議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第3回定例会(1日目) 本文




2006.09.05 : 平成18年第3回定例会(1日目) 本文


    午前10時開会・開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 ただいまから、本日をもって招集されました平成18年第3回岩沼市議会定例会を開会いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)直ちに本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は20名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月26日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、会期は22日間と決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、諸報告について、事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。6件についてであります。
 第1、第2回市議会定例会で議決されました意見書についてであります。別紙お手元に配付の意見書送付一覧表のとおり、1件につきまして関係する行政庁並びに関係機関に提出しておりますので、御了承願います。
 第2、市長から、本定例会に別紙お手元に配付のとおり議案の提出がありました。
 第3、地方自治法第 235条の2第3項の規定に基づきまして、平成17年度分に係る平成18年4月分、5月分、平成18年度分に係る4月分、5月分、6月分の一般会計並びに各種会計検査結果、また、同法第 199条第4項の規定に基づきます平成17年度市有財産の管理状況等について、平成17年度一般会計並びに特別会計に係る建設請負工事等の執行状況について、平成17年度税務課所管に係る市税の賦課徴収状況等についての監査結果が、別紙写しとして配付のとおり、監査委員から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第4、地方自治法第 243条の3第2項の規定に基づきまして、平成17年度岩沼市土地開発公社事業報告書及び平成17年度第9期株式会社エフエムいわぬま事業報告書が、それぞれお手元に配付のとおり、市長から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第5、陳情についてであります。別紙お手元に配付の陳情文書表のとおり、1件が議長あて提出されております。
 第6、地方自治法第 121条の規定に基づきます今期定例会の議案説明員は、別紙お手元に配付のとおりであります。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、16番渡辺真多議員、17番安住文彦議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 市政報告
日程第5 認定第1号 平成17年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第3号 平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第4号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定につい
           て
     認定第5号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ
           いて
     認定第6号 平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第7号 平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算
           認定について
     認定第8号 平成17年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成17年度岩沼市水道事業会計決算認定について
     議案第51号 消防組織法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例について
     議案第52号 岩沼市在宅障害者デイサービスセンターの設置及び管理に関する
           条例の一部を改正する条例について
     議案第53号 岩沼市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例
           について
     議案第54号 岩沼市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
     議案第55号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第2号)について
     議案第56号 平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
           について
     議案第57号 平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)につ
           いて
     議案第58号 平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につ
           いて
     議案第59号 平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に
           ついて
     議案第63号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、市政報告並びに日程第5、認定第1号から認定第9号まで、議案第51号から第59号まで及び議案第63号の19件を一括して議題といたします。
 市長から市政報告並びに提案理由の説明を求めます。井口經明市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)本日ここに、平成18年第3回岩沼市議会定例会が開会されるに当たり、議員各位には、何かと御多用のところ御出席をいただき、ありがとうございます。
 本定例会に提案いたしております17年度の決算につきましては、5月31日をもって一般会計を初め各種会計の出納閉鎖をいたしました。決算内容につきましては、議案の提案理由とあわせて後段述べさせていただきますが、その前に、市政概要について御報告いたします。
 市制施行35周年記念事業
 市制施行35周年記念事業について申し上げます。
 これまでNHKとの共催による公開番組、BSふるさと皆様劇場を初め岩沼小学校における防災教室、ベガルタ少年サッカー教室を開催してまいりました。
 特に全国放送された公開番組には大きな反響があり、ささやかながら市民の皆様に楽しんでいただき、多くの市民の笑顔と岩沼市を全国に発信できたものと思っております。
 また、市主催の催しはもとより、市制35周年の名称を冠した市民の皆様による各種催しも多数開催され、皆様の岩沼市に寄せる思いの一端を感じております。
 さて、間もなく昭和46年11月1日の市制施行後35周年となりますが、11月3日・文化の日には、市民会館において記念式典並びに記念講演等を開催し、皆様とお祝いしながら、大きなテーマであります「生涯現役市民が支える健幸先進都市・岩沼市」を内外にアピールするとともに、「豊かな未来を次世代に」をねらいとして市制施行35周年を機に始める事業等にも着手いたします。その一つとして、豊かな情操をはぐくむ上で重要な要素であります音楽、特にクラシック音楽を身近なものとして広く親しんだいただきながら、さらに日ごろの音楽活動の成果の発表を通して、近い将来、市民の皆様から著名な音楽家が誕生することにも期待を込めて、来年2月4日に市民会館において第1回市民音楽祭を開催することにいたしました。
 行政組織の改編
 行政組織の改編について申し上げます。
 政策形成能力及び政策遂行能力の充実強化と協働促進のための機能強化等を主眼に改編してきております行政組織につきましては、8月1日に総務部政策企画課に行財政改革推進室を設け、行財政改革と行政評価についてさらに積極的に取り組むことにいたしました。
 医療制度改革に伴う措置
 医療制度改革に伴う措置について申し上げます。
 高齢化の進展により医療費の増加が見込まれる中、改革を通じて将来にわたり持続可能な制度を構築することを目的とした医療制度改革関連法が、さきの国会で成立し、段階的に実施されることになりました。
 本年10月から、出産育児一時金が引き上げられるとともに、新たに市町村国保の財政の安定化を図るための保険財政共同安定化事業が始まりますので、市の国民健康保険事業の中で必要な手続をとることにいたしました。
 また、20年度創設予定の75歳以上の高齢者を対象とする後期高齢者医療制度につきましては、県内の運営主体となる宮城県後期高齢者医療広域連合を本年度末までに設立することにし、現在、関係機関でその取り組みがなされております。
 保育施設の整備
 保育施設の整備について申し上げます。
 働く女性等の増加や核家族の進行等により、安心して子育てができる保育施設の整備が求められております。
 特に保育所への入所希望者が増加し、児童の入所待機が緊急課題でありますが、市におきましては、西部地区に社会福祉法人による定員60人規模の保育施設の整備を図るため、事務手続を進めてきており、本年度末完成に向け今月中に工事が着手されることになりました。
 これからも財政援助を含め必要な支援を行いながら、入所待機の解消に努めてまいります。
 障害者福祉事業
 障害者福祉事業について申し上げます。
 本年4月から一部の事業において適用されている新たな障害者自立支援法が、10月から全面的に施行されることに合わせて、市におきましては、現在、障害福祉サービス及び自立支援医療に係る支給認定並びに20年度末までを第1期とする障害福祉計画の策定等を進めております。
 また、同法の主要な事業の一つであります地域生活支援事業に取り組むため、相談支援事業、コミュニケーション事業、日常生活用具の給付、移動支援事業等の実施に向け準備中であります。
 さらに、地域活動支援センターを設け、障害を持たれる方々の創作的活動、生産活動の機会提供等の事業に取り組むことになりましたので、現在の在宅障害者デイサービスセンターを障害者地域活動支援センターに移行し当該事業を推進してまいります。
 なお、障害者の福祉サービス利用に対する原則1割の自己負担につきましては、法定上の負担軽減措置を講じておりますが、さらに市独自の支援についても、国の動向や関係者の意見を踏まえながら実施することにいたしております。
 資源物の持ち去り防止対策
 資源物の持ち去り防止対策について申し上げます。
 ごみ集積所に集積された新聞紙等の資源物は、持ち去られることがあり、市におきましては、随時、ごみ集積所の巡回や持ち去り禁止の表示を行い、注意を喚起してまいりました。
 この持ち去りを防止するため、ごみ集積所に集積された資源物の所有権は自治体にある旨を規定し、持ち去り規制に法的な根拠づけをしている自治体がありますが、ごみの広域処理を行っている亘理名取2市2町においても同様に対応することになり、市といたしましても、このたび、条例に所有権の帰属先を規定して資源物の持ち去り防止に取り組みたいと考えております。
 水稲の生育状況
 水稲の生育状況について申し上げます。
 本年の水稲につきましては、育苗期間から日照不足と低温の影響を受けておりましたが、梅雨明け後は、気温、日照時間ともに平年を上回る日が続き、8月15日現在の県中部の作況指数は95〜98でありました。
 市におきましては、これまでは目立った病害虫の発生はないものの、関係団体の御協力をいただきながら、斑点米カメムシ類等の薬剤防除や適切な時期の刈り取りを農家の皆様に呼びかけてまいります。
 都市計画道路見直し
 都市計画道路見直しについて申し上げます。
 見直し指針、検討方針の策定段階において御意見を伺うなどしながら15年度から進めてきております都市計画道路見直しにつきましては、7月に市民の皆様に長期未着手路線の廃止や現計画の機能変更を含めた案を公開し、8月にその結果も踏まえて市都市計画審議会において承認をいただきましたので、これを市の将来都市計画道路網とすることにいたしました。
 なお、これら見直し路線に県が都市計画決定を行うものも含まれておりますことから、本年度内に完了するように歩調を合わせて市の都市計画決定の手続を進めてまいります。
 学校プールの安全対策
 学校プールの安全対策について申し上げます。
 埼玉県内の公営プールでの事故を受け、文部科学省から学校プール等の緊急調査通知があり、点検を行いました。
 点検の結果、岩沼中学校及び玉浦中学校のプールは、底にある排水口のふたは金属で固定されておりましたが、さらにその奥にある排水管の吸い込み防止金具は設置されていないことが判明いたしましたので、8月8日に両校プールの使用を禁止するとともに、早速補修に着手し、9日に同金具の設置を完了いたしました。
 また、二の倉海浜プールは、排水管の吸い込み防止金具は設置されておりましたが、排水口のふたは固定されておりませんでしたので、8月9日にふたがはずれないように下水道用マンホール斜壁を重しとして設置し、さらに当該区域を侵入禁止にいたしました。
 今後とも児童生徒及び市民の皆様が安全にプールを使用できるように留意してまいります。
 防災対策
 防災対策について申し上げます。
 災害発生時における地域防災力を高めるために設立を進めてきております自主防災組織の活動情報の共有化と連携を目的として、7月13日に昨年に引き続き意見交換会を行いました。自主防災組織は8月末現在で34となっており、今後とも自助・共助の意識高揚を図る見地からもこの意見交換会を継続したいと考えております。
 また、自然災害発生箇所等にいち早く参集できるようにすることを目的として、7月18日に陸上自衛隊、岩沼警察署、消防関係機関及び報道機関が、合同でヘリポート、災害支援車両及び隊員の集結地、土砂災害及び水害の危険箇所等を調査する市内危険箇所合同現地調査訓練を実施いたしました。被害を最小限に抑えるためには、初動態勢の確立が不可欠でありますので、この訓練を踏まえ、連携の強化に努めてまいります。
 さらに、災害時の情報伝達・収集を迅速かつ正確に行うため、9月1日に市内タクシー事業者2社と「災害時におけるタクシー業務無線の活用に関する協定」を締結するとともに、避難所生活における応急用の熱源と明かりを確保するため、災害用備蓄品として固形燃料と安全キャンドルを備えました。災害用備蓄品につきましては、今後とも検討の上必要に応じて逐次配備してまいります。
 防火対策
 防火対策について申し上げます。
 昨年の火災発生件数は、前年より5件減の22件で、火災による死傷者もありませんでしたが、全国的には火災による死者は年々増加傾向にあり、特にその多くが65歳以上の高齢者と、憂慮いたしております。
 市における出火原因は、放火または放火の疑いのある不審火が最も多く、次にたばこ・たき火等であり、市民一人ひとりが火の用心を心がけることで防ぐことができるものも多いと考えております。
 市といたしましては、悲惨な火災を一件でも減らせるように、消防団、婦人防火クラブや地域の防災組織と十分連携を図り、防火意識の普及、啓発に取り組み、市民の安全・安心の確保に努めてまいります。
 以上、市政の概要について申し上げました。
 続きまして、認定第1号から認定第9号まで、議案第51号から議案第59号まで及び議案第63号の提案理由を一括して申し上げます。
 認定第1号から認定第9号までにつきましては、17年度一般会計及び各種会計の決算について、地方自治法第 233条第3項または地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、議会の認定をいただこうとするものであります。
 決算内容は、一般会計では、歳入が 121億56万 6,132円、歳出が 118億 1,549万 3,976円、差し引き収支が2億 8,507万 2,156円。
 国民健康保険事業特別会計では、歳入が30億 5,474万 3,710円、歳出が30億 3,866万 8,986円、差し引き収支が 1,607万 4,724円。
 老人保健事業特別会計では、歳入が28億 2,737万 4,180円、歳出が28億 2,736万 4,719円、差し引き収支が 9,461円。
 介護保険事業特別会計では、歳入が16億 5,172万 9,595円、歳出が16億 5,018万 3,840円、差し引き収支が 154万 5,755円。
 公共下水道事業特別会計では、歳入が21億 5,045万 3,303円、歳出が20億 9,311万 5,086円、差し引き収支が 5,733万 8,217円。
 農業集落排水事業特別会計では、歳入が2億 811万 4,741円、歳出が2億 206万 1,707円、差し引き収支が 605万 3,034円。
 生涯学習のむら分譲事業特別会計では、歳入が2億 3,017万 6,000円、歳出が2億 3,017万 6,000円、差し引き収支がゼロ円となっております。
 企業会計につきましては、収益的収支についてのみ申し上げますが、特別都市下水路事業会計では 3,983万 101円、水道事業会計では 9,119万36円の純利益となっております。
 なお、決算の概要につきましては、議案審議の際に収入役及び企業出納員から御説明申し上げます。
 議案第51号につきましては、消防組織法の改正に伴い、引用条項を整理するため、岩沼市消防本部及び消防署設置条例、岩沼市消防団の設置に関する条例及び岩沼市消防団員の定員、任免、服務等に関する条例の一部をそれぞれ改正しようとするものであります。
 議案第52号につきましては、障害者自立支援法に基づき、本年10月からの地域生活支援事業を実施するに当たり、現在の在宅障害者デイサービスセンターを障害者地域活動支援センターに移行させるため、岩沼市在宅障害者デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第53号につきましては、ごみ集積所に集積された資源物の持ち去りを規制できるように資源物の所有権を規定するなどのため、岩沼市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第54号につきましては、国の医療制度改革に伴い、本年10月1日以後の出産に係る出産育児一時金の支給金額を30万円から35万円に改めるため、岩沼市国民健康保険条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第55号、平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第2号)につきましては、歳入では、17年度決算剰余金の繰り越し及び普通交付税の決定に伴う増、あるいは障害者自立支援法や児童手当法の制度改正に伴う国庫支出金の減及び県支出金の増等を見込み、また、歳出では、制度改正による児童手当、新規事業となる地域活動支援センター関係経費及び私立保育園建設助成費の増等を行うもので、歳入歳出とも1億 9,261万 1,000円を追加し、総額を 123億 9,589万 8,000円にしようとするものであります。
 議案第56号、平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、本年10月から実施される国保財政の安定化を図るための保険財政共同安定化事業並びに療養給付費負担金及び交付金の精算等に伴う補正を行うもので、歳入歳出とも1億 4,003万 4,000円を追加し、総額を32億 5,523万 8,000円にしようとするものであります。
 議案第57号、平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、支払基金交付金の精算等に伴う補正を行うもので、歳入歳出とも 1,389万 7,000円を追加し、総額を28億 6,656万 2,000円にしようとするものであります。
 議案第58号、平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入では、前年度繰越金の確定等、また、歳出では、前年度国庫負担金等の精算還付等に伴う補正を行うもので、歳入歳出とも 1,394万 7,000円を追加し、総額を19億 882万円にしようとするものであります。
 議案第59号、平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入では、国庫委託金及び繰越金の確定に伴う他会計繰入金の減、国庫補助金と下水道事業債の組み替え、また、歳出では、下水道管路施設用地買収及び私設下水管布設補助金の追加に伴う総務費の増、雨水建設事業の請負差額による下水道事業費の減及び組み替え並びに公営企業金融公庫借換債の確定に伴う公債費の増減を行うもので、歳入歳出とも 5,793万 3,000円を減額し、総額を28億 1,622万 3,000円にしようとするものであります。
 議案第63号につきましては、消防組織法の改正に伴い、引用条項を整理するため、宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合規約の一部を改正しようとするものであります。
 以上、認定第1号から認定第9号まで、議案第51号から議案第59号まで及び議案第63号の提案理由を一括して申し上げました。
 なお、詳細につきましては、必要に応じて議案審議の際に補足説明を申し上げますので、何とぞよろしく御審議を賜り、原案可決されますようにお願い申し上げます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第60号 岩沼市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第60号を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)議案第60号岩沼市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについての提案理由を申し上げます。
 現委員の高橋美由紀さんは、本年10月3日をもって任期満了となりますが、人格及び経歴等からして同氏が適任と存じ、再度御提案申し上げるものであります。
 高橋さんの略歴はお手元に配付のとおりでありますので、御参照いただき、何とぞ御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第60号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第60号については委員会付託を省略することに決しました。
 議案第60号については、先例の定めるところにより、討論を省略いたします。
 これより採決いたします。議案第60号岩沼市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、これに同意することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立総員であります。よって、本案は同意することに決定しました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 議案第61号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
     議案第62号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、議案第61号及び議案第62号の2件を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)議案第61号、議案第62号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての提案理由を一括して申し上げます。
 現委員の佐藤雅晴さんと相原由子さんは、それぞれ本年12月31日をもって任期満了となりますが、人格及び経歴等からして両氏が適任と存じ、再度御提案申し上げるものであります。
 お二人の略歴はお手元に配付のとおりでありますので、御参照いただき、何とぞ御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第61号及び議案第62号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第61号及び議案第62号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 議案第61号については、先例の定めるところにより、討論を省略いたします。
 これより採決いたします。議案第61号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立総員であります。よって、本案は同意することに決定しました。
 議案第62号については、先例の定めるところにより、討論を省略いたします。
 これより採決いたします。議案第62号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立総員であります。よって、本案は同意することに決定しました。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 なお、一般質問の通告は明日午前11時まで議会事務局に提出願います。
 それでは、次の会議は9月11日月曜日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午前10時30分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年12月1日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 渡 辺 真 多

                   議 員 安 住 文 彦