議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第2回定例会(1日目) 本文




2006.06.27 : 平成18年第2回定例会(1日目) 本文


    午前10時開会・開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 ただいまから、本日をもって招集されました平成18年第2回岩沼市議会定例会を開会いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)直ちに本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から7月6日までの10日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、会期は10日間と決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、諸報告について、事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。9件についてであります。
 第1、3月定例会で議決されました意見書についてであります。別紙お手元に配付の意見書送付一覧表のとおり、2件につきまして衆参両院議長、関係する行政庁並びに関係機関に提出しておりますので、御了承願います。
 第2、市長から、本定例会に別紙お手元に配付のとおり議案の提出がありました。
 第3、地方自治法第 235条の2第3項の規定に基づきます、平成17年度1月分、2月分、3月分の一般会計並びに各種会計検査結果について、別紙写しとして配付のとおり、監査委員から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第4、平成17年度岩沼市一般会計及び公共下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書が、別紙写しとして配付のとおり、市長から議長あて報告がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第5、平成17年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計予算継続費繰越計算書が、別紙写しとして配付のとおり、市長から議長あて報告がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第6、平成9年6月定例会で議決されました財産の処分について、平成18年3月31日までの状況について、別紙写しとして配付のとおり、市長から議長あて報告がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第7、陳情の受理についてであります。別紙お手元に配付の陳情文書表のとおり、4件が議長あて提出されております。
 第8、地方自治法第 121条の規定に基づきます議案説明員は、別紙お手元に配付のとおりであります。
 第9、表彰についてであります。去る5月24日、東京都で開催されました全国市議会議長会総会の席上、議員在職30年以上の特別表彰として平塚兵六議員が受けております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)直ちに表彰状の伝達を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)平塚兵六議員。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)
                  表 彰 状
                          岩沼市 平 塚 兵 六 殿
 あなたは市議会議員として30年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第82回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします。
 平成18年5月24日
                         全国市議会議長会会長
                          国松 誠 藤沢市議会議長(代読)
       〔表彰状伝達〕
       〔拍手〕
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、6番長田忠広議員、7番宍戸幸次議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 市政報告
日程第5 承認第2号 専決処分の承認を求めることについて
           (岩沼市市税条例等の一部を改正する条例)
     承認第3号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第9号))
     承認第4号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号))
     承認第5号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第3号))
     承認第6号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第4号))
     承認第7号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号))
     承認第8号 専決処分の承認を求めることについて
           (宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会共同設置規約の
            変更)
     承認第9号 専決処分の承認を求めることについて
           (宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会共同設置規約の
            変更)
     承認第10号 専決処分の承認を求めることについて
           (宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会共同設置規約の変更)
     承認第11号 専決処分の承認を求めることについて
           (宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会共同設置規約の変更)
     承認第12号 専決処分の承認を求めることについて
           (宮城県市町村職員退職手当組合規約の変更)
     議案第45号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第1号)について
     議案第46号 平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計補正予算(第1号)について
     議案第47号 宮城県市町村自治振興センターを組織する地方公共団体の数の減少につ
           いて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、市政報告並びに日程第5、承認第2号から承認第12号まで及び議案第45号から議案第47号までの14件を一括して議題といたします。
 市長から市政報告並びに提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)本日ここに、平成18年第2回岩沼市議会定例会が開会されるに当たり、議員各位には、何かと御多用のところ御出席をいただき、ありがとうございます。
 ここで、ただいま伝達がありましたように、このたび、全国市議会議長会から平塚兵六議員が議員在職30年の特別表彰を受けられましたことは、まことに喜ばしいことと存じ、市民を代表して心からお祝いを申し上げます。今後とも、一層御自愛の上、市勢発展のため御指導を賜りますようお願いを申し上げます。
 さて、市政の概要並びに本定例会に提案いたしております議案の提案理由を申し上げます前に、新たな任期の初めに当たり、今後の市政運営に関する所信の一端を申し述べさせていただきます。
 いわゆる三位一体改革は、いまだ道半ばで、地方分権や行財政改革の実現は依然遠く、地方交付税や負担金等の縮減見直しなどの影響もあり、地方自治体の行財政運営はさらに厳しさを増すものと思われますが、これまでどおり行政運営の基本を新総合計画に基づくまちづくりに置き、その具現化に全力を尽くすとともに、引き続き行財政改革に計画的に取り組み、健全財政を堅持することに努力したいと思います。
 新総合計画では、目標とする市民像の一つとして生涯現役市民、生涯現役高齢者を挙げておりますが、少子高齢化が一段と進み、近い将来の人口減等を見据え、「健幸」先進都市を目指したいと考えております。
 すなわち、市民福祉の向上という自治体としての役割を踏まえ、これまでの福祉(welfare)に人としてふさわしいよりよい生き方(well-being)とでも言うべき今日的要請を加えた概念を「健幸」と呼び、心身の健康とともに「幸福追求の権利」を尊重し、すべての人々がより幸せを実感できる生活が営めるよう市民の皆様とともに努めること、このことが地域力を高め、誇りを持って住み続けることのできる地域社会づくりにも資するものであり、成熟安定型の行政の究極にあるものととらえております。
 また、地方自治体としての自主性・自立性をさらに高め、持続可能な都市経営を図ることが岩沼らしさをつくり出すことにつながり、次世代にすばらしい岩沼を引き継ぐことができるものと思います。
 言われて久しい地域ブランドの確立や先駆的・先導的・創造性豊かな施策の実施等も岩沼らしさを形成することになると思います。
 歴史や自然を大切に、市民の皆様の知恵を大いに生かしつつ、岩沼市の持つ特性、潜在的な力を協働により一層引き出すことができれば幸いであります。
 さらに、超高齢社会の到来とともに、各人が自由に使うことのできる時間、可処分時間が大幅に増加すると予測されます。生涯を通して教養を高め、あらゆる社会活動に打ち込む時間が増大することから、これらニーズにこたえるよう努力したいと思います。
 競争力の強化、安全・安心の確保、地域の自立を図りながら、格差のないユニバーサルな行政サービスに努め、幸せで心豊かな人生を送ることができる優しく強い岩沼を目指し、議員各位のご意見をいただきながら、市民の皆様の支えと協力のもと、全力を傾注したいと考えております。
 次に、市政の概要について御報告いたします。
全国高校生銃剣道大会
 全国高校生銃剣道大会について申し上げます。
 7月31日、市総合体育館において第18回全国高校生銃剣道大会を開催いたします。
 この大会は、全国の高校生が集う唯一の大会で、社団法人全日本銃剣道連盟が毎年日本武道館で行っておりましたが、「銃剣道をスポーツとして広く定着させるため、大会を地方で開催することにより普及活動の推進を図る」との趣旨で、市に高校生の銃剣道の拠点となるよう要請があり、市制35周年の節目のことしから継続して開催することとし、5月23日に実行委員会を組織いたしました。
 大会には、全国から高校生、役員約 400名に加え、選手の御家族や関係者も訪れますことから、宿泊を初めとする経済効果とともに、全国に岩沼を発信できる機会でもあると考えております。
 大会経費につきましては、財団法人地域活性化センターのスポーツ拠点づくり推進事業助成金と全日本銃剣道連盟の負担金で賄うことになっております。
防災対策
 防災対策について申し上げます。
 防災教育の一環として、4月25日、岩沼小学校において市制35周年を記念したNHK地震防災教室が開催され、全校児童が校庭への避難、県防災ヘリコプターによる救助訓練の見学、起震車による揺れの体感、蘇生法の体験等を行いました。
 また、宮城県沖地震を考え、学ぶため、5月20日、市勤労者活動センターにおいて、総務省消防庁防災課災害対策官を講師に迎えて防災講演会を開催し、 270人を超える市民が地震への対応や備えへの認識を新たにいたしました。
 これからも機会をとらえながら防災講演会等を通して防災意識高揚の啓発に努めてまいります。
 5月末に30組織となりました自主防災組織につきましては、各種訓練の実施を働きかけるとともに、情報の共有化を図るため、7月13日に意見交換会の開催を予定しております。
保健事業
 保健事業について申し上げます。
 住民健康診査結果をもとに住民が主体となって行う生活習慣や食生活の改善の支援を目的とした新たな地域健康づくり事業につきましては、今年度は藤浪地区の皆様にみずからの健康づくりについて地域で考えながら取り組んでいただくことといたしました。
 また、日ごろの運動がメタボリック症候群や生活習慣病の予防に効果的でありますことから、生活に取り入れやすい運動の普及と運動習慣の定着を図るため、このたび、地域で中心となって活動していただく健康づくり運動普及リーダーの養成を行うことといたしました。
次世代育成支援事業
 次世代育成支援事業について申し上げます。
 次世代育成支援につきましては、岩沼市次世代育成支援行動計画に基づき各種の施策を推進しておりますが、このたび、県が今年度から実施する地域まるごと子育て支援モデル事業を行うことといたしました。
 このモデル事業は、子育て家庭の不安や悩みを取り除き、安心して子育てができる豊かな地域社会の創生を目的にしており、市が県内自治体で初めて取り組むこととなります。
 市では、子育て経験者や高齢者の力を活用する事業、中学・高校生と幼児のふれあいや父親の育児参加を促進する事業等を展開し、次世代育成支援の一層の推進に努めてまいります。
高齢者虐待対策
 高齢者虐待対策について申し上げます。
 本年4月1日に施行された高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律、いわゆる高齢者虐待防止法には、高齢者虐待の防止及び虐待を受けた高齢者の迅速かつ適切な保護や支援を行うため、国及び地方公共団体、関係団体等の責務が規定されております。
 また、新しい介護保険法におきましても、地域包括支援センターの所掌事務として虐待防止・権利擁護が明記されております。
 市といたしましても、高齢者虐待対策につきましては今後急速に進展する高齢社会における緊急の課題として早急に取り組まねばならないものと考えており、このたび、関係機関や専門家による高齢者虐待対策検討会議を設け、より効果的な虐待防止の施策を検討することといたしました。
地球温暖化対策
 地球温暖化対策について申し上げます。
 市では、一事業所の立場から地球温暖化対策実行計画を策定し、平成17年度から温暖化の要因の一つとされる二酸化炭素の排出量削減等に向け種々取り組んでまいりました。
 特に、市各施設からの二酸化炭素排出量につきましては、平成21年度までに6%削減することを目標に電気や重油等の使用抑制を図った結果、平成17年度では総排出量が約 2,990トン、基準年であります平成14年度に比較して 4.5%削減と良好な結果となりました。
 引き続き、各施設において、この結果を踏まえながら二酸化炭素排出抑制に取り組むとともに、市民の皆様や事業所等に省エネルギーやグリーン購入の促進等地球温暖化防止に向けた取り組みの啓発に努めてまいります。
 土地区画整理組合への保留地販売活動支援
 土地区画整理組合への保留地販売活動支援について申し上げます。
 土地区画整理事業につきましては、県内外を問わず、多くの組合では再減歩や賦課金徴収が行われるなど、大変厳しい運営状況にあります。
 市におきましても大変な状況の組合があり、本年3月市議会において「区画整理事業の公益性にかんがみ執行部の可能の範囲での支援を望む」との特記事項が付されるなどしておりますことから、保留地販売活動に対する新たな支援を行うことといたしました。
 市といたしましては、一日も早く保留地処分が進むよう関係者の一層の努力を切望いたしております。
里の杜住宅地の分譲事業
 里の杜住宅地の分譲事業について申し上げます。
 早期完売を目指しておりました里の杜住宅地につきましては、販売を委託している事業者並びに提携住宅メーカー各社の御協力により、5月末までに残りの土地代金が全額納入され、全 365区画を完売することができました。
 平成9年4月に販売を開始して以来、結果として計画の甘さもあり9年余を要しましたが、不動産市況が大変厳しい中で全区画の完売をもって分譲事業が終了できますことは、ひとえに関係各位の御理解・御協力の賜物と深く感謝申し上げます。
学校施設の耐震補強事業
 学校施設の耐震補強事業について申し上げます。
 西小学校校舎及び南小学校屋内運動場の補強工事につきましては、夏季休業日を中心にした時期での施工に向けて準備を進めております。
 岩沼小学校屋内運動場、岩沼中学校東校舎及び北中学校屋内運動場の補強工事につきましては、現在、実施設計を行っており、内容確定後、速やかに着手するよう努めてまいります。
 岩沼中学校屋内運動場につきましては、過般「耐力不足のため建てかえが望ましいと思われる」との耐震度調査に関する評定が示されました。この結果を踏まえ、現屋内運動場の使用は本年7月末までとし、それ以降は南小学校屋内運動場や他の公共施設等を使用する予定であります。
 また、当屋内運動場は、早急に改築いたしたいと考えておりますが、国庫負担事業の採択は平成19年度になりますので、本年度は事業申請等の手続を進めながら、さらに基本設計及び実施設計等を行ってまいります。
 続きまして、本定例会に提案いたしております承認第2号から承認第12号まで及び議案第45号から議案第47号までの提案理由を申し上げます。
 承認第2号につきましては、地方税法の一部を改正する法律の公布に伴い、個人市民税の定率減税の廃止及び税源移譲等に伴う税率の改正、土地に係る固定資産税及び都市計画税の負担調整措置の改正、住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置の創設並びに国民健康保険税の所得割額算定及び減額の特例の創設等の必要が生じたため、岩沼市市税条例、岩沼市都市計画税条例及び岩沼市国民健康保険税条例等の一部を改正するものであります。
 承認第3号につきましては、平成17年度一般会計予算の最終補正であります。歳入では地方譲与税、地方交付税及び国県支出金等の決定による増減、また、歳出では事業費の確定あるいは精算による増減を行ったもので、歳入歳出とも2億 1,233万 4,000円を減額し、総額を 120億 4,143万 7,000円とするものであります。
 承認第4号につきましては、平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計予算の最終補正であります。歳入では、交付決定通知を待って調定を行った国庫支出金等について、また、歳出では、保険給付費等についてそれぞれ増減が生じましたので、歳入歳出とも 5,549万 4,000円を減額し、総額を30億 4,868万 9,000円とするものであります。
 承認第5号につきましては、平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計予算の最終補正であります。歳入では交付決定通知を待って調定を行った支払基金交付金及び国庫支出金等について、また、歳出では医療諸費等についてそれぞれ増減が生じましたので、歳入歳出とも 6,324万 9,000円を減額し、総額を28億 2,737万 2,000円とするものであります。
 承認第6号につきましては、平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計予算の最終補正であります。歳入では交付決定通知を待って調定を行った国庫負担金、国庫補助金等について、また、歳出では保険給付費等についてそれぞれ増減が生じましたので、歳入歳出とも 4,423万 3,000円を減額し、総額を16億 4,919万円とするものであります。
 承認第7号につきましては、平成17年度岩沼市農業集落排水事業特別会計予算の最終補正であります。歳入では、他会計繰入金について、また、歳出では施設普及費、農業集落排水施設建設事業費及び公債費利子についてそれぞれ減が生じましたので、歳入歳出とも 1,319万 2,000円を減額し、総額を 2億 719万円とするものであります。
 承認第8号から承認第12号までにつきましては、宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会、宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会及び宮城県市町村職員退職手当組合を共同設置し、または組織する一部事務組合の名称が改められたことに伴い、地方自治法第 252条の7第2項または第 286条第1項の規定に基づき、平成18年3月31日または同年4月1日から当該委員会等の規約を変更するものであります。
 以上、承認第2号から承認第12号までにつきましては、議会を招集するいとまがなかったため、地方自治法第 179条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりここに御報告申し上げ、御承認をいただこうとするものであります。
 議案第45号 平成18年度岩沼市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入では、新規補助事業等に係る国庫支出金及び県支出金の増額並びに緊急の単独事業に係る歳出補正予算の財源として財政調整基金からの繰入金の増を見込み、また、歳出では、市長選挙に要する経費を減額するとともに、岩沼中学校屋内運動場の実施設計及び地質調査委託等に係る単独経費並びに新規補助事業等の経費を増額するもので、歳入歳出とも 3,928万 7,000円を追加し、総額を 122億 328万 7,000円としようとするものであります。
 議案第46号 平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計補正予算(第1号)につきましては、二野倉排水ポンプ故障に伴う整備工事等を行うため、収益的支出では排水管理費を組み替え、また、資本的支出では施設改良費について 1,470万円を増額しようとするものであります。
 議案第47号につきましては、市町村合併により宮城県市町村自治振興センターを組織する地方公共団体の数を減少しようとするものであります。
 以上、承認第2号から承認第12号まで及び議案第45号から議案第47号までの提案理由を一括して申し上げました。
 詳細につきましては、必要に応じて議案審議の際に補足説明を申し上げますので、よろしく御審議を賜り、原案可決されますようお願い申し上げます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第48号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第48号を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)議案第48号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての提案理由を申し上げます。
 本案につきましては、本年9月30日に任期満了となります現委員の清水美津枝さんが人格・経歴等から適任であると考え、再度推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見をいただこうとするものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第48号については、会議規則第36条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第48号については委員会付託を省略することに決しました。
 議案第48号については、先例の定めるところにより討論を省略いたします。
 これより採決いたします。議案第48号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、これに同意することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立総員であります。よって、本案は同意することに決定しました。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 なお、一般質問の通告は明日午前11時まで議会事務局に提出願います。
 それでは、次の本会議は7月3日月曜日午前10時からであります。
 本日はこれにて散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午前10時30分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年9月1日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 長 田 忠 広

                   議 員 宍 戸 幸 次