議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第5回定例会(4日目) 本文




2005.12.14 : 平成17年第5回定例会(4日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は21名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、10番飯塚悦男議員、11番高橋孝内議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 3番櫻井隆議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔3番櫻井隆議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)通告に従いまして、2点について今回質問させていただきます。
 まず初めに、児童虐待について質問させていただきます。
 ことし4月施行の改正児童福祉法で、虐待された児童等の適切な保護を図るために、自治体が関係機関などを集めてつくる「要保護児童対策地域協議会」の設置が規定されました。この設置は義務ではありませんが、国会でも全市町村が速やかに設置するよう決議されており、厚生労働省は、 100%設置を目指し、指導強化する方針に踏み切りました。
 岩沼市では、まだこの協議会の設置は行われていないようでありますが、今後、設置の予定があるのかどうか、まずお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長、答弁を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話しのとおり、改正児童福祉法の第25条の2において「要保護児童対策地域協議会」を置くことができるというふうなっております。実は、もう一つ、昨年度に岩沼市次世代育成支援行動計画というのをつくったわけでございますが、その中で、「虐待防止ネットワーク」を設置するとうたっておりまして、協議会のねらいとすることとほぼ合致するのではないかと思われますので、この協議会を設置することに既に予定をしております。現在、県から情報あるいは助言をいだだきながら、どのような関係者及び関係機関、団体等で組織して、どのような運営を図らなければならないかなどについて、種々検討しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)当市でも今後設置する予定があるという回答をいただきましたので、早急な設置を要望しまして、次の質問に移らせていただきます。
 ことしになって児童虐待の事件が多く報道されているわけでありますが、当市において、保育所、小・中学校において虐待事例を見つけた場合、どのような対応をとっているか、まずお伺いしたいわけでありますが、保育所に関しては市長に、小・中学校については教育長にお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)民生部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)保育所について申し上げますが、保育所では虐待の事例はありませんが、もし虐待事例が発生した場合は、まず福祉事務所の方に連絡が入ります。その後の対応ということで、市の家庭児童相談員や保健師による家庭訪問を行いまして養育相談を行うと。さらには、その対応が難しい場合とか、緊急性のある場合につきましては、県の中央地域子供センターがありますので、ここと連携を図りながら対応するということにしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)小・中学校におきましては、虐待事例を見つけた場合には、児童福祉法第25条並びに児童虐待防止法に基づきまして、福祉事務所または児童相談所に通告するようにしております。緊急性が感じられる場合には、ためらわずに警察へ連絡することも指導しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今の発言ですと、保育所、小・中学校における虐待事例に関しては、関係機関と密な連絡をとっているようではありますが、普通、児童虐待と申しますのは、保護者が監護する児童を虐待する場合と思われがちでありますが、児童虐待防止法の3条には、「何人も児童を虐待してはならない」と書かれています。つまり、保護する立場にある保育士、学校の先生もその対象となり得るというわけであります。そこで、保育所での保育士による虐待事例などがありましたらお示し願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)先ほども申し上げましたが、保育所の園児といいますか、児童に係る虐待の事例というのは、今のところございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今月に入ってから、保育士による幼児に対する性的虐待なども報道されていますけれども、当市ではそのようなことはないということですので、その辺、また常に監視していただき……、一人の保育士だけではなくて、多数の複眼的な目で見ていただいて、皆さんで監視する体制を保育園の方にもとっていただきたいと思います。
 それに関して、3番の項目に入りたいんですけれども、保育所だけでなく、小・中学校における児童虐待の事例を示していただきたいわけなんですけれども、先生による児童虐待の例も含めて、事例があれば教育長の方から示していただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)通告によりますと、就任以来ということがつけ足されておりますので、平成15年からの事例になりますが、まず事例の数であります。平成15年度に1件、平成17年度は2件、合計3件であります。そのうちの2件の児童・生徒は転校しておりますので、現在は1件のみであります。
 平成17年度の1件につきまして、これはネグレクトではないかと疑われる事例でありました。いわゆる養育拒否であります。この件につきましても、福祉事務所や地域子供センターに通告しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)児童虐待の定義には四つありまして、身体的な暴行を加えること。二つ目は、わいせつな行為を行うこと、または、わいせつな行為をさせること。三つ目に、今、教育長がおっしゃった、食事を与えない、世話をしないなどのネグレクト、つまり、無視をするということであります。四つ目が、心理的に傷つける言動などを行うなどの行為を指すわけであります。今、3件の虐待事例を示していただきましたが、学校の先生による児童虐待の事例はございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)虐待の規定というのは大変難しいものでありまして、厳しく指導するという範囲で、我々としては、いわゆる過度な指導はしないようにというふうな指導をしておりますので、その点は、今のところはないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)確かに、愛のむちと虐待に相当するところのボーダーラインというのは非常に難しいのでありますけれども、実際に、ある小学校では、虐待に該当するかどうかはわかりませんが、そういう女の先生がいるという話は聞いております。現在もある小学校で教鞭をとっているそうでありますが、そのような先生がまだ同じ学校で教鞭をとっているというのはちょっと問題があると思うんですが、教育長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その辺についても調べておいて、そういうことがあれば、しっかりと指導したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)どの程度の暴行を加えた先生なのか、私も詳しくは確認はとれておりませんけれども、実際、父兄や生徒も戦々恐々としております。いつまた暴行を加えられるかと思っているそうであります。その辺は、教育長の方からうまく指導していただくということで、次の質問に移らせていただきます。
 4項目めです。文部科学省の調査によりますと、5人に1人の割合で教員は虐待に気づいているのに、通告をためらっているそうであります。教育長は児童虐待防止法の徹底周知を行っているのかどうか、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律が公布されまして、昨年の4月に文部科学省からその通知がありました。市教委といたしましては、それを受けまして、各学校に、その法律について教職員に周知徹底するよう指導をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ここで、児童虐待防止法の要旨をかいつまんで読み上げさせていただきます。
 学校の教職員や医師等には児童虐待の早期発見に努める義務が課され、守秘義務を超えて児童相談所や福祉事務所に通告の義務を負う。通告者に関する秘密は保護され、誤った通告でも不利益はこうむらないと書かれています。
 今、教育長は、児童虐待防止法の徹底周知をこれから図られると、そういう回答をいただきましたけれども、先生たちは、疑わしき事例があっても、なぜ通告をためらうのかと。文部省の統計での一番の原因は、自分自身の判断に自信がないという意見が一番多かったそうであります。防止法の中では、守秘義務よりも通告の義務の方を優先すると書かれているわけです。実際に疑わしき事例であっても、もしそれが間違いであったとしても、その通告者は不利益はこうむらないと書かれているわけです。実際、5人に1人の割合でためらっているという統計が出ているわけですので、市内でもそのような事例があってもおかしくはないと思うんですね。ためらっているような事例というんですか、そのような件数というのは実際にあるかどうか、教育長にお伺いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)現在のところ、そういうことはございません。難しい部分といいますのは、家庭において、しつけなのか虐待なのかという判断であります。軽度な場合は、これは家庭の方針、しつけとして許されるわけであります。そこにどう踏み込むかということが大変難しいわけであります。現在のところは、私どもの方では、それはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)教育長の方までは報告が上がっていない事例も恐らくあるのではないかと私は思うのであります。これは通告をためらっているからではないのかと私は察するわけでありますが、何をもって虐待ではないかと疑うのか、事例の判断の基準ですね。教育長は、どのような基準をもって虐待の事例を通告させるように指導していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろなケースがあると思います。先生方には、一つ一つつぶさに見なさいと、観察しなさいというふうな指導はしておるわけです。具体的に申しますと、服装の乱れ、遅刻・欠席が多い子供、あるいは提出物がないと。あるいは、家に帰りたがらない、最後まで学校にいるということ。あるいは、非行を犯すということを、基準といいますか、一つの例としてチェックさせているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)発見された事例で一番多いケースは、体にあざがあるとか、表面的な、外傷的な原因ですね。あと、子供から直接先生に告白されて、そういう事例が暴露されたというんですか、そういう2点のケースが多いそうであります。ですから、先生方が客観的に見て……、服装の乱れとか、欠席・遅刻などが多い生徒を注視しているというお話でありましたが、虐待に該当するのではないかという子供を発見した場合、子供に対する児童相談ですか、学校内での相談というのは担任が中心に行っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校でできることは何かということを考えております。きのう、インフルエンザの対策でも申し上げました。何といっても校内体制の充実であります。一人では決して解決できません。特に家庭の問題であります。これが学校での指導の間違いによる不登校あるいはいじめであれば、それは内部である程度やりながら、連携を密にしてやりますが、これに関しては家庭でありますので、一人の担任の力では解決できません。したがって、学校の体制といたしましては、教頭が情報管理責任者として窓口になっておりますので、そこに養護教諭あるいは担任からの報告が来るわけです。それを受けまして、校長、関係職員が集まりまして論議する、対策を講ずると。場合によっては、児童民生委員さん方の御意見を聞くとか、あるいは福祉事務所の御意見を聞くというふうな形もあると思います。そういった努力はしているつもりであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)先ほど教育長から、過去に、平成15年に1件、平成17年に2件ほど虐待例があったという報告でありましたが、そのときの対処法はどのように行われたのか、ちょっと御説明願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)現在持っているのは1件でありますが、いろいろな乱れ関係、生活の乱れ関係が耳に入りましたので、話し合いをさせていただきました。若干、非行にも走っているというふうなこともありますので、その辺も含めて話し合いをさせていると。
 まず第1に、児童民生委員から来る場合がありました。あるいは担任からの報告もありました。そのときには、先ほど申しましたように、校内体制の中で、どうするかを論議し、関係機関との連携を密にしながら対策を講じているところであります。最終的に三つの事例はすべて学校側から通告をいたしました。福祉事務所、それから児童相談所でありますが、すぐに専門員が来まして、学校関係者との話し合いを密にして改善いたしました。これは環境改善であります。したがって、3例があるうちの二つは、転居した方がいいという結論でありましたので、実家に帰ったり、あるいは、親戚の家に預けられたりという措置をとったわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)1件の事例がまだ成果が出せないでいるということでありますが、現状としては、学校には通っていらっしゃるのか、その辺、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりであります。通っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)児童虐待に関しては、もちろん子供に責任があるのではなく、それを監護する親または同居人による虐待が多いわけでありますので、ほぼ同居している親または同居人に責任があると思うのでありますけれども、親に対する指導というのは、教育長の方ではどのような対策をとられたか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)余り詳しくは申し上げたくないいろいろなところもございますので、できる限りの話はさせていただきますが、この件につきましては、コンタクトをとりながら、よき方法をということで、学校側と話し合っております。それだけ申し添えたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)教育長の方も、精いっぱい、一生懸命やられているということでありますので、この1件に関しては、将来この子供が更生していただくことを祈りまして、次の質問に入りたいと思います。
 文部科学省の報告書では、「学校は、可能な限り自力で対処しようとする構えが強い」と分析しているわけですが、先ほどの4項目めの、通告をためらっているというのともちょっと絡んでくるわけでありますけれども、当市ではこのようなことはないか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのようなことはございません。子供を預かる学校といたしましては、全員の児童・生徒をさまざまな外圧から守っていく必要があるからであります。そのためには、正確な情報の把握が必要であり、学校に情報が入ったときには、すべてを学校で抱え込むのではなく、速やかに福祉事務所、県の地域子供センターや民生児童委員、主任、児童委員などに連絡、相談することにしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)岩沼市では、開かれている学校だと、閉鎖的ではないという教育長の答弁でありますので、これ以上これに関して質問しても仕方がありませんので、児童虐待に関しては質問を終わらせていただきますけれども、今後、児童虐待に詳しいスタッフの育成とか、学校における先生方を交えた研修の強化ですか、そのようなものをさらに推し進めていただくよう要望しまして、虐待に関する質問を終わらせていただきます。
 次、2点目の、犬のふん害について質問をさせていただきます。
 岩沼市では、犬を散歩させる人が多く通る場所にふんが放置されるケースが多いわけでありますけれども、市の方に苦情がどれほど寄せられているか、まずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)犬の放置ふんに関する苦情でありますが、昨年度は2件ほどありましたが、今年度につきましては、今のところございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)件数としては、思ったより少ないようでありますけれども、では、市民に対する市の行政指導というのは実際どのように行っているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)市の行政指導ということでありますが、犬の散歩時などに、犬のふんを処理するのは飼い主の義務というとらえ方をしております。そういった観点から、その啓発に努めているわけでありますが、まず一つは、広報「いわぬま」にマナー遵守の啓発に関する記事を掲載して啓発に努めております。二つ目は、地区に公衆衛生組合という組織がございますが、この協力をいただきながら、必要な場所に注意喚起の立て看板を設置しております。三つ目としては、毎年春に予防接種、要するに、狂犬病予防の集団接種をやっておりますが、その際に、飼い主に対しまして、飼い方のマナーといいますか、そういったことを啓発するチラシを配布しまして、いろいろとその啓発に努めているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ペットのふん害に関する条例があるのかどうか、例規集を調べてみたんですが、該当する条例がなかったんですね。拡大解釈するとすれば、岩沼市環境美化の促進に関する条例の第2条にこのように書かれています。「市民等は、家庭外においてみずから生じさせたごみを持ち帰るなどして、みだりにごみを捨ててはならない」と。みずから生じさせたごみを持ち帰るですから、犬は飼い主とはまた別問題なので、犬のふんがみずから生じたごみと考えるのは、拡大解釈するのにはちょっと無理があると思います。犬のふん害に対する条例は実際にあるのかどうか、ちょっと確認させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)御指摘のことに関する内容につきましては、条例化はしておりません。ただ、ごみの持ち帰りというのはそれぞれ市民の責務ということで、環境美化の条例の中にうたっておりますが、今御指摘の犬の放置ふんにつきましても、ごみというぐあいにはならないかと思いますが、基本的には持ち帰りという趣旨に沿った形で対応していただくというのが筋かと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ということは、実際に条例には載っていないということになりますね。運動時のふん処理のための用具携行を必要とするとか、まちを汚さないとか、犬のふん害に関する条項なども、少なくとも、岩沼市環境美化の促進に関する条例につけ加えるべきではないかと思っているのですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)そうですね、先ほども回答いたしましたが、環境美化の条例の趣旨に沿った対応ということの形で、飼い主の方々にもそのように対応していただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)実際は、条例に設けたからといって、罰則規定を設けない限りは、恐らくこれは市民のモラルに任せるしかないと思うんですね。そこで、最後の質問になるわけなんですけれども、市道沿いや公園などに、犬のふんを捨てることができる「犬のトイレ」のようなものを設置し、行政の方でお手伝いしてはいかがかという質問なんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)犬の放置ふんの問題は、飼い主のマナーとかモラルの向上を図ることが何よりも大切な、根本的な対策というぐあいに考えております。また、最近、生活環境に対する地域住民の意識の高まりもある中で、放置ふんの処理というのは、飼い主の責任できちんとやっていただくということが前提で、地域全体で取り組んでいただくということも大切なことかなと思っております。
 こういった中で、御質問の、犬のトイレの設置ということにつきましては、難しいものと考えておりまして、これからも関係団体の協力をいただきながら、飼い主がしっかりと犬のふんを処理する社会に向けて、飼い主一人ひとりのマナー向上の啓発に努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)例えば、堆肥用のコンポストがございますよね、値段は幾らぐらいするのか、1万前後か、値段ははっきりわかりませんけれども、そう高くはないと思うんですね、1基あたり。コンポストの中に、燃えるごみ用の市のビニール袋などを入れて、ふんを持ち帰る人が帰りにその中に捨てていって、燃えるごみとして週に一、二回なり回収していただくというような……、一応、案でありますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)今の御指摘につきましては、県内で実施しているところの情報は持っておりませんが、ほかでは試行的に公園内でプラスチックの容器に、そういったもので処理しているような話は聞いております。ただ、まちの中のあちこちに犬専用のトイレを置くことがいいのかどうか。さらには、きちんとマナーを守ってやっていただいている方につきましては必要としない、あれば使うかもしれませんが、一般的に必要としないもの。何といいますか、マナーのないというとちょっと言い過ぎかもしれませんが、そういった方々の問題で、行政がどこまでしりぬぐいをしなければならないのか、この辺のことを考えますと、この辺の扱いについては、慎重にならざるを得ないという考えをしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)部長の答弁ですと、トイレに関しては、今後、設置する予定もないし、検討の余地もないということでありますけれども、もし担当するとすれば、これは生活環境課でよろしいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)担当となりますと、そういうことになろうかと思いますが、検討の余地はないということは申し上げておりませんで、一つの有効な手段であるとは考えております。これをまちのいろんなところに置くのがいいのかどうか。場合によっては特定して、公園内で非常にそういう問題が発生しているとかというケースが出れば、その際に考えて、その手段といいますか、解決手段の一つになろうかとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)市民からの苦情件数は非常に少ないということで、緊急には余り迫られていないという状況なので、部長の方も深刻に考えてはいないのかなと私は察するわけでありますが、市の方にも優秀なスタッフがたくさんいらっしゃいますので、今、私が提案したコンポストの件は一例でございますが、ほかに有効な手段がありましたら、一応、調査研究していただきまして、なるべく早い犬のトイレの設置を要望しまして、私の質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)3番櫻井隆議員の一般質問を終結いたします。
 ただいま櫻井議員の質問中、ただいまのような場合がございますので、議場内には携帯電話を持ち込まないようお願いします。(「了解」の声あり)
 17番安住文彦議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔17番安住文彦議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)17番安住でございます。
 一般質問をさせていただきます。
 岩沼市行財政改革大綱(素案)平成17年9月によれば、「職員の大量退職と人事管理システムの刷新」という項目があるわけですが、間もなく始まる団塊の世代の大量退職は、各方面にさまざまな影響を与えるものと考えられますが、本市においては、平成18年度以降、10年間に職員の約4割が退職するという、過去に例を見ない職員の流動期を迎えます。特に、課長以上の管理職層が5年以内にほとんど退職することも大きな課題であります。
 行政サービスへの市民参画などを進めつつ、中期的に適正な定員計画を定める必要があります。職員総数の減少、熟練職員の短期間の大量退職を迎えても、職員の能力を最大限に引き出し、よりよいサービスを安定供給できる体制を構築していく必要があります。また、最小の経費で最大の効果を上げることは、行財政運営の基本原則です。顧客である市民が支払う税金に対して、最大の満足を享受できるよう、NPMなどの民間的経営理念、手法も適切に取り入れ、行政評価システムの確立やICTの活用などを図ります。このことにより、効率的な経営資源の配分や、市民に対する説明責任を果たすことなど、政策、施策などの適正化に向けた取り組みを強化し、行財政運営システムの不断の見直し、改善に取り組まなければなりません。
 そこで、各項にわたって質問をいたします。
 まず、中項目の1番の人件費の抑制政策の中の(1)、平成17年度の一般会計に係る人件費の割合は何%になっているか、お答え願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的な御質問をいただく前に総論的にお話をいただきました。まさにそのとおりでありまして、今のお話を十分受けとめ、間違いのない対応をしなければならないというふうに考えております。例えば、団塊の世代の大量退職と、さまざまな影響があるということでありまして、それは社会全体としても、また、岩沼市役所としても、そのことが大きな課題だということであります。当然のことながら、市民サービスが低下をしないようにしていかなければなりませんし、役所としての持っている力のレベルをしっかりと保つ、そのために研修等に大いに力を入れていかなければならないと思っておりますし、また、行財政改革につきましても、行財政改革につきましては、今いろいろと策定をしている最中ではございますけれども、日々改革が必要なことにつきましては、絶えず改革をするといったような意識を持つように努力をしていきたいと思っております。
 なお、ただいま御質問をいただきました具体的なことにつきまして、総務部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)平成17年度の一般会計に係る人件費の割合につきましては、御承知のように、平成17年の4月の広報「いわぬま」でもお知らせをいたしているとおり、一般会計予算の 121億 1,000万円に対しまして人件費は35億 1,960万円となりまして、その構成比は29.1%となってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)次は、2)番、行政運営おいて、支出に占める人件費の割合は何%を上限と見ておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)人件費は義務的な経費の代表的なものでありますし、また、歳出全体ではかなりのウエートを占めているということでありまして、そのこと自体が、場合によっては財政の硬直化を来す要因になるということでありますので、行財政運営上は、できるだけ低く抑えるように努力をしていかなければならないと。かといって、必要な経費でありますし、職員が仕事をして初めて市民サービスができるということでありますので、しっかりと確保する点は確保してやっていかなければならないというふうに思っております。
 過去10年間を振り返ってみますと、大体20%台 ── 29%まで含めて、で推移をしてきておりますので、これが上限だというようなことは明確にならないわけではありますが、これまでの最高がやはり限度ぎりぎりではないかと思っておりますので、その意味では、少しでも今の状況よりは抑制をしていくような形で進めないと、さらに財政上大変な状況になるというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今の2)番ですが、20%台を維持してきているということでありますが、臨時議会があったんですか、給与の削減というか、それでボーナスの方が何ぼか伸びたというのがこの間あったわけですが、そういう中で、人件費が予算の中では相当な、約3割を占めているわけですが、岩沼市の人件費というのは、宮城県は11市あるんですか、その中でも当たり前なのか、高いのか。11市の中で高い方なのか低い方なのか、大体平均をいっているのか、その辺はどういうふうになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、13市のうちでどうかというお話でありますが、前年度までを見ますと、岩沼市の平均的な給与の額というのは非常に高い方になっていると。しかしながら、実は、これは平均年齢が非常に高いということでありますので、同じ年齢で比べれば、まことに申しわけないことではありますが、むしろ低い方に属していると考えております。ただ、今申し上げましたように、平均年齢が高いと。つまり、団塊の世代などの職員が多いということであります。逆をいいますと、その世代が卒業されますと人件費の比率が相当低くなると。そのときに、低くなったのはいいんですが、先ほど御意見をいただきましたように、レベルまで下がってはいけないということがありますので、そのあたりはどうしていくかということをしっかりやっていかなければならないというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)では(3)番、今後の見通しで、人件費の占める割合が一番高くなる年度はいつごろですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)今後の人件費の割合の見通しにつきましては、各年度における予算規模が不確定なことから、算定が困難な面もございますけれども、今後の行財政改革の推進等を前提にいたしますと、人件費のピークは平成18年度と見込んでおります。その後、減少に転じるものと予測をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)前段で申し上げた、団塊の世代があと10年ぐらいでだんだん退職をして、管理職も、5年以内で今の方々はほとんどいなくなるんでしょうね、安心はしておりませんけれども。そうすると、管理職の給料というのは一般職員よりは上になっているはずですから、ですから、いなくなった管理職の後はまた別な管理職がなるわけですから、今の部長の答弁のように、18年度がピークでだんだん下がりつつあるというのは、10年先というか、5年先ですか、年齢構成が低くなるというふうにとらえていいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)ピークが18年度と申し上げておりますが、予算の規模によっては、当然、人件費の割合も違ってくるわけでございまして、その辺はなかなか予測しがたいと先ほど御回答申し上げましたところでございますが、年齢的にも非常に若返りをするであろうというような見方をしていますし、全体的な予算規模も少し小さくなってくるだろうという見方もしております。そういったことから、18年度がピークというふうなとらえ方をしていまして、その後はだんだんと低くなってくるだろうというふうな予測値をしたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)では、 (4)番、経常経費が膨らんだ場合で、職員の給与削減の考えはあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)従来から、職員給与につきましては、人事院勧告に準拠して改定を行ってきているわけでありまして、現時点では、今後、市独自の給与削減は一切考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)岩沼市としての給与削減は考えていないということですね。
 では、(5)番、IT化による事務の軽減と超過勤務の軽減はどのように図られたか、教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)IT化による事務の軽減というようなところでございますが、岩沼市におきましては、平成5年に岩沼市のOA化基本計画を策定いたしまして、それぞれ電算システムを導入いたしております。そういったことから、税務、財務会計、文書、住民情報、予算・決算、そういったシステムを年次計画によって導入いたしてきているところでございますが、その効果につきましては、十分上がっていると受けとめておりますし、その結果、超過勤務についても軽減されているというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(5)番の第2質問ですが、IT化で事務の軽減になって、超過勤務も減るというのは当たり前なことでありまして、そのような傾向になっているということですから、いいことだと思うんですね。いいことだと思いますが、(6)番に入る前ですが、超過勤務というのは、やむを得なくやっているのか、必要に迫られてやっているのか、給与ベースが低いためにやっているのか、その辺について、どういう考えを持って職員に超過勤務をさせているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)むしろ、安住議員はそちらの方は非常に詳しいわけでありますので、お答えを申し上げなくともおわかりいただけると思います。余り喜んでやられる方はおりませんが、ただ、それぞれ、仕事の状況によりましては、どうしてもその日とかそのときに上げていただかなければならないというのがありますので、その場合は、責任感の旺盛な職員でありますので、当然やらなければならないということでやっていただいているものというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)最近の議会に新聞仕様で出してよこしているのに、総務省で出している……、残業というか、超過勤務を減らそうということで、総務省がキャンペーンを張っているんですね。そういうことはわかっておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)当然、国の方では、全体としての経費の節減、合理化と、本当に合理化になるかどうかはわかりませんが。そういう中でお勧めをいただいていると。確かに、職員の健康管理上も問題でありますので、余り大幅な超過勤務というのはいいものというふうには決して思っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)次、(6)番、平成12年度以降16年度までの各年度の超過勤務手当の増減はどうなっているのか、お知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)年度ごとに額を申し上げたいと思いますが、単位は万円で申し上げたいと思いますので、御了承いただきたいと思います。
 これはその年度に選挙事務が入ってくる場合もございます。選挙事務については、改めてその分は含めておりません。そういったものは最初から除いておりますので、御了承をいただきたいと思います。
 全会計の合計で、平成12年度につきましては1億 2,810万円、平成13年度につきましては1億 1,922万円、平成14年度につきましては 8,717万円、平成15年度につきましては 8,282万円、平成16年度につきましては 7,641万円となっておりまして、年々減少傾向になっているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今、部長報告のとおり、超過勤務手当が年々減っているということは、私はいいことだと思うんです。岩沼市内の民間の大手企業のことでたびたび聞くわけですが、勤務体制が変わって、残業がなくなると相当ひどいんだそうですね、民間の方は。そういう話を聞くんですが、私は、市役所の賃金の中で残業手当が減っているということは、健康のためにも、総務省の方針にも抵触しないわけですから、立派な努力の結果が出ているなと。17年度もますます努力されるようにお願いを申し上げます。
 次は、(7)番、平成12年度以降16年度までの各年度の嘱託職員及び臨時職員に要した経費の増減とその理由を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)平成12年度以降16年度までということでございますので、年度別に申し上げたいと思います。
 まず、嘱託職員の賃金でございますが、平成12年度で 5,242万円、平成13年度で 7,161万円、平成14年度では 8,769万円、平成15年度で 9,043万円、16年度では 8,758万円となっておりますが、平成13年度からの増分につきましては介護保険業務の充実、平成14年度からの増分につきましては、主に高校生の新卒者のワークシェアリングの導入、実施による増でございます。
 また、臨時職員の賃金につきましては、平成12年度では1億 303万円、平成13年度では1億 2,481万円、平成14年度では 8,421万円、平成15年度では 8,771万円、平成16年度では 8,101万円となっております。平成14年度からの減分につきましては、ごみ処理の広域化に伴う清掃センター臨時職員の減などによって、実質、減っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(7)番はよくわかりました。
 次に、中項目の2番に入ります。職員数の適正化と採用について。
 (1)条例による職員の定数は 465人となっているが、平成17年4月1日現在の職員数は何人ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)職員数に関する御質問でございますけれども、本年、平成17年4月1日現在で 417人というふうになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦) 417人。そうすると、定数より50人ほど減っているわけですが、どこが減っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)各部署をもとにちょっと申し上げたいと思いますが、市長部局のところで全体的に……、今の御質問ですと、(2)番目の方に入ってくるのかなと思うんですが、内容はそれでよろしいですね。
 各部ごとに申し上げたいと思いますが、事務事業に応じて、それぞれ職員については適正に配置をいたしておるところでございますけれども、本年4月1日現在において、市長部局につきましては、条例定数が 276人になっているところでございますが、実人員は 258名になっております。それから、議会事務局は、同じく5人に対しまして4人、選挙管理委員会事務局につきましては3人に対して2人、監査委員事務局は2人に対して2人、教育委員会につきましては 100人に対して82人、農業委員会事務局につきましては5人に対して4人、消防本部、消防につきましては50人に対して49人、水道事業所につきましては24人に対して16人になっております。
 また、人数にいたしまして一番削減されている部署に関する御質問につきましては、定数に対する実人員の充足率が低い部署との観点からすれば、水道事業所というふうになっております。御承知のように、水道事業所につきましては、玉崎浄水場の土、日、夜間業務を民間委託をしているために、この部分については大きく削減がされております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)今、(2)の分の答弁をもらったわけですが、水道事業所が一番減っているんですね。それから、市長部局が 276人のところ 258人ですね。ここは特にどこの部なんですか。
 どこの課なんですかな。わかりますか。わからなかったらいいですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)全体的な事務事業の状況からして、各課にそれぞれ職員を適正配置するということで、年度内あるいは異動時期の異動というものもございますので、減っているというようなことではなくて、全体的には、事務事業に見合った職員配置をしているということで、実質的にはマイナスにはなっているものの、全体的には事務事業に合った職員を配置しているというようなことになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)それって、条例定数と今の(2)番で言っている実配置ですか、条例定数よりも減っているわけですが、条例定数は守らなければならないということなのか、条例定数があっても、仕事の関係上、どんどんどんどん減らしていっていいものかどうかということについては、どういう見解を持っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)条例定数につきましては、今は 276人という数字になっているところでございますが、これらにつきましては、 276名以内というふうなとらえ方なっておりますので、マイナスになったとしても、そういったものに触れるということはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)それでは、(3)番、岩沼市職員定数条例第4条各号の職員は、それぞれ何人かということですが、第4条というのは、「常勤勤務を要しない」云々とあるんですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)第4条の関係につきましては、定数外職員も含めてというようなことだろうと思いますので、それらについて御回答申し上げたいと思います。
 平成17年度において、これまで雇用いたしておりました常時勤務を要しない職員、つまり、嘱託職員、先ほど額を申し上げました。嘱託職員については50名、それから、臨時に雇用される職員については88名、休職を命ぜられた職員については1名となっておりまして、組合専従職員及び公益法人等への派遣職員はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)次、(4)番、平成17年度の嘱託職員数と臨時職員数は、それぞれ何人でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)前段の質問と重複をすると思いますけれども、嘱託職員につきましては50名、臨時職員につきましては88名となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(5)番、平成13年2月号の市広報で募集した市職員労務職募集について、特殊な勤務の臨時職員や任用期間のはっきりした募集については、必要に応じて対応すると思われるが、この労務職募集に当たっては、なぜこの時期の募集となったのか、お答え願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)労務職員の募集期間に関する御質問でございますが、平成12年12月下旬に運転業務をされていた方が亡くなりました。そういったことから、欠員が生じたということから、翌年2月に募集を行ったものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(6)番、採用時期を平成13年4月以降としたのには、何か理由があったのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)本市においては、行政職、労務職を問わず、職員採用については、従来から、試験案内における一般的な表現として使用いたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)そうすると、一般職でも何でも、採用時期については、必ず4月以降とかという言葉で公募をするんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(7)番、この採用に当たっては、一次試験では作文と書いてありますが、二次試験は何をしたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)採用に当たっては、一次試験は作文で、二次試験については面接試験を行っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)通常の一般職の採用などは、筆記試験をやって、二次試験は作文とか面接とか適性検査とかいろいろあるんでしょうけれども、筆記試験なんていうのは、教養試験というのはやらないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)市の職員採用の場合、統一的な採用の場合は、筆記試験、作文、面接といったようなことで進めておりますが、今回、この部分につきましては、統一的な試験問題ということになりますので、時期的に間に合わないということから、作文と面接試験をしたというような状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(8)番、この募集に何人の申し込みがあったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)一次試験の申し込みは12名でございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(9)番、この募集にどのような書類を添付させたか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)募集に際しての書類につきましては、必要事項を記載した採用試験の申込書を提出していただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)履歴書みたいなのですか、申込書と。うがった考えでしょうけれども、これは大型一種免許取得者ですから、免許証の写しとか何かは添付させないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)申込書の中には改めて添付はさせておりませんけれども、必要事項が記載されている申込書でございますので、そういった項目についてもチェックをして確認をいたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)それでは、(10)番、採用、不採用通知の日付はいつか。また、職員としての採用の日付はいつか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)採用、不採用の通知につきましては、平成13年3月23日付で行っております。また、職員として平成13年4月1日付で採用をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)中項目の3番に入ります。職員の異動について。
 (1)番、職員の同一課・係に所属する年数を、何年程度にめどを置いて異動の対象にしているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)職員の人事異動につきましては、退職者の状況とか、新規業務への対応、あるいは各部署における業務量の増減などを総合的に勘案して行っているわけでございます。
 同一課における在籍年数については特別定めはありませんが、目安としては、おおむね3年から5年ぐらいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(2)番に入ります。
 異動対象となる年数に、今答弁もあったんですが、3年なり5年の基準があるとするならば、全職員が一律なのか、職種によって長短があるのか、お答え願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)特別、在籍年数について定めはありませんけれども、職員の適材適所ということを常に心がけて人事異動は行うようにしております。ただ、保育士とか保健師という資格を要する職種につきましては、異動先が限られるということでありますので、どちらかといいますと、一つの部署に長く在籍する傾向もあります。一般行政職につきましては、一つは、人材育成という観点もありますので、できるだけ多くの業務を経験させることができればなというふうに考えておりますが、しかし、それぞれ適材適所ということになりますと、場合によっては、少し長くいていただくという形があったりするわけでありまして、大切なことは、長さもさることながら、その職員の持つ能力を最大限発揮できるようなところで仕事をしていただくことが非常に大切なことなのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)職員ですから、当然、教育長所管の部分も市長の方で人事異動をするんだろうと思うんですが、3年から5年というのをめどにはしているらしいが、それよりも長いような職員がいるとも聞いているんですね。それが適材適所であって長いのか、どこにもやるところがないからそこに置くのか。私なりに見ると、わからないよ、私が市長じゃないからね、人事の最高権限者は市長でしょうから。その下で助役がこまをいじっているんでしょうけれどもね。その辺もわかりませんけれども、3年から5年というのが私もいいなと思っているんですが、それよりも長い人というのは何年ぐらい。さっきの定数の人員の中で、長い人というのは何年ぐらい同じ部署にいるんですか。7年ぐらいの人はいないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、調べていないわけでありますが、7年ぐらいの職員はおるというふうに記憶しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)特定の人を指すわけではありませんけれども、必要で7年もいるのか。7年ぐらいと言うんですから。余り長過ぎて、よく犯罪の温床になるという。例えば、業者と癒着するような場所とか ── 癒着というか、接点を持つとか、金を扱うような部署とか、そういうのがよくありますよね。農協の女の職員が相当一人でやっていたなんていうところが、長いんでしょう、あれ。そうすると、犯罪の温床になるということもあるので、それがすべてではありませんけれども。人事異動は適材適所というのが最高でしょうから、適材適所をどうやって探すのかね。本人からの申告も含めて、市長が最終的に……、間もなく辞令が出るんでしょう、ことしは2月か、3月か、4月に。その辺の心持ちも職員に聞かせたいので、どういう心持ちを持って、市長の腹三寸なのかわかりませんけれども、長いものについては精査をして、なぜ長いのか。必要で長いのか、この人がいないとだめなんだというのであればやむを得ないですけれども、そうでなければ、当たり前に3年から5年したら移すというのが、専門職でもないのであれば、採用は一般職なんでしょうから。その辺についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)長いということでの弊害は確かにあるわけであります。ですから、マンネリ化に陥らないようにということでそれぞれ仕事はしていただいているつもりでありますし、また、過去の轍を踏まないようにということでありまして、特に、お金を預かっている部分につきましては、折に触れて上司がチェックをするといったような形でやってきているわけであります。
 長くなる理由でありますが、一つは、余人をもってかえがたしというところもあると思いますし、また、御本人にとって一番向いているのではないかなというふうに客観的に見ても考えられると。そうなりますと、ついつい長くなってしまう。実は、介護保険がスタートのときに、介護保険をうまくやっているところにはカリスマ職員がいるという話がありまして、準備の段階から実際に施行したときもずっと引き続いてやっている職員がいて、そういうところはうまくいくんだという話も実はあるわけでありまして、そういたしますと、やっぱりケース・バイ・ケースであるかなというふうに思っておりますが、できれば、3年なり5年なりということでできるだけ多くのところを経験していただく。それで、一定の立場になりましたらば、完全に自分としてどこが一番向いているのかなという意味でやっていただくと。ですから、若いうちは、本人にとって果たしてどれが一番向いているのかということも、ある程度わかるにしても、いろんなところで経験を積ませるということは非常に大切なのかなと、基本的にはそう考えております。
 あと、実際に、適材適所ということについては、私の目、助役の目、あるいは部長の目とか、課長の目とか、そういう人たちからもお話を伺うこともありますし、また、本人に、一応、異動について希望調書みたいなのをいただいているということで、もろもろのことを勘案しながらやっているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)(3)番に入る前に、5年以上も長くいるような人は、その人がいなければその仕事が進まないというのであればやむを得ないですけれども、5年以上も過ぎて、7年も8年もいるようなところは、やっぱり精査をしてもらいたいと思いますね。それを要望しておきます。
 (3)番に入ります。研修終了直後の異動などはどうなっているのかということですが、この件については、職員の研修というのは、ここの内部でやるんじゃなく、自治大学にやったり、長期的な、2カ月とか1カ月とか、研修をやらせる目的があってやっているんでしょうから、そういう人こそ、研修が終わったら、適材適所に異動させるとか。そういう何か勉強をするんでしょうから。その辺について3)番は伺っているんですが、いかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)職員の研修につきましては、なぜ必要かということは、申し上げるまでもなく、おわかりいただいているものと思います。今、役所でやっておりますのは、それぞれ階層別に、例えば、係長クラスだとか、課長クラスだとかという形、あるいは新人職員とかと、それぞれあるわけでありまして、これは、研修所等で研修を積んでいただく場合、あるいは市独自で行う場合というのがあります。
 ちなみに、市で独自で行うというのは2回が修了しまして、この後も、階層別に、私のみならず、三役、教育長が担当してそれぞれ研修を行うといったような形で進めてきているわけでございますが、これは、一般的に職員としての研修を積んでいただくわけでありますが、必要に応じて、例えば、資格のような形での研修というのは、当然、そこで研修を積んだものを実際に生かしてもらうようにしなければなりません。昔、よくうわさを聞きました。どこかへ行って資格を取るとすぐ移るんだなどという話もあったわけでありますが、そういうことはやはり避けていかなければならないと。研修の実を生かすという意味でも、資格等があるとすれば、もちろんそれに従ってやっていただかなければなりませんし、研修をしたとすれば、その研修を生かしてもらうという意味では、それが発揮しやすいところで仕事をしていただくということ、これは非常に重要なことだということで、 100%とはいきませんけれども、そうことで努力をさせていただいているところであります。(「終わります」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時30分といたします。
    午前11時20分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時30分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 5番森繁男議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔5番森繁男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)ウィズの森繁男と申します。
 私の今回の通告は、主要地方道路塩釜亘理線、そして、東部地区の市道の問題について取り上げさせていただいております。
 主要道路の、あるいはこれに付随する道路についての問題は、16年に私が初めてこの席に立たせていただいたとき、同じような質問をさせていただきました。今回も多くは同じ質問になるのかなというように考えております。あのときは、大きくは、東部の道路についての、県道と市道にまたがる寺島の交差点の改良と信号機の設置というようなことを中心に質問をさせていただきました。
 当時の市長の答弁は、問題は理解できているけれども、今は、仙台空港拡張に伴って、岩沼市として強く県に要望している矢野目バイパスの完成、同時に、これは住民との約束事でもあると。それをできるだけ早い期間に完成させたい、それが今の考えだということでありました。市長から、もう一つ、矢野目バイパスは17年度を目標に工事を進めているという答弁をいただきました。今見れば、矢野目バイパスも完成間近に見えるわけであります。この矢野目バイパスは、当初、市長が申していましたように、今年度3月末の開通という認識でよろしいのかどうか、現在も。まずそこからお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御質問の件全体といたしましては、直接的には県の管轄でありますが、市としてのかかわりも大変深いわけでありまして、県に伺っていることをできるだけ明確にお伝えをしたいと思いますので、建設部長からお答えをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)矢野目バイパスにつきましては、平成7年度から事業を実施いたしておったところでありますが、平成18年3月末の開通というふうに県の方からは伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)結果としては、少しおくれるという解釈でよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)18年3月末でございますので、17年度ということで、予定どおりというふうにこちらではとらえております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)わかりました。
 このごろでは、恵み野という地名というか、昔は東新田あるいは奥山といったあのあたりまで県道が延びてきているのが目に見えてわかるようになってきたわけでありますけれども、開通を間近にした、特に矢野目地区の皆さんは、あのあたり一帯は狭い道路でありますから、本当に安堵の胸をなでおろしているのかなというように思うわけであります。非常に危険もあった道路でありますから。同時に、完成を間近にしますと、次は、あの玉浦公民館の恵み野のところから亘理大橋までの間というようなことになろうかと思いますけれども、矢野目バイパスが完成いたしますと、仙台一円、あるいはお隣の名取市の民家、大型店舗も含めた建設が進められておりますから、交通量についてはもっと増大するのかなと。あるいは矢野目バイパスに向かって集中していくのかなと。そういうことでは、今後、岩沼市を通る地方道路としても、県道とは理解しながらも、大切な道路ということでありますから質問させていただいているわけであります。
 亘理大橋までの区間について、ことしの初めあたりに、一定の説明が、あるいは協力の要請というか、そういった話が地権者にあったと伺っております。まずは、そういった話が岩沼市にも当然あろうかと思いますけれども、どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)早股字板橋地区から蒲崎バイパスまでの延長約 2.1キロ区間でありますが、その分につきましては、平成17年1月に寺島・早股地区の役員並びに地権者に対して事業説明会を開いていただいたところであります。
 その事業の内容といたしましては、早股字板橋地区のバイパス化、寺島地区の交差点改良、それから全線の歩道設置というところであります。これにつきましては、平成17年度は詳細設計をしたいと。18年度で用地買収にかかりたいと。19年度から工事に着工して、できれば22年度までに完成をしたいというようなところで説明をされております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私も、あのあたりの地権者の方々からはそんな説明を受けたというように聞いておりますけれども、今、建設部長から、設計の段階から22年までの話ということに、期間もそういう話になっているということをお示しいただいたわけでありますけれども、区間としては、再度確認しますけれども、今現在では、蒲崎のところまでの区間でありましょうか、恵み野のところから板橋バイパスをつくって、そして蒲崎ということで伺っているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県の方の計画といたしましては、今お話をいただいております、三軒茶屋西の区画整理部のところの交差点改良はしなければならないだろうというふうに県の方では考えているようであります。ただ、これは岩沼海浜緑地線が今、林地区の中で改良中でありますが、その辺のところとの整合をとりながら、期間としては平成22年ごろというような予定をしているようであります。完了するのが平成22年ごろという予定をしているようであります。
 それから、その交差点から南の方へ向かって、今までの旧玉浦中央線という市道分でございますが、この分につきましては一次改良が完了していると。歩道もできた2車線道路が完了しているというところからいって、その分の改良予定はないというふうに伺っております。したがいまして、板橋地区のところのバイパスから寺島までが、先ほど私がお話を申し上げた区間でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そうすると、今度は、板橋から蒲崎のところまで行く道路についての幅はどのくらいになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)早股から寺島区間の道路につきましては、車道の部分で6メーター50と、それに路肩が入りますのでもう少し幅が広くなりますが、それに片側に2メーター50ほどの歩道がつくということで、全幅員としては11メーター程度というふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私が県道においてもこうしてお伺いをしているのは、工事をするのにも、あるいは、県道ができ上がった後においての住民の安全も含めた物の考え方で質問をしているわけでありますけれども、工事が始まっても、今の県道というか、今現在は、こちらから見て、早股中の集会所から東の方に左折するわけですけれども、これは当然でき上がるまでは使われるという解釈でよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)当然のことながら、バイパス化がされて、それが完成するまでは、今のあそこの丁字路を含めて、県道としてそのまま使われるということになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そうなってきますと、矢野目バイパスが完成をして、私は、あの一帯の地区住民も含めて、現在よりは交通量は多くなると思う、少なくなることはないだろうという想定をしているわけであります。これは私の考え方、思いも一緒であります。そうなってきますと、後でも触れますけれども、今、大型化、トレーラー化、そういった自動車が流通上多くなってきていると、コンテナを運んだり。工事が完了するまでもあの期間が県道として使われ続けるのであれば、仮設でもいいから、あのあたりの安全帯というか、も考えていく必要が、あるいは市として県に対して働きかけをしていただく必要があるのではないかと考えるわけですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)来年の4月からは矢野目バイパスが開通します。そうなった場合に、今の交通形態がどのようになるかということは、私どもも注目をいたしているところであります。寺島から早股の方に今までの県道を行く車がどれぐらいに少なくなって、矢野目バイパスに回る車がどれぐらい多くなるのか、その辺のところをよくよく勘案しながら、県の方といろいろ協議を進めてまいりたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)県道建設に当たっては、岩沼市から強い働きかけをしていただきたいことが何件かあるわけでございます。その一つに、私の、そして住民の気持ちの上では、安全の問題が大きくあるわけであります。県道が板橋から入って亘理大橋の方に抜ける。のり面も含めてですけれども、道幅が今の倍近くになると。そうなってくると、あそこには両方に田畑が広がるわけでありまして、今、高齢化社会を迎える中で、田畑の管理はおおよそが高齢者、家のじいちゃん、ばあちゃんが管理をするわけであります。そうなってくると、私が心配するのはあそこの横断、県道の横断には細心の注意を払わなければならないというように考えるわけであります。そういったことから、歩道の設置はもとより、その区間の町内会、例えば、小林地区もそうでありますけれども、寺島、早股といったところには、町内会に各一つの、押しボタンでも渡れるような信号機の設置というようなことも強く市の方から働きかけをいただけないかどうか。
 今、なぜ私がこういうことを申し上げるかというと、一遍でき上がったものを、問題があるからこうだと、このようにしてほしいと訴えても、御存じのように時間がかかり過ぎる場合があるということでは、改良工事が始まるときに組み入れていただくというようなことで働きかけをしていただけないかどうか、お伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今のところの県からの説明会の中身を見ますと、板橋地区に対しての信号機の予定は伺ってはおりません。ただいまも申し上げましたように、今後、交通がどのように変わるのかというようなところを含めた中で、いろいろ検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)今後の交通量がどう変わるかと、今部長はおっしゃられますけれども、岩沼市を通過する、一級河川の阿武隈川を渡る橋は東部道路を含めて三つであります。今、お隣の名取市や仙台港も13メーター深水から14メーターになったと。5万トン級が直接遠くの外国にも行けるようになったということで、コンテナの輸送が集中してきている。あるいはまた、仙台空港には鉄軌道が入り、もしかすれば、あの亘理大橋を通って、仙台空港に車をとめて、通勤は込むからあそから電車でという考え方にもなろうかと思います。そうすると、交通量は必ず今以上にふえることを予想せざるを得ないし、今現在でも、通勤時間帯においては、特に7時から8時の間においては、私も何度も台数の記録をとりましたけれども、たった1時間で 1,000台は下らない。そういう道路事情であります。そういうことからすれば、今のうちから、設置するうちから、市の住民の安全を考えるならば、県に対して強く働きかけをするべきではないかというように考えるわけであります。
 さらにです、あの県道には幾つかの交差点の問題も……、多分、市の方でもいろんな懇談会の中で、市道に付随する交差点の問題点の御指摘を受けているというように考えますけれども、一つは、右折レーンについては、今回の改良工事ではそこまではやらないといった、亘理大橋からおりた南瀬崎地区の海浜緑地線ですか、あちらの方に曲がる道路は直角になっております。朝の時間帯も右折する車はあそこでとまります。冬のアイスバーンになるころになりますと、坂になっておりますから非常に危険だということで訴えもあるわけであります。さらには、寺島の交差点であります。ああいったところの改良がどういうふうに計画され、さらに、岩沼市として、岩沼市を横断する県道設置に当たっては、強く要望、働きかけをするべきだと思いますけれども、その働きかけをしているのか、あるいは何か別に考えているのか、あればお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)県道の塩釜亘理線の交通関係につきましては、市の方でも内容についてはよく知っているつもりでおります。それらを踏まえて、今までも県の方にはいろいろ働きをかけてきたつもりでもおります。したがって、その結果として、今回の矢野目バイパスとか、また、板橋地区から寺島地区までのバイパス化や歩道設置とか、寺島の交差点改良とかというのが実現したと思っております。今後とも、必要に応じていろいろ強く働きかけをしてまいりたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)県道についての、岩沼市の住民あるいは通行者の弊害となるような交差点や右折レーンについては、県との調整もいろいろとあるようでありますし、さらに強く働きかけをしていきたいという答えの中で、大事なのは、つくってしまってからさらにお願いすることは、何度も申し上げますけれども、なかなか難しいものであります。そうですから、「この機会に」という言葉をもって働きかけをお願いしたいものだということを申し上げて、次に移りたいと思います。
 次は市道の問題であります。
 東部地区の市道の問題でありますけれども、これもやっぱり県道にも差しかかるわけでありますから、頭の中では、県道から入る市道だなとまずは理解をしていただきたいわけでありますけれども、南瀬崎から川向、新浜2号線の方向に対して、亘理大橋からの県道の交通量がますますふえてきますと、先ほど申し上げましたように、仙台空港や仙台一円に向かう人たちは、今でもそうですけれども、あそこから右折して海岸線を相野釜の方に走るということがあるわけであります。今も多く使われているわけであります。橋はそんなに大きくはないわけでありますから、交通量がふえる中で、市としても、あの新浜2号線の改良工事、右折ラインだけではなく、市道の改良工事も計画するべきではないかというように思いますけれども、そういった考えは将来的にもないのか、あるのか、その辺を伺いたいというように思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今お話をいただきました新浜2号線につきましては、現在、センターラインが引かれておりまして、2車線確保された道路となっております。したがって、現在のところは、道路改良というようなところは考えておりません。ただ、新浜の橋につきましては、防災上の観点からも、落橋防止をする必要があるのではないかということで検討いたしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)それらも含めた質問をしたつもりでありますけれども、同時に、できることならば、あの2号線にも人間が歩けるような歩道の設置を考えていただければなと考えますけれども、そのあたりはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)歩道の設置につきましては、いろいろなところからいろいろ要望をいただいております。実は、そこまでなかなか手が回らないというのが現状であります。そういう中で、ここに歩道をつくるというところまでには至らないというのが現状であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)納屋の皆さんと、市長を初め、いろんな懇談をする機会があろうかと思いますけれども、そんな中でも、あの道路への歩道設置や橋の問題なども上げられているだろうと。市長も含めて、十分聞いてはいるんだろうなと思いますし、あそこだって、子供も通れば老人も通ると。交通量が非常に多くなってきますから、今後、きっちりと考えていかなければならない道なのではないか。ただ、今はそういう考えに至っていないということであれば、やむを得ないとは思いますけれども、歩道設置などについては、安全上の問題ということから、考えていただきたいという強い要請をしたいというように思います。
 それでは、次に移ります。
 今度は、先ほども交差点改良で話をいたしました寺島地区、これも16年の私の質問でも申し上げ、市長からも「大分以前からいろんな要望は受けている」という答弁も当時いただいたところであります。あそこは、特に、特定安全施設等整備事業を実施すべき道路の指定ということで、国からの指定を受けているという路線でもあります。ここは通学路としての指定でもありますから、多くの南部地区の子供たちが通っているわけであります。私としては、当時も、東部地区の南部の道路としては最重要的に危険箇所であるという訴えをさせていただきました。今日に至っては、広島の子供の誘拐殺人の事件、あるいは栃木でも、長野でもそういった事件、事故が発生しております。この指定通学路についての歩道の設置は早急に必要だというように思いますけれども、市長、考えはございませんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)本路線につきましては、小・中学校の通学路であり、交通量が大変多く、歩道の設置の必要性は十分感じております。また、平成18年3月末に矢野目バイパスが供用開始という中で、今後、本路線の交通量を十分考慮した上で検討したいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)検討したいと。検討したいと言われると、近く考えてくれるのか、あるいは相当遠い段階で考えているのかと疑問も持つわけでありますけれども、それでは、教育長にお伺いしたい。教育長は、あの道を、車でもいいですから、歩いたことがありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)車で歩きました。また、先日も安全確認のために歩きました。歩道のない部分の 1.3キロでしょうか、そこも歩きました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)歩いた結果、どういう感想と判断をされておりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私は車で状況を見たわけでありますが、安全面から考えますと、もちろん歩道があった方がよろしいわけであります。その必要性があることは十分認識しているところであります。これは市長の答弁と同じであります。ただ、市長も申しましたように、設置については、大変難しい部分があるということ、そのことについても十分認識しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)夕方歩いたことはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)夕方はございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)通学路としては、 200メートル置きに街路灯もございますけれども、非常に暗いところです。非常に暗い。一遍歩いていただければ、本当に暗いなという感じと、本当に危険だなという感じがわかっていただけるというように思います。
 私は、教育は学校内だけではないと。安全・安心に学校に来ていただくところから、あるいは家庭教育から教育は始まるわけであります。ましてや、学校関係者、教育委員会関係者とすれば、道路の果てから、厳しいまなざしで、そういう感覚で見詰めていただきたい。先ほど、冗談まじりに、検討するというと、今すぐのようにも思えるし、遠くにも思えると。教育長も市長と同じ答えだという話でありますけれども、子供たちが真に危険にさらされているし、現実に、日本社会の中ではいろんな事故、事件、昔は考えられなかったような事件も起きているわけであります。あそこの 1,300メートルの間において、交通事故も心配されますし、ぶつけた車が意識不明になった子供を乗せてどこかに運び込むかも、それでも気づかないような、ある意味では寂しい道路でもあります。さらには、子供たちの声で騒いでも聞こえないくらいに民家がないと、途中2軒しかありませんから。今、岩沼市においても、 1,300メートルの通学路の中で、それほど長い距離に、逃げ場がない、歩道がないというような通学路は数少ないと私は認識しております。したがって、市長が、予算の都合やいろんなことで検討はするという答えならば、議員森繁男と一緒に、教育の観点から、教育委員会もあちらを向いて、あの危険箇所には歩道の設置が必要だという訴えをしてくれませんか、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実は、教育長の方からも何とかならないかというお話はいただいております。ただ、こちらの方に財政権があるので、「はい、やります」となかなか言えなかったということも御理解いただきたいと思っています。決して森議員の熱意に押されたわけではありませんが、遠い将来ではなくて、できるだけ近くで、近々進めたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)自分のためでもなく、だれのためでもない。今、子供たちもかなり少なくなっております。将来にわたって日本を背負って立つ子供たちでありますから、本当の意味で真剣に考えて、今市長がおっしゃられるように、中・長ではなくて、短期間で進めていただきますことを強く望みたいと考えるわけであります。
 それでは、次に移りたいと思います。最後でありますけれども、市街地から二の倉の工業団地までの市道整備、これもまた同じような話になろうかと思いますけれども、市長、二の倉工業団地が、あそこに工業団地として、設立というか、つくられたのは何年でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まことに申しわけありませんが、明確にはわかりませんが、恐らくもう30年ぐらいになる、二十数年ぐらいなるのかなと思いますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そうであります。私が聞いたところによりますとですけれども、昭和47年ごろと言われておりますから、市長がおっしゃられるとおり、既に30年を経過しているわけであります。工業団地でありますから、岩沼市の雇用や岩沼市の経済にも大きく寄与していただかなければならないし、当時から三十余年の間、寄与してきた団地だと私は認識をするわけでありますけれども、このごろにおいては、先ほど来申し上げておりますように、工業団地には、大型車というよりは、トレーラーあるいはコンテナ車というものが多く出入りするわけであります。工業団地30年の歴史の中で、特に、岩沼の市街地からあの工業団地に通じる道の中で、整備というものが非常に薄いように思いますけれども、市長、どう見ているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)評価はなかなか難しいわけでありますが、ただ、道路という関係から見ますと、市街地といいますか、岩沼の中央部から二の倉工業団地までのメーンルートというのは県道海浜緑地線というふうに位置づけられておりますので、そちらの方の状況、これは建設部長からお答えをいたしたいと思いますし、また、市道の早股長谷釜線、谷地中線というのがありますが、これにつきましては、具体的には建設部長からお答えをいたしますが、確かに、せっかく団地をつくって、そこに立地していただいた方々に十分な経済活動等をしていただく、あるいは通勤していただくとか、いろんな関係で輸送していただくという点からいきますと、必ずしも十分ではありませんし、特に大型車両が入った場合などは大変な状況だということもよく理解をしているわけでございます。大変歩みが遅いかもしれませんが、これから県道等の方でもやっていただくということで、できるだけ早く完成して、地域の人たち、団地の皆さん方に少しでもよりよい活動をしていただけるように努力をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)ただいま市長がお話し申し上げましたように、市街地から二の倉工業団地までのメーンルートとしては、県道の海浜緑地線というふうに考えております。この道路につきましては、現在、県の方で、平成13年度から平成22年までの整備予定ということで、主に林地区を中心に道路改良の整備を進めているところであります。市としても、できるだけ早くこの整備が完了しますよう、いろいろ要望しながら、できるところは支援をしてまいりたいというふうに思っております。
 さらに、市道の部分でございますが、市街地からというふうになりますと、今現在、市道早股長谷釜線、それからまた、市道の谷地中線あたりをトレーラーなり工業団地へ向かう車が通っているのが見受けられるわけでありますが、この道路につきましては、現在のところ、あれ以上の拡幅改良は予定しておらないというところでございます。車両を運転する方につきましても、歩行者の方々につきましても、御注意いただきながら通っていただきたいというふうに思うわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)注意して通るのは当たり前であります。今、海浜緑地線は、確かに県道工事をしているわけでありますけれども、工業団地に続く路線ということではあれ一本。いろんな意味で、あそこがとまれば、今のところ、スムーズに行けるような市道はないわけであります。早股長谷釜地区の線についても、歩行者の観点から、あそこは学童も通りますし、先ほど来言っているように、車は大型化ということになりますと、今のところそういう考えはないと言いながらも、税金もいただいているわけでありますから、安全歩行と安全運行という点から考えていただけないかなという道路の一つでありますけれども、どうしてもそういう考え方には立てませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)確かに、おっしゃるとおり、道路の改良、それから歩道の設置がなされれば、どこでも大変すばらしいとは思うわけであります。ただ、限られた財源の中で、優先順位をいろいろ考えてやっていくと、なかなかここまでは至らないというか、ここまで整備するというふうには、今の時点では申し上げられないというところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)優先順位ではと申しますけれども、市も含めて工業団地と位置づけてから、今、やっと県道の拡幅工事が始まっておりますけれども、市道については昔から余り手のつけられなかったところであります。歴史30年の中で、優先順位の中になぜ入らなかったのかなという疑問もありますけれども、大きな拡幅工事ができないのであれば、ああいったところ、二の倉域だけではありませんけれども、岩沼市の市道についての隅切りというか、幅は狭くても、道路から道路に、あるいは曲がるところ、交差点のようなところの市道の隅切りが非常に小さいように思います。そういうことからすると、車両も、そして歩く人たちも、非常に不便、不安を感じながら通行しているのが現実だというように思いますけれども、隅切りだけでも、地権者の理解を得て進めていただくことができないかどうか、この辺についてお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)確かに、隅切りをすれば大型車は通行しやすくなるというのはあろうと思います。ただ一方では、隅切りだけをして角だけ曲げてやるということになると、細い道でも大型車がどんどん通るという逆の効果もございます。したがいまして、その辺のところをよく勘案しながらやっていかなければならないと思います。その辺を勘案した上で、必要な場所については、隅切りなどについても地権者にお願いをしていくというふうにしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)必要な範囲と。私は、工業団地と称するような二の倉の周辺とか長谷釜の周辺、ああいったところは十分再検討していただいて、そして、できるものであれば、隅切りだけでもしていただきたい、大きくしていただきたいということを申し上げたいし、最後になりますが、今申し上げてきた道路などについては、歩行者の安全性、通行量がかなり多くなるという想定の中から、住民も含めて非常に心配をしているところでありますから、市の幹部の皆さんも折に触れ通ってみていただいて、そして、その危険に対する感受性を高めていただきたいということをお願い申し上げて、私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)5番森繁男議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時15分といたします。
    午後0時15分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 4番佐藤一郎議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔4番佐藤一郎議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)岩沼政策フォーラムの佐藤一郎です。
 岩沼公民館閉館後の利活用について、企業誘致促進についての2項目にわたりまして一般質問を行います。
 最初に、岩沼公民館閉館後の利活用について。
 初日、2日目と先輩議員が質問している内容もありますので、重複する点もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。
 1点目、市長の市政報告によりますと、岩沼公民館の耐震診断の結果、耐震安全性が低く、強震に対する危険性があることから、やむを得ず、平成18年3月31日限りで全館を閉館することの報告がありました。
 言うまでもなく、岩沼公民館の利用者は多くおりまして、歴史もあります。私自身も、中学時代は剣道の鍛練の場として、青年時代は青年活動の場として利用し、自己啓発を行いました。思い出深いところでもあります。現在でも、利用者状況を見ますと、71団体、 1,486名となっております。月曜から日曜まで、朝9時から夜の9時まで、各教室、会議室はいっぱいでございます。また、軽運動場も利用されております。利用者は小学生から老人まで、幅広く利用され、16年度の利用者は4万 3,774名であります。このほかに、シルバー人材センター 400名余りの人が登録されております。
 この岩沼公民館閉館後についてどのようにするのかの回答に、初日は、教育長は白紙だと言われました。2日目は、教育長は、市長部局と相談すると。また、市長は、総合計画との整合性を見ながら検討していくということでありました。
 再度質問いたします。この岩沼公民館閉館後、どのようにするのか、回答をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)昨日の一般質問でもお答えいたしましたが、基本的には、現在の岩沼公民館の機能をすべて備えた施設として現在地に建てかえることは考えていないところであります。利用者移転後の活用は決定しておりませんが、市民活動を支える機能を有した施設、さらには、市民が利用しやすい形態はどうあるべきか等を念頭に置いて、有効な活用方法を検討してまいりたいと思いますので、御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そうしますと、有効な活用方法の検討を重ねていくということでありますが、その前に、公民館は18年3月31日で閉館するわけでございますが、その後、まずしなければいけないことがあるのではないでしょうか。耐震度的に不安があるということは、3月以降はどのようになるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)使用については全面的になくなるわけでありまして、したがいましてシルバー人材センターも仮に移転がすべてできたということになれば、全館使わない状態になります。すぐ解体というところまではまだまいりませんので、使用禁止の措置をとるということに、全館的に立ち入りを禁止するような措置をとるということになってくると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)すぐ解体ができないということですが、いろいろな意味で電気もつかないわけですよね。すると夜は真っ暗な状態でそのままにしておくというのは、いろいろな面で安全性といいますか、不審者とか、今あいている住宅が火災になっているのもいろいろな不審火の問題もあります。それを受けまして18年度に解体しなければいけないとは思います。その時期的に構想を17年度中に考えなければいけないと私は思うのですが、その辺はどういうふうに考えているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)予算的な面も当然必要になりますので、その辺については協議をしながら詰めていきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そのまま今の公民館を閉鎖してそういうふうになっていくとすれば、できればなるべく早いうちに解体をしなければいけないと思います。その辺を進めてほしいと思いますとともに、それと同時に今のところすべて考えていないということでありましたが、これは市長にも関係することでありますが、市長は総合計画に整合性を見ながら考えていくというきのうの発言がありましたので、考えていないんじゃなくて考えざるを得ないと私は思います。そういった意味で、今までの利用者に対して今後の岩沼公民館のあり方について、公聴会とかそういうものは開いていくべきだと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)これにつきましては、何といいましても新図書館建設という大きなものがございます。これをどうするかというふうなことの中でいろいろな検討委員会を立ち上げながら、御意見をいただきながら、岩沼公民館跡地についても考えていきたいと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そうしますと、新図書館と今までの岩沼公民館と含めて考えるということでよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)そのとおりでありますが、どこに建てるか、いわゆる機能をどうするかと、まず機能ありきでありますので、機能をどうするかによってどこに建てるかというふうなことも決まってくるわけでありますので、その辺も含めまして一緒に総合的にという言葉を再三私使っておりますが、市内の社会教育施設等もかんがみながら考えていきたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)はい、わかりました。では、次に移ります。
 2点目でありますが、利用者状況を見ますと、月曜から日曜日まで満遍なく利用されております。利用の内容は、社交ダンス、フォークダンス、ヨガ、太極拳、剣道、居合などの運動とか、華道、民謡、絵画、碁、盆栽、ギター、演劇など、いずれも生きがいを目的として集まっております。私が6月定例会にて生活習慣病について質問しました。軽い運動とストレス解消が生活習慣病の予防の効果があるとされております。市長がよく言われております。生涯現役、生涯学習と言っております。生涯現役時代の世代の利用者が大多数であります。利用者を見ますと、60歳以上の市民の皆さんが多くおります。岩沼公民館周辺から歩いて来る人も多くおられるわけであります。高齢化社会を迎え、今後ますますニーズが高まってまいります。そしてまた、老人介護保険事業、老人保健事業、国民保険事業などの医療費が増大する中、健康を保つことは財政的にも負担軽減に貢献してまいります。また、岩沼の中央部に位置し、多くの人が集まりやすいところでもあります。ここはコミュニティーの場でもあります。
 2点目でありますが、利用者頻度の高い岩沼公民館、市長が掲げる健康増進施設との、地域とのコミュニティー施設を兼ね備えた多機能型の施設が必要だと思います。市長の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず今教育委員会の管理になっている財産でありますので、こちらの方でその後の使い方ということは軽々には言えないということは御理解いただけるというふうに思っております。ただ、今のことではありませんが過去を振り返ってみて、教育委員会の方で取得したものが全く当初の目的と違って何億円という土地がほとんど使われずに実は残っておりまして、例えばもちろんこれは最終的に教育委員会の方になっていますが、市長部局の責任でもあろうかと思いますが、例えばごみ焼却施設と言ったんだけれどもそれがだめで、結局は鍛冶公園だとか、あるいは文化財用というふうに買ったところがほとんど使われない状況だというような形で、それこそ何億円という土地が残っておりまして、今度はまたそこで二木の公民館跡地をどうするかという話になって、ですから必要ないものについては整理をするとか何かということもこれから考えていかないと、いろいろなところだけを、しかも例えば教育だからといって、学校で言えば例えば学校の敷地を一切削ってはいけない、場合によっては学校の敷地であって子供たちも使えるものだとすれば、多少そこのところも共同で使えるようにするとか、そういうことが必要なんですが、いかにも教育は最高だという美名のもとに何もかもが行われるということについても、正直言って私は過去を振り返ってみて問題がありはしないのかというふうに思っております。
 ただ、例えば二木の公民館にしても、中央公民館に機能を集約したとか、あるいは総合体育館をつくるときに、結局はもちろん住民の声を聞くということは正しいことではありますが、それまであったスポーツ施設についてはそちらの方に行くはずだったのが、それで残した。ところが、どんどんどんどん補修費がかかるとか、いろいろな問題を過去起こしてきたわけであります。ですから、これからは自分たちの代では一切将来の人にツケだけを回すということは一切避けてくるということで、ずっとここのところはやってきているわけでありますので、今回のものについて千載に悔いを残すことがないように、まず教育委員会としてどのように考えるか。そして教育用のものに使うだけではなくてという、もし教育委員会の考えがあるとすれば、こちらの方としては新総合計画等の整合性を図りながら、どのような施設を立地するのがいいのかとか、あるいは公園にするのがいいのかとか、ただ売却などということは当然考えられないことでありますので、そういう利活用についてはいろいろ検討しなければならない。そういう場合には、確かに小規模多機能とか、地域で多くの人たちが歩いていける場所にあるということは、いろいろな活用にしても非常に有利性があるということでありますので、こちらの方としても教育委員会の方向を見ながらいろいろ検討していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)本当に岩沼の中央部にありまして、今利用している方々の60歳以上の方が大多数と聞いております。日中が多いのであります。午後もバランスよく夕方もあるんですけれども、朝9時から夕方5時までの利用の方が、大多数が60歳以上の方が利用しているわけです。楽しみにもしております。そこで、確かに今から財政難で難しいと思いますけれども、長い見地から見ても、利用者、全く今から考えるというんですからそれはいいと思いますが、その考え方に短期なのか、それともずっと先の10年越しのものなのかよくわかりませんけれども、利用者を考えれば短期に考えなければいけないし、長期的に考えれば長くスパンを考えてやらないといけない。その考え方は短期なのか長期なのか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まずは教育委員会の考えということでありまして、それが短期になるか長期になるかによって対応すべきものというふうに考えております。ただ、こちらの方といたしましては、新総合計画の中でのいろいろな計画がありますし、財政計画もあって、例えば消防庁舎にしても、あるいは南の方の福祉施設にしても、あるいは次来る図書館だとか、そういうことが正直言って、あるいは耐震調査に基づいた改修、あるいは最後に残っているのは市役所庁舎という問題等も出てくるわけでありますが、そういうことを考えますとなかなか短期間のうちに、例えば教育委員会の方でこういう建物を、複合的なこういう施設をと言われても、簡単に1年、2年で建つかといいますと、財政的に見てなかなか厳しいわけでありますが、そのあたりを勘案しながらできるだけ早くいい形で利用できればなと。それにつけても今お話をいただいておりますように、教育委員会としても何らかの形でできるだけ早いうちにいろいろと御検討いただいて、方向づけができればなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)できるだけ早い時期に教育委員会、市部局の検討をして、いいものを検討願いたいと思います。次に移ります。
 企業誘致促進について。経済の地域格差と少子高齢化時代を迎え、また三位一体の中、地方交付税は削減され、各市町村は自主財源確保に奔走しております。本市の17年度予算の自主財源比率は62.1%でありました。今後の自主財源確保は大変難しい時代に突入してまいります。企業間でも勝ち組と負け組が、市町村でも勝ち組と負け組が表面化しつつあります。そんな中、各市町村は必死に勝ち組への階段に上ろうとしております。そして、政策展開をしております。そんな中の一つが財源確保と雇用安定として企業誘致政策であります。
 IT時代を迎え、全国へ瞬時にPRできるホームページがあります。各市町村の企業誘致ホームページを見ますと、詳細にわたり募集の窓口を設置し、問い合わせを待っている状態であります。各市町村の企業誘致促進に対して取り組みに積極的な姿が見えます。ホームページは毎日、東北の地へ進出を検討する企業は、毎日検索をしております。幸いにも本市には、17年4月現在で岩沼臨空流通工業団地19.8ヘクタールが残っております。9月定例会にて「企業誘致のためのホームページ掲載を」の回答に、市長から早い時期に更新するとありました。その後の進捗状況はどうなったのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)企業誘致のためのホームページでございますが、岩沼市と宮城県が情報を共有しております宮城企業立地ガイドというものがございますので、この情報の中から臨空流通工業団地、それから矢野目工業団地の概要を抽出しまして、9月に工業団地のホームページを更新いたしたところでございます。少しおくれましたけれども、12月に入りましてからより検索しやすいようにということで、さらに改善をしましてトップページからにも掲載をしましたし、それから県の土地開発公社、宮城県の関連ページへもリンクができるように設定をいたしました。そういうことで、これからもよりよいものに努めていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)ありがとうございました。これは私が3月議会よりずっと話している件であります。今後もメンテナンスをよくしまして、お願いしたいと思います。
 2点目に移ります。本市の企業誘致促進策は今後どのような対策を講じていくのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)企業誘致につきましてはたびたび議員の皆様からいろいろと御意見をいただいております。また、総合計画の中でも企業誘致をうたっているわけではありますが、実はなかなか難しい状況でありまして、まちづくりの基本方針という中では、工業団地への企業誘致の促進に努めますというふうに記述されているわけでございます。弁解がましい話になりますが、今、国内競争だけではなくて、国際的な世界との競争になってきているわけであります。ですから、こちらとしては、まず岩沼のよさというものをできるだけ情報発信をしていくということ、これは非常に重要なことでありますし、熱意を示すということも非常に重要でありますが、しかしもう一方では、進出をしようとするような企業というのは情報収集能力が非常に高いわけでありますので、我々はこうですよといいましても独自の調査をして、果たしてその進出をしようとする企業にとって岩沼というところがどうなのか、もちろん岩沼としてはかなりの潜在可能性ということは持っているつもりではありますが、それにしても労働力がどうなるかとか、あるいは必要によっては水がどうなるのかとか、あるいは輸送、交通がどうなるのかとか、もろもろの条件が整って初めてお話をいただくという形になるかなというふうに思っておりますが、ただその企業のスケールの差もあるわけでありますが、まずは我々といたしましては独自に大企業に乗り込んで、岩沼はどうですかといったところで、ほとんど状況としては進展するということは不可能でありますので、まずは県の担当部署、あるいは工業団地についていいますと、開発事業者等と連携しながら岩沼の工業団地への企業誘致にこれまで努めてきたところでありまして、またこれからもそういったことで市としての誘致活動というのは、直接市の用地ではないというところの難しさはあるわけではありますが、何といっても臨空工業団地というのはある意味での優位性というのはあるわけでありますので、土地所有者を側面から支援する形でこれからも取り組んでいきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)県と連携してということなんですが、各市町村は独自のものをいっぱい出しております。私は見ていて、他市町村より一歩違うという感じのものをリードするのが必要でないかなといつも思っております。今までと違ってホームページも立ち上げて、内容も充実するということでその辺でいいと思いますが、また独特のPRというのが必要だと思います。そういう面で次の課題にもありますけれども、次に移りたいと思います。
 3点目でありますが、そうすると、岩沼市の独自の政策で、市長がいつも言っております、積極的にやるんだということで、その市政に調査室とか対策室とかが置かれております。企業誘致を積極的にやるには、企業誘致のための専属職員を配置して、いろいろな知識、情報を持つべきではないか、市長にお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)企業誘致に積極的ということでありますが、実のところは誘致したいという気持ちだけはあるわけでありますが、具体的になかなか十分な対応ができないということにつきましては大変心苦しく思っております。御承知のとおり臨空流通工業団地、矢野目工業団地というのは、民間の企業、県の土地開発公社が所有する土地でありますので、市といたしましてはその土地をPRするということではありますが、どこまで市としてかかわりを持てるかということも十分検討しながら、基本的には側面的な協力、支援という形で進めざるを得ないのかと。そういたしますと、やはり県の産業立地推進課というのが市町村の企業誘致についての相談とか、あるいは企業訪問等に協力をしていただけるということで、専門職員が配置されているということでありますので、岩沼ではじかに専門職員を置いたとしても、四六時中企業誘致に努めるというだけのいろいろな面での力がないというふうに思っておりますので、必要とあらばむしろそちらの方の専門職員の御協力をいただいて進めていく方が、今の時点においてはいいのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今までの9月定例会でもありましたが、今企業が守ろうとしております。岩沼の地にずっといるという企業が、今度は次の新天地に行くかもしれません。そういう意味では、今の現在置かれてある企業にもやっぱり訪問して、あるいは雇用の面でお願いすることもあると思います。そういう面では市内の情報と、そしてなおかつ県、今言いました産業立地促進課企業誘致促進班ですね、私もここに問い合わせしましたが、そういう面でもいろいろな情報が必要です。なおかつ営業というのは大変なことでありまして、専門職でございますから宮城県はもとより、東京周辺の首都圏、関西圏とかいろいろあります。仙台空港が目の前にありまして、東北の拠点になりつつあります。仙台空港から東北が見えるわけでございます。そういう意味で促進策の一つとして、専門にやらないとなかなか情報が収集できないのではないかなと思います。企業誘致のための説明会が年1回か2回あるんですけれども、その中で3分間ではなかなか情報がとりにくいという面もあると思います。そういう意味で今までと違った職員の配置というのは考えていないんでしょうか。伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)特別に企業誘致だとか、担当ということで専門的に置くよりは、もし必要ならば先ほどお答えをいたしましたように、県の専門職員の協力をいただきながら岩沼市の担当職員と進めていくと、そういう意味では一応商工観光課という中で仕事を進めていくというふうに考えております。ただ、状況によりましてはもちろん、相当市としていろいろなお手伝いをするものが今の担当職員だけでは足りないという状況になれば、もちろんいろいろ手だては講じていかなければならないというふうに思っておりますが、むしろ担当職員を専門化するということよりは、やはり引き続いて岩沼市のよさということをできるだけ、わずか3分間のPRという話もありましたが、何らかの形を考えて岩沼のPRをして、岩沼の立地条件のよさというものを売り込むということの方が大切かなと。そういうことにつきましては、やはり私を中心として十分やっていかなければならないというふうに思っておりますし、また前段触れられましたせっかく立地された企業が、十分な活動を岩沼でさらに引き続いてやっていただけるように支援をする。ですから、折に触れて私もあるいは助役も、顔を出させていただくという形で、もし岩沼市としてできることがあるとすれば、それを伺って対応するといったような形で、引き続いて岩沼での企業活動を続けていただくようにも手だてを講じていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)市長も折に触れて企業訪問していただいて、岩沼にいる企業も守って、そして多くの企業が岩沼に進出するように努めてほしいと思います。この件については、今後も研究しながらお願いしたいと思います。
 4点目に移ります。岩沼臨空流通工業団地に企業が用地を取得し建物を建てた場合、おおよその数字でありますが、算定しますと次のようになります。分譲面積が 5,000平米、固定資産税は年間 120万円、そこに建物を建てたとき、建物面積が 3,000平米、固定資産税が 300万円、また事業税、社員数、資本金、純利益等で異なりますが、約15万円、そのほかの設備投資の固定資産税もありますが、ざっと合計しますと1社当たりその面積で 435万円となります。今残っている面積が18.9ヘクタールありますので、分譲面積に係る固定資産税が 4,536万円となります。また、建物、設備投資、固定資産税等で 1,710万円であります。取得する社数が20社といたしますと 300万円となります。全部残りの面積が埋まるとしますと 6,547万円となります。このほかに上下水道料があります。この税金は毎年市の税金や水道料として入ります。そのほかにも市内で雇用されれば所得税が入ります。こういったことから企業誘致を有利に進めるために、ことし3月の定例会から私は質問を繰り返してまいりました。企業誘致奨励金制度の検討はどうなったのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的に企業進出のメリットをお示しいただいたわけでありますが、いろいろな優遇策があると思いますが、特定の企業にしか支援できないような優遇策というのは結構往々にしてあるわけでありますので、やはりそういったような優遇策というのは本来の意味ではありません。そしてまた、事前にいろいろと定めていくということも非常にいいわけでありまして、その企業の優遇策を見て進出されるところもあるのかもしれませんが、しかし、実はよその実例を見ましても、少なくともここ何年間というのは、ほとんどそういったケースで来られるのはありません。優遇策というのは、やはり県の方でやっているものについてならば利用されるところもありますが、市町村では実は、そんなに大きなところが来るという可能性は残念ながらここ何年間では私はほとんどないのではないかと。
 二つあると思っています。今先ほどお話をいただきましたように、せっかく立地した企業に引き続いて岩沼での企業活動をしていただくと。そういう意味では岩沼に立地した大企業には全く当てはまらないかもしれませんけれども、例えば資金融資制度というのは相当拡充してきたということで、これは少しでもお使いいただいたらいいのではないかなというふうに思っております。そこで企業の誘致に当たっての報償金制度ということで御提言をいただいているわけでありますが、いろいろ検討した結果、例えば具体化の段階で詳細は検討したい。つまり、どういった業種で規模はどうなのかとか、あるいは雇用の見込みはどうなのかと、もろもろのことを踏まえた上でどのような支援をするのがいいのか。単純に岩沼においでをいただいた企業に対して、これだけのお金を上げますよということは、今企業誘致策としてはそんなに効き目がないと私は思います。ですから、むしろどういった支援ができるのか。例えば水道水がないから水道をというのだとすれば、なるべくそういうことにこたえるとか、そういう形で優遇策というか、誘致の報償金、お金ということではなくて、私としてはそういう誘致策として、具体化の段階でどれがふさわしいかを考えていくというふうに今は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)具体的にといいますと、どのときの具体的なことですか。今相談を受けているとか、それとも具体的に仮契約して土地を買収したとか、どの時点の具体的なものか、その辺をお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これも一概に一言では言えないわけではありますが、例えば岩沼に真摯に進出の意欲があるといった情報をつかんだ場合については、どういうことがお手伝いできるかを考えていくというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)そこら辺がちょっと難しいと思いますけれども、ただ、先ほど言いましたように、9月議会でも私言いましたんですが、ここに宮城県工業団地ガイドというのがありまして、39の箇所がありますけれども、そのときも言いましたんですが、その中の町独自、市独自の誘致の政策といいますか、助成金制度がないのが、岩沼市とあと一つの市であります。そうするならば、本当に岩沼だけが残って、今具体的にどの時点でというのが難しいと思いますけれども、ただここに表示しているだけで市独自のものがこういう助成金制度がありますよ、こういう援助策がありますよというふうに表示した方がわかりやすいのではないでしょうかね。そういう意味では、きちっとした見方といいますか、きちっとしたものをつくっていく必要があると思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)奨励金といいますか、奨励策の中身の問題もあると思いますが、過去それこそ北海道の製紙工場の誘致に当たっての奨励金で裁判になったりとか、いろいろなケースを見ますと、やはり過度の優遇策ということは当然できないわけでありますし、もう一方でやはり税金というのはすべての人がそれぞれの力に応じて負担をしなければならない。例えば税金を多く納めるから、まけてもいいんですという理屈は全く成り立たないわけであります。そういうことを言う首長もいたわけではありますが、それはおかしい。やっぱり税金というのはみんなが納めてもらうものだと。ただ、現実には相当プラスがあるというときについては、よくやられることではあります。しかし、これはもう既に過去のことでありまして、これからはやっぱりむしろ企業はお金が欲しいということよりは、立地していろいろな条件等がありますので、そういうことの支援の方が企業にとって、私としてはプラスになるのかなと。そしてまた、そういった部分ならばお手伝いをしてもいいのかなというふうに考えております。確かにいろいろなところの紹介の中に、岩沼では全く優遇策がないようですよ、あるところの方がいいというふうにありますが、では奨励策を書いているところで実は最近どのくらい進出をしているかというと、残念ながらほとんどないのではないかと私は思います。
 ですから、例えば不交付団体になった町がありますが、これは全く町の誘致とかではありません。宮城県がその企業と話し合いをしてこの場所にというふうに来たわけでありまして、そういうケースから見ましても、やっぱり岩沼のよさは確かにまだまだPR不足でありますから、これはできるだけ力を入れていかなければならないというふうに思いますが、単に奨励金を出すというだけで企業は張りつかないのではないかというふうに思っておりますので、その意味では奨励金というお金を出すということにつきましては、ストレートにお金をお上げするということにつきましては、今私としてはどうもそこまで考えはいっていないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)単純なことでありますけれども、私はホームページに載っていて、それでその中に助成金制度がある、補助金になるのか減免になるのかは別にしまして、そういう企業誘致の団地があるところ、あるいは県の施策の奨励金しかないとするならば、だれしもが市独自のものが必要ではないかなと思います。というのは、私、探してみました。岩沼市臨空工業団地とほぼ同程度の規模のものがあるということで探してみました。財政的にも今苦慮している石巻市の工業団地でありますけれども、トゥモロービジネスタウンというところがあります。単価が2万円から2万 5,000円の分譲で、面積が18.5ヘクタールあります。ほぼ岩沼臨空工業団地と、若干の単価は違いますけれども、あります。なぜこれと一緒なのかなと、面積等を勘案してそうだと思いまして、見ました。そうしますと、石巻市の立地条件として、企業立地助成金というのがあります。対象経費が投下固定資産税に課された固定資産税、あと助成額は固定資産税額と同額で、限度はなし。交付期間が5年。上水道料金の助成金もあります。助成金額が上水道の30%、限度が 500万円、交付期間が5年。緑化推進助成金というものもあります。要は、私が言っているのは、同じ面積で同じ単価であれば、サービス料金があるのとないのと、値引きがあるのと、どちらを選びますかといったときに、一般的には値引きがあった方を選ぶと思います。その辺市長、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まことに残念なことでありますが、その点については見解が違います。つまり、例えば石巻だったら石巻に進出したいと考えるところがあって来たと。だけれども、そこにはこういう優遇策がありました、だからそれを利用するのであって、最初から水道料金がまけられますとか、固定資産税がまけられますから来るというような企業は、ほとんどないというふうに私は思っております。確かに、補助金とか融資とか奨励金等のいわゆる特別な優遇措置というのがあればということもよくわかるんですが、ただそれで来られるということよりは、岩沼のよさということをわかっていただいて進出するものが大半ではないかなと、実は思います。ですから、岩沼としては特別にいわゆる優遇措置がないからといって、企業誘致にマイナスだというふうには思っていないんですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)私が言っていたのは、本体があって付録があるというふうな考え方であって、付録がどうのこうのと私言っていません。市長が言っている見解とはまた違うんですけれども、同等だから、同等でどっちがメリットかというときに、ちょっとだけ安いですよ、サービスしますよという言い方の方が、セールス的にはいいと私は言っているのであって、値引きがメーンで、本体が後ということではありません。
 それと、タイミングというのが一番問題であります。今検討しているというのが、どこまで企業が誘致を考えているかというのが、今はちょっと真っ白な状態だと思うんです。でも、その真っ白な状態を問い合わせがあったとか、そういうのが具体的にあったときに、どこをPRして、どこがメリットがあるかというのが、そこが営業ポイントだと思います。そういったところにどのように対応するのかが問題だと思います。そのときにこういうこともありますよと、例えば水道料まけるということもできますよと言って営業をするというのが、基本的な考え方だと私は思います。そういう意味で言ったのであります。ですから、今言っているそういうところがどの段階でというのが一番問題だと思うんです。ですから、表示を1回しなさいと言っているんです。だから、助成金になるのか、減免になるのか、その辺はわかりませんけれども、そういった意思表示をするべきだと私は思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)よそでやられているのはそれはそれなりの意味もあるのかなというふうに思いますが、どの時点でというと、例えば岩沼に進出の意欲があるという情報をつかんだ場合に、その企業の業種がどうなのか、そしてまた岩沼に来た場合にはどういうマイナス点があるのかとか、あるいはどういうことを企業として望んでいるのか、それを考えなければならないと思います。岩沼の有利性というのはものによりけりですけれども、例えば世界に輸出をする場合には仙台空港を活用できないのかとか、いろいろな条件もありますし、労働される人たちが比較的通いやすいところにある。ただ、工業用水という話になると、今の段階ではなかなか工業用水が得られないとかという、その業種によってさまざまなニーズがありますので、それに一つ一つお答えをすると。ですから、最初から表示して岩沼ではこういう奨励策がありますよということより、私としては真剣にどういうところにネックがあるのかとか、そういうことに一つ一つお答えをする方がいいのではないか。ただ、そのお答えをする中では、例えば今言ったように水道料金をまけますというようなことは、なかなかこれはもちろん条例等もありますので、できない相談ではあります。でも、そのことによって企業が進出しなくなるというようなことでは、余り望ましい企業ではないのではないかなと私は思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)情報がどの時点でというのが一番キーポイントなんですよ、市長。今、市長に私の会社が来ますよという人はだれもいません。企業がここら辺いいなという、最初の連絡というのが、例えば土地開発公社に行くと思います。そうすれば、土地開発公社から岩沼市にどの段階でお話をしていいのか、土地開発公社も困ると思います。こういうふうに話がありますよと。それで金額的に折り合いそうだという時点なのか、契約した時点なのか、その時点でお話しするのか。その交渉の時と場合といいますか、そのタイミングといいますか、その辺をどういうふうに市長はとらえて、岩沼市の今言っている何とかの形で対応しますと言ってますけれども、その辺のタイミングはどういうふうに考えていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、情報収集能力という点では大分不足しているということは否定できませんので、なおできるだけ情報収集をするように努力をしたいと。ですから、県とか関係機関との連携を密にしていきたいというふうに思っております。そこで例えばどういうお手伝いができるかというタイミングでありますが、今いろいろな情報をつかんで、岩沼に進出する意欲があるとか、そういう場合についてはもちろんこちらの方で「おいでください」という形なのか、こちらで伺うのか、いずれにしてもこちらの方からアクションは起こさなければならないということは思っています。ですから、その場でどういったことが御希望なのか、それでかなえられる点については、できるだけ御協力はしたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)だから、そのできるだけというのが物すごくはっきりしないんですね。私は今県開発公社の例を言いましたけれども、どこまで岩沼市が情報といいますか、今まで問い合わせがありましたですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは実は私じかにも、あるいは担当の方にも必要に応じて来るわけでありまして、私のところに来るのは例えば政治家から来るとか、政治家の秘書から来るというのがありまして、「空港周辺に何千人の企業が張りついたら、岩沼では何億円出すんだ」というような話がありまして、それは正式に例えばどうなってるのかなというふうに思って、一回聞いた以後あと来てないので、催促しようかなと思ってるんですが、いろいろな情報が入ってくるわけでありまして、それらを一つ一つ精査をしながら、的確に対応できるように努力をしたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)私も宮城県土地開発公社に聞いたんですよ。そうしたら、もう一つ岩沼独自の政策というのがないのかなと言われました。同じものだったらそっちの方を買いますよね、単純な質問ですと。私はいつもそこにぶち当たりました。それを過去にさかのぼって調べましたら、何か先ほども市長がおっしゃったように、13年3月の不均一課税の話がありました。そこからなかなか踏み込めないのかなと私は思いまして、そのことが問題でこの条例はつくらないというふうな感じでやっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)同じものなら他へ行くというふうに単純に考えるとそうですが、私は全くそう思いません。大体において岩沼と同じ条件のところで、岩沼よりも、例えばどこがいいですかね、大衡だったら大衡に行くというときに全くこちら違います。こちらが雨のとき向こうは雪です。確かに高速道路に近いとか、地価が安いとかいろいろな条件がありますが、どう見たってその業種によりけりではありますが、岩沼がいいかそちらがいいかということは企業としてわかるわけでありますので、私としては岩沼に優遇策がないからほかに行きましたというケースは、比較的どちらかというとスケールの小さい企業というか商店というかお店というか、そういうことならばあり得ると思いますが、佐藤一郎議員が望むような企業誘致という点から見れば、そんなに私はないんじゃないかなと一つは思っております。
 優遇策といいますか、奨励策の中身ということでありますが、一つ大きいのはやはり税金という問題が出てくると思います。税金という点からいきますと、私は原則としては税金は皆さんに、それぞれの力に応じてお払いをいただくのが筋ではないかなというふうに思っています。ですから、その意味では、税金をおまけするということについては極めて消極的だということはあります。ただ、場合によっては、それこそ計算は必要でありますので、工業用水とか何か多少高くたってそれについて便宜を計らうことによって、大きなプラスがあるとすれば、それは必ずしも絶対否定するということではありませんので、できる範囲のお手伝いはすべきではないか。
 確かにわかります。最初から何でも希望にこたえますと書いてあったり、あるいはこうやって優遇策があるんですよということを、岩沼白紙で県の優遇策だけですというのは何となくわかります。でも、現実はそういうことでの選別というのはないのではないかと、私は思っています。ちょっと楽観論かもしれませんけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)もう一つ、私市長に聞きたかったのは、そういう情報ですね、企業が来るとかいう話が県土地開発公社から全く来なかったですか。それをちょっと聞きたかったんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)県の公社からは一応契約する前であっても企業から打診があれば、情報としては市の方にいただいております。すべてかどうかわかりませんが、年に何件か。それからあと、商工観光課、直接担当の方にも年に何件かは問い合わせが直接来て、いろいろな工業団地の調査に来ることはございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)ですから、岩沼臨空流通工業団地にその問い合わせ、考えているという企業の話はなかったのでしょうか。考えているというのでもいいですから。そういう話はなかったですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)それはいつの時点からかということでありますが、最近は余りありませんが、私のところに例えばその問い合わせがあって、あの土地につきましては県の土地開発公社の方のものなので、まずそちらの方にお話をしたらどうですかといったような話はあります。ただ、ここのところ何カ月間とか、この1年という点では、私自体は聞いておりませんが、担当の方であればちょっと産業部長から。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)企業の問い合わせの中で、少し可能性のある企業というのが2社ほどあるのではないかということは聞いています。ただし、正式なものではございません。ただ、動きとしての情報であります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今、2社あると言いましたね。そのときに、ですから、その方、多分企業さんは何もここに書いてあるガイド以外はないと思っているはずですから、そのときに市長が今まで言ったように、何かのお手伝いできるのはお手伝いするというのがはっきりうたっていないと、今考えているのに営業というのはちょっとした差で決まるんですよね。だから、どこがメリットがあるか、確かに大企業は億単位ですから、そんなちょっとしたことで揺れ動くことはないと思いますけれども、ただそういうものがどういう時点で、今問い合わせが2社あるとしたならば、その時点でこういう岩沼の優遇策を考えますよということを言っていただければ、また違った形で先方の企業に伝わるのではないかなと。それが誠意というものだと私は思います。ただ、中身と企業と相手がわからないんですから、その辺はわかりませんけれども、その伝わり方を私は市長に質問しているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)あと一つは、最初のころにお答えをしたんですが、臨空工業団地で持ち主が市ではありませんし、そういう意味ではそちらの持ち主の方が努力をするので側面から協力をするというふうに、基本的にはお答えをしたとおりであります。そこで、その親切な対応とかいろいろあると思いますが、企業では黙っていたって正直言えばこういう点が欲しいという話があります。ですから、我々としてはころ合いを見ながら、ころ合いを見ながらというのは、例えばこういう企業だとすればこういうのというのは、こちらの方から働きかける場合と、あるいは仲介をしていただいている例えば開発公社なら開発公社の方から、何かこういうところがネックになっているからこれはどうなんだという働きかけがあるわけでありますので、それについては真摯に対応したい。もちろん佐藤一郎議員は優秀な大企業におられたので、その大企業の精神からいけば、むしろこちらから求めていけということもあったのかもしれませんが、やっぱりケースによっては必ずしもそうやっていくのがいいのかどうかということも考えなければなりませんので、ただいずれにしてもきょういろいろと御意見をいただきましたことを踏まえて、できるだけ積極的に情報収集に当たり、そしてできるだけ早いうちに岩沼でも少しでも企業誘致が進むように、努力はしていきたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)企業さんのこともありますけれども、県土地開発公社がたしか2、3社あるというのは私も聞いております。それとほかにI商事といいますか、商事会社の土地もあります。そちらの方にも今1社建てております。もう1社来るという話も来ております。そういう話がこちらでやっぱり誘致する以上、何らかのアクションを私はするべきだなと。そのときにおいでくださいというのか、それとも市でも何か困ったことがあったら対処する範囲内でとかという話よりも、こういう形でしますというはっきり考え方を持って接するべきだと私は思います。市長は、ずっと同じ考えでいきますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)誘致をしたものと、そちらの方からおいでをいただいたというケースでちょっと違うんですが、もちろん最終的に岩沼に立地をされたところにつきましては、それは当然のことながら、法令に基づいて平等にお相手をさせていただくということは非常に重要なことだというふうに思いますが、誘致に伴ってただで土地を貸しますよなんていうことがあると困りますので、その点は相手の方からおいでいただくのはどうぞ大いにおいでくださいというふうに思いますし、誘致をした方がいいという話になれば、またそこで対応が若干違うというふうに思います。ただ、おいでをいただいたところに対してはもちろん、税金とか何かだってきっちりルールに従ってやらなければならない。ただ、進出をしていただく段階においては、そちらの方からおいでいただく方にはどうぞおいでくださいと。いや、もし迷っているんだとすれば、こちらにどうぞという、そういう対応は十分心がけていかなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)同じことを繰り返すようなので、まだ9月の議会よりは進んだ形で考えてくるということだったので、報償金制度はなかなか難しいというのはわかりました。ただ、ずっと私は思っていたんですが、13年3月に何があったかといいますと、大企業の固定資産税減免の事項がありました。このことを市長は表にしてほしくないような話を聞きます。それで私は企業誘致というのは、相手も命がけで来ています。この社会に経済がよくなったといっても、大企業だけがよくなって、零細企業が一生懸命になって億単位の、例えば今岩沼臨空工業団地には1ヘクタールから前後の企業が今考えているそうです。それが2、3社来るような話もあります。その時点でどこの時点で岩沼市が対応していくか。その辺で何がメリットがあるか、こういうものがありますよというふうに言うような、岩沼の体質になってほしいと思います。わざわざ来るんですから、その対応をお願いしたいと思います。1社でも多く進出して、市の財政が安定して、雇用の確保と勝ち組の市になることを期待しまして、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)4番佐藤一郎議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時30分といたします。
    午後2時15分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時30分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 11番高橋孝内議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔11番高橋孝内議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)11番、岩沼政策フォーラムの高橋孝内でございます。
 12月議会最後の質問でございます。と同時に、平成17年の最後の質問でございます。執行部も大変お疲れのところと思っておりますけれども、よろしくお願いいたします。
 まず最初に、通告しておりました新たな食料・農業・農村基本計画の経営所得安定対策等についてお伺いをいたします。
 ことしの平成17年3月に閣議決定されました新たな食料・農業・農村基本計画においては、重要施策の一つとして、担い手への施策集中を基本とする品目横断的経営安定対策を導入する農業政策が決定いたしました。この対策は、いわば価格政策から所得政策への転換という、食料・農業・農村基本法で示された政策方向を具体化したものであります。これまでの全農家を対象としてきた品目ごとの価格に着目して、講じてきた対策を今度は担い手に対象を絞り、経営全体に着手した対策に転換することは、戦後のこの農政を根本から変えるものと思っております。現在、進めている米政策改革の生産調整支援策は見直しが求められ、さらに産業政策と地域政策を区分して、農業施策を体系化する観点から、今度は新たに農地、水、環境保全向上対策を導入する大規模なものとなりました。
 この一連の政策改革は、広範囲かつ大規模なものであると思います。今回の政策改革が現場の農業、農村にとって大きな影響を及ぼすものであればあるほど、地域の実情を十分に構えつつ、手順を踏んで関係者の理解と協力を得ながら進めることが重要だと思っております。今後のこの取り組みいかんによっては、水田農業の振興と集落営農に大きな影響を及ぼすものと思っておりますが、今後のこの施策に対し、岩沼市としてどのような対策、また進め方をしていくのか、御答弁をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、御承知のとおり1999年に新基本法、つまり食料・農業・農村基本法がつくられたと。それ以前の旧法に基づいては今お話をいただきましたように、拡大ということを建前にしてきましたけれども、すべての農家を対象にいろいろな施策が行われてきたと。しかし、今度の新法におきましては、食料という言葉が入ったということでありまして、これまでとはちょっと違ってくるという形とか、あるいは農村ということに着目をして、多機能に対する農業の持つものを十分評価するとか、いろいろあったわけでありますが、最終的なねらいとしては何といっても、例えば1999年に農家と言われるものが大体 324万戸くらいあったと。それを2010年には純農家と言われるものが大体それよりも50万から 100万戸少なくなって、結局 230万とか 270万くらいになるというふうに言われております。しかもその中で効率的かつ安定的な農業経営を目指すというその対象とするところは、今主業農家と言われたらいいでしょうか、その主業農家の数よりもさらに少なくなって、結局約40万くらいの経営体、経営体といってもほとんどが家族を中心とする農業経営体ではありますけれども、その約40万くらいの経営体を育成するということに重点を置いた方向に転換がされてきたと。ですから、それに従ってやってくる。
 実は市長会に我々として意見を出させていただいて、宮城県市長会あるいは東北市長会の中で私から提案をさせていただいたのは、経営安定対策で確かに国のねらいとする認定農業者とか、そういった方々を中心に対応するということが日本の農業を強くするという国の考え方ももちろんあるとは思いますが、現実を考えたときに、まだまだ経営規模の少ない人たちが農業を行う、むしろその人たちが大規模経営の人だけに集約をされて、その人たちだけにはっきり言ってお金が出されるという形になるとすれば、まず農業をやめてしまう。それが耕作放棄地につながるとか、あるいはもう食料自給率が40%、45%なんか実は全然実現できない形になる。ですから、もう少し大きくとらえてもらえないかということで、対象範囲の拡大を図るように要望するということで、これは東北市長会でも通って、全国市長会の方に行ったわけではありますが、それを受けたわけではありませんが、当初考えられるよりはある程度弾力的な対応がなされるようになったと。
 しかしながら、岩沼で考えたときに、認定農業者については例えば基本原則としては4ヘクタール以上、あるいは集落営農組織だとすれば20ヘクタール以上というのは、一方ではきのうの飯塚議員のお話にありましたとおり、ある程度大区画の農地を持たないと、例えば機械化ができない。今結局機械化をして機械化貧乏なんて言われるように、その経費さえ賄えないというのは、むしろある意味では一つ一つの区画が少ないということもありますが、ただ全体としての所有面積を見たってそんなに大きい人がいない中で、かといって流動化とか、あるいは集積といっても簡単に進まないという形の中では、やっぱりある程度条件を緩和してもらう必要があるのではないかというふうに思っています。ただ、我々としてはそういう意見をし、ある程度国の方ではそういったことを踏まえて暫定的な措置を含めて対応していただくことになったわけではありますが、しかしながら日本の農業の方向というのは、やはり食料・農業・農村基本計画に基づいて進められるということだとすれば、我々といたしましてはやはりそれに従って一つ一つ具体的に仕事を進めていかなければならない。
 そこで今後の対策ということではありませんが、まずは18年3月までに全農家を対象とした制度説明会を開催する。そして、対象集落の把握だとか、集落内のリーダーの方々を選んでいただくということを進めたい。そして、4月から6月にかけては意欲ある集落の選定と、その集中支援を行う予定ということで、現在その作業を進めているところでございます。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)ただいま市長の答弁ございましたけれども、1999年にそういうふうなことを考え、2000年3月に閣議決定したわけでございます。今、市長がおっしゃったように、集落営農は20町歩というようなことで進めてまいりました。そのときはおおよそ大体5年ごとにそれを見直すということを進めてまいりまして、ことしの3月で5年が経過し、3月に見直しをしたわけでございます。今、市長がおっしゃったように、かなり政府の言う担い手はかなりきつかったので、こういうふうな我々農家に対してはとてもついていけないということで、かなりやわらかくはなりました。しかし、まだまだかたいというような思いでございます。
 そこで、先月の11月中旬の農業新聞が行った農家モニターを見ますと、その結果ですが、来年再来年から始まるこの品目的横断的経営安定対策についてという調査をしたところ、「知っているが、内容がわからない」というのが55%、そしてまた「余り知らない」というのが23%で、7割強が「知らない」ということでございます。来年再来年から始まるわけですけれども、例えば麦作、麦の場合ですと、来年はもう秋には蒔かないと、播種しなければならないということになりますと、実際の農作業を考えた場合にもう1年もない、もう10カ月ぐらいしかないわけでございます。本当に残された時間は少ないわけでございますが、ただただ農水省あるいは行政の担当、あるいは農業団体等の幹部の方々はわかってはおりますけれども、肝心の農業者というのはこの生産現場の方々というのは全然わかってないんですね。このモニターを調べましても。
 そういったことで、やっぱり我々農家としては一作なりとも減収はさせたくないと思うんですが、ただいま市長の御答弁をいただきますと、18年ですから来年の3月に座談会を開いて、4月、6月にいろいろなことを決めていきたいと言ってはおりますけれども、ただただ会合を開いたばかりでは、この周知徹底はできないのではないかと思うんですが、この点について、ただ地域に行って、農家に行ってお話ししただけでこの施策が進むのかどうか、その辺もお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほどお答えをした、まず全農家を対象とした制度説明会というのは、18年3月までに行うということであります。今お話をいただきましたように、生産現場までの浸透ということでございますが、認定農業者の方々や地域水田農業ビジョンに掲げられている担い手の方々、さらには地域農業団体を初めとした農業関係機関を対象として、年明けの1月に説明会を開催する予定ということにしております。また、JAにおいても、いろいろと取り組みが行われていることでありますし、また国、県と市で連携をとりながら、周知にできるだけ早いうちに努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)私が今心配しているのは、その地域で座談会を開くというのは必要です。しかし、これはどうしようもないこととは思いますけれども、ただただ失礼な話ではございますけれども、「段階があるんだとや」ということで、70歳、80歳の今農家をやっている方々が来て、「こいなんだとや」と言ったって、なかなかまとまるというか、前に進まないと思うんですね。それをみんなは多分心配していると思うんです。そういうふうなのをなくすためにはどのようにしたらよいのか。今からいろいろ問題があると思います。その点はただただ経費的な会合でやりましたというような会合ではうまくないと思うんですが、その点どのように考えているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)新しい制度は、知っていただいて初めて意味があるということでありますので、できるだけわかりやすく、そしてできるだけ多くの人たちに参加をしていただいて、制度等の説明は行いたいと。そしてまた、いわゆる地域のリーダーの方がおられるわけでありますから、例えば志賀で言えば高橋孝内議員がおられるわけでありますので、高橋孝内議員には十分理解をしていただいて、もし十分御理解をいただけない人がおられるとすれば、その方に説明していただくといったような形で、できるだけ対象の方々すべてに御理解をいただくように、こちらとしても努力はしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)はい、できるだけよろしくお願いいたしたいと思います。
 今までのこれまでの農業というのは、生産面への助成が中心だったわけでございますけれども、今までは浅く広くみんな平らに助成していたわけでございますけれども、これからは価格は市場で、所得は政策でという基本でございます。それで、やる気のある人にしかやらないというのが今後の進め方であると思います。そのやる気というのは、やっぱり最大の目標は担い手となる専業農家を育てて、そして安定した食料供給体制をつくるというのが国の方針でございます。このモニター調査、またモニター調査の結果では、「この集落営農に参加したい」という方はどのくらいかというと、47%となっておりまして、「参加したくない」というのが17%で大きく差がありますが、「どちらとも言えない」というのが3分の1あるんだそうでございます。一方、経営安定対策が担い手に対象を限定することについてどうかということにつきましては、「やむを得ない」というのが35%で、「適切な方向だ」というのが12%を含めると、約5割の方々が肯定、つまりやむを得ないというような結果が出ております。「反対」が24%、「どちらとも言えない」が29%あり、この改革が現段階では定まっていないのでありますが、新たにこのほかに、先ほど申しましたように、農地、水、そして環境保全というのが新たに今度この国の施策に加わったわけでございます。それで、本当に一般農家の方々は、このことについては全然わからないんです。それで私がお願いしたいのは、その知っている方というとやっぱり行政あるい農業委員という方々が一番御存じなので、こういったことに対してぜひ人的支援をしていただきたいと思うんですが、その点をどのように考えているかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、その人的支援をお答えする前に、アンケート調査の結果を御紹介いただきましたので、実はこちらの方でも担い手育成確保に関する調査を行っておりますので、その結果を産業部長から紹介をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)本年度17年8月1日現在ということで、地域水田農業ビジョンの担い手の方、市内ですと55集落ございますが、その方々の担い手になるであろうという方々、形態として 182名の方々にお願いをして、市独自でないんですが、調査主体につきましては宮城県担い手育成総合支援協議会というところが主催で調査をしていただいたんですが、その結果につきましてはいろいろな項目があるんですが、特に今現在農家のこの 182名のうち回収に応じてくれたのが 168名の92.3%ということで、大多数の方に回答していただきましたが、その中で一つは、「現在経営していて何がお困りですか」ということですが、一番の困り事は「農産物価格が低下していくこと」だと、こういうことが将来の経営設計に極めて影を落としているのかなと思います。
 それから、今回の経営安定対策のハードルの部分、その一番問題なのは面積要件、それから担い手と、この二つですが、その部分を抽出しますと、「現在の経営部門で規模拡大をしたいか」、国の施策としては規模拡大の方に向かっていくということですが、残念ながら17人ということで、極めて少ない人数で、ほとんどの方は現状のままでいきたいというのが大きい特徴でありました。
 それからもう一つは、認定農業者の制度ということがこれからの大きい柱ですが、「聞いたことはあるが、内容は知らない」ということが半分くらいいたということで、私たちも含めて制度の周知というものを、もうちょっと努力が足りなかったかなという反省をしております。
 それから、「これから認定農業者になる予定がありますか」ということに関しては、「考えていない」という方が63人もいたということなものですから、この規模拡大と認定農業者と、この二つのキーワードについては、これから行う説明会、集落座談会の中で十分何度も繰り返し説明をして、理解をしていただかなければいけないのかなというふうに思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今、部長からの報告ですと、担い手の方々に聞いてみてもこのぐらいの数値しか出ないということは、私も今聞いてびっくりいたしました。今、国でいろいろ進めていますけれども、この担い手に混ざらないとか、参加したくないとか、あるいは落ちこぼれというか、その担い手に参加しない、「おらいはおらいでやるんだ」というような考えの方々がいて、「どうせそっちにまざったって金かかるこったら、畑なんか投げった方いい」ということになって、放置農地というか、遊休農地というのがかなりふえるような感じが私はするんですけれども、その点は市長はどのようにお考えか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今の調査結果から考えれば、高橋孝内議員が心配されるようなことは十分懸念されるというふうに思っております。市としては十分な説明会を開かせていただいて、国の方の考えをできるだけ正確に、そしてわかりやすくお伝えしなければならないというふうに思っていますが、しかしながら岩沼市として市長会等で提案をさせていただいて国の方へ働きかけをしてきたというのは、やはり実はそういうことが背景にある。つまり何もかも大規模経営でできるのかというと、なかなか難しいわけでありますし、単に国の方で言っている担い手の方々だけで本当に日本の農業、あるいは岩沼の農業が担えるのかといいますと、なかなか難しい。かといって、では農業で米を、例えばほかに転作をさせたらいいと、国全体から見れば、例えば大豆でも何でも必要なわけでありますから、そちらの方に転作ができたらこんなにいいことはないわけであります。しかしながら、コストの点からいっても、あるいは機械化の点からいっても、何もかもやっぱり今の米を中心として営農するということが、岩沼としては一番現時点においてはベターなのかなというふうに思いますので、そういった方々に続けていただけるような方策も実は考えていかなければならない。かといって、国の方でははっきり言えば、もうそういう人たちをこれからの担い手としては認めていないわけであります。ですから、国の方からいろいろな対策でお金が出るとしても、ほとんど担い手に認められない人に対しては出ないということ。かといって、その分を岩沼でどこまで見られるかといいますと、これもなかなか難しいという形になるわけであります。
 ですから、我々としてできることは、これも本当にぬかにくぎみたいな感じでもありますけれども、やっぱり米の消費拡大とか、あるいは地産地消を進めるとかいろいろな施策を相まって、少しでも米の消費拡大につながる、そしてまた特に米について言えば、おいしい米をとれるところにつくらせるという形、つまりこの地域ではおいしい米でありますから、ですからそんな形でとかということでやらざるを得ない。そうなってきますと、今国の方で示している食料・農業・農村基本計画とはかなり場違いな形での対応になってしまうということでありまして、なかなか悩ましいことでありますが、とりあえずのところはまず今回の計画等の中身について、できるだけ皆様方に御理解をいただくということをまず第一に取り組んでいかなければならないというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)あと私が心配しているのは、今放棄農地あるいは遊休農地がふえた場合に、荒れ放題になりますよね。そうすると、農業経営基盤強化促進法というものが改正になりましたね。その改正案を見ますと、そういった放棄農地の草ぼうぼうおがっているところは、ある程度その行政で責任を持ちなさいというように書かれておったような気がするんですけれども、その点市長、どう思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)耕作放棄地もさることながら、今の農地で問題なのは分散作圃と言われることであります。どういうことかといいますと、おわかりと思いますが、1戸当たりの農家が持っている土地、耕作をしている農地が非常に分散している。この地域なんか小さいものがたくさんあると、結局は機械化をしなければ今の農業は営めないといっても、そうやって農地が分散されているという形でありますと、それだけで手間暇がかかってむしろ赤字になる。だとすればということで国が打ち出しているのは、やはり農地の集積を図るということでありまして、これにつきましては現在の法律的には市町村長としていろいろ農地に対して手を入れることができるような法律的なことがあるんですが、ところが全国どこの首長もやったというケースがありませんので、簡単にはその点は市としてどうこうはできないと。ただ、繰り返しになりますが、現実に岩沼としてやはり集積化ということももちろんこれから進めていかなければなりませんので、農業委員会と一緒になってどんどんやっていかなければならないというふうには思いますが、しかしやっぱり父祖伝来の土地を簡単にでは譲れるのかとか、あるいはどうも貸し付けてどうなのかとか、いろいろな問題が出てくるので、国の方の霞が関にいる人たちが考えるのとは実際は違うということがありまして、そのあたりが実はどういうふうに我々として進めていったらいいのかなと悩むところではあります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今度の改革の中で、先ほど申しましたけれども、農地、水、そして環境保全というのが新しく加わったわけです。きょう午前中、同僚議員が市の職員についての質問をしておりましたけれども、市長は適材適所に配置とか、あるいは責任感のある旺盛な職員が岩沼市にはたくさんおるというようなことをおっしゃっておりまして、自慢話を聞かされましたけれども、こういったことでなかなか新しい施策が入ったので、ぜひこの人的支援として、そういった方々をぜひ配置していただきたい。そして、先ほど部長がお話ししたように、やはり担い手の方々さえもわからないんですから、一般の農家はますますわからないので、ぜひその人的支援をよろしくお願いいたします。
 次に、2000年3月に、食料・農業・農村基本法が閣議決定されて、先ほど申しましたけれども、大体5年で改革ということで、ことし見直しされる。昨年の9月議会に私はこの件について質問いたしました。そのときは先ほど市長がおっしゃったように、担い手というのは4町歩だと、交付金は4町歩、北海道は10町歩、そして認定の集落は20町歩ということで、私は政府の言う担い手は偏っているという質問をいたしました。それに対して市長は、こんなことをおっしゃっていました。「専業農家は農家の1割にも満たない。やはり多目的機能を果たすという評価をするその裏には、兼業農家等が耕作を続けてきたからこそ実現できた。担い手というような形で縛ることが果たしていいのかどうか。専業農家とか、あるいは1種農業の方々にもしっかりと営んでいただけるような、余り狭く考えないで広く解釈していただきたい」というような答弁をいただきました。そして、市町村でも独自性を発揮できるような農業をしなければならないと。私もあのときは担い手は偏っているから、政府の言うのは偏っているから、市独自の担い手を育成すべきでないかということに対してのこのような答弁をいただいたわけでございますが、今回のこの政府の改革というのはまさに市長が昨年答弁したような改革になっております。井口市長は東北、北海道の市として一番人口率の高い市長が、ただいまの答弁の中にもございましたけれども、県の市長会あるいは全国の市長会でいろいろお働きをいただいたおかげで、このように改正したのかなと思いまして、本当に感謝をしておるところでございまして、またなお一層、まだまだかたいわけで、やはり零細農家を助けるような施策というのをますますやっていただきたいなと思いますが、この点についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市がたまたま宮城県市長会あるいは東北市長会に提案をさせていただいて、それが全国の方に行き、結果としては対象につきまして範囲の拡大が行われたと。これは岩沼の力ということよりは、国としても実際のところの日本の農家の実情を理解してくれて、一応暫定措置みたいな形で進めていただいたのかなというふうに思っておりますが、ただ、いずれにしても一定面積以上を持たなければ、実際のところは国の方ではもう対象にしないという形はいずれもっと強化をされてくるのかなというふうに思います。そういう意味では、やはりそれにしっかりと対応するためには、農地の集積という形も一方では考えていかなければなりませんし、認定農業者の方々もある程度ふやすような形をとっていかないとやれないのかなというふうに思っています。ただ、一方では本当に国全体としては食料自給率を上げるとかという目標があり、そしてまた農業のいろいろな面でのプラス面というものをよく理解するんだとすれば、零細の方々だって農地を持って、そのことが自然環境にもたらすプラスだとかいろいろな効果があるわけでありますから、それを評価するとすれば大規模だけがいいですよという形は、やはりこれはどうしてもおかしいなというふうに思います。
 しかしながら、実はきのうからちょうどWTOの閣僚会議という形でありますが、日本としては上限関税を絶対反対という形で、今実は外国から入ってくる米というのは御承知だと思いますが、ミニマムアクセス米という77万トンのほかに、何と 778%の関税をかけて米が入ってこないようにという形をしておりますが、これがやっぱりアメリカを中心としてこれをやめろという話が出てきておりますが、アメリカと仲のよい日本ではありますが、この部分だけは今のところ頑張ってますので、何とか頑張っていただきたいというふうに思っております。その意味で香港の会議がどうなるかということも一つ。
 ただ、最終的には来年中には新しい農業交渉の結果に基づいた合意というのが示されるという形になってきますので、その中でもしかしてその関税とか何かについて手が加えられるというふうになりますと、もっともっと外国から入ってくると。そうなりますと豊作で作付面積が事実上少なくなった上に、またそちらの方が上積みされるというふうになると。それをではつくる人がどうするかというと、やはりもっともっと大規模な人でないとだめだという形になってくるということが、非常にこれは恐ろしいなと。そうなりますと、高橋孝内議員が言われるように耕作放棄地がもっともっとふえていく。ただでさえも今、土地持ち非農家という、こういうカウントもちゃんとするようにセンサスの中で変わってきたわけでありますけれども、そういう人たちが、そしてまた一方では今のところは土地が安いんですが、だんだんまた地価が上がってくると簡単に手放す方が楽だと。今は取得は難しいですけれども、手放すのは比較的取得するより楽だという形になりますと、ますます農地が減っていく。そうなると結局は、零細の人たちはもうどうにもならなくなってという形になっていくわけであります。
 そうなりますと、少なくとも岩沼の米づくりという点では大打撃を受けるということでありますので、何とかそのあたりの方策がないのか。もちろん学者に言わせれば、いや米をやめてほかに転作をと簡単に言いますけれども、これもまた簡単にいかないですから、繰り返しになりますけれども、今の米に見合った収入がそれ以上に得られるのだったら、そしてまた機械化がされて比較的高齢者の農業従事者が多い中で、その人たちでも十分にできるものがあるんだとすれば、それはそちらに転換という手もないわけではありませんが、これだって実のところ長いこと、それこそもうずっと何千年という米づくりの歴史というのがあって、そこでやはりこの地域に一番適した農業は米だということでありますので、やはりこれは続けていかなければならない。
 ですから、思い切ってこれは日本全体として、もう適地適作で米のうまくない、そう言うと怒られるんですけれども、関東、関西というのはもうほかの方に転作をしてもらうとか、やめてもらう。こっちのおいしい米をつくるところできっちりとつくれるようにしていかないと、日本全体として非常にうまくないのかなというふうに思いますが、こんなことを言うときりがありませんし、私の力ではどうにもならないわけではありますけれども、そんな形で何とか生き残れるような方策というのを我々としても、今の一応食料・農業・農村基本計画に基づいた対策はきちっと説明させていただいて、それに基づいて粛々と進めなければなりませんが、しかしそれの対象になる人というのは現実問題極めて少ないという形でありますので、大多数の対象外の人たちをどうしていくかということが、岩沼の農政の課題になってくるのかなというふうに思います。そういうことでは、高橋孝内議員初め議員の皆様方からもいろいろと知恵をいただいて、何とかいい方向に進められればなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)中山間地帯の指定を受けているところは、今度の改革で80%とか、あるいは3分の1とかというように緩和されました。しかし、岩沼市は中山間地帯の指定を受けていないわけでございます。ですが、この4町歩あるいは20町歩ということに対しての物理的な地形、関係から、岩沼市として緩和できるのかどうか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)品目横断的経営安定対策では、経営規模要件としまして今お話しのとおり認定農業者にあっては4ヘクタール、それから特定農業団体、組織にあっては20ヘクタール、この基本原則はそのままでありますが、今お話しのとおり、物理的に規模拡大が難しい場合ということについては基本原則の8割ですが、これが岩沼市が該当するかどうかということなんですが、一応これは緩和の条件につきましては最終的にはまだ確定をしておりませんが、県の方がきちっと市町村ごとで申請をして、そして国の方にそれを認めるとなるんですが、そこについてはまだ市の方には県の方から流れてきておりませんが、ガイドラインの案みたいなものを内々見ますと、岩沼の場合は該当しないのではないか。8割に該当しないのではないかというふうに思います。ですから、市町村単位では1集落25ヘクタールが、実行組合としては55の集落となるんですが、センサスの方では岩沼は49集落で判断するということなのですが、その集落当たりの県の平均は25ヘクタールをもって基準とするということになってますので、岩沼の場合は対象の水田と畑の部分を足して、集落の49で割ると、33ヘクタールになってしまうということなので、25よりかなり多くなっているから、これには該当しないのではないかというふうに、今担当の方では試算をしております。正確には県の方の指示がないとわからないということです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)できるだけ少し緩和できるような方法でお願いいたしたいと思います。
 以上で、市長の方の質問を終わりますが、続いて農業委員会の方に御質問をさせていただきます。ことし全国一斉に農業委員の選挙、また改選時期でございまして、岩沼市としてもことしの7月、新しく農業委員会が構成されまして、会長ということで就任早々本当に申しわけございません。ですが、お互いに仕事でございますので、その辺を御理解をいただきまして、御答弁をいただきたいと思います。よろしくお願いします。
 新たな食料・農業・農村基本計画の策定や、農業経営基盤強化促進法の改正など、担い手農地対策における農業委員会組織の役割が明確にされました。認定農業者の掘り起こしや、認定農業者への土地集積、遊休農地の発生防止、そして解消、集落営農の組織化等において、農業委員会は地域担当制で、例えば相の釜なら相の釜、志賀なら志賀というふうな地域担当制で、地域の実情をよく把握しておりますよね。そういった農業団体というのは農業委員会だけでございます。それでまた農地の権利移動などの許可を行うことが最も適切かつ効率的であり、農業委員会の果たす役割がますます重要になってまいりました。
 今後、この当委員会は担い手を、先ほど市長からもいろいろ答弁をいただきましたけれども、農業委員会としてこの担い手をどのような方向でもっていくのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)農業委員会会長の答弁を求めます。星会長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会会長(星隆男)新たな食料・農業・農村基本計画の中で、食料の自給率の向上や農業の構造改革を推進するため、認定農業者と集落営農組織を中心とした担い手への施策の集中化、重点化を進めていくことが明確に示されております。また、この基本計画の見直しを受けて、農業経営基盤強化促進法等の一部改正も行われ、農業委員会は担い手となる認定農業者の新たな発掘や育成、集成営農の組織化に積極的に取り組むこととされました。したがいまして、農業委員会としましては、担い手の育成、支援には農用地の利用集積が必要不可欠でありますので、地域の状況や事情に詳しい農業委員を核にして、積極的に農用地の利用集積が図られるよう努力するとともに、市や農業協同組合、農業関係団体と一体となって、担い手の確保と組織化に取り組んでいく必要があると考えておりますので、議員各位にも格別の御支援を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今、農業委員会の方から担い手の確保、育成とおっしゃられましたけれども、本当にただ簡単には申しますけれども、なかなかこれは難しい問題だと思っております。その今答弁いただきました中に、農用地の利用集積が必要不可欠であるとおっしゃられましたけれども、私も本当に先ほど市長もおっしゃいましたけれども、この農地の集積というのは本当に大事だなと思っております。また、きのうも同僚議員がこの農地の集積というのは本当に大事だとおっしゃいました。やはりいかに手間と暇をかけずに効率よく農作業をするということは、やはり土地の集積が一番だと思います。昔から農地を集積するというのはなかなか難しかったわけですが、このような時代になりまして、農地を集積する場合、物々交換とはいかないんですけれども、例えば農地と農地を交換する場合に、お互いに了解したなら簡単に農業委員会として土地を交換できるのか。近くならできるのか。遠くはできないとかというような、また金はかかるのか。その辺を今わかっている範囲内でお答えいただければと思うんですが。本当に農地の集積というのは大事だと思っています。わかる範囲でお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星会長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会会長(星隆男)ただいま回答申し上げましたとおり、担い手としては認定農業者と集落営農組織が示されておりますので、岩沼市の水田農業ビジョンに掲げられております中核的な担い手の方々などを認定農業者に誘導し、掘り起こしまして、必要に応じて農地の利用集積を行ってまいりたいと思います。また、市や農業協同組合と歩調を合わせながら、地域の営農組合や生産組合、転作組合などを足がかりとして、集落営農の組織化を進めていくことにより、地域の担い手として育成し、確保してまいりたいと考えております。
 土地の交換についてどれくらいかかるのかということでございますが、現在、農業委員会で取り扱っておりますのは、小規模な農地の交換の場合で、お互いの宅地や耕作している農地に近い田畑を、お互い納得の上で多少の面積の違いはあっても、耕作上の利便から金銭のやりとりは行わずに権利の移動を行っているようです。農用地の利用集積につきましては、基準の緩やかな農業経営基盤強化促進法に基づく農用地利用集積計画によりまして、積極的に進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)基準をやわらかく、ひとつお願いいたしたいと思います。
 今、お話しいただきましたけれども、今回はかなり政策が柔軟になってきたわけでございますが、余りかたいことを言わずに、土地の利用集積を柔軟な体制で臨んでいただきたいと。そして、農業委員会がやわらかく動かなかったなら、地域の方々もやわらかくなりませんので、ぜひやわらかくなって地域に溶け込んでいただきたいと思いますが、この点についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星会長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会会長(星隆男)今の件につきましては、事務局より御回答申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)鈴木事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会事務局長(鈴木豊)農地の移動をやわらかくということでございますが、一応農地法とか決められた基準はございますが、農地法よりは基準が緩やかになっております農業経営基盤強化促進法、そちらの方で利用集積、流動化の方を図ってまいりたい、そういうふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)先ほど市長はWTO日本農業交渉が対応しておると。このWTOが10年、20年、30年後の日本の食料供給のことまでは考えてくれているわけではありません。今、日本の人口は減少傾向になりつつあると言われておりますけれども、世界の人口は今64億と言われておりますが、今から10年後になると70億になると予測されております。近い将来、世界で食料の奪い合いが起こった場合、日本は十分な食料を確保できる保障はないわけでございます。そういったことで将来にわたる日本の農業の食料安定、安全供給のためにもしっかりした担い手を確保するのが緊急課題と言われておりますが、担い手が育たない地域は農業として、また農村として生き残れないと言われておりますが、先ほど来いろいろ御質問しておりますけれども、担い手主体の政策として今後どういうタイプの担い手を育成し、またどういった方々を担い手に育てていくのか、その方向をお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星農業委員会会長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会会長(星隆男)新たな食料・農業・農村基本計画には、外国との農産物の貿易交渉問題や、後継者問題、農業経営の安定化問題等が記されております。そして、これらへの対策として、経営所得安定対策等大綱で品目横断的経営安定対策を掲げ、この施策を推進するには、一定規模以上の水田や畑作経営を行う認定農家と、特定の農業団体または特定農業団体と同様の要件を満たす組織である集落営農組織でなければ農業振興は図れないと位置づけられております。したがいまして、農業委員会としましては、岩沼市の担い手は認定農業者と地域に住む人々で構成する集落営農組織の2者を中核としていきたいと考えております。
 近年、兼業農家や高齢農家などが増加しておりますので、これらの農家の方々が集落営農組織に加わることにより、できるだけ多くの農家が施策の対象となれるよう支援してまいりたいと考えております。なお、市、農業協同組合等の関係者と協議をしながら一体となって、農家の人たちと懇談会等を通じて、御理解と御協力が得られるよう取り組んでまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)高橋孝内議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)今、認定農業者、あと集落営農というお話が出ましたけれども、このことについては政府がもう位置づけしておりますので、農業委員会としてそれに沿って進めてもらいたいと思います。今までの農業というのはやはり兼業農家で成り立ってきたわけでございますので、兼業農家が農を捨てるということのないような指導をしていただきたいなと思います。また、先ほど市長の答弁にもございましたけれども、今からいろいろな座談会を開いていくということで、詳細なことはまだまだわかりませんけれども、この施策がもう1年ないわけでございますので、ぜひ今の答弁の中に懇談会等を開くというお話がございましたが、懇談会などを開いて、そしてまた地域の方々の理解と協力をいただいて進めていただきたいと思います。農業の公的な代表というのはやはり農業委員会でございますので、それを肝に銘じまして、この戦後の農業構造大改革の牽引役となって、我々の農家を守っていただきたいと思いますが、この点について、これは最後の質問にさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)星会長。

-------------------------------------------------------------------------------

農業委員会会長(星隆男)施策の詳細な内容につきましては、まだわからないところがありますが、認定農業者や集落営農組織などの担い手主体の政策に転換されることに伴い、施策の対象から外れる農家が出てくることが懸念されます。農業委員会としましては、先ほど申し上げましたとおり、多少時間がかかってもできるだけ多くの農家がいずれかの担い手になっていただくように支援してまいりたいと考えております。また、担い手としましては、困難な場合は農地の利用集積等で御協力をいただければと考えております。今回の改革は、戦後の農政を根本から見直すことになるとも言われておりますので、農業委員一人一人が共通の認識と自覚をもって、岩沼市の農業の振興に取り組んでまいりたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(高橋孝内)どうも申しわけございません。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)11番高橋孝内議員の一般質問を終結いたします。
 これをもって、一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は明日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時25分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成18年2月24日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 飯 塚 悦 男

                   議 員 高 橋 孝 内