議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第3回定例会(2日目) 本文




2006.09.11 : 平成18年第3回定例会(2日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、18番梶谷洋夫議員、19番平塚兵六議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 順次質問を許します。
 8番松田由雄議員の一般質問を許します。直ちに発言席において発言してください。
    〔8番松田由雄議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)おはようございます。
 日本共産党の松田由雄です。
 私は、初めに、5年前ですけれども、2001年9月11日、アメリカにおいて同時多発テロが発生し、 3,000人近い方々が犠牲になったことについて、日本共産党を代表して心から哀悼の意を表するものであります。
 さて、私の質問は、今回、県立高等学校通学区域(学区)撤廃に関しての1点について質問いたします。
 県立高等学校通学区域撤廃に関しての問題は、県教委の問題としてとらえるのではなく、岩沼市内の中学生に責任を持つ岩沼市教育委員会として真剣にとらえ回答していただくことを初めにお願いする次第であります。
 御存じのように、県の高等学校入学選抜者会議は、宮城県教育委員会から通学区域(学区制)の今後のあり方について諮問を受け10月に最終答申をまとめようとしております。県教委は早ければ現在の中学2年生以降が対象となる2008年から新制度の導入を意図しています。ことしの7月に発表された中間素案では、特定の地区、学校への志願者の集中や学校格差の助長などの懸念はあるものの、現在の通学区域については撤廃し、全県1学区が望ましいと判断したとして通学区域の撤廃の方針を打ち出しております。
 学区とは、1952年に教育委員会法の第54条で適切な学区制を制定し、一つは高校教育の機会均等、二つ目に、高校教育の地域化、三つ目に、入学競争の弊害排除、四つ目は高等教育の普及であると規定しています。これらはまさに憲法と教育基本法の理念を具体化したものであり、全くそのとおりであると考える次第であります。
 それでは、お伺いします。
 第1点目は、現在の県立高等学校通学区域(学区)について、1951年に文部省通達でなるべく多くの志願者を入学させることと、適切な学区制を実施して志願者そのものを各高等学校に均分化させることが出されていますが、認識をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この文部省通達につきましては、当時の戦後復旧やベビーブーム等の社会情勢、受験期の生徒たちへの期待、あるいは高等学校の進学の状況について総合的に検討され、基本的な方針が示されたもので、現在にも通じるものと考えております。
 一方、現在の社会情勢や高校全入時代を迎える現状にそぐわない部分があるということで平成13年の「地域教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正によりまして学区の存続、撤廃を含めて各都道府県の教育委員会の判断にゆだねられることになり、本県におきましても多くの県民の声を聞きながら段階的に検討が進められていると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今の学区についての認識はその後の変化について教育長、述べられましたけれども、今、県民の多くの意見を聞いて進められるものというふうに述べましたけれども、そのようなことで進められているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのように認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私はそうは思わないんですけれども、次に移りたいと思います。
 2点目は、県教委が高等学校通学区域撤廃を打ち出したことについてでありますけれども、この問題は、先ほど述べた1951年の文部省通達、逆に1956年政府が国会で成立させた「任命制教育委員会法」のもとで高校入試制度の変更、同年9月、学校教育法施行規則の改正、1963年の学校教育法の施行規則の一部改正で、小学区は不適とする通学区域の拡大に基づくものであると、先ほど述べられたものだというふうに理解するわけですけれども、まさにこれらの問題については、改革というのは、教育に市場原理を導入するということと、少数のエリート養成を優先させるということ、学校教育体系を複線化して公教育全体の縮小、再編を図るものであるというふうに思っています。
 また、河北新報の声欄にも連日のように学区制問題で県民の厳しい意見が紹介されています。例えば9月3日、一連の投書欄の中で「宮城県知事、県教育委員会、県高校選抜者会議の皆さん、学習の点数のよい子は仙台に集まれ、あとは保障する。それに対してはそれはやめてほしいということとか、例えば一部財界人、受験業者、ナンバースクールの同窓会有志が望む全県1学区制の導入の声に迎合して進めるのか、多くのサイレントマジョリティー ── 声なき声を尊重して聞くのか等の多数の疑問の声があります。
 以上の点を踏まえて質問します。 この一連の学区制の問題について、県教委からはどのような説明があったのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)どのような説明があったかについてお答えしたいと思います。大きく3点あります。
 一つは、通学区域の現状についてであります。学区は何度かの制度改正、先ほども松田議員おっしゃった、そのとおりであります。それを経て現在は5地区14学区になっていること。そして、他の地区からの入学者を募集定員の3%まで認めるという、3%枠という人数を設けて保護者や受験生の希望にこたえようとしたが、仙台市周辺以外では余り機能しなかったこと。これが一つであります。
 二つ目は、高校教育を取り巻く諸情勢の変化についてであります。高校教育が普及し、県内では高校進学率が98.5%まで達しました。岩沼市も非常に高くて98.9%であります。全入時代を迎えることになった。また、少子化の進行と生徒のニーズの多様化、生活圏や通学手段の変化、他県の動向などを考慮して見直しているところであるということであります。
 三つ目は、県民の意識が入れる高校から入りたい高校、通える学校から通いたい学校という高校選択の際の考え方が変化していること。学区拡大や撤廃について中学生、保護者、教師と一般県民ではほぼ3分の1程度望んでいること。このようなことから昨年7月、県立高等学校の入学者選抜審議会に学区制見直しを諮問し、この7月に県立高等学校普通科について全県1学区に学区撤廃することが望ましいという答申、素案が示された。先月末までパブリックコメントを通じて県民の声を求め10月ごろに県教委に答申する予定という説明を受けております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、説明をいただいたわけですけれども、県教委から説明がされた中で漏れているのかされなかったのかちょっとお伺いしたいんですけれども、県教委の答申素案、県教委が学区撤廃しようという中で、特定の地区、学校への志願者の集中や学校格差の助長などの懸念はあるもののというふうに述べているんですけれども、その辺について説明はあったのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それについてはありました。すべてを語ることできませんでした。その辺の懸念ということはございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうすると、説明があったということは、私自身は県教委そのものの考え方というのは、理論の矛盾であると。もう一つは不思議さを感じるということと、違和感、不信感を覚えるわけです。いわゆる入れる高校から入りたい高校とか、県民のニーズ、例えば県民の3分の1ぐらいは学区制撤廃については賛同するというふうに述べていながら、この辺の矛盾を解決されないままに市教委に対して出してきたということについてはまじめさが足りないのではないかというふうに私は思うんですけれども、その辺についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)どのぐらいがまじめかというふうな基準がわかりませんが、県教委としてやれることはやっていると。通知文として随時来ているというふうに解釈しておりますので、やれることはしっかりとやっているのでないかと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)これは県教委の問題なので市教委の立場からすればなかなか答えづらい、本音は思っていてもなかなかこの場ではしゃべられないというのがあると思うのでその辺は理解したいと思います。
 二つ目に移りたいと思います。それで、具体的に中学生との関係で中学校の校長先生などには市教委として県教委からこういう説明があったわけですけれども、どのような説明をしたのかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)おおよそ大体申し上げた内容、資料と補助説明を加えて話しております。各校でも職員に情報として提供しておりまして、中学校で時々話題になっている程度と聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)中学校の校長先生なんかからはこの件について意見とか要望なんかは出なかったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今の段階ではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ところで、岩沼市内の中学校の校長先生の中には県高等学校入学者選抜者会議のメンバーになっている方はいるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この件についてはおらないと認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。
 三つ目に移りたいと思います。
 中学校の方から保護者、生徒に説明しているかどうかなんですけれども、連日のように各新聞で特集を組んで「賛成」、「反対」、投書欄も出ているわけですけれども、何らかの形で説明等についてはしているのかどうかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校側からは懇談会などで概要を話してはおります。ただ、まだ素案の段階で正式回答もされておりませんので、ほとんどがマスコミから入ってくる情報を参考にしていると、このように考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が一番心配なのは、素案の段階とはいえ、たしか土曜日か金曜日の新聞で県内から公聴会を開催してほしいという中で、今後、公聴会を開催する予定はないと。例えば中学校の先生とか保護者、生徒の意見を含めて出す場がないんですよね。特に1年生、2年生の場合だとマスコミだけの資料というか、情報ということは物すごく不安に感じているんですよ。そういう中で意見や要望が出されるような今後の話し合いというか、ぜひ進めていってほしいなと思うんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども申しましたように、答申素案できていない段階であります。その辺は状況を見守りながら考えていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)3点目に移りたいと思います。
 3点目は、県教委の学区撤廃に関して県民、保護者、教職員の皆さんから出されている意見について、その認識についてお伺いしたいと思うんですけれども、一つは県民、保護者、教職員から出されている意見、不安、疑問などについて十分に反映していないという問題が出されています。例えば県教委がまとめた「学区制のあり方に関する答申案」に県民の意見を聞く公聴会の開催や中間報告に対する意見聴取など努力をしてこなかったのではないかという意見がありますけれども、いわゆる現場で携わっている岩沼市教育委員会として、この辺についてはいかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)現在は答申の素案が示された段階でこれまでの議論を踏まえてパブリックコメントや関係者の考え方が今後の検討に生かされ、生徒の未来に、将来につながる方向性が示されてくるものと期待しているところであります。したがって、先日発表されましたパブリックコメントあるいはそのほかの関係者からの意見が県の方にはたくさん出ております。それを今分析中と解釈しておりますので、ほとんどないとか、それをさらにやればいいかというふうなことについては、今意見としては私は持っておりません。現段階でよろしいのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうしますと、今述べた県教委のこれまでの対応の仕方、保護者、県民、例えば宮城県高等学校教職員組合とか宮城県教職員組合の団体を含めた方からの意見について意見をきちっと聴取していないんではないかということについては、県教委ではスムーズに進めているというふうに理解しているわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは私が答弁するよりも県教委とか審議会に話す中身だと思います。私たちもすべてをつかんでいるわけではございません。どれだけ県教委に意見が述べられたかわかりません。我々も実はメディア、マスメディアを通しながらたくさんのことを知るということはあるわけなんです。その辺については力強くは言えないところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)やっぱり県、国との関係からいくと、地方自治法からいけば同等なんですよね。県が上で市が下というわけではなくて、私が言いたいのは、一市民、保護者、子供たちが言ってもなかなか通らないと。やはり市の教育委員会なりが責任を持つ部署の独自の考えではなくて、そういう保護者、子供たちの意見を踏まえて対応してほしいということが私が言いたいところです。それを述べて次に移りたいと思います。
 二つ目は、昨年11月に実施した県民等の意識調査でも先ほど述べられたのとは別に学区撤退は少数意見であったと聞いておりますけれども、そういう報告は受けていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)報告は受けております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)この問題について報告は受けているということなんで、そうすると、先ほど述べたこととの関係で県教委というのはまさに県民の意識、保護者、生徒の考えとは質的に異なる考えを今示そうとしているというふうに私は思います。先ほど教育長、述べましたけれども、パブリックコメントの結果は公表されて9月8日に新聞報道で大きく出ていますけれども、このパブリックコメントというのは何なのかということになれば、行政機関が政策の立案を行う際にその案を公表してその案に対して広く県民から意見や情報を提供してもらい、その意見を考慮して最終意思決定を行うということだと私は認識しています。8日の新聞を見ると、例えば 428件、それを分類して上から順序にいくと、第1位は学区撤廃について仙台圏に集中するおそれがあるというのが34件、遠距離通学、不本意通学がふえるのではないかというのが31件、郡部の高校統廃合を招くのではないかというのが30件、選択の自由を拡大するというのは26件。ところが、学力向上などの観点から撤廃すべきというのが25件、高校を序列化、学校格差を招くというのが23件、経済格差が教育格差につながるのではないかという意見が22件、ほかにもあるわけですけれども、学区撤廃は少数で全体としては撤廃はうまくないというのが河北新報に報道されているわけですけれども、この点について新聞に報道されていますので承知していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)新聞で承知しております。先ほど私、報告を受けているかというふうな質問に対して、受けていると言いましたが、これは県教委からということではなくてメディアの情報でありまして、いろいろな分析があるというふうなことを聞いております。意識調査の結果を見ますと、学区撤廃と学区拡大を含めますと全体の3分の2ほどを占めております。今回の素案のよりどころの一つになっていると認識しているわけであります。そのほかにあの調査書には、中部南地区、岩沼学区も入りますが、その学区では学区撤廃の考えにつきまして39%が選択しておりまして県内で一番高い数値を示しているところを考えると、やはり少数意見とばかりは言えないのではないかと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は全県的な立場で今述べましたので、学区単位でいけばそうかもしれないんですけれども、こういう問題は一地域だけではなくて全県、全国、そういう立場で考えるべきだということで質問しています、県議会じゃないのでこれで控えますけれども。
 三つ目です。この認識について学区撤廃は学校選択の自由を拡大するものだという考えがありますけれども、このことは自由な学校選択とは志願はどの学校にしてもいいという意味だと私は思うんですね。生徒が自由に希望した高校に入学できるということを保障しているわけではないという意見もありますけれども、その辺についての認識を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)通学や高校生活の実際を考えますと、選択にかかわる要素は単純ではございません。個々の生徒の思いや保護者の置かれている状況等ですべてが満たされるとは限りませんが、県内のどこでも自分が希望できる高校を選べるということですので、この面から考えますと自由を拡大することになると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)確かに教育長が述べられたように自由を拡大するということだと思うんですけれども、私が言いたいのは、自由を拡大すればいいというものではないということが一方ではあるんですね。例えば学校選択制の自由と述べながら学校選択制の自由になった場合、どうなのかというシミュレーション作業が全然行われていない。これについては宮教祖、高教組の意見に対して「そのとおりです」と県教委は述べているわけです。そういう意味では中学生徒、保護者のことを考えると、これだけでいいのかなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)自由拡大するのがいいのかというふうなこと、シミュレーションはあるのか、ないのではないか。結局これからだと思います。答申、素案でありますので答申されてから県教委が考えると、このように考えております。メリット、デメリットは何でもあります。その辺をどうクリアしていくか、あるいは手だてをどう講じるかということがこれからの作業、微調整になると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)全く教育長言ったとおりだと思うんですけれども、公聴会も開催しない、意見も聞かないということで危惧を感じた立場で今質問したわけです。
 四つ目に移りたいと思います。四つ目は競争すれば成績が上がるとの考え、それは疑問だという意見もありますけれども、その辺の認識について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)成績の面だけ見れば適度な競争によって向上が期待できることは確かだと。と同時に、意欲をどのように持たせるかとか、どのようにして好きにさせるか、あるいは学びがいをいかに実感させるかなど成績の向上にたくさんの要素があると思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が言いたいのは、岩沼市の教育を考えたり見たりした立場で今質問したんですけれども、それを考えると、生徒や保護者が望んでいるのは競争ではなくわかるまで教えてもらう授業、興味を引き出してくれる授業、それは岩沼市が教育長を先頭にして実践している教育方針だと思うんですけれども、その辺との関係でギャップがあるのかなと。その立場でも県に意見を言ってほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その意味するところはわかります。一人ひとりをわかる、教えていく、これは岩沼市の教育の方針でもありますので、それがベースにあっての競争というふうに我々は考えております。この学区の撤廃以前の問題です。競争についてはいろいろ論議があります。私は競争なくして向上ないと思います。切磋琢磨してやるから向上心があるわけです。きのうの新聞もそうであります。ある私立学校の理事長が言っておりましたけれども、やはり競争があって日本も進歩してきた。向上というのは学力だけでなくてスポーツでも芸術面、文化面でもすべてそれでよくなっているということであります。その根本をとらえないとこの論議は間違いになってしまいます。よろしくどうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そういう理論もわかるんですけれども、日本のスポーツ、教育を考えた場合に競争とは一定の定義があって、定義がなければ破綻してしまう。例えば高校野球を見てもそうだと思うんですね。全国で優勝した子供たちがその県の代表が何人いるのかと、他県から来るとか。例えばサッカーのJリーグなんかは決まっているんですね、プロ野球も。外国人枠は何人と。そういう一定の枠があってこそ、競争が図られるのではないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そういう考えもあると思います。私が言っているのは、やはり競争によって向上する。例えばスポーツの関係をおっしゃいましたが、東京都である小学校の運動会で徒競走においてゴールの10メートル前で手をつないで一緒にゴールしようと、これが公平、公正だという教育のもとでやられたんです。こんなばかなことはない。競争しないと走力が伸びない、やる気もないということであります。一生懸命頑張れと。それに対して褒める、認める、これが今の教育、抜けている教育です。家庭でもそうです。学校でも地域でも、これがないから今の子供はいま一つ、意欲がないということが言えるわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)東京都の例を出したんですけれども、東京都の教育行政というのはまさにその辺が欠けているんでないかと。教育長が言われたとおりだと思うんですね。日の丸、君が代だけを徹底してやろうとして、そういう影山教育長が言ったことを東京都が実践すればもっと私はよくなるというふうに思うんです。ぜひ何らかの機会があったら石原都知事にでも言っていただければ。
 次に移ります。
 五つ目は、進学校へ受験生が集中するとの意見について心配しているんですね。認識を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)さきの意識調査の結果を見ますと、5人に1人が特定校への志願者集中は気をつけるべきことと答えております。県内には特色ある高校が徐々にできておりまして、今後、ますます特色ある学校づくりがなされることを期待しているわけでありますが、御指摘のように懸念される部分も確かにあると思います。松田議員がおっしゃられたいことはそこではないかと思うわけでありますが、確かに懸念されるところはございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そのとおりだと思います。私が言いたいのは、全県1学区制になって、例えば滋賀県、現状を個々の先生に聞いてみますと、従来の進学校に受験生が集中してすべての高校が全県的に序列化されて定員割れを起こした高校は廃校の危険性がある、そういう危惧があるというふうに述べられているんですけれども、その辺も認識しているわけでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)心配しているところは私も同じであります。いわゆる一極集中になるのでないか。もう一つは、地域の格差、地域の学校との格差があるのでないかというふうな懸念は持っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私が心配しているのは、一定の定員があって学区制の中で競争するのは否定はしないんです。ところが、例えば宮城県の場合、仙台圏以外の地区から仙台一高とかナンバースクールに受験生が増加した場合、何が考えられるかということになると、学力的にも経済的にも恵まれた生徒が集中することが予想される。実際滋賀県、秋田県ではそういう例になりつつあるというふうに思うんですけれども、なると思う現象だと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)懸念するところはございます。ただ、例えば全廃制度が行われることになったとしてそれで終わっちゃいけないと思いますね。どういう制度に変わろうが、 100%、制度というのはメリット、デメリットがあるわけです。そこに手だてが講じられる。例えば地域、高校の格差があった場合、何かの手だてを講じないと、これはだめになります。人事関係でも優遇するとか、いろんな関係で措置がとられると思います。したがって、この制度だけを議論するんでなくてその後、どうするかというふうなこと、これが今後の県教委の対応の仕方だと見守っているところで、決してできたからどうのこうの、その後、どうするんだというふうなフォローができているかを私たちは見てまいりたいと、こう考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひ見ていってほしいと思います。
 六つ目に移ります。学区制撤廃になった場合、一番子供たちより親が心配しているんですけれども、通学距離、遠距離通学の弊害が出てくるのではないかという不安について、その認識を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)「学校選択に当たってどのような考えて選びますか」という問いに対しまして、中南部地区では自分の希望に合う学校が約6割、それに次いで約3割の方が通学時間が余り長くならないこと、いわゆる自宅から無理なく通える学校を考慮するのを項目としてとらえております。岩沼は比較的交通網には恵まれております。したがって、岩沼市に限っていえば現状ではさほど影響はない。松田議員から言われますと全県的にどうかと言われそうですが、ここ岩沼市に関しては影響はないのではないかと市教委としては思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)教育長の今の発言、全くそのとおりだと思うんだけれども、全県1学区制になった場合、あなたは気仙沼高校か古川高校かですよと言われた場合に、例えば県教委がこの遠距離通学についてどう言っているかというと、交通網の整備により交通の利便性が向上したと。全くリアリズムに欠ける発言をしているんですね。例えば現状ではバス路線の廃止、新幹線で通学するにしても高校生は学割がきかないと。本数が削減されていると。やはり県教委そのものが提案するんであれば、現実的な対応がまさに不十分であると。これはそういう認識をぜひ持って影山教育長におかれても見守っていってほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)昭和25、26年、学区制が設立されてきて取り巻く環境が非常に変わりました。今おっしゃったような交通利便性は非常に変わっている。これは私も認めます。ただ、地域の格差がある、これも認めます。仙北地区においては同じでないか。今までよりひどいんでないか、それもわかるわけでありますが、やはり先ほども申しましたように、進学を決定する場合は単純な考えでございません。一つは生徒の思い、そしてもう一つは学力、自分の学力、もう一つは家庭の事情であります。自宅から無理なく通える学校、私も高校生を持っていればそれを考えます。そういった複雑な要素を総合的に考える選択でありますので、この点については問題はないんでないかと私個人では思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私も高校生を持つ親として全く教育長と同じ立場で、仮に気仙沼高校に行きたいと、こういう能力はないんですけれども、行きたいと言われたらちょっときついんですね。近くだったんで私はほっとしているんですけれども、ぜひ現実的な検討、リアリズムで今後も見守っていってほしいなというふうに思います。
 次に移ります。
 七つ目は、以上の点を踏まえた場合に通学費が払えず進学をあきらめることになるのではないかという不安、直接聞いているんですけれども、その辺についての認識を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これまでの御質問と同じように、選択の幅が広がるわけですから進学を考える際にこれまで以上に多方面から検討が加えられて総合的に考えてそれぞれに高校を選ぶことになるわけですので、通学費の問題についても学区の撤廃、拡大だけによって生まれる直接的な影響は少ないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そういう一般論としてだけではなくて具体的に調べたんですけれども、例えば仙台から古川に行くというふうになった場合に、岩沼市から仙台まで 320円、古川に行く場合は新幹線を使うと1カ月4万 2,660円、例えば石巻、あなたは石巻高校ですよと。石巻工業の場合、実業高校は全県的に行けるんですけれども、仙台から石巻に行くとすれば、1カ月1万 9,230円、私が言いたいのは、前議会で奨学金問題で質問したときに、今、授業料を払えずやむなく学校をやめざるを得ない子供たちが増加している中で大変な事態になるのではないかということで、その辺の考え方もやっぱり一定程度安心させる検討というのがないからそういう不安が出てくると思うんです。ぜひ県の方にもそういう不安があるということで意見を述べてほしいなと思うのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)通学費が払えなくて中途退学するというお話がありましたが、進学をあきらめる理由はたくさんございます。教育白書でもそれは報告を受けているわけですが、意欲がなくなった、あるいは体質が合わなくなった、人間関係がうまくいかなくなったと。そういうのが結構多いんですよ。だから、経済的な事情というのは、これもあろうと思いますが、やはり先ほども申しましたように、やっぱり学校を選択するときにはそのことを先に考えながら親も考えるんではないでしょうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)そうだと思うんですけれども、私のことも含めて行きたい学校に行けない子供というのも結構いるんですね。あなたはここに行ってほしいと決まっていて、行ける人たちは行ける、行けない子供たちは行けない。それで体質的に、例えばこの近隣のある高校で十何人入って3人くらいやめているんですけれども体質が合わなかったとか、友達関係とかそういうのがあるみたいです。それは事実だと思うんですけれども、やはり貧困と格差が広がる中でその辺もぜひ考えながら進めていってほしいし、そういう面でも子供たちを見守ってほしいというのが私の考えです。
 4点目に移ります。4点目は、河北新報の8月17日朝刊に「学区制撤廃の不安と疑問」と題していろんな問題を指摘する記事が掲載されておりますけれども、どのように受けとめておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)結論から申しますと、この記事の結びにありました文章、これが非常に印象深いわけであります。それは大まかな方向性は素案として提示されましたが、これまでお答えしてきたようにまだまだ検討の余地が残されたいると解釈しております。県教委からの説明によりますと、答申をまだ受けていないので現時点では何ら方針を決定していないとのことでありますので、9月8日には先月のパブリックコメントの集計結果が発表されましたが、岩沼市教育委員会といたしましては、さまざまな意見に耳を傾けながら新しい情報を正確に解釈して市内の生徒や保護者、地域の方々に不安を与えないように各学校を通じて伝えていきたいと考えております。方針まで述べましたが、以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今述べられましたけれども、この河北新報で述べているのは、一つは入試倍率がどうなるのか、交通の問題、撤廃時期の三つを述べているんですけれども、例えば入試倍率ではどうなるのかといった場合、全県1学区になった秋田県の場合、秋田高校は前年度の学区撤廃する前と比べて3倍に倍率になっていると。滋賀県の草津東高校は10倍、 ── 10.94倍、同じく滋賀県の大津高校は9.96倍、競争率が約10倍になっていると。先ほど言われていたけれどもあと交通の問題でも新幹線通学の場合とか特急券には学割がきかずに負担増になっているというふうに掲載されております。そのような内容だというふうに理解されているわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かに8月17日の新聞によりますと、3点にわたってコメントが載せられているわけです。倍率について、実は全国で都道府県の中の12が導入しました。今、宮城県も含めて五つの県が導入について検討しているところでありますが、秋田県については確かに3倍になったという報告を受けております。ただ、見方としては、ここ1年、落ち着くのでないか、いわゆる初年度は受験生も親もわかりませんので、でも今までの歴史をたどってみますと時間が解決してくれる。何年かたつと落ち着いてくるという報告も受けているところでありますので、この辺についてはしっかりした意見、私の意見は述べられません。そういうこともあるのかなと思っているところであります。
 交通については利便性の向上でありますが、先ほども言いましたように、県北とか、あるいは遠くのところ、非常に厳しいかもしれませんが、進学というのは総合力で総合的に考えると再三申しておりますので、その辺も自宅から無理なく通える学校という選択肢があります。この辺で落ち着くのかなと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひ自宅から安心して通える学校を目指して何らかの機会に提言してほしいなと思います。
 5点目に移りたいと思います。以上述べました点を踏まえると競争率の問題、交通の問題、いろいろ述べましたけれども、県教委には何らも県民、市民、子供たちに説明していないと。公聴会も開催する予定はないという中で意見を述べる場がないということを考えた場合に、県立高等学校通学区域学区撤廃については、子供たちの進路や地域のあり方など切実な影響を及ぼすことにもなりますので、決定については迅速に下すことのないよう県教委に提言すべきと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今の段階では県教委への提言は差し控えさせていただきたいと思います。先ほども申しました。県教委でも現時点ではまだ決まっていないわけであります。そういった現状でありますので、市教委といたしましてはさまざまな意見に耳を傾けながら動向を見守っていきたいと、そう考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今言った耳を傾けてほしいと、私が述べることについて耳を傾けてほしいわけですけれども、私が言いたいことは、なぜ学区制廃止を早期にやるべきでないのではないかということですけれども、教育行政というのは本来、生徒数の減少を少人数学級の実施などでより充実した教育の実現を目指した条件整備を進める好機だと私は考えています。あくまでも競争主義の立場に立った政策を推し進めたり、競争の維持、激化を図ることは生徒の健全な成長を妨げるものでしかなく、全県下の高校の序列化を引き起し、生徒たちにこれまで以上に勝ち組、負け組の意識を押しつけることになると危惧をしているからであります。そのような私の理解は間違っているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろな御意見持っていると思います。いろいろな意見があっていいと思います。賛否両論が今、渦巻いています。毎日、河北新報を私もじっくり見ておりますが、賛否両論であります。したがって、松田議員の意見もおっしゃるとおりであります。また、賛成意見もおっしゃるとおりであります。そういった認識でおるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)確認したいんですけれども、そうすると、私が言ったことは少なくとも間違ってはいないと。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そういう懸念もあるということであります。
 それから、県教委に提言というふうなことでありますが、8月17日の河北新報の記事、ごらんいただいていると思いますが、審議会は素案をまとめるに当たり生徒や保護者に混乱を招かぬよう十分な周知期間を設けることを提言したと書いてあります。これだけ賛否両論があるわけでありますので、県教委といたしましても十分に時間をかけて検討すると思っております。期待しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私の意見も決して間違ってはいないと、もう一度。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)くどいようですけれども、皆、私は受け入れているところであります。ただ、それをどのように自分の考えにするかという問題だけであります。いろいろな懸念するところがあります。メリット、デメリット、そのとおりだと思います。ただ、それが極論であるかどうかという問題まではまだ踏み込んでおりませんけれども、実際すべての意見を私は認めております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)認めていただいたので次に移りたいと思います。
 6点目です。6点目は、いずれの点、早くやるなということだけではなくて県教委に対して公聴会を開催するなど宮城の教育はどうあるべきかなど県民、学校関係者の声を聞く場を設けるように意見を述べてほしいなと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)同じ答弁になりますが、県教委では現時点では何ら方針を決めていないということから、今現在、県教委でも公聴会を開催できないとのことであります。したがいまして、繰り返しになりますが、この点については審議会や県の教育委員会の動向に注目してまいりたいと考えておりますので御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今のは最終答申ではないと述べられましたけれども、そうしますと、これまで教育長がいろいろ述べてこられましたけれども、これらの意見については、県教育委員会から教育長がこれまで述べられてきた観点について配慮してほしいとの指導とか助言はこれまであったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私の方からということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)これまで教育長が私の質問に対してるる考え方を示されたわけですけれども、その考え方の根拠となる観点は県の教育委員会からこのような話をしてほしいとか、そういう趣旨で対応してほしいという指導とか助言はあったのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのようなことはございません。このようにしてほしいというふうなことは県教委から来ておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ないということはないと思うんですけれども、2006年9月8日に宮城県教育庁教育企画室長からファクスでの通達文書は来ていないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ファクスは来ております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)どういう内容かちょっと紹介してほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、手元に持っておりますが、選抜審議会において現在、進行中である、話し合い中である。現時点では何ら方針を決定していない段階であると。したがって、今言いましたように、公聴会を開催するということは当然、まだ考えておりませんというふうな通知文であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)通知ですね。最後に配慮してほしいという言葉があると思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)配慮してほしいということは書いてございません。詳細は問い合わせてくださいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)この文書の最後に、「各市町村教育委員会におかれては、現状を御理解の上、御配慮賜りますようお願い申し上げます」と。これはいわゆる教育企画室長補佐伊丹さんという方から来ているはずなんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その意向はあるわけですが、その御配慮という意味合いでありますので、こうしろああしろということではないと思います。いろいろ考えろというふうに我々は受けとめているところであります。御理解ください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)配慮とは何か、教育長たる影山教育長の意見とは思われないんですけれども、配慮とは気づかってほしい、思いやってほしい、心がけてほしい。英語に訳すると骨を折ってほしいということは見守ってほしいとは違うと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)言葉の解釈になるわけですが、配慮というのは私はこう考えて受けとめました。いわゆる公聴会、まだ何も決まっていない段階で県教委は公聴会は開けないということを知っておいてほしい、知ってください。その辺を配慮してください。したがって、私の答弁はそこであります。私の考えもそうでありますし、何も決まっていないときにそのようなことは言えないというふうなことであります。御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)なぜこれを出してきたのかということについて、教育長もなかなか答えづらいと思うんですけれども、我が日本共産党県議団の調査によると、このタイトルは「県立高等学校の通学区域(学区制)見直しに係る意見書についての依頼」と。要は意見書を通すなと。これは県議会が委員会をやっているんですけれども、この岩沼市が26日まで間に合うかどうか、我が日本共産党県議団は撤回させると。私は正々堂々とやるべきだと思うんですね。こんな配慮、私は骨を折ってほしいという理解なんだけれども、見守ってほしいという意味ではなくこれはあくまでも圧力の文書だと思うんです。まさに圧力だと思うんですが、教育長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私はそうは考えておりません。配慮であります。考えてほしいということであります。これはこうしろ、ああしろとは書いてございません。配慮というのは、いわゆる我々市教委の受けとめ方であります。これは地方分権下であります。我々は我々独自に考えてきょうの答弁に至ったわけであります。その結果、まだ決まっていないときに公聴会、あるいは意見を述べたらいいんじゃないか、提言したらいいんじゃないかということは言えないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)同じことを何回も言うとまずいんだけれども、配慮とは心がけてほしいということですね。骨を折ってほしいと。やはり立派な優秀な教育長たる影山教育長におかれては、やはりインターネットで調べるとすぐ出てくるんで、心がけてほしい、骨折ってほしい、見守ってほしいとは違うと思うんですね。ぜひ賢明な発言をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私は市教委の教育長です。県の教育長ではありません。よく言われるのはそこにあるわけです。「おまえは県の出先機関か」、あるいは「文部科学省のあれなのか」と言われますが、でなくて我々は我々であります。市教委の教育長であります。したがって、その立場で物を言っているわけでありますので、いろいろな文書が来たとしても我々独自に考えるということがこれからの地方自治の一番大切なところではないかなと思っているところであります。したがって、その文言だけでどうのこうのと言えるものではないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)やはり私はこの観点が必要なんです。自主的に述べていくと。我が日本共産党も自主独立を貫いて84年なんですけれども、まさにほかの国の妨害を排除して、別に私は教育長を詰めるために言っているわけでなくて、そういう圧力めいた文書が来てさぞやつらいだろうなという立場で聞いているわけなんです。ぜひ私の方も理解してほしいなと思います。そういう意味では、やっぱり大事なのは、例えば3%枠設定の場合は、高等学校入学者選抜者会議の重要な変更の際は県民の声を聞くということで各地で公聴会を開催した歴史があるですね。私は何も今回の高校全県1学区制撤廃に関して述べているんでなくて、物事というのは歴史の事実は事実として認めて曲げることなくという立場からすれば、公聴会を開催することは何らおかしくもないという立場で意見を述べたんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)公聴会で何にしようが、やっぱり先ほど申しましたように十分な周知期間を設けること、十分話し合うということが県教委の話にあるわけであります。賛否両論ある中でこんなに簡単に決めていいのかというふうな疑問はもちろん持っております。その辺は県教委としても十分時間をかけていろいろな会議を開きながら県民の意向を取り入れながら決めていくということを期待しているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひ私も期待しておりますので、そういう意味では最後に再度この問題についてお伺いしたいんですけれども、県の高等学校入学者選抜会議は7日、宮教組や高教組などで組織する学区制を考える県民の会から公聴会の開催を求めて提出してきた公開質問状に対して開催予定はないと回答しています。公聴会は開催しない、対策が具体的でないと指摘されると、撤廃を選んだ実証的なデータもなかったと。したがって、県教委は詳しく説明も盛り込むと答弁するなどまさに後追い行政、さらに圧力的なこの文書、審議会の一部非公開、世論も圧倒的に撤廃反対、賛成の人も官民が納得する方向で実施すべきと述べております。まさにこれは独裁政治そのものだと私は思います。本来、公聴会とは国または地方公共団体が一般的に影響の大きい事項を決定する場合において利害関係者、学識経験者などから広く意見を聞くことであり、それさえやっていない現状を考えれば、やはり粘り強く県民の声、市民の代表として公聴会開催を要求すべきであると私は思っております。例えば今の県教委のやり方について、例えば平家物語に「おごる平家は久しからずや」という一節があるんですけれども、何を言っているかというと、勝手な振る舞いをする者は遠からず衰え滅びると思います。まさにそのとおりだと思いますけれども、最後に教育長の見解をお伺いして質問を終わりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろな御意見をいただいております。新聞でもそうです。私の耳にも届いております。ただ、問題はこの学区制については、基準は何といっても子供にとってどうかということ、子供にとっていいものかどうかというふうなことが判断の基準であります。その辺をしっかりと見定めて県教委では言っております。急がないというふうな部分もありますので、やっぱりいろいろな県民の声を聞くべきだと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時15分といたします。
    午前11時  休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 4番佐藤一郎議員の一般質問を許します。直ちに発言席において発言してください。
    〔4番佐藤一郎議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)4番、岩沼政策フォーラムの佐藤一郎です。地域コミュニティーづくり推進について、低所得者の利子補助、助成について、2項目にわたりまして質問を行います。
 1点目、地域のコミュニティーづくり推進について。
 ホタルのいるところは自然環境が豊かであると言われております。祭りがあるところは地域の連帯感、協働体制があり、そして地域の人の顔がわかるところはコミュニティーがうまくいっており、防災、防犯についても速報性についても整っております。宮城県に30年以内に99%の確率で発生すると思われる大地震が報道されております。そんな中において市としていち早く防災課を立ち上げ、8月末現在で34の自主防災組織が組織されました。組織をつくることも大事でありますが、日ごろの顔と顔がお互いにあいさつができる、地域の目づくりが大切であります。市長が協働のまちづくりができる地域であることをよく言っております。
 本市には町内会は77余りあり自主防災組織も34に立ち上がりました。西部地区には10カ所、東部地区には16カ所、そして中央部には8カ所、また消防団組織は西部に7分団、東部には11分団、中央部には4分団、婦人防火クラブは西部に8クラブ、東部には15クラブ、中央部には3クラブであります。組織が多いところはそれだけ交流があり、日ごろより地域連帯感が良好であると思います。安全・安心な地域づくりを進める上で基本は地域のコミュニティーが健全なことが必要であります。しかしながら、市中央部はアパートの建設などもあり薄くなっていると思われます。そのほかにも地域連帯感が薄れているところもあります。そんな中、町内会に対して市としてコミュニティーづくりの推進はどのように考えていくのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)町内会というのは、御承知のとおり、住民の自治組織だと。日本らしい伝統的な地縁集団ということで、歴史的に見ますとある時期においては法制化されていたわけでありますが、今は住民の自治組織であるということであります。したがいまして、町内会の組織が比較的しっかりしていて活発な関係が構築されていることにつきましては、例えば阪神・淡路大震災等におきましても比較的救助活動等がスムーズにいったり、あるいは復旧活動についても大変大きな力を発揮したという例があるわけであります。ですから、今、お話をいただきましたように安全・安心の地域づくりを行うに当たっては相当担う役割は大きい。ですから、必要に応じて市としても支援をしていくべきだと思っております。
 また、コミュニティーというお話をいただきましたが、コミュニティーにつきましては、これは法律上の定義はないわけでありますし、大きく分けて地域社会というとらえ方と共同体というとらえ方があるわけでありますが、いずれにしても、身近な行政は身近な自治体が担うということが非常にいい。地方分権を進める中でもねらいとしてはそういったことでありますが、当然のことながらそれは市町村の果たす役割は一層大きくなっているということであります。そして、今お話をいただきましたように、住民のニーズをまずしっかり受けとめて、そしてそれにきめ細かく的確に対応していくということが行政として非常に重要だということであります。ですから、一般に言われるコミュニティー段階での行政と住民のかかわりというのはどういうふうに考えるかというのは非常に重要な論点だということであります。
 岩沼市としても、これは今御指摘をいただきましたように、市民の皆さんとの協働によって行政を進めていくということでありますので、できるだけしっかりとしたコミュニティーづくりが行われるようにできるだけの支援はしていかなけれはならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)市長からできるだけ支援をしていくということであります。
 それで、最近はいろんな事件、事故がありまして高速道路の近辺の住宅地には強盗被害があるとかあります。それは地域の声がけだけで犯行をとどめるケースもあります。今後、水環境農村基本法が施行され、ますます農村地区は連帯感が強まってまいります。市長が今おっしゃったように、今後は地方分権と市民協働の時代が到来しております。ぜひコミュニティー推進を図り地域の安全・安心なまちづくりに一つでも多く市の支援を賜りたいと思います。
 次に移ります。2点目でありますが、ことしもいわぬま市民夏まつりが開催されました。昨年の実績報告によりますと、4万 3,000人が集まったと報告されております。ことしも同様の市民が参加したと思われます。そして、総合交流があったと思います。そのほかにも各地で盆踊りや夏祭りが開催され、どこの祭りも子供から老人まで集まり活気があり、地域の連帯感を感じました。各地で行われる盆踊り、地区の運動会や地区の芋煮会等は参加型であります。市民が参加できるイベントや主体的に行うイベントが必要だと思います。そのようなイベントづくりに市民が観客型より参加型のイベントづくりの推進、きっかけ、機会を推進してはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)イベントの目的あるいは内容によりまして異なるというふうに思いますが、成功の要件の一つは確かに住民の参加、参画の有無というふうに言えるかと思います。当然、そのような方向で進めていかなければならないというふうに思っております。市が主催をしたり、市が加わったりするものにつきましては、十分そういった方向で進めていきたいというふうに思っております。今、市民夏まつりのお話をいただきました。これも多くの市民の皆さんのお力をいただいてやっていただいているわけでありまして、非常に多くの皆さんに喜んでいただけたということは非常にありがたいことだと思っております。
 ただ、実のところ、踊り一つとってみましても、たまたま岩沼市として御縁のある、例えば南国市ですと「よさこい」、尾花沢市ですと「花笠踊り」と、本当に全国有数の踊り等があるわけであります。そういった意味からいたしますと、比較的踊りが多くの人たちに加わっていただきやすい。岩沼市ではその点がなかなか難しいわけでありまして、実行委員の皆さんがいろいろ知恵を出してできるだけそういった市民の皆さんに参加していただけるような方向で努力はいただいているわけであります。なお、市としてできるだけそういったことで多くの市民の皆さんが、観客ではなくて参加していただけるような手だてが講じられないかどうかということで市としてもできるだけ支援をしていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)踊りに参加することは参加することになりますので、市長が今おっしゃったように、できるだけ手伝っていきたいという、その手伝いというのがもし何かあればどういうふうなお手伝いをするのかあればお願いしたいと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市民夏まつりにつきましては、商工会とかいろいろな団体、そして多くのボランティアの皆様方にお骨折りをいただいて行われているわけでありまして、市が必ずしも前面に出るということがいいわけではありません。ですから、実行委員の皆さん方とできるだけ我々としても一緒になりましていろいろ検討し、そしてより市民の皆さんに加わっていただけるような場を提供できるようにこちらとしても一緒になって考えていきたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)市民まつりはそういうことで商工会が中心になっておりましてそれ以上、中身がどうのこうのというのは難しいんですが、それで私がここで言いたいのは、参加型というのは気軽に参加できるということを私は期待しております。そうすると、各地で行われる地区の夏祭り、あるいはそういった身近な地区のことについて支援をどのように考えているのか、そこら辺はどういうふうに考えているのかお願いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)それぞれの地域において行われておりますお祭りとかそういったイベントにつきましては、地域の皆さん方が自主的にやっておられるわけでありまして、市としてはどうこう申し上げる筋合いはないというふうに思っております。必要に応じて支援を求められた場合に可能かどうかを検討した上でできるだけの支援はしなければならない。基本的にはそれぞれの地域において自主的にやっていただけるということでありますので、大いに結構なことだと。かといって市の方では具体的に何らか、例えば経済的な支援をするとか、そういったことは考える必要がないのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)何らかの支援というのはなかなか難しいんですが、ただ地区から要望があったということで、例えば踊りの先生をお願いしてとか、何とかの踊りを応援させたいというときにそういう講師とかそういった何か形がわかるような支援というのが欲しいなと私は思っているわけでありまして、何らかの支援というか、余りにも大ざっぱに支援といってもなかなか難しいことでありまして、そういう例えば夏祭りあれば地区でいろいろな催しがある。そのための踊りの先生を例えば7月か6月に準備するとか、そういうのを考えてほしいなと私は思っているわけです。今後、そういったことを考えてほしいなと思うんですが、その辺の考えはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)それぞれの地域で自主的にやっていただくわけでありますので行政がかかわりを持つということは原則的にはあり得ないことだと。ただし、今お話をいただきましたような形で御相談をいただければ、こちらの方として可能なことについては大いに支援なりアドバイスはしていく必要があるというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)アドバイスをするということで、今後、いろいろ相談があればお願いしたいと思います。
 次に移ります。
 3点目でありますが、若者が主体のイベントとして市には成人式があります。また、地区によって子供会や青年会が主体で祭りを行うところもあります。各市町村では高知県では「よさこい祭り」とか、村山市では「村山徳内祭り」、また野外コンサート、いずれも若者が集まるところは元気と活気があります。若者が主体で参加できるイベントづくり、きっかけ、機会の推進を考えてはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)イベント等の目的によっても異なるわけでありますけれども、例えばお祭り等につきましてはできるだけ若い人たちに参加していただくということは、お祭り自体が非常に盛り上がることにもなるということでありますので、ぜひそういった形で進めていただけたらなと思いますが、繰り返しになりますが、市としては市が主体的にどうこうするべきことではないと思っております。ただ、例えば民間の皆さんが岩沼市においても青年の方々が主体的にいろいろと取り組んでいただく催しがありまして、例えば冬の花火とか駅西口のライトアップドリームとか、そういったイベントが行われているわけであります。大変すばらしい試みだと思っておりますが、むしろこういったことについてもこちらの方からどうこうすべきではないというふうに考えておりますが、行政としてお手伝いできる点があれば物によってはお手伝いできるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)なかなか自主的にやっているところに市が介入するというのは難しい点がございます。でも、何らかの若者が集まるところは活気がありますし、今後もいろんな面で継続性も必要だなと私は思っております。若者が集まる、そういうイベントづくりにはいろんなそのときの実行委員会といいますか、大変苦労しております。仕事の帰りに集まってやるとか、あるいは人集めをどういうふうに伝達するのか、そういうふうなお手伝いは市の方でもできるのかなと思いますし、そういった若者がなかなか一部の若者だけでどんどん広がりが薄いのかなと私は思います。そういう若者層のいろんな相談相手といいますか、そういうものを市としても考えてはどうか、そういうふうな考え方を市がどういうふうにしているのか、考え方をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)繰り返しになりますが、イベントの目的とか主体性がどこにあるかとか、いろいろな状況によって対応が変わってくるというふうに思いますが、若い人たちができるだけ主体的に取り組んでいただくということは、まちづくりにとっても、そしてまたその地域においても大変すばらしいことだというふうに思いますので、市としてはできるだけの支援はしなければならないというふうに思っておりますが、基本的には民間の皆さんがやることでありますのでその主体性がむしろ損なわれないように行政としては見守って、そして必要に応じて手だてを考えていく方がいいのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)見守りながらお手伝いできるのはお手伝いするということで、市に対してもいろんな相談が来るようにお願いしたいと思います。
 次に移ります。4点目でありますが、町内会のコミュニティーづくりは各地で行われております。自主防災組織があるところ、年に大きなイベントを開催するところ、あるいは空白のところもあります。西部と東部にはコミュニティー推進連絡協議会がありますが中央部にはありません。地区内での町内会同士の連絡や情報交換の場、事例などの報告、研究の場を設けてはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)この関係につきましても、まず町内会というのは住民の皆さん方の自主的な組織でありまして、その連絡会を市が主体的に取り組んで設けるということはむしろ避けていかなければならないのかなと思っております。ただ、いろいろな点で地域の方々が一緒になりまして連絡会等を組織するに当たって市としてお手伝いできる点につきましては好ましい方向でありますのでお手伝いはしなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)いろいろ事業する上で情報交換の場、そういう場がなくてどうしていいかわからないという町内会もあると思います。そういった町内会に対して市が町内会の会長会議とかいろいろあるんでしょうから、そういうところでそういう情報の交換といいますか、そういうものを考えてはどうかということを私は言っているわけです。どのくらいの時間を要するかわかりませんけれども、例えばそういうふうな集まりを考えていくのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)町内会長さんにつきましては、まちづくり懇談会という形でおいでをいただいていろいろ御質問、御意見等をいただいているわけであります。ですから、その中で中央地区が、東部地区が、西部地区がという形で御意見をいただかず岩沼全体としての御意見をいただいているわけであります。ですから、その中で連絡会が必要だと、例えば自主防災組織につきましてはどちらかといいますと、市の方でできるだけつくっていただくようにということでいろいろ手だてを講じてきているわけでありますので、これにつきましてはできるだけ共通理解とかよそでいい活動をしているとすれば、それを知っていただくために意見の交換会という形でいろいろと御意見をいただき、それをそれぞれの組織に持ち帰っていただいて役立てていただくということであります。ですから、町内会全体として何らかの形でそういう必要性が出てくるとすれば、こちらの方から広く集まっていただいてお願いをするということは必要なことかというふうに思いますが、ただ連絡会を市の方で設けたらどうですかということにつきましては、やはり自主的にやっていただいてそれを支援するという形、これはやはり市として、行政としても節度を持って接すべきではないかなと私は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)中央部が連絡協議会がないということなんですが、自主的というと、いつまでたっても自主的につくれないのではないかと。中央部がそういう情報交換の場が本当に薄いのかなと私は思うのであります。そういったことで中央部だけ集まる町内会長さん会議というのはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市の方で行っているわけではありませんが、ないというふうに聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)とするならば、中央だけの町内会会長会議、そして自主防災組織があるからということでなくて、その前に必要なのがコミュニティーづくりというのが基本になってその上に自主防災組織というのが私はあると思います。ですから、そういう結びつきとしてはそういう考え方で必要性があると私は思います。どうしていいかわからないというんですか、協議会自体必要というものは何をしていいかわからない町内会長さんもいると思います。どういった例がいいのかというのも情報確保の必要性があると思いますので、そういったことをお願いしたいと思います。そういったことで自主防災の前にコミュニティーづくりと、そういう考え方で市長、よろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いずれにしても町内会あるいはコミュニティーとか、自主防災組織というのは、あくまでも自主的に住民の皆さんが主体となって行っていただくということであります。ですから、地方分権ということを我々が主張している中で、岩沼については、例えば中央組織があってそこで行政の方からどんとお話をするという形よりは、必要に応じて我々としては中央部地区の町内会長さん方にお願いする必要があるとすれば町内会長さん方に集まっていただいていろいろとお願いをするということになるかと思っております。ですから、市の方として連絡組織をつくるべきだということについては、むしろそこまでは市としては関与すべきではないと私は思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)自主的に連絡協議会ができることを期待します。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)静粛に。佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)次に移ります。低所得者の利子補助、助成について。
 1点目でありますが、教育資金利子補助を検討してはどうかという質問であります。新しい言葉にワーキングプアという言葉があります。いわゆる勤労者貧困世帯のことを言います。総務省の労働力調査によりますと、平成7年の正規雇用労働者数 3,805万人が平成18年には正規雇用労働者数が 3,340万人、約 465万人の減少、12.2%の減少となっております。逆に平成7年の非正規雇用労働者数は 971万人が平成18年には 1,663万人に約 692万人の増加になり、11年余りで71.3%の増加になっております。その原因は、正社員の減少に伴い派遣社員、契約社員、パート、アルバイト社員が増加したため働けど働けど生活は楽にならずといった言葉がよく聞かれるようになりました。また、離婚率の増加に伴い母子家庭、父子家庭の増加、高齢者世帯の増加のため低所得者の利子補助、助成について質問いたします。
 1点目、幼稚園から大学までの学費が 1,300万円もかかるとも言われております。それで、奨学金制度や教育ローンを利用する学生がおります。低所得者への教育資金利子補助を検討してはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)その件につきましては財政措置を伴うことでありますので私からお答えを申し上げるわけでありますが、今の件につきましては教育の分野でもありますので教育委員会の意見を伺ったわけでありますが、まず義務教育年限におきましては、例えば要保護世帯、あるいは準要保護世帯につきましては就学援助費等が交付されているということでありまして、そういった制度がありますので現時点においては教育資金利子補助という創設は必要はないのではないかというふうに回答を得ておりますし、私どももそういうふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)先ほど言いましたようにワーキングプアといいますか、一生懸命働いても働いてもなかなかそこまで回らない、要するに学費が本当に払えるのかと。どちらかというと、その人たちは教育ローンといいますか、そちらに走ることもあります。そういった意味でそういう教育ローンに関して市として市長が今、ないと言いますけれども、いろんな意味でそういう問い合わせとかそういうのはないのでしょうか、それは教育長になるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長に通告していません。
 佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)静粛に。佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そういった問い合わせといいますか、そういう市民からの声はないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まだその点につきましては確認をいたしておりませんが、とりあえず岩沼市としては義務教育年限について修学の支援をすべきたというふうに考えております。高等学校につきましては、御承知のとおり、育英奨学金制度等もありますし、大学あるいは医学部等につきましても県段階あるいは国段階でいろいろ手だてが講じられるということでありますので、とりあえず我々としては今の義務教育年限については何とか就学援助費で最低限度賄っていただけるのではないかというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)就学援助制度を利用してということでありますので、そこら辺もまだいろいろ活用できるのはいろんな周知徹底を市民にお願いしたいと思います。
 次に移ります。2点目でありますが、長期プライムレートが5年前、平成13年9月には1.65%、3年前には1.85%、ことし2月より2%に突入しました。9月8日現在、先週の金曜日なんですが 2.3%であります。また、銀行の住宅ローンが平成13年には 2.7%、15年には 2.4%、ことしになりまして 2.8%となっております。今後も金利は上昇傾向が続くと思われます。3%か4%になる可能性もあります。市として金利の一部も軽減を考える必要があるのではないか。低所得者の住宅資金利子補給補助を検討してはどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)背景としては民間住宅の着工の件数でありますが、景気の上下ということはあるにしても一応一定の棟数につきましては岩沼市においては着工されているということは御承知のことかと思います。そしてまた、実は低所得者対策ということでありますが、低廉な家賃というのは市営住宅でまず設けて行うとなっておりまして、御承知のとおり、現在、市内には8カ所、 354戸の市営住宅の管理、運営を行っておりますので、まずはそういったところを御利用いただきたいということでありまして、いわゆる低所得の方々のための住宅の建設資金利子補給制度というのは現時点においては考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)最初に言ったように、次第に経済の変革が働けど働けど暮らしよくならずという市民が本当に深刻化しております。そういった意味で市として何らかこたえることは、今、市の住宅を借りるというお話なんですが、そういった意味でも環境の変化でどうしても土地区画整理もありますが近くに建てたいとかそういうことも考えていると思います。どうしてもそこを考えていかなければ市として近隣の市町村から安全・安心な岩沼市の福祉ということを考えるならば、考えるのも一つではないかと私は思っております。全くそういうふうな考えはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)低所得者の方々ということでありますので、これにつきましては市営住宅の目的の一つになっておりますのでそういったことを中心に進めてきている。ただし、状況によってこれからの高齢社会ということになりますと、いわゆるシルバーハウジングみたいなものということで進めてきております。区画整理とか何かの関係につきましては、低所得の利子補給ということではなく別次元で考えるべきものではないかというふうに考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)何らかの形で考えていくということで、その辺をいろいろお願いしたいと思っております。
 次に移ります。3点目でありますが、木造住宅耐震改修計画等助成事業実施要綱によりますと、昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅について耐震精密診断の結果、総合評定により耐震度改修工事助成事業の補助金が行われております。木造住宅耐震度診断派遣事業は16年度、17年度ともに15件ずつでありました。そして、木造住宅耐震改修工事助成事業は、16年度は2件、17年度は3件でありました。市内には昭和56年の建築基準法の改正以前に建てられたと思われる居住用木造の建物は約 5,500棟あると思われます。諸事情がありまして耐震改修工事助成を受けられないと思われます。また、そんな中、最近は解体費用の高騰、建設費の上昇が考えられます。特にワーキングプア世帯や高齢者世帯、母子・父子家庭世帯、子育て世代は急激な社会変化に伴い改修工事に踏み切れないこともあると思います。いつ起きるかもしれない宮城県沖地震の不安を抱えながら生活をしております。低所得者世帯の耐震度改修工事助成事業補助金を再検討すべき時期に来ているのではないかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話をいただきましたように、昭和56年5月31日以前の建築の木造戸建て住宅につきましては耐震診断を受けていただいたと。その耐震診断を受けていただいた住宅を対象として耐震改修工事の助成事業を行っているということであります。これにつきましては平成16年度から経費の一部を助成すると。90万円を基準にその3分の1の30万円を限度として県補助として助成を行ったわけでありますが、平成17年度からはそれに加えて市としても経費の6分の1である15万円を上乗せして45万円の助成を行ってまいりました。ただし、18年度、今年度からは残念ながら県の方ではこういった補助金を打ち切りました。かといってこれだけ地震が窮迫している中で、岩沼市としてはこの補助制度を打ち切ることはできませんでしたので、いろいろ手だてを講じて国の方の地域住宅交付金を受け、市としてこれまで以上の負担にはなりますが今までどおり90万円の2分の1である45万円を助成するというふうにいたしております。ですから、当面はそういったことを継続していくことがまず必要ではないかと。その中で確かに低所得者の方々が住宅を改造するについては大変だ。もちろん、低所得でなくても結構住宅を改造するということは大変なことではありますが、しかしながら、いろいろな個々の例を見ても実はこれまで個人の財産に対する支援になるということは避けなければならないというふうに言われてきたわけでありますが、私も実はそう思うんですが、最近は結果として被害を受けた場合に仮設住宅をつくる経費が必要になってくる。それを考えたら、むしろ危険な建物について一定の支援をすることによって防ぐと。それがトータルとしてはプラスになるという考え方もわかるわけであります。しかしながら、なかなか歯どめが難しいということでありますので、現時点におきましてはこれまでの助成事業を継続していくことが今の段階では必要なのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)45万円の負担ということはわかりました。それで、一般の市民と低所得者との対応、プラス・アルファといいますか、その辺の何か平等といいますか、低所得者に配慮というのはプラスまた考えられないのか、その辺はどう思うんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)なかなか実は難しいわけでありまして、経済的支援については所得の高い低いによって対応すべきだという意見と、ところが、いや所得の制限を撤廃すべきだという声もいろいろあるわけであります。ですから、もろもろのことを勘案し、そして実は住宅を改修するというようなことでありますと、一応我々としては特に所得を云々というふうに考えないで支援をしていくべきではないかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)所得は別に考えるということですが、今、苦しんでいるのは、そういった方が一番最初に来るのではないかと私は思っております。いろんな意味でもまずはどういったことができるか、金額もそうなんでしょうけれどもその手前のいろんな手続とか、そういったものも広く低所得者への支援といいますか、そういうことも考えてほしいと思います。いずれにしても、この3点については財政削減の折、大変難しいことであります。教育の先進都市、安全・安心なまち、愛のある岩沼として愛の手を差し伸べることを期待し、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)4番佐藤一郎議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午前11時55分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 2番布田一民議員の一般質問を許します。直ちに発言席において発言してください。
    〔2番布田一民議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)2番市民参画の会の布田一民でございます。
 前に通告をしております幼児保育の行政課題について提案を交え3点にわたり質問をいたします。
 井口市長は前回の議会定例会において、心身の健康とともに幸福追求の権利を尊重し、すべての人々がより幸せが実感できる生活が営めるよう今後、市民とともに努めていきたいとの健幸先進都市を目指すことの所信表明を行いました。母親のお腹で育ち、そしてこの世に誕生すれば、すべてが市民でありますから、子供たちが生きる力を今後、営むためにも幼児教育がまさに必要であります。
 さて、本市における次世代育成支援行動計画も地域計画の2年目になったわけでありますが、計画にもありますように、保育サービスの質の向上も必要になってまいります。幼児はよりよい環境の中で育てられてこそ心身が健全に発達する、これについては当たり前のことでありますが、しかし、近年、幼児を取り巻く環境、これは親が子を育てていく考え方の多様化、そして言うまでもなく食生活の変化などに伴って多くの課題があり、決して望ましい発達を促すために十分な状況でないことは井口市長も御存じだというふうに思っております。幼児の取り巻く家庭や地域社会の状況、変化を踏まえ、幼児と幼児のつながり、これを深めるとともに、親と親のわかり合える場を設定する、そういったことも事実求められていることなんだろうというふうに思います。
 そこで、1点目の本市の幼児保育の現状はどうかについて質問をいたします。
 初めに、集団生活を通した幼児保育をどのように考えているのかであります。言うまでもなく、幼児期はその後の人間形成の基礎、これが培われる時期であり、その育ちの基礎をなす場は当然、深い愛情に支えられた家庭、そしてまた豊かな人的、物的環境の中である地域社会が必要であります。また、その中に幼児教育である集団施設の場の保育所があるわけでありますが、幼児期の発達の特性を踏まえ、この時期に最も必要な集団生活の場を通して計画的で専門的な教育、そして保育を積極的に展開する必要があるんだろうというふうに思いますが、その点について市長にお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口經明市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)布田一民議員がおっしゃるとおりということ以外はお答えができないんですが一応お話をさせていただきますと、保育所等において集団生活を通した幼児保育を行っているわけでありますが、これも申し上げるまでもなく乳幼児期というのは人間形成の基礎を培う極めて重要な時期でありまして、この時期に子供同士の相互の関係づくり、あるいは集団活動を行うといったようなことにより、互いに人格を尊重する心の芽生えを導いたり、あるいは子供社会のルールを学んだりすることができる、そういうふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)井口市長の時代と私の小さいころの時代、その時代にも小学校において家庭訪問があり、今現在もやっているということでありますけれども、その家庭訪問の際にある先生があなたの子供は一つもいいところがないと、そういった先生がいるそうであります。一つもいいところがないという子供は一人もいません。そしてまた、そういった中で、やはりこの先生が幼児教育そのものをしっかりと理解していれば、私はそういう言葉は出なかったんだろうと思います。
 一つには、やはり幼児教育をどんな経済状況でも受けられる環境をまずつくると、そういうことが必要です。
 そしてまた、二つ目には待機児童をなくして集団生活をしっかりと身につける環境を整える。
 そして、三つ目には質の高い幼児教育が必要であるんだろうと思います。それが行政のプロセスなんだろうというふうに思います。計画的に行うその際に、やはり児童が主体性を十分に発揮して生活をする。このことを通して、やはり望ましい発達を促すように当然、努めなくてはならないわけでありますが、しかし、家庭や地域社会が今、低下しつつあるこの状況の中で、何といっても保育所での幼児教育の集団生活の果たす役割、これが極めて重要な時代に入ってきたのではないかなというふうに思うわけであります。そこで、現在よりも質の高い保育、教育をすることが必要ではないかと思いますが、井口市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)最初にお話しいただきました教師の一言、これはある面では人生を左右するような大きなこともあり得るわけでありますので、一層そういった乳幼児を含めた教育に携わる者としては発言に気をつけていかなければならないということは当然なことだというふうに思っております。
 今、お話をいただきましたように、まず環境づくりをしっかりやらなければならない。まして、待機があるというのは一日も早く解消しなければならない。おかげさまで一応西の方に保育所を60人定員ということで来年度からスタートできるんではないかなと思っておりますので大分待機児童は緩和されるわけであります。そしてまた、大切なことは、質の高い保育が必要だと。これも最もそのとおりであります。保育所自身もいろいろと研鑽に努めているわけでありますし、また福祉事務所、あるいは担当の方におきましてもできるだけ質の高い保育が行われる環境整備、これからも意識して努力していなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)待機児童については、市政報告の中にもあったように今後ふえていくということでありますから、努力しながら質の高い全体的な教育をしていただきたいというふうに思います。
 次に、集団生活の遊びをどのような計画で考えているのかでありますが、子供の主体的活動を促すことから、ただ遊ばせている保育、このことが職員等の専門性や意図のない保育として問題視されたり、あるいは小学校低学年における、いわゆる学級崩壊にかかわって小学校以降の基礎を培う保育所における教育の不十分さが今現在、いろんなところで指摘をされている。ですから、真剣に考えなければならないんだろうというふうに思います。重要なことは、この時期の人間形成にとって不可欠である集団での遊び、その権利、自由、そしてしっかりと守る、つまりは保障をするということでありますけれども、健全な発達を促す質の高い集団での遊びを通して自立と協働、これができていかなければならないし、当然、豊かな心情や情緒など、これも発達を追求しなければならないんだろうというふうに思うわけでありますが、そういった点でどのように考えて行っているのかお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)子供にとって初めての教師は母親という話もあります。また、保育所のみが幼児教育のすべてを担うわけではありませんが、保育所の置かれた役割というのは非常に大きいものだというふうに思っております。保育所につきましては、厚生労働省が定めております保育所、保育指針に基づきまして保育計画あるいは指導計画というものを策定して保育に当たっているということでございます。この計画では遊びに関することを含めてそれぞれの発達区分ごとに保育内容を定めるというふうにされております。市でもそれぞれの年齢に応じた具体的な目標等を定めておりますのでそれに従ってしっかりと保育を行っているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)例えば友達と一緒になって遊ぶ中で当然、コミュニケーションを図ろうとする意識が高まってくる。その意識の中で言葉の能力が伸びる。これもまた当たり前でありますが、そしてまた自分中心の行動から相手の立場を考える行動、そういった道徳性、そしてまた、社会性が培われるという、そういった保育士の専門性を生かした計画的な教育という視点での遊びが提供されなければならないというふうに思いますが、こういった教育という視点での遊びをどのような計画で行っているのか、具体的にお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)例えば平成18年度の岩沼市の公立保育所の保育目標としては、元気な子供、優しい子供、何でもやろうとする子供というのを三本柱に具体的な保育目標を定めているわけでございます。そして、それぞれの年齢におきまして年間の保育目標を定め、さらに具体的な内容として生活、あるいは遊びについて個々具体的な方針を示しているわけでございます。例えばゼロ歳児の遊びとなりますと、子供に優しく語りかけをしたり、歌いかけたり、泣き声や喃語に答えながら保育士とのかかわりを楽しいものにする。もう一つは、安全で活動しやすい環境のもとで寝返りや腹ばい、ハイハイ、お座り、つたい歩き、立つ、歩くなどそれぞれの状態に合った活動を十分に行うということでありますし、1歳児になりますと、保育士の話しかけを喜んだり自分から片言でしゃべることを楽しむ、あるいは保育士に見守られてひとり遊びを十分に楽しむといったように、具体的に年齢ごとに遊びの内容ということを保育計画の中で定めて、それに従って保育を行っているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)今、具体的な話をしてもらったわけでありますが、そういった中でちょっと身近な問題というか、身近なところで質問するわけでありますけれども、今日の子供たちの生活の中では当然、自然体験、また社会体験などが減少する反面、模擬的な体験が増加をしている。そして、体で直接感じ取るという経験が乏しくなってきているんではないかなというふうに思うわけであります。そのためには直接経験でしか得られないようなさまざまな能力や態度、そして好奇心、そしてまた探究心などこれが十分育成されていくべきなんだろうというふうに思いますが、そういった体験の部分についてはいかがお考えなのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)非常に重要なことでありますが、まず、ゼロ歳児から2歳児までと3歳児以上では目標が違うわけであります。3歳児ですと、例えば保育内容の領域としては健康、人間関係、環境、言葉表現というふうに分けているわけでありますが、例えば人間関係として3歳児ですと、身近な動植物を初め自然事象をよく見たり、触れたりなどして驚き、親しみを持つ、あるいは生活や遊びの中で身の回りのものの色、数、量、形などに興味を持ち違いに気づくといったようなことを定めておりますし、4歳児につきましては、自然や身近な事物、事象に触れ興味や関心を深めるといったようなことが書かれているわけでございまして、発達段階に応じてそれぞれしっかりとした遊び、あるいは社会関係が持てるようにということで基礎づくりとして万全の保育をするように目標を定めているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)目標を掲げている。そういった中で2点目の本市の幼児保育の内容について続けて質問をするわけでありますが、先ほど市長の方からも話がありましたとおり、幼稚園については学校教育施設として、当然、保育所は児童福祉施設としてそれぞれの充実が図られなければならない。そしてまた、いずれも同水準での幼児教育が受けられるように、市長も言いましたように、幼稚園においては教育要綱、そしてまた保育所においては保育所指針が制定されているわけでありますが、これはともに生きる力の基礎や小学校以降の生活や学習の基礎を培うことが求められており、また必要だから制定しているんだろうというふうに思います。そこで、子供が生きるための基礎づくりをどうしているのかでありますが、何といっても自立心と自律性が大変大切なんだろうというふうに思うわけでありますが、例えば時間を意識させる保育を重視するとか、またよりよい習慣や生活リズムを培うような場所づくり、やはりそういったことも制定する。そのような幼児の発達段階、そしてまた個々に応じた目標設定の計画的な育成、この分については行われているのかお伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)乳幼児期というのは、申し上げるまでもなく心身の発達、発育というのは非常に著しい時期であるということでありまして、この時期にふさわしい集団生活や遊びなどさまざまな体験を通して、豊かな感性を育て創造性が芽生えるような保育を目指すということで進めているわけでございます。生きるための基礎づくりということにつきましては、子供の発達についてまず理解をし、そして例えば身近な植物の世話やあるいは使ったものの片づけなどをしながら生活のルールを学び、そしてまた社会への関心を身につけていけるように一人ひとりの特性に応じて生きる喜び、あるいは生きる力を育てることを基本として保育に取り組んでいるということでございます。具体的に申し上げますと、例えば4歳児におきましては自分でできることに喜びを持ちながら健康、安全など生活に必要な基本的な習慣を次第に身につけるということを年間の保育目標にしているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)当然ながら保育所においては保護者によってのしつけとして行われる内容とともに、集団での生活を生かして指導しているんだろうというふうに思うわけでありますが、そこでお聞きをしますと、身近なところでありますが生活のリズムや技能、つまりは食事とか睡眠とか着がえについての指導はどのように行っているのか、細かいところでありますがこの辺についてもお聞きをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)保育所での生活の流れと申しますか、1日の流れを回答させていただきます。
 まず、午前中には自由な遊びをしまして、これは3歳未満児でありますがここでおやつをとるとかそういう形でやっております。昼になりますと、お昼を食べて12時半ごろから午睡という形で睡眠をとってもらう。3時におやつと。4時以降になりますと帰りという形の1日の流れで保育をしているのが実態でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)生活の流れ、当然大切なわけでありますけれども、その中で、例えば生活のリズムとか生活の中での技能をどういった形の中でその流れの部分について指導しているのか、そこら辺のところ、詳しく具体的にお話をしていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これは先ほど市長から回答申し上げておりますとおり、保育の目標としては、人間関係とか環境、言葉、表現というような形のくくりの中でいろいろな取り組みをやっているわけでございます。これは子供それぞれの発達の段階とか個々の状況に合わせながらそれぞれの生活のリズムもあるわけでございますが、ただ一つの集団生活の中での対応でありますのでその辺を考慮しながら、さっき申しましたような形での個々のケースに合わせながら保育を行っているというのが実態でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)もうちょっと詳しくお聞きをしたいんですが、食事の部分についての指導はどのように行っているのかお伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)食事は、3歳未満児につきましては10時におやつを上げております。これは3歳以上になると10時のおやつはないというような形になっております。お昼でございますが、昼につきましては3歳未満児までにつきましてはいわゆる完全給食といいますか、そういった形でやってございます。3歳以上になりますと、主食は持参してあとは副食は給食で提供しているという形。3時になりますと、それぞれ3歳未満児、3歳児を含めておやつという形で対応しているというのが現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)食事、3歳児未満が10時におやつと。食べさせることについてはわかるんですね。ただ、私が聞いているのは食事の部分について生活のリズムをどういうふうにしてつけているか、そういったことの指導をどうしているかですよ。食事を何時にしているとかそういうことではないんですよ。食事の部分についての生活のリズムをどういうふうにして指導しているんですかということをお聞きしているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これはいろんな年齢によってあるわけでございますが、一つの例といたしまして、これが例えばゼロ歳児なり1歳児になりますと、自分で食べれるようにというような形でスプーンとかフォークを使って食べたりしますが、そうした中でも結局こぼしながら自分で食べるというふうなことのやり方があろうかと思います。そういったことで今、一つの例を申し上げましたが、そのような形で各年齢に合った形で食事をとるというようなことで保育の一環で対応しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)はい、わかりました。
 生活のリズム、いろいろな子供たちの生きるための基礎づくり、非常に大事だと思うわけですね。実はある行事の中で子供の安全を守る防犯について、実は岩沼市の警察署の方から来て講演をいただいたのを私は聞いたことがあるんですが、非常に興味深い話がありましてあいさつができる地域は犯罪者がいない。要するにあいさつをすることによって顔が見える、顔がわかるということで、あいさつ一つ見ても非常に子供たちの生きるための基礎づくりには大事なんだということを実は感じました。やはりそういった基礎づくりをあいさつ一つにしても当然、家庭でのしつけなんだろうと思いますが、そういったことも含めて基礎づくり、しっかりとやっていただきたいと思うわけであります。
 次に、人とかかわり合う力の育成をどうしているのかであります。近年、人のかかわり方に課題を持つ児童や生徒が多く、人間関係のつまずきが問題行動につながるという背景が今現在、なっているというふうにも言われているわけですが、幼児期からの心の教育の課題の一つとして取り組む、望む、そしてまた強く声として今現在、なっているわけでありますが、具体的にどのような取り組みを行っているのか、そのところについてお聞きをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)保育目標の一つに人とのかかわりの中で人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主性や協調性などを養って道徳性の芽生えを培うということを掲げております。例えば保育所と地域の大人との世代間の交流を行っていると。あるいはまた、乳幼児と中学生、高校生との交流とか、あるいは子育て支援団体等との交流を行うことで人とかかわり合う力の育成を図っているということであります。また、具体的に年齢別の目標によれば、例えば3歳児ですと、年上の友達と遊んでもらったり模倣して遊んだりするとか、あるいは4歳児になりますと、友達と生活する中できまりの大切さに気づき守ろうとする、あるいは年下の子供に親しみを持ったり年上の子供とも積極的に遊び、地域のお年寄りなど身近な人の話も聞いたり話しかけたりするというように、それぞれの年齢に合わせた、発達段階に合わせた人間関係をしっかりと築くための保育目標を立ててそれを具現化するように行っているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)もう1点お伺いをいたしますが、これも身近なところのお話でありますが、今、まさしく教育、保育現場においては毎日トラブルがあるんだろうと思います。そういった中で結果を余り焦らず一生懸命になってチャンスと思いながら日々努力をしていただいているんだろうというふうに思うわけでありますが、幼児期は自分で自分の行動を律する力が当然、次第に高まってくる時期でもあるというふうに思います。それで、そうした中で、やはり生活集団として守らなければならないルールというものが当然あるわけでありますが、これを気づかせる工夫についてはどのように行っているのか、身近なところでお伺いをしたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)総括的にはさっき申し上げたとおりでありますが、例えば4歳児ですと、見たことや聞いたことを話したり疑問に思ったことを尋ねるとか、あるいは5歳児になりますと、人の話を注意して聞いて相手にわかるように話すといったことで、それぞれ年齢ごとの目標が定められておりますので、そういったことでしっかりと自分自身の表現力、あるいは人と人とのかかわりに大切な力を養っていくということで取り組むということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)今、毎日のように事件、事故が起きている中で、やはり人間とのかかわり、そういったことをしっかりと培うことがこれからの生きる力といいますか、とにかく不安な時代を防ぐ、そういう意味からも非常にこの幼児教育の中では重要なのかなというふうに思っております。
 最後の質問の方に入るわけでありますけれども、そういった形の中でいろいろな提案をさせていただきたいと思うわけでありますが、この幼稚園と保育所を一元化する施設である認定こども園というのは、こども園設置法に基づき県が制定をして10月にスタートをすると新聞報道でもあったようでありますけれども、しかし、これも本当に幼児に与える教育の充実を図るための政策なのかというところを考えれば、そうはなかなかいかないんだろうというふうに思いますし、今後、本市の中でもそういうことについては議論をすべきなんだろうというふうに思います。教育自体は当然、幼児期から児童期、そして青年期へと子供たちが育つ教育全体を見通した取り組みが当然、必要であるわけでありますが、保育所から小学校、そして小学校から中学校へと円滑な接続、つながりが求められることは言うまでもないわけでありますが、幼児期からの長期的な視野にわたった教育による生きる力の育成、それに努める必要があるんだろうというふうに思います。そのようなことから、今後の連携教育についての提案をしたいというふうに思います。
 一つ目には、育ちがつながる教育課程の創造、二つ目には、幼児教育と小学校教育の相互理解の推進、三つ目には、幼児教育の連絡協議会の設置であります。パネルを用意しておりますから順に説明をいたしますので回答をお願いをしたいというふうに思います。
 細かくて見えないというふうに思いますが、大変申しわけないというふうに思います。
 初めに、育ちがつながる教育課程の創造についてでありますが、言うまでもなく学習指導要領によって学習内容の教科ごとに定められて小学校内では教えられているんだろうというふうに思います。しかし、そういった中で保育所においては健康、そして人間関係、環境、言葉、表現といった五つの領域によってねらい及び内容が定められた保育教育との教育の違いがまさしく明白だというふうに思うわけでありますが、必要なことは、こういった幼稚園、そしてまた保育所と小学校とののりしろというふうにいいますか、段差の部分をいかに円滑につなげていくかということが私は必要なんだろうというふうに思います。
 そこで、具体的な取り組みが必要になってくるわけでありますが、教育内容の連続性とすれば一貫性と連続性を図るカリキュラムについての研究の推進をするべきなんだろうと。二つ目には、小学校における総合的な学習の時間を活用した保育体験の実施をしてはどうか。三つ目には、保育所における園外体験による小学校の訪問学習。そして当然ながらそういった中での教育内容として考えなければならないわけでありますが、あいさつ、そしてまた生活、規則、そして批判意識などをしっかりと決まり事に関することを教えていく。そして当然、これもあることでありますが、給食の指導や清掃指導、そしてまたクラブ活動などといった役割分担に関することも教育内容で教えていかなければならないんだろうというふうに思います。そこで、3点目には、学校で感じる楽しさや幼児からの知的発達に関すること。こういった三つの教育内容の連続性が必要なんだろうというふうに思います。そこで、育ちがつながる教育環境の創造、これを図ることがまさに私は必要ではないかと思いますが、初めに井口市長にお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)非常に重要な提案だということでありまして、早い話が幼稚園、保育所と小学校がしっかりと連携できるようにしなければ教育の効果が薄らぐということであります。ですから、連続性は非常に重要だと。
 それで、岩沼市におきましては連携はとれているというふうに思っております。お話をいただきましたが、保育と幼児教育というのは微妙に意味合いが違うのかなというふうに思っておりますが、保育というのは幼児の教育だという見方もあります。ただ、実際に保育所で行われることと幼稚園で行うことがこれまで若干異なっていたと。先ほどお話をいただきました認定こども園はそれを一つにするという考え方であります。当然、今の流れとしては幼保一元化という話は相当古いことでありますが、方向としてはそういう方向にしっかり進んでいるわけでありまして、保育所としても実際の学習を行うと。幼稚園においても少し延長保育等を行って今まで保育所にしか入れなかった人たちについて受け入れをするといったような形で進められているわけであります。そこで、保育と幼児教育の交流だとか、あるいはむしろ低学年におきましては学習ということよりは、学校の教科というよりはしつけとか、そういったことが非常に重要であるということでありまして、そんな形で岩沼市としては一応幼児教育までも教育委員会の範疇というふうになっていますが、実際にこちらの方で保育所をお世話をするという形でありますので、その連携が行き届くようになおお互いの趣旨を踏まえてしっかりとやっていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)そこで、影山教育長にお伺いをしたいというふうに思うわけでありますが、決して保育所等が小学校で学ぶべきことを先取りして保育所で行う、そういうことではなくて、先ほども言ったように連続性、こういった教育内容の工夫や指導は必要であるんだろうというふうに思うわけでありますが、影山教育長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かに一貫性や連続性を図る、これは大変重要な問題であります。先ほど御提案いただきました、いわゆるつなぐために何が必要かということで、一つは教育課程でつながっている、カリキュラムでつながる。もう一つは、総合学習などを通しながら保育体験を行ったらどうだということもありました。あるいは生活習慣でつながるのが一番だというふうにもとらえました。その中で、やっぱり1点目はカリキュラムでありますが、なかなか立地条件といいますか、幼稚園と学校が併設していたり、あるいは校長と園長が兼務であるとやりやすいです。ですから、先進地はございます。私もいろいろ研究はしておりますが、先進県の事例だと、ほとんどが敷地内で一緒であります。うちの方でありますと玉浦小学校、玉浦幼稚園、かつての状況がありますが、そこではカリキュラムは組みやすいということ。ただ、うちの方はそうはいきませんので難しい。でも、強い味方がありまして昭和54年度に幼保小連絡協議会という20の施設が一緒に協議する場があります。これはすごいことだと思っております。歴史と伝統がありまして、その中で特に布田一民議員が心配されているあいさつ、いわゆる生活習慣等をしっかりと段差のない、育てがつながるものに持っていこうということで指導しているところであります。御承知のことかと思いますが、一つの例でありますと、4月から食育の中であいさつ、早寝早起き朝御飯、これを励行しておりますが、これは幼保小一貫して今、取り組んでいるいい例であります。こういうことが波及効果をもたらしてすべてのことにつながることを我々は期待しているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)次に、移りたいというふうに思うわけですが、幼児教育と小学校教育の相互理解の推進であります。保育教育から小学校へつながる教育において互いの教育内容や日々の指導方法について理解することは当然、現在の教育を充実される上で最も基本とすべき取り組みではないかと思うわけでありますが、そういった中でやはり幼児教育と小学校教育の相互理解の推進、保育所とそしてまた小学校の相互理解の推進は必要なんだろうというふうに思います。そういった中で具体的な取り組みであるわけでありますが、相互理解の取り組みとして、一つ目には幼児と児童の交流、これを日常化していただいて、そしてまた継続をしていただく。そして、2番目には教員、そして保育士の合同研修、これもまさしく必要なんではないかなというふうに思いますし、三つ目として、保育士の小学校教育への参画、例えば教科の特別指導に入って参画をしていく、そういったことの総合的な取り組みがまず必要なんだろうというふうに思います。そして、条件を生かす取り組みでありますが、今、影山教育長が言いましたように、小学校と保育所が同じ敷地にあるか、また近いところに設置をしていく、そういった努力がまず必要なんだろうというふうに思います。岩沼市の現状の中では西保育所と亀塚保育所が 500メートルしか離れていないような状況であるというのはまさしくそのとおりでありますけれども、やはり西保育所を西小学校の敷地に置いていくのがいいんだろうというふうに思いますし、そしてまた、亀塚保育所は岩沼小学校の方に隣接をしていくと。そして、南小学校においては当然、私立もありますからなかなか難しい状況ではある。そして新たに新設をするというのも大変でありますけれども、今後、考えていかなければならない問題なんだろうというふうに思います。そういった条件の中で市部局と教育委員会との間で相互理解をしっかりとしていかなければならないんだろうというふうに思うわけであります。
 そういった中で井口市長の方にお伺いをするわけでありますが、保育士自体が小学校での子供の実態、そしてまた教育内容を理解することによって幼児が小学校に入学するわけでありますが入学したときにいろいろな体験、そしてまた課題を想定をされるんだろうと。そういう中で今の保育士そのものが早く切実感を持ちながら理解が早くできるような形の中で相互理解というのが必要なんではないかというふうに思いますが、井口市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)幼児教育と小学校教育の相互理解というのは非常に重要でありますし、子供たち自体が異年齢集団の中で生活をする、身につけるということは非常に大きなものがあるということでありますので、できるだけ小学校あるいは幼稚園、保育所というのを壁を取り払って相互に一緒になって遊ぶとか、まして指導をする人にとってはできるだけ連携をしっかりとるということは非常に重要な視点だと思っております。ただ、現実問題、教師と保育士の違いが実はあります。保育士の中には幼稚園教諭の資格を持っている保育士もいるわけでありますがそのあたりの法令等の制約を十分踏まえないと、実際にお互いに現場に立つということはできるかどうかわからないわけではありますが、何といっても連携自体は非常に需要だということでありますので連携がとれるように努力をしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)そこで、影山教育長の方にもお伺いをするわけでありますが、小学校教員が幼児における教育、保育を理解することによって幼児期からの発達を踏まえた児童理解をさらに深めることができるんではないかなというふうに思いますが、この連携の部分につてい影山教育長、どのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かに相互理解、これは大切な要因であります。うちの方でやらないということではございません。実際にやっているところには交流関係であれば、1年生の活動の中に幼児、保育園児が入って一緒に交流する時間を設けるとか、あるいは1年生が保育園を訪ねて交流していく活動を一緒にすると、実際にやっております。これは一部であります。今御提案の小学校教員が保育体験と、いわゆる前の段階のことを理解すれば教育はしやすい、そのとおりであります。その一つとして先ほど申しました幼保小連絡協議会の中で話し合い、あるいは講演会等を持ってその辺の連携を密にしながらできるだけ段差を少なくして預かっていくというふうな体制をとっておりますが、今後、どのように強化するかということでありますが、できるだけ大きな声で声をかけながらさらに連携を密にさせていきたいなと思っているところであります。
 それから、同一敷地内に集めるということ、先ほども話題にありました亀塚保育園と岩小とか、あるいは西小と西保育所、西保育所の場合は若干近いですけれどもそれでも離れております。やはり立地条件はなかなか難しいのかなと思っているところで、遠いけれども近くの関係を結ぶということは可能でありますので、今後、距離感を持たないような形の連携の仕方、どうあるかということを考えてまいりたいと思っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)相互理解を図っていただきながら今後の課題意識が非常に重要になってくると思いますので、やはり何のための連携をするのかということを部局も考えていただいて、そしてまた教育委員会の方でも考えていただいて、今後の連携教育をどういうふうにしていったらいいのかということをまず考えていただきたいというふうに思います。
 最後の質問になります。次に、幼児教育の連絡協議会の設置であります。複数の幼稚園や保育所から小学校に入学する場合には小学校側から見ればばらばらな教育を受けているような印象を持っているんではないかなというふうに思うわけでありますが、やはり私立も、そしてまた保育所等も一緒になって協議会を設置しながら具体的な教育内容のレベルでの共通理解というのを連携を図りながら体制づくりを整えるべきなんだろうというふうに思うわけであります。
 そこで、幼児教育の連絡協議会の設置であるわけですが、具体的な取り組みとすれば、行政の連携、幼児教育の施策の充実を図るために、先ほども言いましたように幼児教育推進連絡協議会の設置をしていく。そしてその中には保育所の所管、そして教育委員会などの幼児教育の関係者で構成をしながら設置をしていく。そして、当然、一緒になるわけですから合同研修会などもやりながら、例えば地域内の連携を図る互いの教育の保育を高めるような相互の保育の公開の実施などをしていく。こういった中で何とか連絡協議会の設置をするべきなんだろうというふうに思うわけでありますが、平成14年の12月12日施行されております乳幼児保育教育一元化施設検討委員会というのが市部局の方にあるというふうに思うわけでありますが、中身を見ますと、組織の中では委員は12名、そして市長が職員に対して任命をした12名で組織を行っている。そして、幼稚園、保育所、児童館の機能の一元化及び施設のあり方についてというのが職務だそうでありますけれども、やはり何といってもその中では小学校、要するに教育委員会部局は1人も入っていないということでありますから中身だけ、市部局だけの問題でなくてほかの教育委員会との、先ほども言いましたようにのりしろというか、段差を解消していく、そういうことが必要なのではないか。その検討委員会の中で済むのであればいいんですが、そうではなくて、やはりしっかり連絡協議会というものを設置すべきなんだろうというふうに思いますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)幼稚園と保育所あるいは保育園と小学校の連絡協議会というのは既に組織をされております。また施設同士の研修会等も行われているわけでございますが、これらについては次世代育成支援室あるいは福祉事務所と教育委員会の方で十分連携がとれるようにいたしておりますので、具体的なことにつきましては教育長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)段差解消、このためにどうしたらいいかというふうな御提案の一つだと思うんですが、幼児教育の連絡協議会を設置してみてはというふうな大きな御提案ありますが、先ほども申しましたように、うちの方には昭和54年から発足しております幼保小連絡協議会がございます。20の施設が入っての協議会ですがその中に部会がございます。部会は御提案の幼児教育であります。幼児教育だけの部会がありましてそこで話し合いを持っているわけです。その中で交流、学習の計画、あるいは先生方の合同研修について、あるいは小学校に上がるときの子供一人ひとりの実態や指導上の配慮事項など確認の場とさせていただいて、できるだけ段差の少ないような形で持っていく努力をしています。確かに布田一民議員おっしゃるように、小学校側から見ればばらばらの教育が来るだろうというふうなことです。そのとおりであります。と申しますのは、幼稚園にしろ、保育所にしろ、それぞれ特色ある園づくりをしておりますので皆それぞれです。それが一堂に会しますのでやはり段差がありますが、その解消の場として今言った協議会の中の部会としての幼児部会、この部会を大切にしてこれからも大きくしていきたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)今実際問題、設置をされていると、そういった部会の中で話をされていると。保育所の職員そのものはこの部会の中に入っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ここの構成を申しますと、四つの私立幼稚園、三つの保育所、杉の子学園を含めた四つの岩沼市立幼稚園がございます。そして四つの小学校、そして二つの児童館と二つの児童センター、合わせて20。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)わかりました。今後、そういった部会の中で提案をする前に実際動いているわけでありますから、今回3点質問させていただきました。こういった中で今後、生きる力を営むためには幼児教育、まさに重要でありますので、どうかお話をしながらよりよい幼児教育をお願いをしたいと思いまして今回提案をいたしました。終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)2番布田一民議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後2時5分といたします。
    午後1時51分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時5分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 12番後藤一利議員の一般質問を許します。直ちに発言席において発言してください。
    〔12番後藤一利議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)新政クラブの後藤一利です。
 景気拡大局面は先月で55カ月となり、戦後最長のいざなぎ景気を上回る勢いであります。実感とは別に経済指標は確実に景気回復を示しております。反面、いつとまるともわからない上がり続ける原油価格、そして人口減少時代への突入、増え続ける国の財政赤字など我が国の経済成長を持続的に維持するのに不安要素となる大きな問題が顕在化してきております。確かに経済は立ち直りましたが、財政再建はいまだ見通しが立っていないのも現状であります。国も地方もむだを省く徹底した歳出削減に取り組み的確に実を上げることが必要不可欠と言えます。
 以上のことを踏まえ、本市の財政健全化に向けた自治体経営について9項目3点についてお伺いいたしますので、執行部の明快なる答弁をお願いいたします。
 1番、原油高による財政面への影響とその対応についてでありますが、年内には1バーレル80ドル台になるのではないかと予想され、この原油の高騰は続き 100ドル台にも及ぶだろうと言われ、現在の原油を取り巻く情勢から考えると、下がることはないと推測されています。このような状況にかんがみ自治体の中では地球温暖化対策と絡めて積極的に燃料等の使用について創意と工夫を凝らし削減に取り組んでいるようであります。
 そこでお伺いをいたします。
 1番、主要施設ごとの燃料等の使用実態はどのようになっているのか。また、今後の価格動向を踏まえ平成18年度の実績がコスト面から見てどう変化すると考えているかお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)総務部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)主要施設の燃料等の使用実態についてお答えを申し上げたいと思います。
 原油高につきましては、ただいまお話しいただきました。市といたしましても施設維持運営に欠かせない灯油、重油、LPガスなどの単価については原油高によりまして押し上げられ、またガソリン代も高騰いたしているところでございます。市が使用する灯油、重油、ガソリン、軽油につきましては宮城県石油商業組合岩沼支部と随時単価の協議を行っておりますが、今年度に入って既に2回の単価改定を行っているところでございます。平成17年度当初の単価と比較いたしますと、灯油で32円50銭、約57%、A重油で29円90銭、約66%、ガソリンで22円、19%等の値上がりになっているところでございます。主要施設の燃料等使用実績といたしましては、代表的な市役所の本庁舎で申し上げますと、昨年度1年間に重油6万 4,565リットル、灯油 4,034リットル、LPガス 528立方メートルなどを使用して、金額的には全体で 434万円であったものに対して本年度8月までの5カ月間で 137万円となっているところでございます。前年同期と比較をいたしますと、約37%の増額というようなことになっているところでございます。現時点で今年度の決算を予測するのは非常に困難ではございますけれども、当初予算では予算編成時の単価をもとに必要額を算出をしております。今後、若干の変動もあるものと予測せざるを得ない状況でございます。引き続き施設管理につきましては燃料等の節約に十分意を用いて取り組んでいかなければならないというふうに思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)大変詳細にわかりました。前年比で見ますと37%の増ということですごい勢いのアップということで、これについては注視して臨まなければならないと思います。
 2番、中期的に見れば原油価格はさらに上昇すると予想されるが、その対策をどのように考えているか、いわゆる財政健全化に向け安全をも配慮した自治体経営を燃料等の使用に焦点を絞ったとき、今後の対応をどのように考えるかお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今後も予測される原油価格の変動ということにつきましては、先行きは極めて不透明ということであります。財政面からいいますと、お話をいただいておりますように当然、節約を一層推進していかなければならないというふうに考えております。そしてまた、化石燃料の使用量を抑制するということは、地球温暖化対策等の観点から見ても非常に重要であります。現在進めております地球温暖化対策実行計画に基づく省エネルギーの取り組み等をより強力に進めることが極めて大切ではないかというふうに考えておりまして、そういうことで進めていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま市長の方から地球温暖化実行計画に沿った取り組みが非常に重要であるし、またこの省エネ対策といいますか、化石燃料の節約ということが非常に重要だということを話していただいたわけでありますけれども、やはり省エネの中で代替エネルギーというもの、あるいは新エネルギーというふうなものもコスト縮減というものを考えたときに当然、出てくる問題であろうというふうに思いますが、この辺についてはどのようにお考えかお聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話しいただきましたように、新エネルギーあるいは代替エネルギーということで研究を進めていかなければならないということでありまして、折に触れていろいろと研究はしているわけでございますが、具体的に今のところ、こういったことで進めるというふうにはなっておりません。風力発電やら太陽光発電やらいろいろあるわけではありますが、岩沼市の立地条件もろもろの条件を見ますと、まだ具現化には至っておりません。まずは地球温暖化対策実行計画に基づいて省エネルギーに取り組むということが先決ではないかということで努力をしなければなりませんし、これは役所だけが努力してもそんなに大きな効果がありませんので、これからはさらに市民の皆さん方全体に啓蒙、啓発、取り組みをしていただくように進めていかなければならないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)次に、大きな2番目でありますけれども下水道事業経営の現状と今後の方向性についてお伺いをしたいと思います。
 下水道は安心・安全な市民生活を確保する上で不可欠な都市基盤施設であると思います。本市において下水道普及率は高く17年度末で84.2%、約3万 7,000名が利用しているというふうなことが記載されております。まだ十分とはいえず普及率 100%に向けた整備を進める必要があるというふうに考えます。加えて、おくれている浸水対策の促進や公共水域の水質向上の推進など今後取り組むべき課題は多いと思われます。下水道財政の基盤を強化し、安定した経営のもとで効率的効果的な事業展開を図っていく必要があると思われます。
 そこでお伺いをいたします。
 1番、地方債残高が平成17年度末で 118億円、下水道使用料等の収入が年間約6億円という決算数値が示されておりますが、民間ベースで表面的なことだけを考えれば、年商の20倍近い借金残高があると単純に解釈してもよいと思います。種々の事情があったにせよ、この実態をどのように考えるかお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御指摘をいただきましたように、下水道自体は非常に大切なものでありしっかりと整備をしていかなければならない。しかしながら、予算の多くが一般会計から繰り入れによって賄われ起債の償還に充てられていると。財政的には決して好ましい状況ではないというふうに考えております。御承知のとおり、昭和47年に岩沼市の下水道については着手をしたわけであります。一応着実に普及率等は伸ばしてきているわけでございますが、必ずしもいわゆる下水道が汚水等の処理の 100%下水道という形ではなくて、これまでも農業集落排水を取り入れたり、あるいは浄化槽をということでありまして、そういうことをミックスしながら計画の対象の方々については何らかの形でしっかりと処理ができるように進めていかなければならないというふうに思っておりますが、まず起債残高のピークというのは平成12年度で約 141億円あったわけでございます。そして、今、 118億円ということでありまして相当数、起債残高を減らしてきているということはおわかりいただけるのではないかというふうに思っております。何しろ、これも御指摘をいただきましたように、会計の多くが事業費ではなくて起債の償還に充てられているということは、ある意味では好ましいことではありません。しかしながら、繰り返しになりますが、やはり下水道を普及するということは、岩沼市にとって非常に重要なことでありましたので鋭意努力をさせていただいたと。
 しかしながら、今は御指摘のように財政的にも非常に厳しい状況にあるということでございますので、できるだけ早く起債残高を減らしつつ、また下水道につきましては計画的な建設投資を行って経営の安定化を図っていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま市長の方から下水道事業は本市の最重点施策の一つとして進められてきたというふうなことと、それから、短期間に巨額の建設投資がなされたというふうなことで、下水道事業というものは非常に重要なことでありますけれども、事業費よりも償還額の方が多くなっているという御説明がありましたけれども、このような投資の仕方についてどのようなお考えなのかお示しをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは下水道が必要だということは当然しっかりと受けとめて計画的な建設を行われなければならないわけでございますが、実はこれまで昭和47年以来進めてきている中で、いわゆる国の景気浮揚策といった形で正直市の方で計画を上回るような形で下水道の布設等を求められ、それに応じてきたということがありました。そういう意味では多少財政の状況を無視という表現はオーバーでありますが、そんな形で進められてきたというふうに思っております。これからは、当然のことながらしっかりと計画等がありますのでそれに従って着々と普及率の向上にと。しかしながら、実は比較的人口の多い地域につきましては大分進んできているということでありますので、これからは1軒1軒、相当お金のかかる地域になってくるということでありますので、このあたり、市民サービスをしっかりと向上させていかなければならないということと同時に、財政状況も踏まえなければならないということでありますので、しっかりそれらを踏まえて総合的に勘案をいたして計画的な下水道整備を今後も進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)こういう投資というものについては、一部景気浮揚といいますか、国策的な面も多かったというふうなことで、財政状況から見れば財政状況を無視したような、そういうふうな面もあったということでありますけれども、私が考えるには、行政需要に対する市民へのより高い満足度の提供は行政の責務でもあると考えますし、投資の偏りと言っていいかどうかわかりませんけれども投資の偏りは最小限にすべきであるというふうに考えますし、将来に対する中・長期的な的確な予測に基づいた重点施行というふうなことは、言うまでもなく重要であると考えます。本市の場合、一極集中という形に言っても過言ではないと思いますけれども、当然、限られた予算の枠内での動きであると思いますし、他事業の抑制につながっていることは間違いないことだと思いますが、この本市の水道事業の投資は他事業への影響というものは大きかったんじゃないかという気がするんですが、その辺について御説明をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)他事業への影響についてはなかなかはかりにくいわけではありますが、ただ、相当額を一般会計から繰り出し、繰り入れをしてきたということでありますので、その意味ではある程度のしわ寄せはあったのかなというふうに思っています。ただ、もう一方では市民の皆さんに快適な環境を提供するという行政の責務としてやってきたという側面もあるということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)2番に移らせていただきます。歳出に占める公債費償還額の比率、構成比も60%で、財源不足も一般会計からの繰入金で補い決算の数値を 5,700万円の黒字としている。このような会計処理の仕方についてどのように思うかお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共下水道の予算の中で歳出の中で公債費償還額の比率が高いということは財政上、決して好ましいことではないと。大変厳しい状況になっているということを基本的には考えております。そして、公債費比率が高くなった要因としては、さっき申し上げましたが、国の景気浮揚策の一環として相当無理をして整備が進められ、それを求められて整備を進めてきたということもあったりしているわけでございます。しかしながら、やはりこれも繰り返しになりますが、市民生活を営んでいただく上で下水道というのは非常に必要なものだということでありますので、市民のニーズに答えた下水道の事業を行ってきたというふうに思っております。
 ただ、当初は供用していただく方の数が少なかったわけでございますので使用料だけで当然賄えないわけであります。しかしながら、これだけ普及してきた場合は下水道がいかない人たちの税金を含めて投入をするということについて果たして財政運営上、どうなのかなといろいろ疑問等に感じていることもあるわけであります。ですから、できるだけしっかりと供用している方々で必要な部分については賄っていただけるような形でとなりますと、やはり使用料の改定ということが出てくるわけでございますが、それらにつきましては一気にどうこうということはできませんので計画的に取り組むようになっておりますので、そのあたりについては計画的に取り組みたいと思っております。
 そこで、一般会計からの相当額の繰り入れがあって会計決算上、黒字だというのはどうなのかなというふうにいいますと、いろいろ思うところはあるわけではありますが、できるだけこれからは一般会計繰入金を少なくするために管の布設における経済的工法の採用だとか、あるいはマンホールの小型化といったようなことで努力をして事業費の削減に努めてきておりますので、そういったことをさらに今後も進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)わかりました。しかし、市民の多くの方が最終の決算の黒字の数字だけを見たときに、下水道事業はもうかっていると一般的に判断して厳しい財政状況下にあることは考えにくいのではないかなと思うわけであります。市民の多くの方に正しい判断をしていただくためにも一般会計からの繰入金を必要最小限に食いとめるべきじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在の決算等のルールによって今のような会計の処理の仕方になるわけではありますが、後藤議員御指摘のように、市民の皆さんから見れば黒字だと。だとすれば、使用料は下げてもいいのではないかとか、そういう議論になりかねないということもわからないわけではありません。いろいろ一般会計全体につきましても財務諸表等についていろいろ研究を加えて、そして市としてただ単に決算だけではなくて財務状況がよりわかるようにという工夫をそれぞれしているわけでありまして、岩沼においてもいろいろ検討しているわけでございますのでできるだけわかりやすい方法で、かといって会計自体黒字会計でありますのでそのあたり、いろいろ工夫が必要だというふうに思いますが、できるだけ市民の皆さんに実態がわかっていただけるように広報等でも周知をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま市長の方から黒字の部分については、黒字は黒字なんだということなんですけれども、この実態の公表の仕方については意を用いて市民のわかりやすい情報として流すということなんでぜひともお願いをしたいというふうに思います。
 次に、一般会計よりの岩沼市公共下水道特別会計に繰り入れる基準というものはおおむねどういうことになっているのかお示しをいただきたいなと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)下水道に対しての繰り入れ基準ということでございますが、御承知のように、一般的に申し上げますと、雨水公費、汚水私費というのが一般的な言い方になっております。そのような基準で総務省の方から細かい通知がございまして、それに従った形で繰り出しをするというのが本来のあり方でございます。しかしながら、ただいま市長が申し上げましたような中で今の時点ではその繰り出し基準に基づいた繰り出しだけでは下水道運営が賄えないということからいって、それを上回った形で、要するに岩沼市としては今のところ、赤字になる分についての補てんを一般会計からしていただいているという形の中で繰り出しをしていただくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)3番目に移らせていただきます。このような実質的な赤字体質を招いているのは、直接的に現時点において、「汚物処理単価」となっておりますけれども、これは語句の訂正をさせていただきますが「汚水処理単価」ということで、汚水処理単価と使用料単価の差に起因しているところが多いのではないかと思います。下水道の持つ社会的、公共的役割を踏まえ受益者負担という原則論に立てば、さらなる使用料単価の引き上げも視野に入れなければならない時点に来ているのではないかと考えます。近隣市町村との比較をしながら赤字構造の体質改善を図る必要があると思いますがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実質的な赤字体質という指摘が当てはまるかどうかはわかりませんが、使用料のあるべき姿を踏まえての会計ということを視野に入れつつ下水道事業の財政健全化を図る必要があると思っています。残念ながら下水道、供用開始以来20年余りも一度も使用料の改定が行われなかったということでありまして、それを平成16年4月に使用料の改定をさせていただいたということであります。改定以前からは使用料からの汚水関係経費の充当率というのは平成15年度は35.5%でありましたが、改定したことによりまして平成16年度では47.9%の充当率になったということでございます。財政計画をいろいろ立てているわけでございまして4年ごとに大体使用料は見直しが必要ではないかと予定しておりますので、次回は平成20年4月を目標に改定をしていかなければならないのかなというふうに思っております。汚水関係経費の 100%回収ということは原則ではありますが、しかしながら、急激に使用料が上がるといったことでの市民の皆さん方への影響等も考慮しなければなりませんし、段階的に料金については見直しをお願いしていきたいと考えておりますので、まず維持管理費の抑制にも一層努力をしていかなければならないというふうに思っております。
 近隣の状況ということでありますが、これにつきましては建設部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)近隣市町の状況でございますが、名取市が平成18年度で20立方メートル当たり 3,150円に改定いたしております。白石市も平成18年度で20立方メートル当たり 2,782円に改定しております。角田市は20立方メートル当たり 2,782円、同じであります。岩沼市は現在のところ、先ほど市長が申し上げましたように、平成16年度に改定をいたしまして 2,415円となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)今、部長の方からお話がありましたけれども、近隣の状況と比較してみても岩沼市が低料金といいますか、低使用料という状況にあるということで、市長の方からは4年ごとに改定をするということで、第1回目は16年度にやったということなんで20年ごろということになるのか、そのころに改定の時期を迎えているということなんですが、いずれにしても、市長が先ほど申されたように、維持管理費の全額とか、あるいはまた起債償還額、こういったもの、あるいは利子の負担分とか、こういうものについてはコストとして当然かかっているわけですから、市長が先ほど申されましたように 100%使用料単価への算入というのは当然すべきなんですけれども、いろんな市民の生活に影響を与える部分が大きいということでなかなか難しいということなんですが、その中で経費の中身を考えてみますと、いわゆる施設そのものを維持管理する維持管理費と起債償還額と利子なんかの資本費というものを見たときに、一般的にコスト計算から見ると維持管理費というのは直に必要な償還費かなと思うわけですが、資本費の方、これについては企業のコスト計算からいうと一般管理費に当たるような部分ですからそうすぐには必要ない、必要ないと言ったら語弊がありますけれども余裕があるということになってきて、今現在、維持管理費は直に必要な経費ですからこれは 100%見ているということを聞いているわけですが、資本費の使用料への算入については今後、どのように考えているのか、そして今現在、どのようになっているのかもお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)申しわけありませんが、資本費に対してだけの数字というのは今持ち合わせておりません。今お話しいただいたように、維持管理費に対しての充当率ということにつきましては、これは当初から 100%を目標にして 100%になるように料金設定はいたしております。今現在は当然のことながらそれを上回りまして維持管理費と資本費を合計した、要するに汚水関係経費に対しての割合といたしましては、平成16年度では市長が申し上げましたように47.9%の割合で充当していると。17年度では49.2%の充当になっております。ことしとしては50.4%ということで半分以上にしたいというところで目標を立てて行っているところであります。平成19年度までに大体50%ちょっとぐらいで推移するのかなと。改定いたしました後につきましては、60%から70%ぐらいの割合で充当できるようにしたい。その次の4年後、予定でいきますと平成24年になりますが、その辺にいくと関係経費の90%以上を回収したいということで計画を立てております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)長期的な回収計画も含めて御説明いただき90%のところまで上限でいきたいというふうな御説明があったわけでありますけれども、先日、8月末に配られた広報「いわぬま」、これを見させていただいたんですが、これには1立方メートル当たりの使用料単価が本市では 146円、汚水処理単価が 247円、そして経費回収率が59%であるということが載っておりました。そしてこの数値は低い状況にあるというふうに記載されておりましたが、この経費回収率というものについては数値のとらえ方で若干の違いはあるんだと思いますけれども、この広報「いわぬま」に掲載されている経費回収率の今後の上限、いわゆる59%をどのように上げていくのか、そしてまた使用料単価も現在 146円となっているんですが平成20年あるいは21年ということになりますか、この辺についてはどの辺の単価をねらっているのか。そして、汚水処理単価についてはコストいうことになりましょうけれども、この辺についてもわかればお示しをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)大変申しわけないところがございます。というのは、広報で汚水処理単価が 247円で経費回収率を約59%という言い方をしておりました。実は間違いがございました。計算をする際に償還の利子の償還の分を計上しなかったというミスがございまして、大変申しわけありませんがこういう数字になりました。実際はただいま申し上げましたように、汚水処理単価が 297円でございまして、回収率が49.2%であります。これは10月号でおわびと訂正をしたいということで今、準備を進めているところでございます。
 それから、使用料単価につきましては平成16年度、17、18、19、この辺は大体 146円ぐらいで推移するだろうと。あと改定した後には 175円程度で推移するのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、建設部長からお答え申し上げたのは、平成20年4月に具体的にまだ値上げをするとか、使用料を改定するというふうに言っておりませんので、平成16年度改定の時点で4年後にはこうなるであろうという数字でございますので、具体的に平成20年4月に改定したいとはいうふうには思っておりますが、するかどうかというのは今後の判断ということでありまして、また議会の皆さんからいろいろ御意見をいただかなければなりませんし、これも御承知のとおり、下水道は下水道料金を単独を集めるのではなくて水道料金と一緒に集めていると。そのあたりの動き等も勘案しなければならないということでありますので、繰り返しになりますが、平成16年の値上げの時点での次の値上げにはこうなるであろうという単なる数字でありますので、御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)菅原部長の方から詳細な説明がありましたけれども、非常にキーポイントとなる部分のミスかと思いますが、例えば使用料単価、これは変わらない。しかし、コストの方が使用料単価の約倍になる、 297円ということで、こういう部分については非常に注意を要するかなと思うし、また広報での情報伝達ですから非常に、先ほど市長にもお話ししたとおり、決算で 5,700万円の黒字が出ているわけですから、そういうことからしてもこういう数字というものは理解できなくなるということになろうかと思いますので、その辺も今後は注意をいただきたいと思います。
 次に移りますが、経費の削減、あるいはまた増収計画というものについては内部努力については当然されていると思いますが、先ほど市長の方から説明がありましたけれども、マンホールを小型化するとか、そんな取り組みの紹介がありました。現在、どんな改善のメスを入れようとしているのか、その辺についてもお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)工事に関してのいろいろな経済的な工法の検討でありますが、下水道管の管径を小型化するということで、今は大体 150ミリまで小型化されているということでそういうところがあります。それから掘削するということからいっていろいろ土どめが必要であります。この土どめ材につきましてもいろいろ簡易な土どめ、単価の安い土どめの採用というところをいろいろ考えている。それからまた通常推進管といいましてトンネルで掘る場合にはなかなか取り出し管などというのもできなかったわけでありますが、そういうのについても推進管に各家庭からの取り出し管、公共枡の取りつけられるような工法というところがいろいろ開発されておりまして、そのようなことを採用しているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)下水道の普及率が非常に高い普及率になっているということで84.2%になっているということを冒頭にお話を申し上げましたけれども、水洗化率というものを見ますともっともっと高い96%という普及率になっているわけですね。しかし、水洗化というものについて考えてみたときに非常に多くの資本が投じられているわけですね。この残りの4%部分について数字的には小さいかもしれないけれども、これの水洗化率を上げるような工夫もどんどんしていかなきゃないのかなという気がしておりますけれども、この部分についての対応というものはどのようにされているのかお聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)なかなか最後の方に来て水洗化がなされないというのはいろいろ事情がございます。経済的な事情とか地形的な事情とか隣とのトラブルとかいろいろあるわけでありますが、その辺のところを市の方で仲立ちをしながら、事情をお聞きしながら一つひとつ水洗化についてのお願いをしていくというのが一番大事だろうというふうに考えております。なお、供用開始当時から行っております、例えば私道に対する補助だとか、それから水洗化に対しての補助とかということについてもPRをしながら、その辺の制度も使いながら行っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)それでは、項目の3番目、行財政計画推進室の設置について。
 行財政改革のかなめとなる専門的な組織が8月1日付で設置され、当市の行革にかける強い姿勢が内外に示されたと考えます。そこでお伺いをいたします。市政報告には行財政改革と行政評価をさらに積極的に取り組むとうたっておりますが、推進室は具体的にどんな業務を行い、組織改正の位置づけをどう考えているのかお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)昨年12月に策定いたしました行財政改革大綱とこれに基づいた集中改革プランの進行管理、そして事務事業を含めた政策全般の行政評価について専門的かつ積極的に取り組むため、8月1日付で設置したということであります。具体的な業務といたしましては、各部各課と連絡調整を図りながら現在進めております行政評価、つまりこれにつきましては新総合計画に掲げる14政策47施策とそれにつながる事務事業の評価を適正に行うということと、集中改革プランに掲げる改革項目の具体的な行動計画についてより実効性を高めるための検討を行って、岩沼市行財政改革大綱の掲げる目的を確実に達成できるようにするということは大きな役割ということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)私たちはことしの5月に総務常任委員会の行政調査で、尼崎市の行政推進室調査課を訪問させていただきました。そこでのすばらしさというものについて御紹介をさせていただきますけれども、個々の事務事業を人件費含む、なかなか人件費を含んだフルコストというのはないんですが、フルコストベースで把握して視覚に訴えて職員及び市民のコスト意識の高揚を図っているということを見てまいりました。例えば住民基本台帳業務として住民票1通 1,520円のコストで発行手数料が 300円である。いわゆる視覚に訴える、こういう訴え方が市民あるいは職員の皆さんから好評を得て、この差をどうして縮めたらいいのか、意識改革につなげていると。見える行政評価、まさに見える行政評価というふうに思いますし、意識改革の喚起もここで行っているというふうなことを話されておりましたけれども、こんなにすばらしい行政評価とか、あるいは行財政改革に取り組んでいるところではありますけれども、現状の課題としては不満足な部分がありまして、今現在としてはどうも作成するだけに終わっているということを言っておられました。改良改善の道具として十分に使われていないということを言われており、今後は活用されるきっかけづくり、これが重要であるということを申されておりましたが、先ほど市長の方から本市の行財政改革の推進室の事務事業への進め方というものについて集中プランの進行管理、あるいは行財政改革のチェックというものではありますけれども、この集中プランの中にはいつまで何をという詳細なタイムスケジュールのようなのが記載はされているんですが、特に今回、推進室を設置したということによってこの取り組み方にもっと深いさらなる突っ込みがあるのかどうか、その辺についてもお聞かせいただければありがたいなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)推進室を設けたということをめぐりまして、例えば集中改革プランの改革項目があるわけでございますが、それに具体的にどう取り組んだらいいのかといったことにつきまして実効性を高めるためにいろいろと検討して行うということでございますので、取り組みとしては達成がしやすく、そしていつごろまでどうしなければならないかという具体的な行動計画が示され、それによって仕事をそれぞれ進めていくということでありますので、実際にはこういったことを行うことによりまして行財政改革大綱に掲げる目的が達成できることになるというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)最後になりますが、日本一住みよいまち、「健幸」都市岩沼をつくるためには財政健全化に向けた自治体経営による財政基盤の確立が急務であり、費用対効果及び投資効果を的確に把握することこそ、そのかなめとなることを訴えまして私の一般質問を終わらさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)12番後藤一利議員の一般質問を終結いたします。
 3番櫻井隆議員の一般質問を許します。直ちに発言席において発言してください。
    〔3番櫻井隆議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)3番岩沼政策フォーラムの櫻井隆です。
 私が本日、質問させていただく事項は公立学校の推薦入試についてであります。毎年、一部の保護者、受験生から推薦入試について判断基準が不透明だと批判されております。教育長におかれましては、ぜひ市民が納得できる明確な答弁をお願いいたします。
 まず初めに、本年度の合格者数、推薦合格者数の割合を質問させていただきます。平成18年度宮城県高等学校の合格者数は1万 6,201名であります。その内訳は推薦入試合格者数が 4,901名、連携型入試合格者数が 117名、一般入試合格者数が1万 935名、第2次募集による合格者数が 248名であります。そのうち推薦合格者数の割合は 30.25%であります。
 それでは早速質問に移らせていただきます。
 推薦入試における調査書の判断基準は、市内ではどのように統一されているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山一郎教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)入学者選抜に係る事務処理につきましては、宮城県立高等学校入学者選抜方針によります推薦入試と一般入試等が毎年、厳正に行われているわけですが、推薦入試に出願できる生徒は入学者選抜要項の出願資格の条件が五つございます。これに沿って行っております。一つは、卒業見込みのある生徒。二つ目は、学科コースへの志望動機や理由が明確で適切であること。三つ目は適正及び興味関心を有すること。四つ目は、中学校における学習、生活に意欲的である。人物がすぐれていること。五つ目、調査書の記録が優良であることの条件を満たしている。最終的には中学校長の推薦を得たものと、このように規定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ただいま教育長の方から明確な判断基準を五つほど示していただきましたが、特に私たちが普通判断基準としている通信簿がございますよね。通信簿の9教科の5段階表示が中心になると思うんですが、その辺の比率配分といいますか、あと部活動、あと生徒会の活動とか、いろいろ含めた上の比率などわかりましたら教育長、お知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)比率というのはございません。昔は相対評価でやっていたんです。全体の中で上か3番目は5とかいうことですが、今は絶対評価に変わりました。したがって、その比率はございません。したがって、各学校ではさほど違いはなくなったのではないかなと判断しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)過去は相対評価、今は絶対評価であるというのをおっしゃられましたけれども、判断基準があるわけですので判断基準がある以上は各学校ですか、高校のランクづけというのはしているんでしょうか。お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)このことについては市教委はランクづけはもちろんしておりません。これはあくまでも学校裁量で行っているところでありまして、校長の責任のもとでやっているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ランクづけをしていないのであれば、2学期が終わりますと、冬が近づきますと各学校、三者面談が始まるわけですけれども、それでは何の基準をもって三者面談で先生は父兄、受験生徒に説明するわけですか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)基準はいろいろありまして、一つは教科の学習、これが一つであります。それからスポーツ、文化、社会活動、ボランティア活動についてとか、あるいは特別活動関係をすべて含めて三者面談を行っているわけでありまして、何といっても個人の希望で将来どのような方向に行くかという本人の思いを大前提にやっているところであります。
 それから、午前中も松田議員との話の中にありましたが、家庭の事情、その部分もあります。そういうことを加味しながらやっているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)毎年、父兄などからお伺いする話でありますけれども、ほぼ三者面談の中心になる話は、「あなたは5段階評価で例えば 3.0なのでA高校は無理なのでB高校にしたらどうですか」とか、「あなたは 4.0以上なのでA高校なら大丈夫じゃないですか」とか、そういう話の内容を伺っておりますけれども、実情はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)本人の思い、学力、いわゆる冷静に考えると学力がどうであるかということが問題になりますので、それについてはAよりもBの方がよろしいんじゃないかというふうなことはあると思います。それは総合して決めるということですから、最初からそこを受けて落ちるとわかっているときには、やはり教師の思いといいますか、それも入れるということです。ただ、問題は最終決断は子供です、親です。それは優先的に考えさせていただくということで、あくまでも進路指導の一つとして教師は言うかもしれません。その辺を御理解いただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今の教育長の答弁ですと、やはりA高校、B高校というふうにランクづけているというふうな話の内容であります。先ほどはランクづけをしないとおっしゃいました。A高校をお薦めしますとか、薦めるということは格差があるから薦めるわけであってその辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ランクづけをしないということであります。ただ、幾らかの格差はあります。これはもちろん、議員もわかっているところであります。この辺については言われてもなかなか厳しい部分がありますが、基本的にはランクづけはしておりません。ただ、ここが難しいよということは教師はしっかりと押さえておりますので、その辺を進路指導の中で助言をしているところでございますので御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)教育長も建前と本音があるでしょうから、これ以上突っ込んだ質問はしませんので。
 成績表において1学年、2学年、3学年時の成績表の割合といいますか、調査書を出す場合、例えば1年生、2年生は3割、3割、3年生は4割というふうな調査書の評価をしているんでしょうか。 100%と見た場合、1年時の実力を30%、2年次の実力を30%、3年次の実力を40%とか、そういう比率で評価しているかどうかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その比率はないと思います。総合しての判断でありますので。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今の一連の内容を質問をさせていただきましたが、大体市民の方が疑問としている点は少しは解明されたのではないかと思います。
 次の質問に移らさせていただきます。受験生、保護者に対して校内における推薦理由と、また推薦に漏れた理由を開示し、説明責任を果たしているのかどうかをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)入試に関する定員や推薦枠等につきましては、その年度により異なるものでありますが、その都度、生徒や保護者に学年だより、あるいは進路だより、進学説明等におきまして情報を提供しているところであります。校内の推薦入学、いわゆる入試事務におきましても推薦希望した者が必ず推薦されるものでないことは事前の説明会でもしっかりと説明をいたしておりますし、また校内で推薦された場合も推薦されなかった場合についてもその理由を保護者と本人にはきちんと説明しているところでありますので、説明責任は果たしていると認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)実際おっしゃったとおり、説明責任は果たされているということで私は安心しましたが、特に推薦で漏れた生徒などは思春期でございますので学力低下などに、実際1カ月、2カ月後に3月の試験まである程度期間がありますので、その辺はモチベーションを高める上でもその辺は納得できるような説明をしていただきたいと思います。
 実際、校内推薦になった生徒と漏れた生徒のボーダー、A君とB君がいるとしますと、ほぼ同じ成績の生徒だと仮定しますと、A君は学校推薦がとれたのにB君は推薦に漏れたと。だれが見てもとれるはずなのに学校推薦に落ちたというふうな話を聞くことがありますけれども、ボーダー上にいる生徒の見分け方というか、その辺についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは中学校ではやりません。あくまでも資料を各学校に提示するだけであります。あと判断するのは県立高校でありますので、県立高校の基準に沿ってやる。今ではいろいろな特色ある学校が出てまいりましたので、例えば体育的な学校あるいは芸術的な学校、いろいろございます。その観点から2人のうちのこちらをとるというふうにされるわけであります。決して中学校でA、Bとつけるわけではございません。2人枠があるときはどちらも同じレベルで出してやるということが基準でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)最後の質問に移る前に再度確認させていただきたいのですが、公立学校の推薦合格の通知というのは本人はいつごろ知らされるというか、日程的にいつごろなのか教えてください。2月初旬でしたでしょうか。中学校で推薦を出して内定といいますか、本人の方に通知が来ると思うんですがそれはいつごろなのか、私は確認とれませんでしたのでその辺を明確に教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)1月下旬に推薦入試があります。その後であります。これは詳しい具体的なデータを持っておりませんので、後でまた御報告したいと思います。それでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)普通ですと、私立の合格発表が2月の初旬だと思うんですけれども、その後に公立学校の推薦合格者の内定というか、本人通知が来るはずなのですが、2月半ばかそのころだと思うんですけれども、確認の方、もう一度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)1月下旬推薦入試、2月上旬に公立推薦発表となります。大変申しわけございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)教育長が1月上旬に推薦発表と申されました。これは本人に通知なされるのか、それとも学校を通して本人に通知がなされるのか、どちらでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(菅原正功)推薦の発表でありますけれども、2月初旬に内定通知が学校の方にまいります。本人の方への通知はありません。それから、そちらの方は正式な合格ということは一般入試と同じ時期になるようになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今の答弁ですと、2月の初旬に学校の方に内定の通知が届くということで間違いありませんね。ということは、学校では恐らく本人にも3月前には通知していると思うんですが、そういう事実はございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(菅原正功)本人の方への通知というのは、一般入試と同じように正式な合格という段階での通知になります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)その通知が余りにおくれますと、実際に公立高校がとれているにもかかわらず、実際の本試験にまた内申書を出す必要がありますよね。日程的にどのように調整するんですか、その辺をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)私が申し上げたいのは、学校に内定通知が来た時点で3月初旬の本試験の前には、合格した生徒には明らかに通知はしているんでしょうかどうかというのをお伺いしているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(菅原正功)詳細には今調べますので少々お待ちください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)暫時休憩いたします。
    午後3時9分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後3時12分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 菅原学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(菅原正功)大変失礼いたしました。推薦入試の後の合格の発表につきましては各中学校に高校の方から内定の通知書が届きますので、それに基づいて本人の方に連絡がまいります。その後、一般入試の出願までの間に大体期間として1週間か2週間かの間合いがございますので、推薦で不合格だった場合にはその旨を推薦で合格できなかった生徒にも伝えましてその間に次の三者面談、あるいは本人との話し合いを行いまして一般入試までの間には出願ができるという日程になっているようでございます。大変失礼しました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)初めからそのように答弁いただければ私も納得したわけなのでありますけれども、それでは、平成18年度の推薦合格者の通知は岩沼市においては2月何日ごろだったかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)推薦の時期とか何かについては通告外ですので通告に沿った質問をしてください。櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)はい、わかりました。最後の質問に移らさせていただきます。
 今、お話をお伺いしましたけれども、公立学校の方も1週間から2週間、2月中旬のころに生徒に合否が大体確認されると思うんですけれども、私立高校の合格発表が終わり、そして公立高校の推薦合格者の通知がなされた後、実際約2週間から長くて3週間ですか、本試験までそのぐらいの期間があると思うんですけれども、実際に合格された生徒とまだ受験を控えて生徒は同じクラスで勉強しているわけですね。そうすると、もう既に合格した生徒などは授業中に騒いだりしている学校もあるということを伺っております。また、3学期の学期末試験の内容などのお話を伺いますと、1学期、2学期よりも推薦合格した生徒の成績が平均して毎年悪いという話も伺っております。もう合格しているわけですから3学期の成績表はもう既に合否には関係ありませんから勉強しなくてもいいという考えだと思いますが、それも学力低下の一因になっていると私は考えているわけでありますが、実際に推薦で落ちた生徒などは本試験の間までにモチベーションが下がり、学習意欲が下がり、落ちますからランクを下げて受験するわけですけれども、合格するであろう高校も落ちている生徒も実際にたくさんいるわけですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員に申し上げますけれども、推薦の理由と推薦にもれた理由の説明責任の件で質問しているわけなんですね。学力とか何かまでは通告外になると思いますので通告に沿って質問してください。櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)私が申し上げましたのは、最後の質問の中でなぜ私が推薦制度を必要としていないかという理由を述べるために話しているわけですが、最後に、今行われている推薦制度について、もし将来、学区制が廃止されるのであれば、それを機に私はこの推薦制度は必要ないものと考えています。そこで、実際行われている推薦制度、また今後、この推薦制度は存続すべきかどうかなどを含めまして教育長の答弁を求めまして私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)推薦制度が必要かどうかということでありますが、現在の学区制のあり方につきましては県の教育委員会は何ら方針を決定しておりません。したがって、今後の推薦制度のその後についての是非をここで言うことはできないと思っておりますので、その点御理解いただきたいと思いますが、私の考えるところによりますと、学区制と推薦制は別物であります。別に考えなきゃいけない。なくなったら、いわゆる全廃されたら推薦制も必要でないということでなくて考えなければならないのかなと思っております。と申しますのは、全国の例を見ますと、学区全廃した19都道府県の中の12、ほとんど推薦制を導入しております。これは県教委の方針でありまして高校教育をどうするかによるわけです。高校改革が今やられている最中であります。いわゆる特色ある学校づくりをするのであれば、例えば先ほど申し上げました体育的なもの、学芸的なものであれば、また推薦制を用いてふさわしい人をとるということも考えられるわけでありますので、今後、その辺の動向を見定めながら、また聞かれましたそのときは答えられるのかなと思っております。今のところはそういうことでありますので県教委の方針が決まっておりませんのでここで言えることではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)3番櫻井隆議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は、明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時19分延会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
             平成18年12月1日
                 岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                       議 員 梶 谷 洋 夫

                       議 員 平 塚 兵 六