議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(6日目) 本文




2005.09.27 : 平成17年第3回定例会(6日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は19名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、諸報告について事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。4件についてであります。
 第1、別紙お手元に配付のとおり、平成16年度決算審査特別委員会審査報告書が、会議規則第 101条の規定に基づき、決算審査特別委員長から議長あて提出がありました。
 第2、別紙お手元に配付のとおり、意見書案2件が会議規則第13条後段の規定に基づき議長あて提出がありました。
 第3、別紙お手元に配付のとおり、各常任委員会の閉会中の継続調査報告について、会議規則第 101条の規定に基づき、各常任委員長から議長あて提出がありました。
 第4、別紙お手元に配付のとおり、情報化対策特別委員会の閉会中の継続調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定に基づき、情報化対策特別委員長から議長あて提出がありました。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、20番加藤政勝議員、1番布田恵美議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ここで、市長からドーバー市長来訪団の延期の件について発言申し出がありますので、これを許可いたします。井口市長、登壇の上、発言願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ドーバー市からの来訪団の延期について申し上げます。
 本議会初日の市政報告において、友好都市のアメリカ合衆国デラウェア州ドーバー市からスピード市長ほか教育、経済関係の皆様が、10月2日から6日まで来訪されることを御報告申し上げましたが、ドーバー市側より、アメリカ合衆国南部に大きな被害をもたらしたハリケーン・カトリーナによる避難民や児童・生徒の受け入れ、被害地域への支援にドーバー市を初め全米挙げて取り組んでいることから、10月の訪問は困難との連絡がありました。あわせて、スピード市長を初め多くの方々が今回の訪問を大変楽しみにしており、11月に訪問を延期したいとの意向が示されております。市といたしましては、今後、日程等の調整を行い、受け入れの準備を進めてまいります。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 認定第1号 平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第3号 平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第4号 平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第5号 平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第6号 平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第7号 平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第8号 平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成16年度岩沼市水道事業会計決算認定について
           決算審査特別委員会委員長報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、認定第1号から認定第9号までの9件を一括議題といたします。
 これより、付託をしておりました平成16年度一般会計、各種特別会計決算についての審査結果を決算審査特別委員会委員長から報告を求めます。
 渡辺真多決算審査特別委員会委員長、登壇の上、報告願います。
    〔渡辺真多決算審査特別委員会委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

決算審査特別委員会委員長(渡辺真多)
           平成16年度岩沼市一般会計及び各種特別会計
           決 算 審 査 特 別 委 員 会
                審 査 報 告 書
認定第1号 平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
認定第2号 平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第3号 平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第4号 平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第5号 平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第6号 平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第7号 平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定第8号 平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
認定第9号 平成16年度岩沼市水道事業会計決算認定について
 本委員会に付託された上記の認定の件については、審査の結果、部会審査報告書のとおり要望を付して認定すべきものと決したので、会議規則第 101条の規定により報告する。
    平成17年9月27日
                             決算審査特別委員会
                               委員長 渡 辺 真 多
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これまでの全体会議において十分質疑を尽くされたと思いますが、これより委員長の報告に対し、一括して質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより認定第1号から認定第9号までの9件を1件ずつ討論、採決いたします。
 これより認定第1号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第1号平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第1号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第2号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第2号平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第2号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第3号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第3号平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第3号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第4号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第4号平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第4号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第5号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第5号平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第5号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第6号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第6号平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第6号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第7号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第7号平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第7号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第8号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第8号平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第8号は委員長報告のとおり認定されました。
 これより認定第9号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。認定第9号平成16年度岩沼市水道事業会計決算認定について採決いたします。本案に対する委員長の報告は認定であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、認定第9号は委員長報告のとおり認定されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 意見書案第11号 国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金の見直しを求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、意見書案第11号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。15番五十鈴川みよ子議員、登壇の上、説明願います。
    〔15番五十鈴川みよ子議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)読み上げて提出の理由にします。
意見書案第11号
                             平成17年9月1日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  五十鈴川みよ子
               賛成者  岩沼市議会議員  松 田 由 雄
                             安 住 文 彦
                             森   繁 男
                             布 田 一 民
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金の見直しを求める意見書」を別紙のとおり提出する。
      国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金の見直しを求める意見書
 国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金は、都市公園法第12条の4第1項「都道府県の負担する費用のうち、その設置及び管理で当該都道府県の区域内の市町村を利するものについては、当該設置及び管理による受益の限度において、当該市町村に対し、その設置及び管理に要する費用の一部を負担させることができる。」の規定に基づいて、昭和57年2月に「国営釜房湖畔公園の設置に要する費用にかかる地方負担に関する協定書」を締結し、事業費負担として国3分の2、県3分の1(県3分の2、市町村3分の1)と決められた。
 協定書は、5年を経過するごとに見直しをすることになっており、これまで、昭和62年、昭和63年、平成4年、平成9年に負担割合の見直しを行っている。
 負担割合は、協定書締結の7市15町1村の利用予測(入込数)を算出し、全体の入込数に占める各市町村の比率(入込数率)に基づいて各自治体それぞれの負担割合が決められ、岩沼市においては、途中に変更はあったものの、負担率1.30%で毎年平均 274万円、昭和57年以降、平成16年度までで 6,588万円を負担している。
 国の説明によると、今後、平成25年度まで負担が継続する計画になっているようであるが、今日、地方自治体は、長引く不況や国が責任を放棄する国庫負担金制度の削減、地方交付税の削減計画などにより、経費削減が余儀なくされている等、厳しい財政運営を行っていることを考えれば、政府におかれては、国営みちのく杜の湖畔公園建設事業計画の見直しを図り、各市町村自治体の負担金を廃止することを強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。
   平成17年9月27日
                       宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  内閣総理大臣、財務大臣、国土交通大臣、宮城県知事
 備 考  宮城県議会議長、地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
 どうぞ御審議をください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)受益の限度において一部を負担させることができるということになっているわけですけれども、このほかにどういうものがあるのかどうか。
 あと、協定書は5年を経過するごとに見直しをするということになっていますが、昭和62年、昭和63年と連続してこれは見直しをして、これは何か年度の間違いではないかと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)提出議員、五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)先に、昭和62年、昭和63年ということで……、5年ごとの見直しということですが、これは間違いではありません。実際、この見直しを行っております。
 それから、もう一つは、ほかはないと思います。このほかの受益者負担というのはないと思います。毎年毎年、この間、いつでしたか、補正があって、 385万というのがありましたけれども、そういう負担はあっても、負担はあっても、別な負担はないと私は考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ちょっと言い方が悪くて申しわけなかったんですが、受益の限度において、市は一部を負担させられているというのがみちのく杜の湖畔公園なんですが、このほかの国の事業の中で、こういうようなことで岩沼が負担されているというのは、それなりに結構あるんだろうと思うんですが、ほかにどういうものがありますかと聞いているんです。
 あと、62年、63年、62年も見直しをしたと。これはなぜなんでしょうね、何か理由があってこうなったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そのほかに市町村が受益負担をしているのがあるかということですけれども、国の直轄事業ではそれなりに自治体は……、どれをしているかというのはわかりませんけれども、例えば、この間の市長の答弁ですと、仙台空港などについての意見がありましたけれども、そういうものについてはやっぱり負担はしていると思います。
 それから、もう一つは、昭和62年、63年と2年間やっているということですが、それはどういう意味かはわかりませんけれども、実際にやっているということで、負担をしているということだけは確実です、明確です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第11号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第11号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第11号国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金の見直しを求める意見書については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 意見書案第12号 政府・税制調査会の報告書に関する意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、意見書案第12号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。8番松田由雄議員、登壇の上、説明願います。
    〔8番松田由雄議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)お手元にお渡ししてある文書を読み上げることによって提案にしたいと思います。
意見書案第12号
                             平成17年9月1日
 岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
               提出者  岩沼市議会議員  松 田 由 雄
               賛成者  岩沼市議会議員  五十鈴川みよ子
                             安 住 文 彦
                             森   繁 男
                             布 田 一 民
                意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「政府・税制調査会の報告書に関する意見書」を別紙のとおり提出する。
            政府・税制調査会の報告書に関する意見書
 政府税調は、6月に「個人所得課税に関する論点整理」を取りまとめ、サラリーマンを中心にした庶民大増税の方針を打ち出した。年収 500万円の4人世帯で42万円もの増税計画に、国民から怒りの声が出されている。
 特に、増税策の大きな柱である、サラリーマン、自営業者や農業を含む 1,400万世帯が受けている配偶者控除の縮小・廃止に絡んで、「働かないで家でごろごろしている主婦が子供を産まない。パラサイト・ワイフ(寄生妻)というのが出てきた。つまり、変な生命力のない人たちがたくさん生じていて、お金を持ってぶらぶらしている。そういう人は淘汰してもらわないといけない」、「専業主婦で時間がいっぱいある人ほど、コンビニで買ってきた発泡スチロールで食べさせちゃうというのが多い」等、政府税調の品性を疑う発言を行っている。
 これは、議論というより感情むき出しのひぼう・中傷であり、発言者だけでなく、こうしたやりとりがまかり通る政府税調そのものの品性を疑うものであり、一方的に専業主婦とその世帯を悪玉に仕立てるのは、公平でも中立でもない。もはや政府税調に税制の公平を語る資格も「公平」を盾にとって国民に増税を迫る資格もないことは明らかである。
 国民所得が下がっている現況において、控除の縮小や廃止などで増税となれば、暮らしが苦しくなるのは明白である。また、可処分所得の減少によりさらなる消費不況に陥るおそれも多分にある。
 よって、政府におかれては、税制調査会の打ち出した給与所得控除・配偶者控除・扶養控除の見直し、所得税・住民税の定率減税の廃止を行わないことを強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
   平成17年9月27日
                       宮 城 県 岩 沼 市 議 会
 提出先  内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣
 備 考  地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
 十分な御審議をよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ここの今の文章のところに「可処分所得の減少によりさらなる消費不況に陥る……」というふうなことが書いてあるんですが、可処分所得の減少によってどれだけの消費不況を招くのか、その辺について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)提出議員、松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)後藤議員御存じのように、可処分所得というのは、過去2年間の収入合計から支払った所得税、住民税、社会保険料を差し引いた所得であるわけですけれども、これは断定するのではなくて「おそれ」があると。昔、橋本内閣が増税を行ったときに消費が落ち込んで、所得も含めて冷えてしまったと、そういう心配を書いてあるというふうにとらえてほしいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)12番後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)最近の我が国の経済状況を見ますと、経済的にも大分景気がよくなってきているというのが現状でありますけれども、ここの冒頭のところの、国民所得が下がっているということが現状のとらえ方というふうなことなのか、その辺についてもお答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)いろんな問題があると思うんですけれども、一つは、国民所得が低下をしているということと、労働者におかれては賃金のカット、あとは、仕事をしたくてもできないとなった場合に、家計の中でも消費支出が相当ふえてきて、要は、これ以上税金等が増えれば大変なことになると。そういう意味から、政府自民党、公明党連立政権におかれても、さきの総選挙においてのマニフェストでは、サラリーマン増税、政府税制調査会の方針はとりませんと明確に述べているんですね。武部幹事長に至っては「困ったものだ」というふうに、自民党、公明党も今の消費不況を心配して、政府税制調査会が提案をしていることについては好ましくないと明確に述べておりますので、後藤議員が言われたことは、その心配は当然だというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)この文章の中で、「働かないで家でごろごろしている」ところから、「発泡スチロールで食べさせちゃうというのが多い」と、こういう発言が会議の中であったと。これはだれが言っているんですか。これは結構けしからぬ発言だなというぐあいに思っています。
 それから、2点目、今の景気は、株価も上がってきている、個人消費も伸びてきている、企業の設備投資への意欲も出てきた。景気が回復基調にあるというのは、外国の方からのやつも情報修正されたりとか、かなりいい感じになってきている。ここで増税をすれば、意見書のとおり、景気は減速するだろうと私も思います。我々、この宮城県ではそういうのがまだまだ感じられないわけですけれども、そのうち来るだろうと今期待をしているわけですが、今度の自民党政府は「税制を総合的に見直す」と言っているわけです。例えば、ここの中では「廃止を行わない」と。要するに、たがをはめてしまっている状況にあるわけですが、松田議員は、例えば、消費税も含めた形の中での総合的な税制の見直しというのは必要だと思いますか、思いませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)第1問の、だれがパラサイトと言ったかと。渡辺議員はインターネットをやっていると思うので、インターネットで、政府税制調査会、主婦に対するひぼう・中傷と打てば出てきますので。名前は出ていないんですが、たしか評論家の猪瀬さんという方が言われたと。マスコミにも意見を求められて居直っていると。許せないというのが国民の大半であると思うんですね。この問題一つとってみても、女性をべっ視するというか、この岩沼市においても男女共同参画のフォーラムをやられていたし、一般質問でも多くの方々が男女共同参画について質問等もされているという立場を考えれば、許せないという立場でぜひ賛同してほしいなというのが……、ちょっと余計なことを言ってしまいましたが。
 第2点は、税制体系についてどう思うかということなんですけれども、私は別に私個人の税制体系を渡辺議員にどう思うかと言っているのではなくて、政府税制調査会のやっていること、提案していることについて言っているのであって、日本共産党の見解を述べているわけでも何でもないので。あくまでも政府税制調査会が言っていることについて、これはまずいんじゃないのと言っているのであって、あえてここで個人的な見解を述べる必要性は感じないということだと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ここには日本共産党とも何とも書いていないんですが、日本共産党の税制の云々を言えとは全然言っていないんですよ。これは松田議員個人で提出しているわけですから、個人の見解で構わないというぐあいに思います。
 それで、「減税の廃止を行わないこと」というのは……、ここに書いてあるのは、ある意味で税制の基本的なところがあるわけです。政府は消費税も含めて総合的に見直すと言っているわけです。ですから、松田議員はそういうような税制の見直しは必要と思うのか、思わないのかということを聞いているだけの話です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)明確な話で見直すべきではないと。いわゆる税調が出した答申については、さきの東京都議選でも、自民党は困ったものだと、こんなものを出されて。見直すなというふうに幹事長も述べているし、今度の自民党のマニフェスト、公明党のマニフェスト、そして連立政権のマニフェストについても「行いません」と。ということは、すなわち、税制はいじらないと。政党としての自民党、公明党も、連立政権についても、見直さないということだと思うんです。
 見直すという立場なのかどうかはちょっとわからないんだけれども、私は政府税制調査会の答申について述べているのであって、その答申はなじまないよというふうに理解していますし、理解してもらうのが必然的だなと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)なかなか質疑に答えていただけないという印象なんですが、お答えは要らないんですが、松田議員は、税制について自分の意見をお持ちでないというぐあいに理解してしまいたいと思いますね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第12号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、意見書案第12号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。初めに反対討論、6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)では、反対討論を行います。
 冒頭、今回の意見書に反対するからといって、増税に即賛成ということではないことをまず明確に申しておきたいと思います。
 政府税制調査会は6月21日、個人所得課税の見直しに関する報告書、今出ました「個人所得課税に関する論点整理」を公表しました。それを受けて、今回の意見書では、サラリーマンを中心とした庶民大増税の方針を打ち出したと、あたかも大増税ということだけを殊さら強調しております。
 政府税制調査会が発表した論点整理は、少子高齢化の進展を初めとする経済社会の構造変化の中で、所得課税のあり方の見直しに関して考え方を専門的な立場で整理したものであります。また、内容を見ても、大半が「検討」と表記されております。今回の報告書は、あくまでも課題を羅列した論点整理にすぎず、明確な方向性を示すようなものは決してありません。
 さらに、報告書の結びにかえてには、「いずれにせよ、納税者の理解と支持なくしてはこの改革は実現しえない。特に、国民に負担増を求めることになる場合には、国、地方を通じた徹底した行財政改革が必要である。当調査会では、国民の意見に幅広く耳を傾け、経済社会の変化に引き続き目を配りつつ、国民に支持される個人所得課税の姿を目指して引き続き議論を進めてまいりたい」と記載されております。
 仮に、国民の負担増を議論するにしても、歳出を切り詰めるなどが大前提であるのは当然です。国の財政は、今後、社会保障費の増大などで厳しい状況になることは予想されますが、だからといって、安易な増税をすることは私も許されないと思います。必要性の乏しい事業の廃止・縮小、公務員の総人件費の見直し、定員の削減などを通し、予算のむだを徹底的に排除することが最優先課題であると思います。公明党としても、こうしたむだゼロに今後も全力で取り組んでまいるわけでございます。
 しかし、公明党として、安定した年金改革のために、基礎年金の国庫負担を3分の1から2分の1に引き上げることについては、定率減税の見直しなど安定した財源の確保が必要であるということも提言をしております。さらに、今回の選挙でも、子育て次世代育成支援策として児童手当の拡充を強く主張しておりますが、この財源についても、税制と関連してくる場合もあるわけです。そこで、先ほど渡辺議員からもありましたが、与党間で合意されている2007年の抜本的な税制改革に向けて、税制と負担のあり方を議論するようになります。
 今回の意見書のように、国民の負担増だけを強調し不安をあおるような議論は避けるべきであります。何でもかんでも反対ということではなく、先ほど来、述べましたが、さまざまな課題を出しながら、国民にわかりやすい議論を進めることが必要であります。そこで、まず反対ありきのこの意見書には賛成できません。以上。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今の定率減税については、この意見書については、公明党の長田忠広議員から反対だという理由を述べましたけれども、定率減税そのものの見直しというのは、サラリーマンの働き盛りの方たちに本当に大きく影響を及ぼします。負担増になることは明確。それから、もう一つは、景気がよくなっているのではないかという議論もありましたけれども、一握りの企業は景気がよくなっているかもしれません。例えば、80年代の企業の利益と国民の給与を比較してみますと、企業の利益が上向きになったときには大体国民の給与も上向きになる。しかし、95年以降はどうかと、その相関関係はどうなっているかと見ますと、逆の相関関係が強まってきていると日本総研が言っています。政府の答弁においてもそういうことが明らかになってきている。企業の利益がふえても給料はふえないというのが、政府のリポートでも明確になっています。ですから、景気がよくなったから、だからいいんじゃないかという、見直しをしてもいいんじゃないかという理由は何もありません。
 それから、渡辺議員は松田議員に、日本共産党や松田さん個人で税制をどういうふうにするのかという質問をしましたけれども、とにかく一握りの大企業がもうかっているのは、それに手をつけないわけですから、収益が9兆円だと言われています。そして、国民家計収入が19兆円の減だというふうにも政府のリポートに出ているわけです。そういう意味では、大企業には手をつけないでおいて、国民にだけ見直しをするというような状況は絶対許すことができない。ですから、大企業の法人税の見直しなどはぜひやるべきだと思いますし、もちろん、高額所得者への見直しもぜひやるべきだと私は思います。そういう意味では、これでいいと言っているわけではありませんが、とにかく、国民への庶民負担はだめだということで、意見書案第12号の政府・税制調査会の報告書に関する意見書には大賛成です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、反対討論、16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)反対討論をさせていただきます。
 総合的に抜本的に政府は見直しをすると。そこの中には、五十鈴川議員の目のかたきの大企業の法人税なり、それから高額所得者の税率の問題なりも含めて見直しをするということになるわけでありまして、そういうことで、ここはやめろという足かせをはめるべきではないということで、反対をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第12号政府・税制調査会の報告書に関する意見書については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立少数であります。よって、本案は否決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 請願第1号 東部地区まちづくりの請願

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、請願第1号についてを議題といたします。
 教育民生常任委員会委員長から、付託をしておりました請願の審査結果についての報告を求めます。
 宍戸幸次教育民生常任委員会委員長、登壇の上、報告願います。
    〔宍戸幸次教育民生常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(宍戸幸次)
                             平成17年9月22日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                          教育民生常任委員会
                              委員長 宍 戸 幸 次
             請 願 審 査 報 告 書
 本委員会に付託を受けた請願については、慎重審査の結果、下記のとおり決したから、会議
規則第 134条の規定により報告する。
                    記
┌──────┬─────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │1                                │
├──────┼─────────────────────────────────┤
│ 付託年月日 │平成17年9月6日                         │
├──────┼─────────────────────────────────┤
│件    名│東部地区まちづくりの請願書                    │
├──────┼─────────────────────────────────┤
│委員会の意見│・東部地区においても、多様化する市民ニーズにこたえるための地域密着│
│      │型複合施設の設置が必要と考える。                 │
├──────┼─────────────────────────────────┤
│ 審査結果 │採択すべきもの                          │
├──────┼─────────────────────────────────┤
│措    置│市長並びに教育委員長に送付し、その処理の経過及び結果の報告の請求 │
└──────┴─────────────────────────────────┘
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより委員長報告に対する質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。請願第1号東部地区まちづくりの請願については、委員長の報告は採択すべきものであります。請願第1号は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、請願第1号は委員長報告のとおり採択することに決しました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 委員会の閉会中の継続調査報告について
    (総務常任委員会の特定事件)
    委員会の閉会中の継続調査報告について
    (教育民生常任委員会の特定事件)
    委員会の閉会中の継続調査報告について
    (建設産経常任委員会の特定事件)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、委員会の閉会中の継続調査報告について、会議規則第 101条の規定により、総務常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告の件から建設産経常任委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査報告の件までの3報告を一括議題といたします。
 本件に関し、各常任委員長から調査結果についての報告を求めます。
 初めに、総務常任委員長の報告を求めます。
 総務常任委員会副委員長、登壇の上、報告願います。
    〔村上智行総務常任副委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務常任副委員長(村上智行)
                               平成17年9月27日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                            総務常任委員会
                              委員長 高 橋 孝 内
             委 員 会 調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│兵庫県川西市(人口 160,879人 面積 53.44km2 H17. 3.31現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月24日(火)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │行政評価について                        │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.評価方法について                      │
│  │     │  費用対効果が基本となるが、最終的には施策及び事業に対し、アウ│
│  │     │ トプット(事務量指数)よりもアウトカム(成果効果指数)を重視し│
│  │     │ た評価を一貫して行っている。加えて事業ごとの定数(人件費)事業│
│  │     │ についても、予算と一貫性を持たせたものとしている。      │
│  │     │2.外部評価について                      │
│  │     │  行政経営委員会を構成する学識経験者が中心となって行っている。│
│  │     │3.評価後の対応について                    │
│  │     │  行政にひと(職員)もの(政策)かね(財政)、いわゆる経営資源│
│  │     │ の有機的な連動をいかに充実させるかが不可欠であり、評価後の対応│
│  │     │ として重要なポイントである。                 │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 事業が終わればすべてが完了したというこれまでの慣行から脱却し、│
│  │     │いかに市民生活に安心と豊かさをもたらす施策があったかという評価方│
│  │ ま と め │法と、市民が参画できるシステムづくりに本市も移行すべきである。 │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│滋賀県栗東市(人口60,597人 面積 53.00km2 H17. 4.30現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月25日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │行財政改革について                       │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.市民との関わりについて                   │
│  │     │  職員は意識を改革して説明責任を果たし、行政評価及び各種改革を│
│  │     │ もって市民に常に語り行動に移す。               │
│  │     │  市民は今までにましてまちづくりに参画し、地域経営の視点から認│
│  │     │ 識と点検評価を改めて行っている。               │
│  │     │  お互いの情報見識を交換して共通の課題を結び、協働して問題の解│
│  │     │ 決にあたり、政策形成過程を持つことにより市民主役の市政を進めて│
│  │     │ いる。                            │
│  │     │2.目標の設置について                     │
│  │     │  平成17年度〜19年度の3カ年間、ひと、もの、財(かね)、情報を│
│  │     │ 改革のキーワードとして、スピード、スムーズ、スリム&ビルドで市│
│  │     │ 民と協働の風格と活気あるまちづくりを目標としている。     │
│  │     │3.今後の問題点について                    │
│  │     │  国の三位一体改革の財政危機回避のため、改革基本方針など行政サ│
│  │     │ ービスを継続実施する上で欠くことのできない依存財源が縮減され、│
│  │     │ 行政サービスに財が追いつかない。よって、戦略を持った目的達成型│
│  │     │ への転換により行政運営の再構築を進めている。         │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ どこの自治体も厳しい財政であり改革が求められている。     │
│  │     │ 当市としても市民と行政が協働で常に改革を休まず、常に検討し進め│
│  │ ま と め │なければならない。                       │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│愛知県知多市(人口82,985人 面積 45.43km2 H17.5.1現在)    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月26日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │防災対策について                        │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.災害情報伝達システム(安心・防災・ねっと)について     │
│  │     │  災害に関する情報を携帯電話、あるいはパソコンを介して迅速かつ│
│  │     │ 的確に市民等に伝達するという目的のもとに、平成15年9月の運用開│
│  │     │ 始以来、現在では 885名の登録者があり市民からも好評を得ている。│
│  │     │2.地震対策アクションプランについて              │
│  │     │  地域防災計画に定める防災ビジョンを念頭に、これまで実施してき│
│  │     │ た地震対策を総括し、これから取り組むべき具体的かつ効果的な行動│
│  │     │ 計画を網羅することにより、地域防災計画の実効性を高めるとともに│
│  │     │ 地震対策を推進するための指針として作成されたものである。   │
│  │     │3.自主防災組織の設立状況について               │
│  │     │  昭和53年から各行政区ごとに自主防災組織が結成され、現在68組織│
│  │     │ が( 100%)設立されている。                 │
│  │     │  新設運営においても、きめ細かな支持体制が確立されており、単一│
│  │     │広域の防災訓練等により住民の防災意識を高めている        │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ アクションプラン、伝達システム、自主防災組織などソフト・ハード│
│  │     │面の充実が図られており、市民と行政が一体となり地震対策に取り組ん│
│  │ ま と め │でいる。財政状況などの違いはあるが参考にすべき一例である    │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、教育民生常任委員長の報告を求めます。
 宍戸幸次教育民生常任委員長、登壇の上、報告願います。
    〔宍戸幸次教育民生常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(宍戸幸次)
                               平成17年9月27日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                            教育民生常任委員会
                              委員長 宍 戸 幸 次
             委 員 会 調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│東京都武蔵野市(人口 132,515人 面積 10.73km2 H17.4.1現在)  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月10日(火)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │地球温暖化対策について                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.教育委員会としての地球温暖化に対する考え方について     │
│  │     │  環境問題を総合的に推進するために、平成11年3月に武蔵野市環境│
│  │     │ 基本条例を制定し、同年12月に基本計画を策定した。環境への負荷が│
│  │     │ 少ない循環型のまちを掲げ、強力に推進すべき施策としてエコアップ│
│  │     │ 事業の五つの柱を設定した。施策の方針では、資源・エネルギーの循│
│  │     │ 環的利用等を推進するため、率先して市関連施設に太陽光発電設備な│
│  │     │ ど化石燃料から新エネルギーへの転換を図っている。この基本計画に│
│  │     │ 沿った新たな学校像の方針に、「地球環境に配慮した学校」を掲げ、│
│  │     │ 自然環境との共生を視野に入れ、自然界のさまざまな情報を体験でき│
│  │     │ る場として、ビオトープ・屋上緑化を初め、トイレ・校庭散水の雨水│
│  │     │ 利用や床涼温房システムの導入を図っている。また、セカンドスクー│
│  │     │ ル事業として、小学校5年生と中学校1年生を対象に、自然豊かな農│
│  │     │ 村・漁村で4泊5日〜9泊10日の長期宿泊体験も実施している。  │
│  │     │2.環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備事業に関するパイ│
│  │     │ ロット・モデル事業の取り組みについて             │
│  │     │  市の基本計画に沿ってエコスクールを積極的に推進している。平成│
│  │     │ 13年3月に全小・中学校でISO14001を取得し、環境に配慮し│
│  │     │ た学校運営をしっかりと行っている。太陽光発電設備は平成12年度か│
│  │     │ ら年次計画で設置し、現在は6小学校で設置している。ビオトープは│
│  │     │ 平成10年度から年次計画で推進し、現在は12小学校で設置している。│
│  │     │ また、屋上緑化は2小学校で設置している。モデル事業として取り組│
│  │     │ んだ大野田小学校の改築については、文部科学省基準の改築補助対象│
│  │     │ 事業で進め、次の点が特徴的であった。             │
│  │     │(1) 欄間窓による通風を併用する床輻射「涼・温房」を採用し、冷や │
│  │     │ し過ぎず暖め過ぎない体に優しい空調              │
│  │     │(2) 各学年の教室から連続するテラスに屋上緑化設置        │
│  │     │(3) 約20kWの太陽光発電設備を設置                │
│  │     │(4) 家庭用としては世界初の固体高分子型燃料電池を、全国の自治体 │
│  │     │ で初めて設置                         │
│  │     │(5)ランチルームやけやきホールに多摩産材を利用した木とアルミの複 │
│  │     │ 合サッシを使用                        │
│  │     │(6) バルコニーを利用した奥行き2mのひさしの設置、複層ガラスの │
│  │     │ 採用など、屋上緑化や屋根・外壁の断熱材使用についても次世代省 │
│  │     │ エネ基準への準拠                       │
│  │     │(7) トイレ・校庭散水に雨水を利用                │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 地球温暖化対策は行政に課せられた最重要課題の一つである。環境条│
│  │     │例なるものの制定も一つの方策であり、行動計画を具現化するためのソ│
│  │ ま と め │フト面・ハード面の一体的な取り組みは不可欠と思われる。教育委員会│
│  │     │が所管する施設は、行政全般に占める割合からしても大きく、また、児│
│  │     │童生徒への環境教育も重要な教育行政と認識している。国では、学校施│
│  │     │設(エコスクール)の整備事業に関するパイロット・モデル事業等、環│
│  │     │境対策の補助金制度を創設しており、これらを活用しながらできるとこ│
│  │     │ろから整備を図り、市民・事業所等も巻き込んだ計画を早期に策定する│
│  │     │必要がある。                          │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│埼玉県戸田市(人口 115,741人 面積 18.17km2 H17.4.1現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月11日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │学校の防犯対策について                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.小・中学校の警備体制について                │
│  │     │  小学校12校に警備員を設置(1日8時間体制)している。    │
│  │     │  中学校6校には「すこやかサポーター」を一人ずつ派遣し、学習補│
│  │     │ 助や部活支援のほか、不審者対応などにも重点を置き、校内の監視強│
│  │     │ 化を初め、下校時間には自転車に乗って地域を巡回している。また、│
│  │     │ 小学生への下校指導も行いながら、緊急時に子供が駆け込める「こど│
│  │     │ も 110番の家」を回り連携を深めている。            │
│  │     │2.6/8 を「子どもの安全を守る日」と制定した経緯とその週間の活 │
│  │     │ 動内容について                        │
│  │     │  平成13年6月8日に大阪教育大附属池田小学校で起きた児童殺傷事│
│  │     │ 件を教訓に、14年度から子供たちがみずから安全を守る意識や、学校│
│  │     │ ・家庭・地域が一体となって子供の安全を守る意識の高揚を目的に、│
│  │     │ 6月8日を「子どもの安全を守る日」と定めた。取り組みとしては、│
│  │     │ 教育委員会による広報活動、各小・中学校では避難訓練、防犯ブザー│
│  │     │ の活用訓練と点検、学級活動での話し合い、講演会などを実施してい│
│  │     │ る。                             │
│  │     │3.地域ぐるみの防犯対策について                │
│  │     │  学校・PTA・警察等で組織する「子どもの安全を守る日」推進委│
│  │     │ 員会を設置している。推進委員会では、市からの補助金を活用し、横│
│  │     │ 断幕・ポスター・ステッカーの作成、防犯スプレーの配付、また、緊│
│  │     │ 急時対応マニュアルの作成などを行っている。さらに、市職員(次長│
│  │     │ 職以下)約 970人が交代で週3回、市内全域を対象とした防犯パトロ│
│  │     │ ールを実施している。また、保護者・地域の方に「子ども見守り隊」│
│  │     │ としての協力を願うなどの取り組みをしている。         │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 池田小学校の事件を教訓に、学校の安全対策が抜本的に見直されてき│
│  │     │た。しかしながら、児童生徒を巻き込んだ事件は後を絶たない。完璧な│
│  │ ま と め │安全対策は現実的には無理と理解しつつも、万が一にも事件・事故に遭│
│  │     │わない対策と取り組みは、当然の使命と受けとめている。ふれあいパト│
│  │     │ロール隊が立ち上げられたのも、過去の事件を教訓にできたものと認識│
│  │     │している。よりよい安全対策は日々検討されていることとは思うが、指│
│  │     │導助手の役割や学校に従事する職員の役割も検討すべきと思われる。い│
│  │     │ずれにしても、学校・地域・行政機関等との緊密な連携は不可欠である│
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│東京都千代田区(人口43,210人 面積 11.64km2 H17.4.1現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月12日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │生活圏内介護予防について                    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.介護予防モデル地区に指定されての活動内容について      │
│  │     │  介護予防推進モデル地区重点支援事業の指定を受け(事業期間は │
│  │     │ 平成16〜18年度の3カ年)、「ハッピーライフ 100」や「おたっしゃ│
│  │     │ 21」を推進している。その効果の実証では、全高齢者を対象に、福祉│
│  │     │ 部門と保健部門が連携し、健診の機会等を利用したスクリーニングを│
│  │     │ 行い、対象者の選定、個別の介護予防プランの適用と評価を実施。要│
│  │     │ 介護度の変化など介護予防の効果をマクロ的に実証する。     │
│  │     │2.特に「おたっしゃ21」・「ハッピーライフ 100」の具体的な取り組│
│  │     │ みについて                          │
│  │     │ (1) 「おたっしゃ21」とは、おおむね65歳以上の方を対象に問診18項│
│  │     │  目、測定3項目からなっている予防簡易健診である。費用は無料。│
│  │     │  受診方法は区内の高齢者センター・公共施設・イベント会場等で行│
│  │     │  っている。                         │
│  │     │ (2) 「ハッピーライフ 100」とは、65歳・70歳・75歳・80歳になる方│
│  │     │  と、要介護認定で自立・要支援・要介護1と判定された方を対象に│
│  │     │  日常生活の健康度を調べることにより、転倒・失禁・うつ等の生活│
│  │     │  不具合を早期に発見し、改善プランを作成するもの。費用は 1,000│
│  │     │  円。取り組みは、問診、握力等の検査、歩行速度の測定、歯科口腔│
│  │     │  検査、骨密度の測定等。測定後約3週間後に結果を渡し、適切な予│
│  │     │  防アドバイスを提示する。                  │
│  │     │3.地域での介護予防施策のシルバートレーニングスタジオについて │
│  │     │  生活圏内での介護予防の視点から、区内3カ所で行っている介護予│
│  │     │ 防拠点のこと。スタジオでは、健康運動指導士のもと、東京都老人総│
│  │     │ 合研究所が作成したビデオを見ながら、いすに座ってできるような簡│
│  │     │ 単な体操をしている。実施箇所を今後6カ所予定とのこと。    │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 介護保険制度の見直しで、今後、介護予防に力を入れていくことにな│
│  │     │る。さらに、その中で、生活圏内での介護予防拠点を整備していくこと│
│  │ ま と め │になる。                            │
│  │     │ 当市においては、小学校学区(生活圏内)に1カ所ずつ介護予防拠点│
│  │     │を整備していくようであるが、その整備においても、既存施設の組み合│
│  │     │わせや工夫によって十分対応できると思う。そこで、平成18年度を目指│
│  │     │して、今年度内にしっかりとした計画を進め、市民の希望にこたえられ│
│  │     │る対応を望む。                         │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、建設産経常任委員長の報告を求めます。
 長田雅裕建設産経常任委員長、登壇の上、報告願います。
    〔長田雅裕建設産経常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

建設常任副委員長(長田雅裕)
                               平成17年9月27日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                            建設産経常任委員会
                              委員長 長 田 雅 裕
             委 員 会 調 査 報 告 書
 本委員会の閉会中の継続調査事件について、会議規則第 101条の規定に基づき別紙のとおり報告します。
 別紙
┌──┬─────┬────────────────────────────────┐
│I │調 査 地│愛知県豊橋市(人口 377,839人 面積261.36km2 H17.4.1現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月17日(火)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │土地区画整理組合事業について                  │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.道路や公園等の公共施設整備について             │
│  │     │  組合事業は、新市街地の住環境整備を主体としている。     │
│  │     │  公共施設整備については、基本構想等上位計画をもとに、地区内外│
│  │     │ の現況、資金計画、地権者要望等を勘案するなかで事業計画(整備計│
│  │     │ 画)の策定を行っている。                   │
│  │     │  整備前の公共用地率は10%前後であるが、整理後は30〜35%である│
│  │     │2.商業地と住宅地の調和について                │
│  │     │  事業の仮換地指定に合わせ、地区周辺の用途と関連づけ用途見直し│
│  │     │ を行うが、郊外部の新市街地整備のため住居系用途が主体である。主│
│  │     │ に幹線道路沿線に第一種住居地域、その他は第一種中高層住居専用地│
│  │     │ 域を配置している。                      │
│  │     │3.販売手法と現状について                   │
│  │     │  事業の初期段階の仮換地指定に傾注、保留地処分に至っていない。│
│  │     │ 今後、保留地ローン制度やインターネット等への情報掲示等について│
│  │     │ 検討していく。                        │
│  │     │4.今後の課題について                     │
│  │     │  (1) 地権者負担の軽減                    │
│  │     │   ・事業メリットの減少(付加価値)             │
│  │     │  (2) 財源の安定確保                     │
│  │     │   ・国庫補助金                       │
│  │     │   ・保留地処分金                      │
│  │     │  (3) 合意形成                        │
│  │     │   ・折衝、交渉等                      │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │1.市街地整備を含めた事業展開をしている。健全な市街地を総合的に│
│  │     │ 公共施設の整備、改善に努めている。              │
│  │ ま と め │2.本市においては、厳しい社会環境の中での事業であることから、市│
│  │     │ の強力な指導、協力が必要である。               │
│  │     │3.朝日地区の区画整理事業については、都市計画道路亀塚線が計画さ│
│  │     │ れており、積極的に推進すべきである。             │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│II │調 査 地│愛知県岡崎市(人口 355,359人 面積226.97km2 H17.4.1現在)   │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月18日(水)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │産業振興対策について                      │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.おかざき農遊館・農業バイオセンターについて         │
│  │     │ (1) 建設の目的と経緯について                 │
│  │     │   農業バイオセンター計画の一環として、新鮮な地元農産物の展示│
│  │     │  即売を通じて、生産者と消費者が相互にふれあい、交流する場を提│
│  │     │  供することを目的に建設した。                │
│  │     │ (2) 消費者と生産者の交流状況について             │
│  │     │   ふれあいイベント交流会を平成16年度は16回開催し、消費者と生│
│  │     │  産者との交流を図っている。                 │
│  │     │   生産者と消費者の交流により農林業への理解を深め、市民のニー│
│  │     │  ズに即した農林産物の生産を促し、農林業の振興と活性化を図って│
│  │     │  いる。                           │
│  │     │ (3) 市民の反応、利用状況について               │
│  │     │   平成16年度入場者91万 3,000人、売上高6億 1,300万円で、89%│
│  │     │  が市民の利用である。                    │
│  │     │   出荷友の会会員は 300名ほど登録されている。        │
│  │     │ (4) 商業の活性化にどう生かされているか            │
│  │     │   地産地消の推進モデルとなっており、第二農遊館(ふれあいドー│
│  │     │  ム)、高速道路サービスエリアや銭湯の附帯施設の構想、量販店コ│
│  │     │  ーナーなど地域の活性化に貢献している。           │
│  │     │ (5) 今後の課題について                    │
│  │     │   指定管理者制度の導入と「食の安全・安心・新鮮」のためのさら│
│  │     │  なる地産地消の推進が課題となっている。           │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 第三セクターによる運営であるが、設立時の考え方が市民(農業生産│
│  │     │者・消費者)の反応を踏まえて実施している。本市においては、農村環│
│  │ ま と め │境改善センターとハナトピアのドッキングを図るべきと思われる。また│
│  │     │JAを初めとした農業の専門的知識を持った職員の配置も必要である。│
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│III │調 査 地│愛知県碧南市(人口71,941人 面積 35.86km2 H17.4.1現在)    │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査月日 │平成17年5月19日(木)                     │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 調査事件 │産業振興対策について                      │
│  ├─────┼────────────────────────────────┤
│  │概   要│1.あおいパークについて                    │
│  │     │ (1) 建設の目的と経緯について                 │
│  │     │   平成7年4月農村資源活用農業改善事業実施計画の認定を受け、│
│  │     │  平成10年4月に開園をした。                 │
│  │     │   担い手や後継者に恵まれているとはいえ、地域農業の脆弱化と農│
│  │     │  用地の減少が進んでいる中で、総合交流ターミナル施設は、地域資│
│  │     │  源を生かした新たな産業起こしや農家の育成及び所得・雇用機会の│
│  │     │  創出を目的とし農業・農村の活性化を図っている。       │
│  │     │ (2) 市民の反応、利用状況について               │
│  │     │  1) 農家の反応                       │
│  │     │    「本当によいものを出せば必ず人は集まる」との信念を持って│
│  │     │   出荷した農家の努力に、オープン後の好調な売れ行きと評判が追│
│  │     │   い風となり、 281名の部会員を数える。           │
│  │     │  2) 利用状況                        │
│  │     │    平成16年度の浴室・遊具・体験農園等の利用来園者は 108万 │
│  │     │    7,000人、産直市は30万人、3億 7,800万円の売り上げだった。│
│  │     │ (3) 商業の活性化にどう生かされているか            │
│  │     │   農業以外の地域の特産物ということで、海産物・農畜産物・園芸│
│  │     │  用品等を施設の役割に影響しない範囲で受け入れ、施設内に「へき│
│  │     │  なん優良みやげ推奨品」展示コーナーを設置し、PRを実施した。│
│  │     │  (販売は行わない)                     │
│  │     │ (4) 今後の課題について                    │
│  │     │  1) 施設を拠点として、農家・農業団体等がこの施設を利用して、│
│  │     │   所期の目的を達成すべく事業展開し、地域農業の振興に結びつけ│
│  │     │   ていくこと。                       │
│  │     │  2) 施設の充実を図り、臨海部にある明石公園・水族館・つり広場│
│  │     │   ・たんトピア等の各施設との連携を強化し、魅力あるベイエリア│
│  │     │   として、来園者の確保に努めること。            │
├──┼─────┼────────────────────────────────┤
│  │ 委員会の │ 一般市民にも、十分農業を理解できるユニークな施設である。   │
│  │     │ 本市においては、ハナトピアの活性化について、将来を見据えてJA│
│  │ ま と め │を初めとした関係機関との連携を図り、物販施設の拡充強化を図るべき│
│  │     │と思われる。                          │
└──┴─────┴────────────────────────────────┘
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
 初めに、総務常任委員長の報告について質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 総務常任委員長の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員長の報告のとおり了承願います。
 続いて、教育民生常任委員長の報告についての質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 教育民生常任委員長の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員長の報告のとおり了承願います。
 続いて、建設産経常任委員長の報告について質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 建設産経常任委員長の特定事件に係る閉会中の継続調査報告については、委員長の報告のとおり了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 委員会の閉会中の継続調査中間報告について
     (情報化対策特別委員会の特定事件)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、委員会の閉会中の継続調査中間報告について、会議規則第44条第2項の規定により、情報化対策特別委員会の特定事件に係る閉会中の継続調査中間報告の件を議題といたします。
 本件に関し、情報化対策特別委員長から調査結果についての中間報告を求めます。
 村上智行情報化対策特別委員長、登壇の上、報告願います。
    〔村上智行情報化対策特別委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

情報化対策特別委員長(村上智行)
                               平成17年9月27日
岩沼市議会議長 沼 田 健 一 殿
                            情報化対策特別委員会
                              委員長 村 上 智 行
            委 員 会 調 査 中 間 報 告 書
 本委員会に付託された調査事件について、会議規則第44条第2項の規定に基づき別紙のとおり中間報告します。
 別紙
┌─┬─────┬────────────────────────────────┐
│I│調 査 地│千葉県市川市(人口 464,582人 面積 56.39km2 H17.4.1現在)   │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │ 調査月日 │平成17年7月8日(金)                     │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │ 調査事件 │市議会の情報公開について                    │
│ ├─────┼────────────────────────────────┤
│ │概   要│1.市議会ホームページについて                 │
│ │     │  平成10年1月に開設、平成12年8月、会議録検索システムを導入。│
│ │     │ 更新、運用については議会事務局職員2名が対応し、外部委託等は行│
│ │     │ っておらず、制作、更新費等は発生していない。更新は各定例会にあ│
│ │     │ たり10回程度行っている。コンテンツの内容は、議会の概要、議員構│
│ │     │ 成、審議日程、会議録検索、議会ライブ中継、議長交際費等となって│
│ │     │ いる。                            │
│ │     │  運用コストは市当局の総務費に計上しているため、議会による費用│
│ │     │ 負担はない。                         │
│ │     │2.議会ライブ中継について                   │
│ │     │  平成14年6月定例会から開始、従来からある中継カメラを活用し生│
│ │     │ 中継、当日の午後7時から録画中継を行っている。システム導入、運│
│ │     │ 用費用は市当局の総務費計上となっているので議会による費用負担は│
│ │     │ 生じていない。システム運用、維持管理においても市情報システム部│
│ │     │ が市全体の情報システム管理の一環として行っており、録画中継にお│
│ │     │ いても情報システム部職員が更新作業を担当している。      │
│ │     │3.今後の議会の情報化をどのように考えているか         │
│ │     │  市当局と連携を図りながらホームページ開設、会議録検索システム│
│ │     │ 、インターネットライブ中継等により議会の情報化を推進しているが│
│ │     │ 、今後も市川市情報システム部と、より一層の連携を図りながら市民│
│ │     │ ニーズに対応した議会の情報化を検討していく。         │
├─┼─────┼────────────────────────────────┤
│ │ 委員会の │ 議会の情報化を推進する上で市当局との連携が必要不可欠である。現│
│ │     │在の情報システム構築、運用等においても、議会単独では費用や労力等│
│ │ ま と め │の面からも効率的ではない。調査地の市川市においては市当局の積極的│
│ │     │な情報化施策が行われており、それに比例して議会の情報化が進められ│
│ │     │ている。ライブ中継等も普段、議会を傍聴することができない市民が、│
│ │     │いつでも、どこでもインターネットを利用することで議会を見ることを│
│ │     │可能にした。このように情報化技術を活用すれば、市民に対し「より開│
│ │     │かれた議会」を進めることになる。しかし、人口規模、財政規模等の面│
│ │     │からも十分な検討が必要である。本市議会においては、ホームページの│
│ │     │開設、会議録検索システムの導入、エフエムいわぬまによる議会放送が│
│ │     │行われており、議会ライブ中継の必要性は認めつつも十分な検討が必要│
│ │     │である。                            │
│ │     │ 今後、本市議会の情報化を進めるには、市執行部との連携、従来の議│
│ │     │会だより、ホームページ等のより一層の充実を図るなどして、議会に対│
│ │     │する市民ニーズに十分対応できるような調査、検討をすることが必要と│
│ │     │考える。                            │
└─┴─────┴────────────────────────────────┘

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 情報化対策特別委員長の閉会中の継続調査中間報告については、委員長の報告のとおり了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって本議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 よって、平成17年第3回岩沼市議会定例会を閉会いたします。
 それでは、皆さん御起立願います。 ── 御苦労さまでございました。
    午前11時1分閉会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 加 藤 政 勝

                   議 員 布 田 恵 美