議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 名取市

平成18年決算審査特別委員会(第1日目) 本文




2006.09.19 : 平成18年決算審査特別委員会(第1日目) 本文


    午後1時52分  開   会
◯議長(大友廣嗣君) 出席委員は定足数に達しておりますので、委員会条例第14条の規定により、委員会は成立いたしました。
 ただいまから決算審査特別委員会を開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。
────────────────────○────────────────────
    正・副委員長互選


◯議長(大友廣嗣君) これより正副委員長の互選を行いますが、委員会条例第8条第2項の規定により、委員長互選のため、臨時委員長に年長委員である高橋久吉委員を指名いたしたいと思います。
 高橋久吉委員と交代します。
 暫時休憩いたします。
  〔臨時委員長高橋久吉君と交代〕
    午後1時53分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後1時54分  再   開


◯臨時委員長(高橋久吉君) 再開いたします。
 ただいま年長のゆえをもちまして御指名をいただきましたので、委員長が選任されるまで私が臨時委員長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。
────────────────────○────────────────────
    委員長互選の件


◯臨時委員長(高橋久吉君) これより委員長互選の件を議題といたします。
 お諮りいたします。委員長の互選については、会議規則第 116条第5項の規定により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯臨時委員長(高橋久吉君) 御異議なしと認めます。よって、委員長の互選は指名推選により行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。ただいま委員長の互選については、指名推選により行うことに決定いたしましたが、臨時委員長の私から指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯臨時委員長(高橋久吉君) 御異議なしと認めます。よって、臨時委員長において指名することに決定いたしました。
 委員長に星居敬子委員を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいまの指名に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯臨時委員長(高橋久吉君) 御異議なしと認めます。よって、星居敬子委員が委員長に選任されました。
 それでは、以上で私の職務が終わりましたので、星居敬子委員長と交代いたします。
 暫時休憩いたします。
    午後1時56分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後1時56分  再   開
  〔委員長星居敬子君と交代〕


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
 ただいま決算審査特別委員会の委員長に選任をいただきました。力はございませんが、よろしく御協力のほどお願いいたします。
────────────────────○────────────────────
    副委員長互選の件


◯委員長(星居敬子君) これより副委員長互選の件を議題といたします。
 お諮りいたします。副委員長の互選につきましては、会議規則第 116条第5項の規定により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、副委員長の互選は指名推選により行うことに決定いたしました。
 ただいま副委員長の互選につきましては指名推選により行うことに決定いたしましたが、委員長において指名をいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、委員長において指名することに決定いたしました。
 副委員長には高橋和夫委員を指名いたしたいと思います。
 お諮りいたします。ただいまの指名に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、高橋和夫委員が副委員長に選任されました。
────────────────────○────────────────────


◯委員長(星居敬子君) この際、お諮りいたします。
 本委員会に付託されました議案第68号、議案第69号及び議案第70号の審査方法につきましては、一般会計歳入決算は委員全員で構成する決算審査特別委員会で審査を行い、一般会計歳出決算、特別会計歳入歳出決算、水道事業会計収入支出決算及び下水道事業等会計収入支出決算は、会議規則第92条の規定により、四つの分科会を設置の上、審査を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、議案第68号、議案第69号及び議案第70号の審査の方法につきましては、ただいま申し上げました方法により審査を行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 ただいま設置されました分科会は、第1分科会から第4分科会とし、各分科会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条を準用し、委員長において指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、各分科会の委員の選任につきましては、委員長において指名することに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 第1分科会の委員につきましては総務財政常任委員会所属の委員全員を、第2分科会の委員につきましては監査委員を除く建設水道常任委員会所属の委員全員を、第3分科会の委員につきましては経済教育常任委員会所属の委員全員を、そして第4分科会の委員につきましては民生福祉常任委員会所属の委員全員をそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、各分科会の委員につきましては、ただいま申し上げました各常任委員会所属の委員を選任することに決定いたしました。
 お諮りいたします。ただいま設置されました分科会の委員長及び副委員長の互選につきましては、会議規則第 116条第5項の規定により、指名推選の方法により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、分科会の委員長及び副委員長の互選につきましては、指名推選の方法により行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 ただいま分科会の委員長及び副委員長の互選につきましては、指名推選により行うことに決定いたしましたが、委員長において指名をいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、委員長において指名することに決定いたしました。
 それでは、本職において指名をさせていただきます。
 第1分科会の委員長に沼田喜一郎委員を、そして副委員長に高橋史光委員を、第2分科会の委員長に丹野政喜委員を、副委員長に山口 實委員を、第3分科会の委員長に相澤祐司委員を、副委員長に菊地 忍委員を、さらに第4分科会の委員長に太田稔郎委員を、副委員長には橋浦正人委員をそれぞれ指名したいと思います。ただいまの指名に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました委員が、決算審査特別委員会分科会の委員長及び副委員長に選任されました。
 この際、お諮りいたしたいと思います。
 本委員会に付託されました議案第68号、議案第69号及び議案第70号の決算認定3カ件の審査事項につきましては、お手元に配付しております決算審査表のとおりといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 本日は、この後、休憩を行い、休憩中に決算審査特別委員会分科会を開催し、審査日程等の調整を行い、その後、決算審査特別委員会の正副委員長と分科会委員長との会議を開き、最終調整の上、決算審査特別委員会を再開したいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 分科会開催のため休憩をいたしたいと思います。再開は追って予鈴でお知らせいたします。
 委員の方々は、各常任委員会室へ御移動を願いたいと思います。
    午後2時 4分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後3時19分  再   開


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
────────────────────○────────────────────
    諸般の報告


◯委員長(星居敬子君) この際、報告をいたします。
 各分科会の審査日程につきましては、休憩中に各分科会委員長による合同会議を開き、協議の結果、お手元に配付の審査日程のとおり確認をいたしましたので御報告をいたします。
 これをもって報告を終わります。
────────────────────○────────────────────


◯委員長(星居敬子君) この際、お諮りいたします。
 本委員会に付託されました議案第68号、議案第69号及び議案第70号の決算審査に係る分科会等の審査日程につきましては、お手元に配付しております決算審査特別委員会分科会審査日程のとおりといたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 暫時休憩いたします。
    午後3時20分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後3時22分  再   開


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
────────────────────○────────────────────
    諸般の報告


◯委員長(星居敬子君) この際、諸般の報告をいたします。
 委員会条例第19条の規定により、市長の出席を求めておりますので御報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。
────────────────────○────────────────────
    議案第68号 平成17年度名取市歳入歳出決算の認定について


◯委員長(星居敬子君) これより議案第68号 平成17年度名取市歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、本日は補足説明のみにとどめさせていただきますので、御了承願いたいと思います。
 それでは、平成17年度名取市一般会計歳入決算について、当局から補足説明を求めます。収入役、お願いいたします。


◯収入役(佐々木秀典君) 別冊「平成17年度一般会計・特別会計歳入歳出決算事項別明細書」により補足説明をなした。


◯委員長(星居敬子君) 大変御苦労さまでございます。
 暫時休憩いたします。
    午後4時19分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後4時20分  再   開


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
 収入役。


◯収入役(佐々木秀典君) 大変失礼いたしました。
 ただいま補足説明を申し上げました件で訂正を2カ所ほどお願いしたいのですけれども。


◯委員長(星居敬子君) 収入役から訂正の申し出がありましたので許可したいと思います。
 それでは、訂正をお願いしたいと思います。収入役、どうぞ。


◯収入役(佐々木秀典君) 大変失礼いたしました。
 第2款の地方譲与税のところでございます。11ページから12ページでございます。
 所得譲与税のところでありますが、前年度対比 10.10%の伸びとお話し申し上げましたが、110.10%と御訂正をお願いいたします。
 それからもう1カ所でありますが、17ページから18ページのところであります。第10款の地方交付税でありますが、ここの文章をもう一回読み上げさせていただきます。平成17年度の地方交付税は41億 2,690万 1,000円、ここは結構でございますが、このうち普通交付税35億 5,829万 4,000円と申し上げましたが、これを35億 7,652万円に訂正をお願いいたします。
 それから、特別交付税でありますが、これの訂正額を申し上げます。5億 5,038万 1,000円となります。それによりまして普通交付税の対前年度も変更になりまして、普通交付税の伸びを9.21%、それから特別交付税は9.38%の減と訂正をお願いいたします。
 それから、基準財政収入額の際に申し上げました調整額については、ゼロということでお願いいたします。以上でございます。
    〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 本田委員。


◯委員(本田隆子君) 決算を見る上で「税務の概要」をこれまでいただいてきて、これで件数とか伸び率とか内容を見てきたのですけれども、平成16年度版まではあるのですが、平成17年度版がないので問い合わせたところ、これは全員に配ってないと。平成17年11月に作成しているものなのですが、はっきり言えば、こういうやり方でいいのですかと言いたいんですよ。提案理由の説明では、IT等、情報化の推進とか行政の透明性と信頼性の確立のための情報公開制度とか、そういうことを掲げていながら、実際は出すべき概要という資料を配らない理由についてお伺いしたいんです。決算をこれから審査するに当たって、その点のお取り計らいをお願いいたします。


◯委員長(星居敬子君) 暫時休憩いたします。
    午後4時26分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後4時27分  再   開


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
 15分間休憩いたします。
    午後4時27分  休   憩
────────────────────○────────────────────
    午後5時     再   開


◯委員長(星居敬子君) 再開いたします。
 先ほど本田委員から議事進行の申し入れがございました。それに関して委員長の見解を申し上げます。
 休憩中ではございますが資料の提出をお願いいたしました。あしたまでにコピーをしてその資料を出していただくことにいたしましたが、次年度からについては、強く申し入れをしていただくように、提出できるようにお願いしたいと思います。(「委員長、そういう問題じゃないんだよ」の声あり)
 本田委員。


◯委員(本田隆子君) だれの判断で議員には出さないということになったのかと聞いたんですよ。これはちょっと大きな問題ですよ。単に「税務の概要」、ちょっと借りてきましたけれど、平成17年11月にこれはできているんですよ。毎年議会に出してきたの。それが議会に出さない理由は何ですかと聞いたの。資料を出してくださいというのだったら、これ、私、自分でコピーすればいいだけの話、そういうことを聞いているんじゃないの。
 政治姿勢の問題で聞いているんですよ。庁内の中で消防は平成18年度が出ているんですよ。そのほかにも出てないのはあるんです。水道は出てないでしょう。下水はもうしばらく出てないけど。


◯委員長(星居敬子君) わかりました、本田委員のおっしゃる意味はわかりましたので。(「だから、これを当局から答えてもらわないとだめです」の声あり)
 わかりました。本田委員。


◯委員(本田隆子君) 議員をどう考えているのですか。議員には要らない、渡さない、だれが判断したのですか、どこで。お答えいただきたい。


◯委員長(星居敬子君) では本田委員の再度の、これは議事進行に当たるようなところではないのですけれども、本田委員の議事進行に関して執行部の方からお答えいただきたいと思います。どなたがお答えいただけますか。(「委員長、ちょっと待ってください、あくまでも議事進行にかかわることだから、委員長の判断だから、見解を述べなくてはいけない、それを踏まえて答弁するとか、答弁してくださいとか言い直さなければ」の声あり)
 では、改めて委員長の見解を申し上げます。休憩中ですけれども私もその理由を述べてほしいと申し上げておりましたので、本田委員と同じ思いですので、それについて執行部からお答えいただきたいと思います。助役。


◯助役(太田隆基君) お答えいたします。
 職員を監督する立場の人間として私も議会に配付しなかったという事実は、甚だ申しわけなかったのですが確認をしておりませんでした。今お話を聞きますと、事務局には何冊か図書室ということで配付しているということでございますけれども、全体的に部数を制限して経費の節減といいますか、そういうものも図るという意味もあったのかどうかわかりませんけれども、とにかく今まで渡しておったものを渡さなかったということで、私としても職員の監督という意味から適当ではなかったという判断をしておりまして、今回は部数上にいろいろ制限がございましたので、先ほど委員長が申し上げましたとおり、早速コピーをして当日に間に合わせたいと、こういうことでございますので御理解を賜りたいと思います。(「違う、どこの判断なのって聞いたんだよ、助役の判断なの」「ちょっと休憩して」「まだ休憩中でしょう」の声あり)


◯委員長(星居敬子君) いえ、再開しております。
 続きまして、収入役から補足説明の申し出がもう少しありましたので、それを受けたいと思います。(「ちょっと待ってください、休憩して、委員長」の声あり)
 委員長は今の助役の答弁で御理解いただけるものと思いますので、さらに補足説明の申し出がありますので、それを受けたいと思います。(「委員長、違うんだ」の声あり)
 収入役の方から補足説明をお願いいたします。


◯収入役(佐々木秀典君) 別冊「平成17年度一般会計・特別会計歳入歳出決算事項別明細書」により補足説明をなした。


◯委員長(星居敬子君) ありがとうございます。
────────────────────○────────────────────
    延   会


◯委員長(星居敬子君) お諮りをいたします。
 本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思います。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(星居敬子君) 御異議なしと認めます。本日はこれにて延会することに決定いたしました。
 本日はこれにて延会いたします。
 なお、次の委員会は、明20日午前10時再開いたします。
 大変御苦労さまでございました。
    午後5時7分  延   会



 平成18年9月19日
       決算審査特別委員会

             臨時委員長  高 橋 久 吉

             委 員 長  星 居 敬 子