議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(2日目) 本文




2005.09.12 : 平成17年第3回定例会(2日目) 本文


    午後1時開議
議長(沼田健一)御起立願います。御苦労さまでございます。
 これより本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は18名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、10番飯塚悦男議員、12番後藤一利議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、一般質問を行います。
 順次質問を許します。
 7番宍戸幸次議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔7番宍戸幸次議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ウィズの宍戸幸次です。
 通告に沿って質問をいたします。
 初めに、学校で取り扱う金銭及び管理についてであります。
 ことしの6月議会では学校給食について質問をしました。今回の質問とも一部関連がありますので、詳しく回答をお願いします。
 では、1点目の、公金以外で学校が金銭を取り扱っているものは何々か、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校で取り扱っている金銭につきましては、学年学級費、教材費、児童会費、生徒会費、修学旅行等の積立金、給食費などのいわゆる学校徴収金と、PTAなどの団体費がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)学校によってそういうものに多少ばらつきはあると思うんですが、学校内部においての金銭取り扱いが結構多いということには驚いているわけです。そこで、この中で、徴収するに当たっては、一時的なものと、月あるいは1年とか、恒常的に徴収する内容のものがあると思うんですが、その辺についてちょっとお聞かせ願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)長期的なものについては修学旅行等積立金等がございます。これが代表するところであります。一時的には教材費関係でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)次に、それらの関係で、これも学校によって違うと思うんですが、金銭的に高額なものではどういうものを取り扱っているか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)詳しいことについては、学校教育課長が説明をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)学校教育課長。

-------------------------------------------------------------------------------

学校教育課長(石田弘)金銭的に高額なものといいますのは、例えば給食費でございます。年間5万円を超す金額を10回に分けて徴収となりますと月 5,000円程度、それを持参する、または口座に振り込むというようなものがございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)給食費について一番多いということで今お話を受けました。それで、給食費についてお伺いしますけれども、現在は、公金 ── 補助金ですね、これは一切入っていないと記憶しているんですが、いわゆる受益者負担という状況の中で進んでいるかと思うんですが、毎月なりの徴収に当たって、負担状況は、その辺はしっかり進んでいるかどうかお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)それぞれの学校で徴収の仕方が違いますが、学校の責任においてしっかりと徴収していると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)しっかりとやっているということでありますが、その中身においては、皆さんから果たして漏れなく分担されているのかどうか、その辺はいかがなんですか。給食費は月々納めるわけでしょう。それらについて、未払いといいますか、事情によって納められなかったり、そういうふうな事態はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)事情によって若干はございます。遅延というふうなことでございます。その辺は、あとは督促等を通しながら徴収に努力しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)受益者負担という立場からすれば、本来の公金扱いとはまた違った対処なのかと思うんですが、年度末においては、今言ったような、未納の処理の方法としていろいろ問題があるかと思うんです。いただいたお金を給食費に支払うということになれば、そこでもってプラマイ・ゼロになるのが普通なんだろうと思うんですが、いわゆる未納分が若干あった場合、そのような処理をされているというお話でしたから、実際、決算処理とかをするに当たってはどのような処理をされているか、その辺、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)給食費の徴収状況ですけれども、学校によっていろいろ違いがあるところはあるんですけれども、特に、口座振替でお願いをしている学校については、直接持参をお願いしている学校よりは未納分が若干多いかと思います。
 未納については、当然、それぞれの学校で、保護者あてに校長先生を初め先生方が督促をしてできるだけ納入をするようにお願いをしているわけであります。最終的にどうしても徴収できないという部分についても若干発生はするわけでありますけれども、できるだけそうしたことのないように努力しながら徴収を進めているという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)努力は確かにわかります。ただ、最終的に、年度末において決算ということを迎えると思うんですよね。残った場合は繰り越しをすればいいんでしょうけれども、未納があるということに対しては繰り越しもできませんでしょう。当然、何かで補充をした上でしっかりした決算をするということが建前なんだと思うんですが、その辺の取り扱いについてはしっかりされているのかなということでちょっとお聞きしたいんです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)それぞれの学校の給食全体の経理・会計がありますけれども、どうしても徴収できなかった分については、当然ながら、未納ということで、その分のかかった経費については、その他の部分、その他の経費のところで総括補てんをするというような形になっているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)その他の経費での埋め合わせということなんですが、そういう場合については、公金の充用ということはないんですか、そういうことは。その他から流用するにしても、公金なのか、その辺の流用金ですね、どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)公金からの補てんということはございません。給食費会計の中での処理でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)給食費の中で未納を補てんしたとしても、補てんする、いわゆる持ってくる部分のお金ですね、それは学校によっていろいろ仕組みがあるんでしょうけれども、公金ではないにしても、そういうふうなお金の流用というのはあり得ないというふうに私らは思っているんですよ。流用したお金の穴埋めはということにまたさかのぼっていくと思ってしまうんですが、そうしたお金は果たしてどういうふうな処理がされるのかなという疑問を持ってしまうんですが、その辺はいかがなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)収入面で充足できない分につきましては、支出面、経費の面で削減を図りながら全体的なバランスがとれるように努力をするという形で行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)すっきりしないような……、納得できないんですが、また後で委員会の方でということにします。その辺について一応とどめますけれども、次との関連も、ちょっと触れるかと思うんですが、2点目に入ります。
 金銭をだれがどのようにして管理しているかということについてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)先ほど回答いたしましたが、さまざまな会計は、それぞれ公務分掌の担当者が、金額の多少にかかわらずに、現金ではなく通帳で管理しております。学校徴収金の場合、通帳名義は校長、印鑑は職員で、通帳と印鑑は同一の者ではなく別の者が管理しております。このような形で管理しているところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この管理の考え方としては、公金ではありませんけれども、公金に準じるような形を用いての内容だとは思うんです。そこで、市内4小・4中は、今、教育長がお話しされたような管理体制で統一されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)各学校とも同じ形態、方法で取り扱っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)ただいまの件はわかりました。
 3点目に入ります。支出行為についてなんですが、どのような手順で行っているかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)支出行為の手順につきましては、いずれの会計も、会計担当者が通帳名義人や団体の長に支出伺いをいたします。そして、支出、支払いをし、その後、領収書、会計帳簿の整理を行っているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)俗に言う公金であっても時としていろいろな不手際も過去にはあったわけですが、こういう団体のお金とかについては、以前、公金以外の、職員が取り扱う内容のときに私も若干質問をいたしました。あえて学校においてのこういう話をしているわけですが、全部が全部同じ扱いではないにしても、いわゆる支出の方法について、一定の内容で持っていかないと、ややもすると不正や間違いがあるから、私はこの場をおかりして不正が起きないような体制づくりを今お聞きしているんですが、実際、支出負担行為、公金の場合ははっきりしているからいいんですが、公金以外、団体の扱いになってくると、一つの流れといいますか、決済の流れ、金額にもよりけりだとは思うんですが、例えば、教頭までの決済とか、最終、必ず校長までの決済を用いて完璧な確認事項をしているとか、その辺の対応はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)学校の最高権限を持っているのは校長でありますので、団体であろうが、最終的には校長が目を通すと、このようにしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)校長がそのような形で最終的には目を通すということであれば、事件、事故は起きないんだろうと私も思います。
 4点目の問題なんですが、金銭管理と支出負担行為で問題発生はなかったか、まずお伺いしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)金銭管理と支出行為で問題発生につきましては、ございません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)数点についてお伺いします。給食費についてお伺いします。
 給食費については、入札関係では、当然、所定のルールにのっとって納入業者ができて、そして、各学校のそれぞれの担当の方からいろんな食材を発注して納入するというようなことになるんでしょうけれども、食材等の発注をする場合は、購入するだけの代金の裏づけを持って一定の食材を発注するということになると思うんですが、その辺についてはどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)給食を行うに当たりましては、当然ながら、食材を購入して、それを調理して提供するということでありますけれども、購入した食材については当然支払いをしなければならないわけでありますので、それは、給食費として徴収した金額の範囲内できちんと支払いができるように計算をしながら発注をして支払いをしているという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今のお話ですと、間違いなく支払える代金の枠内で発注しているということでお聞きしたんですが、そこで、食材の納入はそうでありますけれども、先ほど一部に代金の遅延があるということの話がありましたね。そうすると、例えば、遅延があったことによって、食材の納入に金銭的な面で過不足が生じてはいないのかどうか。例えば、納入した後に、これくらいの不足が生じたから、別なところからその分を持ってきて、穴埋めするような形で食材納入にするのか、そういうことはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)御質問の点、資料といいますか、詳しく情報を把握し切れていない部分もあるいはあるかもしれませんが、そういった点はないというふうには信じております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)信じていると言われると、その辺は信じていいのかどうか私も悩みますが、ただ、遅延があって、そこに不足が生じる。これは事実ですね。そのときに、いわゆる食材を納入する段階においては、金銭的に別な方から……、既に今までの分があるかないかわかりませんが、間違いなく 100対 100のもので食材購入に入るのは当たり前の話だと思うんですが、何となく、その辺、今の話だと、信じていると言われると信じがたくなるんですが、実際、間違いないというはっきりした話として受けておきたいんですが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)詳細については、改めてある調査をしなければならない面はありますけれども、今御質問のような状況はないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今、幾らこの辺を論じても、数字上で正確なのは多分出ないのかなと思うのでこの辺にしますが、例えば、公金のことは何回も言っているんですが、いわゆる支払い関係で、業者から納入され、支払いの請求がありますね。すると、普通、公金の場合は、規則に基づいて、40日以内にチェックをして支払うということがあるんですが、給食費の支払いにあっては、例えば、請求があってから、公金の規則等に準じて、40日なら40日以内に払うようにしているものか、それは担当者レベルに任せているものか、その辺はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)法的に決められた期日内に支払いするよう取り扱っているというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)法的な期日というのは、私が今言った、規則に基づく40日以内と解釈してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)古積教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(古積俊憲)そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)まずそこのところをお聞きしたかったんです。
 それで、私の方にこれは話として聞かされているんですが、発注を受けて納めて、支払いについて、数カ月間支払いがなかったと、実はそういうお話を受けたんですね。そういうことはないんだろうと思ったんですが、でも、本人から言われたんですから、私も疑う余地もありませんからね。ただ、そういうものは公金ではないから、そういうルールがあってそうなのかなという気はしたんだけれども、今の話をずっと総合していくと、公金に準じた扱いでしているというような建前をとっているみたいですし、まして、支払いについては、はっきりした規則等に基づいた日にちをもって払っているということなんですが、現実的に数カ月未払いがあったというお話を受けたものでしたから。先ほど、教育長からは、全く問題はないんですというお話を受けたんですが、学校からそういうふうなお話は全然来ていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今のところ、学校からは報告はございません。でも、期日内に支払いがされていなかったというふうな御指摘をいただきましたので、再度調べまして、そのようなことのないように指導してまいりたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今、教育長からは、耳には届いていないというお話なんですが、例えば、こうしたことは、もし事実だとするならば、学校長の判断でもってとどめておいても問題ないことなのかどうか。その人の話を受けたことを、仮定で言われたことを言うのでは、私もかえって執行部に迷惑をかけるし、私自身も恥ずかしい質問をしているということになるからちょっとまずいとは思うんです。ただ、現に受けた話ですから、私はそれを信じ、そういうことはないであろうと想定してお聞きしながら、なおかつ、そういう支出あるいは事務的なやり方については、しっかりしたルールでもってやってほしいというその思いから言っているわけですが、実際、話を受けたということからすれば、事務方のトップである教育長に対して、各学校においては、事実があったとするならば、ある程度、報告をする義務があるのではないでしょうか。教育長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)私は、常々、学校で扱うお金、私費にしても、公金扱いと同様にせよという指示は出しておるところでございます。先ほども申しましたように、この件につきましては、もう一度調べまして、そのようなことのないように指導していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)教育長がそのように言いますので、この点についての質問はここで打ち切りますが、いずれにしても、結論としては、執行部で扱う公金同様に、学校においても多様な団体の公金扱いをしていますから、不正があってはならないし、一円たりとも帳じりが合わないようなことがあってはならないし、そういうことからしても、お金の管理、それから支出ルールの確立といったものは、今後ともしっかり監査機能を生かしてほしいということであります。
 ただ、私は、今ここでもってそのことを了としたわけでもないので、もう少し確認する意味はございますから、その上に立って、委員会なりでまたすべきときはしたいと思います。ただ、現に、教育長に入っていないとすれば、これ以上論じてもしようがありませんから、これで打ち切ります。総括としては、そういうことにならないようにいろんなことをしっかりしてくださいということでございます。
 では、次の質問に入ります。大きい項目の2番でありますが、公共施設の安全対策についての質問でございます。
 公共施設については、建物を初め、橋や地下道、下水道、道路、河川等々、多様でございます。管理は、言うまでもなく、担当部署が条例などの管理規定に基づいて日々しっかり管理していることですが、時として予期しない事故が発生します。場合によっては、管理者である市が事故の責任を負うこともあり、管理責任の重責を職員一人ひとりがしっかり認識しなければなりません。
 そこで、1点目の、公園など車両進入禁止区域への安全対策の徹底についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)公共施設の維持管理に当たりましては、日ごろから安全対策に十分配慮をして、万全を期するように心がけて運営に努めているところでございます。
 例えば、総合公園であります朝日山公園につきましても、公園敷地内には一般車両が進入できないよう車どめを設けるなど対策をとっておりますし、また、駐車場等がなかった場合については、進入禁止区域に駐車をするといったようなケースも見られますので、駐車場をできるだけ整備をして公園利用者の便宜を図っているということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)管理の形態としては一般的にそのような回答になるかと思うんですが、あえて私が質問することになりましたのは、実は、ことしの春ごろだったんですが、公園内をお母さんと小さな子供が歩いておったそうです。そうしたところ、パトカーから追いかけられたバイクが公園内にスピードを出して上ってきたと。危なくぶつかるところだったんですよというお話を受けたんですよ。私も、それを聞いて、公園のあらゆる入り口を全部見てきました。確かに、今、市長がお話しされたような、防護柵等一定の管理方法のあり方はされていました。
 ただ、私がここであえて言うのは、今の状態の防護柵なり管理のあり方では、バイクの対応には何ら効果は期待できません。自転車はさほどスピードはないにしても、バイクのようなものは、全部見てきたんですが、いずれの入り口に立っても、スピードを出した状態で入れます。あれは、いわゆる車、四輪、三輪たぐいのものでしたら乗り入れはできないでしょうけれども、バイクは間違いなくスピードのある状態で入れるということは事実で、その辺で、私は、安全・安心の管理の、みずからを守るにしても、公園というところは、元来、安心して遊べるものだという認識で遊ぶものですから、今回のようなお話を受けたときに、これは危ないなと、万が一ぶつかったことを考えたらこれは大変だと。そういうことで、バイクも引っ張るくらいの程度で上る分にはできるにしても、エンジンをかけて上れるような状態では、到底、管理不十分と私は見てきたので、その辺の管理について早期にすべきと思うんですが、執行部はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)歩行者等の利用の妨げにならないように一つはしていかなければならないということがあろうかと思います。車につきましては、一応、車どめで対応できると思っておりますが、バイクの進入につきましては、確かに、宍戸議員の御指摘のこともあろうかというふうに思います。
 ただ、一般に、御承知のとおり、仙台の中央通に車が進入をして死傷事故があったということでありますが、当然、ああいったところには入ってこないと。しかしながら入ってきたと。では、それに対してどうするかといっても、対応策に苦慮しているというような状況等もあります。本来あり得ないことがあるからこそ、確かに事故等につながっていくということもあります。しかしながら、どこまで対応策が効果があるかどうかはなかなか難しいところではありますが、今御指摘をいただいておりますので、担当の方で十分検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の対策については、さほど悩まないですぐやれるような内容なんです。とにかく時間もかからないでなるだけ早く……。当然、見た上での検討になるんでしょうけれども、私、素人でさえもわかる範疇でしたから、ぜひ現地を見て早速手を打ってほしいと。あの公園は利用者が多いですから、間違いなく、最近のバイク等の盗難も含めて、西地区においてもいろんな事件、事故につながる事案がいっぱいあります。そのことからしても、より安全な公園であることの位置づけを保つためにも、その対策は十分にとってほしいということです。回答は要りませんから、早速見てください。
 1件だけお伺いしますが、この事案について、担当課には入っていますか。バイクを追いかけて公園に入った騒動のことについて、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)私どもには入っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)朝日山公園には嘱託かなんかで頼んでいる方がおって、たまたまその事案とはぶつからなかったんでしょうけれども、でも、私が聞いた限りでは、警察のパトロールカーとのイタチごっこがあったということで、当然知っていたものだろうと私は思っていたんです。だけれども、ああいう早急な話でしたから、こんな形で質問をさせてもらいました。
 それと、例えば、今言ったような事案が発生したと。入った人が悪いんですよ、確かに。本来、入ってはいけないんだけれども、たまたま入って、事故、騒音があった場合、そんなときの施設の管理責任というものに対しては、あくまでも、バイクの所有者、起こした人の責任としてとらえていいものか、施設全体を管理する行政の責任もぬぐい去ることはできないような気もするんですが、その辺はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)最終的には、ケース・バイ・ケースだというふうに思いますし、また、裁判で決めるとかという形になろうかと思いますが、ただ、市で管理をしている公園等で事故が起こるということは本来あってはならないということでございますので、我々としては重い責任があるというふうには思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)一般道路では、穴があいたところにバイクとか自転車とか歩行者がつまずいて転んで、保険適用ということはちょくちょくあるわけでして、朝日山公園だってそういう事件が発生すれば、その保険のたぐいになるかと思うんですが、軽いもので済むならいいけれども、相手が自動二輪とかバイクであれば大事に至りますから、ぜひもう一度調べていただいて、早速正しい措置をしていただきたいと思います。
 それでは、次の質問に入ります。大雨・地震に対する安全点検と対応についてであります。
 8・16の宮城地震については市政報告にもありました。被害が少なくて、私も安堵しているところであります。続いての台風14号は、これまた西日本一帯に甚大な被害をもたらしました。本市ではそういうことはなかったんですが、1年以内に立て続けにこのような災害が発生して、いろんな形で危機感というものに対する認識が問われているところなんですが、もちろん行政においても管理には神経を使っているとは思うんですが、いろいろ発生したときに、的確な初動対応といいますか、これは本当に注目されるなとつくづく思ったわけです。今回の8・16、それから台風14号、この辺についての施設の安全点検と対応についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)原則としては、施設ごとに日ごろから管理者を中心に安全点検を行っているということでございまして、また、必要に応じて、例えば、避難訓練等も計画に基づいて行っているということであります。
 具体的な、8・16地震あるいは先日の台風での対応につきましては、総務部長からお答えします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)いろんな災害、ただいまお話をいただきましたように、地震、その後、すぐに台風14号というようなことで、8・16地震につきましてはかなり揺れが生じましたので、市といたしましては、早速、マニュアルに沿って警戒配備をしきながら施設の安全点検をしたわけでございますが、幸いにも大きな被害もなく済んだわけでございます。各部で、災害が起きたときにかかわらず、常々そういった点検をしながら、なお、災害が起きた場合には、常々巡回なり点検をしている部分をなお早急に行って点検をするというふうなことで対応しているわけでございます。大雨の場合につきましても、河川の状況、あるいは上流の降雨量の状況といったものを確認しながら、それぞれの施設の点検を行っているというのが実情でございまして、特に地震につきましては、キャビネットの上に物が上がっていたり、あるいは倒れそうなものがあったりといったものは、各部署において、常々しっかりと固定をするなり軽量化を図るといったものをやっているところでございます。なお、保育所関係につきましては、子供たちの安全ということから、ガラスなどが割れて飛び散らないようにフィルムを張って防止を図ったり、そういった点検は常々実施をいたしているところでございまして、そういった安全点検については、引き続き十分にしてまいりたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)この件に関しては、前にも質問したときに、点検のあり方としては、自分の目で見てきて、何でもなければそれまでなんでしょうけれども、なるだけ点検台帳なるものをつくって、しっかり後世に伝えるような形にしたらいいのではないかという御指摘をしたときがあったんですが、私があえて言うのは、担当者がかわると、突発的なときに、本当に慌てますよ。だから、管理体制のあり方一つをとっても、こういう事案が発生したときは、一つのマニュアルとして、この場合はこうこうこうとか、簡単に、慌てないでもできるような体制づくりも必要ではないかなと思っていたところだったんです。それで、今回たまたま立て続けに地震と台風が来たために、本当に各部署においては調べたんだとは思いますけれども、橋なり建物なり下水なりといっぱいありますから、あるいは、道路ののりじりが崩れたということだっていっぱいありますよ。だから、そういうところを一つ一つ、チェック台帳みたいな、何かを持って残すのも必要ではないかなと思ったんです。次の問題とも絡むのですが、市長、その辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)確かに、その都度の点検ということではなくて、常々、リストを持っていながら、それぞれ各担当部で、雨あるいは地震といったことに対して、危険が予測される部分というようなものは常に把握をしておりますので、いち早くその辺の点検をするというようなこともやっていますし、今後、地域防災計画の中でも、その辺の点検の仕方、マニュアルの準備といったものも含めて、いろいろ各課にお願いをしていかなければならないというふうに思っているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。大きい項目の3番目に入りますが、防災計画の見直しについて質問いたします。
 先ほどもお話ししましたが、ことしになってから地震、台風が立て続けに発生し、各地に被害をもたらしました。過般、アメリカのハリケーンですか、あの被害がテレビで放映されるのを見ると、本当に恐ろしさを感じてしまいます。町一面が全滅のような形ですからね。そんなときに、今やっている防災計画の見直しについて、これでいいんだろうかと私自身もいささか疑問視するところがありましたので、今回御質問させていただきます。
 今まではある程度の想定の範囲のものの施設構築だったと思うんですけれども、時としてはあのような想定外ということもあったりして、そのときの対応については、アメリカのハリケーンを見るごとくであるなというふうに思ったわけです。そうすると、岩沼であっても、近い将来、地震も発生する、場合によったら台風の異常に大きいものが来た場合、想定外というもので本当にどうなのかなと懸念するんですが、そのところを踏まえて数件質問させていただきます。
 1番目ですが、計画見直しの進捗状況についてまずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今回の見直しにつきましては、まず一つは、災害対策基本法あるいは宮城県地域防災計画などとの整合性を図るということと、もう一つは、地域の要望を考慮したいということであります。
 現在、防災課におきまして地域防災計画の総体的なチェック作業を行っております。特に、避難場所につきましては、これまでも宍戸議員から御指摘をいただいておりますが、現在の指定につきまして、例えば、地域の皆さん方のニーズに十分かなっているかどうかと、そういったことにつきまして調査を行ってきております。
 まず、今後でありますが、今月末に各課の担当者への説明会を開き、そして、その後、各課からいろいろと意見等をいただきながら具体的な見直し作業を行いたいということが、主なスケジュールであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今の作業は庁舎内部でやっている最中のようになっていますが、私がなぜこの質問に着目したかといいますと、各町内会に対する自主防災組織づくりの指導が行政からありまして、私どもの町内会においてもその方向でやろうということになったわけですよ。けれども、今回の防災計画の見直しがあるから、中身との整合性にも関係するのでちょっと待ってくれということで、今はとまっているわけです。けれども、今は9月ですよね。この防災計画の見直しは来年の3月までにつくるものなのかどうか。それを待っていたって、私の方は進みようがないということもありましたからあえて質問したんですが、この完了というのは、来年の3月いっぱいをもって、年度いっぱいをもって見直しを終わらせるのかどうか、その辺はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)一応、年度内には印刷、製本まで完了したいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)いろいろ事情はあるんでしょうけれども、年度内ということであれば、来年の3月ととらえざるを得ないので、本当はもっと早目に内容を出してもらえればなとかと思っていたんです。私どもの方でも、来年の総会に向けては、そうしたことの煮詰めをして、それで町内会の総会に諮るということの作業もありましたので。ただ、今言ったように3月いっぱいとなると、その辺、行政との連絡体制の問題とか、それがちょっとできかねるなというふうに今思いましたので、とにかくなるだけ早めるということをまず申し添えさせていただきます。
 2番目の問題ですが、計画見直しの要点の中で、特に、今回の見直しで、岩沼として、過去の災害事案を踏まえて、ここのところという要点なるものは何があるのか、ちょっとお聞かせ願いたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)まず一つは、何といっても、避難ということは、防災上、災害から命を守るという点からいたしましても非常に重要だということでありますので、まず、安全に避難できる方法の確立ということが非常に重要であります。そんな中で、避難場所につきましては、御承知のとおり、公共施設を主にやってきているわけでございますが、当然のことながら、避難所まで遠かったりとか、あるいは津波等の場合にはどうするかといったような、いろいろと心配事等もあるわけでありますし、また、それらを踏まえて十分対応しなければならないとなってきますと、公共施設だけでは当然対応し切れないと。したがいまして、今回の見直しに当たりましては、民間の施設の借用等といったことも踏まえて、適切な避難所の選定を行いたいというふうに思っておりますし、また、当然のことながら、地域の防災力を高めるということからいたしましても、自主防災組織の設立等につきまして、さらに改善点等がないのかといったようなことの見直しを行いたいと思っております。
 ですから、避難所の選定。これも御指摘をいただいているわけでございますが、避難所と救護所が一緒になっていると、これは当然分けなければならないとか、例えば、トリアージにつきましては、もっと具体的に生かせるようにしていかなければならないとか、一時避難場所の指定を行うとか、災害時の要援護者対策をしっかり行うにはどうしたらいいのかとか、あるいは、災害ボランティアの方々が多くおいでをいただくであろう、その場合の災害ボランティアの人たちをどう活用するかとか、あるいは、通信とか放送の施設の整備をしっかり行って緊急対応をどうするかといったようなこととか、あるいは、実際に参集訓練等も行ってきているわけでございますが、職員はどういったケースの場合にはどういうふうに配備をしなければならないのかといったようなこと、それぞれポイント等があるわけでありますので、これらにつきまして、総点検で見直しを行いたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)先ほども若干触れたんですが、いわゆる想定外事故ということで、そのことも今回の見直しの中には多少加味した部分があるのかなと思うんですが、それは、地震にしても、台風とか水害、大雨ですね、そういうことに対しても……、岩沼に設置された基幹排水所はある程度想定内のことだと思うんです。基幹排水所ができて安心ということじゃなくて、あれは床下浸水でとどめられる程度のものという判断で私は見ているんですが、そういうことからすると、想定以上のものがあった場合のことも若干検討の余地はあるのではないかと思うので、見直しの要点の中で議論していただければと、このように思います。
 3番目に入りますが、消防施設との見直しはどのように進められているか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)消防施設につきましては、消防力の整備指針により整備するというふうになっておりますので、これに基づきまして順次整備することといたしております。そして、これらを踏まえまして、防災計画の見直しの際に反映させたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)それで、なぜ消防署と限定したかといいますと、災害の中には、雨の場合もありますけれども、地震による火災を想定したときには、消防署の活躍が当然出てくるわけですよね。そうしたときに、火災発生を最小限に食いとめるのには、水とのかかわりが出てくるわけです。先ほど言った、消防車とか、火の見やぐらとか、消火栓ですか、救急車、そのたぐいの整備は着実に進んでいるようには私も見ております。
 ただ一つ、水の問題として、防火水槽の設置も、それは一部にされたところもありますけれども、消火栓はあるにはあるんだけれども、水圧が低くて、数分あるいは一定の時間使ってしまうと、水圧が足りなくて、ホースをつながないと放水できないというようなところもあると聞いております。そうすると、結局は、地域住民の人は、消防車が来たときに、いち早く消してもらえるという安心感はあるのに、水圧の問題で全然役に立たないということが発生したときに、何をやっているんだということになりますけれども、現実的に、水圧の問題として、市内に何カ所かあるように聞いているんですが、その辺の整備状況はどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(長田喜蔵)ただいまの、地域によっての消火栓の水圧関係ですね、何カ所ぐらいあるかということでございますが、水道管の幹線はいろいろございます。現在、岩沼市の水道管からの消火栓関係では、一番水量が少ないのは75ミリ、それから 100ミリ、 150ミリといろいろあるんですが、その中で75ミリについては数がそんなにございません。そんなことで、 100ミリの管に直結している消火栓が結構あるわけでございます。ただ、水量については、何カ所かの消火栓を使ってしまうと、確かに水量が少なくなるんですけれども、火災によっては、余り消火栓から水量を上げないように、分掌しないということで消防団には徹底しております。それをカバーするのは防火貯水槽とか自然水利、それから、消防署にございます水槽車、タンク車等を利用して放水しているわけでございます。ですから、今のところ、支障になる水道の消火栓ではそんなにないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)余り支障ないようなお話を受けたんですが、弱いところは、大体、施設となる水槽の構築とかでそれを補っているというお話を今受けたわけです。市内の中で、今後とも、水圧等で懸念されるような場所、あるいは水槽も足りないというような場所といったところについては、今後の消防の計画に沿って逐次やっていくんだろうと思うんですけれども、私らが聞く地区住民の話では、自分たちの住んでいるところが一番気にかかりまして、うちはこうなんだとかああなんだとかと出てくるものでして、よそのいい話を聞くと、その温度差を悪く見てしまうんですよね。消防の行政の立場からすれば、これこれこういうわけだから心配はないと言っても、現実的に、その心配をぬぐい去る材料を、地域消防団の方ともしっかり連絡をとって、その辺、理解していただくような消防のあり方もこれは必要なのかなとも思うんです。そして、地域の人たちも、それでもって、ある程度の自助努力を踏まえながら、協力して、防災に携わると。それらも一つの行政のあり方だと思うんですが、その辺、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田消防長。

-------------------------------------------------------------------------------

消防長(長田喜蔵)ただいまの御質問でございますが、消防では、消防署、それから地域の消防団がございます。水利の確保はもちろんですが、いざ火災とか大きな災害が発生した場合、やはり水が一番でございます。そんなことで、消防団とは連携を図って消火作業をするということに努めているわけでございます。ですから、もし火災が発生した場合、まず消防団の幹部に連絡をとりまして、要するに、水圧の調整とか、その辺はいろいろ連携をとってやっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。それでは、次の質問、最後です。
 町内会など地域要望等を見直しにどのように反映させているか、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほどもちょっと触れさせていただきましたが、町内会からは、指定避難所の見直し、あるいは一時避難場所の指定といったことの要望が非常に多いということでございます。これらの要望につきましては、町内会などの意見をよく伺いながら、可能な限り反映させていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)今、市長からは、町内会の要望、意見を聞きながらということでお話を受けたんですが、もう既に話は出しているんですよね。その出したことを行政側でどのように進めているのかなということを私は実はお聞きしたいんですよ。もう既に、数カ月前だったと思うんですが、町内会長に対していろいろ意見を聞くときがあったんですよね。そのときに、各町内会から、うちはこれこれこういうことを云々ということは行政に申し上げているわけですよ。それで、その中の要望等の多いのが、今言った避難所とかの話だと思うんです。私の地区もそうなんですが、現にお願いをしていて、実際どのように推移して……、その要望がいい方向で進んでいるものやら、あるいは、もうそこで終わってしまっているのかどうか、その辺がいまいちわからないので、各町内会、いろいろな考え方、いろいろな内容の誤差はあるんでしょうが、これは聞いた話としていち早く進めてもらわないと、私どもの今後の自主防災にも支障があるので、その辺、どのように推移しているか教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)宍戸議員お話しのとおり、6月末までに町内会長さん方に調査用紙を送らせていただきまして、7月末までに回答用紙の返送をいただいております。その中で、避難場所の変更を希望する町内会、あるいは民間の施設等を用いた方がいいといったような、各種要望をいただいております。我々の方で今いろいろと検討しているわけでございまして、その結果を受けまして、今月末あるいは10月のうちに町内会との打ち合わせを行いたいと思いますが、総務部長から補足いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)吉田総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(吉田勝)先日、6月末に町内会の皆様方にいろいろとお話を伺いました。それを今、防災課の方で集計、まとめており、まだそれぞれ町内会の方にはお返しはしていないわけですが、これは、地域防災計画の見直しの中で、避難所の見直し、あるいは一時避難所の設定といったようなものに、計画の中に入れていくことになるわけでございますけれども、ただいま御回答申し上げましたように、町内会との打ち合わせが入って、その後、原案の作成をし、それぞれの部署での調整を終わりまして、12月中にはおおよその計画を作成していきたいというようなスケジュールで今おるわけでございますが、最終的には、防災会議の中でいろいろ議論をいただいて正式に決定をしていくというような過程なものですから、町内会長さんからいろいろお話をいただいたものについては、今、全体的に、見直し作業の中で御意見を整理させていただいているというような段階でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)わかりました。この件は、私たちも、各それぞれの町内会に戻れば、防災組織、自主防災組織をつくるのに抜きにしてはできない話ですので、12月中ということのお話でしたけれども、来年に持ち越さない段階で、ことし中に各町内会にはこういうものになりましたというお示しだけはぜひ出してほしいと思うんですよ。すると、我々は、それに基づいて、町内会で独自の自主防災づくりの組織の立ち上げに整合性がとれるものをつくりたいということで今いるものですから、ぜひ期間がずれないように、遅くとも今年度中に各町内会にはお示しをしてほしい。そのことを申し添えて、私の質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)7番宍戸幸次議員の一般質問を終結いたします。
 2番布田一民議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔2番布田一民議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)2番、市民参画の会の布田一民でございます。
 前に通告をしておりました「金融経済教育の促進について」、4点にわたり質問をいたします。
 近年、自己選択、自己責任という言葉をよく耳にするようになりましたが、日常の経済生活でも、みずからの合理的な選択と意思決定の下で自立的な行動が求められております。いわゆる自己責任の時代が到来をしてきているというふうに考えております。
 長期的な景気低迷や経済・金融構造の改革というような困難な状況に直面をしている今日の岩沼市、そして市民において、行政責任や市民生活に必要な経済の知識を身につけることは必要であり、このような状況下で重要になっているのが経済教育であると考えております。
 金融庁、そしてまた政府や各種団体、都道府県による金融広報委員会において、金融経済教育について進められているようでありますが、将来のために貯蓄をしている金銭をただ単に投資をさせる教育では困るわけでありますから、情報通信技術や金融商品、そしてまた、サービスの多様化、複雑化への対応ができるような、また、結婚、出産、退職などのライフステージに応じた行政のかかわり方も重要になっているというふうに私は思います。そのことから、金融経済教育についても進めるべき課題だと思いますが、市長の必要性についての考え方について、初めにお伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今お話をいただきましたように、右肩上がりの経済が終わったということでありますし、また、高齢社会の到来というような状況、そしてまた、経済のグローバル化といったような中で、いわゆるお金をめぐる環境というのは大きく変化をしているわけでありますし、これも御紹介をいただきましたように、例えば、ペイオフの解禁ということになりまして、ますます自己責任ということが非常に大きくなってきたということであります。
 これまでは、正直、お金を預けていれば、金融機関ではほとんど 100%安全だったというふうに言われたわけでございますが、これからは、例えば、リスクについての理解も非常に必要になってくるということであります。また、一方では、高齢社会の進展に伴いまして、いろんな金融をめぐっての、それこそだまされて損をするといったようなケースが非常に多いということであります。また、金融とか経済に対する知識が余りなかったといったような状況から、例えば、多重債務者が非常にふえてきていると。また、個人破産というのが、平成の初めのころは1万人弱だったのが、平成10年ではもう21万件といったような状況になっているということでございました。
 これまでは、とりわけて、金融とか経済について勉強しなさいというような必要性はなかった。余り感じられなくても、ある意味では自然と生活ができたのかもしれませんが、これからの社会を考えた場合につきましては、金融とか経済につきましては、当然、大いに勉強をしていかなければならないと。そういう意味では、学習することの意味は非常に意義深いものだというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)必要性について十二分に感じているというふうにとらえたわけでありますが、教育には、基礎知識、応用知識、そして実践といった三つのステップがあるというふうに思います。金融経済教育での基礎知識については、お金の意味、使い道、貯蓄、運用と。そしてまた、就労とか、企業等の構造社会への理解をベースとした実践の段階では、当然、身につけた知識を生活でさまざまに生かすと、日々の生活に生かしていくということが大事だと思いますが、先ほども市長が言いましたとおり、タイムリーに対応できなければ、当然ながら格差を生じ、また、わからない部分があれば当然放置をする。そしてまた、そういった市民が脱落をしてしまって非常に大変な状況になってくるということも確かだというふうに思います。そのことからして、目的や効果に応じた社会での教育の必要性が出てくるのではないかなというふうに私は思います。再度、必要性についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)金融経済に対しての教育の必要性といいますか、そういったことに対して知識を深めていくということは、これからの社会で生きていく上で、また、現代生活を送る上で非常に重要だということは、当然お話しのとおりであろうかと思います。
 教育の必要性ということは当然あるわけでありますが、具体的に自治体としてどういう取り組みをするのか。もちろん、我々として深めていくということは必要でありますし、また、社会全体、つまり、市民の皆さん方に啓蒙・啓発をしていくということでありますが、それでは、具体的にどう取り組むかというふうになってきますと、実はなかなか難しいわけであります。金融庁や関係機関等で講座等を設けたりいろいろPRはしているわけでございますが、岩沼では、具体的に取り組むに当たっては、実は工夫が必要だというふうに思います。ですから、もう一方では、しっかりとした知識を身につけることは学校生活においても必要になってくるということでございますので、学校教育の場で、何らかの形でそういったことを一層深めていくことができればと思っておりますし、また、生涯学習、社会教育の場におきましても、講座等を設けるとかという工夫は必要なのかなというふうに思います。
 しかしながら、ちょっと話が長くなってあれですけれども、経済について学習をするという場合、生きた金融とかということにつきましては、例えば、金融商品について勉強しますというと、具体的にやりやすいわけでありますが、経済の勉強というふうになってきますと、それこそ簡単には済まないというような状況でありますが、いずれにしても、必要性は十分感じているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)そこで、次の質問に移るわけでありますけれども、市民に対する教育の実施であります。金融バンクの進展に伴って、資産の運用の選択の幅が広がる中、先ほども言いましたが、自己責任を果たしながら的確な選択を行わなければならない。そのためには正しい知識を身につけることが大切でありますし、また、中長期的な生活設計と資金計画を合理的に策定するために、税金や年金及び各種の保険、また給付の制度について、よりわかりやすく簡単に知識を市民に教育していく必要があると思います。
 平成16年に消費者保護法が全面改正され、中でも、消費者と言われる市民の権利として教育の機会が提供されると。要するに、市民に教育の機会を与えるというふうに上げられております。そのことからしても、市民の意思決定が合理的にできるように教育の実施をすべきだと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在社会で生きていく上に当たりましては、例えば、金融犯罪に遭わないといったようなことから、あるいはまた、リスク等について十分知識がなかったために自分の貯蓄等が相当マイナスを受けるとか、あるいは、問題商法等にあって被害に遭うといったようなことは、日常的にいろいろな場で起きているわけでございますので、こういったことで、市民の皆様方が被害に遭わないように、行政としても十分対応できればなと思っております。
 しかしながら、具体的にどういうふうに進めていいかということはなかなか難しいわけでありますので、まずは、消費者行政の一環として、例えば、問題商法等について、あるいは消費生活にかかわるトラブル等の防止について、公民館等での啓発事業等を実施していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)消費者の意思決定、そしてまた、資源、資金管理、消費者の市民参加など、消費生活についての諸問題を、消費者の個人的側面、また、社会的側面から追求することを目的としているのが、まずは消費者の教育 ── 消費者教育であります。そしてまた、金融教育というものもこれまたあるわけであります。当然、金融教育においては、生活設計と金銭管理、経済や金融の仕組みの理解、また、消費者のトラブルを未然に防止するというような金銭教育があるわけでありますが、この教育の部分については今まで進められてきたというところでありますけれども、何といっても、これからは経済教育の実施をするべきだというふうに思っております。
 市長が先ほども言いましたとおり、トラブルに遭わないと。当然、金融経済教育で考えられるべき内容の……、一言で言えば、お金を堅実に使うために、あるいは、先ほども言いましたが、金銭トラブルにならないように、何を身につけておかなければならないかということであると思います。当然ながら、その具体的な内容は、対象者の世代や知識や環境、心理、経験等において極めて多面的でありますし、多次元的ではあります。したがって、さまざまなケースがあり得ると。それを踏まえた中での、前提としての質問をするわけでありますが、市長が言った、金銭トラブルに巻き込まれたとき、現状での解決方法とすれば、当然、司法の裁判所等に訴えるしかない。しかし、泣き寝入りしているのが現状ではないかというふうに思います。そのようなことからしても、やはり金融経済教育を通して、一人ひとりが健全な判断力を養っていくというような教育も市全体の中でやるべきだと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)金融経済教育ということの必要性は十分感じているわけでございます。ただ、これをしっかりと定着させて意味あるものにしていくためには、それぞれの方々のライフステージに応じた支援というか、そういった形で進めなければならない。したがって、一定年齢以上の人とか、若い人だとか、あるいは子供たちだとかというふうに余り限定しないで、それぞれのライフステージにおいて対応すると。したがって、例えば、学齢にあっては学校教育の中で考える。その後につきましては生涯学習の場で考えていく。そうなりますと、まずは公民館等の学習活動において啓蒙・啓発に努める。そしてまた、必要な知識を少しでも習得してもらうための講座等を設けるという形で進めなければならないということでございますので、なお、教育委員会等とも具体的に話し合いをしてみたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)そこで、次に、学校現場での教育の実施であります。市長が学校での教育の方に早く振りたいようなので、教育長の方に振りますが、政府は、官から民へ、国から地方へ、そして、経済社会システムを改革しようとしております。また、社会においても、年功序列・終身雇用制に支えられた社会主義の見直しに象徴されるように、安定した社会的存在に帰属し、その庇護のもとで個人が終身雇用され暮らしの安定が保障されているというシステムが過去のものになりつつあります。
 一方では、人生の選択が広がり、自己決定の場が拡大していると。こうした流れは、個人としてみると、人生の多くの局面で重要な決定に迫られ、その結果について責任をとることを迫られている場面がふえているというふうに考えております。こうした状況が続く以上、必要なことはしっかりと学ぶ。そして、経済教育を通じて得られる考え方や知識は、一人で生きていく上で身につけるべき、生きていく力の重要な要素ではないかなと思っております。そのことからしても、学校現場での教育の実施についてどういうふうに考えているのか、お伺いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)教育長の答弁を求めます。影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)議員のおっしゃるとおり、今や自己責任の時代になってまいりました。教育現場としてのとらえ方といたしましては、児童・生徒を取り巻く生活環境を初め、経済・金融環境が大きく急速に変化してまいりました。生活者としての個人にも自己責任が求められる場面が非常にふえてきておるのが現状でございます。自己責任を全うするということは、物事に対してみずからが適切に判断して行動できることであり、まさに生きる力そのものと考えております。
 そこで、現在行われているところもございますが、次の質問を聞いてからお話ししたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)教育長、事は重大だというふうに思っているんです。今の子供たちは、これからの金融情勢、そして、社会経済に本当にたえていけるのかというのが私は心配だと。我が国は、先ほども言いましたとおりに、官から民へ、国から地方へと経済システムを変えていると。今、国家で移行しているような政策に対して、子供たちが応用可能な合理的な意思決定が一人で本当にできていくのかというのが不安でならないわけであります。そのことからいえば、早い段階で教育をやはり実施すべきなのだろうというふうに思いますし、確かに、教育の中身、先ほども言いましたように、基礎知識から応用知識、そして実践の問題もあるでしょう。その中で、マネーの情操期、マネーの理論期、マネーの発達期、そしてマネーの完了期、この中で基礎をしっかりと覚えながら実践をしていく、そういう学校現場での……、当然、金融庁で言っている「牛丼1杯」の部分についての勉強というか、そういうこともやっているところでありますし、東京あたりでは、金銭の教育ということで、ハンバーグ1個をどういうふうにして売るかというようなことを実施している学校もあるようでありますが、早い段階で合理的な意思決定をしっかりと持たせることが大事だと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)考えは同じであります。この点につきましては、日本人としておくれている部分というのは、お金の部分、それから性教育の部分がどうしても弱いわけでございます。触らないで、子供を起こさないでおこうというのが今の教育現場、あるいは家庭教育においてもそのとおりでございます。でも、時代は変わりました。昨年、プロ野球が参入いたしまして、楽天かライブドアかと騒がれたときから、いわゆる金銭感覚、マネーについての考えも若干変わったように記憶しておりますし、あとは、悪質な業者による金銭トラブル等も発生してまいりました。これも身近な問題でございますので、その辺をしっかり……、小学校段階、中学校段階で何ができるかという考える段階、それについては同じ考えでありますが、ただ、残念ながら縛りがございまして、今の学習指導要領の中の、枠の中での教育になっております。
 ちなみに申しますと、うちの方では、租税教育というすばらしい教育を2市2町でやっておりますが、それも総合学習に位置づけながらやっております。さらにいろいろな教育が入りますと、これは飽和状態になりますので、今のところ、金融庁あるいはそのほかの省庁の動向を見ながら考えさせていただいているところでございます。
 もう一つ例を申しますと、時代は変わりました。宮城県でも一つの学校が、業を起こす ── 起業教育を行っているわけでございます。小学校でありますが、総合学習を使いながら、自分たちで和紙をつくったり地域に根差している堤人形をつくって、店を出して売っている。そこで金銭感覚を養っている、損得を考えると。損をしないようにするにはどうすればいいのかというふうな教育を行っている学校も出てまいりました。時代は変わりました。この辺もよく考えながら、我々も今後研究させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)先ほど起業教育というものが出てきたわけでありますが、起業教育というのは、宮城県で行っている生涯学習の中での事業の一つであります。ですから、先ほども言いましたとおり、経済教育の中での基礎知識としてが起業教育でありますから、今回、私が言っているのは、その起業教育を含めた中の大きな金融教育をしていただきたいということであります。
 それで、経済教育については、現在までの体系づくりについては、例えば、経済学者を中心にされていると。そして、考え方はいろいろなものがあると、それぞれに創意工夫をしながらやっていると。ですから、どちらかというと、場当たり的のようなものがあると。しかし、経済学の進展を踏まえつつ、何を小・中学校で教えていくかということが大事だと思いますし、どの教科で教えるべきか、その点についても整備はする必要があるだろうというふうに思います。
 そこで、先ほども教育長の方からありました、現行の学習指導要領、中学校でありますけれども、用意してありますからちょっと読ませていただきますが、「国民生活と経済」、「私たちの生活と経済」の中に、「身近な消費生活を中心に、経済活動の意義を理解させるとともに、価値の動きに着目をさせて、市場経済の基本的な考え方について理解をさせる」と。そしてまた、「現代の生産の仕組みのあらましや金融の動きについて理解をさせるとともに、社会における企業の役割と社会的責任について考えさせる」というのがまずあります。そして、「国民生活と福祉」の中には「国や地方公共団体が果たしている経済的な役割について考えさせる」。あとは、「限られた財源の配分という観点から、財政について考えさせる」というのが、私たちの生活と経済、国民生活と福祉という中にあるわけであります。
 そういうことからいえば、企業の問題だけではなく、そして租税の問題だけではないと思うんです。経済全体のことを、どういうふうな価値観があるのか、あとは、どういうふうにして感性を生かすのかという経済教育を今まさしくするべきだというふうに思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)今、中学校のねらい等をお聞きしましたが、そのとおりでありまして、うちの方といたしましても、中学校3学年が約9時間を使いまして金融の働き等を勉強しているところでございます。そのほかにも、県の消費生活センターから出前講座等がありまして、金融関係について、あるいはトラブルについて、中学校関係に入っているところでございます。経済教育というのはなかなか小学校には入り込まないと。いわゆる、いつ、どこで、どのぐらいの内容をするかというのが今後の問題でございます。市長が申しましたが、確かにこの教育は意義深いと。私も、本当に意義深い、生きる力だと思っております。ただ、それをどこで位置づけるかということは、現在、文科省が動きつつありますので、その点の動向を見定めながら、うちの方でも研究させていただきたいと思います。
 なお、つけ足させていただきますが、うちとしても、総合学習を使いながら、この辺についても真剣にやれるところは取り組もうとしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)よろしくお願いをしたいと思います。あるパーソナリティーの……、いろんな企業の中で生活経済テストを行っておるようであります。経済についての考え方とか、所得を得るとか、貯蓄と金融商品といった形の中でいろいろなテストをしたと。中学生と高校生と大学生にやるわけでありますが、テストをした中で、一つの項目が、悪いのはすべて悪いわけですね。例えば、中学校が悪ければ高校も悪い、高校が悪ければ大学も悪いと。ですから、上のレベルの部分でいくということからいえば、研究をしながらやはり小さいときから教えていただきたいなというふうに思っております。確かに、家庭においてできる教育もあると思います。例えば、小さいうちから小遣い手帳などをつけさせてお金の価値観などを高めると。学校教育だけではなく、家庭の中でもしっかりとつくり上げて、そして理解をしていただくということが大事だと思います。いずれにしても、金銭教育も含めて研究をしていただくように、学校現場での実施について提案をしておきます。
 次に、行政現場での教育の実施であります。人はお金と関係して絶えず意思決定をしております。当市の行財政についても、行政責任でその意思決定をどれだけ主体的に正確にできるかが重要だというふうに思います。平たく言えば、行政がどのようにお金を使うことに意味を見出せるか。これでよかったかと。行政はそのことについては考えなければならないと思います。金融教育はそうした意思決定に関する判断基準や価値観を磨くための一つの材料であるというふうに考えておりますし、行政がその能力や感性を最大限に生かして築かれるまちづくり、まさしく評価制度を行政が磨く材料でもあるというふうに考えております。この教育は、その時代の偉大なテーマの一端を担っていると思っておりますし、そうして見れば、金融教育は、対市民だけではなくて、行政側においてもしっかりと学ぶべきではないかなと思いますが、市長、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)行政内部ということにとらえさせていただきますと、経済という言葉の意味合いというのは、経国済民 ── 国を治めて人を救うと。まさに政治そのものだということでありますし、また、一般的に経済という言葉を使う場合においては、費用をかけないこと。ですから、最少の経費で最大の効果を生むという自治体としての財政の原則というものから見ても、経済ということは欠くべからざることでありますし、また、金融ということにつきましても、経済社会における資金の貸借、あるいは金銭の融通というのが金融という言葉でありますし、また、経済というのは、人が2人以上集まった場合に、生活を営む上においては欠くべからざることだと。ですから、社会関係をしっかりと維持するに当たっては、当然、経済のことを考え、また、経済行為をしていかなければならないということでございます。
 市役所におきましては、実は、あらゆる分野の精通した職員がいますので、全員が例えば金融経済に強くなければ仕事が営めないというふうには思わないわけでございます。いわば、役所というのは総合力で行政に取り組んでいくということでございます。しかしながら、そうは言いますけれども、特に自治体としての財政状況とか、あるいは、これまで御提言をいただき、またお答えを申し上げているわけでございますが、新しいトレンドといいますか、大きな流れの中で、我々としては、改めて、金融経済ということをしっかり踏まえて仕事に当たっていかなければならないということでございますので、実施を具体的にどういうふうにするかということにつきましては、これが決め手だということはなかなかないわけでございますが、職員の研修とかといったメニューの中に加えると。あるいは、自己研修ということで大いに勧めるとかといったことで、まず取り組んでいきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)私も以前は市役所の方に勤めておりましたが、例えば、ここに金額が 1,000万円あったと。当然、 1,000万円分の工事を発注すると。例えば、 500万を分けて経費を上げるような、そういった発注はしないわけでありますが、今回はその中身を言っているのではなくて、工事そのもの、事業が本当に価値があるのかということをしっかりと見定めなければならないと。それがまさしく金融経済教育だというふうに思っているわけです。
 それで、前の第2回の定例会で市職員配置の適正化と時間外労働の短縮計画について質問をいたしました。市長からは、今年度中に人員削減、また、公務員の給与引き下げについても一定の方向性を考えていきたいというふうな回答がありました。また、行財政改革においても対応していかなければならないというふうにも答えておりました。しかし、市民の皆様にとって、痛みなしに実現するわけではないというふうに私は思うわけであります。そして、賃金を下げれば、これまでどおりの人材を引きつけることは困難でありますし、問題なのは、何といっても、サービスの低下であります。そこで、公務員の生産性をしっかりと高めなければならないと思います。生産性を高める上からも、金融経済教育というのは本当に必要なのではないかなと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)金融経済、特に経済というのは、ある意味では、物質的財貨の生産、分配、消費といったような形になるかと思います。我々が仕事をしていく上では、物質的な財貨 ── 経済的な面と、メンタルな面といいますか、精神的な面といったこともあわせて充実をさせながら、行政に取り組んでいかなければならない。その意味では、今御指摘をいただきましたように、金融経済につきまして一生懸命勉強するということは、自分自身のためでもありますし、また、よりよい行政サービスを行う公務員としても非常に重要なことなのかなというふうに思いますので、さっきも申し上げましたように、簡単に、先生に来てもらって、1回、2回講演をしていただくだけで十分ということは言えないわけでありますので、具体的に取り組みは難しいことではありますが、何らかの研修メニューをつくり、そしてまた、自己啓発をできるだけ督励をするということで進めていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)前に学校教育についても質問をいたしました。官から民へ、そして国から地方へと、まさしく経済社会のシステムが変わってきていると。今は非常に大変な時代だろうというふうに思っております。その中で、最後になりますけれども、経済教育を学校教育に限定するならば、それは当然、世代を担う子供たちだと思いますが、しかし、今のこの経済社会の変動に直面しているのは、むしろ、学習を終えた我々世代だと思いますし、対市民だというふうに思います。そういうことからいえば、学校教育のみならず、生涯学習としての経済教育にやはり取り組んでいくと。そして、行政側も当然考えていかなければならないということからいえば、その視点も重要であるなと思いますが、市長、最後にそこのところを。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)金融経済教育というのは、例えば、個人の情報対応力を高めることとか、あるいは、限られた資源につきまして、それを効率的に運用するということでありますし、また、経済観念を絶えず持つということによりまして、社会的なコストを軽減するといった効果が当然あるわけであります。
 また、一方では、 1,400兆円とも言われる個人金融資産は、個人個人が賢明に運用していくということは、国民経済的にも非常に大きいと。また、そういった前提に立って、先ほど来お話をいただきますように、ペイオフ解禁に伴って、いろいろなリスク等も出てきているということでありますし、また、商品をめぐってのいろんなトラブル等があるということでございます。せっかく老後の蓄えにしたものがたちまち消えてしまったという悲惨なケース等もあるわけでありますので、こういったことを考えていきますと、子供の時点での教育のみならず、大人たちとしても非常に必要なことだということであります。
 また、我々といたしましては、社会人とか高齢者の方々に対する行政サービス全般を受け持つものとして、我々自身が金融経済についてしっかりとした知識を持つことは、仕事をしていく上で、住民サービスを高めていく上でも、必要な知識ではないかと思いますので、本日、いろいろと御提言をいただきましたことを踏まえまして、我々職員といたしましても、できるだけ金融経済等の学習を進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

2番(布田一民)最後になりますけれども、山形にサクランボ狩りに行ったときに、つくっている農家の方に「大変ですね」というふうに聞きました。そしたら、「何も大変ではないんだよ。私たちは木を育てているだけなんだ。何もサクランボを育てているんじゃない。サクランボは木自体が育てているんだ」というふうに農家の方は言っておりました。ですから、大事なその木をしっかりと育てる上からも、今回の金融経済教育は必要なんだろうと私は思います。現在、市では、男女共同参画、そしてまた、食育についても行っております。これについては評価をいたすわけでありますが、経済に関することも、市民一人ひとりにとって生きる力が必要だと思いますので、今回、金融経済教育の促進について提案をいたしました。終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)2番布田一民議員の一般質問を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は午後2時45分といたします。
    午後2時34分休憩
─────────────────────◇─────────────────────
    午後2時45分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)休憩前に引き続き会議を開きます。
 17番安住文彦議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔17番安住文彦議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)それでは、通告いたしました「アスベスト対策」に関する一般質問をさせていただきます。
 カラスが鳴かない日があっても、アスベスト問題が新聞に掲載されない日はありません。本定例会にも市政報告がありました。時期を得た報告です。褒めておきます。
 報告の内容は、一つは、庁内に「岩沼市アスベスト問題調整会議」を設置する。二つ目は、健康不安等についての相談窓口を健康増進課に開設したと。三つ目は、一般住宅でのアスベスト使用についての問い合わせ窓口を都市計画課に開設したとの報告です。また、四つ目としては、14の公共施設でアスベスト(石綿)が使用された疑いがあることが、9月6日、市の調査でわかったと。14施設は、河北新報によれば、市庁舎、小・中学校、市民会館、消防庁舎、市営住宅など。設計図書や目視による調査で、壁や天井などに吹きつけられた可能性が認められ、市は当該箇所のサンプルを採取し、専門の検査機関に送ったと。アスベスト含有の有無は、一、二カ月後に判明する見通しとの報告をされました。
 私たちは、これまで、日本において、発がん物質アスベストの危険性の啓蒙、アスベストによる健康被害の掘り起こし、既に使用されているアスベストに対する労働・環境対策の確立・強化、そして、何よりも、日本におけるアスベスト禁止の早期実現に向けてさまざまな取り組みを進めてきました。そのような目的のために、1987年に労働組合や市民団体、関心を持つ個人によって設立された団体があります。
 我が国では、アスベストというと、1980年代後半に学校の吹きつけアスベストの除去をめぐってにわかに社会問題化した後、既に過去の問題になったかのごとき風潮がなきにしもあらずであり、冗長の感はありますが、以下に御紹介する最近のアスベストをめぐる内外の状況を御確認の上、次の質問事項に対する市としての見解をお願いいたします。
 一つ、本市におけるアスベスト全面禁止の導入について、どのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)アスベスト問題につきましては、国挙げての問題で、しかも命にかかわる、また、極めて長い発病までの潜伏期間を持つものであって、適切な対応が望まれるわけでございます。アスベストの全面禁止の導入ということは、当然早急にやっていただきたいと思っておりますが、岩沼市が行うということではなくて、これにつきましては、国が行うというふうになっております。
 実は、私が気がかりなのは、例えば、過去、有機水銀による公害だとか、あるいはHIVの非加熱製剤の問題とか、結果としては、後手後手の対応によって取り返しのつかない状況を招いたということがありますので、今回はぜひその轍を踏まないようにといっても、既に相当年月がかかってきているわけでありますし、また、前段申し上げましたように、相当長い発病までの潜伏期間を持つということでございますので、実際のところは、適切に対応することは極めて難しいような状況にはありますが、まずは、できるだけ早く全面禁止を、国の方でもいろいろ検討するということでありますが、平成20年までに全面禁止ということでありますが、さらに全面禁止を前倒しするということも検討されておりますので、一日も早く全面禁止になればいいなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)全面禁止賛成の立場ということであります。それを聞いて安心はしたわけですが、アスベストは粉じんの中でも発がん性が明らかであり、全面禁止は世界の趨勢です。しかし、日本では、現在も10万トン程度が輸入され、世界有数の消費国となっています。代替品の開発を急ぐとともに、製造、輸入、流通など全面禁止すべきと思います。とりわけ、使用が認められているクリソタイルについても発がん性が明らかで、EUを初め使用を禁止しており、日本もそうすべきであると思います。
 そういうことで、市長に対して、これをどう思いますかという質問については、大変重荷ではあると思いますが、もう1回、答弁をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)先ほど申し上げましたとおり、悪いと思ったものにつきましては、できるだけ早く全面禁止ということが当然の方策ではないかなと思います。しかしながら、安住議員の今の御質問の中で触れられておりますとおり、代替品がないということで、これまで、経済界等の声等も踏まえながら、一部につきましては使用が認められてきているということであります。しかしながら、こういったものにつきましてはやはり全面禁止が望ましいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)次、2番、本市におけるアスベストによる被害の実態と将来の予測の必要性について、どのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)岩沼市域内でのアスベストによる健康被害ということは、現在、確認はされておりません。しかしながら、これにつきましては、潜伏期間が相当長いということでございますので、的確な予測というのは非常に難しいと思いますが、しかしながら、十分注視をし、対応することは、極めて重要なことと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)2番については、日本は被害の実態把握が極めて不十分でありおくれています。1980年代から大問題になったにもかかわらず、政府が、アスベスト関連死である「中皮腫」の死亡者の統計をとり始めたのは1995年からです。石綿肺、石綿肺に合併する肺がん、中皮腫、良性胸膜疾患など、アスベストによる疾患やその合併症について、早急に実態を把握するとともに、科学的な予想を立てることが必要です。同時に、暴露から発症までが数十年と言われており、継続的に健康モニタリング、医学上の対策の強化、被害者を法的にどう救済するのかなど、行政が責任を持って進めるべきだと考えますが、2番目への回答をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)実際のところ、我々の段階におきましては、病理学的に解明をするとか、あるいは科学的にどうなのかということにつきましては、自分たちでは解明をしたりすることはほとんどできないわけであります。したがいまして、国の方が対応するということでありますし、また、物によっては大気汚染防止法のかかわりになってきますと、県が対応するといったようなことでありますので、国、県の方から情報を得て、それを的確に市民の皆さん方にお知らせをし、必要に応じて、対応できることについては対応したいというふうに思っておりますが、しかしながら、今御指摘をいただきましたように、結果としては国の方の対応が後手後手になっているのではないかと私も思いますし、実は、政府の方でも多少の反省ということにつきましては表明をされているということでございます。
 1970年代の初めに、WHOの方で発がん性があるというようなお話があったわけでありますし、その時点におきましては、旧労働省とか旧環境庁においてはアスベストの危険性は当然認識をしていたわけでございます。しかしながら、代替品がなかったとか、あるいは、はっきり言って、どの程度でないとどういうふうになるかといったようなことが十分わからなかったといったようなことも手伝って、結局、一つ一つ、例えば、昭和61年になって、青石綿あるいは茶石綿とかいったものにつきましては徐々に禁止をしてきたという形ではありますが、しかし、先ほど来お話をいただいておりますとおり、まだ全面禁止になっていないということでございますので、代替品をしっかりと開発しながら禁止をする。そしてまた、どういう状況になればどの程度の被害があるかといったようなことにつきましても、一層国の方で力を入れて、できるだけ早く解明をしていただき、それに応じて、疑いのある方々については、しっかりと検診を受けていただいて、もしものときにつきましては、治療など……、ただ、明確なそのあたりにつきましては、我々は知識がありませんのでどうこう申し上げることはできないわけでありますが、健康被害が生ずるとすれば、それに対する対応というのは国の方で責任を持ってやっていただきたいと。我々といたしましても、先日の市長会におきましても、アスベスト対策について国に対する要望をしたというのも、そういったことからであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)国を中心として、県、市という縦割り行政の中で、特に、末端の市町村が行政的にどうするかということについては、市長の判断だけではなかなか難しいとは思いますが、9月議会の市政報告にこのように出していただいたわけですから、大変時期を得ているというふうに私は評価をしておるわけです。私は、一般質問の予告をするのに、市長が報告をしてくれたのでよかったなと思っているわけですから、そういう立場でこれからも質問させていただきます。
 そこで、次に3番目に移ります。本市全体に既に使用されてしまっているアスベストの現状を把握し、これを計画的かつ安全に除去していく必要性について、どのようにお考えになっておるか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)アスベストが含まれている建築資材は 3,000種類に及ぶというふうに言われているようであります。今、特に問題になっておりますのは、この中で、吹きつけ材の中にアスベストが含まれているかどうかということであります。建材の多くを占めるボード等は、中に単に存在するだけなら、通常は飛散することはありません。ですから、まずアスベストが含まれているかどうか把握をするということでありますが、建築時の図面の確認とか、あるいは目視によって調査を行って、可能性がある場合につきましては、分析機関に依頼をし、分析、測定を行うということでございます。
 そしてまた、アスベストが含まれている建築資材を安全に除去するためには、工事に従事をされている方あるいは周辺住民の皆さん方のアスベストの飛散による健康被害を防止するために、国の方の「アスベスト飛散防止の指針」等に従って行うというふうになっております。これらは、直接は県が窓口になっておりますが、市といたしましても、非常に重要な問題でありますので、啓発に努めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)日本では、1960年からアスベストの輸入が急増し、建築材料を初め、市長が言われたように、約 3,000種類の用途に使われてきました。アスベストは極めて危険な物質であり、過去にどのように使用されたのか、今どうなっているのかを把握し、計画的かつ安全に除去していくことは待ったなしの課題であると思います。学校などの公共施設での除去は行われていますが、全く不十分で、民間施設を含めて徹底した現状把握と安全除去が求められると思います。
 特に、学校に関して、市政報告によれば、14施設の中に小・中学校が含まれているんですね。これについては、新聞によれば、サンプルをとって、結果は一、二カ月後に出るということですが、市長は、特に学校についてはどのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)学校につきましても、あるいは、市民の皆さんが多く使われる場所につきましても、非常に重要な場でありますので、例えば、アスベストが簡単に吸引されるような状況にあることは避けていかなければならないということでございますので、まず、我々といたしましては、可能性があるとすれば、分析機関に分析、測定を依頼するということで、考えられるところにつきましては、既に調査をお願いしているということでございます。その結果が出次第、適切かつ迅速に対応したいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)そこで、アスベストの一般質問が、私のほかにもあと4人ほどおるわけですが、特に14施設について、具体的には今出してもらわなくてもいいんですが、例えば、本庁舎ということで、議会棟のこういうのも吹きつけというふうに見ていいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)例えば、この議事堂であれば、天井は吹きつけ材だと判断をしております。したがいまして、この分につきましては、サンプルをとりまして、検査機関に回しております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)さっき、市長答弁にもあったように、固まっている間は問題ないんだってね。飛散すると、それを吸って、私が今65ですから、 105歳のときに亡くなると、病気が顕在化してくるということなんですが、この議事堂は何年にできたかわかりませんけれども、その当時の議員さんで、現在病気になっているような方、アスベストによる病気になっているような方はおるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)私はここの完成の直後から議員でおりましたし、議員を1カ月休んで、またここにおりますので、可能性としては……、また、そのときからここに入っている職員というのは、三浦助役とか、限られるわけでありまして、普通からいきますと、もし飛散をしていれば、私が比較的早く発病する可能性があるのかなと思っておりますが、もともと肺等とか気管が弱いのではありますけれども、今の段階としては、中皮腫とか肺がんとかということはないというふうに思っておりますし、岩沼全体として、もちろん肺がんの方はおられるわけでありますが、今の段階におきましては、特別、アスベストによる肺がんとか中皮腫なのかどうかということについては、わからないということが正直なところであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)安心しました。市長がまだ元気ですから、私より5歳も若いので、まだ発症していないとすれば……。議事堂ができてから30年ぐらいになるんでしょうか。そして、市長は元気なんですから、アスベストには感染していないということで、安心はするわけですが、飛散するという原因がいろいろ問題になって、それを吸ったりすると病気になるというわけですから、今後、14施設についての検査結果が待たれると思いますが、14施設、公共施設以外で、民間の中でのいろいろな問題点が、後の議員さんの質問の中にも、文章を読んでみますと、県が立入検査をしたとかという話が出ていますので、3番については、これで終わりますけれども、ぜひ徹底した調査なり検査をして市民の不安感を排除願いたいと思います。
 次に、4番です。今後、アスベスト含有建材が使用された建築物の解体、改修、アスベスト含有廃棄物の輸送、廃棄が、最も労働者と住民、環境に対するリスクになるものと考えられますが、ごく一部しか規制していない現行の諸規制を拡充・強化する必要性について、どのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御質問の、現行の諸規制を拡充・強化する必要性につきましては、現在、国土交通省の社会資本整備審議会のアスベスト対策部会においてさまざまな除去の方法が検討されているということでありまして、これらの検討結果を踏まえて建築基準法の改正も行うということでありますので、まず、そういった動向を注視しながら、速やかな対応に進めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)規制のための現行諸規定を拡充・強化することは必要だと思います。さらに、労働者の命と健康を守ることはもとより、周りの住民の安全対策上も、環境を守るという点からも、震災など災害時のアスベストの安全な除去も含め、新たに実効ある法律による規制も検討すべきだと考えられます。
 そういう点で、4番については、今、市長の答弁がありましたように、国の国土交通省で検討されているということでありますので、その検討結果を待った上で、市としてもそれなりの対応を願いたいと思います。
 次、5番に移ります。労働安全衛生法、廃棄物処理法、大気汚染防止法、建設リサイクル法や地方自治体の環境保護関係条例など複雑に分岐し、かつ、対象範囲も異なる届け出や諸規制を、より強化する方向で、共通する部分の対象範囲を斉一化するとともに、関係省庁、地方自治体等が共同で調査・監督する体制を確立する必要性について、どのようにお考えですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)アスベストによる健康被害の不安が広がっている中、国におきましては、御承知のとおり、アスベスト対策のための関係閣僚会議が開かれまして、そして、7月29日にはアスベスト問題での当面の対策というものが発表されました。また、今後、特別立法の制定というものが検討されているようであります。したがいまして、国においては、より具体的な対策をしっかりと示していただき、国、県としてもまた連携を図りながら対応をしていかなければならないと思いますが、まずは、国全体としての問題でありまして、法律的な面からも対応が重要でありますので、必要な規制等は速やかに国の方で対応していただくように望みたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)法律が今いっぱい出てきたわけですが、この中でも、特に労働安全衛生法の1点についてちょっと申し上げますと、労働安全衛生法の関係から、石綿含有製品を製造・加工する作業などで発生する石綿粉じんが発散する屋内作業場については、粉じんの発散源を密閉する設備、局所排気装置またはプッシュプル型換気装置を設けるとか、法律上でいろいろ規制をされるわけですね。屋内作業については、6カ月に1回ごとに空気中の石綿の濃度を測定するとか、いろいろ法律で規制されているわけです。例えば、大気汚染防止法関係では「工場や事業所で製造や加工をする際に特定粉じん(石綿)を発生する……、次のいずれかの施設を設置または」云々というように法律で規制がなっているんですね。これが周辺の工場などで適用されて、なるべく粉じんが出ないような方法なりを考えた法律行為をしているわけですが、現状ではなかなかそれがうまくいっていないんですね、横断的になっていないということでありますので、市の段階で規制を変えたりすることは……、多分、県の段階とか国の段階の法律行為だと思いますが、市政報告にも「指導の窓口は県でありますが、市といたしましても」云々というくだりがあるわけですが、ここについてひとつ答弁をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)今御紹介いただきましたように、石綿障害予防規則等に基づいて対策を講ずることが義務づけられておると。例えば、労働安全衛生法関係におきましては、今お話をいただきましたような装置等を設けなければならないと。これは全部義務づけがされているわけでございます。したがいまして、それぞれの法令にかかわりを持つ省庁あるいは都道府県が、しっかりと監督を行わなければならないと思います。
 そこで、7月29日、さらに8月26日に改定されました、国の方の関係閣僚による会合におきまして、アスベスト問題への当面の対応という中で、例えば、建築物の解体時等の飛散予防の徹底というのは、厚生労働省と国土交通省、そして環境省の中で対応するということで示されておりますが、それらは、例えば、建築物の解体現場等における措置として、飛散防止措置を徹底すると。これは7月12日と15日に都道府県の労働局、さらに関係業界に通知をしたとか、あるいは、大気環境への飛散防止措置の対象となる解体・補修作業の規模要件等を撤廃すると、これは関係規定を来年2月までに改正するとか。あるいは、建築物の解体現場における重点的な監督・指導等を実施するのは、重点指導月間として8月から10月までを定めるということで、例えば、解体に当たっての飛散防止とか、それぞれ今対応しなければならない問題、例えば、学校におけるアスベスト暴露防止対策ということで、文部科学省と消防庁がそれぞれ対応するとか、国民の不安を解消するために、国民への積極的な情報を提供するといったことは総務省とかその他の省庁に義務づけるとかと、いろいろその当面の対応がとられているわけでございまして、必要なものにつきましては、都道府県を通じて、そして関係業界等を通じて徹底するようにしているわけでございます。
 我々といたしましては、それら省庁あるいは都道府県が対応しないもの、また、できるだけ多くの市民の皆さんにお知らせをした方がいいことにつきましては、市としても、広報、市民の皆さん方にお知らせをする。あるいは、国と県が対応することになっているわけではありますが、市としても御相談の窓口を設けさせていただくといったようなことで、市としてはできるだけの対応をしたいということで考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)では、最後、その他、アスベスト問題に関する方針や御見解があればお聞かせくださいということでありますが、ぜひお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在、一部の例外を除いて、アスベストの使用は禁止されているということでございますので、全面的に禁止し、そしてまた、その意味では、今後は、しっかり検査等を行って、疑いのあるものにつきましては、除去なり、あるいは封じ込めなり、いろんな方策をとることによって、恐らく今後の拡大はないのではないかと。
 しかしながら、これまで既に吸い込んだ人たち等がおられるわけでありますし、また、過去にアスベストによって亡くなられた方、健康被害を受けられた方、それぞれおられるわけでございますので、そういったことにつきましては、国の方で法令等の整備を行って、自治体と連携をしながら、しっかりと対応していただかなければならないというふうに思います。何といっても、我々だけでは研究する力もありませんので、国の方でしっかりやっていただかなければならないと思っております。もちろん、我々としては、過剰な反応はしてはいけない。しかしながら、非常に重要な問題でありますので、しっかりと的確な対応をしていかなければならないということでございますので、国の方あるいは県の方でやる部分につきましては、例えば、過去の轍 ── 後手後手になってきたことで思わぬ拡大を見たというようなことがあるわけであります。
 もちろん、そういっても、もう既に吸われた方々にとっては、それこそ、20年、30年、40年後に発病するということもありますので、そういたしますと、これから拡大しないにしても、今後、30年、40年なり、我々としては十分注視をしていかなければならないということでございます。国としても、市町村とか都道府県にお任せをするというような形であってはいけないということでございますので、しっかりやっていただくように、我々としても、また市長会を通して国の方に要望していきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)安住文彦議員。

-------------------------------------------------------------------------------

17番(安住文彦)最後になりますが、市長も答弁しているわけですが、これからは、国、県なりの情報を市民にもぜひ早急に公開するということ。また、ハンセン病にしても、水俣病やHIVにしても、日本の役所の対応は遅過ぎるのが常でございます。今、市長が言われたように、市長会を通して、政府に早急に禁止を要望し、実行させるよう努力をしていただくことの最後の決意を、市長から、もう一度、自民党政府にぜひお願いをしていただきたいと思いますが、いかがなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)必要なことは国の責任でやっていただくということにつきましては、我々としても十分お願いをしなければならないと。安住議員にも御協力をいただきながら、できるだけ早く的確な対応ができるようにと。そして、先ほども申し上げましたが、命にかかわる非常に重要な問題であります。4万 3,000市民の皆さん方の非常に関心の高いことでありますので、情報提供につきましてはしっかりやらなければならないと同時に、過敏な反応とかということは避けていかなければならないと。しかしながら、周到な対応も必要だということでございますので、悔いのないように、市としてできるだけの努力はしたいというふうに思っております。(「終わります」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)17番安住文彦議員の一般質問を終結いたします。
 13番長田雅裕議員の一般質問を許可します。直ちに発言席において発言してください。
    〔13番長田雅裕議員発言席〕

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)13番、新政クラブの長田雅裕です。
 通告どおり質問しますので、御回答をよろしくお願い申し上げます。
 市長が市政報告の中で、「ことしの稲作は平年並みの収量が見込まれる」と、いい方向での御報告があったわけです。現状を見ますと、私の目からですが、ことしの米は、去年よりもかなりいいんじゃないかなと思うほどいい実りをしています。一部、雨でなぐり出るといいますか、少しそういうところが見られますが、収穫には影響はないと思います。
 しかし、現実に、米の仮渡金、先日、コシヒカリなどの価格も出ていましたが、30キロ袋二つ、60キロで、昨年の仮渡しが1万 2,000円で、先日、これは農協の価格ですが、平成16年産で1万 3,200円、これが最終の価格でした。ことしは、ちょっと電話を入れたんですが、まだ発表になりませんけれども、大体5%ぐらい下がるのではないかと。昔というか、私たちが働いていたころは、豊作といいますと、よく歌にありますように、町も在郷も賑やかだったのは歌にもありますが、そういうふうに町じゅうが非常に豊作で、夜になると非常に賑やかな通りがありますが、今は豊作を喜べない現実で、まさに寂しい限りであります。行政、そしてJA、農家が一体となって、なお一層の農業構造改革を推し進めなければならないと考えております。
 早速、けさ、自公が圧勝ということで、早速この話が出ていました。一部の財界の幹部が「今度は農業構造も改革をしなければならない」と。そういうことで、早速、農業が一番先にやり玉に上がっていたようでして、先が、見通しが立たないような状況であります。しかし、優良農地の有効利用、あるいは担い手の確保、育成など、土地と人対策を中心に、地域農業振興と構造政策の推進に取り組まなければならないと思います。
 そこで、現在の圃場整備の進捗状況について、まずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)市長の答弁を求めます。井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)現在、御承知のとおり、岩沼市では3カ所で県営の圃場整備事業が実施されているということであります。
 寺島地区におきましては、平成9年度の事業開始以来、昨年までで面工事のすべてが完了しており、今後は客土や暗渠排水工事などの附帯工事を行って、平成18年度で工事の一切が完成することとなっております。小川・本郷地区につきましては、平成13年度から事業が開始されており、昨年までの事業費ベースでは21.5%の進捗率であります。平成21年度までの事業予定となっておりますが、現在の進捗状況から見ますと、工期が若干延びる可能性があるのではないかと推察をいたしております。早股、押分の玉浦中部圃場整備事業につきましては、本年の3月25日付で農林水産大臣の事業採択通知をいただきました。今年度から来年度にかけて調査、測量と実施設計が行われ、平成19年度から面工事に入る予定となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)行政なり関係団体では早期の実現を願っているんですが、今お話がありましたようなことで非常におくれておるわけです。しかし、現在、玉浦南部にしろ、小川の方も、転作とうまくかみ合わせて、一つ一つ、集落農業とか、そういうような圃場組織のあれで、大豆にしろ、麦にしろ、稲作にしろ、非常にうまくかみ合っておるように見られます。当然、前にやった早股とか玉浦の3反区画については、あのままでもいいんでしょうけれども、南長谷、北長谷の方の状況はどうなっていますかね、三色吉もちょっと含みますけれども。その辺の進みはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菊地産業部長。

-------------------------------------------------------------------------------

産業部長(菊地善二郎)南長谷地区は京囲いの方でしょうか。西部西区の圃場整備の事業でございますが、現在は、研究会を開催いたしておりまして、その事業実施に向けて、まだ協議とか意見の交換をしている状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)関連でもうちょっとあれしますが、次に移りますが、担い手の現状についてをお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)御承知のとおり、3月25日に閣議決定されました食料・農業・農村基本計画では、農業の構造改革を進め、意欲のある農業経営者の育成・確保というのが重点項目とされております。特に、農業構造改革につきましては、認定農業者の数の拡大、そして、小規模農家や兼業農家を巻き込んだ形での集落営農組織の法人化・育成を進めるなどして、大規模かつ効率的で生産性の高い、いわゆる担い手農家を育成するため、一定の経営規模以上の農家所得を補償する制度を平成19年度から導入することとしております。
 また、圃場整備事業につきましても、これまでの小区画農地や不成形な農地の区画整備を目的とすることよりも、担い手農家や農業経営体の育成のための基盤整備という意味合いが非常に重要視されるようになってきております。
 岩沼市におきましては、平成16年4月に策定した「岩沼地域水田農業ビジョン」に 243名の方々が農業担い手として登録されておりますが、中には農業者年金を受給する世代の方々が含まれております。高齢者の頑張りも大切でありますが、あわせて、その経験を踏まえて、技術を受け継ぐ後継者の育成・確保にも力を注がなければならないと思っております。農業が魅力的な産業の一つであり、農業が若い人たちの職業の選択肢の一つとなるように、国、県の施策を見据えながら、担い手の育成・確保ができるように、岩沼市としても進めていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)市長の答弁のとおりなんですが、一番問題になっているのは、若い後継者、担い手という人たちは、花卉とか園芸とかというものに対しては非常に熱意を示しておるわけですが、ところが、水田になるとなかなか手を出してこないと。トラクターの運転手はするが、実際、管理はしないというような状況にあるわけですね。したがって、恐らく、市が進めるような、水田を基盤にして複合経営とかというものにはなかなかいかないと。ところが、トマトとか、花卉とか、施設ものについては、農業者以外の企業が参入してどんどんやっていると。前にも私は言ったと思いますが、豚とか鶏なども当然企業経営です。そういうようなことで、どんどんそうなっていくようになっております。
 次の項目に移りますけれども、今、市長が話しましたように、集落農業というのがどんどん位置づけされて、実際、私たちの地区も、そういうことで、水田に関しては、少しずつですが、集落の方向づけにはなってきております。その辺、今の市長の答弁で十分ですが、もう1回、集落農業について、市長の考え方なり市の指導方針なりをお聞かせ願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)食料・農業・農村基本計画の中で、意欲のある農業経営者の育成・確保が重点項目に入っているということはさっき申し上げたとおりでありますが、確かに、認定農業者を中心とするいわゆる担い手の方々にしっかりと農業を支えていただくということが、これからの農業においても非常に重要だということはよくわかるわけでありますが、心配するのは、現実には、兼業とか小規模経営の方々が大部分であります。もちろん、いつまでもその状態がいいかどうかと言われれば、決していい状況ではない。しかしながら、実は、日本の現実の農業、特に岩沼においてもそういう状況であります。それらの人たちを簡単に切り捨てていくというふうになれば、当然のことながら、その人たちは農業をやめるわけでありますから、当然、農地は荒れ放題になると。そうしますと、岩沼レベルで考えても、岩沼の農地のそれこそ過半数はそういった状況になりかねないという状況があるわけであります。ですからこそ、担い手ということが、必ずしも認定農業者というだけではなくて、小規模経営の方々にももう少し場を与えてもらわないと困るということで、市長会を通じて、我々としては意見を申し上げているということでございます。
 そしてまた、一方では、食料自給率を平成27年度には45%に達成ということを、きのうまでの選挙の中でも公約をしているところがあるわけでありますし、もちろん、日本の農業として食料自給率を上げていくということは至上命題ではあります。しかしながら、実は、40%を維持できているのも、小規模とか零細の人たち、あるいは土曜、日曜だけ農業を営んでいく人たち、昔で言われる「3ちゃん農業」とか、そういう人たちがやってきてこそ成り立っているわけでありますので、繰り返しになりますが、そういった人たちに対しても心配りをしながら農業政策をやっていただかなければならないと思います。ですから、その中で、集落営農という考え方は、これは当然組み入れていかなければなりませんし、岩沼市としても、地域水田農業ビジョンの中でもそういった方向性を示しているわけでありますけれども、やっていかなければならないというふうに思います。ある意味では、集落営農というのは、戦後の農地改革に次ぐ大改革であるというふうにも言う人もいます。場当たり的な点ということの取り組みではなくて、市町村農業を計画的に行うために、この際、思い切って面的な面での取り組みが求められている。それが集落営農のポイントではないかと思っております。したがいまして、地域水田農業ビジョンに基づいて、それぞれの立場で、まずは、認定農業者とか、本当の意味の担い手の人たちにしっかりと営農をしていただくということと同時に、少なくともここ何年間とか何十年間というのは、これまでのような小規模の人たちに対しても心配りをしていく農政をとっていただかなければならないと思っております。
 いろいろ選挙で公約をされたり政府の方で出しているわけでありますが、これまでは、それこそ戦後、政府が言ってきた農政については成功したことが少ないわけでありますので、ですから、これだけ自給率が低くなったということもあるわけであります。一方では、米の消費が少ないからといってどんどん削っていくわけでありますが、そうだとすれば、私がいつも言っているのは、日本全体として適地適作をしっかりやってもらいたい。これは、市長会でも、あるいは市長会と県選出の国会議員との懇談会の場でも申し上げたわけでありまして、それに対して、ある国会議員からは「そのとおりだ」というお話もいただいたわけでありますが、まだまだそうはいっていないと。米がこの地域では最も大切でありますので、米さえしっかりとした価格で売れれば、農家経営は現実は成り立つわけであります。そしてまた、この地域の米はおいしいということがわかるわけであります。残念ながら、日本全体には大しておいしくない米もある。しかしながら、そこに農業者がいるので、しっかりと米をつくらせなければならない。ですけれども、まして、ここよりも暖かい温暖なところだとすれば、ほかの作目に転換したって本当はやっていけるわけであります。うまい米を食べられる方が国民にとっては非常にいいわけでありますから、そのあたりは、国が思い切って適地適作をやってもらいたいというふうに言っているわけでありますが、なかなかそうはいかないという形であります。
 しかしながら、岩沼の農業はしっかりと生き残って、そしてまた、これからも夢も希望も持てるような農業にしていくためには、やはり担い手を中心とした人たちにまずは頑張っていただくと同時に、地域として、集落として、しっかりと農業が営めるようにということで。ですから、集落の農地というのは集落で守ってもらうといったような形でやっていくことが非常に大切だと。その意味では、集落の農業のビジョンといったことも、それぞれの地域で考えていただいて取り組むということになれば、岩沼市としては、今回、国の方で食料・農業・農村基本計画で示していることと整合性のとれた農政が展開でき、そして、将来に希望が持てる農業になっていくのではないかというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)市長の言うとおりでありまして、それを市の方向で各集落によろしく教えてもらいたいと思います。
 ちなみに、玉浦南部の圃場整備は大豆がローテーション方式なんですね。小川は何人か共同で、三つか四つぐらいに分かれているわけですが、長岡は一つになって、先ほど言ったようにまだ21.5%ですから、長岡の部分だけ部落で調整して分けまして、ですから、梶橋から西、承水路の下、あそこは全部、大豆は長岡の分なんです。今、市長が言われたようなことで、私たちの方は、今、とにかく集落農業で進めようしておりますので、今後、市の方でも万全な指導方をお願いしたいと思います。
 なお、今、市長もちょっと話していましたけれども、集落というか、集落農業そのものが農地開放と同じような形の中で位置づけられないと進められないと、一部の学者なりいろんな方が言っておりますけれども、結局、畦畔を取り外すんですね。今、1町歩の中で、1町歩以上の人は1町歩多分もらえますけれども、それ以下の人たちは3人も4人もで1町歩の中に入ってしまうので、それはそのままではいかないので、畦畔を取り外した中での営農なんだということは、自分の田であっても自分の田ではないんだと、こういうような発想で持っていかなければならないということでありますので、これは答えは要りませんが、よろしくお願いしたいと思います。
 次に、これは関連かどうかわかりませんけれども、市長から「食育・健康フェア in 岩沼」ということで今度やるんだということでありましたが、それで、それが食育の一環かどうかわかりませんが、ひとつ農政の中での……、食育基本法が施行されましたので、市教育委員会として、食育教育をどのように進めるつもりでいるのかをまずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)教育委員会として食育教育をどのようにしていくかということでありますが、まず、教育委員会部局といたしましては、学校教育の中で給食が大きな位置づけであります。生きた教材は学校給食でございます。学校給食の食材に地元産の食材を利用することによって、食の安全・安心についての理解、さらに、献立にしゅんの食材を使うことにより、しゅんのおいしさを味覚で体験させるなど、学校給食を通しての教育をしていきたいと考えております。
 2点目は、総合的な学習の時間での農業体験学習であります。現在、学校では、学校田での米づくりや野菜・果物づくり、あるいは豆腐等の加工品づくりなどに取り組んでおりまして、物を育てる喜び、食への関心や生産者への感謝の気持ちなどが、その後の学習や生活において生かされ、人間形成に役立つものと考えております。現在、このような取り組みを考えておりますが、今後、さらにこの辺を振興させていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)ここに食育基本法がありますが、33条で、市町村食育推進会議、「市町村は、その市町村の区域における食育の推進に関して、市町村食育推進計画の作成及びその実施の推進のため、条例に定めるところにより市町村食育推進会議を置くことができる」とありますけれども、そういう計画はあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)影山教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育長(影山一郎)食育といいますと、どうしても教育委員会部局ととらえがちですが、実は、これは市民全体の食育でありますので、市全体の問題ととらえての計画だと考えるのが一番ではないかなと思います。
 御承知のように、9月25日、食育・健康フェアがビッグアリーナで行われます。これも市全体の取り組み、そこに教育委員会も入っておりますし、NHK、関係団体が一緒になって、子供たちだけではなくて、市民皆さん方の、いわゆる人生 100歳、健康で長生きするためにはどうしたらいいかというふうな計画でありますので、私からこのような形でということは今のところは言えないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)私は教育委員会だと思ったんですけれども、もし差し支えなかったら、市長に聞いていいですか。市長に答弁願いたいと。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)食育というのは非常に重要でありまして、健康と直結するということとか、あるいは産業振興につながるとか、いろんな意味合いがあるということでありまして、影山教育長もさっきちょっとお話し申し上げましたとおり、また、市政報告でも申し上げ、さらに、市の広報でも取り上げさせていただいておりますが、9月25日に食育・健康フェアというのを行うことになっております。市民の皆さん方には食育について関心を持っていただける一助になるのかなと期待をいたしております。
 法律では推進会議等を設けるというふうになっておりますが、岩沼市といたしましては、まず、食育基本法に基づいて、食育ということを市民に広く広めていく、そして、我々としても真剣に取り組んでいくということでありますが、推進会議等を設けるというところまではまだ至っておりません。
 また、子供のころからよい食習慣をつけることも非常に重要であります。そのことが生活習慣病とかなんかにつながらないという格好になると思います。ですから、子供のうちの食育教育といいますか、そういったことも非常に重要ではないかというふうに思っておりますし、また、大人になってからの健康な生活を維持するにつきましても、やはり食料を通じての病気、あるいは、食料を通じて健康づくりをするということが当然必要なことになってまいりますので、そういった面につきましても力を入れなければならない。そしてまた、我々としては、何といっても、農業振興ということも頭に入れるということであります。地産地消、そのことは農業振興だけではなくて、地域でとれたものは非常に安全だということでありますし、安心して食べられる。そして、輸送コストもかかっていないということでありますので、世界全体、地球全体に対する負荷も少ないといったような、もろもろのプラスがあるということでありますので、地産地消に力を入れながら、地域の食材を使って健康でと。いつも言うんですが、日本が世界一の長生きの国になったということは、米を中心とする食事を食べたからではないかというふうに私は思っております。
 ですから、米を中心とする食料を絶えずとってもらうためにも、じゃ岩沼の食材を使ってどんなものができるかということで、健康食コンテストを行うなどし、そしてまた、その優秀作品につきましては市民の皆さんにお知らせをして、そういったものを食べていただくことによって、地域の食材を使って産業振興にもつなげる。そしてまた、食材を商うことによって、商業者にとってもプラスになり、そして、それを食する我々が健康で長生きをするとすれば、こんなにいいことはないということでありますので、そういう意味で、広い意味の食育、食生活に対する教育だとかということに、市としても大いに力を入れていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)ありがとうございました。食育について、ちょっと読んだ本があったんですが、1980年ころから、アメリカのロサンゼルスだったと思いますが、そこでやったんですね。そこは何でやったかというと、肥満児がうんとふえてきたために、その地域で食育というのをやったんだと。それが大きくなりまして、今、市長の話にありましたように、地産地消がそこで生まれて、アメリカの食卓に生野菜、果汁が並び出したという経過があるそうです。まさに時期を得た市のあれだということで、今後ともよろしくお願いしたいと思います。
 次に、中心市街地活性化についてですが、1番の項目、これは6月議会においての高橋孝内議員の質問と完全に重複しますので、これは、高橋孝内議員に答えたとおり、今度の基本計画の策定の中にぜひ一歩入れられるように御配慮を賜ればということで、これを割愛させていただきます。
 2番目の、中央通りについては、北の町まで計画があるようでございますけれども、これはすぐにやれとかと言うのではなくて、商店街の午後の数時間を、買い物というか、年寄りが買い物に出かける時間帯、例えば、冬場ですと2時から4時とか、夏場ですと3時から6時ごろ、そういうような時間で、これは公安委員会とかいろんな規制もありますから、すぐにはできないでしょうけれども、場合によっては、片側通行、一方通行にしてもできるのではないかという考えをとって、ぜひ実施してはどうかなと思っております。岩沼の場合は、中央通りから向こう側は産業道路、桜の道路があるので、数時間だったら対応が可能ではないかなと。これは、これからの高齢化社会を踏まえながら、まちの活性化ということで、検討の価値があるんじゃないかと思いますが、一言お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)高齢社会をにらんだときに、すべての方々が車を利用できるという状況ではありませんので、歩いて買い物ができるということは、豊かな生活を営む上でもポイントだということでありますので、少なくとも、中央通りにつきましては、歩行者にとってもっともっと歩きやすいような道路を整備していくということ、このことが今、岩沼市においての課題の一つであるというふうには思っております。
 そこで、道路の整備もさることながら、今御提案いただきました、時間でも限って歩行者専用の街路にできないのかということであります。確かに、賑わいを取り戻す方法としては、いわゆる歩行者天国というのは非常に有効だと考えられますが、しかし、それだけでお客さんが集まるわけではありませんので、当然のことながら、魅力ある店だとか、品ぞろえがあるといったような要素も非常に重要だというふうに考えております。まずは、商店街の意向とか、市民の皆さん方の要望といったことを踏まえることが大切ではないかと。
 あわせまして、実は、警察の許可等も必要になってくるということでありますが、このことは大変難しい状況にあると言わざるを得ないということであります。将来の課題としては非常にいいというふうに思いますが、現時点におきまして、岩沼の夏まつり等におきまして市役所前の道路を時間的に車両通行どめにするにつきましても、許可をいただくことはなかなか難しい状況であります。しかしながら、毎年お願いをしてきているわけでありますので、来年以降も当然続けられるものというふうには思っておりますが、そのときの状況を伺いますと、中央通りについて、時間的に限定をされたといっても、今の警察の状況としてはなかなか難しいのかなというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)遠い課題で結構ですので、そういう意見もあるということで、商工会なりに話をつないでおいてもらいたいと思います。
 次に、消防庁舎の実施設計の請負関係なんですが、公共建築の設計者選定において、実績や資質がない設計者が低価格で落札してさまざまな問題を提起している例もあります。日本建築協会や公共建築設計懇談会など関係団体では、設計者は、価格だけの競争入札ではなく、設計者の人格、識見、技術、経験、創造性などを最重視して決められるものであると考えるということがありますけれども、今後、計画されている消防庁舎の設計については、どのような方法で実施するのかをまず伺います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)菅原建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(菅原清)設計業者の決定方法といたしましては、今お話しいただいたように、価格だけで競争する指名競争入札方式とか、一般競争入札方式、それから、アイデアを出していただきますコンペ方式とかプロポーザル方式などがあります。
 今回の消防庁舎の基本設計につきましては、コンペ方式を含んだプロポーザル方式によって行いたいということで今検討中でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)今部長から、プロポーザルというんですか、かなり多くあるそうですが、私も調査して主なところで拾ったんですが、桃生庁舎、コミュニティセンターとか、近くでは宮城県立病院ですか、こども病院、三女高の改築、私は10件ほどチェックしてきましたけれども、ぜひそういう方向で、特に消防庁舎などというのは何回も建てかえするものではないようですし、ですから、いいものを長く。
 私たちは、会派の研修でも、久慈の庁舎、近江八幡の庁舎。それから、個人的というか団体で行ったんですけども気仙沼を見ましたけれども、久慈などは物すごい、おどけでない庁舎でしたけれども、そのように、やっぱり見た感じもいい、それから使いやすい、機能の充実した庁舎となれば、部長のあれがいいと思うので、ぜひそのような方法でいいものをつくってほしいなというふうに考えます。
 最後に、都市計画道路についてですが、既に、市長が市政報告の中で、駅前の街路整備については、地権者との話し合いを前提に進んでいるということで、事業案の検討まで進んでいるようですので、早期に実施されるよう期待するものであります。
 特に、都市計画道路、こういうものは、ここがこうなんだじゃなく、そろそろつばをつけて、大体ここから入るんだというようなことをきちっと……、財政的に市長もいろいろ考慮しながらやっているんでしょうけれども。といいますのは、今、二木大通り線は、特に市役所というような連携もありますからですが、ヨークベニマルとカワチの間が普通一般の完全な商店街になっているわけですね。計画されている亀塚線も、私たち北の方の人間からしましても、早くできればいいのになという感じもするんです。何もスーパーが出たからいいじゃなくて、そういうふうな基本がきちっとあればいいなと思うわけです。その辺について、明快とはいかなくとも、ひとつお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめ延長いたします。
 井口市長。

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)市道亀塚線につきましては、昭和34年に都市計画が決定されたという幹線道路でありまして、現在、国道4号から県道岩沼蔵王線までの区間については完成、供用をしております。今後につきましては、亀塚線の必要性というものは十分感じておりますので、朝日土地区画整理事業の進捗に合わせて整備したいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)長田雅裕議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(長田雅裕)そういうことで、早期に亀塚線が完成されますようお願い申し上げまして、私の質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)13番長田雅裕議員の一般質問を終結いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定しました。
 残りの一般質問は、明日午前10時から継続することにいたします。
 本日はこれをもって延会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午後3時54分延会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 飯 塚 悦 男

                   議 員 後 藤 一 利