議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 岩沼市

平成29年第4回定例会(5日目) 本文




2017.12.14 : 平成29年第4回定例会(5日目) 本文


     午前10時開議
議長(森繁男)御起立願います。おはようございます。御着席願います。
 ただいまの出席議員は18名であります。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第1 諸報告

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第1、諸報告について事務局長から行います。高橋事務局長。
     〔高橋進事務局長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

事務局長(高橋進)諸報告4件について申し上げます。
 第1、議案について、別紙お手元に配付のとおり、市長から追加議案1件が提出されております。
 第2、発議案について、別紙お手元に配付のとおり、発議案1件が議長宛て提出されております。
 第3、意見書案について、別紙お手元に配付のとおり、意見書案1件が議長宛て提出されております。
 第4、委員会審査報告書について、別紙お手元に配付のとおり、請願第7号に係る委員会審査報告書が議長宛て提出されております。
 以上であります。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第2 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、2番菊地忍議員、3番高橋光孝議員を指名いたします。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第3 議案第60号 岩沼市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例につ
           いて
     議案第61号 岩沼市職員の給与に関する条例及び岩沼市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一
           部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第3、議案第60号及び議案第61号の2件を一括して議題といたします。
 議案の補足説明を求めます。大友彰総務部長、登壇の上、説明願います。
     〔大友彰総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)議案第60号及び議案第61号について補足説明を申し上げます。この2つの条例案は、いずれも人事院勧告に準拠し、所要の改正を行おうとするものです。
 初めに、議案第60号について申し上げます。
 第1条の改正規定につきましては、市長、副市長及び教育長の29年12月の支給分の期末手当の率を0.05月分引き上げ、100分の175に改めるものです。
 第2条の改正規定については、第1条の期末手当の増加分0.05月分を30年度以降、6月分と12月分に均等化するものです。
 次に、附則について申し上げます。
 第1項は条例の施行日について、第2項は第1条の規定に係る遡及適用について、第3項は給与の内払いについて定めるものです。
 次に、議案第61号について申し上げます。
 第1条の岩沼市職員の給与に関する条例の一部改正の第21条第2項第1号の改正規定については、29年12月支給分の勤勉手当の率を0.1月分引き上げ、100分の95に改めるものです。
 同項第2号の改正規定については、再任用職員の12月の勤勉手当の率を0.05月分引き上げ、100分の45に改めるものです。
 附則第22項の改正規定については、勤勉手当の率の変更に伴い、55歳以上の職員に対して実施している減額措置に係る率を変更するものです。
 別表第1の改正規定については、給料表を若年層に重点を置いて平均0.2%増額改定するもので、29年4月にさかのぼっての適用となります。
 続きまして、第2条の岩沼市職員の給与に関する条例の一部改正について申し上げます。
 第19条の改正規定については、期末手当の基準日について適用させる条項を限定させる改正及び文言の整理となります。
 第21条第2項第1号の改正規定については、第1条で勤勉手当の増加率を0.1月分を30年度以降、6月と12月の勤勉手当に均等化するもので、同項第2号の改正規定については、同様に再任用職員の勤勉手当を均等化するものです。
 次に、第3条の岩沼市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正について申し上げます。
 本市において、本条例が適用される特定任期付職員はおりませんが、第7条第1項の改正規定については、給料月額の増額改定を行うもので、第9条第2項の改正規定については、29年12月支給分の期末手当の率を0.05月引き上げ100分の167.5に改めるものです。
 次に、第4条の岩沼市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正について申し上げます。
 第9条第2項の改正規定については、先ほど第3条で定めた期末手当の増加率0.05月を30年度以降、6月と12月の期末手当に均等化するものです。
 次に、附則について申し上げます。
 第1項の規定は、本条例の公布の日から、ただし第2条、第4条及び附則第5条から第7条までの規定は、30年4月1日から施行する旨を定めたものです。
 第2項の規定については、第1条と第3条の規定を29年4月1日に遡及して適用することを定めたものです。
 第3項の規定については、給与の内払いに係るみなし規定になります。
 第4項の規定については、規則への委任を定めたもので、第5項から第7項については、給与条例に関連する3条例の附則の整理を行うものです。
 以上、補足説明を申し上げました。
 よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより議案第60号及び議案第61号の2件について一括して質疑を行います。6番大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)お伺いします。今、説明あったわけですけども、人勧のポイントとして月例給で0.15、期末手当で0.1カ月ということだったと思うんですけども、それに準拠するということをおっしゃいました。準拠といえば、そっくりそのまま従うという意味もあるし、一部従うという意味もあろうかと思いますが、今回の場合は、そっくり従うということなのか、そこの説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)執行部の答弁を求めます。大友彰総務部長。
     〔大友彰総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)人勧の改正内容をそのまま岩沼市でも改正させていただくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)どこを改正するかという点は今の説明でわかったんですけども、その結果、その結果、上げた、上がった分は額としてどれぐらいなのか。例えば平均でもよろしいんですが、あるいは40歳モデルとかでもいいんですけども、月給でどれぐらい上がって期末手当分、ボーナスと言いますけどもボーナス分としてはどれぐらい上がって、その結果、幾らになるか。そして、年間給与はどれぐらいになるのか。また、ほかに年間ボーナスは金額にしてどれぐらいになるのか、その数値をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)特別職も含めてということでよろしいんでしょうか、一般職だけのほうでしょうか。(「一般職で、特別職はいい」の声あり)
 一般職で申し上げますと、初任給で1,000円の引き上げ、若年層につきましても同額程度の給料表の改定ということになります。具体的には、今回の給料と期末手当を合わせて1,360万円程度が増額となっております。
 モデルということでございましたが、市役所に入った、例えば1級の24歳の主事でありますと、年間で1万2,000円程度の増額と考えております。
 それから、勤勉手当で申し上げますと、ただいまの1級の24歳主事で考えますと、1万9,000円程度増額するものというふうな試算をしております。(「年間」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)年間の給与としてはどうなるのかという点と、年間のボーナスはどれぐらいかという点に関してのお答えがなかったようですけれども。
 それから、24歳でこれぐらいというお話はありましたけども、もうちょっと下がったといいますか、35歳モデルとか、40歳とかですね、あるいは職員の平均とか、その上がった結果、その職員平均の年齢の人あたりの年間給与がどれぐらいになって、年間ボーナスはどれぐらいになるのかということをお聞きしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)40歳の職員で試算した数字といたしましては、給与の改定額としては4,800円程度、期末手当の引き上げによる影響としては3万6,000円程度と見込んでおります。年額で考えますと、その職員ですと、580万円程度のものが585万円程度に上がるというふうに試算をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友議員の質疑は4回目になります、今、手を挙げますと。(「今のは答弁漏れの部分」の声あり)答弁漏れ、はい、どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)580が585ぐらいになるとおっしゃいましたが、これは給与の部分だけなんですか、私はボーナスも幾らになるかと聞いたんですけども。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)ただいま申し上げた数字は期末勤勉手当も含めた数字ということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに質疑はございませんか。9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)61号の件なんですけど、第3条にですね、これから引き上げようとしている給料月額って表があるんですね。これ改正前は、改正前、どれぐらいなのかなってちょっとあってもいいのかなって思うんですけど、わかりやすいと思うんですけど、現在はどれぐらいの金額なのか、ちょっと教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)現行の額を読み上げてよろしいでしょうか。号俸で1号俸の場合、37万2,000円、2号俸、42万円、3号俸、47万1,000円、4号俸、53万2,000円、5号俸、60万7,000円、6号俸、70万9,000円、7号俸、82万9,000円が現在の給料月額となっております。(「議長、再度いいですか」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)いいのね、いいのね、よろしいんですか、9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)じゃ、今の説明を聞くと、1号俸だけが1,000円上がって、2号も1,000円上がって、ほかは上がらないという考えでよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)そのような改正を行っております。また、先ほど補足説明で申し上げましたとおり、この現在、特定任期付職員につきましては、岩沼市にはおりませんので、今回この改正規定の該当する職員はいないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑はございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第60号及び議案第61号の2件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第60号及び議案第61号の2件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第60号及び議案第61号の2件について1件ずつ討論、採決を行います。
 初めに、議案第60号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第60号岩沼市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより、議案第61号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第61号岩沼市職員の給与に関する条例及び岩沼市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第4 議案第62号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第4、議案第62号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第62号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第62号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第62号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第62号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第5 議案第63号 岩沼市営火葬場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第5、議案第63号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第63号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第63号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第63号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第63号岩沼市営火葬場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第6 議案第64号 岩沼市営住宅条例の一部を改正する条例について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第6、議案第64号を議題といたします。
 これより質疑を行います。9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)この条例の中身っていうのは、余り大幅に変わるわけじゃないんですけど、この変える意図っていうのは何かあったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋伸明建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(高橋伸明)これはですね、今回の公営住宅法改正がございまして、この改正に伴って岩沼市営住宅条例、それをもとにしてますのでそこからもとにした条例の項立てがずれている分、それを修正した、それに合わせまして文言の修正もあわせて行わせていただいたということです。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑はございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第64号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第64号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第64号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第64号岩沼市営住宅条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第7 議案第79号 指定管理者の指定について(岩沼市集会所の設置及び管理に関する条例に定める公の施設
           の指定管理者)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第7、議案第79号を議題といたします。
 これより質疑を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第79号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第79号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第79号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第79号指定管理者の指定については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第8 発議案第1号 議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例につい
            て

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第8、発議案第1号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。布田一民議員、登壇の上、説明願います。
     〔13番布田一民議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)
 発議案第1号
                                           平成29年12月14日
 岩沼市議会議長 森   繁 男 殿
                               提出者  岩沼市議会議員 布 田 一 民
                               賛成者  岩沼市議会議員 沼 田 健 一
                                    〃       佐 藤 一 郎
                                    〃       国 井 宗 和
                                    〃       飯 塚 悦 男
                                    〃       櫻 井   隆
                                    〃       高 橋 光 孝
                                    〃       菊 地   忍
                                    〃       佐 藤 剛 太
                                    〃       布 田 恵 美
                                    〃       長 田 忠 広
                                    〃       酒 井 信 幸
                                    〃       佐 藤 淳 一
                                    〃       渡 辺 ふさ子
   議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について
 標記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び会議規則第13条の規定により提出します。
    議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について
 第1条 議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例(平成20年条例第23号)の一部を次のように改正する。
   第5条第3項中「100分の172.5」を「100分の177.5」に改める。
 第2条 議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を次のように改正する。
   第5条第3項中「100分の152.5」を「100分の155」に、「100分の177.5」を「100分の175」に改める。
    附 則
  (施行期日等)
 1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の規定は、平成30年4月1日から施行する。
 2 第1条の規定による改正後の議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例(以下「改正後の条例」という。)の規定は、平成29年12月1日から適用する。
  (期末手当の内払)
 3 この条例による改正後の条例を適用する場合においては、第1条の規定による改正前の議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の規定に基づいて支給された期末手当は、改正後の条例の規定による期末手当の内払とみなす。
    議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の提案理由
 人事院勧告に準拠し、年間で引き上げる0.05月分については、平成29年度分は平成29年12月期の期末手当の割合を0.05月分引き上げ、また、平成30年度以降分は平成30年6月期及び12月期の期末手当の割合をそれぞれ0.025月分引き上げる措置を講じるため、議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正するものであります。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより質疑を行います。6番大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)人事院勧告に準拠してということの説明がありました。準拠するとすれば、0.1カ月分であろうかと思うのですが、0.05カ月分としてあるのはどういう理由でございましょうか、これが1点。
 2点目としては、0.05カ月というのはわかりましたが、金額にすると、幾らなのか、その数値をお示しいただきたい。
 それから、3つ目としては、近隣の議会は議員のこの期末手当の増額措置について措置してるかどうか、もしお調べであれば、そこもお聞かせ願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)1番目の準拠の部分でありますが、0.1カ月分でありますけれども、この0.05にした分については、特別職の部分で当たっているわけでありまして、例えば0.1であれば、勤勉手当というのもあるわけでありますが、当議会においては勤勉手当はないということからいって0.05カ月分になっているところであります。
 2番目の金額でありますが、約2万円になるというふうに考えております。
 3番目の近隣の議会においてはどうなのかという御質問でありますが、その分については把握をしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)はい、わかりました。先ほど特別職の市長の分も0.05ということで、まあそういう特別職の分ということだという説明です。
 それとですね、この理由は、この提案理由の説明にある分の説明しかなかったんですけども、人勧に準拠するとはいえ、こういう状況、かくかくしかじかでという、こういう理由があってこういう背景があるので0.05の引き上げを図るという、そういった意味での理由というのが説明されていないんですけども、この点に関してはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)提案理由はこのこと以外であります。ただし、人事院勧告においては、当然、人事委員会で決めた部分であります。当然、民間事業については、例えば人事委員会で言っている1万2,400、民間の事業を約53万人の個人別の給与を実態を調査をしたところ、民間よりは低いという人事院勧告が出ておりますから、そういった形の中で提案理由になるのかなというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか、大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)我々議員としては、常勤職でもないということもあります。そういうことも含めて、あるいはこの1年間の議会の活動したこと、しなかったこと、そのようなことに対して市民からの理解が得られるかという観点も必要だと思いますが、その辺はいかがなように考えるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)市民の理解を得られない、市民にはぜひ理解をしていただきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議案第1号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、発議案第1号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより発議案第1号について討論を行います。6番大友健議員。反対の立場の討論です。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)反対の立場から討論をいたします。
 先ほど市職員の一般職員の改正について可決しました。これは、いわゆる市のほうが提案して私たちの議会が可決すると、そういう関係にあります。一方、議員の報酬とか、議員の期末手当というのは、今回もそうですけども、議会が提案して、議員が提案して議員が可決すると。ですから、お手盛りじゃないかと言われることには留意しなければいけないと思っております。
 で、それには先ほど市民に理解されるかという質問もしたわけですけども、私は今の段階で市民には理解されないんじゃないかなというふうに考えます。それはですね、やはりこの1年間、2年間の間、議会がしたこと、しなかったことに対する厳しい評価があるのではないかと考えるからです。実例として4つ挙げさせてもらいます。
 まず1つはですね、IRの調査導入を求めた請願の可決であります。カジノ誘致ですね。これに対して市長は、その調査はしないと。要するに議会の判断が市民の意向と違っていたのではないかと、可決したということがですよ、市民の求めているものではなかったっていうふうに私は受けとめるわけです。市長が調査もしないという判断を下したということの意義をそのように感じます。
 それから、9月には、傍聴規則の見直しという話がありました。しかし、その傍聴規則は、いろんな制約を緩めるのではなくて今までどおりにして、しかもさらに、傍聴者の定数を少な目に設定するということでした。開かれた議会を進めるという観点に立ったときには、逆行するのではないかとさえ思うような判断を議会がしております。
 また、ネット中継の生中継に関してもですね、請願が2回否決されて3回目にようやく採択されたんですけども、何かこのごろの動きを見ますと、生中継は後でやるといいますか、とりあえず録画中継から始めるということで、請願の意図が正しく反映されてないような方向に動いているやに私には見えます。
 また、議会報告会も3年前に条例改正して廃止しましたけども、そのかわり、議会懇談会を開くと条例にも書いてあるんですけども1回も開かれておりません。
 まあこのようにですね、開かれた、今の議会議員が開かれた議会に向けて、開かれた議会を目指した進め方をしているかというと、そうではないと。そういうことを考えると、市民からボーナスを上げさせてくれと、上げくれということは、それは何ですかっていうふうな答えが返ってくるような気がして、要するに市民の理解が得られないんじゃないか、なぜ理解が得られないか、市民の評価が、議会に対する評価が芳しくないのではないか。そのような中で0.05カ月分とはいえ、そういう引き上げということは市民の理解が得られない、そういうことで反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)次に、賛成討論の発言を許します。11番佐藤一郎議員。

-------------------------------------------------------------------------------

11番(佐藤一郎)賛成の立場から賛成討論を行います。
 議会活動、議員活動として市の発展に寄与している岩沼市議会であります。よって、人事院勧告は適切であり、議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例について賛成をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに反対討論はありませんか。須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)今の震災が落ちついて、それでかなり11月なんかは商店街、結構厳しいものがあるというふうに聞こえています。最近の新聞折り込みを見ますと、1年前とかに比べてかなり多くなったなというふうに気がしています。新聞折り込みを出すというのは、もうかっていないから、厳しいから出すんですよってある方から聞いたことがあります。売り上げをふやすために少しでも安く、そして、何とか頑張っていこうというあらわれなんですよっていう話も聞いています。そういう民間の、世間のっていいますか、厳しい情勢を我々議員みずからが律しなければならないというふうに考えておりまして、この発議案については反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに賛成する討論はありますか。15番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)賛成の立場からですね、人事院勧告に準拠するというのは当たり前でありまして、我々岩沼市議会は、市民の負託に十分応えております。さらに応える以上はですね、人事院勧告に準拠するのは当たり前でありまして、ただ、今、反対討論の中、市民の理解を得られない。その中に1つ抜けていたのがあると思います。例えば委員会を無断欠席したり、質問中に携帯電話が鳴るなど、これこそ市民の理解を得られないんです。それをなくして我々は市民の負託に応えなくてはなりません。そういう立場から人事院勧告に従うといいますか、準拠するのは当たり前でありますので賛成いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。発議案第1号議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例については原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第9 議案第80号 平成29年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)について
     議案第81号 平成29年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について
     議案第82号 平成29年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第83号 平成29年度岩沼市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について
     議案第84号 平成29年度岩沼市矢野目西地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について
     議案第85号 平成29年度岩沼市特定公共下水道事業会計補正予算(第2号)について
     議案第86号 平成29年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第9、議案第80号から議案第86号までの7件について一括して議題といたします。
 議案の補足説明を求めます。大友彰総務部長、登壇の上、説明願います。大友彰総務部長。
     〔大友彰総務部長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)議案第80号平成29年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)について補足説明を申し上げます。
 4ページをお開き願います。
 第2表債務負担行為補正の追加は、記載されております事業費について、それぞれ期間と限度額を定めるものでございます。
 新火葬場運転管理業務委託は、来年5月に供用開始を予定している新火葬場の運転管理業務委託費、市道沿線盛り土等事業は、寺島海岸線道路改良工事費、公共土木災害復旧事業費は、新浜橋復旧工事費、岩沼小学校校舎及び体育館給水装置配管修繕は、老朽化した給水配管の修繕費、岩沼西小学校屋内運動場劣化調査業務委託は、老朽化した同施設の改修、改築を検討するための劣化調査費、外国語指導助手招致事業は、来年度から小学校で英語が教科化されることに伴い、外国語指導助手を増員するための経費でございます。
 5ページをごらん願います。第3表地方債補正の追加は、台風21号により被害を受けたグリーンピア岩沼内道路ののり面測量調査設計費を計上したことに伴い、一般単独災害復旧事業債を追加するものでございます。
 また、変更は公園長寿命化対策事業に対する社会資本整備総合交付金の交付決定に伴い、社会資本整備事業債の限度額を減額するもの並びに岩沼小学校校舎及び体育館給水装置配管修繕費について、工期が2カ年にわたることから債務負担行為予算を計上し、本年度事業費を減額したことから、学校施設整備事業債の限度額を減額するものでございます。
 9ページをお開き願います。
 事項別明細書の歳入について御説明申し上げます。
 1款1項市民税は、景気の回復基調により増収が見込まれることから7,500万円を増額するものでございます。
 1款2項固定資産税は、償却資産の増収が見込まれること等から、4,979万2,000円を増額するものでございます。
 1款4項たばこ税は、過熱式たばこの普及に伴い減収が見込まれることから、1,700万円を減額するものでございます。
 10款1項地方交付税は、平成23年度に行った消防救急無線デジタル化整備に係る公正入札違約金の収入が見込まれることから、財源として交付を受けていた震災復興特別交付税の精算を行うもので、1,889万9,000円を減額するものでございます。
 14款1項国庫負担金は、特定教育保育施設型給付費、生活保護費及び療育医療給付費を追加し、1,663万9,000円を増額するものでございます。
 14款2項国庫補助金は、12ページにかけての記載となりますが、公園長寿命化対策事業に対する社会資本整備総合交付金が、交付決定により減額となる一方、第19回復興交付金交付申請に伴う復興交付金、マイナンバーカード記載事項の充実を図るシステム改修に対して交付される社会保障税番号制システム整備費補助金及び岩沼保育園北側フェンス設置に対して交付される保育所等整備交付金を追加し、1億3,834万円を増額するものでございます。
 15款1項県負担金は、特定教育保育施設型給付費及び療育医療給付費を追加し、287万4,000円を増額するものでございます。
 15款2項県補助金は、地域農業復興交付金集落等の法人化支援交付金及び経営体育成支援事業費を追加し、4,485万7,000円を増額するものでございます。
 17款1項寄附金は、朝日山公園の遊具整備費及び千年希望の丘のテント整備費に対する指定寄附金を追加し、1,300万円を増額するものでございます。
 13ページをお開き願います。
 18款2項基金繰入金は、財政調整のため、財政調整基金繰入金2,162万2,000円を減額するものでございます。
 20款5項雑入は、平成23年度に行った消防救急無線デジタル化整備に係る公正入札違約金を追加し、5,670万円を増額するものでございます。
 21款1項市債は、台風21号により被害を受けたグリーンピア岩沼内道路ののり面測量調査設計費を計上したことに伴い、一般単独災害復旧事業債を追加する一方、公園長寿命化対策事業に対する社会資本整備総合交付金の減に伴う社会資本整備事業債の減、並びに岩沼小学校校舎及び体育館給水装置配管修繕費を減額したことに伴う学校施設整備事業債の減により、1,850万円を減額するものでございます。
 15ページをお開き願います。
 次に、事項別明細書の歳出について御説明申し上げます。
 まず、各款において人事異動並びに給与改定による人件費等の調整を行っております。
 2款1項総務管理費は、第19回復興交付金に係る基金積立金及び来年2月から開始するデマンド型乗合タクシー運行経費を計上するなど、1億4,384万7,000円を増額するものでございます。
 2款3項戸籍住民基本台帳費はマイナンバーカード記載事項の充実を図るシステム改修費を追加するなど、602万8,000円を増額するものでございます。
 17ページをお開き願います。
 3款1項社会福祉費は、仮称ひまわりホームサテライトショップ整備事業費、介護保険給付費等の増により、介護保険事業特別会計繰出金を追加するなど2,214万9,000円を増額するものでございます。
 3款2項児童福祉費は20ページにかけての記載となりますが、所属保育士の経験年数に応じた加算額を算定する処遇改善等加算率が改定されたことに伴い、私立保育園への給付額が増額となるほか、児童福祉施設の防犯対策として、岩沼保育園北側フェンス設置費及び岩沼西保育所防犯カメラ設置費を、同じく児童福祉施設の環境整備として岩沼西保育所及び岩沼西児童センターの施設修繕費をそれぞれ追加するなど2,107万7,000円を増額するものでございます。
 3款3項生活保護費は、生活保護扶助事業における所要見込み額の増などにより、1,169万4,000円を増額するものでございます。
 4款1項保健衛生費は、疾病予防感染対策事業及び母子保健事業における所要見込み額の減などにより、797万8,000円を減額するものでございます。
 21ページをお開き願います。
 6款1項農業費は、西部地区の集積面積増に伴う機構集積協力金の増及び法人の設備投資に対する経営体育成支援事業費補助金の増などを計上し、4,778万6,000円を増額するものでございます。
 7款1項商工費は、本年10月に仙台空港フロンティアパーク内に操業を開始した企業に対する用地取得奨励金を追加するなど2,238万円を増額するものでございます。
 23ページをお開き願います。
 8款4項都市計画費は、朝日竹の里線道路改良事業について、新たに過少残地の用地買収が必要となったことから用地取得費を計上するほか、指定寄附金を財源とする朝日山公園遊具整備費及び千年希望の丘テント整備費を追加するなど、3,492万9,000円を増額するものでございます。
 25ページをお開き願います。
 10款2項小学校費は、岩沼西小学校屋内運動場の改修、改築を検討するため劣化調査費を追加する一方、岩沼小学校校舎及び体育館給水装置配管修繕費について、工期が2カ年にわたることから債務負担行為予算を計上し、本年度事業費を減額するなど3,078万4,000円を減額するものでございます。
 10款3項中学校費は、岩沼西中学校及び岩沼北中学校のトイレ洋式化設計費を追加するなど151万円を増額するものでございます。
 27ページをお開き願います。
 11款3項その他公共施設・公用施設災害復旧費は、台風21号により被害を受けたグリーンピア岩沼内道路ののり面測量調査設計費を追加するほか、平成23年度に行った消防救急無線デジタル化整備に係る公正入札違約金の収入が見込まれることから、財源として交付を受けていた災害復旧費国庫補助金の精算返還金を計上し、4,528万4,000円を増額するものでございます。
 29ページをお開き願います。
 29ページから35ページまでは給与費明細書でございます。
 36ページをお開き願います。
 36ページは債務負担行為で、翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額及び当該年度以降の支出予定額に関する調書でございます。
 37ページをごらん願います。
 37ページは、地方債の前々年度末及び前年度末における現在高並びに当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございます。
 なお、この補正予算第4号では、財政調整基金の繰入額を2,162万2,000円減額いたしましたことから、29年度における繰入額につきましては18億1,647万円となり、現時点における29年度末の財政調整基金残高の見通しにつきましては、49億2,474万4,000円と見込んでおります。
 以上、補足説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより一括して質疑を行います。14番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田忠広)2点。1点目は、西小の劣化調査という部分があるわけでありますけれども、どのような調査をして、期間はどれぐらいの期間を考えているかというのが1点。
 2点目は、私立保育所の処遇改善という部分の予算があったわけであります。これに関しては、国の政府と自民、公明党でしっかりと与党の部分で保育士の予算をしっかりと確保しようという部分から今年度の予算にしたと。それが岩沼市のほうに来たわけでありますけれども、このことによって年数によっても違う部分があるんですけども、平均的にお一人当たりどれぐらいの金額がアップしたのかという部分の2点、お聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋弘昭教育次長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育次長(高橋弘昭)西小の屋内運動場の劣化調査について御説明させていただきます。
 建築後40年が経過したことから長寿命化工事が必要となってきておりますが、基礎鉄鋼を残して長寿命化工事ができるものか劣化調査を行おうとするものです。
 期間につきましては、29年度、それから30年度の間ということなんですが、6月ごろまでには終わらせたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)石垣千佳子子ども福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

子ども福祉課長(石垣千佳子)処遇改善の割合ですけれども、最高のパーセントが16%から18%に引き上げられております。現在、各私立の保育園のほうから書類を提出してもらっておりまして、12月中には県のほうから認定がおりるというふうな予定になっておりまして、金額のほうはまだ定まっていない現状にあります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑はありますか。13番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)28ページの先ほど言いました台風の災害による測量費が計上されているところでありますが、災害を受けた中で災害指定にならないことから言って、測量した後は当然、事業が伴うんだろうというふうに思うわけでありますが、その手当ての財源の部分についての考えはどのような考えを持っているのか、1点だけお伺いをしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)調査の結果、出た金額につきましては、30年度以降、起債を起こしまして対応したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)ぜひ県と国も含めて、やはり災害の部分については、当然、単独費の中で起債ではなくて、やはり国県の補助なんかも入れて、そして、ぜひ継続してやっていかないと、次の災害のときにそのたびに市の単独では大変つらいということからいって、災害の部分についての指定区域が非常に広がっているわけでありますから、ぜひそこら辺のところを要望なり、そしてまた、意見なりを言って、そして、備えていただきたいというふうに思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)答弁は必要ですか、いいですか。
 ほかに質疑はございませんか。10番渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)24ページの公園事業費千年希望の丘整備事業の工事請負費の工事の中身を教えていただきたいのが1点。
 それから、介護保険事業特別会計補正予算の17ページの介護予防生活支援サービス事業費の3,833万円のサービス事業の中身について教えてください。
 以上、2点です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋伸明建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(高橋伸明)まず1点、工事請負費のほうなんですが、千年希望の丘ですが、外部のほうに日除けの今現在、何もなくて、ボランティアの方々がちょっと集まるときに外でということがありますので、テントを設置するという工事で、これについては先ほど説明ありましたように、寄附金をいただいて行うという工事内容になります。仮設テントといってグリーンピアの屋外にあるようなテントがありますが、それを設置します。それと、案内表示板を何基か設置するという工事内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)今田昌美介護福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

介護福祉課長(今田昌美)お答えいたします。介護予防生活支援サービス事業費の額ですけれども、これは利用者の方がふえたということでの金額になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)介護関係はわかりました。
 テント設置ですが、テントは幾つ、全ての公園につくるのか、何カ所なのか、教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

建設部長(高橋伸明)交流センターのある相野釜公園のほうに1基というか、10メートルの10メートル、100平米ぐらいのテントを設置したいというふうに今現在は考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。4番植田美枝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(植田美枝子)16ページです。2款総務費の中で1億3,890万4,000円、災害復興推進事業、これちょっともう少し具体的に説明してください。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)大友彰総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務部長(大友彰)ここに計上しております1億3,800万円は、30年度に事業を行う東保育所の建設工事費について、第19回の復興交付金のほうで認定いただいた金額を今回いただきましたので、基金のほうに積み立てを行って次の事業に備えるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに質疑はございませんか。7番布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(布田恵美)1点です。17ページ、18ページにかけて3款民生費の中で障害者福祉費の中で障害者通所援護事業ということで、説明でひまわりホームのサテライトショップという説明が聞き取れたわけなんですが、現在の進捗、それからまだもちろん、形になっていないんですけれども、どのような計画の中で今進んできて着工する、そういった段階まで来ているのか、内容についてお聞かせいただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋広昭健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

健康福祉部長(高橋広昭)サテライトショップの進捗状況ということでございますが、先日、工事の入札が終わりましていよいよ今後、工事が始まっていくというような状況になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(布田恵美)入札が終わったということで、そこの中で扱う販売物と言ったらいいのか、サービスと言ったらいいのか、あと営業時間ですとかはどのような感じになっているのかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)高橋広昭健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

健康福祉部長(高橋広昭)まず、その辺につきましては現在、調整を行っているという状況になっておりまして、扱うものについては、ひまわりホーム以外に市内にも障害者施設がございますのでそこの産品とか、そういった部分も扱っていけるようにというふうに考えてはおります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか、布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(布田恵美)施設でつくったもの、食品、それから加工、手芸品とか、そういったものもあるのかなと思われますが、近隣に体育館や市民会館、また陸上競技場など多くの方が集うところですので、例えば食事のものとか、あとあそこに里の杜の住宅地もありまして、やはり近隣にスーパーはあるんですが、日用の買回り品ですとか、やはり年齢を経てくると遠くまでの買い物もちょっと難しくなってくるということでそういったことに対する配慮などもしていただけると、お互いに交流が持てる施設になっていくのかなと願っております。御検討ください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)答弁よろしいですか。高橋健康福祉部長。

-------------------------------------------------------------------------------

健康福祉部長(高橋広昭)今の議員のおっしゃったことについては、そういった部分も含めて現在、検討を進めておりますので、そうですね、例えばビッグアリーナと市民会館の利用者の方については、どうなるか、まだはっきりとはしておりませんが、弁当の予約販売とか、そういった部分まで検討はしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 休憩をいたします。
 再開は11時15分といたします。
     午前11時04分休憩
─────────────────────────◇─────────────────────────
     午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)休憩前に引き続き会議を開きます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第80号から議案第86号までの7件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第80号から議案第86号までの7件については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第80号から議案第86号までの7件について1件ずつ討論、採決をいたします。
 議案第80号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。これより採決いたします。(「議事進行」の声あり)15番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)発議案第1号に反対した議員がおります。この補正予算には、ページ15、16ページの議会費も含まれているはずなので、反対した議員からですね、修正案が出されているかどうか。そして、やはり反対した以上は今、さっき反対したんですから条例改正に、議員として、やっぱり筋道をきちっとしなくてない。それが本来の議会の姿であると思いますので、これに反対したと、条例改正にですね、補正は含まれていると。それに賛成するのは、私自身はいかがなものかと思うんですが、その点について議長はどう判断するか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)今現在、少数意見の留保などについては出ておりません。よろしいですか。(「議事進行」の声あり)大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)あのね、今の発言、ちょっと勘違いしていると思いますよ。さっき議案が可決したんですよ。(「誰に言っているの」「議事進行って誰さ言っているの」の声あり)今の発言に対する……勘違いであるっていうことの指摘です。つまり議長も何も考える必要がないということです。それを今申し上げますね。さっき可決したんですから、その可決に基づく予算案でしょう。反対はしましたよ、確かに、反対はしました。(何事か言う者あり)反対したんですけど可決したんですから、可決を受けて予算が組まれたという順番になっています。ですから、日程の、日程の第8に入れているっていうのはそういう意味なんですよ。ですから、何の問題もないですよ。(何事か言う者あり)反対したけれども可決したんですから、(何事か言う者あり)組み替えも修正もやる必要ないじゃないですか(何事か言う者あり)何を考えているんですか。(混乱した発言あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)議員として、議員として正当な表決をされたものとみなしてですね、採決をいたしたいというように思います。よろしいですか。
 これより採決いたします。議案第80号平成29年度岩沼市一般会計補正予算(第4号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第81号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第81号平成29年度岩沼市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第82号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第82号平成29年度岩沼市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第83号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第83号平成29年度岩沼市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第84号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第84号平成29年度岩沼市矢野目西地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第85号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第85号平成29年度岩沼市特定公共下水道事業会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 これより議案第86号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第86号平成29年度岩沼市水道事業会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第10 議案第87号 工事請負契約の締結について

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第10、議案第87号を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。菊地啓夫市長、登壇の上、説明願います。
     〔菊地啓夫市長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

市長(菊地啓夫)議案第87号の工事請負契約の締結についての提案理由を申し上げます。
 本案は、仮称岩沼市東保育所・子育て支援センター建築工事の請負契約について、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決をいただこうとするものであります。
 よろしく御審議賜り、原案可決されますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより質疑を行います。9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)まず1点目、この東保育所・子育て支援センターについては、年間の維持管理費がどれくらいになるのかを想定しておるのか、その辺をまず1つお伺いしたいです。
 2つ目は、東保育所の定員というのが何名で今考えておられるのか。
 そして、3つ目は、この保育所をつくることによって待機児童の解消がどれぐらい軽減されるのか、今、その3点についてお伺いをします。(混乱した発言あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)須藤議員に申し上げます。この件に関しては、関係ない質問であると判断をいたします。(「保育所は新年度でちゃんと説明しているんだぞ」の声あり)80号で説明している。よろしいですか。飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)少しですね、補正予算に入っているんですね。その中で、入っていない、ここでやるべきであって、これは契約ですからそれについて、やはり議員たる立場として質問していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに。須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)今回の工事について制限つき一般競争の中身、どういう制限をされたのか、その件についてお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)石垣茂総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務課長(石垣茂)お答えいたします。制限の内容につきましては、岩沼市競争入札参加資格を受けている業者で、県内に本店があり、国が定める建築一式の総合評定値が、市内750点以上、市外900点以上で、特定建設業の許可を有し、過去10年間に1契約で総延べ床面積1,000平方メートル以上の木造の建築工事を元請として施工した実績のあるもの等の条件を満たすものといたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)入札の結果をネットでちょっと見たんですけども、4社、応札されていると思うんですね。これだけ大きな仕事で4社となると、例えば4社しか応札していないっていうことは、もうちょっとやっぱり何というかね、これからの中身、先ほどの制限を緩めるというか、もうちょっと多く参加してもらえるような感じにできなかったのかどうか、必ずこういう10年間だとか、それから750点とか900点とか、あと1,000平米とかの規模というのはわかるんですけども、かなりそういう実績を持っている会社がいっぱいあると思うんですけども、そういうふうに制約をつけられたことが応札に対して少なかったのではないかなと思うんですけど、その辺についてはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)石垣茂総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務課長(石垣茂)お答えします。入札参加資格につきましては、当該工事の品質確保とともに、工事に係る事業の円滑な実施を図るため、必要とされる技術的な条件や同種の工事などの経験を有していることの条件を付しまして一般競争入札とさせていただいているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに質疑はございませんか。大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)改めてお聞きします。落札価格、あの、契約金額はここに書いてますけども、落札価格は幾らだったのか、落札率は幾らか、その際の最低制限価格は幾らだったのか、何社が参加したのか、うち地元の建設会社と市外の業者の数をお知らせ願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)石垣茂総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務課長(石垣茂)お答えします。既にホームページ上でも公表されておりますけれども、落札価格につきましては税抜きで2億9,565万9,000円でございます。最低制限価格につきましては、2億9,554万2,000円でございます。落札率は90.04%となっており、参加いただいた4業者のうち、市内3業者、市外1業者でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)今の数値からして最低制限価格は90%、9割という設定のように見えますが、最低制限価格の率ですね、確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)石垣茂総務課長。

-------------------------------------------------------------------------------

総務課長(石垣茂)国の定めにより計算させていただきまして90%となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「はい」の声あり)
 ほかに質疑はございませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第87号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、議案第87号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより議案第87号について討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。議案第87号工事請負契約の締結については原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第11 意見書案第6号 介護福祉施策の充実を求める意見書

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第11、意見書案第6号を議題といたします。
 これより提出者から提案理由の説明を求めます。10番渡辺ふさ子議員、登壇の上、説明願います。
     〔10番渡辺ふさ子議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)意見書を読み上げまして提案とさせていただきます。
 意見書案第6号
                                           平成29年12月14日
 岩沼市議会議長 森   繁 男 殿
                               提出者  岩沼市議会議員 渡 辺 ふさ子
                               賛成者  岩沼市議会議員 植 田 美枝子
                  意見書の提出について
 地方自治法第99条の規定により「介護福祉施策の充実を求める意見書」を別紙のとおり提出する。
    介護福祉施策の充実を求める意見書
 国の一連の社会保障制度改革では、高齢化の進展による社会保障費の増大から、公的給付の抑制と国民の負担増を求める状況となっている。平成30年度からの介護保険制度・介護報酬改定に当たっては、政府は社会保障のサービス削減と負担増につながる内容を含む制度の見直しが検討されている。
 平成27年度からの介護保険制度改定では、介護保険料が上がり、一部の利用者は介護サービス利用料の自己負担が増えた。利用者は、今まで利用できていたサービスを制限せざるを得ないなど、要介護者とその家族から将来への不安の声も出ているのが現状である。また、平成27年度介護報酬改定で、過去最大規模、4.48%もの引き下げが行われたことにより、介護事業者は厳しい環境におかれている。介護現場では、介護人材の不足や厳しい事業運営を抱えながら、利用者の介護を支えている。介護を社会的な制度として充実させていくことが求められている状況にもかかわらず、利用者からは今後のサービス利用への不安が寄せられ、介護事業者からは、人材確保と事業運営の困難についての声が寄せられている。
 老いや、それに伴う病気や障害があっても人間らしく生活が維持できるようにするのは社会全体の役割である。それが社会保障の基本理念であり、国民の生存権を保障する憲法25条の精神である。
 よって、国会及び政府においては、全ての要介護者が個人として尊重され、安心して生活が送れる介護福祉施策充実のため、下記の措置を確実に実施するよう強く要望する。
                         記
 1 介護従事者の処遇・労働環境の改善を進め、介護事業の健全な運営が成り立つよう基本報酬の底上げを図ること。
 2 介護保険料の引き上げを抑制するため、介護保険制度における国の負担割合を引き上げること。
 3 介護サービスの利用料を抑制し、サービスの必要な人が、安心して介護サービスを受けられる制度改正を行うこと。
  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
  平成29年12月14日
                               宮城県岩沼市議会
提出先  衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣
備 考  地元選出国会議員には、同趣旨の陳情書を提出する。
 よろしく御審議願います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより質疑を行います。15番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)介護福祉施策の充実、サービスを受けるわけですから、財源の確保についてどのような見解を持っているのか、賛成者の植田美枝子議員にお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)提出賛成者の答弁を求めます。植田美枝子議員。(「議事進行」の声あり)6番大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)今までのこの議会の慣例では、議案に対する質疑は提案者でずっとやってきています。ですから、その慣例に従っていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)15番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)今の大友健議員が言ったんですけども、私たち1年生のとき、定数削減案で全員署名して、24名から21名にしました。そのとき、日本共産党の五十鈴川議員から、全員賛成者がどう考えているんだと。一人一人聞かれたわけですが、私たち1年生議員は、五十鈴川議員の期待に応えるように答弁したつもりでしたので、この提出者と賛成者は同じ立場だと思うんですよ。だから、聞くのもやぶさかではありませんので、その辺、議長、取り計らっていただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)今、飯塚議員が発言されたように、前例がございます。その理由は、今、飯塚議員が発言された内容であります。したがって、賛成議員におかれましても答弁に立っていただくということになります。植田美枝子議員。(「議事進行」の声あり)植田美枝子議員の答弁を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(植田美枝子)財源ということなんですけれども、非常に大きな問題だと考えておりますが、私の考えなんですよね、聞いているのは、賛成した意見の。ここにこの意見書に書いてあることに賛成したので賛成議員になったんですね。この意見書を全部読んで納得したので賛成者になった、それ以上の財源をどうするんだとかっていうのには答える必要ないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。(「議事進行」の声あり)15番飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)あのですね、賛成して中身見て私の趣旨に賛成、これ当たり前ですよ。しかし、私が聞いているのは、これだけの施策を推し進める上で財源をどうするんだと、そこまで踏み込まなければこの意見書、どうなんです、ただ言い出しっ放しですか、我々、議員ですよ。ある程度の財源確保、このような財源でやってほしい、いただきたいというので賛同をいただきますというのが趣旨だと思うんで、私は植田美枝子議員に聞いているわけですので、私は2回目でないですよね、1回目ですよね。ちゃんと聞いてくださいよ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)植田美枝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(植田美枝子)何度も申し上げますが、意見書なんですよね。ですので、隅々読みまして賛同したので賛成者になった以外は答えること、必要ないと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか、飯塚悦男議員。

-------------------------------------------------------------------------------

15番(飯塚悦男)こんな答弁でいいんですか、意見書に賛成すると。そして、どのような財源でやると、それも私たち議員の務めですよ。そういうことなくて、ただ署名したと。これは済まない問題でありますので、答えてくださいよ。例えばここの要望書、議長宛てに要望書あります、あっ、陳情書。間違いました、訂正願います。陳情書ですね。そこの中には消費税とかって書かっているんですよ、いろいろな面で。だから、財源もどのような財源でこの施策をやるんだと、そういう基づいて賛成者になる、提案者になるというのが議員としての務めでないかと思いますので、その点、答えてくださいよ。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)植田美枝子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

4番(植田美枝子)何度も申し上げますが、意見書です、意見です。財源をどうするかまで決めてから意見書を出すものなんでしょうか、そうとは思っていません。あくまでも意見書なので、賛成者になったまでなのでこれ以上の発言はできません。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに質疑はございませんか。14番長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田忠広)今の議論を聞いていまして、まずは提出者のほうから、賛成者は全ての意見を聞いて、それで理解をした上で賛成するべきものでありまして、文章を隅々だけ読んだからこれでオーケーだという部分では納得ができない部分はありますけれども、であれば、私のほうは、じゃ提出者のほうに質疑をしたいというふうに思います。
 1点目は、介護保険制度という部分は、税と保険料と保険料から成り立っているわけでありますけど、その制度の流れ、どういうものか理解しているか1点、お聞きしたいと思います。
 2点目、国の借金あります。そのために今、安倍政権、また自民公明の与党はその借金返しもしっかりやんなきゃいけない。そのために消費税という部分を一つ上げながら今、進めているわけでありますけれども、国の借金、どれぐらい今あるのか、わかっていればお聞かせ願いたいと思います。
 3点目は、2025年度に向けましてこれからますます高齢化社会を迎える。そうすると、介護保険料の全体的な部分がアップします。そうすると、国の負担も必ずふえてくるわけですよ。さらに保険料の抑制であったり、また、利用料の抑制というのがますます国の保険料が上がるという部分の認識をされているのか、これが3点目。
 4点目、財源の問題であります。財源は非常に大切である。先ほども言った消費税の部分では、当初は借金返しと社会保障の充実という部分で言ったわけでありますけれども、今回の選挙において子育て支援、教育支援にも力を入れていこうということで2兆円のパッケージを政府は今回示した。そういう部分も財源をしっかり示してそこの部分でサービスを入れていく。これが政治であると思いますが、どのように財源として考えているか、以上、4点についてお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)介護保険制度は、確かに国、県、自治体、そして、それから40歳以上の方、64歳までの方の介護保険料、それから65歳以上の方の介護保険料で成り立っているものでございます。
 それから、国の借金は、きちんと押さえていたわけではありませんけれども、1,000兆円と言われているのかなと、概算ですけれども。
 それから、介護保険料の全体がもちろん、ふえていくわけですので、それに伴って各保険料がふえていくことは重々承知でございますけれども、介護を利用する皆さんの年金が下がる一方で、保険料が上がり、利用料が上がる。本当に国民が老後を安心して利用していける必要な制度であるにもかかわらず、利用できないようなものでは保険あって介護なしと、そうなっていったんでは、せっかく2000年にこの介護保険制度が導入された意味が本当に意味がなくなるのではないかと考えております。国民の命と暮らしが守られる施策をしていくのが国の役割だと思っております。
 財源の問題としては、これは大きな問題です。例えば消費税の使い道にいたしましても、大変大きな消費税には問題があると考えております。例えば輸出している大企業は1円も払うどころか、輸出戻し税、輸出リベート税とも言われるような、外国からは消費税がもらえないだろうという、だから国内でかかった経費分はお返ししてあげましょうという大変優しい観点から特に輸出大企業には毎年、大変な戻し税があります。消費税率が上がれば上がるほどその戻し税がふえていくという、そういう仕組みであります。ですから、消費税そのものが本当に生まれたばかりの赤ちゃんから寝たきりの人であっても、それから本当に仕事のない派遣の人やそういう人たちも含めて何を買うにも負担しなきゃいけない、本当に弱者に逆進性のある税だと思っております。
 財源の問題としては、今回意見書には入れておりませんが、陳情の中には社会保障充実のため、国のあらゆる無駄な歳出を見直し、安定的な財源を確保してほしいということが陳情の中身には書いております。
 今回の私の意見書には、介護福祉の充実を求める意見書ということでこの3番目までにしてあります。本当にあらゆる無駄な歳出ということでは、安倍政権になってからふえ続けている防衛費、本当に憲法9条を守り、そして、軍備を持たないと決めているにもかかわらず、どんどん攻撃のためと思われる軍備費がふえております。イージスアショアに関しては、1台設置で800億円という、それを2台も設置するとか、本当にそういう無駄なところを見直して社会保障にしっかりとお金を回せば、自治体も本当に楽になるわけです。資本主義の国でありながらスウェーデンとかそういうところ、本当に社会保障にしっかりとお金を回してやっているという、そういう社会、そういう国もたくさんあるわけですから、そういう意味でしっかりと歳出を見直して安定的な財源を確保してほしいと。ここでの陳情の要旨の中にも具体的なあれこれとは書いておりません。あらゆる無駄な歳出を見直してほしいと書いているのであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田忠広)まあ何かわかったようでわかんないような回答であったわけであります。
 一言言うと、先ほど生まれた赤ちゃんから云々という話があった。これで国の負担をふやしなさいというのは、全ては介護保険料を使わない、生まれた赤ちゃんから全てからのお金ということなんですよ。国のお金というのは財源はどこにあるか、これは税金ですから、結局そういう意味から、この介護保険というのは、税金と保険料とまた利用料でしっかりとやりながら維持、安定させていくというのが介護保険制度の根本であって、今までもずっと日本共産党で出しているのは国の負担をしろ、しろと言っている。見た目はいいかもわかりませんが、結局はこの財源のもとはどこなのか、国民である。そういう部分の認識があるんですが、その点をどのように考えているのかが1点目。
 2点目、借金、いろいろと言っておりました。このような借金がある中でさらに借金をしてやりないというふうに言っているようなものと一緒であります。先ほど消費税のさまざまな批判をしておりましたが、消費税というのは、やはり借金返しをしっかりして、しっかりバランスよく借金をなくしていく。これは国際社会での約束である。そういうものがあったんですが、今回は教育支援も必要なので、少し借金返しを少なくしながら消費税を使っていく、このような目的になった。
 ところが、日本共産党はもともと消費税は反対であると。無駄遣いを直しなさいと言っています。以前、自民党政権の前の政権は、そのことを言っていた。結局、どうだったでしょう。無駄削減は一切できなくて、結局約束したことはできなかったと。そのように、無駄ということは、やっぱりやんなきゃいけません。でも、この財源に当たるような無駄という部分はなかなか厳しい、このようなものがあるんですが、その認識、2点についてお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)済みません。ちょっと1点目についてもう一度、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)1点目についてもう一度お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田忠広)1点目、言ったのは、渡辺ふさ子議員が、先ほど消費税の話で、生まれた赤ちゃんから負担しているんだという話があったと。今回国のほうの税金割をふやせということは、結局は赤ちゃんから全ての皆様のお金を使う、ふやしていくということと、その部分での認識をどのように思っているかということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)生まれた赤ちゃんからという話は、その消費税がそういうふうな人たちにも負担増になっているということで言ったのであって、国民の税金をこれを実施するためにさらに税の負担をふやせと言っているんではございません。
 それから、国の借金を返すという問題も、これは重大な問題であって、この介護保険や社会保障費をずっと削ってきたわけですよね。その削ってきた結果が本当に耐えがたい負担になっているわけで、そこだけで借金を返していけるのかというと、そうではないわけですよね。そうではない大きな費用がたくさん出ているわけであって、そういう無駄を削りながら健全財政のために借金を返していくのは、国のあり方としてそれは当然なことだと思っております。今回の意見書にある介護福祉の充実を求めて働く人や、そして、介護施設が成り立つような、そういうふうにやっていくこと、これをするから借金を返せなくなるというような、そのような国が弱い体制ではないと思っております。十分にできる力はあると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか、16番沼田健一議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(沼田健一)私は1つだけ。あと、議員としての自覚の問題、2つお願いしたいと思います。
 1つ、この意見書、これは陳情書を全て網羅して意見書としております。そういう中にあって、この4点の措置をきちっとやった上でこの意見書が出されるんであれば、何ら問題はないんでありますけれども、陳情書文書どおり出さないで、4番の財源を確保するということだけを抜いて意見書にしております。つまり陳情書どおりの意見書ではない。そういう中でこの意見書については不備があると思いますので、なぜこの点を抜いたのか、1点、お伺いします。
 あともう一つ、先ほど飯塚議員が賛成者植田美枝子議員に質問いたしました。この点については、やはり意見書にただ読んで賛成しただけではなく、理解をした上で署名をするべきだと私は思います。なぜなれば、先ほど大友健議員が、市民の理解が得られない、38万何がしの増額に対し、市民の理解が得られないというようなことでありました。やはりこういう意見書についても、どの議員から質問受けても答えられるような賛成者でなければならないと思います。
 そういう中にあって、今議会は須藤功議員の一般質問発言中に携帯電話が鳴ったり、植田美枝子議員が議会広報委員会を無断で欠席したり、また、意見書に対して飯塚悦男議員の質問に対して、ただ意見書に署名したと、そういう意味では、やっぱり市民の理解は得られないと思います。そういうことであれば、やはり問題ではないかなと私は思います。
 それで、この意見書についてなぜ4番だけ削除したのか、やっぱり一番重要なことなんです。先ほど長田忠広議員がお話しされたように、財源あってのこういう施策ですので、そういう面を外して意見書に出した、陳情書から、そういう面について1点、お願いします。(「議事進行、議長、議事進行」の声あり)(「議事進行、議長、議事進行」の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)まず、陳情書どおりでなければ不備なのではないかという点については、これはお考え違いではないのかと思います。陳情書どおり、全て今まで意見書を出してきたわけではございません。意見書の文言についても大変手直しをして、岩沼市議会として提出する文言はこうであるべきだという点とかで今までもそうですが、今回もですけれど、一つ一つ文言やそれから漢字を仮名にしたりとか、そういう面での訂正をしながら提出しております。
 意見書についても、あっ、その項目についてもそのとおりでなければおかしいというのではなくて、これは他の議会の意見書を見てもそうですが、3項目だけれども1項目だけにしたとか、それはいろんなところでいろんな例があります。私は岩沼市議会の議員の皆様に賛同していただけるには4点目はハードルが高いのではないかと思い、この3点であれば、賛成していただけるのではないか。とにかく介護施設が成り立っていくように、そして、介護従事者の方の働く環境がよくなってほしいという、その施策の充実を求める意見書なのだという立場でこの3点、私は私なりにこの3点に押さえて提出しております。何ら不備だとか、陳情どおりでないからおかしいというのは当たらないと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)沼田健一議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(沼田健一)なぜそのような質問をしたかと、やはり一番大事なのは財政なんです。介護福祉施策の充実、これは大変重要なこと。しかし、今、高齢化社会の中でこの財源をいかに確保することが大事かというの、その点を書いてあるんですけどもその点を抜いてある。その点については非常に重要でありますので、やっぱり書いて出すべきだったのではないかなと私は思うんですけども、ただいま岩沼市議会はハードルが高いということでありますが、ハードルは決して高くないと思いますが、その点について。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。

-------------------------------------------------------------------------------

10番(渡辺ふさ子)私なりの認識で大変申しわけなかったとは思っております。確かにそう言われてみれば、ハードルは高くなかったんだろうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか、ほかに質疑はありませんか。(「議事進行、議事進行、お願いします」の声あり)
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。(「議事進行、議長、議事進行」の声あり)
 お諮りいたします。ただいま議題となっております意見書案第6号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、意見書案第6号については、委員会付託を省略することに決しました。
 これより意見書案第6号について討論を行います。初めに、本案に対する反対討論の発言を許します。13番布田一民議員。

-------------------------------------------------------------------------------

13番(布田一民)反対討論をいたします。
 まあ、この意見書の前に陳情書が上がっております。確かに陳情書と意見書は違う。その中で修正をかけて出す、このことも重要なんだというふうに思うわけでありますが、しかし、今回のこの介護福祉施策の充実を求めるに当たっては、何といっても財源が必要だ。この陳情書どおりに私は出せば、当然、私は意見書には賛成したんだろうというふうに思います。
 確かに国の今の借金、質疑がありましたが、重大だというふうに言われますが、本来であれば、この陳情書のほうにも書かっているとおり、国及び政府がしっかりと財源を確保する。今、借金を抱えている中で政府試算というバランスシートの中にしっかりと載せれば、今現在の借金においても何ら問題がないということは、これは国の中でも、政府の中でもお話をしているところであります。ですから、そういった財源をしっかりと見直しをかけて、そして、今回のこの介護の福祉の部分について充実を図るという、こういった意見書であるべきだったんだと私は思います。そういった点からいって、今回のこの意見書については反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)次に、賛成討論の発言を許します。6番大友健議員。

-------------------------------------------------------------------------------

6番(大友健)賛成の立場から討論します。
 まず、この意見書のタイトル、介護福祉施策の充実を求める意見書、そして、下のほうにあります、介護従事者の処遇、労働環境の改善を進めること。3番目には、サービスの利用料を抑制し、デイサービスの必要な人が安心して介護サービスを受けられる制度改正を行うこと。こういうことを地方の議会である岩沼市議会がこういうことを意見書を採択するということに、何のためらう必要もないのではないでしょうか。地方議会の立場から介護保険の充実を求める意見書であります。何のためらう理由もない。
 で、財源のことを言われますけども、それは財源は無視はできませんよ。念頭に置く必要はあります。しかし、だからといってこの財源がこことここから調達してこないといけないって、そんなことは、これは議会がやるべきことと、住民でもいいですけど、意見書を提出する側と、それから執行側である市役所とか国とか、この要望書の宛て先は国ですよ。その国の予算をどうやって地方議会の、あるいは住民らがどうやって金をここから持ってくるなんて言えるわけないじゃないですか。つまり、財源は無視はできないけれども、無視はしません、無視はできないけれども意見書なんですから、こういうことをやったらどうですか、やるべきだ、そういう意見書なんです。ですから、財源はここから持ってくるなんて必要ありません。ですから、反対する意見がわかりません。
 そういうことで、ためらう理由がないということで賛成でございます。地方議会の意思としてこういうことすら表明できないのは、情けない議会だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに討論はありませんか。反対討論、沼田健一議員。

-------------------------------------------------------------------------------

16番(沼田健一)反対討論。
 やはり何の施策を行うにも財源が必要であります。その財源確保がなくて、何してくれ、かにしてくれ、そういうのは無責任だと思います。よって、この意見書については反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに、9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)本日、我々議会は議案で岩沼市の職員の給料、認めました、上げることを認めています。国家公務員の給料も上がります。なのになぜ同じ財源の、同じといいますか、財源として言われる介護福祉職員の施設を充実するために給料を上げちゃいけないのか、もっとそういうことに矛盾する、そんな感じがする。こっちは反対で、こっちは下げてもいいけどこっちは上げてくれと、そういう話ではないと思うんですね。
 それで、今、団塊の世代があと何年か、何十年かする、10年過ぎると、もう介護の必要性がどんどんどんどんふえてくるという実情にあって、この介護をされる方々がなかなか人気がないといいますか、人が集まらないとか、そういう話も聞こえています。国家公務員や各地方自治体の給料を上げたことに、なぜこの介護福祉の関連の方々の給料を上げることに反対なのか理解できません。上げるんだったらみんな一緒に上げましょう、そんな気がします。ですから、私は、やはりこれからも介護福祉の充実をもっともっと進めるべきで、この意見書には賛成です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに、長田忠広議員。

-------------------------------------------------------------------------------

14番(長田忠広)今の賛成討論は全然、この中と違う。我々は一切介護従事者の給料を上げるなと一言も言っていません。歪曲して言われるから間違っているのであって、我々が言っているのは、介護福祉のこの部分の要介護者、高齢者の皆様が安心して生活ができる福祉施設、これは我々も必要だなというふうに言っていました。介護保険の働く方の従事者の処遇改善も、2兆円のパッケージにおいても、今回、上げるように政府与党で決まっています。さらには今後も上げる、保育所も含めながらという部分でやっていて一切反対していないわけであります。
 そこで、今回の部分に関しましては、やはりサービスがある以上は財源、それをしっかりやっていきながら安定したものにやっていかなきゃいけない。それが本題であります。
 そういう意味から、先ほど、地方議員は意見なんだからいいんだという話もあったわけでありますけども、地方議員でありますので財源というものをしっかりと考えながら国のほうに言うことが筋であると、そういう意味から今回の意見書に反対します。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに討論はありません。7番布田恵美議員。

-------------------------------------------------------------------------------

7番(布田恵美)この意見書に賛成の立場から討論いたします。
 昨夜、商工会女性部の研修の中でも、認知症サポーター養成講座ということで講座を開きまして、地域の商店街、商業者、あとおかみさんたちも集まって認知症に対する理解を広め、地域で安心して暮らしていけるように本当に見守っていくことが大事だと、介護福祉の充実が大事だという認識でありました。
 その点から、この介護福祉施策の充実を求めるという意見書に対して賛成いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。意見書案第6号介護福祉施策の充実を求める意見書については、原案のとおり可決することに賛成する議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)起立少数であります。よって、本案は否決されました。
─────────────────────────◇─────────────────────────
日程第12 請願第7号 岩沼市体育施設の充実に係る請願

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)日程第12、請願第7号を議題といたします。
 教育民生常任委員長から、付託をしておりました請願の審査結果について報告を求めます。
 布田恵美教育民生常任委員長、登壇の上、報告願います。
     〔布田恵美教育民生常任委員長登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(布田恵美)
                                           平成29年12月8日
 岩沼市議会議長 森   繁 男 殿
                                      教育民生常任委員会
                                        委員長 布 田 恵 美
                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託された事件について審査した結果、下記のとおり決したので、会議規則第134条の規定により報告します。
                         記
┌──────┬──────────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │7                                         │
├──────┼──────────────────────────────────────────┤
│付託年月日 │平成29年12月5日                                  │
├──────┼──────────────────────────────────────────┤
│件    名│岩沼市体育施設の充実に係る請願                           │
├──────┼──────────────────────────────────────────┤
│      │陸上競技場は、老朽化に伴い、市民が安心安全に利用できるよう全面改修を行うことが望まし│
│委員会の意見│いと考える。                                    │
│      │武道場は、既存施設を含めた整備を検討する必要があると考える。            │
├──────┼──────────────────────────────────────────┤
│ 審査結果 │採択すべきもの                                   │
├──────┼──────────────────────────────────────────┤
│措    置│市長に送付し、その処理の経過及び結果の報告の請求                  │
└──────┴──────────────────────────────────────────┘

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これより委員長報告に対する質疑を行います。9番須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)まず、3点ほどお伺いします。大体関連はしているんですけども。
 3種公認の取得についての意見は出たのでしょうか、ということが1点目です。
 2点目につきましては、請願者である方が陸上競技協会の会長さんをやられておると。その中でその会長さんの意図としては、公認申請についてどのように思っているか、3種公認を取られたほうがいいと思っているのか、その辺の意図についてお伺い、そういう意見が出たのか。
 それから、3点目ですけども、この公認の陸上競技場というのは、県内で大会が行われるか、公認でなければ行われないというふうになります。私の聞いた話では、これはちょっと少し余談なんですけども、宮城スタジアムが平成19年の7月ぐらいから使えなくなっちゃってオリンピックに備えるみたいな話があります。1年間ぐらい使えなくなると。そうなってくると、陸上競技場の使用がなかなか難しくて大会ができなくなるような話が聞こえているんですけども、里の杜の周辺にはサテライト、里の杜にサテライトショップを今後、つくる予定がある。そうなってくると、人をやっぱり集めて県内から多くの人が集まってくれるような大会がこの3種公認のものだと思うんですけども、そういうサテライトショップに集客をするためにも、そういう3種公認というものが関連としてそういう意見が出たのかどうか、その件の3点をお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田恵美教育民生常任委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(布田恵美)それでは、ただいま須藤議員から問いがあった件について順を追って御説明してまいりたいと思います。
 まず、3種公認についての考え方ということでありました。そのことについては、今回、請願紹介議員の沼田健一議員に御出席をいただいておりまして委員会の中で審査をしてまいりました。
 その中で、3種を取るには金額的に5億とか6億もかかってしまうという状況だと。今回に関しては最低限、その財源の点からも最低限、競技ができるように、安心安全に競技ができるような要求というのを望んでいるということでした。陸上競技協会としては、3種公認を望んではいますが、5億とか6億とかいった、そういった金額は大変厳しいということでの回答でございました。
 それから、請願者が公認申請を望んでいるのかという点につきましても、望んではいるわけです。望んではいますけれどもお金の面ですね、今の岩沼の状況からして多額の5億とか6億という金額は難しいだろうという、そういう答弁をいただいて了としております。
 あと、公認グラウンドとして集客にもつなげていくようにということですが、その点につきましては委員会の中で特に審査では触れておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)須藤功議員。

-------------------------------------------------------------------------------

9番(須藤功)1番目の質問です。質疑の中で3種公認の取得について意見があったのかということだったので、そこのところをもう一回、確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)布田恵美教育民生常任委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

教育民生常任委員長(布田恵美)委員会の中で3種公認を取って人を集めようとか、大きい試合ができるようにという、そういった考えはないのかという意見は出されております。それに対しましては、先ほどお答えした内容でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)よろしいですか。ほかに質疑はありませんか。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)質疑がないようでありますので、質疑を終結いたします。
 これより討論を行います。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)討論がないようでありますので、討論を終結いたします。
 これより採決いたします。請願第7号に対する委員長の報告は採択すべきものであります。請願第7号岩沼市体育施設の充実に係る請願については、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)御異議なしと認めます。よって、請願第7号は委員長報告のとおり採択することに決しました。
─────────────────────────◇─────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

議長(森繁男)これをもって、本定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 よって、平成29年第4回岩沼市議会定例会を閉会いたします。
 御起立願います。 ── 大変御苦労さまでした。
     午後0時14分閉会
     地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
          平成30年2月23日
              岩沼市議会 議 長 森   繁 男

                    議 員 菊 地   忍

                    議 員 高 橋 光 孝