議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第1回定例会(5日目) 本文




2006.03.09 : 平成18年第1回定例会(5日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、2番布田一民議員、3番櫻井隆議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 議案第5号 地方自治法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例について
     議案第6号 介護保険法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、議案第5号及び議案第6号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第5号及び議案第6号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第5号及び議案第6号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第5号及び議案第6号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第5号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第5号地方自治法の改正に伴う関係条例の整備に関する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第6号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第6号介護保険法の改正に伴う関係条例の整理に関する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 議案第10号 岩沼市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につい
           て
     議案第11号 岩沼市青少年室の設置及び運営に関する条例の一部を改正する条例につ
           いて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、議案第10号及び議案第11号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第10号及び議案第11号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第10号及び議案第11号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第10号及び議案第11号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第10号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第10号岩沼市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第11号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第11号岩沼市青少年室の設置及び運営に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 議案第15号 平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第8号)について
     議案第16号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について
     議案第17号 平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第18号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
     議案第19号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、議案第15号から議案第19号までの5件を一括して議題といたします。
 初めに、議案第15号に対する補足説明を求めます。吉田総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)議案第15号平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第8号)について補足説明を申し上げます。
 4ページをお開きいただきたいと思います。
 第2表繰越明許費でございますが、2款1項臨空都市整備事業につきましては、国の補助を受け、事業主体である仙台空港鉄道株式会社に対して補助金を交付するものでありますが、JRとの接続工事や空港敷地内工事との調整に日数を要したことに伴い、18年度に繰り越しされることになりましたので、繰り越ししようとするものであります。
 3款1項高齢者福祉施設整備事業につきましては、社会福祉法人が整備しますデイサービス施設等に対し、国の地域介護・福祉空間等整備交付金による補助を受け、岩沼市もこの施設整備に対して補助を行うものですが、国における関係法令や要綱等の整備に時間を要したため、社会福祉法人における工事着手がおくれたことに伴い、年度内完成が困難となりましたことから繰り越ししようとするものでございます。
 8款2項橋りょう耐震補強事業につきましては、市道西大町線の五間堀川にかかる江戸橋に落きょう防止装置を設置するものでありますが、河川管理者との工法等の協議に時間を要したため、年度内完了が困難となりましたことから、繰り越ししようとするものでございます。
 5ページの第3表債務負担行為補正の追加でございますが、グリーンピア内のプール施設、もりのプールにつきましては、多くの市民の方々に利用いただき好評を得ているところでございます。このプール施設につきまして、平成18年4月1日から3年間のプール施設の管理業務について、円滑な運営と経費の節減に努めた複数年契約を締結いたしたく、 6,300万円を限度とする債務負担行為を設定するものでございます。
 6ページをお開きいただきたいと思います。
 第4表地方債補正の追加でございますが、農業用ため池整備事業につきましては、太郎左衛門ため池整備事業負担金に充当いたしたく、 330万円の限度額を設定いたすものでございます。
 次の公園整備事業は、国営みちのく杜の湖畔公園の建設費負担金に充当いたしたく、 200万円の限度額を設定いたすものでございます。
 次に、変更につきましては、事業費の確定に伴いましてそれぞれ限度額を変更いたすものでございます。
 減税補てん及び臨時財政対策につきましては、許可予定額の決定を受けましたので、それぞれ限度額を変更いたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳入について御説明を申し上げます。10ページをお開きいただきたいと思います。
 1款市税1項市民税と4項市たばこ税につきましては、18年1月末現在の徴収実績と今後の収納見込みを推計し、それぞれ増額または減額補正をいたすものでございます。
 4款配当割交付金及び5款株式等譲渡所得割交付金は、県知事からの交付見込み通知がありましたことから、それぞれ増額補正をいたすものでございます。
 10款地方交付税は、国の補正予算により地方交付税が増加したことに伴い、昨年7月に普通交付税が決定された際に、地方交付税法に基づく調整率によって減額された額が追加交付されましたことから、 1,081万 2,000円を増額補正いたすものでございます。
 12ページをお開きいただきたいと思います。
 14款国庫支出金1項国庫負担金から17ページの15款県支出金3項県委託金までは、交付決定あるいは事務事業の確定による増・減額を計上いたしておりますが、主なものを御説明を申し上げます。
 12ページにお戻りいただきたいと思います。14款国庫支出金1項国庫負担金は、保険者の財政安定化を図るため交付される保険基盤安定負担金のうち、保険税軽減分については、三位一体の改革により国庫負担金から県負担金に移行したこと等に伴いまして、 2,951万 6,000円を減額補正いたすものでございます。
 14ページをお開きいただきたいと思います。
 15款県支出金2項県補助金は、開所時間延長促進事業や乳児保育事業等、児童福祉に係る補助金は県の予算を通して交付されておりましたが、平成17年度から、新たに創設された次世代育成支援対策交付金の対象となったことや、小・中学校の耐震化事業に係る事業費の精算等に伴いまして、 1,258万 9,000円を減額補正いたすものでございます。
 16ページをお開きいただきたいと思います。
 18款繰入金2項基金繰入金は、仙台空港周辺地域環境整備基金繰入金は、新拓排水路事業に対する繰出金で、年度間の負担割合を変更する必要が生じたことに伴い 900万円を増額しますが、今回の予算調整によりまして、財政調整基金繰入金は1億 3,682万円を、公共施設整備基金繰入金は 1,000万円をそれぞれ減額することにより、1億 3,782万円を減額補正いたすものでございます。
 なお、17年度末現在高は、財政調整基金が17億 4,808万 9,000円、仙台空港周辺環境整備基金が6億 1,423万 1,000円、公共施設整備基金が9億 3,205万 3,000円の見込みとなってございます。
 18ページをお開きいただきたいと思います。
 21款1項市債につきましては、第4表地方債補正で御説明申し上げておりますので、省略させていただきたいと思います。
 事項別明細書の歳出について御説明を申し上げます。
 22ページをお開きいただきたいと思います。
 3款民生費1項社会福祉費は、知的障害者支援事業で施設利用者が増加したことや、国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)等に伴いまして、 4,146万 6,000円を減額補正いたすものでございます。
 24ページをお開きいただきたいと思います。
 6款農林水産業費1項農業費は、玉浦南部圃場整備支援事業や農業用ため池整備事業の事業費確定に伴う増額等によりまして、 338万 4,000円を増額補正いたすものでございます。
 26ページをお開きいただきたいと思います。
 8款土木費4項都市計画費は、市街地整備事業や公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)等に伴いまして、 2,913万円を減額補正いたすものでございます。
 28ページをお開きいただきたいと思います。
 10款教育費4項社会教育費は、市民会館におきまして消防施設の非常誘導灯などの修繕が必要となりましたことから、 115万 2,000円を増額補正いたすものでございます。
 30ページをお開きいただきたいと思います。
 30ページから35ページまでは給与費明細書でございます。
 36ページをお開きいただきたいと思います。
 36ページは、債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額及び当該年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。
 次に、37ページは、地方債の前前年度末及び前年度末における現在高並びに当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を一括して行います。16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)18款2項の基金繰入金のところで、施設整備基金の残高が9億ぐらいあると、そういうような御報告をいただいたわけですが、例えば、岩沼公民館の早急な対応が、取り壊し、解体の早急な対応が必要だと思いますが、このぐらいの残高を持っていて早急な対応がなぜできないのか、御説明をいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)基金につきましては、アクセス鉄道整備関係の部分については特定目的基金というふうになっておりますので、その分については、一般の公共施設の整備の方に回すということは、今のところ考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)アクセス鉄道ではなくて、施設整備基金が9億ぐらいあるでしょう。このくらい残高があるのに、人的被害があるかもしれないと予測されるところに早い対応がなぜできないのか、説明をいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)大変失礼をいたしました。
 公共施設整備基金の関係、先ほど申し上げましたように、17年度末現在で9億あるわけでございますが、岩沼公民館については、今議会で廃止の条例をいただくわけでございますが、現段階では教育財産ということになってございますので、当初の予算で組み入れることは無理があるというようなことから、今後、解体あるいはシルバー人材センターの方向性といったものをいろいろ検討しながら、解体についての予定を決めていかなければならないということで、当初予算については、その辺がまだ構築されていないというようなことから措置をしなかったということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)一般質問等でも、市長からの答弁などでも、IS値が 0.7以下という建物はこの議会棟、それから庁舎の方ですね。そして、代替え施設で使おうとしている青少年ホームとかは補強を要するという建物になっているわけです。答えは要りませんけれども、普通財産に戻さなければいけないとか……、青少年ホームの方は普通財産になっているんでしょうから、その辺の対応、移って倒れてしまったというのでは、本当にこれは笑い話にもならないので、その辺の対応をよろしくお願いをしたいと。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)4ページの繰越明許費の民生費で、高齢者福祉施設の方は年度内完成ができなくなったのでという話があったんですが、年度内完成ができなくなったということの何かトラブルがあったのか、原因というか、できなくなった状況が一つと。
 あと、5月1日にオープン予定という話も伺っているんですが、おくれたのであれば、その事業開始はいつごろからの予定なのかを伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)まず、今回、事業がおくれた理由は、事業者側の理由ということではなくて、先ほど総務部長が申し上げましたとおり、国の方の関係法令とか要綱の整備にちょっと時間を要したことがおくれた理由でございます。
 具体的にはどの程度おくれたかというと、1カ月の延期になるということで、予定としては4月末完成であります。一応、事業者の方につきましては、今御指摘のとおり、5月オープンという予定にしておりましたが、少しでも早くオープンできるようにということでお願いしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)14番長田健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田健)6ページの地方債補正の中で農業用ため池整備事業、太郎左衛門堤ということなんですが、これは今現状はどういうふうに動いているのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)太郎左衛門ため池の工事の進捗ですが、ここは金蛇水神社の上の部分ですが、県の事業ということで、市の方では負担金をしていますが、防災的なこともあるので、当初はできるだけ早く、17年度にある程度決めたいということですが、県の方でも計画どおりになかなか進んでおりませんで、19年度までには完成をするという計画であります。今のところ、それが延びるということまでは言っておりません。(「了解」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第15号から議案第19号までの5件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第15号から議案第19号までの5件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第15号から議案第19号までの5件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第15号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第15号平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第8号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第16号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第16号平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第17号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第17号平成17年度岩沼市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第18号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第18号平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第19号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第19号平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 議案第20号 字の区域を変更することについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、議案第20号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第20号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第20号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第20号字の区域を変更することについては、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第21号 住居表示に関する法律第3条第1項の規定による本市における市街地の
           区域及び当該区域における住居表示の方法について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第21号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第21号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第21号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第21号住居表示に関する法律第3条第1項の規定による本市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 議案第22号 市道路線の廃止について
     議案第23号 市道路線の認定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、議案第22号及び議案第23号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第22号及び議案第23号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第22号及び議案第23号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第22号及び議案第23号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第22号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第22号市道路線の廃止については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第23号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第23号市道路線の認定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 議案第24号 指定管理者の指定について
          (岩沼市在宅介護支援センターの設置及び管理に関する条例に定める公
           の施設の指定管理者)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、議案第24号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第24号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第24号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第24号指定管理者の指定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第9 議案第25号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体の数の減少及び同委員会の共同設置に関する規約の変更につ
           いて
     議案第26号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体の数の増加及び同委員会の共同設置に関する規約の変更につ
           て
     議案第27号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体の数の減少及び同審査会の共同設置に関する規約の変更について
     議案第28号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体の数の増加及び同審査会の共同設置に関する規約の変更について
     議案第29号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合を組織する地方公共団体の数
           の減少及び同組合の規約の変更について
     議案第30号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合を組織する地方公共団体の数
           の減少及び同組合の規約の変更について
     議案第31号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更について
     議案第32号 宮城県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び
           同組合の規約の変更について
     議案第33号 宮城県市町村職員退職手当組合の規約の変更について
     議案第34号 宮城県市町村自治振興センターを組織する地方公共団体の数の減少につ
           いて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第9、議案第25号から議案第34号までの10件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第25号から議案第34号までの10件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第25号から議案第34号までの10件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第25号から議案第34号までの10件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第25号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第25号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び同委員会の共同設置に関する規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第26号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第26号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び同委員会の共同設置に関する規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第27号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第27号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び同審査会の共同設置に関する規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第28号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第28号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び同審査会の共同設置に関する規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第29号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第29号宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第30号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第30号宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第31号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第31号宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第32号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第32号宮城県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第33号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第33号宮城県市町村職員退職手当組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第34号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第34号宮城県市町村自治振興センターを組織する地方公共団体の数の減少については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第10 議案第1号 岩沼市国民保護協議会条例の制定について
     議案第2号 岩沼市国民保護対策本部及び岩沼市緊急対処事態対策本部条例の制定に
           ついて
     議案第3号 岩沼市地域包括支援センターの設置及び管理に関する条例の制定につい
           て
     議案第4号 岩沼市自立支援認定審査会の委員の定数に関する条例の制定について
     議案第7号 岩沼市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
     議案第8号 岩沼市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
     議案第9号 岩沼市手数料条例の一部を改正する条例について
     議案第12号 岩沼市営スポーツ公園設置条例の一部を改正する条例について
     議案第13号 岩沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について
     議案第14号 岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例について
     議案第36号 平成18年度岩沼市一般会計予算について
     議案第37号 平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計予算について
     議案第38号 平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計予算について
     議案第39号 平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計予算について
     議案第40号 平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計予算について
     議案第41号 平成18年度岩沼市農業集落排水事業特別会計予算について
     議案第42号 平成18年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計予算について
     議案第43号 平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計予算について
     議案第44号 平成18年度岩沼市水道事業会計予算について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程10、議案第1号から議案第4号まで、議案第7号から議案第9号まで、議案第12号から議案第14号まで及び議案第36号から議案第44号までの19件を一括して議題といたします。
 初めに条例関係議案に対する補足説明を求め、これに引き続き予算関係議案に対する補足説明を求めることとし、その後に一括質疑を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、そのように進めることに決しました。
 それでは、初めに、条例関係議案に対する補足説明を求めます。
 議案第7号岩沼市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についての補足説明を求めます。吉田総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)議案第7号岩沼市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についての補足説明を申し上げます。
 人事院は、昨年の8月15日に、国会と内閣に対して、地域ごとの民間賃金水準の格差を踏まえ、また、年功的な給与上昇を抑制し、職務、職責や勤務実績に応じた俸給構造への転換を図っていく必要があることなどから、これらの趣旨を基本とする「給与構造の改革に関する勧告」を行いました。これを受けて、政府は人事院勧告どおりの給与改定を行うこととし、国会に給与改定法案を提出いたし、昨年10月28日に可決成立したところでございます。
 それでは、お手元にお配りしております本改正条例の概要に関する資料に基づきまして御説明を申し上げたいと思います。
 資料の1ページをごらんいただきたいと思います。
 まず、1の給与構造改革の概要についてでございますが、(1)の給料表等の見直しに関して、1)として、地域別の官民格差の3年平均値を参考として、給料表の水準を全体として平均 4.8%引き下げる措置を講ずることとしております。
 2)として、若手の係員層につきまして引き下げを行わず、中高齢層について7%引き下げることにより給与カーブのフラット化を図ることとしております。
 3)として、現行の1級と2級及び4級と5級を統合することとしております。
 4)として、きめ細かい勤務実績の反映を行うため、現行の号俸を4分割することとしております。
 5)として、最高号俸を超える俸給月額に決定し得る枠外昇給制度を廃止することとしております。
 次に、(2)の地域手当の新設についてでございますが、民間賃金の地域間格差が適切に反映されるよう、現行の調整手当にかえて、主に民間賃金の高い地域に勤務する職員に対して地域手当を支給することとしております。
 次に、(3)の新昇給制度につきましては、1)として、これまでの年4回の昇給時期を年1回に統一することとしております。
 次に、2)として、58歳昇給停止措置にかえて、55歳以上の昇給につきましては、昇給幅を通常の半分程度に抑制することとしております。
 次に、(4)の新制度の段階的な実施についてでございますが、1)の新給料表につきましては平成18年4月1日から適用することとし、同日にすべての職員の給料月額を新給料表に切りかえることとしております。
 次に、2)として、経過措置といたしまして新旧給料月額の差額を支給することとしております。
 次に、3)として、平成18年度から21年度までの間、昇給幅を1号俸抑制することとしております。
 次に、4)として、新制度による最初の昇給は平成19年1月1日としております。
 以上が給与構造改革の概要でございます。
 2ページをお開きいただきたいと思います。
 2の本市一般職の職員の給与改定内容でございますが、まず、(1)の改正条例関係でございますが、1)の第3条第1項につきましては、これまでの調整手当を廃止し、地域手当を新設することに伴う改正規定でございます。
 次に、2)の第6条第5項につきましては、規則で定める日、いわゆる各年の1月1日において、その前1年間の勤務成績に応じて職員の昇給を行う改正規定でございます。
 次、3)の第6条第6項につきましては、昇給の号俸数を7級以外の職員につきましては4号俸、7級の職員につきましては3号俸を標準として行う改正規定でございます。
 次に、4)の第6条第7項につきましては、55歳を超える職員の昇給につきましては、2号俸を標準として決定する改正規定でございます。
 次に、5)の第6条第8項につきましては、最高の号俸を超えて行う枠外昇給制度の廃止に伴う改正規定でございます。
 次に、6)の第6条第9項につきましては、職員の昇給は予算の範囲内で行う旨の改正規定でございます。
 次に、7)の第6条第10項につきましては、規則への委任規定でございます。
 8)の第11条の2第1項、第2項、第3項につきましては、民間の賃金水準を基礎として、物価等を考慮した地域手当を新設することの改正規定でございます。
 次に、9)の第11条の3第1項から14)の第24条第2項までにつきましては、地域手当が新設されることに伴い、これに関連する給与の取り扱いの改正規定でございます。
 3ページをごらんいただきたいと思います。
 15)の別表第1につきましては、7級制を基本とする新たな行政職給料表への改定でございます。
 次に、16)の別表第2につきましては、新たな行政職給料表級別職務分類表への改定でございます。
 次に、改正条例附則関係について御説明申し上げます。
 まず、1)の附則第1項につきましては、この改正条例の施行期日を平成18年4月1日とするものでございます。
 次に、2)の附則第2項から4ページ12)の附則第12項までは、今回の給与構造改革に関連する新しい級・号俸への切りかえ措置に伴い、必要な経過措置を規定したものでございます。
 次に、13)の附則第13項につきましては、規則への委任規定でございます。
 次に、14)の附則第14項から16)の附則第16項までにつきましては、岩沼市交通指導隊条例、職員の育児休業等に関する条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例における給与構造改革関連文言の整理でございます。
 以上、岩沼市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の概要について補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)議案第8号岩沼市国民健康保険税条例の一部を改正する条例及び議案第14号岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例についての補足説明を求めます。長田民生部長、登壇の上、説明願います。
    〔長田信一民生部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)議案第8号岩沼市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について補足説明を申し上げます。
 本市の国民健康保険事業は、被保険者の高齢化や新規加入者の増加等に伴い、保険給付費が増加するなど厳しい運営状況にあります。このようなことから、国保税率の改正による増収の確保を行って国保財政の安定化を図るため、平成15年度に、本来、国保税として徴収すべき税額を確保するための目標税率を設定し、また、その目標税率まで一気に引き上げることにより、被保険者にとりまして急激な負担増にならないよう、3カ年を1期とし、7期、通算21年をかけて段階的に引き上げすることとして、15年度に1期目の税率の改正を行いました。18年度は2期目の税率改正の初年度となることから、このたび所要の税率の改正を行おうとするものであります。
 具体的な内容につきましては、お手元に配付してあります説明資料に基づきまして御説明申し上げますので、ごらんいただきたいと思います。
 国保税につきましては、医療給付費に係る分と介護納付金に係る分とがあります。
 まず、第3条から第5条に係る医療給付費分から御説明申し上げます。
 (1)の標準割合に基づく目標税率につきましては、18年度の保険給付費等の歳出財源を賄うため、本来納付していただくべき税額が確保できるよう、また、応能、応益の割合が地方税法で示す50%ずつになるように設定した、本来あるべき目標税率であります。
 このたびの税率の改正は、(2)の表に記載のとおり改正しようとするものでありまして、今後、残り6期18年かけて(1)の目標税率にまで引き上げるもので、各区分ごとの税率につきましては、この(2)の表の右側の欄に記載のとおり、目標税率と現行税率との差を6期分の6で割って得られる率を現行税率に加えて、また、資産割分については差し引いて改正税率にしようとするものであります。
 なお、所得割につきましては、依然として個人所得が低迷していることを考慮しまして、急激な負担増とならないよう、本来引き上げるべき率1.05%の半分程度に抑えた率 0.5%引き上げて 100分の 7.8、要するに、 7.8%の税率にするものであります。
 次に、第13条の低所得者に対する(3)の均等割額と平等割額に係る軽減額の改正につきましては、表の右側に記載のとおり、本来の税額の6割あるいは4割分の軽減額を設定しようとするものであります。
 続きまして、資料の裏側になりますが、第6条及び第7条に係る介護納付金分について御説明申し上げます。
 (1)の標準割合に基づく目標税率につきましては、18年度予算における、本来納付していただくべき税額が確保できるように設定した目標税率であります。
 なお、これは国保加入者の40歳以上65歳未満の第2号被保険者の介護保険料に係るものでありまして、65歳以上の第1号被保険者の介護保険料との関連から、資産割を除き、医療給付費分のような段階的な引き上げ措置は行っておりません。
 このたびの税率の改正は、(2)の表に記載のとおり改正しようとするものでありまして、まず、所得割額と資産割額との関係でありますが、医療給付費分で御説明申し上げましたとおり、個人所得が低迷している状況下で、所得割額を(1)の目標税率に引き上げると、「 100分の1」から「 100分の1.84」へ比較的大幅な引き上げとなることから、本来、率を引き下げるべきものであります資産割額の改正を据え置いて、所得割額を「 100分の1.84」とすべきところを「 100分の1.45」に引き上げ率を抑えながら、目標税額が確保できるように改正しようとするものであります。
 また、均等割額と平等割額につきましては、(1)の目標税率による額と同額としております。
 次に、第13条の低所得者に対する(3)の均等割額と平等割額に係る軽減額の改正につきましては、表の右側に記載のとおり、本来の税額の6割あるいは4割分の軽減額を設定しようとするものであります。
 なお、このたびの改正による18年度の国保税の増収額は、医療給付費分と介護納付金分とを合わせて 8,400万円程度と見込んでおります。
 続きまして、議案第14号岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例について補足説明を申し上げます。
 このたびの介護保険制度の見直しにおいて、高齢者の自立を支援する予防重視型システムへの転換策として、新予防給付及び地域支援事業が創設され、また、身近な地域でサービスが受けられる地域密着型サービスが創設されるなど、制度全般についての見直しがなされました。
 以上のような介護保険法の改正に伴いまして、岩沼市介護福祉条例の一部を改正しようとするものであります。
 お手元の、条例改正の要点を記載しました資料と改正条文とを見比べながら御説明させていただきます。
 まず、第7条第2項は、介護保険法の改正に伴う項ずれを整備するものであります。
 第9条は、介護認定審査会の職務に「要支援状態区分の変更の認定」を新たに追加するものであります。
 第12条第1項は、介護給付のメニューとして、新たな「地域密着型介護サービス費」の支給等を加えるものであります。
 第12条第2項は、予防給付のメニューとして新たに「介護予防サービス費」の支給など、11種の給付対象メニューを設けるものであります。
 第13条は、法改正による引用条文の項ずれなどに伴う文言の整備及び特例居宅介護サービス費等の額の設定基準を設けるためのものであります。
 第14条は、法改正に伴い見出しを改めるものであります。
 第15条は、引用条文の項ずれに伴う文言の整備であります。
 第17条は、このたびの制度見直しに伴う、18年度から20年度までの間の保険料を設定するための改正であります。
 この保険料の詳細につきましては、資料の3ページに記載してありますので、ごらんいただきたいと思いますが、まず、保険料につきましては、このたびの第3期介護保険事業計画による18年度から20年度までの介護給付総額をもとに、保険料の基準月額を現行の 3,182円より約15%増の「 3,660円」として、表の改正案の欄にあるとおり年間保険料を定めるものであります。
 なお、この保険料の設定に当たりましては、介護給付総額に見合う本来の保険料は 4,084円となりますが、その上げ幅を半分程度に抑えるため、基金から1億 2,000万円を取り崩ししながら、月額 3,660円とするものであります。
 また、所得段階区分につきましては、3ページの表にありますとおり、現行の5段階から6段階に細分化されます。これは、現行の第2段階を所得に応じて第2段階と第3段階に細分化するものであります。また、基準額を当てはめる段階は、第4段階で月額 3,660円、年額4万 3,900円となります。そのほかの段階の保険料は、第4段階の保険料を基準に、それぞれの法定上の割合に基づきまして、改正案の欄にあるとおり定めるものであります。
 第20条、第21条、第27条、第34条及び第40条は、法改正による引用条文の号ずれなどに伴う文言の整備を行うものであります。
 附則第3項及び第4項でありますが、これは65歳以上の方に対する、住民税非課税限度額の撤廃等により新たに課税対象となり保険料の所得段階区分が上昇する方に対しまして、国の制度上の激変緩和措置として段階的な保険料の設定を行うものであります。
 その内容につきましては、資料の4ページに記載してありますので、ごらんいただきたいと思いますが、第4段階または第5段階に位置づけされ、かつ、この表の激変緩和区分に該当する方が対象になるものでありまして、一例として、このたび第4段階に位置づけされる方で、もし住民税非課税に係る税制改正がなかった場合に、第1段階に位置づけされたであろう方の保険料は、本来4万 3,900円でありますが、これを18年度においては、本来の上げ幅の3分の1程度の2万 8,900円とし、19年度においては3分の2程度の3万 6,400円として、20年度に本来の保険料であります4万 3,900円となるように段階的に設定するものであります。
 そのほかにつきましても、第4段階と第5段階の欄の網かけしたところの保険料のとおり、激変緩和を講ずるものであります。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)条例関係議案に対する説明が終わりました。
 休憩をいたします。
 再開は11時15分といたします。
    午前11時5分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、予算関係の議案に対する補足説明を求めます。
 初めに、議案第36号平成18年度岩沼市一般会計予算についての補足説明を求めます。吉田総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)議案第36号平成18年度岩沼市一般会計予算について補足説明を申し上げます。
 御配付申し上げております資料、平成18年度岩沼市一般会計予算の前年度比較表により御説明を申し上げます。
 3枚つづりの資料、議案第36号資料1)でございます。
 資料の3枚目をお開きいただきたいと思います。この表は、平成18年度岩沼市一般会計予算の歳出を性質別に分類し、平成17年度当初予算と比較をしたものでございます。
 まず人件費でございますが、34億 724万 9,000円となり、前年度比 3.2%、1億 1,234万 9,000円の減となりましたが、これは退職者に係る職員の補充を一部控えたことや、介護保険において地域包括支援センターを設置することに伴い、特別会計に係る職員の人件費を一般会計から移管して予算計上したこと等によるものでございます。
 なお、人件費の内訳は、職員の給料、各種手当、共済費、退職手当組合負担金、議員各位、各種委員会委員の報酬等でございます。
 なお、人件費の詳細につきましては、厚い資料でございますが、予算説明書 124ページから 130ページに給与明細書として記載してございます。ごらんになっていただきたいと思います。
 次に、扶助費につきましては16億 7,221万 1,000円となりますが、平成16年度、制度改正で支給対象年齢が引き上げられた児童手当や障害者支援費、老人施設入所措置費等の増加に伴いまして、前年度より 6.5%、1億 256万 9,000円の増となっております。
 次に、公債費について申し上げます。お手数ですが、御配付しておりますもう一つの資料、議案第36号の資料2)、平成18年度市債償還所要見込み額をごらんいただきたいと思います。
 1枚目の中ほどになりますが、16年度までに借り入れしました起債の元利償還金(A)の欄でございますが、一番下の合計12億 1,084万 6,000円と、17年度に予定しております起債借入額の利子償還金(C)の欄の 1,117万 8,000円、このページの左側の一番下に記載してございます一時借入金の利子 482万 3,000円を合計しましたものが公債費でございます。トータルで12億 2,684万 7,000円になるものでございます。
 前の資料1)に戻っていただきたいと思います。この公債費の額につきましては、3ページの上から3段目の公債費に記載しておりますように、前年度より 0.1%、 173万 1,000円減の12億 2,684万 7,000円を計上いたしております。
 以上、人件費、扶助費及び公債費について申し上げましたが、これらを合計しました義務的経費につきましては、前年度比 0.2%、 1,151万 1,000円の減となりましたことから、義務的経費比率につきましては、17年度の52.2%から51.9%となり、 0.3ポイント下がっております。これは、17年度は扶助費が増加しましたが、人件費が減少したことによるものでございます。
 次に、物件費につきましては、昨年に引き続き厳しい経費削減を基本にして予算編成をしたところでございます。住民情報システムの更新や障害福祉計画の策定など新たな事業費の増などもあって、前年度より 0.5%減の15億 9,725万 5,000円となっております。
 維持補修費につきましては、前年度比 4.1%、 832万 7,000円増の2億 916万 1,000円となっておりまして、教育施設及び福祉施設等について緊急性の高い部分の維持補修を施行し、施設の延命化に努めてまいります。
 次に、補助費等について申し上げます。18年度につきましては、ごみ処理施設整備の公債費償還が始まったことに伴う亘理名取共立衛生処理組合に対する負担金や中小企業に対する振興資金保証料の増によりまして、前年度比 2.4%、 2,744万 2,000円増の11億 6,980万 7,000円となっております。
 次に、投資的経費について申し上げます。
 普通建設事業費は6億 7,281万 8,000円となり、前年度比13.8%、 8,151万 4,000円の増となっております。
 まず、補助事業費でございますが、1億 3,204万 1,000円であり、前年度比27.6%、 5,024万 8,000円の減となっております。18年度の主な補助事業といたしましては、臨空都市整備事業に 3,915万 4,000円、市営住宅改良事業に 4,394万円、小学校施設改修事業に 3,030万円等でございます。
 次に、単独事業費でございますが、前年度比32.2%、1億 3,176万 2,000円の増となっております。主な事業といたしましては、市道相野釜北釜線整備事業に 9,018万円、消防庁舎建設整備事業に 3,602万 6,000円、中学校施設改修事業に 4,176万 1,000円等であり、合計5億 4,077万 7,000円を計上いたしております。
 次に、積立金でございますが、基金から発生する利子の積み立てといたしまして、前年度比 3.4%、3万 5,000円減の98万 2,000円を計上しております。
 次の投資及び出資金につきましては、17年度と同額の39万円を計上いたしております。
 次の貸付金でございますが、1億 5,094万円を計上しておりますが、中小企業に対する振興資金融資預託金の増等により、前年度より36.0%、 3,993万円の増となっております。
 次に、繰出金でございますが、20億 4,633万 8,000円を計上しており、前年度より 3.9%、 8,292万 2,000円の減となっております。これは介護保険事業特別会計に対する繰出金が 7,906万 7,000円増の3億 2,272万円となったものの、国民健康保険事業特別会計に対する繰出金が 8,067万 7,000円減の3億 7,388万 1,000円となったことや、公共下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計に対する繰出金についてもそれぞれ減額になったことによるものでございます。
 最後の予備費につきましては、17年度と同額の 1,000万円を計上いたしました。
 以上、歳出の性質別の概要及び増減理由を申し上げました。
 次に、歳入について御説明を申し上げます。
 この資料の1枚目をごらんいただきたいと思います。
 この表は、18年度一般会計予算の歳入を自主財源と依存財源に分類し、款ごとに17年度予算と比較したものでございます。
 まず、自主財源の市税でございますが、地方税制改正や社会経済情勢などを勘案し、前年度より 1.5%増の62億 3,155万円を見込んでおります。
 次に、分担金及び負担金と使用料及び手数料につきましては、17年度の実績等による対象人員の見込みにより計上いたしております。
 次に、財産収入につきましては、18年度からグリーンピア施設のホテル等の建物貸付料が納入されることや、各種基金の積み立てによる利子など、 1,210万 7,000円を見込み計上をいたしております。
 次の寄附金は、科目設定といたしまして 1,000円を計上しております。
 次の繰入金につきましては、歳入の最後に説明をさせていただきたいと思います。
 次に、繰越金につきましては、科目設定といたしまして、17年度と同額の10万円を計上しております。
 次に、諸収入でございますが、2億 4,646万 5,000円を計上いたしており、前年度比43.2%、 7,437万 3,000円の増となっておりますが、歳出の性質別で御説明申し上げました中小企業振興資金融資預託金に係る元金収入の増と、18年度から地域包括支援センターにおける介護予防ケアプラン作成料が増となったことによるものでございます。
 次に、依存財源について御説明を申し上げます。
 地方譲与税でございますが、地方財政計画や制度改正及び交付実績等を踏まえ、前年度より49.3%、1億 6,600万円増の5億 300万円を計上いたしております。
 次に、利子割交付金でございますが、地方財政計画におきまして利子割の大幅な減収を見込んでおりますことから、前年度比31.6%減の 1,300万円を計上いたしております。
 次の、配当割交付金から国有提供施設等所在市町村助成交付金までにつきましては、地方財政計画やこれまでの交付実績等によりそれぞれ計上をいたしております。
 次に、地方特例交付金は、恒久的な減税の実施による地方税の減収補てん措置でございますが、減税による減収額の4分の3のうち、たばこ税の一定割合の地方への移譲分、あるいは法人税の地方交付税率の引き上げ分を控除した額とされておりますことから、1億 4,200万円を計上いたしております。
 次に、地方交付税について申し上げます。
 地方交付税全体といたしましては、原資となります所得税、法人税、酒税、消費税、たばこ税の国税5税の法定割合合計額が12兆 5,267億円であり、前年度比 4.6%の増となっておりますが、これに国の一般会計における加算等により地方公共団体への出口ベースの総額は、前年度比 5.9%減の15兆 9,073億円となっております。
 岩沼市への交付見込みとして、基準財政需要額につきましては、測定単位が17年度国勢調査人口速報値に置きかえられることにより増加が見込めることではありますが、算定における補正方法の見直しが行われることや、経常経費及び投資的経費について単位費用の改正が行われる予定などから、基準財政需要額を68億 6,000万円程度と見込んでおります。また、基準財政収入額につきましては、地方税制改正を踏まえた収入見込み額を基礎とし、さらに経済情勢の影響が大きい市税の動向等も勘案しまして55億 5,000万円を見込んでおります。これは本算定時における諸係数の変動、さらに調整率などを勘案いたしまして、12億 9,800万円を普通交付税として計上いたしております。また、特別交付税につきましては、前年より 1,400万円減の2億 5,900万円を見込み、地方交付税総額では15億 5,700万円を計上いたしております。
 次の交通安全対策特別交付金につきましては、地方財政計画やこれまでの交付実績等により 900万円を計上いたしております。
 次に、国庫支出金は8億 6,763万 3,000円を計上しましたが、前年度に比較し 3,497万 7,000円、 3.9%の減になっております。これは児童手当や児童扶養手当に係る国庫負担金は増となったものの、仙台空港アクセス鉄道整備や公営住宅建設事業等の減、公営住宅家賃収入費等の一般財源化により、国庫補助金の減になったことによるものでございます。
 次の県支出金につきましては3億 3,920万 7,000円を計上いたしましたが、前年度に比較し 3,956万 9,000円、10.4%の減となっております。これは、国勢調査費や県知事選挙執行費に係る県委託金の減によるものでございます。
 次に、市債でございますが、仙台空港アクセス鉄道整備事業あるいは公営住宅整備事業等によりまして6億 1,090万円を計上いたしております。
 恐れ入りますが、ここで薄い方の予算書をごらんいただきたいと思います。7ページをお開きいただきたいと思います。
 予算書の7ページは第3表地方債でございますが、18年度の市債6億 1,090万円の内訳について、主なものを御説明申し上げます。
 仙台空港アクセス鉄道整備事業への補助金に係る市債 1,950万円、公営住宅整備事業といたしまして市営住宅改良事業に係る市債 2,410万円、減税補てんといたしまして 5,300万円、臨時財政対策といたしまして4億 2,400万円という内容でございます。
 恐れ入りますが、前の資料にお戻りいただきたいと思います。
 ただいま申し上げましたように歳入を見積もったものでございますが、なお財源に不足を生じましたことから、財政調整基金、公共施設整備基金等の各種基金の利活用により収支を調整いたしております。
 資料1)の1ページ、自主財源の欄の繰入金でございますが、上から6行目になりますが、17年度に対しまして 7.4%減の8億 469万 5,000円を計上しております。
 ここで、恐れ入りますが、予算説明書、厚い資料でございますが、42ページ、43ページをお開きいただきたいと思います。
 18款繰入金2項基金繰入金につきましては、基金設置の趣旨を踏まえまして、安易に財源不足を補うことのないよう、設置条例の処分要件に該当する事業を選択した上で、所要の繰入額を計上いたしたものでございます。
 各基金の主な充当事業及び18年度末残高見込みについて申し上げます。
 まず、財政調整基金繰入金でございますが、狭隘市道整備事業及びその他建設事業に係る経費のため4億 3,900万円を繰り入れするものでございまして、18年度末残高は13億 941万 2,000円の見込みでございます。
 次に、減債基金繰入金でございますが、1億 1,166万 2,000円を繰り入れいたしておりまして、17年度末残高は5億 4,584万 4,000円の見込みでございます。
 次の仙台空港周辺地域環境整備基金繰入金1億 1,703万 2,000円につきましては、空港周辺環境整備事業の一環として実施いたしております道路改良事業等、43ページの説明欄に記載しております事業に充当するための繰り入れでございまして、18年度末残高は4億 9,732万 4,000円の見込みでございます。
 公共施設整備基金繰入金 8,900万円につきましては、道路維持補修事業、小・中学校施設改修事業等、43ページの説明欄に記載しております事業のための繰り入れでございまして、18年度末残高は8億 4,323万 8,000円の見込みでございます。
 個性ある地域づくり基金繰入金 3,000万円につきましては、総合健康増進事業に充当するための繰り入れでございまして、18年度末残高は1億 6,578万 3,000円の見込みでございます。
 市街地整備基金繰入金 1,800万円につきましては、駅前市街地整備事業に充当するための繰り入れでございまして、18年度末残高は3億 2,939万 6,000円の見込みでございます。
 以上、歳入の内訳並びに歳出の性質別予算について御説明を申し上げました。
 続きまして、歳出の目的別予算について申し上げます。
 資料1)の2枚目をごらんいただきたいと思います。
 18年度予算の歳出を款ごとに17年度当初予算と対比させております。なお、款ごとに前年度に対比しての主な増減理由及び新規事業等について申し上げますが、施政方針あるいはただいままでの性質別予算の説明と重複するものもございますので、御了承いただきたいと思います。
 まず、議会費でございますが、議員の皆様方の報酬、事務局職員の人件費等でございまして、前年度比 1.6%、 308万 9,000円の増となっております。
 次の総務費につきましては、 4.8%、 8,210万 8,000円減の16億 1,445万 5,000円を計上いたしております。主な事業といたしましては、総合健康増進事業 5,494万 8,000円、臨空都市整備事業 3,915万 4,000円、市民バス管理事業 6,566万 6,000円等でございます。
 次に、民生費でございますが、障害者福祉費で4億 464万 2,000円、老人福祉費で1億 1,507万 3,000円、国民健康保険事業に対する繰出金3億 7,388万 1,000円、介護保険事業に対する繰出金3億 2,272万円、認可外保育園運営費の助成など保育環境の整備として5億 8,646万 4,000円、生活保護扶助費に3億 729万 4,000円等を計上いたしまして、前年度比 3.2%、1億46万 8,000円増の31億 9,357万 9,000円を計上しております。
 次に、衛生費でございますが、保健衛生費で老人保健事業特別会計への繰出金 949万 3,000円の増額、清掃費では、ごみ処理施設整備の公債費の償還が増加したことに伴うごみ処理負担金の増によりまして、前年度比 1.0%、 1,522万 7,000円増の14億 7,866万 2,000円を計上いたしております。
 次に、労働費につきましては、前年度比 1.5%、79万 1,000円減の 5,098万円を計上いたしております。
 次に、農林水産業費でございますが、玉浦南部圃場整備支援事業 1,585万 8,000円、農道・水路施設維持補修事業 621万円、農業用ため池整備事業で 512万 1,000円の増額となっておりますが、農業集落排水事業特別会計に対する繰出金が減額となりましたことから、前年度比 6.7%、 2,994万 5,000円減となる4億 1,390万 8,000円を計上いたしております。
 次に、商工費でございますが、中小企業振興資金融資預託金の増額等によりまして、前年度比29.6%、 4,883万 8,000円増の2億 1,397万円を計上いたしております。
 次に、土木費でございますが、狭隘市道整備等の道路新設改良事業費、橋りょう耐震補強、交通安全施設整備等に3億 6,093万 4,000円、市街地整備事業、公共下水道事業特別会計繰出金、公園管理事業等に12億 9,840万 4,000円、民間住宅等耐震対策、市営住宅改良事業等に1億 1,259万 6,000円など、前年度比 2.4%、 4,589万 2,000円減の18億 8,414万円を計上しております。
 次に、消防費でございますが、新消防庁舎建設実施計画費や救急救命士の養成等、前年度比 5.3%、 2,377万 8,000円増の4億 7,638万 5,000円を計上いたしました。
 次に、教育費でございますが、新規事業といたしましてコラボスクール推進事業、小・中学生科学技術奨励事業、継続事業としましては小学校及び中学校の支援事業、教育指導支援事業、障害児就学支援事業、小学校スクールカウンセラー配置事業、総合的な学習の時間、特色ある学校づくりの推進事業、ユニーク先生活用事業、特別支援指導助手研究事業など教育環境の充実を図ってまいります。また、小・中学校の耐震補強工事費を計上しておりますことから、前年度比 1.7%、 2,340万 1,000円増の13億 8,316万 1,000円を計上いたしておりす。
 なお、小・中学校の校舎等施設の延命化を図るため計画的に実施しております維持補修費といたしまして 3,251万 4,000円を計上いたしております。
 次の災害復旧費につきましては、科目設定でございます。
 以下、公債費、予備費につきましては、先ほど性質別予算で御説明申し上げておりますので省略させていただきます。
 以上、平成18年度一般会計予算の歳入歳出概要について御説明を申し上げました。
 次に、債務負担行為等について申し上げます。
 お手数でございますが、薄い方の冊子でございますが、予算書の6ページ、それから、予算説明書の 131ページをお開きいただきたいと思います。
 予算書6ページの第2表債務負担行為につきましては、小企業小口融資補償金や中小企業振興資金融資補償金等、9件の債務負担行為を設定いたし、この9件を含めました債務負担行為のうち、支出予定が18年度以降にわたるものにつきましては、予算説明書の 131ページから 138ページまでに記載をいたしております。
 次に、予算書の7ページをお開きいただきたいと思います。
 7ページは、第3表地方債でございますが、内容につきましては、先ほど歳入で御説明を申し上げましたので、省略をさせていただきます。
 なお、現在の借入利率につきましては、政府資金で 1.1%、縁故資金で1.63%という状況でございますが、公定歩合の動向が不透明な部分がございますので、利率は年 4.0%以内と設定しております。
 それから、予算説明書の 139ページをお開きいただきたいと思います。
 右下にございます 101億 3,355万 1,000円が18年度末における市債残高の見込みでございます。
 もう一度予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。
 第4条におきまして、一時借入金の限度額は前年度同額の6億円と定めるものでございます。
 次の第5条につきましては、経費流用の規定でございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、議案第37号平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計予算について、議案第38号平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計予算について及び議案第39号平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計予算についての3件について補足説明を求めます。長田民生部長、登壇の上、説明願います。
    〔長田信一民生部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)議案第37号平成18年度岩沼市国民健康保険事業特別会計予算について補足説明を申し上げます。
 国民健康保険事業の財政状況につきましては、依然として厳しい状況にありますので、国保税率の改正を行いながら、本事業の運営を図っていくこととして、歳入歳出全体で前年度比1.82%増の31億 1,520万 4,000円の予算規模といたすものであります。
 それでは、歳入予算から主なものについて御説明申し上げますので、予算説明書の 143ページをお開き願います。
 1款国民健康保険税は、このたびの税率改正による増収を見込み、全体として前年度比 5.8%増の10億 8,385万 8,000円を計上いたすものであります。
  145ページをお開き願います。
 3款国庫支出金は、1項の負担金と2項の補助金を合わせまして、前年度比14%減の8億 1,399万 3,000円を計上いたすものであります。この大幅な減の理由は、三位一体改革の一環として、保険給付等に対する都道府県財政調整交付金制度が導入されて、県支出金がふえ、これに見合う国庫支出金が減少することになったことによるものであります。
 5款県支出金は、ただいま御説明申し上げましたことから、1項の負担金と 147ページの2項補助金を合わせて1億 4,634万 7,000円を計上いたすものであります。
 8款繰入金でございますが、1項他会計繰入金は、まず、市としての公費負担金として一般会計から繰り入れを要するものは、1節の保険基盤安定繰入金から 149ページの6節の中のその他一般事務費繰入金までのもので、その総額は1億 2,993万 2,000円であります。また、6節のその他繰入金2億 4,394万 9,000円は、本会計の予算編成における財源不足額を一般会計から補てんを受けるための繰入金であります。
 次に、2項基金繰入金は、財源不足を補てんするため、財政調整基金から保有額のほぼ全額の 7,000万円を取り崩しするものであります。
 次に、歳出予算について御説明申し上げます。予算説明書の 153ページをお開き願います。
 1款総務費は、国保事業全般にわたる事務経費及び保険税の賦課徴収費などが主なものであります。
 2款保険給付費は、新規加入者が増加傾向にあります。このようなことから、特に1項療養諸費は、 155ページの計の欄にありますとおり、前年度比 2.8%増の18億 5,197万 4,000円を計上いたすものであります。
  157ページをお開き願います。
 3款老人保健拠出金、4款介護納付金及び5款共同事業拠出金につきましては、それぞれ規定上の所要額を計上いたすものであります。
  159ページをお開き願います。
 6款保健事業費は、被保険者の健康づくり事業等を実施するための経費として 2,111万 6,000円を計上いたすものであります。
 以上、18年度国民健康保険事業特別会計予算について補足説明を申し上げました。
 続きまして、議案第38号平成18年度岩沼市老人保健事業特別会計予算について補足説明を申し上げます。
 18年度予算につきましては、受給者の減少等を勘案し、歳入歳出全体で前年度比3.28%減の28億 5,266万 5,000円の予算規模といたすものであります。
 それでは、歳入予算から御説明申し上げます。予算説明書の 169ページをお開き願います。
 歳出の医療諸費など老人医療費を賄うための財源として、1款支払基金交付金は、保険者負担として各医療保険制度から拠出された財源の中から交付されるものであります。また、2款国庫支出金、3款県支出金及び4款繰入金は、国、県及び市の本会計に対する公費負担金でありまして、それぞれの負担割合に応じた額を計上いたすものであります。
 次に、歳出予算について御説明申し上げます。 173ページをお開き願います。
 1款総務費は、医療費の給付等に係る事務経費であります。
 2款医療諸費は、老人医療費の現物給付及び現金給付に係るもので、冒頭に申し上げました状況を勘案しまして、前年度比3.29%減の28億 4,341万 9,000円を計上いたすものであります。
 なお、この医療諸費は歳出全体の99.7%を占めております。
 以上、18年度老人保健事業特別会計予算について補足説明を申し上げました。
 続きまして、議案第39号平成18年度岩沼市介護保険事業特別会計予算の補足説明を申し上げます。
 18年度予算につきましては、第3期介護保険事業執行の初年度として、新たに介護予防事業及び地域包括支援センターの運営に取り組むことなどを勘案いたしまして、歳入歳出全体で前年度比 16.01%増の18億 9,487万 3,000円の予算規模といたすものであります。
 それでは、歳入予算から御説明申し上げます。予算説明書の 178ページをお開き願います。
 1款介護保険料は、65歳以上の第1号被保険者の保険料でありまして、議案第14号の補足説明で申し上げましたとおり、このたびの保険料の改正に伴う保険料の基準月額を 3,660円として算出した額を計上しております。
  180ページをお開き願います。
 3款国庫支出金は、歳出の保険給付に対する国庫負担金及び補助金並びに新たな地域支援事業に対する補助金を計上しております。
  182ページをお開き願います。
 4款支払基金交付金は、40歳から64歳までの第2号被保険者の保険料として社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでありまして、保険給付費と新たな地域支援事業に対する交付金を計上しております。
 5款県支出金1項県負担金は、保険給付に対する負担額を計上しております。 184ページをお開き願いますが、2項県補助金は地域支援事業に対する補助金を計上しております。
 7款1項他会計繰入金は、保険給付に対する市の負担額及び事務費繰入金、並びに新たな介護予防事業や地域包括支援センターの運営などの地域支援事業に対し、一般会計から繰り入れするものであります。
  186ページをお開き願います。2項基金繰入金は、介護給付財政調整基金から 2,660万 6,000円を取り崩しするものであります。
 次に、歳出について御説明申し上げます。 188ページをお開き願います。
 1款総務費は、介護認定及び保険給付等に要する事務経費であります。
  190ページをお開き願います。
 2款保険給付費は、従来の居宅介護サービス及び施設介護サービスに対する保険給付費と新たな地域密着型介護サービス等に対する保険給付等でありまして、1項、2項及び3項の総額として前年度比11%増の17億 6,264万 6,000円を計上いたすものであります。
  192ページをお開き願います。
 4款地域支援事業費は、このたびの介護保険制度見直しの柱の一つであります、予防重視型システムへの転換策として、地域包括支援センターを拠点に地域支援事業に取り組むためのものであります。
 1項介護認定の対象となるおそれのある虚弱高齢者及びいわゆる元気高齢者に対する介護予防事業に係る予算を計上するものであります。2項は、地域包括支援センターにおいて介護予防ケアマネジメント、総合相談及び権利擁護事業などに取り組むための予算を計上するものであります。
 以上、3件について補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午後0時休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 続いて、議案第40号平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計予算について、議案第41号平成18年度岩沼市農業集落排水事業特別会計予算について、議案第42号平成18年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計予算について及び議案第43号平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計予算についての4件について補足説明を求めます。菅原建設部長、登壇の上、説明願います。
    〔菅原清建設部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)議案第40号平成18年度岩沼市公共下水道事業特別会計予算について補足説明を申し上げます。
 予算書は17ページから、また予算説明書は 202ページからとなっております。
 平成18年度におきましても、引き続き下野郷字新拓地区の排水ポンプ場建設などを進めてまいりますことから、歳入歳出全体で前年度比4.55%増の24億 3,465万 6,000円の予算規模といたすものでございます。
 まず、歳入につきまして、予算説明書 205ページをお開き願います。
 1款分担金及び負担金でございますが、下水道の受益者負担金として、前年度比 7.3%減の 3,203万円を計上いたすものでございます。
 2款1項の下水道使用料でございますが、平成18年度の年間有収水量を 388万 5,000立方メートル、1立方メートル当たり 142円と見込み、前年度比 2.8%増の5億 4,064万 6,000円を計上いたすものでございます。
  207ページをお開き願います。
 3款1項の国庫補助金でございますが、平成18年度に施行を予定しております雨水及び汚水の幹線建設事業に係る補助対象事業費5億 1,000万円の2分の1に当たります2億 5,500万円を計上いたすものでございます。
 3款2項の国庫委託金は、新拓排水路の雨水整備に係る国の航空局からの委託分として2億 2,197万 5,000円を計上いたすものでございます。
 4款繰入金でございますが、公共下水道事業を推進するための一般会計からの繰入金として、前年度比 2.7%減の10億 9,029万 4,000円を計上いたすものでございます。
  209ページをお開き願います。
 7款市債でございますが、 210ページの説明欄にありますとおり、雨水建設及び汚水建設事業並びに県の流域下水道事業整備負担金に充当するため、総額で2億 9,420万円を計上いたすものでございます。
 次に、歳出について申し上げます。予算説明書の 211ページをお開き願います。
 1款総務費は、整備いたしました下水道施設の維持管理等に要する経費でありまして、県南浄化センターの汚水処理負担金などが主なもので、その経費として、 213ページの上の方の計の欄にありますように、前年度比 2.6%減の3億 1,779万 8,000円を計上いたすものでございます。
 2款1項公共下水道事業費でございますが、1目幹線建設事業費につきましては、雨水整備として、新拓地区の、空港から流入する雨水量を合わせたポンプ場、機械・電気設備工事、汚水幹線として原地区、蒲崎地区などの5路線整備を予定し、前年度比36.3%増の7億 7,055万 5,000円を計上いたすものでございます。次に、2目枝線建設事業費につきましては、幹線整備の進捗状況との整合を図りながら、原地区、蒲崎地区などでの8路線整備を予定いたし、前年度比23.1%減の1億 2,035万 7,000円を計上いたすものでございます。
  215ページをお開き願います。
 3款公債費は、市債の元利償還金として、前年度比 3.4%減の12億 1,424万 4,000円を計上いたすものでございます。
 なお、市債の平成18年度末残高につきましては、 225ページをお開きいただきたいと思いますが、表の右下の欄にありますとおり 113億 8,526万 1,000円になる見込みでございます。
 以上、歳入歳出の概要について御説明申し上げました。
 次に、予算書の20ページをお開き願います。
 第2表は排水設備設置に伴う融資あっせん利子補給金などについて債務負担行為を設定いたすものでございます。
 第3表は地方債でございますが、先ほど歳入で申し上げましたとおり、公共下水道事業債等の地方債の限度額及び一般会計と同様の利率を定めるものでございます。
 続きまして、議案第41号平成18年度岩沼市農業集落排水事業特別会計予算について補足説明を申し上げます。
 予算書は22ページから、予算説明書は 226ページからとなっております。
 歳入歳出全体で前年度比61.8%減の 9,332万 6,000円の予算規模といたすものでございます。
 予算説明書の 229ページをお開き願います。
 まず、歳入でございますが、1款分担金及び負担金につきましては、長岡地区施設建設事業に係る受益者分担金として24万円を計上いたすものでございます。
 次に、2款1項の使用料は、長岡地区と相野釜地区の施設使用に係るもので、前年度比46.2%増の 1,058万 5,000円を見込んでおります。
 次に、3款県支出金でございますが、農業集落排水整備推進交付金でありまして、 4,390万円を計上いたすものでございます。
 4款繰入金でございますが、本事業経費としての一般会計からの繰入金でございます。
 次に、歳出について御説明申し上げます。 233ページをお開き願います。
 1款総務費は、長岡地区排水処理施設と相野釜地区排水処理施設の運転管理などに要する経費が主なもので、前年度比20.5%増の 3,966万 1,000円を計上いたすものでございます。
 2款公債費は、市債の元利償還として、前年度比 1.7%増の 5,316万 5,000円を計上いたすものでございます。
 以上、歳入歳出の概要について御説明申し上げました。
 続きまして、議案第42号平成18年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計予算について補足説明を申し上げます。
 予算書は25ページから、予算説明書は 246ページからとなっております。
 この生涯学習のむら分譲事業につきましては、平成18年度までの継続費を設定して販売促進を図っておりますが、最終年度となる平成18年度の予算につきましては、継続費に定めた年割額と同額の 1,535万 5,000円を歳入歳出予算としてそれぞれ計上いたすものでございます。
 予算説明書の 253ページをお開き願います。
 これは継続費に係る執行状況でありまして、各年度の土地開発公社への土地代金の支払い状況をあらわしたものであります。平成18年度につきましては、 254ページの当該年度支出予定額に示してありますとおり、完売に伴う残り区画の土地代金として1億 2,325万 3,000円を見込み、継続費総額に対する進捗率を 100%と見込んでおります。
 次に、議案第43号平成18年度岩沼市特別都市下水路事業会計予算について補足説明を申し上げます。別冊の議案第43号をごらんいただきたいと思います。
 予算書の1ページをお開き願います。
 第2条業務の予定量につきまして、1)の年間排水量は、前年度同様の 6,840万立方メートルを予定いたすものでございます。また、2)の主要な建設改良事業としまして、二の倉海浜プール防水改修工事外などの経費として 3,055万 5,000円を計上いたすものでございます。
 第3条収益的収入及び支出の収入1億 5,452万 5,000円につきましては、18ページをごらんいただきたいと思いますが、年間排水量 6,840万立方メートルの下水路使用料と営業外収益としての預金利子等を計上いたすものでございます。
 支出の1億 4,813万 8,000円につきましては、19ページから21ページまでをごらんいただきたいと思いますが、二の倉排水管理所の施設管理委託料、電気料及び職員の人件費など施設の管理運営に要する経費を計上いたすものでございます。
 この収益的収入及び支出に係る損益につきましては、15ページをお開きいただきたいと思います。予定損益計算書にありますとおり、平成18年度の純利益は 517万 8,000円となる見込みであります。
 恐れ入りますが、前に戻りまして1ページをお開き願います。
 第4条資本的収入及び支出の資本的収入につきましては、消防署隣の特別都市下水路用地の売却代金を見込み、資本的支出につきましては、第2条で御説明申し上げたとおりでございますが、その財源といたしまして、これまでの過年度分損益勘定留保資金などを充てるものでございます。
 第5条は、支出予算の流用の制限を定めるものでございます。
 以上、4件につきまして補足説明を申し上げました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、議案第44号平成18年度岩沼市水道事業会計予算についての補足説明を求めます。八木水道事業所長、登壇の上、説明願います。
    〔八木誠水道事業所長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

水道事業所長(八木誠)議案第44号平成18年度岩沼市水道事業会計予算について補足説明を申し上げます。
 1ページをお開き願います。
 初めに、第2条業務の予定量について申し上げます。
 給水戸数を1万 5,000戸、年間総給水量を 563万 2,000立方メートルと見込んで事業計画を立てております。
 また、主要な建設改良事業の事業費予定額につきましては、主に配水管改良事業及び配水管整備事業でございまして、平成18年度におきましては、根方北長谷線配水管改良工事及び前條線配水管布設工事などに2億 5,326万 1,000円を予定いたしております。
 次に、第3条の収益的収入及び支出について申し上げます。
 初めに、収入の第1款水道事業収益ですが、13億 226万 3,000円を予定いたしております。その内訳でございますが、第1項の営業収益が水道事業収益の95.7%を占めております。
 主なものといたしましては、給水収益である水道料金でございまして、11億 9,447万 9,000円を見込み計上いたしております。その他の営業収益といたしましては、受託工事収入及び給水工事申込手数料等でございます。
 第2項の営業外収益につきましては、水道加入金及び一般会計からの補助金などを計上いたしております。
 次に、支出について申し上げます。第1款水道事業費用は12億 9,135万 9,000円を予定いたしました。その内訳でございますが、第1項の営業費用が水道事業費用の86.8%を占めております。中でも、取水及び浄配水費が8億 160万 4,000円で、営業費用の71.5%を占めており、これは原水を浄水いたしまして家庭などに給水するまでに要する費用でございます。この中には、玉崎浄水場の運転管理の一部を民間に委託する経費として 3,034万 5,000円、また、県営仙南仙塩広域水道からの受水費として4億 7,878万 5,000円が含まれております。
 なお、受水費につきましては、18年4月より基本料金が1カ月1立方メートル当たり現行「 1,158円」から「 1,199円」に、使用料金が1日1立方メートル当たり現行「59円」から「65円」に改定になります。その他の営業費用として受託工事費、総係費、減価償却費など3億 1,953万 9,000円を計上いたしております。
 第2項の営業外費用につきましては、企業債の利息及び消費税納付見込み額などを計上いたしております。
 以上が収益的収入及び支出についての主な内容でございます。
 次に、16ページをお開き願います。
 平成18年度岩沼市水道事業予定損益計算書でございますが、ただいま申し上げました事業を実施することによりまして、平成18年度の事業予定損益計算では、下から3行目に記載のとおり、 1,114万 2,000円の純利益を見込むものでございます。
 1ページに戻っていただきたいと思います。
 第4条の資本的収入及び支出について申し上げます。
 初めに、第1款資本的収入ですが、1億 6,274万 4,000円を予定いたしました。その内訳でございますが、第1項企業債1億 3,700万円につきましては、資本的支出の建設改良事業への充当財源でございます。
 第2項の出資金 1,810万 3,000円につきましては、地方公営企業法の繰り出し基準に基づき、一般会計から広域化対策としての補助を受けるものでございます。
 第3項の工事負担金 764万円につきましては、三軒茶屋西土地区画整理事業地内の配水管布設などの整備のため、開発者から負担を求めるものでございます。
 次に、資本的支出について申し上げます。
 第1款の資本的支出につきましては、4億 4,690万 8,000円を予定いたしました。
 2ページをお開き願います。
 内訳でございますが、第1項建設改良費2億 5,326万 1,000円につきましては、前段で申し上げました根方北長谷線配水管改良事業及び前條線配水管整備事業等に要する経費、並びに施設の維持に必要な工具及び備品などの購入経費でございます。
 第2項企業債償還金1億 9,264万 7,000円につきましては、企業債償還金の元金分の返済予定額でございます。
 以上が資本的収入及び支出の主な内容でございます。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億 8,416万 4,000円につきましては、恐れ入りますが、1ページに戻っていただきまして、1ページの第4条本文の括弧書きに記載のとおり、当年度分損益勘定留保資金などを取り崩して補てんしようとするものでございます。
 2ページに戻っていただきまして、第5条企業債でございますが、ただいま第4条の資本的収入及び支出で説明申し上げました、企業債の目的、限度額、借入方法などについての条件を定めるものでございます。
 次に、第6条の予定支出の各項の経費の金額の流用につきましては、主に営業外費用の支払い消費税に不足を生じた場合、他の項から流用できるように定めるものでございます。
 第7条でございますが、議会の議決を経なければ流用することのできない経費として、職員給与費、交際費を定めるものでございます。
 第8条他会計からの補助金でございますが、一般会計から広域化対策のための補助を受ける額を定めるものでございます。
 次に、第9条につきましては、たな卸し資産の購入限度額を定めるものでございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議をお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって、議題としております条例及び予算関係議案の補足説明が終わりました。
 これより議案第1号から議案第4号まで、議案第7号から議案第9号まで、議案第12号から議案第14号まで及び議案第36号から議案第44号までの19件に対し一括して質疑を行います。質疑は総括的な質疑をもって願います。
 なお、細部にわたる質疑につきましては、特別委員会を設置の上、審査する予定であります。つきましては、細部にわたる質疑は特別委員会各部会に質疑の申し出などをし、審査されるようお願いを申し上げます。
 それでは、総括質疑に入ります。2番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)議案第7号岩沼市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。
 概要の中の(2)番目の地域手当の新設であります。宮城県では地域手当をいただいている地域が仙台6%、名取が3%、そして多賀城市が3%、利府町が3%、富谷が3%となっているわけであります。この中で、岩沼市と名取の民間の賃金格差が本当にあるのか、そこら辺のところが不思議でならないわけであります。岩沼市より名取が民間賃金が高い地域だと、国が、そして、今回、人事院が決めたわけであります。これは極めて危険な勧告ではないかなというふうに思うわけであります。岩沼市に住んでいる、そしてまた、岩沼市に勤務している市職員はもとより、民間企業に大変失礼な話ではないかなと思いますし、岩沼市は民間の賃金が高くない地域だというふうに言っているのとこれまた同じであります。これでは賃金の安い当市に魅力はなく、企業に勤める方々もいなくなるのではないかなという懸念をしているところでありますが、市民全体に活力を与えるのがそがれるものでもあるということから、この部分についての市長の見解をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実は、今御指摘をいただきましたところが、今回の給与関係の改定で一番問題になっている一つかなと思っております。私も、実は、なぜ岩沼市と名取市で3%の違いがあるのかなというのはなかなか理解できないわけであります。人事院といたしましては、いろいろ民間賃金等を計算した上で、それだけの差があると思っているんだというふうに思います。原則としては、これまでも人事院の勧告に従ってまいりましたので、今回、岩沼市だけが条例改正を行わないというふうにはできないことでありますので、ある意味では、大変不愉快な点もあったわけではありますが、しかし、最終的には提案をさせていただくというふうになりました。
 ねらいとしては、確かに我々は、市民の皆様方から税金を出していただいて、それで仕事をさせていただいているわけでありますし、市民の皆様方の懐ぐあい、お一人ひとりがどうかということは別として、その懐ぐあい等を勘案しながら、我々公務員の給与は決められていいのかなと。これまでは全国的に見てどうだということで決められたわけではありますが、岩沼市の職員はやっぱり岩沼市民の皆様方の懐ぐあいを絶えず気にしながらいただくという、今回のねらいというのはわからないことではないと。ただ、何といっても、今御指摘をいただきましたように、名取市とどの程度差があるのかなと思いますと、私は感覚としてはそんなに……、例えば、民間企業にしても、一々金額を調べたわけではありませんが、普通生活をしていく上で、そんなに差異はないのではないかなと。議員の皆様方の報酬にしても、名取市と岩沼市は確かに差があるわけではありますが、これは歴史的な経過があってそういうふうになってきたわけでありますけれども、少なくとも、特別職の方は別として、一般職ではこれまで同じだという意識を持ってきましたし、公務員の給与がある面ではモデルになって使われるという面もあります。
 そうしますと、例えば、岩沼と名取を対象とした農業組織等もあるわけでありますので、そういった場合に、果たしてそこで岩沼に暮らしている人と名取に住んでおられる人に3%差をつけられるのかなと思いますと、それはあってはならないことではないかなというふうに思います。そういたしますと、今回は果たしてどうなのかなと。私自身も、また、我々役所の中でいろいろ議論をした中でも、実は、このあたりは相当理解ができなかった面もあるわけではありますが、ただ、最終的に思いますことは、そちらの方は地域手当という形になりますが、岩沼市としては、実際に給与を格づけしていく上で、一応経過措置等がありまして、今を下回ることはないわけではあります。しかし、場合によっては、これから、昇給についてこれまでよりも細かく、今までの1号俸が4号俸に分けられるとなりますと、結構差がついてくるということもありますが、そのあたりにつきましては、原則としてこれからは評価という問題があるわけでありますが、実際に評価をいたしましても特別に問題があるということはほとんどないわけでありますので、今後の給与の格づけの中で、そういった差異がないような形に最終的にできるのではないかと。
 ですから、運用面で何とか努力をしていく必要があるのかなと思って、今回は、正直言って、やむを得ない選択で提案をさせていただいたということでありますので。布田一民議員には、今回の動きから情報等を流していただき、いろいろ御指導をいただいてまいりましたので、何とか御期待に沿いたいと思ってきたわけでありますが、この点につきましては、我々としては、原則としては人事院の勧告に従わなければならない。これだけはといって、岩沼市は一律で3%上げますよというような形にはちょっといかないということでありますので、何とか御理解をいただきたいと。
 的確な答えは正直言ってできません。どうしたって、私自身が名取と岩沼で何で3%あるのかなとちょっと理解できないところもありますから。理解できなくて提案したのは何だという話になりますが、そうなりますと、今回は一応人事院勧告に従ったと。ただ、繰り返しになりますが、実際に運用していく中では、何とか差異がないように努力をしたいということで御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は4点について質疑させていただきます。
 平成18年度の岩沼市一般会計予算に関してでありますけれども、第1点目は地方交付税について。国は、いわゆる予算編成に当たって、地方交付税は減っているけれども、地方税がふえているので、一般財源の確保はできるのではないかと述べながら編成したと聞いています。その中で、岩沼市の予算を見ますと、地方交付税が前年度比で 8,600万円削減されておりますけれども、国の考え方についてどのように受けとめているのか、まず第1点。
 第2点は、市長は、施政方針で有利な地方債の活用を図ると述べていますが、政府は、平成18年度に、新しい地方債制度として、施設整備事業ができると言っておりますけれども、承知しているかどうか。
 第3点目は、先ほど吉田総務部長が報告しましたけれども、平成18年度の市税の伸びについて、前年度比で 9,300万円の増を見込んでおりますけれども、中身はどのように考えているのか。
 第4点目は、行政改革を推進していく上で、集中改革プランが作成されましたけれども、これらを実行していく上で行政改革推進債を活用できると聞いておりますけれども、この4点についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、地方交付税の関係につきまして私から、それ以外の部分につきましては総務部長からお答えをいたしたいと思います。
 地方交付税につきましては、15億 5,700万円という計上をさせていただきました。これは前年度比では 8,600万円減ということであります。普通交付税につきましては12億 9,800万円ということであります。地方交付税全体としての動きということにつきましては、先ほど総務部長から補足説明で申し上げたとおりであります。
 岩沼市といたしましては、今、見込み得る方法、その範囲内で推計をして予算計上させていただいたと。特に、基準財政需要額というのは、測定単位が平成17年度の国勢調査の速報を用いるということでありますので、当然のことながら、基準財政需要額は、単位費用がどうなるとかいろんな計算はありますが、約2億 5,000万円程度は増になるというふうに見込んでおります。片や、基準財政収入額でありますが、これも予算書でごらんいただけばおわかりのとおり、法人関係の市民税が大体1億強ぐらい伸びるということありますし、また、所得剰余税が1億 6,000万円増ということでありますので、これらを合わせますと、伸びとしては約3億 4,000万円程度ということであります。そういたしますと、その差が財源不足となりますので、この差は平成17年度と比較すると 8,600万円減と。つまり、岩沼市においては思ったより収入がふえたと。
 一方では、もちろん、人口増とかに伴って基準財政需要額というのも、岩沼で当たり前の行政を行うには経費がふえるんですが、ふえた分と歳入の方のふえた分を見ますと、ふえた方が多いということですので、当然のことながら交付税が減ってくるというのは、理論上ではあります。しかしながら、考えてみますと、交付税につきましては、一応、18年度はまだいいんですが、19年度以降、果たしてどうなるのかなと。三位一体改革と言われる中で、実は、我々として一番心配したのは、これも御承知のとおり、今から5年前と比べると、それこそ、相当額が減らされると。しかも、ここ何年間でどんどんどんどん減ってきたということであります。一方では財源移譲とかなんかという中で、交付税がどんどん減らされるということは、不交付団体は別として、地方自治体としてはかなり厳しい状況にあるということであります。正直言って、岩沼は、交付税をいただいている東北、北海道の市では一番額が少ない。額が少ないということは、本当は財政に対する影響というのは少なくていいはずなんですが、ところが、岩沼でも10億も減るということは大変な状況であります。このことは皆様方がよく御承知のとおりであります。
 本来、交付税というのは、国と地方で例えば同じような量の仕事をしたとすれば、税財源も同じにならなければなりませんが、地方の方が仕事が多くて、財源の方は国の方が多いというわけでありますので、これについては税財源の移譲が必要ではないかなということで、これまでも国の方と地方六団体でいろいろやりとりがあったわけでありますが、少なくとも、それが均等な配分になった上に、今度は自治体としてどうなのかなと考えますと、財源がしっかり確保できるところとそうでないところがある。しかし、同じ日本国民としては、一定レベルの行政の恩恵を受けるということは、国民としての当然の権利であります。そうしますと、やっぱり財源保障ということはしっかりやってもらわなければなりませんし、あるいは、裕福な団体とそうでない団体というのがありますので、そのあたりの調節をしっかりやると。財源保障機能と財源調節機能というのを交付税は持っているわけでありますので、やはり今のような日本での仕組みでいくとすれば、交付税制度というのはきちっと堅持してもらわなければ困ると。しかしながら、毎年毎年減ってきていると。
 確かに、国税5税の動きを見ますと、今回などは、例えば、所得税とか法人税とかというのは伸びていくわけでありますし、消費税も入っているとすれば、消費税というのは、もしかすると何年後かに上げるとすれば、原資として本当はふえていかなければならない。しかし、これまでが実際のところは交付税会計も大変な状況であるということなので、多くは望めないわけではありますが、私といたしましては、交付税としての役割は、一定の役割をしっかりこれまでも担ってきたわけでありますし、いかに国の財政が厳しいからといって、地方自治体としても厳しいわけでありますし、また、我々の方だけに行財政改革を求めたとしても、国はどうなのかなと。例えば、職員の定数減ということを見ても、地方の方がよくやっているんです。国は大きく減らすと言っていますが、国は例えばつけかえるんですから、どーんと民営化だというだけで職員を減らしたなどと言っていますが、総体としてはそうではないので、地方の努力というのは意外と認めてもらっていないという面もあります。そのあたりが地方六団体としての不満ではありますが、いずれにしても、国のツケを地方自治体に回されるのは困ると。その一つの例として、交付税などがどんどん減らされるということは、地方自治体としては困ったことだと。
 ただ、岩沼というレベルで考えますと、厳しい中ではありますが、何とか交付税の減をほかの方でカバーをして、行政水準だけはしっかり保っていかなければならないということで、議員の皆様方から御協力をいただきながら、何とか努力をしていかなければならないと。ことしは一応そういう形で予算は計上させていただいておりますし、また、今御質問いただきました、国との関係でどうなのかということでありますが、どんどんどんどん減らされるということは地方自治体……、ただ、じゃやれないところは合併をしなさいというふうに国の方は単純に言っていますが、そんなに簡単にはいかないということは御承知のとおりであります。いずれにしても、これから三位一体の改革について第2ラウンドという形になるので、その中で、交付税についても、地方団体としてはしっかり守っていくということになるのかなというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)2点目、有利な地方債の制度の活用というようなことで、新しい地方債制度として施設整備事業ができるというようなことを承知しているかというような御質問だと思うんですが、三位一体改革に伴いまして、平成18年度に廃止、税源移譲されました施設整備事業費補助金に係る施設整備につきましては、その補助金相当部分について、特別な財源措置が講じられたことは、いろんな情報が入っているところでございます。平成18年度の地方債計画におきましては、約 700億円程度が措置されるというふうな情報は入っております。概要は示されているものの、対象事業費とか、あるいは起債充当率、そのほかのもろもろの詳細な点については、そういったものの情報はまだ入ってきていないところでございまして、そういった整備債、地方債が出れば、自治体としては、施設整備等で有利な場合には当然活用していきたいというふうには考えております。
 それから、市税の伸びの関係でございますが、その内容というようなことだというふうに今質問で伺ったんですが、補足説明の中でもちょっと御説明申し上げましたけれども、市税のうちの市民税につきましては、平成17年度の税制改正に伴いまして、定率減税が2分の1に縮小されたというようなこともございました。そういったことから、試算をいたしますと、個人で約 7,900万円ぐらいが増になっている。それから、法人につきましては、若干の経済情勢の回復というようなことも言われております。そういったことから、企業収益の改善によりまして、推計ではございますけれども、約1億ぐらいの増になるだろうとは見ておりました。固定資産の評価替えなどが18年度はございますので、それらの価格減少から、固定資産税と都市計画税等につきましては、約 9,200万円ぐらいの減になるだろうというふうには見込んでおります。そういったことから、市税全体では前年度比で 1.5%増の 9,300万円の増を見込んで予算措置をいたしたところでございます。
 固定資産税と都市計画税が市税のうちの約6割を占めているというようなことからすれば、地価下落に歯どめがかかってほしいものだなというふうに思っているところでございます。また、法人が若干なりとも上向き傾向にあると伺っておりますので、そういったことから、このまま推移をしてほしいという願いでございます。そういったことから、今回の市税を見込んだところでございました。
 それから、4点目、行政改革推進の関係の起債というようなことだと思うんですが、今度の行財政改革の中で、集中改革プランをそれぞれお示しをさせていただいたところでございますけれども、集中改革プランを実施する上で、新設される事業債といいますか、推進債というものができるのではないかと、情報として入ってきているところでございますけれども、健全財政に取り組んでいる団体というか、市町村等が、公共施設等を整備する場合には、通常の地方債に加えまして、行政改革の取り組みによって将来の財政負担の軽減が見込まれる範囲内において、お話をいただきました行政改革推進債を充当することができるとされたものでございまして、18年度の地方債の計画、約 3,000億円程度が計上されているようでございます。これらも、先ほど申し上げましたように、詳細な部分についいてはまだまだ不明でございます。そういったことから、岩沼市として、集中改革プランを実行に移す際に、該当するものがあれば、ぜひ活用して運営をしていきたいというふうに考えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。今、詳しく地方交付税等も含めて説明をいただいたんですが、第1点目の地方交付税のことなんですけれども、国の方ではこれから削減をしていく上で、例えば、国が地方に求めている、いわゆる公務員の定数減、給与削減との関係で、それも削減の理由の一つとしてあるというふうに聞いているんですけれども、その辺はいかがでしょうか。
 二つ目は、新しい地方債制度について、今、部長はこれからいろいろ対応すると言っておられるんですけれども、私が聞いた範囲では、新しい地方債というのは、例えば、公立学校、公立保育所の不適格建物の改築事業に関して整備事業に活用できるということとか、二つ目は、この地方債の元利償還金の全額を交付税措置ができるというふうに聞いているんですけれども、承知しているかどうか。
 三つ目は、言われたとおりで、まさに国が国民に負担を押しつけている定率減税の影響が、今度の市税の伸びにつながっているということで理解して、それはいいと思います。
 4点目は、行革を推進していく上でのいわゆる行政改革推進債なんですけれども、これは、団塊の世代の大量退職とか、行革の推進を背景にして、結論としては、地方交付税の削減による財源不足対策ではないのかというふうに私はとらえているんですけれども、その辺、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)交付税と定数削減の問題のかかわりでありますが、交付税がストレートにそういった形で増減されるというふうには考えておりませんが、ただ、市長会の財政委員会等の中での話題では、定数削減とか、そういったことを思い切ってやったところに対しては、国の方がもっと手厚い支援をすべきではないかといったようなことを言う首長もおられるというわけでありますし、別な場におきましても、国の方からは、いわゆる行政改革、行財政改革をしっかりやったところに対しては、国の方はいろいろな措置を含めて対応するという話は聞いておりますが、ストレートに交付税についてそういう形になるかどうかにつきましては、私は承知はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)2点目の関係でございますが、この部分ついては、地方交付税の中に算入されるのではないかというようなお話をいただきましたけれども、先ほど細部についてはまだ入っていなということでお話を申し上げましたけれども、今入っている情報ですと、当該地方債の元利償還金については、後年度、その 100%を普通交付税の基準財政需要額に算入しますということで情報は入っておりますけれども、この辺は今後どういうふうになっていくか注視をしていきたいというふうには思っております。
 それから、4点目の行革推進債の関係でございますけれども、この部分につきましても、地方交付税というようなことのお話でございますが、ここの部分については、まだ改めて詳細な部分が入ってきておりませんでした。そういったことで、なるべく情報収集をまめにしながら、お話のあったことも含めて、注意をしながら対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号から議案第4号まで、議案第7号から議案第9号まで、議案第12号から議案第14号まで及び議案第36号から議案第44号までの19件につきましては、慎重審査の必要が認められますので、議長を除く議員全員をもって構成する条例及び予算審査特別委員会を設置し、これらの案件を付託の上、審査願うことにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。さよう決定しました。
 なお、条例及び予算審査特別委員会の構成につきましては、午後2時から全員協議会室において特別委員会を開催の上、決定していただきたいと思います。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は3月22日水曜日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後1時50分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年6月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 布 田 一 民

                   議 員 櫻 井   隆