議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成17年第3回定例会(1日目) 本文




2005.09.06 : 平成17年第3回定例会(1日目) 本文


    午前10時開会・開議
議長(沼田健一)御起立願います。おはようございます。
 ただいまから、本日をもって招集されました平成17年第3回岩沼市議会定例会を開会いたします。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)直ちに本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は19名であります。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第1 会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第1、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月27日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、会期は22日間と決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第2 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第2、諸報告について、事務局長から行います。熊澤事務局長。
    〔熊澤昭事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)諸報告を申し上げます。7件についてであります。
 第1、第2回市議会定例会で議決されました意見書についてであります。別紙お手元に配付の意見書送付一覧表のとおり、5件につきまして関係する行政庁並びに関係機関に提出しておりますので、御了承願います。
 第2、市長から、本定例会に別紙お手元に配付のとおり議案の提出がありました。
 第3、地方自治法第 235条の2第3項の規定に基づきまして、平成16年度分に係る平成17年4月分、5月分、平成17年度分に係る平成17年4月分、5月分、6月分の一般会計並びに各種会計検査結果、また、同法第 199条第4項の規定に基づきます平成16年度市有財産の管理状況等について、平成16年度一般会計並びに特別会計に係る建設請負工事等の執行状況について、平成16年度税務課所管に係る市税の賦課徴収状況等についての監査結果が、別紙写しとして配付のとおり、監査委員から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第4、地方自治法第 243条の3第2項の規定に基づきまして、平成16年度岩沼市土地開発公社事業報告書及び平成16年度第8期株式会社エフエムいわぬま事業報告書が、それぞれお手元に配付のとおり、市長から議長あて提出がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第5、地方自治法第 180条第1項の規定により、別紙お手元に配付のとおり、損害賠償につきその額を定めること及びこれに伴う和解契約についての専決処分を行った旨、市長から議長あて報告がありました。よって、そのとおり御了承願います。
 第6、請願及び陳情についてであります。別紙お手元に配付の請願文書表のとおり、1件が議長あて提出されております。また、陳情文書表のとおり、3件が議長あて提出されております。
 第7、地方自治法第 121条の規定に基づきます今期定例会の議案説明員は、別紙お手元に配付のとおりであります。以上であります。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第3 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第3、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、8番松田由雄議員、9番村上智行議員を指名いたします。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第4 市政報告
日程第5 認定第1号 平成16年度岩沼市一般会計歳入歳出決算認定について
     認定第2号 平成16年度岩沼市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第3号 平成16年度岩沼市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第4号 平成16年度岩沼市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第5号 平成16年度岩沼市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第6号 平成16年度岩沼市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     認定第7号 平成16年度岩沼市生涯学習のむら分譲事業特別会計歳入歳出決算認定に
           ついて
     認定第8号 平成16年度岩沼市特別都市下水路事業会計決算認定について
     認定第9号 平成16年度岩沼市水道事業会計決算認定について
     承認第10号 専決処分の承認を求めることについて
          (平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第3号))
     承認第11号 専決処分の承認を求めることについて
          (平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第1号))
     議案第49号 岩沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の制定について
     議案第50号 岩沼市心身障害者医療費の助成に関する条例の制定について
     議案第51号 岩沼市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正
           する条例について
     議案第52号 岩沼市介護福祉条例の一部を改正する条例について
     議案第53号 岩沼市火災予防条例の一部を改正する条例について
     議案第54号 平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)について
     議案第55号 平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第56号 平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第57号 平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第58号 平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)について
     議案第59号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更について
     議案第60号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同設置する地
           方公共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更について
     議案第61号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体数の減少及びそれに伴う規約の変更について
     議案第62号 宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会を共同設置する地方公
           共団体数の増加及びそれに伴う規約の変更について
     議案第63号 宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合規約の変更について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第4、市政報告並びに日程第5、認定第1号から認定第9号まで、承認第10号、第11号及び議案第49号から議案第63号までの26件を一括して議題といたします。
 市長から市政報告並びに提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)本日ここに、平成17年第3回岩沼市議会定例会が開会されるに当たり、議員各位には、何かと御多用のところ御出席をいただき、まことにありがとうございます。
 本定例会に提案いたしております16年度の決算につきましては、5月31日をもって一般会計を初めとして各種会計の出納を閉鎖いたしました。決算内容につきましては、議案の提案理由とあわせて後段述べさせていただきますが、その前に、市政概要について御報告申し上げます。
 アスベスト問題への対応
 アスベスト問題への対応について申し上げます。
 アスベストによる健康被害につきましては、全国的に大きな問題となっており、政府では、早急な実態把握、被害拡大の防止及び国民不安の緩和等アスベスト問題に関する当面の対応策を決定いたしました。
 市におきましても、同問題の重大さを踏まえ、適切な対応を図るため、庁内に岩沼市アスベスト問題調整会議を設置するとともに、健康不安等についての相談窓口を健康増進課に、一般住宅でのアスベスト使用についての問い合わせ窓口を都市計画課に開設いたしました。
 また、設計図書や目視により、市庁舎を初めとして市全施設の調査を行い、このうち吹きつけ材が施されている14施設についてアスベスト使用の有無を確認するため、サンプルを採取して、検査機関に検査を依頼しており、その結果を踏まえ、早急かつ適切に対応する予定であります。
 なお、吹きつけアスベストが使用されている事務所、ビル、店舗、倉庫等を解体する場合における関係法令に従った適切な対処に関する直接の指導窓口は、県でありますが、市といたしましても、アスベストの吸引による健康被害の防止に努める観点から周知啓発に努めてまいりたいと考えております。
 食育・健康フェア in 岩沼
 食育・健康フェア in 岩沼について申し上げます。
 「自分の健康は自分で把握し、未然に病気から体を守る」という視点に立った健康フェアに関する番組が、NHKにより制作放送されております。
 この番組は、市が目指す「健康で長生きできる環境づくり」に趣旨が合致することから、本市を全国に発信できるよい機会と考え、健康フェアの開催を要望してまいりました。
 このたび、来る9月25日に市及びNHKほか関係団体が共催して、総合体育館において「食育・健康フェア in 岩沼」を開催することとなりました。
 当日は、各種団体等の御協力をいただきながら、岩沼の郷土料理の紹介や調理の実演を初めとして、健康や栄養等に関する相談コーナー及び地場産品や産直販売コーナーを設け、健康フェアを盛り上げるとともに、市民の皆様に多数御来場いただけますようにPRを行ってまいります。
 なお、当日の模様は、10月27日のNHK総合テレビ「生活ホットモーニング」の中で放送される予定であります。
 グリーンピア岩沼野外活動施設
 グリーンピア岩沼野外活動施設について申し上げます。
 生涯学習機能の充実に資することを目的としたグリーンピア岩沼の野外活動施設につきましては、8月11日に炊事棟が完成し、9月1日から供用を開始いたしました。
 また、供用開始に先立ち、完成を記念して、8月20日に落成式と自然の中で集団生活を体験しながら、規律を守ることやみずから行動することを通して青少年の健全育成を図るため、市内小学5、6年生による子ども合宿を行いました。
 今後、同施設が多くの皆様に御利用いただけるようにPRに努めてまいります。
 乳幼児医療費助成事業
 乳幼児医療費助成事業について申し上げます。
 乳幼児医療費につきましては、県内の市町村において、本年10月から国民健康保険以外の医療保険加入者についても、医療機関での窓口負担を要しない、いわゆる現物給付を実施することとなりました。
 市におきましても、その内容に沿って対応するため、準備を進めております。
 介護保険事業
 介護保険事業について申し上げます。
 さきに公布された介護保険制度の見直しのための介護保険法の改正を受け、関係法令の改正内容を十分踏まえながら、高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画の策定に取り組んでおります。
 また、このたびの制度見直しの一環として、在宅生活者との公平性の観点から、本年10月以後、施設入所者の居住費及び食費が自己負担となることにあわせて、所得の低い方の施設利用が困難とならないようにするための負担軽減措置として新たに補足給付制度が創設されましたことから、市におきましても、その内容に沿って対応することといたしました。
 水稲の生育状況
 水稲の生育状況について申し上げます。
 本年の水稲につきましては、田植え直後における低温の影響が懸念されましたが、6月下旬の好天もあり、平年より2日遅いものの、8月7日に出穂最盛期を迎え、おおむね順調に生育しております。
 東北農政局が発表した8月15日現在の県中部の作況指数は99〜 101であり、これまで目立った病害虫の発生がない本市におきましても、引き続き台風等の被害がなければ平年並みの収量が見込めるものと思われます。
 今後、関係団体の御協力をいただきながら、適切な時期に刈り取りが行われるように農家の皆様に呼びかけてまいります。
 中小企業振興資金融資制度
 中小企業振興資金融資制度について申し上げます。
 昨年度、需要にこたえるため、設備資金と運転資金の融資限度額の引き上げ、融資期間の延長及び融資枠の拡大を行った中小企業振興資金融資制度につきましては、本年度においても利用が多く、年度途中で融資限度額を超えるものと予測しております。
 景気は、全国的に緩やかに回復してきているとのことではありますが、市内の商店等中小企業の経営環境は、依然厳しいものと受けとめております。
 市といたしましては、このような中にあっても意欲的な市内中小企業の皆様がまずは活気に満ちた事業を展開し、少しでも経営の安定を図れるように、また、新たな企業誘致が厳しい折、中小企業者の元気が雇用機会の確保創出につながることも期待して、さらに融資枠を大幅に拡大することといたしました。
 中心市街地活性化基本計画の策定
 中心市街地活性化基本計画の策定について申し上げます。
 中心市街地活性化基本計画につきましては、昨年度に行った商工業経営実態調査及び市民意向調査の結果をもとにして、岩沼市商工会が「まちづくりシンポジウム」を開催し、7月末に同商工会からこれらの意見を踏まえた策定に係る要望書をいただきました。
 市といたしましては、商工業者等から成る策定委員会や庁内推進会議を設置し、要望も尊重しながら、地域の実情に合った実効性のある計画を策定してまいります。
 駅前整備事業
 駅前整備事業について申し上げます。
 主に駅前広場と道路を整備することとして報告いたしております駅前整備事業につきましては、再開発事業の計画段階で組織された岩沼駅前再開発地権者会役員の皆様に整備概要を2回にわたり説明いたしました。
 その後、地権者及び関係者全員を対象に事業予定と一方通行及び交互通行の各整備案をお示しし、出席者からは一方通行が好ましいとの意見をいただいております。
 今後とも関係する皆様との話し合いを密にしながら、事業案を検討してまいります。
 8・16宮城地震
 8・16宮城地震について申し上げます。
 本市で震度5弱を記録した8・16宮城地震につきましては、発生後、直ちに警戒本部を設け、各区長への被害状況の調査依頼及び市施設等の被害状況調査並びに情報の収集を職員に指示するとともに、消防署員及び消防団員が主に海岸地域に津波注意報発令に伴う周知と注意喚起を行い、万全を期しました。
 被害につきましては、民家屋根がわらの破損等11棟、市道大師線への落石1カ所、相野釜橋水管橋の破損及び総合体育館天井パネルの落下1枚がありましたが、幸いにもけが人等はなく、また、ライフラインへの影響もありませんでした。
 なお、政府の地震調査委員会が、今回の地震を「想定している宮城県沖地震ではないと考えられる」と発表しており、残念ながら、近い将来、高い確率で同地震が発生する懸念は依然解消されておりません。
 このことを踏まえ、今後の余震等を含む災害に関する情報の周知と普段からの備えや心構えに関する啓発を一層推進してまいります。
 防災対策
 防災対策について申し上げます。
 災害等有事用備蓄品につきましては、1万回利用分に相当する簡易トイレ 100個をまずは総合体育館に備えました。今後、避難所の適否について検討を行った上で、それぞれに逐次備蓄する予定でおります。
 また、水道給水50周年記念事業の一環として、いざというときのために整備しておりました「緊急用飲料水備蓄タンク(セーフティータワー)」の通水式を8月4日に行い、一人1日3リットルとした場合に約 4,000人の飲料水3日分に相当する水を備蓄いたしました。外壁には、防災のシンボルタワーとして周知啓発にも役立つように、市内小学生から応募のあったポスターの絵柄を描きました。
 さらに7月4日には、地震・台風等自然災害により被害が想定される「危険箇所」にいち早く参集できるようにすることを目的として、市防災関係者とともに陸上自衛隊多賀城駐屯地、同船岡駐屯地、岩沼警察署が合同で市内危険箇所合同現地調査訓練を実施いたしました。今回は、西部地区の土砂災害が懸念される箇所、ため池、阿武隈川堤防及び海岸防波堤の調査を初めとして自衛隊支援車両あるいは隊員の集結する場所及び孤立した地域への災害物資輸送を想定した場合にヘリポートとして利用できる場所の確認等を行いました。有事の際には初動体制の確立が被害を最小限に抑える手段でもありますので、この訓練を今後も継続していきたいと考えております。
 なお、主に防災に関する出前講座を通して設立を促している自主防災組織につきましては、本年度6町内会で誕生し、計16組織となりました。これからも自助・共助の理念を広めながら、一つでも多くの組織が設立できるように努めてまいります。
 新消防庁舎建設整備事業
 新消防庁舎建設整備事業について申し上げます。
 新消防庁舎につきましては、このたび、有識者等市民9名から成る消防庁舎基本計画に関する市民懇談会における御意見を参考に岩沼市消防庁舎建設基本計画を策定いたしました。
 同基本計画には、庁舎は現在地に建設すること、災害時にも活動の拠点となる安全性の高い施設とすること、消防・救急・防災に関する研修の場や展示スペースを提供できるように配慮した市民に親しまれる施設とすることなどの内容を盛り込んでおります。
 今後、これら内容を踏まえ、基本設計及び実施設計を行ってまいります。
 救急対策
 救急対策について申し上げます。
 本年の7月末現在の救急出動件数は 789件、搬送人員は 738人と年々増加の傾向にあり、高齢社会等を考慮しますと救急業務の需要はますます増大するものと予測されます。
 市では、この需要にこたえ、救命につなぐため、市民及び事業所等を対象に普通救命や応急手当の仕方とAED(自動体外式除細動器)の使い方の講習会等を行い、救急時にできるだけ多くの人が対応できるように周知啓発に努めてまいりました。
 また、昨年7月から認定を受けた救命士の気管挿管が可能になったことにあわせて、より高度な救急救命活動を行えるようにするため、これまでに3名が30症例の病院実習を行い、その認定を受けております。
 今後、これら認定救命士の技能の維持向上を図るため、事後検証や病院研修等を行うとともに、さらに認定救命士の養成を行いながら、救急救命態勢の充実に努めてまいります。
 国勢調査
 国勢調査について申し上げます。
 来る10月1日を調査期日として「平成17年国勢調査」が全国一斉に実施されます。
 これは、我が国の人口構造、世帯構成等の実態を明らかにし、国や市町村等の基礎資料として少子高齢社会への取り組みやまちづくりに生かすことを目的に実施される、極めて重要な国の指定統計調査であります。
 市におきましては、市内全域 280調査区において、総務大臣から任命された調査員と指導員合わせて 260名が携わって行います。まずは9月20日から調査員が各世帯にお知らせをし、その上で、23日から10月10までに調査票の配布と回収に伺います。
 統計調査の実施環境は、年々厳しくなってきておりますが、市民の皆様の御理解と御協力をいただきながら、正確な調査の実施に努めてまいります。
 ドーバー市からの来訪団
 ドーバー市からの来訪団について申し上げます。
 友好都市のアメリカ合衆国デラウェア州ドーバー市からスピード市長ほか教育、経済関係の皆様が、10月2日から6日までの日程で来訪されます。
 滞在期間中は、学校訪問、地元経済関係者との懇談等を行う予定であります。
 市といたしましては、今回の来訪を契機としてさまざまな分野で両市の友好関係がより一層深まるように努めてまいりたいと考えております。
 以上、市政の概要について申し上げました。
 続きまして、認定第1号から認定第9号まで、承認第10号、承認第11号及び議案第49号から議案第63号までの提案理由を申し上げます。
 認定第1号から認定第9号までにつきましては、平成16年度一般会計及び各種会計の決算について、地方自治法第 233条第3項または地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、議会の認定をいただこうとするものであります。
 決算内容は、一般会計では、歳入が 133億 1,715万 2,549円、歳出が 130億 662万 6,272円、差し引き収支が3億 1,052万 6,277円。
 国民健康保険事業特別会計では、歳入が30億 1,900万 1,773円、歳出が30億 389万 3,396円、差し引き収支が 1,510万 8,377円。
 老人保健事業特別会計では、歳入が29億 463万 2,138円、歳出が29億 462万 3,639円、差し引き収支が 8,499円。
 介護保険事業特別会計では、歳入が15億 119万 4,358円、歳出が14億 9,758万 154円、差し引き収支が 361万 4,204円。
 公共下水道事業特別会計では、歳入が20億 3,580万 2,380円、歳出が19億 9,500万 3,526円、差し引き収支が 4,079万 8,854円。
 農業集落排水事業特別会計では、歳入が3億 8,908万 3,422円、歳出が3億 8,409万 7,517円、差し引き収支が 498万 5,905円。
 生涯学習のむら分譲事業特別会計では、歳入が4億 8,181万 4,000円、歳出が4億 8,181万 4,000円、差し引き収支がゼロ円となっております。
 企業会計につきましては、収益的収支についてのみ申し上げますが、特別都市下水路事業会計では 4,218万 4,837円、水道事業会計では 8,110万 5,551円の純利益となっております。
 なお、決算の概要につきましては、議案審議の際に収入役及び企業出納員から御説明申し上げます。
 承認第10号、平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳入では国庫支出金を見込み、また、歳出では衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査に係る経費について補正を行うもので、歳入歳出とも 2,134万 4,000円を追加し、総額を 121億 5,061万 3,000円とするものであります。
 承認第11号、平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、企業債の借りかえに伴う変更が生じましたので、資本的収入、支出とも 2,030万円を増額するものであります。
 以上、承認第10号及び承認第11号につきましては、議会を招集するいとまがなかったため、地方自治法第 179条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により、ここに御報告申し上げ、御承認をいただこうとするものであります。
 議案第49号につきましては、乳幼児の医療費の助成に関して、これまでの国民健康保険加入者に加えて各社会保険加入者についても、本年10月から医療機関での窓口負担を要しない、いわゆる現物給付を行うため、岩沼市乳幼児医療費の助成に関する条例を制定し、これにあわせて乳幼児等の医療費の助成について定めている現行の岩沼市乳幼児及び心身障害者医療費の助成に関する条例を廃止するとともに、乳幼児の医療費の現物給付は国民健康保険加入者に限るとする規定を削除するため、岩沼市国民健康保険条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第50号につきましては、議案第49号で廃止する条例にかわり、助成の方法が償還払いである現在の心身障害者の医療費の助成制度を分離し、継続するため、岩沼市心身障害者医療費の助成に関する条例を制定しようとするものであります。
 議案第51号につきましては、本年6月29日に公布された介護保険法の改正にあわせて「痴呆」を「認知症」に名称変更するため、岩沼市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第52号につきましては、介護保険法の改正による介護保険施設での居住費及び食費の見直しに伴い、低所得者の負担軽減を目的として新たに創設された補足給付を行うなどのため、岩沼市介護福祉条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第53号につきましては、山林、原野等の場所のうち火災が発生するおそれが大であると認めて指定した区域内において、火災に関する警報発令中における喫煙を禁止するなどのため、岩沼市火災予防条例の一部を改正しようとするものであります。
 議案第54号、平成17年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入では市税や地方交付税のうち普通交付税の増等を見込み、また、歳出では制度資金融資保証料補給事業や道路維持補修事業等の増を見込み、歳入歳出とも1億 5,403万 4,000円を追加し、総額を 123億 464万 7,000円にしようとするものであります。
 議案第55号、平成17年度岩沼市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入では療養給付費交付金等の決定による増を見込み、また、歳出で介護納付金の決定及び退職者医療療養給付費等交付金の精算還付に伴う補正を行うもので、歳入歳出とも 2,482万 1,000円を追加し、総額を30億 8,441万 3,000円にしようとするものであります。
 議案第56号、平成17年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、介護保険施設での居住費及び食費の見直しなどに伴う保険給付費等の補正を行うもので、歳入歳出とも 111万 3,000円を追加し、総額を16億 3,451万円にしようとするものであります。
 議案第57号、平成17年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入では前年度繰越金及び公営企業借換債の確定に伴う、また、歳出では消費税等の確定及び雨水建設事業の組みかえに伴う補正を行うもので、歳入歳出とも 744万 2,000円を追加し、総額を23億 4,154万 6,000円にしようとするものであります。
 議案第58号、平成17年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的支出では水道給水50周年記念事業費の確定等に伴い 133万 1,000円を減額し、資本的支出では根方北長谷線等配水管改良に伴う事業費について 1,517万円を増額しようとするものであります。
 議案第59号から議案第62号までにつきましては、市町村合併にあわせて、宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会及び宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等審査会から志津川町、歌津町外2組合が17年9月30日限りで脱退し、並びに同委員会及び同審査会に南三陸町が17年10月1日から加入し、それらに伴う各会の共同設置規約を変更しようとするものであります。
 議案第63号につきましては、組織する個々の市町村名を定めるなどのため、宮城県市町村非常勤消防団員補償報償組合規約を変更しようとするものであります。
 以上、認定第1号から認定第9号まで、承認第10号、承認第11号及び議案第49号から議案第63号までの提案理由を一括して申し上げました。
 なお、詳細につきましては、必要に応じ議案審議の際に補足説明を申し上げますので、何とぞよろしく御審議を賜り、原案可決されますようにお願い申し上げます。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第6 議案第64号 岩沼市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第6、議案第64号を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。井口市長、登壇の上、説明願います。
    〔井口經明市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(井口經明)議案第64号岩沼市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについての提案理由を申し上げます。
 現委員の影山一郎さんは、本年9月30日をもって任期満了となりますが、人格及び経歴等からして同氏が適任であると存じ、再度御提案申し上げるものであります。
 影山さんの略歴は、お手元に配付のとおりでありますので、御参照いただき、何とぞ御同意賜りますようにお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)これより質疑を行います。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第64号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)御異議なしと認めます。よって、議案第64号については委員会付託を省略することに決しました。
 議案第64号については、先例の定めるところにより、討論を省略いたしたいと思います。
 これより採決いたします。7番宍戸幸次議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(宍戸幸次)動議として、無記名投票でお願いしたいと思うんですが、お取り計らいをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ただいま、この採決について、7番宍戸幸次議員から無記名投票の要求があります。この場合、会議規則第69条第1項の規定により、要求議員を含め3名以上の賛成議員が必要であります。よって、無記名投票に賛成する議員の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)起立3人以上であります。よって、本案については、無記名投票をもって採決いたします。
 議場の閉鎖を命じます。
    〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ただいまの出席議員は19名であります。
 投票用紙を配付いたします。
    〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)投票用紙の配付漏れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
    〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。
 本案を可とする議員は賛成と、否とする議員は反対と記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 なお、重ねて申し上げます。投票中賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第71条第2項の規定により、否とみなします。
 点呼を命じます。事務局長。
    〔事務局長氏名点呼〕
    〔各議員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)投票漏れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)投票漏れなしと認めます。
 議場の閉鎖を解きます。
    〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)開票を行います。
 開票立会人には、会議規則第30条第2項の規定により、1番布田恵美議員及び6番長田忠広議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。
    〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)投票の結果を事務局長から報告いたします。事務局長。

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(熊澤昭)投票結果について御報告いたします。
    投票総数   18票
     賛成票   16票
     反対票    2票
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)ただいま報告のとおり、賛成が多数であります。よって、本案は同意することに決定いたしました。
─────────────────────◇─────────────────────
日程第7 請願

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)日程第7、請願を議題といたします。
 お手元に配付の請願文書表のとおり、請願1件が提出されております。
 会議規則第 132条第1項本文の規定により、所管の委員会に付託いたしたいと思います。御了承願います。
─────────────────────◇─────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(沼田健一)以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 次の9月12日月曜日の本会議は、議事の都合により午後1時から開くことにいたします。ただいま御出席の皆さんには、改めて通知いたしませんから御了承願います。
 また、一般質問の通告は明日午前11時まで議会事務局に提出願います。
 本日はこれをもって散会いたします。
 御起立願います。 ── どうも御苦労さまでございました。
    午前10時46分散会
    地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。
         平成17年12月2日
             岩沼市議会 議 長 沼 田 健 一

                   議 員 松 田 由 雄

                   議 員 村 上 智 行