------------------------------------------------

20番(加藤政勝)4ページのシルバー人材センター用事務所リースのことについて伺いたいと思います。ちょっとここで確認したいんですが、広くとるために約 225平方メートルの建物を借りたいということですが、これに間違いございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今、そんなような設計をお願いしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)20番加藤政勝議員。

-------------------------------------------------------------------------------

20番(加藤政勝)実は、これは約70坪弱なんでありますね。新築した場合に、立派に建てて外構も含めてどのぐらいでできるかということを試算しますと、 2,800万あれば立派にできると、概算でございますが、考えておるわけなんですけれども、余りの格差に……、 4,000万のリース料を払ってやるのも一つの方法かもしれない。けれども、新しく建てた場合は恒久的に使えると。リースの場合は、年限が来るとまた新たな考え方をしなければならないということでございますので、これは何とか考え直す気持ちはないでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今、予定いたしておりますのは、一応、本体工事、それから外構工事といったものも含めて、トータルでお話を申し上げておったところでございます。本体工事だけで見ますと、今の予定ですと約 3,000万、本体工事のリースだけですと。それから、そのほかのものについては、外構工事なりといった設備の関係が入ってくるというようなことで今予定をいたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)20番加藤政勝議員。

-------------------------------------------------------------------------------

20番(加藤政勝)とにかく、費用対効果を考えたら、これはもう一度よく練り直したらいいんじゃないですか。外構を含めて、本当にその値段で、 3,000万以下で立派にできると思います、今は。そして、片方は地震であそこをすぐよけなければならないというような現実が迫っているならば、例えば、政策空き家にしている市営住宅の一部の中を取っ払って、そこをそういうものをつくるまで使っておくとか、何かそういう方法は考えられないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)シルバー人材センターにつきましては、前々から移転を考えておるというようなお話をいただいていたところでございまして、当初、恒久的なものということで、建設ということもいろいろ検討した経緯がございました。そういった経緯もございましたけれども、現在の土地の利用、今後の利用といったことも含めて、暫定的に建設をして移転をしていただくと一応考えたところでございまして、ほかの部分も検討して、最終的にリースでというようなところでの今回の補正というようなことになったわけでございます。
 それから、先ほど、数字的に違いがございました。建てる事務所だけの面積は約55坪ぐらいなんですが約 1,900万、作業場が約 485万ぐらいの予定でおりまして、それから外構工事なども含めて、先ほど申しました 3,000万というような数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)20番加藤政勝議員。

-------------------------------------------------------------------------------

20番(加藤政勝)数字がちょっと変わってきて、私、つかみにくいんですけれども、建築コストの一番安いのは、いわゆる作業場だとか、中に何もない空間をつくるような建築物はうんと安く上がるんです。一番高くつくのは水回りです。便所だとか台所だとか風呂場だとかという水回りが一番高くつくわけです。したがって、こういう建物は倉庫をちょっと改良したようなものでございますから、特に作業場は。そんなにかかるわけはないんですが、外構も含めてこの期間に 4,000万のリース代を考えているというんですけれども、もう一度練り直してみてはいかがでしょうかね。私はこれを最後の質問にいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今のお話は、実は、内部的にはいろいろ議論をしたわけであります。むしろリースの方が高いのではないかとか、いろんな議論はしたわけであります。ただ、今の時点において、シルバー人材センターの恒久的な事務所の場所はなかなか見出しにくいということが一つあります。また、希望としては、線路と国道4号の間がいいというお話をいただいておりましたので、ですから、当初考えていたところでは難しくなったと。したがいまして、今のところでその地域のどこが利用できるかと考えますと、中央集会所のところを使わせていただくのがいいのではないかということになりました。そうしますと、恒久的なものではないということなので、あくまでも暫定的な措置だと。しかし、暫定的な措置だといって、恒久的なものよりもお金がかかるのでは、今御指摘をいただきましたように、費用対効果という点から見ても不可解だという御意見も重々わかるわけであります。
 また、これは債務負担行為でありまして、限度額ということでありますので、必ずこれをかけるというわけではありません。最大限度額ということで御理解いただきたいと思いますが、将来見通しがきちっと今の時点で……、かといって、これから1年間2年間かけてじっくりといっても、二木の公民館の解体というのは、議会の中でも早くやれという話がされ、しかも、もしあったときは罪だとかまで厳しいことを言われている状況の中で、我々としてはできるだけ早く決めなければならないということでありますので、そのあたりを勘案しますと、ある程度お金はかけざるを得ないという面と。もう一つは、お約束で、中央集会所は老朽化したときは取り払いますよということで使っていただいたわけでございますが、今この場に来て急に集会の場がなくなるということも実際のところは地域に御迷惑をかけますので、そうしますと、シルバー人材センターの事務所を地域で御利用いただくということも視野に入れてということになりましたので、もろもろ検討した結果、今の時点においては、暫定的といいますか、そういった事務所を設けるにはあの場所がいいであろうということになったわけであります。ですから、一応それで進めさせていただかなければなりませんが、なお、できるだけお金をかけない方法があるかどうかについては、具体的に仕事をするまで、といっても余り時間はありませんが、何とか努力をしてみたいというふうに思っております。御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)28ページの教育費の中学校費の問題でございます。この関係につきまして、御案内のとおり、6月ごろですか、屋体が2年間使用禁止ということになっているようでございますけれども、この辺の関係が一連の問題としてどういうふうに処理をされているのか。学校現場で2年間屋体を使用できないということは、事、重大な問題だと考えます。したがいまして、このような問題とどのように連動しているのか、この予算の関係で、説明を願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)今回補正でお願いしておりますのは、北中学校の階段の塗装工事でございまして、当初、工事請負費の方に計上していたものですが、工事内容からしまして修繕料が適切であるということから、11節の方に組み替え補正ということで計上しているものでございます。
 御質問の岩沼中学校の体育館につきましては、今回の補正予算には計上はないわけでありますけれども、お話しのように、体育館を新築することでの設計費につきましては、前の補正予算の中で議決をいただいているわけであります。ただ、耐震の診断の結果、建てかえが望ましいと言われた施設について、危険であるから建てかえが望ましいということでありますけれども、危険ということから利用についてはふさわしくないということで、岩中体育館の使用そのものについては7月いっぱいで使用を取りとめたということでございます。その後につきましては、授業については学校の中での工夫でやっていただいております。そのほか部活動等につきましては、市民体育センターなり、あるいは南小学校の体育館なり、そうした施設を活用しながら部活動を行っているという状況でございます。
 今後につきましても、新しい体育館が完成するまではこの状態が続いていくというふうに思っております。そのほか、学校全体の行事等ももちろんあるわけでありますけれども、そうした分で必要な部分については、例えば、市民会館の大ホールを使用するとか、必要な部分については手配をしながら対処してまいりたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)本来でありましたら、もう既に使用禁止になっている状況ですから、この関係については、できるだけ早い段階で建設できる方向づけの予算的措置でやるべき問題ではないかと。はっきり申し上げて、地震の災害とか、災害時の関係等については、御案内のとおり、国の関係も県の関係も大変早いものと私は思いますよ。したがって、この関係について、私は今回そういうことも出てくるのかなと見ておったんですが、御案内のとおり、先ほどの総務部長の説明、それから次長の説明で、岩中の関係については外れておりますけれども、岩中の屋体の問題等への対応については、まずもって2年間ストップされるということについては非常に残念だと思っています。
 はっきり申し上げて、この関係については、今回、スピードを上げるために何らかの措置をとられるものかなと思いましたが、たまたまこの予算の関係には一切入っていないということですから、これ以上は申し上げませんけれども、なぜこうなったのかということについて非常に疑問を持っております。議長の議会運営上に非常に申しわけないけれども申し上げますが、この関係につきましては、はみ出しのこういう質疑になりましたことについてはお許しをいただきたいと思います。多少この関係について含んでいるものかなというように思いましたものですから、発言をさせていただいたわけでございます。一切含んでいないということです。議会運営上の関係についてはお許しをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)1点お伺いいたします。
 私立保育園で、国と同額で総額 8,300万補助するわけですけれども、負担するというんでしょうか、これは建設費に対する割合というのはどのくらいになっておりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)この 8,313万 6,000円が建設事業費の何%かとなるわけですが、入札が今月末にございます。そういった中で、全体の事業費を想定することにもなりますので余り詳しくは言えないなという感じがいたしますが、10%台程度であります。要するに、補助金の割合ということでよろしいんですね。建設費に対する補助金の割合というのは10%台程度になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)これで待機がある程度解消すると。しかし、今後、待機がまたふえてくるというような事態も考えられないわけでもないので、こういう条件がそろったものが民間からやりたいというような話が出た場合には、同じような形で、補助というか、負担を市はしていく、国はしていくということになるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)1点目、ちょっと訂正させていただきます。私が申し上げたのは、市の補助するものの全体に対する割合でございます。これに国の分を足しますと、先ほどの予算額どおり 8,300万というぐあいになってまいります。そうすると、3分の1程度というとらえ方をしております。
 保育施設に対する補助につきましては、国の方でもいろいろ動きがあるようでございます。それで、今回の補助については、国の方の17年度予算の繰り越しのような形で補助をしてもらうものですが、次世代育成支援といいますか、子育て支援の関係で、年々、保育所整備がふえておるようであります。そういった中で、交付基準額というのは年々下がる傾向にあるようであります。国の方の補助金が将来とも現在のとおり確保されるかどうかという問題もあります。こういった中で、市の方の支援のあり方は、基本的には国の交付金を上回った助成はなかなか難しいのかなと思っております。そういった中で、今後についてはどうかというと、一つの方向は別として、基本的には、最大でも国の補助金程度というような感じはしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)確認させていただきますが、今後、条件等が変わってくるかもしれないけれども、こういう要件が整った場合には、市としたら同じような対応をしていくということでよろしいわけですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)基本的には同じような考えで対応していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)市長答弁を確認しておきたいんですが、加藤議員のシルバーの関係で、中央集会所の集会所機能をね、これもリースで建てたところを使わせると。さっきの答弁ではそのような話をされたように聞いたんですが、中央集会所、元名取高校の跡なんですが、あれは消防上危険なもので、2階は使用禁止、1階を使っているわけですが、あそこの広さからすると、選挙のための個人演説会とかいろいろ利用されている場所なので、中央集会所の機能をどうするのか。シルバーが仮に建ったときに併用させるのかどうか。それが3年ぐらいのリースですから、その後、シルバーが別なところに移転した場合に、中央集会所をどうしようという地域との話し合いなども含めてこの予算書を出してきたのかどうか、その辺についてお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)シルバー人材センターの場所につきましては、暫定的な使用ということで、中央集会所につきましては、約束からいきますと取り払わざるを得ないということで地域の方々にお話をした結果、何とか御理解をいただけるというふうになりました。ただ、実際のところ、これまで使ってきたわけでありまして、突然といいますか、そういう形になりましたので、何とか少しでも地域の皆さん方のためになるような形でこちらとしても御協力できないかということで検討した結果、シルバー人材センターにつきましては、会議等で地域の皆さん方に利用を最低限度していただけるような場所は確保できるということでございますので、シルバー人材センターの事務とか、そういったことのあいている時間帯は使っていただいていいのかなと。
 ただ、中央集会所については、市が責任を持ってこれからも続けていくという義務は一切ありません。何しろ、名取高の跡地を、学校跡を、せっかくあるので地域に使える限りは使っていただくという形で以前やってきたということでありますので、当然のことながら建物自体が老朽化し危険になるとすれば、それで取り壊させていただいて使用終了というのが当然の成り行きだと思っております。しかしながら、今申し上げましたように、今急にといっても、地域では集会場所を簡単に設けることができないということでありますので、シルバー人材センターの事務局が暫定的にある間については、できるだけ利用をいただけるような方法を考えたいと。しかしながら、いろんな大きな会合とか、例えば、安住議員の決起集会に使うとかという、そういう大きな場所が確保できるかどうかはちょっとわかりませんが、一応、事務等に支障のない範囲でお使いをいただくと。
 実は、そう言いましても、見通しとしては、大体3年ぐらいの間に何とか恒久的な場所を見出せると。そうなりますと、その後どうするかということにつきましては、地域の皆さん方にいろいろお考えをいただかなければなりませんが、そういった場合については、もちろん市としてもいろんな点で相談に乗らせていただくということはしていかなければならないんだというふうに思っておりますが、中央集会所を設けた限りは岩沼市で責任を持ってというところはなくていいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第55号から議案第59号までの5件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第55号から議案第59号までの5件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第55号から議案第59号までの5件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 これより議案第55号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第55号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第56号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第56号 平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第57号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第57号 平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第58号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第58号 平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第59号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第59号 平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 休憩をいたします。
 再開は11時20分といたします。
    午前11時6分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 議案第63号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、議案第63号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第63号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第63号については委員会付託を省略することに決しました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第63号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 認定第1号 平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第3号 平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第4号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第5号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ
           いて
     認定第6号 平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第7号 平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算
           認定について
     認定第8号 平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成17年度岩沼市水道事業会計決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、認定第1号から認定第9号までの9件を一括して議題といたします。
 初めに、決算関係議案に対する補足説明を求めます。
 認定第1号から認定第8号までについて、砂金収入役、登壇の上、説明願います。
    〔砂金勲収入役登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

収入役(砂金勲)平成17年度岩沼市一般会計及び特別会計歳入歳出決算について補足説明を申し上げます。
 御参照いただきます資料は、右上に「認定第1号から第7号」と表示してあります一番厚い決算書でございます。
 この決算書は、平成17年度岩沼市一般会計、国民健康保険事業特別会計、老人保健事業特別会計、介護保険事業特別会計、公共下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、生涯学習のむら分譲事業特別会計の七つの会計に係る決算書でございます。
 それでは、決算書の1ページ、2ページをお開き願います。
 この表は、企業会計を除いた一般会計並びに特別会計の決算総括表でございます。
 まず、歳入決算額でございますが、収入済額の合計額は 222億 2,315万 7,661円となりました。
 次に、歳出決算額でございますが、3ページ、4ページをお開き願います。
 支出済額の合計額は 218億 5,706万 4,314円となりまして、4ページの右下にあります歳入歳出差引額の合計は3億 6,609万 3,347円となりました。
 この決算規模を前年度と比較いたしますと、歳入で14億 2,552万 2,959円の減となり、歳出でも14億 1,657万 4,190円の減となりました。率にいたしますと、歳入では6.03%、歳出では6.09%の減となっております。
 それでは、認定第1号岩沼市一般会計決算から概要を申し上げます。
 一般会計決算につきましては、決算書の5ページから14ページまでに記載してございますので、御参照願います。
 なお、お手元の認定第1号から第7号資料「主要な施策の成果と予算執行の実績報告」の1ページに過去3カ年の一般会計の決算状況を記載してございますので、後ほど御参照いただきたいと思います。
 それでは、決算書の5ページ、6ページをごらんいただきます。
 一般会計の決算につきまして、歳入から申し上げます。
 款・項ごとに予算現額、調定額、収入済額等についてそれぞれの金額を記載してありますが、この点につきましては説明を省かせていただきます。
 2枚ほどめくっていただき、9ページ、10ページをお開き願います。
 一番下の欄、歳入合計、予算現額の合計額でございますが、 120億 9,585万 1,000円となりました。この額を平成16年度と比較いたしますと12億 436万 9,442円、率にいたしまして9.06%の減となります。調定額につきましては 124億 5,006万 5,328円で、予算現額に対しまして2.93%上回っております。また、調定額と収入済額との比較では、収入済額が 121億56万6,132 円で、調定額に対して 97.19%となっております。
 次に、収入未済額について申し上げます。
 平成17年度の収入未済額は3億 4,236万 2,046円となりましたが、この額を前年度と比較いたしますと、 5,244万 2,239円上回っております。
 収入未済額の主なものについて申し上げます。2枚ほど戻していただきまして、5ページ、6ページをお開きいただきます。
 収入未済額の一番上の1款市税でございますが、2億 9,558万 4,743円となり、収入未済額全体の 86.34%を占めております。
 次、1枚めくっていただきまして、7ページ、8ページをお開き願います。
 12款分担金及び負担金でございますが、これは民生費負担金で 578万 2,300円でございます。
 13款の使用料及び手数料につきましては、住宅使用料の 1,345万 8,500円でございます。
 14款国庫支出金 2,579万 9,840円につきましては、繰越事業に係るものでございまして、平成18年度において収納されるものでございます。
 20款諸収入で 173万 6,663円となりましたが、これは民生費貸付金元利収入等でございます。
 次に、不納欠損額について申し上げます。1枚戻していただきまして5ページ、6ページをお開き願います。
 1款市税が 731万 7,179円となっております。主なものは市民税、固定資産税等でございます。
 次に、歳出決算について申し上げます。
 決算書の11ページから記載してありますが、13ページ、14ページをお開き願います。
 歳出決算の支出済額は 118億 1,549万 3,976円となり、予算現額に対する執行率は 97.68%となっております。翌年度への繰越額は 5,463万 6,680円でございますが、その内訳は、1枚戻していただきまして、11ページから12ページに記載してございます。
 2款総務費の 4,459万 9,680円は臨空都市整備事業、3款民生費の 525万円は高齢者福祉施設整備事業、8款土木費の 478万 7,000円は橋りょう耐震補強事業に係るものでございます。
 不用額につきましては、14ページの合計欄に記載してございますが、2億 2,572万 344円となりまして、予算現額の1.87%となっております。
 次に、決算書の 135ページをお開き願います。
 平成17年度一般会計歳出予算は、当初予算額の 121億 1,000万円から年度末の専決処分に係る補正第9号までの補正額 6,856万 3,000円を減額し、それに前年度から繰り越しされました事業費 5,441万 4,000円を加えまして、歳入歳出の予算規模を 120億 9,585万 1,000円と定めて執行いたしました。
 それでは、さらにまた後ろのページでございますが、 195ページをお開き願います。
 これは、一般会計の総括として、決算額を千円単位で整理をした実質収支に関する調書でございます。
 この調書に記載しておりますように、決算額は歳入で 121億56万 6,000円、歳出が 118億1,549 万 4,000円、歳入歳出差引額が2億 8,507万 2,000円となり、この額から18年度へ繰り越すべき財源、計の欄の 663万 7,000円を差し引いた実質収支額は2億 7,843万 5,000円となりました。
 この実質収支額のうち、地方自治法の規定により財政調整基金に積み立てる額を1億 4,000万円といたしまして、残る1億 3,843万 5,000円につきましては、18年度へ繰り越しをいたすものでございます。
 以上が一般会計の決算概要でございます。
 次に、認定第2号岩沼市国民健康保険事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 これも款・項別金額の説明は割愛させていただきます。
 決算書の15ページ、16ページをお開き願います。
 一番下の歳入合計欄をごらんいただきます。16ページに記載してあります収入済額は30億 5,474万 3,710円となりました。予算現額は30億 4,868万 9,000円、調定額が34億 3,201万3,593 円でありますので、予算現額に対する調定額の割合は112.57%、調定額に対する収入済額の割合は 89.01%となっております。
 次に、不納欠損額でございますが、 1,917万 1,690円となっております。収入未済額は3億5,822 万 2,593円となっておりますが、これは主に国民健康保険税でございます。なお、保険税の収納率は 72.39%となっております。
 次に、17ページ、18ページをお開き願います。
 歳出決算額について申し上げます。
 歳出決算の支出済額は30億 3,866万 8,986円となりました。予算現額30億 4,868万 9,000円に対しまして、執行率は 99.67%となっております。
 不用額につきましては 1,002万14円でございます。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 1,607万 4,724円でございます。このうち、地方自治法の規定によりまして、2分の1以上の額 1,000万円を基金に積み立てをいたしまして、残りの 607万 4,724円は平成18年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第3号岩沼市老人保健事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 これも款・項別金額の説明は割愛させていただきます。
 決算書の19ページ、20ページをお開き願います。
 歳入合計欄の予算現額28億 2,737万 2,000円に対しまして、調定額、収入済額ともに28億2,737 万 4,180円となりました。
 1枚めくっていただきまして、21ページ、22ページの歳出決算額でございますが、支出済額が28億 2,736万 4,719円となりました。不用額は 7,281円で、執行率は 99.99%となっております。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 9,461円となりまして、これは平成18年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第4号岩沼市介護保険事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書の23ページ、24ページをお開き願います。
 一番下の合計欄をごらんいただきます。収入済額は16億 5,172万 9,595円となりました。予算現額は16億 5,123万 7,500円、調定額が16億 5,625万 4,795円でありますので、予算現額に対する調定額の割合は100.30%、調定額に対する収入済額の割合は 99.73%となっております。
 収入未済額は 372万 7,300円となっておりますが、内容は1款1項の介護保険料でございます。なお、保険料の収納率は 98.47%となっております。
 次に、25、26ページをお開き願います。
 歳出決算額について申し上げます。
 歳出決算の支出済額は16億 5,018万 3,840円となりました。予算現額に対して執行率は99.94 %となっております。不用額は 105万 3,660円となっております。
 歳入歳出差引残額は 154万 5,755円となりました。これは平成18年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第5号岩沼市公共下水道事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、27ページ、28ページをお開き願います。
 歳入決算の収入済額は21億 5,045万 3,303円となりました。予算現額に対する執行率は95.29 %となっております。
 なお、収入未済額1億 1,562万 5,717円の内訳でございますが、1款の分担金及び負担金 553万 2,330円は受益者負担金、2款の使用料及び手数料 3,357万 407円は下水道使用料、3款の国庫支出金 7,652万 2,980円は公共下水道事業費補助金と公共下水道事業費委託金であります。
 次に、不納欠損額の80万 5,186円は、2款使用料及び手数料のうちの下水道使用料でございます。
 1枚めくっていただきまして、29ページ、30ページをお開き願います。
 歳出について申し上げます。
 歳出の支出済額は20億 9,311万 5,086円となりました。翌年度への繰越額1億 3,645万円は、2款下水道事業費で公共下水道雨水関係の建設事業及び幹線建設事業一般管理に要する経費でございます。
 次に、不用額は 2,721万 3,914円となり、執行率は 92.75%となっております。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 5,733万 8,217円となりました。これは平成18年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第6号岩沼市農業集落排水事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、31ページ、32ページをお開き願います。
 歳入決算額は、予算現額2億 719万円に対しまして、収入済額は2億 811万 4,741円となりました。
 収入未済額 114万 4,712円の主なものは、1款分担金及び負担金の84万円でございますが、これは農業集落排水分担金でございます。
 1枚めくっていただきまして、33ページ、34ページの歳出決算額でございますが、支出済額は2億 206万 1,707円となりました。不用額は 512万 8,293円となり、執行率は 97.52%となっております。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額 605万 3,034円は平成18年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第7号岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、35ページ、36ページをお開き願います。
 歳入決算額は、予算現額4億 438万 2,618円に対しまして、収入済額は2億 3,017万 6,000円となり、予算現額に対して執行率は 56.92%となっております。
 1枚めくっていただきまして、37ページ、38ページをお開き願います。
 歳出決算額でございますが、支出済額は2億 3,017万 6,000円となりました。予算現額に対する執行率は 56.92%となっております。翌年度へ繰り越す額は1億 7,420万 6,618円でございますが、これは継続費逓次繰り越しでございます。
 次に、認定第8号岩沼市特別都市下水路事業会計の決算概要について申し上げます。
 決算書は、別冊の「認定第8号」と表示してあります決算書を御参照いただきます。
 なお、主な点についてのみ御説明申し上げます。
 まず、1ページ、2ページをお開き願います。
 (1)の収益的収入及び支出の収入でございますが、第1款下水路事業収益の予算額合計1億5,451 万円に対しまして決算額は1億 5,477万 9,565円となりました。予算額に比べまして決算額は26万 9,565円の増となっております。なお、決算額のうち、備考欄に記載しておりますように、 735万 4,109円は仮受消費税等でございます。
 次に、支出でございますが、第1款下水路事業費用の予算額合計1億 4,925万 9,000円に対しまして、決算額は1億 1,428万 2,350円となりました。不用額は 3,497万 6,650円で、執行率は 76.57%となっております。
 次に、3、4ページをお開き願います。
 (2)の資本的収入及び支出について申し上げます。
 収入はございませんでした。
 支出の第1款資本的支出の予算額合計 8,424万円に対しまして、決算額は 7,645万 9,400円となりました。不用額は 778万 600円で、執行率は 90.76%となっております。
 なお、下の欄外に付記してございますように、資本的収入額が資本的支出額に不足する額 7,645万 9,400円は、過年度分損益勘定留保資金 7,579万 2,286円と当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額66万 7,114円をもって補てんいたすものでございます。
 次に、5ページ、6ページをお開き願います。
 財務諸表でございますが、まず、平成17年度岩沼市特別都市下水路事業損益計算書について申し上げます。
 1の営業収益、2の営業費用、3の営業外収益、4の営業外費用は、前のページの収益的収入及び支出額から消費税を差し引いた額を転記したものでございます。
 次に、下から3行目でございますが、当年度の純利益は 3,983万 101円となりました。これに前年度繰越利益剰余金 9,381万 5,742円を加えまして、平成17年度の未処分利益剰余金は1億 3,364万 5,843円となります。
 次に、8ページをごらんいただきます。
 平成17年度岩沼市特別都市下水路事業剰余金処分計算書(案)でございますが、1の当年度未処分利益剰余金1億 3,364万 5,843円から、2の利益剰余金処分額のうち(1)の利益積立金に200 万円、 (2)の建設改良積立金に 3,500万円を積立処分いたしまして、残額の 9,664万 5,843円を翌年度繰越利益剰余金といたすものでございます。
 11ページ以降につきましては附属資料でございますので、説明を割愛させていただきます。
 以上、認定第1号から認定第8号までの8件の会計につきまして決算の概要を申し上げました。よろしく御審議をいただきまして御認定を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、認定第9号について、企業出納員の補足説明を求めます。
 村上会計課長、登壇の上、説明願います。
    〔村上啓二会計課長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

会計課長(村上啓二)認定第9号平成17年度岩沼市水道事業会計決算の補足説明を申し上げます。
 お手元の「認定第9号」と表示してあります決算書の1ページ、2ページをお開き願います。
 平成17年度の水道事業決算報告書でございますが、初めに収益的収入及び支出について申し上げます。
 収益的収入の第1款水道事業収益につきましては、予算合計額12億 9,891万 1,000円に対しまして、決算額は12億 9,546万 9,838円となり、予算額に比べまして 344万 1,162円の減となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと 100万 4,759円の増となり、率では0.08%の増となっております。
 第1項、第2項、第3項は水道事業収益の内訳でございます。なお、表示してあります金額には仮受消費税及び地方消費税が含まれておりますことを申し添えさせていただきます。
 なお、詳細につきましては、19ページに示してございますので、後ほど御参照願います。
 次に、支出の部について申し上げます。
 第1款水道事業費用につきましては、予算合計額12億 6,946万 6,000円に対しまして、決算額は11億 9,555万 633円となり、執行率は 94.18%となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと25万 9,587円の増となり、率では0.02%の増となっております。
 各項ごとの事業費用の主な内訳を申し上げます。
 第1項の営業費用につきましては、主に取水及び浄配水費、減価償却費で、この中には仙南・仙塩広域水道からの受水費が含まれております。
 第2項の営業外費用につきましては、企業債の支払い利息が主なものでございます。
 第3項の特別損失につきましては過年度損益修正損が主なものでございます。
 次に、3ページ、4ページをお開き願います。
 資本的収入及び支出でございますが、初めに収入の部について申し上げます。
 第1款資本的収入につきましては、予算合計額1億 2,026万 5,000円に対しまして、決算額は1億 1,933万 7,567円となり、予算額に比べまして92万 7,433円の減となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと1億 3,245万 4,212円の減となり、率では 52.60%の減となっております。
 資本的収入の主な内訳を申し上げます。
 第1項企業債につきましては、建設改良事業に係る財務省及び公営企業金融公庫からの借り入れでございます。
 第2項出資金につきましては、一般会計からの出資に係るものでございます。
 第3項工事負担金につきましては、三軒茶屋西土地区画整理事業等に係る工事負担金でございます。
 次に、支出の部について申し上げます。
 第1款資本的支出につきましては、予算合計額4億 6,285万 8,000円に対しまして、決算額は4億 661万 3,837円となり、執行率は 87.85%となっております。
 次に、資本的支出の主な内訳を申し上げます。
 第1項建設改良費につきましては、県道矢野目バイパス新設工事に伴う配水管布設並びに松崎北長谷線等の改良工事が主なものでございます。
 これらの契約内容等につきましては16ページに示してございますので、後ほど御参照をいただきたいと思います。
 次に、下の欄外に記載しております、資本的収入が資本的支出に対して不足する額2億8,727 万 6,270円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額 853万 7,566円、当年度分損益勘定留保資金1億 8,574万 1,169円及び建設改良積立金 9,299万7,535 円をもって補てんいたすものでございます。
 次に、5ページから10ページまでの財務諸表について申し上げます。
 5ページをお開き願います。
 平成17年度岩沼市水道事業損益計算書でございますが、下から3行目に当年度の純利益を記載してございます。当年度純利益は 9,119万36円となり、これに前年度繰越利益剰余金2億4,571 万 6,605円を加えまして、平成17年度の未処分利益剰余金は3億 3,690万 6,641円となります。
 次に、8ページをお開き願います。
 平成17年度岩沼市水道事業剰余金処分計算書(案)でございますが、1の当年度未処分利益剰余金3億 3,690万 6,641円から、2の利益剰余金処分額のうち(1)の減債積立金に 500万円、(2)の建設改良積立金に1億円を積立処分いたしまして、残額の2億 3,190万 6,641円を翌年度繰越利益剰余金といたすものでございます。
 11ページ以降につきましては附属資料でございますので、説明を割愛させていただきます。
 以上、認定第9号平成17年度岩沼市水道事業会計決算の概要につきまして補足説明を申し上げました。何とぞよろしく御審議の上、御認定を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって、議題となっております決算関係議案の補足説明が終わりました。
 これに対し、監査委員から決算審査結果についての報告を求めます。
 三品監査委員、登壇の上、報告願います。
    〔三品知司監査委員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

監査委員(三品知司)それでは、審査の結果について御報告申し上げます。
 平成17年度の一般会計、特別会計及び企業会計の決算審査につきましては、去る7月3日付で市長から決算書の送付を受けまして、各部課長及び担当職員からよくその事情を聴取しながら、議会選出の梶谷洋夫委員とともに審査を実施いたしました。
 今回の審査対象につきましては、平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算、各種事業特別会計といたしまして、平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算、平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算、各種公営企業会計といたしまして、平成17年度岩沼市水道事業会計決算、平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算並びに事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金の運用状況等を対象として審査いたしました。
 審査の結果、各種会計の決算は全会計黒字決算となっております。また、決算審査に付されました各会計決算書、附属書類及び基金の運用状況は、適正に作成されているとともに、その計数は正確であり、その内容及び予算の執行状況も適正かつ妥当なものと認めました。
 なお、各種事業の詳細につきましては、お手元に届けてあります「審査意見書」のとおりでございますので、よろしく御了承賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって、提案されました決算の補足説明及び審査結果の報告が終わりました。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時10分といたします。
    午後0時7分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時10分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより認定第1号から認定第9号までの9件に対し一括して質疑に入りますが、質疑に当たっては、特に重点的な部分についての質疑を願います。なお、細部にわたる質疑については、特別委員会を設置した上、審査願う予定であります。
 つきましては、細部にわたる質疑は特別委員会各部会に質疑の申し出などをし、審査されるよう願います。
 それでは、総括質疑に入ります。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第8、認定第1号から認定第9号までの9件につきましては、慎重審査の必要が認められますので、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これらの案件を審査願うことにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、決算審査特別委員会の構成につきましては、午後1時25分から全員協議会室において決算審査特別委員会を開催の上、決定していただきたいと思います。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は9月26日火曜日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さんでございました。
    午後1時12分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年12月1日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 佐 藤 一 郎

                   議 員 森   繁 男