議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 白石市

平成21年第383回臨時会(第1号) 本文




2009.11.26 : 平成21年第383回臨時会(第1号) 本文


     午前10時開会
◯佐藤英雄議長 おはようございます。
 ただいまから第383回白石市議会臨時会を開会いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 諸般の報告


◯佐藤英雄議長 この際、諸般の報告をいたします。
 地方自治法第121条の規定により、本臨時会に市長ほか関係者の出席を求めております。
 次に、市議会に係る会議についてご報告いたします。
 これまで第193回仙南地域広域行政事務組合議会定例会が開催され、この会議の概要についてはお手元にお配りしておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 次に、監査委員から例月出納検査、随時監査の結果報告書が提出されております。その内容はお手元にお配りしておりますので、ご了承願います。
 以上で諸般の報告を終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市行政報告


◯佐藤英雄議長 この際、市長から市の行政について報告したい旨の申し出がありますので、これを許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 おはようございます。
 第383回白石市議会臨時会に当たり行政報告をさせていただきます。
 定額給付金給付事業及び子育て応援特別手当についてご報告申し上げます。
 本年4月6日から申請受け付けを開始いたしました定額給付金及び子育て応援特別手当につきましては、受け付け開始から6カ月経過した10月6日で申請受け付けを終了し、指定口座への最終口座振込日である10月28日をもって給付事務を終了いたしました。
 最終的な定額給付金の給付につきましては、給付対象世帯1万4,088世帯のうち給付件数が98.6%に当たる1万3,889世帯、総額にいたしまして5億9,526万4,000円の給付実績で、給付率は99.5%でございました。
 また、子育て応援特別手当の支給につきましては、件数で468件、総額で1,753万2,000円の支給実績となり、支給率は100%でございました。
 本事業の実施によりまして、当初の目的でありました市民の生活支援、地域の経済対策等に寄与できたものと思っております。
 以上、ご報告を申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で市長の行政報告は終わりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時03分開議


◯佐藤英雄議長 ただいまから本日の会議を開きます。
 18番制野敬一議員から欠席の届け出があります。現在における出席議員数は20名でありますので、定足数に達しております。
 本日の会議は、お配りいたしました議事日程第1号をもって進めます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第1 会議録署名議員の指名


◯佐藤英雄議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において8番安斎多実男議員、13番小川正人議員を指名いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第2 会期の決定


◯佐藤英雄議長 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第3 第73号議案から第75号議案


◯佐藤英雄議長 日程第3、第73号議案・白石市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から第75号議案・白石市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例までの計3議案を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第73号議案・白石市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案、第74号議案・白石市教育委員会教育長の給与、勤務時間、その他勤務条件に関する条例の一部を改正する条例案及び第75号議案・白石市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例案の3議案は、いずれも景気悪化に伴う民間給与との格差を解消するため、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準拠し、それぞれ条例の一部を改正するものであり、一括して提案理由の説明をいたします。
 改正の骨子を申し上げますと、市長及び副市長については、特別職報酬審議会の答申を受け、市長の給料月額を3,000円、副市長については2,000円を引き下げ、あわせて教育長についても給料月額を2,000円引き下げようとするものであります。また、平成21年12月期の期末手当の支給割合についても、それぞれ0.15カ月引き下げようとするものであります。
 一般職については、初任給を中心とした若年層を除き、給料月額を平均0.2%引き下げるとともに、期末手当を0.10カ月、勤勉手当を0.05カ月それぞれ引き下げるため、条例の改正をいたそうとするものであります。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) まず、第73号、第74号議案についてお尋ねいたします。
 今回の給与改定は、基本的に人事院勧告に沿ったものとなっておりますが、人事院勧告に沿った改定において特別職報酬審議会に諮問した例は、私が議員になってからはなかったという状態でありましたけれども、今回、特別職報酬審議会に諮問した理由をまずお尋ねいたします。
 また、審議会での議論の内容についてお尋ねいたします。
 また、給与改定額が市長は3,000円、副市長、教育長が2,000円となった根拠を伺います。
 次に、第75号議案について伺います。
 白石市の職員の皆さんが日ごろ市民生活の向上と市民生活安定のため献身的に職務を遂行していることにまず敬意をここで表させていただきます。
 今回提案された給与改定によって平均何万円の年収の減少になっているのか、まずお尋ねいたします。
 また、補正予算に給与改定分は計上されておりませんが、給与改定分、期末手当分、勤勉手当分、住居手当分の各減額合計を提示いただければと思います。
 また、その使途についてはどのような検討をされているのかお尋ねいたします。
 次に、より多くの痛みを行政現場の第一線を支えてきた中堅層に押しつけているような状況で、この給与改定がありますが、この点について市長はどのような所感を持っておられるか。若年層への配慮ということは十分わかりますが、より中堅層への分が大きいと判断しますが、その点についての判断をお尋ねいたします。
 3点目に、賃金による内需拡大効果を市長はどのようにお考えかお尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 お答えを申し上げます。
 まず1点目でございますが、これは先ほど提案理由の中で説明させていただきましたが、まずは人事院勧告を遵守するということ、それは民間給与との格差解消のためと、それにさらに特別職報酬審議会の答申を受けてということでございます。その点がその金額になったということでございます。ご理解いただきたいと思います。
 2点目につきましては担当課から説明させます。
 また、中堅層に対する負担ですけれども、あくまでもこれは、先ほどもお話しさせていただきましたが、人事院勧告に基づいた結果そうなっているということをご理解いただきたいと思います。
 また、給与削減についての収入減で、内需拡大の部分に関しましては何らかの影響はあろうかと思います。ただ、どの生活においても必要な部分というのはかかるものだろうと想定しております。大幅な消費減というのは余りないのではないかと考えておるところであります。以上です。


◯佐藤英雄議長 佐藤総務部長。
   〔佐藤正男総務部長登壇〕


◯佐藤正男総務部長 お答えをいたします。
 まず特別職関係でございますけれども、市長、副市長とか議員の報酬を変更する場合は、特別職報酬審議会の答申を受けるというふうに条例で規定されております。そういうことでかけたということでございます、今回下がるということで。
 それから、3,000円、2,000円の根拠でございますけれども、まず人事院勧告で基本的に0.22、民間との較差があったということで、それらをもとに特別職も計算しました。その結果、数字を丸めて3,000円、2,000円と。その結果、平均よりも若干高い数字の減額率となった次第であります。
 それから、影響額でございますけれども、全体的には約6,000万円ほど減少になると見ております。
 それから、職員の月例給関係では大体470万円の減、ボーナスは6月も含めますと大体5,350万円、6月分で期末・勤勉、共済費、これらも合わせますと2,870万円ほどの減、それから12月分では2,480万円ほどの減と。それから、自宅に係る住居手当の廃止、これにつきましては大体36万円の減と。こんなことでございます。
 それから、これらの浮いたお金は何に使うのかということですが、一般財源として今後有効に活用していきたいと考えております。


◯佐藤英雄議長 4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) 報道では、特別職報酬審議会にかけた内容として、人勧も含めてですけれども、ほかに「財政悪化に伴う」というような報道もありましたが、この点についてそのような内容があったのかどうか、まずお尋ねいたします。
 議論の内容で、根拠がこういった人勧の0.22ということはわかりましたけれども、審議会ではどのような議論があったのか、財政悪化の点に関しての例えば説明があったのだとすれば、そういった説明の内容についてもお尋ねいたします。
 それと、住居手当36万円ということですが、白石市において、いまだ持ち家に関して住居手当の実態がどのようになっているのか、白石市の現状としての把握というのをなされておられるかどうか、その点についてもう一度お尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 お答え申し上げます。
 1点目でございますが、特別職の給与に関しまして、当然のごとく一般職の方々も下げるということで特別職も下げようというふうに決定したと同時に、財政悪化の部分に関しましては、私の就任当初からですが、給料を10%削減しながら行っていることをご理解いただきたいと思っています。
 また、その審議会においてどのようなことがあったかということは、諮問どおりということで、異議は一つもありませんでした。
 以上でございます。


◯佐藤英雄議長 佐藤総務部長。
   〔佐藤正男総務部長登壇〕


◯佐藤正男総務部長 自宅に係る住居手当関係でお答えいたします。
 今回は、新築購入後5年に限り支給している住居手当月額2,500円、これを廃止するものでございます。該当職員は現在12名おります。合わせて36万円、年間で影響があるということです。


◯佐藤英雄議長 ほかに質疑ありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第73号議案から第75号議案までの計3議案については、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。
     午前10時16分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時18分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 最初に、4番吉田貞子議員。
   〔4番吉田貞子議員登壇〕


◯4番(吉田貞子議員) 第75号議案・白石市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例に対し、反対の立場で討論いたします。
 本案は、人事院が行った勧告に沿ったものであります。今回の給与勧告は、俸給のマイナス改定を伴うものとしては最低記録を更新するものであります。未曾有の厳しい経営環境にあるなどと言われながら、ベースダウンを実施した事業所は全国的に1.5%程度にすぎないとの統計もありますし、ことしの春闘結果も昨年と比べわずかなマイナスにとどまっているとの統計も出ております。
 一方、職場実態は、不払い残業の増大や労働の強化が深刻になっているとも言われております。また、中堅層の退職が増加する実態などもあり、市政運営の第一線で働いてきた中堅層に大きな打撃となっており、機械的に官民格差を導入することに危惧を抱かざるを得ません。
 2点目に、今回の減額は、この不況で苦闘している地域経済を一層冷え込ませるものと判断いたします。市長の答弁にもありましたように、何らかの影響はあるということでございました。最低賃金とともに社会的な所得決定基準となっている公務員賃金を下げることは、賃金低下が内需の縮小を生み、そして国内生産の縮小に進み、新たな雇用の減少を生み出すという、さらなる負の悪循環に陥らせるものであり、消費の落ち込みがさらに加速し、白石市の経済に及ぼす影響は大きいと判断いたします。
 3点目に、4月分の官民比較給与をベースに官民格差分を12月分で減額調整措置することは、一度支払った給与賃金を4月からさかのぼって12月に返せということであり、不利益の遡及であります。これは不利益不遡及の法原則に抵触すると判断いたします。
 以上のことから第75号議案に反対するものであり、議員諸賢のご賛同を賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 次に、20番安藤佳生議員。
   〔20番安藤佳生議員登壇〕


◯20番(安藤佳生議員) ただいま議題となっております第75号議案・白石市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして、賛成の立場で討論いたします。
 本案は、さきの提案説明にあるように、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準拠するものであり、いずれも景気悪化による民間給与との格差均衡を図る目的であります。
 一般職については、初任給を中心とした若年層を除き月額給料平均0.2%、さらに6月減額を踏まえ、期末手当0.10カ月、勤勉手当0.05カ月を引き下げるためなどの条例の改正であります。
 職員の皆様におかれましては、市民サービスに献身的に努力されておりますことを察しておりますが、今回の人事院勧告に基づいた改正は妥当であり、市民並びに職員の理解を得られるものと確信するものであります。
 よって、第75号議案に賛成するものであります。議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。


◯佐藤英雄議長 以上で通告による討論は終わりました。
 採決に入ります。ただいま議題となっております第73号議案から第75号議案までのうち、第75号議案についてはご異議がありますので、起立により採決いたします。
 まず、第75号議案について採決いたします。本案については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯佐藤英雄議長 起立多数であります。よって、第75号議案は原案のとおり可決されました。
 次に、第73号議案及び第74号議案について採決します。これら2議案については、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、第73号議案及び第74号議案は原案のとおり可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第4 第76号議案


◯佐藤英雄議長 日程第4、第76号議案・平成21年度白石市一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第76号議案は、平成21年度白石市一般会計補正予算(第7号)でございます。
 第1表歳入歳出予算の補正でありますが、既定の歳入歳出予算にそれぞれ9,172万円を追加し、予算の総額を139億5,819万2,000円にいたそうとするものであります。
 補正の主な内容は、地域環境保全事業及びバリアフリー緊急整備事業により、中央公民館に太陽光発電システムを設置するための経費及び大ホールトイレ改修等に係る経費を計上したほか、母子加算復活に係る生活扶助費、緊急雇用創出事業の前倒し執行に係る経費を計上いたしております。
 歳出予算に充当する財源といたしましては、国庫支出金、県支出金及び繰入金を増額して措置いたそうとするものであります。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) 9ページの中央公民館太陽光発電システム・省エネ冷暖房設備設置工事についてお尋ねいたします。
 この太陽光発電システムによって中央公民館の中で売電できるほどの発電システムというか、そういったことになるのか、それとも何%にとどまるのか、どの程度なのか、その内容についてお尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 阿部生涯学習課長。
   〔阿部俊治生涯学習課長登壇〕


◯阿部俊治生涯学習課長 中央公民館の太陽光発電の売電ということで、一応計画では80キロワットの太陽光パネルを設置するということで計画しておりまして、それに伴っての試算ですと、そちらの方からの売電というか、100万円ほどの電気料の減に値するということで、全体を賄うということではなくて、その一部を賄う形で電気料が減額になっていくということで計画しております。以上です。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。2番管野恭子議員。


◯2番(管野恭子議員) 今の太陽光発電の中央公民館の改修のことですが、これは本当にCO2削減からいっても、またさまざまな観点からいっても好ましい予算ではないかなと思っております。これをスタートにしまして、他の公共物等にも順次着手していただければと思います。
 この中で、中央公民館大ホールトイレ改修工事なんですが、この中身についてちょっと詳しく教えてください。


◯佐藤英雄議長 阿部生涯学習課長。
   〔阿部俊治生涯学習課長登壇〕


◯阿部俊治生涯学習課長 今回の補助事業につきましては、体育館等のバリアフリー等緊急整備事業ということで、大ホール内に男子・女子トイレがあるわけなんですけれども、その中で今現在障害者用のトイレの部分がカーテン等になっておりますので、そういったものを自閉式の引き戸にかえたりするのと、便器もウォシュレットあるいはバリアフリー用の洗面台設置ということで計画をしております。あと女子の方にはベビーシートも新設する考えで、女子の和式の便器を洋式にかえるということで計画しております。以上です。


◯佐藤英雄議長 2番管野恭子議員。


◯2番(管野恭子議員) 今の状態よりは大分よくなるような感じだなと受け取りました。中央公民館は、白石市内の方が結構いろんなイベントで子供さんから年配の方々までたくさんの方々が集まるところでありますが、中には、前に私も申し上げたことがありますが、人工肛門とか人工膀胱をつけられた方が大分市内にもおられるということを私もいろんな方と会って感じておりますが、ここでいろんな楽しいイベントもある中にそういう方々も安心して出てこられるようなオストメイトトイレの設置は考えていないのかということが1点と、それからもう一つ、女性の立場から言わせていただきますと、トイレに入ったときに……


◯佐藤英雄議長 管野恭子議員に申し上げます。議題に沿って質疑をお願いします。
   〔2番管野恭子議員「議題に沿っているかと思いますが」と呼ぶ〕


◯佐藤英雄議長 少し外れています。


◯2番(管野恭子議員) (続)その改修に関しまして、使いやすいようにということで、物を置く場所がなかったりして、特に女性の方が困る現状が、私も使ってみて感じるんですが、それと細かい話ですが、物をかけるところの出ているものが非常に高いんですね。私の背が小さいというのもあるんでしょうけれども、年配の方とか子供さんが入ったときに、荷物をかけるのに非常に困難を来しておりますので、もうちょっと位置を考えるとか、排泄器以外の周辺の優しさをちょっと考えていただけないかと思いますが、いかがでございましょうか。


◯佐藤英雄議長 阿部生涯学習課長。
   〔阿部俊治生涯学習課長登壇〕


◯阿部俊治生涯学習課長 今回、内部の改修ということで、オストメイトの方まではちょっとその考えはなくて、ただ、先ほど言われました物をかける場所とか物を置く場所については、女子の方はトイレブース自体を全部改修しますので、その際にそういったものを設置するように検討していきたいと考えております。以上です。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。3番水落孝子議員。


◯3番(水落孝子議員) 緊急雇用創出事業の前倒しということなんですが、これはいつの事業の前倒しで、どういう中身で計上されているというか、緊急雇用をどこでどういうふうに働いていただくように考えておられるのかという、その中身についてお尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 角張商工観光課長。
   〔角張一郎商工観光課長登壇〕


◯角張一郎商工観光課長 お答えをいたします。
 緊急雇用対策事業につきましては、10月16日に政府に緊急雇用対策本部が設置されました。それに伴いまして10月23日に緊急雇用対策が策定されまして、それによりまして今回その中の1項目として前倒し執行をしてほしいという旨の通知が入りました。今回の改正の中で前倒し執行するとともに、事務補助員の雇用についても23年3月まで認めるということがありました。そういうような内容がありましたので、今回1月から臨時職員12名を採用して前倒し執行したいということで考えております。これについては国の方針の中で今まで提示されました金額の中でもって、22年度、23年度の分を前倒ししてほしいと、金額的に。ということがありましたので、当市の配分枠については変わりません。ということで、22年度、23年度を見直ししながら今回前倒ししているということです。
 今回の配置場所につきましては、税務課、市民課、生涯学習課の中に12名が採用されます。以上です。


◯佐藤英雄議長 ほかにございませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第76号議案については、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。
     午前10時36分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時36分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。
 採決に入ります。ただいま議題となっております第76号議案については、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、第76号議案は原案のとおり可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第5 議提第4号


◯佐藤英雄議長 日程第5、議提第4号・白石市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。11番保科惣一郎議員。
   〔11番保科惣一郎議員登壇〕


◯11番(保科惣一郎議員) ただいま議題となっております議提第4号・白石市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明を申し上げます。
 昨年来の世界的な金融危機に端を発した景気の急速な悪化に伴い、異例の暫定措置として、去る5月1日に公務員へ支給される本年6月の期末手当及び勤勉手当を一般職で0.2カ月分凍結するよう勧告がなされ、議員も本年6月に支給された議員の期末手当を0.2カ月分減額した経緯があります。
 今般8月11日の人事院勧告の本算定においては、景気の回復が見られないことから、公務員に支給される期末手当及び勤勉手当を一般職で0.35カ月分、給与についても本俸の0.2%の引き下げが勧告されたことに伴い、人事院勧告を尊重する立場から、一般職、特別職においても減額の条例改正がなされました。
 議員報酬は人事院勧告に左右されるものではありませんが、昨今の経済状況を考えたとき、やはり議員も市民の代表であることを踏まえ、本年12月に支給される議員の期末手当を0.05カ月分、さらに12月の月額報酬より0.25%を減額するとともに、平成22年度以降の議員期末手当を年間3.30カ月分から3.05カ月分とするものであります。また、あわせて平成16年より年額の2.5%を期末手当から減額調整していた報酬を、議員の月額報酬から減額調整するため、本条例を改正いたそうとするものであります。
 議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております本案については、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。
     午前10時40分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時40分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。
 採決に入ります。ただいま議題となっております議提第4号については、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、議提第4号は原案のとおり可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 お諮りいたします。この臨時会において議決されました各議案の条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を会議規則第42条の規定に基づき議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市長のあいさつ


◯佐藤英雄議長 この際、市長からあいさつしたい旨の申し出がありますので、発言を許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 本日ここに第383回白石市議会臨時会を招集いたし、提案いたしました4議案につきましてご審議を賜りましたところ、原案どおり可決いただきましたことに対し、心より御礼を申し上げます。
 また、今議会で議員皆様方の報酬等について市職員等と同様に引き下げすることをみずから提案し可決いただきましたことに対し、心から敬意を表したいと思っております。
 議員の皆様には、今後とも変わらぬご協力、ご鞭撻をお願い申し上げまして、御礼のあいさつといたします。ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 これにて第383回白石市議会臨時会を閉会いたします。
 皆様方の格別のご協力に対し、心から感謝を申し上げます。
 大変ご苦労さまでした。
     午前10時42分閉会



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する

 白石市議会 議 長  佐 藤 英 雄

       議 員  安 斎 多実男

       議 員  小 川 正 人