議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(5日目) 本文




2005.09.15 : 平成17年第3回定例会(5日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は19名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、17番安住文彦議員、18番梶谷洋夫議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 承認第10号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第3号))
     承認第11号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第1号))

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、承認第10号及び承認第11号の2件を一括して議題といたします。
 これより承認第10号及び承認第11号の2件に対して一括して質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております承認第10号及び承認第11号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、承認第10号及び承認第11号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより承認第10号及び承認第11号の2件について、1件ずつ討論、採決をいたします。
 これより承認第10号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。承認第10号専決処分の承認を求めること(平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第3号))については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。
 これより承認第11号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。承認第11号専決処分の承認を求めること(平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第1号))については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり承認されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 議案第49号 岩沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の制定について
     議案第50号 岩沼市心身障害者医療費の助成に関する条例の制定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、議案第49号及び議案第50号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)議案第49号についての質疑をいたします。
 ようやくここまで来たかなというような状況と私は思っています。乳幼児医療費の助成に関する条例、これは所得制限が撤廃されてはおりませんけれども、第3条の2項については、それなりの所得があった人は助成対象にはしないということですが、仙台市などは所得制限も撤廃するということ等の方向で今検討中でございますけれども、岩沼としては、対象者が何人で、所得制限にかかっている人は何人なのか、数字でお知らせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)乳幼児医療の関係で、助成対象者につきましては約 2,500人でございます。そのうちで約1割弱が所得制限で対象外になるという状況になってございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)国の中でも県でも岩沼市などでも、今、次世代子育て育成支援をどんどん前に進めてやられておりますけれども、そういうことからしたらば、1割、10%の方が対象外だということですけれども、こういう機会に検討されたのかどうかお聞かせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)乳幼児の医療費助成につきましては、県の補助制度でやっております。その中で、所得制限につきましては、一つの経済支援という側面の中で、検討はされておらなかったと思います。具体的に岩沼でということではなくて、県全体での補助事業ということで対応しておりますので、そのような状況で、所得制限を今後とも維持していくという状況にございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)子育て支援ということではさまざまな施策があると思うんですよね。だけれども、若いお母さんたちがいつでも安心して病院にかかれるような状況をつくってほしいというような状況がずっと今まであったと思います。それで、岩沼独自の施策で年齢をずっと引き上げてきたということもありますが、私は、こういうときだからこそ、こういう機会に、新たな条例を提案する時期にやはり検討していただきたいなと思いますが、今後、どういう方向で考えられるのか、お聞かせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)子育て支援という非常に重要な部分、特に経済的な支援も大切な状況であるということはよくわかるわけであります。特に、経済的な負担になるのは、やはり医療費が非常に大きいわけでありまして、その意味では、乳幼児医療費の助成ということは大きな課題かなというふうに思っております。
 市の中では岩沼は決して見劣りがする状況ではありませんが、前回の議会におきまして6番議員から御質問をいただきまして、それにもお答えをさせていただいたわけでありますが、新年度からは対象を若干引き上げたいと考えております。ただ、できることならば……、よその進んでいるところといいますか、非常に対象を広くとらえているところは学齢時まで、あるいは高校卒業時まで対象にしているところがありますが、しかし、国全体としての医療費の動向、あるいは岩沼市としての医療会計等の厳しい状況を考えますと、なかなか簡単には「はい、やります」というふうにお答えはできません。しかしながら、繰り返しになりますが、子育て支援の大きなポイントだということでありますので、何とかぎりぎりの選択で対象年齢の引き上げを新年度から行いたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第49号及び議案第50号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第49号及び議案第50号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第49号及び議案第50号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第49号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第49号岩沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の制定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第50号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第50号岩沼市心身障害者医療費の助成に関する条例の制定については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 議案第51号 岩沼市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正
           する条例について
     議案第52号 岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、議案第51号及び議案第52号の2件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)議案第52号の岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例について、数字で大変恐縮ですけれども、お知らせをいただきたいと思います。
 この条例は、介護保険法の見直しの中で提案をされているものでもあります。4項の食費及び居住費の中の、基準費用額から食費の負担限度額を控除した額、それから、居住費も同じですけれども、基準費用額というのはどういうふうに考えればいいのか。
 それから、例えば、施設入所の方は、食費及び居住費について、所得によって違うかもわかりませんが、1日どのくらいの負担を強いられるようになるのかということをお答えいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)まず1点目につきましては、一つの基準額がございまして、いわゆる低所得者に対しては三つの段階がございます。ここにその限度額を設定してあります。その差額は保険給付の方から給付するというぐあいになってまいります。
 2点目の、1日どれくらいの負担になるかということですが、1カ月単位で回答申し上げます。これは、居住費の、個室とか相部屋によって基準額が違ってまいります。特に、これは全体的になんですが、相部屋に入っている方が非常に多いので相部屋の場合で申し上げます。
 基準額の方については、1カ月の負担増が2万 7,600円と試算されております。第1段階 ── 老齢福祉年金の受給者とか生活保護を受けている方、この方につきましては負担はありません。要するに、従来どおりとなってまいります。第2段階という階層区分の方につきましては、逆に 3,300円ほど負担が減になるという試算になっております。第3段階の方につきましては1万 4,100円ほどの負担増になるというようなことが示されております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)部会の中で、介護保険料の未納、不納欠損も金額として出てきています。それとは全然関係ないというふうにはならないだろうと思うんです。これは国の制度の中で行われたものであるとはいえ……、第1段階は老齢福祉年金だとか生保の方たちは負担はないということですが、第2段階はマイナス 3,300円ということです。基準額としては2万 7,600円の負担になるということですけれども、介護保険の利用者のことを考えると、先ほど言ったような、不納欠損や保険料の滞納などがあるようなときに、新たな負担を求めていいのだろうかと私は思っているんです。そのときに、制度的にはこういう決まりなので、制度をいじくることはできませんけれども、岩沼としての、利用料の減免をしたときのような市独自の考え方を持ち込むことはできなかったのかどうかということをお聞かせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは国の方で決めたということでありますが、確かに、御指摘をいただきましたように、保険者は岩沼市であります。したがいまして、岩沼市が責任を持って対応しなければならないことだということは大前提としてあるわけであります。
 今回の改正につきましては、もちろん、負担がふえる層とそうではない層があるわけでありますが、多くの皆様方、特に、一定以上の所得のある方につきましては負担がふえるということであります。しかしながら、国が今回の改正の制度の趣旨として特にお話をいただいているのは在宅と施設の格差ということであります。在宅の方は家で暮らしているわけですから、食費も居住費もすべて負担をすると。しかしながら、施設の方は余り負担をしていなかったという現実がありますので、そのあたりのバランスをとるということも当然の行き方なのかなと思っております。したがいまして、今回の改正は、我々としてもしっかり受けとめて、それを具現化していかなければならない。
 しかしながら、実は、大きく変わる方がおられるわけであります。簡単に、今までただで食べていたんだから負担するのは当たり前だと。これは理屈としてはごく当たり前なことでありますが、そうはいいましても、現実は、施設に入っておられる方が2万、3万というプラスがあるとすれば、これは結構大変なことでありますので、どうにかできないのかということで、我々としても種々検討してきているわけであります。しかしながら、そこで岩沼市としてその建前を崩してしまうということは、これからの介護保険制度を維持する上で非常に大きな問題があるということでありますので、建前というのはやっぱりきちっり実現をしていかなければならない、実行していかなければならない。しかしながら、激変を緩和する措置はできないものかどうかと。実は、まだ結論が出ませんが、いろいろ検討している最中であります。何とか具現化できればいいわけでありますが、しかし、これも、じゃ2年間です3年間ですという限定でやったとき、4年目はどうするんですかとなると、やってきたんだからまた延長しなさいという、五十鈴川議員は恐らく言われないとは思いますが、結構そういう議員とかが多いわけでありますので、こういうことをやっていいのかなと。
 しかしながら、繰り返しになりますが、実際に、今申し上げましたように、これまで何万かの施設でお世話になって費用を負担していたと。それに、食べるんだから当たり前だといったところで、2万、3万という額がふえるのはどうかなと。ですから、十分検討してといいましても、10月1日から施行されますので、その前に方向づけをしなければならないわけでありますけれども、例えば、事務の煩雑さなども出てきますので、まだ明確にお答えできませんが、検討は十分しているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)これまで、介護保険を導入をしたとき、あるいは法的に変わったというようなときは、経過措置というのがあったんですよね。ありました。けれども、今回は経過措置がない。ほとんどない。スパッと10月1日からとなっていることに大変な不安を抱えているし、高齢者の人たちというのは一日一日ですので、そういう意味では、今、市長が言われたように、岩沼でどういうふうなことができるか。10月1日からそれが適用されるようになるかどうか私はわかりませんけれども、岩沼市独自の介護保険の条例もつくりましたので、そこのところは、市長は福祉の行政のプロのような方ですから、そういう意味では、いろんな手法を考えてやっていただければなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)プロというのは褒めていただいたのかどうかわかりませんが、ただ、実際のところ、介護保険の会計にいたしましても大変厳しい状況でありまして、結果として、何か新しいことをするとすれば、原則としては保険料にはね返るということであります。今回の改正は、できるだけ保険料を上げないようにしたいということでありますし、我々としてもできるだけ保険料を低く抑えたいと考えております。したがいまして、新たなことをするに当たっては、やはり一般会計でという格好になるわけでありますが、御承知のとおり、相当額の、それこそ市の借金返し以上に各種会計に対する繰出金をしておりまして、そのことがかなり一般会計を圧迫しているという状況でありますので、一般会計から簡単に相当額の繰り出しというのは難しい状況ではありますが、激変緩和ということも非常に重要なポイントだということでおりますので、なお検討したいと思いますが、これはできるというお約束ではないということを申し添えまして、回答とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第51号及び議案第52号の2件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第51号及び議案第52号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第51号及び議案第52号の2件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第51号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第51号岩沼市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第52号についての討論を行います。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私は市長に相当額の補助を出してくれと言っているわけではありません。激変緩和の経過措置のために何とかならないだろうかと言っているのであって、相当額を負担してくださいというふうに言っているわけではありません。
 私は、岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例については反対です。
 というのは、今言われたように、今までだったら経過措置もあるのに、それがなくて、介護保険法が通って、そして、幾らも時間がたたないうちに自治体に押しつけてくると。今、市長も言われたように、事務的にも大変煩雑だということですが、私も、中にいる人たちは、担当者は大変だと思います。そういう意味では、しっかりと時間を経過した中でやるということであれば、それはそれでいいかもわかりませんが、経過措置も何もないこの条例を採択するわけにはいきません。ましてや、2万も3万もこれから個人負担が出てくるわけで、そういう意味では反対です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、賛成討論の発言を許します。6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)賛成の討論をいたしたいと思います。
 今回の介護保険の改正というのは、先ほど来、質疑がありましたが、在宅で介護を受けている方は住宅費とか食費は自己負担をしていると。ところが、入所している高齢者に関しては保険料で補っていたと。そういうことによって、その格差を是正することとともに、保険料を使うということは、結局、保険料が上がってしまうことを抑えると、その二つの側面があるという部分からの改正でありますので、私は賛成すると。
 さらに、先ほども話がありましたが、低所得者対応もしっかりしているということと、また、市長の話では、岩沼市でも、どうなるかはわかりませんけれども、激変緩和の措置も種々検討していると。そのような市当局の努力も買えるわけでございますので、私は賛成いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)次に、反対討論。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって討論を終結いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第52号岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第5 議案第53号 岩沼市火災予防条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第5、議案第53号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第53号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第53号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第53号岩沼市火災予防条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第54号 平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)について
     議案第55号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第56号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第57号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第58号 平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第54号から議案第58号までの5件を一括して議題といたします。
 初めに、議案第54号に対する補足説明を求めます。総務部長、登壇の上、説明願います。
    〔吉田勝総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)議案第54号平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)について補足説明を申し上げます。
 4ページをお開き願います
 第2表債務負担行為補正の追加でございますが、中小企業振興資金融資保証料補給金につきましては、中小企業の事業者が振興資金の融資を受けようとする場合には、宮城県信用保証協会から債務の保証を受けるものでありますが、中小企業者の負担軽減のため、市が保証料の全額を補給しております。市政報告で申し上げました預託金の増額に伴い、保証期間に応じて保証料を補給することとなりますことから、平成17年度から21年度までの期間において 1,833万円を限度とする債務負担行為を設定いたすものでございます。
 次に、新消防庁舎建設整備事業設計業務につきましては、当初、17年度に基本設計、18年度に実施設計の業務を行う予定でしたが、基本設計並びに実施設計業務につきましては一体的に行うことが効率的なことから、17年、18年度の複数年の契約をいたしたく、平成18年度までの期間において 2,660万円を限度とする債務負担行為を設定いたすものでございます。
 次に、変更の、中小企業振興資金融資補償金につきましては、中小企業振興資金は、金融機関及び宮城県信用保証協会の協力を得て融資資金のあっせんを行うもので、保証協会が損失を受けた場合に融資額の一部を補償するものでありますが、預託金の増額にあわせ、限度額を 1,200万円に変更いたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳入について御説明を申し上げます。
 8ページをお開きいただきたいと思います。
 10款1項地方交付税につきましては、7月初めに普通交付税の本算定を行い、7月27日付で県知事から交付決定の通知がありましたことから、 1,031万 9,000円を増額いたすものでございます。
 内容といたしましては、基準財政需要額が前年度比 2.7%増の66億 655万 6,000円、基準財政収入額が 4.7%増の52億 1,542万 5,000円という算定結果となり、この差し引き額から地方交付税法に基づく調整率による調整額 1,081万 2,000円を差し引いた13億 8,031万 9,000円の交付決定となったもので、前年度より 7,417万 8,000円、 5.1%の減となったものでございます。
 この要因といたしましては、基準財政需要額では、養護老人ホーム等保護費に係る国庫負担金が一般財源化されたことや、介護保険給付費、公債費などで増加しておりますが、基準財政収入額で所得譲与税譲与額の増、市民税の法人税割、固定資産税割が増加したことなど、基準財政収入額の増加率が大きくなったことによって、相対的に交付額が減となったものでございます。
 14款国庫支出金2項国庫補助金につきましては、知的障害者ショートステイの利用増に伴う支援費の増及び社会福祉法人が整備いたします介護予防拠点整備に対し、地域介護・福祉空間整備等交付金が上乗せされることになりましたことから、 957万 5,000円を増額いたすものでございます。
 15款県支出金2項県補助金は、宮城県の市町村支援策の一環として市町村振興総合補助金が創設されたことにより、既存の県単独補助事業が市町村振興総合補助金に統合されたことに伴う、既存補助金の組み替えのための補正を行っております。
 12ページをお開きいただきたいと思います。
 18款繰入金2項基金繰入金は、今回の予算調整によりまして、財政調整基金繰入金は 6,138万 8,000円を、減債基金繰入金は 5,432万 8,000円を減額いたすものでございます。
 なお、財政調整基金の17年度末現在高につきましては、16年度決算に係る基金繰入金1億 6,000万円を加えた15億 7,752万 1,000円の見込みでございます。また、減債基金の17年度末現在高につきましては6億 5,737万 4,000円の見込みでございます。
 19款繰越金は、平成16年度決算の歳入歳出差し引き額から翌年度へ繰り越すべき財源及び財政調整基金繰入額を除いた剰余金1億 4,734万 4,000円を17年度予算に繰り越しとして計上をいたすものでございます。
 次に、事項別明細書の歳出について御説明を申し上げます。
 14ページをお開きいただきたいと思います。
 3款民生費1項社会福祉費は、知的障害者ショートステイ支援事業で利用者が増加していることや、歳入で申し上げました高齢者福祉施設整備に係る補助金の増等により、 1,814万 1,000円を増額いたすものでございます。
 18ページをお開きいただきたいと思います。
 7款商工費1項商工費は、中小企業に対する制度資金預託金の増額等によりまして 5,051万円を増額いたすものでございます。
 20ページをお開きいただきたいと思います。
 9款消防費1項消防費は、新消防庁舎建設に係る設計業務につきまして、プロポーザル方式を取り入れたいと考えておりますことから、これらに係る関係経費及び地質調査業務等 674万 8,000円を増額いたすものでございます。
 24ページをお開きいただきたいと思います。
 24ページから29ページまでは、給与明細書でございます。
 30ページをお開きいただきたいと思います。
 30ページは、債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額及び当該年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を一括して行います。8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)一般会計補正予算について4点ほどお尋ねしたいと思います。
 第1点は、17ページの児童遊園管理業務について、この内容について教えてください。
 第2点は、19ページ、ごみ処理施設に要する経費として補正されておりますけれども、この内容について。
 第3点は、今、総務部長がお話しされましたように、そして、市長も市政報告で中小企業の融資制度の枠の拡大ということで、厳しいこの経済情勢の中で対応するということについては評価をするものでありますけれども、例えば、平成16年度において、実績報告の中で、中小企業の振興資金については、貸付件数が65件、小口融資が1件となっておりますが、この枠の拡大をする上で、どのぐらいの対象件数を想定して事業を行うのか。
 第4点目は、同じく19ページの道路維持補修事業なんですけれども、ここで補正されているわけですけれども、この間、台風とか大雨とか、市内にはかなり危険な道路、狭い道路などがありますが、一つは、道路維持補修に関して、優先順位というか、道路維持補修というのは、岩沼市内の中央部を見た場合に、電柱が飛び出ていて非常に危険だということもあるんですけれども、その辺も踏まえて道路維持補修事業というのは対応されているのか、お尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)最初に17ページの児童遊園の関係でございます。これにつきましては、西保育所の隣にあります北児童遊園の照明灯が大分老朽化しておりますので、それの補修を行うというものであります。
 次に、18ページ、19ページの清掃費の関係でありますが、これは、処理施設を整備した際に、起債の元利償還に対する一部について地方交付税で措置されております。そのものを今回補正するわけでありますが、特に、ごみ処理の関係につきましては 1,900万ほど多額になってございます。これにつきましては、13年度に名取のクリーンセンターと亘理の清掃センターでダイオキシン対策をとりました。その費用に対し交付税で措置されるものであります。当初予算で見込んだわけでありますが、その後に、元利償還に関します国の交付税の算入率がございますが、今年度、これが引き上げられた関係で、このような増額の補正をするというものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)中小企業の制度資金の貸し出しの予想ですが、16年度実績では、先ほどお話がありましたように65件、今年度の4月現在で 106件ということで、予算的には、融資限度額は、これまでは 8,000万の預託金の7倍、5億 6,000万ですが、今回の補正で1億 2,000万ということで 4,000万増ですが、今回から10倍の貸し付けということで県の保証協会と話をしておりますので、そうしますと12億まで貸し出せるということなものですから、予想としては 180件ぐらいまでは貸せるのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)道路維持関係でございますが、道路を補修したり工事をしたりする優先順位といたしましては、交通の安全が確保されているかとか、車が通った際に振動とか騒音により生活に支障がないかとか、その道路の交通量はいかほどかとかということを総合的に判断した上で優先順位を決めているわけであります。
 今回の補正でお願いしておりますのは舗装補修が主であります。したがいまして、今議員お尋ねの、電柱が危険なところ、要するに、狭隘道路の改修というところには至っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)最後の道路補修、詳しくは部会で質疑したいと思うんですけれども、考え方として、道路補修の場合、今、道路そのものが老朽化していまして、へこんだりして道路が冠水するということもありますので、このことも含めてこれから対応してほしいなと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)そのようなことで対応してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)4ページ、新消防庁舎云々と 2,600万の追加なんですが、プロポーザル方式での設計をするということですが、プロポーザル方式というのはどういうことなんですか。プロポーザル方式を説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)きのうの一般質問でもちょっとお話し申し上げましたが、設計を発注する場合には、例えば、価格のみの競争をするという形の一般競争入札とか指名競争入札とかというのがございます。そのほかに、会社側のアイデアを提供していただくというようなところを含めたプロポーザルとかコンペとかという方式がございます。コンペということになりますと、設計競技、要するに、わざを競うというような形で、設計内容そのものについての提案というのがコンペということになります。プロポーザルということになりますと、極端な話が、会社の資質、その仕事を行う設計者の能力、その辺を提案していただいて、会社を決めるということになります。
 今回は、コンペをある程度含んだ形のプロポーザルをしていただくと考えております。要するに、設計のわざも出していただく。なおかつ、会社側のPRもしていただくという形の中で設計業者を決定したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)わかったような、わからないような、頭が悪いので。それで、市としては、市の考え方というのをどこの場面で出すんでしょうかね。消防の方ではこうしたいとかああしたいという考えを設計業者に伝える時期というのはいつなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)市では、今現在、基本計画を策定して、それが完了しております。基本計画の中で、岩沼市の消防庁舎はこうあるべきだというのを定めております。その定めたものを条件として業者側に提案いたしまして、この条件の中で、よりよい消防署の設計を求むと、よりよい人材を求むという形で発注するという形になります。(「わかりました」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)今のと関連して。プロポーザル方式ということで、業者といいましたけれども、市としては何社ぐらいを想定しているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)通常、プロポーザルということになりますと、大体3社から7社ぐらいというのが一般的なようであります。そういう中で、できるだけ最大限の方向で検討していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)3社から7社ということで、最終決定は行政当局だと思うんですけれども、内部で決定するのか。それとも、外部の専門家を交えてか、そういう面は検討はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)現在検討中であります。検討中でありますが、業者の選定については、当然のことながら、指名委員会で決定するということになります。決定された業者からコンペで提案をいただいたものの審査につきましては、別組織をつくった上で審査するのがよいのではないかということで、今検討中であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)審査もなかなか難しいんですね。庁舎内部でできるものか、外部の専門家等いろいろありますので、談合のないようにやっていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本計画を練る段階におきましても広く市民の皆さんのお考えを伺えばいいところでありますが、専門的なものでありますので、消防団長さんとか、消防長経験者とか、あるいはまた、一般の方にも入っていただいて、いろいろ御意見をいただいて基本計画をつくってきたという経過がありますので、もちろん、指名をするにしては、市民の皆さんから、指名についてはどうですか、どこの会社を入れますかということは当然できないわけでありますので、こちらの方で行いますが、実際に出されたものについて審査をするに当たっては、外部の人、つまり、専門家とかの方々にも入っていただいて、よりよいものを選びたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)3款民生費の高齢者福祉施設整備事業の内容について御説明いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これにつきましては、ただいま桑原地区で建設予定の敬長福祉会の方で建物の2階に介護予防拠点施設を整備するということでございます。そういう事業に対して、国からの地域介護・福祉空間整備等交付金というものをいただくことになっております。
 この交付金につきましては、一たん市の方で収入して、それを事業者に市の方から交付するというようなことになりますので、その予算を歳入と歳出にそれぞれ 750万ずつ予算措置したというものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)そうしますと、南部地区の方での、桑原の部分での予防拠点ができるということになりますが、これは、今言ったとおり、空間整備交付金なので国の方のお金と。その分で、今度、市の方でプラスアルファで出す予定はあるのかということが一つと。
 あと、以前にも話をしましたが、小学校学区に一つということで、今後随時進めていくわけですが、今後の方向性はどのように考えているか。2点について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)1点目、市独自の助成ということでございますが、事務担当という立場でちょっと回答させていただきますと、担当とすれば、助成できればと思っております。市全体でどうするかは今後の検討というぐあいになっております。
 2点目の空間整備の計画でございますが、今回の地区については、まず、市の方では小学校区を単位に生活圏域を設定しようとしております。この地区については南小学校区の生活圏域ということで、少し計画の先取りの形で3年計画を整備したというものでございます。その中の一環で、今回、敬長福祉会の方で、1階はデイサービスセンター、2階は介護予防拠点整備というものを取り上げるようになったという中身でございます。
 残りの3地区につきましては、現在、事業計画を策定中でありますので、その中で具体的に計画していく予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第54号から議案第58号までの5件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第54号から議案第58号までの5件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第54号から議案第58号までの5件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第54号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第54号平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第55号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第55号平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第56号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第56号平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第57号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第57号平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第58号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第58号平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 議案第59号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更について
     議案第60号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更について
     議案第61号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更について
     議案第62号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更について
     議案第63号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合規約の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、議案第59号から議案第63号までの5件を一括して議題といたします。
 これより質疑を一括して行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第59号から議案第63号までの5件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第59号から議案第63号までの5件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第59号から議案第63号までの5件について、1件ずつ討論、採決を行います。
 議案第59号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第59号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地方公共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第60号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第60号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地方公共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第61号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第61号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第62号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第62号宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 議案第63号についての討論を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第63号宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合の規約の変更については、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 休憩をいたします。
 再開は11時10分といたします。
    午前10時58分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時10分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第8 認定第1号 平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第3号 平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第4号 平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第5号 平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第6号 平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第7号 平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第8号 平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成16年度岩沼市水道事業会計決算認定について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第8、認定第1号から認定第9号までの9件を一括して議題といたします。
 初めに、決算関係議案に対する補足説明を求めます。
 認定第1号から認定第8号までについて、砂金収入役、登壇の上、説明願います。
    〔砂金勲収入役登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

収入役(砂金勲)平成16年度岩沼市一般会計及び特別会計歳入歳出決算について補足説明を申し上げます。
 御参照いただきます資料は、右上に「認定第1号から第7号」と表示してあります一番厚い決算書でございます。
 この決算書は、平成16年度岩沼市一般会計、国民健康保険事業特別会計、老人保健事業特別会計、介護保険事業特別会計、公共下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、生涯学習のむら分譲事業特別会計の七つの会計に係る決算書でございます。
 それでは、決算書の1ページ、2ページをお開き願います。
 この表は、企業会計を除いた一般会計並びに特別会計の決算総括表でございます。
 まず、歳入決算額でございますが、収入済額の合計額は 236億 4,868万 620円となりました。
 次に、歳出決算額でございますが、3ページ、4ページをごらんいただきます。
 支出済額の合計額は 232億 7,363万 8,504円となりまして、4ページの右下にあります歳入歳出差引額の合計は3億 7,504万 2,116円となりました。
 この決算規模を前年度と比較してみますと、歳入で10億 7,318万 3,982円の増となり、歳出でも10億 7,589万 1,958円の増となりました。率にいたしますと、歳入では4.75%、歳出では4.85%の増となっております。
 それでは、認定第1号岩沼市一般会計決算から概要を説明申し上げます。
 一般会計決算につきましては、決算書の5ページから14ページに記載してございます。
 なお、お手元の認定第1号から第7号の資料「主要な施策の成果と予算執行の実績報告」の1ページに過去3カ年の一般会計の決算状況を記載してございますので、後ほど御参照いただきたいと思います。
 それでは、決算書の5ページ、6ページをごらんいただきます。
 一般会計の決算につきまして、歳入から申し上げます。
 款・項ごとに予算現額、調定額、収入済額等についてそれぞれの金額を記載してありますが、この点につきましては説明を省かせていただきます。
 2枚ほどめくっていただき、9ページ、10ページをお開き願います。
 一番下の欄、歳入合計、予算現額の合計額でございますが、 133億22万 442円となりました。この額を平成15年度と比較いたしますと7億 5,266万 7,047円、率にいたしまして6.00%の増となります。調定額につきましては 136億 3,257万 200円で、予算現額に対しまして2.50%上回っております。また、調定額と収入済額との比較では、収入済額が 133億 1,715万 2,549円で、調定額に対して 97.69%となっております。
 次に、収入未済額について申し上げます。
 平成16年度においては2億 8,991万 9,807円となりましたが、この額を前年度と比較いたしますと、 632万 1,580円上回っております。
 収入未済額の主なものについて申し上げます。2枚ほど戻していただきまして、5ページ、6ページをお開きいただきます。
 収入未済額の一番上の1款市税でございますが、2億 4,743万 3,154円となり、収入未済額全体の 85.35%を占めております。
 1枚めくっていただきまして、7ページ、8ページをお開き願います。
 12款分担金及び負担金でございますが、これは民生費負担金で 427万 5,540円でございます。
 13款使用料及び手数料につきましては、住宅使用料の 1,077万 2,450円でございます。
 14款国庫支出金 2,563万 2,000円につきましては、繰越事業にかかわるものでございまして、平成17年度において収納されるものでございます。
 20款諸収入で 180万 6,663円となりましたが、これは民生費貸付金元利収入でございます。
 次に、不納欠損額について申し上げます。1枚戻していただきまして5ページ、6ページをお開き願います。
 1款市税が 2,555万 3,715円となっております。主なものは市民税、固定資産税でございます。
 次に、歳出決算について申し上げます。
 決算書の11ページから記載してありますが、13ページ、14ページをお開き願います。
 歳出決算の支出済額は 130億 662万 6,272円となり、予算現額に対する執行率は 97.79%となっております。翌年度への繰越額は 5,441万 4,000円でございますが、その内訳は、1枚戻していただきまして、11ページから14ページに記載してございます。
 2款総務費の 5,126万 4,000円は臨空都市整備事業、8款土木費の 315万円は都市計画道路網見直し事業に係るものでございます。
 不用額につきましては、14ページの合計欄に記載してございますが、2億 3,918万 170円となりまして、予算現額の1.80%となっております。
 次に、決算書の 135ページをお開き願います。
 平成16年度一般会計歳出予算は、当初予算額の 129億 4,800万円に年度末の専決処分による補正第6号までの補正額2億 7,078万 9,000円を増額し、それに、前年度からの繰り越しされました事業費 8,143万 1,442円を加えまして、歳入歳出の予算規模を 133億22万 442円と定めまして執行いたしました。
 それでは、さらにまた後ろのページでございますが、 195ページをお開き願います。
 これは、一般会計の総括として、決算額を千円単位で整理をした実質収支に関する調書でございます。
 この調書に記載しておりますように、決算額は歳入で 133億 1,715万 3,000円、歳出が 130億 662万 6,000円、歳入歳出差引額が3億 1,052万 7,000円となり、この額から17年度への繰り越すべき財源、計の欄の 318万 2,000円を差し引いた実質収支額は3億 734万 5,000円となりました。
 この実質収支額のうち、地方自治法の規定により財政調整基金に積み立てる額を1億 6,000万円といたしまして、残る1億 4,734万 5,000円につきましては、17年度へ繰り越しいたすものでございます。
 以上が一般会計の決算概要でございます。
 次に、認定第2号岩沼市国民健康保険事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 これも款・項別金額の御説明は割愛させていただきます。
 決算書の15ページ、16ページをお開き願います。
 一番下の歳入合計欄をごらんいただきます。16ページに記載してあります収入済額は30億 1,900万 1,773円となりました。予算現額は30億 1,387万 2,000円、調定額が33億 6,808万 6,881円でありますので、予算現額に対する調定額の割合は111.75%、調定額に対する収入済額の割合は 89.64%となっております。
 次に、不納欠損額でございますが、 2,407万 633円となっております。収入未済額は3億 2,511万 5,475円となっておりますが、これは国民健康保険税でございます。なお、保険税の収納率は 73.80%となっております。
 次に、17ページ、18ページをお開き願います。
 歳出決算額について申し上げます。
 歳出決算の支出済額は30億 389万 3,396円となりました。予算現額30億 1,387万 2,000円に対しまして、執行率は 99.67%となっております。
 不用額につきましては 997万 8,604円でございます。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 1,510万 8,377円でございます。このうち、地方自治法の規定によりまして、2分の1以上の額 1,000万円を基金に積み立てをいたしまして、残りの 510万 8,377円は平成17年度へ繰り越すものであります。
 次に、認定第3号岩沼市老人保健事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 これも款・項別金額の説明は割愛させていただきます。
 決算書の19ページ、20ページをお開き願います。
 歳入合計欄の予算現額29億 463万 2,000円に対しまして、調定額、収入済額ともに29億 463万 2,138円となりました。
 1枚めくっていただきまして、21ページ、22ページの歳出決算額でございますが、支出済額が29億 462万 3,639円となりました。不用額は 8,361円で、執行率は 99.99%となっております。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 8,499円となりまして、これは平成17年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第4号岩沼市介護保険事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書の23ページ、24ページをお開き願います。
 一番下の合計欄をごらんいただきます。収入済額は15億 119万 4,358円となりました。予算現額は15億65万 8,000円、調定額が15億 502万 8,933円でありますので、予算現額に対する調定額の割合は100.29%、調定額に対する収入済額の割合は 99.75%となっております。
 収入未済額は 334万 2,000円となっておりますが、内容は1款1項の介護保険料でございます。なお、保険料の収納率は 98.66%となっております。
 次に、25、26ページをお開き願います。
 歳出決算額について申し上げます。
 歳出決算の支出済額は14億 9,758万 154円となりました。予算現額に対して執行率は 99.79%となっております。翌年度への繰越額 204万 7,500円は、1款総務費で介護保険運営協議会に要する経費でございます。不用額は 103万 346円となっております。
 歳入歳出差引残額は 361万 4,204円となりました。これは平成17年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第5号岩沼市公共下水道事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、27ページ、28ページをお開き願います。
 歳入決算の収入済額は20億 3,580万 2,380円となりました。予算現額に対する執行率は100.46%となっております。
 なお、収入未済額 2,203万 3,782円の内訳でございますが、1款の分担金及び負担金 451万 9,750円は受益者負担金、2款の使用料及び手数料 1,751万 4,032円は下水道使用料であります。
 次に、不納欠損額の71万 7,379円は、2款使用料及び手数料のうちの使用料でございます。
 1枚めくっていただきまして、29ページ、30ページをお開き願います。
 歳出について申し上げます。
 歳出の支出済額は19億 9,500万 3,526円となりました。翌年度への繰越額 2,400万 2,000円は、2款下水道事業費で公共下水道汚水枝線建設事業に係るものでございます。
 次に、不用額は 742万 3,474円となり、執行率は 98.45%となっております。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額は 4,079万 8,854円となりました。これは平成17年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第6号岩沼市農業集落排水事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、31ページ、32ページをお開き願います。
 歳入決算額は、予算現額3億 8,761万 3,000円に対しまして、収入済額は3億 8,908万 3,422円となりました。
 収入未済額 119万 7,364円の主なものは、1款分担金及び負担金の96万円でございますが、これは農業集落排水分担金でございます。
 1枚めくっていただきまして、33ページ、34ページの歳出決算額でございますが、支出済額は3億 8,409万 7,517円となりました。不用額は 351万 5,483円となり、執行率は 99.09%となります。
 一番下に記載してございますが、歳入歳出差引残額 498万 5,905円は平成17年度へ繰り越すものでございます。
 次に、認定第7号岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計の決算概要について申し上げます。
 決算書を1枚めくっていただきまして、35ページ、36ページをお開き願います。
 歳入決算額は、予算現額8億 8,419万 6,618円に対しまして、収入済額は4億 8,181万 4,000円となり、予算現額に対して執行率は 54.49%となっております。
 次に、また1枚めくっていただきまして、37ページ、38ページをお開き願います。
 歳出決算額でございますが、支出済額は4億 8,181万 4,000円となりました。予算現額に対する執行率は 54.49%となっております。翌年度への繰越額は4億 238万 2,618円でございますが、これは継続費逓次繰り越しでございます。
 次に、認定第8号岩沼市特別都市下水路事業会計の決算概要について申し上げます。
 決算書は、別冊の「認定第8号」と表示のあります決算書を御参照いただきます。
 なお、主な点についてのみ御説明申し上げます。
 まず、1ページ、2ページをお開き願います。
 (1)の収益的収入及び支出の収入でございますが、第1款下水路事業収益の予算額合計1億 5,451万円に対しまして決算額は1億 5,444万 8,502円となりました。予算額に比べまして決算額は3万 1,498円の減となっております。なお、決算額のうち、備考欄に記載しておりますように、 735万 3,000円は仮受消費税等でございます。
 次に、支出でございますが、第1款下水路事業費用の予算額合計1億 4,115万 8,000円に対しまして、決算額は1億 679万 2,801円となりました。不用額は 3,436万 5,199円で、執行率は 75.65%となっております。
 次、3ページ、4ページをお開き願います。
 (2)の資本的収入及び支出について申し上げます。
 収入はございませんでした。
 支出の第1款資本的支出の予算額合計1億 3,143万 1,000円に対しまして、決算額は 3,606万 6,250円となりました。翌年度への繰越額 6,245万円は、二の倉排水管理事務所の下水路吐き出し口の補強工事に係るものでございます。不用額は 3,291万 4,750円で、執行率は 27.44%となっております。
 なお、下の欄外に付記してございますように、資本的収入額が資本的支出額に不足する額 3,606万 6,250円は、過年度分損益勘定留保資金 3,137万 5,000円と当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額 469万 1,250円をもって補てんいたすものでございます。
 次に、5ページ、6ページをお開き願います。
 財務諸表でございますが、まず、平成16年度岩沼市特別都市下水路事業損益計算書について申し上げます。
 1の営業収益、2の営業費用、3の営業外収益、4の営業外費用は、前のページの収益的収入及び支出額から消費税を差し引いた額を転記したものでございます。
 次に、下から3行目でございますが、当年度の純利益は 4,218万 4,837円となりました。これに前年度繰越利益剰余金 9,363万 905円を加えまして、平成16年度の未処分利益剰余金は1億 3,581万 5,741円となりました。
 次に、8ページをごらんいただきます。
 平成16年度岩沼市特別都市下水路事業剰余金処分計算書(案)でございますが、1の当年度未処分利益剰余金1億 3,581万 5,742円から、2の利益剰余金処分額のうち(1)の利益積立金に 700万円、(2)の建設改良積立金に 3,500万円を積立処分いたしまして、残額の 9,381万 5,742円を翌年度繰越利益剰余金といたすものでございます。
 11ページ以降につきましては附属資料でございますので、説明を割愛させていただきます。
 以上、認定第1号から認定第8号までの8件の会計につきまして決算の概要を申し上げました。よろしく御審議をいただきまして御認定を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)続いて、認定第9号について、企業出納員の補足説明を求めます。
 玉田会計課長、登壇の上、説明願います。
    〔玉田征幸会計課長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

会計課長(玉田征幸)認定第9号平成16年度岩沼市水道事業会計決算の補足説明を申し上げます。
 お手元の「認定第9号」と表示してあります決算書の1ページ、2ページをお開き願います。
 平成16年度の水道事業決算報告書でございますが、初めに収益的収入及び支出について申し上げます。
 収益的収入の第1款水道事業収益につきましては、予算合計額13億 3,523万 2,000円に対しまして、決算額は12億 9,446万 5,079円となり、予算額に比べまして 4,076万 6,921円の減となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと 1,940万 8,430円の減となり、率では1.48%の減となっております。
 第1項、第2項、第3項は水道事業収益の内訳でございます。なお、表示してあります金額には仮受消費税及び地方消費税が含まれておりますことを申し添えさせていただきます。
 なお、詳細につきましては、19ページに示してございますので、後ほど御参照願います。
 次に、支出の部について申し上げます。
 第1款水道事業費用につきましては、予算合計額13億 1,547万 9,000円に対しまして、決算額は11億 9,529万 1,046円となり、執行率は 90.86%となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと 3,284万 5,326円の減となり、率では2.67%の減となっております。
 各項ごとの事業費用の主な内訳を申し上げます。
 第1項の営業費用につきましては、主に取水及び浄配水費、減価償却費で、この中には仙南・仙塩広域水道からの受水費が含まれております。
 第2項の営業外費用につきましては、企業債の支払い利息が主なものでございます。
 第3項の特別損失につきましては過年度損益修正損で、未届け転出などによります不納欠損処分によるものでございます。
 次に、3ページ、4ページをお開き願います。
 資本的収入及び支出でございますが、初めに収入の部について申し上げます。
 第1款資本的収入につきましては、予算合計額2億 5,363万 6,000円に対しまして、決算額は2億 5,179万 1,779円となり、予算額に比べまして決算額は 184万 4,221円の減となっております。この決算額は、前年度と比較いたしますと 6,056万 5,369円の増となり、率では 31.67%の増となっております。
 資本的収入の主な内訳を申し上げます。
 第1項企業債につきましては、建設改良事業に係る財務省及び公営企業金融公庫からの借り入れでございます。
 第2項出資金につきましては、一般会計からの出資に係るものでございます。
 第3項工事負担金につきましては、三軒茶屋西土地区画整理事業等に係る工事負担金でございます。
 次に、支出の部について申し上げます。
 第1款資本的支出につきましては、予算合計額6億 2,201万 7,000円に対しまして、決算額は5億 9,339万 3,995円となり、執行率は 95.40%となっております。
 次に、資本的支出の主な内訳を申し上げます。
 第1項建設改良費につきましては、県道矢野目バイパス新設工事に伴う配水管布設並びに根方北長谷線等の改良工事が主なものでございます。
 これらの契約内容につきましては16ページに示してございますので、後ほど御参照をいただきたいと思います。
 次に、下の欄外に記載しております、資本的収入が資本的支出に対して不足する額3億 4,160万 2,216円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額 1,772万 6,707円、当年度分損益勘定留保資金1億 7,341万 6,905円及び建設積立金1億 5,045万 8,604円をもって補てんいたすものでございます。
 次に、5ページから10ページまでの財務諸表について申し上げます。
 5ページをお開き願います。
 平成16年度岩沼市水道事業損益計算書でございますが、下から3行目に当年度の純利益を記載してございます。当年度純利益は 8,110万 5,551円となり、これに前年度繰越利益剰余金3億 1,961万 1,054円を加えまして、平成16年度の未処分利益剰余金は4億71万 6,605円となります。
 次に、8ページをお開き願います。
 平成16年度岩沼市水道事業剰余金処分計算書(案)でございますが、1の当年度未処分利益剰余金4億71万 6,605円から、2の利益剰余金処分額のうち(1)の減債積立金に 500万円、(2)の建設改良積立金に1億 5,000万円を積立処分いたしまして、残額の2億 4,571万 6,605円を翌年度繰越利益剰余金といたすものでございます。
 11ページ以降につきましては附属資料でございますので、説明を割愛させていただきます。
 以上、認定第9号平成16年度岩沼市水道事業会計決算の概要につきまして補足説明を申し上げました。何とぞよろしく御審議の上、御認定を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)砂金収入役。

-------------------------------------------------------------------------------

収入役(砂金勲)先ほど説明申し上げました中で、一部間違いがございましたので、訂正をお願いしたいと思います。
 実は、平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算の中の5ページですが、財務諸表、その一番下で当年度未処分利益剰余金「1億 3,581万 5,742円」と書いてあります。これを「41」と申し上げたようでございます。この表記のとおりでございますので、そのように確認させていただきます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって、議題としております決算関係議案の補足説明が終わりました。これに対し、監査委員から決算審査結果についての報告を求めます。
 三品監査委員、登壇の上、報告願います。
    〔三品知司監査委員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

監査委員(三品知司)それでは、審査の結果について御報告申し上げます。
 平成16年度の一般会計、特別会計及び企業会計の決算審査につきましては、去る7月1日付で市長から決算書の送付を受けまして、各部課長及び担当職員からよくその事情を聴取しながら、議会選出の梶谷洋夫委員とともに審査を実施いたしました。
 今回の審査対象につきましては、平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算、各種事業特別会計といたしまして、平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算、各種公営企業会計といたしまして、平成16年度岩沼市水道事業会計決算、平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算並びに事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金の運用状況等を対象として審査いたしました。
 審査の結果、各種会計の決算は全会計黒字決算となっております。また、決算審査に付されました各会計決算書、附属書類及び基金の運用状況は、適正に作成されているとともに、その計数は正確であり、その内容及び予算の執行状況も適正かつ妥当なものと認めました。
 なお、各種事業の詳細につきましては、お手元に届けてあります「審査意見書」のとおりでございますので、よろしく御了承賜りますようお願いを申し上げます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって、提案されました決算の補足説明及び審査報告が終わりました。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時といたします。
    午前11時56分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時  再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより認定第1号から認定第9号までの9件に対し一括して質疑に入りますが、質疑に当たっては、特に重点的な部分についての質疑をお願いいたします。なお、細部にわたる質疑については、特別委員会を設置した上、審査願う予定であります。
 つきましては、細部にわたる質疑は特別委員会各部会に質疑の申し出などをし、審査されるよう願います。
 それでは、総括質疑に入ります。15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私は、岩沼市監査委員が出した審査意見書及び実績報告書をもとにして、6点にわたって質問させていただきます。
 まず最初に、審査意見書の5ページです。一般会計決算収支の推移の一番下のところで、実質単年度収支がマイナスとなっていて、4ページに監査委員の意見として「実質単年度収支も1億 7,288万 6,644円の赤字となっている」という報告なんですが、これはどういう意味を持っているのか、どういう認識を持っているのかということが一つです。
 それから、もう一つは、8ページの真ん中あたりに、不納欠損額は、前年度に比較すると約 900万、 54.46%増加をしておって、総件数が 575件だと書いてありますけれども、私は、不納欠損というのは、自動的になるわけではないけれども、大体5年たつと不納欠損になるのかなというような認識を持っているわけなんですが、これは平成10年以前の不納欠損もやっていますけれども、それは何なのかという、その理由は何なのかということが二つ目です。
 それから、三つ目は、11ページの14款の国庫支出金で、先ほど砂金収入役から、仙台空港アクセス鉄道整備事業における総務管理費補助金ですけれども、17年に収納になるという報告を先ほど受けましたけれども、その理由は何だったのかということが三つ目です。
 四つ目、13ページの歳出についてです。歳出について、不用額の主なものということで、下の方に、総務費、民生費、土木費、教育費というふうになっていますが、教育費、民生費は委員会の中でやるとしても、総務費と土木費の不用額の主なものは何だったのかということが四つ目です。
 五つ目は、23ページ、公共下水道事業の特別会計について、下の方に、市債の年度末残高は、16年度発行の2億 4,860万を含めて 123億 5,500万余となっているとなっていますけれども、この状況がずっとどこまで続くのかということです。この 123億というのは平成15年度の決算額とほぼ同じですので、この状況がどこまで続くのかという見通しというのか、どう動くかですね、その辺をお伝えをいただきたい。これが5点目です。
 6点目は、28ページ、市有財産の状況ということで基金がずっと並べてありますが、この基金の考え方なんです。実績報告書を見てみると、7ページのところに、主な財政指標の推移ということで、12年、13年、14年、15年、16年と財政指標がありますけれども、財政力指数は少し上がって 0.766になりましたでしょう。それから、公債費比率はそんなに上がっていないですよね、11.4%ですから。よその自治体に比較するとそんなに変な上がり方ではないと。ただ、経常収支比率も少しずつ上がってはきていますけれども、この基金の考え方。事業展開をするのに基金というのは大変重要な意味合いを持ってきますし、駅前の開発やこれから消防庁舎などを建てて公共施設基金なども取り崩すようになるとは思うんですけれども、考え方としては、今後の事業展開が財政的に大変困難になると考えているのか。それとも、17年、18年、19年、20年の公共施設の建設については、余裕があるというのはおかしいけれども、それなりに努力してやっていけば、公共施設もスムーズにいくかなというふうに考えているかどうかですね、基金の持っている目的なども含めてどう考えているのか。6点についてお答えをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)最初に、財政調整基金の取り崩しの関係でございますけれども、これらにつきましては、基本的には財源調整ということからして、財政調整基金の繰り入れを行ったということでございます。年度末で繰り入れを減額するというふうなことも可能ではありましたけれども、それにつきましては、剰余金として、今後予定される事業に充当できるような、そういったことを考え、特定目的基金に積み立てを行っているということで、今後の事業展開を見越して、安易に取り崩しなどをしないで、必要なものに積み立てをしていくということでございます。
 それから、不納欠損の内容でございますけれども、不納欠損は、御承知のように、5年以前のものの、収納がどうしても不可能だといったものについては、法的に不納欠損の処理をしていくというようなことになっているわけでございますが、特に、不納欠損の中身を見ますと、企業の倒産とか、大口の倒産が非常に多かったということで、それらに基づきまして、市としても収入未済額のうちから出向いたり連絡をしたりいろいろしているわけですけれども、やはり倒産というふうなことになりますと、破産事件の方に回ってしまうというようなことから、法的な整理がされるということで、当然、不納欠損処理をせざるを得ないという内容でございます。全体的に見ますと、前年度は 126件ほどございました。
 それから、国庫支出金の収入未済額の関係でございますけれども、これは仙台空港アクセス鉄道整備事業の関係でございますが、この事業が繰り越しになったというようなことで、17年度事業が完了した時点で歳入としては入ってくるわけでございますけれども、その主な理由といたしましては土地関係で、鉄道の両側に都市計画道路が今計画をされているところでございますが、その道路事業者と協力して国として買収を進めておったんですが、道路用地に建物が絡むというようなものもございまして、この代替地の調整に不測の時間を要したということで、やむを得ずそういった措置というふうなことになったわけでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)次、5点目、公共下水道の関係でありますが、これは御承知かと思いますが、平成一けた代におきまして、景気浮揚策の一環として、国から年度当初に計画をしたものの予定以上に事業を強く求められてきて、それに応じざるを得なかったと。そのことで、結果としては財政状況あるいは財政計画を十分踏まえないで事業を進めざるを得なかったという面があると思います。すなわち、わずかな使用料収入でありながら、大幅な起債を行い、そして、さらに、毎年10億円を超える一般会計からの繰り出しを行ってきたと。その結果として、市債残高が非常に大きくなり、 141億円にも達したということでございます。
 確かに、公共下水道は市民の生活環境をよくするという意味では欠くべからざるものではありますけれども、財政運営上からいけば、起債残高が危険域に陥っていたと言わざるを得ないと。したがいまして、毎年、効果的な事業計画、財政計画によって事業を進めることにしておりまして、現在は 123億円台というところまで起債残高の減少に努めてきたということでございます。
 今後は、生活環境をよくする意味では、もちろん、公共下水道をさらに普及していかなければなりませんが、公共下水道一本ということではなくて、効率的なことを考えますと、合併処理浄化槽などと合わせて、効果的な活用も含めて、普及率の向上、そして健全財政の堅持ということで努力をしていきたいと思います。
 6点目の基金の関係でありますが、基金は、これは申し上げるまでもなく、それぞれ基金の条例等で基金積み立ての原則は記されているわけでありますので、その原則に沿って行っているということであります。
 そして、今後の事業展開が困難になると考えているのかどうかという御質問でございますが、新しい総合計画を今実施中でありますが、総合計画を踏まえて、例えば、剰余金が出た場合の振り向けにつきましても、その後の事業の状況を見ながら振り向けているということであります。
 まず、予定しているものにつきましては、一応すべてこなせるような財政措置は行えるというふうに思っておりますが、ただ、非常に気になりますのは、交付税の動向といったようなものが、今の状況では、何年先には全く把握できないような状況になりかねないということでございますので、その意味では、国の方の財政の動向、国の方の施策の動向によっては、大きく影響を受けざるを得ないと。そういうところを考えますと、やはり必要なものにつきましては今から蓄える必要もあるのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)4点目の不用額の関係でございますけれども、総務、土木費というお話をいただいておりますけれども、これにつきましては、全体の歳出の中での積み上げというふうなことになるわけでございまして、一つ一つそれぞれ事業展開をした中で、工事の場合ですと請け差とか、あるいは、事務事業の場合ですと、いろいろな節約といいますか、そういった常々の事業展開の中での不用額の積み上げが、結果としてこういう不用額になっているというところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)まず最初の、8ページの不納欠損なんですが、16年度は特別に平成12年度分以前のものが71件あるんですけれども、これは企業倒産ということだけに絞って、なかなか収納ができなかったというふうに考えていいのかどうか。私の認識だと、大体5年ぐらいして、ここは全然できないなと思ったのは不納欠損にする ── 自動的にするわけではありませんけれどもね、努力を重ねながら、できないなとなったときにはそうするような認識を持っているんですが、12年度以前の71件というのはどういうことなのかなと。ここにしわ寄せが来たのかなというふうに思っているんですが、その辺をもう1回聞かせていただきたい。
 それから、13ページの不用額は、部長が言ったように、もちろん積み重ねですよね。私が言うのは、その積み重ねの中で、要するに、経費、あるいはそういうものがぎりぎり抑えられて不能欠損になったのかどうかということを聞きたかったわけで、その積み重ねで不納欠損だということなんですが、無理強いをしたものの不納欠損ではなかったかどうかという認識をどういうふうに思っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)不用額。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)13ページの不用額。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)不納欠損じゃなく、不用額。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)失礼いたしました。不納欠損ではありません、不用額です。13ページの不用額、ぎりぎりと経費を削減した中での積み重ねの不用額だったのかということです。
 市長が今、公共下水道のことに答えられましたけれども、 141億円が今は 123億円になったということで、私は、公共下水道をやめた方がいいとか、半分にした方がいいというふうには考えてはいませんけれども、例えば、5年後にはこの市債がこのくらいになるだろうという見通しを持っているかどうかということを……、見通しを持っているのであればお聞かせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)不納欠損の関係でございますけれども、12年度以前のものが71件ということになりますけれども、これは5年以上経過をしたものというようなとらえ方をしております。12年度以前のものについては、企業の倒産とかといったことが非常に多かったというようなことで、これは破産事件に変わっていまして、そういった中で、こちらの徴収は無理になってくるというふうなところでございます。
 それから、不用額の関係でございますが、今お話をいただきましたけれども、当初から、執行の段階でぎりぎり抑えて無理無理残したということではございませんで、それぞれ各課で予定した事業を十分に執行していただいて、結果として不用額となったというような内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共下水道につきましては、もちろん、今後の事業進捗ということもあると思いますが、まず大前提として考えておりますのは、支払いするよりも借りる方を少なくしたいということであります。結果としては、5年先は 123億円台よりは減らしたいな、減るのではないかというふうに見込んでおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)一般質問でもやった件ですが、平成16年の3月に岩沼公民館、そして軽運動場の耐震度調査は終わっているわけです。最優先されるものは市民の命、安全ということですが、一般質問の中では、例えば、代替施設がないとか、総合的に計画を立ててやるんだとかということで、これまで、はっきり言いましたら、何の手も打たれなくてずっと引きずられてきたというのが現状であろうと思うんですよ。平成16年の予算執行というんでしょうか、考え方ですよね。こういうことの考え方について、市長のスタンスというんでしょうか、そういうのをお聞かせをいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、何もしないで引きずられてきたのではないかという御指摘でございますが、部分的にはそう言われても仕方がないような面があったと思いますが、こちらの方といたしましては、まずは優先順位を付してそれに対応したいということで、しかも、渡辺議員からの強いアドバイスもいただきまして、当初以上に急いで、できるだけ早いうちに耐震診断を行うということで行いました。その結果が出て、そこで優先順位を振りながらということでありまして、教育施設、特に学校につきましては、これも年次計画で設計を委託し、あるいは改修を行うということで準備を進めているところであります。
 そこで、岩沼公民館につきましては、確かに、これまでのところは何もできないという形でありまして、これにつきましては、一般質問で教育長からお答えをしたとおりでございますので、何らかの形で早急な対応をしていけるというふうに思っております。
 対応の仕方としては、場所によって、すっかり廃止をするもの、あるいは、代替措置を講ずることによってそのまま引き継げるものとか、それぞれあると思いますので、そのケースによって速やかに対応したいと。ただ、実は、命とか財産とかに非常にかかわりのあるものですから、本当はすぐにでもやりたいということではありますけれども、すべてを並行的にできるというところもありませんので、多少時間がかかる面……。
 例えば、市役所庁舎の問題もあるわけでありますが、これにつきましては、今の段階で建てかえは到底できないわけでありますので、耐震補強をすると。これにつきましても億単位のお金がかかるということでございます。ただ、今の段階では、内部的にいつの時点でやったらいいかということを内々に検討を進めているわけでありますので、できるだけ早いうちに議員の皆様方にも御相談できる機会を持ちたいというふうに思っておりますが、ただ、これにつきましては、耐震度の見方もありまして、渡辺議員が一般質問で取り上げられましたように、すぐに倒壊するとかというふうな指摘はありませんので、ですから、これも急ぎたいことは急ぎたいわけでありますが、今申し上げましたように、そのケースによって、それこそ、すぐにでも危険性があるものとそうではないものとさまざまありますので、これらを十分勘案してと。これまでもいろいろ打合会等を行ってきているわけでありますが、対応をしているというふうに目について進まなかったことにつきましては、まことに申しわけなく思っておりますが、一応、17年度もしっかりやっているつもりでございますので、何とか御期待に沿えるように努力をしたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)危機管理意識というんでしょうか、あと、優先順位というものを的確にやっていただいて、今後の運営に当たっていただきたいなと思いますので、希望しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)数件お願いします。
 まず、収入の関係なんですが、部会が違うもんであらかじめ聞いておきます。収入未済額の関係で、固定資産税、それから都市計画税の、これは個人と法人があるかと思うんですが、その割合ですね。
 それから、軽自動車税、これは軽自動車、バイクを意味していると思うんですが、個々の件数がどういうふうになっているかお聞かせ願います。
 それから、使用料の中で、住宅使用料ですか、収入未済額 1,077万 2,450円。これは金額的に中身をちょっと教えてほしいんです。
 それから、32ページ、農集排ですが、分担金の収入未済額が96万あるんですが、この中身がどんなものか教えてください。これだけちょっとお聞きしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)決算の全体的な件数などはまだここで出していませんでしたので、委員会の中で全体的なものをお示ししたいということでひとつお願いをできればと思うんですが、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)自動車とバイクの件も、これも数字的に出ませんか、件数。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)大変申しわけないんですけれども、部会の方で、件数、細かい部分についてお示ししたいというふうに思っております。御理解をいただきたいと思います。(「了解」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これをもって質疑を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第8、認定第1号から認定第9号までの9件につきましては、慎重審査の必要が認められますので、議長及び議員選出監査委員を除く議員全員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これらの案件を審査願うことにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 なお、決算審査特別委員会の構成につきましては、午後1時40分から全員協議会室において決算審査特別委員会を開催の上、決定していただきたいと思います。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 次の本会議は9月27日火曜日午前10時からであります。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後1時27分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 安 住 文 彦

                   議 員 梶 谷 洋 夫