議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(3日目) 本文




2005.09.13 : 平成17年第3回定例会(3日目) 本文


    午前10時開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は19名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、13番長田雅裕議員、14番長田健議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 昨日に引き続き質問を継続いたします。
 3番櫻井隆議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔3番櫻井隆議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)3番、岩沼政策フォーラムの櫻井隆です。
 通告に従いまして、ごみ集積所の資源物持ち去りにつきまして、6項目にわたり質問させていただきます。
 1995年に容器包装リサイクル法が施行され、毎年、平均60万トン増で資源化が進んでいます。2002年のリサイクル率の統計によりますと、アルミ缶が83.1%、スチール缶が86.1%、紙パックが23.2%のリサイクル率となっています。近年、各自治体では、資源物の持ち去りが増加し、頭を悩ませているのが実情で、当市においても、市民から寄せられた情報提供によりますと、早朝から集積所を軽トラックでめぐり、アルミ缶や古紙などを持ち去るケースがたまに見受けられるそうであります。こうした背景から、条例の効果を高めるため、当市において、罰金など、条例・独自の罰則を設けるべきではないでしょうか。
 質問に移る前に、「岩沼市ごみ集積所の指定及び維持管理に関する要綱」の第7条を読ませていただきます。第7条「市が指定したごみ集積所に排出されたごみは、市の収集作業者以外、何人もみだりに持ち出してはならない」と書かれています。1項目めの質問に入りますが、この「集積所に排出されたごみは」の部分なんですが、「排出されたごみ」と申しますのは、資源物というのも含まれているのかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)家庭などから排出される粗大ごみとか家電4品目を除いた資源物及び燃えるごみについては、今お話をいただきましたように、市が指定したごみ集積所に出す仕組みになっているということでございますので、御質問の「排出されたごみ」には資源物も含まれるというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)この例規集に書かれているわけなんですけれども、この文面を読みますと、排出されたごみの意味……、私自身は、資源ごみは含まれているというふうには解釈できないわけなんですね。ですから、私は、「排出されたごみ」の部分を「排出されたごみ及び資源物」というふうに内容を改正されるべきだと思うわけでありますけれども、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ごみというふうに一般的に言われますと、確かに不要なものということになりますと、一般的には財産的価値がないものと。しかしながら、実際には、ごみ集積所に出されるものにつきまして、それを持ち出したりなどして売却をされているという事実があるということをよく聞くわけであります。そうしますと、一方では財産的価値があると。
 最初の時点においては、ほとんど利用価値がないものが出されるという前提だったわけでありますが、今は、これだけリサイクル等が進んでいく中で、当然のことながら、資源的な価値を持つもの、それも含めて出していただくということであります。したがいまして、排出されたごみには、先ほど申し上げましたとおり、資源物も含まれるというふうに解釈するわけではありますが、わかりやすくするという意味では、櫻井議員の御提案ということも、一つ研究はすべきかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)市長のおっしゃるのもごもっともだと思いますけれども、市民が、例規集というか、条項を見た場合、排出されたごみ、「ごみ」という言葉にちょっと気がかりな点があるわけですね。最近、ごみという表現を使っている自治体は少なくなっています。資源物というような表現を使っていますので、早目にこの部分の改正の方向に向かって努力していただきたいと思います。
 2項目めの質問をさせていただきます。
 ごみ集積所から資源物を持ち去る行為を食いとめる対策はどのように行っているのか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これまで、担当課の職員が、正しくごみが出されているかどうかといったことを中心に、定期的に市内を巡回パトロールしていると。そういった中で、資源物の持ち去りを発見した場合については、持ち去らないようというように注意を喚起いたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)確かに、罰則規定などを設けていない自治体の対策は、大体、警告板を設置するとか、今、市長がおっしゃったように、巡回パトロールなどをして注意、勧告をしているようでありますけれども、実際、巡回パトロールなどによっての抑止効果はあるとお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)どこまで効果があるかということにつきましては、十分な検証が必要だと思いますが、一応、パトロールをしているということだけでも、ある意味では抑止効果があると。しかし、実際、完全になくすという点から見て果たしてどうなのかなと。これまでは、今までのような巡回パトロールを行って、そこで注意を喚起する、あるいは、広報紙に時折掲載させていただいて、持ち去らないようにお願いをするというような形で進めてきたわけでございますが、これ以上、何らかの有効な手段があるとすれば、それはそれで考えていかなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)現実に、市民の目は厳しいですので、実際に市民は監視していますので、持ち去る行為などを実際に目の当たりにしますと、市民感情としてはやっぱり許せないと思うんですね。前段でも申しましたけれども、実際に持ち去っている人物がいるということですので。
 3項目めの文章に書いてあるとおり、人物などを発見したりとか、車両等が ── 車体番号ですね、特定された場合、市の方はどのように対処するのか。また、そのような事例が過去にあったのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)職員による巡回パトロール中に発見した場合は、要綱第7条に規定してありますとおり、収集作業者以外、何人も持ち出してはならないということを説明し、持ち去らないように注意をしていると。
 最近、この事例は1件あったということであります。また、市民の皆さんから通報をいただいて、持ち去りがあった旨の連絡を3件いただいているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)ただいま市長の方から事例が1件あったというお話でありますが、その人物ですか、その方に対してどのような対処法をとられたのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)具体的に申し上げますと、1件というのは、松ケ丘地内にあります集積所で段ボールを持ち去ろうとしたところを発見したものであります。その相手に対しまして、ただいま市長が回答申し上げましたような内容で厳重に注意したというものであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)本人に注意されたということでありますけれども、現在のところ、注意だけでは抑止効果は全然ないんですよね。大体、ほとぼりが冷めると、1週間、2週間後にやってきてまた同じような行為をされるケースがあるそうでありますけれども、今の現状では、私は、条例の内容を少し改正の方向に向けていただきたいなと思うんですね。市民の立場からしますと、市は何をやっているんだという声も聞かれますので、その辺はやっぱりきっちりとやっていただきたいと思います。
 そこで、4項目めの質問に入りたいのですけれども、市民の手を一たん離れまして、集積所に置きます。その置いた時点ですぐ収集車が来ればいいんですけれども、10分、20分、30分と時間が経過します。その間に集積された資源物の所有権というのは、どこの自治体もあいまいなんですね、岩沼市ではどのようにとらえているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)ごみ集積所に出された資源物は、排出者から所有権が放棄されたものと考えられますが、しかし、市あるいは収集・運搬を行っている亘理名取共立衛生処理組合に所有権があるとも規定されていないということでございますので、現在の状況としては、特定されない状況にあるというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)では、回収された時点の所有権はどこにあるとお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)ごみの正しい出し方といいますか、一つの流れの中で、まず、一般家庭ではきちんと分別して集積所に出すと。出されたものについては、いわゆる収集・運搬、そして処分というのは亘理名取の衛生組合の方で対応しております。収集したものについては、衛生組合の方の所有物といいますか、そのような形で処理しているのが実態であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)もしお手元に資料があれば、昨年度の2市2町の資源物の収益はいかほどあったのか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)収集量でございますか。(「収益の方です」の声あり)収益ですか。
 16年度の実績でいきますと、組合の方から、岩沼市からの分で約 1,000万円、2市2町全体では 4,600万円と伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)2市2町で 4,600万円ほどの売り上げがあるというお話であります。実際は、ごみがないのが一番なんですけれども、そうはいきませんので。ごみの量が減れば、実際問題、収集車も要りませんし、また、センターにおける分別作業も手間がかかりませんので人件費もかからないという考え方もあるわけですけれども、市民の立場からしますと、わざわざ曜日ごとに分別して出して、出した途端、持ち去られるという光景を目の当たりにしますと、その辺は、やはり市の方で何とか対応してほしいというのが現実ではないでしょうか。
 それで、今、持ち去るまでの間、所有権は明確ではないというお答えでありますけれども、資源物の所有権が明確になれば、私の考えでは、刑法の規定が適用されるのではないかと思っているんですが、もし明確になれば、刑法の規定が適用されるかどうかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)所有物を勝手に持ち去った場合、例えば、財物であれば窃盗罪に問われる、あるいは、占有を離れたものを持ち去ったという占有離脱物横領罪と、そういったことに問われる蓋然性はあるというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)所有権が今のように不明確なままでは、取り締まりを行っても、再犯を防ぐのは非常に難しいと思います。私は、やっぱり所有権の所在を明確にしていただきたいと、それを条例の方に明記していただきたいと思っているわけです。今申したとおり、所有権を条例の方に明記していただければ、市とか組合とかとはっきり所有者が決定されるわけですから、市長のおっしゃるとおり、法律上の何らかの規定が適用されるのは間違いないと思うんですね。
 6項目めです。資源物については、集積所に集積された段階で、「占有物」とか「所有物」とかと条例に明記していただければ、先ほど申した罰則規定が適用になるのではないか、市長がおっしゃられたどれかの罰則規定が適用になるのかと私は思っているわけでありますけれども、市としまして、何らかの罰則規定を設ける考えはないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず一つは、所有権を市にとなった場合は、市として、当然のことながら、的確に管理をしなければならないということであります。市内には 436カ所のごみ集積所がありまして、現実問題、市がこれらすべてを管理するということは非常に難しい状況にあります。また、ごみ集積所というのは、地域住民等、すなわち、町内会等が設置し、維持管理することになっているということでありますので、まず、市の所有物ということを明確にすることは、実際のところはなかなか難しいと考えております。それとあわせまして、ごみの関係につきましては、2市2町での広域処理を行っておりますので、2市2町ばらばらな対応ということよりは、2市2町で協議をするということが大切になると思いますので、この関係につきましては研究をしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)今、2市2町で協議をする余地があると市長の方で答弁なされましたけれども、ここで、実際に罰則規定を設けている自治体を紹介させていただきたいと思います。
 まず、千葉県の市川市では、資源物を持ち去った者に対しては、5万円以下の罰金を科している状態です。また、東京都世田谷区、神奈川県小田原市においては、20万円以下の罰金を科しているということです。このようにまだ少数ではありますけれども、罰則規定を設けている自治体が実際にあるということです。岩沼市ごみ集積所の指定及び維持管理に関する要綱の条文をやっぱり早急に改正していただきたいと私は思うんですが、改めてもう一度お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)考え方としてはいろいろあると思います。例えば、罰則を設けて規制をするということ、心理的な圧迫を受けるということで、されないと。ですから、犯罪については、罰則があるから犯罪を犯さないという見方も一つあるわけであります。しかしながら、こういった問題につきましては、まずは、市民の皆さん方の御協力があって初めて成り立つことでありますし、ごみの出し方という点につきましても、正しいごみの出し方ということで、市としてもPRをさせていただきましたし、市民の皆さん方にもしっかり学習をしていただいて、おおむね良好なごみの出し方をしていただいているということであります。
 したがいまして、我々といたしましては、市民の皆さん方のモラルとか、そういうことで御協力をいただいているということでありますので、今の状況として、持ち去りがあるからといって、すぐに罰則を設けてということよりは、市としてももう少し注意を喚起しながら、そしてパトロールで、できるだけ持ち去ることを注意しなければならないようなケースがなければいいわけでありますが、そういったことで、引き続いて努力をしたいということでありまして、今、即時に罰則を設けるというところまでは考えは至らないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)櫻井隆議員。

-------------------------------------------------------------------------------

3番(櫻井隆)先ほど市長の方から、今後、2市2町の方で協議し、検討するとおっしゃっていただきましたので、今後、取り締まりの方を強化していただき、そのことを期待しまして、私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)3番櫻井隆議員の一般質問を終結いたします。
 12番後藤一利議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔12番後藤一利議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)12番、新政クラブの後藤一利です。
 通告に従い、大項目2点についてお伺いいたします。
 まず、1点目でありますが、市民の尊い生命と貴重な財産を守るという行政の重要な役割を認識し、市民の安全と安心を確保するという視点に立ち、現在、大きな社会問題化しているアスベスト健康被害に対する本市の取り組み方、アスベスト対策について、執行部の前向きな回答を求めます。
 日本国内でアスベストが社会問題化したのは以前にも多少ありましたが、正式には、ことしの6月末、大手機械メーカー・クボタの関西にある工場周辺で、住民に中皮腫被害が発生していることが明らかになったのが発端であります。健康被害のもとを突きとめるまでの道のりは簡単なものではなかったと言われております。昨年、中皮腫と診断された人が、「どこでアスベストを吸ったのかわからない」と関西労働者安全センターに相談したのが事の始まりで、その結果、わかったことは、本人がかつて住んでいた関西のある地区にクボタの工場があり、そこに起因すると推定したのであります。調査が進むにつれて、本人以外にも患者のいることが判明したのであります。
 加えて、一般住宅には、アスベストを含有する屋根がわら、外壁、断熱材、タイル等があり、特にかわらに至っては、一戸建て住宅で 500万戸に及び、5軒に1軒が使用されているということが判明いたしました。発売から数十年を超え、破損や解体時に石綿が飛散して、健康被害が及ぶおそれがあるという状況は、否定できないものとなったのであります。工場やその周辺だけではなく、身近な生活の場にも石綿が広がっていたことで、関係当局は、業界も含め、抜本的な被害防止対策を迫られているのであります。
 各自治体の対応はまちまちでありますが、本市における状況は、他山の石ではなく、市の施設の中にもアスベスト材の吹きつけがなされているものが14カ所もあり、その中には、学校、市営アパート及び公設市場など多くの市民が出入りする施設があり、本当に大丈夫なのかなというふうな不安の声が市民の間にも聞かれるようになりました。さらには、先月の8月26日に、環境省が特定粉じん発生施設 384カ所を公表いたしました。その中で、本市に所在する某会社が、1990年から2001年まで、アスベスト材の使用による商品生産を行っていたことがわかりました。このようなことから、本市においても、アスベストに対する関心度が市民の間に加速され、健康被害こそ出ておりませんが、潜伏期間が数十年と長期にわたることから、実態調査には慎重な取り組みが望まれると思うわけであります。
 理由もわからないまま発病し、患者が一人苦しむという状況は、いち早く解消されなければなりません。本市では早々に相談窓口が開設されたわけでありますが、患者が声を上げないと何も動かない。県や国の仕事だから、関係当局に任せておけばよいというような他人任せにならないよう配慮すべきであり、不幸にして発病が確認された場合には、最小限に食いとどめるような、事前の計画的でしかも用意周到な調査対応が求められると思うわけであります。
 以上のようなことを背景に、市政報告に掲載された本市のアスベスト問題への対応について、以下5点についてお伺いいたします。
 一つ、岩沼市アスベスト問題調整会議の設置についてでありますが、「本市においても、アスベスト問題の重大さを踏まえ、適切な対応を図るため、庁内に岩沼市アスベスト問題調整会議を設置する」と市政報告に記載されておりますが、その内容についてお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)アスベスト問題の重大さを市としても踏まえまして、適切な対応をするために、役所内部に岩沼市アスベスト問題調整会議を設置したということでございます。
 構成メンバーにつきましては、総務部長をトップといたしまして、民生、産業、建設の部長、そして、教育次長、さらに、総務、健康増進、生活環境、都市計画の課長の9名で構成をいたしております。市民の健康への対応、あるいは、岩沼市が所有する施設のアスベスト対策、民間住宅等のアスベスト対策等について所掌するということにいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)今、総務部長をトップにして構成メンバーが9名というふうなことで、十分にわかりましたが、発足の時期、会議開催の頻度とか、あるいは、今後の進め方等について、おわかりであればお伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)調整会議の開催状況でございますが、先ほどお話しいただきましたが、6月末にいろいろと報道されて、その後すぐに、7月11日に、アスベスト関係について、公共施設の状況などを早急に調査をするというようなことで、市長の指示をいただきまして、最初に、資料収集、状況把握といったようなものをいたしたわけでございます。その後、7月25日にアスベスト関係の調整会議を設置いたしまして、それぞれ県あるいは国の具体的な状況把握について、会議の中で打ち合わせ、情報交換といったようなものをしたわけでございます。その後に、市としての対応策をどうしていくか、8月1日にまた調整会議を開いて、具体的な取り組みについていろいろ打ち合わせをしてきたと。それと、8月19日に調整会議を再度開催いたしまして、公共施設についての調査、あるいはこの時期には調査機関に依頼するのがなかなか難しいという報道もされておりましたが、岩沼といたしましては、その前に、いち早くサンプルを収集し、お願いすることを決定いたして、今、専門の調査機関にお願いをしているというようなことで、その調査結果が出てから、改めて調整会議を開いて、その物質が含まれているか含まれていないのかの検査結果が出るわけでございますが、仮に含有されているという施設があれば、早速、その対応をしていかなければならないというふうな予定でおります。現在のところは、そういった調整会議の開催状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤一利議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)本市では大分早目の対応をされたということでありますけれども、他の自治体を引き合いに出しながら、構成メンバーについてお伺いしたいんですが、庁内から9名のメンバーを選んでというお話がありましたが、この調整会議のメンバーの方には専門的な知識は必要ないのかどうかというふうなことですね。それで、専門家がいなくても、庁内メンバーで適切な対応が図れるという状況であればいいんですが、他の自治体の例を見ますと、専門家を入れて、きめの細かな対応をしているところも見られるようでありますが、本市では外部導入を考えておられるのか否かも、あわせてお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、我々としてやるべきことは、市の所有する施設のアスベストの使用状況と。それで、先ほど総務部長からお答えいたしましたとおり、あるいはまた、きのうの一般質問でお答えをいたしたとおり、分析の結果を待って、どう対応するかということが一つでありますし、もちろん、市民の皆さん方に対する情報提供とか、あるいは、民間でのアスベストの使用状況といったようなことに対しての対策ということも当然考えていかなければなりませんが、役所としてどうするかということでありますので、役所の関係部署が集まって早急に対応していくということであります。
 専門的知識というお話でありますが、例えば、病理学的にどういう状況になればどんな健康被害があるかということにつきましては、実は、我々のレベルでは当然できないわけでありますし、これにつきましては、国の方でしっかりとやっていただかなければなりませんし、また、医学的に対応するということにつきましては、労災病院を指定しているというような状況でございますので、そちらの方にまつ以外はないと。
 そしてまた、化学的な面をいいましても、アスベストがどのくらいの状況だとどうなるかということも、我々のレベルでは実際わかりません。そしてまた、そういう方々に入っていただいたとしても、実際のところは、今、これといった決め手がないと。しかし、発がん性があるということで、WHOの規定で、例えば、工場等の場合については、境界のところで1リッター当たり10本以内でなければならないとかといった基準を設けておりますので、我々としてはその基準以内でしっかりとやってもらう以外ないということであります。したがいまして、今の時点において専門家に入っていただくとかということは、我々としてはそんなに必要性を感じていないと。したがいまして、まず、規定の中で、我々としては、もし含まれているとすれば、それにつきましては、例えば、暴露対策だったら、暴露対策をどうするかといったようなことを考えていくべきであるということでありますので、国等で対策等を示されておりますし、そういったものを参考にしながら、岩沼市としては、できるだけ適切、速やかに対応したいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)それでは、次の2番、相談窓口の開設についてお伺いいたします。
 この情報は、8月の市のホームページ、及び9月の広報「いわぬま」に掲載されておりますが、市民の周知度合いはどの程度であると考えているのか。あるいは、こういうふうな広報媒体でいいのかどうかも、あわせてお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは、実際のところ、岩沼市が大きくPRするということよりも、既にマスコミ等で十分報道していただいておりますので、おおむね市民の皆さん方には御理解をいただいているものというふうに思います。
 そこで、岩沼市としてまず考えなければならないのは、当然のことながら、岩沼が中心になって対応するという仕組みにはなっておりませんが、それにいたしましても、市民の皆さん方でいろいろ相談をということになれば、できるだけ近くに開設をした方がいいということでありますので、健康相談の場合は健康増進課、あるいは建物等の相談については都市計画課だということを、まず相談窓口を設けていますよということを市民の皆さんにお知らせをすることが第一ではないかと。アスベストの有害性とかといったことにつきましては、我々の広報で、月1回のものでお知らせするよりは、既にマスコミ等でいろいろ報道していただいておりますので、そのことで皆さん方は御承知置きいただく方がいいのかなと。
 ですから、その点では、我々としては、繰り返しになりますが、まずは、窓口を設けておりますよと。さらに、例えば、ホームページの中では、我々よりももっと深くいろいろ知りたいというときについては、責任を持って対応するのが県だとすれば、保健所でこういうふうにできますよということをお知らせするということ、それが我々としての役割ではないかなということで、今、そんな取り組みをさせていただいているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)今、相談窓口の件で、健康不安については健康増進課、それから、一般住宅のアスベスト使用ということについては都市計画課と、二つの相談窓口を設けているということでありますが、アスベスト問題の重要性からして、市民から見て、窓口は簡素でシンプルな方がいいのではないかなと私自身感じているわけです。したがって、一本化したものが望ましいのではないかなというようなことを考えているわけですが、これについてはどのようにお考えか、お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)そういうお話もわかるわけでありますが、法令的に見て、対応すべきところがしっかりしておりますので、その意味では、責任ある立場でやっていただくのは県でありますので、県の方の保健所で相談窓口を設けておりますということを我々はまずお知らせをする。しかし、県の方に足を運ぶまでもなく、市役所でもできることについては相談に応じたいということで、市としても相談窓口を設けているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)国や県の範疇に入るものが多いということで話がかみ合わない部分があるんですが、組織的に相談を受けるということで、市の窓口が受動的に相談を受けるというふうな形だけでは、市民の満足度とか関心度を増大できないのではないかなと思うわけであります。そんなことで、市民の相談を受けるということは確かに重要でありますけれども、それ以上のことについては冷たいように見えるわけです。そちらの方は保健所とか県とか国の方のエリアなんだということで、そちらの方に聞いてくださいというふうなことでは、大きな社会問題になっている健康被害を最小限に食いとどめることができないのではないかなという感じがしてならないわけであります。そんなことで、国や県との兼ね合いもありますけれども、特に、本市では、アスベスト材使用メーカーやアスベスト含有の施設があるという点からも、積極的に情報の提供をすべきであり、アスベストの健康被害を最小限に食いとめるような相談窓口に仕上げていく必要があるのではないかなと私個人は思うわけでありますが、その辺についてお答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)後藤議員が言われるのは、理屈としてはわかるわけでありますが、例えば、国、県の仕事だからと、他人任せはいけないと、それも当然のことであります。しかしながら、実際において、病理学的にどうだとか、あるいは化学的にどうだとかということは、我々にはそういうノウハウはありません。ですから、相談にしても、例えば、相談マニュアルというのがありますが、国なり何なりが示した、石綿についてはこういうふうになりますよという何十項目かがありますので、問い合わせに対しては、そういう対応以外は現実はできません。
 かといって、専門家といいましても、日本国内全体でどの程度いるのかといいますと、実はなかなか難しい。ですから、例えば、相談窓口につきましても、県の方でまず各保健所で行うとか、あるいは、保健所以外の窓口としては、例えば、石綿による健康被害を受けられた労働者あるいはその家族の方々からの保健に対する相談については、独立行政法人労働者健康福祉機構宮城産業保健推進センターというのがありますよとか、暴露歴のある方とか、その家族、あるいは開業医からの診断治療、健康診断に関する相談は東北労災病院ですよというふうに窓口がありますので、我々としては、そういう窓口を紹介する以外は現実のところできません。専門的な医者をと言っても、どこにどういう人がいるかということはなかなかわかりませんので、例えば、そういう方だって、来られて、マニュアルを見て、ただお答えする以外はないのであって、それが国、県任せの行政だと言われると、お答えはできません。後藤議員だったら実際はどういうふうにやればいいかということを明確に出していただいたら、そのことでできることは、我々としては十分対応したいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)3番、市営全施設の調査について、目視や設計図での調査と聞いておりますが、そのような形でこの調査が進められていると思うわけでありますが、施設全体についての設計図書というのはすべてあるのでしょうか、その辺についてお伺いをいたしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)各施設の図面については、ほとんどのものはございます。それでもってまずチェックをすると。ない場合には、最初から直接現地に行くというような形でもってチェックをするという形をとって調査をいたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)この調査に当たって、吹きつけ材が施されている14施設ということでありますが、この14施設について確認をいたしたいと思いますが、庁舎関係では、市の本庁舎、消防庁舎、玉崎水道事業所、市民会館の四つ、教育施設については、西小、西中、北中、亀塚保育所の4施設、そして、住宅施設については、亀塚住宅の第二、第三、阿武隈住宅。それから、そのほかの公共施設でありますけれども、公設市場、二の倉排水管理所、吹上集会所、根方配水管理棟、以上14施設と聞いておるんですが、この辺については間違いないのかどうか、確認をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)間違いございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)これらの施設は私たちの毎日の生活に欠かせない身近な施設であり、関係者には、アスベストの健康被害、及び施設の実態について十分な説明がなされ、早急な対応をすべきと思いますが、先ほど市長の方からもありましたように、国、県の法律行為の許す範囲内でしかできない、あるいは、市としては積極的には行えない、行わないということでありますが、もう1回、この辺の市長の御見解についてお伺いをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)国、県の責任は責任で、我々といたしましては、もちろん、市としてやるべきことはきっちりやらなければならない。まず、市の施設等につきまして、疑わしいものについては十分調査をし、そこで速やかに対応したいということでありますし、また、市民の皆さん方に健康被害等があるとすれば、それについては積極的に対応しなければならない。したがいまして、例えば、県の方が行うことに対しましても、必要なところにつきましては、役所の方でも実は同行をして、対応について一緒になって検討していくということで、その点につきましては、我々としては積極的にやらなければならないということでありますし、現にそういう対応をしているつもりであります。
 ただ、しっかりやらなければならないということは、国の方でもいろいろ対応策を考えていただいておりまして、まず、被害の拡大防止ということでありますが、これにつきましては、例えば、解体時の飛散予防措置ということで、きのうの答弁では申し上げましたけれども、国の方で事細かく対応策を示していると。それを、都道府県を通じて、また業界団体を通じて、各事業者に対してもしっかりと対応していただくようにお願いをしているということでありますが、そういったことがもし岩沼市として守られていないとすれば、それにつきましては、市としても、被害の拡大防止という観点からしても、お願いをしていかなければならないということでありますし、不安への対応ということでは、情報提供だとか、あるいは健康窓口を設けるとかといったことでやってきているわけでございます。実は、いたずらに不安がられたり、あるいは不安をあおることは避けなければならない。しかしながら、人の命にかかわる重大なことでありますので、的確で万全な対応をしなければならないということでありますので、岩沼市として、やるべきことについてはきっちりやらなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま、市長の方から、やるべきことはきちっとやるというふうなことでお話がありましたが、14施設の中には、小学校、保育所を含めた教育施設4施設が含まれておるわけであります。アスベストに関して比較的知識が希薄な子供たちのいる学校、毎日の生活の場としておるわけでありますが、いわゆる子供たちに顕在化してくるのは30年、40年後ということなので、非常に難しいことではありますけれども、こういったところにどんな配慮を現時点で考えようとしているのか、その辺について、市長並びに教育長の御見解を賜りたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)我々といたしましては、すべての施設で、住民の皆さん、使用者の皆さん、利用者の皆さんに御迷惑がかからないようにしなければならないということが基本であります。ですから、状況を見て、極めて危険だということにつきましては、まず応急的な対応をしなければならないということでありますし、できるだけ早く結果を見て、そこで問題があるとすれば、しっかり対応しなければならないと。例えば、吹きつけの石綿については、除去をするとか、封じ込めをするとか、あるいは囲い込み等の措置を講ずると、それぞれ手法があると思いますので、できるだけ速やかに対応しなければならないということは当然のことだというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)アスベスト問題は重大なことと考えております。子供の安全・安心、これを第一に考えております。今の市長の答弁どおりでございます。私どもも、教育委員会といたしまして、市の公共施設の一つと考えておりますので、結果を踏まえて、速やかに対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)アスベストに関する他自治体の事例を紹介させていただき、そして、市としてどのように考えているか、その辺もお答えいただきたいと思いますが、きょうの朝刊に白河第一小学校のことが書かれておりました。白河第一小学校の件でありますけれども、この文面の内容には、「アスベスト材が使用されていることがわかった教室について、飛散するおそれが少ない安定状態にあっても、教室使用はせず、授業は体育館や食堂で行うとの方針を決定した」というふうなことが掲載されております。このような記事が載っておりますが、この対応に対するいろんな考え方があろうかと思いますが、市長はどのように考えるか。そしてまた、教育長もどのように考えるか、お答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)状況次第でありますが、危険性があるという場合につきましては、もちろん使用停止で十分対応しなければならないということであります。今の時点では、特別に、明確に見て、ここはアスベストが使われていて、これは危険だという状況は把握していないということでありますので、検査の結果が出次第、しっかりと対応したいと。
 また、他の自治体の実例を紹介されましたが、岩沼市におきましても、そういった状況の場合には、当然、使用停止でいくということであろうというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)白河第一小学校の記事は私も持っておりますけれども、これについては、34カ所アスベストが確認されているということで、飛散するところもあるという非常に危ない状態であります。その中で、教室は大丈夫だといっても、子供の心の動揺が見られますので、こういうときには、やはり当然の措置をとるということで、体育館で授業も当然だと思っているわけでございます。何といっても、結果次第、我々も早急に対応する。結果によっては、もちろん使用停止ということも考えなければならないと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)それから、この対応というか、情報の流し方というふうなことについて、本市の事例を紹介いたしたいと思いますが、皆さんが御存じの、亀塚県営アパートのところに亀塚保育所、亀塚集会所が同じ建物の中にあります。それで、亀塚集会所は2階にあって、県の方で管理をしていると。それから、1階については、亀塚保育所は市の方でやっているわけですから、当然、市の管理下にあるということです。この建物について、アスベストに関する情報について、2階の部分については、県の方から、「この建物については、アスベスト含有の材料が使われています。しかし、問題はありません。健康被害については影響はありません」というふうな情報がその責任者の方に入ってきておるんですが、1階については、亀塚保育所なんですが、亀塚保育所の評議員とか責任ある方あるいは保護者の方が言うのには、そういうふうな2階の状況がありながら、1階については何の情報もない、非常に不安だということを申されておったんですが、これは、岩沼市としての対応の仕方を決めて、結果が出てから皆さんに御報告するというふうな対応の仕方をとっているんだとは思うんですが、その辺についてお聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)県の方が早く結果が出たということでありまして、的確な対応を速やかにされたということでありますが、岩沼市につきましては、きのうからお答えをいたしておりますとおり、今、依頼をしている最中でございますので、結果が出次第、関係の方々に対しましては、もちろん、しっかりと結果をお伝えしなければならないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)今の亀塚保育所の検体の結果も含めてですけれども、きのうの報告では、たしか、検体に対する結果が出るのは一、二カ月後というふうな報告があったと思いますが、そのように理解をしてよろしいんでしょうか、亀塚保育所についても。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)含有されているかどうかということにつきましては、9月末までにはいただけるものと思っております。ただ、我々といたしましては、岩沼市としては、少しでも可能性があるものについてはすべて検査をするということでありますが、よその自治体のことをどうこうとか、国、県の対応についてどうこう申し上げるわけではありませんが、専門家が見て飛散の可能性がないものについては、安全ですというふうに言っているところもあります。岩沼市としては、物によりましては、どう見ても飛散の可能性がないということは明確なものもあるわけではありますが、しかしながら、まずはしっかり検査をするということでやっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)次、4番目、解体に対する指導について。
 アスベスト含有の建築物が数多くあり、これらの家のほとんどが30年以上も前に建設された家屋であります。今、解体の時期を迎え、多くは解体業者によって取り壊されようとしております。アスベスト材吸引による健康被害の発病までの期間は30年から40年とされ、解体に携わっている関係者の健康被害が顕在化していないのが実態ではないかと思われます。したがって、このような業者を中心にしたアスベスト材を含む建築物解体に関係する方々に対し、情報の提供、指導を市単独でも行うべきと思いますが、いかがか。この指導というのは、健康診断の実施とか、そういうものも含めてというふうな意味でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今現在、建物を解体する場合の届け出というのがございまして、これは延べ面積が 500平米以上で、かつ、解体などをする部分に吹きつけアスベストの面積が50平米以上ある場合に、作業実施の届け出を窓口である県の方に提出するとなっております。このような基準に基づいて、業者の方々は届け出をして、きちっとした対応の中でやっていくというように考えております。しかしながら、既に使っている建材の劣化によるアスベストの飛散なども懸念されておりますので、市といたしましても、健康被害の防止の観点から、いろいろ周知、啓発を図っていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)周知、啓発をということでありますが、直接解体に携わる解体業者が健康被害をこうむることが一番多いわけでありますので、先ほど言ったことでありますが、健康診断等の実施、この辺についてのお考えはあるのかどうか、お聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在の状況としては、岩沼市が行うということは考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)それでは、次に移らせていただきますけれども、先ほど市長から話がありましたように、国、県の縦割り行政と法律行為の絡みがあり、市としてもやりにくい部分があることは重々理解できるわけでありますけれども、遅々として進まない中央の結論を待っていたのでは、住民に不安を募らせるだけだと考えるわけであります。先ほども、やれる部分についてはやるというふうな市長からのお話がありました。あるいは、やるべきことについては実施をしていくということでありましたけれども、検体の結果がまだ出ないうちに、じゃどういうことをやるんだというふうなことを市長にお伺いしても、なかなか難しいとは思うのでありますが、市長の頭の中にある部分だけで結構ですから、こういう部分については絶対やるべきであり、やりたいんだということがありましたら、お聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これはきのうもお答えをしているわけであります。まず一つは、健康被害があるということは聞いておりますし、我々は、国の方からもらう資料を見たり、あるいはマスコミで報道されることを見てわかっている状況でありまして、自分自身は、こういう健康被害があるんだということを直面して理解はできていないと。したがって、いろいろ聞かせていただいたり見させていただいて初めてわかっている状況だということであります。では、岩沼市としてどこまでできるのかといいましても、それだけの専門的な研究機関等もあるわけではありませんので、結局のところ、国の方でしっかり対応していただく以外はないと。
 国の方は遅々として進まないというお話をいただいたわけでありますが、例えば、アスベストによる健康被害が諸外国でいろいろと言われた中で、日本の労働省等の対応につきましては、政府自身が認めているとおり、結構遅かったと。ですから、私としては、これもきのう申し上げたわけでありますが、HIVの関係だとか、あるいは、その前を見れば、各種公害等の状況においても、結果としてはかなりおくれてしまったということでありますので、今後は絶対こういう轍を踏んではいけないというふうに思います。ですから、その意味では、安住議員からもお話をいただいたとおり、全面禁止とかといった状況をいち早く国の方ではつくってもらいたいと。ただ、一方では、代替品の開発ということも極めて重要でありますので、そういうことにつきましては、国の方で研究機関等と一緒になってしっかりと対応していただきたいということでありまして、では、岩沼として具体的にどこまでできるかといいますと、これまたなかなか難しいところではあります。ですから、窓口等があるので、相談に来られた方々については、できるだけ的確な対応ができるように、場合によっては相談窓口を紹介するとか、そういった状況以外は現実にはできないということであります。
 それとあわせまして、先ほど来、お答えを申し上げているとおり、市の公共施設等で使われているものがあるとすれば、速やかに対応するということであります。ただ、神経質になってはいけないと。しかし、これは、これも後藤議員からお話をいただきましたように、何十年間という潜伏期間があるわけでありますので、結果としてどうなのかということは、何十年もたたなければ証明がつかないという、極めて対応の難しいことであります。ですから、アスベストについて関心が高まっているからといって、今だけのことにすることはなく、我々としては、それこそ、未来永劫までこういった問題等で問題がないように望みつつ、そして、市としてできることはしていくように、しっかりと後々の人にも申し送りをしていかなければならないというふうに考えております。
 心もとない対応と言われるかもしれません。しかし、一方では、大部分の皆さん方はかかわりなく健康な生活を送っているわけでございますので、決して不安にならないで、そして、もし少しでも不安材料があるとすれば、それぞれ医療機関等の専門的な対応ができるようになっておりますので、そちらの方で一日も早く受診をされると。それにつきましては、例えば、労災対象だとか、また、きょうの新聞等でも報道されておりますが、国の方としても、中皮腫については、アスベストが原因かどうか特定されなくとも、それについては対応をするとかといったような方向性が打ち出されてきておりますので、疑いがある場合については、速やかにそういった医療機関の受診等を勧めていくということで対応したいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)ただいま市長の方から、きょうの新聞に出た国の方針についてありました。一歩進んだ対応ではないかなというふうに私も見させていただいたんですが、かなり踏み込んだ対応かなと思っておりますが、市長自身は、きょうの政府方針をごらんになって、どういうふうに評価されますか、お答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)通告外ですので、通告に沿った質問をしてください。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)わかりました。それでは、次に5番目。
 本市に所在する某工場のアスベスト使用が公表されましたが、地域住民への影響及び関係者への市当局による説明についてはどのようになされているか、お答えいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、御指摘の工場につきましては、昭和43年の操業当初から平成12年までの間、危険性が指摘されている青石綿以外のアスベストを含有した不燃建材を製造していたようであります。先般、県の立入調査に市の担当者も同行して、工場側から種々説明を受けましたが、この中で、これまで従業員及び周辺住民の健康被害の事例はないということでありました。青石綿を使用していなかったこと、及びアスベスト濃度測定結果が比較的低濃度であったことなどから、地域住民への影響は少ないのではないかと期待をいたしております。
 このような状況を踏まえまして、今後の地域住民への対応につきましては、国のアスベスト対策方針に基づいて、県が中心になって行うことになっておりますが、市といたしましても、県と協力しながら積極的に対応したいと思っております。現在のところ、県では地域住民に対してとりわけ説明をする予定はないというふうに伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)きのうの市長からの答弁で、事、アスベストに関しては、過剰な対応をしてはだめだという言葉と、それから、的確にして周到な対応が望まれるというふうな、アスベスト対策に対する基本姿勢とも受け取られる発言がありましたけれども、これは市長のお考えになっているアスベストに対する基本姿勢として受けとめてよいのかどうか、お答えをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、過剰な反応は要らないというふうに思います。しかしながら、人の命にかかわる問題でありますので、的確、緊急に、また、万全なということで対応していかなければならないということであります。何といいましても、繰り返しになりますが、相当な潜伏期間があるということで、極めて恐ろしいものだと。しかしながら、通常の方々については、アスベストの被害を受けるということは余り考えられませんので、少しでも思い当たるような形で仕事をされたり問題の箇所におられた方については、速やかに受診をしていただくなり何なりをしていただかなければならないということでありますが、特別かかわりのない方につきましては、それほど神経過敏な反応は必要がないのではないかと。しかしながら、繰り返しになりますが、周到な対応、そして、的確、万全な対応はしていかなければならないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)それでは、次、大項目の2点目でありますが、8・16宮城地震からの教訓について。
 マグニチュード 7.2、震度5弱の大きな地震がお盆の真っ最中に発生しましたが、幸いにして、被害は軽微に終わりました。このように比較的被害が少なかったことをもたらしたのは、決して偶然なことではないと思われます。どんなことが起因したのであろうか、検証してみる必要があろうかと思われます。99%の確率でやがてやってくると言われている大地震に備え、今回の地震は大きな教訓になったのではないかと言えます。
 以下、数点についてお伺いいたします。
 一つ、被害が軽微に終わった理由についてでありますが、まず、国民全般に言えることだと思いますが、危機意識を通じ防災意識の高揚が図られたこと。さらには、特に本市においては、組織的にも、防災に特化できる防災課が新設され、市民に対する防災PRに大きな貢献をしたのではないかと思うが、いかがか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)初めに通告をいただいたときに、通告の意味がなかなか理解できませんでした。教訓についてということだけでありまして、具体的にどのような御質問なのか、特に、格調高いお話をされる後藤議員であるゆえに、なかなかわからなかったわけであります。教訓ということよりは、我々としては、感想とか、あるいは再確認をしなければならないとか、いろいろあったわけであります。
 そこで、今御質問いただいたわけでありますが、被害が比較的軽微に終わったというのは、地震としていろんな形があると思いますが、地震波の伝わり方といったらいいんでしょうか、専門的にはわかりませんが、思ったより被害が起こらないような形での地震であったということが一つ言えるかと思いますが、もう一方では、これだけ危険性が指摘され、しかも、99%間違いなく来ると言われている中で、市民の皆さん方全体としての防災意識は高まってきているのかなということは感じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)防災意識の高まりもあったということでありますが、本市の場合を見ますと、防災課による出前講座とか、広報「いわぬま」に掲載の防災コラムによる防災知識、及びエフエムいわぬまの防災情報の提供、防災一口メモなどによる、地域住民の防災に対する危機意識の喚起など、効果的なメニューが功を奏したのではないかなと、それも一因かなと思うわけであります。加えて、市民も、市長がいつも言われているように、「自分の命は自分で守る」というかけ声に呼応して、各家庭で防災対策を地道に行っていたことも、大きな要因なのではないかなという気がするわけでありますが、これについてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)防災課の取り組みに対して評価をしていただいたということは、大変ありがたく思っておりますが、予想をされるような大地震のときに、まずは、それこそ、市民の皆さん方の命にかかわるようなことのない、そしてまた、財産等につきましても余り被害がないというような状況を、できるだけ市民の皆さん方とつくっていかなければならないということでございますので、心を引き締めて、後藤議員の御高見をいただきながら、これからもしっかり努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)市政報告には、次の展開としてというふうなことで市長の考えが述べられているわけであります。「今後の余震等を含む災害に関する情報の周知と普段からの備えや心構えに関する啓発を一層推進してまいります」というふうにうたっておりますが、具体的なこのメニューといいますか、そんなものがあればお示しをいただきたいなと思うんですが、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)具体的なメニューといいますか、我々といたしましては、まず、防災計画をしっかりと見直しをし、その防災計画に基づいて、個々具体的に、職員ならば職員としてそれぞれの担当があるわけでありますから、それを 100%しっかりとこなせるように努力をしていかなければならない。そしてまた、住民の皆さん方の御協力は当然必要でありますし、これまでも申し上げてきたわけでございますが、まずは御自身を守っていただく、そして家族を守っていただく。そして、地域の人たちで協力をしていただくというような形、こういったことをさらに一層進めていきたい。それにつきましても、自主防災組織ができるだけ早く全地域に広まるように、我々としては努力をしていくと。それで、必要なことにつきましては、できるだけいろいろなメディア等も使いながら情報の周知に努めていきたいと。そのことが市民の皆さん方の地震に備える意識の高揚につながるということでございますので、なお努力をしていきたいということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)後藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

12番(後藤一利)最後になりますが、防災対策も、アスベスト対策も、市民の危機意識をいかにして高め、行政当局だけではなく、市民も一体となった運動の展開こそが、被害を最小限に食いとめる、共通するベストな対策だと考えます。何事も、市民の目線で、市民参加のもとで行う、協働による施策こそが最大の効果を発揮できるんだということを、8・16宮城地震からの教訓として得たことを確信し、今後も行政執行の礎としていただくことをお願いし、私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)12番後藤一利議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時25分といたします。
    午前11時14分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午前11時25分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 4番佐藤一郎議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔4番佐藤一郎議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)4番、岩沼政策フォーラムの佐藤一郎です。
 アスベスト対策について、雇用促進と市財政安定のための企業誘致促進についての、2項目にわたりまして質問を行います。
 私の前に3名の方がアスベストに関して質問しましたので、はしょりながら質問をさせていただきます。
 1点目でありますが、6月末に、尼崎市で大手機械メーカーの従業員79名がアスベストが原因となる中皮腫被害が発生いたしました。また、工場周辺の住民にも被害がありました。本市の安全・安心の観点から、アスベスト対策について、4項目にわたりまして質問を行いたいと思います。
 1点目ですが、市施設14カ所のアスベスト使用建材の有無を確認するため、検査中との市政報告がありました。先ほど同僚議員に9月末とかという回答がありました。回答はありましたが、市としての考え方としては、適切にしっかりと対応するという市長の考え方もありましたので、そういう考えのもとで進めてほしいと思います。
 2点目に移ります。アスベストが最も使用された当時から30年余りが経過しまして、中皮腫などの被害がふえ、アスベストにさらされた労働者は全国で 1,000万人を超えるとも言われております。厚生労働省が発表した数値でありますが、肺がん及び中皮腫の労災認定は、1999年から2004年の累計で 535件、死亡者は 405名と公表されております。
 2点目でありますが、アスベスト健康相談窓口を開設しておりますが、相談状況は現在どのようになっているのか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)市民からの市への健康に関する相談でありますが、今のところはありません。なお、県の塩釜保健所岩沼支所の方でも相談窓口を開設しておりますので、そちらに対しては3件ほどあったと伺っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)市に対してはありませんと。県の方には3件という回答がありましたが、相談窓口が始まって間もないということもありまして、まだまだ相談がしづらい面もあるかもしれませんし、周知が徹底していないのかもしれません。市民の安全で安心につながるよう、続けてお願いしたいと思います。
 日本におけるアスベストの輸入は、1970年から1990年にピークを迎えまして、数年前にアスベスト建材の輸入が少なくなっておりますが、悪性中皮腫の潜伏期間は20年から50年と言われております。また、今後、考えられます、アスベスト建材を含む解体が始まります。そうしますと、2020年から2040年に解体のピークを迎えることになります。引き続き、アスベスト被害について全力で把握、対応をしなければいけないと思います。この件についても、市長が答弁したとおりでございまして、十二分に把握しながら、県、国の対策を見きわめながらやっていくということで、しっかりと対応を願いたいと思います。
 次に移ります。3点目でありますが、市内で、平成12年までにアスベストを使用し防火壁材の製造をしていた事業者がありまして、立入調査を7月19日に県で行いました。市の方も同行したということで、その調査結果はどうなったのか、再度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)7月19日の県に同行した状況でございますが、確認をしてまいりました。その確認内容をちょっと申し上げますと、一つは、当該事業所でのアスベストの取り扱い状況、要するに、いつからいつまでどのように使ったかということの状況を確認いたしました。それから、工場周辺、従業員の方々への健康被害の発生の有無を確認してまいりました。この内容については、被害が発生した事例はないというような話をいただいております。
 もう一つは、工場としてのアスベストの濃度測定もしておるようでありまして、この辺の結果の確認ということであります。これについては、国の方の規制基準がございますが、いずれについても規制基準以内であったというようなことの確認をいたしてございます。
 それから、アスベストの使用量が多かった時期といいますか、操業開始以来、どのような形でアスベストを使ってきたか、その辺の状況も聞いております。それから、従業員数とか、今回のことに対する報道機関等からの問い合わせの状況とか、そういったことについての調査、確認をしたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)今、回答がありましたが、健康被害といいますか、そういう事例はないということでありますが、それは口頭での調査なんでしょうか。何か検査といいますか、どういうふうな調査をして、健康被害がないというふうな結論になったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田民生部長。

-------------------------------------------------------------------------------

民生部長(長田信一)従業員に対しましては、労災というものがございます。その申請件数といいますか、そのような状況はなかったということでございます。地域の関係の方につきましては、工場に対して、状況がおかしいとか、そういった相談がないということであります。これは、行政側で、特に、地域にどうなのかということを調査した結果ではありません。あくまでも事業所からの聞き取り結果だということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)相談がないということでありますが、相談がないというのは、自分自身、本人がまだわからない点もあるかとは思います。そういう点も含めまして、4項目めの周辺の問題と絡むわけでございますが、アスベスト被害は、働いていた従業員が、20年、30年あるいは50年たってから発病しております。そうしますと、お話といいますか、聞き取り調査といいますか、話を聞いただけで判断するのはなかなか難しいと思います。
 4項目めと重なるわけでございますが、そうしますと、今後も続けてほしいということもありまして、今、国、県でその基準がなかなか難しいというのも同僚議員がお話しした内容でありまして、大変難しいと思います。しかしながら、何かの健康相談の中でも、もう少し、安心だよというふうに結論づけるような話を住民に対してもしてほしいなと思いますが、その辺は、市長、どういうふうに考えているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これは先ほど12番議員にもお答えをいたしているわけでありますが、御指摘の工場につきましては、危険性が高い青石綿を使用していなかった。あるいはまた、工場の現場におきましては、集塵機だとかバグフィルターの設備で飛散防止を図ってきているとか、あるいは、濃度測定結果につきましては比較的低濃度であったこと等からいたしますと、周辺住民への影響は少ないのではないかと期待をまずしております。
 そこで、御質問の件でございますが、まずは、県が対応する範疇でございますが、県に今の御要望があったということは伝えたいというふうに思っております。まず、できることといたしましては、周辺住民の方々には、市が毎年実施しております住民検診を受けていただくことではないかというふうに思います。また、元従業員の方につきましては、工場と相談の上に、東北労災病院等で健康相談や健康診断を受けていただくということではないかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)毎年、住民検診、健康診断が行われるわけでございますが、検診を受ける人、受けない人がおります。受けない人、周辺住民の人に対しまして、受けるようにしてほしいと思います。医学的には私もわかりませんけれども、なかなか難しいという判断でございますので、その辺、しっかりと継続しながら市の対応をお願いしたいと思います。
 以上でアスベストの方の質問を終わりまして、次に移りたいと思います。
 雇用促進と市財政安定のための企業誘致促進について。
 新しい市のホームページが7月末より掲載されましたが、私は、3月定例会におきまして、ホームページにも企業誘致について掲載をしてはどうかという提言をいたしました。市長からは、「それも一つの手かもしれませんので、改めて御提言をいただいたので、この点は十分検討させていただきたいと思います」との回答がありました。
 しかし、新しいホームページを見ますと、どこを探しても見当たりませんでした。ただあったのは、市の概要欄で、「東北本線と常磐線の分岐点、国道4号線と6号線の合流点であり、さらに東北の国際化の玄関口となる仙台空港が存在するなど交通の要衝である。本市はかつて門前町、宿場町として栄えてきたまちであるが、その後、臨空工業地帯の一角としての地理的優位性から、大小の企業が進出し、工業都市の性格も加わり、商工業都市として発展」と表示されていました。この部分の、「臨空工業地帯」のみであります。
 依然として厳しい経済状況の中で、若者や40代、50代の人の雇用確保のために、1点目でありますが、再度、企業誘致促進のために、市ホームページに掲載してはどうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)佐藤議員の言われるとおりだと思います。まず岩沼市の特性を知っていただくということが大前提ではないかと。その意味では、岩沼市にはこういう利点がありますということをお知らせしなければならない。それと同時に、工業団地の現状だとか、あるいは分譲用地の御案内といったことにつきましても、検索をされる企業の方々にとって、見やすい、わかりやすいということが基本でありますので、そういったホームページを目指して、できるだけ早い時期に更新をしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)できるだけ早い時期にお願いしたいと思います。
 これは県の土地開発公社の中身でございます、県の土地開発公社のホームページなんですが、その中に入りますと、1ページ、2ページをあけるとすぐ矢野目工業団地の紹介があります。わかりやすく書いてあります。今、時代の流れを酌みますと、ホームページを活用する手は、こんなにたやすいことはありませんので、岩沼市のホームページから宮城県土地開発公社へリンクされるようにお願いしたいと思いますが、その辺はどういうふうに考えますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)できるだけ早急にそのようなリンクをはっていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)できるだけということで、時期的にはどういうふうなできるだけの早さになるんでしょうか。7月末に開設しておりますが、企業誘致の文言もまだありません。企業誘致とすぐリンクされるように、県土地開発公社になるとすれば、そんなに難しいことではないと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)できるだけ早くというのは、できるだけ早くでありまして、結果として、佐藤一郎議員から、できるだけ早くやったなというふうに思っていただけるような時期にしたいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)はい。できるだけ早くということは、でき得れば9月中に検討して、10月早々にもお願いしたいと。文言ですから、項目が1項目ふえるだけでございますので、そんなに難しいことはないと思います。
 次に移ります。3月定例会でも質問しました、雇用促進を目的とした情報交換の場を設けてはどうかと。そのとき市長からは、「既存の組織と岩沼臨空工業団地協議会との情報交換の場の調査研究をしてみたい」という回答がありました。その後どうなったのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)両方の事務局に対しまして情報交換について申し入れをさせていただきましたが、本年度事業については、事業計画が立てられているということでございます。次年度に向けて検討していただけるということでございますので、次年度に実現できるように、引き続き協力を求めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)雇用問題のことでございますが、昨日も、高校生を紹介する古川市の報道がありました。古川市にも工業地帯がありまして、市とタイアップしながら、高校生に対して、就職あっせんまではいきませんけれども、紹介をしておりました。
 情報交換の場ですね、来年度に向けてということでありますので、多分、12月の予算編成時期は3月ですか、その辺で盛り込んでいただけると思いますので、よろしくお願いします。
 この厳しい経済状況の中、他市町村では東京の企業誘致セミナーに首長みずからが参加し、積極的に見せる市町村もあります。市町村長がみずから説明するところもあります。企業によって、市町村がみずから参加し、積極的にアピールし、強い印象を与える姿があります。
 3点目でありますが、企業誘致を、今だからこそ、市長(トップセールス)みずから行うべきではないか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)企業の立地につきましては、先ほどもお話をいただいたわけでありますが、まず、岩沼の交通を含めた環境条件、あるいは土地の価格、さらには、工業用水の有無、労働力等の条件、それぞれがそろって必要でありますし、また、県あるいは市町村としての支援策といったことも含めて、もろもろの要件が満たされて立地に結びつくというふうに思っております。
 トップセールスの効果ということでありますが、私が足を運んで、本当に企業の誘致が実現すれば、それにこしたことはないわけでありますが、ただ、やみくもにどこに行ったといっても、必ずしも効果は上がらないということでございますので、いろいろと情報網を張りめぐらしながら、その中で、岩沼に進出をしてもいいといったような企業等があるとすれば、それは私が出向いてじかにお勧めをするといったことも当然やっていかなければならないと思いますので、効果が期待できるような状況がある場合については、積極的に対応したいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)効果があるというのは、どういうことで効果があるというか、もっと具体的に回答を願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)佐藤一郎議員ともあろう方が効果がわからないはずはないわけでありますが、例えば、岩沼に企業を誘致するということは、誘致の可能性があるかどうかということも一つのポイントになると思います。ですから、まず、進出意欲があって、そして、岩沼の条件に合致する、例えば、どの地域ならば立地しやすいとか、いろいろな条件があると思いますので、少しでも可能性があるとすれば、それはできるだけ積極的に対応しなければならないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)可能性があることもしかりでございますが、私が質問の前段でお話ししていますけれども、アドバルーンを上げるというのも、市長みずからセミナーに行って説明するとか、そういうのもトップセールスの一つでございますので、来る可能性があるから行くのではなくて、その前から営業をしているんだという意欲、それを私は期待しているわけでございます。市長みずから説明するとかということでありますので、そういう場があれば、積極的にお願いしたいと思いますので、よろしくお願いします。
 次に移ります。地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量と物流コストを、ともに20%削減することをねらいとする流通業務総合効率化促進法が施行されるのは目の前でございます。これは3月定例会でも、去年やった項目でありますが、高速道のインターから5キロ以内、空港、港湾の近くに運送業や倉庫業など流通施設を建設し、認定を受ければ、5年間、固定資産税を半額とする特例措置を盛り込んだ内容であります。
 10月の施行を目指しまして、法案は倉庫、加工工場などを兼ねた総合的な流通施設を建設し、さまざまな商品を一元化し、管理、保管、ここから同時に同方向に、小売りに運ぶことを目的としております。この法案はまさに岩沼臨空流通工業団地に合致している法案であるということから、3月定例会にて、調査研究をし、準備していく必要があるということを提言いたしました。
 4点目でありますが、10月から施行されると思われる流通業務総合効率化促進法の取り組みについてどのように考えているか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)この法律案につきましては、佐藤一郎議員からお話をいただきましたように、日本として京都議定書を具体的にどういうふうに行っていくかと。地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出量、あるいは物流コストをそれぞれ20%削減をするということがねらいであります。そして、さらに、その削減のねらいに含めて、今御紹介いただきましたように、高速道路のインターチェンジから5キロ以内に云々という形で、固定資産税を半額にする特例措置を盛り込むということでございますが、法律案の方向としてはそういったことが示されているわけでございますが、まだ法案の内容等について詳しく通知を受けておりませんので、まず、そうした通知等を受けて、十分承知した上で、慎重に対応したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)通知はまだ受けていないということでございますが、ここにその関する法案の文書があります。確かに施行はまだ通知を受けていないんですが、調査といいますか、内容的には調査研究はしたのでございますか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法案の中身というのはおおよそはつかんでいるわけでございますが、例えば、固定資産税について云々ということがありましても、具体的にどういう形で進めるといったような、つまり、施行に伴っての細部の決まりがあるわけでございますが、そういったものがこちらの方には通知等でまだ十分流されてきていないということでございますので、全容を把握し次第、岩沼市として、どのような対応ができるかということを考えていきたいということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)法案の内容なんですが、認定を受けなければなりません。認定を受けまして、改めて認定を受けたところに適用されるわけでございまして、先ほど、ホームページに掲載するように提言しましたが、これも、流通業務総合効率化促進法が適用される工業団地がありますよと、ホームページで全国に発信してもいいのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)条件等が整えば、そしてまた、当然それに合致できるということであれば、今のようなことも必要なのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)企業は全国いろんなところへの進出を考えていると思います。条件のいいところにいろいろ情報収集がいくと思います。私は、3月に、その法案がありますよと、いち早く本市も準備を整えて、対応を考えることを研究してくださいということを言いました。いち早くホームページにも掲載して、岩沼市には余っている工業団地がありますよと、こういう立地条件ですよということを表示してほしいと思います。
 次に移ります。これは宮城県主要工業団地の紹介用のパンフレットでございます。平成16年10月に作成されております。県内39カ所の工業団地が紹介されております。このうち、写真入りで紹介されているのが27カ所あります。分譲面積は、岩沼臨空工業団地は、7番目の19.8ヘクタールが残っております。分譲の単価も書いてありまして、2万 5,000円から3万 9,000円。39カ所のうち分譲価格は8位であります。また、岩沼臨空流通工業団地は優遇制度がありまして、宮城県企業立地促進奨励金、融資制度、七つほど優遇制度があります。しかし、分譲以来10年が経過しておりますが、経済状況が厳しいこともありまして、いまだ19.8ヘクタールが残っております。
 優遇制度の内容を見ますと、市町村独自の優遇制度があります。3月定例会でも市町村の名前で優遇制度をお話ししました。今回は工業団地別に調査いたしました。そうしましたら、名取市企業立地奨励金、仙台市産業立地促進助成金、富谷町企業立地促進奨励金、また固定資産の免除措置など3年あるいは5年がありました。そのほかにも、こんな補助金がありました。従業員送迎用車両購入補助金制度があると。このパンフレットの中には、市町村独自の優遇制度がないところが2カ所だけあります。それは岩沼臨空流通工業団地と、ほか1カ所は、岩沼臨空流通工業団地の10分の1の分譲の工業団地であります。
 5点目でありますが、市独自の企業誘致奨励金制度を3月定例会で「十分検討してみたい」という回答がありました。その回答についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)奨励金制度ということで今御質問をいただいたわけでございますが、一つは、企業立地についてはいろんな条件があるわけでありまして、優遇策があるからといって、それが決め手になるということでは必ずしもありません。ただ単に制度を設ければいいということも、ある行き方かもしれませんが、具体的に可能性があるといったような場合につきましては、どのような支援策がとれるかということは十分検討したいということで、これまでもお答えをしてきているわけでございます。
 そこで、岩沼市におきましては、過去を振り返ってみますと、固定資産税の不均一課税という問題がありまして、これにつきましては、是非が多くの議論を呼んできたということもありますし、また、現に、岩沼市におきましては廃止をされていると。一時期、復活をしたことがあったわけでありますが、それにつきましても、ごくごくわずかのというか、一企業に対しての対応でしかあり得なかったわけであります。その当時を振り返ってみますと、空港周辺の工業団地に立地できるような条件ではなかったという形であります。そのような過去の岩沼の歴史がありますので、現時点において、またそういったことを復活するのがいいかどうかにつきましては、当面、ちゅうちょせざるを得ないということであります。
 また、奨励金につきましては、これも昭和40年代とかに全国的に訴訟等があったわけであります。もちろん、何らかの優遇策を講じて、それ以上のプラスがもたらされるとすれば、それは費用対効果という点からいたしましても非常に意味のあることだということでありますので、その意味では、十分検討してみたいと思っているわけでございます。しかし、現時点におきましては、これですべて決め手だというところまではまだ行っておりませんし、今後の機が熟することを期待しながら、さらに研究をしていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)まだ機が熟していないということでございますが、このような経済状況でありますと、先ほども市長が答弁で述べたように、企業が来るというのは大変厳しい環境にあります。ちょっとでもそういう動きがあれば、市長がトップセールスをするという回答がありました。そういうことで、いろんなことでいろんな情報を収集しながら検討していくと思います。
 雇用の問題もまだまだ解決したわけではございません。今、問題になっているのは、団塊の世代が退職時代を迎えることになります。若者は、その分で、若干ではありますが、よくはなっております。しかしながら、1バーレル70ドルの時代を迎えまして、経済の不安定さはまだまだ続くと思います。企業が進出することは、この時代に設備投資をすることは、大きなリスクを伴うわけでございまして、立地条件や将来性、また、市町村の積極的な誘致運動、このことによって、企業が判断する最終結論になると思います。市長、そういったときに検討をするのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)何しろ、効果がなくてということで、ただ単に制度上あればいいと。もちろんこの行き方も一つあると思います。しかしながら、先ほど申し上げましたとおり、岩沼市におきましては、過去、不均一課税をしたとか、いろいろ例がありますので、そのあたりのいきさつを踏まえなければならないということが一つあろうかと思っております。
 そしてまた、優遇策を講ずるということ、それだけで企業が来るとは思えない面もあります。岩沼には優遇策があるから、はい飛びつきますよと。優遇期間が終わったら縮小だなどということでは困るわけでありますので、岩沼の立地条件のよさを十分踏まえていただいて、これならば進出しようという意欲のあるところに出ていただいて、それはまた議員の皆さん方に相談をさせていただいて、こういう規模でこれだけのことをやる可能性があるんだとすれば、これについては、岩沼市としても、しっかりとした何らかの優遇策を講ずるべきではないかなというふうに思っております。
 ただ、優遇策が全くないわけではありませんので、御紹介をいただきましたように、県の方でいろいろ対応していただいているということでございますので、当面は、県の方の優遇策、そして、岩沼市の立地条件のよさを買っていただいて、積極的に来ていただければ、非常にありがたいなと。かといって、ここ何年間を見ましても、企業誘致が全くゼロという状況ではありませんので、なお引き続きまして……、いろいろと御鞭撻をいただいておりますので、トップセールスの必要もあろうかなというふうに思いますが、何らかの形で、できるだけ多くの企業に岩沼においでいただければと。
 しかし、現実の状況を見ますと、特に、大企業とかにつきましては、もう世界を見ているわけでございまして、外国に移転をすると。ですから、国内企業にしても、まずは岩沼で立地を継続してもらうと。つまり、今、岩沼に立地をしていただいている企業の方々に引き続いて岩沼でやっていただけるような方策も大切にしていかなければならないと考えております。いろいろと取り組みの弱さ等もあろうかと思いますが、引き続きまして十分検討させていただいて、できることで対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)先ほども言いましたように、企業が判断する材料として、今、すごく迷っている段階でもあります。というのは、どこにも工業用地はありますし、どこへでも行きたいと。市長がおっしゃったように、立地条件は、岩沼の地はすごく利点があります。しかしながら、私が調査したところ、あと一つという判断がありました。あともう一つあったら岩沼に行くんだがなという話も聞きました。そういうことを聞きまして、そこまで言うのであれば、優良企業であれば岩沼に何とか来るのではないかなと私は思います。その辺の情報収集がまだないのかなと思いました。確かに、県の土地開発公社の土地ではございますが、いろいろ私も機会がありまして窓口にも出向きました。そしたら、「あと一歩なんですがな」と私は言われました。そういうことの情報収集がまだなされていないのかなと思いました。
 そういうことで、私は6月議会で特別会計の話をしました。国民健康保険事業、老人保健事業、介護保険事業の三つの特別会計の保険給付費、医療費が、4年間、平均ではございますが、年間3億 6,700万ずつ増加しております。国も今回の選挙で変革の時代を迎えました。本市においても過去に奨励金優遇制度がなくなった経過は聞いております。市民の雇用の促進と市の財政安定のために、市独自の企業誘致奨励金とか優遇制度を早急に検討していただきたいと思います。今後、まだ同じような回答かもしれませんが、検討するということであれば、12月、3月の議会で研究するいろんな調査項目も考えるということであるかどうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)熱意を持っていろいろ御提言をいただいておりまして、できるだけそれにおこたえをしたいというふうに思っておりますが、あと一つあれば岩沼に来るということだとすれば、そのあと一つが何なのかということでありますが、それが奨励策だとすれば……。
 それにしても、情報収集能力が低いと言われますと、そうかもしれませんが、佐藤一郎議員がその情報をつかんでいるんだとすれば、当然のことながら、岩沼のためになるんだとすれば、お知らせいただいてもいいのではないですか、あなた、ね。知っているんだとすれば。意地悪ですよ、そういう意味では。本当だとすれば。我々としても、これからも情報収集をしっかりやっていかなければならないということは、当然重要なことだということであります。
 12月議会云々というお話をいただきましたが、企業誘致について、例えば、絶えずこちらの方でホームページを更新していろいろ情報を提供するように努めるとか、できるだけいろいろな場を通じて情報を収集するということは必要でありますが、予算の中で特別にと。確かに、御審議をいただく中で、県の方で1回開いて、そこに職員一人行くぐらいの旅費しか組んでいないということでありますが、ただ、行く分につきましては、三役旅費も別枠でありますので、そのあたり、必要に応じて、私が伺うなりなんなりできるわけでありますが、具体的に、12月議会で、こういうのがあるからといっても、むしろ、情報というのは岩沼だけが知っていればいいことでありまして、よそに知れればまた競争が激化するといったようなこともありますので、議会の中で具体的に……、そしてまた、今の状況としては、不均一課税とか、あるいは奨励金条例というのをすぐ12月に設けるといったような状況もありませんので、可能性があるとして、そしてまた、そのことで岩沼市として大きなメリットがあるとすれば、それは何らかの奨励策、優遇策を考えていかなければならないと思いますが、ただ言えることは、いかに税金を多く納めていただくからといって、税金はどんな人でもしっかり負担をしていただくのが原則であります。例えば、物を買ったとき、多く買ってもらったらおまけするんだから、だから、税金を多く納めるところにはまけてもいいという議論が、岩沼の過去の議会の会議録を見ると、あるわけではありますが、私はそうは思いません。いかに大きく納めたのであろうが、小さく納めたのであろうが、税金というのは、決められたルールでしっかり納めていただくのが原則であります。ですから、税金をおまけするということは、よほどの条件を考えて、また、市民の皆さん方の御理解をいただかなければ、やってはいけないことではないかというふうに思っております。
 ただ、現実問題、相当なメリットがあるとすれば、何らかの優遇策を講ずる。あるいは、土地についてだとすれば、こちらの方で積極的にお手伝いをするとか、いろんな支援方策があると思いますので、そういった場合については、具体的なケースがあり次第、速やかに対応していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(佐藤一郎)情報を知っていたら教えてくださいということでありましたが、私が言っていたのは、立地条件がいいということで問い合わせが多いということなんだそうです。もう一つメリットがあればということで、その辺、具体的にはわかりませんが、そういうふうな話がありました。
 必要に応じて今後考えるということでありますから、検討を願いたいと思います。今後も、市の財政と雇用を考えれば、重大な決意で市長の判断をお願いしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。以上をもちまして私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)4番佐藤一郎議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後1時10分といたします。
    午後0時9分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後1時10分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔15番五十鈴川みよ子議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)日本共産党の五十鈴川みよ子です。
 まず最初に、文化財について。
 1項目めの、岩沼市の文化財保護関係の水準をどう見ているのかということについてお尋ねをいたします。
 一番最初の質問なので、市長にもぜひお答えをいただきたいと思います。
 まず、予算のところから見ますと、現在、平成17年度の予算と10年前の平成7年度の予算を比較してみました。平成7年の総予算の中で社会教育費は何%かといいますと、 2.8%でした。文化財保護費は幾らかといいますと、このときにはちょうど文化財展示館の建設費というのも予算化されておりまして、建設費も含めて67万 1,000円が予算化されておりました。総予算に占める割合はといいますと0.00とつきました。それから、平成9年度と比較いたしますと、平成9年度は、社会教育費の総予算に占める割合が 0.1%、文化財保護費は0.01%です。全国的な統計を見ますと、社会教育費は全国平均で 2.5%、文化財保護費は 0.4%という水準でした。15年は、岩沼も特別に大変高くて、社会教育費は3.05%と出ました。文化財保護費は 0.2%。16年、17年度はどうかといいますと、17年度は、社会教育費が 2.9%で文化財保護費が0.02%というふうに数字として出ています。
 この数字を見て、全国平均とどうなのかということを考えたときに、岩沼市長として「歴史のかおるまち」とずっと言いながら計画をつくってきましたけれども、そのことから考えると、この水準はどうだったのかということをまず一つ、市長と教育長にお伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)予算の関係としては、必ずしも多くないということは、御指摘のとおりであると思います。文化財保存・活用するということは、国民の文化的向上に大いに役立つということでありまして、非常に重要な部門だと思っております。
 ただ、法令では、文化財の保護に関することは教育委員会の職務権限に属することとしております。また、一方では、文化財保護法の中では、第3条で、政府及び地方公共団体の任務ということで、地方公共団体としてしっかり取り組むということになっております。さらに、文化財保護法の後の方でありますが、地方公共団体の事務と教育委員会の処理する事務というふうに分けておりますので、文化財の具体的な施策につきましては教育委員会が行うということでありますが、広く文化的な問題あるいは文化財については、やはり市としてもしっかりやらなければならないということでございまして、これまでもたびたび文化財に関する御質問等をいただいているわけでございますので、しっかりやりたいというふうに思っておりますが、ただ、通告をいただいておりますが、予算のことからするとずれるかもしれませんが、岩沼市の文化財の保護関係の水準につきましては、どの程度かということはちょっとわからないわけではありますが、しかしながら、発掘調査の実施だとか、あるいは、成果報告書というものを最近はしっかりつくるようになってきておりますし、文化財保護委員会の委員の方々の活動も着実に行われているということであります。また、文化財の企画展の開催だとか、文化財だよりを発行していただいておりまして、近年、かなりの成果が上がっているのではないかと思っております。
 また、10年以上の懸案でありました専門職員につきましても配置をするということで、少しはいい方向に向かっているのかなと思っておりますし、市民の皆さん方の関心の度合いもかなり高くなってきております。また、一昨年は、ちょうど生誕 150年ということで、鈴木雨香の検証ということで、ある意味では、郷土の偉人の再発掘という格好になったわけであります。また、鈴木雨香さん自体が、それこそ仙台藩の歴史のナンバーワンの方であるということでありまして、こういったことを通じまして、文化財の保護ということに対して、市民の皆さん方の関心とか理解というのは高まっていると。したがいまして、教育委員会を初め、我々としてはしっかりやらなければならない。
 その意味では、予算的な裏づけがなければ、教育委員会としても実際に動けないということでありますので、できるだけ予算的な配慮も講じるように努力をしていかなければならないと思っております。そんな中で、適切な収蔵場所がないとか、あるいは、展示とか発表の場がないといったような課題が多いということでございますので、将来のそういった構想も、教育委員会の方を中心で練っていただいて、それに対して、できるだけ予算的な配慮をしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)予算面につきましては、必ずしも十分ではないかもしれませんが、10年前との比較を今議員から聞きまして、少ない予算の中で創意を工夫しているということが言えると思います。
 具体的な中身について申しますと、これまで、遺跡の保存についての協議や発掘調査の実施あるいは成果報告書の作成、今月6号になります。平成12年度に1号が発行されましたが、少ない予算の中で今月6号が発刊されることになりました。あるいは、文化財の企画展、文化財だよりの発行などの事業を通しまして、市民の方への啓発・普及活動を展開してまいりました。このうち、埋蔵文化財の発掘調査報告書は、今話しましたように、再三、委員から御指摘いただきました。12年に1号というのは本当かというふうな記録文もございますが、その間、5年間の中で六つ発行したということは、これは、私たちとしても頑張ったということの一言だといってもおかしくはないと思います。
 水準についてでありますが、何に比べてということでは大変難しいのでありますが、現時点での文化財の事業を考えますと、やはり水準は幾らか高くなっているのではないかなと考えております。また、市民の皆さん方の関心度も高くなっているというふうに感じているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)市民の関心度が少し高くなってきているんじゃないかという教育長の意見がありましたが、前段に、予算の中でも十分ではないと。市長からも、予算面では多くはないのかなというような意見がありましたけれども、平成10年に文化財元年ということで、比較にならないほど事業も展開してきているというのは重々わかっています。そういう意味からして、教育委員会が事業展開をするときに、きちんとした予算要求を市長部局に出すということも含めて、しっかりと予算の要求はしてもらいたいと思っています。ここ数年にわたって、今、市長が鈴木雨香さんだとか企画展の話などをされましたが、それはそれで、ここ数年、事業展開としては随分頑張ってきたなというふうに私も思います。
 私が文化財のことについて一番最初に取り上げたのは平成12年でした。そのときには、文化財の保護と開発との矛盾、それから、文化財は文化財、開発部局は開発部局ということではなくて、市長部局との連携をとりながら、ガチャガチャ物を壊したりするようなことがないようにということで、その当時、平成12年の数年前は、県から顛末書とか始末書などを書かされたという事実がありましたので、そこを質問いたしました。13年には、文化財の保護と活用ということで、市政における文化財の位置づけとか、教育行政における文化財の位置づけを明確にここでさせてもらったわけです。14年については、企画展や出前講座やら、そういうものを具体的に事業展開をするようにという要望をいたしました。
 そういうことを考えたときに、今、教育長は、少ない予算の中で事業展開をやってきたということを言いましたけれども、それはそれで大変いいことであって、ただ、そこから出ないということが、予算の関係からすると、0.02%でいいのかということを私は言っているのです。そこのところをもう一度確認をさせていただきたいと思います。予算の中での0.02%でいいのかということです。教育長、いかがでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)予算につきましては、多ければ多いほど、それにこしたことはございません。ただ、今の厳しい財政状況の中で、枠配分になっておりますので、社会教育課の中でやりくりをするということで、0.02%にとどまっているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)これから、何というものになるかわかりませんけれども、資料館になるのか、博物館になるのか、展示室になるのかわかりませんけれども、そういうものの建設のためには下準備がやっぱり必要なんですよ。文化財の展示室にあるものを何でも展示して公開していいというふうにはならないので、平成20年に設計をするということを言っているわけだから、その間にしなければならないことがあるから、きちんとした予算要求をすべきだと私は思っているんですが、そこの確認をさせていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)平成20年は図書館建設であります。それに伴う調査費を毎年これからとることになっております。それはあくまでも社会教育費の中でやりくりをしながらとるわけでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)文化財というのを、大変申しわけないんですが、議会の中でずっと取り上げたのは大久議員と私ぐらいしかなかったと思うんです。そういう意味からすると、教育委員会としてはうんと努力をしてきたと私は思っているんですよ。だから、博物館やら何やらをつくる前の土台をしっかりとつくるという認識は、教育長、お持ちですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今ここで力強くは言えません。先ほども申しましたように、今後、図書館建設に伴って、複合施設を考えているところでありますが、これも選択肢の一つでございます。市長部局と相談しながら、あるいは、皆さん方の御意見をいただきながら決めさせていただいているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川みよ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)図書館の建設と複合施設というようなことなどもずっと今まで議論の中でさせてもらいましたけれども、公開展示をする土台として、予算だけではなくて、予算を切り離して、その展示を公開するという形にするまでの土台が必要なのではないかと私は言っているんです。それをしないと公開できないですよね。今のままであそこの展示室のものを持っていくわけにはいかないわけだから、その土台をしっかりとつくるために、水準を高めていかなければならないと私は言っているんですが、教育長、もう1回、お答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)図書館建設につきましては、今年度中に原案が作成されるわけであります。それを受けまして、その土台づくりをしていきたいと。もしそのようになればのことでありますが。まだ私からは力強くは言えませんが、そのときには、土台づくりといいますか、金銭面だけではなくて、いろいろな関係がございますから、その辺、配慮していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私が言っているのは、展示室を、博物館やら何やら、歴史資料館やらをつくる、つくらないに限らず、公開するのにはその土台づくりが必要だということを言っているんです。ですから、今、教育長が、そこのところはしっりやるよということですので、予算要求も含めて、市長はそれにこたえると言っているわけですから、やってください。
 私が思うのには、この間、福島県の原町の文化財保護委員さんの視察がありましたよね、何年前だったでしょうか。あのときは宍戸課長でしたけれども、あのときの報告書を見せてもらったんです。そしたら、公開する展示室が欲しいとか、いろんな意見がありましたよね。その中に、とても気になった一言があったのをメモしてきたんです。「文化財に対する考えが通り一遍ではないか」と、そういう意見がありました。それで、それを受けて、そのときに私は市政における文化財の位置づけと教育行政における文化財の位置づけを質問したんです。
 文化財というのは、今、岩沼の文化財を引き継がないと、後世に残していかれないと、私はそういう危機感を持っているものだから、こういうことを言っているんです。だから、ぜひ土台づくりをきちんとやってほしい。そのための予算要求もやってほしい。もちろん、専門職を配置していただきましたよ。今まではそうじゃなかったですからね。ここ数年、そういう意味では、随分前進してきたなというふうに思います。ですから、今の水準をずっと高めていく、予算要求も含めて高めていくということを教育委員会にぜひお願いをしたいと。また、教育長には予算要求も必ずしていただきたいというふうに思います。
 次に移ります。文化財保存の現状について、一つ一つお答えをいただきたい。
 刀剣等の鉄器類ですけれども、鉄器類については、東北歴史資料館に保存処理依頼をしたと。そして、戻ってきたということを言っていますが、三、四十点あるうちのどこまでこの保存処理ができたのかということを、数的にお伺いできますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)引込横穴墓群から出ました鉄器類関係は34点でございます。すべて保存処理は終了いたしました。防さび剤は終了であります。あとの二木あるいは丸山、長谷寺、土ケ崎の横穴群から出ました状態のいいものは直刀1本だけでございます。これについても保存は完了しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)引込横穴はつい最近の話だから、できるんですよ。保存処理はそんなに面倒ではないと思うの。私は脱脂綿の上に置いてある鉄器のことを言っているんです。だから、もしかすると、二木、丸山、長谷寺あたりの鉄器ではないかなと思うんです。それを脱脂綿の上にそのまま置いていたら、何年間でそれこそぼろぼろになってしまうと思うんですよ。私は真空パックでもできるというふうにちょっと聞いたんです。科学的な分析をしている人ではなかったから、ちょっとそこはわからないんですけれども。脱脂綿から一度とると。とって真空パックの処理をすると。技術的にどうかはわかりませんけれども、脱脂綿というのが一番悪い方法なんだそうですよ。それをずっとやってきているんだもの。一番悪い方法をやる必要はないんじゃないかと思うんですけれども、その辺はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)直刀については、最終的に真空パックしておりまして、保存は完了しているわけですが、議員御指摘のその他の鉄器類だと思いますが、大変悪い状態で出てまいりました。したがって、我々も苦慮しているわけですが、その中でも、できるだけ保存は完璧に、ケースに入れて乾燥剤を入れて劣化を防いでいるところでございます。御指摘の脱脂綿については、なお、この辺の調査をいたしまして、一番いい方法を検討させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)その他の鉄器ということで、空気の中に出したときにはもう既に劣化をしていたということなんですが、その劣化したものを一番悪い保存方法でやっていることそのものが間違いだと私は思うんですよ。だから、そういう意味では、そこのところはどういうふうにしたらいいか私もわかりませんけれども、これ以上劣化をふやさないというようなことで、ぜひ研究をしていただいてやっていただきたいと思います。
 その他の鉄器というのはどのぐらいあって、それは全然保存処理されていないというふうに理解していいわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)約65点あります。それは、先ほども申しましたように、状態が悪いということでありますので、現状では、図面を作成したり、写真撮影などをして記録しております。あとは、保存はケースに入れて、乾燥剤を入れて、劣化を防ぐというふうな方法をとっているわけであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そうなんです。物すごく劣化のひどいものについては、写真を撮って資料として保存するという方法も一つですので、何でもかんでも何百万かけて保存処理しろということではありませんので、そこはきちんとやっていただきたいと思います。
 次に進みます。建造物です。蔵も含めてですけれども、建造物についてはいろいろあるんですけれども、私は優先順位をつける必要があるのではないかなと思っているんですが、基本調査をやっていますので、その辺、進捗状況はどういうふうになっているのかお聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)古建築物調査でありますが、昭和20年以前の建物であります。その中には住宅もございます、蔵もございます、土蔵もございます。御指摘の点は、蔵だけでしょうか。ではなくて全体をということでお話をしたいと思いますが、平成12年度13件、平成13年度24件、平成15年度3件、昨年度は1件でございます。中央部の調査はすべて終わりましたので、その辺はしっかりとまとめてあるわけでございます。
 優先順位といいますと、やはり中央部のまとめということが優先で、今後、東部、西部の二つについて調査をかける予定であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今、道路の拡張などで中央部はずっとセットバックするような都市計画が計画されていますけれども、店蔵とか酒蔵とか、土蔵も含めてですよね、あれは、技術的に、専門の建築の方がいないし、それから普通の住宅よりも改修にお金がかかるということで、なかなか大変だと思うんですよ。だから、壊してしまおうかとかというような意見も聞いたんですけれども、そうではなくて、宿場町とか門前町だとかというような岩沼の歴史的な街なみもありますので、そこのところは、まちづくりと ── 市長部局とのかかわりも含めてやる必要があると思うんです。改築や破壊の危険性が直近にあるというようなところは、やっぱり順位をつけて、どうするのか、どうしたいのか、それから、教育委員会としてはどういうふうにしてほしいのかというような意見交換をしっかりとやっていかないと、調べはしました、それで終わりというようなことになっては困るのではないかなと思って、開発部局との話し合いをしっかりとやっていただきたいと思いますが、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)状態のいいもの、歴史的に価値のあるもの、その辺を見定めて、中央部についてはまとまっているところであります。ただ、先ほど御指摘の、保存か、取り壊しかという面が非常に難しい状況でありまして、一つの例を申しますと、取り壊したいんだけれどもというふうな相談も受けております。実際に現場に行って記録もしっかりととってあるわけですが、今後、そういう問題がたくさん出てくると思っております。そのときどうするかということ、今後の課題とさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)私は、歴史的建造物については、登録文化財の提案をずっとしてきたんですよね。毎年、新聞にも報道されて、ことしの登録文化財はここだよと数点挙がっていますけれども、その登録文化財の利点を活用したらいいと思うんです。それで、登録文化財になるまでの準備期間というのがあるので、そこは、凖指定というんでしょうか、言葉はわかりませんけれども、そういうのも市の条例としてきちんとつくって、何らかの優遇措置をするとか、登録文化財は固定資産税の減免などもありますけれども、そういうのも含めて考えるときに来ているのではないかなというふうに私は思っているんですが、その辺はいかがでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)登録文化財でありますが、蔵を登録文化財にするということも検討してまいりました。文化財保護委員の皆さん方と職員が実際に仙台の仙台たんすを所有するところに行って事情を聞いてまいりました。その主人の話によりますと、登録するまでなかなか厳しいと。調査費もそうであるが、手続も非常に厳しいものであると。登録文化財については、所有者の意欲がないと、なかなか難しい問題があるという話も聞いてまいりましたので、この辺も十分参考にしながら、今後のあり方について考えさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)そうです。登録文化財には一朝一夕にはなりません。そういう意味からすると、やっぱり市民の啓蒙・啓発が大事になってくるし、文化財に対しての意識を高めていかないと、そういうふうにはならないというのは重々わかっています。ですけれども、後世に残すものとして、そういう制度をぜひ活用して、丁寧にというか、御理解をいただくまでお願いをするしかないと私も思いますけれども、そこは十分意を期してやっていただきたいと思います。
 次に移ります。次は古文書です。古文書も東北歴史博物館に依頼をしているということなんですけれども、実際、展示室 ── 文化財室にどのくらいあって、どのくらい検証になったのか、進捗状況をお知らせいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)古文書についてでありますが、東北歴史博物館で毎年薫蒸処理を行っております。これは無料でありますので、しっかりと処理をさせていただいております。非常に貴重なものというふうなことで、具体的な点数を申し上げますと、現物が 249点ございます。コピーが38点ございます。特に、現物を大切にしたいということから、当初考えましたのは、マイクロフィルムでの記録ということでございます。これについては、東北歴史博物館で行っている方法で、半永久的な方法であります。ところが、業者との話し合い、見積もりをとりましたら、大変難しいと。作業日数が1年かかると、それに経費も何百万とかかるということでありましたので、これは断念いたしまして、次の方法で、古文書を1点ずつ中性紙の封筒に入れると。そして、中性紙の文書箱という箱があるんですが、それに入れて保存すると、50年は保存ができるというふうな確約をとっておりますので、今月、その方法に切りかえるということになりました。進捗状況は以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)今月から始めるということで、マイクロフィルムは永久的なものだけれども、大変お金がかかるということで、中性紙の袋に入れるという方向性を出したわけなんですけれども、 249点というのは、あそこにあるだけですよね、文化財展示室にあるだけのもの。それもうんと大事なんですよね。けれども、家の中のたんすの中に眠っているものもありますよね。この 249点というのは、お借りしたものもありますでしょう。これが微妙でして、本当にお借りした人のところの了解を得てここにこうなっているのかというのが私はちょっと疑問なんですよ。それから、今所有している古文書、これも、個人の家できちんと保管しているのは、それはそれでいいんですけれども、たんすの中に眠っていて、どうしたらいいかなとか、こんなのは大したものじゃないからもういいかなというふうに思っておられる方もあるやに聞いているんです。そこのところの、所有者との理解も得ながら、それを預かるということも、1カ所に集中するということもこれから必要になってくるのではないかなと私は思っているんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)その方向がベターだと思います。前回の議会のときに、市史編さんについて、市長の方から「いずれこれはやらなければならない」というふうな話をいただいておりますので、それに付随して、教育委員会としては資料収集に当たらなければなりません。その一つとして、古文書を1カ所に置くという作業もいずれしなければならないなと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)とても抽象的ですよね、いずれしなければならないというのは。市史編さんは間もなくでしょう。市史編さんについては間もなくになるんじゃないですか。40年にするか50年にするかまだわかりませんけれども、40年の市史編さんにしたらば間もなくですよ。だから、いずれとか、これからとかというのは、市史編さんの市長の意向とちょっと違うような気がするんですけれども、その辺はいかがですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私の記憶が定かではないかもしれませんが、前回の議会では、市長はいついつまでというのは言明しなかったのではないかなと思います。40年だと間もなくでありますのでね。その辺、言明されないので、将来的に、「いずれ」という言葉を使わせていただきました。あしからず御了承ください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)では、市長に聞きます。市史編さんの期日というのは、40年を考えていますか、50年を考えていますか、お答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私につきましては、残りの任期を考えますと、40年とか50年といったような判断は当然できないわけであります。ただ、実際のところは相当年数がかかるということでありますので、いろいろ役所の中での検討も必要だというふうに思いますが、特に、市史編さんのための準備室といいますか、担当室といいますか、それらにつきましては、できるだけ早く。できるだけ早くということは、大体御推察いただきたいと思いますし、私の任期がありますので、任期が来る前にスタートできればというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)了解。
 次に移ります。遺物についてです。遺物については種類がたくさんありますけれども、整理、分析をして、一つ一つ目録をつくる必要があると思うんです。簡単な目録は当然つくっているとは思うんですけれども、公開できるような目録の必要があると思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、遺物の数は2万 9,573点、非常に多いわけでありますが、一応、簡単なものはできておるわけであります。これに、もう少し詳しいものをというふうな御指摘でしょうか。それであれば、もう一度、研究をさせていただきたいと思いますが、皆さん方に公開できるような目録、これを今後心がけていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)何回も言うようですけれども、ガラスケースと検証したカードが全然違っていたということが何年か前にあって、それは今ちゃんとしているんですよね。ちゃんとして、検証されているんです。私は、公開するについては、やっぱりきちんとしたものを公開すべきだと思っているんです。間違いが指摘されて、「あーっ」といって頭をかくようなことでは困るので、検証した結果と遺物がちゃんと合っているものにならなければならないと基本的には思っていますけれども、きちっとした……、2万 9,500以上ある遺物を一つ一つ目録というのは大変だかもわかりませんけれども、それはしなければならないと思っていますので、それはぜひやっていただきたい。それは計画的にはどういうふうになりますかね、正式目録をつくるまでの計画というのはどういうふうになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それにつきましては、いついつまでというふうに今のところはお話しできません。これについては早いうちに取りかかりたいと思います。
 それから、先ほどの、カードと遺物の整合性というふうな話がありましたが、今はございません。かつては、御指摘どおり、引込と二木の間違いがあったやに聞いておりますが、その辺も、整合性をしっかりと持って、今現在は間違いなく保管はしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)それはわかっているんです、ちゃんと検証されたものが書かれておりますので。
 次に移ります。埋蔵文化財包蔵地の周知と充実ということです。
 ことしも、例年どおり、文化財パトロールだったり、文化財の標柱だったり、文化財めぐりだったり、文化財だよりだったり、いろいろ事業展開をしてきているわけなんですけれども、包蔵地を市民の人たちに周知徹底していかないと、開発部局で開発をするときに、開発許可や何やらの住所をきちんとタイアップしながら、包蔵地であれば包蔵地の調査をするというふうになるわけなんですけれども、市民の人たちにとっての包蔵地の周知をやっていかないとだめだと思うんです。文化財だよりなども含めて、一覧表はまだまだ市民全部のところへ届いていないという状況がありますが、それについてどういうふうに考えているのかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)市民への周知の仕方ということで、一つは広報「いわぬま」であります。「いわぬま」の枠をいただきながら随時やっていくという方法。二つ目は、文化財だよりを出しております。これは年に一度でありますが、その中に入れさせていただくと。三つ目は文化財の企画展、今年度は5回目になりますが、その会場の中に、今おっしゃったようなものも入れさせていただくということであります。それから、四つ目は標柱であります。標柱の設置をしっかりとして知らしめるという方法。そして、今年度から新たに行いますホームページが立ち上がりましたので、文化財コーナーを設けました。その中に、今後、包蔵地のマップを載せていくということを考えております。これによって、かなり周知されるのではないかなと思っているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)文化財の包蔵地の周知ということからすると、標柱なども、アルミの標柱に変えてずっときていますけれども、それは早急にやっていただきたいと思いますが、文化財めぐりなども、市民の人たちが……、民間でやっているところもありますけれども、そういうのを支援していく。お寺あるいは神社や民俗文化財についても、市民が団体でそういうところを訪れるというような企画なども、1年に1回は文化財めぐりをやっていますけれども、その回数をふやすことも一つなのではないかなというふうに私は思っています。これは私の意見ですから、答弁は要りません。
 11月の文化財保護週間がありますよね、11月の文化財保護週間なんですけれども、そこのところの企画を。3月の企画展はわかりますけれども、11月の文化財保護週間への企画を何か考える必要があるのではないかなと私は思っているんですけれども、充実の一つに考えているんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)我が方での企画の一番目は企画展、3月でありまして、11月にそれに合わせて行えばよろしいんですが、時期的なものもございます。収集の時期もございます。ということで、11月ではなくて3月にさせていただいているわけでございます。したがって、大きな行事というのは11月には持っておりませんが、詳しくは生涯学習課長が申します。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)箕笹生涯学習課長。

-------------------------------------------------------------------------------

生涯学習課長(箕笹文夫)文化財めぐりでございますけれども、ことしは11月3日に文化財めぐりを開催する予定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)教育長、3月というのはとっても忙しいときで、企画展は議会の真っただ中なんですよね。そして、4時で終わりますでしょう。4時半でしたっけ。議会中は行けない時間帯の開催です。それも含めて、議会中ではなくて別なときにというふうにも思っていますが、それは私の要望ですので。文化財週間のときに文化財めぐりをやるのは大変いいなと私は思っています。
 次に移ります。文化財の継承のための短期保存計画と長期保存計画。
 これは何度も私は言っているんですよね。教育長はすごく簡単に言っているのよ、私への答弁に。短期は今あるものを充実させる、長期は展示室の建設というふうに答えているんです。いろんな文化財を検証して、県に報告をした後、公開という形になるんですよね。公開するということは市民に還元をするということですよ。それを考えたときに、年度ごとの事業計画は事業計画でもちろんあるわけです。だけれども、2年、3年あるいは10年のスパンで考えた保存計画をつくらないと、2万 9,500以上あるような、埋蔵文化財だけでもこんなにあるわけでしょう。それができないんじゃないかと。だから、計画的にやった方がいいよということで、計画書をつくった方がいいと私はいつも思っているんですが、その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今現在、きちっとした計画書はございません。ただ、私が話しているものは、短期的には、今ある事業を充実させる、拡充させるということ。これについての計画はしっかりと持っているところでございます。問題は、長期的ということは、意外と見えそうで見えない部分がありますので、なかなか具体的な計画が立てられない状況でありますし、複雑な要素も絡んでございます。例えば、文化財室のあり方についても、一概に私はここで力強く言えません。いろいろな絡みがありますので、その辺を見きわめながら、お話しできる時期があるのかなと思っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)一つ一つの事業の計画があるのはわかります。ただ、埋蔵文化財にしても、店蔵にしても、土蔵にしても、長期計画がなければ、まちづくりとタイアップした計画もできはしないのではないかということを私は言っているんです。だから、埋蔵文化財のことだけを考えれば、それで済むかもわかりませんけれども、長期スパンをぜひつくっていただいて、この時期まではこういうふうにやると、ここの時期までには文化財の半分は確実にやるとかというようなことをきちんとやっぱりやっていただきたいと思いますが、力強く言えないことは、教育長、ないと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)この点につきまして、御意見を十分参考にさせていただきまして、検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)大体そういう言葉で逃げられるんです。
 次に移ります。現在の文化財室に保管してある資料を早急に移動することについてです。
 これは耐震度調査を行いまして、現在、ガラスケースは2階にあるでしょう、文化財資料の一部は1階にあるでしょう。文化財室、作業室も含めて、3階の中のあそこのところ、2階にありますでしょう。検討委員会を今年度の後半に立ち上げるということでしたけれども、立ち上がったかどうかわかりませんけれども、展示室ができるまで、あのままの状態で保管をしていいのかと。とても不安で仕方がないんですが、教育長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)確かに十分ではないかもしれません。私どもが考えた一つは、代替施設といいますか、今よりもいいところがないかどうかを考えました。例えば、学校の空き教室も一つでありますが、今のところ学校は満杯でございまして、空き教室一つございません。あるいは、生涯学習施設も考えましたが、ございません。教室二つ分ぐらいなければ、なかなか収納ができないわけであります。したがって、現在、不十分ではありますが、今の中で創意工夫をしながら展示をさせていただいているという現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)あの岩沼公民館の中で創意工夫をしたって、地震が来たらだめだよ。それで、岩沼公民館の耐震診断についてということで、市長も、この間、1階と2階はだめで、3階だけはいいよとかというような話もしたでしょう。3階だけいいというのはどういうのかなと思いましたけれども、ちゃんとここは出ているんですよね。岩沼公民館はやっぱりだめですよ。今まで、防災などで、30年の間に99%起こるとずっと言われているでしょう。そしたらば、空き教室一つも、生涯学習室は全然ない。では、今、工夫してと言うわけにはいかないんじゃないですかね、教育長。もしも地震なんかが来たらば文化財はなくなってしまうと私は思うんです。いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それを言われると非常に弱いのであります。例えば、きょう震度7が来てつぶれたら、もちろん終わりでございます。我々も終わりでございます。それを考えると、本当にやるせない気持ち、この気持ちは酌み取っていただきたいと思いますが、何年もないという保証もございません。したがって、我々が考えるのは、一時代替施設であります。立派などという前に、一時疎開といいますか、どこか置く場所がないかなということで検討してまいりましたが、現在、行き着くところがなくなったわけでございます。もうしばらくお待ちいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)やるせない気持ちは私も同じです。本当にどうしようかと私は思いますよ。岩沼公民館にほとんどのものが入っていますでしょう。一部じゃないんですよ、ほとんどの文化財があそこに入っているんですよ。あそこがつぶれたら岩沼の文化財は全部なくなってしまう。だから、そんなことを言っている間に……、代替がどこかないかと考えたのは大変いい方向性だと思いますよ。だから、どこもないんだじゃなくて、私はあるような気がするんですがね。ハナトピアなどはどうなんでしょうか。それは考えませんでしたか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)ハナトピアについては、考えはございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)何で考えられなかったのかということなんですけれども、私は、ハナトピアも一つの方向だと思います。いろんな補助制度があるからこれを持っていけないというのがもしかするとあるかもわからないですよね。だから、そういうことではなくて、やっぱりきちんとした検証を、要するに、教育施設、生涯学習施設というふうに狭く考えないで、教育長、岩沼市全体を見て、耐震で大丈夫だというところをきちんと目を開いて見てほしいと思うんです。ハナトピアも一つだということを私は言っておきたいんですが、その辺は、検討する余裕はありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)生涯学習施設だけを見てというおしかりでありますが、そういうことはございません。いろいろな市の施設すべてを見ての結論でございます。なお、この件につきましては、もう一度、持ち帰りながら検討させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)ハナトピアが視野に入らなかったというのは、ハナトピアには文化財を持っていけないという何か約束か何かがあって目が向かなかったと考えられるような気がするんですが、その辺は、教育長、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それぞれの施設にはそれぞれの機能があるわけであります。それをかんがみますと、そこまでの発想には行かなかったということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)五十鈴川議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(五十鈴川みよ子)最後です。文化財を地震から守るためにも、ぜひ岩沼市全体を含めて見ていただいて、そして、代替施設を考えていただきたい。そのことをお願いして、私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)15番五十鈴川みよ子議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は2時15分といたします。
    午後2時2分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 18番梶谷洋夫議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔18番梶谷洋夫議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)それでは、私が通告をいたしました3点につきまして質問をさせていただきます。
 まず初めに、市の地区集会所建設の対応についてお尋ねをいたします。
 当市の井口市長の政治運営の中で、大きな箱物行政はできるだけ避けて、そして、小さな、優しい、心を生かす政策ということで福祉、教育、この観点については高く評価するところでございます。
 その一連の問題として、集会所につきまして、財政が厳しい折から、大きな箱物行政はできるだけ避ける方向でやってきた関係から、地区の集会所はしっかりとやっていただきたいものだと。ここから、末端の市民の参加・参画、そしてまた、小さな市民の福祉の向上など、そして、子供の健全育成なり、これからの少子高齢化に対する本当にこまめな対応が必要ではなかろうかと。こういう観点から、集会所の今後の対応について、しっかりやっていただきたい立場から申し上げたいと思います。
 現在、集会所の建設に当たりましてはいろいろあります。県の公共事業の関係に関連しまして、県が建設して市の方に採納されるもの、個人負担は全然ないもの。それから、市の事業によって、それもまた市が負担し、地域では全然負担のないもの。それから、土地区画整理組合などによって建設していただいて集会所があるところ、こういう関係については個人の負担がほとんどない実態でできております。それから、ほとんどの、多くの町内会の集会所は、市の集会所の規定に基づきまして、上限 700万の補助をいただいて、あとは地区個人の負担で建設しているのが実態であります。このことにつきまして、同じような目的である関係から、私は、集会所ぐらいは個人負担なしでできることを真剣に考えていただきたいという立場から申し上げたいと思います。
 これには上限がございまして、確かに、その町内会の希望もあるでしょう。立派なものをつくりたいと、鉄筋コンクリートでつくりたいと。それはそれとして認めてやってもいいんじゃなかろうかと。ただし、一定の規模、例えば、現在の規定で 700万と決めている集会所への市の補助の問題につきまして、末端の集会所でございますから、恐らく 2,000万前後の建物などを想定しながら決めているのが実態ではなかろうかと思います。したがいまして、そういうふうに立派につくりたいというところにつきましては、これは、その一定金額以上については、当然、各町内会で個人の負担でやっていただくということは、やむを得ない道だろうと。
 それから、財政の厳しい関係等から、県の事業なり、区画整理組合なり、市の大きな事業等によって、地域体制を含めて、今ある大きい集会所のようなものを建設するのも、それはそれとしてやってもらったらいいのではなかろうかというふうに思いますので、まずもって、 2,000万前後の一定規模の集会所については全額市で負担していただくことが、これからの行政としては必要なものではなかろうかと考えますが、この辺の関係について、市長の見解を承りたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)いわゆる地区集会所につきましては、お話をいただきましたように、二つの所有形態がありまして、市のものとそれぞれの町内会が所有するものというふうに分かれると思います。市が所有する集会所というのは11カ所あるわけでございますが、これもお話をいただきましたように、公益的な公共事業あるいは法令に基づく大規模開発事業等の環境整備の一環として建設され、市に帰属されたなど、それぞれいきさつがあるわけでございまして、これらにつきましては、条例、規則に基づき管理をしていると。それに対しまして、各町内会が所有する集会所は、それぞれ地域によって建設され、管理をされているというわけでございます。
 さて、町内会等が所有する集会所は、所有形態の違いはあるわけでございますが、使用目的からすれば、確かに市所有集会所と同じということでありますので、建設を含めまして、修繕等に要する経費につきましては、既に要綱等に基づいて補助金は交付してきているわけでございます。しかしながら、今後の少子高齢社会にあって、例えば、岩沼市の総合計画のねらいである住民との協働ということを一層進めていくためにも、集会所のような、住民の皆様が主体的に活動する、いわゆるコミュニティーの場というものの必要性がさらに一層増すということでございますので、これらに対しましては、市としては積極的に対応していく必要があるのかなと思っております。
 したがいまして、対応するに当たっては、これも御意見をいただきましたように、できる限り統一されることが望ましいという面も確かに多いと思いますので、これらにつきましては、今後、種々研究を進めていきたいと思っております。
 そしてまた、今、具体的にお話をいただきましたが、 2,000万ほどという金額は別問題といたしまして、できるだけバランスを欠かないようにしなければならない。これまで、市の所有のものにつきましては、建設に当たっては、当然のことながら、負担がないと。しかしながら、それぞれ町内会でつくったものにつきましては、負担の多い少ないは別といたしまして、地域住民の皆さん方にかなりの負担をしていただいているということであります。
 これからの時代の必要性からいきますと、できるだけこの負担の差はなくさなければならない。しかしながら、市でやるものについて住民に負担を仰ぐことはできないわけではありますが、それぞれ町内会でつくるものにつきましては、当然のことながら、やはり所有者としての一定の責任は果たしていただかなければならないと。しかしながら、繰り返しになりますが、バランスを欠く点については、できるだけなくすようにしなければならない。したがいまして、市の補助についてふやしていくのがいいのか、あるいは、市有の施設につきましては、これからは、できるだけこじんまりとしたもので、今までの補助の要綱の金額に合わせるような形でつくっていくのがいいのかどうか、いずれ研究が必要だと思いますが、基本的な方向としては、これからの時代にマッチするように、集会所につきましては、できるだけ市としてしっかり対応していきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今、市長の方から、今後の地区集会所についての考え方が示されたわけでございますけれども、各地区の建設に当たっての個人負担の関係については、できるだけ大きな負担のないような検討をぜひ深めていただきたいと思います。本日の答弁については、前向きに承っておきたいと考えます。
 また、同じような関係になりますけれども、改修の関係でございますが、建設と同じような形の中である程度やっている関係もございますから、この改修関係についても、ほとんどの町内会が管理委託を受けている関係もございますし、正直言って、10万とか20万の範囲ぐらいで町内会でいざ何かの修繕費用という問題については、生み出せるものと思いますけれども、ある程度、一定額の費用になってきますと、各末端町内会も大変でございますし、その辺にもぜひ考慮してみていただきたいものだというふうにも考えます。あわせて、この辺も考えていただきたいと思いますが、市長の見解を承りたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今の交付要綱におきましても、新築あるいは改造につきましては、限度額が同一になっているということでございます。これからの少子高齢化の進展、あるいは、いずれ人口減社会。岩沼につきましても、今後何年間かは人口はふえていくと予測されますが、いずれ、何十年後とかといった場合には、人口減社会になってくると。そうしますと、町内会で負担していただくにしても、いろいろと不都合も生じてくるということもありますので、当然のことながら、市としては大いに力を入れていきたいと。
 福祉の施設につきましても、それぞれの地域で小規模多機能という話が出てきておりますので、コミュニティーの場としても、それに合わせて、歩いていけるような場にしっかりとしたコミュニティーの場ができれば、それは理想でありますので、そういう方向でいずれ検討していかなければならない。ですから、市有の集会所につきましても、今の時点では、すぐ建てかえというようなところはまだ考えておりませんが、いずれにいたしましても、ある程度の時間が経過いたしますと、建てかえの問題等も出てくると思いますので、そういった場合に当たりましては、それぞれの町内会で所有しているものとのアンバランスをできるだけなくすように備えていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)それでは、町内会の集会所の管理面の関係について、再度この場で確認をしておきたいんですけれども、各町内の集会所を見てみますと、管理の実態というのは、各町内会にお願いして管理してもらうというのが望ましい姿ではなかろうかというように私は思いますけれども、今後もこの姿勢でやっていただけるかどうか、その辺の関係についてお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市の集会所の管理につきましては、当然のことながら、それぞれの利用される方々の町内会等にお願いできればと思っておりますが、一方では、今、指定管理者制度の導入ということでございまして、公募をして、これから作業にかかっていくという状況でございますので、これにつきましては、ルールに従って公平・公正に行わなければならないと思っておりますが、方向としては、梶谷議員の言われるような形に最終的にはなっていくのかなというふうに推察をいたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)それでは、第2番目の都市公園の有効利用について申し上げさせていただきます。
 どこの地区も少子高齢化時代に入り、公園での子供と老人などの交流が少なくなっております。公園の有効利用に向けて、子供と老人の交流の場、地区住民による子供の健全育成の場、今、大変心配であります宮城県沖地震などの関係から、災害時の一時避難の場として、公園内に地区生涯学習館、地区コミュニティールーム、あるいは集会所などを建設してはどうかという質問をさせていただきます。
 最近、私はずっと市内の都市公園を見ているわけでございますけれども、どこの都市公園も、比較的、その町内会の中心部、あるいは非常に便利なところに設置されているようでございます。そういう観点から考えますと、都市公園につきましては、利用の仕方について、いろんな法規制があることは十分知っております、知っておりますけれども、この際、物の見方というのは、そういう方向にしていくということが大事ではなかろうかと。それで、また、集会所などは今現在各町内会にありますけれども、これから老朽化して、例えば、どこかの集会所が建てかえしなければならないと、便利なところに建てかえしたいという地区などがあった場合に、都市公園を利用することによって、大変立派な、利用価値のある、生きた使い方になるんじゃなかろうかと。この辺について、法の網はあるけれども、何とか岩沼方式で考えてはどうかという希望から、このような考え方について、市長の見解をお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)地域、すなわち、老人も子供も歩いて行けるような場で、交流の場あるいは触れ合いの場というものをより多くつくるということが、今後の時代を踏まえたときに、非常に大切なことかなと思うわけであります。
 そこで、御質問をいただいた、公園内に地区生涯学習館、地区コミュニティールームや集会所等を建設できるようにということでございますが、都市公園は、本来、屋外におけるレクリエーションの場であり、また、災害時における避難地として利用されるものでありますので、できる限り空間地を確保する必要があるということでありまして、法律上は、「建築物の建築面積は、当該都市公園の敷地面積の2%を超えてはならない」という制限があります。したがいまして、法の規定から、狭い敷地面積の都市公園内に集会所等を建設することは、現時点においては大変難しいというふうに考えております。
 集会所の建てかえというのは、具体的にまだどこということは全然わからないわけではありますが、確かに、近隣での公園というものを活用されれば、地域の人たちが利用しやすいということも一面わかるわけではありますが、都市公園法に決められている公園だとすれば、実際のところは、今申し上げましたような制限がありますので、それをどうクリアできるかということにつきましては、相当な研究が必要かなと思いますが、一般的には大変難しいというふうに考えられます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)この関係については、今、市長から厳しい規制があるということでございますけれども、都市公園についても変化が出てきたようでございます。恐らく国の財政が厳しいこともあるんでしょう。最近の区画整理組合の都市公園については、ほとんど国から補助金をいただけない状況にあると。最近の区画整理組合の状況で、公園の関係につきましても、それは別の形でございますけれども、岩沼市が公園の整備をするというような状況にある。それから、いろんな区画整理組合の都市公園につきましても国から補助金を全然いただかない状況になっている関係とかからいくと、私は、岩沼市の判断でできる段階になってきたのではなかろうかと。ただ、都市公園については、どこも、御案内のとおり、2%ですか、その基準の範囲の中で、空間をつくるというような条件の中でできているわけですから、申し上げていますことは、コミュニティーの関係あるいは集会所の関係、生涯ミニ学習館につきましても、大きいものを建てろというお願いではございません。はっきり申し上げて、末端の町内会にあるあの大きさのものが都市公園の中にあっても、その公園は十分活用できるのではなかろうかと。これからこのことについて十分に検討する価値があるだろうと。ただ、国の補助金をもらっての建設がこれからもずっと続くのであれば、法の網を破るということはなかなか難しいと思います。しかし、時代の変化によって、岩沼市の責任でやれる段階になってきたのではなかろうかと。
 そこで、お尋ねをしたいんだけれども、市の補助金はないけれども、都市公園の国の厳しい基準というのは、どうしてもそれは守らざるを得ない状況にあるということなのか、それとも、市の判断である程度弾力的な運営ができるというような方向性にあるのかどうか。私としては、市の補助金がない限りは、ある程度、都市公園のあの大きなところに、半分ぐらい使ってしまうようなものをつくるのではだめですよ、本当に5%とか10%ぐらいの敷地を必要として、そこで、老人なり子供なり、あるいは健全育成に向けての子供の活動なり、老人会の方々のいろんな行事などの場合に、雨が降ったらちょっと休めるような形だとか、あるいは、集会所を建設するとか、そういうことについては、国の基準の補助金は今もらっていない段階を考えますと、岩沼方式でやっていけるんじゃなかろうかというふうに思うんですが、その辺の関係について、市長の考え方をお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)趣旨としては理解できるわけでありますが、法律的に制限があるものにつきまして、岩沼市独自での責任でそれらの制限を無視できるのかどうかといいますと、これはなかなか難しいのかなと思います。しかしながら、確かに、地方分権の進捗によりまして、ある程度、自治体としてできる分野がふえてきているという大きな流れはあるわけでございますが、これらにつきましては、具体的に、都市公園法の規定、あるいは、それらの施行に伴った諸法規等につきまして、改めて十分検討させていただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)最近の都市公園の中で、国から補助金をいただいていないということで、正直言って、都市公園の法の網はかかっているんですか、どうなんですか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)今現在、都市公園として市の方で認定しているのは50カ所ございます。50カ所のうち、23カ所分については都市計画決定をしています。残りの27カ所については、市の告示をしたのみでの都市公園となっております。ただいま市長の方から申し上げました2%の網がかぶってどうにも動きがとれないというのは、都市計画の決定をしている23カ所については、これはなかなか難しいという状況にございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今、部長の方から答弁がありましたように、補助金をいただいた公園につきましては、厳しい網がかかっていると。そうでないところについては、この関係については、今後、十分前向きに対応できるところがあるというふうに私は理解していいと思うんですけれども、ただ、以前の関係であっても、国が補助金を出せる状況にないということを考えますと、ぜひ国なり県なりに強い要請をして、補助をいただいた公園につきましても、何とかそのような道を開ける形にこれから頑張っていただきたいし、ぜひやっていただきたいと思いますけれども、今後の対応について、市長の考えをお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)法令の決まりは必ず守らなければならないと思っております。ただ、先ほど申し上げましたように、趣旨としては非常によく理解できるわけでありますし、地方分権の流れの中で、こういった規制につきましては、比較的緩和される傾向にあるわけでありますし、また、国がどうこうということよりは、実際に、市町村の方に権限が移譲されるというケースがかなり多いわけでございますので、今の時点におきましては、しっかりとした制限があるので、それを超えるということは当然できないわけではありますが、何年後かとかという状況で考えていきますと、なお、法令等につきましては、検討していく余地があるのかなというふうには思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)特に、国の補助金をいただいている都市公園の関係について、今後につきましては、これからの地方分権というようなことも含めて、前向きな方法で、岩沼の方からも県なり国なりへの多少の発信をお願いしながら、今後に御期待を申し上げたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 さて、3番目のごみ処理の広域化についてお尋ねをいたします。
 これも前回、一連の質問をさせていただきました。最近、新聞にも名取のごみ焼却施設の停止問題などが出ておるようでございます。いろいろな問題があるんでしょうけれども、私がそこで心配しますことは、一つは、地域住民との約束の問題でこれをクリアできないというようなこともあるんだろうと思いますけれども、現実には、私の想像でございますけれども、恐らく、この対応に、修理に大分お金がかかっている現状ではなかろうかと。また、平成25年度に新しいものに変える予定になっておりますけれども、こういう状態で果たして25年までもつのかどうかなという心配もしております。そういう関係から、ごみの焼却施設については、予定どおり平成25年の建てかえということでの認識でよいのかどうか、それとも、早まる時期になりそうなのかどうか、市長の考え方をお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)名取・亘理ごみ処理広域化基本方針の中で定められておるとおり、平成25年から新設で運転を開始するように計画を進めたいというふうに思っております。そういう点からいたしますと、まず、建設場所をどうするかとかといったことから、あるいは、施設の規模はどうなのかといったことにつきまして、そろそろしっかりと方向づけをしなければならないということでありまして、管理者会で、2市2町の首長でいろいろ話し合いを始めたところでありますし、また、亘理名取共立衛生処理組合の議会の中でも、議員の皆様方からいろいろと御意見をいただいているということでございます。
 確かに、修理費用がかなりかかるとか、いろいろ問題等が生じてきているわけでありますので、できるだけ早い方がいいことは確かではありますが、しかし、急ぐといいましても、前倒しということは、実際のところなかなか難しいわけでございますので、きっちりと計画どおり進められるように、なお、岩沼市長としても、共立衛生処理組合の管理者会等で発言をさせていただかなければなりませんし、一方では、今、管理者となっておりますので、これにつきましても、計画どおり進めたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)今の市長答弁によりますと、諸問題があるようでございますけれども、予定どおり、平成25年を目標に進めていくということですね。
 現段階において、どこに建設するかということについては、どういう状況になっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これにつきましては、亘理名取共立衛生処理組合としては、もちろん広域の場合の基本方針どおりやるということがまず大前提であります。議会の皆様方からもいろいろ御意見をいただいているわけでございますが、私が見るところは、やっぱり予定どおり進めるべきではないかなと。その中で、構成市町のうちには、場合によっては、焼却施設と最終処分場を一緒にといったような声があることも一部伺っておりますが、もしそうだからといって、焼却施設が欲しい、じゃ最終処分場は岩沼だよといったようなことは当然あり得ないわけでありますし、また、今の時点におきましては、既定方針どおりでありますが、これから具体的な話をする中で、場合によっては、誘致をしたいというところが出てくる可能性もないとは言えないわけでありますが、繰り返しになりますが、これも2市2町としてしっかり検討しなければならないことではありますが、最終的に、2市2町で合意を得るためには、今の時点におきましては、やはり広域化の基本方針どおり進めるのが非常にいいのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)岩沼市長として、建設については、当初の計画どおりが一番スムーズにいくんじゃなかろうかというような答弁でございました。
 次に、最終処分場の関係についてお尋ねいたします。
 同じように、建設時期については、前回の答弁からいきますと、もう少し延命ができると。これはそれでいいんですけれども、次の最終処分場については、いつの時点で、どこにつくるのかということについて、どういう状況になっているかお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)これも、広域化基本方針の中では、最終処分場は焼却施設よりも早く開設するという計画になっておりますが、今の段階といたしましては、それぞれ2市2町の住民の皆様方の御協力によりまして、分別等がかなり進んでいるということでありますので、思ったよりは埋立量が少ないという状況がありますので、少しの間ならば延命が可能かなと思っております。
 また、もう一方では、実際のところ、最終処分場と焼却施設の建設年度が違うということよりは、同一の方がいいのではないかといった考え方等もありますので、現段階におきましては、最終処分場については多少延命化が図れることでもありますので、場合によっては、焼却施設と同一時期に開設ができるようになると。その意味では、当初考えていたよりは、若干おくれるのかなというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)これから申し上げることについて、市長並びに岩沼市としてはっきりしておいていただきたい立場から、ここで確認しておきたいと思うんです。
 実は、私の方に入ってくる情報につきまして、2市2町の中で、焼却場と最終処分場を一緒に、同じ場所に建設すべきではないかという強硬な考えを持っている自治体があるというふうに承っております。今、市長からは、既定方針どおり岩沼市に焼却場をと、そして、最終処分場は、次は名取さんにお願いすると。その範囲で今答弁をいただきました。しかしながら、ある自治体においては、この段階に来て、先ほども申し上げたように、次の建設は焼却場も最終処分場も同じところが合理的であると理由をつけておられると。例えば、岩沼市であっても、どこの市であっても、このことは当初の話とはちょっと違うんじゃないかと。岩沼市としては、市長にぜひお願いしたいことは、当初の関係は守っていただきたいと。それでも焼却場と最終処分場の合理性を考えると、合理的なことを考えるということであれば、岩沼市以外で、そういう形で受けるところがあれば、それでいいんじゃないかと。だから、その辺の考え方についてはっきりしていただきたいものだと。これから詰めていって、最終的に、岩沼市が焼却場も最終処分場も受けるようなことは、これはいかがなものかなと。これは井口市長にやっていただきたくない。
 先ほどの答弁のように、我々議会といたしましても、多くの市民の皆さん方は、焼却場は次は岩沼で頑張ると、最終処分場は名取にお願いすると。これで大体議会の中でも理解しているわけでございますから、当市としてはそのような形が望ましいと考えていますけれども、変化があった場合は、当市に対して両方とも受けてくれということについては、これは市長としては受けないでいただきたい。よその自治体でそれでも受けるのであれば、それでいいんじゃないかと思う。その辺の考え方をはっきりしていただきたい。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)当然、最終処分場と焼却施設の両方を受けるということはあり得ないことであります。ただ、焼却施設等もそうでありますが、名前を出して恐縮でございますが、衛生組合議員にもなっている渡辺議員からは、これまでは、どちらかといいますと、迷惑施設だというふうに考えられているということでありますが、現時点においては、相当科学技術も進歩しておりまして、ほとんど迷惑がかからないと。その意味では、むしろ、例えば、焼却施設の余熱を利用して地域に役立てるものをつくるとか、いろんな形で行われているということもありますので、我々としても、ただ単に迷惑施設ということではなくて、地域においては、というか、2市2町にとっては必要施設でありますので、これらにつきましては、これまでとはちょっと違った対処をしなければならないと思っておりますが、しかし、広域化の前提においては、2市2町がそれぞれお互いに譲り合い、また、お互いに責任を負担し合うというふうになっておりますので、その意味では、当然のことながら、両方受けることはあり得ないということでおわかりをいただけるのではないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)市長の方から、岩沼市としては両方を受けることはないというふうな考えを示されましたので、私としましてはホッとしているところでございます。しかし、いずれにしましても、ごみ問題につきましては、ぜひ長期的に展望を明らかにしていただきたいものだと。最初の14年度のスタートの段階で、私はある程度方向は決まったのかなと思ったけれども、現段階においてこういう話になるということは、2市2町の行政をうまくする場合には、これはもう少し詰めた話をしておくべきであったし、残念ながら、検討にちょっと理解ができない自治体もあったのかなと非常に心配するところでございます。
 したがいまして、まず25年度の対応も決めていただいて、25年度の建設が決まる段階で次の形を、これからの焼却場というのは恐らく15年ぐらいしかもたないんでしょう。それはわからないけれども。だから、次の段階もその段階で、25年対応を最初に決める段階で、次はどこにお願いしますよと、焼却場も最終処分場も。前々というふうな形で決めていただいて……、2市2町がうまくいくのは、何といっても、こういうのは順番で受けることじゃなかろうかと。そういうような関係から、その辺の将来展望もしっかり持って、これから岩沼市長として2市2町の中でぜひ頑張っていただきたいと思います。市長の考えをお尋ねしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)初めに、先ほどの答弁で少し言葉足らずだったのでありますが、両方受けることはあり得ないということと同時に、最終処分場を岩沼市が引き受けるということは絶対あり得ないということであります。ですから、焼却施設が岩沼市の予定になっておりますので、岩沼市としては、予定としてはお引き受けをしなければならないと。しかしながら、焼却施設について、よその構成団体がどうしても引き受けたいという場合、衛生組合議会としても「それで構いません」と、そして、管理者会としても「そうだ」というふうになれば、そのときはそのときでまた皆さん方に相談しながら決めていく必要があるのかなと思っております。
 そしてまた、25年までに新しいものができて、その後のことでありますが、そのときの市長、あるいは、そのときの2市2町の首長、共立衛生処理組合でしっかりと決められるものというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)梶谷洋夫議員。

-------------------------------------------------------------------------------

18番(梶谷洋夫)当面する25年度の焼却場建設につきまして、そろそろ2市2町の段階でしっかり詰めた話をしていただいて、できる限り早い段階で議会の方に……、25年対応は、どこに建設、いつごろとかというようなものを含めて、今後の議会でぜひ市長の方から具体的に示していただくよう、2市2町の調整についてぜひ強力にやっていただきたいとお願いいたしまして、一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)18番梶谷洋夫議員の一般質問を終結いたします。
 8番松田由雄議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔8番松田由雄議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)日本共産党の松田です。
 私は、平和事業の推進について、国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金についての二つについて質問いたします。よろしくお願いいたします。
 第1点目の平和事業の推進についてであります。
 御存じのように、ことしは第二次世界大戦が終わってちょうど60年、戦後60年と言われる年であります。ことしに入って、5月8日と9日には、昨年11月の国連総会の決議に基づいて、世界的な規模でいろんな記念の行事も行われました。この岩沼市でも7月に戦没者追悼式が行われています。
 まさに、全世界が、あの戦争の戦勝国も敗戦国も、あのような戦争を二度と繰り返さないという同じ気持ちで、未来に向かって進んでいるものだと思います。その土台には、ドイツ、イタリアがヨーロッパでやった戦争、日本がアジアで行った戦争、これはいかなる大義も持たない戦争であり、すなわち、犯罪的な戦争であったというふうに認識をしています。こういう共通の世界的な認識があります。これは、国際社会が、第二次世界大戦という悲惨な歴史的な経験の中から一致して下した結論であり、その評価を覆そうという流れがあることも事実であります。極めて残念なことであります。
 重要な点は、自分たちの国が過去に犯した戦争について、その事実を明白に、正直に、きちっと認めることができない点であります。すなわち、正義と不正義を区別する基準を持たないところに問題があると考えております。
 例えば、作家の司馬遼太郎が書いた「坂の上の雲」という長編小説がありますけれども、そこで描いているのは、小さくて弱い国であるとの立場で日本を、歴史というのは悪いものもあればよいものもある、それを全部含んで流れていくものだという調子で、歴史の中での日本の偉大さを描き出す小説でありますけれども、これは最近の歴史認識と大体同じだと考えています。このことから、問題を考える点として、戦争とは何だったのか、このことを改めて正面から取り上げる必要性から、戦後60年に当たって、平和事業の推進について取り上げる次第になったわけであります。
 それでは、第1に、戦争体験を後世に伝えることについてであります。
 一つ目は、戦後60年、岩沼市民が味わった悲惨な戦争体験を後世に伝える上で、これまでも行ってきたわけですけれども、調査をして、改めて冊子にまとめることも含めてすべきではないかと思うんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)松田議員らしい含蓄の深い御意見を伺いましたが、戦後60年を経過し、戦争の記憶が薄れていく中で、風化させないためにも、後世に伝えていくということは、意義あることと思います。しかし、戦争についての歴史認識など、国内外でさまざまな議論がある中では、市が主体的に戦争体験をまとめるよりも、民間団体やしかるべき個人グループが行う方がいいのではないかというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。
 私が言いたいのは、歴史認識について触れるのは国であって、今、市長が言われたとおりであって、歴史認識に触れるのではなくて、戦争体験、戦争の遺品などを通じて、言葉でしゃべらなくとも、それを後世に残していくということで、悲惨な戦争は嫌だという流れに持っていくというのは大事だと思うんですね。
 これを民間でやるか、個人がやるか、いろんな形があると思うんですけれども、そういうふうにやっていく場合に、市も一定程度、協力、バックアップ体制が必要だなと思います。岩沼で戦死した人、戦争体験をした人について、まだまだわからない点が私たちも含めてあるんですね。私も図書館とかでいろいろ調べたんですけれども、まだまだ不十分で、おとといは、岩沼市遺族会の平塚会長のところにお邪魔していろいろお話も聞いてきました。例えば、平成元年9月に、玉浦郷友会の「山河遙かなり」という本が岩沼図書館に1冊だけあったんですね。これを私も見せてもらったんですけれども、この「山河遙かなり」の編集に当たっては、沼田議長も協力者として後ろの方に名前が出ているんですね。市会議員沼田健一と出ているんですけれども、これは何らかの形でぜひ紹介したいし……、玉浦の人たちが中心なんですけれども、悲惨な戦争体験が書いてあるんですね、戦死した人なども顔写真が出ていますし。
 例えば、この中で書いてあるのは、上海戦線の激闘というか、戦争に参加した人は、最後にこう語っているんです。「何でこんなばかな戦争をしたのか。兵士は飢えでやせ細り、半病人のようになって、そういう兵隊が多かった」と述べています。また、生きている人もいるので名前は出せませんけれども、ビルマ戦線の場合は、「夜、20日間にわたって山岳にて食うものなし、それでも木の根や野性のバナナのしんやヤシの実を食べた。のどが渇けば、水牛の遊ぶ泥水も飲んだと。我が姿は皇国日本軍隊の哀れな姿だった」と、こう述べているんです。ガタルカナルの場合のやつは、「補給もなく、降りしきる豪雨の中を、敵の追撃を受けながら、赤痢、マラリアに侵され、けがをして後退する姿は余りにも悲惨であった」というふうに述べています。なお、ガタルカナルにおける玉浦出身者 ── 里の杜を除いた、の戦死者は10名であると、10名の方が尊い命を失ったと。満州の場合、悲惨な戦争について、「戦争は、勝っても負けても、決してすべきものではないと心から願わずにはいられなかった」と書いています。フィリピンの場合、ルソン島の場合は、玉浦地区戦死者は39名。私も初めてわかったんですけれども、39名の方が亡くなっているんです。「いかに我が軍隊が最強部隊を誇っても、制空権、制海権なしの無力から、軍事物資は途中で攻撃され海の中。したがって、食料、弾薬の補給もなしの戦いであった」というふうに書いています。
 あとは、戦争を体験した女性、これを見るとだれだかわかるんですけれども、こう書いているんですね。「今21世紀を迎えようとしているとき、戦争を知らない今の子供たち、若者たちにあのつらさを味わわせたくはない。戦後の進歩が、平和でいつまでも続いてくれることを願ってやまない」と、このように書いています。
 これらは、多くの方がわからない点もあるんですけれども、これらを踏まえて、最終的には民間がやるにしても、個人がやるにしても、後世に伝えること。残念ながらこれは図書館に1冊しかないんですね、何らかの形で伝えていかないと、何人か会った方は80代を超えていて、今が時期なのかなと。これらを受けとめて、ぜひ調査というか、何らかの形で伝えるような努力をしてほしいものだなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)戦争は悪い、あるいは、戦争はしてはいけないということにつきましては、だれしもが一致しております。しかしながら、なぜ戦争になったのかといったことを初め、原爆投下だとかソ連参戦だとかといったもろもろの点について、それぞれ意見が大きく分かれ、例えば、それらを扱う歴史教科書につきましても、大きな議論を呼んでいるという状況であります。そうした中で、市の方が主体的にそういった記述をすることよりは、例えば、松田議員のように造詣が深い方がおられるわけでありますから、松田議員にしっかりと収集をしていただいて、それらを残していただくとか、民間団体とか、グループだとかといった方々にやっていただくのが、現時点においては、一番いい方策ではないかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市長から今述べられましたが、こういう問題は、個人でやるというよりも、私が収集するにしても、戦争を体験していないという中で、戦争体験者、議員の方々の肉親の中にも、戦地に出向いて戦死した方、帰ってきた方、本人の了解を得て……、例えば、森繁男議員のお父さんは森達郎さん、昭和18年10月1日、臨時召集により横須賀海兵団に入隊。飯塚悦男議員のお父さん、飯塚丑之助さんというんですね、昭和19年10月20日、仙台東部22部隊に現役兵として入隊、南方派遣軍要員として仙台出発、台湾にも行ったんですね。抑留生活に入って帰ってきたという状況もあるんですけれども、市長がいみじくも言われた、個人が、我々議員も何らかの形でやっぱり伝えていく義務があると思いますし、ぜひ調べたものについても市は受けとめてほしいなと、何らかの形で受けとめてほしいなと思うんです。語り部として役立つことも必要だというのは、市長が言われるとおりで全く当然なので、調べるだけ調べて、ああそうですかというわけにはいかないので、何らかの形で受けとめてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)戦争体験を語り継ぐということ自体は非常に大切なことだと思いますし、我々が先人から聞かせていただいたものをしっかり伝えていくということは非常に大切なことだと思っております。しかしながら、実は、戦争についての歴史認識が、先ほど来申し上げておりますように、大きく分かれている中で、市がそれらを記述するという形になりますと、実は、いろんな問題点が生じないのかなと。議員の皆様方に例えばアンケートをとらせていただいても、岩沼市が戦争について冊子をまとめることをした方がいいという議員の方は恐らく少ないのではないかなと私は思っております。議会として、岩沼市でまとめた方がいいという全会一致の御意見でもあれば、それは重く受けとめなければなりませんが、これはそれぞれの歴史観とかなんかによって記述がかなり変わってくるという面もありはしないのかなとか、もろもろのことを考えますと、市が主体的に取り組むよりは、どなたかがやられて、そして、市としてできる範囲の支援はしたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)いろんな自治体で、市が直接やっているところもありますし、今、市長が言われたように、例えば、遺族会などがそういう体験をまとめたり調査をする中で、こういう「平和への思い」、これは空襲、艦砲射撃があったところの、これは前、情報化で市川市に行ったときにもらってきたんですけれども、例えば、こういう、遺族会などがつくったやつを……、市がお金を出すというのは、市民ホールに、市民の部屋に冊子を置いておくとか、そういう形も含めてぜひ考えてほしいというのが趣旨なんです。必ずしも、市がすべてやるかどうかということではなくて、いろんな形を含めて、やっぱり伝えていくということが大事だという意味では一致するところなので、やり方については、今後も提案をしていきたいなと思います。
 二つ目に移ります。犠牲になられた方の問題なんですけれども、さきの大戦では日本人は 300万人、アジア諸国の方々は 2,000万人が犠牲になっている中で、岩沼出身者で亡くなった方は 700名を超えると。私、岩沼市史をちょっと調べてみたんですけれども、これは日露戦争も含めてあるので、 700名を超える方々が尊い命を失ったと。改めて哀悼の意を表するとともに、一般質問で取り上げる上でも、この人たちの気持ちをぜひ伝えていきたいなという決意でいっぱいであります。
 6月に私は意見書で靖国神社の問題を取り上げたんですけれども、靖国神社の問題を取り上げて靖国神社云々は別にしても、戦没者を追悼するという気持ちは人一倍でありますし、岩沼市が行った戦没者追悼式にも一番最初の方に参向いたしました。早いからいいというわけじゃないんだけれども、その意気込みは、五十鈴川さんと2人で最も早く行ったと。早ければいいという問題でもないんだけれども、早かったと。何も靖国神社に反対しているから戦没者云々ではないんだということはぜひ受けとめてほしいんですね。
 そういう中で、遺族会の方々の協力も得て、戦死した場所とか戦死の理由などについて、市長が言われたように、こういう本なども知らせていかないと、浮かばれないなと。例えば、これを見ても、20代で戦死しているんですよね。いろいろ話が後ろから出ているようだけれども、20代で。それで、私が見る限り、玉浦の人たちが多いんですね、全体の大体45%。中部が33%、西地区が21%という形で、半数近くは玉浦の方々が尊い命を失っているということなども含めて、調査も含めて、年に一度、戦没者追悼式も行われると思いますので、それにあわせることも含めて、何らかの形で将来していく上で、調査を行うべきかなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実際に戦死した場所あるいは理由など、話したくない、触れられたくないと考えられる方もおられますし、また、御遺族の方々の感情を踏まえた対応ということも重要になってまいりますので、遺族会が行うということならばいいわけでございますが、市が行うということにつきましては、むしろ、他の道を探った方がいいのかなというふうに思います。確かに、市史にも戦没者のお名前が記されているということでありますけれども、一方では、近年の、例えば、プライバシーの保護だとか、あるいは個人情報だとかといったようなことがあるわけでございまして、実際に聞き取りをしたとしても大変難しいのかなと思いますので、これらにつきましても、やはりしかるべき団体等で行うことを期待したいというふうに思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)わかりました。確かに、今、市長が言われたように、語りたくない、話したくないというのもありますし、特に、中国戦線に行った方などは、私が聞いた範囲でも、話したくない、ああいう姿を思い出したくないという気持ちもあるんですね。それと合わせて、特にフィリピン、東南アジア方面に行った方々というのは、戦死となっていますけれども、6割近くは餓死しているんですね。これは当時の軍部の間違った戦略、補給も考えないで進め進めで、これは怒りを覚えるわけですけれども、食べるものもなくて戦死したということは、我々自身も認識をして、それを認識した上で遺族の方々と接するということも大事なことであるということで、今の問題についてあえて質問したわけです。御理解をいただけて、次に移りたいと思うんです。
 三つ目は、太平洋戦争時における、岩沼市内の戦争状態というか、空爆、防空壕の問題、埋もれている戦争時の遺品、資料などについてでありますけれども、岩沼市史なり「山河遙かなり」などを見ても、御存じだと思うんですが、昭和20年に、毎日のように米のグラマン戦闘機が矢野目飛行場、岩沼駅を空爆するようになって、玉浦地区では何名かの方が空爆で亡くなっているんですね。それと合わせて、岩沼駅に爆弾が投下されて、一発は爆発してレールが50メートル吹っ飛んだと、もう一発はあそこに深く埋もれているというふうにも言われておりますけれども、例えば防空壕、御存じだと思うんですが、岩沼駅の向かいの小高いところは防空壕で、小学校時代はあそこに遊びに行ったんですけれども。防空壕を調べると同時に、子供たちが亡くなっていることもあるので、改めてそういうことも含めて調査すべきと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)史実としての事実関係の調査であるとすれば、岩沼市史改訂などの機会に検討は可能ではないかというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)ぜひこの辺の事実について改めて調査するとともに、岩沼駅の向かいの防空壕というのは、今、草むらで覆われていて入れない状態なんですけれども、危険なことも含めて、岩沼市史の編さんも含めて、行うときにはチェックしてほしいなと思います。
 次、四つ目なんですけれども、以上の点を踏まえて、年に一度は、戦没者追悼式とあわせて、市民会館でやるのであれば、市民会館の空間を利用して、知らせていくという意味でいろんな資料や写真の展示も行うべきかなと。埋もれていることも含めて、了解できればと思うんですが。せっかくの機会……、平塚会長に聞いても、遺族の方々は年々少なくなっていると。伝える上で、何らかの形で少しでもわかればなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず、既に何十年という間、節目の年に戦没者追悼式は行ってきているわけでありまして、改めて、毎年一度行うということは大変難しいのかなと。特に、遺族の方の高齢化とか、あるいは人数が少なくなっているといったような状況を考えますと、なかなか御期待には沿えないのかなと。戦没者追悼式という形よりは、歴史を伝える資料等の展示という形で、松田議員を含むグループ等でやっていただいた方が、むしろ効果があるのかなと。
 以前、例えば、アウシュヴィッツ展とかというのが開かれまして、公設の2階等で行ったといったようなこともありますので、むしろ、しっかりとした方向でやられた方がいいのかなと。市で行うということよりは、そちらの方がいいのかなというふうに考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)市民、私たちを含めて、そういう展示会とかで後世に伝えていくということについてはぜひ……、いろんな団体が行う問題については、これまでもバックアップしてきていただいたわけですけれども、引き続きやってほしいなと。今の市長答弁のとおり進めてほしいなと思っています。
 第2点に移りたいと思います。
 教育長にお伺いしますけれども、小・中学校においても、上記の調査を踏まえて、資料などを使いながら、戦争体験や戦争の悲惨さについて事実を伝える必要があると思うんです。なぜならば、一つは、遺族の方々も、戦争体験者も80歳を超えて、戦後60年、今が最後に近い時期であると認識しております。今、市長が手元に持っている冊子というのは、退職教員の方々が戦争体験をまとめた冊子で、岩沼の方も岩沼駅空襲などについて書いておりますので、戦争を体験した方々の語り部としての役割をぜひ果たしてほしいなと思うんです。それが一つと。
 もう一つは、今、過去の歴史認識の問題がいろいろ問われているわけですけれども、それがどうかということではなくて、歴史の事実を事実で伝えていく。事実を伝えることによって、戦争というのがどうだったのかと、二度と起こしてはならないということが、一つの教訓として出てくると思いますので、何らかの形について知らせていく努力をしてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)戦争体験を後世に伝えていくことは意義深いものと私も思っております。さまざまな資料を活用することは、指導する上で重要でありまして、大きな意味を持つことと考えているところであります。
 松田議員の御質問は「上記の調査を踏まえての資料活用」ということであります。その中で、私も見えない部分がございますので、これがいい、悪い、使う、使わないということの判断は、ここでは控えさせていただきます。中身がわからないので、そのような回答をさせていただきたいと思います。
 それから、2点目の歴史認識でございますが、事実を伝えていくということ、これは大切なことだと思います。ただ、そのときに、小学校1年生から中学3年までおりますので、発達段階に応じて資料を与えていくということになります、伝えていくということになります。その中に残忍性とか残虐性とかがあると、また違う意味で子供に影響を及ぼすわけでありますが、その辺を慎重にとらえながら、今後やっていきたいなと考えておるところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、教育長が言われたように、慎重にやっていただくのは当然だと思いますので、押しつけるのではなくて、教育委員会の判断としてとらえてほしいなと。
 何も、戦争当時グラマンが来たということを知らせることだけではなくて、岩沼市史の 320ページに書いてあるんですけれども、当時、どういう食事をしたのか、岩沼小学校の子供たちがどういうことをやったのかなどというのをぜひ知らせてほしいんです。例えば、昭和19年、岩沼小学校では、4月には阿武隈川堤防を借りて、高等科児童並びに女学校生徒、職員一同によって開墾をして、2ヘクタールにカボチャ、大豆などを栽培して、学校給食用として充当させたというような記述があるんですけれども、こういうことなどもぜひ知らせてほしいと思いますし、実際に当時の給食などを知らせることも必要だし、そういうことを考えることも必要なのかなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)いろいろと考えることは必要だと思います。先ほども市長が申しましたように、歴史認識が人によって違うということもあります。何が事実かということも、これは人の判断によってまた違う部分もございます。資料が見えないという部分もございますので、その辺は慎重に対応してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)歴史認識が見えないと教育長は言われたんですけれども、子供たちに、さきの戦争が正しかったか悪かったかということを教えるのではなくて、例えばの話、岩沼駅の向かいには防空壕があったんだよ、岩沼駅も爆破されたんだよと。当時、小学校の子供たちも、食べるものがなくて、阿武隈川の堤防を借りて大豆とかカボチャなんかをつくったんだよと、そういうことを知らせてほしいということであって、事実を伝えるというのは、私が言いたいのは、さきの戦争がどうかということではなくて、今言ったような内容なんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)社会の学習の中にも戦争時の生活の様子が記述されております。その中身をしっかりと教師は指導している段階でありますので、今のところはそれで十分ではないかなと考えているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)毎日、毎週、毎回というのではなくて、その時期が来たときに、そういうことを考えることがあるときにぜひやってほしいということであって、押しつけるものではありません。例えば、きのう一般質問の中で食育教育のことが出されましたけれども、学校給食の重要性についても、私は小学校の6年生から学校給食を食べたんですけれども、給食の歴史の中でも、例えば、今の80歳の人は小学校の1年生から5年生までは弁当を持っていっていたということなども含めて、苦労した……、物の大切さを教える中で、そういうことも触れられればなと私は思っています。
 次に移りたいと思います。
 教育長に対して、この問題についての最後の質問なんですけれども、済みません、今のは訂正して、つけ加えて。子供たちに受けとめてもらうという意味では、「子どもの権利条約」等の関係で受けとめることが大事なのかなと。例えば、子どもの権利条約が採択されて、次の年に子供のための世界サミットが開催されたわけですけれども、その中で一番重視したのは、子供たちを戦争から守ること。それを含めて、一つは、教育の目標の中で、「平和、寛容、性の平等及び友好の精神に基づいて、自由な社会において責任ある生活を送れるよう子供を準備する」というのが、こどもの権利条約の精神なんですけれども、その精神を生かしながら、今後、そういう体験などについても認識してほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)子供たちを戦争から守ると。平和を願う気持ちは子供も大人も同じであります。今の学校教育では社会だけで教えているわけではございません。道徳を通して、隣人愛あるいは国際理解を通しながら、平和の気持ちを植えつけているところでございますので、学校教育全体を通しながら、平和について考えさせていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)では、三つ目に移りたいと思います。
 非核平和宣言都市としての取り組みについてであります。
 一つ目は、日本非核宣言自治体協議会というのがあって、それに加入をして、資料や情報交換などを行っている自治体もあるんですけれども、これらを進めていくべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)長崎市長が会長となって会が進めている事業につきましては、それぞれ意味があることだということは理解をいたしております。しかしながら、加入をしないからといって、非核宣言の意義が変化するわけでもありませんし、経費をかけて積極的に加入するというところまでには今は至っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が言われていましたように、1984年に広島県の府中町で設立されたもので、核戦争による人類滅亡の危機から住民一人ひとりの命と暮らしを守り、現在及び将来、国民のために世界恒久平和の実現に寄与することを目的につくられたもので、この地球から核兵器がすべて姿を消すまで努力することを趣旨としていると。県内では古川市、気仙沼市、岩出山、鳴子、南郷町が加入しております。これらを踏まえて私は質問したんですけれども、もちろん、これに加入しなくとも、平和の問題については、岩沼市においても、広報「いわぬま」で、広島、長崎についての黙祷の問題とか、これまでもやってこられていますし、より一層、考えを充実させていく上で進めてほしいなと思ったので、質問いたしました。
 次に移ります。二つ目は、今述べましたように、これまでも平和行政についても推進してきたわけですけれども、ヒロシマ・ナガサキの悲惨さを知らせる展示会を開催すべきだなと思うんですが、先ほど、個人もしくは団体が行う場合は、後援もしくは協力するというふうに述べられましたけれども、そういう認識として受けとめていいのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)展示会などの開催は、平和を願う市民意識の高揚を図るには有効な手段と考えられますし、趣旨も理解できるわけでございますが、しかしながら、これまでどおり、展示会の開催は民間の活動に期待をし、支援をしたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)自治体によっては、8月6日なり9日なりに、市のホールを貸して民間団体の展示をやっている。例えば、千葉県の市川市などは、こういう冊子と同時に、「栗原貞子展」というんですか、被爆の、そういう展示会もやっていますし、今後も、そういう取り組みをする場合はぜひバックアップしてほしいなと。
 なぜ取り上げたかといいますと、最近、「さんぽ道」が河北新報に出されて、高校生が実名で、非核問題について、広島に行った体験を投稿していて、「もう二度と、戦争で、原爆で命を失う者がいないように、平和憲法をずっと守り続けていくべきだ」という声が出されております。これらを踏まえて、私たちが知らないところでそういう声が出ていることも含めて、これから、いろんな団体なり、市も含めてという考え方なんですけれども、バックアップ体制をとってほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)基本的には、いい活動につきましては、市としては支援をしたいと思っております。
 ただ、広島、長崎の悲惨さを伝えるということでありますが、そういたしますと、これにつきましても実はいろいろ議論が分かれるところでありまして、広島、長崎の悲劇を生んだのは、爆撃をしたから、原爆を落としたからだと、落とした人が悪いんだと。いや、戦争を仕掛けた方が悪いんだとか、いろいろ議論が分かれておりまして、これは、御承知のとおり、教科書の記述等につきましても本当に大きく分かれているという中で、岩沼市といたしましては、特に、じかに市役所の庁舎内で……、結果としては、一方の方の政治主張の展示の場になるということは、やっぱり避けていかなければならないということでありまして、もろもろの観点から考えますと、先ほど来、申し上げておりますとおり、岩沼市としては、いいことにつきましてはできるだけの支援はしたいと。したがって、市の方で主体的に取り組むということは、今の時点におきましてはなかなか難しいのかなということで御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)平和の問題等で、いろんな問題で考え方が分かれる問題なんですけれども、私の考え方としては、戦争に敵も味方もないということと、原爆投下、核戦争に敵も味方もないという立場で今取り組んでいるわけであって、そういう考え方を後世に伝える上で、いろんな団体が原爆展とか絵画展とかをやっておりますので、引き続き、市も、後援等も含めて協力することを要望して、次に移りたいと思います。
 三つ目は、ことしの7月に岩沼市戦没者追悼式が行われまして、市長は、非核平和宣言都市として、安心・安全な岩沼市をつくりたいと述べられました。平和で安心・安全なまちづくりの基本は、武力によらない平和の思想が表明された憲法9条によって、戦後60年にわたって戦争する国にはならなかったことがあるというふうに思います。しかし、今日、憲法改定の動きがある中で、この問題というのは平和を脅かす動きだと認識しておりますけれども、非核平和宣言都市の長としての見解を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)戦争がない世の中、あるいは、核兵器を使わないといったようなことにつきましては、すべての人の願いであるということで一致していると思いますが、しかしながら、例えば、憲法第9条の問題にいたしましても、一昨日、投票が行われました国政選挙でもそれぞれ各党が意見を述べられ、そしてまた、勝った、負けた、いろいろあったわけでありますが、そういう中で、国民の中でさまざまな意見があるということも確かであります。
 また、多分に、個人の思想、信条に係ることにつきましては、行政はやはり慎重に対応せざるを得ないということでありまして、また、現下のもろもろの状況を踏まえたとき、いたずらに議論の混乱を引き起こすようなことは避けなければならないということでございまして、御質問の件につきましては、私としては、今申し上げましたように、すべての国の核兵器の使用ということにはやっぱり反対しなければならないというふうに思います。
 それ以上、例えば、憲法改正の動きについて、私個人の意見はありますが、市長として、今この場で見解を申し述べるということは、避けなければならないことだというふうに思いますので、御理解をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が述べられましたように、いろいろ立場がありますし、理解をするわけであります。
 私は、一つ、この質問をするに当たって考えているのは、憲法改正の問題について、今、そういう動きがある場合、知る権利とか、プライバシーとか、環境権、人権を入れるということが議論されておりますけれども、真に憲法改定の問題について政策議論をするのであれば、憲法9条を改定すると、ぜひよろしくということがなぜ言えないのか、その辺はオブラートに包まれているなというふうに理解をしているという状況であります。
 なお、憲法9条を守りたいということについては、「さんぽ道」の裏の面に、「護憲の熱気を共有」ということで、有明の9条の会の集会に参加した方の投稿文があるんですけれども、それらを見ると、共産党支持だとか、しないとか、全然知らないところでそういう動きもあるんだなということで、選挙ではぱっとしませんでしたけれども、勇気を与えられたと。9議席維持ということで、確かな野党として頑張る決意を、改めて国会では表明をしているという感じですね。何を言っているかわからないんですけれども。
 次に移りたいと思います。
 国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金についてであります。
 御存じのように、国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金については、都市公園法第12条の4第1項「都道府県の負担する費用のうち、その設置及び管理で当該都道府県の区域内の市町村を利するものについては、当該設置及び管理による受益の限度において、当該市町村に対し、その設置及び管理に要する費用の一部を負担させることができる」という規定に基づいて、昭和57年に協定書を締結して、事業費負担として、国3分の2、県3分の1、県の3分の1の内訳は、県3分の2、市町村3分の1と決められたもので、受益の範囲は、日帰りの客を想定して、みちのく杜の湖畔公園から2時間圏内としているんです。という状況の中で伺いたいと思います。
 第1点は、国営釜房湖畔公園の設置に要する費用に係る地方負担に関する協定書では、5年を経過するごとに見直しを行うことになっておりますけれども、平成9年以降、見直しが行われていないのはどのような理由なのか、国や県からは説明を受けているのか、お伺いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)見直しが行われていない理由でございますが、平成14年度の協定、負担割合の見直しを行うために、宮城県と7市15町1村で構成する国営みちのく杜の湖畔公園建設推進協議会において協議が行われたということでありましたが、結局、仙台市からのかさ上げ負担の是正要望が出されたために、負担割合の調整が不調に終わって見送られたということでありますが、平成17年度で見直しを行うことと聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)負担率の見直しに関して、見直しの基準なんですけれども、負担率計算過程というのは、人口1人当たりの市町村民個人所得、公園への移動距離ということになっているんですけれども、その内容でのこれからの見直し、これまでの見直しというふうに受けとめていいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話をいただきましたように、負担割合につきましては、市町村民個人所得、市町村国勢調査人口、市町村からの所要時間をもとに、各市町村からの日帰りの入り込み数及び全体入り込み数に対する各市町村の入り込み数の比率をもって算出し、さらに、仙台市の負担割合を80%にかさ上げするとともに、川崎町の負担割合を先取りした後に、残りを仙台市及び川崎町以外の市町村で、入り込み数により配分をして負担割合を決定してきたということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)では、第2点目に移りたいと思います。
 国の説明では、今後、平成25年まで負担を継続する計画になっていると聞いております。市長は、さきの議会の中で、補正予算の審議の中で、今の岩沼市の置かれている状況も踏まえて詳しく意見を述べられましたけれども、何らかの機会に国や県にも要求していくべきだと思うのですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)既にいろいろな場で要望はしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)私は、この問題については、国や県に対して怒りを持ってこの質問をしているわけです。ことしの2月の県議会でも、私がしゃべっている同じ内容を浅野知事に対して質問しているんですけれども、例えば、受益の範囲が日帰りを想定して、公園から片道2時間圏となっておりますけれども、国営公園事業に対して、市町村に負担をしているのは宮城県だけと。例えば、むしろ、福島県、山形県にも負担してもらうような、財政力豊かな仙台市も含めて、市町村には負担させないという立場を何らかの機会に述べてほしいなと思うんですが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)すべて国の費用でというふうには言いませんし、それぞれ受益を受けるところで一定割合の負担があるということはわかるわけでありますが、実のところ、この公園というのは、そもそもが、仙台市の水がめを確保するためにダムをつくると。それで、その地域に対する、結局は、見返りという表現が当たるかどうかわかりませんが、公園をつくると。それが国営みちのく杜の湖畔公園というふうにつくられ、そしてまた、都市公園法の使い方を自治体に対して、市町村に対して厳しく適用する。つまり、地方負担のうちの一定割合について関係市町村で持たせるということであります。協定書が生きているわけでありますから、残念なことではありますが、それが破棄されるまでは負担をせざるを得ないということであります。
 しかしながら、実は、私は、県知事と市長との話し合いの中でも、こんなばかなことが許されるのかということは強く主張しております。それに対して、知事としても、国の方に今申し入れをしているというお話でありました。特に言うのは、実は、仙台市長もおられるわけでありましたけれども、仙台市長の前でも、はっきり言ってこれは仙台の水がめを確保するためにやったのに、いろんな理由をつけて、それぞれの市町村に負担をさせていると。こんなばかな話はないんだということは繰り返し述べておりますし、また、先日といいましても、ことしの何月になりますか、全国市長会があったときに、県選出の国会議員との懇談会があるわけでありますが、そこで私としてもこの問題を取り上げさせていただきました。ある国会議員からは、いろいろと検討の余地があるであろうと。
 私は、都市公園法で決められているわけでありますから、これはこれで守らなければならないということはわかりますが、今、地方分権が進められる中で、我々としては、国の方に不当な支援を仰がないということも、自治体としては当然のことであります。しっかりとした税財源の移譲は求めるべきではありますが、いたずらに何でもかんでもお金をくださいというような形がこれまでのような形をつくってきたということもありますので、むやみやたらに仰ぐべきではない。しかし、同時に、国としても地方自治体に対して不当な支出を求めてはいけないと。その一つとして、これは国としてやめるべきではないかと。地方自治体に対して不当な負担を強いているというふうに私は申し上げたわけであります。それに対して、いろいろ検討の余地があるということをある国会議員からはいただいております。かといって、他の首長からは、残念ながら、特別賛同の意見はありませんでした。
 私が思うのは、そういうことでなかなか進まない状況ではありますけれども、岩沼だけだってどの程度負担をしているのか。まして、近隣の市は億というお金を既に負担している。しかも、これは、はっきり言ったら、未来永劫に続くわけであります。釜房公園の第2期工事、第3期工事、第4期工事などと例えば進めていくとすれば、必ず一定割合を負担しなければならない。我々がみずからまちづくりをする総合計画でさえも、一応10年後であります。ところが、これは、それこそ、国の方が拡張するといえば、未来永劫に負担をしなければならない。こんなばかな話はないというのが私の考えであります。しかし、残念ながら、いまだに協定書は生きているということであります。今、改定の調印を求められておりますが、なかなか判こは押したくないということで、期限を過ぎておりますが、いずれにしても、協定は当初からあるわけでございますので、岩沼の思いどおりにはなかなか進まないということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が述べられましたように、2月定例県議会で横田有史県会議員が浅野知事に対して、この負担をしているのは宮城県ぐらいだと、市町村に負担を求めているのは宮城県だけなんだと。思い切って県と仙台市で負担すべきだ、折半すべきだと。市町村との関係でもう3年間もごたごたが続いているんじゃないか。きっちりとまとめる立場で英断すべきだと。それに対して、県知事は、これは経緯がある話で、今からゼロというのはなかなか難しい。ただ、もうちょっと少なくしてくれるという話は先日も個別に伺っていると。これは確かに聞いておりますね。これはもう少し話し合いをさせていただきたいというふうに知事も述べておりますので、話し合いは続くのではないかと思っています。
 次に移りたいと思います。
 第3点は、今、市に対して、県、国に要求すべきだと述べましたけれども、岩沼市議会においても、同僚議員の賛同を得まして、最終日に「国営みちのく杜の湖畔公園建設事業負担金の見直しを求める意見書」を提案して、審議することになっています。
 なお、先ほど私が述べました、負担金を出しているすべての自治体で改めて負担を見直すべきだということで、岩沼でつくった意見書の案を送りまして、自治体が一致して県、国に対して要求していこうということで、どこまでなるかわからないんですけれども、議会としても考え方を示していこうという提案をしております。
 改めて、「国営釜房公園の設置に要する費用にかかる地方負担に関する協定書」で協議している7市15町1村と連携をして、国や県に負担金の廃止を要求していくべきだと。議会もそうだし、執行部も含めて、岩沼だけではなくて、今議会をやっていますので、一致してやっていこうという提案をしておりますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)受益者負担がすべて悪いということを言うわけではありません。我々といたしましても、道路だ、河川だ、海岸だと、実際のところは、いろいろ地元としての負担をしなければならない。国の事業であっても県が負担をしているという例があるわけであります。しかしながら、繰り返しになりますが、この負担というのは、私としては、今の時点においては、もうやめてもらいたいものではないかなというふうに思っております。
 だれでも使うんだとすれば、例えば、仙台空港だって、宮城県と仙台市と名取市と岩沼市だけではなくて、それこそ、東北全体でも使うんだとすれば、もっともっとよそに支援を求めて、そしてまた、出してもらわなければならないと。いろいろあるわけであります。今は変わってしまったわけでありますが、グリーンピアにしても、かなり多くの人たちに御利用をいただくんだとすれば、それはそれで負担をしてもらわなければならないというふうになってきますので、受益者負担というのは、こんなに拡大して解釈をすべきではないというふうに思います。ただ、昭和57年の時点で、もう亡くなられた知事が締結をし、そして、それぞれの全部の首長がみんな判こを押したと。現役はもういなくなったということでありますので、時代も変わったんだから、これはもうそろそろ改めてもいいのではないかなということで、例えば、仙台都市圏の中でも、会議の中ではそういった議題がありませんので、終わった段階で、首長たちに話をかけたら、関係の自治体の首長から、「おれの前で反対だなんて言うな」というふうにおしかりをいただいたこともあるわけではありますが、時代的な役割はもう既に果たしたのではないかと思いますので、これらはそれぞれ連携をとりながら進めて、一日も早く廃止できればなと。公園自体は大いに延びていって結構であると思いますし、岩沼市民の皆さん方もできるだけ利用させていただくということでありますので、それはいいんですけれども、この負担金につきましては、都市公園法に基づく負担金につきましては、一日も早く改めることができればなということで、今後とも努力をしていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)松田由雄議員。

-------------------------------------------------------------------------------

8番(松田由雄)今、市長が述べられたのは全くそのとおりであって、今、市長が述べられたようなことについて、岩沼以外の自治体でも今、議会をやっていますので、早速お伝えをして、岩沼だけではなくて、ほかの自治体も頑張って考え方を示してほしいというふうに言っていきますし、毎年、二、三百万を平成25年まで支払うというのは……、いつ、どういう計画をするかということも、終わってから知らせてもらうのかどうかわからないんですけれども、最初に決めたとはいえ、こういう経済情勢、厳しい財政状態の中で、議会としても、最終日に提案しておりますけれども、十分な審議が行われるのではないかということを期待して、私の質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)8番松田由雄議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は、明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時50分延会
        地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 長 田 雅 裕

                   議 員 長 田   健