議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(4日目) 本文




2005.09.14 : 平成17年第3回定例会(4日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は18名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、15番五十鈴川みよ子議員、16番渡辺真多議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 10番飯塚悦男議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔10番飯塚悦男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)10番、政調いわぬまの飯塚悦男です。
 通告に従い、原地区の都市計画について質問いたします。
 1点目、JR常磐線東側の原地区は、当初より市街化区域である。農家住宅、一般住宅、田、畑などが点在しており、道路網も整備されておらず、虫食い状態のように見受けられる。このような現状を市長はどのように考えているか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)JR常磐線東側の原地区につきまして、当初より市街化区域であったと。当初はいつなのかちょっとわからないわけでありますが、いずれにしても、用途上、工業地域になっているということでありますので、就業機会の確保だとか、あるいは企業の新規立地などの動向に対応した土地の有効活用を図ることが望ましいということではありますが、実際のところ、原地区の特性等を考えていきますと、必ずしもそういった方向ですべてが行われるということは大変難しい状況にあると思います。
 こうした状況から、市といたしましては、未利用地の有効活用を促進させるために、平成14年度より年次計画で市道吹上中央線の道路整備を行うとともに、公共下水道にも着手し、生活環境の整備に努めてきております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私が原地区の問題を取り上げたのは、前回、6月定例会で朝日土地区画整理事業地内を取り上げましたが、ここの農地の固定資産税も高いんですね。なおかつ、都市計画税も課せられているんです。相続の場合も、調整区域内の農地に比べて相当高いんです。こういう状況を市長は認識されておられるかどうか伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)認識しているかといえば、そういった状況はよくわかっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)わかっているということでありますので、相当事情は御存じだと思うんですが、市長もさっき下水道の整備ということで、一部供用開始になるんですね。そうしますと、下水道の負担金も発生すると。1平米当たり 310円と伺っていましたので、 1,000平米で、10アール当たり31万円がかかるんですね、負担が発生すると。原地区を、市長、頭の中で描いてほしいんですよ。道路もずっとありまして農家住宅がありますね。市街化区域ですから、農家住宅の屋敷と称する、いわゆる畑とか、昔からの日本の文化といいますか、居久根、それにも負担金が発生するんですね。そういう状況についてどう考えますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)下水道が布設されるという受益をされるわけでありますから、ルールに従って受益者負担金はいただかなければならないというのは大原則であります。そして、実際に、下水道がしかれるということで、現在住まわれている皆さん方にも相当なプラスがあるというふうに思いますし、将来、いろいろな点で原地区で展開をしようとする方にとっても、下水道が布設されている、あるいは道路が整備されるということは、大きなプラスになるのではないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)下水道によって、インフラ整備によって便利になることは間違いない。市長の答弁のとおりなんですね。ただ、もう一度、浮かべてほしいんですけれども、農家住宅、普通の農家住宅でありますと、恐らく 3,000から 5,000平米持っているんですね。いわゆる通路があります。通路といえば、この辺ではじょんぐちというんですか、それを入って住宅に入るんですね。そうしますと、その面積に皆かかるんです。すると、将来的にそこを利用されるかどうか疑わしいんですね。例えば、通路がありまして、農家住宅の屋敷を一般住宅の人が購入するということは考えられないと私は思うんです。その辺、どう思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)あの地域の状況を見ていただければおわかりのとおり、企業の進出が見られておりますし、また、宅地造成も行われているということでありまして、そういう意味では、一応、用途地域に合うような形で利用されているということもあるのかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)1点目の質問は、そういう状況であるということを市長に御理解願って、将来的に原地区の展望を切り開いていただきたいと思います。
 2点目の、原地区の今後の都市計画についてどのような考えを持っているか、市長の考えをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、用途は工業地域ということでありますので、理想的には工業、物流等での土地利用が望ましいわけでありますが、現在のもろもろの状況、あるいは、原地区の置かれている特性等を考えると、すべてがそういった方向で進むかといいますと、相当困難な状況にあると思います。
 当面は、土地利用の促進を踏まえ、さらには、現在お住まいの方々の生活の利便性を図る観点から、まずは、先ほども申し上げましたとおり、道路の整備あるいは公共下水道の普及ということに力を注いでいきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)建設部長にお伺いしますけれども、過去に、原地区に区画整理事業をやって、まちづくりをするということがあったどうか、お伺いしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、都市計画というのは、岩沼地域あるいは仙塩という広いところでの都市の健全な発展とか、秩序ある整備を目的としてつくられているわけでありまして、そして、その都市計画の目的というのは、土地利用の混乱だとか、あるいは利害の対立を調整すると。そして、都市全体の土地利用とか都市構造の合理的・統一的な方向を与えて、良好な都市環境を備えた機能的な都市をつくり出すというのが都市計画の目的だというふうに法令等て定まっているわけでございまして、その意味では、個々一つ一つのケースを見ていけば、都市計画をつくり、そしてまた、用途上の線引きを行うことがすべてがいいというふうには必ずしも言えないわけでありますが、岩沼市全体、あるいは、あの地域全体にとっては、これまでの歴史的な経過等がありまして工業地域となっているわけでありまして、また、その工業地域になっているからこそ、あれだけの大企業が立地していると。それによってもろもろの利益を与えられていることも確かでありますので、個々一人ひとりのケースを見ますと、例えば、未利用になっているところがあったりということは当然あるわけでありますが、そういったのも、地域全体としての特性を生かした形で、用途については区分けをしておりますので、それに従って、全体としては一歩一歩進められるものと思っておりますし、我々としても、都市環境をよくする、生活環境をよくするという意味で、道路の整備とか下水道の整備を行っているということであります。
 せっかくの御希望でございますので、建設部長から補足答弁をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今まで、区画整理事業というような話は、なかったと記憶しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)将来的にも、今の時世ですから、区画整理事業は困難であろうと思うんですが、その辺はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)未利用地の分散状況、人家連檐状況などを勘案し、そしてまた、日本製紙のすぐわきにあるというような状況を考えると、区画整理を進めるというのはなかなか難しいのではないかというふうに思われます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)原地区には都市計画税を課しているんですね、先ほど言ったんですけれども。そして、都市計画について、原地区全体の将来の構想とか、基本的な図面を引いて、地元との話し合いをすべきではないかと思うんですが、その辺、今まで、過去にあったかどうかも含めて。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)個々の地域について、御要望があれば、こちらの方としてはできるだけ希望に沿いたいと思っておりますが、特に、こちらの方で、この地域はどうなりますよということにつきましては、過去、やってきておりませんし、行政としては、余りそういった例はないのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)やはり住民の負担も大変多いので、今後、まちづくりも行政と地元とが協働でやるべきだと思いますので、そういう話し合いを持ってやっていただきたいと思います。
 そこで、提案したいんですけれども、今、中央線ですか、吹上中央線の整備をしていますので、今後、枝線とか、生活用の道路については、地元でも負担をしていただくと。例えば、用地を無料で提供していただいて、市の方でインフラ整備をするという方法もあるかと思うんですが、そういう考えはないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず前段、市民の皆さん方との協働のまちづくりというのは、岩沼の目標でありますので、当然のことながら、まちづくりにつきましては、地域からの御要望等があれば、お話をさせていただきたいと思いますし、飯塚議員からお話をいただきますように、こちらの方としても、必要に応じて地域の皆さん方の御意見を伺うと。そしてまた、役所はこういう計画を進めていると。個々具体的な例としては、例えば、下水道あるいは大きな道路の工事をするといった場合につきましては、地域の皆さんにお話をしているわけでございますが、なお、必要に応じてそのあたりは取り組んでいきたいと。
 それと、都市計画税のお話でありますが、いただいておりますからこそ、投資的な整備につきましては、やらせていただいているわけでございます。
 なお、今御質問をいただきました、場合によっては地域の皆さん方に御負担をということでございますが、これは法令等の定め等にも従わなければなりませんし、ただ、過去、岩沼のケースとしては、土地を寄附いただいて、そこの道路整備をしているというケースも結構あるわけでございます。役所の側からそういったことをお勧めするのがどうか、いろいろ検討の余地はあろうかと思いますが、せっかく住民の皆さん方からそういった善意をお示しいただければ、道路等の整備もある意味では進むという可能性もあるのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)市長からは、前向きに地元と話し合ってまちづくり進めるという答弁をいただいたので、私もこの質問をしてよかったなと思っております。
 そこで、もう一度、頭にイメージを描いてもらいたいんですけれども、原地区はもともと日本製紙との密接な関係があるということで、阿武隈川の堤防沿いにタンクがあるんですね、私も現場に行ってみました。あそこの中の整備は、やはり日本製紙と、原地区もそうなんですけれども、井口市長も……、きのうも、工場誘致とか、同僚議員がいろいろ質問をなさいました。そういう意味で、日本製紙との話し合いを持ってしかるべきだと思うんですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現時点において日本製紙と話し合いをするのがいいかどうかということは、よく考えなければならないと思いますが、岩沼市として何かを行う場合、必要に応じて、地域住民の皆さん、それが場合によっては企業ということもあろうかと思いますが、お話し合いをするということは、必要に応じてやるということにつきましては、決してそれを拒んでいるわけではありませんので、必要に応じてお話し合いというのはやっていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)例えば、工業用地を造成して関連産業を張りつけると。その場合、土地開発公社で用地買収とかをして、工事もやるというような形はとれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、企業自体がどうなるかというようなことにつきまして、一つ検討が必要だと思いますし、企業の方からいろいろと支援を求められるとすれば、それが公益に当てはまるという場合につきましては、市としては支援をしたいというふうに思っております。
 今の土地開発公社の件については、建設部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)現在の制度の中では、開発公社がそれを引き受けてやるというのは、少し難しいかなというふうに思われます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)過去に、渡邉市長時代に、コンピューター学園に土地を造成してやったことがあるんですね。そのときは開発公社でやったと思うんですが、その辺はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)過去のケースはわかりませんが、法令に照らして、また、土地開発公社の目的を考えれば、公共用のために土地を先行取得するといったようなことがねらいでございますので、民間のものに対してどこまでやっていいのかということは、ちょっと疑問がありますので、そのあたりはケースによっては考えていかなければならないというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)考えるということでありますので。今まで、固定資産税も高く、私も農家なんです、一般農家の市街化調整区域の田、畑は 1,000円から 1,300円なんですね。原地区は3万とか、朝日だと4万、5万とか、3万か3万 5,000円、何十年も払っているんですね。そして、整備も進んでいない。土地を売却しようにも、インフラ整備されていますが、売却できないんですね。物すごく不安がっていると思うんですよ。市民の生命、財産を守る、そして、市民の不安を取り除くのが首長の責務であると思っていますので、私は、井口市長に、任期中にめどをつけていただきたいと思います。今までの歴代市長はこれを投げていたと思うんですね。そういう意味で、最後に、市長の原地区の将来計画をもう一度伺って、終わりにしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)原地区につきましては、工業地域というふうになっておりますので、その点からいって、おのずと制約等もあるわけであります。また、一方では、工業地域になっているからこそ、岩沼市としては、都市的な機能をできるだけ地域にも導入したいということで、道路の整備あるいは下水道の整備ということで着々と行っているわけでございます。以前と比べれば、相当この地域にも力を入れているということはおわかりいただけると思いますが、当然のことながら、飯塚議員からお説教をいただいたとおり、首長の役割というのは、本当にそういうことであろうかと思いますが、実際は、限られた予算を使うわけであります。それぞれ地域からいろいろ要望等があるわけでありますし、また、議員の皆様方からもいろいろ御要望をいただくということでありますので、しっかりと優先順位を付して、やれることからしっかりとやっていきたいというふうに思います。ですから、残された任期の中で、原地区についてはどこまでできるかといいますと、今、手がけております道路の整備とか、あるいは下水道の整備につきましては、計画に沿ってしっかりと対応したいと。それ以上のことはなかなか難しいのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(飯塚悦男)私は質問しているのであって……、子供には説教しますね、悪いことをすれば。市長には説教するような気持ちはありません。
 そこで、市長も前向きにやると言いましたので、私も市長に期待して終わりたいと思います。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)10番飯塚悦男議員の一般質問を終結いたします。
 先ほど、本日の出席議員を「18名」と申し上げましたが、「19名」に訂正させていたたきます。御了承願います。
 9番村上智行議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔9番村上智行議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)9番、二十一世紀クラブの村上智行です。
 地域経済活性化について質問いたします。
 現状の日本経済は、一時の不況から緩やかな回復傾向を見せている。一部企業においては過去最高の収益を上げるなど、力強さも見られる。そして、地域別に見渡しても、首都圏、中部地方などかなりの回復傾向が見られる。
 しかしながら、ここ東北地方においては、一部の回復の動きが見られるが、依然として足踏み状態となっている。宮城県内においても、全体として、景気は持ち直しの動きが鈍化しており、個人消費などは一部に上向きの動きが見られるが、総じて一進一退を繰り返しております。横ばい圏内を脱するまでには至っていないのが現状であります。仙台都市圏の岩沼においても同様のことが言えるでしょう。
 このように、地域の経済を取り巻く環境は大変厳しい状況でありますが、3日前の衆議院議員選挙の結果からも、三位一体改革などの推進により、今後、地方分権が今より一層進むことが予想され、持続的発展を維持するためには、地方自治体においても、徹底した行財政改革はもとより、経済的な自立が求められるでしょう。
 岩沼市においても、各種の地域経済活性化策が行われており、多くの成果を上げておりますが、今後もより一層の展開が望まれているのも事実です。大企業が地域経済に与える影響は大きいのですが、小さな店舗や企業の方が数の上では圧倒的に多く、地域経済の元気は中小企業の元気なくしてはあり得ないでしょう。しかし、個々の力だけではこの厳しい状況を脱することは困難とも言えるでしょう。このような閉塞感や不安感を打開するためにも、より一層、行政、市民一体となって早急かつ的確に対応することが求められております。これまで以上に戦略的な施策の展開が不可欠となるでしょう。
 以上のことから、現状の岩沼地域経済について、現在の状況をどう見ているのか、市長の見解をお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)我が国全体の景気といいますか、それにつきましては、今、村上議員から御紹介をいただきましたように、業種や地域によっての差はあるわけでありますが、全国的には一応、回復傾向にあるのかなと聞いておりますし、そういったことも確かなのかなと思われるわけではありますが、岩沼市域としての、例えば景気ということでありますが、データなど詳しい把握はしておりませんけれども、とりわけ、市内の中小企業の経営環境というのは依然として厳しいものがあると考えております。
 ただ、そうした中ではありますけれども、平成16年度中における企業の倒産といったことにつきましては、情報がないということであります。したがいまして、厳しい状況の中ではありますが、それぞれの皆さんが努力をして事業を展開しているというふうに推察をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。比較的、岩沼地域におきましては、事業所の廃業ですとか倒産ですとかといったことは、私の耳に入る範囲でも、今年度はないように思われております。岩沼地域における経済を全体的に詳しく見る指標というのがなかなか見当たりませんで、事業所の数などのデータなども、平成14年度ですとかで、ことしは国勢調査がありますから、その辺で詳しいところが出てくるのかなと思われるんですが、データのないところで、どのような現状なのかというのを見るのはなかなか難しいのかなとは思います。
 ただし、景気というのは、その雰囲気ですとか、そういったものでよく判断されるところがありますし、街角ウオッチングなどで、以前と比べてどうなったかとか、雰囲気も一つの重要な要素にもなってきているので、市長が、岩沼市長として、県外とかにも行きますけれども、岩沼で生活しているわけですから、そういった感覚の中で、皮膚感覚ですね、どのように見ているのか。データ上だけではなくて、自分自身が体で感じるような景気の状況ですとか、見解というか、どのように感じているのか、そのあたりもお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今、指標等というお話をいただいたわけでありますが、村上議員からお話をいただきましたように、平成14年の資料ということでございます。平成14年ということで既に経過をしているわけではありますが、それと、例えば、10年ぐらい前の数字を比較するということで、十数年前と何年か前を比較することで、ある程度の方向はつかめるのかなというふうに思っております。これにつきましては特に御紹介は申し上げないわけではありますけれども、まず、大型店が進出したということでありまして、結局、大型店が既存の商店の落ち込みをある意味ではカバーをするという形になっているわけであります。しかしながら、大型店の売り上げとか、あるいは、大企業がありまして、岩沼に立地されている企業は今非常に業績がいいということではありますけれども、大企業を除きまして、中小の地元の企業、商店を見ますと、まず、大変な状況にあるということは私も感ずるわけであります。それでも、厳しい中でも、どんどんどんどんシャッターがおりるという状況ではありませんが、現にシャッターがおりているお店がかなりあるということで、また、空き店舗対策ということでやっているわけではありますが、一つ二つと出てきて、現在3店目ということで、いろいろ努力はいただいているわけでございますが、それにしても、商店街を見ましても大変厳しい状況にあるということでありまして、これは、村上議員と同様に、私も大変厳しいなというふうに受けとめております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)感覚というか、市長の感覚を聞くというのは、答える方もなかなか難しいとは思うんですけれども、私なども、市内至るところを、ついこの間まで選挙もありましたし、それプラス、日ごろの活動をしていて、いろいろ見てきておりまして、いいところはいいんですよね。みんなが悪いというわけではないんですね。ある程度、新規事業ですとか、そういったところにも意欲的に取り組んでいる事業所というか、企業さんもございますし、行政に頼っていただけでは食ってはいけないと、やはり自分たちで考えて新しく開拓をしていくと。それは本当に当たり前のことであり、経営意欲に燃えている人たちはすごく業績も伸びているのかなと。その中でも、やはり業種的に、公共事業が減ったりですとか、全体的なパイが減っていますので、そういった面で落ち込んでいる分野もありますが、その辺、仙台市を除いた中で見れば、岩沼は比較的安定しているのかな。
 宮城県内の総生産、国で言うGDPなんですが、その辺なども、8兆何千億という中で、そのうち4兆何千億は仙台市が占めているんですけれども、仙台市以外での4兆何千億といううちの大体 8,000億くらいは、岩沼市の市内総生産というやつですか、それくらいの力を持っているというのも事実であるので、厳しい中にも一筋の明かりが見えるのではないのかなというのが私の感想であります。数値だけではあらわせない人それぞれの見方というのがありますから、それはそれとして伺っておきます。
 次に、この質問も前と重複するというか、多少かぶるところがあるんですが、各種指標等をどのように分析しているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほどもちょっと触れさせていただいたわけでありますが、例えば、全国あるいは東北地方としての有効求人倍率とか完全失業率とかといったデータはあるわけでありまして、それらはかなり厳しい状況を示しているということであります。岩沼市におきましては有効求人倍率等の資料はありませんが、しかし、これも村上議員がさっきお話しいただきました中にありますように、市内の商店、製造業部門の事業所数とか従業員数、販売出荷額等の数値がありまして、少し古いデータではありますけれども、平成3年と例えば平成14年の比較をいたしますと、商店においては、商店数が 531店舗が 500店舗に、商品販売額は 1,320億から 1,288億円と減少をしているわけでありますし、製造業部門におきましては、事業所数が 154社から91社とかなり減少している反面、出荷額につきましては、 1,570億から 1,549億円とほぼ横ばいになっているということであります。さらに、従業員数では、商店におきましては 998人増加しているのに対しまして、製造業部門では 914人減少していると。
 こういった状況から判断しますと、当市の商店におきましては、販売額、従業員数ともに、郊外型の大型店が既存商店の落ち込みをカバーするという形になっているというふうに言えるかと思います。そしてまた、製造業部門におきましては、厳しい合理化によりまして、事業所、従業員数とも減少しておりますが、生産性の向上等によりまして、出荷額を維持しているという結果になっていると考えております。
 こうした状況を踏まえますと、村上議員と同様に、商店、製造業部門ともに、厳しい経営環境は続く中でも、大変努力をしていただいているという状況が見られるということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そのあたりは、新しくなったホームページでもしっかりとデータが、統計が出ておりますので、私自身も参考にさせていただいております。
 こういうふうなデータというのは、単年度で見ても余り意味がないというか、その時々というか、長期にわたって見渡して、分析だったりですとか、そういったことは必要ではないのかなと思います。過去にもそういったことはしてきたとは思うんですが、そのようなことを参考にしながら、各種の施策に当たってきたのだとは考えてはいるんですが、第三次総合発展計画ですか、見ているんですけれども、そのあたりを見ても、岩沼におきましても、経済政策というか、産業に関しましてもかなり変わってきているんですよね。昔は、臨空都市構想ですとか、臨空工業団地の造成ですとか、そういったもので拡大路線をとっていたのかなと。そのあたりでバブルが崩壊して製造業なども合理化を迫られ、産業構造の変化により海外とかにも移行していったと。そういうふうな影響が出て、まだ未利用地が残っていたりとかするのかなというふうにも読み取ることができるのかなと思います。
 こういった数値というのは、やはりしっかりとした分析をしながら、政策、施策のバックデータとして活用すべきだと私は思っているんですね。やってきているとは思うんですが、そういうふうな分析というのは、いろんな会議とかといったところでも出てきていたんでしょうか。そのあたりのお話を聞かせていただきたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)指標とかデータを踏まえて行政は行うということは、当然のことでありますが、実際のところ、各種計画を立案する段階におきましては、あらゆるデータ等を駆使して立案をしているわけでございますが、では、具体的に進めていく日常の行政活動を行う中でそれをどの程度生かしているかといいますと、部門によっては、しっかり生かしているところもありますし、余り意識されていないといったところもあるというふうに思っておりますので、今後は、今御指摘をいただきましたように、できるだけしっかりとデータ等を踏まえ、それを分析し、それを日常の活動の中で生かすと、これは本来的に行わなければならないことであると思いますので、そのあたりは職員全体としてしっかり行っていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)10月1日から国勢調査もございますし、そのあたりは、県あるいは地元の七十七銀行さんといったところでも、月例報告というか、そういったものも出ていますし、大いに参考になるのではないのかなと思っております。
 岩沼、狭いエリアだけの指標とかといったものは、どうしても後から出てくるものですから、その時々の指標を見ながらというのは難しいんですが、今後は、地方分権が進むというか、三位一体改革がどんどんどんどん進んでいくと思うんですね。そういうふうになれば、今までの住みやすさランキング63位というふうなものをしっかりと維持しながらも、どんどん交付金なども減ってまいりますし、じゃどうしたらいんだと。今までのサービスを維持しながらやっていくんだとなれば、経済的な自立は必要不可欠になってくるのではないのかなと私は思います。本来、地方分権であり、地方の自立という意味では、大いに頑張らなければいけないんですが、やはりこの経済状況の中では大変苦しいと思いますので、そういったバックデータなどもきちんと利用しながら、種々の施策に当たっていただきたいと思います。
 続きまして、今後の地域経済活性化に対する対策はあるのかと、かなり広範囲になっているんですが、マクロ的な面から、よろしくお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)地域経済の活性化ということは非常に重要なことではありますが、具体的にどういうふうに行うかというのは、なかなか難しいわけでありますし、また、当然のことながら、行政活動だけで活性化が行われるわけではありませんし、また、地域だけで限定されるというものでもありません。例えば、商店街の売り上げ一つとりましても、もちろん中心になるのは市民の皆さんでありますが、近隣市町からもお客さんにおいでをいただくとか、あるいは、特に工業の場合などは、お客様といいますか、顧客の方々は、もう地域内にとどまらず、日本全体あるいは世界全体に広がっている状況でありますので、一地域におきまして、具体的にどうするかということはなかなか難しいことではありますが、しかしながら、地域経済の活性化といいますと、まずは商工業の振興ということになろうかと思います。
 商業の振興ということでお話をさせていただきますれば、岩沼市は今、中心市街地の活性化基本計画を策定するということでございまして、その基本計画に基づいて、今、実施計画を立案しておりまして、それを今度、具現化したいということであります。工業の振興につきましては、総合計画の中で、例えば、臨空工業団地につきましても記述があるわけでありますが、できるだけ企業誘致にも心がけていかなければなりませんし、同時に、現在、岩沼市域に立地をしている企業へのフォローアップといいますか、引き続いてしっかりとした活動をしていただくとか、場合よっては設備投資をふやしていただくとか、今の経済状況でありますからなかなか難しいわけではありますが、そういったことを含めて対応したいと。しかしながら、これらにつきましては、岩沼市単独でできることではありませんので、例えば、県等と連携をしながら進めたいというふうに思っております。
 今回の補正予算の中で提案させていただいておりますが、中小企業振興資金、これも、市内の中小企業の皆さん方にとっては、振興させる支援ということになろうかと思いますので、一つ一つそういった施策を踏まえて、最終的には地域全体の活性化につなげていければなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そのあたりはしっかりと進めていただきたいですし、第三次総合発展計画の中にも、技術革新への支援体制の整備ですとか、そういった……、これを今改めて見ますと、すごくいいことが書いてありますし、そういったことをやってきたんだろうかと多少思えるところがあるんですが、臨空都市づくり、魅力ある商店拠点づくりですとか、そういったことも検証はされてきたとは思うんですが、このあたりの事業というのは、今後、日の目を見ないのか。新総合発展計画には、多少は触れられてはいるんですが、ここまでより具体的には書かれていないものですから、そのあたりはどのような検証をされて総合計画になったのか、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)臨空都市岩沼でありますので、臨空都市整備構想がありまして、それに従っていろいろと施策が展開されると。岩沼市としてもそれを大いに期待しているわけでございますが、実際のところはなかなか厳しい状況にあるということであります。大きく分けると、人の方は名取、岩沼の方は物といった位置づけになっております。ですから、例えば、物流の国際的・基幹的な地域にしたいというねらいがあるわけであります。それは構想としては非常にいいことではありますが、では、具体的にどうなりますかというと、なかなか難しい。特に、県の方がリーダーシップを発揮して、その一つを担う、例えばエアカーゴターミナルというのを設けて ── これも国際物流ということでは非常に大切なことでありますが、相当苦戦をしておりまして、岩沼市も株主であるわけではありますが、県の方でもっともっとリーダーシップを発揮していただいてやっていかなければならないと。これ一つとっても大変苦戦をしておりますし、また、あの地域全体としての大きな課題といいますか、岩沼市としての課題でもありますが、空港鉄道の延伸という課題もあるわけでございます。
 これは相当息の長い話にならざるを得ないわけではありますが、実は、先日、空港鉄道の取締役会がありまして、仙台市と名取市は人がかわりまして新たに取締役が入られたということでありますので、テーマはなかったわけでありますが、特別に発言をさせていただいて、現在は空港まで来ると。しかし、その後、岩沼延伸というのは約束済みのことであるし、岩沼市としても、延伸を前提に出資なり補助金を出させていただいているわけでありますので、仙台市も名取市も、県と一緒になって、延伸についても引き続き力をかしてもらわなければ困りますというお話をさせていただいたわけでありますが、ただ単に、約束だからといっても、なかなか進捗はしない。かといって、いつまでといいましても、具体的には難しいわけではありますが、しかしながら、こういうことにつきましては、代々しっかりと引き継いでいて、時には、注意を喚起といいますか、こういう約束なんですよということをしっかりとわかっていただくということで進めていかなければならないと思っておりますが、そういう意味からいたしますと、臨空都市整備構想が遅々として進まないという状況もあるわけでありますが、しかしながら、現下の経済状況等もありますし……。
 例えば、国際的な物流といいましても、岩沼としてはそういう位置づけをしたとしても、具体的にじゃ岩沼市としてはどんなものを出すのかと。沼田議長がしっかり力を入れておられる相野釜のメロンなども、外国にでも出荷できれば、国際貨物便も飛ぶことができるのかなと思いますし、あるいはまた、外国で扱っているものを、岩沼の皆さん方がもっともっと商売でもしていただいてじかに輸入をして販売していただくとかと。もちろんこれも地域として考えていかなければならないことではありますが、実際のところはなかなか難しいわけでありますので、県全体として力を発揮していただいて、県の財界等の協力もいただきながら進めていかなければならないと。こういう意味では、岩沼市の計画ということよりも、県としての大きな計画だということでございますので、引き続き、岩沼市として、そういった位置づけをされているとすれば、一歩一歩進めていただくように折に触れてお願いをしていかなければなりませんし、岩沼市としてもできるだけのことはしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)岩沼単独ではなかなか難しいですし、それを進めるといっても、岩沼で臨空工業都市を中心とした振興策をやるといっても、県ですとか、経済状況ですとか、さまざまな要因がありますので、単独でできないのは十二分に承知しております。しかしながら、仙台空港というのは岩沼の一つの売りの部分ですから、そして、臨空工業団地もありと、物流の面でさまざまなメリットがあるということなどはやはりどんどん発信すべきかなと。
 きのうも同僚議員が企業誘致を進めるべきだと、トップセールスを。セールストークにはなるのでもありますし、一番単純に考えて、成田から飛ぶよりは仙台から飛んだ方がアメリカ本土にはいいですし、今はアジアの方にシフトをしておりますけれども。そういったところで、空港利用の離発着料の金額を下げるですとか、岩沼としてはそういうふうなことも提案してもいいのかなと。そうすることによって、便数をふやして物流を盛んにするですとか、そういうふうなアイデアというか、空港間の競争になっていますから、そういうふうなところも検討する価値はあるのではないのかなと私自身は思っておりますが、そういう面ではどうでしょうか、市長は。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、国際物流という点からいたしますと、国際線の増便、あるいは路線等がふえれば一ついいわけであります。かといって、便がふえたからといって、じゃ岩沼地域のメリットは何かといいますと、やっぱり物流拠点などがあれば、あるいは、岩沼の企業等の出荷品等を海外に出す、あるいは海外から入れるという形になれば、岩沼のメリットもあろうかと思いますが、ただ単に通過をするだけであるとすれば、大したメリットがないということでございますので、両方の観点からいろいろと要望活動をしなければならないと思っておりますが、特に、市域の活性化という点では、臨空工業団地の整備あるいは臨空都市づくりということは大きなプロジェクトであり、それを一つ一つやっていかなければならない。それと同時に、岩沼地域の経済の活性化という点からいけば、中小商店にどういうふうに対応するかといったこともあるわけであります。
 村上議員は、政権与党自民党の若手のホープの一人と聞いておりますので、政治的な活動の大きなポイントとしてもお力添えいただければありがたいなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そこで、次の質問。全体的な視野に立った戦略プランが必要と思うが、どう考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)戦いというわけでもありませんから、戦略という言葉がふさわしいかどうかわかりませんが、いずれにしても、何かのプランを立てるとすれば、それをどういうふうに実現するかということで、しっかりと計画を立てて具現化していかなければならないということは、大変重要なことだと思っております。
 その意味では、計画は立てるわけでありますが、具体的にどうするかということにつきましては、多少欠けていた面もあろうかと思います。ただ、一方では、こういった経済の状況でありますし、また、岩沼市としてどこまでできるのかといいますと、相当限界等もあるわけでありますので、今お話をいただきましたような戦略プランといいますか、そういったものを具体的に実効性のあるものにしていくことは相当難しいことではありますが、しかしながら、市といたしましては、例えば、県と一緒になってやるとか、いろんなケースが考えられるということであります。そしてまた、県としても、例えば、緊急経済産業再生戦略というものを立てて行っているわけでございますが、こういった事例等も調査、研究をしながら、岩沼としては、ある目標に向かってしっかりとした計画立てをして、具現化をしていくということで、これから大いに心を引き締めて研究をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)先ほど市長も言いましたように、仙台空港がどのように地元商店街とか事業所に対して影響を及ぼすのかと。個別ではやっぱりだめなんですよね。空港だけではなくて、中心市街地活性化だけでもなく、さまざまな要因というのが重なっていると思うんですね。そこには、従来の中小・零細企業の支援、育成はもちろんですし、企業誘致も絡んできますし、あとは、岩沼で業をなしたい、会社を起こしたい、新しく店を出したいんだと。そのあたりは、空き店舗対策などでも、今までで2店舗ですか、活用されていますし、そういったものをやはりきちんと体系的にやるべきかなというふうに私は思います。そして、観光宣伝事業と、それは空港のビジョンで今流しているのかどうかわかりませんが、そういうものにとどまっていたりですとか、そういったものを、一つ一つというよりも、体系づけてしっかりとしたプランを立てるべきじゃないのかなと。そうすることによって、セールスツールというか、市長がトップセールスをするときにいろんなメニューを出すことができるのかなと。きちんとしたものがあればいいのではないのかなと。
 今というのは、岩沼でも、事業所の数も減っていますし、売り上げも減っているんですよね。確かに、企業の合理化によって収益性は上がってはいるんですけれども、全体的な金額からいえば下がってはきているので、そういったことも、全体的にはパイが狭まっている状況の中で、何とかしなければいけないと。それは地産地消であったりとか、内需を拡大していくといったことも必要ですし、岩沼でつくったものを岩沼の皆さんに買っていただくというふうな中で、どんどんどんどん内側から活性化も図らなければいけない。そして、今度は、外側からも外貨を稼がなければいけないとか、内と外、そういうふうなものの戦略もこれからは必要になってくるのではないのかなと。今までは、自治体なんかで、要は、基礎的自治体ですよね、市町村ですとか、そういった中で経済政策的なものが本当に必要なのかなと、私自身もそういったことは多少思っていました。企業誘致ですとか、商店街の活性化、あとは、中小企業の支援、育成とか、そういう従来の枠組みに入ったもので、一義的には、主体というか、事業主の人たちの主体性があって初めて成り立つものだと考えてはいるんですが、今後の分権社会、自立に向けて、やはりしっかりとした経済戦略なども考えていかなければいけないのではないのかなと。今あるもので、新しい建物を、支援センターをつくれとか、そういうことではないんですよね。やはりしっかりとした分析と、そして、施策の体系をきちんとやるというふうなことで……。今ですと、理念的なことはすごくわかるんですよ、必要性があるとか、総合計画によっても、それを具体的な事業に落とし込みをしていくときに、やはり一つ一つがばらばらになってきているのではないのかなと。やはり体系的にもう少しやるべきではないのかなと思いますが、市長はその辺についてどう思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)地元の中小企業あるいは商店を含めて、活性化という表現がいいのかどうか、それは大きな課題であるということで、それも一つ一つやらなければなりませんし、また、せっかく立地をされた企業の皆さん方が引き続いて活動していただくということでのフォローもしっかりやっていかなければなりませんし、その中で、規模拡大等を図っていただければなおいいということであります。そしてまた、誘致をするということも一つの手法であり、非常に重要なポイントだと思いますし、また、起業、アントレプレナーの起業ということも非常に重要なことでありますし、また、それに対して支援するインキュベーターというか、そういう機能も考えていかなければならない。それらを含めて、体系的にプランを練って、そして、経済戦略をしっかりと打ち立てるべきだという村上議員のお話は、そのとおりではないかと思っておりますが、それでは、具体的にどうするかといいますと、起業という意味での ── 今の業を起こすということでは、例えば、県の方から、生涯学習の場として岩沼の中学校が選ばれたということもありました。ただ、台風の余波で、講義といいますか、それは中止になったわけでありますが、いずれにしても、子供のうちからそういったことをするとか、今はいろいろやられているわけでございますので、我々としてもしっかり対応しなければならないと言いますものの、例えば、セミナーを行うとかということはできるわけでありますし、また、そういう方々に対する資金的な支援をすることはできるわけでありますが、じゃ具体的にどういう業種がどんなところでやればいいのかということになりますと、相当専門的なアプローチが大切になってきますので、そのあたりはなかなか難しいことではありますが、岩沼市としてはできるだけのことはやれればなと思っております。
 また、経済につきましては、しっかり学習しろと。布田一民議員からも御提言をいただいているわけでございますが、専門家も結構いるんですけれども、経済のイロハからよく勉強をしなければならないという中で、経済的な戦略を体系的にということ、御意見は御意見で本当に重要だと思いますが、少しでも御期待に沿えるようにこれから努力していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)ちょっと抽象的になってしまいましたが、前回の質問でもそうだったんですが、図書館を利用してビジネスを学んでいただくというか、情報を得る場所として図書館というのはすごくいいのではないのかと。きのうの質問でも、経済を学ぶにしても、中学生、高校生のうちから、株式ですとか金融ですとかさまざまなものに触れるというのはすごく大事なことであると。私も含めてなんですけれども、子供のころというのは実経済というのに余りなじんでこなくて、株式とかというのは何かいかがわしいとか、ちょっとばくちみたいな感覚で……、でも決してそうではなくて、きちんとした目線を持ってというか、物を見る目があれば、すごくいい金融商品でもありますし、そういったところもしっかりやってくれば、10年、20年先を見越した施策としてはすごくいいのかなと思いますし、前回言った図書館にしても、それから、中心市街地活性化にしても、そうだと思います。そういった一つ一つを、点ではなくて、線にしていかなければいけないのかと思います。
 その中で、専門的な分野も出てきますし、行政だけではなかなか難しいとは思うんですね。ですから、市民の中でもそういうふうなものに対して見識の高い方もいらっしゃいますし、あとは、やはり地元企業ですね、企業の皆さん、この岩沼の地において経済活動をなさっている皆さんの意見というのも十二分に聞いていかなければいけないのかなと思います。そして、学識経験者ですとか、そういったものを含めまして、民間からの、多様なというか、さまざまな視点を使いながら計画をつくってみるのもいいのではないのかなと思います、経済的分野に関してですけれども。そういったところはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)村上議員の言われることはもっともでありまして、そういう方向に向かわなければならないと思っております。ただ、実際に岩沼の商業活動を見たときには、まずは、今、中心市街地の活性化に正面から取り組んでいかなければならないと思いますし、中小企業の皆さん方、商店街の皆さんに少しでも資金的な面で支援をしたいということで、中小企業振興資金につきましても、枠の拡大とかといったことで、まず一つ一つ取り組んでいかなければならない。それと同時に、岩沼全体としての体系的なプランというものをしっかり練っていかなければならない。
 しかし、後段のことにつきましては、今すぐできるかといいますと、相当な準備期間も必要だということでございますので、ある程度時間がかかるかもしれませんが、今お話をいただいたような方向に当然していかなければならない。その間、まず具体的に一つ一つの問題をクリアしていかなければならないということだと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)そうですね。最後になるんですが、市民まつりが8月にありました。そのときに、中央一丁目、本町ではお稲荷さん通りまつりというのも同時開催されました。そういう試みというものが地元商店街の中で出てきていると。岩沼オリジナルの、オンリーワンの何かを探して皆さんやっているのかなと。稲荷という、竹駒稲荷、それをキーワードにしてさまざまな展開をしていますし、秋まつりでも商工会で商品を出したりですとか、そういうこともやっていますので、小さな芽というか、出てきておりますので、行政の方でもそういうものもしっかりと見ながら、あとは、さまざまなアドバイスができるようになればいいのかなと。空き店舗対策でも、新しく出た店舗の人たちにも資金的な援助だけではなくて、経営的なノウハウを、商工会も支援はしているんでしょうけれども、あとは事業主の責任だからとは言わずに、そのあたりも一緒になって考えると。そこにはお金もかからないですし、いろんな意味での行政が持っているノウハウというのもどんどん出して、それこそ三位一体で成就させたいなというふうに思っております。
 計画というのは、1回限りつくって、つくりっ放しで終わりと、結果が出ないから終わりということではなくて、やはり試行錯誤しながら……、経済政策というのは必ずしも正解が一つではありませんので、そのときそのときで変化していきますから、そのあたりをフレキシブルに対応できるような体制であってほしいなと思います。そういうふうなことに関して、市長はどのように思いますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)お稲荷さん通りまつりというお話をいただきましたが、あれは大変すばらしいなと思っております。商店街の皆さん方が力を出し合ってやっていくと。役所としては、もちろん支援できる点については大いに支援をしていかなければならないと思いますが、みずから行うという非常にすばらしいところがあるわけであります。中央通り、あの部分につきましては、特に、10億円以上お金を投下し、しかも、10年以上かかって、道路につきましては拡幅整備をしたと。ところが、道路が整備されたので売り上げが下がったといったようなお話も一部いただいたわけであります。そういたしますと、あの部分も相当年数がかかって相当なお金がかかった。さらにこれから北の方はどうしていくかという話の中で、活性化につながらないような形は果たしてどうなのかなという疑問の声も実は寄せられたということもあります。そんな中で、商店街の人たちがあのような活動をされるということは、これは大変すばらしいことだと思っております。これからもいろいろな形でぜひ大いに力を発揮していただき、それに対して、役所としてはできるだけの支援はしたいと。しかし、役所が入りますと、すぐ、役所のペースでといったような批判もなきにしもあらずでありますので、バックアップをするという形でできればなというふうに思っております。そういったことで、地域の皆さん方がいろいろ試みをやろうとしているわけでございますので、市としてもできるだけのバックアップはしたいと。市民の皆さん方が大いにいろいろな試みをされるということ、そのことが最終的には活性化につながっていくというふうに思っております。役所の計画だけをどんどんやるのがいいということではなくて、みずからやっていただくことのすばらしさがあろうかと思います。しかし、みずからやるにいたしましても、商売を営むとすれば、相当資金的な面も大変でありますので、これらにつきましては、市としては少しでも支援をさせていただくということで、繰り返しになりますが、今議会に補正予算を提案しております。議会の皆さん方の御賛同をいただきまして、少しでも市内の業を営む方々のプラスになればなというふうに考えております。これからもやるべきことをしっかりと進めたいと。大変難しいことでありますし、そしてまた、一方では、農業にしても、商業にしても、まずはそれぞれ営んでいる方々の責任で仕事はしていただくわけでございますが、それぞれの業の特性というものがありますので、それらにつきましては、市としては十分な支援ができるように努力をしたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)村上智行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(村上智行)最後に。一義的には、事業主の人たちが、農業にしても何でもそうです、その人たちが、自分のなりわいですから、しっかりとして頑張っていかなければいけないと。ただ、それだけではなかなか難しいところもありますので、得意な分野、苦手な分野といったところをお互い補って、1足す1は2じゃなくて、1足す1は3になれるような相乗効果 ── シナジーを生むような形でやっていただきたいなと思いますし、皆さん、経営者の人たちもしっかり考えていますし、行政の方にお願いするということではなくて、自分たちでまずはやっていくんだと。そういうふうな意欲がある人たちをしっかり後支えしてやるというのも、行政のあり方なのかなというふうに私は思いますし、今後、しっかりとした経済基盤がなければ、教育にしても、福祉にしても、しっかりとしたものができてこないというか、それだけ国の方の財政も逼迫しておりますし、国に頼って、県に頼ってというわけにはいかなくなっていますので、岩沼のことは岩沼でやると、そういうふうな覚悟を持ってやれればいいのかなと。
 市長も、あと任期は1年ですし、ローカルマニフェストというか、そういったものも何か入っておられますので、そういうふうなところもしっかりとマニフェストに反映していただければなと思いますので、最後に申し添えて、私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)9番村上智行議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時15分といたします。
    午前11時6分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 16番渡辺真多議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔16番渡辺真多議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)私の一般質問は、通告のとおり3点であります。執行部の明快なる回答を御期待申し上げます。
 1点目、岩沼公民館・軽運動場の防災対策について。
 耐震度調査の結果が出ているが、今後の対策と対応はどのようになっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)耐震度調査の結果は、恐らく渡辺議員御承知のとおりであるというふうに思いますので、管理をいたしております教育委員会に対しまして、結果とあわせまして、安全重視の観点から、代替施設等での活動、利用をお勧めいたしました。
 対応等につきましては、教育委員会でしっかりやっていただけるものと思っておりますし、法令等からいたしましても、設置は岩沼市でありますけれども、教育委員会の方で管理をしていただくということでありますので、教育長の方からお答えをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)岩沼公民館の耐震度調査結果につきましては、議員御承知のとおり、耐震上、問題指摘や課題があるのは事実であります。特に、事務室や会議室、シルバー人材センター等が所在するコンクリートブロックづくりの2階建て部分は、構造上も強震には弱く、劣化も著しいことから、耐震安全性が低く、安全管理には常に細心の注意を払っていかなければならないと思っております。
 一方、文化財の展示室があります鉄筋コンクリートづくりの3階建て部分と鉄骨づくりの軽運動場につきましては、一定の耐震補強を行うことによりまして、耐震安全性が図られる建物との診断結果が示されておるところでございます。
 先ほど、市長から、代替施設などを考えながらというふうなお話しでありましたが、それを受けまして、何度か検討をいたしました。平成16年度の岩沼公民館の利用者は4万 3,774人であります。市の公民館では最も利用者が多い状況であります。この利用者を施設へ移動させるか、シミュレーションをいたしましたが、中央公民館を主として受け入れ可能な部分はありますが、 100%の移動は現時点では困難でございます。しかしながら、利用者の安全確保を最優先させなければなりませんので、基本的には、他の施設での代替措置を進めてまいりますが、岩沼公民館の跡地利用の方向性が定まってからと考えておりました。当面は、中央公民館を中心とした施設に機能を集約する計画づくりをしながらも、一方では、現在地におきまして、市民活動を支えるための機能を持つ、地域に密着した施設はいかにあるべきかを検討しなければならないと考えております。したがいまして、市民にとって利用しやすい形態はどうあるべきかなど、市長部局と協議、検討してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)細心の注意を払って今から使っていく。それから 100%の代替施設がない。今から代替施設をどうするのか検討していくと。これからやっていくという話でありますね。6月の五十鈴川議員の岩公の建てかえの質問の中で、教育長はこういうぐあいに答えているんですよ。「現段階で岩沼公民館の建てかえをするということは非常に難しい。社会教育施設全体の見直しの時期でもあり、それを含めて、全体構想の中で考えていく」と。これはこれでそのとおりだと思います。限りある財源だと、だから難しいというような形になっておりますが、例えば、岩公、それから軽運動場の耐震度調査の結果について、いろんな指摘があったというような形で言われているわけですが、私は、教育長がお話しになったよりももっと厳しい状況にあるというぐあいに認識をしておりますが、どのように認識しているのか、教育長と市長の両方からお答え願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ただいま申しましたように、事務所のある2階部分、その部分については非常に厳しい状況であるというふうに認識しておりますし、また、文化財展示室のある3階部分、軽運動場については、補強をすればまだ大丈夫というふうなことで認識しております。
 先ほど議員からのお話にありましたが、この件について、一つ一つ解決するということはなかなか難しい部分がございますので、全体構想の中で、すべての構想の中で考えさせていただきたいと、こう認識しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私も今と同じようなお話でありますが、前段申し上げましたとおり、結果を受けまして、安全重視、一番大切なことでありますので、その観点から、代替施設等で公民館の活動あるいは利用をしていただいたらどうですかというお話は教育委員会の方にいたしております。それ以上、あとは、教育委員会の方で判断をされることだと思っております。大変厳しい状況にあると。
 ただ、一方では、教育長がお答えになりましたとおり、4万数千人の方々が利用しており、今の公民館の中では一番利用者数が多いということであります。かといって、簡単にそれをやめますということは、教育委員会としてはなかなか言えないことではないかなと。ですから、できるだけ早く善後策を講じていただきたいと。教育委員会の方で方針が固まり次第、市としてもできるだけの対応はしなければならないというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ここに耐震度調査の結果があります。どういうようなことになっているかといいますと、岩沼公民館部分については、「当建物の耐震安全性は低く、地震の振動及び衝撃に対して倒壊する危険性があると判断する」と。そして、「この建物については補強不可能であり、建物を解体することが望ましいと判断する」と。それから、軽運動場についても、「倒壊の可能性がある」と。倒壊という表現がぴたっと出ているんですね。それで、代替施設がない、なかなか見つからない、全体計画の中で見直していくと。今、こういうような指摘がされているとき、そういう時間的な余裕はないんではないでしょうか。例えばですよ、もし今地震があって建物が倒壊した。けが人や死人が出た。以前でしたら、耐震度調査の結果が出ていない前でしたら、「いや、やっている最中でわからなかった」とかということで、ある程度の罪は軽減されるでしょう。しかし、倒壊する危険性があるよと、ここまで指摘をされている状況の中で、もし万が一、私が前に言ったようなことがあったら、これは確信犯ですよ。こういう危険がある建物を使わせていたと。もしかすると、刑事責任まで問われるかもしれないというぐあいに私は認識しているんですが、教育長はどのように認識していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)岩沼公民館問題については、大変厳しい問題ということで受け取っているわけでありますが、大きな課題であります。地震があったらどうするんだと言われると、確かにそのとおりなのでありますが、私たちとして、何度か検討した中で、基本的には代替計画を出すということでございます。ただ、受け入れがなかなか厳しいと。きのうの答弁でもありましたが、空き教室あるいは空き部屋、空き施設というふうな形で、ほかの機能を持っていないところを重視して計画を立てました。しかし、 100%は難しい状況でございます。遠くのところということであれば、また可能は可能でありますが、そういったことで暗礁に乗り上げていたところでございます。
 二つ目は、部分的に移動すればどうだといいますと、ほかの利用客との兼ね合いもありますので、それはなかなか難しいということがあります。一番説得力のある説明ができる、説明責任ができる部分においては、やはり跡地利用が決定してから、見通しがついてから、方向性ができてからと。そうなりますと、利用者5万人弱でございます、市内最大の利用者でありますが、説得力ある説明ができるのではないかなと今考えておったところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)倒壊の危険があると、そこまで指摘されていて、代替施設がない、全体計画がまだ決まっていないということで、きちっと対応できるのがかなり先になってくるというような状況なわけですね。ここの利用者には、「こういう耐震度調査の結果です。倒壊の危険があります。それでもよかったら使ってください」と、説明か何かしましたか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)明確にお知らせしているものは現段階ではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)なぜ知らせないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)利用者の代替の施設の検討とか、いろんな問題を含んでいるということもございまして、それらがある程度見通しが立った段階では、明らかにお知らせをしなければならないということは理解をしておりますが、それを踏まえてという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)代替施設の検討を行ったと。具体的にどのような代替施設の検討を行ったのか。
 前にも申し上げましたけれども、危険な建物は使ってはならないと、使わせてはならないと私は思っているんですね。倒壊する危険があると、そのために、代替施設で十分な活動ができなくて制限されるというようなことがあっても、利用者は理解してくれると私は思いますね。例えば、軽運動場とかでは、ダンスとか剣道とか、ヨガとか、いろんな団体の利用があるわけです。岩公の方ではいろんなサークルをやっているでしょう。そこに代表者がいるんですよ。何かあったら、その代表者にも大変な責任がいきますよ。その辺、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)代替施設に移っていただくためのシミュレーションの関係をまず申し上げたいと思いますけれども、現在、岩沼公民館を利用しております団体数につきましては、17年度、今年度の団体数ですが、登録しております団体については合計71団体あります。それらの団体に所属しております、いわゆる利用されています方々の人数でありますけれども 1,486人でございます。これらの方々に別の施設に移っていただく場合の想定として考えましたのは、中央公民館の、現在ある程度時間的にあきがある部分に入っていただくということで想定したものと、それから、それ以外の市の公共施設で公民館の講座なりで使えるような面積を保有する施設、それらを想定してのシミュレーションを行ったわけですけれども、利用されております方々の人数からいきますと、中央公民館では約47%ほど受け入れが可能かというところ、それから、中央公民館以外の市の公共施設を利用できるとした場合の想定としては約40%、合わせて87%ぐらいの方については移っていただくことが可能だろうと想定をいたしました。その残りの部分については、代替の施設がなかなか見つからないということもありまして、そこは、補足といいますか、代替がまだ見つかっていないという状況であります。
 現在、使っていただいております方々に対しまして、そのようなお知らせをしながら、十分注意をして使っていただくということも必要かというふうに思いますので、議員御指摘のように、そうした部分の周知には留意をしていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)危険のあるところになぜというふうな御指摘であります。制限をつけてまで代替計画を出すべきだという御意見だと思うんですが、確かにそのとおりであります。安全第一にと考えますと、すぐにでも代替というふうなことはありますが、今申しましたように、跡地利用が決まれば、また説得力ある説明ができるのではないかという考えで、時間を若干いただくというふうなことを考えておったわけでありますが、この件につきましては、再度持ち帰りまして……、今も代替計画については検討中であります、きのうも議論に出ました文化財展示室の代替計画ということもありますが、その辺も含めまして、再度この点については検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)中央公民館、ほかの公民館で代替が80%だと。この診断結果は緊急事態ですよ。例えば、昔の勤労青少年ホーム、それから、そこの体育館等はなぜ代替施設の中に入れていないんですか。そして、今、教育長が言いましたけれども、跡地利用ができ上がれば説得ができると。だれを説得するんですか。けが人や死人を説得するんですか。倒壊の危険があると、これほど説得力のある言葉はないですよ。どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)岩沼公民館は5万人弱の利用者であります。これは市内の中心部にありまして、非常に価値のある、生涯学習施設としては大変すばらしいところだと考えておるわけであります。市民のニーズを切ることはできません。要望を酌み取りながら、今後の計画、生涯学習計画の中で考えていくというふうな構想を持っていたところでございます。
 先ほども申しましたように、この件につきましては、再度検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)再度検討すると。私は前に申しました。すぐなんだと、すぐなんだよということなんです。時間はかけられないんだということなんです。いつまでに結論を出されますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いつまで、時期といいますか、あるいは代替施設、あるいは何をどこに移動するかということは、まだここでは言明することはできません。持ち帰りまして検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)代替施設を検討するとき、今、全部公民館関係だけでの対応を考えて80%だということなんですが、今申しましたが、これは緊急事態なんです。ですから、市が今抱えている施設をある意味では総動員しながら、そのニーズにこたえていく必要があるんだろうと思います。
 私が何でこんなにきつく言うかというと、教育長が、ここの利用者は5万人弱ですと、4万 4,000人ですね、実績ベースで。だから言うんですよ。だから言うんです。
 以前に、執行部の耐震度調査の優先順位というものは、まず教育施設からやりますと。私は、そういう優先順位もあるだろうと。しかし、施設の老朽化という優先順位もあるのではないかということで申し上げて、早目にこれの耐震度調査をしていただいたわけです。そして、こういう結果になったわけです。例えば、耐震工事というんですか、補強工事対策にも耐震度結果をもっての優先順位をつけていく必要もあるというぐあいに思います。そこで、学校施設の耐震度調査はでき上がっているはずなんですね。それの結果をお知らせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)学校施設の耐震度調査という御質問でございますが、その前に、先ほどの公民館の代替のシミュレーションについて、再答弁になりますけれども、もう一度申し上げさせていただきたいと思います。
 中央公民館に移動できるのは47%、それから、それ以外の施設として40%と申し上げておりますが、これは教育施設ではなくて、もとの勤労青少年ホームを想定したものでございます。したがいまして、教育施設だけではなくて、市の施設全体の中でどこに移動できるかというのを想定しながら行ったものでございます。
 それから、学校施設の耐震度調査の関係ですけれども、まず15年度に調査を行いました西小学校の南校舎でございます。南校舎については2棟ありますけれども、2棟ともけた行方向については補強が必要という結果が出ております。同じく西小学校の南校舎と北校舎を結びます渡り廊下につきましても、同様に補強が必要という結果が出ております。それから、16年度に調査しました西小学校の北校舎と体育館でございますが、これにつきましては、補強の必要はない、問題はないという結果でございます。
 それから、同じく16年度に調査を行いました岩沼南小学校の校舎、2棟ございますけれども、校舎につきましては問題はないという結果でございます。それから、同じく南小学校の体育館ですが、体育館につきましては、けた行方向について補強が必要という結果が出ております。
 先ほど申し上げました西小学校の南校舎、渡り廊下、それから南小の体育館の、補強が必要という結果が出た建物につきましては、17年度で耐震の補強のための設計を行うことといたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)はい、ありがとうございました。
 それで、岩沼公民館、軽運動場以上にひどい耐震度結果が出たところがありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)学校施設については、ないというふうに受けとめております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)学校施設については、ある意味では補強程度ぐらいで何とかやれると、使用できるというような形なわけです。倒壊の危険があるとか、可能性があるというのは1件もないわけですよ。そしたら、別な優先順位を考えてもいいんじゃないでしょうかね、教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ただいま御意見をいただいたことをしかと受けとめながら、今後検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)言いましたけれども、これは緊急事態なんですよと。だから、今後じゃだめなんだと、いつと答えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いつというふうなことはここでは言えませんが、早目の対応ということで再度検討させて、計画をしっかりとした形で出すようにしたいと考えておりました。先ほども跡地利用が決まってからと何度も申し上げましたが、安全第一に考えるということであれば、もちろん、最初に計画というふうなことも当然でありますので、その辺も視野に入れながら、しっかりと対応していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)跡地利用、あの地区は、岩公の建っているところというのは非常に利用度の高い、総合的に複合施設とかを建てていく形というのはどうしても今から必要なわけです。そうすると、それなりに時間がかかるというのは十分理解できます。ですから、代替施設をすぐにやってほしい。そして、あそこを使用禁止にしてほしい。例えば、この建物は、耐震度調査の結果、倒壊の危険があります。補強不可能ですと、ここまで言われているということをまず利用者にお話をして、代替施設を今検討していると、利用の制限もあるというような、ちゃんとした説明は、これはすぐできるでしょう。代替施設に移ってもらってから、急いで跡地の総合的な計画を立てたらどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほども申しましたように、今後、早目の検討、そして、早目の結論ということで考えていきたいと思います。もちろん、これは 100%可能ではないかもしれません。その部分については、利用者に対しての責任説明をしっかりとしたいと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)教育長に申し上げますけれども、この件に関しては、教育長は市民に対して説明責任を果たしていないと私は思っています。まず、市民に対して説明責任を果たしていただきたいなと。そして、その対応として代替施設をつくりますよと。市民はちゃんとわかってくれますよ、自分の命にかかわるんですから。多少の不便は我慢してくれると思いますよ。それをまずやってください。どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)御意見を十分参考にさせていただいて、まず安全を第一に考えながら取り組んでまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)答弁が非常にあやふやで非常に不満です。やるんですか、やらないんですか。市長、どうですか。市長に振れと言っていますから。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)渡辺議員のおっしゃることはよくわかりますし、教育委員会なりに今お答えをしていただいたということであります。私といたしましては、結果が出た時点で、安全を重視で、早速、代替施設を利用してもらいたいという話は教育委員会にいたしました。ただ、教育委員会としては、これだけの多くの皆さんに利用していただいているので、そのあたりを明確にしない限りは、なかなか説明ができないという選択だったようであります。
 ただ、後の利用という問題になってきますと、岩沼市としても、財政的に見まして、今、相当窮屈だということは御承知のことだと思います。消防庁舎を建てなければならないとか、いろいろプロジェクトあるわけでありますし、さらに、この後、市役所庁舎の耐震補強という問題も当然あるわけでありますので、それらを考えますと、例えば、公民館をまた建て直すということはなかなか難しいということであります。図書館とかなんかで、教育委員会としては複合的な施設ということでございますので、これにつきましては、教育委員会の意見を十分尊重しなければならないと思っておりますが、あの場ですぐに何かのものをつくるということは、財政的に見て不可能であります。そういいますと、人の命とお金はどっちなんだと言われます。当然、人の命です。でも、実際のところ、あそこに建てかえをするだけのお金があるかといえば、ないんです。そうだとすればどうするかといったら、何かをやめなければならない。じゃ消防庁舎はやめられるのかといいますと、ここまで進んでやめるということはできませんので、正直申し上げますと、なかなか苦慮しているところであります。ですから、安全重視という点で何とか代替措置を講じて、一日も早く講じて、その後の利用につきましては、今すぐということは実際のところは不可能だということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)まず、倒壊の危険があるんだということ、それで、利用の制限が少しありますよということが、市民になかなか理解が得られないだろうというのは、私は間違いだと思います。必ず理解が得られると。地震は 100%来るんですよ。とにかく建てられなかったら、代替施設で時間を稼ぐしかないでしょう。
 そして、市長は財政的な問題を言われましたけれども、ことしの投資的経費は 4.9%。財政の健全化という意味で市長は頑張られているわけですけれども、ちょっと絞り過ぎかなと。ほかのまちほど大盤振る舞いはする必要はありませんけれども、その辺、市長は利口なわけですから、ベッとひねり出して、その辺、どうするか、対応していただきたい。
 教育長に申し上げます。この結果を利用者なり市民にきちっと知らせて、ちゃんと認識をしていただいて、どういう反応をするか、聞いた上での対応でも構わないですから。市としたら、やはり使用を禁止するということが必要だと私は思います。なぜなら、前に申し上げましたけれども、これで何かがあったら、こういう危険があるのはわかっていたんだろうと。そして、使わせていたんだと、そしてこの結果なんだと。確信犯で刑事犯までとられる可能性もあると思いますので、急いでいろいろやっていただきたいとお願いをして、終わりにさせていただきます。
 次に移らせていただきます。岩沼の治水対策についてということで、地震ということで、水害が忘れられているような感じにはなっているわけですが、近年、地震も多いんですけれども、水害も非常に多いなというのが私の印象です。去年の新潟ですか、そして、ことしの台風14号による九州の被害、それから東京の、時間雨量にして 112ミリという化け物みたいな水量の集中豪雨が起きたわけです。そして、アメリカではハリケーンのカトリーナと。これは地球温暖化が影響しているとも言われているわけです。
 岩沼は、市長も百も承知だと思いますが、阿武隈川の最下流のまちです。水に非常に弱いまちだということです。昭和61年の8・5ですか、それから平成6年の9・22。9・22の水害の後に、岩沼の治水の総合的対策計画というんでしょうかね、そういうのが立てられたわけです。
 一つは、四日市場のところから阿武隈川に、毎秒 320トンだと記憶していますけれども、抜くと。そして、今でき上がった押分で毎秒 180トン、末広のところで水門を閉めて、志賀沢の水をポンプで外洋に赤井江のところから排水すると。この3本立てだったわけです。そして、激特に指定をされて押分の水門ができたわけです。宮城県は去年はかなり台風が来ました。ことしも14号が来ているんですが、直撃しそうで、くるっとうまいぐあいに逃げて、宮城県としたら幸運だなと思っていますが、岩沼は水害に弱いまちであるということで、現状はどういうぐあいになっているか。四日市場のところは計画と違う形で進んでいるわけですが、その辺も含めて、現状をお知らせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)押分の排水機場というのは、平成12年4月1日に供用開始されたということでありまして、その後の状況を見ますと、特に岩沼の旧中央部につきましては、治水の安全度は相当高まったと言えるかと思います。しかしながら、渡辺議員御指摘のように、最近の状況というのは、1時間雨量 100ミリを超えるという、それこそ全く想定していないような状況になってきていると。通常は1時間で50ミリなり30ミリなりということで想定をされているわけでございますが、そういう意味では、これまでとは考えられないような形になってきていると。そういった状況にもできるだけ対応していかなければならないということでございますので、引き続いて努力をしていかなければならないと思っておりますが、五間堀川の関係につきましては、柴田の方につきましては、まだ完成がされていないというふうに聞いております。ただ、五間堀川全体としては、御承知のとおり、県の方でいろいろ対応していただいている最中でございますし、岩沼市といたしましては、例えば、公共下水道の雨水整備ということで、桜雨水幹線とか境堀雨水幹線というものを完成させてきておりますし、また、浸水対策ということでそれぞれの地域で行っているわけでありまして、少しでも、市民の安全・安心にこたえるような治水対策には努力をしてきておるところであります。
 また、阿武隈川について見ましても、実は、暫定堤防ということでありましたが、柴田町の境から桜堤のところまで恒久堤防化をしていただいたり、また、現在は、大字の寺島地域での、漏水といいますか、阿武隈川に相当水量がふえたときに、漏水みたいな感じが今まであったわけでございますが、それにつきましても、質的な整備ということで、今年度、国の方でやっていただくというふうになっておりまして、少しでも国、県の力をかりながら努力をしてきているというのが現状であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)地震も必要なんですが、岩沼は水害にもきちっと対応していかなければいけない。市長も、我々も、阿武隈川の最下流のまちだという認識をきちっと持って、地震と水害との両面作戦で防災を進めていかなければいけない。災害は忘れたころにやって来るで、平成11年にできた排水機場は実際に動いたというのは多分ないのではないかなと。それでも必要なんだということなんですね。ここは 180、上は 320などという化け物みたいな機関排水場の予定になっているわけですけれども、何かあったときにということで、この辺も、市長をトップにして、治水対策をきっちりやっていただきたいということをお願いして、これは終わらせていただきます。
 それから、次にアスベストなんですけれども、3人の議員さんがやられていて、ほとんどしゃべるところはないぐらいなんですけれども、1番と2番は飛ばさせていただきます。
 3番ですね、民間に対しての市としての対応は、市政報告にあるもので十分であるかと聞いているわけです。市長は、アスベスト問題調整会議とか、相談窓口をやると。ちょっとこれが気になってしようがなかったんですけれども、「指導窓口は県でありますが、市としても、アスベストの吸引による健康被害の防止のために努める観点から、周知啓発に努めていきたい」と言っているんですね。それで大体聞いたわけですけれども、市長はこの形で十分だというぐあいに認識していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)こういう場合には、十分ですかと言われれば、絶対安全ということはないわけでありますので、十分とは言えないということであります。しかしながら、岩沼市の力からいって、例えば、化学的にどうなのかとかはなかなか証明がつかないわけでありますし、医学的にどうかといいましても、我々としては、例えば、労災の関係ならば労災病院に行かれたらどうですかということ、あるいは、心配だとすれば、こういうところで受診されたらどうですか、あるいは住民健診を受けられたらどうですかということはお勧めできるわけでありますが、それ以上のところは、実際は力もありませんし、また、具体的に指導していただくのは、やっぱり国とか県とかということで法令でなっておりますし、国の方は早速、対策につきましてはいろいろ示されておりますし、必要に応じて、都道府県を通じる、あるいは業界団体を通じて注意を喚起するなりやっているわけでありますので、我々としては、まずは、住民の皆さんから相談をいただく場合に、相談窓口を明確にしたいということで明確にさせていただき、その中でも、実は、岩沼市だけで解決がつくかというと、ほとんど解決がつかないということでありますので、その点につきましては、十分かと言われれば、十分とは言えないかと思いますが、でも、必要最小限度の対応としては、広報で相談窓口をお知らせするということ、それが住民の皆さん方に対しては大切なのかなと思います。
 また、繰り返しになりますけれども、アスベストについてのどうこうということにつきましては、実際のところ、月1回の市の広報とか、市の方でお示しするよりは、既にマスコミ等を通じていろいろ知っていただいているわけでございますので、今さらそのことにつきましては岩沼市としてどうこうはできないと。ただ、何か不安があったりという場合、あるいは、業者の皆さんにしても、どうなのかという相談につきましては、真摯に対応させていただきたいということであります。なお、適切な対応が必要だというふうには考えておりますので、渡辺議員から、こういう点についてもっと市で力を入れたらどうですかというお話をいただければ、できるだけそれに沿って進めたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)はい、ありがとうございます。
 実は、木造住宅の耐震度調査のがありますね、あれは、こういうのがありますよ、皆さん利用してくださいと。非常に利用度が低い、物すごく低いんですね。私、これを見たときに、あれをイメージしてしまったんですよ。例えば、木造の耐震度調査については、石巻ですかね、市の職員の人が、危険だから耐震診断を受けてくださいと歩いているんですね。それなりに効果があると。アスベストのやつですが、例えば、広島市では、職員の人がどうだと歩いているわけです。市長も市政報告の中で「健康で長生きできる環境づくり」と言っているんですよ。官の施設だけでなく、民間の建物についても、そういうことであれば、市が危険だよと教えるとか見に行くとかということが必要なのではないかと思ったわけです。市長のどこかの講演会で聞きましたけれども、指示待ちはだめだと。3種類ありましたね、待ちが。これは待ちに見えてしまうんですね。出ていってもいいんじゃないかと思いますが、どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)渡辺議員の提案でありますので、十分検討はいたしたいと思いますが、実は、アスベストの被害につきましては、どういう状況になるかというのは、市として独自ではなかなかわかりませんので、いろんな資料とか、国の方から流れてきているものを等を見て、我々としては対応するということでありますので、我々自体でどうなのかということを十分つかめるものとちょっとケースが違うというふうに思うわけであります。
 確かに、住民の皆さんの不安というのは、自分の家でアスベストを使っていないかどうかということ、そのことで自分たちに被害が及ぶのかどうかといったことでは不安になろうかと思います。これにつきましては、実は、マスコミ等でも、どういう場合にはということで、民家でもこんなものが使われている場合はこうですよということは報道されているわけでございますが、なかなかわかりにくいと。かといって、役所としては、例えば、こういうものがこの家には使われているということがどこまで把握できるのかどうか。そしてまた、その状況が、例えば暴露されるような状況ならば、危険度が高まるということも言えるわけでございますが、完全に密閉されている状況の中では、いたずらに不安をあおってしまってはなという面も実はあるわけであります。いずれにしても、民間の住宅につきましてどういう対応ができるかということを改めて検討したいというふうに思っておりますが、まず、我々がやれるところは、公共施設等で判断をし、分析をし、そして、それに基づきまして、必要な対応はしたいということが第一でありますし、また、相談においでいただく皆さん方に少しでも真摯な対応をしたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)アスベストについて、前の議員の方の質問の中で私はびっくりしました。
  3,000種類のアスベストを使った建材があるんだとか、10万トンいまだに輸入しているんだとか、それから、代替のものがなくてまだ使われているやつがあると。これは建設部長が言いましたけれども、劣化のための飛散もあると。例えば、 3,000種類こういうのが使われていたら……、新聞情報とかテレビは、肺がんなり中皮腫なりで30年たって死んじゃいましたよという報道だけなんですよ。はっきり言ったら、あそこまで言われるとみんなびびりますよね。ですけれども、今使われているんですよと、でも、こういう状態だから安全ですとか、市の広報なりで、豆辞典でもいいし何かでも、そういうことをお知らせをしていただきたいなと。知らないということで怖がるとかというのがありますので。その辺、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)安全ですと言いたいところでありますが……、はっきり言ったら、アスベストが使われていなければ全く安全なのでありますけれども、どういうところにどう使われているかということは、それぞれのお宅の状況がわからないと、なかなか判断がしづらいと。具体的にいいますと、国の方がそういった関係業界に対しては既にいろいろと対応策を示しているわけでありますので、これからは間違いなくそういったものが使われる可能性はないのではないかなと思いますが、かといって、これまで使っていたところに対してどういうふうに対処するかということでありますが、広報を通じてどこまで表現できるか。そしてまた、我々自体が危険度を知りませんので、結局、どこかで報道されたものとか、あるいは国、県からいただいた資料とかを参考にして、それを抜き書きしてお知らせをするという形になる。大変なことでありますから、そのことはやらなければならない。同時に、一方では、あおってしまって、果たして不安だけをあおる形になりはしないのかなとか、いろいろ検討は必要だとは思いますが、渡辺議員のお話のように、市民の皆さん方が不安だとすれば、その不安が的中しないように我々も努力しなければなりませんし、そのことに対して、役所としてできるだけのことをするということで、いろいろと検討したいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)十分御検討をいただいて……、むやみにあおっても間違いなくいけませんので、その辺、十分御検討いただいてやっていただきたい。
 そこで、某工場の周辺住民に対して、青石綿は使われていないとか、バグフィルターですか、フィルターなりがされていて防護されていたので、危険度は少ないので、地域住民に説明をすることは考えていないと答弁されているんですが、今申しましたように、アスベストで、このくらい吸って、こういう工場の周辺でぼろぼろ死んでいるんだよ、何人死んだよと報道されているわけです。周辺住民には立入検査が入ったよとかというのは情報として流れているわけです。大丈夫だとこちらで思っていても、説明してあげなければ、その不安は取り除けないんですよね。これは県の問題だというお答えになるんだろうと思うんですけれども、県にそれを説明するように要望してください。そして、もし県はしないということになったら、市でやってください。どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、危険度が低いという判断は私がしたのではなくて、そのときに立ち入りをされたところでの話ということであります。そういう状況の中で、今、渡辺議員が御指摘のとおり、大気汚染防止法に基づく施設という面がありますので、これにつきましては、権限というのは一応県ということであります。かといって、岩沼市としては、岩沼市域内の問題でありますので、同行させていただいていろいろお話を聞かせていただいたということであります。
 これは、例えば、県が住民の皆さんに説明をすべきなのか、企業側がすべきなのかとか、いろいろ問題点もあろうかと思いますので、その点、しっかりと方向づけをしなければならないというふうに思います。また一方で、不安をいたずらにあおるということはどうなのかなとか、いろいろ問題点があろうと思いますので、それらを一つ一つクリアしながら考えていきたいと。ただ、これまでの住民健診のデータでいきますと、あの地域に特別に考えられるような病気が多いということは数字的には全くとらえられておりません。かといって、もしだれかが吸っているとすれば、これから何十年後に発病する可能性がそういう場合はあるわけでありますので、それこそ、30年後、40年後の話になってきますので、そのことを今から不安がられるとすれば、その不安を解消するということも大きな仕事かなと思いますので、この点は、はっきりここでやりますと言っていいのかどうかというのは、法令等のルールということもありますので、それを無視しながらということにつきましても……、渡辺議員の強い要望でありますので、できるだけおこたえはしたいと思いますが、まずは県の方にお話をしてみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)ぜひ県の方に……、周辺住民は不安がっていますから、ぜひ説明をしてほしいという要望を出していただいてやっていただきたいと思います。
 今、住民健診で見つかるんじゃないかというような話なんですが、住民健診でアスベストが原因なんだというのが特定できるんでしょうかね。どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは医学的にどうなのかちょっと私はわかりませんが、そこまでは明確にできないのかなと。ですから、我々が一つまず思うのは、肺がんとか中皮腫とかという方々がおられるかどうかとか、あるいは、死亡されるときの、わかる範囲内でそういった方がおられたのかどうかということが一つの目安かなと。そういう意味では、我々で知り得る範囲では、これまで十数年を振り返ってみても、あの地域に特に目立ってどうこうということはなかったということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)渡辺真多議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(渡辺真多)これまでいろいろ要望なり注文なりをいっぱいつけさせていただきました。ぜひ御検討いただいて、要望にこたえていただくよう御期待を申し上げて、終わりにします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)16番渡辺真多議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時15分といたします。
    午後0時14分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 5番森繁男議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔5番森繁男議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)5番、ウィズの森繁男と申します。
 私の今回の通告は、岩沼海岸の整備事業と周辺環境についてということであります。
 まず、1点目でありますけれども、海岸侵食の対応についてということで質問させていただきます。
 先ほどもことしの大型台風の問題が話されておりましたけれども、ことしは、米国のハリケーンの問題とか、国内では台風14号での中・四国・九州地方の大きな災害、そういう台風が直面したわけでありますけれども、当市においても例外ではなく、昨年9月に、岩沼海岸の侵食に伴って、さらに台風が相まって、防波堤というか、堤防の大きな決壊といったことで非常に不安にさらされたわけであります。この前、テレビを見ていますと、気象の専門家でありますけれども、地球の温暖化の関係から、今回のような、14号的な、あるいはハリケーンのような大きな台風が今後多くなるのではないかというような予想をされておりました。そういったことを聞いたり、あるいは、画面に映し出される各地域あるいは各国の災害被災というものを私としてもぞっとするというようなことで見ておりました。
 きょうお聞きしたいのは、昨年9月の災害時には、市長を初め、敏速に応急処置ということで対応をしていただきました。地域の皆さんも、そして、我々も大変ありがたいことだと感じ取ったわけでありますけれども、あの応急的処置は、今日に至って一応安全だというように判断されているのか、あるいはそうでないのか。大型化する台風を見ていると、本当にあの地域が破られたら大変だなということから、昨年程度の台風が二つや三つ来ても耐えられる防波堤の応急工事なのか、調査あるいは担当した工事……、あれは県でしょうけれども、そういったところからどのような情報が入っているのかお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)お話をいただきましたように、雨の降り方あるいは風の吹き方と、最近は大分変わってきているわけでありまして、その意味では、想定外のことが起こっていると。ですから、我々が災害に備えて計画を立てるに当たっても、従来のままでいいかといえば、それはやはり違うということでありまして、その意味では、状況に応じてしっかりと対応していかなければならないと思っております。
 そこで、今御質問いただきました海岸侵食の対応でございますが、まだ完全ではありません。と申し上げますと、例えば、無堤防地区についていいますと、まだ無堤防地区が残っていると。しかしながら、これまでやっていただいたのは安全確保のための対応だということでありまして、その意味では、やっていただいた部分にきましては、安全というふうに言っていいのかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そういう言葉を聞きますと、少しはホッとするわけでありますけれども、地域の町内会の人たちから、本当に大丈夫だろうかという声を聞かされるわけであります。今回も、長谷釜地区などでは、高齢化が進むということに対して、もし災害が発生したらどういうような誘導をしたらいいかというようなことも含めて、町内会のリーダーの人たちなどは不安にさらされているんだろうと。そういうことから、すぐにも逃げられるとか、そういった利便性も考えた上での、町内会から道路整備についての陳情書も出ているようでありますけれども、リーダーとなれば、常にそういった不安にさらされているんだろうなという思いで見させていただきました。
 一応、市長から一定の……、その覚悟ははかれませんから、どんな強いものが来るかということでははかれませんから、市当局としても、安全確保ということについては十分考慮していただいているんだろうし、さらには、絶えず確認もされているんだろうと思いますけれども、いずれ恒久処置として、2番目のヘッドランド化。これは前段申し上げましたような大型の台風が、あるいは地震がというようなことになりますと、非常に心配もされるわけでありますから、急を要する、できるだけ早い時期に完成を見ていただきたいというのが、地域あるいは岩沼市民全体の願いでもあろうかというように思うわけであります。
 そこで、市長として、あるいはまた市の機関として、どういうような……、当然、市長からは、ヘッドランド化というものの重要性、必要性を、いろんな場所において、各所のごあいさつの中でもお伺いしておりますから、絶えず気にしているんだろうなという思いではいますけれども、ここに来てのヘッドランド化に向けてどのような働きかけをされておられるのか、お聞きしてみたいというように思いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず一つは、県の災害復旧事業としてやっていただいた部分があります。それと、無堤防地域について、少しでも早く堤防をつくっていただきたいということでお願いをしているということであります。そしてまた、恒久的な対策といいますか、それはヘッドランド化だということで今努力をしているわけでございます。
 それでは、具体的にどういう働きかけをしてきたかということでございますが、おととしの5月に山元町と岩沼市で仙台湾南部海岸整備促進期成同盟会というものを設立いたしまして、まず、無堤防地区の一日も早い解消、そして、海岸侵食の対策に対して有効であるヘッドランド(人工岬)の整備促進について、期成同盟会として努力をするということで、早速、国土交通省あるいは県選出の国会議員に要望活動をたびたび繰り返して行ってきております。特に、ことしの5月には、仙台を訪れました北側国土交通大臣にじかにお願いをすることができました。そのときに関係の方々にもお聞きをいただいたということでございまして、大臣にも要望を聞いていただいた。さらに、国土交通省の方に伺いまして、いろいろ関係筋にもお願いをしているということでございます。また、2市2町の広域行政の協議会の場で ── これは2市2町の首長と議長と選出の県会議員ということでありますが、その中でも、この地域の要望として、海岸の侵食対策というものをしっかりやりたいと、やっていただくように働きかけたいということでお願いをしてきているわけでございます。
 さらに、8月31日に行われました宮城県市長会におきまして、これは実は市長会全体の問題ではなくて、仙台湾南部海岸といいますと、仙台市、名取市、岩沼市、亘理町、山元町ということでありまして、13市のうちのかかわりのある市というのは三つだけではありますけれども、しかし、この地域にとっては非常に重要なことであり、まして、この地域に住む人たちは宮城県全体の5割弱ということでありますし、仙台空港が控えているとか、あるいは、この地域でいいますと、阿武隈川の下流下水道の放出口になっていたり、2市2町の衛生処理組合の排出口というような形で、いろんな重要なものがあると。そして、もちろん多くの住民が住んでいると。その人たちの安全のために、やはり早急な対応を国、県に求めたいということで、岩沼市から要望を出させていただいて、それを採択していただいたということでございまして、折に触れて、市としてはお願いをしてきているところでございます。
 なお、皆様方のお力もいただき、関係方面でしっかりと一日も早く対策が講じられるように努力をしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そういう行動あるいは働きかけに感謝を申し上げながら、それにしても、特に長谷釜から河口蒲崎あたりについては、言ってみれば、相当ひどい状態になってきているわけであります。また、市長もおっしゃいましたように、重要な施設あるいは病院といったものもあるわけでありまして、この行動について、絶えず根強く力強く展開をしていただきたいというように思うわけであります。
 ヘッドランド化、あるいは、この海岸侵食については、十分御理解はされているものと思いますので、この場をおかりして、さらなる強い要望をということを申し上げて、次に移っていきたいと思います。
 もう一つについては、我々、幼いころから、防風林というような言葉 ── 市役所の報告書などを見ると防潮林という名称でなっていましたけれども、このごろというか、ここ十数年来、あの岩沼海岸の松並みを見てみますと、非常に薄くなったなと。松並みが薄くなったなということと、赤色に立っている木が目につくようになりました。私も専門家ではございませんのではっきりはわかりませんが、多分、松くい虫の被害があるんだろうというように思っているわけでありますけれども、松くい虫の被害は、報告書などを見てみますと、岩沼全体の伐採した本数とかは書かれているわけですけれども、あの防潮林だけの、岩沼海岸の松くい虫で倒さなければならないという木は年間何本ぐらいあるのか。あるいはまた、だめになった木のかわりとして植えかえをしているのか。しているとすれば、相当数なのか、年間何本ぐらいされているのか、その辺をお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)防潮林、防風林といったらいいのでしょうか、海岸の防災林の造成につきましては、長い間、地域住民の皆さんの願いであったわけでありまして、また、岩沼市史の表現によれば、「かつて、この地域は不毛の砂地であった」というふうに言われているわけであります。潮風からどういうふうに地域の民家あるいは耕地を守っていくのか、あるいは、砂が飛ぶといった状況をどういうふうに克服していくかということは、本当に長い間の住民の皆さんの悲願ではなかったのかなと思います。特に、大正の2年なんかは、歴史的に見ますと、それこそ、砂浜が相当広かったわけでありますけれども、波打ち際から 1,000メートル離れたところまで高潮の災害があったということでありまして、そういったことで、潮風、飛砂あるいは高潮といったようなことにどう対応するかということが、それこそ、地域住民の皆さんにとって非常に重要なことだったわけであります。やっと、昭和の一けた代になりまして、防災林をつくらなければならないということになりまして、県営事業等で行ってきたわけでありますが、第二次世界大戦ということでストップいたしまして、その後、戦後に入って第二次の植林事業等が行われて、昭和30年にやっと完成したと伺っております。そして、黒松のすばらしい防風林、防潮林ができたということでございますが、これにつきましては、また、今度は新たな問題、つまり、もうここ30年ぐらいになるんでしょうか、松くい虫という問題が出てきているわけでございます。これは、もちろん、あの地域で暮らす人たちのためにしっかりやらなければならないことであると同時に、長い間、先人たちが努力をしてきたと。ですから、その先人たちの努力というものをしっかり我々が受け継ぐ意味でも、防潮林、暴風林、防砂林というものはしっかり守っていかなければならないと。
 ただ、実際のところは、松くい虫の被害というのは大変な状況でありまして、しかも、岩沼の海岸だけを守るということも実際は不可能でありまして、それこそ、全国的、全県的に取り組まなければならない大きな課題だということで、これにつきましても、岩沼市からも要望等を出していただいて、県の方もいろいろ対応いたしていただいているわけでございます。
 総論的には、今のような話をさせていただきまして、具体的に、今御質問をいただきました被害の、伐倒する木は年間何本か、植えかえは何本ぐらいかということにつきましては、産業部長からお答えいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)海岸の防潮林の中には、国が管理する国有林、県が管理する県有林、市有林、それから、民間の共有林などの私有林がございまして、市有林と民間の共有林などを一括して市の方では松くい虫の対応しているというような現況でありまして、岩沼市では昭和51年から被害木の処理ということをやっておりましたが、昨年までで、29年ぐらい経過しておりますが、総本数では2万 8,000本ぐらいをこれまで伐倒してきているというのが現状であります。最近、ここ5年間ぐらいの処理本数の平均的には、年間で 3,400本ぐらいをほぼ毎年伐倒としているという現状であります。
 その伐倒している状況の中で、どれだけ松苗といいますか、植えかえているのかということでありますが、これまでは一切実施しておりませんが、今年度から、県の方の「海辺の松子育て事業」ということで事業採択を受けまして、松くい虫に強い抵抗性松の苗木というものを、余り多くはありませんが、 200本程度いただいて、3月ごろに植栽をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)今日まで植えかえはしてこなかったということについては、強い松ということで研究されていたという判断でよろしいんでしょうかね。
 いずれにしても、地域の住民にとって、農作物とかにも大分影響を持つ松でありますし、市民の、先ほど申し上げましたような、災害に対しても相当の影響力を持つ松だと。将来はコンクリートの壁でもつくるというにしても、今度は景観の問題があるということもありますからぜひ……。見れば薄いというのがはっきり見えてきておりますし、多分に、塩害とか、我々の目には見えないいろんな被害もあるかもしれません。そういったことでは、いざ必要だというときでは間に合わないわけでありますから、今後については、やっぱり力を入れて、そういう活動というか、県や国とも十分理解し合って行っていただければありがたいなというように思うわけであります。
 次ですけれども、被害木を発見するというときは、我々には枯れてしまってからしか見えないわけでありますけれども、市とか県とか、それなりの機関においてパトロールなどをする場合については、容易に発見されるものなんでしょうか。そしてまた、発見をしたときの処理について、どういった処理をされているのか、この辺についてお伺いしたいと。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)被害木の発見にはどうやっているかということですが、詳細につきましては、ある程度判断できる担当の者が年4回に分けて実施しております。さらに、今回の台風などもございますので、強風時のおそれがあるときについては、松林の中に民家もございますので、そういう家屋などに木が倒れて被害が出ないかどうかなども随時調査を行っておりますし、ほかにも、住民の方から随時通報をいただいて被害を把握するということも実施しております。
 実際、松くい虫につきましては、被害が目に見えた部分にやる処理ですが、これについては、事後処理ということでありますので、松くい虫の対策には川上対策が一番いいわけでありますので、これについては、被害が出て枯れた状態等にはもう処分しかないということなんですが、これらにつきましては、すべて伐倒しまして、海岸の松につきましては、市ではすべてパルプチップにして処理をしているというような現状です。国有林などですと、部分によっては薫蒸処理などをやる場合もあるようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)専門家が年4回調べていると。ただ、処理について、地域の人たちから聞いたり、私も見るときがあるわけでありますが、伐倒した木を、そこを処理場としたままで周辺に置いておくというのを見るんですけれども、あれは完全に虫あるいはさなぎとかはなくなっている状態なのか。そのままにしておけば、だれが考えても、すぐに別な木に移ってしまうという思いもするわけでありますけれども、こういった点についてはどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)今御意見をいただいたとおりでありまして、松の木が枯れてしまって、その中に、マツノマダラカミキリの幼虫、それからマツノザイセンチュウともに、完全にその痕跡がないとある程度判断される場合については、伐倒して、短く切って、その場に置くということも国の方ではやっているときもあるということです、例外としてあるということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)そのときは、今おっしゃられたように、確実に虫が存在しないという確認はできているということですね。わかりました。
 次に、報告書などには薬剤散布も含めて書かれているんですけれども、薬剤散布については実際やられているのかどうか、年何回ぐらいそれをやるのか、その辺をお聞きしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)松くい虫の薬剤散布でございますが、これについては予防と、先ほどの伐倒は事後処理ですが、薬剤散布については予防ということでありまして、地上散布と空中散布の二つの方法がございます。岩沼では、周辺の民家への影響ということもございますので、地上からの散布ということで、空中散布はしておりません。
 この薬剤散布の時期でありますが、毎年、カミキリムシの成虫が発生する最盛期が7月上旬から中旬にかけてでございますので、その時期に合わせて散布をしているというのが現状です。散布面積につきましては約43ヘクタール、海岸林は約 300ヘクタール ── 国も県も市も全部含めて 300ヘクタールぐらいあるんですが、そのうち市としてやるのは、今年度につきましては43ヘクタール。一応、ブロック的にローテーションを組みながら、効果的に今のところやっているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)岩沼市は空中散布はやっていないということでありますから、他の農作物とか人、物に対しての影響は、その部分ではないんだろうと。木に対して注入するような薬剤については、ああいったところには往々にして人が入るわけでありますけれども、人体的な影響というのはもちろんないと判断してよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)薬剤散布をするときの効果としては、カミキリムシの駆除をすることですから、当然、カミキリムシを殺すということで殺傷力があるものですから、ある程度、国の基準をいただいて、人とか環境に対して負荷の軽い薬剤が認定されているんですが、散布するときにつきましては、地元の町内の方々に「いつごろからやりますよ」とか、それから、キノコをとる方がいるかどうかわかりませんが、そういう方にも、メーンになるような道路については、そういう看板、標示をして注意を喚起しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私が心配しているのは、地元の人たちについての説明ということでは、ある程度の範囲で理解いただいているんだろうと。しかし、そういう目的で入っていいのか悪いのかはちょっとわかりませんが、キノコとりとか、全然知らない人が行くわけでありますけれども、必ずしも立て札を見るというようなことでもないでしょうから、もし触れれば、直接触れたとか、あるいは、かかったとかといったときにどんな影響があるんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)厳密にはそこまで把握しておりませんが、国の方では、松くい虫の除去に使える薬剤については、環境への負荷、特に人や環境に対してどうだろうということで、残留性が少ないものとか、いろんな生物がいるので、そういう小さな生物に対する安全性はどうだとか、全部チェックされていまして、もちろん農作物への被害とかも全部ひっくるめて調査した上での認可ということなものですから、現在のところまでの施行の中で私たちに被害があったということについては把握していない。岩沼でもそうですが、ほかのところでもそういうことについては聞いておりません。ちょっとわかりませんが、一応、殺虫力はあるので全く無害ということはありませんが、通常の中では、そんなに心配することはないのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)それであれば結構でありますけれども、私としては、人的な、あるいは他の動植物に影響があるのであればということで質問をしてみたわけであります。
 もちろん、いろんな研究をしながら、害のない薬を使って、そして守っていただかなければならないわけでありますけれども、今現在、松くい虫の被害というものは広がりつつあるのか、それとも、いろんな努力、研究によって、おさまりつつというか、とまりつつあるのか、その辺についてお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)先ほどもお話ししておりますが、ここ数年、被害木が 3,000本程度で推移しているということからすれば、伐倒駆除とか、薬剤散布とか、予防もしておりますが、結局、そのぐらいが出ているということは横ばい状態であるので、被害は拡大しているというふうに受けとめております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)拡大ですか、拡大しているという判断でよろしいんですね。わかりました。
 いずれにしても、市長、防潮林、防風林というものは、先ほども申し上げましたように、地域住民や岩沼市全体としても、防災上、農作物への影響上、景観といったところで非常に大切な木であります。我々、幼いころは、もちろん今でもですけれども、学校の唱歌 ── 校歌というんですか、にまで出てくる自慢の松でもあります。行ってみれば、時々海岸を散歩がてらに歩きますと、昔、目印にしていたような松も真っ赤に枯れ落ちていると。残念だなと。自分なりに「おまえも死んだのか」というような声をかけてくるんですけれども、あの防潮林は非常に大切だということから、先ほど市長も、もちろん植えかえもしているということでありますけれども、20年、30年あるいは50年後といったときに、何らかの被害によって、あるいは、今言っている松くい虫の被害によって、本当に薄くなる、あるいは全滅してしまうというようなことがあったら大変だということから、今の時代から真剣に植えかえ作業を、あるいは、特定の場所を選んでも、次世代の木というものを育てておく必要があるのではないかと思うんですが、この点について、市長、どうでしょうか、考えを聞かせてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)森議員のおっしゃっるとおりだと思います。まず、機能的に見ましても、潮風から守るとか、飛び砂から守るといったようなこともありますし、また、景観という面から見ましても、それこそ白砂青松の松であります。そしてまた、歴史的に見ますれば、本当に先人たちの大変な苦労があり、そして、長い間しっかりと地域の皆さんが守ってきた松を、我々としてはしっかり次の時代に受け継いでいくという責任があるわけであります。そして、砂浜を見ましても、さっきの質問になるわけでありますけれども、ほとんど砂浜がなくなってきたということで、あの海岸一帯としては大変な状況であると。しかしながら、岩沼市でできることは限られるわけであります。
 ですから、今御質問をいただきました、防潮林といいますか、防風林につきましては、残念なことではありますが、松くい虫の被害がどんどんどんどんふえていくということでありますので、今年度より、海辺の松子育て事業ということで、防潮林の機能回復と松の緑をよみがえらせるために、ボランティアの方々の御協力をいただきながら、抵抗性松の苗木植栽を実施していくということにいたしておりますが、さらに、今後、国、県と連携を図りながら、抵抗性松の供給も踏まえて、積極的に植栽にまず努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)非常に大切な松でありまして、今、市長答弁からも、積極的にというような御回答というか、話をいただきましたし、地域住民、我々としても、次世代も含めて、ぜひしっかりと考えていっていただきたいものだと常々思っておりましたから、きょうはあえて質問をさせていただきました。
 最後の質問でありますけれども、次の質問もやっぱり松林であります。
 所有者が国であろうと、県であろうと、もちろん個人であろうと、市であろうと、今、環境が非常に悪い状態になっていると、これは市長も御存じだと思うわけでありますけれども。ある箇所においては、完全にごみ捨て場状態というところも見受けられるわけであります。ごみを捨てているところについて、何らかの処理対策というものを考えなければならない時期にもう来ていると。これは「気をつけろ」だけの世界では……、もちろんマナーも大切であり、そっちの指導も、PRも大切でありますけれども、今あるごみについては、何らかの片づけ処理というものを必要とする時期に来ていると私は見て思っているわけでありますけれども、この対策についてどう考えているかお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)保安林につきましては、先ほどもお話ししましたが、国有林、県有林、市有林、それから、民間の共有林などの民有林がございますが、それぞれ管理区域が定まっております。その中で、心ない一部の人によってごみの不法投棄がされた形跡があることも随分見受けられているところがございます。
 その対策につきましては必要と思っておりますが、それぞれの管理者、それから関係機関、特に、地域の方々の御協力もいただきながら、みんなで協力しながら進めていかなければいけないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)もちろんそうでありますけれども、先ほど申し上げましたように、国の管理下の土地であっても、県であっても、市であっても、個人であっても、やっぱり岩沼市であります、の中にあるわけであります。関係機関とそういった話し合いを絶えず持たれているのかどうか。処理についての話し合いを持たれているのかどうか、この辺についてお伺いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)廃棄物処理の担当部門での一つの取り組みでありますが、岩沼市の環境美化の促進に関する条例というものがございます。この中で、土地または建物の占有者の責務という中で、基本的には、その土地の所有者の中できちんと清掃等をしていただくということになってまいります。ただ、これは、そうしていただくための市の責務というものがございます。これにつきましては、当然、市民とか土地の所有者の方に必要な協力を要請する、きちっとやっていただくことのお願いをしていくというようなこともございます。
 そういった中で、廃棄物処理担当の民生部門といたしましては、不法投棄防止ということで、具体的にどういうことをやっているかということになろうかと思いますが、まず、不法投棄防止の看板といいますか、そういったものを設置しながら啓発するとか、担当者による巡回パトロール、さらには、地域の町内会なり衛生組合の方々の協力をいただいた形での不法投棄防止に努めているという実態でございます。
 こういった中で、海岸の状況についてちょっと申し上げますと、二の倉排水管理所がございますが、ここから南の方については、松林といいますか、この辺の下刈りもしていただいており、ごみの不法投棄の状況については、まあまあ問題になるような状況にないなというとらえ方をしております。二の倉排水管理所の北の方になりますと、大分ひどい状況がございますので、この辺については、この機会に、土地の所有者を含めた関係者の協議の中で、どうしたらいいかを検討していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)わかりました。関係者とももっと話し合いをいただいたり、あるいは、県の土地であれば、今あるごみを、私なりにいうと、どうするんだというような話を、会議体というようなものをぜひ持っていただいて、そして、いい方向に、早くまず一遍は処理するという方向に向けていっていただきたいものだと。
 次の質問なんですけれども、今は、海岸の侵食でその作業は、奉仕は要らなくなりましたけれども、以前、海岸清掃をやっていたように、どこの土地といえども、やっぱり岩沼市の内部に発生しているごみでありますから、海岸清掃をしたときのような ── ボランティア活動を住民に市として呼びかけて、年に1回ぐらいは、大きいものは無理だとしても、缶や発泡スチロールといったようなものの清掃活動はできるのではないかというように思っております。個人的には、あるいは町内会的にはやっているところもあるんですけれども、一斉清掃の日というような、日を改めて呼びかけるというようなことをやってはどうかと思うんですけれども、そういう考えはありませんでしょうか、今。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)保安林につきましては、地域によっては下刈りしているところもございますが、深い松林で迷路になっているところもございます。それから、清掃時におけるけがなどを考えた場合につきましては、不特定多数の市民のボランティアの方々が松林に入ることは、非常に危険を伴うのかなというふうに思っております。そういうことで、現在のところは考えておりませんが、岩沼市と名取市の海岸沿いの町内会で組織しております「名取地区海岸林保護組合連絡会」というのがございまして、その連絡会において年に2回ほど海岸保安林の清掃を実施していただいておりますので、今後とも、その連絡会と連絡連携を図りながら実施してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)私はあそこで生まれ育っているから余り危険とかは感じないのかなというように思いますけれども、大勢の人が出て、一定の範囲を定めれば、できないこともないんじゃないかなと思うわけであります。一遍検討していただけないかなという思いであります。
 同時に、私の知る範囲でも、ボランティアをしたいと、そういった活動をしてみたいという声を何人かの人から聞いているわけでありますけれども、ただ、何といっても、そうはいっても人さまの土地でありますし、目的はどうあれ、やたらめったら……、何をしているんだということにもなるわけでありますから、お手伝いをしたいというような方に対して、何らかの市の印とか、ジャンパーとか。あるいは、軽トラックの貸し出しとか、拾ったごみの処理の方法とか、説明をしながら、そういうものも受け入れてみたらどうだという思いもあるわけですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)これは不法投棄防止の一環になろうかと思います。こういった中で、ただいま産業部長が回答申し上げましたとおり、海岸清掃みたいな、広く一般の方々にお願いする部分については、ちょっと危険性があるという判断のもとに、今、森議員御指摘のように、地域の方々でとか ── 関係する方々で取り組んでいただくことに対する市としての支援があろうかと思います。これについては、今御指摘のような、回収したもののごみの処理の仕方とか、いろいろあろうかと思います。このような方向で、担当部門として少し検討してみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)地域の人たちに対する支援の仕方というものは、多分、地域の人たちは一定の理解はしているんだろうと。そのほかにも、聞く範囲では、そういった人がいるわけでありますから、いいことでありますし、私は検討に値するんだという思いで質問していますから、その点を考えていただければありがたいなというように思います。
 それと、県や国の土地も全部含んでいる岩沼海岸一帯でありますから、岩沼市だけにこういうことをしてほしいという希望、要望はどうかなとも思うんでありますけれども、最後でありますが、市として、あるいはみんなで、ボランティアで一遍はきっちり清掃活動を行いながら、今度はきっちりマナーも守っていただく。しかし、守れない人も現実にいるわけでありますから、そういった人に、ある一定の強い目というか、で見られる巡視員みたいな、警備員のような、何グループか、何名かというような……、あるいは県などにも十分働きかけをいただいて、人が必要だというのであれば、岩沼市には、退職者、いろんな車の資格とかユンボーの資格とかを持った、ある程度、できるような人も多くいようかと思います。シニアを使っても、あの林を守っていくんだというようなことが、関係機関とも連携しながら、できないものかどうか、その点についてお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)先ほど申し上げましたけれども、名取地区の海岸林保護組合連絡会で、年間を通して、松林の保護と不法投棄防止のパトロール、海岸保安林の清掃などを行っていただいておりますので、なお一層、パトロール等の強化をお願いするとともに、町内の方々の意見も聞いて、市として、何か支援すべきもの、取り組めるものがございましたら、検討したいと思っております。
 また、国有林、県有林もございますので、そういう関係機関にもどんどん働きかけをしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)森繁男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

5番(森繁男)最後ですけれども、あそこのパトロールとかといったものについては、時々見ることは見るんですけれども、お互いに気をつけようやというような立場の中からですと ── 同じような立場の人が海岸を一生懸命警備をしたり清掃したりというようなことであれば、何年後かにはマナーもモラルもずっと高くなってくるのではないかということから、関係機関とも十分……、何としても、マナーが守れていないのが現状であります。そうはいっても、放っておくわけにもいかないわけでありますから、そういう機関と連携をとりながら、できることであれば、そういう人たちの配置というものも試みてみるべきではないかということで質問したわけであります。
 いずれにしても、あの海岸でありますけれども、何回も申し上げますけれども、我々にとっては大切なふるさとでありますし、そして、市民や住民にとっては大切な防風林であります。そして、どこから来ても、あそこに入れば、岩沼市という見られ方をするわけであります。いい、きれいなまちという観点からも、ぜひそういう方向で御検討していただくことを切にお願いいたしまして、私の一般質問を終わりたいと思います。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)5番森繁男議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時15分といたします。
    午後2時3分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 1番布田恵美議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔1番布田恵美議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)1番、ひまわりクラブの布田恵美です。
 さきに通告しております通告書に沿って質問させていただきます。
 最初に、次世代育成支援についてお伺いいたします。
 「こども 110番の家」についてお伺いいたします。
 こども 110番の家は、児童・生徒を守る緊急連絡所として、市内におきましては平成9年より各小学校区に設置されたものです。これは、児童・生徒の登下校時、児童・生徒に対するわいせつ犯罪や、不審者による声がけの危険を感じて助けを求めてきたときに、保護して、警察などに通報していただく制度で、通学路周辺の一般民家やコンビニエンスストア、ガソリンスタンド、郵便局など、昨年11月の数字で、市内 196カ所、県内 6,000カ所以上の協力のもとで運用されています。このように、宮城県あるいは本市でも、こども 110番の家にはステッカーを玄関に張りつけるなど取り組みはなされているわけでありますが、市民全体に浸透していないのが現状であります。子供は、家庭、学校、地域で守り育てると言われておりますが、地域の中での安全は地域全体で取り組んでいるのだということを周知徹底することが必要ではないかと思うのであります。
 平成16年第2回定例会での同僚議員の不審者対策に対する答弁で、教育長は、「一つは、複数での登下校。二つ目は、万一の場合、大声を出す、駆け込む」と、その中にこども 110番の家の活用も挙げておられます。見知らぬ変な人に声をかけられたとき、子供たちが安心して近くの家に飛び込んで通報できるような、わかりやすい安全な地域づくり、子供、女性だけでなく、市民全体が安心して住めるまちとして、みずからが取り組んでいるのだということを示す時代になっているのではないかと思うのであります。
 1番、どのように地域で連携が図られているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)平成9年に発足いたしました「こども 110番の家」は、県内で2番目の設置になりますが、全市を挙げて取り組んだのは県内一番であります。当時は画期的なことということで注目されました。
 こども 110番の家と地域での連携につきましては、地域の中の駆け込み寺としての役割を果たしております。警察、学校、PTA、地区、防犯協会がお互いに情報を提供し合うなどして、子供たちの安全を見守りながら、地域での連携を図っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今、警察、学校、地域などと連携して情報交換を図っているということだったんですが、どのような頻度でその情報交換がなされているのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)実は、これについては、地区によって取り組みがかなり違うわけでありまして、ケース・バイ・ケースでありますので、どのくらいという答えはちょっとできかねます。
 ただ、今後、確認していきたいと思っているんですが、来月の下旬に、 110番の家に協力される方々全員に集まっていただいて、警察と教育委員会のもとでの懇談会を開いてまいります。その中で連携のあり方について協議をさせていただくということで、それぞれの地区の取り組みがそのときにわかるわけでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)このこども 110番というのは、地域ぐるみでは岩沼は県内で先駆けてということだったんですが、平成9年にスタートしております。それから現在まで七、八年経過しておりますが、その間に、定期的に情報交換の場がなされていたわけではないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)大きな事件、事故があったときに、学校からの話し合いに臨んでいただくということは、これはございました。先ほども申しましたように、それも各地区まちまちの考えで取り組んでいたところでありますので、その辺についても、先ほど申しましたように、来月、話し合いを持って、統一した形に持っていきたいなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)せっかくの地域挙げての、地域学校をみんなで見守っていこうということでスタートしているこども 110番の家ですから、その機能が最大限発揮されるように、やはり定期的に情報交換や連携の話し合いの場などを持っていくべきではなかったのかな、これまで持ってくるべきではなかったのかなと思います。
 今、来月ですか、話し合いの場を持っていくということですが、例えば、学区内での情報交換はいかがでしょうか。小学校区を中心に設置されているようなのですが、学区内ということで、小学校もあり、中学校もありということなんですが、学校同士、先生方、PTAの役員同士とか、地域の役員の方々とかの情報交換の場というのはいかがなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)最終的には学区内が一番よろしいと思います。これまでも、ふれあいパトロール隊が発足しまして、何回かそれぞれの学校ごとで話し合いを持ちました、情報交換の場を持ちました。それと同じような形で今後取り組んでいきたいなと考えているところであります。
 特に、ふれあいパトロールは、どちらかといいますと、線で結ばれております。こども 110番は点でありますので、その点と線を何とか結びたいと思っておりますし、それを囲む地域社会が面でありますので、面に広げていけば、子供の安全・安心、よりよき環境がつくれるのではないかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今後、地域の中で、学区の中でも情報交換がなされていくということのようですが、子供ということで、必ずしも小学生だけではありません、もちろん中学生、幼児、それから、子供というのは18歳までですから、高校生もおりますが、その辺の、幼稚園や高校などとの情報交換、連携などはいかがになっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)最終的に、市民の安全ということを考えながら、こども 110番と。こどもという名前がついていますが、実際は大人も駆け込めると。特に、女性あたりも駆け込んだ例がほかの市町村にはあると聞いておりますので、その辺、自由に入り込めるような形に持っていきたいなと考えているわけであります。
 なお、幼稚園、高校、この辺は、今後の課題として来月の課題にさせていただきたいと思います。話し合いの中で、どうなるかということをみんなで話し合っていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)そうですね、今、教育長がおっしゃいましたように、例えば、ストーカーに遭う方とか、下校時でしょうか、岩沼市内でもありましたが、下校時に不審者につきまとわれたり、いたずらされそうになったというような事例もこれまでに見聞きしております。ですので、高校や幼稚園なども含めて、ぜひ情報交換を、広くネットワークを張りめぐらせていただきたいなと思います。
 それと、こども 110番の家ということで、例えば、地域の中で、何年か前に、こども 110番の家を引き受けますよ、お願いしますというような、お願いや引き受けがあったとしても、年数がたてば、御商売されている方が廃業されたり、転居や引っ越しで無人になっている場合もあると思いますが、その辺の見直しや点検などは、どのような機関でどのような係の方がどのような周期で行っているのかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)実は、昨年、見直しを図りました。平成16年9月に、教育委員会、あるいは警察の御協力をいただきながらチェックを図りました。先ほど、布田議員の話の中に、現在 196という数値を示されましたが、実際は、つかんでいるところ、昨年段階で 194でありました。見直しを図りましたら、何と空き家になっていたところが9軒ございました。9年たっておりますので、やはり状況はかなり変化したわけであります。プレートの破損したところが76カ所ありました。それから、新規に申し込まれた方が17カ所ありました。ありがたいことであります。合わせて 202カ所が今回整備されたわけであります。これも定期的に点検をせねばと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)現在 202カ所が市内でこども 110番の家を引き受けてくださっているというふうにお答えをいただきました。先ほど教育長がお話しされまして、学区内で、ふれあいパトロール隊とかといったところとも今後連携を図っていくということでしたが、例えば、同様に、地域で、防犯協会とか、子供だけに限らず、広く地域の安全を見守っている団体もあるかと思いますが、そういったところとの情報交換はいかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)すべての関係機関が集まりまして話し合いをすれば、それにこしたことはございません。来月には、もちろん代表者をお呼びしての情報交換があるわけですが、実は、来年度、私も力を入れている教育がありまして、協働教育 ── 協力して働くという教育。ある小学校を指定しておりまして、地域で支える学校教育と。その中でも、子供の安全・安心を一つのテーマにしたいなと考えているわけであります。先ほど申しましたように、こども 110番とふれあいパトロール隊、あるいは地域全体のつながりをいかにするかというふうな問題の中で、今御指摘いただいたことを話し合っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)先ほどから、地域の中でのこども 110番の家との連携ということで、それをテーマに質問を取り上げております。同じように、こども 110番の店というのがありますが、そちらの方は自主的に活動している業界団体なんですが、どの程度把握されておられますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その点については把握しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)こども 110番の店ということで、宮城県の利用組合加盟店が店頭にステッカーを掲げてこども 110番の家と同じような働きを、子供や女性の駆け込み的な、何かあった場合に、そこに助けを求めてということで、そしてまた、保険制度も設けておりまして、支援整備もとりながら活動しているようなんです。市内にも、こども 110番の店ということで掲げているところがありますので、今後、そういったところも情報を把握していただきまして、こども 110番の家と、そしてまた、地域のふれあいパトロール隊、防犯協会、いろいろな方々が子供たちを地域の中で見守ってくださっていますので、こども 110番の店というところも、今後、視野に入れていただいて、ぜひ、情報の共有ということで努めていただきたいと願います。いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)家がふえることは非常にありがたいと。店がふえることも非常にありがたいわけであります。先ほど申しましたように、それが点でありますので、何としても結んでいきたいと考えております。
 なお、この件については、私どもも情報不足でございましたので、研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今後、そのようにお願いいたします。
 岩沼市次世代育成支援行動計画第3章「行動計画の基本的考え方」の中にも、子供の安全の確保、「子供が安全に安心して暮らせる環境をつくるため、市、警察、保育所、学校、関係団体、地域、企業などと連携、協力し、安全を守る体制を強化します」と書かれてあります。児童・生徒はもとより、市民に広く知っていただき、連携をより一層強化するためにも、例えば、市教育委員会のホームページの中に、市内のこども 110番の家などの学区ごとのマップ(地図)を公開してはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この件については、検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)子供たちの行動範囲というのは、親が思っている、大人が思っている以上に広くありまして、特に、ある学年になって自転車に乗って外出をするようになると、友達と連れ立って、学区外にも買い物に行ったり体育施設に遊びに行ったりということが出てきます。そういった点でも、子供だけではなくて、保護者にも……、あなたが遊びに行くような地域に、こども 110番の家があるよとか、お店があるよというようなことを親子で情報を共有したり、また、地域の方にも広く知っていただくためにも、今後、早急にホームページの中に学区ごとのこども 110番の家または店などのマップをアップしていただきたいと思います。いつごろまでに取り組んでいただけますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この件につきましては、先ほど申しましたが、もう一度持ち帰りまして、検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)では、そちらの件は、来月、いろいろな連携の情報交換の場も持たれるということでしたので、関係機関の方々とも広く情報を共有していただいて、そしてまた、せっかくのこども 110番の家という、平成9年からやっている取り組みですので、市民にも多く知っていただいて、先ほど教育長がおっしゃっていた、地域の方々にも教育の中に参画していただけるような取り組みの一つとして、ぜひ継続していってほしいと思います。
 続きまして、2番目の質問に移ります。小児救急医療についてお伺いいたします。
 ことし3月議会の同僚議員の小児救急の対応に関する質問に対して、市長答弁で「スズキ病院で小児科をやっていただく格好になっておりまして、来年の3月までには完成をし、その後、医師を十分備えて、そして、夜間、救急にも対応できるように考えて、今、実際に動き出しておりますので」とあります。
 子育て世代の多くの方が、子供の夜間、救急に不安を感じておられ、実際、現在は、隣の名取市や仙台市の急病センターなどに駆け込んでおられる実態もあります。ですから、3月議会の市長答弁を聞いて、また、議会だよりに掲載された答弁を目にして、ホッとされておられる方も少なくないと思います。それらを踏まえて質問いたします。
 スズキ病院内に来春開業予定と聞いていますが、規模、受け入れ体制について、岩沼市とこれまでどのような話し合いの場を持ってきたのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ことし3月に、スズキ病院の院長先生から、来年の春の完成を目指して小児科病棟を建設する計画であるというお話を伺いまして、ぜひとも実現をというお話をさせていただきました。その後、予定どおり建設が進められていると伺っております。
 この小児病棟の建設につきましては、医療法人みずから行っていただいているものでありまして、市としては、金銭的な支援等は一切行っておりませんが、要望の多い小児科医療がこれによって相当の充実が図られるということで大いに期待をいたしております。
 話し合いといいますか、特に、鈴木先生からいただいておりますのは、病床としては、新生児用、小児用合わせて大体20床ぐらいと。そして、小児科医の確保というのは大変厳しい状況にあるけれども、開業後二、三年のうちに、何とかスタッフをしっかりと確保して、24時間診療を実現したいというようなお話をいただいております。そういった形になりますと、実質的には、県南地域の周産期母子医療のセンターの役割を担うことになるということであります。
 ただ、心配なのは、24時間の診療というのは、経営的にいえば、間違いなく赤字でありますし、小児科につきましては、特に赤字の可能性が高いということではありますが、その点につきましては、鈴木先生はトータルとして経営をしたいということでございまして、御承知のとおり、不妊治療では北日本一、そしてまた、分娩件数にしても北日本一ということでございまして、それらとあわせて何とか経営を進めたいということでございますので、鈴木先生の計画が十分進むように、我々も、これからはできる限りの、バックアップといいましても、実は、ほとんどできないわけではありますが、何とかしっかりと運営ができるように望んでいるところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)今のお答えについて質問しますが、20床ほどの病床ということでよろしいでしょうか。ちょっと数字が聞き取りにくかったのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)一応、新生児用と小児用合わせて大体20床ぐらいというふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)地域医療圏の病床数との関係で、その辺の20床という数は、病院の中での数のやりとりで実現できるものなのでしょうか、その辺、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)この辺は県の方の許可で進められる部分でありまして、市として正確な状況はつかんでおりません。県の資料でいろいろ確認しますと、まず、スズキ病院に対する許可ベッド数というのは 103床と伺っております。スズキ病院ではこの範囲内で今回増築をしているのかなというとらえ方をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)わかりました。岩沼医療圏はベッド数が基準数よりももう既に 161のオーバーということで、4月1日現在、病床数が超えておりますので、多分、今答弁があったように、病院の中での病床数のやりとりで何とか小児科が持たれるのかなというふうに伺いました。
 外来の救急にはどの程度対応できるのか、何か情報を得ておられますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)外来の対応につきましては、お医者さんの数の関係もあろうかと思いますが、そこは、適宜、診療の要望に応じた形で対応していただけるものと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)3月の議会の答弁の中で来春に小児救急医療というようなことで、文字になってもう出ましたので、もちろんラジオでも放送になりましたし、市民の方、特に若い方、子育て中の方などにとっては、本当にホッとする材料の一つ、「ホッとするまち岩沼」だなということで安心感を持ってらっしゃるというお話も伺いました。その辺、病院にお任せということなんでしょうが、岩沼市としてもできる限りのいろいろな支援を講じていってはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在の状況におきましては、病院の方でやっていただくということで、それに期待をしているわけでございますが、我々といたしましては、大変重要な点で、特に、課題になっていた点が進められるということでございますので、市にとって、もちろん市民の皆さん方にとっても大変いいことでありますので、支援はしたいというふうに考えておりますが、ただ、実際に支援をするという形になりますと、例えば、金銭的な支援というふうにならざるを得ない状況もありますので、そのあたりにつきましては慎重に対応しなければならないと思っておりますが、今の段階におきましては、できるだけのことはしたいという気持ちは持っておりますが、具体的にどういうふうにするかということにつきましては、今後、お話し合いが必要かなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)小児救急医療についてということで、市内にはほかにも小児科を個人で開業されている方がおありですが、その辺の協議というか、話し合いの場などは定期的に持たれているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)確かに、市内には診療科目小児科の看板を掲げている医療機関が約10機関ぐらいあろうかと思います。こういった中で、行政が入っての調整というのはしておらないのでありまして、これは医師会、医談会の中で調整されているかとは思います。ただ、基本的には、それぞれの医療機関は独立した医療機関でありますので、それぞれの一つの判断のもとに行われているのではないかとも思いますが、いずれ、その辺については、医師会、医談会にお任せという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)お任せではなくて、積極的に市民の安全・安心を担っていただく。特に、小児救急医療に関しては、岩沼市の乳幼児、子供さんたちは市外の夜間急病センターなどに駆け込んでいるという状況もありますので、次世代育成支援行動計画の中にも小児医療の充実とあります。今後、協議の場を持って、一日も早く実現するように、情報の交換を図っていってはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)布田恵美議員のお話ももっともかなと思いますが、小児医療の関係につきましては、県立こども病院は、特殊な方々といいますか、を診療するということでございますが、夜間の救急とかについても応じてもらいたいみたいなお話を2市2町としては出しているわけでございます。そういう意味では、今回、小児科の充実ということでは大変ありがたいことだなというふうに思っております。
 ただ、これまでもそうなんですが、もちろん、市の方の説明のかかわりとかいろいろあったと思いますが、比較的、夜間でも、24時間対応していただき、しかも、岩沼のみならず、名取、亘理、山元、仙台周辺の市町からたくさん時間外に診察を受けているわけでありますが、そういったところの関係者から言わせますと、岩沼市はただ乗りをしているという批判もあります。よそでは億単位のお金をつぎ込んで24時間対応をしてもらっているのに、岩沼市はお金を出さないのかといった批判等もあるわけでありますし、一方、それぞれ議員の皆様方も、医者の先生方とかかわりがありまして、そのあたりの利害とかがいろいろありまして、なぜこの病院にというお話をいただいたりということでありまして、この分野は極めて難しいというのが本音であります。
 しかしながら、私のところだって金銭的支援があれば24時間やりますよというところが出てくる可能性もあるわけでありますが、実際それは別といたしまして、本当にしっかりとしたスタッフをまず集めていただけるということでございますので、我々としてもどのようなことができるのか。かといって、実際に、何らかのお引き受けをいただいたことに対して、契約をさせていただいて、それに対して、契約に基づいた経済的な支援というか、金銭的な支援ということは、他の例から見ても可能ではありますが、現時点におきましては、とりわけて、金銭的なということは病院側も望んでいないようでありますし、我々としてもそうではないと。そうしますと、あくまでも善意でやっていただく。しかし、せっかくやっていただくのですから、我々としては、地域に十分貢献したいということが……、鈴木先生がおいでになって、何とか地域のために貢献したいと。そして、一番必要とすることについてこたえてあげたいというお気持ちを披瀝しておられますので、ぜひともそのあたりに期待して、こちらとしても、ある意味では図々しく要望しながらやっていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)私も地域に住む一人として、病院の取り組み、そしてまた、岩沼市の取り組みなども見守りつつ、今後いろいろな形で働きかけていきたいと思っております。
 では、次の質問に移ります。
 市民の安全安心のためにということで、通告はアスベスト問題について取り上げております。
 今9月定例議会では、アスベスト問題について、市長からの市政報告にも取り上げられておりまして、既に私の前に4名の同僚議員が質問に取り上げておられます。これは、健康や環境に与える影響の大きさについての、私たち議員のみならず、市民の皆さんの関心の高さのあらわれでもあると思います。同じ項目で5番目ともなりますと、おおよそ出尽くした感もありますが、また違った角度から通告に沿って質問いたします。
 まず、1番の市内の公共施設についてです。
 1番、アスベストの使用箇所の点検結果、具体的にどのような施設があるか。これは既に同僚議員に対して答弁されておりますので、お答えは結構です。
 続きまして、学校・幼稚園はどうかという点でお伺いいたします。
 学校に関しては、既に答弁の中で、西小、西中、北中が該当していると伺っておりますので結構です。
 市内には四つの私立幼稚園がありますが、その幼稚園に対してはどうなのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)私立幼稚園、4園ございますけれども、お伺いをいたしましたところ、2カ所の幼稚園におきまして、アスベスト等が含まれた材料を使用された可能性があるということでございます。そのうち一つにつきましては、分析が既に終わっているということで、問題はないということでございます。残り1園については、現在分析中というふうに伺ったところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)はい、わかりました。私立の幼稚園の子供たちも岩沼の子供たちですので、今後ともいろんな形で情報の把握、指導などをしていただきますようお願いいたします。
 続きまして、保育所・保育園についてお伺いいたします。
 保育所については、これまでの答弁の中で、亀塚保育所が該当していると伺っておりますので結構です。保育園に関してはいかがでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)私立の保育園につきましては、過日、市の施設同様、吹きつけ材使用の調査を要請いたしましたが、現在、調査中であると伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)調査中ということは、該当するかどうかを調査しているということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)ちょっと具体的に申し上げますと、私立保育園が3施設あるわけでありますが、この中で、北保育園と竹駒保育園につきましては、保育園側、さらには施工業者に確認して、吹きつけ材の使用はないという状況をつかんでおるようでございます。岩沼保育園につきましては、園長先生が見た限りでは、どうも使っていないという感じがしますが、なお、施工業者に確認していきたいということで、そういうことで、まだ調査中という回答をさせていただいております。そうしますと、吹きつけ材が施されているような確率は低いかなというとらえ方はしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)まず、目で見ることが一番スタートだと思いますし、設計図とか、例えば、市内の公共施設に関しての調査のときにされているようなことも今調査中のところもしっかりと点検していただきまして、情報の把握、子供たちが1日の本当に長い時間を過ごす環境の保育園でありますので、その辺、よろしくお願いいたします。
 では、次に、市内の一般建築物についてお伺いいたします。
 調査情報の把握はどのようになっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)市内の一般建築物へのアスベスト含有については、市で直接調査はしておりませんが、前にも述べましたとおり、相談窓口を設けまして対応に努めております。今現在まで、一般家庭から5件、事業所関係から1件の相談がまいっております。
 なお、一般建築物のうち、耐火建築物または簡易耐火建築物の解体等を行う場合は、特定粉じん排出等作業の届け出が必要となります。要件といたしましては、当該建築物の延べ面積が 500平方メートル以上で、吹きつけアスベストの面積が50平方メートル以上の建築物については、県に届け出をすることになっておりますので、県担当窓口と連絡をとりながら、対応に努めてまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)一般建築物の中に、もちろん一般家庭、それから事業所などがあると思うんですが、不特定多数の市民の多くの方々が利用するような施設、例えば、大型店だとか、大型スーパー、病院などといったようなものも一般建築物の中に含まれることになるんでしょうか。何か特別な調査というか、指導などはされているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)公共施設以外については、一般建築物という扱いの中で、特にはこちら側では指導はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)そこのところは、行政側から、市民の多くの方が利用するということで、いろいろな申し入れとかといったことはできないものなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)きのう、おとといからもお話し申し上げておりますように、国、県の方針、それでの規制とか、そういうものに従った形で、遅滞なくそれに従ってやりたいと考えております。今のところは、そういうものに対しての立ち入りとか指導とかというような話には至ってはおりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

1番(布田恵美)これまでの項目の質問に関しましては、何せ5番目ですから、使用箇所の調査結果を待って対応する。そしてまた、国、県の窓口などの指導に従うというような答弁を既にいただいております。
 市民の皆さん、特に子供たちの健康影響に配慮して、今後、十分な対策、被害予防に努めていただきたいと申し述べ、私の一般質問を終了させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)1番布田恵美議員の一般質問を終結いたします。
 6番長田忠広議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔6番長田忠広議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)6番、二十一世紀クラブの長田忠広です。
 さきに通告していたとおり、防災対策について質問いたします。
 政府の地震調査委員会が発表した宮城県沖地震長期評価によりますと、マグニチュード 7.5前後の地震が30年以内にはほぼ 100%に近い確率で発生するとのこと。今後の防災対策を各自がとっていく必要があるわけです。そんな矢先の8月16日に震度5弱の地震が岩沼市で発生いたしました。本市の被害は、市政報告にもありましたが、幸いにもけが人もなく、よかったわけであります。しかし、この地震により、宮城県沖地震が発生する時期が早まったとの報道もあります。市政報告には、「今後の余震等を含む災害に関する情報の周知と普段からの備えや心構えに関する啓発を一層推進してまいります」とあります。このことを踏まえて質問いたします。
 1点目は、防災拠点整備、地域安心安全ステーション整備についてです。
 総務省は、平成16年7月30日、地域の活性化の大前提として、身近な生活空間における地域の安心安全の確立とコミュニティーの活性化に資するために、地域安心安全ステーション整備モデル事業の選定を行いました。
 この事業は、経済財政諮問会議において麻生総務大臣が提言した「地域安心安全アクションプラン」が具体化された施策であります。地域安心安全アクションプランとは、自主防災組織やコミュニティー等の住民パワーを生かし、地域の安心・安全を確保するため、防災、防犯等に幅広く対応する地域拠点ネットワークの創出に取り組むというものです。
 特に、災害時の緊急事態発生時においては、警報伝達や住民避難、救助を迅速、的確に行うために、消防機関の組織力では限界があり、地域の消防団、自主防災組織、ボランティア等が活躍することが何よりも有効であります。例えば、平成7年の阪神・淡路大震災では、救出者の約98%が住民みずからの活動によるものでした。市民の安心・安全な生活の実現のためには、防災と防犯が連携の上、住民と手を組んで地域の力を結集した取り組みが重要となります。
 本市は、積極的に自主防災組織の立ち上げに努力されており、今日までに16の自主防災組織になりました。そこで、自主防災組織を初め地域の拠点整備が必要と思われます。地域防災計画では、災害応急体制として、公民館が地域の拠点となっております。そこで、日ごろから防災の拠点整備が必要と思われますが、見解を伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今御紹介をいただきましたように、現行の地域防災計画では、不能の公民館もあるわけではありますが、公民館を地域の拠点とすると。また、必要がある場合は、現地災害対策本部とするというふうに定めております。各公民館は避難所等に指定をいたしております。したがいまして、今後、具体的にどのようなものが必要かといったことを十分検討して、早急にできることから具体的に対応していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)早急に検討しながら具体的にという前向きな話でしたが、たしか、この地域安心安全ステーションというのは、今も述べた、自主防災組織の情報交換の場として使えるんですね、日ごろから。例えば、16の自主防災組織ができたと。おのおの町内会ではできましたが、西部だったら西部、中央部は中央部で何かがあったというのをまとめなければいけないんですよ。そこを公民館が窓口になってまとめる。このための安心安全ステーションであるとともに、前議会では、この安心安全ステーションについて防犯の立場から私は質問したんですが、例えば、防犯に関しても、事件が何か発生したと。そのときに、関係機関とかには連絡が行くんですが、地域には意外と流れないんですよ。そうすると、その拠点を経由して地域に流すことによって地域の目を光らせ、防犯力も強める。そのように、重要な拠点整備であります。
 先ほども言いましたが、公民館、市長の方から不能の公民館もあるという話がありましたが、大丈夫な公民館が、西公民館とか玉浦がありまして、そこには職員がおります。その職員が事務局となって対応できるんですね。また、中央部に関しても、いろいろ問題がありますので、これは岩沼市の本庁でもいいですし、いろんな部分でできますので、早急にという話がありましたが、しっかりとした拠点整備を行って、これを防災計画の見直しの段階でというよりも、一から準備していく必要性もあるのかなと思いますが、市長、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)防災の対策ということからいけば、当然のことながら、地域防災計画の中できちっと位置づけをすべきではないかと基本的には思っております。地域安心安全ステーション整備につきましては、国の方も大分力を入れているということはわかるわけでありますし、また、地域にこういったステーションを設けることによって、実は、阪神・淡路の経験で、例えば、救出された人はほとんど住民パワーだったとか、あるいは、地域パトロールを支援するといったような状況によって街頭犯罪が相当少なくなったという過去の実績をもとに、施策の方向性が定められたということでございますが、確かに、意味合いとしては非常にすばらしいことであると思っておりますが、実際のところは、デジタル防災無線だとか、救出救助器具だとか、応急手当て用資器材とか、消火訓練資機材といったようなものを想定しているというふうになってまいりますと、今の状況としては、まず自主防災組織を広めつつ、市としては、拠点拠点にしっかりとした対応ができるようなものを設けなければならないという方向ではありますが、今、例にとって申し上げましたような形まで進めていくには、少し時間がかかるのかなというふうに思います。
 したがいまして、我々としては、公民館につきましては、地域の拠点であるという面と、場合によっては現地の本部になっていくということがありますので、それらの機能を十分果たせるような形で、例えば、必要なものについて備えていくとかといった形で進めたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)私も、市長がおっしゃったように、確かに、デジタル防災無線とか、そういう部分ではなかなか難しいと。やはり地域拠点の部分でしっかり整備をしていって、そこから必要なものを準備していくことが大切であると思いますので、防災計画の段階だと思いますけれども、その点でしっかりと推進をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 では、次、2点目にまいります。2点目は、地震発生時のエレベーター対策についてです。
 ことしの7月23日の夕方、千葉県北西部を震源として発生し、東京都足立区などで震度5強を観測した地震は、首都圏における地震対策に数多くの課題を投げかけました。震度5強という中規模地震であるにもかかわらず、交通網、通信網の回復のおくれなど、その影響は大方の予想を上回るものになりました。さらに不安をかき立てたのはエレベーターの緊急停止です。社団法人日本エレベーター協会が発表したものによりますと、この地震で、東京を初め千葉、神奈川、埼玉などでは約6万 4,000台のエレベーターが停止をし、人が閉じ込められるトラブルが78件起きたということです。
 最近設置されるエレベーターは、内部の地震計が一定以上の震度を感じると、自動的に最寄りの階に停止してドアが開く地震時感性運転装置が装備されていると言われます。今回、閉じ込めが起きたエレベーターは、大半はその以前のもので、階と階の途中でとまってしまいます。とまってしまうと、エレベーターの管理会社に連絡をして、作業員が安全を点検した上でなければドアをあけることができません。運転再開についても、新しいタイプであっても、管理会社の確認が必要です。この地震では、作業員のやりくりがつかず、おくれたケースもありました。
 エレベーター内の閉じ込めを防止するためには、まず、最寄りの階で自動的に停止してドアをあける装置を古いタイプにも勧める必要があります。そこで、公共機関並びに民間ビルに設置してあるエレベーターについて、安全性とともに、地震発生時にエレベーター内に閉じ込められた際の対応が速やかにできるシステムになっているかどうか、伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)エレベーターの設置状況は、この4月現在で約34事業所に設置されているというふうになっております。エレベーターの安全装置につきましては、今お話をいただきましたように、感性運転装置 ── 地震発生時に最寄りの階で停止してドアが開くといったものとそうでないものが2種類あるということであります。
 対応策としては、まず、ビルの管理者とエレベーター管理会社の間でしっかりとした保守管理契約等を結んでいただいて対処をすることだと思っております。また、防火対象物に対する予防査察の指導事項に「災害時はエレベーターの使用をしないように」ということで、その点につきましては、市としてもしっかり指導をしているわけでございます。しかし、現実に、いざ災害で閉じ込められたという場合につきましては、できる限りの対応はしたいと思っておりますが、それぞれ設置者が責任を持ってそういったことまで対応してくれるような方向でいかないと困ると。どんどんどんどん高層の建築物をつくって、もちろん税金を納めていただいているわけでありますが、岩沼の消防力から見ても、例えば、高さでいえば4階、5階程度までしか実際は的確な対応ができないと。それ以上の高層につきましてはなかなか難しい状況に現実はあるわけであります。そういう意味からいたしましても、まずは、設置者とエレベーター管理会社との間でしっかりと約束事を交わしていただいて、いざというときにもしっかり対応していただきたいと、それが基本であります。
 しかしながら、繰り返しになりますが、いざ市民の皆さんが地震発生時に閉じ込められたというとき、我々としても、消防を中心として、できるだけの対応はしなければならないというふうに思っておりますが、対応等の具体的なことにつきましては、消防長からお答えをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(長田喜蔵)地震に伴うエレベーター関係、これは火災も含むのですが、対応策について申し上げたいと思います。
 三つございます。1点は、ビル管理者に対しまして、エレベーター保守管理会社に連絡をしたか、また、対応策を確認したか、これを問いただします。二つ目は、マイクやインターホンなどでエレベーター内にいる人々に安心感を与えることもございます。これは内部の状況を確認しまして、緊急性がなければ、エレベーター管理会社が来るまで待って、共同で救出するということになっております。こういう方法でございます。それから、三つ目は、緊急性がある場合は、エレベーター管理会社と連絡のもとに、ビル管理者に電源を遮断させ、上部からかごの位置を確認しまして、非常開錠装置の錠によりまして扉を開きまして、上階より救出する方法がございます。この三つの方法が対応策としてあるわけでございます。
 今後も、ビル管理者とエレベーター管理会社の関係者との連携のもとに、有事の際、迅速、的確に対応できるよう、体制の整備に努めてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)市長の方からの34事業所というのは、これは民間のビルも入っての数かなと思うんですが、岩沼市役所のエレベーターに関しては、どのような対応になっていて、今後どのような対策をとっていこうと思われますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)公共施設のエレベーターにつきましては、5カ所と先ほど市長の方から御回答申し上げましたわけですが、そのうち、市庁舎の中にありますエレベーターにつきましては、地震感性運転装置つきのエレベーターでございまして、地震発生と同時に最寄りの階に停止しドアが開くといったような装置でございます。ただ、地震と同時に停電ということも予測されますので、その辺の対応が必要だというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)先ほども述べた7月23日の千葉県の地震では、途中でとまって復旧するまで閉じ込められた時間の最大が3時間5分だったようなんですね。2時間以上も助けられなかったのが8件以上あったと。また、保守会社に85分連絡がつかなかったという事例も今回あったようですね。
 というのはなぜかというと、保守会社につながらなかったというのは、専門技術者 ── 昇降機検査資格者の方が全国でも2万 7,810人らしいんです。エレベーターの稼働台数が約65万だから、1人頭23台を抱えているということで、本当にこの部分では、エレベーターの何かがあったときには……、市役所は、公共機関はその階でとまるというものであるから、とりあえずは安心なんですが、どうなるかわからないと。また、民間ではどうかわからないという部分で、多分、今年度も防災訓練はすると思うんです。やっと流れができて防災訓練をやっていますので。その中で、いろんなエリアの防災訓練をやると思うんですが、今回はエレベーターという部分も、千葉県の地震でエレベーターというのが改めて大きく出されているものですから、どこまでできるかは別にしても、その部分も視野に入れた訓練をしてもいいのかなと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)年に一度の防災訓練は予定をいたしているところでございますけれども、エレベーターの、ただいまお話しいただいたものを想定してやるということは、今から、防災訓練の今後のやり方、方法のときにいろいろ相談をしてみたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)では、3点目にまいります。地域防災計画の進捗状況についてです。
 地域防災計画の進捗状況については、月曜日の同僚議員への答弁で、今月末に各担当課に説明し、随時、作業を行い、来年3月までには印刷製本するというふうにありました。また、その要点でも種々説明がありました。
 私も今日まで何度か防災対策について質問を行っております。特に、昨年12月の議会においては、いよいよ防災計画が見直しということに当たりまして、例えば、災害弱者マニュアルという部分であるとか、災害弱者サポーター隊の結成とか、避難所マニュアルであるとか、また、各部課の防災会議とか図上訓練を年度初めにしっかりやっていこうという、もろもろの提言をいたしました。
 そこで、それらを踏まえての地域防災計画の進捗状況について伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)昨年12月議会におきまして長田忠広議員から御提言をいただきました、災害弱者マニュアルの作成、(仮称)災害弱者サポート隊の結成、避難所マニュアルの作成、3点につきましては、見直し作業の中で取り組んでいきたいというふうに考えております。
 また、各部課での防災会議の実施につきましては、これは現在の計画の中で実施可能だということでありまして、有事の際に即応できる体制ということが一番好ましいことでありますので、できるだけ早く実施できるように努めていきたいと。
 なお、先ほど、エレベーターの関係で御質問がありましたが、何といっても、我々は安全をしっかり守っていかなければなりませんし、迅速、的確な対応が必要だということでございますので、先ほど御提言をいただいたことを含めまして、想定訓練というのをしっかりやりたいと。ただ単に、避難訓練だとかといった形ではなくて、具体的にどういう対応ができるかと。ですから、今申し上げましたように、有事の際に即応できる体制ということが一番大切でありますので、そういったことを踏まえまして努力をしていきたいというふうに考えております。
 防災計画の進捗状況というのは、忠広議員が今お話をいただきましたような形で進めたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)防災計画に関しては、月曜日の話では、12月までに何とかと、あと、いろんな部分で3月までという話がありましたので、しっかりと対応していただきたいなと思いますので、よろしくお願いします。
 最後に、4点目。この防災計画の策定段階の取り組みについて、いよいよ残り半年になりましたので、その部分についてお話をさせてもらいます。
 1999年6月に男女共同参画社会基本法が公布、施行され、翌2000年の12月、基本法に基づく初の男女共同参画基本計画が決定され、5年がたちます。年度内に同計画の見直しを行うに当たり、内閣府は、現行計画の達成度状況、評価を踏まえ、今後の施策の基本方針や主な具体的な取り組みを考えるため、中間整理を発表いたしました。それによりますと、現行計画の達成に加え、新たな取り組みとして、女性の参画がおくれている4分野、一つは防災・災害復興や科学技術、二つ目が地域おこし、三つ目が観光、四つ目が環境における男女共同参画の推進など4項目です。
 中でも、防災・災害復興分野では、災害時に家庭的責任が女性に集中することが多いことに着目し、男女のニーズの違いを把握した上で、防災・災害復興対策を進める必要があると訴えております。具体的には、防災計画作成などの政策方針決定への参画、二つ目は、災害に関するマニュアルに参画の視点の導入、三つ目が、防災現場への女性消防職員、女性警官等の十分な配置とそのための採用などであります。
 そこで、今後、さらに防災計画の作成作業を進めていく中で、女性の参画の拡大が必要だと思われますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必要だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)私も必要だと思いますので。それで、第3の部分でも、今後の策定の部分でもありましたが、今後、担当課に集約しますよね。各担当課には女性職員もおります。特に、健康増進課であるとか福祉事務所という部分、あと、介護福祉課もそうなんでしょうけれども、女性の目線の部分でいろんな意見が来ると。それをまとめるのは防災課なんですね。すると、防災課には男性職員しかいないんですよ。その部分では集約をすると、まとめるところで、女性の職員も入れながらまとめていく必要があると思います。市長は必要だと言いましたが、その件はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)各課においていろいろと作業をすると。今月末に説明会を実施するということでございますが、積極的に女性職員が参画するということで進めたいと思っておりますし、防災課は確かに男性職員しか配置していないわけでありますが、応急対策で女性の臨時職員を入れておりますので、最低限度、女性の声は生かせるのかなというふうに思いますが、ただ、実際にいろいろやるにしても、女性に負うべきところが現実は大変多いわけであります。心のケアとかいろいろ問題等も生じてきたり、避難場所での生活ということ、そういうことを踏まえましても、男女のニーズの違いももちろんありますが、そういう意味では、女性は女性ならではの対応が十分必要になってくるということでございますので、その点は十分意識して進めたいというふうに思います。
 ただ、例えば、岩沼で、消防といっても、消防職員には残念ながら男性しかおりません。内々には女性消防職員も必要だということでありまして、男女にしっかりと門戸は開放しているわけでありますが、これまでのところは、女性が採用されていないということであります。したがいまして、女性の消防職員と今急に言われましても、なかなか難しいことではありますが、将来の課題としては、当然のことながら、そういう方向になっていくであろうというふうに思います。そして、当然、女性の目を入れていかなければならないわけでありますが、例えば、防災会議のメンバーとなりますと、役職についている方々に集まっていただく格好になるわけでありますが、残念ながら、すべて男性だけであります。県の方の水防会議というのがありまして、水防計画を練るわけでありますが、私が代表で入っているわけでありますが、そのメンバーを見ましても、これは警察関係、自衛隊関係、報道関係、気象関係、消防関係、いろいろ入られておりますが、残念なことに、すべてが、県の担当者もすべて男性だということであります。ある意味では、それぞれ要職の方々に入っていただいて、それぞれの分野をしっかりやっていただくということは非常に重要なことではありますが、例として挙げられましたように、災害復興という面、特に避難所での生活等を含めますと、女性の視点をしっかり生かしていかなければならないと。そういう意味では、男女共同参画での進め方ということは、当然のことながら、意識していきたいと。
 具体的には、繰り返しになりますが、女性職員がじかに担当にはなっておりませんが、特に、防災課長は女性の心がよくわかるということで定評がありますので、その点は何とかできるのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(長田忠広)防災課長の話がありましたが、何やかんや言っても男性でございますので。
 実は、東京の千代田区の男女共同参画センター・ミュウ(MIW)というところで、5月26日に、内閣府男女共同参画局の小宮恵理子さんを招いての情報交換会があったと。その方は新潟の中越に行っていろいろと対策を打ってきた方なんですが、そこでのお話があったときに、その方がこう言っているんですね。「行って印象的だったのは、避難所にいる被災者の女性の数に比べ、支援する側の行政やボランティアに女性が非常に少なかった」と。そして、「私のいた政府の現地支援対策室も、各省担当者の約40人の中で女性は私が一人だった」と。今言ったとおりですね、ほとんどが男性であると。その方は一人でうんと苦慮したようなんですね。例えば、何か要望がありませんかなどと女性の方に男性が言っても、なかなか言えないんですね。女性が聞いたことによって、具体的にここに書いてあるのは、女性用品が足りないとか、トイレが男女一緒なので男性の目が気になるとか、夜一人でトイレに行くのが怖い、着がえや授乳の場所がないなどの女性の要望が、女性の方が行って初めてお話しできたという現実もあるんですね。
 また、その方が言っているには、「被災者の不安は男女とも変わらないはずです。しかし、新潟県の防災対策部署は男性ばかりで ── 岩沼と一緒ですね、女性の視点を持つ担当がいない状況でした」と。そこで、この小宮さんは県の方に「女性のスタッフをしっかりとつけるべきである。相談窓口を置くべきである」ということを提言したという話があったんです。
 これは本当にそういうことであって、例えば、今回の市政報告にトイレの備蓄のことがありますけれども、あれも前の議会で私も言いましたが、小千谷に行って初めて、そこで女性の生の声を聞いたんですね。土に穴を掘って用を足した。恥ずかしかったと、泣いて私に要望したんですよ。それを受けて、小千谷の方の部分に関しては、公明党の議員同士間でいろいろやって、我々は宮城県知事にも要望したし、また、各市町村においては、私も議会の場で要望したと。現地に行って初めてわかったというのが、今回のこの報告でもありました。
 そこで、これは人事権の問題なので私は何とも言いようがないんですが、今後、自主防災組織を立ち上げるためにも、女性という面がやはり必要な部分があるので、人事権の問題は市長なんですけれども、今後、防災課の中にも女性という目線も必要であると思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的には長田忠広議員のお話しのとおりであります。防災課には女性職員がいない、あるいは、防災会議のメンバーも男性だけだということではありますが、災害時におきましては、防災課の職員とか、ごくわずかな職員が対応するのではなくて、ほとんどすべての職員がそれぞれの分野で対応していくというふうになっておりますので、当然のことながら、避難場所での対応にしても、女性スタッフをしっかり配置して、女性の皆さん方の御要望等についてはしっかりと伺える場があるのかなと思っております。ですから、具体的に防災担当だという日常的にやる分野では、今の段階では男性職員しか配置しておりませんが、いざ災害の時点では、当然のことながら、女性職員にも大いに活躍をしていただけるような体制をしっかりと築いていきたいというふうに思っております。(「終わります」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)6番長田忠広議員の一般質問を終結いたします。
 これをもって一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれをもって散会いたします。
 次の本会議は明日午前10時からであります。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時24分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 五十鈴川みよ子

                   議 員 渡 辺 真 多