議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 白石市

平成21年第382回臨時会(第1号) 本文




2009.10.26 : 平成21年第382回臨時会(第1号) 本文


     午後1時開会
◯佐藤英雄議長 皆さん、こんにちは。
 ただいまから第382回白石市議会臨時会を開会いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 諸般の報告


◯佐藤英雄議長 この際、諸般の報告をいたします。
 地方自治法第121条の規定により、本臨時会には市長ほか関係者の出席を求めております。
 次に、市議会に係る会議についてご報告いたします。
 これまで白石市外二町組合議会定例会及び宮城県市議会議長会秋季定期総会が開催されました。この会議の概要については、お手元にお配りしておりますのでごらんいただきたいと思います。
 次に、監査委員から例月出納検査、随時監査及び財政援助団体監査の結果報告書が提出されております。その内容はお手元にお配りしておりますので、ご了承願います。
 以上で諸般の報告を終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市行政報告


◯佐藤英雄議長 この際、市長から市の行政について報告したい旨の申し出がありますので、これを許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 皆さん、こんにちは。
 第382回白石市議会臨時会に当たり行政報告をさせていただきます。
 自動車損害共済に係る専決処分についてのご報告でございます。
 平成21年8月17日、白石市福岡蔵本字鍛冶屋敷地内で発生いたしました公用車、市バスの事故における損害賠償額の決定について、お手元に配付しております専決処分書のとおり専決いたしましたので、地方自治法第180条第2項の規定によりご報告を申し上げます。
 以上、ご報告を申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で市長の行政報告は終わりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午後1時02分開議


◯佐藤英雄議長 ただいまから本日の会議を開きます。
 現在における出席議員数は21名でありますので、定足数に達しております。
 本日の会議は、お配りいたしました議事日程第1号をもって進めます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第1 会議録署名議員の指名


◯佐藤英雄議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において7番山田裕一議員、15番志村新一郎議員を指名いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第2 会期の決定


◯佐藤英雄議長 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第3 第72号議案


◯佐藤英雄議長 日程第3、第72号議案・平成21年度白石市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第72号議案は、平成21年度白石市一般会計補正予算(第6号)でございます。
 第1表歳入歳出予算の補正でございますが、既定の歳入歳出予算にそれぞれ3,494万4,000円を追加し、予算の総額を138億6,647万2,000円にいたそうとするものでございます。
 補正の主な内容は、新型インフルエンザ予防接種費助成に伴う接種業務委託料等を計上しておりますが、これに充当する財源といたしましては、県補助金、繰入金をもって措置いたそうとするものでございます。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) まず、優先接種対象者の人数と始める時期を、それぞれ国からの指針はあると思いますが、市としては何名でどのくらいの時期からということがあるのかどうか、お尋ねいたします。
 それから、市として国からの指針と違って独自助成という部分があるのかどうか、お尋ねいたします。
 まず、2点お尋ねします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 お答え申し上げます。
 合計で約8,500人になります。
 詳細につきましては担当課よりいたさせます。


◯佐藤英雄議長 村上健康推進課長。
   〔村上文男健康推進課長登壇〕


◯村上文男健康推進課長 市長の命によりまして、お答えさせていただきます。
 まず、優先接種者の数ということでございますが、妊婦が304人、基礎疾患を有する者の数でございますが3,000人を見込んでおります。1歳未満児の両親につきましては831人、1歳から就学前につきましては1,382人、小学生、こちらは1年から6年まででございますが1,876人、中学生につきましては1年生から3年生まででございますが1,060人、高校生につきましては1,128人、65歳以上の高齢者につきましては1万396人でございまして、優先接種者の数といたしましては1万9,977人を見込んでおります。
 そのうち、市の独自助成分と国が定めます生活保護並びに低所得者の費用負担の軽減に関する部分、これは全額無料という形になりますが、こちらの部分につきましては、今申し上げました1万9,977人が対象にはなります。
 市の方で見込んでおります独自助成分でございますが、ただいま市長が申し上げましたように、8,453人でございます。これは中学校3年生までを見込んだものでございます。
 それから、国が行う費用負担軽減措置の分でございますが、これは全額無料となる分でございますが、これは5,400人で積算をいたしております。
 予算につきましては、そのうちの6割が接種するだろうということで、60%を見込んだもので予算を計上いたしております。
 次に、接種の開始時期でございますが、マスコミ等でご案内のように、医療従事者につきましては先週から接種が開始されているということでございまして、第一に優先順位に上げられております。
 その次に、11月2日から予定されておりますのが妊婦。それから、基礎疾患を有する者。基礎疾患を有する方には二通りございまして、最優先をされる方が11月2日からということになっております。
 その次が、同じく基礎疾患を有する者のその他の方ということで12月上旬から。
 次に幼児、1歳から就学前まででございますが、こちらにつきましては12月中旬ということになっております。
 次に小学校の低学年、1年生から3年生まででございますが、こちらは12月下旬ということです。
 次に、1歳未満児等の保護者ということで1月上旬。
 小学校の高学年、4年から6年でございますが、こちらが1月中旬。
 中学生、高校生、65歳以上の高齢者につきましては1月下旬というような時期になっております。
 以上でございます。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。
 15番志村新一郎議員。


◯15番(志村新一郎議員) ただいまの関連なんですけれども、医療従事者に関して先週からということなんですけれども、ちょっとお聞きしたい点があるんですが、医療従事者というのはすべてですか。それとも、医療に関して内科とか外科とか歯科とか分けているんですか。すべての従事者が接種できるんですか。


◯佐藤英雄議長 村上健康推進課長。
   〔村上文男健康推進課長登壇〕


◯村上文男健康推進課長 医療従事者ということでございますが、医療従事者につきましては、いわゆる新型インフルエンザにかかわる業務に従事する医師と看護師というふうに聞いております。レントゲン技師でありますとか臨床検査技師でありますとか一般の受付の事務の方は除かれるというふうに伺っております。


◯佐藤英雄議長 15番志村新一郎議員。


◯15番(志村新一郎議員) ということは、技師とか何とかは抜けると。
 私はさっき歯科と言ったのですが、風邪を引いている人がお医者さんに来る。そこで歯の治療をしたときに、待合室に5人、10人といる。移りますよね。そういうことを考えた場合に、それを除くというのは、私は不思議でならなかったのですけれども、先週ちょっとお聞きしたんです。私たちはこの医療従事者の接種には入っていないと。そうお聞きしたので、今聞いているんですけれども、どういうわけで除いたのか、もう一度説明をお願いします。


◯佐藤英雄議長 暫時休憩いたします。
     午後1時14分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午後1時16分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 村上健康推進課長。
   〔村上文男健康推進課長登壇〕


◯村上文男健康推進課長 優先順位の中の医療従事者の規定でございますが、これにつきましては厚労省の方で定めておりまして、インフルエンザ患者の診療に直接従事する医療従事者ということで、救急隊も含むということになっておりますが、そのようなことでご理解いただきたいと思います。


◯佐藤英雄議長 ほかにございませんか。
 3番水落孝子議員。


◯3番(水落孝子議員) 先ほどのご説明の中でちょっと確認させていただきたいんですが、助成対象者はおおむね8,453人だということで、そして、無料になる人と助成がどれぐらいになるのか。
 無料は国の方では生活保護世帯と市民税非課税世帯だと思うんですが、先ほど説明された中学3年生まで、これが無料になるのか。それとも、助成が2分の1とかいうふうになるのか。その辺のところをもう一度ご説明いただきたいと思います。


◯佐藤英雄議長 村上健康推進課長。
   〔村上文男健康推進課長登壇〕


◯村上文男健康推進課長 先ほどの答弁で説明不足がありまして申しわけなく思っております。
 まず、国の方で助成をいたすという対象の方は、住民税の非課税世帯に属する非課税者の方と、あわせまして生活保護世帯の方でございます。
 1万9,977人が優先接種の対象という数にはなっておりますが、その中に占める生活保護並びに住民税非課税者の世帯数、これは事前に正確に判断することが困難でありました関係上、国の方で費用負担軽減事業で交付額に用いる基準額の算定の低所得者の占める割合というのが27%というふうになっておりますので、それを用いて1万9,977人の27%で約5,400人という数字を積算しております。
 ちなみに、白石市における非課税世帯につきまして調べてみましたところ27.04%ということで、数字的には一致するということで、これを使わせていただいております。
 こちらの方につきましては、1回目接種、2回目接種とも全額無料となるということで、その人数分掛ける6,150円の2回接種分の金額で予算を計上させていただいております。
 それから、市の独自助成分の部分でございますが、こちらにつきましては優先順位の高い方から、妊婦、基礎疾患を有する方、それから1歳から就学前の小児、小学校1年から3年、小学校4年から6年、1歳未満の小児の保護者、それから中学生までということで、8,453人を見込んでおります。
 助成額につきましては、1回目、2回目の接種合わせて6,150円の全国一律の接種料金でございますが、これの2分の1相当額を助成しようということで、1回目1,500円、2回目1,500円ということで、合わせて3,000円の助成をいたそうとするものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。
 4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) こちらは委託ということになっておりますので、どのあたりまで委託先を指定していらっしゃるのか。
 それから、先ほどの持病のある方というような形で優先になっている方で、優先接種対象の持病のある方ということと、それから何月にやるということも含めて非常にわかりにくいと思われるんですけれども、そういった広報活動費等はここの予算には計上されておりませんが、どのような徹底の仕方をなさるのか。6割ということで見込んでいらっしゃるんですけれども、どのような広報活動を見込んでいらっしゃるのか、お尋ねいたします。
 それと、若干予防にもかかわってお尋ねしたいんですけれども、今回はワクチンだけなんですけれども、先般、新型インフルエンザの業務継続計画等も出されておりましたけれども、この中で市はインフルエンザが蔓延したときの対処というようなことはどのように考えていらっしゃるのか。例えば、市の行事の継続なり中断、中止なども含めて先行的にしていることもありますし、例えば保育所の問題など、小・中学校の学校・学級閉鎖なども含めて、なかなか心配もあるんですけれども、どのような判断でやられているのかということでもかなり市民の皆様から言われておりますので、そのあたりで、どんな基準で今後もどのように進めようとなさっているのか、お尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 まず、1点目についてお答え申し上げます。
 11月号の広報と同時に、既定予算を使いながらチラシを全戸に配布しようという計画をとっておるところでございます。
 また、2点目でございますが、9月の時点で白石市の新型インフルエンザ業務継続計画を策定いたしまして、それの周知を職員の方に図っているところでございます。
 以上でございます。


◯佐藤英雄議長 答弁漏れ。委託先の件。
 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 委託先の件でございますが、これはもう白石市医師会と協議をさせていただいて、白石市医師会に加入の医療機関を基本としております。
 しかし、基礎疾患を有する方については、白石市医師会以外の医療機関での接種も考えられることから、支払った領収書を持参して申請していただき、後で本人の口座に振り込みをする償還払い方式で助成を行ってまいりたいと考えておるところでございます。
 以上でございます。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。
 3番水落孝子議員。


◯3番(水落孝子議員) 特に高齢者に対して、この新型インフルエンザが蔓延、重体化しないためには、特に高齢者の場合、肺炎球菌ワクチンとの併用を奨励していくことが大変必要ではないかと思われます。
 肺炎球菌ワクチンについては、県内でも白石市は先駆けて助成をしているところですが、先ほどの11月広報で皆さんにお知らせするというところに、特に高齢者、65歳以上の場合助成があるので、肺炎球菌ワクチンとの併用も、結構知らない人たちがいるものですから、これの周知もあわせて行って、助成もあるということもお知らせして受けてもらえるようなことが必要ではないかと思われますが、その点についてどのように予定されているのか、その計画についてお尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 逆に貴重なご意見をありがとうございました。
 この11月のチラシの際に、そのことも含めましてしっかりと周知を図っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


◯佐藤英雄議長 ほかにありませんか。
 7番山田裕一議員。


◯7番(山田裕一議員) 補正予算書6、7ページ、4款1項3目11節、こちらの医薬材料費の減額でございますが、100万円を超えております。どういった医薬材料費になっているのか、ご説明をお願いいたします。


◯佐藤英雄議長 村上健康推進課長。
   〔村上文男健康推進課長登壇〕


◯村上文男健康推進課長 ただいまの医薬材料費の減額についてでございますが、医薬材料費につきましては、新型インフルエンザ対策事業費ということで、6月の補正予算の中で360万を緊急経済対策事業の一環として措置していただいたものでございまして、その中の予算を組みかえた形でこちらに振り向けようとするものでございます。
 中身的には、マスクとか手指消毒液あるいは防護服等の購入を見込んでおった予算でございます。
 以上でございます。


◯佐藤英雄議長 ほかに質疑ありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第72号議案については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。
     午後1時29分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午後1時29分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。
 採決に入ります。ただいま議題となっております第72号議案については、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、第72号議案は原案のとおり可決されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 お諮りいたします。この臨時会において議決されました議案の条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を会議規則第42条の規定に基づき議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は議長に委任することに決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市長のあいさつ


◯佐藤英雄議長 この際、市長からあいさつしたい旨の申し出がありますので、発言を許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 本日ここに、第382回白石市議会臨時会を招集いたし、提案いたしました新型インフルエンザ予防接種助成事業に係る補正予算につきましてご審議を賜りましたところ、原案どおり可決をいただきましたことに対し、心より御礼を申し上げます。
 つきましては、速やかに新型インフルエンザ予防接種の助成事業に着手し、市民の健康保持を図り、安心・安全な生活の確保に取り組んでまいります。
 新聞等でご承知のとおり、新型インフルエンザの感染は大変な勢いで拡大し続けております。議員の皆様には、感染予防のため手洗い、うがいを励行していただくとともに、市民への周知にご協力くださいますようお願い申し上げます。
 最後に、今後とも変わらぬご協力、ご鞭撻をお願い申し上げまして、御礼のあいさつといたします。ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 これにて第382回白石市議会臨時会を閉会いたします。
 皆様方の格別のご協力に対し、心から感謝申し上げます。
 大変ご苦労さまでした。
     午後1時31分閉会



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する

 白石市議会 議 長  佐 藤 英 雄

       議 員  山 田 裕 一

       議 員  志 村 新一郎