議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第1回定例会(3日目) 本文




2006.03.07 : 平成18年第1回定例会(3日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、18番梶谷洋夫議員、19番平塚兵六議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 18番梶谷洋夫議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔18番梶谷洋夫議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)それでは、通告に従いまして2点質問させていただきます。
 まず第1点目、今後の学校給食の対応についてお尋ねいたします。
 この件につきましても、行政改革の一環で今後いろいろと変化が出てくるものと思いますので、この際、基本的なことについて確認をいたしたいというふうに思います。
 まず第1点目、当市は将来ともすばらしい自校方式を堅持すべきと思いますけれども、教育委員会としてはどのように考えているのか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この点につきましては、梶谷議員と同じ考えであります。今後とも自校方式は堅持していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)この際、市長にお伺いしますけれども、ただいま、教育委員会としては自校方式を堅持するということでございますけれども、これを支持するということで理解してよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)給食議員と言われた梶谷議員が一生懸命努力をされた結果、今、小・中学校では自校方式ということで行われているわけでありまして、今、教育長がお答えのとおり、市としても岩沼市の給食のセールスポイントの一つだと思っておりますので、当然のことながら、引き続き自校方式で給食は行うべきだというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今後の関係につきましては、自校方式ということで立派な学校給食に努めていただきたいとお願いを申し上げておきます。
 次に、将来とも、食の安全・安心を守るために、民間委託せず、市直営を続けるべきと私は思いますが、どのようにお考えかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)御承知のことと思いますが、行財政改革大綱に基づく集中改革プランにものせておりますように、平成20年度から段階的に実施すべく、民間委託の検討をすることといたしております。そのためには、受託者に対しまして安全・安心な地域の食材使用を義務づけるなどして、食の安全・安心を守りたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ただいま、平成20年以降、民間委託を考えているということでございます。この際、基本的な考え方を教育長にお尋ねいたしたいんですが、学校給食というのは民間委託とはなじまないだろうと。なぜかと申しますと、学校給食に民間となると、どんな経営であっても利益を追求することが絶対出てまいります。利益を追求となってきますと、質の問題、衛生管理上の、人事管理上の問題等々にどうしてもひびが入ってくる、なじまない事業と私は考えますけれども、どういうふうにお考えなのか、その辺の考え方についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)日本全国を見ますと、民間導入ということが盛んにやられております。病院、大学、企業、そして私立学校、このごろでは市町村立学校、公立学校も入っているところであります。平成18年度にはかなりの数が入るということでありますので、これを見ただけでも、なじまないということはないんじゃないかと。要は、どのような形で導入するかが問題ではないかと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)この辺の関係については、教育長と多少異なってまいるわけでございます。今の立派な学校給食というのは、市直営で利益を求めない考え方でやっている関係から、立派な質の、食の安全・安心という形になっていると私は思います。しかしながら、民間となりますと、当然、利益追求型が民間でございますから、人事の関係、具体的にわかりやすい言葉で申し上げますと、現在のような、訓練を完全に受けている方、あるいは資格を持っている方というような問題については極めて心配でございます。
 それから、質の問題。業者に委託しますと、これまでもこのような問題でちょっと出ておりました民間業者への資材の供給、簡単に言えば、カット野菜だとか、そういうふうなものに大きく転換せざるを得ない。教育の現場において、学問の教育も重要でございますけれども、学校給食の関係についても、基本的な学校経営の中で極めて重要な柱にあると私は思います。そのことが利益追求型の形態ということは、これはどうしてもなじまないものと私は思います。そういう点で、将来は、全面的に民間委託ということで段階的に考えるということなのか、市が直営の中で、責任を持つ中で、部分的に、ある部分だけは民間委託するという考えなのか、その辺の考え方を示していただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)梶谷議員が心配する心配を私も持っていないわけではございません。人の問題、安全・安心についてどうであるかというのは、私どももまだ未知の世界であります。ただ、いいとされているのは、高いノウハウを持っているグループがたくさんあるということです。したがって、人間にとってももっと高い質の形で導入ができるかもしれません。そういうふうなメリットもあるということを頭に置きながら、一部委託、段階実施、これをうたっております。したがって、20年から全面的に委託という考えはございません。
 一部委託と申しますと、例えば、給食業務の中の人だけ、人間だけを委託する。実は、県内でもこれが多いんです。県内では人的な委託だけということが多いんです。これは可能だと思います。それから、段階的な実施ということ、つまり、八つの学校全部でやるのではないぞよということであります。例えば、一つの学校に集中して、モデル校を指定して実践してみると。そして、民間と行政のいい意味での競い合いなどがあって質が高まるのではないかという効果も考えているところであります。したがって、一部委託、そして段階的な実施を考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ただいまの教育長の答弁を考えてみますと、民間委託という考え方については、あくまでも学校給食は直営であると。しかし、その中で、部分的に委託、あるいはそれに準ずるような方法だという理解でよろしいわけですか。あくまでも直営ということで、中身を一部委託するという理解でよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)20年実施を目指しています。そのときにはその考えでいきたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ここで市長にちょっと確認しておきたいんですけれども、はっきり申し上げて、学校給食は学校経営の基本的な問題だと私は思います。食の安全・安心等を含めましても、これだけ厳しい時代に入ってきましたから、人件費などの削減の問題等を考えたときに、将来は軽減する形の中での経営ということは大事なことだと私は思います。
 しかし、学校給食、責任は市が全面的に持つという形にぜひすべきだろうと思いますし、そういう関係から、直営という中で、あとの部分の、調理のこの部分については、人件費などの削減をせざるを得ないということで、段階的に民間の方へ移行というようなことで、この辺は、直営の基本的な考え、変化があっても、直営ということは残すべきだと私は思いますけれども、市長から見てどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行財政改革の流れの中で、省力化とか効率化とかの視点で検討するということは当然必要なことだというふうに思います。しかしながら、学校給食の本来の目的は忘れてはいけないと思います。給食というのは学校教育の一環でありますし、特に最近、食育ということが言われておりますが、それを実際に行う大きな場が学校教育でありますし、また、最近は栄養教諭の配置等が云々されている時期でありますので、教育長がお答えのとおり、部分的に民間委託が可能だったとしても、学校がしっかりと主導をして学校給食を実現するという格好、こういう形でいかなければならないと思っております。
 特に、職員の問題等があるんですが、給食をつくらない時期にどうするかとか、果たしてそのことがいいのかどうかと。そうだとすれば、むしろ、つくる部分については民間の方々にお願いをするのがいいのではないかといったような議論等もあるわけでありまして、そのあたりを踏まえながら、市として、できるだけ効率化を図りながら、そしてまた、安全で安心な給食をしっかりと、また、地域の食材等も生かさなければならない、地産地消という実際の具体的な活動の場も給食に求めているということもありますので、もろもろのことを考えますと、当然のことながら、学校、そして、市としてのしっかりとした方向づけをした上で、部分的につくっていただくという形、そんなことで進められるというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)教育委員会と市長のニュアンスは多少違う点がありますけれども、今後の検討のテーブルの中には、直営ということについて……、私が申し上げているのは、学校給食についてはあくまでも教育委員会が責任を持つという体制で、管理面の直営ということについてはぜひ持っていただきたいと。あとの部分的な関係について、コスト面の問題とかいろいろのことを考えますと、こういう段階になってきたならば、一部、民間に部分的に委託することはやむを得ないだろうというふうに思います。これも、事、慎重の上に慎重を重ねてやるべき問題だと考えますので、教育長にもう一度お伺いしますけれども、これは重大な方向を決めるわけですから、今後、この関係については、どのようなシステムで検討されようとしているのか、その考え方を若干聞かせてほしいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)一つは、委託のメリットであります。これについては、先ほども申しましたように、高いノウハウがあると。したがって、基本的には安全・安心で質の高いものが求められるのではないかということであります。それから効率化、いわゆる時間の短縮等がございます。それに付随して、経費の節減につながるというふうなメリット。そのもとに、20年から一部ということで考えているわけですが、もう一方は、市長が申しましたように、教育の一環であると、これは忘れません。もちろん、学校給食は食育の中心であります、教育の一環であります。それを通して生きる力を身につけさせるのが学校給食のねらいでありますので、それはしっかりと受けとめたいと。
 それと、もう一つは、ほかの市町村で民間委託をしているときには、ほとんどセンター方式であります。いわゆる一括した共同調理場に委託です。ところが、岩沼市のすばらしさは、聞いておりましたが、梶谷議員に当時御尽力いただきました自校方式、それがあっての委託ということになりますので、ほかの事情とはまた違いますので、そこで、一部委託、段階的な実施ということを言わせていただいております。食の教育をしっかりと身につけながら、教育委員会としての責任を果たしながら、教育と、そして効率化をしっかりと受けとめて考えてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)一部民間委託にしましても、事、慎重に今後検討をお願いいたしたいと思います。
 次に入らせていただきます。
 民間委託の考えが教育委員会にはあるようでございますけれども、当面する問題がいろいろとありますから、ここはちょっと掘り下げて質問をさせていただきます。
 まず第1点目、何と申しましても、現在、学校給食は正職員がほとんどの体制で経営されているわけでございます。まず、この辺の対応の基本的な考え方。私は、この関係につきましては、市職員の雇用の権利というのは絶対に守るべきだろうというふうに考えます。したがいまして、これから退職者が出てきた場合の補充の対応については、パートとか臨時職員とか、あるいは民間の派遣社員の一部利用とかということがあったとしても、現職員の関係については、やはり定年まで身分を保障する形ですべきと考えますけれども、その点の教育長の基本的な考え方をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)職員については三つの方法があると思います。一つは、今言われました定年退職、自然減であります。もう一つは配置がえであります。配置がえをして委託をすると。それから、三つ目は臨時職員を置かないと。現在は7名おりますが、置かないという方法でやれるということも考えておるわけであります。
 ただ、先ほど申しましたように、身分は保障せよと。もちろん私の一存ではそれはできません。やめさせるとか、そういったことはできませんので、それはそれで定年退職というふうなことになると思います。時間がかかります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今、教育長の方からは、現在の職員については身分保障はするというふうな見解で承りたいと思います。教育長の方から、民間移行に伴ってということで、新たな職場にということでございますけれども、この辺の考え方についてどうしても市長にお尋ねせざるを得ないと私は思います。教育委員会からのその要請にこたえて、市の関係の新たな業種への転換ということについて、具体的に進めていく考えはお持ちなのですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)当然、市の職員でありますし、そして、給食に従事する方につきましては、特に、給食従事員ということよりは、いわゆる行2の職員として全般の仕事をしていただくと。たまたま今回は給食に当たっていただいている。しかしながら、これは、学校の業務員とか、ほかの仕事等もありますので、本人の向き・不向きもあると思いますが、しっかりと十分仕事ができるような場への配置がえ等を当然やっていかなければならないと。
 これまでも、例えば、屠場が廃止になって、屠殺業務に当たっていた職員、あるいは、ごみ焼却施設を広域に移管をして、ごみ焼却をやってきた職員といった方々が、実はすぐにこちらの方の内部の事務ができるかといいますと、正直、なかなか問題等もあるわけではありますが、しかし、そういった方々にもできるだけしっかりと仕事をしていただくということで、十分考慮し、配慮はしてきているつもりであります。
 また、一方では、御承知のとおり、集中改革プランの中で職員定数の適正化と言われて、実際のところは職員を減らすという形で、市としては、一応、定年退職等の状況を見ながら、しっかりと目標はクリアしなければならないと思っております。例えば、行2につきますと、私は8年間させていただいているわけでありますが、1人採用しただけであります。しかし、その前の時期は毎年何人かを採用してきたという形でありまして、確かに、全然採用ができないというのはどうかなというふうに思いますが、こういう形で、民間委託を進めるとか、あるいは、指定管理者制度というような形、あるいは定年延長という形で民間が来ている中で、公務員としてどうするか、再任用を希望される職員がいた場合にどう対応できるかとか、もろもろのことを考えながら、今回についても考えていると。したがいまして、今、平成18年、すぐに行うということではなくて、例えば、20年とか、21年とか、年次計画を持って対応するようにということでありまして、雇用はしっかり守ると。そして、市民の皆さんから「仕事をしないで給料をもらっている」などという指摘がないように、職員はしっかりと仕事をしていくということで、それぞれ新しい部署でしっかりと仕事ができるように、当然のことながら十分な配慮をし、また、職員にもその意味では研さんに努めていただくという形で考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)職員の取り扱いについてですけれども、教育委員会に申し上げておきたいんですが、そういう事情で本庁の方に新たな仕事をということになってきた場合に、教育委員会としましては、人を育ててもらうと、生きた扱い方をしてもらうと。そういう関係は、ぜひ市長部局と十分なる話をしていただきたいと。
 残念ながら、今さら申し上げたくないんですけれども、食肉処理場の関係がそういう形になりました。私は決してよい転換ではなかっただろうと思います。あれは、たまたま廃止となった関係から、やむを得なかったのだろうと。今回の関係で、一部分民営化ということで、人の異動も含めて考えざるを得ないということですから、岩沼市役所に勤めて本当によかったと思われる本庁での新たな仕事をと。場合によっては、具体的に申し上げますけれども、そうなってきますと、生きた仕事をしてもらうために新たな資格を取ってもらうとか、そういうことも出てくるかと思います。そういうことの勉強も必要かと思いますし、生きた、教育委員会らしい本庁への橋渡しについても慎重に考えることが重要と考えますが、教育長はどう考えていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その点については、考えは同じであります。配置転換、人事については、私ども一存ではできませんので、これについては、市長部局と十分相談の上、させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)この件で市長に再三申し上げて申しわけないですけれども、特に、民間委託での新しい仕事について市長部局にお願いするということになってきた場合に、私は、ぜひ人間らしい生きた使い方をしていただきたいと。場合によっては、能力のある方については、試験でも再度やっていただいて、行政職で使える方でもおりましたならば、その方向も一つでしょうし、それから、行政職でも労務職でも新たな資格を取らざるを得ない方も出てくるかと思いますけれども、そういうようなことも含めて、教育委員会と連係プレーをしていただいて、確かな人の異動を、岩沼はすばらしい方式をやったなと言われるようなことについて、ぜひ研究しながら取り組んでいただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)梶谷議員の言われるとおり、十分配慮をして行わなければならないというふうに思っております。これまで、給食に従事をされていると言われましても、必ずしも給食だけではなくて、学校の業務員とか、保育所の方で働いていただくとか、あるいは役所の中での現業部門を担当していただくという形で進めてきておりますので、引き続きまして、本人の適性とか向き・不向きを十分考えながら、しっかりとした場で働いていただきたいと。
 ただ、大切なことは、もちろん定年まで雇用するというある意味での義務、そしてまた、職員としての権利があるわけでありますが、何といいましても、我々といたしましては市民の皆さん方のために仕事をさせていただくということでありますので、仕事の質が低くなっていいということは決して認められませんので、本人等にも十分研さんを積んでいただきながら、しっかりと対応し、そして、一人の脱落者等も出さないように十分配慮をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)次に、2)と4)は連動させて質問させていただきます。
 私は教育長とは考えが違うんです。民間委託となると、どうしても利益を追求する形になってしまいますから、食の安全とか安心という問題、あるいは、市長が考えている地産地消の問題……。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷議員に申し上げますが、(3)がありますから、(4)に行かないで……。(「(2)は飛ばしますから」の声あり)では、(2)を飛ばして(3)にしてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)民間委託となると、営利を目的とするという考えから、市長が考えているような地産地消の問題だとか、あるいは食の安心・安全の関係について、本当にどうなのかなということを非常に心配するわけでございます。
 今日の学校給食で何が問題なのかというと、これだけ厳しい財政になってくると、市職員の給料ではとてもやっていけないと、安い賃金でやりたいというのが基本なんでしょう、はっきり申し上げて。それはそうなってくると、民間業者はどうなるかというと、訓練もできていない安い賃金の職員を雇うだけの話なんです、さっきも申し上げたように。教育長は民間にはいろんな知恵があると言ったって、学校給食の範囲の……、決まっているんです、あれは。レストランとか、立派なホテルだとか、そういうものとは違うんです。はっきり申し上げて、本来の力量というものがどれだけ出せるかと心配です。人件費をピンはねして安くして、そして、単なる利益会社を誕生させるだけに終わってしまったら大変なことになってしまうと思うんです。だから、この関係については、民間委託というのはいかがなものかなと。人件費のピンはねだけが、民間会社がもうかるような仕組みだけで終わってしまうようなことではいけないだろうと私は思います。
 それと、委託をするにしても、この方法は大変難しい問題だろうと思います。委託契約を結ぶときに、条件を悪くしたら質も悪くなる、高くしたら質はよくなるかもしれない。ところが、毎度どうなんだという問題が出てくる。学校給食そのものの、1食当たりの価格問題が変動できる産業だったらいいんですよ。1食幾らでやりなさいと決まっているんですよ。その中に何にも魅力はないと私は思う。単なる職員の賃金の格差のピンはねの関係だけに終わってしまう可能性が強いんじゃないかと。今、仮に1食 300円とします。それを 500円にしていいとか 700円にしていいとなったら、民間の方は魅力があるでしょう。しかし、これは一定額と決まっているわけですから、それ以上は出さないわけだから、この辺の関係についてはなかなか難しい。次に出てくるのは、職員は、経験者が少なくて、ほとんどパートとか臨時とかという形になってしまう。そういうことも予想されると私は思うんです。したがって、この辺は、教育長が描いているように、民間が魅力的に参画できる業種かどうかということについては私も非常に心配です。グリーンピアの第一ホテルがやっているものとは全然違います。あそこはどんなメニュー等も出せるんです。この給食費ではいろんなアイデアは出せないんです、狭いんです。だから、なじむのかなと。
 私の先ほどの話に戻ってはいかんからあれですけれども、この辺の関係については、民間ということについては非常に疑問を感じますものですから、慎重な対応というか、どういう姿勢で……、本当に魅力を持ってやれる業種かどうかということについて、もう一度お尋ねいたしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)御心配のところは十分わかります。いわゆるデメリットの部分、営利を目的とするわけですから、手抜きがあるのではないか、安い食材が使われるのではないかと。したがって、質が低下するのではないかと。なれると、さらに今度は手抜きがあるんじゃないかと、こういった心配もあるわけであります。我々も、メリット・デメリットを探りながら、20年に向けて実施ということで考えているわけであります。この件については、梶谷議員が御心配されることを十分考えながら、県内の動向を見ながら、特に隣接市町は大分入るように聞いておりますので、その辺の成果と課題を見きわめながら、慎重にやっていきたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)民間になると一つ心配なのは、市長が進めている農政関係と地産地消の関係、今回も施政方針に出ております。私は重要なことだろうと。できれば、岩沼の新しい農政の地産地消ということについて、ぜひ井口市長にヒットを打ってほしいなと期待しているわけです。この関係について、一番やりやすい方向はどういうところなのかというと、まずは、学校給食の現場でその辺は扉が開けるんじゃなかろうかなと。そういう関係からも、民間になってくると、それもなかなか採用していただけないことにもなってしまうおそれがあるんじゃなかろうかと、こういう心配なんです。そういう点ではどういうふうに考えているかということをまず1点お尋ねするということと。
 もう一つは、今、農家の方は大変厳しいようでございます。新浜とか小川の方で、担い手農家ということでグループ的に大分頑張っているところもあります。場合によっては、このような関係等につきましても、学校関係と連動させた発展施策について、学校給食をベースにして、新しい岩沼方式ということについてぜひ努力していただきたいと思いますけれども、その辺の考えはいかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)梶谷議員が言われるとおりでありまして、地産地消ということを大いに進めていかなければならない。その中で、地元産の新鮮な野菜、安全・安心な野菜を例えばしっかり使うということでは、学校給食の場で一つ実現するということは大切なことだということでありまして、これは、岩沼市といたしましては、岩沼産の野菜等のしゅんはいつなのか、そして、どこでとれるのかといったようなことを学校給食の担当の方にお知らせをし、それを選んで利用していただいている。ですから、例えば、相野釜のメロンだとか、長岡のリンゴだとかといったものにつきましては、学校給食の食材として十分使われているわけであります。子供たちにしゅんということを忘れられているとか、あるいは、岩沼で実際にこんなものがとれるのかといったようなことを知ってもらうこととあわせて、既に対応しているわけでありまして、こういったことについては、むしろ発展させる方向でいかなければならない。
 ですから、今回考えているのは、例えば、行財政改革の流れの中で、小さな政府を実現する。そして、職員の定数をできるだけ低く抑えろという全国的な流れの中で、岩沼だけがそれに対して反旗を翻すということは当然できないわけでありますし、また、多くの市民の皆さん方もできるだけ安上がりの政府を望んでおられるのではないかと。そしてまた、その中で、しっかりと行政サービスを高めていかなければならないと。そうなりますと、少ない職員の中でしっかり仕事をさせていただくとすれば、民間の方々にむしろやっていただいた方がいい部分については民間の方にお願いをしていくというふうにしないと、なかなか行政府が成り立たないという形もあります。
 そして、給食の方のことで、今、御意見の中でピンはねではないかというようなお話をいただいたわけでありますが、例えば、経費が安く上がるというのは、実際のところは給食費にはね返るという面もありますし、また、人件費で少しでも安上がりにできるとすれば、食材の中で吟味ができる。ですから、例えば、グリーン購入ではありませんが、多少高い野菜であっても、地域でしっかりとしたものを子供たちに味わってもらうということも、食育という点から見ても非常に大きなことでありますので、そういったことを実現するにつきましても、やはり民間にお願いする点はお願いした方がいい。
 ただ、繰り返し申し上げますけれども、岩沼市で今考えているのは、例えば、学校にしっかりとそれぞれ栄養士を置いて、その中で、しゅんの野菜とか地域のものをできるだけ使うという意識で献立を立てて、食材をしっかりと確保して、それを実際につくってもらうだけを給食に従事する人がやっておりますので、これが民間の方にやっていただいても、給食の質には全く関係ないわけでありますので、その点につきましては、私は全く心配をしていないということであります。ですから、栄養担当の職員を十分配置することによって、現在の給食のレベルは当然守られると。そして、繰り返しになりますが、人件費が例えば浮いたとすれば、それは給食費にはね返るということでありますし、また、食材を吟味できるということ。繰り返し申し上げますが、そんな形でいい方向に向かうのではないか。ただ、単に、給食のこの部分は全部やめた、献立も全部考えてくださいよ、パンか御飯かというのも全部自由にやってくださいではなくて、メニューは教育委員会、学校の責任でしっかりと立てて、それをつくってもらうということでありますので、私としては一切問題がないのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)教育長、この関係についてちょっと確認しておきたいんですけれども、今市長の方から、人件費、現在の食事代、食事の関係、総合的に含めて、その中で、今後、学校給食について経営してもいいような発言があったわけですよね。だから、人件費を削減した分、質の方への転換ができるという発言なんですけれども、そういう理解でいいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、市長が答弁したとおりだと思います。その方針に向かって……。私どもは、学校の責任のもとですから、話すということではございません。だから、チェックをしっかりするということのもとで、キーワードは、何といっても、食の安全・安心、そして地産地消、そしておいしさ、これをまとめといいますか、それを向上させるためには、やっぱり質の向上が一番ではないかなと思っているわけであります。そういう意味で、市長の答弁に私も賛成と言ったらおかしいですが、同感であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今、市長、教育長から答弁をいただきました。学校給食については、行革の中ではあるけれども、教育委員会としても市長も質の向上も含めて考えていると。そうすると、市長の地産地消の問題も花咲くでしょう。ぜひそういうような形で今後研究をしてみていただきたいと、よろしくお願いします。
 次に、米の消費拡大のための完全米飯についてお願いしますけれども、私はぜひ米飯給食をすべきと考えますけれども、いかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)議員御承知のことと思いますが、岩沼市では昭和54年度9月から週3回の米飯給食を導入しております。パン給食を週2回、米飯給食を週3回にしておりますのは、子供たちにいろいろな献立による給食を食べてほしいという思いがあるからであります。
 給食は食育の生きた教材でありますので、嗜好的に偏ることのないように、バランスのとれた食事のとり方の学習にもなっております。御飯もパンもめんも取り入れた献立の給食を通しまして、子供たちに食の体験をしてほしいと思っているところでございます。このことから、平成18年度も週3回の米飯給食を考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)この関係については、米粉パンなどを含めた同僚議員の質問に対して、教育長はこれまで一貫してこういう答弁をしてきているわけですけれども、もうそういう段階ではないと私は思うんですよ。現在の農政の状況等を考えると、今後の農業をどう考えるかなどを考えたときに、学校現場において大変おいしい完全米飯の給食を実施すべきだと思います。今後の農政関係になりますけれども、米の消費拡大ということについてまずそこからスタートし直しすべきだろうというふうに考えます。そしてまた、米飯については、栄養の格差とかバランスの問題とかということについては、いろんな方から見ても、事、問題はなさそうでございますね。南国市を見てみなさいよ。米飯の関係で、御案内のとおり、大変高い評価をされていることも事実でございます。市長が望んでいる地産地消の関係ではぴったり合っているような、各学校で自分で温かい飯を炊くというような、そういうようなことを考えますと、あれもあくまでも米の消費拡大の点なども考慮した中でのものだろうと私は思います。
 ここで嫌らしい質問をいたしますけれども、辛抱願いたい。これは、教育委員会の、県がリーダーシップをとっているのかどうかわからないけれども、その辺の壁があるんじゃなかろうかと私は思うんです。壁が。その壁を破ることができないために、この考えを一貫して通しているのではなかろうかなと。米にしましても米飯にしましてもパンにしましてもある業者を通して来るわけですね。しかし、私はですよ、この関係については、これも岩沼方式として、岩沼はそこから切り離れても、そこの枠から外れるということはちょっと無理なことかもしれないけれども、岩沼市の児童・生徒の方には米飯給食をぜひさせるべきだと思います。そして、できれば、先ほどの話に戻るけれども、米飯については、担い手農家の一つの事業として扉を開いたらどうですか。農家の方には恐らくやっていただけると思いますよ。これは完全米飯でないとできません、採算面などを考えると。半分が米飯で半分がパンではできません。完全米飯だったら、担い手農家の一つの事業としてやる方は出てくると思います。その点を含めて、岩沼市の教育委員会はちょっと違うというような方向を出したらいかがでしょうか、教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)梶谷議員の思いはひしひしと伝わります。そして、米飯給食については、何度もここで議論を申し上げました。私の考えは、何といいましても、学校はどう考えるかと。子供はどう考えるか、子供の目線に立ってという部分も大切にしなければなりません。したがって、学校はどう考えるか、栄養士はどう考えるか、子供はどう考えるか、その中でも考えていかなければなりません。農政については、もちろんそうであります。おっしゃるとおりであります。今回の導入については、栄養士の要望がございます。専門職の要望が「バランスよい食」ということであります。そして、子供の嗜好も、時たまパンは食べたいということであります。それから、値段のアップにつながりますので、これを5日やりますとかなりのアップになります。そうすると、保護者負担が増になりますので、この辺も含めて考えて、今のところ3・2ということであります。県平均は 2.8回。1週間に 2.8回が県の平均だそうです。ただ、そうだからといって、県から言われているんじゃないかと。県から縛られているんではないかということでは決してございません。うちの方の判断でこのやり方を継続させていただいているわけであります。
 それから、担い手というふうな話がありました。地域、いろいろな地域があります。そのお母さん方に委託してはどうだと。いい考えだと思います。ただ、問題は、引き取り手があるかどうかと。いわゆる安定供給ができるか、食の安全・安心が確保できるか、輸送はどうだと、物はどうだと、こういうネックがございます。それをクリアするのであれば、それも一つの方法として考えられると思います。現状では、そういうことで、3対2ということをお認めいただければありがたいと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)完全米飯については、どうしてもまだ抵抗があるようでございますけれども、先ほど申し上げたように、次の担い手農家なども含めた総合的なことを考えまして、岩沼市としては十分に検討する価値があるだろうと私は思います。
 そこで、コスト問題、金の問題が絡んできますから、市長にちょっとお尋ねしておきたいんですけれども、私は、米の消費拡大ということで、教育現場で学んでもらう実態をつくるということが大変重要だろうと思います。差額はあるでしょう。そのくらいは、よい意味での今後の行革の中で考えたらどうでしょうか。市長、その辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いずれにしても、学校給食の内容的なものにつきましては、教育委員会の方でいろいろと考えてやっていただくということでありますので、我々の方からどうこうということはなかなか言えない状況は御理解いただかなければならないと思っております。もちろん、市の、特に農政という面から見ますと、米の消費拡大ということは非常に大きなテーマでありますし、また、一方では、私がいつも申し上げさせていただいているわけでありますけれども、日本が世界一の長生きの国になったというのは、やっぱり米を中心とする栄養バランスのとれた食事を三度三度腹八分目にしっかり食べてきたからだと。その意味では、米飯を中心とした給食も理想的なことではあります。しかしながら、子供たちの好みとかということもありますし、まさか、嫌いなものをどんどん出して……、ただ、嫌いなものを食べていただくということも一つの大切なことではありますが、具体的な問題になりますと、実際に学校で給食を担当しておられる方々の御意見をもとに教育委員会の方で判断をし、そのことを市としては当然バックアップする以外にないというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)完全米飯給食については、好みの問題、バランス問題とか、いろいろあるということですけれども、教育長、さっき市長も申されたように、日本人は米を食って、これだけ長寿社会というか、元気になれたということなのですから、この辺の関係についてもぜひ頭に入れて、実態として、学校現場が米よりもパンがいいということなのかどうか私も疑問です、はっきり申し上げて。中身は知りません。その辺も十分調査した上で、今後、この辺についても深く掘り下げて検討してみていただきたい。この辺はお願いしておきたいと思います。
 次に、米粉パンの問題についてですけれども、残念ながらこれは同じ答弁になるだろうと思います。米の消費拡大の意味から考えて、パンを導入するのであれば、米粉パンを導入すべきではないかと。これは同じように答弁が来るでしょう。価格が高過ぎるという問題があるでしょう。これは、米の消費拡大という立場を考えて、私は山は越えるべきだろうと思う。この点の山を越えることができなくてですよ、今後の給食の改革はどうあるべきだということについては、私はナンセンスだと思う。この価格は何ぼなのと言わせていただきたい。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)山はしっかりと越えました。申し上げますと、米粉パンにつきましては、岩沼産の米を使って、米粉の割合の多いおいしいパンを給食に取り入れることができないだろうかと、栄養士会で長年研究をしてまいりました。平成17年11月からは、平成17年に岩沼で生産した米を使用しまして、米粉の割合が80%のパンを、月1回ですが、全部の学校で導入することになりました。一歩前進でございます。今後、さらに回数をふやせるかどうかについて検討の段階でありますので、山はしっかりと越えました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)米粉パンは一歩前進したということで高く評価したいと思います。改めて反省しながら評価します。大変御苦労さまでございます。
 それでは、次に入りたいと思います。市の土地区画整理事業への対応について申し上げます。
 本日の新聞に岩沼は大変住みやすいまちだということが出たようでございます。これも、市長の方からも、再三再四にわたって、宮城県でナンバーワンの住みよいところだと。私も一議員として誇りを持ちたいと思います。そのために土地区画整理事業ということが大事なことなんだろうというように思います。
 しかし、残念ながら、私の目が狂っているのか、私の考え方が間違っているのか、住みよい岩沼であるけれども、宅地増に関係するこの事業については、大変な状況になっているのではないのかと。大変な状況というだけで今は済まされる段階ではないと私は思うんです。しっかりした市の指導が大事な段階になってきたという立場から申し上げさせていただきます。
 現在、各土地区画整理組合は厳しいものと思いますけれども、現時点でどういう状況になっているのか。そしてまた、今後について、市としてどのような指導をする考えを持っておられるのか、まずお尋ねします。簡単に答弁願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的な数字とかなんかをお求めですか。
 何しろ、今進行中の区画整理事業につきましては、保留地処分等につきましてもうまくいっていないという状況でありまして、役員の皆さんを初め、地権者の皆さん方にとっては大変厳しい状況になっているということ。また、この事業というのは、岩沼のまちづくりについても大きなプラスがもたらされるということでありますので、そういった意味で、公益ということを考えますと、市としても何らかの支援ができればなと思っております。ですから、施政方針の中で「できるだけの支援はしたい」というふうに申し上げさせていただいているわけであります。
 ただ、実は、岩沼市といたしましてはこれまでも支援はしてきているわけであります。特に、岩沼市土地区画整理事業補助金交付要綱というのがあるわけでありまして、それに基づきまして、調査費とか、事務費とか、あるいは防災調整池に係る用地費、公共下水道施設等の各項目について、まず事業計画の内容を審査させていただいて、要綱に適合する場合は、補助あるいは助成ということで行ってきております。また、上水道の配水管整備費の助成とか、組合の事業の進捗に合わせて街区公園や道路照明灯の整備を実施してきたということであります。
 岩沼市が行ってきたこういったことは、他の自治体と比べて決して遜色のない支援状況であるということは確かであります。しかしながら、前段申し上げましたように大変厳しい状況でありますので、まず、市といたしましては、今後の対応としては、他の市町村の土地区画整理事業に対する支援状況というものも十分参考にしながら、そしてまた市の財政の状況も踏まえつつ、どんな支援策が可能なのかということを、今、実は担当の方で鋭意検討中であります。議員の皆様方あるいは多くの皆様方からいい知恵を出していただいて、その中で、議会の方でお認めをいただけるような支援策をとって、何とか少しでも窮状をいい方向に向けるように支援できればなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)次に、私の見る範囲内で大変厳しい状況にある地区があるなと思いますから申し上げますけれども、まず第1点目、第二武隈は、厳しい状況にある中で、大変努力されていると思いますが、こういう段階になってきますと申し上げざるを得ないだろうと思うんです。事業を進めるに当たって、第二武隈は、金融関係からの融資などについて問題がないと思っているかどうか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)第二武隈分の借り入れにつきましては、今現在ですと、さほどの借り入れはしていないということからいって、十分返せるだけの金額だというふうにこちらとしては考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)次に、同じく、三色吉南の関係については、金融情勢も含めてどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)三色吉南につきましては、大変厳しい状況にあるということで、借り入れをしても金が足らなくて、さらに賦課金の徴収も考えているというようなところで、大変厳しいというふうにとらえております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)同じく三軒茶屋についてお尋ねしますけれども、ここは大変厳しいのではなかろうかと思いますが、金融関係の融資などを含めてどういう状況でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)三軒茶屋についても、大変厳しいというふうにとらえております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)三軒茶屋については、厳しいことはわかりましたけれども、融資についての見通しはあると見てよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今現在、三軒茶屋につきましては、施工業者への未払いというのがあります。それから、当然のことながら、金融機関から借り入れしたものに対しての支払いもしていかなければならない。さらには、補償物件などの未払いもまだあるというところからいって、金融機関の方からもう少しお金を借りたいという希望があるようでありますが、今は金融機関からは新たな借り入れができるような状況ではないととらえております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ただいま3箇所の土地区画整理組合の事情を聞かせていただきました。私が思っているように大変厳しいところもあるようでございます。市が多額の公的資金を出している関係もございますし、今後の市の指導が大変重要な問題だろうと私は思います。ここで、この新聞にあるように、ぜひ宅地開発も持っていただきたいと思いますけれども、現実は大変厳しいところもあるようでございます。
 それで、大変厳しい中で、将来展望が開けない、どうしてもここは大変な状況になってしまうと。最悪の場合は、やむなし、泣きながら解散をせざるを得ないというような状況になってはいかんだろうと。先般、陳情とかが執行部には当然出ているんだろうと思います。議会にもそれらしきものが出ておりますけれども、大変厳しいからああいう内容になっているかと思いますが、今後の事業を進めるに当たって、岩沼市にうら補償をしていただきたいような物の考え方が出されているようです。私はこの辺はやはり問題が出てくるだろうと思います。
 ただ、問題は、市の関係で、公的施設なり事業展開ということは大いにやるべきだろうと。国、県にも要請すべきだろうと。夢であるけれども、野球場のドームをつくるようなことなどもいいかもしれません。しかし、夢でしょう、これは。不可能でしょう。しかし、幾らいろいろな角度から見ても可能性がない場合については、最終的な関係で、被害を最小限にとめることについても市は頭に入れてやるべきだろうと思います。場合によっては、縮小、撤退等を含めて御指導を申し上げなければならないところも出てくるのではなかろうかと。その辺についての市長の考え方をお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話をいただきましたように、大変厳しい状況というか、こういう言葉を使って大変失礼でありますけれども、それこそ破綻寸前だという状況でありまして、ぎりぎりのところであります。もちろん、民間でやることとはいいますけれども、しかし、最初に申し上げましたとおり、まちづくりに大変な寄与をしていただくということで、公益性ということからいいましても、市としてはできるだけの支援はしなければならないという気持ちは持っているわけでございます。
 今言いましたように、公共施設云々ということにつきましても、確かに、大きな選択肢の一つだというふうに思います。かといって、例えば野球場というお話でございますが、夢を言っているうちに時間が経過してしまって、夢ではなくて、それこそできるだけ早いうちに何らかの支援策を講じたいという気持ちはやまやまであります。しかしながら、今、具体的に、こういった施設をここにすぐつくれるかどうかといいますと、今の中ではそういう決め手に欠くわけであります。かといって、簡単に、市の方で「お金をどうぞ」とか、そういうことはできませんし、開発公社で先行取得ということにつきましても、特定の目的がまだありませんので、なかなか難しいということでありますので、実は、支援はしたい気持ちはあるわけでありますが、今すぐにこれだということがないわけでありますので、その点、大変苦慮をいたしております。ただ、今お話をいただきましたように、国、県を含めて公共施設をというようなことにつきましても、大いに検討してみたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)ただいまは市長の方から基本的な物の考え方が示されましたけれども、私はそれで結構だろうと思います。名取市の実態等についても思い出していただきたいと思います。山の開発については大変な開発規模がございました。山手の開発でございますけれども。しかしながら、先行きの見通しができないということで、半分やめて原野に戻したと。そういうことがあるわけでございますから、この関係については、この新聞に書かれているようなまちであるんですけれども、展望が開けることがあるかどうか十分に見きわめていただいて、被害を最小限にとめるためには、場合によっては勇気ある指導も大事ではなかろうかなと思います。ただ、問題は、それは最後の手でございます。
 しかしながら、この際、各区画整理組合に対しては、最善の努力をして今後やっていただきたいと。岩沼市はもちろん、県、国、民間会社を含めて、ほとんど宅地を前提として開発を考えておるけれども、場合によっては、方向転換も含めてやむを得ないだろうと思う。夢と申し上げたドームの問題もありますけれども、そういう状況ではなしに、場合によっては、民間のいろんな事業所に何かの展開なども含めて考えていただいたらどうかと。市長に申し上げますけれども、やるに当たっても大分能力を使うだろうと思います。市の職員の配置等についても、あるいは組合との連係プレーにしましても、万全な体制で努力してみて、それで、どうにもならない場合は、先ほど申し上げたように、被害は最小限にとめるということを頭に入れて最終的な行動をやっていただきたい。その辺のお願いをしたいんですが、いかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)大変厳しい状況にあるということでありまして、実は、被害は最小限にということでありまして、本来はプラスがあるはずでありますが、それこそ、マイナスをいかに少なくするかということでありまして、大変厳しい状況にあります。ただ、岩沼といたしましては、よその地域のことは別問題といたしまして、今回の区画整理に取り組んだということは必ずしもマイナスではない、間違ってはいないと。ただ、経済の状況だとか、周辺の宅地供給の状況だとか、タイミングの問題、それこそ、もう少し早く着手をしたらよかったのになとかという思いは実はないわけではありません。しかしながら、方向としては誤っているわけではありませんし、繰り返し申し上げておりますが、市全体としての大きなプラスという面もありますので、そのあたりを踏まえながら、民間でやることとはいえ、まちづくりに非常に関係が深いということでありますので、引き続いて真剣に取り組んでいきたいと思っておりますし、何とか保留地処分を少しでも早く十分できるように市としても大いにバックアップをしていきたいと。区画整理の役員の皆さん方等との話し合いもできるだけ密に行えればというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時20分といたします。
    午前11時10分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番渡辺真多議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔16番渡辺真多議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)それでは、一般質問をさせていただきます。
 通告のとおり2問であります。執行部の明快な答弁を期待いたします。
 初めに、地震に対しての危機意識と危機管理についてということであります。
 この問題については、再三再四、毎回というぐらい、別な角度から、いろんな角度から質問をさせていただいております。市の方においては、防災課を立ち上げ、そして耐震度調査を進めてきているわけです。自主防災組織も24立ち上がってきたと。かなり進んできたなという印象を持っております。しかし、今までやってきた中で、危機意識と危機管理がちょっと違うのではないかなという印象を持っております。それで、今回また質問をさせていただいているわけです。
 ことし1月、政府の防災会議が宮城沖地震の被害想定をまとめて公表いたしました。最大で死者 140人を予想しております。また、建物全壊が約2万 1,000戸、県内はそのうちの1万 9,000戸であります。ライフライン ── 水道、電気、ガスが寸断され、17万から52万戸、うち県内は16万から48万戸が使用不能となるということを予想しております。官民挙げての備えが急務であるとされ、これは市長も同じ認識であると思っております。
 まず1点目、これから起きると予想される宮城沖地震の被害をどのように想定しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市独自で被害予測を行うといった科学的知見は持ち合わせておりません。したがいまして、県の想定を踏まえるということにいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)県がどういう岩沼市の被害を想定しているのか、それをまずお聞かせいただきたいということと。
 私が、岩沼の地の利、それから状況を考えたときに、例えば、新潟沖での地震で山古志村が孤立いたしました。皆無とは言えませんが、多分、孤立をするようなところはないだろうと。一番被害が想定されるのは、建物の倒壊、ブロック塀の倒壊による被害、人的被害ということが予想されるのではないかと私は思っていますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、岩沼市につきましては、県の想定によりますと、震度6弱と想定されているということでありまして、家屋等に加えて人的被害も予測されているということであります。
 震源域につきましては、今、宮城県としては三つ考えられておりますが、そのうち二つが、いわゆる宮城県沖地震ということであります。単独で起こる場合と連動される場合というふうに言われているわけであります。そしてまた、発生の時期、時刻、すなわち、季節だとか、あるいは時間帯だとか、気象条件によって、被害の状況というのは相当変わってくるのかなと思っております。さらにまた、津波につきましても、もろもろの状況によって異なりますが、発生のおそれがあるということで予測をいたしております。
 ただ、一応、予測の数字等は示されておりますが、実際のところ、今申し上げましたような、時間帯とか、いろんな状況によって左右されますし、また、岩沼全域も、例えば6弱と言われておりましても、地盤とか地質によって大きく変化があるということでありますし、また、地域によって相当な違いがあるということでありますので、一律にそういった状況だというふうに考えていいかどうかわかりませんが、最大限6弱ぐらいだというふうに一応予測されております。まず、想定としてはそうでありますが、実際、対応というふうになりますと、したがって、家屋等について、比較的危険性の高い昭和56年以前に建てられたものとか、あるいはブロック塀等で倒壊の危険があるというものにつきましては、できるだけ早く対応できるように、市としても支援策を講じていきたいということであります。
 公共施設につきましては、渡辺議員からもいろいろ御指摘をいただき、また、おしかりもいただいたわけでありますので、しっかり耐震診断を行い、それに基づいて、できるだけ早く対応していきたいということで考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私も、発生の時期、季節、時間、そういうもので被害が全然違うというぐあいには当然思っております。市長の言うとおりだろうと思っております。想定される被害ということで、建物全壊ということで、揺れが 500、液状化で 3,400、津波で 1,400、火災で1万 4,000。自主防災組織がいろいろ立ち上がっているわけですが、やっぱり火災を防止していくというようなことをやっていただくような形になるのではないかなと思っております。
 津波でありますが、津波をどう考えたらいいんだろうということを実は私は思っていたわけです。スマトラ沖地震では、地震の経験がなかったわけで、水がずっと引いたら魚がいっぱいいたと。住民が魚をとりにいったところにドーンと来てしまっているというようなことがあるわけです。津波というのは、これは日本語というか、英語でも「ツナミ」なわけです。日本という国は、津波の被害を世界じゅうで一番受けていて、別な言い方をすれば、津波対策が一番されている国だろうと思っています。しかし、この地域、津波というのはなかなか想定しづらい。住民の方も思っていないのではないかと。私もなかなか想定しづらいなと思っていますが、だからこそ危ないのではないかと。そして、海岸侵食で、間近に、波打ち際のそばに家が建っているという状況もあるわけです。ですから、この辺も、地域住民の方にもいろんなお話し合いをして、対策と情報等を流すようなことをしていただければと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)すべて渡辺議員のおっしゃるとおりだと思います。火災につきましては、例えば、宮城県沖の単独型の場合で、夏のお昼に起きる場合については、2カ所ぐらいは炎上するであろうというふうに言われておりますし、また、冬の夕方6時という時点で地震が発生した場合は、3件は火災が起こるであろうという予測があるわけであります。したがいまして、火災も地震の対策のうちでは大きなウエートを占めるということ、これも改めてまた肝に銘じて対応しなければならないというふうに思っておりますし、津波につきましては、実は、チリ地震津波の場合におきましても、あるいは三陸沖の地震、明治、大正、昭和と数々あったわけでありますが、岩沼は大した被害がないというふうに言われてきたわけであります。もちろん、今から1000年昔、千貫山まで押し寄せたというような話もあるわけでありますが、少なくとも、近代になってからはないという状況でありました。ですから、我々としては、津波につきましてはそんなに大きな体験がないということであります。
 ただ、渡辺議員御指摘のように、海岸侵食の状況等を考えたとき、これは相当真剣に取り組まなければならない。ですから、抜本対策としては、少なくとも無堤防地帯に早くしっかりとした堤防をやってもらうというようなことと同時に、避難の伝達などが速やかにできるようにといったような日ごろの訓練、心がけといったことも大切であるというふうに思います。特に、最近、学者等が、地震の規模に係る小さな地震であっても、状況によっては、大変大きな津波が押し寄せるというふうに指摘されております。岩沼でも、一応、どのくらいの津波が押し寄せるのではないかというふうに言われておりますが、これは状況によっては大きく異なるということでありますので、何といっても、津波等の注意報が出たときには速やかに対応できるようにと。これまでの経験からいきますと、繰り返しになりますけれども、ほとんど被害が出てこなかった。だから、岩沼は大丈夫ではないかとついつい思いがちな方もおられるかもしれませんが、そうではなくて、しっかりと対応できるようにということで、自主防災組織の出前講座等におきましても、そういったことにつきましては、徹底してこちらの方も啓蒙、啓発に努めていきたいと思っておりますし、連絡会みたいなものもありますので、そういった場でも、ただ単に、実際に揺れた場合の対応だけではなくて、火災とか津波とかということも視野に入れながら、できるだけ啓蒙、啓発を。そしてまた、対策をしなければならない我々としても、改めて肝に銘じて対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)そのように対応していただきたいと思います。
 次に移らせていただきます。
 公共施設の倒壊の危険に対応してきたけれども、残された部分についてはどうするのかということでまずお答えいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共施設で、耐震診断結果に基づいて耐震補強が必要とされているところはまず学校。具体的に申し上げますと、岩沼小学校の屋内運動場、西小学校の校舎、南小の屋内運動場、岩沼中学校の屋内運動場、北中学校の屋内運動場とあるわけであります。そしてまた、市役所の庁舎、二木の公民館 ── これにつきましては、閉館、解体ということであります。二の倉の海浜プールの管理棟、玉崎浄水場の排水処理棟、火葬場、両学習館というものが耐震補強が必要だというふうにされております。
 ですから、これらの計画といたしまして、まず学校につきましては、当初は平成18年、19年と考えておりましたが、現時点におきましては、18年度にすべての学校施設について補強工事を行うというふうに考えております。ただ、岩沼中学校の屋体につきましては、今、診断等をいただいておりますので、その状況によりましては、耐震補強だけでは済まない状況も考えられるかということでありまして、これにつきましては結果が出てからでありますが、原則としては、学校につきましては18年度中に補強工事を行いたいと。
 市役所庁舎につきましては、学校の次に年次計画をもって補強工事を進めていきたいと思っております。二の倉の海浜プールの管理棟につきましては、17年度事業ということでありまして、現在、補強工事を実施いたしております。玉崎浄水場と火葬場につきましては、18年度に補強工事を行うということにしております。学習館につきましては、現在、精密診断を行っておりますので、その結果によって対応してまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)今、市長がいっぱい施設を並べられたように、岩沼にはIS値 0.7以下の施設がこのくらいあるんだというようなことで、対応をいろいろやっていただきたいと思います。
 そこで、前回も質問いたしましたが、岩沼公民館は、倒壊の危険があるという診断が下されてからこの3月末で丸2年がたったという状況にあります。昨年の12月議会でこの件についてもいろいろ質問をさせていただきました。私の後に質問した佐藤一郎議員の「岩沼公民館の解体の件」について、教育委員会からこういうような答弁がされているはずです。「解体というところまではまだまいりません。予算的な面も必要となります。その辺については、協議をしながら詰めていきたい」と。この答弁には非常にがっかりいたしました。今年度についても予算が提案されていないようであります。協議をすると言っているわけですから、教育長はどのような協議をされたのか、どのように詰められたのか、お答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)岩沼公民館についてでありますが、今後、解体の方向で進めるという方向は間違いございませんが、平成18年度については、その解体はまだ考えておりません。この件につきましては、さらに市長部局と煮詰めながら考えていきたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)なぜすぐの解体を考えないのか、その理由をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)予算面もあると思いますけれども、安全・安心の部分もございます。ただ、今のところは、その後の利用ということも考えておりますので、その辺もかんがみながら今後検討していくというふうなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長の答弁は非常にわからないですよね、わからない。佐藤一郎議員も、私も思いますが、倒壊したら、その辺にいる人、もし通行人等がいたら、人的被害を及ぼしますよ。そして、閉館になるわけですから、空き家になるわけですから。岩沼のバイパスを教育長は車などで走っておわかりかもしれませんが、やめたパチンコ屋さんのあの厚いガラスが皆ぶっ壊されて火をつけられていますよ。火災になったら隣近所に類焼するかもしれないというような危険があるわけですよ。それを、予算面とか、考えていないとか。なぜ考えていないのか、もう1回、御説明いただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)予算でありますので、こちらでお答えをさせていただきますが、実は、市としては解体という方向は考えております。ただ、今のところは、教育用財産でありますので教育委員会の方で管理をしていただいているわけでありますが、御承知のとおり、3月31日で岩沼公民館は閉館となって、その後はこちらの方で普通財産として考えていかなければならないということでありますが、一つ、実は、公民館機能のほかに、御承知のとおり、シルバー人材センターに使っていただいておりますので、シルバー人材センターの移転について、今、シルバー人材センターといろいろお話し合いをしている最中でございまして、できるだけ早くと考えておりますが、3月31日までにどこかに移転してもらうというのは不可能であります。既存の建物等についてもいろいろ考慮したわけでありますが、これもなかなか難しいと。駐車場を含めて相当な面積が必要と考えておりますので、場合によっては、例えば、プレハブとかなんかも考えていかなければならないということであります。最終的には、シルバー人材センターとその後の事務所等について明確にまだ決まっておりませんので、少し時間がかかるということであります。したがいまして、今回の当初におきまして解体経費を計上させていただかなかったわけでありますが、行き先が整い次第、議会の方にお諮りをして、解体をできるだけ速やかに進めていくというふうに考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長ね、今、予算面について、だから私が答えますと市長が言ったわけですよ。教育長には予算権がないわけですから、例えば、こうしたいという要望を出していろいろやっていただければいいんですよ。教育長は市長と太いパイプがあるそうですから、それをやっていただければいいんです。例えば、今回、教育委員会として解体の予算要求をしたんですか、しないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)当初予算としては計上しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)計上ではなくて、予算要求をしたのかどうかを聞いています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほど市長が申しましたように、シルバー人材銀行等の問題もありましたので、私としては要求はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)予算面は、そういうことで要求はしていないんだと。シルバー人材センターの移転等もあるからしていないんだというお話ですけれども、もう1回お伺いします。倒壊の危険とか、そういうものについてどういうぐあいに考えているのか。何回も申し上げますが、倒壊の危険があるという耐震度調査の結果が出てから丸2年ですよ。これをどういうぐあいに考えますか。それを踏まえて答弁を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そういう診断が下されてから時間がたっているということでありますが、もちろんそれは十分重く認識しているつもりであります。したがって、今後、今市長が申しましたように、その辺については、速やかに話をしながら解決するというふうなことであります。一緒になってこの件については考えたいと思います。苦しい答弁で大変申しわけありません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長としては、いつの解体を望みますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)具体的にはまだ案としては持っておりません。この辺につきましても、相談の上に決めさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)すぐの解体は望まないんですか。すぐの解体。希望でいいんですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)すぐにというふうなことでなくして、今のシルバー人材銀行の問題等、いろいろありますので、何度も申し上げて申しわけございませんが、しばらくお待ちいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長とはなかなかかみ合わないみたいで。シルバー人材は教育委員会の所管外で、市長部局の方にあの建物を貸しているみたいな状態なわけです。ですから、教育委員会として、例えば、人的被害が出る可能性がある、こういう場合があると。であれば、教育委員会の見解として持つべきではないんですか。教育委員会としての見解を持つべきじゃないんですか。その見解をお伺いしたいということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いずれはこれは解体ということになるわけでありますが、今のところ、私どもといたしましては、「市長部局と相談の上、決めさせていただきます」ということしか言えませんので、この辺は、苦しい答弁になりますが、御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)なかなか理解ができないわけです。市長は、岩沼公民館については教育委員会の守備範囲だと。市長から、要するに、予算権を持っている者からいろいろと言うのはどうかと、法律的な問題もあるというぐあいに言っています。そして、教育委員会にしっかりやってもらっていると認識していると、昨年の9月議会で答弁しているわけです。耐震度調査、倒壊の危険があるという結果が出て丸2年たちました。こういうことを踏まえて、このことについて教育委員会にしっかりやってもらっているという認識がありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、教育用財産でありますので、教育委員会の方で責任を持って対応していただくということが一義的であります。ただ、耐震診断が出た結果、実のところは、できるだけ早く解体した方がいいという話は教育委員会の方に申し上げているわけであります。ただ、教育委員会としての事情としては、岩沼公民館があれだけ多くの市民の皆さんに御利用いただいていると、その活動の場をどうするかといったようなことで相当苦慮しているわけでありまして、その方向づけができる前に、簡単に解体して閉館という選択はなかなかできなかったのかなというふうに思います。これは私としてはやむを得ないことではないかなと。ただ、一般的にいいますと、何といっても、生命への危険性があるとすれば、できるだけ早く対応すべきだということで、最初に申し上げましたような形で市としては考えていたわけであります。
 実は、閉館ということを決めて、利用者の皆さん方にいろいろと御説明を申し上げ、4月1日からは新たな場所でそれぞれ活動していただくということになったわけであります。そういたしますと、今回の議会で閉館等についてお認めをいただいた場合には、結局、教育財産から離れて普通財産として市の方で管理をすると。そうなりますと、シルバー人材センターの行き場所が決まった段階では、市として市の方の予算を計上して解体をするというふうになりますので、3月31日よりも後のことにつきましては、教育委員会としては、もちろん跡地をどうするかという、教育用財産として何か考えているということだとすれば、教育委員会としての御意見をいろいろいただかなければなりませんし、ただ、まずは、前提としては、普通用財産ということでありますので、できるだけ早く解体を進めていきたいと。
 総じて、教育委員会の対応につきましては、ある面からいきますと、正直言いますと、もう少し早く対応してもらったらと結果的には思うわけではあります。しかしながら、今の時点まで地震が来なかったということでありますので、一方では、必ずしも責められないということも御理解をいただかなければなりませんし、そして、何といっても、繰り返しになりますけれども、4万人以上の多くの皆さんが利用されているというものを、その方々すべてがしっかり活動していただけるような場が簡単に確保できないという苦慮した点があるので、その点につきましては、残念なことではありますが、私としてはやむを得ない対応だったのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)お互いにかばい合っているというぐあいにしか聞こえないんですけれども。例えば、耐震度調査で倒壊の危険があるという診断が出たときに、教育委員会は当然、移転のシミュレーションをしたと。中央公民館では8割ぐらいしかカバーできないと。そこでとまってしまったんですよ。とまっちゃったんですよ。昨年の9月で大騒ぎをして、そこから動いたわけです。要するに、9月まで1年半そのままに投げられたと、そのまま放置されたということです。ということで、同じ質問を市長にもう1回お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは、投げられたというふうには私は見ておりません。その意味では渡辺議員とちょっと見解が違います。耐震診断の結果が出た中で、実は、我々といたしましては、できるだけ早く解体せざるを得ないということにつきましては、教育委員会の方にお話をしたことは確かであります。しかしながら、さっきも申し上げましたように、教育委員会としては、あれだけ多くの人たちが利用されている、それをできるだけ早く他の場所で活動してもらうと。ところが、なかなか十分な場が確保できない。我々としては、場合によっては見切り発車もやむを得ないなと。残念なことではありますが、緊急事態でありますので。そういうことは思ったわけでありますが、教育委員会としては、社会教育とか生涯学習を推進する立場としては、より多くの皆さん方にできるだけ引き続いて活動してもらうということで時間的な経過があったということでありまして、もう少し速やかにということは、今思えば思うわけではありますが、教育委員会としても相当苦しい選択だったということにつきましては、御理解をいただきたいというふうに思います。
 ただ、渡辺議員から議会で御指摘をいただいたことにつきまして、教育委員会が私の話よりもむしろ重く受けとめて対応しているということにつきましては、渡辺議員からは評価をいただいていいのかなと私は思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)市長からは、4万 4,000人弱の利用者があるので、次の利用の場を確保しないとなかなか移れないと。だから時間がかかってしようがなかったんだと。苦慮した部分もあるだろうと。私は視点が違うと思っています。4万 4,000人の多くの方が使っているからこそ、早急に対応しなければいけなかったんだという視点だと思います。これは答えは要りませんが、ぜひ早急な解体を要望いたします。
 私が非常に危惧しているのが、桜の中央集会所を気にしているわけですが、中央集会所の管理をしているところはどこでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)中央集会所につきましては、使えるうちはというような形で暫定利用を認めてきたという経過がありますので、当然のことながら、診断ということも一つ必要なことかもしれませんが、時期を見て、関係町内会の代表の方々と、今後どうすべきかということについてできるだけ早いうちに方向性を見出したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)中央集会所は、市長も隣近所ですから十分おわかりだと思いますが、2階については危険だから使用禁止なんですよ。下だけ使っているんです。ある意味で最も危険な建物かなというぐあいに私なんかは思いますけれども、早急な地元との打ち合わせをして対応をしていただきたい。これも要求しておきます。
 次に移らせていただきます。
 木造建物とブロック塀の倒壊対策はどう考えているかということで、民間の建物の倒壊について、要するに、耐震度調査等のことについてからやらせていただきます。
 昭和56年の建築基準法改正以前に建てられた建物、前の答弁からいうと、市には 5,500棟ぐらいがあると。平成15年度で30件の診断をしたと。そして、精密診断の相談が2件あったと。16年度では二、三件の問い合わせが来ていると。その後どうなっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)平成16年度では15件の簡易診断の申し込みがありました。それから精密診断は7件行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)いずれにしても、ほかの市も同じようなものだという前の市長からの答弁ですけれども、ほかの市はどうでもいいですよ。我々は岩沼市の議員であり執行部ですから。岩沼市として、耐震度調査を受けていただくように、いろいろPR、いろんなことをしなけばいけないというぐあいに思います。部長はPRを一生懸命やっていますという形なんですが、どういうようなPRをしているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)まず、市広報とか、ホームページ、FM放送などでのPR。また、町内会長とか区長さんのいろんな会合などがあります。そういう場でも、このようなことで助成事業をやっておりますのでよろしくというようなことで、機会があるごとにと申しますか、そんな形でやっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)一生懸命やっていただいてるんでしょうけれども、非常に低い率なんですね。石巻か気仙沼かちょっと忘れましたけれども、市の職員が対象のところを訪問して説明しているというようなことを聞いたことがあります。それで、理解をしていただいて、受けていただける方が多くなってきているというようなことでありますが、そのようなことを考えていただけるかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)たしか石巻で訪問しながらやっているというお話は伺っております。市の方でも、それがどれぐらい効果があるものか、少し調査をした上で検討してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ぜひ検討していろいろやっていただきたいと思います。
 次にブロック塀についてお伺いいたします。
 平成14年度の調査で、スクールゾーン内に 294カ所、そのうち危険もしくは補強が必要と判断したのが20カ所。15年度では3カ所除去したと、そして補助を出していると。平成15年度に調査範囲を拡大してハザードマップエリアを調査したら、 904カ所あったと。ハザードマップ内の、岩沼市全域の危険なブロックへの支援をどうするのか、補助をどうするのか検討したいというぐあいにあるわけですが、危険な 294カ所とか 904カ所のブロック塀というのは、どういうブロック塀を指しているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)スクールゾーン内の 294カ所につきましては、当然、スクールゾーン内ですから、子供たちが通学する通学路沿いの道路際に設置されているブロック。(「何段ブロック、ハザードマップでは5段なんだ」の声あり)ブロック積みされているものについては、ほとんどというか、本当に低いもの以外はカウントしているというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)除去か除却、同じようなことですけれども、これには補助制度があると。これをいろいろしたいということですが、これの進捗状況等はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)平成15年度ではスクールゾーン内で5カ所というお話をいただきましたが、平成16年度でも5カ所、スクールゾーン内が4カ所、ハザードマップ内が1カ所ということで、5カ所行っております。平成17年度でも5カ所、スクールゾーン内が2カ所、ハザードマップ内が3カ所という内訳でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)次にハザードマップがあるのでちょっと質問しづらいなと思っているんですが、ハザードマップに記載されているブロック塀は5段のものなんですね。5段以上積んであるやつを記載してあるんです。ハザードマップについては後で質問いたします。
 例えば、前の宮城県沖地震で人的被害を出したのはブロック塀の倒壊なんですよ。それで、補強ということでいろいろされたわけですが、前に御紹介した中央防災会議の記事の中で、仙台市は宮城県沖地震よりも被害が出るだろうと。利府長町の活断層の直下型の地震を想定しているわけです。岩沼というのは仙台からたかが20キロの近い場所にあるわけです。このことについても、ある意味で考えておく必要があるのかなと。直下型の地震になると、幾ら補強して幾ら基礎を大きくしても、みんなすっ飛んでしまうんですよ。ですから、例えば、高いブロック塀は何とか低くしていただくと。前に質問したときは、新しく建てるところについては、「低くしてください、こういう危険があんだから」とお願いしたらどうだと、と。そのときの部長の答弁というのは、「高さ制限については、都市計画法の地区計画などのいろんな関係で非常に難しい。ブロック塀の新設は相当厳しい基準であり、地震でも倒れないブロック塀になっていると承知している」と。倒れないブロック塀はありません。「倒れても、けがの程度が、人的被害が少ない程度にお願いをしている」と。前にも言いましたけれども、倒れたら私有物財産という観点ではとらえられなくなります。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)倒れない構造物はないと、確かにそのとおりだと思います。ただ、前にも申しましたとおり、個人財産でつくるというものに対してどこまで制限ができるかというような問題が一つはあろうかと思います。ただ、確かに、すごく高いブロック塀をつくって、周りから危険だと思われるものについては極力してほしくないというようなことでは、同じ思いであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)それは新築される方にぜひお願いをしていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午後0時1分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)4番目、ハザードマップの利用ということでお伺いいたします。
 ハザードマップには、5段以上のブロック塀、それから井戸、そして避難所が指定してあるわけですが、これをどういうぐあいに利用したらいいのか。ブロック塀が書いてありますが、これの危険を……、今言ったように、市民はなかなか対応ができないかと思いますが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)ハザードマップにつきましては、御承知のように、西部地区なり中央部地区あるいは東部地区の一部について今配布をいたして、それに基づいて、地域の中で、避難経路なり、あるいは避難経路にあるいろんな危険物とか、そういったことについていろいろ確認をしていただきながら、図上におろしていただいているという部分もございますけれども、これらについては、有事というか、地震などが来たときだけではなくて、常々、地域でいろいろと確認をしていただくのがまず第一だろうと思っておりますし、ブロック塀等につきましては、地域のどこにどういうふうに設置されているかというものをまず確認していただくというのが第一かというふうに思っておりまして、そのようなことをいろんな出前講座などでお願いをいたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)前にも申し上げましたけれども、特に第1番目に考えているのは、通学路内の 294カ所ですか、低くするようにぜひお願いをしていただきたい。でないと、子供たちは背が小さいですから、頭の上にどーんとブロック塀が落ちてくると人的被害も十分考えられるということで、お願いをしたい。
 では、次に移らせていただきます。災害対策本部と自主防災組織及び未組織地区との連携・連絡はどのようにしていくのかと。
 以前にもこれは質問させていただきました。防災対策本部に自主防災組織なり未組織の町内会から地域の情報を集めなければいけないと。地震になったら電話も通じなくなるということも想定しておかなければいけないわけで、前には、消防団が持っているような防災無線みたいなものを持たせたらどうだというような話をしたわけですが、消防団との兼務ということですけれども、それはちょっと違うのではないかと。消防団は消防団、別な災害のあるところに行ってしまうわけですから、地域にとどまっていないというぐあいに考えなければいけないと。ですから、その辺、もう1回お答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)災害が発生したときには、その程度によって、災対本部を設置して、直ちに被害状況などの把握をしなければならないというのは当然でございまして、その方法としましては、まずもって、自主防災組織など、あるいは地域の町内会、未組織の町内会を問わず、情報班が各行政区の区長さんの方に電話等、あるいは出向いて聞き取り調査を行うというのがまず第一になるかと思います。
 それで、連絡手段が途絶えた場合にはどうするかというお話でございますけれども、そういったところについては、今現在あります防災無線等を活用しながらできるだけ早く情報収集をしたいと思っておりまして、防災無線については、携帯型が20台、車載型が13台というようなことであるわけでございます。あとは、現場に行っておられます消防団員の方々から消防本部の方に、災対本部に当然消防団長以下が入っておりますので、その方々に直接情報が入ってくるというようなことになっておりますので、そういった情報伝達手段などを確認しながら、いち早く情報収集をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)前にも申し上げましたが、電話は不通になる、通じなくなるという想定をしておかなければいけないということであれば、消防団の持っている防災無線を利用するというけれども、消防団の方は、前に申し上げたように、地域にいなくなる可能性が多いと。実際に起きたところに行ってしまう。でも、災害対策本部としたら、いろんな地域の情報の収集、そして、地域にも情報を発信するということであるならば、やはり地域に防災無線等を置いておく必要があると思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)確かに、消防団員の方々が地域を離れるのは想定をしておりますけれども、そういったことも含めて、今現在装備をしております地域防災無線、先ほど申し上げました携帯型あるいは移動型、そういったものを活用していって情報収集をするというようなことを考えてまいりたい。あとは、出向いて情報収集をするというようなことになるかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)連絡等、要するに、情報の交換に十分意を払っていただいて、充実をしていただきたい。
 次に移らせていただきます。
 災害対策本部、緊急放送(FM)の設置場所はこの庁舎になっておりますが、考える必要があるのではないかと。この庁舎もIS値 0.7以下という診断結果が出ておりまして、補強を要すると。本部は上の方になるわけです。電気もとまると、エレベーターも動かない。そうすると、移動にも結構大変だということで、今度検討されている消防庁舎の方に機能を移したらどうか、持たせたらどういうぐあいに思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)地震等災害に対応する災害対策本部というのは、地域防災計画の中で市役所に設置するというふうになっております。ここから種々の指示等が発信されることになっております。したがいまして、例えば、FMの緊急放送にいたしましても、速やかに市民の皆様方に情報等を伝達するためには、災害対策本部と連動する必要があるということでありますので、一応、市役所庁舎の中に災害対策本部を置くという前提におきましては、現在の場所が適しているのではないかと思っております。
 しかしながら、新しい消防庁舎に設けるということにつきましても、一つの考え方ということでありますので、これにつきましては十分検討させていただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ぜひ十分御検討いただいて対応していただきたいと思います。
 では、大きい項目の2番、登下校時の安全対策について質問いたします。
 昨年、小学生をねらった卑劣な事件が相次ぎました。殺されたりして、いまだに解決をしていない事件もございます。これについては、市長、教育委員会、そして議会の方に、地域の方、岩沼市全部の保護者の方が心配しているのでしょうが、陳情がなされた。私も同行したわけですが、10日間で 1,900人近い署名が集まったやに聞いております。署名の集まりの早さを見ると、地域の皆さん、保護者の皆さんは大変な危機を感じている、何とかしたいというような思いがあふれているというぐあいに思っております。
 そこで、現況の登下校時の安全についてどのように見ているのか、お答えをいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)登下校時の安全についてでありますけれども、教育委員会といたしましては、これまでも、児童・生徒の安全につきまして万全を期するよう校長会等を通して指導を重ねてまいりました。特に、次の4点に万全を期すよう指導をいたしております。
 1点目は、児童・生徒に交番やこども 110番の家などの場所の周知を図ること、これが第1点であります。2点目は、登下校について複数で行うよう指導すること。3点目は、万が一の場合に大声で助けを求めるなどの対処法の指導を徹底するとともに、保護者、地域社会、警察等の関係機関との連携を深めること。4点目は、ふれあいパトロール隊などの地域の皆さんの協力を得て、子供を見守る体制づくりの充実を図ること。こういったことでございます。
 さらに、昨年の12月には、小・中校長会を招集いたしまして、児童・生徒の安全確保に関する緊急会議を開催いたしました。児童一人ひとりの通学経路を再確認するとともに、これまでの危険箇所等をマップに加え、不審者対策を意識した安全マップの作成が検討され、それぞれに取り組んでいるところであります。
 また、学校といたしましては、下校等に関して一斉下校をさせることや、必要に応じて教師がつき添う、巡視をするなどの安全対策が実施され、以前よりはさらなる安全対策が推進されてきていると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)対策が4点、場所の確認とか、いろいろあるわけですが、この事件をいろいろ見るに、本当にすき間をねらった事件なわけです。このすき間をいかに少なくしてやるか。安全を 100%確保できるとは私も思ってはおりません。非常に難しい問題だと思っております。そこで、スクールバスで登下校というか、できるのであれば、安全が今よりも高いレベルで確保できると。
 昨年12月20日の犯罪対策閣僚会議で、子供たちの登下校時の安全確保ということで6項目の緊急対策をまとめたわけです。その一つに、路線バスを活用した通学時の安全確保が盛り込まれておりますが、このような通達等は来ておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)来ております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)登下校時の一般質問等は、平成15年3月議会で、今はいらっしゃいませんが、三品彰夫前議員が同じような質問をしております。このときの教育長の答弁というのは、「地域から要望はあるけれども、特に不都合があるとは聞いていない。だからしない」と。もう一つの理由として、スクールバス等については、志賀分校等も含みですけれども、分校廃止に伴う覚書を交わしたやつでとり行われたものだと。しかし、こういう事件等が起きているということは、その当時とは時代が違う、状況が違うと。保護者の危機意識も前とは全然違う。通学路、距離だけではなくて、通学路の形態等によってもいろいろ考慮をしなければいけない。前に、教育長は答弁で「通学路の再点検」と言われましたけれども、その辺も含めて御答弁を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)通学路のスクールバス運行についてでありますけれども、御存じのように、昭和48年、相野釜分校の廃止に当たって、覚書に基づき運行を始めましたが、その後、平成10年の寺島、下野郷の統廃合に当たりまして、条件として、児童の通学を保障するために運行しているものであります。
 先日、陳情書、真多議員も一緒でありましたけれども、お聞きしました。その思いも十分私は持っております。ただ、御提案されたことを実施いたしますと、一部の路線で定員オーバーになるとか、あるいは、他の地区との兼ね合いがございます。すべてやらなければなりません。それから、アイバスへの影響等が考えられますので、その点については、今のところ考えはないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)前の質問で、危機意識、危機管理というような項目で質問をさせていただいていますが、このことについても同じことが言えると。どういう危機意識を持っているんだと。国の方から通達も来ているのに、検討もしないのかと。いろんな影響があるから、そういうぐあいに聞こえますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)安全・安心については、私も大切なものが幾つかあると思います。その中でいろいろ行政として行っているわけですが、真多議員がおっしゃるように、子供の安全に完璧はないという認識に立ってやっております。絶対に安全ということはございません。したがって、まずベースとしては、自分の身は自分で守ると、たとえ小さい子でも危機意識を持つと、これが一番であります。ただ、小学1年生にそれを持たせるというのは酷です。そのとおりであります。だから、子供の安全は地域ぐるみでやるというふうなことで力を入れて協力依頼をしているところであります。
 時代は変わったと言われましたが、あのときから、西日本の小学校だけでありますが、大事件が起きております。ただ、東日本では起きないから安心だという確約はございません。いつ起きるかわからないという認識のもとに、うちの方も、ふれあいパトロール隊、こども 110番、PTAの皆さんなどの多大な御協力によってチェックをしたりして、人の目、地域の光る目をどんどんとふやしております。ふれあいパトロールは 311名、 110番は 203軒になりました。これからもどんどんとふえ続けるということですから、そういう人の目をしっかりと持ちながら、これからも子供たちに危機意識を持たせながら、みんなで守るという体質をつくっていくということが我々の方針であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)今いろいろ御答弁をいただいたんですが、その中で、スクールバスで大変な事件が起きているという形の御答弁をいただいたんでしょうかね。違いますか。では勘違いですね。
 教育長にお伺いしますけれども、スクールバス利用の登下校というのは、今までの登下校のレベルよりも高くなると思いますか、低くなると思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのレベルということの意味合いをもう一度おっしゃっていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)いろんな事件なり、不審者に追いかけられたりとか、そういう危険性は多くなると思うか、少なくなると思うかと聞いているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今現在、不審者が彷徨しておりまして、ふえておりますので、それはこれからも多くなると。そういう意味では、レベルは非常に高くなる可能性はあると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)そこでお伺いしますけれども、今、志賀地区はアイバス等を利用していますので、玉浦地区のスクールバスに限定させていただきますが、4台のスクールバスが動いております。4号車と言われる相野釜地区は1年生から4年生で5人ですね。2006年、今度から7人が想定されていると。今、要望が入っています二の倉、藤曽根等、3年を混ぜて、長谷釜も含めると10名ですか。ここを例えばちょっと回っただけでカバーできるんじゃないでしょうか。いかがでしょうか。
 それから、もう一つ、1号車、寺島、蒲崎、納屋、来年度は46名になると。これは定員オーバーになりますよね。その辺はどう対応されるのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)寺島、それから蒲崎地区に行っておりますスクールバスにつきましては、現在乗車している児童・生徒は38名でございます。18年度は、御質問にありましたように、46名の児童が予定されております。この路線に使用しておりますバスでございますけれども、50人乗りのアイバスを使用しております。50人乗りのうち、座席については32席でございます。したがいまして、一つの座席に一人の子供が座るということになれば、議員おっしゃるとおりオーバーということになりますけれども、道路交通法では、12歳までの子供につきましては大人の 1.5倍まで乗車できるということでございます。したがいまして、バスの32席に 1.5倍を掛けますと48人。12歳までの48人の子供については着席できるということになりますので、定員オーバーとはならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)今は2番目の質問ね。渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)定員オーバーと言ったのはここだなと思って聞いたわけですが、教育長から前の答弁で「定員オーバーの問題もある」というぐあいに言われたので質問したんですが、教育長の答弁が間違いということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)今申し上げましたように、スクールバス、48名の児童を乗せたそれ以外に……、先ほどの46名というのは、寺島、それから蒲崎地区の子供でございます。そのバスに、議員からお話がありましたように、早股の中とかの地区の子供をさらに乗せるということになりますと、定員はオーバーしてくる状況になるという意味での答えをされたかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)議事進行。教育長が言ったんだから、教育長から答えて。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私が答えているのは、先日の陳情書どおりでありまして、どのような形で我々に要望書が来たかということを見てやりました。したがって、今、次長が答弁しましたように、実際は46名ですが、早股北・中の皆さん方を入れると58名になると。そうなると違反になるということで、私は整合性があると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)もう1点、答弁漏れ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)相野釜地区につきましては、現在、乗車している児童は5名でございまして、18年の4月1日からは7名になる予定でございます。したがいまして、このバスを使っている部分につきましては、さらに他の地区の児童を乗せるという部分につきましては、可能な状況にはあるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員、一つ一つお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)この地区については、対応するんでしょうか、しないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)現在、相野釜の児童を乗せておりますバスにつきまして、他の地区の児童を乗せるかどうかという質問でございますけれども、これにつきましては、先ほど教育長からも答弁がございましたけれども、他の小学校区におきましても同様の通学距離を通学している地区が複数ございます。岩沼小学校区、西小学校区、それから南小学校区にもそれぞれございます。そうしたほかの地区への問題もございまして、現在のところは現行の運行で行いたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)前の質問で教育長は、児童一人ひとりの通学路の見直しを行ったと。例えば、長谷釜地区なり二の倉地区なり藤曽根地区というのは、子供たちは田んぼのど真ん中を歩いてきますよ。学校のやつで、市全体で考えれば、梶橋の問題とか、名取の堀内、南竹の問題とか、いろいろ出てきますけれども、こういう状況をどう再点検して、どういうぐあいに評価したんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)各学校長に指示いたしまして、教員を出動して、夏休み、あるいは事件後に点検をしたわけであります。その結果は、うちの方には、見直し、いわゆる新たに通学路を変えるということは出てまいりませんでした。したがって、危ない地区といいますか、一人になる地区については、それぞれの地域の御協力によりながら、あるいは保護者の協力、あるいは教職員が寄り添うといいますか、途中まで行くということを考えながら、安全対策を考えているというふうに認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)陳情は、その地区の保護者なり地区の方から要望として出ているんですよ。地区は協力をしないとは言っていない。でも、共稼ぎでどうしても対応できないとか、自分たちの協力にも限度があると。そういうようなところを、こういうものが利用できれば何とかやれると。例えば、ある地区では、アイバスを利用したいが、利用するとおくれてしまう、だから使えないんだと。この辺の時間的な見直しとか、そういう程度のこともできないんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)すべてやるにこしたことはございません。子供の安全・安心に対して完璧という言葉はありませんから、いろいろと考えてはおります。このごろの現状を申しますと、昔は、我々の時代は、通学路だから安心だという考えがありました、でも、今はございません。家にいるから安全だと、全くございません。通学路と同じぐらい事件が起きているわけであります。それから、学校にいるから安全だと。この神話も崩れました。不審者が入るということで、カメラ、インターホン、その他の防災器具を全部やっても、簡単に破られて教師が殺害されたあの寝屋川事件。それから、近くの親に車で送られたから安全だと思った戦慄の長浜市のあの事件。そうすると、我々はどう考えたらいいかと。子供の安全・安心については、我々もいろいろ頭をめぐらせて知恵を絞りながらやっておりますが、最終的に行き着くところは、スクールバスももちろん大切ですが、それとともに、人の目といいますか、地域の目、それをふやすことが一番ではないかなと思うわけであります。したがって、みんなの知恵を出し合いながら、どうしたらいいかということを考えたいと思います。
 スクールバスについては、先ほども申しましたように、ほかの地区も同じ条件であります。岩小、南小、西小、すべて同じ距離のところから歩いているのでございます。これ一つ、大変言葉は悪いですが、許してしまいますと、すべて要求がまいります。そこまではまいりません。そうなりますと、スクールバスの増というふうなことになりますが、その辺も我々はまだ考えておりませんので、なかなか難しいところでありますので、この点を御理解いただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長の答弁の根底には、スクールバスというのは分校廃止に伴うものだと、そこが色濃く出ているわけです。私が申しましたように、時代は変わったと。国の方からも言われているわけですが、通学路の状況等を踏まえていろんな対応をしなければいけないと。通学路の見直しをしたわけでしょう。そうすれば、総合的にいろいろできるんじゃないでしょうか。
 施政方針等で、18年度にアイバス等を見直して19年度からやると。これは既定の見直しですよね。例えば、問題が起きたときに、なぜすぐ見直し等の作業とかにかかれないのか、かからないのか、私は不思議でしようがないね。いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、渡辺議員が玉浦小学校PTAの3名の方とおいでになって陳情書をいただきました。なかなか厳しい状況ということはよくわかっております。ただ、例えば、最後の時点で、「『いつもは私が送り迎えをしてたのですが、たまたまその日に限って仕事が忙しくて、どうしても迎えに行けなかったから……』と答えなければならないのでしょうか?そして、子供を殺傷した加害者はこの事件の実行犯だけと言えるのでしょうか?」ということであります。これは、つまり、実際に殺害をされた場合には、加害者だけが悪いのではなくて、いかにも岩沼市長が悪いみたいにこの陳情書ではいただいておりますが、そこまで果たしてどうかなと私は思います。ただ、渡辺議員もいつも言われるように、安全ということは第一に考えなければなりませんし、とりわけ、子供の安全ということに対しては相当意を用いなければならないと。これは当然のことだと思っております。しかし、教育長のお答えにもありましたとおり、すべてがこれで万全といったようなことはなかなか難しいわけであります。もちろん、そんな中でも、少しでもいいということにつきましてはできるだけ対応しなければならないということは思っております。しかし、大切なことは、保護者は保護者なりに、また、学校関係者は学校関係者、地域は地域、もちろん行政は行政として、それぞれ知恵とか力を出し合って、何としても犯罪のない社会をつくることが一番大切なことではないかというふうに思っております。
 スクールバスといって簡単にスクールバスを出す。実は、通学途上の犯罪件数と家にいて子供が襲われたりなんかする件数と近いというふうに言われています。通学路の安全ということはやっぱり大切ですから、これは守る。じゃスクールバスだと。今度は学校の中に入ってこられたときどうするかと。岩沼は、そういう意味では、比較的無防備です。だとすれば、鉄条網でも回して一切人が入れないようにするのか。帰れば子供たち、でも家の中で安全はどうなのかと。また、子供たちが遊び場に行ったとき、ガードマンをつけなければならないのかという話になってきます。そんな社会になるとすれば大問題であります。
 もちろん、今言われているのは通学路での不安だということですから、それを解消しなければならない。せっかくスクールバスがあるんだとすれば、もう少し知恵を絞って、あるいはアイバスがあるとすれば、アイバスを何とかできないかということ。これも切実な願いであり、渡辺議員もその人たちの意を受けてやられているということもよくわかります。ただ、アイバスにつきましては、一応、市民の皆様方の、いわゆる交通弱者と言われる方々の、例えば、医療機関だとか公共施設あるいは駅等へのアクセスのバスとして運行しているということが基本であります。もちろん、可能な限り有効活用を図りたいということでありますので、何とか可能だとすれば、そんな形で対応できる。
 しかし、実際のところ、今、市民バスというのは限度がありまして、台数の制限もありますし、また、例えば、新たな方向でバスを運行するとすれば、全体としての時間がかかり過ぎて果たしてどうなのかなとか。あるいは、例えば東部地区を見ますと、アイバスというのは、運行経路は大体岩沼の中央部と東西に結ぶ路線であります。ところが、スクールバスは南北に走らせてないとだめでありますので、アイバスと今回の要望のような形がスムーズにかみ合わないという面もありますので、そのあたりをどういうふう工夫するか。もし具体的にいい知恵があったらお聞かせいただきたいと思いますし、また、議員の皆様方には、渡辺議員がお一人でおいでをいただいたわけでありますが、ここにはPTAの会長をされている議員の方々もおられますので、そういった方々にもぜひ御意見をいただき、議会として、総意として何らかの形で対応できるとすれば、我々としては何とかして対応したいというふうに思いますし、改めてまた、地域の皆さん方とか、親あるいは学校関係者、防犯関係者から広く意見を聞いて、教育委員会の方でも聞いてもらって、その中で、どんなことがいいのか。それでもしスクールバスが最善だということになるとすれば、多少お金がかかったとしても、何とか工面してと。ただ、場合によっては、今は財源がありませんので、何かをやめてでもやらなければなりません。そのときに皆様に御理解いただけるかですよ。いろいろ何でもかんでもどんどんやれやれやれやれといって、一方では行政改革だというふうに言われて、どうするんだという問題です。でも、そこは、議会の皆さんの総意で、市民の皆さんの意を受けて、PTAの人たちの意を受けてやるんだとすれば、我々としても、何としても進めていきたいというふうに思っています。
 しかし、今の状況としては、市民バスについてはそういう問題がありますので、ここで簡単に、「はい。渡辺議員、わかりました」というふうにお答えができないのは非常に残念なことであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)御丁寧なる答弁ありがとうございます。
 私も市長と同じ考え方で、アイバスを、知恵を出して工夫して回すという形で何とかカバーできないかと。それと、分校廃止に伴うものだと。その辺はもう浚にしていただいて、トータルで、岩沼市全域でどういうぐあいにスクールバス等を、子供たちから危険をなくすのか等を、今市長が言われたようないろんなところで検討する。できるならば、すぐにでもできるような場所というのが今言ったところはあるわけですよね。その辺は、できるところからやるというスタンスでやっていただきたいと思います。
 それで、教育長のところに陳情に行ったときに、陳情者から、どこですか、藤曽根か二の倉かの子供が足の骨を折ったと。松葉づえで通学するのは大変なので、スクールバスを使わせてもらえないかと教育委員会にお願いしたら、「だめ」だと断られたと。こういうことはありますか。事実、あったでしょうか。あったら教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)はっきり確認はできないところでありますけれども、そうした話はいただいたことがあったかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)断った理由は何なのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)真多議員、通告に沿った質問をしていただきたいと思います。(「議事進行」の声あり)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)議長の、これは通告外だというのはちょっと納得できないんですが、一方的に言わせていただくと、今までの教育委員会がスクールバスとして対応できない理由がこういう子供にも壁になっているのか。その辺も本来なら柔軟に対応すべきではないのかなということをまず要望させていただきます。
 もう1回確認させていただきますが、市長も言いましたけれども、教育委員会として、スクールバスの運行について抜本的に見直しをするつもりがあるのかないのか。今までの話だと、ほとんどないと。今の状況を変えると、ほかのところにも大変な影響が出て収拾がつかなくなるので、現状維持でそのまま踏襲するんだというぐあいに聞こえますが、いかがなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども答弁いたしましたが、今のところその考えはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)どうしてもやらないということだと、これ以上やってもしようがないんですが、ぜひ頭を柔らかくしていただいて、市長との太いパイプもあるわけですから、教育委員会としての、子供の安心・安全というところを……、家の中にいても危ない、これは教育委員会の管轄ではありませんから、それは親に任せていただいて、検討をいただきたいということを申し添えて終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員の一般質問を終結いたします。
 13番長田雅裕議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔13番長田雅裕議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)新政クラブの長田雅裕です。
 通告に基づいて質問させていただきますが……、

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)静粛に願います。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)(続)一部の案件で前任者への答えも十分聞かせてもらいましたので、若干省く部分もありますので、よろしくお願いいたします。
 まず、グリーンピア岩沼についてです。
 市長から、施政方針の中で、3年を越えたグリーンピア岩沼が、市民の健康づくりと生涯学習の場として利用開始され、当初の利用計画値を上回っているとの報告がありましたけれども、非常に喜ばしく思いますし、市長を初め職員の努力が実を結んだのかなというふうな感覚で聞いておりました。
 そこで、直近の1年間、平成17年の12月までのいろんな種別の利用者及び参加者の人数をお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)グリーンピアの事業につきましては、議員の皆様方を初め、多くの市民の皆様方にいろいろと御支援、そしてまた御利用をいただいております。グリーンピア管理室の総合健康増進事業、健康増進課の健康教室、介護福祉課の介護予防事業、教育委員会生涯学習課の野外活動事業などが主な事業ということで行っております。
 具体的な施設ごとの利用者等につきましては、総務部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)グリーンピアの各施設ごとの利用状況を、1月から12月ということでございますので、それらについて、実績に基づいて御回答申し上げたいと思います。
 17年の1月から12月までの利用者につきましては、温水プールにつきましては3万 6,961人、体育館1万 8,800人、体育館の上にありますダンスルームでございますが 4,800人、テニスコート1万 1,129人、フットサル場1万 7,321人、その他グラウンド・ゴルフ場などを加えた、温水プールを除くスポーツ施設の利用者の合計が5万 6,265人となっております。
 また、ホテルの中にございます入浴施設、日帰り入浴でございますが、これには約4万人というふうになっております。
 それから、それぞれの事業をグリーンピアの施設の中で展開いたしているわけでございますが、健康増進課の健康教室、これは温水プールを利用して、生活習慣病の改善事業などの教室を開催いたしているところでございますが、水中ウオーキング教室などを53回開催し、参加人数は延べ 541人。また、介護福祉課の介護予防事業ということで、トレーニングルームなりプールを利用した予防教室については、延べ 400人が参加をいたしております。
 次に、教育委員会の生涯学習課の事業を、野外活動施設がオープンしたことによって、あそこを利用したキャンプあるいはインリーダー研修なども行っております。この野外活動施設については、17年の9月から本格的な利用を開始いたしております。そのほかにも、芋煮会、あるいは野外炊事施設を利用した日帰り利用を含めますと、9月以降約 1,200人の利用があったと。残念ながら冬期間の利用はできませんので、11月末までの利用ということになるかと思いますけれども、 1,200人の利用というようなことで、多くの方々にグリーンピアにおいでをいただいて、各施設を有効に活用していただいているというような状況になってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)このようにすばらしいし、また、もしできましたら宿泊客、これは別に年度にかかわらず1年で、18年度から、若干のというか、相当の額の収入をもらえるんだと思いますけれども、もし差し支えなかったら、宿泊者の予測ですね、今までの実績あるいは今後、18年度で見込まれるお客さんをどのぐらいに見ていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)当初から申し上げていましたとおり、宿泊施設については、市ではなるべく顔なりなんかは出さないように、声なんかを出さないように、企業としてやっていただくということを前提にして運営していただいておりますが、目標としましては、部屋の稼働率を40%前後にはしたいという目標を立ててございますので、現在はその目標値に近づいているというふうなお話を伺っておりますので、相当数の宿泊の出入りがあると伺っております。申しわけございませんけれども、人数についてはちょっと把握していません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)それから、市民バスでの利用者はどのぐらいになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)グリーンピア施設のオープンに合わせまして、市民バスの運行回数を、グリーンピアの方に直接乗り入れる分も含めて、前回の見直しの際にいろいろと御検討をいただき、特に、休日の朝早い時間帯にはほとんどのバスがグリーンピアに上ってくるというような状況になっておりますが、市民バスの利用につきましては、平日で約 6,700人。休日は、家族の方に送られてくるとか、あるいは乗り合いで来るとか、バスの利用者が減るようでございまして、休日ですと 1,791人ということで、合計の利用者は 8,577人程度になっていると。この数字につきましては、一人ひとり御確認したわけではございませんので、おおよその数字ということで御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)私も、たまたまお天気が悪いときとか、ちょっと夕方行ってふろに入ったりするときいろいろ話を聞くんですが、日帰り入浴は非常に評判がいいんですね。近在からもかなりおいでになっているようです。一部の方は、荒浜とかと比較してもっとどうのこうのと。中身はともかくいろいろ話はあるんですが、その中でも一番気になっている話が、実はグリーンピアに行ったときも担当者にもちょっと話してきましたけれども、あそこに行くと、「暴力団、入れ墨の方はお断りします」というのがあるんですね。その辺で、同僚とも、人権の問題をいろいろ話をしたことがあるんですが、その辺の取り組みは、言いにくいでしょうけれども、部長、どんなふうにしていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)雅裕議員、ただいまの質問は市民バスの利用ということで。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)だから、市民バスの利用者の話として……。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ただいまのは通告外になります。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)回答は要りませんからお話ししますが、そういうことで、不快を寄せる方がおるんですね、入っていると。これには答えは要りません。
 それで、私なりに、名取にあるスーパー銭湯なり、あるいは、行き先の遠刈田とか秋保の温泉のそう書いてあるところの支配人なり担当の人に聞いてきましたけれども、やはりなかなか言いにくいのが現状らしいんですね。特に、日帰り入浴がはやってきてからああいうのを張るようになったそうなんですね。日中、皆くつろぎに来るので、不快にさせたくないというようなことからやっているそうで、遠刈田では、そういう人たちは日を改めて来ていただくと、時間帯を決めて入ってもらうというようなことを言っていました。
 それから、名取のスーパー銭湯では、行った場合に……。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)今、市民バスの問題で質問していると思うんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)ですから、そこに市民バスで来ている方の話を私は言っているんです。そんなことがあるんで、その辺、今後、バスで来た方が、利用した方が不愉快にならないようにひとつお願いしたいと。言いにくいと思いますが、そこら辺を頭に入れてグリーンピアのおふろの方の運営をしてもらいたいなというふうに思っているわけです。
 次に移りますが、非常に御苦労なさっていると思いますけれども、山林の管理はどのように運営されているのかをまず伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)グリーンピアは、御承知のように、 177ヘクタールのうちほとんどが山林でございまして、その管理というのは非常に大変というようなことになるわけでございますが、すべてを完全に管理することはなかなか大変でございますので、山林の管理につきましては、森林保全、それから維持管理を目的に、山林の下刈り、あるいは傾斜地の雑草の刈り取りといったものを宮城県の中央森林組合に委託をいたして、定期的に管理をしていただいていると。
 それから、対象区域内で年2回程度の作業を森林組合の方でやっていただいておりますけれども、それ以外にも、地元の北長谷地区の皆様方に年2回、重立った散策路の草刈り作業をお願いいたしているところでございます。さらには、市民ボランティアの方々、多くのボランティアの方々にグリーンピアで御活躍をいただいております。山野草の保全、あるいは樹木に名札をつけたり、管理をしていただり、散策路の清掃活動といったようなものが市民ボランティアの方々によって行われているということで、市で委託をして管理する部分とボランティアの方々で自主的にやっていただく部分が、最近、きっちりと分かれてきていると思っております。大変ありがたいことだと思っておりますが、今後も、多くのボランティアの方々に来ていただいて、自然に親しんでいただいて、ついでに管理を、あるいはボランティア活動をしていただければありがたいなというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)私、去年ですか、フットサル場の上をずっと歩いて山を見ましたけれども、非常にきれいに刈ってあるんですね。まだまだ奥があるんですけれども、この程度で仕方がないんだろうなということで見てまいりました。
 それから、一番気になるのが、裏というか、郡境ですね、柴田側。あの西側は非常にきれいに刈り払いされています。ですから目立つわけですが、あの場所から若干三色吉側ですね、頂上の北側ですが、あそこは竹がいっぱい出ている。ですから、今部長からお話がありましたような形で、毎年刈る必要もないが、地区を決めながら、3年か4年でも、大変だと思いますけれども、そんなふうにして回った方がいいのかなと思います。また、今、北長谷の方は地元の方々にお願いしていると言われますけれども、近隣の三色吉、あるいは私の長岡の方にも、長岡も山の管理は大変なんですけれども、声をかけながら、ぜひ多くの市民が参加されるような、そういうふうに考えたらどうかと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)当初、施設そのものが北長谷、地元にあったものですから、特に地元の方々にお願いをしてということでございますが、そういったお話をいただいておりましたことから、今後も、各地区の方にもしお手伝いしていただけるのであれば、グリーンピアの方としても……、かなりの広い敷地でございますが、まだまだ手の届かない部分も、先ほどお話がありましたように、部分的にはあるんですね。そういったことも含めて、お手伝いしていただけるのであればお願いしたいな思っております。ひとつ御協力のほどをよろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)特に、市民ボランティアの方々は、山野草とか、そういうことで、大事に育ててくれるんでしょうから、それは場所のいいところを提供されながら、不便なところは地元の人たちの応援をいただくというような方向で、きれいに管理されればすばらしいかなと思います。
 次に移ります。今後、施設の増設や新規施設はどのようなものが考えられるか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現時点におきましては、現有施設の有効活用ということを基本に考えておりますので、現在のところは、施設の増設あるいは新規施設の設置は予定いたしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)実は、提案なんですが、グリーンピアができた後、あそこでカントリーマラソンということで……、私がちょうど農協にいたときですが、大久保初男さんに「あそこをカントリーコースにどうでしょうか」と来ていただいて、半日、栗木平から今のグリーンピアの山をぐりっと回りながら、ゴールをグリーンピアにするとかなりきついから、ここを出発して、どこか別なところを着地点にして、1万メートルと 5,000メートルのコースをつくっていただいて、子供たちには 3,000、 1,000と。要するに、途中で削りながらやったことがあります。ぜひグリーンピアの中にカントリーコースを、1周 500メートルぐらいでできると思うので、今後、その辺、野外でマラソン、あるいは、東北大会などができるくらいのコースなんか十分可能じゃないかなと思ったりしていますけれども、その辺、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)せっかく長田雅裕議員からの御提案でありますので、まず十分調査をして研究をしてみたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)野外活動の一環として、そんなに金はかからないというと失礼だけれども、そのようにひとつ検討をお願いしたいと思います。
 次に、安全、安心対策について。この部分はただいまの渡辺議員とも重複する部分がありますけれども、まず御答弁願います。
 ふれあいパトロール隊の人数、さっき 311名とありましたけれども、学区別にパトロール隊とこども 110番の委託戸数についてお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)ふれあいパトロール隊でございますけれども、まず、岩沼小学校区では37名、岩沼西小学校区では46名、玉浦小学校区 137名、岩沼南小学校区39名、そのほかに、団体で加盟しておられる方々がございますが、こちらが52名おられます。この合計が 311名となるものでございます。
 それから、こども 110番の家の関係でございますが、岩沼小学校区で60カ所、岩沼西小学校区41カ所、玉浦小学校区51カ所、岩沼南小学校区51カ所、合計 203カ所でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)ありがとうございました。
 そこで、ボランティアはボランティアということで前にも教育長から話がありましたけれども、特に、こども 110番に委託している人たちのサポートですね、年間どのぐらいの数で訪問したりいろいろ情報を聞いたりとかしているのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)ふれあいパトロール隊につきましては、市民ボランティアの皆様によりまして活動していただいているわけでございますけれども、当然、登録していただいております方々のそれぞれの都合に合わせまして、児童・生徒の登下校の時間帯を中心に活動をしていただいております。したがいまして、どの方がどのぐらいの回数見回っていただいたかという部分につきましては、集計が難しく、できていないところでございます。
 それから、こども 110番の家でございますが、現在まで、子供がその家に駆け込んだという報告はないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)いいんですけれども、こども 110番の方に、「最初、市から何か連絡が来るの」と言ったら、「全然なく、ただ張らせてけろと言うから張っていたんだ」と言うんですね。それから、私、四、五カ所、聞いてみたんですが、皆そんな感じの受け取り方をしているんですよ。ですから、私、びっくりしてこれをきょう質問に上げたんです。今まで余り気にしなかったんですが。ボランティアでやられているふれあいパトロール隊については、これは都合のいいときと、そういうことは十分わかりますから結構ですけれども、ただ、せっかく張っていて、張らせでけろというから張ったんだというような、そういうのでもちょっとおかしいと思ったんです。その辺、教育長はどう思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)こども 110番については、平成9年、宮城県で第2番目に設立され、市全体では最初の設立であります。大変歴史と伝統のある 110番でありまして、それで、一昨年、先ほども申しましたように、ここに市P連の会長さんもおりますが、PTAの御好意により、絶大なる協力によってチェック活動をしました。そうしましたら、何軒か空き家になっていたという実情であります。そして、さらに再チェックして、新しく勧誘をしました。その結果、 203名であります。何もしていないというのはちょっと言い過ぎです。昨年、警察の方を呼びまして講習会をしました。そして、情報交換をしっかりとしました。協力体制は万全だよと、しっかりやってやるよというふうな確約もとりました。ただ、何人かの方々は参加できなかったと思うんです。その一人が、雅裕議員がおっしゃっている家ではないかなと思うわけです。
 定期的にこの研修会は持つつもりでございます。御了承いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)たまたまその方がそういうことも話ししなかったし、とにかく頼まれてややっているような、それも、勝手に張っていったような、張ってもらったような話をしていたもんで、これは不勉強で私の方が失礼しました。張った以上は、十分に協力するようにお話ししておきたいと思います。
 そこで、安全な地域づくりのための環境整備について次にお尋ねしますけれども、今、お答えにありましたように、かなり早い時期、市で一番早くこども 110番をしたということですが、今言ったように、PTAの協力で始まったということもありますし、これは子供の安全・安心ばかりじゃなくて、防犯に関してサポーターの導入。これはほかでやっている地域もあるんですが、ここにある地方公務員法第3条第3項第3号に規定する「特別職の非常勤の嘱託員」ということで、常に巡回活動する地域がかなりふえてきているんですね。そういうことで、防犯サポーターというようなことで、今お話しした、ふれあいパトロールの方、あるいは 110番とか、いろんな関係団体とあれするような、そういう設置は考えておりませんか、どうですか。市長、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)犯罪がいろいろ社会問題になっている今日でありまして、犯罪のない安全で安心なまちづくりへの取り組みということが非常に重要になってきております。それは議員おっしゃるとおりであります。
 防犯活動は、まず警察にしっかりやっていただいて、そしてまた、自治体あるいは地域住民の皆さん方が一丸となって取り組むということでありまして、本市におきましては、五つの地区で組織されている防犯協会の中の防犯指導隊の方々による防犯活動、さらには、ふれあいパトロール隊による通学路等におけるパトロール等の活動が行われております。当面は、以上のような地域における防犯活動への取り組みに対して積極的に支援をしてまいりたいというふうに思っております。
 防犯サポーターの件につきましても、どうすべきかということを研究してみたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)ひとつよろしく御検討のほどをお願いします。
 それで、(2)番目の、庁内の防犯体制の「強化」ではなく「連携強化」ということで、そういうことで阿部課長にもお話ししましたけれども、庁内の、教育委員会所轄あるいは民生部所轄とか、総務部所轄とかといろいろあるわけですが、それぞれの担当係長なり課長なりが定期的に庁内で共通のあれに立った会議なんかはやっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)防犯担当の部という立場で、事務的に庁内全般的な面から回答申し上げますが、庁内の防犯体制につきましては、まず、施設での防犯体制としまして、一つは小・中学校での取り組みでありますが、不審者や事件の発生などがありました場合、岩沼警察署の方から教育委員会の方に情報が寄せられます。その情報を各学校に連絡するといったネットワークができておりまして、児童・生徒の安全確保に努めているというのが一つであります。さらには、保育所などでありますが、これにつきましては、岩沼警察署で岩沼・名取地区幼稚園・保育所安全対策協議会というものがつくられておりまして、これに参加しまして、各施設と連携しながら、防犯訓練とか情報交換、研修などを行いながら、園児の安全確保に努めているということであります。
 さらに、庁内には教育委員会と各学校との教育調整会議というようなものもありますし、また、福祉事務所所管ですと、保育所とか児童館とかの連絡調整会議というようなものもございます。そういった関係部署内での調整会議という中で防犯面の取り組みを行っているというものであります。
 今後、さらに、防犯にかかわる関係課等の連絡強化ということも考慮しながら、庁内の防犯体制の強化に努めていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)定期的にやっているということで理解してよろしいですね。
 次に、防犯灯、十分なくらい立っているような感じがしますけれども、このごろは、もう少しあってもいいなというところが目につくようになったわけですね。特に、幹線道路についてはそんなではないんですが、各町内で管理している防犯灯は、今どきこんなものをまだ立てているのかなというのがありますが、これらを、場所によりますけれども、大型化にして、年次的に増設あるいは改良した方がいいと思うんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)夜間における照明につきましては、ただいま議員さんがおっしゃいますような、市が設置している道路照明灯、それから、各町内会に設置、管理していただいております防犯灯がございます。道路照明灯につきましては、交差点とかカーブ、道路がカーブになっているような危険な箇所などに設置いたしております。防犯灯につきましては町内会で設置していただいているということでございますが、それに対して、設置費の補助だとか、改修する際には改修する際の補助、それからまた電気料の補助などもさせていただいております。
 ただいま申されましたような、町内会の中の部分で古くなって少し暗くなっているというようなところについては、ぜひ町内会の方で新しいものにお取りかえをいただくようにお願いしたいというふうに思っているわけであります。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)それはそうなんですけれども、私は、もう少し点検しながら、もっと明るいのを市がつけた方がいいかなとかね。町内でやるのはそれは当然ですが、今の防犯灯は、木が邪魔になるとか、低さが目立つのがいっぱいあるんですよ。そういうものを、申請型ではなくて、もっと付近を明るくしようとするそういう方向に指導なりをやった方がいいんじゃないかと思うんですね。私が言っているのはそういうことなんです。町内会から申請があったらやるではなくて、町内などを、市の担当が、ここはちょっと直しましょうとか、蛍光灯とかなんかを直そうかとか、余り電気料のかからないようなものに直すとかとさっき言っていましたけれども、そんなふうに改善するとか、そういうお答えが欲しいんですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)市の方では、ただいま申し上げましたように、防犯灯に対しての設置補助だとか、それから電気料補助をしております。電気料補助については、毎年、年度末近くになると、町内会長さん方が市の方に補助申請の用紙を持ってまいります。その際にいろいろお話は申し上げております。なおかつ、新しいものにする際には、例えば、水銀灯とか白熱灯とかがついているのであれば、もっと明るくて電気料の余りかからないナトリウム灯などというのもありますよということで、そういうことを奨励しながら、より明るくなるように、また、省エネになるように、いろいろお願いをしているところではございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)菅原部長が言うとおりですから、その際、各町内に今のお話を出して、明るいまちにするようにお願いしたいと思います。
 次に、生活安全条例、これは前にも同僚議員が提案したと思いますけれども、今、私が一番感心しているのが、防災課が発足した途端に、岩沼町内は、どこの町内も必要でないものまで頑張って……、課長を初め3人で、出前講座と称して、私の方の長岡は要らないとかと言っていたんですが、ついに負けまして、ことしのあれができたわけなんですが、町内では、防災のほかにいろんなのを持っているんですね。育成会の会費を納めだとか、防犯協会の会費だとか、町内ではそういう地域がいっぱいあると思うんです。そうしますと、そのために今まで分散させられた安心・安全政策を、防災課のように総務部内に置くべきではないかなと考えております。したがって、先ほど来、毎回議員たちがお話しされているように、1カ所で防犯がぱっと市内に広がるような組織として、ぜひ子供の安心・安全、あるいは防犯とか交通安全、すべてですが、それらを総括できるような条例を制定すべきと思いますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)生活安全条例の制定ということでお話をいただいておりますが、(仮称)「犯罪のないみやぎ安全安心まちづくり条例」の制定の準備が今行われているというふうに伺っております。宮城県全体として安全・安心な県土をつくるということは非常に重要なことでありまして、そういう意味では、むしろ、県全体として取り組む方が……、ここの町にはあるけれども、よその町にはないとかという形よりは、県土全体でできるということで、そちらの方で制定されるとすれば、改めて岩沼市で制定することがなくてもいいのかなと。
 特に、条例案の中身を見ますと、県の役割、あるいは市町村がどんなことをしなければならないのかとか、県民とか、事業者としての役割、そして、基本計画も立てることになっておりますし、具体的に、例えば、広報・啓発の仕組みとか、あるいは、先ほど議論がありました通学路等における児童等の安全の確保だとか、それについては、特に、知事と教育委員会と公安委員会が共同して指針を定めるというような形になっています。ですから、この問題にしても、県の方で指針を示し、それに従って県内の市町村が一斉に取り組むことによって、相当意味のある形になってくるのかなと思いますので、改めて岩沼市で制定するということよりは、県の条例化が進められ、その中で岩沼市としてきっちり対応していくということの方がいいのかなというふうに今は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)前にもその言葉を聞いておりますから、これから我々も我々なりにいろいろと検討していきたいと思います。
 次に土地区画整理事業についてですが、三色吉南土地区画整理組合から二度目の陳情の提出があったわけです。先ほどの梶谷議員に対するお答えで十分なわけですが、(1)問だけ、1回目の陳情の際、どのような指導、改善等を示したのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)11月23日に陳情がありまして、その内容につきましては、一つとしては、岩沼市土地開発公社による保留地及び賦課金相当分の換地の買収についての要望と、二つ目としては、岩沼市による無利子融資の貸し付け及び事務局の支援ということでの御要望をいただきました。
 この御要望をいただきまして、岩沼市としては、すぐに取りかかるということはちょっと無理な状況だということをお話しいたしました。とりわけ指導とかということではありませんが、今申し上げましたように、2項目の御要望に沿うことはなかなか難しいと。しかし、市としては、公益性とかといったことを考えてみますと、何らかの支援は行いたいと。それにつきましても、議会の承認が必要ということでありますので、まずは、地域の、つまり、西部地区の議員の方々に相談をされてみてはどうでしょうかということでお話を申し上げたということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)それで、(2)番として上げましたけれども、これは、梶谷議員への市長の答弁で、それでいいと思います。
 ただ、私は、今後、新しい支援が考えられるとすればですが、その間、市の担当部署にお願いしたいのは、名取市の愛の杜ですね、あそこがこういう問題を抱えまして、年度内に組合に組合員に一区画ずつ売ってほしいと、こういう理事長からのあれで、それぞれの組合員が本気で売った人もあれば、売るところもないからと自分で買った人もあったように、今月末までにそういうようなことをやっている場所があるんですね。ですから、私は、里の杜のあの厳しい中を、あと8区画で終わりだという市長の報告もありましたし、そのときに担当した職員に、「議員さん、何だかんだ言ったって、みんなが一つになることだ」と。一つになって売ることなんだということを聞いたことがあります。市の部署の方も、一生懸命やっているとは思いますけれども、その辺を組合員に、ここはいい場所なんだから、とにかく一致団結して売り切るんだというような、そういう位置づけをぜひ、そういうことを全面的に指導すべきだと思うんです。そういうことで、あとは、市長が梶谷議員に返答したことをこれから考えてほしいと思います。
 次に移ります。市民バスについて。
 質問しますけれども、19年4月以降の運行経路等について、「より効率的で利用しやすいものとなるよう検討してまいります」とありますが、小川地区がバス路線になるように道路の整備をお願いしたいと。これは前任の課長さんにお願いしてこの場所を見てもらって、そして、道路が狭いからバスが通れないんだと。我々ばかりでなく、公安委員会もだめなんですねと。その後、産業部とかにそういう道路の件について行ったかどうかも含めてお願いしたいんです。それから、もう1回、その後に、産業部の、ここは圃場整備の最西端なんですね、そこから下が圃場整備事業になるので、ここのところ、道路の幅だけを決めてけろと言ったんだけれども、いろんな情勢でそこまでできませんという産業部からの返答があったわけです。そういう道路なので、私は、前任の企画課長さんには、ここは堀を埋めれば歩かれると思うから、そこのところを検討してけろやと言ったんですが、その後の返事は返ってないんです。長岡の一部路線を曲げていいということで、長岡の町内会にお話しして、了解をもらってここを通してくれということで要望したのにかかわらず、その後、何のことないので、ここの整備をぜひお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、道路の整備ということにつきまして、建設部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいま御質問の道路は、市道の小川杉ノ内線というところでございます。この道路につきましては、現道で舗装されておりまして、幅が3メートルから5メートルとなっております。地域の生活道路として利用されているというふうに私どもの方では理解をしております。現在のところは、道路拡幅をするという計画にはなってはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市民バスの関係でありますが、18年度につきましては見直しの時期ということでありまして、新年度に市民バス運行体系検討委員会を設けて、19年4月以降の運行経路等について、より効率的で利用しやすいものになりますように種々検討したいということにいたしておりますので、御提案の箇所につきましても検討してみたいというふうには思っておりますが、ただ、これは起点から終点までの所要時間、特に、大師線につきましては相当時間がかかるということでありまして、余りにも時間がかかり過ぎるということによって、利用される方にとって果たしてどうなのかということも一つ検討しなければなりません。いろんなところを回るようにして、当初予定した時間よりも時間がかなりかかるような形になっております。人口集中地域ならば循環という形でコースはつくれるわけでありますが、あの地域につきましてはそういった形が難しいわけでありますので、全体としての時間がどんどんどんどん延びるような形が、市民バスとして果たしてどうなのかということも考えなければなりませんし、もう一つは、路線変更について地元としては了解だというお話をいただいておりますが、現在の経路を変更して措置すべきかといったようなことにつきましても、考えてみますとなかなか難しいのかなと思いますが、なお、望みは少ないかもしれませんが、検討はしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)望みは少ないんですが、あのカーブのところ、前の亡くなった区長さんが、ここ入ってもいいようにと、自分の入り口を広げて待っていたんですよ、お亡くなりになったけれども。そういうふうな道路なので、簡単に、計画にありませんと木で鼻をくくるような話なんかしないで、せめて市長が言ったような、例えば圃場整備のときにあそこは考えるとか、もっともっとあんばいいい答弁があってもいいんじゃないですか、部長さん。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)13番長田雅裕議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時40分といたします。
    午後2時26分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時40分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 11番高橋孝内議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔11番高橋孝内議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)岩沼政策フォーラムの高橋孝内でございます。
 さきに通告しておりました大きく2点について御質問をいたしますので、よろしくお願いをいたします。
 まず最初に、市民が安心して暮らせるための介護政策についてお伺いをいたします。
 これから、2015年、平成27年にかけての約10年間において、高齢者数が急増するほか、高齢者の独居世帯や高齢者の夫婦のみの世帯も急増します。我が国の人口の高齢化は世界に類を見ない速さで進んでおります。このような中で、介護を必要とするようになっても、できる限り住みよい住みなれた地域で生活を継続できるようにするためには、地方公共団体が中心となって、地域の実情を踏まえた介護サービス基盤の整備を計画的に推進していく必要があります。
 本格的な高齢社会の到来に対応するため、今回、第3期介護保険制度改正により、岩沼市の介護保険制度が示されました。これを見ますと、介護予防重視型システムと、介護サービスが住みなれた生活圏域において安心して受けられる地域密着型サービス施設の整備を図り、多様なサービスのようであります。市民が安心して暮らせるための加齢による要介護や障害者を介護する家族の経済的、精神的、肉体的な不安と負担の軽減政策について、高齢者、65歳以上の二人世帯で、どちらかが在宅介護をしている実態を、行政としてどのように見ているかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市内における65歳以上の高齢者のうち、高齢者が二人だけで暮らしている世帯は 967世帯であり、そのうち、どちらかが居宅介護を利用されている世帯は 101世帯、いわゆる、これは老老介護という状況にあるということで、大変御苦労をされているのではないかというふうに推察をいたしております。この問題は、今お話をいただきましたように、高齢化あるいは核家族化が進行する中で、大変気がかりなことの一つであります。
 このたびの介護保険制度の見直しに当たりましては、高齢者が要介護状態になっても、できる限り住みなれた地域で生活が継続できるようにという観点から、日常生活圏域内で介護サービスの利用が図られる地域密着型サービスというものが新たに体系化されました。市といたしましては、これも今お話をいただきましたように、平成18年度を初年度とする第3期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画に基づきまして、地域密着型サービスの提供を可能にするための基盤整備を図りながら取り組んでいきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)岩沼市の平成17年3月末の人口資料によりますと、65歳以上の高齢者は 7,459人と総人口の17.2%を占めております。今お話ししたように、ひとり世帯、このひとり世帯は平成17年3月末で 734世帯あります。二人世帯は 870世帯あります。これを見ますと、平成15年3月には 523世帯のひとり暮らしがありました。今お話ししましたように、17年3月には 734ですから、この2年間で 206世帯ふえたと。1年に 103世帯ふえています。二人暮らしも、15年3月には 718世帯であったのが17年3月には 870世帯、2年間で 162ですから、1年に81世帯ふえているわけです。
 それで、ひとり世帯と二人世帯を比較してみますと、岩沼市の高齢者福祉サービスの中で見ますと、ひとり暮らしの場合ですといろいろサービスがあります。例えば、軽度生活援助あるいは配食、会食サービス、それから寝具洗濯乾燥機サービス、日常生活用具の給付、それから福祉電話設置対応、高齢者等緊急通報システム、生きがいデイサービスと、ひとり暮らしにはあるんです。二人暮らしは二人で暮らしているからいいんですけれども、二人世帯で、今どちらかが介護している家庭というのはかなり厳しいものがあると。だれにもということは失礼かもしれませんけれども、目を配っていただけない状態が多いようでございます。
 そういったことで、二人世帯のうちで、今市長が 101世帯と申されましたけれども、どちらかが介護している方に、今のひとり暮らしの人が受けているようなサービスをしていただけないのかどうか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必要なサービスについては、原則としては、サービスをしっかり提供しなければなりませんが、これにつきましては、例えば、介護保険のサービスを受けるとすれば、要介護認定をいただくとかと、そういうことが必要であるわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)実際介護をしている家庭は、世間から見るより何十倍も苦しんで介護をしているような状態でございます。先月、2月ですね、新聞等を見ておりますと、2月8日、それから2月27日と、介護疲れで夫を殺したと、あと、自宅で二人で娘を殺したと。先月だけでも2件あります。このように、今二人暮らしの事件というのは物すごくふえてきているんです。目には見えない苦しみがあって、悩みに悩んでこういうふうな事件、事故が起きております。
 特に、昨年の11月10日の新聞を見ますと、皆様も御存じだと思いますが、福井県の大野市で、使用しなくなった火葬場の焼却施設に老夫婦が入って心中したと。その新聞記事を見て、二人暮らしでこういうふうな場面になっている人は、多分涙を流したのではないかと思います。この方々は80歳の夫婦であって、1年前からその資産を準備して、市に寄附するという遺言書を残して、薄暗くなった午後4時ごろに家を出て、兄弟、あるいは今までつき合った方々の家の前を通って頭を下げて、そして0時40分ごろ焼却炉に入ってお互いに火をつけると。どうもお世話さまといった遺言書だけが残って、次の日、車がとまっているから見たら白骨になっていたという事件です。本当に痛ましい事件なので、こういうふうな事件が起きる前に、二人暮らしで介護をしている家庭を何とか見守っていただきたい。例えば、80歳以上の老夫婦で介護している家族があったら、市として、行政として手を伸べるべきではないかと思いますが、その点、もう一度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まずは、御本人が努力をしていただく自助、あるいは共助ということで、地域の人たちの御協力をいただきながら一緒になって行う。それに対して、そういった形がとれない方については、公で手助けをさせていただく公助ということでありまして、それが今の福祉の原型という形になっているわけであります。ですから、まずは、地域の皆様方とか、特に、そういうケースにつきましては、民生委員の方々がおられるわけでありますので、そういった方々にまず心配りをしていただくということであります。ただ、役所の方といたしましても、ただ単に民生委員さん方お一人おひとりにお願いをするという形ではなかなか難しいわけでありますので、地域の方々を含めて、今御提案をいただきましたような、地域での見守りといいますか、そういったネットワークと必要な仕組みづくりということは、市としてもできるだけ考えていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)こういうふうな事件、事故につながる方というのは、プライドの高い人が多いというような新聞記事も見ております。また、自分の体に自信があると、私は生涯現役だと言った方が、突然どちらかが倒れると、気を失ったような格好というか、そういうふうな姿になってこういう事件が起きるわけでございますので、今、市長から、民生委員が見守るとかというお話をいただきましたけれども、プライドが高いとか、生涯現役だという方々はとにかくよそに漏らさないんですよね。自分の心に秘めて秘めて、そして苦しんでいる。ですから、行政としてぜひ力を入れていただきたいと思います。よろしくお願いします。その点、もう少しお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行政でどこまでできるかというのは、これは実は限界がありますし、お一人おひとりのところに入り込むというのは、可能な場合とそうではない場合もあるわけであります。必要なケースにつきましては、当然、民生委員さん方との協力をしながら、行政としても、担当を中心にしっかり対応しなければならないと思っております。
 ただ、以前と比べますと、介護保険等が実施される中で、それまでですと、生活保護とはちょっと違うんですが、例えば生活保護などにいたしましても、必要な人には受けていただいていいわけでありますが、役所の車がとまっているだけで、人に知られて恥ずかしいとか、あるいは、これは生活保護に限らず、ヘルパーさんなどにおいでいただく場合についても、そういったケースが結構あったわけであります。今は介護保険という形になりまして、比較的だれでもごく当たり前に受けられるようになってきたということでありますので、以前と比べれば、余り家の中に閉じこもられてほかの人たちとの断絶をされるという人は少ないわけではありますが、そうは言いましても、まだ今御紹介をいただきましたようなケース等があるわけであります。逆に、そういったケースでありますが、行政の方ではなかなか目が届きにくいということは残念ながら事実でありますので、やはり何といっても、近隣関係をしっかり持っていただいて、地域の方々に目配りをしていただく。その中で役所の方に連絡をいただくといったような形で役所では対応したいと。
 それにしても、今までは、どちらかといいますと、施設に入っていただく、あるいは、家でヘルパーさん方にサービスをしていただくといったような形しかなかったわけでありますが、先ほど申し上げましたように、地域密着型サービスというのは、それまでとは違って、家におられながら通っていただく、あるいは、場合によっては出前をしていただくとか、場合によっては泊まれるといったようないろんな形がありますので、これまでよりは比較的きめ細かな対応ができるのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)長年住みなれた自宅で介護していただくということは、だれしも喜ばしいことだと思います。お互い高齢者ということで、体力、また、精神的にも限界があります。先ほど言いましたように、知らず知らずのうちにストレスがたまって、事件、事故、心中といったようなことが起きてくるわけでございます。そういったことで、事件、事故を未然に防ぐためにも、その手法として、市長がよく言っています協働という言葉を使っていますが、協働のまちづくりの一環として、高齢者地域見守りネットワークというようなものが、先ほど市長からちょっと言葉が出ましたけれども、そういうのが必要ではないかと。今の市長の答弁の中に、行政は目が届かないというお話がございました。その点をどのように考えているかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行政の方で完全にどこまで把握できるかというと、実は難しいわけであります。ただ、最大限の努力はしなければならないということは当然なことであります。例えば、市の方で補助をしながら社会福祉協議会が行っております、ひとり暮らしの方々を対象とした配食サービスがあるわけでありますが、これにつきましては、定期的に食事をお届けするということで、食事をつくるのが難しい方の負担を軽減するとか、あるいは健康の増進をしていただく。特に、低栄養とかという問題等がある場合などは、栄養改善につながるといったような形で配食サービスをさせていただいているわけでありますが、そういった場合には、当然、安否の確認ができるという形であったり、あるいは、何か相談事があったとき、そのときに相談をしていただけるという形がありますので、こういういろんな事業を通じて、お一人おひとりの安否を確認するという方策をとっていくということだと思います。「何か心配の場合はどうぞ」というお話はするわけでありますが、今のようなケースについては、どうぞと言ったって、絶対御相談いただけないわけでありますので、そういった場合に実はどうするかということは、行政では、対応したいとは思いますが、なかなか把握が難しい。定期的にひとり暮らしの人と高齢者夫婦のところを全部回っていくといっても、行政の力ではだめですので、そういう意味では、民生委員さんとか、あるいは、地域の方々と豊かな近隣関係をつくっていただいて、そちらの方で把握していただく。その中で、問題のケースがあるとすれば、担当の方でしっかり対応をさせていただくというふうに考えております。
 ただ、これからの社会というのは、冒頭、高橋孝内議員から御紹介がありましたとおり、団塊の世代が65歳以上になっていく。2015年問題というふうに言われているわけでありますが、それからの10年というのが日本の高齢化のピークになっていくわけであります。その中で問題なのは、実は、認知症の率がすごくふえていくということと。あとは、ひとり暮らし、とりわけ、高齢者夫婦世帯を含めたひとり暮らしが非常に多くなる。その中で、特に男性のひとり暮らしの急増という問題がありますので、これらに対してどう備えていくか。それが実は今回の介護保険の改正だったわけであります。ですから、2015年問題と言われておりますが、実は、そういうケースというのは今すぐにでも起きることでありますが、一応、市としては、できるだけ早く地域密着型サービスの基盤整備ができるようにということで、今回の3カ年の計画の中で、それぞれの生活圏域において必要なものについて予定を立てさせていただいて、実行に移したいというふうに考えております。
 うまいぐあいに、そういったケースについてはどう対応するかということが的確にお答えができなかったわけでありますが、できるだけいろいろな事業を通じて努力はしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今、大規模な地震が高い確率で起きると言われておりますが、災害の視点からも、いざというときに対応できるような、地域での要介護・要援護者を見守るネットワークというのは必要だと私は思っていますし、市民が安心して暮らせる環境づくりというのは、やっぱり行政が最初になって手を引っ張ってくれなければ、地域の方々もなかなかついていけないんじゃないかと。地域の方々がやって行政がくっつくのではなくて、そういうような環境をつくってやるのが行政ではないかと私は思うんです。
 それで、平成17年7月7日から20日までの市民の満足度調査を見ますと、安心して暮らせる環境づくりというので、防災関係、あるいは消防の救急隊、防犯対策というのが上位ですよね。その次に、健康で長生きできる環境づくりということで、医療体制づくりの推進、高齢者福祉の充実というのがあります。今、自主防災組織をつくれつくれつくれつくれとつくらせていますよね。災害はいつどこでどのように来るかわかりません。今の市長の答弁の中でも、ひとり暮らし世帯、二人世帯が、そして、いつ介護するようになるかわからない、今すぐ起きるかもしれないといったことで、自主防災組織をつくるように、介護している方々を助けるような、高齢社会を支えるような組織をつくっていただきたいと思うんですが、その点はどう思っていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)自主防災組織もつくらせたというふうに言われますと……。市民の皆様お一人おひとりがまず御自身を守っていただくことが本来であります。それをできるだけ市の方では啓発したいと。市から頼まれたからつくるのでは、いかにも、命はすべて市の方にお預けするみたいな形でありまして、それは非常におかしいということであります。市民の皆様を思うからこそ、そしてまた、市民の皆様御自身が力を持っておられるので、それについては御自身の力をできるだけ発揮していただくということであります。
 ですから、福祉の分野であっても、すべて市の方でやるという形では到底不可能でありますので、力を持った方々は御自身でやっていただく。ですから、我々としては、我々の中でセーフティネットをしっかり築くようにいろいろ努力はさせていただきますが、その中で、問題とか何かが見つかれば、我々で十分対応できるわけではありますが、ひとり暮らしの方が具体的にどんなことをされているか、日常的には十分把握できる仕組みは難しい。担当されている、特に、その方が例えば介護認定を受けているとすれば、いろんなサービスを通じて、あるいは民生委員さん方の訪問を通じて、ある程度相談に乗ったり、ある程度状況がつかめるわけではありますが、そういったところで、どこにものってこない方々については、事実上難しいということもあると思います。ただ、そういった形であっても、できるだけ隣近所の助け合いといったものが必要でありますので、こちらの方としても、意識してできるだけネットワークづくりと。その意味で、例えば、老人クラブとかということも結構有効でありますので、地域でしっかりつくっていただきたい。
 ただ、実際のところ、60になった。私が老人クラブに入ってもいいよと言われましても、なかなか簡単には入れなかったり、いろいろ問題等はあるわけでありますが、いろんな組織だとかをできるだけ機能的につくっていただいて、その中で、それこそ、すべての人たちが何らかの形で課題等があるとすれば、みんなで、あるいは行政の力も加わって、それを解決をしていくということはぜひ必要なのかなというふうには思っております。
 また、何か問題があるとすれば、例えば、緊急通報システムというのは、岩沼では県内の市町村の中では一番対応しているわけでありますし、ケースによっては、福祉電話の設置対応とかということもあります。また、郵便局の方々にお願いをして、ひとり暮らしの方々の安否情報についても、場合によっては入れていただくようなお約束も常にさせていただいているようでありますので、そんな形で、あらゆる形で対応させていただいて、全くどうなっているかわからないという状況はできるだけ避けたいというふうに思っております。しかし、実際のところ、これで決め手だということはありません。繰り返しになりますが、何かの認定だとかを受けていただいた方々ですと、比較的対応しやすいわけでありますが、ただ単に、二人暮らしですよ、高齢夫婦ですよというだけですべてが対応できるかというと、今の仕組みとしてはなかなか難しいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今までに市長は民生委員というお言葉を何回か使いましたけれども、民生委員を選ぶのにどのような方法で選んでいるのか。というのは、民生委員は各町内会にいないんですよね。これを各町内会に置くということはできないのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)民生委員の選任の件につきましては、通告外ですので、通告に沿った質問をしてください。高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)通告外というよりも、今、民生委員、民生委員と言っているから。町内会にはやっぱり一人ずつは民生委員が必要だと思います。その点はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)以前と比べますと増員はしていただいているわけでありますが、それぞれ定数というのがありまして、すべての町内会というところにはいっておりませんが、ただ、それぞれの町内会を管轄する方は必ずおられるわけであります。お一人がお一人で一つの町内会という形にはなっておりません。それで、御推薦をいただいて……

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)静粛に願います。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)(続)最終的には推薦会の議を経て国の方に推薦をして、厚生労働大臣あるいは宮城県知事から委嘱が行われているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)では、次に移ります。
 岩沼市もことしで市制施行35周年を迎えますが、井口市長は、市民の理想像を生涯現役市民として掲げて健康増進に努めておられます。高齢者になっても、健康で希望と夢を持つというということは生きがいであります。高齢者向け健康づくりのための運動については、今までは歩くことを中心として行ってきたようでありますが、最近は、筋肉トレーニングを行うことで転倒予防や体力増強に効果があることがわかってきました。
 そこで、岩沼市青少年顕彰条例は岩沼市の市制施行以前からありますが、高齢者の生きがいとして、高齢者スポーツ顕彰条例を検討してはいかがか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)スポーツのみならず、さまざまな分野で活躍をされておられる方々を褒めたたえ奨励するということは、とりわけ、生涯現役高齢者を標榜する市にとりましても有益なことであります。
 表彰制度につきましては、実は既に検討指示をいたしております。スポーツや文化活動あるいは社会貢献活動など、幅広い視点から高齢者の方々の活動を奨励する意味で表彰を行いたいということで、今検討を進めているところであります。なお、多少時間がかかるというふうに思いますが、できるだけ早い時期に制度として確立し、一生懸命生きておられて、生きがい活動をされておられて、そのことが他の方々にとっても模範となるような方々をできるだけ褒めたたえて、その方々をさらに目標として、すべての皆さん方が健康で長生きできれば非常にいいなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)青少年顕彰条例というのは昭和45年1月1日から施行されました。昭和45年といいますと、人口も、岩沼市は、そのときは岩沼町ですか、2万 9,822人。当時、男性が 69.82歳、女性が 75.32歳ということで、当時から見れば今は10歳長生きしております。当時は老人向けのスポーツというのはなかったわけであります。そういったことで、高齢者スポーツ顕彰というのは必要だと思います。
 青少年顕彰というのは、昭和四十二、三年ころに、ある少年が新聞配達をして家庭を助け、それを世間のみんなが認めて、この子供だけは褒めてあげたいということで、青少年顕彰というのはできたそうです。だが、最近は、青少年顕彰条例に基づいてやっているのは主にスポーツ関係です。ここの議場にもお二人の優秀な議員が青少年顕彰条例で表彰されております。そういったことで、今は、高齢者向けのゲートボールあるいはグラウンド・ゴルフ、ペタンクというようなのがあります。議長杯、市長杯、それから宮城県大会、東北大会とあります。
 今、市長がおっしゃったのは、平成16年の秋に、ある市民からこういうふうな顕彰をつくってはいかがかということで、同じ答弁をしておられます。そのときの答弁は、平成16年秋ですから、来年度にはつくりますと。それで、17年度のさわやか市政推進課にもちゃんと載っています。「スポーツのみならず、さまざまな分野で活躍されている皆さんを表彰する制度について検討しています。あわせて、時代に即した表彰制度全体の見直しも行って、17年度から実施します」と、こうなっています。この点についてどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)それにつきましては、既に検討を指示したということでありますが、若干の時間をとっているということでありますので、できるだけ早く設けたいと考えております。年度につきましては、できるだけ早くということで、16年度にいただきましたので、次の年にできればなというふうに考えておりましたが、これにつきましてはおくれております。
 中にはいろいろ御意見等がありまして、果たしてスポーツだけでいいのかなと。青少年顕彰についても、当初は、例えば、親孝行とかという方々も表彰を受けておりましたが、今はほとんどそういう形になっている。最近につきましては、文化・芸術活動についても顕彰しているということであります。ただ、青少年のみならず、今御提案をいただいております高齢者の方々も、高齢者というよりも、すべての市民の皆さん方でいろいろなすばらしい活動をされた場合には、褒めたたえるということも必要なのかなと思いますが、あれやこれやを考えますと、なかなか簡単にはいかないということも御理解いただきたいというふうに思っております。
 ただ、これまで、青少年顕彰でいうと、高橋孝内議員からお話がありましたとおり、重量挙げの宍戸議員、ハンドボールの布田一民議員が青少年顕彰を受け、子供の時代だけではなくて、今でも模範的な社会人でおられるという形もあるというふうに思いますので、そういう意味では、これからもいい行いをした人たちについてはしっかりやりたいと。今、17年からやるといったら、17年はもう何日間しかないんだとおしかりもいただいたかもしれませんが、バランスのとれたものにするためにということと。
 実は、もう一つ懸念されるのは、表彰するので市長の名前がどんどん出るわけですが、中には、乱発をして、そんなのはいいのかとか、いろんな議論等もありますので、政治的な日程等もにらみながら行わなければならないという、実はそういう意見等もあります。その点については余り神経過敏になってはいけないというふうに思いますが、事情を御賢察いただいて、おくれていることについてはおわびしながら、高橋孝内議員の言われる、スポーツのみならず、高齢者としてすばらしい活躍をされた方々を褒めたたえていきたいというふうに思いますので、御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)平成16年の秋にはグラウンド・ゴルフの東北大会で優勝した人が岩沼におります。そういった方を見てこのような提案があったと思うので、ぜひ実現するように。来年度、また来年度ではうまくないと思うんですよね。ですからぜひお願いいたしたいと思います。
 次に移ります。最後です。三色吉土地区画整理事業に係る陳情書ということで通告をしておりました。
 御存じのとおり、きょう午前中に梶谷議員、また、私の前に長田議員から、三色吉土地区画整理組合の件についていろいろお話をいただきましたので、余り詳しくはというよりも、重複する点がございますので、お話しすることも余りございませんけれども、きょうの答弁を聞いておりますと、市長は、大変苦しいんだと。組合としても行政としてもそれを認めたわけですよね。平成11年に組合が設立して、その11年ごろから土地が下落して本当に苦しい状態になっております。
 それで、午前中の一般質問の中に、公共施設とか、民間会社とか、事業所とか、公益のものをというような質問がございました。先ほど質問の中にありましたけれども、第3期の、居住系サービスへと介護保険が今度改正になりまして、その中に、先ほどお話ししましたように、18年度に認知症対応型グループホームが岩沼小学校生活圏域、西小学校生活圏域とあります。18年度の分については、その場所あるいは会社が決まったと伺っておりますが、19年度の分についてはまだ決まっていないと。それで、ある不動産会社の方から聞いたんですが、東京に本社があって、仙台に東北支社がある会社、有料老人ホームのサービスをする会社が仙台の青葉区にあって、その方々が、今、岩沼市の二、三カ所の土地に目をつけているというお話を伺っております。そういうふうな施設がまだ決まっていないというようなことで、この三色吉地区にはまだ未販売の土地があるので、行政としてお話をしてそういうふうな事業を持ってくるということはどうなのか、できないのかどうか。先ほどは、できるだけのことはしたいというお話でございますので、その点、どう思っているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)一応、介護保険事業計画あるいは高齢者保健福祉計画の中に盛り込まれたものにつきましては、一つは、そのケースによるわけではありますが、介護保険についていいますと、岩沼市としてはこういったものが必要だと。ついては、希望される方ということで募っておりますので、こちらの方からどこの事業所にやっていただくという形よりは、応募いただいて、そこでふさわしいところを選ぶという形が一つありますので、これについては、あなたの会社でここでやってくださいところまではいきませんし、立地をされる事業者の方々が……。ただ、我々としては、地域密着型のサービスをしていただくということになりますと生活圏域、そうなりますと、今、岩沼では小学校学区ということでありますので、あなたは西小学校区でやってくださいということに対して応募があったら、そしたらそこでやってくださいという話になるわけでありまして、それ以上、役所としてはどうこうできないわけではありますが、せっかくですから、例えば、高橋孝内議員がそういった事業所の方々と通ずるところがあるとすれば、役所としてもいろんな事情、状況等につきましては説明させていただいて、何とか立地できればなというふうに思っております。
 そして、役所の支援策にもつきましても、またケースによって違うわけでありますが、完全に民設民営でお願いしている部分と公設で民営にしている部分とか、さまざまな状況等がありますので、そういったものを踏まえながら、できることならば、区画整理の方で立地をしていただくということは、高橋孝内議員の提案のとおり、区画整理の組合にとって大変いいことだと思いますし、市といたしましても、必要な施設等が立地できるということもプラスでありますので、そういうことについては、できるだけ心配りをしながら、何とかうまい方法ができればなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)行政としてなかなかできにくいようなお話をいただきましたけれども、きょうの午前中の質問でなくとも、土地区画整理組合の方でもかなり苦しいわけで、何とか行政としてできるだけのことをして。土地を今求めているんです。聞くと、大体 2,000平米前後の土地が欲しいんだというお話を伺っております。しかも、条件が小学校生活圏域ということで、近くにそういうような土地があるということは本当にいいんじゃないかなと思うんです。そういったことで、サービスする会社は決まっているんですよ。決まっているの。だが土地がないということなんです。私はある不動産屋から聞いたんですけれども。値段の面でまだ合わないんだというような話を伺っていますので、決まる前に、ぜひ中に入ってということはどうかわかりませんけれども、ぜひ応援していただきたいと思うんです。これを逃したら、あと大変なことになるのではないかなと思うんです。ひとつお願いしたいんですが。最後の質問でございますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)一つの名案ではないかなと思っております。ただ、役所が不動産屋さんみたいな形はできないわけではありますが、できるだけの支援をして。これは、先ほども申し上げましたように、区画整理事業にとっても土地が処分できるということはいいことでありますし、また、我々といたしましても、予定どおり施設等がつくられるという形になれば、こちらにとっても好都合ということでありますので、そんなことで、市としてもできるだけの対応をし、本当に実現できればなというふうに思っております。
 なお、こういった案につきましては、今、高橋孝内議員から御質問をいただいておりますが、ほかの議員の方々でもいろんな知恵を出していただいて、何とか少しでも窮状をいい方向に向けられればなというふうに思っております。(「どうもありがとうございました」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)11番高橋孝内議員の一般質問を終結いたします。
 7番宍戸幸次議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔7番宍戸幸次議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ウィズの宍戸幸次です。
 4点について質問いたします。
 1点目ですが、新年度予算の編成についてであります。
 地方分権が進みまして、地方自治体は独自カラーを生かしながら行政を進めているという現状でありますが、バブル崩壊後、いろいろな状況の中で、税収の伸び悩み等を踏まえながら、財政運営あるいは行政運営に苦慮しているという現実は私もわかるところであります。
 そこで、まずもって、1点目の自主財源である市税の推移と今後の見通しについてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市税の推移という点につきましては、総務部長からお答えをいたしたいと思います。
 今後の見通しということでありますが、18年度につきまして予算編成を行っておりますので、それらにつきましては総務部長から。それ以降、つまり、19年度以降につきましては、一つは、定率減税が廃止されるということと。あとは、税源移譲に伴いまして個人市民税の税率改正が行われるということでありますので、現時点におきましては大体67億円程度、つまり、18年度に比べてやや多く確保できるのかなというふうに思っております。それ以後につきましては、実は、税制改正も行われるでありましょうし、また、消費税が云々されているということでありますし、一方では、たばこ税等の動向という点ではかなり不明確な点もあるということでございます。そしてまた、経済成長率をどういうふうに見込むかといったことでも、いろいろと予測が少しは変わってくるかもしれませんが、現時点におきまして、枠組みが余り変わらないとすれば、ほぼ同様な状況でその後も、少なくとも数年間は確保できるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)市税につきまして申し上げます。
 平成9年度の64億 8,000万円をピークに年々減少を続けているところでございますが、15年度には60億 1,000万円までに落ち込んでおります。そうした落ち込みがあったんですが、16年度は、法人関係が好調であったことから、62億 900万円で決算を終了いたしたところでございます。17年度につきましては、法人関係に業績の回復が見込めますことから、62億 8,000万円程度と見込んでいるところでございます。新年度、18年度につきましては、先ほど市長からもお話をいただきましたように、17年度税制改正に伴う定率減税等の縮小、あるいは法人関係の業績回復等が見込まれるものの、固定資産の3年に一遍の評価替えがございますので、評価額の減少があることから、18年度は62億 3,000万円と見込んだところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)市税については、限られた項目の中で当然入ってくるわけですけれども、私も何年カ分を調査しました。その中で、市民税の中でも、特に市民税、個人・法人関係、それから固定資産税、軽自動車税、たばこ税、都市計画税、主にこういったものが市民税の中にありますが、数年間をずっと数字的に見ますと、市民税そのものが大体は60億台を維持してきている。中でも、とりわけ、安定財源と言われている固定資産税あるいは都市計画税の二つを合わせると市税の60%以上を占めている割合になっています。つまり、本市財源の 120億相当ぐらいの1年間の予算に対して、これらの市税、独自財源、自主財源というんですかね、これが約50%を占めるくらいに到達しているということの裏返しには、先人の方がいろいろな形で取り組んでくれた行政政策から生まれた税源がここに至っているというふうに私は思っています。
 その一つには、いわゆる固定資産税だけを見ましても、60億円に対して54%あるいは55%が固定資産税で占めているという現状からすれば、これは、今いろいろと騒がれているというと語弊がありますけれども、問題になっている土地区画整理組合の宅地化率とか、そうした要因がこの基礎財源の礎を築いていると私は理解していますし、もちろんデータの数字からもはっきりしています。それに加えて、市民税の個人・法人についても、今まではバブルの崩壊で低迷はしていたけれども、最近に至っては若干上がってきて、その伸び率も上昇していると。そういうもろもろを踏まえましても、自主財源である市税が、本市岩沼市の市政運営に大変重要な役割を果たしていて、ややもすると、再建団体を余儀なくされて四苦八苦している団体から見れば、岩沼はいいなと思われがちな部分は多々あるのではないかと。
 しかし、実際、市長の施政方針の文言の中には「厳しい財政運営」ということが毎年出てきます。苦しいのには必ず要因があるということが読み取れるわけです。けれども、ないそでは振れないと同じように、決まったパイの中から支出を考えれば、当然どこかを削ってどこかに入れるなり配当するなり、そういう仕組みはいつの世も同じだと思うんです。その中で、私は必ずしも土地区画整理組合云々とこだわるつもりはありませんが、今悩んでいる区画整理組合の土地であっても、恐らく何年か後は、岩沼市の礎を築いた市税の自主財源に結びつく事業であると自信を持って言えるのではないかと。つまりは、今、農地で換算すれば1反歩 1,000円やそこらの税金なんです、市に上がるものは。これが、今、先行投資して進めて宅地化されれば、一区画から当然10万、20万という税金が上がってきます。これが何年か後には今の60億の税金の礎と同じような構図に結びつくというふうに思っています。
 私は、そういう意味で、質問がちょっと外れるかもしれませんが、区画整理の考え方の問題点はこの辺にもあるということを認識していただいて、市の行政がいろんな角度からかかわりを持って進めているということも重々踏まえてほしいと。そういうことをお願いしたいわけです。
 そこで、市税については先ほどお話を聞きました。いろんな形での若干の伸びは生まれるにしても、恐らく67億ぐらいが最高到達点かなというふうに見ておるわけですけれども、数字的には極端な伸びはないと思っています。そういうことからして、国に依存するにしても、地方交付税は、経過からすれば10億もう既に減っていますから、これから何億減るかわかりません。それを補うのが自主財源である市税に必ず結びつくところでありますから、ここは、今は苦しいけれども、いろんな手だてを打たないと、5年、10年先の岩沼市税に必ず別な形でのマイナス要因が働くことを懸念すれば、あの問題は当然重要な一つの問題であるというふうに私は思います。そのことは頭の片隅ではなくて真ん中に置いていてください。
 次の問題に入ります。
 経常経費の推移と今後の見通しについてまずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)経常経費につきましては、数年来、物件費等の一律削減などを行いながら、極力、歳出削減に努めてきたところでございます。そういったところに努めてきたところでございますが、扶助費や繰出金等の増加に伴い、経常的な経費は年々増加傾向にあります。18年度以降につきましても、児童手当で制度改正が行われ、扶助費の増が見込まれますことから、経常的経費は増加するものと推計をしております。財政の健全化のために、歳出全般の見直しを行い、経常的な経費の削減に今後も努めてまいりたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)一般的に見て、投資的経費の削減はある程度可能かなと思いますけれども、経常経費だけは行政施策の中でなかなかカットしにくい分野であるということは私も重々知っています。ただ、収支バランスの関係からすれば、これから福祉関係の支出がどんどんふえる中にあっては、いつまでもそのままの状態で推移はできないだろうという予測はつくわけなんですが、時代の流れに沿って、これは削って、これはふやしてというそれは必ず出てくると思うんですよね。それで、今現在、経常経費ではあっても、近い将来といいますか、岩沼市の発展計画に沿った中で、この分野についてはある程度削減あるいは縮減するとか、そういう計画でいかないとまずいのかなというものがあればお聞きしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)総合計画の中でも財政計画を立ててございますが、その中でもお示しいたしているとおり、経常経費の中でも、やはり人件費の中で、何とかその辺を今後見直しをしていかなければならないというようなところが大きいのかなというふうには見ております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今、人件費のことにちょっと触れられましたけれども、宮城県でも石巻だったかな、あそこでも財政難の関係で人件費まで切り込まないとできないという状況があります。岩沼では今はそこまではないと思うんですが、基本的な考え方として、収入がなければ、どこかを削減、その削減も、場合によったら人件費ということもしなければならないという、そのスタンスの取り方ですね、市長にはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現時点におきましては、人件費の削減というのは、人事院勧告に基づいて行われるもの以外は特に考えておりませんが、ただ、財政運営上、どうしても人件費をカットしなければならない状況になるとすれば、それで考えなければならないというふうに思いますが、繰り返しになりますが、現時点におきましては、厳しい状況ではありますが、しっかり働く。そしてまた、行財政改革の中でお示しをしているように、職員の削減という形になりますと、それで必然的に人件費が削減されるということでありますので、一人ひとりの給与等につきましては、やはりしっかりと確保をして、それで一生懸命働いていただくということにすべきではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)次の3番目に入ります。
 外郭団体に対する補助金等の精査についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)各種団体等に関する補助金のあり方に関する検討会の報告を十分踏まえまして、各種団体等に対する補助金につきましては、18年度予算編成に当たりまして、所管する課それぞれにおいて、補助金の評価基準及び見直し基準によりそれぞれ団体の評価をしていただいたところでございます。その評価をもとに、庁内で組織いたしております補助金適正化会議において検討を加え、精査をし、 112件について個別に総合判定を行いまして、18年度の予算に計上をいたしたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)新年度の予算委員会の方にも付託されますので、アウトラインだけをお聞きしておきますが、その精査のあり方で、個別に精査はしたということなんですが、補助金の中でもいろんな内容があると思うんです。特に、人件費とかに絡むような補助金の場合ですと、中身の精査というのは当然必要かと思うんですよね。具体にどうのこうのじゃなくて、人件費というのは職員に準じる形がほとんどかと思うんですよ。そうした場合、例えば、担当課の方に要求が出されて、その要求のあった中身の精査をちゃんとやっているかどうかをお聞きしたいということなんですが、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)補助金のとらえ方、検討会の中でもいろいろとお話をいただいたところでございますが、各課ですべてのものを見直しするということではなくて、人件費、あるいは教育委員会でやっております通学のバスの補助とか、そういったものも補助としてあるわけでございますが、補助金を見直す中で、どうしてもそれらに適さないもの、なじまないものも中にはあるわけでございまして、今お話をいただいております人件費だけの部分については、それは各課で精査はしたものの、ここの項目の中にはなじまないものも個々あるわけでございます。今年度、初めてのこういった検討会からの報告を受けて、適正化会議で1件1件精査をし、基準に基づいて判定をしたというふうなことでございますので、まだまだ改善する余地もございまして、その辺については、今後も、適正化会議の中で評価をすべきものかどうかというものも含めて、精査をしていかなければならないというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)次に入ります。
 4点目、防災計画見直しと関連の予算措置についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)防災計画関係の予算措置でございますが、これは岩沼市新総合計画に基づく実施計画の中で、防災対策の充実に関連した各事業について計画的に予算措置をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)新しい防災担当課が発足して、ハード面に対する取り組みは、各地域に赴いていろいろ指導しているということは重々わかります。そこで、前にハザードマップが配布されましたね。その中では、岩沼市一円の中で、水害に弱い箇所、山手にあっては地すべりの箇所、いろいろあったわけです。そういう中で、国がやらなければならないような場所、あるいは県がやらなければならない場所、もしくは岩沼市の直轄でやらなければならない場所等々があるわけですが、とりわけ、岩沼市が絡むハザードマップで指摘されたようなところで、今回の新年度予算として、ハード面で具体に予算をとったというのがあれば教えてほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)新年度予算の中で、ハード部分での今回の予算措置というものはしておりません。今回の予算措置については、地域防災計画の見直しに伴う計画書づくりといったようなものが主なものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)災害の問題に照らして、岩沼市の計画に沿って進めるのは当然なわけですが、いわゆる緊急を要するような箇所とか、当然、ハザードマップで指摘されたような場所というのは、近い将来において判断できそうな災害の場所でありますので。そうすると、今予算がないから何年か先送りでやろうかということもあるかとは思うんですが、でも、今、とりわけ騒がれている地震対策とかがあるわけで、そうした中において、計画は計画なんだけれども、緊急性を要するものに対する優先順位の定め方といいますか、そういうことの取り入れ方というのは、どのように取り扱ったものかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)確かに、お話しのとおり、水害だけじゃなくて、土砂災害とか、いろんな箇所があるわけでございまして、それらについては、それぞれのハザードマップで、県も含めて、指定箇所などの確認、あるいは調査、見回りなんかは提示しているわけでございますけれども、改めて優先順位をつけてというようなところでは、今のところはなっておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)各町内会からいろいろな形で出ていると思うので、そうした町内会からの切実なお願いあるいは要望に対しては、状況判断をしながら、できる限り優先順位を持って対応されたいというふうにお願いをしたいと思います。
 次の問題に入りますが、仙台空港アクセス鉄道についてです。
 あそこの近くを通れば、鉄軌道が着々と出ている姿は見受けます。そこで、まずもって1点目の進捗状況についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)アクセス鉄道の進捗状況ということでございますが、17年度末では全体の約7割の進捗率と伺っております。おおむね順調にいっているということでありまして、開業準備につきましては、9月末までにはおおむね終了して、18年中に工事が完了され、そして、平成19年3月の開業というのは、今のところは予定どおりできるというふうに聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)2番目の、総事業費と関係機関の負担割合と金額をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)総事業費につきましては、実は、鉄道事業の許可を受けた当初は約 416億円でありましたが、できるだけ事業費を少なくしたいということで努力をして、相当圧縮が行われまして、現時点におきましては大体 350億円を下回る額で抑えられるということを中間報告として受けております。
 主な関係団体等の補助金の負担割合、補助金等につきましては、総務部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)主な関係機関の補助金に係る負担割合について申し上げます。
 宮城県が 70.53%、約51億 9,000万円、仙台市が 18.81%、約13億 8,400万円、名取市が 7.1%、約5億 2,200万円、岩沼市が3.56%で2億 6,200万円となる見込みであります。
 なお、補助額の2分の1につきましては、国の補助金により手当てをされるということになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この負担割合は、いろいろあったと思うんですが、どういう割合で決めたのか、その辺、教えてほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)この負担割合は、総事業費の、先ほど申し上げました全体事業として 349億円ぐらいになるというようなところから、それぞれの利用といいますか、それと出資割合といいますか、そういった割合でそれぞれのパーセントが出てきているということで、出資割合とパーセントがそう大きく変わっていないということで、それらについては 3.5%台になっているというようなところでの割合ではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)出資割合の内容がちょっと漠然としていて余り理解できなかったんですが、それはまた別な機会でということにします。
 3番目の、平成18年度以降も岩沼市の負担というものはあるかどうか、お聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)鉄道の建設事業が完了しておりませんので、引き続き、平成18年度において、建設事業補助金として約 3,915万円の補助を行う予定であります。
 なお、建設事業完了後の平成19年度以降に財政負担を求められることはないというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)では、4番目に入ります。矢野目地区までの延伸計画と岩沼市の対応についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市への延伸につきましては、平成8年9月に策定された仙台空港臨空都市整備基本計画に基づきまして、平成27年度までの工期目標計画の中に盛り込まれておりますし、また、平成11年6月に宮城県知事と取り交わした確認書の中でも、岩沼市への延伸を進めるということを約束いただいております。しかしながら、鉄道会社の黒字転換あるいは旅客需要というものが見込めるといったような条件、そして、それまでにクリアをしなければならないこともありますが、少しでも早く岩沼市域に延伸できるように折に触れて要望あるいは発言をしてきておりますし、今後も粘り強く主張していく必要があるというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)私は本当はこの部分でお聞きしたいところがいっぱいあるんです。私も、いつだったか、県の資料の中で、黒字になるのに何か30年ぐらいかかるやの資料を見た記憶があったんですが、それが間違っていれば訂正しますけれども。今の市長のお話ですと、岩沼市への延伸もあるんだけれども、その黒字形態を見ないとどうもというようなお話だったんですが、ただ、岩沼市の立場として、じゃ延々赤字があったら、この計画はなし崩しにされて空港で終わってしまうのかということになりますね。だとすれば、もともとこの計画の出発点は、岩沼延伸ありきの計画に乗ったから岩沼はこれらの補助金を出したということになるわけですから、黒字であろうが赤字であろうが、27年までの計画の中に……、トップである市長は、この関係する会議の中においてはしっかり言ってもらわないと、岩沼市民の血税が生かされないのではないかなというふうに私は懸念するんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)全くそのとおりでありまして、私も折に触れて発言をさせていただいております。例えば、おめでたい席でも、実は、岩沼としては延伸という条件で出資をした、補助もしているということでありますので、一日も早くやってもらいたいと。あるいは、取締役として仙台市、名取市の代表が入られるわけでありますが、人がかわった時点におきましても発言をさせていただきましたのは、岩沼市への延伸というのは約束事項だと。ですから、岩沼に延伸するに当たっても、仙台市も名取市も今までと同様に対応してもらわなければ困りますという発言をさせていただいたり、宮城県に対しては、折に触れて、株主総会とか、あるいはメンバーがかわったりといったところで発言をさせていただいておりますし、新しい知事になられましても、知事に対してこういうお話をさせていただいているわけであります。なかなか簡単には「はい」というふうにはいかないわけではありますけれども、やはり粘り強く、いろんな場を通じて、いつも岩沼市として延伸を主張していくという形。
 そしてまた、現実は、黒字転換というふうに言われておりますが、実は、資金をどうするかという話になってまいりますと、今度は岩沼市域だけの延伸ですから、岩沼市で相当出してくださいと言われましても、これまで出したような形以外の比率で出すということは当然不可能であります。そうなりますと、何といっても、約束は約束だといっても、財政的に果たしてどうなのかという議論は出てくると思いますので、やっぱり一日も早く赤字になってもらうように。ですから、取締役会の中でも、せっかくつくるわけだから、実際にはお客さんに利用してもらわなければどうにもならないというお話をさせていただいております。ですから、一日も早く延伸ができるように、そして黒字化になりますように、会社として努力をしていただきたいということも絶えず申し上げているわけでありまして、引き続いて、岩沼市の代表として、議会の皆様方も含めて、いろんな場で発言を続けていただくということが大切なのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)延伸部については、先が見えない回答に受けたんですが、ただ、基本的に、あれを黒字にするための手段としては、空港どまりでいいのか、あるいは、矢野目までの、あの住宅密集地の関係者あるいは工業団地とのかかわりとかが何かあると思うんですよね。そうしたことから計画が進んだのだろうと、岩沼市もそれに同意したというふうに私は思っているんですね。そういうことからして、今度は岩沼延伸部に伴う負担割合が多くなるからどうかという心配をされた話もあったんですが、でも、その割合は今ははっきりしなくても、岩沼としての負担割合は別にしても、計画に沿ったことをしてもらうというその基本姿勢は変わらないわけですよね。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほどの答弁の中で、私、「一日も早く黒字化」というふうに言わなければならないのを、もしかすると「赤字化」と言ったかもしれません。訂正させていただきたいと思いますが、宍戸議員が言われるように、しっかりと延伸をしていただかなければなりませんし、延伸に当たっても、例えば、黒字化ということをにらんだとしても、いわゆる膨張線になるよりは延伸をして、場合によっては、ほかの鉄道と結びつけるという形の方が黒字転換も実は早いのかなと思っておりますが、ただ、距離的にまた相当な費用がかかるといったような問題も出てきますので、まずは、具体的に、岩沼駅だとか、常磐線だ、東北本線だということを申し上げるよりは、岩沼市域内にまず延伸してもらいたいということで、いろいろな場を通じて働きかけていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長します。
 宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そのことだけは、岩沼市民の代表としてぜひ通しておいてください。
 次、5番目ですが、完成後の運営形態についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)運営形態につきましては、仙台空港鉄道株式会社というふうになっておりますので、株式会社として運営されると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)そうしますと、今までの負担というのは、実質、工事費に対する負担であって、今度は、第三セクターといいますか、この株式会社が立ち上げられれば、運営に係る経費もまた出てくるのかなと思っているんですが、その辺の岩沼市の負担というのはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは、当初から、出資金と補助金以外は一切出さないというふうに考えております。開業後の会社運営に対する財政負担ということは、当然あり得ないことだと思っております。ですから、株式会社として、当然のことながら、一日も早く黒字を図るように努力をしていただきたいということにつきましても、取締役会あるいは株主総会等で岩沼市として意見を述べていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)一応、確認の意味で。ということは、第三セクターに対する今後の岩沼市の出資はないということで理解していいわけですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、開業後の会社運営に対する財政負担はないということであります。ただ、遠い将来になるか近い将来になるか、できるだけ近い将来になってほしいわけでありますが、延伸という場合につきましては相当な事業費がかかるということでありますので、そのときについては、岩沼市として負担をしなければならないのかなと思いますが、決められた補助金について、あるいは出資については、これ以上しないということは明確にしておりますので、どなたが担当になっても、そんなことはないのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)こういう運営に対しては、今はいいんだけれども、何年か後に、必ずというか、にっちもさっちもいかないことになったときに、すがるのは行政以外にないわけですよね。けれども、ここで私が市長に対してはっきりどうだと聞いても、今時点、答えられるのはその程度かなと思うんですが、ただ、今後、私が一番心配するのは、延伸の計画はあるものの、その実行性が余りにも漠然としていて、やるかやらないかわからない中にあって、経営に対するこちら側の出資とかがまた求められたときには、これは簡単にはオーケーとはいかないだろうなと、こう思うわけなんですね。その辺、一番ひっかかりがあったんです。ですから、延伸計画と今後のそうした事態を想定したことにはいつも整合性があった岩沼市の対応は、首長としてしっかりとってほしいということなわけです。回答は要りません。
 次の問題に入ります。
 本市農業政策の方向についてでありますが、まず、農業政策の大改革とも言われる経営所得安定対策の大綱が策定されまして、今、各地域において、農協あるいは関係機関において説明会がされているところであります。これによりますと、平成19年からその大綱が生かされるようにしてほしいという要請なわけでありますけれども、これらを踏まえて、岩沼市としていろいろ支援体制に取り組んでいると思うんですが、その辺、いかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)経営所得安定対策への取り組みにつきましては、施政方針でも申し上げておりますとおり、JA等の農業関係団体、国、県、市の関係機関というのが連携をしながら、認定農業者の方々や集落座談会を通じて、農家の方々へ制度の周知と集落営農への取り組みについて推進しているところであります。
 御質問いただきました集落営農に対する支援体制でありますが、特定農業団体と同様の要件を満たす組織として育成し、新たな施策における担い手として位置づけられ、品目横断的経営安定対策による助成対象となるべく、各種要件をクリアできるように支援していくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この支援体制について、地域性の問題があるなというふうに私は見ていました。一つには、圃場整備とかが完了した区域ですと、この制度を生かせば、十分この計画が生かされるというふうに理解するんだけれども、私のような地域ですと、いまだ泥炭地で圃場整備もまだ進んでいません。そうしますと、圃場整備をしていない地域から見ると、この制度を生かすにもなかなか大変な苦労があるなと。
 現に、2月7日でしたか、部落座談会というのがありまして、そこで第1回目のお話を聞いたんですが、来てくれた方々は、最初の説明だから、みんな首をひねってばかりいるんですが、根底には、集約集約といっても、あっちこっちに飛んでいる飛び地の農地をまとめてくれと言われても、なかなか難しいなというのが率直な意見でして、しからば、圃場整備をやればかなえられるかという問題もあるんですが、ただ、今、差し迫った問題としては、圃場整備は一、二年でできるわけもないし、今からやったにしても5年10年先の話ですからね。この政策大綱の実施に伴って、地域性の問題というのも多分にあります。この取り組みは、農協は型どおりの説明はします。
 けれども、現実的に、地域にあっては……、農協がそれにかわるバックアップ体制がどれほどとれるかはわかりませんが、行政側においても、ある程度中身を精査していただいて、例えば、農協ができなくても、行政の中でこれまでの分だったら何とか支援体制はとれないものかなという行政側サイドの努力もお願いしたいということなわけなんですが。ただ、その努力の内容を、こういうものをしてください、ああいうものをしてくださいというのは、ここで私はお話ししませんけれども、地域性によってケース・バイ・ケースで一概に言えない部分があるんですよ。そういう状況があるということをまずお伝えしておきたいし、それを踏まえて、今後、農政サイドで、この大綱を推進するに当たって、当然、地域説明会に赴くわけですから、それらを踏まえた行政側の取り組みというものを、何か一つ二つお土産になるような形で地域に出向いて説明に一翼を担ってほしいなと思うんですが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)宍戸議員のおっしゃるとおりでありまして、何らかの形で市としても具体的な支援策を考えていかなければならないというふうに思っております。ただ、実際のところ、宍戸議員もおいでになってお聞きをいただいて感じられたかと思いますが、説明自体がどうもぴんとこないというのが正直な反応であります。実は、国においては、関係法案を国会に提案をしておりますが、審議が行われていない状況でありまして、したがいまして、農家の方々に対する説明も概要しかお話しできないという状況であります。法案成立後に出されます要綱とか要領というものが決まり次第、JAを初め関係団体、機関が一体となりまして、実務担当者による推進体制を充実させて、制度の集中、そして、集落営農への取り組みを推進していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)これから数回、地域における説明会が催されるようですが、そのときには、市役所、行政側からも農協と一緒に来られまして話をするやの話も聞いていますから、そんな折には、わからないとか、地域住民とキャッチボールもできないような話では困るので、しっかり煮詰めた内容で赴いてほしいなと思います。回答は要りません。
 次、2番目の問題に入ります。
 農業経営基盤強化促進基本構想の見直しと今後の見通しについてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)平成12年10月に見直しをいたしました、今お話をいただきました農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想というものも既に5年を経過しておりまして、その間に、国内の経済、あるいは農業を取り巻く環境というのは大変な変化があったということであります。このことから、農業経営の目標となります具体的な内容について早急に見直す必要があるというふうに考えております。県におきましては、昨年12月に農業経営基盤の強化の推進に関する基本方針というものを策定されました。この中では、経済状況の停滞や農業者の高齢化、後継者不足等を背景に、目標とする農業所得や担い手への農地集積割合が見直しされているところでございます。
 市におきましても、今申し上げましたような状況の変化とあわせまして、農地法施行規則の一部改正、あるいは、新たに示された経営所得安定対策等の大綱を見据えた内容での構想の見直しを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この親法に当たります農地法施行規則の改正から私が質問に入っているわけなんですが、昨年9月1日に農地法施行規則の一部改正がありまして、今までですと、農地を取得する場合、各県単位に下限面積というのがありまして、宮城県ですと50アールなんですが。この改正によって、いわゆる構造改革特区とは別に、岩沼市が見直しをすることによって、10アール以上でも農地を買えるという改正の内容なんです。このことについては、私も、地域における農協座談会というようなところではこのような話を実はしてきたところだったんです、早くできないかなと。でも、去年の9月にできたのが今わかったようなもので、私もちょっと疎かったんですが。この内容を見ますと、10アールという下限面積であれば、今、定年を迎えて、1反歩ぐらいだったら何とか農業に精を出して頑張れるなという人が結構いるみたいなんです。ただ、そこにはもろ手を挙げていいということばかりではないことも重々承知しています。つまりは、一方では農地の集約を図ろうとしているのに、一方では分散化をねらったような改正であるということもあるわけなんですが、ただ、現状をとらえれば、この改正はやはり必要だなというのが私の認識なんです。
 そこで、岩沼市が、この制度に乗らせるためには、まずもって、基盤強化促進基本法に基づく基本構想の見直しをして、それを県に出さないと事は進まないという手順なわけですね。もちろん、県の方に出す前には、一応、県の同意なり何なりが必要なそうですが、ただ、それについては、各市町村単位で県に出せばいい話で、いつまでに一斉にやれということではなさそうです。せっかくの制度改正があったわけですから、岩沼市として、できるだけ早くこの見直しを行ってもらって、そして、県の方に送っていただいて、告示をしていただいて、即、適用というその手順を、1年なんていうと長いか、もっと早くに見直し作業の行方を見たいんですが、この辺の見直し作業はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)農地法施行規則の改正ということでありますが、これは平成17年9月1日施行ということでありますが、実は、岩沼市の方に通知がありましたのは平成18年1月31日でありまして、その時点で具体的にどう対応するかということを考えられるようになったというふうに思っております。現在、見直しに必要な資料収集や県からの策定指針を参考として事務を進めておりますが、見直し時期につきましては、県との事前調整、あるいは農業委員会、農協からの事情、意見聴取、そしてまた、県から同意を得ることと等の期間を要するということでありますので、平成18年度の早い時期までには策定をしたいと考えております。
 具体的スケジュールにつきましては、産業部長から今考えている段階でお話しします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)農地法の改正に伴う部分に限定して、スケジュールも含めて答えたいと思うんですが、前段としては、先ほど宍戸議員のお話のとおり、10アール単位で、知事が認めれば一応できるということになるんですが、原則的には、クリアすべきこともあるようです。一つは、原則としては、小さい面積といいますか、例えば、集積するに当たり4割を下回らないこととあるので、それについては、岩沼の場合については、50アール、5反歩以下であっても27%しか占めないので、原則論からすると少し厳しいのかなと思うんですが、県知事の裁量権がどこまであるかちょっとわかりませんが、その中で、遊休農地が相当程度存在する場合については、知事が認めればできるということがあるものですから、その辺で、市の方としても農業委員会と十分詰めながら策定したいというふうに思っています。
 今後の見直しのスケジュールでございますが、まず、市の内部で農業委員会とともに原案の協議をして、3月下旬あたりまでには庁舎内部の調整をしたいと思っています。県との事前調整につきましては、その後、4月上旬あたりまでにはやりたいと。それを受けて、先ほどのハードルがございますが、その辺の兼ね合いも含めまして、再度、庁内で最終協議をして、あと、正式に農業委員会、農協からの意見聴取の事務手続を経まして、県には5月上旬には同意申請を出したいというふうに思っています。最終的には県の公告を待って実行されるということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この見直しについて、今までの50アール要件でないと最初から買えないということで、いろんな人が現実問題としてぶつかっている話があったんです。ただ、10アールにしてもらうと、袋地あるいはめくら地になっている土地を、たまたま隣接所有者が15アールとか20アール持っていても、取得して、それが一体利用になることによって、周辺農地へのいろんな悪条件を取り除くことができると、そういうことがいっぱいあるんですよ。私もそういう相談を受けています。それは地域性もありますけれどもね。後継者不足とか労力不足の中で、これから遊休農地というのは多分ふえると思いますよ。今現在は、部長の話ですと、基準上はなかなか難しいとは言いつつも、とにかく、今後、岩沼の後継者不足、労力不足等々を考えれば、間違いなく遊休農地はふえるだろうと思うんです。そこで、農業委員会サイドでも遊休農地調査を何年かに一度ぐらいずつかやっているような記憶があるんですが、その辺、もしわかれば数字だけでも教えてほしいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)遊休農地の現況でありますが、一応、耕作放棄地ということで、岩沼市は約 145ヘクタールぐらい。耕作面積が 1,794ヘクタールのうちのおおよそ 145ヘクタールということで、 8.1%です。参考までですが、宮城県が 7.2ですので、岩沼の方が遊休農地が多いという現状であります。全国的には、山間地もあるということで、全国平均ですと 9.7%というふうになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)都市化に近い岩沼でさえも7%台の遊休農地があるという現実を見ると、何となく、今後の農政というものに対する懸念が出てくるところなんです。ですから、限られた人だけの農地というわけにもいかないでしょうから、今回、農地の保全という立場に立った観点で見直しを進めていただいて、良好な土地保全に努めていきたいと思いますから、よろしくお願いします。
 最後の問題に入ります。
 安全管理体制についてでありますが、公用車であれ、民間の営業所であれ、ある一定の台数を保有している場合については、安全運転管理者会とか事業主会とかという組織などを立ち上げて管理体制を図っていることと思うんです。岩沼市にあっても公用車はいっぱいあります。そうした中にあって、ぶつけられたり、場合によったらこちらが加害者になってというか、そういう事案もあるわけですよね。それで、いつの世も起きてからいろいろな対策を講じるのではなくて……、私は常々思うんですが、私も決して道交法を完璧に守っているわけではなかったんですが、一、二度お世話になったことがあるんですが、でも、とりわけ公用車に関しては、市民の財産という観点に立ったら、いつも間違いは許されない、いわば、完璧な条件の中で運営管理をするのが筋であろうと思うわけです。
 そこで、1番目、公用車の管理体制からまずお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)公用車の管理体制につきましては、車両の維持保全と効果的な運用を図るため、運転管理者 ── それぞれ管理する課長職になりますが、運転管理者及び取扱責任者を車両1台に一人置き、管理をしているところでございます。これらの公用車の総括管理者は総務課長ということになります。さらに、道路運送車両法の50条第1項による整備管理者、市役所の場合は2名を選任し、毎週月曜日の朝には始業点検をするなどして、取扱責任者の指導、監督を実施しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)次に、2番目なんですが、公務による運転者の管理体制についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)運転者の管理体制につきましては、公用自動車等使用管理規則に基づいて、安全運転管理者、これは総務部長なわけでございますが、副管理者が5名おります、を任命し、交通事故防止に努めているところでございます。また、運転者に対して、常に健康の保持に留意するとともに、公用自動車等の運行に当たっては、運転速度や免許証の所持等、法律の規定を遵守し、安全の確保及び公務の効率的な遂行に努めるよう指導をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の指導が完璧であれば、有事の際であっても適切な措置がなされるとは思うんですが、この問題について一つ確認したいんですが、公用車の運転もしくは私用の運転であっても、公務時間内における運転にあっては全く同じですよね、車が違うだけでね。そこで、例えば、実際運転するときには、部長がお話しされた、励行しなさいよということをそれぞれは守っているとは思います。けれども、人間ですから、場合によったら免許証の不携帯だってあるかもしれません。自分では持っているつもりでいて、仮に事故などがあったときに、これは大きな問題になりますよね。そういう意味では、朝ですね、朝でも何でもいいんですが、その日、公務を持って運転をする場合には、その課のどなたかが確認義務をするくらいしっかりした中で運転業務に入る体制が必要ではないのかなと思うわけです。今までそういうことはなかったわけでしょう。ただ、口頭による、しっかり励行してくださいよという指導はあっても、免許証の確認は、だれ一人として、これで大丈夫ですということの確認はされているやには思わなかったのですが、これからは、いろんな考えられない事件、事故、交通事故だってあるわけです。ましてや、公務員が公務によっての事故が起きたときの不携帯などといったら最低のことでしょう。そういう意味からすれば、免許証の確認、目で確認するという体制というのは、市長、どうなんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)お話しのとおり、うっかり免許証を自分の車に入れっ放しで公用車を運転するなどということは、中にはあるかもしれませんけれども、ないと信じておりますが。公用車を運転する場合、従来は、免許証の確認までは確かにしておりませんでした。それらについては、今後、そういった確認は必要だろうと思っておりますし、しなければならないと思っております。
 ただ、公用車が出る場合、時間帯、勤務の条件等でばらばらになるわけでございますが、その課の中で、ある程度の複数の体制をとっておかないと、なかなか確認は無理だなと思っておりますので、その辺は、どういった確認作業がいいのか、早急に検討して、不携帯のないように、うっかり忘れるとかといったことがないようなことにしたいと思っております。今までもあったということではなくて、今後は十分にそういったことの体制整備をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)これは行政側全体の考えとしてのお話だと思うんですが、指名をしていました教育委員会サイドとしては、教育長の立場からいろいろ考えがあるかと思うんですが、教育委員会のサイドとしてどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)ただいま市長部局からの答弁がありましたけれども、教育委員会としても当然同様の考え方でございます。公用車を運転する際に、間違いなく免許証を携帯していたかどうかという部分につきまして、これまで確実な確認をしていたということではない部分もありましたので、そうしたことのないように十分注意しまして、今後、間違いなく確認ができるような体制について行っていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)回答としては、やる方向で検討するということのお話を受けましたので、ぜひ早い機会にそれは検討してください。よろしくお願いします。私の質問は以上で終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は4時35分といたします。
    午後4時22分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後4時35分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 1番布田恵美議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔1番布田恵美議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)1番、リベラルひまわりクラブの布田恵美です。
 最初に、さきの12月議会、一昨年の9月議会で提言してきました、公用車への「安全・安心パトロール中」というマグネットステッカーの件、早速に取り組んでいただけましたこと、この場をかりてお礼いたします。
 職員の皆さんが公用車での移動時に「安全・安心パトロール中」ステッカーを装着することにより、みんなの目が光っているぞと、犯罪抑止力、防犯の一助となることと思います。今後とも、移動時には可能な限り装着いただきますようお願いいたします。
 それでは、通告に従いまして質問をさせていただきます。
 一つ目の項目です。市民との協働についてお伺いいたします。
 今回の3月号岩沼市広報には、市民向けに、「平成25年度を目標年度とする新総合計画に基づき、市民と行政がそれぞれの果たすべき役割を、まちづくりの役割を意識しながら協働を進めていくこととしています」とあります。「これは新たな行財政改革の基本的方向でもあり、市民にとり、行政への満足度をどれだけ上げることができたかを重視するものとします」と掲げています。その実現のためには、市民の皆さんにも理解していただき、協力、参画いただくことも不可欠と思います。これまでの、何でも行政にという意識ではなく、行政側から、自分たちでできることは自分たちでという市民への意識の啓蒙も大切なことと考えています。その観点から、通告に沿って質問していきます。
 (1)番、「安全・安心における」についてです。
 不審者対策について、さきに他の議員がいろいろ質問されていましたように、「ふれあいパトロール隊」、これは現在 311名の登録、そして「こども 110番の家」、これは 203軒の登録、そういった活動がされているわけです。今後、特に、通学路以外の参加の呼びかけを広く行っていったらどうか、お伺いいたします。
 といいますのは、子供たちは、必ずしも学校の登下校だけに道路を通るわけではなくて、放課後に、遊ぶ場所へ、習い事などで通行する場所が通学路ではない場合もあります。それらを見守るために広く呼びかけていってはいかがでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)通学路以外の参加、呼びかけを広く行ってはどうかという御提案でありますが、御承知のとおり、ボランティア活動でありますふれあいパトロール隊、長続きの秘訣は、「無理せず、縛らず、マイペース」、この三つであります。したがって、通学路以外ではなかなか難しいのかなと現在は思っているところであります。当面は、子供たちを見守る人をできるだけ多くするという方向で考えてまいりたいと思います。
 こども 110番の家につきましては、こども 110番の家の少ないところや、特に安全面で問題のあるところなどについて、各学校ごとにチェックして、協力を依頼することも大切かと思っておりますので、この件につきましては、校長会で話をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)特に、市民の力を広く結集して積極的に参画していただけるような仕組みづくりを考えていってはどうでしょうか。現状だと、ふれあいパトロール隊は、市民個人個人に広報とかで呼びかけておられるようです。特に、いろいろな場を利用して、いろいろな団体のセレモニーなどにも出席されることも多いでしょうから、そういったときにもぜひ呼びかけしていただいて、その団体の方々にも多くの方に……、団体に所属されている方々にも参画を呼びかけてはいかがでしょうか。周りには、早期退職で退職されて、何か地域の役に立ちたいというまだまだ元気な方々もたくさんおられます。ますますそういった方が、これから団塊の世代の方々が地域に多くなると思います。そういった方々が、何か次の世代の役に立ちたい、自分にできることはないだろうかと。そういうときに、ふれあいパトロール隊のお話をしていますが、いろいろな場でいろいろな角度から呼びかけて、お願いをしたり、その情報を発信することは大事なことではないかと思います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)情報を発信することはやぶさかではございません。私どもの今後の課題、目標は、人を、家をふやすと。一人でも多く、一軒でも多くを目標に取り組んでいきたいと思います。それとともに、市の広報だけではなくて、昨年の12月には学校だよりでそのPRをさせていただきましたので、もし何か行事があれば、学校だより等を通しながらのPRというのも一つの方法ではないかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)いろいろな場を通して発信をしている、学校だよりにも載せて各家庭にも配布しているということですが、学校だよりは市の広報などと一緒に配布されているケースが多いと思います。それに必ずしもすべての市民の方が目を通しているわけではなくて、やはりいろいろな場で直接紹介していくことも大事なことではないかととらえております。
 それから、次ですが、特に、登下校時間帯の参加をふれあいパトロール隊にお願いをしていると思うんです。ふれあいパトロール隊に参画できる方というと、平日の日中、昼間の時間帯に地域におられる方ということに限定されてしまいがちなんですが、例えば、土、日の休校日、学校が休みの日などに子供たちが遊んでいる姿を見守るボランティアがあってもいいのではないでしょうか。その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)あるにこしたことはないと思います。土曜、日曜に見守るということ、これも大切なことでありますが、現在は、縛らずという方針でやっておりますが、ある地区では、6時から7時半まで、見回り隊みたいな形で限定版で回ってくれているところもあります。これもすばらしい活動でございます。そういうことで、私どもからこのようなというふうなことよりも、むしろ、ふれあいパトロール隊の皆さん方からそういった声が聞かれれば一番いいのかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今の答弁の中に、ボランティアなので、縛るのではなく、教育委員会としてこうやってほしいと時間帯に縛るのではなく、みずからということだったんですが、例えば、きっかけづくりということも教育委員会の一つの仕事ではないかなと思います。地域で自主的に活動しているボランティアのパトロール隊の方々を広報などで紹介するとか、そういった活動を多くの方に知っていただいて、ほかの方にもそういった活動に興味、関心を寄せていただくような仕掛け、そんなことを考えてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)行政のあるべき姿といいますか、市民協働、参画の場合の行政というのは仕掛けでありますので、確かにその仕掛けも大切だと思います。それも、今後、広報あるいは今言いました学校だより、いろいろな広報を通しながら紹介していくのが一番いいのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)市内に現在24の自主防災組織というのが立ち上がっています。同じように自主ふれあいパトロール隊というのがあってもいいのではないでしょうか。自助、共助の精神で、自分たちの地域の防犯は自分たちが守る、見守るという精神で取り組んではどうでしょうか。そういった中で町内会や各種団体への協力を呼びかけてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは自主防災組織の中で自主ふれあいパトロール隊ということでしょうか。もう一度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)じゃもう一度。市内に現在24の自主防災組織という組織が立ち上がっております。同じように、自主ふれあいパトロール隊という形でそういった組織があってもいいのではないかなと思っております。自助、共助の精神で、自分たちの地域の防犯や子供たちの見守りは自分たちが行っていくという精神での、そういった方向でのボランティア組織はいかがでしょうか。例えば、町内会や各種団体への協力を呼びかけてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ちょっと複雑になってまいりましたけれども、私としては、今推進しようとしているのは、ふれあいパトロール隊を多くすると。これを目標にしてやろうとしているわけでありますので、そこまではなかなか手が届かない状況であります。これこそ、自助、共助の関係ではありませんが、自助というところあたりで立ち上げるというのも大切ではないでしょうか。余りにも行政から行政からというと、意外と崩れるものでありますので、その辺は下からの盛り上がり、これが何といっても一番でありますし、地域ぐるみという気持ちがそこに出るのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今の教育長の答弁の中で、ふれあいパトロール隊に登録してくださる方々をふやして、みんなの目で見守ることを広げていきたいというふうに解釈いたしました。そのときに、ふれあいパトロール隊を呼びかけて市民の方にお願いをすると。市民の多くの方は、私もそうですが、素人であります。素人でありますから、見守るに当たっても、どのようなところに注意して見守ったらいいとか、プロの目から見た死角になりやすいような場所等、他の市町村では、何かそういう講習会のような……、通常、例えば、犬の散歩であったり、自分自身の散歩であったりを兼ねて、ふれあいパトロールの活動に参画してくださっていると思うんですが、そのときに、どんなところに気をつけて見守ったらいいのか、子供たちへの声がけも含めて、ポイントの伝授などを行うような場があってもいいのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これは大切なことだと思っております。学校ごと、あるいは全体でというふうなことも考えられますが、研修会、講習会、実技研修会、話題提供、そういったものも今後考えていきたいなと思っております。実は、これも前にやったことがありまして、警察の皆さん方の御協力によっての役割演技で大変効果を上げた実例がございます。今後、これについては検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)では、2番の質問です。ボランティアの人材有効活用についてお尋ねいたします。
 ボランティアの人材といいますのは本当に岩沼の宝だとも言えると思います。ボランティアといいますと、生涯学習ボランティアは教育委員会、そして、福祉ボランティアは社会福祉協議会という窓口で登録を受けているように聞いております。このボランティアの窓口の一本化もしくは連携、情報共有はならないのでしょうか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ボランティア連絡会というのがあるわけでありますが、すべてを網羅しているわけではないというふうに思っております。できるだけの連携が図れればなおいいのかなと思っておりますが、ボランティアはあくまでも自由意思でありますので、すべてを組織化する、一本化するというのは、必ずしもベストとは言えないわけではありますが、しかし、こちらの方でお願いをする、あるいは民間の方々がボランティアの方々に御協力を求めるにいたしましても、できるだけわかりやすく一本化され、組織化されている方がいいということは確かであります。あくまでもボランティアさんでありますので、役所の方で具体的にどうこうということはなかなか難しいことではありますが、できるだけそういった形での支援を進めていきたいというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)ボランティアの人材の中の生涯学習の人材登録は教育委員会が窓口だと思いますが、岩沼市人材登録制度登録申請者は今年度何名あったかお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)箕笹生涯学習課長。

-------------------------------------------------------------------------------

生涯学習課長(箕笹文夫)それでは、人材バンクの登録数を申し上げます。
 登録団体が67団体、個人登録が 152名となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)これは毎年登録していただくのでしょうか。今年度ということでお問い合わせしているので、ことし登録していただいた方ということでよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)箕笹生涯学習課長。

-------------------------------------------------------------------------------

生涯学習課長(箕笹文夫)これにつきましては前年度からの登録でございます。これは今現在、広報なりホームページで上げておりますので、随時、募集しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)生涯学習の人材登録をされているデータに関しての問い合わせというのは、活用問い合わせは何件くらいあったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)箕笹生涯学習課長。

-------------------------------------------------------------------------------

生涯学習課長(箕笹文夫)人材バンクの利用状況でございますけれども、16年、17年の2カ年度のことを申し上げたいと思いますけれども、現在、人材バンクを使っている部分につきまして、生涯学習課におきましては、毎年やっております文化財めぐり、あるいは文化財企画展、これについては文化財友の会の方にお願いしたところでございます。それから、公民館で各講座などをやっておりますけれども、これにつきましては、16年度は各公民館で合わせて3回、17年度3回ということでの利用でございます。ほかに登録していない方々があるわけでございますけれども、現在のところはこのような状況になっています。
 それから、人材バンクへの利用の問い合わせでございますけれども、これも毎年大体3回程度の問い合わせがあるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)先ほど、登録されている団体で67団体、個人で 150名余りというふうにメモしたんですが、活用されている問い合わせの件数とか、活用されている件数を聞いても、余り多い数ではないなというのが正直な感想です。それで、生涯学習の人材登録がされていること自体、市民の中に広く知れ渡っていないのではないのかなという気がいたします。確かに、市の広報などに年に数回書いてあって、「登録しませんか。あなたの持っていらっしゃる技術をほかの方のために役立てませんか」という呼びかけの記事は見かけるんですが、いろんな技術を持っていて何か人のために役に立ちたいという方がおられても、登録されなかったり、また、どのような方が登録されているのかがわかりにくいのではないかなという気がいたします。
 それで、市民が生き生きと学び合い暮らしていくために、井口市長が掲げている生涯現役で暮らし続けていくためにも、人材情報の提供に積極的に取り組んでいってはいかがでしょうか。例えば、教育委員会のホームページの中にデータベースという形で公表して、個人情報までは載せる必要はないと思います。どういった技術をお持ちの方が、例えば、お花のアレンジメントを指導できますとか、カヌーの指導ができますとか、お料理の指導ができますとか、個人名ではなくて、技術の発信、技術の項目ごとの紹介というような形で広く知らせていってはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)箕笹生涯学習課長。

-------------------------------------------------------------------------------

生涯学習課長(箕笹文夫)今、御質問がありましたとおり、生涯学習につきましては、いろんな方々のそれぞれの趣味とかなんかがあると思いますので、今後、少しでも市民の方々にお知らせできるように、ホームページの中で、今申されたとおり、個人情報をのせた形でお知らせしたいなと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)そうですね、先ほども最初に申しましたように、岩沼のボランティアの方というのは、岩沼の人材、宝でありますので、その宝を埋もれさせてしまわないで、発信して市民の多くの方に知っていただいて、また、そういうボランティアがあるんだよということも知っていただくきっかけになりますので、ぜひ積極的に早急に取り組んでいただきたいと思います。
 次です。市民との協働を考えたときに、ボランティア活動が積極的に進められるような仕組みづくりと同時に、準備活動ができる場所も必要だと思います。その点についてはどう考えているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市民の皆さん方との協働のまちづくりを進めるためには、市民の皆さん、あるいは町内会とか、各種団体、NPO法人、そしてボランティアの皆さん方にもいろいろと参画をいただくことが不可欠だということであります。既に、今お取り上げになっておられましたふれあいパトロール隊とか、グリーンピアの里山保護ボランティアなどと、たくさんの皆さん方にいろいろな分野で御協力をいただいているわけでありますが、今後さらに協働を進めていくに当たりまして、協働の担い手である市民の皆さんや団体の代表者の方々、ボランティアの活動を行っている方々などから市民参画だとか協働のあり方について御意見をいただき、検討を進めたいと。ですから、まずは、今、市民参画、協働のあり方について岩沼市として方向づけをしっかり定めたいと。そのあり方、参画の方法等について、さらにその後は具体的に進めていきたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)協働、参画のあり方について進めていきたいという答弁でしたが、活動の場所として、準備活動ができる場所が必要ではないかと先ほどの質問で取り上げておりますが、あいプラザなどはいかがでしょうか。そこの活用についてはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)原則としては、設置目的がありますので、それに沿った方々に御利用いただく、団体、ボランティアの方々に御利用いただくということでありまして、すべての市民の皆さん方があいプラザに行っていいのかどうかということにつきましては、改めて検討しなければなりませんが、かといって、公民館等におきましても、場が足りないとか、いろいろなことがありますので、せっかくある施設といった資源でありますので、それは有効活用が図れるようにできるだけ努めたいというふうには考えております。終局的なねらいといたしましては、まず、今の段階においては、市民活動支援センターといいますか、そういったものをできるだけ早く設けて、活動家の皆さん方に大いに利用していただき、その中で、市民との協働、参画だとか、あるいはボランティア活動だとか、いろいろな活動ができれば、岩沼市にとっては大変すばらしいことだというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)3番目の質問に移ります。
 仮称ですが、史跡ボランティアガイド養成講座を立ち上げてはどうでしょうか。
 公民館講座などで岩沼の史跡を学んだ方々に、さらに一歩進んで、史跡ボランティアガイドとして活動いただけるような仕組みを考えてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)史跡ボランティアガイドにつきましては、市内でサークル活動をしております「岩沼市文化財友の会」会員の方々に、市内史跡めぐりや文化財企画展の企画、準備並びに説明と御協力をいただいているところであります。また、総合的な学習の時間や市内外から文化財などの見学等で問い合わせがあった場合には、岩沼市文化財友の会を紹介して、説明や現地案内等をしていただいているところであります。したがいまして、史跡等のガイドにつきましては十分機能を果たしておりますことから、現在のところ、講座の開催は考えておりませんので、御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)では、二つ目の項目に移ります。男女共同参画社会実現のために。
 男女が、性別に由来する不当な差別や偏見によってその自由や人権を侵害されることなく、個性と能力を十分に発揮して、政治的、経済的、社会的、文化的活動など、あらゆる活動に参画できるような社会が男女共同参画社会です。
 男女共同参画社会基本法は平成11年6月23日に施行されました。平成12年12月12日、基本法に基づく男女共同参画基本計画を初めて閣議決定、そして、平成17年12月27日、政府は男女共同参画基本計画第二次を閣議決定してきた流れがあります。
 本日の河北新報、こちらです、午前中にも取り上げられた方がおりましたが、人口がふえたまちということで岩沼が紹介されております。その中に、井口市長のコメントが、いずれ到来する人口減少時代を見据え、市民生活のレベルアップ、特に次世代育成支援に力を入れたいと強調しておられるとあります。この次世代育成支援と男女共同参画社会は密接な関係があり、男女共同参画社会実現が進むと子育てのあり方も変わってくる、次世代育成支援にもつながります。この点を踏まえて質問いたします。
 岩沼市としての現状と課題についてです。3月号広報にある内部評価で、男女共同参画社会の推進を含む市民各種団体などの活動と交流の促進の政策に関して、内部評価で「課題あり」とありますが、男女共同参画社会推進について具体的にどうとらえているのかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)男女共同参画の現状ということにつきましては、平成14年度から3年間、働く女性を講師に迎えて講演会を開催し、意識の啓蒙に努めてまいりました。17年度につきましては、御承知のとおり、県との共催によりまして、みやぎパートナーズデイ「男女共同参画フォーラム2005 in 岩沼」というものを開催いたしましたほか、市民の方々を対象として勉強会を3回にわたって開催いたしておりまして、徐々にではありますが、意識も高まってきているというふうに思っております。今後は、男女共同参画というものが家庭、地域、学校、職場、それぞれの場において実践されることが重要であり、先進事例等を学びながら、推進計画の策定に向けた取り組みを進めてまいりたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)男女共同参画基本法の目的には、総合的・効率的推進もあり、国、地方公共団体、国民の責務を規定、責任の所在とその内容が明確化されています。地方公共団体、議会及び執行機関においては、国の施策に準じた施策及びその区域の特性に応じた施策を策定及び実施するとあります。その点についてはどういう認識でおられるかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)男女共同参画社会の基本法、そして、それに基づく基本計画改訂版ということでありまして、岩沼市におきましても、当然のことながら、男女共同参画に対する岩沼市としての計画はできるだけ早く策定しなければならないというふうに思っております。ただ、私はいつも思うんですが、条例でも、計画でも、立てるということは非常に重要な意味があるわけではありますが、具現化して初めて価値が出てくるということでありますので、できるだけ多くの皆様方にお入りをいただいていろいろ御意見をいただきながらと。ただ、余り悠長なことは言っておられませんが、できるだけ早いうちに計画を立てて、何といっても、それをしっかりと具現化していくように努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)男女共同参画基本法の第9条に「その区域の特性に応じた施策」ということが掲げられております。地域住民の生活に身近な行政を行う地方公共団体は、地域の特性を分析し、施策を策定、実施する必要がある。地域の特性を分析するために市民の意識調査などは行っているのか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)意識調査というのは、とりわけこれまでのところは行っておりませんが、岩沼地域の特性とかということにつきましては、当然踏まえていかなければならないと思いますが、私は、岩沼というのはレベルが低いところではなくて、いろんな条件から見て、比較的レベルが高いのかなというふうに思っております。ですから、その意味では、男女共同参画につきましても、地域の皆様方の御理解をいただいて、しっかりと共同参画の実が上げられるような素地はあるというふうに思っております。
 例えば、子育て支援ということも、結果として男女共同参画とかなりかかわりがあるわけでありますが、そういったことにつきましても、市民の皆様方にはこちらの方の計画に十分御協力をいただけると思っておりますし、こちらの方ではまだまだやることがあるわけではありますけれども、そういったことも計画どおり進めることによって、子育て支援が相当高まって、しっかりと子育てができるようなまちづくりができるのかなというふうに思っております。そういう意味では、地域の特性としては、岩沼全体として、余りいろんな点でのばらつきがないといったような有利性等もあります。ですから、その意味では、しっかりとした計画を立てれば、具現性は高いのかなというふうに私としては感じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)同じく第15条には男女共同参画の視点の主流化を掲げており、「国、地方公共団体は、男女共同参画社会の形成に影響を及ぼすと認められる施策を策定、実施するに当たっては、男女共同参画社会の形成に配慮しなければならない」と。国民に関しては、第10条で「基本理念にのっとり、男女共同参画社会の形成に寄与するよう努める」とあります。以上のとおり、地方公共団体の組織に属し公務に従事する者は、一般国民より重い責務を有するわけです。第二次男女共同参画基本計画では、地方公共団体のすべての職員が男女共同参画の理念を理解することが求められていますが、どのように進めていくのでしょうか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的に基本計画を立てるに当たりましては、勉強会をして、その積み重ねで行いたいというふうにまず基本的には考えております。意識ということでありますが、役所の職員のみならず、より多くの人たちは、今や、特別に男性だから女性だからということは意識しない。当然のことながら、女だからどうだというようなことはもう考えられない時代になってきているというふうに思っております。その意味では、事実上は男女共同参画が着実に行われつつあるというふうに思っております。
 私としてはこれは本当は余りいいとらえ方ではないと思っていますが、例えば、21名のうち女性議員が2人だから、だから男女共同参画が十分でないとか、あるいは役所の管理職が2人だから少ないとかと、単純にはそういうふうにいかないというふうに思っております。部分的にとらえれば、もちろん政治とか行政という大きな市民生活に影響のある場で、より多くの女性がおられて、いろいろ意見を言い、参画できるということは大切なことではありますが、数が少ないからといって、女性が差別されているというふうには私は思っておりません。むしろ、いつも申し上げるんですが、岩沼市において、例えば、子育て支援だとか、あるいは介護だとかという部分になりますと、これまで女性が担ってきました。もちろんこのことがいろいろな問題を起こしているという反面もありますが、しかしながら、実際には、そうやって担ってきた女性の声をいただかなければ現実は動いていかないということでありますので、そんなに過敏に、男女共同参画がいっていないから岩沼はどうだとかというふうには思っておりません。少し甘いかもしれませんが。でも、現に、こうやって議会の中だって、五十鈴川議員でも布田恵美議員でも、男性以上というと差別になるかもしれませんから、そういうふうには言えませんけれども、堂々と発言をされてやっておられますし、男性の議員だって、女性だから黙っていろなどという話は全然出ないわけでありますので、その意味では、以前と比べれば確実に進んできているかなというふうに思いますので、なお、これを機会に、できるだけ早く具体的な計画を立てて、それをしっかり、まず第1年度はこうだ、次はこうだという形で進められるように努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)市長がとらえていらっしゃる男女共同参画の現実と地域の中の実情というのは、やはりまだちょっと温度差があるのかなというのが正直なところであります。いろいろな計画づくりとか、政治の場、それから意思決定の場に女性がまだまだ数的には少ないということもあるわけなんですが、例えば、先ほどの、地方公共団体のすべての職員が男女共同参画の理念を理解することが求められているということに対して、市役所内部で例えば意識調査を行うとか、検討委員会を立ち上げるとか、そういった体制をとっていくのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私は、意識調査をしなくとも、男女共同参画ということは、それぞれしっかり感じておられると思いますし、ただ、岩沼で管理職が少ないというのは、入った時代に女性と男性が行う仕事が、事実上、例えば、女性は庶務だとかという形になってきたということが、やはり管理職が……、今、20年、30年たってみて、そうなっているわけでございますが、今や、全くそういう話はありませんので。むしろ、優秀な女性の職員がどんどん市役所に入り、そして、それぞれの部署で活躍をしているわけでありますので、数的に見ましても、近い将来、女性の管理職等も相当出てきますので、私としては、特別、意識調査をしなくとも、間違いないのかなというふうに思っておりますが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)まずは市役所の中から積極的に取り組んで推進するべきだと思います。そして、専門に取り組む課とか室といった位置づけのものも必要なのではないかなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私としては、ポーズとしては、男女共同参画課なんて設けたら、いかにもいいんですが、実際は、設けても、課長1人で職員1人とか、嘱託1人とかという形でも、まあ格好としてはいいのかもしれませんが、そんなことよりは、実際に役所全体として取り組んでいくということでありますので、今、一応、市民の参画をいただくような係を新たに設けさせていただいておりますので、今の時点におきましては、それを中心に、それぞれ力を合わせて男女共同参画に取り組んでいくということでいいのではないかなと思っておりますが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)岩沼市のホームページの中でも、男女共同参画について書かれているのはほんの数行でして、平成11年に、「男女がお互いに人権を尊重しつつ、責任を分かち合い、性別に関係なく、その個性と能力を発揮する社会実現に向けて、男女共同参画社会基本法が制定されました」といった書き込みがあって、そして、宮城県の男女共同参画推進課へのリンクが張られているわけです。そこのところを見たときに、岩沼市のホームページの男女共同参画の項目を見たときに、岩沼市としてどう取り組むのかというその積極的な部分が全く見えてこないんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御指摘をいただきますと、そういうふうにお答えをしなければならないわけではありますが、例えば、審議会等の女性の登用状況というのは、全県下で毎年発表になるわけでありますが、岩沼では既に、法律あるいは条例による審議会、委員会等における女性の比率というのは県内13市では一番になっているという形でありまして、そういう意味では、着実に女性の方々にもいろんな場で御活躍をいただいていると。ただ、ホームページの中ではそういう記述で甚だ情けないような話ではありますけれども、なお、これもできるだけ早く計画を立案して、その内容を、市民の皆様方、あるいは市外の皆様方にも見ていただけるような形でできるのかなと思っておりますので、そのあたりは積極的に努力をしていかなければなりませんし、その意味では、男女共同参画で言うポジティブ・アクションというんでしょうか、積極的に改善措置を講じていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)リンク先の、男女共同参画の項目からリンクされている宮城県のホームページのところに、「平成17年度県内市町村における男女共同参画推進状況について」というデータがあります。そこの中に、岩沼市の取り組みとして、平成17年度の事業計画がありまして、10月に講演会実施という予定でありましたが、それはどうなったのでしょうか、お尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)当初、講演会を予定しておったんですが、この講演会の部分が勉強会に変わりまして、3回ですか、の勉強会をやっているというふうなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)昨年12月からことしの2月まで開催していた勉強会ということだと思います。
 私も3回の開催のうち2回は出席いたしました。それで、その勉強会で参加者の声をアンケートなどで集約はされたのでしょうか。実施したときに、計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(action)というのはするべきで、それはなされたのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)この勉強会はスタートして3回でございまして、まだまだ皆さんでお互いに共有するという部分の勉強会でございまして、改めてそういった調査を今回は行っていないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)終わってから参加者の方々の声をいろいろな方から聞いたんですが、市の男女共同参画の勉強会にみずから出席されている方々は、男性は本当に少ない数だったようです。参加されている方々は、そういったわけでほとんど女性だったんですが、日ごろ何らかの問題意識を持っている方々でして、何らかの発言をしたいなという、男女共同参画社会実現に向けて日ごろ思っていることがおありの方、意識の高い方のように感じました。昨年までの3カ年でも講演会を開催して、男女共同参画について、何となく言葉というか、事例として知っていただく機会は提供してきました。今回の勉強では、講師からの講義が中心であり、興味、関心を寄せて出席している市民に、その目的達成のための協働できる力を養成する内容にはなっていなかったのではないかなというふうに感じました。行政から与えるというのではなくて、市民との協働の方向性で進めてはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市民の皆さんとの協働ということは非常に重要だと思いますので、そういう形で進められればなというふうに思っておりますが、役所として、どなたかがやっていただけるのを黙って待つということもできませんでしたので勉強会をやっているわけでありますが、勉強会に参加をされている方々が、これからまたさらに自主的にこういう活動をしたいという中で、役所の方がお手伝いできるという形になっていけばいいのかなと思っております。
 布田恵美議員が参加されたそうでありますけれども、勉強会のレベルが低いというようなお話をいただいておりますが、それはいろいろ感じ方があるというふうに思っております。また、参加される方が少ないからといって、必ずしも意識が低いというふうには思っておりませんし、特別に物を言わぬ、男女共同参画をしっかりやられている女性、男性もたくさんおられるわけでありますので、余り数等にはこだわらないで。そしてまた、勉強会につきましても、一応、これまで3回開催してきたわけでありますが、それで終わりというふうには考えておりません。Plan Do Check Action というお話をいただきましたが、チェックをするというところまではまだいっていないような感じがいたしますので、このあたりにつきましては、できるだけ早く御期待に沿えるようにしたいと考えておりますが、それぞれ自発的にやっていただけるところまでいけば本当かなというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今の答弁の中で、勉強会のレベルが低いと私が言っているように、感じているように市長の方から言われたのは、レベルが低いとか、決してそういう解釈ではございませんので、その辺、誤解のないようにお願いいたします。
 参加されている方のニーズに合っているのかなという部分で、把握し切れていなかったのではないかということを問いかけたわけです。ですから、参加者にアンケートをとって……、本来であれば、どういったことを望んでいるとか、日ごろどういったことを感じているんだということで、せっかく集まった20名余りの方々ですから、意識調査のような形でアンケートがあってもよかったのではないのかと。そしてまた、そこから次へ、来年度の取り組みを次に質問するんですが、その中に生かすこともできたのではないかということです。ということで、来年度はどのような方向性で、どのような事業を計画されているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今のような意識調査といいますか、そういったことにつきましては、18年度ではぜひ実現したいと思っておりますが、今の時点といたしましては、先ほど、ニーズに合っていないというお話をいただいたということでありますので、できるだけニーズに合うような形での勉強会をまずは続けていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)先ほど既に市長が答弁の中で触れられたんですが、執行部の管理職に女性の職員がまだ少ないとか、それから、審議会のことをちょっと質問するつもりで考えておりました。審議会の委員に関しては、県内のデータで比較しても、平成17年4月1日では岩沼は33.7%という率でして、これは県内でも平均に近い値かなということです。女性委員の占める割合は出ているんですが、この委員の中ではダブりはないんでしょうか、全く別々の方が委員として任用されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)複数の委員をやっていただいている方がおられるというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今のお答えの中で、複数兼ねている委員もあるということでしたが、数字のマジックというか、それをならすと実はもうちょっと下がるのではないかなと思います。
 それで、以前にも質問で取り上げたことがありますが、岩沼市は、登用目標値として平成25年までに50%を掲げております。その目標を達成するにはあと7年あるわけです。平成15年と平成17年の数値を比較して、平成15年4月1日のデータでは33%、そして、平成17年では33.7%ということで、2年間で 0.7%の増加です。このままで目標達成は可能でしょうか。
 人材を育てていくようなセミナー、先ほど市長も職員のことでおっしゃいましたが、女性は、今まで、仕事の場でも、庶務的な位置づけで地域活動だったり職場で活動してきたことが多くありました。ですから、人前で話すことが苦手だとか、そういったことでしり込みされる方も女性自身まだまだ多くおられます。ですから、女性の意識改革も実は男女共同参画では必要なことだと思っております。と同時に、女性の人材を多く育てていくようなことも考えていかなければいけないと思いますが、養成講座のようなことを開催して育てていって、多くの方に参画していただき、その方々に審議会の委員とかといったことで参画していただいてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)逆に、女性だけを集めて女性を養成するという形よりは、男女一緒の方がいいかなというふうに思っております。岩沼市では、以前と比べますと、大分いろんな研修を行うようにいたしております。女性の講師先生に来ていただいて科学技術のお話をいただいたり、あるいはまた、助役、収入役、教育長でそれぞれ分担をして、職員の研修というか、こちらでどうこうよりも、職員の皆さんがどういうふうな考えを持っているか、テーマによって論じてもらう、レポートを書いてもらうというような形で、いろいろ研修は行ってきているわけでありますが、それはいずれも男性だ女性だというふうに分けないでやっているわけでありまして、むしろ、その方が男女共同参画にふさわしいなのかなというふうに考えております。
 そして、確かに、布田恵美議員が言われるように、これまではいろいろ課題等があったわけでありますが、少なくとも、今の現役の職員におきましては、女性だからとか男性だからという意識はもう既にないというふうに思っておりますので、改めて養成講座というのは必要ないのかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)男女共同参画推進の輪を大きく育て、次の世代に引き継ぎ、21世紀の岩沼が品格と活力の福祉社会の建設と国際社会への積極的貢献ができるようにすることが、私たち現役世代の責務と考えております。当然、地方公共団体の首長の認識、積極的推進にかかっていると言っても過言ではないと思うが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そのとおりだというふうに思っております。岩沼が条例化なり計画がおくれているというのは、首長が不熱心だというようなこともあるかもしれませんが、私としては、ジェンダーとかいろいろ言われるわけでありますけれども、もともとそんなに差はないというふうに思っておりますし、特に、女性のすぐれた人たちにはよくお目にかかっておりますので、余り意識してこなかったということでありますが、なお、これを機会に、岩沼市としてはさらに勉強会を重ね、できるだけ早く計画を立て、それを具現化すると。すべての市民の皆さんに加わっていただくということは、つまり、男女共同参画でまちづくりをしっかり進めていくと。そして、できることならば、できるだけ早く、布田恵美議員の言われたような、世界の中での岩沼というような形になれば非常にいいのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)お言葉ですが、世界の中の岩沼とは申しておりませんので。
 これから本当に積極的に推進していかなければいけないことの一つが男女共同参画社会の推進だと思います。実は、女性だけが大変なことでもありませんし、男性も、これまでの働き方の中で、高度成長時代に企業戦士として一生懸命働いてきて、そして、景気の流れが変わってリストラされてしまったと。そのときに、家族にもリストラされたということを言えずにいると。現実にそういった方もおられて、悩んでおられる。男性は強くあらねばならぬ、男性は人前で泣いてはならぬという、そういう教えを受けて育ったがために、今、現実の中で大変つらい思いをしている男性もおられるということを聞いております。そういった中で、男性も女性もお互いに理解し合って、人として支え合えるような、そういった社会が早く実現していってほしいなと願っております。女性の家事、育児負担が軽減されて、家庭と職場の両立が可能になって、少子化にも歯どめがかかっていくと思います。私たちのまち岩沼が、市民一人ひとりが満足感を持って暮らせることを願って、これからも議会の場で男女共同参画実現に向けて取り上げていきます。以上で終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は、明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後5時29分延会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年6月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 梶 谷 洋 夫

                   議 員 平 塚 兵 六