議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 名取市

平成22年予算特別委員会(第1日目) 本文




2010.03.10 : 平成22年予算特別委員会(第1日目) 本文


     午後4時24分  開   会
◯議長(渡邊 武) 出席委員は定足数に達しておりますので、委員会条例第14条の規定により委員会は成立いたしました。
 ただいまから予算特別委員会を開会いたします。
 これより本日の会議を開きます。
─────────────────────○──────────────────────
     正・副委員長互選


◯議長(渡邊 武) これより正副委員長の互選を行います。
 この際、委員会条例第8条第2項の規定により、委員長互選のため、臨時委員長に高橋和夫委員を指名いたします。高橋和夫委員と交代いたします。
     〔臨時委員長高橋和夫委員と交代〕
 暫時休憩いたします。
     午後4時24分  休   憩
─────────────────────○──────────────────────
     午後4時25分  再   開


◯臨時委員長(高橋和夫) 再開いたします。
 ただいま御指名いただきましたので、委員長が選任されるまで私が臨時委員長の職務を行います。どうぞよろしくお願いします。
─────────────────────○──────────────────────
     委員長互選の件


◯臨時委員長(高橋和夫) これより、委員長互選の件を議題といたします。
 お諮りいたします。委員長の互選については、会議規則第116条第5項の規定により、指名推選の方法により行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯臨時委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、委員長の互選は指名推選により行うことに決定いたしました。
 ただいま委員長の互選については、指名推選により行うことに決定いたしましたので、指名をお願いしたいと思います。
 丹野委員。


◯委員(丹野政喜) 高橋和夫委員を委員長に指名をいたします。


◯臨時委員長(高橋和夫) ただいま丹野委員から、不肖私を委員長にという指名がありましたが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯臨時委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、私が委員長に選任されました。
 なお、会議規則第30条第2項の規定による当選人への当選の旨の告知については、ただいま当選の旨を述べたことをもって御了承願います。
 以上で、臨時委員長としての職務は終わりました。
 引き続き、議事を進めてまいります。
─────────────────────○──────────────────────
     副委員長互選の件


◯委員長(高橋和夫) これより副委員長互選の件を議題といたします。
 お諮りいたします。副委員長の互選につきましては、会議規則第116条第5項の規定により、指名推選の方法により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、副委員長の互選は指名推選により行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。ただいま副委員長の互選については指名推選により行うことに決定いたしましたが、委員長において指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、委員長において指名することに決定いたしました。
 副委員長に山田司郎委員を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいまの指名に御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、山田司郎委員が副委員長に選任されました。
 山田司郎委員が本協議会室におられますので、本席から会議規則第30条第2項の規定により告知をいたします。
 山田司郎委員、副委員長就任のごあいさつをお願いいたします。


◯副委員長(山田司郎) 副委員長を仰せつかりました山田司郎でございます。委員長を補佐しながら、微力でありますが副委員長の任務を務めたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。


◯委員長(高橋和夫) 暫時休憩いたします。
     午後4時27分  休   憩
─────────────────────○──────────────────────
     午後4時30分  再   開


◯委員長(高橋和夫) 再開いたします。
─────────────────────○──────────────────────
     諸般の報告


◯委員長(高橋和夫) この際、諸般の報告をいたします。
 委員会条例第19条の規定により、市長の出席を求めておりますので御報告いたします。
 次に、市長から議案第1号の資料の提出がありましたので、お手元に配付しておきましたから御了承願います。
 これをもって諸般の報告を終わります。
─────────────────────○──────────────────────


◯委員長(高橋和夫) これより議事に入ります。
 本委員会に付託されました議案は、議案第1号から議案第9号までの平成22年度各会計予算案9カ件であります。
 この際、お諮りいたします。ただいま申し上げました議案9カ件の審査方法につきましては、最初に執行部から補足説明を受けた後、予算に関する説明書に基づき逐次質疑を行い、全議案の質疑を終結した後に討論、採決の順に行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(高橋和夫) 御異議なしと認めます。よって、ただいま申し上げました方法により審査を行うことに決定いたしました。
─────────────────────○──────────────────────
     議案第1号 平成22年度名取市一般会計予算


◯委員長(高橋和夫) それでは、議案第1号 平成22年度名取市一般会計予算を議題といたします。
 当局から補足説明を求めます。
     〔「委員長、議事進行について」と呼ぶ者あり〕


◯委員長(高橋和夫) 小野寺委員。


◯委員(小野寺美穂) 今回、今この場所で議案第1号の一般会計予算の資料が配付されておりまして、これまでこういうものを出してもらえれば審議しやすいことを申し上げていたので、出されたことは大変ありがたかったのですけれども、できればきょうあす審査をするという前に、もっと早くに渡していただければ。例えば一番後ろに基金の残高なんて書いてあるんですね。これを補正予算で聞く必要もないわけですよ。こんなこと、後から資料で渡すのに、一々質疑しているのかなということになるので、聞けばわかることはできるだけ先に渡していただければ違う話ができるので、別に出し惜しんでいるわけではないのでしょうけれども、資料はできるだけ早く渡していただきたい。あすからもう歳入の審査ですから、きょう一晩でこれ全部読んで勉強しなくちゃいけないんです。すごく大変なんですよ。頭のキャパがないもんですから。ぜひよろしくお願いいたします。


◯委員長(高橋和夫) 職員、よろしいですか。(「はい。よろしくお願いします」の声あり)
 申し受けておきます。
 それでは、補足説明をお願いします。総務部長。


◯総務部長(我妻 諭) 別冊「予算書」及び「予算に関する説明書」により補足説明をなした。


◯委員長(高橋和夫) 大変御苦労さまでした。
─────────────────────○──────────────────────
     散   会


◯委員長(高橋和夫) 本日の会議はこの程度にとどめ、散会いたします。
 なお、次の委員会は、明11日午前10時といたします。
 大変御苦労さまでした。
     午後5時5分  散   会



  平成22年3月10日
        予算特別委員会

            委 員 長  高 橋 和 夫