議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成18年第1回定例会(2日目) 本文




2006.03.06 : 平成18年第1回定例会(2日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、16番渡辺真多議員、17番安住文彦議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 順次質問を許します。
 3番櫻井隆議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔3番櫻井隆議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)3番、岩沼政策フォーラムの櫻井隆です。通告に従いまして2点にわたって質問させていただきます。
 まず初めに、学力低下に伴う対応策について質問させていただきます。
 平成16年第4回定例会において、学力低下授業時間確保について質問させていただきました。今回、再度質問させていただきますので前向きな答弁をお願いいたします。
 文科省の広報によりますと、2004年度、小学生1人にかかった学習塾、家庭教師などの経費は2002年度に比べ16.4%増の9万 6,621円に上昇したそうです。ゆとり教育を軸とする今の学習指導要領が導入された2002年度からこの費目は増加に転じており、学力低下への父兄の不安が塾通いを加速させているのではないでしょうか。
 それでは、質問に移らせていただきます。
 1番、ゆとり教育を掲げた新学習要領の実施後、子供の学力低下が指摘されている。当市では学力向上のためにどのような施策を講じているのか、まずお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学力向上のためにどのような施策を講じているかという御質問ですが、櫻井議員御承知のように、学力とは知識の量のみでなく思考力、判断力、表現力や問題解決能力、学ぶ意欲まで含めてとらえております。これら学力を向上させるために各学校では加配教員や指導助手による少人数指導、チームティーチングの指導、個別指導など一人ひとりに応じたきめ細かな指導を行うとともに、観察、実験、調査、研究、発表、討論などの体験的、問題解決的な学習の充実、スキル学習の時間の確保、家庭学習の習慣化を図るよう取り組んでいるところであります。また、学力向上のために教師の資質向上が欠かせません。各学校に市教委から県教委に指導主事訪問を要請したり、校内研究の充実、県教育研修センターでの研修受講の奨励、研究主任者会等への教育専門指導員の派遣など教職員の資質及び指導力の向上を図っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)1年半前も同じ質問をさせていただいたわけでありますが、前回も教育長は今と同じような答弁をなされております。各学校ではチームティーチングや少人数指導を取り上げるなど指導方法や指導体制の工夫、改善に努めている。また、市教育委員会では市独自で実施しております第1学年指導助手、特別支援指導助手等の活用を図り、子供一人ひとりのニーズに合った教育ができる体制づくりに取り組んでいるとおっしゃっておりました。では、この1年半の間にこの施策の結果、当市においてどのような成績上の成果があらわれているかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)教育というのは1年スパンではなかなかはかり知れないところがございます。今回、学習状況調査が実施されまして3月中にその結果が判明するわけであります。それを比較しないと、なかなかその部分については申し述べることはできませんので、ここでは力強く言うことはできません。ただ言えることは、みずから考え、みずから判断する部分については総合的な学習の時間を使いながら各学校とも特色ある学校づくりの中ではぐくまれているということ、これだけは言えると思います。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)では、教育長は市内の生徒の学力評価は、県学習状況調査などを指標として考慮されているのか、まずお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども申しましたように、学力のとらえ方であります。一つは知識の量ということで学習状況調査を判断しております。もう一つは、先ほど申しましたところであります。みずから考える、いわゆる意欲、態度、関心のところはどう評価するかという二つであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)2月30日の河北新報には県学習状況調査結果が発表されました。この通知は3月上旬に各自治体になされるそうでありますが、今の教育長の答弁ですと、その通知がまだ届いていないということでよろしいんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この点については学校教育課長が答弁いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)石田学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(石田弘)まだ届いておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)この県学習状況調査は、昨年度で2年目に当たるわけなんですが、平成16年度の県学習状況調査結果は既に届いていると思われますので、その内容について市内の生徒・児童の学習状況、県の平均と比較してどのような状況であったのか御報告願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)石田学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(石田弘)今御質問あった件ですが、昨年11月に小学5年生、中学2年生に対して学習状況調査を実施いたしました。この調査は 100点満点で何点をとったのかという成績を示すものではございません。問題の正答率が6割以上、これを期待する成績といたしましてどのくらい期待の成績になっているかを見ていくことになります。小学校ではすべての教科でほぼ期待の成績でありました。学習定着の状況はおおむね良好というふうにとらえております。中学校では国語、英語がほぼ期待の成績であり、数学と理科は県の正当率を上回っておりますので中学校でも学習定着状況はおおむね良好というふうにとらえております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)小学5年生と中学2年生に対してこの学習状況調査を行っているわけでありますが、今の課長のお話ですと、おおむね良好というちょっと抽象的な表現ではありますが、私といたしましては、正答率60%以上の問題の平均ですね、例えば県の平均が何%で、岩沼市の平均が何%ぐらいに位置しているからおおむね良好なのか、それとも上回っている下回っている、アベレージなのか、その辺のはっきりした数字は提示できないのですか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)石田学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(石田弘)お答えいたします。小学校の国語では若干県よりも下回っております。あとは社会、算数、理科は県と同じというふうなレベルでとらえております。中学校では県と同じ、またはそれ以上のものが数学、理科、英語、若干下回っている教科が国語、社会というふうになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)実際の数字はお答えしてもらえなかったんですが、ある程度、具体的に各教科のレベルは課長の方から報告がありましたので私はそれでよしといたします。
 先ほど申しましたように、今回も県の方では3月上旬に県学習状況調査結果が発表されますのでそれを踏まえた上で新年度の生徒たちのさらなる学習向上に努めていただきたいと思います。
 次の質問に移ります。これも前回、教育長に質問させていただいたわけでありますが、前回の答弁で教育長は、標準授業時数は上回って教育活動を実施しております。したがいまして、各学期の始業式や終業式を廃止して通常の授業に充てることは必要ないと現段階では考えておると答弁しております。では、この2学期制導入により始業式、終業式が減り授業日数がふえるわけでありますが、現在も2学期制導入に反対なのか、教育長、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)2学期制導入についての質問ですが、2学期制を取り入れることでメリットといたしましては、一つは授業時間、いわゆる授業時数がふえるということ。二つ目は学びの連続性が確保しやすくなる。三つ目は長期のスパンで児童・生徒の評価ができるなどがあります。
 でも、デメリットもございます。一つは、通信表発行の回数が減り子供や保護者の方へ学習の様子を知る機会が少なくなり、学習への動機づけが低下する傾向があること。二つ目は、1学期の途中に夏休みが、2学期の途中に冬休みが入り学習生活が途切れ学習の連続性、リズムが失われる危険性があることであります。三つ目は、中学校では定期試験の回数が減り学習意欲が低下するおそれがあることなどであります。これらのメリット、デメリットを含めその他の検討をしなければならないこともあります。現在のところ、2学期制の導入につきましては考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)前回の答弁でも当市においては、現在の3学期制を維持するに当たり標準授業時間数を上回っていると答弁されました。標準時間をどれくらい上回っているのか、小学校、中学校を例にとってお教えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ただいまの件ですが、具体的なデータは今持ち合わせておりません。ただ、最低言えることは標準時数を確実に上回っているということだけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今、教育長に3点にわたりデメリットについてお話ししていただきましたが、あくまでも私がこの問題を提言した理由といたしましては、学力低下に伴うための授業数確保という点で一例として提案させていただいたわけです。
 それに関連して3項目めに移らせていただきますけれども、この2学期制導入が無理であるのならば、夏休みを短縮し、学校週5日制による授業日数減少を補ってみてはどうかという提案なんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学力向上のために、第1は日々の授業の質を高め一人ひとりの子供たちにとってわかる授業を展開することが大切であると考えておりますので、授業日数をふやすことが即学力向上のための最善の方法とは考えておりません。
 また、暑い夏であります。夏休みを短縮し、授業日とすることによって必ずしも教育効果が上がるとは考えておりませんので、夏休みを短縮して授業日とすることは今のところ、考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)実際、夏休みを短縮して授業日数を確保している自治体を調べましたところ、東京都の新宿区、葛飾区、中野区、また京都市、2006年度より札幌市で実施するそうであります。今の教育長の答弁によりますと、ほとんどデメリットばかりお話しなされましたが、私はあくまでも教育長の考え方とは違っているんですが、教育長の考えは授業数がふえても学力向上につながるわけではないとおっしゃいましたが、前段申しましたとおり、学習塾とか家庭教師の経費は年々アップしているわけなんです。これは父母がいかに学力低下に不安を感じているかということの証拠だと思うんですね。ですから、父母を安心させるためにも授業日数は皆さん足らないと感じているわけです。私も直接父母の話を聞いても、以前の隔週土曜日とか、週5日制を廃止して以前に戻してほしいという父母の意見が結構あります。ですから、父母の考えと教育長初め教育委員会の考えとは多少のずれがあるのではないでしょうか。これはあくまでも授業日数確保のために2学期制の導入、夏休みを短縮して授業数を確保するという提案は、あくまでも生徒の学力向上を主として私が提案させていただいたわけでありますが、2も3の項目も無理であるとするならば、4項目めに入らせていただきます。
 希望する小・中学生を対象に土曜スクールを開き、教員OBや教員志望の大学生らに校区の公共施設で指導してもらうのはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)御承知のとおり、学校週5日制は子供が主体的に使うことができる時間をふやし、学校、家庭、地域社会が相互に連携しつつ、子供たちに社会体験や自然体験などを経験させ、みずから学び、みずから考える力や豊かな人間性、健康な体力などの生きる力をはぐくむことをねらいとして実施されております。実施から4年がたちましたが、現在もこの趣旨を大切にしたいと考えております。したがって、土曜スクールを開くことは今のところ、考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)どの提案もすべて教育長にとっては無理があるのかどうかわかりませんけれども、私としては2、3、4とあくまでも生徒の学力向上のために提案させていただいたわけでありますけれども、学校教育課の報告によりますと、岩沼小学校では夏休み、何らかの補習授業を行っているそうでありますが、その内容を御説明ください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それも含めまして私ども、何もしないというふうなことではございません。いろいろやっております。その一つは、各学校により課題が違うわけでありますので学力調査をもとにした対策を講じろということを言っています。その一つとして今、話題になりました岩小の夏休みの補習であります。3日間、5、6年生限定版ということで特にドリル形式で割り算とか引き算、足し算、いわゆる基礎基本の充実ということで実施しているところでございます。
 それと授業時数とのかかわり、あるいは時間が足りないというふうな質問でありましたが、私どももいろいろとやっております。例えば開校記念日、かつては休みでありました。今は授業日にしております。開校記念日の意義をしっかりと子供たちに植えつけながら、そして授業をすると。したがって、授業時数もふえております。そういった努力もしているということを御理解いただければありがたいと思います。
 また、来年度からでありますが、来月4月には宮城教育大学と正式な締結を結びます。それに基づいていろいろな学力低下を防止する策、それを講じてまいりたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)岩沼小学校で行っている夏休みの3日間の授業というのは、他の小学校や中学校にも奨励することができると思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それはできると思います。校長会で投げかけてみたいと考えておりますが、そのほかにも夏休み中でなくて放課後の補習もやっている学校も実際ございます。だから、一概にこうせよという強制は決してできません。学校によって実情が違いますのでそれぞれの取り組みの中で学力向上の道を極めてくれというふうな話をしておりますので、それぞれの学校サイドに任せているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今回の学力低下についての問題に関しまして、教育長がおっしゃるとおり、市内でもさまざまな施策を行っていることに関しては私も称賛したいと思いますが、2番、3番、4番で取り上げた問題に関しまして教育委員会の方で議題として今まで討論なされたことはあるのでしょうか。授業時間確保についてのそのような話題というか、教育委員会で取り上げられたことはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この辺については、正式な議題ということではなくてフリーの形でいろいろ御意見をいただいているところであります。その一つとしては、やはり授業時数確保、さらに確保よりも今の授業の質を高める、あるいはサポート体制を大切にせよというふうな御意見をいただきました。したがって、岩沼市としては宮城県随一と言われております市長の提案によるIEプラン、いわゆる四つの指導主事を通しながらサポート体制をしっかりとして授業の質を高めていく、そこから切り込んだ方がいいんじゃないかというふうな助言もいただいているところであります。
 また、理数離れが激しいという現状がございます。これについては来年度、只野文哉先生の意志を酌んで科学技術奨励事業も行っております。これに基づいて科学の心を子供たちに植えつけて、ひいては理科、数学の好きな子供が1人でも多くなること。これを願って行う施策であります。これについても教育委員さん方の中では話がありました。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)きょうは2学期制導入、また夏休みを短縮して授業日数の確保、また土曜スクールの開校について提案させていただきました。今後、きょうを機会に教育委員会の方でもう一度、この議題を取り上げていただいて議論していただきたいと思っております。幸いにも同僚議員にも現PTA会長が2人いらっしゃいますのでPTAの方でも話題にしてみてはいかがでしょうか。
 次に、学校選択制の質問に移らせていただきます。
 文部科学省の統計によりますと、16年度末時点での学校選択制を導入している自治体の実施率は小学校で 8.8%、中学校では11.1%にとどまっているそうです。学校選択制を取り入れていない自治体でも変更する理由については各自治体の判断に任せていると。そこでお伺いいたします。当市におきまして現行の学校教育法施行規則において学校選択を認める基準において相当の理由があると規定している、その範囲についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)大きく4点ございます。一つは、心身の障害等に関する理由による指定校の変更であります。心身の障害の疾病、長期入院、特殊学級の入級等の理由となります。二つ目は、転居に関する理由による変更であります。学年途中に住居変更があった場合等の理由となります。三つ目は、家庭の事情に関する理由による指定校の変更であります。保護者の勤務等により児童帰宅後の家庭で保護、監督する方がいないため親族等が児童を扱っている場合等であります。四つ目は、教育的理由による指定校の変更で、いじめ、不登校等教育的配慮が必要と認められる場合であります。このような理由により妥当と認められる場合には変更を認めているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今、4点にわたり当市にわたる相当な理由として心身の障害、転居変更、家庭の事情、また、いじめ、不登校などは許可されているということでありますが、次の2点目の質問にもいじめという相当な理由として挙げられているわけですが、文科省では今後、部活、いじめ、通学距離の3点は相当な理由に当たるとし、各自治体に通知するとしているわけでありますが、この方針に対する教育長の所見をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)うちの方には相当な理由が4点ございます。いじめについては、もう規定しておりますのでそれはオーケーですが、部活動についてはまだ正式な通知が来ておりません。御承知のとおり、これについては政府間で規制改革の会議が12月に最終答申を終えたばかりでございます。うちの方に正式に具体的な内容が来ておりませんので、今の段階では何とも答えようがございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)先ほど相当な理由として4点ほど教育長の方からお示しがありましたが、現在、文科省が考えている相当な理由の部活動、通学距離に関しては、当市では認めてはいないのですね。はい、わかりました。確かに今、教育長からお伺いするまでいじめ、不登校に関しては相当な理由があるとして認められているのは私は初めて聞いたわけでありますが、特にこのいじめ、不登校に関しては一定の効果があらわれている事態が結構あるそうでありますので、今後、文科省からその他の2点、部活動、通学路に関しては今後、通知があると思いますので検討していただきたいと思います。
 3番目に移らせていただきます。部活動、通学距離に関する通知が実際岩沼市の方に来た場合、その方針に沿った学校選択制の導入を教育長はなされるお考えなのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほど申しましたように、そのことにつきましては内容がまだ伝わっておりませんのであいまいで答えることはできません。特に通学距離についても何キロとかいろいろ来ると思うんですね。そういうことでここではお答えしにくいわけであります。ただ、自由な学校選択制については、保護者にとって児童・生徒の選択肢がふえ、個性的な学校づくりも進むという利点はあります。ただ、学校間の格差が生じ、序列化を招きかねないという大きな問題点もありますので、現在は現行の学区制を維持していきたいと、こう考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)学校選択制につきましては、今、教育長がおっしゃられたとおり、デメリット、メリット、是非についていろいろあると思うわけでありますが、今後、この件に関して検討を始める自治体はふえてくるものと私は思います。学力低下の問題同様、この学校選択制の問題につきまして今後、教育委員会の方で十分検討されることを私は切に願いまして答弁を希望いたしますけれども、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校選択制の自由化についてですが、私は現行を維持したいという理由が三つございます。一つは、岩沼市の特徴でありましてバランスがよいということ。小学校四つ、中学校四つ、ほかの市町村では 100人以下の規模が非常にふえて学校の統廃合がいよいよ平成19年度から行うと。うちの方はそれは考えられません。それから、他市町村に見られない傾向は少子化対策、少子化は十数年ありません。これは市長が申しておりました。そのとおりであります。これがやはり岩沼の特徴でないかなと思っているわけです。二つ目は、学校選択の自由化をしているのは東京であります。一番であります。文科省は言っておりました。地域の実情に合わせてやれよと。東京だからできる部分があります。ところが、このごろの弊害は、小学1年生ゼロの学校が出てきている。入学式がない、6年生までいるところがどんどんと減ってきているという弊害があります。これは大きな問題です。三つ目は、土曜日の朝日新聞にも載っておりました。これは弊害があるぞと。いわゆる地域ぐるみで子供を育てる体質ができないと。あちこちに飛び交ってしまうとどこの子かわからない。子供会も成り立たない。小さいときぐらいは地元密着型がいいんじゃないか。高校、大学はそれぞれのよさを生かしてあちこちに行きます。それはいいとしても、やはり小さいときは地域の中で全体の中で育てるのが一番いいんじゃないかという論法でございました。そしてもう一つは、先日、県の市町村教育委員会協議会の中で県内全域の委員の研修会がありました。全部の委員が集まりました。そのときのメーン講演で学区自由化、これは厳しい、やらない方がいいというふうなメーン講師のお話もいただきました。そのときに市町村からの声はほとんどがそのとおりだという声です。ですから、早くやったからいいということではございません。これについては十分検討させていただいて学力向上とともに慎重に検討させていただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今、教育長がおっしゃられたとおり、地域性というのも十分考慮しなければこの学校選択制導入には十分な検討が必要かなと私は思います。おしゃられたとおり、学力低下の問題に関しても学校選択制についても、今後、十分検討されましたので、私の一般質問はこれで終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)3番櫻井隆議員の一般質問を終結いたします。
 15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔15番五十鈴川みよ子議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)日本共産党の五十鈴川みよ子です。
 まず最初に、社会教育行政のあり方について一般質問をいたします。社会教育行政のあり方についてということではありませんでしたけれども、以前、岩沼公民館に関して一般質問をしていますが、今回はそれも含めて社会教育全般についての質問をさせていただきたいと思います。
 内部構想は今年度できるという答弁を以前いただいておりますが、社会教育施設の基本方針も1年間かけてつくると一般質問や委員会の教育民生部会の中でも答えていますけれども、その段取りとしてどういう段取りを組みながら今やっているとかということをまず最初にお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)生涯学習施設の全体構想という質問でありますが、新総合計画に位置づけられた事業は新図書館の建設であります。その全体構想について申し上げます。新図書館建設につきましては、調査検討する建設準備委員会を設置して検討中でありますが、今後も引き続き検討を進め、基本構想等をまとめてまいります。また、18年の5月中に新図書館建設検討委員会を設置いたしまして意見をいただきながら検討していきたいと、こう考えております。それらを経て9月末に基本構想、基本計画をまとめ10月にはお示ししたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今の教育長の答弁だと、総合計画の中に新図書館のことの段取りもお示しをいただきましたけれども、社会教育施設全般の見直しの基本計画というふうに私は認識をしているんですが、教育委員会はそういう認識はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それはございます。私は、全体の構想の中で考えたいという答弁をしております。その考えは、まず市民の皆さん方からの御要望、ここ二、三年、たくさん来ております。これは要求課題と申しますけれども、例えば武道館、美術館、博物館を建ててくれ、文化財、展示室、あるいは子育て支援室、情報センター、市民センター、たくさんございました。これを含めてということでありますが、もう一つは必要課題がございます。市部局としてどのような必要があるかということで、私どもは何といいましても10年構想、新総合計画の整合性を図っております。集中改革プランを見て御存じのように一つだけ新図書館建設であります。したがって、それに基づいて全体を考えるということであります。だから、あくまでもいろいろな御意見はいただきますが、現実問題として新総合計画の整合性を図りながら一つの図書館という間口は狭いですが大きくなる可能性もあるかもしれませんので、その辺が全体構想ということで私が答弁しているところであります。御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)総合計画に基づいて全体的な計画、基本方針を立てるということですけれども、もちろん、それは総合計画に基づかないとできないわけで、私は、例えば今教育長が言われたように、市民からたくさんの要望があって武道館とか文化財だとか、そういうものを社会教育施設としてどうするかという全体的なものから今、新図書館のことだけ言われましたけれども、教育委員会としての社会教育施設の基本方針、これは新図書館だけではなくて18年5月と9月、10月とお答えいただきましたが、そこの中に全体像、今言った武道館やら文化財やらそういうものが入る基本計画というふうに考えていいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)もろもろ考えてのことであります。ただ、教育委員会としての方針はということでありますが、私の前歴を申して申しわけありません。かつて仙台教育事務所に3年間いたときに仙台管内13市町村、くまなく施設を見てまいりました。岩沼市は内部ではよく施設が足りない、少ない、これはない、あれはないと言われますが、全体を比較すると非常に恵まれているわけであります。そこを私たち教育委員会としては判断しております。その上に立っての新総合計画ということで位置づけておりますので、教育委員会として全体を見ながら行っているということには違いありません。ただ類似施設はございます。そのことについて今後、どうするかということについては、教育委員会の施設だけではございませんから市部局と相談の上、この辺は検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)教育長の話、何かわからないよね。市民の人たちに聞いたってちっともわからない。私が言っているのは、社会教育施設としての見直しを全体的に行うと言うのであれば、新図書館だけではなくて今言った武道館だとか文化財だとか、この基本計画の中にそういう全体構想も出てくるんですかと聞いているんです。施設がどこのところよりも多いとか少ないとかというようなことではありません。それが全体的に出てくるんですかということを言っています。答えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それは個々にこれが上がるということは言えないと思います。武道館についても前々回、私が答弁したとおり、今は無理だという話をしていますので、個々に聞かれても、いわゆる明快な答弁はこれについてはできないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)もろもろのことを考えてとか、何か私はちっともわからない。教育長、私の認識は、社会教育施設全般を見直すというふうに言っているのであれば、新図書館だけのことではなくて市民からの要望があったものについては大体この辺にどうしようかとか、10年や15年のスパンでどうしようかという、そういうのが基本計画ではないかと私は認識をしているんですが、教育長いかがですか、違うんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それはそのとおりであります。10年スパンで考えるということでありますので10年スパンで考えて新総合計画があるということでありますので、新総合計画には武道館、あるいはそのほかの施設についても全体として考えているわけであります。その中で限りある財源の中ですべてできる時代ではございません。かつて10年、20年前、やっぱり大きなお城的なものをつくるという発想もございましたが今はできませんので、その辺も含めて新総合計画の中で考えるということで絞らせていただいているわけです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)ある方から言われたんです。エフエムを聞いていて五十鈴川さんは何で教育長をいじめるんだと。私は教育長をいじめているんではありません。明確にしていただければ何ということはないんですよ。そういう議論をやっぱり議会の中でしなかったら、公の場でしなかったら私たち議員はするところがありません。そういう意味できちんと構想を立ててほしいというふうに言っているんです。
 教育長、もう一回聞きます。市民からの要望が教育委員会サイドでつくる社会教育施設の基本方針に入るのですか入らないのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほど最初に答弁いたしました。市民の考えを十分聞きながら検討しているわけであります。その中で一つ一つ削らなければならない部分が出てきているというふうなことであります。十分その辺は尊重しながら検討しているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)はい、わかりました。そういう意味では市民の要望をしっかりととらえて基本方針、基本計画を立てていただきたいというふうに思います。
 そういうことからすると、そういう計画を立てる中で教育委員会なんかを開くわけですけれども、その段取りを考えていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)段取りというのは先ほど申したとおりでありまして、今年度中、あるいは4月にもう少し綿密な調査が必要ということで4月中にずれ込んでたたき台を立ち上げます。5月には検討委員会を行いながら9月末日までに基本構想が出てくる運びになります。10月には皆様方にお示しできるというふうな段取りであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私が心配しているのは、社会教育施設の基本方針を立てて見直しを行うといったときに、生涯学習という位置づけで市長部局に移動する、教育委員会の機関ではなくて市長部局に移動するというよその自治体が出ているんです。そういう意味では私は、社会教育施設の位置づけをしっかりとしたものにしてほしいということを言っているわけです。
 次の内容については、今十分議論いただいたので内容のところは割愛をさせていただきます。
 それから、到達についてですけれども、内部構想も含めて議論していきたいというふうに思います。例えば内部構想はことしの3月に今年度中と言っていましたから構想もほとんどできているだろうとは思いますけれども、やっぱりここの到達だということを公表する必要もあるのではないだろうかなというふうに思っています。内部構想の到達についてもお答えいただきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この件につきましては、今年度中というふうなことを前回の議会で答弁をしておりますが、もう少し時間をかけて回数をふやしてじっくりといい案を練ったらいいのではないかという委員の御意見をいただきましたので、4月にずれ込むと思います。4月に入りましてたたき台を立てたいというふうに思っているわけです。委員御指摘のように、ここがまず一つの段階だと思います。ここが崩れますと、ここが余り不十分なものであると次に進めませんのでじっくりと検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)段取りや内容や到達についてはダブるところがありますけれども、基本方針の段取りはわかりましたので内部構想はそこまでいっているということで4月にずれ込むということですが、ぜひ公表も含めてお考えいただきたいというふうに思います。
 次の利用者の声を反映するための方法ですけれども、今、十分1の基本方針のところで利用者の声を反映したものにしたいということの御答弁をいただきましたので、ぜひそのようにして、それぞれの施設の中で公民館の運営審議会なども開き、あるいはそれぞれ関係する方たちの会議も開きながらしっかりと声を反映をさせていただきたいと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それはそのとおりだと思っておりますので、いろいろな御意見をいただきながら反映させていただきたいと思います。前回12月議会の五十鈴川議員の質問後、2カ月であります。2カ月で今日に至っているわけでありますのでなかなか言えない部分もございます。ただ、変わった点が三つあります。一つは、教育委員会で何度も話し合いました。二つ目は、委員さん方と一緒に県内のいろいろな施設を見て回りました。三つ目は、市全体の準備委員会を立ち上げたわけです。今、経過報告はできませんのでこれについてはいずれ申し上げたいと思いますが、今のところは順調に進んでいるというふうなことを申し述べたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)2番の公民館の役割は何かということに移ります。公民館の役割は何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)公民館の役割でありますが、社会教育法20条では公民館の目的として住民のために実際に生活に即する教育、学術及び文化に関する各種の事業を行い、教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活の文化振興、社会福祉の増進に寄与することが規定されております。申し上げるまでもなく、岩沼市公民館は地域住民皆様の学習拠点及び学習ニーズ等を考慮した講座の提供、あるいは自主的な学習活動の支援及び交流の場としての役割を果たしているものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そのとおりです。東京の社会教育部というところで公民館とは何かというのを公表しているんです。その中に今、教育長が言われたように、住民の自主活動の拠点にするとか、それから集団活動の拠点にするとか、住民の自由なたまり場だとか、それから今、教育長が学習の拠点と言われましたけれども、住民にとっての私の大学だという位置づけをしていますし、文化面では文化創造の広場という、そういう言葉で位置づけをして公民館の役割を社会教育法の中でも位置づけをしているようです。私はやっぱりここのところの位置づけをしっかりと考えて公民館活動をやっていただきたいというふうに思っていますし、やってきたのではないかというふうに思っています。この社会教育施設あるいは公民館の役割を規定したもともとのところというのは、主権者としての住民の学ぶ権利、これを保障するという、そういう規定もありましてそれが社会教育施設の位置づけだというふうに私は思っているわけですけれども、そういう文献もたくさんあります。そういう意味では主権者としての住民の学習意欲を保障するものだという認識は持っていらっしゃいますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これについては十分持ち合わせております。住民の学ぶ権利を保障するというところは同感でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)いろいろな文献で見ると、公民館の職員を自治体労働者という位置づけのほかに教育専門職という二つの側面を位置づけしているわけです。そういうことからすると、今、教育長が公民館の役割の中に挙げた住民の学習拠点の一つだということだとか、自主活動の拠点の一つだと言ったのはそこのところが大変大事なことではないかと私は思っているところです。この社会教育施設の公民館を充実、発展をさせて、市長が好きな言葉で「死ぬまで現役」、生涯学習の発展につながると私は考えているんですけれども、やっぱり公民館を充実させるという考えを教育長は持っていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)充実発展させる、これについては異論はございません。その充実の部分についてどのような方向にいくかということが今後の検討課題だと思います。やはり何といっても行政から与えられたものでなくて自分から進んで自主的に学習するという、そういった場の提供というのも大切でないかと思っているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そのとおりです。
 次に移ります。三つ目の岩沼公民館の存続についてです。これについては市長にも通告をしておりますのでぜひ御答弁をいただきたいというふうに思います。
 これまでの岩沼公民館についてはいろいろな答弁をしています。例えば4点だけ挙げてみました。岩沼公民館の機能をすべて備えた施設として現在地に建てかえることは考えていない。それから、公民館機能を備えた複合施設という考え方を持っている。市民活動を支えるための機能を持つ施設はいかにあるべきかを考える。もう一つは、市民にとって利用しやすい形態がどうあるべきかを念頭に入れて考えるというふうに言っています。前にも質問しているわけですけれども、岩沼公民館の跡地については、今のところは白紙だと言っていましたね。だけれども、あるところでは教育委員会としてはあそこに図書館と文化財と教育関係ではそういうものと、それからあとは児童館だとかという声もあると。でも、教育委員会としては図書館と文化財の施設を希望しているというふうに答えているわけです。私もそれはそれでいいと思うんですけれども、あそこの岩沼公民館で利用している4万 3,000人の人たちが今、社会教育施設に行ったりいろんなところに行ったりして今、活動を継続しようとしているわけですけれども、私は、岩沼公民館の現在の跡地に公民館機能を持たせた、そういう施設も併設するべきだと私は思っているんですが、白紙だなんて言わないできちんとした方針を見せていただきたい。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私が答弁した4点について、そういう選択肢もあるということでありまして、決して断定しているわけでございません。だから、言葉がひとり歩きしてあそこに教育長は何建てるんだってよと、こういうことは一切言っておりません。こういった選択肢もあるのではないかというふうな話であります。したがって、共通項を探しますと、今現在、今ある公民館の機能すべてを備えた施設として現在地に建てることは考えていない、これが共通項であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)市長部局と教育委員会とは全然別なんですよね。市長は教育行政にああしろこうしろ、これはだめだとか、あいつはこっちに持っていけとか、なかなかそういうふうに言うことはできません。教育行政については責任を持っているわけで、教育委員会が考えた基本方針やら施設の利用やそういうものについてはきちんと教育委員会の考えを市長部局に伝える。それに対して市長は予算をつけられるかどうか、そのつけ方はどうなのかというのは考えなきゃならないかもわからない。そういう関係にあると私は思っているんです。だから、私は今、教育長が言ったように、岩沼公民館の機能をすべて備えた施設としては現在地に難しいよということが共通項だということですが、このすべて備えた施設ではないということは、一部公民館機能を兼ね備えたものだというふうに、裏を返せばそういうふうにとってよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)我々が今言えることはこれしか言えない、すべて備える機能の施設は建てられないというふうなことであります。ただ、その文章の奥底にはいろいろと想定することはあると思います。これについては自由の解釈で結構だと思うんですが、今後については、我々はあそこにすべてはできないというふうな考えを申し述べただけであります。大変歯がゆい答弁になって申しわけございませんが、そのような形。
 それから、提言したら市長にしっかりと言えよというふうな話がありますが、その辺は太いパイプを持って提言をしたいと、こう考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私もそれは太いパイプだと思います。
 市長に伺います。岩沼公民館の存続について、市民会館を建てたときに行く行くあそこは老朽化して使えないんだろうから中央公民館を併設して市民会館を建てたんだという、そういう答弁ありましたよね。あれは20年も前の話、今は市長が大好きな生涯現役ね。そういうことからしたらばこの社会教育施設である公民館の活動というのは大変重要になってきていると思うんですが、まだそういう認識を持っていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、岩沼公民館の存続という通告でありますのでそれについてお答えをしたいと思いますが、存続ということにつきましては、御承知のとおり、閉館解体をせざるを得ないということであります。岩沼公民館の改築ということにつきましては、新総合計画の中には位置づけられていないということでありまして、残念ながら財源の裏づけもないということであります。社会教育、生涯学習の施設等のあり方、あるいは必要性につきましては生涯学習の基本構想等に照らして教育委員会の方で十分検討の上、意見をいただき、市として設置をするというふうになるというふうに思っています。今のお話でありますが、できるだけ多くの場があって多くの市民の皆さんがそれぞれ御希望される活動が営めるということは理想的なことであります。できるだけそういった理想に近づけるべく教育委員会として努力をされると。それに対しましては市としてもできるだけの支援とか、あるいは場の提供に対する財政的な裏づけとか、そういうことはしっかりやらなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私が市長に聞いたのは、20年前に岩沼公民館がなくなって中央公民館や市民会館と併設したと。あの当時の20年前の認識と同じですかということを聞いています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)20年前の認識って、当時は議員だったわけでありまして市長ではなかったわけでありますが、ただ車で行ける人、比較的多くの人が住んでおられ、しかも人口は集中しているというところから少し距離があるというところに中央公民館があるわけでありまして、車等で簡単に行ける人は比較的利用しやすいわけでありますがなかなかそうもいかないということで、実際のところは二木の公民館に相当の方々が来られて活動されていたというこれまでの実績等がありますので、簡単に廃止したからといってすべてほかの距離的に遠いところに行って学習をしてくださいということは可能かどうかということにつきましてはかなり疑問があると。かといって今の段階におきましては、お役所的答弁になりますが、総合計画等には新しくつくるというふうにはなっておりません。したがいまして、そういった中で教育委員会としては、まずは図書館というのは総合計画に位置づけられていると。
 ですから、その中でどういった機能を持たせるとか、あるいは場所をどこにするとかということをまず役所内部で検討し、それに有識者から成る委員会で十分検討していただき、その上、市民の皆さんから御意見をいただいて構想をまとめたいということでありますので、場合によっては議員の皆様方、多くの市民の皆様方の御要望によってはそういった複合的な機能が持てるのかなといったようなことも選択肢の一つかなということで、先ほどの答弁、あるいは教育長の日ごろの発言等から私はそういうふうに推察をしておりますが、ただ今の段階で果たしてその中に公民館機能を加えた方がいいとか、よくないといったようなことは一切こちらの方では申し上げられないわけで、ただ最終的にはそういった委員会等、あるいは公民館ということになりますと、生涯学習の基本構想等に照らして教育委員会としてどういった考えを持つか、それをまず聞かせていただいた上で市としては判断をしていかなきゃないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私も教育委員会にさまざまな意見を言いますので、そのときには教育委員会の指導のもとに市長もぜひよろしくお願いしたいと思います。市長は特に時々、財源がない財源がないと言っているでしょう。私は財源がないなんて思っていないです。公債費比率がそんなに高くないわけで、これから施設をいっぱいつくるからどうなるかわかりませんが、自主財源だって市税だって少しずつふえてきているという状況がありますから、そこはきょうの議論じゃありませんので次に移ります。
 利用しやすい代替施設の改善についてですけれども、11月末に岩沼公民館の利用者でいろいろ意見を聞くという機会があって、この間、一般質問の中でも意見を聞かせていただきました。その後、いろいろお話しあるということでしたけれども話し合いができているのかどうか、残っている団体があるのかどうか、その辺も含めて現況をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)経過を申し上げますと、本年の3月31日をもって岩沼公民館を閉館することから、去る平成17年11月29日に行いました社会教育関係登録団体の説明会におきまして質問及び要望の多かった代替施設における減免率やピアノの移転先、及びその使用料につきまして12月16日付の文書にて各団体に回答いたしました。御理解を得たところであります。また、2月1日より来年度の社会教育関係団体等登録並びに施設利用の申請受付を行いながら個別相談にも応じ、おおむね御希望に沿った形で調整を行っているところでございます。したがって、現段階では部分的な説明会というふうなことまでは至っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)次に移ります。次は話し合いの内容なんですけれども、今、教育長が言われたようにおおむねということですけれども、話し合いのつかない団体があるのかどうか、どうしようもないところがあるのかどうか、その話し合いの内容についてお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)社会教育団体から新年度の登録新成人、次のような質問、要望とか相談がありました。例えば一つには旧勤労青少年ホームへピアノをいつ移動するか。二つ目には活動する部屋は階段がひどいので1階の部屋を使いたいとか、あるいは三つ目、足が不自由なのでテーブルの部屋を使いたいなどの相談がありました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)その内容について次に入りますが、そういう市民の声をもとにしてどういう改善が行われたかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)改善点といたしましては、利用者の皆様から御要望があった点や施設管理者の立場から利用しやすい施設とすべきとする点について改造等の改善を図っております。一例としては、代替施設の必要であります旧勤労青少年ホームにつきまして不良個所の修繕や利用しやすい部屋への改装等を市長部局に依頼いたしまして現在、工事を進めております。工事完了後はピアノを初め必要備品等の移転運搬を行う予定としております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)例えばさっき答弁いただいたように、足が悪いのでテーブルにしたいとか、1階にしたいとかという要望については、ほぼそれを了解をし、要望にこたえるようになったのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)代替施設の一つであります旧勤労青少年ホーム等につきましては、1階のスペースにつきましても使用させていただくということでお願いしておりますので、足等の悪い方についてはそちら1階の部屋を使っていただければというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)子育て支援なんかをやっていて岩沼公民館の和室を使っている団体がありましたけれども、中央公民館の茶室を紹介されたんだそうです。茶室というのはお茶をたてるところであって子供が寝っころがったり飛んだり跳ねたりするところではありませんのでそこはなかなか使えないと。何が事があったら大変なことになるということで別なところを紹介をしていただいたんだそうです。広さは広さでそれはそれでいいんですけれども、下が子供たちが寝っころがったりハイハイをしたりするようなところではないということで、要望としてはじゅうたんが敷けないかとかそういう要望があったやに聞いているんですが、その辺の改善点をどういうふうに聞いているのかお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)材質的にはじゅうたんというふうにはいかないかもしれませんが、カーペット等を敷くなどしてできるだけ使用に際して支障のないような取り組み、そういったものは行っていきたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)それでいいというふうに納得していただいたんでしょうか、それで進むわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)担当の中央公民館の方からはそのように聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)大きな2番の国民健康保険事業に移ります。
 国民健康保険法の目的は何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私からお答え申し上げなくても五十鈴川議員、よく御承知でありますが、一応せっかくの御質問でありますのでお答えをさせていただきますが、国民健康保険法の第1条では「この法律は国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保険の向上に寄与することを目的とする」というふうに書かれております。それが国民健康保険法の目的ではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)国保事業というのは、そういう意味からすると国の責任で医療を国民に保障するという社会保障の制度だということを私は言いたかったんです。いろいろな意味で80年代にかけて国保法そのものが変わっていないんですけれども、中身が随分変わってきているということもありまして、この1961年の国保法の第1条の目的は変わってはおりませんのでこの主張においては、医療を国民に保障する社会保障の制度だという認識はお持ちでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法律で社会保障及び国民保険の向上に寄与するということ。特に社会保障という話になりますれば、憲法第25条との関係で国民が最低限度の文化的な生活を営めることを保障すると、その一環として医療を含めて保障していかなければならないと。その意味では国としての大きな責任ではないかというふうに思います。ただ一方、保険ということからの性格からいって相互扶助という面もあるということでありますので、保険者自体が被保険者の方々の負担もしながら、そして国としての社会保障を行うことの大きなテーマの一つだということで、その分につきましてはしっかりと国の責任を果たしていただきたいと。これはちょっと質問がないんですが、御承知のとおり、国保財政が大変になってきているというのは、当初、国の方が約束した負担をしていないと。ほとんどどんどんどんどん地方に対して負担をふやしてきたという結果が窮乏の大きな要因になっているということも確かだというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)国民健康保険事業について質問するときには、私は国の責任をしっかりということをいつも言い添えておりましたし、そういう意味では地方自治体が、ここで言ったら市民の健康をしっかりと守る、社会保障の制度を確立していこうと思ってもなかなか難しい状況にあるというのは私はしっかりとわかったつもりで質問しています。今、社会保障と相互扶助の話が出ましたけれども、一概に相互扶助ということも前面に出てきては困るということを私は申し上げたいというふうに思います。もちろん、払える人はきちんと払うということは答弁のことだというふうに思っています。
 次に、国民健康保険税条例16条の減免についてです。明確な基準を設けると以前に言っていましたけれども、要綱等の整備を検討すると答弁していましたけれども、現状はどういうふうになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)平成18年度の本賦課に合わせまして減免条項の適用基準というものを明確にしていきたいというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)条例のところで質問すればいいかもわかりませんけれども、その減免基準になっているのは何ですか。生活困窮する者の具体化です。あれはその他特別な事情のある者の、その基準は何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まだ実際のところは6月までにやりたいということでありまして、そういうことで作業にかかっているわけでありますが、例えば貧困により生活が大変だという場合については、もちろん生活保護の方は別としまして、例えば細かく前年度の所得がこのぐらいの場合はこうだというような形を明確にしていくのはいいのか、そういった例もありますのでそのあたりを参考にしながら対応したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)よそのところの要綱などを見ると、やはり生活保護基準の何点何倍かとか、生活保護基準並みかとか、やっぱりそういうのが多いようです。もちろん、先ほど市長が言われたように、憲法25条との関係でそれが出てきているんだというふうに思いますので、検討を細かくしてどういうところにするかというのはこれからだということですが、やはりきちんとしたものをつくってその活用をお願いしたいというふうに思います。
 次に入ります。次は公表の必要性ということですが、やっぱりこれは制度をつくっても隠しておいたんではなかなか活用できないので何らかの形で公表をしてこういう制度がありますと。例えば滞納時の話し合いとか、国民健康保険証送付のときだとか、そういうようなことをするようにした方がいいのではないかと私は思いますが、その辺はどうですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)情報の提供という意味での公表は必要だというふうに思いますので、今お話をいただきましたことに十分意を用いて対応したいというふうに思っております。しかしながら、本来は厳しくても一応前年度所得にかかっているというところが本年度の所得と違うのでなかなか状況が変わって大変だという方は実際にはおられるわけではありますが、ルールとしては一応こちらとしては払っていただけるということで税金について納付をお願いするわけでありますので、原則としては払っていただきたいと。例外の方を余り強調するというのは果たしてどうなのかなというふうに思いますが、ただ、今お話しいただきましたように、せっかく減免対象にもかかわらず結果としては減免申請もしないで滞納につながるとかいろいろ問題が起こるとすれば、やはりせっかくの制度でありますのでこういったことについては十分お知らせをしなきゃないと。例えばその中で4割、6割軽減ということは御承知のとおりあるわけですが、これにつきましては対象の方々に申請をいただくのではなくて、申告所得に基づいて本賦課のときに市として税額を決定してそれを納税通知書でお知らせをするということでありまして、申請をしていただくという形ではなくてこちらでやっているというケースもあります。ただ、今回の減免につきましては、一応何らかの申請をしていただかなければならないというふうに考えておりますが、そういうふうになりますと、今、五十鈴川議員からお話をいただきましたように、事前の周知ということは非常に重要になってくると思いますので納付書送付の際に周知をするというものも同封してわかっていただくようにしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)次に移ります。次は国保法第44条の医療費の減免についてです。これも随分厚生省が古い時期にというか、随分前に出した通知でここ数年、これが日の目を見ていろんなところでこれの活用ということが言われているものです。窓口での医療費の負担の問題なんですけれども、1959年に厚生省が出した通知なんです。私は前も減免基準を明確にして具体的な運用を図るべきなんではないかというふうに一般質問をしているんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)医療費の減免ということでありますが、御承知のとおり、国保会計というのは実際のところは一定割合につきましては国保税として徴収をさせていただいてそれで賄うわけでありますが、なかなか思いどおりに国保税の方で負担していただけないという形で、結果としては一般会計から相当繰り入れをして何とか賄っているという状況にあります。もちろん、国の方の負担が減ってきているということもしわ寄せの原因になっているわけではありますが、そういった状況を踏まえたときに一部負担金に係る減免措置を講じるということは実際的に非常に難しいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)前に市長はほかの自治体の規則や要綱を参考にしながら検討したいというふうに言っていたんですが、検討していただいたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)減免につきましては、やはり負担をしていただくのを原則としなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今、国保税もそうですけれども、生活が大変でたくさんの問題が国会の中で出てきています。そういう意味からすると、医療費3割負担払えない、高額医療はもちろんあるわけですけれども払えないということで受診抑制だとか、ある意味ではそういうのが全国的にはあります。岩沼市ではどうかということは、そういう声は聞こえてこないわけですけれども、悪くなって重篤になってから病院に行くというのは岩沼市でも間々あります。そういう意味では要綱を他の自治体、よその自治体等の関係等も含めて考えてみるというのであれば一度検討する必要があるのではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現時点におきましては大変厳しいとはいっても一応所得の申告をいただいてそれに基づきまして減免を行うという形で税金は納めていただくと。実際に医者にかかる場合につきましては、一応払っていただける範囲の人が支払いをしていただく格好でありまして、その所得がない人につきましては別な医療扶助というのがある。そうじゃない人は厳しくとも何とか頑張って納めていただかないと、結果としては他の人たちへのしわ寄せが来るという形にもなりますのでなかなか医療費の減免については難しいというふうに思っています。ただ、よその例等につきましては研究することは当然していかなければならないというふうに思っております。確かにお話をいただきますように、医療費の支払いが大変だということで軽症のときには医者にかからないといったケースも幾らかあるというお話も聞いております。これは実は介護保険につきましても介護保険料が上がるとか、あるいは施設についてああいった形で負担をしていただくという格好になって幾人かの人たちが実際のところは介護保険でサービスを受けなくなっているとか、あるいは障害者自立支援法が適用される中でサービスについてなかなか受けられない形になるんではないかといった懸念が確かにないことはないわけでありますが、現時点におきましては、一応医者にかかった場合にはそれを払ってもらうということを原則にしていかなきゃないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)市民の世帯の中には生活保護を受けている方もありまして生活保護以下で生活している人もたくさんおられますよね。そういう意味では頑張って生活しているというふうには私は思っているわけですけれども、私は少なくともそういう方については医療費の軽減措置があってもいいのではないかと考えて質問しているわけです。国民健康保険税と同じなんですが、その辺について御答弁をいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)生活保護より低いということは理論上はあり得ないわけでありまして、ただ現実はかなり厳しい、そして生活保護を受けないで頑張っておられるという人が全国的に見ればおられるということは理解しているわけでございます。そういう意味では何とか減免措置でもあれば、確かに必要に応じて医療機関の診療を受けやすくなるということは確かでありますが、相互扶助という点からいきましても実際のところはどなたかがお支払いをいただけないのはほかの被保険者の方々にお支払いをいただくという形でありまして、そのあたりが本当に合意をいただけるかといいますと、例えば税金で減免をさせていただいてそれを一般会計で補てんをする、あるいは滞納する人が多いので結果的には他の被保険者の人たちに税金を上乗せしてお支払いをいただく、また今度は医者にかかったときにその部分についてもほかの人たちにという形が本当にいいのかどうか。確かに五十鈴川議員が言われるような方もおられるかもしれませんが、やはり原則として原則で推し進める以外はなかなかないのかなと。
 そういたしますと、4万 3,000人の何人かの人たちであっても切り捨てるのかというふうに言われると大変心苦しいことではありますが、やはり簡単にこういった例外規定を設けると、どんどん例外規定だけが多くなって本来の負担をしていただく人が少なくなるという形はどうなのかなと。必要に応じて社会的な合意があるとすれば、例えば乳幼児医療につきましても大変厳しいわけではありますが、やっぱりああいったことを全体としてどういうふうに取り組むかという方向づけをしていかなければならない。まず今の段階におきましては、他の状況ということを十分研究はしたいというふうに思っておりますし、現実には五十鈴川議員言われるような方もおられるということでありますので、そういったケースに対してはどういうふうに取り組むかということも課題だというふうに思っておりますが、もろもろのことにつきましては研究をしてみたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)全国的に医療を受ける機会を確保するということは仙台なんかでも行っておりますし、沖縄県もそうですけれども、秋田県は町から市から村からというふうに広がって、やはりそういうのを少し研究していただいて医療についても軽減措置を研究していただきたいというふうに思ってお願いをして、私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を終結いたします。
 10番飯塚悦男議員の一般質問を許可いたします。
    〔10番飯塚悦男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)リベラル・ひまわりクラブの飯塚悦男です。
 環境行政、グリーン購入について質問いたします。
 グリーン購入とは、商品やサービスを購入する際に必要性をよく考え、価格や品質だけでなく環境への負荷ができるだけ小さいものを優先的に購入することであります。平成12年に制定された国などによる環境物品などの調達の推進などに関する法律第4条に「地方公共団体はその区域の自然的、社会的条件に応じて環境物品などへの需要の転換を図るための措置を講じるよう努めるものとする」と。第5条には「事業者及び国民は物品を購入し、もしくは借り受け、または役務の提供を受ける場合にはできる限り、環境物品などを選択するよう努めるものとする」とあります。
 宮城県では今議会においてグリーン購入を普及するための施策を県民の御理解をいただきながら推進し、持続的発展が可能な地域社会の構築を図っていくための条例、グリーン購入促進条例を制定することにしました。これらのことを踏まえて質問いたします。
 1点目は、岩沼市地球温暖化対策実行計画の中で物品などの調達にグリーン購入に取り組んでいるが、市民や事業者などへはどのような施策で啓発していくのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)グリーン購入という大変重要なことについて御提言、御質問いただいているわけでありますが、一般にリサイクルとかリフォームといったような、いわゆるエコライフといいますか、そういったことにつきましては大分広がりが見られるわけでありますが、しかし、今御質問いただいておりますグリーン購入、環境への負荷の少ない商品、サービスを購入あるいは調達するということにつきましては、確かに我々を含めてまだまだ意識が低いかなというふうに思っています。そういう意味では、横文字で恐縮ですがグリーンコンシューマー、グリーンの消費者といいますか、そういった人たちは大いにふやしていくということは非常に大切だというふうに思います。そんな中で環境によい商品を選んで買うといったような意識を高めていかなければなりませんし、多少値段が高くても環境によい品物を買うんだという意識、あるいは環境に悪い商品だとか、環境に悪い企業に対しては極端な話、ボイコットをするとか、そういったことが必要だとよく言われているわけであります。
 岩沼市としてどこまでできるかということでありますが、今お話をいただきましたように、市が一事業者として取り組んでおります地球温暖化対策実行計画の中でも環境配慮型の物品等の調達、グリーン購入ということに取り組んでいるわけでありますが、なお、今お話がありましたように、県としてもグリーン購入促進条例を制定する予定と伺っておりますので、なお、岩沼市としてだけではなく県もそういった方向だということでありますので、これを機会に相当な弾みになって広く広がればいいなというふうに思っております。
 そこで、市民や事業者の皆さんに対しましては、一応市といたしましては市の広報とかホームページでの継続的な啓発をしていかなければなりませんし、また地区の衛生関係の団体等の方々への啓発、そしてまた、大いにほかの人たちに呼びかけていただきたいというお願い、あるいは商工会とか関係団体等を通しまして事業者の方々への啓発ということをできるだけ力を入れてグリーン購入の推進を図って、最終的には環境負荷の低減ということに努めてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)明確な答弁をいただきました。これを啓発していくには市民と商工会の連携が不可欠であろうと思います。そこで、いろいろエコショップとかスタンプポイント制などいろいろな施策があると思うんです。その辺で今後、商工会、商店街への助成なんかを検討すべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)すぐに助成という形ができるかどうかわかりませんが、ただ大変重要な提案でありますし、できるだけ商工会等との連携を深めて何らかの方策がとれるようにできればなと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私、2年前ですか、仙台市でありました第1回グリーン購入世界大会に参加しているんですね。そのときは岩沼市からも2名が研さんのために派遣され勉強したという記憶を持っていまして、そのとき、今、グリーン購入ネットワークという全国組織があるんですね。今回、岩沼市は会員として入っていないだろうと思って問い合わせたんです。そうしたら岩沼市も行政会員として率先して入っているということで私は本当にうれしく思いました。そこで、グリーン購入ネットワークに、強制になるかもしれませんが、市としても企業、団体、商店街も含めまして加入推進を図って啓発活動の一環としてはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)宮城グリーン購入ネットワークということでありますが、自治体とか企業、民間団体も加わっているわけでありまして、岩沼市が岩沼市内の企業に呼びかけるというのがいいかどうかということもありますが、せっかくでありますので結果としてはより多くの企業、団体に加わっていただかないと十分なグリーン購入に結びつかないという形もあろうかと思いますので、できるだけ今の御提言に沿って対応できるように検討していきたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)検討するということでありましたので了としたいと思います。
 2点目です。公共工事においてグリーン購入にどう取り組んでいるのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)公共工事の発注につきましては、例えば再生加熱アスファルト混合物とか、再生骨材などの再生資源材を設計上に計上いたしております。そしてまた、工事を行うための建設機械などにつきましても施行条件明示書などにおきまして排出ガス対策型の指定などをして使用していただいております。
 それから、維持修繕等につきましては、現場から改修いたしました既存の側溝などを再利用するなどという工事も行っているところであります。さらには省エネ対策といたしまして岩沼市が管理しております道路照明灯などにつきましても修繕に合わせまして水銀灯からナトリウム灯に改良するというふうなところで電気使用料の削減なども図っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)環境資材は少し割高感があると言われているんですが、若干工事費が上がる場合もあるんですね。その場合、今、行財政改革をしてコストを下げるんだと言われている中で矛盾しているんですが、その辺の市長の考え方はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)矛盾ということではなくて、やはりグリーンを購入するに当たって、さっき申し上げましたけれども、例えばよりよい消費者になっていただくという意味では多少値段が高くても環境に優しいものを買ってもらうということ、これはやっぱり物を買ってもらうということ、これはやっぱり行政においてもそういった視点で考えていかなきゃないと。そうなりますと、例えばグリーン購入について発注あるいは入札においてそういうものを使ったと使わないで価格が違ってくると。そうすると、単純に安いところがいいというふうになるとグリーン購入が少しスポイルされるんではないかという考え方もありますが、そのあたりはそんな矛盾が出ないように発注等に当たっては注意していかなきゃないなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)大分私が考えている以上に理解して行政が市長の施策等でやっているように見受けられます。
 そこで、私が県庁に行きましたら宮城県リサイクル推進というのがあるんですね。第1回から第12回まで認定製品ということで環境製品、それが岩沼市の企業では、これを見ますと、認定された製品、ないんですね。そこで、やはり岩沼市でもいろいろな企業がありますのでそこら辺も岩沼市の企業も宮城県リサイクル製品を認定できるようにしたらどうでしょうかということで伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)飯塚議員の言われるようになれば非常にいいということはありますので、商工会とかあるいは工業関係の団体等がありますので、その場においてできるだけお話をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)お話をするということでありましたので、今後、事業者も一般も少し割高感があっても理解を得て普及するというふうにしていただきたいと思います。
 それでは、3点目の環境保全型農業を進める上でもグリーン購入は不可欠であり、どのような施策を講じているのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)農政サイドのグリーン購入に関する件ですが、環境保全を重視した農業の一層の推進を図るためには、何といっても農業者を初め関係者の意識の向上を図ることが一番大事かというふうに思っています。そのための推進の施策としましていろいろ整備を図っていかなくてはいけないかというふうに考えております。
 現在、市としてやっておりますことにつきましては、農業の持続的な発展を図る観点から、中心としましては、一つですが岩沼市の農林業奨励補助事業の補助対象項目の中に環境保全型農業実践事業を加えまして自然界の微生物によって最終的には水と炭酸ガスに分解されます生分解性マルチ等の資材の購入や市内業者から堆肥の購入、また害虫予防の化学農薬に変えまして天然系のフェロモン剤の導入などに対する助成を行いまして環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業を推進しているところでございます。
 もう一つですが、土づくりと化学肥料、それから化学農薬の低減を一体的に行う生産方式を導入する計画を立てまして、県知事の認定を受けましたエコファーマーにつきましては、16年度に5名、それから17年度の当初から19名ということで現在、合計で24名がなっておりまして、環境に優しい農業の取り組みに岩沼でも広がりを見せているところでございます。それから、多くの農業者が環境との調和のための基本的な取り組みを着実に実践する持続的な農業生産活動に対しまして、今後とも同様の支援をしてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)農林業の奨励補助事業、この中に事業対象には生産意欲のある農業者となっているんですね。そこで、生産意欲のある農業者とはどこを指すのかということで認定農家、担い手農家、エコファーマーを指すのか、その辺、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)意欲ある農家ということですが、農政サイドとしましては、担い手といいますか、それについては認定農業者、それからある程度の耕作面積を持っている方々を指すのかなと。ただし、面積が必ずしも広くなくても複合経営をやっている方々についてはその面で農業の中である程度の生産性といいますか、収支がとれるような経営をされている方については意欲のある方というふうな考え方をしているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)環境資材の助成ということで農林業奨励補助事業の中で、私も一人の農家なんですね。果たしてこういう補助事業が市民、農家に周知徹底しているんでしょうか、その辺、どのような対策をとっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)市民の周知ということに関しては、どこまで浸透しているかというのは把握しておりませんが、一つは、地産地消を進める中で産直なんかでいろいろ生産履歴がわかる人たちのそれに対する支援制度をやっております。特に今の例としまして、生マルチ分解ですと、通常のマルチよりも3倍ぐらいかかるということなものですから当然、生産性からするとかなり厳しい状況になると。それでも一応使っていただける、それも生産意欲のある農家の方々についてはそれなりに生産をやっているんだということについては何らかの形で市民の方々にも理解してもらうような周知といいますか、広報なんかも必要なのかなと受けとめております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)グリーン購入と環境保全型農業は密接な関係がありますので、広く農業をする人にも助成の対象を広げていくとかやっていただきたいと思います。
 政府では学校給食に占める地場産品の利用割合を2004年度では21%、2010年度は30%以上にすると打ち出しているわけですね。そこで、学校給食ですから子供たちに安全、安心で新鮮なものを提供しなくてはならないということで地場産品だと思うんですよ。そこで、減農薬、有機農業を進めなくてないということで学校給食に納入する生産者にも環境にいろいろ堆肥等がありますね。それらに助成すべきだと思うんですね。そこで、水田農業ビジョンにも環境に配慮した栽培の取り組みということで耕種農家の農業副産物、稲わら、もみ殻などを畜産農家に供給し、畜産農家からは堆肥の提供を受け農地へ還元することにより農業資源の循環を図ると。また、生活の中で排出される生ごみと畜産農家の排出するふん尿などを有機的に混合して高速堆肥化、または消滅させるバイオマス技術についてもその導入について検討する必要があるとうたっているんですね。そこで、とりあえず子供たちの給食に安全、安心な有機物ができるだけ入ったものを食べさせたいということでその辺まで助成すべきだと思うんですが、その辺、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)学校給食に対して安全、安心、そして地元でとれた新鮮なものということにつきましては、少し前から教育委員会の方と対応するようにお話し合いをし、教育委員会の方としても岩沼市でしゅんの野菜とか農産物はいつどこでとれるのかなといったようなことにつきまして農政課とタイアップをしまして、それを実際に給食を担当する人にお知らせをして少しでもいいような形で岩沼市として学校給食に対応してきているつもりであります。
 さらに、地産地消ということも踏まえながら環境に配慮をしたような農業を実現し、それからとれたものを学校給食に使うと。多少値段が高くてもそういったものを使うということは非常にいいわけであります。かといって今の仕組みからいきますと、学校給食費にはね返るといったようなことがありますのでなかなか簡単にいかないと。そういった部分につきましては市としての支援を考えるとかといったことも非常に必要だというふうに思いますし、また環境に配慮した農業を営んでいただく。そして、産品を出していただく方に対する支援ということにつきましては、今すぐにどこまで助成ができるかということにつきましてはお答えできないわけではありますけれども、この点につきましても十分検討したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)助成についても取り組んでいくということで市長の答弁、ありがとうございました。
 私、平成13年の12月定例会でグリーン購入について質問したことがあります。その後の4年間の施策を見れば、答弁いただいたように環境行政、グリーン購入については大分推進していますので、特にグリーン購入ネットワークに加入し、情報の収集や実践事例の研さんなどの取り組みを高く評価したいと思います。
 また、農業者には生分解性マルチへの助成などは市民からも評価されているんです。今後も持続してやっていただきたいと思います。
 井口市政が岩沼市の環境を守る、食の安全を図るばかりでなく地球環境を保全するという視点からも全国に、世界に岩沼から情報を発信していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午前11時50分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時00分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 8番松田由雄議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔8番松田由雄議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)日本共産党の松田です。
 私は通告どおり、岩沼市国民保護計画について、行政改革についての2点について質問します。
 最初に、岩沼市国民保護計画についてであります。これは御存じのように、この条例をつくるもとになっている法律の正式名称は、「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」、この法律そのものはA4で 205ページ、2004年に制定されたもので米軍支援法特定公共施設利用法など関連7法案が同時に制定されているものです。この具体化として今回都道府県市町村議会に国民保護協議会や国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部などを設置するための条例が制定されております。
 国民保護法というのは、武力攻撃を想定して自治体への情報伝達や住民避難のマニュアル、訓練を定め、平時から有事に備える普及啓発活動を義務づけております。この法律は国民の命や財産を守るかのような幻想を国民に与えています。所管省庁は総務省、消防庁でありますけれども、そのこと自体がおかしいと。実際はアメリカ軍が、自衛隊が軍事行動を自由に行うために国民保護法の名で国民の行動や自由を制限して統制管理動員することがねらいであると理解をしています。
 その立場からお伺いをしたいと思います。
 第1点目は、武力攻撃事態等における法律の関係です。一つ目は、どのような武力攻撃事態を想定をして今回の条例を制定したのか認識をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)防衛は国の責務ということでありまして、一昨年の9月に施行されました今お話をいただいております法律によりまして、市として責務というのが示されて、それに基づいて今回条例を制定するということになったわけであります。
 武力攻撃事態というのを認識してということでありますが、市としては実際のところ、武力攻撃事態など具体的に想定する力は持ち合わせておりませんし、私としては、そんなことはあってはならないことだと思っております。しかし、これも御承知のとおり、国の方としては四つの事態というのを想定しているというふうに聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が国の方は四つの事態を想定していると言われたんですけれども、攻撃が行われた場合、危険が切迫している事態、武力攻撃が予想される場合というふうに認識してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そんなことは実は国が考えてくれることであって、ただし、いざという危険になった場合は我々市民の命を何とか守りたいという、あるいは守っていくという責任がありますので、国の方の法律に従って今回制定するということであり、またそれに従って避難等の場合はどうするか。例えば避難という話になれば、地震とかなんかの場合の避難ということがありますのでそちらの方にプラスになる避難ならいいんですが、実際に外国からミサイルが飛んできてどうとかということについては、あり得ることかもしれませんが、しかし、私としてはそういうことは想定をしないということでありますので、実際のところ、松田議員からどういうふうに聞かれてもわからないわけでありまして、日本共産党の国会議員を通じて国の方に聞いていただいて御披露いただいた方がいいのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市長の言うとおりだと思うんですけれども、私は条例を制定するに当たっての認識というのは、やはりどういう法律でも必要かなと思いまして聞いたわけです。
 それで、例えば攻撃事態についても法律とか宮城県の国民保護計画の概要を見ますと、一つは石油コンビナート、原子力施設、あとは大量輸送機関、それらがゲリラによって迫撃砲で攻撃されることを予定されているというふうになっています。ぜひそういうことも念頭に置いてほしいなと。
 二つ目に移ります。二つ目は、この法律そのものは市の条例には書いていないんですけれども、基本的には国の法律が優先をして条例そのものが内閣、そして県の指導のもとに遂行されると思うんですけれども、この法律では基本的人権の尊重についても一部制限が加えられるというふうに聞いておりますけれども、認識しているかどうかをお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法律的には第5条で基本的人権の尊重という項目があり、その2項で国民の保護のための措置を実施する場合において国民の自由と権利に制限が加えられるときであっても必要最小限のものに限られ、公正かつ適正な手続のもとに行われるといったような規定があるわけであります。それは結局は一部であっても基本的人権に制限が加えられるということであります。ですから、こういうことがあってはならないことだというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市長と全く一致することでありまして、高度の公共施設の福祉のために合理的な範囲と判断される限りにおいて、それは制限されると、これは私自身も憲法13条に反するものであるという認識では市長と全く一致するわけであります。
 次に移ります。三つ目は、いざ有事の際は国県の指示のもとに強制執行措置もあると聞いておりますけれども、承知しているかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法律にはそう定められているようであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)具体的にはこの法律と合わせて自衛隊法も改正されて都道府県知事が国民の土地、建物を強制収用できること。物資の収用保管命令を発することができ、緊急の場合は防衛庁長官の指定する自衛隊が代行することになっていると。特に重要なのは、これらを遂行していく上で今議会に二つの条例が上程されましたけれども、その条例との関係で運搬作業とか輸送業務は自治体職員が行うというふうになっているというふうに聞いていますけれども、承知しているかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そうなっていると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)仮にそういうふうな将来構想でありますけれども、作業に従事していて職務命令を拒否した場合は法律との関係で処分の対象になると法律にあると聞いておりますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)命令に背けば処分されるのは当然だというふうに思いますが、逆に処分のことまでうたわないと予定するような行動をとってくれる人がないのかなというふうにも思ったりするわけでありますが、いずれにしても、こういった事態が起こってはいけないというふうに考えておりますし、法律に定められたことを淡々と岩沼市としては準備をするだけということで御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)理解できました。
 四つ目に移ります。四つ目は、研修、訓練、啓発についてでありますけれども、これらを進める上では協議会そのものも設置されて、やる場合は国の指示のもとに県と共同で行うというふうになっておりますけれども、そのように理解していいのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法律から見て県とか近隣市町などと連携をして実施するというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私はこの問題というのは物すごく重要で、災害、自然災害とは関係ないし、自治体の職務とは関係ないと思っているんですね。それで、例えばどのような避難訓練が想定されるかというと、基本的には原発、石油コンビナート、岩沼の場合は仙台空港がテロリストに特殊部隊が来て攻撃が想定されるというふうな理解もあり得るんですけれども、御存じかどうか、例えば2005年8月に福井県、福井県というのは国の方針を速やかに行うということで有名な県らしいんですけれども、例えば美浜原発テロ実動訓練というのが行われたんですけれども、その中で関西電力美浜発電所がテログループに攻撃を受けて施設の一部を損傷して放射能が発生したという訓練なんですけれども、この伝達手段というのは県がやるんではなくて内閣官房、官邸危機管理センターが指示を出して対処本部、警報の発令から避難誘導まですべて指示を出して行ったということなんですね。例えばタイムテーブルを見ると、午前7時にテロリストが美浜原発を迫撃砲で攻撃をして放射能漏れが発生したと。7時45分に対処本部を設定して避難、屋内への避難を指示したと。10時に炉心損傷の可能性が伝えられたと。11時45分に屋内から屋外への避難指示が出されと。12時3分に住民に避難指示が出されたと。1時にテロリストが全員逮捕されたと。午後2時にすべての住民が避難所に到着したと。
 私が言いたいのは、午前7時にテロリストに攻撃を受けて避難完了したのは2時5分で、この訓練を行った美浜町の人たちはこういう訓練では実際の攻撃が行われた場合は即死してしまうと。まさに自然災害ということではなくて、軍事優先で自治体の救急隊や消防も手を出せない状況で救援がおろそかになったと非常に批判が起こっているわけです。市長が言われたように、国の方針とはいえ、こういうことが当然想定されるので私自身は非常に不快感を持っているわけですけれども、市長もそういうふうに思われるのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)武力攻撃事態とか緊急対処事態ということはあってはならないことだというふうに思っております。例えば避難であろうが何であろうが、どこかからミサイルが飛んできてそれに対して市民の皆さん、避難訓練しますからといって果たして受け入れられるかということと、また我々もそこまでやるのかとかいろいろ思うところがあるわけではありますが、ただ、どんな形にしろ、命とかに危険が迫った場合に対して備えるということ自体は必要なことだというふうに思いますので、ただ当面は地震を初めとする災害ということが切迫しているということでありますので淡々としてそちらの方の避難訓練をするということによってある程度、訓練等ができるのかなというふうに思っておりますが、ただ今回想定されるようなことについてはいろいろ疑問等を感じることもないわけではありませんが、ただ法律で決められていることでありますし、また表面上のねらいとしては国民を本当に保護をするということだとすれば、それに従って岩沼市としても条例をつくり、必要な体制は築いていかなきゃないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)まさに今言われたように、この法律というのは避難訓練一つとってもやるべきことは津波を想定した訓練とか、大規模地震を想定した訓練であって、いかにこの法律が自治体と国民にとってばかばかしい法律であるかという認識を私は持っています。
 それでは、2点目に移りたいと思うんですけれども、国民保護協議会に関してでございますけれども、一つ目は、法律では広く住民の意見を求めるために協議会を設置するとなっておりますけれども、どのような意見を求めるのかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)国民保護協議会の所掌事務に、国民の保護のための措置に関する重要事項を審議することというふうに規定されておりますので、市が作成する国民保護計画の内容について審議を行っていただくというふうになるんではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)広く住民の意見を求めるとなっていますけれども、この辺の認識についてはどうなのかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必要なものを定めるわけでありますので、その必要なものというのはかなり多岐にわたって専門的な知識等も必要になるということでありますので、ある程度の市民の皆さん方とかそれぞれの立場にある方々の御意見をいただかなければならないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)本協議会で意見を求めたり議論をしてもらう中で、検討事項も含めてこれらについて議会への資料を含めて報告義務というのはあるのかどうかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)その部分につきましては法律等の詳細を検討しておりません。ただ、通常からいけば、とりわけて議会に報告義務等はないのかなというふうに思います。つまり協議会で審議をしていただくわけでありますので、それ自体につきましては審議していただいた結果で市として対応するということでありますので、とりわけてそういった規定はないのではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今言われたように、法的にも報告義務は多分ないと。しかしながら、事が重要な問題であり、例えば委員会なり質問の中で情報公開を求めた場合は必要に応じて的確に報告してほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できる範囲の公表とか、それはすべきかもしれませんが、ただもう一方では、実際に市民の皆さんがいざというときに避難をしていただく、ケースによってはむしろ余り動きとかいろんな形がわかるということが果たしてどうなのかなとか、深く考えていけばいくほど、場合によっては公表するとか、そういういとまがなかったり、あるいはそういうのになじまないといったようなケースも考えられるような気がいたしますが、いずれにしても大前提としてこういった武力攻撃等がないという前提で我々は生活していって、その中で必要な部分については一応計画とか何かは準備はしていかなきゃないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)2)に移りたいと思います。この協議会の人選については、市長が任命するというふうになっていると理解していますけれども、人選に当たっての考え方をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)特別考え方はありませんが、法律の40条で市町村協議会の組織ということで委員についてはこういう人をというふうに書かれておりますので、それに基づいて行うのではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)この委員の中に法律では自衛隊員の方も対象になると聞いていますけれども、そうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法律第40条の第4項の第2号で「自衛隊に所属する者」というふうになっております。括弧して「任命に当たって防衛庁長官の同意を得た者に限る」という項目があります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)3点目に移りたいと思います。国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部に関して、法律では国民の保護のための措置の総合的な推進に関する事務となっておりますけれども、その認識をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)我々といたしましては、安心して暮らすことのできる平和で安全な地域社会というものを維持、発展させていくということが非常に重要であります。有事の際には法律の定めに従って市民の安全を守ることに全力を挙げていかなければならないと、基本的にはそういうふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)いわゆる国民保護法が優先するんではなくて、基本的には憲法を優先する立場で対処してほしいなというふうに思っています。
 第4点目、この条例は、国の基本方針が優先してアメリカの戦争に国民を巻きこみ、市町村を手足に使うものであり、慎重に対応すべきと私は思うんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実際に法が想定するようなことはまずあってはならないというふうに思います。そして、今、お話をいただきましたように慎重に対応すべきということは当然のことだというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)国の法定受託委任事務という立場で、市長もやむを得ない立場というふうに理解してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)やむを得ないかどうかはわかりませんが、ただ法律で決められ、そして市としての責務ということがありますし、何といっても法律で決められる決められないにかかわらず、市民の皆さんの安全については全力を注がなければならないという意味で対応しなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市長も去年の戦没者追悼式で非核自治体宣言のまちの首長として岩沼市民の安全、安心を守るために全力を挙げたいという立場であるというふうに別な角度から理解してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そう努力をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)この国民保護法について最後に伺いたいんですけれども、この条例は全国で出されていない自治体は幾らかあるんですけれども、ただ一つ沖縄県議会では、地上戦の悲惨な経験を想定して条例案を全会一致で継続審議にして対応しています。沖縄県の文化環境部長も沖縄戦争の経験を見ると、有事の事態に国民、県民を保護するというのはいかに困難であるか、沖縄県民は歴史的な体験として知っており語り継がれると述べていますし、私は歴史の教訓というのは、戦争における国民保護は軍事作戦を思いのままに行うための方便にすぎず、そういう意味では戦争を知らない私たちが未来に向けて戦争の誤りを繰り返さないためにも歴史の教訓を学ぶ必要があり、今回提案された条例案は法定受託委任事務であり、実際言いたくても言えない事情も今の議論を通じて理解するものであります。今後とも慎重に対応するということを求めますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)武力攻撃事態とか緊急事態ということはあってはいけないということは大前提に考えております。今回のことについては国の方で法律で定めておりまして、市町村の責任において計画等を立てなければならないということでありますので、それは淡々に行わなければならないというふうに思っています。私といたしましては、何といっても市民の皆さんの安全ということが第1でありますので、それにプラスになるということならば、やはりやっていく必要があるのかなということで提案をさせていただくということであります。繰り返しになりますが、もちろん、こういった事態はないこと。避難ということについても通常の自然災害等に備えるという形の避難に資するような形で行っていけばいいのかなというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今後とも非核平和都市宣言のまちとして岩沼市民の立場に立って安心、安全な市政を今後とも貫いてほしいということをまず表明したいと思います。
 第2点目に移りたいと思います。
 行政改革についてであります。今議会に集中改革プランを出しましたけれども、主に今、全国に行革の推進を国が行っているわけですけれども、一つは、小さくて効率的な政府、国と地方挙げての行革の本格的な推進と理解していますし、二つ目は、アメリカの政府と財界の圧力による市場開放、輸入化、競争政策、このような改革であり、竹中平蔵総務大臣を中心とする新自由主義の具体的なあらわれと個人的に理解しています。具体的に行革を進める指針は小泉自治体構造改革に基づいて住民を顧客として描いて民間の経営手法を導入する方法というふうに理解しています。これらを推進していく上でさきの総選挙においても国民の中に対立軸をつくって分断を図っている手法がとられています。公務員労働者と民間労働者、現役世代と高齢者、働く女性と専業主婦などそういう対立軸をつくっております。さらには公務員攻撃も住民サービスの低下、民間労働者との賃下げ競争を拡幅させる、そういうねらいがあるというふうに踏まえてお伺いしたいと思います。
 1点目、行革を推進するに当たっての認識についてであります。(1)は国が定めた「市場化テスト法」、いわゆる競争の導入による公共サービスの改革に関する法律でありますけれども、その認識について伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず行財政改革ですが、もちろん、国からお話をいただいているということはありますが、岩沼市としては新しい総合計画を進める上では、例えば財源一つとっても、あるいは具体的に進め方についても改めるべき点は改めていかなければならないということでありまして、行政改革と加えて今回は行財政改革ということで市民のよりよい生活を守る意味でも行財政改革を行わなければならないという形で考えております。したがいまして、国から示されたのだからこのままやるということではないということを御理解いただきたいと思います。
 また、市場化テスト法ということでありますが、これにつきましては法案がいずれ制定されるのではないかというふうに思います。したがいまして、この法律を守るということも自治体として責任はあるというふうに思っておりますが、私としては、マイナス面だけをとらえるのではなくて、やはり我々のねらいとする、例えば小さくて効率的な政府を実現するというような意味ではいい手段かなというふうに一部思えるところもあります。
 ただ、公としての責任ということをしっかり果たさなければなりませんし、サービスの質を維持していくということも必要でありますし、そしてまた、その上で効率的な行政を行うという必要があるということであります。そういう意味で必要なものにつきましては、当然のことながら民間の力もいただく、場合によっては民間と官がいい意味での競争をしてよりよい効率的な、そして質の方も価格の面も両面ともすぐれたサービスを提供していただくという意味で生かしていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今市長が言われるとおり、効率的な行政運営をしていく上では私たちもすべてを否定しているわけではないんですけれども、例えば今述べられた市場化テスト法、自治体として主張すべきところは主張することが必要だということをぜひお伺いしたいんですけれども、例えばこの法律が実施されると受託する事業者は地元業者が基本的に除かれて事実上、全国展開する大企業に限られることがありますし、もう一つ心配しているのは、全国的にはコンピューターと窓口業務とか住民基本台帳とか、パソコンに関する業務が委託された場合に情報の流出を私は非常に心配しておりますし、その辺については法律の基本点は守りながらもこの問題についてはきちっと理解した上で業務を行ってほしいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)我々のねらいとする、例えば今、ニューパブリックマネージメントなんていうNPMとか言われておりますけれども、そういった考え方を今回の行財政改革大綱の中では生かしているわけですが、そういう一般ではあらゆる業務を見直すということでありますので、そしてまた、民間のよさを取り入れるという意味では今回の市場化テストの制度についてもまだまだわからない点はありますが十分に検討していく必要があるのかなというふうに思っています。その中で大企業だけに限られるということはありますが、必ずしもそうではないと思いますし、岩沼においては、例えば民間の方の力をできるだけいただきたいという場合につきましては、当然、地元の企業とかなんかということも視野に考えていかなければならないというふうに思っております。
 情報の流出の懸念ということはもちろんあるわけでありますが、これにつきましては必ずしも市場化テストとかどうこうではなくて、民間委託全体に対して共通することではありますが、これはやっぱりある面では行政の思い上がりでありまして、つまり公務員が絶対情報は漏えいしないんだと。民間人が入ったら情報の漏えいの危険があるといったようなことにつきましては、今申し上げましたように、行政側の思い上がりという面も実はあるのかなというふうに。どなたがやられてもきちっと法律や条例で情報は守るというふうになっておりますし、秘密の漏えいについてはペナルティーもしっかりと定められているわけでありますので、通常お願いする場合についてはそんな懸念はないのではないか。逆に言えば、どんな状況でも漏えいする人は漏えいするわけでありますので、そういったことがないようにしっかり対応しなければならないということであります。すぐにどうこうというふうには考えておりませんが、いずれにしても、できるだけ早く国の方については本格導入したいということでありますので、一定の必要な部分につきましてはこういうことで官と民がいい意味での競争をしていくという方向、ただし、その中に伴って今御指摘をいただきましたようなマイナス面があるとすれば、そういうことがないように十分な配慮をして進めていくべきだというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が言われたように、民間との関係、地元企業、雇用の創出、情報の流出については的確な指針を持って進めてほしいというふうに思います。
 (2)に移ります。民間経営感覚についてなんですけれども、想定している具体的な例を挙げていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)民間のよさというのを生かせるのはどういったことなのかなということでありますが、具体的な事例といいますと、集中改革プランにおいて掲げております取り組み事項すべてがそれに当てはまるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)それについてこれから具体的に改革方針についてお尋ねしたいいんで次に進みたいと思います。
 具体的な業務の改革項目についてであります。一つには、この集中改革プランの中で一部学校給食、調理業務についてプランでは平成20年から段階的に民間委託を目標にしておりますけれども、この学校給食というのは、御存じのように、学校給食法で食という体験を通じて子供に生きる力の原点を学ばせる教育の一環であると述べておりますし、経費の負担についても必要な施設、設備、人件費などは設置者の負担、経費以外の費用は保護者の負担、調理人の人件費については地方交付税の教育費の算定の基礎にもなっておりますけれども、それらを含めて平成20年に段階的に民間委託を目標にしていく上でメリット、デメリットについてどのように考えておるのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)メリット、デメリットについてでありますが、メリットといたしましては、一つは人件費と委託料との差額分を節減できる。二つ目が病気やけが等で休暇の職員が出てまいります。調理従事者の減にならない。三つ目は臨時職員の雇用が必要なくなるという点であります。デメリットといたしましては、人の問題が非常に大きいものでございます。調理員のほかの部署への配置がえを要することが必要であるというふうなことであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今教育長が言われたように、教育人件費等が削減されるというのは全くそのとおりで、それとあわせて雇用の問題、食の安全の問題も含めて子供たち、保護者の考え方というのが含まれなかったんですけれども、私の考えとしては、一つは民間委託になった場合、パートの人たちが不安定雇用でやって継続性が普通の事業と違って食、衛生の問題も含めて継続性が担保されないんではないかと。二つ目は、チーフの力量によるところが大きくて給食の内容が左右されるおそれがあるんではないか。三つ目は、なれてくると手抜きが出てくるんではないかと衛生面での不安、教育としての学校給食の位置づけが薄くなるというふうに私は思うんですけれども、この辺についての認識はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)委託のメリットといたしましては、大変効率のよいものだと考えておりますし、また民間のノウハウ、これもすばらしいものであります。その辺も評価しているわけであります。
 ただ、今御指摘のように、食の安全面、安心面、その辺でどう対処するかというふうなもの、御承知のように、岩沼市の給食は大変おいしい、安心、安全である。地産地消を推進している。その3点が強調されているものですからその部分について今後、検討を重ねていきたいと思います。平成22年、一部実施、それから段階的に実施というふうなことで一部と段階的というふうなことで今後、検討させていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今も言われましたけれども、民間委託の基本というのは教育長も先ほど述べられたように、少ない人数で効率よく給食をつくると。作業時間の短縮、献立を複雑にしない、過分な作業を行わないこと、これが共通した考え方なのかなというふうに思うんですけれども、やはり考え方としては、主役である子供たちにとって安全で栄養たっぷりの給食を提供することが困難になるのではないかというふうに予想されますし、全国的にも民間委託にして実際子供たち、親、自治体も含めて直営に変わったところもあるんですよ。確かに今の岩沼市内の学校調理を見ますと、調理員の方々がなかなか高齢化して補充されないと。このままでいくとどうなるのかという心配も当然出されているんですけれども、私自身はこれらを踏まえて職員の方の考え方も含めて現状を維持することが大切だと思うんですけれども、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)御意見は十分尊重して考えてまいりたいとは思うのですが、実際、県内を見ますと、平成18年度から移行する市町村が多いんでございます。したがって、我々もまだ未知数でありますのでその辺のメリット、デメリットをさらに調査しながら考えてまいりたいと思います。基本は子供に対しておいしい、安全、安心な給食が供給できるかという観点から考えてまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)聞くところによりますと、近隣の自治体では真っ先にやろうとする自治体もあるんです。やればいいというものではないというのが私の考え方で、今教育長が言われたように、十分にメリット、デメリットを検討するとか、お母さんたち、子供たち、岩沼市の給食はおいしいと全国からも視察が殺到しているというふうに私も聞いているし、この宝をぜひとも維持してほしいと思いますし、学校の先生方もぜひ維持してほしいと、ぜひ教育長とも話をしたいという人たちも結構いると思うんですね。そういう人たちの意見を聞いて判断してほしいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この点につきましては、先ほども申し上げました。いろいろな市町村の取り組みを見ながら多くの人たちの御意見をいただきながら検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)多くのやっている自治体、悪いところは見ないように、何でもかんでもすぐ考えないでやるような自治体ではなく慎重にやっている自治体をぜひ見ていただきたいなと。これはどこか別に言わないですけれども。
 次に移りたいと思います。(2)、平成21年までに直営施設を指定管理者に移行するとなっておりますけれども、この問題を考えていく場合に利用者アンケート、住民参加の意見交換会等を行って対応してほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そのとおりであると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひそうしていただけますか。余りにも短かったものですから。
 (3)はこの集中改革プランの中に、私もびっくりしたんですけれども、特別都市下水路の譲渡について書かれておったんですが、実は去年の決算審査か予算審査の中で委員会の中でも私のほかだれかからも、いつまでも今のままでいいのかという意見も出たんです。集中改革プランの中で譲渡について平成18年度中に検討するというふうに項目がなっておりますけれども、財政的な効果などについてはどのように考えているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これも御承知のとおり、特別都市下水路につきましては本来の目的とは違ったような形になっておりまして、その意味では公共施設のあり方という点から見てどうかということは以前からありまして検討の必要性があったのかなと思っております。したがいまして、今回、考え方等、市としての方向づけをでき得ればというふうに思っております。これにつきましては、御承知のとおり、管理運営経費はすべて使用料で賄われているということがありまして、当然のことながら市の財政的な負担はありません。ただ、これからのこととか、あるいは公的、一つのあり方という点から見て何らかの形で改めていかなければならない。ついては譲渡ということが当然考えていかなければならないわけでありますが、譲渡の検討に当たりましては適正な価格のあり方だとか、あるいはもう一つは、管路を布設した箇所につきましては個人の所有される宅地とか農地とかがありまして、そこに区分地上権を設定しているというわけであります。このあたりも取り扱いをどうしたらいいのかと、そういった意味では総合的な検討が必要ではないかということであります。ですから、財政的な効果といいますと、これまでも、実はさっき申し上げましたように、使用料において管理経費が賄われていたということであります。ですから、今の時点で特別財政的な面での市としての負担はないわけではありますが、しかし、公共施設のあり方という点から見て考えていかなきゃないところであります。ですから、譲渡について、さっき申し上げましたが、適正価格のあり方ということでこれが適正価格だというようなことだとすれば、そんな形で対応できればというふうに思っております。
 ちょっと質問のお答えになったかどうかわかりませんが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。それで、集中改革プランに譲渡ということを出したということについて私自身、できるのかなというふうに思ったんですけれども、一つは御存じのように国の法律で特別都市下水路というのがつくられて財政的な問題も含めてあったんですけれども、法律等の関係でその辺はクリアできるというふうに理解してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)国の補助事業で行っておりますので、もし譲渡ということになれば国庫の返還ということが一部あるかもしれません。それは今から検討していく中でいろいろ勉強していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)時間もないのでぜひ予算審査特別委員会等でも議論してほしいと思います。
 (4)に移ります。平成19年度までに行政サービスへの市民参加について述べておりますけれども、具体策についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)施政方針で申し上げましたように、市民参加と協働のあり方について早急に検討を進めたいということであります。協働のための指針などの策定をぜひ行いたい。その過程で具体的な方策、内容も明らかになるものというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)次に移りたいと思います。3点目なんですけれども、集中改革プランの中で職員の削減、給与の適正化について述べておりますけれども、この問題についてお伺いしたいと思います。職員との話し合いについてはどのようになっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)とりわけ職員の削減、給与の適正化ということをテーマに広く職員との話し合いということは持っておりませんが、ただ行財政改革大綱を作成する中においてそれぞれの部署におきまして業務全般にわたって担当する職員が相互に話し合い等を行っているということもありますし、また職員研修のときの階層ごとに研修をしているわけでありますが、その中でかかわりのあるようなテーマを出しまして、それに対してレポートを書いていただいてアイデア等もいただいていると、そういったことも含めて今後、取り組むべき事項の検討を行ったということであります。また、組合からはいろいろと御意見をいただいているわけであります。したがいまして、職員との話し合いという点につきましてはそんな形で進めてきたということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)特に職員給与の削減については、私自身は政府そのものは人件費削減を口実として逆に構造改革の中で削減を要求しておきながら逆に交付税の削減とか、地方財政の深刻化、行政間、自治体間に水準の格差が広がるのではないかという危惧を持っているのですが、その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いろいろ懸念される点はあるというふうに思っておりますし、今回、職員の削減とか給与の適正化ということについてもいろいろ意見のあるところではありますが、ただ、できるだけ少人数でいいサービスをしなければならないということが国全体、そしてまた地方も含めてそういう方向に行っておりますので、今、岩沼市としてもそんな方向でできるだけ努力をしたいと思っております。
 ただ、その中で職員に対して過度なものになってはいけないということでありますけれども、そのあたりは十分配慮しながら、そしてまたただ単に仕事がそのままであって職員が減るということではなくて、御承知のとおり、もちろん、業務の見直しということを徹底しなければなりませんが、指定管理者制度とか、民間委託とか、あるいは場合によっては市民の皆さんのお力をいただきながらという形で取り組んでいきたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)やっぱり1番目はむだな事業、あとは職員の削減というか、これから年次計画で進めていく場合に、減った場合に、私も見ていて物すごく忙しく頑張っているなというふうに思っているんですけれども、そういった場合に働く意欲がなくならないような観点でぜひ進めてほしいなと。職員の意見も吸い上げてほしいなと思います。
 (2)に移りますけれども、今の問題との関係なんですけれども、私自身は集中改革プランを見てここに書かれていることはないと思うんですけれども、やはり職員の削減、給与の問題、すべてこれから進めていく場合に物すごいストレスが出てくると。例えば今まで3人でやっていた仕事を1人でやった場合に市民の人が来てもすぐにあいさつしないとか、仕事をしていてこっちを向かないとか、そうするとストレスになってくると思いますし、そういう意味では職員の健康管理については行革を進めていく上では大切なことだというふうに私は思うんですね。なぜかというと、行革だけでなくてマスコミそのものが大阪市のむだ遣いなんかを毎日取り上げたり、悪いところだけを取り上げてやっていて、そうすると公務員は働かないんだねと。中には働いている人もいるんで、そういうことを考えれば、職員の健康管理についても集中改革プランと同時に考えていかないと思うんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公務員でありますから市民の皆さん方に十分な行政サービスができるように努力をしなければならない。いかに厳しい状況であってもやらなければならないということでありますが、しかし、今御心配いただいておりますように、職員の定数が削減され、そしてさらに給与の適正化という名前で削減という形になってきますと、やっぱりその意味ではかなりストレスもたまってくるし、不満等も出てくるということであります。ですから、健康管理ということにつきましては十分意を用いなければならないということでありますし、特に近年、岩沼ということではなくて全国、あるいは宮城県全体としても心の病といいますか、そういった人たちが非常に多くなってきている。ですから、例えば市町村職員の共済におきましてもメンタルヘルスの相談事業を始めるとか、もちろん、岩沼市としても相談員の先生を置いて必要な相談を受けていただくという形でできるだけ心の病も含めて健康保持するように努力をし、また我々としてもしっかり心配り等をしていかなければならないというふうに思っておりまして、いろいろと御心配いただいているわけでありますが、たとえ定数削減とか、あるいは給与の適正化といったような形になりましても行政サービスを落さないで、しかも職員全体が健康で努力できるようになお心配りをしっかりやっていきたいと。それにつきましても松田議員からもいろいろと支えていただければありがたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)全面的に支えていきたいと思います。
 具体的に今、市長が言われたように、進める方向を述べられたんですけれども、一つはメンタルヘルスの問題で岩沼市独自でなくても県主催でも定期的にそういった学習会に参加させるとか、あとはカウンセリングの実施などについても考えてほしいと思いますし、もう一つは、要望だけではなくて、例えば実際にこれからますます何%かの人たちが出てくるメンタルヘルスが起こった場合、心身の故障によってやむなく休んだ場合にその職員が円満な復帰を図るための職場環境づくりというのも当然、私は必要だと思うんですけれども、その辺の考え方についてはどういうふうになっているのか教えてほしいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的には松田議員がお話をされたような形で力を十分発揮できるように、そのためには健康を取り戻して復帰できるような、その場合には復帰しやすいような仕事をしてもらうということは基本的に考えているわけではありますが、しかし、ケースによりましてはなかなか現実は難しいといったようなものもありますし、また職員が、「私がここで仕事をしたい」と言っても職員の希望どおりに配置ができるという状況にありません。ただ、理想としては復帰しやすいようなところで復帰をしていただいて十分力を発揮していただくということが理想的な方向であるというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ここで大事なのは、市の職員だけでなくて、こういう病気の場合は激励してはだめなんですね。だから、どういうふうにしたらいいのかというのは今後ともぜひ考えていってほしいなというふうに思います。
 次に移りたいと思います。
 4点目は、自主性、自立性の高い財政運営の確保についてですけれども、一つ目は平成18年度に公共料金など全般的に見直して改定計画を作成するとなっておりますけれども、考え方について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共料金の見直しについての考え方ということでございますが、まずは受益者負担の原則を踏まえつつ定期的もしくは必要に応じて見直しを行うというふうに思っております。
 ただ、実際のところはものによりましては相当家計等への影響といったこともありますし、また、たとえ受益者負担ということはありましても奨励的なものでの活用等ということもありますので、それぞれ一つ一つケースによっては対応の仕方が違ってくるのかなというふうに思っております。ただ、大前提として言えることは、徹底した経費削減等をまず行うべきではないかということで両面で進めていかなければならないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)18年度に改定の計画を策定するとなっておりますけれども、来年の3月をめどというふうに理解してよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)18年度というのは来年の3月31日までであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)次に移りたいと思います。(2)平成19年度までに公共施設の統廃合を検討するとなっておりますけれども、その認識について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず施設のそれぞれの目的がありますし、利用の実態等に照らして、例えば類似したようなもので、しかも集約できる可能性が高いという施設については統廃合を検討してもいいのかなというふうに思っております。例えば農村生活の改善を図るといっても実際は農村の方々ではなくてそれ以外の方に利用していただいているとか、勤労者のためと言いましたが、現実は勤労者じゃなくてリタイアをした人たちの教室に使われているとか、いろんなケースがあります。ただ、これも含めて市民の皆さん方でありますのでただ単にやめるとか、あるいは統合するというような形ではなくて、今申し上げましたように、事細かに利用の実態等も見ながら、場合によっては集約だとかということも考えていくのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)一つの考え方なんですけれども、市長もいみじくも述べた、例えば農村環境改善センターというのがありますね。ここはハナトピアもあります。実は去年、建設産経常任委員会の中でも行政視察に類似施設の調査に行ったんですけれども、愛知県の碧南市に見に行って、最近、テレビでも報道されたんですけれども、例えばこの問題について市の職員、施設の関係者、利用者の方々の意見も踏まえて農村環境改善センターをハナトピア岩沼と一緒に統合するようにして施設の充実、生産者と消費者の触れ合い、例えば触れて遊んで買い物ができる、建物を充実するということが時間がかかっても必要な、あそこならばFMいわぬまもありますし、将来構想としてもぜひ、私たちもいろんな会議で勤労者活動センターとかハナトピアを利用しているんですけれども、もう少し会員だけではなくて将来構想としてそういうことをぜひ検討課題に挙げてほしいなと思っているんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、例を挙げられたわけですが、そういうことも含めまして本来の施設の目的だとか、あるいは利用の実態等を踏まえながら検討していく必要があるのかなというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)なぜお話をしたかといいますと、名取に道の駅ができるというふうな話を聞いていまして、そういう意味ではお客さんを名取に持っていかれないようにするためにもそういうこともぜひ検討してほしいなということで認識を伺ったわけです。
 次に移ります。(3)は平成18年から市の集会所の譲渡を検討するとなっておりますけれども、考え方をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)集会所につきましては、市が所有する公共施設としての集会所と地域がみずから設置をして利用している集会所というのがあるわけでありますが、基本的には地域が主体的に設置運営をしていただくということが望ましいのかなというふうに思っております。ただし、これは相当条件等を整えていく必要があるというふうに思っておりますし、また条件等が整った場合にはかえって市の施設ということよりはそれぞれの地域の方にお譲りをした方がいいのかなと、そういったことも含めて検討したいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)具体的にまだ検討するとなっているんですけれども、譲渡しようと考えている集会所というのは具体的に教えていただければ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)基本的には来年4月から指定管理者制度でお願いする市が直接建設した集会施設というものを考えておりますし、ただ18年4月から5年間の指定管理者制度の契約を結んでおりますので、その期間は指定管理者制度というふうなことで、その間に十分検討していくというふうなことになります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)集中改革プランで集会所の譲渡というふうになっていて、譲渡を受けるところは多分町内会等だと思うんですけれども、財政的な問題の危惧というのは考えていたんですけれども、その辺、いわゆるプランにのせる上でどういう認識だったのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)現在の集会施設の委託形態は財政的なものをほとんど伴っておりませんので、市としては施設が今よりも有効に活用できるという判断ができれば、これは譲渡すべきだろうというふうに思っておりますけれども、そこで維持管理経費、市で直接行っているんです。維持管理経費や何かは出てきますけれども、その分は今から検討していく財政的な問題だというふうに思っていますが、特に大きな問題ではないんだろうというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひ負担にならないように検討して。
 5点目に移ります。今後の検討事項についてなんですけれども、一つに自主財源の確保についてどのような考えになっているのか、行革の中で位置づけてほしいと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず自主財源の確保ということにつきましては、税源の移譲とかそういうものとか一つあるわけでありますが、今考えておりますことは、施政方針で申し上げましたように、収納強化対策ということで進めたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)それも含めてなんですが、私は今後の検討課題として今、全国的に始まっている市役所の窓口で使用している封筒への地元企業の広告掲載とか、ことしでなくても電柱、NTTとか電力の、いわゆる道路占用料などについても改革プランの中でわずかではあるけれどもこの間、市も努力して引き上げを行ってきたんですけれども、それも検討の一つに加えてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できる可能性があるとすれば、そのあたりは十分研究をしなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)(2)の問題なんですけれども、施政方針及び集中改革プランでは補助金の適正化というものが行われたんですけれども、岩沼市内で補助金を適正に判断すると、これとあわせてこの間の2年間、建設産経常任委員会で配付されていろいろ見た中で国県に対する負担金は物すごく大きいんですね。その負担金の削減についても検討して関係機関に提案していくべきだと思っているんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まずは1件ごとに内容を精査して判断をしたいということであります。必要に応じて働きかけをしなければならないというふうに思っておりますし、既に必要なものにつきまして廃止等について要請をしている部分もあります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)残念なことなんですけれども、負担金の問題で昨年の11月にみちのく杜の湖畔公園の負担金がわずかでありますけれども負担率が上がったと。11月に地元負担の要請を行う協定書を締結をして仙台市の負担率を当面、5年かけて8%に引き下げるために仙台市以外の23市町村の負担率が、岩沼市が平成18年度、 1.5%、平成19年度、 1.7、20年度が 1.8%になりますけれども、これは私自身はとんでもないことだなと、市長も苦言を呈したというふうに聞いておりますけれども、見解をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私は非常に残念なことだなというふうに思っています。ただ、これは相当昔、宮城県が中心になりまして県内のかなりの市町村、いわゆる仙台都市圏の北部の方から全体すべてが含まれるようなところが負担の対象になっているわけでありますが、これは法律では国県が負担するというふうになっておりますが、関係市町村というのは義務的な負担ではない。ただし、宮城県が負担すべきお金が十分でなかったためかどうか、関連市町村という名前で負担をさせたと。それに対して当時の首長全員が署名をして行ったということであります。その当時はその当時でありますが、私が前の知事、今の知事、あるいは地元選出国会議員等の場で話をさせていただいておりますのは、既に何十年もの間、負担をしてきてそれでいいのではないかと。そして、そもそも地方分権という中で国に我々が負担をしてくれということについてもほどほどにしているわけだし、国も自治体に対して負担を何が何でも仰ぐというのはうまくないということであります。
 そしてまた、そもそもみちのく杜の湖畔公園というのは、仙台市の水がめということでつくられたということがありまして、やっぱり私は仙台市が中心に払ってもらっていいのではないかというふうに思っております。これは梅原市長にも藤井前市長にもお話をさせていただいているわけであります。ところが、残念なことに、昨年11月には今御紹介いただきましたように、仙台市がこれまで80%だったものを72.2%、 7.8%下げるということであります。それをそれぞれの市町村に配分するという形で岩沼市の負担がふえているという形、こういうのは非常にけしからんことだなというふうに思っていますが、ただ都市公園法の規定に基づいて既に大前提として調印をしているのでこの公園について新たな工事等が行われればそれに伴って負担をしなければならないという仕組みになっております。
 ですから、私が申し上げておりますのは、総合計画だって10年しか先を見ていないのにもかかわらず、そしてまた債務負担もしないのに未来永劫といったらオーバーでありますが何十年間、黙っていて新しい施設等がつくられてその部分が何%だから岩沼では何百万円出しなさいという形にとられるとか、こんなことを見通しも何も立てられないことなのでやめてもらいたいというお話はしておりますが、一部にはそうですねという話もあります。ただ、宮城県としては既に国の方には申し入れをしているということであります。ただ、実現には至っていないということであります。平成21年までは今御紹介いただきましたように、岩沼としては一定割合を負担すると。その後の計画があって平成25年ぐらいまでだという話でありますが、約束は約束として、しかし、こういったことが地方分権とか地方自治という中でいつまで認められていいのかということは甚だ疑問があります。ただし、最終的には国がやること。そしてまた、宮城県が全額負担すれば市町村に負担を仰がなくて済んだということでありますので、国県にできるだけ早くやってもらいたいということでこれからも私なりに主張していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)岩沼市議会としても全会一致でこの負担軽減すべきだということをやっていますし、仙南の自治体では岩沼と名取市議会が全会一致で負担見直しと。そのほかに3月定例会で角田市議会、丸森、あといわゆる利府、七ヶ浜の議員の方々に対しても負担するなという意見書を岩沼市で採択された案を送ったところ、ぜひ採択したいというふうに述べていますし、実はあした7日、県議会予算審査特別委員会で我が党の横田有史議員が自治体の皆さんの声、首長の声を踏まえて村井知事に対して、「村井知事は地元自治体に負担をかけないというスタンスで県知事に当選した。ぜひその辺の意見を提案したい」というふうに言っています。それとあわせて、私自身も今市長が述べられたように、基本的には全国で国立公園の建設事業について負担しているのは宮城県だけなんですね。やっぱりそれはやめてもらうということで国会、県議会でも質疑が当然必要だと思いますし、基本的には仙台と県で負担すべきだというふうに今後とも私たちは考えて負担金削減二百数十万円、これまで六千数百万円、行革を語っていながら国県におかれても積極的にその辺は考えてほしいなということを考えています。
 次に移ります。
 6は、行革の実施に当たっては、住民サービスを守り充実させながら、むだを省き効率的な行政組織に改善するために原則、かつ柔軟に住民の目線とリアリズムで推進すべきと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)住民の目線ということは非常に大切なことでありますし、それで推進すべきだというふうに思っています。リアリズムということにつきましては、松田議員がお話しでありますので社会主義リアリズムなのかというふうに思うんですが、そうだとすればそういうリアリズムでなくて、私は一般に言う現実主義といいますか、そういう形でのリアリズムで推進すべきだと、その点につきましては同感であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は社会的主義的リアリズムではなく、いわゆる写真家である土門拳を中心とした現実を直視して水俣とか被爆者、現実を目の当たりに見て判断していくということで市長と全く同じ。それで、これを進めていく上で井口市長におかれては今後とも物事を判断していく上で何が正当か、適切かという民主主義的価値観を持って対応していってほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そう思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後2時20分といたします。
    午後2時09分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時20分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 9番村上智行議員の一般質問を許可いたします。直ちに発言席において発言してください。
    〔9番村上智行議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)21世紀・公明クラブの村上智行です。
 平成17年3月29日、総務省から地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針が通達され、平成17年度中に集中改革プランを策定し、公表することを要請しており、全国の地方自治体は素案を公表し、住民から意見を求めている最中であります。
 集中改革プランとは、事務事業の再編、廃止、統合、民間委託等の推進、指定管理者制度を含む、定員管理の適正化、手当の総点検を初めとする給与の適正化、市町村への権限移譲、出先機関の見直し、第3セクターの見直し、経費節減等の財政効果、その他となっております。12ページにわたり詳細に記されております。
 今年度を起点とし、おおむね平成21年度までの5カ年で行うべき行政改革の具体的な取り組みを明示したものとなっております。そして、この集中改革プランは可能な限り、目標の数値化や具体的、かつ住民にわかりやすい指標を用いることとし、特に職員数の適正化計画については退職者数と採用者数の見込みを明示し、平成22年、4月1日における明確な数値目標を明らかにすることとしております。地方議会に対しましても地方分権の進展に伴い議会の果たすべき役割、より一層の住民に対する説明責任を果たすよう努める。行政改革等の進捗状況や執行機関の行う行政評価の結果等について報告、説明を求めるなど執行機関に対する監視機能をみずから高めていく取り組みを積極的に行うことが望ましいなどと記されております。これらは総務省が地方自治法 252条17の5に基づく助言ではありますが、これまでもこの主の施政方針は大分以前からもありました。事務事業の効率化を図ってきた自治体と、そうではないところでも等しく交付税が配分されてきたのではないでしょうか。
 しかし、今後はこの集中改革プランに沿った改革が進んでいることを前提で算定された交付税しか入ってこなくなると思われます。それに今年度を起点とし、平成21年までと期限をそろえたことにより各自治体での改革の進捗度合いがわかりやすく、他の自治体と比べることが可能な形となり、言いかえれば17年度をスタートとした全国の市町村との改革競争が始まったとも言えるでしょう。これらの進捗状況は、住民に対してもよりわかりやすく明確に公表しなければならないとあるので、住民自身が他の自治体と容易に比較することが可能になるでしょう。
 岩沼市においてもことしの2月末にホームページに集中改革プランの素案、主要として49項目の具体的な行動計画が公表され、3月10日を締め切り日として市民からの意見を募集しております。さきの総務省の指針を反映し、昨年12月に策定された岩沼市行財政改革大綱に掲げられた方向性や改革項目に基づいて、平成21年度までの期限でいつまでに何をするかを具体的かつ住民にわかりやすく記されております。協働によるまちづくりを推進する上での前提となるのは、市民と行政のまちづくりに対する認識の共有、そして行政活動の過程と実現した結果や成果、克服すべき課題などについても行政みずからが積極的に市民に情報を提供して十分に説明責任を果たす必要がありますと改革大綱にも記されているように、市民と共通の情報をもとに一緒になって考え、行動することが必要不可欠であります。
 以上のことから質問させていただきます。
 集中改革プランにつきまして、1番、策定について策定に至るまでの過程について質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)策定に至るまでの過程という御質問でございますが、昨年中に行いました行財政改革大綱の策定作業の過程で具体的な取り組み項目の検討も並行して行ったということでございます。先ほども松田議員にお答えをいたしたわけでございますが、各部署が所管する業務全般にわたって内部協議を行うとともに、職員研修等におきまして研修レポートのアイデア等も参考にしてたたき台を作成し、そして、学識経験者などを含めて行財政改革審議会にお諮りをして御意見をいただき、あるいはまた、岩沼にはさわやか市政推進委員という方を置いておりますのでその御意見等も踏まえて行財政改革推進本部会議を中心に検討を重ねてまいりました。昨年12月に行財政改革大綱が決定した後、財政計画等も精査をし、また改革項目の財政効果算定などを行い今回お示しした集中改革プラン素案というものができ上がったわけでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)この集中改革プランの素案の中には中・長期的な財政見通しとして平成21年までに約30億円程度の財源不足が見込まれるというふうに予測されて、前提条件としてさまざまなことがありますが、それらをベースとして各さまざまな改革が示されてあり、そして、その中でどれくらい金額的に削減していくのかということが記されております。
 ある一方では、これは総務省の方の一方的な国からの押しつけではないかと、助言とは言っていますが、ホームページ上でも昨年の12月、策定をしていないところの自治体を名指しで公表したりですとか、ほぼ市の 100%はやっているんですがやっていないところもあるんですね。県でも一つやっておりません。本当にみずからの改革は地方みずからが決めるべきじゃないかと、国の方で何で押しつけるんだという考えがございますが、井口市長は、この集中改革プランについてはどのように考えているかお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)余り国の方に御心配をいただかなくても、国の方はルールに従って地方に対して税源移譲する、あるいは交付税についてはきっちり交付すると。あとはしっかり自治体で財政を賄って十分な行政を行っていくということが本来だというふうに思っております。しかしながら、なかなかそうもいかないということでありますし、国民からいろいろ地方自治体に対しても御意見等をいただいているということを受けまして、総務省としてはできるだけ集中的に改革をすべきだという実際のところは強い指示があったということであります。
 しかしながら、岩沼市といたしましては、行財政改革ということは当然、やっていかなければならないことでありますので、たまたまタイミングが合ったということでありまして、その意味では岩沼市としても改革を行う。その改革にしても総合計画10年間という期限がありますが、しかし、前期で何をすべきか、あるいは後期に回してもいいものとかいろいろ選択をしていかなければならない。そうだとすれば、むしろ前期にやる部分については集中的に改革をするということでありますので、その意味では必ずしも押しつけられたという印象は持っておりません。市としては当然、やるべきことだと考えております。ただ、項目がいろいろ指定になって現実のところは職員の適正化というのは少なくするとは必ずしも思わないわけではありますし、また大分職を減らしたところに対していろいろと結果としては優遇策をするのではないかということが市長会等でもささやかれている状況からいきますと、少しその部分については果たしてどうなのかなと部分的に感じるところはありますが、しかし、総じて言いますと、岩沼市としても当然、やるべきことをやったということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。普段からそういった改革をやっていればこういうふうな要請が来ても当たり前のことを当たり前に書いて出せば問題はないのかなと。突然出てきたんでは、やってもいないことをやれと言われて無理やりつくったものではないと。普段からのそういった改革に対する姿勢が、違和感もなく入ってこれたかなというふうに評価しております。
 また、各論に対しましてはさまざまなことがありますので、やはり押しつけられるのではなく地方でみずからが決めていくと。たまたまそういうふうな余勢というか、本当に事細かに書いてあるんですね。これは完全にフォーマットというか、マニュアルがあってこのとおりにやらないと交付税はどんどん減っていきますよと。それを前提として交付税を算定していきますよと言わんばかりの内容だと思います。読んでみて、これではほとんど日本全国一斉に集中改革プランというのが出てきてそれを進めるというか、同じようなプランニングになるのではないかなということもあります。しかしながら、やはり必要なことは必要でありますし、その辺は粛々と進めていただきたいと思います。
 あと、もう1点、策定についてなんですが、3月10日を締め切りといたしましてパブリックコメントを募集しているんですが、こちらの方のいろいろ意見とかが来ていましたら言っていただきたいんですが、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)ホームページでいろいろ市民の方々から御意見をいただくということでやっているところでございますが、まだ集計いたしておりませんのでそれは早速いただいた中で今月末までに集中改革プランを仕上げていきたいというふうに考えておりますので、それには十分に反映できるんだろうというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そういうコメントが寄せられているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)コメントということではなくて、まだコメントは見ておりませんでしたのでこちら側の考え方として今申し上げたところでした。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)確認です。ホームページ上で今、意見募集していますよね。それに何件か意見は届いているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)現段階ではまだ来ておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。改革大綱の策定時のときの昨年の9月にパブリックコメントというか、幅広く市民から御意見を寄せてくださいとありましたが、これもゼロということでまだまだ情報の共有化が図られていないのかなと。集中改革プランの中にもパブリックコメントの制度化という中で載っておりますし、やはり一つ一つ詰めていかなければなかなか難しいのかなと、こういう情報を出していますよと言っても、やはりそれをアナウンスしていかないとなかなか市民の皆さんも見てくれませんし、突然ぽっと出してもわからないんですよね。やはりそれは時間をかけて我々も含めてしっかりと皆さんにアナウンスをしていかなければならないと思います。
 次に、目標数値、期限どおりに達成可能なのかお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)高い目標を掲げているという部分もありますので、達成につきましては相当な努力が必要だというふうに思っておりますが、しかし、市を挙げて何とか達成をさせたいという決意であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)一つここで30億円程度の財源不足が見込まれると。そして、各施策の行政の担うべき役割の重点化とか、自主性、自立性の高い財政運営の確保とか、それで金額が出ていますよね。その辺は実現可能なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実現しなければならないというふうに思っております。むしろ心配なのは、例えば経常収支比率を幾らというふうに出してそのあたりがこれからある程度、巨額の費用をつぎ込んでやらなければならない仕事が幾つかありますので、あるいはまた経常経費が今のような方で進められていくとすれば、かさんでいくというふうな推察もされます。そうしますと、相当厳しいのかなというふうに思っておりますが、しかし、全体としては目標を定めているわけでありますので達成できるように最大限努力をしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)経常収支比率が88%以下ということで、県内のほかの市の中でも一番岩沼市なんかは経常収支比率はいいんですけれども、今後、これをキープしていくというのはなかなか難しいのかなというふうに思いますし、あとは市民満足度調査でも 4.0ポイント以上ということで、 4.0ポイントというと平成16年度は47項目のうち三つ、そして17年度の結果でも一つというふうな状況になっているんで、すべてにおいてレベルアップ、ボトムアップをしていかなければいけないと。これもなかなか難しいところでかなり高いハードルなのかなと。 4.0というと、やや満足というところですから数値的に見るとすべてをやるというのはなかなか難しいなと。あとは行政評価委員の中で80点、あとは市民と参画の事業20件、職員数は 390人以下と、こちらの方は行政改革大綱の中にも書いてありますが、かなり難しいというか、本当に普段の努力を今まで以上にやっていかなければならないのかなと思いますので、そちらの方もしっかりと進めていただきたいと思います。
 それでは、次の質問に移ります。行動計画について、改革項目として公営企業、公社等の健全経営の推進とありますが、その中でエフエムいわぬまについてはどう考えているのかお示しください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、株式会社エフエムいわぬまというのは、岩沼市が資本金の51%を出資して創立した第三セクターの株式会社ということであります。この会社の経営状況につきましては、早い話が、岩沼市からの放送センターの管理委託料、そして市政情報番組放送委託料というのが収入の多くを占めているということであります。やはり民間会社として自立的な事業活動を確保していただくという意味から、市以外からの収入増を図って安定した経営体質としていただくように会社側の自助努力を求めてまいりました。今後ともまたそういった姿勢で進めたいと。
 なお、平成18年度から導入する指定管理者制度の趣旨を踏まえてさらに自助努力をもって経営体質を強化していただくということを求めたいということで考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)過去におきましてもエフエムいわぬまに関しましては私も質問をしてまいりました。その中で、やはり放送局ですから市の出資が51%ある、そしてほとんどの収入が市で出しているのは余り健全な放送局とは言えないのではないかというふうに思っております。
 それで、いま一度確認なんですが、このエフエムいわぬまというのはどんな位置づけにあるのか、行政の中でさまざまな情報発信でも何でも結構ですし、市長の認識の中でエフエムいわぬまというのはどのような位置づけになっているのか、考えているのか、ちょっと聞かせていただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは御承知のとおり、設立の場合は災害情報伝達のための手段だということで、そして岩沼市が51%を出したという、岩沼市主導でつくった会社ということであります。したがいまして、どうも私といたしましては災害情報伝達だと言っている割には電波が届かない地域がかなりあるとかということを考えてみますと、そちらの方は不十分だということでありますし、また細かいことを言いますと、いざというときにニュースの読み手がといいますと、設立当初においてその何年間、岩沼市内に住む人がほとんどいなかったという状況で果たしてどう対応するのかなといろいろ懸念されることはあったわけではあります。しかしながら、もう一方では活字というメディアだけではなくて電波というものも生かすということも情報発信という意味から見れば非常にいいのかなというふうに思います。そう考えますと、市民の皆さん方のいろんな情報をできるだけ速やかに電波で発信するということも市民生活を豊かにする一助としては利用できるのかなというふうに思っています。
 しかしながら、そうだからといってすべてが市の方でお金を出して大部分を市が賄うという形はどうなのかなと。ですから、このあたりを今後、どうしていくか、それにつけてもやはり一応民間会社ということでありますので経営体質をよくしていただいて、岩沼市からのお金だけを頼りにできないような形になっていけば、なおいいのかなと思っております。
 正直言って会社に対するスタンスというのは私も実は少し揺れるところがあります。繰り返しになりますけれども、つまり災害情報を伝えるためにつくったというものだとすれば、災害情報の速報性ということからいって、名前を言ってなんですけれども、例えばNHKとかそういうところはすぐに入るという仕組みになっております。法律で義務づけられていると。それに対してエフエムの方に情報が行くのは岩沼市を介して発信するとか、あるいはテレビとか何かを見た後でという格好になりますと、速報性という点からすれば後手後手になるという形、ですから、その意味では果たして災害情報伝達手段としてどうなのか。しかし、利用の仕方によっては地域の細かい、例えばどこの道路がどういう状況になっているかというのは、なかなか普通のテレビ会社とかなんとかの情報では入りませんのできめ細かさといったらやっぱりエフエムを使って報道するということも相当意味があるのかなというふうに思います。そういうことで、まずは会社側としてどんな会社を目指していくのか、それに従って岩沼市としても対応できる点には対応していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)来年度、18年度は利活用事業として 1,451万 4,000円、そして管理事業として 900万円、 2,351万 4,000円というふうに出資しております。それで、行動計画の中にもはっきりと改革の目標として民間中心の経営体質への転換を図り、市からの放送委託料を縮減するというふうに書いてあります。やはり5年の中で金額的にも結構な金額を減らしていくのかなというふうに予測されるんですが、やはりそれらは今まで開局以来のずっと経緯を見ていて、これから5年でそういうふうなほかの民間企業からのスポンサーを獲得しながら自立できる経営ができるのかどうかというところが多少不安があるんですが、そういったところが5年でできると市長は思っているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できるかどうかということにつきましても当然重要なことでありますが、まずは会社として自立するような形で大いに努力をしていただきたいというふうに思っておりますし、市としては有効な活用方法というものをできるだけ構築していただきたい。ですから、それが可能だとすれば、市としては当然、市のできる範囲で支援をしていかなければなりません。ですから、経営体質の改善というのは、市からのお金を減らすということだけが目的ではなくて、やっぱりエフエムというのは、より市民の皆さん方の生活をしていく上でのプラスが与えられるように会社としては体質強化をしてもらう。その中で財政的な面でいうとすれば、できるだけ市に頼らないで民間、かといっても今お話しいただきましたように、岩沼というエリアの中でスポンサーを探すこと自体も相当難しいということはよくわかっておりますし、相変わらずまだ景気が必ずしも本調子でないという中では相当難しいということも認識しております。しかしながら、いつまでもそのままでいいのかというふうにいいますと、何といっても会社として自助努力をしてもらう。それに対して市としては適切な対応をしたいということで御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。やはりそちらの方は企業ですから企業みずからの努力によってやっていただく。しかしながら、なかなかノウハウですとかそういったこともありませんし、市と一緒になって市の方で求人だったり企業訪問するときにもあわせてエフエムのタイムテーブルを置くとか、そういう形でPRしてやるのも一つの手かなと思います。やはりエフエム単独だけでは難しいと思います。ですから、市長初めとする執行部の皆さんと一緒になってやっていけば、おのずとどんどんどんどん、エフエム岩沼といっても太白大橋のところまで聞こえますからエリア人口といったら物すごいわけですから、岩沼、名取、仙台の一部までかかっているわけですから、そういったことをしっかりメリットを出しながら、あと市の中でもしっかりやっていただきたい。やはり今まで見てきてなかなか自立できない。そして、市の方のそういう情報、以前と比べて金額的には下がっていますけれども、やはり一緒になってお互いのメリットを出し合ってやるべきかなというふうに思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)やはり設立のときの説明というのが不十分だったり少し問題がありはしないのか。つまり災害情報伝達ということだけで押してくるとすれば、やっぱり常時要らないし、いざというときだけ放送できればいいんでないかとかいろんな議論もありますし、先ほど申し上げましたように、市内全域がくまなく聞こえなければ意味がないといったような欠点もあるわけであります。しかしながら、もう一方で、ある意味では着実に市民の皆さん方に、視聴率はまだ具体的に最近調べたということはないわけではありますが、役に立っているという面もありますし、これも先ほど申し上げましたように、活字というメディアだけではなくて電波ということを生かすということも非常に意味があることだということでありますので、その意味では多少、当初の説明等についてはいろいろ課題もあるわけではありますが、せっかくあるものでありますし、市も相当なお金をかけているわけでありますのでできるだけ自立した運営をしていただきたい。支援放送局でありませんので必ずしも市の方でどうこうということはできないわけではありますが、できるだけの支援はしなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)市長もDJ番組を持っていますので、終わったんですか、また復活するでしょうけれども、やはり金額というか、お金だけではなくて人を紹介するだけでも一つの支援ですし、そういったできることをしっかりやって、メディアを持っているというのはある意味、強みなんですよね。ほかの自治体ではないことで、やはり今までですと負担の部分だけ、デメリットの部分だけを見てきたのかなと。それをより積極的に活用できるように組み込んでいければいいのかなと。確かにエフエムいわぬまができた、誕生したいろいろな事情というか、理由だったりとか、その辺が今まで足を引っ張ってきたのかなというふうなところもありますが、井口市長によってちょっとリニューアルしたというか、また新しい方向性をしっかりと見出してみてもいいのではないかと思います。
 続きまして、次の質問に移ります。自主性、自立性の高い財政運営の確保のバランスシート及び行政コスト計算書の公表はどのように進めていくのか示していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)村上議員御承知のとおり、大分以前、バランスシートについては検討した経緯があったわけでありますが、実際によってばらつきがあるということでありまして、特別に公表するといったような形までは進められなかったわけであります。今回はバランスシート及び行政コスト計算書につきまして、総務省が地方財政状況調査の数値を基本データとする様式というものを示しておりますので、この様式を使用して作成している団体が多いというふうに聞いております。本市におきましても17年度決算に基づく地方財政状況調査の数値が確定次第、総務省の様式に沿ってバランスシート及び行政コスト計算書を速やかに作成し、広報等で公表したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)市長の方に答えていただきましたので、以前というのは、沼田議長がバランスシートの必要性を一般質問の中で言って、そのときも執行部の方もその必要性を認めて検討すると言っていたんで、そのときに導入しておけばここに書くことはなかったのかなというふうに思いますけれども、そのときの理由というのがいろいろあるでしょうけれども、平成12年、13年に総務省の方である一定の総務省方式と言われる基準というのを示していたんですね。ですから、全国で数多く今、バランスシートをつくっている自治体があるんですが、ほとんどが総務省方式というある程度のフォーマットがありまして、そちらの方にのっとったやり方、独自方式をとっているところというのはほとんど47都道府県の中でも一つだと思います。それと併設型というか、総務省方式と独自方式をあわせたところというのも何個かありましてほとんどが総務省方式ということになっております。そして、今度の17年度の決算をもとに後はつくっていくということなので、これを見まして以前、沼田議長が言ったときの検討、なかなか難しかったということで、やはり調べてみますと、全国ではかなりの自治体が取り入れていましてそのときでもやっておけばと思いますが、でも今度やるということなのでその辺はいいです。
 実際の内容なんですが、行政コスト計算書ももちろんつくっていくんでしょうし、あとはキャッシュフロー計算書、そして連結貸借対照表、こちらの方までしっかりやっていくんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)そのように考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ということは、貸借対照表、行政コスト計算書、キャッシュフロー計算書、連結貸借対照表と四つでよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)はい、おっしゃるとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。単独の貸借対照表、バランスシートだけでは水道ですとか下水道、そちらの特別会計だったりとか、岩沼とかは余り第三セクターということはそんなに関係ないんですが、そういったところも連結で見ていかなければならないということで、総務省の方もそちらの方を改良して今度出してきたということになっておりますので、しっかりとそちらの方も反映させていただければなと思います。
 そして、なぜバランスシートだったりですとかこういうものを出していくのか、それは財政の先行きですとかそういったこともございますし、御承知のようにというか、18年度からはそちら地方債のやり方も変わってきて自治体の中でも信用、あとはしっかりお金を返せるのかと、そういうふうなところが今後、見られていくと思いますのでそちらの方の資金調達のためにもこういったものを出しているというのは、やはり必要不可欠と考えるんですが、市長はどのように思いますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)村上議員のお話のとおりであります。これまでは、例えば決算にいたしましてもただ単に歳入引く歳出イコール幾ら、それが黒字だというふうに言っておりましたが、中身を見てみれば本当の黒字かどうかとかいろいろ吟味をしますと、単純に黒字だからといって喜べない状況とそういうものから、例えばこの会計だけはどうであってもほかの会計がどうなのか、あるいは今お話をいただきましたが、第三セクターに対してどうなっているかとか、あるいは土地開発公社の状況がどうなのか、そういうものを含めて企業で言うと連結決算みたいな形で示すことができればよりわかりやすいということも確かでありますし、また今お話をいただきましたように、起債に当たっての条件とか何かについても事細かに財政状況ということを踏まえて検討されまして、民間に市場が開放されるという形になれば民間としては岩沼市の財政状況がどうなんだと。そうだとすれば、岩沼には貸しますよとか、貸さないとか、そういう判断になってくるということも当然のことでありますので、なおこういう面につきましては、沼田議員の発言のときやっていればいいという話でありますが、当時は様式等もまちまちであったというようなこともありますので今回はどこでも、それこそどこの自治体が出してきてもほとんど共通したような形で項目等が設定になっていますので比較検討ができるといったようなメリットもありますので、かえって待っていてよかったなと思っていただけるようなものができるんでないかというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)その当時、市長は今の現状というのを予測できたのかどうかわかりませんけれども、とりあえず進めるということなので期待をいたします。
 次の質問に移ります。公共工事の適正な推進の中の入札制度の見直しについての基本的な考え方をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、これまでの公共工事というのは価格競争が原則というふうにされておりましたけれども、御承知のとおり、公共工事の品質確保の促進に関する法律が施行されたのに伴いまして価格だけではなくて価格と品質の両面で総合的にすぐれた内容の契約を公共工事の契約の基本に位置づけ品質の確保を含めた入札制度の見直しということを行っていきたいというふうに基本的には考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)具体的なものなんですが、何か新しい評価方式だったり、入札方式の導入というのは考えられているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今のところはこの法律に基づきまして総合評価方式といったようなものを考えてみたいと思っておりますが、そういったところが今のいろんな体系をいろいろ研究しながら考えてみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)総合評価方式、あとは工事成績評価の改善だったりですとか、電子入札ですとかさまざまなやり方があると思います。やはりそういった一つ一つを検討してみるのもいかがかなと思います。ここに出てくるということは、やはり現行方式、今の制限つき一般競争入札ですとか、あと指名競争入札ですとか、そういったことをやっておりますが、その中での課題というのがございましたら挙げていただけますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)総合的には、今の入札検討委員会の中でそういった課題を拾い上げていろいろ今後の意向に向けて検討していきたいというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)入札制度ですと、今度宮城県も変わってまいります。宮城県の今までやってきた入札制度が、知事が交代しまして今度は18年度の方からブロック制に移行していくと。やはり地元を意識した、値段というよりも質ですよね。しっかりと目に見えるものを業者の方にやっていただく。先ほどもクリーン剤の購入の中でもやはり値段だけではなくてしっかりと役に立つものを使ったりですとかそういったこともしっかりと反映していただけるような総合評価方式ですとか、さまざまな面から入札方式というのは研究しなければならないのかなと思いますので、そちらの方もあわせてお願いしたいと思います。
 それで、最後の質問の方に移らせていただきます。公的施設の設置及び維持管理等の見直し、全公共施設のライフサイクルコスト分析と整備計画作成の具体的な進め方をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)これにつきましては、御承知のとおり、建物の設計から建設、運用、そして廃止されるまでというふうなことで、その生涯に必要なすべての費用をライフサイクルコストというふうなことになっているわけでございますか、初期建設費でありますイニシャルコストと改修、運営管理費、水道光熱費等の維持的な費用であるランニングコストや何かで構成されているところでございますが、建物の建設時に係るイニシャルコストについては約25%程度、残りの約75%についてはランニングコストということで言われているところでございますが、本市におきましては、現在、相当数の公共施設をストックしているところでございますが、今後、老朽化に伴う修繕費用が財政的に大きな割合を占めることが予想されておりますので、コスト縮減、あるいは財政支出の平準化を図られるよう、全施設の維持経費を把握し、計画的に施設の保全を行うということが必要になってくると考えております。
 平成18年度に庁内に営繕あるいは財政、そして施設管理担当等で検討組織を立ち上げ市の保有する全施設ごとの建設、修繕、維持運営費の状況等のデータを集約し、その分析を行う予定でおります。その結果を踏まえて今後、30年間程度を目標に施設を適切に運営するために必要な改修、更新、廃止などの費用や時期を推定し、それらをもとに平成19年度に財政負担と市民サービスの低下につながらないよう施設保全の整備計画を策定していきたいというふうに考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)済みません。今、維持管理が 125%とかなんとかと言っていたんですが、そちらの方、いま一度言ってください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)建物の建設時にかかるイニシャルコスト、約25%程度、それからランニングコストと言われますものを約75%というふうなところで見込んでいますということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)イニシャルコストが 125%、約25%ですね。 100じゃないですね。約25%ですね。そうですね。済みません。 100と聞こえましたので申しわけございません。
 そういうふうに一番最初につくるときは25%、結局長い時間で見てみれば25%で、あと下にはほぼ75%費用がかかっちゃうと。だから、10億円の建物をつくって単純計算していけば物すごい金額がかかっていくと。そういったところというのは、しっかりと考えていかなければけらないという必要性を平成14年7月に以前質問したんですが、そういったとき検討というのはなされたんですか、お聞かせ願いたいと思いますけれども。過去ですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御意見をいただくたびにいろいろ検討はしているわけでありますが、やはり具体的にどうするというところまでいきませんでしたので、先ほど総務部長からお答えいたしましたとおり、平成19年度には施設保全の整備計画を策定していきたい、今度は具体的に取り組みたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)私としても、やはり過去に質問してこういったことが実現できたということで、やるということで大変うれしいことでありますし、しっかりとした建てるときのイニシャルコストだけでなくて、やはり50年先までどれくらいトータルでお金がかかるんだ、そしていつ回収をするんだ、そしてなおかつ長寿命化をするためには使い勝手のいい建物にしなければならない。回収しやすい建物、あとは違った用途にしてもすぐリフォームがきくですとか、そういったこともさまざまな面からやっていかなければならない。格好だけよくても長い間続かなければだめなものですから、やはりそういったこともしっかりとやっていかなければならないと思います。
 今回、集中改革プランにつきましてはさまざまなことを質問させていただきました。やはり今回の改革プランというのは普段からやっている改革にすぎないかもしれませんが、一つ大きな特徴として全国一斉に始まるということなんですよね。平成17年度中に策定をし、21年度までにやるということで、ほとんどの項目が共通しておりますので、やはりそのあたりですぐ比較対象の自治体もありますし、総務省も、そして県の方もすぐにこういうふうなデータを発表するというふうな形になっておりますので、そういった競争に負けないでということはおかしいですが、やはりしっかりと市民のためになるように執行部の方としては頑張っていただきたいと思いますし、総務省の中の改革プランの要請というか、助言の中にも地方議会の改革ということがしっかりと明記されておりますので、我々もそういう意味でしっかりと改革を進めてお互いに執行部と議会の改革競争、そして、各自治体との改革競争という中で真に市民のために頑張っていきたいと思いますので、そのあたりにつきましても最後に市長の答弁をいただいて私の一般質問を終了したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行財政改革につきましては、絶えず心がけて行わなければならないということは確かであります。しかしながら、具体的にこうした大綱を定め、さらに集中改革プランをお示しをするという形で我々としては具体的な目標が立つということであります。できるだけ十分目標年次に目標達成するように努力をしていかなければならないというふうに思っております。
 また、結果といたしましては、できるだけ効率的な行政を行わなければならない。そして、小さな政府という形でやっていかなければならないというふうになります。それにつきましても、住民の皆さんからはいろいろ御注文が多くて、例えば雪が降った場合でも以前ならば自分の前ぐらいは掃いていただいたのではないかと思いますが、なぜうちの前を掃かないのかという話を結構私も直にいただくわけであります。そういった場合、議員の方々も一緒になってやれというお話をいただくんですが、どうみたってそういう市民の皆さん方のすべての御要望にこたえるためには、今の形では到底おこたえできない。財源的にも市の能力からいっても難しいわけでありますので、場合によっては市民の皆さんのみずからのお力で解決をしていただくとか、あるいは市民の皆さんと共同で進めるとか、そういった形とかいろいろ考えていかなければならないこともあるというふうに思います。ですから、我々も当然、努力をしなければなりませんが、議員の皆様方にも行財政改革大綱をお認めいただいて、それに沿って運営ができるようなお力添えをいただければというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)9番村上智行議員の一般質問を終結いたします。
 17番安住文彦議員の一般質問を許可いたします。
 直ちに発言席において発言してください。
    〔17番安住文彦議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)通告に基づいて一般質問をさせていただきます。
 まず、公有財産の管理についてですが、公有財産を取り囲む民地との境界問題が多々発生しているようです。今回の質問は、平成13年4月16日ごろに当時のさわやか推進室にお便りをしている件について回答されているが、問題解決がされていないとのことで5年くらい経過しているが問題解決に努力されていないので、ぜひ解決に努力されるよう数点にわたって質問をさせていただきます。
 この地域の概況を申し上げると、民地は昭和25年12月、仮住居を建設し、昭和42年7月新築、公園、集会所の境界にブロック塀を約20メートルくらい設置したわけであります。公園の西側には内矢来堀が流れているという状況であります。そういう状況の中で次の数点についてお伺いをいたします。
 1点は、二木西地区集会所敷地と公園の指定管理者はだれになっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)集会所につきましては、4月1日から二木西地区集会所管理運営委員会が指定管理者として管理を行っていただくようになります。二木西公園につきましては、指定管理者による管理ではなくて市で直に管理をいたしておりますが、実際のところ、地元の二木第一仙寿クラブに1年を通して除草、あるいは清掃などをお願いをしているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)指定管理者は今、地域の人になっているわけですが、何年間の契約なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)指定管理者制度につきましては、前に議決をいただいたとおり、5年間であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)それで、この指定管理者制度の質問については、前回の議会で宍戸議員も相当やっているんでそれを参考にして今、この質問を出しているんですが、公有財産というか、そういうものすべてが今後、指定管理者制度の中で運営されていくんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今回指定管理者でお願いする施設につきましては既に議決をいただいておりますが、今後の公共施設の部分については指定管理者制度にお願いするかどうかというものは十分に検討してお願いをしていかなければならないということで、指定管理者ありきということではなく、十分に検討していかなければならないというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)公園とか集会所の敷地、市の財産だと思うんですが、こういうものが今のように地域の人に指定管理者をしていただくということになるんですが、地域の老人会とか婦人会とか、そういうところにお願いして問題点は過去にはないんでしょうか、うまくいっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今お話しいただいております指定管理者の方にお願いしておりますのは、集会所の部分だけでございまして、公園につきましては、先ほど市長が御回答申し上げましたように、除草なり清掃などは地元の老人クラブの方々に直接お願いしているということでございます。ですから、集会所につきましては指定管理者制度でお願いをいたしますけれども、二木の公園については直接市で管理をし、除草や何かは地元の老人クラブの方々にお願いをしているというふうな内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)公園はわかりました。集会所はその地域の財産じゃないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)集会所につきましては地元で自分の資産の中で地域でつくった集会所、公会堂というのがあります。あと市の方でいろんな事業や何かで必要になって集会所としてつくったものが11カ所ございます。その11カ所について今回指定管理者制度の方に各地域の方々にお願いをしたというふうなことです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今回私が言っている二木西地区集会所は、当時、岩沼セメント跡地を造成して公園法か何かで当時、3%の敷地を出していただいてそれを市に譲渡したというか、市に譲り受けてもらって現在、公有財産になっているというふうに伺っているんですが、この二木西地区の集会所の敷地はそういうことなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)もとありました企業の撤退や何かで開発行為が行われた中での市に対して寄贈された部分でございまして、そこに集会所、公園をつくっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)2に入りますけれども、この集会所ができたのが昭和60年なんだそうですね。それで、当然、前に隣地のブロック塀、この間、見てきたんですが約20メートルぐらいがあるわけですが、このブロック塀の境は隣というか、公有地側を侵害をしていないわけですが、当時、ブロック塀は隣地の開発行為により土どめかわりに使用されたため塀としての保全上、また塀としての機能の一部をそこなっているという民間側の人がそういうふうに思っているんですね。いろいろ市と話し合った結果、ブロック塀は約20メートルぐらいあるんですが、二木西集会所の敷地と公園があって、二つあるんですね、公園の中を内矢来堀が通っている。三角公園と台形みたいな公園があって集会所の敷地と南北に北から南の方になっているわけですが、ブロック塀を境に東隣に民地ですか、家があるわけですが、そこで2番の件ですが、排水対策はどうなっているかということで申し上げますと、当然、ブロック塀が北側の方、集会所側の方が5段のブロック塀、10メートルぐらいあるのかな。引き続き公園側に沿って3段ぐらいのブロック塀があるんです。高さは同じになっているんですが、そこで、排水対策がどうなっているのかということで申し上げますと、そのブロック塀の5段と3段のところを一番下の方、露出をしてもらって50センチほど集会所、公園側の土地をブロック塀に沿って切って側溝がわりに排水用につくったような跡があるんですが、これがそういうことで当時は民間の方も納得したんだろうと思いますが、それ以来、5年くらいたっているわけですよね。そうすると、雨が降ったりいろいろすれば、砂ですから埋まってしまっているんですよ。その傾斜はあるんで、50センチぐらいの露出、ですから排水機能がないわけですよね。道路側は反対の西側は側溝があって道路になっているわけですからそれなりの傾斜を持っていればいくと。それから、フェンスがあって公園側との境になっているわけですが、公園からまだ内荒井に落ちるところががっちりブロックになっているから排水機能がないんじゃないかと思うんですね。ですから、隣側からすれば、隣の家は昭和43年ごろしているわけですから当然、公有地の方が高いんですよ、ブロック塀を挟んでブロック3段ぐらい低くなっているから。そういうことでどういう排水になっているのかと、これが2番目の問題ですから答えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)集会所の排水問題につきましては、私ども直接現地に行って確認をしてまいりましたけれども、現時点では集会所の雨水、排水につきましては敷地の一部東側に定位置があるものの、隣地に及ぼす影響というものは現在のところ、ないだろうと思っておりまして、排水対策をそこにするということは今のところは考えておりません。
 また、二木西公園の排水対策につきましては、公園の中に内矢来堀があることから排水条件がよく、雨水の排水は良好な状況になっているというふうなことでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今みたいな部長答弁になると、全然市の認識とそこの民地側の認識は全然違うんですよ。だから、この図面もあるんですが、ブロック塀から50センチ離れて側溝みたいにつくってくれたんですよ。それは埋まっているわけだから、露出がないんだから最後の5段目とか3段目は。必ず雨が降って時間が経過すれば砂で埋まるからぜひ簡易排水溝とか、そういうことをしてほしいというのがこの人の話なんですよ。ですから、部長の認識は、私も見てきたんですがもうこんなような状況はないんですよ。露出がないんだから排水ができないと思いますよ。だから、今ころになってこういう資料を僕のところによこしているんだと思いますよ。これは民主党ですから変なネタだと思われますかどうか知りませんが、あなたの認識と一般市民の認識というのはずれているんですよ。何年もたっているんですからね。さっぱりしてくれないと言っているわけでしょう。これは市長の字だと思うよ。「いろいろ御迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と、こう市長がおわびしているんでしょう。そして、うちの部長が言ったとおりとは言っていませんが「何とか御理解願います」と、これが紋切り型の答弁なんですね。ですから、本当に市長はあと任期を3カ月ほど残して退任されるのか再任されるのか別にしても、これだって小さな福祉ですからぜひこういう小さな福祉を解決をして再度出てもらうか、そうぜひお願いしたいと思うんですが、それは余計な話で、ですから2番については簡易側溝か何かさっとしてもらうと一番の問題解決ですよ。もう一回掘って、もう埋まっているんだよ。どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)確かにブロックのわきのところは少し低くなっておりまして、あと公園側が若干高くはなっているんですが、現段階の敷地の状況を見ますと、お隣の敷地は公園よりもかなり高い敷地になっておりますので、そこから排水が隣の方に行くということはちょっと考えられないということで先ほど御回答申し上げたところでございまして、高さを見ますと、かなりの高さの違い、今新築されているようでございましてかなりの高さになっているというふうなことからすれば、そこの排水問題については現状の排水、あるいは内矢来堀や何かに排水されれば大きなそういったことはないのかなというふうなことで御回答申し上げたところでございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)部長の答弁は、結局はブロック塀は市の土地を侵害しない、十字の境でブロックの屋根がちょうどセンターに来ているわけですから、その分だけでも普通ならば私のうちと一郎さんの土地のところの境だったら10センチは必ずあけるでしょう。普通はしているでしょう、どこの家でも。後から建てた集会所の敷地の方が人のブロック塀を土どめがわりに使っているわけでしょう。土どめがわりになっているわけ。だから、民地の方は低いんですよ。今は新しく新築している部分は土盛りしたでしょう。ですから、今建てた部分については相当高くなっていますよ。この間の 8.5なんかであそこ辺、水増しになってどうにもならなくて今度新築して今建てている。きのうかな、移ったと思うんですが、そういうことで当時からすれば、後で公有地側の方が土どめをして集会所の敷地をつくったわけですから相当低いわけですよ、ブロックからして。5段のうち、公有地の方が高いわけですから土どめがわりに使われているわけでしょう。だから、その弊害を防ぐために50センチ、塀から市の方があけて露出溝を設けたということになっている、こういう文書が出ている。それが埋まっているんだからあそこをもう一回掘ってきたら。掘ったり何をしたってまた雨が降ればなるから、少しその辺の側溝の廃材というか、ああいうのは何ぼでもあるわけでしょう、農業用土木で使っているようなの。それを持っていってあそこに20メートルも敷いてやったら、そういう考え方はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)ブロックを隣の方が積んだ。そこのところを市の方が土どめがわりに使っているということではなくて、たまたまそこの境界のところにブロックを建設をしたというふうなことでございまして、市の方がそこを利用して土どめをしたということではございませんので、ひとつ御理解をいただきたいと思います。
 ただいまお話しいただきました。当初は確かに隣地の方が低かったようでそういった問題が出たようでございましてそういった形跡は今でもあるようでございます。ただ、現段階ではそういったことも心配がなくなってきているというふうに思っておりましたので、改めてそういった排水溝をつくる理由はないのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦委員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)市側はそういうことを言っているが、当時の状況は現実的に変わっているわけでしょう。50センチ引っ込んで露出部分が見えないんですよ。原状回復で見えるようにしたら。そういうことで約束事をしているんでしょう。だから、そういうことまでやるならあとは建設部会ででもいろいろ現状認識をしてもらうことにしますけれども、こういう実際やった当時から原形は変わっているわけですから原状に戻してくださいよ。そのように別図をつくってやっていたんでしょう、いろいろ。だから、何回も部長が言ったってそんなのはわからない。とにかくやる気がないならやる気がないように、後、おれが話してくるから。だから、不信感を持っている。5年間もたっても何ぼ言ったってわかんないんだと。今の市長になったら何とか前の市長よりいいかなと。福祉優先のまちづくり、そういうことでもさっぱり行っても職員は適当にごまかしてと。それは言い過ぎにしてもいろいろ職員も骨を折って、この隣地の人というのは多分難しい人なんでしょう。でも現状、これは12月議会にぜひやってくれと言われたんだけれども、12月議会は別なことがあったから3月に残していたんですけれども、とにかく原状回復をしてもらうことが先決でしょう。あとの議論は部会でやりますので次に移ります。いいですか、最後に答弁してください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)安住議員はいつも議会で市民の皆さん方の要望をお話しになり、ほとんどは取り上げられているというふうに伺っておりまして、今回もできるだけ安住議員の要望にはこたえたいという気持ちではおります。実は担当の部長たちで現地を見させていただいてそこで総務部長から答弁を申し上げているわけでございますが、なお安住議員と見解が大きく分かれておりますので、改めてまた現地を見させていただいてそこで対処したいというふうに考えておりますので、この点については御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)きょうの質問の要旨はここが問題なんですからあとは何もないです。
 3番、3番は2番のようなことではありませんので一応どういうことか申し上げておきますね。下水道物件の一方的な設置についてと、こういう認識をしているですね。この文書を見ると、これも今から考えれば、四、五年前の話ですからね。こういうことを言っているのね。下水道物件というのは、公共下水道升のことなんですね。「設置の際に隣接地の皆様を含めて説明会を行い十分な納得をいただけたものとして」云々となっているんですが、「いろいろ職員の説明不足などもあったようで大変御迷惑をおかけしました」と。こういうことで私のうちにも3月17日、原公会堂にこのはがきを持ってきなさいと。これは私のうちの升のことか何か説明するでしょう。多分説明会というのはこういうことだと思うのね。そこで、当然、公共升をつけると貸借契約を結ぶんでしょう。これもしなかったと書いてあったね。そういうことで市長もいろいろ謝っているんでしょうけれども、この点についてどういう見解を今現在持っていますか。今は升については問題はないんだと思いますが、当時、4年か5年前の話ですが、そういうようなことで契約書などは結んだんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)御質問の下水道物件の所在地ということでございますが、これは二木西地区集会所の東側で内矢来排水路の北側になる部分だというふうに思っています。この地区は内矢来雨水幹線に隣接しておりますことから、その北側に下水道管を設置する必要がありましたが、その箇所には公共用地がなく複数の方々の借地をお願いせざるを得ないという状況でございました。平成7年12月18日に地区の方々に工事説明会を開催しまして、借地を踏まえた工事内容について関係者の同意を得ながら平成8年1月8日から工事に着手し2月末に完成したものでありました。御指摘のような一方的な設置というふうには実はこちらとしては思っていなかったわけです。同意をいただいて工事をしたというふうに思っていたわけでありました。
 ただ、残念ながら、この当時は土地所有者との文書による貸借契約というのを取り交わしていなかったということがございました。今、議員がお話しいただきましたように、平成13年3月になりましてある個人の方から「私のうちに下水道物件が埋設されているというのは適法か」という意見が寄せられまして、これについては平成13年4月2日に職員が経過を説明申し上げたところ、土地の貸借契約をきちっと結ぶということで御理解をいただき、4月16日付で市長名でそのような回答を申し上げたというところでございました。この貸借契約につきましては、平成13年4月18日付で関係する方々、8名の方々がいらっしゃるわけでありますが、その方々と土地使用貸借契約を締結いたしまして今日に至っているというところでございます。御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)そうすると、これからも公共升が入ればそのうちとの契約をすべて結ぶんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいま申し上げましたのは、一般的に公共下水道として市が管理する分を個人の宅地に埋設した分についてはこのような形で土地貸借契約を結ばせていただいたり、中には区分地上権を設定させていただいたりということで仕事を進めております。個人に対する升については契約はいずれも結ばせてもらってはおりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)3番はわかりました。
 4番、私も行って見てきたんだけれどもどこにあるかわからなかったんですが、とにかく金属板については、金属板というのがあるんだそうです。金属のプレートになって、そこにくいみたいなのがついて指すらしいんです。それはこういうことなんですね。これは平成13年なのかな、3月28日どうのこうのと書いてあるんですが、「市立ち会いのもとで測量業者が埋設した金属くいがあります」と。市が立ち会ってもいないのになぜ市が立ち会ったと言っていますが、市の職員は一切影もなしの状態で市が立ち会った立ち会ったと言っているんだけれども、そして、その金属くいを建てていったと。だから、四、五年前の話でしょう、平成13年ごろでしょう。こういうことが今でもずっと頭に残っているんでしょう。ですから、金属プレートというんですか、この4番について知る限りの話を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)昭和59年に実施いたしました二木一丁目地内の国土調査において民有地間で一部境界の筆界未定として処理されたところがございました。その土地について、平成7年7月に筆界未定となっていた所有者の方から解決を図るために隣接する関係者とそれから公共物である水路に接していることから、市に対しても境界調査の申請がありました。それに基づきまして現地調査を行い、境界について立ち会いました全員の同意をいただいた上で確定したというところであります。その結果に基づいて境界確定図面を作成し、確認の上で岩沼市も含めた全員が署名捺印をいたしております。その際にただいま御指摘の銀色の金属板というものにつきましては、工作物があるために境界くいが設置できなかったことから確認していただいた境界点を明確にするために設置されたものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今の説明で私はわかったわけでしょうが、この方はわからないんでしょうね、どこにあるかわからないなんて言っていますから。それはそれとしてそれなりに説明をしてきますが、以上で終わりたいと思いますが、2番の件については市長答弁がありましたのでぜひもう一度現地調査するなりいろいろして、早目にこの問題に決着をつけていただきたいことを申し上げまして、終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時40分延会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年6月23日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 渡 辺 真 多

                   議 員 安 住 文 彦